囲碁の白石七段のブログを見ていたら、なんと一力遼八段が河北新報社に入社したとあったので、えっ、もうか、と驚いた。「もう」というのは、確か一力遼八段のお父さんが河北新報社の社長で、いつか一力遼八段が社長を継ぐ、みたいな話を聞いたことがあったからである。そのために早稲田大に入学して勉強したはずである。以下、河北新報社のホームページから、関連の記事を引用させて戴く。

囲碁の一力遼八段(22)が1日付で河北新報社に入社したと、所属する日本棋院が発表した。今後もプロ棋士としての活動は継続し、従来通り棋戦に出場する。棋戦優勝もあるトップ棋士が兼業するのは異例。
一力八段は「今後も棋士として囲碁中心の活動になりますが、新聞社の一員としても、一つずつ学びながら、社会に貢献できるように頑張ります」とコメントした。
一力八段は河北新報社の一力雅彦社長の長男。仙台市出身で、2010年にプロ入りした。七大タイトルの棋聖、王座、天元への挑戦実績があるほか、NHK杯や若手の国際棋戦などで優勝している。今春、早稲田大社会科学部を卒業した。

一力八段に関して、まったく掛け値なしの一流棋士であるということと、将来の社長候補で、父親が社長である会社に入社する、ということがどうも私には相容れないように思えて、ピンとこないのだが、するともしかして、将来は社長業というか、その修行が多忙になって、棋士は休業または引退するのだろうか、とか考えて、いよいよ訳が分からなくなる。普通そういう場合は、いくら囲碁の才能があっても、プロになることは試みないで、大学に進学して、囲碁のアマ強豪として活躍するにとどまるのではないだろうか。

ここまで書いて、つい思い出すのは、坂井秀至八段である。坂井八段は、子供のころから有名なアマ強豪であったが、親の期待に応えて医学部に進学し、晴れて医者になった。しかし、囲碁への想いは断ち切れず、プロ試験を受けて見事にプロの囲碁棋士になり、タイトルを取るほどにまで活躍した。ところが、いろいろ悩んだ末、囲碁を休業して、再び医師に戻る決断をし、周囲を驚かせた。

これらのケースから、私は、次のような傾向を見て取った。すなわち、かりに一流の棋士であっても、別の職業へのパスが許される才能や、環境や、状況があるなら、ためらいながらも、別の職業を兼業し、あるいは別の職業にシフトしていくという時代になったと思われる。その時代背景は、今後、棋士専業で生活していくことの不安定さがあるのではないか。

将棋でも、三段リーグ三段リーグの結末で言及した谷合四段の例がある。すなわち、谷合四段は晴れてプロ四段になれたのに、東大の大学院は辞めないで、研究を続けるらしい。これもまた兼業である。

また、星野四段は、今年の4月から、囲碁・将棋を中心とした、ゲームソフトの会社であるシルバースタージャパンに入社したが、棋士も続けるということである。星野四段は、いまや、ごきげん中飛車の対策の定番である超速3七銀戦法の創始者としても知られており、そのアイデア力は、ゲームソフトにも活かされるであろう。

伝統的な囲碁・将棋ファンは、棋士は棋道一筋に励むもので、そのためには世間知らずであっても構わないし、むしろそれが望ましいと思っているかもしれない。しかし、会社などでも兼業が認められてきており、そういう多様化は、抗しがたい時代の趨勢なのだろう。あまりにも月並みなステートメントであるが。

ダイヤモンド・オンラインに、医療ジャーナリスト、井出ゆきえ氏の記事として、新型コロナウイルスの治療薬のことが書かれていたので、簡単に引用あるいは要約させて戴く。

まず、日本でレムデシビルの臨床試験が開始されたという。レムデシビルは、もともとエボラ出血熱の治療薬として米ギリアド・サイエンシズ社が開発中の抗ウイルス薬で、試験管レベル、動物実験レベルではMARS(中東呼吸器症候群)やSARS-CoV-2に対する抗ウイルス活性が確認されている、という。

日本企業開発のアビガンは中国で「良好な結果」であるという。日本の企業が開発した抗インフルエンザ薬であるファビピラビル(商品名:アビガン/富士フイルム富山化学)については、3月17日に行われた中国科技部の会見によると、SARS-CoV-2陽性で肺炎症状を呈した90例を対象とした臨床試験で良好な結果を得たようである。

アビガン単剤のほか、急性膵炎の治療に使われるタンパク分解酵素阻害薬のナファモスタットメシル酸塩(商品名:フサン/日医工など)と併用する試験も検討中であるという。

シクレソニド:感染早期~中期の重症化抑制に期待される。シクレソニドは吸入タイプのステロイドで免疫抑制に働くため、本来であれば有効な抗菌剤や抗ウイルス剤が存在しない感染症の患者に対する使用は「禁忌」である。しかし、2015年に韓国でCOVID-19と同じコロナウイルス感染症であるMARSがアウトブレイクした際に治療薬の候補として取り上げられていたという。

このほか、WHO(世界保健機関)が医療資源に乏しい国への支援も兼ねた大規模国際共同臨床試験「SOLIDARITY」を立ち上げたという。治験対象薬は(1)クロロキンとヒドロキシクロロキン、(2)ロピナビル/リトナビル配合剤単剤(もしくは併用)、(3)ロピナビル/リトナビル配合剤+インターフェロンβのカクテル療法、(4)レムデシビルで、現在、アルゼンチン、カナダ、フランス、イランなど10カ国が参加しているという。

引用または要約は、以上である。

ここからは私のコメントであるが、目下の窮状に鑑みると、新型コロナウイルスに対応する新薬を開発するのが、本来は筋である。しかし、そのためには、コロナウイルスに書いたように、新型コロナウイルスの全ゲノム配列を決定し、そうして得られる遺伝子情報だけでなくウイルス蛋白質の立体構造予測を与えることが必要であり、そのために例えば、ホモロジーモデリングという手法を実行する必要がある。そのあと、ホモロジーモデリングの結果に基づき医薬を開発し、治験を行う、という長いプロセスが必要で、それでは喫緊の目的には間に合わない。そこで、上記した既存の医薬を、新型コロナウイルス用に治験する、ということなのだろう。何にしても、早く効果がある医薬が特定されて、医療機関に出回ってほしいものである。

ついに退職

user-pic
0

退職間際から、日一日とこのタイミングを待望してきたが、やっと無事退職できて、ほっとしている。

2013年の7月末で長年勤務していた外資系をリストラになり、次に特許事務所で明細書書きをやりたかったのだが、年齢制限や資格や経歴で書類審査の段階で落とされ、落ち込んだ。私は基本的に特許の仕事しかやったことがなかったので、他の仕事なんて考えもしなかったが、それでいて弁理士でないのはやはり厳しかった。まあ、資格勉強が苦手なのだから仕方ない。

それで、ある大手企業の子会社の特許調査の仕事があったので、あまり気が進まなかったが、応募してみたら、ちょっと面接しただけであっさり採用された。私の希望からして特許調査の仕事というのはかなり微妙であったが、そんな贅沢を言っている場合ではない、とあっさり妥協した。子供の頃から貧乏して、あまり玩具も買ってもらえなかったりしたので、贅沢言わないことには慣れている。

で、入社してみたら、コテコテの日本企業のカルチャで、よくも悪くも放埓なカルチャの外資系を経験した私には、慣れるのに大変で、滅茶苦茶ストレスが溜った。また、特許調査の仕事というのはほとんど経験したことがないのに、きちんと指導してもらえず、周囲の人の仕事の内容をみて、必死で独習した。こんなことなら、なんとか転職先を探すかと思ったりしたが、そんな気力もなかった。

それでも、ある程度慣れてきたら、次第にこの職場も悪くない、と思えてきた。というのは、管理職にどうしようもない人があまりいないのである。きちんと統制がとれている。また、私は新米であるにも拘わらず、結構いいたいことを部門ミーティングなどでつい言ってしまうのであって、それは、それで辞めさせられるなら、この部門も知れていると開き直っていたからかもしれない。ところが、そんな私のちょっと規格外の意見もきちんと聞いてもらえて、対応してもらったりした。

あと、うれしかったのは、特許調査に当たって、事前に研究員にヒヤリングに行く、という制度があったことである。私は外資系にいたときから、研究員や技術者と話すのが好きで、相手が研究員や技術者だとかなりコミュニケーションできるスキルがあると思っている。なぜ女性に対してそれができないのか、よく分からないが、要するに世界観を共有できないのだろう。それで、事前勉強して研究員にヒヤリングに行き、その後も事後勉強でフォローする、ということを続けて、それを報告書に反映するということをやっていたら、面倒な技術の調査のクローザーみたいな認識されて、部門内で居場所を確立できた。

あと、直属の上司が、研究員として、所属長などに直言して左遷されたりしてきたタイプで、要するに私と似たタイプなので、実にウマが合った。多分であるが、長いサラリーマン生活で一番相性がよい上司であるといってよい。それで、ここ数年、仕事量の多さにうんざりしたことはあるが、概ね充実した気持ちで仕事ができた。

とはいえ、流石に体力的にきつくなってきたのは、通勤が大変だからである。なにしろ、毎朝4時に起きて、2時間かけて会社に行く。すなわち、5時40分くらいに自宅を出て、会社には、7時45分くらいに着く。始業時間は9時なので、もっと遅く出ても間に合うのだが、それだとラッシュアワーに遭遇してしまう。なので、混まないで会社に行くにはそれくらいに起きるしかないのだった。

しかし、そうやって、一日に往復で4時間を費やしていたら、どっと疲れる。ましてや、65歳の高齢である。なので、たまたま退職の年限になったのだが、そうでなくても、サラリーマンもうええねん、なのである。

で、形作りモードで働いていたら、最終的に休暇が9日半余った。そこで、囲碁六段である上司に、なんとか9目半余しましたよ、と言ったら、9目半勝っていても、AIと碁を打ったら、あっという間にヨセで逆転される、と言われて、いやあ、まあそうなんだけど、と苦笑するよりないのであった。

ともかく、最終日に、こっそり逃げるように会社を去ろうと思っていたら、なんかみんなの前で、記念品と花束の授与があるそうなので、おいおい止してよ、と隠れたくなった。で、何か一言、というので、「いろいろあって、前職では後ろ足で砂をかけるように辞めてしまいましたが、ここではなんとか普通に辞めれました。ありがとうございます。」と挨拶したら、軽く受けた。一応、本音だったりする。

テレワーク

user-pic
0

今勤務している会社のオフィスでも、去年あたりからテレワークが導入され、一部の人が、試行的にテレワークを行うようになった。私が以前勤務していた外資系は、おそらく2002年頃、日本で初めてテレワーク(その会社ではe-workと呼ばれていた)を導入し、管理職としてそのインプリメントに苦労した記憶がある私は、いろいろと感慨に耽るとともに、感じることがあった。

それは、まだ試行的だからかもしれないが、ちょっと場当たり的である、ということである。例えば、管理職の承認がかなり、依然として書類への押印に基づくものであり、すると管理職がテレワークすると、承認プロセスが滞ってしまう。

あと、管理職であれ、部員であれ、ほぼ平等にテレワークを行うのであるが、それでいいのか、と思ってしまった。というのは、私の意見では、テレワークする人というのは、空に揚げられた凧のようなもので、その糸を地上で引っ張っている人が必要である。そして、それが主として管理職であるべき、というのが経験に基づく私の意見である。

その根拠は、まず管理職の仕事の性質である。私の経験では、管理職の主な仕事の一つは、部下の仕事の進捗を管理し、問題があれば対処することである。ところが、管理職がテレワークしてしまうと、そういう管理をネットワークで仮想的に行うことはなかなか困難である。すると、管理職がテレワークして、基本的に実務はやらないとすると、メールのチェックくらいしかやることがない。比較的に給料が高い管理職がそうだと、極めて非効率である。

次に、上記したテレワーク凧あげ理論によると、いくら部門にテレワークが導入されても、典型的には郵便を送ったり、受け取ったり、知財部門でいえば、特許電子出願端末を操作するなど、会社に来なくてはできない仕事はどうしてもある。よって、オンサイト部隊は必須であり、事務部門を統括する管理職であった私は、部下から、どうして特許専門職がテレワークできるのに、自分たちはできないのか、と苦情をうけ、まあまあ、と宥めたりした。そういう私は少なくとも部下に対して示しをつけるためにも、テレワークするわけにはいかなかった。そのせいもあって、少なくとも管理職をやっていたときは、ほとんどテレワークしなかったはずである。

ところが、昨今の状況で、これだけ新型コロナウイルスが猖獗するようになると、満員電車の通勤を避けたり、オフィスに人がひしめくのを軽減するために、全国的に企業や組織でテレワークが推奨されるようになった。それで、VPNなどの、テレワークのインフラが整っているかどうか分からないような会社まで軒並みテレワークを導入した。

それで、さらに思うのは、簡単にテレワークというけど、今オフィスでやっている仕事が、実際にちゃんと自宅でできるのか、という疑問である。例えば、私がやっている特許調査の仕事は、極めてポータブルで、テレワークでもほぼ100%、ちゃんと遂行できる。完全ポータブルといってもよい。

しかし、私の限られたサラリーマン経験に鑑みても、ポータブル性の高い仕事は多くない。例えば、営業とか、工場で物を製造するなど、明らかにテレワークは無理で、それ以外でも、ほとんどの仕事はテレワーク度はそんなに高くない。なので、大丈夫か、と思っていたら、ある会社のアナウンスで、テレワークできない種類の仕事の人でも、ちゃんと時間分の給与を支払います、とあったので、なんかほっとした。要するに、新型コロナウイルスのオーバーシュートを防ぐためには仕方ないのだった。

こんなことをしていたら、企業の業績は悪化するが、今は辛抱の時なのだった。

読売新聞に、ハンタウイルス感染の記事があったので、引用させて戴く。

【北京=比嘉清太】中国雲南省臨滄市の保健当局は、今月23日に急死した労働者から、ネズミが媒介する病原体として知られるハンタウイルスが検出されたと発表した。
共産党機関紙・人民日報系の健康時報(電子版)などによると、感染者はバスで長距離を移動中に体調が悪くなり、急死した。バスにはほかに29人が乗っていたが、感染の広がりは確認されていないという。
国立感染症研究所によると、ハンタウイルスは2週間の潜伏期を経て発熱や呼吸困難を引き起こす。中国の有力ネットメディア「澎湃新聞」は専門家の見解として、かつては致死率が高かったが現在はワクチンがあり、早期に発見すれば治療が可能だと伝えた。

つい、この記事に注目したのは、エマージング・ウイルスで、ハンタウイルスに言及したからである。そこで言及したのは、「米国中西部を車で運転中の青年が突然発病した」という事例であるが、今回も、バスで移動中の人が感染した訳で、車で移動することと、ハンタウイルスに感染することは、どう関係があるのだろうか。それとも単なる偶然なのだろうか。

それにしても、またしても中国でエマージング・ウイルスの感染となると、つい、中国の多様な食文化のせいなのか、あるいは、生物兵器なのか、と新型コロナウイルスとの類推で、いろいろ憶測してしまう。そうして、巷間で喧伝されている、米軍武漢持ち込み説や中国科学院武漢病毒研究所からの漏洩、第三国によるバイオテロなどの流説がつい気になってしまう。

ここにきて、さらに考えてしまうのは、新型コロナウイルスの恐るべき感染性である。一般的に、生物兵器として研究されているのは、炭疽菌、破傷風菌、エボラ・ウイルスなどで、死亡率は高いものの、感染力はあまり強くなくて、封じ込めるのはそれほど困難ではない。すなわち、物理学の核力、電磁気力、重力などで力の強さと、到達力が逆の相関にあることとの類推で、致死性と感染力が逆の相関にある、ということは一般的に言えるのではないか。そして、新型コロナウイルスの場合、致死性があまり強くなくても、何しろ感染性が大きすぎて、すると母数が増大してしまうので、死亡者の絶対数も大きくなってしまう。

東洋経済の2020/2/12のウェブ記事によれば、中国科学院武漢ウイルス研究所の女性研究員である石正麗氏は、以下のような研究を開示する。

新型コロナウイルスと2003年のSARSウイルス(SARS-CoV)のDNA配列の一致率は79.5%、雲南キクガシラコウモリに存在するRaTG13コロナウイルスとの一致率は96%に達していることが明らかにされており、コウモリが新型コロナウイルスの起源である可能性が示されている。

要するに、何かの偶然で、感染性が異様に大きい、SARSウイルスの変種が生じてしまった、ということなのだろうか。

巨人の肩

user-pic
0

特に自然科学の分野で、巨人の肩に乗る、という言い方がなされる。要するに、先人の業績を学んで、その上に新規な業績を積み上げることで、学問を進歩させる。

しかし、数学や物理学など、長い伝統をもつ学問では、過去の業績の蓄積が膨大なので、新規なことを研究する段階に達するまでに、多くのことを効率的に記憶し、理解する能力が必要になる。大学入試は、そういう能力を見極めるための手段として、それなりに機能していると思われる。

その受験勉強には沢山の参考書がありえるが、蓄積された学問においても、長い間に知識は整理され、学びやすい方法が選択され、すなわちパッケージ化され、ライブラリ化される。

よって、あるレベル以上の学力があれば、過去に比べて、比較的短期間に、先端レベルに達することができる。将棋も例外でなく、なので谷合四段は、学業が忙しい中で、持ち前の卓越した学習能力を活かして、奨励会を突破できたのだろう。

将棋以外でも、数学、物理学、コンピュータなどで、書店で極めて優れた入門書を多数見る。私が若い頃、こういう本が読めていたら、もうちょっと物理学が理解できていたような気もするのだが、自分の乏しい才能を顧みると、どんないい本があっても、知れていると思われる。

パッケージ化された学問のバラダイム以外に、AIによる肩についても、述べておきたい。要するに、AIを使って作業する、ということは、それも、AIの肩に乗ることになる。それは、目下の作業に対して、先人の肩よりも確実に有用だろう。こうして、あちこちで現代人は、様々な物の肩に乗ることができるが、それでいいのだろうか。

すなわち、所与の問題を解くために、既存のライブラリを呼び出すことは、そこに独自の工夫を加味しなくてはならないこともあって、必ずしも容易とは限らないが、それでも、既存のパラダイムやツールが手を貸してくれるのだから、どうしても面倒なことは避けるようになる。

そういうことを続けると、確実に知の腕力や脚力が弱ってしまう。それは、大袈裟かもしれないが、ロングレンジでは、人類滅亡につながらないか。

それで思い出すのは、XAIである。それは説明可能なAIであるが、educative AI、すなわちEAIというのが、あってもよくないか。すなわち、人間が漫然とAIを使っていたら、急に人間にバトンを渡し、苦労して考えさせる。そういうことをやっていると、人間の知力だけでなく、忍耐力も身に付く。

学習コースも、敢えて車両の発明のようなことをやらせる。例えば、前期量子論の前提で、なんとか、離散的エネルギーを扱える理論を、少ない知識で考えさせる。ある意味、知識の断食訓練である。

たまたま貧しい環境にある者は幸いである。僅かな知識から、ラマヌジャンのような超絶的理論を打ち建てる者が出てくるかもしれない。

と、段々意味不明な話になってくるのだった。

テレビを観ていて、小池都知事が、新型コロナの感染がオーバーシュートの入り口にあるので、外出の自粛を要請する、みたいに言うので、オーバーシュートの意味ってなに?と思ってしまった。一瞬、サッカーの用語由来かと思ったが、それではどうも変である。まあ、ニュアンスとしてはなんとなく分かるのだけれども、初耳であった。

で、ウェブで調べてみたら、もともと金融用語で、人間の意思決定に伴って変動する現象における異常値を指す用語だという。この代わりに、聞きなれたアウトブレイクを使うと、ニュアンスが露骨すぎるので、使うのを避けたという意見もあるが、どうなんだろう。

で、小池都知事の呼びかけに応じて、東京都だけでなく近隣の神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県でも週末の外出の自粛が要請され、これに、多くのデパートや店が多そうである。

この反応はちょっと異常では、と思ったのは、感染の日々の統計をみていて、一番問題になるのは新たな感染者で、あとは感染者の累計であるが、本来感染者の累計から回復者を除いたアクティブな感染者の数を示すべきであるが、集計が難しいのか、その数字は示されていない。ただ新たな回復者の数も示されており、それは新たな感染者の数よりも多いので、アクティブな感染者の数は減少傾向にあるといえる。これを以て自粛は大袈裟と考えてもよいのかもしれないが、一方で、感染の封じ込めには、政府の施策と医療体制も重要なのだ、と思った。それは、3月26日時点の世界の国別の感染数を見たときである。

すなわち、イタリアは感染者が74386で死者が7503と、世界最多の死者であるのに対して、ドイツでは感染者が36508で死者が198と、感染者の多さにも拘わらず、かなり死者が低く抑えられているからである。これは、ドイツの施策と医療体制がポジティブに効いていると思われる。よって、まだ手綱を緩めてはならず、小池都知事の呼びかけも正当化されると思った次第である。

小池都知事の呼びかけは、ここ数日の東京都の新たな感染者数の増大を受けてのことであるが、これに関して、ある感染症学者が説明するところによれば、新型コロナの感染者は、二週間程度の潜伏期に鑑みると、3月26日よりも二週間程度前に、外国から日本人が陸続と慌てて帰国した時期に対応するという。すなわち、帰国者がシードとなって、感染者増加につながった可能性があるという。ここで手を拱くと、オーバーシュート、すなわち感染者の爆発的増加に繋がりかねないので、一見過剰にも見える外出の自粛を要請する、という次第である。

あと、外国の感染者数と死者の統計をみていてると、明らかに気温が高い国と、南半球の国は感染者も死者も相対的に少ない。南半球の国は、北半球と夏冬が逆である。感染者(死者)で示すと、オーストラリア:2805(13)、イスラエル:2495(6)、トルコ:2433(59)、ブラジル:2433(57)、マレーシア:2031(23)、チリ:1142(3)、タイ:1045(4)、サウジアラビア:900(2)、インドネシア:893(78)、南アフリカ:709(0)、シンガポール:683(2)、インド:649(13)、エジプト:456(21)、香港:453(4)、台湾:252(2)、ベトナム:153(0)

これから見て取れることは、コロナウイルスの季節性でも見たように、明らかに気温の高さはCOVID-19の抑止に有意義であり、今後の北半球の気温上昇の効果に期待しつつ、適切な抑止政策を施行する、という極めて当たり前のことになるのだった。

といいつつ、タイに関するコロナのニュースがあり、それによると、タイ国内でムエタイの試合があり、そこでクラスターが生じ、なんと一挙に100人以上感染者が発生した、とあるので、温暖な地域でも油断はならないのだった。

eと違って、πには正則で規則性のある連分数は存在しないが、木村俊一「連分数のふしぎ」講談社ブルーバックスの282ページに、ブラウンカーによる、πの非正則且つ規則性のある、以下のような連分数が示されていたので、なんとπにも規則性のある連分数表示があるんだと驚いた。

そこで、これに基づき、πの多倍長連分数を計算してみる。ここでは、0,1,3,5,,...という通常の項をCF(n)とし、非正則の4,12,32,52,72,...をCF1(n)と定義してみる。すると、コードは以下のとおりとなる。

// πの非正則連分数
#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <stdlib.h>
#include "L_frac6y.h"

int CF(int n);
int CF1(int n);

int main()                  {
 int i;
 L_frac tmp;
 L_frac S;
 
 // CF(n)により、連分数に(0,1,3,5,7,...)をセットする
 // CF1(n)により、連分数の分母に(4,1,4,9,16,...)をセットする
 
 i = 400;  // 400の深さの連分数
 tmp = CF(i+1);
 while (i >= 1)        {
   S = tmp;
   S.inverse();
   S *= CF1(i);
   tmp = CF(i);
   tmp += S;
   i--;
 }
 tmp.Show();
 tmp.ShowR(300);
 
 tmp.Delete();
 S.Delete();
 
 return 1;
}

int CF(int n)     {
 if ( n == 1 ) return 0;
 if ( n > 1 )     {
   return (2*n - 3);
 }

return 0;
}

int CF1(int n)     {
 if ( n == 1 ) return 4;
 if ( n > 1 )     {
   return (n-1)*(n-1);
 }

return 0;
}

連分数の展開は、4939342398244313040951326553495101399424402532445374433135305067
96819003558767437233991577423664504921152588131158812611261409173021633217367205
57537098259377165797514072585849076074119399228036178748563394432536038349215177
36111310746936306594117781185063204038126570672243145175133204377663800454533298
757072991279522926803616004395837376671418249056368790430277310650292704903168/1
57224151660791894054181954777299634592161204785037345722186744265389936286764400
34197356435698643332941790366313412591403763250665138196612760439667147647340638
04644608493151550245449679721626795299830543720985607804970295039283208066293400
88491008808274576304240879004096142097544247681593177949108585315242214164089744
3657208733415676661541303589757279999285320197085825636564625となる。

また、実数的割り算を300桁まで表示すると、(1)314159265358979323846264338327
95028841971693993751058209749445923078164062862089986280348253421170679821480865
13282306647093844609550582231725359408128481117450284102701938521105559644622948
95493038196442881097566593344612847564823378678316527120190914564856692346034861
045432664821339360726024914127となる。少なくともこの300桁まではπの値として正しいようである。

なお、「連分数のふしぎ」講談社ブルーバックスによると、この連分数を考えだしたブラウンカーは、フェルマーと同時代の人で、イギリス王立科学アカデミーの長官の地位にあった。ブラウンカーは、ペル方程式と連分数の問題で、フェルマーをギャフンと言わせた剛の者だった。

ストレス

user-pic
0

新聞でたまたま、ストレスとガンは無関係であると、ある医師のステートメントにあったが、いくらなんでもそれは違うだろうと思ってしまった。

例えば、徳川綱吉の伝記によると、綱吉は、将軍に就くと、絶対の権勢を誇っていた大老の酒井忠清を降ろし、側近の堀田正俊を大老に指名した。それが酒井には大層ショックで、自宅に籠って悶々としているうちに、具合を悪くして死んでしまった。これなど、ガンではないにしても、ストレスが健康に影響し、寿命を縮めてしまった、といえよう。

別の例では、3.11の災厄に対する不手際で、私を含むレジスタンスのメンバーが部門長を詰問したとき、メンバーは、権力を以て弾圧された。そのとき、相対的に地位の低い者たちが上司に抗議するということのストレスの大きさを改めて知った。そのストレスで心身の調子を崩した私は、その後知り合いと花見にいって、わずか五合足らずの日本酒で、人事不省に陥った。酔っ払い事件である。

なので、ガンに限らず、大抵の病気はストレスと強い相関があるように思われる。それで、依田九段のブログを読んでいて、依田九段が去年の2月に脳梗塞に罹ったと知ったとき、依田九段は相当強いストレスに晒され、その結果、脳梗塞になった、と思った。ところが、依田九段は、その後マスターズカップで無理やり不戦勝にさせられるというストレスに襲われた。病み上がりに、なんと酷なのだろう。

しかし、それに止まらない。依田九段は今年の2月に、半年間の対局停止処分を受けるという、この上ないストレスを受け、私なら息も絶え絶えになるところ、依田紀基のブログで盛んにエントリを更新し、意気盛んである。まあ私の経験では、自分を励ますためにブログの記事を書く、ということもある。ともかく、依田九段の対局復帰で、ストレスが減少すればいいのだが。

大域的なストレスは、新型コロナウイルスに関与する。それは、不合理なまでに過剰とも思われる過度の自粛のせいだったりする。するとストレスが嵩じて、免疫力が低下しかねない。なので、ウイルス封じ込めの一方で、人々を励まし、場合により慰安やを与えるような方策は難しいのだろうか。何かの催しに、観客が全員マスクを付けるとか。工夫の余地があると思うのだが。

ともかく、こういう経験が日本のバイオセキュリティの試練となり、意識を高め、次にパンデミックになったとき、経験が活きるだろう。

将棋連盟のホームページでは、所定の棋士の直近の成績を簡単に確認できる。それで、渡辺最強論の継続のアップテートとして渡辺最強論の現状、渡辺三冠の直近10局の成績をみてみたら、なんと4連敗を含み、4勝6敗と負け越している。これでは最早、渡辺最強論にクレームをつけざるを得ない。

ただ、ある棋友は、渡辺三冠の来る最大のターゲットは、4月から始まる豊島二冠との名人戦で、それの調整のため、目先の対局を枝刈りしているのではないか、という。それもあるかな、と思ったのは、叡王戦挑戦決定戦で、豊島二冠に1勝2敗で、叡王戦挑戦を譲ったからである。名人戦と並行して戦う叡王戦は、名人戦に集中するためには、できれば避けたいところであろう。

そんな渡辺三冠にとって幸いだったのは、棋王戦の挑戦がまだ経験が浅い本田奎五段だったことだろう。本田五段は、格上の渡辺三冠に一番入れて意地をみせたが、他の将棋はあっさり作戦負けになり、観戦していて、いまいち物足らなかった。私は、挑戦者決定戦で本田五段に敗れた佐々木大地五段の方が経験があり、渡辺三冠に善戦できたような気がするが、まあこれも綾である。

一方渡辺三冠は、王将戦で、広瀬八段とフルセットの激闘中であるが、2勝3敗と追い込まれた第6局で、上記したように不調になったように思われる渡辺三冠が、少し模様の悪そうな終盤で、捻った手で広瀬八段を抜き去って、渡辺三冠が復調したようにも思われた。ただ、広瀬八段が全く見込みがなくなった終盤の局面で、延々の長考したのをみたとき、なんか大逆転をくらった豊島名人との竜王戦の終盤の再来のような気がして、渡辺三冠が復調したというよりも、広瀬八段が変調なのかな、といろいろ考えてしまった。

渡辺三冠の復調がやはりいまいちなのかなと思ったのは、直近の3月20日の三浦九段との竜王戦1組の出決で、少し渡辺三冠の模様がよかったのに、踏み込みを欠いて三浦九段に負けてしまったからである。A級順位戦の最終対局では、三浦九段に中押しみたいな勝ち方だったのだが。

これで渡辺三冠は2組に落ちてしまい、今期の竜王戦決勝トーナメントの出場もなくなったのだが、いくら名人戦が近いからといって、調整として竜王戦のクラス落ちを甘受することはありえない。

ただ、渡辺三冠は、今が底だとしたら、今から上向くのだろうか。ともかく、3月25・26日の、すなわち今日からの広瀬八段との王将戦第七局が注目である。

月別 アーカイブ