将棋の最近のブログ記事

プロ棋士の脳

| コメント(3) | トラックバック(0)

産経新聞Webによると、理化学研究所が、プロ棋士の脳の活動を分析して、プロ特有の脳の働きがあることを解明したという。以下、引用:

羽生善治棋聖(3冠)らプロと、アマチュア棋士が詰め将棋などの問題を解いている際の脳の活動を分析したところ、プロは特定部位がアマに比べて活発に働いていたとする研究成果を理化学研究所が21日付の米科学誌サイエンスに発表した。

プロ、アマ延べ約60人が参加。駒が配置された将棋盤の画像を短時間見てもらい、配置を認識する際の脳活動を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で計測したところ、プロはアマに比べ頭頂部の後方にある大脳の「楔前部」という部位が約3倍活発に働いていた。

詰め将棋の問題を1秒間だけ見せて次の一手を答える実験では、プロはより深部の大脳基底核にある「尾状核」と呼ばれる部位が活発化。より活発に働く棋士ほど正答率も高かった。この二つの部位が連動して働くことでプロの直観が生まれるとみられるという。

先ず、「楔前部」とは何か。Wikiによると、「頭頂葉内側面の後方に位置する脳回で、この領域には感覚情報を基にした自身の身体のマップがあると考えられている」という。なるほど、ともう早計にも私は、プロはやっぱり感覚が優れているんだ、と結論付けようとしている。

次に、「尾状核」とはというと、これもWikiによると、「脳の学習と記憶システムの重要な部分を占めていると考えられている。」ということである。

これをみてちょっとがっかりなのは、もし棋士が、感覚に優れ、記憶と学習能力にも優れているという結論であるなら、何一つ意外性はなく、ああそうですか、で終わってしまうことである。

そこで、単なる自明な結論に終わらないために、次のような実験があれば興味深いのに、と思う。

  1. 将棋のプロ棋士でも、一流棋士、例えば、Aクラスの棋士と、そうでない、例えばC級2組の棋士との比較。
  2. 将棋のプロ棋士と、囲碁のプロ棋士との比較。私は、プロ棋士といっても、将棋と囲碁ではかなり違うのではないかと思う。
  3. プロ棋士と、他の頭脳労働者、例えば、数学者、理論物理学者、情報科学者との比較。

他には、棋士的な頭の鍛え方という議論にもなるかもしれないが、脳の特定の部位の鍛え方とか、脳の特定の部位を活性化する音楽とか、考えれば考えるほど、怪しくなってくるので、専門家の研究を待つこととする。

竜王戦防衛

| コメント(4) | トラックバック(0)

予想どおりというべきか、竜王戦は渡辺の防衛となった。流れからいってフルセットまでいくと思われたが、羽生は意外に頑張りがきかず、2勝4敗であっさり土俵を割った。

羽生に別居報道の影響がなかったとはいえない。実際、竜王戦とほぼ並行して戦っていた王将戦リーグでも、森内、佐藤という脂っこいところに2連勝したと思ったら、三浦、渡辺、豊島と三タテをくらった。特に、三浦は、名人戦を4タテで下したことからも分るように、羽生にとって長くお客さんであった。豊島にも本来、まだまだ負けてはいけない。

しかし、一方の渡辺だって、必ずしも好調ではない。棋王戦トーナメントで広瀬に負け、王将戦リーグでは、三浦、佐藤、森内に負け、A級順位戦では、郷田に負かされた。

それでも、竜王戦となると、渡辺はモードが切り替わるようである。また、対羽生にすっかり自信をもったようである。すなわち、羽生の特徴として、茫漠とした局面で相手に手を渡し、ミスや焦りを誘うということがある。ところが、渡辺は、手を渡されると、意外なところから切り込んできて、その傷が次第に深手になってしまう。そうして、羽生は距離感を見失ってしまう。これはまさに、大山が中原に対して経験したことである。

そういう泳がせる戦術が渡辺にはなかなか功を奏さないので、羽生は、今回の竜王戦では、自分から主導権をとる作戦に出た。すると、深い研究もあって、6局とも、なんとか局面をリードしていった。しかし、そこからの渡辺がしぶとい。まるで駒落ちの上手のように、羽生の攻めがぎりぎりで届かないのである。そしてそのぎりぎりの差を詰められずに、終盤は一手負けになってしまう。羽生が勝った第3局と第4局は、ぎりぎりの切っ先を渡辺が見誤ったというものである。あそこは渡辺が好調なら見切れていただろう。そして、4タテが現出したかもしれない。

一方の羽生は、負けた将棋で、こうすれば難しかったという手はあっても、こうすればはっきり勝ちという手はなかったはずである。このような攻めて行く羽生が見切られるのは極めて珍しい。

2004年の竜王戦で、羽生は森内に4タテで負けた。あのときは、一方的に攻められて攻め潰された。羽生は、絶不調であった。しかし、今回のように、用意周到に攻めても、それを見切られて届かないという負け方は珍しい。

大山が中原に対してそうだったように、羽生はもう、渡辺に対して挽回できないのだろうか。羽生は、苦手だった深浦を克服した。流石に深浦は、羽生さん組しやすしのような発言をしなくなった。しかし、渡辺は、深浦よりも一枚も二枚も上手である。まだ進化の途上にある。順位戦でも平気で、ありえないような新手を仕掛けてくる。

次は、渡辺がA級順位戦で一位になり、名人に挑戦してくる番である。それは今期実現しなくても、時間の問題だろう。そのときまた、羽生に新たな試練が訪れる。私は羽生のリソースはまだ枯渇してないと信じる。

長考

| コメント(0) | トラックバック(0)

長考というのは、読んで字の如くで、要するに、長く考えるということで、意味が分らない人はほとんどいないと思うが、なぜか、囲碁や将棋以外ではあまり使われない。

それと同様に、長く考えることの価値自体、囲碁や将棋以外ではあまり配慮されず、寧ろ、短時間で的確な判断をすることの方が重要視されているような気がする。

囲碁や将棋では、一手に1時間以上考えることはざらである。プロ棋士がその間、一体何を考えているのか、私のような所詮弱小アマチュア棋士には、ブラックホールのような謎である。私はというと、将棋で一手10分くらい考えることはあるが、それは単に、どう指していいか分らないだけだったりする。あるいは、この将棋が終わったあと、どこに飲みに行くか、という本質的でない思考だったりする。プロ棋士でさえ、本当に次の手が分らないとか、どうでもいいことを妄想していることもあるらしいが、それでも、当然、手を本当に読んでいる時間は、アマチュア棋士より断然多い。なぜそれが出来るかというと、まず、手が見える。ある局面で思いつく手が沢山ある。それから、手を読み進む能力が、アマチュアよりもはるかに大きい。まさに、指し手の空間に深くダイブしていくのである。将棋漫画のハチワンダイバーの由来はそこからきている。

このように思考にダイブする能力は重要なので、米長邦雄は、将棋のプロの卵の奨励会員に、古典詰将棋の傑作、『将棋無双』『将棋図巧』を頭の中だけで解きなさい、すると、プロ四段になれると勧めた。

渡辺竜王のように、そんな修行なんて知るものか、といいながらトッププロに登りつめた棋士もいるので、一概には言えないが、確かに、深く読む能力というのは本質的である。

ところが、一手に数時間読んでも、結局実際に指す手は、読んだ手の何百分の一だったりするわけで、読んだことが直ちに勝負に貢献するとは限らない。むしろ、全く関係ないことがほとんどで、それはある意味、壮大な無駄であるともいえる。

すると、プロの対局も、持ち時間はせいぜい、一人3時間、あるいは2時間でもいいのでは、という意見も出てくる。実際、中国や韓国の囲碁棋士は、そういう短い時間の勝負に適応していて、今アジア大会の種目となっている囲碁でも、当然に短時間ルールであるため、持ち時間8時間の二日制のような長時間の対局を正式とする日本の棋士は、甚だ分が悪い。だから日本でも、いろいろな意味で中国や韓国の修行方式に切り替えるべきであると、イ・セドルは指摘する。なにしろ実績が凄いので、説得力がありすぎる。

ただ、流石と思わせるのは、イ・セドルは、長い持ち時間の勝負を、質が違うものと理解しているところである。二日制というのはまた違う、その土俵で打ったら、自分も容易には勝てないのではないか、と。

実は、そこに思考の本質がある。延々と長く考えることは、別の質をもたらすのであり、逆に言うと、長く寝かせた思考だけが、パラダイムの転換をもたらし得るのだ、言えるかもしれない。例えば、志村五郎は、1つのテーマを10年間考え続けるというし、岡潔に至っては、多変数複素関数論の境界問題をなんと、正体不明の問題であると呻きつつ、20年間も考え続けた。

すると私の仮説はこうである。人間の脳内には、生理的なニューロンは当然に張り巡らされるが、そのありかは脳内ではないかもしれなくても、脳が関与する多数の概念の間に、リンクを張り巡らせるにはNP困難な長い時間がかかるのであり、どうも数学はその極北にあるようである。

すると、人類は、その尊厳を維持するために、長考という、一見恐ろしく無駄な行為を捨ててはならないのである。

これはまた、ネット・バカの論旨とも一致する。

ただ、そういう私が、仕事の能率がよすぎて、つい質の軽佻さを指摘される傾向にあるのも皮肉なものである。そこで自戒を込めて、「思考の質は、しばしば時間に依存する。」と書いておこう。

大山の勝負観

| コメント(2) | トラックバック(0)

古書店で、故大山名人の「勝負強さの人間学」PHPブックスを見つけて、買った。昭和58年(1983年)刊だから、大山が60歳のとき書かれた本である。大山が亡くなるのは、1992年7月26日だから、この本を刊行してから約9年後、69歳のときである。この本によると、ご本人は、70歳までA級で頑張るつもりだったようである。それでも、15世名人なのだから、A級から陥落することは即引退であると覚悟していた。そうやって、自分を叱咤激励していたのである。

まさに大山は克己の人で、忍耐の人であった。また、本人は別に受け将棋のつもりは全くなく、ただ、高い勝率をあげようとすると、必然的に、決め手を与えないというか、受けの手を重視するようになるのだという。将棋は攻めなくては勝てない、私の受けは、いつも攻めを見た受けである、と当たり前のことを言っても、大山が言うと重みがある。

あまりにも違いすぎて、較べるのはどうかと気が引けるが、張栩が囲碁マシーンで勝負の鬼だとしたら、大山もまた、それに劣らぬ勝負の鬼である。しかし、大山には、将棋マシーンという言葉は似合わない。なぜなら、張栩が、読みや寄せなど、目に見える部分に完璧を期して勝率を上げようとしているのに対し、大山は、長い内弟子生活に裏打ちされた、体で覚えた将棋、すなわち、暗黙知から滲み出る強さに依拠する。

大山は、木見一門で、大野源一と、升田幸三という、偉大な兄弟子を得たことがあまりに幸福であった。あまりに、という意味は、その偉大な兄弟子達から当初、随分痛い目に遭わされているからである。しかし、そこを耐えることで、克己心とか負けん気を養ったとある。

この本によると、大山は、自分のライバルは升田以外いないと言い切る。では、木村義雄はというと、目標にすべき先達ではあっても、ライバルではないという。名人経験者である塚田正夫に至っては、その飄々とした生き方や、ずっと長くA級の地位を保ったことに感心しつつも、あまり尊敬できる先輩とまでは思っていないようである。すると、升田の才能というか、真の強さを知る者は、大山を措いて他にいないといえるのかもしれない。そんな升田がいたからこそ、ここまでこれたと大山は言う。

では、後輩に対してはどうかというと、一番敵愾心を燃やしてきた山田道美に対しては、一定の評価をしつつも、あまりにも意識過剰で、気が逸ったがために、自分を負かすまで至らないどころか、他の棋士からも反発を受けて損をしたと指摘する。また、山田が取り入れて後世に評価され、若手棋士も採用している共同研究方式も、大山は評価しない。いくら研究しても、それが実戦で活きるとは限らず、そもそも、手の内をあかしたら損である。それよりも、独自の個性を出すことである。ここで個性とは、局面毎に、自分ならこう指すという判断の仕方であり、その独自性がないと勝てないという。

勝つという意味では、大山は、横の将棋、縦の将棋ということをいう。すなわち、横の将棋とは、ある局面で、全体的に盤面を見渡して、広く手を探す。コンピュータのアルゴリズムで言うならば、幅優先探索である。一方、縦の将棋とは、盤面で、いい手がありそうだとその周辺を深く読む。こちらは、深さ優先探索である。どちらでも良さそうであるが、大山は、名人になるような人はみな、横の将棋であるという。木村然り、自分然り、加藤一二三然りである。ただ、升田のことは、縦の将棋と思っているのかもしれない。

大山は、名人になる人の必要条件として、体力と、柔軟性・適応性と、そして横の将棋であることを挙げる。実は、体力と横の将棋であることは深く関連していて、横の将棋を採ると、どうしても長い将棋になる。勝つよりも負けない手に重点をおくからである。すると、ヘビースモーカーで、酒豪で、体を壊した升田が、縦の将棋になるのも必然かもしれない。

また、大山は、新手とか奇抜な手は、体力や気力が低下したとき出るという。体力が充実していれば、圧し付けるような勝ち方になる。なにも、桶狭間みたいな戦いをする必要はない。だから、新手一生の升田は、不健康な一生だったということになる(ここらあたり、大山が書いているのでなく、趣旨を汲んで、私が適当にアレンジしている)。

そいう意味では、奔放性は若さではないという。若さとは、自分を制するエネルギに溢れているということだから、自制を利かせられるということが若さである。若さが損なわれてきたとき、何かが破れて、新手のようなことになる。こういう発想は、大山ならではである。だから、若さは年齢ではないという大山の言いかたは、克己でき、辛抱の手を指せている自分は若いといいたいということになる。

さて、自分のライバルは升田しかいないと言い張る大山にとって、天敵のように負かされた中原はどう映っているか。すると、大山は、途端に歯切れが悪くなり、中原さんにはどうもファイトが沸かないという表現になる。中原さんの方が自分よりも強いとは死んでも言わない(言うわけないか)。ただ、中原を負かして名人に返り咲けなかったことがとても悔しいことは、行間に滲み出ている。

あと、とても意外なのは、自分は内弟子で修行したので正座は平気だし、礼節も正しいと言い張るのだが、すると、あの悪名高き盤外戦術はどうなるのか。どうみても、礼節正しいとはいえないだろう。この辺は矛盾だが、自分は、礼儀正しいので、相手からも嫌われていないと平気で主張する。流石に狸親父だが、まあ、勝負師はそれくらいでなくては、と思う。羽生にこの強かさがあれば、そもそもが、畠田理恵を配偶者に選んでいないだろう。もっと落ち着いて将棋を指せる環境が作れる女性と結婚して、今よりも記録を伸ばせたのかもしれないが、人生そんなもんでないことは、この本を書いた時点の大山に近い年齢になりつつある私は流石に分かっているつもりである。

しかし、張栩の本には窺われないこの韜晦こそが大山の真骨頂なのであった。

羽生名人の別居

| コメント(0) | トラックバック(0)

産経新聞Webによると、なんと羽生名人が、家族と別居中だという。以下、引用:

将棋の羽生善治名人(40)と元女優、理恵さん(旧姓・畠田=39)が別居していることが1日、分かった。2日発売の女性週刊誌「女性自身」が報じた。(サンケイスポーツ)

同誌によると、理恵さんは今年3月ごろから、羽生名人の住む都内の自宅を離れ、横浜市内のマンションで13歳の長女、11歳の次女と生活。同誌の直撃取材に、スケートを習う次女のためにスケートセンターの近くに家を借りたと説明した。

不仲が原因ではないというが、結婚15年目での別居。羽生名人は永世を6タイトルで獲得。史上初の全7冠獲得に向け、現在、竜王戦に挑んでいるが、2連敗と追い込まれている。別居生活の影響が出ないか心配なところだ。

日本将棋連盟広報室は今回の報道に対し、サンケイスポーツの電話取材に「その件については把握しておりません」とコメントした。

羽生が、竜王戦で、渡辺に負けるのは仕方ないとしても、ちょっと内容がよくないと思っていたら、これが原因だったのか。藤沢秀行だって、自分が出て行って外で女をつくっていたのであり、家族が出ていったわけではない。だから、というのは説明になっていないが、羽生が豪邸で一人暮らすというのは、私の常識で考えて、どうみても夫婦円満ではない。その逆に、棋士である夫が、研究のため外にマンションを借りるのは珍しい話ではないが。

やっかみもあるかもしれないが、羽生が芸能人の畠田理恵と結婚することに、女性だけでなく男性からも批判があった。一般的に芸能人の女性というのは、棋士の妻という地味な存在に甘んじることができない。数学者などの学者もそうかもしれないが、棋士というのは、将棋や囲碁が好きでなければ、退屈極まりない存在である。頭脳の中では、火花が散っているかもしれないが、外見は何も変わらない。すると、棋士の結婚相手として相応しい女性は、次の3つのうち1つである。

  1. 地味に亭主を立てることができる古風な女性。例えば、あの小沢一郎の奥さんがそうらしい。
  2. 父親が愛棋家で、棋士に対する尊敬の概念を肌で知っている女性。例えば、中原16世名人の奥さん。ただ、あれほどのスキャンダルがあっても離婚しないというのは、逆に、空恐ろしいものを感じる。
  3. 同業者。すなわち、奥さんも棋士である。どちらも同じ棋道であるのが望ましいが、囲碁の男性棋士に将棋の女流棋士の奥さんでもよいし、その逆でもよい。しかし、将棋の男性棋士に、囲碁の女流棋士というパターンは知っているが、その逆は知らない。前に、囲碁界というブログ記事で、囲碁界の狭さを批判したことがあったが、よく考えると、住む世界の広さと幸福の度合いは反比例するという、ショーペンハウアーの法則があったことを忘れていた。すると、例えば、夫婦が囲碁プロ棋士で、子供も院生で、棋士を目指している、というのは大変幸せな世界なのである。それで何が悪い。文句あるか、である。

その禁を破って、例外的に芸能人と結婚した羽生は、結婚する前からいらぬ批判を浴びてきた。そして、ときどき絶不調になるたび、夫婦仲の悪さを噂されてきた。私が思い出す羽生の不調は、2003年の6月のことである。そのとき、名人戦で森内の挑戦を受けて4タテで下した羽生は、我が世の春のような絶好調を感じていた。ところが、好事魔多しで、突然の絶不調に陥る。先ず、王位戦で谷川の挑戦を受けて、メタメタの終盤で、あっさり土俵を割ってしまう。それでも、渡辺の挑戦に対して王座は防衛したが、森内の挑戦を受けた竜王戦では、逆に4タテを食らい、内容も完敗だった。

絶好調の森内は、その後王将も挑戦したが、そこはなんとか防衛した。しかし、問題は名人で、結局、2-4で名人を奪われてしまう。18世名人を目前にしてである。それでも、18世名人に就くのは流石に羽生だろうと誰もが思った。しかし、名人を森内から奪回するのは、2009年になってからで、屈辱にも18世名人の資格を得たのは、森内なのであった。

その頃、羽生は家庭的に不和だったのかもしれない。それがあると、将棋に専念できない。それでも持ち前の才能で名人を奪回した後、今年になって勝率8割以上という好調を迎えた。それは、羽生が豪邸に一人暮らしするようになってからである。きっと、湯水のように研究に時間を費やせたのだろう。

そもそもが、豪邸に男が一人で残るというのはおかしい。奥さんと娘がマンションに移るとは、である。普通は男は、外に女を作って、女のマンションに入り浸るものであり(私はしたことはないが)、男が豪邸に一人残るのは、いかにも惨めである。もし羽生が外にマンションを借りるなら、研究のため部屋を借りたという申し訳も立つが(故山田道美など、そうしていた)、逆だと夫婦が良好な関係を維持しているというのは考えにくい。

なお、私は、羽生に別の彼女ができたという線はあまり考えない。私と一緒にしたら怒られるが、自分を顧て、羽生は女性に興味がないことはないのだが、改めて彼女をつくるというのは、面倒で、気が進まないのではないだろうか。もちろん、私と違って、望めば、羽生の彼女になりたいという女性を見つける苦労は全くないだろうが。

ともかく、週刊誌にばれたり、奥さんから責められたりして、心労が重なったのが、羽生が不調になってきたことの原因かもしれない。将棋を含め勝負とは面白いもので、棋力以外に、精神的に優位に立つと、勝ちやすい。例えば、渡辺は、うちの家庭は平和だもんね、そんな奥さんと離れて一人暮らしの人に負けないもんね、と優越感を感じることができる。

一方で羽生は、疑似独身男性として、なりふりかまわず開き直ることである。高橋道雄がそうで、離婚してからブレークした。あの歳でA級復帰且つ勝ち越しというのは、それだけで偉業である。

すると、幸福な渡辺と、開き直った羽生の、どちらが勝つか、まだ竜王戦は分からないというとになる。盛り上がれ、竜王戦(といいつつ、私は最早流れは渡辺かな、とどうしても思うのだが)。

阿伽羅の勝利

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前にブログに書いた、阿伽羅と清水市代女流王将との対戦であるが、予想どおり、阿伽羅が勝った。以下、産経新聞Webからの引用:

将棋の清水市代女流王将に情報処理学会(白鳥則郎会長)のコンピューター将棋システム「あから2010」が挑戦していた一番勝負で11日午後7時、後手のあからが勝利を収めた。公の場で、コンピューターが日本将棋連盟(米長邦雄会長)の棋士を打ち破ったのは初めて。

対局は、情報処理学会の50周年プロジェクトとして実施された。あからには、世界コンピュータ将棋選手権で優勝した「激(げき)指(さし)」など4種のソフトが搭載されており、導き出した解答のうち最も多かった手を指す。

今後、あからは早ければ半年後にも日本将棋連盟が指名する男性棋士に挑み、さらに勝てば最高峰の羽生善治名人(王座・棋聖)か渡辺明竜王と対局する見通し。

今回の対局は観客の見つめる前で行う公開対局ではなく、限られたメンバーが会議室で行い、約750人の観客は広い講義室で中継盤面を見守った。

奨励会三段、あるいはC級2組の中くらいの棋力であると予想される阿伽羅が清水市代を破ったとしても、それは順当であるが、good newsは、「あからは早ければ半年後にも日本将棋連盟が指名する男性棋士に挑み」という記事と、「さらに勝てば最高峰の羽生善治名人(王座・棋聖)か渡辺明竜王と対局する見通し」という記事である。なんと、もしかしてたった一年で、将棋界最高峰とコンピュータの対戦が見られるかもしれない。これは見物である。

それでは、次の対戦相手に誰が相応しいか。私のみるところ、対コンピュータに相応しいのは、手将棋の雄、あるいは曲線的棋風の持ち主である。すると例えば案外、田村康介、森下 卓あたりがいいのではないだろうか。逆にプロとしては最高レベルに強いのにコンピュータに負かされそうなのは、豊島将之、佐藤康光あたり。急所で真っ向から読みあって、コンピュータに読み負けする可能性がある。

ただ、コンピュータがまだ奨励会三段、あるいはC級2組の中くらいだとしたら、ベストの男性プロをぶつければ、ぎりぎりでコンピュータを止められるだろう。今回は、である。

2年後だと、コンピュータは更に強くなり、いよいよ、羽生も危ないかも。その年が運命のアセンションだというのは、単なる偶然である。

阿伽羅

| コメント(2) | トラックバック(0)

将棋連盟のホームページによると、今年、清水市代と対戦するコンピュータ将棋、阿伽羅(あから)のことが掲載されていた。

阿伽羅とは、おそらく仏教用語なのだと思うが、「10の224乗という数を表わし、将棋の局面の数がこの数に近いことに因んで命名された」という。ううん、流石に、宇宙全体の原子の数よりも桁違いに大きい。

ところが、阿伽羅のシステムがまた凄い。下記のとおりである。

# ハードウエア部
-東京大学クラスターマシン:
Intel Xeon 2.80GHz, 4 cores 109台
Intel Xeon 2.40GHz, 4 cores 60台
合計 169台 676 cores
-バックアップマシン:4プログラムそれぞれについて1台ずつ
-CPU: Xeon W3680 3.33GHz 6cores
-Memory: 24GB (DDR3 UMB ECC 4GBx6)
# ソフトウエア部
-構成:国内トップ4プログラムによる多数決合議法
-合議マネージャー(4つのプレイヤープログラムに局面を渡し、指し手を受け取り、もっとも多い手を指し手として返す。)開発:電気通信大学伊藤毅志研究室&保木邦仁
-プレイヤー1:「激指」開発:激指開発チーム(鶴岡慶雅、横山大作)
-プレイヤー2:「GPS将棋」開発:チームGPS(田中哲朗、金子知適ほか)
-プレイヤー3:「Bonanza」開発:保木邦仁
-プレイヤー4:「YSS」開発:山下宏

ううん、なんとも壮観である。ただ、プログラミングを趣味とする者として疑問なのは、上記のソフトは、多数のクラスタマシン上で動くようになっていたっけ、ということである。もともと、スタンドアロンで作れられていたとすると、クラスタ用に移植するのは大変なような気がするが、そこは、東大工学部の精鋭が裏方作業を応援するのだろうか。

それにつけても、役不足感が募るのは、清水市代である。というのは、スタンドアロンのコンピュータ将棋でさえ、アマチュアトップクラスの棋力をもつと思われる東大将棋部のメンバーを、9勝1敗で圧倒した。優に奨励会三段はあり、もしかして、C級2組の中位、すなわち、中村太地四段程度の力がないだろうか。情報処理学会は、ウサギを倒すにも全力を尽くすライオンなのか。

ということで、私の興味は、清水市代戦ではなく、次にどの男性プロが駆り出されるかである。まさか最後には羽生までいかないだろうね。そうなる前に、米長会長が待ったをかけるのだろう。

広瀬新王位

| コメント(3) | トラックバック(0)

若手の穴熊の名手、広瀬章人が、深浦王位から王位のタイトルを奪取した。囲碁の碁聖を獲得した坂井秀至とは別の意味で、これはニュースである。以下、毎日新聞Webからの引用である。

将棋の第51期王位戦七番勝負の第6局が1日から神奈川県秦野市で行われ、千日手指し直しの末に2日午後9時37分、161手で挑戦者の広瀬章人六段(23)が深浦康市王位(38)を破り、4勝2敗で奪取した。広瀬はタイトル初挑戦で獲得に成功。20代の新タイトルホルダー誕生は渡辺明竜王(04年、20歳で獲得)以来、6年ぶりだ。

広瀬は東京都出身。勝浦修九段門下で05年にプロ入りした。09年、新人王戦で初優勝。順位戦はC級1組に在籍している。今期の王位戦では2勝2敗から、千日手指し直しとなった第5、6局を連取し、深浦の4連覇を阻んだ。将棋に励む一方、早稲田大教育学部で学んでいる。大学在学中の棋士のタイトル獲得は初のケース。【山村英樹】

広瀬王位の得意戦法は、四間飛車穴熊である。ところが、それは私が高校生のころからある古典的戦法だった。当時は、穴熊対策といえば、玉頭位取りで、玉が薄いので、捌きあったら、穴熊側が勝つことが多かった。それから、対四間飛車穴熊で流行したのは左美濃である。これはなかなかバランスのとれた戦法で、今でもプロも指している。広瀬が王位を奪取した第6局、深浦は、まさにこの戦法を選んだ。流石に相穴熊に飽きたのか。あるいは、左美濃が一番信頼のおける戦法だと思ったかのどちらかである。

ところが、居飛車穴熊が隆盛になって、次第に振飛車穴熊が廃れていった。何か決定的な変化がある訳ではないが、どちらも穴熊で堅さが同じだとすると、居飛車側の飛車先が伸びているのが有利という理論である。あと、これも飛車先が伸びている効果なのであるが、居飛車側からの急戦に備えるために、振飛車側の銀は、飛車からあまり遠くに移動できないという事情がある。居飛車側ではそういう事情はないので比較的安易に四枚の穴熊が組め、一方振飛車側はそうでないとすると、一枚の銀による堅さの差は大きいということである。

こうして、相穴熊は激減した。それと呼応するように、角筋を止める普通の四間飛車自体をプロが滅多に指さなくなり、西川慶二七段の息子の西川和宏がプロ四段になったとき、普通の四間飛車を得意とする珍しいタイプと話題になったほどである。ある意味、角換振飛車やごきげん中飛車、そして早石田にあらざれば、振飛車にあらずみたいな雰囲気だったのである。

そんな雰囲気だから、平気で四間飛車穴熊を指す広瀬章人は、プロではとても奇特な存在であった。それでそこそこ勝ったり負けたりなら、誰も注目しないだろう。しかし、四間飛車穴熊で高い勝率を誇り、A級棋士にも普通に勝っているとなると、密かに注目を浴びてきた。

それでかなりの勝率を上げているとなると、では俺も真似して四間飛車穴熊をやってみようというプロが出てきてもおかしくないのであるが、なぜか、ほとんどいない。それは広瀬の穴熊は、独特の真似できない感覚に基づいているからである。その感覚は、「とっておきの相穴熊」という、遠藤正樹との共著から窺うことができる。どんな感覚なのか、それはうまくいえないが、独特の距離感と、受けの感覚である。決して、堅さでガンガンというものではない。そしてもちろん、あらゆる形をよく研究している。四間飛車穴熊と決めると、かなり研究し尽くせる。

四間飛車を研究し尽くしているというと櫛田六段がいるが、櫛田六段は、確かにその緻密な四間飛車の知識を畏れられているが、一流棋士とはいい難い。それでも広瀬が高い勝率を上げているのは、絶妙の中終盤感覚、そして穴熊に対する深い「愛」がある。CATVの囲碁・将棋チャンネルを観ていると、「ボクは穴熊とともに育ってきた」とのナレーションとともに広瀬の子供のときの写真が写され、広瀬の穴熊講座が始まる。まるで、広瀬にとっての穴熊が、愛しい飼い猫のようである。そして愛しい飼い猫は、猛々しい虎に育ち上がったが、広瀬にとっては可愛い子猫のままなのである。だから広瀬は、四間飛車穴熊に愛を吹き込んで、活き返らせたと言えるだろう。

そんな広瀬ワールドに、深浦は果然と挑んでいった。可愛い子猫は虎に豹変して襲い掛かったが、深浦も然る者、一歩も引かず、広瀬ワールドから逃げようとしなかった。そして、最後は見事力尽きた。

少し考えると分かるが、四間飛車穴熊というのは我儘戦法なのである。どういう意味かというと、矢倉や相懸と違って、相手の出方にあまり関係なく、その世界に引きずりこめる。そこで思い切り、自分の研究や感覚をぶつけていくので、勝ちやすいかもしれないが、未知対応力が練磨されないという問題はある。その対応力をつけるために、羽生も森内も谷川も、すなわち永世名人資格者レベルになると、相手の得意を避けない。それが一時は負けが混んでも、長いレンジで見ると、勝ち越すことにつながる。そこのそころを広瀬はどうするか、今後の大きい課題である。子猫とまったりたわむれている訳にはいかないのである。

アマ八段

| コメント(2) | トラックバック(0)

将棋連盟にホームページに、アマ八段への昇段規定が掲載されていた。以下、引用:

8月1日付で、アマチュア竜王戦の結果により、アマ八段位への昇段を認める規定が下記のとおり新設されました。

アマ八段への昇段規定
1回優勝でアマ七段免状授与となった第19回以降のアマチュア竜王戦全国大会で通算3回優勝

この規定により早咲誠和(はやさきまさかず)七段(第21回、第23回大会優勝)は来年6月のアマ竜王戦全国大会で優勝すれば、史上初の実力アマ八段となります。

なんとも時代遅れだよね、と感じるのは、こうやってアマチュアの認定段位を高めることで、将棋連盟がアマチュア棋界振興になると構想している様子を見て取るからである。

それは確かに、「早咲さん、実力アマ八段ですから、凄いですね。」と感心する能天気なアマチュアもいるだろう。しかし、大抵のアマチュア高段者は、興味も示さないだろう。

というのは、アマであれプロであれ、段位というのは多分に年功序列的色合いが強く、NHK杯戦でも、段位が低い方が勝つだろうといわれているほどである。

段位のいけないところは、現在の棋力をほとんど正確に表示していないところである。すなわち、一度上がったら下がらないのである。会社でいくと、年功であれ、縁故であれ、部長まで昇進すると、まあ、六段というところかもしれないが、それからヘマをして降格されると、下手したら平担当者まで落ちて、初段程度になる。ところが、これが将棋なら、段位は六段のままである。

こんな風だから、前にも書いたが、私は段位には興味がない。今はアマチュア四段を自称しているが、それはよく、正式な段位ですかと聞かれる。すると、いえ、認定されているのは三段です、というと相手は馬鹿にしたように見る。それは、大学院修士卒だと言っていたら実は、学卒だったのかと言わんばかりである。このようなことを防ぐには、週刊将棋などで毎週応募して段位をとることである。この方法でも、五段までとれる。いささかの忍耐力と認定費用さえ惜しまなければ、五段を認定されています、と言えるようになるのは易しいが、それでびた一文強くなる訳ではないし、下手したら将棋仲間からはペーパー五段と却って馬鹿にされるので、認定費用は、ドブに捨てるより悪い。ああ、あのお金でどこかで飲んでおけばよかった、ということになる。

あと、アマ八段への昇段規定に文句つけると、「アマチュア竜王戦の結果により」というのはおかしい。それは、従来より一番伝統のあるアマ名人戦の結果に拠るべきだし、そうでないなら、勝ち進むのが同格に難しい、アマ名人戦、アマチュア竜王戦、朝日アマ、及びアマ王将戦の結果によりとすべきである。読売新聞からなにかオファーでもあったのだろうか。何にしても、つまらない段位施策である。

アマが指さない戦法

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近アマチュアのレベルが上がったと言われているが、7月3日の朝日アマ予選、プロ・アマ一斉対局はなんと、プロ側の10戦全勝であった。これは、朝日アマ予選にアマチュアが参加するようになって、初めてではないだろうか。かつてはアマが勝ち越したこともあったし、平均的にはアマの3勝7敗というところか。ただ、私はこれはたまたまであって、特にプロのレベルが上がったとも、アマのレベルが下がったとも思っていない。勝負には、そういうこともあるというだけの話である。

そうやって、プロ側の10戦全勝だろうと、アマトップの人達が、私から見て雲の上の棋力であることにかわりはない。

一方で、アマトップの人達が、私から見て雲の上の棋力であるといっても、所詮アマチュアだよね、と感じるのは、戦法の選択である。

例えば、中座流が得意なアマチュア棋士というのを私は知らない(実は、奇特にも、上記10戦のうちの1戦だけ、アマチュアに中座流がいて、しかもプロも知らない凄い新手を指していた。敬服するのみである)。一アマチュアとして、棋書を読み、中座流を試してみたことがあるが、どっちをもっても、狙いも受け方もさっぱり分からない。私だけがそうなのでなく、どうもアマトップにとって、中座流を使いこなすのは相当難事のようなのである。

次にアマチュアで見ないのは、一手損角換。これは、中座流ほどではないと思うのだが、やはりアマチュアではほとんど見かけない。思うに、アマチュアにとって狙いが茫漠すぎるのである。

もしかしてもっと見かけないのは、角換腰掛銀同型の攻防である。これは、プロ同士が戦ってもぎりぎりで難解である。私はアマチュアには変化が微妙すぎる、ような気がする。攻めも受けも寸分の隙も許されない。

あと、最早廃れてしまったが、藤井システムもアマチュアによって指されることが少なかった。私もやってみたことがあるが、どっちをもっても、狙いも受け方もさっぱり分からないという意味では、中座流と変わらないような気がした。

こうして並べてみると、アマチュアが指さない戦法というのは、次のような特徴がある。

  1. 玉の囲いが薄い。
  2. ちょっとした変化手順が、急激な局面と形勢の変化をもたらす。すなわち、カオス的である。
  3. 矛盾するようであるが、カオス的であるにも拘らず、プロが寄ってたかって、隅々まで定跡化している。そういう状況で、意味がある新手を指すことは、トッププロにしかできない。

では、アマチュアが好んで指す戦法というと、その丁度逆で、次のとおりである。

  1. 玉の囲いが堅い。
  2. 一手の緩手がそれほど局面を悪化させない。
  3. 緻密な研究があまり意味をなさない。

この典型は、例えば、矢倉、四間飛車、角換棒銀戦法、などであろうか。特に四間飛車は、今ではプロは、櫛田六段、西川和宏四段くらいしか指さないが、アマチュア間では隆盛を極めていて、衰える気配はない。そういえば、昔は四間飛車穴熊は、プロもアマも流行していたが、今ではプロでは、広瀬六段くらいしか指さない。広瀬六段は、独特の感覚で、羽生などにも勝っている。大したものである。

では、プロ・アマ共通に人気の戦法はというと、玉の堅さを活かした相穴熊などである。矢倉もそうである。またなぜか、ごきげん中飛車もそうである。ごきげん中飛車も場合によってはカオス的微妙な変化もあるが、アマはそういうカオス的な変化を避けてまったりした手順を選ぶ。そういうまったりした変化を多く含むのも、ごきげん中飛車の特徴である。ごきげん中飛車と似た意味で、角交換振飛車全般も、プロ・アマ共通に人気である。角交換振飛車なんて、滋味はないような気もするが、なかなかどうして意外な味わいもある。ただ、プロは、やりすぎはよくないようで、佐藤康光は、角交換振飛車のやりすぎで、A級から陥落してしまった。

ということで、立石流などのように、ときたまアマからプロに還流する戦法もあるが、大抵はプロ由来であって、アマが喜んで取り入れることのできる戦法は意外に多くない。だから、深浦王位が書く「最前線物語」をみても、トップアマを含む大抵のアマチュアは、大部分の戦法や変化は、鑑賞に留まるのである。こういうのも、ウィンドウ・ショッピングというのだろうか。

と、ここでこの稿を終わろうと思ってネットをみると、王位戦の第1局で、広瀬六段が深浦王位に、相穴熊で圧勝していた。広瀬六段の先手四間飛車穴熊であるが、棋譜をみると、四間飛車穴熊と言っても、アマチュアが指すそれとは全くセンスが異なる。すなわち、美馬氏の穴熊のように、やたら固めるのでなく、どちらかというと遠藤氏の穴熊のように、ぎりぎりの一手勝ちを目指すのであるが、その踏み込みのタイミングが意表をつく。すなわち、本来はアマチュアでも指せる、まったりした戦法であるはずの四間飛車穴熊が、広瀬六段にかかると、切り立ったヒマラヤ山脈になってしまう。到底アマチュアの及ぶところではなくなってしまう。アマチュアどころか、万能の羽生でさえ、広瀬の四間飛車穴熊は、想像の圏外である。以前、「とっておきの相穴熊」広瀬章人、遠藤正樹共著で、穴熊の達人と呼ばれる遠藤をもってしても、広瀬のセンスの前にはたじたじであるということを書いたことがあるが、それは実は、広瀬がプロだからなのではなかった。広瀬が広瀬であるからなのであった。こうして、アマが指さない戦法に、広瀬流四間飛車穴熊を加えるべき、ということになった次第である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち将棋カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは宗教です。

次のカテゴリは心理学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。