望みは何かと訊かれたら

| コメント(0) | トラックバック(0)

前にも書いたが、私は本屋などない離島に住んでいたり、また大学入試の受験勉強もあったりで、本格的に本を読み始めたのは、大学生になってからだった。本といっても、最初は松本清張の推理小説一辺倒であった。

ところが、心のオーナーシップに書いたようなスチューデント・アパシーになっている頃は、なぜかほとんど、西欧の小説に傾倒していた。サマセット・モーム、モーパッサン、スタンダール、コレット、エドガー・アラン・ポーあとソルジェニーツィンあたりである。当時なぜか一番感動したのが、エミール・ゾラの「居酒屋」なのだから、訳わからない。

それから社会人になって、なぜかほとんど小説を読まなくなった。数楽者に堕してしまってからは、理工系の本(それと若干の哲学の本)一辺倒だったからかもしれない。

それでも、スチューデント・アパシーの間に悟ったように、心のオーナーシップが私にないとすると、何の本を読むかの主体性も、少なくとも私の顕在意識にはないことになる。それで滅多に小説を読まないのに突然、小説を読むようにどこからともなく指示が下ることがある。もう3年前に読んだ、篠田節子の「ゴサインタン - 神の座」がそうで、これは、ネパール奥地の宗教を絡めたとてもスケールの大きい小説だった。

そして久々に小説を読めとの指示が下った。それは、小池真理子の「望みは何かと訊かれたら」である。この本を、情報考学の書評欄でみたとき、矢も楯もたまらずこの本をアマゾンで注文し、届くと、たまたま都内に出張に行く予定があったので電車で読み続け、帰りの小田急線は読書のためわざと各停に乗り、自宅に着いても読み継ぎ、文庫で600ページ以上あるが結局一日以内に読み終えた。圧倒的迫力であった。

まだ読んでいない人のために、ごく粗筋だけ書く。主人公はいまは音楽プロダクション会社を経営する男性と結婚して、それなりに幸せに暮らしている女性。しかし、この女性には驚くべき過去があった。それは、学生時代、学生運動にはまり、ある過激派のリーダーに魅せられて、ついに爆弾製造のアジトに仲間と集まった。そこで、ちょっと問題行動があった別の女子学生が、結局粛清されてしまう。その女子学生の死体を、仲間とともに山中に埋めるように指示された主人公は、怖くなって、隙をみて必死で逃げてしまう。都内まで逃げたはいいが、疲れて公園で倒れていたところを若い男子学生に保護され、その男子学生の住まいに匿われた。しかし、若い女性と若い男子学生が同じ部屋にいて、性的に無色の生活になるはずもなく、とても奇妙な同棲生活が始まる。

それは、男が女を、まるで子供を手取り足取り面倒をみるような、妙な支配欲と保護欲に彩られた、あるいみ、めくるめき淫靡な生活だった。半年の期間の後、ふとしたきっかけで男子学生の住まいを出た主人公は、紆余曲折の後、きちんと結婚し普通の社会生活をしていたが、30数年ぶりに、旅先で、匿ってくれた男性と偶然再会し、奇妙な恋が再燃する。

リンチ殺人のくだりは、ちょっとストーリーが不自然でなくもないが、当時本当に、連合赤軍の浅間山荘事件があったので、それを明確に記憶している私のような年代の者には、強いリアリティでストーリーが押し寄せてくる。

そして主人公は、死の恐怖に慄きつつ、無限ループのような爛れた同棲生活に浸る。それは、一片の恋愛沙汰もなかったのに、私のスチューデント・アパシーと妙にだぶるのである。また、死の恐怖のタナトスと、爛れた生活のエロスが、ここでも絶妙のカクテルとなる。

ところで私は、宮部みゆき、高樹のぶ子、篠田節子などの女流作家が妙に好きである。作家自身が好きなのか、作品が好きなのか、渾然一体としてよく分からない。いま、小池真理子もこの列に加えることにしよう。といいつつ、普段ほとんど小説は読まない。忽然と私が小説を読みたくなるメカニズムは結局さっばりわからない。だって所詮借り物の心だもの。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2135

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年2月 7日 06:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世界大学ランキング2010」です。

次のブログ記事は「連合赤軍」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。