料理の最近のブログ記事

来来亭

| コメント(3) | トラックバック(0)

お酒を飲んだあと、妙にラーメンが食べたくなる、という経験をしたことがある人は多いだろう。

私は先日、友人と飲んで、最寄の駅である小田急線の相武台前まで帰ってきたとき、なぜかラーメンがほしくてたまらなくなった。そこで、駅前にあるラーメン屋を覘いてみたら、日曜の夜だったので、閉まっていた。

どうするかと悩んで、コンビニでカップラーメンを買って家で食べることも考えたが、思案したあと、去年、県道51号町田厚木線沿いにできて、大変人気の来来亭に行ってみることにした。もう夜10時半なので、開いているのかな、と心配しつつ。

延々と15分程度歩いて行ってみると、流石に混んではなかったが、まだ営業していた。どうも、深夜0時まで開いているらしくて、ご苦労さんである。

早速、普通のラーメンを注文した。650円である。注文のパラメータとして、麺の堅さ、スープの濃さ、豚の背脂の量、一味唐辛子の量を指定できるようだが、なぜか麺の堅さしか聞かれなかった。あとは、何も言わないと、デフォールトなのだろう。

出てきたラーメンを口に入れると突然、懐かしさがこみ上げてきた。私の出身地の名産、尾道ラーメンとよく似ている。細麺+醤油スープ+豚の背脂の存在によって特徴づけられている。旨いかと聞かれたら、うん旨いと、即答しただろう。しかし、何かが尾道ラーメンと違うと考えてみたら、それは、一味唐辛子の介在であった。尾道では、ラーメンに胡椒を入れることはあっても絶対に唐辛子は入れない。

なぜ唐辛子なのかと思案して、昔の記憶を辿ってみた。今から8年くらい前に、私が帰省しているとき、東京から友人が尋ねてきた。そこで、尾道の市内で、私が一番おいしいと思っているラーメン屋に案内した。で、どう、うまいでしょ、と聞いてみた。うん、確かにという反応を期待したのだが、どうも芳しくない。ちょっとしょっぱいね、というコメントだった。それで、どうも尾道ラーメンの美味さもローカルなのか、と少しだけ失望した。

するともしかして、そのローカリティを緩和するのが、一味唐辛子の存在かもしれない。尾道のローカリティに最適化されている私には、正直、どうしても理解できないが。

で、来来亭はどんなところかと、ホームページをみると、滋賀県を本拠地として、全国に150店舗以上もある巨大チェーンなのであった。ただ、関西ベースで関東は出遅れており、神奈川県はなんと、私が住んでいる相武台に一軒だけというのが面白い。川崎でも、横浜でもない。きっと家賃が安いのだろう。というのは、来来亭が出来る前、そこは売れないレンタカー屋だった。

こんだけ巨大チェーンになると、味や品質は、ぶれそうなものであるが、社長の個性がよく浸透していて、なかなか筋の通った会社のように思われる。店員の対応も快活で小気味よい。餃子の王将に対抗できるのではないだろうか。

で、結論として、来来亭のラーメンは押しである。私が食べたラーメンの中でも出色の方である。ただ、次の免責条項に注目されたい。すなわち、私はスーパーに買い物に行って、レジのパートの女の子がちょっと可愛いと、ああっ、この人、世界一美人ちゃうかと安易に感嘆してしまう方である。そんな私が心をこめて褒めるラーメンの評価には、どうしても?がついてしまうだろう。それが私がブログで滅多に食べ物屋の記事を書かない理由である。

意外組み合せレシピ

| コメント(0) | トラックバック(0)

SPA! 2009年5月5・12日合併号によると、次のような意外組み合せレシピが、イケテいるそうである。

(1)ゆで卵の黄味+ハチミツ→栗
パッと見は和菓子っぽく、強い違和感はないというが、確かに、そう思わせるものはある。

(2)ホットミルク+たくあん→コーンスープ
これが美味いというのは、本当か? しかし、口にしてみると意外にイケてビックリなのだそうである。

(3)ミカン+キャベツ→リンゴ
なるほど、でも、リンゴ自体が珍しい食材ではないので、そういうのをシミュレートしてもどうか、とついコンピュータ用語で考えてしまう。

ここからは、次第に意表をつく。そうでもないか。

(4) ようかん+マーガリン→スイートポテト
これは違和感はない。

(5)フライドポテト+カフェオレ→焼き芋
これも、まあありそうである。

(6)ツナ+酢昆布→しめサバ
これもやはり、ありそうである。普通に酒のつまみとしてはイケるメニューだそうである。

(7)醤油ラーメン+バニラアイス→とんこつラーメン
ラーメンにバニラアイスを入れるという時点でついていけない。

(8)ミカン+醤油+海苔→イクラ軍艦
これはかなり想像がつく。ミカンを細かく砕いて乗せたものが特に、イクラっぽさを感じさせるそうである。

(9)ウーロン茶+炭酸→ビール
これは当たり前すぎて、面白くない。ようするにノンアルコール・ドリンクである。

(10)牛乳+酢+ハチミツ→ヨーグルト 
これも、意外感はあまりない。

(11)キュウリ+ハチミツ→メロン
むかし、甲虫を飼っていたとき、確かにキュウリに砂糖水をかけて与えていた。普通である。

(12)アボカド+醤油→トロ
これは、ある意味、一番有名ではないだろうか。私はこのパターンでよく食べる。

(13)トマト+砂糖→イチゴ
あれっ、トマトに砂糖かけるのは子供のころよくやったが、イチゴの味なんてしなかった。

(14)プリン+しょう油→ウニ
これもよく言われている。ただ、試してみる気にはなれない。

では、つまらない発想が自慢?の私がなにか思いつくレシピがあるかというと、全く思いつかない。ここにない意外組み合せとしては、食パンにマヨネーズを塗って焼くピザトーストを試したくらいのものである。味覚と女性関係、金銭関係がおそろしくコンサバであることを改めて感じる。世間を見ていると、確かに、(味覚、女性関係、金銭関係)は、ありえるトリプレットかもしれない。

そんな私だから、料理を作るといいながら、料理本のレシピから一歩も出れない。ああ、マックスつまんねぇ男なのであった。

卵の爆発

| コメント(3) | トラックバック(0)

料理を作っていて、生卵を急いで温めようとレンジにかけることを考えたが、なにかのテレビ番組で、殻のままレンジにかけると、ものすごい勢いで爆発するシーンを見たことを思い出し、卵を割って、小さいボールにとってから、レンジにかけたが、それでも、生卵の内部で気泡が成長して、それが小爆発するため、卵がレンジ内で飛び散って、後始末に困った。ラップをし忘れたせいでもある。

それで思い出したのが、ツングースカ山中の大爆発である。それは、1908年6月30日7時2分、ロシア帝国領中央シベリア、エニセイ川支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流での事件である。Wikiによると、

強烈なエアバーストが発生し、半径約30キロメートルにわたって森林が炎上し、約2,150km2の範囲の樹木がなぎ倒された。1,000キロメートル離れた家の窓ガラスも割れたという。破壊力はTNT火薬にして10 - 15メガトンに相当するものと考えられている(注:これは、広島に落ちた原爆のほぼ1000倍の威力)。爆発によって生じたキノコ雲は数百キロメートル離れた場所からも観測できた。爆発地点では地球表面にはほとんど存在しない元素のイリジウムが検出されている。地球に落下した天体が爆発したとみられるが、隕石孔や隕石の残片などは発見されていない。
ということである。

これはまさに、卵の爆発と同じ原理ではないか、と推察した。すなわち、隕石にも、液体としての性質が大きいものと、固体性のもの、多孔性のものといろいろあり、ツングースカ山中の上空で爆発したものは、内部が液状で且つ、外側に殻があったものではないかと推定する。

内部が液状だと、大気圏に突入して高温になると、内部で気泡が発生して、それが猛烈に沸騰する。そして、ついには外殻を破って、隕石が大爆発する、という次第である。これにより、隕石が小片となって飛散したせいか、隕石の破片は見つかっていないという。

さらに、これだけの大爆発なのに、過疎地での出来事のせいか、確認された死者は一人しかいないという。

面白いのは、隕石は、都市部を避けて落ちるという風評があることである。そういうと、違うだろ、地上で、都市部の領域は圧倒的に少ないので、単に確率的に当たらないだけだろ、という批判が出そうである。それはそうなのであるが、ツングースカ山中大爆発程度の隕石を地球上の任意の場所に落として、死者をたった一人にする、ということはとても難しく、私はどうしても、何者かがコントロールしているとしか思えないのである。というのは、ドイツだったかあのあたりで、5回も隕石が落ちてきた家屋があるらしくて、その事実は、どこかの大学教授も認めているらしいが、そもそも数学的確率としてありえないことであり、宇宙人がコントロールしているとしか思えない、と被害者は、つぶやいているという、そういう記事を読んだことがあるからである。

スーパー料理人

| コメント(4) | トラックバック(0)

私は、シェフというか、料理人という職業を、世間一般よりも肯定的に見る傾向があると思っている。理由は明らかで、実の弟が、プロの調理師だからである。趣味や生き方が全く違うが、ときとぎ田舎に帰って、弟と話すと、基本的なものの考え方に大差ないことを確認して、安心する。兄弟というのは他人の始まりで、下手したら他人より険悪な兄弟もいるが、私の場合は比較的仲のよい方かもしれない。

それで新聞を見ていたら「ひと」の欄に、杉浦勝男さんというシェフが紹介されていた。上記のような経緯から、つい注目してしまう。ビバリーヒルトンホテル総料理長という肩書きで、いかにも華やかである。

ビバリーヒルトンホテルというと、ハリウッドスターが集まる映画賞のパーティーなどが開催され、総料理長の杉浦さんは、陣頭指揮をとる。そこでは、シェフ・スキの通称で知られる。オバマ大統領もビバリーソルトンホテルの常連で、杉浦さんは直接オバマに料理をつくることもあるという。

そんな杉浦さんは、女二人、男四人の六人兄弟の末っ子で、高校を出ると横浜のイタリアレストランに就職したという。父親は国家公務員で、おそらく高学歴なのだろうか、自分のことを落ちこぼれと思っていたのかも、と杉浦さんは、言う。確かに、一般に料理人に対する世間の評価は高くない。弟が結婚するとき、恋愛結婚だったのだが、相手のお父さんに、板前のようなヤクザな仕事の男に娘はやれない、と反対された。弟は、確かに、いい加減な板前が多いのも事実だが、と自嘲的に苦笑していた。

さて、杉浦さんは、本物をみたいと、フィンランドに行った。イタリア料理のはずなのになぜフィンランドなのかよく分からないが、そこで能力を評価され、各国のホテルに何度も引き抜かれたという。そしてビバリーヒルズに落ち着く。結局、才能があった、ということである。

世の中に、料理を職業とする人は多い。とりあえずなるのは簡単だからである。しかし、これほど評価が直ぐに出てしまう仕事は、なかなかない。食べて不味ければ言い訳できない。また、継続的な努力を要する。即興で創造性を要求される。だから、弟と話していて、あるレベル以上の料理人になるのは、とても大変であることが実感できる。マンネリが許されないのである。

それゆえ、杉浦さんは、とてつもない努力をしている。自分で菜園を作り、自家製のビネガーを醸造する。見聞を広めるために、毎年アジアなどを旅行する。語学は、英仏独西の四ヶ国語をあやつる。勉強熱心で、午前2時より早く寝ることはない、という。

世間的にみてこんな立派な杉浦さんに弟は比べるべくもないが、しかし、弟は、自分は自分なので、誰かと比べないでほしいと言う。良くも悪くも、自分が創作する料理なのである、と。ここらあたりのこだわりは、私と似ているかもしれない。しかし、私の方がずっと安易に流すことができる立場にあって、これではいかん、と思う日々である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち料理カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは文学です。

次のカテゴリは日常です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。