事件の最近のブログ記事

連合赤軍

| コメント(6) | トラックバック(0)

小池真理子の「望みは何かと訊かれたら」を読んだのをきっかけとして、1970年代の前半、学生運動がとても盛んであった、私の青春初期の時期に思いをはせた。そして、連合赤軍の幹部で、最高裁で死刑が確定している坂口弘氏の「あさま山荘1972」上下二巻、彩流社を読んでみた。

坂口弘氏は、1946年11月12日千葉県君津郡生まれ、私より8歳年上だから、今64歳ということになる。小学校の頃はおとなしい優等生だったが、中学1年のとき父親が病気で亡くなると、生と死など人生を深く考えるようになった。中学2年のとき、日米安保条約改定反対闘争が起き、政治的なことに関心をもつようになった。

地元の木更津高校に進学すると、内気な面が出てきて、人前でしゃべれないということがコンプレックスになった。このあたり私もそうで、なんとなく親近感を覚える。

あまり勉強しなかったが、東京水産大学に合格し、遠洋漁船で七つの海を渡り歩くことを夢見た。東京水産大学では寮に入ったが、そこでは、バンカラの雰囲気が横溢していた。そこで坂口弘氏は、川島豪氏と運命の出会いを果たす。

自治会の後援会費の使途不明の問題で、川島豪氏が大学当局と粘り強く交渉することに強く印象付けられた。

大学の課外授業で白浜の漁船で実習した際に、漁船の乗組員たちと会話したことで、労働条件や労働運動に目覚めた。そこで大学をやめて労働者になることばかりを考えるようになった。

川島豪氏が大学を卒業して、労働運動にのめりこむと、坂口弘氏もこれを応援するようになった。そして、矢も楯もたまらず大学をやめて、町工場に就職した。そこで労働組合を組織しようとして経営者側と対立したりした。

ところで、当時は、アメリカがベトナムに戦争を仕掛け、反米の機運がみなぎる時代だった。そこで、当時の政府首脳が訪米するのを阻止するためデモが行われるなど、世間は騒然としていた時代だった。1960年代後半のことである。

当時、このような運動を支援していたのは、日本共産党であったが、その議会主義に飽き足らず、より武闘的な革命左派という分派が発生した。そのリーダーとなったのが川島豪氏で、当然のように、坂口弘氏もそちらに加わった。当時、民青、革マル派、中革派、ブント、社学同などさまざまな派閥があったようであるが、その違いをいちいち説明するのがこの本の趣旨ではないので、わからない。学生時代完全なノンポリの学生であった私も、そのあたり興味も関心もなかった。1つ忘れていた。左派中の左派、日本赤軍である。それは、京大の学生であった塩見孝也らが興したものである。調べてみると、塩見孝也は、尾道で高校時代を送ったそうで、もしかして私の高校(尾道北高)の先輩かもしれない。日本赤軍は、1970年に田宮高麿氏らがよど号をハイジャックした事件で世間を騒然とさせた。

戻って革命左派は、米軍横田基地に火炎瓶を投げて炎上させるとか、厚木基地にダイナマイトを仕掛けて爆破するとか、信じられないような案を出す。相手は暴力のプロなのである。その案がどれほど非現実的なものか考えたのだろうか。

坂口弘氏らの一行は、愛知外相の訪米阻止のため、羽田空港に火炎瓶を仕掛ける闘争を行い、逮捕されてしまう。この後一貫して警察にマークされる存在になり、留置所から出てきた後も運動は先鋭化する。すなわち、革命左派は、銃を奪おうと、警察を襲撃した仲間が警察に殺されるという事態になる。その後もダイナマイトを工事現場から盗むなど非合法が先鋭化していった。

坂口弘氏が永田洋子氏と出会い、同棲するようになるのもこの頃である。警察から追われる身になり、警察の目を逃れるために、山岳にベースを置くようになるのもこの頃である。ところが、山岳での活動は不自由で、意見の不一致もあり、中には逃亡を計るものも出てくる。しかし、警察に通報されることを恐れ、ついに、逃亡者を捕まえて、リンチ殺人する事態になる。坂口弘氏は動揺するが、永田洋子氏が女性特有の残忍さを発揮したりした。

一方、赤軍派は、1969年に大菩薩峠事件で53名ものメンバーが逮捕され、弱体化する。そこで互いに補強するためか、坂口弘氏と永田洋子氏らが属する革命左派と、森恒夫氏が率いる赤軍派が共闘することになる。連合赤軍の誕生である。そうして榛名ベースに集った。

ところが、微妙な方針の違いで、革命左派と赤軍派は、不協和音を発し、最初は赤軍派の森恒夫氏が、革命左派を批判しようとする。ところが、永田洋子氏がだらしない赤軍派の女性を批判し、これに森恒夫氏が同調することから、森恒夫氏と永田洋子氏が意気投合し、ついには夫婦同然の関係となる。坂口弘氏としては面白くないが、森恒夫氏にはどうも逆らえない。

そうしているうちに、森恒夫氏は、レーニン主義と毛沢東思想をベースにして、どんどん先鋭化していった。すなわち、銃と人の結合による共産主義化理論である。すなわち、銃砲店にあった銃は死んだ銃であったが、赤軍派が奪取することで活きた銃となった。そうして銃を使って殲滅戦を進めることで共産主義化が進むという、ある意味支離滅裂の理論であるが、坂口弘氏も表立ってこれに反論できなかった。

そういう先鋭化した雰囲気の中で、ちょっとしたまずい言動をしたメンバーに対して、リンチが加えられることになった。ところが、森恒夫氏や永田洋子氏の指示もあって、リンチが行き過ぎてしまい、次々に12人もの死者を出してしまう。いわゆる、山岳ベース事件である。

結局、榛名ベースは警察に踏み込まれ、森恒夫氏と永田洋子氏は逮捕される。そこで、坂口弘氏らが、逃亡を図った。途中で何人かが逮捕され、結局、残ったメンバーは坂口弘、坂東國男、吉野雅邦、加藤倫教、加藤元久という5人となった。一時、さつき荘というところに篭るが、それから篭城したのが例のあさま山荘である。そこにはあいにく、管理人夫婦の夫人、牟田泰子さんが留守番していた。そこに銃を抱えた男たちが5人も侵入してきたのだから、さぞかし驚いたろう。一応、一行は、牟田泰子さんを縛り上げたが、人民の味方を建前とする連合赤軍としては、牟田さんに乱暴することはなく、なるべく丁重に対応しようとした。

あさま山荘の事件は、私の高校時代に起き、当然に、マスコミ側というか警察側からの観点からしか事件を知らないが、犯人側としての坂口弘氏の手記をこのような形で読むのは興味深い。そこには、当然かもしれないが、圧倒的な人数と火器で迫ってくる警察に対する不安や、親の説得、催涙ガス攻撃、鉄球による住居破壊、放水攻撃などに耐えている様子と葛藤が痛々しい。決して褒められたことではなく、まさに犯罪行為であるがしかし、追い込てなお、挫けまいとする人間の強さは感じる。

篭城して10日目に警察に踏み込まれるが、銃撃により警察は、3名が殉職した。壮絶な死である。そうして全員が逮捕され投獄されたが、坂東國男は、1975年の日本赤軍によるクアラルンプール事件で超法規的措置により釈放・国外脱出し日本赤軍に参加した。根っからの活動家である。今もレバノンのあたりで活動しているらしい。一方、坂口弘氏は釈放に乗らず、死刑囚として獄中に留まった。このような手記を書いて世に問うのが、彼流の「総括」なのだろう。

ここで、この稿を終えようと思っていたら、永田洋子死刑囚が拘置所で病死した、というニュースが入ってきた。日経新聞Webから引用してみる。

12人もの仲間をリンチによって死亡させた事実を「総括」という言葉を使って正当化しようとした連合赤軍事件。一審判決は永田洋子死刑囚について「女性特有の執拗(しつよう)さ、底意地の悪さ、冷酷な加虐趣味」と、今読むと驚くようなののしりの言葉を並べている。

リーダーだった森恒夫元被告が拘置所で自殺したため、事件の責任追及を一身に受ける状況だったことと、女性べっ視の風潮が残っていた事件当時の見方を反映した...

上記の坂口弘氏の著書によれば、最大の責任者は森恒夫元被告なのであるが、獄中で自殺したとあっては、永田洋子氏に非難が集まるのも仕方ない。その罪の重さは否定すべくもないが、罪の意図と病気に苛まれながら、ここまでよく生きたといえるだろう。山岳ベース事件については、坂口弘氏は、森恒夫元被告と永田洋子氏に主たる責任を負わせ、せいぜい不作為犯の地位に留まっているように思われる。それは事実なのか責任転嫁なのか分からないが、上記著書には、坂口弘氏の正直さが滲み出ているのは確かである。

ところで、おそらく美人から遠い永田洋子氏は、川島豪氏、坂口弘氏そして森恒夫氏と、権力の中枢にある男性に愛された。それは、そうやって生き延びる女性特有の本能が発達しているのだろうと思われる。美貌に恵まれないがゆえに、男性に逆に取り入る能力を発達させたのだろう。その不安定な性格は、保護欲を掻き立て、一層男性の心を揺さぶったに違いない。してみると、論理の飛躍を敢えて顧みないなら、クレオパトラも、絶世の美女ではなかったと思われる。

八百長

| コメント(2) | トラックバック(0)

ニュースでは、相撲協会の八百長疑惑で、春場所中止などと報道されているが、そんなに騒ぐことだろうか。

というのは、大相撲で八百長疑惑というのは、宇宙から降り注ぐ粒子線のように、絶え間なくあるものであり、今更何を、というのが正直な私の感想である。

思い起こせば、私が生まれて初めて相撲観戦に行ったのは、わずか1年半程度前でしかないが、その頃は今迷走する民主党は人気絶頂で、大相撲もなかなかの人気だった。

それが大相撲改革が話題になった頃から、相撲協会が揺れてきて、朝青龍の引退で、一方の人気横綱を欠いたことで、相撲人気の凋落が否定できないものになった。

それが、やくざとの付き合いや野球賭博が明るみになって、名古屋場所を中止にするかどうか、という議論がなされた。それがようやく落ち着いてきたかと思ったら、今回の八百長騒ぎである。まるで、何十年来の持病を、つい最近の健康診断で初めて発見したかのような報道には苦笑を禁じえない。

記憶が曖昧だが、以前、なにかの週刊誌が八百長疑惑を記事にして、そこで書かれた力士が、名誉毀損だと訴えて裁判で勝った事件があったような気がする。その記事を読んだ私は、相撲で八百長くらいあるだろうよ、と思っていたが、裁判で結局、訴えた力士が勝ったのは、週刊誌が書く事実の根拠が十分立証できなかったからである。

ところが今回は、元幕内力士の春日錦(現・竹縄親方)その他14力士もの携帯メールが動かぬ証拠となってしまった。はっきり分かる証拠を残すとは、その愚かさは目も当てられない。

ただ、冷静に考えてみると、どんな勝負でも、相手の都合がいいように負けるという八百長というのは、人間に人情がある限り、根絶されない。囲碁、将棋、プロ野球などでもである。ただ、囲碁、将棋、プロ野球は、相撲と比べて、相対的に長い勝負なので、もし八百長したらばれやすい。

一方、相撲はというと、一瞬の勝負なので、八百長が結構ばれにくい。また、勝ち越しか負け越しかで大きく待遇が変わってくるので、1勝を都合することのインセンティブが大きい。こうして、どうしても相撲は、八百長の温床となる。

しかし、考えてほしいのは、大相撲なるものは結局、閉鎖世界で、ゴルフオープントーナメントのような、プロもアマチュアも入り混じる全日本相撲オープン選手権のようなものがあるわけではない。すると、そういう閉じた世界であるなら、相撲は、プロレスと何が違うのだろうか。プロレスに八百長がビルトインされていることはあまりにも既知で、そのことを云々する無粋な人もあまりいない。

プロレスで、本当に真剣に戦ったら、死者続出であろう。ローマのコロセウムのようなものである。八百長は、そういうバッファの役割を果たしている。すると、相撲でも、多少の八百長は、人体の必須金属元素のように必要なのではあるまいか。野球賭博然り、やくざとの付き合いも然りである。そもそもが、タニマチといわれる旦那衆に依存する体質自体、われわれサラリーマンと根本的に異なる体質である。どうしても、やくざっぽくなろう。一種、治外法権意識も生じる。

だから私は、大相撲に、日常の論理を適用する今の世間の風潮に反対である。せせこましいコンプライアンスの風を、大相撲に送って、窮地に陥れて何が、誰が楽しいのだろう。野球賭博だって、八百長だって、多少の暴力だって昔からあることで織り込み済みではないか。そういう非日常性を剥ぎ取ると、単に大の男が裸で取っ組む競技になんの魅力があろうか、ということになってしまう。

世の中には、追求すべきことは、大相撲より他にもっと沢山あり、大相撲の優先順位は低い。なぜなら、大相撲は、経済にも、国防にも、外交にも、科学技術にも関与しない。もし、そういうより重要な問題が追求されるのを晦ますために大相撲が追及されているなら、真に哀しい。

小沢氏強制起訴

| コメント(0) | トラックバック(0)

小沢一郎氏の起訴の事件を、読売新聞の記事でみてみる。以下、引用:

小沢一郎民主党元代表(68)の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、小沢元代表の強制起訴から一夜明けた1日、指定弁護士の大室俊三弁護士は、小沢元代表側への証拠開示を早期に行い、公判前整理手続きを迅速に進める意向を示した。

注目の裁判は今後、どのように進むのか。

東京地裁は近く、小沢元代表の事件について、公判前整理手続きの実施を決めるとみられる。同手続きでは、まず、裁判所が指定弁護士側に「証明予定事実記載書面」を提出させるとともに、指定弁護士が手持ちの証拠を小沢元代表の弁護側に開示していく。

大室弁護士は同日朝、「弁護士の立場で、検察の証拠開示が遅いと感じていた。今回の裁判では、そのようなことがないようにしたい」と述べ、積極的に証拠を開示する考えを示した。

これを見て最初に思うのは、今更のように、小沢一郎氏が起訴されるのか、ということである。以前にこの件で結局起訴されなかったので、もう終わったことかと思っていた。

次に思うのは、指定弁護士とは何か、ということである。そもそも、なぜ弁護士が、起訴する側に回るのか、検察官がいるではないか。そこで、Webで検索してみると、次のような記事が朝日新聞にあった。

昨年5月に施行された改正検察審査会法で導入された「強制起訴」の仕組みで、検察官に代わって起訴し、公判を担当する役割を担う。不起訴の判断を変えなかった検察がそのまま裁判を担当すると、公正な審理ができないおそれがあることが理由。どれだけ長く公判がかかっても、報酬は19万~120万円の間で裁判所が決める。
( 2010-10-26 朝日新聞 朝刊 3社会 )

なるほど、2009年の5月の改正検察審査会法で導入されたのか、道理で私が知らない訳だ、といいつつ私は、検察審査会法どころか、刑事訴訟法も全く分かっていない。

そこで、検察審査会法を眺めてみた。すると、検察審査会法とは、その第一条にあるように、「公訴権の実行に関し民意を反映させてその適正を図るため、政令で定める地方裁判所及び地方裁判所支部の所在地に検察審査会を置く。」とある。そして、検察が公訴しないと判断した案件につき、第二条の一にあるように、「検察官の公訴を提起しない処分の当否の審査に関する事項」を審査する。すなわち、検察が不起訴と決めた案件につき、ちょっと待て、その不起訴は妥当か、と再考を促すようである。

そこで、以下、検察審査会法から私なりに纏めてみた。

検察審査会が起訴議決をしたときは、議決書に、その認定した犯罪事実を記載しなければならない。この場合において、検察審査会は、できる限り日時、場所及び方法をもつて犯罪を構成する事実を特定しなければならない。そして、議決書の謄本の送付があつたときは、裁判所は、起訴議決に係る事件について公訴の提起及びその維持に当たる者を弁護士の中から指定しなければならない。その指定された弁護士が、指定弁護士と呼ばれる。指定弁護士は、起訴議決に係る事件について、次条の規定により公訴を提起し、及びその公訴の維持をするため、検察官の職務を行う。ただし、検察事務官及び司法警察職員に対する捜査の指揮は、検察官に嘱託してこれをしなければならない。

実は私は、小沢氏強制起訴というニュースを聞いたとき、てっきりまた、国策捜査かと思った。というのは、最近読んだ、田中森一と佐藤優の「正義の正体」という本で、田中森一氏が、国策捜査はなくならない、と発言していたからである。田中角栄の捜査などその典型であり、最近では三井環元大阪高検公安部長の件もそうであろう。政府の指示または検察に都合の悪いことがあった場合、検察はなりふり構わず調書を作成して公訴する。すなわち、小沢一郎氏の存在が、政府与党にとって邪魔なので、なりふり構わず排除するという方針なのかと思った。

ところがこれは、検察審査会マターなのであった。すると少なくとも、検察主導の国策捜査ではない。もしかして、検察審査会も政府与党の息がかかっているのだろうか。傍目には分からないが、確かに、小沢一郎は、政敵にはまだ脅威なのだろう。だからなんとしても、政治的に完全に失脚させたいのだろうか、などと、いろいろ考えるのであった。

ある検事の告発

| コメント(2) | トラックバック(0)

私の趣味というほどでもないが、あてもなく散歩するということがある。ギリシャの昔から哲学者は逍遥しながら考えるというし、ペレリマンも、散歩が唯一の趣味といってよいようである。そういう御託はまあいいとして、私の散歩コースの終点には、書店の文教堂がある。先日も散歩に飽きて、意味もなく文教堂の中をうろついた。そして、三井環という人の「ある検事の告発」双葉新書という本を、興味なげに手にした。というのは、私は最近、理系度が高まって、相対的に法律や社会科学に対する興味が低下しているからである。

ところが、その文教堂には、私のセンスにしっくりくる理系本がほとんどないのである。それでも義理で何か一冊買って帰ろうと思い、「袖振り合うも他生の縁」で、まあこの三井環氏の本かな、と渋々手にとって、レジに向かった。本当に自分の意思の気まぐれは分からないものである。

そこで簡単ながら、「ある検事の告発」双葉新書の要約を私なりにまとめてみる。例の厚生労働省の村木局長の冤罪事件に呆れていた私は、その思いをまた、この本によって裏書されたのであった。検察、なにやっているのか、である。

三井環氏は、1944年、愛媛県生まれで、中央大学法学部卒、司法試験合格後1972年に検事に任官した。中央大学OBで名物検事だった河井信太郎氏に憧れたということらしい。京都、福岡、神戸、鹿児島、大阪の地検検事を経て、1988年4月に高知地検次席検事、以降高松地検次席検事、大阪高検検事、名古屋高検総務部長を経て、1999年7月から大阪高検公安部長となった。その地位にある2002年4月、検事の地位にありながら三井氏は、突然逮捕されてしまうのである。一体何があったのか、私の理解に従い、追々書いてみる。

三井氏はおそらく、なかなか辣腕検事だったようである。あの山口組四代目竹中組長と渡り合ったこともある。それで、山口組でも、鬼検事と、一目おかれた。仕事熱心で、ある病院の新薬に関する贈収賄事件に深く関与し、経験を積んだ。そういう経験があるところで、当時、大阪高検次席検事であった加納駿亮氏が主担当になって、京大病院の新薬に関する贈収賄事件が起きた。それは、立件に困難なケースだったのに、加納氏は無理して突き進もうとした。結局無理だと起訴に至らなかったのであるが、その対応を、経験者として、三井氏が客観的に批判した。それは妥当な批判だったのかもしれないが、あいにく、加納駿亮氏は、次世代を担うエースだった。それで、検察の上層部から三井氏は随分冷遇されることになる。

その対抗上、三井氏は、検察の裏金問題に着目した。すなわち、どの検察でも調査費という名目で、かなりの予算がおりる。その費用は本来、情報提供者に対する謝礼などに使われる。調査費は、検察全体で年間6億円ちかくもある。しかし問題は、調査費のほとんどが、検事正以上の遊興費に使われている、ということである。ゴルフやキャバレーなどの飲食費用である。そういう支払いを受けるためには、部下に嘘の請求書を作成させる。これは明らかに、私文書偽造などの刑法的犯罪である。

加納氏は、高知地検時代に三井氏の上司であって、加納氏がそういう費用を私的目的に使っていたのを知っていた。その証拠もある。高知地検の年間の調査費の予算は400万円である。そこで、三井氏は、知り合いのマスコミの人に依頼して、加納氏を告訴した。それで、一時的に加納氏は、昇進の足止めをくらったが、次世代エリートの路線は揺らがず、却って一層昇進するほどであった。

これはどうしようもないと開き直った三井氏は、テレビ番組に出演して、検察の裏金問題を、実名で話す手筈をとった。ところがその矢先、突然、三井氏は、逮捕され拘留されてしまう。検察上層部が、三井氏のテレビ番組出演をなんとしても阻止せんとする緊急手段であった。

それはわからないでもない。というのは、三井氏のテレビ番組出演が実現すると、検察全体の裏金問題が明るみになり、責任追及は上層部にも及ぶ。それはまさに昨年、村木厚子元局長の冤罪事件で起こったような検察の権威失墜につながる。

検察が三井氏を追及したのは、購入したマンションに転入する意思がないのに虚偽の転入届を出したこと、その住民票に基づき、登録税減免を受けるための住宅家屋用証明書を市役所から得たこと、という微罪であった。それだけでは足らないので、三井氏と親交がある暴力団関係者に虚偽の申し立てをさせた。

それで長期拘留されるとは驚きだが、結局裁判に持ち込まれ、上告棄却になって刑が確定してしまう。逮捕は2002年4月で、実刑判決が確定したのが2008年10月17日、そこから1年8ヶ月の刑期で、出獄できたのが、2010年1月18日、約1年前である。なんとも理不尽な裁判だが、検察に刃向かうと、部内者であってもこういう目に遭うということで、恐ろしい。

確かに、検察の対応は異常だが、三井氏のやり方も直球すぎたのではあるまいか。もっとマスコミを使って、じわりじわりとリークする方法がなかったかと思われる。

一方で、三井氏を追い込んだ検察の旧態依然の体質は、村木厚子元局長の冤罪事件でとうとう、頓挫してしまった。最後は正義が勝つという少年漫画のようなことを言うつもりはないが、起こるべくして起こった検察の問題であろう。村木厚子元局長の冤罪事件で逮捕された大坪検事はまさに、三井氏の事件を担当した検事でもあったという。これは偶然なのか、それとも、大坪検事は冤罪担当要員なのか。

ともかく三井氏は、元検事として、村木厚子元局長の冤罪事件の責任が、大坪検事や前田検事に留まるはずはなく、当然に大阪高検の中尾検事長にも及ばないはずはないという。FD改ざんのような重大な処理を、末端の検事が単独でするはずがないというものである。そういう検察庁の体質について、もう少し勉強してみることにする。

タイタニック症候群

| コメント(0) | トラックバック(0)

10年以上前に映画が大ヒットしたこともあって、タイタニックがなぜ沈んだのかという原因にあまり疑問はもたれていないかもしれない。しかし、たまたま古書店でみかけた「タイタニック号99の謎」福知怜著を読んでみて、あらためて感じたことがあるので、今更であるが、簡単にまとめてみる。

まず、最初の問題は、出発前の火災である。出航予定日である1912年4月10日の前日に第10石炭庫の右舷側、すなわち、第5防水隔壁のそばで火災が発生して鎮火していなかったが、タイタニックは構わず出航した。その程度のことで出航予定日を変更するわけにはいかなかったのだろう。ところが、火災はなんと、4月13日が経過するまで鎮火しなかった。鎮火したのは、氷山に衝突して遭難する前日のことである。さらに問題は、この火災がきちんと、責任者に報告されなかったことである。報告しないことで、問題をもみ消してしまいたかったのたろう。組織上の問題である。しかし、第5防水隔壁は、防水の最後の砦である。火災で脆くなった第5防水隔壁が、氷山衝突後の浸水を早めることになったであろうことは想像に難くない。

次の問題は、氷山衝突の警告の無視である。4月14日の朝、スミス船長は、最初の氷山の警告を受け取った。それはキャロニア号のバー船長から、2日前に発せられたものであった。さらに同日の午後1時42分、バルティック号からさらなる氷山警告が届いた。明らかにタイタニックは、前の警告の時点よりも氷山に近づいている。この通信文を受け取ったスミス船長は、タイタニックに乗り組んでいる、タイタニックを所有するホワイト・スター・ライン社社長のイズメイに、この警告の通信文を渡した。しかし、イズメイは、通信文をポケットにしまいこんだまま、なにも手を打たなかった。イズメイに報告してそのまま放置したスミス船長にも問題があり、それを受け取って放置したイズメイにも責任がある。イズメイとしては、氷山をよけるためには航路を変更しなくてはならず、すると予定が変わるのが嫌だったのかもしれない。そもそも、「不沈艦」タイタニックにとって、たかが氷山ごときという思いあがりはあったのかもしれない。

氷山衝突の警告の無視は、上層部レベルだけではない。4月14日の午後1時45分、ドイツの定期船アメリカ号は、ワシントンDCの海軍水路局に、2つの大きな氷山の横を通過したと報告し、このことは北大西洋上を航行している船に送信された。当然にタイタニックもこれを受け取ったのだが、無線士から航海士に報告されなかった。氷山衝突の警告はその後も陸続とやってくる。午後7時30分、タイタニックは、近くを航行中のカリフォルニアン号からの氷山の存在を知らせる無線を傍受する。ところが、午後9時40分、近くを航行中のメサバ号から直接、タイタニックに向けて氷山警告の通信があった。午後10時30分にも、近くを航行中のラッパハノック号が、氷山の間を通り抜けたところだとタイタニックに打電してきた。タイタニックはこれにお礼をしたが、単に聞いただけであった。そしてさらに、カリフォルニアン号から通信がきた。それは、氷山に囲まれ、身動きがとれなくなっている、というものだった。ところが、通信士は、乗客の私信を送信することに多忙で、うっとおしがって、カリフォルニアン号から通信を一方的に切ってしまった。このようにすべての無線通信を無視したタイタニックは、氷山へ向かってまっしぐらに進んだ。

まっしぐらというのは文字どおりであって、どうも社長のイズメイは、目的地に予定どおり着くために、航路も船のスピードも変更したくなかったようなのである。その指示が船長や航海士に行き渡っていて、すると、氷山衝突の警告を聞き入れてアクションを採ることは、社長の方針に違背してしまうことになる。すなわち、高橋伸夫氏の言うところの、やり過ごしが全く働かなかった。会社組織よりも軍隊に近い航海士の組織では仕方がないのだろうか。そうであるなら一層、経営者側に柔軟性が必要であった。

さらなる問題は、救命ボートの明らかな不足である。すなわち、イギリス商務省の規則では、全乗客の1/3の人数が乗れる救命ボートを積んでいればよしとされた。それでも最初は、64艘のボートが詰まれる予定だった。すると、1艘の定員は65人だから、避難にあたって、2208人の乗客全員が乗れた計算になる。ところが、救命ボートの積載位置は、プロムナードなので、乗客的には、そこを空けておいて景観が眺められるようにしておくほうがいい。こうして結局、ボートは20艘しか積まれなかった。それでも、ボートが20艘あれば、原理的に約1300人が救助できるはずであるが、実際救助されたのは800人程度に過ぎなかった。それは、救命ボートを使った避難訓練を、乗組員さえ十分に行わなかったからであった。だから、現実の避難となるとみんな慌てた。

その他、見張り担当者が双眼鏡を遺失するなど細かい、しかし重大なミスが重なったが、タイタニック沈没の原因をまとめてみると、以下のとおりである。これをタイタニック症候群と呼ぶこともできるが、あるいみ、あまりに普遍的である。

  1. 不沈艦神話。タイタニックほどの巨大豪華客船が沈むなどと信じたものはほとんどいなかった。もっと言うと、そうでないと信じようとした。これは会社でも、巨大企業などにいえる。一昔前なら、リーマン・プラサーズが消滅するなどと、誰も信じなかった。いわば、too big to disappearである。大きいものを安定とみなして、そこに平安を見出すのが、人間の性である。
  2. 商業主義。儲けにつながらないあらゆるコストは、最小限に抑えられる。これは、第4象限でも指摘したことである。速度を落とす、航路を変更するなどの予定変更は、余分なコストにつながる。また、商業主義の下では、資金を提供する資本家が、専制君主となる。
  3. 優先順位の間違い。かくして、最優先されるべき人命、安全の優先順位が下がる。火災や氷山警告に注意を払うことも、十分な救命ボートを用意することも、商業主義の前にはぐっと優先順位が下げられてしまった。設定された優先順位に従わない乗組員は譴責され、冷遇され、あるいは馘首されるだろう。

タイタニックの災難は確かに、海上安全の基準に大きな影響を与え改善した。しかし、一般の人々は、タイタニックの災難からほとんど何も学ばないだろう。あれは特殊な事故だった、と言い捨てて。

狂気の銃弾

| コメント(0) | トラックバック(0)

1月24日号のTIMEに、1月8日に起きた、アリゾナ州ツーソンでの銃撃事件の特集があったので、私なりに纏めてみる。

この事件は要するに、民主党の女性下院議員、ガブリエル・ジフォーズの会合に、明らかに狂った男が、銃をもってタクシーで駆けつけ、ジフォーズと聴衆に向け発砲、これによって6人が亡くなり、13人が怪我をしたというものである。ジフォーズは頭に発砲を受け、いまだに重態である。たった15秒間の出来事であった。その間、犯人のジェアード・ローナーは、31発の弾を撃った。

亡くなった6人は、次の人達である。

  1. 9歳になったばかりの少女、クリスチーヌ・グリーン。クリスチーヌはなんと、9.11テロの日に生まれた、ミラクル・ガールだった。
  2. 63歳の地裁判事、ジョン・ロール。
  3. 79歳の婦人、フィリス・シュネック。
  4. ジフォーズの奉仕支援活動のディレクタ、ゲイブ・ジマーマン、30歳。
  5. 76歳の婦人、ドロシー・モリス。夫のジョージ・モリスと一緒に来ていた。発砲に、ジョージは妻の盾になろうとした。確かに何発かはジョージの体が受け止めたのだが、逸れて妻に当たった弾が、致命傷になった。
  6. 76歳の元建設作業員、ドーワン・ストッダード。妻のメイビーと一緒に来ていて、銃声を聞くと反射的に妻の盾になった。自らは銃弾に倒れたが、見事妻を守りきった。立派である。

一体なぜこんなことが起きたのか。また、犯人は一体どのような人物なのだろうか。ジェアード・ローナーは、中学校までは、音楽が好きで、サックスをたしなむ、ごく普通の生徒だった。ところが、高校に進学してから、精神に暗雲が立ち込めてきた。高校をドロップ・アウトすると、酒浸りになった。ドラッグにも手を染めた。この頃から言動がおかしくなった。軍隊に入隊しようと応募したが、マリアナを吸っていたので、当然に拒否された。軍隊で拒絶された頃から、ますます行動がおかしくなってきた。意味不明の単語をしゃべったり、信号機を器物損壊したりした。それからコミュニティー・カレッジに通ったが、言動はいよいよ異常性を帯び、カレッジでそばの席にいた女性は、身の危険を感じたという。

妄想がいよいよ進み、誰かが自分を電波で操っているような錯覚を覚えた。ガブリエル・ジフォーズとの関り合いは、2007に、ローナーが、ジフォーズの集会に出席したときである。そのときローナーは、「言葉が意味無しなら、政府ってどうよ?」と質問し、当然にジフォーズは、この質問を軽くスルーして次の質問に移った。この対応がローナーにはひどく不愉快で、ずっとジフォーズを銃撃する機会を窺っていたようである。

専門家は、ローナーは、統合失調症ではないかと推測する。いずれにしても、精神の病を抱える人が銃撃したという意味で、バージニア工科大学の銃殺事件と似いているが、異なるのは、ローナーのメインのターゲットであったガブリエル・ジフォーズが、共和党のサラ・ペイリンなどの政敵である、民主党の女性下院議員だったということである。そこに政治的な陰謀を想定して、サラ・ペイリンの関与を示唆するブログを書いた人もいたようであるが、それはいくらなんでも言いすぎであろう。

日本でも、秋葉原事件などのように、精神的におかしくなった人による事件は散見される。そこでの決定的な違いは銃である。もし米国が銃社会でなかったら、ジフォーズがローナーに、刃物で刺されるくらいで済んだかもしれない。

そうして毎回、米国で銃保持社会であることの議論が巻き上がるのだけれども、銃規制の方には微塵も進まない。なんともおかしな国ではある。

なお、ローナーが統合失調症だったとしても、それだから妄想により銃撃したと結論付けるのは早計である。というのは、統合失調症の人が加害的な行為に及ぶことは極めて稀で、飲酒、ドラッグなどさまざまな原因が考えられるが、そもそも、普通の少年であったローナーなぜドロップ・アウトしていったのか、その原因は不明である。心の闇の世界はあまりにも不透明である。

弁護士トラブル

| コメント(4) | トラックバック(0)

ダイヤモンドオンラインによると、最近、弁護士トラブルが増えているという。以下、適宜引用しつつコメントする。

「事前に何の説明もなく、突然300万円を請求された」
「強引に契約を結ばされた」
「無料相談のはずが、料金を取られた」

全国の消費者センターなどに寄せられたこれらの苦情。いずれも、弁護士に対するものだ。その数は10年前の6倍を超え、昨年度は1900件余りにのぼっている。急増する"弁護士トラブル"の現場を取材して明らかになってきたのは、自らの利益ばかりを優先する弁護士たちの姿。そして、弁護士が暴力団関係者とつながり犯罪にかかわるケースも増えているという深刻な実態だった。

私はもともと、弁護士が倫理高潔の士だなんて思ったことはない。そもそも、司法試験に倫理の科目はない。それにしても、最近、弁護士のトラブルが増えているとはどうしたことか。

弁護士法第一条には、「弁護士は基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」とある。"正義の味方"であるはずの弁護士に一体何が起きているのか。

それは、大いに建前であろう。典型的には次のような事件があった。

今年1月、北海道の会社員の男性が借金の整理を依頼した弁護士を訴えた。男性は3年前、毎月10万円をこえる返済に行き詰まり、東京の弁護士に相談した。その結果、残った借金は大幅に減って189万円となり、月々の返済額も半分以下になった。

ところが今年になって、男性は思いがけない事実を知った。男性に返ってくるはずの250万円もの金が2年も前に弁護士の口座に振り込まれたままになっていたのだ。法律の上限を超えて払いすぎていた「過払い金」だ。これを返済に充てていれば、借金はすべて帳消しとなり、この2年間の返済は全く必要なかったことになる。

「弁護士は過払い金を着服するつもりだったのではないか」

男性の疑問を確かめるため弁護士の事務所を訪ねた私たちに、弁護士は後から男性に渡すつもりだった、返済額は減っていたので苦労していないはずだと答えた。弁護士は今年6月、男性と和解。自らの報酬と経費を差し引いた200万円を男性に渡した。

また、次のようにマッチポンプで稼ぐ弁護士がいる。

違法な業者と手を組んだとして訴えられた弁護士もいる。弁護士は九州各地で借金の相談会を開いていた。弁護士を訴えた女性は夫が病気になった20 年前から生活のための借金と返済を繰り返してきた。トラブルのきっかけは去年、1人の業者が自宅を訪ねてきたことだった。業者は「過払い金が戻ってくるはずだ、いい弁護士を紹介する」と持ちかけ借金の相談会に連れて行ったという。女性はそこで弁護士と契約を結んだ。

7ヵ月後、女性は弁護士から呼び出された。契約を結んだときと同じ相談会の会場で、返ってきた過払い金だとして600万円もの現金を受け取った。これほどの大金を直接手渡されると思っていなかった女性は、札束を持つ手が震えたという。女性が外に出ると、車で来ていた業者が待っていた。女性は金を請求する業者に従い、弁護士から受け取ったばかりの現金から263万円を手渡したという。

しかし、田中 森一の例を挙げるまでもなく、弁護士と闇社会はとても近い距離にある。弁護士が一歩足を踏み入れれば、簡単に闇社会との癒着が始まり、また、うまくいくと濡れ手に泡の稼ぎとなる。

弁護士が堕落した理由は次のとおりである。

  1. この10年間で、弁護士業界の規制緩和が進み、広告が解禁されたり、報酬が自由化されたりしたことで弁護士の間で競争が激しくなっている。
  2. 司法制度改革によって弁護士の数が急増したことで都市部を中心に過当競争が起きている。

要するに、尋常な手段では稼ぐことが難しくなったので、非合法すれすれのことをやっている弁護士が増えてきたという次第である。次のような事件もある。

まず、新たな会社を作って銀行から融資を引き出す。資金が集まったところで、暴力団関係者の依頼を受けた弁護士が「会社は倒産することになった。融資の回収は自分を通してほしい」と銀行に通知。弁護士が交渉の窓口になったところで暴力団関係者は資金を持ち逃げするというものだ。

結局、貧すれば鈍するのである。

弁護士はなぜ闇社会に取り込まれるのか。違法行為に誘われたことがあるという東京の尾崎勝一弁護士。「高額の報酬を払うので名前だけを貸してほしい」と誘われた。尾崎弁護士は断ったが、誘いに乗りかねない弁護士は身近に少なからずいるという。弁護士の競争が激しくなっている大都市では、仕事のない弁護士が増えているからだ。

司法試験でも述べた、政府の弁護士増加計画は、このような弁護士の堕落を促進するだろう。どうしても弁護士増加と、弁護士の質向上をリンクさせたいなら、倫理規定を厳格化し、不埒な行為をした弁護士は即、永久失格とする。すると、新任の弁護士がその穴を埋められる。ただ、失格の烙印を押された弁護士が黙って引き下がるだろうか。そもそも、そんなにつぶしの利くスキルではないのである。で、とりあえず弁護士の定員を徒に増やすのは止めようということにならないだろうか。

特許庁の汚職

| コメント(5) | トラックバック(0)

日経新聞Webによると、特許庁の審判官、すなわち。キャリアがからむ贈収賄事件の公判があったという。以下、引用:

特許庁のシステム開発をめぐる贈収賄事件で、収賄罪に問われた同庁の先任審判官の志摩兆一郎被告と、贈賄罪に問われたNTTデータの元社員の沖良太郎被告の判決公判が2010年9月14日、東京地方裁判所で開かれた。東京地裁の河村俊哉裁判官は志摩被告に懲役2年、執行猶予4年、追徴金約256万円の有罪判決を言い渡した。沖被告は懲役10カ月、執行猶予3年の有罪判決だった。

河村裁判官は志摩被告の判決理由として「公正中立な立場が求められる特許庁の審判官でありながら、特定の企業に便宜をはかるため、長期、多数、多額の賄賂を受け取っていたことは軽くみることはできない」と話した。沖被告の判決理由は「自ら主導して賄賂の供与を繰り返すきっかけを作った」とした。

執行猶予を付与した理由として河村裁判官は、「両被告とも前科はなく、事実を認めて反省し、謝罪の気持ちをあらわにしている。志摩被告は公務員を失職することになり、沖被告は所属していた企業から解雇処分を受けた。酌むべき事情はあると考え、今回に限り刑の執行を猶予するものとする」と述べた。

判決によると、志摩被告は2005年8月から2009年11月までの間に、次期基幹システムに関する情報の見返りに、沖被告から66回のタクシー代(合計約256万円)を受け取った。

私は、エキスパートに書いたように、特許庁の電子出願まわりの仕様を検討する委員会にいたので、特許庁のシステム開発に関する事情も、少しだけ分かるが、私が委員会活動していた1994~2000年頃は、日立製作所とNTTデータが特許庁に深く関与し、他の会社は関与する余地がなかった。だから、電子出願システムのクラアイント部分を富士通が担当すると知ったときは、少し驚いたものである。

ともかく、当時の常識だと、通信部分はNTTデータが独占なので、次期システムの仕様も当然にNTTデータに独占して伝えられていたはずで、NTTデータはなにも賄賂など使う必要はなかったはずである。私が知らないうちに、受注もオープンになったのだろうか。当然といえば当然だが、時代の流れを感じる。

なお、なぜ審判官がシステム部門にいるとかと思われるかもしれないが、特許庁では、審査官の資格があるキャリアの職員も、総務部管轄のシステム部門に異動して、実際に仕様を策定したりする仕事をするのが慣用のようである。私が委員会当時、電子出願システムの検討を通じて知り合いだった審査官が、私が担当する出願の審判官となって随分痛い拒絶を打ってくることがある。ううんと、唸りながらも昔を忍ぶ。

ところで、特許庁の審査官や審判官の賄賂というのは絶対にあってはならないし、あるはずもないと信じたいが、審査実務で、はっきり駄目な件と、進歩性が明確な件を除き、許可するかどうか微妙なケースは山ほどある。そんなとき、特定の会社が、担当分野の審査官に近づき、何ほどかの鼻薬を嗅がせて審査に手心を加えてほしいと依頼すると、審査経過を練達の弁理士が読んでも分からない程度に作為して許可してしまうことができるのではないだろうか。そうでなくても、審査官が大学の同期とか、遠い親戚だとか、微妙なケースはあるだろうし、そこまでは忌避扱いにならないので、難しい。

私は具体的には知らないが、あるベテランの弁理士の方から、昭和30年代に、審査に手心をくわえてほしいという、ある会社からの申し入れを受けた審査官の贈収賄の事件が実際にあったと聞いたことがある。流石にその後は、目に見える事件はなかったはずである。

ということで、いろいろな意味で、今回の特許庁のシステムがらみの事件は、考えさせられるのである。

9.11の計画

| コメント(8) | トラックバック(0)

また、9月11日がやってきた。気が重くなる。なぜだか説明するまでもないが、敢えて言うと、これほど人間の業の深さを垣間見る事件もなかなかない。

9.11については、一通りの関心をもって、9・11疑惑など、記述してきたが、「9.11テロの超不都合な真実」菊川征司、徳間書店に基づき、9.11の計画の別の側面につき書いてみる。

それでは、9.11を誰が計画したか、アルカイーダかというと、もちろん違う。1991年にソ連が崩壊したとき、一番焦ったのは、実は米国であった。すなわち、巨大な軍産複合体を抱える米国には、軍備を増強することで軍産複合体を反映させるために、仮想敵国が必要であった。

そして、ソ連は格好の仮想敵国であった。つくられた共産国家にあるように、共産国家、中華人民共和国の建立に貢献したのはジョージ・カトレット・マーシャルであったが、ソ連の建国にも、ロスチャイルドの支援があったという説はある。

ともかく、目標を失った米国が次に狙ったのは、イスラム原理主義者を仮想敵と仕立て上げることであった。9.11の計画が始動し始めたのは、1996年、そのキーは、ブッシュを当選させることであった。

そして、一見関係ない事件が、9.11の伏線として浮かび上がる。それは、クリントンのセックス・スキャンダルである。ある意味たかがセックス・スキャンダルなのに、独立検察官、ケン・スターは、56億円もの費用をかけて、クリントンを追求した。そのために美人局のようなことが1993年から計画されていたという話もある。クリントンの好色性が利用されたということである。好色ということでは、ケネディ大統領もそうだったが、そこは特に追求されなかった。反民主党の世論をつくろうとしたか。

一方で、世界貿易センタービルにハイジャックされた航空機が突入するという計画は、1996年には骨子かできあがっていた。1999年には、世界貿易センタービルだけでなく、ペンタゴンにも同様に航空機が突入するという計画になった。

その間、骨子となる航空機の遠隔操縦技術は洗練されていった。1999年12月25日に起きた、エジプト航空990便の事故は、この遠隔操縦技術の実験ではなかったか、という説がある。なにしろ、米国国家運輸安全委員会の事故調査報告がおかしい。それは、同便の控えパイロットであったエル=バトウティが意図的に操縦桿操作によってボーイング767型機をダイブさせた、すなわち、自殺だったというのである。ただ、エル=バトウティはセクハラの傾向がひどく、解雇を告げられて自暴自棄になっていたという説もある。遠隔操縦技術によって墜落させられつつある飛行機を、必死で立て直そうと操縦桿を操ったのではなかったか。

そして2000年の大統領選挙である。ブッシュとアル・ゴアのデッドヒート、そしてあまりにも不透明な結実は、記憶に新しい。そこには、手段を選ばずブッシュを当選させるという周到な計画があった。

そして計画は綿密に練り直された。以下のシナリオは、その後の歴史を見れば明らかであるので、敢えて書かない。しかし、それは、もしかしたら、ほとんど8年越しの、マンハッタン計画以上の巨大プロジェクトである。どうしても気になるのは、前も書いたかもしれないが、9.11のわざと下手をこいているような側面である。ほら見ろよ、これが舞台裏だよ、と言わんばかりである。それは意図しない綻びだろうか。どうしてもそうは思えないのだが。

サイバー攻撃誤認

| コメント(0) | トラックバック(0)

asahi.comによると、ある男性が、図書館の新着図書のリストを順に開き、内容をコピーして切り張りする自作のプログラムを使っていたら、突然警察から逮捕されたという。

自作のプログラムを使っていたら、突然警察に逮捕された。図書館ホームページからの情報入手を巡る事件では、IT技術者から不安や懸念の声が上がっている。逮捕の背景には、図書館がコンピューターの管理をメーカー任せにしている問題があるほか、捜査当局のITの知識を疑問視する声も上がっている。

一体、何事かと思ったら、岡崎市立図書館ホームページに大量アクセスしHP閲覧を困難にしたとして今年5月、偽計業務妨害容疑で男性(39)が逮捕された、という事件のことらしい。私はこの事件のことを知らなかった。

問題は、閲覧が困難になったのは、岡崎市立図書館のホームページに使われていたソフトが古かったためであって、男性の自作のプログラムは、極めて穏当にしかホームページにアクセスしていなかったということである。

男性は今年5月、突然、逮捕された。取り調べで、プログラムに業務妨害の意図がなかったことを説明し続けた。20日間勾留(こうりゅう)された後、起訴猶予になった。事実を自身の視点で説明しようとホームページを立ち上げた。

プログラムは自動で新着図書のリストを順に開き、内容をコピーして切り張りするだけのもの。図書館側へのアクセスは14日間に3万3千回で、秒間約1回。数万円で買えるコンピューターでも1日数万回や秒間10回はアクセスに耐えるとされ、むしろ少ない数だ。「常識的に考えて逮捕はおかしい」などとブログやツイッターで書き込みが相次いだ。

取材で、県警がプログラムの意図を逮捕前に把握していなかったことが分かった。警察庁によると、典型的なサイバー攻撃は同時に数万回のアクセスを行う。一方、男性のプログラムは負荷を少なくするため、1回ずつアクセスし、応答を待って次のアクセスをする。

偽計業務妨害容疑とは、虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の業務を妨害することであり、ITの常識からみて、男性のプログラムのアクセスは妥当な範囲であり、該等しない。明らかに警察が行き過ぎである。

で、結論としては、警察も図書館も、ITの素人であるのが原因だったということになる。もとより警察のIT音痴は周知で、例えば、Winnyの顛末にも書いたように、ITの事件は、所轄外なのに、わざわざ京都府警が一手に引き受けて担当するくらいであるから、いかに警察全般がITに弱いかということである。すなわち、警察官僚は刑法や刑事訴訟法に強く、現場の捜査陣は、殺人や交通事故には強いが、サイバー犯罪にはからっきし、ということである。

これでは、ウィルス作成罪にもやはり慎重になったほうがいい。上記の例からいくと、単なるエージェントのようなプログラムを警察が、コンピュータ・ウィルスと勘違いする可能性が大だからである。

この就職難だから、情報処理系の大学生や大学院生で、就職先をみつけるのに苦労している人は少なくないだろう。警察は、そういう人達を採用して、IT専門の部署を作った方がいい。いかつい、エストロゲンむんむんみたいな捜査官の中に、ノートパソコンを抱えた蒼白い秀才のような一群の警察官がいて、それはそれで周囲から浮くだろうが、時代の流れである。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち事件カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは世相です。

次のカテゴリは企業です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。