政治の最近のブログ記事

Yukio Hatoyama

| コメント(0) | トラックバック(0)

TIMEを眺めていたら、例年どおりの、"100 MOST INFLUENCIAL PEOPLE IN THE WORLD"という特集だった。だいたい、私にはほとんど知らない人ばかりなので、適当に読み流そうと思ったら、なんと、日本の鳩山首相がリストされていた。

去年の9月の上り調子の頃ならともかく、今更、落ち目の鳩山首相が、世界を動かす人にリストされるのが妥当なのだろうか。そのタイムの記事によると、鳩山首相は、古くからの政治家の家系に生まれ、若い頃から自民党でキャリアを積んで政治家になるのはほとんど決まりのコースだったが、1993年になぜか自民党を離党して新しい党を立ち上げた。そして、米国とのより対等の関係と、政治の透明性を標榜して、自民党の寡占を打ち破ったが、その改革は遅々として進んでいない。ではあれ、日本を一党支配から真の民社主義へと国を移行させたのであって、その功績だけでも祝福に値する、というのだが、本当だろうか。ただ、TIMEに、鳩山首相をよいしょするメリットはないはずである。どういう意図なのだろう。

と思ったら、鳩山首相の前のページに、オバマ大統領の記事があり、鳩山首相の後のページに、サラ・ペイリンの記事があった。オバマ大統領は別格として、鳩山首相は、世界で"INFLUENCIAL"という意味で、流石にサラ・ペイリンよりはましなのではないだろうか。

折角なので、"100 MOST INFLUENCIAL PEOPLE IN THE WORLD"を流し見したら、他に私が知っているのは、エルトン・ジョン、スティーブ・ジョブズ、リー・クアン・ユー、ビル・クリントン、キム・ヨナ、だけである。

私に映画と音楽の趣味があれば、もう5~6人くらいは知っているかもしれないが、興味が偏りすぎているので仕方ない。ああ、そういえば、レディー・ガガは、会社の若い女性研究員が言及していた。曲を聴いたことがないので、なんともいえない。

100人をざっと眺めて、私が一番面白いと思ったのは、中国のサーチ・エンジン会社、百度の創設者、ロビン・リーである。ロビン・リーは、ニューヨーク州立大学でコンピュータ・サイエンスを学び、ダウ・ジョーンズ所有の金融データベースの会社であくせく働いた。そこでリーは、2つのことに夢中になった。その1つは検索エンジンである。もう一つは、故国である中国に帰ることである。リーは、陝西省の貧しい町の生まれだった。こうして、中国に戻り、ついに国内で、Googleを打ち負かした。快哉である。

計画と実行

| コメント(2) | トラックバック(0)

世の中は、考えてもよく分からないことが多いが、私にとって政治もその一つである。そんな私だが、最近の政治家が、選挙前にマニフェストなるものを掲げるのをみて、感心した。昔はこれを公約と言った。公約なんだから、公にする契約なんだろうけど、公約は大体破られるものだと相場が決まっていた。

ところが、マニフェストは、本当にこれを守るように努力するそうである。ほんとか、選挙対策に過ぎないのではないか、と昔から、空しい公約に慣れてきた私は思った。

民主党はそれでも、実際に政権を取ったら、本当にマニフェストを守るように行動し始めている。長妻厚生労働大臣など、それのいい例である。ただ、そうは言っても、なかなかマニフェストどおりにいかないことの方が実は多い。

それでも、約束は約束なんだから、石に齧りついても政治家はマニフェストを実行すべきである、という意見が一方にあり、他方では、国民の信頼に答えるために敢えて、マニフェストどおりやらないことが必要なこともある、という意見もある。どちらが正しいのだろうか。

この答えは実は決まっていて、後者が正解である。なぜなら、施政者を何らかの行動体と想定すると、それはある意味制御される機械と考えることができる。言い換えると、ある入力に基づき、ある目的を達成するためにある行動を採るのであるが、それは、単にある入力を入れると、それを実行すべき行動が出てくる関数のようなものではなくて、出てきた結果をフィードバックして、さらに結果を練り直す、いわゆる力学系または自動制御系のようなものでなくてはならない。そうしないと、刻々変化する実情に対応できない。

そう考えると実は、マニフェストなるものは、力学系または自動制御系に与える初期値のセットに過ぎないことが分かる。もしそうであるなら、マニフェストは決して墨守すべきものではなく、ある程度おおまかに決めておいて、次第に修正していけるようにすべき、ということになる。すると、より本質的なのは、マニフェスト自体よりも、現実を認識して、マニフェストを修正していける能力ということになる。

そうはいっても、どんな任意のマニフェストでもいい、ということはない。そもそもまず、マニフェストは、選挙の宣伝文句なのであるから、国民に受け入れやすいものでなくてはならない。その上で、それが、政治という自動制御系に与える初期値のセットであるなら、下手な局所解に陥らないように、ある程度注意深く選ばれなくてはならない。実際、最適化などのために探索システムを構築すると、低い局所解に陥ってしまう危険性が常にある。低い局所解に陥いると、制約条件を一旦緩めて、そこから脱出させなくてはならない。

実は、計画と実行というのは、古くて新しいテーマであって、物事をなすためには、きちんと計画を立てるというのは基本であり、それが無意味だとは普通思わない。しかし、実はもっと重要なのは、状況に適合して計画を修正する能力であって、そこがあまりにも地味なので、見落とされ勝ちになる。

また、これも以外に意識されていないのが、墨守される変更不可能な計画がいかに禍をもたらすか、である。一旦決めた計画を墨守することで、悲惨な状況に陥った例は、旧日本軍の戦略、旧ソ連の5ヵ年計画、中国の文化大革命など、と枚挙に暇がないのである。おそらく、「無計画は、硬直した計画に優る」、という命題は成立するだろう。

鳩山語録

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ、鳩山内閣が発足した。それに関連して、新聞の本の広告で、「新総理鳩山由紀夫の宇宙人語録」というのを見かけた。ちょっとこの本は買う気がしないが、鳩山由紀夫氏はどうも一風変わった人のようなので、Webで少し調べてみた。

すると、諸説は分かれるが、その代表的な語録は、次の4つであるようである。

「世界一の幸せ者」
「私がボケ、菅さんがツッコミ」
「私は宇宙人」
「私は世襲ではない」

「世界一の幸せ者」というのは、初めて議員として当選して、「初めての経験で、最後までどうなるか分かりませんでした。私は世界一の幸せ者です。」という文脈で出てくる。大げさな表現が好きなようである。

「私がボケ、菅さんがツッコミ」は、1996年9月に菅直人氏と旧・民主党を結成して、「私がボケ、菅さんがツッコミで漫才が成立する。 」という文脈で出てくる。お笑いが好きなのか。

「私は宇宙人」は、2001年7月、参院選で小泉純一郎首相に対抗して、「私は最近宇宙人と呼ばれている。今回の参院選は宇宙人と変人の一騎打ちとみてもらって結構だ。」という文脈で出てくる。確かに、あの顔は、なにかの番組の宇宙人に似ている。

「私は世襲ではない」は、2009年5月、小沢氏の後任代表に選出され、「必ず政権交代を果たさなければならない。この国をどのようにけん引するか、たくましさを国民に見てほしい。私は親類縁者が一人もいない新天地を政治家のスタートラインとした。世襲には入らない。」というという文脈で出てくる。いやあ、日本中どこにいたって、世襲である。

また、1999年8月の民主党代表選出馬の記者会見で、「友愛とチャレンジ、社会正義と革新、という思いで出馬した。」この「友愛」は、今でも使っている。

こう見てくると、一見奇抜な発言はあるけれども、小泉元首相よりも、また麻生首相よりも常識人か。

ところが、ご夫人の鳩山幸さんが変わっている。なにしろ、名うての「オカルト好き」らしい。虫の知らせ程度ならともかく、「人体テレポート術」まで雑誌の座談会で話すほどである。

そのご夫人の影響か、鳩山氏も、「この世の出来事に偶然はない」と言っているという。このあたり、私が普段言っていることとも符合する。私の方が、ちょっと気恥ずかしかったりして。

鳩山幸さんは、オカルト関係のユニークな発言満載で、引用してみると、次のとおり。

まず、魂がUFOに乗って金星に行ったとその著書にある。オムネク・オエクかと言いたい。

他には、米俳優のトム・クルーズさんと前世で会ったことがあり「前世で彼は日本人」などと述べている。向うは、I don't knowであろう。

主人は雨に降られて困った、ということがないんです。困るときには『ちょっと待っていてください』と私が天にお願いすると、待ってくれるんです、と雨をコントロールできるとする発言もする。オカルト好きの私も、流石に、こういうことを言われると引く。天候をコントロールするのは、信じられない。

当然に、UFOに関する発言も沢山ある。

すると、鳩山由紀夫氏の発言は、相当に夫人に引っ張られているかもしれない。

鳩山幸さんは、66歳だからどうしても年齢から来る衰えはあるが、しかし、流石元宝塚女優、まだ華がある。この容姿と、あのオカルトめいた奇抜な発言は、海外で既に受けているそうで、こういう雰囲気は、ファースト・レディとして、悪くないかもしれない。

ただ、政治家の内助の功ができるのか、という一抹の不安はある。寧ろ、オカルト思考でかき乱さないか。それは、鳩山由紀夫氏の政治の一本芯の通ってなさ、にもつながる。もっと言うと、民主党自体が、実戦不足集団なのである。私が中学の頃、縁台で将棋を指していたら、後ろからいろいろと口出しするおじさんがいた。中にはいい手もある。それで指そうといったら、いやいや、という。無理やり捕まえて指すとからっきしであった。

自民党に代わって民主党がどんな戦法をとるのか、どんな指し口なのか、実戦不足という期待を裏切ってくれるか、観察したいと思う。

国家戦略大臣

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニュースによると、下記のとおり、菅直人が副総理兼国家戦略大臣に内定したという。

民主党・鳩山由紀夫代表(62)は2009年9月5日、幹事長内定の小沢一郎代表代行(67)、官房長官内定の平野博文役員室長(60)と会談し、新政権の主要人事を固めた。7日に執行部の了承を得る。新聞各紙などの報道によれば、5日に新たに内定したのは、副総理兼国家戦略大臣に菅直人代表代行(62)、外務大臣に岡田克也幹事長(56)財務大臣に藤井裕久最高顧問(77)ら。

しかし、国家戦略大臣とは、ありそうで聞いたことのない地位である。一体何を任務とするのか。時事ドットコムによると、次のとおりである。

鳩山由紀夫代表の政権構想の柱である国家戦略局については、新政権誕生と同時に、まずは国家戦略室として発足させる。2010年度予算の年内編成に向け、骨格づくりを急ぐ必要があるためだ。その後、役所に対する「指示権」など強い権限を付与するため、秋の臨時国会に設置法案を提出する。官民から幅広く人材を登用し、30人程度の組織とする考えだ。戦略局と役割が重なる経済財政諮問会議は廃止する。

これでもまだ、国家戦略大臣の役割は見えてこないが、要するに、官僚主義に楔を入れるための組織なのだろうか。国家戦略というと、その意味するところはとても広い。普通に考えると、防衛省あるいは外務省とかぶるところだが、キーは、「戦略局と役割が重なる経済財政諮問会議は廃止する。」というメッセージだろう。すると、やはり、国家予算権限に絶大な権力をもつ財務省の官僚あたりに切り込むための役割を主たる任務とするのだろうか。

もしそうなら、菅直人が、竹中平蔵と重なって見えることになる。さて、竹中平蔵は、公務員改革に成功したのだろうか。それは、高橋洋一の一連の著書から垣間見ることができるが、緩慢ながら、少しずつ切り崩しは功を奏しているといえるかもしれない。

しかし、菅直人が、その路線を継承することなく、いきなりstart overするなら、果たしてどうなることだろうか。菅直人には、高橋洋一のようなブレーンがいるのだろうか。ブレーンはもしかして、秘密兵器、植草一秀なのだろうか。なぜなら、植草は、小沢一郎に信頼されているからである。このあたりにも、民主党の不安は、見え隠れするのである。

そう思いつつ新聞を眺めていたら、国家戦略局の役割が新聞に書かれていたので、引用しておく。すなわち、

  1. 予算の骨格や政策の優先順位を決めること
  2. 外交の基本方針を決めること
なのだという。

しかも、国家戦略局は、「脱官僚主導」、「脱官僚依存」を目指す民主党の目玉組織なのだという。とはいえ、論理的に考えるなら、予算の骨格や政策の優先順位や、外交の基本方針を国家戦略局が首尾よく決定できたとしても、それを実施するのはやはり官僚なのではあるまいか。国家戦略局のメンバーがそのあたりの実務のスキルやノウハウをもちあわせないと、結局、官僚依存になってしまわないか。

ということで、やはりよく分からないのである。

橋下知事

| コメント(2) | トラックバック(0)

以前、橋下氏、大丈夫かとブログに書いたように、私は、大阪府の橋下知事の資質に疑問をもってきた。その後も、過激な言動を見聞きするたびに、私は顔を顰めてきた。なので、下記の記事をみたときは、目を瞠った。

橋下徹知事の財政再建策「大阪維新プログラム」による歳出削減効果が、世界同時不況による府税の減収分などを上回り、実質収支は119億円の黒字となり、11年ぶりに赤字決算を脱却した。

歳入は、法人事業税と法人府民税が計5235億円(前年度比7・6%減)に落ち込むなど、府税収入は1兆2813億円(同4・6%減)と大幅に悪化。全体で、2兆7085億円(同2・5%減)にとどまった。

一方、歳出は、大阪維新プログラムに沿って前年度比5%の人件費カットや12%の投資的経費の抑制などを行った結果、総額で2兆6855億円(同2・8%減)となり、翌年度への繰り越し分を差し引いた実質収支は黒字となった。

私は、この成果は立派だと思う。流石に、元大阪府知事の横山ノックよりずっとまともである。具体的成果を出しているからである。このような具体的成果をある意味過大評価してしまうのは、ただ偉ぶってなにも成果のない人達をよく見ているせいだろうか。

一方で気になるのは、財政を緊縮化するためにある程度のモラールの低下は仕方ないとしても、それがどの程度であるかという、ところである。といいつつ、漏れ聞こえる橋下知事に対する反論には、府職員の認識の甘さを反映するものもある。府職員にたるんだ人もいる、ということである。ということで、橋下知事については、その言動と実績を、見守っていきたい。少なくとも、橋下知事の、光市母子殺害事件弁護団に対する非難については、私は同意である。ただ、正義感の発露はいいが、下手な言動で揚げ足をとられないようにして戴きたいと思う。なにしろ、直ぐにパワハラと言われる時代であるから。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち政治カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは心理学です。

次のカテゴリは教育です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。