軍事の最近のブログ記事

最新の無人爆撃機

| コメント(2) | トラックバック(0)

無人爆撃機に関連して、友人から紹介された記事であるが、産経新聞Webによると、最新鋭の無人爆撃機を空軍や米ボーイング社などが共同開発しているという。以下、引用:

米空軍は26日、地球のどこであっても1時間以内に攻撃できる通常兵器の開発に向け、超音速無人機「X51Aウエーブライダー」(全長4・2メートル)の飛行実験を西部カリフォルニア沖で実施、成功したと発表した。

空軍によると、X51Aは同日午前、B52戦略爆撃機で上空約1万5千メートルまで運ばれ、加速用のロケットを分離した後の約3分間の飛行中に最高で音速の6倍(マッハ6)を記録した。空軍や米ボーイング社などが共同開発している。

オバマ政権は核兵器削減を進める一方で、アフガニスタンの洞窟(どうくつ)に潜むテロリストでも1時間以内に狙い撃ちできる新たな通常兵器「通常型即応グローバルストライク(CPGS)」の開発で抑止力を維持する戦略を構想している。(共同)

これは、無人爆撃機の凄い技術革新で、今までの無人爆撃機はたった時速130kmなので、現場近くに配備されていないと、駆けつけられない。それが、上空からのロケット加速降下し、地球上のどこでも1時間以内に到着するとは、凄い。米ボーイング社にしてみれば、何しろ無人なので、加速度をあまり気にしなくていいのが有利である。人体なら押しつぶされてしまうような加速度も許容される。

急降下ロケット加速無人爆撃機が可能なら、リモコン操縦のミサイルというのも当然ありで、米軍なら当然もっているだろう。ただ、軍事的な意味であまり発表しないだけだと思われる。

このような無人爆撃機が配備されると、どことは敢えて言わないが、米国と敵対する国の要人は、おちおちと出歩けない。観測衛星などによって居場所を知られると、米国の基地に無線連絡され、1時間以内に無人爆撃機が駆けつける。熟練したオペレータが操作すると、一発必中である。このようなピンポイント攻撃能力は、相当な脅威であるが、国際世論の反発も大きいだろう。

無人爆撃機

| コメント(2) | トラックバック(0)

新聞によると、米軍が、イラク、アフガニスタンの武装勢力を掃討するために、無人爆撃機の使用を推し進めているという。

米軍にとっての無人爆撃機の利点は、言うまでもないが、米軍兵士が死なないということである。また、衛星通信を使って、イラク、アフガニスタンから1万キロ以上離れた米国本土で操縦できる。

実は、無人爆撃機は今に始まった話ではなく、イラク戦争の初期の2003年頃から使われている。無人爆撃機の名前は、プレデター=略奪者。あまりにもピッタリのネーミングである。兵士は自宅から、ネバダ州ネリス基地に出勤し、例えば午前中3時間アフガニスタンに飛ばし、1時間休憩して午後3時間イラクに飛ばす。そして自宅に夜、帰宅。なんと優雅な戦争なのだろう、無人爆撃機を操縦する側にとってであるが。

プレデターは、翼幅が約17m、長さ約8m、重量約512kg。大型のプラモデルのような機体である。機体価格は1機が4億3000万円程度で、F22戦闘機の約85分の1である。人間が乗らないので、安全性の仕組みも簡略化できる。時速は約130kmで、例えばイラクの現場から要請を受けると、現場に急行し、モニターに浮かぶ武装勢力の男たちに照準をあわせる。依頼を受けてから9分程度しかかからない。

無人爆撃機の操縦は、パイロット、カメラを操作するセンサー・オペレータ、情報調整官の三人一組で、12時間で交代する24時間体制である。といっても、無人爆撃機はやたらに発射するわけではない。その飛行の97%は偵察である。攻撃は、原則として現場の司令官が交戦規則に基づき判断する。その指示に従って、パイロットがミサイル発射ボタンを押す。まさにシューティング・ゲームの世界で、人を殺すという実感が湧かないだろう。蒼白いもやし青年かもしれないシューティング・ゲーム・オタクが、無人爆撃機のパイロットの適性をもつことは明らかである。新たな適性の兵士の登場である。

照準に基づくプレデターの攻撃は正確で、3m以内の正確度である。3km上空からでも車のナンバーが読取れるほどの鮮明な解像度であるという。それなのに誤射が絶えない。それは、武装勢力の兵士も、民間人も、服装で区別できないからである。すると、怪しそうな人相の奴だから、やっちまえということもありえる。2009年にアフガニスタンで戦闘に巻き込まれて死亡した民間人は2412人で、その4人に一人は、無人爆撃機を含む空爆の犠牲者であるという。

プレデターには後継機種もあって、リーパー(reaper=死神)という名前である。米軍はどうしてこんなにネーミングがうまいのだろう。感心している場合ではない。

このような誤爆による民間人巻き添えの増加で、国際人権理事会は、国際人道法に違反するのではないかと、米国政府に改善を求める方針である。しかし、一方で、無人爆撃機は自国の兵士の死亡にはつながらないので、米国内の関心は高まらないという。

昨年4月、パキスタンで、19歳の少年が、米国のスパイとしてタリバンに射殺された。それは、所定の金属片をタリバン幹部の家のそばに置くアルバイトをしていたからだという。この金属片は実は、赤外線装置で、無人爆撃機に、爆撃目標を知らせる役割を果たす。

このような無人爆撃機の操作と誤爆は、現地のイスラム原理主義者や現地の人の反感を一層煽る。自らは戦場に乗り込まないで一方的に無人的に攻撃を仕掛けるというのは、アンフェアだとの感情を一層刺激する。

無人爆撃機の使用は、テロリストを米国本土に呼び寄せる危険性を高めると指摘する人もいる。米兵が怖がって戦場だ戦わないなら、こちらから乗り込むぞ、ということである。しかし、それはちょっと当たらないだろう。もう8年以上も、アフガン・イラク戦争で、現地での反米感情は極限に達しているが、9.11以降、目だったテロは米国で行われていない。なにか私が知らない力学がそこに働いていると私は想像する。

戦争ジャーナリスト

| コメント(1) | トラックバック(0)

チェチェン潜入記に関して、以前に紹介した常岡浩介氏であるが、AFPBB Newsからの記事によると、アフガニスタンで取材中にタリバンに拘束されたという。以下、引用:

【4月5日 AFP】(写真追加)アフガニスタンで取材中のフリージャーナリスト、常岡浩介(Kosuke Tsuneoka)さん(40)が前週から消息を絶っている事件で、国内メディアは5日、常岡さんが同国北部で旧支配勢力タリバン(Taliban)に拘束されていると報じた。

時事通信(Jiji Press)は、匿名のタリバン関係者の話として、常岡さんはクンドゥズ(Kunduz)州のタリバン勢力の拘束下にあると伝えた。

読売新聞(Yomiuri Shimbun)の報道も、匿名のタリバン筋の情報として、常岡さんはバグラン(Baghlan)州で誘拐され、同州かクンドゥズ州のどちらかで拘束されているとしている。

マイクロブログ「ツイッター(Twitter)」の常岡さんのアカウントの書き込みは1日朝が最後で、31日

早朝にアフガニスタン北部にあるタリバンの支配地域を訪ねたことが記されている。2001年の米軍進攻以来、アフガニスタンでは犯罪集団やタリバンなどによって、ジャーナリストを中心に数十人の外国人が誘拐されている。(c)AFP

チェチェン潜入記を読むと分かるが、ロシアと交戦しているチェチェンに潜入するほどの危険は、この世の中ではちょっと見当たらない。そこを生き延びた常岡氏にとって、アフガニスタンは相対的に安全な地域なのかもしれないが、今はタリバンも気が立っている。米軍による攻勢があったばかりだからである。百戦練磨の常岡氏にまさかあるまいと思われるが、油断があったか。

しかし、世の中で、何の職業が危険だといって、実際軍事作戦を展開する兵士を除けば、戦争ジャーナリストほど危険な職業もあるまい。何しろ、銃撃戦のそばで写真を撮るわけだから、流れ弾が当たる可能性は非常に高い。流れ弾はおろか、本当に狙われることもあろう。報道されたくない軍事関係者も多いはずである。

それでも、なぜか常に、数は多くないが、戦争ジャーナリストはいる。例えば、常岡氏以外には、松井茂氏がいる。新潮社の著書のプロフィールは下記のとおりである。

1947(昭和22)年、広島県生れ。軍事・外交評論家。雑誌特派記者などを経てフリーに。紛争地帯への現地取材をお家芸とし、ラオス、イラン、イラク、アフガン、ロシア、朝鮮半島等々を歴訪、外交・安全保障問題を軸にテレビ・雑誌等で活躍。著書に『イラク』『謎の軍事大国 北朝鮮』『金正日の北朝鮮』『世界軍事学講座』『中国四千年の軍事思想』など。そのグローバルな視点には定評がある。

常岡氏にしても、松井氏にしても、実際に紛争が起こっている現場に赴いて取材するので、記事の質が高い。例えば、松井氏の「世界紛争地図」新潮文庫は、10年以上も前に出版された本なのに、今でも内容は全く陳腐化していない。これは一つには、紛争そのものよりも、紛争の原因を書いているということもあろう。紛争の原因となる利権や民族の対立などは、何十年たってもほとんど変わらない。一見安全なようでも、ずっと休火山にように燻り続けている。

戦争ジャーナリストといえば、外せないのが、モスクワのテロに関して言及した、アンナ・ポリトコフスカヤである。

アンナ・ポリトコフスカヤの「チェチェン やめられない戦争」NHK出版、三浦みどり訳には次のようにある。

私は何者か? そしてなぜ第二次チェチェン戦争について書いているのか?
私はジャーナリスト、モスクワの新聞「ノーヴァヤ・ガゼータ」の特派員だ。そしてそれが、私がこの戦争を目の当たりにすることになった唯一の理由だ。私は取材のためにここに派遣された。しかし、私が選ばれたのは、私が戦争特派員でこの問題に通じているからではない。まったくその逆の理由、つまり私が普通の市民だからだ。編集長の発想は単純明快。私がごく一般の市民であるからこそ、同じ一般市民の、つまり戦争に巻き込まれてしまったチェチェンの村や街の人びとの体験をもっともよく理解できよう、というわけだ。

ううん、ごく普通の、寧ろ華奢ともいえる若い女性記者を、いきなり、危険渦巻くチェチェンに取材に派遣するとは、ノーヴァヤ・ガゼータの編集長も只者ではない。しかし、それに臆さず、取材を続けたばかりか、チェチェンから無事帰還しても、プーチン政権の暗部を探り続け、結局暗殺された、その蛮勇。ノーヴァヤ・ガゼータの編集長のおそるべき卓見である。

するとどうも、真の戦争ジャーナリストは、死を恐れない。むしろ、アドレナリンが湧き出すのを楽しむような、一種倒錯した感性と、めくるめき使命感でうごく人達なのだろうか。

そういう意味では、石川達三や、林芙美子のような、中国戦線の従軍記者とは切迫感が違う。切迫感どころか、林芙美子は、戦地にあって、妻子ある人と不倫関係に陥っているのだから優雅なものである。ただ、そういう恋する婦人というのも、悪くはないとは思うが。

ところで、TIMEなどの記事を読んでいると、ほとんど毎号、戦争関係の記事があり、危険を冒して撮ったような戦禍のシーンの写真もある。すると、無名の戦争ジャーナリストが世界各地で活躍されているということである。のんびりとオフィスワークに無聊の日々を送っている私は、なんと安全で贅沢な環境なのかと、改めて感じる。

戻って、常岡浩介氏には、是非ともタリバンから開放された戻ってほしい。そして、タリバンの様子やその他の戦争報道を、今後も続けてほしいと願う次第なのだが、今に至っても音信不通なのは、かなり心配である。

今更のアフガン作戦

| コメント(4) | トラックバック(0)

毎日新聞Webに下記のような記事があった。今更、という感想と、またいかにも奇妙な作戦であることが注意を引く。以下、引用:

【ワシントン草野和彦】アフガニスタン駐留米軍とアフガン軍などは近く、反政府武装勢力タリバンの支配地、南部へルマンド州マルジャに約1万5000人を投入し、大規模な軍事作戦を展開する。オバマ米政権発足後、タリバンに対する最大級の攻撃で、2011年7月までの米軍撤退開始を目指すアフガン戦略の成否を占う戦いとなる。

人口約8万人のマルジャは、タリバンの資金源とされる麻薬の大生産地。今回の軍事作戦には二つの特徴がある。アフガン軍の本格的な参戦と、作戦の異例の事前広報だ。

展開する約1万5000人のうち、半分はアフガン軍で構成され、米海兵隊1個大隊につきアフガン軍の1個大隊が同行する。米軍撤退の鍵を握るアフガン軍の能力が初めて試されることになる。

またアフガン駐留米軍のマクリスタル司令官は4日、軍事作戦を認めた上で、「どれだけのタリバン兵士を殺害するかには興味がない」と語った。金で雇われ戦闘に参加しているタリバン兵士に対し、投降を呼びかける目的があるとみられる。現地では攻撃を知らせる大量のチラシが配布されているという。

一方、地元のタリバン司令官は米紙ニューヨーク・タイムズに「アフガン軍や外国軍と戦うため、兵士を総動員する」と徹底抗戦を宣言。また事前の広報で、米軍を苦しめている手製爆弾(IED=即席爆破装置)を仕掛ける余裕をタリバンに与えた可能性もあり、激しい戦闘になるのは必至だ。

思い起こしてみると、米軍がアフガニスタンに攻め入った理由は、9.11のテロをアルカイーダと結びつけ、アフガニスタンのタリバン政権がアルカイーダをかくまっているはずであり、仇敵たるアルカイーダを匿う者もまた仇敵とみなし、掃討されるべきである、という、ありえないくらい無茶苦茶な論理によるものであった。

ところが、9.11のテロの実行組織がアルカイーダである、という証拠すら未だ提示されていない。それどころか、アルカイーダの総帥であった、オサマ・ビン・ラディンの実家と、ブッシュ家の長いビジネス・リレーションや、CIAとの関係も喧伝されている始末である。

そういうアルカイーダ掃討、タリバン掃討という大義名分で始めたはずのアフガニスタン戦争であるが、戦争設計、出口戦略というものが全く見えてこない。

例えば、アルカイーダが、米国本土でテロ行為をするのを防ぐという意味では、9.11以降、米国でテロで亡くなった人はいないので、立派に目的は達成されている。炭疽菌の粉末で亡くなった人はいたが、流石に、それとアルカイーダを結びつける人はいなかったはずである。

もし戦争目的が最早アルカイーダ掃討でないとしたら、米軍の目的は一体何なのか。すると、次のような理由が最近は挙げられているのかもしれない、すなわち、圧政を敷くタリバンを掃討して、アフガニスタンを、西欧型の民主国家にすることだ、ということである。例えば、これはイラクに関するブッシュの演説であるが、アフガニスタンにも同様に適用されるのだろう。

それなら、好ましい民主国家であるアメリカ合衆国から来た友好的な軍隊という装いを演じなくてはならないのに、誤爆や誤射と称して、アフガニスタンの何十万人もの民間人を殺害してまっている。すると当然に米軍に対する怨嗟は渦巻くのであって、一部の傀儡政権担当者以外の誰が、最早米軍を歓迎するのだろうか。ベトナム戦争でも同様の問題になったように、結局は、その民族をして自立的に決定し、運営させしめなくてはならない。そのような曖昧なターゲットは、到底戦争の目的にはならないはずである。より広く、外交の目的ですらない。

孫子の兵法に鑑みても、その「作戦篇」にあるように、外国への出兵は、膨大なリソースを消費するので、短期決戦で収束させるべし、とある。ところがアフガニスタン出兵はなんと、8年もの長期に亘る。あの泥沼といわれたベトナム戦争がほぼ10年であるから、長さでほとんど匹敵する。投入した兵力が違いすぎるので比較できないが、まだしもベトナム戦争の方が、米軍の存在感と実績を示しえたであろう。逆に言うと、アフガニスタンの無目的性には覆いがたいものがある。

こういう長い前置きの後、今回のアフガン作戦に戻るのだが、今回の特徴は、「作戦の異例の事前広報」にある。純粋に戦術としてみた場合、そこを攻めると見せかけて実は別のところをターゲットにするという陽動作戦でもない限り、事前広報というのは全く意味がない。さらに深読みすると、タリバン様、どうか負かして下さい、それをきっかけに撤兵しますから、というわざと失敗する作戦なのだろうか。

そんな馬鹿な作戦があるのか、と思われるかもしれないが、わざと失敗して世界を多極化という混迷に持ち込むのは、米国というか、それを支える国際金融組織の常套手段である。

ともかく私としては、米軍のアフガニスタンからの早期撤兵(最早、早期ではないが)と、その後のアフガニスタンの様子を眺めて、米軍駐留が無意味であったことを確認する日が来ることを期待する次第である。

酒巻少尉

| コメント(0) | トラックバック(0)

ものの本で、真珠湾攻撃で捕虜になった方がいるというのを知った。その方は米軍の下で捕虜として命永らえて、戦後、ブラジルトヨタの社長になったとも知った。そこで、この方のことを書いた本がないかと探してみたら、「遥かに祖国を語る」小野田寛郎・酒巻和男対談、時事通信社という本があるのを見つけ、早速購入してみた。以下、酒巻氏のところを、私なりにメモした内容である。

先ず、真珠湾攻撃で出撃した特殊潜行艇は、五隻あった。五隻とも未帰還で、その乗組員は、将校が五人、下士官が五人で合計十人のはずなのに、九軍神と言われた。その一人はどうなったか、と当然に噂でもちきりになり、どうも捕虜になったらしいということになった。

実際はどうだったかということを、当の酒巻さんが語るところによると、昭和16年の12月に、自分が乗る特殊潜行艇のジャイロ・コンバスが不調で修理したがどうしても直らなかった。初めはなんと、90度もずれて進んだ。敵の駆逐艦から爆雷を受けたり、座礁したりと、どうしても真珠湾の湾内の突撃がうまくいかず、焦っていると、いよいよ日本軍の空爆が始まった。それを見てまた潜航したが、浮上すると敵艦に見つかって爆破されるので、浮上できない。すると空気が悪化して判断力がどんどん低下する。そこで一旦後退して、成功のときは集合する予定だったライナ島に向けて出発した。ところが着いたのは、全然別の島だった。そこで座礁して、疲れきった体に鞭打って泳いで渡ったところで、精根尽き果てた。最後に朦朧と、銃をもった米軍兵士が見えたという。

その特殊潜行艇の任務を割り当てられたとき、当然に、酒巻さんは生還を期さなかった。しかし、当時の海軍では、機能としては、帰ってこれる機能がないと出撃してはいけないといわれていた。戦争後半の特攻とはそこで一線を画していた。そのため、酒巻さんは、ライナ島に帰還しようとした。

捕虜になったことが米軍から日本軍に伝わると、昭和18年に、少尉のまま予備役編入された。家族は最初戦死したと思っていたかもしれないが、生きているということがそれとなく、家族に伝わったらしい。それで結局、墓は作らなかったという。

酒巻さんは、捕虜収容所に入れられていたが、日本の敗戦が伝わると、絶望して自殺する者も少なくなかったという。当時の気風からは、それも当然の雰囲気があったが、酒巻さんは、もっと大きい大儀のために、もっと意義のある死に方をしなくてはならないと周囲の者に話したので、それらの者は無事、帰国したという。

すなわち、酒巻さんは、最初の捕虜ということもあって、捕虜の中で、スポースクマンというか指導的立場にあった。もっとも、そこまでの心理に落ち着くまでには、激しい葛藤があったのであるが。むべなるかな、である。

酒巻さんは言う、同僚の捕虜は直ぐに死ぬ死ぬという、しかし実は死ぬ方が易しいのであって、生きて大儀を果たすことの方が困難だのだ、と。普通はなかなかこういうことは言えないが、酒巻さんが言うと重みがある。

酒巻さんは、終戦後直ぐに日本に帰されて、先ず三浦半島の久里浜に着いた。そこから、海軍の復印省で相談して、故郷の徳島に帰った。そこで感じたのは、敗戦とともに、日本自体が巨大な捕虜収容所になった、ということである。すると、自分が捕虜として四年間、悩み考えたことも活きることもあるのではないかと思索した。

日本に帰ってきてから、酒巻さんは、多くの手紙を受け取った。7~8割は、ご苦労さんというモードであったが、当然にというべきか、腹を切って死ね、というものもあった。

酒巻さんは、帰国した次の年からトヨタに勤め始めた。自動車産業を伸ばさなくてはならないと考えた。しかし、ブラジル勤務になったのは、日本に居辛いから希望した訳ではなく、純粋に社命だという。

酒巻さんは、1999年に、81歳で亡くなられた。「遥かに祖国を語る」は、1977年の本であるから、今の私とそんなに違わない歳での頃ということになる。ともかく、もしかしてあっさり戦死した方が楽だったような大変な葛藤の中で、不本意ながら捕虜を生き延びられ、戦後は、トヨタの社員として、使命をもって立派に頑張られた酒巻さんは、神が与えた非常に難しい試練の人生という課題に対して、人間のなしうるベストに近い答えを出したのではあるまいか。

大東亜戦争の勝ち目

| コメント(0) | トラックバック(0)

久々に小室直樹氏の著書を読んだ。といっても新刊ではない。1995年刊であるから、もう14年も前の本である。題名は、「大東亜戦争ここに甦る」。私が勝手に言っているのは、数学の本と戦争の本は古くなることがない、というもので、この本も、読んでみると、なかなかの名著なのであった。そこで、例によってこの本に従ってメモしてみる。

先ず軍国日本は、明治維新から始まる。ご存知のように、明治維新になって日本は、科学技術において欧米に猛烈にキャッチアップするのであるが、特に目覚しいのは、軍艦建造能力であった。また、ドイツや英国から、軍事技術を学び、兵隊の訓練を行うことにより、日本はぐんぐん力をつけていった。

そうして、朝鮮の動向を巡り、清国と軍事的に対立し、ついに開戦となった。しかし、士気に劣る清軍は、振興日本の軍門に下った。意気上がる日本。

そしてついに、ロシアとも衝突する。しかし、ロシアは流石に難敵だった。それでも、多数の犠牲を重ねて旅順を攻略し、日本海海戦では、帝国海軍は、神業ともいえるパーフェクト・ゲームを演じた。その段階でも、ロシアはまだ余力を秘めていた。しかし、ロシアは、宿敵ドイツとの対抗上、日本をあまり相手にしていられなかった。そこで、渋々日本と講和したが、日本は、ロシアに勝ったと欣喜雀躍、思い上がってしまった。実は、日本海海戦は、物凄い天佑に支えられて成立した千載一遇の勝利であった。しかし、その偶然性に誰も思い至らず、そのことが後々までに尾を引く先例となってしまった。具体的に言うと、決戦思想と艦隊保全主義の並立である。実際、日本海海戦では確かに、艦隊の損害を最小限に留めて決戦できた。しかし、そんなことが普通可能なばすはないのである。だから、日本は、日清戦争と日露戦争の勝因を研究して、そこから教訓を引き出すべきであった。すなわち、勝者敗因を秘める、敗者勝因を秘める、である。この無反省傾向はいつまでも日本軍に続き、日本軍の宿痾となった。また、第二次大戦の敗戦によっても解消されなかった。

ともかくも、日本は、日露戦争の後も、英国の指導よろしく軍艦を作り続けた。そこには、造船の天才、平賀博士の存在も大きい。こうして、日本軍のハードウェアは整備されていく。これをみて、日本の強大化を恐れた欧米列強は、ロンドン条約で、対米6割の制限を日本に押し付けてきた。外交下手、交渉下手の日本は、これに抗することができず、涙を呑んで制限を受け入れた。しかし、小室氏によれば、対米6割の制限には抜け穴があった。すなわち、小型潜水艦は制限の対象外で、1万トン以下の空母も対象外であった。そこの抜け穴のところで、建造を進めればいい。しかし、冷静を欠いた日本は、その抜け穴に気付かなかった。

次に日本を決定的に不利にしたのは、日中戦争だった。もともと中国は、日本の強さは認めていた。満州を日本が治めるのも仕方ないと思っていた。よって、きちんと日中戦争を設計し推し進めれば、日中戦争を短期で切り上げて、欧米との戦いに全力を懸けることができたはずなのである。どうするかというと、実質的首都である南京に一点集中して、そこを占領する。そして、次の講和条件で講和を申し出る。すなわち、(1) 満州国の承認を要求しない。(2) 北支の支配権を中国に対して認める。(3) 不平等条約の解消に尽力する。である。一点集中で勝って、鷹揚な講和条件で講和するのは、ビスマルクの手法でもあった、それを日本は戦争設計戦略を欠いた。なんのために中国で戦っているか、全く分からなかった。また、南京を攻めても、一層峻烈な講和条件を提示して、中国を激怒させた。

さらなる悪手は、真珠湾攻撃である。これは、恐ろしく成功の確率が低い、無謀な奇襲作戦で、もし前もって敵にみつかると、連合艦隊が一気に殲滅され、日本は即降伏となる、という類のものであった。だいたい、ここ一番で、万が一ばれなければ甚大な被害を与えられるという可能性はあることはあるが、成功率は低く、ばれたら即投了という奇襲戦法を採る棋士はいない。

ところが、当時の黛大佐によると、何もそんな確率の低い奇襲作戦は、全く採る必要がなかった。黛大佐の合理的計算では、普通に戦っても、日本海軍は、米国海軍に十分勝ち目がある。なにしろ、大砲の威力が大きく、命中率が米国海軍よりはるかにいい。だから、実は、真珠湾攻撃で暴れられるだけ暴れてみせるが、という山本五十六は、実は「必敗の信念」をもってしまっていた、ということになるのかもしれない。

逆に不幸だったのは、真珠湾攻撃とそのあとのマレー沖海戦で、信じられないようなラッキーの勝利を収めてしまったことである。どちらも、正確に応接されると必敗だったかもしれない戦いである。一気に投了しなくてはならかったかもしれない。それなのに、たまたまうまくいったので、日本軍は、そこで微塵だに反省しなかった。反省して、その後の戦いにその教訓を活かせば、また様相も変わったかもしれない。それどころか逆に勝って兜の緒が緩みっぱなしになり、思い上がりが甚だしくなったのであった。

そもそもが、英米を相手にせず、オランダだけを攻めて石油を確保だけしておく、という手もあったのである。すると、反戦の気風に満ちた米国民は、到底日本に対する参戦に同意するはずもなく、ルーズベルトは苦渋したはずである。

このように、日本は、何のために戦うか、どこに資源を投入するか、どこで戦争を切り上げるか、相手国の歴史と文化はどのようか、という戦争設計の技術があまりにもお粗末であった。少なくとも大東亜戦争の前半では、飛行機と軍艦というハードウェアで優ったのに、戦争設計というソフトウェアで後れをとった。

その他、兵站思想の欠如、硬直的なハンモック・ナンバー主義など、柔軟な対応を阻止する要因はあまりにも多い。

さらに言うと、決戦思想と艦隊保全主義の並立は、真珠湾攻撃でも、ソロモン海戦でも、相手のリソースを絶つための追撃を欠いた。追撃により、艦隊を失う可能性が増えるのである。しかし、真珠湾攻撃で決定的に燃料タンクなどを破壊しておけば、ミッドウェーの戦いそのものがありえなかったかもしれないし、ソロモン海戦でも相手の補給船を撃破しておけば、ガダルカナルの米軍は物資不足に陥り、あるいは、日本軍が陥せたかもしれないのである。

こうして、外交と、戦争設計と、戦術をもう少し研究し工夫しておけば、随分と大東亜戦争は有利に戦えたに違いないのである。そして、ドイツとうまく連携すれば、有利な条件で、連合軍と講和できたという可能性もある。ただ、それが果たして安定な解かと問うと、あの狡知に長ける米英が、手を拱いて放置しておくわけがない、ともいえるが。

クリーンな水爆

| コメント(0) | トラックバック(0)

水爆というのは、重水素や3重水素を水素化リチウムにしたものを、原爆を起爆剤として反応させ、水素原子を核融合させることにより、莫大なエネルギーを放出する核兵器である。

そのとき、水爆が「汚い」のは、原爆を起爆剤に使うからで、ここのところを強力なレーザー光で代替できると、水爆もクリーンな爆弾となる。ただ、勿論だが、クリーン=安全を意味しない。単に放射能汚染がない、というだけである。

ところが、そういうクリーンな水爆はまだ実現されていないと世間では思われているが、「9.11テロの超不都合な真実」菊川征司著、徳間書店によれば、ワールドトレード・センターの「爆破」に使われたのは、クリーンな水爆らしいということである。

同書によると、米国に、フィル・シュナイダーという地質学者がいて、長年、政府関係の秘密プロジェクトに関与していた、という。シュナイダーは、1995年に内部告発的な講演を行い、その時点で工事用のクリーンな水爆が使われていたと報告していたが、1996年の1月に、自宅で死んでいるのがみつかったそうである。警察はそれを自殺として処理した。

冷静に考えると、水爆自体は、1952年に開発されており、高出力レーザーも、かなり前から実現されているのだから、レーザー励起のクリーンな水爆というのは、何も突飛なものではない。

ところが、専門家によると、航空機が突入した後のあの急速なワールドトレード・センターの崩壊は、通常の爆薬ではなく、水爆による熱を想定しないと説明しにくいそうである。

ネットで検索してみると、「レーザー水爆」というキーワードで、いくつかのサイトがヒットする。既に一部では話題になっているようである。

もしレーザー水爆が完成していて、本当にクリーンなら、ビル解体やダム開発など、いろいろ用途はありそうである。

ともかく、レーザー水爆が、ワールドトレード・センターの「解体」に使われたなら、これは到底一中東ベースのテロリストグループのなしえることではない。

ということでまたさらに、9.11米国陰謀説に傾くのであった。

ソンミ村事件

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月24日の読売新聞のWebによると、ソンミ村事件で有罪となったウィリアム・カリー米陸軍元中尉が謝罪し、それが、遺族の一部によって受け入れられたという。以下、引用:

【バンコク=田原徳容】ベトナム戦争中の1968年に米兵が一般住民500人以上を殺害したソンミ村事件で、有罪となったウィリアム・カリー米陸軍元中尉(66)が41年ぶりに謝罪したことを受け、同村で生き残ったパン・タン・コンさん(51)が23日、本紙の電話取材に応じ、「謝罪はないと思っていた。あまりにも遅く驚いたが、犠牲者を代表して受け入れたい」と語った。

パンさんは、10歳の時、目の前で米兵に両親と兄弟を殺害された。

現在、同村の記念公園博物館の館長を務め、犠牲者の追悼を続ける。パンさんは「カリー氏にはベトナムに来て、当時とその後40年の思いを語ってほしい」と述べ、同氏がベトナムと米国の友好関係のシンボルとなることに期待を寄せた。

これを読んで、複雑な思いに駆られざるを得ない。というのは最近、テレビで旧日本軍のB級戦犯の番組をみたばかりだからである。ある中佐クラスの人は、軍令部からの指示で捕虜の殺害を命じたのに、戦後、軍令部が、そんな指示は出した覚えはないと逃げたので、責任をとって、絞首刑に処された。明らかに、拒否できない指示に従っただけであるのに。

ところが、カリー米陸軍元中尉は、一般住民500人以上の殺害を指示したのに、有罪といっても最早拘留さえされていない。その主な理由は、米国内で裁かれたからであろう。

東京裁判ももし、日本が主導で裁判をしていたら、果たして死刑になった者がいただろうか。戦争だったから仕方ないで、お手盛りの懲役がせいぜいであろう。実際、日本は、ポツダム宣言を受諾するとき、戦争裁判の主導権も渡してほしいと訴えたが、そんな訴えが通るはずもなかった。むしろ主眼は、天皇の戦争責任追及を逃れることであったが。

カリー米陸軍元中尉に戻って、いまさら、一般住民500人以上を殺害したことを、どう謝るのだろうか。どんな言葉が選べるのだろうか。また、ベトナム側で、どうやって謝罪を受け入れるのだろうか。

そういう小賢しい思惑を超えなくては、謝罪もその受け入れも、理解できない。

そういう意味では、原爆は、その罪深さと被害がさらに大きすぎて、謝罪もその受け入れも、どちらもまだ準備ができていないのだろうか。

エノラ・ゲイ

| コメント(0) | トラックバック(0)

原爆投下の理由の補足であるが、8月3日の毎日新聞に、広島に原爆を投下したエノラ・ゲイの乗組員だったモリス・ジェプソンさん(87歳)の談話があったので、メモしてみる。

ジェプソンさん自身は、物理学を学んでいたこともあって、搭載していたのが原爆だと知っていたという。しかし、他の多くの乗組員は知らなかった。

原爆を投下すると、機体が跳ね上がり、43秒後に窓から閃光が入り、爆風で飛行機が振動したという。そして、窓から雲が広がっていくのが見えた。そこで機長が、あれは原爆だったと機内アナウンスした。

そのときの放射能は強烈で、ジェプソンさんは、今に至っても放射能障害を抱えているという。これほどの放射能被害をもたらすものとは思わなかったそうである。確かに、飛行機のジュラルミンの機体では、放射能を遮蔽する力はあまりないだろう。

では、ジェプソンさんは、原爆を投下したことを後悔しているのかというと、そうではないようである。寧ろ、戦争早期終結のため必要だったという見解である。これはおそらく、多くの米国人に共有されているものであろう。その歴史的妥当性は、議論の分かれるところである。1つ言えることは、それが、本土決戦も辞せずと半ば狂っていた日本の当時の軍部首脳と、ソ連なとに示威のために原爆を使いたがっていた当時のトルーマン大統領一派との思惑の交錯の結果である、ということである。いわばトルーマン大統領にとって、「乗り」でした決定だったが、問題はそれが世紀の秘密兵器であった、ということである。この点、バターン死の行進や、根拠のほとんどない従軍慰安婦などと比較すべくもない重さである。

ところで、オバマ大統領がプラハで核兵器の道義的責任に言及したことに対して、ジェプソンさんは不愉快の念を隠さない。すなわち、本土決戦を避けて数十万もの米兵の命を無駄にしないために原爆を落としたのに、その経緯を知らないオバマが、原爆の使用は米国の罪だなどというのはけしからんという。そう怒るジェプソンさんの気持ちは分からないでもない。なにしろ、使命を帯びて、体を張って原爆を落としたのである。落とした瞬間、快哉を叫んだわけでもない。きのこ雲が立ち込める地上では、明らかに多くの命が失われていることが明らかで、それはとても嫌だというのはやはり普通の人間の感情である。そういう複雑な思いを、使命感が閉じ込めている。それを、無神経に引き剥がされてはかなわないというところだろう。

一方のオバマ大統領であるが、核兵器の縮小を叫ぶなら、どうしても広島・長崎は避けて通れない。なにしろ、核による唯一の大量殺人の被害地なのである。

ただ、私はオバマ大統領に、広島・長崎に来て謝罪してほしいとは思わない。そんなことをしたら、米国内の右派が騒然となる。却って核軍縮の活動の妨げとなる。また、それで米国が謝罪したのだ、よかったのだ、というストーリーも嫌である。さらに言うと、核軍縮は、一種のゲーム理論なのであり、政治的に、技術的に、慎重に解決策を進めるよりない。

現実問題、ロシアも、中国も、インドも、北朝鮮も核兵器をもっているなら、米国の核廃絶は相当な難題である。核縮小のためにどのような方策をとりえるのか、私には想像もつかない。

硫黄島の遺骨収集

| コメント(0) | トラックバック(0)

まえにブログに書いたように、硫黄島では激しい戦闘があり、約2万人の日本軍が死亡した。すると、硫黄島には多数の遺骨が眠っているということになる。

硫黄島は、1968年に日本に返還されたが、依然として自衛隊が訓練に使っており、米軍が軍事訓練に使うことがある。それで、今でも、民間人が訪れることは制限されている。

それでも、遺骨を放置するのはまずいので、1968年の日本返還以後、毎年、厚生省の主導で遺骨収集が行なわれている。去年までに収集された遺骨は8664柱で、まだ1万柱以上が埋まったままである。

そこで頓挫しているのは、最大の激戦地だったところが今では飛行場の滑走路になっているからである。すると、簡単に遺骨収集のため掘り返すことができない。それで今年は、滑走路下の遺骨収集のための国家予算が1億円計上された。

それで解決かというと、話は簡単ではなく、防衛省によると、今の滑走路の下から遺骨を収集するには、滑走路自体を別の場所に作らなくてはならず、そのための費用は数百億円、期間は10年以上かかるという。

なるほどと思いつつも、私は複雑な思いに駆られてきた。というのは、私の母方の祖父は、1945年にフィリピンで戦死した。それで子供の頃、祖母に、遺骨を収集しに行かないのかと聞いたことがある。すると、祖母は諦め口調で、そんなことができるはずもない、という。費用がかかるし、南方で戦死した人はあちこちにいる、フィリピンだけという訳にはいかない、と。

そこで私が思うのは、なぜ硫黄島がそのような遺骨収集の特例の恩恵を受けるのか、ということである。もちろん、その答えはすぐに見つかる。例えば、激戦地区で狭いところで多くの日本軍の兵士が亡くなった。既に日本に返還された土地である。飛行場の滑走路に多数遺骨が埋まっているのに放置するのは望ましくない、などである。

分かるんだけど、そういう理性を離れて、フィリピンのどこかに遺骨が放置されているであろう、一度も会ったことがない祖父のことを思うと、硫黄島の特別扱いには、やはり複雑な気持ちは拭えないのである。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち軍事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは読書です。

次のカテゴリは金融です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。