悠々自適

user-pic
0

最近、知り合いから受け取る郵便物というと年賀状くらいだが、それも漸減の傾向にある。その年賀状の中に、いよいよ仕事から引退して悠々自適に生活に入る、というのをときどき散見したりして、ああそうか悠々自適か、とつぶやく私の気持ちは意外に複雑である。

それがどう複雑なのかどうもうまく説明できないのだが、例えば、なるべくサラリーマンを続けたいと思っているが、それは空しい抵抗で、自分も悠々自適に突入するかと、ということである。すなわち私の中で、悠々自適という言葉は必ずしもポジティブな響きをもっていない。

では、お前は今更、一旗揚げようと思っているのかというと、そんなつもりは全くない。私もできれば外見的には、悠々自適と生きる生活にいつか入りたいと思っている。ただ、思い起こすのは、以下のような一節である。自分の志村五郎という記事から引用する。

実際、志村氏は次のように言う。「誰でも第一級の数学者になろうと思うなら、その人は徐々に自分の水準を高めて行き、四十か四十五歳である高さに達し、その後はその水準をできるだけ長く保持するように努力すべきであり、またそれができる筈である。それが私の理想である。」それをアンドレ・ヴェイユに話したら、"You will find out."と応じられたそうである。なんか、揶揄するような言い方ではないか。ということは、数学者のコミュニティにあっても、志村氏のような意見は一般的でないということである。

この文章は、「誰でも第一級の数学者になろうと思うなら」という条件が入っているので、私には当てはまらないことが明らかであるが、それでも、私のような凡人でもあやかることができるし、あやかりたいと私は思い、着々と準備を進めている。

その第一歩が、今更と書いた内容である。すなわち、そんなこと知っていると知ったかぶりしないし、そんなの私には無理だと無下に怖気ず、少しずつ努力する。

最近、環境保全の本を読んでいて、なかなかいい表現をみつけた。それは、susptainabilityと、resilienceである。susptainabilityは、日本語でいうと持続可能性である。これは環境学的には、生物的なシステムがその多様性と生産性を期限なく継続できる能力なのであり、悠々自適というは老後の文脈では、感性や能力を、なるべく落とさないで、可能限り死の直前まで維持することである。

そのための第一歩は、スキルの系統発生で述べたように、極めて簡単なスキルから訓練し直すことである。馬鹿らしいとおもってはいけない。なんでも、初歩的なことが基礎になる。

次のステップは、考える対象を少しずつずらしていくことである。というのは、興味を一箇所に留めては、思考は次第に疲弊し、劣化する。なので、少しずつ興味を広げて、移動させる必要がある。そのとき、俗だとか、既に学んでいるとか、難解であるとか、あまり拘泥しない。ともかく、興味をカオスにして、パンタレイにすることである。

興味を流れ化するのにあまりエネルギーはいらないが、しかし、ある程度のエネルギーは必要である。そこは留意する必要がある。また、ときどき立ち止まって沈思することも必要である。

あとは、resilience、すなわち回復力である。老人になっていくと必然的に精神力と体力は低下していく。そこは精神力でカバーしていくよりない。

ともかく、あまり現状に安住しないで、少しずつ活動していたい。それは、志村五郎氏の説く高邁な境地とは違うが、自分は自分でできるようにやるしかない。

フラクタルを勉強していると、最初の方に、シェルピンスキのガスケットというのが出てくる。それは結構有名であるが、画像で示すと以下のようなものである。シンプルながら、なんとなく神秘的な雰囲気もあるこの描画が私は好きである。

最初にフラクタルのことを知った時、シェルピンスキって誰だろうとさえ思いもしなかったが、志賀浩二著「無限からの光芒 - ポーランド学派の数学者たち」日本評論社を読んだとき、シェルピンスキがポーランド学派の偉い数学者の一人であることを知った。

シェルピンスキは1882年に、ワルシャワの有名な医師の息子として生まれた。二つの世界大戦を含む激しい騒乱を生き延びて1969年に87歳で亡くなるまで、ポーランドの大学で数学の顕著な業績を挙げた。その業績には整数論なども含まれるが、なんといってもシェルピンスキを特徴づけるのは、カントールを嚆矢とする無限論、あるいは連続体仮説の掘り下げである。「無限からの光芒 - ポーランド学派の数学者たち」から、例えば、シェルピンスキが証明した次のような定理を掲げてみる。

連続体仮説は、次の命題と同値である:平面R2は、共通点のない二つの部分集合A、Bの和として表される。すなわち、R2 = A∪B ここで、Aはx軸と平行な任意の直線と高々加算個しか交わらず、Bはy軸と平行な任意の直線と高々加算個しか交わらない。

この定理の意味を考えていたら気が遠くなりそうになってきたので、戻ってシェルピンスキのガスケットの表示にもちいたプログラムのソースコードを示しておくことにする。シェルピンスキのガスケットは、私が三十代の前半だった歳の頃もプログラムを作成したが、πの多倍長計算などと比較しても簡単で、ほとんど苦労した記憶はない。なので今回も楽勝かとプログラミングしようとしたら、なんと、正三角形の頂点を結ぶ直線を引く計算でさえ、ええとどうだったっけ、と迷う有様で、この程度のプログラミングもほとんど半日がかりだった。ともかく、動いたC++ビルダのコードを示す。

あ、もう一つ付け加えると、数学セミナー2017年3月号のフラクタル特集号の、梶野直孝氏の「フラクタル上の解析学」と題する記事によると、シェルピンスキのガスケット上でディリクレ形式やラプラシアンが論じられるのだという。ううん、こちらの方もまた気が遠くなりそうである。

//---------------------------------------------------------------------------
#include <vcl.h>
#include <math.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
const double pi = 3.14156;
double PosX = 300.0;
double PosY = 300.0;
void Fracta(double p1x, double p1y, double p2x, double p2y, double p3x, double p3y, int level);
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
    : TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------

void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
{
 Close();    
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Button2Click(TObject *Sender)
{
 Canvas->Pen->Color = clBlack;
 double P1x, P1y, P2x, P2y, P3x, P3y, Angle;
 double L = 250.0;
 double InitAngle = pi;
 double OffsetAngle = 2.0*pi/3.0;
 Angle = InitAngle;
 P1x = L*sin(Angle);  P1y = L*cos(Angle);
 Angle += OffsetAngle;
 P2x = L*sin(Angle);  P2y = L*cos(Angle);
 Angle += OffsetAngle;
 P3x = L*sin(Angle);  P3y = L*cos(Angle);
 Fracta(P1x, P1y, P2x, P2y, P3x, P3y, 1); 
}
//---------------------------------------------------------------------------

void Fracta(double p1x, double p1y, double p2x, double p2y, double p3x, double p3y, int level)  {
 int depth = level;
 if ( depth > 9 ) return;
 depth++;	

 Form1->Canvas->MoveTo(p1x + PosX,p1y + PosY);
 Form1->Canvas->LineTo(p2x + PosX,p2y + PosY);
 Form1->Canvas->LineTo(p3x + PosX,p3y + PosY);
 Form1->Canvas->LineTo(p1x + PosX,p1y + PosY);

 Fracta(p1x, p1y, (p1x + p2x)/2.0, (p1y + p2y)/2.0,(p1x + p3x)/2.0, (p1y + p3y)/2.0,depth);
 Fracta(p2x, p2y, (p2x + p1x)/2.0, (p2y + p1y)/2.0,(p2x + p3x)/2.0, (p2y + p3y)/2.0,depth);
 Fracta(p3x, p3y, (p3x + p1x)/2.0, (p3y + p1y)/2.0,(p3x + p2x)/2.0, (p3y + p2y)/2.0,depth);
 return;
}

藤井聡太

user-pic
0

最年少四段で注目を浴び、プロになって13連勝と活躍している藤井四段であるが、それとは別に、非公式戦であるが、AmebaTV七番勝負というのが企画された。この対戦相手をみたとき、私は顔をしかめた。以下のとおりである。

  • 第1局 VS増田康宏四段戦
  • 第2局 VS永瀬拓矢六段戦
  • 第3局 VS斎藤慎太郎七段戦
  • 第4局 VS中村太地六段戦
  • 第5局 VS深浦康市九段戦
  • 第6局 VS佐藤康光九段戦
  • 第7局 VS羽生善治三冠戦

顔をしかめた理由は、私の理解では、相手が手強すぎるのである。各クラスの昇級候補とA級棋士ばかりである。この分では、よくて3勝4敗、最悪1勝6敗もありえると思った。いくら有望新人といっても、まだ四段になったばかりなのである。荷が重すぎる。羽生も渡辺も、いきなりデビューからそんなに勝ったわけではないと思う。

どんな会社でも、新人に、会社の命運をかけたような重要プロジェクトを任せたりしはないだろう。下手したら新人の将来を奪うことになるし。

なので、永瀬六段に負けたときは、ああやっぱり、と思った。ところがである、そのあと全勝するなんて誰が予想できたろう。

AmebaTV七番勝負は、私がいつも熱心に観ている、NHK大河ドラマの「女城主直虎」と時間が重なっているので、あまり観ていない。囲碁・将棋チャンネルで放送があるなら、録画予約するのだが。ただ、たまたま第6局の佐藤康光九段戦の終盤を観戦したら、解説の橋本八段も迷う難しい局面だったが、藤井四段は、電光石火、手合い違いのように華麗に寄せきった。こんな完敗した康光を私は見たことがなかったので、ここで初めて、藤井四段の強さを実感した、これは本物だと。

それにしても、さらに羽生三冠にまで勝つとは。まあ、羽生三冠も、どれ若者の強さをみてみるか、と様子をみる指し方してたら、はっと気づくとどうやっても一手負けになっていたのだろう。

要するに、羽生がちょっと甘い球を投げたのだが、それをジャストミートして確実にヒットするというのはそんなに簡単ではない。

こうなってくると、逆の懸念は、藤井四段が勝ちすぎて慢心することである。私は今まで勝ちすぎて、うまくいきすぎて慢心しなかった人を知らない。そうなると進歩が止まる。去年の日本シリーズで優勝した日本ハムはいま不調にあえいでいる。わが広島カープは好調である。果たして藤井四段は、勝って兜の尾を締められるだろうか。

そういえばついでだが、ついに三浦九段の初日が出た。田丸九段のブログによると、銀河戦で勝ったのだという。銀河戦の組み合わせをみると、勝った相手は斎藤慎太郎七段、戸辺七段、木村八段の誰かで、勝った相手に不足はないようである。

ママの友達

user-pic
0

相模大野のブックファーストを覘いてみて、数学書コーナーに行ったら、黒川信重「ラマヌジャン ζの衝撃」現代数学社というのが目に付いたので、ちょっとためらいつつ買った。ためらった理由は、難しすぎて理解できないのではないか、という懸念があったからなのだが、読み始めると、理解できる云々を超えて、惹きつけられるものがあり、没頭した。

ところが、はっと気づくと没頭しすぎて、頭が疲れて朦朧としてきた。いかん、中和しなくてはと、手近にあった、新津きよみの「ママの友達」光文社文庫を読むことにした。肩の凝らない軽いミステリ小説であることを期待した。

「ママの友達」は、ニックネームで、ノリ、アケ、クミ、ハセジュンという、ある中学で同級生だった女子生徒の話である。その四人は、すごく仲良しという訳でもないのだが、なんとなく交換日記を始め、輪番で書いているうちに、ハセジュンからノリに戻すところで止まったままになったという次第である。

ここでフルネームを示しておくと、ノリは杉崎典子。アケは藍川明美。クミは、吉永久美子、ピアノ演奏が好き。ハセジュンは、長谷川淳子、学校の成績がよい。

さて、時はそれから30年たって、みんな45歳になった。ノリは結婚して、野島典子になった。夫は転勤族で、娘が一人いる。アケは未婚なのだが、なんと未婚ながら幼い子供がいる。クミは結婚して等々力吉永久美子となった。子供は娘一人と息子一人だが、娘は早々と結婚してもう子供がいる。なので、クミは早々とおばあさんになった。息子は北海道の大学に行った。ところが夫は真面目なようで、大変なモラハラ夫。クミは苦しんでいる。ハセジュンはというと・・・。

そんなノリに、今更のようにハセジュンから、中断していたはずの古い交換日記が届いた。なので、ノリはそれに近況を書いた。ところが、テレビを観ていて、なんとハセジュンが遺体となって発見されたという。死後一週間は経過しているという。すると、本当は誰が交換日記を送ってきたの? 急に不安が募った。それと呼応するように、娘が不登校になった。重い空気が家庭を包む。

アケは、幼馴染の男友達とふと深い関係になって、子供ができてしまった。ところが相手の男は既婚だった。すると不倫だが、アケは意地を張って生んだ。それで父親からは勘当されてしまった。

クミは夫のモラハラによって、ピアノが弾けなくなってしまった。それで専ら孫の世話で気分転換する。

このように、四人は人生の異なる諸相で、幸せから遠い。一番不幸なのは死んでしまったハセジュンなのかもしれないが、だからといって生きていくのもめいめい、結構重い。

ともかく、ノリは厄介払いのように交換日記をアケに送った。そしてある日、自宅でふと、交換日記が送られた秘密の仕組みを発見した。そこからブレークスルーが起きた。

クミはというと、ついにモラハラ夫に反旗を翻した。しかしアケは、不倫先の妻が訪ねてきて、パニックになった。一体どうなるのか。そしてもちろん、殺されたハセジュンは帰ってこない。

こういう、はっきりしないハッピーエンドから遠い帰結なのだが、それにも拘わらず、この小説を貫く生活のリアリティには圧倒される。夫婦の関係、親子の関係、実家の小姑との関係、主婦でもある新津きよみの感性が光る。

なお、私は数理を偏愛するアスペルガーのように思われていて、それは一面の事実ではあるが、一方で微妙な心理の綾にも気を配る神経質な面もある。精神的にも肉体的にも決してタフな人間でない私はそうやって、なんとかバランスをとりながら、この歳まで生きながらえてきた。軽い気持ちで読み始めたはずなのに、そんな私にこの小説が妙に重い。以前に読んだ同じ作家の星の見える家は、もうちょっと軽かったような気がしたのだが。

フラクタル

user-pic
0

数学セミナーという雑誌は難解なので、私はバックナンバーとしてしばらく積んでおいて後で眺めることが多いが、2017年3月号は、フラクタルの特集号だった。それで、30代の前半の頃、パソコンでフラクタルの図形を描画したことを思い出した。

私は基本的に特定の本をバイブルのように扱うことはないが、当時、一時的にバイブルのように読んでいた本は、山口昌哉著、「カオスとフラクタル」ブルーバックスだった。私にしては珍しく、ぼろぼろになるまで読んだ。また、シルピンスキーのガスケットや、ジュリア集合などをパソコンで描いた。

そういう時代を思い出しつつ、数学セミナー2017年3月号の、荒井迅氏の「複素力学系のフラクタル」という記事を自分の勉強のために簡単にまとめてみる。

その記事によると、フラクタルFは次のような性質をもつ。

  1. Fには微細構造がある。どんなに拡大しても微細構造があらわれる。
  2. Fはとても不規則で、伝統的な幾何学では記述できない。
  3. Fは何らの意味で自己相似性をもつ。
  4. Fのフラクタル次元は、位相次元よりも大きい。
  5. Fは単純に定義される。

ここで、位相次元とは普通の意味での次元であり、整数値をとる。それは例えば、次元消滅で議論した次元のことである。そしてそこで、集合に次元を定義するには位相を導入するよりないと言ったことが、位相次元と呼ばれることと関係があるのだと思う。

一方、フラクタルの複雑さを測るに適した次元をフラクタル次元と呼ぶが、それにもいろいろな次元がある。そのうち計算が簡単な相似次元は、ある集合が自分自身のm個のコピーからなり、コピーの縮小率をrとするとき、-log m/log rと定義される。

例えば、コッホ曲線は、4個のコピーをもち、その縮小率は1/3なので、相似次元は、-log 4/log (1/3) = log 4/log 3 = 1.261859・・・ > 1となる。逆に3個のコピーをもち、その縮小率が1/4のようなものはありえるのだろうか。それだと相似次元は1より小さくなるが、すると、もしかしていくつかの点に収束してしまうような気がする。少なくともそれはフラクタルとは呼ばれない。

これ以外にもハウスドルフ次元というのがあるらしいが、定義が難しいので、ここでは述べない。

ところで、fを複素数CからCへの写像として、f(z) = z2 + cで、cは複素数の定数というものを考える。

そのとき、K := {z∈C|集合{fn(z)|n≧0}が有界}を充填ジュリア集合と呼び、その境界をジュリア集合と呼ぶ。すなわち、ジュリア集合はzを動かす。

一方、K := {c∈C|集合{fn(0)|n≧0}が有界}をマンデルブロ集合と呼ぶ。すなわち、マンデルブロ集合はcを動かす。

私はまだ、8ビット・パソコンのBASICの時代に、ジュリア集合を描いた記憶がある。ジュリア集合は、選ぶcの値によって、がらっと異なる図形になる。ジュリア集合もマンデルブロ集合も、ある閾値を超える繰り返し回数nに従って、描画する点の色を変えることで玄妙な図形になる。

ジュリア集合やマンデルブロ集合のフラクタル次元がどうなるか、その計算はコッホ曲線などの場合よりもはるかに難しい。このとき、ハウスドルフ次元を使う。

なお、計算可能なc∈Cで、ジュリア集合が計算不可能になるものが存在する、というブレイハーマン-ヤンポルスキーの定理というのがあるらしい。さっぱり意味が理解できないが、ともかく深遠さが窺われる。

その他に、3次元フラクタルとか、経済物理学におけるマンデルブロの研究など様々な記事があるので、じっくり読んでみる。

また、コンピュータによるジュリア集合やマンデルブロ集合の描画もそのうち試してみる。その理論はともかく描画だけなら、素数判定プログラムより楽である。

私は、ミステリーやハードボイルド小説を好んで読むが、私が自発的にどんどん開拓していけるのは日本の作家についてであって、海外の作家の作品はどうしても不案内というか手薄で、そこは知り合いからの紹介に大きく依存している。マーク・グリーニーの「暗殺者グレイマン」伏見威蕃訳、早川文庫もそうである。

「暗殺者グレイマン」は、かなり前に紹介されて予め買っておいたのだが、どうも外国小説は腰が引けてしまうので、かなり経ってから、そろそろ読むかと重い腰を上げた。

ところが、読み始めると実に緊迫の展開の連続で、血沸く肉躍るのだった。「暗殺者グレイマン」の主人公は、コートランド・ジェントリー。CIAにいたが、何かの謀略に嵌められてCIAを辞めざるを得なくなり、CIAに追われる身となった。見つけ次第射殺してよい(shoot on sight)という極めて厳しい扱いである。

それで、到底まともな仕事には就けないので、昔習ったスキルを活かして、殺し屋になった。殺し屋は目立たず地味なほうがいいので、グレイマンと呼ばれた。

そんなグレイマンは、依頼により、ナイジェリアのエネルギー相を暗殺し、現場から逃亡する途中でイラクを通りがかった。すると、米軍のヘリコプターが撃ち落されて、墜落した。その周囲にアルカイーダの兵士が集まり、生き残りのヘリの乗組員に対して残虐行為を行い始めた。それをグレイマンは見たが、グレイマンは米軍の兵士ではないので、米軍に加勢する義理は全くない。しかし、グレイマンに妙な愛国心が働き、アルカイーダの兵士に対して銃撃をし始めた。それは当然の反撃を招いた。

それでグレイマンは、飛行機が迎えに来てくれる場所にジープで必死で移動し、その後をアルカイーダの兵士の車が追うという構図になった。

一方、グレイマンの雇い主で、民間警備会社を経営しているドナルド・フィッツロイのところに、多国籍企業のローランの弁護士ロイドがやってきた。グレイマンがナイジェリアのエネルギー相を暗殺したことで、ローランはナイジェリアとの重要な契約を失いそうなっており、それをリカバーするには、グレイマンを殺せ、とナイジェリアの大統領が指示してきている。それで、ロイドはフィッツロイにグレイマンをneutralizeするように依頼するのだが、当然にフィッツロイはそんな依頼を聞き入れるはずがない。ところが、そうなることを見込んでローランは、フィッツロイの家族を拉致し、人質にとった。それで、フィッツロイは渋々、ロイドのいうことを聞いた。

一方、グレイマンは、追手から逃れてなんとか迎えに来た飛行機に乗ることができた。ところが、乗組員にフィッツロイから連絡があり、そのあと急に乗組員の態度が変わった。グレイマンは独特の勘で自分が急に狙われる立場になったことを察知し、飛行機の中であるが、反撃して他の乗組員を殺し、満身創痍になったが、なんとか地上に脱出することができた。

そこからグレイマンが隠れ家に行こうとしていると、厚顔にもフィッツロイは、グレイマンに連絡してきた。そこでロイドが畳込むようにグレイマンに、ある日時までにノルマンディーの、フィッツロイの家族を拉致している場所に来ないと、フィッツロイの家族の命はないと脅した。

裏切ったのはフィッツロイの方なので、いまさらその家族を助ける義理はないのであるが、フィッツロイの孫娘たちと個人的な知り合いのグレイマンは心動かされた。そして、フィッツロイの家族を助けにいくための準備を始めた。

すると、ローランの保安責任者のリーゲルが、その人的ネットワークを駆使して、世界中から屈強のテロリストたちを招集し、グレイマンがやってくると想定される要所にその部隊を配置した。たかが一人の暗殺者を殺すためにそこまでやるかと思うのだが、それほどグレイマンの強さは有名なのだった。

さて、グレイマンは、ノルマンディーに行くために武器などの準備をする必要があるのだが、それは、ヨーロッパに何箇所かある秘密の場所に立ち寄ることで達成され、また、逃亡のための偽パスポートの用意も、フィッツロイが用意した人脈というかネットワークに頼ることで行ってきたのだが、今回は勝手が違う。なぜなら、強迫されているとはいえ、フィッツロイがローラン側に寝返ったからである。

それで、逃亡に必須の偽パスポートを、グレイマンはフィッツロイのネットワークに頼らないで、別の、かなり怪しいルートで用意しようと画策し、大変な目に遭ったりした。

それをなんとか逃れて、いくらなんでもここは安心だろうと、ある秘密基地に辿り着くと、実はその場所さえもフィッツロイがローラン側に教えており、そこにローランが雇ったテロリストたちが忍び寄るということさえ起った。

そんなことが続いても、並外れた精神力のグレイマンは、一歩一歩危機を脱していくが、そこはグレイマンとて生身の人間、疲れ果てて凡ミスをしてしまったりした。

こうなるといよいよ、将棋などの泥仕合に似てくる。というのは、名人芸のグレイマンも、暗中模索で悪手を指すのだが、対するローランの側も何が最善か分からないので、グレイマンの悪手を咎めきれなかったりする。

そして、いよいよグレイマンが絶体絶命に陥ったときは、ラッキーで、フィッツロイの息がかかっていない助っ人がたまたま現われたりする。こういうラッキーさもプロの将棋にもあり、そんなに非現実的なことではない。

グレイマンの最大の危機は、もしかしてグレイマンに匹敵する技量の持ち主で、東洋から来た男との一対一のサシの戦いだった。それで深手を負ったグレイマンはもう駄目かと思ったのだが、ここからは佳境なので、読んでのお楽しみである。

それにしても、マーク・グリーニーのストーリー・テリングは絶品で、しかもディテールもきちんと書かれていると感心していたら、さもありなんで、マーク・グリーニーは、この小説を書くために、銃の撃ち方、緊急対応医療、チーム戦術について、専門の訓練機関で訓練を受けているのである。

また、私が今まで読んできたミステリーやハードボイルド小説では、悪人たちは、いきがかりで全く関係がない婦女子までも巻き添えで殺戮することも厭わないのであるが、この小説では、屈強のテロリストたちといえども、決して無駄な殺生はしないのが印象的であった。というのは、無駄な殺生は、地元の警察を徒に動員することになり、作戦行動に支障が生じるからである。

ということで、私の期待を上回る面白さだったので、続編もそのうち読むことにする。

名人戦は、対戦成績的に佐藤天彦名人が有利だと思っていたら、稲葉八段が先に一勝したことで、面白くなった。ただ、両者横歩取りが得意なので、また横歩取りかとおもっていたら、矢倉の出だしなので、うれしくなった。

【図1】 10手目△3二金まで
持ち駒:△天彦名人=なし



持ち駒:▲稲葉八段=なし
ところが、10手目△3二金をみると、これは矢倉というより、最早相掛りではないか、と思った。以下、▲2四歩,△同歩,▲同飛,△7三銀,▲7八金,△8五歩,▲3四飛,△4四角,▲2四飛,△2二銀,▲2八飛,△3三桂,▲4六歩,△5四歩,▲4八銀,△6四銀,▲3六歩と進んでみると、後手陣は相掛りというよりも最早横歩取りのようだったりする。少なくとも最早だれもこれを矢倉とは呼ばない。

【図2】 28手目△7五歩まで
持ち駒:△天彦名人=歩



持ち駒:▲稲葉八段=歩2
そして△7五歩をみて私は、どうみても後手が作戦勝ちではないかと思った。先手が出遅れすぎている。ところが激指14に最強モードで判定させたら、ここでは平然と▲同歩と取っておいて、五分なのだという。以下、△同銀には▲4七銀。ううん、堂々としすぎているが、本譜よりはいいのだろう。本譜は、△7五歩に、▲6六銀,△7六歩,▲4五歩,△5三角,▲5八玉,△2六歩,▲3五歩,△同角,▲3八金,△8六歩,▲同歩,△8五歩,▲7九角,△8六歩,▲8八歩となった。稲葉八段の手順が卑屈なように感じるのは私だけだろうか。

【図3】 44手目△5五銀まで
持ち駒:△天彦名人=歩2



持ち駒:▲稲葉八段=歩2
△5五銀となっては、いかにも後手が伸び伸びしている。こうなっては誰がみても後手よしだろう。すると、【図2】から【図3】に至る先手の手順がおかしかった、ということになる。△5五銀以下は、△5五銀,▲6五銀,△6四銀,▲同銀,△同歩,▲4七銀,△4五桂,▲4六銀打,△3七歩,▲3五銀,△3八歩成,▲同銀,△3六金,▲2六銀,△3九銀,▲1八飛と進んだ。ここでは後手がいいとはいえ、△3七歩に▲3五銀と取って、負けを早めたのではないか。悪いながらもここは▲同桂で息が長かったと思う。

【図4】 60手目△2七歩まで
持ち駒:△天彦名人=歩



持ち駒:▲稲葉八段=角歩4
ここで△2七歩が、友達をなくすような冷たい決め手である。後手陣に対する嫌味はまったくないし、先手の角は眠っているし、先手の飛車は逃げられない。なんだこりゃ。ともかく以下、▲2五銀,△2八歩成,▲3六銀,△1八と,▲1五角,△3三歩,▲4五銀,△2九と,▲5六歩,△8五飛,▲5五歩と進んだ。

【図5】 投了図 72手目△2八飛まで
持ち駒:△天彦名人=桂



持ち駒:▲稲葉八段=金桂歩4
そして△2八飛で投了。奇しくも第1局と同手数であった。

ううん、こういう流れだと運営サイドは、雰囲気を盛り上げるのに苦労するだろう。頑張れ、稲葉八段、傷は浅いぞ。

ちょっと前だが、TIMEでトランプ大統領関係の記事を読んでいたら、ある政治家がnumbers guyだ、という言い方がされていた。あまりみない言い方なので、ちらっと辞書をひいてみたがしっくりくる訳がみつからない。それで文脈から、政府予算などの数字に詳しくて、なにかの議論で、メモを見なくてもきちんとそういう数値を引用できる人だ、みたいに勝手に解釈した。

で、それとはニュアンスが違うが、私もある意味numbers guyかなと思った。それは、素数だのフェルマーだの数論が下手の横好きだから、というのもまああるが、管理職の時代に予算管理を担当していたとき、上位管理職との議論できちんと必要な数値をなにも見ないで引用できていたからである。まあ、それはそうで、日々エクセルのファイルで、予算や経費の数値と格闘していたので、嫌でも憶えてしまう、というものである。

ただ、numbers guyとはいっても、貸借対照表だの勘定科目だの、経理関係の背景知識はどうも苦手で、そこらあたりはそういう知識と経験に詳しい部下に全面的に頼っていて、いつまでもこれではいかんと、簿記や会計の入門書を何冊か読んだがさっぱり知識が身に付かず、そっち方面の才能はないのか、とがっかりしたものである。

それでもやはり自分はnumbers guyだな、と感じるのは、特許情報が好きで、その関係の数値を日々集めて計算して、飽きないのである。

具体的に例を挙げると、まだ外資系にいた頃である。自宅にいて年末の大掃除が終わると、なんとなく暇になって、年末年始の定例の番組を観る気がしなくて、そうだ、特許情報遊びをやろうと思い立った。遊びといっても、役に立つ方がいいと、まず社内の特許データベースで、数千件の書誌情報のデータ一覧をダウンロードした。次に、JP-NETという商用特許データベースで、出願人が自社であるというキーワードでやはり数千件の書誌情報のデータをダウンロードした。そして、Perlを使って、出願番号と、出願日と、請求項の数をマッチングした。特に出願番号と出願日のフォーマットが、2つのデータの間で微妙に違うので、Perlのプログラムの中でフォーマット変換した。そうやってマッチングすると、だいたい1000件に1件か2件、入力間違いがある。これをみて、データ入力担当者がたるんどる、気合いを入れればそんなもの0件にできると思ってはいけない。ヒューマン・ファクターで人間にはミスは避けられない。最近は以前に比べて交通事故の件数が減ってきたとはいえ、どうしてもゼロにできないのと同じである。

それで、データをダウンロードするのも、Perlでスクリプトを書くのもまあどうってことないのだが、社内特許管理システムで該当箇所のレコードに行き、間違いのデータを訂正するのは流石にうんざりする。しかし、それをしないと今までの努力がまったく意味をなさないので、コツコツと直していく。

作業はそれでは終わらない。すなわち、私は日常生活では粗忽で、つまらないミスを沢山しているが、相手が特許情報だと目の色が変わる。ターゲットを凝視するスナイパーの目になる、というと言い過ぎか。例えば、スティーブン・ハンターの小説を読むと、スナイパーのボブ・リー・スワガーは、あちこちに失敗したときのカバー策を用意して保険をかけておく。そうしないとプロとはいえない。私が特許情報のプロかどうかは知らないが、社内特許管理システム上でデータを訂正したあと、数日たって、データをダウンロードしマッチングする作業を再度行う。正しく訂正されていることを確認する必要があるからである。こういう作業を私は、半年に一度くらいに定期的に行った。もちろんこんな作業をしたからといって誰かに感謝されるわけでも、ましてや昇進のための業績になどなるわけではない。たんに好きでやっているだけである。しかし、社内特許データのintegrityのために確実に意味がある作業である。

あと、研究開発部門または人事部門から依頼されて、発明者ごとの実績データを作成することもよくやった。すなわち、一人の発明者が複数の発明を提出するので、過去30年に亘ってワールドワイドの社内発明データをダウンロードすると、レコードの数は30万件を超える。しかし、Perlで処理する分には、30万件だろうと1000万件だろうと大差はない。で、私はちょっと考えて、2パスのアプローチを採ることにした。すなわち、1パスで社員番号のフィールドを舐めて、ハッシュのキーとする。その際、社員番号のフィールドのフォーマットはある時期を境に変っているので、それを旧型式に統一する変換式をPerlに組み込んだ。そして、2パス目では、seek関数でファイルの先頭に戻ってスキャンする。そして、1パスで集めたハッシュのキーのデータに対して、件数や出願決定、レーティングなどの数を集計していく。そういう数値は、ある発明ポイントに換算されるのだが、集計した値がある基準をみたした段階で、社内システムに基づき、ボーナスポイントがつくので、それも足すようにした。ここらあたりにもきちんと配慮しないと、特許情報フリークとはいえない。

ともかく、これくらい書くと、私が、少なくとも特許情報に関してnumbers guyであることは誰も否定しないだろう。ていうか、誰も私がnumbers guyかどうかなんて関知しないし、勝手にやっとけば、というところだろう。その地味さというかマイナーさも、私には魅力だったりする。

パソコン・トラブルはとりあえず克服したつもりだが、まだ以下の不足が残っていた:

  • マイクロソフト・エクセル
  • エンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Edition
  • 将棋ソフト激指10

私はもともと、マイクロソフトのオフィス製品は好きでないので、なるべく買わないで済ませてきた。好き嫌い以前に高すぎるということもある。それで、再就職の際の履歴書をエクセル形式で作成する必要がでてきたときも、オープンオフィスの表計算アプリを使って作ってみたのだが、どうもレイアウトが崩れてしまう。そこで仕方なくアマゾンでエクセル2010を買ったが、これは就職活動だけでなく、その後のエクセルの練習にも役に立った。そして、パソコンを再セットアップした後、エクセルを導入しようとしたら、どうしても媒体がみつからない。これはきちんと保管しておいたはずなのだが、自分の杜撰さには困ったものである。まあとりあえず、買わないで様子をみることにする。

エンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Editionは、絶望視していたのだが、ダメもとで、購入したベンダの翔泳社にメールで問い合わせてみた。するとなんと、4年近く前にメールで通知されたダウンロード用のURLから今でもダウンロード可能なのだという。ええっ、そうなのかと怪訝になりながら、こんなこともあろうかとキープしておいたそのメールからダウンロードを試みたらまだインストーラをダウンロードできた。インストーラを起動したらライセンス番号を入力するようにプロンプトするが、ライセンス番号は送られてきたメールに書かれているので、それを入力すると、確かにインストーラは走り始めた。しかし、インストーラはかなりの量のコードをウェブからダウンロードするらしく、随分時間がかかる。それだけではない、何度も通信が切れて何度も再開ボタンをクリックしなくてはならなかった。それでもともかくもうすぐ導入完了というところまで到達したのだが、ここで恐ろしいことが起きた。急に画面がブルースクリーンになり、パソコンがフリーズしてしまったのである。ええっ、折角のC++ Builder XE4がフイかと思いつつ、ここはレジリエントにパソコンを立ち上げ直し、再度インストーラを起動すると、再度ライセンス番号の入力は求められたが、導入はすでに導入されているところから開始されたので、比較的すぐに完了し、ついにエンバカデロのC++ Builder XE4 Starter Editionをリストアできた。これで思い残すことはないといいつつ、C++ Builder XE4 Starter Editionを立ち上げると、Develpers Networkのログインが必須だという。これを入れないと30日間しか使えない。それでログインのアカウントを作ろうしたら、どうしてもうまくいかない。どうも以前作成したアカウントが残っていたらしい。そこで、パスワードの再発行手続きを行うことで、なんとかDevelpers Networkにログインでき、なんとか正式にC++ Builder XE4 Starter Editionが使えるようになった。

将棋ソフト激指10の導入用媒体も見つからなかったが、これはもともと買い換える予定だったので、迷わず将棋ソフト激指14をアマゾンで購入した。激指10は、アマ名人より強く、プロ二段くらいだと思っていたが、激指14は、おそらくponanzaには負けるが、プロの最高峰と同じくらい強いのだという。そこで激指14の最高レベルと平手で指してみた。すると、あれっ、意外に強くない。むしろ、激指10の方が手ごたえがあった。と思ったら、終盤、あっという間に一気に寄せられてしまった。どうも自分より隔絶して強いというのは、強さがよく分からないということが改めて分かった。

で、C++ Builder XE4 Starter Editionでブルースクリーンをみた意外はとりあえず問題はなさそうであるが、再びブルースクリーンに出会ってしまった。それは、Windows Updateをかけてみて、でてきたWindows 7品質ロールアップとかいうのを導入したときである。これの導入が終わって、立ち上げなおすと、再びブルースクリーンが出た。これは再現性はないのだが、どうもまだ不安が払拭できないのだった。

暗い越流

user-pic
0

私はなにげにホラー小説も好きで、それで新刊書店で、若竹七海の「暗い越流」光文社文庫をみかけたとき、ええとこの人は確か、ホラー作家だったよね、ととりあえず買って読み始めた。すると、どうも勝手が違うのだが、まあいいやと、神経質なのかいい加減なのか分からない私は気にしないで読むことにした。

「暗い越流」は短編集で、「蠅男」、「暗い越流」、「幸せの家」、「狂酔」、「道楽者の金庫」の五篇からなる。

「蠅男」では、葉村晶という女性探偵が登場する。じつは葉村晶は、横溝正史における金田一耕介のように、若竹七海の小説では有名な探偵キャラらしいのだが、なにしろ私は若竹七海の小説を初めて読むので、あっ、そうなんですかというよりない。

その葉村晶であるが、37歳独身で、フリーの調査員だが、長谷川探偵調査所というところと契約している。彼氏もいないし、ペットも飼っていない。友人もあまりいない。それで淡々と生きているというのはじつはなかなかすごいのである。

そんな葉村のところに依頼人が現われた。本宮波留という女性である。それは、母が亡くなってその遺骨が、事情があって祖父の家にあるのだが、そこに行って母の遺骨を取ってきてほしい、というものである。葉村は、は?と思った。そんなの自分で取りにいけばいいじゃん、と。

すると、祖父の家は群馬県で結構遠方で、いま自分は医者にかかっていて体調がよくないので、遠方への旅行は耐えられないのだという。しかも、朝倉という知り合いに同じことを頼んだら、音信普通になったのだという。朝倉とは葉村も知り合いなので、びっくりした。

ともかく、楽勝と思って現場に行ったら、なんとも汚いところであるだけでなく、地下室で朝倉が倒れているし、蠅まみれに男が飛び出してきて階段から突き落とされるわで、大変な目に遭いながらも、ともかく葉村はミッションを達成した、という話なのだった。

「暗い越流」も、葉村が主人公なのかとおもったら、葉村は出てこず、知らないうちに、主人公は出版社に勤務する女性社員になっていた。女性社員は、犯罪関係の本の編集に関係で知り合った弁護士と話していた。その弁護士がいうには、多摩川沿いで、次々に人を五人も轢き殺して、多数に怪我させ、死刑が確定した磯崎という男の弁護を担当しているのだが、なんでもその男のところに女性名義でファンレターめいた手紙がきたのだという。その女性の名前は、山本優子。そこで山本優子の素性を探ろうとしたら、そんなの使えないと編集長からの感想。それで、たまたま聞いた、何をやっても死ねないという変な男の取材をすることにした。その変な男が死のうと思ったきっかけは、結婚まで誓っていた女性が失踪してしまったことで、その女性の名前がなんと山本優子! そこから次第に事件の真相が浮かび上がるのだが、登場人物がみな悪意にみちた、なんとも暗い小説なのだった。

次の「幸せの家」は、「暗い越流」のときの出版社に勤務する女性社員が再び登場する。ところが、この小説でも女性が行方不明になる。それは、女性社員が勤務する「きせつとくらし社」の看板雑誌「Cozy Life」のベテラン女性編集長なのだった。まさかあの編集長が無断欠勤するわけはないので、もしかして殺されているのではとみんなで推測して、一連の取材の中で怨みを買ったのだろうと推測して、その取材を後を追って、ついに突きとめたのだった。

「狂酔」は、神父さんやシスターが管理する養護施設に侵入して、武器をちらつかせて独白するアル中の男の話。子供の頃、自分が誰かに連れ去られてしばらく行方不明だったこと、父親は中学の国語教師だったが、実にいい加減な奴でついに自殺してしまったこと、自分もやりきれなくなり、酒に溺れてアル中になってしまったこと、それでも真面目に働いていたら、子供の頃自分を連れ去った人に会ったこと、と延々と独白が続き、なんともあっと驚く帰結で終わるのだった。

で、葉村晶は「蠅男」だけにしか出てこないのかとおもったら、「道楽者の金庫」で再び登場した。しかし、ここでは契約していた長谷川探偵調査所が店じまいになってしまったので、葉村晶は一旦失職した。しかしそこはそれ、一切係累がなく、あまり無駄遣いもしない葉村、まあしばらくのんびりすべ、と思っていたら、知り合いのミステリー専門の古本屋がアルバイトに雇いたいという。それでもともと古本屋の仕事はしたことがあるし、本は好きなので、勤めることにした。その古本屋は吉祥寺にあって、その名をなんと、「殺人熊書店」、英語でMurder Bear Bookshopという。そこに勤めていたら、後宇多家というところの本の買取の仕事が入った。なんでも、後宇多家で一人暮らし老人が亡くなったので、その遺族、すなわち娘さんが本を売りたいのだという。行ってみると、なかなかいい本があったのだが、なんとこけしも沢山あった。で、本を箱に詰めていたら急に本は売らないと、そこの娘さんがいう。なんでも、金庫の鍵の番号を記したこけしが見つからないのだという。で、紆余曲折あって、葉村が福島の別荘にそのキーとなるこけしを探しに行くよう頼まれて、例によって散々な目に遭うというストーリーなのだった。

じつは私は、もっとテンポがよくてストーリーが明快なミステリーを読んできたので、若竹七海のこの短編集は最初、何が面白いの?と怪訝だった。日本推理作家協会賞という「暗い越流」も、スローで含みが多すぎて、どうもピンとこなかったが、「幸せの家」あたりからやっと面白さが分ってきた。折角なので初期の頃の葉村晶シリーズを読んでみよう。ところで、この小説を読み終えてしばらくして、自分の決定的な勘違いが分ってしまった。すなわち私は、加門七海の「祝山」というとてもリアルなホラー小説を読もうと意図して本屋に行ったのだが、「七海」という名前が同じなので、勘違いして若竹七海の方を買ってしまったのだった。そそっかしい私もこんな間違いはいままでしたことがないが、まあ、若竹七海も面白かったし、葉村晶のキャラもよかったので、いいとする。