読書の最近のブログ記事

望みは何かと訊かれたら

| コメント(0) | トラックバック(0)

前にも書いたが、私は本屋などない離島に住んでいたり、また大学入試の受験勉強もあったりで、本格的に本を読み始めたのは、大学生になってからだった。本といっても、最初は松本清張の推理小説一辺倒であった。

ところが、心のオーナーシップに書いたようなスチューデント・アパシーになっている頃は、なぜかほとんど、西欧の小説に傾倒していた。サマセット・モーム、モーパッサン、スタンダール、コレット、エドガー・アラン・ポーあとソルジェニーツィンあたりである。当時なぜか一番感動したのが、エミール・ゾラの「居酒屋」なのだから、訳わからない。

それから社会人になって、なぜかほとんど小説を読まなくなった。数楽者に堕してしまってからは、理工系の本(それと若干の哲学の本)一辺倒だったからかもしれない。

それでも、スチューデント・アパシーの間に悟ったように、心のオーナーシップが私にないとすると、何の本を読むかの主体性も、少なくとも私の顕在意識にはないことになる。それで滅多に小説を読まないのに突然、小説を読むようにどこからともなく指示が下ることがある。もう3年前に読んだ、篠田節子の「ゴサインタン - 神の座」がそうで、これは、ネパール奥地の宗教を絡めたとてもスケールの大きい小説だった。

そして久々に小説を読めとの指示が下った。それは、小池真理子の「望みは何かと訊かれたら」である。この本を、情報考学の書評欄でみたとき、矢も楯もたまらずこの本をアマゾンで注文し、届くと、たまたま都内に出張に行く予定があったので電車で読み続け、帰りの小田急線は読書のためわざと各停に乗り、自宅に着いても読み継ぎ、文庫で600ページ以上あるが結局一日以内に読み終えた。圧倒的迫力であった。

まだ読んでいない人のために、ごく粗筋だけ書く。主人公はいまは音楽プロダクション会社を経営する男性と結婚して、それなりに幸せに暮らしている女性。しかし、この女性には驚くべき過去があった。それは、学生時代、学生運動にはまり、ある過激派のリーダーに魅せられて、ついに爆弾製造のアジトに仲間と集まった。そこで、ちょっと問題行動があった別の女子学生が、結局粛清されてしまう。その女子学生の死体を、仲間とともに山中に埋めるように指示された主人公は、怖くなって、隙をみて必死で逃げてしまう。都内まで逃げたはいいが、疲れて公園で倒れていたところを若い男子学生に保護され、その男子学生の住まいに匿われた。しかし、若い女性と若い男子学生が同じ部屋にいて、性的に無色の生活になるはずもなく、とても奇妙な同棲生活が始まる。

それは、男が女を、まるで子供を手取り足取り面倒をみるような、妙な支配欲と保護欲に彩られた、あるいみ、めくるめき淫靡な生活だった。半年の期間の後、ふとしたきっかけで男子学生の住まいを出た主人公は、紆余曲折の後、きちんと結婚し普通の社会生活をしていたが、30数年ぶりに、旅先で、匿ってくれた男性と偶然再会し、奇妙な恋が再燃する。

リンチ殺人のくだりは、ちょっとストーリーが不自然でなくもないが、当時本当に、連合赤軍の浅間山荘事件があったので、それを明確に記憶している私のような年代の者には、強いリアリティでストーリーが押し寄せてくる。

そして主人公は、死の恐怖に慄きつつ、無限ループのような爛れた同棲生活に浸る。それは、一片の恋愛沙汰もなかったのに、私のスチューデント・アパシーと妙にだぶるのである。また、死の恐怖のタナトスと、爛れた生活のエロスが、ここでも絶妙のカクテルとなる。

ところで私は、宮部みゆき、高樹のぶ子、篠田節子などの女流作家が妙に好きである。作家自身が好きなのか、作品が好きなのか、渾然一体としてよく分からない。いま、小池真理子もこの列に加えることにしよう。といいつつ、普段ほとんど小説は読まない。忽然と私が小説を読みたくなるメカニズムは結局さっばりわからない。だって所詮借り物の心だもの。

街場のメディア論

| コメント(4) | トラックバック(0)

日本辺境論を読んで、今更のように注目するようになった内田樹氏であるが、内田樹氏の休筆の件で、うん、なかなか筋を通す人だといよいよファンになった。だから、ミーハーにも、最近でた「街場のメディア論」光文社新書は、迷わず買ってしまった。この本は、今年の6月に書かれたものなので、当然に、例の休筆以前の著作である。

ところで、内田樹氏は、ここに書いたように、私がポジティブな妄想じゃなかった、憧れを抱く、かの神戸女学院大の教授なのであった。そして、「街場のメディア論」は、神戸女学院大教授での講義をもとに書かれているとなると、二重にこの本は「買い」なのであった。

まず最初は、「キャリアは他人のためもの」で始まる。そう、まさに、キャリアは他人に役に立つところのものであるからこそ、キャリアなのであって、自分がやりたいこと=キャリアとは限らない、と当然の論旨である。内田氏は、潜在スキルは、やってみてこそ顕在化するのであって、やってみないと自分では気付かないと指摘する。そして、他人のためを思って発揮されるスキルこそが一番力が発揮されるという。これは、実はスピリチュアリズムの本質なのであって、霊も魂も引き合いに出さないで、スピリチュアリズムの本質を述べている。

次は、「マスメディアの嘘と演技」、そして「メディアと『クレイマー』」。ここで、最近のテレビがつまらなくなった、という命題が唱えられる。それは、多くの人が言っていることであるが、内田氏はその理由として、マスコミ内批判精神のなさを挙げる。そのとおりであって、マスコミは、政府だの教育だのに鋭い舌鋒を浴びせるが、自らに対してあまりにも甘い。しかし、これでは自壊しかねない。

次は、「『正義』の暴走」と「メディアと『変えないほうがよいもの』」。ここの論旨は、私の保守性での議論と基本的に一致する。それは当然であって、ある程度常識的に考えると、どうしてもそうならざるを得ない。例えば、内田氏は、病院で、「患者さま」と、患者をクライアントして持ち上げ、市場原理をそこに持ち込むことを批判する。それで図に乗って、病院で不埒なことをする患者が出てくると指摘する。意味は違うが、それと似たことが私の周囲でも結構見かけられる。

次は、「読者はどこにいるのか」。ここで、電子書籍の限界も説かれるが、同感である。本の背表紙を眺めて、なんともいえぬ雰囲気に浸るのは、読書の少なくない楽しみである。あと、「本を読みたい人は減っていない」というのも、ううん、そうなのかも、と思う。さらに著作権の議論は得たりであり、社会全般として著作権法は無視しえないが、内田氏が個人として、Webに発表したものに著作権を主張しないというのは同感である。私だって、この一連のブログをコピーしようと改変しようと構わない。ただ、「こんな馬鹿な奴がいる」という愚弄モードでの引用は、できれば遠慮してほしい。黙認するよりないが。

それから、「贈与経済と読書」であるが、本を書くことと読むことを、コンピュータ・ソフトにおける、カンパウェアみたいな言い方をされていて、それは理想であるが、やはりそれは貴族主義で、出版以外に食べていく安定収入をもっている内田氏のような人をもってして、いえることではあるまいか。

最後に、「わけのわからない未来へ」。そうなのである。ここから私が勝手に本文の趣旨を無視して書くが、とりあえずは私が目下気になっているのは、2012アセンションに書いたことである。ここで私は、完全にマスコミのことから興味が離れてしまった。ともかく、「街場のメディア論」は、いい意味でクリアカットで、大変面白く読ませて戴いたのだった。まさに、内田氏が「わけのわからない未来へ」で挙げている、「自分宛ての贈り物」であった。この本を買うことでの印税がささやかなる返礼である。

天地明察

| コメント(2) | トラックバック(0)

本当かどうか知らないが、少女は、西欧の歴史小説を読んで、自らを王女やお妃にたとえ、感情移入するという。どんな男も見過してしまうような地味な少女であったとしてもである。

ところが、50台半ばを過ぎた、初老ともいえる私が、不覚にも感情移入してしまったのが、友人から紹介された「天地明察」という小説の主人公、渋川春海こと、安井算哲である。

安井算哲は、江戸時代の碁打ち衆として江戸城に登城を許された、安井、本因坊、林、井上の四家の一つに生まれた、いわば当時の囲碁棋士であった。それなら家業の囲碁に邁進すればいいものを、算哲にはどうしても抑えがたい性癖があった。それは算盤である。今でいう数学が好きでたまらず、つい囲碁が疎かになる。

ところが、囲碁のライバルで才気煥発な本因坊道策は、そんな算哲が歯がゆくてならない。それで、算哲を挑発するのだが、算哲は相手にしない。そもそもが、道策の方が囲碁の才能で優っていることを知っているのである。

そうして、暇をみては、神社の絵馬に算術問題が出題されているのを見に行くのである。それをきっかけに、天才算術家である関孝和を知り、その才能に羨望する。

まさに、囲碁を将棋に置き換え、算盤を数学(数楽)に置き換え、なんとなく気の利かない性格に鑑みると、安井算哲は、私にだぶるのである。つい感情移入してしまった。

ところが、感情移入はそこまでである。なせなら、安井算哲は、会津藩の藩主で幕府の要人である保科正之や大老、酒井忠清そして水戸光圀など錚々たるメンバーから過分の厚遇を受けるのである。そのような状態に私は最早感情移入できない。

それには意図があった。算哲の数学的才能を見込んで、暦を作り直す密命が算哲に下ったのである。しかし、それはあくまでも密命であるので、表向きは碁打ちのままである。

こうして二束の草鞋で進むのであったが、改暦は、想像を絶する辛酸であった。なにしろ、計算があわない。朝廷、幕府の微妙なパワーバランスをとることに腐心する。数学と政治手腕の両面で頓挫する。

こうして一時は絶望の淵にありながらも、算哲は不屈の精神で改暦を成し遂げたのだった。そこには天才、関孝和からの絶大なる支援もあった。再婚した妻、えんの内助の功もあった。ううん、いよいよ感情移入のレールから外れていく。

結果としてみると、安井算哲こと渋川春海は、あまりにも偉大であった。囲碁では道策に、算術では関孝和にとうとう歯が立たなかったが、総合的に、彼らに劣らぬ成果を挙げ、歴史にも名を留めた。

それにしても、のぼうの城の成田長親に続き、安井算哲、歴史小説の名手達は、絶妙のキャラクタをよくぞ発掘するものである。そういえば、のぼうの城に続き、これも本屋大賞であった。大賞嫌いがどうした、と自問してみるが、大賞受賞云々は関係なく、いい本はいいのだ、と当たり前のことを返してみる次第である。

内田樹氏の休筆

| コメント(4) | トラックバック(0)

産経新聞Webによると、内田樹氏が休筆する、という。以下、引用:

「日本辺境論」などのベストセラーで知られる仏文学者で神戸女学院大教授の内田樹(たつる)さんが、ブログ上で一部の自著の刊行にストップをかけることを宣言し、波紋が広がっている。旬の書き手に群がり、出版点数を増やす「バブル」を生み出しては、すぐにはじける。出版界のそんな"悪弊"を批判する行動だが、書き手たちの賛否は割れている。(海老沢類)

発端は大手書店の店長が書いた8月12日付のブログだ。「伝える力」が100万部を突破したジャーナリスト、池上彰さんらの「バブル」に触れ、人気の著者に依頼が殺到する結果、質の落ちた本が出回って著者も疲弊していくとして、その悪循環を批判した。

私はこの訴えは実に妥当だと思う。本屋に行くと、茂木健一郎氏、勝間和代氏、池上彰氏などの著書が何冊も並ぶが、いくら本が好きでも、私はほとんど買う気がおきない。とても内容が薄まっているような気がする。まるで、売れるからと、酒を薄めて売っているようである。

十数点の出版企画を抱える売れっ子の内田さんはすぐに反応した。13日付のブログに「大量の企画が同時進行しているのは、編集者たちの『泣き落し』と『コネ圧力』に屈したためである。(略)『バブルのバルブ』を止めることができるのは、書き手だけ」などと記し、4冊分の校正刷りの確認を"塩漬け"すると宣言。14日付で「日程がタイトであれば、書きもののクオリティはあらわに下がる」と理由を説明した。

この内田氏の反応は、素晴らしい。私がみるところ、内田氏の著書はまだ疲弊していないというか、荒れていない。オリジナリティの泉は涸れていないし、水割り感もない。しかし、短期間に沢山本を出すと、次第に荒れてくることは、どんな著者も避けられない。それを予防して休筆するというのは、なかなかできそうでできない。現実の収入を見送ることになるからである。

一方、店長に「バブル」と指摘された脳科学者の茂木健一郎さんは自身のブログで変わらず執筆を続ける姿勢を強調。経済評論家の勝間和代さんもブログで「当事者がコントロールできるものではない」と、内田さんとは対照的な考えを示すなど、反響が広がっている。

茂木健一郎氏は、意図的でないにしても、脱税を指摘されたことがあった。最初はそうでなかったかもしれないが、稼いでいるうちに拝金主義に染まってしまったのではないか。勝間和代氏、然りである。こうして、売れるだけ書く、売れなくなるまで書く、というデスマーチが続く。そうやって書いた本にどれほどの価値があるのだろうか。

騒動の背景には、不況下で加速する新刊ラッシュがある。書籍と雑誌の販売金額は昨年、21年ぶりに2兆円を割り込み、返品率は4割を超えた。売り上げの減少を補うため、出版社は自転車操業的に点数を増やしており、昨年の新刊は過去最多の7万8555点。頭数をそろえるため、引き出しが豊富で部数が見込めるビッグネームに頼る傾向に拍車がかかる。

「途中で企画がストップすれば、収益見込みの修正が必要」(出版関係者)だけに、各社の編集者はほかの書き手に賛同の動きが広がるのを警戒する。ただ、内田さんを支持する専門家は少なくない。

出版社の苦しい台所というのは、分からないでもない。すなわち、安易に売れる作家のものを出し続ける誘惑に駆られる。そうやって出版文化が先細りしては、未来がない。

早稲田大大学院の永江朗教授(出版文化論)は「安価で手軽な編集ができる新書ブームがあった10年ほど前を境に、メガヒットした書き手に安易に依頼する傾向が加速した。対談や講演のテープを起こしただけの安直な作りの本が増えれば、読者離れを早め、出版文化の先細りを招くだけ。業界は今回の問題提起を真摯(しんし)に受け止めるべきだ」と警鐘を鳴らしている。

まさに、そうだと思う。保守的すぎる私は、なんとか出版賞とかいう本を毛嫌いしてしまう傾向がある。のぼうの城だって、知り合いから紹介されなかったら、手にとってみることはなかったろう。私が読む本を選ぶには、鑑識眼をあるレベルに維持しておけばいい。しかし、巷に蔓延る本はそうはいかない。おそらく、ある時点で出版される本の冊数というのは有限たから、質の低い本が跋扈すると、相対的に良書が駆逐されてしまう。そうでなくても、本屋に行く度に、アニメコーナーが増えているのが気になる。アニメがすべて低俗とは思わない。山上たつひこの作品など、なかなか佳作だと思う。しかし、自ずと限度があるのではないだろうか。

松岡正剛

| コメント(4) | トラックバック(0)

今でも霊だのあの世だと呟くので、シュールな傾向のある私であるが、それでも家庭をもち、会社ではある程度責任ある仕事をしているので、現実からの呪縛も小さくない。

20台中頃の若い頃は、そのような呪縛もなく、野放図に生きており、よくサラリーマンとしてクビにならなかったと、不思議でならない。

そんな野放図な私の愛読書に、工作舎の出版物があった。宇宙論だの超人だの、フリッチョ・カプラだの、私のテイストにぴったりで、まさに耽読していたといっていい。工作舎の主管は松岡正剛で、今に至るまでビッグネームであるが、当時は凄い人なのか、怪しい人なのか分らなかった。

その後も松岡正剛のことは多少気になっていて、知の編集術 (講談社現代新書) なども読んでみたが、どうもしっくりこない。意に反して、書いていることがまともすぎるのである。それで、松岡正剛のことは意識から少し遠のいていたが、最近本屋を散策した際に、多読術 (ちくまプリマー新書)が目に付いた。

実は、松岡正剛の千夜千冊を眺めて、ううん畏るべき読書家だわいと感嘆していた私は、これは即買いだった。

早速読んでみて感じたのは、松岡氏の本に対するリスペクトと畏れの深さである。なにしろ、世界から本に対する全射写像が存在することをつゆも疑っていない。本には何でもあると臆面もなく言う。これは凄い。私は、世界からイメージに対する単射があって、イメージから書物に対する更なる単射があると思っている。すなわち、ずんずんやせ細っていくのである。そんなに本を瘠せたものだと思っていながら、私は本の世界から一歩も出ようとしていない。なんという矛盾だろうか。

しかし、世界を、書かれたもので記述し尽くされたものだと考えることは哲学的に意外にありえることであり、もしそうであるなら、世界と本の間に全射写像を想定することもそれほど突拍子もないことだといえない。

松岡氏がさらに凄いのは、あれだけ本を、おそらく私の何十倍も読んでおきながら、常に本に、無知から未知を期待していることである。まだ新規なことがあるの?という素朴な疑問は、私のような凡人が当然に発することである。

だから、松岡氏が、多数の本の内容のネットワークのつながりから世界を構築していこうとするのも当然であろう。当然に松岡氏は、空手空拳で読書空間に挑むのではない。彼は、編集工学という武器がある。その技法を駆使して、松岡氏は、読書から効率的に世界を構築していく。なにしろ、本は世界の総体なのだから(私が勝手に言っているだけであるが)、読書を続けていくと世界観が発展していくのである。

かくして、松岡氏の文豪ならぬ、「本豪」の姿が次第に見えてきた。それは、目的は違うが、立花隆のそれと同様に、私にとってはめくるめきものである。また、松岡氏の読書論は、成毛眞氏のそれを部分集合として含む。私にはより身近な成毛氏の方法論を通して、私は、松岡氏の凄さを見通している次第である。

夏の光

| コメント(0) | トラックバック(0)

のぼうの城を私に紹介してくれた人が、本を貸してくれた。それは、「夏の光」田村優之著、ポプラ社。なんでも経済の話題が出てくる小説で、とても面白いという。

経済小説なら、昔、清水一行とかよく読んだよね、と思いつつ、ページをめくると、ぐんぐん吸い込まれた。主人公は、宮本という経済アナリスト。合弁された会社で、チーフ・アナリストをやっている腕利きである。

対するは、有賀という幼馴染。新聞社で、経済番の記者をやっている。二人の会話は、経済音痴の私にはあまり理解できない経済政策に拘わるもので、それでも、日本経済の帰趨にリアルに関与して、臨場感を出している。

しかし、それはあくまでもサブテーマである。主題は、二人の高校時代の青春、恋愛、そしてある「事件」にある。

宮本は、チーフ・アナリストとして、会社の利益を優先するが、グローバルには妥当性を欠く経済予測をしてしまうことの葛藤に悩む。そんなとき、ほとんど20年ぶりに、幼馴染の有賀に財務省で出会う。

それをきっかけに、封印されていた「過去」が蠢き始める。高校時代、宮本と有賀は、ボクシング部に所属していた。特に有賀は、女子高生の憧れの的だった。そして二人とも、全校を代表するような秀才。

設定が格好よすぎる。これを読むと大抵の男性なら、苦笑するであろう。しかし、物語は、立身出世談ではない。もちろん、秀才である二人はそこそこ社会で成功しているが、封印していたはずの20年前の「事件」が色濃く陰を落とし、二人の私生活を追い詰めていく。

これは、経済小説であり、恋愛小説であり、そして一種の推理小説なので、ここに粗筋を書き下す訳にはいかないが(ごく粗くは書いてしまったが)、なかなか稀な上質のストーリーであった。

一歩間違えるとベタになってしまうかもしれないこの小説が上質であることができるのは、青春の蹉跌と、その蹉跌の遠達力を読み手に投影するからである。青春の蹉跌なんてない、現在幸福で一点の悩みもないと言い切れる人は多分多くないが、もしそういう人がいたら、この小説は青臭くて読めないだろう。

しかし、大抵の読者は、自らの青春の蹉跌、失恋、現在の不遇をこの小説に投影しながら読み進め、しばし立ちすくんでしまうのである。

武田惣角

| コメント(15) | トラックバック(0)

友人から、津本陽の「鬼の冠」双葉文庫を紹介された。合気柔術家、武田惣角の伝記である。驚くべき話であるが、どこまで真実かと訝りながら、読んだ。

武田惣角は、会津の生まれ、例の戊辰戦争の頃、また8歳の子供であった。ところが、わずか8歳にして、留守宅の番を言いつけられる。他の家族は山中に避難したり、会津城に篭城したりしているのである。

すると当然に、官軍がやってくる。何しろ兵糧に事欠いているので、行く先々の民家で略奪する。留守番役の者は命の危険に晒される。ところが、黙っていても命が危ないのに、惣角は、8歳にして、官軍にちょっかいを出す。生まれつき豪胆なのである。それで何度も殺されそうになるが、なぜか生き延びる。悪運の強さも半端ではない。

戊辰戦争では、子供ながらにして、凄惨な死体を数多眺めているわけであるから、嫌でも肝が据わる。

ともかくも戊辰戦争が終わると、惣角は、剣術など武道全般の修行を始めた。身長148センチ、体重53キロと、体は決して大きいほうではないが、柔道でも相撲でも、いかなる武道もセンス抜群で、近隣に並ぶものがない。

それで、18歳になると、全国に武者修行に出かけた。東京から大阪を経て、途中の剣道の道場で道場破りしながら、目指すのは九州であった。西南の役で挙兵した西郷隆盛の軍に合流するためである。血が滾ったのである。ところが、もたもたしているうちに、西南の役は終わってしまい、それでも、熊本や鹿児島で武者修行を続けた。

ところが、惣角は単なる武道家ではなく、神仏にも興味があった。そこで宮崎の日向鵜戸神社に行き、不思議な修験者に出会った。なにしろ唱えるままに、雲を呼び、雹を降らせるのである。これには流石に豪胆な惣角も驚いた。

その後、福島にいたとき、まさに九死に一生の目に遭った。ヤクザ数百人に単身戦いを挑み、数十人は倒したものの、とうとう組み伏せられ、一人の男に、刀で止めを刺された。瀕死の重傷であった。刀がわずかに心臓を外れていたのが幸運であった。

その後、傷が癒えてから、日光東照宮の禰宜、保科近悳に会った。元の名を、西郷頼母、会津藩の家臣であった。近悳は、透視術、読心術、隠形術を駆使することができた。流石の惣角も、近悳には全く歯が立たなかった。それは高度な合気技であった。近悳は気合で茶碗を割り、飛ぶ鳥を落とすことができた。まさに、聞きし、密教修行の世界である。

疲労のため一旦近悳の許を離れた惣角は、合気技を習得せんがため、再度、近悳を訪れた。近悳は、福島県伊達郡霊山神社の宮司になっていた。再度の修行でとうとう惣角は、大東流合気技を習得し、免許皆伝された。これは修行の賜物であるが、結局は本人の素質なのだろう。というのは、惣角に弟子入りしたいという者は多かったが、その中に、免許皆伝できる者を見出すことはできなかった。

大東流合気技を習得した惣角はその後、八面六臂の活躍をする。広域暴力団を単身で鎮めたり、挑む武道家をことごとく打ち負かしたりした。合気技なので、相手はなんで負けたのかわからない。ともかく、知らないうちに投げ倒されているのである。また、読心術を駆使して、相手の考えていることを読取ることもお茶の子だった。

そんな惣角であるが、やはり神仏でなく人間だった。突然の脳溢血で、北見の自宅で84歳でこの世を去った。昭和18年のことである。惣角の門人には、財部彪、岡田啓介、小栗孝太郎、竹下勇、鈴木貫太郎という五人の海軍大臣もいる。武田惣角の合気技は本物であったと思う。

のぼうの城

| コメント(5) | トラックバック(0)

私は、知人に紹介された本は、余程買わない理由がない限り、買ってみることにしている。買わない理由というのは、言うまでもないが、どうしても興味がもてない、というものである。他の買わない理由として、ベストセラーであるとか、芥川賞、直木賞などの有名な賞をもらっているというのがある。

そんななかで、最近紹介されて買った本として、「のぼうの城」和田竜、小学館がある。これは実は、本屋大賞2009年第2位というのが気に入らなかったが、それがあっても、なんとなく惹かれるものがあった。

そしてページをめくると、期待に違わなかった。時代は、豊臣秀吉の絶頂の頃。秀吉にとって、全国を制覇するためには、北条氏を征圧する、という仕事が残っていた。

攻められることが時間の問題となった、小田原城を根拠とする北条氏は、着々と対抗して武装していった。周辺の支城にも指示を出した。そんな支城の1つに、今の埼玉県行田市にある忍城がある。そこが、この小説の舞台となる。

なにしろ飛ぶ鳥を落とす太閤秀吉である。まともに戦っても勝てる訳がない。しかし、上方の軍門に下ることをあからさまに表明しては、小田原城の北条氏に顔が立たない。そこで、忍城では、表面的には北条氏に恭順を示しつつ、裏では上方に内通する、という折衷策をとった。

この小説の主人公は、忍城の当主の長男、成田長親。武将に似合わぬうつけ者で、畠をうろついては百姓にも馬鹿にされていた。

あまり詳しく書くと、この本を読んでない人に申し訳ないので、詳しくは書かないが、でくのぼうなので、「のぼう様」と呼ばれている成田長親が、とぼけたようで、絶妙の策で、攻めてきた石田三成の軍勢と対抗する。

硬軟入り混じった、ある意味矛盾した方針をとるのだが、偏差値エリートのような知将、石田三成との秘術を尽くした戦略に対して、成田長親は、人望と奇策で応じる。。

石田三成にとって、この忍城との攻防戦の10年後が、かの関が原の合戦であった。石田三成に、成田長親の人望があれば、関が原の合戦の結果も変わったかもしれない。

ともかく、和田竜は、成田長親というほとんど無名のキャラクタを発掘して、うまく脚色した。その手腕は見事である。成田長親の性格にしても、敢えて描ききっておらず、謎を残し、読者の想像に任せている。また、丹波、正木、甲斐姫などのキャラクタも独特の個性があっていい。

うん、これは面白い小説だった、とプログに書いておこう。

多読術

| コメント(4) | トラックバック(0)

前にこのブログにも書いたように、私は基本的に速読法なるものを信じないというか、心を動かされない。しかし、多読法となると、ちょっと心が動く。私が普段やっていことが、なるべくジャンルを手広く読むことだからである。

一方で、私は、成毛眞氏のファンである。成毛氏は、私とは人間のタイプは全くことなるし、なぜなのか、と考えてみると、大の読書好きで、「本を読まない奴は猿だ。」とか、公言してはばからないからである。私は、成毛氏ほど読書の効用にポジティブになれない。そこから得られるものは所詮限られているという思いはいつもどこかにある。それでも、暇さえあれば何か読んでいるのは、単なる偏執狂としかいえない。それで、本ばっかり読んでいていいのかという不安を、成毛氏の著書は和らげてくれるのである。

そんな成毛氏が、「実践! 多読術 本は「組み合わせ」で読みこなせ (角川oneテーマ21)」を出した。正直言って、そんな薀蓄の詰まった本とは期待したわけではないが、何しろファンなので、いい歳してミーハーに買ってしまうのである。成毛氏の別の著書である、大人げない大人だろうか。

では、成毛流の多読術はというと、ともかく先ず多数の本を手に取る。月に200冊というから、あまりにも半端ではない。私は果たして年に200冊も手にするだろうか。ううん、年なら、なんとかそうか。ただ、成毛氏は、月に200冊完読するわけではない。実際に読み通すのは、10冊か20冊。それも、同時並行的に併読する。しかも、トイレの中とか、書斎とかあちこちに本が置いてあるという。これ、結婚していたら、相当家人に理解がないと難しいスキームだろう。ただ、私は、貧乏性で買った以上はとつまらなくても完読しようとするし、どうも抵抗があって、2冊以上併読する気がしない。要するにいろいろな本から何か情報を得ればいいのだ、という成毛氏のドライさは参考になる。

ただ、絶対真似できないのは、成毛氏が巨大な書庫をもっていて、買った本は原則捨てないで、そこに何千冊も蓄積されていることである。本当は私も真似したいけど、財力が許さない。ここらあたりが、元マイクロソフトの社長と、一介のサラリーマンの差である。

では、成毛流はどんな本を読んでいるのだろうか。これに対する答えは多分、全ジャンルである。というのはあるとき、成毛氏は、ジュンク堂などの大型書店を、隅すら隅まで歩いて、全ての本を眺めると言っていた。そうは言っても、私のみるところ、成毛氏の読書は、情報効率的なところがあるので、ストーリーを楽しむような文学はあまり読まれないようである。また、古典もあまり読まないようである。ここらあたり、立花隆氏とか、池田信夫氏もどちらかというとその傾向にある。確かに、情報を得るという意味だと、文学や古典は、効率が悪い。最も効率が悪いのは、マルクスの資本論をじっくり読んで、経済学を学ぶことであろう。

すなわち、成毛氏が好む分野は、ノンフィクション、軍事もの、科学、歴史などである。多読だからといってハウツーものには流れない。間違っても勝間和代は読まないだろう。経済の分野も、本格的な経済学書を読むべしという。同感であるので、私は遅々としてマンキューを読んでいる。

ただ、割り切れないというか、どうしても同意できないのは、古典に対する態度で、古典をじっくり読むことの意義をあまり認めないし、それがオーバーランして、紫式部は果たして文章がうまかったのかとさえ疑う。こういう非権威主義は私は実は好きだが、紫式部が悪文家というのは流石にないのではないか。

古典に対する私の態度は相当保守的であって、今でも、時間ができたらじっくり読みたいのは、プラトンとかヘロドトスなどのギリシャもの、それと、正法眼蔵、徒然草などの日本の古典である。あと、中国の老子、荘子など。今だって、自宅の机の傍らに置かれているのは、なぜか宇治拾遺物語だったりする。

ただ、そういう細かい見解の相違は、誤差の範囲であって、成毛氏の読書の効用に対する手放しの賞賛は、本を読むこと(理解度ではなく、読んだ冊数でもなく、単に、本を読むことに費やした時間)くらいしか取りえがない私にとっての最大の慰みである。だから、成毛氏が次になにか本を出したらまた、大人げなく買うに違いないのである。

ベータ読み

| コメント(2) | トラックバック(0)

外山滋比古の「思考の整理学」と同じシリーズで、ちくま文庫の「読みの整理学」を読んでみた。

どう考えてもこれは一度読んだことがあるよね、と思っていたら、「読書の方法」講談社現代新書に加筆して再刊したものだという。すると私は、かなり昔に、「読書の方法」の方を読んだらしい。

「読書の方法」を特徴づけるのは、「アルファ読み」と「ベータ読み」という用語である。「アルファ読み」とは、既知のことをなぞり、確かめるような読書である。例えば、昨日テレビで観た野球の試合の結果を、次の日の新聞で読むようなものである。巨人ファンが、巨人が勝った次の日に、その内容をスポーツ新聞などで読むのは至極楽しい。何の違和感もない。もう少し広げて、馴染みの作家の推理小説の新刊を読むとする。ちょっとマンネリの気味はあるが、お決まりの警部が出てきて、ベタな安心感がある。

一方、「ベータ読み」とは、未知を読む読書である。その極北にあるのは、カントの「純粋理性批判」だったりする。一字一句に全く「既知」が使えない。仕方がないので、潤滑油としての解説本を予め読むのだが、それでも、結局、職業哲学者以外には、最後まで読み通すことすら難しいだろう。少し別の意味で、ある意味もっと難解なのは、グロタンディークのElements de geometrie algebrique(EGA)などの数学書であるが、この文脈でそういう本を持ち出すこと自体、頭がおかしいかもしれない。

わざと極端な例を挙げたのは、大抵の読書が何ほどかアルファ読みで、何ほどかベータ読みであることが言いたいがためである。

私のような無節操な多読家が陥りやすい欠点は、ベータ読みでじっくり読むべき本までも、アルファ読みで流してしまうことである。例えば、あるとき、岩波文庫で、ルソーの「エミール」を読んだ。一種の教育論で、ただ私としては新鮮味もなく、ちょっと特異な幼児教育論が気になっただけである。それでも、プラトンの「国家」にあるような過激さはない。そのように曖昧な感想をもっていたら、同じく岩波文庫で、「エミール」を読んだ友人と話したとき。愕然とした。その友人は翻訳のまずさとか、私があまり気付かなかった多くの点を指摘したからである。率直に言って私は、「エミール」が読めていなかった。アルファ読みで流してしまったのである。さらに別の古典のアルファ読みの経験は、大学の教養課程で、西洋文学の授業を受けたときである。そのとき、ゲーテの「ファウスト」を読んで感想を書きなさいという課題があった。ところが私はなんと、ゲゲゲの鬼太郎でも読むモードで、単なる怪奇物語として「ファウスト」を読んでしまい、楽しかった、みたいなふざけた感想文を書いた記憶がある。

それで今更分かったのだが、私が数だけはそれなりに哲学書を読んだことがあるのに、その理解が哀しいほど浅いのは、ついアルファ読みしていたせいのようである。

そんな私が自信をもってベータ読みしたといえるのは、ブルバキの数学原論「集合」の巻を読んだときである。無愛想といえば、これほど無愛想な本もちょっとない。若干の歴史的記述はあるものの、ほとんどが定理と証明、そして演習問題の羅列である。演習問題には見事に、一片の解答もない。これをノートを取りながら、自分で意味を考えつつ考えたことをメモして、可能限り、すべての演習問題も解いた。もちろん読みながら考えつつ、既存の知識に当て嵌めていったので何ほどかアルファ読みも入っているが、これは流石に胸を張ってベータ読みだったといいたい。

それでまた私の偏見に思い至った。私は哲学者なるものがどうしてあんなに既存の哲学書を読んで、意味を見出そうと奮闘努力しているのか、という疑問をもっていた。例えば、カントだの、ヘーゲルだのである。それは単に既存の思想をなぞるだけではないか、オリジナリティは何なのか、という疑問をいまいち払拭できなかったが、そこでもベータ読みの概念を持ち出すと納得がいく。すなわち、哲学者は、カントの純粋理性批判を読みつつ再解釈して、そのうえで自分のオリジナルの思想を展開していく。だから、それがまた一つのオリジナルな思想になる。私は少なくともブルバキの数学原論に適用したのと同程度のベータ読みを、哲学書にも適用すべきだったのである。

という舌の根が乾かないうちに、再びアルファ読みに思考が戻った。すなわち、例えば今手許に、「抽象代数幾何学」永田雅宣、宮西正宣、丸山正樹、共立出版がある。これは、グロタンディークがEGAで展開したスキームの理論が解説されていて、とても格調が高いのであるが、その難解さはブルバキの数学原論「集合」の比ではない。安易な私のベータ読みを峻拒するものがある。そこで思ったのは、ベータ読みが拒絶されるなら、いっそ開き直ってアルファ読みができないか、ということである。すなわち、何かの物語を読むように「抽象代数幾何学」が読めたらな、ということである。そういう読み方に何の意味があるの、という問いかけもしない。それは決して容易ではない。しかしよく考えてみたら、難解な、ベータ読みしか許されないような本の上にアルファ読みの視点を確立することもまた、巡り巡ってベータ読みなのであった。

一方で、既知の、とても易しい本においてなんとか非自明な観点を確立するという意味で、アルファ読みからベータ読みという方向もあろう。

よって、言えることは、読書は、アルファ読みとベータ読みの弁証法で、その正反合の織り成す綾の中に読書の醍醐味があるということになる。そして、何にしても創造的読書は大変である、という当たり前の結論に行き着くのであった。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち読書カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは言語です。

次のカテゴリは軍事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。