プロ棋士の脳

| コメント(3) | トラックバック(0)

産経新聞Webによると、理化学研究所が、プロ棋士の脳の活動を分析して、プロ特有の脳の働きがあることを解明したという。以下、引用:

羽生善治棋聖(3冠)らプロと、アマチュア棋士が詰め将棋などの問題を解いている際の脳の活動を分析したところ、プロは特定部位がアマに比べて活発に働いていたとする研究成果を理化学研究所が21日付の米科学誌サイエンスに発表した。

プロ、アマ延べ約60人が参加。駒が配置された将棋盤の画像を短時間見てもらい、配置を認識する際の脳活動を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で計測したところ、プロはアマに比べ頭頂部の後方にある大脳の「楔前部」という部位が約3倍活発に働いていた。

詰め将棋の問題を1秒間だけ見せて次の一手を答える実験では、プロはより深部の大脳基底核にある「尾状核」と呼ばれる部位が活発化。より活発に働く棋士ほど正答率も高かった。この二つの部位が連動して働くことでプロの直観が生まれるとみられるという。

先ず、「楔前部」とは何か。Wikiによると、「頭頂葉内側面の後方に位置する脳回で、この領域には感覚情報を基にした自身の身体のマップがあると考えられている」という。なるほど、ともう早計にも私は、プロはやっぱり感覚が優れているんだ、と結論付けようとしている。

次に、「尾状核」とはというと、これもWikiによると、「脳の学習と記憶システムの重要な部分を占めていると考えられている。」ということである。

これをみてちょっとがっかりなのは、もし棋士が、感覚に優れ、記憶と学習能力にも優れているという結論であるなら、何一つ意外性はなく、ああそうですか、で終わってしまうことである。

そこで、単なる自明な結論に終わらないために、次のような実験があれば興味深いのに、と思う。

  1. 将棋のプロ棋士でも、一流棋士、例えば、Aクラスの棋士と、そうでない、例えばC級2組の棋士との比較。
  2. 将棋のプロ棋士と、囲碁のプロ棋士との比較。私は、プロ棋士といっても、将棋と囲碁ではかなり違うのではないかと思う。
  3. プロ棋士と、他の頭脳労働者、例えば、数学者、理論物理学者、情報科学者との比較。

他には、棋士的な頭の鍛え方という議論にもなるかもしれないが、脳の特定の部位の鍛え方とか、脳の特定の部位を活性化する音楽とか、考えれば考えるほど、怪しくなってくるので、専門家の研究を待つこととする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2132

コメント(3)

カギとなるのは生まれ落ちた時から身に着けている感性です。これは計測不能ですから、理化学研究所の出番はありません。あやたろうさんは「プロ棋士と、他の頭脳労働者、例えば、数学者、理論物理学者、情報科学者との比較」とカキコされていますが、面白い比較対象者を思い出しました。最近読んだ『第1感』(光文社)のなかでマーカンタイル取引所のトレーダーを海兵隊の将軍たちとの共通性に触れた部分です。コンピュータをあまり信用していない司令官バン・ライバーは「基本的に同じような仕事をしている」と感じたそうです。「一方は金を賭け、もう一方は人の命を賭けている」という点は仕事は異なれども、施行している任務は同じとの判断なのでしょう。

生涯独身を通したウィトゲンシュタインと、独身生活が長いグロタンディーク、ペレルマンはけた外れの感性の持ち主であり、かつまた配偶者という存在があると、思考を中断しなければならないために独身生活を送らざるを得なかった、または得ないのかもしれません。彼らは生来持ち合わせている研ぎ澄まされた感性を、青年期以降もすり減らせることなく保ち続け、思考と合成させることができる、稀有の人間たちなのでしょう。

翻って日本社会を鳥瞰すると豊かな才能だけでなく極め付けの感性を持った少年少女は、年を経るごとに天才嫌い周りの人間から悪影響を受け、最終的には大学という名の画一化された機関で、教授という名のシュウト・シュウトメにとどめの一撃を食らわされているような気がしなくもありません(^_^;)

逆に「天才はいるだろう、いるはずだ」と探し出し、賞賛し、その後本当に天才となった人物の演技に、拍手を送るのが隣国ロシアではないでしょうか。

それでは天才たちの演技をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=tFgTkyM6BA8

> カギとなるのは生まれ落ちた時から身に着けている感性です。これは計測不能ですから、理化学研究所の出番はありません。

そうですよね。私は才能主義者で、才能がなければ、いかなる努力も空を切ると考えている者です。努力で達成できない物はないと聞くと、黙って立ち去ります。議論しても無駄だからです。

>「一方は金を賭け、もう一方は人の命を賭けている」という点は仕事は異なれども、施行している任務は同じとの判断なのでしょう。

私の比較例は、芸がなさすぎましたね。

> 生涯独身を通したウィトゲンシュタインと、独身生活が長いグロタンディーク、ペレルマンはけた外れの感性の持ち主であり、かつまた配偶者という存在があると、思考を中断しなければならない

決して知的なことに理解があるとは思えない酒場の踊り子であった女性と結婚して、傍目には仲のよい夫婦だったゲーデルは例外なのでしょうね。

> 最終的には大学という名の画一化された機関で、教授という名のシュウト・シュウトメにとどめの一撃を食らわされている

特にセンター試験などみていると、ああいうものの受験勉強からして、知性を磨耗するものにしか私は思えません。私の時代は少なくとも、ああいうマークシートの条件反射みたいな試験がなくてよかったです。しかし現代、いわゆる有名大学に進学するためには、センター試験でほとんどノーミスの高得点をあげなくてはなりません。そういう試練をものともしない知性の人は少なくないのですけど、それでこぼれ落ちてしまう希有の知性もあるに違いないと思う人が、どうして多くないのか不思議です。

> 逆に「天才はいるだろう、いるはずだ」と探し出し、賞賛し、その後本当に天才となった人物の演技に、拍手を送るのが隣国ロシア

そうですね、まさにロシアは端倪すべからざる国です、いろいろな意味で。

日本は型に嵌った解法、解答スピードが重んじられ、青の世界さんが言われる感性をもった天才が育ちにくい国になってしまっています。前の人材教育の話題とも共通しますが教育自体が「答え」を教えることになっていて、どうやって答えを導き出すかという過程や「議論」に重きがない。実社会は答えが1つでないことが普通であらゆる方向から自由に考え自分なりの答えを導き出せるように教育すべきではないでしょうか。その点、ロシアの天才教育は見習うべきものがあります。ロシアには数学、フィギュアスケートだけでなく天才ハッカーも多数います。彼らを敵視せず国として保持しているという話も聞きます。何のためかは聞かずもがなですけど。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年2月 5日 07:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人材育成連携」です。

次のブログ記事は「ロクラク事件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。