2011年2月アーカイブ

Yomiuri Onlineの記事に基づき、適宜引用しながら、話題になっている入試内容流出事件についてコメントしてみる。

誰がどうやって――。京大、早稲田大など4大学で相次いで発覚した試験中の入試内容流出。

ハンドルネーム「aicezuki」によるインターネット掲示板への一連の書き込みには試験時間中に多くの「回答」が寄せられており、大学入試の公正さを根底から揺るがしかねない不正行為として、警察も捜査に乗り出す。

こんな事件は前代未聞であり、私は「よくやるよ」と呆れるしかない。京大、早稲田大を併願するというのは、受験生としては、レベルが高い方なんだろう。世の中が嫌になって、自暴自棄になったか。

発覚翌日の27日、各地で入試本番に臨んだ受験生からは、怒りの声が相次いだ。

確かに、ただでさえピリピリしている受験生にとって、受験を掻き回されて、いい加減にしてくれと怒鳴りたくもなろう。

難度の高い東西の国私立大入試の真っ最中に携帯電話から問題内容を投稿し、回答には「お礼」を送る。ハンドルネーム「aicezuki」とは何者なのか。

京都大で25日午後1時30分から行われた数学(文系)の試験では、開始7分後から、質問サイト「YAHOO!JAPAN(ヤフージャパン)知恵袋」への投稿が始まった。会場は、試験開始と同時に試験官から問題の訂正が伝えられ、訂正部分が板書された。開始30分後に投稿された質問は、この訂正が反映されており、会場にいた者の投稿である可能性が強い。

こんなことして受かれるなんて能天気なことを考える人がいるとも思えない。それでも、おそろしく愚かだとまでは私が思わないのは、連合赤軍や、ガロアと比べると、この程度ならかわいいもんだと思えてくるからである。

また大学入試センター試験2日目にあたる1月16日には、自殺をほのめかすような、また、18日には「仙台市内」の精神科・心療内科を教えてほしいという書き込みもあった。

なるほど、その書き込みがaicezuki氏であったなら、こういう入試の不正行為を通じて、「社会的な自殺」を図ろうとしたのだろうか。

そういえば、つい先日、鹿児島大学生が、就職活動ノイローゼで、バスのハンドルを横から操作してバスを横転させる事件があったが、追い詰められて自暴自棄な行動を取るという意味では、aicezuki氏と似ているのだろう。

言うまでもないが、若者が総じて賢明であった時代などないと思う。いつの時代だって、学生運動に走ったり、バイトに暮れて単位が取れず放校になったりと、道を外れる若者は少なくなく、そういう意味では、今の若者の方が総じて「いい子」が多いのだろうが、もっとうまく人生をフェイルというかブレークできる方法があるのではないかと思ったりする。といいつつ、人生でまともに成功もしてない、まともにフェイルもしてない私に何がいえようか。

日経コンピュータの2月3日号を眺めると、「フリーミアム、到来」という特集記事があった。フリーミアムとは何か、フリーウェア、オープンソースとは何が違うのかと思いつつ、ページをめくった。以下、私なりに要約してみる。

先ずフリーウェアは、無料で使えるソフトウェアであるが、基本的にソースコードがついてこないため、ユーザーが自分の目的のために、機能を改変や拡張することができない。また、無料なので、不具合があったときの補償もない。

オープンソースは、無料とは限らない。例えば、レッドハットのLinuxのパッケージを手に入れるには、何ほどか費用を払う必要がある。ただ、Linuxを機能拡張したところは、GPLのライセンスの性質により、ソフトウェアが入手可能であり、コピーや改変が自由である。従って、目的に応じて、ユーザーがソースコードを改変してビルドし直すことができる。ところがGPLというライセンスの性質により、ユーザーがソースコードを改変した結果の著作物にもGPLが適用され、やはりオープンソースになる。よって、ユーザーが、改変した結果の著作物に、独自の商用ライセンスを適用することはできない。何よりも大変なのは、オープンソースは本質的に、保証や補償がないということである。だからユーザーは、バグがあると自分で対処しなくてはならない。尤も、あるベンダーが、オープンソースを使ったシステム構築や問題対策のサポート契約を結ぶことはできるが、それは、GPLとは別の契約となる。

さて、フリーミアムとは何かというと、基本は無料、高機能版は有料というビジネスモデルである。特に、クラウドと相性がいい。フリーミアムのクラウドサービスは、無料とはいえれっきとした商用サービスであって、企業利用に十分な機能と品質を備えており、運用やサポートも提供される。すると、企業は、うまくいくと、フリーミアムを使って、ほとんど無料でシステムを構築できる。

日経コンピュータに、フリーミアムの活用例として、建築技術コンサルティングの日本工営が紹介されている。日本工営が導入したのは、音声電話のSkype、動画中継のUstream、社内ミニブログのYammerである。SkypeもYammerも無料で、Ustreamも只同然である。

日本工営があるプロバイダからこれらのフリーミアムのサービスの提供を受けると、あら不思議、無料なのに、プロバイダの顧客サポートも受けることができる。

すなわち、システム・プロバイダが、本来有料のサービスを、無料で提供しているのが、フリーミアムなのである。それではどうやってシステム・プロバイダは、フリーミアムで稼ぐのかというと、無料版の機能に飽き足らなくなって有料版に移行するカスタマが出てくる。そういう有料のカスタマは、5~6%と想定されるが、有料のカスタマで全体の採算をとる。あとは、無料版につけた広告収入である。無料版ユーザの方が多くても構わない。まず裾野を広げて、その中のある割合のユーザが有料版に移行してくれればいい。

典型的なフリーミアムとして、Google Appsがある。これは企業向けアプリケーション群である。よく利用されているGmailも、Google Appsの一種である。

その他を列挙してみると、

  1. 社内ミニブログ・ツールのChatter - 米国セールスフォース・ドットコム
  2. グループウェアのサイボーズLive
  3. 社内ミニブログ・ツールのYouRoom
  4. 文書共有のEvernote - 米国エバーノート社
  5. 動画中継のUstream - 米国ユーストリーム社
  6. プロジェクト管理のプラピオ・プロジェクト - プラピオ
  7. プロジェクト管理のTeamoffice - ダウジャパン
  8. 企業向けアプリケーション群Zoho - ソーホージャパン
  9. Google AppEngine - PaaS
  10. データベースのDatabase.com - 米国セールスフォース・ドットコム
  11. データベースのClearDB - 米国サクセスプリックス

ただ、当然ながら、無料版はかなり機能が限定されている。例えば、サイボーズLiveの無料版は、ユーザーが20人までで、ちょっとした組織ではこれでは辛い。だから、無料で使っていいが、不便なので、有料版に移行してね、ということである。当然か。

クラウドの上だから、メンテ込みで無料で使い続けていい、ということになるのだろう。よって、フリーミアムとは、要するに、クラウド上の無料体験版なのであった。

ただ、無料なのだから、SLA(サービス品質保証契約)のようなものは成立しえないのだろうし、そもそも、ユーザーとしては、突然サービスを打ち切られても文句いえないわけである。だから、業務の根幹をフリーミアムに委ねるのは怖すぎる。

こうして、フリーミアムなるものも結局、なあんだ大したことねぇや、と思ってしまうのであった。

プラシーボ

user-pic
0

いままで、創薬の方法などで薬について記述してきた。そこでは薬の効き目や副作用を調べるステップは必須であるが、どうしても外せないのは、プラシーボである。すなわち、ある病気の人達を2つのグループに分け、一方には試験したい薬を投与し、他方にはもともと効かない偽薬(プラシーボ)を投与する。こうすることで、差分的に試験したい薬の薬効を調べる、ということが普通に行われている。

しかし、そこでわざと見通されているのは、プラシーボとして信用して薬を飲むことの暗示効果である。そのような暗示効果の例が「投影された宇宙」マイケル・タルボット著、川瀬勝訳、春秋社にあるので、いくつか紹介してみる。

あるリンパ球の癌に冒された患者がいた。通常の治療手段は使い尽くし、余命幾許もないと思われた。しかし患者は生き延びたくて、ある新薬のことを聞き付け、医者に是非試してほしいと懇願した。この新薬は、その患者の病状に必ずしも適合するものではなかったので、最初はためらったが、患者が懇願し続けるので、根負けして新薬を投与することにした。医師は、その患者が週末を越せるとは思っていなかった。ところが、患者の病気は劇的に快方に向かい、10日後、元気になって退院してった。ところが、2ヶ月後、その新薬は、リンパ球の癌には効かないのだと記述する記事が発表された。合理的思考の持ち主であったその患者は、その記事をみてとても落胆し、それに伴って癌が再発した。そこで担当の医師は、最初の新薬は、品質が劣化していたもので、改良した新成分を含む新薬を投与する、と患者に申し渡した。実は投与したのは単なる水だった。それでも劇的な効果を収め、患者はもとどおりに元気になった。ところが再度新聞記事があり、それはアメリカ医学会が新薬の効果を完全否定するものであった。その記事をみて患者は、意気消沈し、2日後に亡くなった。

別の例は、多重人格と身体に関するものである。ある多重人格者は、1つの人格にあるとき、蜂に刺されて顔が腫れ上がるほどだった。早速医者に行ったが、たまたま専門医がいなくて、担当の医師はどうしようかと困っていたら、多重人格者に人格の切り替えが生じ、するとなんと顔の腫れはみるみる引き、自然に治ってしまった。それで多重人格者は帰宅したが、蜂に刺されたときの人格に戻ると、顔が腫れがぶり返してしまった。

これらから言えることは、病気や怪我は、ある程度であるが、人格や信念に付随しているらしいということである。実際、生きようとする意志の強さが癌を延命させることは知られており、どんなマテリアリストもそのことは否定しないだろう。これは、焼け焦げた石の上を歩いて火傷しない、密教や修験道の行者にも通じる。しかし、現代医学が意志や思いこみの効果に依拠しないのは、それがあまりに属人的で、再現性がないからであろう。それでも、「投影された宇宙」で、マイケル・タルボットは、意志が肉体をコントロールする力をきちんと評価することを提案する。なぜなら、肉体を治癒不可能な病気から回復させる意志の力はまた、健康な肉体を破滅的病気に陥れる力をももつからである。

それなら、ひたすら前向きに、ある意味能天気に意志を働かせるのがよいのだろうか。そう問うとき、私が思いつく著書はなぜか、「すべての経済はバブルに通じる」小幡 績著、光文社新書である。すなわち、能天気に意志を働かせ続けるとボラティリティが高まり、バブルになる。もしある種の癌が深刻なデフレであるとすると、意志の力で身体にバブルを起こさせることができる。それでデフレが治癒されたとするとハッピーかというと、バブルは必ずはじけるのであって、そのあとには壊滅的な混乱が生じる。

こうして古代からの叡智である、「中庸」に行き着く。ただ、ある種のプラシーボにつながる適切な意志の使い方については、もっと強調されてよいと思う。

私が所属する会社の将棋部の幹事からの通知によると、今度の4月の職団戦は、下記の女流プロが参加するという。

Aクラス、上田二段、斉田四段、甲斐女王、里見名人、矢内四段
Bクラス、室田初段、中村二段、本田二段、早水二段、井道初段

ちなみに、私が所属するチームは、前回、Bクラスで、1回戦では負けたが、その後慰安戦で3回勝ち、4回目に負けた(私は4勝1敗だったので、少なくともブレーキにはなっていない)。職団戦のBクラスからAクラスへの昇級規定はいまいち不透明であるが、今までの経験だと、この成績でAクラスに復帰していてもおかしくない。もともと私が所属するチームはAクラスとBクラスを行き来するエレベータ・チームなのであるが。

するとうまくいくと、Aクラスの女流チームと対戦できる可能性がある。思わず、腕が鳴るでなくて、胸が高鳴る。特に私は、矢内のファンなので、もし対戦できるなら、一生の宝物である。必死で指して、できれば勝ちたい。私の主観的評価では、矢内と私は、そんなに力の差がないはずである。あと、矢内の棋譜をみていると、私と実に棋風が似ている。本来、固めて攻める居飛車党であるが、一時不振になって、最近ではごき中(ごきげん中飛車のこと)を多用して復活しているのも私と同じである。私は、自分と似た棋風の人と指すととても力を発揮する。それで、私はあなたのファンなんです、とか矢内にいったら、は?という感じでさりげなく無視されるだろう。なによ、このおっさんは、と思うだけだろう。

ただ、特に将棋において、主観的評価というのはあてにならなくて、棋譜をみていて流石に俺の方が強いだろうと思っていて実際はやっと五分で、私が矢内に対して思っているように、なんとか勝負になるのではと思っているレベルでは多分、相当勝てない。ましてや、里見レベルになると、棋譜をみていてもこりゃあかなわん、と感じる。すると実際に指したら、かなりどうしようもなく敗れそうである。

他のメンバーはというと、斉田四段はいまや全盛を過ぎており、比較的くみしやすそうであるが、実は、私が所属するチームの同僚で、私がかなり分が悪い棋友が、以前斉田に負けたといっていた。では、上田はというと、現時点では斉田よりも脂が乗っているだろう。もちろん、現役タイトル・ホルダーの甲斐は、矢内以上に強敵である。こうして私は、Aクラスで出るどの女流と当たっても、結局勝ち目は薄そうである。

ところで、将棋連盟は、このAクラス女流メンバーで、Aクラスでの優勝を目指すというが、それはどうだろう。SクラスではなくAクラスでも、優勝するチームはだいたい、県代表+αくらいの棋力があるメンバーを揃えている(私は、全盛期の頃でも、せいぜい県代表-αであった。この±は大きい)。一方で、このAクラス女流メンバーには入っていないが、清水市代がなにかのイベントで、地方の県代表と指したことがあって、負けたのを見たことがある。すると、このAクラス女流メンバーでは、里見を除き、ちょっとAクラス最高クラス・チームには苦しいのでは、と思われる。里見クラスを5人揃えれば分からないが、そこまでの女流を揃えるのは無理である。

ということで、このAクラス女流メンバーがどこまでいけるのか見物である。自チームが早めに負けたら(そうなりそうであるが)、観戦に回るとしよう。そして、矢内さん頑張って~と心の中で声援することにしよう。

読売新聞Webによると、がん細胞増殖の原因となっているテロメラーゼを抑える遺伝子を、鳥取大のグループが確認したという。以下、引用:

がん細胞増殖の原因となっている酵素「テロメラーゼ」の生成を、人の5番染色体にある遺伝子が抑えることを、鳥取大の久郷(くごう)裕之准教授(生命科学)のグループが確認した。

様々ながんに有効な治療法や新薬の開発につながる可能性がある。成果は米科学誌「モレキュラー・アンド・セルラー・バイオロジー」電子版に掲載された。

正常な細胞は分裂を繰り返すたびに、染色体を保護する部分(テロメア)が老化し、死滅する。しかし、大半のがん細胞では、テロメアの老化を防ぐテロメラーゼが生成されるため、細胞が増殖を続けてしまう。

久郷准教授らは2000年から、マウスと人の皮膚がん細胞を使い、テロメラーゼの生成を抑える物質を探した。がん細胞に5番染色体を入れると、テロメラーゼの生成が抑制されたことがきっかけになり、この染色体にある遺伝子「PITX1」が、テロメラーゼを作る遺伝子の活動を阻害していることを突き止めた。

がん細胞がテロメラーゼを用いてテロメアを操作し、不死性を獲得しているというのは、いかにもありそうなことで、意外性はほとんどない。すると意外性は、テロメラーゼの生成を阻止する遺伝子の発見、ということになる。そして製薬会社は、その該当遺伝子である、人の5番染色体にある遺伝子を活性化される低分子医薬の開発を、と色めきたつことになる。

するとこれは、秦の始皇帝以来、求められ続けてきた不老不死の薬を可能ならしめるものなのだろうか。しかし、それは、ちょっと考えるだけで、そうでないと分かる。なぜなら、生命体において、細胞の自死であるアポトーシスは必然で、もしテロメラーゼの生成を阻害することで、アポトーシスが影響を受けると、生命体全体のシステムが悪影響を受ける。肉体のビューロクラシーである。

いや、そういうことでもないらしい。TIMEの2月21日号のカバーストーリーは、"2045 The Year Man Becomes Immortal"とある。実際、昨年11月、ハーバード・メディカル・スクールの研究者は、老化で苦しむマウスにテロメラーゼを作用させると、症状が軽くなっただけでなく、本当にマウスが若返ったのである。すると、人間が不死になることは不可能だとしても、テロメラーゼで若返って寿命が延びるのはありではないだろうか。

ということで、今後は、テロメラーゼによる若返りと、iPS細胞による再生医学がホットなテーマとなりそうである。おっと、もとの話題に戻って、がん細胞にはテロメラーゼの生成を抑制してもらわなくてはならない。ということで、テロメラーゼを巡る攻防は続く。

勉強部

user-pic
0

読売新聞によると、ある高校で、部活として「勉強部」が発足するという。以下、引用:

東京都立調布南高校(調布市多摩川、宇田川敏昭校長)が新年度、部活動の一つとして「勉強部」を発足させる。

授業とは別に大学受験に向けた勉強をするもので、狙いはズバリ、大学進学率アップ。学校の発案によるもので、有名予備校講師を"コーチ"に招くなどして学習意欲が高い生徒集団をつくり、学校全体の学力向上につなげたいと考えている。

同校の構想では、参加を希望する生徒が放課後や休日、受験科目について教諭から指導を受ける。有名進学予備校の講師を招いての特別講座や夏休み合宿も開く。学年に関係なく入部でき、他部との掛け持ちも認める。

4月、まず同好会でスタートし、生徒会の承認を経て部に昇格させる予定。今のところ、約80人の生徒が参加する見込みとしている。

このニュースをみて、すばらしいという人はあまりいないだろう。普通はどうもしっくりこないと思うはずである。ただ、父兄としては自分の子息を勉強部に入れたいと思う人は少なくないだろう。ともかく勉強すれば、少しでもいい大学に入れるという、現金な気持ちである。

ただ、この高校としては、進学実績を少しでも上げたいというナイーブな方針があるようである。例えば、平成21年度の進学実績をみると、早稲田に7人受かっているが、なんと、国公立に進学した人が一人もいない。

しかし、だとしても、少しでもいい大学に行きたいと思う人は、自分で勝手に現役予備校に行けばいいのであって、そうすれば、何ほどか偏差値の嵩上げはできるだろう。わざわざ勉強部なんてつくる必要はないはずである。

それと、勉強部に入って、授業と課外活動で勉強漬けにするのがいいかというとそうでもない。多分であるが、東大に何人も入るような進学校では、あまり勉強漬けにしてないと思う。それでも、記憶力のよさと集中力でどんどん学習していく。

結局、受験勉強も所詮才能なのである。だから、受験勉強の才能があれば、ホリエモンのように、高校3年の後半から急に頑張っても東大に受かれたりする。

そういう受験勉強の才能と、大学に入ってからの学習の才能に相関があるかというと、それも、多分そこそこあるだろう。しかし、世間に役に立つ才能一般になってくると、受験勉強の才能との相関は、より不明確である。

だから、もし国公立に進学した人が一人もいないような中堅都立高校だと、あまり受験にフォーカスしないで、自由に才能を伸ばすことを考えた方がいいのではないだろうか。文学、音楽、芸術など、いくらでも受験勉強の才能とあまり関係がない分野はある。感性の仕事に書いたとおりである。

それでも才能があれば、どこかで芽が出るし、逆に才能がないなら、無理して詰め込んで偏差値が高い大学に行っても行き詰ってしまう。例えば、古い本であるが、「トポロジーの話題から」野口広著、日本評論社を読んでいたら、ウィスコンシン大学のR.H.ビングというトポロジの権威の人の話があった。ビング博士は、最初は高校で体育の教師をしていたのだが、テキサス大学でトポロジの夏期講習を聞いて、突然トポロジに開眼したのだという。また、有名な理論物理学者のレオナルド・サスキンドは、二十歳の頃は、父親の仕事を手伝って配管工の仕事をしていたが、その後、ニューヨーク市立大学の工学部に進み、結局、コーネル大学で物理学のPhDを取得して、物理学者として大成した。

こういう理数系の例は極端であるが、才能があれば、いくらたまたま無名高校に行こうが、無名大学に行こうが、あるいは大学なんて行かなくても、芽が出ることは十分ある。

当たり前のことを敢えて言うと、努力は才能をつくらない。努力ができるのは、才能を引き出して伸ばすことだけである。だから、勉強や受験の才能がないとき、そちら方面の努力をすることは、相当虚しい。

だから、私が説く才能主義は、場合により、希望よりも絶望につながるのかもしれないが、それも人生の一面のリアリティなのである。

あと、おそらく、普通の努力、すなわち勉強部で勉強するような努力では、隠れた才能は引き出せない。隠れた才能を引き出すのは、涙も滲むような辛い、あるいは悔しい体験だったりする。それはまさに、ダイヤモンドの原石を磨くような作業であるが、人生のそういう側面は私も、できれば認識したくない。買いたくなくても買ってしまうのが苦労で、それを耐えるうちに思わぬ才能が洗い出されてくるという次第である。

非主体性

user-pic
0

永田死刑囚の病死に関する下記のような毎日新聞の記事を読んで、ふと考えたことがある。

1971~72年に起きた連合赤軍事件で元最高幹部の永田洋子(ひろこ)死刑囚(65)が5日夜、死亡した。「ロシアの作家チェーホフの『かわいい女』に出てくる主役の女性だ」。事件に加わり懲役20年の刑を受けて98年に出所した植垣康博さん(62)は彼女をそう評する。かわいい女は、愛する男性に従順に寄り添う女性を描いた名作だ。

連合赤軍内で指導的立場の最高幹部の森恒夫元被告=73年に自殺=と男女の関係にあった永田死刑囚を、植垣さんは主人公の女性と重ね合わせた。実際、自身の刑が確定する93年3月まで続けた永田死刑囚との文通で、彼女が自身を「主体的に考えられない人間」と記していたことが印象に残っているという。

特にその「主体的に考えられない人間」というくだりに注目した。そして思ったのは、「主体的に考えられない人間」というのは、ある種の異性にとても魅力的で、次第に、かけがえのない存在のように心の隙間に入り込んでしまう。まさに、森恒夫に対する永田洋子の関係である。

それは喩えていうと、人的クロスカップリングなのであって、森恒夫を主、永田洋子を従としたとき、従は主の暗部を増幅させ、怒りを、蛮行を促進してしまう触媒の役割を果たす。

それは相思相愛なのだうか。いや違う。主は従を、一時の気慰みとしか見ていない。ところが従は、主を心底愛して、しかも敬愛して止まない。従にあって、主に対するいかなる悪評も耳には届いても心に一切届かない。だからある意味偏頗な片思いなのだが、主は従を決して手放さない。それは麻薬のように心に滲み込んでいるからである。こうして片思い性は、奥底で逆転する。

永田洋子が、坂口弘の許を離れ、森恒夫に乗り移ったのは、坂口弘の奥底にある健全性に耐えられなかったのだろう。ある種の菌類のように、日照は苦手である。そして、森恒夫の心に悪魔をみつけて、うまく共鳴できた次第である。

それでは、森恒夫を亡くした永田洋子はどうなったのか。最愛の恋人を失って悲嘆に暮れていたのだろうか。ウェブで見る限り、そういう様子は窺えず、寧ろ自己弁護の日々だったようである。

私が個人的に知っている例に喩えると、永田洋子は、独自の価値観の世界に生きる境界性人格障害であるように思われる。そこでは、都合の悪いことはいともたやすく出来事のリストから抹消され、都合のよいストーリーだけが舞い踊る理想の内的世界が構築される。しかし、大抵の男性は、そのような内的世界に引きずり込まれることから引いてしまう。嫌悪感というよりも違和感に耐えられないのであろう。すると、非主体性女性とクロスカップリングする男性とは、どのようなタイプなのだろう。森恒夫のことがよく分かっていないので、タイプ化できないでいる。

絶対美人

user-pic
0

以前に、美人すぎるという記事を書いて失笑を買ったことがあるが、ついその件でもう少し屋上屋のようなことを書いて恥の上塗りをしてみたくなった。

思い出すのは小学生低学年の頃である。なにしろ、結核が一応癒えて退院したばかりだったから、体育の授業もほとんどが見学で、すると、同年代の友達とあまり遊ぶことがない。すると、どうしても漫画を読んで過ごすことになる。そこで漫画の女の子キャラについ見とれたことがあった。それが私の倒錯した初恋なのだろうか。

そこでつぶやいたのは、これは違う、ということである。何が違うのかというと、理想の美人ではない、ということである。すなわち、子供ながら、アプリオリに、絶対美人なるものが存在するに違いない、見とれた女の子キャラといえども、絶対美人の不完全な変形に違いない、という観念である。それは、プラトンのイデア論なのだろうか。そんなわけない。

私が想定した絶対美人というのは、雪女のように色白で、鼻筋が通っていて、顔に一点のシミもない。神々しいまでに透明感に溢れている。しかし現実にそんな女性はいるのだろうかと、当時、父親に、日本で一番美人は誰かと聞いた。すると父親は、あまり考えないで、それは、山本富士子だという。そう、美男の代名詞がアラン・ドロンであるように(今は、レオナルド・デカプリオか?)、当時、美人の代名詞は、山本富士子なのだった。それで、子供なので、ああそうか、山本富士子が絶対美人なんだとあっさり納得した。そもそも、山本富士子のブロマイドも手近にないので、その命題が検証されることもない。

しかし、集合論における無限集合が存在するという公理と同様に、絶対美人が存在するという公理はずっと心の中に潜んでいて、それが私に安易に現実の女性に初恋することを許さなかった。大学を卒業するまで、片思いの初恋らしい初恋もないというのは、異常な晩生かもしれない。

そうはいっても、絶対美人に近いのではないかとなぜか学生時代に感じたのが、まず、あべ静江、それから河合奈保子であった。あと、オリビア・ニュートンジョンもそうである。今更言うのもなんであるが、どうして自分が無色な、体臭も色気も感じられないような清楚な美人に憧れたのか、理解に苦しむ。

しかし、二十台半ばになって物心がつくと(遅すぎる)、やっと、本物の女性に興味をもつようになってきた。それで気づいたのが、絶対美人なんて現実にはいないということである。そんな当たり前のことをと今更自分でもあきれる。生身の女性を身近で見ることがなかったのである。

そこでまた、自分でも驚くのだが、絶対美人ではないのに、寧ろ絶対美人から遠いのに、私の心はなぜか安易に女性に惹かれてしまうようになった。すなわち、いつのまにか、絶対美人が身近な存在になっていた。

今に至るまでその理由が分からなかったが、つい最近、解析学の入門書を読んでいて閃いたことがある。それは、ハイネ・ボレルの被覆定理である(ボレル・ルベーグの被覆定理ともいう)。それは、有界閉集合は、有限個の開被覆で被覆できるという基本的な定理である。収束する無限個の被覆を要するようでいて、有限個で済むところがミソである。すなわち、ハイネ・ボレルの被覆定理を適用することで、清楚の極限値で定義されるはずの絶対美人が、適当な有限個の条件を満たしさえすればいいことになった。なんという偉大な定理なのだろう。

こうして感性の縮退に書いたように、とても惚れやすい私が現出してしまうのである。その真骨頂は、中国の美女に書いたような、「だって、あなたのような美人を見たことがなかったし、その後もあなた以上の美人にお目にかかったことがないからです。」のような歯の浮くような台詞だったりする。

あまりの駄文に呆れている人がいるようなので、この辺で締めくくるとすると、若くみえるのは精神であって、幼すぎるだけであった。橋本左内の域には遠く及ばない。当然だが。

金融リスク

user-pic
0

金融リスクとは何かと聞かれたら、素人なので、ええと、保持する金融債券の価値が暴落することで、ええと、とかしどろもどろになるであろう。そこで、自分の理解のため、「金融リスクマネジメント」小野覚著、東洋経済新聞社に基づき、調べて書いてみる。

この本によるとまず、金融リスクとは、「資金の貸借、有価証券の売買、それらの派生商品の取引といった金融取引およびその取引の結果生じる金融商品の保持に伴って損失を被る可能性。」とある。なるほど、これが模範解答だとすると、私の回答は、100点満点で10点くらいしかもらえない。「損失を被る可能性」というのがミソである。大学の教養に金融論とかいう授業があったとすると、間違いなく単位はもらえないだろう。

しかし、金融リスクの話はここで終わりではない。さらにブレークダウンされるのである。以下、それを列挙してみる。

  1. 信用リスク:これは、金融取引の取引先や金融商品の発行体のデフォルト、もしくは信用力の変化によって生じるリスクのことである。ここで、デフォルトとは、債務不履行のことである。信用リスクはさらに、取引先リスクと発行体リスクに分けられる。取引先リスクとは、A社の社債をB社から購入するとき、きちんとその購入契約が履行されるかどうかというリスクであり、発行体リスクとは、A社が倒産するなどして社債の価値がなくなるリスクである。
  2. 市場リスク:これは、金利、為替レート、株価など市場で取引される商品の価格やレートが変化することによって金融商品または金融取引に生じるリスクのことである。市場リスクはさらに、下記のとおりブレークダウンされる。  
    • 金利リスク
    • 為替リスク
    • 株式リスク
    • コモディティ・リスク:これは、石油、ガス、穀物などの原材料の価格変動に伴うリスクである。
  3. 流動性リスク:これは、市場流動性リスクと、資金調達リスクに分けられる。
    • 市場流動性リスク:保有している金融商品の反対売買、または取引残高のある金融取引の解消が通常よりも不利な条件でしかできなくなる、あるいは困難になるリスクである。
    • 資金調達リスク:金融商品の保有や金融取引の残高維持にあたっての資金調達が、通常よりも不利な条件でしかできなくなる、あるいは困難になるリスクである。
  4. 決済リスク:外国為替取引や有価証券売買取引において、取引や決済までの間の取引先のデファルト、事務処理等の理由により、予定どおりに決済が履行されなくなるリスク、もしくは支払うべき通貨を支払った、または引き渡すべき証券を引き渡したにもかかわらず、受け取るべき通貨または証券を受け取れなくなるリスク。
  5. オペレーショナル・リスク:金融取引における資金決済、証券受け渡し、担保管理等の事務処理のミス・不正、事務処理をシステムの不備、その他のミス・不正といった事務処理上の種々の要因により生じるリスク。これは、システム・リスクと事務リスクに分かれる。
  6. リーガル・リスク:金融取引において、契約の不備やその他の法的解釈の問題、取引先の行為能力といった法的な要因によって生じたリスク。
  7. レピュテーショナル(評判)リスク:金融機関のとった行動が、金融市場の他の参加者にネガティブに受け取られ、それがもとになって業務に支障が出たり損失になったりするリスク。
  8. 税務リスク:金融取引や金融商品の保有に当たって、当初予想していない税務上の取り扱いにより損失を被ること。
  9. 制度リスク:国または規制機関・団体等が実施している制度の変更等を要因として、金融取引や金融商品の保有に損失が発生するリスクである。

以上、金融リスクを概観した。なるほど、リスクにもさまざまな側面があるのだった。

知人から紹介されたのだが、読売新聞によると、京都大学がなぜか、米企業からiPS細胞の特許を無償で譲り受けるのだという。以下、引用:

京都大学は1日、様々な組織の細胞に変化する人のiPS細胞(新型万能細胞)を作製する方法の特許を、英米で特許取得・出願中の米企業から無償で譲り受けることで合意したと発表した。

iPS細胞は山中伸弥・京大教授が世界で初めて作製に成功し、2008年9月に国内の特許を取得。しかし欧米では、京大をはじめ複数の研究機関や企業が関連特許を出願しており、激しい競争が続いている。

今回の合意により、京大がiPS細胞の国際的な知的財産権を制する可能性が高まった。

京大に特許を譲渡するのは、米国のベンチャー企業「アイピエリアン」(I社)。人の細胞に3~4遺伝子を導入してiPS細胞を作る方法に関する特許で、独製薬企業バイエル・シェーリング・ファーマが08年6月に国際出願し、その後I社に譲渡されていた。英国で成立済みのものや、欧米や中国、韓国、豪州などに出願中の計約30件を京大に譲り渡す。

バイエル・シェーリング・ファーマの特許出願とは、これだろうか。

特開2008-307007
【請求項1】
Tert、Nanog、Oct3/4及びSox2の各遺伝子が後成的な不活性化を受けていないことを特徴とするヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞から誘導した試験管内で長期自己複製能ならびに外胚葉、中胚葉及び内胚葉への多分化能を有するヒト多能性幹細胞。

しかし、これの国際出願があり、これが本命だろう。

【氏名又は名称】アイピエリアン,インコーポレイティド
特表2010-529851
【請求項1】
多能性、体性、非胚性であり、そして長期自己再生の性質を有するヒト幹細胞。
【請求項2】
体性、非胚性、アルカリホスファターゼ陽性であり、そしてTDGFl、 Dnmt3b、FoxD3、GDF3、Cyp26al、TERT、zfp42、Sox2、Oct3/4及びNanogから成る群から選択された複数の遺伝子を発現するヒト幹細胞。

分野外ではあるが、おいおい、この請求項1はないだろう、なにも発明を記述しておらず要望が書いてあるだけではないかと、一特許実務屋としては苦笑してしまう。ダミーで書いたにしても、もうちょっと書きようがあろう。

一方、京大の基本特許とは、iPS細胞の基本特許に示したように、

特許番号第4183742号
【請求項1】
体細胞から誘導多能性幹細胞を製造する方法であって、下記の4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入する工程を含む方法。
であって、導入される遺伝子はかなり違う。

私の推察では、アイピエリアン社は、特表2010-529851の価値に対して相対的に、維持するコストが負担になって京大に無償譲渡したのではあるまいか。というのは、京大は、無償譲渡されても、弁理士手数料など、その後の手続費用はかかるからである。

なんにしても、「今回の合意により、京大がiPS細胞の国際的な知的財産権を制する可能性が高まった。」というのは多分違う。なぜなら、iPS細胞不完全に書いたように、京大の基本特許の技術範囲外でiPS細胞は作れてしまうので、京大の基本特許も次第に基本特許でなくなってきているからである。iPS細胞の全般的な特許ポートフォリオをざっとでも調べてから発言してほしいものである。

先進医療

user-pic
0

先進医療と聞くと、私が想起するのは、癌の治療の粒子線治療である。それが、手術困難な肝臓癌に有効であることがあるという話を聞いたことがある。一方で、先進医療は、保険がきかないので、費用が嵩むとも聞いた。で、実態はどうなのか。ダイヤモンドオンラインに先進医療についての記事があったので、その内容を要約してみる。

  • <誤解 その1>先進医療は最先端の優れた治療法だ!?
    健康保険や医療保険のきく治療は、慣用的で、一定の効き目しかないという通念があったりする。しかし、逆に言うと、健康保険に収載されている治療は、長年の経験を経て、安全性や有効性が確認された、国がお墨付きを与えた治療であるともいえる。
    健康保険で認められた「保険診療」は、医療費の3割(70歳未満の場合)を負担するだけで治療を受けられる。一方、健康保険で認められていない治療は「自由診療」と呼ばれ、これを受ける場合は自己責任で費用も全額自己負担となる。「保険診療」と「自由診療」とを同時に行う混合診療は、日本では原則的に禁止されている。
    その例外が「保険外併用療養費」であり、厚生労働大臣が認めた治療法については、健康保険の適用前でも保険診療との併用を認め、その治療は自費になるけれども、その他の診察や検査などには健康保険が使えるようにした。先進医療とは、この健康保険適用前の治療である。
    典型的な先進医療の一つに、陽子線治療がある。これは、肝臓癌に有効とされている。しかし、他部位への癌の発生や、もともと肝硬変の状態が生存に影響し、患者様の5年生存率は手術ほぼ同等の54%であるという。
    すると、先進医療は新しく開発された治療ではあるが、効果は未知数であるといえる。実際、先進医療のうち、評価が定まったものが、保健医療のメニューに組み入れらていく。そうならなくて、消え去るものもある、ということである。
  • <誤解 その2>がんになったら誰もが先進医療を受ける!?
    先進医療は、健康保険の適用のないものを特別に許可しているので、厚生労働省の承認が必要である。従って、先進医療を行っている医療機関は限られており、医療機関はのべ1131施設。先進医療の種類は120種類しかない。
    実際に2008年7月~2009年6月の1年間に先進医療を受けた人は2万13人。先進医療はがんに特化した治療ではないが、7割はがんの治療だという。これは、全国の癌患者のうち、1%程度に過ぎないという。
    また、先進医療の対象範囲は限られていたりする。例えば、陽子線は、肝臓癌には効果があっても、胃癌や大腸癌には有効ではない。
  • <誤解 その3>先進医療は高額だ!?
    先進医療の技術料はというと、重粒子線治療の約302万円、陽子線治療の約276万円、腫瘍脊椎骨全摘術の約202万円など、たしかに高額な治療も存在する。すると、確かに高額であるという一面はある。保険がきかないという面もある。
    とはいえ、先進医療といっても様々で、先進医療費の平均は約54万円で、中には1万円に満たない歯科治療やピロリ除菌治療などもあるという。
    そういえば、最近の医療保険には、先進医療特約というのもある。これも要検討であろう。

私は保守的な人間なので、まだ評価の確立されていない先進医療というのはあまり受ける気がしない。なんか実験台にされるような気もする。個人的には、確立された保険治療で十分と思っている。医者も設備も、どこにいったって完璧ということはなく、それで、意外にも容態が急変して亡くなることがあったとしても、妥当な運命の範囲内であろう。どんな名医だとしても、分かることは多くないはずである。生き延びるための妥当な努力をして、それでも形勢が不利になり投了に追い込まれるなら、あまりにも妥当な人生というべきであろう。なおかつ、先進医療を受けるかどうかというと、それは私に生き延びてほしい親族がいて、そちらの希望があるなら、ということになる。渋々であるが。

読売新聞によると、大阪地検特捜部の証拠品改ざん・犯人隠避事件で、元同僚の国井弘樹検事が、最高検に証言した内容が明らかになったという。以下、引用:

大阪地検特捜部の証拠品改ざん・犯人隠避事件で、元主任検事・前田恒彦被告(43)(証拠隠滅罪で起訴)から改ざんを明かされた元同僚の国井弘樹検事(35)(現・法務総合研究所教官)が最高検に証言した内容の詳細が、検察関係者への取材でわかった。

前特捜部長・大坪弘道被告(57)(犯人隠避罪で起訴)に「僕の指示に従うことがミッション(使命)だ」「もみ消しではなく危機管理。ミステーク(過誤)でいく」と口裏合わせを命じられた――などの内容で、検察側は公判で犯人隠避の立証の軸にするとみられる。

国井検事は、前田被告が主任を務めた郵便不正事件の捜査に刑事部から参加した。

証言によると、国井検事は、捜査終了後の2009年7月、前田被告の執務室で証拠品のフロッピーディスク(FD)のデータ改ざんを打ち明けられた。国井検事が「まじ(本当)っすか」と驚くと、前田被告は「まあね」と答え、詳しい経緯は話さなかったという。

国井検事はやり取りをずっと伏せていたが、10年1月27日に開かれた元厚生労働省局長・村木厚子さん(55)(無罪確定)の初公判で、弁護側が偽の障害者団体証明書の作成日時について、検察側主張とFDデータとの食い違いを指摘したことから、怖くなって同僚らに打ち明けた。

私がとても意外なのは、「怖くなって同僚らに打ち明けた。」というくだりである。検事という仕事は、内心の葛藤や齟齬があっても、なんとか抑えてやっていくという職業倫理なのではあるまいか。それでも、同僚に打ち明けるまではいい。それが最高検に証言するまで行くというのは、検察の体質は改善しつつあるのか、と問いたくなる。また、これは、三井環元検事が身を挺して捨石になり、検察庁に風穴をあけたせいか、それなら三井氏はもっと賞賛されてもようそうなものであるが、世間では三井氏の評判は、そんなによくないようである。やはり、暴力団との付き合いが関与していたからだろうか。

あと、気になるのは、相撲の八百長との類比である。検察庁の重要性は、相撲協会の比ではないが、それでも、相撲協会が八百長で自爆的に困窮状態に陥っているとき、検察庁も自ら激震に共鳴しようとしている。今までの検察なら、激震を必死で止めようとしたはずであり、三井環氏の件でも、表面的には、検察は取り繕えている。

このような気風を、自浄作用があって望ましいと世間はいうだろうか。そういう見方もあるかもしれない。私はむしろ、組織が自律性を失って、アナーキーになることを懼れる。相撲協会もなんとか、八百長を内密に処理してほしかったし、以前なら首尾よくそうできたはすである。

これは、なにかから目を晦ますための企みではないのか、と半ば神経質症的に問いかけつつ、見守りたい。

毎日新聞Webによると、iPS細胞は、ES細胞などの比べると、元細胞の特徴が残り不完全なのだという。以下、引用:

<
p>ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)が持っている遺伝子の働きを調節する機能に異常が見られることが、米ソーク研究所などのチームの解析で分かった。この異常は、さまざまな細胞への分化のしやすさや、分化させた細胞の機能に影響を与える可能性がある。iPS細胞を将来、再生医療に応用する上で課題となりそうだ。3日付の英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。【須田桃子】

(中略)

チームは、材料となる体細胞の種類や作成法が異なる5種類のヒトiPS細胞を対象に「メチル化」と呼ばれる目印の場所や有無を調べた。受精卵から作られ、正常なメチル化を持つと考えられる胚性幹細胞(ES細胞)と比べた結果、おおむね同じだったが、あるべきメチル化がないものなどの異常が5種類すべてで見つかった。

原因を調べたところ、初期化が不十分なために元の体細胞の遺伝的特徴が完全に消去されなかった異常と、体細胞をiPS細胞にする途中に新たに起きた異常との2種類があった。これらの多くは、iPS細胞を繰り返し培養して増やしたり、特定の細胞に分化させた後も多くが受け継がれていた。

これはある意味、「素人考え」を裏付けるもので、普通に考えると、4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入するだけで、体細胞が、もとの履歴を忘れるということはありえないように思われる。そのことが今回裏付けられた訳である。

その他、iPS細胞にまつわる問題、あるいは困難を、改めて纏めてみる。

  1. 先ず、癌化リスク。これはどうしても、避けにくい。正当な細胞でないことによる。
  2. 万能性のリスク。iPS細胞研究の先端に書いたように、iPS細胞の変身能力に疑問が呈されている。
  3. 臓器生成のリスク。例えば、iPS細胞を肝臓の細胞に変質させることができても、それをどう肝臓として成長されるか難しい。
  4. 移植リスク。iPS細胞を体に根付かせるリスクである。
  5. 手法としての置き換えリスク。例えば、独マックスプランク分子医薬研究所のグループがOct3/4という遺伝子だけで初期化に成功したという記事にあるように、4種の遺伝子は必須ではない。他にもiN細胞というのもあるし、Muse細胞というのもある。

これで尽きているわけではないが、iPS細胞のブログ内記事をリストしてみる。

素人としては、よく集めたものではないだろうかと、自己満足することにする。

世の中には、クレーマーという人たちがいて、典型的には、ガラの悪い暇なおっさんだったりするが、中年のおばさんもいる。いや、一見見目麗しいお嬢さん?もいる。要するに、ある正当な権利(例えば、正当な購買者であること)を嵩に着て、過度の権利主張をする人達のことで、コールセンターなどで蛇蝎のごとく嫌われている。

では一方で、ディスクレーマーとはどういう人かというと、クレーマーの反対で、一切文句も言わないで真面目にやる人、なわけなくて、そもそも人でなくて、法律的には、契約の文言における免責条項のことである。

しかしここでは敢えて、ディスクレーマーを、わざと人のことだと誤読して、話を進めてみる。

先ず、典型的なディスクレーマーの文言を見てみよう。これは、General Public License 2.0のディスクレーマーの文言の一部で、八田真行氏の訳による。

無保証について

11. 『プログラム』は代価無しに利用が許可されるので、適切な法が認める限りにおいて、『プログラム』に関するいかなる保証も存在しない。書面で別に述べる場合を除いて、著作権者、またはその他の団体は、『プログラム』を、表明されたか言外にかは問わず、商業的適性を保証するほのめかしやある特定の目 的への適合性(に限られない)を含む一切の保証無しに「あるがまま」で提供する。『プログラム』の質と性能に関するリスクのすべてはあなたに帰属する。 『プログラム』に欠陥があると判明した場合、あなたは必要な保守点検や補修、 修正に要するコストのすべてを引き受けることになる。

ここまでドライではないにしても、大抵の契約は、ディスクレーマーの条項を含む。というのは、きちんと責任を負わない範囲を明確にしておかないと、それこそクレーマーのターゲットになる。

こういうディスクレーマーの条項を契約書にきちんと置いておかなくてはならないという意義は、法務部門でなくても用意に理解するだろう。

しかし、私が言いたいのはそういうことではない。ディスクレーマーをわざと人に誤読して、ある個人とみなすと、ディスクレーマーと呼ばれる人達は一体、どういう振る舞いをするのか。以下、記述してみる。

  1. まず、やることなすことすべてに、免責文言を挿入する。例えば、普通、「夕方5時に渋谷のハチ公前で待ち合わせましょう」、とメールすることはよくある。ところが、ディスクレーマーは少し違う。「夕方5時に渋谷のハチ公前で待ち合わせましょう。ただ、交通事情により、5時に着けないことがあります。定刻に着けるように最大限の努力しはますが、人身事故で電車が止まることもありますし、突然の親戚の不幸が私に見舞うかもしれません。よって、場合により、定刻に着けない場合があります。しかも携帯の電池切れにより、連絡できない場合もありますので、もし連絡なく30分遅刻した場合は、予定はキャンセルとみなして、その場を去って頂いて結構です。ただ、一般慣行として、事情を勘案して、30分間は待っていただきたい。」と随分長くなってしまう。
  2. 次のディスクレーマーの習慣は、なるべくメール、手紙などの文書で連絡しないということがある。すなわち、文書にすると、上記のような長い免責文言を挿入する必要があり、煩わしいので、なるべく口頭だけで済ます。すると、行き違いや勘違いもありえるが、行き違いや勘違いを指摘しても、決して同意しない。証拠を出してみて下さい、と言葉は丁寧でも、最早、ディスクレーマーでなく、クレーマーになってしまっている。あまりにも頑固なので、相手も呆れて折れる。ディスクレーマーの勝ちである。
  3. 次のディスクレーマーの習慣は、極めて曖昧に、不完全な、あるいはどうとでも理解出来る多義的な言い方で依頼し、あるいは指示するということがある。こうしておくと、何か状況が変わって指示が適切でなくなったとき、そのように指示していないと言い逃れることができる。そして、やり直させたりする。依頼された相手は、困惑するが、人がいいと、ちゃんと確認しなかった自分が悪いと自責する。これは、友人を失い、あるいは信頼をなくすための、かなり高級なテクニックである。
  4. 次のディスクレーマーの習慣は、決して間違いを認めないということがある。よく、米国では、自分から車をぶつけても、決してI'm sorry.と言わないといわれる。まさにそうで、謝ると、間違いを認めたことになってしまい。法的責任が生じることがある。それによる相手の心証悪化など、意に介さない。ライアビリティ削減こそ命である。
  5. 次のディスクレーマーの習慣は、都合が悪いときは黙秘する、ということがある。私は実際に遭ったことはないが、検察の取調べでは、黙秘する権利があると、被疑者に説明される。都合の悪いことは言う必要がないと。その検察の取調べのモードを適用するかのように、都合が悪いと、普通の会話で突然黙秘してしまう人がいるのである。

このようなディスクレーマーのやり方は、とても賢明で、このコンプライアンスが厳しい時代にも、まず規則違反を冒すことはないし、誰かに訴えられるリスクも小さい。すなわち、リーガル・リスクが最低なのである。ストリート・ファイターという言い方があるが、まさに、ストリート・ロイヤーといえる。民事か刑事か知らないが、日常生活がこれ、裁判手続なのである。

ただ、よく考えるとわかるように、このようなディスクレーマーのやり方は、相手を怒らせてしまい、友達を失うこともあるという点で、ヒューマン・リスクはある。しかし、ヒューマン・リスクには一切配慮せず、リーガル・リスクに注目するのが、コンカレントな現代人なのである。

以上、ディスクレーマーについて述べてきたが、これは特定の個人・組織に係わるものではなく、私の想像上のキャラクタに基づき記述したものにすぎないことに留意されたい。

と書く私もまた、ディスクレーマーなのであった。

神の存在

user-pic
0

苫米地英人に関して、神の存在について触れたが、この難しいテーマに関して私なりにもう少しだけさらっと言及してみる。

まず、神の存在定理で一番有名なのは、神の定義に完全性を仮定し、存在するということが完全性に含まれているので、神は存在する、という命題であるが、いささかでもまともな知性の人が、このような粗雑な議論で満足しているとしたら、驚くよりない。というのは、それは、神の公理を与え、その公理から自明に導かれる属性を述べているにすぎなくて、トートロジー以外の何物でもない。

デカルトの「省察」での議論はもう少し精緻かもしれないが、大同小異ではないだろうか。ISSEIさんが、ゲーデルの神の存在証明を引用してくれたが、本当にゲーデルが証明すべきだったのは、演繹的手法による神の存在証明不可能定理であったはずである。

そこで次のような問いかけを、改めてしてみたい。

  1. どうして神の存在を人類は仮定したがるのか。
  2. どうして神は存在してしなくてはならないのか。
  3. どうして神の存在を人類は証明しようと試みるのか。
  4. 神がいないとしたら、なにが問題か。
  5. 神がもし本当にいるとしたら、それはどんな形で存在しているか。

まず、どうして神の存在を人類は仮定したがるのかであるが、人生というものは、なかなか生きる意味を見出しにくいので、意味を考えるための公準として神を持ち出したいのではあるまいか。そのとき、父親あるいは母親のイメージを神に投影して、なにかしら人格神を想定したくなるのは、人類の悪癖である。羊を屠殺して奉ると喜ぶとしたら、それはライオンであろう。神であるわけがない。

次に、どうして神は存在してしなくてはならないのか、であるが、これは永遠に答えられるはずもない。宇宙を眺めていると、無軌道やランダムでなく、なにかしら法則に従って生成され、動いているように思われる。すると、宇宙に秩序を想定したるなるのが人間である。それが神の思し召しあって何が悪いといったとしても、想定したければすればいい、である。想定しなくてもいいはずである。

次に、どうして神の存在を人類は証明しようと試みるのか、であるが、人類は世界が理解可能なものであってほしいという切なる願いがある。そのために先ず、神の存在が証明可能であるとしないとことは始まらない、と考えるのも人類の傾向である。

神がいないとしたら、なにが問題か、であるが、わかりやすい答えは、神を想定しないと、この世の統制がとれない、というものである。すると、悪法も法なり、悪神も神なりであるか、と問うてみよう。

そして、神がもし本当にいるとしたら、それはどんな形で存在しているか、であるが、わかるはずもない。しかし、宇宙の隅々に法則が行き渡っていることは真理であり(本当か?)、わかる範囲の法則を駆使して、なにか宇宙の姿を構成してみよう。すると、宇宙というのは、現在ある宇宙すべてと、その構成法則のセットなのであり、そういうものだよね、と問いかける相手が、私にとって神である。もちろん、いかなる形であれ、神が答えてくれることは期待していない。チャイティンのΩではないが、すると、神は具体的に証明可能でも計算可能でもないが、構成し、生成する行為そのものに胚胎している、ということになる。それは、哲学的にみれば、汎神論なのだろう。私の言いたいこととは違うような気がするが、とりあえず、こういうわかりやすいラベルをつけて安心するよりない。

仕事柄、技術を理解するために、どうしても技術書に目を通さなくてはならないことがあるが、最近、「確率・統計」森村英典著、朝倉書店を読んでいるときに、ふとひらめくことがあった。

すなわち、マルコフ連鎖やマルコフ過程は、音声認識、言語処理、統計処理などによく使われる非常に重要な概念であるが、なかなか初歩からマルコフ連鎖やマルコフ過程をきちんと説明してる本は少ない。初心者にもわかりやすくページを割いて説明している点で、この本はとても有用である。

マルコフ連鎖とは、次の状態というのが、今の状態だけから決まるという割り切り方をした確率過程の一種である。そういう割り切り方というのはかなり粗くて、今のわれわれは、第2次大戦の影響も受けているし、大化の改新の影響も受けているので、どうみても現実にはマルコフ性は成立しないのだが、いやいや、結局今の状態は、1秒前の世界のあらゆる状態ベクトルから計算できるのだというラプラスの悪魔的解釈もあるので、そう考えるとほとんどあらゆるところでマルコフ性が成立するといいなすことができる。

それはそれで科学哲学のテーマかもしれないが、ここでの本題は少し違うので、ともかく、ある現実をマルコフ性で抽象することにする。ここでのお題は、私の関心事の1つ「興味」である。「興味」に興味があるとはこれいかにであるが、マルコフ連鎖の概念を「興味」に適用することをふと思いついたので、粗く述べてみる。

マルコフ連鎖によれば、今ある状態a1から、所定の条件付確率で、a1、a2...anに移行する。その各々は、P(aj|a1) (j = 1,2,...,n)と記述される。当然に∑_j P(aj|a1) = 1である。

特に興味においては、そのマルコフ連鎖は、人間の飽きによって遷移が決定される。すなわち、人間は、同じことをしていると飽きるので、興味の対象を次の別のものに移す。その確率過程に、近似としてマルコフ性を想定しよう、というのが私の提案である。その興味の遷移においては、周囲の環境、知人のアドバイス、逆境などがトリガとなるが、それでも、とりうる遷移の行き先はかなり限られている。

さて一般的に、{a1、a2...an}は有限集合とすると、マルコフ連鎖を続けているうちに、前に訪れたのと同じ状態akを訪れることがある。一旦前と同じ状態akを訪れたとすると、前に態akを訪れたときと同じ確率分布での遷移が繰り返される。例えばak → as、as → akが高い尤度で生じるとすると、{ak, as}でかなり密に閉じた世界が現出する。

こうして、時間を十分大きくとると、ある有限の興味の遷移集合がとれる。それを、ある人の興味集合と呼ぶ。興味の広さはまさに、興味集合Iの要素の数|I|で定義される。

興味の対象が狭いとは、ある短い周期での興味の円環的推移がとれる、ということである。

ここで、ショーペンハウアーの原理として次のものを考える。それは、世俗的な幸福は、|I|に対する単調減少関数である、というものである。言い換えると、幸福度と興味の広さは、ハイゼンベルグ的な意味での不確定性関係にある。

そこから、あえて幸福度を下げて興味の広さを取るかどうか、それは、ニーチェの言うところの認識の徒のとして生き方に関与してくるが、興味のマルコフ性という議論からすっかり離れてしまったので、ここらあたりで擱くことにする。

DVDを借りに、つたやに行くとつい書籍コーナーにも顔を出すが、つい引くのは、ベストセラーや売れ筋の小説の類しか置いてないことである。それでも、前に苫米地英人氏の本を前に買ったように、興味を惹かれる本というのもあるにはある。

それで先日買ったのは、「デフレの正体」藻谷浩介著、角川ワンテーマ・マガジン。なんでも、断トツのベストセラーなのだという。

私にとって経済の分野は、法律よりもさらにしっくりこないので、買ってもしばらく積読であったが、この不況が気になって、とうとう読んでみた。デフレの正体とは一体なんなのか、知るためにである。

私なりのデフレの原因の理解といえば、聞きかじりであるが、バブル崩壊後の1990年代の政府の金利引き締めや、不良債権の処理のトラブル、日本の企業の体質改善の遅れ、政府の規制緩和の不十分さ、技術革新の行き詰まり、中国などとの競争激化などが思い浮かぶ。

ところが、貿易収支などのいろいろな数字でじらしつつ、藻谷氏はずばりと切り込む、それは、消費世代の加齢と人口減少による、国内購買力の低下である、と。なるほど、相対的に購買力がある年齢層が減少してくると、基本的に物が売れない。だから、デパートは軒並み売り上げ大幅減少で、青息吐息である。

日本では少子化が続くので、今後もこの傾向は変わりそうにない。しかも団塊の世代が定年退職していく。定年退職する人達は、結構な退職金を貰うが、今後の年金支給が確保されているとは信じないし、老齢に伴う医療費の費用を見込まなくてはならないので、あまり浪費する気にはならない。よって、定年した人達に、ビッグ・コンシューマになってもらうことは期待できない、ということである。

こうして、国内の購買力はジリ貧になる、ということである。すると日本は次第に窮乏化するのか、というと、そうでないという観測は期待しにくい。

それではどうするかというと、次の3つであるという。

  1. 生産年齢人口が減るペースを弱める。
  2. 生産年齢人口に相当する世代の個人所得を維持し増やす。
  3. 個人消費の総額を維持し増やす。

このうち、生産年齢人口が減るペースを弱めるのは難しい。現在の子供の減少傾向は当面変わらないし、もし下げ止まりになったとしても、子供が生産年齢に達するには、随分と時間がかかる。

生産年齢人口に相当する世代の個人所得を維持し増やすために、藻谷氏は、会社のロートル社員の俸給を相対的に下げて、若手や働き盛りの俸給を上げることを提案する。私のようなロートルは、ええっ何を、と言いたいところであるが、確かに最早若手ほどはばりばり働けない割には、年功で結構な給料であるとはいえる。あと、私もそうでないとはいえないが、ノンワーキング・リッチを散見する。それなら、ロートルからいくらか取り上げて、若手の給与に上乗せして頑張ってもらうことに異議なしである。それで何ほどか景気がよくなるなら、悪くない。ただ、その分頑張れ若者よ、とはいいたい。私は少なくとも若い頃随分必死で働いた。ん?そうでもないか。

個人消費の総額を維持し増やす、というのは、例えば、私が定年になったあと、退職金を使って楽しく消費せよ、ということである。なんに使うのだろう。石原ファミリーのように、ヨットでも買えとでもいうのか。急に株にはまれ、FXに投資せよとでもいうのだろうか。少なくとも私は冗談でなくて、定年後は地味に暮らすつもりである。定年後働こうとしたら、少しでも安い給料でもいいですと言えることは、売りになる。そのとき、いささかの蓄えは、半分趣味のように仕事に就くことを可能とする。だいいち、お金を使わないと楽しくない、というのは、教養的に寂しくないか。ただ言えることは、私のような方針の者ばかりだと、日本の資本主義は確実に衰退に向かう、ということである。

しかし問う、資本主義というのは、真面目にこつこつ働く者を低くみて、浪費を称え、泡沫のような生き方を賛美するのだろうか。もしそうであるなら、別に日本が経済的に衰退しても仕方がないのではないか。名誉ある衰退である。日本国民として互助の精神があれば、飢え死にしそうな人に税金で補助するなどして、日本国民はなんとか、滅亡しないで済むのではないだろうか。

そうはいっても、筆者が唱える、ある種の共済制度は賛成である。すなわち、ある年齢の人が、ある程度の費用を供託して共済に加わる。そこから、長生きする者は支給を受け、早死にする者は損をするが、それも公共の福祉だと割り切る。こうすると、老後の年金を若者に負担してもらう率が下がる。

こうしてみると、藻谷氏は、そんなに突拍子もないことを言っているわけではないと思うのだが、アマゾンの書評でみると、毀誉褒貶が激しい。ある一定の年齢以上の人には、余分な負担を強いるように思われるのだろう。しかし今は、若者に過分の年金負担の強いるスキームになっているのではないかい、と問いたい。

ゆかしメディアによると、米マクドナルドが設立し、ハーバード大学よりも難関のハンバーガー大学なるものがあるという。冗談かと思ったら、本当の話のようである。以下、引用:

米マクドナルドが中国の上海に開校した「ハンバーガー大学」と呼ばれる幹部養成施設に応募が殺到し、米名門大学を上回る難関になっているという。ブルームバーグが伝えた。

そもそもハンバーガー大学とは、米マクドナルドが1961年に創設した、社内の人材教育施設で、世界に7校(米、日、英、独、豪、ブラジル、香港)がある。ハンバーガー作りを学ぶ場ではなく、ゲームなどを用いた独自のプログラムで、マネジメントやコミュニケーションスキルなどを教育している。

新たに上海郊外に設立されたハンバーガー大学は、28階建てのマクドナルド中国本社の中にあり、同行の大学新聞によると合格率は1%未満。米名門校ハーバード大学の合格率は過去最低だった昨年で7%程度。大学卒業生の就職難が厳しい中国の事情も反映し、極めて狭き門となっている。

確認してみると、マクドナルドの社員用で、一般の人が入学できないという。なんだ、要するに、社内研修施設で、幹部養成コースかということになる。

日本ではそうではないかもしれないが、東南アジアでは、マクドナルドは超優良企業と認識されており、タイでは大卒者や大学生しかアルバイト採用しないという話もある。

英語では、Hamburger Universityというらしい。それで、リンクを張ってみた。

なんだ所詮社内研修施設か、とあなどれないのは、マックのマニュアルにあるように、マクドナルドがこの不景気でも高い収益を上げていることである。確かに、あのマックのやり方はどう考えても、高度な経営科学に基づいている。コーヒーを店頭で只で配るなど、フリーの戦略をいち早く取り入りるなどである。

これとつい比較してしまうのは、意味が違うかもしれないが、トヨタの闇に書いた、トヨタ工業学園高等部である。これはトヨタにおける、いわば陸軍幼年学校で、徹底的にトヨタ精神を中学生の年代から叩き込まれる。そして、ここの出身者は、御用組合の幹部になるなど、優遇される。

もしトヨタもマクドナルドも、それなりに繁栄しているなら、モノカルチャ的な企業内学校もまだうまくいくのだろうか。私には時代錯誤としか思えないのだが、どうもそうでないようである。経営というのは、分からないものである。

重力波検出

user-pic
0

毎日新聞に、重力波検出施設の記事があったので、私なりに要約してみる。

ところで、量子力学では、電子が物質なのか波なのか、などという議論がなされる。すると、重力波なるものも、一般相対論と場の量子論を融合した(と簡単に言ってはいけないが)統一理論から出てくるものなのかと問うと、そうではなく、どうも、古典的一般相対論だけから出てくる概念らしい。すなわち、重力場を量子化したグラビトンなどを考えなくても、古典的に、重力波なるものを考えることができるようである。これは、電磁波が、電磁場の古典理論であるマックスウェルの方程式から導き出されることとのアナロジである、と思っておくことにする。

すなわち、古典的一般相対論によると、重さをもった物体が揺らぐと、周囲の時空に歪みが生じて、光速で伝わっていく。それが重力波なのだという。

ということは、車が走っても、人間が歩いても、重力波は生じるが、それはあまりにも微弱で、到底観測にかからない。当然に重力波は、動く物体が重いほど強いので、2つの重い中性子星が合体してブラックホールになったり、超新星爆発が起きれば、それだけ強い重力波となるが、それでも、電磁波に比べると圧倒的に観測しにくく、例えば、銀河系で超新星爆発が起きても、理論的に、太陽と地球の間の距離である約1億5000万キロが水素原子1個分変化するだけだというから、その微弱さは想像を絶する。

そんなに微弱だから、重力波は未だに観測されていないだろうと思ったらなんと、1970年代に、米国の物理学者が既に観測しているのだという。すなわち、2つの中性子星の連星の周期変動から、テイラーとハルスが、重力波の存在を示し、1993年のノーベル物理学賞を受賞した。ただ、これは間接観測であって、なんとか直接重力波を観測しようとする試みは連綿となされ、まだ成功していない。

重力波を直接観測する方法は、重力波が来ると時空の歪みによって2つの物体の距離が変化する、という現象を利用する。例えば、上記した、太陽と地球の間の距離の間の水素原子1個分の変化というものである。そこで、直角に交わるアルミの棒を使い、真空の筒にレーザーを通して歪みを検出する方法が1960年代に考案され、今に至っている。

日本では、1990年代に、国立天文台が、アーム長300mのTAMA300を建設した。また、東大宇宙線研究所が、神岡鉱山の地下に、100mのCL10を建設した。ニュートリノの測定設備と同様である。

しかし、これでは功を奏さないので、東大宇宙線研究所、高エネルギー加速器研究機構、国立天文台などが、神岡鉱山の地下200mに、大型低温重力波望遠鏡LCGTを建造する計画をたてた。LCGTはなんと、長さ3キロで、今までのものとはオーダーが違う。

感度が成否を分けるため、ノイズを避けるべく、固い岩盤上に建造する。また、レーザー光を反射する鏡の熱は、鏡をマイナス253度まで冷やすことで除去する。レーザー光のゆらぎも、レーザー光の出力を高めることで抑える。まさに極限のノイズ除去である。

宇宙物理学では既に、X線天文学、赤外線天文学など、電波天文学が確立しているが、これはいわば、重力波天文学なのであり、ここでとりあえず目指すのは、7億光年の距離にあるヘラクレス座銀河団まで見渡せるようにすることである。1987年にカミオカンデが、超新星から到来するニュートリノを観測したとき、LCGTがあったら、重力波も観測できたはずと、東大宇宙線研究所の梶田隆章所長はいう。

当然に諸外国も手を拱いていなくて、米国はアーム長4キロの設備が2つ、欧州はアーム長3キロの設備をイタリアに設置している。これらの設備の観測距離は7000万光年で、LCGTよりも一桁小さいが、LCGTは、低温化やレーザーの光のゆらき抑制などがノウハウなのだろうか。

LCGTは2016年の本格稼動を目指して、今年着工される。費用は155億円で、ちょっとしたビルが1000億円かかることを考えると、それほど高いとはいえない。ともかく、仕分けられなくてよかった。

もし首尾よく重力波が検出されたら、それは、一般相対論や重力理論にどんな修正を迫るのだろうか。手許の本で調べてみることにしよう。

相模原市に、宇宙研究開発機構があることは知られているが、そこに宇宙教育センターがあることはあまり知られていないのではないだろうか。少なくとも私は知らなかった。そこで、読売新聞の記事に基づき、簡単にまとめてみる。

宇宙教育センターは、約30名のスタッフを抱え、宇宙研究の成果を、子供の教育に活かしてもらうことを目的とした教育支援機関である。そのセンター長は普通の発想だと、宇宙研究開発機構の元研究者が就くというところだろう。しかし、センター長は、元中学の理科の教師、中村日出夫氏。2008年にセンター長に就任する前は、中学校の校長をしていたという。こういうあたり、宇宙教育センターの目線が子供にあることを窺わせる。ただ、中村氏は次のセンター長へ繋ぐピンチヒッターなのだという。

次に、宇宙教育センターの活動項目を紹介してみる。

  1. インターネット配信の番組、「宇宙教育テレビ」を製作して、最新の成果を分かりやすく説明する。現在担当しているのは、民放テレビ局でアシスタントディレクターを担当したことがある菊池優太氏である。目下のテーマは、「はやぶさ」の最新研究で、菊池氏が研究者にインタビューするかたちをとる。「はやぶさ」と「はやぶさ2」の違いは何か、など、大人が聞いても十分興味がある。
  2. 観測衛星がとらえた各地の地形を学校に提供し、郷土を学ぶ授業に使ってもらう。
  3. 全国の幼稚園や小中高に講師を派遣する。派遣されるのは、研究者と、調整役の宇宙教育センターの職員である。調整役の職員は3人である。
  4. 春休みの期間中に、小中学生約30人を招待し、二泊三日の日程で施設を紹介する「宇宙ホンモノ体験」というイベントを行う。
  5. 月1回のメールマガジンを発行する。最近では、「あかつき」の失敗談が紹介された。

センター長が元中学の理科の教師であることから分かるように、宇宙教育センターの職員は、プレセンテーションや解説のプロであって、メールマガジンなどで広報の役割も果たす。「宇宙ホンモノ体験」である宇津巻竜也氏は、名古屋大学でサイエンスコミュケーターを担当していた。また、メールマガジン担当者の荒川聡氏は、筑波宇宙センターでロケット打ち上げの現場監督を務めていた。このように、研究者が片手間で、あるいは研究者崩れが仕方なくやる、というのでないのがいい。本気の宇宙教育なのである。

こういう教育の成果というのは実にわかりにくく、次世代の研究者を養成するという意味では、歩留まりは低いだろう。というのは、一般に、宇宙技術の研究者は、とても知識集約的な仕事であって、普通学校の成績はトップクラスでなくてはならないだろうし、定員が少ないので相当に狭き門である。どう考えても、弁護士や公認会計士などよりはるかに狭き門である。それでいて、経済的に恵まれるという保証はあまりない。よって、よほど好きでないと、現代の安全志向の子供たちが目指すということはないので、一層、宇宙教育センターの意義は大きいのである。

さらに、あかつき失敗の原因に書いたように、JAXAにあって、工学系の研究者が理学系の研究者から一段低くみられているということは、JAXAにおいて、研究者のグループでさえない宇宙教育センターなるものがつい軽視されていまうのではないか、と私は感じる。私自身、知的財産部門にあって下積みの辛さを感じ、また、知的財産部門自体が会社の中で下積みなのだから、私は下積み2なのであった。誤差項として無視されるような存在である。そういうルサンチマンをつい宇宙教育センターに投影して共感してしまうのは、どうみても考えすぎなのだろう。

ダイヤモンド・オンラインによると、シャープが液晶特許の侵害でAUOを訴えるのだという。以下、引用:

液晶技術で世界最先端を走るシャープ。近く、そのシャープが、世界第3位のパネルメーカー台湾・友達光電(AUO)を、液晶ディスプレイに関する特許侵害で提訴する準備をしていることが、本誌の調べでわかった(シャープは世界第5位)。

特許侵害の内容は、液晶ディスプレイの明るさや視野角の拡大などに関するものと見られ、これらの特許の多くはシャープが押さえている。

もっともシャープは、AUOとは2005年から特許を相互利用するクロスライセンス契約を結んでおり、技術的に優位に立つシャープが、ライセンス収入を数十億円規模で得ている模様だ。

それが一転して提訴に至った理由は、AUOが前回締結したライセンス契約の更新に応じないためだ。ならば、とシャープは提訴に踏み切り、ライセンス契約の交渉を優位に進める考えだ。液晶テレビの販売価格が急速に下落するなか、「AUOにしても、唯々諾々と契約更新を受け入れるわけにはいかないのだろう。拒否する構えを見せることで、ライセンス料の値下げ交渉に持ち込みたいのではないか」(関係者)と見る。

シャープが強気なのは、10年2月に韓サムスン電子に対する特許侵害に関する訴訟で勝訴したためだ。ちなみにサムスンは、世界最大の液晶パネルメーカーであり、そのパネル生産規模はシャープの約3倍の規模を誇る。

今、少なくともITや大手電機メーカでは、特許侵害訴訟は流行らない。攻められる方だけでなく、攻める方にも負担が大きい。また、米国の事件であるが、2006年にイーベイに対する特許侵害の差し止めが認められなったことで、特許侵害訴訟のそのものを敬遠する気風がでてきたように思われる。特許侵害訴訟を頻繁に行うと、場合によっては評判を落とす。

今の時代では、特許侵害訴訟を起こすということは、場合によっては、追い込まれていることを意味する。今回の特許侵害訴訟のきっかけは、AUOがクロスライセンスの更改を渋ったことにある。すると、ここで特許侵害訴訟を起こすことは、寝技に持ち込みたいAUOの思う壷かもしれないが、シャープとしても、AUOから入るライセンス料は貴重なのだろう。

ところで、シャープが世界最大の液晶パネル・メーカと言われていたのは、何年前のことだろう、そんなに前ではないはずである。ところが今やシャープは、サムスンに負けているだけでなく、新興のAUOにも負けて、5位に落ちてしまった。1つの指標である米国特許登録件数をみても、2010年度で、LCDというキーワードを掛けて件数をみると、シャープが158件であるのに対して、AUOは246件である。私の粗い検索式なので精度は怪しいが、液晶分野でAUOの方がいろいろな意味で上位になってしまったことを示唆する。典型的には、コダック対ポラロイドの特許侵害訴訟が示すように、特許侵害訴訟で勝訴することが、必ずしもその後の企業の繁栄を意味しない。

例えば、シャープが昨年2月に、サムスン電子に対する特許侵害に関する訴訟で勝訴したというが、それが一体サムスンにどれほどの痛痒を与えたのだろうか。

ということで、シャープのAUOに対する特許侵害訴訟に苦境をみてとるのは、穿ち過ぎであろうか。

若くみえる

user-pic
0

日経ウーマン・オンラインによると、見た目が若い人のほうが、寿命が長い傾向があるそうである。以下、引用しつつ要約してみる。

Q 「見た目が若い人のほうが、寿命が長い傾向がある」は本当?
A 本当。若々しく見える人の方が長生きするという研究があります。

これをみて、ええっそうなのか、と私自身も怪訝である。というのは、私は学生の頃から年齢より若くみられがちで、学生時代に先輩に安キャバレーに連れて行ってもらったとき、ホステスに、「ボク、可愛いわね」と言われた。尤もそれは、単に馬鹿にされただけかもしれないが。

人は誰しも、年を重ねるごとにシワを刻み、年齢相応の顔立ちになっていきますが、実年齢よりも若く見える人もいれば逆の人もいます。それは単なる"見た目"の違いだけではなく、寿命にも関わっているかもしれないということが、双子を対象に行った追跡調査で明らかになりました。

対象は、 70歳以上のデンマーク人の双子1826人。その内訳は、387組の同性の双子と、双子の片方が死亡した1052人です。2001年に全対象者の顔写真を撮影し、その写真を三つのグループ(20人の女性看護師、10人の男性教育実習生、11人の高齢女性)に見せて年齢を推定してもらいました。もちろんこの 41人は、双子の年齢を知りません。

その後7年間の追跡期間に全体の37%に当たる675人が亡くなりました。そして、死亡者の多くは 2001年の調査時に、「実年齢よりも老けて見えた人」でした。また、387組の双子のうち、179組の双子で計225人が亡くなりましたが、双子の見た目年齢の差が大きいほど、老けて見えたほうが早死にする傾向にありました。

こうみてくると、病気や人生の苦労があってやつれると老けて見え、すると早死というのは、あまりにも当たり前ではないか。

つまり、年齢よりも老けて見えるということは、体内でも、老化やそれに伴う病気が進んでいる証かもしれないのです。いつまでも若々しくはつらつとした表情を保っていられる毎日を送りたいものですね

混同してはならないのは、童顔と、エネルギッシュで前向きな性格の違いである。私は若い頃明らかに童顔で、この歳になって童顔はないけれども、それでも、同年代のおじさんと比較すると、相対的に若くみえるだろう(そのことと、男性的魅力とはなんの関係もない。いちいち言うのも、気恥ずかしい)。

だから、エネルギッシュで前向きな性格の人が長生きである、というなら当たり前であるが、単に童顔である、というだけで長生きだと言えるなら、興味深いのだが、なかなかそこまではいえないだろう。ただ、ご本人も明らかに童顔である渡部昇一氏は、童顔であると、歳とっても物事をいきいきと考えられる、みたいなことをどこかに書いていたが、我田引水の気味もあり、割り引いて考えなくてはならない。そうはいっても、ネオテニーを考えると、遅れて成長する人が長生きしたとしても、意外でもなかろう。

あと私は、高樹のぶ子さんのように、いい歳して幼さの漂う人がなんとなく好きである。ただそれは、私がそこに同類をみてとる、というのではなくて、幼さの漂う女性は一般にもてる、というのが人類の一般的傾向らしい。

親の気持ち

user-pic
0

スポニチによると、覚醒剤所持容疑で逮捕状が出ている小向美奈子容疑者の父親が、はやく捕まって実刑判決を受ければいいと言っているそうである。以下、引用:

小向容疑者の父・勝雄さんは娘に「早く出てきてケリをつけるしかない」と早期の出頭を求め「このバカ!と言ってやりたい」と怒りをあらわにした。

今回は実刑確実とみられることについて「実刑でいい。執行猶予なんていらない。刑務所でもう1回ゆっくり考え直した方がいい」と厳しく断罪。逮捕状が出たことは8日、ニュースを見た知人の連絡で知ったとし、直後に携帯電話にかけたが「この携帯電話は使われておりません」という音声が流れるだけだった。正月に電話で話したのが最後といい、その時は「相変わらず」と応じていたという。

なんとも過激な父親と思われるかもしれないが、全然過激でない父親である私は、意外にその気持ちが分かる。

そういえば、連合赤軍で言及した、坂口弘氏の「あさま山荘1972」彩流社に次のような記述があった。すなわち、坂口弘氏の革命左派の仲間であった学生が、非合法活動で逮捕され、裁判になったことがあった。その裁判には、当然のように、学生の母親が傍聴に来ていた。そして、そんなことが許されるのかどうか分からないが、母親が傍聴席から叫んだ、すなわち、是非とも息子を懲役の実刑にしてほしい、そうやって根性を叩きなおしてほしい、と。それで本来なら初犯で普通は執行猶予がつくのだが、裁判官は母親の要望に応えて、実刑を課したという。もちろん情のない母親ではなく、毎日息子に面会しに刑務所に通ったという。

さらに連合赤軍といえば、坂東國男の父親は、あさま山荘に警察が突入する日の朝、息子が世間に迷惑をかけて申し訳ないと首をくくって自殺した。そこまでしなくてもいいと思うがその気持も分からないではない。その坂東國男は、検察から自白を迫られても黙秘を通したが、亡くなった父親の位牌をみせられると、感極まって自白したという。がちがちの極左共産主義者も人の子であった。

一方、私の知り合いはこうも言う。すなわち、自分の母親は、目の前であなたが人を刺して殺しても、やっていないと警察に証言する、というそうである。それが母親であると。ううん、実の母親の証言が容れられるのかどうか知らないが、それも分かる。無限定に庇うのが母親であるし、ちょっと母性的なところがある(別にニューハーフではないが)私だってそうするかもしれない。

こうして親子関係は結構な特異点である。しかし、広中平祐でなくてもその特異点は、あっさり解消されたりする。本当に人間関係の代数幾何は複雑である。

帰省恐怖症

user-pic
0

RecordChinaによると、中国で、「帰省恐怖症族」の若者が増えているという。以下、引用:

2011年1月19日、中国最大の祝日・春節(旧正月、今年は2月3日)に、実家へ帰省したがらない若者「帰省恐怖症族」が増加している。本来は、家族団らんで過ごす習慣がある大切な日だが、ネット上の調査によると、彼らが帰省を渋る3大要因は「経済的負担」「帰省チケットの入手困難」「親に結婚を迫られる」だという。広州日報が伝えた。

1982年生まれの陳華(チェン・ホア)さんは、北京に出てきて3年。現在はネット関連会社の技術部門で働いている。月給は5000元(約6万2500円)だが、月2000元(約2万5000円)の家賃に光熱費、交通費とその他生活必需品の購入代を差し引くと、毎月ほぼ残らない。

陳さんはすでに2年、実家に帰っていない。親には「会社の仕事が忙しくて」とウソの理由を言い続けてきたが、今年はもう通用しないだろうと覚悟している。陳さんは、帰省したくない理由について、「列車のチケットは入手困難で、飛行機は高い。貯金もほとんど無くて親に合わせる顔がない」と話す。

こういう話を聞くと、つい自分の独身時代を思い出す。私はこう見えても?結構律儀で、年に少なくとも一度は帰省している。独身時代、安月給だったこともあって窮乏していたが、年に一度帰省するということは織り込み済みで、そのための交通費に苦しんだ経験はない。

ただ、よく分からなかったのが、年に一度帰省したとき、私に対して、どうしてもっと帰省しないのかと、私の親孝行性を疑うような発言をする人が結構することである。サラリーマンになって周囲をみても、もう何年も帰省したことがないと言う人はざらである。いや、出身地の島内にあっても、だれそれの息子はもう何年も帰っていないと聞くこともある。なんで私だけにそんな厳しい条件を課すのかと、ちょっと憤ったりするのだが、言う方も軽い気持ちなのだろう。

そうやって、最小作用の原則でなくて、最小親孝行の原則で動いている私であるが、帰省することをためらわせる一番の要因は、都会と田舎の波長の違いである。18歳で都会(といっても、最初に住んだ福岡市南区は大都会からは遠いが)に出てきてからは、すっかりその無記名性を快く思ってきた。無記名性というのは説明が必要で、出身地の離島にあっては、全員が知り合いで、プライバシーもあけすけである。そうすると、犯罪は起こりにくいかもしれないが、自分の個性を重視する方針だと、うっとおしくて仕方がないのである。何よりも都会に順応した私にとって、故郷は息苦しくて仕方ない。

農村地区や中小都市から大都会に出てきて働いていながら、春節に帰省しない陳さんのような「帰省恐怖症」の若者が増加している。ネット上で行われた「なぜ春節に帰省しないのか」との調査では、回答者の80%を未婚の男女が占め、約90%が月収4000元(約5 万円)以下だった。

帰省しない理由については、44%が「帰省による支出が大きい」との理由を挙げた。帰省すれば、親や親戚に手土産を準備し、親戚の子供達にお年玉を配らなければならず、1~2カ月分の給与があっという間に消えて無くなるからだ。

その他には、"世界最大の民族大移動"と称される「帰省チケットの入手困難」「親から早期の結婚を迫られ、お見合いなどをさせられる」などの回答が多かった。(翻訳・編集/HA)

そうそう、独身の私にとって一番苦痛だったのは、結婚を勧められることであった。実は私が独身時代ほとんど貯金しなかったのは、結婚しないという言い訳にする意図もあった。それでも、田舎では、結婚へのプレッシャはあまりに大きく、最小親孝行の原則の変分原理は、私のA型肝炎の罹患で決定的にバランスを失ってしまった。ラグランジアンのポテンシャルに特異点が生じてしまったのである。

ともかく、帰省と聞くと私の心の中で問いかけが始まる。すなわち、俺って最低限のレベルだけど親孝行っていえるよね、と。ところが、心の中のスモールワールドの中にあってさえ、何ひとつ共鳴がなく、その問いかけは虚しくスルーされる。こういう思いが輻輳するので帰省が一層億劫になるのである。

漢方医学

user-pic
0

ツムラの復活に関して、漢方医学に若干の興味をもったので、「漢方薬入門」難波恒雄著、保育社を買ってみた。以下、私なりの簡単な纏めである。

漢方医学というのは、中国から導入した医学体系であるが、漢方医学という言い方はもともと中国で使われていたものではない。江戸時代にオランダ医学が導入されて、それが蘭方と呼ばれたので、それとの区別で、奈良時代から日本で行われてきた医学を漢方と呼んだ次第である。

中国医学の古来の聖典といえば「傷寒論」で、なんと後漢の時代に、張仲景が著わしたものである。その「傷寒論」をベースとする古代中国医学が、金・元の時代に変革を受け、観念論的とも言える金元医学体系が打建てられた。

金元医学は、日本にも導入されたが、名古屋玄医が古来中国医学への回帰を唱え、観念論に走らず、より臨床に即した古方派をなした。一方、金元医学を基とする一派は、後世派と呼ばれる。

漢方医学は、次の四方法からなる。

  1. 湯液(漢方薬の煎剤など)
  2. 鍼灸
  3. 養生
  4. 導引按矯(体操やマッサージ)

日本で漢方というと専ら湯液をさし、鍼灸や導引按矯は、鍼灸師が担当する。

漢方医学における治療の特徴は、病人を、陰陽虚実の判定に従って「証」を決定することである。すなわち、病人を診て、陰証であるか陽証であるか、虚証であるか実証であるかを判別し、その結果に基づき、治療を施す。

西洋医学ではまず、何の病気であるかを特定することに努力が注がれるが、ともすれば、患者個々の個性が等閑視される。一方、漢方医学では、患者の個人差を重視した治療が行われる。そこで、次のような4つの診断法をもつ。

  • 望診:これは、患者の顔色、姿態などから判別するものである。
  • 聞診:これは、患者の音声、体臭などから判別するものである。
  • 問診:これは、患者と直接話をして、その訴えから判別するものである。
  • 切診:これは、手術ではなくて、脈、腹など直接触れて判別するものである。

このように四診を行ったのち、これらを総合して、漢方独特の疾病感と病因論に基づき、患者の「証」を定める。

証としては、陽証と、陰証がある。陽証とは、病人の症状が活動的で、外にあらわれているものである。発熱があったり、炎症、充血があったりである。陰証とは、病人の症状が静的、消極的であるものである。例えば、手足が冷え、顔面蒼白、気分沈鬱で活気がない。

また、証には、実証と、虚証という側面もある。実証とは病に対する抵抗力が充実している状態であり、虚証とは逆に、病に対する抵抗力が乏しくなった状態である。

普段、どうも体調が思わしくないのに、病院に行って検査しても何も異常がなく、医師に気のせいですと言われて終わり、というケースがある。こういうとき、きちんと患者の声を聞き、証を定めて適切に対処するのが漢方医学である。

とはいえ、当然に漢方医学にも限界はあるのであって、例えば、細菌性やウィルス性の伝染病に対処することが難しい。そこに対処するには、ワクチンや化学的な医薬の出番を待つしかなかった。また、手術のような外科的手法も、漢方では発達していない。

このように、漢方医学は、西洋医学に対して補完的であって、従って、トリアージに書いたように、岡本医師は、慢性病に対する中医(漢方医学)の意義を唱えるのである。

読売新聞によると、米国とイスラエルが、イランの核施設を標的としたサイバー攻撃を仕掛けているという。以下、引用:

【イスタンブール=久保健一】イランの核施設を標的とした「スタックスネット」と呼ばれるコンピューターウイルスが、イラン核開発計画の中核である中部ナタンツのウラン濃縮施設に深刻な影響を与えた可能性が強まっている。

イランの核開発が遅れることで、イスタンブールで21日から始まった核協議でも欧米は有利な立場から交渉に臨める。

米紙ニューヨーク・タイムズによると、ウイルスは米国とイスラエルが共同で開発した。ウイルスは、遠心分離器を制御するコンピューターソフトを誤作動させ、機器を異常に高速回転させて破壊する。一方で、正常な動作を示す偽装データを送るため、異常が発覚せず、緊急停止などの防護措置を取れない。

昔、インデペンデンス・デイという、宇宙人襲撃の映画を見ていたら、技術が圧倒的に進んだ宇宙人のUFOによって、ニューヨークなど都市がなすすべもなく破壊されていくストーリーであったが、さて、地球人はどうやってこの絶対的劣勢を挽回するのかと見ていたらなんと、あるハッカーが、宇宙人のUFOの制御系を狂わせるコンピュータ・ウィルスを作成して送り込むというものだった。

専門家ではないがコンピュータ・メーカに勤務していて多少知識はある私は、おいおい、ターゲットOSもAPIも全く分からないのにどうやってコンピュータ・ウィルスを作成するんだ、滅茶苦茶なストーリーではないかと苦笑したのだが、まあSFなんだから野暮なことはいいなさんなというところだろう。

一方、イランの核施設なら、米国やイスラエルは、どんな制御プログラムを使っているか想定できるだろうし、そのためのコンピュータ・ウィルスも、ハッカーをかき集めれば、造作ないだろう。世の中には、悪知恵であればあるほど頭が働く人は少なくないので、人材にことかかない。

しかし、道義的に考えて、いくらイランの核武装に反対だからといって、核施設にサイバー攻撃を仕掛けるものだろうか。原子炉が暴走して大事故になったらどうするのだろう。イランだから、どうなっても構わないのだろうか。

これに対して国際世論は何も反応しない。もともと、サイバーテロは中国の十八番であった。ここにきて、米国やイスラエルもサイバーテロの手段を選ばないとなると、もうなんでありで、すると、核施設であれ、発電設備であれ、サイバーテロの対策をより厳重にするか、切り離されたローカルなネットワークで運営するよりない。なんにしても余計なコストがかかる。

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。