2011年4月アーカイブ

永遠のゼロ

user-pic
0

今まで、のぼうの城天地明察など、一連のベストセラーを紹介され、単なる衒いでベストセラーを避けてきた私も、騙されたと思って読んでみると、確かに面白いのであった。当たり前か。

しかし、今回友人に紹介された「永遠のゼロ」百田尚樹著、太田出版は、私にとって特別な感慨を与えるものであった。

理由は、私の戦記好きによる。例えば、遠い島ガダルカナル一木支隊の生き残り陸海軍の名将酒巻少尉など、少なくない数のブログ記事がある。

だから、「永遠のゼロ」のモチーフである、日本軍の愚かさ、特攻の不合理さは私にはかなり既知であるつもりだが、「永遠のゼロ」の構成にはうなった。あまりにも斬新で奇抜なのである。

物語は、若い姉弟が、戦死した祖父の生き様を知る一連のインタビューからなる。すなわち、その祖父は祖母の最初の夫で、今の祖父は祖母の再婚相手なのだった。戦死した祖父の生き様を知るため、姉弟は、かつて戦死した祖父のことを知る元軍人を訪ねて話を聞く形をとる。

そこで聞く話は、ある程度戦記に馴染んだ私には、必ずしも新規な話題だけではないが、まず興味深いのは、私がかつて読んだ内容が、あたかも本当に戦争を、戦闘を、空中戦を、実体験した老人の一人称の話として活き活きと蘇っていることである。そこで日本軍の愚かさが語られるとき、一層身につまされるものとなる。そして、死んだ仲間への思い、特攻の志願の葛藤など、思いが押し寄せてくるようである。

しかし、そこまでなら、よくできた戦記ものにとどまったであろう。「永遠のゼロ」の一番の特徴は、宮部久蔵という、本書の主人公たる戦死した祖父の特異な性格にある。宮部久蔵は、卓越したゼロ戦乗りだった。それだけなら単なるヒロイックなストーリーである。しかし、宮部久蔵は、臆病者と呼ばれる軍人にあるまじきキャラクタであった。戦闘にあって常に、生き延びることを第一義にする。それは、帝国海軍にあって唾棄すべき存在とみなされる。

それでも宮部久蔵は、超一流のゼロ戦戦闘スキルと、軍人にあるまじき礼儀正しさで、多くの軍人の注意をひきつけてきた。

宮部が生き延びたいと強く願ったのは、故郷に残した愛する妻と娘のためであった。誰もが本音で思い、言いたくてもいえないその本音を、宮部は臆面もなくつぶやき、その都度非難され、軽蔑にさらされてきた。

宮部はまた、囲碁のプロを目指して修行したこともある経歴をもっていた。従って、ほとんどセミプロの棋力であった。その棋力をもって、日本は戦争を、将棋として闘おうとしていたと分析する。まるで信長の桶狭間の戦いを理想とするかのように。しかし、戦争はあまりにも、将棋より囲碁であった。部分の勝利ではなく、全局で勝たなくてはならないものだった。特に太平洋は巨大な碁盤であった。

しかし、戦局が悪化するにつれて、宮部の生き延びたいという希望が貫徹されるのがいよいよ困難になってきた。特攻作戦が組まれるようになってきたからである。こういう宮部の視点からみることで、日本軍の不合理さと酷薄さがより浮き彫りにされる。

そういう様々な戦記の内容を含んで、「永遠のゼロ」は、涙なしでは読めないストーリーとなっている。しかし、「永遠のゼロ」はそれだけではない。最後は推理小説仕立のどんでんがえしで終わるのであるが、こういう読書メモにおいて、プロットを明かすわけにはいかない。

また、宮部久蔵のような軍人は、誰かモデルがいたのだろうか。それとも、作者の創作なのだろうか。おそらく後者なのだろうが、多くはないが、いかにも本当に随所にいそうなキャラクタである。いや、いてほしかったというべきか。

興味がある方は、是非とも御読みいただきたい。まず期待を裏切らないと思う。そして、戦争の意味、生きる意味、特攻を志願すること、なにかのために死ぬこと、日本軍の驕り、不完全さ、勇気とはなにかなど、さまざまなことを考えることになるだろう。

ダイヤモンド・オンラインに、放射線生物学者として1986年に起きたチェルノブイリ事故の汚染除去作業を指揮したナタリア・マンズロヴァ氏へのインタビューの記事があった。以下、適宜引用・要約しつつコメントしてみる。

――福島原発事故が起きたときに何を考えたか。
ナタリア・マンズロヴァ(Natalia Manzurova)
生物が放射線から受ける影響を研究する放射線生物学者。チェルノブイリ事故の後、5年間にわたり汚染地域の放射線量の測定し、汚染物質を地面に埋めるなどの事故処理作業を指揮した。この仕事に従事した他の科学者13人全員は癌(がん)などで亡くなり、自身も2度の甲状腺がんを患った。1997年に放射能汚染の被害者の権利擁護活動を行うNPO「チェルノブイリ・ユニオン」を設立。放射線生態学に関する記事を多く執筆し、国際的な環境・人権擁護団体などと共に被爆者支援活動を続けている。
チェルノブイリ事故処理作業に関わった科学者は皆、福島原発事故の報道を見て、「第2のチェルノブイリ」が起きたと思っただろう。私たちはチェルノブイリ事故には肝をつぶすほどに驚いたが、まさかこれほどまでに深刻な事故が日本で起こるとは夢にも思わなかった。

確かに、それが率直な感想だろう。

世界はチェルノブイリ事故の教訓から何も学んでいないということだろう。これまで行われたチェルノブイリ関連の検査や調査研究などの結果はすべて公表すべきである。

ううん、そうまで決め付けるのはどうか。

――あなたの研究所はチェルノブイリ原発のすぐ近くにあったというが。
ソ連では1957年に初めて原子力発電所の事故が起きたがその直後、放射線が水、植物、鳥、動物などに与える影響を研究調査するための研究所が設立された。私はそこで70年代半ばから約10年間働き、汚染地域の放射線量測定や生物影響に関する調査などを行っていた。そしてチェルノブイリ事故が起こり、モスクワ政府から研究所の他の科学者13人といっしょに事故処理作業に加わるように言われた。

放射線生物学者が、原発事故の処理作業を依頼されるのはちょっと筋が違うような気がするが、旧ソ連であってみれば、仕方がないか。

チェルノブイリでは原発から30キロ圏内を「放射線危険ゾーン」としたが、私の研究所のあったプリピャチはその危険ゾーンの中心部に位置している。実際、私の研究所の建物の窓から原子炉が爆発炎上するのが見えた。原発の近くには集合住宅があり、庭のベンチに座りながらその光景を見た人もいた。集合住宅の庭では子供が駆け回ったり、自転車に乗ったりして遊んでいた。近くの川で魚釣りをしている人もいた。当初、住民たちは放射線被曝の危険性をまったく知らされず、何の警告もなされなかった。

危険ゾーンのなかでは植物が枯れ、動物が死に命あるものすべてが影響を受けた。放射能は動物の脳にも影響を与え、通常は人に寄りつかないキツネが近づいてきたり、気が狂った犬が人を攻撃したりした。

また、近くには幼稚園もあったがそこにいた子供たちに何が起こったか、いまどこにいるのかとても心配だ。

明らかに、ソ連政府は、適切な退避の処置をとらなかったようである。もともと人命軽視の体質はあった。

――チェルノブイリの事故処理作業はどのように進められたのか。

チェルノブイリ事故では原子炉の建屋や制御室が爆発炎上し、大量の放射能が放出された。崩壊した原子炉の事故処理作業には軍隊の他、刑務所を釈放された囚人などの作業員が大量動員された。放射線量が高すぎて、1分以上作業を継続できないような場所もあった。

私たち科学者チームは汚染地域内のあらゆる場所の放射線量を測定したが、線量が高すぎて機器が壊れてしまい、軍用の測定器を使った。

危険ゾーン内ではアパートやオフィスビル、家具などあらゆるものが大量の放射能に汚染されたため、作業班はこれらを解体して軍用トラックで運び、地面に埋めた。軍人のなかには放射線量が高すぎる場所での作業を拒否する者もいた。

また、近くには青々と茂った松林があったが放射能を浴びて赤く枯れ、まさに「レッドフォレスト」と化した。汚染された松林から放射性物質が漏れないように、ヘリコプターで空から大量の特殊接着剤が撒かれた。

ううん、想像するだに大変な放射能汚染である。

――放射能汚染地域での作業は健康被害が心配だが。
 作業を始めてしばらくして、科学者チームメンバーのほとんどが体調不良を起こした。インフルエンザにかかったときのように高熱が出て体が震え、全身の筋肉が痛んだ。また、突然の眠気に襲われたり、異常に食欲が増して常に何かを食べていないと我慢できないような状態になったりした。体のなかの良い細胞がどんどん減り、悪い細胞が増殖しているのを実感した。

なるほど、現実問題は、若い細胞が死に絶えているのだが、そう感じるのだろう。

――あなたの研究所から作業チームに加わった科学者14人のうち、あなたを除いて全員は亡くなったというが。

その通りだ。私たちは皆チェルノブイリ事故によってすべての国民が放射能汚染にさらされることを懸念し、作業チームに加わったのだが、不幸にも癌(がん)などにかかり、命を落とした。

私自身も作業を始めて3年後に甲状腺がんが見つかり、甲状腺の半分を切除して摘出した。そして5年間の作業を終えて家に戻った時は40歳だったが、その後3年間はひどい体調不良で仕事はできず、ほぼ寝たきり状態だった。

甲状腺がんも再発し、2度目の手術で甲状腺をすべて切除してしまったため、今はホルモン剤治療を受けながら、なんとか生きている。

ううん、なんと悲惨なのだろう。よく生き延びたといえる。放射線障害に強い体質だったのだろう。

――チェルノブイリ事故の死者は4千人と報じられているが、実際には100万人が死亡しているとの報告書も出ている。どちらが正しいのか。

真実は誰にもわからない。しかし、どちらが真実に近いかと問われれば100万人の方だろう。当時、ロシア、ウクライナ、ベララーシ各共和国では医療制度はモスクワ政府の管理下にあった。多くの医師は、患者が放射能汚染が原因と思われる癌などで亡くなったにもかかわらず、死亡診断書にそれを書かなかったことがわかっている。

チェルノブイリ事故の処理に当たった勇気とその後の艱難には頭が下がるが、「100万人が死亡」というのは、ありえるのだろうか。広島・長崎の原爆の被害者の合計より多いではないか。そうなるメカニズムは説明されなくてはならない。

――福島原発の放射能汚染による健康被害はどこまで拡大するかと思うか。

福島原発の原子炉からの放射能漏れが完全に止まった時点で汚染地域の放射線量などを測定してからでないと、全体的な健康被害の規模を予測するのは難しい。

たとえば、一定量の毒物を入れたコップの水を一気に飲めばすぐに死ぬかもしれないが、それを毎日少しずつ飲めばしばらくは元気でいられるかもしれない。しかし、それでも毒は少しずつ体に蓄積され、いずれ命の危険にさらされるだろう。健康被害が早く出るか遅く出るかの問題である。

日本政府の人たちは汚染地域の住民と直接会い、彼らの目を見ながら話をするべきだ。そして放射能の影響を受けた子供や妊娠中の女性がこれからどうなるかを真剣に考え、対策を講じることだ。

一定量の毒物を入れたコップを少しずつ飲むという比喩が、放射線にあてはまるのかどうか分からない。ただ、作業員や住民に対する最大限の注意が必要というのは、確かである。

学生将棋

user-pic
0

私が大学で将棋部に在籍していた1970年代後半の頃は、基本的に学生棋士は、社会人アマチュアの強豪棋士に勝てなかった。例えば、私が在籍していた将棋部で、部内最強でもちろん私が全然歯が立たない先輩が、将棋道場に行って全く勝てない人がいるという。それは誰ですかと聞いたら、黒木正剛といういかにも強そうな名前である。後に宮崎県代表になっているので、宮崎県から仕事で福岡に来ていたのかもしれない。

で、そのときせいぜいアマ三段程度で、レギュラーにもなれていない私は、アマ強豪というのはどんだけ強いんだ、と気が遠くなりそうだった。しかし、その黒木正剛が全く勝てない、三崎巌とかいう神様のように強い人が北九州にいると聞いた。それでまた、どんだけ~とうなった次第である。

その後、縁あって大阪の会社に勤務し、京橋将棋センターにある正棋会というところに通うようになったときも、アマ強豪は岩のように強いという先入観があり、自分は全く通用しないではないかという不安は一杯だった。ところが実際に指してみると、意外に勝てる。なんのことはない、大阪には強い人は沢山いるが、そうでもない人も沢山いる、ただそれだけのことだった。それで、つい甘くみて俺は意外にやれるのではないかと思ってしまうのは私の悪い癖であるが、それが見事に粉砕されるのにあまり時間はかからなかった。すなわち、沖元二、長谷興民、小林正美の大阪三強はまさに岩だったし、その周辺にも私が勝てない強豪がごろごろいた。

ところが、ちょっと目を引いたのは、沖元二、長谷興民、小林正美の大阪三強とほぼ五分近く張り合っている学生強豪がいたことである。それは、同志社大学の野山知敬で、なんとあの沖元二の振飛車に、棒銀戦法で勝つのである。そこで、学生はアマトップクラスに勝てないという私の先入観が修正を迫られることになった。

で、分かったのは、もちろん野山君(私の方が年上なので、こう呼ばせていただく。彼とは微妙に知遇がある)の棋才はすばらしいと思うが、もし彼が福岡にいたらここまでは強くないだろう、というものである。福岡は決して田舎ではなくむしろ大都市の条件をみたしているが、しかし、福岡では、沖元二、長谷興民、小林正美のような強豪の胸を借りることができない。また、東京や大阪のような都会が有利なのは、そこにプロ棋士が沢山いることである。なにかの機会に、プロの卵である奨励会の棋士に教わることもできる。本に書かれていない凄い変化も披露してもらえる。だから、そういうところにいると、学生といえども、アマトップに食い込むことは不可能ではないと感じた。

それでも、野山君のようにアマトップと張り合える学生は極めて稀だった。だから、アマチュアの大会で学生が上位に入ると、それだけで話題になった。

それでもじりっしりっと、将棋の棋力の年齢格差・地方格差が減っていった。それは偏に、よい棋書が発行されるようになったからである。プロ棋士が、最新の、正しい変化を書いてくれるようになった。まるで受験勉強のように棋書を読み、実戦で鍛錬すると、地方にいても、若くても、アマトップに上りつめらるようになった。大学将棋部の畏敬する後輩、古賀一郎君は、昭和62年にアマ名人になった。また、大分の早咲氏は、自分で棋譜を並べて強くなったようであるが、大分在住なのに文字どおり不動のアマトップである。

こうして、層の厚さはともかくとして、トップクラスのレベルに関しては、地方格差はなくなったと思うが、学生より社会人の方が強いということはずっと続くと思っていた。なぜなら、学生として将棋部で将棋を指すが、当然に学生にいる間に棋力の最高レベルに達するわけではない。むしろ、社会人になって、仕事の合間に将棋を指して(将棋の合間に仕事?)、アマトップにのぼりつめるのである。遠藤正樹氏などその典型である。遠藤氏は、東海大学の将棋部時代、たしかに知られた強豪であったが、学生においてもトップクラスではなかったはずである。

ところが、それさえも変わってきたと感じざるをえない。すなわち、学生トップクラスが、アマチュアトップクラスを抜き去ってしまったのである。それはどういうことか。根拠は、リコー杯アマチュア将棋団体日本選手権である。リコー杯は、社会人側が職団戦Sクラス優勝チーム、学生は学生王座戦団体戦優勝チームが出てくる。文字通り、社会人最強と、学生最強の激突である。

上述のように私は、社会人将棋は、学生将棋の発展形であるので、流石に社会人将棋の方が強いだろうとずっと思っていた。実際リコー杯も、第17回までは、社会人が11勝6敗と勝ち越していた。ところが、下記のように第18回以降、最近の第23回まで学生の6連勝で、ついに通算でも、学生が12勝11敗と勝ち越してしまった。

  • 第18回 NEC 2-5 東京大学
  • 第19回 リコー 3-4 立命館大学
  • 第20回 NEC 2-5 東京大学
  • 第21回 リコー 2-5 東京大学
  • 第22回 NEC 3-4 東京大学
  • 第23回 NEC 1-6 立命館大学

第23回大会のasahi.comの記事を引用してみる。

NECは清水上(しみずがみ)徹・朝日アマ名人らアマ強豪ぞろい。しかし、三、四、六将が相次いで敗れ、大将の清水上選手も苦杯をなめて敗退した。副将の加藤幸男・元朝日アマ名人が意地をみせたが、結果は1勝6敗。

清水上選手を破った横山大樹選手は、自分たちの強みを「チームワークの良さ」と言った。隣で戦う味方の士気を下げないように不利でも容易に勝負を投げないことを心がけている。「技術面では社会人にかなわない。でも、一緒に活動する時間が長く、強い絆が生まれている」という。

ううん、学生らしからぬ謙虚な発言ではないか。

しかし、社会人やプロ側の見方は少し違う。

清水上選手は「学生では昔はせいぜい1人、2人が突出していたが、今は層が厚い。ネット将棋の普及も理由かもしれない」とみる。「現代将棋は情報戦の要素が強い。めまぐるしく進化していて、若手向き」と話す関係者もいた。

審判長の屋敷伸之九段は、立命館大の勝負術の高さを指摘した。「バランスがとれ、攻守ともスキがない。中盤と終盤の瞬発力の良さもあり、多少、分が悪くても勝負に出る」

社会人の「完敗」と総括したNEC将棋部出身の瀬川晶司四段は「学生の6年連続勝利は偶然でない。レベルが上がっていることの証し」と語った。(新谷祐一)

リアリティは、これが実力そのままの結果なのである。しかし、清水上の、「現代将棋は情報戦の要素が強い。めまぐるしく進化していて、若手向き」という発言も面白い。私が学生の時代は確かに、頼るべき情報が豊富でなく、すると、長年の勘が活きていた。だから強さのピークは、大学を卒業して、30台に差し掛かる頃だったりした。しかし今は、日進月歩の情報にどっぷり浸かれる学生が有利のようである。

学生は、最近の定跡に長けているだけではない。粘り方や中終盤の戦い方などの勝負術もプロの棋譜などを通して学んでいる。しかもそれは中学程度で相当なレベルにある。例えば、私が大学生の時代は、高校将棋チャンピオンといっても大したことがなかった。大学将棋部でせいぜい中堅クラスであった私にさえそんなに簡単に勝てなかった。しかし、最近の学生は、大学に入学した時点で既にアマチュアトップクラスである。立命館大は、高校時代から活躍していた選手ばかりを選りすぐっている。そんなルーキーでも、NECのベテランに臆せず向かっていって、しかも多少不利でも粘って逆転したりする。どちらが老練なのかわからないほどである。

それにしても学生で、東大と立命館大が交互に出場するというこの現状は何だろう。一芸入試のように強豪を集める立命館大が強いのは分かるが、関東学生棋界で以前最強を誇った早稲田が最近出ないのはどうしたことだろう。また、どうして東大がそんなに強くなったのだろう。もともと確かに東大将棋部は強い方だが、あまり勉強しなくなったのかな、などといろいろ考えてしまうのであった。

放射線障害

user-pic
0

放射線障害に関する考察は、当然に放射線の影響での議論で尽きている訳ではなく、折に触れていろいろ考えている。例えば、広島原爆資料館のページには、次のような内容が書かれている。

原爆の特徴は、普通の爆弾では起こらない放射線の影響によって人体に大きな被害が加えられたことです。広島に落とされた原爆の放射線の影響は爆心地から半径2、3キロ以内、特に900メートル以内にいた人に致命的な影響を与え、その多くは数日以内に亡くなりました。
 また、爆発後市街地が大火災になるとともに、強烈な火事嵐や竜巻が起こり、市の北西部の地域に「黒い雨」が降りました。この黒い雨の中には放射能を含んだススやホコリなどの放射性降下物が多量に含まれていたため、遠い所にまで放射線の影響が及びました。
 爆発後には、長時間にわたって地上に残留放射線が残り、直接には被爆しなかった人でもその影響を受けた人もいました。

私が驚くのは、「その多くは数日以内に亡くなりました」という記述である。すなわち、その記述は、わずかながら、その激烈な放射線の環境を生き延びた人がいた、ということを示唆する。放射線の影響に書いたように、短時間のうちに650万マイクロシーベルト以上の放射線に曝されると、死亡率は100%なのである。どう考えても、原爆投下直後の爆心地の放射線量が650万マイクロシーベルト以下だったとは思えないのだが。

実際、次のような記述が広島原爆資料館のページにある。

山下博子(やました・ひろこ)さん=当時18歳=は、6歳の弟と爆心地から800メートルにあった大手町の自宅1階で被爆しました。被爆後、2人はなんとかメチャメチャになった家の外に出ようとしました。彼女は体に37カ所もけがをしましたが、幼い弟は無傷でした。無傷だった弟は、21日まで元気にしていたのですが、突然高熱を発しました。たくさんの髪の毛が抜け落ち、その後激しく吐血(とけつ)し亡くなりました。
それからまもなく、お母さんが博子さんの髪をとかすと、いとも簡単に毛が抜け落ちました。当時の人は、髪の毛が抜けることは死が近いことを意味すると言っていたので、博子さんは弟と同じ運命なのだ、とあきらめていました。しかし、博子さんはその後驚くべき回復を見せ、後遺症に苦しみながらも47年に結婚。彼女の髪もだんだんと元どおりになっていきました。
何度か外科手術を受けましたが、彼女はいつも「弟の短い人生を償うためにも、一生懸命生きなければ」と勇気を出して生きようとしています。

なんと、山下博子さんは、爆心地から800メートルで被爆して、生き延びた。そんなことがありえるのだろうか。しかも、髪が抜け落ちるという典型的な放射線障害の症状を呈していて、普通は死期が間近であることを示唆する。それでも回復して生き延びたのは、よほどの放射線耐性の高い特異体質なのだろうか。

山下さんの弟さんは、被爆しても15日間は元気だった。このことは、強度の放射線障害であっても、瞬時という意味の急性障害にはならないことを意味する。すなわち、放射線は、細胞のDNAを破壊するが、それはその後の細胞の分裂時に効いてくるのであり、赤血球や白血球、その他出来合いの細胞の働きは当座は影響を受けない。

山下博子さんが生き延びたのは、放射線の影響で述べたような細胞のDNA修復機能、アポトーシス機能、あるいは肝機能などを駆使した、修復機能が強い体質だったのであろう。平均的な放射線障害修復機能の持ち主では生き延びれないはずである。

一方、弟さんが亡くなったのは、状況から考えてどうしようもないと思うが、それでも、もし仮に遺伝的に山下博子さんと同様の放射線障害修復機能をもっていたとしても、より若年であったことが災いしたのだろう。いかなる意味でも、より若い方が放射線障害としては不利である。細胞の分裂がより盛んであるからである。

こうして、一定の割合で耐放射線障害が大きい特異体質の人がいることが分かる。それは、酒に強いなどの性質と似ているのかもしれない。サリンなどに象徴されるように、化学毒は一般に、放射線障害より急性且つ激烈である。それは、人間が、放射線によって撹乱されるところの情報的マシンであるよりまえに、化学的マシンであるからであるが、それでも、怪僧ラスプーチンの青酸カリ耐性などの例もある。

それと何かの記事で、ドクダミが放射線障害に効果があると読んだことがある。その真偽のほどは明らかでないが、原爆で被曝した人がドクダミを摂ることで症状を軽減したとあった。Webによると、ドクダミの有効成分は、ケルシトリン、デカノニールアセトアルレヒド、ラウリンアルレヒド、メチルノニルケトンなどであり、生理作用としては、利尿作用、血行促進などがあるが、これがどう被曝に効くのか、医学にも薬学にも素人の私には不明である。

ともかく、どんな実際的意味があるか分からないが、放射線障害については引き続き勉強を続けてみることにする。

怪我の功名

user-pic
0

先日の酔っ払いの顛末は、せいぜい歯を二本折っただけで大したことがなく、まあ不幸中の幸いであったが、それにしても、折れた歯は今のところ、歯科での応急処置で仮にプラスチックのようなものを被せているだけなので、食べにくくて仕方がない。そのおかげで、さらに体重が1kg減った。

ただ、転んでもただで起きたくないというか、つい怪我の功名のようなことを考えてしまうのは、負け惜しみではあれ、自分の精神衛生である。

では、この場合の教訓は何かというと、自宅から遠いところではあまり深酒してはいけない、また、あまり肴を食べないで飲むことを先行させてはいけない、という平凡なことである。ところがこれがどれだけ自分の教訓として刻まれたかと自問すると、実に怪しい。なぜなら、酒での失敗は今までも数限りないからである。

そこでもうちょっと一般化して、怪我あるいはトラブル一般について、微毒仮説に似たことを考えてみた。すなわち、次のとおりである。

  1. あるレベル以上の怪我または病気は、死にいたる。当たり前で、いちいち書くに値しない。
  2. ある範囲の怪我または病気では、人間はびくともしない。ただ、ここでいうある範囲を、NBLさんが経験されたという、「泥酔ブラックアウト状態で、京王新線の新宿駅のホームから線路に転倒して、顎の骨と肋骨を折りました。」に適用していいのかどうかは、大いにためらう。
  3. ある範囲の怪我または病気は、人生に必要である。

最後の命題は、なんだ、一病息災というだけのことではないか、ということになるが、宗教的には、もっと本質的な意味がある。すなわち、人生は修行であると考えるとき、怪我または病気は、人生における練習問題である。

私の知り合いの話を例に挙げる。私の知り合いは、ある時期、50ccのバイクで勤務先に通っていた。普段は考えもしないのに、あるときふと、神社にお参り行く気になった。そして、健康や無事故を祈ると、なぜか手ごたえを感じた。神様に願いが届いたような気になった。ところがである、次の日に会社からバイクが帰るとき、ちょっとわき見運転していて、前の車に衝突してしまった。バイクは大破したが、奇跡的に、歯をちょっと折り顔面に怪我する程度で済んだ。駆けつけた救急車は、その程度の怪我でよくすんだものだと感心した。しかし、警察の判定では、わき見運転していたバイクの方が悪いということになった。対物保険に入っていたので、車の修理費は保険から出た。一晩整形外科にいたが次の日帰宅した知り合いは、あの神社のお参りは何だったか、二度と神社に行くものか、と思った。しかし、数ヶ月たって新聞でバイクの死亡事故の記事をみたとき、あのままバイクに乗り続けていたら必ずや致命的な事故になったという直感をえた。ああやって軽い怪我を起こさせることで、その後の大きい事故を防止するのが神、あるいは神の使いのやり方なのである、とふと悟った。

すると、とても理解しにくいが、あるレベルの怪我や病気は、より大きい災厄を避ける、あるいはより抽象的に、人生の意味を確認するための神からの恩寵である、ということになる。

ところが、と私ができれば考えたくない問いが降ってきた。すなわち、あの、東北地方太平洋沖地震は、「人生は修行であると考えるとき、怪我または病気は、人生における練習問題である。」という命題の前に、どう理解したらいいのか、ということである。

すると、どうもこういうことらしい。デビッド・ボームの示唆によれば、この世の出来事は暗在系からの射影であるが、そのとき、私の直感によれば、日常的な怪我や病気程度だと、地上に人間に認識しやすい空間(3次元空間)への射影が存在して、そこでは一応、災厄は、特異点なのである。ところが、そこでは、広中の定理により、特異点が解消可能である。しかし、そういう文字どおり自明な射影が存在することばかりではなくて、3次元空間への射影で収めることができない災難がある。東北地方太平洋沖地震までを持ち出さなくても、先日、小学生の登校の列にタンクローリーが突っ込んで六人の児童が亡くなった事故もそうである。

自分でも何を言っているのかわからなくなったきたが、3次元空間への射影で眺めていたら、災害の実体は全く理解できない。しかし、それ以上は、人間の思考で追える範囲ではない。ただ、ある高い次元への射影では、東北地方太平洋沖地震でさえも特異点ではなくなるらしいのだが、もともとの怪我の功名という題から離れて議論が発散してきた。そもそも、あるレベルの怪我や病気は、より大きい災厄を避けるためのものである、という考察が全くできていないが、とりあえず粗くまとめると以下のとおりである。

  1. 人生という空間で、怪我や病気などの災難が生じると、少なくとも一つの特異点が生じる。
  2. 3次元空間の範囲で、有限回の操作で特異点が解消できるなら、問題にはならない。
  3. 特異点を解消する努力のうちに人間は進歩する。あるいは、カルマを解消するともいう。
  4. 人の死が関与する災難によって生じた特異点は、3次元空間の範囲では解消されない。
  5. いかなる特異点も、3以上の整数nが存在して、n次元空間では解消可能である。
  6. 4次元以上の空間での特異点の解消のための努力が誰によってなされ、誰のカルマに影響を与えるのかは、未だ不明である。

古書店で、「あなたの職場のイヤな奴」ロバート・サットン著、矢口誠著、講談社という本があったので、つい買ったが、実はどうせまたありきたりの俗流経営学の本だろうと、大して期待もせず読み始めた。ところがこれが意外に面白い。そこで、こんな本があったんだけどと友人に話したら、ああ知ってるよ、クソッタレの本だろと言われた。どうも有名な本らしい。で、私は例によって不明を恥じた。

ともかく、私なりにまとめてみる。この本で問題とされるのはクソッタレと言われる人物であるが、その定義は次のとおりである。

  1. その人物と会話を交わした後で、「標的」となった人物が憂鬱になったり、屈辱を感じたり、やる気を失ったりする。特に重要なのは、卑屈になるかどうか、である。
  2. その人物が悪意を向ける対象が、自分より力の弱い者である。

ここで、クソッタレに対応する英語は、assholeである。これは大層品が悪い英語らしくて、聞いた話だと、米国のある会社で、海軍上がりの上級管理職が部下にこの言葉が入ったメールを送りつけて、狼狽させていたという。ただ、この上級管理職は、早々に離職したそうである。罷免されたのだろうか。

典型的なクソッタレは、スティーブ・ジョブズのように怒鳴り散らすワンマンな男であるが、しかし、上記の条件をみたしつつ、以下のような様々な手段をもちいることがある。

  • 個人的な屈辱
  • 人の「個人的な領域」に土足で踏み込む
  • みだりに相手の体に触る
  • 言葉で相手を威圧し、脅迫する
  • 皮肉っぽいジョークを相手を萎縮させる
  • 公然と相手に恥をかかせたり、面目をつぶしたりする
  • 乱暴に相手の話をさえぎる
  • 相手の地位を皮肉り、屈辱感を与える
  • 裏表のある攻撃
  • 陰険な目つきでじろじろ眺める
  • 相手を完全に無視し、相手がいないかのようにふるまう

私は一見おとなしいが、実は短気なので、むかつくと結構クソッタレになってしまう。ただ、ボトムラインとして私は、クソッタレぶりをなるべく自分より目上に向けるようにしている。対抗同一性の面目躍如である。

私は管理職時代、師と仰ぐ元部門長に、傲慢にだけはなってはいけないと教えられた。それは、俗にいうと、管理職としてクソッタレになってはいけない、ということなのだろう。

管理職がなぜクソッタレになるとまずいか言うまでもないだろう。組織全体の雰囲気を腐らせ、モラールを下げるのである。その損失は、なかなか金銭的に見積もるのが難しいとしても、あっという間に、一人のクソッタレ管理職によってもたらされる損失は、数億円レベルになる。モラールを下げるだけでなく、人は育たないし、優秀な人が軒並み辞めてしまう。

しかし、クソッタレがいない組織はない。100%の殺菌が無理であるように、クソッタレを殺菌する方法はない。なぜクソッタレが蔓延るかというと、組織では、押しが強く、過去の実績をもつ人に対して、周囲がわがままを許してくれる。そして、クソッタレは増長する。

クソッタレを撲滅できなくても、なるべく最小限に抑えようとしている会社はある。例えば、グーグルである。何重もの面接で、クソッタレを見抜こうとする。

しかし、普通の会社はグーグルとは違って、どうしてもクソッタレが幅を利かすので、社員は対策を講じる必要がある。そこでこの本は、次のようなクソッタレ対抗策を教える。

  1. 急流下り戦略:これは、ボートが急流下りするときの、身構え戦術である。
  2. リフレーミング:ものの見方を変える。
  3. クソッタレが変わるとは信じない:そうなのである。私は、クソッタレがいい人に変わった例を知らない。
  4. 何も期待しない
  5. 無関心を心がけ、感情を遮断する
  6. 距離をおいた関心
  7. 小さな勝利を積み重ねる。これは、張栩か。
  8. 顔を合わせる時間をなるべく減らす
  9. 安らぎが得られる場所を探す

実はそれでも、クソッタレは難物である。難物だから、クソッタレなのだが。

この本はしかし、成功につながるクソッタレもあるという。丁度、放射線ホルミシス効果のようで、多少のクソッタレはよい刺激になるのか。でも私はどんな優秀なクソッタレでも嫌である。いやあ、困ったものである。

失敗の力

user-pic
0

日本ビジネスプレスによると、今回の東日本大震災の結果、悪化していた日露の関係が軟化したようであるという。

東日本大震災は、全世界に大きな衝撃を与えた。もちろんロシアにもだ。ロシアの政府や国民は今まで見られなかったような深い思いやりの気持ちで、日本国民に哀悼の意を捧げている。同時に、もしもロシアで同じような災害が起きたら、日本のように社会は秩序を保っていられるのかという心配もわき起こっている。

いや、長い共産主義の闇をくぐってきたロシア人の我慢強さも半端ではあるまい。今は単にロシア人は、日本人の災厄に同情を寄せているだけであろう。

しかし当然にそれだけではない。ロシア人の同情のかなりの部分が実は、福島第一原発の事故にあることは明白である。ロシア人にとってチェルノブイリ原発事故は、未だ癒えない古傷である。このトラウマを共有する相手は未だいなかった。米国のスリーマイル島の事故程度では共感しあえない。しかし、福島第一原発の事故が忽然と目の前に姿を現してきた。隣国として、韓国、北朝鮮、中国は、福島第一原発の事故現場から放出される放射性物質に露骨な嫌悪感を表してきた。損害賠償してもらうぞとヒステリックに叫ぶ政府高官もいる。しかし、ロシアは違う。やっと古傷をあらわにして語り合える同志をここに見出したのである。

また、原発事故によって日本がエネルギー不足に陥るだろうと、エネルギー分野担当のセチン副総理と話をして、日本への石油・天然ガスの輸出を増量するプログラムを打ち出した。

少し前までは考えられなかったことである。

2009年5月に東京で署名された日ロ原子力協定は、今年から実行される。福島第一原発の事故が収まれば、日本とロシアの間で、原子力に関する新しい協力体制が進められるだろう。ちなみにアメリカの「ニューヨーク・タイムズ」は、チェルノブイリ原発事故の経験を持つロシアの原子力技術が世界で最も信頼性が高いとしている。

よほど愚かでない限り、人は失敗から多くのものを学ぶ。いや、失敗からしか学べないといってよい。すると、チェルノブイリ原発事故を経験したロシアがいまや世界で最高の原子力技術をもっているとしても全く意外ではない。日本は、福島第一原発の事故の惨状を決して無駄にはしないはずである。また、原子力技術をみすみす捨てることもないはずである。日本はこれで、必ずや世界最高の耐震構造の原発を開発するに違いない。

災い転じて福となす、いや災い転じて福島第一である。安全基準を維持しつつ、福島第一原発の早い沈静化を願ってやまない。そして福島第一の教訓から学び、次につなげようではないか。

新しい粒子

user-pic
0

はれほれさんからのコメントに従い、ヒッグス粒子について調べてみて、念のために、そのことが他のウェブ・サイトにもないかと検索してみたところ、「ノーベル賞級!? 現代物理学で定義できない粒子発見か」というasahi.comの記事が見つかった。現代物理学で定義できない粒子というのだから、これが、標準理論の嫡子であるヒッグス粒子であるはずがない。ともかく以下、記事を引用してみる。

米フェルミ国立加速器研究所(イリノイ州)は7日、同研究所の大型加速器テバトロンで、現代素粒子物理学の枠組みである「標準模型」で想定されない全く未知の粒子が見つかった可能性がある、と発表した。自然界にある4種類の力以外の力の存在を示唆しており、確認されれば、私たちの自然観を変えるノーベル賞級の発見となる。

自然界には、比較的なじみのある重力や電磁力に加え、原子核の中で陽子や中性子を結びつける「強い力」と、原子核の崩壊を起こす「弱い力」と計四つの力があると考えられる。標準模型は重力を除く三つをうまく説明し、反する現象がほとんど見つからないことから、自然の状態を説明するのに都合がいいと考えられている。

ところがテバトロンの実験で、トップクォークと呼ばれる素粒子よりやや軽い質量(140ギガ電子ボルト程度)を持ち、「第5の力」ともいうべき未知の力の特徴がある粒子の存在を示すデータが得られた。

この粒子は質量の起源とされる「ヒッグス粒子」、宇宙の質量の約2割を占める暗黒物質の候補「超対称性粒子」といった存在が想定されながらも未発見の粒子とは別だ。

現在99.93%の確率で確認しているが、素粒子物理学の慣例で確率99.9999%で確認しないと「発見」と見なされないため、テバトロンの実験チームは、ヒッグス粒子探しなどで競う欧州の大型加速器LHCのチームとも協力してデータを積み重ね、確認を目指す。(ワシントン=勝田敏彦)

第5の力というのは、正統的な物理学者が書いた本にもいろいろある。しかし、具体的にどのような振る舞いなのか、これではさっぱり分からない。粒子の質量(eV)も示されていない。あ、よくみたら、140GeVだった。単純な見落とし。

この未知の粒子の、ヒッグス粒子との違いであるが、AFP BB Newsのページによると、次のとおりである。

研究チームの物理学者、ジョバンニ・プンツィ(Giovanni Punzi)氏は6日、「われわれの知っている力とは異なる、新たな力がみつかるかもしれない」とAFPに語った。「確認されれば、基本相互作用の新たな世界が開ける」
(中略)
プンツィ氏によると、ヒッグス粒子は崩壊すると重いクォークとなるが、新たに観測された粒子は崩壊して通常のクォークとなり「異なる特徴を示した」という。

「崩壊して通常のクォーク」というところで、専門の物理学者は、おお!と叫ぶのだろうか。とても中途半端にしか物理学をかじったことのない私には到底理解できない。

ともかく、ヒッグス粒子発見とは全く別の発見のようなので、これはこれで、学会の帰趨を眺めることにする。

ところで、念のため、ピーター・ウォイトブログ記事を確認すると、ヒッグス粒子発見のこの記事について懐疑的なようである。超弦理論のご意見番、ピーター・ウォイトがそういうのなら、でっち上げ(hoax)なのだろうか。本当に見つかるだろうと、ずっと言われてきたので、ヒッグス粒子が発見されたとしても意外ではないのだが。それとも結局、ヒッグス粒子も、モノポールと同じ運命をたどるのだろうか。

はれほれさんから、次のようなコメントを戴いた。

Higgs粒子の実在が証明されたかも、とのことです。(URL参照)二つの光子に分解するそうです。これで標準理論の完成となるのでしょうか?詳しく教えていただけると幸いです。

はれほれさんには、対流圏の上層と、成層圏の下層から、紫外線に耐性をもつ細菌の菌種が見つかったという論文など、高度な学術的な内容の論文を紹介して戴いて、いつも感心する。そこで、ヒッグス粒子について、私が意味があることが言えるはずもないが、とりあえず手持ちの資料を駆使して、まとめてみる。

まず、標準理論において、ヒッグス粒子は、どのような文脈であらわれるかを、「素粒子の物理」相原博昭著、東大出版会でみてみよう。すると、その第6章に、「ローカルなSU(2)ゲージ対称性を、複素カスラー場Φによって自発的に破る仕組みをヒッグス機構と呼ぶ。」とある。ヒッグス機構によって、WボソンとZボソンに、質量が付与される。

WボソンとZボソンの質量は正確に測定されていて、それぞれ次のとおりである。

  • Wボソンの質量=80.149±0.056GeV/c2
  • Zボソンの質量=91.1882±0.0022GeV/c2

ところが、ローカルなSU(2)ゲージ変換でも不変なラグランジアンには、Wボソンに対応する項と、Zボソンに対応する項以外に、追加の項をもつ。この項に対応するスカラー粒子をヒッグス粒子と呼ぶ。

まとめとして、ラグランジアンLΦは、次のような項からなる。
Φ = (ゲージボソンの質量項)+ LH(ヒッグス粒子の運動と質量+ヒッグス粒子どうしの相互作用)+LHGG(ヒッグス粒子とゲージボソンの相互作用)

なお、質量の起源に書いたように、全ての粒子の質量がヒッグス機構で生じるわけではない。陽子や中性子などのハドロンは、ヒッグス機構ではなく、カイラル対称性からの自発的対称の破れとして質量を付与される。

ともかく、ヒッグス機構とヒッグス粒子は、標準理論において、きわめて重要な配役であることが分かった。だからもし、ヒッグス粒子など存在しないということになると、少なくともローカルなSU(2)ゲージ対称性の自発的破れ、という仕組みそのものを見直さなくてはならなくなり、標準理論は、大幅な修正を迫られる。

さて、ヒッグス機構とヒッグス粒子は、1964年という昔にエディンバラ大学のピーター・ウェア・ヒッグスによって提唱されたのに、なぜいままで見つからなかったのかというと、「宇宙の未解決問題」リチャード・ハモンド著、大貫昌子訳、講談社ブルーバックスによると、質量が大きすぎて、それを観測するのに必要なエネルギーを出せるほどの大きい加速器がないから、というものである。この本によると、理論家も実験家も、ヒッグス粒子の質量を115GeV以上であるが、144GeV以上にはならないはずだと予測する。また、この本が書かれた2007年から数年以内に観測されるだろうと予想されている。これは確かに当たった。

さらに別の本もみてみよう。「現代物理学の世界」二宮正夫編、講談社基礎物理シリーズである。そこには次のように記述されている。

もしヒッグス粒子の質量が150GeVから200GeVの間にあれば、標準理論はプランクスケール、すなわち重力との統一が重要になるスケールまで修正を加える必要はない。一方、ヒッグス粒子の質量が150GeV以下であれば、標準理論を拡張して超対称性という大きな対称性をもつようにしたほうが自然である。また、ヒッグス粒子の質量が200GeV以上であれば、ヒッグス粒子自身が複合粒子である可能性が高い。この場合、クォークやレプトンも複合粒子であり、標準模型よりももっと基本的な構造が、数百GeVの領域で見えてくるかもしれない。

そこで、はれほれさんから紹介された論文に戻る。この論文は、測定されたヒッグス粒子の質量が115GeVであり、2つのフォトンに崩壊する、と記述する。すると、これは、上記の「ヒッグス粒子の質量が150GeV以下であれば、標準理論を拡張して超対称性という大きな対称性をもつようにしたほうが自然である。」に該当する。すると、標準理論の(自然な?)拡張としての超対称性理論が視座に入れられる。

そこで今度は、「超対称性理論」大田信義、坂井典佑著、サイエンス社をみてみよう。標準理論の範囲では、連続的なパラメータをもつ対称性が破れると必然的に、質量ゼロの南部・ゴールドストン・ボソンが生じる。しかし、超対称性が破れると、スピン1/2で質量ゼロの南部・ゴールドストン・フェルミオンが生じる。超対称性というのはこのように、ボソンとフェルミオンの間の対称性であるので、超対称性の枠組みの中で、ヒッグス粒子と超対称なフェルミオンである、ヒッグシーノを考えることができる。このことが今回のヒッグス粒子の発見とどう関係があるのかまた、ダークマターとも関連してきそうであるが、到底私の理解できるところではないので、一旦、このあたりで措く。ここまでまとめてみたが、果たしてはれほれさんの質問に対する回答になっているのか、甚だこころもとない。

原発誘致

user-pic
0

NEWSポストセブンによると、地方都市にとって原発はリスクとメリットが隣り合わせのようである。以下、記事の引用:

原発は、都会に住む人にとっては、「危険かもしれないが遠い存在」であり、地方民にとっては"生きる糧"だった。避難指示が出されている富岡町の町議会議長・猪狩利衛さんはいう。「まさかこういうことになるとは、夢にも思わなかった」。これは地元住民に共通する思いだろう。

ほとんどの住民は原発を"安全"だと信じ込まされ、いつしか自ら「安全を信じたい」という気持ちに安住するようになる。原発と社会の関係を調査してきた、東京大学大学院の開沼博さんはそう分析する。それを象徴するのが、福島原発の地元特有の風景だ。

確かに、安全を信じたいというのが、地元の人の気持ちだろう。そこで普通、関連の書籍を読んでみるということまではなかなかしない。もしいろいろな資料を当たると、どうしても不安を煽るものがすくなくない。

「各駅のショーケースのなかには、地酒や伝統工芸品などとともに『原子力モナカ』が並んでいる。また、道路を行くと、『回転寿しアトム』『アトム観光』などの看板が立っています。電力会社がつくったPR館で働くのは、ほとんどが地元で採用されたスタッフで、来客の多くも近隣の小中学校の遠足や、親子連れなどです」(開沼さん)

いくらなんでも『原子力モナカ』は、なくないか。原子炉型の円柱型なのだろうか。それでも、プルトニウム饅頭、略してプルマンよりましか、などと余計な冗談をいうのは不謹慎であるが。

原発をいったん誘致した町や村では、もはや原発なしでは財政が成立しない状態になる。原発の老朽化とともに交付金が減り始める時期になると、今度は、原子炉の増設、再処理施設・廃棄物保管施設の誘致に動いた。逆にいえば、交付金の仕組みは、そう仕向けるように巧妙につくられていたともいえる。

私も寒村出身なので、このあたりの事情はよく理解できる。本当に田舎だと、市役所くらいしか就職がない。そこで、原発が誘致されると、補助金や、従業員の住まいもできるし、少なくとも村は潤う。そして原発は、先端の科学的成果だと思い込んで夢を抱けないこともない(私がそうだった、純朴な科学少年なら)。割り切れないものは残るが。しかしいくらなんでも、今回のような事故までは想像力が及ばないし、ちらっと頭をよぎったとしても、封殺してしまうだろう。原発は、電力会社が寒村の事情に付け込んでいるのか、あるいは寧ろ寒村が村興しで誘致しているのか、このあたりの社会学的分析は、いくつか文献に当たってみる必要がありそうである。

単なる趣味ではまず勉強しないと思うが、仕事の必要から、オペレーションズ・リサーチを勉強してみると、これはこれで応用数学の華であって、結構興味深い。私が好んで眺めるオペレーションズ・リサーチの本は、「オペレーションズ・リサーチ-数理計画法入門」三根久著、朝倉書店、上下2巻である。なんと1966年刊であり、随分古い本であるが、細かいテクニックはともかく、基礎理論としては今でもあまり変わらないのではないか。少なくとも、私のような初学者にはこれで十分である。

その「オペレーションズ・リサーチ-数理計画法入門」上巻は、いわゆる最適化に充てられる。すなわち、線形計画法、非線形計画法、2次計画法、及び動的計画法である。参考までに、下巻でカバーされているのは、ネットワークによる計画の手法、モンテ・カルロ法、待ち行列理論、及びゲームの理論である。

そういう最適化を粗く一般化すると、次のように書かれる。すなわち、ある目的関数f(x)があって、ある一群の制約条件の式gi(x) (i=1,..,n)をもって、
min f(x) s.t. gi(x) (i=1,..n) のように記述される。

ここで、xはスカラーでなく、多次元のベクトルと考えてもよい。gi(x)は、等式であったり、不等式であったりしてよい。極めて粗くいうと、f(x)、gi(x) などの式の性質によって、線形計画法、非線形計画法、2次計画法、あるいは整数計画法になる。

そうやって目的関数と制約条件が記述されると、それを解くためのソルバと呼ばれる専用プログラムが用意されている。

そういう最適化問題として、資源最適配置問題、輸送問題、投資額決定問題などがありえる。

さて、詳しくというか、ほとんど知識がないのに最適化の数理について延々と書くのは無理があるので、ここで話題を、人生の目的関数に切り替える。

すると、人生において、大抵の人は、目的関数をもっているのではないかと思われる。それはどんな目的関数だろうか、ちょっと仮想的に書いてみると、次のとおりである。

  • 資産を最大化する。
  • 社会的地位を最大化する。
  • 幸福感を最大化する。
  • 社会に対する貢献を最大化する。
などである。

しかし、これでは十分な最適化問題の定式化になっていない。なぜなら、制約条件が全く記述されていないからである。よって、これらは例えば、次のように定式化されなくてはならない。

  • 資産を最大化する。s.t. 合法的な範囲で行動する。既存の友人を失わない。等々。
  • 社会的地位を最大化する。s.t. 警察に逮捕されない。等々。
  • 幸福感を最大化する。s.t. 家族を犠牲にしない。等々。
  • 社会に対する貢献を最大化する。s.t. 与党と対立しない。等々。

このような仮想的な事例でさえ、s.t.以下の制約条件をどう記述するか、大変悩む。ましてや、実人生では、そもそも目的関数が曖昧であり、それの制約条件となると、いよいよどう書いていいか途方に暮れるだろう。だいいち、「資産を最大化する。s.t. 合法的な範囲で行動する。既存の友人を失わない。」なんて、解があるのだろうか。おそらく、ソルバは発散する。

ただ、もし成功しやすい人生というものがあったら、人生の最適化の定式化は次のようだろう。

  1. 目的関数は、きちんと数値化される。例えば、「幸福感を最大化する。」とか、「社会に対する貢献を最大化する。」では定量化できない。
  2. 制約条件は、なるべく少ない方がよい。例えば、「資産を最大化する。s.t. 合法的な範囲で行動する。既存の友人を失わない。」よりも、「資産を最大化する。s.t. 命が維持される」の方が強力である。

こうして定量化しやすい目的関数で、少ない制約条件で最適化を定式化し、ブルートフォースでぶん回せば、成功間違いなしとまではいえないが、人生、分かりやすいだろう。

スピリチュアリストを自認する私がこの稿をここで終えるわけがない。私に思いついたのは、目的関数はきちんと定量化される目的関数でよいのである。しかし、なんとなく示唆があったのは、目的関数として複素数を使ったらどうか、ということである。なぜ複素数なのかというと、複素数まで拡張することによって、目的関数を、場合によりシュレーディンガーの方程式のような、固有値と確率的な状態ベクトルからなる系として記述できるからである。

ただ、複素関数を目的関数とすることによって、例えば、最適化する資産は、実部と虚部をもつことになる。すると私の資産は、100000+5000i円です、というとき、5000iという虚部に何の意味があるのか、さっぱり分からない。

このとき、最適化としては、虚数の資産の絶対値を最大化するように定式化していいようであるが、この世に利いてくるのはその実部だけなので、いよいよ虚部の意味はわからない。なんでも、見えない世界に解析接続されるらしいが、それが、デビッド・ボームのいう暗在系なのか、私の好きなあの世なのか、それも不明である。

こうしてまた私の意味不明のブログ記事がひとつ増えた。私の目的関数は、単にブログの記事数なのだろうか。そうではないはずなのだが。

自然放射線

user-pic
0

NEWSポストセブンによると、1960年代の日本は、自然放射線による被曝は今より高かったのだという。以下、引用しつつコメントする。

自然界にはもともと多くの放射性物質と放射線が存在する。これを自然放射線と呼ぶ。

日本の自然放射線による被曝は年間1.5ミリシーベルトと述べたが、1960年代の平均的な被曝量は、これよりはるかに多かった。米ソ冷戦時代で、両国が核実験を繰り返していたからである。

当時、北半球全域にわたり、空気中のセシウム137やストロンチウム90の濃度は現在の数百~数千倍に及んでいた(UNSCEAR 2000年報告書)。

もちろんこれは自然放射線ではないが、核実験により、世界中が高い放射線を浴び続けた時代もあったわけで、日々の生活で受ける放射線量は、この程度の幅では健康被害は起こさないと考えられている。

なるほど、核実験が高い放射性物質をまき散らかすのは、いかにもありそうなことである。核実験に対して当時、被爆国である日本は抗議したはずであるが、冷戦時代にそれが一顧だにされることはなかった。しかし、今にして思えば、空気中のセシウム137やストロンチウム90の濃度を現在の数百~数千倍にする核実験は、現在の福島第一原発事故と比較しても半端ではない。福島第一原発では、いかなる意味でも核爆発が起きているわけではない。

また、世界的に自然放射線が高い地域がある。

世界には、ブラジルやインド、イラン、中国などで年間5~10ミリシーベルトも被曝する地域があるが、そうした場所に住む人たちを対象にした大規模な疫学調査で、「がん発生率」や「遺伝子異常発生率」「乳児死亡率」「身長・体重の低減」などは一切見つからなかった。これらの結果から、この程度の被曝では人間の健康や遺伝に影響はないものと推定されているのである。

例えば4月7日現在、東京・新宿の放射線量は0.000087ミリシーベルト/時であり、福島・いわきの2か所の観測点では、この値が0.0006と 0.0015である。仮にこの状態が1年間続いたとすると、新宿での被曝量は0.76ミリシーベルト。いわきは5.26と13.15になる。

ということで、都内の被曝量は、いかなる意味でも気にしなくていいということである。ただ、いわきは、世界最高の自然放射線量を少し超えるかもしれない。これは流石に、べつにいいではないかとは、いえないだろう。

微毒仮説

user-pic
0

微毒仮説というのは、私が思いついた造語であるが、必ずしも名は体をあらわしていない。で、適当なネーミングということになるが、その仮説とは次のようなものである。

  1. あらゆる物質は、人体に対して有害である。
  2. あらゆる物質は、それを超えると有意な死亡率を呈する閾値Th1をもつ。
  3. あらゆる物質は、それ以下では、人体に対して実質的には有害でない閾値Th2をもつ。
  4. あらゆる物質は、閾値Th2より小さい閾値Th3をもち、閾値Th3以下で、人体に対する有益性が有害性に優る。

これは、弱い微毒仮説である。ここで「弱い」という意味は、定義がより広いという意味である。この仮説を思いついたきっかけは放射性物質であり、もしかして広くは受け入れられていないかもしれない放射性物質の有害性の閾値性を、抽象化したものである。なお、ここでの物質は、エネルギ媒体である電磁波のようなものも含むとする。

これはあらゆる物質に当てはまる仮説なので、当然に、食塩にも当てはまる。大学の物理の、熱力学の講義で、教授が、食塩は毒なのです、というのでちょっと怪訝になった。それは、高塩分食が高血圧になるという意味なのかと思ったらそうではなく、「人体の塩分濃度があるレベルを超えると人間は死にます。これは、医学的な意味以前に、熱力学的に自然に言える結論なのです。」と教授が言っていたのを思い出した。そういえば、米国で、母親が、言うことを聞かない娘を懲らしめるため、口に多量の食塩を含ませ、娘がついそれを嚥下したので死に至った事件があった。

さらに微毒仮説は、普通の食物にも当てはまる。例えば、ある種の神秘思想では、あらゆる食物は、人体に有害なので、なるべく食べない方がいいとされる。それでは飢え死してしまうではないか、ということになるが、前にISSEIさんに紹介戴いたこちらのサイトには、不食のブリザリアンが紹介されている。もし不食で生きていけるなら、限りなく純粋な生活、ということになる。ただ普通は食べ物は、ある閾値以下では、一般的に、有益性が有害性に優る。

では、サリンのような人工の有毒化学物質はどうか。サリンに一体全体、それ以下で人体に有益になるような閾値Th3があるのだろうか。もしかして、マスタードガスがもつような抗癌効果があるのだろうか。

このような、人類というよりも生物にとって歴史の浅い物質の場合、弱い微毒仮説が成立しない可能性がある。そこで次のような「強い」微毒仮説を立ててみる。「強い」というのは、数学基礎論的な文脈で、制約条件が多いという意味である。

  1. 物質として、人体が、数百万年以上のスパンで馴染んでいる物質に限定する。
  2. その範囲のあらゆる物質は、人体に対して有害である。
  3. その範囲のあらゆる物質は、それを超えると有意な死亡率を呈する閾値Th1をもつ。
  4. その範囲のあらゆる物質は、それ以下では、人体に対して実質的には有害でない閾値Th2をもつ。
  5. その範囲のあらゆる物質は、閾値Th2より小さい閾値Th3をもち、閾値Th3以下で、人体に対する有益性が有害性に優る。

これは、サリンのような「若い」人工の有毒化学物質を排除する。なぜ数百万年以上のスパンで馴染んでいる物質に限定するかというと、時間をかけて人体は対応しているので、うまく飼いならしている、ということである。実は放射性物質は、何億年のスパンで人体が馴染んでいる物質である。ということで、放射性物質がそこそこの有害物質である、というために微毒仮説をたててみた。

廃炉処理案

user-pic
0

読売新聞によると、東芝が日立製作所に対して、共同で廃炉処理を行う提案をしたという。以下、引用しつつコメントする。

東京電力の福島第一原子力発電所の事故に伴う廃炉について、東芝が日立製作所に対して、共同で廃炉処理を行う提案をしたことが13日、分かった。
メーカーである東芝と日立が、廃炉を行うというのは妥当であろう。

原子炉メーカーでもある東芝と日立は、独自に廃炉作業の工程や作業年数などを示した提案を東電に行っていた。4基が同時に重大事故を起こし、それぞれの廃炉作業を並行して行うのは世界でも例がない。爆発事故の影響で作業が難航する恐れもあるため、東芝が共同での廃炉処理を日立に呼びかけた。日立も、東芝と共同での廃炉処理について前向きな意向を示しているが、廃炉処理を終えるまでには10年以上かかるとみられる。

東芝は子会社の米ウェスチングハウス(WH)など米国4社と共同で、廃炉処理案を今月4日に東電に提出している。提案によると、東芝陣営は、最短10年程度で廃炉作業を終了するとしている。

ええっ、10年もかかるとは。チェルノブイリは確か、半年程度で作業を終えたのではなかったか。それとも、チェルノブイリのような石棺は行わないのだろうか。

具体的には今後、半年間程度で原子炉内の冷却作業とがれき処理を行い、さらに5年間で燃料棒や貯蔵プールの使用済み燃料を取り出す作業を行う。その後の5年間で建屋や原子炉の解体、土壌改良を行って更地に戻すとしている。

どうも石棺は行わないらしい。それにしても具体的に、放射性物質の飛散がいつ止まるのか、示してほしい。

一方、日立は、原子力事業を統合している米ゼネラル・エレクトリック(GE)や米プラント大手ベクテルなど7社による計30人の合同専門家チームを結成している。米スリーマイル島原発や旧ソ連のチェルノブイリ原発での復旧や処理作業にあたった経験を踏まえ、核燃料の取り出しや建屋・機器の除染、解体後の廃棄物の処分や最終的な解体までの作業・処理案を盛り込んでいる。すべての作業を終えるまでに約30年かかるとみられる。

ええっ、すべての作業を終えるまでに約30年? 私が生きているうちは無理ということになりかねない。まあ、私は関係ないが。それにしても、こういう解体作業を請け負う仕事は文字通り、ダーティー・ワークである。ご苦労様である。きっと仕事がダーティーであるほど心はクリーンという法則があるに違いない、知らないけど。

そう思っていたら、読売新聞により具体的な直近の計画があった。

東京電力は17日、福島第一原子力発電所の事故収束に向けた作業計画をまとめた工程表を発表した。

原子炉1~3号機では、発生した水素による激しい爆発の危険を避けるため、水素を追い出す目的で、炉心を取り囲む圧力容器と外側の格納容器の間に窒素を注入し、その後に真水で満たす「水棺」処理を実施。注入した水を循環させて炉を冷却する熱交換器も取り付ける。炉心が100度以下で安定する冷温停止状態になるまでには、最短でも6か月かかるとした。

なるほど、石棺ならぬ水棺とは、原子炉を止まらせるために様々なテクニックがあるものだ。なぜか土葬、水葬、火葬という言葉が浮かんだ。それでも、とりあえずの冷温停止状態に最短でも6か月とは、年内に冷温停止すればよし、ということか。

御用学者

user-pic
0

東大といえば、押しも押されもしない、日本で一番権威がある大学であるが、それでも、大学の寄付集めに書いたように、東大といえども、資金集めに躍起であり、それもそのはずで、独立行政法人になってから、政府から廻される予算が十分でないので、仕方がないのである。資金がないと研究ができず、すると、世界大学ランキング24位(私の意見では、非英語圏であるバイアスを考えると実質世界トップクラス)の東大も、その地位を維持できなくなる。

そうやって資金に拘ることは、ハーバードだってMITだってもっと露骨にやっているので、別に恥じることではないのだが、次のような日刊ゲンダイの記事をみると、気持は少し複雑である。

原発事故が起きてから、原子力関係の東大教授がやたらとテレビに出るようになった。たいていは現状を追認して「心配ありません」と言うだけなのだが、これには理由がある。東大と東電はズブズブの関係なのだ。

実際、日刊ゲンダイによると、東電による東大の寄付講座は次のとおりである。

寄付講座・寄付研究部門名称設置期間寄付総額寄付者
建築環境エネルギー計画学(東京電力)H21~234000万円東京電力
都市持続再生学H19~241億5600万円東京電力を含む14社
ユビキタスパワーネットワーク寄付講座H20~251億5000万円東電・JR東日本・東芝
核燃料サイクル社会工学H20~251億5000万円東京電力
低炭素社会実現のためのエネルギー工学(東京電力)寄付研究ユニットH22~251億500万円東京電力

東大の工学系の准教授が、匿名を条件にこう明かす。
「寄付講座は、当然、寄付者の意図をくんだ研究内容が多くなる。東電に限らず、大学の理系部門には電力会社による寄付講座がゴマンとあります。研究費がなければ、やりたいこともできないし、原子力関係は特にカネがかかる。だから、電力会社に研究資金を出してもらえる原発推進派でないと偉くなれないのが現実です。第一、原発がなくなれば、自分たちの食いぶちがなくなってしまうのだから、必死で安全性をアピールするのです」

それはそうで、金を受け取るなら提供者に不利な発言をしない、それが嫌なら、資金援助を断るしかないというのが世間の常識である。

東電のカネで研究してきた東大教授は、自分の意をくんだ院生を助手にして後を継がせたり、息のかかった学生を東電や、東芝・日立などのプラントメーカーに送り込んできたという。

「関村教授と同様にNHKに頻繁に出演する東大の岡本孝司教授も、『大丈夫です』しか言いませんが、彼は原子力安全委員会の班目春樹委員長が東大工学部教授だった時の教え子です。班目さんは原発推進派の頭目みたいな人ですから、岡本教授が安心を強調するのは当然のこと。みのもんたの『朝ズバッ!』に出ている東大特任教授の諸葛宗男氏も、東電の寄付講座のおかげで、東芝の技術顧問から東大教授に転身したといわれている人ですから、批判なんてできるワケがありません」(前出の准教授)

私のブログの文脈をみて頂くと分かるように、私はどちらかというと寧ろ原発推進派かもしれないし、大学の研究資金が逼迫し勝ちである事情も分かるが、少なくとも、東電から資金援助を受けている学者に、マスコミは、福島第一の原発事故に関して責任あるコメントを求めるのは避けるべきであろう。それとも東電は、日本中の大学の原子力関係の講座に隈なく資金供与しているのだろうか。

福島第二原発が大事故になっていないことから分かるように、福島第一原発は明らかに、地震への対策を軽視していた。それが、産学癒着体質、すなわち学者がきちんと東電に意見を具申しなかったせいでないならいいのだが。

酔っ払い

user-pic
0

私は、ペダンチックに分かったふうなことをブログに書いているが、まあ自分はつくづく馬鹿だとときどき思い知らされる。本当はかなり頻繁に馬鹿な自分を自覚しているはずなのであるが、懸命にフィルターしているのだろう。

そこで自戒のため、最近の私の酔っ払いの様を書いてみる。ここまで自分がだらしないとは思わなかった。

さて、先日、友人が都内の代々木公園に花見に行かないかと誘ってくれた。私が出不精で家にこもりがちなので、こうして、ときどき気を使ってくれる。結局午後1時くらいに原宿の駅で落ち合った。そういえば、あの大震災以来、都内には行っていない。久々である。この日も午前中にかなり大きい余震があった。しかし、呑気な私は、地震にたいしてかなり鈍感である。いや、度重なる余震になれっこになったのかもしれない。

原宿の駅の改札で待っていると、若いカップルや女性がどんどん押し寄せる。そのたびに私は、強い違和感を覚えた。私がファッションの店に行くため原宿をうろつくというストーリーは絶対ありえない。

友人と落ち合って花見のための酒を買おうと散歩するのだが、原宿駅周辺には意外にコンビニがない。なんとかみつけて、日本酒の5合パックと、ビールのロング缶を各人につき1つずつ買った。

代々木公園で守衛に、ここでは酒は禁止です、と止められたので唖然としたら、それは明治神宮への入り口だった。確かに、明治神宮で酒宴はありえない。そこで反対方向が代々木公園であることを確認してそちらに向かった。あいにくもう桜はほとんどないが、まあ要するに青空の下で酒が飲めるなら、私にとって花は本質的ではない。日差しが結構強いので、木陰に陣取って友人と酒を飲み始めた。地震や原発事故でずっと気持ちが閉塞していたので、この開放感はたまらない。

夕方になって少し小雨が降ったりしたが、ともかくそろそろ引き上げようということになり、原宿駅に向かった。だいたいその友人とは、二次会でカラオケに行くのが定跡になっており、そこで新宿のカラオケに向かった。しかし、そこからがブラックアウトで、全く記憶がない。

多分友人と別れた後だと思うが、階段を上ろうとしてどうしても上れず倒れてしまったのは覚えている。私はときどき、蟻地獄のように穴から這い上がれない夢をみる。だから、これもその類の夢かとちらっと思った。そこから気付くと、警備員室のようなところに連れられていた。後から知ったのだが、そこはアルタの防災センターだった。私が倒れて歩けないので、車椅子で連れてこられたらしい。意識を取り戻した私は、あ、帰らなくてはと、立ち上がろうとした。ところが、うまく立ち上がれない。警備員さんは、無理ですよ、と私を車椅子に押し戻した。そして、私の自宅の電話番号を聞くので素直に教えた。なんでも家内に連絡して迎えにきてもらうのだという。ええっ大げさな、自分で帰りますよと強がったが、歩けないのだから、ととりあってもらえなかった。家内は、アルタの防災センターからの電話で、ご主人が血を吐いて倒れていると聞いて、ちょっと驚いたらしい。しかも、代々木公園に行くといって出たのになんでアルタ?と怪訝だったそうである。

その血を吐くというところだが、別に結核の喀血や胃潰瘍の吐血ではない。単に階段で顔面を打って、口の中を切り、出血していただけである。

で、家内が電車で新宿まで迎えにきて、歩けないので仕方なくタクシーに乗せたらしいのだが、そこは全く記憶にない。私が意識を取り戻したのはタクシーの中だった。東名のインターが見えたので、帰ってはいるのだと思った。

家内によると、タクシーの中で私は、俺は不死身だとか、線路に落ちて死んだってなんぼのもんだ、人生これ以上生きても仕方ないとか、唐突に変な英会話とか、脈絡のないことを延々としゃべり続けて、家内としてはとても恥ずかしかったという。自分では気付かないが意外に厭世的になっているのだろうか。

道路が混んでいなかったので、自宅には9時半には帰りついた。よく見たら歯が2本折れていた。前に歯を折ったのは、1994年に、管理職に登用されたのがショックで、呆然と自転車に乗っていたらバイクにぶつけられたとき以来である。また、このようなブラックアウトが起きたのは、13年ぶりくらいである。珍しいことが重なるものだ、と鏡で歯抜けの間抜け面を見ている次第である。

言うまでもないが、科学関係の最高の賞はノーベル賞であり、数学の最高の賞はフィールズ賞と相場が決まっている。特にフィールズ賞は、40歳という年齢制限と、4年に一度しか受賞されないということで、ノーベル賞よりも希少性が高い。ペレリマンの受賞拒否でケチがついたとはいえ、フィールズ賞の権威はまだ揺らいでいないと思う。

さて、日本は数学大国であって、三人もフィールズ賞受賞者がいる。それは、小平邦彦、広中平祐、森重文であって、みんな、代数幾何の分野であった。数楽者であるなら、ここまではすらすら言えなくてはならないが、それでは具体的にどんな研究で賞を貰ったのかと聞かれると、ええと・・・と、答えが凍り付いてしまう。数楽者の低すぎる限界である。

数学セミナーの2011年4月号に、藤野修氏による、日本の三人のフィールズ賞受賞者に関する記事があったので、自分用に書き留めておく。

まず、小平邦彦であるが、1915年に生まれ、1997年に亡くなられた。複素多様体上の調和積分論、その応用としての小平の消滅定理と小平の埋め込み定理がある。小平の消滅定理は、次のように記述される。

Xをコンパクトな複素多様体とし、Lを正な直線束とする。このとき、

が、q > 0に対して成立する。

調和積分論は、代数幾何学の常識となっているツールであり、小平の消滅定理の一般化は、代数多様体の分類理論で活用されている。代数多様体の分類理論は、後述する森重文の業績にもつながる。

次に、広中平祐は、1931年生まれで、もう80歳になられるはずであるが、未だに現役で数学の研究をしているという。大したものである。広中平祐は、代数多様体における特異点解消のスペシャリストであって、その特異点解消定理は、おおまかには、次のように記述される。

Xを代数多様体とする。このとき、基礎体の標数は0とする。すると、有限回の爆発の合成f:Y→Xが存在し、Yは非特異代数多様体となる。

広中の特異点解消定理は、代数多様体や、複素解析空間の研究に必須である。

最後に、森重文は、1951年生まれで、現在は京大数理解析研究所の所長である。還暦であるが、現役バリバリの数学者である。森重文の研究は、代数曲線から非特異射影代数多様体への写像の変形を正標数の世界で考え、有理曲線をつくりだすというアイデアが出発点であり、これはハーツホーン予想の解決の過程で得られた。その後3次元代数多様体の特異点の詳細な研究を行い、次のようなフリップ定理に行き着いた。

Xを3次元代数多様体とする。このとき、基礎体の標数は0とする。すると、有限回の因子収縮とフリップを施すことにより、Xは、森ファイバー空間か極小モデルになる。

フリップというのは、3次元以上の代数多様体で現れる双有理変換であり、フリップの存在が、小平の曲面論との相違である。

小平邦彦、広中平祐、森重文の研究の共通点は、代数多様体の双有理分類論に係わる点である。これを藤野氏は、偶然だというけれども、永田雅宣氏など、日本の代数幾何の人材は分厚く、ある意味日本のお家芸と言えるのではないだろうか。

ダイヤモンド・オンラインによると、福島第一原発で、放射能汚染水が無断で海洋投棄したことにより、日本は「海洋汚染テロ国家」になるという。以下、引用しつつコメントする。

まず、福島第一原子力発電所3号炉(もしくは5号炉)の設計にかかわり、外部循環式冷却装置の開発者でもある、元佐賀大学学長の上原春男氏のコメントである。

「なんで、あんなことをしたのか。海洋に放射能汚染水を流すなんて信じられませんよ。誰がそんなバカなことを決めたのか。これで日本は世界中を敵に回した。恥ずかしい。せっかく信頼のある国だったのに、本当になんてことをしてくれたんだ」

しかし、私は問う。では東電は、どうすればよかったのかと。他にどんな解決策があったのか、また、これからあるのか。上原氏は、それをアドバイスするベストなポジジョンにある人の一人ではないのか。また、津波で崩壊してしまった冷却装置の設計には問題はなかったのだろうか。

原子炉の温度を下げて、再臨界を防ぐには冷却しかない。よって、緊急対応的な海水(現在は真水)などの注入自体は決して間違いではない。問題はその冷却水の行き場である。

だから、必要なのは、その行き場をどうするかのアドバイスなのである。

また、次のような論説もある。

すでに世界の論調では、日本は大震災に見舞われた「被害者」ではなく、海洋汚染という犯罪を行なっている「加害者」になっている。世界共通の人類の財産である海を放射能で汚し、しかも周辺諸国への事前通告もなかった。それは全漁連がいうまでもなく、海洋テロともいえる人類初の暴挙である。

確かに世界はこの事態を憂慮しているだろう。実際、隣国である韓国からも、放射性物質海洋投棄に対して重大な抗議がきているというニュースがあった。しかし、海洋テロという表現は絶対に避けるべきである。テロという言い方は、個人に対する殺人者というくらい重い。例えば、過失があって車で人を轢いて死に至らしめたとき、それを殺人事件と呼ぶだろうか。過失があったので刑法的罪は免れないにしても、殺人の意思がないなら殺人事件ではないはずである。テロというからには、意図して他国の漁場を荒らすために放射性物質を海洋投棄したのでなくてはならない。一体東電にそのような意図があったのだろうか。ベストではないにしても、やむを得ず実行した緊急避難的行為ではなかったのか。テロという言葉の重さを再確認すべきである。

日本は世界の敵になるのではないか。海洋汚染は日本1ヵ国の問題ではなく、世界全体の問題である。

日本は、もしかして3万人にも上ろうとする犠牲者を出した地震の、津波の被害国ではないのか。原発事故の被害国ではないのか。そのように苦闘し苦悩する被害国の日本を、お前たちは世界の敵だと謗る、無神経な国家があるのか。

日本と中国の間の尖閣諸島沖での事件のときも、政府の対応を非難する声が多く上がった。確かに政府の対応がベストだったとは私は思わないが、しかし、そうやって非難する人達から有意義な代案というか解決策はついぞ示されなかった。代案なき非難に、何ほどの意味があるのだろう。もちろん外交に疎い私が解決策を打ち出せるわけもなく、従って、政府を批判する記事を私は書かなかった。書けなかったというべきだろう。

私が普段から、文字通り浅学非才を省みず、勉強しているのは、事にあたって、自分なりに少しでも妥当な意見や代案を述べるためである。放射線の影響の記事も、そのような意向に沿ったものである。普段の平時ならともかく、戦後の未曾有の国難の今の時期に、スパイシーを煽って、ただ注目を集めるような記事を書くのはいかがなものか。日本をこれ以上貶めて何が楽しいのか。一致団結して、国難を解決するときなのではあるまいか。

復旧

user-pic
0

今更いうのもなんだが、東北地方太平洋沖地震があって、東北地方の太平洋沿岸は壊滅的打撃を受けた。これを書いている4月中旬の時点では当然にまだ、東北地方は復旧は日暮れて道遠しである。なお、復旧でなく復興であるという人がいるが、それは言葉遊びだと思う。どっちでもいいではないか。

さて、私が住んでいる神奈川県だと、東北地方太平洋沖地震による影響は、かなり間接的であるが、記録的な意味で、被害と復旧の状況を書き留めておく。

  1. 電力
    電力は明らかにまだ不足で、本当に復旧するためには何年かかるかわからない。原発や火力発電所を新規に建造する必要があるからである。ただ、3月末に、とりあえず計画停電はなくなった。電力会社や企業が、2割程度節電して、なんとか需要を抑えているからである。ただ、夏場になると分からない。少なくとも、エアコンをがんがん効かすことは、罪とみなされるかもしれない。
  2. ガソリン
    ガソリンは、少なくとも3月21日頃までは、ガソリン・スタンドの給油待ちの車が長蛇の列で、短気な私は、到底並ぶ気がしなかった。車にまだ、半分程度ガソリンが残っていたせいもある。しかし、3月26日には、最早ガソリン・スタンドの給油待ちの車の列は見かけず、完全に復旧していた。思ったより早かったといえる。
  3. ペットボトルの水
    ペットボトルの水は、4月9日くらいになって、スーパーに普通に並ぶようになった。ガソリンよりも復旧に時間がかかるというのは、よく理解できない。ただ、まだ品薄ではある。まだ、往事の70%程度の供給かと思われる。
  4. 納豆
    納豆は、3月の終わり頃に、朝、スーパーに行けば、競わなくても買えるようになった。それで、午前中ならなんとか買えるという状態なのだが、夕方だと流石に売り切れている。まだ、往事の60%程度の供給かと思われる。
  5. 乾電池
    乾電池は、一時ほとんど姿を消していたが、4月のはじめ頃、単一を除き、戻ってきた。しかし、懐中電灯に使う単一は、まだ普通の店頭にはない。かなり増産しているようなのだが、もともとあまり消費されるものではないので、きっと余剰で困る日が来るだろう。
  6. 原発
    神奈川県で、マイクロシーベルトの数値が微妙に上がっているかもしれないが、福島第一原発の神奈川県に対する実質的被害はないとみる。ただ、原発の象徴的怖さのせいで、私が勤務している会社で、特に外国人が何人か、母国に逃げ帰ったのを聞いた。敵前逃亡ではないが、どうしてもこういう行為は腰抜けとみなされやすい。ただ、幼児を抱える家族がいるなら、理解できる。人間というものは飽きやすいもので、退避を迫られている身でないと、原発は話題にも上らなくなってきた。しかし、特に速やかに収束に向かっているわけではないので、引き続き、注視は必要である。

ところで、誰でも想像することであるが、東北地方太平洋沖地震レベルの地震と津波が、関東の沿岸、すなわち、東京・神奈川・千葉を襲っていたらどうなっていただろうか。すると、今では大抵のビルは耐震構造がしっかりしているので、市街地の被害は限定的だと思うが、下町では、倒壊と火事が起きたかもしれない。しかし、津波が来ると、お台場など、海岸にある施設は大変である。港区に海水が上陸するかもしれない。それでも、東京湾は三陸海岸と違って、リアス式でないので、津波の増幅作用は大きくないだろう。だから、私の楽観的観測では、関東に同規模の地震・津波が来た場合、経済的被害は東北より大きいが、人的被害は、東北より少ないのではないだろうか。東京・神奈川・千葉には原発がないのも大きい。

そもそも、江戸に津波が来たという歴史的な記述はないはずである。すると、東京に来るとしたら、一番ありえるのは、関東大震災級の直下型地震で、それはとりあえずの確率は高くないが、一応ありえる。実際、「地震のすべてがわかる本」土井恵治監修、成美堂出版によると、関東大震災は1923年で、その前の元禄地震が1703年である。そして現在の地震学の知見での予想は、次に起こるのは、今から100年以降である。現在の地震学は、規模はときどき間違えるが、周期については割合正確に言い当てていると思うのだが、楽観的すぎるだろうか。

ダイヤモンドオンラインに、旧ソ連が、チェルノブイリ原発事故にどう対処したかの記事があったので、参考までに引用しつつまとめてみる。

1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故は、人為的ミスによる暴走事故だとされている。あれから25年、前回述べたように、死者数の推計にすら諸説あり、まだ事故の影響は色濃く残っていることがわかる。

当時はソビエト社会主義共和国連邦時代の末期だったが、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ各共和国政府は機能していない。すべてモスクワの連邦政府(共産党政府)が指示していた。

情報は錯綜し、事故発生時も近隣諸国に通告していないので、翌日以降に北欧諸国が異常な放射性物質を検出して発覚した。その後、ソ連政府は国際社会に事故を報告し、事故の収束活動を開始する。

チェルノブイリ事故の場合、2度の爆発で一挙に放射性物質が吹き上げられた。福島は基本的にじわじわと漏れているわけだが、4基の原子炉が同時に損傷(4号機は使用済み核燃料プールの冷却不能)しているので、内部に存在する放射性物質の全体量は圧倒的に福島のほうが多い。チェルノブイリの数倍といわれている。

「内部に存在する放射性物質の全体量は圧倒的に福島のほうが多い。」という事実に注目することは重要であるが、一方で、次のような池田信夫氏のコメントにも留意する必要がある。

政府は、福島第一原発の事故の評価をINES基準の「レベル7」に引き上げる方針を固めたようだ。産経によれば「放射性のヨウ素131換算で外部への放射性物質の放出量が数万テラベクレル以上」がレベル7の定義なので、今までの政府の発表からもこれは当然だろう。

しかしチェルノブイリ事故では数百万テラベクレル以上の放射性物質が放出され、半径数百kmにプルトニウムを含む大量の「死の灰」がばらまかれ、IAEAの保守的な基準でも4000 人が死亡した(反原発派の推定では10万人以上)。その最大の原因は、チェルノブイリでは原子炉が運転中に暴走して爆発したからだ。

すなわち、チェルノブイリより福島第一原発の方がはるかに制御可能な状態にある。そうであればこそ、膨大な放射性物質を飛散させないというところに最大限の処置がとられなくてはならないということになる。

当時、ソ連政府の対応を西欧各国は罵倒し、悲鳴と怨嗟の声に満ちた。とくに北欧や西ドイツ国内はほとんどパニックだった。筆者の記憶では、もたもたしたソ連政府は作業員の健康管理もできず、長期間にわたって世界中に放射性物質をばら撒いた、という印象が残っている。

それはそうだろう。日本も今、隣国の韓国や北朝鮮からも非難の声が届いている。中国政府から目立った抗議がないのは、福島から相対的に遠いからだろうか。

しかし、多大な犠牲者を出しながら、じつはソ連政府は10日間でほぼ事態を収束方向にもっていったのである。私たちが学べる点はあるだろうか。

チェルノブイリが10日で収束したとは知らなかった。以下、経緯を引用してみる。

チェルノブイリ4号炉は核分裂反応の暴走によって瞬間的に2度、爆発した。その経緯をIAEA(国際原子力機関)が1986年8月に開催した国際会議でソ連政府が報告している。また、この報告を元にして日本の原子力安全委員会が1987年9月に公表した事故報告書にまとめられている。これらの情報は現在、「原子力百科事典ATOMICA」(注①)でだれでも解説を読むことができる。ATOMICAは日本の原子力村(産学官の権益集団)が作成しているものだ。

それによると、爆発から収束までの状況はこうなっている。本稿では事故の原因には触れない。

1日目(1986年4月26日)
・原子炉の暴走後、爆発が2回起きた
・建屋の上部が吹き飛ぶ
・外部に高温の核燃料、黒鉛(ソ連型原子炉の冷却材)が飛散
・発電所施設内の30か所以上で火災発生
・1時30分、近隣の消防隊が施設内の火災を鎮火したが、原子炉の黒鉛火災はじまる。放射性物質の大規模な飛散続く

2日目(4月27日)
・軍のヘリコプターで中性子を抑えるホウ酸40トン、燃焼抑制用の石灰岩800トン、放出抑制用の鉛2400トン、粘土と砂など、合計5000トンを原子炉へ投下する作業がはじまる
・2日目に放射性物質の放出量は3分の1に減少

3日目-6日目(4月28日-5月1日)
・投下作業が続き、放出量は抑制、5日目と6日目には初日の6分の1程度まで減少

7日目(5月2日)
・放出量が再び増加。原子炉を5000トンの鉛などで埋めたため、内部の核分裂生成物の崩壊熱と黒鉛燃焼で核燃料の温度が再び上昇し、放出が増大する

8日目(5月3日)
・溶融した核燃料と水の接触による水蒸気爆発を避けるため、サプレッションプールの水抜きをはじめる。

9日目(5月4日)
・放射性物質の放出増加が続く。初日の2分の1まで増加

10日目(5月5日)
・溶融した核燃料の冷却のため、原子炉下部へ窒素を注入
・急激に放出量が低下

このように、窒素注入後の10日目に大量放出は収束している。もちろん、この後も放射性物質は漏出しており、ほぼ密封できたのは約40万立方メートルの強化コンクリートによる石棺が完成した11月のことだった。

なるほど、10日で放射能のレベルを下げ、半年後に石棺で封じ込めたのか。

放射線急性障害による死者28人、急性症状から回復後の死者19人は、10日間の消火活動従事者、核燃料冷却作業要員の犠牲者だ。線量計も持たず、まともな防護服も着ないで作業している様子は、その後の記録映画などで見ることができる。事故の原因はともかく、地球市民は犠牲者にあらためて心から感謝しなければなるまい。

5000トンの材料は空軍のヘリコプターで投下された。指揮は空軍のアントキシン大将がとったという。軍の最高級幹部が指揮官だったわけだ。初日に消防隊、2日目には軍が出動している。

なるほど、チェルノブイリは、共産国らしく、国家の指導で強引且つ一気に対策を講じた。しかし、作業員の防護服など配慮がなかった。防護服なしの作業員は、動きやすいので、瞬間的には作業効率が上がったかもしれないが、結局放射能による死亡につながった。原子炉を鎮める物質の投下は、軍の最高級幹部が指揮官になるくらいだから、軍の最高の軍事作戦としてなされたのであろう。この点、平和国家且つ民主主義国家である日本は、よくも悪くも、このような徹底的な行動がとりにくい。

チェルノブイリ事故では大量放出を10日間で収束させたわけだが、その後の密封作業の経過は次のとおりである。
  • 4号機の周囲では、遠隔操作によって土の表層を剥ぎ取り、廃棄物処分場へ運んだ。クレーンの運転席は鉛で遮蔽
  • 剥ぎ取った跡地はコンクリートで固めた
  • 周囲のビルの屋根と壁を除染
  • 原子炉敷地を除染、コンクリートで舗装し、防護壁の金属骨組みを構築し、コンクリートで覆った
  • 防護壁とともに、原子炉を埋没密閉する構造体(石棺)を建設
  • 防護壁は深さ30-35メートル、幅60センチの堀のようなもので、発電所の全周をめぐらせ、地下水が浸透しない深さまで打ち込んだ
完成は1986年11月だと思われる。現在、25年経過し、コンクリートの劣化による放射性物質の漏洩が懸念されているそうだ。

福島第一では、作業員の被曝を恐れて、ここまで迅速な処置を取れていない。また、忘れてはならないのは、福島第一では、地震と津波で、冷却装置などの周辺装置が壊滅したことである。チェルノブイリには、そのような天災は関与していない。それと、チェルノブイリでは、一目散に放射能を封じる策が採られたが、福島第一では、廃炉になるのを恐れて、初動で後れをとった。専門家も指摘するように、廃炉を恐れず、早々に海水を注入すべきであった。こういう不徹底さは、いかにも根回しを重んじる日本の欠点が出ている。

R25に下記のような記事があった。

ランチタイム。それはつかの間の休息。でも外食するのは面倒だし、最近はお弁当屋さんだけでなく、コンビニでもかなり豊富な種類が選べるようになってきた。R25世代のなかにも、昼食は自分のデスクでササッと済ませているという人がいるのでは? そこで気になるのが、においや汚れなどに対する周囲の反応。デスクといえども会社の所有物。社内にはよく思ってない人がいるかもしれない。

実は私は管理職時代から、デスクランチの大家?であって、もう10年以上、会社での昼食は、デスクランチである。理由は簡単で、家内が作ってくれるからである。すると、それがすっかり習慣になり、「お、愛妻弁当だね?」と揶揄されても、その習慣を変えるつもりは全くない。

デスクランチの一番のメリットは、昼食代が浮くことである。すなわち、カフェテリアなどで昼食をとると、どうしても500円程度はかかる。それが1ヶ月の20日の勤務になると、月1万円である。結構大きい。

デスクランチの次の、私固有かもしれないメリットは、自席で食事しながら、その時間を自分の時間として使えることである。ネットサーフィーンできるし、こうしてブログも書ける。私は馬鹿な冗談が好きなので社交的に見られることがあるが、とんでもなくて、本質は、孤独癖がある根暗な性格なのである。だから、沢山人がいて会話しなければならない状況が続くと、気疲れしてしまう。それを私は勝手に、高山病と呼んでいる。私にとって、人と付き合うことはまるで、山に登るような大層なことなのである。

しかし特に、管理職時代は、そのデスクランチの習慣を軽くであるが、批判された。理由は、カフェテリアでのランチタイムは、格好のコミュニケーションタイムだからである。そこで雑談するうちに、いろいろな人の日常の状況が分かり、そういう情報は、管理職としての日常のマネジメントに有意義である。

それは分かっているのだが、私の孤独癖は結構根深く、この孤独なデスクランチ・タイムがないと精神の平衡を保てないかもしれない。ただ、私にも言い訳はあって、私の周囲で眠れないとか、精神的な不安を抱えて、医師に抗欝剤や精神安定剤を処方してもらっている人は少なくないが、私は、シュトウム・ウント・ドランクのような精神的困難にあっても、一度も寝不足や欝で沈みこむということがなかった。それは、私の孤独癖がいつも満たされてきたからだと勝手に思っている。

なお、上記の引用では、「においや汚れなどに対する周囲の反応。デスクといえども会社の所有物。社内にはよく思ってない人がいるかもしれない。」とあるが、私の職場では、そういう苦情を一度も聞いたことがない。おそらく、外資系であるがゆえの、独立した机の配置なので、そういう苦情が出にくいのだろう。

また、私が孤独癖ゆえに暗くデスクランチしていると書いたが、実は、私の職場では、派遣社員の方を中心にデスクランチしている人は少なくない。理由は、私とは少し違うのかもしれないが、カフェテリアまでの移動時間がもったいないとか、カフェテリアには好きなメニューがないなどの理由らしい。少なくとも、デスクランチ仲間であるという連帯感は、私は派遣社員の方々ともちえていない。仲間に入れて頂けるなら幸いなのであるが、そもそも相手にされていないというべきだろう。このあたり、私の孤独癖のほころびが見え隠れする。

ただ、派遣社員の方々は、多分、多忙で作っている余裕がないからだと思われるが、主として、お湯を注ぐタイプのレトルト食品をもってきているようである。私はというと、あくまでも、手作りの弁当にこだわる。だから、家内が理由があって、あるいは理由なく弁当を作ってくれないときは、主夫のなけなしのスキルを発揮して自分で弁当をつくる。これを友人に話すと、そこまでやるかと思われるようであるが、もって回った言い方をすると、生命を維持するに足りるという条件をみたす糧食を用意するだけなら、調理は極めて簡単な作業である。

こうして、延々といくらでも語れるデスクランチとは、私には意外な至福のときなのであった。分かるかな、わかんないだろうな。

竜王戦の観戦記を読んでいたら、三浦八段が、何かの機会に初級者向けレベルの詰将棋を考えていたらどうしても解けず、かなり動転した、とあった。その内容の詳細は忘れたが、もしかして、飲み会に行った先でのことかもしれない。酒場に詰将棋が飾ってあることもときどきある。三浦八段はどうも、東日本大震災があったりして、つい将棋の勉強が疎かになっていたようなのである。

そこで三浦八段は、これはいかんと、必死で毎日何時間も将棋の研究をする、というペースを取り戻したそうである。そういう努力こそが三浦八段の自信の根拠である。

私は、前にも書いたが、アマ四段にしては、詰将棋を解くのが得意でない方で、10分で3級の詰将棋も解けないで落胆することはそんなに珍しいことではない。そして、その度に、一緒にいた棋友に、おい大丈夫かと、馬鹿にされるというよりも寧ろ、心配される。すなわち、その棋友が簡単な詰将棋で躓くシーンを見たことがなく、だから、A級の三浦八段ほとの棋士でも、そんなことがあるのは意外でならない。

そういう簡単な詰将棋でも馬鹿にできなくて、森下九段などは、日常的に棋力を維持するのは、別に10分で1級程度の易しいものを沢山解くのでよいという。それで詰将棋が得意でない私も、その教えに従い、将棋の大会の前などには、本当に馬鹿にされそうな簡単な詰将棋を沢山解いて自信をつけるようにしている。すると、確かに、ある程度の成績を収めることができるようである。そういうトレーニングが、前に書いたプロのメンテの根拠になっている。

囲碁でも同様のようで、小松九段などの囲碁の棋士も、強くなるには簡単な詰碁を沢山解けばいいという。そのとき、難しいものでは寧ろ駄目で、簡単なものがいいんです、だって難しいものだと嫌になってしまうでしょ、と言う。すぐに答を見たっていいんです、とまでいう。

ところが、くだんの私の棋友は、簡単な詰将棋なんてあまり意味がないのではないかとまでいう。そして実際、私が到底歯が立たないような難解な詰将棋を通勤電車で悩みながら解いて、調子を取り戻している。私には出来ない芸当である。

くだんの棋友のトレーニング方法は、おそらく米長流に根拠をおく。米長流といっても、こちらに書いた、相手にとって非常に重要で、自分にとってあまり重要でないような対局に、全力を尽くすとはまた別のもので、すなわち、プロ棋士になるには、難解な古典詰将棋で知られる『将棋無双』、『将棋図巧』を頭の中だけで解けばいいというものである。確かに、読みの深さを鍛えるために、これほど有効なものはないだろう。しかし、相当に苦しい修行で、嫌になりやすいのもたしかである。その分、根性も鍛えられる。

この詰将棋の米長流も、昔はプロ棋士の卵に信奉されたようであるが、最近の若手は寧ろ、序盤の戦法の研究の方にフォーカスして、もしかして詰将棋は、森下流の簡単なものを中心にしているのかもしれない。例えば、今をときめく渡辺竜王も、詰将棋の米長流のことを聞かれて、そんなのやってませんよ、と平然という。それでいて、もちろん終盤が弱いわけではなく、なにしろあの羽生を終盤で抜き去ることもあるほどである。

こうして私は、三浦八段だって躓くのだから、森下九段が推薦するのだから、また渡辺竜王だって難解な詰将棋、あんまりやっていないのだから、と無理やり自分を納得させて、若島正あたりの難解な詰将棋集をうっちゃって、本当に初心者向けの詰将棋集に取り組むのだった。あれっ、こんなのが解けないぞ、と動転しながら。

週刊ダイヤモンドによると、福島第1原発の事故は、主要メーカーである東芝・日立にとって手痛い誤算であるという。以下、引用しつつコメントする。

「われわれのエンジニアや研究者たちをもっと使ってくれれば、もっと早くに事態を収束できたはずだ。東京電力の地震後の対応にはがっかりだ」──。

ある東芝首脳はこう吐き捨てた。危機的状況から脱せない福島第1原子力発電所の状況にいらだちを隠せない。磯子エンジニアリングセンター新棟。地震発生直後から危機対応の準備は万全だった

東芝には最先端の原子力技術を研究する磯子エンジニアリングセンターがある。福島第1原発とはホットラインで結ばれており、地震後も、衛星通信によって正確な情報を得られる状況だったという。「エンジニアがいつでも動けるような体制は整っていた」(同首脳)。

本当にそうなのか。それならなぜ、東電は、東芝に直ちに援助を求めなかったのだろうか。可能性があるとしたら、当初、なるべく内輪で解決したかったということが考えられる。超官僚組織として、国と東電は、一体感があるが、原発メーカーはそうでない、ということである。

加えて「日立製作所の設計した4号機についても、うちのエンジニアが対応できるように考えていた」(同首脳)。日立は茨城県の日立事業所が被災している。その対応に追われるだろうと、東芝は配慮していたのだ。メーカー側は企業の枠を超えて、福島第1原発の危機に対応する準備を整えていた。

なるほど、一社に利益を集中させないために、一箇所の原発で、東芝と日立が仕事を分け合っているのだろうか。

両メーカーは、日本の原発の歴史に深くかかわってきた。日々の点検や管理などで、実際に現場で手を動かすのはメーカーである。ゆえに、原発構造に関する知見も、当然ながら蓄えている。

因みに、日本の主要な原発メーカーはどこなのか、特許出願件数でみてみた。すると、やはりダントツは東芝で、全体の特許出願の約30%を占める。次は日立で、約20%。特許でみても、東芝と日立が主要メーカであることが分かる。その次は、三菱重工で約6%、その次は、石川島播磨重工で約4%。このあたりまでが日本で主要な原発メーカであるといっていいだろう。外資系では、GEとウェスティングハウスがあるが、ウェスティングハウスは東芝に買収された。

「東電に原子炉に関する知見がないとはいわない。でも燃料や炉心、格納容器など、それこそなにからなにまでいちばんよく知っているのは実際に図面を描いたエンジニアでしょう」。メーカー側は口を揃える。

それはそうだろう。フェイルセーフの仕組みを含め、設計者ならではの知恵というのはあるはずである。

メーカー側には、福島の状況が一刻も早く落ち着いてほしいという自分たちなりの事情もあった。原子力は二酸化炭素を出さないエネルギー源として注目を浴びていた。また、爆発的に増える新興国でのエネルギー需要を賄うための救世主として、建設ラッシュが始まる、"原子力ルネサンス"の本格的な幕開けを目の前にしていた。

地震大国の日本で、世界で最も厳しいといわれる耐震基準をクリアして原子炉を開発、設計してきた東芝や日立の技術力は、世界から求められていた。メーカーもそれを売りに世界中の原発需要でひと儲けしようと、そろばんを弾いていたところだったのだ。

そうなのである。二酸化炭素地球温暖化説が、原発推進派とリンクしてることは、公然の秘密であった。だから、米国でも、アル・ゴアの路線を踏襲するオバマは、福島第一の事故があっても、自国内の原発建設の計画を推進しようとする。

しかし、ビジネス的に一番痛手なのは、もともと日本の最大手で、ウェスチングハウスを買収してまで原発の分野に傾注しようとしていた東芝である。

東芝は2006年2月に米大手原発プラントメーカーのウェスチングハウスを54億ドル(当時の為替レートで約6210億円)もの巨費を投じて買収。さらに、いちプラントメーカーにとどまらず、燃料調達なども手がける"原子力の総合企業"に生まれ変わるべく舵を切り、07年8月にはカザフスタンでウラン権益を確保するなど、事業構造の転換を急いできた。

中期経営計画では15年度までに世界で39基を受注し、原子力事業だけで売上高1兆円という目標を掲げている。その目標も13年度に達成可能で、10年度は約6000億円の原子力事業での売り上げを見込んでいる。

利益面での貢献も大きい。東芝のもう一つの主力事業であるLSIなどの半導体事業が、価格変動と需給バランスによって浮き沈みが激しいのとは対照的に、毎年100億~150億円の利益を生み出す"読める"事業だったのだ。

ウェスチングハウスの投資回収は当初17年間だったが12~13年で回収可能と見ていた。

そうなのである。コモディティ化したPCのハードウェアなどと違って、とても参入障壁の高い原発事業は、数社の寡占で、とても利益率が高いはずである。

日立も同じくバラ色の未来を描いていた。30年までに世界で38基の原発新設需要を取り込み、09年度に2100億円だった原発売上高を20年度には3800億円まで引き上げる目標を立てていた。

震災4日前の3月7日には、不採算事業だったハードディスクドライブ事業を米ウエスタンデジタルに売却し、原発をはじめとするインフラ事業に集中すると発表したばかりだった。

日立も同様であった。ともかく、これで国内で新規に原発を建造・受注することは事実上不可能なのであり、東芝・日立にとって、福島第一の事故は激痛であるはずである。

しかし、東芝は、負け惜しみなのか、以下のように、意外に強気である。

だが東芝首脳は「原子力事業の将来のキャッシュフローが見えない段階で、今すぐに減損処理を迫られることはない」と断言する。

また別の東芝首脳も、今回の震災で世界の原発新設計画がすべて止まることはないと話す。依然として現在稼働している原発の燃料需要やメンテナンス需要が見込め、今までと同様に売上高と利益は積み上がっていくはずだと強気の見通しを示している。

これは、そう考えないと、影響力が大きすぎるという意味なのか。

福島第1原発の危機的状況を前に、あまりに楽観的な将来見通しのように思えるが、その背景には、今回の事故は東電と政府の後手に回った対応が原因であり、東芝と日立は"被害者"だという思いがあるからだろう。

設計した東芝と日立が全面的に悪いとはいえないまでも、「東芝と日立は"被害者"」は、いくらなんでもないのではないか。設計上の欠陥は既にかなり喧伝されている。そもそも、ボランティアで原発を建造したわけでもない。ともかく、今後の原発に対する逆風は、当面収まりそうもない。

私は、すべてのことを本を読んで学ぶといっていいくらいの読書マニアであるが、それにしても、東日本大震災があってから急遽、地震の入門書を買ったのは、あまりにも泥縄であった。

買ったのは、入門書はなるべく易しい本がいいという方針に従い、「地震のすべてがわかる本」土井恵治監修、成美堂出版というやたらビジュアルな本だが、それでも、地震学なんてまるっきり素人なので、いちいち、目から鱗だった。

この本によると、宮城県沖地震というのは、有史でも、何度も起きている。それを列挙してみると、

発生日規模津波
1793/02/17M8.2あり
1835/07/20M7.3なし
1861/10/21M7.4なし
1897/02/20M7.4なし
1936/11/03M7.5なし
1978/06/12M7.4あり
2011/03/11M9.0あり

最後の一行は、私が追加した。

これをみると、宮城県沖地震は、18世紀末から、30~40年周期でかなり規則正しく起こっており、残念ながら今回の東日本大震災も、過去の周期にほぼ沿っている。この本によると、宮城県沖地震の発生確率は、2001年から指数関数的に急速に立ち上がり、2041年までには必ず起こると書かれている。地震で、ここまで言い切れるものだろうか。そして、予定どおりこうして本当に地震が起きるものなのだろうか。実際、2011年の時点で、発生確率はなんと0.3まで高まっていた。

ところが読売新聞の記事には、「地震学の定説通じず」とある。なぜか。東北大学地震・噴火予知観測センターの松沢暢教授は、「ここで、マグニチュード9が起きるなんて、思ってもみなかった。」という。地震学によると、海溝型の地震は、海のプレートが陸のプレートの下に沈み込む境界で起きるが、M9クラスの大地震は、誕生して数千万年程度の比較的新しいプレートで発生すると考えられていた。新しいプレートは比重が小さく、沈み込む角度が浅くなって陸のプレートとの摩擦が大きくなる。すると、歪がたまりやすい。

しかし、太平洋プレートは、1億年以上前に出来たという古さで、比重が大きく、沈み込む角度は10~30度と深いので、マグニチュードは7程度と予想されていた。

さらに地震学の定説を裏切ったのは、広い連動である。宮城県沖で起きた地震は、北は三陸沖、南は茨城県沖に達した。地震学によると、東北・関東で、これほどの連動型の地震は起きないといわれていた。

ただ、上記の表以前の869年の貞観地震では、マグニチュード8の大地震が起き、大津波があったが、このときも連動型の地震であった。

連動型の地震は、プレート同士が固定した固着域で起こる。しかし、固着域の周囲の非固着域では滑るので、歪の蓄積を緩和する。東日本大震災を起こしたプレートでは、固着域はパッチ状に存在しているため、その周囲の非固着域が歪の蓄積を緩衝し、これほどの大地震までには至らないはずなのである。大地震を引き起こすためには、パッチ状に点在する固着域が1つの巨大な固着域として振舞っていた可能性があるという。しかし、既存の地震学では、そのような振る舞いを説明できない。

別の謎は、プレート境界の滑りである。今回の地震でのプレート境界の滑りは、最大で20~30mとみられる。しかし、太平洋プレートが沈み込む速度は毎年8cmで、すると、20~30mの滑りの蓄積になるには1000年かかる。普通は、100年単位で歪が解消されるので、なぜ1000年も歪が蓄積し続けるのかも謎である。

このように、東日本大震災は、地震学にとってもチャレンジなのであった。それを煽るかのように、4月11日の午後5時16分ごろ、福島県浜通を震源とする震度6弱の比較的大きい地震があり、午後8時42分ごろにも茨城県北部を震源とするM5.9の地震があった。これは少なくとも、太平洋プレートでの地震ではない。太平洋プレートとの連動で説明されるのだろうか。

対抗同一性

user-pic
0

素人考えなのであるがつい私は、精神医学や心理学は、安易なラベリングに頼りすぎているように感じてしまう。典型的には、代理ミュンヒハウゼン症候群がそうである。

しかし、最近古書店でみかけて購入した「対抗同一性」福島章著、金剛出版に書かれている内容は、流石に代理ミュンヒハウゼン症候群よりは、受け入れやすいように思われる。

そこで、この本の内容を私が理解するところに従って、対抗同一性とは何か、記述してみる。ここでいう同一性とは、両親を含む世間の人物、概念などを基準に、自分のアイデンティティ(まさに、同一性)を決定することである。そして、これに尽きる訳ではないのかもしれないが、同一性には次のような種類がある。

  1. 肯定的同一性
  2. 否定的同一性
  3. 対抗同一性

まず、肯定的同一性とは、世間で積極的な価値をもつと看做されている対象に、自分の同一性を合わせようにすることである。例えば、野球少年が、イチローに憧れ、その真似をする、のようなものである。大抵の健全な子供はこうした経験があるはずであり、子供でなくても、私は、会社に入って、尊敬できる先輩をみつけて、そのやり方を学ぼうとした。

それでは、否定的同一性とはどのようか。福島章氏によると、社会から否認され排除される人々や、破滅に向かう人々に対する同一性が、是認された人々への同一性の堆積物を覆い尽くしてしまうものであるという。ただ、個人的には、否定的同一性を、肯定的同一性をとろうとして結局果たせなかった挫折をもって否定的同一性と考えたいが、それでは、同一性の定義自体から外れてしまうかもしれない。

そこで、対抗同一性であるが、次のように類別される。

  • 弱者への同一化
  • 反立する価値への同一化
  • 超越的な同一化

弱者への同一化とは、例えば、日本におけるアイヌ民族、被差別部落などに対する同一性である。

反立する価値への同一化とは、典型的には、資本主義社会における共産主義への傾倒、ベトナム戦争に突き進むアメリカ合衆国における反政府平和運動、などがあげられる。

超越的な同一化とは、典型的には新興宗教であるが、マテリアリズムを正統と見立てると、既存宗教に与しないスピリチュアリズムなどもこれに該当するであろう。例えば、キリスト教とスピリチュアリズムは犬猿の仲である。

ここまで書いただけでは、否定的同一性と、対抗同一性の違いが分かりにくい、どちらも、ネガティブなものに与しているからである。その違いは、否定的に沈んでしまうのが否定的同一性で、否定的対象を選んで、それに対して積極的に関与していくのが、対抗同一性である。

対抗同一性の典型的な例は、学生運動、特に、連合赤軍である。「対抗同一性」福島章著には、矢島一夫という殺人犯の事例が出てくる。この矢島が拘置所にいたとき、たまたま隣の房にいたのが、連合赤軍の坂東国男だった。そして、一介の殺人犯に過ぎなかった矢島一夫は、坂東のオルグで、赤軍派に加盟する。そして、お決まりのストーリーで、自分の犯罪を、階級闘争の一環と位置づけるのである。まさに、対抗同一性を発揮すべき対象と手法を学んだ訳である。

対抗同一性を発揮すべき典型的な対象は、連合赤軍がそうであるように国家権力であったり、サラリーマンだと、会社経営者層であったりする。具体的には組合活動である。音楽家のショスタコービッチは、ソ連にあって、恐怖政治の大王、スターリンと粛清されない程度に切磋琢磨し、見事な作品を発表し続けた。巨大な国家権力との対抗が、創造性の根源で、対抗同一性の面目躍如である。ところが、スターリンの死後、老け込む年でもないのに、創作意欲が萎えてしまう。対抗同一性が解消されてしまったのである。

対抗同一性は、囲碁や将棋をたしなむ者にはとても馴染みやすい。すなわち、囲碁でも将棋でもサバキというが、相手の手に呼応して局面を積極的に打開するのがサバキであり、そこには同一性という言葉は適合しないが、相手からの押さえ込み、攻めに応じて動くという点で、まさに対抗なのである。

対抗同一性はおそらく、社会的反抗期の発現で、第二の反抗期といってよい。そこで学生運動に参加する者は少なくないが、坂東国男や塩見孝也のような、一生対抗同一性を引き摺る者は寧ろ稀で、大抵は対抗同一性を卒業して、まともなサラリーマンに落ち着いていく。

私事に言及すると、親に対する反抗期も、学生時代の第二の反抗期もなかった私は、サラリーマンになってから、遅ればせながら、対抗同一性を発揮した。それは例えば、理系的意志にも書いたとおりである。こう書いてみると、私にとって、消え入りそうな意欲を鼓吹して、少しでも自己啓発するためには、会社の上司から苛められることが必要だったのである。これを私は、ニーチェの言うところの認識の徒の末席を汚すことに喩えるのであるが、穿ち過ぎだろうか。

ともかく、どうみても目立たない「対抗同一性」福島章著、金剛出版を、古書店の百円均一ワゴンから見出したのは、私の対抗同一性の琴線に触れたからであった。

週刊ポストによると、原発事故が深刻化する中で、資源エネルギー庁長官から東電に天下った元官僚が雲隠れしているという。以下、引用しつつコメントする。

原発事故が深刻化する中で雲隠れした原発官僚がいる。今年1月に資源エネルギー庁長官から東京電力の顧問に天下った石田徹氏だ。

東電は「個人情報だから」との理由で報酬を明らかにしていないが、「天下りの不文律として、退官直前と同額程度(年収約1860万円)が払われている」(経産省幹部)とされる。しかも、「ほとぼりが冷めた頃に副社長に昇格する予定」(東電関係者)という。

その動静は一切出てこない。経産省中堅が明かす。

経産省の役人が東電に天下るとしても、違和感はない。寧ろそうでなかったらおかしいほどである。そもそも、東電自体、官僚体質の権化である。例えば、電力使用制限令に書いたように、経産省は、東電の求めに応じて電気事業法27条を発令しえる。そこからも、経産省と東電の表裏一体ぶりが窺われる。

「石田さんが表立って動くと、経産省は"天下りがいるから東電に甘い"と批判されかねない。そこで、石田さんは経産省の上層部に電話し、東電の首脳に経産省の意向を伝える連絡役に徹している。石田さんの役割は、東電の支払う賠償額を出来るだけ減らすことにある」

東電の経営が傾けば、経産省は特Aクラスの天下り先を失う。石田氏と経産省の関心はそこにしかないのか。

東電と経産省が天下りを通じて密接に絡み合っているなら、政府が東電を厳しく追及することは考えにくい。すると、今回の原発の不祥事にも拘わらず、東電はあまり厳しい追求をうけないで、知らない間に立ち直るのだろうか。それも考えにくいが。

経産省を中心に政府が拠出する原子力予算は年間約8370億円(2011年度概算要求額)。そこに原子力安全基盤機構、日本原子力文化振興財団など数多くの天下り法人もぶら下がっている。現役・OBを問わず原発官僚の責任も厳しく追及されるべきだ。

なるほど、すると、経産省と、東電と、原子力関係特殊法人は、天下りを通じて密接な関係にある。日本のフォアグランドでは反原発の機運が高まったが、日本のバックグラウンドでは原発推進の水脈が流れている。すると、福島第一原発が収拾されて落ち着くと、知らない間に原発の建造が始まっているということはありえる。何しろ原発は、利権の温床なのである。電力エネルギーの確保のため安全な原発を研究開発してほしいと思っている私も、そのあたりについては思いは複雑である。

天災と人災

user-pic
0

先日の東日本大震災はまさに天災であり、天災の定義を改めて与えるまでもないだろう。それでは、天災の反対の概念のように思われる人災の定義はどのようか。広辞苑によると、「人間の不注意などが原因になって起こる災害」のことで、すると、人間の過失によって起こる災害であるともいえる。例えば、ダムの設計ミスでダムが決壊するとか、血漿製剤に間違えてエイズウイルスが混入するなども人災といえる。

しかし私はあえて、人間の悪意によってもたらされる災害、あるいは災難も人災に含めてみようと思う。すると、原爆の被害は明らかに、米国政府が意図して引き起こされた災害であるがゆえに、私の定義では人災に含まれる。

ところで先日、Webのニュースをチェックしていたら、原爆と、今回の東北の津波の両方に遭った女性のことが報道されていた。すなわち、子供のとき広島にいて原爆に遭い、命の別状はなかったが、随分怖い思いをした。そして広島から東北の親戚に身を寄せて暮らしているうち、今回の津波に襲われ、これもなんとか一命を取り留めた、という次第である。そこで記者は、当然かもしれないが、原爆と津波はどちらが怖いですか、と聞いた。それに対する女性の回答は、原爆も怖かったが、津波の方がもっと怖かったというものだった。

それに対する私の感想は、いくらなんでも、津波より原爆の方が怖いだろう、より一瞬に多くの命を奪うのだから、というものである。もし原爆より津波の方が怖いと感じたなら、それは、原爆がはるか昔のことなので、記憶が薄れてしまったからだろうと思った。

すなわち、人災を上記拡張した意味で考慮するとすると、私は、人災はほとんどあらゆる場合に天災により怖いという思い込みがある。その根拠は、高校時代に習った漢文の授業にある。古文も漢文もとても苦手だったが、内容として興味深いものもあり、今でも鮮明に記憶している内容は、ある中国の山奥に住んでいる村民の話である。そこは人食い虎が出て、何人も食われているというとても問題の村であった。しかし村民は村を離れようとしなかった。そこを通りがかった旅人が、どうして安全な隣町に逃げないのかと聞いたところ、村人が答えていうには、ここは確かに虎が怖い。しかし、村はよく治められており、税も過重ではない。隣村は、虎はいなくても、施政者が苛斂誅求であるという。苛政は虎より猛なり、なのである。そのようなストーリーだったと思う。

そこで私は、虎を天災、苛政を人災とみたてて、人災の方が天災より怖いのだと考えるようになったのである。

実際、ヒットラーによるユダヤ人虐殺、米国による北ベトナム空襲、クメールルージュによる虐殺、文化大革命と、「人災」による被害の程度は計り知れない。どんな天災も、これほどの人命を奪わないのではないか。

それでも、よく分からないのは、関東大震災という「天災」と、東京大空襲という「人災」の両方を経験している人は、関東大震災の方が怖かったという傾向にある、ということである。これは、両方経験しているわけなのだから、実感なのだろう。すると、人災の方が天災より怖いという私の思い込みは、頭の中だけで考えたことであり、感覚に沿ったものでないということになる。

天災の方が人災より怖いというのが正しいのだとすると、その理由は、天災の非人格性のゆえだろうか。すなわち、人災は人間によってもたらされるがゆえに、災いが生じるまでに交渉の余地がある、妥協してもらう余地がある。天災は有無を言わせない。例えば、東京に向かって飛んでくるものが、某国のミサイルであるより、巨大隕石であるほうがより怖いかもしれない。なにか後者の方がより圧倒的である。

しかし、とやはり思う。やはり天災の方が人災よりましである。なぜなら、津波が何かの兵器で人為的にもたらされたものであるなら、被災者は、絶望だけでなく、激しい怒りに駆られるだろう。今は、天災であるがゆえに、絶望し諦めるしかない。それは人災よりわずかに救いなのではないか。

と、議論すること自体が不謹慎なのかもしれない。

読売新聞によると、今年の夏、1974年以来久々に、電力使用制限令するかもしれないという。以下引用:

海江田経済産業相は5日の閣議後の記者会見で、福島第一原発の事故で今夏、電力の供給不足による大規模停電が起きる恐れがあるため、「電気事業法27条による規制も必要だろう」と述べ、法律に基づき国が使用量を制限する方針を示した。

同法による電力使用制限令の発動は、石油危機時の1974年以来となる。

経済産業省は東京電力管内の大企業など大口契約者については、ピーク時の最大使用電力を前年より25~30%削減する方向で産業界と調整に入った。だが、日本経団連は25%削減を目標とした自主的な節電行動計画作りを加盟企業に求めている。さらに、政府内にも数値をめぐって異論があり、調整は終わっていない。

ここで、電気事業法27条とは、次のとおりである。

(電気の使用制限等)
第二十七条  経済産業大臣は、電気の需給の調整を行わなければ電気の供給の不足が国民経済及び国民生活に悪影響を及ぼし、公共の利益を阻害するおそれがあると認められるときは、その事態を克服するため必要な限度において、政令で定めるところにより、使用電力量の限度、使用最大電力の限度、用途若しくは使用を停止すべき日時を定めて、一般電気事業者、特定電気事業者若しくは特定規模電気事業者の供給する電気の使用を制限し、又は受電電力の容量の限度を定めて、一般電気事業者、特定電気事業者若しくは特定規模電気事業者からの受電を制限することができる。

私の理解では、当初、東京電力は、暖房を使わなくて済むことで消費電力量が減る5月までは、計画停電をもう行わないが、冷房を使わなくてはならなくなる6月以降、明らかに消費電力量が電力供給量を上回るので、再度計画停電をせざるを得ないと考えていた。

しかし、3月に計画停電を実施してみたところ、企業からも各家庭からも、計画停電は大変評判が悪い。経済活動を阻害し、治安の悪化を招く惧れが大である。

泥沼化する福島第一原発の事故で、各方面からの批判が増大する東京電力は、これ以上計画停電して、地に落ちた評判をさらに掘り下げるような真似はしたくないのか、計画停電はなるべく避ける方針を打ち出してきた。そうは言っても、電力供給量のない袖は振れない。そこで、どうやって計画停電を避けるかというと、いままで滅多に発動されなかった電気事業法27条を駆使して、経済産業大臣が国民に、節電を命じることになる。

そこで、電力供給量電力指標電力供給力の回復策などを通じて私が知っている電力の数字を使って、夏の盛りにどの程度の節電をしなくてはならないのか、試算してみる。数字は、必ずしも東京電力の公式発表ではないので、私の勘違いが当然にありえる。ごく粗い目安と理解して戴ければ幸いである。

  1. まず、東京電力管内での、昨年の夏のピークの電力消費量は、5900万キロワットだった(これは、テレビの番組で聞いた数字である)。
  2. 一方、原発などの発電能力を地震や津波で失ったことにより、今の東京電力の可能な電力供給量は、4300万キロワット程度である。
  3. すると、何も手を尽くさないと、今年の夏、不足する電力供給量は、5900万キロワット - 4300万キロワット = 1600万キロワットである。
  4. それではどうやって節電指示するかであるが、昨年の夏のピークの電力消費量の5900万キロワットの内訳を私なりに推定してみると、次のとおりである。
    • 家庭が3000万キロワット
    • 電鉄会社が2000万キロワット
    • 企業が900万キロワット
  5. そこで、電気事業法27条により、電鉄会社と企業に、三割の電力節約を命じる。するとここで、870万キロワットの電力節約が達成される。それでもあと、1600万キロワット - 870万キロワット = 730万キロワットの削減を、家庭のパートで達成しなくてはならない。凡その目安では、家庭は、昨年の夏のピークを思い出して、電力消費量が、その2/3程度になるように努力する。例えば、次のような努力である。
    • 稼動するエアコンを、昨夏より一台分減らす。
    • 設定温度を、昨夏より1℃上げる。
    • 洗濯機、電磁調理器などの必須の大容量電力消費家電は、なるべく早朝や深夜の、比較的電力消費量が低い時間帯に使う。
  6. 東京電力は、特に夏場、電力消費量をモニタして、それが最大供給量を超えそうになったら早めに、先ず、電鉄会社などに通知する。すると、安全を損なわない範囲で、電車の緊急運転停止もありえる。普通の企業や家庭にも指示するが、緊急の指示が通用しにくい。

このような方法で、関東に住む人達が一致団結して、節電に当たるよりない。それは、夏の暑さに参りそうになるような試練かもしれないが、原発の加勢を当面(永遠?)頼めないのだから、止むを得ないコストなのである。東京電力に悪態をついても仕方ない。

ここまで書いて朝起きて朝刊をみると、まるで、私の試算に対する模範解答のように、「夏の電力使用削減目標」とあった。すなわち、大口25%、小口20%、家庭15~20%とある。あれ、これは私の試算より甘い、大丈夫かと思ったら、東京電力は、火力発電所の再稼動やガスタービン発電機の調達などで5000万キロワット程度まで電力供給量の回復を目指すのだという。これも意外で、ガスタービン発電機の調達には半年かかると、電力供給力の回復策では確認したのだが、このあたり、なんとか停電を避けたいという東京電力の必死さが伝わってくる。福島第一のことで東電を叩いている場合ではない。なんとか東電にエールを送ろうではないか。東電がこけて、結局困るのはわれわれなのである。

豊饒性

user-pic
0

物事や概念には、豊饒性ということを考えることができると思う。肥沃性と言ってもよい。例を挙げてみよう。数学でいうと、群論は束論より豊穣である。将棋の戦法でいうと、ごきげん中飛車は一手損角換より豊穣である。商法学は無体財産法学より豊穣である。だいたい雰囲気が分かったと思うので、定義に移る。

豊饒性に富むとは:

  1. 応用範囲が広い。
  2. 興味深い理論が展開して尽きない。汲めど尽きなさ。
  3. 携わる人が多い。
  4. 他分野とクロスオーバーしやすい。
  5. 理論の自由度が高い。

豊饒性は、所与とは限らず、豊饒性が乏しい概念に別の概念を付加して豊饒性を高めるとしたら、それはおそらく天才の仕事であろう。例えば、5次以上の代数方程式に、一般的な代数解がないという命題は、ガロア以前にルフィニが証明していた。しかし、方程式論に留まっていたら、豊饒性は十分とはいえない。実際、数学者や私のような物好き以外、ルフィニの名前は知らないだろう。

ガロアの天才は、方程式論に留まらず、それをガロア理論という豊穣に拡張したことである。ガロア理論のおかげで、何ほどの数学者が暇にならないで済んだであろうか。しかも、さまざまな分野に広がり、ガロア理論の豊饒性は尽きていない。

それでは、天才は、豊饒性のある理論に行き着いたがゆえに天才と呼ばれるのだろうか。それとも、天才は見えない力で豊饒性のある大地に導かれるのだろうか。どちらが正しいか言えるはずもないが、私には後者が妥当であると思われる。

ところで、唐突であるが、ウィトゲンシュタインとホワイトヘッドはどちらが偉いかなどと議論しても意味がないだろう。どちらも巨大な知性であり個性である、としかいえない。しかし、私の素人目からは、ホワイトヘッドよりもウィトゲンシュタインの方が豊饒であるように思われる。なぜなら、大型書店に行っても、ウィトゲンシュタインに関する本は選ぶのに苦労するくらいであるが、ホワイトヘッドに関する本は探すのに苦労する。

しかし私はもしかして、ここで豊饒性を、大衆受けという意味で使っているのかもしれない。その真の意味である「汲めど尽きなさ」という意味では、ホワイトヘッドは、ウィトゲンシュタインに劣らないように思われる(と、どっちの本もほとんど読まないで言っているのだから、なんの根拠もない)。

こうして、豊饒性には、大衆受けしやすさという第一種豊饒性と、真の意味の「汲めど尽きなさ」である第ニ種豊饒性がある。とはいえ、もともと第ニ種豊饒性が欠如していたら豊穣とは呼ばれないだろうから、第一種豊饒性をもつなら第ニ種豊饒性もあわせもつ、第ニ種豊饒性を欠如するなら、それは偽の豊饒性である、みたいな議論は思いつく。

ここまで書いてきてついに、議論が尽きてしまった。少なくとも私の知識の範囲では、豊饒性自体の議論は豊穣でないようである。

ニュースによると、3月29日、福島第一原発の土壌から微量のプルトニウムが検出されたという。プルトニウムが、その強い毒性が喧伝されているが、プルトニウムとは一体どのようなものなのか、改めて調べてみた。

まず、「核兵器のしくみ」山田克哉著、ブルーバックスに従い、原子炉におけるプルトニウムの生成について述べる。まず、天然ウランは、ウラン238が99.3%、ウラン235が0.7%である。原子爆弾をつくるためには、高濃度のウラン235が必要なので、天然ウランからウラン235の濃度をほぼ100%まで高めるように濃縮するという困難なプロセスが必要である。

しかし、原子炉の場合、そこまで高濃度のウラン235は必要ない。それでも、0.7%よりも少しだけウラン235の濃度を高める必要があって、普通、ウラン235が3~5%になるようにする。すると、ウラン238の割合は、95~97%程度である。

このような成分のウランが核燃料として原子炉で使用され、すると、ウラン235とウラン238の両方が原子炉の中で熱中性子を浴びる。ウラン235の原子核は、陽子92個、中性子143個からなる。一方、ウラン238の原子核は、陽子92個、中性子146個からなる。原子核が中性子を吸収して核分裂を起こすために、陽子が偶数個、中性子が奇数個という条件がある。すなわち、ウラン235は核分裂可能であるが、ウラン238は核分裂できないで、単に中性子を吸収してウラン239となる。

ところが、中性子が過剰の原子核は、ベータ崩壊する傾向があり、ウラン239はベータ崩壊により電子を1個放出して、陽子数を1つ増やす。ウラン239がベータ崩壊すると、ネプツニウム239になる。ネプツニウム239は、陽子数が93で中性子数が146である。

ところが、ネプツニウム239はさらにベータ崩壊して、陽子数が94で中性子数が145のプルトニウム239になる。ここでプルトニウム239が、陽子が偶数個、中性子が奇数個という核分裂条件をみたすことに気づく。すなわち、ウラン235の代わりにプルトニウム239を使った原子爆弾というものがありえる。広島に落とされた原爆はウラン型原爆で、長崎に落とされた原爆はプルトニウム型原爆であった。

原子炉の中でも、ウラン238が中性子を吸収して上記の仕組みでプルトニウム239になると、これは最早、核分裂可能で、原子核燃料として貢献する。これをさらに発展させて、もともと核燃料にプルトニウム239を混合して使用するのがプルサーマル計画である。

3月29日、福島第一原発の土壌から検出されたプルトニウムは、プルトニウム238、プルトニウム239及びプルトニウム240。ウラン238に中性子が吸収されると、このように、量子力学的な確率でさまざまなプルトニウムが生じるが、このうち核燃料として使用できるのは、上述のように、プルトニウム239だけである。

原子炉で生成される主要な放射性物質として、ヨウ素131、セシウム137及びプルトニウムがあるが、ヨウ素131の半減期が8日、セシウム137の半減期が30年であるのに対して、プルトニウム239の半減期は2万4000年と、圧倒的に長い。しかし、プルトニウムから放出される主要な放射線はアルファ線であるので遮蔽が容易である。そのため、ペースメーカーの電池にプルトニウムが使用される、ということがあった訳である。

ただ、プルトニウムから放出されるアルファ線は遮蔽が容易であるので外部被曝の可能性は低いが、もし粉末を吸い込んで肺、肝臓、骨などに留まると、アルファ線のエネルギは高いので、発がん性が大きい。このため、発がん性という意味で、プルトニウムは毒性が強いと言われる。

ただ、ウランやプルトニウムのような超重金属が、身体内に留まるということはありえるのだろうか。反二酸化炭素地球温暖化論者で有名な武田邦彦氏は、プルトニウムは人体にとって異物だから、長く体に留まることはなくて、早めに排出される、という。確かに、「金属は人体になぜ必要か」桜井弘著、ブルーバックスなどをみても、ウランやプルトニウムのような超重金属が金属錯体として体内に慰留するというストーリーは書かれていない。体に取り込まれるのは、原則的に、生体金属元素と類似する金属元素である。ただ、そうはいっても、塵埃として肺にプルトニウムが留まり、肺がんを引き起こすということは考えられる。すなわち、アスベストと同様の怖さはありえる。ただ、ストロンチウム90のような、比較的軽い放射性物質は、骨に沈着しえる。

花粉よけマスクは、プルトニウムの塵埃を吸い込むことを防ぐのに有効だろう。一方、飲み水などに含まれるプルトニウムは、大量でなければ、胃や腸で吸収されないで、そのまま対外に放出されるのではないだろうか。すると、プルトニウムは、アスベストと同程度の危険性であるといってよいのではないでろうか。なにかの劇画で、小さい瓶を示して、「この中に入るだけのプルトニウムがあれば東京中の人を殺せるぜ」というシーンを見たことがあるが、それは、とんだはったりに過ぎないように思われる。

時事通信によると、原発避難で飼い犬が野良犬化し、咬まれた人もいるという。以下、引用:

東日本大震災から20日がたった31日、福島第1原発周辺からの住民避難が続く福島県では、住民が自宅などに放置したペットが問題化している。飼い主が避難所に連れて行けず、放して野良犬化したケースも多いといい、県や保健所が対応に追われている。

同県食品生活衛生課には27日現在で、「ペットを残して避難してしまったが、どうしたらいいか」との問い合わせが38件あり、「避難のためペットを預かってほしい」との要望も35件寄せられた。「原発20キロ圏内の自宅に犬をつないだまま避難した。何とかしてほしい」との相談もあったが、同課は「圏内への立ち入りはできず、直接行って何かできる状況ではない」と頭を抱える。

実情としては、人間が避難するのもやっとなのだから、ペットまで配慮が及ばないのは仕方がないが、しかし、犬をつないだままだと、確実に犬は餓死する。一方、放し飼いの状態で飼い主が立ち去ると、犬たちは生き延びるために、必然的に野犬化する。

私も猫を飼っているが、よく考えてみると、飼うという行為はどういう心理なのかいまいち自己分析できていない。ただ、人間あれ、犬であれ、猫であれ、生物が空間的に接近して暮らすことは、何かしら、心的世界も共有しているということのようである。すると、原子核理論のアナロジでいくと、飼い主とペットは、なにかしら心的量子の交換でインタラクトしている。しかし、人間の方が(多分)知能が高いので、人間の意向の方がより強くペットに作用するようである。

例えば、友人と話していて、そこの飼い猫は、先日の地震に大変怯え、余震があると、押入れの中に逃げ込んでしまうという。それを聞いて苦笑するのは、うちの猫は、3月11日のあの地震騒ぎの中、悠然と睡眠中で、地震が収まった夕方、寝ぼけ眼で、なんかあったの?ととぼけた様子で起きてきた。その歴然とした差にはがっかりだが、それも、飼い主とのインタラクションで涵養された個性であると考えると、少しだけ納得がいく。どうもうちの家族は神経質なようで、実はよほど能天気らしい。

戻って、放射能汚染で、飼い主はペットどころではないので、放置もやむをえない。放し飼いにされたペットたちは、飼い主とのインタラクションを絶たれて、生存本能で、野生化するのも仕方ない。そして、野犬化して人間を襲うようなら、どうしても多少手荒なことも仕方あるまい。非常時というのはもどうしてもおぞましいものである。

そう思ってテレビをみていたら、津波で流された家屋の屋根にすがって海を漂流中の犬が救助されていた。なにしろ地震から3週間も経っている。ほとんど飲まず食わずではないだろうか。こういうとき、人間よりも生命力の強さが発揮されるのかもしれない。自衛隊に助けられた犬は、本当に感謝感激雨あられという雰囲気で、愛想をふりまいていた。動物の表現力は、全く人間に劣らない。しみじみとコンラート・ローレンツの著作を思い出す次第である。

最悪性

user-pic
0

英語でよくnot so badという言い方をする。意味は、悪くないね、とか、まあまあじゃんということで、寧ろ軽い誉め言葉だったりする。それに倣って私は、最悪ではないね、という言い方をする。これもまた一種の誉め言葉なのだが、なかなかニュアンスが伝わりにくいので、他人に対する評価にはあまり使わず、寧ろ軽い自慢に使ったりする。例えば、私は最悪の管理職ではなかった、などである。

この最悪性に対する考察は、ずっと昔、プラトンの「国家」を読んだときから引きずっている。すなわち、プラトンによれば、哲人が(渋々であるが)国家を統治することで、国家は繁栄する、という趣旨である。哲人はおそらく、先見性、公平性、効率性などを体現した理想のリーダーとして認識されいるのだろう。

私はプラトンを深く尊敬するものであるが、その「国家」の議論でまずいと思ったのは、上記のような制度は、施政者としての哲人が完璧な哲人であるときのみ、成立する不安定な系であるとみてとったからである。当時、スメールの力学系の入門書を眺めていた影響もあるのだろう。

その着想に具体的な意味が与えられたのは、最近になって、自動制御系を勉強したことによる。私は理学部卒なので、今に至るまで、工学部の電気系の人達が学部の普通に習う制御理論に全く無知であった。すなわち、典型的には線形制御系システムでは、特性が行列で記述できて、その特性行列の固有値の実部が正になると、時間を無限にすると、系は発散してしまう。すなわち、制御の破綻であり、そこでシステムは最悪性を帯びる。

固有値の実部が負であったり、ゼロであったりすれば、系は安定しており、この場合が、政治学でいえば哲人政治に相当するのだろうが、なかなかそういう場合はありえない。

ここで理解して頂きたいのは、時間を無限にすると発散する系も、有限時間では、挙動をみていると、安定なふりをしているものもあり、見るからに不安定なものもあり、そこでは歴然たる差があるということである。そこで現実の世界では、安定なふりをしているものに統治を託す。すると最初はなかなか善政ではないかと人々は賞賛するかもしれないが、時間を増やしていくと、次第に不安定さが顕わになってきて、政治システムは次第に、最悪性へと突き進む。待ってるのは奈落である。

ここから言えることは次のようなつつましやかな命題である。

  1. 有限の時間の範囲で、どれほどの資質なのか、なかなか見極められない。その時点での善さは、あくまでも仮の姿である。
  2. 制御理論に従い、フィードバック・ループは必須である。どんな善政でも、恣意に任せてはいけない。容易に最悪への道を突き進む。
  3. フィードバック・ループやパラメータは随時点検にさらされなくてはならない。
  4. 十分な時間を経て最悪でないというのは、おそろしく偉大なことである。このダイコトミーに従うと、世の中は、最悪でないものと、最悪なものに分かれる。
  5. そして、ここにきて、最悪でないということが、最高の誉め言葉であることがわかる。

原発事故があったとき、誰もが、ロボットが作業できないかと考える。なぜなら、放射線は、DNA/RNAをもつ生物に対しては有害であるが、制御回路部分にさえ放射線遮蔽を施せば、メカトロニクスの粋であるロボットは、放射能などものともしないからである。時事ドットコムによれば、来日中のサルコジ仏大統領から、放射線濃度の高い区域で活動できるロボットを提供するなど、オファーがあったという。以下、引用:

菅直人首相は31日午後、首相官邸で来日したサルコジ仏大統領と会談した。大統領は5月にフランスで開かれるG8サミット(主要国首脳会議)で福島第1原発事故を議題として取り上げる考えを表明。また、事故への支援策として「放射線濃度の高い区域で活動できるロボットを提供したい」と申し出た。首相は「ぜひ知恵や資材の提供をお願いしたい」と一段の協力を求めた。

大統領はロボット提供のほか(1)原子炉の廃炉(2)放射性物質対策-などについても「経験を提案できる」と支援を約束した。同行したコシュスコモリゼ・エネルギー相が4月2日まで日本に滞在し、具体策を日本側と詰める。

会談後、両首脳は共同記者会見。首相は「原発事故がなぜ大きくなってしまったか検証が必要だ。検証を踏まえ、改めてどうエネルギー政策を推し進めていくか議論する必要がある」と述べた。  一方、原子力政策を推進する大統領は「年内に何としても世界共通の安全基準を決めたい」と語り、事故の経験を生かした安全基準づくりが必要との考えを示した。ただ、「今全ての原発を世界中でやめたら、エネルギーはなくなってしまう」とも指摘、脱原発には否定的な考えを強調した。

国内の電力を、世界最大比率の70%もを原発に依存しているフランスは、当然に経験値の蓄積があり、ノウハウもあるだろう。だから、作業用のロボットを開発しているのも頷ける。

実はロボットというと、組み立て工場など、産業用の用途では、日本のロボット技術は世界水準である。例えば、女性ロボのような、癒し系、介護系のロボットだと、日本は世界の追随を許さない。少し古いが、自動車の未来もご覧戴きたい。自動車メーカが未来の自動車を、拡張されたロボットと位置づけていることがわかる。

そういう「平時の」ロボットは、日本は圧倒的に強い。しかし、軍事用、宇宙工学用のロボットの使用となると、軍事技術にタブーをもつ日本では、どうしても後れをとってしまう。原発作業用のロボットはまさに、軍事転用技術であり、日本の不得意というか、研究リソースを注ぎにくい分野である。それが、福島第一のような原発事故で、対応不足になる。アシモが原発事故の現場に行っても邪魔になるだけである。日本も最早、軍事技術のタブーに対する封印を解いて、軍事用ロボットの研究も始めるべきできなかろうか。原発事故のとき、被曝の危険性を冒して、人間が作業するというのはどうしても解せない。

一方、原発大国であるフランスが、脱原発には否定的な考えであるのは当たり前で、今更否定していは国のアイデンティティが保てない。だから、福島第一原発が原発そのもののイメージをこれ以上損なうのは、フランスにとっても痛手であるはずで、そういうモチベーションで日本を支援してくれるというのは、どうかと思わないではないが、ともかく嬉しい。

週刊朝日に、広瀬隆の、原発事故に対する警告が掲載されていた。以下、引用しつつコメントする。

恐れていたことが現実になってしまった。3月24日、福島第一原発3号機のタービン建屋の地下室でケーブルを敷設中の作業員3人が大量の放射線を浴び、病院に運ばれました。うち2人は足にやけどの症状が出るベータ線熱傷が起きる可能性があるといいます。

その後作業員3人は、数日で退院されている。そのことにも言及すべきではないか。

被曝を受けた深さ15センチほどの水の放射能レベルは、原子炉の燃料棒を冷やす冷却水の約1万倍にも達していました。燃料棒から出てきた放射性物質そのものが混入しているのは確実です。燃料棒が溶融し、地震と水素爆発などで破損した配管から大量の危険物が流れ出している可能性が高い。1号機のタービン建屋の地下の水たまりでも同レベルの放射能が検出され、2号機でも同様の汚染が起きていると見られます。

その可能性は、確かにある。

さらに、使用済み核燃料のプールを冷却するために大量の海水が放水車から注ぎ込まれていますが、あれは何千トンもの海水で原子炉を洗ってきたので、多くが目の前の海に流れ出しています。すでに海水から放射性物質が検出されており、海の大汚染が確実に広がっています。

海に放射性物質を流すのは好ましくないと思うが、海は膨大なので、希釈されるのではないか。

外に放射性物質が漏れているとわかっていても、圧力容器が破損する最後のメルトダウンを避けるためには、水を注いで冷やすしか方法がない。電気系統が回復して、ポンプを動かし、循環する水で核燃料を冷やさない限り事態は収束しませんが、冷却をいつまで続けられるかもわからない。

冷却を続けられない理由は何なのだろうか。きちんと理由を説明すべきである。

政府は25日になって、原発から半径20~30キロの「屋内退避」圏内の住民に自主的に避難するよう求めました。圏外にも広大な汚染が広がっており、福島県内では、そのように悠長なことをしているときではありません。半径80キロ圏で自国民の避難勧告を出した米国の対応を見習うべきです。

米国の対応を引き合いに出すのではなく、マイクロシーベルトの数値で説明すべきである。

22日には福島県に続いて東京都でも、水道水から放射性物質が見つかりました。東京都葛飾区にある金町浄水場で、放射性ヨウ素131が1リットル当たり210ベクレル検出されたのです。大人の摂取限度は水1リットル当たり300ベクレル、乳児は100ベクレルなので、東京都は、金町浄水場の水を利用している東京23区と武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市で、乳児に限って水道水を飲ませないように呼びかけました。

しかし、乳児の摂取限度が大人の3分の1という厚生労働省が設置した基準を、信用してはいけません。乳児は大人の10分の1というのがヨーロッパの医学常識だからです。政府は、ヨウ素の許容量を国際基準より20倍も高い数字に引き上げてしまったのです。

大人/幼児許容量比ではなく、絶対許容量で論じるべきではないか。

放射性物質は川の水で洗い流されるわけではありません。その水は植物、動物に摂取されて、長期間にわたる汚染が広がっていきます。生態系の中で放射性物質が濃縮されていく「食物連鎖」に入ったのです。

図は米国のコロンビア川で、ある科学者が調べたデータです。川上にはハンフォード再処理工場という原子力プラントがあります。川に流れ出す微量の放射性物質を1とすると、プランクトンで2千倍、プランクトンを食べる魚で1万5千倍、魚を食べるアヒルの体内では4万倍に濃縮。そして川辺の水鳥の卵の黄身では100万倍もの濃縮が起きていたというのです。

放射性物質というけれども、食物連鎖に耐える半減期をもつものは、ストロンチウム90とか、プルトニウム239などだろう。食物連鎖でこういう重金属が濃縮されるためには、例えばなんらかの酵素としての金属錯体の一部をなすなどの生理作用が必要であろう。例えば、生体金属元素に挙げたような金属の同位体なら、ありえるかもしれない。しかし、半減期の長い放射性物質で、食物連鎖による濃縮が本当に起きるのだろうか。

すると、産経ニュースの3月30日の記事に、次のようにあった。

水深160メートルに放射性物質「生物濃縮の懸念」

文部科学省は、福島第1原発周辺の水深112~160メートルで28日に採取した海水から放射性のヨウ素やセシウムを検出した。いずれも法令が定める濃度限度以下だが、原子力安全委員会は30日、「(魚介で食物連鎖による)生物濃縮の懸念がある」とした。

原発から沖に約20~30キロの5カ所で採取、うち4カ所で放射性物質を検出した。最大で水1リットル当たりでヨウ素131が2・17ベクレル、セシウム137が8・64ベクレル。

また文科省は原発から北に約25キロ離れた福島県内で29日に採取した雨やほこりに、1立方メートルあたりヨウ素131を75ベクレル、セシウム137を46ベクレル検出。原子力安全委は「風向きによる一過性の現象で影響はない」とした。

なるほど、生物濃縮というのはありえるのか。ここで問題になっているヨウ素131の半減期は8.02日、セシウム137の半減期は30年。すると確かに、放出し続けると、問題になることはありえるようである。

昨夏に出版した『原子炉時限爆弾』を書いたとき、実は今回の福島第一原発のような「原発震災」が起きたときにどのくらい被害が出るか、考えてみました。しかし、結局、書けなかった。被害があまりにも大きすぎて、シミュレーションできなかったのです。

それは単に、書くだけの科学的知識がなかっただけであろう。思いつくのが、大きな被害であればあるほど、喜んで書くのが広瀬氏ではあるまいか。

進行中の事態は、そのレベルに達しつつある。「破局を避けるために」次のようなことを考えました。

──30歳以下の人、とりわけ若い世代、幼児、妊婦や若い女性は、250キロぐらいを最低限の退避圏として、できるだけ福島第一原発から遠いところに、恒久的な移住を考えて逃げる。避難地は西日本のほうが、年間の風向きから考えて長期的な安全性は高いであろう。この受け入れ態勢を政府がしっかり考える。国民規模の協力が欠かせない。東電はそれに専心する責務がある。

一方、食品汚染の測定は、長期間にわたって続行し、そのデータを一切隠すことなく公表し、その危険性を国民すべてに告知する。

そして、30歳を超えた個人が危険性を自ら判断して、人生を選択できるようにした上で、すべての出荷制限を取り払い、みながすべての放射能汚染食品を食べるほかない。汚染水も飲む。政府は「ただちに健康に影響はない」と言い続ける。がんになりたい人間はなればよい──。

自動車の運転、航空機による旅行、建設現場の仕事など、自らのリスクを考慮して選択するのが人生であるが、普通に原発から30キロ程度のところに住むことがそれ以上のリスクなのだろうか。結構分かりにくい。

嘘の安全論は、いい加減にやめてほしい。若い世代をみなで守らなければ、日本の将来はないのです。助け合いましょう。

本当のパニックを防ぐために、政府はこのような想定のもとでの対策を国民に知らせるべきです。 (構成 本誌・堀井正明)

それなら、嘘のパニックを煽るのも止めてほしい。危機回避のための希少なリソースを、扇動で浪費することにもつながるからである。スパイシーな本を書き、テレビにも出演すれば、印税や出演料は稼げるであろう。しかし、それが本当に社会の利益になるのか、また、原発に反対するなら、原発なしでどうエネルギーを賄うのか、そういうストーリーをきちんと描く必要があり、それは相当に難題である。

また、放射線の害についても、放射線の影響に書いた程度のことはきちんとフォローして、上記のような発ガンを主張するなら、それに反対すべき科学的根拠を挙げて戴きたいものである。

思考の熟成

user-pic
0

以前に、長考について書いたとき、詳しく論じるのを忘れたことがある。それは、思考の熟成ということである。

私はだいたいがおっちょこちょいというか粗忽な方で、仕事でも、早いが雑だと、よく上司に叱られたものである。その元上司と会うと今でも、君はちっとはまともな仕事をしているか、どうせたいした仕事はしてないのだろうと頭ごなしに言われて、年長者を立てる私は、反論できないでいる。

そんな私だが、どんな仕事でも右から左に受け流して適当にやれる、という訳でもない。例えば、最近仕事で主要に時間を使っている特許明細書の作成であるが、会社の研究所から出てくる発明は難解で、最初に見たときはさっぱり理解できない。分からないという方法に書いたように、さっぱりわからんと呻きながら、期限に追われて、不完全な特許明細書を作成している次第である。

すなわち、さっぱりわからんと、何度も読み返したり、Webで検索したり、関連書籍を買って読むなど、懸命な努力をするのだが、それでも、一向に理解は進まず、逃げ出したくなることは一度ならずあった。

私は基本的に根性がないので、そうやって行き詰ると、投げ出して別の本を読んだり、つまらないテレビを見て、とりあえず現実逃避する。ところが、不思議なのは、さっぱりわからんと逃避して三日くらいたつと、何か頭の中で熟成しているものがあることに気づくことがある。そうやって、さっぱりわからなかった資料を見直すと、あら不思議、なにもそのことを考えていないのに、前より少しだけ理解が進んでいたりする。そこで問いたいのは、私が悩んで逃避している間、脳は何をやっているのだろう、ということである。それはいかなる意味でも、囲碁や将棋の長考のように、いろいろな手を読んでいる訳ではない。

そこで私の仮説は、さっぱりわからんと悩むことで、脳の中に、特定の属性をもつ疑問のインスタンスが生じる、というものである。言い換えると、脳は、疑問という抽象化されたスーパークラスをもっている。そして、脳の持ち主が疑問をもつと、その疑問の内容をアトリビュートとする、クラスのインスタンスが生じる。難しいことほど、沢山インスタンスが生じるようである。

より本質的なのは、スーパークラスのメソッドである。すなわち、生成されたインスタンス間で重みつきリンクを張るメソッドと、その重みつきグラフ構造の評価を与えるメソッドをもつ。随分重い処理のメソッドのようであるが、まさに、そのメソッドの処理に時間がかかる。

このメソッドは、人間の意識のバックグラウンドで走ることができるので、気づくと、そこそこの重みつきグラフ構造が完成されている、ということがある。ところがなにしろ生身の脳なので、重みつきグラフ構造を与えるメソッドの処理は遅いし、疑問のインスタンスが多いと、脳はすぐに組み合わせ論的爆発を生じる。すると人間はパニックになる。

疑問のスーパークラスは、組み合わせ論的爆発に起因するパニックをthrowする例外処理ルーチンをもってはいるが、その処理能力には、かなり低い限度がある。

実は、重みつきグラフ構造を与えるメソッドは、フォアグラウントで走る部分と、バックグラウンドで走る部分がある。大抵の棋士の長考は、フォアグラウントで走る部分が使われている。フォアグラウントで走る部分の処理は速いが、あまり多くの疑問を処理できない。いわば、脳のRAMにおける処理である。

一方、数学者の思考は、バックグラウンドで走る部分を主として使う。従って、重みつきグラフ構造生成に大変時間がかかる。志村五郎のような卓越した数学者でも、1つの分野に10年考える。岡潔は、多変数複素関数論の問題を20年考え続けた。どうみても、将棋の長考とは質が違う。蜘蛛の巣のように思考の網をびっしりと張るのだろう。一歩ずつである。それはどうみても、重みつきグラフ構造が、パーシスタントなインスタンスとして形成されるものである。コンピュータでいえば、HDDに書き込まれて永続的に残る。

なにか無意識の概念形成のことを述べようと思ったが、まだ頭の中で、この件につき、重みつきグラフ構造が疎らにしかできていないようである。引き続き熟成させることにする。

ITの限界

user-pic
0

私は、コンピュータが好きで、もうこうして25年以上もIT企業に勤めている。その間、コンピュータが支える社会インフラの重要さというものを疑ったことがなかった。典型的にはインターネットであり、Webサーバであり、Web2.0であり、クラウド・コンピューティングである。そして金融工学の複雑な計算、遺伝子配列の計算、はやぶさの軌道計算など宇宙工学に対する寄与、など、まさにコンピュータはユビキタスで、21世紀にあっても、社会の根幹を支えているという思いをつゆも疑ったことがなかった。

ところが、今回の東北太平洋沖地震があってみて、ITはどれだけ貢献しているのだ、と自問してみると、当然に役立たずということはないのだが、ITが貢献できることはあまりに間接的で、切歯扼腕である。

例えば、IT技術はどうして、あのような大地震を的確に予想できないのだ。そう問うと、IT技術ができることは、研究者がモデル化した非線形微分方程式を必死のステップで解くことだけだと分かる。そのような有効なモデルがないと計算しようもない。また、プレートの動きを検出するセンサも必要であるが、それはIT技術の埒外である。

IT技術はどうして、津波を押しとどめることができないのだ。巨大な波という液体の波動をただ手を拱いて見ているよりない。

IT技術はどうして、災害に遭った人々を救えないのだ。一片のコンピュータよりも、食料、薬、寝具ではないか。

IT技術はどうして、暴れる原発の放射性物質たちを鎮めることができないのだ。それも無理な話で、放射性物質たちは、ネットワークで、何かのプロトコルを通じて交信できる相手ではない。制御棒、冷却水、そして放水車などを駆使するよりない。

IT技術はどうして、決死の思いで原発事故現場に向かう人達に代わって、ロボットを送り、制御できないのだ。「イトカワ」まで行って砂を拾える技術があるなら可能ではないのか。単なる技術の怠慢か、それとも、技術的困難か、あるいはさまざまな社会的要因か。

IT技術はどうして、電力不足を解消するように制御できないのか。賢い電気の使い方を実現というのは、有り余る電力があっての大言壮語か。

IT技術はどうして、東京電力がよりスマートな計画停電のプランを策定するのを助けられないのか。ビューロクラシーにはIT技術も無力か。

もちろん私は知っている、この災害にあって、IT技術は、ウェブ、メール、ツイッターと八面六臂で活躍していることを。知っているんだけど、IT技術って所詮この程度のものか、と私の失望は大きい。単に期待しすぎていただけにすぎないのかもしれないが。

地震兵器

user-pic
0

かつての阪神淡路大震災があった直後に、例のオーム真理教のサリン事件があったが、そのとき、オーム真理教の村井「科学技術省大臣」が、あれは地震兵器によるものだと公言していた。もともと怪しげなオーム真理教の幹部の言うことなので、まともに信じなかったが、その後ニコラ・テスラの伝記を読むうちに、テスラが、地球を破壊しえる電磁兵器の構想をもっていたかもしれないと知った。実はそのテスラを継承するシステム"HAARP"が、アメリカ・アラスカの片田舎に存在している。こちらの記事をみて戴きたい。このような設備は、もしかして、地震兵器に転用できるのではないだろうか。

しかし、今回の東日本大震災が地震兵器によって引き起こされたという人はまさかいないよね、と調べてみたら、ベンジャミン・フルフォード氏のページには下記のようにある。

ペンタゴンやCIA等からの情報によると、本日(注:3月11日のこと)の日本への地震兵器による攻撃はパパブッシュなどナチ一派によるものだそうだ。同盟国であるはずのアメリカやペンタゴンへ要請する:戦車や兵士を使ってナチ一派の地下基地を攻撃してください。彼らの次の標的は米国西南部にあるニューマドリード地震地帯(New Madrid fault line)である。

彼らの地震兵器基地はニューメキシコ州とネバタ州にある。ペンタゴンの正規軍であれば場所がわかるはずなので、その基地を抑えるべきだ。

今回の日本への地震攻撃は40億人殺戮キャンペーンの始まりに過ぎないだろう。

どこまで信じていいのか分からないが、地球上の任意の場所ではなくて、エネルギーが蓄積している断層に、なんにかの手段でエネルギーを加えることで、地震を引き起こすことは可能なのかもしれない。

もし地震兵器になるものが存在するなら(同様に気象兵器というのも存在しえる)、金融工学と、ウィルスや細菌製造の生物工学と併せて、世界は、意外に操作可能ということになる。果たして、真相やいかにである。

主夫

user-pic
0

今日は、家人が出かけたので、休暇をとって、自宅で家事をすることにした。もう定年まであまり年数はないし、今更しゃかりきになって働くモードでもない。もともとあまり昇進に神経質になったことはないが、今となっては本当に昇進など無関係になって、気楽であることこの上ない。といいつつ、一抹の淋しさを覚えるのは、まだ煩悩が残っているのだろうか。

特に今朝は、9時半になったら、スーパーに出かけた。開店時間は10時で、5分も歩けば着くスーパーなのに、早めに出たのは、開店待ちするためである。目当ては納豆で、ここ2週間くらい入手が困難になっている物品である。

ところが平日のせいか、数人しか待っている人がいない。これでは争って納豆の方に走るというモードでもない。退屈なので所在なくあたりの景色を眺めていたら、やっと開店した。で、早速納豆の方に走っていったら、誰もついてこない。いよいよ拍子抜けである。行ってみると、当然だが、納豆のパックが沢山積まれている。なんとなく嬉しくなった。ところが、依然として一人1パックの縛りがある。

目当ての納豆を造作なく入手したので店内を見回すと、少し前は空きが目立った商品棚が結構埋まっていた。少なくとも食料品は、確実に復旧しつつある。例えば、少し前までは品不足で、一人1パックの制限があった牛乳に、その制限がなくなっていた。納豆も時間の問題だろう。

しかし、野菜売り場で、すこしむっときたことがある。それは、サラダのため水菜を買ったとき、「東京産」とラベルがあったことである。なぜむっときたかというと、「東京産」と銘打つことで、茨城産や福島産ではありませんよ、といいたいのだろうが、それを私は、福島や茨城を放射能汚染で差別していると感じてしまった。そこまで考える人は普通いないだろう。むしろ、東京産というラベルをみて安心するのだろう。自分自身もちょっと平衡を欠いていると苦笑してしまった。

ともあれ、こうやって商品を眺めていろいろ想像を巡らすことができるので、主夫は楽しい。当然であるが、主婦とは違う感性で、主夫をしている。実はあるとき、知人に、自分は家事が意外に好きだといったら、まるでジョン・レノンだね、といわれたことがあって、大層気をよくしたことがあった。主夫に対して、そのほどの褒め言葉はちょっと見当たらない。まさか、見知らぬ人に銃で撃たれるという意味ではないだろう。

そうやって格好つけている主夫であるが、家事のスキルは大変怪しい。例えば、好きだと自称している料理であるが、下手したら片手で足りるほどしかレパートリーがない。それでも自明な範囲で工夫して、簡単に自己満足するのが私流である。

例えば、先日テレビを見ていたら、キャベツのサラダの作り方を説明していた。なんでも、ボウルにゴマ油を入れ、それに、ゴマ、塩、すりにんにくを入れてまぜる。そして、キャベツを適当に切って、そのボウルに入れて、ゴマ油をキャベツに馴染ませる。そこで、早速それを作ってみることにした。分量など全く分からないので適当の極致である。それでも、食べてみるとそれなりにおいしくて、食が進んだ。

それ以外に好きなのは、にんにく醤油で、単に醤油の瓶に刻んだにんにくを入れるだけである。それで数週間おいておいて、あとは刺身などにかける。私はこういう、進歩性はおろか、なんの新規性もない工夫をよくする。

そういうなんの芸もない主夫業がなにが楽しいのかというと、自分は一人になっても、なんとかやっていけるのではないかという自信がわくからであろう。しかし、本当は全くそうではない。少なくとも猫はこういう発想はしないだろう。そうやって自分の思い込みに身を任せるというのも、いかにも人間らしい馬鹿らしさなのであった。

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。