心理学の最近のブログ記事

愚痴

| コメント(0) | トラックバック(0)

昔、お釈迦様は、愚痴をこぼしてはいけないと言ったというが、出典は知らない。正しくないかもしれないが、あまり愚痴をたらたらこぼすのが、忍辱を唱える仏教の趣旨に適うとは到底思えない。

ところが、読売新聞によると、手塚治虫が生前、立川談志に、愚痴は必要だと言ったそうである。実際、心理学的にも、愚痴をこぼすと心の不安が鎮まるという効果があるという。もしかして、鬱病になる人は、愚痴をたらたらこぼすのは、人間として品がないなどと遠慮して誰にも話さず、次第に気持ちが追い込まれていくだろうか。

私は、高い霊格を目指しているくせに、哀しいかな、本当は人品が卑しくて、よく愚痴をこぼす。到底いいこととは思えないが、管理職のときも、上位管理職からいろいろ厳しく言われて落ち込んだとき、部下に愚痴を聞いてもらったものだった。お釈迦様に顔向けできない。とはいえ、どの部下でもよいというのではなく、信頼できる何人かの部下である。そうやって部下を、信頼できる部下とそうでない部下に分けて、別扱いするとはいかがなものかとまでも思うが、そのあたりにも私の管理職としての低い限界が窺われる。

それにしても、上司から愚痴を聞かされる部下も、たまったものではあるまい。いまでも、申し訳なく思う。そのお蔭でというのもなんだが、毎日夜11時まで働くような激務だったが、心身ともに、ブレークダウンしなかった。上記の心理学的効果である。本当に、元部下を含め、私を支えてくれたお蔭である。

ただ、私のささやかな長所は、自分で不満をもってよく愚痴をいうので、不満をもつ人の気持ちに素直に共感できることである。だから、私と波長が合う人達で、何か辛いことがあると、私に愚痴を聞いてほしいと言ってくれる人がいる。私はその辛さに共感し、耳を傾けることができるので、私に愚痴をいうことで気持ちが晴れる効果がある場合があるようである。そういうことがあると私も、お釈迦様に少しだけ顔向けできるような気がする。

パーソナルなので詳しくはいえないが、相当辛い状態の人の話を1ヶ月以上、毎日少しずつ聞いてあげて、少しは楽になったといってもらったときは、私もうれしかった。その人は、精神安定剤も飲んでいたようだが、精神安定剤は脳にしか作用しない。心に作用するのは、そうやって愚痴をこぼして聞いてもらうことしかないのではあるまいか。

だから私は、定年後、辛い人の話を聞くだけのボランティアをしようと思ったりする。ただ、いつもそういう話を聞くとトスレス溜まるかな、するとその愚痴は誰に聞いてもらおうか、など俗なことを考える私はやはり、お釈迦様に顔向けできないようである。

EQ

| コメント(2) | トラックバック(0)

芸能ニュースをみていたら、沢尻エリカがスペインから帰国して、再デビューを計画しているが、復活は難しいのだという。なにしろ、大手芸能プロダクションであるエイベックスとの関係がよくないそうである。そもそもが沢尻エリカのケチのつきはじめが、例の「別に」事件であった。その後も、夫と離婚したり再婚したり、企画をドタキャンしたりと迷走していて、エイベックスに愛想つかされるのも仕方ない。よほど空気が読めないか、EQが低いのだろうと思ってしまう。

ところで、誰も同意しないかもしれないが、私は意外にEQが低くない。例えば、前にも書いたが、中学時代、ガラの悪い番長に取り入って、うまく可愛がられていた。ドラエモンに出てくるスネ男並みか。会社でも、剣呑な雰囲気のとき、つまらないオヤジギャグを入れて、雰囲気を和ませることができる。

そういう私は、管理職だったときも、部下とはとても友好的だった。10年以上管理職だったのに、一度も私に叱られたことがないという部下もいる。それはそれで、管理職として問題かもしれないが。

しかし、ここで、本当に自分はEQが高いのか、という自問が始まる。そして、何度も上司とぶつかり、2度も会社を辞めた記憶が蘇ってきた。今の会社でも、米国人の上司と何度もぶつかり、陰に陽に、酷い目に遭わされた。外資系の組織はある意味、日本の組織よりも軍隊に近く、有無を言わせないところがある。それを知らない私ではないのだが、どうしても血が騒いでしまうのである。私は赤松姓ではないが、やはり、赤松満祐の末裔か。

すると、どう考えても私は、対上司とみたとき、EQが高いとはいえない。そこである女性の元部下に思い至った。その部下は、あまりにも我がままで独善的なので、周囲から孤立していた。他の人と協調して仕事を進めることができない。一緒に仕事すると、やり方がまずいと相手を罵倒してしまうのである。当時EQという言葉があったかどうか知らないが、あったら間違いなく、EQ最低だと心の中で思ったことだろう。実際、そういう対人関係だったので、仕事でもいまいち評価されなかった。私はあんまりだと思って、社内の、対人関係改善コースに出席するように勧めたが、冗談じゃないと一蹴された。

ところが、ある米国人管理職が着任したときから、その部下は運命が変わった。なぜか、その米国人管理職に気に入られたのである。そういえばその部下は、何年か米国に留学していたことがあって、確かに英語が巧みだった。それで取り入ったのだが、そんなことで取り入られるのかと私はとても怪訝であった。

結局その部下は、周囲とぶつかりつつ、それでも評価されて昇進していった。これを見ると、私と違って、周囲とのEQは最低でも、対上司のEQは高かったということになる。ただ、対上司というときの上司には形式的に私も含まれるので、対米国人上司というべきだろう。

こうして、EQを巧みに使い分けて、世の中を巧みに渡っていく人がいることを知ったのだった。しかし、私のように、上司には噛み付くが、普段の付き合いのEQを保つやり方も悪くない。すなわち、管理職であっても、権威で周囲とは付き合っていないので、管理職を降りても、ほとんどわだかまりなく周囲と付き合えている。ともかくEQというのは一様ではないのだ、相対性理論のように、一般EQと、特殊EQがあるのだという、分かっている人にはあまりにも当たり前?の話であった。

懲罰によるコントロール

| コメント(0) | トラックバック(0)

人間は、赤ん坊として生まれてきて、最初は訳もわからないので、どうしても多少の体罰も含む、懲罰による躾は必要である。長じて次第に成熟するに従って、懲罰を受ける機会は減るが、それは絶無にならない。例えば、一般刑法であれ、経済刑法であれ、不正な行為をきちんと罰することは必要なのであり、それはまさに、懲罰の体系である。

そのように、家庭や学校、あるいは社会を通じて、懲罰を通じたコントロールがあまりに普遍的なので、問題が起こる。

すなわち、懲罰は本来、間違いを除去するだけでものであるはずである。学校でも暴力を振るってはいけない。先生の言うことは聞かなくてはならない。テストでは、なるべく間違えてはいけない。

そこで問いである。「世界では、邪悪なるものを除去することで、自然に理想社会が現出する。」という命題を与えてみる。私は、ダイコトミーは好きではないが、世の中は、この命題にシンパシーを覚える人と、嫌悪感を覚える人に分かれるだろう、ということは考える。

この命題にシンパシーを覚える人は、どうしても次のような発想をとる。例えば、高校野球の監督が、生徒を鍛えるとき、ある自分の方針があって、言うとおりにできないときは、叱責し、必要により体罰も与える。そうやって鍛えないと、まず、甲子園に出場することは無理であろう。そこで懲罰というムチだけでなく、よい監督は、アメも適宜用いる。すなわち、がんばった生徒は、レギュラーに登用する。

こういう懲罰体系というか、アメとムチのシステムは、体育会系に必須であって、バレエのような芸術系にもある程度必要である。勉強でも、基礎的なことを学習するためにはアメとムチのシステムは功を奏するし、ある程度は必要である。

ところが、自然科学や人文にかかわらず、学問があるレベルになると、アメとムチのシステムではうまくいかなくなる。というのは、アメとムチのシステムは、判断基準が明確で、場合の数があまり多くないときのみ有効である。すなわち、学問のレベルが上がってくるに従って、アメとムチのシステムがうまく働かない領域に踏み込むのであり、それは統計力学的な相転移といってもよく、第4象限と言ってもよいのであるが、並みの人間にはわかりにくくて、どうしても上のレベルにも、アメとムチのシステムを解析接続しまい勝ちである。

アメとムチのシステムの誤用の例として、次のようなものがある。世間で、発明なり企画なり、科学理論でもいいのであるが、ともかく画期的なアイデアを出さなくてはならないという場は少なくない。そのとき、どうしても、日常の論理であるアメとムチのシステムが忍び込んでしまうのであって、例えば、リーダーが、「さあ、よいアイデアを出しましょう、しかし、できればよいアイデアだけを出すようにしていただきたい。下らないふざけたアイデアは時間の無駄なので、なるべく避けていただきたい。ふざけたアイデアが多い人は恥である。」のように言うと、果たしてよいアイデアが沢山集まるだろうか。そこで、うんそうだろうと考えるタイプが、アメとムチを解析接続するタイプである。世間に結構多い。これは、裏を返せば、報酬で釣ることが必須と考えることである。

私はというと、下らないふざけたアイデアは時間の無駄、という言い方に必要以上に反発するタイプである。なぜなら、アイデアとは鮭の卵であるという信念があるからである。すなわち、沢山産んで、そのうちの少しでも孵化すればよい。当然に下らないアイデアは沢山あるが、それは自然に淘汰される。

もっと言うと、私からみて、アメとムチ派は、大抵の場合に自分が適否を判断できると自負している。その傲慢さに私はついていけない。なぜなら、この世は本質的にカオスであり、複雑系なのである。神ならぬ身、適切な判断は無理である。

そういう私は、インフレーション宇宙論の希有壮大さと、もっと言うと胡散臭さが好きである。虚時間など、よくいぞ言って下さいました、である。皮肉でなく、優れた物理学者は、日常論理を超えた漫才師の素質が必要である。

では、どうそれを日常に引き戻すのかと問うたとき、アメとムチ派の出番となる。そういう人々がいないと世界は収束しない。

私がそういうアメとムチ派に属さないことは明らかである。結局、この程度の文章もうまく締められていないことがその証明である。

ひきこもり

| コメント(0) | トラックバック(0)

気が進まないけどなんとなく、「ドキュメントひきこもり」池上正樹著、宝島新書を買って読んだ。そういうと誰かから勧められて、みたいなニュアンスがあるが、そうではなく、自発的に、渋々に、である。

私の周囲や家族にひきこもりの人は、たまたまいない。それで、ひきこもりに深刻になるということもないのだが、親の能力に書いたように、大学時代に、スチューデント・アパシーになり、昼と夜が逆になった、無為の日々を2年近く過ごしていたことがある。あのときは、人生の先行きになんの希望もなく、物理的に部屋に引き籠もっていたわけではないが、精神的には完全にひきこもりだった。

こういう日々が無限に続くのかと思っていた。そして、心のオーナーシップに書いたように、心は、意思は、一体誰のものなのだろう、などと友達に話すと狂気扱いされることばかり考えていた。

そして、この状態からいつ抜けられるのだろうと、いつも考えていた。なにか無限ループに陥ったような錯覚を感じていた。結局、この無限ループから引き上げてくれたのは、就職しなくてはならない、という世間体であった。というのは、無為に一留してしまったのだから、これ以上大学でぼやぼやしているこはできない。大学院に行こうにもそのための勉強は、全くしていない。そこで仕方なく、リクルートスーツに身を固めて、会社訪問した。なかなか採用されなかった。そういう苦労のうちに、知らない間にスチューデント・アパシーは解消されていた。

ところが幸い、一旦就職してからは、A型肝炎で3ヶ月入院した以外は、ノンストップで、56歳までつっぱしってきた。その間、ひきこもりとの関わり合いは、部下のひきこもりであった。すなわち、メンタルを病んだ部下がいて、産業医を通じて、対処を考慮した。それはなんだったのだろう。人格障害だったのか。ともかく、打つ手は全くなかった。その部下から開放されたのは、医学的理由ではなく、労務的なものかもしれないが、パーソナルすぎて、詳細はここには書けない。

そして、管理職を降りて、この歳になって、自分のひきこもりのことを考えるようになった。すなわち、学生時代のスチューデント・アパシーは、解消されたのではない、単に陰伏しているだけだ、という考えである。帯状疱疹という病気は、神経付近に潜んでいて、普段は免疫の力で押さえつけられているヘルペス・ウィルスが、体が弱ったとき、跳梁跋扈する。そういえば、顔面神経性麻痺も、ヘルペス・ウィルスの仕業で、すると、わがヘルペス・ウィルスたちは、免疫機能が再び低下するのを待っている、ということである。わが結核菌たちも、私の肺にじっと潜んでいるという。ご苦労なことである。

そういうウイルスだの結核菌だのが潜んでいるとしたら、ひきこもりの原因も、私の中に潜んでるはずなのであるが、それは一体なんなんだろう。いくらなんても細菌でもウィルスでもないだろうから、実に分りにくい。「ドキュメントひきこもり」池上正樹著、宝島新書によると、その原因は、鬱病、アスペルガー統合失調症強迫神経症など、なのだという。

しかし、それらは別に、ひきこもりの原因というよりも、結果に至る因果の連鎖の一里塚にすぎないのである。リストラが原因だというけれども、リストラになってもひきこもらず、忙しく職安を駆けずり回る人もいて、その方が大部分であろう。

こうして、心と精神にあるように、ひきこもりの原因は、さっぱり分らないということになる。ただ、周囲の無関心や心の冷たさが、ひきこもりを悪化させるというのはある。だからといって、下手な思いやりは、ひきこもりを増長させる。悪化と増長の違いは、私は分らない。

スチューデント・アパシーだった時代を思い出してみると、それは絶望とともに、妙な安堵感に満ちていた。堕落からくる饐えた匂いというべきか。私は、母の胎内にいるような平安を感じたこともある。とはいえ、そのときの記憶が甦るはずもない。

ともあれ、精神的な意味で、なにかの胎内にいたとしても、ひきこもりは、金銭的に、社会的に、続けることは難しい。むしろ、ある時点で揺りださないと、にっちもさっちもいかなくなる。このため、「ドキュメントひきこもり」では、和歌山大学の「アミーゴの部屋」を紹介する。そこでは、アミーゴと呼ばれるボランティアが、ひきこもりの家庭に、かるく揺さぶりをかける。そういう軽いジャブの応酬が、ひきこもりに功を奏するのだろうかと私は怪訝だが、実際に半年以内に、その方法で、84%が家から出てくるという。

ところで私はというと、土日はずっと家に籠もって、本を読んだり、こういうブログを書いたりしている。もともと出不精の私は、部分ひきこもりの傾向があって、それでいて、月曜になると、ブルーマンデーにもならないで、会社に出かける。部分ひきこもりが本格ひきこもりを予防するのか、その前兆なのか、さっぱりわからない。

実は、何かに追われているような気持ちで、仕事に逃避している。必死で逃避してるから、もしかして、平均より仕事を頑張っているように見えるかもしれないが、それはあくまでも逃避である。

ある占いの人から私は、定年で仕事を辞めてのんびりするとひきこもるといわれた。そして、ひきこもると寝たきりになるといわれた。それだけは避けたくて、時給800円のウェイターの仕事でもいいので、一生できればと思っている。

数学や天文学の話と違って、心の話はあまりに歯切れが悪い。だから、ひきこもりなどに言及するのは気が進まなかったのだった。

期限

| コメント(4) | トラックバック(0)

前にも書いたが、今会社で担当している特許関連業務は、新入社員でアサインされたときから嫌で嫌で仕方がなく、それでも、他にできることがないのでと生活のために定年間際の今まで続けてきた。その間、褒められたことよりも、叱られたり文句をつけられたことの方が多いので、到底優秀な実務家とは思えないが、とりあえずリストラの波は凌いできたということで、最低限のレベルは満たしていると自認することにする。

特許業務をする上で自分でもときとぎ不安を感じるのは、緻密でない性格である。どうも安易に妥協してしまうところがある。ただ、これだけは向いていると思うのは、期限に厳密である面である。

私は一種強迫神経症的な観念といっていいほど、特許手続きの期限に神経質である。すると、この業界の人は、そんなの当たり前ではないか、今更何を、とコメントするだろう。実際、この業界では、たった1つの手続きの期限を徒過してしまうことで、その後の仕事全体を失うことがありえる。例えば、外部特許事務所管理の責任者であった私は、審判請求の期限を徒過して、一件の出願を無効にしてしまった特許事務所を切った。いろいろ経緯はあったにしても、誰もそれが厳しすぎるとはいわなかった。

そういう意味で、私の期限に対する厳密性については、この業界の人は好意的にみてくれるかもしれないが、私の場合の問題点は、その度が過ぎることである。例えば、拒絶理由通知の応答期限があと一週間しかないというとき、大抵の人は、それほど切迫感を感じないであろう。しかし、私はあと一週間だとかなりきついと感じてしまう。大体、あと1ヶ月ないとあまり安心できない。

それでは私の仕事が遅いかというとそんなことはなく、拒絶理由通知に対する応答も、36条の拒絶理由を含むかなり複雑なものでも大抵、三日以内に完成できる。

そういう私からみて、とても理解できないタイプの人が、この特許業界にいる。すなわち、拒絶理由通知に対する応答を提出するのが、例外なくすべて期限当日なのである。しかし、それはとてもリスキーである。なぜなら、期限当日、突然病気で倒れてしまうかもしれない。交通事故で入院するかもしれない。親戚の不幸があるかもしれない。すると、少なくとも期限前日に手続書類を用意しておかないと、大変なことになる。クライアントは、病気や事故、親戚の不幸を理由の期限の徒過など許してくれない。なぜなら、拒絶理由通知は、受け取って応答するまでの期限が数ヶ月もあるのである。いくらでも事前にスケジュール可能である。

ところがもっと私の理解を超えているのは、期限当日にならないと応答案の作成に着手しない人がいることで、仕事が早い私でも最低三日もかかってしまうような応答案を、たった数時間で作成できるような天才がこの世にいるとは私は思えない。いや、特許業界のペレリマンみたいな人が、どこかにいないとも限らないが、知らないけど。

ところで、あるとき、心理学の専門家と話す機会があった。その方は、わざと期限ぎりぎりまで着手しないで自分を追い込むことによって素晴らしい仕事をする一群の人達がいるという。確かに、流行作家で、期限が迫るまで酒を飲んだり、麻雀をしたりして適当に時間を過ごしているのに、期限間際になって猛然と仕事を進め、完成度の高い作品を仕上げる人達がいるというのは聞いたことがある。それを積極的期限切迫者と呼ぶことにすると、囲碁界でも、趙治勲など、序盤や中盤の、いくら考えても読みきれるわけがない局面で延々と長考する。すると、下手したら中盤以降の100手以上が秒読みということもありえるが、それでいて勝ってしまう趙治勲は、積極的期限切迫者ということになる。

でも、と私は訪ねた。積極的期限切迫者の反対の消極的期限切迫者は、ほとんどの場合、能力がないのではないか、と聞いてみたのだが、そうですね、と明確な応えがない。思うに、それはあまりにも当たり前なので、心理学の専門家としては研究対象にならないのだろう。実際、絶対的劣位にある者は、いろいろ理由をつけ、言い訳をして、やりたくないのでぎりぎりまで着手しないと思われるが、そういう人は、少なくとも特許業界には適性がないと私は思っている。ただ、そういう実務管理的な視点は、学者である心理学の専門家は、興味を寄せないだろう。

で、積極的期限切迫者に対して、私のような期限の徒過を懼れすぎる者を、強迫的期限余裕者と呼ぶことにすると、それは、何かにつけリスクが嫌なので、例えば、車を運転していて、ガソリンがまだ半分も残っているのに給油したりする者であったりする。

私と同類の強迫的期限余裕者もときどき世間で出会う。基本的にそういう人は、世間では誠実と呼ばれている。あまり他人に借りをつくりたくないので、借金はしないし、頼みごともあまりしない。浮気もしない。それを基本的にいい人と解釈するのは少し違っていて、単に、気持ちが切迫するのが嫌なだけだったりする。例えば、浮気して、ばれないかというどきどきなんて、私には耐えられない。

神は、強迫的期限余裕者を、真の誠実者とはみなしてくれないかもしれないが、これは私の生きる便法なのである。仕方がない。

「人間らしさ」の構造

| コメント(0) | トラックバック(0)

私はだいたいが、つまらないことでくよくよするタイプで、若い頃から取り越し苦労が絶えなかった。そして辛くなると、酒に溺れたり、コンピュータに没頭したりと、なんとか自分を誤魔化してきたが、私にとってなんといっても一番の気休めは読書で、特に、なぜだか分らないが、「『人間らしさ』の構造」、渡部昇一著、講談社学術文庫が、辛いときに一番にすがる本であった。あまり一冊の本を再読しない私も、この本は何度読んだか分らない。

この本の趣旨を極めて粗く要約すると、人間にはそれぞれ個性があって、また、独自の内なる基準がある。風習や習慣などの外的な基準にフォーカスし過ぎないで、自分の内なる声に耳を澄ませて、従ってやっていくことで静かな幸福が得られる、というものであった。

当時独身であった私は、結婚することがどうみても内なる声に従うことであるような気がしなくて、ただ、両親や友人、会社、病気などシュトウム・ウント・ドランクのカオスで状態で、つい自分を見失い今に至ったような気がする。

そんな慌しい日々の中でなぜか、「『人間らしさ』の構造」を久々に再読してみる気になった。そこで、一番気に入っている、「『生きがい』ある人の姿」の章を私なりに要約してみる。もっとも、この章は、渡部昇一氏のオリジナルというよりも、マズローの「人間性の心理学」からの紹介になっているが、私にとっては、誰の意見だろうと本質的ではない。

さて、「生きがい」ある人の姿とはどのようなものだろうか。その最初の特徴は、「現実の認識がすぐれている」である。これは私は達成できているとは思わないが、一応、認識の徒であることを目標にはしている。私の周囲で、どうみても、現実に対する認識を改善しようとしない人がいる。「生きがい」をもって生きていないのだろうか。

次の特徴は、「自分をせめず、人をせめず、自然をせめず」。ううん、私にとって極めて難題である。私は必ずしも他人に対して寛容ではない。自責の念も少なくない。

次の特徴は、「自発性が増す」。うん、これは私ず一番心がけているものである。よくも悪くも、自分の意見は大事にしたい。大事にするということは固執することではない。理想的には、常に学び、ブラッシュ・アップすることである。ただ、会社などの組織で、自分の意見をきちんと通し、自発的に行動することは、特に上司と意見が合わないと、かなり手ひどい仕打ちを受けることがある。それでもひるまないのが理想であるが、なんとか妥協しながら、自発性は大事にしているつもりである。ところが、私の周囲には、要求される以上に自発性を滅却して生きている人がいる。そうやって、上司なり周囲の言うことにあわせてやっていれば、軋轢なく生きててけると踏んでいるようである。そんな生き方だと、レベルの低い組織では昇進できるかもしれないが、あまりに魂は息苦しすぎるのではないだろうか。

次の特徴は、「人から離れ、プライバシーをもつ要求が大きくなる」。私はもともと孤独癖があって、他人と付き合っていると無性に一人になりたがる傾向があった。それは、小学校時代からの癖でもある。というのは、運動が駄目で何をやっても鈍い私は当然に、同年代の子供と打ち解けて楽しく遊ぶことができず、一人で昆虫図鑑や岩石図鑑を眺めて悦に入る、根暗な子供であった。その本質は今も変わらない。そういう非社交的な性格は普通好ましくないが、「『人間らしさ』の構造」は、それでもいいのだ、孤独も重要なのだと認めてくれた。

次の特徴は、「自立性が増加して、文化に組み込まれる(エンカルチュレイション)に抵抗する」。そう、企業に入ると必然的に企業文化を押し付けてくるが、それに対する私のキーワードは、アンチ・エンカルチュレイションであった。それは必然的に昇進に障るかもしれないが、仕方がないと覚悟した。だから、間違って昇進してしまったのは、心苦しさもあった。もちろん、それを素朴に喜ぶ俗性も私には十分あったが。

次の特徴は、「鑑賞力の新鮮さが増し、感情的反応が豊かになる。」ううん、これは私にはあまり該当しない。感性は私の鬼門である。

次の特徴は、「小恍惚の体験の回数が増す」。小恍惚とは、なんとなく楽しくてうっとりるすことである。例えば、考えていた数学の問題がぱっと解けたときの気持ちのようなものである。これは頻繁にはないが、なんとなく分かる。

次の特徴は、「自分をますます人類の一員と考えるようになる」。確かに、学歴や地位にこだわり、派遣社員を低くみたりする人は間違いなく、生きがいある人の姿ではないだろう。自分はどうかというと、当然にそういう偏見から自由ではないが、平等とかフェアネスには、気をつかうタイプではあると思う。少なくとも会社の地位が高いとかいう人を必要以上に意識しないようにしている。

次の特徴は、「対人間関係が変わってくる」。それは、必ずしも付き合いが減るという意味ではないが、目先の利益で付き合うというよりも、もっと心からのつながりを重視した付き合いになるはずである。ただ、本質的に社交的でない私は、仕事の利益の付き合いを減らすと、どうしても付き合いは減ってしまう。

次の特徴は、「性格の構造がよりデモクラティックになる」。これはある意味、「自分をますます人類の一員と考えるようになる」と同じである。

次の特徴は、「創造力が大いに増す」。これは、生きがいをもって生きると、創造力の障害になっている隘路が減るということだろう。内なる価値観を重視することが創造力につながることは、見やすい。

次の特徴は、「価値観が多少変わってくる。」これは、生きがいをもって生きている人は、世間の流行に流されず、信念をもって自分の価値観を作り上げるので、価値観が多少変わってくる、という次第である。これはある意味、君子豹変すである。

今のデモクラティックな時代だと、こういう生きがい重視の方針は、昇進などで割を食うかもしれないが、それでも、そこそこ内面の充実を保って生きていける。ただ、ガリレオ、デカルトなどの時代だと、宗教的権威という壁があって、下手をすると火あぶりの刑に処されてしまう。だから、デカルトは、明確な方針をもって世間迎合モードをつくった。今でも、北朝鮮ほどではなくても、会社生活でも、ある程度、世間迎合モードは必要であろう。それをどうデザインするか考えるのも、生きがい重視の生き方の義務である。

ネット・バカ

| コメント(0) | トラックバック(0)

コンピュータ依存症、インターネット依存症である私は、いろいろな批判があっても、膨大な知識が得られるインターネットの世界を素晴らしいものと思ってきた。なにしろ、eメールを10分おきにチェックしていないと不安になる。eメールへの返信が驚くほど早いですねと言われて、鼻高々なのである。

そんな私は、「ネット・バカ」ニコラス・G・カー、青土社という本の存在を知っていても、あえてしばらく無視していた。どうせ、インターネットをやる奴は馬鹿になると書き連ねているのだろう、そんな奴は、時代遅れになって時代から忘れ去れればいいとさえ思った。

といいつつ、私は、よく考えると、梅田望夫氏の手放しのウェブ賞賛にもついていけないものを感じていた。あまりにも楽観的なのである。それで、アンチ・インターネットの言説もみてみたくて、「ネット・バカ」を眺めてみた。

すると、ハタと手を打ったのは、脳というものが、いかに社会文化的な制約を受けるというくだりである。正しく要約できないで私が勝手な説を述べているという惧れを気にしないで書いてみると、もともと人間は、文字をもたず、膨大な記憶の伝承で生きていた。その最後の名残がソクラテスである、といえる。おそらくソクラテスは、沢山しゃべり、多くの人と議論したが、彼は一片の書き物も残さなかった。ソクラテスにとって、書き物は堕落だった。なぜなら、人は、書き記すことで忘れてしまうのである。だから、プラトンは、ソクラテスの思想を、相当プラトンなりに脚色してではあるが、書き物として残すという点で、ソクラテスのよい弟子ではなかった。

ともかくこれは言える。人は、書き物を残すようになって、明らかに記憶力を失っていった。それでも、手書きの書き物はなかなか広く流通しないので、一部の知的エリートだけの専有物であった。

ところがクーテンベルグが印刷術を発明すると、知識が、書物という形式で、一気に広まった。それは知識の広まりという意味ではしても意義が大きかったが、溢れる書物の知識に頼るだけで自分のオリジナルな考えをもたない人達の出現を許した。こうして書物は、人間から、何ほどか独創性と想像力を奪ったのである。

それでも、書物は、数世紀に亘って、有効な知的ツールであったが、今世紀になって、一気に知的ツールの座をインターネットに奪われた。書き物は人間から何ほどか記憶力を奪い、印刷術は人間から何ほどか独創性を奪ったが、では、インターネットは人間から何を奪ったのかというと、「ネット・バカ」によると、それは知的忍耐力と思考力である。

私はもともと、注意散漫な、集中力の欠ける人間である。だから、長い本をじっくり読む忍耐力はあまりない。10ページも読むと飽きてしまう。それでも、最近特に、堅い本をじっくり読めないと一層感じるのは、「ネット・バカ」によると、私がインターネットの世界に耽溺しすぎているからである。そういえば、私の仕事のやり方も、10分間これをやり、次にこれをやりと、とても飽きやすいもので、生産性こそあまり下がっていないものの、どうみても掘り下げの浅い仕事があることも否定できなかった。だから以前に、マルチスレッドとして自慢げに書いたことも、実は細切れの知性の惨めさを披露しただけのことかもしれないのである。

そこで私が最近始めたことは、インターネットのダイエットであり、長い本をじっくり読むこと、数学関係の本を読みつつ計算をすることである。ただ、習慣とは恐ろしいもので、インターネットのダイエットは、食べ物のダイエットほど成功していない。長い本は、20ページくらいのところに付箋がつけられたままであり、計算はあまりにも間違えるので、自己嫌悪に陥っている。

実は、インターネットのダイエットは、「ネット・バカ」の影響だけでもない。友人と議論していて、勝海舟がいかに偉いかということと、その偉さが、若い頃貧乏だったので本を買えず、知り合いのところで丸ごと写本していたから、という話になって、そういう非能率な努力が実はいかに知性を涵養するかという議論で盛り上がったからである。

実際、語学はしゃべり手を動かさなくてはならないし、数学は自分で計算しなくてはならないし、コンピュータはプログラムを書いてみなくてはならない。単にネットサーフィーンしてリンクを辿るだけでは、実際はほとんど何も読んでいない、と「ネット・バカ」にある。そのとおりだと思う。この歳になって手遅れということもまだあるまい。完全には避けられなくても、多少なりとも脱「ネット・バカ」を図ろうと誓った次第である。

失恋に効く薬

| コメント(0) | トラックバック(0)

ゆかしメディアによると、イタリアで、失恋に効く薬が発売されているという。以下、引用:

ナンパをしない男は人に非ず。そんな恋愛大国イタリアでこのたび、何と"失恋に効く薬"なるものが発売されることになった。

イタリア人は「マンジャーレ・カンターレ・アモーレ(食べて、歌って、恋しての意味)」と、ステレオタイプのお決まりの言いまわしで語られる。なかでも彼らにとって "恋する"は、"食べる"と同じようにごく日常的な行為。恋のない人生なんて意味がない!といわんばかりである。とにかく老若男女、イタリア人の情熱には感心してしまう。

私は、恋に生きるなんで嫌である。恋はせいぜいが、敬して遠ざけるものである。それは、ソクラテスの教えでもある。

もちろん、恋に失敗もある。それを薬で癒そうとは...。これは絶対に未開の地に生息する動物のエキスからとられた秘薬に違いない!と思いきや、人間の喜怒哀楽などの感情をコントロールする脳内の神経伝達物質であるセロトニンを補うことで、否定的な恋の結末によって生じた(恋愛)依存症やうつ状態に歯止めをかけるというものだ。

隣国オーストリアのチームが開発したもので、すでにオーストリア国内では一箱18ユーロ(約2000円)で販売が開始されている。

なるほど、失恋を癒す薬とは、と感心するが、その実体がセロトニンであるとは、拍子抜けである。セロトニンであるなら、ある種の精神安定剤にも使われているのではないだろうか。

開発チームの研究者いわく、「恋は人間にうまく作用すれば最高の結果を生むが、悪く作用すると一種の病的状態に陥らせる。放置しておくと自分自身のみならず、ストーカー行為や暴力行為となって他人にも被害を及ぼす危険性がある」とまじめに指摘している。

なるほど、失恋で自暴自棄になるのを防ぐなら、それはそれなりにご利益があると言える。昔、清水健太郎で、「失恋レストラン」というのがあったが、もし「失恋クリニック」というのがあったら流行るかもしれない。そこにいくと、上記のような薬を処方してくれる。しかも、失恋では病気ではないので、鬱病として診断書を書いてくれる。すると、会社も堂々と休める。そう書くと冗談だが、それに近い事例は、本当にあるようである。

実際、他の新薬に比べて投薬実験の症例が少なく、効用のほどは未知の部分も多いそうだ。あるジャーナリストは「一つだけはっきりしているのは、遅かれ早かれ消える病に薬は必要なのかということだ」と皮肉っている。

確かに、しょっちゅう恋愛(というか片思い)して振られていると、慣れてしまうので、そのような薬は最早必要であるまい。しかし、あまり深刻な経験はないのでうまくいえないが、人生の痛撃のような失恋もあるのではないだろうか。そのような例を小説に求めるとおそらく枚挙に暇がなく、そのうちのいくつかは実体験に基づくであろう。そのようなとき人は、酒に溺れたりするが、それで肝臓をこわすくらいなら、薬効はともかく、上記の薬の意味もあるだろう。

ただ、ふと思うのだが、失恋を癒す薬も然ることながら、恋に興味がなくなる薬というのも、間接的に意味がなくないか。そう思い起こすと、私にとってそれは、スタチン系の抗コレステロールの薬である。

私以外に、抗コレステロールの薬にそういう反応をしたという人のことを聞いたことがないので、かなり体質に特異的なのかもしれないが、万人に効く抗恋愛薬というものがあったとしたら、もしかしたら、異性だけでなく、いろいろなことに対する興味も低下してしまうのかもしれない。すると、恋愛感情をもたらす仕組みというのは、スキルの4層モデルの趣向層に本質的である、ということになる。生きる意欲といってよい。これが諺にある「学を好むは、色を好むなり」の至言なのか、と今更納得する次第である。

初心者性

| コメント(2) | トラックバック(0)

私がアルツハイマーに関して理解していることは、ベータアミロイドの生成阻止剤で、ある程度症状の進行を遅らせることができるかもしれないが、決定的な決め手はまだない、というものてある。

最新の医学での見解はどうも、頭を使う、スポーツをするなどの頭脳活性化活動は、確かにアルツハイマーの発現を遅らせることができるかもしれないが、結局は避けられない、むしろ、そうやって遅らせても、ある時点で一気に発現する。それは遺伝的なものであるから、というもののようである。

結局はそうなのかもしれない。ただ、結局は負けてしまう戦だとしても、アルツハイマーに対するもう少し効率的な抵抗もあるのではないか、とふと思いついたことがある。

それは「初心者性」である。私は、人間が生まれてきたとき、精神が白紙の状態であるとは信じない。当然にDNAは赤ん坊でも一人一人違うが、それ以外にも仏教的に意味での業とか、いろいろな点で膨大な固有の初期値を抱えると信じる。しかし、生まれてきた段階では人生の初心者なのであって、それが故に、親やその他多くの人に、お世話や教育されないとひとり立ちできるようにならない。

すなわち、産まれてきたときは初心者性の塊なのであるが、長じてくるに従って、初心者性の殻を一つずつ脱ぎ捨てて、肉体的にも精神的にも一人前になる。

そこで典型的な成長した姿とは、例えば、次のようなものである。ある有名大学の法学部を卒業し、ロースクールで勉強して司法試験に合格。いまではある程度熟練した弁護士になった。趣味はテニスと囲碁。あと、音楽鑑賞。

こういう事例があったら、なかなか立派にやっていると誰もが思うだろう。実際、そういう生き方で、一生惚けないで、元気に文化的に生きていける可能性は少なくない。

ただ、耐アルツハイマー性という意味ではどうか、というと、「初心者性」が足らない。すると、もし遺伝的にアルツハイマーの発現が多い家系だと、逃れることが難しいかもしれない。

なにが言いたいかというと、長年やっていたことを深めて楽しむというのは、熟成した古酒を味わうように人生の最上の部分であるかもしれないが、脳にとっては意外に退屈である。すなわち、使っている、そこの脳細胞は次第に減少してくる。

するとどうすればいいかというと、初心者性を導入するのである。すなわち、いままでやっていたこと少し距離があることをはじめる。もし弁護士で民事専門なら、刑事も少し手がけてみる。囲碁をやっていたなら将棋もやってみる。テニスが趣味なら、水泳をやってみる。すなわち、今までやっていたことが役に立たず、どうしても初心者としてそのスキルに直面しなくてはならない場面をつくるのである。すると、嫌でも脳は、新入社員の脳細胞を割り当ててくる。やってもうまくいかない。馬鹿にされる。でも、そういう経験が重要なのである。実は、本人が歳とっても、新入社員の脳細胞は沢山いる。仕事が割り当てられないで、空しく死んでいくだけである。活用しなくては。

この初心者性を発揮するための距離というのは微妙で、要するに、ううん、訳がわからんな、と悩めればいいので、例えば、将棋の戦法で、振飛車専門でやってきた人が、居飛車の相懸をやってみたり、英語を勉強している人がロシア語を、というのでもよいかもしれない。

初心者性の阻害になるのは下手なプライド、権威意識である。ときどきスナックに行くと、もう引退していて、日比谷高校-東大であることをいまだに自慢している人がいるが、こういう人は危ない。理学博士のような学位、公認会計士のような資格、将棋の段位などのように努力しないでも固定されている指標にすがることは初心者性の敵である。

初心者性というけれども、なにかを始めるというよりも刺激が本質なので、若い頃虐めた反動で嫁にいびられる姑というのも、自ずと初心者性を体験していることになる。程度が軽いなら、嫁に感謝すべきであろう。

そういう意味では、いい歳をして若い女性を口説き続けて、振られ続けるというのも、初心者性の体現なのだが、私はちょっとこれはできない。精神的にしんどすぎる。なんだ意気地がないなと批判されても、初心者性を発揮するための、適当な分野というのもあるのではと逃げることにする。ただ、下手すると、初心者性の熟練性ということになって、分りきった初心者性に浸ることで、結局脳に楽させてしまう。まあ、人生はハプニングがつきものなので、そこらあたりは、人生の確率的無明性に期待するとしよう。

自己レビュー・モード

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう3年以上ブログを書いていて、内容を褒められたことはほとんどないが、数だけは呆れられたりする。その秘訣は?と聞く物好きな人もいないので、問わず語りに書くと、要するに、最初の閾値をうんと下げて、どんな思いつきでもよいので、ノートの切れ端などにメモしておく。そうして、自己レビュー・モードにかけるのである。

自己レビュー・モードとは何か? self-explanatoryだと思うので詳しくは説明しないが、要するに、自分のアイデアや文章を自分でレビューし改訂していくのである。そんなの当たり前ではないかと思われるかもしれないので、ちょっと説明する。

すなわち誰でも、自分でよいアイデアが出ない場合でも、他人の言ったことに文句をつけたり訂正したりすもことは比較的容易である、という経験をした人は少なくないだろう。だから、自分では何もオリジナルな意見を出さず、他人の意見に文句をつけるだけに徹する人もいる。それなりに賢明なやり方なんだろうか。

さて、もとの文章をx、そうやってレビューし修正した結果をF(x)とすると、x ← F(x)が、レビューを反映させるということである。|x - F(x)|を、修正距離と定義する。すると、ある小さい正の閾値εを選んで、レビューの結果、|x - F(x)| < εとなった時点で、xは完成した、ということになる。そこでF()を適切に選ぶと、xは極めて急速に収束する。式で書くと、
while ( |x - F(x)| >= ε )
x ← F(x);
 となる。

クラウドソーシングは、このようなF()が、大衆の中で自然に適切に選べるという仮定に基づく。多分証明はできないだろう。経験則であり、分野により向かないこともあるはずである。

戻って、自己レビュー・モードというのは、F()≡Fself()、すなわち、自分で自分の作品をレビューする、ということである。ところが、他人には厳しく、自分には甘いのが人間の常で、
while ( |x - Fself(x)| >= ε )
x ← Fself(x);
 は普通、なかなか収束しない。で、いくら自分で見ても、なかなかよくならないものである。

では、私はどうしているかというと、それは自明な策である。ε' > εのようなε'を選んで、甘く通している。あるいは、レビュー・ループの回数を3回とか限定して、あまり繰り返さない。するとどうしてもいまいちの作品も出てくるが、それは数で勝負、というのが私の作戦である。私は、ある程度数を書けば、質も次第に安定するという、一種の大数の法則を信じている。

本当はFself()そのものを改良すればいいのである。しかし、Fself()は自分の性格に深く根ざしていて、なかなか改良できないというのが経験則である。私のささやかな自慢は、Fself()≒F()、すなわち、自分の作品を評価するときと、他人の作品を評価するときのぶれがあまり大きくないということである。付き合いの距離に書いたことは、実態はともかく、私の理念の宣言である。

実は、私がもともと言いたかったことはそうではなくて、折角xがあっても、いろいろな理由をつけて完成しない人が多い。だから、なんでもいいので、Fself()のような関数をもってきて、x ← Fself(x)というループを廻しましょう、ある程度廻したら完成したみなしましょう、ということである。そうやって数を稼げば、何かはいいものもあるでしょうということである。大抵が酷評され、あるいは無視されてもいいではないか。そうやって、死屍累々の屍を乗り越えて、生物たちは進化してきたのである。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち心理学カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは将棋です。

次のカテゴリは政治です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。