人材育成連携

| コメント(8) | トラックバック(0)

読売新聞によると、文部科学省と経済産業省の音頭で、著名大学とトップ企業が人材育成分野で連携することになったという。

著名大学とは、北大、東北大、筑波大、東大、東工大、一橋大、名大、京大、阪大、九大、早大、慶応大。

トップ企業とは、伊藤忠商事、NTTデータ、JFEホールディングズ、新日鉄、全日空、中外製薬、帝人、東京電力、トヨタ自動車、NTT、日立製作所、三井化学、三井住友フィナンシャルグループ、三井物産、三菱電機。

大学の選択といい、トップ企業の選択といい、いかにも官僚らしい頭の固さが窺われる。ガチガチの既存のパラダイムの上にある。ではなぜ、文部科学省と経済産業省が動いたかというと、バブル崩壊以降続いている閉塞状態を打開し、国際競争を勝ち抜くには、実績の高い大学に支援を集中させる「選択と集中」が必要だという。すなわち、国際的に評価が高い大学が日本には少ないので、少しでも上位ランキング入りさせたいというのか。

この趣旨は、企業側は少しでも専門知識や高い問題解決能力をもつ学生がほしいということがあり、大学側は、折角高度な教育を受けさせた学生を企業に採ってほしいということらしい。

すると、トップ企業の側が著名大学側に、望ましい人材や専門分野を提示し、著名大学側はそこでの人材育成を強化するように、大学院を重点編成する。そして、トップ企業は望ましい人材が得られて、競争力が高まる。一方、著名大学は、トップ企業から資金援助を受けて、それを研究につぎ込み、国際的に評価を上げることができる、というシナリオなのであろうか。

しかし、どうみてもこのプランがまずいのは、著名大学とトップ企業にフォーカスすることによって、他の大学、企業をより弱体化させることである。企業はまあよかろう。著名大学でなくてもそれなりの人材はいるので、人材採用に不自由しないし、結局教育というか人づくりは、自社内で行うからである。

ところが、可哀想なのはフォーカスから外れた地方大学で、それなりに伝統がある地方国立大学も、これではますます窮乏化して、研究もままならないということになる。こんなプランは、日本の科学技術の基礎力の底辺を取り崩すだけである。なぜなら、革新的なアイデアは周縁から生じるという、知識工学的・文化人類学的法則があるからである。いまどき、官僚主導でプランさせるとろくなことにならないのではないか。時代遅れの安易なエリート主義は、霞ヶ関に留めるべきである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2131

コメント(8)

人材育成といえば、山本五十六の
「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」
「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」
これに尽きると思います。これができていない上司が多すぎる。
http://www.japan-fishing.com/navy/situmon.html
役所は「選択と集中」という企業的思考よりも長い目で日本全体の人材育成の方向性を出すのが役目だと思います。

> 役所は「選択と集中」という企業的思考よりも長い目で日本全体の人材育成の方向性を出すのが役目だと思います。

まさに、同感です。ただ、それが難しいので、既存のパラダイムにのっかっているだけです。

 全くのナンセンスですね。
 例えば、ビル・ゲイツは、ここに挙げられた「トップ企業」なんてまるで相手にしてないし、「著名大学」から人材なんて欲しいと思ってませんよ。彼が恐れているのは、ガレージの中で、今まで世の中になかったモノを作っている連中です。
 ビル・ゲイツがしっぽを巻いて逃げ出すようなガレージメーカーを作るような人材を育てないと、日本の経済界に未来はありません。

> 彼が恐れているのは、ガレージの中で、今まで世の中になかったモノを作っている連中です。

おっしゃるとおりです。そういえばかのアップルがそうですね。ただ、アップルは、創業者のジョブズが病に伏せると、どうしていいか困ってるようです。強い個性にリードされるというのも、よしあしです。未だに根は、ガレージカンパニーなのでしょうか。

以前管理人さんはグロタンディークを指して、「野垂れ死んでいるのではないだろうか」と指摘されたことがあります。彼がセールスマンや経理マンをできるだけの才覚があればいいのですが、いかんせん、つぶしがキカないのが、また機転をきかすことができないのが彼なのですから、ありうることです。人の真価を推し量るためには、それなりの知性と教養が必要です。計算高い人間が揉み手をしながら近づいても、けた外れの審美眼の持ち主や突出した才能もった人間というものは、用心深いため首を縦に振ってはくれませんし、また金で釣り上げようとしても、「我々のいうことを聞け」と脅しても、容易に「意のまま」になりはしませんし、「手なずけよう」としても反発してくるのは目に見えています。

マンハッタン計画の情報を聞き出すために、ソ連から派遣された情報機関のスタッフは、自然に近づきもっぱらコスモポリタンとしての理想を語り、その説得が功を奏して重要情報を入手することができたそうです。

今回選ばれた企業や大学名を見れば、損をするのが大嫌いで、機転を利かせすぎる組織ばかりです。損をするのが嫌いだからこそ、それらの組織に入学したり入社したりした人間を集めて意味があるのだろうか。ありはしません。そういった人間ばかり集めパネルディスカッションなりミーティングを開いても、当たり障りのない発言に終始するだけで、結局実りある結論には達しないのです。座興を心得ている人間を集めて、何かしでかそうとするのがいかにも官僚的ですね。

まずは豊かな才能や感性を持ち合わせた人間を、発掘できるだけの眼力を持った人間を探すことから始めましょう(^_-)

わすれていました。そのソ連から派遣されたスタッフは、わりと美男美女が多かったそうですヽ( ´ー`)ノ

青の世界さん:
 初めまして。

>今回選ばれた企業や大学名を見れば、損をするのが大嫌いで、機転を利かせすぎる組織ばかりです。

 実際、そのような組織ばかりだと思います。「ビル・ゲイツがしっぽを巻いて逃げ出すようなガレージカンパニーを立ち上げるような人たち」と正反対な連中が集まってます。上記「著名大学」出身者のほとんどが生活の安定を求めて「トップ企業」もしがみつきます。

 こんなプロジェクトのどこに男のロマンがあるんでござんしょうか?こんないやな世の中が、いつまで続くんでござんしょう?
 このようなプロジェクトに加わるような連中が、この国の将来を食いつぶしている間も、ビル・ゲイツを青ざめさせるポテンシャルを秘めたガレージカンパニーを運営している方々が、必死の思いで資金難にあえいでいるというのに。

すみません、↑は私です。

>創業者のジョブズ
 最近、アップルのIPの方と会う機会があって、「私たちのヒーロー・ジョブスさんはいかが?」と尋ねたら、順調に回復していて、病院から電子メールで盛んに指示を飛ばされておられるようです。
 でも、MSとアップルは、ほとんど同時期に創業された会社ですよね。
 最初のアップルコンピュータが売り出された頃の価格は、とうてい私の手が届くようなものではありませんでした。その頃私は中学か高校にいて、CPUが実行可能なマイクロインストラクションの概念を理解するために、えらく苦労した経験があります。
 大学を卒業する頃には、DECのミニコンをマシン語と高級言語ごとで自在に扱えるようになっておりましたので、私が彼らと同年配だったら、孫さんのしっぽぐらいつかめていたかもしれません。
 私が就職して初めて扱ったCPUは、偶然にも、アップルが採用した(プリフィクス忘れました)6502をコアとしておりました。非常に素直なアーキテクチャで感心した記憶があります。

青の世界さん

> 座興を心得ている人間を集めて、何かしでかそうとするのがいかにも官僚的ですね。

おっしゃるとおりです。ただ、どうやって新しいパラダイムを生み出すか、イノベーションが操れないのと同様に、自然発生に任せるしかないのでしょうか。

> わすれていました。そのソ連から派遣されたスタッフは、わりと美男美女が多かったそうですヽ( ´ー`)ノ

私はつい苦笑です。というのは、私は、観念的なことを書いたりしゃべったりする割りに、結構面食いで、美人に弱いのです。いともたやすく篭絡されるタイプなのですが、私がアプローチされなかったのは、誘惑して聞き出すほどの秘密をもっていなかっただけのことです。

南木さん

> 順調に回復していて、病院から電子メールで盛んに指示を飛ばされておられるようです。

なるほど、ジョブズはなかなかしぶといですね。全然関係ないですが、なぜか、陸軍の辻政信を思い出します。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年2月 4日 04:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食べるラー油」です。

次のブログ記事は「プロ棋士の脳」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。