たまたま新潮社の新刊案内で、「一発屋芸人列伝」山田ルイ53世著をみたとき、これは買いだ、と即注文して、届いたら読み始めた。

まず、一発屋芸人の定義であるが、自明だと思うがあえて述べると、一発なにかの芸が当たって、そのまま消えていった芸人のことであるが、山田ルイ53世によると、一発屋芸人は量子化されていなくて、アナログ値なのだという。すなわち、一発屋だけでなく、0.5発というのもありえるそうである。すなわち、一発屋までいかない半端なヒットである、ということである。

さらに、その流行度は加算で、例えば一発屋芸人が十人集まっているとき、そのヒット度を足して、6.3だね、みたいに計算できるという。

そして、一発屋芸人が何度も流行ると二発屋になって、量子化学でいうところの準位があがる。などというどうでもいいことを勝手に言っても仕方ないので、どんな芸人がカバーされているのかリストしてみる。

  1. レイザーラモンHG
  2. コウメ太夫
  3. テツandトモ
  4. ジョイマン
  5. ムーディ勝山と天津・木村
  6. 波田陽区
  7. ハローケイスケ
  8. とにかく明るい安村
  9. キンタロー
  10. 髭男爵

まず、レイザーラモンHGであるが、あのフォーという叫びと、あやしい腰の動きはなかなかインパクトがあった。ところが、知らなかったが、レイザーラモンHGは実はプロレスラーでもあるという。なるほど道理で立派な体つきである。さらに、山田ルイ53世は、レイザーラモンHGがとてもきれいというか清潔感あふれるのだという。なるほど、私はそういう趣味はないが、ある種の男性にはとても魅力がありそうである。

そんなレイザーラモンHGは今では普通の漫才やって、M1で上位に食い込んでいるというのだから、すごい。さらに奥さんがセレブで、奥さん所有のポルシェを乗り回しているという。ううん、一発屋芸人の悲壮感がまったくないのは、シャーデンフロイデな人々にはつまらない。

コウメ太夫は、エンタで観ていて、ウァ~、なんという素人芸、とびっくりしたが、なんかつい病み付きになる魅力があった。そんなコウメ太夫は、父が大物芸能プロデューサー、母がそれなりに有望な女優といういわゆるサラブレッドのはずなのに、本人はあまりきらめくものを見せない。しかし実は、マイケル・ジャクソンのムーンウォークができるらしい。ならなぜそれをお笑い芸に活かさないのだろう、不思議である。そんなコウメ太夫は、半端な芸をいじられて、芸人仲間にも人気らしい。これもまた立派な芸である。

テツandトモって、一発屋芸人なんだろうか。なぜなら、いつみても大人気で、今でも年間180本くらい全国でステージがあるという。その秘訣は二つあって、二人とも歌謡大会で優勝するほど歌がうまい。もう一つは、二人とも、訪れた場所で徹底的に聞き込んでネタを仕入れる。それで、なんでだろ、を歌うとほぼ絶対に受ける。本当になみだぐましい努力なのである。まあ確かに、ベタというかつっこみの深さはないが、安心感がある。でも、山田ルイ53世はなんか演歌的な違和感があるという。そうか、山田ルイ53世は演歌ベースの人ではないから、フランス貴族っぽいネタにしたんだ。

ジョイマンって、なんか私の感性にはあまりタッチしない芸人で印象に残っていないが、結構シュールな芸である。それで、今でも客の少なさを売りにする自虐ネタで頑張っているらしい。そういう芸人もいていい、芸人多様性的に。

ムーディ勝山と天津・木村で、私はムーディ勝山が以前ファンで、彼の曲をいまでもときどき歌ったりする。また、ときどき普段の会話でも、私は右から来たものを左に受け流すなどと時代錯誤的なネタを平気で使って、周囲を白けさせている。でもまあ、あれだけではすぐに飽きられるわな。そんなムーディ勝山は、マイクロバスを運転できる免許をとって話題になったという。すると、天津・木村は本当に大型二種免許だか取って、仕事で運転手やっているというのだから、ムーディ勝山の面子がない。ともかくそうやってムーディ勝山と天津・木村も、話題をとりながら、次の一発を狙っている。

結構お笑いの閾値が低い私は、以前、波田陽区のギター侍のネタが好きだった。それを楽しそうに話して、周囲が白けるというシーンが何度もあって、私も相当空気読まないタイプのようである。しかし、波田陽区は芸の深みがなくて当然に落ち目になって、故郷の福岡に、妻子を伴って住まいを移した。最初は福岡の芸人から反発うけていたが、今ではそれなりに受けいれられて、ときどきギター侍のネタやりながら、テレビやラジオのレギュラーの仕事もあるという。なかなかしたたかというか、人間性としていいものもっているのかも。

ハローケイスケは、エンタでアンケートネタやっていたのは知っているが、あれでは受けないよねと思っていたら、やはり早々に消えた。山田ルイ53世の判定では、0.5発屋なのだという。それで2012年に、吉本の住みます芸人として網走に赴任して地味に活動したらしい。お金がたまるとパチスロに投入して、それでもなんとか細々と暮らしているという。

とにかく明るい安村は、私は裸芸があまり好きではないので、あまり観ないのだが、それでもああいう芸が世間では受けるんだな、というあたりはなんかわかる。でも、あれでずっといくんだろうか、どう芸を発展させるんだろうと心配になる。

キンタローは私は、テレビ観ていて、抜群に社交ダンスがうまい元芸人としてしか認識していない。へえ、元ものまね芸人だったんだ、というところである。でもあれだけダンスで目立ったら、ダンスで食べていけるはずで、一発屋芸人だったかどうかなんて関係ない。うまく自分の才能を見出したと思う。

そして、髭男爵。山田ルイ53世が所属しているグループ。私の感性にはあまりあわないが、そこそこ売れていたんではないか。貴族の恰好してワイングラスをもつというのもユニークである。そもそも、こういう本を出すという文才もすごいと思う。

そういえば、ここにカバーされていない一発屋芸人はそれこそ星の数ほどいると思うが、コウメ太夫的に私の印象に残っているのは、「もう中学生」である。なんか唖然とするようなネタで観客が凍り付いていたこともあるような気がするが、最近では、独自の個性を発揮して、それなりに売れているようである。

それにしても、常に新しいネタを考えないと飽きられて仕事を失う芸人は大変である。ぼうっとしてなにかじっくり考えていたい私は、サラリーマンしかできない。でも、サラリーマンがなんとか務まってきたというのも一つの芸といいたいが違うか。

AdS/CFT対応

user-pic
0

私が初めてAdS/CFT対応のことを知ったのは、もしかして超弦理論批判に対する反批判を書くために調べた論文だったのかもしれないが、最近、大栗博司氏の「素粒子論のランドスケープ2」数学書房を読み始めて、AdS/CFT対応の分かりやすい解説があったので、これに基づき、私の理解できる範囲内でまとめてみる。

さて、AdS/CFT対応の前提として、ウイッテンの双対対応を定量的に理解するために、ジョセフ・ポルチンスキーが開発したDブレーンの方法がある。すなわち、ブラックホールは、アインシュタインの方程式によれば、時空が極端に曲がった状態であるが、Dブレーンでは、ブラックホールの場所に、Dブレーンと呼ばれる特別な領域があり、そこにゲージ理論を考える。このゲージ理論には重力の自由度は含まれていないが、ゲージ場の集団運動が、ブラックホールからの重力として発現する。

重力の効果と、Dブレーンに局在したゲージ理論から生まれる重力の効果との関係を深く考察したファン・マルダセナは、1997年にAdS/CFT対応を提案した。AdSとは、Anti-De Sitter時空間、すなわち負の宇宙項をもつアインシュタイン方程式の真空解の中で最も対称性の高いものであり、ブラックホールに近づく極限であらわれる。

CFTとは、「共形場理論(conformal field theory)」のことであり、Dブレーンに局在したゲージ理論のことである。そして、AdS/CFT対応とは、AdS時空間におけるいかなる重力現象も、重力を含まないCFTによって記述できるという主張である。

繰り返すが、CFTとは、Dブレーンに局在したゲージ理論のことなので、AdS時空間全体よりも低い次元で定義されている。そして、CFTを量子化すると、AdS時空間の重力現象が再現できる。重力だけでなく、次元すら、CFTの量子効果から創発する。

AdS/CFT対応は、トフーフトやサスキンドらが主張していた、重力のホログラフィー理論に数学的に正確な表現を与えた。それは、時空間のある領域に定義された量子重力理論は、その領域を囲む境界の上に定義された、重力を含まない量子理論に等価である、ということである。

ここまでまとめてきて私は、これは場の量子論と重力場の理論を統合した、Theory of everythingになっているのではないか、問うてみた。そしておそらくその答えはNoなのだが、なぜNoなんだろうか。

戻って、AdS/CFT対応は、ホーキングが提案した、ブラックホールが蒸発すると、その情報も消えてしまうが、するとそれは量子力学の時間発展の規則と矛盾するという問題に対する解決を与えた。この問題の背景については、レオナルド・サスキンド「ブラックホール戦争」林田陽子訳、日経BP社に詳述されている。

さて、AdS/CFT対応によれば、ブラックホールが蒸発していく過程も、対応するCFTでは、通常の量子力学の時間発展として記述できるので、情報の消失はない、ということになる。すなわち、ブラックホールからの放射は、厳密な熱放射でなく、ブラックホールの初期条件の情報を運び去ることができる。

しかし、2012年にポルチンスキーらが指摘した問題があり、それは次のようなものである。すなわち、放射された光や粒子がブラックホールの情報を担っているということは、放射の状態と、ブラックホールの内部状態が量子力学的に強くエンタングルしているということであるが、それは、ブラックホールに自由落下していた観測者が事象の地平線を越えるとき、異常を感じないという、一般相対性理論の等価原理と矛盾する。

これに関して、最近の研究では、量子もつれ、すなわちエンタングルメントの現象は、ホログラフィー原理によって時空間が創発する仕組みとも深く関わっていることが明らかになってきた。そこでは、高柳匡と笠真生のAdS/CFT対応におけるエンタングルメントエントロピーに関する笠-高柳予想(Ryu-Takayanagi Conjecture)が関与する。その論文とは、おそらく、"Holographic Derivation of Entanglement Entropy from the anti-de Sitter Space/Conformal Field Theory Correspondence" Shinsei Ryu and Tadashi Takayanagi Phys. Rev. Lett. 96, 181602 Published 9 May 2006と題するもののことなのだろう。

超弦理論が検証される可能性として、初期宇宙の観測が注目される。初期宇宙のインフレーション模型は、宇宙マイクロ波背景輻射のゆらぎを予言するなど、有望であるが、インフレーションを引き起こすインフラントン(インフレーションに関与する粒子)の変動幅がプランク・スケールより大きくなるなど、量子重力の見地からは自然でない仮定が必要となる。これが超弦理論より説明できるかどうか見極めるのは重要だという。

2014年3月には、カリフォルニア工科大などが運用するBICEP2望遠鏡が、宇宙マイクロ波のBモード偏向の観測を発表した。これが初期宇宙の量子重力効果を起源とする重力波によるものかどうかは決着していない。超弦理論が、初期宇宙のような時間に強く依存した時空間の性質を解明できるように理論を開発してくることが望まれる。

戻って、AdS/CFT対応は、超弦理論の理論の整合性の要求から間接的に導出されたものであり、CFTの自由度から重力の自由度が生まれる微視的な仕組みはまだ理解されていない。しかしここ数年で、量子情報理論の研究者との連携で、CFTの量子もつれが重要な役割を果たしていることが明らかになってきた。

すなわち、AdS/CFT対応を有限温度の状態で考え、温度を上げていくと、AdS時空間の中にブラックホールが現れる。このようなブラックホールの事象の地平線の内部は、アインシュタインとローゼンの橋と呼ばれるワームホール時空によって別のAdS時空間の中のブラックホールとつながっている。2つのブラックホールは、各々が独立したCFTで記述されており、ワームホールでつながっている。そして、ワームホールの太さは温度とともに増加する。また、温度を上げると、2つのブラックホールの間の量子もつれも強くなる。温度を下げ、0度の極限になると、量子もつれはほどけてしまう。

量子もつれの強さは、エンタングルメントエントロピーによって測ることができる。上記した高柳匡と笠真生の論文は、ホログラフィー原理を使ってエンタングルメントエントロピーを計算する公式を提案した。この公式を使うと、2つのブラックホールの量子もつれの強さが、ワームホールの太さに比例することがわかった。

2011年に、量子情報理論の研究者であるヘイデンらは、ホログラフィー原理で計算できるエンタングルメントエントロピーを特徴つける不等式を発見した。大栗氏らは、このような不等式を、有限の手続きで分類し、その全貌を理解する方法を開発した。

逆に、CFTで記述できる重力理論を特徴づけることも重要である。AdS時空の中の整合性がある量子重力理論は、必ずなんらかのCFTと同等であると期待されてるので、重力理論がCFTを使って記述できるかどうか見分けられれば、そのような重力理論が矛盾なく量子化できるかどうか判定できる。大栗氏らは、2014年に、そのための量子もつれを使った判定方法があることを発見した。

以上がとりあえずの「素粒子論のランドスケープ2」の関連個所に基づくまとめであるが、全く理解できないのに文字を書き連ねることに空しさを私が感じないというのは、私はこれはこれで一種の発達障害なのだろうとおもったりする。

古書店で、安部龍太郎の「風の如く水の如く」集英社文庫を見かけたとき、なんでも関ケ原の戦い関係らしくて、それは面白そうととりあえず買った。そもそもこの作家の警察小説が面白かったからというのもあるのだが、それが実は勘違いであることが分かるのに少し時間がかかった。

すなわち私は、安部龍太郎を、SROの富樫倫太郎と勘違いしていたのだった。富樫倫太郎は確かに、もともと歴史小説の作家で、そこから警察小説も書くようになったのだが、歴史小説の作家としては安部龍太郎の方が明らかに厚い。そもそも、安部龍太郎は直木賞作家でもある。

さて、「風の如く水の如く」は、関ケ原の戦いが東軍の勝利で終わった段階から始まる。東軍の総大将の徳川家康としては、論功行賞を行う必要があるが、それはなかなか難しく、すっきりいかないケースもあった。

論功行賞の判断を難しくしていたのは、猛烈な密告合戦があったからである。例えば、誰それは東軍に与していたけれども、実は西軍の誰それに内通していた、というものである。

そもそも、名目上豊臣家が正統であるため、建前からいくと西軍につくことになるのだが、問題は西軍を指揮する石田三成が豊臣家の主だった武将から圧倒的に不人気で反発されていたということがあり、豊臣家に忠誠を尽くすべき武将が三成憎しで東軍につくということがあったからである。

それでもパワーバランスは西軍に有利で、東軍の総大将家康は薄氷を踏む思いだったが、決定的だったのは、毛利秀元と小早川秀秋の裏切りである。その裏切りをもたらしたのは、父黒田如水の指示に従った、黒田長政の工作だった。

それは東軍にとって最大の貢献ともいうべき功績で、論功行賞でも相当有利に考慮されるべきだったが、そうは問屋が卸さなかった。なぜなら、密告により黒田父子に重大な疑惑が浮かび上がったからである。

そこで、徳川家康の側近、本多正純が事実確認のため、黒田家を訪れた。証拠は、黒田如水直筆の書状。その内容は、関ケ原の戦いで東軍・西軍が拮抗状態にある間に、黒田如水は九州を平定して力を蓄え、東軍・西軍が激闘で疲弊してある間に、駆け上って双方を打ち破り、天下を収めるという壮大な漁夫の利計画だった。

長政は一瞬絶句した。なぜなら、これは事実だったからである。しかし、長政も歴戦の雄で然る者、なんとか曖昧にして、とりあえず切り抜けた。

すると本多正純は、竹中半兵衛の息子、竹中重門や後藤又兵衛など、黒田長政の側近にも厳しい聞き込みを続けた。しかし、竹中重門や後藤又兵衛も尻尾を掴ませない。

こうして、先の見えない尋問が続くという展開なのだが、私が知らない関ケ原の戦いの背景の人間関係が詳述されていて、実に歴史の勉強になった次第である。

今までは歴史小説は食わず嫌いで敬遠してきたが、これを機会にぼつぼつ読んでいきたいと思う。なにしろ歴史小説は膨大な厚みがあって、名作も選り取り見取りである。

新聞をみていて、マヨラナ粒子の存在が実証された、とあったので、ええっと、あまり訳も分からず驚いた。そこで、比較的詳しく書けていると思われる毎日新聞のウェブ記事から引用させて戴く。

80年以上前に存在が予言された幻の「マヨラナ粒子」が実際に存在することを世界で初めて実証したと、京都大などのグループが12日付の英科学誌ネイチャーに発表した。電気を通さない固体の中で、電子がマヨラナ粒子のようにふるまう現象を観測したという。将来的には量子コンピューターなどへの応用が期待される。
マヨラナ粒子は、粒子とも反粒子とも区別のつかない「幻の粒子」と言われ、1937年にイタリアの物理学者、エットーレ・マヨラナが理論的に存在を予言した。電気を帯びず極めて質量の小さな素粒子「ニュートリノ」がその本命と考えられているが、証明には至っていない。
笠原裕一・京大准教授(物性物理学)らは、東京工業大のチームが合成した磁性絶縁体「塩化ルテニウム」を用い、その内部を伝わる熱の流れが磁場によってどの程度曲がりやすくなるかを、磁場を変化させながら測定した。
その結果、ある範囲の磁場では、磁場や温度を変えても、曲がりやすさの値が普遍的な値の2分の1で一定になった。熱を運ぶ粒子が電子の半分の自由度を持っていることを意味し、そのような性質があるマヨラナ粒子が現れたと考えないと説明がつかないという。【菅沼舞、阿部周一】

自分の書いたブログ記事で、マヨラナ粒子に関連するものといえばまず、質量の起源で、そこには、

ニュートラリーノとは、「超対称性理論によって存在が予想されているマヨラナ粒子。予測される質量は陽子の質量の30~5000倍。」ともあるが、ニュートリノの質量生成機構にマヨラナ質量項があらわれてくることと、「マヨラナ」というキーワードで関連する。ニュートラリーノとニュートリノの間の関係として、これは当然に偶然ではないのだろう。
とあるが、今読んでもなんのことだかさっぱり分からない。当時だって何も分からず書き写しただけなのだから仕方ない。

あとは、これからのニュートリノ研究の記事。関連個所を引用してみる。

ところがニュートリノは、スピンが左巻きの粒子と、右巻きの反粒子しか見つかっていない。左巻きの粒子、左巻きの反粒子、右巻きの粒子、左巻きの反粒子という4つのセットが揃った粒子をディラック粒子と呼ぶが、すると、ニュートリノはディラック粒子でなくマヨラナ粒子なのか、という疑問が湧く。マヨラナ粒子だと、質量はもつが左巻きの粒子と反粒子が同一となる。
ニュートリノがマヨラナ粒子であるかという疑問は、二重ベータ崩壊を観測することで分かる。すなわち、ニュートリノがマヨラナ粒子であるなら、一方の中性子から出た反電子ニュートリノを、他方の中性子が電子ニュートリノとして吸い込むことで帳尻があい、その結果、反電子ニュートリノは観測されない。よってニュートリノを放出しない二重ベータ崩壊が観測されたなら、ニュートリノがマヨラナ粒子であると示されたことになる。
これは今後のカムランド禅での観測に期待されることだが、ニュートリノがマヨラナ粒子であると確認できたとしても、それはヒッグス機構による質量付与の仕組みには整合しない。なので質量の起源にも書いたように、標準理論では説明できない。

このような文脈から、マヨラナ粒子が観測されるとしたら、それは宇宙線においてかと思っていたら、なんと物性物理学においてとは、意外である。ただ、存在の実証というのは、粒子を発見したということとは違うのだろう。

とはいえ、大栗博司さんの「素粒子論のランドスケープ2」数学書房を見ていると、超弦理論の議論に、物性物理の理論家や、数論幾何学者などが登場したりするので、物性物理学の文脈でマヨラナ粒子が出てくることに驚いてはいけないのだろう。

そういえば、マヨラナという物理学者は相当変わっていて、1938年3月26日の夜に失踪したまま行方が知れず、当然にもう亡くなっているんだろうけど、とりあえず「実在とは何か マヨラナの失踪」 (講談社選書メチエ) ジョルジョ・アガンベン、 上村 忠男訳あたりを読んでみることにする。

棋聖戦第3局が終わったとき、ああ、これで羽生は棋聖位の失冠の運命だと落胆した。なんか羽生の将棋の内容は悪くないのだが、最後に息切れしてしまう。

とはいえ、王位戦第1局をみたら、豊島だって息切れモードである。すると分からないのかなと思いつつ、やはり若さで豊島かと思ったりした。

第4局は、羽生の先番で、流行の角換り、羽生は43手目▲4五桂と跳ねて、一気に攻勢に出た。

【図1】 43手目▲4五桂まで
持ち駒:△豊島八段=角



持ち駒:▲羽生棋聖=角
村山七段によると、これは今期王位戦白組プレーオフの▲豊島-△澤田真吾六段戦と同一局面だという。ただ、豊島が先番なので逆だが。本譜は、▲4五桂以下、△4四銀,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△2三歩,▲2九飛,△6五歩,▲同歩,△7五歩,▲6九飛,△7六歩,▲同銀,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲8七金,△8一飛,▲8六歩と進んだ。ここでは、後手は▲7四歩を見られているので、やや先手が模様がいいのかもしれないが、まあ互角だろう。

【図2】 62手目△6七歩まで
持ち駒:△豊島八段=角歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角歩3
ところが、豊島は、△7四歩と受けないで△6七歩。なんとも大胆である。羽生の▲2二歩にも△4五銀直,▲同歩と桂馬を食いちぎった。

【図3】 66手目△6五銀まで
持ち駒:△豊島八段=角桂歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=角銀歩2
そこで△6五銀とは、豊島さらに過激。しかし、羽生は▲同銀右としてどうみても悪いとは思えない。以下、△同桂,▲2一歩成,△5五角,▲7七歩,△6八銀,▲2九飛と豊島は果敢に攻める。果たしてこのあたりの応酬で羽生が少しよくなったようである。

【図4】 74手目△8五歩まで
持ち駒:△豊島八段=桂歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角銀2桂歩
豊島は△8五歩と、攻撃の手を緩めない。羽生は、△8五歩に▲同歩と応じ、△8六歩,▲5四桂,△同歩,▲7五角,△5三桂と進んだ。

【図5】 81手目▲8六角まで
持ち駒:△豊島八段=桂



持ち駒:▲羽生棋聖=銀2歩3
そして羽生が▲8六角と歩を払った段階で、形勢は互角のようである。豊島は当然△7四桂と継続し、▲6四銀,△8六桂,▲5五銀,△同歩,▲6五銀と進んでみると、少し羽生が優勢か。ここで羽生は▲6五銀と桂馬を取った。

【図6】 88手目△2一飛まで
持ち駒:△豊島八段=角銀歩



持ち駒:▲羽生棋聖=角銀桂歩3
ここは△6三銀と受ける手もあったかもしれないが、豊島は△2一飛とと金を外した。以下、▲5四桂,△3一玉,▲8六金,△5二金となると、いよいよ先手がいい。そして、▲4六桂,△3三銀,▲7五角であるが、検討陣は△9二角が嫌なのでは、という。豊島はそれは採らず、△8七歩,▲同金,△7九角,▲同飛,△同銀成と進行した。

【図7】 101手目▲7九同玉まで
持ち駒:△豊島八段=飛



持ち駒:▲羽生棋聖=角銀2歩4
しかし▲7九同玉でさらに先手がよくなった。豊島は△2二玉と早逃げし、▲7六銀,△9五歩,▲7四角,△5九飛,▲6九銀,△1九飛成で、豊島は△6八香に期待した。

【図8】 109手目▲5二角成まで
持ち駒:△豊島八段=香



持ち駒:▲羽生棋聖=金銀歩4
しかし、構わず▲5二角成でますます羽生が優勢である。△9六歩,▲5三角成,△6八香に、▲7八玉が決め手。△6九香成,▲6七玉,△5九龍,▲5八金だが。

【図9】 118手目△4九龍まで
持ち駒:△豊島八段=銀歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金銀桂歩5
豊島は△4九龍と懸命にしがみつく。以下、▲3四桂,△同銀,▲4二桂成,△同金,▲同馬寄となっては大勢は決した。

【図10】 124手目△7四桂まで
持ち駒:△豊島八段=銀桂歩



持ち駒:▲羽生棋聖=金2銀桂歩6
受けがないので、豊島は△7四桂と上部を塞いだ。これは明確な詰めろだが、後手が綾なく詰む。すなわち、▲3三銀,△1三玉,▲3一馬,△2二桂,▲同銀不成,△同飛,▲同馬,△同玉と進んで。

【図11】 投了図 133手目▲3二金まで
持ち駒:△豊島八段=角銀歩2



持ち駒:▲羽生棋聖=飛金桂2歩6
▲3二金で簡単な即詰みである。すなわち、以下、△1二玉なら、▲1三飛,△同玉,▲2五桂以下簡単である。

豊島の敗因は何だろうか。【図5】あたりの手順に問題があったのかもしれないが、難解である。

さて、棋聖戦の最終局は7月17日、私は羽生が少し厚いとみる。

トッカン

user-pic
0

高殿円は、井伊直虎の生涯を描いた剣と紅がとても面白くて、その筆力に感心した。そこで、たまたま本屋でみかけた「トッカン」ハヤカワ文庫を読んでみることにした。

トッカンは実は、国税庁特別徴収官の話。私はこういう分野は疎いので勉強の意味もある。

トッカンの主人公は、京橋税務署の新米特別徴収官の鈴宮深樹。鬼上司の鏡雅愛の部下で、何か注意されても言い返せず、グッと詰まるので、グー子と呼ばれている。

なお、国税庁査察官は企業の法務担当者や弁護士などの法律の専門家が相手だが、国税徴収官は、一般人が相手。特に500万円以上の滞納者を相手にするのが、特別徴収官である。

それで鈴宮は日々、悪質滞納者のところに出向くのだが、当然にどこに行っても歓迎されるわけはなく、塩を撒かれたり、物を投げつけられたり、罵声を浴びせられたりで散々だが、部下を鍛えるためか、鏡は手を差しのべてくれない。それで鈴宮は日々鬱々として、こんな仕事は辞めたいといつも思っている。

ちなみに鏡は、高卒ながら税務大学校の首席卒業生で、本庁の国税庁所属のエリート。なので、大卒ながら公務員試験で他に受かるところがなく仕方なく税務署に入った鈴宮は何も言い返せない。

気の弱い鈴宮は、鏡に対してだけでなく、滞納者に対しても強いことがいえず、そうはいっても職務なので、国税徴収法第142条「徴収職員は、滞納処分のため必要があるときは、滞納者の物又は住居その他の場所につき捜索することができる。」という国家権力を発揮して斬り込んでいく。

ちなみに、国税庁は、警察のように捜査令状がなくても捜査できるので、ある意味最強の国家権力なのだった。

しかし、経験が浅い鈴宮は、ある狡猾な滞納者の奸計にひっかかって、接待強要の疑いが生じてしまった。もし本当にそうなら辞職しなくてはならない。鈴宮が死ぬほど悩んでいると、追い打ちをかけるように、鏡が、鈴宮に挽回するように指示した。

いろいろもがいているうちに、鈴宮は鏡の別の、とても思いやりの深い側面を発見した。そして一方的にきつく当たるだけが徴収官ではないと学び成長していく。

あと、鈴宮は実は親から勘当されていた。その理由は父親の稼業は和菓子屋だったが、景気が悪化して滞納したところを、辛辣な税務署員の差し押さえで倒産してしまった。そんな不倶戴天の敵に就職するとは許さんというものだったが、そうはいっても他に入れるところがなかったというのが鈴宮の言い分で、そのことも心痛のタネの鈴宮なのだった。

こういう鈴宮深樹の奮闘記で、続編もあるようなので、読んでみることにする。

私にとって、アマゾンで本やその他の品物を注文することは日常茶飯事であるが、どうもあまり好ましくないと思うことがあるので、記してみる。

すなわち、アマゾンで注文した品を配送する業者は、クロネコヤマトか日本郵便のどちらかであるが、私は配送業者が日本郵便の、それもゆうパケットだとほっとする。それは原則ポストインだからである。不在だとしても、そのままポストに入れたままで、帰宅時にそれをポストから取り出すのだが、それで困ることはなにもない。

ゆうパケットは通常、本の配送に使用される。ところが、割り振りリソースの関係か、単なる本であっても、日本郵便でなくクロネコヤマトが使用されることがある。すると、今日着くと分かっていても、何時かははっきり分からないので、ちょっとスーパーに買い物にいって、その間にクロネコヤマトの配達員がきて、不在通知が入っていることがある。

ある日曜日の午前中がそうだった。今までの慣例では、前日の午後くらいにアマゾンに注文した物はだいたい、次の日の午後に着く。なので、将棋番組が始まる前にちょっと買い物にいっておこうとスーパーに行った。その日は家内が所用で一日いないので、私ば必要なものは買っておこうと思った。

そして帰ってみたら、なんと不在通知が入っており、がっかりしたが、とりあえずドライバーに電話した。すると、午前中はいらっしゃいますか、というので、ええどこも行きませんよと応えて、それではあと2時間以内に配達できると思います、という。それで私は、将棋番組をみながら、配送を待った。ところが将棋番組が終わって12:00になっても何も届かない。

で、ともかく待とうと囲碁番組を観ていたら、やはり届かず、ついに14:00を過ぎてしまった。で、流石にと焦ってもう一度ドライバーに電話したら、ええと、10分後くらいに届けられると思います、というので、早くしてくださいよ、と流石にちょっとイラっとした。

そうやって、いつ届くか分からない状態が何時間も続くのは本当に嫌というか困るのである。なぜなら、下手したらトイレにもゆっくりとはいけないからである。以前、トイレに大の方で入っていたら、ピンポンが鳴ったのに気づかず、在宅なのに不在通知が入れられたことがあった。

そもそもが、あるまとまった荷物ならともかく、ちょっとした本だったらポストインでよくないか。そのために延々と待つのはおかしい。私が最近、アマゾン以外にオムニ7を多用するようになったのは、不在通知が嫌という事情もある。オムニ7なら、自分の都合だけで指定したコンビニに取りにいける。

で、提案だが、アマゾンの配送で、ポストインでいいような商品の場合、注文時にポストイン・オプションをクリックするなどして指定できるようにしてはどうか。そうすると私も、アマゾンで注文するチャンスが増えると思う。

私は以前、宮部みゆきのファンで、模倣犯とか、クロスファイアとか、夢中で読んだ記憶があるのだが、単なる気まぐれで、もう15年くらい読んでいないと思う。

ところが突然また宮部みゆきを読もうと思い立ったのは明らかに、棋翁戦てんまつ記の影響がある。そこで、宮部みゆき氏が、将棋は知らないといいつつ、独特の存在感を発揮されていた。

それで、古書店で、宮部みゆき氏の「東京下町殺人慕色」光文社文庫を見かけたのでとりあえず買って、しばらくして読み始めた。すると、独特の委細のあるストーリーと下町の人情が沁みてきた。

「東京下町殺人慕色」の舞台は、ウォーターフロントと呼ばれる墨田区あたりの下町で、主人公は、警察官の八木沢道雄とその息子の順。母親は警察官の夫に嫌気がさして離婚し、病院長の男と再婚した。

読み始めてしばらくして、なにかこの小説は、君たちはどう生きるかと雰囲気が似ていると思った。ただ、それにしては、その小説におけるおじさんのような存在がいない。はて?と思っていると、幸田ハナというかなり年配の家政婦がいた。

ハナさんは、家事全般が完璧にこなせるだけでなく、頭がよく、勘も働く。ちょうど、アガサ・クリスティーの小説予告殺人に出てくるミス・マープルのように推理能力もある。

さて、墨田川で事件が起きた。それは、ビニール袋に入れられたバラバラ死体が流れているのを母子が発見した、というものだった。当然に八木沢道雄は捜査に繰り出され、警察官の息子として順も事件に多大な興味をもった。そして、学校の同級生の友人、後藤慎吾とこの事件のことを話した。すると、慎吾の家は町内会長で、慎吾も町内の事情に通じている。で、慎吾がいうには、町内の一軒家に怪しい篠田東吾という画家がいて、そこに若い女が入っていって出てこなかったり、女性の悲鳴が聞こえたりしたことがあるという。また、才賀という屈強な秘書のような人もいるという。それで好奇心の強い順と慎吾は、その家の付近を偵察にいってみた。

その場所が分かった順は、後日、一人でその家付近をうろついてみた。すると若い女性にたまたま出会ったので、聞いてみると、なんと篠田東吾の娘だという。それで中に案内されて、篠田東吾の代表作の「火炎」という作品をみせてもらうと、すごい迫力で感動した。それは東京大空襲を描いたもので、順は、こんな絵を描いた人が殺人犯なわけないと信じた。ただ、あとからやってきた才賀という男が妙に警戒しているのが気になった。

そういえば、東京大空襲に関しては、小杉健治の灰の男を読んだ。あまり知られていないが、これは傑作だと思う。

事件に戻って、捜査の手がかりがなくて困っている警察に、犯人かもしれない者から、手紙がきた。それには、死体の一部を埋めた場所が記されていた。そこで捜査員と鑑識課員が行ってみると、確かにそこには死体の一部を埋められていた。

ところが、その後も複数回同様の手紙がきて、その都度死体の一部がみつかってみると、どうも被害者は女性二人で、しかも一旦穴に埋められて掘り返されたらしいと分かってきた。しかし、警察はどうしてそんなことをしたのか全く突き止められなかった。

それでも、八木沢道雄と同僚の刑事たちは地道に捜査を進め、次第に網を絞っていったのたが、順は、ミス・マープルのようなハナの推理に駆られて、別の側面から事件の核心に迫るというストーリーなのだった。

読み終えて流石、宮部みゆき、ストーリーの起伏と彩りが巧みだと思った。そして、なぜかアルキメデスは手を汚さないと雰囲気が似ているような気がした。

それにしても、これほど沢山の他の小説を連想してしまう小説も珍しい。これは、広い意味の観念類似であって、きっとこの小説が名作であるという証拠なのだろう。

私は、必ずしも郷土愛が強い方ではないのだが、いくらなんでも今回の広島の豪雨での被害はひどいと思った。みていると、広島県の死者の数が全国で最大なのである。四年前だかの被害よりもさらに大きい。広島市だけでなく、三原市でも福山市でも死者が出た。尾道市では、山波小学校の裏が崩れ、また豪雨により断水になっている。あと、地図でいくと広島県の下にある愛媛県での被害も相当大きかったことに鑑みると、あのとき、あの経度の範囲の豪雨が相当ひどかったということになる。

さて今日から広島対阪神の三連戦だと私は知っていたが、これは甲子園だよね、と私は勝手に思っていた。そして、広島は被害に遭った地元への弔いで頑張るんだよねと思っていたが、そういえば前回の広島対阪神は甲子園だった。すると?この三連戦はズムスタ?やるの?と私の頭の中でクエスチョンマークが渦巻いた。

それへの回答が、以下のサンケイスポーツのニュースである。

(セ・リーグ、巨人6-4広島、13回戦、広島9勝4敗、8日、東京D)広島は8日、西日本豪雨で多大な被害が出ていることを考慮し、9日から広島市のマツダスタジアムで予定されていた阪神との3連戦を中止にすると発表した。鈴木清明球団本部長は「被災した心情や、救助が進む中で試合ができる状況ではない」と説明した。これによって、広島と阪神は球宴前の前半戦が終了。セ・リーグでは今後の日程調整を急ぐ構えをみせた。
9日からの阪神3連戦が中止-。球宴前最後の試合となった巨人戦に4-6で敗れた後、東京ドームで口を開いた広島・緒方監督が、被災地を心配した。
「まだ行方不明の方もいらっしゃる。そういった中で試合をするのは厳しい環境だと球団が判断し、当然の措置」と球団の姿勢を支持した。選手会長の会沢も「何らかの形で支援や協力をしていきたい」と神妙な表情で話した。

私はこのニュースをみて大いに納得した。そう、災害への配慮は最大の優先順位なのである。

そういえば、先日NHKの将棋番組をみていて、山崎八段の発言があった。すなわち、山崎八段がまだ奨励会のとき、阪神・淡路の大震災があり、神戸でも多数の死者が出た。そのとき当時山崎少年は、その状況で、奨励会はあるんですかね、みたいに師匠の森七段の前で発言した。それを聞いて、普段は温厚な森先生が激怒した。こんなときお前は何をいうかと怒って、お前なんか破門だ、他の師匠を探せといった。それで山崎少年は号泣して許しを乞うたという。

そういえば、豪雨の直後の巨人戦で、広島の鈴木誠也は、こんなとき野球をしていていいのか、とついこぼした。それは決してプロ野球選手にあるまじき発言ではない。正しい感覚だろう。ただ、他のチームは広島県民には哀悼の意を表しても、広島カープには同情しないしすべきではない。プロというものはそういうものである。それでカープが負けるとしたらそれもまた運命である。

王位戦第1局が始まった。なんでも、タイトル保持者と挑戦者の両方が平成生まれというのは初めてらしい。まあ今後はそちらの方が次第にメインになるだろう。将棋は菅井王位の先番で、最強の戦法と言われている先手中飛車。豊島はどう対抗するのか。30手目△9四歩まで一気に進める。

【図1】 30手目△9四歩まで
持ち駒:△豊島八段=歩



持ち駒:▲菅井王位=歩
さて、30手目△9四歩は、△6五桂もあるところで、随分悠然とした手にみえる。やはり豊島は大物なのだろうか。以下は、▲5九飛,△5二金右,▲5四歩,△4二金寄,▲4五歩,△同銀,▲7五歩,△8四飛,▲7四歩,△同飛,▲7五銀,△同飛,▲2二角成,△同玉,▲5三歩成,△同金と進んだ。

【図2】 47手目▲6六角まで
持ち駒:△豊島八段=角銀歩4



持ち駒:▲菅井王位=歩
そして▲6六角は一応王手飛車なのだが、単純に飛車が取れるわけでもないので、先手よしとは直ちにはいえない。以下、△5五歩,▲7五角,△同銀,▲7一飛,△3二銀,▲4二歩,△3一金,▲5五飛,△6四銀,▲4五飛,△5四角,▲4六飛と進んだのだが、ここでは形勢はほぼ互角のようである。

【図3】 60手目△8八角まで
持ち駒:△豊島八段=歩3



持ち駒:▲菅井王位=銀歩
というのは△8八角が好手なのであって、もし香を取れれば、△4四香などがうるさい。そこで先手は以下、▲5六飛,△9九角成,▲5四飛,△同金,▲5二銀と飛車角交換して絡んでいった。こうなってみると最早先手よしのようである。そこで豊島は△4四馬,▲9一飛成,△7一歩,▲4八香,△5三馬,▲4一歩成,△同金,▲同銀,△同銀と粘りにいった。菅井も▲9三角とつなぐ。

【図4】 76手目△5一歩まで
持ち駒:△豊島八段=飛銀香歩2



持ち駒:▲菅井王位=金歩
ここで△5一歩が驚異の辛抱というか粘りである。しかし▲7一角成と単純に攻めてよい。以下、△4二銀,▲5三馬,△同金,▲8二龍,△3三角,▲7四歩,△6五桂,▲8四角,△3二香,▲7三歩成,△9九飛,▲4四歩,△同歩,▲7九金,△7八歩,▲6六角,△7三銀,▲同龍,△7九歩成,▲9九角,△8九と,▲6六角,△5六金,▲9三角成と秘術を尽くした攻防である。

【図5】 102手目△5七桂成まで
持ち駒:△豊島八段=桂歩3



持ち駒:▲菅井王位=飛金銀
△5七桂成となったが、先手優勢が広がった。以下▲7六龍に△4五歩,▲同香,△4八歩,▲3九金,△4六桂と後手も懸命に手をつくるのだが。

【図6】 109手目▲2六飛まで
持ち駒:△豊島八段=歩2



持ち駒:▲菅井王位=金銀歩
▲2六飛で最早先手勝勢であろう。以下、△3八桂成,▲同金,△1四歩と豊島は懸命に傷を消そうとするが、▲2五桂,△4九歩成,▲3三桂成,△同桂,▲4二香成,△同銀,▲4一金,△5二金,▲4三歩,△同金,▲4四銀,△2五香,▲4三銀成,△2六香となって。

【図7】 127手目▲5七馬まで
持ち駒:△豊島八段=飛銀桂歩3



持ち駒:▲菅井王位=角金銀桂
▲5七馬が決め手である。以下、△同金,▲3二成銀,△同玉に▲4四桂,△2二玉と一旦逃げるが。

【図8】 投了図 133手目▲3二金まで
持ち駒:△豊島八段=飛角銀2桂歩3



持ち駒:▲菅井王位=角銀香
▲3二金で即詰みである。すなわち、△1二玉に▲1三香,△同玉,▲2二銀,△2四玉,▲1三角,△同香,▲3三銀不成,△同銀▲2六竜,△2五銀,▲1六桂までである。

どうも豊島は、【図5】で△4八歩と攻めあったのが最後の敗着で、△4四歩と受けていれば悪いながらも粘れたようである。

なお今期、豊島はここに至るまでかなりの好調だが、菅井はあまり調子がよさそうでなく、豊島がかなり有利かと思っていた。しかし実は豊島は、久保との王将戦などからみるところ、対振飛車があまり得意でなく、また体力的にも少し夏の暑さに参っているところがあるような気がする。なのでこの七番勝負、菅井が防衛する可能性は低くないとみる。

月別 アーカイブ