囲碁の最近のブログ記事

藤沢里菜

| コメント(4) | トラックバック(0)

私はもともとテレビをあまり観ないが、特に年末・正月番組は嫌いである。同じようなタレントがいつも顔を揃えて、内容のない楽屋落ちのような会話をしている。

それで逃避として、囲碁将棋チャンネルをみていると、小気味よいほどに、普段と同じペースで番組が放映されていて、なんとなく安心感がある。そうはいっても多少は正月番組はあるのであって、将棋では、広瀬王位対里見香奈女流三冠、囲碁では、謝依旻女流三冠対藤沢里菜初段であった。

将棋の広瀬対里見というのも、新鮮な組み合わせで興味深いが、いままで結構男子プロを負かした里見といえども、流石に、粘っこくて終盤が強い広瀬には届きにくいだろうと思った。特に、穴熊に入られると、ラッキーパンチは入らない。果たして、里見が少し優勢になったと思ったが、広瀬に居飛車で粘られて、どうしても届かなかった。

しかし、より注目なのは、謝依旻対藤沢里菜である。なにしろ私は、藤沢里菜を新聞記事でみただけで、テレビでもお目にかかったことはなく、これが初めてで、もちろん打碁もみたことはない。

それで私の戦前の予想はというと、いくら11歳プロ初段という天才、藤沢里菜といえども、囲碁の女流で鉄壁の戦績を誇る謝依旻には届かないだろうというものであった。確かに藤沢里菜は、プロ第2戦で、神田英九段に勝ってはいるものの、日本棋院理事である神田英九段は、手抜きはしないにしても、本気で負かしにいかなかったのではないかと思っている。なぜなら、天才小学生少女がプロ九段に勝つのはとても大きなニュースになるからである。

だから、対局前のインタビューでも、司会者は、藤沢里菜が、謝依旻の胸を借りるというものであった。まあ常識的なところであろう。その藤沢里菜は、多少は緊張しているのかもしれないが、淡々としている。あまりしゃべらないのは、そういうキャラクターか。ともかく潰されないようにします、というのは本音だろう。

ところが、一方の謝依旻は、コチコチである。それはそうかもしれない、どうしても相手は格下で、判官贔屓で、みんな藤沢里菜を応援するだろうし、また、勝っても当然で、負けたら面子を失うのである。それで、インタービューにもいかにも応えにくそうで、やっと、潰されないようにします、と藤沢と同じ答えだった。

で、囲碁の内容はというと、私の棋力では大したことは分からないが、藤沢里菜が謝依旻の中央の大石を攻め、なんとか謝依旻が凌いで生きているうちに、地合いで優り、最後は素人目にも地合いが足らなくなって、謝依旻が投了、中押しだった。

藤沢里菜の手は、解説のマイケル・レドモンドが指摘するプロらしい手というよりも、私にも理解しやすい平凡な手が多く、それを才能が出ていないというべきか。それとも、そんな分かりやすい手の連続で謝依旻に勝ってしまうのは凄いのか。おそらく後者なのだろう。

謝依旻は硬くなっており、明らかに力が出ていなかったが、しかし、どう転んでも藤沢里菜が近い将来、謝依旻の強力なライバルにならないということは考えにくい。私としては、藤沢里菜に、謝依旻を超えて、井山などの男性一流プロに肉薄してほしいものである。

局後のインタビューで、藤沢里菜の話が面白かった。すなわち、まだ小学生なのだが、環境が違いすぎて、一緒に遊ぶ友達がいないのが寂しいのだそうである。それはそうだろう。で、何がいま一番したいかと聞かれて、友達と遊園地の乗り物に乗りたいと答えていたのがまた、いかにも小学生らしくてよかった。インタビューワーが謝依旻に、じゃあ、里菜ちゃんと一緒に遊園地に行きますかと聞かれて、普通なら、いゃあと言うところを、ええ、行ってもいいですけどと謝依旻が応えるあたり、どうも謝依旻は、藤沢里菜の雰囲気にすっかり呑まれていて、鉄の女みたいな勝負師、謝依旻がどうしたと言いたくなった。このままでは将来、藤沢里菜に勝てなくなってしまいそうである。

日本囲碁の課題

| コメント(0) | トラックバック(0)

囲碁のJOC認定に書いたように、11月12~17日のアジア大会の競技として囲碁も開催されたが、男女団体戦、男女のペア碁の3種目で、メダルは男子団体が銅になっただけであった。男女の日本のトップ棋士10人を送り込んだのだから、これは甚だ不本意な成績というべきだろう。一方、韓国は金3、銅1、中国は銀3、台湾も銅1であった。予想どおり韓国の圧勝である。

これに関して、「日本囲碁の課題」と題する記事が毎日新聞にあったので、メモしつつコメントしてみる。

まず、日本の囲碁棋士がついていけなかったのは、試合があまりにも勝敗指向だったことである。例えば、韓国の棋士(選手)は、勝つために、今回のゲームの切れ負けルールを貪欲なまでに利用した。すなわち、韓国対中国のペア碁の終盤で、形勢的に、中国の勝ちが確定的になった。そこで韓国の選手が採った方策は、無意味な着手を続けるというものであった。それでも勝負はつかないので、中国選手は相手し続けて時間を消費する。これは流石に、審判団によって反則負けを言い渡された。

あるいは、アジア大会のペア碁の棋譜の解説をみていると、どうみても不自然な手があって、それは、女性の側が単に意味のない、場合によっては味消しあるいは劫材つぶしになるような手を打つのである。それは単に、ペアの男性棋士に手を渡すためだけの手であって、男性棋士の方が強くて的確な手を打てるだろうという前提に立つ。ただ、棋譜としては価値を下げる。勝つためとはいえ、首をかしげざるをえない。

また、団体戦は切れ負けでなく秒読みのルールなのだが、普通、日本のタイトル戦などでは、よほど明らかな時間切れでなければ、相手を追及しない。しかし、相手を時間切れと非難してでも勝ちたいチームは、少しでも微妙なケースは時間切れだと審判団に抗議した。そうやって時間をかせぎ、自チームの他のメンバーの勝ちを確認してから、抗議を取り下げたりするということもある。日本の鈴木歩五段などは、時間切れを宣告され、表立って抗議しなかった。これが中国や韓国の選手なら、轟々の抗議だろう。

さらに問題は、対戦が非公開で、棋譜も採られないということである。そんな中で、中国や韓国の棋士は、経過はどうでもいい、時間切れでも勝てばいい、とドライに割り切った。実は、将棋の世界で、当時の木村名人に神田辰之助八段が挑戦して、神田が拾い勝ちしたとき、神田が「何で勝っても勝ちは勝ち」とつぶやいたというのが有名な言葉になっている。それは逆説的な意味もあって、日本のプロ棋士はそんな勝つことだけを目当てとするようながっつくことはしない、という意味もある。だから、そんな韓国や中国の方針は、日本の棋士に受け入れ難いだろう。

それでは日本のプロ囲碁界はどうするのか。アジア大会に続いて、そのうち、囲碁はオリンピックの競技になるかもしれないと言われている。すると、日本のプロ棋士もいよいよ、時間攻めや、単なる手渡しなど、囲碁の本道から遠い戦術を研究しなくてはいけなくなり、2日制をじっくり戦うことの優先順位は下がってしまう。それでいいのかという議論は、当然に日本棋院にあるだろうが、短時間指向、勝負こだわり指向がデ・ファクトの世界標準だと、コンピュータ業界のような議論がでてきて、伝統派は次第に勢いを失うのだろう。するともういっそのこと、伝統を壊して、韓国や中国に対抗できるように短時間のスキルを鍛え、その中から棋道を再構築するしかないのであろうか。そうだとすると、なんか哀しい。

ネット棋院の特許

| コメント(0) | トラックバック(0)

囲碁将棋チャンネルを観ていると、ネット棋院のCMがときどき流れる。ネット棋院とは、インターネット囲碁対局の会社で、CMによると、特許をもっているとかあるので、職業柄調べてみると、確かに、1件登録特許があった。以下とおりである。

【特許番号】特許第3765498号(P3765498)
【登録日】平成18年2月3日(2006.2.3)
【発行日】平成18年4月12日(2006.4.12)
【発明の名称】インターネットゲームの着手時間のカウント方法
【特許権者】
【識別番号】504182196
【氏名又は名称】有限会社ネット棋院
【住所又は居所】東京都多摩市鶴牧六丁目16番地4号棟1003号
【発明者】
【氏名】酒 井 猛
【住所又は居所】東京都多摩市鶴牧六丁目16番地4号棟1003号
【特許請求の範囲】
【請求項1】
所定の持ち時間を有する二人(A、B)の競技者がパソコンを用いてインターネットを介して交互にマウスボタンを押してマウスポインタでディスプレイ上の所望のポイントを選択し、選択したポイントでマウスボタンを離して所望のポイントを確定するようにしたインターネットゲームの着手時間のカウント方法において、一方の競技者(A)にイベントを行う権利が与えられるとその一方の競技者(A)の持ち時間の消費時間のカウントであるイベント考慮カウントが開始されるイベント考慮カウント開始ステップ(S2)と、その一方の競技者(A)がポイントを選択するためにマウスボタンを押すと、イベント考慮カウントを休止するイベント考慮カウント休止ステップ(S4a)と、前記の一方の競技者(A)がポイントを確認するためにマウスボタンを押すとイベント確認カウントが開始されるイベント確認カウント開始ステップ(S4c)と、一方の競技者(A)のマウスボタンを押してからの時間が予め定めたイベント確認カウント時間(Tc)を超えている(YES)か否か(NO)を判定するイベント確認カウント判定ステップ(S6)と、前記イベント確認カウント判定ステップ(S6)において超えている(YES)と判定されたときに前記イベント確認カウントを完了するイベント確認カウント完了ステップ(S11a)と、イベント確認カウントが完了した後そのイベントをキャンセルするイベントキャンセルステップ(S12)と、そのイベントがキャンセルされれば、前記のマウスボタンを押してからの経過時間をイベント考慮カウントの消費時間に加算する消費時間加算ステップ(S25)と、前記イベント確認カウント判定ステップ(S6)において予め定めたイベント確認カウント時間(Tc)を超えていないと判定(NO)している間に、一方の競技者(A)がマウスボタンを離したときに(S7)イベント確認カウントを完了する別のイベント確認カウント完了ステップ(S8a)と、その別のイベント確認カウント完了ステップ(S8a)により、有効イベント(S10)としてイベントを決定するイベント決定ステップ(S22)と、そのイベント決定ステップ(S22)で休止状態のイベント考慮カウントを終了してイベントの権利を他の競技者(B)に与えるイベント考慮カウント終了ステップ(S23)とを含み、前記消費時間加算ステップ(S25)の後に競技者(A)のイベント考慮カウント開始ステップ(S2)に戻ることを特徴とするインターネットゲームの着手時間のカウント方法。

この発明者の酒井 猛というのは、囲碁のプロ九段である。私の記憶では、ネット棋院が保有している特許というのは、石の死活の自動判定システムだったか、地合いの自動計算システムだったかのような気がして、もしそうなら、どんなアルゴリズムなのだろうと気になって調べたのだが、なんだこれは、単なる消費時間カウントシステムに過ぎない。

あと、私の職業柄のコメントなのだが、この書き方の請求項では、ハードウェアの利用要件がいまいち明確でなく、特許法第29条柱書を満たさないような気がするのだが、ゲームの分野ではまた、審査基準が違うのだろうか。

さらに、ネット棋院の競合かもしれないが、パンダネットは、トーナメント大会運営システムと、囲碁の対局システムという2件の登録特許がある。これも中身を見てみたが、普段情報処理関係の高度なアルゴリズムの特許に馴染んでいる私には、結構トホホである。例えば、「囲碁の対局システム」は、対局の度のレーティングの更新システムであり、「トーナメント大会運営システム」は、段級位で対戦相手を決めるというもので、単なる決め事で発明なんだろうか、と思ってしまう。

ちなみに、ネット棋院はともかく、日本棋院や日本将棋連盟に特許出願はあるのだろうか、という下さない疑問が湧いて、調べてみたところ無かった。無理もないか。

張栩の本

| コメント(4) | トラックバック(0)

最近、将棋だけでなく囲碁も、昔より興味をもってきたのはおそらく、ケーブルテレビの囲碁将棋チャンネルを観ているからだろう。ぼうっと眺めていると、囲碁の番組と将棋の番組が、ある時間ごとに入れ替わる。他のチャンネルに変えるのも面倒なので、ずっと観ていると自然に囲碁の番組にもなるが、そうやって馴染むと、囲碁は、将棋とまた違った別の味わいがある。

では、どの囲碁棋士がファンかというと、厚みを基調とした棋士がなぜか好きである。井山裕太、今村俊也、苑田勇一、武宮正樹あたりである。なぜか高尾紳路はそんなにファンではない。また、将棋の升田幸三のファンだった乗りで、個性が強い人がいい、例えば、故藤沢秀行、趙治勲、依田紀基あたりである。

こうやって何人挙げても、もしかして今の日本の囲碁界で最強かもしれない張栩の名前は出てこない。どうも、実利指向でコンピュータのように勝負に辛い張栩を、私はあまり好きになれないようである。だから、本屋でたまたま、「勝利は10%から積み上げる」という張栩の本を見たときも、ほとんど無視しようとしていた。そもそも私は、棋士が書いたエッセイというか棋道の技術書でない本を避ける傾向にある。なんとなく稚拙ではないかという偏見がある。

ところがなぜか、「勝利は10%から積み上げる」は私の心を捉えて離さない。本屋では結局一度は見送ったが、あとでどうしても読みたくなって、アマゾンで注文した。

読んでみた結果は、うん、とてもいい本であった。直接張栩が書いたのではないかもしれないが、張栩の気持ちというか、勝負哲学がよくあらわれている。

張栩は1980年、台湾生まれ。子供の頃から父に囲碁を教わり、神童といわれる才能を発揮した。そして、10歳半で、プロ棋士になるべく日本にきて、林海峰に弟子入りする。張栩は台湾でも、プロの一歩手前の棋力だったので、日本でプロになるのにそんなに困難はないと高をくくっていた。ところが、意外に勝てない。なにしろ院生の同期に、山下敬吾、溝上知親、秋山次郎、蘇耀国という俊英がいた。日本語もまだよく分らないし、伸び悩んで壁にぶちあたってしまった。

悩んで、13歳で、プロへの道を断念しようとした。それで父親や師匠の林海峰に相談して、ともかく、最後のプロ入りリーグだけは戦ってみよう、それで駄目なら断念しようということになった。しかし、この最後のプロ入りリーグも10勝7敗といまいち冴えない。普通ならそこで落選である。ところがこの年だけたまたま採用人数が一人だけ多く、敗者復活に進めることになった。その敗者復活戦にやっと勝ち、なんとかプロ入りを決めた。いまをときめく張栩に、こんな屈折した棋歴があったとは思ってもみなかった。例えば将棋の一流棋士である谷川、羽生、渡辺あたりに、これを負けたらプロを断念しようという勝負はなかったはずである。

そんな張栩がとった方針は、私が理解した範囲でまとめると、次のようなものである。

  1. 棋譜並べよりも実戦重視。沢山打つ。一局一局、真剣に打つ。
  2. 詰碁や寄せの勉強重視。読みを正確にして、読み負けがないようにする。終盤で優勢なとき、勝ちを絶対逃さないようにする。
  3. 弱いことは恥ずかしい。だから、貪欲に勝ちにいく。そういう方針だと、地に辛い棋風になる。厚み指向だと、不確定要素が大きすぎる。
  4. 対局では、時間配分に留意する。序盤にそんなに時間を使わないで、五分に切り上げて、後半に懸ける。
  5. 格下の相手にとりこぼさない。実際、名人や本因坊などのリーグ入りしたことのない棋士に対する勝率が10割近い年もあった。そういえば、公言してはいないが、将棋の羽生も、結果的にそれに近い勝率を出している。意外に森内の方が、どうということのない格下に負けたりする。

そんな方針において、張栩の発言は含蓄があって興味深い。いくつか挙げてみる。まず、局面で、相手側の最善手から考えるのだという。その相手側の最善手に対する最善手として自分の手を考える。普通は、強い人でもこういう順番に考える人はいないのではないか。

次に、練習であってもいい加減な碁は打たないという方針を貫く。これはなかなかできないことである。しかし、この方針が、いざ対局となっとも自信につながるのだという。

そして、勝利は10%から積み上げる。すなわち、簡単に勝てると思うな、不利になっても一気に挽回しようとするな、少しずつ積み上げろ、ということで、囲碁でも将棋でも、一流プロならみんな、そのことは体に沁み込んでいると思われるが、こういう風に改めて言われるとなるほどである。

ところで、詰碁や寄せの勉強重視し、時間を終盤に余し、勝負に辛いというのはまさに、現代の中国・韓国の囲碁棋士のやり方なのであった。その勝負に対する辛さが足らなくて、日本のプロは、国際棋戦で、中国・韓国のプロになかなか勝てない。一方で、イ・セドルが日本の棋士の中で一番強いと思うのは張栩だ、というのは、同質のものを見て取るからであろう。

ただ、張栩は次のようにもいう。本因坊戦で、2001年に、王銘エンに挑戦したとき、2日制の持ち時間の長い対局で、 王の厚み重視の構想力に圧倒されてしまった。今まで、読み重視、寄せ重視でやってきたが、序盤の構想力も重要であるとこのとき学んだという。きっとそれで自分の囲碁を再構築したのだろう。その後、2日制の戦いにも高い勝率を収めるようになった。イ・セドルも、2日制の戦いの質の相違というのは興味があるようである。例えば、日本の2日制のタイトルにイ・セドルが挑戦したら、案外苦戦するのではないだろうか。

張栩はそこで改めて、日本の棋士をみてみると、歳をとっても棋力が衰えていない人が少なくないのに驚いたという。構想力と感覚を重視する囲碁だと、年配になっても強さが維持される。これはまさに、2種類の知性で述べたことである。すなわち、言うまでもなく、構想力や感覚がインテレクチュアルで、手の読みや寄せが、インテリジェンスである。

そうは言っても、張栩の本分は緻密な読みで、その路線から、張栩はプロ棋士の中でも、有数の詰碁作家である。面白いのは、その詰碁で、今の奥さんの小林泉美(小林光一の娘)を口説いたというくだりである。すなわち、相手の携帯に自分が作った詰碁を送って、解けますか、と聞くというのが口説くことになるというのだから理解を超える。そうしても結婚できた二人には深い縁があったのだろう。

ともかく、この本は、機械のような冷徹な囲碁マシーンかと思っていた張栩の考えや人間的な面を理解する助けになった次第である。

囲碁界

| コメント(9) | トラックバック(0)

アマチュアとはいえ長年将棋に親しんできたので、私は、将棋については、名前を知らないプロはいないし(最近はそうでもないか)、なんでも将棋との比較で考えてしまう。だから、最近囲碁に親しむようになると、どうしても将棋との対比が気になる。

特に先日、ええっと思ったのは、新聞に掲載されていた、囲碁の女流棋士、羽根しげ子さんのエッセイである。羽根という姓を聞いてピンとくる人がいるかもしれないが、羽根直樹九段の奥さんである。それは「学校と私」というタイトルで、なぜええっと思ったかというと、高校進学に、「行ってやるぞ」と決意して行ったというくだりである。

羽根さんは「囲碁の世界は学歴が関係ありません。」というが、将棋だってそうである。なのに羽根さんは、夫も高校に行ったことを自慢げにいう。

しかし、将棋のプロの世界では、だいたい高校に行くのが普通で、あの羽生でさえ、普通に行っている。「行ってやるぞ」なんてわざわざ決意して高校に行く人はまずいない。それどころか、将棋のプロでは最近、大学生が増えている。先日王位のタイトルをとった広瀬六段は、早稲田大学の現役であり、中村太地四段もそうである。糸谷五段など、大阪大学で哲学を勉強している。もっと言うと、片上六段など、棋士の身分のままで東大法学部に合格して、きちんと卒業した。丸山九段は、名人在籍の経験もあるがやはり早稲田大学卒である。加藤一二三九段もそうである。

囲碁だって大卒高学歴の棋士は沢山いるではないかと言われるかもれない。例えば、石倉九段は東大法学部出身だし、先日碁聖のタイトルをとった坂井七段は、京大医学部卒で医師免許までもっている。

しかし、これは意味が違う。囲碁では、アマチュアとして大学生を過ごし、卒業してプロ試験を受けてプロになるパターンである。囲碁は、大学卒業したアマ強豪にも、かなり広めにプロへの門戸が開けている。

なぜ囲碁のプロで現役のまま大学に行く人がほとんどいないのかというと、多分次のような理由による。

  1. 四段からやっとプロになる将棋に比べ、囲碁は初段でプロであり、すると若年のプロが沢山いることになる。若年のプロは、なかなか学校生活と対局を両立させることが難しい。
  2. どうみても、囲碁の方がプロになりやすい。逆に言うと、将棋では、プロを目指して結局プロになれないというケースが囲碁よりはるかに多い。すると、将棋のプロは、大学に通うことで、プロになれないリスクをヘッジしようとする。
  3. 囲碁で一旦プロになると、レッスン・プロで食べていきやすい。面倒な高校入試・大学入試なんて、考えなくても潰しがきく。

あと、羽根しげ子さんの兄は松岡秀樹八段でやはり囲碁のプロである。一方、夫の羽根九段は、いわずと知れた、父親が囲碁棋士である。他にいくらでも例を挙げられるが、囲碁界では、親子棋士、兄弟棋士が沢山いる。これはやはり、囲碁の方がプロになりやすい、ということが大きいと思う。兄が囲碁をやるなら私も、という決意で努力してプロになれてしまったりするのである。

さらに当然のように、古くは杉内夫妻のように夫婦棋士も結構いるが、夫が囲碁棋士の場合、妻はプロでなくても、囲碁インストラクター、囲碁ジャーナリストのようなパターンが、多い。山下道悟本因坊と、高梨聖子など有名である。高梨聖子は、囲碁将棋チャンネルの囲碁の番組に出ずっぱりである。将棋ではそういうパターンはあまり多くない。また、兄の高梨聖健は、囲碁プロ棋士、八段である。ううん囲碁だらけ。

そうしてみると、囲碁界というのは将棋界よりも、同族傾向が強く、意外に閉鎖的といえないか。海外に普及したりするので、将棋よりも開けていると考えたいところだが、必ずしもそうとはいえないかもしれない。

ただ、伝統という意味では、将棋は独自性が強い。例えば、実際に対局した手順を将棋では本譜というが、これは、将棋を知らない人にはなんのことだか分からない。一方囲碁では、実戦という。これはあきらかに、一般用語で分りやすい。局後の検討も、将棋では感想戦という。これも、将棋を知らない人にはなんのことだか分からない。囲碁では、局後の検討、とそのままである。

また、囲碁は、椅子席でのプロ対局も許すが、将棋は畳の席での対局にこだわる。伝統を重んじすぎる面がある。

してみると、囲碁は結構内輪志向が強く、結婚相手も同じ業界内でまかなおうとする。子供もなるべく囲碁のプロ棋士にしようとする。それか結構できてしまう。そのコアのところで、囲碁以外に興味をもたない。だから、高校進学や、大学進学もあまり考えない。ところが、コアから外れるところでは、積極的に外に働きかける。普及に熱心だし、小林千寿など、ヨーロッパなど海外普及に半端ない努力をしている。いや、コアから外も、とても囲碁中心に動く。

だから、将棋の棋士が将棋バカである以上に、囲碁棋士は、囲碁バカである、と言える。言い過ぎか。故藤沢名誉棋聖もその延長線上にあるのか。私の観察によれば、囲碁棋士で将棋が好きな人は少なくないが、その棋力は大したことない。もしかして、この私程度の将棋に勝てる囲碁棋士はほとんどいない。将棋の棋士の囲碁はもう少しましなレベルのようである。例えば、河口五段は、激戦区神奈川県の囲碁の代表になった。故真部九段なども、おそらく県代表の力はあっただろう。半端ない努力を囲碁に注いでいた。

ここまで書いて、道を歩いているとき、国際的局所性という概念が浮かんだ。すなわち、ネイティブな英語話者である米国人、英国人は、世界のどこに行っても相手が英語で話してくれるので、外国語を覚える必要がなく、従って、米国人、英国人は、物好きな人以外外国語や外国文化を勉強しない。その結果、グローバリズムを提唱しながら、とても視野の狭い人間ができあがる。世界を飛び回ることは意外に視野を広げない。これは囲碁棋士にもいえて、白黒だけで操作できる囲碁というゲームは、そのままで世界に普及していき、そこにも国際的局所性が成立してしまう。という考察に多少の妥当性はないだろうか。

囲碁ソフトとの対戦

| コメント(4) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、藤沢里菜初段が囲碁ソフトを六子で負かしたという。以下、引用:

史上最年少でプロの囲碁棋士となった藤沢里菜初段(12)が2日、囲碁ゲーム国際大会で優勝した「最強コンピューター棋士」と対局し、打ち負かしてプロの面目を保った。

対局は、金沢市で開催中のコンピューターゲームの国際大会の一環として行われた。藤沢初段は、故藤沢秀行名誉棋聖の孫で、今年4月、11歳6か月でプロになったばかり。対するコンピューターは、台湾人の囲碁ソフト研究者・黄士傑さん(32)が開発した囲碁ソフト「Erica(エリカ)」。

対局はエリカが先に6目置くハンデ戦で行われ、藤沢初段が確実に陣地を取る手堅い試合運びで中押し勝ちした。試合後、藤沢初段は「コンピューターは中盤で1手、定石にない手を打って自滅した」と余裕のコメントをした。

プロに六子で打つというと、アマ三段くらいの手合いか。私の囲碁ソフトに関する知識と言えば、約2年前に自分で雑誌の記事をメモしたモンテカルロ木探索法程度しか知らない。この2年間に当然に囲碁ソフトでも技術革新があったに違いないのだが、Webを検索してみても、囲碁ソフト「Erica」のアルゴリズムのことは見つからない。将棋のボナンザのようなオープンソースを利用していないのであろうか。

また、素人考えでは、囲碁では、ボナンザのような学習的評価関数法は使えないのだろうか。局面の数が組み合わせ爆発するのだろうか。

あと、Webを検索してみると、将棋は肉薄されてきたが、囲碁は当分人間はコンピュータに対して安泰だろうという記事をみるが、寧ろ、コンピュータ囲碁の歴史がこんなに浅いのに既にアマ三段まで来ていることに脅威を感じるべきである。また、囲碁の方が将棋より広いという言い方は一面しか見ていなくて、将棋は無限手の棋譜がありえるが、囲碁はコウがあっても結局有限でゲームが終わることを想定すると、そうもいえない。すると、まだまだ革新的なアルゴリズムがありえて、最後は数値で勝負が決まる囲碁のほうが実はよりコンピュータに馴染むという可能性もある。

坂井秀至

| コメント(6) | トラックバック(0)

以前にブログで取り上げた囲碁の坂井秀至七段であるが、現在の日本の最強者とも言える張栩を破って、見事、碁聖のタイトルを獲得した。以下、毎日新聞webから引用:

囲碁の第35期碁聖戦五番勝負の第5局が27日、東京・日本棋院会館で行われ、275手で挑戦者の坂井秀至七段(37)が張栩碁聖(30)に白番2目半勝ちし、3勝2敗で奪取した。

坂井は医師の資格を持ち、28歳でプロ入りした異色の棋士。7大タイトル初挑戦で4冠保持者の張を接戦の末に破り、待望のタイトルを手に入れた。終局後「無我夢中で打った。今は何も考えられないが、うれしい」と語った。一方、張は5連覇を果たせず、棋聖、十段、王座の3冠に後退した。

坂井は兵庫県三田市出身。子供のころから囲碁のアマ強豪として知られ、小・中・高校生の各全国大会でいずれも優勝した。京都大学医学部へ進学し、在学中の96年にアマ本因坊、00年にはアマ世界一となった。

囲碁でも将棋でも、プロでタイトルをとるのは至難の業である。すなわち、真に強くて絶好調なら、タイトル挑戦まではいく。先日引退した大内九段がそうだった。攻めの穴熊を駆使して、1975年に当時の中原名人に挑戦し、あと一歩までのところに追い詰めた。ところが信じられないような落手で、名人位はすり抜けてしまい、その後、挑戦さえありえなかった(とはいえ、大内九段がタイトルを取れなかったというのは勘違いだった。第一期棋王に就いていた)。

このように、プロでは、有望視されながら、タイトルに縁がない棋士が沢山いる。坂井七段は名人リーグ在籍連続6期など、一流棋士と呼ばれるに十分であるが、私はやはりタイトルには届かないのではないか、と思っていた。というのは、受験勉強して京都大学医学部卒というのが、あまりにも回り道なのである。才能の浪費なのである。受験勉強や医学部の勉強が、囲碁にプラスすることはあっても、マイナスの方がさらに大きいであろう。それを乗り越えてタイトルを獲得するとは、坂井七段の図抜けた才能を示唆する。そして、もし医学部という回り道がなければ、文字通り今のプロ棋士のトップに位置していたかもしれないと惜しまれる。

ただ、一方で、受験勉強や医学部の勉強があってもタイトルが取れるというのは、囲碁というゲームのいい意味での鷹揚さがある。例えば、先日の囲碁アマチュア本因坊戦で、平田博則氏は84歳であるが、なんとベスト4まで入った。いかに平田氏が有名な強豪だといっても、将棋では考えられない。

もちろんそれはいかなる意味でも囲碁を貶めているのではなく、寧ろ囲碁の広さであろう。前にも書いたが、チェス、将棋、囲碁の順に、一手の重みが大きい。そして、この順に、幼年から修行しないと一流になれない。

それにしても坂井七段は快挙であって、坂井秀至がまだアマチュア時代に、プロでタイトルが取れるところまでいくと見抜いた、故藤沢名誉棋聖の慧眼が今更のように光り輝いている。

イ・セドル

| コメント(4) | トラックバック(0)

ケーブル・テレビの囲碁・将棋チャンネルは、ほっとくといつまでたっても観続けるので、まずいと思いつつ、きりがないのでテレビのスイッチを切るのであるが、それでも私にとって格好の暇つぶしであることは確かである。

暇つぶしというのは実は正確ではなくて、ながら派の私にとって、休日自宅で仕事をするときの、格好の肴なのである。

前置きはどうでもよくて、先日、囲碁・将棋チャンネルを観ていて、これは面白いと思ったのは、韓国の囲碁棋士、イ・セドルへのインタビューであった。富士通杯で日本に来たとき、ロングインタビューをしたものである。実は何年か前、韓国ナンバーワンというか、世界最強なのは、イ・チャンホではないかと言われていた。しかし、それは最早イ・セドルではないかと言われている。世代交代である。以下、私なりのメモに従い、イ・セドルの発言を記してみる。

先ず、進境著しい中国の囲碁棋士をどうみているか、という質問に対する回答は実に意外であって、1999年から中国棋士は、急成長してきた。しかし、今は足踏み状態ではないか、という。そして、緩慢ながらも成長を続けるのか、あるいは次第に下がってくるのか、寧ろ中国にとってある意味危機の状態ではないか、とまでいう。そして、韓国はまだ世界一だし、伸びしろもある、と臆面もなく言う。

本当か。なぜなら、先日の富士通杯で、韓国の棋士は、イ・チャンホも含め、ばったばったと中国棋士に討ち取られた。唯一残ったのは、イ・セドルだったが、そのイ・セドルも、決勝で、中国の孔傑に、華麗に捌かれて破れた。今や世界ランク・ナンバーワンは、イ・セドルでなく、中国の孔傑である。

だから、イ・セドルの発言は、負け惜しみのようにしか聞こえないが、名にし負う正直者のイ・セドルだから、本音なのだろうか。ただ、イ・セドルは、中国の育成システムを褒める。育成システムの徹底という意味で、中国は、韓国と同レベルにある。韓国は昔は、個性にあった自由な育成システムをとってきた。自分もそういう自由な方式で育てられた。しかし、今は、組織的な育成システムを韓国は採用し、それに中国もキャッチアップしてきたという。

では日本はどうか、というと、イ・セドルは、日本の囲碁界に、育成システムと呼べるものはあるのか、と手厳しい。すなわち、日本が育成システムで立ち遅れているのは事実であり、特に、子供達をきちんと育成する体制がない、という。確かに、韓国は、学習塾のような立派な子供向けの道場がある。日本は各自が自分で勝手に修行するというイメージがある。しかし、韓国では、みんなでわいわいガヤガヤ集まって勉強する。密度が濃い。

国際大会で、日本と当たると、韓国棋士は喜ぶというという声を聞くが、という意地悪な質問に対して、イ・セドルは、自分は、相手が誰であれ、気を緩めたり喜んだりすものはよくないと思うが、そう思わせる日本の棋士にも責任がある、なにしろ結果が出せていない、とこれも手厳しい。

日本の棋士は国内で長時間の持ち時間に慣れているので、国際戦の時間の短い戦いには慣れていないという意見もある。しかし、それは是非とも慣れるべきたと言ってはばからない。

それでも、日本の棋士で、これは強いと思うのは、張栩である、という。中盤と寄せが強いという。日本の棋士は一般に中盤が強くない。張栩はそうではなく、本当に手強いと思う。

他に印象深いのは、依田九段である。棋譜をみると、強くは見えない。ところが実際に対戦してみると、本当に強いと思う。自分より上かと感じる。スタイルがあるようでないようで、韓国にいないタイプである。つかみどころがない。

日本のタイトルで意外なのは、持ち時間8時間の二日制のタイトルである。韓国にはそれはない。二日制だと、一日目の夜に、誰かと相談して研究できるのではないか、公平さが保てるのか、と怪訝である。ただ、そういう二日制のタイトルに参加できるものならしてみたい。国際戦では日本棋士によく勝っているけれども、果たして持ち時間8時間の二日制で日本の棋士に勝てるか自信はない。われわれは、短時間の対局に適応しているからである。

という、イ・セドルの正直なコメントであった。

藤沢里菜初段、初勝利

| コメント(3) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、最年少でプロの囲碁棋士になった藤沢里菜初段は、デビュー戦では、堀本満成二段(20)に敗れたものの、第2戦では、見事に勝った。

史上最年少でプロの囲碁棋士となった小学6年生、藤沢里菜初段(11)が10日、東京・市ヶ谷の日本棋院で行われた第36期棋聖戦予選で神田英九段(48)を破り、デビュー2戦目で初勝利。

しかも、勝った相手が、女流でも低段者でもなく、男性の九段というのだから、凄い。まあたしかに、神田英九段というのは、高尾紳路九段などのような一流棋士ではない。それでも、デビュー2戦目で男性の九段に勝つというのは半端でない才能である。

深読みすると、神田英九段は、日本棋院常務理事なので、ここは藤沢里菜初段に花をもたせて、棋界の話題づくりを狙ったかとも考えられないことはないが、流石に勝負師はそこまではやらないか。しかし、本気で負かせにいったのではないと私は信じる。

ということで、藤沢里菜初段の今後の戦いを見守ることにしよう。故藤沢名誉棋聖の後光は、やはりあると思う。

囲碁のJOC認定

| コメント(5) | トラックバック(0)

毎日新聞Webによると、アジア大会で囲碁が新種目になったことを受けて、JOCが、日本の囲碁のプロの団体を日本代表として出場できるとして認定したという。以下、引用:

11月に中国・広州で開かれるアジア大会で囲碁が新種目になったことを受け、1日に発足した国内統括団体「全日本囲碁連合」(会長、大竹英雄・日本棋院理事長)が9日、東京都内で会見した。大竹会長は「囲碁は海外では頭脳スポーツとして定着している。アジア大会を機に魅力を再認識してもらえれば」と語った。

全日本囲碁連合は日本棋院、関西棋院、日本ペア碁協会が母体となって発足。アジア大会に選手を派遣するため日本オリンピック委員会(JOC)の承認団体になった。

アジア大会ではチェス競技の一種目として男女団体と混合を実施し、10カ国・地域が参加する見通し。日本代表は男子6人、女子4人を見込んでおり、全員プロ棋士を派遣する方針。大竹会長は「(世界でも一、二を争う)中国や韓国もプロ棋士。金メダルを狙うにはプロが必要」と説明した。代表選考では現タイトル保持者を優先しつつ、09年の国内賞金ランキング上位者も対象に個別に出場を打診し、5月末をめどに代表候補を選出する。連戦に耐える体力面も重視し、大会前に代表合宿も行うという。

同連合によると、世界の囲碁人口は71カ国・地域で4000万人。国内は約350万人で、現役のプロ棋士は500人弱という。【井沢真】

これを見て、私ならではの、どうでもいい感想があるので、以下、書いてみる。

先ず、根っからの運動神経音痴の私にとって、スポーツは、言われて渋々やるものであった。例えば、中学・高校と、6年間卓球部に所属していたが、それは、いかなる意味でも卓球が好きなのではなく、近所づきあいのため、仕方なくやっていた。それでも6年続いたのは、私の忍耐強い性格のゆえである。ああ、意外にサラリーマン向きか。一方、囲碁・将棋は、私にとって楽しみであり(ううん、今では必ずしもそうとはいえない)、卓球部の練習を抜け出しては、学校の先生が囲碁・将棋をやっているのを観戦して楽しんでいた。すなわち、スポーツと囲碁・将棋は、私には相反するもので、昼と夜なのである。だから、JOCの決定は、囲碁をスポーツに取り込むということで、仲のいい友人が、私と決定的に仲の悪い人と付き合い始めるのと同じくらい当惑することである。

別の感想として、将棋をメインの趣味とする者として、囲碁の方が国際スポーツ競技に認定されることに羨望を覚える。だいいち、世界的にはチェスがあるので、それを差し置いて将棋が国際スポーツ競技に認定されることは、先ずありえない。そもそも、将棋は駒が漢字で書かれているが、囲碁は白黒で、言語によらない。国際化に著しく有利である。また、将棋と違って、競合する類似の世界ゲームもない。

ただ、これについては、将棋指しは次のように、国際スポーツ競技に認定されないことを正当化する。すなわち、日本語が偉大なローカル言語であるように、将棋は日本の偉大なローカル競技でよいのである。囲碁が国際化されることで当然に得るものはあるが、しかし、国際化で失うものも少なくないことは、グローバル経済の法則が教えるところである。例えば、柔道は、国際化されて、JUDOになってしまった。最早、柔道とは似ても似つかない。一方、空手をみよう。下手に国際化されないので、その純な姿を保っている。剣道しかり。すると、大和魂は最早柔道になく、空手や剣道に宿るといえないか。こうして、将棋は、若干の人気を犠牲にして、日本で唯一、大和魂のこもった頭脳競技たり得ればいいのである。

何、かなり無理な論理だって? 分かってはいるが、まあ、楽しめれば、国際性なんてどうでもいいだろう。

ところで中国では、囲碁・象棋など勝敗のつく競技は、卓球などのスポーツと同様、国家体育総局の主管であるという。そういう割り切りもありかとは思う。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち囲碁カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは哲学です。

次のカテゴリは国際政治です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。