芸能の最近のブログ記事

崖っぷち芸人

| コメント(2) | トラックバック(0)

一時期、「右から左へ受け流す歌」でブレイクしたムーディ勝山であるが、当然のように、人気の凋落の今は、見る影もない。全盛期には、1ヶ月の予定表がほとんど真っ黒で、1日に何件もの仕事があったが、今では、1か月に4件程度しか仕事がない。それでも、6月10日には、土壇場に立たされながらも復活を遂げたタレント・加護亜依とともに映画『レスラー』の試写会イベントに登場したという。しかし、傍目には、その「崖っぷち性」はいささかも改善されそうにない。

そういえば、「そんなの関係ねぇ」の小島よしおも、全くテレビで見かけない。

以前に、お笑い芸人の典型的パターンを類型化しようとしたことがあるが、それは所詮、共時お笑い芸人論であって、通事的ではない。

それでは、通事的にみて、なぜお笑い芸人の人気は急速に収束してしまうのか、という問いは愚かである。それは、なぜ地上に重力があるかという問いかけと同じくらい当たり前であって、よほど哲学的準備を経ないと有意義に回答できないので、通常は問うてはならない。

寧ろ問われるべきなのは、どういうお笑い芸人が結局生き残れるのか、また、生き残り性という観点での、お笑い芸人の分類論である。

まず、一番多いと思われるお笑い芸人は、一度もブレイクせず、消えていく人達である。普通の会社では、忘年会で笑いをとる程度のスキルはある。そこで、玄人はだしだね、と周囲をうならせる。しかし、それでは、全くブレイクすることはできない。おそらく、早々に芸能界から消え去り、他の手堅い職業に(可能なら)転職していくだろう。そういう人達を、泡沫芸人と呼ぶ。

ところが、真性本来泡沫芸人であったはずなのに、確率論的偶然で、ブレイクする人達がいる。上記のムーディ勝山、小島よしお、ギター侍、小梅太夫など挙げると結構いる。そもそも、私がその名前を挙げるという行為自体が、なにほどかブレイクしたことを意味する。そういう人達を、泡沫芸人 with 打ち上げ花火と呼ぼう。実は、資質において、真性泡沫芸人と何も変わらない。しかし、なにかの確率論的、運命論的、量子力学的偶然(ハイゼンベルグ・アタック?)でたまたまブレイクした、ただそれだけのことである。

泡沫芸人に決定的に欠けているのは、次々に意味があるネタを繰り出していく才能である。例えば、あまり受けなくても、次々に意味があるネタを繰り出していく才能があれば、ぎりぎりの線で、あるいは余裕をもって芸能界で生き残れる。例えば、オール阪神巨人などである。その漫才は、いつ見ても安心できる。タカアンドトシなどもそうであろう。要するに、きちんとした才能に裏打ちされているので、確実に笑いを取れる。そこで、そういう芸人を、才能芸人と呼ぼう。ブレイクしなくても、確実に生きていける、職人の芸人である。

さて、島田紳助、タモリ、ビートたけし、爆笑問題など、高いレベルでずっと人気を維持していける、ほんの限られた一握りの芸人がいる。こういう人達を、一級才能芸人と呼ぼう。そういう人達は、ベースとして才能芸人のスキルは備えているけれども、そこにプラス・アルファがある。それは、時代の流れを見出して追随するスキルと、非お笑い的なものを常に学び続けて、お笑いに還流させる能力である。例えば、ビートたけしは、自分の中には数学的なものがあるという。一数学ファンとしては、それは何なのかと気になって確認してみると、例えば、「たけしのコマ大数学科」という番組がある。それがどれほど数学的であるのかちょっと疑問であるが、しかし、安易に数学をお笑いの道具にしない、むしろ、数学に対する無償の愛をそこに感じる。そういう、お笑いとは全然関係ない一種の教養が、ビートたけしに深みと立体性を与え、他の追随を許さない。

では、島田紳助はどうなのか、タモリはどうなのか、と問うたとき、私には十分回答するだけの用意もないが、少なくとも、文学、科学、哲学などの非お笑い的教養の香りをどう漂わせるか、また、裏でそういう教養に対していかに努力しているか、そういうところが、一級才能芸人たる所以である。

私が芸能界に対して、厳しくも羨ましいと思うのは、常に人気の試練に晒されていることである。すると、泡沫芸人が生き残る可能性は万が一にもない。泡沫芸人が量子力学的偶然でたまたまブレイクしたとしても、その後は、指数の実数成分が負である、指数関数的人気の凋落が必然として待っている。指数の虚数成分が与える脈動は、断末魔の叫びである。なんのことを言っているのかと訝る御仁は、オイラーの公式を参照されたい。

ところが、サラリーマン社会のおぞましさよ。実力査定や人気の試練も経ず、泡沫芸人程度の輩が、次第に上昇して減衰することもない。オッと待った、君はどうなのか、という問いは限りなく妥当である。私はサラリーマン社会にあって、ぎりぎり才能芸人を目指している。しかしやはり、泡沫芸人レベルなのかもしれない。それでも生きながらえているのは、サラリーマン社会の安逸性に縋っているからで、それでいて、非実力社会たるサラリーマン社会のおぞましさを嘆くとは、なんたる身の程知らずか。

小室復活?

| コメント(2) | トラックバック(0)

日刊スポーツによると、小室哲哉が復活したのかもしれない。以下、引用:

音楽プロデューサー小室哲哉(51)が16日、東京・渋谷のNHKホールで行われた男女7人組ユニット、AAA(トリプル・エー)の全国ツアー東京公演にゲスト出演した。小室は、5日に発売した同ユニットの新曲「逢いたい理由/Dream After Dream~夢から醒めた夢」の作曲を担当。同曲は、09年5月に著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺事件で執行猶予付き有罪判決後、中断していた作曲家としての活動復帰作にあたる。

小室が登場したのはライブ終盤。ピアノの前に座った小室にスポットが当たると、3500人はサプライズゲストに大歓声を上げた。「逢いたい理由」のイントロをピアノで演奏する小室を、AAAメンバーが全員で囲んだ。小室は1番を弾き終えると、小さくガッツポーズ。メンバー全員と笑顔でハイタッチを交わした。演奏はわずかな時間だったが、音楽制作に完全復帰した喜びが思わずにじみ出た瞬間だった。

作曲を手掛けた楽曲としては、8年5カ月ぶりにオリコンシングルチャート1位を獲得。小室は今回の出演について「復帰第1作がチャート1位を獲得することができたのは、何万人の方の温かい声援のおかげ」と語り、ファンへの感謝の気持ちから快諾したことを明かした。アンコールで再び登場した際には「ちょっとした自慢ですが、今回のチャート1位は43曲目なんですけど、今回の1位が正直一番うれしいです。本当にありがとう、みんな!」と深々と頭を下げた。

観客席で見守っていたエイベックスの松浦勝人社長も、メンバーの要請でステージに登場。「感無量です。1位を取れて本当に幸せ。(メンバーに対し)お前らよりも幸せだよ!」と笑顔を見せた。

いろいろな経緯を経て、小室哲哉が芸能界復帰を果たしたのは、今年の1月18日のことだった。そこに書いたように、私は小室に対してネガティブだったが、原点に還って、全国ツアーをしたことが功を奏したのだろうか。もともとヒットを連続した飛ばしていた小室である。ツアーでファンと接するうちに、どういう曲が売れそうかの感覚が蘇ったか。

上記したシーンがYouTubeにあったので、「逢いたい理由」のイントロを聞いてみた。うん、なるほど、ちょっと物悲しいが、ヒットする要素はあるね、と素人のくせに、分かったような感想をもった。

ただ、問題は復帰第二作である。今回は、あの小室が復帰したと、旧ファンが一斉に応援したのかもしれない。だから、次をみないと分からないとしか言えない。エイベックスの松浦勝人社長のような業界のプロが入れ込んでいるのだから、そこそこ見所はあるのだろう。しかし、読めないのが、昨今の世の中である。

私の予想。この復帰作がそこそこヒットして、小室哲哉は今年の紅白に出場できる。NHKにとっても、売りになる。しかし、来年は分からない。多分次第に埋没していくだろう。結局小室は、過ぎ去りし栄光のGMなのである。

小室復帰

| コメント(2) | トラックバック(0)

日刊スポーツによると、下記のとおり、小室哲哉が、九州で復帰を図るという。

音楽プロデューサー小室哲哉(51)が来月、九州で単独コンサートを開催し、本格的に歌手復帰をすることが17日、分かった。復帰コンサートは来月18日に熊本、3月18日に福岡、同19日に鹿児島の3都市で開催される。

コンサートのタイトルは「小室哲哉コンサート ピアノ&トーク」。関係者によると、CDリリースもまだない中で、正常なツアーでもないが、ファンに対して早く音楽活動をしている姿を見せたいとの小室の強い思いで実現したという。

なぜ九州なのかは不明だが、奥さんの実家が大分だからなのか。あるいは、いきなり中央でコンサートするのは気が引けるので、地方で様子をみる、ということなのか。

ところが、罪と音楽に書いたように、小室の復帰について面倒をみたエイベックスが、不況で、1400人の社員のうち、300人もリストラするという。

リアルライブの記事によると、下記のとおりである。

現在は持株会社「エイベックス・グループ・ホールディングス」となっているが、同社は88年に現在同社の社長である松浦勝人氏らが設立。

設立当初はダンスミュージックを日本で流行らせ急成長。90年代は安室奈美恵、TRFら音楽プロデューサーの小室哲哉が手がけた「小室ファミリー」、その後、浜崎あゆみ、倖田來未、EXILEらが同社の主力アーティストとして活躍しているが、売り上げは右肩下がりだという。

「まず、CDが売れないのに加え、一時期映画事業に手を出し大失敗。株価は06年1月には3000円を超えていたのに、このところは770円から780円で推移している。現状を打開するため、NTTドコモの携帯専用のテレビ局『Bee TV』を立ち上げ、香港・台湾など東アジアのマーケットに進出しているが"焼け石に水"だった」(週刊誌記者)

違法ダウンロードの記事から見て取れるように、音楽は次第に、CDなどの媒体から、ネット配信の方に移行している。ネット配信には、フリーコピーされるというリスクはあるが、最早それも込みでビジネスの一環として理解すべき時期にある。そういう時代に、エイベックスは最早、時代のパラダイムに合わなくなってきたのではないだろうか。

そこで小室哲哉である。小室は、今でもエイベックスに大きく依存しているのであろうか。しかし、エイベックスにとって、最早小室はお荷物ではないのだろうか。なにしろ、どうしても元犯罪者のラベルは拭いがたい。また、前にも書いたが、小室哲哉に、桑田佳祐ほどの特異な才能はなく、イージーリスニングに留まっているとしたら、かつてのような栄光は望むべくもない、ということになる。

すると、小室哲哉がとりえるのは、かつての人気歌手が過去の栄光だけにすがって全国を廻るというドサ周りモデルである。実際、今でも舟木一夫のコンサートを地元でときどきみかけるが、年取った昔からのファンは、それなに詰め掛けているようである。すると、今回の九州ツアーは試金石であって、それなりに観客が来るなら、ドサ周りモデルで全国を行脚することにより、そこそこに食べていけるだろう。

問題は、過去のような栄華な生活を決して望まないことである。果たして、小室に修行僧のような生活ができるのだろうか。

M1グランプリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日テレビでM1グランプリなる番組を観ていた。以下、その記事である。マイコミジャーナルからの引用:

9回目を迎える『M-1』のファイナリストは、ナイツ、南海キャンディーズ、東京ダイナマイト、ハリセンボン、笑い飯、ハライチ、モンスターエンジン、パンクブーブー(ネタ順)の8組。ファーストラウンドでは、8回連続決勝出場の笑い飯が大会委員長の島田紳助からM-1史上初の満点"100点"を獲得。「100点つけると後の審査で困るけど、もう困ってもええわと思ってつけました」(紳助)と絶賛されるネタで668点をマークし、ぶっちぎりのトップに。そして、注目の敗者復活戦から昨年の王者・NON STYLEが勝ち上がり、大会初の2連覇をかけた熱演で641点を獲得していきなりトップ3にすべり込むなど大波乱となった今大会。この2強と並んで決勝ラウンドを戦ったパンクブーブーは、7名の審査員(紳助、松本人志、上沼恵美子、東国原英夫宮崎県知事、オール巨人、渡辺正行、中田カウス)全員の票を独占するパーフェクトな勝利で見事、チャンピオンの栄冠を手にした。

観ていて辛くなったのは、ネタを連発して勝ち上がるという概念にちょっと辟易したからである。私が思うに、漫才本来の話術の芸という意味では、決勝に残ったメンバーでは、ナイツがぴか一である。一昨年のチャンピオンのサンドウィッチ・マンもやはりそうで、ああいう小気味よいしゃべりの芸が本来の漫才だと思うのだが、南海キャンディーズが流行り始めたあたりから、ドタバタが主流になってしまった。ドタバタもまあ面白いのだけれども、当たり外れが大きい。それを如実に示しているのが、笑い飯のセミファイナルでの最高得点で、あそこで受けすぎては、もう最後の没落は必定である。

また、昨年の王者・NON STYLEも、マンネリに陥っているようで、同じパターンの多用がちょっと痛々しかった。

こうしてみると、あまりにM-1にフォーカスすると、芸が荒れるといえないか。受け狙いの連発になってしまうからである。寧ろ、漫才師にとって、M-1王者の称号は、芸の妨げといってもよいと思う。

だから私としては、あまりM-1指向の笑いになってほしくない。あの世界にも多様性は必要である。絶対に予選を通過できないけどほんのりとした、いい芸というのは、ありえると思う。

ただ、セレモニーとしてのM-1は、お笑いファンにはやはり面白い。だから、出場者は、あまり構えず、1つの寄席くらいに思って、気張らずやれればいいと思う。しかし、1000万円は、やはり大きいかもしれないが。

放送禁止歌

| コメント(6) | トラックバック(0)

たまたま見つけた「放送禁止歌」知恵の森文庫、森達也著を読んで、いろいろと考えることがあったので、必ずしもこの本の趣旨の沿っていないかもしれないが、メモしてみる。

先ず、いの一番に強調すべきなのは、特定の歌を「放送禁止歌」に指定するのは、特に映画でいうところの映倫のような団体がある訳ではない、ということである。するとどこが「放送禁止歌」に指定するのかというと、それは、放送局自体であったりする。下手な曲を流して、特定の団体や組織やクレイマーから謝罪要請が来ては困る、誰が責任をとるのかと例によって思考停止のルーチンが走り、少しでも問題になりそうな曲は、さっさと「放送禁止」に指定してしまう。こうして、毒にも薬にもならないラブソングばかりが流れることになる。

では、放送禁止になる条件にはどんなものがあるのだろうか。

  1. まず一番分かりやすい基準は、エッチ系である。例えば、つボイノリオの「金太の大冒険」あたりがそうである。この歌詞を知る人なら、この曲を公共放送で流すのはちょっとまずいことは理解するであろう。同様につボイノリオの「お万の方」、「怪傑黒頭巾」などがある。ところで、サザンの「恋するマンスリー・デイ」が放送禁止と聞いたことがあるが、この程度は愛嬌だろう。おニャンコクラブの「セーラー服を脱がさないで」もそうである。そういえば、畑中葉子の「後ろから前から」があった。なんじゃ、それは。畑中葉子は、他にも「もっと動いて」とか、「左手で愛して」とか、意味不明?のものがある。あと、ぐっと趣旨が変わって、アラジン・スペシャルの「がんばれジャイアンツ」も放送禁止なんだろうな、聞いてないけど。

  2. 次は同和的で、ぐっと分かりにくくなる。典型的には、「竹田の子守唄」で、この美しいメロディーの、叙情的な歌詞の曲がどうして放送禁止歌なのか、理解に苦しむ人が多いであろう。しかし、なんでも、「この在所越えて」の「在所」が差別用語なのだという。考えすぎではないか。もっと分かりにくいのは、岡林信康の「手紙」、「チューリップのアップリケ」。おっと、私のカラオケのレパートリーではないか。しかし、これらは超A級の放送禁止歌なのである。金太の大冒険以上に。どうみても基準がおかしくないか。しかも、これらの歌を流すことで、部落開放同盟から抗議が来たことはないという。すなわち、放送局がひたすら貝のように自主規制を強めているのである。伊藤ハムのシアン化物隠蔽問題となんと似ていることだろう。

  3. 次は、政治的な基準である。典型的には、ザ・フォーク・クルセダーズによって1968年に歌われた「イムジン河」。何度聴いてももの悲しく美しいメロディーである。ただ、それは確かに南北朝鮮の問題に関与していて、放送を自粛するのは分からないでもない。ところが最近ではなんと、 ジョン・レノンの「イマジン」も、政治的な意味で放送禁止歌なのだそうである。おいおい止めてくれよ、息が詰まるぜ。ところで、YouTubeを検索していたら、ザ・タイマーズの「あこがれの北朝鮮」という曲があった。これは素晴らしい名曲なのだけれども、流石にこれは放送できないよね。岡林の「がいこつの歌」「山谷ブルース」も放送禁止と聞いたが、このカテゴリなのだろうか。

  4. 最後はというか、とりあえずの別の基準として、犯罪的とでも呼ぶへきものがある。例えば、上述のザ・タイマーズの「サリン」。これは流石に放送できないだろう。また、忌野清志郎の「覚醒剤音頭」。これなどもっとまずい。放送禁止よりも一段上の発売禁止である。と、そこまではいい。しかし、どうして「網走番外地」が放送禁止なのだ。「唐獅子牡丹」もそうだと聞いたぞ。本当か。ヤクザを、任侠を、賞賛するからか。それでも、高田渡の「三億円強奪事件の唄」はやっぱりまずかろう。ただ、泉谷しげるの「黒いカバン」は、まあいいではないかと思うし、同じく泉谷しげるの「戦争小唄」は、立派な反戦歌ではないか。あと、「死ね死ね団のうた」というのがあるが、これもほとんど放送禁止だろう、知らないけど。

  5. おっと、さらに別のカテゴリがあった。侮蔑的、あるいは不敬的な曲である。典型的には、なぎら健壱の「悲惨な戦い」。あれは名曲だったぞ。皇室関係、宗教関係のものもあるのかもしれないが、私の限られた知識では、知る由もない。他に挙げるなら、まりちゃんズの「ブスにはブスの生き方がある」もそうかも。

こうして、放送禁止歌は、可算無限の巨大なリストになっていくのである。ただ、放送禁止歌に指定されても、カラオケでは歌えるし、それこそYouTubeでは聴き放題である。すると、放送禁止歌の指定は、曲のスパイシー度を高める効果があるのかも。頑張れ、放送禁止歌。

罪と音楽

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は、いかなる意味でも小室哲哉のファンではないが、グローブの曲は好きだった。その程度である。ところが、ひょんなことから、小室哲哉、逮捕で書いた事件から、小室哲哉の半生に興味をもちはじめた。

その後、小室哲哉の半生記の本が出たらしいが、これは買わなかった。本人が書いたものではなく、また、かなり内容を薄めたもののようであるからである。

ところがふとしたことから、「罪と音楽」幻冬舎という、小室哲哉の自筆エッセーが最近出版されたことを知った。そこで、「小室ウォッチャー」の義務感のようなものに駆られて、この本を買って読み始めた。以下、コメントのような感想のようなことをメモしてみる。

この本は、刑事告訴の後の17日の勾留の話から始まる。急転直下の逮捕、検事による取調べの記述なのだが、気持ちの動転は確かに記述されているのだが、検事が妙に優しいのである。田中森一ではないが、検事というのは、怒鳴ったり、なだめたり、ともかく大変精神的な圧迫を与えるものと私は思っていた。しかし、小室に対する検事の態度は、あくまでも優しい。

それは、全面的に罪状を認めるという小室の態度にもあるのかもしれない。また、他人を肉体的に傷つけたりする典型的犯罪ではなく、著作権がらみの詐欺という、経済犯であるせいもあるのかもしれない。

それでも、逮捕されたという事実は小室に重くのしかかる。生きる希望をなくしかける。そうして、フラッシュバックのように過去の栄光が思い出される。往事には、音楽が「降って」きたこと、他にないタイプのグループとして芸能界に登場し、それを空席理論と呼ぶこと、演歌でもないフォークでもない、オールターナティブを目指したこと、エイベックス松浦社長によるサポート、KEIKOとの出会い、曲作りで全く余裕のない日々、稼ぎが大きくで傲慢さが増す日々、そして、エイベックス松浦社長の変わらぬ支援と、妻KEIKOへの思いが失意の自分を支えてくれたことである。

大阪地裁での公判では、実刑を覚悟した。それでも、懲役3年執行猶予5年ととりあえずの懲役実刑を免れた決め手は、松浦社長による金銭的支援による弁済、深い反省の態度、そして、小室の音楽的才能への期待であった。

考えにくいが、裁判官や検事も、その青春時代に、小室哲哉の曲に馴染んで育ったのではあるまいか。苦しい司法試験の合間に、小室哲哉の曲を聴いてリフレッシュしたのかもしれない。そのことが妙に甘い判決になったような気がする。

松浦社長は、公判に証人として出廷し、被告の傲慢さに呆れ、一時は袂を分かったとまで証言した。それでもこうして小室に対する金銭的支援と期待をあらわすということは、依然として小室の才能は枯渇していないと見ているのか。厳しい芸能界で鑑識眼も鍛えられているはず。すると、小室はまだやれるのか。

こうして、小室哲哉は、執行猶予付きで自由の身となった。そのことをとても感謝し、小室は、音楽的才能を駆使して再起することを誓う。

しかしである、私がとても憂慮するのは、小室哲哉の再帰への努力の宣言があまりにも分析的すぎるのである。すなわち、そこには、曲が売れるためのビートはどうのとか、カラオケヒットの三要素とか、売れる曲のテンポなど、そういうことばかりが書かれている。まるで、合格への計画やノウハウを書き連ねた受験生のようである。どうした小室、曲は「降って」くるのではなかったか。

かくして私は、小室の才能の井戸は枯渇したままではないかと憂慮する。暗黙知というか情念がこみ上げてこないので、方法論ばかりに目を遣る。

小室はひたすら曲を書くことでキャッチアップしようとする。しかし、枯れた井戸に何度釣瓶を落としても空しいのではないか。井戸に再び水を甦らせるには、山にこもるとか、イメージを膨らませる時間が必要であると思われる。それでも、そうやって創った曲が再び売れるという保証はない。

だから、私は「罪と音楽」の基底に流れる楽観論が不思議でならない。怪訝でならない。きっと音楽や、芸能界の内実に無知な私が、何かを見落としているだけなのだろう。

一発屋芸人の月収

| コメント(4) | トラックバック(0)

Webのアメーバニュースに、一発屋芸人の月収の話題があったので、引用してみる:

ブログ「FC2ちゃんねる」が、一世を風靡した「一発屋芸人」達の月収が公開した。この月収は、『キズナ食堂』(TBS系)で発表されたもので、公開されたのは鉄拳、鼠先輩ら7人の芸人の給料。一発ネタがブームになっていた時期の月収だという。

7人のうち1位になったのは、「右から来たものを左へ受け流すの歌」など独特なムード歌謡で知られるムーディ勝山で640万円。2位は「ゲッツ」ことダンディ坂野の500万円。以下、400万円の小梅太夫、250万円の鼠先輩・鉄拳、200万円のX-GUN・ブーマーと続く。

一見すると相当な高収入に見えるが、あくまでブーム時の月収であり、現在もこの水準を維持できているわけではない。ちなみに鼠先輩は「ギャラが少ない」と将来の不安を理由にデビュー1年で引退表明した。

上記の記事によれば、どうも、一発屋芸人の月収の上限は、600万円~700万円が上限のようである。すると、一発屋芸人の人気の寿命がだいたい1年くらいだとして、それで1億円を稼ぐのはなかなか難しくて、せいぜい8000万円程度か。ところがそれをそのまま貯金できるかというと甘い。芸能界の水に馴染むと、いろいろな人との付き合いが生じ、それがまた次の仕事につながる機会にもなるのだが、ともかく遊興費は半端ではないので、8000万円などあっという間に使い尽くすであろう。

一世を風靡した一発屋芸人、小島よしおは、早稲田を出たのになぜかこの世界に入り、しばらく売れなくて安アパートに住んでいたという。それから少しだけ売れる時期があったが、今は、次第に忘れ去られようとしている。小島よしおの場合瞬間的に相当売れたので、もしかして1億円くらいは稼いだか。で、やっぱり、いろいろと諸経費がかかって貯金できず、今でも安アパートから脱出できていないのではないか。知らないけど。

ところで、成功率が低いという意味で芸人と同様の将棋のプロの世界では、奨励会という養成機関で成功できなかった人の受け皿みたいな会社が存在する。日本レストランシステム、アルゴリズム研究所、ジュポン化粧品などである。職域将棋団体戦Sクラスの常連である。知られていないかもしれないが、だいたいにおいて、将棋指しには真面目な人が多い。競馬や競輪はたしなまないこともないが、身を持ち崩すまでいかない。小池重明みたいなのもいるが、例外である。すると、将棋のプロ崩れというのは、意外にお買い得だったりする(本当か?と書きながら怪訝になってきた)。少なくとも頭の体力と集中力はある。最近ではなぜか、進学予備校の栄光ゼミナールが、将棋のプロ崩れの受け皿になっているという。意外でもないのか。

その類推から、人気のなくなった芸人を受け入れる会社はないのだろうか。聞いたことがないが、もしあるとしたら、どんな業種だろうか。例えば、もう人気のなくなった小島よしおといえども、老人ホームなどに慰問に行けば、まだ楽しんでもらえるだろう。だから、人気のなくなった芸人をかき集めて地方巡りすれば、そこそこ人気はあると思われるが、やっぱり、あまり儲かりそうもない。ということで、私の乏しい能力では、人気のなくなった芸人を再活用するビジネスモデルは思いつかない。

実は、将棋のプロ崩れというのも、以前は、将棋をとったら何も残らず、煮ても焼いても食えないみたいに思われていた。ハチワンダイバーなどもその線でストーリーが進められている。その常識に逆らって、棋士崩れを最初に活用した、日本レストランシステム、アルゴリズム研究所の勇気に喝采したい。もし使えないと大変だからである。最初に蛸を食べた人の勇気くらいに匹敵する。

ただ、人気のなくなった芸人の問題点は、その数の多さと、多様性であろう。将棋のプロ崩れの比ではない。すると玉石混交で、素性の怪しい者もいて、再活用は難しいのだろう。

恋のバイカル

| コメント(2) | トラックバック(0)

爆発的にヒットした訳ではないが、子供のころにラジオから流れていた曲で、「お、バイカル、お、バイカル、悲しみの渚♪」で始まる歌があった。そのフレーズが耳について離れないので、何を思ったか、Webで調べてみた。すると、それは、恋のバイカルという歌で、YouTubeにもあった。

昭和43年だから、私が中学生の頃、ということになる。歌手は、梢みわ。えっ、聞いたこともない。すると、たまたま中学生の頃、流れていただけか。それとも、高校入試の受験勉強の深夜ラジオで聞いたか。ともかく、今聞き直しても、私にはしっくりくる。こういう根暗なのが私にはあっている。

ところで、バイカルというと、当然にロシアの地名であるが、ロシアの地名がつく歌謡曲というのは、著しく少なくて、比較的有名なのは、大滝詠一(または、太田裕美)のさらばシベリア鉄道。これも、私にとっては一級の名作である。

実は、もっと言うと、私が最高に好きなロシアの歌があって、それは、「モスクワは涙を信じない」。ロシア語で、Москва Слезам Не Верит。20代の後半、A型肝炎で尾道の病院に入院していたとき、テレビを観るか、本を読むくらいしかやることなくて、仕方なくロシア語講座を見ていたら、この曲が流れていた。同名の映画の主題歌らしい。もちろん一言も意味は分からないが、なぜか涙が出て仕方がない。当時もそうだったし、今もである。"アレクサンドラ、アレクサンドラ"のところのサビが最高である。

そういう深層心理のせいか、大学でロシア語の授業に出て、単位もとったが、あれはまあ、時間の無駄だったかもしれない。なんとなく、悲しみの渚。

受けない芸人

| コメント(0) | トラックバック(0)

もともとお笑い好きで、エンタの神様は、ほぼ欠かさず見ているが、数多の出演者の中には、流石にどうかと思われる人達もいる。その中でもおそらく最悪なのは、もう中学生。やっている芸が、幼稚園の学芸会レベルの下らなさ。「よかったねぇ~♪ よかったよぉ~♪」の決まり文句がくどくて、押し付けがましい。段取りもひどすぎる。

小梅太夫。はっきり言って、おっさんが、わざとキモく塗りたくっている。裏声の歌も踊りもほとんど鑑賞に堪えない。

ミスクリマスク、正体はおそらく栗まり。その素顔は、なかなかいけてる。その巨乳には、いけないと思いつつも、つい惹きつけられてしまう。ただ、話芸は最悪。ほとんど、中学校の学園祭。下ネタで下品だし。まあ、巨乳だから、いいか。

この3つあたりが、ワーストスリーではないだろうか。

その1つ上が、放送局ご用達。すなわち、大した芸はないのに、放送局で決めたままにしゃべる。世界の梅沢。生徒会長金子、あたりか。桜塚やっくんとか。

でも考えてみた。こういう下らない芸人は、理由あってプロデューサが織り込んでいるのだ、と思い至った。

考えてみるがいい。タカ・アンド・トシ、次長課長、サンドウィッチマンなどの超弩級を連射しては、観る方も疲れる。はっきり言って笑いの体力を消耗する。すると、脱力系を間に挟む必要がでてくる。

こういうスキームは一種の笑いのポートフォリオ戦略として理解できるのだが、可哀想なのは、当て馬にされる芸人たちである。最初から短命たることが運命づけられている。蜻蛉芸人というべきか。

それでも、エンタに一瞬でも出れれば、まあめっけもの。一瞬たりとも脚光を浴びることなく消えていく芸人がなんと多いことか。

そう思うのも、次第に私が噛ませ犬の存在になりつつあるからであろう。引き立て役。ただ、会社だと、受けない人達も、ずっとのさばっている。スペースシャトルに乗せられて宇宙に行って、そこでエンジントラブルで軌道が狂って地球に帰ってこないで~、みたいなギャグ言うコンビがそういえば、いたよね。

はるか、結核

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニュースを眺めていて、次のような記事に遭遇して、ええっと思った。

 

お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるかさん(29)が結核と診断されたことを受けて、都福祉保健局は六日、箕輪さんの公演などを見た人から、相談を受け付ける専用電話=(電)03(5320)4572、平日午前九時-午後八時=を設置した。

 

結核は発症後に空気感染するため、箕輪さんが症状を自覚した昨年十二月一日ごろから今月三日までの間、劇場やライブなどを訪れた人に、感染の恐れがあるという。

 

よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京広報部によると、箕輪さんは今月二日に体調不良を訴えてテレビ出演の仕事を休み、三日に都内の病院へ入院した。昨年十二月ごろから、せきなどの症状があったが、重くなかったので仕事を続けていたという。

ハリセンボンは、爆発的に面白いということはないけれども、サンドウィッチマンなどとともにレベルが高く、私にとって安心して見ていられるお笑いコンビの1つである。ただ、どうもいまいちしっくりこないなが、はるかの不健康ネタであって、まあボケとしてはありなのだが、味の悪さを私は拭えなかった。

そこでこのニュースである。結核というのは、子供の頃小児結核に罹って一時かなりあぶないレベルにあった私にとって特別のキーワードなのだけれども、そうでなくても、死病でなくなった現代にあって、やはり、独特の一目置かれる古典的感染症であろう。鳥インフルエンザの現代性と好対照である。

さて問題は、このことがあると、はるかは復帰しても最早、不健康ネタを使えなくなるのでは、と思われる。しかし、はるかの不健康ネタを封印すると、ハリセンボンは、かなりのネタ不足に苦しむことになるだろう。さらに惟うに、芸能界というところは、勤務時間が不定期で、スケジュールによっては激務で、不特定多数の観客を相手しなくてはならないなど、相当に健康ストレスが大きい。

すると芸能界で働く者はなによりも、体力と、病気耐性という意味での強い免疫力をもつ必要があろう。

ところが、箕輪はるかは、もしかして、芸能界にしては珍しく、平均よりは免疫力が弱く、そのことが、自己主張の強い芸能界にあって独特の雰囲気を醸し出すことに成功した反面、病気にかかりやすい体質のせいで、どこからか結核菌を拾い、それに抵抗しえなかったのではないかと思われる。

すると、今回の事件は、ハリセンボンにとって、その存在意義の根幹に関わる重大事で、下手したら最早存続できなくなるのでは、とも思われる。不人気による自然解散と、どちらがよいのであろうか。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち芸能カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自動車です。

次のカテゴリは言語です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。