半ば予想されていたことだが、カープが、5月の快進撃と打って変わって、交流戦で酷いことになっている。

快進撃がずっと続くということはありえない。それは、6月2日(日)の、交流戦前の阪神相手の最終戦で止まった。すなわち、いままで先発で好投してきたアドゥワが阪神打線に捕まり、一気に7点取られた。ただ、まだカープがそれほど不調ではないのかと思ったのは、その後のリリーフ陣が追加点を許さず、しかもカープは相手のミスに乗じて一気に5点取るパワーがあったからである。このパワーがあれば、交流戦もそんなに酷いことにはならないと思った。なにしろ、酷い成績だった去年の交流戦に比べて、今年は床田や山口などの先発陣や、中村恭平、レグナルト、菊池保などのリリーフ陣が充実している。

さて、最初に交流戦で当たった西武は強敵で、野村がいきなり打たれて4点入れられてしまった。あちゃー、と思っていたら、逆転のカープが、後半同点に追いつき、これはいけるかと思った。しかし、延長になっても双方決め手がなく、なんと延長12回の裏にリリーフの菊池保が打たれて、サヨナラ負け。

しかし、西武との第2戦では、ジョンソンが好投し、打線が爆発し、9-1と快勝。これはいけるかと思ったのだが、第3戦ではカープ期待のルーキー山口が打たれまくって2-9の惨敗。厳しい。

さて、次はマツダスタジアムに戻って、最強の敵、ソフトバンクである。これは終始厳しい戦いで、最後にようやく一勝できたのが、御の字だった。

ここから札幌に移動し、相手はある意味宿敵の日本ハム。うちの家は、2016の日本シリーズで日本ハムに負けて以来、スーパーで日本ハムの製品を買っていない。おそらく、広島のほとんどの主婦もそうなのではないか。尤も、ここらあたりのスーパーで日本ハムの製品を見かけないのだが。

さて第1戦では、またしても先発の野村がいきなり打たれて5点を取られ、降板した。カープはじりっじりっと一点差まで追いついたのだが、リリーフ陣に対して決め手を欠き、一点差負け。

次の第2戦では、日本ハムはルーキーの吉田、カープはエースの大良瀬という先発で、どうみてもカープが綾なく勝つじゃん、という展開なのに、カープは超貧打で、1-2の一点差負け。ルーキーの吉田に初白星を献上してしまうとは、とここらあたりでカープファンのストレス沸騰である。

第3戦では、吉田に対する意趣返しではないが、カープはルーキーの山口。西武戦の反省点を修正して好投したが、カープは超貧打。ノーアウト満塁なのに、やっと押出しで1点取るのが関の山。その虎の子の1点を、フランソワが守り切れず、なんと引き分け。情けなや。

次はなんと全く休みなく、仙台に飛んで、楽天との戦い。これに私が期待したのは、楽天は去年の交流戦でカープが唯一、三タテした相手だったからである。しかし、これは私の認識違いも甚だしく、今年の楽天は西武から移籍した浅村を始め、強打者が揃っており、もしかして最強の打撃陣。これに床田がホームランを打たれまくり、2-11の惨敗。この時点でカープは交流戦、2勝7敗1分の文句なしの最下位。巨人なんて6-4である。それでもカープがなんとか一位なのはよほど貯金が多かったということになるが、それも食いつぶしてしまった。

6月15日は、天気予報どおり、仙台は雨で、試合は中止。ああ、今日はとりあえず負けなかったと安堵する私は、なんと後ろ向きなのだろう。つい、矢吹健の名曲、「うしろ姿」が流れる。しかし、巨人はにっくき日本ハムを8-5で破ってくれた。などと喜んでいる場合ではない。カープの首位が危機である。

このようなカープの状態に対して私の解釈は次のようである。すなわち、カープは選手同士の結びつきが強い強連結集団なので、開幕当初は丸の抜けをカバーするのに苦労して、あのような酷いスタートになった。ところが、あるきっかけからチームのベクトルが揃い、コヒーレント集団へと変貌した。その破壊力はすさまじく、5月の快進撃となり、一気に首位を奪取したのだが、交流戦の環境変化に追随できず、コヒーレント性が崩れて、いまの惨状である。

こんな有様なので、私は残りの交流戦の8試合にもあまり期待していない。ここは五割で切り抜けられれば御の字であり、すると最終結果は6勝11敗1分で、これでも去年よりもひどい。

交流戦が終わると、またコヒーレント力を取り戻せると思うのだが、どうしても最早、あまり優勝が現実的でなく感じてしまうのだった。まあ、借金8からここまで来られたのはありがたいと思うべきだろう。

6月12日は、月に一度のWindows Updateがスケジュールされている日であるが、私は事前におおきな懸念があった。それは、May UpdateかJune Updateか知らないが、四半期に一度の大型Updateが襲来すると、事前に確認していたからである。

こんなとき不用意に定例のつもりでWindows Updateを始めると、そこに大型Updateが紛れ混んで、下手したら全体で半日近くかかってしまう。

それで6月12日の朝は、パソコンを断ち上げると、ブログを一件投稿したら、さっとパソコンを閉じた。もちろん、Windows Updateなんてチェックしない。

そして、会社から帰って、早速パソコンを立ち上げて、Windows Updateを走らせた。するとなんと、30分くらいであっさり終わるではないか。June Updateはどうした?と怪訝になった。正直いって、面倒なメジャー・アップデートは、この際終わらせてしまいかたったが、来ないあなたは野暮な人、と「夢は夜ひらく」の一節を歌ったりした。

ところが次の日、すなわち6月13日の夜、会社から帰ってパソコンを使っていると、何やらパソコンが重い。えっ、もしや、と思っていたら、パソコンを再起動せよ、という画面が出た。おっ、ついにメジャー・アップデートが来たか、待ちくたびれたぞ、と私は思った。再起動したら、いよいよメジャー・アップデートが始まるのだと信じて疑わなかった。何度も再起動させるのが、メジャー・アップデートの特徴だったりする。

ところが、最起動したらなんと、パソコンは普通の状態である。えっ、するとこれは、ノーマル・アップデート?じゃ、昨日のWindows Updateは何?そんなの昨日のうちに一緒にやれよ、と私は立腹のリップ・クリームなのだった。

それにしても、メジャー・アップデートは、いつ来るのだろうか、災害と同じで、忘れた頃にやってくるのだろうか。だんだん、どうでもよくなるのだった。

といいつつ、6月14日の夜、19:30くらいにWindows Updateを見に行ったら、通常のWindows Updateとは別に、Windows 10 バージョン1903機能更新プログラムというのか来ていた。これは、ダウンロードと導入というところをクリックしないと、導入は始まらない。それで少し勇気を出してクリックしたと導入が始まった。なお、もう一台の、Windows 8にWindows 10を被せた、Acerのパソコンの方でも同様のことを開始した。

すると、夜10:30になっても終わる様子が全くないので一旦寝た。そして、2:30くらいにちらっと起きてパソコンをみたら、LenovoもAcerも、再起動のボタンが出ていたので、押したのだが、そこからが長い。ここから何度も勝手に再起動しながら、1時間以上かかってやっと導入を完了した。それにしても、Windows 8にWindows 10を被せた、Acerのパソコンの方が導入が随分早いのはどうしたことだろう。別のモジュールなんだろうか。

あと、Google Driveの同期がうまくいかなくなって、困った。以前はGoogle Driveのツールを再導入したら直った。今回はそれでもうまくいかないので、いろいろいじって、同期を削除とかいう、一旦同期を止めるような機能をクリックしたら、なんとかうまくいった。本当に訳分からない。ともかく、Google Driveは、いまのところ、スマホとパソコンをつなぐ命綱なので、切る訳にはいかないのだった。

p進数体にかいた、原隆氏による「p進数体をめぐる冒険」の記事に関して、乗法的p進付値(p進絶対値)を計算してみたので、次は、その記事に基づき、p進数体の数学的な意味についてまとめてみる。

すると、前の記事では、p進絶対値として有理数の間の距離が与えられたが、さらにその距離関数dが、三角不等式d(x,z)≦d(x,y) + d(y,z)だけでなく、強三角不等式d(x,z)≦max{d(x,y),d(y,z)}を満たすのだという。これの証明は直ちには分からないが、p進絶対値が素数pのn乗(nは、整数で0も負数もとりえる)であるということから、なんとなく想像がつく。

このp進絶対値の世界では、例えば分子をp倍すると、p進絶対値は1/pになる。すなわち、足し合わせても足し合わせても、絶対値は変わらないか、1/pになるばかりである。要するにどんどん小さくなるという不思議な世界である。このあたりは、加藤文元、中井保行著「天に向かって続く数」日本評論社に解説があるというので、それもいずれ読んでみることにする。

さて、有理数体Qにユークリッド距離|a-b|を定義することは、有理数体Qのコーシー列が収束するようにすること、すなわち有理数体Qを完備化することであるが、有理数体Qにp進絶対値による距離を入れても、やはり有理数体Qは完備化されるのである、という。ここで、ユークリッド距離をdと書き、p進絶対値による距離をdpと書くことにすると、オストロフスキーの定理があって、有理数体Qを完備化するには、dとdpのどちらかしかないそうである。

ここで、話題は、有理係数代数方程式の有理数解の問題、すなわちディオファントス問題に移る。フェルマーの最終定理もディオファントス問題の一例であることから分かるように、一般的にディオファントス問題を解くのは極めて難しい。

ところが、有理数体Qにユークリッド距離dを入れた実数体Rだと、例えばニュートン法などによって、有理係数代数方程式の実数解を得ることができるし、有理数体Qにp進絶対値による距離を入れたp進数体Qpにおいても、ヘンゼルの補題を入れた議論などによって、p進数体Qpの解の存在を議論できるという。

そこで、有理係数代数方程式が、Rや、すべてのQpにおいて解をもつとき、その有理係数代数方程式は、有理数解をもつか、という命題が与えられ、これに関して、ハッセ・ミンコフスキーの定理というものがあって、以下のとおりである。

Q係数の斉次2次形式の式において、その式が、非自明な有理数解をもつということと、その式が非自明な実数解をもち、すべての素数pにおいて、非自明なp進数解をもつことは同値である。

この定理は、Q係数の斉次2次形式の式というところに大きな制約があり、3次だと、式が非自明な実数解をもち、すべての素数pにおいて、非自明なp進数解をもつが、非自明な有理数解はもたないという、セルマーの反例というのがあるらしい。

また、ハッセの原理がどの程度成り立っていないかを測るものとして、ブラウワー・マニン障害や、シャファレビッチ・テイト群などの概念が導入されたという。

なお、衒いでも言及した、ハッセ・ミンコフスキーの定理は、たまたま私がもっている、斎藤秀司著、「整数論」共立講座 21世紀の数学20の第7章に記載されているので、そのうち、みてみることにする。

朱華園

user-pic
0

たまたま知り合いから教えられて知ったのだが、なんと、私にもなじみ深いラーメン屋の朱華園が休業だという。以下、朝日新聞ディジタルから引用させて戴く。

広島県尾道市十四日元町の老舗ラーメン店「朱華園(しゅうかえん)」本店が、19日から休業することを決めた。ご当地ラーメンとして尾道のラーメンが広く知られるようになる火付け役となった店で、週末を中心に観光客らの長い行列ができる店として知られていた。
「本店は6月19日よりしばらくの間休業......(福山市の)松永店は18日をもって閉店」。7日朝に店頭に貼り紙が出されると、ツイッターなどSNSで知ったなじみ客らが午前11時の開店前から長い行列をつくった。

朱華園は、地元の人は、「しゅうさん」と呼んでいる。私は高校の頃、すなわち1970年頃という昔だが、よく食べにいったものである。当時、一杯95円だった。育ち盛りだったから、なんでもうまいのかもしれないが、本当に感激するほどうまかった。

ただ、私は瀬戸内海の島出身で、真の地元とはいえないかもしれないが、ガチの地元出身でときどき実家に帰る家内は、少なくとも最近は、地元の人はあまり食べにいかない、という。おそらく、味に慣れてしまったからなのだろう。あと、往時よりも味が落ちたと、地元の人はいう。

で、地元に帰ったとき観察してみると、観光客など、ビジターの人がお客さんではメインだと思う。それでも相当にぎわっているのは確かで、いつも長蛇の列である。

それにしても、店主の人が病気だというけど、後継者はいないのだろうか。息子さんでもいいし、ベテランの従業員でもいい。そのあたり、いないとしたら怪訝である。店主の人が、見切りをつけようとしていたのだろうか。

もし、休業から、病気が快復しないで、そのまま閉店になるとすると、やはり尾道名物がなくなるのは、寂しいのだった。

ただ、一地方のラーメン屋の閉店が全国区のニュースになるのは、普通はありえない。きっと、尾道市のパブリシティ戦略の成功だろう。なにしろ、ほとんど毎月のように、テレビで尾道市関連の番組が放映されている。

p進数体

user-pic
0

数学セミナーの2018年10月号の体の特集号を何度も繰り返して読んでいる。その中でも特に注目しているのは、原隆氏による「p進数体をめぐる冒険」という記事である。特に、青木美穂氏の「p進ゼータ関数」日本評論社をちらっと読んで、p進数体に興味をもったのが、きっかけである。以下、私の理解できる範囲で、この記事をまとめてみる。

さて、有理数が整数mとnで、m/nとあらわされるとき、その絶対値は、|m/n|と表記される。このように絶対値が定義されると、有理数a,bの間の距離は、|a-b|というユークリッド距離で与えられる。ユークリッド距離は、|a-b|とも表記される。

そこで、素数pを選ぶと、0でない整数xは、x = pe・x'のようなeが一意的に決まる。そこで、ordpx = eを加法的p進付値と呼ぶ。そこで改めてxを有理数m/nとすると、ordpx = ordpm - ordpnを有理数の加法的p進付値と定義する。そして、pの、その加法的p進付値にマイナスをつけたもの乗を乗法的p進付値(p進絶対値)と呼び、|m/n|pと表記する。

そこで、馴染むために、乗法的p進付値を計算するプログラムを書いてみる。p = 3の場合の例は、以下のとおりである。また、frac.hは、こちらを使った。


#include <stdio.h>
#include "frac.h"

int ord(int N, int p);  // ordの計算ルーチン
frac pow(int n, int p);  // pnの計算ルーチン
frac ABS(frac C, int p); // p進絶対値の計算ルーチン

int main()                {

frac X, Y, Z, R;
int i;
int p = 3; // 素数p
int a = 175, b = 54;

// 値のセット
for ( i = 0; i < 20; i++ )             {
  X.setA(a); X.setB(b);
  R = ABS(X,p);
  printf("|"); X.Show(); printf("|<sub>%d</sub>",p); printf(" = ");
  R.Show(); 
  printf("\n");
  a += 1; b += 1;
}

 Y.setA(189); Y.setB(68);
 Z.setA(184); Z.setB(63);
 
  R = ABS(X - Y,p);
  printf("|"); X.Show(); printf(" - "); Y.Show(); printf("|<sub>%d</sub>",p); printf(" = ");
  R.Show(); 
  printf("\n");
  
  R = ABS(Y - Z,p);
  printf("|"); Y.Show(); printf(" - "); Z.Show(); printf("|<sub>%d</sub>",p); printf(" = ");
  R.Show(); 
  printf("\n");
  
  R = ABS(Z - X,p);
  printf("|"); Z.Show(); printf(" - "); X.Show(); printf("|<sub>%d</sub>",p); printf(" = ");
  R.Show(); 
  printf("\n");
 
 return 1;

}

frac ABS(frac C, int p)  {

 int n = ord(C.getA(),p) - ord(C.getB(),p);
 return pow(n,p);
}

int ord(int N, int p) {
 int i = 0;
 
 while ( (N%p) == 0 ) {
   N = N/p; i++;
 }
 return i;

}

frac pow(int n, int p)    {
 frac T;
 int r = 1;
 
 T.setA(1); T.setB(1);
 if ( n == 0 ) return T;
 else if ( n < 0 )     {
  while ( n < 0 ) {
	r *= p;  n++;
  }
  T.setA(r);
  return T;
 } else                  {
  while ( n > 0 ) {
  	r *= p;  n--;
  }
  T.setB(r);
  return T;
 }
}

この出力は、以下のとおりである。


|54/175|3 = 1/27
|55/176|3 = 1
|56/177|3 = 3
|57/178|3 = 1/3
|58/179|3 = 1
|59/180|3 = 9
|60/181|3 = 1/3
|61/182|3 = 1
|62/183|3 = 3
|63/184|3 = 1/9
|64/185|3 = 1
|65/186|3 = 3
|66/187|3 = 1/3
|67/188|3 = 1
|68/189|3 = 27
|69/190|3 = 1/3
|70/191|3 = 1
|71/192|3 = 3
|72/193|3 = 1/9
|73/194|3 = 1
|73/194 - 68/189|3 = 27
|68/189 - 63/184|3 = 27
|63/184 - 73/194|3 = 1

p進数体の数学的内容については、別の記事とする。

松本清張の「柳生一族」には、他にも「通訳」、「廃物」、「破談変異」、「栄落不測」、「蓆」、「五十四万石の嘘」、「疵」の八編の短編が含まれており、どれも面白かったので、簡単に要約してみる。

まず、「通訳」は、八代将軍、吉宗の息子の話。吉宗には、長男の家重と、次男の宗武という二人の息子があったが、宗武が学問も武芸も達者で、英明であったのに対して、家重は、どうしようもない愚鈍であった。そもそも、言語不明瞭で、何を言っているのか、分からない。なので、吉宗は宗武に将軍を継がせたかったが、長男が継ぐというのがしきたりで、仕方なく家重に継がせた。

しかし、何を言っているか分からないのでは、公務が果たせない。ところが、大岡忠光という近侍がなんと、家重のいうことが理解できるのだという。それで、通訳の役目を果たしているうちに、忠光は出世した。が、あるきっかけから、忠光が役目を辞任する、という話。

「廃物」は、大久保彦左衛門がその臨終に際して、生涯を回想する、という話。三河の土着の武士である大久保家は、徳川家康に対する忠誠心が篤く、信頼されていたが、政治的駆け引きが苦手で、二千石と冷遇された。そのことを時代が変わったと冷静に回想しつつ、息を引き取るのだった。

「破談変異」は、目付の豊島刑部が、刑部の相役の島田越前守から、息子の嫁に相応しい女性はいないかと、なにかの折に相談されて、生真面目な豊島刑部は律儀に探した。そしてある機会に、これはという女性をみつけた。それは、老中井上主計頭の娘で、容姿といい気品といい、申し分なく思えた。それを越前守に伝えたら、乗り気なので、豊島刑部は井上主計頭に相談してみた。すると、主計頭は最初、一旦は断ったが、頑固な三河者である豊島刑部の度重なる申し出についに折れて承諾した。

それを聞いて島田越前守は大層な喜びようであった。ところが、それからしばらくして、井上主計頭は豊島刑部に使者を送った。なんと、例の話を破談にしたいというのである。驚いた豊島刑部は破談の理由を是非聞きたいと使者に託した。しかし、井上主計頭はその理由をいうことができない。なぜなら、幕府のしかるべき身分の高い人からの申し入れがあったからである。是非もないので、仕方なく豊島刑部は島田越前守に伝えたが、島田越前守はまあ仕方ない、と諦めた。が、納得いかないのは、豊島刑部である。折角一度は承諾しておきながら理由も言わないで断るとはなんたることか、とついに乱心してしまった、という話である。

「栄落不測」は、将軍綱吉の代の話。喜多見若狭守重政が加扶されて万石になった。しかし、そのような昇進の理由は誰にも不明であった。それは実は、若狭守重政の弟、茂兵衛が、綱吉の妾のお伝の父の堀田将監と仲がよかったからである。茂兵衛は素行がよくなく、堀田将監のところには無頼の者が出入りていたので、そういう付き合いであったが、それでも属人的には昇進なのであった。

ところが、素行の悪い茂兵衛が取り返しのつかない失敗をしてしまったのだが、そこは悪知恵を働かして、なんとか隠蔽した。兄が幕府の高官なので、厳しい追及もない。しかし天網恢恢疎にして漏らさず、思わぬところから悪事がばれ、若狭守重政の家も没落した、という話。

「蓆」は、美濃国郡上郡八幡の領主、金森出雲守の納戸役として江戸に駐在した、富高与一郎の話。金森出雲守の帰国に伴ってもうすく帰国の予定だった。与一郎は、国許に許婚者がおり、少しでも早く帰って祝言を挙げたいところだったが、そうもいかない理由があった。それは、江戸もこれが見納めだと、両国あたりの遊女と遊んだのが運の尽き、悪い性病をもらってしまった。最早結婚は無理で、このまま逐電したいほどである。

ともかく、与一郎を含む金森出雲守の一行が、美濃国への帰途で、お茶壺に出会ってしまった。お茶壺とは将軍家お飲み料のお茶を運ぶ一行で、どんな大名も、この一行に失礼なことがあっては大変なことになる。それをいいことに、一行はやりたい放題である。例えば、お茶壺を敷く蓆を道に広げておいて、誰かがうっかり踏んでしまったものなら、大変な粗相になる。それで、予めお茶壺の一行に金員を渡すことでお目こぼしを依頼するのが裏の慣行になっていた。

しかし、人生に自棄になっている与一郎は違った。藩がなんだ、お茶壺がなんぼのもんじゃいと切れてやりたいようにしたら、金森出雲守はびっくりするとともに、ある意味留飲を下げた。与一郎は当然に江戸に連れ戻され、幕府に引き渡されたが、意外な沙汰が下った、という話。

「五十四万石の嘘」は、肥後藩の話。徳川幕府の下で肥後藩の初代藩主に任じられた加藤清正は、武功があり築城の才能があって、文句なく名将であったが、あいにく優秀な子孫に恵まれなかった。すなわち、その息子の忠広は、あまりにも小心で、家臣たちから、これではご当家の運命も末じゃ、と陰口をたたかれた。

その忠広の息子が豊後守光正で、清正の死後15年たったとき、江戸の屋敷にあった。その光正は、肥後藩の跡取りに相応しくない、飽きっぽい軽佻浮薄な性格で、弱気な家臣をからかって遊んだ。ところが、いかに冗談とはいえ、幕府に刃向かうようなことを言ってしまい、なにかの拍子にそれが漏れ、なんとか肥後藩加藤家を取り潰したい幕府に恰好の口実を与えた。結局、加藤忠広は、息子の軽挙から肥後五十四万石を没収され、改易されてしまった。

「疵」は、黒田長政が、豊前中津から、筑前福岡に国替えになった直後の話である。そのとき、家中の木谷太兵衛という者は、新領主の長政に馴染まず、反発した。それで長政はなんとか木谷を宥和しようとしたが、木谷は一層つけあがって、先祖代々の土地に引きこもって出てこない。それで長政の家臣には、木谷を密かに討つべし、という意見も出てきたが、大袈裟に木谷を討つという火中の栗を拾うようなことをあえてする者は出てこなかった。

そんなときである。家臣の中の高月藤三郎という者が名乗り出た。高月は、事前に家臣の平野美作という者を訪ね、木谷太兵衛の刺客として自分を藩主に推挙してほしいと伝えた。そして、見事それを果たして生還したら、平野の娘の萩江を嫁にほしいといった。それが冗談にしか聞こえないのは、高月藤三郎は美形で女のように華奢だったからである。

長政は、平野美作の話を、真に受けなかったが、知らないうちに高月は行方をくらまし、なんと見事木谷太兵衛を討って、戻ってきた。なんでも、美形を利用して木谷に取り入り、衆道で油断させた隙に斬りつけたらしい。

そんな噂だったので、高月が戻っても誰も褒めず、無視した。勿論、平野は娘を嫁にやるなどとんでもないと拒否した。それを聞いて、高月は行方をくらまし、筑前藩にはときどき、奇怪なことが起きた。

ともかく、平野美作は娘の萩江と、かねてより予定していた藩の重役の子息との婚礼を行ったが、その子息は何者かに殺され、萩江は行方不明になった。もしや藤三郎の仕業か、と皆思った。

それから、高月藤三郎らしき者を見かけたという者がいた。なんでも、盗賊の首領のような立場らしい。さらに時がたって、筑前藩が黒田長政から、その息子の忠之の時代になると、藤三郎のことはすっかり伝説のようになった。そのころ、黒田の藩の若い武士二人がが江戸に上がって、吉原で遊んだあと、歩いていると急な雨に降られ、近くの家の門で雨宿りしているとき、そこの主人に招じ入れられた。すると豪商のようで、美人が何人もいる。いろいろそこの主人から話を聞くと、黒田藩士の高月藤三郎という人を知っているという。

その若い武士二人は、豪邸の主人のことを思い出して、もしやあれは高月藤三郎かもと、そのことを仲間に話すと、奉行所では、指名手配人である高月藤三郎を捜査したが、みつからなかった。

その若い武士のうちの一人、左門は、高月藤三郎の報復が怖くて、極度の神経衰弱になったのだった。

という一連のストーリーであり、流石松本清張、どれも史実に基づくとはいえ、どれも捻りが利いていて最高に面白く、つい要約といいつつ長くなった次第である。

数日前の記事であるが、ついに羽生が、公式戦通算1434勝数の新記録を達成した。産経のウェブページから引用させて戴く。

将棋の羽生善治九段(48)は4日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第60期王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフで永瀬拓矢叡王(26)に勝ち、最多の公式戦通算1434勝(591敗、2持将棋(じしょうぎ)=引き分け)を達成した。故大山康晴十五世名人がプロ入りから52年の69歳3カ月で樹立した記録を27年ぶりに塗り替えた。
 羽生九段の新記録は昭和60年の15歳でのデビューから33年、48歳8カ月の最速・最年少・最高勝率(7割8厘)での到達となった。1千勝以上を挙げたプロ棋士9人の中で、勝率7割超は羽生九段のみとなる。

羽生の通算勝数記録は、タイ記録を達成したことに言及したものであったが、そのとき、新記録はまさに時間の問題なので、そんなに騒ぐ必要はなく、新記録で騒げばいいと私は思っていた。

そして、こうして新記録を達成してみると、なまじタイ記録で盛り上がってしまったものだから、差分効果で、新記録でいまいち盛り上がっていなくね?とつい皮肉な感想をもってしまうのだった。

さて、通算勝数記録は新記録はまさに時間の問題なのであるが、私がもっと気になっているのは、タイトル100期の記録で、それは99期までは来ていて、あと一期というのが大変である。昨年の竜王戦は、竜王戦のまとめに書いたように、広瀬八段(当時)の挑戦を受けてフルセットで戦ったが、惜しくもタイトルを奪取されてしまった。

次のタイトル挑戦のチャンスは、3月の将棋連盟の一番長い日であったが、唯一の一敗の豊島二冠(当時)が久保九段に勝って、ぶっちぎりで挑戦を決めたので、羽生に出番は回ってこなかった。

次のタイトル挑戦の機会は竜王戦だが、1組のランキング戦の準決勝で天敵の永瀬七段(当時)に敗れた羽生九段は、出場者決定戦に回った。そこでの対戦相手が木村九段。ここで勝てば本戦に出てタイトル戦出場を狙えたのであるが、木村九段に負け、今期の羽生九段にとっての竜王戦は終わった。

次は王位戦。挑戦者決定リーグ白組で、永瀬叡王との同率一位になった羽生九段は、プレーオフで、天敵永瀬叡王を倒して、白組で優勝を果たした。そして待ち受けるは、挑戦者決定リーグ紅組で優勝した木村九段。なので、挑戦者決定の大一番は、またしても木村九段が相手となった。これを観ていると、なんとなく羽生九段がよさそうである。ところが、6筋から綾をつけてきた木村九段の対応を誤り、羽生九段は不利になった。頑強に粘るのだが、結局木村九段の攻めに土俵を割ってしまい、王位挑戦はならなかった。

次のチャレンジは王座戦。今羽生九段は王座戦挑戦者決定トーナメントのベスト8にいて、次の相手は、新進気鋭の若手、佐々木大地五段。羽生九段は一歩ずつ勝っていくよりない。

ということで、今の羽生九段は、挑戦権を得ることもなかなか大変なのだった。

豊島棋聖に、渡辺二冠が挑戦する棋聖戦が始まった。渡辺最強論で述べたように、私は渡辺二冠の勝ちを予想しているのだが、それは反希望的観測とでもいうべきもので、私が実は豊島の勝ちを願っているのであることは明らかである。

さて、第1局は渡辺二冠の先手で、またしても角換り腰掛銀かと思ったら、渡辺の誘導で、矢倉模様になった。しかし、矢倉模様といっても、最早互いがきちんと矢倉に組む将棋なんて望むべくもない。結局、矢倉風相掛かりとでもいうべきものに落ち着いた。これもまた、現代将棋である。例によって50手目△7二飛まで一気に進める。

【図1】 50手目△7二飛まで
持ち駒:△豊島棋聖=なし



持ち駒:▲渡辺二冠=歩2
ここまでは、とりあえず五分だろうが、渡辺二冠の玉形が変わっていて、あまりいい形にはみえない。ここから▲5五歩,△7四飛,▲5四歩,△5六歩と進行し、渡辺はがっちり▲7七歩と受けた。それでも豊島は▲同銀右,△同桂成,▲同角と銀桂交換し、△5六銀と打った。これに対して渡辺は、▲2四歩,△同歩,▲同角,△2三歩と進めた。

【図2】 65手目▲4二角成まで
持ち駒:△豊島棋聖=なし



持ち駒:▲渡辺二冠=金桂歩3
渡辺は、△2三歩に角が逃げないで、▲4二角成と切った。そして△同玉に▲4六金と打った。ここから△6五銀引,▲同銀,△同銀,▲5八飛となると、豊島の玉が飛車に狙われていて、渡辺やや良しか。

【図3】 72手目△4九銀まで
持ち駒:△豊島棋聖=角



持ち駒:▲渡辺二冠=銀桂歩3
しかし、△4九銀が豊島の渾身の勝負手である。これには▲5九飛として先手が優勢である。以下、△4八角,▲2六桂,△3七角成,▲3四桂,△3三玉,▲2二桂成,△同玉と進んだ。これは後手玉がすっきりしたという意味がある。

【図4】 81手目▲4九飛まで
持ち駒:△豊島棋聖=桂2



持ち駒:▲渡辺二冠=角銀2歩4
▲4九飛まで進んでみると、いつの間にか後手が優勢になっている。わずかであるが。以下、△5七桂,▲2九飛,△6九桂成,▲同飛,△3三金打,▲2四歩,△同歩,▲5三歩成,△8六歩,▲同歩,△8七歩と進んだ。

【図5】 93手目▲4一銀まで
持ち駒:△豊島棋聖=桂



持ち駒:▲渡辺二冠=角銀桂歩4
しかし、▲4一銀となってみると、今度は少し、先手が模様がいいか。なんとも目まぐるしい。以下、△5三銀,▲4五桂,△3一金,▲3三桂成,△同桂,▲2三歩,△同玉となった。ここで、△3一金が意表である。

【図6】 101手目▲5二角まで
持ち駒:△豊島棋聖=桂2歩2



持ち駒:▲渡辺二冠=角銀歩3
▲5二角に豊島は、△5七歩,▲5九歩と決めた。

【図7】 104手目△5四飛まで
持ち駒:△豊島棋聖=桂2歩



持ち駒:▲渡辺二冠=角銀歩2
そして△5四飛と回ると威勢がいいようだが、ここは一旦5八歩成,▲同歩と決めてから、△5四飛とした方がよかったようである。△5四飛以下は、▲2五歩,△5八歩成,▲2四歩,△同飛,▲5八歩,△3四歩,▲4三角成,△4一金,▲6五馬となったとき、豊島は△8八銀,▲同金,△同歩成,▲同玉,△8七歩,▲同玉,△4六馬,▲同歩と決めた。

【図8】 122手目△6四銀まで
持ち駒:△豊島棋聖=金2桂2



持ち駒:▲渡辺二冠=角金銀3歩6
そして△6四銀が、△7五桂をみて決め手のようであるが、▲3五銀と捨てて、先手の優勢がはっきりした。以下、△同歩,▲2五歩,△同桂,▲4五角,△3四銀,▲同角,△同飛,▲4三銀と進んだ。

【図9】 132手目△6五銀まで
持ち駒:△豊島棋聖=角2金2桂2歩



持ち駒:▲渡辺二冠=金銀2歩5
これに対して豊島は、開き直って△6五銀である。以下、▲3四銀不成,△同玉,▲4五銀,△3三玉,▲4四銀打,△2二玉,▲7二飛,△3二角と進んだ。なお、この▲4五銀,△3三玉のところで、後手玉に詰みがあるのではと検討陣は感じていたようであるが、流石に詰まないようである。

【図10】 141手目▲3三金まで
持ち駒:△豊島棋聖=角金2銀桂2歩



持ち駒:▲渡辺二冠=歩5
▲3三金で依然、先手ややよしである。以下、△1三玉,▲3二金,△同金,▲1五歩,△同歩,▲1四歩,△同玉,▲1六歩,△同歩となり、後手玉は結構綱渡りである。

【図11】 151手目▲1五歩まで
持ち駒:△豊島棋聖=金3銀桂2歩4



持ち駒:▲渡辺二冠=角歩2
ここでの渡辺の▲1五歩がもしかして敗着ではないだろうか。すなわち、▲3五銀としておけば、まだ難解である。▲1五歩,△同玉,▲3五銀としたものだから、△1七歩成として後手玉が捕まえにくくなった。以下、▲3八角,△4三角,▲1六歩,△1四玉と進んだ。

【図12】 159手目▲3四銀左まで
持ち駒:△▲3四銀左棋聖=金3銀桂2歩5



持ち駒:▲渡辺二冠=歩2
▲3四銀左としたものの、詰めろになっていない。よって▲3四銀左に、豊島は△7四歩として詰めろをかけた。これは受けがないので、渡辺は▲4三銀不成とかたちづくりした。以下、△7五桂,▲7八玉,△8七銀,▲6八玉,△6七桂成,▲同玉として簡単な詰みである。

【図13】 投了図168手目△6六金まで
持ち駒:△豊島棋聖=金2桂歩5



持ち駒:▲渡辺二冠=角桂歩2
△6六金以下、渡辺玉は簡単な即詰みである。

要するに、優勢だった終盤を渡辺が151手目▲1五歩と間違えたのが、敗着だった。ここを▲3五銀としておけば、まだ難解であった。

ただ、この一局をみて渡辺最強論を取り下げるのは時期尚早のような気がする。もう少し様子をみてみる。

読売新聞の科学欄によると、iPS細胞によるがん治療の治験が始まっている、という。すなわち、横浜市にある理研生命医科学研究センターの細胞調整室で、治験で使うナチュラルキラーT細胞をiPS細胞から作る準備が進んでいる。このような試みは、例がなく、慎重に行っているという。

ナチュラルキラーT(NKT)細胞は、それ自体ががん細胞を攻撃するだけでなく、他の免疫細胞も活性化するという。治験では、iPS細胞から作った大量のNKT細胞を、顔や首にできる頭頚部がんの患者に投与し、安全性や効果を調べる。

iPS細胞から作る理由は、iPS細胞は、ほぼ無限に増える上、様々な細胞に変化させることができるから、という。

かといって、NKT細胞そのものを増やそうとしても、血中にわずかしかなく、培養に時間がかかる。iPS細胞を使えば、患者から細胞を採集しなくとも、NKT細胞を事前に用意できる。しかし、本人のiPS細胞でなくても、免疫の問題はないのだろうか。

ともかく、理研生命医科学研究センターの古関副センター長らは、健康な人のNKT細胞をいったんiPS細胞にして増やしたあと、再びNKT細胞に戻す方法を開発した。

研究チームの岡本美孝・千葉大学教授は、患者自身のNKT細胞を増やして患者に戻す臨床研究では、一回の投与で、がん細胞が、最大3割から4割縮小したという。このことから、iPS細胞からNKT細胞を大量に作り、繰り返し投与すれば、治療効果も期待できるという。

さて、がんの治療には、手術、抗がん剤、放射線に続いて免疫療法が注目されているが、それには患者自身の免疫細胞を増強する方法と、免疫チェックポイント阻害剤など免疫細胞に対するブレーキを解除して本来の力を取り戻す方法がある。

ただ、その場合、患者の状態が悪い場合、免疫細胞が十分に採れず、採れても十分に増えないことがある。

京大ウイルス・再生医学研究所の河本宏教授は、ウイルスや細菌に感染した細胞を殺すキラーT細胞を、iPS細胞から作る方法を開発した。そのキラーT細胞を白血病マウスに投与すると、5ヶ月以上も生きた。投与しなかったマウスは2ヶ月程度で死んだ。河本教授は、他人由来のiPS細胞を使った白血病の治療を2022年にも行う計画だという。

iPS細胞の応用例として、体外に取り出した患者のT細胞を遺伝子操作して攻撃力を高めた上で戻すCAR-T細胞療法がある。すでにあるiPS細胞を遺伝子操作してCAR-T細胞を事前に大量に作っておけば、すぐに投与できるし、コスト削減になる。ただ、iPS細胞自体にがん化の恐れがあり、他人由来の細胞を使う場合、拒絶反応が起きる場合があって、課題はある。

長年、仕事のためにコンピュータ・ツールを作ってきて、今さら基本的な問題があることに気づいた。それは、メンテナンスと、みんなに使ってもらうことと、次世代継承である。

例えば、特許業務において、電子出願システムなどが施行されるようになって、エンドユーザー・レベルでも、コンピュータ・ツールを駆使することが重要になると私は感じて、業務知識を駆使して、簡単なツールを試行的に作り始めた。

その際、おそらくであるが、業務知識が前提で、コンピュータ・スキルが後からついていくのでなくてはならない。そうでなくてはならない理由は分からないが、コンピュータ・スキルが先立つと、業務的には意味があっても、アルゴリズム的には小学校の算数レベルの、コンピュータ的には陳腐なツールなんて作る気がしないだろう。

なので、というか、もともとシステム専業なんて許されないので、私は実務も怠らなかった。実際、私の作ったツールは、随所に業務ノウハウが盛り込まれている。

それで、あまりに便利なので、ちょうど野菜を作る人が近所にお裾分けするように、私は、席の近くにいる人たちに、ツールを使ってもらおうとしたのだが、なかなか使ってもらえなかった。理由は明らかで、CUIのツールだったからである。コマンドラインにいろいろバラメータを入れるのは、あまりに鬱陶しい。

そんなとき、GUIが作れるC++コンパイラーが発売日された。ボーランドC++ビルダーである。私はこれに嵌まって、今まで書いていたCUIのプログラムをGUIに書き換えたら、辛口の事務の女性にも受け入れられた。

しかし、特許実務の担当者には無理かな、と思いつつ、意見書作成ツールを作成したら、無骨な仕様なので最初は敬遠されたが、私の熱心な説明が次第に功を奏して、部門のデファクトになった。それで、とても気をよくしたのだが、いよいよ私の定年が近づくと、ツールたちはどうなるんだ、と暗澹たる気持ちになった。

すなわち、コンピュータ・メーカーなので、部門内にプログラミングスキルを有する人はいたが、私のツールのC++のコードは、あまりに汚いので、本人の私さえ理解困難で、ましてや他人にはメンテ不可能である。それで、私は、プログラミング・スキルがある後輩に、仕様を話すから、スクラッチから書いてはどうかと勧めた。

しかし、アルゴリズムはシンプルであっても、仕様が錯綜しているので、書く気がしないという。それで私は、分かりやすい変更点だけ伝えた。それで、私が辞めたあとしばらくは、最小限の変更で使っていると聞いたが、それから何年も経ったので、流石にもう使っていないのではないか。で、どうしているんだろうと、ふと考えたりするが、最早私には関係ないことだった。

ともかく、個人の趣味のようなツールを使うのではなく、きちんと部門として、然るべき専門家を雇って、コードを書き、きちんとメンテすべきと思うが、よほど大手の企業の知財部でないと、それは難しい。ちなみに、私がいた外資系は、一応大企業かもしれないが、知財部は極めて零細だった。

月別 アーカイブ