1月14日(日)に、NHK杯の囲碁番組を観終わった後、将棋連盟のホームページを見ていたら、藤井四段が朝日杯オープンで澤田六段に勝ったという。なんか澤田六段、強いはずなのになぜか斬られ役だよね、と思っていたら、あっ、と気づいた。澤田六段に勝ったとなると、相手は、佐藤天彦名人対永瀬七段の勝者。そして佐藤天彦名人が勝ったというので、次はいよいよ佐藤天彦名人対藤井四段、これは必見だよね、と早速ウェブで朝日杯オープンを見始めたらまだ序盤だった。

ちょっと所用で席を外して戻ってみると、中盤になっていたが、私にはまだ難しいと思えた。ところが解説の木村九段は、駒の効率がいいので大分先手、すなわち藤井四段がいいのだという。

それから見ていると、流石に私にも先手の方が優勢だと分かってきた。そのとき、木村九段の解説によると、もう大勢は決しているという。果たして、程なくして佐藤天彦名人の投了となり、これは完勝というか、藤井四段の飛躍だよね、と思った。

ともかく、朝日新聞ディジタルの記事を引用させて戴く。

中学生棋士の藤井聡太四段(15)が公式戦で、タイトル保持者から初白星を挙げた。第11回朝日杯将棋オープン戦の本戦2回戦は14日午後2時から、名古屋市東区の東桜会館で指され、藤井四段が佐藤天彦名人(29)に121手で勝ち、初めてベスト4に進んだ。2月17日に東京で行われる準決勝で羽生善治竜王(47)と対戦する。

実は藤井四段の飛躍というのは、マーク・グリーニーの暗殺者の飛躍をもじっただけで、私はいい意味で、それほど驚くことではないというか、藤井四段なら名人に勝ったって全然意外でない、というのが私の本音である。

かなり前であるが、藤井四段がデビュー間もない頃、藤井四段の炎の七番勝負というのがあり、藤井四段は錚々たるメンバーに6勝1敗だったのだが、そのとき佐藤康光九段に勝ったのが、ありえない完勝で、佐藤康光があれほど完敗した将棋をみたことがなかったので、藤井四段の強さに目を瞠った。

今回の将棋だって、天彦名人に対して、接戦の末勝つ棋士はいても、これほどの完勝は羽生にだってできないのではないか、ついそう思ってしまった。ということで、今後の藤井四段の活躍に期待である。

ところで、国民栄誉賞確定のあと、羽生棋聖は順位戦で佐藤康光九段に負けて、名人挑戦がかなり難しくなった。やっぱり、ああいう大きい賞をもらうとなると気が緩むよね、と思ったら、朝日杯将棋オープンで羽生は、高見と八代に勝って、きっちり次に藤井四段との対戦をつくった。流石羽生はイベント・プロモータで、今の羽生にとって、名人挑戦より、朝日杯で藤井と対戦する方がよりビッグイベントなのだろう。

そういえば、もう一人の国民栄誉賞受賞者である井山七冠であるが、世界名人の対戦で、中国の連笑九段と、韓国の李世ドル九段に負けて、あっさり敗退した。どうも井山は李世ドルに分が悪い。でも、この敗戦は井山にはクスリで、お陰で七冠だの国民栄誉賞だのに浮かれる気分には全くなれず、精進し続けるだろう。

かなり前に古書店で、柳広司「ソクラテスの妻」文春文庫というのを見かけて、とりあえず買っておいた。ところがちらっと眺めたら、もともとかなり薄い本なのに、この本は十三篇の短編からなっていて、「ソクラテスの妻」はそのうちの一つに過ぎない。で、やや失望して積読することにしたのだが、それでもこの本を本棚でなく手許においておいたのは、生来のギリシャ趣味のせいだろう。

そんなわけで、この本の背表紙はいつも眺めていたのだが、ある日、ん?と気づいたことがあった。それは、柳広司って、たしか「ジョーカー・ゲーム」などのスパイ・ミステリーの書き手だったよね、ということである。気になる作家なのに、まだたまたま一冊も読んでいないので、いまいち印象がはっきりしていないのだった。

そんな柳広司がギリシャものの小説を書いたというのも面白いと思い、とりあえず「ソクラテスの妻」の十三篇の短編を読むことにした。

その十三篇とは、以下のとおりである。

  1. オイディプス
  2. 異邦の王子
  3. 亡牛嘆
  4. ダイダロスの息子
  5. 神統記
  6. 狂いの巫女
  7. アイギナの悲劇
  8. 最初の哲学者
  9. オリンポスの醜聞
  10. ソクラテスの妻
  11. 王女メディア
  12. ヒストリエ

オイディプスは、意に反して運命の悪戯により、父を殺し、母と交わることになったオイディプスの話である。

異邦の王子は、スキュタイの王子アナカルシスが、母の故国ギリシャに留学する話。ギリシャのソロンから学んで賢人になったアナカルシスであるが、故国に戻ってみると、認識の齟齬は大きかった。

恋は、クレタの王ミノスの娘、アリアドネが、アテナイの王アイゲウスの息子ポセイドンの末裔であるテセウスに恋する話。アリアドネは、アリアドネと糸として知られる手法でテセウスを懸命に逃がすのだった。

亡牛嘆は、クレタの王ミノスの妻パシファエが白い美牛に恋して、なんと牛と姦通してしまう話。そうして生まれたのがテセウスなのだった。これが原因の一つとなって結局クレタは滅んでしまった。

ダイダロスの息子は、パシファエの依頼でパシファエが牛と交われるような巧妙な模型をつくった天才職人ダイダロスと、その息子のイカロスの話。

神統記は、ニュクス、ヘレメ、ガイア、ウラノス、クロノス、ゼウスなどギリシャの神々が争う話。

狂いの巫女は、アルゴスの王アガメムノンがトロイア戦争から凱旋したとき、連れ帰ったトロイアの王女が波紋を引き起こす話。それを歓迎している風のアガメムノンの妻、クリュタイネストラは次第に荒れ狂った。

アイギナの悲劇は、アテナイから独立したアイギナが、オリーブの樹の女神像を持ち去ったことからアテナイ軍から攻め込まれる話。小国で大した軍備ももたないアイギナは風前の灯だったのだが。

最初の哲学者は、ミレトスの賢者、タレスの話。

オリンポスの醜聞は、美しい女神、アフロディテを妻にした、醜いヘファイストスの話。ヘファイストスが建築に精を出している間、アフロディテは男神を誘惑して浮気ばかりしていた。それに気づいたヘファイストスが反撃する話。

ソクラテスの妻は、クサンチッペは別に悪妻でなかったという話。なにしろソクラテスは、女はつくらないものの藤沢秀行ばりの家庭放棄で、クサンチッペは弱り切って、人前でソクラテスに水を浴びせたりした。それでもソクラテスが堂々と刑死したときは嘆き悲しんだ。ちなみに、妻が悪妻だと夫が哲学者になるというのは逆で、夫が哲学者だから妻が悪妻になるのである。それはあまりにも当たり前でつまらないので、誰も言及しないだけである。

王女メディアは、ギリシャから来た美丈夫イアソンに、コルキスの王女メディアが恋をした話。イアソンが狼藉でコルキスの王アイエテスから追われて逃げたとき、メディアはイアソンに付いてきた。ところがメディアは、見かけによらず恐ろしい謀略家だった。

ヒストリエは、ヘロドトスが「歴史」を書くに至った経緯の話。

ということで、どれがギリシャ神話由来で、どれがそうでないか私には截然とは分からないが、これはこれでとても興味深いギリシャ説話入門なのだった。流石、柳広司である。

定年バカ

user-pic
0

新聞広告で、勢古浩爾著、「定年バカ」SB新書を見かけて、これは買いだと思った。そこで最近の習慣で、オムニ7で注文しようとしたら、入庫待ちだという。でも、入庫したらメールで通知してくれるというサービスがあるというので、申し込んだら、次の日、早速メールがきた。そこで急いでオムニ7のサイトに行ったら、もう再び入庫待ちになっている。どうも、飛ぶように売れているらしい。そこで、少なくともこの本に限り、オムニ7は止めようと、アマゾンに行ったら、即注文できた。次の日の夕方、郵便のゆうパケットで本が届いたので、早速読み始めた。

この本は要するに、定年にまつわる世間の反応を、バカじゃない?と斬り捨てているのだが、いちいち納得である。

最初の章は「定年バカ」であるが、ここは定年だからと過剰反応して、定年本など周囲の雑音に影響されて焦る奴はいかん、ということである。そんなの自然体でよく、好きなようにやればいいというのが著者の教えである。

ただ、次の章の「お金に焦るバカ」はなかなか見過ごせないものがある。なぜなら、一般的には年金だけで暮らすのは難しく、貯金を少しずつ取り崩すことになる。なので、私はというと定年後は、傘はり浪人的な内職があればいいと思っている。

次の「生きがいバカ」というのは、私はかなり該当する。なぜなら、私は若い頃から、自分の楽しみや生きがいのため、数学、コンピュータ、英語と勉強してきたからである。そのお陰でなんとか外資系に転職できた。ただ、あるとき、数学を勉強していたら、善意の友人から、そんな暇があったら、資格勉強をしろとたしなめらりれた。野生の感性をもつ私はそんなアドバイスは全く聞き入れず、こつこつ数学を勉強した。それでいまでは数学はすっかり楽しみの源泉になった。

次の「健康バカ」も私はかなり当てはまる。なにしろ、サプリおたくである。ただ、今のところだが、健康には過ごせている。ただ人間の健康や寿命なんてわからない。儚いものである。

次の「社交バカ」は私はなんとか免れている。なぜなら、勢古氏と同様に私は案外孤独が平気だからである。ただ、寂しがりやの面もあって、つい、一人上手と言わないで、と歌を歌ってしまう。

次の「未練バカ」は、趣味の将棋や数学でもっと上達しないかといつも思っている点で未練たらたらである。

次の「終活バカ」は、私もあんなものつまらないと思うが、やりたければ勝手にやるのも無意味ではないだろう。そもそも私は葬式だって、してくれなくていいと思っているし、墓もいらない。鳥葬というのが日本で許されるならそれでもいいが、やはり無理か。ただ、法事の類は私には無用である。

要するに、他人に迷惑かけなければ好きなようにやればいい。スポーツが好きならそれに邁進すればいい。いいじゃないの、幸せならば、である。

著者はテレビを観るのも好きで、よく観ているそうだが、私はどうもずっとテレビを観ているのは苦手で、それなら本でも読む。

著者は、こんな立派な本が書けるのだから、当然私より偉いのだが、孤独が好きで、孤独にポジティブな意味付けしているのを好ましく思い、面白く読んだ。

これだけ売れているのだが、この本は、私とは違うタイプの人にもきっと面白く読まれているのだろう。だとしたら、この世も捨てたものではない。

あと、ちょっと興ざめしたのは、後でアマゾンでみると、著者は似たような本を陸続と書いていることである。それって、稼ぐためか、そんなにお金に困っているはずものいなのに、とがっかりした。別に聖人君子であることを期待したわけでもないのだが。

第三の女

user-pic
0

夏樹静子は、私が学生時代、松本清張や横溝正史、江戸川乱歩などを読みつつ、ミステリーに傾倒していた頃は、私の趣味にはあまりあわなくてほとんど読んだ記憶はない。

ところが、たまたま読んだWの悲劇が、ちょっとスタティックながら、そのセンスのよさに感心して、今更のように夏樹静子のファンになった。

そこでたまたま見かけた「第三の女」光文社文庫を買っておいたのだが、私の悪い癖であまり理由もなくしばらく積読で、気まぐれで突然読み始めたら、ううん、これがなかなか面白いのだった。

「第三の女」の主人公は、福岡の国立J大学の医学部衛生学教室の助教授、大湖浩平。多分であるが、国立J大学とは九大のことなのだろう。

その大湖であるが、学会に出席するためにパリに出張した際に、時間があったのでパリの郊外のしなびたホテルに足を延ばした。そこで夜レストランにいると、落雷で停電になり、様子を窺っていると、女性らしき人の気配が感じられた。大湖にはなぜか、それが運命の出会いのように思えたが、女性の方もそう思ったらしい。いきなり女性は、ある女を殺したいとつぶやいた。なんでもターゲットは、箱根のエメラルド・ビューというホテルの長女、永原翠らしい。不倫の果て、相手の男を殺したのが許せないということである。

一方の大湖もまた、殺したい人物を挙げた。それは彼の上司の吉見教授である。大湖は、衛生学の研究の一環で、ある食品会社の菓子を食べた複数の子供に癌が発生している事件を調査し、その菓子に発癌性物質が含まれていることを突き止めた。それを発表しようとしたところ、吉見教授に強く反対された。吉見教授は、賄賂でももらったか、食品会社と結託して、大湖の調査を握りつぶそうとした。剰え、大湖を辺地に左遷させようと画策している。

こうして互いの胸中が開示されると、二人の心理的距離は一気に縮まり、互いの容姿を確かめる間もなく、二人は愛し合った。大湖が勤務先と名前を名乗ると、女は、鮫島史子とだけ名乗った。

雷の閃光のような出会いの後、大湖は何事もないかのように福岡の自宅に帰った。妻と娘二人の平和な家庭だった。そんなとき、箱根から何気ないメッセージの葉書が届き、その後突然、吉見教授、自宅で殺されるという事件が起きた。

なんの確たる証拠もなく、大湖はこれは交換殺人の第一ステップだと悟った。そして、永原翠への第二ステップを執り行うべく、箱根に赴くことが要請されていると強く感じた。

そこから大湖は、稚拙ともいうべき幻惑手段を駆使しつつ、永原翠に接近していくのだが、一方で大湖は、鮫島史子の影も、サインも一切感じられないで、次第に自滅しそうになる、という切ないストーリーだった。

夏樹静子が流石だと感じたのは、トランプのほとんど手札を晒したような展開で、大湖の心理に没入するような描写と、切ないラブロマンスと、ミステリーとしてのトリックをちゃんと盛り込んでいることで、それはまるで上質の古典詰将棋の手順をみるようである。

ところで、アガサ・クリスティに「第三の女」という同名の小説があるのを知った。そこでアガサ・クリスティの「第三の女」の粗筋を調べてみたところ、この小説はクリスティの「第三の女」のオマージュになっていないように思われる。しかし、夏樹静子には、「そして誰かいなくなった」という作品があり、こちらは明らかなオマージュのようなので、「第三の女」もわかりにくいが潜在的な深い関連があるのかもしれない。

異言語習得

user-pic
0

LME288エラーの対応に書いたように、懸命の努力でC++ Builder XE4が使えるようにしたのだが、そこからWindows Updateを一度経ると、またLME288エラーが再現した。

がっかりしながら、いつもどおり、パソコンをシャットダウンして、電源を入れ直してみたが、やはりエラーが解消されない。仕方なくそこからシャットダウンでなく再起動させると、なんとかLME288エラーが解消されたが、最早怪訝な気持ちは晴れない。

そこまでどうしてC++ Builder XE4に拘るのかというと、C++ Builder XE4が素晴らしいのではなく、その代替のVisual Studioが実に使いにくいからである。使いにくいというのは実は必ずしも正しくなくて、新しくVisual Studioを習得する手間が嫌なのである。

そういえば私は長年Perlを使っていて、未だに中級者以下やんけと思っているうちに、Perlに時代遅れ感が漂い始めて、Rubyかな、Pythonかなと横目でみるのだが、まったく浮気する勇気がない。

でも人間に大事なのは、異言語を学ぶときの強烈な違和感に酔うことなのであって、それが嫌ならこの王国を去れ、と言われてしまう。私は以前、強烈な違和感を求めて、アラビア語を勉強して、文字の書き方をある程度勉強した段階で挫折したが、なかなか有意義な体験であった。

なので、以前気まぐれで買って、なぜかずっと私の本棚のセンターを占める、大学書林の「ハンガリー語四週間」など恰好の違和感のソースなのだが、手を出せないでいるとはなんと情けない。

そう考えたら、Visual Studioの違和感など知れていないだろうか。

かなり前に古書店で、北川歩実「金のゆりかご」集英社文庫というのを買っておいたのだが、しばらく積読のままであった。その理由は、なんでも天才をつくるための幼児教育がからむミステリーということで、なんとなくアルジャーノンに花束をを彷彿とさせ、気持ちが鬱屈するからなのだった。

ところが、何かの気まぐれで「金のゆりかご」を読み始めると、アルジャーノンに花束をとはかなり様子が違う。すなわち、この小説の主人公は近松吾郎という医師が創設したGCS早期幼児教育センターで子供の頃トレーニングを受けたという野上雄貴という青年が主人公である。

雄貴は、その早期幼児教育のお陰で、小学生の頃天才と呼ばれた。なにしろ、その年齢で大学入試問題がどんどん解けてしまう。将来はどんな偉人になるかと期待された。それで有名中学に進学したのだが、そこから成績がじりっじりっと下がり始め、大学入試で失敗してしまった。志望校のレベルを下げれば受かるところはあったのだが、プライドが許さないので受験して全部落ちてしまった。

次の年も大学に落ち、やけになってGCS早期幼児教育センターの知り合いの漆山梨佳という女の子と駆け落ちのように家出して同棲し、女の子は妊娠してしまった。それで産むの堕すのと言い合いをしているうちに別れてしまい、本当に産んだのかどうか分からないままだった。

結局、雄貴は、大学にも行かず高卒の学歴で現在はタクシーの運転手をしており、結婚して子供も生まれそうということでささやかな幸せを得たともいえるが、早期幼児教育と現在の境遇の対比は大いなる怨嗟という次第である。

そんな屈折した雄貴に、あるルポライターが強引に面談を迫ってきた。なんでもGCS早期幼児教育センターの過去のスキャンダルを追っているという。そんな状況でGCS早期幼児教育センターが高給で雄貴を職員として採用したいという申し出があり、雄貴は当然に相手にしないのだが、近松吾郎と雄貴の関係や、雄貴が一時同棲していた漆山梨佳が現れたりといろいろなことがあってついにGCS早期幼児教育センターに就職してから、ルポライターが行方不明になったり、梨佳が失踪したり、と混迷が深まった。

その間、GCS早期幼児教育センターの出身で頭はすこぶるいいのだが、情緒不安定というか性格が屈折しまくっている子供が何人も出てきて、著者が早期教育を批判しようとする気持ちが感じられた。ここらあたりは早期教育批判で書いたことと通じる。

ところが、ついに殺人事件が起き、雄貴はGCS早期幼児教育センター出身の子供達と力を合わせて事件を解決しようと試みるのだからわからないものである。

最後はあっと驚くどんでん返しがあり、ミステリー慣れした私にはちょっと、手すぎたかなという感じもあったのだが、早期幼児教育がらみのミステリーということでこれは希少価値があると思った次第。

能吏性

user-pic
0

特許調査の仕事のため、研究所に質問に行って、オフィスに戻って半日くらいで6ページくらいの資料をまとめた。自分ではよくやったと思うのだが、誰も褒めてくれないので、自分で、おう能吏じゃのう、と広島弁でつぶやいた。

その資料を今度は確認のために、研究者に送ったところ、なんと1時間くらいでレビュー結果が帰ってきて、私の資料が隈なく目を通されて、随所に的確な修正点が示されていた。

私はまた、うーん、これも能吏だと感心して、そのテキパキとしたやりとりを卓球のラリーのように小気味よくおもった。いつもこういうようにやりとりできれば苦労はないのだが、なかなか普通はそうはいかない。

それにしても、能吏というのは要するに優秀な役人のことで、私は今まで市役所であれ、税務署であれ、役人として仕事をしたことがないので、能吏のなんたるかを知らない。なので適当に能吏という言葉を使っただけだが、私が言いたかったのは、相手のためを思って、能率よく仕事を次のステップに進めることを能吏と呼ぼうとしたということである。

もっというと、大物ぶらない、勿体をつけない、変に含みをもたせない、実務知識を駆使する、こんな能吏に私はなりたい、というのが私の意図だが、果たして人生60年以上生きて、どこまで達成できているだろうか。いや、そんな余計なことは考えないで、ひたすら働き蟻のように目の前の仕事をこなすのが能吏なのである。そんな能吏に私はなりたい。

小池劇場

user-pic
0

一昨年の都知事選で、小池百合子が出馬すると聞いたとき、何か悪い予感がした。それは外資系にいたときの役員クラスの女性上位管理職を思い出したからである。

その外資系は、ダイバーシティ、すなわち女性に昇進の機会を積極的に与えるということで先進的だと世間の評判をとっていた。しかし、と私はつぶやく。ダイバーシティはいいけど、ある程度実力主義で昇進させてよね、と。なぜなら、単に見栄えがいいからとか、上司にすり寄るのが巧みとか、show offが得意とかだけで実は業務遂行能力がなく、組織を滅茶滅茶にしたあと、地位と評判を利用したトラバーユする女性が多かったからである。なんでああいうのに高給を与えるのだろう、なんとかに追い銭ではないかと言いたかった。

それでも、東京都民は、良識ある人が多いので、流石に小池百合子は当選させないだろうと思った。ちなみに私は神奈川県民なので都知事選の選挙権はない。

ところが、小池百合子はうまく女性票を集め、当選してしまった。ああポピュリズムと私は嘆いた。それはその後のトランプの当選の前触れだったのかもしれない。

小池が都知事になって決めたビッグイシューは、築地市場の豊洲移転の問題点を洗い出し、当面中断させたことである。マスメディアも小池に加担するし、私は建築構造のことなど全く素人なのでつい、東京都はなんと杜撰なことをしていたのかと憤った。ただ、きちんとした豊洲市場を調査した大学教授が安全に問題はありませんというのを聞いて、気持ちが動き始めた。

そこから元都知事の石原氏や浜渦氏が召喚されたりして、いよいよ混迷してきた。そんなとき、都議会議員の音喜多駿氏の東京都の闇を暴くを読み、音喜多氏が小池氏の下で、都議会のドンと対抗して改革していく、と書かれていたので、小池氏は改革の旗手なのかと信じ始めた。

私が、小池氏の手腕を真剣に疑い始めたのは、希望の党を立ち上げて党首となり、衆議院の立候補の公認をし始めた頃である。それは都知事としての責任放棄ではないかと思った。そして音喜多氏のホームページをみると、小池氏を見限って、独立に政治活動を始めたらしい。それと同期するかのように、マスメディアも小池バッシングを始めた。そんなとき、新聞の書籍広告に有本香「「小池劇場」の真実」幻冬舎文庫を見かけたので、オムニ7で注文した。

普通、オムニ7で本を注文すると、二日くらいしたら本の到着予定日を知らせるメールがくる。ところが、この本に限り、なかなか通知がこない。どうしたんだろうと思っていたら、それから数日して、在庫がないので取り寄せているとメールがきた。えっ、この本はそんなに売れ筋なのかと驚いた。それでもう買えないか、それでもいいやと思っていたら注文して三週間くらいして本が届くというので、着いたら早速読み始めた。すると、著者の有本香氏は女性ながらなかなか硬派で、厳しく論理的に小池氏を追及しているので、読みながらかなり腑に落ちた。

実際、小池氏が豊洲移転問題を追及したのは、自分の正義性をアピールするのに格好のテーマだと思ったかららしいが、それは結局は大悪手なのだった。というのは、この本によると、小池氏が豊洲移転にいちゃもんをつけて延期させたばっかりに、維持費がもしかして100億円に達するほど嵩むばかりでなく、東京オリンピックのための道路工事やその他のスケジュールも大変なことになり、収拾をつけるのが最早相当に困難になっている。

ところが、最初は小池氏の肩をもっていたメディアも、石原氏召喚の頃から次第に風向きが変わってきたという。理由は、石原氏の応答が毅然としており論理的だったからということだが、このあたり、有本氏がアンチ小池に加担しすぎているような気はしないでもない。

一方、築地市場は老朽化がひどく、なので豊洲移転の計画が立てられたのだが、安全性という意味では豊洲より築地の方がはるかにひどいらしい。

こうして小池氏の政策立案実行能力の欠如が指摘され、まだしも前任の舛添氏や猪瀬氏の方がましだったという指摘は、私は同意である。多少の個人的スキャンダルはあっても、すくなくとも、大局的な都政の齟齬は招いていないと思う。

さて、問題は、ここから小池都知事がどう収拾するのか、けじめをつけるのかというところなのだった。

本ノート

user-pic
0

本ノートとは何かというと、そのものずばりで、新聞の広告や書評欄、他人のブログやホームページ、アマゾンの本の紹介などでみて面白そうと思ったものについて、本を注文するために最低限必要な書名や出発社名などをメモしておくノートである。

なぜ本ノートをつくるかというと、新聞の広告でみて面白そうと思ってそのうち買おうと思っていても、あとで分からなくなり、新聞は積み上げられたり捨てられられたりするので、追跡不可能となることが結構あったからである。

つい最近まで、ブログのネタノートを本ノートの代用としていた。すなわち、私は本を読むとそれは大抵、その感想文をブログに書くので、本はブログのネタにほとんど等価だからである。しかし、どうしてもブログのネタそのものの方が数が多くて、その中に書名が紛れて見つけにくくなったりする。

それで専用の本ノートを改めて用意したのだが、ここで少しだけルールを変えた。それは基準を下げて、まず買う可能性のない本まで、少しでも興味があると思った時点でとりあえずメモしておくようにしたことである。ここにメモして「寝かせて」おくことで、後で買う気になる可能性もあるし、少しずるいが数か月とかおいてアマゾンの古本で値下がりしていたら買う、という方法も使える。そもそも、ビブリオフィリアである私は、本ノートのエントリを眺めているだけでも妙に楽しかったりする。

そんな中で、これはまず買わないけど、ちょっと面白そうと思った本をリストしてみる。

  • 「猫はためらわずにノンと言う」ステファン・ガルニエ/吉田裕美訳
    これは要するに、人はなぜ猫に話しかけたくなるかというサブタイトルがついているようであるが、別に猫でなく犬でも、爬虫類でもペットなら人間は話しかけたくなるだろう。でもそういうとぼけた命題が面白い。
  • 「FIRE AND FURY」
    これは英語の本だが、なんとトランプ大統領に関する暴露本なのだという。間違いなく日本語訳の本も出るだろうが、それも買わないだろうと思う。
  • 「天才の証明」中田敦彦
    中田敦彦は、オリラジで、パーフェクト・ヒューマンを演じている人であるが、「天才の証明」とはなんともお笑い的な突っ張ったタイトルである。でも、要するに自分は伝統的なお笑いの才能がないので、今のようなテンポの速いネタに適性を見出したということらしい。あっ、これ読むかも。

尾道の観光

user-pic
0

私は広島県の尾道市百島町というところに育ったが、百島町というのは実は瀬戸内海に沢山ある島の一つにすぎなくて、かつて広島県内でも知る人はあまりいなかった。

百島の近隣の島として、田島と横島というのがあり、百島にとってライバルだったが、田島と横島には本土から橋が架かり、すると福山からタクシーでも帰れる。緊急医療的には救急車も来る。

百島はそんな利便性からは取り残されて、島民は寂しい思いをしたのだった。そんな百島であるが、島出身のとまりれんという人が作詞作曲した「氷雨」が大ヒットしたのは、静かな島には随分な話題だった。1982年のことである。当時私は既に東京にいたが、母がとまりれんのことを嬉しそうに電話してきたのを思い出す。ちなみに、とまりれんは地元の中学で私の一級先輩で、狭い島のことなのでよく知っていた。もう何十年も会っていないが、今でも会えば互いに微妙に識別できるだろう。

それからしばらく島には話題がなかったが、2001年にお笑いタレントの間寛平が百島にマラソンコースを作って、マラソン大会がテレビ放送されて、結構盛り上がった。

少し時代は下って、エチカの鏡で救急船の船長、旗手正守さんが紹介されて、島のことが全国区で放映された。

このあたりで、昔は全く無名だった百島が、瀬戸内海の島の中ではかなり上位の知名度になったのではないかと推察する。その後も、若い次田医師が百島に赴任し、その医師の独特の明るいキャラによりテレビの取材がやってきたりして、百島はいよいよメジャーになった。

その百島の上位行政区画である尾道市であるが、市技で述べたように、数年前に因島市を合併し、因島で盛んである囲碁を市技にすることで観光地として急速に注目度が高まった。

去年はブラタモリも尾道市にやってきたし、最近では観光客の数がうなぎ登りで、何か催しがあるとホテルの予約がとれないことはざらだという。統計を取ったことはないが、一か月に少なくとも一度は尾道関係の取材番組があるような気がする。

その尾道の知名度に後押しされたのかどうか知らないが、昨年末は、百島を主題にした30分番組があり、私はこれを知らなくて知り合いからメールで教えられて、意表を衝かれた。

それでふと思ったのだが、尾道市は戦争広告代理店で言及したような、広告代理店に町興し戦略についてコンサルティングを受けているのだろうか。それとも市の観光課に、辣腕のアイデアマンがいらっしゃるのだろうか。流石に多分後者のような気がするのだが、なんにしても私は子供の頃を思い出して、あのときの地元の地味な雰囲気と今の盛り上がりを比較して、感慨に耽っている次第である。