妄執鬼

user-pic
0

高橋克彦の鬼シリーズも、ついに、日経文芸文庫として刊行されている、最後の「妄執鬼」となった。

ストーリーは、是雄が、検非違使庁から、陰陽がらみかどうか、死体の検分を頼まれるところから始まる。

それは、三人の男の死体だった。なんと、手足が抜かれ、舌が切り取られている。是雄は、鬼の仕業かもと、推定したが、身元が分からないし、はっきりしたことはいえない。ただ、このようなことをするのは、裏の陰陽使いである秦一族の仕業か、と思ったりした。

そんなとき、是雄に嬉しいことがあった。なんと、是雄と同郷で、空中鬼に関して、やりあった、蘆屋道隆が、是雄のグループに加わったのである。何しろ、是雄を対等の術使いなので、心強い。

そうしていると、是雄に対して、藤原基経から呼び出しがかかった。それで、是雄は、温史と道隆を伴って、赴いた。

基経は今、内裏に出仕しないで、自宅に籠っている。その理由は、文章博士の橘広相の起草した任命書の、阿衡という、地位を表す文字が気に入らなかったのである。それは、中国の文献では高い地位を表すらしいのだが、日本では慣用となっていない。

しかし、基経が是雄を呼び寄せたのは、そのことではない。橘家では、かなり前に、橘逸勢という人が、何かの咎で、酷い殺され方をした、ということがあり、その怨みが、基経のところに来ているのではないか、と基経は、怖れている。そもそも、検非違使から是雄のところでの検分に回ってきた死体は、基経の家臣だという。

それで、怨念が来ているかどうか調べてほしい、というのが、基経の依頼で、そもそも、新天皇の宇多天皇の践祚に当たっても、基経と、左大臣、源融との対立があった。基経は、何かと敵が多い。

そこで、是雄は、裏で鬼を偽装しているかもしれない者を誘き寄せるため、神泉苑で、鎮魂の儀式を執り行うこととした。出席する者は、是雄、道隆、温史、甲子丸、芙蓉、淡麻呂のオールスタッフである。

しかし、何者かが、淡麻呂を依り代として、恐ろしい術を仕掛けてきて、是雄は、追い込まれてしまった。また、温史に妄執鬼が憑いて、温史は、我欲をむき出しにし、醜態を晒した。

ともかく、是雄の捨て身の対応で危機一髪脱した是雄たちは、しばらく休んで、落ちつくと、無断で基経を訪ね、なんとしても広相と和解したふりをするよう頼み込み、ここから事態が収拾に向かうという、複雑なストーリーなのであった。

あと、妄執鬼で、いろいろな個性豊かなキャラが増えているので、あれっ、次作はないのに、とあとがきを見たら、作者は、これらの新キャラを駆使して、作品を書く意欲に満ちている。しかし、少なくともここ五年くらい鬼の新作は書かれていないので、おそらく、別の作品で多忙なのだろう、と推察するものである。

将棋の糸谷八段は、早指しが得意であるが、その理由は、棋友から聞いたところによると、局面を複雑化することが得意だからだそうである。

すなわち、これで勝ちだ、みたいな手が見えている局面で、妙な手を指されて、どうしていいか分からなくなる、という経験を、私も何度もした。そして、双方が時間がない状況では、戸惑った方は、悪手を指して、自滅してしまう。

ところが、一流棋士は皆、複雑な局面を単純化するのも、うまい。とくに、渡辺三冠は、糸谷八段の複雑化を見抜いて単純化し、急所を衝いて、勝ったりする。

ようするに、複雑化と単純化の両方の能力がないと、強くなれない、ということである。

そういえば、以前に羽生九段が森内名人(当時)に挑戦した2013年のこと、羽生は何度も挑戦を跳ね返されたのが、余程悔しかったか、複雑化能力の粋を集めて、訳の分からない手将棋に導き、森内を四タテにした。恐ろしいほどの気合いだった。

一方、数学では、複雑さをシステム化して、秩序を見いだす能力が必要であるが、私のみるところ、将棋と同様に、複雑化能力も、劣らず重要である。

例えば、私のような数学の素人だと、フェルマの定理を見て、式変形を続けていくと、証明ができそうだと、考えてしまう。しかし、おそらく、式変形だけに頼っていたら、何千年かかっても、フェルマの定理は証明できない。保型形式や、ゼータ関数を持ち出し、長い長い迂回路を経ないと、決して定理の証明には到達できない。

こんな事例は、他の分野でも沢山あるに違いないが、浅学菲才な私は、そういう例が他には全く思い付かないのだった。

ともかく、そんな数論とゼータ関数への想いを確認するために、数学セミナーに広告があった、落合理氏の「現代整数論の風景」という本を買ってみた。眺めて、何か感じるものがあれば、幸いである。

何週間か前に、カラオケ仲間とカラオケに行ったとき、仲間の一人から、お腹が随分出ている、と指摘された。自分でもそう思っていたので、改めて、これは流石に、手を拱いていてはいけないと、次の日から、炭水化物を少し減らすことにした。具体的には、甘いものを基本的に控えるとか、ご飯の量を半分にするとか、ビールは1日に基本的にショート缶一本だけにするとかである。

私は、人体に炭水化物は必要だと思っているので、炭水化物を断つ、みたいな無謀なことはまったくするつもりはないが、その程度が手ぬるいせいか、お腹が引っ込むという効果は、全く感じられない。

それでも、炭水化物を減らすと、気分がすっきりする、というか、微妙に体調がよい。それで、とりあえず、この手ぬるい炭水化物ダイエットを続けている。

で、あまり意味はないが、体重が1kgくらいは減っただろうか。その程度でも体重が減って、よかったと思うのは、なんか暑さを感じる程度が少し減ったことである。すなわち、こんなに暑いと、日中、エアコンなしで自宅では過ごすことは困難と思ってきたが、炭水化物ダイエットをするようになって、エアコンなしで、窓を開けて、扇風機だけて数時間、堪えれるようになった。

ただ、休日は、散歩するのが基本であるところ、暑い最中に出かけて、熱中症になってはいけないので、自宅にいて、散歩代りに、簡単なスクワットをすることにした。あと。腹筋も加味する。すると、依然としてお腹は引っ込まないが、比較的少なく食べても、あまり空腹感を感じなくなった。

さらに、精神的に安定感が増し、広島カープが負けても、あまりがっかりしなくなった。これはまあ、巨人が負けてくれないので、諦めモードということと、生憎のバティスタのドービング事件で、もうカープ、詰んでんじゃん、とどうでもよくなった、というのもある。

そういえば、NHK杯の将棋を見ていたら、なんと、里見女流五冠対稲葉八段戦だった。いやあ、これは里見には厳しいよね、なにしろA級八段だもんね、と思っていたら、案の定、はっと気づくと、里見の手負けがはっきりしていた。私には里見の敗因が全く分からなかった。里見が好調に進めているように見えたのに、流石にA級棋士は懐が深い。まあともかく、炭水化物ダイエットのせいで、特に落胆はしなかった。

あとは、地味に高校野球を観て、星稜強いじゃん、奥川、半端ないじゃん、と感心するのも悪くないのであった。ただ、星稜は打ちすぎだろう。これでは準決勝で反動がくるぞ。もしや優勝は、履正社か。

ということで、イワン・デニーソビッチの1日ならぬ、あやたろうの、どうってことない夏の日なのだった。

日本棋院のホームページで、坂井秀至八段が医師に復帰するという情報があったので、驚いて、ウェブ記事を探した。日本経済新聞の記事を引用させて戴く。

囲碁の関西棋院は16日、同棋院所属の坂井秀至八段(46)が9月1日から休場すると発表した。坂井八段は京都大医学部を卒業した後にプロ入りした異色の経歴を持ち、今後は病院の勤務医になる予定という。休場期間は未定。
坂井八段は兵庫県出身。2001年にプロ入りし、10年には七大タイトルの一つ、碁聖を獲得した。「近年、自分の納得できるような内容の碁が打てなくなり、タイトル獲得を目指して対局に取り組むことが難しくなりました。今後は若い頃に一度目指した医師の道に進む予定です」と、同棋院を通じコメントした。

坂井秀至八段については、私は昔から注目してきて、坂井秀至坂井秀至などの記事を書いてきた。

すなわち、私の理解では、子供の頃から囲碁のアマ強豪だった坂井さんは、勉強もできたので周囲の期待に応えて京大医学部に進学し、晴れて医師になったが、囲碁への想いが断ち切れず、おそらく師匠格だった藤沢秀行先生の勧めもあって、プロ試験を受けて、晴れてプロ棋士になった。

そのとき坂井さんは、これで好きなだけ囲碁が打てる、囲碁で生活していける、と嬉しくてならなかっただろう。その後、遅咲きにしては、タイトルを取るまで活躍し、流石の才能を感じさせた。

その間、NHK杯の解説などで、坂井八段は聞き手の人から、「坂井先生は医師免許ももってらっしゃるんですね、すると、ここで急病人が出たら、診てあげれるんですね。」みたいに水を向けられても、迷惑そうな顔をするだけで、医師の仕事に未練がありそうにはとても思えなかった。

その後も、最近ではタイトルにはからまないものの、ほとんどの棋戦で、リーグに入る手前まで行ったりして、最近の囲碁ランキングでみても、坂井八段は32位で、過去一年の成績は、24勝19敗、立派なものである。坂井八段の基準では、これが不満なのだろうか、そして、医師への想いはそれほど強かったのか、私にはよく分からない。

それとも、AIなど昨今の状況で、囲碁棋士では食べていきにくくなる近未来が見えており、何か手に職をと思ったら、医師免許があったということなのだろうか。最後のコメントは穿ちすぎであるが。

ロマンスカーの諸相にも書いたように、町田発、新宿朝7時着のロマンスカーが、予約が取りやすくて快適なので、最近ではすっかり病みつきになり、少なくとも週に一度は利用するようになった。

また、町田駅での、ロマンスカーの並び方も、流石に慣れた。ところが、いつだったか、そうやって並んでいても、いつまで経っても、誰も私の後ろに並ばない。おかしいな、と思って、運行掲示板をみたら、私が乗る予定のロマンスカーが掲示されていない。

それで、多摩線の架線事故でロマンスカーが運休になったことを、駅員に聞いてやっと知った。全くもう、アナウンスくらいしてよ、と思ったが、だいたいがいつもボーッとしているので、聞き逃したのかもしれない。

で、仕方ないので、快速急行に乗ることにしたが、いつもはこの時間は、そんなに混まないのに、その日に限って、殺人的に混んで、身動きできない。なんでも、京王線でも人身事故があり、振替で、人がこちらに流れてきたせいらしい。

それで、いつもよりゆっくり目の運転で、ようやく新宿に着いた。やれやれ、とホッとすると、あっ、ロマンスカーのチケットの払い戻ししなきゃ、と思い出した。一旦、改札を出て、駅員がいたので、ロマンスカーのチケットを渡して、払い戻しお願いします、と言ったら、あっさり410円払ってもらえたので、うれしくなった。なんとも私は、現金なものである。

それから数週間たった、8月16日のことである。その日も、ロマンスカーのチケットを買って、町田駅のホームで待っていると、なんか駅員が説明している。なんでも、本来来るはずのEXEが、踏切事故で故障したので、代わりにGSEが来るのだという。鉄道には詳しくないが、GSEというと、オレンジ色のボディーの新型ではないか。ラッキー、前から一度、乗ってみたかったんだ。

でも、次のアナウンスを聞いたとき、ラッキーな気分は、一瞬で吹っ飛んだ。すなわち、EXEが10両編成なのに、GSEは、7両編成なのだという。すると、3両分もの人があぶれてしまう。これは一大事である。

ただ、少し安堵したのは、指定された席が1号車から7号車の人は、そのまま座ればよいのだという。私は幸い、5号車だった。でも、8号車から10号車の人はどうするんだろう。空き席がない場合、立って乗るのだろうか。まあ、そこは駅員がうまいこと調整するのだろう(どうやって?)。

私のことに戻って、どこの入り口で待てばいいんですか、と通りがかった駅員に聞いたら、5号車でしたら、そのままの場所で待てばいいです、というので、EXEの5号車のところで待っていたら、GSEが来てみると、なんと2両分もずれていて、走って移動しなくてはならなかった。

で、ともかく指定された席に座って、出発すると、なんと7両編成なのに、かなり空席が目立つではないか。

ああ、小田原は、お盆時の、比較的空いた状況を勘案して、GSEを寄越したのだと、了解した。まあ、プロなんだから、それくらいの推定はするわな、と納得して、スマホのイヤホンで、YouTube聞き始めて、目をつぶった次第である。

日程

user-pic
0

将棋連盟のホームページを見ていて、ええっ、と驚いた。すなわち、8月20日と21日に王位戦第4局があるのに、8月23日にはもう、竜王戦挑戦者決定戦の第2局がある。

そして、王位戦と竜王戦挑戦者決定戦の登場人物は、どちらも、言わずと知れた、豊島二冠と、木村九段なので、二人とも相当きつい、ということになる。

年齢でいくと、豊島二冠の方がかなり若いので、体力的には豊島が有利かというと、必ずしもそうではない。なぜなら、豊島は痩身で、あまり体力がありそうではないからである。むしろ、木村の方が、体力がありそうである。

私は以前、勝ち続けていた豊島が、急に負けが混み始めるという場面を何度もみた。どうみても体力に参っている、としか思えなかった。それで、豊島は、スポーツクラブに通うなどして、体力を養ったと聞いたが、成果が出ているのだろうか。

こんなに対局の日程が詰まっているのはきっと、叡王戦など棋戦が増えたせいである。将棋連盟としては、多少棋士の負担が増えても、とりあえず収入がある方がいいのだろう。そもそも、メインのスポンサーである新聞社からして、先細りが見えており、スポンサーを降りるところが出てくると、将棋連盟は苦しくなる。

囲碁界をみていると、中国や韓国との対局も含むので、将棋連盟以上に忙しいように見える。例えば、囲碁のタイトル戦の間隔が3日しかなかったのを見たことがある。

あと、プロ野球も厳しい。例えば、9連戦なんてザラだし、その間に、例えば東京から広島に移動して、それでいて、全く休まず、試合をするなんて、酷ではないか、東京から遠いチームが不利ではないか、と思ったりするのだが、遠隔にあるソフトバンクや、カープや、日本ハムなどが優勝したりするので、そうでもないのか。

ただ、プロ野球も、自転車操業というか、ファンサービスを熱心にやったり、キャラクタ・グッズを売ったり、商売に余念なくすることを強いられているような気がする。

これも要するに、世知辛い世の中の反映だろうか。しかし、いくら年俸が6億円あっても(誰のことじゃ)、あまりに忙しいと、幸福とはいえないのではないか。

しかし、これもエントロピーの増大のようなものだとすると、もう昔のような、ゆとりある日々には戻れないのか、それとも、日本の人口が減ってきて、貧困という、じっくりとした不幸が世間を覆うのか、あまり先行きのない私はよかばってん、若い人たちは可哀想である。

そういえば、8月15日は台風で、山陽・東海道新幹線が運休になったようだが、広島カープと巨人のメンバーは、無事東京に来ることができたのだろうか。

特許実務で、翻訳は大抵、翻訳は避けて通れない。なぜなら、外国の特許出願の明細書を日本語に翻訳して、日本の特許庁に出願したり、その逆に、日本語の特許明細書を外国語に翻訳して、海外の特許事務所に送って、その国で出願してもらったりする仕事があるからである。

ただ、外国語といっても、ほとんど英語で、世間にはドイツ語やフランス語を読み書きできる人も当然にいるが、少なくとも私は特許業界で出会ったことはない。おそらく、あまり需要がないので、そういう人があまり特許業界に入ってこないのだろう。文芸翻訳なら、ドイツ語やフランス語だけでなく、ロシア語、スウェーデン語、ポーランド語の翻訳者もいるが。

さて、私が外資系の会社に入社したとき、最初に、特許明細書の英日翻訳をみっちりやらされた。その部門は、米国での特許出願を日本に出願するのが主要な仕事だった。

技術英語は、ある程度勉強していたので、特許明細書の英語そのものの読解にそんなに苦労はないと思っていたが、何しろコンピューターや半導体の先端技術の特許で、知らない単語が目白押しで大変困った。辞書には載っていないし、当時はウェブもない。で、周囲の人に聞くのだが、先端技術なので結局、知らなかったりする。それで、仕方なく自分で考えて、なんとか日本語として読めるものにするのだが、技術内容が分からないと、関係代名詞の係り具合さえも分からなくて、何度意味が取れない日本語を書いてしまったか、数知れない。

あと、その会社の特許明細書は、長いものも多くて、A4で300ページを超えるものもあり、なんか一冊の文庫本の分量があるよね、とうんざりした。

まあでも、そうやって苦労して身に付けた英文読解力は、その後、ベースのスキルとして、大変役にたった。翻訳しながら覚えた表現は、英文メールを書く際にもかなり使えた。

ただ、そうやって英語の明細書を読む方はなんとかなっても、きちんとした英語の特許明細書を書くとなると別である。で、外資系でも日本語の特許出願を外国に出願する仕事があるので、その英語を書かせてくださいと上司に頼んでみたことがあるが、そんな暇があったら、中間処理をやれ、と一蹴されてしまった。

なんとか、英文明細書らしきものを書く機会が得られたのは、管理職を10年くらいやって、念願の特許実務者に戻れてからである。すなわち、私は部門でも、かなりシニアな地位にあったので、自由度を得ていた。

さて、米国特許法によると、何人であれ、米国に滞在している間に完成させた発明は、米国に真っ先に出願しなくてはならない。しかし、日本人の発明者だと、いきなり英文明細書を作成しなくてはならず、特に現時点で日本にいたりすると、手近で、米国パテント・アトーニーと打ち合わせることができない。

しかし、例外措置があって、簡易特許明細書を書いて、それで米国特許庁に申請すると、国防上問題がない技術かどうかの簡易審査をして、それでオッケーなら、普通に日本語で日本に出願して、その後、優先権で米国、その他の外国に出願できる。

私はこういう案件が、数件あったので、チャチャッと簡易英文明細書を書いて申請し、許可を得た。こんな手続きをしたことがある日本人は、あまり多くないと思う。それで、後輩たちにも書き方のノウハウを教えたが、なぜかあまりやりたがらかった。こんな面白いものはなかなかないのに、残念であった。

それで、外資系を辞めたとき、どこかの特許事務所に、外国特許の実務で採用されることを希望したが、それは叶わず、今は特許調査で、あまり翻訳は、関係ない。強いていえば、外国特許を調べるとき、英語で特許公報を読むくらいか。

無平方分解

user-pic
0

数学セミナーの今年の4月号から始まった、谷口隆氏の「高校数学で始める整数論」という連載記事を楽しみにしている。で、バックナンバーであるが、その7月号の「素数は無数に」という記事に、無平方という概念が示されていたので、意外に面白いと思った。そこでこの記事に基づき、私なりに簡単な記事を書いてみる。

ここで、無平方とは、素因数分解したとき、素数の2乗のような因数を含まない、ということである。例えば、8は、22という因数を含むため、無平方ではない。素数ならもちろん無平方だが、そうでなくとも、例えば26も無平方である。

で、この記事で面白いと思ったのは、1以上の任意の整数nが、無平方数aと、無平方とは限らない整数bとで、n = ab2とあらわされるという件である。これを私は勝手に、無平方分解(non-square decomposition)と呼ぶ。

その証明は自明なのか、きちんと書かれていないので、練習問題として自分で考えてみた。

そこで、その証明は、任意整数の素因数分解n = p1q_1p2q_2・・・puq_uから始まる。最初にaとbを1とおく。そして、素因数分解の指数q_1, q_2, ...,q_uを順にみていって、例えばq_1が1ならaにpr_1を掛け、q_1が偶数ならp1q_1をbに掛け、q_1が1より大きい奇数なら、aにp1を掛け、bにp1(q_1-1)/2を掛ける、ということをpuまで行うと、自然にaが無平方数になり、bの値も決まる。しかも、素因数分解の一意性をそのまま引き継いで、この無平方分解も一意的である。

ただ、コンピュータで計算する分には、整数の素因数分解は面倒なので、具体的には、a = n, b = 1とおいて、i = 2と代入して、aをi*iで割る。割り切れたら、その商をaに格納し、bにiを掛ける、という計算を、aがi*iで割り切れなくなるまで行う。次にiを1つ増分して、i*iがnを超えるまでこの計算を続ける。i*iが急速に増えるので、この計算はかなり高速である。

計算のプログラムの例は、以下のとおりである。

#include <stdio.h>

void NoSQ(int n); // nを無平方分解するルーチン

int main()     {
 int i;	
 
 for ( i = 2; i <= 1000; i++ )
  NoSQ(i);

return 1;
}

void NoSQ(int n)      {
 int i = 2;
 int k;
 int a = n;
 int b = 1;
 
 while (( k = i*i ) <= n )   {
	while ( ( a%k ) == 0 )  { // aがi*iで割り切れる
		a /= k;
		b *= i;
	}
   i++;
 }
 
 if ( a < b )
   printf("%d = %d*%d<sup>2</sup><br>\n",n,a,b);
 return;

}

このプログラムは、2から1000までの数の無平方分解を計算するものであるが、全体の出力は、件数が多いので、このプログラムは、bがaより大きいのみ、リストするようにしてみた。以下のとおりである。
4 = 1*22
9 = 1*32
16 = 1*42
18 = 2*32
25 = 1*52
32 = 2*42
36 = 1*62
48 = 3*42
49 = 1*72
50 = 2*52
64 = 1*82
72 = 2*62
75 = 3*52
81 = 1*92
98 = 2*72
100 = 1*102
108 = 3*62
121 = 1*112
128 = 2*82
144 = 1*122
147 = 3*72
162 = 2*92
169 = 1*132
180 = 5*62
192 = 3*82
196 = 1*142
200 = 2*102
225 = 1*152
242 = 2*112
243 = 3*92
245 = 5*72
256 = 1*162
288 = 2*122
289 = 1*172
294 = 6*72
300 = 3*102
320 = 5*82
324 = 1*182
338 = 2*132
361 = 1*192
363 = 3*112
384 = 6*82
392 = 2*142
400 = 1*202
405 = 5*92
432 = 3*122
441 = 1*212
448 = 7*82
450 = 2*152
484 = 1*222
486 = 6*92
500 = 5*102
507 = 3*132
512 = 2*162
529 = 1*232
567 = 7*92
576 = 1*242
578 = 2*172
588 = 3*142
600 = 6*102
605 = 5*112
625 = 1*252
648 = 2*182
675 = 3*152
676 = 1*262
700 = 7*102
720 = 5*122
722 = 2*192
726 = 6*112
729 = 1*272
768 = 3*162
784 = 1*282
800 = 2*202
841 = 1*292
845 = 5*132
847 = 7*112
864 = 6*122
867 = 3*172
882 = 2*212
900 = 1*302
961 = 1*312
968 = 2*222
972 = 3*182
980 = 5*142

斜陽

user-pic
0

私は、子供の頃から本が好きだったが、何しろ自宅にほとんど本がないのだから、読みようがない。しかも、文学というよりも、昔でいうところの博物学、すなわち、魚介、昆虫、草花、岩石と鉱物に興味があり、小学校のときは、そういう図鑑を買ってもらって、読んでいた記憶しかない。

中学に入って、探偵小説を少し読むようになっただけで、いわゆる文学作品はほとんど読んでいなかった。なので、高校で、現代国語が苦手で困った。それで、付け焼刃ながら、本屋で、太宰治集とかいう、いくつか小説を収めた、そんなに厚くない本を買って、それに入っていた「人間失格」と、「斜陽」を、一応読んだ。

そのことをクラスの仲間に話したら、お前が太宰を読むなんて、と馬鹿にされた。大体が、島から通っていたので、田舎者と、いつもからかわれていた。

そういう過去の経緯があるので、最近古書店で、太宰治の「斜陽」を見つけて、それこそ50年ぶりに読み直してみたら、そのストーリーが、おぼろげな自分の記憶と、あまりに違うので、愕然とした。

すなわち、私の記憶では、主人公の女性のかず子は清楚で、手を拱いて、没落していくのだが、実際のストーリーでは、何やら弟の知り合いの作家と不倫して、子供を作ってしまう。

そもそも、弟がいた、というのも、全く記憶にない。そんな弟の直治は、南方に出征していたが、何とか帰還した。ところが、麻薬中毒にかかっていて、その治療のため、なかなか帰宅出来なかった。

せっかく帰っても、決して豊かとはいえない自宅のお金を持ち出して、外で飲み歩くだけで、姉のかず子は、嫌悪している。でも、病気がちで、あまり余命が長くない母は、ドラ息子が可愛くて、ならない。

鬱屈したかず子は、直治の師匠格の作家、上原に会いにいき、なんとなく恋に落ちる。

それから、かず子は、上原に、切々と何度も手紙を書くのだが、返事はない。それにしても、かず子の手紙の文章は、変幻自在、彩りがあって、見事である。

そういえば、かず子は、気分転換にローザルクセンブルの本も読むという革命家に憧れる気質で、そこにきて、恋多き女となると、まるで重信房子てある。

一方、直治となると、ディレッタントで、自己否定に富み、生活力が乏しく、薬物中毒とくると、まるで作者の太宰そのものである。その直治の手記が、気の利いた語句に溢れ、見事である。

それでも、かず子も直治も、母親が生きているうちは、ぎりぎりの均衡を保っていたが、母親が亡くなると、糸の切れた凧のようになり、それぞれ、放埒の限りを尽くした。

結局、強かなのはかず子で、戦時中、勤労奉仕でヨイトマケに精を出したことから、これからどうやっても、生きていく、と開き直るのだった。

という、太宰の性格と個性が滲み出る作品なのだが、高校生の私が読んで、ほとんど記憶にない、というのも無理はない。何しろ、若すぎて、今まで経験したことに照らして共感する、ということが不可能だったからである。

私の記憶力に必ずしも問題がある訳ではないのは、中学のとき読んだ、夏目漱石の「ぼっちゃん」のストーリーは今でも、ちゃんと覚えている、ということがあるからである。

美輪明宏氏が、何年か前に、プラスマイナスの法則のことを述べていたのを聞いて、まあそういうこともあるよね、くらいの軽い気持ちでいたのだが、こちらの記事など、折に触れて、なぜそれが成立するのか考えてみると、実に難しい。例えば、野球でも、連勝して、この勢いでどこまで行くのだろう、と思っていると、急に連敗に転じたりする。

で、そうなった理由を知り合いに聞いてみると、いろいろ尤もらしいことをいうのだが、なかなか決定的なことはいえない。

私がかろうじて法則的にいえるのは、成功するためには、その前に、ちょっと、あるいはかなり痛い失敗をしていることが必要条件ではないか、ということである。もちろん、あくまでも必要条件であって、十分条件ではない、というか、十分条件なわけない。

ともかく、そういう、証明されていない疑似法則が頭にあると、例えば、カープが劇的なサヨナラ負けを喫すると、普通は、カープファンは、いたく落胆する。これで、どうなんだろう、と心配する。

これが、プラスマイナスの法則が頭にあると、これを梃子に、次の勝利に繋げることができる可能性を得た、と前向きに考えることができる。

例えば、2017年8月の横浜スタジアムでの、DeNA対カープとの三連戦、どの試合もカープは、序盤から有利に進めながら、最後にサヨナラ負けを喫してしまった。剰え、カープは、主軸の鈴木誠也が、外野フライを追って、足を骨折してしまい、そのシーズンの出場が絶望的になった。

カープにとってこれ以上にない暗雲であるが、9月に入ってカープは、鈴木誠也を欠くにも拘わらず、信じられないような連勝で、早々にリーグ優勝を決めた。ところが、その反動でカープは、CSで上がってきたDeNAに負けて、日本シリーズに出れなかった。まさに、プラスマイナスの法則の例証である。

私の観察では、プラスマイナスの法則は、実人生よりも、スポーツやゲームで分かりやすく顕れる。麻雀などでは、本当に運の動きが見えるような気がする。

で、次の議論として、プラスマイナスの法則を、人為的にコントロールできるか、であるが、これもよく分からない。で、わざと負けるとツキを失う、というのが通説であるが、わざとでなく、負けやすい状況を導入する、というのはあると思う。例えば、野球でいえば、あまり実績のないルーキーをスタメンに起用する、などである。もしかして、教育的、あるいは将来の投資を見越して、負けの可能性を高めるのはありなのだろうか。こういうのも、ツキを溜め込むというのも、タンキングなのだろうか。

最後に、さらに議論を飛躍させると、私は、プラスマイナスの法則を成立させている根本原理と、量子もつれなど、量子力学を成立されている根本原理は、同根ではないか、と推定する。ファインマンは、量子力学が分かっているという奴は嘘つきだと、断言した。プラスマイナスの法則がそれより分かりやすいとは限らないと思う。

月別 アーカイブ