ある休日、車のガソリンが、かなり少なくなってきたので、ガソリンスタンドに給油に行くことにした。

ブログにも書いたが、行きつけのガソリンスタンドが、おそらく経営不振のためと思われるが、廃業されていたのを見て、がっかりして、仕方なくセルフのガソリンスタンドに行ったのは、2016年11月のことで、そのあと、セルフではないガソリンスタンドを探して、なんとか自宅から車で10分くらいのところに、目的のガソリンスタンドを見つけて安堵した。それで、その後、もっぱら、そのガソリンスタンドを利用してきたので、その休日も当然、そのガソリンスタンドに行った。

ところが、今回、そのガソリンスタンドに行ってみたところ、営業時間内のはずなのに閉まっていた。少なくとも1ヵ月半前は営業していたのに、である。それで、もしやここも撤退では、と思ったらショックで、この日、あまりお腹の調子がよくなかったので、急に便意を催してきた。で、これはいかんと、急遽帰宅し、トイレを済ませて、自宅から比較的近いセルフのガソリンスタンドに行ってみた。すると、なぜか混んでいて、少し待たなくてはならないようで、別のガソリンスタンドを探して、とりあえず車を走らせた。

そして、ともかく別のガソリンスタンドを見つけたので、入ってみると、やはりセルフだった。それで現金先払いで給油して、お釣を貰おうとしたら、なんかお釣を払う専用マシンがあるらしいのだが、それがどこにあるか、分からないので、うろうろしていた。従業員に聞こうにも、人の姿が見えない。困っていると、急に従業員らしき人があらわれ、お釣はあちらのマシンです、レシートのバーコードを読ませて、お釣をもらってくださいというと、風のように去ってしまった。

で、ともかくお釣を受け取って、車で帰ろうとしたら、信号がなくて、かなり交通量が多い道路なので、なかなか道路に出られなくて困った。

それでも、なんとか帰ったのだが、どっと疲れて、♪ダメねダメね、ほんとにダメね、いつまでたってもダメなあたしね♪という歌謡曲が頭の中で響いた。

それから、ウェブで、近所のフルサービス・ガソリンスタンドを探したら、ほとんどなくて、なんと車で20分以上も走らないといけない場所にある。さあ、どうすべ、と思案投げ首なのだった。

昨今、ある特定の国がドーピングが盛んで、オリンピックなどの競技から締め出しをくらう、ということが起きているが、ついにここまできたか、と思ったのは、読売新聞科学欄の記事によると、クリスパー・キャス9などの技術で普及してきた遺伝子編集技術を利用して、遺伝子ドーピングが行われる可能性が出てきたのだという。当然に、世界反ドーピング機関(WADA)が、遺伝子ドーピングを禁止リストに加えた。

最近では、がんや難病患者の治療の臨床実験に、ゲノム編集技術が導入されている。日本でも、受精卵の遺伝子操作を除き、今年四月から遺伝子治療の臨床研究が解禁される。

この技術は、遺伝子ドーピングにも転用できる。例えば、遺伝子の変異で筋力が低下する「ディシェンヌ型筋ジストロフィー」の治療のため、動物実験で遺伝子を修復する試みが行われているが、これは人間の筋力向上にも応用できる可能性があるという。例えば、持久力を高めるために、酸素を運ぶ赤血球の機能を高める遺伝子改変が検討されるという。

ただ、そのためには、特定の運動機能を高める遺伝子を見つける必要があり、現段階ではそれは相当に困難であるという。そのためには、スーパーコンピュータなどを駆使する必要があるのかもしれない。それは逆に、もし遺伝子ドーピングが行われても、見つけるのが相当に困難ということを意味する。

そもそも、特定の遺伝子を改変することがなにかのメリットをもたらすことがあるとしても、何かの健康被害をもたらすかどうかは、長い臨床試験に俟つよりない。さらに、現在のゲノム編集技術には、想定と異なる遺伝子を改変してしまう、オフターゲットという問題もある。

だとしても、どこかの国は必ず、遺伝子ドーピングで機能がエンハンスされた選手を国際大会に送り込んでくるだろう。そして、その選手がそのせいで後に健康被害に遭っても、それは決して報道されないだろう。

池波正太郎は、有名な時代小説作家で、知り合いからも面白いと薦められていたのだが、怠惰な性格なので、そのうち読もうと思って、延び延びになっていた。

それが、和久田正明の「将軍の猫」を読んで、女剣士に興味をもった後で、古書店で池波正太郎の作品を眺めていたら、やはり女剣士もので、「まんぞく まんぞく」というのが目につき、どうみても代表作ではなさそうと思いつつ、これを読むことにした。

「まんぞく まんぞく」の主人公というか、ヒロインは、堀真琴。母は死別し、父は行方不明という悲しい境遇だが、七千石の旗本の堀内蔵助の養女となり、家臣の山崎金吾を父同然に慕って、暮らしている。

あるとき、真琴は、山崎と出かけて、目黒のあたりを歩いていた。目黒といえば、今でこそ都心だが、江戸時代では寂しい田舎で、道行く真琴に、通りがかった二人の浪人が目をつけた。

そのとき真琴は十六歳の少女で、浪人たちには格好の獲物にみえた。襲いかかる浪人に、山崎は当然に抜刀して斬りかかったが、浪人は剣の達人らしくて、山崎は斬り伏せられてしまった。こうなっては、守護を失った真琴は、風前の灯火。

ところが、突然現れた老人が強いこと。二人の浪人を蹴散らし、一人には鼻に斬り付けて、怪我を負わせた。この傷は、後で捕らえる際に、目印になる。老人は、法華寺に在留する、関口元道という医者で、剣の腕も一流だった。

父同然に慕う山崎金吾を失った真琴は、茫然自失の体だったが、屋敷に戻って、しばらくして気を取り直すと、御用聞きの友治郎を呼びつけ、老人たちを捕らえるための相談をした。なんとしても、一途な性格の真琴は、山崎の敵討をしたかった。しかし、憎き浪人たちの行方は、杳として知れなかった。

それから九年が経ち、真琴は二十五歳になっていた。当時なら、女でその歳なら年増で、結婚して子供かいるのが普通である。

しかし、真琴はひたすら剣の修行に励み、普通の男にはまず負けないだけでなく、道場の師範代が務まるレベルだった。もともと、浪人たちを倒すために始めた剣の修行だったが、才能もあったのか、めきめき上達して、剣の道そのものが面白くてたまらなくなった。

もちろん、堀内蔵助は真琴に見合いを薦めた。すると、七千石の旗本の跡取りになれるのは魅力的で、次々に候補があらわれたが、真琴はわがままにも、剣で自分を打ち負かした者としか結婚しないと言い張り、そこそこの身分でそういう男はまずいないので、今でも独身で、剣に邁進する日々だった。

そんな真琴が変曲点を迎えたのは、織田平太郎という者と見合いしたときである。例によって剣の手合わせによる見合いだったが、織田は馬鹿馬鹿しくなり、こんな女、抱く気もしないと言い捨てて、去ってしまった。それが真琴のプライドを立ち上がれないくらいに傷つけてしまった。

また、以前に真琴は、気まぐれと剣の腕試しのため、夜に武士に辻斬りし、髷をきり落としたことがあった。それが発覚し、その武士の指図で真琴に刺客が差し向けられた。

こうして、いろいろな意味で危機に落ちいった真琴は、一体どうなるのか、というストーリーで、ページを捲るのももどかしいほど、引き込まれてた。流石に、池波正太郎、読ませる。

さて、池波正太郎の小説のバリアを乗り越えたので、今後は鬼平シリーズとか、池波ワールドを堪能することにしよう。

分数の計算

user-pic
0

分数の計算は小学生で習うもので、それを改めて復習するというのも意義なしとしないが、ここでは、パソコンに分数の計算をさせてみる。

それだって、結構自明な計算であるが、Visual C++ 2017 パーフェクトマスター 秀和システムを眺めていて、演算子のオーバーロードのところで、これを使って分数の計算を実装してみたくなった。すなわち、1/2 - 1/3 = 1/6のような計算をさせる。なお、もちろんきっちり通分も行う。

ここでのプログラムは、以下の計算を行う。
6/32 + 15/47 = 381/752
6/32 - 15/47 = -99/752
6/32 * 15/47 = 45/752
6/32 / 15/47 = 47/80
((6/32)-(15/47))/((6/32)+(15/47)) = -33/127

p,q,rを分数として、r = (p-q)/(p+q)みたいな計算がそのままできるのが、うれしい。

C++のソースコードは、以下のとおりである。

#include <stdio.h>

class frac    {

private:
 int A; // 分母
 int B; // 分子
 
public:
 frac(int b, int a);
 void Show();
 void reduction(); // 通分
 void operator=(frac c);
 frac operator+(frac c);
 frac operator-(frac c);
 frac operator*(frac c);
 frac operator/(frac c);
};

frac::frac(int b = 0, int a = 1) {
 B = b;
 A = a;
}

void frac::Show()          {
 printf("%d/%d",B,A);
}


void frac::reduction()      {
 int x,y,z;
 x = A; y = B;
if ( x < 0 ) x = -x;
if ( y < 0 ) y = -y;
if (x == y)  { z = x; 
 A /= z;
 B /= z;
 return;
}

while ( x != 0 && y != 0 )  {
 if ( x > y )  {
  x = (x % y);
 } else if ( x < y ) {
   y = (y % x );
 }
}
 if ( y == 0 ) z = x;
 if ( x == 0 ) z = y;
 
 A /= z;
 B /= z;

}

void frac::operator=(frac obj) {
 A = obj.A;
 B = obj.B;
}

frac frac::operator+(frac obj)  {
 frac cls;
 cls.A = this->A * obj.A;
 cls.B = this->B * obj.A + this->A * obj.B;
 cls.reduction();
 return cls;
}

frac frac::operator-(frac obj)  {
 frac cls;
 cls.A = this->A * obj.A;
 cls.B = this->B * obj.A - this->A * obj.B;
 cls.reduction();
 return cls;
}

frac frac::operator*(frac obj)  {
 frac cls;
 cls.A = this->A * obj.A;
 cls.B = this->B * obj.B;
 cls.reduction();
 return cls;
}

frac frac::operator/(frac obj)  {
 frac cls;
 cls.A = this->A * obj.B;
 cls.B = this->B * obj.A;
 cls.reduction();
 return cls;
}

int main()                {
	
 frac p(6,32), q(15,47), r;
 r = p + q;
 p.Show();
 printf(" + ");
 q.Show();
 printf(" = ");
 r.Show();
 printf("\n");
 
 r = p - q;
 p.Show();
 printf(" - ");
 q.Show();
 printf(" = ");
 r.Show();
 printf("\n");
 
  r = p * q;
 p.Show();
 printf(" * ");
 q.Show();
 printf(" = ");
 r.Show();
 printf("\n");
 
 r = p / q;
 p.Show();
 printf(" / ");
 q.Show();
 printf(" = ");
 r.Show();
 printf("\n");
 
 r = (p-q)/(p+q);
 printf("((");
 p.Show();
 printf(")");
 printf("-");
 printf("(");
 q.Show();
 printf("))/");
 printf("((");
 p.Show();
 printf(")");
 printf("+");
 printf("(");
 q.Show();
 printf(")) = ");

 r.Show(); 
 printf("\n");
 
 return 1;

}

感染領域

user-pic
0

私は病原体もの、あるいは医療ミステリーも好きで、それで、宝島社文庫の「感染領域」もチェックしていたのだが、そのうち読もうと思って、なんとなく延び延びになっていた。

ところが、たまたま古書店で、「感染領域」を見つけたので、迷わず買って、読み始めた。

「感染領域」の作者は、くろきすがやであるが、実は菅谷淳夫と那藤功一の二人の共著で、東大のあるサークルの先輩、後輩の関係にある。菅谷氏は文学部で、那藤氏は経済学部であるが、この小説は、ガチガチの生物学ネタである。遺伝子編集技術が話題になっている昨今、時事ネタの一つだといえる。

さて、この小説の主人公は、帝都大学農学部の植物病理学の研究者である安藤と、農水省の植物防疫課課長の里中しほり。二人は山際教授の弟子で、安藤が先輩で、里中が後輩である。

二人は以前、付き合っていて、その後別れたという複雑な事情があるが、そんなことを言ってられない事情が生じた。それは、熊本で未知のトマトの病気が蔓延し、対策に急を要したからである。

すなわち、普通トマトの実は、酵素の働きで、クロロフィルがリコピンに変えられて赤くなるが、病変トマトは、実だけでなく、葉や茎までもリコピンに変えられて、すると光合成できないので、枯れてしまう。しかも、病変トマトは、あちこちで増えている。

熊本に出張して、この事実を知った安藤と里中は、唖然とし、東京に帰ると安藤は、病変トマトの遺伝子解析を始めた。里中は、とりあえず世間にパニックが広がってはいけないので、箝口令を敷くように政府に具申した。

一方、安藤は、クワバという大手種苗会社の顧問をしており、同じ研究室出身の倉内という者を含むメンバーと定例の会合をもつことになっていたが、なんと倉内が急死したことを知り、唖然とした。それは自殺か他殺が不明だったが、後で、クワバのもつ企業秘密が絡んでいることがわかった。どうも裏に謀略が絡んでいるらしい。そして安藤は、その秘密の研究をクワバから託された。

一方、安藤は、トマトの病原体の解析に手詰まりを感じて、知り合いの天才バイオ・ハッカーのモモちゃんに相談して、モモちゃんの努力で病原体がウイルスとわかり、それはスレッド・ウイルスと名付けられたが、依然として対応策はみつからなかった。その一つの理由は、動物と違って、植物にはワクチンが効かないからである。

そうやって手を拱いているうちに、スレッド・ウイルスは四国や本州に飛び火し、被害が広がっていった。

安藤は苦慮している間、ふとクワバから依頼された秘密研究が、スレッド・ウイルスに効果があるのではないか、という漠然たる着想を里中に話して、次にモモちゃんに相談して、多大な試行錯誤を繰り返していった。

しかし、その裏で、国際バイオ・テロ・グループが暗躍し、安藤が危機に陥るというストーリーなのだった。

読み終えて、ストーリーに強引さは見受けらるものの、駆使される科学的知識の深さとスケールの大きさに圧倒された。

くろきすがや氏には、次作を期待するものである。

時代の流れなので、フィンテックだの、仮想通貨だの、ブロック・チェーンだのという本を眺めたりするのだが、どうもピンとこない。なんかカタログ的というか、キーワードを羅列しているにすぎないと思って、興味を失いそうになっていた。

ところが、昨年末に、数学に強い経済学者である、小島寛之さんのブログをみていたら、小島さんが、講談社選書メチエとして、「暗号通貨の経済学」という本を出す、というので、おおっ、これは是非読まなくては、と発売を待った。そして、発売を確認したら、ボーナス・ポイントが付く月曜日に、オムニ7で注文して、届いたら、即、読み始めた。

すると、読み始めてすぐに、この本は、私の期待に応えるものらしい、と感じた。

この本は、「ビットコインとブロックチェーンの仕組み」と、「お金をめぐる経済学」と、「ブロックチェーンのゲーム理論」の3つの章からなる。

最初の章では、ビットコインの、数学的、あるいは暗号理論的説明があたえられる。それは要するに、コインを使ったトランザクションを延々と繋げていく、という意味でチェーンなのだけれども、そういう単なるディジタル情報の羅列の記録なら、簡単にコピーされるので、貨幣として使えない。

そこで公開鍵暗号の仕組みを使って、本人の署名を可能ならしめることにより、他人がコピーしても意味のないものとなる。それだけではない。複数人のトランザクションが交錯すると、取引のブロック・チェーンが、複数に分岐してしまうことがある。これを防ぐのが、Proof of Work(PoW)という仕組みである。すなわち、あるハッシュ計算の計算時間で最短で計算できた者のチェーンが勝ち残る。ただ、それだと、凄いパワーのコンピュータをもっている者が勝つ、ということになってしまう。

ということで、ビットコインは、いろいろ改良の余地はあるのだが、暗号通貨としての実現の初期バージョンとしては実によくできており、もしかして、公開鍵暗号の仕組みを発明することに匹敵する天才の仕業なのかもしれない。

そのビットコインの発明者は、サトシ・ナカモトという日本人ぽい名前だというが、これは仮名であり、本当は欧米人らしい。でも、仮名が、ワン・ティエンでも、キム・ヨンクンでもなく、サトシ・ナカモトであるのは、日本人として、何かうれしい。

そのビットコインは、PoWの問題以外に、他のプログラムを書き込むのが難しいので、通貨しか使えない欠点があるという。

トランザクションの列にプログラムを書き込むというのが、直感的に分からないのであるが、例えば、エクセルのセルに、計算式や関数を書き込むようなものだろうか。

ともかく、そのようなビットコインの欠点を改良するものとして、イーサリアムが考案された。これは、PoWの代わりにProof of Stake(PoS)を使い、プログラミングも可能だという。なお、イーサリウムを使ったゲームもあるらしい。このあたり、暗号通貨でない、ブロック・チェーンの一つの適用例である。

こうして、暗号通貨とブロック・チェーンを外観したのだが、次の章は、お金をめぐる経済学ということで、経済学の一分野である貨幣論が根本から説かれる。しかし、不勉強なのか、頭が悪いのか、私はこういう経済学的な思考が実に苦手である。世界認識の徒としては、物理学と同じくらい経済学も外せないはずなのだが。ともかく、暗号通貨を考える上で貨幣論的な思考が必須なのは、よく分かった。

さて次は、ブロックチェーンのゲーム理論である。一応、アマチュア将棋プレーヤーである私は、ゲーム理論に馴染みがあるといえるが、どうやらゲーム理論も経済学の一分野らしい。

そこで、money is memoryという比較的新しい貨幣論の命題が先ず引用されて、これに基づき、暗号通貨が貨幣たりえることの必要条件を満たしていることが示される。

では、十分条件はというと、伝統的貨幣と、暗号貨幣があるシステムで、ゲーム理論を適用すると、そのナッシュ均衡で、暗号通貨を使用することになるらしい。うーん、数学にも、貨幣論にも、ゲーム理論にも詳しい小島さんじゃないと書けない内容である。

ともかく、この本は、とてもユニークで、素晴らしい本だと思う。折に触れて読み返すとする。

眼鏡

user-pic
0

パソコンの画面が見にくいと感じ始めたのは、2010年頃だろうか。当時はまだ50代の半ばで、そんなに老いたという自覚もなかったが、確実に老眼が進んでいたようである。

それで、仕方なく眼鏡を買ったのは、酔っ払い事件の後であるが、それは別にその事件で眼鏡を壊してしまったから、というわけでもない。単に、流石にパソコン画面を見たり、本を読むのが辛くなってきたからである。そのときはたまたま、中央林間のメガネスーパーに行った。そして、老眼鏡を作ったら、パソコン画面や本の紙面がはっきり見えるようになり、新しい世界が拓けたと感動したほどだった。

それで次に眼鏡を買ったのは、2012に豊洲に転勤した後である。中央林間のときメガネスーパーだったので、豊洲でもメガネスーパーに行った。そのときは、老眼鏡でなく、近視用の眼鏡を作り替えた。度数としては、視力は下げ止まりで飽和しているので変わらないのだが、流石に眼鏡そのものが老朽化して、フレームが錆びたりしてきた。

そこから、近視用の眼鏡と老眼鏡のペアで、パソコン画面や読書では老眼鏡にかけ替えるというやり方で、いままでやってきて、6年が経過したが、最近近視用の眼鏡をみていて、鼻パッドが欠けているのを見つけた。それで考えたのは、鼻パッドが欠けていても、眼鏡がずり落ちてしまうことはないだろうが、眼鏡が古ぼけてしまったのではないか、ということである。それでやはり、眼鏡を作り替えることにした。で、例によってメガネスーパーを探してみたところ、近所にはないようで、あ、そうだと思い出したのは、散歩コースにある、小田急相模原のメガネストアである。私はどうも、メガネスーパーとメガネストアが同じように思えて、confusingなのだが、仕方ない。

それで、2万円から3万円の予算の範囲で眼鏡を作ることにした。それでついでに、古い眼鏡の鼻パッドも交換してもらうことにした。それは600円程度の費用で済んだ。そしてクリーニングしてもらったら、新品のようになった。あっ、別に鼻パッドの交換だけでよかってかも、と思ったが、いくらなんでも今更、新しい眼鏡をキャンセルするのは味が悪すぎるので、古いのはバックアップにすればいいと思った。

それで、新しい眼鏡であるが、フレームは鯖江のもので、性能がいいのです、と店員が説明するので、あっ、鯖江といえば、秀丸エディタの斎藤さんがいるところだと、言おうとしたのだが、そんなことを言っても、よほどのコンピュータ・オタクでないと、は?と白けるのがオチなので、言及しなかった。

新しい眼鏡を作るために改めて視力検査したら、右目に乱視が入っているのだという。古い眼鏡は乱視対応ではないので、新しい眼鏡は乱視用のレンズを入れましょうか、というので、なんとなくお願いします、といった。あと、折角なので、レンズに、傷つけ防止コーティングと、UVカットも入れてもらった。最近、UVは白内障の原因になると聞いたからである。

こうして新しい眼鏡をかけているのだが、あまり前の眼鏡との違いが分からない。むしろ、まだなんとなく慣れていない感じが残っている。

ともかく、こうしてこの世にいる間に、あと何回眼鏡を作り替えるのだろうと思ったりする。

スマホの乗り換えといっても、去年の7月に買ったばかりのスマホを、早くも乗り換えるわけではない。私はいくらなんでもそんな無駄なことはしない。

実は家内は、2014年頃かららくらくホンという簡易型のスマホを使用しており、それが古くて部品がなくなって、修理不可能みたいな通知がベンダからきたので、そろそろ買い替えるかということで、近所のサービスショップに家内と一緒に行くことにした。私が今のスマホをそれなりに便利に使っているように見えるらしくて(本当はそうでもないのだが)、私が使っているのと同じ機種、すなわち可能ならAQUOS sense SH-01Kと同じ、またはそれが無理ならなるべく近い機種にするということで、当然に私も同伴した。

サービスショップで私が、スマホの買い替えなんですけど、といったら、係員が、ガラケーをお使いですかと聞くので、いえ、今スマホを使っているんですけど、といったら、ああ乗り換えてですね、と言い換えられた。なるほど、スマホからスマホは、乗り換えというんだ、と今更知った。

それでまず、若干色違いであるが、一応AQUOS sense SH-01Kの在庫があったので、一安心した。しかし、ここからの行程が長い。その第一歩は、LINEの移行である。それはLINEのガイド本をみて知っていたのだが、実際にやったことがないので、うまくいくかどうか不安だった。しかも、サービスショップはLINEのサポートは原則しないという。

しかし、聞いてみると、多くのユーザがLINEを使っているので、サービスショップは、知りませんでは済まなくて、一応、LINEの移行のガイドも用意していた。それはそうだろうと思った。これだけスマホのプロバイダ間の競争が激しくて、LINEは知りません、お客様の責任で対応して下さい、では他のプロバイダに逃げてしまう。

それで実際は、今家内が使っているスマホ上でメールアドレスやパスワードを設定することを含め、かなり丁寧にLINEをサポートしてもらって、なんとか移行に成功した。これで一番大きい山を越えたので、後は手なりである、と思っていたら、やはり綾があった。すなわち、家内が使っていたスマホは一応アンドロイドなのだが、随分古い版で、なんとグーグル・ドライブがサポートされていない。なので、保存してある画像などの移行にグーグル・ドライブが使えない。それで、係の人がSDカードを使う方法を提案してきた。それはあまり格安でないSDカードをここで買うことになるが、面倒なので、その案に乗ることにした。

そこで、係の人がSDカードに、旧いスマホの画像や、古いメールのデータをコピーし始めた。ところがなぜか、画像はコピーできたが、古いメールのデータはなかなかコピーできなかった。それで家内と相談して、古いメールは見限ることにした。というのは、古いメールは見限るといっても、クラウド経由で、過去一年半くらいのメールとアドレス帳は復元できると分かったからである。

そうやって、データをコピーしたSDカードを新しいスマホに差し込んで、本体メモリにコピーすることで、新しいスマホの体制がほぼ整った。そこで係の人がスマホの保護フィルムはどうしますかというので、それは普通の貼り付けタイプにしますと私が応えたら、実は新発売のハルトコーティングというのがある、というので、知らない私はつい、それは何ですかと聞いた。すると、やや値段が高いが、液体を塗布してそれをガラスに変換することで、保護フィルムよりもはるかに強度と耐用年数が大きいのだという。また、具体的な処理もやってくれるという。それでものの試しに、ハルトコーティングをやってみることにした。で、実際にスマホを傷つけてみるわけではないので、有難味は分からないが、終わったことに満足して、帰宅した。

で、帰宅して、あっ、とウイルスチェックソフトの導入を忘れたことを思い出した。私のスマホはAhn Labという有料ソフトをサービスショップを導入してもらったのだった。で、仕方ないので家内のスマホにもAhn Labを導入しようと思ったのだが、いろいろPlayストアで検索しているうちに、ウイルスバスターモバイルというのを見つけた。ウイルスバスターは既に自宅のパソコンで使っているので、それなりの安心感がある。それで、フリーだというので安心して使っているとなんと、とりあえず1か月無料なだけで、それ以後使うには料金を払わなくてはならないという。それで仕方なく、クレジットカードで料金を払った。Ahn Labよりも少し高いがまあ、仕方ない。

こうしていよいよ手なりになった。ともかく、WiFiをセットして、必要な、またはお勧めアプリをいくつか入れたので、あとは家内に慣れてもらうよりない。

大話

user-pic
0

先日、家内が自宅で、友だちと電話で、長話をしていたので、終わったあと、大話だったね、と私が言ったら、本当に大話だった、と家内が笑う。

長話を大話(おおばなし)というのは、少なくとも備後弁ではそうで、それで私も家内もその地方出身なので、その言い方が違和感なく通じるが、広島方言でも、安芸弁ではいわないような気がするが、どうなんだろう。

それで、大話をウェブで検索してみたら、昔の言い方では、確かに長話を大話と言ったらしい。

ただ、古語由来だけあって、備後地方でも、私のような年配の者は、よいよ、大話じゃったのう(本当に、長い話だったね。)みたいに言うが、若い人は最早使わないような気がする。ちなみに、東京出身の人に、大話ってどういう意味だと思う?と聞いたら、盛った話、大袈裟な話かなと思う、という。まあ、そうだろうね。なお、当然ながら、大話の反対は、小噺ではない。大話を、ただ長くて落ちがない話をそう呼ぶなら、反対といえなくもないが。

そういえば、備後地方というのでなく、私の出身の島でしか聞いたことがないが、「学校行き」という言い方を祖母がしていた。要するに、学校へ行く人という意味で、具体的には小学生だったりする。方言でいうと、みてみぃ、あっこを学校行きが、通りょうるど、ということになる。意味はだいたい理解できると思う。これは古い言い方のようで、母の年代さえもあまり使わなかった。

しかし、英語にも、school-goerという言い方があるのであって、同じ意味である。言語の深層は共通しているという、チョムスキーの理論だろうか。

それにしても、日本の各地の方言や文化の多様性は、素晴らしい。それも、千数百年にも及ぶ、日本の連綿たる歴史のお陰である。流石にアメリカ合衆国は、こうはいかない。アメリカ合衆国は疑いなく偉大な国であるが、如何せん、歴史が浅すぎる。昔、米国出張に行ったとき、米国の担当者たちが、米国内の地方多様性を話していたが、その点はどうしても、多様性に乏しく、なんか聞くに堪えなかった。

日本だと、例えば、私の出身地と能登が、随分文化が違うのは理解できるが、比較的近いと思っていた徳島でさえ、尾道とは相当風習も違う。

どうか間違っても、世界はフラットだなんて、言わないでほしい。

倫理観

user-pic
0

この歳になって、今更自分の倫理観を吟味してみたくなった。私の倫理観のベースは、母方の親戚、すなわち、祖母と母の兄弟に基づいている。

祖母は、曲がったことが嫌いで、人を差別することも嫌いだった。それでも、テレビを見て、ニュースで共産党や社会党が出てくると、あいつらはろくなもんじゃない、といつも文句を言った。

私は一度も祖母に説教されたことも、叱られたこともなく、ただ祖母は、初孫の私に、安心空間を用意してくれた。なので私は祖母の気風をそのまま受け入れた。私は今でも、心情的にやや右翼だが、それは明らかに祖母の影響が大きい。

中学では、比較的に成績がよかったので、先生には受けがよかった。しかし、同級生には妬まれて、虐められたりした。私は喧嘩が弱いので、なるべく逃げるようにした。

そんな同級生たちも、柄の悪い上級生に、焼きを入れると称して、殴られたりしたが、私はなぜか、ワルの上級生には可愛がられた。病弱とみんな知っていたから、ということと、喧嘩が弱い私は、必要以上に阿って、上級生の肩を揉んだりした。そうやってゴマをする面は今も残っている。

ところが、高校に進学して、そこは、一応進学校で、ほとんど暴力沙汰がないと分かると、次第に生意気さがもたげてきた。そして、どうみてもおかしいと思うことがあると、先手にも平気でくってかかった。なので、私の内申は相当悪かったはずである。

高校三年の2学期以降は、ほとんど受験勉強して来なかったことをカバーするために、体育の授業をさぼって、図書館で勉強したりした。それで、卒業審査で、単位が足りないから卒業させられないと、担任が言ってきた。

それに対して、素直に謝ればいいのに、上等じゃないですか、落として下さい、と突っ張った。馬鹿としかいえないが、こんな奴を残したらややこしいと思ったか、ギリギリで卒業できた。

大学では、それなりに青春を謳歌したり、挫折もあったが、なんとかあまりレールを外れないで卒業できた。結局は怯懦で、大それたことをするバワーがないし、右翼の私が学生運動に参加するはずもない。

なげやりな気持ちで就職したら、そこでも上司と喧嘩して干された。やはり内心、上等じゃないか、と開き直った。私はちょっと任侠ぽいところがなくはないが、なにしろ力がなく、喧嘩が弱すぎる。

東京に出てきて、中国哲学を専攻する、大学の先輩と付き合うようになると、不思議にその先輩には楯突かなかった。そして、先輩の薦めで、いくつか哲学書を読み始めた。一番影響を受けたのは、プラトンで、「国家」や「ゴルギアス」などから感銘を受け、正義とは、よき人生とは何か、など青臭いことを考えたりした。このあたりで、私の倫理観が少しだけ進歩したかもしれない。

外資系に入って、運悪く?管理職に登用されたときが、私の次の倫理観の転機だった。すなわち、そのときたまたま、元特許部長のOBから、電子出願のサポートの依頼があり、ミスター電子出願の私がその人の許を訪ねた。すると、意気投合してしまった。

そのOBの方をかりにZさんと呼ぶことにすると、私が入社したときZさんは既に退職しており、なので直接の上下関係にはなかったので、私はなんのこだわりもない。おじいさんと孫の関係である。

しかし、Zさんはとても気難しく厳しい管理職だったようで、会社にいる人でZさんのことをよく言う人がいない。そんなZさんと親しくしている私は部門内で当然に冷たい目で見られたが、私はそんなことは気にせず、会うたびに酒を飲みながら、管理職としての在り方を学んでいった。それでも私は、もともと管理職タイプではないので、部下や外人上司との関係に大変苦労し、悩むとZさんに相談して、なんとか乗り切った。

Zさんが注意してくれたのは女性の部下との関係である。すなわち、ある種の女性は、上司に取り入って、権力を得ようと、手段を選ばないので、Zさんは社内では決して女性と一線を越えなかったという。社内では、というのは、Zさんは実はなかなかの遊び人で、社外では飲む打つ買うが結構あったらしい。

それで私は、特に女性の部下との関係に留意したが、皮肉にも幸いだったのは、私が女性にとって、異性として魅力的な男性でなかったことで、私に綾をつけてくる女性がいなかったことである。

あと留意したのは公平性で、私と相性がいいかどうかとか、私を批判するかどうかを、ストイックなまでに、評価とは独立とした。

そうやって、ぼろぼろになりながらも、なんとかコンプライアンス違反なく管理職を終えてみると、これはなかなかの倫理的試練だったよね、と反省した。管理職をやる前よりも倫理観は明らかに向上したと思った。

しかし、管理職を無事降りて、実務に勤しむ日々に、部内で倫理的事件が起きた。それは、倫理観の著しく欠如した人物が部門長になったのである。

それを見過ごすことは、高まった倫理観をもつ私には大変な苦痛で、ともかく同志を得て、部門長に対抗したが、多勢に無勢で空しく敗れてしまった。

それでも、これがプラトンの説く、ソクラテスの教えに適うのだと今でも信じている。

一方、あるレベルの倫理観は、世界の認識を深めるためにも必要であると感じたりする。

このように、今後も倫理について、折に触れて思索を重ねることにする。

月別 アーカイブ