言語の最近のブログ記事

自国語での思考

| コメント(4) | トラックバック(0)

2年以上も前のWebの記事で、ノーベル賞受賞に関して、韓国日報の記事があったので、抜粋する。これは、韓国は、どうしてノーベル賞が取れないのかという私のブログ記事とも関連する。

今年のノーベル物理学賞受賞者は日本人一色だ。高エネルギー加速器研究所の小林名誉教授、京都大の益川名誉教授と日系アメリカ人の南部シカゴ大名誉教授だ。日本は1949年に湯川秀樹が物理学賞で初のノーベル賞を受賞して以来、物理学賞受賞者だけで7人になる。今年も受賞者をまた輩出した化学賞に医学生理学賞を加えれば受賞者は13人になり、この分野の国家別順位でも世界7位だ。

日本の物理学賞受賞者たちは専ら日本で大学を終えたが、特に今回の受賞者3人はいずれも最終学位まで日本で終えた。80代の南部教授は1952年にプリンストン大招聘を契機にアメリカに定着したものの東京大学で勉強したし、60代の小林・益川教授は名古屋大で博士課程まで終えた。今回の受賞対象となった「小林・益川理論」自体、2人が大学院生と研究員として出会った名古屋大で誕生した。

これは言うまでもなく、2008年のノーベル物理学賞のことである。韓国人には、よほどショックだったらしい。

日本の基礎科学がどうして強いのかについては様々な理由があるが、私が見るに、日本語で学問をするという点も大きいようだ。基礎科学、特に物理学のような分野は物質界の作動原理を研究するものであるから、どの分野よりも深みがあり独創的な思考が重要だ。深みがあり独創的な思考をするためには、たくさん思考せねばならない。

そのためには基本的な概念を早くからきちんと身に付けねばならない。南部教授は小学校のときに理科の時間に感じた興味が彼を科学者に導いたという。基本概念はどうすればきちんと身につくか。理解しやすい言語で科学を説明することから始まるはずだ。

日本は初等・中等過程はもちろん、大学でも日本語で科学を教える。そのため、西洋で発達した科学を日本語に訳すのを当然の基礎過程だと考えている。漢字文化圏である東洋4国があまねく使っている「科学」「化学」「物理学」などの用語自体が、アルファベット圏言語を自国語で把握しようとした日本の知識人たちによる翻訳の所産だ。「素粒子」「陽子」「電子」などの用語も、すべて日本人が作ったものだ。

この、日本人が日本語で思考し研究できることの意義が大きいという観点は慧眼である。そもそも、益川氏など、日本語でノーベル賞受賞記念スピーチしたくらいなので、少なくとも英会話は得意ではないのだろう。しかし、ある程度英語が読み書きできれば、研究に不自由しない。そもそも、科学技術文献の英語は、専門用語さえフォローしていれば、易しい。

例えば、「翻訳語成立事情」柳父章著、岩波新書などの文献があるが、このように日本語だけで学問できるように翻訳語を用意してくれた明治の先達にわれわれは、感謝しすぎることはできないだろう(おっと、つい直訳口調になってしまった)。

思い出すと、10年以上も前、私が勤務する、外資系会社で、ワールドワイドの発明提出システムを構築することになった。すると、米国人からみると、発明の記述はすべて英語で書いてほしい。それは、米国人が内容を一瞥できるようにするためであるが、米国人からみても、発明を出すような人は、非英語圏の人であったとしても、その国で教養の高い人達なのだから、自分の発明を、英語で書くくらい造作もないと考えるのは自然である。きちんと発明なるものを思考したことがない私も、まあそうだろうと思った。そこで、会社の実績があるシニアな研究者に、発明の記述を英語にしても構わないかと打診してみた。私は、英語だろうと日本語だろうと、何で書こうと発明に変わりはないという応答を期待したら、意外にも、日本人なのだから日本語で書かないときちんと記述できないという。私は一瞬とまどったが、ちょっと自分を顧みて、確かに思考は日本語なのだから、さもありなんと、その旨を米国台頭者に伝えたら、あっさり納得してくれた。当時は、傲岸なまでのグローバリズムはまだ猖獗していなかった。

韓国日報の記事は続ける。

そのおかげで、日本人にとって世界的水準で思考するということは世界で一番深く思考するということであり、英語で思考するということではなくなった。これは外国語が苦手といわれる日本人たちが基礎科学分野でノーベル賞を多く取っていることや、益川と小林の研究が日本の大学から誕生したことにもよく現われている。

一方我が国は、小学校・中学高校過程では科学の基本概念をきちんと把握する教育をしないで、大学に入ると突然英語で科学を教える。名門大学であればあるほど、理学部・工学部・医学部の物理・化学・生理学などの基礎分野に英語教材が使われる。

内容理解だけでも不足な時間に外国語の負担まで重なっては、韓国語で学ぶ場合に比べると半分も学べない。韓国の基礎科学は外国に留学に行くことを初めから想定して教えているわけだ。

教授たちは、基礎科学分野の名著がまともに翻訳されていないからだと言うが、このように原書で教えていては翻訳する意味がなくなる。韓国語なら10冊読めるであろう専攻書籍を、1冊把握することも手に負えないから、基本の面で韓国の大学生たちが日本の大学生たちより遅れるのは当然だ。大学を出ても学んだものが無いという現象も、ここから生じているのだ。

この事情は、中国でも同じで、だから、発明の記述を英語にしてくれと米国から依頼されても、韓国や中国の発明者はあまり違和感がない。そもそも、大学の教科書も英語である。多くの日本人にとっても、英語の教科書を使う方が、日本語の教科書を使うよりレベルが高いという印象なのではあるまいか。しかし、考えてみてほしい。別に英語のテクニカル・ライティングの授業ではないのである。数学や物理学などの基礎理論をじっくり勉強するときに、ネイティブでない英語をまず理解しなくてはならない。それは余計な負担である。

ところが、グローバリズムのうねりが大きくなり、最近になって、アジアでも、発明の記述を英語にすべしという傾向が再び強くなった。上述のような理由から、韓国や中国では特に異論は出ない。以前は抵抗した日本でも、とうとうグローバリズムの圧力に負けて、英語で発明を記述するようになった。以前の経緯を知っている私は、日本人が英語で発明を記述すると、深い思考ができないので、それは発明の質に問題を起すと反対したが、そもそも発明の質など考えてみたこともない人達に反対された。英語を避けること自体、能力が疑問視される。そもそもが、日本が日本語に拘っていると、世界の中でガラパゴスになってしまうと非難轟々であった。

何度も言うが、私の英語力は、今の外資系企業にあって、平均よりは少しましである。特に英語にコンプレックスはないつもりである。だからこそというのも変であるが、日本人の英語力の限界もよく知っているつもりである。仕事の決まりきった表現を離れて、ちょっと立ち入ったことを英語で書こうとして、頭がフリーズしてしまったことは数限りない。何年も米国で勉強してきて得意満々の日本人が書く英語が、あまりにも日本人英語なので笑ってしまったことも何度もある。

それで、悔しいので、ガラパゴスなどと言っている輩に、そんな下品な表現を使うと知性を疑われるので止めた方がいいと、それこそ、知性も品位もない言い方で反論したことがある。それで相手は一応黙ったが、それは負け犬の遠吠えであった。どんどん英語化は進行していった。

今はというと、いろいろな経緯があって、英語化の流れは多少澱んだようであるが、発明の質が下がってしまったように感じる。

それでも、社内英語化に書いたように、中身の伴わない英語化の流れは、留まることがない。日本を滅ぼそうとするイルミナティの陰謀か。もう既に十分日本は弱っているのに。

環太平洋言語圏

| コメント(3) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、迷宮に入っている日本語語源論に対して、環太平洋言語圏と位置づけて研究がなされている。以下、引用しつつコメントする。

袋小路に入ってしまったと言われている日本語の起源・系統論について、言語学者の松本克己さん(金沢大・静岡県立大名誉教授)が「言語類型地理論」という新しい方法で得た結論を本にまとめ、最近、相次いで刊行した。日本語など日本海の周りの4言語が同じグループに属し、アメリカ大陸先住民の言語ともつながっているという。

うむ、日本海の周りの4言語とは、何だろうか。朝鮮語と、ツングース語だろうか。そうであるなら、何も意外ではないが。

松本さんは1929年生まれ。金沢大、筑波大、静岡県立大で教授を務めた。印欧比較言語学や、世界の言語の特徴を調べる言語類型論を専門としてきた。日本語系統論に本格的に取り組んだのは91~93年度に日本言語学会の会長を務めた後で、その成果を『世界言語のなかの日本語-日本語系統論の新たな地平』として07年末に刊行した。

松本説の特徴は、明治時代から100年以上にわたって提起されてきた日本語系統論の諸説とは全く別の方法を用いた点にある。これまでの説が手本にしたのは、印欧語の系統を明らかにすることに成功した比較言語学の手法だった。同系の言語の同源語(語源が同じ語)を比べて、規則的な対応があることを見いだし、元の形を復元する。

日本語の系統を調べるために、本当に印欧語の手法が用いられてきたのだろうか。

しかし、この比較手法では、日本語のように世界のどの言語とも共通する語がほとんどない言語の系統を調べることはできない。適用できるのは、分岐後の年数が5000~6000年までの言語に限られる。

いや、アルタイ語族との対応は、ある程度明らかなのではあるまいか。

言語年代学によると、一つの祖語から二つの言語が分かれると、共有される語の割合は次第に減少し、6000年で10%を割り、1万年でほぼゼロになる。一方、英語の「woman(女)」と日本語の「をみな」のように、偶然、意味と音が似ている単語は、系統を異にする言語を比べても5%程度はあると言われている。似た単語が数%あるというだけなら、偶然の一致の可能性が大きい。

表面的な文法構造も時代によって変化する。S(主語)、V(動詞)、O(目的語)の配列は、現在の世界の言語のうち、日本語のようなSOV型がほぼ半分、英語や中国語などのSVO型が35%、ポリネシア語などのVSO型が10%余りを占める。ところが、英語が今の語順に変わったのは、たかだか1000年前以降のことだ。語順では系統は決められない。

なるほど、印欧語族と、ウラル・アルタイ語族とを分かつ明確な基準が語順だと思っていたが、そうではないのか。

そこで、松本さんは、遺伝子の型のように、年月を経ても変わらずに受け継がれている言語の特徴を探した。

なるほど、語順などではなく、経時的に変化しにくい、他の要素があるというのか。興味深い。しかし、それは例えば、何なのか。

一つは、日本語のラ行子音に当たる流音のタイプ。日本語では流音は1種類だけだが、英語などヨーロッパの言語ではl(エル)とr(アール)の2種類がある。流音が全くない言語もある。

金田一京助の日本語の起源によると、ラ行語彙の少なさが、日本語とアルタイ語族の共通点だったが、l(エル)とr(アール)の2種類の存在というのは、そこでは着目されなかった。

また、日本語の「人々」「思い思い」のように、語の全体または一部を繰り返す「重複(畳語)」も指標になる。朝鮮語(言語学の韓国・朝鮮語の呼称)、中国語、アイヌ語にもあるが、印欧語族やユーラシア大陸北方のウラル語族、アルタイ諸語にはない。

ええと、そうだったっけ? 確かに、繰り返しは、ポリネシア起源のような気もする。ハワイのハメハメハ大王などの名前を見ても思う。

これら言語の系統を反映しているとみられる8項目の特徴について、20年以上前からパソコンで作っている世界の約6000の言語のデータベースで、地理的分布を調べた。

その結果、ユーラシア大陸の諸言語は、ヨーロッパから中央アジア、シベリア北部にかけてのユーラシア内陸言語圏と、中国からインドシナ半島、オセアニアにかけての太平洋沿岸言語圏の二つに大別された。

ええっ、斬新な新説である。私が知らないだけか。でも、ウラル・アルタイ語、シュメール語との関係は?

太平洋沿岸言語圏はさらに南方群と北方群に分かれ、日本語は朝鮮語、アイヌ語、ギリヤーク語(ロシア沿海州のアムール川下流域からサハリン島にかけて分布)とともに、北方群(環日本海諸語)に入った。

太平洋沿岸言語圏の特徴はベーリング海峡を超えてアメリカ大陸まで広がっている。松本さんはこれを「環太平洋言語圏」と名付けた。アフリカを出た現生人類がユーラシア大陸を移動して太平洋沿岸に到達し、一部が約3万年前に日本列島に、一部が1万数千年前にアメリカ大陸に移住したという、近年の人類学や考古学の成果とも一致する初めての言語学説だ。【佐々木泰造】

ちょっと待ってよ、そのとき、例えば環日本海諸語で、祖語があまりにも不一致になったりするけど、それはどうやって説明するのか、すなわち、このパラダイムの枠組みで、祖語を含め、言語の運動方程式を立ててみてよ、ということになる。そのためには、松本克己さんの著書『世界言語のなかの日本語-日本語系統論の新たな地平』に当たらなくては、ということになる。

日本語は亡びない

| コメント(4) | トラックバック(0)

去年だったか、水村美苗「日本語が亡びるとき」という本が話題になったことがあった。私はある意味言語オタクで、日本語もそういう言語に入っているので、普通だったら、「日本語が亡びるとき」は迷わず買いなのだけれども、なぜか躊躇っているうちに、買いそびれてしまった。

そうしているうちに、「日本語が亡びるとき」の向うを張ったような「日本語は亡びない」金谷武洋著、ちくま新書をみつけたので、迷わず買った。するとどうも、「日本語が亡びるとき」というタイトルを見たとき、そんなの嘘っぱちだ、という私の直感が働いたようである。

では、なぜ日本語は亡びないのか。エセ言語マニアの私は、それはあのう、日本語は文法の枠組みが曖昧で、タコのようなのだ、としどろもどろになって、結局何も意味があることがいえない。そこで、「日本語は亡びない」の内容に拠ることにしよう。

すると、日本語は亡びない理由は、「品詞」、「基礎語彙」、「表記」、「発音」、「語形」という5つのファクターがある、という。そこで、順を追ってメモしてみる。

先ず、「品詞」であるが、もし日本語が亡びるとしたら、外来語に語彙を食い荒らされることであるが、日本語は、どんな外来語でも、カタカナにして、囲い込んでしまう。そして、日本語独自の「な」、「する」をつけて、日本語化してしまう。例えば、クリエイトという英語の動詞があったとして、必ず、クリエイトする、と使うので、創作する、というもともとの日本語の動詞と何も変わらない。ビューティフルという英語の形容詞も、まあ、ビューティフルな家ね、と日本語の形容動詞になってしまう。どんな外来語も、こうして骨抜きされてしまうのである。

次は、「基礎語彙」。これはどういうことかというと、どんな状況でも、「ある」、「こと」、「ひと」、「する」などの基礎語彙の頻度が圧倒的で、その優位は微動だにしない。

次は、「表記」。これは、カタカナ化で、すなわち、外国語を、カタカナ表記することで、別扱いし、和語に侵入しないようにしている(というのが、私の解釈である)。

次は、「発音」。例えば、strikeという英語を、ストライキという、似てもにつかない発音して日本語化してしまう。

次は、「語形」は、2モーラという語形に直してしまうこと。例えば、デイジタル・カメラも、デジカメと、デバガメと間違えるような2モーラ+2モーラの語形に変形して当てはめてしまう。

すなわち、日本語の戦略は、外国語が攻め込んできたら、特に防壁は設けない。いくらでも侵入は許す。しかし、侵入した敵は、日本語の領土に入ると、知らぬ間に骨抜きにされて、取り込まれてしまっている。もう、祖国に戻っても到底通じない発音と語形になってしまい、下手したら便利に日本語話者に使いまわされてしまうのである。

言語とは、どれもそうした包摂作用をもつのだろうと思われるかもしれないが、一般的にはそうとはいえず、例えば英語は、フランス語に攻め込まれて、消えそうになったことがあるという。すなわち、原英語は、ドイツ語に似た言語であったが、英国王朝を、フランス人の王が継承して、英語は、クレオール(混合)語化してしまったという。包摂の柔構造がないのだろうか。インドヨーロッパ語の中でも圧倒的に文法が簡単な(語形変化や時制という意味である)英語は、そういう哀しい歴史をもつ。こういう歪みは、ドイツ語にも、フランス語にも、スペイン語にも見られない。現代にあって、英語が世界で幅を利かせているのは、そういうコンプレックスの裏返しではないだろうか。すなわち、英語は、日本語のように、外国語を柔構造で受け止めることができず、取り込むと、ガシッと内部でぶつかってしまう。すると、受け止めるのではなくて、外へ外へと攻め込むしかなく、こうして米国の帝国主義的傾向も証明できるのである(かなり論理としては苦しいか)。

さらに言えることは、言語は、国家の鏡である、ということである。すなわち、日本語が本来的に辺境的な日本国家の鏡であるなら、日本という国も、どんどん他国の侵略を許し、ああもう駄目、もう嫌こんな生活、といいながら、しっかり防護壁を張り巡らし、侵略する者を篭絡する。してみると、日本は、希望を捨てるといながら、実は全く投了する意図はない、ということになる。なんと分かりにくい強かさなのだろうか。

日本語の起源

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本語の起源は何かという議論は、邪馬台国はどこにあったかという議論ほど、人口に膾炙していないが、それでも、古来より議論され続けて、邪馬台国起源説と同様に、一向に結論が出る様子がない。

普段からそう思っていたところ、金田一京助の「日本語の変遷」講談社学術文庫、という本に出会った。この本の主題は、日本語の起源ではないが、それでも日本語の変遷を語る以上、その最初で、日本語の起源にも触れる。

金田一京助の日本語の起源に対する意見は明快で、日本語の起源は、原アルタイ語族ではないか、というものである。その根拠を説明する。

まず、日本語の典型的な文法は次のとおりである。

  1. 主語が先に来て、その後述語が続く。花咲く、鳥啼く、風吹く、などである。これは当たり前のようであるが、例えば中国語など場合により平気で主語が述語の後に来ることがある。
  2. 花見、月見、海行かば、のように、目的語、補語が先に来て、その後動詞が続く。英語を思い起こすと分かるように、他の言語でそうでないものはあまりに多い。
  3. 常世の長鳴鳥、のように修飾する語が、修飾される語の前に来る。casa blanca(白い家)、Khmer Rouge(赤いクメール)など、修飾する語が後に来る言語は少なくない。あ、流石に、クメール・ルージュは適切でなかったかも。
  4. 花が、花を、花に、花の、など助詞が体言の下にくっつき、二重にも三重にも延びていく構造をもつ。

これらは全て、紛うことなき、アルタイ語族の特徴である。アルタイ語族には、朝鮮語、モンゴル語、トルコ語などがある。

アルタイ語族の別の特徴は、ラ行で始まる単語がないことである。もちろん今の日本語にはラ行で始まる単語があるが、それは全て外来語である。例えば、しりとり遊びをして、コアラなどのようにラ行で終わると、相手が大変困るという経験をした人は少なくないだろう。

アルタイ語族のさらに別の特徴は、シラブルが単純ということがある。stranger、strikeなどのように、子音が何個も続くという発音構造はない。ロシア語など、в(ヴ)、к(ク)という子音一文字だけの前置詞があるほどで、子音の嵐である。

アルタイ語族の親戚関係をさらに広げると、ハンガリー語、フィンランド語などを含む、ウラル語族が入ってくる。ウラル・アルタイ語族という括りでみたとき、母音調和という現象がある。どういうことかというと、ココロ、トコロ、アタマ、ミミ、ニシ、ソヨソヨなど、同じ母音が続く単語が沢山ある、ということである。ドイツ語や英語の単語を調べてみたら、そういう単語はほとんどないことが分かる。

それでは日本語を、朝鮮語、モンゴル語、トルコ語の直系と位置づけたいところであるが、すると次のような困難に遭遇する。

  1. 先ず、日本語の母音調和が、原始的すぎるということがある。他のウラル・アルタイ語族では、ここまで素朴ではない。
  2. また、基礎単語がほとんど一致していないということがある。例えば、朝鮮語の文章を日本語に翻訳すると、語順はそのままにして単語だけ置き換えれば、ほとんどの場合間に合う。しかし、狭い海峡を隔てて対峙している国同士なのに、基礎単語があまりにも違う。例えば、雨は、朝鮮語で、ピである。雪は、ヌンである。犬がケー。はっきり、似てない。一致する多くの単語は、ほとんどが日本語からの借用である。パンシンパンギ→半信半疑、など。網羅していないが、モンゴル語やトルコ語では、もっと違うだろう。

すると、文法の一致と、基礎単語の乖離から、日本語を、原アルタイ語からの継承と理解することが妥当となる。そうして文法の枠組みをみた上で、南方のポリネシア、インドネシア、インドのドラヴィダ語、あるいは、大野晋が主張したタミール語あたりが基礎単語に与えた影響を考えればいいのではないか。

尚、私の推測であるが、縄文人が話していた原日本語は、既に原アルタイ語を祖語とするものではなかったかと思われる。では、原アルタイ語系である原日本語は、この日本の地で生まれ育まれたのかと考えると、それは分からない。ひとつのヒントは、アイヌ語の存在がある。アイヌ語の権威でもある金田一京助氏によれぱ、アイヌ語は文法的にも日本語とは全く別系統だそうである。

すると、台湾の民族言語で述べたように、日本ではある古代の時点では、アイヌ語を含む局所言語が乱立していて、そこに、原アルタイ語を話す民族が移動してきて席巻したという推理もありえる。そうして、縄文人となった。果たしてそれは、縄文の思考に書いたように、16000年以上前なのかもしれない。

原アルタイ語の話し手として私はどうしてもシュメール人を想定したくなるが、シュメール文明はせいぜい5000年前である。すると、日本に来た原アルタイ語の話し手と、シュメール人の共通の祖先を想定したくなる。それは、「日本超古代文明シュメール伝説の謎」岩田明著、日本文芸社にある、中央アジア新疆に居在したという原シュメール人なのか、と想像は広がるのであった。

ズッキーニ

| コメント(0) | トラックバック(0)

休みの日は、頼まれもしないのに、料理をする。頼まれもしないどころか、台所がぐちゃぐちゃになるので、止めてくれと家人からは言われている。しかし、暇つぶしには最高なので、家人が出かけた隙になにか作る。

先日は、サラダを作ろうと思った。冷蔵庫をみると、キャベツとニンジンがある。それでキャベツとニンジンをスライスしてみたが。何か物足りない。で、冷蔵庫をみたら、太いきゅうりがあった。随分栄養のいい肥満のきゅうりだと思いながら、切って、サラダとして揃えていく。そのきゅうりをちょっと味見してみたが、全くおいしくない。しかし、ある種のドレッシングには合うのだろうと、そのまま切り揃えた。

ところが、家人が帰宅して言うには、それは、きゅうりでなく、ズッキーニである、という。おお、ズッキーニかと、そのイタリア風の発音が頭に響く。で、生では食べれないので、皿から除いてほしいと言われた。一旦切り揃えた材料をサラダから選択的に除くのは、いかにも間が抜けている。で、その作業しながら、ズッキーニで突然思い出すのは、「ずっこい」という方言である。

そういえば、大阪にいたとき、ときどき、「ずっこい、ずっこい」とからかわれた。確か、麻雀を打っているときである。ところが面白いことに、その意味が分からず、それなのに、意味を確認しようとさえしていなかった。今更ネットで調べると、「ずるい」という意味らしい。

では、「ずっこい」が私にとって意外な単語なのか、というとそうでもない。私の実家の広島東部方言でも、「ずっけぇ」という言い方があって、ときどき老人などが使うのであるが、これも不思議なことに、その意味が分からないのに、意味を確認してみようとさえしなかった。おそらく、関西の「ずっこい」と同じ意味なのだろうが、ずっと使用頻度は低い。

「ずっけぇ」と同様に、意味が分からないままであった私の地元の方言に、「やにけぇ」がある。「あんた、よいよ、やにけぇの。」という風に使う。これもずっと意味不明であったので、広島東部流の活用を戻して、「やにけぇ」を「やにこい」に変換してみて、ネットで調べてみた。すると、かなり分かりにくいのであるが、気が詰まるという意味らしい。ということは、「あんた、よいよ、やにけぇの。」は、「あなたといたら、とても気が詰まる。」という相手を嫌う言い方になる。女性が男性の交際を断るために使うのだろうか。

今考えてみるに、「ずっけぇ」も「やにけぇ」も、私があまり意味を確認しようとしなかった理由は、地元にあっても、あまり使用される頻度が高くなかったたからではないだろうか。すなわち、それらは、広島方言の祖語ではなく、関西文化圏からの借用語のようなのである。

中国地方と関西地方は、境界を接しているが、その耳に響く方言のアクセントはあまりに違う。アクセントだけなら、中国方言は、関西方言よりよっぽど関東に近い。このことは、関西に日本の首都があった時代でも、中国地方に独自の文化があった証拠なのでは、と思っている。

それでは、広島方言の祖語にはどんなものがあるか、というと、私が思うのは、例えば「ぶち」と「ぼっけぇ」である。どちらも、「とても」という強調の副詞なのだが、流石に関西で聞いたことはない。なお、「ぼっけぇ」は「ぼれぇ」とも言う。

と、ズッキーニからいろいろなことが思い出されてきた次第である。しかし、何がおいしいんだろう、ズッキーニ。

英会話力の低下

| コメント(0) | トラックバック(0)

米国から知り合いの人が来たので、リハビリと思って久々に、英会話してみた。久々というのは、管理職を下りてから、ほとんど米国人と話す機会がなかったからである。

普通、英会話でブランクがあると、リスニング力が一番落ちそうなものである。話す方はマイペースなので、なんとかなる、という風に。ところが、意外にも、一番落ちているのは、話す方のスキルなのであった。しかも、言い回し云々ではなく、そもそも、発音がすっかりさび付いていて、うまく聞き取ってもらえなかったりする。

すると、話す能力というのは、聴くことで知らず知らずのうちにブラッシュアップされていて、聴くことが減ると、話す能力から先に衰えるようである。

また、改めて次のことを、米国人の知り合いの人との会話で確認した。すなわち、向こうは実は、ノンネイティブの相手に理解してもらうために、相当、語彙や言い回しを選んでいる。それで、こちらも随分聞き取れているような気になれている。その米国人は、ノンネイティブの相手に理解してもらうように話すのは大変である、と言っていた。

それは自分の経験でも言えることで、例えば、日本語を勉強している韓国人と、日本語で話すことがときどきあるが、私は、なにか会話の教科書にあるような言い回しを選んでしゃべっていて、他人行儀で、とても疲れる。スラングも、方言も、流行の言葉も一切混ぜれない。駄洒落などのジョークも難しい。それで、言いたいことは、半分くらいしか言えていないかもしれない。それと同じ思いを、日本に来た米国人はしているのだな、と改めて感じた。

ただ、この「易しく話す」センスというのは、米国人でも、地位の高い人が備えていることが多い。そういうセンスがあるから昇進するのか、あるいは昇進する過程でそういうスキルを身につけるのか、両方の場合があるのだろう。

戻って、上記の米国人であるが、中国にも行って、相当英語が達者であると思われた中国人に、つい安心して、一歩踏み込んだ言い回ししたら、通じなかった、と言っていた。その理由は私はとてもよく分かるのであって、要するに、相当英語が達者であると思われた中国人といえども、結局は、英語は知識として学習したものに過ぎないのである。すると、本にあるような表現しか理解できない。そういう意味では、TOEIC満点だからといって、大したことはないかもしれない。単に、英語のお勉強、大変よく出来ました、というだけのことである。

そういう域から一歩前に出て進歩しようとしたら、それこそ、高校を出て直接米国の大学に行き、英語の海で泳ぐような体験をしなくてはならない。体で覚えるというものである。そうでないと、どんな秀才でも、よほど特殊な訓練をしないと、何の気遣いもせず普通に話す米国人の会話に入っていけるということはない。

私の知り合いの中国人と台湾人は、明らかに私よりも遥かに英語が達者であるが、それでも、米国人の話を聞いて、私と同じ箇所で戸惑ったりしている。それでなんとなく安心する。程度問題とはいえ、結局、頭で覚えた英語なのである。

私がもっと若く、また、気持ちに余裕があったら、英語ネイティブの、成分未調整な普通の会話ができるように努力してみようと無謀なことを考えたかもしれない。例えば、スラング辞典を読んだり、洋画を字幕見ないで理解しようとしたり、とかである。

しかし私は、それが想像を絶する努力を要すると知っている。将棋のアマチュアが、プロ二段くらいにまでなる努力に匹敵するだろう。しかもそうなったからといって、普段、日本人の中にいてそんな英会話力なんて自己満足にすぎない。

で、結論としては、私は、本来的には英会話が好きではないようである。単にコミュニケーションの道具にすぎないと思っている。そういう意味では、どこかに行くための手段としての車と同じである。私は、車だって、車種やエンジンの機能など、ほとんど興味がない。

もし、自分の将棋程度に英会話も好きなら、それこそ余計な努力をして、立ち入った会話もできるようになろうとするだろう。そういう風に凝ることが楽しいというオタクな気持ちの雰囲気くらいは分かっているのだが。

英会話の修行

| コメント(0) | トラックバック(0)

私は、勉強の科目の中では相対的には英語が得意だったが、それもせいぜいが文法とか読解、作文で、会話は大嫌いだった。そもそも、ネイティブの発音を聞いてもまるで呪文のようで、いまの外資系の会社に転職してからも、外人が来るたびに逃げ回っていた。仕方なく挨拶されたら、Helloとだけ言って、忙しいふりして立ち去っていた。そんな私も、周りの人が社内の英会話のコースに参加するのを見て、会社の上司に、「私もやっぱり、社内の英会話のコースに出た方がいいですよね?」とあるとき聞いたところ、上司は、外人が来るたびに私が逃げ回っていたのを見ていたらしくて、「君はやんなくていいよ、英語をしゃべる機会なんてないだろうから。」とあっさり言われた。

外資系の会社で、「英語をしゃべる機会がない」というのは、絶対に偉くなれないという意味であるが、私はそんなことよりも、英語をしゃべらないで済むことの方がうれしかった。

ところが、あるきっかけから、部門で多くの人が辞めることになり、人材不足から、仕方なく私が管理職に登用されてしまった。そこから私の地獄がはじまる。すなわち、管理職になった途端、米国人の上司からいきなり話しかけられる。もちろん、最初はさっぱり分からない。それで、他の英語が強い管理職に聞いたりしてなんとか過ごしていたが、流石にこれではいかんと意を決して、毎日2時間、英語のテープを聞き始めた。アルクの通信教育である。会社で費用の補助があったので、助かった。

それを半年やったら、すこしだけ英語が聴き取れるようになった。そのうち、海外出張に行ったりして、英会話はうまくならないが、外国人と相対することに少なくとも臆さなくなった。

私は部門で雑用係りだったから、海外の人を呼んでのセミナーの裏方をやったりもする。すると、空港からどうやってきたらいいか分からないという人もいて、それでは仕方がない、と意を決して、成田まで迎えにいくことにした。渋々である。空港に着いたら一対一で、どう話題を切り出そうと不安になり、それでいくつかの話題をシミュレーションして行った。

そして、ゲストと空港で会うと意外なことが分かった。一対一で相対すると、とても会話が理解できるのである。すなわち、向こうは嫌でも私に理解してもらわないといけないので、かなりゆっくりしゃべってくれる。すると、私の、親譲りの話し好きの癖がもたげてきて、いろいろな話題を下手な英語で話し始めた。すると、発音が下手でも話題がよかったのか、結構盛り上がったりして、場が保った。

それからある日電車で通勤しているとき、車内に英会話スクールの広告があった。それによると、マンツーマンのレッスンは、1時間で5000円です、とある。私はピンと閃いた。おお、空港に迎えにいったりすると、うまくいくと、4時間くらい付き合って英会話できたりする。5000円×4=2万円ではないか、と頭の算盤を弾いた。しかも、専属講師である。

そのときから、外国の人が来るたびに、頼まれなくても、迎えに行こうかと事前にメールして打診した。すると、たいていの人は、なんと親切な日本人か、と思うらしくて、喜んで応じてくれる。しかし、私には上記の打算がちゃっかりあったのである。

そうして、空港には迎えにいくは、飲み会にはずっと付き合うはで、英会話漬けにする。そうしながら、おお、ここまでで、4万円分のレッスン料に匹敵するぞ、と密かにほくそえむのである。

そうやってた場数を踏むとさぞかし発音がよくなったかというと、全く違う。たまたまうちの家族が、私が電話で米国人と話すのを聞いて怪訝がって聞いた。「あんなひどい日本人的発音で通じるのか」と。確かに通じないことも結構ある、しかし、問題はあうんの呼吸とリズムなのである。そのこつが掴めて、また、多少言い回しの種類も身についてきて、とりあえずの打ち合わせなどには困らなくなった。要するに、場合に応じた相手の話し振りを聞くことで、ああ、こういう場合はこう言うんだというケーススタディを重ねるのである。

そういう経験をすると、海外から人がくるのが楽しみになり、すこしは人間の幅が広がったのかも、と思わないでもない。もともと、とても狭い人間だったので、これで、ちょうどよい程度である。

で、こうなったことの秘訣は、マンツーマンの英会話レッスン料というところに落として、あまり高級でない感情に訴えたことかもしれないと思っている。本当はもっといい方法は、米国人の彼女を作ることなのだが、いろいろな意味でそれは難しく、下手したら人生を誤ることにもなりかねないので、金銭欲の方に訴えて、ささやかな英会話力の向上をはかったという、ささやかなストーリーであった。

英語の辞書

| コメント(0) | トラックバック(0)

アルクのイングリッシュ・ジャーナルを定期購読しているので、マガジンアルクという雑誌も送られてくる。大体、語学系あるいは国際的なトピックについて書かれていて、最早英語にも語学一般にも特段の興味をもたなくなった私は、パラパラと適当にめくって終わることが多い。

今月号のマガジンアルクのテーマは、「目覚めよ辞書力」。ああ、辞書の話か、またベタなテーマだなと思いながら、眺めていると、ちょっと目を引く記述があった。

辞書とはパソコンのOSのようなものだと思って下さい。OSは何年かごとにアップグレードされますね。今時Windows95では仕事になりません。辞書も同じで、4、5年毎の改訂に応じて買い替えをお勧めします。

えっ、そういうもんなのか、とパソコンの例を出されたことで注意力が喚起された。私のいままでの認識は、パソコンと違って、辞書は結構古いものでも使える、というものである。実際、20年前の辞書を平気で引いていて、あまり困ったことはないと思っていた。

でも、本当に困ったことがなかったのか、と自問してみると、雑誌のTIMEを読んでいたときのことが思い出された。すなわち、TIMEを読んでいると、どうしても知らない単語に出会う。1ページを読む範囲で知らない単語がないなんてことはまずない。一応、形式的には、30年くらい途切れず購読しているのであるが。

そのとき、辞書を引くと、9割の確率で辞書に載っており、意味が掴める。ということは、1割の確率で辞書にないのである。それはどうも、最新の時事単語であったり、特殊な軍事用語であったりする。この時点で、使っている辞書の賞味期限が切れているという点で軽く破綻していることに思い至るべきであるのに、面倒なせいか、その単語の意味を追求することをすっとばして、読み進んでしまう。無理やり文脈の中で意味をとろうして、たいていは成功しない。そうやって中途半端な理解で読んでいるので、30年もTIMEを購読していても、私の英語読解力は、中級レベルのままである。TOEICでいうと、700点代か。

そこで、このマガジンアルクの記事に触発されて、最新の英語の辞書を買おうと思い始めた。この記事でのお勧めは、「プログレッシブ英和中辞典」第4版、小学館;「ジーニアス英和辞典」第4版、大修館;「ルミナス英和辞典」第2版、研究社のどれかである。

ところが、基本的な困難にぶつかった。すなわち、私は最早、紙媒体の辞書をほとんど使っていないのである。使っているのは、シャープの電子辞書で、そこに入っている英和辞典は、ジーニアス英和辞典であるが、おそらく第3版である。電子辞書のいいところは、なにしろ見出しでさっと検索できる。紙媒体の辞書は最早、かったるくて仕方がない。

そこで問題は、紙媒体の辞書だと、高くても4000円くらいだが、電子辞書だと安くても10000円以上で、買い替えに躊躇してしまう。

こうして私は、ながながと書いて、いかに自分が英語学習に最早情熱がないか、ということを告白したにすぎないのであった。

台湾の民族言語

| コメント(0) | トラックバック(0)

Webニュースによると、ユネスコが2月21日の「国際母語デー」に合わせて発表した調査報告によると、台湾に現存する14の原住民族が使う言語が消滅の危機に瀕していることが分かったという。

その中で、台湾では2番目に深刻な「重大な危険」に分類されたサイシャット語など17言語が消滅の危機に瀕していると認定された。また、バサイ語、パゼッヘ語、ホアンヤ語、ケタガラン語、タオカス語、パポラ語、シラヤ語の7種類が1950年以降に消滅が確認されているという。

こうやって淡々と報道されているが、素朴な疑問として、あの狭い台湾島に、なんという沢山の言語か゜生き長らえているのか、ということがある。

例えば、比較として日本を挙げてみると、そのままではほとんど通じない琉球語も、実は日本語と同系列なのだという。すると、日本で存在が確認されていて、日本語とは別系列の言語としては、アイヌ語があるだけである。台湾と比べて、この多様性の乏しさは一体何なのか。

1つの仮説として、次のように考えることができないか。すなわち、日本でも本当は、数十という多様な言語が各地で話されていた。ところが、邪馬台国の統一などで、無理やり言語的にも共通の言語を話すように強制されてしまった。しかし、その名残は残っていて、それは各地の方言である、というものである。

そうでなく、もし最初から少ない言語の話し手しか日本に住んでいなかったとすると、それは、島嶼からの伝来ではなく、大陸から、民族が移り住んできて、その人たちが、南方系とは異なる、ウラル・アルタイ語系の言語を話していたのではないか、という仮説となる。これも勝手な想像であるが、民族が移り住んだ結果は、言語図式的には単純化する傾向にあるのではないか。移住民族国家であるアメリカ合衆国が典型的にそうであって、今でも、アメリカ合衆国の大抵の人は、英語以外、ほとんど学ぼうとしない。

因みに、フィリピンでも、80以上の言語が知られているという。すると、島嶼の多言語性と言いなすことができるのではないか、と思われる。よって、島嶼で言語の多様性が見られないとすると、もともと島嶼でなかったか、人工的に一掃されてしまったか、ということになる。

さらに言うと、私には、経験的に島嶼が言語の多様性につながると思われる経験がある。すなわち、前にも書いたように、私は瀬戸内海の百島という島の出身なのであるが、直ぐ見えるところに、横島、田島という別の島がある。ところが、百島の人が喋る方言は百島弁、横島の人が喋る方言は横島弁と、聞くと明確に弁別できるのである。それはある意味、福山方言の変種なので、もちろん互いに通じないということはないが。なお、田島は、横島と隣接しており、横島弁との方言弁別性はなかったと思う。台湾の場合、沢山の島からなっている訳ではないが、山地が多く、人々の交流を困難にするような地形で、そのことが多様な言語を育んだとも言える。

戻って、台湾で、消滅の重大な危険にあるとされるサイシャット語とは、どのような言語なのか。Webで探しても、その言語系統の説明など、ほとんど見かけることができない。世界の110の言語について解説する、「世界のことば」朝日選書にも、もちろんない。ましてや、バサイ語、パゼッヘ語、ホアンヤ語、ケタガラン語、タオカス語、パポラ語、シラヤ語に至っては、何の手掛かりも最早ない。

ともあれ、ユネスコが、「国際母語デー」として、消滅の危機にある言語に関して警鐘を鳴らすのはよいことである。というのは、文化の本質は多様性にあるからである。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち言語カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは芸能です。

次のカテゴリは読書です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。