歴史の最近のブログ記事

終戦工作

| コメント(2) | トラックバック(0)

東條内閣の記事に続いて、いよいよ終戦工作の進展を眺める。同様に、「日本海軍の終戦工作」纐纈厚著、中公新書に基づく。

東條内閣打倒の急先鋒は、岡田啓介であったが、岡田にとって東條内閣打倒は手段であって目的ではない。本当の目的は、いかに戦争を終わらせ国体を維持するかである。このまま戦争を続けていては、ローマに対するカルタゴではないが、日本は亡国の危機に晒される。そんなことになって喜ぶのは、欧米諸外国と、中国、朝鮮であろう。

考えてみたら分かるように、戦争が激化している状況で、終戦工作を画策することは、命がけの作業である。永田鉄山のように、将兵に斬り殺される危険性は常にある。海軍にあって終戦工作に与した井上成美は、常に懐に遺書を入れていた。岡田も同様の心境であったろう。

ともかく岡田は果敢に、使命感をもって終戦工作に取組んだ。岡田の強みは使命感だけではない。その独特の情報網があった。すなわち、女婿の迫水常久が企画院の課長で、日本の物資に関する情報を得ることができた。また、義弟の松尾伝蔵陸軍大佐の女婿に作戦担当課の瀬島龍三陸軍少佐がおり、陸軍の作戦情報をある程度得ることができた。瀬島龍三については、「沈黙のファイル」新潮文庫にあるように、毀誉褒貶あるが、また別稿とする。

こうして岡田は、小磯内閣の下で、終戦工作に取組む。そうはいっても、終戦を前面に出すわけにはいかない。表向きの戦争継続路線はとりあえずは肯定し、その理由を、一億玉砕して国体を護る決心とする。これは建前であって、本当は、天皇制を護るという意味で、国体を維持し、なんとか終戦にもっていく腹である。なんという困難な作業であろうか。

一方、高松宮も、玉砕では国体は護れず、また、国体を護るためにこそ、戦争を終結されるのだという。さらには、戦争を始めるにあたって、終結の手立ても打っておかなかったのは遺憾である。また、海軍こそ戦争終結を言うべき立場である、と述べた。

しかし、レイテ海戦ですべての空母を喪失するに到っては、もはやどう贔屓目に見ても、挽回は不可能であった。1944年10月23日のことである。

ここでの近衛の認識は、陸軍主戦派から主導権を奪うことが重要というものである。そして宮中グループが主導権を握り、なんとか終戦工作を進めることで、国体を護持する。もし国体なるものが、天皇を中心とする貴族であるなら、そこにどうしても自己中心性を私はみてとるが、一億総玉砕よりはましである。

ともかく、小磯内閣は、建前ではあっても戦争継続内閣なのだから、次の総理大臣を誰にするかということは宮中グループでも懸案であった。次の候補と推された東久邇宮に対する天皇の評価が低いなど、天皇自身の思惑もあって、なかなかよい候補が見つからないので、とりあえずは小磯内閣のままで、裏で終戦工作を進めることになった。

実は天皇自身がこの時点でまだ戦争継続の意思があった。それを受けて、連合軍側と講和するにしても、一撃を与えて少しでも有利な状況にしてからという戦争指導部の方針もまだ残っていた。

天皇が戦争継続論であったのは、まだまだやれるとする統帥部からの報告に依存していたからである。そこで近衛が、1945年2月14日に、天皇に上奏し、そこで敗戦は最早必至であり、しかし、敗戦だけなら国体は維持できるという旨の内容を話した。近衛はまた、米国は、日本の国体の変更までは意図していないと述べて、天皇を安心させた。今にして思えば、この時点ではかなりフライングであったが、結果的にそれは守られた。

1945年3月になると、東京大空襲、硫黄島の玉砕など、いよいよ戦局の悪化は甚だしく、4月に、総理大臣は、小磯から、鈴木貫太郎に替わった。ところが、重臣会議では、前首相の東條の影響力がまだ強く、徹底抗戦路線を踏襲することが確認された。実際、ここに到っても、天皇は陸軍主戦派の決戦断行に期待していた。すなわち、鈴木貫太郎を、岡田の傀儡やロボットとみなす向きもあるが、どうも依然として、終戦内閣の性格を帯びるものではなく、天皇の意向を忠実に実行することが期待されていた。ともかく、海軍出身の鈴木貫太郎が選ばれたことは、東條を首魁とする陸軍主戦派がその信望を失いつつあることを意味した。

鈴木内閣は、1945年6月になると、本土決戦方針を決め、それに向かって準備していった。ここに到っても天皇は、敵国の非望を粉砕し、征戦の目的を達成し、と徹底抗戦を命じた。こうして、終戦工作をますます困難なものにしていった。

そういう天皇も、期待していた沖縄戦が完全敗北に終わると、急速に戦争終結を支持するようになる。6月22日のことである。首相、陸相、海相、海軍軍令部総長、軍参謀総長などからなる最高戦争指導会議構成員に対して、「戦争終結を速やかに実現せよ」と訓示した。

ここにきては、陸軍主戦派は迷走状態であった。しかし、それにとって代わるべき宮中グループは、戦争終結の具体的シナリオをもっていたわけではなかった。こうして、戦争終結は大幅に遅れることになった。

内政のキーマンたる木戸は、ここにして、天皇の聖断でもって戦争を終結せしむることを提言する。それは実際に8月15日の玉音放送として実現するのであるが、2ヶ月近くも聖断が遅れたのは、連合国側に根回しして、国体保持、すなわち天皇制の維持の保証を取り付けようとしたためであったと著者の纐纈氏はいうが、果たしてどうなのだろうか。

問題は、宮中グループらの戦争終結派は、自力で陸軍主戦派を押さえ込む自信がなく、戦局を眺めて、適当な時期に終戦を提案するというものであった。だから、1945年8月12日の米内海軍大臣の、原始爆弾やソ連の参戦を天佑とする、という発言にもつながる。

実は米内自身、1938年に、日中交渉継続を進言する参謀本部を押さえ込んだという過去があった。そのあたりから、裏に廻って陸軍を悪者に仕立てようという海軍の不誠実さが窺われる。

戦後、岡田や米内は、国際検索局の尋問で、一連の戦争責任が、土肥原賢二、板垣征四郎、東條英機、武藤章らの陸軍強硬派にあると供述した。これは東京裁判に大きな影響を与え、結局海軍軍人で、東京裁判で死刑になったものはいなかった。東條の副官と呼ばれた元海軍大臣嶋田ですら、終身刑にとどまり、結局釈放された。まさに東條利用論が功を奏した。

こうして海軍は、陸軍に対して、長年傍流に置かれた仕返しをした訳だが、このあたりの真相はまだまだ十分開示されていないと思われる。

東條内閣

| コメント(0) | トラックバック(0)

太平洋戦史において、東條英機の内閣の成立は、確かに1つのエポックであった。そこで、「日本海軍の終戦工作」纐纈厚著、中公新書に基づき、東條英機の内閣の成立と終焉について記述してみる。

東條内閣の前は近衛内閣であり、近衛は一貫して、日米交渉によって和平を達成しようと努力していた。しかし、あくまでも開戦と拘る軍部と折り合いがつかず、ついに近衛は、総理大臣を辞職することになった。

すると当然に、近衛の後継が誰かということになるが、海軍との人脈のつながりで、近衛と個人的に仲がよかった末次信正海軍大将がおり、末次を後継に推す動きもあった。

ところが陸軍の反対もあって、末次の線は立ち消えになった。結局、総理大臣候補として残ったのは、寺内寿一、畑俊六、杉山元、東條英機の四人だった。このうち、天皇の信任のなさと宮中での評判から杉山が脱落し、総司令官として既に決まっていた寺内寿一、畑俊六が外れ、結局、東條英機に決定された。

東條英機は、天皇の信任が厚いことと、陸軍の開戦要求を一身に体現し、挙国一致体制をとると期待されたことで選ばれた。

海軍は当然に、東條内閣を快く思わず、それは純粋陸軍内閣であるとみなした。高木惣吉は、東條内閣をきっかけに、東條内閣と対抗しつつ、海軍独自の政治力を発揮する場を見出そうとした。

実は、東條内閣の成立に当たっては、他の候補として、宇垣一成、清浦奎吾、若槻礼次郎、岡田啓介、東久邇宮などが重臣会議で挙った。

ともかく、近衛内閣の後任探しに海軍が全く指導力を発揮しえず、純粋陸軍内閣である東條内閣に組み込まれるかたちでのみ海軍の役割を見出さざるをえないことになったのは、問題であった。

東條内閣成立に当たって一番反対したのは、元海軍大将・元首相の岡田啓介であった。結局、木戸幸一との応酬で、岡田啓介は抑えられるのだが、岡田啓介は後に、東條引き降ろしの首班となる。

結局、大命を受けた東條は、かつての方針に従い、1941年9月に、開戦の方針を再検討したが、以外にも開戦に熱心なのは天皇自身であった。こうして同年11月5日には、ほぼ開戦が決定された。

開戦になると、真珠湾、フィリピン、シンガポールなどの緒戦の大成功で、東條内閣は評価を高め、これに乗じて東條は、独裁体制の強化をはかった。

ところが、1942年6月5日のミッドウェー海戦で大敗を喫すると、日本軍は急に守勢に廻り、1943年2月のガダルカナル撤退、同年5月のアッツ島玉砕と、戦局が悪化して、東條内閣に対する不満が一気に高まった。

この機会を岡田啓介は逃さず、親海軍の元首相、近衛と会談したりした。岡田の構想は、東條内閣の海軍大臣で東條の副官と揶揄される嶋田繁太郎を切り崩すことであった。しかし、どうも近衛が信頼できず、また、内大臣の木戸を説得する必要があると認識した。ところが木戸は、東條に対する天皇の信任が厚いことを根拠に、依然として東條政権を支持する方針であった。

東條は当然、岡田らの反東條勢力の活動を知り、1944年2月、木戸と相談して、自らが参謀総長を兼任するなど権力基盤の強化を図った。しかも東條は、天皇の支持取り付けを怠らない。逆にいうと、一貫した天皇の信任があったということである。

結局、天皇の信任が背後にあることが大きく、正攻法では功を奏さないので、岡田は、前軍令部長の伏見元帥に面談し、米内光政を予備役から復帰させ、嶋田海軍大臣の軍事参事官に就けようとした。そうやって、嶋田を牽制しようとしたのである。しかし、伏見の反応は芳しくない。寧ろ、東條や嶋田を擁護するのであった。

仕方なく岡田は再び、木戸にアプローチした。内大臣の木戸がやはりキーなのである。しかし、木戸は翻らない。天皇の東條に対する信任が依然として厚かったのである。

天皇にしてみれば、自分の意向を直ちに実行してくれる東條は貴重であった。一方、海軍のリーダーシップはなかなか見えてこなかった。だから、岡田が、反東條の意向で高松宮と会ったときも、高松宮は賛意を示してくれなかった。高松宮は、東條の陸軍に対する指導力を買っていた。

ところが、意外なところから、反東條の流れが起きる。1944年4月のことである。木戸内大臣が東條のことを悪く言い始めたのである。これに反東條勢力は力を得た。東條内閣を内から壊す流れも出てきた。そして、東條の後継として、寺内寿一、梅津美治郎、土肥原賢二、宇垣一成、米内光政、鈴木貫太郎などが挙げられてきた。

木戸が東條に対する評価を変えたのは結局、戦局に好転の兆しが全く見えなかったからである。それでいて、東條の強引さが鼻についてきた。とはいえ、東條ならずとも、誰がやっても容易であるわけがなく、東條に酷でなくもない。

さらに木戸と近衛は、東條利用論を論じた。すなわち、ぎりぎりまで東條に内閣を負わせ、いよいよ敗戦必至の最後の局面で東久邇宮を総理大臣に切り替え、戦争責任を東條に被せるというものである。それはまた、皇室から戦争責任を逸らすという意味でもある。実際、この構想は、のちの東京裁判でも功を奏した。

1944年6月のサイパン陥落の頃になると、宮中グループははっきりと反東條の旗色を明確にした。

こうなってくると、岡田、米内、若槻らの重臣と、高松宮、東久邇宮、伏見宮らの皇族をどう連携させるかであった。結局、木戸らが天皇に上奏して、東條を退陣させる聖断を依頼するのであるが、その際、天皇が政治の前面に出てくる。また、常に宮中グループがイニシアティブをとる。

すなわち、1944年7月12日のことであった。木戸は、東條に、嶋田の解任、陸軍大臣と参謀総長の分離などを提案した。東條はこれを受けて、天皇の信任が最早去ったと理解し、辞意を固めた。しかし天皇は依然として、東條政権維持に執心していた。

しかし、1944年7月17日の重臣会議で、岡田が木戸に内閣刷新を提案し、結局ここでの決定が最終的に、東條内閣に引導を渡した。

次なる決定は、次期総理である。寺内寿一、梅津美治郎、畑俊六、本庄繁、小磯国昭の五人の陸軍大将が挙げられ、結局、人物本位で小磯が選ばれた。政治に無知なので、宮中グループからすれば、操りやすいと意図した。しかし、東條派の杉山元が陸軍大臣であったことから、これに失望する声もあったが、宮中グループに抜かりはなく、嶋田の代わりに米内光政を海軍大臣として滑り込ませていた。こうして終戦工作が蠢き始めるのであった。

考古学ニュース

| コメント(0) | トラックバック(0)

ナショナルジオグラフィックに、2010年の考古学ニュースのダイジェストが掲載されていたので、いくつか引用してみる。

アララト山でノアの箱舟を発見?
キリスト教福音派の探検隊が、トルコのアララト山の積雪と噴火堆積物の下からノアの箱舟の残骸を見つけたと4月26日に発表した。ただし、箱舟は過去にも何度かその残骸や痕跡が発見されたとの報告があり、今回もその類であるとして多くの考古学者や歴史学者は真剣に取り合っていない。

これは多分、取り合うに値しない。キリスト教福音派の探検隊というところに大いなる発見的負荷がかかっている。そもそも、舟の残骸がみつかったとして、どうやってノアの箱舟と分かるのだろうか。アラム語かなにかで、「ノア」とでも書かれているのだろうか。

古代アマゾンの地上絵、衛星から発見
アマゾン盆地の高原地帯で、これまで熱帯雨林に覆われて見えなかった円形や四角形などの幾何学的模様が数百個発見されたとする研究が1月に発表された。 1999年以降に撮影された衛星写真から、250キロ以上の距離にわたって200を超える幾何学的図形の地上絵が確認されており、これまで明らかになっていなかったアマゾンの古代社会が存在していたことの証拠となる可能性があるという。

これは面白い。明らかにナスカの地上絵とも関係がある。アプ星人にも書いたように、明らかに南米は古代、UFOの発着基地であったと思われる。衛星写真から見て取れるというのが証拠である。

マヤ遺跡カラコル、古代都市を3D復元
鬱蒼(うっそう)と生い茂る熱帯雨林を飛行機からレーザーを放射して"まる裸"にしてみると、今までの想像をはるかに超える規模の古代マヤ都市が姿を現した。2009年4月、レーザー光線を地上に照射して距離を測定するLiDAR(Light Detection and Ranging)技術を駆使して、ベリーズ西部の古代マヤ都市カラコルの3D地図の作成を目的とした調査が行われ、今年発表された。わずか4日間で、これまで知られていなかった建造物や道路などの形状が明らかになった。

これはわれわれがまだ、マヤについてほとんど理解していないことを示唆する。上記の古代アマゾンの地上絵もそうであるが、南米は神秘の宝庫である。ある意味アフリカもそうであるが、南米とアフリカでは、役割が全くことなる。南米は上述のようにUFOのエアポートであり、一方、アフリカは、人類発祥遺伝子工学の工場である。という突拍子もない命題で興味を喚起しておいて、地道に勉強してみる。

敗因21カ条

| コメント(6) | トラックバック(0)

山本七平氏の「日本はなぜ敗れるのか」角川ワンテーママガジンで取り上げられた、小松 真一氏の虜人日記であるが、本来は虜人日記もきちんと読むべきであるが、とりあえず、「日本はなぜ敗れるのか」からの孫引きで、敗因21カ条を並べつつ、コメントする。言うまでもなく、これは、旧日本軍の敗因である。

  1. 精鋭主義の軍隊に精鋭がいなかったこと。
    これは意外に見落とされている。すなわち、日本軍は、極めて練度の高い兵員を前提にして成立するような作戦を立てていた。真珠湾攻撃がまさにそうであった。真珠湾攻撃を成立させるために、海軍は猛訓練を重ねた。その成功体験が尾を引いたか、精鋭が相次いで戦死し、残るは弱兵だけになっても、日本軍は、精鋭がいなくては成立しないような作戦を続けた。
  2. 物量、物質、資源、総て米国に比べ問題にならなかった。
    これは言うまでもないだろう。
  3. 日本の不合理性、米国の合理性。
    このあたりは、ものつくり敗戦でも述べたとおりてある。
  4. 将兵の素質低下。
    これはなんといっても、精鋭も層が薄すぎた。
  5. 精神的に弱かった。
    精神論に振り回されて、却って実は、精神的に弱かったということである。
  6. 日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する。
    戦艦大和の建造あたりは、日本の学問もかなり実用化したと思うが、如何せん、造船技術と、航空機技術に留まり、電波技術、ミサイル技術、核兵器など手が出なかった。尤も、日本が核兵器を実現したとしてもおぞましい。
  7. 基礎科学の研究をしなかった事。
    これは、上に述べたとおりである。
  8. 電波兵器の劣等。
    レーダー技術の軽視も残念である。ミットウェー海戦の帰趨にも影響した。
  9. 克己心の欠如。
    特に上層部において、克己心、辛抱強さがなかった。
  10. 反省力なき事。
    作戦の失敗を、反省により次に活かせなかった。
  11. 個人としての修養をしていない事。
    広い意味の哲学というか、人間的修養が十分でなかった。
  12. 陸海軍の不協力。
    これはあまりにも有名である。
  13. 一人よがりで同情心がない事。
    実際、身勝手で自分さえよければという人が多すぎた。
  14. 兵器の劣悪を自覚し、負け癖がついた事。
    劣勢に陥り、ジリ貧になった。
  15. バアーシー海峡の損害と、戦意喪失。
    バアーシー海峡とは、なすすべもなく日本の輸送船がつるべ打ちに米国潜水艦に沈められた海峡である。沈められて続けても、日本軍は、無策にも、輸送船で送り出し続けた。
  16. 思想的に徹底したものがなかった事
    これは特にコメントはない。
  17. 国民が戦いに飽きてきた。
    実際日本は、日清、日露のような短期の戦争しかしたことがなかった。それで、3年も戦争が続くと、国民に厭世的気分が漂った。
  18. 日本文化の確立なき為。
    他国文化と相対化するという意味で、日本文化は確立されなかった。徒に神の国を叫んでも意味はない。
  19. 日本は人命を粗末にし、米国は大切にした。
    実際、武器が窮乏したためとはいえ、人間よりも銃器の方が大事にされる有様であった。
  20. 日本文化に普遍性なき為。
    これは日本文化の確立と似ている。
  21. 指導者に生物学的常識がなかった事。
    生物学的にありえない程度の糧食、環境に平気で兵を派遣する作戦を採った。それで、戦闘でなく病死、餓死で多くの兵を失った。

このように、ミクロを積み重ねた、いわば偏微分方程式の大域解では、万が一にも日本に勝ち目はない。それでは、小室直樹氏が、大東亜戦争の勝ち目で展開したような議論はどうなのか。よく読むと、小室直樹氏の主張と、敗因21カ条は、必ずしも矛盾しない。ただ、小室直樹氏は、方針を欠く日中戦争と、真珠湾攻撃を悪手であると断じる。するとそうやって採算もなく始められた戦争において、敗因21カ条に示すような矛盾が次々と露呈してしまった、ということである。

敗因21カ条は、小松 真一氏の冷静な観察に基づくものであり、どれも妥当だとは思うが、私なりのコメントとしては、リソース欠乏の法則を指摘したい。すなわち、スキル、物資、資金などのリソースが欠乏すると、人間は、まさかリソース欠乏が原因とは思えないようなカオス的行動をとる。無意識のうちに苦肉の策でリソースが潤沢であるように自分を誤魔化し、一層、無明に陥っていく。生物学的常識を度外視した作戦など、死ぬために死ぬのような作戦であって、そういうカオス的行動とみないと、合理的説明ができない。まさに、貧すれば鈍するのである。そういえば、金星探査機「あかつき」の失敗も、ある種の資金難に起因するものであったらしい。貧乏はしたくないものである。

フリーメイソン

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前から、秘密結社に興味があるので、「フリーメイソン」荒俣宏著、角川oneテーマ21を読んでみた。角川oneテーマ21というけれども、サイズは新書なので、気楽に読めるかと思ったらとんでもなくて、荒俣氏の博識が横溢して、読みこなすのに大変苦労した。それでも、習慣により自己用のメモを書いてみるが、そんなだから、到底まともなサマリーになっていない。

先ず、メイソンがもともと石工の組合である、というのは有名な話である。なぜ石工なのかというと、西欧では、宗教建築はすべて石でできており、従って、西洋版宮大工としての石工組合は、それなりの社会のステータスというか、プレステージはあった。

ただ、個人的には、石の建築という意味では、エジプトのピラミッド、南米のアステカ・マヤ・インカ、カッパドキアなどの巨石文化が印象に残っていて、特に南米の巨石文化には、現代の建築重機を用いても建造困難なものもある。よって、巨石の石工技術には、窺い知れない奥義があるに違いないなだけれども、流石の荒俣氏も、趣旨が外れると考えたか、この本では詳しくは触れていない。

ともかく、宗教建築を通じて石工組合は、キリスト教と近い位置にあった。それで優遇もされ、独自の古代エジプトや古代ギリシャの流れを汲むギルド組織だったようである。これがフリーメイソンの第1の源流である。

ところが、本来は石工のギルドであるフリーメイソンに、17世紀になった第2の源流が流れ込むのであって、それは、薔薇十字団であり、テンプル騎士団である。ここで、薔薇十字団とは、知的な人々の集団が世界をリードし、沢山の国々が連合を築いて大きな世界共和国をつくるなかで、人類叡智は完全性に近づくという理念をもつ団体である。

さらには、フランシス・ベーコンなどの理知主義者も、フリーメイソンに流入し、もともと石工組合であったフリーメイソンは、次第に思弁的、進歩主義的色合いを帯びてくる。カソリックと、プロテスタントの対立における、中立的駆け込み寺の役割も果たした。要するに、フリーメイソンは、カソリックに弾圧された非カソリック的な人々を吸収したのである。

フリーメイソンの研究範囲は、建築、数学、博物学、考古学などである。

こうして、18世紀になると、イギリスにグランド・ロッジが誕生した。ロッジとは、もともと、石工が建築のため逗留した場所であるが、後になって、フリーメイソンの集会場所をあらわすようになった。

こうしてフリーメイソンは、イギリス国内では政治不介入で通したが、欧州本土に広がったフリーメイソンは多くの分派を生み、その中には、かの悪名高き陰謀集団、イルミナティもある。

イギリスからの派生国家であるアメリカ合衆国こそは、実は、フリーメイソン国家であった。なぜそうなったのか。それには諸説あり、フランシス・ベーコンが新大陸への植民国家を建造することを意図したという説もある。例えば、フランシス・ベーコンの「ニュー・アトランティス」という著書にその思想が見られるという。

新大陸にあって、ベンジャミン・フランクリンは、フリーメイソンの会員ではなかったが、その人脈は活用した。ジョージ・ワシントンに至っては、首都ワシントンを、フリーメイソン風にデザインした。こうなってくると、フリーメイソンは秘密結社などではなく、最早国連のような世界組織である。特に、アメリカ合衆国では、フリーメイソンにプロテスタントがビルトインされているのだろうか。そのような考察を行おうとすると、私には、あまりに知識が足りない。

さて、日本にフリーメイソンが入ってきたのは、1854年、日米和親条約が結ばれ、横浜に、英国歩兵連隊が居留した頃である。そして、1866年、横浜ロッジが開設された。しかし、日本人最初のフリーメイソンは、外国に行った際に向うで会員になった。例えば、哲学者の西周、津田真道が挙げられる。

戦後は、日本に進駐してきたマッカーサーがフリーメイソンであった。また、当時の米国のトルーマン大統領もそうである。そして、1955年、当時の首相、鳩山一郎がフリーメイソンとして第三階級に登り、マスター・メイソンを名乗っている。するとその孫の鳩山由紀夫も、当然にフリーメイソンということはありえる。なにしろ、「自由・平等」、「友愛」がフリーメイソンのスローガンである。「友愛」などと掲げた総理大臣は、鳩山由紀夫以外に聞いたことがない。

こうして、「フリーメイソン」荒俣宏著、角川oneテーマ21は、いかにフリーメイソンが世界に浸透しているか、ありふれているかを示唆するに十分である。ただ、これでなんとなくフリーメイソンの概要が分ったような気になったのだが、その陰謀的側面は、この本には全く書かれていない。別に邪悪ではなくても、結社が結社である限り、なにかしら陰謀があるというのが、人間集団の組織的本能である。それが明示的に本に書かれないというのも、ある意味当然であった。そこはまた、他の書物に拠り探ることとしよう。

史実の評価

| コメント(4) | トラックバック(0)

以前にブログに書いた、菅直人首相の韓国に対する謝罪であるが、評論家の西部邁氏が、併合は法律的、政治的、道徳的に問題がないので、菅直人の謝罪は不適切と論じた、と新聞にあった。ただ、西部氏は、過去に「遺憾」の意を示すことには理解を示したとある。それはまあ、とりあえず妥当なのだろう。

ところが、成蹊大学教授、武田真一郎氏が、「そもそも歴史認識が重要なのは、過去の史実を現在の視点で評価し、よりよい未来につなげるため」と批判したという。いいたいことはなんとなく分かるが、これはとてもミスリーディングではないか。すなわち、当時と現在ではおかれている状況があまりにも異なる。

それは当然分っている、と言われるだろう。その状況の違いを勘案して、当時の史実をどうやって現在の視点で評価するのだろうか。少なくとも、当時の日本の軍備や経済力を考慮して、その範囲で、最善の施策を描いてみせなくてはならない。最善の施策がもし韓国併合であるなら、西部氏を批判することは妥当でなくなるので、描ける最善の施策は、韓国併合以外でなくてはならない。

すると一番の問題点は、南下を企てるロシアと、清である。韓国を併合しないなら、ロシアまたは清が韓国に進出してくる。すると、日本は切っ先を喉元に突きつけられた形である。そこで最善手を指すのは、いよいよ困難を極める。

そういう想定される苦しい状況から、どうやって「よりよい未来につなげるため」の教訓を引き出すのだろうか。いよいよ分らない。

もっと一般化すると、過去の歴史を現在の視点で評価することは一般的に困難を極める。歴史学のNP困難問題といってよい。だから、歴史学者は安易に、現在の視点からみた歴史的意義のようなものを書くことにストイックである。

ただ、「大衆の反逆」でオルテガは、ローマの歴史から、フランス革命から、慎重に教訓を引き出してみせる。実際、「大衆の反逆」は、歴史からの教訓の考察に満ち満ちて、非常な説得力を以って迫る。それは、「大衆の反逆」を注意深く読むと、長い歴史の流れから浩瀚な知識を汲み取り、深い省察を加えて現代に投影しているからで、やはり、ある短い歴史的事実から、「よりよい未来につなげるため」の教訓を引き出すということは、一般論として、乱暴にすぎると思われる。

実際、マチエは、その未完の主著『フランス革命』で、独自の視点でフランス革命を描きつつ、安易な「よりよい未来につなげるため」の視点など、滑り込ませていない。

ところが、ANNニュースによると、中ロ首脳会談で:

中国を訪れているロシアのメドベージェフ大統領は、「歴史の歪曲は許さない」と述べ、歴史認識をめぐる中ロの連携ぶりをアピールしました。
 メドベージェフ大統領:「我々は戦争についての真実を守らなければならない。第2次世界大戦の歴史的真実を変えようと している勢力が存在しているから、なおさらだ」
 大統領の指摘する「歴史的事実を変えようとする勢力」とは、北方領土の返還を求める日本を指しているとみられています。第2次大戦の間際に旧ソ連が参戦し、北方領土を占領したことを歴史の事実として正当化する狙いがあります。メドベージェフ大統領は27日、中国の胡錦涛国家主席と会談します。ともに日本と戦った両国は、対日戦勝65周年に関する共同声明を発表する予定で、日本をけん制する狙いがあるとみられています。
のような発言があった。尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件が起きた現在、何人の日本人が、この発言を平然と聞き流せるだろうか。

正倉院の薬物

| コメント(0) | トラックバック(0)

正倉院とは、750年代に創建された、校倉造高床式の倉庫であるが、毎日新聞の記事によると、正倉院には、美術品とともに、60種類の薬物が含まれているという。以下、メモである。

正倉院に所蔵されている薬物は、「種々薬帳」と呼ばれる書面に、数量とともに記されていた。そこには、藤原仲麻呂の署名もある。なぜ藤原仲麻呂なのかというと、仲麻呂は、親戚の光明皇后に取り入って出世したのだが、光明皇后は、貧しい病人を救うために「施薬院」を創設し、そこで使われた薬が正倉院に収められたという関係であるらしい。

正倉院の薬物を解明するプロジェクトは、1948~1949年に最初に興され、それが不十分であったため、1994~1995年に第2回の調査が実施された。

60種類の薬物のうち、解明されたのは38種類で、その内訳は、動物生薬5、植物生薬20、鉱物生薬8、動物の骨などの化石薬5であるという。

特に解明にてこずったのは、厚朴と書かれた薬物であった。厚朴は現在でも使われている漢方薬で、モクレン科のホオノキから作る。その効能は、食毒や水毒による胸腹部の膨満、腹痛に用いるものである。ところが、分析してみると、正倉院の薬物における厚朴は、現在の厚朴とは全く成分が異なる。

そこで、中国や台湾からクルミ科の「黄杞」を取り寄せ比較したら一致したという。その薬効は、意外にも、現在の厚朴と似ている。

正倉院の薬物は、遣唐使や鑑真和尚によって唐からもたらされたと考えられている。その原産地は、唐だけでなく、シルクロード、西域、アラビアなど範囲は広い。

校倉造高床式の倉庫は、保存性に優れ、「甘草」は、今でも薬効成分が残っているほどである。ただ、建立後100年後の記録では、自律神経を整える「人参」、下剤の「大黄」などが大量に使われていた。これらは、施薬院で使われたらしい。

正倉院の薬物の価値は単に歴史記録的な価値だけではない。すなわち、薬理学者が所蔵されている「人参」を分析してサポニン成分を突き止めたり、「大黄」の主成分がセンナ葉と同一であることがわかり、生薬を使った下剤の研究開発に結びついた。

ただ、ネガティブな側面も見つかっている。すなわち、毒性があるアルカロイドを含む「冶葛」、農薬としても使える「狼毒」がかなり減っており、権力闘争で、政敵を倒すために使われた可能性もある。そういえば、藤原鎌足が、当時として特に早世という訳でもないが、56歳にして病死した理由は、砒素を飲んでいたせいだという説がある。それは、砒素を薬だと思っていたのか、それたも誰かに盛られたのか、不明だという。なにしろ、当時から薬物の知識はかなり浸透していた訳で、その文脈で、正倉院に、明細書付で薬物が所蔵されているのも理解できる。当時の重要な医学的知識であり資産だったのである。

ボース伝説

| コメント(2) | トラックバック(0)

ボースというと、物理学を勉強した者には先ず、統計力学における、ボース・アインシュタイン統計の物理学者ボースとしてあらわれるが、ここでは、「インドの正体」藤本欣也著、産経新聞社に基づき、インドの政治的な英雄、チャンドラ・ボースのことを述べる。

ボースは1897年、インドの裕福な弁護士の家に生まれた。ケンブリッジ大学に留学後、ガンジーの反英闘争に参加した。1937~1938年、国民会議派を務めた。

ボースは、1941年、軟禁中の自宅を抜け出してドイツに向かい、ヒットラーと会談した。さらには、第2次対戦中の1943年、潜水艦を乗り継いで日本に渡航した。敵の敵は味方ということで、なんとかドイツや日本と結託したかったのだろう。

利害が一致したか、東条英機の後押しで、自由インド仮政府を樹立し、インド国民軍司令官として、インド側でインパール作戦に参加した。流れを見ているとどうみてもボースの側が日本に乗せられたとしか思えないが、日本の側も、戦局の悪化に鑑み、インド国民軍に過度の期待を寄せたのだろう。

ボースは、日本の敗戦直後の8月18日、台湾の松山空港で、どこかに行こうとしていた。ソ連に行こって、スターリンと会談しようとしていたという説もある。ところが生憎、搭乗機は離陸に失敗し、全身火だるまになって、病院に運ばれたものの、結局助からないで、48歳の生涯を終えた。そしてその遺骨はなぜか、東京都杉並区の蓮光寺に埋葬されている。

これがおそらく事実であるはずなのだが、インドの国民は、ボースについて、まるで義経伝説のような「ボース伝説」を抱く。すなわち、台湾の松山空港の公式記録が存在しない、スターリンが1946年に、ボースの滞在をこのまま認めるかどうか協議した文書が残っているなど、真偽の確かでない情報が寄せられたので、本当に、ボースが1945年に飛行機事故で亡くなったのか、という議論が沸き起こった。そこで、1999年に、事実を検討する委員会が組織された。そこまで手間をかけるとは、インドでボースがいまだに、いかに国民的英雄であるかを示唆する。

2005年には、ボースが独身であったかどうかという議論が沸き起こった。すなわち、ボースが欧州滞在時の1930年代に、秘書だったオーストリア人女性と親密になり、一女をもうけたという。それが正式な結婚だったかどうかという議論が沸きあがったらしいのだが、傍からみてどうでもいいような気がする。しかし、国民的英雄ともなると、結婚したということ自体がスキャンダルになるらしい。

また、2006年には、ボースが飛行機事故で死んだという事実はない、蓮光寺の遺骨はボースではない、という調査委員会の報告がなされた。これには、蓮光寺の側も困惑を隠さない。

さらには、1947年以降もボースを見かけた、自分はボースと名乗っていた、そっくりだったという噂話はひきもきらない。

このように、反英の自由闘士として、ボースはインド国民に広い人気があるが、政府筋となると話は別で、主流のネール派はずっと、ボースの政敵だった。だから政府筋は、さまざまな検討報告を冷静に否定する。

ともかく、インパール戦線に参加したボースが高い人気を保っていることから分かるように、インドは意外な親日の国である。その典型は、東京裁判で唯一日本を擁護する発言をしたパール判事にみることができるが、私がインド人と仕事で付き合った経験でも、日本人として、概ね好意をもって迎えられた。あるとき、私とインド人、アメリカ人で会食しているとき、なにかの話題のついでにアメリカ人がインド人に、イギリスがインドを支配したおかげで、インドのインフラが随分整っただろうという発言をしたときのインド人の当惑の表情を私は忘れることができない。それは当惑というよりも、激しい怒りだったのかもしれない。少なくとも多くの日本人にはおそらく、そういう無神経さはない。

ともかく、相当めちゃくちゃなやり方だったような気もするが、アジアを欧米列国から開放しようと意図した帝国日本軍に、かなり節操のないやり方で呼応したボースが、今でもインドで高い人気を保ち、その文脈でインドが親日的であるという事実を興味深く受け止める次第である。

従軍看護婦

| コメント(0) | トラックバック(0)

今でこそ、米軍は、イラクなどに女性兵士を送り込む。しかし、少なくとも第2次大戦の頃は、女性が召集令状を受けることはまさかないと思っていた。すなわち、前線で戦い死んでいくのは、よくもわるくも(よくも、というのは考えにくいが)男達なのだと。

戦うという意味では、そうだったのかもしれないが、戦争に召集され、兵士たちと変わらぬ辛酸を舐め、命を危険に晒した女性たちがいる。それが赤十字看護婦である。その艱難辛苦の有様を、「従軍看護婦の大東亜戦争」祥伝社に従い、メモしてみる。

赤十字は、1863年、戦場において、敵・味方の区別なく傷病者を救護する、という目的で、ジュネーブで創設された。日本赤十字社の前身である博愛社が創設されたのは1877年で、戦争や自然災害の犠牲者の援護と救援に、今に至るまで関わり続けている。

そもそも、日本赤十字社は、日本赤十字社法により、国が行う救護活動に協力することを義務付けられており、特にその第27条には、次のとおりある。
第27条 日本赤十字社は、第1条の目的を達成するため、左に掲げる業務を行う。
  1. 赤十字に関する諸条約に基く業務に従事すること。
  2. 非常災害時又は伝染病流行時において、傷病その他の災やくを受けた者の救護を行うこと。
  3. 常時、健康の増進、疾病の予防、苦痛の軽減その他社会奉仕のために必要な事業を行うこと。
  4. 前各号に掲げる業務のほか、第1条の目的を達成するために必要な業務
2 前項第1号及び第2号に掲げる業務には、第33条第1項の規定により国の委託を受けて行うものを含むものとする。

日本赤十字社の前身である博愛社は、西南の役で負傷者を救護したのが最初だった。濃尾大地震の救護活動に当たった看護婦に、日本赤十字社の創設者の佐野常民は、次の言葉を送った。

一、至誠以テ救護ニ従事スヘキコト
一、奮勉以テ艱苦ニ堪ヘキコト
一、節操以テ品行ヲ慎ムヘキコト

これは文字通り、従軍看護婦の重い指針となった。元従軍看護婦の手記を読むと、あまりにもこの指針どおりなので、涙なしでは読めないものもあった。

西南の役に始まる日本赤十字社の看護婦の救護活動は、北清事変、日露戦争、第1次世界大戦、シベリア事変、満州事変、第2次世界大戦とあらゆる戦争に及んだ。第2次世界大戦で派遣された日本赤十字社の社員は、35785人であったが、そのうちの殉職者は1187人、特に従軍看護婦の殉職者は1120人であった。戦死者に比べると相対的に少ないようであるが、もともとジュネーブ協定で厚く保護された非戦闘員であるので、決して少ないとはいえない。死因も、輸送船の撃沈、敵または味方による誤射、病気などである。

日本赤十字社の看護婦は、突然「赤紙」を受け取る。幼い子供がいようと、老いた両親を抱えようと、夫が出征しようと容赦ない。看護学校を卒業したばかりの新米にも召集は来る。国家の要請は非情である。

行き先は、満州、上海、徐州、サイゴン、ビルマ、フィリピンなど。終戦後、シベリアに抑留された看護婦もいた。流石に、硫黄島、ペリリュー島、ガダルカナルなどのdead endの地には派遣されなかったようである。

とはいえ、従軍看護婦は、衛生兵の厳しい監督下におかれ、一切の自由行動はない。そもそも、戦場にあって、負傷者の数は限りないが、従軍看護婦の数は限られており、必然的に一人で多数の負傷者を看護しなくてはならない。それは想像を絶する激務であり、医師や薬物が決定的に不足する中で、本来は助かるはずの者もどうしようもなくて死んでいくケースも少なくない。また、ジャングルの中を進む軍隊とともに行軍すると、まかり間違えると、女ひとりでジャングルに取り残されることもある。その心細さは想像を超えている。当然に、マラリアなどの風土病に罹ることもある。敵の一斉攻撃で、共に全滅することもある。

それにしても、従軍看護婦の責務が重いのは、
一、至誠以テ救護ニ従事スヘキコト
一、奮勉以テ艱苦ニ堪ヘキコト
も然ることながら、
一、節操以テ品行ヲ慎ムヘキコト
がずっしり重く圧し掛かる場面があるということである。例えば、敗戦後、満州の地に残された従軍看護婦の一行は、ソ連軍が襲来することが確実になったとき、自らの心臓を刃物で突いて自害した。なぜなら、徒に佇んでいると、従軍看護婦といえども一介の女性なので、性的陵辱の対象にされてしまう虞が大である。そうなってしまうと、節操も品行も保てない。そこで、大和魂の従軍看護婦達は、従容と死を選んだのである。まさに武士の心意気である。推察するに、従軍看護婦にとって節操と品行が重要なのは、例えば、特定の兵士と恋愛関係になってしまうと、分け隔てのない看護に重大な支障が生じてしまうからであろう。だから、心を鬼にして、私情というか、恋心を封止しなくてはならないのである。そして、意図とは反することではあれ、陵辱されるなど、とんでもないことである。

そうやって心を鬼にしながら、看護する傷病兵達には誠意をもって優しく接し、できるだけ安静と慰安を与えなくてはならない。すると、傷病兵の中には、感極まって男泣きする者もでてくる。こんな優しい対応は、母親さえもしてくれなかった、と。看護婦は、涙を見て見ぬふりをしつつ、看護を続ける。ううん、なんと困難な職業なのだろうか。

そういえば、先日、病院に父の見舞いに行ったとき、看護婦さん(今は、正式には看護師と呼ぶようである)が実に甲斐甲斐しく面倒を見てくれる場面に何度も接した。そして、偏見かもしれないが、会社のOLよりもなんと大変な仕事なのだろう、何しろ、知らない老人の下の世話までしなくてはならない、でも、その責任の割には高給でもないのだよね、とつい考えこんでしまった。目先の損得を言うなら、夜勤もあるし、絶対にOLより損である。それでも、一種使命感に燃えて、看護師になるのだろうか。もしそうなら、銃弾が飛び交う中で看護するわけではないにせよ、何ほどか、従軍看護婦の伝統がそこに繋がっているのかもしれない。

藤原氏の血脈

| コメント(0) | トラックバック(0)

ずっと前に、藤原道長についてメモしていらい、どうやって藤原家が発祥したのだろう、と興味はもっていたが、何しろ、歴史音痴なので、手ががりとなる知識もなく、困っていた。

するとたまたま、古書店の100円均一コーナーで、「藤原氏の謎」邦光史郎、カッパ・ノベルズをみつけた。そこで、この本に基づき、藤原氏の由来について記述してみる。

歴史上の藤原氏の明確な始祖は、大化の改新で活躍した中臣鎌足である。すなわち、中臣鎌足は、親戚であるにも拘わらず蘇我氏に恨みを抱き、このままだと、蘇我氏の推す古人大兄皇子が皇位に就くと懸念して、中大兄皇子に近づいた。そして、中大兄皇子、石川麻呂などとクーデターを共謀した。

その結果、紆余曲折を経て皇位に就いた中大兄皇子、すなわち、天智天皇から藤原姓を賜った。しかし、その直後、藤原鎌足は、当時として特に早世という訳でもないが、56歳にして病死してしまう。

亡き後、藤原鎌足を継いだのは、次子、不比等だった。そして、例の壬申の乱があったとき、藤原不比等はまだ11歳で、藤原氏の親戚の有力者は、結局負けた大友皇子の方に就いたので、不比等は難を逃れるため、それから20年も京都に潜んでいた。

壬申の乱の勝者である大海人皇子が天武天皇に即位しても、不比等は雌伏し続けた。そのあと、持統女帝の時代になって、運が廻ってきた。すなわち、持統女帝は、天智天皇の娘なので、天智天皇の忠臣であり功労者であった藤原鎌足の息子である不比等を重用するというのは自然の成り行きである。

結局、不比等は、持統、元明、元正と、三人の女帝に仕え、執政することで権力基盤を固めていった。ここに、その後長く続く藤原氏の基礎が完成されたといってよい。不比等の戦略は、我が子を皇室に送り込んで婚姻関係を結ぶものである。この技法は、その後も洗練されていった。

不比等には少なくとも六人の妻がおり、その間に四男五女がいた。そうして、長男の武智麻呂が南家、次男の房前が北家、三男の宇合が式家、四男の麻呂が京家と呼ばれた。

ところがなんと、天平九年(718年)に天然痘が流行し、四兄弟が相次いで病死してしまう。藤原家の危機である。そこで救世主となったのが、不比等の五女の一人、光明皇后で、四兄弟が病死した後、藤原一族を支えて、甥たちが成長するのを待った。

その後、藤原一族で台頭してきたのは、南家の藤原仲麻呂であった。仲麻呂は、光明皇后に近づき、出世していった。

問題を起したのは、式家の藤原広嗣である。藤原広嗣は九州に赴任したとき、中国留学から帰った吉備真備と、僧弦肪に不満を抱き、反乱を起して没落した。

一時隆盛を極めた道鏡一族が没落すると、力をつけてきたのは、式家の藤原百川であった。そして、長岡京遷都の頃は、式家が優勢であったが、百川、種継と死去して、式家が没落すると、台頭してきたのは、北家だった。平安時代の藤原一族の繁栄は、北家によるものである。北家の繁栄は、821年に、冬嗣が右大臣になったときに始まる。このときからまた、藤原家は、天皇の外戚となる道を掴んだ。冬嗣の後、北家は、基経、時平と続いた。基経の時代に、宇多天皇は、藤原氏の時代に倦み、新風を吹き込むために、菅原道真を重用した。そしてついに、時平と菅原道真がぶつかった。権謀に長ける時平は、能く道真を大宰府に追放したが、道真の祟りか、時平は亡くなり、その弟の忠平が大臣になった。

藤原氏が最高の隆盛を迎えたのは、藤原兼家の五男であった、藤原道長のときである。その詳細は、上記藤原道長の記述に譲る。

藤原道長から三代目の忠通の子の基実が近衛家の、次男兼実が九条家の、初代となった。近衛家とはまさに、終戦前の総理大臣、近衛文麿の当家である。兼実の孫の次男良実が二条家を、三男実経が一条家を開き、さらに三条家、西園寺家、徳大寺家が分かれていった。

鎌倉、室町、安土桃山、江戸と、藤原氏が滅びることなくどう生き延びたのかこの本では記述がないが、おそらく、DNAの二重螺旋のように、天皇家の血脈に絡むことにより、主要親族として子孫を維持したのではないかと思われる。

このように、日本の貴族は、そのほとんどが、藤原氏に源を有する、と言ってよい。

貴族だけでなく、十六藤、三十二藤などといわれる、近藤、斉藤、遠藤、佐藤、工藤、安藤、後藤、進藤、江藤、加藤、武藤、首藤、尾藤など枚挙のいとまがないほとの姓が、藤原氏に関連すると言われている。尤も、そこには、単に末端の家臣の一族だった者もあろう。

こうして、日本に藤原氏の息のかかっていない者はほとんどいないということになり、大化の改新の中臣鎌足の遺伝子は、遍く日本国民に広がっている、ということになる。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち歴史カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日常です。

次のカテゴリは法律です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。