スポーツの最近のブログ記事

工藤公康

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日新聞に、「限界をつくらない」と題して、日本のプロ野球現役最年長の工藤公康に関する記事が掲載されていたので、私なりにまとめてみる。

工藤公康は47歳、今期限りで西武を戦力外となった。現役を続けるためには、所属する球団を探さなくてはならないが、まだ決まっていない。

それでは工藤はどうしているかというと、年末年始も休まずトレーニングしている。メニューは、愛犬を伴って自宅のそばの山下公園で走ることなどである。どこの球団からオファーがきてもいいように、調整に余念がない。

昨年は16年ぶりに古巣の西武に復帰した。しかし、左肘痛で出遅れ、10試合に当番して、0勝2敗、防御率10.50だった。この成績では、戦力外通知も仕方がない。

それでも工藤が現役を諦めないのは、徐々に左肘の調子がよくなってきていると感じているからである。この様子に、兄貴的存在の東尾は、どうやってモチベーションを維持しているのだと驚く。

工藤を動かすのは、「限界をつくらない」という信念である。工藤には、2000年にも試練があった。ダイエーから巨人に移籍した1年目、12勝5敗でリーグ優勝に貢献したが、そのオフに左肩が痛くなり、次の年になっても痛みが引かないで2軍落ちした。工藤を長年診ている主治医のような久恒病院の院長の原正文氏は、9月まで待って痛みが引かなければ手術しようと言った。口には出さないが原院長は、限界だと思っていたようである。ところが、リハビリとトレーニングを続けているうちに8月下旬になって突然痛みが消えた。その経験から、簡単に諦めないようになった。

そうは言っても、年内に日本の球団からオファーが来る可能性は、限りなくゼロに近い。すると目は海外に向く。台湾、韓国、イタリア、オランダ、スペインなど、話があればどこでもいいと思っている。

また、米国のメジャーリーグのチームのキャンプに入れてもらって、トレーニングすることも視座に入れている。

そういえば、過去の栄光に拘らず頑張っていた投手に、野茂がいた。野茂は、キャリアの末期、米国のマイナーリーグを渡り歩いた。そして随分頑張ったようであるが、流石に40歳で、「プロ野球選手としてお客さんに見せるパフォーマンスは出せない」と、自ら引退宣言した。これに較べて、工藤の諦めの悪さはなんなんだろう。お客さんに見せるパフォーマンスには、特に配慮していないように見える。

工藤は実は、トレーニングに対する投資に費用を惜しまない。ダイエー時代は、自宅マンションの下の階に部屋を借りて、そこにトレーナーに駐在してもらった。人件費を含めてこれに3000万円もかかった。

だから工藤は今も、横浜市のジムで、さまざまな運動器具でトレーニングを怠らない。こうして、工藤の肉体年齢はいまでも、27~28歳であるという。それくらい、体力と筋力を維持している。

普通、工藤くらいになれば、監督やコーチを目指すだろう。ところが工藤自身は、監督やコーチになるタイプではないと自らを評する。すると引退後は何をするのかというと、トレーナーになりたいのだいう。真の意味の肉体派である。そして、小中学生に、野球の技術だけでなく知識を教えるアカデミーをつくりたいのだという。ここで工藤が、長い現役だけでなく、なかなかユニークな個性であることがわかる。

また、できるだけ長く現役を続けることで、後に続くベテラン選手に、まだやれると思ってもらいたいという。まるで漫画の岩田鉄五郎みたいだとGoogleを検索すると、次のようなスポニチの記事があった。

46歳の工藤に岩田鉄五郎を見た。9日の工藤の初ブルペンを野球漫画「ドカベン」などで知られる漫画家の水島新司氏(70)が見学。捕手の後ろから熱視線を送り「ホッとしたよ。見ているだけで感動した」と感無量といった表情で話した。

大ベテラン左腕といえば、水島漫画のキャラクターでは「岩田鉄五郎」が思い浮かぶ。東京メッツのエースとしてマウンドに立ち続け、成績は200勝だが400敗以上。最後は「球聖」の異名も手にした。「岩田鉄五郎は73歳まで現役で投げたんですよ」という水島氏は「でも(工藤の)46歳だって、漫画でいえば70歳代のようなものですから」と、その存在をだぶらせた。

プロ29年生のひたむきな姿に水島氏は「引退前に(工藤を漫画で)描きたいねえ」。また18歳の雄星との夢の継投については「親子リレー?そうだね」と構想を温めていた。

ううん、工藤の生き方が劇画として面白いかどうか分らないが、工藤のユニークさをうまく描いてほしいものである。

白鵬が相撲の将来を案じて、「自分たちの手で国技をつぶす気なのか」と発言したことに関して、夕刊フジの記事があった。以下、引用しつつコメントする。

「自分たちの手で国技をつぶす気なのか」

野球賭博問題を受けて力士らに厳罰を下し、天皇賜杯の授与を含むすべての表彰を辞退した日本相撲協会に対する横綱白鵬の発言は話題を呼んだ。

この発言は協会批判とも報じられたが、同協会の友綱理事(元関脇魁輝)は9日、逆に評価する姿勢を示した。「それだけ国技に対する気持ちが熱いのだろう」と友綱理事。ただ同理事は白鵬と同じ立浪一門だ。

私は、この白鵬の発言は、蓋し当然だと思う、寧ろ、いまや唯一の横綱となった白鵬にとって、そこまで言う義務があるといいたい。なぜなら、白鵬以外の人がいっても響かない。何を言っているのかと、圧殺される。

私は、決して相撲ファンではない。しかし、一連の報道をみていて、マスコミは、揚げ足取りすぎではないか。自分のことを棚に上げて、非難しすぎではないか。

確かに、博打はよくない。ヤクザとの関与も褒められたものではないだろう。しかし、相撲とは一種の芸能であり、芸能の興行である以上、どうしてもヤクザとの付き合いは生じるし、気分転換に博打の1つも打つだろう。力士というのは多少なりともそういう山っ気があるものである。多少ならそれも華である。

そもそも、政治家を見るがいい。右翼大物と付き合っていないか。ヤクザとの関係は公然ではないか。それはどんなドキュメンタリーにも書かれており、否定しきれないだろう。私はそれが悪いとは言わない、政治というものは、清濁併せ呑むところが必要だろう。では、なぜ力士ばかりが責められなくてはならないのか。

「全力士は賜杯を頂くため、一生懸命けいこに励んでいる。あまりにもやりすぎではないかと思う。自分たちの手で国技をつぶしてしまうのではないかという気がします」。

そう、白鵬、よく言った。こんなことで相撲を潰してはいけない。日本の文化である。日本文化の多様性に欠くべからざるである。

しかし、その認識で相撲界に巣くった暗闇を晴らすことができるかどうか。相撲ファンの悲鳴が聞こえる。しかし、つぶしてゼロからスタートするくらいの覚悟がなければ、相撲界の体質を変えることはできない事態ではないか。

何がそんなに問題なのか。相撲界の体質は、今も昔も変わらない。伝統芸として、あまり大きくも変われない。変わったら、相撲でなくなってしまう。

大相撲名古屋場所の先発事務所は9日、この日受け付けた観戦チケット払い戻しの申請は187件と発表した。8日は153件。開始した7日は72件だった。

賜杯についても、ある親方は、「白鵬の気持ちはわかるが...。さすがに今回ばかりは授与を辞退するべき」と話している。

白鵬自身も花札賭博を行ったとする上申書を提出していたことが明らかになっている。今の白鵬にできるのは、土俵上でファンを喜ばせる取り組みを見せることしかないはずだ。(塚沢健太郎)

私は、この相撲バッシングに、姉歯事件から顕わになってきた思考停止の流れを見て取る。すなわちマスコミと世論は、特定の対象をサンドバックにすることにより、自分を棚に上げて、溜飲を下げる。あいつらは駄目だと決め付け、自らいささかも反省することがない。

こういう手法は、全体主義のそれである。典型的には、ヒットラーのユダヤ人攻撃である。もっと言うと、米国の一連の反テロの動きと相似である。すなわち、9.11の後、忽然と施行された愛国者法により、米国民の自由は、フラッシュされてしまった。

多分、多少の賭博も、多少のヤクザとの関与も、大きい組織の運営の中で避けられないことだろう。私はそれらを厳密に取り締まることによる自由の遺失の方を遥かに怖れる。しかも取り締まる側の無謬性、それが私にはあまりにも痛々しいのである。

タコの予想

| コメント(4) | トラックバック(0)

読売新聞Webによると、ワールドカップの対独戦の予想をしているオーバーハウゼン水族館のタコ「パウル君」が、ドイツ国民から非難されているという。なぜなら、対スペイン戦の敗北を予想し、しかも当たったからである。以下、引用:

W杯南ア大会でドイツの試合結果をすべて的中させている独西部オーバーハウゼン水族館のタコ「パウル君」の予言が、また当たった。

2年前の欧州選手権は、スペイン戦の予言を外した前例があっただけに、ドイツ国民はその再現に望みをかけていたが、パウル君の6連勝に終わった。

AFP通信によると、地元報道などではスペイン勝利のお告げに対しては反発も多く、「パウルをシーフードサラダかパエリアにしろ」「サメが入った水槽に送れ」などのコメントがネットなどに現れ、ベルリンではタコに反対する歌も歌われたという。パウル君の運命やいかに......。

予想の方法は、対戦する1つのチーム国旗がそれぞれ付けられた台を2つ水槽に入れ、タコのパウル君がどちらの台に乗るかで、勝利を占うものである。

今回のワールドカップの対独戦6戦全てを正しく言い当てたというのは、推計学的にみてもかなり有意である。というのは、推計学的常識では、までれで正解する確率が3%以上なら、偶然かもしれないと判断するが、6連続で正解を偶然に出す確率は、1.6%であって、偶然でない可能性を示唆する。

ここで、偶然でないとはどういうことかというと、要するにタコに超能力があるか、水族核の係員が何か操作していたかのどちらかである。こういう単純な予想だと、係員の操作の線も捨てきれない。ただ、どうやって?という疑問は残る。

水族館に言いたいのだが、このような予想を公表することはとても味が悪い。なぜなら、パウル君がドイツの勝利を予想してドイツが敗れると、なんいいい加減な予想だと非難され、一方、パウル君がドイツの敗北を予想した時点で既にドイツ国民からブーイングを浴び、本当に予想どおりドイツが敗れても、腹いせにさらにパウル君は非難轟々となる。

ドイツチームの選手にとっても、試合前に余計な「雑音」を注入されることは集中力を削ぐ。

こうして、オーバーハウゼン水族館にとって何一ついいことはないように思われるのだが、それでも水族館の館長は、有名になったからいいのだ、と開き直るのだろうか。確かに、「ほらほら。あのタコよ。」と家族連れが押しかけるシーンは予想がつく。

イタリアかどこか知らないが、もっといい加減な国民なら、こういう余興もいいだろうが、名にし負う真面目なドイツ国民には、こういう余興を笑いとばす余裕はない。もっとも、ワールドカップの予想、特に自国チームの予想となると、どんな国民も、いい加減にスルーできないか。

世界卓球選手権

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、世界卓球選手権の準決勝を見ていて唸ってしまった。男女とも、準決勝まで進出し、最低でも銅メダルが確定。ところが、男女とも、相手に立ちふさがるは、卓球王国中国である。

男子の水谷であれ、岸川であれ、女子の福原愛、平野、石川であれ、部分的には押す局面もあるのだが、大局で見ると大差になっている。あの強気の日本チャンピオン、世界ランク11位の水谷でさえ、完敗であることを認めざるをえなかった。

中国が強いというよりも凄いのは、勝ち続けているからである。将棋の大山は言う。優勝することはそれほど難しくない。普通の力があれば、勢いがあれば優勝できることもある。しかし、人間には調子の波がある。絶不調になることもある。すなわち、勝つためには、才能・努力・運の三位一体が必要であるが、どんな才能があっても、死に物狂いで努力しても、運のところで大きくぶれる。個人生活の都合や体調が運に依存する。

中国の卓球はどうか。何しろ卓球は、建国以来の国技である。あれほど広い国土で、ある意味これほど狭くてせせこましいスポーツが国技というのも意外な気がするが、経緯は知らない。ともかく、中国でのし上がるには、卓球で秀でるのはとても有利である。こうして才能のある子供たちが、こぞって卓球に群がる。13億も人口がいれば、それは凄い才能がある子供が沢山いるだろう。こうして中国は、卓球の才能に全く不自由しない。また、努力はどうか。必死で勝ちあがろうとする中国の卓球選手に、努力が不足するわけがない。それでは運は?

それは個人でみれば、運不運は当然ある。しかし中国はなにしろ層が厚い。日本チャンピオンになって水谷が、中国に卓球の武者修行に行ったことがあった。しかし、まるで練習生のように一蹴されてしまった。それは数年前のことなので、水谷はその頃よりは確実に強くなっている。しかし、水谷レベルの選手はおそらく、中国に数百人はいるだろう。そういう数百人の運の確率分布を重畳すると、集合的にみて中国に運の変動は無視できる。少しでも調子が悪いと、直ぐに交代させられる。それが中国卓球常勝の秘訣である。

そう考えると、日本が卓球で中国に勝つのは至難である。というのは、水谷がさらに努力して、中国のトップクラスに食い込む力をもつことは可能であろう。ところが、それでも水谷は中国の数十人のうちの一人程度の実力にすぎないのに、日本に水谷に匹敵する選手はいない。岸川も、勝負強さで水谷にあと一歩及ばない。すると、いくら才能と努力を積み上げても、個人の運のぶれで中国に勝つことはなかなかできない。確率的に下手したら、団体で勝てるのは数十分の一にすぎず、10年間に一度勝てるかどうか、というレベルだったりする。そのうち水谷も一線の力ではなくなる。女子の福原や石川も事情は同様である。なにしろ層が薄すぎる。日本が中国に匹敵するためには、卓球が国民第一のスポーツにならなくてはならない。野球やゴルフ、サッカーなどに進むべき逸材が全て卓球に打ち込む。そんな仮定が日本でいかな非現実であることか。

ところで、思ったのは、ナンバーワンを目指すというのは、なんとおぞましいことかということである。水谷も、岸川も、銅では満足できない、金でなくては意味がないと呻いた。その顔は、私が見るところ修羅だった。全てを勝つことに投入する生活を、マスコミは賞賛する。ところが、勝ちに拘ると、人生が縮退してしまう。色合いがなくなる。パターンが乏しくなる。世界卓球選手権をずっと眺めていて思ったのは、みんなシェークハンドで攻撃型、細かくみればスタイルの違いはあるものの、パターンに大差はない。それは、将棋で言えば、角換腰掛銀の同型で、深い研究が微妙な勝敗を分けるようでなものである。その結果、プロレベルでは綾があるものの、勝ちに拘りすぎて、卓球が傍目に単純化してしまっている。言い換えると、下手な個性が邪魔になっている。

こういうナンバーワン追求に対するおぞましさの感覚は、私が歳をとって人生から引退しかかっているからだろうか。どうしても違和感を感じてしまうのであった。

これを書いたあと、世界卓球選手権の最終結果を見たら、男子は順当に中国が優勝したが、女子はなんとシンガポールが優勝したという。そのからくりは、シンガポールの選手は実は、中国からの帰化組らしい。ううん、その手があったか。すると日本チームだって、馬龍など、中国の有力選手を多数取り込めば、優勝も夢ではないが、すると、私の勝利に対するおぞましさの感覚は、一層昂じるだけである。

朝青龍の引退

| コメント(0) | トラックバック(0)

asahi.comに、引退を決めた横綱・朝青龍と、師匠の高砂親方の一問一答があった。特に、朝青龍のパートを抜き出すと、以下のとおりである。

朝青龍 えー、本日をもって皆様方に大変ご迷惑をかけ、また日本相撲協会にも大変ご迷惑をかけ、報道陣にもねえ、大変騒がしい、そういう意味で私は責任をもって引退をしました。

――横綱いまの心境?
朝青龍 そうですね、まあ、何にも考えてはいません。はい。もう。

――引退を決心したのいつ?
朝青龍 師匠と話し合いをして、引退ということを考えました。

――どういう話し合い?
朝青龍 思い深いし、横綱の責任を感じて、みなさまがたに大変ご迷惑をおかけしたことに対して、心のなかで思います。

――きょう来る前、もしかして引退という気持ちあった?
朝青龍 正直、この騒ぎ、精神状態がどうなるんだと思っていたけれど、メディアで流れてることと、実際起こしたことはかなり大きな格差あったんで、最後まで様子みましょうという気持ちで待っておりました。最後はやっぱり、そういう意味できょうは引退ということを考えた。

これを見ると、朝青龍はまだ、どうして辞めなくてはならないか、腑に落ちていないようである。しかし、どうも親方や相撲協会の理事、横綱審議会からの勧告などが押し寄せてきて、半信半疑で、そうか辞めなくてはならないのか、と怪訝な気持ちで、それで、「まあ、何にも考えてはいません。」ということになるのかもしれない。

ところで、今朝の朝刊をみてなるほどと納得することがあった。それはあるウランバートル市内の女性の談話で、「モンゴルの男性は普段おとなしいけど、酒を飲むと暴れたりする。モンゴルでは酔っ払って殴ることもよくあるし、次の日は仲直りする。」とあった。すなわち、朝青龍のしたことも、せいぜいが無礼講である、と言いたげである。もしそういう文化があるなら、上記の朝青龍の談話も納得できる。ただ、同じモンゴル出身の白鵬は、特にスキャンダルを起こしていないので、郷に入って郷に従った者と従わなかった者の差がもろに出たと思われる。

一方、朝青龍の父は、名誉ある引退だと息子を讃えつつ、日本の相撲界は、次々と息子が記録を更新していくことを恐れていたのではないか、という。苦笑を禁じえない親ばかであるが、まあ悔し紛れにそれくらいのことを言うのは、許容範囲だろう。

個人的には、朝青龍はどこか憎めない。相撲観戦で、私が声援して、こちらを向いて手を上げてにっこり笑ってくれた唯一の力士だったからである。そういう愛想のよさがあるが、やはり思慮を欠いたことは否めない。ここは日本なのである。あのような蛮行をして、やはり、横綱が相撲界にサーバイブできる訳がない。妙なあがきは、一層名を汚すことに貢献しただけである。

大相撲改革

| コメント(0) | トラックバック(0)

相撲観戦に行ってからにわかに興味をもつようになった大相撲であるが、昨今、揺れている。貴乃花が、破門覚悟で日本相撲協会の理事選挙に出馬しようとしたり、暴力事件報道があった朝青龍が優勝して、横綱の品格を再度問われたり、などである。そんな中で、次のような報道があった。リアルライブからの引用:

大相撲に大きな変革期が訪れようとしている。貴乃花の"黒い交際"が写真週刊誌にスッパ抜かれたが、この記事は、日本相撲協会幹部の某が貴乃花潰しのために意図的にリークしたものといわれている。この某は、以前から闇権力との癒着が噂されていた人物であり、協会内の揉め事を収める役割を果たしているといわれてきた。

このリークにより、貴乃花の当選の可能性がなくなったといわれていたが、逆に露骨な貴乃花潰しに義憤を感じている若手親方衆が増えているという。つまり、圧力をかけることで、貴乃花に判官びいきの感情が協会内部で巻き起こっているのだ。

言い換えれば、若手や反対論者をスキャンダル暴露、闇の勢力を使った嫌がらせなどで潰してきた今までの協会の問題体質を、貴乃花は身をもって世間に知らしめたのである。協会の若手親方衆の中には、貴乃花のチケット販売方法の改善や升席の人数改善、ファンクラブ運営、力士の老後保障などに共感を示す者も多数出ており、貴乃花が逆転当選する可能性も出てきたのだ。

某一門が立会人によって、投票用紙をチェックするという暴挙に出る動きもあったが、所管省庁の指導により、チェックのない自由投票となる方向で固まりつつある。政府サイドも相撲界と闇権力の癒着は大いに注目しており、これを機会に一掃しようとしているともいわれている。

協会の古い考えに束縛された幹部たちが、貴乃花に圧力をかければかけるほど、相撲界の問題点が浮かび上がり、封建的な体質を露見することになる。幹部たちと貴乃花の戦いは、貴乃花が頭脳戦を駆使して、一歩リードする形になったようだ。この結果は、当然といえば当然である。賢妻・景子夫人という作戦参謀がついている貴乃花が、簡単に敗れるわけはないのだ。貴乃花の改革に日本中が注目している。

友人とのメールのやりとりに示唆されたのだが、この記事にコメントする前に、先ず、相撲は本当に国技か、と問う必要がある。すると、両横綱はモンゴル人だし、四人の大関と、二人の関脇の中にも、ブルガリア、モンゴル、エストニア出身の三人が含まれている。もし国技と言い立てるなら、三役のうち、せいぜい、横綱の一人と大関一人くらいが外国人で、他は日本人であるべきであろう。例えば、国技ではないが国民的スポーツと言えるプロ野球では、外国人枠が厳しく決められている。

大相撲でも、外国人枠を決めてもよいはずなのに、そうなっていないのは、おそらく次のような事情による。

  1. 野球やサッカーなどのスポーツの人気が相対的に高まった結果、相撲に入門しようとする若者が激減した。そもそも相撲は3Kであって、稽古はきついし、封建的だし、肥満体で裸で出場するし、スマートでない。
  2. ところが、一定数の弟子を確保する必要がある相撲部屋としては、モンゴルや東欧など、比較的貧しくて、日本に来たら相対的に稼げる子息が貴重な人材源となる。
  3. そういうところから来た子供達は、体力や運動神経で、平均的な日本人に優り、稽古によって上位に上る。

こうして、上位陣を外国人が占めて、国技としての誇りをもつ昔からのファンは悔しい思いをするが、なにしろ実力が建前なので、致し方ない。ただ、日本に生まれ育っていない外国人は、どうしても文化の微細な点で、相撲のルールを共有しにくい。だから、モンゴル人である朝青龍は、何度も横綱として品格を問われることになる。とはいえ、同様にモンゴル人である白鵬は、相対的に品行方正なので、人によるのであるが。

さて、日本相撲協会にまつわる人達は、国技という名前の下に、多くの特権を享受している。そこは恐るべき階層社会でまた、因習だらけの世界でもある。例えば、把瑠都の事件など、その典型である。それもまた、日本の伝統に根ざすものである。ところが、これだけ外国人力士が増えてくると、なかなか、日本古来の、ある意味陳腐化しかかっている価値観を押し付けにくい。

また、時代の移り変わりもある。フラッグシップ・カンパニーの誇り高きJALも倒産するような時代にあって、ひとり、日本相撲協会だけが国技という建前の下に、古い因習を引き摺り続けることが許されると考えるのは、甘すぎる。

だから、貴乃花がその妥当な人材なのかどうか私には疑問なしとしないが、ともかく、日本相撲協会に体質改善を主張する理事候補が現れてくることは、いささかでも組織が自浄作用をもつなら必然であり、それをさらに権謀術策をもって封殺しようとは、日本相撲協会は末期的様相を呈していないか。

ということで、私は、貴乃花に是非当選してほしいし、それをきっかけに、日本相撲協会の風土刷新の気風が盛り上がることを期待するものである。

真のワールドシリーズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

読売新聞Webに、下記のニュースがあった。

【ニューヨーク=岡田卓史】日本プロ野球組織の加藤良三コミッショナーと大リーグ機構のバド・セリグ・コミッショナーらが5日、ウィスコンシン州ミルウォーキーで会談し、プロ野球と米大リーグの王者による世界一決定戦の実現に向けて検討を重ねていくことで一致した。

加藤コミッショナーが6日、ニューヨークで取材に応じ、「セリグさんから日米グローバル・ワールドシリーズを、夢ではなく現実に進めていきたいという話があった。私も全く同感だ」と話した。

日本選手が大リーグに移籍する際の紛争解決のシステム作りや、日本のアマ選手獲得を目指す大リーグスカウトの行動規範の必要性なども意見交換した。

これに対するコメントは、次のとおりである。

  1. 先ず、大リーグと日本のそれぞれのチャンピオンでは、まだ流石に、日本が大分、格負けしているのではないか。だから、ちょっと、盛り上がりに欠けるような気がする。
  2. 日本と米国のどちらで戦うのか。どちらにしても、フランチャイズの方が有利であるが。
  3. 実質世界チャンピオンは最早、韓国なのかもしれない。だから、韓国の優勝チームを無視して、米国と日本のチャンピオンで、世界一を競うというのは、本当は世界一ではない、という批判を浴びそうである。

ところで、どうでもいいけど、大リーグ機構のバド・セリグ・コミッショナーの名前は、「パとセリーグ」みたいだが、偶然か。もちろん、偶然に決まっている。

あまり書くとブログが週刊誌的になるのでこれ以上止しておくが、タイガー・ウッズの帰趨の続編としてメモすると、日刊スポーツWebによると、タイガー・ウッズはやっぱり離婚なのかもしれない。以下、引用:

タイガー・ウッズ(33=米国)のエリン夫人(29)は、離婚に傾きつつあるようだ。14日付の英大衆紙サンによると、エリン夫人は2人の子どもを連れて、知人のクリスマスパーティーに車で出かけたときに、ガソリンスタンドに立ち寄ったが、夫人の指にいつもはめられていた金の結婚指輪と、ダイヤモンド入りの婚約指輪の両方が外されていたという。関係者は「(夫人は)平静を装っているけど、心は深く傷ついている」と話している。

また、同日付の英大衆紙デーリー・エクスプレスは、エリン夫人がすでに米国を出国し、スウェーデンに向かったと伝えた。エリン夫人はクリスマス後の離婚を望んでおり、弁護士に相談しているとされている。フロリダの自宅には、児童相談所の担当員が訪れ、新年にも別居する見通しとも報じ、離婚後に備えて夫人が行動を起こしている可能性もある。

ウッズは今回のスキャンダルに、家族関係を取り戻すために無期限の米ツアー出場自粛を打ち出したが、そんな思惑とは裏腹に、夫人にはすでに「修復」の考えがないようにもみえる。(春日洋平・鈴木雅子通信員)

実際もし夫人が同意するなら、タイガー・ウッズは最早離婚するのが最善だろう。するとまたゴルフツアーが復活できる。一度覚えた蜜の味は忘れられないから、また女性遍歴を続けるだろう。夫人という重石がなくなると、放埓さに輪がかかってしまう。

それでまたタイガー・ウッズはバリバリとゴルフで勝てるだろうか。みていると、どうもメンタルにあまりタフでなさそうで、しばらくはゴルフもスランプになりそうである。

タイガー・ウッズのような一流ゴルファーなら、精神面もタフだろうと思ったら多分大間違いである。宮本武蔵は一流の剣豪は、あまりにも細心だと指摘した。数ミリの誤差のパッドを争うゴルファーも同様であろう。

それで林葉直子と不倫して駄目になった将棋の中原十六世名人のように、結局タイガー・ウッズは、このまま駄目になるかもしれない。もし復活の可能性があるとしたら、お金目当てにやってくる美女でなく、本当に心から分かり合える地味な女性と出会って、静謐の私生活が送れるかどうかである。そんなの少女漫画の世界なのだろうか。

タイガー・ウッズの帰趨

| コメント(2) | トラックバック(0)

紛糾しているタイガー・ウッズの不倫騒動であるが、私の予想に反して、簡単に落ち着きそうにない。以下、毎日新聞Webからの引用:

ゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズ(33=米国)が現役を引退する可能性が出てきた。11日に複数のメディアが報じたもので、愛人問題の反省を求めるエリン夫人(29)が「ゴルフか私のどちらかを選んで」と究極の二者択一を迫った。ゴルフで各地を巡る限り疑惑が消えないと判断した妻の引退勧告は、ウッズのゴルフ人生に重くのしかかってきた。

英大衆紙「ザ・サン」は「壊れてしまった結婚生活を元に戻すため、ウッズは断腸の思いで現役を引退する準備をしている」と報じた。エリン夫人の友人は同紙の取材に答えて「彼女は"ゴルフか私か..."という最後通告を突きつけた」と証言。11日発売の米ピープル誌は「一度家を出たエリン夫人は、2人の子供(2歳と10カ月)のために離婚しないことを決めた」と報じているが、その条件こそ現役を引退してもらうことだったようだ。

ウッズはエリン夫人に対して「君のためなら何でもする」と直接頭を下げたとしている。その言葉が真実ならば究極の選択を受け入れざるを得ない状況。500万ドル(約4億4500万円)を超える和解金の存在も明らかになっていたが、よりを戻すには引退というさらなる代償が必要になってきた。

今月30日で34歳。通算勝利数は71で、1位のS・スニードに11、2位のJ・ニクラウスにあと2と肉薄している。メジャー制覇も1位ニクラウスにあと4と迫る14回。あと2シーズン、フルにツアー参戦すればどちらの記録も書き換える可能性があるが、その金字塔を目前にして挑戦者としての役割を終えてしまうシナリオが見え隠れしている。当初は来年1月末のサンディエゴ・オープンに出場するとみられていたものの、この騒動の中でツアー復帰は頓挫。4月のマスターズも視野に入れるのは困難だ。

引退しても60歳以降、PGAツアーから年間で3億円近い金額が年金という形で支給されるため、老後に不安はない。だが本当にこれでいいのか?ウッズにとって人生のリカバリー・ショットは、あまりにも難度が高くなった。

この記事をみて感じる素朴な疑問というかコメントは、次のとおりである。

  1. 先ず、夫人が「ゴルフか私のどちらかを選んで」と迫ったことである。夫人にとってゴルフは、単なる夫の職業かもしれないが、タイガー・ウッズにとってゴルフは、自己のアイデンティティそのものである。止めても今までの蓄えで生活には困らないものの、そのゴルフを止めるように迫るというのは、行き過ぎではないだろうか。そもそも、ゴルフから引退したタイガー・ウッズなんて、単なるおっさんである。何の魅力があろうか。
  2. タイガー・ウッズは、「ゴルフか私のどちらかを選んで」と言われて、「僕にはゴルフが命なんだ。君と離婚する。」とどうして開き直れないのか。タイガー・ウッズなら、慰謝料に困ることはあるまい。タイガー・ウッズがなぜそうしないのか、というと、私の推察では、タイガー・ウッズは、本当に心から愛し合った女性が他にいないようである。例えば、タイガー・ウッズは、一晩134万円、週末だけで約267万円という契約で、高級コールガールを斡旋してもらったという、ニューヨーク・デーリーニューズ紙の記事があるが、これなど単なる「遊び」ではないか。すると、体は許すが心は許さないというパターンで、いかにも空しい。その空しさを紛らすため、次々と金にあかせて女性遍歴したのだろうが、そんなことをしても空しさは増すばかりであろう。
  3. すると、考えられる妥協案は、タイガー・ウッズが夫人に、「もう浮気しないから、仲直りしよう。僕はツアーをまた再開したい。ニクラウスの記録にもあと少しなんだ。」と提案することであるが、夫人は最早、「もう浮気しない」なんて到底信じられないのだろう。実際、世間を観察していると、こういうのは一種の「病気」であって、もうしませんと誓って、パタリと止むものでもない。
  4. しかし、特にゴルフ・ファンでもないし、タイガー・ウッズのファンでもない私でも、スーパースターにまだゴルフで活躍してほしい。私は、一流の才能がある人が才能を発揮できなくなるというのを聞くの自体が辛い。これはデッドロックであって、さあ、事態はどう解決されるのだうか。

そう思って新聞の書籍広告を見ていたら、「痛妻(いたづま)」安達 元一著、幻冬舎という本が目に付いた。 本の紹介は次のとおり。

寂しがり屋で、悪戯好きで、嫉妬深くて、激情家。この女性、最高にして最凶。心からの愛は時に「痛い」。男を怯えさせるほどの女の愛がここにある。
なるほど、これこそ、タイガー・ウッズの妻にぴったりである。

伸び悩み

| コメント(6) | トラックバック(0)

リアルスポーツの11月17日の記事によると、2006年の甲子園決勝で駒大苫小牧(当時)の田中将大と歴史的投げ合いを演じ、鳴り物入りで大学野球入りした早大・斎藤佑樹投手が意外に伸び悩んでいるという。以下、引用:

来年のプロ野球ドラフトの超目玉、早大・斎藤佑樹投手(早大3年)が22日に東京ドームでU-26NPB選抜相手に実力を試される。セ、パ誕生60周年記念のイベントで26歳以下のプロ野球選手と大学日本代表が初めて対戦するが、プロ側にとっては斎藤の本当の実力度を測る格好の試金石となる。斎藤のスター性がノドから手が出るほど欲しい巨人はドラフトの希望枠復活を画策しているが、巨人はとんでもない"不祥事"を起こしそうだ。

人気は超一流だが、肝心の実力の方は疑問符。というのが、今年の春のリーグ戦を終えての斎藤佑樹に対する外交辞令抜きの評価だ。早大の大先輩として折に触れ野球部を指導している、ヤクルト、西武監督として日本一に通算3度輝いている広岡達朗氏も「今のままでは厳しいだろう」と、プロでの大成にシビアな見方をしているという。

プロのスカウトの本音も「2年生までが最高だった。3年になってから140キロ台の後半のスピードもなかなか出なくなっている。早実時代は150キロ台も出たのに。今のままでは良くてもプロでは5、6勝しかできないだろう」と嘆き、伸び悩みは深刻な問題になっている。

ううん、そうなのか、斉藤祐樹としてブログに書いたときは、高校時代の慣性をまだ引きずって絶好調だった。しかし、ライバルの田中は楽天で、ノムさんの指導よろしく、八面六臂の活躍である。

「斎藤よりも抑え役の大石(達也=早大3年)の方が断然いい。ドラフト1位として大石の方が斎藤よりも多くの重複指名を受けるのではないか」という声さえ上がっている。 斎藤本人は「4年生になった時にどう評価されるか。その評価を、今よりも高くできるようにしたい」と宣言。ドラフトイヤーの来年に、甲子園でのハンカチ王子狂騒曲の再燃を期しているが、現状では斎藤株は暴落しているのがまぎれもない現実で今後ますます株が下がる危険性もある。

そんな中で斎藤獲りに執着しているのが巨人だ。リーグ3連覇、7年ぶりの日本一奪回を果たしたが、投手陣はゴンザレス、グライシンガー、オビスポの先発三本柱、抑えもクルーンと外国人投手頼み。日本人で内海、東野らがいるが決して万全ではない。「こんなことは巨人史上なかった。恥ずかしい」と巨人OBは吐き捨てている。それだけに、スター性のある斎藤がどうしても欲しいのだ。

なるほど、巨人は、人寄せパンダとして、斎藤がほしいのか。しかし世の中で人気ほど儚いものはなく、人寄せパンダは、人気がなくなったら終わりである。

それでは、斎藤佑樹と田中将大の違いは何なのか。そんなこと、野球の素人の私に分かるはずもないが、強いて理由を考えると、斎藤佑樹は、高校卒業時点で既にある程度完成の域にあり、田中将大はまだ荒削りで、伸びしろがあったということかもしれない。

ではより一般的に、伸び悩むのはどういうタイプか、私だとどうしても将棋の話も混じるが、記述してみる。

  1. すると伸び悩むのは、まず斎藤佑樹ではないが、完成されてしまったタイプである。実は甲子園の優勝投手というのに、これが多い。言い換えると、甲子園で勝つことに特化しすぎているのである。例えば、日本ハムのダルビッシュは、プロで文句なく一流投手だろうが、東北高校でいいところまではいったが、甲子園で優勝していないはずである。

  2. 次に伸び悩むのは、異端のスタイルをもつ者である。これは野球の例は知らないので、将棋の例を挙げる。福崎九段は、若い頃、穴熊戦法の名手で、才能満点といわれていた。独特の感覚で、当時の谷川名人をして、闘うと感覚が破壊される、と言わしめた。しかし福崎九段は、まだ若いのに鳴かず飛ばすになってしまった。ここらあたりどうも、異端すぎると途中で進歩が止まってしまうようである。なお、基本的に正統派で、ある程度歳とってから異端になるのは、そんなに問題ではないようである。

  3. 次に伸び悩むのは、器用貧乏である。これは説明の必要はないだろう。なんでも小器用にできると、結局、ある特定の分野で伸び悩んでしまう。

  4. 次に伸び悩むのは、根気のない人である。根気がないと、最初はうまくいっても続かない。将棋でいえば、櫛田六段などそうである。才能は喧伝されているのだが。

  5. で、結局伸び悩むのは、努力家でない人である。あまりにも当たり前であるが、ただ、これは決して十分条件ではない。才能を欠いているが故に、いくら努力しても芽がでないという例はゴマンとあって、それもまた人生(c'est la vie)である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスポーツカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスピリチュアルです。

次のカテゴリはブログです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。