新しいエントリは、Commutative Weblog 5に入れますので、今後はそちらをご覧下さい。


多倍長実数的割り算で示したプログラムで、1/149を1000桁まで計算してみると、これは循環小数のはずなのであるが、目視では、どこからどこまでが循環周期なのか、さっぱり分からない。

そこで、その小数をテキスト・ファイルで保存し、例えば"006711409"という文字列を検索してみると、次の循環周期の先頭にヒットし、これによって1/149の循環周期が148であることが分かる。

割られる数:1
割る数:149
0.006711409395973154362416107382550335570469798657718120805369127516778523489932885906040268456375838
92617449664429530201342281879194630872483221476510067114093959731543624161073825503355704697986577181
20805369127516778523489932885906040268456375838926174496644295302013422818791946308724832214765100671
14093959731543624161073825503355704697986577181208053691275167785234899328859060402684563758389261744
96644295302013422818791946308724832214765100671140939597315436241610738255033557046979865771812080536
91275167785234899328859060402684563758389261744966442953020134228187919463087248322147651006711409395
97315436241610738255033557046979865771812080536912751677852348993288590604026845637583892617449664429
53020134228187919463087248322147651006711409395973154362416107382550335570469798657718120805369127516
77852348993288590604026845637583892617449664429530201342281879194630872483221476510067114093959731543
62416107382550335570469798657718120805369127516778523489932885906040268456375838926174496644295

149は素数であるが、素数nの逆数の循環周期がn-1になるかというと、そうとは限らない。例えば、1/21649を1000桁まで計算してみると、以下のとおりである。これは、一目瞭然で、循環周期が11しかない。このあたり、考察したいが、数字の羅列で長くなったので、続きとする。

割られる数:1
割る数:21649
0.000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151
00004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100
00461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000
46191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046
19151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619
15100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915
10000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510
00046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000
04619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004
6191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000046191510000461915100004619151000


新型コロナウイルスの関連で、石弘之著「感染症の世界史」角川ソフィア文庫の序章を読んでいるとき、ふと自分のブログのウイルスの起源と、ウイルスは生きているという記事を思い出した。

私が注目した記載は、エボラ出血のウイルスに関するもので、次のとおりである。

2014年の大流行はザイール株によるものだが、1970年代に流行した株からは変異を起こしていた。以前は潜伏期間が七日程度だったが、現在では最長で21日と長くなり、死亡率は90%から60%前後に下がっている。

私はこの記載に、新型コロナウイルスとのアナロジを感じた。すなわち、SARS-CoVが変異して、死亡率を下げたという解釈である。尤も、潜伏期は、SARS-CoVと新型コロナウイルスでは、あまり変化していないようである。ともかく、死亡率が下がると何がいいかというと、感染率が高まるのである。すなわち、感染しても、感染者の具合がすぐには悪くならないで、行動するので、他の人にさらに感染させる。ウイルスの目的関数が、自らを増殖させて広めることであるなら、それは合目的な行動である。なにも好きこのんで感染者を死に至らしめているわけではない。

さて、その序章の記載に戻って、エボラウイルスの感染の技が興味深い。すなわち、エボラウイルスは、「糖たんぱく質」をカギにして、人の細胞の表面にあるカギ穴の受容体に取りつき、細胞内に侵略してくる。しかし、この時点で普通はウイルスは、細胞の免疫システムにより撃退される。ところが、エボラウイルスは、囮の糖たんぱく質を血中に送り込んで免疫細胞を引き寄せ、その隙にウイルスを細胞内に侵入させる、というもので、実に巧妙である。そうなるようにエボラウイルスは変異したのだという。それがウイルスは生きているという自分の記事を思い出させた次第である。

さらに恐ろしいのは、エボラウイルスが空気感染する危険性も排除できない、というくだりである。実際、14世紀に大流行したペストは、それまでノミの吸血によってしか感染しない腺ペストだったが、変異を重ねるうちに空気感染する肺ペストが出現した。その結果、ペストのパンデミックが起きたようであるから、もしかして新型コロナウイルスも、空気感染能力を獲得するように変異したのではあるまいか。そうしないと、感染経路不明がこれだけ多いのを説明できないのではないか。

あと、エボラウイルスは2014年10月17日に新たな感染者が出なかったとWHOが判断して、終息とみされたのである。これはもちろん、封じ込めの努力が功を奏した、ということなのであろうが、私のSF的な仮定では、何かのきっかけ、それはもしかしてウイルスが自ら設定したタイマーのような仕組みで、自らハイバネートした、というのもあるのではないだろうか。そうして発病しない宿主に潜んで変異し、新たな機会を窺うという次第である。ハイバネートしている間に、ドナーは健康を取り戻し、人口を増やす。

という、一つの仮説なのであった。そういえば、耐性菌の戦略という記事もあった。細菌であれ、ウイルスであれ、なんと強かなのだろうか。それとも、生命と自由に書いたように、それが生命体の本性なのだろうか。

テレワークを書いて、約2週間が経過し、その間、緊急事態宣言があってみると、政府からの出勤7割削減という要請もあり、テレワークの勤務者を増やすことは必須となった。

テレワークには、以下のようなITインフラが使用される。

  1. VPN
  2. 会議システム
  3. 電子申請・承認システム
  4. チャット・システム

VPNは、第三者が入り込めないプライベートなネットワークを実現するシステムで、これがないと、有象無象が跋扈するインターネット上でセキュアな通信ができない。IT企業なら自前で用意できるかもしれないが、普通はITベンダに構築を依頼する。

会議システムは、独特のインターフェースなので、デファクトのシステムが使われたりするようである。例えば、Skype、Zoom、Teamsといったところか。Skypeは一時、インターネット電話の代名詞だった。その後マイクロソフトが買収して、機能拡張し、テレビ会議にも使えるようになった。Zoomは、よく使われているが、若干セキュリティ的に脆弱性があるらしい。その他、シスコシステムズのWebexというのも使われているらしい。Zoomは手軽で若者に人気があるので、複数の人が招待されるオンライン飲み会も、これを使うような気がする。Teamsは、マイクロソフトのオフィス365の一部である。

電子申請・承認システムは、私が勤務していた外資系で、テレワークとともに、今世紀の初めに早々に導入され、これがあったせいで、私は管理職をしていたときも、ほとんど実印鑑の承認印を使ったことがなかった。しかし、世間一般では、なかなか徹底しておらず、テレビを見ていたら、緊急事態宣言が出されても、上司の印鑑をもらうためだけに出社する人が結構いるらしい。なんか不合理なような気がするが、組織の承認機構に関わり、権限移譲などの機能も必要なので、なかなか変えるのは難しいのだろう。

チャット・システムは、私の経験では、手軽に文字ベースで通信できるので、テレワークに必須であると思われる。電話だと、呼び出し音がやかましいというか、邪魔である。なので、手軽に且つ静かに、通信できるのがよい。外資系にいたときは、隣の席の人とも、話しかけるのでなく、チャット・システムで話していた。これだと多少微妙な話もできるので、便利だった。外資系のとき使っていたのは、sametimeという製品で、メッセージの履歴を簡単に消せることと、ポップアップで相手に注意喚起できるのがよかった。最近のチャット・システムで、スマホのLINEのインターフェースをとるものがあるが、LINEのインターフェースだと、ずっと履歴が残るので、間違えたりすると恥ずかしいし、相手に対する注意喚起機能がいまいち弱いような気がする。チャット機能は、会議システムの付属機能だったりする。

上記は実際に出社する仕事を補うものではないが、もし自宅からリモートで分身ロボットを操れるなら、一部の仕事がテレワークで可能になるのではないか。例えば、テレワークできない理由の一つに実店舗で接客しなくてはならない、というものがあるが、これも分身ロボットが使えるなら、なんとかなる面があると思う。

ところで、新型コロナウイルスの流行で一番大変なのは、感染の危険性に晒され、多数の患者の対応に追われる医療関係者で、ここに分身ロボットが使えるなら福音だが、流石に信頼性においてまだまだ十分でないと思われる。

私は連分数のファンなので、アマゾンで探した、木村俊一「連分数の不思議」講談社ブルーバックスを読んでいるのだが、その最初の方でチャンパーノウン数というのが出てきて、それは自然数を1から順に並べた列をもつ小数なのだという。

具体的には、C10 = 0.1234567891011121314151617...というのだが、私は頭が悪いというか勘が鈍いというか、一体どういう趣旨なのか、一時間くらい考えても分からなかった。で、ああそうかとなんとか理解したのは、小数点以下がPerlで以下のようなコードで書いたものである、ということである。チャンパーノウン定数は、無限小数列なのだが、きりがないので、下記は99までで止めてある。また、C10の10は十進数のチャンパーノウン定数であることを示す。

printf "0.";
for ($i = 1; $i < 100; $i++ )  {
 printf "%d",$i;
}

ちなみに、それは以下のとおりである。

0.123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434
44546474849505152535455565758596061626364656667686970717273747576777879808182838
4858687888990919293949596979899

で、それが何なの?と誰もが思うだろう。これを考え付いたのは、Wikiよると、チャンパーノウンという経済学者だそうだが、こういう定数を考えだしたのは、これが十進正規数であることを示したのだという。ここで正規数とは、「無限小数表示において数字が一様に分布しており、数字の列が現れる頻度に偏りがないという性質を持つ実数である」というものらしい。よって、十進正規数とは、全体的に、0から9までが均等に現れることを意味する。2の平方根、π、eは正規数だと信じられているが、証明はされていないらしい。

なので、十進正規数であるときちんと示されることは大変なことなのであった。それの証明は私には無理なので、とりあえず0から9までの数字の頻度を計算してみる。

それは、以下のとおりである。

n = 1000の場合
0: 189
1: 300
2: 300
3: 300
4: 300
5: 300
6: 300
7: 300
8: 300
9: 300
n = 10000の場合
0: 2889
1: 4000
2: 4000
3: 4000
4: 4000
5: 4000
6: 4000
7: 4000
8: 4000
9: 4000
n = 100000の場合
0: 38889
1: 50000
2: 50000
3: 50000
4: 50000
5: 50000
6: 50000
7: 50000
8: 50000
9: 50000
n = 1000000の場合
0: 488889
1: 600000
2: 600000
3: 600000
4: 600000
5: 600000
6: 600000
7: 600000
8: 600000
9: 600000

これから見て取れるように、nが小さいときは明らかに、0は不利であり、それは最初は0の出番が少ないからである。0以外は、全く均等に現れる。しかし、nが増えていくに従って、0が次第に挽回していく。なので、チャンパーノウンの証明は、n→∞の場合を示すのだろう。

なお、この計算に使用したPerlのコードを示す。

# 列を書き出す
open $fo, ">champn.txt";

$n = 1000;
for ($i = 1; $i < $n; $i++ )  {
 printf $fo "%d",$i;
}
printf $fo "\n";

$n = 10000;
for ($i = 1; $i < $n; $i++ )  {
 printf $fo "%d",$i;
}
printf $fo "\n";

$n = 100000;
for ($i = 1; $i < $n; $i++ )  {
 printf $fo "%d",$i;
}
printf $fo "\n";

$n = 1000000;
for ($i = 1; $i < $n; $i++ )  {
 printf $fo "%d",$i;
}
printf $fo "\n";


close $fo;

# 書き出した列を読み出す
open $fi, "<champn.txt";

$L = 0;
while (<$fi>)                    {
if ( $L == 0 )  { printf "n = 1000の場合\n"; }
elsif  ( $L == 1 ) { printf "n = 10000の場合\n"; }
elsif  ( $L == 2 ) { printf "n = 100000の場合\n"; }
elsif  ( $L == 3 ) { printf "n = 1000000の場合\n"; }
chomp;
$l = length($_);
@cnt = ();
 for ($i = 0; $i < $l; $i++ )    {
 $C = substr($_,$i,1);
   if ( $C eq '0' )         {
      $cnt[0]++;
   } elsif  ( $C eq '1' )   {
      $cnt[1]++;
   } elsif  ( $C eq '2' )   {
      $cnt[2]++;
   } elsif  ( $C eq '3' )   {
      $cnt[3]++;
   } elsif  ( $C eq '4' )   {
      $cnt[4]++;
   } elsif  ( $C eq '5' )   {
      $cnt[5]++;
   } elsif  ( $C eq '6' )   {
      $cnt[6]++;
   } elsif  ( $C eq '7' )   {
      $cnt[7]++;
   } elsif  ( $C eq '8' )   {
      $cnt[8]++;
   } elsif  ( $C eq '9' )   {
      $cnt[9]++;
   }

 } # end of for
 for ($j = 0; $j < 10; $j++ )    {
   printf "%d: %d\n",$j,$cnt[$j];
 }
 $L++;
}

さらに付記すると、Wikiにあった、チャンパーノウン定数の連分数を計算してみたが、19番目の数として166桁の数が現れるので、そんな大きい数を連分数で扱う方法が分からず、計算は諦めた。

危機

user-pic
0

人生、長年生きていると、危険な目に遭うことがある。何をやってもドジばかりの私は、うっかりなどで何度も危ない目に遭っていそうなものだが、意外にそういうことは少ない。例えば私は、大怪我をしたことがない。骨折さえ一度もない。おそらく、活動的でなく、猫のように用心深く生きているからだろう。尤も、いざというときの猫のような敏捷さは、全くない。

さて、最近の新型コロナウイルスの猖獗をみていて、つい自分自身の人生の危機に改めて言及してみたくなった。なぜなら、それはやはり感染症に関連しているからである。

私の最大の危機は、三歳の頃の結核だろう。父は、知り合いを家に連れてきて飲むのが好きだったが、たまたま結核もちの人を連れてきて、私にだけ伝染した。

そして、結核は悪化し、かなり重篤なレベルまで進んだ。当時は、重い結核は、肺を手術することになっていて、私もそうなる予定だったが、たまたま、ストレプトマイシンが出始めて、医師は半信半疑で、試験的に使ってみましょう、ということになった。それが幸い、効いたようである。

しかし、小学校に上がる直前になっても完治していなかった。なんとか学校に間に合わせたい母は、医師の警告を押しきって、無理やり退院させた。母は、悪化したら再入院か、と心配し、地元の病院に定期的に連れていったが、とりあえず再発しなかった。ラッキーである。

なお、新型コロナウイルスの流行に鑑み、どちらも肺の病気ということで、結核と新型コロナウイルスを比較してみた。とりあえずの統計では、国内で新型コロナウイルスの感染者は6748人で、死者は98人である。しかし、新型コロナウイルスはまだ新しい疫病で、未知のことが多く、アビガンが効くらしいとか、いや、アビガンは副作用が大きいとか、議論中である。

一方、新型コロナウイルスはウイルス性であるが、結核の方は細菌性である。この違いは何なんだろう。将棋用語でいうと、新型コロナウイルスは未知の急戦形であり、一見あまり威力はなさそうであるが、急激に悪化する変化もあり、油断がならない。そもそも、その流行性がすさまじすぎる。

結核は、一時代前の矢倉戦法のように枯れた病気といえる。かなりの変化が研究され尽くしている、本格的な持久戦の戦法である。しかし、どっこい撲滅されていなくて、今でも国内で毎年約18000人が新たに結核を発症し、毎年約1900人が結核で亡くなっているという。これでは、むしろ、いずれ終息すると期待されている新型コロナウイルスより怖いのかもしれない。

もう一つの危機は、大阪から東京に出てきて、サラリーマンやっていたときのことである。たまたま、高校時代の一番仲のよい友人が結婚する、というので、結婚式がある地元に帰ろうとした。ところが、風邪なのか、異様に気分が悪い。歩くのもやっとで、何か食べても吐いてしまう。激烈な二日酔いのようだというべきだろうか。仕方ないので、蒼い顔で、肩で息しながら、新幹線に乗った。そのとき、不思議なことが起きた。それは、若い女性のそばに行くと、余計に吐き気を催すのである。それで、枯れたような老婆のそばに行くと、すこし気分が落ち着いた。そうして、這うようにして、実家にたどり着いて寝ていたのだが、一向に気分がよくならず、却って悪化しているような気がする。それで、友人に電話して、結婚式の欠席を伝えた。用意していたお祝いは、現金書留で送った。

あまりに気分が悪いので、次の日、母に付いてきてもらって、病院に行った。すると、医師は、ひどい黄疸なので、即入院だと言った。検査すると、A型肝炎で、もし劇症肝炎になると、生存率二割だという。私はあまりに気分が悪いので、劇症肝炎云々より、とりあえずこの気分を収めたかった。

すこし落ち着いたとき、医師は、東南アジアあたりに遊びに行っただろう、と問い詰める。私は、そんなところに行く金もないし、行ってません、と言っても信じてもらえない。私は、住んでるアパートが汚くて、室内をネズミとゴキブリが走り回っているので、そこから病原菌が移ったのでしょう、と応えたのだが、それだと食中毒にはなっても、A型肝炎にはならない、という。で、考えてみると、会社で案内があった何かの栄養サプリを飲んでから、気分が、悪くなったような気がする。すると、血漿のエイズウイルスのように、サプリに肝炎ウイルスが潜んていたのかも、と思ったが、何を言っても医者に馬鹿にされるだけなので、黙っていた。

ともかく、結婚式の招待状をくれた友人は命の恩人なのであって、そうでなければ、アパートで風邪薬でも飲んで、苦しんでいるうちに劇症肝炎になって、死んだかもしれない。

ところで、生物兵器の本を読んでいたら、A型肝炎ウイルスも生物兵器の研究対象の一つだという。しかし、直接飲み物や食べ物に投与する必要があり、人から人への感染性はあまりないはずで、どうよ、と思ってしまった。死亡率は炭疽菌、エボラ出血熱ウイルスなどと比べて高くなく、適時に治療すれば、かなり治癒する。まあ、吐き気が著しかったりして体力を奪うので、戦闘能力を低下させる効果はあるか。

まあ、こう書くと、交通事故や飛行機事故に遭ったわけでもなく、病気で重篤になってICUに入れられたわけでもなく、私の危機なんて知れていると思われる。

とりあえずは、目下の新型コロナウイルスの感染を防ぐのが課題なのだった。

緊急事態宣言を受けて、将棋界と囲碁界がどうなるんだろう、と思った。

しかし、緊急事態宣言の前の4月2日、ええっ、ということがあった。永瀬二冠と山崎八段の対局で、山崎八段の体調が悪くなり、その対局が延期になったのである。時節がら、もしやコロナでは、とつい思う。しかし幸い、山崎八段は単なる気管支炎であると診断され、山崎八段は4月6日に三浦九段と対局して見事勝利した。

と思ったら、4月6日に屋敷九段と千田七段の対局で、千田七段の体調が悪くなり、その対局が延期になった。そんな状態で緊急事態宣言になったのだが、将棋連盟は、以下の対応となった。

今回の宣言を受けまして、日本将棋連盟では公式戦における新型コロナウイルス感染拡大防止策として、4月11日から5月6日まで、新たに以下の内容で対応して参ります。
  1. 東西遠征等対局者の長距離移動を含む公式戦の対局は、原則5月7日以降に延期する
  2. 東京・将棋会館、および関西将棋会館における対局を1部屋1局以下に抑える

一方、日本棋院は、以下のようになった。

政府が緊急事態宣言を発表したことを鑑み、4月8日(水)以降の、日本棋院東京本院、関西総本部、中部総本部における手合を、当面の間、延期することとなりましたので、お知らせ致します。
なお、再開につきましては決まり次第改めてご案内致します。

当初は、将棋連盟と比べて、日本棋院は腰が引けていると思ったのだが、ここにきての感染者増大に鑑みると、流石に将棋連盟は大丈夫か、と思ってしまった。

さて、将棋ではまず、西山三段というか女流三冠が、新人王戦で、竜王戦に続いて長谷部四段に勝ったのに注目した。しかも、前局に続き、完勝であった。しかし、そんな西山女流三冠も、マイナビ女子オープンで加藤桃子女流三段に完敗であった。女流全般に相当レベルが上がっているといえる。

藤井七段は、王位戦白組リーグで、菅井八段に勝ち四連勝、白組リーグの可能性がかなり高まった。最初の頃は藤井七段は菅井八段に翻弄されていたが、最近では、B級1組でぶっちぎりだった菅井八段に対して余裕をもって戦っているようにみえる。なんか空恐ろしい強さである。

また、将棋の注目のイベントは、第3回AbemaTVトーナメントである。これは三人一組の団体戦で、チームリーダーが、プロ野球のようにメンバーを指名する。4月11日はその第1ラウンドが開催された。豊島チーム(豊島名人、佐々木勇気七段、斎藤明日斗四段)対久保チーム(久保九段、菅井八段、今泉四段)の対戦だが、なんと久保チームが勝利した。超早指しなので、振飛車の方が有利なのだろうか。毎週土曜日にあるようなので、楽しみである。

囲碁の注目は、芝野虎丸名人の本因坊挑戦である。井山本因坊の目下最大の強敵の挑戦といえる。ただ、一時やや不調であった井山棋聖であるが、NHK杯の決勝で一力八段に見事な完勝であった。これで私は井山棋聖はほぼ完全復活とみてとった。芝野名人も勝つのは容易ではないであろう。

ともかく、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言はあるが、なんとか沈んだ気分を盛り上げてほしいものである。

静電気

user-pic
0

静電気について、読売新聞の科学欄に解説があったので、簡単にまとめてみる。

普通、身の回りにある物質から、静電気を感じることはない。これは、通常は物質において、プラスの電気をもつ陽子と、マイナスの電気をもつ電子の電気のバランスがとれているからである。

さて、物質には、プラスに帯電しやすいものと、マイナスに帯電しやすいものがあり、帯電しやすい傾向も異なる。

プラスに帯電しやすいものは、順に空気、人、ガラス、ナイロン、毛皮、鉛、絹、鋼、木、琥珀と続く。先に書いたものが帯電しやすい。

一方、マイナスに帯電しやすいものは、順にテフロン、シリコン、塩化ビニール、ウレタン、ポリエステル、硫黄、天然ゴム、と続く。

帯電傾向が異なる物質が擦れ合うなどすると、電子が一方の物質に移動し、電子を失った物質がプラスに帯電し、電子をもらった物質がマイナスに帯電する。その状態で、帯電傾向が異なる物体が接触すると、一瞬のうちに放電し、一方が人体だと、人体は痛みを感じることになる。

しかし、湿度が高いときは、空気中の水分を通して放電するので、接触放電は、あまり起きない。よって、湿度が低い冬に特に放電が問題になる。

身近で、静電気を利用客する装置として、複写機がある。複写機は、筒状のドラムにパターン化させた光を当て、選択的に帯電させる。そして、その箇所に、静電気でトナーを付着させ、コピー紙に転写する。

静電気は、はやぶさ2のエンジンも利用している。このエンジンの推進力は、キセノンである。放電室に流し込んだキセノンにマイクロ波を当てると、キセノンから電子が放出され、陽イオンとなる。多数の穴が開いた電極に電圧をかけると、イオンが放出され、推進力になる。

このイオン・エンジンは、推進力があまり強くないが、燃費はよく、これによって、はやぶさ2は、補給なしで6年近く飛行することができる。

ただ、陽イオンを放出し続けると、探索機にマイナスイオンが溜まって、陽イオンが引き付けられて、放出できなくなる。よって、イオン・エンジンは、ある程度のマイナス・イオンも放出することで、バランスをとる。さらに、放出されたキセノン・イオンの一部を探索機に戻す工夫もなされている。

静電気の他の応用として、水や牛乳を帯電させ、殺菌させる試みも成されている。

関西大学のシステム理工学部の谷弘詞教授は、静電気を使った発電機の開発に取り組んでいる。これは、住友ゴム工業との共同に係るもので、タイヤの内部に設置される。これは帯電傾向の異なる物質でできた二枚の帯電フィルムを対向させたものである。そうして、車が走り、タイヤが回転すると、振動が伝わり、二枚の普通が近づいたり、離れたりして、静電気が生じる。この静電気を蓄積することで、タイヤの空気圧のセンサを駆動したり、測定データを無線で送信したりするために使用することができる。

この仕組みの蓄電器は、要するに振動を電力に変換できるので、靴の中敷きや、道路や、廊下の床に設置して、蓄電することに利用できる。

このように、静電気も、なかなか隅に置けないのだった。

以前に、コロナウイルスという記事を書いたが、粟野暢康、出雲雄大「呼吸器内科医が解説! - 新型コロナウイルス感染症 COVID-19」医療科学社と言う本を買ったら、最初のところに、コロナウイルスの(私にとってだが)詳しい解説があったので、理解できる範囲でまとめてみる。なお、著者の粟野氏と出雲氏はどちらも、日本赤十字社医療センターの呼吸器内科医である。

先ず、コロナウイルスは、Nidovirales目、Coronavitridae科に属する一本鎖RNAウイルスである。α-、β-、γ-、δ-に分類され、α-、β-は哺乳類のみに、γ-、δ-は鳥類のみに感染する。

ヒトに日常的に感染するコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)として、HCoV-229E(α-CoV)、HCoV-NL63(α-CoV)、HCoV-HKU1(β-CoV)、HCoV-OC43(β-CoV)の4種類が知られており、いわゆる風邪のウイルスである。なお、HCoV-HKU1やHCoV-OC43は、コロナウイルスの季節性でも言及されている。

これ以外に、ブタを宿主とするα-CoV、イヌを宿主とするα-CoV、ラクダを宿主とするα-CoV、ネコを宿主とするα-CoV、ウシを宿主とするβ-CoV、ウマを宿主とするβ-CoV、マウスを宿主とするβ-CoV、クジラを宿主とするγ-CoV、トリを宿主とするγ-CoV、ヒヨドリを宿主とするδ-CoV、スズメを宿主とするδ-CoVが知られているが、詳述しない。

これらの症状は、呼吸器症状や、下痢や、嘔吐や、発熱や、血管炎や、漿膜炎や、食思不振や、白血球減少や、肺疾患や、肝不全だったりする。

その宿主であるが、私が若い頃、A型肝炎に罹って入院したとき、なぜウイルスが肝臓に作用するのか不思議で、つい主治医に、ウイルスの臓器選択性はどういう仕組みなんでしょうかね、と聞いてしまい、怪訝な顔をされたことがある。しかし、その疑問は今でももっていて、ウイルスの生物選択性も同様に疑問であるが、少なくとも私が読んだ本でそういうことに答えてくれた記載はなかった。

さて、21世紀に入り、これまで知られていなかったコロナウイルスの流行があった。それは先ずSARS-CoVであり、次にMERS-CoVであり、最後にSARS-CoV2、すなわち新型コロナウイルスである。

上述した風邪ウイルスのHCoVたちは、ヒトが宿主なので、エマージング・ウイルスに書いたように、ヒトにはあまりアコギなことはしないのだろう。

しかし、SARS-CoVはコウモリが宿主で、MERS-CoVはラクダが宿主なので、本来の宿主でない人の体に入ると、場合により激烈な症状を示すのだろう。

この本に書いてあるSARS-CoVの症状は、インフルエンザのような前駆症状(発熱、悪寒、筋肉痛)で発病し、その後、咳嗽や非定型肺炎へ進行し、呼吸困難がみられる。感染者の約80%は軽快するが、急激に呼吸症状が悪化し、急性呼吸逼迫症候群(ARDS)へと進行し死亡する症例も報告されている、というもので、これって、感染者の回復率を除き、新型コロナウイルスで死に至る症状に実に似ていないだろうか。また、この本の記載で気になるのは、SARSも、治療・予防は現時点で確立されていない、とある。すると、どうやってSARSを封じ込めたのだろうか、あるいは封じ込めたとみなすことができたのだろうか。ともかく、SARSは、2002年に中国広東省で発生した非定型肺炎の患者の報告を発端に、32の国や地域に拡大し、死亡率は9.5%で8096人の死者を出し、2003年7月に終息した。

MERS-CoVは、2012年、サウジアラビアからの重症肺炎の報告で始まり、その後中東渡航歴のある重症肺炎患者から分離同定された。ヒトコブラクダとの濃厚接触が感染のリスクとなる。MERSは、38℃以上の発熱及び咳を伴う急性呼吸器症状を呈し、死亡率は34%で今までに2494人の死者を出した。MERSも、治療・予防は現時点で確立されていない。また、MERSは未だ終息したとはみなされていない。

新型コロナウイルスである、SARS-CoV-2は、風邪ウイルスのうちのHCoV-HKU1、HCoV-OC43や、SARS-CoV、MERS-CoVと同じ、β-コロナウイルスに属する。遺伝子配列が、コウモリ由来のbat-SARS-like coronavirusに近いことから、コウモリが宿主であると推測されている。遺伝子解析と系統樹解析の結果、SARS-CoVと75~80%の相同性、MERS-CoVと50%の相同性が見られた。

ところで、2020年3月9日付のJBPressの吉村剛史の記事に、以下のような記載をみつけた。

中国湖北省武漢市で発生し、瞬く間に世界に感染が拡大した新型コロナウイルス。発生当初から「兵器」の可能性も排除せず、危機感をもって情報収集に取り組むよう訴えてきた台弯出身、米国在住の化学者で毒物研究の世界的権威、杜祖健(と・そけん)氏(89)=英語名アンソニー・トゥー氏=が緊急来日した。
滞在に同行し、改めてインタビューすると、杜氏は、諸状況からみて「武漢の病毒研究所で研究、培養していた新型ウイルスが何らかの不手際から外部に漏れたというのが一番適当な説明だろう」と推測。日本の初期対応については「すでに手遅れ」と断じた。

私はこれを素朴に信じるものではないが、そういう可能性も頭の片隅に入れておきたい。

古書店に行くと、とりあえずざっと、そこに置いてある本全体を眺める。

すると、必ず、東野圭吾の小説が置いてあるような気がする。おそらく、国内で最も人気のある作家の一人だろう。

それで私も、東野圭吾の小説を何冊か読んだ。確かに面白いのだが、なんとなくベタなような気がして、しばらく読んでいない。まあ、飽きたと言ってもよい。しかし、最近の私は、興味の新陳代謝が比較的速いのであって、飽きた気持ちもいつの間にか溶解してしまう。

で、久しぶりに東野圭吾を読むか、と手にしたのが、「嘘をもうひとつだけ」講談社文庫である。「嘘をもうひとつだけ」は、短編集で、「嘘をもうひとつだけ」、「冷たい灼熱」、「第二の希望」、「狂った計算」、「友の助言」の五編からなる。

「嘘をもうひとつだけ」は、あるバレエ団に所属する女性の話。その女性は、もともとプリマを務めていたのだが、年齢とともに、プリマをこなすことが難しくなり、今ではバレエ団の事務長を務めている。

そのバレエ団に事件が起きた。ある事務職の女性が亡くなったのである。なんでも、自殺らしい、と言われている。その女性も、元バレリーナだった。

そういうことがあっても、事務長は忙しい。日々、仕事に忙殺されていると、ある日、刑事が訪ねてきた。練馬署の加賀と名乗った。なんでも、亡くなった女性のことを調べているらしい。

事務長は、自殺で決着がついているはずなのに、と不愉快になった。いや、もっと不愉快なのは、事務長の女性に微かな嫌疑をかけているらしいことである。

あまり疑っていないのか、加賀は来てもすぐに帰る。しかし、忘れた頃にまた来て、新たな質問を投げてくる。そうしてついに、事務長は、余計なことを言ってしまい、加賀の術中に嵌まるのだった。

「冷たい灼熱」は、ある家に強盗が入り、妻が殺され、一人息子が誘拐された、という話。仕事から還った夫がそれを発見し、警察に通報した。すなわち、どうみても強盗誘拐事件なのに、やってきた加賀刑事は、妻の普段の行動を近所の人に聞き、夫の行動までめ綿密に調べた。そして、驚くべき事実を指摘した。

「第二の希望」は、娘を体操教室に通わせる母子家庭の話。その娘は、もしかしてオリンピック選手が期待できるほど素質があり、母親は、入れ込んでいた。そんな家庭で、母子が帰宅してみると、男が侵入して、死んでいた。いかにも不思議な事件であるが、加賀はなぜか、その家庭の捨てられたゴミ袋を探してきて、その中身から真相を知るのだった。

「友の助言」は、加賀が、学生時代的からの友人にアドバイスする話。実はその友人は、どうしても加賀に相談したいことがあり、車で高速を走って向かっているうちに、猛烈に眠くなり、高速のガードにぶつかって、なんとか一命を取り留めたものの、大怪我で入院したのだった。

その病院に、加賀が見舞いにきていうには、お前は睡眠薬を盛られたのだ、と指摘した。誰が、なぜ、と友人が聞くと。加賀は淡々と説明した。それはいかにも残念な話だった。要するに、未必の故意である。

以上、刑事コロンボのような、犯人が分かっていての謎解き話であるが、コロンボ役の加賀刑事のキャラが秀逸で、東野圭吾は、こういう短編も書けるのだ、と認識を新たにした。

なんとなく、森村誠一風とも感じた次第である。

会社を退職して、一週間経つが、まだ慣れていない。通勤がないから楽勝だと思っていたら、なんかつい通勤があるかのように早く起きてしまい、それならまた寝ればいいのに、昔からどうも二度寝が苦手で、そのまま起きて新聞を読んだりする。すると、夜もよい子の時間の9時に眠くなってしまう。まあ、早寝早起きは三文の得と思うことにする。

あと、通勤や勤務がないと自由時間が明らかに増えるので、今までよりも本が読めるぞ、と期待していたら、却ってなぜかあまり本が読めないので、困っている。

こういうときは、馬上、車上、なんとかの諺があるので、以前なら、定期を使って本を読むためだけに電車に乗ったりしたが、昨今のご時世では、下手に外出もできない。

ただ、私は極めてインドアな人間なので、外出自粛のような指示がほとんど苦にならない。むしろ、家でゴロゴロするな、と家人に言われると困る方である。

そうはいっても、家で本を読んだり、パソコンをしてばかりでは、明らかに足腰が弱る。それで、我流ながらリビングで、スクワットをするようにした。すると、最初は数回でへばっていたが、慣れてくると、なんとか50回くらい続けてできるようになってきた。

ただ、いくら私でも、ずっと自宅にいると、多少はうんざりしてくる。それで、比較的近くにある県立公園まで散歩に行くことにした。距離は3キロくらいなので、散歩に丁度いい。県立公園には、美大や動物園などもあったりして、なかなか本格的である。

で、行ってみると、案の定閑散としていて、ラッキーである。私は、あまり人がいないベンチを見つけて座った。ここに二時間くらい座りっぱなしで、本を読んだり、スマホを見たり、無為に景色を眺めたりして、それなりに有意義な時間を過ごした。周囲をみると、一番近い人まで、距離が少なくとも50メートルある。これだと、三密でなく、三疎だぞ、文句あるか、と意気がったが、ここはどう見ても意気がるところではない。

それにしても、感染者の報告は、増えるばかりで、一体いつ終息するのだろう、とベンチに座りながら考えてみた。スマホで確認すると、イタリアなどでも、新たな回復者の数が、新たな感染者の数を上回っていて、すると新型コロナウイルスの感染は、微妙に変曲点というか山を越えたと思う。しかし、まだまだ油断はならず、なんとか新型コロナウイルスに対して形勢を維持するためにも、ここで政府が緊急事態宣言をするのは、ほとんど必然だろう。

と思っていたら、果たして、4月7日の午後5時50分頃、安倍首相から、緊急事態宣言が出された。とりあえず対象は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県である。なぜ愛知県が入らないのか、なぜ福岡県が入るのかちょっと意外だったが、まあそれなりの理由はあるのだろう。ともかく、5月6日まで継続される。

緊急事態宣言という響きはきついが、これはいわゆるロックダウンではない。外出などに関して、ある程度各人の裁量に任される。

緊急事態宣言が出されると、医療機関への通院や食料の買い出し、職場への出勤など「生活に必要な場合」を除き、原則として外出しないことが要請される。この外出自粛要請には強制力がなく、住民の自発的な対応が不可欠になる。帰省など県外への移動を極力避けるよう求めた。

発令を受け7都府県の知事は政府の対処方針に沿って外出自粛などを求める。知事は学校の休校や娯楽施設などの休業を求めることもできる。多くの人が集まる百貨店やカラオケボックス、パチンコ店などが対象になる。イベントの開催自粛も要請できる。いずれも強制力はないが、正当な理由なく応じなければ「要請」より強い「指示」を出し企業名を公表する。

学校は、知事が休校を要請できる。また、強制措置として、知事が医薬品や食料品の売り渡しを要請できる。さらに、知事が臨時の医療施設開設のため、土地や建物を所有者の同意なく使用できる。

ともかく、人と人との接触 7割~8割削減を、ということである。

さらに、過去にない強大な規模となるGDPの2割にあたる事業規模108兆円の経済対策を実施する。

それにしても、今日から将棋の名人戦の予定だったのだが、下記のニュースには落胆した。

名人戦実行委員会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月8~9日に東京都文京区で予定していた第78期将棋名人戦七番勝負の開幕を延期することを決めました。
2日間にわたる長時間の対局を支障なく行うためです。
第4局として長野県高山村で予定していた5月19~20日の対局を開幕局にする方向です。その後の日程、場所については決まり次第発表します。

中止になる訳ではないのだが、名人戦の観戦で、楽しく過ごせると思っていたのに、残念でならない。このことだけでなく、漠然とした不安に包まれて、何もやる気になれない。東北大震災のときと似た心理かもしれない。もともと外出自粛なのだが、こういうときはおとなしくしているよりないのである。

月別 アーカイブ