脂肪の塊

user-pic
0

私は若い頃から必ずしも文学青年ではなかったが、たまたま読んだモーパッサンの「脂肪の塊」という短編を読んだとき、ストーリーが妙にもの哀しくて、印象に残った。

それを読んで二十年くらいたったとき、まさか辛い気持ちで「脂肪の塊」のストーリーを思いだそうとは、想像だにしていなかった。

それは前にも書いたが、私が部門のIT全般の雑用を担っていたということで、ワードパーフェクトというワープロシステムに移行するに当たって、マニュアルを読んでマスターして、部門の皆に説明するように部門長から指示されたときのことである。

私はオペレーティング・システムやプログラミングは好きだが、個別のアプリは好きでも得意でもない。それが証拠に、未だに私のMSオフィスのスキルはかなり限定的である。

なので、私はそれはもっと相応しい人がいる、と比較的パソコンが得意な事務担当の女性の名前を挙げた。

しかし、部門長は、君が一番相応しいと取り合ってくれなかった。それで仕方なく、500ページもあるマニュアルを読み進めていった。私がアサインされた理由がちょっと分かったのは、マニュアルは英文だった。確かに事務の女性だとちょっと難しいかもしれない。

で、部門のみんなの前で、基本機能を説明したら、そうなのか、と感心してくれる人もいれば、難しい質問で、私を困らせる人もいた。ともかく、その後も私が現場サポートして、なんとかワードパーフェクトは、テイクオフした。

それで、部門長から、では、大和にある知財の駐在部門に行って説明してほしいと依頼され、しぶしぶ行って説明していたら、そこにいた元上司から、いつまでもこんな下らないことをやっているんじゃない、という。それを聞いて、我慢強い私も流石にぶちきれて、頼まれたからしぶしぶやってきて説明してあげた私にいうことですか、と言い返したら、流石にに反論はなかった。

私は後で悔しくて涙がでてきて、つい「脂肪の塊」のストーリーを思い出した次第である。

その元上司が馬鹿だなあ、と思ったのは、彼は、彼の一部のミッションにおいて、私のプログラミングのサポートに本質的に依存していたのである。

私はもちろん、その発言に応答して、完全にサポートから手を引いた。その後、どんなに懇願されようとも決して受けなかった。しばらくして、彼が退職したのは、単なる偶然だろう。

が、その元上司よりも私はさらに馬鹿だった。というのは、そんなことがあっても、私はITサポートから手を引かなかった。それは、コンピュータが好きで、ITサポート抜きの会社生活がどうしても考えられなかった、ということともう一つ、私のプログラミングの師匠であるMさんのことがあったからである。

以前に私と一緒にITサポートをやっていたMさんは、ある日突然に、ITサポートから手を引いた。それはもしかして、誰か管理職から、君は幹部候補だから、ITのような雑用をやっていてはいけない、と注意されたのかもしれない。まあともかく、私はMさんの分もカバーするようにITサポートをやっていたらなんと、Mさんが突然入院するのだという。それからしばらくして、Mさんの病気は相当厳しい状態だと聞いた。Mさんが亡くなったのはそれから1ヶ月後だった。

そのことから、私は極めて非合理的に、一旦始めたITサポートは、止めたらいけないのだ、と自分に銘じた。

しかし、IT雑用屋の私には、その後も何度も試練が訪れた。その最大のものは、昇進の差別であった。すなわち、病気休職のような人までが昇進の対象になったのに、予算管理の全権を握って日々腐心していた私が、対象からはずされ、比較的に低い地位に留まった。そのときは流石に、顔面蒼白になった。辞めなかったのは、弁理士でもない私に、再就職の目処が立たなかったからである。そもそも、ITサポート屋では、潰しが利くわけがない。ギター侍の、残念!なのだった。

こうして私は、何度も「脂肪の塊」のストーリーを辿るのだった。

豪徳寺

user-pic
0

今勤務している会社で、年初の勤務日に、社長のキックオフ・スピーチがあった。今年の事業計画をざっと説明したあと、社長が意外な話題に触れた。

それは、社長の会社の部屋には招き猫の置き物が置いてあり、それは、豪徳寺にお詣りして買ったもので、そもそも豪徳寺は、徳川家筆頭譜代大名の井伊家の菩提寺であるという。

知識が狭く、偏っている私は、豪徳寺を小田急線の駅の一つくらいしか認識しておらず、あの井伊家の菩提寺があるなんて、全く知らず、ましてや、猫に縁があるなんで、と意外に思い、ある休日に、家内と出かけてみた。豪徳寺はそもそも、定期の通勤圏内で、交通費がかからないのが、うれしい。

すると、駅から豪徳寺方面の道はちょっと分かりにくいので、スマホのナビを使ってみた。そしたら、豪徳寺を目指したら、駅名も豪徳寺なので、なんと駅に戻る案内をするので、閉口した。

それで、ナビに頼らず、参拝客らしき人たちについていくことで、なんとか豪徳寺に着いた。10分以上歩いたような気がする。

着くと、とりあえず名物の招き猫を買い、参拝を済ませて、沢山の招き猫が置かれている、有名な場所に行ってみた。すると、招き猫が大小交えて極めて多数並べられているという異様な光景に圧倒された。

それにしても、どういう経緯でここに招き猫が置かれているのだろう。まさか、せっかく買ったばかりの招き猫をここに置いて帰らなくてはならないのだろうか。なんとなく、周囲の人に聞くのも気がひけるので、スマホで調べてみた。するとどうも、しばらく自宅に招き猫を置いておいて、何か願をかけ、それが叶うと、そのお礼に、招き猫を豪徳寺にもってきて、奉納するのだという。すると、次々に招き猫が増えることになるので、お寺は、古いものから処分するのだろうか。ともかく、そこで撮った写真を示す。

あと、せっかくなので、井伊家の墓所にも行ってみた。すると、井伊家二代目当主の直孝から、十三代の直弼までの墓があった。初代の虎松こと直政の墓は別のところにあるのだろう。

豪徳寺が、井伊家の菩提寺になった経緯として、招き猫伝説がある。すなわち、当時は田舎の寂れた寺だった豪徳寺のそばを井伊直孝の一行がとおりがかると、なんと猫がいて、招き入れる動作をするではないか。それに興味をもった直孝らが、寺の境内に入ると、急に激しい雷雨が降ってきて、幸い直孝らは雷雨に打たれるのを逃れることができた。そのことに恩義を感じた直孝は、豪徳寺を菩提寺にすることにしたのだという。このあたりの恩義の律儀さは、徳川家から継承したものだろう。いやあ、猫好きにはこたえられない伝説である。

それで気をよくして帰っていたら、行きは道に迷っていて気付かなかったが、豪徳寺の閑静な住宅街や商店街の、レトロで落ち着いた雰囲気に魅せられた。なんとなく、私の故郷の尾道市の趣もある。

ということで、豪徳寺にはすっかり好感をもった次第である。社長のスピーチがきっかけなのだった。

今勤務している会社に勤め始めて、特許調査の仕事を開始したのは約5年前だが、検索式の作成の効率がどうもよくないので、自分になり工夫して、Perlで検索式アセンブラを書いた。

私が業務中に特許調査用に書いたツールは、これ以外にも100個以上あるが、業務効率に一番利いているのは検索式アセンブラである。そこで、ブログでソースコードを公開して、興味がある人(いないと思うが)に使ってもらおうと思った。ただ、そのためにはこのプログラムの著作権が会社でなく、私になくてはならない。そこで一応念のため、部門長に確認して、私に著作権があると判断してもらったので、ソースコードを持ち帰ることにした。

とはいえ、会社の規則では、自分個人のメールに添付ファイルを送ったり、会社で自分のGoogle Driveに入ったりすることは禁止されているので、ソースコードを印刷してハードコピーのかたちで持ち帰ることにした。そうやって、自宅で地味に秀丸で書き写していたのだが、折角なので、木本裕紀著「業務に役立つPerl」技術評論社にあるような現代的スタイルに書き直すことにした。それでも、もともとが古臭いスタイルなので、書き直しても垢抜けなさはどうしようもない。ともかく、以下のようなコードである。


# 検索式アセンブラ

use strict;
use warnings;

# ソースファイルの指定
my @FF = qw/query1.txt query3.txt/;

foreach my $z (@FF)  {
  printf "%s",jpnqconv($z);  # サブルーチンの呼び出し
}

# 処理本体のサブルーチン
sub jpnqconv      {
 my $fi = shift;   #ソースファイル
 my $fo;           #出力ファイル	
 my $p;            #ポインタ

# 出力ファイルの用意
 if (( $p = index $fi,'.') > 0 )    {
   $fo = substr($fi,0,$p) . '_a.txt';
 }  else                            {
   $fo = $fi . '_a.txt';
 }
 
 my %PTN;
 undef %PTN;  #パターンマッチング用のhash
 
 open my $fin, "<$fi" or die "$fi not found.";
 open my $fout, ">$fo" or die "$fo file open error. ";
 
 my $L = 1;  # line counter
 my $s;
 my $t;
 my $u;
 my $i;
 my $x;
 my $R;
 
 while (<$fin>)                    {
   chomp;
  
  if ( substr($_,0,1) eq '#' )  {
    next;
  }
  
  if ( substr($_,0,1) eq ':' )                            {
   $L--;
   $s = $_;
   $t = sprintf "#%d",$L;
   $PTN{$s} = $t;
   $L++;
  } else                                                  {
     $u = substr($_,0,3);
     unless ( $u eq 'IC=' || $u eq 'FI=' ||
              $u eq 'UC=' || substr($_,0,4) eq 'CPC=' )      {  # /1や/2などの相対指定ラベルの置換
        for ( $i = 1; $i <= 9; $i++ )        {
            $s = sprintf "/%d",$i;
            $t = sprintf "#%d",$L - $i;
            $_ =~ s/$s/$t/g;
        }
        foreach $x (sort keys %PTN )         {        # :ABCのようなラベルの置換
            $_ =~ s/$x/$PTN{$x}/g;
        }
     } # end of unless
     
     printf $fout "%s\n",$_;
     $L++;
  }
 }  # end of while
 close $fin;
 close $fout;
 
 $R = sprintf "%s has been generated.\n",$fo;
 return $R;
 
} # end of subroutine

次に、このプログラムの処理を例示する。 以下が、JPNETのための、もとの検索式とする。

// sample query
IC=G06F*
FI=G06F*
T=/2+/1
:class
// 特許ステータス
STS=Z01+Z03
:sts
// キーワード
HTC=ハードディスク + HDD
UTC=(フラッシュ)<5W>(メモリ)
T=/2+/1
:keywords
T=:class&:sts&:keywords

ここで、/2や/1が相対位置ラベルであり、:classのように:で始まるのが絶対位置ラベルである。絶対位置ラベルの:は行頭になくてはならず、絶対位置ラベルの行には他に何も書いてはいけない。絶対位置ラベルは後置式であり、そのラベルの一つ上の行を示す。/2は例えば、2行上の検索式の位置を示す。/9から/1までが使える。

これの変換結果は、以下のとおりである。

// sample query
IC=G06F*
FI=G06F*
T=#2+#3
// 特許ステータス
STS=Z01+Z03
// キーワード
HTC=ハードディスク + HDD
UTC=(フラッシュ)<5W>(メモリ)
T=#8+#9
T=#4&#6&#10

この結果の式は、JPNETでそのまま走る。たったこれだけの機能であるが、式を書き直してJPNETで走らせて、その結果をみて式を改良していく、という目的には便利である。行番号のずれを全く気にしなくていいからである。検索式が長くなるほど、威力を発揮する。

能力の低下

user-pic
0

歳をとってくると、いろいろ能力が低下してくる。それで、今まで書いたこととの重複を畏れず、老化と題して簡単にまとめてみようと思ったが、考えてみると、必ずしも老化が原因でない能力の低下もあるので、一般化して、能力の低下と題して、書いてみることにした。

すると、一番感じるのは体力の低下である。今から六年くらい前、外資系にいて豊洲に通っていたとき、長距離通勤なので、行きは朝早く起きて、各停で座って会社に行っていた。しかし、帰りは代々木上原で急行か準急に乗り換えるので、まず座れない。結構な混み具合だったが、それでも、あまり体力的にきついとは感じなかった。

ところが最近は、新宿で乗り換えることを利点として、帰りもホームに並んで必ず座るようにしたら、快適なのだが、たまたま急ぎで座らないで帰ったときなど、妙に疲れるようになった。これは明らかに加齢による体力の低下だと思うが、スポーツをやっていないことの弊害という面もあるので、改善の余地はある。実際、週末の散歩を習慣化することで、多少は体力が回復したような気もする。

あと、私は若い頃から比較的酒が好きで、自分の限度を弁えないので、酒による失敗は数知れずなのだが、最近は流石に自分はあまり酒が強くないと意識して、飲み過ぎないように注意したら、酒での失敗は減った。まあそうやって自制できるというのは、加齢により、自分を突き動かしていたエネルギーが減った、ということで、必ずしも喜べない。

ただ、若いときは前日が飲み会でも、次の日の仕事にあまり差し支えなかったが、最近は、そんなに飲んだわけでもないのに、次の日、あまりやる気がでない。もしかして肝臓が悪いのかと思ったが、少なくとも健康診断での肝臓の数値は正常である。よっで、加齢により肝臓のアルコール分解能力が低下したのだろう。

また、加齢により基礎代謝が下がったせいなのか、一般的に食べる量も減った。少し前は朝、食パンを一枚食べていたが、最近は半分でいいと思ったりする。

これも加齢のせいだと思うのだが、物欲、名誉欲、異性に対する関心が低下している。それは生きる意欲にも関連するので、もう少し強くてもよいような気もするが、若いときから、どこか恬淡としたところがあったので、それも私の個性なのだろう。

一方、知的能力であるが、物事をじっくり考えるという意味では、寧ろ若い頃より進歩しているという自負はあるが、知的能力のパワーという意味では、やはり低下は否めない。例えば、半徹夜して集中して、本を読むような能力である。

個別には、数学の本は、1ページを何日もかけて眺め、ああ、そういうことなのか、と理解できることが増えた。以前は、さっぱり理解できないので、読み飛ばしたりしていた。

ただ、若い頃から数学の計算が得意でなかったが、加齢でそれがさらに苦手になった。しかし数学において、自分で計算することが理解に本質的だったりするので、そこは鍛え直す必要がある。

将棋は、体力の低下に比例して、明らかに棋力も下がった。数学よりも瞬発力を要する。ただ、スマホでいつも棋譜を眺めているので、将棋の知識は進歩し、大局観のようなものは多少進歩しているかもしれない。あと、数学の計算能力に対応するものとして、詰将棋の解図力があり、やはり私はこれが弱い。練習しなくては。

あと、囲碁は学生時代に覚えたのだが、級位者から脱出できず、才能がよほどないのか、と諦めていたら、囲碁コンピュータ・ソフトの千本桜ならぬ千本ノックを受けることで、なんとか弱い三段くらいまでなった。弱い五段くらいになれれば、と思っている。ともかく、囲碁は多分、脳の活性化ツールとしては、将棋より優れているので、そちらで活用しよう。

あと、今までメジャーな努力を傾注してきたスキルとして、英語があるが、もともとあまり得意でも好きでもなかった会話力はほとんど崩壊し、得意だったはずの英作文力も、出番がなくて、レベルの低下が著しい。そんな中で、読解力は、外資系にいた頃より少し上がったかな、と思っているのは、毎週、TIMEという雑誌を読んでいるからである。以前は面倒だとあまり辞書を引かなかったが、最近はまめに辞書を引くと、単語の未知率がかなり低下し、以前よりもスムーズに読めるようになった。

このように、自分の体力とスキルをアセスしながら、生きていくとしよう。

ルージュ

user-pic
0

新聞の書籍広告を眺めていたら、誉田哲也の「ルージュ」という新刊の文庫本が掲載されていた。「硝子の太陽」というサブタイトルもある。

誉田哲也はちょっと食傷感があるので、ちょっとなぁ、と思ったが、これは姫川玲子シリーズなので、惰性で読むことにして、散歩のついでに書店に立ち寄ったついでに買った。実は美人なのに無駄に真面目で仕事熱心という姫川のキャラが好きだったりする。

するといきなり、28年前の昭島市での一家四人殺しという凄惨な事件の記述から始まった。その事件は、犯人が一家四人を次々に殺害しただけでなく、死体を一室に並べ、証拠隠滅のために銃で死体を損壊するという猟奇じみたものだったが、なぜかほとんど捜査されることなく、時代の経過とともに忘れ去られた。

そして、それから28年を経て、世田谷区の祖師ヶ谷で、一家三人殺しという大事件が起きた。その手口は実は、昭島の事件と酷似していたのだが、昭島の事件は世間から完全に忘れ去られていたので、二つの事件を結びつける者はほとんどいなかった。

ともかく、大事件なので、世田谷署には警視庁捜査一課から、菊田を含む姫川の班が招集された。

殺された一家は、長谷川繭子というアイドルなので、姫川たちは、ファンの逆怨みというかストーカーの線で、交遊関係を洗ったが、全くというほど手掛かりが見つからなかった。

それでも、現場付近で聞き込みしていると、姫川は、何やら怪しげな男とすれちがった。それで、監視カメラを駆使して調べてみるとどうも、上岡慎介というジャーナリストらしい。祖師ヶ谷一家殺しの事件を独自に調べているらしい。なんでも、白人を見かけなかったか、と聞きまわっているらしくて、姫川は怪訝になった。

ところが、ほどなくして、上岡は殺されてしまった。犯人が口封じしたのだろうか。

そして、上岡の殺人事件の帳場が立ち、姫川の仇敵である、ガンテツこと勝俣健作たちの班が動員された。

すると、ガンテツは、上岡のパソコンなどの私物を検めたのだが、こっそり、上岡のUSBメモリを押収した。

ここにある資料を使って、姫川たちに一泡ふかせようという算段である。

姫川たちの班はというと、祖師ヶ谷の事件が膠着状態なので、上岡の殺しの方に手掛かりを求めてやってきた。

そこで姫川は、まさにガンテツの仕掛けた罠?に乗って、祖師ヶ谷の事件と、昭島の事件を繋ぐ細い糸に気付き、隠密に動き出した。

ここから佳境に入るのだが、この小説はなぜか、凄惨な事件で始まった割には淡々とした出だしだった。

そこから、菊田とか葉山とかガンテツが出てきて、常連感が溢れて親密ムードになってきたところで、ストーリーはやま場を迎え、重い雰囲気になったはずなのに、どうも文体が軽い。これが誉田哲也の乗り、といえばそうなのかもしれないが、仕方がないのか。

それでも、数年後に姫川シリーズの新刊が出たら、買うだろうな。

フィアスコ

user-pic
0

最近寒くて嫌だね、と思っていたら、一方でそうはいうけど、日常的に熱中症になりそうだった八月頃よりましでは、とも考えた。そして、その八月のある日のことを思い出した。

その日は土曜日で、近所の行事で、ちょっとパソコンを使って説明することがあったので、麻の買い物袋にパソコンを入れて出かけた。朝から暑いので、熱中症予防にスポーツドリンクを買おうとコンビニに行き、よく分からないけど、なんとか生命体飲料とかいう、迷彩服柄の怪しげなスポーツドリンクを買った。

暑さでいまいち調子が出なかったが、スポーツドリンクを飲みながらなんとか凌ぎ、とりあえず行事を終わった。それで帰ろうとしたら、おっと、スポーツドリンクをテーブルの上に忘れていた。それで、スポーツドリンクを麻の買い物袋に入れて、歩いて帰っていると、どうも様子がおかしい。ふと自分のズボンをみると、濡れている。あちゃっ、やっちゃったかと思ったのは、最近ときどきトイレの小の方にいって、うっかりズボンにかかってしまうことがあるからである。

しかし、どうも様子が違うと買い物袋をみると、買い物袋内が水浸しで、地面にたれており、パソコンも濡れている。ああっ、とショックを受けたのは、どうもスポーツドリンクのペットボトルの蓋が緩んでいるのに気づかず、そのままペットボトルを麻の買い物袋に入れてしまったようである。

買い物袋が濡れても乾かせばいいが、パソコンはキーボードや筐体内に電解質の液が浸み込むと回路がショートして壊れてしまうことになる。そのとき突然、普段意識したこともないのに、フィアスコという言葉が浮かんだ。英語でfiascoと綴り、大失敗という意味である。

自宅に帰って、とりあえずパソコンを布で拭き、しばらく屋外で乾かし、動作テストしたら特に異常がないようなので、安心した。買い物袋は乾かしたらシミになったが、もともと汚れているので気にならない。

そこで、なぜfiascoという単語が突然記憶から現れたのかというと、どうもTIMEを読んでいて、ネガティブワードとして、印象が強かったからのようである。同様のネガティブワードとして思い出すのは、doldrumsとdebacleがある。私はこれらもfiascoと似たような意味かと思って改めて辞書を引くと、doldrumsは意気消沈とか、塞ぎ込み、不況のような意味らしくて、fiascoとはかなりニュアンスが違う。debacleは、敗走、崩壊、暴落のような意味で、fiascoと似ているようだが、やはりニュアンスの違いがある。

しかし、一番私が印象に残っているネガティブワードは、私がまだ独身の頃読んだTIMEの記事におけるものである。すなわち、そのときベイルートに駐留していた米軍の基地のビルに自爆テロのトラックが突っ込み、なんと200人以上が死んだ。記事のタイトルは、Carnage in Beirutで、辞書を引いてcarnageが、大虐殺という意味だとそのとき知り、その後もこの単語を忘れたことがない。

carnageの類似の単語としてその後、massacreとholocaustをTIMEで知った。改めてニュアンスの違いをみると、carnageは戦闘における大虐殺、massacreは相手が無防備の場合の虐殺、holocaustも大虐殺なのだが、特に固有名詞的には、ヒットラーによるユダヤ人虐殺に使われているようである。

TIMEを読んでいてネガティブワードが多く出てくるのは、それが主としてニュース記事だからだろう。するとどうしても、幸せな話はあまり出てこない。

将棋と仕事はあまり関係ないようだがそれでも私は将棋的な思考というか、枠組みを仕事のやり方に採り入れてきた。普通は、そのときどう将棋的なやり方が反映されているか、傍らから見ていて分かりにくいのだが、かなり分かりやすい例として、短時間モードがある。

すなわち、例えば特許実務でも特許調査でもいいのだが、比較的短い期限の仕事が舞い込む、ということがある。そういう場合、仕事が速いと言われている私に大抵仕事が打診された。他の人は手持ち件数が多いからと断ったりしていたが、私は状況にかかわらず、あまり断ったことがない。将棋の乗りで、持ち時間が少なくても、それなりのクオリティを発揮しなくてはならない、と思っていたからである。より具体的にいうと、将棋の場合、持ち時間が5時間の将棋もあるし、持ち時間が10分で、あと一手30秒以内の将棋もある。どうしても後者の場合、前者より手のクオリティは下がるが、そういう言い訳しないでなるべくそれほど遜色のない手を指したいというのが、アマチュア将棋指しの矜持である。

私は特許の中間処理の場合、特に短時間モードだと、対応する米国特許のクレームを基準にした。そうやって一旦クレームが決まると、それを引用例の技術と比較する段階に進む。それで、進歩性が主張できそうなら、差違を記述した意見書を書いた。そうでないなら、一つ下位の従属項に着目し、それで特許になりそうなら、それを限定補正したクレームを用意し、米国担当者にそれでよいか通知した。大抵、米国担当者は同意してくれるので、一件の中間処理の完了となった。

そうやって要領よく仕事を処理していると、私が部内で圧倒的多数の処理件数となり、年末の評価でAがもらえたりした。しかし、そのときの上司は、評価を伝える際に、部門全体で決めたので、君にAの評価を与えるが、個人的に君の仕事のクオリティはCだと思っている、と最高に嫌なことを言った。どうも、要領がいい、イコール、流して仕事をしているので、クオリティが低いと判断したらしい。ところが、後に私が観察したところだと、外部の特許事務所の弁理士は、ある程度ルーチン化して中間処理をこなしているようで、社内の認識がおかしいのでは、と思った。

ともかく、どうも、その評判が部内に流布されたらしく、私は、彼は仕事は速いが、中味はいい加減だと、多くの人に思われるようになり、残念だった。

実は私は、重要度が中程度以下の案件には合理的に処理する一方、重要な案件には本当に時間をかけた。他人が処理した、審判係属中の案件を途中から引き継いだのだが、なにしろ記載不備が多く、審判官からの拒絶理由通知は長大で、明細書そのものよりも長かった。それをみて、私は困り果てて、明細書を精読してメモをとる日が2週間以上続いた。それで、勝負手で新規事項ぎりぎりの補正を案出し、それが出願時の明細書の範囲内であるという主張の長い意見書を書いた。

それで、無理筋と知りつつ、意見書と手続補正書を特許庁に提出したら、勝負手が功を奏して、ラッキーで認容審決を得た。重要特許だったので、これはファインプレーだと思った。私にもこういう熟慮精細モードがあるのだと周囲に主張したのだが、いい加減な奴だという私の評判は改善されなかった。

その後、管理職になったので、実務から離れたが、面倒見がいい私は、若手の後輩たちに特許実務の指導もした。後輩たちは、私がいい加減な奴だという偏見はなかったので、素直に私のいうことを聞いてくれた。私の指導がよかったというより、後輩たちが優秀だったからだろうが、ともかく私が指導した後輩たちは皆、一人前に成長した。これは、私がそんなにいい加減でないという、一つの例証にならないだろうか。

管理職を降りて、長いブランクを経て実務屋に戻った私は、いまこそいい加減の評判を払拭するとともに、ある特許明細書のスタイルを確立しようと決意した。それは、研究者からみても技術的に筋が通った、特許臭のない、論文ライクな明細書を書くことである。

そのために必死で勉強した。明細書を書いた六年間で買った技術書の購入に掛けた費用は、50万円を超えた。

その結果、私が書いた明細書は、部内と発明者の両方から高い評価を得た。後輩たちにも私のスタイルを真似して欲しかったが、これはあまりにも私のスタイルで、流石に踏襲はしてもらえなかった。しかし、後輩に対する刺激になったのは確かで、彼らは彼らなりに、よき明細書のスタイルを確立しようと努力しているのを感じた。

そんなある日、嘗て私に厳しく当たった、例の元上司が、何かの挨拶で会社にやってきた。ところが、私を見るなり、元上司は、相変わらず、いい加減な仕事をやっているのか、という。単なる冗談と受け流すところ、過去の経緯がある私は、ムッときて、あまりまともに応対もしなかった。私が最近書いた明細書を見て下さいよ、と言おうと思ったが、どうせ見てくれるわけないので、言わなかった。

こういうことを思い出して書くというのも、なんとも私はこなれていないなあ、と苦笑するが、まあ要するに、仕事で、短時間モードだけでなく、長考の精細モードもあるんだ、と言いたいだけなのだった。

かなり前、知り合いが私のスマホをみて、それでは画面が露出されているので、傷つくおそれがあるから、手帳タイプのスマホ・カバーを買った方がいいとアドバイスしてくれた。

まあそうだね、と思いつつ、なんか面倒なのでそのままにして、数か月がたったとき、通勤途中の駅でショッキングなシーンに出会った。私が電車を降りたとき、私に続いて降りた女性が手にスマホをもっていたのだが、スマホが手から滑り落ちて、電車とホームの狭い隙間に落ちてしまった。それをじっと見ているほど暇ではないので、そのまま私は立ち去ったが、スマホを落としただけなのにのストーリーが思い出されて、自分は駅ではスマホをもってうろうろしないようにしないと、と自戒した。

それでも、つい駅のホームでスマホで確認したいことがないとはいえない。それで、手帳タイプのスマホ・カバーなら、ストラップを付けたりして、裸のスマホをもっているより落としにくいと思った。それで、ある休日、手帳タイプのスマホ・カバーを買おうと、自宅近くのドコモ・ショップに行ってみた。すると、少なくとも3000円以上で、思ったより高いのでがっかりした。そこで、もしや、と思い、そこから歩いて10分程度のホームセンターに行ってみた。

そして、スマホ用品のコーナーに行ってみると、スマホ・カバーは全く置いてないようである。がっかりして、店を出ようとして、ん?と思ったのは、モバイルチャージャーを見つけたからである。電車の中でスマホのバッテリ残量が下がってくると、焦ることがあり、モバイルチャージャーがあればいいと何度も思った。百均にも乾電池式のモバイルチャージャーはあるが、電池は使い切ると邪魔になるので充電式がいいよね、と思いつつ、なかなか適当なのを見つけきれずにいた。まあ、あまり真剣に探したわけではないが。で、まさにこれが充電式のモバイルチャージャーなのだった。メーカーは、オーム電機。知らなかったが、ホームページでみると、充電器、USBメモリ、マウス、各種ケーブルなどの製品がある。そこにあったのは、フル充電でスマホの充電1回分と、2回分と、4回分の三種類である。4回分は3000円超で、2回分で1800円程度、1回分で1000円程度で、1回分は少なすぎるので、2回分を買った。

自宅で試してみると、このモバイルチャージャーは、厚みはスマホよりあるが、大きさはスマホの半分程度で、持ち歩くにも便利である。4目盛のLED表示があり、充電残量に応じて、表示が変わる。フル充電には約四時間かかった。フル充電した状態で、30%まで残量が減ったスマホに充電してみたら、普通にUSBケーブルで充電するのと同じ様子で安心した。スマホにフル充電したら、LED表示はきっちり2目盛まで下がった。仕様どおりでなかなか律儀である。

ちなみに、モバイルチャージャーにチャージするには、タイプBのUSBケーブルで、給電プラグにつなぐ。これがチャージ・インである。私は、コンセントに常に、USB給電用の装置を挿している。モバイルチャージャーには、タイプAのUSBポートがあり、ここからスマホなどに給電する。これがチャージ・アウトである。私のスマホの充電は、タイプCのUSBケーブルを使うので、モバイルチャージャーについてきたタイプBのUSBケーブルは使えないが、タイプCのUSBケーブルの予備のケーブルも、タイプBからタイプCへの変換プラグもあるので、どうにでもなる。もちろん、タイプBのUSBプレーヤーの充電にも使える。

なお、折角なのでやはり手帳タイプのスマホ・カバーを買おうと、ホームセンターから歩いて10分程度のコジマ電気に行ってみた。すると、ほとんどがiPhone用なのでがっかりしたが、探したらAndroid用もあった。あったのはいいが、機種依存で困ってしまった。機種によってカメラの位置など、微妙に違うかららしい。私が使っている機種のAQUOS用がなかなかなくて、AQUOS sense2というのがあったので、これですかね、と店員に聞いたら、それでは駄目でAQUOS senseなのだという。実にややこしい。色違いが2種類しかないので、仕方なく紺色の方を買った。税抜きで3200円程度と、ちょっと高かったが、仕方がないか。指を差し込んで、落としにくくする工夫があって、ありがたい。

結局、この日は、モバイルチャージャーと、手帳タイプのスマホ・カバーと、スマホ関係のグッズが買えて、満足な一日だった。

かなり前に、内藤正典著「イスラムの怒り」集英社新書を買っていたのだが、なんとなく読む気がしなくて、しばらく積ん読しておいた。

それを読む気になったのは、最近は日本にもイスラム教徒が、おそらくインドネシアなどの東南アジア他から入国して、増えている、とテレビで見たからである。

今から数年前に、たまたま代々木上原にあるモスクを訪ねて、イスラム教の礼拝を見学する機会があったが、その敬虔な雰囲気に感化されて、イスラム教に好ましい感情をもった。

ただ、イスラム教に対してあまりに不勉強なので、内藤氏の本で勉強してみようと思った。

さて、この本は推理小説の類いではないので、結論から先に書いても、そんなに問題ではあるまい。そこで、イスラム教徒を怒らせないだめに、何に留意すべきか、この本に従い記してみる。

その第一は、弱い者いじめしないことである。ここで、弱い者とは、女性、子ども、高齢者などであるが、困っている人や病気の人も、該当する。

第二に、聖典コーラン、預言者ムハンマド、神を侮辱したり、嘲笑したり、揶揄したり、不適切な引用をしない。

第三に、イスラムに由来する価値観や生活習慣を、遅れていると侮辱しない。

これらは、書き出してみると当然のようであるが、キリスト教的な、あるいは西欧的な価値観に染まっていると、ついうっかりしがちである。

まず第一であるが、西欧でも日本でも、もちろん弱者を虐めることはよくないとされるが、一方で、資本主義の競争原理というか、何かの理由で弱者が困っていても、見て見ぬふりをすることがいけないことである、とはされていない。

より具体的には、この本の最初の方で、ワールドカップでフランスの代表のジダンが、相手チームのあるメンバーに頭突きして退場になったことを例に挙げ、内藤氏は、あれは相手がジダンの身内の女性(もしかして、姉か)を侮辱したからではないか、と推察する。イスラムでは、日本よりもはるかに身内を大事にし、特に弱者である女性や子どもに対する暴言には激怒し、暴力も辞さない。イスラムが米国に対してジハードを仕掛けるのは、米国が空爆などで、女性や子どもなどの非戦闘員も無差別に殺戮したからだ、という。

第二の問題は、三年前のパリ同時多発テロの原因になった、風刺画でムハンマドを侮辱したからである。それをフランスでは、表現の自由だと抗弁したが、それはないだろうと、私は思った。というのは、一応右翼的だとはいえ、私は必ずしも天皇陛下を深く尊敬している訳ではない。だとしても、どこかの外国が、天皇陛下の風刺画を描くのは許せない。広島の原爆投下を揶揄されるのも同様である。

第三はなかなか難しい。外資系にいたとき、仕事柄、米国やヨーロッパだけでなく、韓国、中国、インドなど、様々な国の人々と付き合ったが、文化的、政治的なことにはいつも神経を使った。世界の多様性を少しだけ認識したが、その中にたまたまイスラム教徒はいなかった。もしいたら、さらに神経を使っただろうと当時、思ったが、この本を読むと、イスラム教も厳格な教義の裏に、案外寛容な面もあるので、それなりに付き合えたかも、とも思う。

ただ、頭で考えているだけだが、一番距離感のわからないのが、今のところ、イスラム教徒の人達だったりする。

せめてこの本の教えに従い、イスラム教徒に対して失礼がないようにしたい。

それにしても、さらによくわからないのは、キリスト教とイスラム教の関係である。ある意味、兄弟関係にあるような宗教同士なのだが、十字軍など、歴史的に、あまりにも確執が多い。

日本にインドの担当者が来たとき、米国の担当者が、インドの人に、イギリスとの関係にまつわる侮辱的なことを言って、インドの人が激怒し、どう仲裁していいか困ったことがあった。あれがヒンズー教のインド人でなく、イスラム教のアラブ人だったら、どうなっていたか、あまり想像したくない。

ともかく、日本に軸足を置きつつ、世界の多様性を勉強してみる。旅行嫌いで所詮座学の私には、相当限界があるが。

ウェブニュースで、囲碁の最年少プロが誕生したというのを見て、えっ、そんな有望な人がいたっけ、とみてみた。読売新聞のホームページから引用させて戴く。

囲碁の日本棋院は5日、大阪市内の小学4年生・仲邑菫さん(9)を4月1日付で、国内では史上最年少(10歳0か月)のプロ棋士(初段)とすると発表した。仲邑さんは新設した「英才特別採用推薦棋士」の第1号となる。従来の最年少記録は藤沢里菜女流三冠(20)の11歳6か月。
仲邑さんは日本棋院所属のプロ棋士・仲邑信也九段(45)の長女。東京都生まれで5年前から大阪市在住。3歳で囲碁を覚え、小学3年生の時に関西棋院、昨年はソウルの囲碁道場や韓国棋院で実力を磨いた。東京都千代田区の日本棋院本院で記者会見に臨んだ仲邑さんは「井山裕太棋聖みたいな棋士になりたい。中学生のうちにタイトルを取りたい」と抱負を話した。

私は囲碁界の情報もある程度チェックしているのだが、仲邑菫さんのような才能がある少女がいるなんて、全く知らなかった。もしかして、日本棋院の隠し玉だったのだろうか。

それにしても、父親がプロ棋士の仲邑信也九段で、別の情報によると、母親が囲碁イントスラクターだそうで、強くなるには理想的な環境だが、でも一将棋ファンの観点からいうと、プロになるショートカットを作っておいて、はい最年少プロ記録、ってなんか変じゃない?と思ってしまう。

そもそも、藤井七段の場合、一切制度の改変恩恵はなかった。それでも私は、新記録をみて、昔はいまより全然棋戦が少なかったのだから、フェアじゃないと思ってしまう。私のように、公平性に過敏になっては今の時代についていけないのだろうか。

ただ、promotionというかqualificationのプロセスをあまりに恣意的にいじると、囲碁のプロ棋士の存立基盤を却って掘り崩してしまわないか。少なくともそれが、本質的な囲碁人気の高揚に貢献するとは考えにくい。そもそも、囲碁界が、藤井七段などによる将棋人気に危機感を覚えたみたいな説があるが、きちんとお金を払うファンは囲碁の方が多いし、将棋と違って囲碁はインストラクターが食べていきやすい。このあたり、囲碁の方が将棋より「厚い」と思う。

まあどういう経緯ではあれ、仲邑菫さんにはプロとして頑張ってほしい。とりあえず、藤沢里菜女流三冠に追いつけ追い越せだろう。私はいつもどおり、有望新人の仲邑菫さんを応援したい。

月別 アーカイブ