動物の最近のブログ記事

行方不明の黒ネコ

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、行方不明になった生後3カ月の黒ネコが、4000キロ以上離れたニューヨーク・マンハッタンで保護されたという。以下、引用:

【ニューヨーク山科武司】昨年5月に米カリフォルニア州サンフランシスコでいなくなった盲目の黒ネコが今年7月、4000キロ以上離れたニューヨーク・マンハッタンで保護され=写真・AP、「どうやって来たの?」と話題を呼んでいる。このネコ、生後3カ月でサンフランシスコの動物虐待防止協会に兄弟ネコの「ジム・ビーム」と一緒に収容され、「ジャック・ダニエル」と命名された。ウイルス性疾患で目がほとんど見えず、2匹そろって篤志家にもらわれるはずだった。だがジャック君は施設から突然消え、何者かが連れ去ったとみられていた。

ところが7月31日、マンハッタン北部ハーレムをのんびり歩いていた野良ネコが保護され、埋め込まれたマイクロチップからジャック君と判明。サンフランシスコ・クロニクル紙は「ジャックが話せるなら、すべてを説明できるだろうが、ジャックはただ『ミャーオ』と鳴くだけだ」と伝えた。

これは、常識的には、ジャック・ダニエル君が自力で歩いてサンフランシスコからニューヨーク・マンハッタンまで歩いていったとはとても考えにくい。というのは、猫は基本的に、家になつくと言われているように、あまり遠出しない。野良猫でも、決まったルートを周回して、餌をあさる。要するに、まるでヤクザのように狭い地域をすみ分けていて、他の地域を侵すことはない。

あまり友好的な関係ではないにしろ、子供の頃から日常的に猫に付き合ってきた私は、猫の習性はある程度知っていると自負していたが、それでも、何か未知の習性もあるかと、手許にあった「猫のなるほど不思議学」岩崎るりは著、小山秀一監修、講談社ブルーバックスをめくってみた。ところが、この本は猫のさすらい行動については全く言及しておらず、参考にならないことが分かった。

そこで自力で考えてみると、やはり、ウイルス性疾患で目がほとんど見えないジャック・ダニエル君が自力で歩いてサンフランシスコからニューヨーク・マンハッタンまで到達したということはありえない、という結論に達した。というのは、日本の雑踏と違って、アメリカの都市や田舎で、猫が食べることのできる残飯が放置されているとはとても考えにくい。すると、短期間で飢える。さらに、サンフランシスコからニューヨークまでに達するには必ず、ハイウェイを何度も横切らなくてはならない。ところがただでさえ猫は、走ってくる車を逃れるのが苦手で、車を運転していると、猫の轢死体にときどき出会い、痛々しい。ましてやあの幅の広いアメリカのハイウェイである。盲目の猫が無事に歩いて渡れるわけがない。それだけではない、サンフランシスコからニューヨークに行くには、ロッキー山脈も越えなくてはならない。こうして、盲目の猫が無事歩いてニューヨークまでたどり着ける可能性は、限りなくゼロである。

ではどうしたのか、というと、それは誰かが連れ去ったということしかありえない。誰かかが連れ去り、車を運転するか、飛行機でニューヨーク・マンハッタンまで連れてきた。なんのためか、それは分からない。そして、マンハッタンで、人目につくところで猫を逃がした、という次第である。それにしても、依然として、何のためかさっぱり分からない。話題づくりであろうか。

タコのスカウト

| コメント(0) | トラックバック(0)

CNNニュースによると、動物の超能力で述べたように、ドイツ戦を含め、8試合の勝敗の予想にすべて正解した予言タコ「パウル君」は、早速、資本主義の論理に晒され、世界中から文字通り引っ張りだこである。以下、引用:

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会でドイツ代表の全7試合や決勝戦の勝敗結果をすべて的中させ一躍人気者になった予言タコの「パウル」を買い取りたいとの申し出が、世界各国から相次いでいる。W杯優勝国スペインの水族館に続き、今度はロシアの賭け業者が10万ユーロ(約1100万円)の価格を提示した。

買い取りを希望しているのはロシアの賭け業者リガ・スタボクで、同社の経営者は「10万ユーロは交渉開始の値段だ」と話し、必要があればさらに価格を引き揚げる意向を示した。現在パウルを飼育しているドイツの水族館からは、広報会社を通して、申し出を検討中との返答があったとしている。

一方、この広報会社では、ロシアからの申し出は断ったと述べ、パウルは誰にも売らないと断言した。

それはそうだろう、私の見るところ、パウル君の神通力は、ドイツのオーバーハウゼン水族館にあって、そこの飼育係との連携で達成されたものである。一種のテレパシーというか、精神の輻輳作用を想定したい。すなわち、オーバーハウゼン水族館を離れるや否や、パウル君の神通力は完璧に消えうせるだろう。それでも、ラブコールは続く。

リガ・スタボクはパウルを同社のマスコットにして「最高の餌」を与え、ロシア国内のサッカー試合の結果を予言してもらいたい意向。もし条件として提示されればモスクワ市の水族館で飼育してもいいとして、「世界中のどんな動物よりも有名な彼に、ぜひロシアに来てほしい」とラブコールを送った。

ところがどっこい、オーバーハウゼン水族館は、しっかり皮算用しているようなのである。

パウルをめぐっては、スペインの首都マドリードにある水族館も移籍交渉開始を宣言している。ドイツの水族館は先にパウルを引退させると発表していたが、「世界中から寄せられた一連のオファー」について検討中だとも語った。業界では、パウルが世界初の億万長者タコになるかもしれないとの観測も出ている。

私はもう沢山だと思う。パウル君を普通のタコに戻してあげて、下手な予想もさせないで、のびのびと泳がせてあげればいい。ワールドカップの予想は、単なる真夏の夜の夢だったと。

口蹄疫

| コメント(2) | トラックバック(0)

日本農業新聞Webによると、宮崎県で、牛や豚に口蹄(こうてい)疫の発生が拡大しているという。以下、引用:

赤松広隆農相は10日に宮崎県を訪れ、東国原英夫知事らと口蹄(こうてい)疫対策を話し合う。7日に同県を訪問した民主党の小沢一郎幹事長に引き続き、赤松農相が関係者と緊急会談に臨み、政府与党一体でまん延防止の徹底、万全の農家支援を講じる方針だ。口蹄疫対策の徹底に向け、東国原知事、JA宮崎中央会の羽田正治会長、中村幸一県議会議長らと協議する。

農水省の政務三役では、口蹄疫防疫対策本部長代理を務める山田正彦副大臣が、4月29日に同県を訪問して以来となる。

口蹄疫とは、朝日新聞掲載「キーワード」の解説によると、次のとおりである。

豚や牛などに伝染する家畜の病気。足や舌に水泡ができてえさが食べられなくなり、急激にやせ衰える。人には感染せず、感染肉を食べても人体への影響はない。感染力が強いため、家畜伝染病予防法に基づき、農場の周囲には移動制限区域が設けられ、家畜の移動が禁じられる。2000年にも、宮崎県と北海道で発生した。中国や台湾、韓国でも発生している。

すると、病気が発生した地域で、移動制限を設けて沈静化を図るよりないのか。「人には感染せず、感染肉を食べても人体への影響はない。」といっても、流石に分かっていて肉を出荷できないだろう。

Webの他の記事によると、「風によるウイルスの拡散は考えにくく、人、車両による伝播(でんぱ)を否定できない」とあるが、それはどういうことか。人には感染しないというのに、人から家畜に伝染してというのか。すると、人は、感染はしなくてもキャリアにはなりえるということか。調べてみると、人体に微妙に感染するので、人はキャリアにはなりえるようである。

また、宮崎県は、これらの農家で飼育する計1万4212頭を殺処分するというが、一頭100万円と換算しても、総額100億円であり、実際はもっとだろう。また、宮崎牛の風評が下がるのが痛い。

1例目の牛は遺伝子検査の結果、アジア地域で確認されている口蹄疫ウイルスと近縁ウイルスであることが確認された、とニュースにある。すると、中国起源なのか。更なる調査で、宮崎県で流行している牛や豚の口蹄疫のウイルスの塩基配列が、香港で今年確認されたものと99.22%一致していることが、10日までに明らかになった、という。

すると、香港に旅行した農場従事者から牛などに感染したのだろうか。しかしそれで広範囲のパンデミックになるだろうか、と疑問は続く。

動物衛生研究所のページには、中国での一連の発生状況がリストされているが、ここまで大規模ではない。何が一体ここまで被害を広げたのだろうか。インフルエンザ疑惑のような要因もつい考えてしまうが、流石にそれはないのだろう。誰が得するのかが、なかなか見えないからである。

イノシシの被害

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webに、以下のような記事があった。

14日午後4時頃、高知県香南市夜須町国光の林道で、近くの男性(64)から「女性がイノシシに襲われてけがをしている」と119番があった。

香南市消防署の救急車が近くの女性(73)を高知市内の病院に搬送。地元の猟友会員が15日午前7時頃、現場近くで雌のイノシシ(体長1・3メートル、体重85キロ)を発見し、射殺した。

同消防署などによると、女性は両手や右足などをかまれるなどして重傷を負ったが、命に別条はないという。通報した男性によると、女性は畑で農作業中に突然イノシシに襲われ、イノシシともみ合った後、軽トラックに乗って避難し、男性に助けを求めた。

女性は「鼻で押され、かみつかれたので、イノシシの耳をつかんで格闘した」と話していたという。女性が両手にしていた手袋は血で赤く染まり、数か所に牙の跡とみられる傷があったらしい。

男性は「20年前に猟銃をしていた時はイノシシはほとんど見かけなかった。食べ物がなくなってきているのでは」と話していた。

現場は土佐くろしお鉄道夜須駅から北東約8キロの山中。

この記事をみて、これはちょっとやばいと思った。理由は、動物の渡来に書いたとおりである。私が出身の島で、今やイノシシが出没する。まさに、「20年前にはいなかった。食べ物がなくなってきているのでは」である。

ただ、聞く範囲で、私が出身の島で、いまのところ、イノシシに襲われた人はいない。上記の記事だと、雌のイノシシとあるので、子供がいるなどの状態だったのだろうか。すると、気が立っている。それにしても、イノシシは突進するだけでなく、噛み付くのか、知らなかった。また、73歳の女性が耳を掴んで格闘できるというのだから、イノシシは意外に強くないのか、などいろいろ感じる。これが熊だと本当に屈強で、大山倍達のようなプロの空手家でも、実際はまともに闘ったら勝てないという。

ともかく、今度実家に帰ったら、気をつけるとしよう。畑にはイノシシの好物の穀物があるので、きっと畑を通るときが多少チャレンジなのであろう。

犬と猫

| コメント(4) | トラックバック(0)

前にも書いたが、私はひょんなことから、猫を飼っている。別に犬でもよかったのだが、これも縁か。ただ、周囲を見渡すと、犬派と猫派に分かれ、それは何かの性格因子によると思うのだけれども、いくら観察しても、その因子が何か、分からないでいる。

ところで、dog actuallyのページに、犬と猫の比較があったので、コメントしつつメモしてみる。

1.脳
 体重に対する脳の重さの割合は、わずかに猫の方が優るという。また、脳の皮質に存在する神経細胞数を比較してみると、猫3億に対して犬は1億6千万だという。ううん。猫の方が賢いとも思えないが。

2. 人とともに暮らした歴史
 犬は、1万6000年から5万年前ほど前から、一方の猫は、5000年ほど前。それでも、猫は、古代エジプトの象徴だった。一方の犬は、縄文時代に、きちんと墓を作ってもらえるほど大事にされていた。

3. 人との結びつき
それはまあ、犬だろう。なによりも人の言うことを聞く。猫は、餌をもらうときと、遊んでもらうとき以外は、一人で勝手にやっている。

4. 世界での飼育頭数
 これは当然に犬の方が多いと思ったら、猫を飼っている国トップ10の頭数を合計すると、およそ2億400万頭。一方犬飼育トップ10の国の頭数を合計すると、およそ1億7300万頭。あれ、猫が多い? 確か、米国では犬の方が多かったと思うが。

5. 理解力
 それは、きちんと調教されるという意味で、文句なく犬である。猫も独特の知性はあると思うのだが、それは暗黙知?

6. 問題解決能力
 文句なく犬である。警察犬はいても、警察猫はいない。

7. 声の種類
 これは、実は猫の方が豊富。猫は、鳥が囀るような擬声も発する。ああやって、鳥狩をしていた時代があるのだろうか。

8. 訓練のしやすさ
 文句なく、犬。猫の訓練なんて聞いたことがない。

9. 嗅覚・視覚・聴覚
 嗅覚というと象徴的なのは犬だが、匂いを感じる受容体の数の平均は猫の方が多いそうで、実は猫の嗅覚も半端ではない。人と比べて、猫は6倍、犬は5倍少ない光の中でも物が見える。聴覚については、犬が67-45,000ヘルツの音を聞けるのに対し、猫は45-64,000ヘルツの音が聞こえる、ということで、物理的感覚は猫の勝ちである。これはおそらく、単独で狩をすることから、神経が研ぎ澄まされたのかも。じっと視野を凝らして見るのも、猫である。犬は、あまり見渡すことはしない・

ということで、犬に較べて地味な猫も、なかなか隅に置けないのであった。

動物の渡来

| コメント(0) | トラックバック(0)

前にも書いたように、私は、百島という瀬戸内海の孤島の出身であるが、私が子供の頃の昭和40年代は、島にいる野生動物といえば先ず猫で、多少、野犬もいた。

特に、猫の存在は本質的で、ちょっとでも気を許すと、魚を取られてしまう。よって、網戸を厳重に締めて、且つ、厳重な管理の下で魚は焼かれるのが常であった。

野犬も侮れない。山に薪を取りに行く人は、何が一番怖いといって、山道で野犬に出会うほど怖いことはないと言って憚らなかった。

ところが、昭和50年代の後半からか、島で狸の姿を見かけるようになった。島にはもともと狸は生息していない。すると、どこからか渡来してきたことになるが、狸は向かいの田島と横島という別の島から渡ってきたというのがもっぱらの噂であった。

田島と横島はほぼ隣接していて、百島との距離は、ほぼ1.5kmである。もしよかったら、こちらの地図を参照戴きたい。すると、百島の右下に田島と横島が位置するのが分かる。言うまでもなく島の間は海であって、水深は10~30mくらいあるので、当然に泳がないと渡れない。果たして狸が1.5kmも遠泳できるのだろうか、と素朴な疑問をもつのだが、それくらいできるだろう、と深刻に考えた人はいなかった。

狸は最初の頃は、畑の作物を荒らす程度であったが、増えてくると、鶏などの家畜も獲って食べるようなった。雑食性なのである。そこで、住民は、罠を作って、狸を捕まえるようになった。捕らえられた狸は、憎しみをもって石などで住民により撲殺された。しかし、狸一族が懲りた様子はなかった。

しかし、狸はその愛嬌のある外観から、迷惑がられることはあっても、怖がられることはなかった。

狸以外には、島には雉が増えたという話も聞いた。狸と違って、雉の到来には、なんのミステリーもない。

ところが先日帰省したとき、今、島では、猪が繁殖していて困っているという話を聞いた。猪も、狸と同様に田島と横島から泳いできたらしいが、実際に泳いできているところを見かけた者はいないとか、いや、誰それは見かけたとか、曖昧である。深夜こっそりやってくるのだろうか。しかも、狸であれ猪であれ、深夜且つ干潮の時を狙ってやってくるのだという。それくらいの知恵はあるか。

ただ、素朴な疑問として、どうして田島や横島から百島に、狸や猪がやってくるのだろう、ということがある。もしそれが正当化されるためには、百島の方が、田島や横島よりも相対的に食料が豊富である、などの利点がなくてはならない。そういう観点でみると、田島や横島は山地で、ほとんど平野がない。従って、畑も少ない。一方、百島は、相対的に平地が多く、畑も豊富である。そこのところが、狸や猪に魅力的なのだろうか。推測にとどまるのだが。

さて戻って、狸ならまだいいが、猪は困るという島民の声を聞く。それもそうで、狸は基本的に、人間を見たら逃げるが、猪は、場合により突進してくる。特に、子供を抱えた猪は、気が立っているという。

ある農家のご婦人は、みかん畑を営んでいたが、農耕作業にみかん畑に出かけたら、猪とばったり出くわして腰が抜けるほど驚いたという。それで結局、みかん畑は放棄して、農業から引退する決意をしたという。未だ猪による具体的な被害は、農作物を食い荒らされる程度に留まっているのだが、次第に島民の不安の種になりつつある。

ところで、もし百島が狸、雉、猪のパラダイスだとしたら、逆説めくがそれは、島の活気のなさによる。すなわち、私も島脱出組の一人なのだが、若者が出て行くことによって、島はどんどん高齢化して、無気力さが支配するようになった。すると、狸や猪が跋扈しようと、どうでもいいということになる。狸や猪は、ありがたく、畑を縦にすることができる。ただ、さらに高齢化が進んで、耕作人口が減ると、狸や猪は農作物を十分享受できなくなる。そのときは、狸や猪たちはまた、闇夜の干潮どき、意を決して海岸べりに集結するのだろうか。そして、今度は、本土に向けて1.5kmの行程を泳ぎ出す。そのとき聞こえてくるのはなぜか、岡林信康の歌だったりする。

はんば、はんばと渡ってく、俺は一生流れ者♪

動物の出征

| コメント(2) | トラックバック(0)

言われてみれば当然かもしれないが、新聞記事によると、戦争に際して、飼われているペットや家畜が、日本軍によって徴用されることがあったという。それは、軍からみれば徴用であるが、飼っている家族からみれば、家族の一員が赤紙で出征していくのとなんら変わらない。

出征する典型的な動物は、馬だった。実際、軍馬というくらいで、まさに兵隊と一心同体で敵と戦った。旧陸軍士官学校傍の座間神社には、軍馬の立派な碑がある。当時、農家では、農耕作業のため馬が飼われていることがあった。そういう馬に軍部は目をつけ、徴用した。状況からして、生きて帰ってくるとは考えにくいので、出征していく前日、家族は、馬の好物を沢山用意して食べさせ、別れを悲しんだ。

馬の次に徴用されたのは、犬である。シェパードなどのような立派な犬がいると、軍部は、公園に召集してテストした。そのテストに合格すると、訓練所に集められ、軍用犬として訓練される。訓練が終わると、犬は、タスキを掛けられ、出征する兵士の先頭を歩いていったという。犬なりに覚悟していたのだと思う。このあたりの無私性が、犬が進化の位階が高いといわれる所以であろう。家族はそれでも、万が一の無事帰還を願って、首輪に住所と紙幣を入れた袋を収めた。万が一のささやかな願いである。人間でも可能性は低いが、出征した犬が無事帰還することはなかった。

あとは、牛、ウサギなどが徴用されたこともあったかもしれない。食用、及び軍の革製品を作るためである。

いかなる意味でも、猫が徴用されることはなかったのではないか。猫は、空襲を逃れて、走り回っていたのだろうか。原爆の手記にも、焼け爛れて亡者のように彷徨う人達の間で、猫が歩き回っていたという記述がある。なぜか長靴の臭いをかいでいたそうである。火傷や放射能禍で人知れず死んでいく猫も少なくなかっただろう。

以上、戦争誌のほんの小さな一側面であった。

ラーテル

| コメント(4) | トラックバック(0)

私は特に動物が好きという訳ではないが、たまたまNHKの番組を見ていたとき特集されていたラーテルは、相当ユニークで面白いと思ったので、メモしてみる。

ラーテルとは、ネコ目イタチ科の哺乳類で、食肉性である。外観は、イタチの一種と思っておけばよいかもしれない。生息地はだいたいアフリカである。砂漠地帯にも棲む。

さて、イタチの一種というと、いつもこそこそ逃げ回って、ネズミなどの小動物を食べているのだろうと思われるが、ラーテルは違う。ある英語の動物事典によると、most fearless mammalとある。文字どおり、最も恐れを知らない哺乳類なのである。

どう恐れを知らないかというと、猛毒のコブラやサイドワインダーなどに敢然と戦いを挑む。そして、大抵勝ってしまい、蛇を首から、うまそうに齧る。それどもときどき、コブラに噛まれて気を失うことがある。しかし、生まれつきコブラなどの毒の血清をもっており、コブラに噛まれても2時間ほどで意識を回復し、起き上がって巣に戻る。

猛毒のコブラさえも襲う理由は、砂漠地帯にあって、蛇くらいしか適当な獲物がおらず、また、水分が不足の砂漠で、蛇の体液が貴重な水分補給源であるからである。

獲物ではないが、ハリネズミにも敢然と戦いを挑む。相手にしなければいいと思うのに、ハリネズミがいたら、唸り声を上げて向かっていく。そして、ハリネズミの針を受け止める。実は、ラーテルは、面の皮ではなく、背中の皮が厚い。そこには神経が通っていないので、背中を刺されても痛くない。こうして、ハリネズミの針攻撃にもめげず対抗していると、流石のハリネズミは、気圧されてしまい、退散する。それをみてラーテルは悠々と引き上げる。

ラーテルの武勇伝は他にもある。すなわち、ライオンが獲物を獲り食べた後、ハイエナなどが残飯を漁りに来る。しかし、それはあくまでもライオンたちが去った後である。しかし、ラーテルは違う。ライオンたちが現地に屯しているのに、平然と、仁義も切らず、ライオンの食べ残しを食べにいく。その姿は、ほとんどライオンの存在を無視するかのように尊大で、堂々としている。体型が何十倍もあるはずなのに、ライオンたちは、気合負けして、ラーテルたちが餌を貪るのを黙ってみている。

これはまさに、最も恐れを知らない哺乳類、の噂どおりの行動であり、態度である。こういう気合というのは、私の知る限り、日本の任侠の人達が最も大事にするものである。体は小さくても、ライオンにさえも気合負けしないラーテルは、ヤクザの鑑であろう。

南アフリカ製の歩兵戦闘車は、その勇猛果敢なラーテルにあやかって、ラーテル歩兵戦闘車を名乗る。旧日本軍は、零式艦上戦闘機を荒鷲と呼んだ。勇猛果敢な動物に喩えるというのは、共通のメンタリティであるようである。

バードストライク

| コメント(5) | トラックバック(0)

バードストライクというのは、鳥が乗り物に衝突することであるが、鳥の飛ぶ性質上、一番頻繁且つ問題になるのは、飛行機あるいはヘリコプタなどである。

今年の1月15日の午後、ニューヨークで、ハドソン川に旅客機が不時着した事故があったが、この墜落の原因は、バードストライクだったと伝えられている。

航空機の事情に疎い私は、鳥くらいで、と思うのだが、実は結構古典的な事故原因であり、1960年にアメリカの旅客機のエンジンが鳥を吸い込み、その原因で墜落し62名が亡くなるという事故があったのが、一番典型的な事例である。実際、FAA報告によれば、1990年から2003年までに、合計51000件ものバードストライクが報告されているという。すると、多くの場合は重大な事故にならないが、場合により、重大なエンジントラブルになる、ということである。

今年の3月14日にも、上海発羽田行きのJALボーイング747-400がエンジンに異常を検出して、上海の空港に緊急で帰還したとがあった。それもエンジンが鳥を吸い込んだのが原因である、という。

これだけ日常的に起こることであり、昔から頻繁にあることなので、構造的に対処できないのか、という疑問は湧く。しかし、大型機だと、エンジンの口径も大きく、高速で回転するエンジン羽根部分に鳥が衝突すると、羽根を破損して重大な事故になりやすいという。

そこで、ちょっと特許公報を検索してみたところ、航空機エンジンに関して、バードストライクに対処する技術を開示するものは驚くほど少なく、2件しか見つからなかった。

1件は、石川島播磨重工業の特開2005-315138号で、「バードストライク等により一部の後部動翼14に破損が生じた場合には、前方よりボルト19を弛めてスピナー16をディスク15から取り外した後、上記破損している後部動翼14のみをディスク15から取り外して新たな後部動翼14に交換することができる。」という記述からみてとれるように、破損時の部品交換を容易にする目的である。

もう1件は、ユナイテッド  テクノロジーズの特開2007-51637号で、「リブ42bのW字状のリブ部位が多方向への剛性を提供し、座屈、特にバードストライク(鳥等の衝突)の発生に対する改良された耐性を提供する。」とあるように、バードストライクが起きても、それに耐えられる剛性を提供しようとする。

結局、エンジンそのものに対バードストライク性を与えることは、難しいということである。そこで航空会社は、鉄砲の空砲、烽火などを使って鳥を空港付近から追い払う方法をとっている。というのは、バードストライクは、離発着の低空飛行時に発生することが多いからである。流石に高度10000メートルを鳥が飛ぶことはない。

しかし、鉄砲の空砲、烽火などのローテクでは今まであまり功を奏してない。そこで、まるで兵器に対処するかのような、鳥のレーダー感知、画像計測認知、レーザー光などによる追い払いなど、ハイテクが、ハドソン川での事故を受けて、ようやく検討され始めている、という。

インフルエンザ・ウイルスであれ、農業における蜜蜂であれ、また、航空機における鳥であれ、人類の周りの生物が本質的な意味をもつことを改めて認識する次第である。

猫カフェ

| コメント(2) | トラックバック(0)

Webで、猫カフェなるものがあるのを知った。

若い頃、新宿の歌舞伎町に、ノーパン喫茶なるものがあると聞き、友人と何度も足を運んだ。要するに、ノーパンでミニスカのウエイトレスさんが、給仕してくれるのだが、とうとう、片鱗さえも垣間見ることができず、高いお茶代に終わったのが記憶に残っている。

で、猫カフェとは何?と聞くと、そんな、ノーパン喫茶と一緒にせんといてんか、となぜか関西弁で叱られそうな気がする。

そういうつもりはなく、私も実は愛猫家のはしくれ、猫の可愛さは分かっているつもりだが、ノーパン喫茶で、スケベ心とお茶を飲む気持ちが両立しなかったように、猫の可愛さと喫茶の雰囲気も果たして両立するのか、とつい怪訝に思った次第である。以下、疑問:

  1. 猫は、とても個性豊かな動物である。個性豊かとは、どういうことかというと、いろいろな奴がいる、ということである。不揃いの林檎たちではなく、不揃いの猫たち。がさつなやつ、走り回るやつ、爪を立てるやつ、寝てばっかりいるやつ、高いところに上がりたがるやつ、そういうのがうろうろしていて、落ち着いて、コーヒーとか飲んでいられるのか。すると、カフェのマスターは言うだろう、そんな猫の一挙手一投足が気になる人は、来て戴かなくて結構です。猫がいればそれだけで和める、という人だけ来て戴ければいいのです、と。ううん、そうか。
  2. 猫は、食べたものをゲボッと吐く癖がある。なんでも、毛玉を吐くためらしいが、そのため、私は週に一度は、ティッシュや雑巾で、床を拭いているような気がする。自分の飼い猫だからいいけど、折角猫カフェと思って行ったら、ゲボッと目の前でやられたら、やはりいい気しない。その点は大丈夫なのだろうか。これについては、カフェのマスターも、回答に困るのではないだろうか。

ところで、そうは言っても、猫を見ていると和むというのは分かるが、でもなぜ和むのか。

例えば、友人がいるとしよう。働かないでいつもごろごろしている。とてもわがまま。とりあえず、少なくとも、こっちにつっかかってくることはない。でも、大事なことを相談しても、思い出したように向こうに行ってしまう。そういう友人がいたとして、和むだろうか。それこそ猫的であるが、人間ならむしろむかつくのではないか。

ただ、その友人が、実は異性の友人だったとしよう。すると、働かないでいつもごろごろして、とてもわがままだとしても、まあええやん、と急に思えてくる。むしろ、ばりばり働くタイプだと、息つまるやん、と思う。なぜか関西弁。

それと同じ乗りで、あの猫の格好で、ごろごろしたり、引っ掻いたり、走り回ったり、跳んだりするからまあ和めるのであって、猫でなくて犬だと、急に襲い掛かられるのではと緊張するし、といろいろ考えると、猫カフェというのは、猫の個性と、猫好きの感性の微妙なバランスで成り立っているようである。私は、というと、愛猫家のはしくれ中のはしくれであるが、もしかして、猫カフェは馴染まないかもしれない。やはり、カフェでは静かに本を読んでいたいものである。それでも、知り合いの家に行ったときのアメショーのように、初対面なのになついてくれて、膝の上で眠りだす、ということがあるなら、猫カフェも病み付きになってもいいのだけれども。だってうちのトラは、餌がほしいとき以外、私に近づこうともしないのだから。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち動物カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは企業です。

次のカテゴリは医学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。