スピリチュアルの最近のブログ記事

若きチャンピオン

| コメント(2) | トラックバック(0)

今の時代で若きチャンピオンといえば誰だろうか。ゴルフなら文句なく石川遼であり、囲碁なら、井山裕太、将棋なら、渡辺明であろう。

こういう若きチャンピオンをみたとき世間の評価はどうだろうか。世間一般は、おお天才現ると喝采を送るむだろうが、専門家達は多少手厳しい。あれは若さの勢いであそこまでいった。実力はまだまだ、未熟であり、今後は分らない、というものだったりする。

私はそういうものだとずっと思っていたが、いまふと閃いたのは、若きチャンピオンは、本当にチャンピオンなのだということである。例えば、将棋の屋敷九段といえば、現在B級1組で中堅の力を発揮しているが、どうしても超一流に一歩届かない。それは筋がよすぎるのである。そんな屋敷九段であるが、なんと、18歳6か月で中原を破ってタイトルを奪取した。この若年タイトルの記録はまだ破れらていない。果たして、佐々木勇気新四段あたりがその記録を破るか。

で、若きチャンピオンは真のチャンピオンである、という仮説が正しいとすると、屋敷は、18歳6か月のとき、確かに第一級の棋力があったのである。いま筋がよすぎると言われる屋敷だが、単に筋がいいだけで当時の中原に勝てるだろうか。なにしろ林葉スキャンダルがある前の中原は鬼のように強かった。

すると、もし屋敷が18歳6か月時点の棋力を維持していたら、屋敷はいまでも何かのタイトルを保持していたであろうし、少なくともA級を維持していただろう。どうしてそうならないのか。

まず若きチャンピオンが生じるメカニズムを考慮してみる。すると、それはともかくも、才能に恵まれていたということである。すなわち、生まれてきたときに既に十分な才能を天賦されていたということであり、その才能は、いくつかの仮説によれば、前世効果である。例えば、井山裕太は、おそらく江戸時代の有名な囲碁棋士の生まれ変わりてあろう。

そういう意味では、屋敷もそうである。ところが、屋敷のチャンピオンは短命に終わったのに、なぜ渡辺の竜王位は長続きし、井山裕太の活躍もまだまだこれからである、という印象を与えるのだろうか。

それは、私のさらに別の仮説によれば、渡辺も、井山も、多段多重継承なのである。例えば、Javaのようなプログラミング言語では、extendsで、ベースクラスから継承したクラスを作ることができ、継承したクラスからはさらにextendsで、クラスを作ることができる。

ベースクラスからの継承が浅いと、もしチャンピオンになっても、活躍リソースが続かない。すなわち、汲み上げる井戸としての継承レベルが浅いのである。ところが、多重継承のレベルが深いと、過去何代もの人達の知識や知恵を借用できるので、汲み上げても汲み上げても涸れることがない。うまくいくと大山のように一生現役で第一線で戦うことができる。

なぜこのような継承モデルを唱えるかというと、例えば、藤沢里菜はまだ11歳であるが、もうプロ棋士のレベルとしてかなりのところに達している。これはどう考えても自前で学んだのではない。11歳までで学びつくすには、囲碁の基礎知識は膨大すぎる。それは単に継承したのである。なぜなら、江戸時代に既に囲碁の技術はかなり完成レベルにあった。すると、それに末葉の布石や定石の知識を加えるだけで、現代に通用する。このことは全く同様に将棋にもあてはまる。大橋柳雪や天野宗歩の時代から追加されたテクニックや定跡の知識は膨大であるが、それでも、大橋柳雪や天野宗歩の時代までに蓄積されたノウハウの体系に較べると、ものの数ではない。

なお、将棋の福崎や南など、若きチャンピオンが、ある年齢になって泣かず飛ばすになった理由を、結婚して家庭人になり角がとれたという人もいるが、それは逆である。多重継承からくる才能の示唆のリソースが途絶えたので、仕方なく、よき家庭人になったのである。まだまだ野を駆ける狼たりえるなら、どうして飼い犬に成り下がる必要があろう。

ところで数学や科学の若き天才というものも当然ありえるが、科学者が大山のような長期の活躍が期待できないのは、囲碁や将棋と比べて、過去の科学知識が、現代で陳腐化する程度が大きいからである。だから、多段多重継承があまりワークせず、結局、若くして才能は途絶えてしまう。

ここからさらに、ステントの「進歩の終焉―来るべき黄金時代」みたいな議論も導けるかもしれないが、ちょっと私の力量に余るので、この辺にしておく。

コンノケンイチ

| コメント(2) | トラックバック(0)

私は若い頃から、トンデモ本が好きで、そういう本の中に、コンノケンイチ氏の著書があった。面白いと思ったのは、「月の先住者」たま出版で、月の不思議で引用した、ドン・ウィルソン著、大島和子訳、たま出版の本がネタ本だったのかもしれない。

あと、「現代物理の死角」は、読んだような、単に背表紙を眺めただけのような。ただ、一方で胡散臭さもなくはなくて、最近アマゾンから、「死後の世界を突き止めた量子力学」5次元文庫、徳間書店の案内が来たとき、今更コンノケンイチ氏の著書でもないか、と一旦は引いた。

しかし、宇宙ホログラム説に関連して、なにか興味深いことが書かれているかもしれないという期待もあって、648円の安価な本でもあるし、注文した。それで読み進めてみると、以前読んだコンノケンイチ氏の著書よりも完成度が高く、引き込まれた。以下、私なりの要約と独自のコメントである。

私の理解では、コンノケンイチ氏は、量子力学を、この世とあの世の間のインターフェースと見なそうとしている。すなわち、シルバーバーチもスウェーデンボルグも言うように、あの世では、想念だけでオブジェクトが生成する。ある意味、想念しかないといってよい。だから、思っただけで、目的地に一瞬で行ける。

ところが、この世ではそうではない。すごい超能力者なら物質を一瞬で移動できるらしいが、普通の人はそうではない。しかし、普通の人でも、想念で物質を操れる。例えば、量子力学では、観測により、確率波が収束し、物体の位置が確定する。これはある意味、想念を物質に反映させることである。ただ、量子力学は、極小の対象にしか作用させられない。このような作用は、あの世で起きていることのミニチュア版であり、あの世からの投影であるといえる。それも当然で、この世は、あの世に埋め込まれているのである。だから、量子を蔭で操る暗在系とは、あの世のことである。

さて、量子論の解釈に書いたように、量子力学には多世界解釈もあるし、そこには書かなかったが、ERPパラドックスもある。コンノケンイチ氏はERPパラドックスにしても、ベルの不等式にしても、特殊相対性理論を破っているという。

そもそもコンノケンイチ氏は、アインシュタインが嫌いで、光の速さが限界だなんてとんでもないという。その乗りで、一般相対論も嫌いで、ホーキングも嫌いで、ビッグバンも嫌いである。

私にも素朴な疑問がある。すなわち、コンノケンイチ氏と同様に、光速が一定というのが本能的に受け入れられない。しかしすると、特殊相対性理論が受け入れられないということになるが、そもそも、場の量子論の標準理論は、量子力学+特殊相対性理論を土台にしているので、今の素粒子物理の不毛は、特殊相対性理論に依拠している点にあるのではないか、という変な考えに捉われたりする。

また、一般相対論も結局は、微分幾何の机上の空論ではないのか、と暴論を吐きそうになるが、とどめている(といいつつ、ここに書いている)。ただ、一般相対論が、精巧に作り上げられた机上の空論であるなら、場の量子論はなにも、一般相対論と融合するというアクロバチックなことをする必要はないのであって、独自の重力理論を構築すればよい。すると、発散の困難もない。

じゃあどうするのかというと、特殊相対性理論も一般相対論も受け入れない、とちゃぶ台返ししてしまったら、拠るところがなくなって、結局、宇宙ホログラム説ということになるのかもしれない。

ともかく、このコンノケンイチ氏は、老成した氏の成熟した作品かと思ったら、なんと14年前に出版された内容で、当時、ひどいバッシングを受けたそうである。今だってバッシングはあるだろうが、2012にあるようなアセンションが喧伝される時代になると、このようなコンノケンイチ氏も、多少は違和感が減ってくるのではないだろうか。

短眠力

| コメント(0) | トラックバック(0)

例によって新聞の書籍広告の欄を眺めていたら、「人生が変わる短眠力」藤本憲幸著、青春出版社という本があった。おそらく私はこの本を買うことはないが、つい短眠とは、睡眠とは、と考えてみた。

すると、私のSF的想像力では、次のとおりである。いままでブログに書いたことの繰り返しになるかもしれないが、敢えて重複を懼れず記述する。

まず、肉体を担うものは細胞たちで、細胞たちには細胞の意思がある。それはとりあえず私の意思とは独立である。

では、私の心を担うものはというと、それは脳である。といっても、脳に心が宿っているわけではない。パソコンでいうと、脳はCPUというよりも寧ろ、ネットワーク・カードである。それはとてもインテリジェントなネットワーク・カードなので、独立して計算する機能もあるが、その本質は、心的クラウド・サーバに接続する機能である。その心的クラウド・サーバから、人生を歩むパートナーである細胞たちに何か指令を出している。ある指令は聞かれるが、ある指令は、やりすごされている

もちろん脳は、デモクラティックに、細胞たちの声も聞く。ただ、脳と細胞たちは、固有振動数があまりに違うので、ずっと細胞たちとインターフェースすると、脳は疲れてしまう。そこで脳が休むのが、睡眠である。

ただ、休むという言い方は適切ではない。なぜなら、眠っている間、脳は、心的クラウド・サーバとメインに通信しているらしい。ただ、昼間、細胞たちから聞いたことは残っているので、夢として混じるものがある。だから夢は、現実と仮想が入り混じった荒唐無稽なものになることがある。

ところが、睡眠時間が長すぎるということは、細胞たちよりも、心的クラウドの方に偏って生きることである。一方、いわゆる成功というのは、現世に密着したものであるため、より細胞とのコラボに力を入れる生活となる。そういう細胞指向の生き方が短眠なのであって、ナポレオンが3時間しか寝ないでバイタリティ溢れて活躍したのは有名な話である。

一方、アイシュタインなど、10時間以上寝ていたという。心的クラウドに偏った生き方である。どういう生き方もありであるが、固有振動数と同様に固有睡眠時間というのもあり、短眠力とか長眠力とかいうものでもないと思う。

最後のメール

| コメント(5) | トラックバック(0)

新聞に、「最期のメール」と題する、60歳の主婦の方からの投稿があったので、その粗筋をメモしてみる。

「最期」とは、その方の56歳の妹さんで、昨年、腹膜癌で末期だった。その亡くなる3日前、病床の妹さんからメールがあった。すなわち、「お父さんが近くにいて、自分だけに分るように遊んでくれている。凄い」という趣旨の内容であった。

ところが、そのお父さんはもう25年前にとっくに亡くなっている。すると、いわゆる、あの世からお迎えに来た、ということだろうか。さらによく分らないのは、妹さんはもう、話すことも体を動かすこともほとんできない状態だったという。携帯のメールを打つという作業は結構大変で、どうやってメールが打てたのか今でも分らないという。

そして、妹さんは亡くなる日、「お礼を言いたい。」というので、身近な人に来てもらったという。そして「幸せだった、ありがとう。」と本人がいうので、周囲は感動に包まれたという。

そして、「あちらにいけばお父さんとおばあさんがいるので寂しくない。」と言っていたのを、主婦の方は、そう思わないと辛くていられなかったのでしょう、と推測するけど、私は案外本音だったと思う。病気が進むと、生きているうちからどこかで、現世とのつながりが希薄になるのだと思う。

では、私は、将来、逝くとき、周囲に感謝するだろうか。おそらく、ありがとうとは言わないかもしれない。ただ、ああやっと人生が終わると安堵したいところだが、もし癌の末期だったりして、痛いとそう思う余裕もないだろう。ただ、幸い痛くないとしても、安堵すると同時に、私のような業の深い人間は、また生まれてこなくてはならないのか、とちょっとうんざりしそうである。

それに関連して、ニーチェの「偶像の黄昏」に、「ソクラテスの問題」という小論があって、そこには、「ソクラテスでさえ生きるのに飽き飽きしていた」とある。それはまた、当時のギリシャの倫理的頽廃の象徴であって、当時のギリシャは、生きることが息苦しいような雰囲気だったのかもしれない。だからソクラテスは、逃げようと思えば逃げれたのに、敢えて毒人参の杯を呷って、自ら死を選んだのである。このような背景に鑑みると、ソクラテス死刑の理由にあることは、ソクラテスの意図した扇動であった。

それでまた思い出したのが、哲学者の死に様という自分のブログである。もし、よく死ぬことが哲学の目的であるとしたら、上記主婦の方の妹さんも、立派な死に方である。すると、立派に死ぬために、哲学は必要条件でも十分条件でもない、ということになる。とりあえず、誠実に生きていればいいということか。

霊的場の量子論

| コメント(0) | トラックバック(0)

透明な力のところでちらっと述べた、霊的場の量子論であるが、意外にもアイデアが発展したので、述べてみる。軽いSFとして読んで戴ければ幸いである。

さて、霊的場の量子論と普通の場の量子論を峻別するもの、それは、素粒子の個性である。すなわち、大抵の素粒子論の入門書には、電子も陽子も中性子も、そしてもちろんクォークにも個性はなく、見分けがつかないとある。強いて言えば、電荷、スピン、カイラリティ、世代程度が個性だろうか。

ところが、霊的場の量子論では、素粒子が人間並みの個性をもつ。そんな馬鹿な、といわれるだろう。ところが、素粒子の個性こそが、霊的場の量子論の真骨頂であって、あの電子とこの電子は、個性をもち、違うのである。

とはいえ、その個性というのは、どうしようもなく突拍子のないものではない。例えば、クォークには三世代あるといわれる。アップ/ダウン、チャーム/ストレンジネス、トップ/ボトムである。ところが、霊的場の量子論によると、本当はもっと沢山の世代がある。それは無限なのか有限なのか誰も知らないが、有限だとしても数百世代もあれば、素粒子の個性を記述するに十分である。

が、いくら素粒子に個性があっても、粒子加速器などで物理的に扱っていては、個性は無視されてしまう。そういう意味では、霊的場の量子論を近似すると、普通の場の量子論に帰着されるので、辻褄は合うのである。もっと言うと、量子効果は、一般の物理現象に比べて精妙であるが、霊的量子効果は、はるかに精妙である。物質主義者・実証主義者が存在を否定するのも無理もない。

では、どういう場合に素粒子の個性が活きるかというと、心と物質が交信する場合である。すなわち、心は、たった一つの電子の個性を読取ることができ、あるいは、電子の個性に影響を与えることができる。心は、恋人と心を通わせるように、たった一つの電子と交信できる。

ここで明確にしておかなくてはならないのは、霊的場の量子論は、心あるいは霊と、物質の間のインターフェースを司る理論であり、それゆえに、合気、ヨガだけではなく、ひろく動植物の生理作用全般をに深く関与する法則ということになる。よく、生物の体内は、未知の物理・化学法則を仮定しないと説明がつかないといわれるが、その未知の物理法則こそが、霊的場の量子論である。霊的場の量子論はさらに、霊的量子化学、霊的有機化学、霊的生理学と広がり、次第に身近になってくる。それだけ裾野が広い。

しかし、何度も繰り返すが、霊的場の量子論は、心あるいは霊と、物質の間の現象を記述することができるが、純粋に心的な世界を記述することはできない。純粋に心的な世界は、この世に、数学の多様体論でいうところの埋め込みされており、この世では、縮退された姿としての心しか捉えることはできない。超弦理論の11次元の世界は、そのよいアナロジである。

純粋に心的な世界はどのように記述されるのか、問うてみても、物理法則のアナロジを峻拒するだけである。

逆に言うと、死後成仏して、かなりの精神レベルになっても、霊的場の量子論はついて廻る。読者が呆れて興味を失っているようなので、この辺で止すとしよう。

情念の放射

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日友人と会ったとき、興味深い話を聞いた。すなわち、友人の奥さんが突然、不眠症に陥ったのだという。不眠症というのは別に珍しいものではないので、ああそうですか。と比較的気のない返事をした。

が、その不眠症に陥った原因が、宮崎の口蹄疫の事件、特に、六頭の種牛が処分されるかどうか、というニュースをテレビで見てからだ、と聞いて、なんと動物愛護の気持ちの強い奥さんなんだろうと、私は感心し始めた。

ところが、不眠症は、どうもそういう単純な動物愛護の気持ちが原因ではないそうである。すなわち、宮崎に行ったこともないのに、奥さんは、農家の様子がありありと瞼に浮かび、剰え、牛舎に漂う匂いまでも感じたのだという。そういう強烈なイメージが襲ってきて、眠れなくなってしまった。

そして数日後、不眠症は忽然と治まった。それは、六頭の種牛が処分されてしまった時点と符合するという。

すると、と私は思った。処分されることを本能で感じ始めた種牛たちは、不安の気持ちの情念を放射し続け、テレビのニュースを観ることで六頭の種牛の処分のことを知った友人の奥さんは、まるでラジオがある電波に同調して放送を受信するように、種牛の気持ちを感受してしまったのだ、ということになる。

では、処分される瞬間、種牛たちは、さぞかし無念の気持ちを送ってきたんだよね、と友人に聞くと、いや、そうではないという。

ええっ、すると何なのかと友人に聞くと、それは、意外にも感謝の気持ちなのだという。すなわち、東国原知事他、関係者が六頭の種牛の助命に奔走して、結局果たせなかったけど、そこまで頑張ってくれてありがとう、という牛達の気持ちを感じたのだという。

ううん、なんと清々しい心持ちの牛達なのだろうか。そこで思い至ったのは、日々食肉のために屠殺されている牛や豚達である。六頭の種牛が情念を放出することができるなら、日々屠殺されている牛や豚達も、悲痛な情念を放射し続けているだろう。しかし、そこに気持ちをフォーカスしない私達は、その情念に決してチューン・インすることはない。下手にチューン・インすると、そもそも肉を食べられなくなってしまう。そういう人はベジタリアンになるのだろうか。

よく考えたら、当然に人間だって、凄まじい情念を放出し続けているはずである。典型的には虐殺の危険に瀕しているスーダンの難民がそうであるし、金正日政権で虐げられている農民もそうであろう。そういう情念は否応なく亜空間を彷徨い、ある心理状態の人が、意図せずロックインされてしまう。

すると、宇宙線も情念も降り注ぐこの地球とは実はなんとも賑やかなところらしい。そのため盾のように感覚遮断して生きている人間の防護に微妙な綻びが生じることがある。それが魔が差すことや、悪魔のささやきの原因なのかもしれない。

動物の超能力

| コメント(4) | トラックバック(0)

数日前に、タコの予想で述べた、オーバーハウゼン水族館のタコ、パウル君によるワールドカップの予想であるが、別途コメントでも述べたように、パウル君の完全正解に終った。これは、8問全問正解なので、数学的にもいよいよ、かなり有意な結果であると言わざるをえない。

するとまた、どうしても、私の文脈だと、動物の超能力という話題になる。卑近な例では、人間が嗅ぐことができない微妙な臭いを犬が嗅ぐことができ、人間が感じることができない微妙な超音波を蝙蝠が聴くことができ、人間が見ることができない暗視野を猫がもっている、などである。

さらに微妙なところで、準静電界を感知する器官を鮫がもっている、ということがある。

すると、動物(植物もであろう)は、人間が感知できないさまざまな現象を感知できて、独自のLebensweltを構築しており、すると、犬には犬の、猫には猫の独自の世界観というか哲学世界があるに違いないのである。ハイデガーもそのようなことを言っていたような気がする。

そこまでは、通常の発想の範囲だが、因果の感知すらも動物なら人間を超越しているのではないかという期待が古来より人類にあって、例えば、地震の予知にナマズが駆り出されたりする。物理学的にというと、ナマズの心象世界に、ファインマン・ダイヤグラムが描かれているという訳である。すなわち、ナマズは、未来からやってくるタキオン(そんなこと、ファインマンも言ってないぞ!)を感知して、未来の、特に地震事象を言い当てることができる。

ネズミが難破船から事前に逃げ出すのもよく知られた事実である。そういうナマズやネズミが、何らかの予知能力があると言い出すと、当然に、非難されるか無視される。あるいは、ナマズやネズミは、人間が感知できない物理的予兆を、密かに感知しているのだという説明もありえる。

そういう自然現象が絡むなら、既存の説明もつくだろう。しかし、サッカーの試合だと、そういう微妙な物理的予兆も考えにくい。

それで1つの解釈は、水族館の館員に、異様にサッカーに詳しい人がいて、その予想を、タコに託しているという次第である。エサをセットするなどすれば、タコの挙動をコントロールすることは容易である。ただ、異様にサッカーに詳しいからといって、8連続で勝敗の正解を言い当てられるだろうか。そもそも、勝敗には運の要素が大きく、実力差や戦力比較だけでは、正しい勝敗を言い当てるのは極めて困難なはずである。

それで私は一応、タコの超自然的な予知能力を括弧いれしておきたい。また、タコの能力を見抜いた水族館の慧眼をも、である。

ところで、知り合いのお坊さんは、霊能力があるそうで、普段でもいろいろな霊が見えるそうだが、若い頃、比叡山で修行していたときに、この世のものと思われない光景を目にしたそうである。すなわち、天狗のように空を舞う僧がいたり、睨んで飛ぶ鳥を落としたりなどである。

そういう文脈からいくと、サッカーの試合を正しく予想するタコくらいいるわいな、とドサクサに紛れて適当なことを言って、この稿を終えておく。

食べ物と体

| コメント(11) | トラックバック(0)

いくらトンデモが好きな私でも、人間が生きていくためには食べ物の摂取が必要で、人体は、そうやって摂取した食べ物を消化してたんぱく質などを合成し、生きているということを疑ったことはない。

だから、コルベ神父のように、ナチスの収容所に容れられて餓死刑を受けたのに、他の死刑囚と違って、コルベ神父はなかなか死ななかったと聞いても、ああそれは、コルベ神父が肉体的に強壮な人だったのだ、と思うだけである。

ところがどうも、世間には、何も食べないで何年も生きている人が少なからず、いるらしい。「不食」というキーワードでWebを検索すると沢山ヒットする。それを嘘だと嗤うのは簡単であるが、そういうこともあるかと私に推察させるのは、前に、体重の非線形性?に書いたような観察による。

例えば、100gの板チョコをぺろりと平らげたとしよう。すると人は、ああっ太ると心配するかもしれない。実際、板チョコを毎日100g食べる生活を続けると、おそらく本当に太るのではないか。

ところが冷静に考えてみてほしい。100gの板チョコは所詮、100gなのである。しかも、100gのチョコを食べたとしても全て体に身につく訳ではないので、それによる体重増加は知れているはずである。

それでも100gのチョコを食べて、例えば何キロも目だって体重が増えたとすると、その収支を説明する私の仮説は、宇宙のエーテルの存在である。ここらあたりから、ああまたトンデモが始まったと、観客は帰り支度を始める。それでも続けると、私の仮説は、人間は食べ物だけでなく、周囲のエーテルから栄養分を取り込んで生きている。むしろ、そういうエーテルがないと生きていけないので、本質的なのはエーテルのほうである。なんと馬鹿なことをと言うかもしれないが、量子電磁力学によれば、真空は実は真空でなくて、無から忽然と電子と陽電子が発生する。ファインマン・ダイヤグラムでも描けば、より尤もらしい。すなわち、真空だと思っていたらそこにエネルギが詰まっているのである。それを改めてエーテルと呼んでも、支障はあるまい。

で、私の仮説は続くのであるが、100gのチョコを食べて、体重が例えば1kg増えるとするならそれは、チョコには、周囲のエーテル(フリー・エネルギとも呼ばれる)からエネルギを取り込むことを促す作用があるのである。そして、アインシュタインの原理によれば、エネルギと質量は等価であるので、体重が増えるのである(随所で、既存科学の権威を持ち出して尤もらしく語るのは、いかにも疑似科学といわれても反論できない)。

すると、不食で生き永らえている人がいるとすると、そういう人は、エーテルだけに依存して生きていける程度に、エーテルからのエネルギ取り込み効率を高めることができた、ということになる。

コルベ神父やその他の例をみると、宗教的信仰心は、エーテルからのエネルギ取り込み能力を高めるように思われる。逆に、金銭欲、性欲、食欲など物質的な欲望にまみれればまみれるほど、エーテルからエネルギを取り込む能力を減らして、物質により依存せざるをえない体になる、という次第である。

おばけ病院

| コメント(2) | トラックバック(0)

医師の人と話すと大抵、何十人とか何百人の最後を看取った経験がある。臨終に立会い、死亡診断書を書くのが医師の重要な役割の一つである。すると、病院というのは、戦場を除けば、日常的に人が死んでいく数少ない場所である。

それでも、普通は、昼夜交代で、医師や看護士、検査技師などが忙しく働き、電灯が煌々としているので、寂しさ、不気味さを感じる余裕はない。

ところが、病院といえども利益に基づき活動する組織なので、経営が苦しくなれば廃業することもある。そして、廃業して誰もいなくなれば、人々の活動で覆い隠されていた不気味さが一気に噴出す。

そんな廃業された病院の一つに、厚木恵心病院がある。新聞によると、ここは、1997年に廃業されたが、例に漏れず、心霊スポットとしてテレビやインターネットで紹介され、周囲の住民から市に苦情が寄せられていたという。それだけでなく、建物に落書きがされ、ガラスが割られ、ぼやや強盗傷害事件も起きた。誰もいないはずの廃業病院で強盗傷害事件とはどういうことか。病院に忍び込む人がいたり、それを目当てに強盗を働く人がいるのか。ちょっと私の理解を超えている。

そんな厚木恵心病院の所有者はなぜか、大阪堺市にある宗教法人、世界仏教会なのだという。そこで厚木市は、その宗教法人に土地・建物の譲渡を求めたが、複数の抵当権が設定され、交渉は滞っていた。

税法はよく知らないが、その宗教法人の土地・建物の固定資産税は、堺市に払う義務があるようである。ところが、宗教法人が税を滞納したため、堺市が病院の土地・建物を公売にかけた。それを落札したのがなんと厚木市、敷地面積は2605平方メートル、建物の延べ床面積は5103平方メートルというのだから、相当な物件であるが、落札価格はなんと1263万円だという。これは格安とかいう表現を超えている。しかし、他に応札者はいなかったという。世の中に、霊などいない、あの世なんてないというマテリアリストは普通にいて、スピリチュアリストの端くれである私はとても肩身が狭いのであるが、しかし、おばけ病院なんて迷信だ、お買い得物件ではないかガハハと、厚木恵心病院に応札する物好きな人もまた、なかなかいないようである。心霊スポット云々以前に、そもそも経済的に引き合わないのだろうが。

厚木市は、厚木恵心病院を取り壊して公園にするという。着工に当たっておそらく手厚い除霊儀式が執り行われるのだろう。マテリアリストだろうがスピリチュアリストだろうが、こういう霊に対する畏れは、縄文時代から続くわれわれの文化というか深層心理の一部をなしている。

あの世の存在

| コメント(2) | トラックバック(0)

あの世があるかどうかという議論になったとき、「あの世なんかない派」の一番強力な根拠は、あの世があるという証拠があるのか、という問いかけである。これは、フォレンシックな意味で、挙証責任の問題でもあるのだが、法廷証拠的に、あの世があるという証明を与えることは不可能であろう。

逆の意味で、あの世がないという証拠を挙げることも非常に困難であるに違いないのだが、そちらの方が問題になることは、なぜかない。

そこで、フォレンシックな議論を離れて、倫理的あるいは価値的な議論をしてみよう。すると、これは古くからなされている議論に違いないのだが、あの世、あるいは来世がないとしたら、他人を押しのけてひたすら強欲に生きる生き方をどうやって制したらいいのだろう、ということになる。すなわち、どうせ死んだらおしまいなのだから、ひたすら楽しく生きるのに如くはない、感覚的、物欲的な人生が最高ということにならないか。ひたすら楽しく生きるのに、他人が邪魔だったら蹴落としてもよい、アンフェアな手段も、合法的ならよい、ということになって、歯止めが利かなくならないか。もしかして、私はとても弱い人間なので、刹那的になることからの歯止めとして、輪廻的、因果応報的価値観、すなわち、あの世の存在を自分に納得させているのかもしれない。さらには、今のように考えている前提として、ウィトゲンシュタイン的ではなく、カルナップやライヘンバッハのような、もっと素朴な、あるいは科学的な論理実証主義に染まって(どこまでちゃんと理解していたか大いに疑問であるが)、ニヒリズムに陥った過去も、思考のヒストリとして影響があるのかもしれない。

また、この世で生まれつきリッチだったり、才能に溢れている人がいるが、あの世がないとしたら、この世だけで絶対に追いつけないことを、絶対に羨望し、あるいは嘆き悲しむことにならないか。

あの世がないとしたら、生物は、純粋に物質的なものだけから構成されるのか。既存の科学知識で生物が構成できないとしたら、単にわれわれが知らない物理・化学的法則がそこに潜在しているだけなのか。自動ロボット・システムを設計するとき、モータやトランスミッションに当たる動力系だけでなく、音、光、圧力などのセンサだけでなく、知能的ソフトウェアが組み込まれているが、生物にとって、それはなんなのか。遺伝子は、それだけでは自律的なものは構成しないはずである。

そこで生物に無理やり、ソフトウェアとしてのエクトプラズム的なものを認めるとしたら、そのエクトプラズム的なものは、あの世がないとしたら、死後雲散霧消してしまうのか。すると、エクトプラズム的とは実は、オーデコロンの芳香程度のものか。

真面目な学者が、前世を記憶する子供の例を多数挙げた本を書いているが、もしあの世がないとしたら、前世を記憶する子供はどうやって説明できるのか。そもそも、それは嘘っぱちなので、説明する必要もないのか。

こうして縷々と、あの世の存在を訴えてきても、原告はなに一つ証拠を示しえていないので、原告の請求は棄却する、なお、弁護士費用は原告の負担とする、と敗訴しそうである。結局やっぱり、フォレンシック。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスピリチュアルカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはコンピュータです。

次のカテゴリはスポーツです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。