日記風

user-pic
0

十年以上も前にブログを書き始めたとき、どこそこでラーメンを食べました、おいしかった、みたいな日記風の記述ではなく、それに毛が何本か生えたような、多少捻りの入ったことを書こうと努力してきて、あくまでも自己評価であるが、満足いく内容になったこともあるし、そうでなかったことも多い。

最近は年のせいかだんだん疲れてきて、また、ほとんどのブログをスマホで書くようになって、そういう衒いも次第になくなってきた。で、今日も日記風に気楽に書いてみる。

それでここ数日感じるのは、急に涼しくなったことである。今まで通勤は半袖カッターだったが、最高気温が24℃とかで、これは流石に長袖カッターかな、と家内に出してもらって着て行ったら、そんな気温ではないはずなのに微妙に暑苦しい。そう思って電車の中を見回すと、長袖カッターだけでなく、上着さえ着ている人もいるが、半袖カッターの人も決して少なくないので、今日、すなわち9月21日は、半袖カッターを着ることにした。体感では、表示されている気温よりも暖かいので、太陽に照らされた大地の潜熱のせいかな、と思ったのだが、雨がちの天気で湿度が高いせいでしょうと指摘する人もいて、そちらが正解かもしれない。

ともかく、私は周囲の様子を意外に気にする方で、半袖カッターが圧倒的マイナーだったら嫌だな、と心配していたらそうでなくてよかった。

雨がちといえば、9月20日のマツダスタジアムでの広島対阪神の試合は一体なんなんだろう。すなわち、試合開始時点の午後6時で雨が強いので、とりあえず試合開始を一時間遅らせた。普通なら中止にするところだろう。それを開始遅延にしたのは、過密日程でなんとか試合を消化したいというプレッシャーが強いのだろう。

あと、最近は、雨雲の移動時間を予測する技術が進歩して、今は雨が激しいが、例えば一時間後には小降りになっているだろう、みたいな予想がある程度の確度でできるが、それでも、数十分程度の誤差があったりする。

それで、9月20日は、せっかく一時間以上も遅れて試合開始したのに、また雨が強くなってきて、合計で二時間以上も遅延し、試合が終わったのは、日付が変わった時間だった。これでは、球場のお客さんもたまらないのではないか。

それでもカープが勝つならいいが、予定変更に適応するのが苦手なカープが案の定、負けてしまった。尤も、余程想定外の連敗をしない限り優勝は手堅いカープに比べ、なんとかクライマックスに駆け込みたい阪神は、モチベーションの強さが違う。

ただ、カープもあまり安閑としていられないのは、一昨年のパリーグの例があるからである。すなわち、ソフトバンクが楽勝で優勝だと思っていたら、二位の日本ハムが記録的な連勝をして一気に抜き去り、クライマックスも制し、剰え、日本シリーズでカープを破った。

なのでカープもそろそろ、一気に優勝を決めに行くべきなのだが、九月に入って六連敗するなど、神るどころか、闇ったりしているので、カープ、しゃんとせんかい、と広島弁で応援するのだった。

まあでも、とりあえず9月21日は、カープが前日の雪辱で、阪神に逆転勝ちして、マジック3、ここまでくると流石に優勝がみえてきた。それにしても、神宮のヤクルト対巨人は大した雨ではないのにあっさり中止になった。マツダスタジアムではどんなに降っても根性で試合を成立させているのに、東京のチームは根性がないのう、と感じた次第。

パラダイムというのは、何か旧いものにしがみつく、みたいなニュアンスがあって、あまりポジティブな響きをもたないが、科学とか学問全般に、巨人の肩に乗る、というように、何かのある程度確立された前提知識としてのパラダイムに依拠しないと、いちいち根源に立ち返っていては、限られた時間で意味のある成果を達成することはできない。

しかし、パラダイムそのものに取り組む奇特な研究者の努力により、パラダイムそのものが堀崩されていく。それもまた科学の進歩であり、それはパラダイム・シフトと呼ばれる。

私が最近、パラダイム・シフトを感じるのは、コレステロールの基準値の仮説である。すなわち、健康診断で、年齢に関係なく固定の基準値が印刷されているが、それがおかしいと健康診断に携わる医師は感じないのだろうか。

また、そういう妥当性の怪しい基準値を少しでも上回ると、主としてスタチン系の医薬が処方されるが、そのような薬でコレステロールを下げることの副作用が明らかになってきて、学会では次第にスタチンはパラダイム・アウト(パラダイムから外れるという意味の私の造語)されつつあるのではないだろうか。

なので、ノーベル賞候補にリストされていたスタチンの開発者は、静かにリストから抹消された。なのに、唖然としたのは、最近ある出版社から、スタチンの開発者を絶賛する新書が出版されたことで、私は、今更、と呆れ果ててしまった。

あと、私がパラダイム・アウトされるべきと信じるのは、二酸化炭素による地球温暖化仮説である。それは、クライメート・ゲートあたりで完膚なきほどに否定されたと思ったのだが、一切の科学的根拠なく、政治的スローガンとして、メディアによって呪文のように繰り返し報道されることで、パラダイム強化が謀られている。

しかし、もし二酸化炭素削減が重要なら、なぜ旅客機の飛ぶ便数を減らす、みたいな議論にならないのか。あれは相当な大気汚染につながらないのか。そういう議論にならないとしたら、二酸化炭素に基づく地球温暖化仮説は、科学ではなく政策である、ということになるが、それにしても今までの気温上昇を外挿して、2100年頃には地球が灼熱地獄になるみたいな議論には、その粗雑さに気が遠くなりそうになる。

上記よりもずっと微妙だが、気になっているパラダイムがあって、それは特殊相対性理論と一般相対性理論の正しさである。最近、それらの相対性理論が怪しいのでは、という素朴な議論をある個人のブログ記事で読んだのだが、妙に説得力があって、考えながら固まってしまった。

確かにそのブログにあるように、相対性理論の妥当性は、アインシュタインの仮説にとどまり、きちんと検証されてはいない。しかしである、ディラックの量子電磁力学や、その発展である場の標準理論は、一定といえる以上の成功を収めているのであり、その範囲では、相対性理論、といっても特殊相対性理論であるが、の妥当性は間接的に検証されているとはいえる。

もちろん、場の標準理論には、マヨラナ粒子もそのひとつだが、いろいろ綻びが見つかっている。しかし、それが特殊相対性理論の矛盾による、という話は聞かない。

さらに、場の標準理論というか、量子力学を一般相対性理論と融合して、万物の理論を打ち立てようとする超弦理論が今まで何を達成したか、どこまで到着したか、大栗博士の著書などで学んだものの、それが相対性理論のパラダイムそのものを変えようとしているのか、だとしたらどう革えようとしているのか、私にはさっぱり分からないとのであった。

院内刑事

user-pic
0

新聞の書籍広告で、濱嘉之の「院内刑事」講談社+α文庫を見かけたとき、おっ、面白そうだな、と気になった。

実は濱嘉之は、そんなに好きな作家ではない。というのは、警察庁の公安部にいたという経歴をひけらかしているようなところがあるとともに、公安部にいたときの経験と知識を駆使してストーリーを作り上げるのはいいのだが、主人公がなぜか完全無欠のキャラになってしまい、人間味に欠けるような気がするからである。

ただ、やはり公安部の話は、なにやら国家機密ぽくて興味深い。それがなにやら病院とからむのも新規なので、読んでみることにした。

「院内刑事」の主人公は、廣瀬知剛。大学卒業後、警視庁に入り、主に警備公安畑を歩み、警部補時代は内閣官房内閣情報調査室で勤務し、その後、公安総務課で情報担当として警部に昇進し、管理職試験に合格した年に辞職した。明らかに、作者自身の経歴に酷似している。

そんな廣瀬は、警察時代に培ったスキルと人脈をもとに、川崎殿町病院リスクマネジメント担当顧問になった。

病院のリスクマネジメントの仕事は沢山ある。例えば、医療事故などが起きたときに、マスコミ対策をアドバイスするとか、患者の緊急搬送体制を確立する、などである。

そして、廣瀬が確立した体制がまさに活用されるときがきた。福岡から羽田に向かう旅客機内で、財務大臣が脳梗塞の症状を呈したので、空港に到着し次第、廣瀬自身が指揮して、空港から川崎殿町病院に搬送する手配をした。廣瀬は、昔の人脈を利用して、警視庁警備部警護課に連絡することを怠らなかった。また廣瀬は、内閣官房副長官とも太いパイプがあった。

そうして、財務大臣の手術は無事終わったのだが、検査により、財務大臣の体内から、ありえない薬物が見つかった。それは、一応医薬なのだが、財務大臣の健康状態にとって、むしろ脳梗塞を誘発するものであるように思えるものであり、政敵が仕組んだものである可能性がある。そこで廣瀬は、ある画策をした。それは、極めて優秀な、知り合いの元公安の担当官を呼び戻して、事件の捜査をさせることである。

その警官は、秋本誠一郎という。かつて、中国の外事担当の公安だったが、中国大使館の機密漏洩問題に関して、全く無実なのに、責任を取らされる形で西多摩署の地域課に左遷され、それでも地道に務めた。それが、廣瀬が内閣官房副長官に働きかけることで晴れて、警視庁の公安部に異動し、福岡に飛んで、財務大臣の事件を調べることになった。

福岡で秋本は、財務大臣行き付けのクラブに通い、いかにも怪しいホステスを突き止めた。一方、廣瀬は、病院で、ヤクザと思われるモンスター・ペイシェントの対応に追われていた。

秋本は、そんな廣瀬とは独立に、福岡における政治的対立構造を調べていった。そして福岡を拠点にする大企業が財務大臣の政治的施策に強く反対していることがわかった。しかし、決め手に欠けていた。

そんなとき、やっとブレークスルーがもたらされた。廣瀬がいる病院に福岡在住の有名タレントが原因不明の感染症で入院し、ようやく快方に向かった頃、廣瀬がその有名タレントから、財務大臣の行き付けのクラブの裏の情報をたまたま入手し、それが秋本に伝えられて解決となった。

ということで、ストーリーとしてはいまいちはっきりとはせず、実際この本のアマゾンでの評判もあまりよくないが、公安警察に関する副読本として読めば勉強になるし、また私がかつて住んでいた福岡の活況を知ったのも、何気にうれしいのだった。

昨年、いろいろフラクタルを描いていたとき、知り合いの建築設計をしている人に、ブログのフラクタルを見せて、こういうのを建築に使うことはないのか、と聞いたことがある。

すると、自分は詳しくないが、建築にアルゴリズミック・デザインというのがあって、それによれば、画面に表示されているオブジェクトをクリックして連結し、それによって建築デザインをする、というインターフェースらしい。

面白そうなので、アマゾンでいくつか関連書籍を当たってみたが、不精なので、そのままになっている。

そのアルゴリズミック・デザインとはあまり関係ないかもしれないが、普段特許調査の仕事をしていて、アルゴリズミック・ワークってあるよね、と日々感じる。

まず、特許検索システムの機能強化が近年、著しい。すなわち、特許検索システムは、国際特許分類(IPC)、FI、Fターム、共同体分類(CPC)など多数あって、その各々が、その全貌は誰も知らない巨大なコード・ブックをもち、しかもそれらは毎年のように改訂されている。特許分類が指定する技術が日進月歩なのだから当然であり、なので特許分類を利用する検索式もその都度工夫を要する。

特許検索システムの全文検索、近接演算、データ出力形式も、いろいろ変わるので、それを扱う処理も、どう処理し、どのような表やグラフにするのが妥当か悩むというのが特許調査員の日常である。

その作業の合理化のため、大抵のプログラミングの心得がある人は、Excelのマクロを使うようであるが、私は一貫して、Perlを使っている。今どきならPythonなのかもしれないが、私はもう、20年くらいPerlを使っているので、なかなか他に乗り換える気がしない。

そのプログラミングであるが、私が駆使するアルゴリズムなんて、ほんの初歩的なものであるが、うまく嵌まると、今までよりも10倍くらい効率が上がってうれしくなることがある。

ところが、そういうブレークスルーはなぜか、ゼータ関数などの、難解で私には到底理解できない本を必死で眺めたあとに訪れたりする。不思議である。

その原理はよく分からないが、もしかして多分高校球児が、面白くないと思いつつ、微分積分の授業を聴くのも、野球に効果があるんじゃないだろうか。例えば、ホームラン性の当たりのような議論は、初歩の力学や微分の知識は要するものの、野球にも確実に役に立つ。

いや、やはり野球には数学は効果がないか。なぜなら、地頭が相当良さそうな江本が、数学の授業なんて退屈でかなわなかったと言っているからである。

それにしても、アルゴリズミック・ワークとはあまり関係ない話になってしまった。

リクエスト

user-pic
0

リクエストとは、文字どおりは要求する、という意味だが、この場合、プロ野球における審判の判定に対する不服制度のことを意図している。

確かに今までプロ野球を含めて、野球を見ていて、あのジャッジはないだろうと思ったことは何度もある。明らかにセーフなのに、アウトの判定だったり、その逆だったりする。しかし、基本的に審判の判定に対して異議を申し立てるオフィシャルな手続きはなく、でも裁判であれ、特許の審査であれ、異議を申し立てる機会は相当に限られているので、野球でもまあ仕方ないと思ってきた。

なのでプロ野球でリクエスト制度が出来たのはなかなか画期的と思った。

それで見ていたら、なんとリクエストで判定が覆る確率の大きいこと。では、今までの判定はなんだったか、と怪訝になってきた。そもそも野球というのは世界で一番ルールが複雑なスポーツで、その審判の専門性も、野球競技と同じくらい信じてきた。それは違うのだろうか。それとも、一流ブレーヤでもエラーがあるので、審判も仕方がないのだろうか。

それで、リクエスト制度によりプロ野球の試合の妥当性が高まったように思えるのはいいのだが、一方で、リクエストがかかると、いわゆるストップ・ザ・モーションになり、そこで試合への興味が停止してしまうのは残念である。興味というのは気まぐれで、一度止めて再開したら、元の色合いが変わっていたりする。

さらに、誰が見ても妥当なジャッジなのに、監督が戦略的に?リクエストをかけることがある。それは別にルール違反ではなく、アンフェアでもないと思うのだが、なんか味の悪さを感じて試合を見続ける気持ちが萎えてしまったりする。

ということで、リクエスト制度は、各論ではともかく、総論ではしっくりこないのだった。

一時停酒

user-pic
0

あまり体型は気にしないのだが、最近流石に、お腹の出っ張りが気になるようになった。おそらく、暑さを言い訳にして、ビールを飲み過ぎているからだろと推察した。そこで、家内が法事でしばらく実家に帰省して、一時的に独り暮らしになるタイミングで、断酒というほどでもないが、一時停車ならぬ、一時停酒することにした。

いままでは、一時独り暮らしのときは、料理のスキルを付けることを理由に、なるべく自炊してきた。しかし、片道2時間、往復4時間の通勤があってさらに自炊するのは、加齢にともなう体力低下できついので、少なくとも通勤の日は自炊しないことにした。すると、食事の後の片付けが不要になって、随分楽になった。すると、ストレスが減って、食事のとき、是非ともビールを飲まなくては、というインセンティブが減った。

それでも、一日二日はなんとなく物欲しそうだったが、三日目から、特にビールなしで平気になった。あれっ、自分はもともと、あまり酒が好きではなかったのか、と思ったりしたが、まあ、加齢により、少しずつ生命エネルギーが涸れているのだろう。そう考えると、なんか寂しい。

ただ、予想されたことだが、ビールを止めると、胃腸の調子がいい。電車で、急に便意を催す頻度が確実に下がった。ただ、便秘という訳ではないが、普通のお通じの頻度も微妙に減ったような気がする。このあたりのコントロールは、難しい。

そうして、一週間くらいたって、家内が帰ってきたので、久々にビールを飲んでみた。きっと、五臓六腑に沁み渡っておいしいだろう、と期待したら、あれっ、妙にビールの苦味が味覚を刺激して、特においしいとはかんじなかった。これは、もしかして、酒量を減らせ、という体の指示かもしれない。ただ、今のところ、何かの体調不良の自覚症状はない。

私の今までの人生経験では、何かの病気の前兆状態では、知的興味が低下し、ちょっと込み入ったことも考えられなくなる。今のところ、数学の問題も、じっくり考える根気はあるので、特に問題はないと思うことにする。

ただ、めっきり交際範囲が減ってきた私には、仲のよい知り合いと飲む酒は、依然として楽しみなので、そこを維持するため、健康を維持するように努力したい。そのために、一時停酒はありだと思う。

王位戦であるが、第5局を観ているとどうも豊島が変調で、これは結局菅井王位の防衛なのかとちらっと感じた。そして第6局は、菅井は四間飛車から相穴熊。ここで決めたいという気合を感じた。42手目△6四歩からみてみる。

【図1】 42手目△6四歩まで
持ち駒:△菅井王位=歩



持ち駒:▲豊島棋聖=なし
ここまではかなり前例があるところ。形勢ももちろん五分である。ここから、▲2四歩,△同歩,▲3七桂,△4二飛,▲7七銀引,△6五銀,▲2六飛,△4六歩,▲同角,△5六銀と進んだ。

【図2】 53手目▲5七歩まで
持ち駒:△菅井王位=歩3



持ち駒:▲豊島棋聖=なし
△5六銀は一見して4七に摺り込まれるのが嫌だが、豊島は▲5七歩と打った。これに対して△4七銀成と入っていくのもあるが、菅井は△6五銀と自重した。4七に飛車が成れないのを嫌ったか。以下、▲2四角,△4七飛成,▲3三角成,△同桂,▲2二飛成,△5五角,▲5一角,△7二金左,▲3三角成,△同角,▲同龍と進行した。

【図3】 66手目△1五角まで
持ち駒:△菅井王位=歩4



持ち駒:▲豊島棋聖=角桂歩
ここで菅井が龍桂の両取りに△1五角と打ち、豊島は当然に龍を逃げるのかと思ったら、なんと▲2五桂。要するに桂馬を取られるのを嫌ったのだが、龍ではなく馬が残るのでは、相手の穴熊が遠すぎるのではないか。実際、こうなっては後手が優勢である。以下、△4九飛,▲6六歩,△7四銀,▲5六桂,△6三銀,▲3四成桂,△5七龍,▲4四成桂,△5六龍と進行して、▲3八角で一応龍と飛車の両取りだが、△7九飛成,▲5六角でなんとか豊島は局面の均衡を保った。

【図4】 82手目△5九龍まで
持ち駒:△菅井王位=金桂歩5



持ち駒:▲豊島棋聖=飛角歩2
そして一旦△5九龍と逃げて、菅井の優勢がはっきりした。以下、▲2三角打,△6五歩,▲3一飛,△6六歩,▲5三成桂,△6七歩成,▲同金,△6四銀,▲6二歩,△7五桂と進行して、なんと形勢は互角に戻っている。もしかして、△7五桂では、一旦△7八金と食らいつくのがよかったかもしれない。

【図5】 93手目▲7九歩まで
持ち駒:△菅井王位=金歩6



持ち駒:▲豊島棋聖=歩2
というのは、▲7九歩がなかなか粘り強い手だからである。以下は△5一歩,▲6六金,△5三銀,▲7五金,△6七歩と進行した。

【図6】 99手目▲8四桂まで
持ち駒:△菅井王位=金桂歩4



持ち駒:▲豊島棋聖=歩2
ここで▲8四桂が豊島の意表の手である。すなわち、△同歩に▲5一飛成として、龍の素抜きを狙った。以下、△6八歩成,▲6一歩成,△7九と,▲7一と,△同金,▲7九銀,△同龍,▲7八金,△1九龍と互いに攻めあった。

【図7】 111手目▲5三龍まで
持ち駒:△菅井王位=金銀桂2香歩6



持ち駒:▲豊島棋聖=銀歩4
そして豊島が▲5三龍と銀を取った局面は形勢五分である。ここで菅井が△7二金打と埋めたのは穴熊らしい一着で、以下▲5九歩,△7四香,▲同金,△同歩,▲7三歩,△同銀,▲7五歩,△8二銀,▲7三香,△同桂,▲7四歩と豊島は駒を捨てて加速して攻めた。

【図8】 124手目△8五桂まで
持ち駒:△菅井王位=金銀桂2香歩7



持ち駒:▲豊島棋聖=銀歩2
そして△8五桂と逃げてみると、後手がややよしである。豊島は▲7三歩成,△同銀,▲8三銀と食らいつく。これに対して菅井は△8一銀と入れたが、金の方がよかったと思われる。しかし問題は▲7二銀成,△同金,▲8三金のとき△8二銀打と受けた手で、以下、引用させて戴くと、「控え室の検討によれば、△7七桂不成なら後手の勝ち筋だった。以下▲7三竜△8九桂成▲同玉△5九竜▲7九歩に△7四香が妙手。このあと感想戦では▲8二銀△同銀▲9二金△同玉▲7四竜と進められた。後手玉が角の利き筋に入っていて受けがないように思う。しかし、△8三銀打▲7二竜に△7四歩とすれば先手に手段がなかった。感想戦中に姿を見せた宮田敦史七段が指摘した受けで、後手の勝ちとされた。代えて△8二金打なら千日手だった。豊島は「少し前に悪い手を指してしまったと思っていたので」といい、千日手を覚悟していた。対する菅井には錯覚があったようで、△8二銀打から負け筋に入ってしまった。」という。ううん、私には難解すぎる。
戻って、△8二銀打以下、本譜は▲7二金,△同銀となった。

【図9】 135手目▲7四歩まで
持ち駒:△菅井王位=金2桂2香歩8



持ち駒:▲豊島棋聖=金歩
そして▲7四歩の取り込みに、菅井は△7七桂不成とした。それに対して豊島は▲7九金打とし、意外にもここではまだ形勢は五分である。△8九桂成,▲同金となったが、次の△7七桂はともかくも△7四銀だった。△7七桂,▲同金,△8八香,▲同金,△5九龍,▲8九香,△7四銀と進んでは先手有利がはっきりした。なので、真の敗着は【図8】の△8二銀打なのではなく、ここでの△7七桂,▲同金,△8八香,▲同金,△5九龍という進行なのではあるまいか。

【図10】 147手目▲6四桂まで
持ち駒:△菅井王位=金2銀桂2歩10



持ち駒:▲豊島棋聖=桂歩
ここで▲6四桂が厳しい。△8三銀左,▲5一龍,△6一歩と進んで。

【図11】 151手目▲7四角まで
持ち駒:△菅井王位=金2銀桂2歩10



持ち駒:▲豊島棋聖=銀桂歩
▲7四角と龍を見捨てて、角を切ったのが決め手である。仕方のない△5一龍に▲8三角成,△同銀,▲7五桂,△4七角,▲8三桂成,△同角成,▲7二銀と食らいついてはもう綾がほとんどない。菅井はもう、△5三龍,▲8三銀成,△同龍,▲7二銀,△2三龍と諦めムードである。

【図12】 投了図 165手目▲4五角まで
持ち駒:△菅井王位=飛角金2銀2桂3歩10



持ち駒:▲豊島棋聖=銀歩
そして、▲4五角で詰めろと龍取りになっては決まりである。ここで投了となった。

本局は、やや不利だったが、豊島が難解な終盤を勝ちきった。ということで、次回の最終局、豊島にやや勢いがあるが、今まで先手番がすべて勝っていることから、振り駒でどちらが先手になるかも大きいだろう。

富豪買い

user-pic
0

大人買いという言い方が比較的最近あって、なんでも、欲しいものがあったとき、あまりお金に糸目をつけず、まとめて買う、みたいな意味らしい。

では、富豪買いとなると、こういう言い方をする人はあまりいないが、私の定義は、普通のレベルの金持ちでは買えないような、極端に高価なものを買うことである。

最近のニュースで、資産何千億とかいう成功した事業家が、既に自家用ジェット機をもっているのに、更にもう一機買った、というのを知って、うーん、これが富豪買いか、と心の中で呟いた。

多分、レジャー用としても、ジェット機は一機あれば十分であろう。それをさらに一機買うというのは、何が満たされなかったのだろう、何を満たしたかったのだろう。

なんか車も、日本に一台しかないという特別仕様の車を何台ももっている、という。有名芸能人とも付き合っている、という。

私がそれを羨ましく思わないといえば嘘になるが、それにしても、過ぎたるはなんとか、ではないのか。

私も一応車はもっているが、それはおそらく国内でベストセラーの大衆車である。なんだ、というだろうけど、それは一応ハイブリッドで、私はメティキュラスにその技術の複雑さを妄想して、悦に入っている。

どうだ富豪よ、いくらお金があってもこんな真似はできまい、と胸を張るのだが、ビジネスエリートでもある富豪は、メティキュラスにビジネスプランを練って疲れているので、何か買い物して、気分を転換するのだろう。そのとき、たまたまお金がたんと余っているからジェット機を買っただけさ、ということなんだろう、きっと。

そもそも、庶民に富豪の気持ちが分かるわけないのだった。

連勝と連敗

user-pic
0

いやあ、広島カープの連敗が6で止まって、ほっとした。あのまま連敗を続けて、リーグ優勝を逃したらどうするんじゃ、とマジで心配した。そうなっても、最悪クライマックスには出れるので、そこで去年のクライマックスのリベンジじゃ、かなとも思ったが、それでええんじゃ、なんてカープ・ファンは誰一人思わないだろう。

まあこれからも激闘が続くので、予断をゆるさないが、ともかく、この機会に、連勝と連敗について若干の考察を試みてみる。

すると、前にも書いたが、やはり勝つことは、何か負の財産を溜め込むことであり、負けることは、何かしら、そうやって溜まった毒を放出することだと思えてくる。

別の言い方をすると、尾籠な喩えで恐縮であるが、勝ち続けることは便秘になることであり、負け続けることは下痢になることである。

短期的には便秘より下痢の方が怖い。しょっちゅうトイレに行かなくてはならないし、下痢がひどすぎると、トイレが間に合わなくて粗相したりする。また、赤痢などによるひどい下痢は急速に水分やその他の栄養分を奪って、最悪の場合、死に至ることがある。

一方、便秘はそのようなacuteな災厄はないが、じわじわと体内に老廃物を溜め込み、長期的には下痢より怖いことがある。少なくとも、下痢にはデトックスの効果がある。

カープの例に戻ると、六連敗の前に、七連勝があった。具体的には巨人とヤクルトにそれぞれ三連勝で、阪神に一勝である。

それを見ていて、勝つことはまあ嬉しいのだが、何か都合がよすぎのような気がした。例えば、平凡な内野ゴロで、ああっ、ゲッツーだとがっかりしなら、内野手のエラーでオールセーフとかである。そしてそのあと、必ずタイムリーが出る、都合よく。

それ見ていて、あるベテラン・カープファンは、普通なら三連勝でなく二勝一敗が妥当な内容だよね、とブログで指摘し、私も同意したのだが、まあ勝って文句があろうはずもない。ところが、その間にカープは、じりっじりっと、勝つことによる毒を溜め込んでいたのである。それは、もっと慣用的な言い方ではツキを消費するともいう。

そうやって毒が溜まった状態は、ちょっとしたきっかけでバランスを崩す。それはもしかしたら、新井の今季限り引退宣言だったのかもしれない。

ともかく、溜まった毒の効果が顕れると、連勝時と逆のことが起きる。すなわち、打線が急に振るわなくなる。エースピッチャーを投入しても、簡単に打たれて失点する。急所でエラーし、それがやはり失点につながる。打線が湿り、時々ヒット性の当たりがあってもなぜか、たまたま野手がいいところを守っていて、捕球されてしまう。こうして、今まで比較的楽に打ち崩せていたピッチャーに完投勝利を献上してしまう。

ただ、カープは、連敗の最初の頃は綾なしの負けだった。それは、緒方監督が、わざと二線級のピッチャーを注ぎ込んだからである。表面上それは、負け試合にリソースを使いたくないという配慮だったのかもしれないが、私には、綾なく大敗する方がデトックス効果が大きいという、監督の経験知がそうさせたような気がした。それで、三連敗くらいで止まると思ったのだが、六連敗まで行ったのは、溜まった毒の量が意外に多かったのか。

そういえば、今年の交流戦で、カープは散々な成績だった。なんと勝率が四割程度で、その終盤には二年ぶりで五連敗した。それでも、それが致命的にならなかったのは、ヤクルトを除き、他のセリーグのチームの成績がカープと同等程度に低調だったからである。この点、カープはラッキーだったが、パリーグとセリーグの力の差を嫌でも見せつけられた。

ともかく、この交流戦の負けでデトックスしたか、カープは交流戦後は比較的好調で、最近になって揺り戻しで六連敗に遭遇したという次第である。

カープがまたしてもラッキーだったのは、六連敗中、二位のヤクルトも結構同期して負けてくれて、意外に差が縮まらなかった。また、この段階デトックスできたことはクライマックスであまり老廃物を溜め込んでいないということで、クライマックス直前まで好調を維持した去年より有利な気がするが、もしクライマックスを無事突破しても、相手は西武かソフトバンクか知らないが、交流戦で思い知らされたあのパワーにぶつからなくてはならない。

ということで、いつまで行っても楽にならないのであった。まあでも、9月13日のDeNAも野村で勝ちきって、カープの復調を確認した次第である。

数学セミナーの2018年8月号は、フィボナッチ数の特集号で、数論好きの私は興味をもったが、暑さで思考力がまとまらず、しばらく放置していた。

それで少し涼しくなってやっとその特集号を読み始めたのであるが、その前提として、とりあえずフィボナッチ数を、以前作成した多倍長ルーチンを使って計算するプログラムを書いてみることにした。

すると、別の自分が囁くには、そんなの単なる足し算だけで、コラッツの問題と比べても単純すぎないか、というのである。そんなの分かっているけど、とりあえず書くのだ、どうせ鎧袖一触だ、と応えたのだが、やってみると私のスキルでは案外大変だった。まったくもう、いつもそうである。

そういえば、私はフィボナッチ数は要するに、Fn+2 = Fn+1 + Fnのことだけだと思っていたら、特集号を読んで改めて知ったのだが、F0 = 0, F1 = 1もその要件だという。ええっ、とそんなことさえ知らない自分の無知を恥じた。

そこで書いたプログラムは以下のとおりである。下記のように、ライブラリを使用しているせいもあるが、もともとアルゴリズムがシンプルなので、ソースコードはコンパクトにまとまっている。実は鎧袖一触でなかったのは、下記の変数Cの必要性と、その使い方に多少悩んだからである。

また、MLA5.hというライブラリは、以前書いた多倍長計算ライブラリMLA2.hの基数を100000にして、多少DISPの変形関数を追加した程度のものである。なお、基数を100000をすると、実質的に多倍長同士の掛け算が使えないが、この場合、足し算しか使わないので問題ない。

// フィボナッチ数の計算、多倍長版
#include "MLA5.h"  // 基数を100000とした

int n = 2000; // 10000桁くらいまでをカバー

int main(void)           {
 int i,k;
 int *A, *B, *C;
 FILE *fo;
 
 if ((fo = fopen("Fibonacci.txt","wt")) == NULL ) return -1;
 
 A = new int[n];
 B = new int[n];
 C = new int[n];
 
 k = 0; // フィボナッチ数のインデックス
 // 初期値の設定
 CLEAR(n,A,0);
 CLEAR(n,B,1);
 
 fprintf(fo,"%d:",k++);
 DISPF(fo,n,A);
 
 fprintf(fo,"%d:",k++);
 DISPF(fo,n,B);
 
 for ( i = 0; i < 2000; i++ )   {
	COPY(n,C,A);
	MADD(n,C,B);  // C = A + B
    fprintf(fo,"%d:(桁数=%d) ",k++,DGN(n,C));
    DISPF(fo,n,C);
    COPY(n,A,B); // A ← B
    COPY(n,B,C); // B ← C
 }
 
 delete[] A;
 delete[] B;
 delete[] C;

 fclose(fo);
 return 1;
}

これの結果は、Fibonacci.txtに書き出されているが、その内容は、こちらに示すとおりである。この計算は、2000項までの計算なのに、あっという間に終わるので、なんか異常終了したと勘違いしたほどである。

その内容からみて取れるように、フィボナッチ数の桁数の増加は緩慢で、2nよりもかなり遅い。

フィボナッチ数の陽の計算式には、((1+√5)/2)nのような式が現れて、(1+√5)/2 = 1.618... なので、フィボナッチ数は1.618n程度の増え方だと思われる。

とりあえず、フィボナッチ数を計算するベースを作ったので、次は数学セミナーの特集記事に基づき、個別にみていくことにする。

月別 アーカイブ