世相の最近のブログ記事

孤舟族

| コメント(9) | トラックバック(0)

毎日新聞の特集によると、定年退職した団塊の世代の精神的放浪を描いた渡辺淳一の「孤舟」という小説がベストセラーになっているという。私には他人事ではない。そこで、作家の西田小夜子氏と、漫画家の弘兼憲史氏が、定年後の生活について議論されているので、私なりにメモしつつコメントしてみる。

「孤舟」では、主人公は定年後、妻と口論ばかりで、デートクラブで知り合った若い女性に安らぎを求める。いかにも渡辺淳一らしいストーリーであるが、ありがちであるともいえる。

西田氏は、こうなりがちな理由を、定年前の亭主が、会社で管理職であったせいではないかと指摘する。すなわち、定年後、上司体質を家庭に持ち込み、妻を部下扱いする。そして、ずっと家にいて、妻に指示したり、家事を監視したりする。しかし、妻は妻で、自分のペースがあるので、いちいち監視されて口を出されてはかなわない。当然に、言い争いになる。

弘兼氏はそれは、夫に近所に友人がおらず、やることがないせいだと指摘する。すなわち、妻は近所のネットワークをつくっているのに、夫は仕事一筋でそれがない。妻は例えば、カルチャーセンターに通い、趣味も充実させている。

ただ、弘兼氏は、団塊の世代は男女平等を教育されているので、普通は一方的に妻をやり込めたりしないのではないかという。私も一般的には、そういう気はする。それにしても夫がずっと家にいて妻と顔を会わせていれば、つい言い争いになるのは、ほとんど必然である。

そこで西田氏は、適度にすれ違うことだという。それは私も同感である。西田氏はそれでも、ときどき一流のレストランで夫婦で食事をしてはどうかと提案する。それに同意する夫婦は少なくないかもしれないが、私はちょっと臆する。

弘兼氏は、それには応えないで、夫婦が互いの価値観を尊重すべきことを説く。そして、定年後の男は、消費、ボランティア、そして若い世代に死に様を見せることだと主張する。これはなかなかよい提案である。

実際、日本の不景気の原因の1つに、内需の落ち込みがあるので、小金をもっている定年層がお金を積極的に使うのは、なにほどか日本経済によい影響を与えるかもしれない。また、ボランティアは、なにかスキルの蓄積がないと却って足手まといになってしまう。若い世代に死に様を見せるという言い方のかっこよさは私は共感するが、おそらく現実には難しい。私はきっとひっそりと、跡形を残すことを最小限にして死んでいくだろう。むしろ、矢折れ刀尽きて、老醜をさらすことをあえて若い人に見せるかもしれない。

もし定年が膨大な時間をもたらしてくれるなら、それは私にとって福音である。幸い勉強したいことは、数学、語学、物理、歴史、哲学と、山ほどあって事欠かない。事欠くのは理解力と根気だけである。といいつつ、一番大事なのは実は、興味だったりする。

それ以外に私が心がけているのは、家事と、仕事の実務である。

家事については、私は家内より4歳年上だし、男女の平均寿命を考えると、統計的には私の方が先に死ねるのだろうが、どっこい私は長生きの家系ときている。すると、私が生き残ると家事は必須のスキルである。幸い私は、調理が嫌ではない。洗濯も掃除も、ぎりぎりなんとかなるレベルである(尤も、洗濯は、全自動洗濯機に放り込むだけである)。また、家事ができることは家内に対しても、居場所を確保することを意味する。

仕事は、定年後もなんとかなるのではと以前思っていたが、若い人でさえ就職氷河期で苦しんでいるのをみると、これは無理かもしれないと最近思い始めてきた。それでも、定年後、仕事にありつくためには、実務スキルを維持していることが必要条件である。だから、実務の足しになるように私なりに地味に仕事に頑張っている。具体的な評価につながりもしないのになにやっているんだと、私の働き様はきっと、功利主義に染まった若い人には理解してもらえないだろう。

あと、弘兼氏は、学歴・社歴を捨て、価値観を変えなさいというが、普段あまり学歴・社歴を意識しないようにしている私も、定年になって組織から切り離されると、気持ちに空隙が生じて、つい学歴・社歴に拘ってしまうということもありえる。ここは、今から気持ちの中でシミュレーションしておくほうがいい。

ともかく定年は私にとって今から楽しみてあるが、一方で、志半ばで斃れてもきっとほとんど後悔はしないだろう。それは矛盾していないと思う。

就活エリート

| コメント(9) | トラックバック(0)

もう2年ほど前であるが、「就活のバカヤロー」光文社新書を読み、就職活動が、就活と短縮形で呼ばれることを知った。当時はなにしろリーマンショックの直後で、大氷河期だったが、そんななかでも、楽々内定を取る就活エリートと、何社受けても落ちるイタい学生とがいる。「就活のバカヤロー」は、どちらかというとイタい学生にフォーカスしたもので、その生態を面白おかしく読み、一方で自分が何度も面接で落ちた経験の記憶も甦って、他人事でもなかった。

ところが、そういうイタい学生の対極にある就活エリートに関する本が出た。「就活エリートの迷走」豊田義博著、ちくま新書である。この本のメッセージは、ばっちりエントリー・シートを埋め、面接を完璧にこなし、この就職大氷河期に何社も内定をとって、鳴り物入りで入社した就活エリートに異変が起きているという。

一体どういう異変なのだろうか。それは、折角期待されて入社した就活エリートの多くで、期待した成果を挙げられず、早期に離職したり、精神に変調をきたす者が続出している、というのである。

それは具体的には、次のような「症状」であるという。

  1. まず、失敗を極端に恐れる。明らかな正解と分らないとやりたがらない。だから、仕事を前に進めようとせず、行き詰ってしまう。どうも、就活エリートたちは、失敗らしい失敗をしてこなかったのではないかと思われる。
  2. 次に、自分の能力を棚に上げて、要求ばかりする。これがやりたい、これはやりたくないということはサラリーマンをやっていて頻繁にあるが、まあやりたくなくても渋々忍耐で処理するというのが、サラリーマン・ライフの基本である。ところが、就活エリートとして入社した人は、やりたくないという要求が容れられないことに強い不満を抱く。
  3. さらに、自分が思い描いた成長ルートから外れると、モチベーションが急落する。自分の進路に対する思いいれが強すぎて、そこ以外ありえないと思ってしまう。

これは、私の将棋の知識によれば、最善手症候群というべきものである。すなわち、将棋において、ある局面から勝ちきろうとすると、常識的には、最善手を続けるのが一番よい。それでよくない理由がどこにあろうか。ところが、局面によっては、最善手をみつけにくいことがある。最善手をみつけにくい局面で最善手を続けると、ボラティリティが高まる。すなわち、最善手でない手を指してしまった瞬間に、優位が急落する。だから、勝負に辛いプロは、読み切れた場合を除き、最善手を避けて次善手を続ける。

どうやって就活エリートは、最善手を続けるのか。先ず、エントリー・シートを、マニュアルに従い完璧に仕上げる。あそらく受験エリートだった就活エリートは、そのもてるノウハウをエントリー・シートに注ぎ込む。その際、自分は何がやりたいか、自分はどういう人間か、イメージを作りこむ。

そうして目出度くエントリー・シートの関門をくぐると、面接では、独自に鍛えたコミュ力を発揮する。すなわち、何を相手が要望しているかを敏感に察知し、完成度の高い答えを返す。それは、余程手馴れた面接官さえも敬服する内容だったりする。

それでは、そうやって発揮された優れたコミュ力が、どうして入社してうまく通用しないのだろうか。理由は簡単で、面接に最適化されたコミュ力は、結局はその場凌ぎなのである。受験数学の計算力がそのまま、大学に入った後の科学技術計算に使えないのと同じである。

どうも就活エリートは、そのもてるリソース、エネルギを、就活スキルを磨くことに注ぎすぎたようである。そういうマニュアル化されたオートマトンとして自分を鍛え上げることでしか突破できないのが、一流ブランド会社の就活なのであった。就職偏差値に特化してしまった次第である。もちろん、自分でも起業できるような上位5%の学生は、余裕で就活を乗り切れる。

それでは、就活エリートになれない人はどうするか。それはこの氷河期にあって臥薪嘗胆、入れる会社に入って頑張るしかない。そのときの売りは、打たれ強さである。すなわち、上記のアンチテーゼをいく。

  1. 多少の失敗は覚悟する。失敗からしか学べないと悟る。しかし、同じ失敗を繰り替えすのは恥ずかしいので、適度に学習効果を働かせる。
  2. 自分の能力を認識して、やりたくない仕事でも、能力をつけ幅を広げるための修行とみなす。
  3. あまり自分の明確なキャリアを描かない。キャリアは、仕事しながら次第に収束するものと心得る。泉谷しげるの「春のからっ風」♪なんでもやります、贅沢はいいません、頭を下げ詫びを入れ、すがる気持ちで仕事をもらい、今度こそ真面目にやるんだ~♪の歌詞をかみしめる。
  4. また、面接なんぞでは自分の能力はわかってもらえないと達観する。

日本の主成分は、こういう非エリートである。私もそうである、ほとんど引退しかかっているが。

対人の仕事

| コメント(2) | トラックバック(0)

日刊ゲンダイに、以下のような記事があった。例の市川海老蔵のことである。

事件発生直後から、市川海老蔵(33)の常軌を逸した酒癖の悪さやオンナ遊びなど過去の"悪行"の数々が明るみになっている。

父親の団十郎(64)は「当人の自覚のなさがなせるわざ。憤りを感じている」と会見で語っていたが、「団十郎だって息子を叱れた義理じゃない」というのは歌舞伎関係者だ。

「海老蔵がまだ10代の頃に、祇園のお茶屋遊びや高級クラブ通いを仕込んだのは団十郎自身ですからね。親子で連れ立って銀座や六本木のクラブに遊びに行って別々のホステスを口説いていたのですから、息子を強く叱れるはずがありません」

この記事をみて、市川海老蔵は情けないやっちゃ、と思っても仕方がない。私がふと思いついたのは、「対人の仕事」という概念である。すなわち、歌舞伎は本質的に対人の仕事で、対人の仕事ではどうしても、浮気がはびこるのである。

対人の仕事という概念は、分りにくくないと思う。すなわち、仕事の本質が、他人からの注目や人気にあるということである。言い換えると、如何に他人の人気を得るかという仕事でのプロのメンテでは、その基礎訓練が、他人にちょっかいを出して歓心を引くことになる。そのための趣味と実益を兼ねた最高の訓練が浮気なのであり、その挙句に離婚するとしても、芸のこやしである。

同様の概念は、落語家、漫才師、俳優、歌手などにも当てはまる。そういう人達を芸能界という言葉で総称するとすると、芸能界に浮気や離婚が横行するのも仕方ない。

すると、ちょっと待てと、弁護士や弁理士の方もいうかもしれない、自分達だって、お客様の対人がメインである、だから対人の仕事である、と特に営業をメインに担当している方もいらっしゃるだろう。

しかし、本質が違うのである。弁護士や弁理士のような職種だと、いかに対人に割く時間がメインでも、その本質は、法律に基づく書類の作成であって、対人の仕事とはいえない。そこで弁護士や弁理士が、芸能人の真似をして浮気をメインとした生活に没入すると、確実にその軸足がぶれてしまう。

将棋の棋士だってそうで、中原名人が、林葉との不倫で、将棋かガタガタになり、結局Aクラスから降級するばかりではなく、引退も早まったという事実がある。あれが芸能界なら、却って存在感が増したかもしれない。

私が言いたいのは、だから浮気などしないで真面目にやらなくてはならない、ということではない。むしろ、もし仕事が本質的に対人の仕事であるなら、浮気や不倫こそ、芸の基礎訓練で、艶を出すため、大いに励むべし、しかし、多くのサラリーマンがそうであるように、対物というか、対事の仕事であるなら、浮気はなるべくしないに越したことはない、少なくともスキルの足しにはならないだろう、というとても当たり前の命題なのであった。ともかく頑張れ、市川団十郎じゃなかった、市川海老蔵。

佐々木希

| コメント(8) | トラックバック(0)

以前、美人は損のブログ記事の自己レスで、「私は、いまだに、グラビアなどで、佐々木希とか見ると、胸がときめきます。」と恥ずかしながら書いたが、日刊ゲンダイによると、世界の美形選考で、佐々木希が、33位に選ばれたという。以下、引用:

今年、世界一の美形に選ばれたのが、女優カミーラ・ベル(24)。米国の映画情報サイト「TC Candler」が「最も美しい顔100人」の1位に選んだ。「ジュラシック・パーク」で注目を集め、頭角を現す。太い眉と澄んだ瞳を持つブラジル系米国女優だ。2位に「ハリポタ」でおなじみの英国女優エマ・ワトソン(20)が選ばれたように、世界の美女のトレンドのポイントは"きりりとした太い眉"にある。

アジアからは韓国の女優ソン・ヘギョ(28)が18位。そして、われらが佐々木希(22)が33位に選ばれたゾ。希ちゃんもイケルじゃん。

詳細には、こちらに写真付きで、100位から1位までが紹介されている。なぜこの順位なのか理解できないし、個人的にはどうかと思う人もいるが、私のコメントなんて意味ないので、詳細は述べないでおく。

ともかく、どうってことはないが、少なくとも、私の美的センスは、あまり世間一般からずれていないことだけは認めて戴ければ幸いである。

知事の育休

| コメント(2) | トラックバック(0)

ちょっと前に、毎日新聞に、広島県知事が育児休暇をとるという記事があった。以下、引用:

広島県の湯崎英彦知事(45)が今月下旬予定の第3子誕生後に、「育児休暇」を取る意向であることが分かった。男性首長の育児休暇は今年4月、東京都文京区長が取って話題となったが、全国知事会などによると知事では初とみられる。

県によると、知事が率先して育休を取ることで、男性の育休取得を進める狙い。特別職の知事には条例上の育児休暇制度はないため、出産後の約1カ月を「育児期間」と想定。公務を考慮して、1日すべて休むのではなく、家事や育児が必要な場合に早退するなどするという。

湯崎知事は旧通産省勤務、通信系ベンチャー副社長などを経て、昨年11月に初当選。7歳の長男と4歳の長女がいる。今年2月の県議会では「『育メン』を私も目指したい」と答弁していた。

こういう記事をみると、元管理職だった私の気持ちは複雑である。というのは、私は10年以上管理職を務めたが、日々雑用に追われて、毎日夜10時より早く帰ることは、ほとんどなかった。それで家族との団欒の時間が平日はほとんどもてなかったが、仕方がないと思っていた。管理職だと、普通部下が複数いて、部下の抱える問題の解決を図らなくてはならない。米国本社に事情説明のメールを書いたりする。仕事の問題がほとんどであるが、パーソナルな問題のこともある。

もともと管理職になりたいと思ったこともないが、何かの縁で指名されたとあっては、それなりに責任を全うするのが社会人だろう。その責任を果たすとき、多少家族にしわ寄せがいくのも仕方がないと、歯を食いしばって頑張ったことがあった。

ところが、私と同列の管理職で、毎週、金曜の午後になると休暇をとって帰ってしまう管理職がいた。本人曰く、アメリカではそうしている管理職が結構いる、という。そうやって管理職が率先して休むと、部下も休みやすいという。しかし、そうまでしなくても、私が勤務している会社は、そんなに休みにくい会社ではない。そもそもが、その管理職が不在のときのバックアップを私がしていたりした。それに対して、何か配慮している様子もない。

こういう経験から私は、部門で率先する地位にある人が、育休のような、恩恵を率先して享受することに私は強い違和感を感じる。特に県知事ともなると、管理職時代の私より暇とは思えない。それとも、県知事いえども人間、人間らしく家族と過ごす権利があると主張するのだろうか。

私の意見はこうである、育休をとりたいなら、知事のような、全体に責任をもつ地位に就かないで戴きたい。ましてや、指名で渋々管理職になった私と違って、知事は自ら志願した訳だろう。また、知事の経済的ベースなら、ベビーシッターを雇うくらい造作もなかろう。

もっと穿った言い方をすると、組織のメンバーが恩恵を享受しやすいように、私が率先してその恩恵を経験すると組織で率先する地位にある人が言うとき、実は単に自分の利益のためにしていることがほとんどではないだろうか。そうでないというなら、自分の不在のときのバックアップ・プランを完璧に作るべきである。

ただ自分を甘やかすことを率先する管理職は、私は要らないと思う。結局、言いたいことはただそれだけである。私は決してよい管理職でなかったが、その一点において、最悪の管理職ではなかったと自負する。

アシスト力

| コメント(0) | トラックバック(0)

女性セブンによると、ダルビッシュ夫婦が離婚の危機だという。つい最近まで、あれほどラブラブと言われていたのに、この急展開は何なのだ。記事には、次のようにある。

さらに、紗栄子に対してダルビッシュが不満を持っていた、とプロ野球関係者は証言する。

「紗栄子さんは芸能界を引退したものの、自身のアパレルブランドを立ち上げ、プロデュースを始めました。そのブランドが大人気で、仕事で東京に行くことも多くなった。遠征の多いダルビッシュに子供を預けるわけにはいかず、実家のご両親に預けるしかなかった。

結果、ダルビッシュにとっては、試合から帰っても妻も子供もいないということが多くなって、仕事に走り回る紗栄子さんに不満を抱くようになったようです」

この記事をみると、どうしても、羽生名人の別居との類似をみてとる。

夫は、その業界のスーパースター、妻は芸能人だけれどもちょっと影が薄くて、スーパースターの夫と結婚したことで玉の輿と羨ましがられ、脚光を浴びる。でも、結婚してみると自分は地味で、芸能界にいた頃が懐かしくなる。それで、自分で主体的に事業がしてみたくなる。ところが、尽くしてほしい夫にとって、家庭をないがしろにされたようで、次第に気持ちが褪めてくる。

そういう記事をみて、つい、アシスト力という言葉が浮かんだ。私のオリジナルではないかもしれないが、要するに、相手をサポートすることに生き甲斐を見出す力である。

もっと分りやすい言い方をすると、親が子供に対して思うような気持ちである。親は子供をアシストして、子供の成功を自分の成功のように共感して喜ぶ能力といってもよい。

私が特許業務の管理職をやっていたとき、部下を採用する必要があった。すなわち、弁理士や特許技術者をサポートする役割の仕事である。もし採用したい担当者が弁理士であるなら、ほとんど苦労しない。その手のウェブ・サイトをみつけるのに苦労はしない。ある程度のサラリーを用意すれば、応募者に事欠かない。

ところが、特許業務の事務担当者は、ほとんど応募がない。紆余曲折があってなんとか採用できたが、大変苦労した記憶がある。その理由は明らかで、特許業務の事務担当者というのは、結構細かくて大変な仕事なのだが、弁理士に比べて下積みで、喩え有名大学を卒業していて真に優秀だったとしても、地味に弁理士をサポートする役割を果たさなくてはならない。大企業に入って総合職として管理職を目指せるようなポテンシャルがある人でも、特許業界にきて特許業務事務担当者に就いたばっかりに、地味な役割に甘んじなくてはならない。

そういうとき、私が立派にやっていると感心するような特許事務所には、底光りするような活躍をする、優秀な、アシスト力に溢れた女性担当者がいたりする。それは、真に稀な人材であり、普通、特許事務所が手放さないので、私がなかなか採用できなかったわけである。

だから本当は、羽生もダルビッシュも、表面的な容姿などに捉われず、アシスト力を基準に結婚相手を選ぶべきであった。

聞くところによると、マイクロソフトの知財戦略で言及したマーシャル・フェルプスは、IBM時代に、会社の役員の秘書を見初めて結婚したのだという。ルウ・ガースナーの秘書がガースナーにとって必須の人材で、だからIBMにくるときもガースナーはナビスコから連れてきたことから分るように、秘書の地位にある人は、アシスト力がある人が少なくない。実際、マーシャル・フェルプスの奥さんは、素晴らしい内助の功を発揮し、フェルプスを支えた。

してみると、うまくいく夫婦というのは、多くの場合妻が、そして場合によっては夫が、アシスト力に溢れているようである。

どんな人にも本能的に多少なりともアシスト力はあるが、アシスト力を削ぐ一番よい方法は、成功することであり、注目されることである。また、ちやほやされることである。すると、芸能人ほどアシスト力の欠ける人はいないということになる。同様の意味で、美人、秀才は一般的にアシスト力が足らない。ただ、美人であっても秀才であっても、生来のアシスト力に富む人もいる。そんな人を配偶者にすれば最高であるが、そんな宝くじに当たることを期待するような生き方はまずい。もしかして、湯原昌幸の妻、荒木由美子は、そういう世にも稀な女性なのかもしれない。

ただ、アシスト力のサポートを受ける側の人に注意であるが、ずっとアシスト力でサポートを受けているとそれが当たり前になって、アシスト力という一級のスキルの価値が分らなくなる。そして、死別するとか、別離することでようやくその価値が分り、愕然とすることになる。マーシャル・フェルプスも、ガースナーも、きちんとアシスト力の存在を認識していた。それは、アシスト力に対する感受性という、アシスト力そのものとはまた少し違うスキルなのであった。そして、アシスト力に対する感受性こそが、よきリーダーの必須の要件なのてあった。

セクハラ・パワハラ保険

| コメント(0) | トラックバック(0)

MONEYzineによれば、AIU保険が、会社がセクハラ・パワハラで訴えられたときの保険を販売するという。以下、引用:

日本でもセクハラやパワハラ、不当解雇などの被害を訴えて、訴訟に発展するケースが増えてきた。AIU保険は、従業員管理リスクに関する賠償責任保険を販売。

会社でセクハラやパワハラ、不当解雇などの被害を受けたとして、企業が従業員から訴えられることもある。その場合、企業は「使用者責任」によって、賠償責任を問われてしまう。仮に裁判となれば、賠償金のほか裁判費用まで重くのしかかり、場合によっては経営に大きなダメージを与えかねない。

過去に巨額の賠償を求められた事例では、米国の「北米トヨタ自動車セクハラ訴訟事件」が有名だ。この事件は、トヨタ自動車の米国現地法人である北米トヨタ自動車で、社長アシスタントを務めていた日本人女性社員が、当時の社長からセクハラ被害を受けたとして、総額1億9000万ドル(約217億円)の賠償を求めて会社を訴えた。最終的にトヨタは、原告側と和解することで合意したが、相当の和解金を支払ったと思われる。

この例は、米国でのことだが、最近は日本でも従業員が会社を訴えて訴訟に発展するケースが増えているという。万一、従業員から巨額の賠償金を請求される事態が生じれば、企業の存続が危ぶまれる事態も想定される。

なるほど、それで、そのような訴訟に備えた保険を作るということか。そういえば、米国で、マックのコーヒーをこぼして火傷した人が、何億円相当もの損害賠償を請求したことがあった。しかし、改めて、セクハラで217億円の賠償とはどういうことか。日本的感覚ならせいぜい1000万円程度だろう。セクハラは悪いことに違いないが、明らかに平衡を欠いている。殺人の民事訴訟でも、不法行為としてそこまで請求できるだろうか。きっと、たちの悪い弁護士に炊き付けられているに違いない。

こうした背景を受け、AIU保険は従業員管理リスクに関する賠償責任保険「HR Pro」を提供している。「HR Pro」は、セクハラやパワハラだけでなく、不当解雇、従業員不正など、従業員管理に関するさまざまなトラブルで、会社が従業員や取引先から損害賠償請求された場合に、損害賠償金や弁護士費用を支払う保険。

ちょっと待て、AIU、これは、倒産保険であるCDSの二の舞ではないのか。

同社は29日、この保険の補償範囲を拡大すると発表した。これまでは補償の対象が会社及び役員だけであったが、店長や工場長といった管理職まで拡大。これにより、従業員が損害賠償請求を受けた場合でも、保険による補償を受けることができるようになった。さらに「保険金支払限度額1000万円プラン」を設け、中小規模の企業向けに販売も始めた。

あれれ、たった一千万円。ああ、日本向けか。確かに日本なら、セクハラ・パワハラで、賠償額が一千万円を超えることはないだろう。しかし、トヨタの闇にあるような労災だとどうなるのだろう。AIUは、この保険はセクハラ・パワハラだけに適用で、労災には適用されません、と涼やかに言うのだろう。

しかし、どこかで話がすりかわっていないか。というのは、北米トヨタ自動車の217億円のセクハラ訴訟のことを言っておきながら、AIU保険は日本での営業の話をしている。一体AIU保険は、米国でもセクハラ・パワハラ訴訟保険を販売しているのだろうか。もしそうだとすると、半端な保険料ではつりあわないのではないか。なぜなら、ちょっとコーヒーをこぼしたくらいで数億円、セクハラで数百億円、その他従業員の言いがかりの数億円単位の賠償にいちいち付きあっていたら、AIU保険はもたない。かといって、適用を厳格にしていたら、顧客からクレームがつく。それこそAIU保険には、セクハラ・パワハラ訴訟保険の保険というものが必要になって、この連鎖は続く。ああまたおぞましい。で、結局、米国ではセクハラ・パワハラ訴訟保険なんて成立しないだろう。明日を知れない戦場の兵士に生命保険をかけることを認めるようなものである。

吊り橋効果

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞をみていると、片隅に、「ハマスタで恋活」という小さい記事があった。なんでも、横浜スタジアムで、男女が運動会を楽しみながら、「恋活パーティー」を開くのだという。ちらっと読んだだけで、つい引けてしまうのは、私が歳をとったせいか。ああそうだった、私は子供の頃から大の運動会嫌いだった。かけっこではいつもダントツの最下位で、下手したら次の順番のトップの子供に抜かされそうになる。惨めで泣きそうになったものだった。

でも、「居酒屋での合コンより青空の下で恋人探しを」というけど、本当にそうか。「恋活」なるものは、もっと本来的に淫靡じゃなかった隠微なのではあるまいか。

また、玉入れやムカデ競争などして、一緒にどぎどきする体験は、「吊り橋効果」といって恋愛感情が生まれやすい、というが、ここらあたりは、美人と破滅男に書いたのと類似の趣旨である。

しかし、どぎどきさせればいいのなら、「カジノで恋活」でも「雀荘で恋活」でもいいはずである。どーん、役満よ。どうしても私は、運動会から離れたいらしい。

ただ、誰でもいいわけではなくて応募資格がある。男性は25~42歳くらい、大卒で年収500万円以上、女性は20~30歳くらいの社会人。あれっ、高卒でガテン系ではなぜいけない、女性で家事手伝いでは駄目なのか、と疑問が湧く。

午前9:30~午後2時と、午後3時~午後7:30の2部で、それぞれの部で男女50人ずつの200人。会費は男性5000円、女性2000円。企画しているのは、イベント会社「エクシオジャパン」。もしフルに申し込みがあると、売上げは70万円。でも、ハマスタを一日借りるのは、結構かかりそうである。果たしてどれくらいの利益になるのか。

運動会である程度粗く相性があえば、あとは、コミュニケーション・タイムやランチ・タイムで相性確認の精度を上げる。ここらあたり、データマイニングのクラスタリングを彷彿とさせる。

それで、カップル誕生なら、ホテルの食事券をプレゼントとある。でも直感的に歩留まり低そうである。

カップル・クリエイションということは、当然に結婚が前提なんだろうけど、私の懸念は、結婚生活というのは、「吊り橋効果」と正反対の、退屈な時間の連続である、ということである。すると、「吊り橋効果」で醸しだされる相性というのは、結婚生活を保障する相性とは違うのではないか。そこで私は敢えて、「ハマスタの恋」を、「粒子加速器の恋」と呼びたい。無理やり電子と陽電子を衝突させるようなもので、自然界では滅多に起こらないのではないか、ということである。と、突然、松山千春の歌が聞こえてきた、♪それでも、恋は恋~♪。

ダイエット本

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞によると、講談社が、ダイエット本の出版を巡り、訴えられたという。以下、引用:

独自のダイエット法で知られる韓国の主婦チョン・ダヨンさん(43)のベストセラー「モムチャンダイエット」を巡り、チョンさんと専属契約を結んでいる韓国の会社が、契約を交わさず一方的に翻訳本を出版されたなどとして、発行元の講談社に出版の差し止めと約1700万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしていたことが分かった。提訴は7月5日付。

講談社広報室は「出版の経緯に何ら問題はない。裁判で事実を明らかにする」とのコメントを出した。

この事件についてのコメントはともかく、どうもダイエット本というのは売れるらしい。楽して痩せたいと思っている人は世の中にあまりに多く、だから、私が15キロも痩せたというと、大抵の人は、ええっ、どうやって?と聞きたがる。

でもおそらく、楽して痩せるという秘訣は多分ない。私の場合、たまたま欲望を滅却できて、食べなくても平気になっただけである。しかも、なぜそうなったのか全く説明できない。

大抵の人がダイエットに失敗するのは、きれいになりたい、異性にもてたい、食べたいものを好きなだけ食べて尚且つ痩せたいなどと、物欲を鼓吹しながら、ダイエットに励むからである。それは、スパイを自宅に連れ帰って、誰も聞いてないと思い込んで、国家機密をしゃべるに等しい。

言いにくいことをあえていうと、少しくらい痩せたくらいで人は美人にならないし、健康にもならない。寧ろポッチャリ美人というのもあるし、少し太り気味でコレステロールが基準値より高い方が却って長生きという説も最近ではあるくらいである。

ダイエットはだから、その手のサロンと、出版社を富ませるだけである。では君はなぜダイエットしたかと聞かれるに決まっているので、言い訳のため先日、拙文を書いた次第である。全く説明になっていないのだけれども、実は。

1年後

| コメント(0) | トラックバック(0)

日刊スポーツによると、元横綱朝青龍関が日本に立ち寄り、「白鵬の連勝を止められるのはオレ」と激白したという。以下、引用:

元横綱朝青龍関(30)が27日、どの力士も横綱白鵬に勝てない本場所の土俵に痛烈なゲキを飛ばした。来日した成田空港で取材に応じ、62連勝中の白鵬を止めるのは誰かと問われると、現役力士の名前は挙げず「オレ」と一言。自分が引退してから、誰も白鵬を止められない危機的状況をずばりと指摘。遠慮なく、本質を突き、自身の存在感を見せつけた。

角界OBとして、誰も白鵬を倒せない現状は、物足りなく感じたのか。シンガポールから日本に戻ったこの日早朝、成田空港で元朝青龍関が、本音を言った。「白鵬の連勝を止められるのは誰だと思いますか?」と聞かれると、少し考えた後「オレ」と一言、表情を変えずに言った。

短い言葉に、深い意味が込められた。モンゴルの後輩ら、現役力士の名前は挙げられなかった。引退した力士は、もう白鵬とは戦えない。あえて「オレ」と言ったのは、元横綱の負けん気の強さと、自身の引退後は、誰も対抗できない角界の問題点を、ズバリ指摘した形になった。

この記事をみて、どうしても、約1年前の相撲観戦という自分の記事を思い出す。あの場所では、千秋楽で、朝青龍が全勝、白鵬が1敗で追走していた。最高に盛り上がった場所で、満員御礼の嵐だった。結局千秋楽の結びの一番で、白鵬が朝青龍を破って決定戦に持ち込み、決定戦では四つ相撲で朝青龍が白鵬を倒すという近年稀な盛り上がった場所であった。あれがたった一年前であってみれば、「白鵬の連勝を止められるのはオレ」と思うことも、そんなに無理ではない。

その後の大相撲の急転落を誰が予想しただろう。そして、何よりも、朝青龍の引退騒動を、である。

朝青龍の引退後、やくざ騒動、賭博問題と、そこまで追求しなくてもよいのにという叩かれ方で、相撲協会は落ち込んでいった。名古屋場所放送自粛など、普通ありえない。大して相撲のファンでない私も、なんであそこまで、相撲協会を目の仇にしなくてはならないのか、未だに理解できないでいる。

そういえば、民主党の党首、鳩山総理(当時)は、華麗なる奥方を伴って、千秋楽の観戦に来ており、周囲から歓声が飛び交い、人気絶頂であった。こんな短い間の凋落を誰が予想しただろう。尤も、その当時既に私が民主党の政務執行能力に疑問をもっていたとしても、それは何も卓見ではなく、多くの人に共有されていたものであった。

それにしても、ドッグイヤーとはいえ、こんな短期間に物事が急展開するものか、と中年まっしぐらの私も感慨に浸るのであった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち世相カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはブログです。

次のカテゴリは事件です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。