日常の最近のブログ記事

ローテク

| コメント(2) | トラックバック(0)

新年になって、ポータブルCDプレーヤーを買いたいといったら、家人が怪訝がる。なぜ今更そんなものが必要なのだと。iPodを買えばいいではないか、そもそもそんなものまだ売っているのか、とまでいう。

ともかく、自宅の近くのコジマ電気に出かけたら、一応、ポータブルCDプレーヤーはまだ売っていた。知らないブランドのものと、ソニーのものである。そこで、四千いくらで、ソニーの方が幾分か高かったが、ブランドに負けて、ソニーのを買った。

ポータブルCDプレーヤーをわざわざ買った理由は簡単で、イングリッシュ・ジャーナルについてくるCDを聴いて、英会話をブラッシュアップするためである。好きでもない英会話をやり直す理由は簡単で、定年後の再就職を見込んでいる。どこかに応募したとき、英語力は少なくとも邪魔にならないだろうし、外資系(ああ、もううんざりだが)や海外で働くオプションも見込める。

でも、ポータブルCDプレーヤーでなくて、iPodなどの方が、コンパクトで、沢山曲が入るし、便利ではないかと誰もが思うだろう。それは間違いないのだが、私はどうも、一々パソコンにCDから取り込んで、それからiPodにコピーするという方式がうっとおしくなってきたのである。そもそも、ローエンドの私のパソコンは、ハードディスク容量が潤沢ではない。

それで、通勤でポータブルCDプレーヤーで英語を聞いていて、それなりに快適なのだが、若干問題があってそれは、ポータブルCDプレーヤーは、少なくともCDを収める大きさが必要なので、結構サイズが邪魔である。絶対にズボンのポケットには入らないので、冬ならコートのポケットに入れるとか、夏なら鞄に入れるなど工夫は必要である。

あと、モータという機構装置を駆動するために、電池がすぐに消耗してしまう。単三2本で動くのだが、公称の16時間なんて無理で、8時間程度でなくなる。百均の安いアルカリ乾電池を使っているせいもあるのだろう。なにしろ、100円で6本である。

そうはいっても、ポータブルCDプレーヤーは、なんとなく、可視感があるのがいい。もちろんどんな装置にもブラックボックスはあるが、ポータブルCDプレーヤーは、おそらくブラックボックスは相対的に小さい(なんでも、ソニーのポータブルCDプレーヤーは、組み込みLinuxを使っているらしい)。

それと、嬉しいのは、音飛びがなくなったことである。10年前に買ったポータブルCDプレーヤーは、ちょっと揺れると、ちょっちゅうヘッドがトラックから外れて、音が飛んだ。今のポータブルCDプレーヤーは、先読みしてバッファリングするようで、モーターは間欠的にしか回転しないし、音飛びもまず起きない。しかし、この程度で感心していると、今の時代馬鹿にされるので誰にも話していない(といいつつ、ここに書いている)。

こういうローテク機器に拘るのは、それが寧ろボケ防止にいいのでは、という言い訳もある。すなわち、ローテク機器は、ユーザーの操作が面倒で、頭を使うと書いてきて、そんなことはとてもいえないことに気づいた。そもそも、ハイテク機器の機能を使いこなす方がずっと頭を使う。

で、別の言い訳は、なんとなく普段の感性とあまり離れたくない、ということがある。例えば、iPadで本を読むよりも、できれば紙の本で読みたい。すると、音楽だって、iPadよりもCDを直接聴きたい、ということである。実は私は、最新の機器を使いこなそうとすると、自分の中の新規なものに興味をもつリソースを消耗してしまうのではないか、という根拠のない不安がある。すると、日常的なところではローテクで済ませて、思考を高いところに置く方がいいのではないか、ということになる。すなわち、極論であるが、iPadで週刊誌を読むより、古本屋で買った宇宙論の本を読む方が実は、生活全体でみてハイテクであると言いなそうとしてる。ううん、世間には通用しないか。

もちろん私がローテクに拘るのは、要するにローテクの方が安くつく、というのもある。だから、要するにお前は、単にケチなだけではないか、というなら、それでも構わないということになる。

ダイエット制御

| コメント(0) | トラックバック(0)

ハードティスクでは、別のトラックにヘッドを移動するシーク・モードと、目的のトラックに到着したら、そのトラック上を追随するトラッキング・モードがある。で、誰も読まないし興味をもたないと思うが、私のダイエット方法を、ハードティスクの動作に擬えて説明する。

シーク命令:シーク命令とは、痩せなさいという命令であって、私の場合、痩せないと健康的にまずいという司令が下った。どこから下ったのか、今でも不明である。家族なのか、深層心理なのか、霊界なのか、わからない。

シーク動作:シーク命令に応答して、シーク動作が行われる。シーク命令には、開始トラック番号である、86キロと、目的トラック番号である、74キロ付近という情報が書かれている。シーク命令が、コントローラに渡されると、コントローラは私に、土日は、なるべく、ヨーグルトと野菜ジュースだけで凌ぐように指示する。普通はそこで、指示とは逆方向のイナーシャがヘッドにかかるのだが、なぜかうまくフィードバック信号が働いた。当然だが、シーク動作中に、飲み会などの擾乱信号が入り、ジッターが生じたが、今回のコントローラは、制御ロジックがしっかりしていて、短時間でヘッドを安定化させた。こうして比較的短時間で、74キロ付近までシークできた。そこでヘッドはトラッキング・モードに入るはずなのだが、なぜかまだシークが続く。コントローラの制御ロジックのバグかもしれない。そして、意に反して、71.5キロあたりで、ヘッドがトラッキング・モードに入った。

トラッキング動作:トラッキング動作では、土日の食事が、ヨーグルトと野菜ジュースから通常に戻った。ただ、注意としては、普段であれ、土日であれ、一切間食しないし、腹7分目以上食べることはまずない。ときどき飲み会があったとしても、一切間食しないし、腹7分目以上食べることをしないという習慣を続けることにより、肥ることはない。ただ、トラッキング動作の自動制御のため、少なくとも一日2度、すなわち、朝起きたときと、寝る前には体重測定する。そして、71.5±0.5キロ程度に収まっていることを確認する。それがトラッキング範囲なのである。なお、トラッキング動作中に、サージとして、空腹感が襲うことがある。ここで空腹感に負けて食べると、トラッキングの制御から外れる。そこで私が考えだした方法は、焼き海苔をかじることである。焼き海苔をかじってお茶を飲むと、とりあえず空腹感を抑えられる。また、ミネラルを補給しつつ、カロリー摂取も最小限にとどまる。

このダイエット・コントローラのロジックが、どれほど安定か、いつまで安定かさっぱり分らない。ただ、ありえるのは、シーク命令に従い痩せたので、今度は別のシーク命令で、80キロあたりに戻りなさいときたときが、ダイエットからの決別である。意思の仕組みは不透明で困るのである。

ダイエットの効果

| コメント(4) | トラックバック(0)

人間というものは、自分が試みたことを後で正当化したがるものだから、私がダイエットしてこんないいことがあったと書いても、当然にバイアスがかかっていると考えるのが妥当である。

そのバイアスを自覚しつつ、あえて書くと、まずダイエットの顕著な効果は、歩くとき体が軽くて、息が切れにくくなった、ということがある。実際、私が通勤に使っている鞄には、読みもしない本や資料が詰め込まれているので、重さは、5キロくらいになることもあるが、こういうのを3個も抱えて歩くことを考えると、結構大変である。体重の場合、全身に隈なく重量が分布するので、鞄を抱える場合とモーメントが異なるが、それでも純粋に重量的な負担になることは間違いない。

他のダイエットによる顕著な効果として、普段特に酒を飲まなくても済むようになったことがある。といって、酒が嫌いになったわけではなく、飲むとおいしいし、滅多に飲まないことによる新鮮な感動さえあるが、ストレスがたまって、飲みたくて仕方がない、ということがほとんどなくなった。

とはいえ、もともと嫌いではないので、飲むとつい深酒になってしまうということでは、ダイエット前と変わらない。それで次の日つい二日酔いというのも同じだが、二日酔いからの回復が、ダイエット前よりも随分早くなった。これはおそらく、肝臓に溜まっていた脂肪が減って、肝機能が高まったせいではないかと思う。

ただ、ダイエットにより当然失うものはあると思っている。例えば、勝負強さや粘り強さである。だから、11月3日の将棋の職域団体戦は、ダイエットが勝負に与える影響を見極めるのによい実験なのだった。ダイエット前から、ぜいぜい5割程度の勝率という、私としては情けない結果がここ数年続いていたので、ダイエットによりさらに弱くなっていたら、ダイエットそのものを見直そうと、ちょっと悲痛な覚悟で、職域団体戦に望んだ。

で、結果は、4勝1敗と、私としては満足がいくものであった。ただ、クラスがBクラスだったということで、その程度で喜んでいてはいけないのだが、最近、Bクラスでも5割がやっとだったのだから、目標は低いのである。果たして、観戦にきてくれた棋友は、勝ったとはいえ、私の手の質の低さのため、ほとんどコメントさえしてくれなかった。私も将棋の内容について、異論はないので仕方ない。

それでも、あえてダイエットが将棋に与えたと思われるよい影響を書いてみると、まず、勝負を急がなくなった、ということがある。私の将棋はもともと、鋭い攻め?を身上とし、隙あらば攻め潰そうするところに特徴がある。ところが、ダイエットのせいか、淡々とした局面をつくって平然と待っているようになった。ただ、私は受けが得意でないので、攻め込まれて不利になった将棋が何局もあった。ダイエット前の私なら、一発逆転の手を狙って、却って傷を深めただろう。しかし、不利になっても淡々と、それ以上傷を深めないように指していると、たまたま相手が弱かったというのもあるが、勝手に転んでくれて、望外の楽勝になった将棋がいくつかあった。

また、優勢になっても、一気に攻めていかないようになった。指していて気づいたのは、わざわざ曲線的な手を選んだ自分に気づいた。それで、かなり優勢なのが形勢によりが戻ったのであるが、それでも焦るでもない。

それで書きながら思ったのは、格下の相手に着実に勝つには、ダイエットによる心理の変化は有効なのではないか、ということである。これが格上の相手であると、全く異なってくるのかもしれない。だから、前にも書いたように、プロ棋士では、多分、ダイエットすると勝てない。

結論として、私はプロ棋士ではないので、とりあえずダイエットは続けることにした。もともと、ぎりぎりの将棋なんて指していない。ただ、ダイエットすることの心的負担が大きくて、ストレスからくる別の疾患があらわれたら、そのときはダイエットを見直すこととしよう。

自発的体重の破れ

| コメント(3) | トラックバック(0)

こちらに書いたように、15キロものダイエットに成功し、その後もダイエットは続けているのだが、流石に体重が70kgを切りそうだと、逆に慌てる。すなわち、ときどきニュースなどで、拒食症で衰弱して死んでいく少女が報道されているからである。カーペンターズの女性の方が、それで亡くなったというのは有名な話で、多分、都市伝説ではないのだろうと思う(あれっ、こういうとき都市伝説という単語は適切でないか)。

ただ、そうはいっても、食べるという行為は、体重にとってクオンタムな行為なので、ある短い時間レンジをとってみると、1キロくらいの増加は当然である。そして、それさえも忌避していると、カロリーの自然消費というか基礎代謝で次第にやせ衰えていく。だから、1キロ程度の体重量子を当然とみなしていけば、体重微分方程式の解をコンスタントに保つことができるのだろう。

が、折角ダイエットに成功しても、リバウンドしてもとの体重に戻ってしまう人は、あまりにも多い。しかし、それは当然なのであって、南部博士の教示によれば、我々が質量を得ている仕組みが、自発的対称性の破れなのであるから、クロ経済学とマクロ経済学に述べたように、物理学の法則が、経済学や生理学などに、形を変えて忍び込んでくるのは、仕方がないのである。

すなわち、自発的対称性の破れと類似の自発的体重の破れという仕組みが体に成立するので、手をこまねくと、体重は増加していくのである。

言い換えると、肉体の物神性は、体重増加にバイアスをかけてくる。しかし、それこそが幼児の成長の原動力で、それがなかったら、人類は滅びるであろう。ディプロイド細胞がもたらすエロスと両極をなす。

従って、ある意味本能を抑え込んでダイエットするということは、とても大きい心理エネルギーを要する。これは、物理学における質量生成機構の、ディラック方程式のギャップΔ(p)に相当する。

すると最早、ダイエット・リバウンドの仕組みは自明であって、ストレスが昂じてくると、それによって、抑制用のギャップΔ(p)のエネルギが消費されてしまい、体重コントロールのたがが外れて、物神に名をなさしめてしまう、ということである。

それでは、拒食症は、どう説明されるか。自ら食を絶って入滅した空海の精神状態も同様である。それは、エロスと双対のタナトスの発現として説明されるのが通説であるが、他の分野で跳梁しているタナトスが、食の分野では、エロスに対して圧倒的に少ないという、ET対称性の破れが起きていることをきちんと説明できる物理学者はまだいない。そこに小林・益川理論を適用しようとする説もあるが、学会では、有望視されていない。

臨戦態勢

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、メタボはなぜよくないかのところで、将棋の故大山名人を引き合いに出して、勝負師はダイエットしてはいけないのだろうか、と問いかけをしたら、友人から反応があり、次のような趣旨のコメントをもらった。

すなわち、プロの将棋というのは、いかに細かいミスをしないかであり、そのために異様な注意力を強いられ、また、不利になったときも、じっと耐えて逆転を狙う。そこは実に忍耐を要するしんどい仕事であり、そうやって将棋に神経を使うということは、将棋以外のところで、我侭に振舞えなくてはならない。すなわち、食べたいものがあったら食べ、文句があったら構わず言う。そうやって将棋以外で自由にやってこそ勝負に勝てるのであり、ダイエットなんてとんでもない。

ううん、言われてみると確かにそうである。この理由の他に、ダイエットしてはまずい状況を考えてみると、他人と競う場面が多いような人は、やはりダイエットが向かない。特に、瞬発力を要すれば要するほど、その程度が激しい。典型的には相撲取りであり、あるいは野球選手である。スポーツ選手全般に、ダイエットは相応しくない。というのは、他人と競うためには、過剰なエネルギを抱えていなくてはならない。ダイエットするということは、ガス欠ぎりぎりの状況で走り、なくなりそうになったら少しだけ給油するようなものである。自動車のガソリンタンクを満タンにしていても、なにも問題はないが、人間で燃料源が過剰であると、臓器炎症などいろいろ不具合が起こるらしい。

ところで私が12キロも痩せたというのは、前にも書いたが、さて果たして以前より健康になったのか、さっぱり自覚はない。意識するのは、ズボンのベルトの穴が大分内側を使うようになった程度である。ただ、いまいち元気が出ないと感じることはある。空腹になるとすこしふらつくことがあり、果たしてダイエット=健康なのか、いよいよ分からない。

それでも、仕事には全く影響がない。最近、随分面倒な長い特許明細書を書いていたりすることがあるが、ダイエット後にペースが落ちたという感じはない。その理由はどうも、他人と競うことなく、マイペースで出来ているからであろう。競わないなら、車で言えば法定速度でちんたら走ればいいので、過剰なエネルギはいらない。そういうペースで仕事が出来ているというのは、とても幸せなことなのかもしれない、と次第に思ってきた。

ただこれが、もし他社との特許侵害に巻き込まれて、早急に無効調査をしたり、応答の案文を書かなくてはならないなどの緊急事態だと、ダイエットしすぎた体ではもたないかもしれない。すなわち、そういう状態を臨戦態勢と呼ぶことにすると、臨戦態勢にダイエットはNGである、ということになる。

だから一線のサラリーマンは、ダイエットなんかしていられない。緊急でレポートを書かなくてはならないし、取引先との会食もある。週末にスポーツスラブに通うので、スタミナをつけておかなくてはならない。すると、今夜は焼肉とビールか、いいねぇ、ということになったりする。ダイエットどころではない。

こうしてのんびりダイエットできるのは、たいした仕事もないOLと、一線を引いた引退間近のサラリーマンだけ、ということになる。私が後者に属することが抗えなくなってきた。そこで流れてくる曲は、ドナドナだったりする。

会話の盛り下げ方

| コメント(2) | トラックバック(0)

CAREERzineのホームページに、会話を盛り下げるテクニックというのがあったが、面白いので、メモしてみる。これは、付き合いを断るには、有効である。

(1)シャイな人を装う
キーポイントは、無愛想でなく、シャイである。無愛想だと、社会性自体を疑われる。話を振られたらボソボソ、頭を掻きながら、俯き加減で話せばいい。

(2)弱音を吐かない
弱音を吐くということは、意図しなくても、先輩や異性の保護欲をくすぐることになる。

(3)興味を持たせるフックは取り去る
興味を持たせるフックとは、相手が飛びつくような意外性を話題に含める、ということである。例えば、「料理は好きですか」と聞かれて、「ええ、最近は、トマトを使ったイタリア料理に凝ってます。」などというと、沢山突っ込みどころを与える。ここはさらりと、「ええ、でも食べるのが専門です。」とか、「そうでもありません」とか、そっけなく答えるのがテクニックである。

(4)お酒をあまり飲まない
これは、お酒が好きな人には通用しないが、それでも、嫌な奴というのもいるので、あまり飲み会が好きだと標榜しないほうがいいかも。

(5)ミラーリングしないようにする
ミラーリングというのは、相手の行動や言動をまねることで、会話でも、復唱したり言い換えたりするような会話である。「寒いですね。」「ああ、本当に寒いですね。」など。これを言うと、親近感を高めてしまう。

(6)仕事の話だけをする
仕事以外の話に広げると、じゃ、仕事のオフのとき、付き合おうとかいう話に発展してしまうことがある。

(7)疑問形を使わない
疑問形を使うと、付き合いたい人は、喜んで答えてきて、会話が弾む。盛り下げるためには、会話を弾ませてはいけない。

(8)自慢話は流す
自慢話に相槌をうつと、延々と一人で盛り上がる人がいる。それでも、奢ってもらうという下心があるなら、それもあるかもしれないが、そうでないなら、「俺、こないだ地区の囲碁大会で優勝したんだぜ」と言われても、「ああ、そうですか」としれっと答えておけばいい。

(9)いちいち考えこんで会話のテンポをずらす
「趣味は?」と聞かれて、「ええと、ううん、特に・・・」とか考えながら、テンポを弾ませないと、「この人は悪い人ではないけど、特に面白い人ではないなぁ」と思われる。

よくネクラと言われる私だけど、これを全部実行する勇気はない。逆に、これを全部実行して、それでも、尊敬を失わないとしたら、きっと、ゲーテルやフォンノイマン並みの天才なんだと思う。

一方で、女性で、話していて、まさに上記のような対応で、私をかわそうとする人がいる。あまり嬉しくないといえばそうだが、だいだいが私は、女性に親しくしてもらったことが少ないので、そういうもんだとも思う。

また、それとなく観察していると、世間には、どうも本質的に社交的でない人というのが、男女を問わずいるようである。もし仮にそういう人が異性として魅力的であったとしても、この慌しい世の中では、いろいろなことが多すぎて、上記のような対応を続けると、次第に首尾よく埋没していける。でも、それで本当に満足なのか、と一見非社交的で実は寂しがりやの私には、理解できないでいる。

そう思っていたら、実家の父から電話があり、近所の人を集めて、新年からカラオケをするそうである。考えてみたら、私の実家は、昔から、暇さえあれば近所の人が訪ねてきて、酒を飲んだり、雑談したりという社交の場であった。酔っ払いが騒いだりして、子供ながらとてもそれがうっとおしいと思ったものだが、そういう喧騒がある意味バックグラウンド・ノイズとしてあるのが当然となって、静謐を好みつつも、そういう喧騒もどこか期待する性格になってしまったようである。そういう私はやはり、盛り下げ会話には徹することができない、ということが分かった次第である。

大人げない

| コメント(0) | トラックバック(0)

あまり期待もしないで、成毛眞氏の「大人げない大人になれ!」ダイヤモンド社を買ってみたが、軽い乗りで、一気に通読できた。それでつい、ああ自分もすっかり大事なものを忘れてしまっていたよなあ、と思った次第である。

普段、会社の人と話していて、大抵の場合、「あの人は子供っぽい。」というのは、否定的な意味で使う。要するに、我侭で、他人に対する気遣いができず、自分の好きなようにしかできない成熟してない奴だ、という意図である。

ところが私は、そういう会話を聞くとつい、黙ってしまう。なぜなら、私にとって、「あの人は子供っぽい。」というのはもしかして褒め言葉かもしれないからである。なんで「子供っぽい」を否定的な意味で使うんだ、という軽い抗議の意図がある。

成毛眞氏のこの本は、まさに私のそういう気持ちを代弁してくれた。では、成毛眞氏のいう「大人げない」は、どういう意味だろうか。まず、周囲にあまり気にしないで、好きなことに夢中になることである。成毛眞氏の場合、それはプラ模型をつくることである。ホリエモンはなぜか、ロケットを作って飛ばす夢があるそうである。

それを聞いて私に少しだけスイッチが入った。ああ、やりたいこと封印ルーチンをもう少し緩めなくては、ということである。人生、もしかしてそんなに先が長くないかもしれない。仮に長かったとしても、感性が鈍磨してしまうかもしれない。

成毛眞氏のアドバイスは続く。やりたいようにやればいい。我慢はしなくていい。あるがままでいい。自分は変えなくていい。プランなんか立てなくていい。好奇心をもて。変化もおそれることない。空気なんて読まなくていい。ビル・ゲイツも、物理学者のリチャード・ファインマンも、子供っぽい大人だった。ノーベル賞受賞者の二人に一人はそうである。

実際、大人げなく純粋にやらないと、突き抜けることができない。だいいち、子供っぽい異性は魅力的ではないか。

ああ、そうだ、私は、大人なのに子供っぽい女性が好きだ。童顔の女性も好きだ。別にロリコンではないが。そういえば、私はどちらかというと、いい歳をして童顔である。じゃ、もてるか? いいや。ま、そんなことはどうでもいいのである。

産経新聞Webに下記の記事があった。これなどいかにも子供っぽい政治家のことを書いている。

民主党の小沢一郎幹事長が17日、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との特例会見を「天皇陛下の政治利用」にあたると懸念を表明した羽毛田信吾宮内庁長官を改めて激しく批判したことが明らかになった。

小沢氏は同日、羽毛田氏について「あいつこそどうかしている。天皇の権威を笠(かさ)に着ている」と批判した。国会内で関係者に語った。

そう、小沢一郎も子供っぽい。だから却って政治の世界でインパクトがある。小泉純一郎もそうだった。ただ、これは付け加えておく必要がある。それは、いくら子供っぽくてもいいし、寧ろ子供っぽい感性は重要だが、社会的責任を負うところで大人でなくてはならないということである。そんなの当たり前すぎるので、成毛眞氏はそのことには何も言及していない。

でも、と私は更に思う。結婚してからもう十分過ぎるくらい分別臭く生きてきた。そうだ、スイッチを入れるんだ、軽くでいいから、「僕の野生」に。

体臭列車

| コメント(8) | トラックバック(0)

ここに書いたように、私はどうも体臭が強いらしいが、自分では至って無神経である。鼻が悪いのか。

しかし、最近流石に、と思うことがあった。すなわち、帰省してこちらに帰る直前の日も、弟の小料理屋である温石に行ったのであるが、新幹線の便も考えて、そのまま弟の店に泊めてもらった。二階には、一応、バス・トイレと、寝室がある。ところが、バスの勝手がよく分からないことと、酔っていて面倒だったので、夜はそのまま寝てしまい、朝も結局シャワーすら浴びなかった。

すると、体臭的には相当悲惨なことになっているはずなのに、臭いに鈍感な私は意に介さない。

それで、午後くらいに、弟夫婦に、福山駅まで送ってもらった。何時に帰るか分からないので、新幹線は予約していない。しかし、大型連休の最終日なので、混んでいる。よって、新横浜まで直通の「のぞみ」の自由席にはまず座れない。

そこで、新大阪までの「ひかりレールスター」というのに乗ったら、自由席も比較的空いていた。三人掛けの席を独占できるくらいであった。

新大阪で一旦降りると、新大阪始発東京行きの、のぞみプラットフォームへと走った。すると、意外に自由席は空いていたので、三人掛けの席の一番窓際に陣取った。

ところが、そこは喫煙自由席車両であった。気づいたのが遅く、そこから他の車両に移るともう座れないかもしれない。なにしろ、始発だが、新大阪で、どんどん乗ってくるのである。

そうして次第に席が一杯になってきたのに、なぜか私が座っている三人掛けの席だけには誰も座ってこない。あれれ、と思ったが気にしない。もってきた本を読み始めた。

そうしたら、初老の男性(私もそうだが)が、渋々そうに通路側の席に座った。それでも私の隣は空いたままである。発射間際になって、ちょっと精悍な雰囲気のスーツを来たサラリーマンが、意を決したように私の隣の席に座った。どうしても他に席がなかったのだろう。私は、うまくいえないが、ちょっと安心したような落胆したような気持ちになった。というのは、その数分前に、うら若い魅力的な女性が私の隣の席を値踏みするように通りがかって見送って行ってしまったからである。

それが、精悍な刑事のような男性が座ったから、私が落胆するのも当然だろう。ところがである、精悍な男性はさらに、マスクを取り出してそれを取り付けたのである。あれ、インフルエンザの感染でも気にしているのかと思ったが、あまりじろじろ見れないので、また本に目を戻した。ときどき様子を窺うと、マスクをつけたまま、パソコンで何か資料を作成している。すると、刑事でなくてやはり普通のサラリーマンか。

それから、ときどき前の席から煙草の煙が流れてくるようになった。ああそうか、ここは喫煙車なのか。最近、煙草の煙に晒されることがほとんどないので、とても違和感を感じた。煙が目にしみる。しかし、止めて下さいとも言えない。

こうして2時間半ほどで新横浜についた。自宅に帰ると家族が、何よその体臭は、強烈よ、と指摘した。ああそうか、ここにきてやっと気づいた。隣の席の人は、インフルエンザでなく私の体臭を気にしてマスクしたのだ、と。それもそのはずで、普通の人よりも体臭の強い私が、前日酒を飲んで、風呂も入らずシャワーも浴びず、汗まみれでそのまま電車に乗れば、体臭は最高潮だったろう。申し訳ない。まさに、哀愁列車ならぬ、体臭列車であった。

あと、体臭について付言すると、単に鼻がいいとか悪いではなくて、体臭にも相性があるようである。例えば、電車で大抵の人が避ける私の隣であるが、若い女性でも平気で座ってくることがある。それは、男女的な相性とは全く別で、私の体臭が意外に気にならないタイプの人もいるということを推察させる。嗅覚の特異性だろうか。

また、それ以外に、恋愛関係に陥ると、いままで鼻についていた体臭が気にならなくなる、ということもある。恋は盲目の嗅覚版である。

さらに、高校時代の友達で、体臭恐怖症の人がいた。なんでも、体臭が自分は強いので、嫌われているという一種の強迫観念らしいが、いろいろな意味で臭いに鈍感な私にはどうしても理解できなかった。臭い以外には病的に敏感な面もある私なのだが。

という、いかにも適当な体臭談義であった。

電波時計、再び不調

| コメント(0) | トラックバック(0)

ほぼ2ヶ月弱前に不調になったソーラー電波時計であるが、また同様の症状があらわれ、突然、針の動きが止まってしまった。

日付をあらわす液晶画面が空白になっているのも同様である。既に経験があるので、最早慌てず放置しておいた。すると、1時間半くらいたって、液晶画面に、"00"の文字が点滅し始めた。

私の最初の仮定は、ここ数日曇り勝ちだったので、ソーラー電波時計のチャージが減ってきて、電圧がある閾値より下がったとき、動作が止まってしまった、というものである。

しかし、もしそうだとすると、1時間半くらいたって、液晶画面に、"00"の文字が点滅し始めた、という理由が分からない。

そこで、さらに考えると、このソーラー電波時計には省電力モードというのがあって、電圧がある閾値より下がったとき、液晶表示も、針の動きも止めて、内部ロジックのクロックだけ進めることもあるのではないか、と思い至った。そうだとしても、やはり、しばらくたって液晶画面に、"00"の文字が点滅し始めた理由は分からない。

また、こんなことも考えた。すなわち、時計だから当然に内部クロックがあって、あるレジスタの値をずっとカウントアップし続けているはずである。ところが、レジスタの幅は有限だから、カウントアップが続くと、どこかの時点でレジスタは一杯までカウントして、ゼロに戻る。普通は内部ロジックがそういうレジスタの値の変化に対処しているのだが、私のソーラー電波時計は、安物なので、内部ロジックにバグがあるのでは、というものである。確か、初期のWindows95に似たようなバグがあって、ほぼ月に一度、Windows95はハングするということだったが、当時のWindows95はおそろしく不安定で、普通に一日に二度は別の理由でハングしていたので、そういうバグも目立たなかった。ただ、私の記憶だと、そのバグは、Windows98SEあたりまで継承されていたのではなかったか。

こうしていろいろ考えてみたが、ソーラー電波時計の本当の不調の原因は、結局分からずじまいであった。きっと、組込みシステムとしてのソーラー電波時計の、OSのようなプログラムにバグがあるのだろう。それは、3万円程度の高いソーラー電波時計では起きないのかもしれない。それでも、安物でも、頑張っていまのソーラー電波時計を調整して復旧させたので、凝りもせずまだ使うとする。もしかして、こうやって周期的に不具合が起きて、その都度調整することになるのかもしれない。これが本当に壊れても、やはり7000円以下の安物ソーラー電波時計を買うことになるだろう、文句あるか、とつぶやく声が空しく響くのであった。

百均生活

| コメント(2) | トラックバック(0)

2年ほど前に自宅の近所に生鮮食料品も扱う、ローソンストアという百均の店ができた。生鮮食料品も扱う百均の店としては、フレッシュQQなどが先発であるが、ローソンストアもそんなに悪くない。

私は、こういう百均の存在をとてもありがたく思う。なぜなら、1年365日、24時間開いていて、牛乳でも肉でも野菜でも、安価に買えるからである。

実はもっと本質的な理由があって、それは、私の今の生活レベルを、とてもうつろいやすいものと思っている、ということがある。

私は子供の頃は、おそらく平均以下の生活レベルであった。例えば、肉が買えないので、カレーに肉が入っていなかった。ところが、高校の頃になると父親の収入が安定して、なんとか中流の生活と言えるレベルになった。

就職してからも、無計画に飲み会や本に出費していたので、ほとんど貯金はなかったが、ギャンブルはしないので、窮乏ということもなかった。今の外資系の会社に移ってからは、決してリッチではないが、サラリーマンとしては、平均より少しだけ多い年収を享受できているかもしれない。運がいいとしかいえない。

それでも私は、いつ窮乏するか分からないといつも思っている。例えば病気である。病気で入院すると、医療費が嵩むし、収入が明らかに減る。

あとは会社である。私がいまいる会社は、一応大企業に分類されると思うが、GM、AIG、リーマンブラザーズなどを見ていると、大企業だから安泰だなんてとても言えない。そもそもが定年だってそんなに遠くない。

定年になると、年金がもらえるまでに何年かあるが、そこでつなぎの仕事があるかどうか保証の限りではない。

年金は年金で、それを支える機関が安泰という保証もまたない。

こうして私は、百均生活を構想する。それはどういうものなのか。まだ構想途中なのであるが、とりあえず書いてみる。

まず、乾麺である。素麺、蕎麦、うどん、スパゲティの乾麺が、100円で買える。これを茹でると、うまくいくと一人の一日分の炭水化物がまかなえる。あとは納豆。理想の植物性タンパク質。これは100円で4パックある。一日最低1パックの納豆を食べる。動物性タンパクとしては、卵で十分である。うまくいくと、100円で10個ある。これで少し寂しいと思ったら、ピーマンが100円で4個、肉が100g、100円程度で買える。

こうして工夫すると、一人一日500円、夫婦でも一日1000円の食費で賄える可能性がある。すると、月の食費が3万円、光熱費が2万円として、月5万円というベース費用で廻すことが可能となる。

実はより本質的なのは、自分の欲望である。百均生活を確立したとしても、贅沢に慣れてしまうと、質素な生活に戻れなくなる。小室哲哉の例を挙げるまでもない。それで私は、馬鹿にされても、安物買いにいそしむ。貧乏の訓練である。

本当に辛いのはお金ではなく、人間関係かもしれない。すなわち、私は頻度は低いが、気の合う友人と飲む時間をとても重視する。それも、病気、不和、その他の理由で遠ざかる可能性は常にある。すると最後の友人である孤独と、普段から仲良くしておかなくてはならない。

あとは病気である。歳をとったら、体にガタがくるのはやむを得ない。神経痛、糖尿病、その他、成人病をリストするのに暇がない。嫌だといっても、避けて通れない。

結論としては、貧乏、孤独、場合によっては病気と仲良く付き合うすべを学ばなくてはならない、ということである。百均生活は実は、エピクテトスのようなストア派の教えなのであった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは料理です。

次のカテゴリは歴史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。