教育の最近のブログ記事

注目論文の減少を自分で読み返して、はて、日本の大学のランキングはどうなっているのだろうと思い起こして、過去の自分のブログから、世界大学ランキング2008と、世界大学ランキング2009を眺めてみた。

そこでああ、2010のランキングをまだ見ていなかったと、今更のようにWebを検索したら、広島ニュースのページに掲載されていたので、下記に引用させていただく。

これは、雇用者による評価、研究者からの評価、教員一人当たりの論文引用数、学生一人当たりの教員比率、留学生比率、教員一人当たりの論文引用数、外国人教員比率を目安に決めたものらしい。

これをみて改めて感じるのは、英語圏の偏重である。典型例を挙げると、香港大学が23位にいるが、これはイギリス圏だったことによる得点の割り増しではしないだろうか。なぜなら、フランスの超エリート校、エコールポリテクニーク大学がやっと36位なのである。ここらあたり、ガロアファンとしてのバイアスはあるにしても、ちょっとありえない判定なのではないだろうか。すなわち、世界大学ランキングを決める基準がいかに、英語圏に有利にできているかということである。

そういう英語のバイアスを差し引くと、24位の東京大学と25位の京都大学は実によく健闘しており、実質、世界トップ水準にあるといっても過言でないと思う(私は、東大、京大とは縁もゆかりもないので、肩入れするバイアスは皆無であることを申し述べておく)。

あと、マサチューセッツ工科大学が世界5位で、世界超一流であることを否定する人は誰もいないが、外資系企業にいるせいで、マサチューセッツ工科大学出身という人に何人も出会った。そのうち本当に感心したのは一人だけで、しかも、頭の良さも然ることながら感心したのは人格だった。マサチューセッツ工科大学出身のある一人は、その知性の軽薄さに、涙が出そうなほど哀しくなったこともあった。そんな人はどこの大学出身者にもいるので、マサチューセッツ工科大学のせいではないにしても、学歴なんて結局目安であるということになる。

まあともかく、日本の大学は捨てたもんじゃない。それだけは強調しておきたい。下手に英語化してランキング上位を目指さなくても、自国語で野太く思索を重ねればいいのである。

1位 イギリス・ケンブリッジ大学
2位 アメリカ・ハーバード大学
3位 アメリカ・エール大学
4位 イギリス・ロンドン大学
5位 アメリカ・マサチューセッツ工科大学
6位 イギリス・オックスフォード大学
7位 イギリス・インペリアルカレッジ・ロンドン
8位 アメリカ・シカゴ大学
9位 アメリカ・カリフォルニア工科大学
10位 アメリカ・プリンストン大学

11位 アメリカ・コロンビア大学
12位 アメリカ・ペンシルベニア大学
13位 アメリカ・スタンフォード大学
14位 アメリカ・デューク大学
15位 アメリカ・ミシガン大学
16位 アメリカ・コーネル大学
17位 アメリカ・ジョンズ・ホプキンス大学
18位 スイス・チューリッヒ工科大学
19位 カナダ・マギル大学
20位 オーストラリア・オーストラリア国際大学

21位 イギリス・ユニヴァーシティカレッジ・ロンドン
22位 イギリス・エジンバラ大学
23位 香港・香港大学
24位 日本・東京大学
25位 日本・京都大学
26位 アメリカ・ノースウェスタン大学
27位 イギリス・ブリストル大学
28位 カリフォルニア大学バークレー校
29位 カナダ・トロント大学
30位 イギリス・マンチェスター大学

31位 シンガポール・シンガポール国際大学
32位 スイス・スイス連邦工科大学ローザンヌ校
33位 フランス・フランス国立高等師範学校
34位 アメリカ・カーネギーメロン大学
35位 アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校
36位 フランス・エコールポリテクニーク大学
37位 オーストラリア・シドニー大学
38位 オーストラリア・メルボルン大学
39位 アメリカ・ブラウン大学
40位 香港・香港科技大学

41位 アメリカ・ニューヨーク大学
42位 香港・香港中文大学
43位 オーストラリア・クイーンズランド大学
44位 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学
45位 デンマーク・コペンハーゲン大学
46位 オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学
47位 中国・北京大学
48位 アメリカ・ウィスコンシン大学マディソン校
49位 日本・大阪大学
50位 韓国・ソウル大学校

51位 ドイツ・ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク
52位 アイルランド・トリニティカレッジ
53位 イギリス・ウォーリック大学
54位 中国・清華大学
55位 アメリカ・ワシントン大学
56位 オランダ・アムステルダム大学
57位 イギリス・ノースカロライナ大学チャペルヒル校
58位 ドイツ・ミュンヘン工科大学
59位 イギリス・バーミンガム大学
60位 日本・東京工業大学

61位 オーストラリア・モナッシュ大学
62位 スウェーデン・ウプソラ大学
63位 イギリス・イリノイ大学
64位 アメリカ・ボストン大学
65位 アメリカ・カリフォルニア大学サンディエゴ校
66位 ドイツ・ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン
67位 アメリカ・テキサス大学オースティン校
68位 ニュージーランド・オークランド大学
69位 イギリス・シェフィールド大学
70位 ドイツ・ベルリン自由大学

71位 スイス・ジュネーヴ大学
72位 スウェーデン・ルンド大学
73位 イギリス・ノッティンガム大学
74位 シンガポール・南洋理工大学
75位 アメリカ・ワシントン大学セントルイス校(同位)
75位 フィンランド・ヘルシンキ大学(同位)
77位 イギリス・グラスゴー大学
78位 カナダ・アルバータ大学
79位 韓国・韓国科学技術院
80位 イギリス・ロンドン政治経済大学

81位 イギリス・サウサンプトン大学
82位 オランダ・ライデン大学
83位 オランダ・ユトレヒト大学
84位 デンマーク・オーフス大学
85位 イギリス・リーズ大学
86位 ベルギー・ルーヴェンカトリック大学
87位 アメリカ・パデュー大学
88位 イギリス・ヨーク大学
89位 オーストラリア・西オーストラリア大学
90位 アメリカ・ダートマス大学

91位 日本・名古屋大学
92位 イギリス・ダラム大学
93位 ロシア・モスクワ大学
94位 台湾・台湾国際大学
95位 イギリス・セントアンドルーズ大学
96位 アメリカ・ミネソタ大学
97位 ドイツ・アルベルトルートヴィヒ大学
98位 アメリカ・ペンシルベニア州立大学
99位 オランダ・エラスムスロッテルダム大学
100位 ノルウェー・オスロ大学

人材育成連携

| コメント(8) | トラックバック(0)

読売新聞によると、文部科学省と経済産業省の音頭で、著名大学とトップ企業が人材育成分野で連携することになったという。

著名大学とは、北大、東北大、筑波大、東大、東工大、一橋大、名大、京大、阪大、九大、早大、慶応大。

トップ企業とは、伊藤忠商事、NTTデータ、JFEホールディングズ、新日鉄、全日空、中外製薬、帝人、東京電力、トヨタ自動車、NTT、日立製作所、三井化学、三井住友フィナンシャルグループ、三井物産、三菱電機。

大学の選択といい、トップ企業の選択といい、いかにも官僚らしい頭の固さが窺われる。ガチガチの既存のパラダイムの上にある。ではなぜ、文部科学省と経済産業省が動いたかというと、バブル崩壊以降続いている閉塞状態を打開し、国際競争を勝ち抜くには、実績の高い大学に支援を集中させる「選択と集中」が必要だという。すなわち、国際的に評価が高い大学が日本には少ないので、少しでも上位ランキング入りさせたいというのか。

この趣旨は、企業側は少しでも専門知識や高い問題解決能力をもつ学生がほしいということがあり、大学側は、折角高度な教育を受けさせた学生を企業に採ってほしいということらしい。

すると、トップ企業の側が著名大学側に、望ましい人材や専門分野を提示し、著名大学側はそこでの人材育成を強化するように、大学院を重点編成する。そして、トップ企業は望ましい人材が得られて、競争力が高まる。一方、著名大学は、トップ企業から資金援助を受けて、それを研究につぎ込み、国際的に評価を上げることができる、というシナリオなのであろうか。

しかし、どうみてもこのプランがまずいのは、著名大学とトップ企業にフォーカスすることによって、他の大学、企業をより弱体化させることである。企業はまあよかろう。著名大学でなくてもそれなりの人材はいるので、人材採用に不自由しないし、結局教育というか人づくりは、自社内で行うからである。

ところが、可哀想なのはフォーカスから外れた地方大学で、それなりに伝統がある地方国立大学も、これではますます窮乏化して、研究もままならないということになる。こんなプランは、日本の科学技術の基礎力の底辺を取り崩すだけである。なぜなら、革新的なアイデアは周縁から生じるという、知識工学的・文化人類学的法則があるからである。いまどき、官僚主導でプランさせるとろくなことにならないのではないか。時代遅れの安易なエリート主義は、霞ヶ関に留めるべきである。

医学部新設

| コメント(2) | トラックバック(0)

毎日新聞によると、財団法人厚生会仙台厚生病院(仙台市青葉区)が、医学部を新設する方針だという。医科大学自体を新設するのではなく、東北福祉大に新設を依頼するのだという。確かに、福祉と医療というのは関係が深いので、しっくりくる。実際、同病院の医師が、東北福祉大の看護や福祉の専門課程の講師を務めているという実績があるという。

ところが、医師の定員増加に書いたような事情なのか、文部科学省は原則として、医学部の新設を認めていないが、専門家会議では検討中で、容認の方向であるという。確かに、東北地方の医師不足が切実でニーズがはっきりしているなら、容認すればいいと思われる。

もし新設されると、定員は80~100名、半数程度は東北出身者の枠で、自治体から奨学金を拠出してもらう見返りに医師を派遣する。学費も私立医学部としては安く抑える。同病院や同大学の既存の施設を利用してコストをなるべく低く抑えるという。

しかし、医師の定員増加にあるように、全国医学部長病院長会議の会長である、岩手医科大学長の小川彰氏は、「医学部新設は百害あって一利なし。医療崩壊をかえって悪化させる」と訴えているのであり、このお膝元の出来事にどう反応するのだろうか。

おそらくこれは、東北地方の医師不足に鑑みての、文部科学省としても例外中の例外の措置なのではなかろうか。それにしても、問題は、教授などのリソースをどうするかである。これは、東北大に依存するのだろうか。

また、河北新報によれば、

鹿角市の児玉一市長は「医師確保に向けた朗報。早期に実現してほしい」と喜ぶ。同市は卒業後市内に勤務すれば返済免除となる医学生向け奨学金制度(月額20万円)を設けたが、利用者はゼロ。「新設を機に、利用する医学生が出てきてほしい」と話している。
とある。すると、東北の田舎の病院に勤務するという条件をつけると、新設医学部は敬遠される惧れがある。逆にいうと、そういう地域限定の縛りを設けることで、新設に医師会は妥協するのだろう。

なお、大学医学部に書いたように、医学部定員というのは、司法試験の合格者と較べると、ニーズが圧倒的に高くて、相対的に稀少である。果たして、これが医学部新設のモデルになるのだろうか。多分、ごく例外に留まるに違いない。

実技と学習

| コメント(0) | トラックバック(0)

いまから20年以上前、パソコンの初期の頃、MS-DOSがリリースされた。ところが、当時パソコンは100万円以上もして、到底庶民の手に届くものではなかった。だから、そのパソコンの上で走るMS-DOSなるものも、一体なんじゃらほいで、皆目見当がつかなかった。

そうは言っても、当時からコンピュータ・メーカに勤務していた私は、パソコンのスキルは無視できないだろうと思い、MS-DOSの入門書を読むことにした。ところがなんと、一切理解できないのである。数楽者として、結構難解な数式を含む本もなんとか読みこなしていたので、眺めるだけでだいたい理解できると楽観していたのだが、どうにも雲を掴むようなのである。

それが理解できなかったので、自分にはコンピュータの才能が余程ないのかと落胆したが、それもおかしい。というのは、すでに8ビット・パソコンのMZ2000で、ルンゲ・クッタの常微分方程式の解法のプログラム程度のものをそこそこ書けていたので、流石にコンピュータ初心者でないはずなのである。

ともかく、どうしようもないので、MS-DOSの勉強自体、しばらく脇に置かれた。それから数年経ち、背伸びすれば16ビットCPUパソコンが買えるようになり、思いきって買ってみると、面白くてはまってしまった。すなわち、BASICで簡単な計算をしたり、マルチプランという表計算のソフトを使ったり、今にして思えば素朴なゲームを楽しんだりである。それでも私が一番面白いと思ったのは、ただコンピュータのOSであるMS-DOSのコマンドを打ち込んで動作を確認したり、フロッピーディスクにファイルを書き込んだりするときであった。それを、パソコンを買ったときについてきた分厚いマニュアルを読みながら、なんとか使いこなしていくと、昔MS-DOSの入門書を読んでさっぱり理解できなかった階層ディレクトリなどの機能も、ストンと腑に落ちた。

さらに、int 21hの割り込みというのにも興味をもった。すなわち、コンピュータに対して多少なにりも複雑なことをさせるには、独自のインターフェース、すなわち、APIの仕様を知らなくてはならないのだが、マクロアセンブラの入門書とプログラムを入手してコードを書き、仕様に従ってレジスタに値を入れてint 21hの割り込みを呼び出すと、あら不思議、文字が画面に出たり、ビープ音が鳴ったりする。それが私には、魔法の呪文を教わったような気になった。

そういう実技を経ないとしっくりこない知的分野というのを初めて知った。しかし、よく考えてみると、知的スキルというのは実はどれもそうではないかと思い至った。

例えば、ある物理学の本を買ってきて、普通に読了するというのは、上記の例で言えば、単にMS-DOSの本を読み終えたのと同じで、なるほどMS-DOSはこのようなものかと分った程度のことである。そこで、実際にパソコンに触ってDOSコマンドを活用し、階層ディレクトリを作ったり、ファイルの属性を変更してみたりする、というのは、物理学の本でいえば、その本または別の演習書で練習問題をきちんと解くということに相当する。

それ以上のレベルというのは、世間に普通にあることではあれ、自分の頭で問題に取組むようになれる、ということである。すなわち、他人が既にやっていることなんだろうけど、自分の論理で問題を構築し、それを解く努力ができるということである。プログラミングでいうなら、オリジナルな発意で、アルゴリズムをデザインし、コーディングできる、ということである。

そこからさらに上というのは相当厳しい。それは、本当の意味で誰もやっていない、しかもその分野で意義が大きい仕事をすることであり、おそらく、今までは努力でやってこれても、ここからは、天賦の才能がないと難しいだろう。

以上を纏めてみると、次のとおりである。

  • レベル1:その分野の本を何冊か読み、大体概要は眺めた。
  • レベル2:その分野の典型的な演習問題をきちんと、まとまった量解いて、解法を身につけた。コンピュータで言えば、本を読んだあと、実際にコンピュータに触って、コマンドなどに馴染んだ。
  • レベル3:自分が意識する問題に対して、レベル2で学んだ技法をきちんと適用し、解ける。
  • レベル4:本当の意味で、オリジナルで有意義な問題を思いつくことができる。うまくいけばその問題が解ける。解けなくても、何か解く努力の課程で、オリジナルな手法を思いつく。

なお、レベル1からレベル2に至るために、演習問題をきちんと解くというのは1つのやり方ではあるが、これには限らない。要は、脳に負荷がかかればよいので、レベル1の努力を集積する、すなわち、大量の本を読むのでもよいし、勝海舟がやったように、膨大な本を写本するのでもよい。

あと、これは私固有のレベルの事情であるが、ある分野の特許明細書を書くというのは、その技術レベルの要請は、上記レベル1よりは少し高くて、しかし沢山練習問題を解くまでは至らなくて、レベル1.2~1.5というところだろうか。

ともかく、学問やスキルに王道はないのであって、努力しないでマスターする方法は絶対に無理である。ときどき私に、聴き流すだけで英会話が自然にマスターできるなんて本当か、と聞く人がいるが、おそらく、そういう問いを発する人は永遠に英会話が実用的なレベルにはならないだろう。

博士の学位

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞のコラムに、博士の学位のことが書かれていたので、コメントしてみる。すなわち、その記事によると、博士の学位は、足の裏についた飯粒であって、そのココロは、取っても食べれないが、取らないと気持ちが悪い、というものである。

ただ、秀才の収支に書いたように、特に大学の教員に応募するときは博士の学位が本質的になることがある。また、青色発光ダイオードの中村修二氏が、博士号をもたないで米国に留学して、Slave Nakamuraと揶揄された、という話もある。

それで、東大などの有名大学の教授でありながら、退官間際になって慌てて博士号を取ろうと奔走する、ということもあるようである。というのは、専攻が文学や政治学などの文系である場合、博士号の審査が極めて厳しかったりする。それで結構有名な学者でも50台になっても博士号をもっていないということがありえたりする。しかし、退官して他の私立大学などに就職しようとすると急遽、博士号が要求されたりするということのようである。

一方、私が普段仕事で付き合う研究員の人をみていると、博士号をもっている人も、もっていない人も様々である。なぜ博士号をもっていると分るかというと、自分で私は博士ですなんて流石に私に言う訳もなくて、電子メールの署名のところをみると、PhDと書かれているから分る。

そこで、博士号をもっている人には、2つのパターンがある。1つのパターンは、大学院で博士課程を修了して入社しているケースで、もう一つのパターンは、大学院で修士までの学位しかとらず、会社で働きながら大学院に通って博士号を取得するパターンである。その他、大学院の博士課程に通わず、論文を大学院に提出して博士号を取得する、論文博士というのもあるらしい。

さて、理工系では、文系ほど博士課程の審査が厳しくなくて、きちんと指導教官の期待に沿っていると、ある程度の能力があると博士号が取得できるようである。それでも、働きながらだと、博士号取得のために時間を捻出するのは結構大変のようで、だから、研究員を眺めていると、相当優秀でも、面倒だからと博士号を敢えて取得しないケースも結構ある。博士号が昇進の条件になっているわけでもないようである。

それでも、博士号があるのとないのではどちらがよいか、と聞かれると、100%の人が博士号があるほうがよいと答えるのではないだろうか。いわゆる、邪魔にならないから、という議論である。また、明らかに、大学の教員になるのに有利である。だから、学生の暇なうちに大学院で博士課程を取得して入社するのが有利ということになる。

ところが最近、本当にそうかと疑問に思うシーンを見かけるようになった。すなわち、大学院で博士課程を取得して入社してくると、企業としては、研究員として活躍することを期待する。そして、研究成果を与えて、成果をみる。ところが、博士課程の研究テーマと、企業で与えられるテーマの距離が近いということは稀で、多くの場合、新しく一から勉強しなくてはならない、ということになる。

一方で、大学院で博士課程を取得するということは、発想力よりも寧ろ、指導に従い生真面目に研究成果をまとめる能力だったりする。すると、必ずしも企業の要請に応えられなくて、脱落する人もでてくる。そしてとうとうその企業では研究員としてやっていけなくて、別の企業や大学に研究職または教育職を求めることになるが、それも果たせず、高学歴ワーキングプアの実態に書いたように次第にジリ貧になるケースもある。

それなら、早めに、博士の学位を、囲碁の用語でいうところの捨石にして転進すればよさそうなものの、ある人にとって博士の学位は宝物で、到底捨てられず、それこそ、生きようともがいているうちに大石になって取られてしまうこともある。博士の学位を捨石にして軽く捌くという発想にはなかなかならないのである。捨石にできないなら、いっそ、そういう学位がなれば、拘ることもないかったのではないかという議論もありえる。

ところで全然別の話題であるが、毎日新聞のコラムに、iPS細胞の山中伸弥教授の談話があって、初めて研究室をもったとき、自分のような無名の研究室に大学院生がきていくれるかどうか不安だったという。そして、iPS細胞をつくったのは実際は彼らと、名前を挙げて讃えたという。それを聞くと私の特許担当者である職業的感覚が刺激されるのであって、すなわち、iPS細胞の基本特許は、発明者が山中伸弥単独なのであるが、本当に単独発明なのかという疑念を生じさせてしまう。場合によって、特許権の有効性に疑問が生じるので、発言に気をつけた方がいいと思う。すなわち、私が基本アイデアは思いついたのだが、それを実施するのあたっての細かい作業は、君たちの労力に負うところが大変大きい、というような言い方をするとかである。

専門家について

| コメント(3) | トラックバック(0)

例えば、物理学で、素粒子論の専門家がいるとする。そういう人は、私のような素人からみると、雲の上のような人で、物理学の領域内で、専門ではないにしても、物性理論にしても大気物理学にしても、私よりずっと詳しいと考えても、それは一応妥当であろう。

しかし、本当にそうだろうか。例えば、私が物性理論の大学学部レベルの教科書を買ってきて、1年間みっちり勉強したとしたら最早、私が物性理論に関して理解できていることで、その素粒子論の専門家が知らないことも出てこよう。

別の例を挙げると、将棋で村山慈明という若手プロがいる。彼は、序盤は村山に聞けといわれるくらいの序盤の大家で且つ、中終盤も強い。そんな村山慈明が、穴熊の若手の大家、広瀬王位と相穴熊で戦ってみた。基本的には居飛車党である村山が、居飛車側である。流石に序盤の大家、村山は終盤の入り口までうまく指していたが、どうしても穴熊流終盤センスの差で、広瀬に抜き去られてしまった。で、唐突に思ったのは、いかな序盤の大家、村山慈明といえども、アマ棋界のアナグマン、遠藤正樹には、穴熊感覚では劣ってしまうのではないか、ということである。言い換えると、相穴熊では、村山慈明よりもむしろ、遠藤正樹の方が、広瀬王位に対して際どい勝負になるのでは、ということである。なにしろ、穴熊に投資した時間が違いすぎる。

さらに先日、囲碁の番組をみていたら、解説の小林覚九段が次のように言っていた。すなわち、序盤とか中盤は分かりませんね、私よりもアマチュアの強い人の方が、中盤まではいい手を打つんじゃないでしょうか。でも、と小林九段は続ける。微細な寄せになると、多分アマチュアの強い人も、私のように打つことは無理でしょう、と。

以上のことから、専門家というのは、一般的に次のように特徴付けられる。

  1. 物理学、数学、将棋、囲碁などのある分野の少なくとも特定の領域で深い専門的知識がある。
  2. アマチュアを寄せ付けない、専門家としてのコアスキルがある。例えば、囲碁や将棋だと中盤以降の戦い方とか、寄せのテクニックなどである。物理学者なら、基礎的な方程式を自在に使いこなせる、などである。

しかし、そういう専門家において、次のことが一般的に言える。

  1. 物理学、数学、将棋、囲碁などのある分野のあらゆる領域で専門性を発揮することはできない。
  2. その非専門分野では、コアスキルが専門家のレベルに達しない人に凌駕されてしまうことがありえる。
  3. その専門分野にあっても、未来の展望を妥当に言い当てることは困難である。なぜなら、未来は、別のパラダイムに属する可能性が高いからである。
これを、非専門家 on 専門家(non-expert on expert、略してNOE、あ、私が勝手に作った造語なので、Webで探さないこと)の法則と呼ぶ。

NOEの法則からは、整数論が専門の一数学者が、トポロジなどの他の専門分野を論じることの妥当性が問われるし、ましてや、たかが?ノーベル賞受賞者が、教育論を訳知りに展開することにも眉に唾がつけられる。

また、その分野の権威の人の未来予測でも、決してあてにしない方がいい。例えば、19世紀に、古典物理の大家J.J.トムソンは、物理学の課題はあとは、ニュートンの方程式をどう解くか、洗練していくことだけだと宣言し、周囲もそれを信じたが、その後の展開が、100%異なってしまったことは最早周知である。

それでは世間一般の、私を含む、取り立てて専門性のない人々はどうふるまえばいいのかというと、それは自明であって、中庸をえて、自らの限界を知り、慎ましやかに生きればいいのである。ソクラテスの教えである。あと、重要な注意点があって、こつこつと素人ながら真面目に勉強していると、専門家を、その非専門領域で打ち負かせることがあるかもしれない。しかし、そうなっても、見て見ぬふりをすることである。専門家のプライドを傷つけると大変であって、なにかと虐めを受ける。いらぬ紛糾は避けるべしである。

高校生クイズ大会

| コメント(2) | トラックバック(0)

先日テレビを見ていたら、高校生クイズ大会なる番組が放送されていた。出場校を見ていると、これがいわゆる、高校の偏差値と比例している。ベスト8に入ったのは、北海道・旭川東高、茨城・水戸第一高、東京・開成高、福岡・久留米大附設高、埼玉・浦和高、千葉・船橋高、神奈川・慶應義塾高、京都・洛南高と、全国トップレベルか、ご当地で東大の合格人数を誇る圧倒的な進学校ばかりである。これ以外にも、兵庫の灘高、奈良の東大寺学園などの名門校が出場しており、予選で敗退しているので、いかに激戦か分かる。

出題される問題はというと、基本的に超オタク問題ばかりである。私は、暇さえあれば雑読しているので、つまらない知識は、世間一般のレベルでみると、ある方かもしれない。しかし、出題される問題は、そんな中途半端な雑学家である私には全く歯が立たないものばかりである。番組をみてて、全問中私の方が高校生より先に回答できた問題が一問だけあったが、それは最近私が勉強している素粒子論の内容だった。普通、高校生はここまで読まない。入試には出ないもの。

しかし、よく考えたら、大学入試レベルの問題なんてほとんどない。どの問題も、もしかして、大学レベルの教科書の註にしか書いていなかったりするものばかりである。現役東大生正解率1%以下を謳う問題もあった。ということは、出場選手は、大学入試の勉強はさておいて、クイズで出題されそうな分野の本を片っ端から目を通しているのだろう。それで、高校生だしもともと記憶力は抜群なので、一度みたら忘れないのだろう。

単なる記憶だけでなく、計算問題もあった。例えば、ある公式を与えておいて、それからビッグバン後の宇宙の年齢を計算しなさいとか、これこれの小惑星が地球の海に落ちたとき、波の高さはどれくらいになるかとか、単に公式に代入すればいいだけではない計算問題なので、私だったらどう計算しても半日はかかりそうである。それを秀才高校生たちはなんと、10分で解く。ううん、ありえない。

ありえないという意味では、うなってしまったのは、問題がまだほとんど読まれていないのに、題意を把握して、先行投機のように回答する能力である。問題によっては、早いもの勝ちなので、全部問題が読まれるまで待っていたら、間違いなく勝てない。こんな能力がある人達とどんな試験で争っても勝てるわけがない。なにしろ、問題を半分くらい読んだら、もう回答が分かるのだから、私が半分も解いていないのに全問解いて余裕で見直していたりすることになる。

出場してる高校生たちは皆、東大に沢山受かる高校に通っており、しかも、そこで成績は上位らしいので、ほぼ間違いなく東大に受かるのだろう。そして、東大に受かった後も、よく記憶力を駆使すれば、進学振り分け競争にも勝てるのだろう。

ただ、その秀才たちに対する若干の懸念は、間違えることに対する耐性である。また絶対正解の神話である。すなわち、間違いは絶対いけない、唯一の正解があるはずだ、という方針は、学問を極めていくと次第に霞んでくる。そこでどうパラダイムを転換するかであるが、悔しいけど、多くの秀才は、そういうパラダイム転換にも巧みで、私のような非秀才の付け入る余地はない。そこで仕方なく私は、マイナーなエキスパートを目指すのであった。

スキルの基底

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、友人と話していて、よく大工の七つ道具というけど、結局、どんなことでも、基礎となるスキルの要素の数は、流石に七つではないにしても、あまり多くないのではないか、と友人は言う。

なるほど、と、どうしても私は将棋を例にとって考えてしまう。すると、考えてみると、将棋の手筋の種類というのは、そんなに多くない。ある程度ぎっしり詰めて記載すると、文庫本一冊に収まるかもしれない。

もう少し思考を巡らすと、その文庫本一冊に収まるかもしれない将棋の手筋は、物理学の用語でいうと内部構造をもつ(ん?却って分かりにくくしている?)、すなわち、基本的な手筋のように見えても、実は、より基本的な手筋の集まりからなっている、ということが考えられる。例えば、歩を垂らす筋、両取の筋、離して飛車を打つ筋、腹銀、尻金などである。するともしかして、将棋の基本手筋は、A4の紙一枚に書き下せるかもしれない。

こうして、将棋の基本手筋のセットが得られると、将棋のあらゆる手は、それらの基本手筋の組み合わせとしてあらわすことができる。そこで、そういう基本手筋のセットを、基底と呼ぶ。ところで、基本手筋というのは、適用する順番が違うと結果が全く違ってくる。すなわち、非可換なのであって、手筋の代数系はあまり単純ではない。

ともかく、将棋を覚えるということは、駒の進み方を覚えることの次に、そういう手筋を覚えることに進む。

ここで仮説であるが、手筋というかスキルの基底が、かなり少ないというのは、人類が習得可能なスキルに共通している、とはいえないだろうか。多分、そうしないと、人類の頭脳は混乱してしまう。

すると反論があろだろう。スキルなるものを見てみるがいい。そんな簡単な要素に分解できるものは少ない、と。それは私も分かっている。将棋でも、手筋を全て覚えたからといって、きちんと指せるものではない。なぜなら、将棋を指すというとき、状況を判断して、どの手筋が最善であるかを判断するステップが必要になるからである。ここの状況判断があまりにも膨大なので、あらゆるスキルは、めくるめきものとなってしまう。

すなわち、機械学習でいうと、その目的関数は、高々7つしかパラメータを含まないのかもしれない。しかし、どの状況に応じてどのパラメータを用いるかは、膨大なサンプルをスキャンして、パラメータを学習により決定するよりない。そこに無限ともいえる時間がかかる。しかし、人生はあまりにも有限なので、とても不完全な目的関数のパラメータで、われわれは生きていかなくてはならない。

戻って、そうは言っても、限られた基底のところでも、人間は学習を怠ると、スキルがゆらいでしまう。だから、プロのメンテで述べたように、人間には、どんなに熟練しても基礎訓練が欠かせない。基底を再確認しなくてはならないのである。その上で、状況に適応する訓練としての実戦と、未知の状況を想定しての研究が必要になってくる、という次第なのであった。

秀才の収支

| コメント(15) | トラックバック(0)

重点校指定の続きであるが、要するに、そのようにしていわゆる難関大学に進学することは幸福をもたらす、という前提を、私はよく考えたら、あまり疑ったことがない。私が東大を目指さなかったのは、言うまでもないが、私の可能な範囲の努力では到底届かないと諦めたからであって、別に東大が嫌いなわけではない。

以前にも知能と収入で考察したように、有名難関大学に入学する能力と収入は意外に関係ない。

すると、有名難関大学を卒業すると得られるメリットは、第一に機会の広がりであり、第二にプライドの維持である。すなわち、不景気でも、有名難関大学だと、そこそこに求人が来たりする。また、見合いにも有利だったりする。

ただ、当然ながら、秀才として有名難関大学に進学した後のコストというのも、半端でないと今更分かってきた。なぜ今更かというと、私が行った大学には、宮野氏のような凄い秀才も多少はいたけれどもそれは一部で、大抵は私が劣等感を感じないで済んだからである。あと、典型的には東大教養部のような、そこでの一般教養のテストで進学先が決められるようなシステムでなかったということである。理学部物理で受かると、最低限、単位をそろえて脱落しないようにやっていれば、普通に部物理学科に進学できる。

一部は私のブログに書かれたコメントで、そうか東大は大変なんだと感じてはいたが、それがいよいよ決定的に感じられたのは、今野浩氏の「スプートニクの落とし子」毎日新聞社を最近読んだからである。そこには赤裸々に、日比谷高校から東大理Iに進学した、今野氏の屈折とプライドが綴られている。

今野氏が小気味よいのは、1960年代のある年に東大理Iに進学した自分を含めた550人を、ベスト&ブライテストと呼んで臆面もないことである。私は、こういう当然のことをズバッと言う人が好きである。

「スプートニクの落とし子」というのは、米国で、ソ連に負けるなと、優秀な人がこぞって理系、特に理工系に進んだ傾向のことである。そこには、医学部はともかく、法学部も経済学部も、なにする者ぞ、という驕りとプライドがある。それが故のベスト&ブライテストなのである。

しかし、今野氏の不幸は、同僚に極端な秀才がいたことである。日比谷高校同級生の野口悠紀雄は、日比谷高校でトップだったが、なんと、東大理Iに、2番の成績で合格した。日比谷から150人東大に受かる時代である。それだけではない。野口悠紀雄は、大学に入ってからも、毎日14時間勉強して、教養部でもトップクラスを維持したのだという。一方の今野氏は、可と不可の集まりで、「カフカ全集」と揶揄された。このままでは、工学部でも定員割れの鉱山学科か、土木工学科くらいしか進学できない。そこで、後半、必死で勉強して、なんとか物理工学科の数理工学コースに滑り込んだ。

ところが、進学した先でも秀才ばかりで、息つく暇がない。何しろ、同僚は、数理だのコンピュータだのしか興味がなく、どこに云っても会話はそれだけである。ちょっと文系じみている今野氏にはついていけない。指導教授の森口繁一氏からして、圧倒的な秀才で、とりつく島がない。ううん、つくづく東大は大変である。ただ、卒業間際になると、流石東大、就職先は、よりどりみどりである。今野氏は、その中から、富士製鉄を選ぶ。ここあたりからして、東大生は、石橋を叩くという気風が見える。

今野氏の仲がよかった同級生に、斉藤という人がいる。慶応高校出身なのに、なぜか東大に来たという変り種である。とびきりの優秀であるが、斉藤も富士製鉄に入った。そして、やっぱり東大は得だよね、と思うのは、紆余曲折を経て、今野氏はスタンフォードに、斉藤氏はハーバード大ビジネス・スクールに留学させてもらえていることである。

今野氏はその後筑波大教授から東工大教授に、一方斉藤氏は、外資系銀行の副社長になる。ここでもやはり流石、東大である。

で、感じたのは、今野氏も斉藤氏もとても上昇志向が強い。それは、才能に恵まれ、努力すれば欲しい地位が得られるからであろう。私だと、どうせエリートになれないからと、最初から僻んで、下手に老荘に染まったりする。彼らは、立ち止まったら損だから、と歩みを止めない。

しかし、そんな斉藤氏にも蹉跌が訪れる。ふとした不満というか仕事の失敗から外資系銀行を退職すると、そこで、普通に仕事を探せばいいのに、自分が東大の所属学科でもトップクラスの成績で、しかも同僚の多くが、国立大学にポストを得て、東大工学部の助教授クラスに収まっている者もいるとなっては心穏やかではない。猛然と、大学教員のポストを探しだした。

ところが、ここではハーバード大MBAも役に立たない。日本の大学の博士号がないことが決定的に響くのである。そこから必死で日本の大学の博士号を取り、頼み込むように、縋るように、有名私立大学のポストは得たものの、気付くと、家庭は崩壊し、健康は害して、ひっそりと亡くなっていったのであった。

人生の直線コースだと、秀才エリートは無類の強さを発揮するが、人生のスピンカーブや山道となると、秀才エリートの秀才性が却って仇になることもあるのではないだろうか。もちろん、うまくローギヤに切り替えて、ぬかるみの道を凌ぎ、再び直線コースを突っ走る秀才エリートも多数いるだろうが。

こうして、偏差値エリートも、成功し、更にはその成功を維持し、成功し続けるために、相当な強かさとしなやかさが必要である、ということになる。

ううん、私のような軟弱者は、下手に東大を目指さなくて正解だったか。それはまあ、皇族の妻を娶っても俺はうまくいくわけないというようなもので、もともと無理なので、意味のない仮定であった。

学力不足の大学生

| コメント(2) | トラックバック(0)

今更の話題であるが、共同通信によると、大学で授業を受けるために足らない必須教科の未履修の大学生が増えているという。以下、引用:

高校レベルの補習を実施するなど、新入生の学力不足への対応措置を取っている大学が年々増え、08年度は全体の65%に上った。文科省調査で26日分かった。「ゆとり教育」で学習内容が削減され、試験を課さない推薦入試も進み、「数学が分からない経済学部生」や「生物未履修の医学部生」らへの対応に苦慮する大学も多いとされる。「専攻分野に不可欠な基礎学力を身に着けずに進学した学生が増えている」と同省。

医学部の大学入試で生物が必修のところは果たしてどれくらいあるのだろうか。大抵は、物理・化学で受けられるのではないだろうか。

また、そう言ってはなんであるが、高校で習う生物学というのがどれほどのものだろうか。例えば、新しい高校生物の教科書 (ブルーバックス)というのを丁寧に読めば、大学で医学部の授業を受けるのに十分ではないか。それには、理解が早ければ一週間、丁寧に読んでも一ヶ月で済む。大学生にもなって、それくらい自習できないでどうする、といいたい。また、入試に受かるための生物の勉強というのは、実際的な意味はあまりないと思われる。

さらに、「数学が分からない経済学部生」というけれども、逆に、数学が分かる経済学部生というのがどれほどいるのだろうか。大抵の文系の人は、数学が嫌いで文系に行くが、文学部では就職がよくない、でも法学部は少しボーダーラインが高いと、就職が比較的よいことを期待して経済学部に進む。教授は、学生が数学が得意であるとは期待していないので、数学があまりできなくてもよいような試験問題を課して単位を与える。どしどし落としていては、授業が成立しないからである。私のみるところ、数学の本質的な議論を避けても、経済においていっぱしの専門的なことを言うことができる。経済学は、済学の十大原理に書いているようなことをきちんと理解すれば、四則演算でも足りる、と開き直ることができる。それでいっぱしのエコノミスト面することができる。誰も、あなたは行列や微積をどれだけ理解していますか、などと問わない。

特に私立大学の入試において、数学、物理、化学などの歯ごたえのある科目を必須にすると、敬遠されて志望者が減るので、理系であっても、下手したら数学を受けなくていいところもある。

入試において寧ろオールマイティなのは英語であって、英語ができると文理問わず入試に有利である。例えば、ある有名私立大学の学際的な学部の入試では、当然のように数学は必須ではなく、寧ろ英語の配点が異様に高く、公表されている偏差値は高いのに、帰国子女で英語ができたりすると比較的楽に受かったりする。そうやって受かると、学際的な学部なので、希望によっては理系的な分野に進学することができる。すると、下手すると、高校、大学と、ほとんど数学らしきものをまともに学んだことがないのに、工学系の専攻で、博士号がとれたりする。

こういう入試を許容しているのは文科省なのに、今更何を言うかと、文科省に逆に言いたい。

ただ、文科省は言い訳するだろう。大学が大衆化して、あまり学問が得意でない人達も大学に進学するので、仕方ないのだと。そもそも昨今、大卒の資格がないと、就職にも困ったりする。だから、何を勉強したかにかかわらず、とりあえず大卒の資格を与えたいのだが、そうはいっても、最低限の基礎学力というものはある。それが問題なのだ、というかもしれない。

そういうなら、医師、歯科医、薬剤師など、国家試験がからんで最低限のレベルが課せられるところにはきちんとした補習体制を敷き、それこそ、経済学部では、数学が出来る学生にはそれなりに学ばせ、そうでない学生はそこそこでいいではないか。四則演算だけでもある程度経済学は学べるはずである。むしろ、高望みしなくて、マンキューの入門書レベルを丁寧に教えればいいのではないか。

それよりも、体育会系ではないが、半端な教養よりも、体力や、根性や、礼節の方が人間にとって重要である。体力も根性もなく、礼儀を知らない私がいうのは明らかに変であるが。下手な学問なら、社会に出て、いつでも学べる。だから、数学ができない経済学部の学生に目くじら立てる必要はないのである。生物学が分からない医学部学生も、国家試験で淘汰すればいい。だいたい学問なんて道楽であって、もし日本国民全員が学問に燃えたら、確実に日本は滅びるであろう。学問をきちんとやる物好きがマイナーな社会が健全なのであり、そういう意味では、今は今で最適化されているといえないだろうか。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち教育カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは政治です。

次のカテゴリは数学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。