緊迫の状況のまま、猟奇犯罪捜査班5の続きで、「猟奇犯罪捜査班6」を読み始めた。すると、比奈子には危機が迫っているのだった。

すなわち、千代田区の「永遠の翼」に出かけて行った比奈子は消息を絶ってしまい、猟奇犯罪捜査班だけでなく、死神女史、中島保までがとても心配した。

それでともかくも、猟奇犯罪捜査班の清水と東海林が「永遠の翼」を訪ねてみると、幼稚園児らしき子供がいて、どうもここの次男らしい。また、なぜか長野県警の刑事の高山がきていた。実家が浅草で、帰省のついでに様子をみにきたらしい。

清水と東海林が建物の周囲を巡ってみると、比奈子の七味の缶がみつかり、ここに比奈子が来たことが確実になったが、それにしても一切比奈子と連絡のとれないことが不安を募らせた。

一方、栃木刑務所から脱走した佐藤都夜は、栃木と都内で連続殺人を犯していた。それはお金を奪うためだったり、衣装を手に入れるためだったりした。そうやって軍資金を手に入れて、都夜は、鈴木ひろしの許に向かう。そこには比奈子がいるはずなのである。

倉島と三木は、長野での事件の現場を訪れ、何かてかがりはないかと探った。こうして次第に容疑者は、「永遠の翼」関係者に絞られてきた。そこで猟奇犯罪捜査班は、容疑者をZEROと呼ぶことにした。それは、懸命のプロファイリングをした中島保の示唆によるものだった。

すなわち、容疑者は、ZEROからONEに昇格するために、獄中の佐藤都夜に手紙を書いたのだった。

中島保の懸命のプロファイリングは犯人を見事に浮かび上がらせ、その情報をもとに、猟奇犯罪捜査班のメンバーは犯人逮捕と、比奈子救出に向かい、ストーリーはクライマックスとなった。

それにしても、猟奇犯罪捜査班5と猟奇犯罪捜査班6は、それぞれがページ数が少なく、合せて一冊にしてもいいのではと思ったが、途中のいいところで一旦切れて続き、というのも話を盛り上げるのに意味があるのかもしれない。

ともかく、猟奇犯罪捜査班5と猟奇犯罪捜査班6は、いつもの猟奇の中にほのぼのさが漂うという、いい意味のたるみがなく、息もつかせぬ、SROなみの緊迫したストーリーだった。

緊迫の状況のまま、猟奇犯罪捜査班5の続きで、「猟奇犯罪捜査班6」を読み始めた。すると、比奈子には危機が迫っているのだった。

すなわち、千代田区の「永遠の翼」に出かけて行った比奈子は消息を絶ってしまい、猟奇犯罪捜査班だけでなく、死神女史、中島保までがとても心配した。

それでともかくも、猟奇犯罪捜査班の清水と東海林が「永遠の翼」を訪ねてみると、幼稚園児らしき子供がいて、どうもここの次男らしい。また、なぜか長野県警の刑事の高山がきていた。実家が浅草で、帰省のついでに様子をみにきたらしい。

清水と東海林が建物の周囲を巡ってみると、比奈子の七味の缶がみつかり、ここに比奈子が来たことが確実になったが、それにしても一切比奈子と連絡のとれないことが不安を募らせた。

一方、栃木刑務所から脱走した佐藤都夜は、栃木と都内で連続殺人を犯していた。それはお金を奪うためだったり、衣装を手に入れるためだったりした。そうやって軍資金を手に入れて、都夜は、鈴木ひろしの許に向かう。そこには比奈子がいるはずなのである。

倉島と三木は、長野での事件の現場を訪れ、何かてかがりはないかと探った。こうして次第に容疑者は、「永遠の翼」関係者に絞られてきた。そこで猟奇犯罪捜査班は、容疑者をZEROと呼ぶことにした。それは、懸命のプロファイリングをした中島保の示唆によるものだった。

すなわち、容疑者は、ZEROからONEに昇格するために、獄中の佐藤都夜に手紙を書いたのだった。

中島保の懸命のプロファイリングは犯人を見事に浮かび上がらせ、その情報をもとに、猟奇犯罪捜査班のメンバーは犯人逮捕と、比奈子救出に向かい、ストーリーはクライマックスとなった。

それにしても、猟奇犯罪捜査班5と猟奇犯罪捜査班6は、それぞれがページ数が少なく、合せて一冊にしてもいいのではと思ったが、途中のいいところで一旦切れて続き、というのも話を盛り上げるのに意味があるのかもしれない。

ともかく、猟奇犯罪捜査班5と猟奇犯罪捜査班6は、いつもの猟奇の中にほのぼのさが漂うという、いい意味のたるみがなく、息もつかせぬ、SROなみの緊迫したストーリーだった。

整数論を勉強していると、フェルマーの小定理というのに出会う。それは、pを素数、aをpと互いに素な任意の整数とすると、ap-1 ≡ 1 (mod p)が成立する、というものである。

これの証明は、フェルマーの大定理(あまりに有名なので、その命題は書き下す必要はないだろう)よりはもちろんはるかに簡単だが、だからといってそんなに自明ではない。この証明はおそらく、ガウスの定理とも関係し、すると、オイラーでさえ証明できなかったほどの難しさということになる。いや、オイラーは、オイラー関数φ(n)を定義して、この定理を拡張しているのだから、この点は私の勘違いかもしれない。ここでいうガウスの定理は、より一般化した原始根の存在定理である。

さて、フェルマーの小定理を素数判定に使う場合の問題点があって、それは、pが素数のときは、aをpと互いに素な任意の整数とすると、ap-1 ≡ 1 (mod p)が必ず成立するが、逆に、aをpと互いに素な任意の整数として、ap-1 ≡ 1 (mod p)が成立するからといって、pが素数とは限らない、ということがある。

例えば、a = 2として、5 ≦ p ≦ 1000までの整数で、pは素数でなく、且つap-1 ≡ 1 (mod p)が成立するものという条件で探すと、p = 341, 561, 645の3個がある。意外に少ない。なお、この程度の計算でも、手計算でやるのは大変なので、簡単なPerlのスクリプトを書いた。そのコードは自明なので示さない。

ともかく、pと互いに素なaで以て、ap-1 ≡ 1 (mod p)をみたすpを概素数と呼ぶ。概素数には、本物の素数と、上記p = 341, 561, 645のような数の両方が含まれている。そこで、概素数から本物の素数を除いた補集合を、擬素数と呼ぶ。ただ、擬素数と呼ぶとき、それはどんなaを用いたかによるので、a = 2の場合の擬素数を2-PRPと呼ぶ。

そして、一般に概素数における擬素数の成分比はかなり小さいので、ap-1 ≡ 1 (mod p)を満たせば、pが本物の素数である可能性はかなり高い。例えば、上記の例だと、a = 2として、5 ≦ p ≦ 1000までの整数で概素数になるのは169個で、そのうち166個が本物の素数なのだから、本当に素数である確率は、98%以上もある。

しかし、ap-1 ≡ 1 (mod p)という計算の問題点は、pが大きいときの困難性である。例えば、a = 2として、p = 23217 - 1のような1000桁ちかくもあるpに対して、ナイーブに2p-1 ≡ 1 (mod p)を計算したら時間がいくらかかるかわからない。もしかして10800年くらいかかるかもしれず、何それ?ということになる。そこで、あるまとまった2nを計算しておいて加速するなどのテクニックを使うことになるが、それでもそんなに自明でない。

よって、整数論的には重要なフェルマーの小定理も、素数判定的には、擬素数判定の文脈で位置づけられるのであった。

多倍長計算ライブラリの大枠がほぼ出来たと思うので、そろそろ頭の切り替えをするために、「ZERO 猟奇犯罪捜査班5」を読み始めた。ミステリー小説を読んで気分をリセットして、また別のテーマの内容を熟考するのが、私のリズムである。

ところが読み始めて急に気が重くなった。というのは、猟奇犯罪捜査班2で、藤堂比奈子の捨て身の捜査で逮捕された、連続殺人犯である佐藤都夜が、栃木刑務所で、なにやら外部の支援者から手紙を受け取って、文通しているのである。これは、SRO Ⅲで、拘置所に留置されたいた近藤房子が、外部の支援者からの援助で脱走して、SROのメンバーに復讐した場面が浮かんできたからである。すると、比奈子も、脱走した佐藤都夜によって復讐されるのだろうか。

そんな懸念とは一旦独立に、都内で動物虐待事件が頻発した。鳥や猫などが惨殺されて放置されている、というのである。

一方で、都内の神社やお寺で、幼児の人骨らしきものが見つかったという猟奇事件が起こり、警視庁は捜査を始めた。

たまたま休暇をとって長野の実家に帰省していた比奈子は、地元の鬼無里地区にある神社でも人骨が見つかったという事件をテレビのニュースで聞いた。そうしていると死神女史から電話があり、中島保が倒れたと通知があり慌てたが、何やら新しい実験をしていたせいだと聞き、安堵した。なんにしても、おちおち休暇もとっていられないと、比奈子は慌てて東京に戻った。

すると、動物虐待事件と神社やお寺での人骨放置事件と、動物虐待事件とはリンクされているという。その詳細を聞いて、あまりのおぞましさに、猟奇には慣れているはずの、八王子西署の猟奇犯罪捜査班の面々でさえ、顔面蒼白になった。

捜査が進んで、上記の猟奇事件と幼児虐待問題との関係が示唆され、さらに調べると、被虐待児童カウンセリングのNPO法人との関係も浮かび上がってきた。

一方で比奈子は、死神女史のはからいで、中島保に、この一連の事件のプロファイリングを依頼することができた。その犯人像は、一見紳士で、行動範囲が狭く、何か神話的解釈を死体に残そうとする異常者らしい。

そうしているうちに、栃木刑務所から、佐藤都夜が脱走したという事件を聞き、八王子西署の猟奇犯罪捜査班だけでなく、警視庁全体で騒然としたが、ともかく栃木県警が追っているのだからということで、比奈子たちはくだんのNPO法人に聞き込みにいった。

しかし、比奈子は、予想もしていなかった危機に襲われたのだった。

というある意味クライマックスで「ZERO 猟奇犯罪捜査班5」は終わってしまった。もともとは「ZERO 猟奇犯罪捜査班5」の後は、また技術書か数学書を読もうと思っていたのに、これでは続編の「ONE 猟奇犯罪捜査班6」を続けて読むよりないではないか。

ねずげんたさんにコメント戴いた、Wの悲劇であるが、悲劇はダブルで終わらず、ついにトリプルに及んでしまった。

すなわち、三日目の3月23日の対戦で、DeepZenGoが井山九段に勝ち、なんと井山九段は三連敗で、最下位の四位になってしまった。

一方、韓国のパク・ジョンファン九段が中国のミ・ウィティン九段を破り、三戦全勝で優勝した。まとめると、以下のとおりである。

  1. パク・ジョンファン九段(韓国) 3勝0敗
  2. ミ・ウィティン九段(中国) 2勝1敗
  3. DeepZenGo(AI) 1勝2敗
  4. 井山裕太九段(日本) 0勝3敗

井山九段にとって残念な結果だったが、これはたまたまであって、実力ではないと信じる。なぜなら、井山九段はパク・ジョンファン九段にも、ミ・ウィティン九段にも優勢に進めていて逆転されたからである。普段の井山九段ならこんなことはほとんどなく、おそらく最近の連日の対局で疲れていたのだろう。それが決して単なる気休めで言っているわけでないのは、先日も井山九段は、世界トップランカーの柯潔九段に一勝一敗の五分だったからである。そもそも、井山九段は、誰と打っても、逆転することはしょっちゅうだが、逆転されることはめったにない。また、たしか井山九段はパク・ジョンファン九段にも、ミ・ウィティン九段にも、対戦成績は多くないが勝ち越しているはずである。

そもそも最近井山九段は対局が混んでいたし、ずっと六冠を維持しているのも相当疲れる。なので、DeepZenGoが井山九段に勝ったのは見事だが、本来の井山に勝ったわけではないと思う。

そういう意味では、今度の日曜の電聖戦で、一力七段と対戦して勝ってこそ、DeepZenGoは本物だし、もっというなら、パク・ジョンファン九段とミ・ウィティン九段の少なくともどちらかには勝ってほしかった。ただ、AIはこれからのプログラムの改良と機械学習でまだどんどん強くなるだろう。

井山九段も、百戦錬磨で、三連敗の痛手から速やかに回復し、また勝ち続けるだろう。高尾九段に名人位を取られたときも、そのあと他のタイトルは堅守した。結構レジリエントなのである。じゃないと多冠は維持できない、できるわけがない。

急に、♪春よ、遠き春よ~♪と頭の中を曲が流れてきた。

私は昔から、小室直樹氏のファンで、書店で目に付いたら、大抵買って読んできた。小室直樹氏は、その奇抜な言動から変人のように思われていたが、私のみるところ、氏の学問レベルは一線級である。例えば、「ソビエト帝国の崩壊」という本を私も読んだが、早くにソビエト帝国の崩壊を予言し、それは確かに当たった。

なので、最近古書店で、小室直樹氏の「世紀末・戦争の構造」徳間文庫を見つけたとき、迷わず買って、しばらくして読み始めた。

この本は、20世紀の末に、中東の湾岸戦争の意味を説明するために書かれたものである。それを説明するために先ず、キリスト教の本質が説かれる。私は以前から、なぜキリスト教の司祭に、道徳的に腐敗した人物が多いのか、疑問に思っていた。この本はそのことに対する説明を与えてくれる。

ともかく、この本が主張することは、キリスト教が近代の基礎を作った、ということである。趣旨としてはマックス・ヴェーバーのプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神の主張と重なるものであるが、この本の方が論旨は粗いが、議論の版図は広い。以下、私の理解でまとめてみるが、この分野の私の知識レベルが低いので、まとめきれる自信はない。

さて、ヨーロッパでは、国ができる以前から国際社会が存在した。そこで国際法ができ、のちに世界がそれを採用した。なので、外交のプロトコルや国際法はヨーロッパを淵源とする。

ヨーロッパにあって、その国際社会を担ったのが、カトリック教会だった。カトリック教会こそは、近代国家の様相を呈していた。

ところで、正統的なキリスト教の本質は、カルケドン信条、すなわち、「イエス・キリストは完全な人であって、完全な神である。」というものである。それは、三位一体説を決定したニケア信条とも関連する。

理性的に考えるなら、イエスを神の代理人であり、人間である、とする方が妥当なような気がする。それで、アリオス派やネストリウス派は、カルケドン信条に反対したが、結局、反対派は迫害され駆逐され、実質的に舞台から消え去った。

ローマの国教は正統のキリスト教だったが、ローマを制服したゲルマン民族は、アリオス派やネストリウス派の異端のキリスト教だった。ところが、ゲルマン民族がフランク王国をつくると、正統のキリスト教に改宗した。

こうして、カトリックであれ、プロテスタントであれ、ギリシャ正教であれ、カルケドン信条に基づく、という意味では同じである。そのカルケドン信条の下では、イエスの言動を記した福音書が最高の啓典であるが、そこには戒律も規律も書かれていない。この点、イスラム教やユダヤ教とは全く異なる。

しかし、カソリック教会を組織し運営するためには、規律やルールが必要である。そこで、カソリック教会は、ローマ法の知識に基づき、独自の教会法を作成した。このような、カソリック教会が、近代法、近代国家の根源となった。

そんなカソリック教会は、「神の国」を地上において代表するものとされた。そうなると、カソリック教会の決定事項を吟味する者はなく、よってカソリック教会の組織上位のメンバーはやりたい放題で、腐敗極まりなかった。教会の権威はペテロに由来するので、客観的なものであり、聖職者個人の道徳的行動とは無関係である、とされた。

一方、イスラム教に基づくサラセン帝国は、侵攻した地でギリシャの文献を学び、ついにはギリシャ語にも熟達し、高い文化を誇った。プラトン、アリストテレスなどの文献がのちに西欧社会に伝わったのも、サラセン帝国のお蔭である。

イスラム教の、政教一体の教義も、当時にあっては時代に適合していたのかもしれない。それで統制された社会を築いたサラセン帝国は、発達した社会を享受したが、十字軍などの攻撃に悩まされた。それで、イスラム教の側もジハードの概念で反撃した。

ともかく、キリスト教国側は、幾多の宗教戦争を経て、人間行動における内外の峻別を確立した。すると、人間の外面行動に対しては絶対的権力を発揮しえるが内面的行動については指一本触れることができない、という基準を確立した。

また、封建制にあって、領主と農民の関係は、契約関係とされた。こういう内面の独立性と契約関係の重視は、のちの資本主義と自由主義のパラダイムにつながり、西欧世界の繁栄の根源となった。このあたり議論が粗すぎるが私の理解が足らな過ぎるので、仕方ない。

で、私の粗い理解では、キリスト教は、数学でいうところの素の集合論のようなものなのかな、というものである。そこには位相も、算法も定義されておらず、矛盾が内包されいても放置されている。そういう自由な枠組みのところにカソリック教会が、ローマ法に基づき別の規則をつくった。そこでは、キリスト教は、教会を権威づける働きしかない。

キリスト教の外にある教会のアドホックな規則は、プロテスタントやピューリタンによって否定され、あるいは別のルールに書き換えられた。そのルールは、プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神で述べられているように、より資本的親和性の高いものであり、その後のヨーロッパ社会の経済的繁栄の基礎となった。

一方、当時の時代に適応したrigidな体系を用意したイスラム教は、その後の時代の変化に適応することに苦労した。

ただ、ユダヤ教もそうであるはずなのに、イスラエルがそれなりに繁栄しているのはなぜだろう。

などと、「世紀末・戦争の構造」から離れて、粗すぎる宗教論を夢想してみるのだった。

Wの悲劇

user-pic
0

私は昔からミステリーファンであるので、夏樹静子という作家の名前は当然に知っているのだが、なぜだかまだ読んだことがない。そのうち読もうかと思っていたら、囲碁番組で、夏樹静子さんが、目に優しいグリーン碁石を提案して、それを使った囲碁大会も主催していると観たことがある。それで、へぇ、囲碁も趣味なのかと思った次第である。

ということで、夏樹静子さんについては、そんなに強い印象をもっているわけではないが、たまたま古書店で「Wの悲劇」角川文庫をみかけたときは、読むべし、みたいな引き込みを感じて、とりあえず読んでみることにした。

なんでも、夏樹静子さんはエラリー・クイーンとも知り合いらしくて、そういう意味で「Wの悲劇」はエラリー・クイーンに対するオマージュらしいのだが、私がエラリー・クイーンの「Xの悲劇」と「Yの悲劇」を読んだのはもしかして40年近く前で、ほとんどストーリーが記憶にない。なので、予断せず「Wの悲劇」を読むことにした。

「Wの悲劇」は、劇作家の卵で、和辻摩子の家庭教師である一条春生が、正月早々、摩子とその親戚が滞在する山中湖の別荘を訪ねるところから始まる。

なぜ正月早々なのかというと、英文科の学生である摩子が卒論に追われており、それをサポートするために、春生が呼ばれた、という次第だった。

さて、摩子の大伯父の和辻与兵衛は、日本でも有数の製薬会社の会長で、別荘には、与兵衛の妻、みねと、弟の息子と、末弟の卓夫と、妹の娘夫婦の淑枝・道彦と、淑枝の娘の摩子がいた。これ以外に招待されたのが一条春生と、与兵衛のホームドクターの間崎鐘平である。

ところが、いきなり事件が起きた。摩子が与兵衛の部屋に呼ばれていったとき、好色で知られる与兵衛が、摩子に性的な乱暴を働こうとした。それに抵抗した摩子が、大伯父から性的暴力を受けたことにショックで、手許にあった刃物でいっそ死んでしまいたいと思っているとき、与兵衛ともみあいになり、つい摩子が与兵衛を刃物で刺し殺したかたちになってしまった。

それを知った与兵衛の親戚たちは、このままでは摩子が殺人犯になってしまい、摩子の将来が閉ざされてしまうと懸念して、一致協力して、外部から侵入した強盗が与兵衛を刺殺した体裁をつくることにした。

そうして通報でいよいよ、富士五湖署の中里刑事とその部下たちが別荘にやってきた。現場検証のためである。警察は綿密に現場検証したが、与兵衛の親戚が綿密に準備したので、警察は、外部からの侵入者の犯行だと認定した。

それを知って与兵衛の親戚たちは安堵したが、中里刑事たちは、別荘周辺の怪しい人物に関する聞き込みがあまりにも功を奏さないので、現場百回の原則にたちかえって、別荘内部を少し別の観点から微細に検証してみた。するとなんと、内部犯行を示唆するような証拠が次々と見つかった。

ここからの進展は、このストーリーのコアなので記述を省略するが、最近の動きの激しいミステリーに慣れた感性からするとちょっと地味に映るが、よく読むと、盛り込まれているトリックが奇抜で新しくて、流石夏樹静子さんは冴えていると感心した。

この本の末尾には、エラリー・クイーン自身による解説もあり、この小説は推理ドラマ化されるのに向いているとあるのだが、映画化された「Wの悲劇」は、原作とはかなり異なる脚色が施されているようで、それを知ってエラリー・クイーンは残念がったかもしれない。まあ、興行的に成功したようなので、それでいいのだろう。

囲碁AI大会

user-pic
0

日本棋院のホームページによると、コンピュータ囲碁同士の選手権である、囲碁AI大会で、中国のFine Art(絶芸)が、日本のDeepZenGoを抑えて優勝したという。以下、引用:

2016年に登場したGoogle DeepMind社開発の「アルファ碁」の影響で注目を集めているコンピュータ囲碁ソフト界で、コンピュータ囲碁プログラム同士の大会、第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会(主催:電気通信大学 エンターテイメントと認知科学研究ステーション、協賛:株式会社囲碁将棋チャンネル、協力:コンピュータ囲碁フォーラム、後援:公益財団法人日本棋院)が、2017年3月18日(土)、19日(日)に東京都調布市の「電気通信大学」で、国内外30チームが集まり行われた。(「アルファ碁」は不参加)

あらっ、「アルファ碁」は不参加なのか。尤も、アルファ碁 = Masterだとすると、日中韓のトップ・プロを相手に60連勝なのだから、最早人間は手合い違いといえる。あ、違った、今回の相手はコンピュータなのだった。なんにしても、今更戦うに値しないということか。

結果は決勝で、Fine Art/絶芸(中国:Tencent)が、DeepZenGo/ディープゼンゴ(日本:Team DeepZenGo)を、196手まで白番中押し勝ちを収め、初出場初優勝を飾った。なお準優勝のDeepZenGoは、3月21日(火)開幕の「ワールド碁チャンピオンシップ」に出場する。

そういえば、ワールド碁チャンピオンシップに書いたように、今回の成績に関係なく、DeepZenGoはワールド碁チャンピオンシップに出場するのだった。しかし、ワールド碁チャンピオンシップでの今回の相手は、井山裕太9段と、韓国ランキング1位パク・ジョンファン9段と、中国ランキング3位のミ・ウィティン9段。ミ・ウィティン9段は中国ランキング3位とはいえ、国内の選抜戦を勝ち抜いたので、実質国内1位と変わらない。すると各国の実質的なチャンピオンが出場するわけで、流石に、最早全盛期を過ぎた趙治勲9段より手強そうである。DeepZenGoは、昨年の11月24日の趙治勲との対戦のときよりどれくらい強くなっているのだろうか。

また、優勝したFineArt、準優勝のDeepZenGoは、3月26日(日)に行われる「第5回電聖戦」に出場し、一力遼七段と十九路盤にて互先で対戦する。世界最高峰のプログラムがどこまでプロ棋士に迫れるのか、こちらの対戦も注目される。

ああ、一力遼七段は確かに若手でも有望株であるが、FineArtに勝てるだろうか。これも注目である。

私はブログのタイトルに、トートロジーのようなことをときどき書く。今日の「方言のローカル性」も当たりまえで、何かいいたいの、あたりまえじゃん、ということになる。で、必ずしも当たりまえとはいえないということを説明してみる。

まず、私と家内は、田舎に帰ってお見合いしたということもあって、同郷である。家内が広島県尾道市の市街地の出身で、私が尾道市とはいえ、島の出身である。

で、結婚というのはいろいろ面倒で大変で、それをいちいちここに書いてもしかたない。ただ、夫婦が同郷だといいのは、自宅で方言が普通に使えることである。方言が関西弁だったら、関西弁は準標準語なので、職場でそのまま使ってもそんなに違和感はない。

しかし広島弁は、流石に広島県でないと普通に会社では使えない。どうしても不躾の感は否めない。だから、自宅で普通に広島弁が使えるというのは、ほっとするものがあるのは確かである。

それで私は、広島カープが日本シリーズで負けたとき、家内に、「カープは、よいよ、いけんのう。」と言った。それは、カープはどうもよくない、みたいな意味だろうか。「よいよ」というのはいろいろな意味がある広島方言の副詞である。

そうやって、家内に対して「よいよ」という方言を使っているのだが、あるとき急に家内から「よいよ」というのは、どういう意味?と聞かれた。少なくとも、尾道の市街地では使わないという。

ええっ、と私は逆に驚いた。「よいよ」は当然にふつうの広島弁で、広島県の人ならだれでもわかると思った。で、あまりに普通に使っているので、その意味を説明してほしいと聞かれて逆に戸惑ってしまった。後で冷静に考えると、英語でいえば、indeedみたいな意味かもしれない。

一方、改めて「よいよ」をウェブで調べてみると、確かにauthenticな広島方言である。それでも家内が聞いたことがないとしたら、家内は典型的な尾道弁で、私の出身の島は文化圏としては福山なので、福山弁に近い。それが微妙な語彙とアクセントの違いをもたらす。私は中学までは島内だったが、高校生になって尾道市に通うようになると、確かに微妙な方言の違いを感じた。基本的に通じない、ということはないのだが。

それでも、大きくみて、尾道弁と福山弁はどちらも備後弁に属するのだろう。そして広島県内でも、尾道や福山をカバーする備後弁と、広島市をカバーする安芸弁は、もうはっきり違う。こちらも基本的に通じないということはまずないが。

そして、他県とはいえ、備後弁は、安芸弁よりもむしろ岡山弁に近い。ところがである。岡山弁で、「こわい」ということを「きょうてい」という。そういう言い方を私は大学のとき、下宿の隣の部屋の岡山出身の人から教わった。この「きょうてい」という単語を、多分であるが、尾道や福山の人はほとんど知らないはずである。私も教わるまで知らなかった。

ここらあたりもザリスキー閉集合の考え方が適用できるのであって、近隣の方言の人とはほとんど至るところで理解可能なのだが、ザリスキー閉集合のように、ポツリ、ポツリと知らない単語がある。

また、こういう微妙な方言の違いに気づくのは、私が広島弁のネイティブな話者だからである。私はかなり不十分とはいえ博多弁と大阪弁がしゃべれるが、じゃあ、博多弁と小倉弁の違いや、大阪弁と神戸弁の違いが説明できるかというと、全く無理である。自分のそちらの方言は、あまりにも熟練度が低いのである。

また、普通の標準語の中の微妙な方言の香りを識別して喜ぶのも、ネイティブな話者である。例えば、Perfumeというと女性三人でテクノポップのグループであるが、広島出身で、普段から広島市をベースにしているせいか、どんなに標準語をしゃべっても、広島弁の色が消せない。それをMステのインタビューで察知して私はつい嬉しくなった。

あと、東京や横浜などの出身の人は、普通に話す言葉そのものが標準語にとても近くて、よほど訓練しないと地方の方言はしゃべれない。というか、しゃべる必要もない。なので、私のように三種類の方言?がしゃべれるとときどき珍しがられるのだが、じつは私は私で、東京にでてきて、普段標準語をしゃべるのも、英語を話すほどではないにしても、意外に結構大変だったりする。どこか微妙に無理している感じがなくもない。

すなわち、ネイティブな方言の話者にとって標準語を話すのはそれなりに修練を要するので、ほとんど島から出たことがない母方の祖母はとうとう広島方言しか話せなかった。なので祖母が靖国神社に参拝したいと上京してきたとき、本当にコテコテの方言で周囲の人に話しかけるので、ときどき私が通訳したりしていた。米国から仕事で担当者が日本にきたりして、下手な英語で通訳したことは何度かあるが、広島弁を通訳した経験は、祖母が東京に出てきたときだけだった。

という、あまり意味のない方言談義なのだった。

さいきんつい、疑似恋愛モードってあるよね、とおもった。で、一応ウェブで検索してみたら、例えば、「相手も自分に気があると勘違いして性的な行動に出る」みたいな意味らしくて、あちゃっ、するとこれからかく私のこの記事は誤解されてしまう、と少し後悔したが、まあ、却ってその方がこの記事に興味をもってもらう可能性が高まるか、とこのままにすることにした。

そこで私なりの、世間でまったく承認されていない疑似恋愛モードについて説明する。それは、心のはたらきの要素に、疑似恋愛モードという仮想クラスがあり、ほんものの恋愛も、その疑似恋愛モードから継承したものにすぎない、という、私の好きなオブジェクト指向プログラミングの原理に基づくものである。

さいきん、犬や猫などのペットを飼っている人をよくみかけるが、異性に対する恋愛とペットに対する愛情が、似たような感情のインスタンスである、といってもそんなに誤解はないだろう。まあ、なにここでインスタンスなどという用語をもちだすのだ、というコメントもあるかもしれないが。

じつは、私が疑似恋愛モードという用語に想到したのは、さいきん、多倍長計算や初等整数論を勉強してみて、である。例えば、多倍長計算で多倍長同士の割り算を実装しようとすると、所詮は紙の上での筆算をエミュレートすればいいのだから楽勝と思ってじっさいにやってみると、これが意外に大変で、もしかしてのべ一週間くらいの時間を費やしたかもしれない。その間、頭の思考のスレッドのうちの少なくとも何本かは、多倍長割り算に占有され、他のスレッドのリソースも消費するくらいで、苦しかったりした。そして、これって、多倍長計算に対する恋だよね、とおもった。要するに、心が多倍長計算に占有されて、そこから意識を遠ざけることが随意ではなくなるのである。

じっさいの恋愛でも、その不随意性が問題で、じぶんでもその気持ちに捉われて脱出できないから次第に疲弊してきて、「お医者様でも、草津の湯でも」などと言われるのである。

さて、人間に対する愛でも、ペットに対する愛でも、可能的には相手から愛し返されるということはありえるわけだが、数学などに対する疑似恋愛モードは、いちいちいうのも変であるが、少なくとも本物の愛のような態様では愛し返されるということはありえない。なのでそれを絶対的片想いモードと呼んでも、定義的にはおかしくないだろう。そして、絶対的片想いモードを、必然的失恋モードと呼んでも、そんなに違和感はないだろう(本当か?)。

しかし、あらためて考えてみると、例えば数学に対する愛が絶対的片想いモードであり、必然的失恋モードであるとしても、それが問題なのだろうか。ようするに、数学の問題を解いたり、考えたりしていること自体が楽しいのであり、理解したことが次の深まった理解の呼び水になるとしたら、絶対的片想いモードも閉塞していないことになる。

で、最近の私は、必ずしも数学でなくてもよく、将棋でも囲碁でも、その他科学技術、小説であってもよいのだが、必ずしも対人間でない疑似恋愛モードのプロセスというかスレッドを複数立ち上げて、走らせていたいと思う。よく歌の歌詞で、一人を想い続けるみたいな内容のものがあるが、恋愛が本質的にそうだとしても、一方で、浮気し、複数の相手を天秤にかけ、あるいは二股かけれるのもまた人間である。

なので、私は生きているかぎり、恋をし続けたいと思うのである。それはおそらく、世間一般のように必ずしも異性に対するものではなく、数学や将棋その他の趣味である方がメインだと思うが、マルチタスク化はどうしても必要であろう。なぜなら、プロセスは走らせているうちに次第に変質し、劣化する。なにもメモリ・リークは、コンピュータに固有の属性ではないのである。そして、メモリ・リークが起きたらリブートし、新たなプロセスを走らせなくてはならない。

ただ、マリー・アントワネットに対するフェルゼンの愛のような、生涯変わらぬ愛は一体なんなんだろうとふと、恋する少女のようにおもったりもする。還暦をすぎたおっさんが恋する少女のよう、なんてなんと気持ち悪いのだろう。