法医昆虫学捜査官2から少し間をあけて、その第三作である「水底の棘」講談社文庫を買って、さっそく読み始めた。

ストーリーは、ある寒い11月の朝、赤堀が知り合いの昆虫コンサルタント、辻岡大吉に呼ばれるところから始まる。用件は、荒川でのセスジユスリカの駆除のサポートである。これは江戸川区から依頼された仕事である。すなわち、セスジユスリカのオスを、そのメスの羽音と同じ周波数の音で呼び寄せ、一網打尽にする、というものだった。

すると赤堀が、セスジユスリカのトラップの中に、オオクロバエとホオグロオビキンバエを見つけて、怪訝になった。というのは、ホオグロオビキンバエは死体を嗅ぎつけてやってくるが、夏にしか繁殖しないからである。

それから赤堀と大吉が河川敷を歩いていると、カラスたちが集まっている場所があった。さっきオオクロバエをトラップの中でみつけたことから、動物の死体があるのだろうと思って行ってみると、なんと人間の遺体があり、流石の赤堀も度肝を抜かれた。

ともかく警察に通報すると、やってきたのは、例によって岩楯警部補だが、相棒は法医昆虫学捜査官1にも出てきた、鰐川。

赤堀は、遺体には、メインのハエであるオオクロバエに混ざって、夏にしか繁殖しないホオグロオビキンバエがいて、再び沈思した。

遺体は早速司法解剖に付されたが、その結論は絞殺だった。遺体には刺青があり、蛍光インクを使った特殊なものだった。また、被害者は、割り柄ドライバーをもっていた。

そこで、岩楯と鰐川を含む捜査員は、特殊な刺青と、割り柄ドライバーをキーとして、被害者の身元を探った。

岩楯と鰐川は、名物鑑識員の堀之内から紹介された、伝説の刺青師に相談して、横須賀の刺青師に行き着いたが、なかなか被害者の身元を明らかにすることにはならなかった。また、割り柄ドライバーは、あまりに一般的すぎて、手がかりにならなかった。

さて赤堀は、警視庁から検視データを入手して精査することにより、肺の珪藻から、海から逆流してきたことが示唆されており、しかも絞殺でなく水死ではないかと推定した。しかし、このことは、遺体が川の上流から流れてきており、絞殺であるという警察の見解と真っ向から対立し、検死医は自分の面子が否定されたと激怒した。

そこで赤堀は、遺体からみつかった別のピースに注目した。それは、ウミケムシと、トラフジャコという意外な組み合わせである。これを検証するため、赤堀は、大吉とともに八景島の沖の海にダイビングして、仮設を確かめた。

その地道な積み重ねで、赤堀は、警視庁の見解を海水での溺死説に向けさせたが、そこから長い道のりが続くのだった。

というストーリーなのだが、今回は前作、あるいは前々作と比べて証拠に基づく推理の側面が強化され、本格推理の雰囲気が濃厚になったけれども、その分、アクション性が減り、ちょっと赤堀らしさが出てないかな、と感じたりした。

まあでも、昆虫とはいえないかもしれないが、海水性生物のウミケムシや、甲殻類のトラフジャコなどに対する蘊蓄が駆使されていて、昆虫だけでなく海洋性生物も好きな私は結構楽しめたのだった。

山口昌哉、「カオスとフラクタル」講談社ブルーバックスをきちんと読み直してみると、個別の図形の計算はポール・ピエール・レヴィだとしても、複数個の縮小写像による自己相似集合という表し方を発見したのは、日本では、京都大学理学部の畑 政義氏が最初ということである。現在、京都大学理学研究科/数学・数理解析専攻解析学講座/准教授という肩書である。

さて、レヴィの図形と同じ式で、定数a, b, c, dだけ違う他の図形も示しておく。

  1. a = 0, b = 0.4+0.5i, c = 0, d = 0.4+0.5i
  2. a = 0.4614+0.4614i, b = 0, c = 0.622-0.192i, d = 0
  3. a = 0, b = 0.5+0.2887i, c = 0, d = 0.6667
  4. a = 0.707i, b = 0, c = 0.5, d = 0
  5. a = 0.4614+0.4614i, b = 0, c = 0, d = 0.2896-0.585i

これを見ていると、1. は悪魔系、2.は雲、3.は木の枝、4.は氷柱、5.は海藻または細菌のコロニーと、なかなか表現力豊かである。そういえば、レヴィの図形は蟹か。

いやあ、流石に難しいと思っていたのだが、ついに藤井四段が歴代一位の連勝記録、28連勝を達成した。以下、毎日新聞ウェブの記事から引用する。

将棋の史上最年少棋士、藤井聡太四段(14)は21日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第67期王将戦(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)1次予選で澤田真吾六段(25)に99手で勝ち、神谷広志八段(56)が1987年に達成した歴代1位の連勝記録、28連勝に並んだ。デビュー戦から無敗での達成は初めて。単独トップの29連勝がかかる次戦は26日、東京・将棋会館である竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段(19)と対局する。

藤井四段、25連勝を書いてから、まず6月14日に藤井四段は、C級2組の順位戦で、瀬川五段と指した。今まで藤井四段が指してきた相手に鑑みると藤井四段にかなり分がありそうに思われ、事実終盤の入り口で藤井四段がかなりよさそうだった。すると、抑えの切り札を抱える野球チームのようにここから藤井四段が負けることはかなりありえないねと思った。ところが瀬川五段がすごい頑張りで紛れてきた。私が藤井四段の側もったら勝てないと思った。しかし私なんぞを引き合いに出すのは意味がないのであって、流石藤井四段、そこからきっちり読みを入れて瀬川五段を下した。しかしぎりぎりの勝負だった。

次の藤井四段の対戦は、6月17日の朝日杯将棋オープン戦 一次予選、藤岡隼太アマであった。ここは流石にきっちり藤井四段が勝つだろうと思ったら、じっさいに余裕をもって勝ったようである。

そして、6月21日の王将戦 一次予選、澤田六段戦。ここが藤井四段にとってかなりの難関だと思った。なぜなら澤田六段は王位戦挑戦者決定リーグ紅組で全勝優勝するほどの実力者で、挑戦者決定戦で菅井七段に敗れたものの、トップクラスの棋士であることは間違いない。しかも澤田六段は今月の2日に棋王戦予選で藤井四段に敗れている。流石に後輩棋士に二連敗はしないのではと思ったら、また藤井四段が勝つとは。

ただ、AmebaTV七番勝負の佐藤康光九段戦といい、NHK杯の千田六段といい、終盤まるで手合い違いのように完勝したりしたのを見ると、藤井四段の終盤力がプロの中にあっても図抜けているのは確かのようである。

ともかくここまできたら、6月26日の竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段に勝って、新記録を樹立してほしいものである。

知識と責任

user-pic
0

普通人間は勉強したり、トレーニングしたりして知識やスキルを身に着けるが、そうする理由は仕事に就くためだったり、仕事のクオリティを上げるためだったり、環境の変化に追随するためだったり、生活を豊かにするためだったり、娯楽のためだったりする。

知識やスキルを身に着けるための努力は、場合によりとても大変だったりするが、それを身に着けたあとは、基本的にいいことずくめで、よって勉強やトレーニングは望ましいものとされている。

ところが、シルバーバーチだったか、スピリチュアルの本を読んだとき、意表を突かれるステートメントに出会った。それは、知識を身に着けると責任が生じる、というものである。

意表を突かれるといったが、そんなの意表を突かれる方がおかしい、当たり前ではないか、といわれるかもしれない。例えば、ある刑事事件で、犯罪の証拠となる場面をみてしまったとする。それでも、それを警察に伝えるべきかどうか迷うということは当然ある。しかし、事件と関わり合いになりたくない、犯人から報復されたら困る、警察署に呼ばれて、時間を取られるなどの理由で、知らないふりして通すことは結構あるだろう。それでも、道義的には警察に知らせるべき、ということは一応誰でも認めるだろう。

他の場合で、旅客機の中で、乗客で急病で苦しむ人がいたら、この中にお医者様はいらっしゃいませんか、とアナウンスされることがある。こんなとき私だったら、格好つけていうのかもしれないが、ああ医者だったらよかったな、もし医者だったら、急病の人をもしかして助けられるかもしれないのな、と考えるかもしれない。しかし私はあいにく医者ではないし、救急治療のスキルもまったくない。いっぽうで、本当に医者が乗客にいて、面倒だな、黙っておこうと思う人は普通はいないと思うが、何かの事情で申し出ないということもあるかもしれない。だとしても、道義的には名乗り出るべき、ということは一応誰でも認めるだろう。

ところが会社の不祥事の場合はどうか。法律は会社の不祥事を内部告発したときに、告発した本人を保護すべきと謳うが、告発した人が無事に済むことはあえない。それでも、正義としては、きちんと不正は内部告発すべきである、ということが道義に適うということを否定する人はいないだろう。だとしても、不祥事を内部告発しないと罰するみたいな規定はつくるわけにはいかない。なので見て見ぬふりが横行しても、なかなかそれを問題視するわけにはいかない。

ところで、このブログで何度も書いたように、外資系にいたとき、私が同僚の誘いに応じて渋々であれ、内部告発めいた行動を採ったのは、元管理職として、あのような管理職の問題行動を見過ごしてはいけないという使命感のようなものが大きかったのは確かである。もちろん成算があったわけではない。いくらなんでも私はそこまで甘い人間ではない。ただ、上記シルバーバーチのステートメントも頭の片隅に浮かんだりした。

ここまで重大ではないが、最近も決断を迫られることがあった。それは、今勤務している会社におけるIT施策についてである。私は外資系にいたとき、12年くらい部門全体のシステム・セキュリティとIT運用の責任者だった。いろいろな面倒な会社のオーデットやシステム・トラブルに、いろいろな人に相談しながら、深夜まで対処した。そのころの記憶は薄れつつあるが、依然としてそのときの経験の蓄積はまだ大きいとおもっている。

そんな私の経験に鑑みると、今勤務している会社におけるIT施策はどうも合理性を欠くと判断した。一方で、外資系にいたときと違い、組織の階層の末端にいて、何か意見を具申することを期待される立場にない。それでも、しばらく迷った挙句に、知識がある者は誰であれ責任が生じるという原則により、可能な限り淡々と意見を述べた。私の立場でそんなことをいうと、もはや仕事の契約を打ち切られるかもしれないと懸念したが、この歳なので、そうなってもリスクは小さい。で、結局私の意見はスルーされただけで、がっかりしたが、お咎めがなかっただけでよかったというべきかもしれない。

このように、知識を得ると責任が生じるなら、なにも知識なんて習得しない方がいいということになる。しかし、それではいけない、知識に伴う責任を恐れて怠慢になってはいけないというのが、スピリチュアルの教えでもある。

ただ、別の見方をすると、例えば成績優秀で国立大学の医学部に合格して将来は安泰だと周囲はもてはやすかもしれないが、私からみると、知識に伴う責任を恐れない、なんという勇気ある行動と称えたくなる。

一方、企業の特許担当者として、医師や政治家、高級官僚、軍人などに比べるとはるかに責任の少ない安易な生活をしてきた自分ってどうよ、と苦笑するよりないのだった。

フラクタルについては、シェルピンスキのガスケットコッホ曲線マンデルブロ集合ジュリア集合など、典型的なものを描いてみたが、そういえば、少し毛色の変わったフラクタルであるレヴィの図形はまだ描いていないね、と思って、一時はバイブルのように読んだ、山口昌哉、「カオスとフラクタル」講談社ブルーバックスを自分の書棚で探したが、どうしても見つからない。あれっ、いくらなんでもこの本は捨てたり古書店に売ったりしていないはずだが、と思ったが、いくら探しても見つからないので、仕方なくアマゾンの古本で買いなおした。そして、レヴィの図形が載っているページをみてみた。

レヴィの図形は、描き方は、再帰的に所定の操作を繰り返す点でシェルピンスキのガスケットに似ているが、これは一応、シェルピンスキのガスケットとは違って、複素力学系ということになるのだろう。

そのために以下のような線形の複素関数f0(z)とf1(z)を用意する。

ここで、zは複素変数であり、a, b, c, dは複素定数である。そこで、a, b, c, dとして適当な値を選び、Kを複素点の集合とする。

そこで、Kの初期値として、K ={i}、すなわち単一の元iだけを含む集合とする。そこで、K ← f0(K) ∪ f1(K)という操作を複数回行うものとする。一回の操作で点の数は倍になるので、n回繰り返すと、点の数は2nになる。これらの点を複素平面上でプロットするのであるが、特にレヴィの図形の場合、a = 0.5+0.5i, b = 0, c = 0.5-0.5i, d = 0である。下記のような図形となる。

なお、レヴィとは、フルネームがポール・ピエール・レヴィ、フランスの数学者であり、確率論に優れた業績を残した。上記の図形を研究し手書きで描いたりしたそうである。

なお、例によって、プログラムのソースコードも付ける。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
void fracta(double x, double y, int level);

// 定数の設定
double ar = 0.5;  // aの実部
double ai = 0.5;  // aの虚部
double br = 0.0;  // bの実部
double bi = 0.0;  // bの虚部
double cr = 0.5;  // cの実部
double ci = -0.5;  // cの虚部
double dr = 0.0;  // dの実部
double di = 0.0;  // dの虚部

//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 fracta(0.0, 1.0, 0);
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------

void fracta(double x, double y, int level)  {
 int Level = level;
 double px, py, tx, ty;
 if (level > 15 )  {
   px = 200.0 + 300.0 * x;
   py = 400.0 - 300.0 * y;
   Form1->Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
   return;
 }
 Level++;
 tx = (ar * x - ai * y + br * x + bi * y);
 ty = (ai * x + ar * y - br * y + bi * x );
 fracta(tx, ty, Level);
 tx = (cr * (x - 1.0) - ci * y + dr * (x - 1.0) + di * y + 1.0);
 ty = (ci * (x - 1.0) + cr * y + di * (x - 1.0) - dr * y );
 fracta(tx, ty, Level);
 return;
}

開化の殺人

user-pic
0

芥川龍之介の新潮文庫の「戯作三昧・一塊の土」から、「戯作三昧」に続いて、「開化の殺人」も読んでみた。

「開化の殺人」は、いわゆるミステリー小説風で、筆者が本多子爵から借覧した、内科医の故北畠義一郎の遺書の記述をたどる、という形式を採る。

北畠義一郎は有名な内科医であるとともに、劇作家でもあった。また、大男で精力的且つ情熱的でもあった。そんな義一郎は16のときに、10歳の従妹、明子に一目ばれしてしまい、その想いを頭から振り払うことがどうしてもできなかった。

しかし所詮、ならぬ恋ではあった。そんな様子をみていた義一郎の父は、このままでは息子が駄目になると、医学を学ぶために、義一郎を英国に留学させた。義一郎、21歳のときである。

ところが、三年を経て義一郎が帰国すると、明子は、ある銀行の頭取と結婚していた。それがあまりにもショックで、自殺しようとしたが、キリスト教の信仰がそれを許さなかった。それで到底日本に居る気分ではなかったので、再び英国に留学しようとしたが、父が激怒するので、仕方なく医業に専念したが、明子への想いは抑えるべくもなかった。

その苦悩を抱えるうちに、一種の合理化機制で、明子という異性に対する恋愛の情を肉親への情に転換せしめることで、なんとか気持ちを鎮めた。

そのうち、明子の夫である満村恭平が、粗暴で女癖が悪く、明子を奴隷のごとく扱っていると聞き知しり、満村を殺害せんとの思いが湧き上がってきたが、さすがにそれに着手することに大いに逡巡した。

ところが、義一郎の友人である本多子爵が、明子と相思相愛であることを知り、なんとか添い遂げさせてあげたいとの思いが高まってきた。そこで、満村が観劇に行くというタイミングを見計らって、義一郎もそこに臨席した。

すると、観劇が終わっての帰路、様子をみていると、満村はどうも体調の不調を訴えているようである。義一郎はそれをみていて、得たりと、満村に近づき、内科医として丸薬を処方した。もとより北畠義一郎は天下に有名な内科医、満村は素直にそれを飲んだ。

ところが、その丸薬こそは、満村を地獄へと導く妙薬、果たして満村は斃れ、その死因は脳出血と検視され、疑う者はいなかった。

こうして本多子爵は晴れて明子と夫婦になったのだが、収まらないのは義一郎の気持ちで、今度は本多子爵に強い嫉妬を感じ、満村に対して採ったのと同じ手法を本多子爵にも採ろうしている自分に気づき、これは自ら死ぬよりないと決心、遺書をしたため、死後それが本多子爵の手に渡るように手配した次第である。

蓋し、北畠義一郎は脳出血で亡くなり、普通に病死として弔われたのだった。

というストーリーなのだが、これをミステリーとしてどうかとみる意見もあるようだが、これはミステリーというよりも、その擬古文調の文体により、森鴎外の舞姫うたかたの記をエミュレートしたような作品として読むのもありではないだろうか。

そのエミュレーションは、芥川が今昔物語や宇治拾遺物語を題材にして作品を書いたようなものではなく、雰囲気のエミュレーションなのだが、流石芥川、雰囲気が出ていると思われる。

天彦名人対稲葉八段の名人戦が終わってしまったので、今度は棋聖戦にフォーカスすることにした。第2局は斎藤七段の後手番、例によって38手目まで一気に進める。

【図1】 38手目△5二玉まで
持ち駒:△斎藤七段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
△5二玉をみて、そういえば今期の名人戦第4局でも似たような将棋になったよね、と思い出した。なんか寝技のような、手のつくりにくい不思議な将棋である。ここから、▲8八玉,△6三銀,▲4五歩,△5四歩,▲6九飛,△4二銀,▲4七銀,△6一玉,▲5六歩,△7二玉,▲4六銀と進んだ。

【図2】 50手目△5一飛まで
持ち駒:△斎藤七段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
△5一飛となっても、探り合いのような手が続く。気が重くなる。以下、▲9八香,△5三銀,▲4七角,△4四歩,▲5五歩,△同歩,▲7五歩と、いよいよ戦端が開かれた。

【図3】 58手目△5六角まで
持ち駒:△斎藤七段=歩



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
ここで△5六角は、激指も予想したところで妥当なのだろう。ただ、検討によれば、△7五同歩▲5五銀、△5六角▲同角△同歩▲7四歩△同銀▲4四歩という進行もあったらしい。本譜は△5六角以下、▲同角,△同歩,▲7四歩,△同銀となって、似たような展開である。

【図4】 63手目▲4四歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩2
さて▲4四歩のところが勝負所である。検討陣によれば、△4四同銀には▲5二歩が急所のたたきで、△5二同飛は▲4一角、△3一飛は▲5四角とそれぞれ角を使った攻めがあるという。で、本譜は▲4四歩以下、△5四銀,▲5九飛,△6三銀左,▲7五歩,△同銀,▲7六歩,△8四銀と進んだ。検討によれば、▲5九飛のところで▲5三歩もあったのでは、という。それにしても▲7五歩,△同銀,▲7六歩,△8四銀の手順は検討陣の意表を突いた。

【図5】 71手目▲4五角まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=なし
▲4五角はみるからに好所の角打ちである。後手は△9五歩、△8六歩など様々な手段が考えられるが、斎藤七段は▲5六角と払われるの嫌って、単に△7四角と受けた。以下、▲3四角,△9五歩,▲4三歩成,△3三歩,▲3二と,△3四歩と羽生は角を犠牲にして金を手に入れた。

【図6】 79手目▲7五金まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=歩
そして羽生はガシッと▲7五金で一見先手がよさそうであるが、本当はまだ難しいようである。以下、△8一飛,▲7四金,△同銀,▲4五角,△6三金打と進んだ。△6三金打には羽生も驚いたようである。

【図7】 85手目▲9五歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=歩
ここで▲9五歩は相手に手を渡す手だが、検討によると、代えて▲2一ともあったという。以下△9六歩▲5五桂△9七歩成▲同香△同香成▲同玉△9一飛▲8八玉△9九角▲7九玉△9八飛成▲6三桂成△同金▲8八金打でどうか、という。本譜は以下、△9六歩,▲2一と,△8六歩,▲同歩,△9五銀,▲5五桂,△8六銀,▲同銀,△同飛,▲8七歩,△9七歩成,▲同香,△同香成,▲同桂,△9六飛と進んだ。この一連の手順のうちに、少し先手がよくなったようである。ただ、具体的にどの手がよくなかったのか、判断は難しい。

【図8】 101手目▲7五香まで
持ち駒:△斎藤七段=角銀香歩3



持ち駒:▲羽生棋聖=銀歩3
ここで検討陣は▲6三桂成△同金▲8四金が有力といっていたのだが、羽生は単に▲7五香。これも厳しい。以下、△7七歩,▲7四香,△7八歩成,▲同玉,△5四香,▲6三桂成,△同金,▲7三香成,△同玉となり、そろそろ先手勝ちのゴールが見えてきたか。

【図9】 111手目▲8五桂打まで
持ち駒:△斎藤七段=角金銀桂香歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=金銀2歩4
そして、8五桂打が決め手である。△6二玉,▲7三金,△同金と進んで、

【図10】 115手目▲5四角まで
持ち駒:△斎藤七段=角金2銀桂香歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=銀2香歩4
▲5四角が決め手で、先手の危険を除去しつつ後手に迫っている。△7七歩,▲6八玉,△9七飛成,▲7三桂成,△同玉,▲7四香,△8四玉,▲7五銀,△9四玉となって、

【図11】 投了図 125手目▲8三銀まで
持ち駒:△斎藤七段=角金2銀桂3香歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金歩4
▲8三銀で即詰みなので、斎藤七段の投了も仕方ない。

斎藤七段の敗着は【図7】で示した手順にあるのかもしれないが、検討の結果でも、具体的には判らなかったようである。斎藤七段、初陣でまだタイトル戦に慣れていないのだろうか。

AIにはコンピュータへの興味を通じて概略的な興味があって、最近では将棋や囲碁のAIソフトなどを通じて、AIに対する興味を高めているが、どうも怠慢なので興味だけで知識のほうはさっぱりである。

そこでせめてもと、以前から買ってある「Harvard Business Review 人工知能」ダイヤモンド社を読み始めた。これは、Harvard Business Review日本語版の記事のうち人気が高かったものを集めたもので、以下、その最初の記事、トーマス・H・ダベンポート、ジュリア・カービー「オーグメンテーション:人工知能と共存する方法」を私なりにまとめてみる。

最近、AIが発達すると人間の仕事が奪われるという、シンギュラリティなる議論が喧しいが、必ずしもそうじゃないんじゃないの、という私の意見の根拠がオーグメンテーションである。

そこでまず、オーグメンテーションとは何かという定義をみてみる。すなわち、通常の自動化戦略は、人間がする仕事を定義して、そこからコンピュータでできる仕事を見出して差し引いていく。すると、すべてがコンピュータでできるとなると、人間することがなくなる。これはシンギュラリティにつながる。

一方、オーグメンテーションとは、人間がする仕事を基準として、コンピュータの使用によって、いかに人間がする仕事を深められるかを見極めることである。この論文は、そのための5つの手法を紹介する。それは、以下のとおりである。

  • Step up (向上する)
  • Step aside (譲る)
  • Step in (介入する)
  • Step narrowly (絞り込む)
  • Step forward (前進する)

Step upは、コンピュータの計算が終わった段階で、その結果を利用して、より高度な課題に取り組む。これは、高い教育と熟練を受けた人だけが関与できる。

Step asideは、細かいタスクはコンピュータに任せて、対人的知能、内省的知能など、人間が得意な多重知能を駆使する。

Step inは、時として無骨になりがちなコンピュータが出した結論に介入して、これを修正する。

Step narrowlyは、ユーザーが、コンピュータが及ばないニッチな分野をみつけて、その世界に入り込む。その際、知識をデータベース化するためにコンピュータを利用する。

Step forwardは、人間が次世代のツールを構築する。これによって、人間とコンピュータが、互いの欠点を補いあう。しかし、Step forwardを実践するには、普通のSTEM(科学・技術・工学・数学)の知識だけでは不十分で、人工知能、アナリティックスの高度な知識も必要である。

こう書くと、オーグメンテーションは高学歴の理系人間にしかできないように思われるが、私は決してそんなことはないと思う。例えば、私はミステリー小説の愛読者だが、もっとも優れたミステリー小説の作者は、必ずしも高学歴とは限らない。高卒や専門学校卒の人もざらで、そういう人たちの方が却って冴えた構想力と、調査力を発揮したりする。

まあ要するに、シンギュラリティを喧伝する人たちは、人間の営みを過度に狭く解釈しているだけことであろう。

私はいかなる意味でもコーヒー通ではないが、昔から、よほど体調が悪くないかぎり、一日数杯のコーヒーを飲んできた。コーヒー通ではない、というのは、とりあえずカフェインが入っていて、頭がすっきりすればいいと思っている程度で、なので私にとって、高級なコーヒーの旨さというのはどうもピンとこない。こういうのを無粋な奴というのだろう。

ただ、コーヒー通ではないとはいっても、砂糖とミルク入れず、基本的にブラックで飲む。それは単に甘いのが嫌いなだけなのだが、時々通だと勘違いしてくれる人がいる。私はあえて誤解されるままにしておく。

そんな私だが、流石に冷めたコーヒーは引く。まったく刺激がなくて、風味も感じられない。なので、なにかの雑誌で、熱いコーヒーには発がん性があると読んだときも、そうはいってもねぇ、と適当に読み流した。

そんな私だが、やはり熱いコーヒーは避けようと急に決心した。歳なので、少しでも発がん性リスクを下げようとおもったのかもしれない。そういったん決心すると、心の相転移が起こり、熱いコーヒーだけでなく、熱い味噌汁も、熱いスープも避けるようになった。

避ける、というのは、飲まないという意味ではない。わざと冷ますのである。例えば、ドトールなどのコーヒーショップでレジでコーヒーを注文して席に着いたときも、コーヒーに口をつけず、五分くらい本を読んでいる。そして、そろそろ冷めたかなとおもうと、静かに口をつけて飲み始める。あれっ、まだ熱いやとおもったら、またコーヒーカップをいったん置いたりする。

そんな様子を観察している人がいたら、こいつちょっと変人ではないかと思われるかもしれないが、普通コーヒーショップで他人をじっくり観察している暇人はいない。そもそも、グレイマンではないが、実に私は普通の容貌で目立たない。

そういえば、グレイマンは仕事柄、しょっちゅう怪我をしたり手術したりするので、いつも麻酔薬や鎮痛剤のお世話になっている。すると、麻酔薬や鎮痛剤も広い意味で一種の麻薬なので、習慣性や中毒症状が出てくることがある。

しかし流石プロの殺し屋、グレイマンは鎮痛剤の禁断症状が出たときに、あえて我慢して苦しみに耐える。そうやって禁断症状を克服する。

私はというと、そういうボールドなストイシズムは無理なので、せめてコーヒーを冷まして刺激を減らし、コーヒーそのものへの依存性が下がればいいと思うことにする。

さらにその方針を広げて、ビールも、よく冷えたのが生ぬるくなるまで待って飲もうかと思ったりする。ここまでやったら、流石にやりすぎか。まあ、適当にやることにする。

NHKの将棋講座や囲碁講座の司会の女性が、有名アイドルになったのはいつからだろう、ともかく私は、現乃木坂46で将棋講座の伊藤かりんさんと、元AKBで囲碁講座司会の戸島花さんが気に入っていて、番組を観るときの楽しみだった。

ところが、今年の4月、NHKの囲碁講座をみてずるいじゃん、と思わず叫んでしまった。その理由は、囲碁講座で金髪美女が起用されていたからである。これでは、特異性(singularity)で将棋講座の伊藤かりんさんとバランスがとれない。

で、番組を観ていて、ダイアナという名前だと分かった。ちょっとほっとしたのは、ダイアナの囲碁はまだ中級者の一歩手前の棋力で、ほとんどアマ初段に到達しようとしているかりんさんの方がその点は優っている。

そのダイアナのフル・ネームが、ダイアナ・ガーネットだと知って、私はええっ、と思った。なぜなら、プログラミング・スキルでも言及した、私の元上司の姓がガーネットだったからである。

その元上司は、父親の仕事の関係で子供のとき日本にいたことがあり、なので片言だが日本語が喋れた。その元上司には確か四人の子供がいて、娘も息子もいたはずである。その娘さんは父親の影響なのか日本びいきで、今から8年くらい前、日本のどこかの家庭にホームステイしていたはずである。なので、もしやと思ってダイアナ・ガーネットをWikiでみると、ワシントン出身とある。ええっ、と私はまた驚いた。上司は、ワシントン州シアトルの出身だったからである。ところがよく見ると、ダイアナの出身地はワシントンDCで、ワシントン州とは全く違い、流石に元上司の娘ではなかった、まあ当然か。

そのダイアナは実は歌手で、J-Popが好きで、ジェロみたいに日本の演歌も歌うようである。そこで、YouTubeでダイアナ・ガーネットで検索してみると、たまたま「また君に恋してる」や「津軽海峡冬景色」が見つかったが、聴いてみると実に美声で素晴らしい。なにかの歌のコンクールで、クリス・ハートを抑えて優勝したこともあるらしくて、その歌の実力は相当である。囲碁講座で歌の話題に全く触れないのはなぜだろう、まあ奥ゆかしいというか。

でも、ちょっとええっと、感じたことがあった。それは、さらにYouTubeを探していると、ダイアナ・ガーネットが日本の来たときインタビューを受けている場面があって、そのときの髪は黒髪だったからである。すると、今の金髪は染めているんだろうか。それにしても、米国人でも金髪に染めることがあるんだろうか。私の素朴な認識では、日本人で金髪に染めるというと渋谷あたりのちゃらい女性か、悪役のプロレスラーくらいなので、そっち方面に疎い私はいよいよわからなくなった。まあ、もともと金髪で、日本にきたとき、日本人に馴染もうと黒く染めていた可能性もあるが。

ともかくafter all, 私はすっかり、演歌の名手で囲碁もたしなむダイアナのファンになった次第である。