験勉と継勉

user-pic
0

昔、東大一直線という漫画があって、その主人公は、試験勉強を験勉と略して、周りの受験生に験勉してる?と呼び掛けるのだが、いうまでもなく、験勉とは検便をもじったものであり、もちろん世間はそういう言い方はしない。

で、私は検便は嫌いだが、験勉も嫌いというか、苦手で困ってきた。すなわち、普段ある人が優秀かどうかなんて分からないので、学歴やもっている資格が目安になるが、学歴も資格も、試験勉強が必須である。

特に特許の分野では、弁理士という資格が重要で、勤務していた外資系では、その資格を取ることが、ある地位以上に昇進するための必要条件になっていて、真面目に勉強している人が何人かいた。

よく分からないけど、私は外資系の入社試験の点数がまあよかったらしくて、入社したあと、幹部候補の一人に目され、弁理士の受験勉強をすることを期待された。

それで、仕方なく弁理士試験の勉強に取り組んでみたのだが、細かい条文や規則を覚えるのにうんざりして、そんなに努力しないで、止めてしまった。そして、私のその部門での昇進はあっさり潰えた。

それだけでなく、試験くらいできなくてどうする、なんと駄目な奴だと言われたりもしたのだが、部門始まって以来の秀才といわれ、コンピュータ技術に超詳しいMさんという人が、弁理士試験の細かい条文には耐えられないというので、結局は適性では、と次第に私も開き直るようになった。まあ、昇進だけが人生ではない。

といっても、無為に過ごす訳にもいかないので、私は大学を卒業以来続けている、気ままな勉強に身を入れることにした。具体的にはコンピュータのプログラミング、数学、物理学などである。あと、気分転換にミステリー小説など軽い本も読む。そういう努力を私は継続勉強、略して継勉と呼ぶことにした。

継勉をしでみて分かったのは、私はとてもわがままで、試験のような所与の枠組みの勉強よりも、自分で興味を感じた、解くべき課題を考えたい、と思っているということである。なお、その際、解きたいかどうかが問題なのであって、解きやすいかどうかはあまり関係ない。例えば去年、多倍長計算ライブラリを作成しようと思い立ち、始めてみたところ、想定外の難しさで数ヶ月を要し、考えすぎて吐き気を催したことが何度もあった。それでも、難しい試験のために努力した人の話を聞くと、私の努力なんて知れているようであるが、私の場合、単なる楽しみであって、地位にも収入にも一切つながらない。

そうは言っても、サラリーマンとして与えられる仕事は、所与なので合わせなくてはならないが、試験勉強ほど枠組みは明確でないので、なんとか継勉に適応させる余地があった。

いや、余地どころか、私は継勉のテーマを会社の仕事を通して見つけてきた面もあるので、会社から完全引退したら、うまく自分でテーマを見つける算段をつける必要がある。今、そのための仕込みをせっせとやっている次第である。

ミステリー小説が好きな私は、面白かった小説のタイトルをすぐに思い出すことができる。例えば、「砂の器」とか、「百舌が叫ぶ夜」などである。

しかし、その粗筋さえ知らされないで、「砂の器」と聞いても、どんなストーリーなのか、想像することは不可能であって、人によっては、借金取りに追われて、逃げられなくて蟻地獄に落ちたような人のストーリーだと思うかもしれない。

ところが、「スマホを落としただけなのに」という小説だったらどうだろう。大抵の人ならスマホを持っているので、ああ、スマホを落として、それを誰かに拾われ、その情報を悪用されて、ひどい目に遭うという話だろうと想像する。

それがあまりにもあからさまなので、新聞広告で、その題名を見たときは一旦スルーしようとしたが、スマホ・デビューして日が浅い私は、この小説にとても興味をもち、志駕晃著の「スマホを落としただけなのに」宝島社文庫を早速注文した。

そのストーリーはやはり予想どおりで、誰かがスマホを落とすのだが、落とした本人はある女性の彼氏で、そしてそのスマホを拾ったのが悪辣なクラッカーで、女性がそのクラッカーに脅されるという予想の範囲内のストーリーだった。

すなわち、スマホは匿名的に彼氏に返されるのだが、当然にスマホにあった情報はコピーされ、解析されていた。

さらに悪いことに、スマホには彼氏が個人的に撮った彼女の恥ずかしいポーズの写真が格納されており、それをクラッカーが見たものだから、クラッカーがエスカレートした。まさに、彼女はクラッカーのど真ん中の好みだったのである。

その彼氏のスマホの情報を元に、彼女のフェースブックに対して、なりすまし、アカウントの乗っ取り、情報漏洩など、ありとあらゆる攻撃が仕掛けられ、さらには彼氏のスマホにランサムウェアが送り込まれたりした。

彼氏と彼女は、知り合いから紹介されたコンピュータ・セキュリティの専門家に相談して、なんとか解決を図ったのだが、依然としてクラッカーからの嫌がらせは続いた。

その一方で、世間を騒がせる猟奇事件が明るみになった。それは、丹沢山中で、穴に埋められた女性の遺体が複数見つかった、という事件だった。

神奈川県警の担当者が出動して調べてみると、それは深い穴なので、本来なら埋められた死体が見つかることはないのだが、野生の鹿が増えて、草を爆食いしたので、土壌が弱くなり、雨などで崩れたらしい。

しかも、係員が調べると、何体もの死体が見つかり、さらに、掘ってある穴だけが見つかったりした。これは犯人が、今から追加の殺人を犯すつもりか?と警察が懸念した。ここらあたりまさに、富樫倫太郎のSROを彷彿とさせる。

犯人はレンタカーを使用していたらしくて、警察が近隣のレンタカーの営業所を訪ねてみたりところ、次第に犯人のプロフィールがあきらかに、なってきた。すなわち、多数の偽造免許証を駆使して身元を晦まし、殺人を繰り返すサイコパスなシリアルキラーである。

そして、スマホを落とした人達に最悪な事態が降りかかった。なんと、スマホを拾ったクラッカーが実はそのシリアルキラーだったのである。そうしてついに、スマホを落とした男の彼女に危機が迫ってきた。

というストーリーで、その細部の杜撰さを指摘する人もかなりいるが、基本的に新しいプロットに好意的な私は、こういう今風のホラーもなかなかだよね、と絶賛したい。

作者は、ニッポン放送のエンターテイメント開発局長という要職にあって、その仕事柄、アイデアを絞った経験がこの小説によく活きていると思う。

「ちょっと一杯のはずだったのに」という新作もあるらしいので、こちらもそのうち読んでみよう。

アマゾンの配送に書いたように、私はアマゾンに注文した品物が到着する時間の幅が広くて、それをじっと待つのが嫌で困っていたのであるが、いろいろ試行錯誤のあと、私なりに考えた方策は、土曜の朝、注文することである。すると、ほとんど確実に、次の日曜日の朝の午前中のうちに荷物が届くので、NHKの将棋対局を観ながら、クロネコヤマトの配達の方が来るのを待つ。それで、基本的に不在伝票をポストに入れられることがなくなった。

さて、飼い猫用のかつお節の餌の在庫がなくなってきたので、例によってアマゾンで注文することにした。主食のサイエンスダイエットのドライフードは、近所のドラッグストアでも売っているのだが、猫用のかつお節は、基本的に近所のドラッグストアには置いていないので、アマゾンで注文することがほとんど必然である。

ほとんど必然、というのは、一応ドラッグストアにも猫用のかつお節は売っているのだが、うちの飼い猫は、ドラッグストアに売っているお徳用タイプの猫用かつお節は、与えても見向きもしないので、やや高級な、ペッツルートの猫用かつお節と、かつお節だけでは飽きるので、ペッツルートの猫用まぐろ節を併せて買っている。

それで、ある土曜日の早朝に、アマゾンでペッツルートの猫用かつお節と猫用まぐろ節を注文すると、例によってその日の午後に、12桁の数字の問い合わせ伝票番号を以て、注文完了のメールが届いた。

そこで、常用のクロネコヤマトのサイトに行って、この番号を打ち込んで問い合わせてみると、なんと、「伝票番号未登録」というメッセージが出る。今までこんな経験がないので戸惑ったが、注文完了のメールには、「なお、伝票番号で配送状況を確認できるようになるまで、お時間がかかる場合があります。」という注意書きがあるので、何かの事情でサーバに反映されるのが遅れているとかな、と思った。

そこで、次の日の朝、 再度クロネコヤマトのサイトに行って、伝票番号で確認すると、やはり「伝票番号未登録」というメッセージが出る。この日の午前中に荷物が着くのに、「伝票番号未登録」はおかしいと、改めて注文完了のメールを確認すると、「お客様の商品は札幌通運でお届けいたします。」とある。なんとそうだったのか、と驚いた。デフォールトでクロネコヤマトだと思っていた。

そこで、札幌通運のホームページに行って、「貨物追跡ページ」を開くと、個人のお客様Amazon問い合わせというボタンがあった。そこで、このボタンをクリックして伝票番号を入れると、確かに配達状況は分かるのだが、事象が起きた日付だけで時間が記載されていないので、いかにも進捗の粒度が粗すぎる。

ともかく、速やかに荷物が着いたので、あまり不満はないのだが、クロネコヤマトのサイト並みの貨物追跡ページは無理なのだろうか。

さらに調べてみると、札幌通運も含めて、デリバリープロバイダと呼ばれているらしい。以下のとおりの業者である。

  • TMG
  • SBS即配サポート
  • 札幌通運
  • 丸和運輸機関
  • 若葉ネットワーク
  • ファイズ
  • ギオンデリバリーサービス
  • ヒップスタイル

ということで、おそらくクロネコヤマトがアマゾンの配送から手を引きたがっていて、このような流れは仕方ないのかもしれない。

先日、とりあえず高次合成数を計算するプログラムを書いたのだが、あまりにナイーブというか計算に時間がかかるので、いろいろ調べたり、自分でも工夫してみて、計算速度を向上を図ってみた。以下にその工夫を列挙する。

  1. まず、ウェブで調べていて、なるほどと分かったのは、今の約数の数を計算する関数d(n)が問題ということである。それは、自然数Nを素因数分解を計算して、2a3b5cのようになったとすると、約数の数は、(a+1)(b+1)(c+1)になることを利用した。もともと素因数分解を計算するルーチンは使っていたので、これを流用するだけでよかった。これによる計算速度向上が最大であった。
  2. HCN(n)という関数で、nが奇数のときは、それが最大の約数の数を与えることはないので、nが偶数のときのみ、高次合成数のためのd(n)の比較を行うようにした。
  3. iという数が高次合成数かどうかを調べるループで、iがある値以上のとき、予め分かっている素因数分解の要素の値を利用して、例えば22×3×5×7で割り切れる数だけHCN(i)を適用することにした。これもかなり計算速度の向上に貢献するが、これはちょっとフェアでないというか後知恵をプログラムに組み込んでいるので、自分でもあまり感心できない。
ともかく以上の工夫を入れたプログラムのソースコードは、以下のとおりとなった。
#include <stdio.h>

int d(int n);
int HCN(int n);
void PF(int n);  // 素因数分解
int *Prime;

int main(void)      {
	
 FILE *fi;
 int i,n;
 int DIV = 4*3*5*7;
 int c = 0;
 i = 0;
 int Max_Prime = 100000000;
 int P_size = 5800000; // 一億までの素数をカバー
 
  if ( (fi = fopen("sieve_n.txt","rt")) == NULL ) return -1;
  Prime = new int[P_size];
   while ( c < Max_Prime + 10 )   {  // 余分に取っておく
   fscanf(fi,"%d",&c);
   if ( c >= 2 )  Prime[i++] = c;
 }

 fclose(fi);
 
printf("<html><body><ol>");

for ( i = 2; i < 1000; i++ )
 if (HCN(i) == 1 )  {
   printf("<li>%d = ",i);
   PF(i);
 }
 
 for ( i = 1000; i < 60000; i++ )  {
  if ((i%DIV) != 0 ) continue;
   if (HCN(i) == 1 )  {
     printf("<li>%d = ",i);
      PF(i);
   }
 }

DIV *= 11;
 
 for ( i = 60000; i < 800000; i++ )  {
  if ((i%DIV) != 0 ) continue;
   if (HCN(i) == 1 )  {
     printf("<li>%d = ",i);
      PF(i);
   }
 }
 
 DIV *= 13;
 
 for ( i = 800000; i < 10000000; i++ )  {
  if ((i%DIV) != 0 ) continue;
   if (HCN(i) == 1 )  {
     printf("<li>%d = ",i);
      PF(i);
   }
 }
printf("</ol></body></html>\n");

delete[] Prime;
return 1;
}

int d(int n)       {
int N = n;
int ret = 1;
int i = 0;
int j;
 while ( N > 1 )      {
  if (( N%Prime[i]) == 0 )  {
    j = 1;
    N /= Prime[i];
    while ( ( N%Prime[i]) == 0 ) {
	  N /= Prime[i];
      j++;
    }
    ret *= (j+1);
  }
  i++;
 }
 
 return ret;
}

int HCN(int n)  {
int N = d(n);

for (int i = 1; i <= n-1; i++ )  {
  if ((i%2) == 1 ) continue;  // 奇数をスキップ
  if ( d(i) >= N ) return 0;
}
	
return 1;
}

void PF(int n)       {
int N = n;
int i = 0;
int j;
 while ( N > 1 )      {
  if (( N%Prime[i]) == 0 )  {
    j = 1;
    N /= Prime[i];
    while ( ( N%Prime[i]) == 0 ) {
	  N /= Prime[i];
      j++;
    }
    printf("%d<sup>%d</sup> ",Prime[i],j);
  }
  i++;
 }
 printf("<br>\n");
 return;
}
また、計算結果は、以下のとおりである。なお、ナイーブな実装だと、1000000までの高次合成数の計算も、丸一日かけても終わらないのに、下記の実装だと10000000までの計算で、1時間くらいで終わる。まあまあのチューニングである。
  1. 2 = 21
  2. 4 = 22
  3. 6 = 21 31
  4. 12 = 22 31
  5. 24 = 23 31
  6. 36 = 22 32
  7. 48 = 24 31
  8. 60 = 22 31 51
  9. 120 = 23 31 51
  10. 180 = 22 32 51
  11. 240 = 24 31 51
  12. 360 = 23 32 51
  13. 720 = 24 32 51
  14. 840 = 23 31 51 71
  15. 1260 = 22 32 51 71
  16. 1680 = 24 31 51 71
  17. 2520 = 23 32 51 71
  18. 5040 = 24 32 51 71
  19. 7560 = 23 33 51 71
  20. 10080 = 25 32 51 71
  21. 15120 = 24 33 51 71
  22. 20160 = 26 32 51 71
  23. 25200 = 24 32 52 71
  24. 27720 = 23 32 51 71 111
  25. 45360 = 24 34 51 71
  26. 50400 = 25 32 52 71
  27. 55440 = 24 32 51 71 111
  28. 83160 = 23 33 51 71 111
  29. 110880 = 25 32 51 71 111
  30. 166320 = 24 33 51 71 111
  31. 221760 = 26 32 51 71 111
  32. 277200 = 24 32 52 71 111
  33. 332640 = 25 33 51 71 111
  34. 498960 = 24 34 51 71 111
  35. 554400 = 25 32 52 71 111
  36. 665280 = 26 33 51 71 111
  37. 720720 = 24 32 51 71 111 131
  38. 1081080 = 23 33 51 71 111 131
  39. 1441440 = 25 32 51 71 111 131
  40. 2162160 = 24 33 51 71 111 131
  41. 2882880 = 26 32 51 71 111 131
  42. 3603600 = 24 32 52 71 111 131
  43. 4324320 = 25 33 51 71 111 131
  44. 6486480 = 24 34 51 71 111 131
  45. 7207200 = 25 32 52 71 111 131
  46. 8648640 = 26 33 51 71 111 131

仕事で、エクセルのセルに、外部ファイルへのリンクを貼り付ける必要が出てきた。普通だったら、エクセルのもつ機能を使う。それは、所定のセル内をマウスの右ボタンでクリックする。すると、ポップアップ・メニューが現れるので、リンク→リンクの挿入をクリックして、リンクするファイルを選択する。

しかし、私はこんな機能は使わない。なぜなら、テキスティエだからである。テキスティエは、Perlなどのプログラムにより、HTMLファイルを生成し、そのHTMLファイル中に、a href=""のタグで、リンクすべきファイルを指定する。そして、ブラウザでそのHTMLファイルを開いてみて、正しく開けるか確認し、それでよければHTMLファイルをエクセルで開いて保存し直すことにより、リンク付きのエクセルとする。エクセルで開いて保存し直すと、どういう方法でリンクをつけたか、全く見分けがつかない。

ただ、テキスティエでなくても、私が担当した仕事では、所定のセル内をマウスの右ボタンでクリックする方法では、妥当な作業量でリンクが付けられないので、HTMLファイルを生成するよりない。なぜなら、私の場合、1000箇所以上リンクをつける必要があったからである。もし一箇所一分の作業時間だとしても、1000箇所以上あると、丸三日程度の時間がかかってしまう。私の方法だと、プログラミング作業を含めても、1時間程度で済む。ただ、それはPerlなどのスクリプト言語にある程度熟練していることが前提で、そうでないとかなり困難か、実質的に不可能に近くなる。

ところで、もっと具体的な話に移る。すなわち、特定のセルに置くべきリンクの数が多すぎる場合、私は、HTMLファイルを生成して、そこにリンクを置き、セルからはHTMLファイルを呼び出すようにした。すると、困ったことが起きた。すなわち、あるクライエントが、HTMLファイルからリンクでPDFのファイルを開こうとすると、エラーになるのだという。

それでよくみたら、<a href="Docs/sample.pdf">のようになっていて、リンクがきちんと相対指定になっていない。それで、<a href="./Docs/sample.pdf">と書き直して、これでどうですか、と聞いたらやはりエラーになるという。

そこで窮余の策で、HTMLファイルをエクセル・ファイルとして保存し直し、そのエクセル・ファイルにリンクを張るようにした。エクセルに保存し直すとき、リンクの問題をエクセルのプログラムがうまく丸め込んでくれるようなのだが、このあたりの内部構造はさっぱり分からないのだった。

ともかく、私はエクセルのマクロが苦手なので(エクセレントなマグロは好きだが)、こうやってお茶を濁して生きているのだった。

私にとって前川というと、真っ先に思い出すのは、演歌歌手の前川清だが、英文学者でミステリー作家の前川裕も私には印象的で、アトロシティーやクリーピーなど、なかなかのホラーミステリーだと思う。

で、私は、前川裕の、あまり一般的でない英単語を仮名で書き下すやりかたが妙にペダンチックで格好いいと感じて、私もスパース・ノレッジと書いてみた。

どういうことかというと、最近何を思ったか、藤沢周平や、津本陽や、葉室麟などの時代小説を読み始めた。

で、読み始めたと言っても、その冊数は、両手にも満たないので、話にならない。私は一応、ミステリー小説のファンを自認していて、読んだ冊数はおそらく500冊は下らないと思うが、冊数にしても、ジャンルの広がりにしても、マニアと呼ぶには程遠い。

ましてや、読んだ冊数が両手にも満たない時代小説だと、それはスパース・ノレッジ、すなわち疎知識と自嘲するよりない。

スパース・ノレッジというけれども、例えば私の数学の知識も相当乏しい。しかし、そこでスパース性が際立たないのは、あまり世間で数学の知識は一般的でないので、例えば私がベルヌーイ数のことを知らないとしても、馬鹿にされる可能性は低い。

だが、関ヶ原の合戦の話題となると、私の知識は、多分日本人の平均に劣る。

なので、もしミステリー小説のファンという人がいたら私は、その人と何時間でも話せるが、時代小説となると、それこそ5分で終わってしまい、なんかみじめさがただよう。それをスパース・ノレッジと呼んで自分に折り合いを付けようというのが私の方策である。

そうやって開き直ってスパース・ノレッジと呼ぶと、時代小説を読むのも妙に楽しい。何しろどんな小説を読んでも知らないことだらけで、それこそ乾いた綿が水を吸い込むように知識が吸収されるのであるが、一方で、歴史の知識は一生かかってもスパースなままだろうな、と諦めたりもする。なぜなら、生涯に読みたい本の分野は多様で、歴史というか、時代小説は、そのほんの一部にすぎないからである。

そんなとき私は、以前に勉強した、数量統計学に思いを馳せる。そこでは、行と列が何万もあるような行列が使用され、大抵の場合、その行列は、ほとんどの要素が0であるような疎行列、すなわちスパース・マトリックスだったりする。それをまともに計算すると膨大な時間がかかるところ、スパース・マトリックスに特化した、合理的なアルゴリズムが案出されたりする。

そこで私も、ほとんど至る要素がゼロでありような自分の知識のスパース・マトリックスで、どう有意義に過ごすかというアルゴリズムを考えてみることにする。

竜王戦は、相手がいま絶好調の広瀬八段なので、羽生竜王は苦戦するだろうと思われた。そして、竜王位を奪取されると、無冠になってしまう。それは何年ぶりなのだろうと思っていたらなんと、第1局第2局と羽生が連勝して、これは防衛できそうと期待した。

さて第3局は羽生竜王の先手番で、またしても角換り腰掛銀になった。45手目▲6四歩からみていく。

【図1】 45手目▲6四歩まで
持ち駒:△広瀬八段=角



持ち駒:▲羽生竜王=角歩
見て取れるように、羽生竜王は桂馬を犠牲にして、▲6四歩と突き出した。以下、△2五歩,▲同歩に広瀬八段の△7二桂が▲6三歩成から▲7二角を防ぎつつ、△6四桂をみた好手である。羽生竜王は▲3七角と打って6四歩を支え、△8六歩,▲同歩となった。

【図2】 52手目△3三桂まで
持ち駒:△広瀬八段=角



持ち駒:▲羽生竜王=歩3
広瀬八段の△3三桂に羽生竜王はいよいよ、▲2四歩と突き出し、△4五桂,▲同銀,△同銀,▲6三歩成,△同金,▲5五桂,△6二金となった。

【図3】 61手目▲4三桂成まで
持ち駒:△広瀬八段=角銀歩2



持ち駒:▲羽生竜王=歩4
そして▲4三桂成でなんと先手有利である。以下、△4三同金,▲2三歩成,△同銀,▲同飛成,△3二銀,▲4四歩,△4二金,▲2五龍,△5四銀,▲2三歩と進行した。

【図4】 72手目△2一歩まで
持ち駒:△広瀬八段=角桂歩2



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩2
しかし、△広瀬八段が△2一歩としっかり受けると、羽生竜王の後続手段は難しい。▲2二銀,△4一玉,▲2四歩だと確実にと金がつくれるのだが。しかしここから羽生竜王は、▲7三角成,△同金と果敢に攻める。

【図5】 75手目▲4六桂まで
持ち駒:△広瀬八段=角2桂歩2



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩2
そして▲4六桂で、▲3四桂もみているので、先手が依然優勢である。以下、△3三桂,▲2二銀,△4一玉,▲3三銀成,△同銀,▲2二歩成,△同歩,▲5四桂,△同歩と進んだ。

【図6】 85手目▲4五桂まで
持ち駒:△広瀬八段=角2銀桂歩3



持ち駒:▲羽生竜王=銀歩2
そして▲4五桂は細い攻めだが、なんとか先手が優勢を保っている。以下は、△4四銀,▲4三歩,△同金,▲2二龍,△3二銀,▲2一銀,△同銀,▲同龍,△3一桂と進んだ。いかにも淡々とした進行で、広瀬八段が言いなりになっているように思われる。

【図7】 95手目▲3二銀まで
持ち駒:△広瀬八段=角2銀歩5



持ち駒:▲羽生竜王=歩2
▲3二銀は、こう指すところだろうが、なにか紛れていないか。広い方に玉を逃がす感じがある。以下、△5二玉,▲4三銀成,△同玉,▲2二龍と進んだ。

【図8】 100手目△4五銀まで
持ち駒:△広瀬八段=角2銀2桂歩5



持ち駒:▲羽生竜王=金歩2
ここで大胆にも広瀬は△4五銀と取った。これに対して▲4四歩はないのだろうか。それには△5三玉しかなく、以下▲3三龍で攻めが続く。しかし羽生竜王は▲4二金とし、以下△5三玉,▲5二金,△6四玉,▲4二龍となった。これで寄っているのか。

【図9】 106手目△7五歩まで
持ち駒:△広瀬八段=角2銀2桂歩5



持ち駒:▲羽生竜王=歩2
広瀬八段は△7五歩と逃げ道をつくるが、ここは△2六角の方が良かったかも。すなわち、△7五歩には▲4五龍で羽生がやや優勢だった。しかし羽生竜王は▲4五龍でなく、▲7五同歩。そこで△5八角で再逆転したか。以下、▲4五龍,△6九銀,▲5三銀,△6三玉,▲6五龍と羽生もなんとか攻める。

【図10】 114手目△6四金まで
持ち駒:△広瀬八段=角銀桂歩5



持ち駒:▲羽生竜王=歩3
しかし、△6四金で後手の優勢がはっきりした。以下、▲6九龍,△同角成,▲同玉,△2九飛,▲5九銀,△6八歩,▲同玉,△6七歩,▲同金,△5五桂,▲6四銀,△同桂,▲7四角,△7三玉,▲4六金と進んで。

【図11】 投了図 130手目△7九銀まで
持ち駒:△広瀬八段=角銀歩3



持ち駒:▲羽生竜王=金歩5
△7九銀で、先手は即詰みはないものの、後手も詰まないので、△7九銀に▲同玉くらいしかなく、以下△5九飛成で先手はどうしようもないので、羽生竜王は投了した。

最初にこの将棋をみたときは、【図9】で▲7五同歩としたのが羽生の敗着で、そこまでずっと羽生が優勢かと思ったら、そうでもないようで、ずっと難解だった。

さて、次で負けると、羽生竜王は広島カープ・モード(まだ、日本シリーズに拘っている)になるので、なんとか勝ちたいところである。

原理主義

user-pic
0

私は、無駄に原理主義のところがあって、困る。ここで原理主義というのは、宗教的急進主義や共産主義的ラディカリストのようなものとは全く違う。単に、物事の原理をより根源的に考えたいだけである。

私は子供の頃から、妙にぼうっとしていて、周囲とあまり打ち解けなかった。何をやってもピントがずれていて、あからさまに変人とあだ名された。虐められもしたが、そんなにえげつないものではなかった。それでも、あまりすっきりした性格ではない私は、当時私を虐めた人達に対するわだかまりを解くことができない。それでも、近所に仲のよい友達が何人かいて、遊び相手に不自由しなかった。偏屈な性格なのに、今に至るまで、なんとか付き合ってくれる友人がいて、どうしようもない孤独感は感じたことがない。これはとても幸運だった。

あと、私は、独り遊びが得意で、たまたまあそび相手がいなくても、平気だった。例えば、昆虫や岩石の図鑑をぼろぼろになるまで何度も眺めるとか、草むらで昆虫採集するとか、海鳴りに書いたように、砂浜で有象無象の海の漂流物を眺める、とかである。

それから中学になると、学校の理科の授業の影響か、電子回路、具体的にはラジオに興味をもち、暇さえあれば、見よう見まねで、ラジオを組み立てて、なんとか放送を受信して音がでたら、感激した。そのころは、将来は電気技術者になるのが夢だった。なので志望も工業高校の電気科だった。

ところが、所詮は田舎の中学なので、知れているのだが、たまたまクラスでは成績がいい方だったので、担任の先生から、普通科に行って、大学に進学した方がいいと勧められた。正直いって、うれしかった。それで、当初の予定よりも少しだけ、世界を広げたくなって、趣味の電子回路の法則の根源にある物理学を勉強したくなった。私の原理主義の萌芽である。

しかし、物理学の根底に屈強な数学があるなんて、当時知るよしもなかった。なにしろ、田舎の県立高校にあっても、数学は苦手科目だった。しかも、物理学科なんか行っても就職に苦労すると高校の担任に言われた。それはまさにそうだと、後で嫌というほど分かった。なのに私は、意志薄弱なのに妙に頑固なところがあって、食えなくなったら、飢え死にすればいいと強がるのだった、そんな根性なんて爪の先ほどもないのに。

そんな私が物理学科に進学して挫折し、全く意にそわない特許関係の仕事で糊口をしのいできたのは、恒星を周回する惑星の楕円軌道とおなじくらい必然だったようであるが、少年の頃芽生えた原理主義は隠伏していても、私の内部に脈打っていると感じたのは、最近会社で、同僚の、何かの流星群の話を聞いたときである。私は一応宇宙のことにも興味があるので、流星群の話に反応しそうなものだが、なんとそのとき、内心で思ったのは、流星群がどうした、それが宇宙の根本原理に何の関係があるのだ、ということである。いくら私が田舎者だと言っても、それを口に出して白けさせるほど不躾ではない。ただ、今でも自分に青臭い原理主義が脈打っていることに当惑した次第である。

ただ、その一方で、特許調査のやり方のちょっとした工夫に悦に入ったり、プロの将棋の好手に感動しているのは原理主義とどう関係があるのか、原理主義なんて所詮ご都合主義か、と自問する自分がいて、一方で、まあいいじゃないの幸せならば、とシレーッと笑う自分もいて、いよいよ分からなくなるのだった。

卓球の伊藤美誠が、すごいことを成し遂げた。以下、日刊スポーツの記事から引用させて戴く。

ワールドツアー、スウェーデン・オープン女子シングルス決勝で伊藤美誠(18=スターツ)が世界1位の朱雨玲(23=中国)を4-0と圧倒し、優勝した。
3日の準決勝では世界選手権3度優勝で、16年リオデジャネイロオリンピック(五輪)金メダルの丁寧(中国)を4-2で勝利。2ゲーム連取されたものの、第3ゲーム6-10から猛反撃。一気に大逆転した。2日の準々決勝では世界6位の劉詩ブンを1-3からの大逆転で4-3で撃破。強豪中国選手に3連勝しての優勝は大きな価値がある。
国際卓球連盟(ITTF)はホームページのトップに「驚異のパフォーマンス。伊藤美誠がまばたきする間に朱雨玲を破った」と報じた。

これは、1年半前の平野美宇の快挙に匹敵し、あるいはもしかしたら、それを上回るかもしれない。なぜなら、平野美宇のアジア選手権のときはノーマークで、今回は中国が研究し尽くした後の勝利だからである。

しかも日本卓球協会のホームページの情報によると、伊藤美誠は、決勝の朱雨玲に、11-3, 11-3, 11-5, 11-8の圧勝だった。ただ、Yahoo! Sports Naviなどの情報によると、中国は伊藤美誠にベストのパフォーマンスを発揮させ、研究材料にしたという説もあり、油断ができない。

ともかく、Tリーグも始まったことだし、今後の日本の卓球に注目である。確実に中国は巻き返してくるだろうけど。

王座戦は第5局までもつれ込んで、どちらが勝つのか分からなくなったが、先番を引き当てたのは斎藤七段で、ここらあたり斎藤七段に運があるか。

それにしても戦法はまたしても、角換り腰掛銀で、最近は雁木も減って、猫も杓子もこれで、正直言って食傷感があるのだが、それでも毎回みていて、それなりの多様性と面白さも次第に分かってきた。

さて、例によって49手目▲6九飛からみてみる。

【図1】 49手目▲6九飛まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩



持ち駒:▲中村王座=角歩
▲6九飛となると、見た目は先手がよさそうであるが、実際はほぼ互角である。これに対する△6五桂はプロなら妥当なところらしいが、次の▲4五角は、6三銀を切って7二に打とうという、いかにも攻め将棋の斎藤七段らしい手である。これが好手で微妙に斎藤七段がよくなったか。以下、△8二飛,▲2四歩,△同歩,▲6六歩,△5七桂成,▲同金,△5二銀と進展した。

【図2】 59手目▲3五歩まで
持ち駒:△斎藤七段=角歩3



持ち駒:▲中村王座=桂
▲3五歩は攻めとともに角の退路をつくった手であり、これで斎藤七段は桂得でもあり、優位を拡大した。△3五同歩,▲6五歩,△4四歩,▲1八角,△4八角,▲4七金と自然に進んだ。

【図3】 66手目△8四角成まで
持ち駒:△斎藤七段=歩4



持ち駒:▲中村王座=桂
△8四角成も当然の角成であるが、▲6四歩と取り込んで、斎藤七段は好調である。どうもこの将棋、中村王座は工夫があまり見られないというか元気がない。以下、△3一玉,▲2三歩,△8三飛,▲4五歩となって、中村王座は△8六歩,▲同歩,△8五歩,▲7七桂と、玉頭から綾をつけようとする。

【図4】 76手目△7五歩まで
持ち駒:△斎藤七段=歩2



持ち駒:▲中村王座=桂歩
△7五歩は懸命の攻めだが、▲8五歩,△9三馬と馬を追われて、▲6五銀と好所に銀を活用されては、斎藤の優位は動かない。以下、△7三飛,▲8四歩,△7六歩に斎藤七段は▲7四歩と打ち、桂取りを甘受したが、中村王座は桂馬は取らず、△6八歩,▲同飛と味をつけて△7一飛と辛抱した。

【図5】 87手目▲7六銀まで
持ち駒:△斎藤七段=歩2



持ち駒:▲中村王座=桂歩3
しかし、▲7六銀と歩を払って、益々好調である。中村王座は△8四馬からなんとか反撃を試みるが、▲4四歩の取り込みが厳しい。以下、△7四馬,▲5七金,△4六歩,▲5六歩,△7五歩と中村王座は手をつくろうとするが、▲8五銀,△同馬,▲同桂と斎藤七段は将棋を決めに行った。

【図6】 98手目△7七銀まで
持ち駒:△斎藤七段=歩2



持ち駒:▲中村王座=角桂歩3
△7七銀は加速する手筋であるが、迷わず▲同金と取って、△7六歩に▲4三桂と打ち込んだ。斎藤七段は勝ちを読み切ったのだろう。以下△同銀,▲同歩成,△同金,▲4四歩,△同銀,▲同銀となったとき、中村王座が△7七歩成としたのは、形づくりである。

【図7】 投了図 109手目▲3二銀まで
持ち駒:△斎藤七段=金桂歩4



持ち駒:▲中村王座=角銀2歩2
すなわち、▲3二銀以下、長いがわかりやすい即詰みである。1八角がよく利いている。

この将棋をみると、中村王座が明らかに不調で、【図2】あたりで先取点を取られ、さらに加点されてそのまま抑えられたような、カープ対ソフトバンクの日本シリーズ第6戦みたいな内容だった。あ、いかん、折角忘れようとしているのに、日本シリーズのことを思い出してしまった。

月別 アーカイブ