消化試合

user-pic
0

優勝が決まった後、9月21日のマツダ・スタジアムでの広島対阪神の試合をテレビで観戦していたのだが、どうしても気の抜けたビール感が否めない。

そもそも、カープは、1回の裏に5点を取って先行したものの、その後全く点が取れずに、結局、小刻みに追加点を取った阪神に逆転負けを喫してしまった。

ただ、カープに追加点がないとしても仕方ないと思うのは、カープは次々にメンバーを二軍から上がってきたばかりの選手に交代させていったからである。これでは打線のつながりがなくなって、簡単に点が取れなくなる。また、カープは、リリーフ・ピッチャも出し惜しみして、阪神に追加点を許した。

まあでも、ここまでカープは張り詰めて試合をしてきたので、優勝が決まった直後くらい、気を抜いてもいいのではないだろうか。

そもそも今期パ・リーグで優勝したソフトバンクも、優勝が決まった直後の試合、西武にサヨナラ負けしていたと思う。そこでセーブ王のサファテを使えばソフトバンクが勝てたはずだが、ここでサファテを使うのはもったいない。

もしかして優勝監督は、次のクライマックスシリーズに向けて、できれば露骨に消化試合を、主力選手を休ませたり、二軍から上がってきた選手の様子をみたりすることに使いたいのかもしれないが、そうはいっても消化試合といってもお客さんはちゃんとお金を払って観に来ているのだし、相手チームは消化試合ではなく、クライマックスシリーズに勝ち残るために必死だったりするので、あまり失礼なメンバーで臨むわけてもいかないだろう。ただ、今日見ていて阪神は、カープが二軍から上がってきた、まだ実績のない選手を次々と出すのにうんざりしなかったのだろうか。それとも、どんな優勝チームもこのような行動をとるので、そういうもんだと割り切るのだろうか。

と、負けと勝ちの文脈で、消化試合をどう位置付けるべきなのか、思いあぐねている次第なのだった。

まあこのあたり、プロ野球では優勝チームならではの定跡があるのだろう。それはもちろん書物には載っていないが、双方にとって阿吽の呼吸なのかもしれない。

戦法の疲れ

user-pic
0

全く新規性のない言い方だが、戦法の疲れってあると思う。すなわち、将棋でも囲碁でも野球でもそうだが、特定のやり方がうまくいくということは結構ある。それで人間の常として、そのうまくいったやり方に固執してしまい、次第にマンネリ化して通用しなくなる、ということはある。

将棋では例えば、あれほど隆盛を極めた藤井システムが一時通用しなくなった。それは要するにその戦法を駆使する人たちがその戦法に飽きてしまうのである。戦法そのものはもちろん人格などないので飽きるということはないのだが、それを採用する人間たちの集合的存在が飽きたとき、それを戦法の疲れと呼ぶ。

それは要するに人間の、というか生物自体の飽きやすい性質によるので、どんな優れた戦法でも、ある一定期間内に趣向を変えなくてはならない。

例えば、王位戦第3局で、菅井七段は変則三間飛車を3局続けて採用したが、こういう変則戦法ほど賞味期限が短くて、そろそろ異臭が漂い始めていた。それで王位戦第3局を負けると菅井七段は矛先を変え、普通の中飛車にスイッチし、剰え途中から居飛車に切り替えて、戦法の疲れを防ぎつつ、菅井七段は勝利した。この勝利はなかなか大きく、結局、菅井七段は王位を奪取した。でも羽生三冠は、目下竜王の奪取が一番の目標である。

戦法の疲れというと、つい広島カープに目が行く。すなわち、広島カープは、抑えのジャクソン、中崎、今村という終盤定跡が疲れてきて、次第に通用しにくくなった。この戦法に固執するかぎり、カープのリーグ二連覇は結構厳しかったかもしれない。しかし緒方監督は、微調整でなんとか乗り切った。

そう、戦法の疲れは人類にとって本質的で、それがなきゃローマももう少しもったのである。

ともかく飽きにどう対処するのか。興味の地平を無駄に広げるしかないのか。なぜか聞こえてくる曲は、♪娘盛りを無駄にするなと、時雨の宿で背を向ける人♪という越冬つばめなのだった。

エノンのアトラクタというかエノン写像の続きだが、Wikiによると、ロジスティック写像のように分岐した後カオスになる図が存在するようなので、描いてみることにした。下記のとおりである。

この図は、下記のようなエノン写像において、b = 0.3と固定し、aを1.0から1.42まで次第に増やしていく。
xi+1 = 1 - axi2 + yi
yi+1 = byi

すなわち、図において横軸はaであり、縦軸はxの値である。aが1.42で打ち切られているのは、それよりaを増やすと式が発散してしまうからである。

この図からは、ロジスティック写像よりも複雑な分岐の様子がわかる。なお図において、縦軸と横軸にそれぞれ0.1刻みで目盛りをつけてみた。

なお参考までに、縦軸をyにしたときの図は、こちらである。

見て取れるように、yの方も分岐はあるのだが、値の幅が相対的に小さくなっている。

最後に例によって、プログラムのソースコードを付ける。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Close1Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Draw1Click(TObject *Sender)
{
 double x,y,a,b,tx,ty,px,py;
 int N = 0;
 int i;
 b = 0.3;
 for ( i = 0; i < 422; i++ )      {
   a = 1.0 + (double) 0.5*i/500.0; // パラメータaの値のセット
   x = y = 0.1;  // 初期値
   N = 0;
   while ( N++ < 800 )     {
     tx = 1.0 - a*x*x + y;
     ty = b*x;
	 x = tx; y = ty;
	 if ( N > 100 )          {
	   px = 100 + i;
	   py = 250.0 - 150.0 * x;
	   Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
	 }
  }
 }
 // ここで座標線を引く
 Canvas->Pen->Color = clRed;
 Canvas->MoveTo(1,250); Canvas->LineTo(550,250);
 Canvas->MoveTo(100,2); Canvas->LineTo(100,600);
 for ( i = 200; i <= 500; i += 100 )    {
	Canvas->MoveTo(i,25); Canvas->LineTo(i,475);
 }
 for ( i = 1; i <= 15; i++ )             {
   Canvas->MoveTo(80,250+i*15); Canvas->LineTo(120,250+i*15);
 }
 for ( i = 1; i <= 15; i++ )             {
   Canvas->MoveTo(80,250-i*15); Canvas->LineTo(120,250-i*15);
 }
}
//---------------------------------------------------------------------------

カープ優勝

user-pic
0

9月16日にカープがヤクルトに負け、その次の日が台風の影響で中止になったので、優勝は9月18日の甲子園球場での阪神戦に持ち越された。

それで、ケーブル・テレビで13:45からJ-sportsで観戦しようとしていたら、家人がNHKのBS1でも放送がある、というので、どちらがいいか分からないが、とりあえずBS1で観ることにした。

観てみると、カープの先発は野村だった。ううん、野村か、と私は呟いた。というのはここ数試合、野村が先発して、カープにあまりいいイメージがない。

しかしカープが1点を先取して、野村は必ずしも本調子ではなかったかもしれないが、粘投で、ソロホームラン一本に抑えて、なんとか一点差を保ち、7回からの一岡の継投に繋いだ。

かなり絶対の中継ぎのイメージがある一岡であるが、失投でソロホームラン一本を打たれて、同点にされてしまった。それでもそのあとをきっちりと抑えた一岡は立派だった。

その一岡の頑張りはきちんと活かされた。すなわち、8回表にバチスタが、タイムリーヒットを打って勝負を決めた。バチスタはスタメンに起用されてもなかなか結果を出せないできたが、緒方監督は辛抱強く使い続けた。それがここにきて、バチスタが随所で活躍するようになった。

そのあとカープは、ジャクソンと中崎が阪神打線をきっちり抑えて優勝に漕ぎつけた。

ところで私は、正直いって真面目なカープファンとはいえない。すなわち、去年のリーグ優勝をみてカープファンであることを復活させたのだが、日本シリーズでの敗退で落胆して、カープに対する興味が減退した。

それで今年に入って、特にカープ戦もテレビで観戦しないできていたのだが、7月頃家内がカープの試合を観たいというので調べたら、CATVやBSで必ず放送があるので、なるべくカープ戦を観戦するようにした。

すると、特に8月に入ってからであるが、どうもカープの拙戦が目についていけない。このあたりがカープ・ファンとして初心者であることの地が出てしまう。本当のファンならいくら負けても声援のボリュームは下げない。

8月の段階でカープの優勝は厳しいかと思ってしまったが、9月に入ってカープの神がかった攻勢が始まり、ズムスタで阪神を三タテした段階で、実質的にセ・リーグの優勝を決定づけた。

こうして二年連続の優勝をみると、少なくともカープは、神らないと優勝できないのか、とつい思ってしまった。すなわち、プロ野球をみていると最下位チームと一位のチームでもそんなに力の差があるわけではない。すると、神るかどうかというのは、天使の気まぐれなのだろうか。それでも天使の恩寵を受けるための必要条件はあるだろう、とついいろいろ思案するのだった。

今後カープがCSを突破し、日本シリーズでも勝てるかどうかもまた、天使の恩寵次第である。しかし、それは決してカープを貶めているのではなく、いまの12球団のどのチームも、天使の恩寵なくして、CSに進出することさえままならないはずである。天使の恩寵なく勝てるのはV9時代の巨人しかありえないが、そんな巨人でさえ、その後極端なリソース不足に陥ったのだった。

カオスを勉強しているうちに、大学時代に授業に出たことがある森肇教授が書かれた啓蒙書があることを知った。それは、「カオス 流転する自然」岩波科学ライブラリーである。

大学時代、森教授は統計力学の授業を担当していて、大変偉い方だという評判だった。なんでも非平衡の統計力学が専門だと伺ったのだが、当時不真面目な学生だった私はほとんど授業に出なかった。勿体ないというか申し訳ないので、せめてもの償いにこの本を買って勉強させていただくことにした。

その本を読んでいると、エノン写像というのが出てきた。なんでも、以下のような式らしい。
xi+1 = 1 - 1.4xi2 + 0.3yi
yi+1 = yi

ただ、ここにはあまり詳しいことが載ってないので、Wikiで確認して、微妙に違う以下の式でアトラクタを描いてみた。
xi+1 = 1 - 1.4xi2 + yi
yi+1 = 0.3yi

すると、下記のようになかなか格好いい、ナイキの商標のような軌跡になるのだった。

なお、例によってプログラムのソースコードも示す。

//---------------------------------------------------------------------------

#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
	: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Close1Click(TObject *Sender)
{
 Close();
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::Draw1Click(TObject *Sender)
{
 double x,y,a,b,tx,ty,px,py;
 int N = 0;
 int i,j;
 b = 0.3;
 a = 1.4;
   x = y = 0.1;  // 初期値
   while ( N++ < 10000 )     {
     tx = 1.0 - a*x*x + y;
     ty = b*x;
     x = tx; y = ty;
     if ( N > 100 )         {
       px = 300.0 + 150*x;
       py = 300.0 - 300.0*y;
       Canvas->Pixels[px][py] = clBlack;
    }
  }

}
//---------------------------------------------------------------------------

負けと勝ち

user-pic
0

一般的に勝負とはいうが、負勝とは言わない。そもそも勝つことは楽しく華やかだが、負けることは辛くて気持ちが沈む。それでも私はふと、負ける方が本質的ではないかと最近思いついた。

すなわち、負けることは充電であり、勝つことは放電である、というのが私が思いついた命題である。

例えば、どんな将棋の天才であっても、ルールを覚えたばかりの頃は初心者で負け続ける。もしそこで負け続けて嫌になって止めるような人は最初から将棋に向いていない。ただ、これはあまり高いハードルではなくて、私のような将棋の鈍才であっても、負け続けて嫌になって将棋を止めてしまうことはなかった。むしろ負け続けても何かを充電し続けて、蓄積するものがある閾値を超えると急に強くなるのである。

私個人の例だと、将棋の職団戦のチームで、前回のAクラスで負けたのでBクラスに落ちたことがあった。われわれのチームはBクラスではまあ強い方なので、だいたい3回戦くらいまで勝ち上がってAクラスに復帰できるのだが、そのときは私ともう一人のメンバーが6戦全勝で、ぶっちぎりでBクラスで優勝した。そのときは私はいい将棋はそのまま押し切り、悪い将棋も頑張って逆転できいたので、普通のアマ四段程度には負ける気がしなかった。

ところがそれからしばらくして社内の将棋大会に出場したら、私はいつも上位に入る常連なのに、そのときは頭の中に靄がかかったようになり、何も考えられないで早々に敗退してしまった。

その原因は、いまから考えると、6戦全勝してしまい、勝負のリソースを放電しきってしまったからのようである。

ところで、世界水泳の競技をみていたとき、私のファンの池江璃花子が、50m自由形をノーブレス、すなわち息継ぎなしで泳ぎ切るのだという。へえなんだかすごいと思ったのだが、勝負で負けるというのはこの息継ぎに相当する。そして負けないで連勝するということはまさにノーブレスである程度の距離を泳ぐということなのだから、勝負の肺活量が大きいということを意味する。

息継ぎというと、囲碁の井山六冠は、比較的マイナーな棋戦で負けて、そこで息継ぎして、あとは勝ち続けるということをする。よほど勝負の肺活量が大きいということになる。一流棋士の条件だろう。

戻って、今年の広島カープの成績をみてみると、7月までは好調でこのままぶっちぎりで優勝しそうだったのに、8月に入るとメタメタで、最下位のヤクルトにも苦戦したりして、月間の勝率はなんと5割を下回った。少なくないカープファンが、このままではずるずると2位まで落ちるのではないかと危惧したことだろう。

ところが今にして思うとカープは、8月に充電していたのである。その蓄積を9月に入って一気に放電し、9月の成績が11勝1敗で一気にマジック1に迫った。その勢いがあるので、台風で中止が危惧された9月16日のマツダスタジアムでのヤクルト戦は、分がいいヤクルトが相手なのであっさり優勝を決めると多くの人が思ったことだろう。しかしカープは終盤で逆転されて、逆転の一打も出ないでヤクルトに負けてしまった。これは9月の連勝による放電でリソース不足になったからに違いない。

そう考えると、なかなか優勝が決められないでもたもたした方が、これからのCSでも、また出れたときの日本シリーズも、負けによる充電があって、あっさり優勝を決めたソフトバンクよりも却って有利ということになる。

そういう意味では、去年の日本シリーズ、神っている状態で優勝したカープよりも、ソフトバンクと競って日本シリーズに出てきた日本ハムは、負けによる充電量がカープより多かったのが、勝因ということになる。じっさい、最初に2連勝したあと力なく四連敗したカープは、明らかに何かのリソース不足の様相を呈していたのだった。

あと去年の日本シリーズでも、9月16日のマツダスタジアムでのヤクルト戦でも、打たれても選手を信頼してなかなか交代させようとしない緒方監督の采配に焦れる人もいたと思うが、そうやって選手を信頼して辛抱強く使い、育成にも力を入れる緒方監督のやり方が今年もここまでの成績につながっていると思う。実際、今年のペナントレースの予想では、カープを推す人は必ずしも多くなかった。一方、極端にドライに選手を起用して日本シリーズを勝ち切った日本ハムの今年の成績は、去年と落差がありすぎないか。

だとしても、ともかく早く優勝を決めてよね、とカープ・ファンの私は願うのだった。

洗濯

user-pic
0

疑似一人暮らしの続きであるが、家内が所用で実家に帰っているとき、私は洗濯をした。

家事というと、炊事、洗濯、掃除などがあるが、明らかに一番楽勝なのが洗濯なのであって、なぜなら洗濯物を洗濯機に放り込んで、スイッチを押すだけでよい。コンピュータが好きな私にとって、そのオートノミーがいかにも快い。

ところが、洗濯物を干す段になって慄然とした。なぜなら、パジャマの上着と、普段着のシャツに黒い大きなシミがあったからである。このままでは、家内が帰ってきて、それを発見したら、何を言われるかわからない。そこで、原因を究明するために洗濯機にいってみて、なんと、と嘆息した。洗濯機の中に水性のボールペンがあった。原因は、水性のボールペンをシャツの左胸のポケットに挿したまま洗濯したことのようである。すなわち、水性のボールペンのインクが沁み出して衣服に付いてしまった。これが油性のボールペンなら実質的被害はなかったのかもしれないが、最近、油性のボールペンでノートに書きつけるときかすれるという問題があって、ときどき水性のボールペンを採用している。

実は同時に洗濯した物のうちに、会社に着ていくフォーマルなシャツがあったが、そちらは無事で、黒いシミはたまたま、パジャマの上着と、普段着のシャツにlocalizeというかconfineされていた。それは不幸中の幸いなのだが、依然として家内から叱責されるという問題が残っている。

追い詰められた私は、思案して、そうだ水性のボールペンのインクなら、水洗いも有効だと判断した。そこで折角一旦洗って干してある洗濯物を引きはがして、洗面器に水を入れ、そこに大目に洗剤を垂らし、手もみ洗いした。すると、シミはかなり落ちて、注意してみないと分からない程度になった。

それから洗濯機ですすぎと脱水し、改めて干しなおすとなんとか体裁を保った。シミがついたのが急所から外れたパジャマの上着と、普段着のシャツで幸いだった。

家事もなかなか奥が深い?と改めて感じた次第である。

3体問題で重心座標のことを学んだので、一応2体問題にも重心座標を適用してみることにした。

下記の例をとる。

m1 = 1.1;
m2 = 1.0;

// 位置と速度の初期値
x1 = 3.2;  y1 = 0.0; u1 = 0.01; v1 = 0.2;
x2 = -3.0;  y2 = 0.0; u2 = 0.0; v2 = -0.21;

これの普通の座標での軌道は、以下のとおりであった。

それに重心座標を適用すると以下のようになる。

見て取れるように、まったくなんの変哲もない二つの楕円軌道になるだけなのだが、当たり前のようでもきちんと確認しておきなさいというのが私が幾多の警察小説を読んで学んだことなのであった。

最後に一言。本当はカープ優勝の記事を書こうと思っていたのに、なんで巨人が阪神に勝ってくれんのんじゃ、と広島弁で愚痴をいうのだった。

蘇える金狼

user-pic
0

大藪晴彦は、野獣死すべしがかなり面白かったので、他の大藪作品として私がタイトルだけは知っている「蘇える金狼」の角川文庫版をアマゾンの古本で買って、とりあえず積読しておいた。

すると私の悪い癖で、ついその本の存在を忘れそうになるのだが、ふと思い出して「蘇える金狼」を読むことにした。

「蘇える金狼」の主人公は、朝倉哲也、29歳。独身でサラリーマン。鉄鋼、各種機械類、建設機械の大手メーカー新東洋工業の子会社、東和油脂の経理部に勤務している。早くから両親を亡くし、苦学して私大の夜間を卒業したのだが、不利な学歴にも関わらず成績がよくて、なんとか一流企業に就職することができた。東和油脂の経理部でも模範的な勤務態度で、同期の中では出世のレースのトップにいると見込まれていた。

しかし、それは表の顔で、すさまじい裏の顔があった。それは、利につけこんで稼ぎ、なにかでかいことをするという野望である。そのためには手段を択ばない。そしてその目的のため、ボクシングジムに通ったり、ピッキングの技術を磨いたり、新東洋工業の工場に忍び込んで銃を盗んだりと、遠大な計画のための準備を怠らない。

さて、哲也にとってサラーマンであることは、少なくとも朝9時から夕方5時まで束縛されるので、意図する遠大な計画のためにはマイナスだが、それでもサラーマンであることは次のようなメリットがある。

  1. 日常的に資金不足に苦しんでいる哲也にとって、薄給とはいえ毎月の固定給があるのは貴重である。
  2. 真面目なサラリーマンを演じることで、世間に対して裏のヤバい顔を覆い隠すことができる。
  3. 特に経理部にいることで、社内の裏金操作などの事情を推察することができる。

特に哲也にとって一番重要なのは3.で、なにかスキャンダルがあると察知することに巧みな哲也は、経理部の部長と次長に、裏金や、女を囲うなどの事実があるらしいと知り、これをネタに稼げるとほくそ笑んだ。

そして、喫茶店で、ある銀行の支店を眺めていて、セキュリティ的につけこめそうなやり方で現金が搬送されてくるのを知った。それから周到な準備に時間をかけ、現金強奪を敢行し成功した。それで2000万円近いお金が手に入ったのはいいが、2つ問題が生じた。1つは、折角強奪した金は銀行によって予め番号が控えられていることが分かったということである。もう一つは、現場から逃亡に使ったタクシーの運転手に顔を覚えられてしまったかもしれない、ということである。

まず前者であるが、現金でどこか怪しい箇所で麻薬を買い、その麻薬をさらに換金することでマネーロンダリングしようとした。そこで東京から少し離れた場所として、米軍の兵士が屯している横須賀に行ってみることにした。

ところが、横須賀では現地の暴力団が抗争しており、それに巻き込まれて哲也は命を落としそうになったが、絶妙の危機回避能力でぎりぎり逃げおおせただけでなく、なにほどかの麻薬と現金も得て東京に帰ってきた。

そして今度は、返す刀で、会社の次長が囲っている女を籠絡することにした。次長を通じて社内の事情を知るためには、ピロートークを利用するのが一番である。そもそも哲也は相当なイケメンであるとともに精力絶倫で、その気になれば大抵の女は落とせる。

こうして一歩一歩哲也は野望に近づいていくのだが、それにしても、激しい戦闘の連続であるにも関わらずそこに正義という一本の筋が通っているグレイマンに比べ、目的のためならなんの恨みもない女を殺しても平気な哲也の行動には今更暗澹たる気持ちになってしまう。

ただ、これはグレイマン・シリーズと似ているのだが、銃や車などのメカニックに対する徹底的なこだわりがいかにも好印象である。じつは私はそういうメカに弱いのであまりピンとこないのだが、ともかく細部まで注意が行き届いた小説であることの例証なのである。

そういえば、私が読んだ「蘇える金狼」は野望編ということで、その後編である「蘇える金狼」完結編もすかさずアマゾンで注文した。これは、読まずに死ねるか、というやつだろう。

ステートフル・ブートで述べたLME288というリンク・エラーであるが、ウェブで調べていて意外な解決策があることが分かった。

すなわち、要するに問題を起こしているのは、C:\Program Files(x86)\Embarcadero\RAD Studio\11.0\bin\ilink32.exeというプログラムなので、エクスプローラでとりあえず、そのプログラムがあるフォルダを開く。

そして、ilink32.exeをマウスの右ボタンでクリックして、「プロパティ」のセクションを選び、「互換性」のタブで、Windows 7を選ぶと、なんとLME288というリンク・エラーが解消された。

このような設定は、パソコンを立ち上げる度に実行しなくてはならないのか、それともパソコンを立ち上げる度にilink32.exeをマウスの右ボタンでクリックする必要があるのかどうか分からないが、ともかく問題はilink32.exeのWindows 10との互換性にあったようで、それが分かればまあいいとしたものである。

で、立ち上げなおしても依然としてLME288というリンク・エラーは起きなかったので、互換モードの設定は一応、persistentのようである。とりあえずよかった。

それにしても、今までどうしてこんな解決策がウェブで見つけられなかったのか、不思議でならない。こうしてまた私のウェブ不信症が嵩じるのだった。

これで解決と打ち切ろうとしたら、まだ綾があった。すなわち、ちゃんとコンパイル・リンクできる状態でパソコンを立ち上げなおし、コマンド・ラインでコンパイル・リンクしてみると、問題なく動作できる。ところが本体のGUIのコンパイラの方ではLME288のエラーが出た。これはおかしいと、ilink32.exeの互換性設定メニューにいって、よくみると互換性判定機能というのがあるのでその機能を走らせてみると、なんと正しい互換性はWindows 8なのだという。それはそうだよね、C++ Builder XE4はたしか、2013リリースだものねと思ったのだが、ではどうして今までWindows 7互換モードで動いていたのか、という疑問も出てくる。

これでは突然文句をいってくるクレーマーだよね、と思ってしまった。

それだけではない。システムを立ち上げなおすと、まるでサイコロを振るようにLME288が起きてしまう。それを解決するには、暗中模索のように何度もシャットダウンや再起動しなくてはならず、困惑すること頻りなのだった。