ブログの最近のブログ記事

ブログの移行

| コメント(0) | トラックバック(0)

今のブログhttp://commutative.world.coocan.jp/blog2/の記事の数が970を超えて重くなってきたので、新しくhttp://commutative.world.coocan.jp/blog3/を作って、今後はこちらに書くこととした。

理由はよく分からないが、デザインの適用が意図したとおりにならなくて、とても地味で、ただでさえ魅力の乏しい私のブログが一層魅力のないものになってしまい、少ない読者が、更に減るかもしれないが、仕方がない。私は、こういう設定のスキルがないのです。

なにかコメントを戴ければ、調べてみます。

橋本大也

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は自分でブログを書いている関係上、他人のブログも参考にするが、日常的にチェックしているブログは、下記の3つである。

  1. 池田信夫blog
  2. 情報考学 Passion For The Future
  3. 成毛眞ブログ

池田信夫氏も成毛眞氏もある程度プロフィールは知っているが、情報考学の橋本大也とはどういう人だろうと思っていたら、新聞にインタビュー記事があったので、メモしてみる。

橋本大也氏は、1970年生まれ。早稲田大学在学中の90年代半ばにITビジネスを始め、コンサルティング会社「データセクション」の会長である。デジタルハリウッド大学准教授、多摩大学大学院客員教授でもある。

情報考学で感心したのは、その圧倒的な書評の数である。でも、会社会長や大学の教員もしながら、どうやって読書や書評を書く暇があるのか。それは、片道約1時間20分の通勤時間と寝る前で、一日ほぼ一冊読めるという。年間約500冊を入手し、約300冊を読破、年間約200冊を書評している。

情報考学ではほぼ毎日記事が書かれている。すると、年間約200冊の書評だと埋まらない日があることになるが、それは、ソフトウェアツールやDVDなどの紹介を充てている。

多忙な中、書評の執筆時間を確保するのは大変なのでは?という質問に、

「全く逆。書かないと損をした気分になる」
という。
「読書の楽しみの1つは自分の内面が整理されていく感じがすること。ただ言葉にしないまま終わると、感じているんだけど理解できないところで終わる気がするんです。」
なるほど。この辺は、弱小プロガの私も分かる。確かに、本の内容をブログ記事に纏めてみることで、ある1つの立脚点が出来たような気になる。あとで、その記事のURLを引用することでさらに発展させることも容易である。

「インプット(読むこと)とアウトプット(書くこと)が互いにいい影響を与えあう循環が始まった。」
ともいう。

また、

「感性の近い友人やちょっと先を行く先輩が紹介してくれた本は共感して読みやすい。また尊敬している先生のお勧めも、参考になります。そして何より読みたいと思ったら、その気持ちのうちに"即読"すること。自分にとっていい本になる可能性が高くなります。」
というアドバイスも納得である。実は私の読書のかなりの部分が、上記の3つのブログの紹介に拠っている。あとは、新聞の書評や書籍広告を見るくらいである。おっと、アマゾンからの本紹介メールもあった。本当は、物理的な書店を「フィールドワーク」すべきなのだが、最近出不精が昂じて困っている。

スパム・コメント

| コメント(2) | トラックバック(0)

よく、芸能人のブログなどで、「炎上」したと聞くことがあるが、私のブログを読んで戴く方は礼儀正しい人ばかりで、且つ、有用なコメントばかりなので、とてもありがたい。

ただ、私の旧ブログには、いまだにスパム・コメントが来るので、特に有害という訳でもないのだが、単に邪魔なので、消している次第である。

それで、観察していると、特定のブログ記事だけがターゲットになるようである。例えば、旧ブログで、試しに、JavaScriptを含む記事を書いてみた。すると、その記事に、ウンカのようにスパム・コメントが群がるので、驚いて、その記事自体を削除したことがある。どうも、機械的にHTMLタグを検索して、スパム・コメントを送りつけるサイトがあるらしい。

JavaScriptを含む記事を消したことで、スパム・コメントの数は激減したが、それでもときどき旧ブログにスパム・コメントは来る。それで、どうしてもより理解できないのは、そのターゲットが、依然として限られた記事であることである。その一番ターゲットになるのは、悲しいのは体というちょっとスピリチュアル的な内容であるが、JavaScriptやformのタグを含む訳でなし、どうしてスパム・コメントのターゲットになるのか、さっぱり理解できない。

ところで、そのようなスパム・コメントの内容を類別すると、以下のようになる。

  1. 全く意味のない文字の並びと、何かのWebサイトのリンクを含むもの。どうしてこういうスパム・コメントを送りつけるのか、意味不明である。単にコンピュータ・リソースの無駄使いとしか思えない。
  2. 英語のメッセージ。政治的なキャンペーンのような内容を含むものもあるが、ちょっと読む気がしないので、直ぐに削除する。
  3. ロシア語のメッセージ。昔ロシア語はちょっと勉強したが、流石に辞書を引きながら読む気はしないので、直ぐに削除する。
  4. ドイツ語のメッセージ。これは、一度だけ来た。ちらっと眺めて、意味はなさそうなので、やはり、直ぐに消した。
  5. 出会いサイト系の勧誘メッセージ。「○子です。△駅で待ってます。」みたいな内容であるが、もちろん、直ぐに消す。
  6. 単にシモネタを並べただけのメッセージ。一応読んでから、消す。
  7. どこかの店の販売促進メッセージ。一応目を通してから消す。

ロシア語のメッセージのスパム・コメントが来るので、中国語や韓国語のスパム・コメントも期待?しているのだが、なぜか一度も来たことがない。

あと、頻度は低いが、スパム・トラックバックというのも、ときどき来る。もちろん、acceptすることはない。

注意しなくてはならないのは、いまだに旧ブログの記事に、ときどきであるが、まともなコメントが来ることである。私の現ブログであれ、旧プログであれ、コメントを戴く方は多くないので、スパム・コメントに紛れてそういう普通のコメントを見落とさないように注意している。旧プログにコメントを戴いた方には、こちらの現ブログへの案内も差し上げるのであるが、今まで一度も、ではそちらも見ます、とこちらでコメントを戴いた人はいない。難しいものである。

新ブログについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

前に述べた事情によって、Movable Type Ver.4のブログに移行したことで、やっと人並みの機能をもつブログになった。

ここで言う人並みとは、次のような機能のことである。

  1. カテゴリ毎の件数が見える。
  2. 最新のコメントが専用フレームにリストされる。
あれっ、いろいろあると思ったら、この程度か。

ともかく、内容では到底勝てないが、機能的には池田信夫氏のブログみたいにはなった。アマゾンとかのアフィリエイトするには、別途のカスタマイズが必要であるが。

で、問題は旧ブログである。気まぐれに画面デザインを変えてみたら、どうもインデックス再構築する必要があるらしくて、ところが、旧ブログは、エントリが1100以上もあるのが災いして、再構築処理がタイムアウトしてしまう。そこで、旧ブログは、真っ白な超素朴なテンプレートになってしまった。どうでもいいの極地。

コメント

| コメント(5) | トラックバック(0)

Movable Type 4に移行して、見やすくなった、ブログの更新が容易になったと喜んでいたら、とんだ伏兵がいた。

記事にコメントを書くのに、サインインが必要になったのである。すなわち、自分でわざわざユーザーIDを登録して、パスワードまで設定する必要がある。それだけでうっとおしくて、たたでさえコメントを頂くことが少ないこのブログに、ほとんどコメントがなくなることを懼れる。

しかし、もう後戻りできない。開き直って、ただひたすら書きたいことを書くことにしよう。自分用のメモとして。

いろいろ設定を変えたら、サインインなしでコメントできるようになりました。お騒がせしました。

ブログ引越しの理由

| コメント(1) | トラックバック(0)

ブログ引越しといっても、同じアカウント内であって、単に別フォルダを切っただけである。

出来れば、前のURLのまま引っ張りたかったが、次のようなやむを得ない事情が生じた。すなわち、ブログのエントリが800個を超えたあたりから、ブログ書き込みの反映が失敗する頻度が高くなった。

特に、サーバの繁忙時である昼間や、深夜にその傾向が大きくなった。そこで、一計を案じて、朝6時くらいに書き込み内容をアップすると、成功する確率が高くなった。そのため、愚かな話であるが、プログをアップロードするためだけに早起きした。

ところが、ブログのエントリ数が1100を超えた2009年1月末頃からは、早朝にアップロードしても失敗する確率が高くなった。そこで、困った者は藁にもすがるで、サーバ借りしているニフティのLaCoocanに問い合わせしてみた。

しかし、ニフティが言うには、そのブログは、Movable Typeなのだから、サポートできない、SixApartに問い合わせてくれ、ということである。まあ、ご尤も。箱だけ貸しているのだよ、ということである。いや、箱だけでなくて、サーバ内で、MySQLや、Perl、PHPも使える。

そこで、SixApartにサポートを求めようとしたら、よく考えたら私は、無料ライセンスでMovable Typeを使用しているのであった。無料ということはサポートも当然にない。無料ライセンスであっても、年間6000円だかを払うとサポートが受けられるとあったが、今さらそういう費用負担は辛い。

そこで一計を案じたのは、Movable Typeのアップグレードである。私が今まで使っているのはVer.3.4で少し古い。今では、Ver.4.xがあって、こちらへのアップグレードも無料ライセンスで、得られる。

こちらの新しいバージョンなら、アップロードエラーの問題も解決されるに違いない、と信じて、SixApartのサイトから、Ver,4.23をダウンロードした。それはzipなので解凍する必要がある。そうして、単に同じフォルダにFTPでアップロードせよ、とある。よく分からず、久々にFFFTPを使ってアップロードした。ファイルが2000個以上もある。かなり重い作業ではあった。

移行作業は大変かと思ったら、Movable Typeはなかなか優れ者で、スクリプトが自動的に移行作業をしてくれた。

ところがである。Ver.4.23にしても、全然アップロードエラーは解消しないではないか。そこで、さらに思案を重ねて、別のプログを、同一アカウントに作ることにした。窮すればなんとかである。するとエントリは0から出発である。こうしてエントリ数を軽くすると、書き込みアップロードの問題は解消された。

折角なので、前のプログの先頭に、こちらへのリンクを置いた。

 ということで、一時は諦めかかっていたプログ生活も、生き長らえることになった。あれで止めとけばいいのに、という声も聞こえるような気がするが、もう少し粘ってみることにする。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちブログカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスポーツです。

次のカテゴリは世相です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。