世界大学ランキング2010

| コメント(0) | トラックバック(0)

注目論文の減少を自分で読み返して、はて、日本の大学のランキングはどうなっているのだろうと思い起こして、過去の自分のブログから、世界大学ランキング2008と、世界大学ランキング2009を眺めてみた。

そこでああ、2010のランキングをまだ見ていなかったと、今更のようにWebを検索したら、広島ニュースのページに掲載されていたので、下記に引用させていただく。

これは、雇用者による評価、研究者からの評価、教員一人当たりの論文引用数、学生一人当たりの教員比率、留学生比率、教員一人当たりの論文引用数、外国人教員比率を目安に決めたものらしい。

これをみて改めて感じるのは、英語圏の偏重である。典型例を挙げると、香港大学が23位にいるが、これはイギリス圏だったことによる得点の割り増しではしないだろうか。なぜなら、フランスの超エリート校、エコールポリテクニーク大学がやっと36位なのである。ここらあたり、ガロアファンとしてのバイアスはあるにしても、ちょっとありえない判定なのではないだろうか。すなわち、世界大学ランキングを決める基準がいかに、英語圏に有利にできているかということである。

そういう英語のバイアスを差し引くと、24位の東京大学と25位の京都大学は実によく健闘しており、実質、世界トップ水準にあるといっても過言でないと思う(私は、東大、京大とは縁もゆかりもないので、肩入れするバイアスは皆無であることを申し述べておく)。

あと、マサチューセッツ工科大学が世界5位で、世界超一流であることを否定する人は誰もいないが、外資系企業にいるせいで、マサチューセッツ工科大学出身という人に何人も出会った。そのうち本当に感心したのは一人だけで、しかも、頭の良さも然ることながら感心したのは人格だった。マサチューセッツ工科大学出身のある一人は、その知性の軽薄さに、涙が出そうなほど哀しくなったこともあった。そんな人はどこの大学出身者にもいるので、マサチューセッツ工科大学のせいではないにしても、学歴なんて結局目安であるということになる。

まあともかく、日本の大学は捨てたもんじゃない。それだけは強調しておきたい。下手に英語化してランキング上位を目指さなくても、自国語で野太く思索を重ねればいいのである。

1位 イギリス・ケンブリッジ大学
2位 アメリカ・ハーバード大学
3位 アメリカ・エール大学
4位 イギリス・ロンドン大学
5位 アメリカ・マサチューセッツ工科大学
6位 イギリス・オックスフォード大学
7位 イギリス・インペリアルカレッジ・ロンドン
8位 アメリカ・シカゴ大学
9位 アメリカ・カリフォルニア工科大学
10位 アメリカ・プリンストン大学

11位 アメリカ・コロンビア大学
12位 アメリカ・ペンシルベニア大学
13位 アメリカ・スタンフォード大学
14位 アメリカ・デューク大学
15位 アメリカ・ミシガン大学
16位 アメリカ・コーネル大学
17位 アメリカ・ジョンズ・ホプキンス大学
18位 スイス・チューリッヒ工科大学
19位 カナダ・マギル大学
20位 オーストラリア・オーストラリア国際大学

21位 イギリス・ユニヴァーシティカレッジ・ロンドン
22位 イギリス・エジンバラ大学
23位 香港・香港大学
24位 日本・東京大学
25位 日本・京都大学
26位 アメリカ・ノースウェスタン大学
27位 イギリス・ブリストル大学
28位 カリフォルニア大学バークレー校
29位 カナダ・トロント大学
30位 イギリス・マンチェスター大学

31位 シンガポール・シンガポール国際大学
32位 スイス・スイス連邦工科大学ローザンヌ校
33位 フランス・フランス国立高等師範学校
34位 アメリカ・カーネギーメロン大学
35位 アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校
36位 フランス・エコールポリテクニーク大学
37位 オーストラリア・シドニー大学
38位 オーストラリア・メルボルン大学
39位 アメリカ・ブラウン大学
40位 香港・香港科技大学

41位 アメリカ・ニューヨーク大学
42位 香港・香港中文大学
43位 オーストラリア・クイーンズランド大学
44位 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学
45位 デンマーク・コペンハーゲン大学
46位 オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学
47位 中国・北京大学
48位 アメリカ・ウィスコンシン大学マディソン校
49位 日本・大阪大学
50位 韓国・ソウル大学校

51位 ドイツ・ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク
52位 アイルランド・トリニティカレッジ
53位 イギリス・ウォーリック大学
54位 中国・清華大学
55位 アメリカ・ワシントン大学
56位 オランダ・アムステルダム大学
57位 イギリス・ノースカロライナ大学チャペルヒル校
58位 ドイツ・ミュンヘン工科大学
59位 イギリス・バーミンガム大学
60位 日本・東京工業大学

61位 オーストラリア・モナッシュ大学
62位 スウェーデン・ウプソラ大学
63位 イギリス・イリノイ大学
64位 アメリカ・ボストン大学
65位 アメリカ・カリフォルニア大学サンディエゴ校
66位 ドイツ・ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン
67位 アメリカ・テキサス大学オースティン校
68位 ニュージーランド・オークランド大学
69位 イギリス・シェフィールド大学
70位 ドイツ・ベルリン自由大学

71位 スイス・ジュネーヴ大学
72位 スウェーデン・ルンド大学
73位 イギリス・ノッティンガム大学
74位 シンガポール・南洋理工大学
75位 アメリカ・ワシントン大学セントルイス校(同位)
75位 フィンランド・ヘルシンキ大学(同位)
77位 イギリス・グラスゴー大学
78位 カナダ・アルバータ大学
79位 韓国・韓国科学技術院
80位 イギリス・ロンドン政治経済大学

81位 イギリス・サウサンプトン大学
82位 オランダ・ライデン大学
83位 オランダ・ユトレヒト大学
84位 デンマーク・オーフス大学
85位 イギリス・リーズ大学
86位 ベルギー・ルーヴェンカトリック大学
87位 アメリカ・パデュー大学
88位 イギリス・ヨーク大学
89位 オーストラリア・西オーストラリア大学
90位 アメリカ・ダートマス大学

91位 日本・名古屋大学
92位 イギリス・ダラム大学
93位 ロシア・モスクワ大学
94位 台湾・台湾国際大学
95位 イギリス・セントアンドルーズ大学
96位 アメリカ・ミネソタ大学
97位 ドイツ・アルベルトルートヴィヒ大学
98位 アメリカ・ペンシルベニア州立大学
99位 オランダ・エラスムスロッテルダム大学
100位 ノルウェー・オスロ大学

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2136

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年2月 6日 18:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「八百長」です。

次のブログ記事は「望みは何かと訊かれたら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。