八百長

| コメント(2) | トラックバック(0)

ニュースでは、相撲協会の八百長疑惑で、春場所中止などと報道されているが、そんなに騒ぐことだろうか。

というのは、大相撲で八百長疑惑というのは、宇宙から降り注ぐ粒子線のように、絶え間なくあるものであり、今更何を、というのが正直な私の感想である。

思い起こせば、私が生まれて初めて相撲観戦に行ったのは、わずか1年半程度前でしかないが、その頃は今迷走する民主党は人気絶頂で、大相撲もなかなかの人気だった。

それが大相撲改革が話題になった頃から、相撲協会が揺れてきて、朝青龍の引退で、一方の人気横綱を欠いたことで、相撲人気の凋落が否定できないものになった。

それが、やくざとの付き合いや野球賭博が明るみになって、名古屋場所を中止にするかどうか、という議論がなされた。それがようやく落ち着いてきたかと思ったら、今回の八百長騒ぎである。まるで、何十年来の持病を、つい最近の健康診断で初めて発見したかのような報道には苦笑を禁じえない。

記憶が曖昧だが、以前、なにかの週刊誌が八百長疑惑を記事にして、そこで書かれた力士が、名誉毀損だと訴えて裁判で勝った事件があったような気がする。その記事を読んだ私は、相撲で八百長くらいあるだろうよ、と思っていたが、裁判で結局、訴えた力士が勝ったのは、週刊誌が書く事実の根拠が十分立証できなかったからである。

ところが今回は、元幕内力士の春日錦(現・竹縄親方)その他14力士もの携帯メールが動かぬ証拠となってしまった。はっきり分かる証拠を残すとは、その愚かさは目も当てられない。

ただ、冷静に考えてみると、どんな勝負でも、相手の都合がいいように負けるという八百長というのは、人間に人情がある限り、根絶されない。囲碁、将棋、プロ野球などでもである。ただ、囲碁、将棋、プロ野球は、相撲と比べて、相対的に長い勝負なので、もし八百長したらばれやすい。

一方、相撲はというと、一瞬の勝負なので、八百長が結構ばれにくい。また、勝ち越しか負け越しかで大きく待遇が変わってくるので、1勝を都合することのインセンティブが大きい。こうして、どうしても相撲は、八百長の温床となる。

しかし、考えてほしいのは、大相撲なるものは結局、閉鎖世界で、ゴルフオープントーナメントのような、プロもアマチュアも入り混じる全日本相撲オープン選手権のようなものがあるわけではない。すると、そういう閉じた世界であるなら、相撲は、プロレスと何が違うのだろうか。プロレスに八百長がビルトインされていることはあまりにも既知で、そのことを云々する無粋な人もあまりいない。

プロレスで、本当に真剣に戦ったら、死者続出であろう。ローマのコロセウムのようなものである。八百長は、そういうバッファの役割を果たしている。すると、相撲でも、多少の八百長は、人体の必須金属元素のように必要なのではあるまいか。野球賭博然り、やくざとの付き合いも然りである。そもそもが、タニマチといわれる旦那衆に依存する体質自体、われわれサラリーマンと根本的に異なる体質である。どうしても、やくざっぽくなろう。一種、治外法権意識も生じる。

だから私は、大相撲に、日常の論理を適用する今の世間の風潮に反対である。せせこましいコンプライアンスの風を、大相撲に送って、窮地に陥れて何が、誰が楽しいのだろう。野球賭博だって、八百長だって、多少の暴力だって昔からあることで織り込み済みではないか。そういう非日常性を剥ぎ取ると、単に大の男が裸で取っ組む競技になんの魅力があろうか、ということになってしまう。

世の中には、追求すべきことは、大相撲より他にもっと沢山あり、大相撲の優先順位は低い。なぜなら、大相撲は、経済にも、国防にも、外交にも、科学技術にも関与しない。もし、そういうより重要な問題が追求されるのを晦ますために大相撲が追及されているなら、真に哀しい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2134

コメント(2)

>大相撲で八百長疑惑というのは、宇宙から降り注ぐ粒子線のように、絶え間なくあるものであり、今更何を

 私もそう思いますし、誰も相撲に公正さなんぞ求めていないのは、相撲版のTOTOの創設が全く議論されていないことからも明らかだと思うんですけどね。
 問題は、「公益法人」の看板および「伝統」と、「八百長」との間に余りにも矛盾が生じていることでしょうね。
 「伝統」と「公益法人」さえかなぐり捨てれば、プロレスみたいに株式会社にして、派手なギミックと演出とアングル(敵味方関係の演出)とで、おもしろい相撲を創造できるかも知れません。

> 「伝統」と「公益法人」さえかなぐり捨てれば、プロレスみたいに株式会社にして、派手なギミックと演出とアングル(敵味方関係の演出)とで、おもしろい相撲を創造できるかも知れません。

そういう意味では、アントニオ猪木を相撲協会理事長に据えるのもありかもしれません。1、2、3、だーっ、と叫んで、場を盛り上げるのです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年2月 6日 07:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロクラク事件」です。

次のブログ記事は「世界大学ランキング2010」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。