5月26日(土)に、ズムスタでのカープ対中日を観戦していたら、カープも頑張っているのだが、どうも一歩足らないというか、最終回カープは猛追したのだが、囲碁でいえば半目負けだった。

それでもカープの今期の成績は、地元のズムスタではなんと16勝4敗の勝率8割、一方アウェイでは11勝12敗のほぼ5割の勝率なので、まさに地元での圧倒的な強さが現在首位の原動力、ということになる。

そういうのを見ていて、広島出身の歌手、二葉あき子の大ヒット曲、フランチェスカの鐘の題名をもじって、フランチャイズの鐘と言いたくなった。

しかし、Wikiによれば、フランチェスカの鐘は、広島市への原子爆弾投下の犠牲者への鎮魂歌として、二葉あき子自身、最も大切にしていた歌といわれる。なので、フランチェスカの鐘を下手にもじることは厳に慎まなくてはならないが、広島県民から深く愛されている広島カープを応援するために、フランチェスカの鐘をフランチャイズの鐘と言い換えることを許して頂きたいとおもう。

そういえば、フランチェスカの鐘が広島市への原子爆弾投下の犠牲者への鎮魂歌であるせいかもしれないが、広島カープは、弔い感応性がとても高いと思う。すなわち、名古屋ドームで中日に三連敗を食らって、これは厳しいと思っていたところ、偉大なる先輩で鉄人と言われた衣笠氏の訃報を聞いた。そしてそこから、横浜スタジアムに移動して、苦手意識があるDeNAをカープは三タテした。弔いトワイライトである。

衣笠効果が薄れかかっていたとき、広島出身の偉大なるスター、西城秀樹が亡くなった。そしてそこからまた、広島カープが快進撃した。こういうスピリチュアルなところがあるので、鈴木誠也が「神っている」というのだろう。

ただ、神ってフランチャイズに頼ること自体は悪くないのだが、そこで何かの調子に歯車が狂うと、他に頼るものが少なくて、危機を脱出しにくくなる。それが、去年のCSでの負けにつながった。そういえば、そのときの相手DeNAは、アウェイでの勝率がフランチャイズでのそれを上回るという奇特なチームである。ともかく、強さは弱さである、というのも勝負の一面の真理で、そこをどう克服するかが広島カープの課題の一つなのだった。

フランチャイズの鐘の音が
チンカラカンと鳴り響きゃ
胸は高まる熱気みなぎる
いけいけどんどん今日も勝利だ

名人戦第4局が始まった。羽生竜王の後手である。当然に角換りを期待したら、なんと羽生は、あまりいいとされていない後手番横歩取りを採用した。例によって、22手目からみる。

【図1】 22手目△8八角成まで
持ち駒:△羽生竜王=角歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩3
ここで△8八角成は、あまりみたことがない。いかにも過激である。普通は、△7六飛、▲7七角のように進むのだろう。△8八角成以下は、▲同銀,△2七歩成,▲同銀,△5五角,▲8七銀,△同飛成,▲同金,△9九角成,▲2三歩,△4四馬,▲同飛,△同歩,▲1六角と進んだ。なお、手順中、△5五角,▲8七銀のところで、▲7七角もあった。また、▲2三歩も名人の工夫である。

【図2】 36手目△4三香まで
持ち駒:△羽生竜王=飛銀歩



持ち駒:▲佐藤天彦名人=飛角歩3
▲1六角に△4三香と受けて、結構いい勝負のようである。以下、▲8五飛,△8二歩,▲3八銀,△1四歩,▲3七桂,△1五歩,▲3四角,△7四歩,▲8八金と進行した。

【図3】 46手目△3三金まで
持ち駒:△羽生竜王=飛銀



持ち駒:▲佐藤天彦名人=角歩3
ここで△3三金は邪魔な角をどかせる手だが、もしかして敗着なのかもしれない。ここはまだしも△3三桂だろう。なぜなら、幸便に▲5六角と引かれて、金が上ずっている。△4五歩,▲7七桂,△4四金,▲7四角,△7二金となったものの。

【図4】 53手目▲2二歩成まで
持ち駒:△羽生竜王=飛銀



持ち駒:▲佐藤天彦名人=角歩4
▲2二歩成が厳しく、ほぼ決まりなのではないか。なぜなら、△2二同銀に▲3二角で困っている。△7三桂,▲8七飛,△1三桂と桂馬を逃げたものの、平凡に▲2一角成とされ、△2七歩,▲2九歩,△2四飛と銀にひもをつけたものの、▲3九金と丁寧に応接され、△4二玉で馬を取りにいっても、▲8三歩が厳しい。△3二銀となんとか馬は詰ましたが、▲8二歩成,△同金,▲3二馬,△同玉,▲6三角成となって後手陣は収拾がつかない。羽生はせめて△6六歩,▲同歩,△5四角と嫌味をつけたが、▲同馬,△同金,▲6二角,△9四角にがっちり▲6七銀と受けられて綾なしになった。

【図5】 投了図 79手目▲6七銀まで
持ち駒:△羽生竜王=なし



持ち駒:▲佐藤天彦名人=歩5
羽生竜王はこのまま夕食休憩に入ったが、夕食休憩後一手も指さないで投了した。こういうパターンは珍しい。

ということで、【図3】以下は、見どころのない将棋だった。これは野球でいえば0-8の完封負けしたようなものだが、次の試合で10-2で勝つというカープ対巨人の試合があったりしたので、次に羽生が圧勝してもなにもおかしくない。ともかく次は熱戦を期待しよう。

砂の器

user-pic
0

何度も書いたような気がするが、私は大学時代に知り合いの紹介で松本清張の小説を紹介され、すっかりその面白さに魅せられてしまった。それで、大学生活が暇ということもあって、松本清張の作品は、目につく主なものはほとんど読んだような気がした。ところが今更、松本清張の主要な作品でまだ読んでないものがあることがわかり、慌てたりするのだが、いくらんなんでも代表作である「点と線」及び「砂の器」は、かなり自信をもって、確かに読みました、といえる。

それで、最近のマイブームの読み直しプロジェクトで、松本清張の原点を顧みるために、「点と線」と「砂の器」を読み直しの候補に選んだ。

ところが、「点と線」を最近読んだとき、ほとんどストーリーの幹も枝も記憶にないことが分かった。果たしてこれで読んだことがあると言えるのだろうか。それでせめて記憶にあまりないことの原因を考えてみた。するとそれはどうも、私の思考あるいは性格の杜撰さによるらしい。すなわち、数学が好きといいつつ私はどこか細かい論理が苦手なところがあり、よってアリバイ崩しの精密な議論についていけず、なんとなく流し読みしてしまったらしい。そうやって枝をぞんざいに扱うと、往々にして幹の理解もあやふやになったりする。

では、「砂の器」はどうかというと、こちらは、読んでからおそらく40年以上経っているのに、ストーリーの幹はかなり明確に記憶にある。この小説のでだしで、国鉄蒲田駅のそばのトリスバーで、若い男と初老の男が東北弁訛りで話していたこと、カメダという固有名詞が話されていたことが、そこの従業員のわずかの印象として残っていた。

なので、次の日の早朝、国鉄蒲田駅の操車場の線路で、男の惨殺体が発見されたとき、当然に聞き込みは近くのトリスバーでもなされ、若い男と初老の男が東北弁訛りで話していたこと、カメダというキーワードも捜査員が注目することになった。

その捜査員とは、ベテランの今西刑事と、相棒で若手の吉村刑事。今西刑事のキャラは、「点と線」の鳥飼刑事のそれとよく似ている。すなわち、当意即妙の冴えはないが、粘り強く思索を続け、あらゆる可能性に思いを巡らす。

そんな今西刑事の、東北弁とカメダに基づく推理は、今西と吉村を秋田県の亀田という場所へと導いた。すると、亀田では、怪しい男の挙動があったことが分かり、すわ犯人かと、今西と吉村が色めきたったが、結局なんの手がかりも得られず、二人の刑事は失意のまま東京に戻った。

ただ、事件とは関係ないかもしれないが、帰路に、ヌーボー・グループなる若者集団と出会ったことに、二人は興味をもった。ヌーボー・グループとは、若手の画家、建築家、音楽家、評論家などからなるグループであって、既存の概念を破壊して新たな概念を作り出すのだと標榜する異能集団で、彼らは時代の寵児なのだった。

とはいえ、今西と吉村は、解決間近と思えた蒲田操車場殺人事件の捜査になんの進展も見出せなかった。深い落胆のうちに、捜査本部は解散され、あとは主として今西などによる任意捜査の段階となった。しかしここからが今西の本領発揮だった。

突破口となったのは、岡山県に住む三木彰吉という男からの捜索願いで、それに対応していくうちに、蒲田操車場殺人事件の被害者が、三木彰吉の父の三木謙一であることが分かり、今西は展望が開けたような気がした。しかし、岡山県と東北弁とはどうみても関係がない。そこから、今西の洞察が始まる。日本方言分布を調べることである。そうして、出雲地方の一部に東北弁に似た方言を話す地域があることを今西は突き止め、快哉をさけんだ。岡山県と島根県なら確かにつながる。

ここまで読んで、私が「砂の器」のストーリーの記憶があまり減衰しなかった理由が、その方言分布にあることを今確認した。もともと言語全般に興味がある私は、そういう方言の細部の話に興味をもったのだった。そして、細部の興味が全体への理解をある程度保証するというのが、慣れ親しんだ心理学の法則である。

ストーリーに戻って、今西は、あまり関係がないと思っていたヌーボー・グループに対する興味が湧いてきた。すなわちヌーボー・グループはマスコミ受けしているので、新聞を読んでいても、かなりな頻度で採り上げられる。それだけならともかく、今西は日常生活でヌーボー・グループのメンバーと行き交うことになる。例えば、ヌーボー・グループのあるメンバーが交通事故に遭った現場に出くわしたりとか、である。

そのヌーボー・グループであるが、世間に人気なので、女性が群がり、どうしても異性関係が派手になってしまう。そのため、異性問題が生じ、ときとしてそれが警察沙汰になり、それも警視庁にいる今西の知るところとなる。

さらに、ヌーボー・グループは芸術的にラディカルさを標榜するが、その裏で、飽くなき野心が渦巻いていたりする。その理由はというと、ヌーボー・グループのメンバーは実は田舎出身で、貧しい生い立ちだったりする。そのことがつい、いろいろ無理をして、法的な許容範囲も超えたりする。

このあたり、松本清張自身の生い立ちとコンプレックスとも重なるのだろう。決してエスタプリッシュの位置にいないが、貧しい生い立ちで、ほとんど後ろ盾もなく、なんとか這うように東京に出てきた私にも、このあたりは共感できる。こんなことも、私が「砂の器」のストーリーを今に至るまでかなり鮮明に記憶している理由でもある。

ともかく、そういうヌーボー・グループの目立ったところが、今西の追及を可能ならしめたともいえる。そしてついに、今西は、ヌーボー・グループのあるメンバーの、あまりにも哀しい過去と、蒲田操車場殺人事件との関係を知り、辛い気持ちにもなったが、警察官としてこれを見過ごすことはできない。そうしてついに、この小説は、私がよく記憶している結末を迎えるのだった。

これが本戦のストーリーなのであるが、今回読み直してみて、私が細部を忘れていた多数の枝のストーリーというか、エピソードが横溢しており、それはむしろ本戦を圧倒する内容で、そこにこそ松本清張の真骨頂があることを今回改めて確認した次第である。

さて次は、どの既読の松本清張を読み直すか、それはある程度偶然と気まぐれに任せることにしよう。

最近のC++のコンパイラが64ビット整数を実装しているとは知っていたのだが、どうも使いこなせないできた。

すなわち、知る限りで、64ビット整数はlong long intで宣言するということになっていて、例えば
long long int *a_num; とポインタは宣言できるのだが、
a_num = new long long int[1000];のように実際に配列をアロケートする式が文法エラーになってしまう。

また、long long int a;と宣言して、a = 12399871717171;と大きい数を代入しようとするとコンパイル時に警告が出て、aには実際は想定外の値が代入されてしまう。

さらに、printf("%d\n",a);も想定外の値を表示する。

そこでいろいろウェブで調べていて、long long intと等価な宣言として、__int64があることを知った。これだと、__int64 *a_num;も、a_num = new __int64[1000];も問題ない。

a = 12399871717171;は、a = 12399871717171LL;と、64ビット整数であることを示すLLを末尾に付ければいいことが分かった。

printf("%d\n",a);は、printf("%I64d\n",a);と書けばいいことが分かった。これはprintf("%||d\n",a);と書いても等価なようなのだが、少なくともEmbacadero C++ Buidler XE4だと、正しく動いたり、そうでなかったりすることがあるので、専らprintf("%I64d\n",a);を使うことにした。

以下に、正しく動作したサンプルプログラムのソースコードを掲げる。


#include <stdio.h>

int main()     {

int i;
__int64 a,b,c,d;
__int64 *c_num;

c_num = new __int64[10];

a = 10010277776676688LL;
b = 5555552291LL;
c = a%b;

printf("%I64d\n",a);
printf("%I64d\n",c);

for ( i = 0; i < 10; i++ ) {
 c_num[i] = a++;
}
 
for ( i = 0; i < 10; i++ )  {
 printf("%I64d\n",c_num[i]);
}

delete[] c_num;
return 1;
}

ちょっと気まぐれで、米国の主要IT企業三社、すなわちIBM、Microsoft、Googleの特許件数を調べてみた。出願国は、米国と、日本と、中国と欧州である。

  1. 米国
    まずは米国であるが、いうまでもなくIBMがトップを続けている。マイクロソフトは2008年以降3000件前後でほぼ落ち着いているが、新興のグーグルは、2011年以降急速に立ち上がってきて、2014年についに件数でマイクロソフトを抜いた。ただ、これでほぼ飽和か。それにしてもIBMの件数の伸びはすごい。トップ1に執着しているのだろうか。
  2. 日本
    日本では、登録件数でなく、公開件数をみてみた。するとIBMは、米国とは違って、2009年以降漸減しているが、マイクロソフトも似たような傾向なので、IT企業にとって日本は魅力が減っているのだろうか。なおグーグルは漸増してきて、2017年についにIBMの公開件数を抜いた。
  3. 中国
    日本と違って、中国は潘建偉でみたように、科学技術大国を目指すような国なので、三社とも出願件数を増やしていると思っていたら、必ずしもそうではない。すなわち、マイクロソフトとグーグルは、ここ一、二年、公開件数を減らしているが、IBMは2014年から急激に件数を減らして、ほとんどゼロになってしまいそうである。一体どうなっているのだろうか。
  4. 欧州
    欧州ではもっと極端で、ここ数年でマイクロソフトとがそれなりに公開件数を伸ばしているのに、IBMはそれに反比例するかのようにどんどん公開件数を減らしている。以前、特許なんて米国にさえ出願しておけばいいのだと嘯く人がいて、そうなのかなと怪訝に思ったことがあったが、マイクロソフトとグーグルのような名だたるIT企業がこれだけ件数を増やしているので、欧州が特許的に価値が下がっているということは考えにくい。

以上に鑑みると、IBMは米国以外の国の特許出願を大幅に減らして余った予算を米国出願に充てることで、US Top 1を維持し続けるつもりなのだろうか。

ところで、US Top 1が本当に今更金科玉条の目標になりえるのだろうか。私は十数年前に、US Top 1は十分に費用対効果があるのだと説明を受けたことがある。要するに、US Top 1になるとメディアがそれを取り上げてくれて、莫大な宣伝費を払ったに等しい価値があるのだという。しかしそこに、経済学でいうところの収穫逓減の法則の観点が見事に欠如していると私は思った。すなわち、相当の費用をかけてUS Top 1を達成した当初はメディアがそれを取り上げ、市場もそれに反応するだろうが、毎年それを続けていたら、ああまたかと世間はすぐに飽きる。そして費用に見合った効果が得られなくなる。

一方グーグルは、AlphaGoのような画期的な企画で一気に世間の注目を集め、一気にAIの最先端企業の知名度を勝ち取った。IBMは最早、US Top 1にかける労力と費用をAIの先端研究など、他に差し向けるべきであろう。そもそも、毎年業績が低下し続けているのに、国内の特許件数だけ増え続けているという会社は他に聞いたことがない。しかし、タイタニックのように、俊敏に進路を切り替えられないのがIBMなのだった。

無頼派

user-pic
0

依田九段は、囲碁界最後の無頼派と呼ばれているらしいが、国語辞典によると、無頼派とは定職もなく、品行の悪い人という意味らしい。そういう意味では、きちんと囲碁のプロという定職のある依田九段は無頼派なんだろうか。

まあでも、依田九段は、カジノで何億円もすっているという剛の者なので、無頼派の本来の意味はともかく、藤沢秀行ばりの無頼派と呼ぶしかない。

ただ、単なる生活破綻者だと無頼派と呼ばれる前にダメ人間の烙印を押されて、社会的に葬られる。なので、本来のニュアンスではないが、きちんと一本筋の通った本業があって、生活の一部が破綻するのでないと、無頼派とさえ呼ばれない。

そういう意味で、将棋界で無頼派と呼ばれる棋士はいただろうか。小池重明がプロ棋士ならそうだったかもしれないが、小池は所詮アマだった。では、芹沢九段はというと、無頼派というより、単に名人になれず拗ねていただけなのではないだろうか。佐藤大五郎は嫌われ者というだけで、別に生活は破綻していない。

それで私は、将棋のプロには無頼派はありえないのではないかと思う。それは将棋というゲームの性質なのだろうか。私は、そうではなく将棋の制度にある、と思う。具体的には順位戦制度である。すなわち、順位戦があると、あまりにも放埓なことをしているといくら実力があっても、あっという間に順位戦から放り出されてしまい、無頼たる芯を失ってしまう。もっというと、三段リーグも息苦しすぎるし、将棋界は、個性の横溢をいまいち妨げていろところがないだろうか。せめて、里見がプロ棋士になれる環境であってほしかった。

その無頼の原因であるが、なんといってもてるエネルギーが大きすぎて河が氾濫するようなものだろう。それは羽生や井山も、もてるポテンシャルは相当であるが、その巨大な才能が、エネルギーが正しくコントロールされて流れることを許すのだろう。

なので、秀行先生であれ、依田九段であれ、その本流がなにかの原因でときどき詰まって、河から洪水が起きるのだとしか思えない。別の見方をすると、戦国時代なら、信長のように大活躍したかもと思ったりする。違うか。

点と線

user-pic
0

松本清張は、大学時代に、将棋部の同僚で数学科のI君の紹介で読み始め、あっという間にファンになり、数十冊は読んだと思う。そのときの反動で、社会人になって松本清張はほとんど読まないできたが、最近の傾向で、昔読んだ本を読み返すのもいいかと思っているので、当然ながら松本清張もその候補となる。

で、松本清張といえばとりあえず、「点と線」だよね、とその新潮文庫版を読んでみた。すると、ストーリーがほとんど記憶になく、読んだとしても40年以上前だと思うが本当に読んだのかと怪訝になってきた。

さて、「点と線」はアリバイ崩しもので、最初から犯人が分かっている。すなわち、犯人は若いがやり手の安田辰郎。どこかの官庁の出入り業者である安田商会を経営している。

仕事柄、よく顧客を接待する。そんな安田がよく使うのは、小雪という割烹である。安田はそれなりにイケメンなので小雪の女中に人気があったが、安田が密かに懇意にしていたのは、お時という女中だった。

そんなお時がたまたま数日の休暇をとったとき、安田は、小雪の女中二人に食事をご馳走しようと声をかけた。それで銀座の方で食事をした後、安田が鎌倉の自宅に帰るというので、東京駅に向かった。横須賀線に乗るためである。小雪の女中二人も見送るためついてきた。そのとき、二つ向こうのホームに九州行きの特急が止まっていた。なんとそこにお時がいて、ある男と列車の中で仲良く談笑しているのが見えた。それを小雪の女中二人も見届けた次第である。

ところがなんとその日から数日後、お時とその男は、福岡の玄界灘に面した海岸で、心中死体となって発見されたのである。

その事件に関与した福岡県警の鳥飼刑事は、二人が青酸カリを飲んでの死亡だと知った。女は東京の割烹の女中だが、男はなんと、いま汚職事件の渦中にある佐山というも官庁の課長補佐で、自殺してこの世から去ってくれると証拠隠滅で喜ぶものが沢山いるような状態だった。なので責任を被って自殺するというのもありえるが、そんな状態で自殺は変だと鳥飼刑事は感じた。鳥飼がさらに調べると、男がもっていた、社内レストランのレシートが見つかった。それはなんと一人分しかなく、女が同伴していて一人でレストランに行くのもなんか不自然だと鳥飼は感じた。

そうしていると、警視庁二課の三原という警部補が福岡県警を訪ねてきた。なんでも、例の官庁の汚職事件を追っていて、死んだのがその渦中にある佐山だと知って、調べにやってきたのである。そこで鳥飼がレシートの件を話すと、三原は興味をもった。

東京に帰って、三原は、安田が駅で、佐山とお時を見た件が気になった。いかにも作為的なのである。調べていくと安田が汚職事件の役人と仕事の付き合いがあることを知り、安田に会った。いかにも怪しいのである。そこで念のため三原が安田に、心中事件のときのアリバイを聞くと、なんとそのとき安田は北海道の取引先にいたという。三原はそれを聞いてがっかりした。九州の真反対ではないか。

しかし、三原はそれを知って安田を諦めるのではなく、なにかアリバイ崩しはないかとファイトを燃やして調べた。列車でなく飛行機を使った可能性も確認した。しかし、すべて何重にも鉄壁のアリバイが張り巡らさせており、絶望の淵に立たされた三原なのであった。

それでも、三原にアイデアが閃いてじりっじりっとアリバイを突き崩していく、というストーリーなのだった。

そういえば、誰だったかある評論家が、この小説の、東京駅の極めて限られた時間スロットで、二つ向こうのホームで小雪と男が親しげに話しているのを見かけるようにするということの必然性に難があると指摘したというが、私はそもそも、安田が東京駅で二人を女中たちに見せることや、疑似心中を装い、その後緻密なアリバイを仕組むという手の込んだことをしたことが却って墓穴を掘ったと思う。でも、それがないとアリバイ崩しのストーリーが成立しないわけだから、まあ仕方ないか。

宇多田書店

user-pic
0

私は、mp3プレーヤーに歌謡曲などを入れて電車などで聴くのが趣味の一つであるが、何度も聴くうちに、宇多田ヒカルと、サザンオールスターズというか桑田佳祐の曲が音楽性で頭一つ抜けているように感じた。カラオケで演歌をがなるしか能がない私が感じることなのでかなりいい加減とは思ったが、そのことをたまたま知り合いに話したら、無条件で頷いてくれたので、まあ世間の評価もそうしたものなのかなと少し気分がよくなった。

そういう思いが背景にあって、ある日新聞記事を読んでいたら、宇多田ヒカルが幼い頃から本が好き、という短い記事があったので、思わず読んでみた。

それによると、宇多田ヒカルは一人っ子で周囲とどう接していいか分からず、人といると疲れてしまうので、一人でいるとともかく安心できる。そこに本があり、本を読むとその本の作家や他の読者とつながった気がした、という。なるほど、このあたり、孤独癖がある私は妙に共感できる。

そんな宇多田ヒカルは、当然かもしれないが、楽曲制作に読書体験を込めたりする。それは例えば宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」だという。おおっと、読書傾向が偏っている私は、宮沢賢治の本を一冊もまともに読んだことがない。これでは宇多田ヒカルの曲に対する共感が浅くなってしまうので、そのうち読むとする。

宇多田ヒカルの読書傾向であるが、全国の書店で展開した「宇多田書店」によれば、川端康成の「雪国」や三島由紀夫の「金閣寺」などを紹介しているということで、かなり本格的な文学読みである。海外のものでは、最近、ウラジミール・ナボコフを読み直しているという。

ううん、ナボコフか、と私は呻いた。その代表作といわれるロリータをなんとか読了したあと、うんざりして、ロリータを読み返すことも、ナボコフの他の作品を読むことも気が向かないでいる。

ともかく、好きなアーティストが本好きと知って、私は嬉しくなった。なぜなら、大抵の人は本くらい読むが、なかなか本が好きとは標榜しないからである。ということで、今までより少しだけ、宇多田ヒカルを応援するレベルを上げるとする。

藤井七段

user-pic
0

羽生と藤井に書いたように、藤井五段(当時)が朝日杯将棋オープン戦で優勝して六段に昇段したとき、棋友が次は七段がかかっている、という。

えっ、どういうこと?と私が意味が分からなかったので聞き返した。近い未来で、そんな機会があるように思えない。すると、棋友は竜王戦の連続昇級がそうだという。そこで将棋連盟の昇段規定をみてみると、「竜王ランキング戦連続2回昇級または通算3回優勝」とある。これは五段から七段にある棋士に適用される。藤井五段(当時)は竜王戦6組から昇級して5組におり、5組のトーナメント戦で準優勝以上だと連続昇級の要件を満たすが、朝日杯将棋オープン戦優勝で六段になったので、次は七段という次第である。

そして5月18日の竜王戦5組の準決勝で藤井六段が船江六段を破ったので、規定により七段に昇段したという次第である。

東京新聞のウェブ記事から引用させて戴く。

将棋の藤井聡太七段(15)が史上最年少の七段昇段を18日に成し遂げ、将棋界からは「大きな喜び」「見事の一言」と、驚きとともに快挙をたたえる声が相次いだ。
歴史を塗り替えた藤井七段の師匠、杉本昌隆七段(49)は「結果を出し続ける強い棋士に対して敬意を表する。自分と同じ段位に追い付かれることは大きな喜び」とまな弟子の偉業に目を細める。日本将棋連盟会長の佐藤康光九段(48)も「過去に例を見ないスピード。内容も申し分なく見事の一言に尽きる」と賛辞を惜しまない。
今回、藤井七段は加藤一二三九段(78)が1957年に17歳3カ月で樹立した記録を超えた。

この記事であるが、私は最近の加藤一二三九段のメディアへの露出をあまり好ましく思っていないので、以前ほどヒフミンのファンではなくなってしまったのだが、それでもヒフミンの若年昇段記録と比べるのはどうだろうか。というのは、当時は昇段規定というと順位戦で勝ち上がるよりなかったのである。それだと七段になるのにどうしても最低三年はかかる。

あ、誤解なきように付け加えると、私は藤井七段の強さや実績に水を差すつもりは全くない。むしろ私は藤井七段のファンであることで人後に落ちない。ただ、私の数学公理的というべき公平性観念にちょっと障ったからコメントしただけである。だから、新聞記事でも、当時とは昇段規定が違うので、あくまでも参考記録である、みたいに一言付け加えてほしいだけである。

5月17日、ウェブで検索していて、西城秀樹が急死したというニュースをたまたま見て、えっ、と思った。以下、毎日新聞のメールニュースを引用させて戴く。

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが16日、急性心不全のため横浜市内の病院で死去した。63歳。葬儀の日程は未定、喪主は妻木本美紀(きもと・みき)さん。
広島市出身。中学生のころからバンド活動を始め、16歳のときに「恋する季節」(1972年)でデビュー。73年の「情熱の嵐」がヒットして人気に火が付き、ほぼ同時期にデビューした郷ひろみさん、野口五郎さんとともに「新御三家」と呼ばれた。

あくまでも一般論であるが、自分もそうなのであるが、60歳を越えて生きれば、いつ死んでもnot too earlyと思っている。しかも私は西城秀樹の熱烈なファンというわけでもない。それでも、えっと思ったのは、私とほぼ同年代で、学年は私が一つ上だと思うが、私の青春を彩る歌手の一人だったことは間違いないということと、ほぼ2年前に同窓会コンサートでその雄姿を拝むことができたからである。

雄姿というのは、2003年に脳梗塞で病に伏してから闘病し、そこからなんとか復活したものの2011年に脳梗塞が再発し、リハビリをし、同窓会コンサートでは歩くのがやっとでしゃべるのも不自由という状況で、いったんマイクを握って歌い始めると病気が嘘のように張りがある歌いっぷりで、なんか目がしらが熱くなった。

そうやって折角快方に向かっていたのに、脳でなく心臓の方であっけなく亡くなるとは、伏兵だった。でもよく生きた、偉いと思う。以てご冥福を祈らせていただく。

月別 アーカイブ