2011年3月アーカイブ

産経新聞に、東京電力の電力供給力の回復策についての記事があったので、書き留めておく。

■ガスタービン発電増設 早くて半年後
東日本大震災の被災で落ち込んだ電力供給力の回復が、夏の需要期に間に合いそうにない。東京電力は福島第1、第2原子力発電所の停止による供給力低下をカバーするため、火力発電所の復旧のほか、鉄鋼メーカーからの買い入れなど電力のかき集めに懸命だが、追加には限界がある。電力需要が供給を上回り、大規模停電に陥る事態を避けるため、電力需要を強制的に抑制する計画停電の長期化は必至の情勢だ。

電力供給量に書いた一基30万キロワットのガスタービン発電増設であるが、早くて半年後とは、盛夏の緊急時に間に合わない。困ったものである。

◆不安定電力も「貴重」
東電は電力供給力を引き上げる取り組みを続けている。震災直後の供給力は、3100万キロワットだった。28日時点で3850万キロワットにまで引き上げられる。「多方面からかき集めている」(関係者)状況だ。

この中には、夜間の余剰電力を使って水をダムにくみ上げ、需要が増える昼間に放水して発電する揚水発電も含まれる。ダムの貯水量次第で出力が変わるため不安定だが、「今は貴重な供給力」(東電)だ。

卸電力事業者(IPP)からの受電拡大も進めている。住友金属工業の鹿島製鉄所(茨城県鹿嶋市)は現在、被災で操業を停止していた発電設備を復旧させ、47・5万キロワットを東電に卸している。

こうしてかき集めた供給力も、今後の温暖な天候が期待される期間をしのげる水準にすぎない。夏の冷房需要が増える季節に備えるには、さらに電力供給力拡大を図る必要がある。

なるほど、まとめてみると、以下のとおりである。

  1. 火力発電所の復旧
  2. ガスタービン発電増設
  3. ダムによる深夜蓄電
  4. 卸電力事業者(IPP)からの受電拡大
当たり前であるが、福島第二原発の再稼動というオプションはない。

◆850万キロワット不足
安定供給力の期待を担うのは火力発電所だ。東電は震災で停止していた鹿島火力1~6号機(440万キロワット)などの復旧を急ぐほか、定期点検で停止していた設備の運転再開前倒し、休眠中の発電所再稼働にも取り組む。

こうした取り組みで夏までに確保できる見通しの供給力は4650万キロワット。夏のピーク時には5500万キロワットが必要とみられ、850万キロワット足りない。

先日テレビを見ていたら、去年の暑い最中の最大ピーク時電力は、5900万キロワットだったとあった。一方、新聞記事で被災前の東京電力の最大供給量は4600万キロワットだと知った。それに基づき私は、5900-4600=1300万キロワットの隠し電力源を東京電力はもっていると推定した。これは丁度、震災で失われた電力供給量に匹敵する。すなわち、東京電力は必死で努力して、4600万キロワットまでは戻れるのである。

稼働すれば大きな戦力になるのが、柏崎刈羽原発(新潟県)だ。平成19年の新潟県中越沖地震で7基すべてが停止し、その後4基まで再稼働にこぎ着けた。残る3基(計330万キロワット)が再稼働すれば供給力確保に大きく近づく。

だが、東日本大震災で原発の安全性に対する信頼性が揺らぎ、再稼働への道のりは険しくなった。実際、九州電力は定期検査を終えた玄海原発(佐賀県)2、3号機の運転再開を延期したほか、中国電力は上関原発(山口県)の建設準備工事を中断した。

なんということだ、折角の柏崎刈羽原発の330万キロワットをみすみす見送るのか。喉から手が出るではないか。この反原発の雰囲気、なんとかならないのか。

周波数の異なる西日本からの受け入れも限度に達している。中部電力は変換容量を現在の10万キロワットから30万キロワットへの拡張を計画。東電の供給力不足を受けて、拡張予定を平成26年末から前倒しする方針だが、当面は3万キロワットの上乗せがせいぜいだという。

中部電力からの買電はほとんど足しにならない。するとどうしても夏場の大幅節電と計画停電は避けられない。自明であるが、シベリアのような極寒の地でもないかぎり、暑さの方が寒さよりずっと凌ぎにくい。寒さは、関東地方程度だと、布団にくるまればなんとかなるのである。石油ストーブも使える。尤も私は、例年、熱帯夜も、エアコンはつけず、扇風機に当たりながら汗だくで寝ている。私ができるのだから、病気の人や老人以外、誰でもそれくらいの根性は出せるのではないか。

昨今、原発事故の報道が喧しい。それはそれだけの大事故であるからで、決して過大という訳ではないが、放射線の人体に対する影響の報道については、やや加熱しすぎているところがあると感じる。そこで、主として「人は放射線になぜ弱いか」第3版、近藤宗平著、講談社ブルーバックスに拠って、放射線の人体に対する影響と、人体に防御機構について記述してみる。

さて、放射性同位元素から出る放射線は、人間を含む生物に対する撹乱因子であることが明らかであるが、もちろん、放射線だけが有害であるわけでない。太陽光に含まれる紫外線も、広い意味では放射線の一種であり、実際それは皮膚がんの原因になりえる。多くの微生物は紫外線が苦手であり、微生物の歴史は、紫外線との闘いだったといっても過言ではない。だからこそ、地球外生命体に書いた対流圏の上層と、成層圏の下層で生き延びている細菌たちは、英雄として語られるのである。しかし細菌たちにとってより恐ろしい敵は実は、ミトコンドリアの起源に書いたように酸素であった。なぜなら酸素は、特に活性酸素のかたちで、その強烈な酸化作用で、DNAを破壊してしまう。そこで生物たちは、活性酸素を処理するための酵素を開発してきた。例えば、人体でいえばSOD酵素が有名である。このように、生物たちは、紫外線、放射線、酸素などの撹乱因子を処理するプロなのであり、だからこそ、ここまで生き延びてきたといえる。

そこで、放射線によってどのような危害が人体に与えられるかというと、生物はなぜ放射線に弱いのかに書いたように、放射線の量子によるDNA鎖の切断である。真っ先に被害を受けるのが、骨髄中の造血細胞、そして睾丸中の精子をつくる細胞である。

それでも、DNAの二本の鎖のうち一本だけが損傷したなら、残りの一本に基づき修復できる。ところが、DNAの二本鎖が両方損傷したならどうするか。生物はなぜ放射線に弱いのかには、2本ともが損傷を受けると、最早修復不可能になる。修復不可能な遺伝子をもつ細胞が、アポトーシス(自壊)するならよいが、生物にはなぜか、そういう仕組みがなく、困ったことに、修復不可能な遺伝子をもつ細胞を分裂増加させて、遺伝子の傷を深めてしまうと書いたが、それは正しくなく、その後の研究で、人体の巧妙な放射線対策が明らかにされた。「人は放射線になぜ弱いか」第3版に拠り、以下、私なりにまとめてみる。

すなわち、放射線などでDNAの日本鎖切断が生じても、無傷の相同DNAをそばに寄よせることができれば、欠陥部分に相当するDNA部分を無傷の相同DNAから見出して移植することで修理できる。これには、Rad51たんぱく質が関与する。すなわち、Rad51たんぱく質を用いた二本鎖が、放射線によるDNA損傷の主要な方策である。

Rad51たんぱく質を用いた方策を第一弾とすると、それでうまくいかない場合の第二弾がある。それは、p53遺伝子によるアポトーシスである。すなわち、Rad51たんぱく質でDNAを修復しきれない細胞は、p53遺伝子によってアポトーシスさせられることによって、欠陥細胞が複製され増えることが防がれる。

このような仕組みによって、人体は、あるレベルまでの放射線によるDNA損傷は、完全に防げる。

放射線が致命的な影響を人体に及ぼすのは、短時間で強い放射線に曝される場合である。データによると、短時間のうちに650万マイクロシーベルト以上の放射線に曝されると、死亡率は100%である。DNA損傷が多すぎて、上記の修復機構が追いつかない。

これが、短時間での、420万~640万マイクロシーベルトになると、死亡率は約1/3になる。助かる人も放射線障害の症状が出る。

短時間での、220万~410万マイクロシーベルトになると、放射線障害の症状は出るものの、死亡率は2%まで下がる。

短時間での、80万~210万マイクロシーベルトになると、放射線障害の症状は出るが、最早死亡率はゼロである、

エノラ・ゲイに書いたように、広島に原爆を落とした爆撃機は、強烈な放射線に曝された。乗組員は誰も亡くならなかったが、放射線障害があとにもずっと残ったという。すると、そのときの放射線は、80万~210万マイクロシーベルトの範囲だったのだろうか。地上で800万マイクロシーベルトを受けて亡くなった人がいるところをみると、エノラ・ゲイの乗組員が瞬間的に受けた放射線は、220万~410万マイクロシーベルトであった可能性もある。

瞬間的に浴びても無事である臨界的な放射線量はどれくらいか、「人は放射線になぜ弱いか」第3版によると、安全をみて、20万マイクロシーベルトを一時的に受けるのなら、実質的に影響はないと言えるようである。

これが、生涯を通じての被曝量となると、もっと許容量が高い。例えば、中国の広東省には、大地に放射性物質が含まれているせいで、生涯被曝量が35万マイクロシーベルトを超えるところがある。これは、普通の基準なら文句なく強制退去のレベルであるが、そこの住民には全く健康障害はなく、むしろ、許容量以下の地区の住民よりも健康であることが分かった。これは、放射線ホルミシス効果と呼ばれる健康増進作用のせいである。Wikiによると、放射線ホルミシス効果とは、放射線によるSOD酵素の活性化、及びリンパ球(T細胞)の活性化である。なお、放射線ホルミシス効果についてはまだ学会で議論されているようである。

ところで、原発事故などが起きると、放射能ということで住民の著しい不安を煽るが、強い不安は、場合によって放射線自体よりも健康に害があるようである。チェルノブイリの事故のときも、強制退去を命じられながら、土地への執着か、ある意味決然と居残った人々がいたが、結局健康障害を起こさず、寧ろ、不安な気持ちで退去した人達よりも元気だったという。だから原発事故があっても居残っていいという意味ではないが、ともかく、科学的根拠に基づき、必要以上に不安を抱かないことが肝要であろう。議論は尽きないが、一旦このあたりで措く。

NEWSポストセブンによると、今回の福島第一の原発事故を揶揄するような記事を外国のマスコミが書いているという。以下、その記事を、私なりに要約してみる。

あるイギリス誌:東海道新幹線に乗り込もうとする人々の行列を写した写真を掲載して、「逃げろ――東京を脱出する新幹線に数千人が乗りこんだ」というキャプションをつける。

同紙:花粉症対策のマスクをした日本人の写真を原発記事の中で紹介して、あたかも放射能漏れ対策のためにマスクをしているかのような印象を植え付ける、

中国のネットメディア『spn睿商在線』:日本で起こった大震災が地下核実験によるものである可能性アリと報道し、中国に対抗するために、と石原慎太郎都知事などの働きかけで密かに核開発がすすめられていたのだという。原発事故は、それを隠蔽する日本政府による自作自演だというストーリーが作り上げられている。

あと、私自身が友人から聞いたのだが、中国では他にも、原発事故を収集するために自衛隊で決死隊が募られ、決死隊のメンバーは原子炉に潜り込んで直接、手で制御棒を操作した。それで既に10人が放射能障害で亡くなった。というデマも流布しているそうである。

我々日本人も外国の事件に対してこのようなデマを意図的、あるいは妙な偏見で作り出していないか、自戒としたい。

ポアンカレ予想の証明については、ポアンカレ予想ペレリマンと、及ばずながらブログでカバーしてきたが、依然としてペレリマンに対する謎は晴れなかった。そこで、インサイド・ペレリマンとでも言うべき、マーシャ・ガッセン「完全なる証明」青木薫訳、文藝春秋を買って読んでみた。なぜインサイドなのかというと、マーシャ・ガッセンは、ロシア生まれで、ペレリマンと似たような境遇で数学の英才教育を受けてきたからである。

いきなりインサイド・ペレリマンに入り込んでいく前に、ロシア数学界の背景からみていくことにする。ロシアの科学者に書いたように、ロシアには、数学・物理学・工学の伝統があり、優れた人材が多い。しかし、共産ソ連になってからは、数学や物理は、存亡の危機に晒された。というのは、スターリンが全てを仕切ったからである。スターリンの機嫌を損ねたり、共産主義の理念に合わない、例えば、遺伝学などは、取り潰しの目にあった。数学も、無限だの集合論だの、スターリンのお気に召さないことがあり、同様に取り潰しなるのかと思ったら、とりあえずその刑は免れた。スターリンの温情というよりも、数学はプロパガンダに使えないと分かって、放置された、というのが正しい。ともかく、細々と数学はロシアで生き残ったのである。

そこに忽然とあらわれたのが、天才数学者、コルモゴロフである。現代確率論の創始者であり、関数解析など多くの分野での優れた業績で知られるコルモゴロフであるが、実は、ソ連における数学隆盛の立役者でもあった。政治的手腕も卓越していた。

ソ連になったからは、特別なエリート教育は忌避された。みんな平等で、労働者になるという趣旨で教育された。そんな中で、コルモゴロフは、モスクワ第2学校という特殊な学校を創設し、数学の才能がある子供を集めて教育した。コルモゴロフの教育方針はユニークで、数学一辺倒ではなく、体育として、走ったり、水泳したり、あるいは音楽鑑賞なども重んじた。文武両道を目指したのである。なお、レニングラードにも、同様の趣旨で、レニングラード239校が作られた。

ソ連で数学が盛んになったのは、時代の機運もある。西側で弾道計算、原爆のシミュレーション、オペレーションズ・リサーチなど、かなり重い数学が軍事目的で有用であるとわかると、スターリンは、数学を活用しようとした。コルモゴロフは、その流れをうまく利用したのである。

レニングラード239校などの高等中学校以外に、数学の私塾もあった。幼いペレリマンは、母親にも数学の素養があり、よって数学の私塾に遣られた。ペレリマンがラッキーだったのは、入った私塾の先生が、名伯楽のセルゲイ・ルクシンだったことである。ルクシン自身も数学の元秀才少年だったが、彼自身は、卓越した才能までをもっていなかった。そこでむしろ、教える方に才能を見出した。実際、ルクシンが教えた生徒は、少なからぬ人数が数学オリンピックに出場した。

では、ルクシンはどうやって教育したのか。どんなすごいノウハウがあるのかというと意外に平凡で、ルクシンのやり方は、生徒に問題を出し、それを生徒が解いている間、先生は単に待っている。そして、生徒は、問題が解けると、先生のところへ行って説明する。先生はそれにじっくり耳を傾ける。あとは、生徒のレベルに合わせた宿題を出す。強いてルクシンのノウハウが何かというと、ともかく生徒に語らせること、そして、それに耳を傾けることである。

そういう子供の頃から、ルクシンにとってペレリマンは別格だった。なにしろ解けない問題がない。レニングラード239校に進学した頃、数学オリンピックの候補になった。

しかし、ロシアでは厳然たるユダヤ人差別があった。ユダヤ人であるペレリマンは、大学進学の道があまりにも狭かった。希少なユダヤ人枠しかなかったのである。しかし、ペレリマンは、ハンガリーの数学オリンピックで、全問正解の個人金メダルを取り、その業績で、レニングラード大学への進学を勝ち取るとができた。

レニングラード大学では、ペレリマンは、とても真面目な学生だった。あらゆる授業に出て、真面目に授業を聞いた。ルールを守ることに厳しい性格だった。

そしてレニングラード大学で、ペレリマンは、幾何学者、ヴィクトール・ザルカラに師事した。実はロシアでは、幾何学者はとても稀で、伝説ともいうべきアレクサンドロフくらいしか有名な学者がいなかった。そこでペレリマンは、生き残りの恐竜が何頭かしかいないという世界を目指した。そうしているうちに、まさに伝説の幾何学者、アレクサンドロフがレニングラード大学に戻ってきた。札付きの学者だったアレクサンドロフは、収容所送りになっていたのである。

そしてペレリマンがレニングラード大学を卒業するときがやってきた。ペレリマンはなんとしても大学院に進んで研究者になりたかった。それだけの資質もあった。しかし、またしてもユダヤ人である、という現実が夢を阻もうとした。

しかし、ロシア数学界の泰斗、アレクサンドロフが、ステクロフ数学研究所の所長、ヴィノグラードフに手紙を書いてくれた。紆余曲折あって、なんとか大学院生として、ステクロフ数学研究所で研究を続けられることになった。

ステクロフ数学研究所にいる頃、ソ連が崩壊し、海外渡航が開放された。そこで、米国に滞在している世界的な幾何学者である、ロシア人、ミハイル・グロモフがニューヨーク・クーラント研究所へ推薦してくれた。

ここからは、ペレリマンの記述に頼って端折る。すなわち、米国に渡ったペレリマンは、中国人数学者のティエンと親しくなり、ソウル予想を証明し、周囲の度肝を抜いた。他にも顕著な業績を米国で収めたペレリマンには、さまざまなポストの提示があった。典型的には、プリンストン大学である。テニュア・トラックといって、そのまま努力すればテニュアが得られる地位の提示があったが、なぜかペレリマンは、いきなりテニュアをほしがった。それは常識的にはありえないのだが、それが得られないと、気分を害してしまった。

テルフビブ大学の教授のオファーもあったが、それも断り、レニングラードからサントペテルブルグと呼ばれるようになった都市にある、ステクロフ数学研究所に戻った。アレキサンドロフ幾何の研究で行き詰っていたという話もある。あるいは、どうも既に、ポアンカレ予想の解決の糸口を掴んでいたのかもしれない。ともかく、ステクロフ数学研究所に戻るとペレリマンは、極端に付き合いが悪くなった。

そこで、ペレリマンに書いたように、2002年に、インターネット上に忽然と、幾何化予想とポアンカレ予想を証明したと称する論文をペレリマンが投稿した。

最初は半信半疑だった世界の数学界も、ニューヨーク州立大学のアンダーソンや、MITに移った旧知のティエンらが、証明は正しいのではないかと確信して、ペレリマンを米国に招待した。

そこでは、得意満面のペレリマンがあった。しかし、ペレリマンは無神経な米国のマスコミに苛立った。世紀の難問を証明した天才と、勝手に煽るのである。また、自分の証明の元アイデアを提供してくれたリチャード・ハミルトンに電子メールを送ったが、なぜか何度も無視された。ハミルトンとしても、先を越されたということで、気持ちは複雑だったのかもしれない。

そうしているうちに、クライナー、ロット、ティエン、モーガンによって、ペレリマンの論文が検証され、どうも正しいらしいということになった。

実はポアンカレ予想は、アメリカのクレイ数学研究所によって提示されたミレニアム問題の1つであった。従って、ペレリマンは、クレイ数学研究所によって規定の賞金を得る権利があるが、問題は、論文がきちんと査読された専門雑誌に掲載されることという条件があることだった。そのような規定をペレリマンは侮辱的に感じ、賞金の受け取りを拒否した。

ステクロフ数学研究所にあって、ペレリマンは、事務手続きの煩わしさにも激怒した。明らかに精神の平衡を欠きつつあった。

こうして2005年12月に、ペレリマンは、ステクロフ数学研究所を辞めて、世間からの付き合いを絶った。

また、ある中国人のグループが、ペレリマンの成果を利用して、真にポアンカレ予想を証明したという論文を出した。2006年6月のことである。すなわち、ペレリマンはまだポアンカレ予想を証明していなかった、といいたいわけである。これをペレリマンが知ったら激怒したかもしれないが、隠遁していたペレリマンは、このことは知らなかったかもしれない。

一方、ICMは、ペレリマンにフィールズ賞を授与しようということになった。業績からして当然だろう。ところが、ペレリマンは、これも拒否する。どうも、自分より劣る同時受賞者たちと比較されることを嫌ったようなのである。このあたりペレリマンは何かに苛立ち続けていた。

どんどん依怙地になるペレリマンはついに、幼い頃からの師匠であるルクシンとの関係も絶ってしまった。今では唯一、グロモフだけがときどき、ペレリマンと交信しているらしい。

一体どうしてペレリマンは、賞金や受賞を拒否し、隠遁してしまったのか。私なりの解釈を書いてみる。

  1. 性格的に、自分が働いたお金でもないのに、タナボタの賞金をもらうことは、耐えられない。どうも、極端な論理一貫性に支配されているようである。
  2. 自分は別格だという意識がある。だから、自分は無条件且つ一気に評価されるに値するはずであるのに、世間は面倒な手続きを要求する。その煩わしさに耐えるなら、隠遁したほうがましである。また、自分よりも明らかに劣る業績の人達と同列に扱われることに耐えられない。
  3. なにも分からないのにひたすら騒ぐマスコミも嫌である。
  4. ポアンカレ予想解決のために長く集中して努力したために精神がおかしくなってしまった。
このうちのどれか、または複合的な理由かもと推察する次第である。

風評

user-pic
0

人間社会だから仕方ないのかもしれないが、今回の震災に関連して、様々な風評が飛び交っている。これも人間心理で、スパイシー度が高いものほど流通する。好き好んでディズニーランドのドキドキ系のアトラクションの乗り物に乗る人が少なくないが、今回の震災でも、現実をより悲惨なものに再解釈して、群集は、怖がりながらも、どこかで楽しんでいるのではないか。人間は本質的に激辛がすきなのである。

今ある風評を、私なりに解釈して列挙してみる。言い過ぎたり誤りもあったりするが、当然に文責は私である。

  1. 福島第一原発の事故で、外国人は争って関東圏から逃亡し、戻ってこない。
  2. 福島第一原発の事故による放射能汚染で、関東一円は人が住めなくなる。
  3. 福島第一原発の事故による放射能で、関東一円の水や野菜は汚染され、それらを口にすると高い確率で癌になる。
  4. 福島第一原発の事故で、日本は、危機管理の能力について諸学国から完全に信用を失った。
  5. 福島第一原発の事故で原発の安全性が疑われているので、日本の原発をすべて停止するという計画がある。
  6. 東北地方太平洋巨大地震に続き、関東地方にも近々、巨大地震が来る。その死者は、東北地方太平洋巨大地震を上回るだろう。

これらはわざと誇張して表現した。多分正しくない。それでは、風評に対してどう振舞うのがいいかというと、私が採っている方法は、下記のとおりである。極めて平凡である。

  • 新聞やテレビの報道を鵜呑みにしない。新聞やテレビの報道は、上記の科学的事実を勉強し始めるための根拠にすぎない。大学教授のような専門家も出演するが、立ち入って理由を話すとは限らないので、誤解を招きやすい。だから、丸呑みしない。
  • そこで、科学的事実をきちんと勉強する。なにも専門書を読む必要はない。ブルーバックス・レベルの啓蒙書でよい。ブルーバックス・レベルといっても、理論の説明が細かいので、簡単には理解できない。しかし、少なくとも、例えは原発事故については、それほど死亡率は高くなく、また、飛散する放射能も、雨、飲み水、野菜などに対する影響という意味ではあまり大きくないことが理解できる。とはいえ、一冊だけだと立場が偏ることがあるので、異なる立場のものを、複数読んでみる。
  • 仏教の無常観を学ぶ。すなわち、震災があろうがなかろうが、街は次第にさびれていくし、人は亡くなる。結局は時間の問題なのである。それは、自暴自棄になるためではない。とりあえず、ジタバタしないためである。
  • しかし、「実用的」には、仏教というよりもストア派の哲学かもしれない。セネカ、マルクス・アウレリウスあたりであるが、私の好みは、エピクテトスである。不幸にめげず淡々と生きていくために、ストア派の哲学はもっと取り上げられてよいと思う。

電力指標

user-pic
0

最近趣味のように電力のことを考えている。それでついつい眺めるのは、まず、Yahooの東京電力の電力使用状況ページであって、そこには、東京電力のピーク供給能力と、現在の使用量の歩合が表示されている。

しかし、Yahooがそのようなデータをオリジナルに取得できるわけもなくて、根拠になっているのは、東京電力の電力の使用状況グラフである。そこで、所詮自明なのだが、このグラフを眺めて感じたことを書いてみる。

使用状況グラフを一日単位でみてみると、当然に0時-5時は、使用量が最低である。これは家庭で人が眠っていることよりもむしろ、電車が動いていないことが大きい。それが証拠に、まだ人が活動し始める時間でない5時くらいから急速に使用量は立ち上がる。そして朝の9時くらいに使用量は第一のピークを迎える。通勤ラッシュのせいであろう。また、会社での勤務が始まり、オフィスに、照明とエアコンが点く。第二の、一日の最大のピークは、夕方の6時頃であって、サラリーマンの帰宅のラッシュである。

上記電力の使用状況グラフには、1年前との比較がある。すると、計画停電していなくても、最大500万キロワット去年の同日実績より低いのは、電鉄会社などを含め、相当の電力使用の自粛をしているからだと思われる。すなわち、70%程度までの間引き運転し、昼間は電車の照明とエアコンを切る。これで何割か電鉄会社はセーブする。私の勝手な試算では、関東の電鉄の最大使用量は2000万キロワット程度だから、上記のような努力で、500万キロワット程度の節約をもたらしているのだろう。すなわち、主要電力節約コントリビュータは、電鉄会社なのである。

3350万キロワットまで下がったはずの東京電力のピーク供給能力が、3750万キロワットまで回復している。この400万キロワットの追加は、実質的な値であるが、南木さんのご指摘によればこれには、休眠火力発電所の動員と、中部電力からの買電ではないか、ということになる。しかし、ここのところは、東京電力は、黙して決して語らない。公開してもよさそうなのに公開しない理由として思いつくことがある。すなわち、3750万キロワットと表示されている東京電力のピーク供給能力が、数日前、一瞬だが3850万キロワットであったことがあった。おそらく需要の増加に対応するために知らない間に100万キロワット、すなわち、火力発電所一基分追加され、需要が足りるのでまた休眠された。これはすなわち、東京電力は、隠し球のように火力発電所を何基かもっていて、必要に応じて出し入れするということである。実は、九州電力の計画停電に関して友人からメールで示唆があったのは、前倒しで計画停電をすることで、住民に対する説明責任を果たすとともに、結局原発の重要性、必要性を認識させる深慮なのではないか、ということであった。うん、それはありえると思った。すると、東京電力も、火力発電所の隠し球を見え隠れして、電力の重要性を、しいては原発の増設をユーザーの側から訴えさせるという戦略なのだろうか。リソースのオーナーがリソースの希少性を煽るというのは、情報戦略の基本である。一ユーザーとしては、それが分かっていてもどうしようもない。

ところで、福島第一原発は全滅であるが、福島第ニ原発は無事のようである。しかし、点検と確認と称して、福島第ニ原発には4基あるが、今全て、操業を停止している。これは本当は稼動可能であるが、世論を怖れて再稼動しないのだろう。この4基による400万キロワットは実に貴重なのだが、今の段階では、指をくわえて見ているよりない。

次に留意すべきなのは、家庭における電力消費のオフセットである。具体的にいうと、夏場、冬場のエアコンの使用である。ざっと粗い推計で、関東地方に家庭が1000万戸あるとしよう。そして、エアコンの使用の使用による電力を1キロワットと見積もると、夏場、冬場のエアコンの使用によるオフセットは1000万キロワットで、実に大きい。今時点の使用量ピークを3300万キロワットとすると、エアコンを考慮すると、4300万キロワットは、現在のピーク供給能力である3750万キロワットをはるかに上回る。そこで、電力供給量に書いたように、東京電力は、4月末までに、4300万キロワット程度まで電力供給量を回復する予定である。これによってなんとかエアコン稼動には対応できる。しかし、電車は今の間引きのままである。こうして、電鉄会社に今より余裕を与えるために、家庭はエアコンの自粛を迫られる。それでも足りなければ、また計画停電である。君たちもう計画停電は慣れっこだよね、と言われたら、うるさいと怒鳴りつつ、前ほど慌てない自分を確認する。

やっぱり安全な原発を作ろうよ、これが私の本音である。科学技術の粋を集めればなんとかならないか、そこで出てくるのは、ブラックスワンというか、第4象限の議論である。そこでは、原子力というのは、人類には結局乗りこなせない荒馬なのではないかということが問われる。というオープンクエスチョンを残して、一旦稿を終える。

森下卓

user-pic
0

読売新聞の竜王戦の欄で、森下対久保であったが、観戦記を読んでいて、おおっと思ったのは、森下はなんと、あの大山康晴に対して、対戦成績が6勝0敗なのだという。また、久保に対しても9勝7敗と勝ち越している。そう、思い出した、森下といえば、矢倉のイメージが強いが、実は、振飛車破りの名手なのだった。

ただ、私は、もう森下は駄目なのではないかという印象が拭えない。それは、順位戦のB級2組で、2勝8敗と大きく負け越し、結局、降級点をつけられた。

と思ったら、竜王戦はしっかり1組なのであって、するとまだぎりぎり一流棋士と呼ばれる資格を有することになる。

大山康晴に対して、対戦成績が6勝0敗であることからも分かるように、森下は、若い頃とても有望視され、羽生のライバルと目された。その頃、順位戦で羽生と拮抗していた森下は、いつも羽生に一歩先んじられていた。そのときたしか森下は、羽生の勝ち方を正統ではないと軽く揶揄していたような気がする。王道でないと言いたそうだった。

森下の師匠は、花村元司で、才能溢れる将棋だったが、奇手を織り込む将棋で、正統には遠かった。将棋界では普通、師匠は弟子と指すことはほとんどなく、典型的には入門時の駒落ちくらいなものだったりするが、花村はその点気さくで、何百番も森下と指し、孫のように可愛がった。もともと才能があった森下は、そんな師匠を恩寵を受け、メキメキ強くなった。ただ、奇手ベースの師匠の棋風は全く引き継がず、それを反面教師とするように、森下は、おそろしく正統派になった。大山に全く歯が立たなかった花村は、大山に勝てる王道を弟子に託したのだろう。そしてその夢は確かに叶った。

Wikiによると、花村元司の弟子は、吉田利勝、池田修一、野本虎次、武者野勝巳、森下卓、深浦康市、窪田義行、名伯楽に書いた森信雄や所司和晴一門ほどではないにしても、そこそこ成功した一門であるといえる。少なくとも、森下卓、深浦康市、窪田義行の三人は、現在の将棋界で十分な存在感を主張している。

森下について、そこまで言うかと感心したことがある。それは、1995年に発行された「森下の矢倉」毎日コミュニケーションズを読んだときである。そのあとがきに、「本書は、その三十年後、あるいは五十年後にも、十分参考資料となりうるものであると思っている。三十年後が楽しみである。」と堂々と書いている。普通だったら、このように思ったとしても、「将棋の戦法は日進月歩、私の矢倉が10年後にどれほど注目されているかわからないが、私の苦闘の記念碑であることはたしかなのである。」と、少し謙遜して書くであろう。ただ、当時、羽生の名人位に挑戦するところで、森下は日の出の勢いであった。そのあとがきを当然と思わせるなにかがあった。

森下は結果的に羽生に大きく実績で水をあけられた。羽生より4歳年上なだけだから、年齢のせいにはできない。現に、48歳の谷川浩司がまだA級で頑張っている。もし羽生と拮抗する才能をもっているのにそうなってしまっているとしたら、その原因は、「正当性の呪縛」であろうか。すなわち、正当性にこだわるあまり、ある意味身も蓋もないアナーキーな現代将棋から後れをとってしまっている。すなわち、「森下の矢倉」の精神にバインドされたままであるように見て取るのは穿ち過ぎであろうか。

といいつつ、書棚のスペースが狭くなりすぎて、「羽生の頭脳」を含む棋書を渋々処分したときも、「森下の矢倉」は手放さなかった。今から三十年後、私が生きているという保証はないが、もし生きていたら、「森下の矢倉」を並べてみる、ということはありそうなことである。

知り合いから紹介されたのだが、なんと地震に当面関係がないはずの九州電力も、計画停電をするかもしれないという。以下、asahi.comの記事の引用:

九州電力は24日、定期検査で運転を停止している玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の運転再開を延期すると決めた。東京電力の福島第一原発の事故を踏まえ、運転再開には地元の理解を得にくいと判断した。夏まで続けば、電力需要をまかないきれない可能性があるという。

真部利応社長が記者会見して発表した。2号機、3号機の順で来週から運転再開する方針だったが、転換した。「福島の事故が想定よりも長引き、支店に不安の声が届けられていた」といい、再開時期は「決まっていない。安全対策など国の新たな方針が出てから検討したい」とした。

原発の運転が停止し続ける間は、火力発電所をフル稼働して需要をまかなうが、5月上旬には川内原発(鹿児島県薩摩川内市)1号機も定期検査に入る。運転の見合わせが続けば、九電の電力の4割をまかなう原発計6基のうち半数が止まることになる。

原発3基の発電能力は262万キロワット。夏のピーク時の電力供給の約15%分に当たる。停止中の火力発電の5基計202万キロワット分ではカバーしきれない。真部社長は「供給はおそらく足りなくなる。長引けば計画停電の可能性も否定できない」と説明。「現時点では生活に支障がない程度に節電をお願いしたい」と話した。(大畑滋生)

関東の人には特に関係ないかもしれないが、私にとって、九州は大学時代を過ごした第2の故郷である。これをみて、ついいろいろ考えてしまう。関東の人にも関係があるかもしれないのは、盛り上がる反原発の雰囲気である。

すなわち、原発を含め、どんな設備でも定期点検のため操業を停止するという時機はあるが、今後、原発に限り、定期点検後の操業開始は罷りならないということになるのだろうか。

しかし上記の記事にあるように、九州電力では、全体の電力の4割が原発でまかなわれている。そのうちの3基の発電能力である262万キロワットを失うというのは、もっとパイの大きい関東の範囲で考えても本質的な数値である。

若干の計画停電の経験者として九州電力に言いたいのは、計画停電のインパクトを甘く見てはいけないということである。以下、それによる問題を書き下す。

  1. 信号機が使えなくなって、交通が混乱する。私の経験だと、広い道を横断しようとして、車が止まらないので、どうやって渡っていいか困ったことがあった。しかもそれは夜だったので、安全上実にまずい。
  2. 同様に街灯が完全に消えるので、治安上問題である。痴漢や泥棒にとっては格好のチャンスである。
  3. 学校、病院、警察、銀行など公共の施設の機能を止めてしまう。それもまた、大いなる治安上の問題である。
  4. 企業や工場は、操業停止により莫大な経済的損失となる。

私は、特に問題を起こしていないのに原発の操業を停止してしまうという、この九州電力の方針が全国に広まらないことを願う。これは、もし日本全国で発生すると、考えられる最悪の行政不況とみなすことができる。電力会社の施策は国家の施策そのものなのである。

もしどうしても原発が問題であるというなら、火力などの代替発電源を確保してから原発を停止してほしい。とはいえ、火力発電は、有限性が見込まれている石油を使うのであるなら、先細りである。すると、埋蔵量がほとんど無尽蔵であるといわれる、シェールガスを使うのだろうか。それなら少なくとも、二酸化炭素による地球温暖化などという馬鹿なことを言うのだけは止めてほしい。

ただ個人的に感じるのは、核融合発電などの新パラダイムの発電手段が全く進展していないので、どうしても原発には頼らざるをえないのではないか、ということである。すなわち、安全な原子炉への研究開発の歩みを止めてはならない。原発は、どんな形態であれ本質的に危険なのだ、などという思考停止命題だけは避けたい。

高齢会社

user-pic
0

ダイヤモンド・オンラインによると、最高年齢が99歳で、中間年齢が74歳の会社があるという。以下、引用しつつコメントする。

先進国の多くが本格的な高齢化社会を迎えるなか、企業にとっても高齢者の労働力をいかに活用するかが、いよいよ重要なテーマとなってきた。そんななか、米国に、80代、90代の高齢者を積極的に雇用しながら、高い生産性を維持し、成長を続けているユニークな会社がある。スレンレス製のニードルやチューブなど特殊部品を製造するヴァイタニードル社(マサチューセッツ州ニードハム)がそれだ。なんと従業員48人の約半数が65歳以上の高齢者で、中間年齢は74歳だという。

最高齢者のローサ・フィネガンさん(99歳)は、「この職場がなかったら、ここまで長生きできたかどうかわからない。ここに来れば多くの高齢者に会えていろいろな話ができ、愚痴なども聞いてもらえる。最近は目と足が少し悪くなったが、それでも会社は私にできる仕事を用意してくれる。私を必要としてくれる限り、100歳を過ぎても働き続けたい」と話す。

ええっ、そんな会社があるのか、しかも「高い生産性を維持し、成長を続けている」とは。常識では考えられないが、その秘訣はなんなんだろうか。

「体力や視力が低下して病気がちな高齢者を多く雇うのはリスクが高く、生産的でない」との指摘もあるが、少なくともこの会社はそれが正しくないことを証明している。同社は高齢者が柔軟かつ快適に働ける職場環境を提供することで従業員の士気や生産性を高め、2000年から2010年にかけて売上げを約3倍に伸ばした。

定年制のない職場で、高齢労働者たちは会社に必要とされ、同僚に頼りにされながら、ゆったりと自分のペースで生き甲斐をもって働いている。そんな同社の経営スタイルはニューヨーク・タイムズ、CBS、NBCなど米主要メディアでも次々に取り上げられた。

なるほど、老人に相互信頼と生き甲斐をもってもらいながら、老人でも働きやすいように職場環境を整えるのがコツのようである。

人類学者のケイトリン・リンチ博士は「定年後の人生の意味と目的、アイデンティティの確立」などをテーマにした本の執筆のため、2006年から4年の歳月をかけて、ヴァイタニードル社の従業員やマネジャーそして社長へのインタビュー、自身の工場での就労体験などを含め、同社のビジネスの成功の秘訣や高齢労働者の潜在能力と生き甲斐などについて研究調査を行った。

なるほど、以下、リンチ博士の述べるところを、私なりに要約してみる。

  1. そこは、従業員が互いに信頼し、助け合い、感謝しながらいっしょに働いているすばらしい職場である。モノを作る作業では前工程の人がきちんと仕事をすることが重要である。
  2. 老人ホームやシニアセンターとは全く異なる。高齢者たちはみんなで会社のビジネスを助け、それを通して社会に貢献していることを実感し、自分たちは大切な存在であるということを確認し合っている。

次に、オリン大学人類学部准教授、ケイトリン・リンチ氏のコメントを要約してみる。

  1. 高齢者を雇うことのリスクについて、高齢者は病気などで休みがちで、ケガもしやすいが、仕事振りは熱心なのだという。また、従業員の病欠などで生産体制に支障が出ないように、複数の仕事を処理する教育訓練を施している。
  2. 高齢者の多くは、多くは公的な医療保険や年金を受けられる年齢に達しているので、会社がそれらを提供する必要がないのは、メリットである。高齢者には、嫌になって他社に転職するリスクも小さい。
  3. しかし重要なのは、高齢者が働きやすい職場環境である。具体的には長時間の立ち作業などで腰痛にならないように床を柔軟性のある材質に変えたり、座りながら作業ができるようにする、などである。
  4. 高齢者の交通事故増加対策としては、自分で運転ではない場合は、家族に送迎してもらう。
  5. 基本的にレイオフや定年制はないが、なかには働きたい意志はあっても体力の衰えなどで働き続けるのが難しい人もあり、そういう場合は社長が本人や家族に事情を説明して辞めてもらうこともある。これは仕方ない。
  6. ヴァイタニードル社は、1932年に設立され、1986年に父親から事業を引き継いだフレッド・ハートマン氏は4代目社長である。実は、同社の高齢者雇用はほとんど偶然から始まった。90年代初めに従業員を増やそうとした時、地元は人手不足で高齢者しか残されていなかった。
  7. しかし、当然ながら、このやり方は、あらゆる業種のビジネスに適しているわけではない。強い体力を要する仕事、頻繁な移動を要する仕事、ハイテク研究開発などは流石に無理だろう。

私がふと思いついたのは、自給型の老人ホームである。すなわち、そこは老人が仕事をもって働く場であると同時に、寝泊りする場所でもある。企業として仕事に対して払われる給与と、老人ホームの費用とで清算が行われ、不足分は家族に請求されるが、余ると、本人が貯金できる。直感的に、よほど高級な老人ホームでもない限り、ほぼ相殺しそうな気がする。

こういうワーキング・モデルというかライフスタイルは、年金予算が逼迫してきて、老人も増える今後の社会に必須になりはないだろうか。

省エネ社会

user-pic
0

電力供給量の考察から、今後何らかの節電スキームを導入することは必須であると思われる。

そうして考えたとき、電力の大手消費者は、電鉄会社、製鉄所、工場、あるいはオフィスビルということになる。

電鉄会社において、電力消費量を減らすのは簡単で、電車を間引き運転すればいい。すなわち、今の首都圏の電車のように、5分に1本ではなく、10分に1本の割合にする。ただ、すると困るのは、通勤時間帯である。今でも満員電車なのに、電車の本数を減らすと、混雑率がさらに悪化する。それではどうするかというと、デスクワーカーたちを在宅勤務にすることである。私の経験だと、デスクワークのかなりの部分は、在宅勤務でまかなうことができる。

そのためには企業は、仮想プライベート・ネットワーク(VPN)のような設備を充実させなくてはならないが、交通費やオフィスの光熱費を削減すれば、その費用はお釣りがくるであろう。

あと、在宅勤務ではできないこともあるので、当番制、指名制などで、実際に出勤する者を決める。そして、実際に出勤する者が、対人ワークや、担当者が実際いなくてはできない仕事をする。そういう限られた人しか出勤しないなら、電車の本数が減っても大丈夫である。

このように乗客が減ると、電鉄会社は売り上げが減って苦しくなるので、運賃を値上げするだろう。それはやむをえない。

電鉄会社の次の電力消費量削減のターゲットは、製鉄所、工場、あるいはオフィスビルよりも寧ろ、個人である。すなわち、夏の暑いときに一家で何台もエアコンをかけて涼んでいる(私の家のことではない、念のため)のはいかにも非効率である。それではどうするかというと簡単で、個人向けの電力料金を例えば3倍とか値上げすればいいのである。すると、クーラーをがんがんかけるのを自粛して、この部屋は扇風機で済まそう、などということになる。これに対応して、ソーラー自家発電機が流行するかもしれないが、それがどれだけ有効か、私はちょっと疑問である。

製鉄所、工場、あるいはオフィスビル、特に病院などは、下手に電力を削減できないだろう。そういうところでは、企業割引みたいな料金体系にする。それにつけこんで、ずるいことをする人も出てくるかもしれないが、ある程度は仕方ない。

そういうせこい電力節約が嫌なら、発電所を増設するよりない。いまや蛇蝎のごとく忌避されている原子力発電所であるが、やはりエネルギー源としての原子力は強力なのではあるまいか。問題は安全性である。いまの科学技術の粋を集めて、極めて安全性の高い原子力発電所を建造することはできないのか。例えば、東京ドームみたいな覆いに囲まれた堅牢な原子力発電所なら、地震にも津波にも強いだろう。また、万が一の放射能の放散を、ドーム状の覆いが防ぐだろう。

そんな今更、原子力発電所を、などというなら、エネルギー貧乏に耐えましょう、それによってもたらされる、つつましやかな生活も悪くないですよ、とにっこり笑って話しかけたら、どやされるだろうか、あるいは単に無視されるだろうか。

プロ度

user-pic
0

プロとは何かと問うたら、例えば、それは、あるスキルで生計を立てているとして、そのスキルのことだというのが、一番素朴な定義である。泥棒で生計を立てているなら泥棒のプロ、パチンコで生計を立てているならパチンコのプロ、と分かりやすい。

一方、ずっと前に、謎の位階という記事を書いて、本来ランク付けられないもの対するランクについて粗く考察した。すると、プロとしての度合い、すなわちプロ度についても考えられるのではないか、というのがこの記事の趣旨である。

先ず、プロ度1とは、上述のように、その技芸で生計を立てることができる、ということが条件である。すると、大抵の、普通のスキルのサラリーマンは、少なくともプロ度1を満たしている。もし、プロ度1を満たしていないと、組織が、少しでも実力評価制度が取り入りれられているなら、ある有限の時間のうちに、そういう人は追放される。いわゆる1つのリストラである。すると、追放された人は、なんとかプロ度1が達成できる技芸を見出す必要がある。

次に、プロ度2とは、プロ度1の集まりで抜擢されるレベルである。感触として、上位10%に入ることだといってよい。会社で言えば、年功序列でなくて課長や部長に昇進できることを意味する。

次に、プロ度3とは、プロ度2の中で、その技芸の範囲で、何か新しいパラダイムを作れることである。

さらに、プロ度4とは、プロ度2及びプロ度3からなる集団で、上位数%に入れることである。

実は、ここから、「プロ度P+1とは、プロ度Pからなる集団で、上位数%に入れることである。」と帰納的にいくらでも高いプロ度を定義できるのだが、あまり高いプロ度を考えると、少なくとも地球上には該当者がいなくなるので、意味がない。

さてこうしてプロ度を定義したとき、重要な概念して、私の造語だが、プロ的オフセットがある。プロ的バリア、プロ的ポテンシャルと呼んでもいい。これはとても分かりやすい概念で、私レベルでサラリーマンとして生計を立てることができるようになるのは、かなり易しいが、将棋のプロとしてプロ度1に達するのは、半端でない才能と努力を要する。スキル・セットが違うので比較するのも愚かであるが、将棋のプロになるののは、東大に受かるよりも、可能的にはかなり難しい。それでは、野球と比較するとどうだろうかというと、高校生が地方大会を勝ち抜いて甲子園に出場するためには、半端でない才能と努力と運を要する。しかし、甲子園に出場できても、プロ野球から指名される確率は大きくない。ざっとした感想であるが、将棋とプロ野球で、プロ的オフセットはほぼ等しいように思われる。おそらくであるが、囲碁のプロ的オフセットは、将棋やプロ野球よりも少しだけ低い。

プロ度を学者の世界に適用してみると、プロ度1とは、大学や研究機関の助手や講師になることである。すると、学者の世界も、プロ的オフセットはかなり高い。囲碁のそれより少し低い程度か。

学者の世界のプロ度2とは、あまり有名でない大学で、教授の地位を得ることである。

学者の世界のプロ度3とは、有名大学で、教授の地位を得ること、または革新的な業績を上げることである。有名大学の厳密な定義はここでは敢えてしない。例えば、近所のタバコ屋のおじさんに聞いて大学名を知っていれば、少なくとも有名大学であるといっていいだろう。

学者の世界のプロ度4とは、所属する学会で権威として認められることである。

学者の世界のプロ度5とは、有名な賞をもらうレベルである。ノーベル賞なら、プロ度6と言ってもよいだろう。

プロ的オフセットの議論に戻って、弁護士、弁理士、公認会計士などのプロ度1とは、資格を取得することなのだろう。すなわち、その資格を取得しさえすれば食べていけるので、資格を取得ための努力=プロ的オフセットということになる。

しかし最近、司法試験に受かっても食べていけない人もいると聞く。すると、資格を取得するための努力<プロ的オフセットということになって、そこに何かの努力αを付け加えて、資格を取得するための努力+α>プロ的オフセットにしなくてはならない。

そこいくと、並のサラリーマンは気楽なのであって、就職氷河期でプロ的オフセットが高まってきたとはいえ、勉強なんかなにもしないで単位だけとって大学を出てもプロ的オフセットを満たすこともある。それでいて、なんかおかしいと思うのは、プロ度がサラリーマンとしてせいぜい1.5程度の私の年収は、あの将棋界ではベスト20に入るかもしれない。それは、私が高年収なのでなく、単に将棋界が安いだけなのである。

こうして、プロ度を考えれば考えるほど、サラリーマンの気楽な商売性が強調されるのであった。これは意図した結論ではないが、これも一片の真実なのであろう。

計画停電の根拠である、電力需給バランスの崩れであるが、読売新聞の記事にベースとなるデータがあったので、今後の自分の考察の参考になると思い、書き留めておくことにする。

先ず、地震によって失われた東京電力の電力供給量は、1322万8000キロワットと推測される。これには当然、今問題になっている福島第一原発がもっていた電力供給が含まれるが、それだけではなく、いちいち報道されていないが、沿岸部にあった、いくつかの火力発電所なども津波被害で操業停止に追い込まれたようである。

一方、現在の東京電力の最大電力供給量は、3350万キロワットであると推測される。すると、地震がある前の東京電力の最大電力供給量は、1322万8000 + 3350万 ≒ 4680万キロワットで、これだけあれば、関東圏の電車が時刻表どおりに走り、また、猛暑に各家庭やオフィスがエアコンをがんがん稼動させても、苦しいながらも、なんとか堪えることができた次第である。なお、直ちにみてとれるように、地震によって失われた東京電力の電力供給量は、もともとの全体の電力供給量の28%にも上る。すると、大本営といえども、津波を受けたるも、我が方の被害極めて軽微なり、などと嘘でも虚勢を張れるレベルではない。これによって、計画停電の実行が正当化される。

別の数字として、地震によって失われた東京電力の電力供給量である1322万8000キロワットは、440万世帯分の電力であると試算されている。すると、一戸あたりの電力消費量は、3キロワット、すなわち、100V×30Aの電力消費に相当するということである。これは、エアコンをあまり使わず、冷蔵庫、洗濯機、電気ストーブくらいを穏当に使っていれば超えることはないが、何台もエアコンを稼動させると容易に超えてしまうレベルである。

一方、電鉄会社は、電車を走らせるためにどれくらい電力を消費するのだろうか。小田急電鉄のホームページをみて私なりに試算してみると、小田急の場合は、100万キロワット程度のようである。すると、これも粗い試算であるが、JRを含めた関東圏の電車が予定どおり運行すると、その電力消費量は、2000万キロワット程度だろうか。そうなら、全ての電鉄会社が、1/2の間引き運転をすることで、地震による遺失電力量をカバーすることができる。このことが、電車の制限運行の根拠である。

そうはいっても、間引き運転が続くと、サラリーマンや流通業に対する影響が大きすぎる。いろいろな意味で、今の電力供給量で突き進むことはリスクが大きすぎる。そこで、当然に東京電力は手を拱いていなくて、以下のような施策で、電力供給量の増強を図る。

  1. 鹿島や品川の火力発電所の再稼動。火力発電所は一般的に、一基で100万キロワット程度の発電能力をもつようである。因みに、原子力発電でも、一基で100万キロワット程度であるといわれる。
  2. ガスタービン発電設備の新設。ガスタービン発電設備は、1基あたり30万キロワットの発電能力をもつ。

このような施策で、東京電力は、4月末までに、4300万キロワット程度まで電力供給量を回復される計画である。これでも往時より400万キロワット少ないが、夏場のような電力消費量がビークになるときでなければ、計画停電しなくても、まかなえそうである。もともと、往時は、最大ピークを超える供給量の余裕はあったのであり、その許容量と、400万キロワットの不足との勝負である。この微妙な許容量により、夏場、あるいは冬場、冷暖房機が本格稼動するとき、再び計画停電の必要性が再燃することになる。

根本的な電力不足を解消するには、新たに発電所を建造するしかないが、それには用地の買収や送電線の敷設のため、ほぼ10年もの時間がかかる。すると、慢性的な電力不足はあと数年も続くということになる。流石に新たな原発建造は、今の世論では到底是認されないだろう。しかし、福島第一原発を再稼動させるにはあまりにも障害は大きい。そもそも先ず、今の故障した炉をどう安全に廃炉するのかという問題がある。

ところで、池田信夫氏が、安全性が高い新型の原子炉を紹介している。こちらも調べてみるに値する。

こうして、電力施策は注目必至なのである。

松沢知事

user-pic
0

神奈川県知事の松沢氏が3月1日に都知事選に出馬することを表明したわずか2週間後に撤退した経緯が読売新聞にあったので、とりあえず書き留めておく。

松沢知事はもともと、自発的に都知事選に出馬しようと思ったのではない。2月中旬に、石原氏から出馬を打診されたのだった。1年ほど前から、知事会で石原氏と顔を合わせたとき、俺の後どうだ、と冗談交じりに声をかけられていたという。石原氏としては、松沢氏の手腕を評価し、また方針としても近いものを感じていたのだろう。

そのとき松沢氏の頭にあったのは、神奈川県知事の三選である。それを軸に国会議員の途も考えていた。しかし、石原氏からの打診を受けて、首都圏連合をさらに推し進めることができると考えて、後継指名を受け入れることにした。推測だが、国会議員への途として、神奈川県知事よりも都知事の方が近いという打算もあったのだろうか。

石原氏はそのとき、本当に松沢氏を見込み、後を譲ろうとしていたようである。なぜなら、自分が仮押さえしていた南青山の物件を選挙事務所として松沢氏に譲ることまでした。2月下旬には、石原氏、松沢氏、埼玉・上田知事、千葉・森田知事の四人で会談し握手を交わした。

2月22日の自民党パーティーで、石原氏は不出馬を表明する段取りだった。この動きが報道され、石原氏は不出馬表明を取りやめたが、松沢氏の方針は変わらず、3月1日に都知事選に出馬することを表明したのも、石原氏の了解を得たものだった。

しかし、石原氏の意図とは違って、民主党に追い撃ちをかけようとする自民党にとって、石原氏は欠くべからざる役者なのであった。すなわち、石原氏に近い自民党幹部は一貫して、石原氏に都知事四選を目指すように説得を強めていた。すると、邪魔になるのは松沢氏である。そこで、横浜経済界の大物や首相経験のある大物政治家が松沢氏に出馬撤回を働きかけてきた。

3月10日夜、松沢氏は石原氏から呼び出しを受けた。平河町の中華料理店で夕食をとって、近くのホテルに移り、その後、約束の時間を少し遅れて、指定された部屋をノックした。そこには石原氏と自民党幹部がいた。松沢氏は自民党幹部から出馬断念を説得され、この期に及んでの変心は、政治家の信義に悖ると、強く抗議した、当然であろう。石原氏に出馬するよう説得する自民党幹部を残して、松沢氏は憮然とした面持ちで部屋を出た。

次の日、松沢氏は、石原氏から謝罪の電話を受けた。3月11日のことである。そして松沢氏は、午後2時過ぎのテレビ中継で、石原氏の都知事選出馬の表明をみた。そこで同日の記者会見で、石原氏と全面対決する旨を表明しようと決意した。そのときである、未曾有の巨大地震が東北地方を襲い、関東地方も激しく揺れた。松沢氏には、県知事として、県の災害対策を指揮するという重責が生じた。石原氏と対決している場合ではなくなった。もともと石原氏の支援あっての都知事選出馬だった。しかし、偶然とはいえ、なんという地震の「間」だろうか。小説なら、あまりにもわざとらしくて成立しないストーリーである。

そこで浮上したのが、松沢氏の主要施策を石原氏が取り入れることを条件に松沢氏が都知事選出馬を断念するという妥協案であった。埼玉・上田知事が奔走し、松沢氏の苦渋の決断が成立した。3月13日夕方のことである。

いかに石原氏が鉄面皮とはいえ、松沢氏に対する申し訳なさで平静を保っていられなかったのかもしれない。そう考えると、石原氏の天罰発言も納得がいく。苦渋の決断が成立した翌日のことである。もともと石原氏は、中国や韓国に対する問題発言はしても、自国の被災者に失礼な言い方をする人ではないというのが私の印象である。ここらあたり、心情右翼である私の贔屓目だろうか。

しかし、政治とはじつにおぞましい。会社組織のしがらみ程度でうんざりしている私には到底理解できない別世界なのであった。

東北の被災者の方々のことを考えると贅沢はいえないのだが、そうはいっても、計画停電は、やはり困る。なぜ困るか、説明の要もないだろう。テレビも見れない、電気ストーブが使えない、夜だと真っ暗でロウソクを点さなくてはならない。もちろんパソコンも使えない。いや、厳密に言えば、ノートパソコンは、バッテリをもっているので、2時間くらいならスタンドアロンでつかえないことはないのだが、そもそも、ブロードバンドのモデムが電源駆動だし、さらには無線LANのルータもそうなので、停電の間、ネットには絶対つながらない。ネット中毒である私は、麻薬患者ではないが、禁断症状がでるほどである。

そこで、特に夜の計画停電には、布団をかぶって寝ることにしている。眠くなくても、迫りくる2012定年後の行く末など、考える材料には事欠かない。

そうやってふてくされていると、突然明かりが点く。停電の終わりである。ブロードバンドのモデムも、無線LANのルータも、電源は入りっぱなしなので、そのまま立ち上がる。やれやれ、やっとネットに入れるぜ、と早速パソコンを立ち上げる。念のため、inSSIDerという無線接続検出用のフリーウェアで確認すると、確かに電波は届いており、コマンドラインで、ipconfig /renewとすると、確かにIPアドレスも取れる。そこで試しに、firefoxを立ち上げて、自分のブログを含むいくつかのホームページをみようとするが、全く繋がらない。期待を裏切られて、焦り始めた。私には長年シス担をやっていたという自負がある。すくなくとも、まるっきりのパソコン素人ではない。ところが私の持ち駒は、inSSIDerとipconfigくらいしかない。あとは、パソコンを立ち上げなおす、ブロードバンドのモデムと無線LANのルータの電源を一旦切って入れ直すなど、思いつくことはすべてやったが、全然つながらない。そもそも、ipconfig /renewでIPアドレスがとれるのだから、TCP/IPのトランスポート層まで来ているのだろうか。

そこで元シス担の、ない知恵を絞って考えたのは、停電で、プロパイダのJCOMのサーバが落ちているのではないか、というものである。それを確認するためにJCOMのサポート・センターに電話したが、全くつながらない。私と同じトラブルを抱えた人が多いのだろうと諦めて、寝ることにした。

次の日の朝早く、JCOMのサポート・センターに電話したら今度は繋がった。それで係りの人がいうには、こちらのサーバは落ちていませんし、そちらのモデムまでIPか取れていますから、とりあえず有線でつなげてみてください、というアドバイスであった。それに対して私は、は?という反応だった。モデムまでが生きていて、それに有線でつなげば、接続できるのは当然であるが、しかし私は無線LANルータで接続したいのだと。そしたら、係りの人は、とりあえずそれを試してみてくださいというので、言うとおりやってみた。

すると、当たり前であるが、有線ではあっさりつながった。ところがあら不思議で、一旦有線がつながったあと、LANケーブルを抜いて無線LANに切り替えると、やはり接続されるのである。すなわち、有線接続が呼び水になった、ということである。長年シス担をやっていたが、こんなネットの呼び水みたいな経験はしたことがなく、一体どんな原理でこんなことが起きるのか、限られた私の知識では分からず、怪訝に思っている次第である。これも所詮、文系プログラマの限界かもしれない。

原発不安

user-pic
0

日刊スポーツによると、西武の外国人選手4人が、原発事故に不安を示して無断で帰国してしまったという。以下、引用:

福島第1原発事故への不安を訴えていた西武の外国人選手4人が17日、球団の許可を得ずに一時帰国してしまった。ブライアン・シコースキー投手(36)ホセ・フェルナンデス内野手(36)アレックス・グラマン投手(33)ディー・ブラウン外野手(32)の4選手で、前日16日の練習には参加していた。延期となった開幕に向けて難しい調整を続けるチームにまた1つ、不安要素が出てきた。

最近分かってきたのは、外国人、特に欧米人は、原発事故の報道に過剰に反応する、ということである。勤務する会社の知り合いによると、米国人の同僚から寄せられるお見舞いのメッセージは、原発は大丈夫かという問い合わせに満ちているという。

今回の地震で、私も、米国、中国、韓国の数人の知り合いから、安否を懸念するメッセージを、メールやチャットでもらった。それに対してその都度、関係者は安全である、震源地はここから遠いので、被害は限定的であり、停電や電車が止まったりしているが、その程度の不自由は仕方ない、と返事してきたが、みんな一様に原発事故のことには言及しなかった。気になっていないわけがないのである。彼らにとって、原発事故というのは、一種宗教的タブーにも似て言及をためらわれるものなのだろうか、あるいは地震よりもおぞましいのなのだろうか。しかし、他の会社の知り合いは、なぜか原発事故のの問い合わせを受けている。

ともかく、上記のように、西武の外国人選手が無断で、夜逃げのように帰国してしまうというのは、明らかに契約違反であり、罰金など免れないと思うが、そんなことなどいっていられないほど、彼らにとって原発事故は恐ろしいものらしい。マイクロシーベルトがどうのことのという具体的な話以前のようである。

また、読売新聞にも次のような記事があった。

航空会社スターフライヤー(北九州市)は、福島第一原発の事故を受けて、母国で休暇中の外国人機長が日本に戻らず、機長のやり繰りがつかなくなったとして、22日から31日まで、毎日11往復している北九州―羽田便を1往復ずつ欠航する。

ここにも、尻尾を巻いて逃げた外国人がいる。北九州市なのに、福島の原発を恐れるとは、もはや原発事故とは象徴的な恐怖を煽るもののようである。

では日本人が平気なのか、というと、かなり人によるが、やはり過剰反応しているようである。できるものなら海外に逃げたいと思っている人は少なくないようである。実際に逃げないのは、行く手段と行き先がないというだけのことであろう。

では私はというと、多分、日本人の平均より少しだけ冷静に原発事故をみていると思う。その理由の1つはたまたま、「生物はなぜ放射線に弱いのか」などの本で勉強したせいである。その本の第3版の第Ⅵ章は、「原発事故放射能にびくともしない人体」である。強い放射能が人体に致死的(lethal)影響を及ぼすことは医学的事実である。誰も否定できない。しかし、その臨界値は意外に高いのである。あまりにも神経質になると、それはまるで、皮膚がんを怖れて直射日光を避けるようなことになってしまう。

いくつか事例を挙げてみよう。1945年8月6日、広島に原爆が落とされた。それはおそるべき人類の愚行であり、そのことについては、原爆投下の理由原爆の手記などにも書いたので、ここでは繰り返さない。ただ、1つ言いたいのは、原爆の初期輻射を逃れて生き延びている人が結構いるということである。また、原爆が投下されたとき、私の父は、呉の軍事工場で働いていた。飛行機の部品を作っていたという。呉と広島は結構目と鼻の先である。距離にして30キロくらいだろうか。東京だと、新宿-新百合丘程度か。父は原爆投下から数日たって、広島の町を歩き、その惨状に驚愕したという。しかし、父にはいささかの放射能障害もない。チェルノブイリといえば原発事故の代名詞であるが、どう贔屓目に見ても、広島の原爆よりチェルノブイリの原発事故の方が怖いということはないだろう。

次は宇宙ステーションである。旅客機で東京とニューヨークを往復すると、被曝量は、190マイクロシーベルトであるといわれる。すると、宇宙ステーションではぞれくらい被曝するのだろうか。それは、1日でなんと1ミリシーベルト程度だといわれ、地上の人の半年分である。それを一日で受けるのだから、1年間宇宙ステーションにいると、なんと30万マイクロシーベルトになる。これは地上では間違いなく強制退去レベルである。それでも、宇宙飛行士が、放射線障害で亡くなったり癌になったとは聞かない。

以上の考察から、放射線は確かに怖いし健康に悪影響はあるが、どれほど怖いのか、臨界値はどれほどなのか、次第にわからなくなってくる。私個人的には、バージニア工科大学の銃撃事件狂気の銃弾のような事件をみると、原発よりも銃放任社会の方が怖いような気がする。流石に米国に滞在していて逃げ出すほどではないしても。

ダイヤモンド・オンラインに、フリーライダーの見分け方が書かれていたので、私なりに引用または要約しつつ、コメントしてみる:

フリーライダーに対する解決策は、個人的な解決と組織的な解決の2つがある。個人的には、自分がフリーライダーにならないようにするにはどうするか、ということである。しかし、いくら個人でフリーライダーにならないように努力しても、他の社員がフリーライディングしていると、結構空しい。すると、どうしても組織的解決が必要であるが、それには次のことを行う必要がある。

  • タダ乗り社員に何らかのペナルティを課す
  • そもそも、タダ乗りする者を組織に入れない

しかし、上記は、誰がフリーライダーか分かるという前提で論述されている。問題は、「どうやってフリーライダーを見分けるか」なのである。その上司は、次のようなタイプだという。

仕事上の決断はほとんどせず、すべて部下に丸投げで、上司に報告するだけの「中継貿易タイプのアガリ型フリーライダー」に近い感じだ。自分のアイディアでクライアントのために行なったことは、その上司の手柄となり、一方で自分の評価が下げられているのは納得がいかない。

ううん、あるある探検隊(古い!)である。

その女性は、上長、すなわち、上司の上司に面会を求めた。そして、以下のように聞いた。

この話を聞いたとき、私がまず彼女に「あなたがプロジェクトの上司を評価するチャンスはないのですか?」と尋ねた。答えはノーだった。

「では、その上司以外にあなたを評価する人は?」と問うと、その答えもノー。

そうなのである、管理職は、極めて少ない人(直属の上司)の評価で昇進・昇給などが決められているのである。それが合理性を欠くとき、悲劇が生じる。

集団における評価基準はそもそも曖昧なもので、サッカーでさえ、得点を上げた選手の功績が最大とは限らない。そして、以下のようなことになる。

狡猾な社員は、その判定の曖昧さにつけこむ。「アレオレ詐欺社員」などはその典型だ。

次のように言っても言いすぎではない。元管理職として痛感する。

ここでまず確認すべきは、人が人を正確に評価することは、そもそも不可能だという点だ。特に集団で利益を出すような企業組織ではなおさらである。

そこで、「どうやってフリーライダーを見分けるか」であるが、案外平凡である。

現在、最も信頼できる方式は、「多人数による多面的評価」である。1人の人間が誰かを評価する際には、知らず知らずのうちに歪んだ見方をしてしまうことが少なくない。特に相手のプライベートまで知っている場合や、逆に仕事面しか知らない場合、良くも悪くも様々なバイアスがかかってしまう。ならば、できるだけ多くの人から評価を集める必要がある。しかも、様々な角度から評価をしてもらうのだ。

なるほど、多面的評価というのは、当たり前ながら有効であろう。ただ、それにも条件がある。私も管理職時代に、360度評価と呼ばれる多面的評価を経験したことがある。それは、次のようなものだった。

  1. 評価してくれる人を、自分の仕事の関係者の中から自分で選定して、相手に、評価して下さいと依頼する。
  2. 依頼する相手は、あるレベルの地位でなくてはならない。
  3. 相互依頼というのもありである。
  4. 360度評価の評価結果は、上司による査定において、参考にされる。

しかし、私が経験した多面的評価は、次のような問題があった。

  • 評価してもらう相手は、自分で選ぶ。従って、自分に対して相性の悪い人、普段から厳しく接してくる人は避ける傾向がどうしてもでてくる。
  • 仲のよい相手と相互依頼になり、馴れ合いになる傾向がある。
  • 結局、実際の査定で、360度評価の結果はほとんど考慮されない。
  • その結果、形骸化したため、制度は中止になってしまった。

一方、シリコンバレーで採用される多面的評価は、下記のとおり、真剣なものである。

シリコンバレーでは、就職時からフリーライダーを排除するために「評判情報」の活用を行なっている。入社希望者には、書類審査の後、チームリーダークラスが電話面接をし、ふるいにかけ、その後数人のチームメンバーによる1対1の面接を1時間ずつ行なう。

さらにその後、希望者の前の会社の同僚やマネジャーなど3人を挙げてもらい、人事権を持つマネジャーが彼らの電話面接をして、過去の評判を訪ねる。そこをパスして初めて役員面接に行くことができる。

入社後も、3~4か月に一度は360度評価があり、自分の同僚3人に自分を評価してもらう。その3人のうち、1人は自分のチーム外の人間を選ぶ。もちろん、これに加えて上司が部下を、部下が上司を評価する。また、特に評価者として指名されていなくても、誰でも秘密裡に人事にある人物の評価を送ることができる。

これだと、フリーライダーは、確実に網にひっかかるだろう。というのは、どんなフリーライダーも、成果を只取りする相手とその同僚全員からの好評を得ることは難しいからである。なぜなら、もしフリーライダーが、ある人から成果を只取りしても、その見返りに地位や俸給などの恩恵を与えるなら、少なくともその人からは好印象をもたれるかもしれないが、今度はその人の同僚から恨まれるであろう。

実は私は、管理職の時代、八方美人だと批判された。誰からの要求も、それなりに対応して、いつもてんてこ舞いで余裕がなく、個々の仕事が粗雑になるので、もっと選択と集中しなさいという批判であったのだろう。

しかし管理職の時代、私は、八方美人の何に恥じず、他部門や海外対応部門から評判がよかった。夜遅くなっても、真剣にメールなどで対応したからである。そういう評判は、少なくとも私がフリーライダーでなかったことを保証するものだったと信じる。当時はフリーライダーという呼び名はなかったが、フリーライダーみたいな人はいることはいた。だから、要領が悪くて、いろいろな人にいいように使いまわされる私は決して優れたマネジャではなかったが、まあ最悪ではなかった、ということになる。今にして思えば、最悪ではない、というのは結構な褒め言葉なのかもしれない、と思ったりする次第である。

もう半年も前に、文系プログラミングという記事を書いた。すぐにその続編を書こうと思っていたが、理由なくつい延び延びになってしまった。延び延びになった理由は、他でもない、それは特許業務のツールという特殊な世界に特化しており、こんなことに興味をもつ人が果たしているのか、と怪訝だったからである。

しかし、興味をもつ人がいようといまいと、とりあえず、自己メモ的に書いておくことも無駄ではないと自分で納得して、書き始めることにした。

私の文系プログラミングは、次のようなカテゴリからなる。

  • 管理系
  • 生成系
  • 変換系
  • チェック系
  • 書類アーカイブ系

これだと、なんのことか分からないので、説明すると、先ず、管理系とは、期限管理のことである。期限管理は、審査請求系と、意見書系と、年金系に分かれる。これらは当初、習い覚えたDbaseで書いていた。知る人ぞ知る、XBASE言語である。それは例えば下記のようなもので、懐かしくて涙が出そうになるほどである。今はもう、多分書けないというか、そもそも使える処理系がない。
clear all
private xxx, n
set talk off
set safety off
set alternate to nchk.chk
set alternate on
select 1
use dataA index patn1 alias d1
reindex
select 2
use dataB index patn2 alias d2
reindex
scan
xxx = val(d2->patno)
select 1
go top
.....

これらは部門で一時期盛んに使われたが、PCサーバが普及すると、共用で使うには不便で、また、何よりも、GUIでなかった。そこで私は、予算権限を握っていた強みで、自己承認でVisual Dbaseを買ったが、なぜかどうしてもマスターできなかった。そうしているうちに、当時の私の優秀な部下が、Lotus NOTESで見事な管理系システムをつくってくれた。私もLotus NOTES DBの設計を勉強してみたが、これも哀しいことに、今に至るまで一切スキルがない。

ただ、私が一手に握っていて誰も手をだせない管理系システムとして年金管理システムがあった。これもXBASEで書かれたもので、相当に苦労して作った覚えがある。しかし、上記と同じ理由でDbaseが時代遅れになったとき、私はそれをC++ビルダに移植するという蛮勇を行った。もともとのコードが全く継承できないので、一からスクラッチで書いた。確か、設計から含め、丸々3ヶ月はかかった。一番苦労したのは、特許庁支払い用HTMLを生成するところではなくて、チェック機構であった。すなわち、商用特許データベースから出力したCSVと比較して、万が一にも漏れがないようにする方法である。で、悩んだ挙句、このチェックのところは、Perlを使うことにした。Perlのハッシュの仕組みがあまりに便利なのである。そこをC++でオリジナルに書いて書けないことはないが、手間がかかりすぎる。なにしろ所詮、片手間の仕事なのである。

次は生成系であるが、書いたプログラムの本数は、生成系が圧倒的に多い。ちなみに生成というが何を生成するのかというと、特許庁提出用HTML書類である。それは次のものからなる。

  1. 特許出願用
  2. 中間処理用
  3. その他

この中で一番苦労したのは、特許出願用ツールで、方式チェック、イメージ取り込み、HTML逆変換、イメージサイズチェックなど、多くの機能を含む。それは1万ステップ程度のコードサイズで、プロからみたら笑われるようなトイ・プログラムであるが、私にとっては大変であった。特に自動イメージ取り込みのところは、アイデアとしても苦労した。【図1】とあると、自動的に所定のイメージファイルの名前のものを取り込む(というよりも、単にイメージタグを書き込むだけである)。

中間処理用ツールにも私のノウハウが詰まっている。スクリプトから、意見書や手続補正書を生成する。これも7000ステップ程度はあり、なにしろスパゲティコードなので、自分でもメンテできなくなっている。まあ中間処理なんて、自分で一から書いても知れているとはいえる。

その他とは、審査請求書、期間延長などである。要するに、出願番号を2000-10011などと書いてかくと出願番号に特願2000-10011と埋めて、HTMLファイルを自動生成する。審査請求書なら、金額を請求項の数に基づき自動生成する、などである。プログラミングとしては初歩の初歩であるが、しかし、CやVBなどを手続型言語を知らないとちょっと面倒かもしれない。知り合いで、WORDのマクロで作成しようとした人がいたが、あまりうまくいかなかったようである。

変換系は、例えば、WORDが吐き出した込み入ったHTMLを、すっきりと整えるような機能である。昔は、一太郎V3形式から変換するツールを自作したことがあった。外部翻訳事務所から納品される文書を特許出願用に変換するためである。これは要するに、一太郎V3のATRという拡張子のファイルをバイナリでダンプして下線と添え字のつけ方を解析した。私としてはかなり苦労した覚えがある。下記に、そのソースコードのコメントの一部を引用する。日付は、1992.09.29となっていて、私がまだ30台の脂が乗っていた頃である。

/* 一太郎Ver.3の、.ATRファイルは、5バイトずつの組になっており、
 * (属性1)(属性2)(属性3)(属性4)(オフセット)
 * の並びになっている。
 * (属性1)= 0x01 :下付き添字
 * (属性1)= 0x02 :上付き添字
 * (属性2)= 0x01 :下線
 * (属性3)(属性4)は、特許出願には無関係の属性に関連する。
 */

チェック系は、方式チェック、JIS文字チェックなどである。これは大したことはない。

書類アーカイブ系は、ネットワークドライブの上に所定のディスクトリ構造で出願書類をアーカイブするツールである。基本的にフォルダを作成して、コピーするだけなので、大したプログラムではないのだが、それでも、みんなが使うので、インターフェースには苦労した。C++のがちがちのコードで書いた。専用のクラスを作ったほどである。力づくで書いたせいか、5000ステップ程度にはなった。

あとは、雑として、秀丸のマクロで、明細書の自動段落振り付け機能を実現したくらいである。私のツールは、1つ1つは大したことはないが、全体としてはかなりのボリュームであり、プログラミング・テクニックになんら見るべきものはなく、ほとんど四則演算のアルゴリズムしか使っていないが、業務知識とノウハウが詰め込まれている。それが文系プログラミングの所以であるが、独自のワールドだと言っても、なんとか許してもらえるたろうか。

友人から紹介された内容であるが、時事通信によると、福島第1原発の事故の収束をはかる作業に志願した人がいるという。以下、引用:

福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。

会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。

男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。

東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。

この記事を読んで、ううんとうなってしまう。なんという自己犠牲の精神だろう。定年まであと半年だと、普通は、とりあえず残りの会社生活を大過なくすごして、定年後の生活につなげる、という極めて守りの姿勢に入るものである。それをあえて、文字通り火中の栗を拾う、原発の事故収集作業に赴くとは。

ところで、ヘリコプターで原子炉の上からホウ酸を注入する作業も相当な危険が予想されるが、誰が担当するのだろう。

作業は当然、放射線防護服に身を固めるのだろうが、多少の被曝はそれでも避けられない。第一の危険は、原子炉爆発によるものである。核反応の爆発ではなくても、水素爆発もありえる。爆発によって飛来した破片が当たると、即死もありえる。

それを免れたとしても、被曝は、免疫系の細胞を破壊するので、細菌やウィルスに対する抵抗力を削いでしまう。その状態では、普通の風邪インフルエンザも、致命的になりえる。

そういう急性疾患を免れると、次に怖いのは、生物はなぜ放射線に弱いのかに書いたような、被曝から1ヶ月後くらいに出てくるかもしれない症状である。すなわち、被曝によって起こされた造血作用の障害であり、被曝の強さによっては、これが致命的になりえる。

それを凌ぐと、次は、数年のスパンであらわれる癌の発生リスクである。ここまでくると、もともと癌が生じやすい体質なのか、あるいは、被曝が原因の癌なのか、切り分けは難しい。

こうやって、いじいじとリスクを考えていたら、決断なんてできないので、きっと使命感がすべてに打ち克ったのだろう。猛反対しなかった家族も立派である。命は、他人を助けるために燃やすときに一番輝く。そうでないなら、馬齢にどれほどの意味があろう。

続報によると、3月16日朝の4号機の爆発で、福島第1原発での放射能が危険レベルになったので、ほとんどの作業員は福島第2原発に退避し、福島第1原発は放置状態であるという。こんな状況で、本当に福島第1原発に居残って作業するのだろうか。それならほとんど、原発決死隊である。

ともかく、こういう自己犠牲を厭わない人達の努力で、福島第1原発の事故が収束されることを期待する。そして、私はこういう利他的な人こそが道徳の最高段階にあると思うのだが、コールバーグは同意しないだろうか。何も貢献できないで、言いたいことを書いている自分自身はどうかとおもうが。

テレビ番組はまだ、災害や原発一色で、私自身もなかなか気持ちが切り替えられないのだが、そろそろ別のことも書いてみる。

以前に知人から、ローレンス・コールバーグという人のことを聞いた。なんでも、道徳性の発達段階を定義した人なのだという。そこで、どんな人なのか、著書をあたってみることにした。アマゾンでみると、日本ではあまり著書は出ていない。「道徳性の発達と道徳教育」岩佐信道訳、広池学園出版部という本を読んでみることにした。

コールバーグ理論によると、道徳性の発達には、下記の六段階があるのだという。

  • 第一段階:罰と服従志向
    行為の結果が、どのような意味や価値をもとうとも、その行為がもたらす物理的結果によって、行為の善悪が決まる。罰の回避と力への絶対的服従が、それだけで価値があることと認められる。これは要するに、修羅の世界か。ギャングが跳梁する世界で生き延びることだともいえる。
  • 第二段階:道具主義的相対主義者志向
    正しい行為とは、自分自身の必要と、ときに他者の必要を満たすことに役立つ行為である。公平、相互性、等しい分け前などの要素が存在するが、常に物理的有用性の面から考えられる。普通、村などでは、このレベルが満たされていればよしとされているのだはないだろうか。
  • 第三段階:対人関係の調和あるいは「良い子」志向
    良い行動とは、人を喜ばせ、人を助け、また人から承認される行動である。それはそれでよいのではないかと思われるが、多数意見や自然な行動についての紋切り型のイメージに従うことか多い。動機によって判断され、「彼は善意でやっている」ということが初めて重要となる。これは、意外にも、シルバーバーチの説く、動機が重要、というところと結びつく。シルバーバーチは、高々第三段階を説いているのだろうか、という素朴な疑問が湧く。
  • 第四段階:「法と秩序」志向
    普通、刑法であれ、法律を守るだけというのは、道徳的にあまり高いとはみなさない。しかし、コールバーグは、権威、定められた規則、社会秩序の維持への志向がみられるこの段階を、動機が重要という第三段階より上におく。私には少し違和感がある。
  • 第五段階:社会契約的遵法主義志向
    これは、功利主義的傾向を帯びる。すると、最大多数の最大利益は、第五段階になるのだろうか。個人的価値や意見の相対性が明確に認識されている。正しさは、憲法に基づいて民主的に合意されたもの以外は、個人的意見として扱われる。ここまでみて、第五段階が、民主主義の原理であるとわかる。自由意志に基づく合意と契約が、人間を拘束する義務の要素となる。ただ私個人的には、民主主義的志向がそんなに高いレベルなのかという疑問はある。というのは、民主主義という測地線に沿って衆愚に陥ることも可能だからである。
  • 第六段階:普遍的な倫理的原理志向
    ここでは、正しさは、論理的包括性、普遍性、一貫性に訴えて自ら選択した倫理的原理に一致する良心の決定によって規定される。ただ、最高の道徳レベルといいながら、人間の権利の相互性と平等性、正義の普遍的諸原理というが、抽象的すぎないだろうか。それと、私が高い道徳性の要素として必要とみなす、非物質性、自己犠牲、奉仕などの側面もでてこない。さらに私として同意できないのは、第六段階にある者として、釈迦、キリスト、ソクラテスが出てくるが、彼らは各々、何ほどか社会通念を逸脱しており、ここでいう第六段階に該当しないと思う。既存の道徳の枠に収まりにくいと言った方がよい。

「道徳性の発達と道徳教育」岩佐信道訳、広池学園出版部のコールバーグの本には、次の例が何度も出てくる。すなわち、ある男に妻がいて、癌にかかってしまった。普通の医学療法では助かる見込みがない。ところが、ある薬屋が、その癌に効く特効薬を開発した。それを聞きつけて、かの男がその薬屋に行き、特効薬を売ってほしいと頼んだ。しかし、特効薬は高く、貯金をはたいても買えないものだった。どうするか、という例である。

これに対してどうするか、ということであるが、私だったら粘り強く交渉し、払える範囲のローンや分割払いも模索してみるだろう。しかし、それうまくいかないとなれば、命を諦めるよりない。それもまた運命である。不治の病だったと思うしかない。

ところが、意外にも、この本では、文脈はさておき、どうしても買えないなら、薬屋から特効薬を盗んでもよいのだと説く。なぜなら、命は地上で一番重要だからという。そのためには場合により、薬を盗むことも肯定される、と。これには私はびっくりである。もしそれが許されるなら、肝臓癌で手術ができない患者は、費用が払えなくて粒子線治療が受けられないなら、助かるために、刃物や武器で医者を脅して、粒子線治療を強制してもよいことになる。私が誤解しているのだろうか。

最後に、コールバーグの経歴を簡単に紹介する。高い道徳とは何かを説くコールバーグは、意外にも、高校時代、喫煙、飲酒などで謹慎処分の常連だった。高校時代、ユダヤ系アメリカ人として、軽い人種差別にあった。そして高校を出ると、大学に行かず、合衆国商船隊員として、ヨーロッパに到着した。1945年の秋のことである。そこで、ナチによる暴虐を生き延びた人達の悲惨を知り、衝撃を受けた。そして、商船隊員の任期を終えると、ユダヤ人難民を満載した船を、非合法ながらイギリスの封鎖を潜り抜け、イギリス統治下にあったパレスチナに上陸させるための技師に志願した。ユダヤ人難民にとって、イギリスの法律は障碍だったので、それを破ることに道徳的葛藤を覚えなかった。そして、ユダヤの自衛隊ハガナが購入したアメリカ海軍の古い砕氷船パドゥーカ号で航行中、イギリス海軍に拿捕されてしまった。そして、キプロスの収容所に入れられてしまった。ハガナは、キプロスからパレスチナに逃亡するのを助けてくれ、偽りの身分証明書を発行してくれた。そして、その偽りの身分証明書で安全に出国できるようになるまで、キブツに留まった。1948年に始まった、アラブ諸国に対するイスラエルの戦争が終わると、米国に戻り、シカゴ大学に入学した。コールバーグは、道徳の問題、正義の問題に取り組んでみたくなったのである。正しいと思う目的のため暴力を用いることはどのような場合に許されるのか、普遍的道徳というものはありえたのか、など疑問が湧きあがり、哲学、倫理学を修めた。そして、発達心理学者、ピアジェの教義に近づき、それを発展させていった。

ところで、コールバーグは、ハーバードの倫理学の教授であったので、いまをときめくサンデルの師匠なのかとちょっと調べてみた範囲では、関連性は窺われなかった。しばらく、他の勉強をして、またコールバーグに戻ることにしよう。道徳というか倫理学はやはり、外せないのである。

天罰

user-pic
0

asahi.comによると、石原都知事が、東北の地震津波災害に対して、天罰であるという発言をしたという。以下、引用:

石原慎太郎・東京都知事は14日、東日本大震災に関して、「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と述べた。都内で報道陣に、大震災への国民の対応について感想を問われて答えた。

発言の中で石原知事は「アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等。日本はそんなものはない。我欲だよ。物欲、金銭欲」と指摘した上で、「我欲に縛られて政治もポピュリズムでやっている。それを(津波で)一気に押し流す必要がある。積年たまった日本人の心のあかを」と話した。一方で「被災者の方々はかわいそうですよ」とも述べた。

石原知事は最近、日本人の「我欲」が横行しているとの批判を繰り返している。

日本人一般が恬淡としてるとは私は思わない。寧ろ、利に聡すぎる傾向はあるだろう。それを我欲と呼んで呼べないことはないかもしれないが、しかし、今回の東北の地震津波災害が、何らかの我欲の因果応報であるというのは、どうみても妥当性を欠くだろう。

先ず、因果応報であるが、私の愛読書?の1つである「日本霊異記」に多くの説話がある。そのタイトルだけをいくつか並べてみる。なお、現代語訳で引用する。

  1. 僧をののしり、邪淫を行い、悪病にかかって死んだ話。
  2. 欲が深いために大蛇となった話。
  3. 悪事を好む者が刀剣で誅せられて、悪死の報いを得た話。
  4. 因果の道理を考えないで、悪をなし、罪の報いを得た話。

このように、日本霊異記で、悪行に対する因果応報が繰り返し説かれるのは、裏を返せば、いかに現世で、悪行に対する因果応報が働かないかということである。悪人がその悪行にも拘わらず隆盛するのがこの世の慣なのである。だから古人は、このような説話を作って溜飲を下げるよりなかったのであろう。

いや、仏教、ヒンズー教、あるいはスピリチュアリズムによれば、確かに因果というものはあり、これは聖書の言葉かもしれないが、確かに、蒔いた種は刈り取らなくてはならないのである。ただ、その因果を、生身の人間の生涯という短いスパンでみてはいけない。だから、時間のスパンで因果応報を成立せしめるために、来世があり、輪廻転生があるのである。

このように、時間の極限という無限級数でやっと因果応報が成立しているのであるが、人智で見通せる有限なタイムスパンでは、寧ろ、因果応報は崩れている。例えば、不幸になる特権や、人生の自滅でみたように、無差別殺人などの理由のない被害に遭う人々は、霊格の高い善人であったりする。

すると、東北の地震津波災害で亡くなられた方々は寧ろ、欲のない素朴な人達だったとみるのが相当であり、いかなる意味でも石原都知事の発言は妥当性を欠くのである。このような発言をするなら、もはや次期都知事の資格はあるまい。速やかに引退されたい。

「アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等。日本はそんなものはない。我欲だよ。物欲、金銭欲」という発言に至っては、ある文脈でやっと漫才として成立するような戯言である。コメントするまでもない。

計画停電

user-pic
0

自分の気持ちの中で、そろそろ地震から頭を切り替えようと思うのだが、なにしろテレビの番組も地震の被害一色で、なかなか切り替えられないでいる。そんななかで、相継ぐ原発事故のせいか、電力供給量が実質的に減少して、東京電力が、かなり大掛かりな計画停電を行うことになった。

ところが、それが決まったのが、3月13日(日)の夜遅くだったので、3月14日から稼動しようとしていた鉄道各社、企業、サラリーマンは突然のことで大いに慌てた。

サラリーマンや企業も困ったが、一番困ったのが鉄道各社であったろう。なにしろ最大手の電力使用組織であり、電気で欠乏して電車が止まったりすると、安全上の懸念がおおきい。電車の走行だけではない、踏切の動作も、安全にとって本質的である。

そこでJRの東海道線、南部線、相模線など、多くの路線は一日運休となった。JRは実は、独自に電力網をもつので、運行してできないことはない。しかし、一部の踏切の電気は、東京電力に依存しており、どの踏切が東京電力ベースで、どの踏切が自前かを判別するのは極めて困難で、そのため一日運休にした。

小田急、京王、東急などの私鉄は、上記のJRのような問題はないが、東京電力から要請された節電を果たすために、例えば小田急は新宿と経堂の間だけ運行するとか、東急は渋谷とあざみ野の間だけ運行するとか、区間限定とした。しかし、これでは、ほとんどの利用者には用はなさない。あるいは、間引き運行したところもあった。

東北地方の人達が筆舌に尽くしがたい困難を耐え忍んでいることに鑑みると、この程度の困難は我慢しなくてはならないのだろうが、しかし、明日の電車の運行が全く読めないのは、出勤に直接影響するので、ちょっと困る。

電車以外に困るのは、東京電力が提示する輪番停電というスキームである。すなわち、関東の数多ある都市を5つのグループに分け、そのグループ毎に停電する時間を割り当てるのだが、ややこしいのは、同一の都市が複数のグループに属していたりするので、とても混乱することである。例えば、神奈川県座間市が、第2グループと第5グループの両方に入っていたりする。実は、座間市相武台と、座間市ひばりが丘が別グループだったりするのだが、そこまで細かく表示できないということだろう。

さらに混乱するのは、実際に停電すると予定していながら、電力需給が足りているようだからと、突然停電が中止になることである。仕方ないと待機していたら、停電しないと言われるのも拍子抜けである。

とはいえ、東京電力も、突然の地震で電力供給能力を大幅に奪われて困窮しているのだろう。東京電力に対して、何をやっているのかと批判するのは簡単であるが、なにしろ東京電力の送電網はあまりにも複雑で、電力量の見積もりも短時間では難しい。そこをたった一日で急に組み立てた計画としては、杜撰に見えるのも仕方ない。これはこれで、ベスト・エフォートと褒め称えることにしよう。

しかし、電車の運休といい、計画停電といい、なかなか日常生活に戻れない。災害に遭った方々に鑑みると、贅沢な話なのであるが。一方、福島第一原子力発電所では、1号機、3号機に続き、2号機も水位が下がり、ついに海水注入に至った。海水を入れるということは、炉の廃棄覚悟である。これは、福島第一原子力発電所の実質的戦線離脱を意味しないか。すると、被災の方々の何万分の一かの苦労を共有する日々は続きそうである。

今回の地震で最大の死者を出したのは、なんといっても津波によるものである。津波がなぜ怖いかとというと、音もなく、あっという間にやってくるからである。しかも、外海にあるときはなだらかな波なのでなかなか気づきにくく、湾に入ると急に牙をむいてくる。

すなわち、湾に入ると津波は急に高さを増し、今回のケースでは高さ10m以上になるものもあった。すると、三階建ての建物の三階にいても、津波に捕らえられてしまうことがある。

それでも、津波に呑まれながらも助かった人がわずかにいる。その体験者のインタビューをテレビで見たので、メモしてみる。

最初にインタビューした男性は、津波が来たとき自宅の二階にいた。津波警報は出ていたはずであるが、聞き漏らしたのか、軽視したのか、そこは分からない。ともかく、津波の海水が二階の窓を破って入ってくると、家は波の勢いで潰されそうになった。冷たい水に浸かって、家に押しつぶされそうになり一度はもう駄目だと覚悟した。それでもなんとか窓をあけて水の中に入った。すると、ジャージを着ていたのだが、ジャージが木の屑かなにかにひっかかってとれなくなった。そこで、冷静にジャージの端を、板から出てきた釘で切り離してなんとか水に浮かんだ。流されていったら、老人ホームの三回の屋根にたどり着いたので、しがみついて窓を叩き開けてもらった。倒れた家で押されたか、肋骨を骨折し、また、水を漂流する木屑などで顔や体は傷だらけである。しかし、家族の行方は知れず、九死に一生を得たからといって、喜んでもいられない。

次にインタビューした女性は、津波迫ってが来たとき夫と一緒にいた。夫は車に乗っていて、自分が必死で逃げたとき、一瞬車から出遅れた。夫のことが気になったが必死に逃げた。ビルの三階に逃げたのに、津波の水位は予想以上に高く、窓から浸水してきた。そこで、窓から脱出して水に浮かぶ瓦礫の中をもがいていたら、助けられた。

その次にインタビューした女性は、津波迫ってが来たとき、図書館で勉強している娘を探しにいって、娘と一緒に別の建物の三階に逃げた。しかし、やはり津波の水位は予想以上に高く、窓から浸水してきた。娘と手をつないでいたが、水でもがいているうちに娘と手が離れてしまった。瓦礫まみれになりながら必死でもがいていたら自分は助けられたが、娘の行方は未だに分からない。

また、ある男性は、津波で流された自宅の家の屋根につかまって、15キロ沖を漂流しているところを救助された。そういう形で沈まないのも奇跡的であるが、流されたときは奥さんもいたのに、いつのまにかいなくなっていた。海に落ちたのだろうか。

このような事例をみると、津波に巻き込まれて助かるということ自体、極めて稀であるが、助かったとしても、同行者がいても一緒に助かることがほとんどないということがわかる。すなわち、登山などと違って、津波の前には、体力とか、知識とか、経験とかほとんど関係なく、生存は運のみにかかっているようである。また、津波の生存空間は、登山や火災などと違って極めてカオス的で、生き延びる個体が隣接することを許さないようである。すなわち、登山や火災なら、まとめて遭難、またはまとめて生存だろう。すると、津波とはなんと孤独な遭難だろう、ということになる。

もともと致命的な津波自体、あまりにも稀な事象なのであった。

原発事故

user-pic
0

地震の影響で、福島第1原発1号機で重大な事故があったようである。以下、時事通信の記事の引用:

福島県警や東京電力によると、12日午後3時半ごろ、福島第1原発1号機でドーンという爆発音とともに白い煙が上がった。プラントの復旧作業に当たっていた東電社員2人と協力企業の2人が負傷し、病院に搬送された。いずれも意識はあるが、うち1人は骨折の疑いがあるという。

枝野幸男官房長官は記者会見し、「現在、首相、経済産業相を含め専門家を交えて状況の把握と分析、対応に全力で当たっている」と述べた。その上で、福島第2原発に関しても、周辺3キロ圏内の待避指示を10キロ圏内からの待避に改めたことを明らかにした。

1号機では爆発音があった当時、直下型の大きな揺れがあり、その後白煙が出たという。原子炉建屋の天井が崩落していた。東電は午後4時17分、発電所の敷地境界で1時間当たり1015マイクロシーベルトの放射線を確認したという。

この放射線量は、一般人が1年間で浴びられる放射線量限度(1000マイクロシーベルト)を1時間で浴びる量に相当する。

福島第1原発と第2原発の各10キロ圏内にある楢葉町、富岡町、広野町が避難対象地域で、対象になる住民は1万491人に上る。警察庁によると、避難を終えていない人は午後3時45分現在で約800人という。

さて、どれくらいの放射線被爆量なら安全なのかというと、「人は放射線になぜ弱いか」第3版、近藤宗平著、ブルーバックスによれば、チェルノブイリ放射線汚染の経験から、生涯の被爆量が35レム以下なら安全なのだという。ここで1シーベルト=100レムという換算を用いると、生涯の許容被爆量35レム=0.35シーベルトで、もし人の寿命を70年とすると、1年間の許容被爆量は、0.005シーベルト=5000マイクロシーベルトということになる。すると、上記記事の安全基準は少し厳しすぎることになる。何にしても、1時間当たり1015マイクロシーベルトの放射線が、あまりにも強すぎることは間違いない。

ところで、池田信夫氏のブログには、以下のようにある。

「燃料溶融」が完全なメルトダウン(炉心溶融)を意味するわけではない。核分裂が暴走して炉心溶融で圧力容器が破壊されると、核燃料が水蒸気と反応して爆発し、大量の放射性物質が大気中に放出される。これがチェルノブイリのような最悪の事態だが、今回は緊急停止で制御棒が入っているので核分裂は止まっており、その心配はない。

この記事は、上記爆発が報告される前の記事であるので、「チェルノブイリのような最悪の事態」が福島第1原発で起きた可能性がある。

朝日新聞の記事によると要するに、下記のように、地震により、緊急炉心冷却システムが働かなくなった。

11日午後3時42分、東京電力から福島第一原子力発電所1、2号機(福島県大熊町)で炉心を冷やす緊急炉心冷却システム(ECCS)が動かなくなった、という連絡が入った。別の装置で炉心に水を入れて冷やしていたが、午後8時半にはそれも止まった。

そこで疑問は、福島第1原発1号機は、冷却できないで炉心の温度が上がり、炉心が溶けてしまう炉心溶融を起こしてしまったのかどうか、ということである。もしそうであるなら、制御棒による中性子のコントロールが利かなくなって、原爆的な爆発が起き、放射性物質が多量に発生する。化学反応で放射能物質を変質させることはできないので、放射能物質を封じ込めるために、福島第1原発1号機を厚いコンクリートで遮蔽してしまうしかない。本当の現象はなんなのか、早急に発表され、且つ手段が講じられることを期待するものである。

読売新聞に続報があった。

枝野官房長官は12日夜、首相官邸で記者会見し、福島第一原発1号機で起きた爆発について「原子炉の格納容器が爆発したものではなく、格納容器の外で起きたもの」と述べ、「放射性物質が大量に漏れ出すものではない。爆発前と比べ数値は上がっていない」と冷静に対応するよう呼びかけた。
東京電力の調査でも濃度は上昇していない、という。
「水素爆発」で建屋の外壁が壊れたという。

格納容器の外で起きた爆発で、どうやって放射性物質が多量に発生するのだろう、そもそも1時間当たり1015マイクロシーベルトの放射線というのは勘違いなのだろうか、といろいろ疑問は抑えきれない。

さらなる続報によると、1時間当たり1015マイクロシーベルトだったレベルが、1時間当たり70シーベルト程度まで下がったという。また、海水を注入して冷やすことと、核反応を抑えるためのホウ酸の添加を行うことを決定したという。

地震

user-pic
0

私のブログは、いろいろな意味で日記的であることからは遠いが、しかし、昨日の地震は、日本にとって本質的な災害だったので、被害の中心にいない者として無責任になるかもしれないが、簡単にコメントしてみる。

地震を感じたのは、3月11日の午後2時45分頃だったと思う。私がいる神奈川県は、相模湾が地震の震源地になることが多いので、地震自体は慣れている。だから最初は、ああまた地震かと軽い気持ちだった。私の周囲にいる人もそうだろう。ところがこの地震は、何かが違う。まず、時間が長いのである。普通だったらせいぜい数十秒で終わるところが、数分続いた。少なくともそう感じた。また、横揺れが大きい。それで、施錠されていないキャビネが飛び出してきたりした。

Webでニュースをみると、震源地が直ちに分かった。宮城県沖だという。なるほど、するとかなり遠方だが、この距離でここがこれだけ揺れるなら、これは相当の規模だろうと思っていたら、なんとマグニチュード7.6だという。かなり大きい。

それで、3時半からの会議があるので会議室行ってみたものの、回線の混雑のためか外部とのテレコンの電話もつながらないほどで、誰からともなく、会議は中止しましょうということになった。

自席に戻ってさらにWebで確認してみると、マグニチュード7.6でなく8.6で、日本の観測史上最大であるということで、呑気な私もこれは流石に只事ではないと気を引き締めた。ただ、よく分からないのは、私がいる会社の事業所もかなり揺れたのだが、事業所の地震計では震度4だったという。どうも体感と違う。だいいち、この地震のせいで、事業所ビルの壁面にひびが入った箇所もある。

これでは確実に電車は止まるだろうと思っていたら、会社の指示で、早く帰ってもいいという。そこで私は、適当な時間になったらまず駅にいってみて、電車が不通なら、歩いて帰宅しようとおもっていた。私はオフィスの比較的近所に住んでいて、徒歩1時間の距離である。歩いて歩けないこともない。念のため、自宅に電話してみたら、やはり電話は、固定電話・携帯とも無理だった。そこで会社のメールから、家人の携帯にメールしてみたら、ちょっと時間の遅延はあるもののなんとかメールは着くことは分かったので、連絡して車で迎えにきてもらうことにした。帰宅に関して、私はとても有利な立場にあって、ほとんどの人は電車の通行再開の見通しがたたないので、会社で待機するようだった。申し訳なさを感じつつ帰宅した。私が管理職だった時代なら、確実に、残ってみんなの安全を確認したたろう。しかし、単に管理職でないというだけで、こんな楽をしていいのか、と今更思ったりする。

自宅は大丈夫かと思いつつ帰宅してみると、大したことはないのだが、私の蔵書が多数床に落ちていた。なんとなく、ばつの悪い思いをした。

自宅に帰ってテレビを見ることでようやくかなり状況が把握できた。仙台市若林区が津波に襲われる様をみて驚いた。このような画像はいままで見たことがない。スマトラ沖で地震による津波災害が起こったことが数年前にあったが、あまり身近ではなかった。

関東圏は、甚大な被害を受けたというまではいかないが、地震に対して点検するために、実質的にすべての電車が運休になったので、電車通勤している人達が足止めをくった。都内のホテルもたちまち一杯になったであろう。まさか寒中野宿するわけにもいかず、治安上も問題があるので、公共機関、大学などが、足止めされた人達用に施設を開放した。こういう経験も前例がない。

津波は、仙台市だけでなく、釜石市、気仙沼市、名取市、岩手県陸前高田市、福島県南相馬市など、東北の太平洋側の広域に及び、死者・行方不明者は、現時点で1300人を超えた。

地震は、福島県の原子力発電所をも襲い、放射能漏れで緊急事態になった。また、初めてみたのだが、なんと津波が火災をもたらすことを知った。すなわち、気仙沼市の市街地が燃えている夜景が放送されていた。なんでも津波が、重油などの可燃物をもたらすらしいが珍しい。

地震による災害は、建物倒壊、火災、地崩れ、津波などさまざまあるが、どうも津波による災害が最大のようである。こういう水難は太古からあって、ノアの箱舟の寓話も、実際に起こった水難の話をベースにしているに違いない。だから、オリエントの昔話にも、海の近くに住んではいけないと書かれているが、そうはいっても、漁業や水上交通の便を考えると、津波のリスクはあっても、海の近くは便利である。このレベルの津波リスクは50年に一度だろうか、あるいは100年に一度だろうか。

こうやって日本が災害に見舞われると、韓国、米国など普段日本に対していろいろ難題を課してくる国々も、救いの手を差しのべてくれる。こういうことがないと、人類の利他性は浮き彫りにされることばないのかとか、どんな自然災害といえども、結局人間自身がもたらす災厄には劣るのだとか、いろいろ言いたいことはあるのだが、そんなことを言っている場合でもない。亡くなられた方々の霊が有意義にこの世から意識を離れて成仏され、また、災厄地は、一刻も早い復旧を祈ることにする。

踏切事故

user-pic
0

3月9日の朝は、電車の踏切事故で、私の出勤が影響を受けた。すなわち、朝の通勤時間帯に小田急江ノ島線の一部が不通になったので、仕方なく迂回した。以下、その事故に関する毎日新聞Webからの引用である。

大和市鶴間1の小田急江ノ島線の踏切で9日朝、電車と乗用車が衝突し、車に乗っていた女性2人が死傷した事故で、大和署は同日、死亡したのは同市の大平広子さん(46)と発表した。大平さんが車を運転していたとみられる。助手席にいた女性(61)は軽傷。

当時、遮断機は下りていたとみられ、車が踏切内に進入した経緯について調べる。この事故で、江ノ島線相模大野-大和駅間が約8時間にわたり上下線で運転を見合わせた。【吉住遊】

ところで私は、車なんて興味もないので運転免許ももたないでいたが、結婚して、家人がどうしてもというので渋々、30歳すぎて、土日コースで教習所に通った。なにしろ実技が下手で、教官に怒鳴られ、髄分時間がかかった記憶がある。実技があまりにも駄目なので、せめて学科授業は一生懸命聞いた。そこで学んだことは、運転で一番注意を要する場所は、交差点と踏切である、ということである。確かに交差点は、今でもはらはらすることがある。典型的には右折で、直進してくるバイクを見落としそうになったことが何度もある。左折は、右折よりましであるが、それでも、焦っていると、歩行者を轢きそうになることもある。

しかし、なんといっても怖いのは踏切で、私がよくやるミスは、遮断機が上がっているからと、線路を横切って踏切に進入したはいいが、渡った先で車がつかえていて、渡りきれない場合である。あれほど焦るものもちょっとない。なにしろ、車の後ろ半分が線路上に残っていて、にっちもさっちもいかないのである。それでも、今まで経験したケースでは、なんとか前の車が進んでくれて、電車が来る前に首尾よく渡れた。

その程度の初心者の注意力で運転しているとして、果たして、遮断機が下りているのに、車が踏切内に無理やり進入するものだろうか。意図的にそうする状況というのはちょっと思いつかないが、後ろの車に追われていて、カーチェイスする場合である。典型的には、パトカーに追われる、などである。確かにパトカーの追跡を振り切ろうとして無理な運転をして、事故になるケースはたまに聞くが、そういう逃亡で遮断機が下りているのを強行突破する例は、私は知らない。

ましてや今回の事故は、早朝で、交通量も少なく、どうみてもカーチェイスでなさそうな件である。そんな状況で遮断機が下りているのに、車が踏切内に無理やり進入するというのは、アクセルとブレーキを踏み間違えるくらいしか考えられないが、運転技能の低さで定評のある?私でさえ、20年以上運転していて、アクセルとブレーキの踏み間違えは一度もない。そもそも踏み心地が違いすぎるのである。

だから、このような事故は稀だよね、と言いたいところだが、実は結構な頻度で、遮断機が下りているのに、車が踏切内に進入するという事故は発生する。というのは、そういう事故があると、普通の人身事故と違って、電車が相当長い時間、最大半日以上も止まってしまって、つい新聞などで原因を確認するからである。

このような事故が単なる人的錯誤ではないのではないかとつい思うのは、自然霊に書いたことに基づく。すなわち、そこにある佐藤愛子氏がいうには、買い物に行って、スーパーの袋を提げて、踏切で待っていた少女がいた。スーパーの袋から、なにか物が落ちたので、拾おうとしてしゃがんだ瞬間に、その踏切で亡くなった人の霊である地縛霊に憑依されてしまった。そして、電車が来ると、遮断機をふらふらと越えて、そのまま事故死してしまったのだという。

どんなときに憑依されやすいかというと、誰かを恨んでいるとき、眠いとき、意識が上の空のとき、など。こんなとき、魔の踏切で信号待ちしているとやばい。無意識のうち、サイドブレーキを下げ、足がブレーキからアクセルの方に移る。そこに電車が来る。運転している人は、何が起こったのかわからない。何か事故があったらしいとわかる。救急車がくる。パトカーも来る。なによりも、電車は止まったままで、電車と衝突して大破した車が見える。ここはどこ、私は誰、誰かに話しかけるのだが、全く気づいてくれない。

読売新聞によると、アルツハイマー用貼り薬が開発され、販売される予定という。以下、引用:

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第1部会は21日、国内では初となるアルツハイマー型認知症の進行を抑える貼り薬の承認を決めた。早ければ今夏に発売される見通し。

貼り薬は、スイスを拠点とするノバルティスファーマのイクセロンパッチ(一般名リバスチグミン)と、小野薬品工業のリバスタッチパッチ(同)。背中などに1日1回貼り、皮膚から成分のアセチルコリン分解酵素阻害剤を徐々に吸収させる。飲み忘れなどを防止しやすいのが特徴。

アルツハイマー型認知症の薬は最近まで飲み薬1種類だけだったが、昨年11、12月に計2種類が承認された。貼り薬が加わったことで治療の選択肢が広がる。

以前にアルツハイマー型認知症の治療薬で述べたように、現在日本で認可されているアルツハイマー型認知症の治療薬は、アセチルコリンを分解する酵素の働きを阻害する成分のものだけである。だから、この路線に従い、この貼り薬も同様の成分である。

次世代のアルツハイマー型認知症の治療薬は、ベータアミロイド阻止型である。なぜ次世代のアルツハイマー型認知症の治療薬が期待されているかというと、アセチルコリン分解酵素阻害剤があまり効かないからである。それなのに、飲み薬でなく貼り薬というのだと、余計に効き目が低くないか。

それと、よく分からないのは、飲み忘れなどを防止しやすいというけど、では貼り忘れはどうなのか。同じことではないか。それが同じことで、効き目がさらに弱いなら、いよいよ意味がわからない。

あと、アルツハイマー発生の仕組みも再掲しておく。これによると、次々世代のアルツハイマー型認知症の治療薬は、ApoE4不活性化剤、あるいはAPP分断酵素阻止剤ということになるが、素人が下手なことを言っても仕方ないので、この辺にしておく。

読売新聞のWebによると、日、独、仏3か国の共同研究チームが、レアアースの代替素材として、有機材料を使用するセンサの開発に成功したという。以下、引用:

価格が高騰するレアアースの代替素材として、インクに含まれる有機分子を使うことで、世界最小、高性能の磁気センサーの開発に、千葉大の山田豊和・特任准教授(35)ら日、独、仏3か国の共同研究チームが成功したと発表した。

大きさ1ナノ・メートル(10億分の1メートル)の極小サイズながらセンサー感度は従来品の10倍にアップ。安価な材料でパソコンなどの小型化や高性能化が図れるという。

研究成果は、(2月)21日付の科学誌「ネイチャー・ナノテクノロジー」電子版に掲載される。

山田特任准教授らが開発したのは、パソコンなどのハードディスクの記録読み取り装置に使う磁気センサー。年々高騰するレアアースなどの代替品として、太陽光電池やディスプレーなどへの応用が進む有機分子に着目。インクや染料・顔料などに含まれているフタロシアニンを使ってみたところ、有機分子1個で磁気センサーの働きをすることを発見。センサー感度も10倍になることがわかった。

レアアースは、こちらに述べられているように、「産業のビタミン」とも呼ばれ、永久磁石や2次電池、研磨剤などには必須の素材であり、電気自動車がメインになってくると、ますます需要が増加する。

しかし、昨年の尖閣諸島沖での事件で、中国との関係が悪化し、レアアースの最大産出国である中国が、レアアース資源を外交の切り札として活用する姿勢をみせると、日本の関係各社は、中国以外の国からのレアアース輸入を考えるようになった。例えば、モンゴルなどである。

一方で、レアアース代替製品、あるいはレアアースを使わないでも済む製品が企画されている。上記の有機センサーも、その一環である。ただ、レアアースは、モーターのネオジウム磁石への使用がほとんどであることに鑑みると、少なくとも有機材料では、金属の磁性の改善はできないと思うので、非レアアース金属で、磁性材料としての代替を探ることになろう。

とはいえ、ざっと特許文献で調べる限り、あまり有意義なレアアース代替は見つからない。

Webの記事では、asahi,comの昨年9月30日の下記の記事が参考になる。

ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などのモーターに使われる磁石には、ネオジムやジスプロシウムなどのレアアースが使われる。独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は北海道大学とレアアースを使わないモーターを開発し、29日に発表した。

新型モーターには、酸化した鉄などでできたフェライト磁石を使用。磁石の力は弱いが、モーター内部の配置を工夫して、レアアースを使ったモーター並みの性能を発揮する。コスト面でも「磁石は、レアアースを使ったものの10分の1~20分の1ですむ」(北大の竹本真紹准教授)という。

新型磁石の開発は他の企業グループでも盛んだ。日立金属は、独立行政法人物質・材料研究機構と共同で、レアアースの使用量を減らし、代わりに銅合金を使った磁石の実用化を目指している。帝人と東北大は2007年から、鉄と窒素を使った強力な磁石を作る研究に取り組んでいる。

ともあれ、レアアースが当面貴重な資源である状況には変わりないようである。

受験の世界史でいくと、マルコ・ポーロと聞くと、「東方見聞録」とくるのだろう。アジアの国の王様に仕えてさまざまな東方の国を旅した経験を書いた記録を西洋に持ち帰った、くらいは世界史の苦手な私でも知っていたが、それ以上となると、詳しいことは全く知らない。そこで、手許にあった「マルコ・ポーロ」岩波新書、岩村忍著を読むことにした。この本の初版はなんと1951年、私が生まれる前である。道理で、活字が旧漢字なのであった。

さて、マルコ・ポーロはいきなり東方に旅行したのではなく、近親の先達がいた。それは、マッフェオ・ポーロと、ニコロ・ポーロ。伯父と父である。宝石商人だった二人は、1253年、コンスタンチノープルを目指して、ヴェネチアから出航した。ニコロの妻は妊娠していて、旅立つなはいささか気がかりだったが、妻を連れて行くのは、行く先の治安も不安で、残していくことにした。そのとき妻のお腹にいたのが、後のマルコなのだった。

首尾よくコンスタンチノープルに着いたマッフェオとニコロは、そこに6年いたが、十字軍が押しせくるなど、次第に治安が悪化したので、黒海に突出するクリミア半島の都市に移ったが、そこもあまり芳しくなく、そこで一旦はヴェネチアに帰ろうとしたが、海路は海賊が横行し、陸路は盗賊が跳梁するとあっては、先に進むよりなかった。そこで二人は、中央アジアを取り仕切るタルタル人、すなわち、モンゴル人と取引することにした。そして、馬にまたがり、北東に進んだ。そして、ヴォルガ河のそばのボルガラという町に着くと、チンギス・ハンの曾孫のベレケとその一行が駐屯していた。そこで商売してかなり稼いだので、ヴェネチアに帰ろうとしたが、ベレケとフラグ・ハーンの戦争が起こり、そのままヴェネチアへの帰路をとるのは危険であった。そこで、西トルキスタンに赴き、そこに3年滞在した。そこに通りがかったのが、元の王、フビライ・ハーンの使者たちで、ラテン人が珍しいので、元に同行して、首都にいかないかと誘った。当時に既に、マッフェオとニコロは、タルタル語、すなわち、モンゴル語に堪能だった。

フビライ・ハーンは、マッフェオとニコロに会うと、西欧の学者百人を連れてくるとともに、エルサレムの聖油ともってくるように命じた。フビライ・ハーンの使者である印を携行した二人は、安全にモンゴル帝国内を旅行し、ヴェネチアに帰ってきた。

ところが15年ぶりに帰ってみると、ニコロの妻は既に亡くなり、代わりに、息子のマルコが父達の帰りを待っていた。

マッフェオとニコロは、学者百人とエルサレムの聖油ともって、モンゴル帝国の首都カムバリーク(今の北京)に戻る使命があったが、それが果たせず2年の時をヴェネチアで待っていた。その理由は、教皇の地位が空位だったからである。だんだん待ちきれなくなってきたマッフェオとニコロは、見切りで、モンゴル帝国に戻る決心をした。しかし、折角なので、マルコも連れていくことにした。出発したのは、1271年のことである。そして海路、シリアの海岸を臨み、アークルという都市に着いた。

そこでローマ教皇使節の館を訪ねたが、まだ教皇の地位が空位のままだったので、教皇使節テオバルトに、一旦ヴェネチアに帰るようにアドバイスされた。

一向はヴェネチアに戻ってしばらくしてから再度、アークルのローマ教皇使節の館を訪ねた。そこで、エルサレムの聖油を貰い受けることの約束を得たので、エルサレムに行って実際に聖油を貰い受け、アークルに戻ると、テオバルトが教皇に就いたことを知った、そこで一行は、新教皇から祝福され、モンゴル帝国に向かった。

一行は、バグダッド、ペルシャを通って旅行したが、途中強盗に会い、同行した者たちの多くが殺されるという目にあった。マッフェオとニコロとマルコの三人は、なんとか無事だった。ペルシャ高原の砂漠を進み、東トルキスタンを経て、三年半もの期間がかかったが、なんとかフビライ・ハーンの許に着いた。

フビライ・ハーンは、マッフェオとニコロとマルコの三人に会うと、大変歓待し、特にマルコを近臣に加えた。こうして、マルコ・ポーロは、フビライ・ハーンの臣下として働くことになる。

マルコは、モンゴル帝国の言語であるタルタル語と、当時の国際語、ペルシャ語を使うことができた。そして中国各地を旅行し、その見聞を綿密に且つ冷静に記録した。また、地方官の任務も果たした。こうして、モンゴル帝国に来て17年が経つと、流石に故郷のヴェネチアが恋しくなった。そこでマッフェオとニコロとマルコの三人は、フビライ・ハーンに、帰国の許可を請うたが、言下に断られた。

しかし、ついにそのときがやってきた。意図せずにである。それは、ペルシャのイル・ハーン国からの花嫁の要請であった。フビライ・ハーンは、コカチン姫を選んだが、ペルシャまでは困難な旅程になると予想され、それならと、旅なれたマッフェオとニコロとマルコを同行させた。

大変な困難な旅行ののち三人がコカチン姫をイル・ハーン国に送り届けると、フビライ・ハーンの崩御の知らせを受けた。フビライ・ハーンからはカムバリークに戻るように厳命を受けていたが、フビライ・ハーンの崩御となっては治安は乱れ、また、最早三人を庇護する者はモンゴル帝国にいない。

こうして、マッフェオとニコロとマルコは、なんと25年ぶりに、ヴェネチアに戻ってきた。しかし、あまりの文化ギャップに当惑の日々であった。なにしろカムバリークは、ヴェネチアよりもずっと大都会なのであった。

マルコの手許には、モンゴル帝国やアジアを国々を旅したときの膨大なメモがあったが、それで直ちに東方見聞録を著した訳ではない。そのきっかけを与えたのは、ヴェネチアとジェノアの戦争だった。ヴェネチアの船に乗っていてジェノアの捕虜になったマルコは、獄中で暇なので、東方の話題を面白おかしく話していると、他の捕虜たちは飽きないで聞くのだった。それを聞いて本にしたのは、ルスティケロという者で、マルコ自身が書いたものではない。それが結局、東方見聞録になるのである。

ただ、マルコは膨大なメモを自宅に置いてきており、獄中での記憶だとあやふやな点が多々ある。それで、ヴェネチアとジェノアが講和して自宅に帰ったあと、東方見聞録を改訂したかもしれない。

マルコは、ヴェネチアとジェノアが講和して自宅に帰ったときまだ、独身であった。そこで、40歳過ぎていたが、ようやく結婚し、娘三人をもった。晩年は、金銭に吝嗇な商売人の根性を示した。

という、一見平凡な商人のようであまりに非凡な、マルコ・ポーロの話であった。こうしてみると、マルコ・ポーロの時代に、ヨーロッパから陸路中国まで旅することは、アルカイーダも国際テロリストもいなかったにせよ、今より決して安全でなく、よくマルコ・ポーロがその生涯をまっとうしたと驚くよりない。

ロイターによると、NASAの宇宙生物学者リチャード・フーバー氏が、隕石から、地球外のものだと思われる小さな化石化したバクテリアを見つけたという。以下、引用:

[ワシントン 6日 ロイター] 米航空宇宙局(NASA)の宇宙生物学者リチャード・フーバー氏は、3つの隕石(いんせき)から小さな化石化したバクテリアが見つかったとの報告書を発表した。これらの微小な生命体は地球外のものだと主張している。

同報告書は4日遅く、専門誌「コスモロジー」の電子版に掲載された。仮に内容が事実だと確認されれば、宇宙にはほかにも生命体が存在し、地球上の生命が太陽系内の別の場所からもたらされた可能性も示すことになる。

同誌は7日から紙でも発行されるが、今回の報告内容が議論を呼ぶことは必至で、編集者は別の研究者の見解も求めている。

フーバー氏は、粉砕した3つの隕石の内部断面に、シアノバクテリア(藍色細菌)に似た微化石の痕跡を発見したと主張。6日のロイターの電話取材に対し、これらの微細構造体には炭素が多く含まれており、窒素はほとんどなかったと説明した。

窒素が存在すれば地球上生命の兆候にもなるが、それがなかったことは、微細構造体内の窒素は遠い昔にガス状のものに分解していたことを示すとフーバー氏は主張。「炭素質の隕石内に非常に興味深いバイオマーカーがあることは長く分かっていたが、いわゆる地球外シアノバクテリアに非常に近い構造体の発見は、生命の存在が地球に限られたものではないことを示す点で興味深い」としている。

この記事をみて思い出すのは、これが宇宙生物学上の発見?である。それはなんとも、羊頭狗肉の単なる?砒素細菌であったが、隕石の内部断面にいた、シアノバクテリア類似の微化石の痕跡が、窒素を欠乏していたとなると、エイリアン細菌である線が強くなる。なぜなら、窒素は、砒素に代替された燐よりも地球生物にとってはるかに本質的だからである。

そこで、何度も使いまわして擦り切れているかもしれないが、ウィルスの飛来と、暗黒星雲を引用してみる。

あと、見落としてはいけないのは、ウィルスの飛来に関連して、はれほれさんが引用してくれたこの論文である。これによれば、対流圏の上層と、成層圏の下層から、紫外線に耐性をもつ細菌の菌種が見つかったのだという。これらの細菌は、寄り集まって紫外線に対する強い抵抗力を示すのだという。耐性菌の戦略を見れば、その程度の生き残り戦略に驚いていられないがしかし、細菌達に問いたいのは、おい君たち、なんでそんな強い紫外線の領域で頑張っているんだということである。

すると細菌達は、答えるのだろうか、「いや、風に乗って地上から、ここまで舞い上げられたんだよ。沢山の仲間たちは、紫外線で死に絶えてしまったが、僕たちはここで頑張って生き延びている。地上に降りたいけど、対流があって、ここに留まっているのさ。」と。

しかし、今回のNASAの宇宙生物学者の発見は、細菌達に次のように言わせるのだろうか。「僕たちは、太陽風にのって、宇宙からやってきたんだ。もともとどこかの星に居たのかもしれないが、あまりにも昔のことなので忘れてしまった。紫外線? そんなもの、宇宙空間では普通のことだから、平気さ。」

私は気が短いので、おいおい、宇宙生物学界よ、この辺でいい加減にパンスペルミア説を認めろよといいたくなる。すると、頭の中で聞こえてきたのは、Bob DylanのBlowing in the Windである。

How many years must a mountain exist. Before it is washed to the sea. ...

ガウス

user-pic
0

数学の王者といえば、なんといっても、オイラーであり、数学の悲劇の主人公といえば、文句なくガロアであるが、数学の鉄人といえば、やはりガウスであろう。

ところが、その偉大なる業績の割には、ガウスは素人受けしないせいか、手近な伝記がなかなかない。素人受けしない証拠として例えば、ちゃんとした理工系の大学を出ているのに、あまり数学そのものに興味がない友人に、ガウスって知っている?と聞くと、ああ、高校で習ったガウスの記号だよねと答える。それは、実数の整数値を返す記号なのだが、あの程度がガウスの業績だと思われていたりする。数楽者としては、返す言葉もない。

そうやって手近な伝記がなかなかないので、とりあえず、数学セミナーの2011年2月号の「数学の小窓」の記事から、ガウスの伝記についてメモしてみる。

カール・フリードリッヒ・ガウスは、1777年、ドイツのブランシュヴィックに生まれた。子供の頃から、栴檀は双葉より芳しで、3歳のとき、職工だった父の給与の計算間違いを指摘したり、例の有名な話で、7歳のとき、1から100までの足し算を一瞬で解いた、ということがある。そういう天才も、二十歳過ぎれば只の人、ということはよくあるが、ガウスに限って、才能は終生翳らなかった。

ガウスの家庭のことにもう少し言及すると、父、ゲルハルト・ディートリッヒは、煉瓦工や庭師をしており、計算が得意だったので職工長として週末給与計算していたのである。ガウスには兄ゲオルクがいたが、先妻の子で、ゲオルクは7歳で母を喪ったのだった。そしてガウスは、後妻のドロテア・ベンツェの唯一の子供だった。父は粗野な職工だったし、母も文字が読めなかった。精神的な才能は遺伝しないという私の説を裏付ける。

1から100までの足し算を一瞬で解いた、というのは、聖カタリーナ国民学校でのことであった。そこはもともとは、鞭で躾けるような厳しい学校であったが、ガウスの才能を見抜いたビュットナー先生はガウスを別格扱いし、高度な数学の本を取り寄せるとともに、数学を教えるために、ガウスより7歳年上のバーテルスを助手としてつけた。バーテルスは、ガウスに教えつつ自らも学び、その後ゲッチンゲン大学に進学して、カザン大学とドルバット大学の教授までなった。ガウスが才能を伸ばす上で、バーテルスの功績は小さくないに違いない。

父、ゲルハルト・ディートリッヒは、当然にガウスにも職工を継がせたかったが、バーテルスらが必死に説得して、1788年でギムナジウムに入学した。優秀なのは数学だけではなく、ギムナジウムで最優秀学生に選ばれた。ここでもバーテルスが動き、ガウスは、宮廷で、ブランシュヴィック公国のフェルディンド公に面会することができた。フェルディンド公は、ガウスに、奨学金を約束するとともに、対数表など数冊の本を与えた。その対数表が、素数定理の発見につながるのだから、わからないものである。

ガウスは1792年に、コレギウム・カロリスム(現在のブランシュヴィック工科大学)に入学し、ニュートン、オイラー、ラグランジュの本などを勉強した。

ガウスは、対数表を駆使して、わずか15歳で素数定理を予想した。例の、xまでの素数の個数π(x)が、ほぼx/log xに等しいという、あまりにも非自明な予想である。計算の好きなガウスのことだから、実際に延々と手計算して確認してみたに違いない。しかも当時から正規分布や最小二乗法も駆使していた。この年齢で、これほどのことを成し遂げていた人は、数多の数学者といえども、いないのではないだろうか。

1795年にガウスは、ブランシュヴィックを離れ、ゲッチンゲン大学に入学する。ゲッチンゲン大学といえば後年、ヒルベルトなど錚々たる数学者が集った場所であるが、当時は、ガウスを指導できる数学者はいなかった。指導されるどころか、ガウスは既に、押しも押されもしない一流数学者であった。

そして1795年、自らが後年になっても愛してやまなかった平方剰余の相互法則を発見した。1798年には、主著「数論考究」の原稿をほぼ完成させていた。ゲッチンゲン大学を卒業すると、ガウスはまた、ブランシュヴィックに戻り、フェルディンド公の希望により、ブランシュヴィック公国内のヘルムシュタット大学に博士論文を提出するのだが、そのテーマがなんと、代数方程式の解が、複素数の範囲で閉じているという、「代数学の基本定理」なのだから、凄すぎて、感嘆の言葉もない。

数論や代数学がメインであったガウスの興味は、1801年になって、天体観測に向かう。同年、パレルモ天文台のピアッツィが発見した謎の天体の観測結果が公表された。それで多くの人が観測結果に基づく予測位置をパレルモ天文台に送り、ガウスも参加したが、ガウスの結果だけが他の人と違っていた。ところが、オールバースが観測したところ、ガウスの予想した位置に天体ケレスが発見され、ガウスは注目を集めることになった。

そんなガウスといえども、数学マシーンではなかった。1805年に、幼馴染のヨハンナ・オストフに恋をし、1805年10月に結婚に至った。まさにガウスの至福のときである。ただ、1806年に、庇護者のフェルディンド公がナポレオンとの戦闘で戦死し、ガウスは他に職を求め、ゲッチンゲン大学の天文台長と天文学の教授の職を得た。この職には終生あった。

家庭的には、1806年に長男ヨーゼフ、1808年に長女ヴィルヘルミーナ、1809年に次男ルイスを授かり幸福の絶頂になるが、なんと1809年に、愛妻ヨハンナは亡くなり、翌年次男も亡くなってしまう。ガウスの悲嘆、いかばかりかであろうか。そこでガウスは、父親のように慕っている天文学者オールバースに、しばらく自分のところに来てくれるように頼んだ。

ガウスはその後、ヨハンナの親友だったミンナ・バルデックと再婚し、1811年にオイゲネ、1813年にヴィルヘルム、1816年にテレーゼと三人の子供をもうけた。再婚は、初婚ほどうまくいかなかったようである。アインシュタインと逆である。ミンナが1831年に亡くなったあと、最後までガウスの面倒をみたのは、末娘、テレーゼだった。

ガウスの業績に戻ると、既に述べた数論、正規分布、最小二乗法、代数学の基本定理、天体計算の他に、複素平面のアイデア、複素関数論、ガウス・ボンネの定理などで知られる曲面論、楕円関数論、超幾何級数など多岐に亘って、オイラーほどではないにしても、全貌を見渡すのは大変である。

ガウスは、ガロアはスキップして、リーマンあたりに影響を与えているような気がする。また、偉大な先達、オイラーから何ほどのものを受継しているのかも、自明ではない。

私が将棋の天野宗歩の凄さを実感できないのは偏に将棋が弱いからであり、噂には聞くけどガウスの凄さも、どうしても実感できないのは、数学が下手すぎるからである。半端者の数楽者は哀しい。

茂木健一郎氏が、クオリア日記で、京都大学などのカンニング事件について述べていたので、私なりにコメントしてみる。

今回の京都大学をはじめとする入試における「カンニング事件」は、いろいろな意味で心が痛む。

京都大学が被害届けを出し、「偽計業務妨害罪」でカンニングをした学生が逮捕されるに至ったことに、強い違和感を覚えるものである。

その理由の第一は、「大学の自治」、「学問の自由」にある。

入試の「カンニング事件」に心が痛むのは同感である。また、京都大学が「偽計業務妨害罪」で被害届けを出したのがやりすぎというのは、理解できないでもない。しかし、「大学の自治」、「学問の自由」をここで持ち出すのはどうだろうか。

例えば、大学の寄付集めに書いたように、東大といえども、資金集めに躍起となっている。善悪はともかく、企業社会に対する依存性を強めている。そのような状態で、「大学の自治」、「学問の自由」を持ち出すのは、全共闘世代の乗りかもしれないが、最早時代錯誤ではないだろうか。

一方で、筑波大学データ改竄事件のような事件も頻発している。法治国家の下で設立された大学が、必要に応じて法的手段に訴えるのは、当然の権利ではあるまいか。

入学者をどのように選考するか、という問題は、「大学の自治」の根幹にかかわるものと考える。どのような資質を持った人から、大学を構成するかということは、大学における学問、研究、教授の基礎をなすものであり、大学が、もっとも大事にしなければならない点である。

1952年の「東大ポポロ事件」に見るように、かつては、大学の自治はもっと大切にされ、さまざまな議論があったと思う。今回の事件において、京都大学の関係者が「被害届け」を出してしまったことは、「大学の自治」の点から疑問である。日本の大学が、大きく変質してしまったことを感じる。

おそらくであるが、大学において、アドミッションよりも、入学した後の教育の方が重要であろう。イタリアの大学は、その1つの姿である。今のような入試制度では、というよりも、どのような入試制度を採ろうとも、不適切な学生も入学することは避けられない。それでも、京大は、入試の厳密さを維持することに対する意思表示として、法的手段をとったのであろう。

また、「日本の大学が、大きく変質してしまったことを感じる。」であるが、それは仕方がないし、当然であろう。totally different from the days as used to beである。何が違うかというと、大学の大衆化、インターネットによる情報の流通、国際化等である。以前は強かった、大学と、大学の外の間の「浸透圧」はほとんどゼロになってしまった。そこで、半世紀前の「学問の自由」をもちだすことは、時代錯誤である。

第二に、教育者の立場からの配慮に欠けているという点である。

19歳の予備校生は、追い詰められていたのだろうと推測する。「心療内科」の情報を求めていたという報道からも、心的に不安定な状態にあった可能性が高い。

それは私も同意であるが、おそらく、京都大学は、携帯でリアルタイムに試験問題をWebに投稿するという大胆な手口に驚き、法的な対策を講じたのであろう。妥当性は分からないが、常識で考えて、著しく妥当性を欠くとは考えにくい。

茂木氏の言いたいことはおそらく、京大は、携帯を使った新規な手口のカンニングだからといって慌てず、普通のカンニングと同様に警察沙汰にしないで内輪で解決してほしい、それが大学の自治だということなのかもしれないが、これは大学の自治とは関係ないし、インターネットがらみのカンニングの大きさに鑑みると、京大の対応もやむをえないだろう。なお、早大と立教大、警視庁に被害届を出したという。

日本技術貿易のWebの情報によると、米国特許訴訟は、2009年の2,744件に対し、2010年は3,605件。861件の増加であるという。それはおそらく、主として特許虚偽表示の訴訟であるマーキングトロールのせいであるという。

そこで、マーキングトロールとは何か、みていきたい。先ず、なんとかトロールという言い方であるが、知的財産の分野で最初に使われたのは、パテントトロールという言い方である。私のブログでは、パテント・トロール対策会社で言及した。すなわち、パテントトロールとは、倒産した会社、その他から特許を買い取って、それでもって他社に特許侵害訴訟を吹っかける、あるいは高いライセンス料を請求することを目的とする会社であって、米国では社会問題化している。

特許権がらみで他社を訴えるという意味では、マーキングトロールは、パテントトロールと似ているが、マーキングトロールは、特許虚偽表示を追及するものである。

それではなぜ、特許虚偽表示が生じるのだろうか。それは、米国特許法独自の規定があるからである。すなわち、米国特許法287条によると、侵害者に対して損害賠償を請求するためには、特許番号を製品に記載しなくてはならない。ただ、このような特許表示をしていなくても、警告を行うことで、警告後の損害については賠償を請求できる。それでも、早期からの損害賠償を請求するためには、製品に特許番号を付しておくのが有利である。

一方、米国特許法292条によると、虚偽に特許表示をした者は、500ドル以下の罰金を課せられる。特許を受けていないにもかかわらずpatentと書くと虚偽表示になるし、特許を出願してもないのにpatent pendingと書くのも虚偽表示に該当する。

なんの、正しい特許番号を記載していれば問題ないのではないかと言うかもしれないが、そこで出てくるのは特許権の権利切れである。米国特許の権利は出願から20年と決まっているので(存続期間の一部放棄などによって早期に切れることもある。あるいは特許維持年金の支払いを停止することで、早期に権利は終了する。)、適切であった特許表示が、権利切れになって不適切になることがある。それを虚偽表示と呼ぶかどうかは解釈が分かれるところであるが、ともかく、最早正しくない特許表示になってしまっていることは確かである。そこで、米国特許法292条を根拠に、それを虚偽表示だと訴訟を起こすのがマーキングトロールである。始末が悪いことに、米国特許法292条に基づく裁判は、誰でもできる。そこがマーキングトロールの狙い目である。

それなら、特許権利者は、特許権が切れそうになったら、製品の特許表示を消してしまえばいいではないかということになるが、ことは簡単ではない。というのは、たとえば、プラスチック製品に特許表示を入れるためには、プラスチック製品の金型に特許表示を刻印しなくてはならないが、金型は一度製作すると、極めて高価なので、当分使いまわすことになる。特許権が切れたので金型を作り直すというのは、コスト的に引き合わないことが多い。

よって、マーキングトロールは、ターゲットを探すのに事欠かないということになる。しかし、訴えられる方は堪ったものではない。というのは、米国特許法292条によると、虚偽に特許表示をした者は、500ドル以下の罰金というが、すると、たった10ドルの製品毎に500ドルの罰金を課せられるということがありえる。その製品が何十万個も出荷されていたら、その一つ一つに500ドルの罰金を払っていたら、場合によっては、いっぺんに倒産である。だから、社会問題として、マーキングトロールは、パテントトーロルよりも深刻でありえる。

もちろん米国の司法界はこれに手を拱いているわけではなく、米国特許法292条において、訴訟適格を、「競争上の損害」を現実に被った者とするという案も出たが、廃案になった。妥当な案だと思うが、マーキングトロールの案件で稼ぎたい、弁護士界からのロビーだろうか。もしそうなら、それこそ、ユース・バルジ理論で論じたロイヤー・バルジである。

私見では、権利存続時から正当に特許表示していて、権利消滅後公衆を欺く意図がなかったことを、あまり厳密でない要件で示せればいいのだと思われる。ただ、どのような規定にするかは難しい。

それでは、日本の特許法ではどうか。まず、次のような条文がある。

(特許表示)
第百八十七条  特許権者、専用実施権者又は通常実施権者は、経済産業省令で定めるところにより、物の特許発明におけるその物若しくは物を生産する方法の特許発明におけるその方法により生産した物(以下「特許に係る物」という。)又はその物の包装にその物又は方法の発明が特許に係る旨の表示(以下「特許表示」という。)を附するように努めなければならない。

さらに、虚偽表示については、次のような規定がある。

(虚偽表示の禁止)
第百八十八条  何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
一  特許に係る物以外の物又はその物の包装に特許表示又はこれと紛らわしい表示を付する行為
二  特許に係る物以外の物であつて、その物又はその物の包装に特許表示又はこれと紛らわしい表示を付したものの譲渡等又は譲渡等のための展示をする行為
三  特許に係る物以外の物の生産若しくは使用をさせるため、又は譲渡等をするため、広告にその物の発明が特許に係る旨を表示し、又はこれと紛らわしい表示をする行為
四  方法の特許発明におけるその方法以外の方法を使用させるため、又は譲渡し若しくは貸し渡すため、広告にその方法の発明が特許に係る旨を表示し、又はこれと紛らわしい表示をする行為

しかし、日本の特許法の範囲では、特許表示の欠如がどのような不利益をもたらすか、また、虚偽表示にどのような罰則が課せられるか明らかではない。おそらく、特定の損害をもって、民法的な不法行為としての損害賠償、刑事的な詐欺としての追訴の根拠を与えるに留まるのではなかろうか。

このことを1つとってみても、日本では、ロイヤー・バルジが跳梁しにくい法制度ではないかと推察されるが、それは法制度というよりも国民性なのかもしれず、私のような素人が能く議論しえるところではない。

PEAR

user-pic
0

"PEAR"で普通にGoogleサーチすると、"PEAR - PHP Extension and Application Repository"であったりする。それに対して私の興味が絶無であるということでもないが、ここでは、Princeton Engineering Anomalies Researchに言及することを意図している。

これは、「投影された宇宙」マイケル・タルボット著、川瀬勝訳、春秋社で紹介されていた、ロバート・G・ジャーンによって1979年に設立された、日本語で言うと、プリンストン変異現象研究所である。ジャーンは、プリンストン大学工学・応用科学部名誉学部長であり、深宇宙推進力学の権威であり、NASAと国防省のコンサルタントを務めた。

ジャーンはもともと正統科学者であり、超常現象など認めていなかった。ところがある日、学生から自由研究で念力の研究をするので指導教授になってくれないかと依頼された。渋々応じてみると、思いもかけない結果が得られて、結局、プリンストン変異現象研究所を設立するに至った。このあたりの柔軟性は、ちょっと日本の大学や研究所では考えられない。これに比肩しえるとしたら、ソニーの超能力研究くらいであろうか。尤も、旧ソ連で、軍事目的で超能力が研究されていたのは公然の秘密である。

最初の研究は、ランダム・イベント発生器で無作為に数字を発生させて、それを意識でコントロールするものであった。ランダム・イベント発生器は、放射性物質の自然崩壊のような、人間のコントロールできない機構を用いているので、本来その結果は予測できない。しかし、被験者が意識して数字を念じると、統計的に有意な偏りが生じた。そのことは例えば、この論文に記述されている。また、多くの球が仕切りに落ちていく仕組みを作って、意識で球が落ちる場所を被験者に念じさせた。これもまた、統計的に有意な偏りを生じさせた。

プリンストン変異現象研究所の論文は、こちらにあるとおりである。すなわち、人の意識と機械の間の相互作用、遠隔知覚(remote perception)などが研究された。

ところが、こちらの発表にあるように、プリンストン変異現象研究所は、2007年に、ジャーンやダンという創始者たちの初期の目的を達成したとして閉鎖され、国際意識研究所(the International Consciousness Research Laboratories (ICRL))に引き継がれることとなった。

ICRLの研究課題は、プリンストン変異現象研究所のそれを継承しつつも、下記のように、広がっている。

  • Experiments in anomalous human/machine interactions and remote perception;
  • Theoretical models that dialogue effectively with the empirical data;
  • Acoustical properties of ancient ceremonial sites and contemporary environments;
  • Cognitive archaeology and sacred landscapes;
  • Biophoton emission and its relationship to intercellular communication;
  • Anomalous earthlight phenomena;
  • The evolution of conceptualizations of consciousness;
  • Eastern and Western traditions and practices relating to the role of consciousness in mind/body health;
  • Human/animal communications.

そこで、ICRLを折に触れて眺めて、場合に応じて記事にしてみよう。

もうニュースに上がることもないが、島根県立大生バラバラ殺人事件は世間から忘れ去られてしまったのだろうか。

あまり思い出したくないかもしれないが、私の過去記事を並べてみる。

  1. 女子大生死体遺棄事件:これは、この事件の初出の記事で、2009年11月 7日付けである。バラバラ殺人事件が報道され、行方が知れない同大学の先輩男子学生が疑われていた。
  2. 女子大生遺棄事件の推理:これは、2009年11月10日付けである。ここでもまだ私は、大学のサークルの先輩という男性が犯人だと思っていたようである。
  3. 島根死体遺棄事件の続報:これは、2009年12月 4日付けである。ここでは既に、大学のサークルの先輩という男性の線はなくなっている。ここで、被害者の平岡さんの靴が見つかったということと、4輪駆動で色はベージュ、フロント部分にグリルガード(カンガルーバー)が付いていた、という不審車の線が出てきている。これだけの特徴があれば、陸運局に問い合わせれば不審車の持ち主はかなり絞れるので、犯人逮捕は間近と思われた。なにしろ、新宿のような都心ではなく、人口密度の低い島根県浜田市なのである。
  4. 島根死体遺棄進展なし:これは、2009年12月30日付けである。ここで、局面が膠着状態に陥っていることを俄かに感じてくる。将棋でいえば、簡単に攻めつぶせると思っていたら、実は難解で、もしかして入玉で持将棋に持ち込まれる虞もでてきたということである。

この記事を改めて書いたのは、この島根県警察の情報提供のお願いを発見したからである。この情報提供のお願いの「情報提供のお願い」をあえて引用してみると、次のとおりである。

  • 犯人と思われる人を知っている、あるいは不審者(車)を見た方はいませんか。
  • 平成21年10月26日午後9時ころ、浜田市内のゆめタウンイズミに買い物に行かれた方、あるいはお近くを通られた方はいませんか。
  • 平成21年10月26日から11月6日の間に臥竜山に登られた方はいませんか。
  • 平成21年10月26日ころ、浜田市内で黒と白の横縞模様の服を着ている女性を見た方はいませんか。
  • 被害者の物と思われる服や所持品を見たことがある方はいませんか。
  • その他事件に関係すると思われることを知っている方はいませんか。

ううん、なんと基本的な「お願い」なのだろうと唸ってしまう。警察は、こんなベースのところで苦吟しているのだろうか。これの捜査特別報奨金は上限300万円、期間は平成23年2月26日から平成24年2月25日まで。あと約一年。意味のある情報は果たして集まるだろうか。そもそも、上記のお願いに有意義な回答しえる人のうち果たして何人がこのURLを発見するだろうか。

先日、南木さんから戴いたコメントに対して、物理学の究極原理はどこまで行っても絶対明らかにならないと私は思っています、と私は回答したが、改めて考えてみると、湯川秀樹は、そんなに遠くない将来、物理学の究極原理が解明されるのではないか、と示唆していたと思いだした。出典を明示できないので、根拠が怪しいが、そういう考えも以前からあるのは確かである。

実際、19世紀の、量子論があらわれる以前は、ニュートンの法則と、マックスウェルの方程式で、宇宙の森羅万象が解明できるというのが、学会の主流の意見だった。また、アインシュタインは、重力理論と電磁理論の統合で、究極の法則に到達できると信じた。だからもしかして、物理学の究極原理なんて到達できるわけがないという意見は、20世紀後半から主流になってきた、ということもありえる。

しかし、少し冷静になって考えれば、物理学の究極原理に到達することは無理であることが、容易に分かる。以前に書いた知性の限界理性の限界と重複することを懼れず、簡単にまとめてみよう。神の存在のように、重いテーマをあっさり書いてしまうのが私の売り?である。

  1. まず指摘すべきになのは、人間の感覚の限界である。これについては、エルンスト・マッハの「感覚の分析」という優れた書物があるが、不勉強と能力不足で、この本はほとんど理解できていないので、ここでは触れない。ともかく、人間が見ることができる光の波長の限界、聞くことができる音の周波数の限界、行くことができる場所の限界(月に行くのがいまのところせいぜいであるが、私は、それさえもあやしいと思っている)がある。もちろん人類は、いろいろな観測機器を開発して、感覚の限界を克服しようとしてきたが、それは所詮、予め生来の感覚のパラダイム内で観測を拡張するだけてある。
  2. 次の限界は、高エネルギー物理学という文脈でのエネルギーの限界である。すなわち、雨後の筍のように、スーパーストリング理論に様々な変種があらわれてはそれぞれが煌いているが、そこに適者生存の選択の原理が働かない1つの理由は、理論の検証するために必要なエネルギーのレベルが、現在の設備で実現可能なレベルに比較して桁違いということがある。それで結局、スーパーストリング理論では、言いたい放題のアナーキーな世界が現出している。
  3. 次の限界は、場合の数的限界である。これは、大数の法則的限界、あるいは、もっと分かりやすく?いうと、ヒュームの経験論批判的限界である。すなわち、人間が観察した有限の事象から帰納的に得られた法則はどうしても、不完全たらざるをえないのである。
  4. 次の限界は、人間の想像力の限界である。物理学の理論なるものは結局、人間の思いつきに依存している。だから私は、懲罰によるコントロールに、「皮肉でなく、優れた物理学者は、日常論理を超えた漫才師の素質が必要である。」と書いた。すなわち、物理学の理論なるものも結局、数学的に武装されているかもしれないが、少し込み入った笑いのネタ程度のものなのであり、お笑い芸人ならずとも、そこに限界をみてとるに違いない。ちなみに、ボグダノフ事件で言及した論文こそはまさに、究極のお笑いネタである。
  5. 次の限界は、人間がいる場所の限界である。すなわち、この銀河系の、地球という星の環境にあって物理法則を作ったが、果たして、これが他の環境で、シリコン生物が屯するとこでできた理論だと、どれほど別の理論になっただろうか。
  6. 最後に理論そのものに胚胎する困難である。これについては、ゲーデルでもチャイティンでも連れて来いということになる。これは論理的困難と呼ぶべきかもしれないが、理論は精緻に構築されればされるほど、分かりやすい(分かりにくい?)矛盾を呈してしまうのではあるまいか。言い換えると、物理学の原理の究極性が、非究極性を促進してしまう、ということになる。ここらあたり、わざと粗雑な言い方をしたが、それをいちいち指摘する物好きな人もいないだろうと高をくくっておく。

そもそもが、物理学の究極原理なんて到達できないということは直感的に明らかなので、なんと無駄な説明なのだろう、ともいえるのであった。

3月2日は将棋界の一番長い日、すなわちA級順位戦の最終日だった。そこで私は、その日の朝、棋友に次のようなメールを送った。

私の独断と偏見の勝敗予想を書いてみます。たまたまですが、後手番がすべて勝ちの予想です。
● 木村一基 三浦弘行 ○
● 高橋道雄 藤井 猛 ○
● 森内俊之 久保利明 ○
● 丸山忠久 渡辺 明 ○
● 谷川浩司 郷田真隆 ○
この結果、挑戦は渡辺、降級は木村と丸山、というものです。

では実際どうなったか。
● 木村一基 三浦弘行 ○
○ 高橋道雄 藤井 猛 ●
○ 森内俊之 久保利明 ●
○ 丸山忠久 渡辺 明 ●
● 谷川浩司 郷田真隆 ○

なんと、5局の予想のうち、当たったのは2局だけで、それなら目をつぶって選んでもそれくらいは当たるのであって、予想の価値はゼロである。また、挑戦は森内、降級は木村と藤井だから、当たったのは降級の木村だけである。

そこで、外れた言い訳をしてみる。先ず、高橋vs藤井であるが、実は私は、谷川を4タテで破って竜王位に就いたときから藤井のファンであって、あの居飛車崩しの藤井システムにも憧れてきた。一方の高橋はというと、キャラが地味で、どうも私としては印象が薄い。A級を全敗で落ちて、B級1組も降級しそうになったことがあったころから、完全に峠を越え落ち目の棋士だと偏見をもっていた。だから、贔屓目もあって、高橋vs藤井は、藤井勝ちと予想した。ところが、分かっているのだが、高橋は、A級を全敗で落ちた頃の高橋ではなかった。なんでも、高橋は、奥さんと意見が合わず、離婚してからめきめき強くなった。おそらく、家族サービスを免れて、余った時間をすべて将棋に投入したのだろう。一方の藤井は、藤井システムが研究され尽くしてから、自分独自の世界がなくなった。そこでアイデンティティを失って苦しむ姿が感じられる。どうも将棋も、あまり型を決めない方がいいらしい。こうして降級する藤井は、A級に戻れるかどうか分からなくなってきた。

次に、森内vs久保。ここで、久保勝ちと予想したのは、何しろ棋王、王将の二冠だし、今乗りに乗っているからである。一方の森内は、今期途中7連敗もあったし、本調子でなかった。しかし、私は、森内の順位戦の鬼性を軽視していた。今回の久保との将棋も、茫洋とした形をうまく収束させた。終盤ぎりぎりになったが、きっちり余した。

次に、丸山vs渡辺。これは文句なく、渡辺が勝つと思っていた。何しろ、勢いが違う。あの羽生に対して竜王を防衛し、棋王に挑戦し、ここまで6勝2敗と、初のA級を勝ち進んできた。一方の丸山は、今期は冴えない。3勝5敗と降級の危機である。そしてこの最終戦。丸山が先手で、渡辺が後手、両者得意の角換腰掛銀模様となった。終盤、渡辺の方が模様がよさそうだったが、62飛と丸山が、角取りに打った飛車が渡辺を悩ませた。渡辺は、豊富な持ち駒を使って猛追したが、届かなかった。丸山は、頭のてっぺんに冷却シートを貼って頑張った。丸山の辛さがよく発揮された。こうして、渡辺の名人挑戦は、少なくとも1年後までお預けとなった。羽生は、さぞかし安堵したことだろう。

そして挑戦は森内。羽生は、なんとかなると思っているだろう。18世名人と19世名人。どちらも永世名人有資格者なので、そこはいまいち気合は入らないかもしれない。

ズバリ、予想は、羽生の4-2での防衛というものだが、なにしろ、上記のように、まるっきり予想をはずしてしまうので、私の発言は、鴻毛より軽い。軽さついでに戦形も予想してみると、矢倉と相懸、そして角換。居飛車系になりそうである。ただ、羽生は、勝ち越すと、余裕のごき中もありえる。しかし、やはり、羽生対渡辺を見たかった、というのが本音である。

入試内容流出の続報であるが、産経新聞によると、京都大など4大学の入試問題が試験時間中にインターネットの質問サイトに投稿された事件で、山形県の高校を卒業し仙台市の予備校に通う男性が関与していた疑いがあるという。以下、引用:

京都大など4大学の入試問題が試験時間中にインターネットの質問サイト「ヤフー知恵袋」に投稿された問題で、山形県の高校を卒業し仙台市の予備校に通う男性(19)が投稿に関与していた可能性が高いことが2日、捜査関係者への取材で分かった。投稿に使われた携帯電話の契約内容や受験状況から浮上した。京都府警は捜査員を派遣し、近くこの予備校生や家族から事情を聴く方針。

府警は今後、投稿方法を調べるとともに、ほかに協力者がいなかったか慎重に捜査。同時に偽計業務妨害容疑での立件の可否や、立件する場合は強制か任意のどちらで捜査を進めるか検討する。

捜査関係者によると、サイトへの投稿は4大学の入試問題ともNTTドコモの同一の携帯電話が使われていた。府警はサイト運営者のヤフーから携帯電話の識別番号の提供を受け、NTTドコモに契約者情報を照会。この結果、山形県に住む予備校生の親の名義で契約されていたことがわかったという。

ここであれっ?と思うのは、3月2日の産経新聞の下記の記事と整合しないことである。

京都大などの入試問題が試験時間中にインターネットの質問サイト「ヤフー知恵袋」に投稿された問題で、京都府警が、投稿に関与したのは東京の男子高校生2人とほぼ特定したことが2日、捜査関係者への取材で分かった。京大の受験生の答案の中に、「ヤフー知恵袋」に第三者から寄せられた回答と酷似した答案があったことや、携帯電話の発信記録などから総合的に判断したとみられる。

ここでの疑問は、以下のとおりである。

  1. 単独犯なのか、複数犯なのか。
  2. 犯人は、山形県の高校を卒業し仙台市の予備校に通う男性なのか、それとも、東京の男子高校生2人なのか、それとも両方なのか。
  3. 両方なら、それぞれの役割分担はなんなのか。

さらなる疑問は、真の動機はなんなのか、ということである。まさか、これで首尾よく合格できると本当に思ったわけではあるまい。もしそう思ったら精神がまともではない。

一方、各大学の受験者名簿から、4大学とも受験している予備校生がいることが判明。府警が各大学に依頼し、答案用紙の内容を調べたところ、サイトに寄せられた回答と酷似しているものが含まれていた。

こうした状況から、府警は予備校生が投稿にかかわっていたと断定。予備校生が普段使用している携帯電話から直接サイトに投稿されていたため、予備校生が試験中に自ら投稿した可能性が高いとみられる。

すると、少なくとも、山形県の高校を卒業し仙台市の予備校に通う男性の線は疑う余地ないということになる。

各大学から被害相談を受けた府警と警視庁は、一連の投稿行為により、大学側が答案のチェックなど新たな業務を強いられたことから、偽計業務妨害容疑に当たる可能性があるとして、投稿者の特定を進めていた。

ところで、偽計業務妨害とは、下記の刑法の条文のことなのだろう。

(信用毀損及び業務妨害)
第二百三十三条  虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

ここで「人」とは、大学当局のことで、「偽計」とはカンニング行為、「人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した」というのは、ここでは、入試の信用を毀損し、又はその業務を妨害したということなのだろう。

で、仮定だが、もし京大入試で監督が杜撰で、カンニングし放題ということになると、受験の能力に欠けるのに、カンニングを使って入る学生が増える。どんな大学でも、駄目な学生はいるので、また、優秀な学生はプライドがあってカンニングなんて絶対しないので、それによって学生のレベルが著しく落ちはしないかもしれないが、少なくとも、京大入試の権威は落ちる。例えば、京大卒ですといえば、普通なら尊敬されるのに、入試の監督が杜撰という風説が立つと、京大卒というラベルの価値が著しく低下する。それは絶対に避けるべきことなので、各大学は、入試のカンニングを警戒し、見つかったら厳罰をもって臨む。

しかし、社会学的には、大学入試のラベリング効果もまた、困ったことである。例えば、「そんなの関係ねぇ」の小島よしおが最近、慶応大学を受験して落ちたという。小島よしおは、早稲田大学教育学部卒で、なんでいまさら慶応を、というと、ここで慶応大学に受かっておくと、早慶制覇ということで、クイズ番組に出演するとぐんと価値が高まるのだそうである。実に下らない。何も慶応大学で勉強する必要はない。単に合格するだけでいいのである。中退でもいい。だから、ホリエモンは、東大中退でも自慢する。

こうして、試験監督を強化しなくてはと対策を打つ大学は、なんのことはない、結果的に学歴のラベリング効果を後押ししているだけなのである。本来、入学後の学生の教育に費やすべき人的・資金的リソースが入試対策に取られている。

結局、くだんのカンニング学生は、ラベルに目がくらんで刑事罰に該当して責任を負い、大学当局は、そして社会は、これを機会に一層、学歴というラベリングを強化するであろう。

再生医学

user-pic
0

読売新聞によると、理化学研究所が、iPS細胞から網膜の細胞を作り、サルの目に移植することに成功したという。以下、引用:

様々な組織の細胞に変化するiPS細胞(新型万能細胞)から網膜の細胞を作り、サルの目に移植することに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターのチームが成功した。

人に近いサルでの成果により、iPS細胞を使った世界初の臨床応用に近づいた。3月に東京で開かれる日本再生医療学会で発表する。

高橋政代チームリーダーらは、カニクイザルの皮膚からiPS細胞を作り、視細胞に栄養分などを補給する「網膜色素上皮細胞」に変化させ、縦1ミリ、横2ミリの細胞シートを作製。サルの網膜の裏に移植した。約2か月たった現在も異常はなく順調に定着している。

サルの実験では、慶応大が人間のiPS細胞を使い脊髄損傷の治療に成功している。ただし脊髄損傷では神経細胞に変化する途中のものを使う。網膜では、完全に変化した少数の細胞で治療が可能なため、実用化が近いと期待されている。

なるほど、まだ実験段階と思っていたiPS細胞は、着々と実用化に向けて進歩しているようである。その当面の、あるいは最大の応用は再生医学という次第である。ヒトの治療に適用される日も遠くないのだろう。

ただ課題は、当面、少数の細胞の塊で済むような脊髄損傷や網膜の治療に限定されていることである。胃や肝臓のような大型臓器や、脳神経などに適用されるのは、もっと先なのだろう。

それと、素朴な疑問は、「iPS細胞(新型万能細胞)から網膜の細胞を作り」とあるが、一旦汎化したiPS細胞を、どうやって、ある特殊な細胞に再び特化させるのだろうということである。何か専用の薬品を使うのだろうか。あるいは、既存の特殊な細胞に接触させるのだろうか。そのあたりが一切書かれないのは、それこそ秘密のノウハウなのだろうか。専門的すぎて、素人向けには書けないということでもないような気がする。

ちょっと前の記事であるが、知人から紹介してもらった産経新聞Webに、将棋連盟の米長会長の八百長談義があったので、抜粋しつつコメントしてみる。

私は大相撲をこよなく愛している。まず、この点だけは、はっきりさせておきたい。そのうえでの提言である。角界には相当に耳の痛い論調だとは思うが、世間の厳しい目線の中では最も温かさが滲(にじ)み出たものだと解してほしい。

本当か、米長会長が女性をこよなく愛している話は何度も聞いたが、大相撲をこよなく愛しているなんて聞いたこともない。だいいち、いままで読んだ彼の文章にほとんど相撲が登場していない。

全ては花だ。秘すれば花とか、念ずれば花開くとかいう。ゴルフでは石川遼、野球ではイチロー、自民党では小泉進次郎。相撲界では貴乃花である。貴乃花を相撲協会の理事長代行兼改革実行委員会委員長に指名することが第一手だ。貴乃花への拒絶反応は親方衆の大半にあると思うが、そこをあえて乗り越えてほしいものだ。

自分が、将棋連盟の華だといおうとしているのだろうか。

暴力、野球賭博と続いたが、本人たちの不注意、不見識から来るものであり、当人たちの処分で済んだ。ただ、処分された者、実名が出た者にはなぜか貴乃花に近い者が多かったのは偶然だろうか。相撲界は左寄りで、「タカ派ばかり目の敵にしている」と嫌みの一つも口にしたいところだが、ここは、冗談だよ冗談、と言って煙に巻いておいた方がいいようだ。

そうなんだろうか、相撲界の中の貴乃花攻撃の一環なのだろうか。それにしては、相撲界全体に影響が大きいではないか。

将棋界には八百長はない。これは日本将棋連盟会長の私が断言する。米長哲学が浸透しているからである。「自分には消化試合であっても、相手にとっては一生を左右するほどの大勝負には全力投球すること。それができない者は、この世界では見放される」。この教えは、小中学生の頃にプロ志望している子どもたちにも、骨の髄まで浸透しきっている。であるから、将棋界には八百長はない。

八百長の定義にもよるが、勝敗に情を含めるという意味だとすると、将棋界には八百長はないなどといえるはずがない。一種の心裡留保だろうか。ただ、わざと負けるという意思表示が、裁判にもたえる証明可能なかたちで残るという厳密な八百長の定義を採用するなら、ないといってもよいだろう。

棋士は将棋の先生であり、対局料が出るし各棋戦に出場する権利と義務がある。三段は見習い生で対局料もゼロ、先生方の記録を取ったりお茶を出したりで、当日は1万円の日給が出る。中学生の先生の記録を20歳過ぎの見習い生が取ることもよくあるし、不思議だとかプライドがどうだとかの話は誰からも出たことがない。

問題は三段リーグ。17局終わったとして18局目は一斉対局だ。当然、この一局に勝てば昇段し、相手は消化試合というケースは毎回ほとんどであろう。かかる時は必ず勝たねばならぬ。自分が優勝する一局以上に命を懸け戦わねばならぬ。これが米長哲学である。棋士は、将棋に命を懸けているのである。盤上には神が宿っている。土俵とて同じであろう。勝ちと負けの二つだけを一対一で争うから潔く、神事なのである。その意味で、八百長などは神を冒涜(ぼうとく)する最たる行為だと知るべきだ。7勝7敗の相手と千秋楽で当たったら「必ず勝つ」という信念を、力士たちに徹底してたたき込むことが、一番大切だと信じている。

それは理念であって、実態ではない。米長哲学は、稀に出現する「神話」に過ぎない。

公益財団法人になれるかどうかも重要だ。だが、もはや時間がない。今度だけ一般財団法人にし、そのうえで、"待ったの時間"を特例として許してもらいたい。高い税金を払い、身を以(もっ)て荒波にもまれ、全員一丸となって立て直しに邁進(まいしん)してほしい。公益財団法人にしてもおかしくないという自浄作用が世間に認められたとき、公益を申請してはどうか。国技といわれるのであれば、そうしてこそ初めて、この団体にのみ特別措置がとられるのではあるまいか。

それは、相撲が一般財団法人に成り下がった隙に、将棋連盟が公益財団法人の座を狙おうとする、米長一流の策略なのだろうか。もし相撲協会を手玉に取れるなら、流石、米長会長と賞賛することにする。

読売新聞によると、若者人口の割合が高まれば戦争や内戦の原因になるとする「ユース・バルジ(若者急増)」理論が注目を集めているという。以下、引用:

チュニジア、エジプトの政変を機に、若者人口の割合が高まれば戦争や内戦の原因になるとする「ユース・バルジ(若者急増)」理論が注目を集めている。

2003年の著書「自爆する若者たち」(邦題)で同論を唱えた先駆者の社会学者グナル・ハインゾーン氏(67)(ドイツ・ブレーメン大学終身教授)=写真=にアラブ諸国について分析を聞いた。

「ユース・バルジ」の目安は、15~29歳の男性人口が男性人口全体の3割を超えたとき。既存の社会で能力を発揮できる場が圧倒的に足りなくなる。若者に残された道は海外移住、対外侵略、テロ、革命、内戦だ。世界に植民地を築いた欧州諸国は、今のアラブ諸国と同程度の「ユース・バルジ」をかかえていた。

チュニジアでは、これ以上、動乱は拡大しないだろう。長期間の流血に耐えるだけの若者がいないからだ。一方、20歳代の割合がもっと高いイラク、イエメン、アフガン、パレスチナ自治区ガザ地区は今後も戦争や内戦が絶えないだろう。シリア、サウジアラビアも混乱の恐れがある。

エジプトで、選挙を通じて新政権に参加できる若者は運動指導者だけだ。ポストに就けないことが明らかになった若者たちが、指導者を「民主主義への裏切り者」として反発を強めることも考えられる。少数派のキリスト教徒迫害や、反イスラエル・ナショナリズムに基づく危険な対外行動があるかもしれない。

(以下、略)

このような人口分布で社会の動きを説明するのは、ある意味デフレの正体と似ており、ものすごく自明なことを言っているようにしか聞こえない。血の気の多い男子があぶれて、騒乱をもたらすというのだから。しかしもし、「チュニジアでは、これ以上、動乱は拡大しないだろう。」という予想が当たるなら、この理論も少し光彩を帯びる。

一方、もし日本の人口分布を分析して、日本の若者が減ってくることにより、日本は近隣国に動乱を仕掛ける力はないといえるなら、是非日本も分析してほしい。しかし、多くの若者が腑抜けのように見えるのもやはり、減少した人口分布の圧力のせいなのだろうか。すると、分析は、社会学というよりもむしろ、人口統計力学とでも呼ばれるのが妥当となる。

別の切り口として、若者の人口比率が多いことが騒乱を招くことをユース・バルジと呼ぶなら、弁護士が増えて訴訟が増えることはロイヤー・バルジと呼ばれるべきで、まさに米国がそういう状態である。

それなら、と私は問う。日弁連に書いたように、日本では弁護士の大幅増員が図られたが、全然ロイヤー・バルジになっていないではないか、と。

それは、(私が勝手に考えた)人口統計力学によると、米国の弁護士が、フェルミ・ディラック統計に従うのに対して、日本の弁護士が、ボース・アインシュタイン統計に従うからなのである。フェルミ・ディラック統計に従うと、系のどの二つの粒子を交換を交換しても、系の状態の反対称性は保たれる。すなわち、裁判で、原告の代理人と、被告の代理人を入れ替えると、判決が全く逆になる、という意味で、反対称性が維持される。

一方、ボース・アインシュタイン統計に従うと、日本の弁護士は、ある程度人数が増えると、ボース・アインシュタイン凝縮を引き起こして、超流動状態になる。弁護士が百人いても、凝縮して、一人しかいないのと同等となる。日弁連の意図は、弁護士のソサエティに、ランダウ・ギンツブルグの状態を導入することにあったのである。

人口統計力学がなかなか強力な理論であることがご理解頂けた(?)と信じる。

もう3年ほど前、吉田正和のことを書いた。そのとき、吉田正和は、奨励会三段リーグで11勝1敗と突っ走っていた。そこで順調に四段になれるかと思ったら、後半よれて次点、次の三段リーグでも次点、しかしともかく、吉田は、フリークラスでプロ四段になる選択権を得た。さてどうするか、フリークラスの権利を蹴って、順位戦に参加できる正式な四段に挑戦するか。そうしたのは、今をときめく佐藤天彦だった。一方、同様に2回の次点で結局フリークラスでプロ四段になったのは、今をあまりときめいていない伊藤真吾である。

結局、吉田正和は、迷った挙句、フリークラスでプロ四段の道を選んだ。ところが吉田は、アマチュア時代にあの清水上を一閃で破った男、私が見込んだだけのことはあって、わずか2年4ヶ月でフリークラスを脱出し、次期C級2組順位戦から参加する権利を得た。

ところで、フリークラス脱出の規定は、次のどれかである。

  1. 年間対局の成績で参加棋戦数プラス8勝以上で、且つ勝率6割以上。
  2. 良いとこ取りで、30局以上の勝率が6割5分以上。
  3. 年間対局数が(参加棋戦数プラス+1)×3以上。
  4. 全棋士参加棋戦優勝及びタイトル戦挑戦。

この条件のどれかを満たしていままでフリークラス脱出を果たしたのは、伊奈祐介六段、伊藤博文六段、瀬川晶司四段で、吉田は、2の条件を満たして晴れて、4人目のフリークラス脱出となった。それにしても、4の条件はあまりにも難しすぎないか。なお、フリークラスは、10年以内に脱出できないと即引退となる。

吉田は、アマチュア時代に、19歳で朝日アマ名人になった。その頃、アマチュアには無敵だった。清水上を一閃で破ったのもその頃である。だから奨励会に入ってもすぐにプロになれるかと思ったら、流石に甘くなかった。それでも、わずか2年4ヶ月でフリークラスを脱出は、並ではない。また、最近では、王位リーグにも入った。

そんな吉田だが、最近では、FXの世界に興味をもっているという。あとの趣味は、北陸を中心とする旅行くらいである。

しかし、ここまで書いてきてふと不思議と思ったのは、私は、吉田正和のファンでもなんでもなく、特にその戦績に一喜一憂している、というとこともない。「年上の女性が好きなんです。けっこう甘えん坊なので」とあっても、あっそう、で終わりである。それなのに2度までもブログに書くとは、自分の深層心理というのはわからないものである。

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。