2011年5月アーカイブ

岡本浩一

user-pic
0

囲碁将棋チャンネルのお好み将棋道場という番組を見ていたら、高橋九段に指導を受けるアマチュアとして、岡本浩一という人が出演していた。あれ、どこかで聞いたことがある人だなと思っていたら、私が組織論の名著と認める「「ナンバー2が会社を駄目にする」という本の著者で、有名な心理学者なのであった。東京大学文学部社会心理学専修課程を卒業し、今は、東洋英和女学院大学人間科学部の教授である。現在は、原発の心理学を研究しているそうで、いかにも時代の先端を行っている。

だいたい、まともな大学教授で将棋が強いといえば、京大の若島正氏くらいしかいないはずである。だから、多趣味な岡本浩一氏といえども、所詮旦那芸かと思ったら、なんと高橋九段に飛車落ちの手合いだという。なんとこれは、少なくとも私程度の棋力はあるではないか、と感心した。

ところが、解説の櫛田六段によると、岡本氏は一時、プロを目指していたくらいの将棋指しで、アマチュア最強を喧伝されていた櫛田氏とは何番も指し、櫛田氏が本気を出さないと勝てなかったそうである。ということは、岡本氏は、少なくとも県代表クラスの指し手である、ということになる。岡本氏は、これと同じ番組で、清水市代に平手でチャレンジして惜敗したことがあるという。

さて、高橋九段との飛車落ち対局がどうなったかというと、まるで対振飛車玉頭位取りのような力戦調の戦形を選んだはいいが、櫛田六段が呆れる緩手を繰り返し、中盤以降、必敗になってしまった。これでは流石に、私より強いとはいえない。

そういえば、将棋ではないが、囲碁の方では、大学教授でアマ強豪といえば、私が微かに個人的に知っている、東北大理学部教授の徳山豪氏くらいである。

一時はアマ強豪だった岡本浩一氏の将棋がいまいち冴えなくなったとしたら、それは、大学将棋部で修行していないからだろう。だいたい、大学将棋部や囲碁部で活躍して、それでいてまともな学者になるために大学院で修行するというのは、あまりにも困難な道であることが、今更のように分かった。学問と将棋は、一般的には、おそろしく排他的なのである。私程度の学問の才能だと、勉強一筋でもまともに学者になれたとは思えないが、そこで将棋部に入って将棋に励むとは、駄目押しになってしまったようである。

心理学者である岡本氏は、このあたりの排他性をどう説明するのだろう。それとも、そんなことは心理学的にあまりにも当たり前で、研究するほどのことではないだろうか。すると先日私は、スキルの独立性を唱えたが、それは場合により、正しくないということになってしまうのであった。

力学というか、天体力学に、ラグランジュ点という概念がある。これは、「ケプラー・天空の旋律」吉田武著、共立出版によると、一種の制限三体問題で解かれる。例えば、地球、月、宇宙ステーションの3つの物体の運動を考えたとき、一般的には、三体問題は厳密には解けないというのが、確かポアンカレが発見した定理である。そこで宇宙ステーションの運動が地球や月などに影響を与えない、地球・月系の回転運動が静止してみえる回転座標系を考える、などの様々な条件をつけて制限三体問題として解くと、5つの安定な解が得られる。そのうちの2つは、3つの物体が等しい距離にあるという正三角形解であり、残りの3つは、3つの物体が一直線上にあるという準安定な解である。準安定な解とは、より具体的には、地球・月を結ぶ直線上の引力の中和点、遠心力と引力が打ち消しあう地球の裏側、月の裏側の3つである。準安定な解の点は、少しの擾乱で軌道が乱れてしまうので、小惑星などが滞留することはないが、安定な解の点は、実際に、星間物質などの溜まり場になっている。

しかし、私の話の主題は力学ではなくて、結婚の話なのであった。というのは先日友人から、自分の周囲にかなりの数の独身女性がいるが、どう考えても容姿は人並み以上だし、教養レベルは高いし、性格だってよさそうだし、なんで結婚してないんだろう、というメールをもらったからである。また友人のメールには、折角の人並み以上の容姿なのに、結局、歳には勝てないよね、みたいな、かなり語弊があるコメントもあったが、それには触れないでおく。

ともかく、自分の乏しい物理学の知識を駆使して、結婚問題に、ラグランジュ点の概念を適用してみようと思った次第である。

まず、天体力学的に結婚するとはどういうことだろうか。それは自明で、要するに今の軌道を外れて、別の惑星と連星の関係を構築することである。

ところが、魅力溢れる女性は、数多の引き(引力)が集中して、あたかもラグランジュ点にあるような安定性を示すことになる。すると意外にも、本人の結婚したいという意図に反して、ラグランジュ点から出れなくなる。実際、ラグランジュ点にあると、周囲からの引力が心地よい。そこからエネルギーを使って脱出する必然性を感じないだろう。

そういえば、私の遠い親戚で、元スチュワーデスの人がいるが、その人はなんと、日本航空が全盛の頃、ミス日航だったという。今はともかく美人がひしめいた当時にミス日航だったということは、うまくいくと、ミスユニバースも狙えたかもしれない。しかしやはり、ラグランジュ点に捕らえられて、未だに軌道外に脱出できていない。

ただ、ラグランジュ点といっても、上述のように、安定な解と、準安定な解がある。どちらに落ち着くか、ほとんど運だと思うが、運よく準安定な解だと、あまり対したエネルキーを要することなく結婚に至ることになる。だから絶世の美人の人妻というのもありえるわけで、天体力学の妙味である。

また、現世では、男女の三角関係というのは、不安定で厭うべきものなのだが、天体力学では、三角関係こそが、安定なラグランジュ点の根拠である。すると、三角関係のままデッドロックに陥って永続する例がありそうなものであるが、ポアンカレ、ヒルベルト以下、錚々たる数学者の努力にもかかわらず、そういう解はまだ見つかっていない。

また、ラグランジュ点とは別の議論もしなくてはならない。すなわち、ほとんど引き(引力)に晒されない、いわゆる、もてない人は、時間を進めていくと、冥王星の彼方に消えてしまう。それもまた、ポアンカレの回帰定理の帰結なのだが、ときどき、意外な軌道にトラップされて、連星を構成する例もある。その現象は、カオス的天体力学理論として盛んに研究されている分野であるが、私の理解を超えるので、このあたりで止めておくことにする。

自信回復

user-pic
0

先日の酔っ払い事件は、一義的には、歯を折ったという点で痛恨であったが、実はそれよりももっと悔しいことがあった。それを列挙してみる。

  1. あまりつまみを食べなかったとはいえ、日本酒五合くらいで、ブラックアウトしてしまった。一升ならともかく、日本酒五合くらいで泥酔してはいけない。
  2. 泥酔したとしても、今までは、酔っ払い特有の帰巣本能で、自力で自宅に帰りつけていた。足腰が立たなくなるという酔い方が初めてだったたけにショックである。
  3. 全然覚えていないが、友人が言うには、代々木公園のあと、新宿のカラオケに一緒に行ったらしい。ところがなんと、私は一曲も歌わないで、ただ佇んでいたという。長い人生で、カラオケで歌いすぎて顰蹙を買ったことはあっても、一曲も歌わなかったことなど一度もない。それでは、カラオケを趣味とする者の名折れである。

これは、趣味の将棋に喩えると、王手飛車をくらって必敗になって、それでも駄目ながら頑張っていたところ、二歩を打って反則負けになってくらいのショックであって、もしそんなことがあったら、もう将棋など止めようかと思うかもしれない。

なにしろ淡白な性格の私は、直ぐに諦めてしまうのである。だから、上記のような失態の後、もう飲みに行くのは止めようかとしばらく思っていた。

ところが、幸いというか、酔っ払い事件から2週間くらいたったあと、会社の同僚が飲まないかと誘ってくれた。仕事の上の愚痴を話し合うサラリーマンによくあるパターンであるが、普段ならどうというともない誘いが妙に新鮮で、なぜか少し胸が熱くなった。そして、ビールをジョッキに五杯くらい飲んだので結構酔った。それで果たして歩けるか少し不安になったが、きちんと自力で歩けることを確認して、妙に嬉しかった。

そうした飲み会はもう一度あり、同様に、普通に帰宅できたので、少し自信を回復した。しかし、問題はカラオケである。私はまだ、カラオケで歌えなかったツケを返していない。しかし、何に対する、あるいは誰に対するツケなんだろう。まあ、単なる自分の意地か。

ところが幸いにも、カラオケのツケも早々に返す機会が与えられた。横浜での飲み会兼カラオケ会に誘われるという幸運があったのである。一次会の後、カラオケに行き、マイクを握ると、なぜか、故郷に帰ったような安堵感に包まれた。しかし歌えるだろうか。微かな不安がよぎる。もし今日も歌えないでカラオケ屋を後にするなら、いよいよカラオケ道も引退である。

そこで選んだ曲は、吉田拓郎の「たどり着いたらいつも雨降り」。自分の定番の曲の1つだが、独特の思いがこもった。なんとか外さないで無事歌うと、安堵してどっと疲れた。

さて最後の難関は、横浜から自宅まで無事自力で帰れるかである。ほほ1時間半の行程である。家人は、どうせ帰れないだから、どこか横浜のホテルに泊まればいいという。そんな馬鹿な、その程度で余計な出費をするわけにはいかない。そこで私は、絶対無事自力で帰宅するのだと相当、気合が入っていた。なにしろ、電車の中から外の景色を睨んでいた。つり革をもつ手にも力がこもる。ところが、電車が空いて席に座ると、不覚にもちょっと寝入ってしまった。いけないと直ぐ起きたが、とりあえず乗り過ごしていない。結局ようやく、終電一つ前に乗れて、帰ると夜の一時だった。

こうして、私的には、酔っ払い事件とカラオケの顛末の禊をようやく済ませた次第である。当然にそんな私の内面が、一緒に飲みカラオケした仲間に察知できるはずもない。といいつつ、ここに書いたら、まる分かりであるが。

しかし、普通の呑み助なら、あの酔っ払い事件程度だと屁とも思わないで、その後も平然と飲むだろう。ああ、俺はなんとちっちゃい人間なんだろうと、また自己嫌悪に陥るのであった。

サーチナによると、ビンラディン容疑者の殺害作戦中に、ビンラディン容疑者の息子が失踪したという。以下、引用:

米海軍特殊部隊のビンラディン容疑者の殺害作戦中に、ビンラディン容疑者の親近者が失踪し、親近者とはビンラディン容疑者の息子ハムザである可能性があるという。16日付けで中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

今年20歳のハムザはビンラディン容疑者がもっとも寵愛(ちょうあい)し、信用した息子だ。サウジアラビアで生まれたハムザは米国の議員から「恐怖の王子様」と呼ばれる。情報人員は彼が一連のテロ事件と関係があり、しかもビンラディン容疑者の後継者として教育された可能性が極めて高い人物であると認めている。(編集担当:米原裕子)

このニュースは他で聞いたことがないので、真偽があやしいが、そもそも素朴な疑問は、米軍はビンラディン殺害計画で当然に周囲を固めていたはずだから、どう考えても逃げられるとは思えないのである。また、ビンラディンが潜んでいたという隠れ家は、見晴らしのよい角地にあって、いろいろな意味で、逃げにくい。秘密の地下道でもあったのだろうか。

そもそもが、ビンラディンの息子が「恐怖の王子様」と呼ばれていることにも作為を感じる。すなわち、「恐怖の王子様」と呼ばれることがより相応しいのは、金正日の息子、金正雲であろうに、世襲の習慣がないアルカイーダで王子様はないだろう。

するとシナリオは決まっていて、見事米軍の襲撃を逃れたハムザが、パキスタンのタリバンに匿われ、それから幾多の武者修行の後、アルカイーダの新しいリーダとして、中興の祖となる。そして、父の仇と、米軍に果然とテロを挑んでいく。段々、中東的というよりも日本的なストーリーになってきたが、果たしてアルカイーダの帰趨はいかに、である。別に注目したくなくとも米軍がそのうち、これみよがしにアルカイーダにスポット・ライトをあててくれるだろう。

福島第一の原発事故があってから、当然であるが、反原発派の旗色がよい。その流れで、浜岡原発も停止に追い込まれてしまった。確かに、原発事故は、一旦起きると、放射能の飛散がなかなかコントロールしにくい。チェルノブイリを除けば、具体的に原発事故で死んだ人は多くないではないかという議論に対して、いや、それから何年もたって癌や白血病で亡くなる人が沢山いるのだと反論されると、因果関係は分かりにくいにしても、安全サイドに考えると、電力不足に対処するために、原発を稼動させたいとい要望は通しにくい。

反原発派も当然に、電力不足はかまわないと言っているわけではなくて、水力、火力、ガスタービン、風力などの自然エネルギーで十分まかなえるはずだ、と主張する。確かに、ガスタービンは比較的簡単に建造できるらしいので、電力不足を補う役者としては、有望である。

ただ、自然エネルギー、すなわち、風力や太陽光発電などは、少なくとも国土が狭く山地が多い日本にはふさわしくない。風力用の風車をこれこれ集めれば原子炉一基分のエネルギーは提供できるという議論がなされるが、風が順調に吹くという保証はなく、かなり無理がある。

それで反原発派がまずいと思うのは、どんなに多く見積もっても300年程度しかもたない、石油や天然ガス資源をあてにしすぎているということである。すなわち、例えば、反原発派が主張するように、世界中の原子炉をすべて止めてしまうと、世界の電力をまかなうために、すさまじい量の石油や天然ガス資源を消費して、埋蔵量を300年分とさえ言えなくなる。

まあそれでも、反原発派は、とりあえず自分と自分の子供たちが原発の放射能に曝されない安全を考えて、それで足れリと思っているのだろう。もしそうなら私は悲しい。今生きているわれわれは、とりあえず、無理かもしれなくても、あと人類を1万年生きさせる方策を考えるようにやっていくべきである。すると、今手に入る、石油や天然ガス資源だけでなく、自然エネルギー、放射性物質を利用した原子力をすべて活用しつつ、核融合発電のフィージビリティを検討しなくてはならない。

もしかして、リアリティは、核融合発電が実現できないと、今のレベルの数の人類は維持できなくて、それが結局原理的に無理で、1000年後は、江戸時代レベルの人口と生活水準になっているのかもしれなくて、それはそれでいいのだが、やはり原子力が利用できるうちに見捨てるのはもったいなさすぎないか、と感じるのである。

しかし、気になるのは、ベンジャミン・フルフォードの「勃発!第3次世界大戦 World War Ver.3.0」という本にある記述であって、それによると、闇の政府という一派は、戦争や自然災害、疫病などを引き起こして、世界の人口を5億人程度まで激減させようとしているのだという。その世界の人口が5億人程度というのは、石油も天然ガスも枯渇し、水力と自然エネルギーだけで賄えるぎりぎりの人口なのかもしれず、もしそういう構想であるなら、ちょっと感心しつつ、やはり許しがたい。自分たちだけは、その5億人に入ろうとするのだから。

ともかく、誰かに騙されているのか、マスコミに踊らされているのか、反原発の本を売りたいのか、やたら放射能が怖いのか、あるいは単に無知なだけなのか、なんにしろ反原発に与するなら、少なくとも数百年のレンジでの人類のエネルギの接続性について熟考してから発言してほしいと思う次第である。

iPS細胞不完全にまとめたように、今までiPS細胞の記事には人一倍関心を払っていて、すると、次第に代替の手法が次々にあらわれてきて、iPS細胞の有効性が、次第に影が薄くなってくることを見て取った。それでも、任意の細胞に分化できるという意味の、iPS細胞の万能性については疑ったことがなかったが、下記の読売新聞の記事によると、それも怪しくなってきたようである。

様々な組織の細胞に変化するiPS細胞(新型万能細胞)で、免疫による拒絶反応を引き起こす例があることを、米カリフォルニア大サンディエゴ校のチームがマウスの実験で明らかにした。

これまで、自分の細胞で作ったiPS細胞の移植では拒絶反応が起きないとされており、iPS細胞を使う再生医療の新たな課題となる可能性もある。14日の英科学誌ネイチャー電子版で発表する。 研究チームは、マウスの体細胞から作ったiPS細胞を、同じ遺伝情報を持つマウスの皮下に移植し、免疫反応を調べた。

通常なら移植後、様々な種類の細胞の塊に成長するはずだが、今回、iPS細胞は免疫細胞の攻撃を受け、塊ができにくくなる場合があった。作製法によって免疫反応に差が出たが、少なくとも2割で塊ができなかったり、塊の一部が壊死(えし)して小さくなったりした。

一方、このマウスの受精卵から作ったES細胞(胚性幹細胞)では細胞塊に成長した。詳しく解析すると、iPS細胞ではES細胞に比べ9種類の遺伝子が過剰に働いており、がん細胞で活発に働く遺伝子などが拒絶反応の原因になっているとみられる。

するとやはり、ES細胞でないと駄目な場合があるようである。それはまさに、iPS細胞不完全で言及しているとおりである。ただ、再生医学に書いたように、網膜などの特定の用途にはうまくいくようである。だから、iPS細胞は、分野を限定して使用すべしという、きわめて当たり前の帰結になるのであった。

東京に出てきたら、秀才がゴマンといるので、とても恥ずかしくていえないが、私程度の能力でも、ある狭い限りられた田舎の地域では、勉強の成績はいい方だった。それで、特に田舎だと何が起きるかというと、あからさまなやっかみであって、すなわち、勉強はできるけど、人間として常識がないとか、人の気持が分からないとか、他人を見下すなどと陰口を叩かれ、直接、言われる。

そういう批判は当たっていなくもないが、しかし、いいたいのは、そういう私の欠点は、必ずしも勉強の成績の裏返しではないのである。別の言葉でいうと、私が人間として常識がないとか、人の気持が分からないとかという欠点があるとして、私が仮に、田舎においてさえ凡庸であったとしても、やはり、常識のなさや、他人の気持の分からなさ(すなわちKY)はあっただろうということである。

例えば、私は、運動が苦手で、もし日本人の運動能力での偏差値というのを考えたら、偏差値30くらいであるが、だからといって、数多いる私以上の秀才が運動が苦手かというと、全くそんなことはなく、大抵は私より運動も得意で、中には、オリンピックに出たり、プロ野球の選手になれるレベルの人もいる。

特に東京にいると、どんな分野であれほとんど私が勝てないような人と沢山出会うのであるが、人生そういうもんだと納得するのが、大人になるということなのだろう。

逆に東京でうれしいのは、凄い人が多すぎて、大抵の人が、いい意味で負けなれていて、ごく稀に私にコンプレックスを感じる人もいるようだが、田舎のような露骨な嫌がらせはあまりしてこない(ううん、ときどきいるか)。

逆に気をつけなくてはならないのは、人間は本質的に嫉妬の動物なので、私より優れた人を、なんとかして見下げようというさもしい根性である。例えば、あいつは試験が俺より得意かもしれないが、将棋は俺の方が断然強いぜ、みたいな考えである。仏教の教えではないが、こういう考えは、一種の生存本能のようなものなので、いつも溜まる水を掻い出すような作業が必要である。

あと、上述のように、勉強の才能、スポーツの才能、音楽の才能など、一人の人間においてもてる才能というのは結構独立で、それを才能独立の原則と呼ぶのであるが、それが歪むシーンというのが確かにあって、それは、1つの才能で過重なまでの努力をするときである。例えば、大学入試でいくと、普通に努力して妥当な大学に行くというのが実は重要であって、予備校のコマーシャルにあるように、「第一志望は譲れない」と、無理な志望校を設定して頑張るのはどうか、ということになる。まあ、そうしないと予備校は流行らないわけで、まさにマーケッティングなのだが。

例えば、どうみても冴えてないのに、鬼勉強して東大に受かるという人も、毎年ある程度いるだろう。あるいは、ヤマが当たってラッキーで受かったのかもしれないが、ともかく、そういうところで無理をしすぎると、才能独立の原則が歪んで、もともとあった才能の一部が壊死してしまうかもしれない。すると、本来あった人間性がおかしくなるだけではなく、場合により、過度の試験秀才になり、下手すると、優秀な官僚にさえなれないということもありえる。だから、いろいろな意味で、足るを知るということが重要である。本当に才能があれば、どの環境にあっても、どの年齢からでも芽が出る可能性がある。運命が許せば、ジャンヌ・ダルクのように舞台が用意される。

それにしても、才能独立の原則は結構酷い。頭がよくて、スポーツができて、容姿がすぐれて、人望もあって、女性にもてる男が結構いるけど、まあ、どう勝負したって勝てるわけないから、君は日陰でひっそりと生きなさいというのだから。え?そこまでは言ってない?

今更、管理職の実務などというベタなテーマで記事を書こうと思い立ったのは、例えば、東京電力の首脳陣の慌てぶりを眺めていて、一体あれがベストな対応なのかと思案したからである。そして自分が管理職だったときの仕事ぶりと比較してみた。その比較はあまり意味がないかもしれないのは、東京電力の首脳陣は、いわゆる上級管理職だが、私はせいぜい課長レベルであり、ほとんど直接の実務担当者と変わらない地位だったということがあるからである。

しかし、そのような本質的誤差項をあえて無視して、議論を進めてみる。まず、管理職の実務という言葉の定義は、2つの意味を含む。

その第一は、管理職が管理している部下が実際担当している実務である。東京電力であれば、原発の現場の作業員が使用済み核燃料を処理する作業なども含まれる。これを第一種の実務と呼ぼう。

その第二は、管理職が自らの職務として、部下に依存しないで担当しなければならない仕事である。例えば、原発事故で避難している人達の避難所に行って土下座し、罵声を浴びることもまた、管理職の実務である。これを第二種の実務と呼ぼう。しかし、不祥事で謝る仕事はそんなに頻度が高くないが(高すぎるとまずい)、日常的な管理職の第二種の実務とは、予算管理、プランの策定、部下の仕事の評価、上がってきた決済のレビューと承認、人材育成、モラール管理など、多岐に亘る。

課長レベルだった私でも、管理職としての第二種の実務の遂行に多大の苦労をした。何しろ、どう対応していいか、経験もなく、マニュアルもなく、社内規約も細部では不明確で、日々苦悩の連続であった。

そこで私がとった方針でまずかったと思ったのは、管理職でありながら、かなりの時間を自ら第一種の実務に割いてしまったことである。もともと自分でいうのも何であるが、実務者として私はそこそこのレベルであったので、部下の労力を軽減するためと称して、第一種の実務をやっていると、とりあえず心を落ち着かせることができた。しかし、すると当然に第二種の実務がおろそかになるので部下から注意され、第二種の実務も一生懸命やった。その結果、私は生涯で最高の忙しさを当時経験したが、それはまた別のストーリーである。

そこで、適切という自信はないが、私が理解したことを箇条書きにしてみる。

  1. 意外かもしれないが、第一種の実務も、第二種の実務も、きちんと処理するコツという意味ではそんなに変わらない。すなわち、指導を受け、やってみて、うまくいかなかったら工夫する。その分野の書籍も読む。教育コースにも出る、という次第である。
  2. すると、当然であるが、管理職が第二種の実務をきちんとこなすことを期待するためには、管理職は、第一種の実務がきちんと出来ていた担当員のなかから抜擢する必要がある。あまりにも当然だが、ときどき、実務ができない評論家のような担当員を、誤解して管理職に抜擢する例がある。これは大変な問題になる可能性がある。
  3. 管理職は、第二種の実務を遂行するに当たって、ワークロードが溢れた場合は、部下に一部を依頼してもいいが、それはあくまでも例外である。ただ、次期管理職を養成するために、教育的配慮で、第二種の実務の一部を任せるのはありであるが、その主導権を放棄してはならない。
  4. 第二種の実務の主要な部分は、判断することと、プランを立てることである。ところが、そのような判断とプランは、第一種の実務から吸い上げるしかない。
  5. よって、課長程度だと、ある一定比率で、第一種の実務も担当することが必須である。ただ、私の場合、この比率が大きすぎた。
  6. 上級管理職だと、第一種の実務に没入することは難しいだろう。しかし、少なくとも現場は自分の目で見て、現場の話を聞いて判断すべきである。間違っても、中間管理職だけの報告に頼ってはいけない。ここは、あまりにも重要で且つ、一番おろそかになりやすい点である。

このような記事は、数年前に、父の病気の手術を担当してもらった医師との会話にも基づく。すなわち、そこは、かなり大きい市民病院なのだが、執刀した医師は、なんとその病院の院長なのであった。そこでつい私は、元管理職として、「院長の管理業務しながら、現場の医師をするのは大変ですね。」と、労いのような言葉をかけたところ、「現場の医療から離れて、どうして病院の管理ができるんですか。」と一喝され、恐れ入った。その病院の副院長は、ベテランの看護師なのであって、そのせいか、そこの病院の看護師は、訓練が行き届いていて、とても小気味よい。いかにも現場を知りぬいた院長の采配である。

その後、別の病院の医師に話を聞いた範囲では、院長が現役で手術で執刀するというのは、かなり例外的のようである。それでも、私には強く印象に残っていることなのであった。

擬似専門

user-pic
0

確立された用語ではないが、擬似専門とでもいうべき現象があるのではないか、と最近思うことがあった。典型的には、福島第一原発の事故を受けて、放射線の人体に対する影響を論じる意見が多く盛り上がった。原子炉工学者、放射線医学者、物理学者、ジャーナリスト等である。徒に不安を煽るだけのジャーナリストの論調に比べ、原子炉工学者、放射線医学者、物理学者などの意見は冷静で聞くに値するものが見受けられるように思われた。

しかしである、よく聞いていると、物理学者の、放射線の人体に対する影響を論じる意見に、疑問をもたざるをえないものがあることが分かった。確かに物理学者特に、宇宙線や原子核実験を専門としている物理学者が、放射線の種類やエネルギーレベル、放射線の発生メカニズムなどに、一般の人よりも深い知識をもっていることは疑いないだろう。が、物理学者の中には、正しく放射線について論じながら、知らないうちに放射線の人体に対する影響にシフトしている者がいる。そして気付くと、放射線医学の入門書に書かれていることからかなり逸脱した議論を、自分は放射線の専門家だとばかりに展開しているのである。こういう、専門でもないのにいかにも専門だと勘違いさせる分野を擬似専門と呼ぶことにする。

そうやって擬似専門なる用語を定義してみると、世の中は擬似専門で満ちている。私にとって卑近な例は、弁理士や特許の実務家の、発明に対する意見である。弁理士や特許の実務家は、発明が提出されたとき、それを特許明細書に書き起こし、特許庁に提出し、審査官からの拒絶を克服して権利化することの専門家である。ところが、いつの間にか、弁理士や特許の実務家が、発明のアイデアの出し方の専門家のふりをして、その手の著作をしたり講演をしたりしているのを見かけると、これも所詮は擬似専門ではないか、と思われる。さらに、アイデアの出し方だけではなく、オープン・イノベーションの専門家のふりをする、所詮特許の担当者もいたりして、呆れてしまう。そういいつつ、私も所詮特許実務屋でありながら、恥も外聞もなくイノベーションを語ってはいる。

逆のパターンで、ある科学技術の分野の研究者であって、かなりの件数の特許の発明者になっている人で、特許庁に対してどのような発明が特許されるのかよく分かっていると豪語する人がいる。そして、同僚が出したアイデアに対して、そんなの特許になりっこないと断言する。その口調は自信に満ちていて、研究者としての確立された評判もあるので、みんなつい、信じる。しかし、それもまた擬似専門なのであって、私程度の凡庸な、しかし経験年数だけは長い特許実務屋からみても、それが直ちに言いすぎだとわかることは少なくない。すなわち、ほとんどの研究者は特許実務なんてやったことがないので知らないが、特許庁で登録査定にもっていくために、必ずしもすごいフィーチャが必要であるわけではない。どうみても平凡であるがそれなりに特許しやすい発明というのはあるのであり、それが特許になったあかつきにどれほどの権利行使ができるのか疑問であるとしても、特許実務を通じてしかわからない隠微な世界はある。

他の例では、将棋のプロ棋士で、まことしやかに教育を語り、教育委員会の委員になっている人がいる。将棋が専門で、教育が擬似専門というわけであるが、果たして如何に。

擬似専門の存在は、スキルの透明性の実現の困難性と、分かちがたく結びついている。そして、生活するということが、活性酸素と自然放射線を凌いで生きていくことであるように、また、擬似専門に翻弄されて生きていくものでもある。つける薬はない。虚しい努力だが、私は精神衛生のためだけに、勉強するとしよう。

よく知られているように、暗殺者とは英語で、assassinと書く。この単語の由来であるが、以前から印欧語の由来ではないのではないかと思っていた。発音の響きが印欧語らしくないのである。そして実際、マルコ・ポーロ、岩波新書、岩村忍著によると、assassinは、アラビア語源のhashishから来ているという。そこで、同書に従い、hashishが、西欧語で、暗殺者を意味するassassinになった由来を記述してみる。

まず、hashishは、大麻の実から抽出した催眠剤のことである。そこで、イスラムの一派シーア派が興った時代に遡る。11世紀~12世紀あたりのことである。シーア派はペルシャに広がり、そこでペルシャの神秘主義と結合しながら発達した。このせいで、いまでもイランの国教は、シーア派イスラム教である。また、ここでいうペルシャの神秘主義とは、ゾロアスター教だと思われるが、同書には記述がない。

さて、シーア派の一分派にイスマイリ派というのがあり、そのさらに一分派が、ペルシャの北、カズヴィンに近い険しいアルムート山中の堅固な城を本拠としていた。イスマイリ派は、陰険、険悪で、ペルシャのみならず、西は十字軍から東はモンゴル帝国の首都カラコルムまで、名を馳せていた。その特徴は、暗殺団にあった。すなわち、奇怪な暗殺団を送って、敵対する者を暗殺するのである。イスマイリ暗殺団の犠牲者としては、十字軍のトリポリ伯レイモンド、エルサレム王コンラートなどがいる。後にモンゴル帝国の第4代皇帝に任命される、モンケ・ハーンも、40名からなるイスマイリ暗殺団に狙われたという。

イスマイリ教団の首長は、シャイフ・ウル・ジャバルで、山の長という意味である。山の長は、強壮な青年に目をつけ、催眠剤hashishを飲ませ、前後不覚になるのを待って、アルムート山中の城に運び込む。この城にはなんと、贅を尽くした「楽園」がある。そこには、牛乳、蜂蜜、冷水が流れている人工の渓流があり、選りすぐった美女が住んでいる。そこで、連れてこられた青年たちが目覚めると、珍味を尽くして饗応され、美女は官能の限り青年たちをもてなす。このような歓楽の日々を送ったのち、青年たちは再び催眠剤hashishで眠らされ、元の場所に戻される。

目覚めて、「楽園」を失った青年たちは、大変嘆き悲しむ。そこで山の長は、もし何でも命令に従うなら、再び「楽園」に連れて行くと持ちかける。こうして青年たちは、「楽園」を天国と信じ、山の長の命令のままに赴き、果敢に暗殺を実行する。この方法で、敵対する者たちを大変震撼させ、イスマイリ派は、西アジア一帯に暴威を振るうことができたという次第である。

このような「楽園」で誘惑する方法は、イスラム過激派の自爆テロリストの養成にも継承されている。ただそこでは、一旦現世の「楽園」を実現してそこで楽しませる方法はコストがかかるので、来世を「楽園」としているが、「楽園」の記述自体は、イスマイリ派の時代も、今の時代もあまり変わっておらず、やはり、酒池肉林と美女である。

そうして猛威を振るったイスマイリ派であるが、フラグ・ハーンの西征に際して、イスマイリ派の暗殺団に狙われたこともあってひどく憎んでいたモンケ・ハーンは、イスマイリ派の掃討を命じた。すると流石のイスマイリ派も、多勢に無勢で、モンゴル軍の威力には如何ともしがたく、そのときの山の長であったロクン・エッディン・クゥルシャーは降伏し、部下ともども処刑された。

この山の長と催眠剤hashish、そして暗殺者の話が十字軍によって西洋に伝えられ、hashishが暗殺者を意味することになり、hashishが訛ってassassinに転じたわけである。

イスマイリ派は、モンケ・ハーンの軍勢によって壊滅的打撃は受けたが、全滅したわけではなく、今でもイランのホラサン、ケルマン両地方には、少数ながら、イスマイリ教徒がいる。

後藤利昭のホームページに下記のような記述がある。

1103年に十字軍がこの城砦を占領したが、1140年にイスマイリ派が奪回した。同派はこの城砦を本城とし、付近の5つの山城を束ねていたようだ。
イスマイリ派はスンニ派から蛇蝎のように嫌われて、同じイスラム教の政権でありながら、スンニ派から攻撃を受けるが守り通したという。アイユーブ朝のサラディーンも暗殺を恐れて、イスマイリ派と密約を結び攻撃を断念したという噂もあるくらいだ。この城がエジプトのマムルーク朝のバイバルスによって征服されたのは100年後とのことである。

なるほど、イスマイリ派は、スンニ派とも敵対していたのか。しかし、暗殺の恐怖は、アイユーブ朝のサラディーンをも密約を結ばせた。いかにも暗殺のスペシャリスト軍団、いまでいうテロリストであったことがわかる。

山梨県土産というヤマブシダケを入手した。乾したものである。昔、癌に効くという食品を探していたことがあって、アガリクス、サメの軟骨、メシマコブ、フコイダンなどいろいろ調べた。そのなかにヤマブシダケもあって、抗癌効果が高いとあったので、私のヤマブシダケに対する評価はとてもポジティブである。

袋に入った乾しヤマブシダケは、遠目には、ずんぐりした椎茸であるが、よく見ると、表面が毛羽立っている。しかしどうやって食べるのか、さっぱり分からない。そこでまず水でもどすと、真茶色の汁が出る。これは健康にいいのではないかと飲んでみたら、実に苦い。典型的な漢方薬の風味である。良薬は口に苦しで、きっと健康にいいのだろうと我慢した。

さて、水でもどしたはいいが、ヤマブシダケをどうやって食べるか、依然として分からないので、我流で、キャベツとウインナーで炒めることにした。味付けは、塩コショウである。

そうやって炒めたものの、ヤマブシダケは強烈な個性で、独特の漢方薬臭を漂わせている。食べてみると、まるで水を吸ったスポンジの食感で、噛むと口の中に苦くて臭い汁が染み出る。どうみても美味とも珍味ともいえない。また、ヤマブシダケの毛羽立った表面は、微妙な舌触りで、正直気味が悪い。妖怪のミイラの首を水でもどして齧っているような気になる。

こんな奇妙なヤマブシダケであるが、Webで調べてみると、次のような記述があった。

中国ではその形が、手長猿の頭に似ていることから「猴頭」(ホウトウ、あるいはホウトウクウ)と呼ばれています。日本ではその形が、山伏の結袈裟についた丸い飾りに似にていることから、大正時代に薬草の大家である白井光太郎氏が「ヤマブシタケ」と命名、現在この名で広く知られています。古来からその優れた薬効は人々に経験的に知られ、古書物などでもめいめい独自の名称で紹介されていました。
中華料理では四大山海の珍味の一つとして珍重される高級食材です(ちなみに他はフカヒレ、ナマコ、熊の手)。若いヤマブシタケほど食感に優れているといわれています。

へぇ、ヤマブシダケは、見かけによらず、由緒正しいのだと知った。四大山海の珍味の一つなら、きっと有名な中華料理があるのだろう。今度中華街に行ったとき、機会があったら尋ねてみよう。この個性が強い苦みばしった食材がどう料理されるのか興味津々である。

また、アマゾンにあった「ヤマブシタケでガンが治る―アガリクスを越えた驚異のキノコ 三浦 春夫 (監修) 」の紹介には、次のような薬効の記述もある。

抗ガン効果をもつβ‐Dグルカンの含有率は、あのアガリクスの3倍以上。高いSOD様値が、ほとんどの病気の原因となる活性酸素を強力に除去。脳細胞を活性化し、ボケも防止する驚異のキノコ。
ヤマブシタケに含まれる多量かつ良質な多糖体が人体の免疫力を高め、ほとんどの生活習慣病に絶大な効果を発揮する。ヤマブシタケの自然な薬効について解説し、その力で健康を取り戻した人の体験を紹介する。

今の自分は癌には罹っていないと思うので、ヤマブシダケの薬効を試すことはできないが、ヤマブシダケのもどし汁を飲み、ヤマブシダケの炒め物を食べた夜は、異様に眠くなった。催眠効果もあるのだろうか。そこで、さらにWebで調べてみると、睡眠改善剤としての用途もあるようである。「薬剤のような飲用量の制限あるいは他の飲食品との併用の制限がなく、また、服用による副作用というデメリットが小さい、睡眠解消のためのヤマブシタケの抽出液を主原料とする睡眠改善剤を提供する」という記述をみつけた。さらに、2チャンネルに、以下のような記述をみつけた。

山伏茸(ヤマブシタケ)に含まれるヘリセノンという物質が神経成長因子の分泌を促します。またアミロイドβと呼ばれる痴呆症、アルツハイマーの原因の1つと推測される脳内に蓄積する毒素を解毒する作用があります。

それで、癌だけでなく、睡眠改善と惚けにも効くというヤマブシダケは、結構半端ない健康食品ではないかと改めて見直した次第である。それなら、あの異様な触感と、苦味は許容範囲である。

私にとって読書とは、ほとんど、食事や呼吸することと同じくらい日常的な動作であるが、だからといって、読書は私にとって、食事や呼吸ほど容易ではない(ただ現在、折れた歯を治療中なので、食事はあまり楽ではない)。

そこで私にとっての読書の困難さを分析してみることにした。

  1. 読む必要性を感じない。これが私がある本を読もうともしないとしたとき、最大の理由である。例えば、美術全集、美術史、建築史などの本は、私は目の前にあっても、まず手にとろうともしないだろう。といいつつ、これが料理の本ならつい読む。仮に、主婦向けの毎日の弁当の作り方という本であってもなので、読書傾向というのは、自分にも予測がつかない。
  2. 次の読書阻害要因は、高価すぎる、ということがある。本当に必要なら私は、2万円の本でも買う。だからあくまでも、読む必要性に対する相対的価格である。ちなみに私は、初版本とか、著者のサイン入りとかそういう内容とは関係ない要因に一切興味がない。
  3. 読む必要性を感じるし、値段も合理的な範囲なのに、読む気を削ぐ要因としては、次のことがある。
    • 興味を鼓吹するのが難しい。例えば私は、民俗学、西洋文学、歴史書など、教養の不足を補うたるに是非とも読むべきと思っているのだが、ページを開いても、どうも興味が湧かないで、読み進められない。そうやって止まっている本に、タキトゥスの「年代記」、マチエの「フランス大革命」などがある。「など」というのは他にも沢山あるということである。本当はいくらでも挙げられるのだが、その死屍累々を挙げるに忍びないので、あえて列挙しない。
    • 興味を鼓吹できるのだが、長すぎて根気が続かない。例えば、トルストイの「戦争と平和」などである。こう書いて気がついたのだが、私にとって、「興味を鼓吹するのが難しい。」と「長すぎて根気が続かない。」の差は微妙である。例えば、プラトンの「法律」がなかなか読めない理由が、どちらなのか分からない。どっちでもいいから、根性入れて読めよと、自分にいいたい。
    • 興味を鼓吹できるし、長すぎもしないのだが、自分の知識レベルが低いので、理解がきわめて上滑りになる。例えば、電子回路の本、通信プロトコルの本、分散データベースの本など、仕事で勉強しなくてはならない本である。じっくり読む時間もないし、前提知識もないので、ただ虚しく眺めているだけだったりする。数学でいえば、関数解析、超関数の理論などか。意外ではなく、私にとって、大抵の囲碁の本というのは、ここに入る。
    • 興味を鼓吹できるし、ある程度知識はあるのだが、記述が複雑なので丁寧に読み解く気力がない。これは例えば、プログラミングの本であったり、WindowsのAPIの本であったり、数学でいえば偏微分方程式の本であったり、いろいろある。物理学でいえば場の量子論の初歩的な本がこれに該当する。時間をかければなんとかなるはずなのにといいつつ、どうしても理解の壁が破れない。実は、難解な将棋の定跡や詰将棋の本というのも、ここに該当する。
    • 興味を鼓吹できるのかとうかわからないが、ともかく読みたいと憧れている。しかし、なにしろ概念さえつかめない。これは純粋数学の本、哲学の本、難解な理論物理の本などに類別される。
      • 純粋数学で、例えば、圏論の本なんて、どこから掴めばいいのだろう。同様に、抽象代数幾何学のスキームの理論も、つかみどころがない。Not even wrongではないが、理解できないということさえいえない。これに該当する本もまた無数にあるに違いない。例えば、アラケロフ幾何、作用素環、等等。物理学でいえば、M理論、超対称性の理論などがこれに該当する。冷静に自分にアドバイスするなら、そんなもん、無理だから手を出すなよ、というところだろう。
      • 哲学で、例えば、ハイデガーの「存在と時間」なんて、どうやって理解できるようになれるのだろう。他にも、ホワイトヘッドの「過程と実在」、カントの「純粋理性批判」、カッシーラの「実体概念と関数概念」など枚挙に暇がない。
      • 法律学と経済学の多くの本は、とっつきにくさの質は、哲学や数学の本とは全く異なるが、どうも昔から、社会科学に対する馴染みにくさというのは払拭できない。
  4. おっと忘れていた。私がどうしても読めない本として、私と異なる意見の論旨を不合理的に展開する本がある。例えば、原発や放射能の危険性を、「ためにする議論」で非科学的に展開するような本である。キリスト教などの特定の宗教や共産主義なのど特定の思想に偏った本も避ける傾向にある。

こう書いてみると、ちゃんと読める本なんてほとんどないことが分かった。一体普段自分は何を読んでいるのだろうと、変な疑問にとらわれてしまった。

それでも若い頃は、興味を広げるという使命感に駆られて、違和感でいっぱいになりながら、修行僧のように、例えば、木村亀二の「刑法総論」の本を読むことができた。歳とってだんだん根気がなくなってきたら、あまり背伸びしないで普通に読めるものを読めばいいのかもしれない。

複雑な技術

user-pic
0

成毛眞氏のブログを眺めていたら、次のようなフレーズがあった。

原子力は人間が作り出した究極の複雑技術のひとつだが、...

それで、本当にそうだろうか、とつい沈思してしまった。まず原子炉とは、ウラン235とウラン238の混合物に中性子を当てて、核分裂を起こさせるものてある。核分裂すると中性子が出るので、このままだと鼠算式に中性子が増える。そこで中性子を減速するために、原子炉は水に満たされる。さらに、原子炉には、中性子の流量を調整するために、ベリリウム合金などの中性子を吸収する性質をもつ材料からなる制御棒が挿抜される。このような原子核反応によって発生した熱により水蒸気を発生させ、それによってロータを回し、発電する。

これは、例えば、燃料の燃焼等で生成された高温のガスでタービンを回して発電させるガスタービン発電機よりも何が複雑なのだろうか。

まず、原子炉の燃料であるウランは、ガスタービン発電機の燃料である灯油よりもはるかに用意するのが難しい。しかし、それ以外の点をみると、制御棒の挿入深さで制御される制御システムとみると、制御の複雑さという点で、自動車や航空機と比べても非常に複雑とはいえないような気がする。

少し違う観点でみても、CPUやオペレーティング・システムの方がはるかに複雑であり、これらの技術が未だ日進月歩なのに比べて、原子炉の技術はかなり枯れているのではないだろうか。私はここで、複雑さを、装置を状態遷移マシンと考えたときの、とりうる状態空間の数学的測度みたいな概念で考えている。

よって私は、「原子力は人間が作り出した究極の複雑技術のひとつ」という命題に、きわめて緩やかに異議を申し立てたい。

ただ、原子炉にまつわる複雑さに安全性と、使用済み燃料の処理がある。すなわち、福島第一原発の事故からみてとれるように、原子炉には、これでもかというほどのフェイル・セーフが必要である。また、使用済み燃料の処理は、複雑というよりも、難事というのがふさわしい。これに比べて、CPUやオペレーティング・システムだと、原子炉ほどのフェイル・セーフは必要とされない(と、いってよいのか)。

ともかく、私の結論は、原子炉は、自動車、航空機、CPUやオペレーティング・システムに比べてより複雑とはいえないというものである。ただ、一層の取り扱い上の注意が必要である。そのことを以って複雑と呼ぶ日本語の用法もまあ、ありかな、と思う次第である。

能面ビー玉

user-pic
0

知り合いから、藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」という放送の音声ファイルを送ってもらった。興味深いので、文責私で、要約してみる。

まず、藤原氏は、今回の東電の首脳陣の原発事故に対する対応のまずさを批判して、顔が能面ビー玉なのだという。すなわち、どう対応していいかわからないので、思考停止になってしまっている、ということである。

なぜこんなことになっているかというと、戦後の異常教育にある。すなわち、戦後の教育では、過度にテストの点数に依存して評価がきまるが、そのテストなるものは、正解が決まっていて、いかに迅速にそれを選ぶか、ということに終始してきた。あるいはゲームのように、テクニックで選ぶということである。それは、線形システムであって、複雑系ではない。きちんと考えれば、かならず正解に行き着ける。そういうゲーム、受験というゲームを勝ち抜いてきた人達が、大学なり東電なりで、トップにいる。

そういう正解指向の人達が優等生でトップに立つと、イケイケのときはいいが、未知の状況になると、ハタと困る。なにしろ、何が正解かいくら考えても見えないのである。典型的には、福島第一の原発事故の対応である。そこには純然たる物理法則が関与しているのだけれども、解ける問題ばかりではなく、前例もなく、正解指向では対応できないので、トップの人達は、能面ビー玉にならざるをえないのである。

ゲーム指向の優等生にとって、すべては考えれば正解は必ずある状況ばかりだったので、そもそも現実をみて、解ける問題と解けない問題を切り分けることすらできない。そもそもが、現場を無視して、解ける問題だけを相手にして、資料作りなど社内の出世競争に精を出してきた。現場を無視するのは、現場主義だとどうしても解けない問題が続々と出てくるからである。ゲーム指向の優等生は、そこで正解を出せないことが怖くて仕方がないのである。

しかしこれはある意味、米国の期待したことではないか。すなわち、米国は戦後、日本人が指示されたことをこつこつとこなす忠実な将棋の駒であることを期待した。下手な自律思考はもってほしくなかった。

ところが、正解指向の優等生が、失敗しないという特性により日本のトップを占めるようになってくると、その弊害は米国にも明らかになってきて、流石に米国もこのままでいいとはいえなくなってきた。

このような状況は、現場主義の人材しか救えない。すなわち、正しいか間違っているか、ともかく工夫してやってみて、間違えていたら引き返して別の手を打ってみる。そういう工夫と積み重ねができる人材を要所に配置するしかない。

そうはいっても、能面ビー玉のトップが牛耳っている限りは、現場主義の人材はなかなか出番を与えられない。だから時間はかかるが、現場主義の人材は、身の回りの小さな、できることから始めるしかない。

というような趣旨だったと思う。藤原氏は、米国でも中国でも、同じような弊害が出ているという。確かに、学校の成績で選別しようとすると、正解主義、テスト主義の人材が有利だろう。しかし、どうやって教育を現場主義にシフトさせるか、とても難しい。例えば、今の教育にあまり忠実に従わないで、ある程度羽目を外す人材の方が有望なのかもしれない。

こうやって偉そうに書いている私も、テストで優秀でなかった割には、思考が柔軟ではない。あるセミナーで、一橋大学イノベーション研究センターの米倉誠一郎教授の研修を受けたことがあるが、そこで発想の凡庸さを嗤われてしまったことがある。気持ちは現場と工夫を目指しているのだが、どうも結果が伴わないのである。こんな凡庸な私でも、老後も活躍できる場があればと日々努力しているのだが、甘いか。

羽生の不調

user-pic
0

羽生は名人戦で森内の挑戦を受けて三連敗、今第4局を戦っているが、せめてこれは勝つだろうというか、勝ってほしい。しかし間違いなく森内の挑戦は防衛できないだろう。羽生ほど、3連敗4連勝が相応しくない人はいない。

今期、羽生は絶不調であって、確か王位戦の三浦くらいしか勝っていないのではないか。名人戦の三連敗はいい、また、竜王戦で久保に負けたのもまあ仕方がない、しかし、ネット最強戦で菅井に負けたのはいくらになんでも、である。不調でもきっちり格下に勝つというのが羽生の特徴なので、これはかなり赤信号である。

そうはいうが、森内だって去年かなり絶不調の時期があって、確か10連敗近くしたのだしなかったか。それは今にしても思えば、順位戦と名人戦のためにツキを溜めていたのである。そういう、あまり高くない勝率できっちり結果の出すのが森内の合理性である。

だから、羽生だって一時的不調に陥っているだけで、そのうち復活するに違いないのだが、私として気になるのは、羽生がやたら本や将棋ソフトを出しまくっているという最近の傾向である。リストしてみると、次のとおりである。

  1. 大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
  2. 結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)
  3. 40歳からの適応力 (扶桑社新書)

これ全部、今年になって出版されたものである。おそらくゴーストライターなのだろうけれども、本人も口述に時間がかかるだろう。いくらなんでも、出しすぎではないだろうか。しかもこれだけではない、「将棋で鍛える決断力」など、任天堂DSの将棋ソフトもいくつかある。

これほどんど、勝間和代状態(茂木健一郎状態ともいう)ではないだろうか。しかし私がもっとまずいと思うのは、次の著書である。すなわち、梅田望夫氏の「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語」である。というのは現代将棋界は最早、羽生だけが強いのではない。もしかして渡辺明は、羽生を抜き去りつつあるかもしれないし、久保だって最近ほとんど羽生に勝っている。しかも棋士は当然であるが、誰が一番強いかという評判に敏感である。その手の表現で礼儀を逸すると、棋士に激怒されて将棋連盟に出入り禁止とかる惧れがある。だから、「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?」などという本を出してはいけないのである。羽生の七冠時代ならかろうじて許されたかもしれない。しかし、いまや状況は違いすぎる。梅田望夫氏は、この本で、羽生にエールを送ったつもりかもしれないが、全く逆効果で、羽生以外の棋士を徒に刺激しただけである。

だから私が期待するのは、羽生が勝間和代状態を脱出して、真面目に将棋に取り組んでほしい、ということである。すると、最早羽生の一人勝ちの日々は戻ってこないにしても、羽生は、トップ集団の先頭付近に戻れるであろう。

ただ、羽生が意図して勝間和代状態を作り出しているとしたら、もしかして、何か資金が必要な状況なのだろうか。例えば、奥さんが商売して負債を抱えたとか、離婚するので慰謝料が必要になったとか。

そういう一ファンの邪推を振り切るためにも、羽生にはまた勝率7割越えの日常の状態に戻ってほしいと願うものである。

小説をほとんど読まない時期が何年も続いたが、小池真理子の「望みは何かと訊かれたら」を読んだあたりから、ぽつぽつと小説を読むようになった。最近、よい小説を紹介される機会が増えたのもある。

そんな中で、最近紹介された小説で異色だったのは、「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス、小尾芙佐訳、早川書房である。なんと1966年にネビュラ賞を受賞というのだから、最早古典的名作といっていい。

主人公は、チャールズ・ゴードン。パン屋の店員なのだが、30歳過ぎていても6歳児並みの知能しかない精神遅滞者である。ところが、ある大学の心理学教室で実験的に、知能を高める手術を受けることになった。その心理学教室には手術をうけた先達がいた。ハツカネズミのアルジャーノンである。そのアルジャーノンと迷路探索競技をするのだが、何度争っても、人間であるチャールズの方が負けてしまう。

そしていよいよチャールズ・ゴードンは手術を受けた。しかし、直ちには知能が向上するわけではなく所在なげにしていると、猛烈な知識欲がおきてきた。文字を読む基礎訓練を済ませると、図書館で猛然と本を読み始めた。そして短期間に、通常人の知識レベルをはるかに超えてしまう。

ここまで読んだとき私は、チャールズ・ゴードンにひとかたならぬ感情移入をした。というのは、小児結核で幼稚園にも行っていなかった私は、小学校にいっても一人も友人ができなかった。なにしろ、メンコやベーゴマなどの「文法」も知らないのである。それはまるで、一種の白痴であって、まともに相手にされないで、みんなから変人と呼ばれた。

喧嘩でも運動でも遊びでも、同僚に全く敵わない私は、一人で本を読むくらいしかなかった。別に知識を高めてそれで抜きんでようという意図があったわけではない。そうやって孤独を深めていった。

小説に戻って、チャールズ・ゴードンは、突然秀才になって周囲から尊敬されるようになったかというと、単に疎んじられるようになっただけである。実際、ショーペンハウアーも言うように、相手に自分より優れた知能を認めるというそのことが、大抵の人を不機嫌にさせるのである。そうなると、周囲は、苛める理由はいくらでも見つける。実際、チャールズ・ゴードンは、よく分からない理由で、パン屋をクビになった。

孤独を深めたチャールズ・ゴードンは、女性と付き合おうとするのだが、対女性の精神は幼いままで、肉体と精神のギャップに苦しむ。そんなとき、意外な同僚は、ハツカネズミのアルジャーノンであった。妙な連帯感から、あるきっかけで、一人と一匹は、逃避行したのであった。

次第に肉体と精神のギャップを埋めたチャールズ・ゴードンは、なんとか恋人もできた。しかし、チャールズ・ゴードンの精神は次第に翳ってきて、アルジャーノンもとうとう亡くなってしまう。それはもとより、手術の副作用というよりも、ネズミだから長生きができないということなのかもしれないが。そのアルジャーノンの墓に、チャールズ・ゴードンが花を手向けるシーンがあまりにも痛々しい。

この小説の解釈の仕方はいろいろあって、どれが正解ということはないのだろう。一番ベタな解釈は、人類が知能を得ても、結局却って不幸になるだけだという、パンドラの箱の神話のような話にもっていくことだろう。

私がした解釈はベタでないけれども、もっと俗で、自分の人生に色濃くチャールズ・ゴードンを投影させることである。すなわち、上記の事情でコンプレックスの塊であった私は、ラッキーで地方国立大学に合格すると、まるで手術をうけたチャールズ・ゴードンのように猛然と勉強し始めた。しかし、チャールズ・ゴードンと全く異なるのは、結局、能力のなさからほとんど勉強したことが身につかず、剰え、神経衰弱のような状態になってしまった。その頃教養課程の西洋文学の授業でゲーテのファウストを学んだ。そして、ファウストを読んで、私は、魂を悪魔に売って、高い知能を得たいと切望した。そしてまた、大した成果もえられないのに勉強を再開した。しかし結局、悪魔は私の魂を買ってくれなかった。よほど値打ちがない魂だったのだろう。ただ、そのときに人間らしい心を悪魔に預けたままで、未だに一部返してもらっていないような気がする。いや、悪魔がほら返すといっているのに、いやいらないと走って逃げたのかもしれない。そのせいで、いまだにぎこちない対人関係のままである。

小説に戻って、チャールズ・ゴードンは、手術後もっとゆっくり勉強していれば、もしかして一生知性が保てたのかもというアイデアが浮かんだ。どうしても、だからなんなんだよと自ら反論してしまうのだが。

今更自明だと思われるに違いないのだが、人類がもつ兵器についてについてまとめてみる。

  1. まず最初は、物理兵器である。あまり聞かない表現だが、要するに、機械的、あるいは熱により破壊する。すなわち、極めて慣用的な兵器が物理兵器なのである。ところが、原子力なるものも優れて物理学の成果であってみれば、核兵器も、広い意味で物理兵器である。よって以下のように類別される。
    • 矢、刀、銃、大砲など、機械的破壊を主要な目的とするもの。
    • 焼夷弾、火炎放射器など、熱的な破壊を主要な目的とするもの。
    • 核兵器。これは、機械的破壊と熱的な破壊の両方をともなうが、原子力エネルギーを利用するので、威力は、通常兵器よりも圧倒的に大きい。さらに、放射能という有害な副産物も生成し、その半減期(典型的には、プルトニウムの2万4000年)を考慮すると、なかなか厄介である。
  2. 化学兵器。前にも書いたが、生物はなにもよりもまず、化学的マシンであるため、安価に製造した化学物質が、人類に極めて大きい影響を与えうる。従って、化学兵器は原則的に使用が禁止される。
  3. 生物兵器。これは基本的に、細菌兵器と、ウィルス兵器に分類される。現代の医学では、きわめて毒性の強い細菌やウィルスを生成することができる。炭疽菌、インフルエンザ・ウィルスなどである。生物兵器は、伝染性をもつので、ある意味化学兵器以上に危険であり、よって、生物兵器も原則的に使用が禁止される。
  4. 環境兵器。これは、比較的新しいカテゴリに属するものであり、次のように類別される。SFと思われるかもしれないが、米国国防総省のページに次のようなコメントがある。
    • 地震兵器。これは、HAARPによって引き起こす可能性が示唆されている。すなわち、HAARPによれば、特定の地域に、低周波波動を送り、地殻の断層と共振させ、地震を引き起こすことができるという。また、HAARPでなく、地下で核兵器を爆発させて地震を引き起こす方法もある。
    • 津波兵器。地震とは独立に、海底に仕掛けた爆弾により、津波を引き起こす可能性も示唆される。
    • 気象兵器。これも、例えばHAARPをもちいる。すなわち、雨を降らしたり、旱魃にさせたり、ハリケーンを経路誘導したり、電離層に電磁波を照射することで、電波を乱したりすることができる。さらに、航空機で大気中に化学物質を散布して気候を制御することができる。
  5. 精神兵器。これは、直接人間の精神に影響を及ぼすものである。
    • 低周波電磁波によるもの。HAARPは、低周波の電磁波を送ることで人心をかき乱すことができる。すなわち、脳波とほぼ等しい低周波電磁波は、あきらかに有害である。別の例で、電線の下に住む家庭では、高い確率で癌になるという話もあった。いろいろな意味で、低周波電磁波は、人体に有害である。私のある知り合いなどば、佐世保銃乱射事件を、低周波電磁波による精神撹乱効果の実験台ではないかと示唆していたくらいである。
    • 超能力によるもの。実際、旧ソ連で、超能力の軍事適用の研究がなされていたのは有名な話である。それがいまは途絶えていると考えるべき理由はない。また、密教などの行者が、気の力で飛ぶ鳥を落としたり、人を呪い殺したりできるというのもよく知られている。
  6. 情報兵器。
    • これは典型的にはサイバーテロであり、今更多くの説明は要さない。
    • 風評攻撃。典型的には、放射線に対する過度の報道など、なにか悪意を感じるほどである。また、あえて間違えた情報を流布して撹乱するのは、スパイの常套戦術である。
    • そもそも、情報兵器は、孫子の用間篇にあるように、極めて古典的且つ時代に褪せない有効な兵器なのであった。

これで尽きているわけではないが、兵器というのはなんともおぞましい。まとめてみて、改めて感じる次第である。

東北太平洋沖地震があり、福島第一原発の事故かあってから、さまざまな風評が飛び交っている。その際、原発に事故の危険性はあり、放射線が人体に有害であるのは確かであるから、原発や放射線に関する風評が全く根拠がないということはできないし、世間に警告を発するという点で、意味はあるだろう。しかし、このドサクサにまぎれて、中にはあまりにもどうかと思われる風評が横行していることがある。それは、テレビ番組であれば視聴率をとるためであったり、雑誌や書籍であれば、売らんかなのためであったりする。そこでなるべく冷静に、風評がどのように作られるかを分析してみる。

私が考えた範囲では、風評の作り方には次のような技法がある。もちろんこれで尽きているわけではないが、これらを組み合わせることで、なかなか見破れない巧妙な風評がつくれる。

  1. 噂の利用
  2. 分母を増やす
  3. 原因のすり替え
  4. あえて矛盾したことをいう
  5. 代替案を提示しない
  6. 代替案の楽観視
  7. ブラックスワンの一方的考察

まず、噂の利用であるが、火のないところに煙は立たないとい言い方で、根拠なく噂を是認してしまう。例えば、チェルノブイリ事故処理班で、ナタリア・マンズロヴァ氏が、「チェルノブイリ事故の死者は4千人と報じられているが、実際には100万人が死亡しているとの報告書も出ている。どちらが正しいのか。」と聞かれたのに対して、「真実は誰にもわからない。しかし、どちらが真実に近いかと問われれば100万人の方だろう。」と答えたのも、当時の噂というか風評を利用している。チェルノブイリ事故の処理でひどい目に遭っているので、うらみつらみはあるだろうが、真実は誰にもわからないと思っているなら、単に分からないというべきである。

分母を増やすというのは、極めて率が低い場合に使われる。例えば、ある低放射線被曝で、1万人に一人の割合で癌が発生するという命題があったとする。癌はタバコや遺伝などの様々な要因で生じるので、この命題もあやしいが、この場合次のようにいうことになる。「低放射線被曝といっても、1万人に一人の割合で癌が発生するといわれている。これが問題にならないと思われるだろうか。しかし、日本の人口が一億人として、年間1万人も癌が増えるのである。それは年間の交通事故死の数よりも多い。また、戦後60年を通してみるとなんと癌の死亡者は60万人、ちょっとした中堅地方都市の人口全体に匹敵する。」と、こういう調子である。

原因のすり替えとは、なかなかわかりにくい。例えば、一日で500ミリシーベルトの強い放射線に曝されると、癌になる確率が0.5%上昇するといわれている。ところが、この命題がいつのまにか、現在の福島第一原発から飛来する放射能物質による、都内でのわずかな放射線量で、都民が癌になる確率が0.5%上昇するという命題にすりかえられる。そして、都民が1200万人だとすると、その0.5%といっても6万人が癌になる、これが問題ではないのか、という言い方がされる。

あえて矛盾したことをいうというのは、例えば、放射線は、低線量の方が危険などと噴飯ものの命題を述べる。それでも、論理的思考力がない人は、ええっそうなのかと逆に信じてしまう。

代替案を提示しないというのは、原発なんかには依存してはいけない。放射能汚染で日本は滅亡してしまう、といっておきながら、何も代案を示さない。これだけ科学技術が進んだ日本なので、いくらでも原発に依存しないで電力を確保できるはずだとか、江戸時代のエコ社会を想定すれば、電気をあまり消費しなくても生活できるはずだとか、極端なことをいい、ではどうやって施策するか決して述べない。

代替案の楽観視というのは、原発に依存しないでも、火力発電、水力発電、風力発電で十分やっていけるはずだと、楽観視する。あまり練っていない代替案を提示して臆面もないのである。

ブラックスワンの一方的考察とは、大地震や大津波のような、100年に一度のようなブラックスワンによる災害を原発のみに適用し、それ以外の施策にはブラックスワンなどありえないようにいいなすのである。

以上、風評の作り方を考察してきたが、あまりこのようなことばかり考えるのも逆に危険で、真に意味のある警告メッセージを、根拠のない風評だと却下して思考停止する可能性がある。だから常に、なにが妥当かを考え続ける合理的思考が重要である。いろいろな文献に当たって勉強することはどうしても必要であろう。

近未来予知

user-pic
0

友人から、下記のような話を教わった。私なりに要約して書いてみる。

今回の東北太平洋沖地震による津波で、奇跡的に助かった人の話である。当人は当日、自動車教習所にいた。そこで地震があり、その後、津波の避難勧告があった。

そこでとりあえず自動車教習所を離れなくてはと、いつもの送迎バスに乗ろうとしたところ、そのバスの運転手から、「お前は方角が違う」と、降りるように指示された。

そもそも、自動車教習所の送迎バスは、単に乗った人を目的の方向に運ぶだけで、よほど乗車定員を超えなければ、いちいち降りろなんていわない。ましてや、「お前は方角が違う」なんて指示はしない。

ともかくそう指示されるので、しぶしぶ下車して、教官が運転する教習所の車に同乗して海岸を走ってたところ、後方からパトカーがきて、高いほうへ逃げるようにいわれ方向を変えた。それで結局助かったのだが、最初の乗ろうとしていた送迎バスは、津波に呑まれて相当数の死者を出し、自分に降りろと命じたバスの運転手も死亡したそうである。

典型的にはJAL123便のような、墜落するはずの飛行機に乗る予定で、本人が胸騒ぎがして乗るのを見合わせるというのなら分かるが、縁もゆかりもない赤の他人である送迎バスの運転手から、「お前は方角が違う」というありえない指示を受け、しかもそれを聞き入れるというケースは、聞いたことがない。

これをどう解釈するかとても難しいが、最初に考えたのは、量子論の解釈に書いたような多世界解釈である。すなわち、多世界における、現世のスレッドと、別のスレッドの間の相互作用によって、当人を助ける力が働いたというものである。より具体的に言うと、別のスレッドでは当人は結局、最初の送迎バスに乗って、津波にさらわれて死んでしまうのである。その断末魔に、あの送迎バスに乗らなければよかったという思いが、現世のスレッドに作用する。しかし、それならば、本人に直接作用すればいいわけで、なんで縁もゆかりもない赤の他人である送迎バスの運転手を介さなくてはならなかったのか、さっぱり説明がつかない。

別の解釈では、当人に潜在的な余地能力があって、最初の送迎バスに乗ったときに、「場違いオーラ」発していた。それを見咎めた送迎バスの運転手が、「お前は方角が違う」と指示した次第である。

さらに別の解釈では、ともかく当人は生き延びるという運命は決まっていた。その際、当人を生き延びさせる方法はいろいろあり、当人を最初の送迎バスに乗る気をなくさせてもいいのだが、今回は運命は、とりあえず、送迎バスの運転手を使った。

このようにどの解釈に拠ってもしっくりこない。それは、怪我の功名に書いたように、3次元空間で解釈するからで、より高次元では運命論もシンクロニシティーもすっきり記述できるのかもしれないが、それは結局、なにも分からないという命題と等価であるにすぎないのであった。

ところで、Webを見ていたら、次のような記事が中国新聞のページにあった。

橋の上から一望すると、数キロ先まで何もない"泥の海"が広がる。駅があったはずの場所には、階段だけが残っていた。駅の近くから自動車学校の送迎用のマイクロバスに乗った、とメールを出した娘を捜す両親。見つけたバスは小さくつぶれ、両親は「この中に娘が乗ってる。早く出して」と叫ぶしかなかった。

まさか、この自動車学校の送迎用のマイクロバスが、上記の当人が乗ろうとして下ろされたバスではないのだろう。それにしても、運命とはいよいよわからないものである。

微量放射線

user-pic
0

橋本大也氏のブログに、内部被曝の脅威、ちくま新書、肥田 舜太郎、鎌仲ひとみ著、という本の書評があった。それで、あまり適切ではないかもしれないが、この書評だけをみて、コメントしてみる。

なぜコメントするかというと、下記のステートメントに驚いたからである。

  • 【これ以下は安全といえるしきい値はない】
  • 【微量の方が危ない】
  • 【自然放射線と人工放射線は違う】

まず、【これ以下は安全といえるしきい値はない】であるが、これは驚くべきものではなくて、ある意味の通説かもしれない。このドグマに挑戦する本として書かれたのが、放射線の影響で引用した「人は放射線になぜ弱いか」第3版、近藤宗平著、講談社ブルーバックスである。もし「放射線に、これ以下は安全といえるしきい値はない」という命題を証明するためには、自然放射線のレベルの単調増加で癌の発生率が有意に違う、のようなデータを示す必要があるだろう。しかし、そこまでのデータは存在しないのではないだろうか。

【微量の方が危ない】には、流石にその非論理性に嗤うしかない。いくらなんでもありえない命題であるが、せめて、微量だと長期間放置して、知らない間に影響を受けているという意味ならわからないでもない。しかし、それは次のような意味なのだという。

放射線分子は体液中の酸素分子と衝突し、電気を帯びた毒性の高い活性酸素(フリーラジカル)を作り出す。フリーラジカルは数が多いとぶつかり合って、もとの酸素分子にもどって非活性化するが、数が少ないほど暴れて細胞を損傷する。微量のときのほうが危険だというのだ。

微量だと、量子力学的に、放射線分子が与える影響は無視しえるものとなろう。「数が少ないほど暴れて細胞を損傷する」という表現は、物理学の常識でありえない。

【自然放射線と人工放射線は違う】は、それほど突飛には響かない。すなわち、セシウム137やストロンチウム90などは体内に蓄積して内部被曝をもたらしやすいが、それらの放射性物質は、自然放射線にはあまり含まれていなくて、人工放射線には多く含まれていることを示せばいい。それでも残る疑問は、「人は放射線になぜ弱いか」にあるように、普通に人体には、カリウムの同位体のような自然放射線物質があり、それによる放射線量が1ミリシーベルトにも達するからである。もし同じ放射線量でもカリウムのそれは無害でセシウム137は有害というのであれば、きちんとその根拠を示すべきである。

下記の統計もよく分からない。

長期的被ばくでは、年間1ミリシーベルトの被ばくにより、1万人から10万人に1人の割合で癌にかかる。三十代の男性では2000人に1人、喫煙者なら 400人に1人。この前提で原発や原子力兵器の産業の影響を算定すると、国際放射線防護委員会(ICRP)は、1945年以降で、被ばくによる癌の死亡者は世界で117万人と報告している。これに対して欧州放射線リスク委員会(ECRR)は、内部被ばくの影響を加えて計算した結果、死亡者数を6160万人と発表している。

「長期的被ばくでは、年間1ミリシーベルトの被ばくにより、1万人から10万人に1人」というのはほとんど問題がないレベルであるし、そもそもその長期的被ばくが、何の原因なのか不明である。原発の近くに住んでいるせいなのか、あるいは、自然放射線のせいなのか。もし後者だとすると、地球上にいることによる、普通のリスクにすぎないということになる。

要するに反原発のプロパガンダを張りたいだけなのだろうか。微量被曝有害説は、自然放射線の取り扱いに不自然さがあるように思われる。

ソニーが米国で大規模なハッキングに遭って、個人情報が流出し困っているという事件があったが、ダイヤモンド・オンラインにその背景を説明する記事があったので、引用しつつコメントする。

同社の人気ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」向けのオンライン・サービス(PSN)と、動画・楽曲配信サービスの「キュリオシティ」のシステムにハッカーの不正侵入による重大なセキュリティ侵害があったと判明したのは、4月後半。ソニーは5月1日になって記者会見を開き、最大約7700 万人の個人情報(利用者の氏名、住所、生年月日、メールアドレス、ユーザーID、パスワード)が漏洩したと発表した(さらに確認はできていないものの、最大約1000万枚分のクレジットカード番号と有効期限日が流出した可能性も排除できないとしている)。

そう、これにはとても驚いた。一流企業のソニーがどうしたのだと怪訝だった。しかしなんと、それには留まらないのである。

ところが、それから1週間も経たないうちに、今度はパソコン向けオンラインゲームを運営している別の米国子会社、ソニー・オンラインエンタテインメント(SOE)もハッカーの不正侵入を受けて、個人情報が流出した恐れがあると発表した。しかも、一部報道によれば、この情報流出は、先に判明した不正侵入の前日に発生したものだ。

SOEには2460万件の個人情報登録があるが、そのうち新たに流出した恐れがある情報には、古いデータベースにあったという約1万2700件の米国外の利用者のクレジットカード情報のほか(日本国内はそのうち4300件)、1万件を超えるデビットカード情報が含まれるという。延べ1億人を超えるかという途方もないスケールの個人情報流出事件に発展したのだ。

なるほど。これは結構取り返しがつかないではないか。去年のトヨタ・リコール問題のように日本企業がまたターゲットになったのだろうか。

この場合、セキュリティの脆弱性という当たり前のものを除くと、大きく以下の二つに分類できるという。

ひとつは、セキュリティ侵害について、その事実を利用者にすぐさま伝えなかったことだ。4月20日にふたつのサイトがいきなり閉鎖され、ほぼ1週間後までソニー側から本当の原因は明らかにされなかった。正式な記者会見が開かれたのは、前述のとおり5月1日の日曜日(日本時間)。米国の上院議員らがソニーに情報開示の圧力をかけた後だったこともあり、米国民に情報隠蔽の印象を強く残してしまった。

もうひとつの批判は(特にネット世界の怖さを知るここアメリカのテクノロジー業界関係者から聞かれるものだが)綺麗ごとでは済まないハッカー世界との付き合い方の稚拙さである。

この二つ目が実はソニーの盲点だった。それは以下のような経緯である。

じつはソニーは今年1月、あるハッカーを提訴している。名前はジョージ・ホッツ(George Hotz)。アメリカ東海岸在住で、ハンドリング・ネーム「geohot」として知られる弱冠21歳の若者だ。
ホッツは、iPhoneを指定の通信キャリア以外でも使えるようにする「ジェイルブレイク(Jailbreak 直訳すれば「脱獄」、転じてセキュリティホールなどを突いてコンピュータ機器に設けられた制限を外し、開発会社らの認可を受けてないソフトウェアを動作可能な状態にすること)のパイオニアとしてハッカーコミュニティーでは有名な人物だ。今回も、プレイステーションをジェイルブレイクして、お手製のゲームを走らせようとしたことで、ソニーに目を付けられたのだ。

なるほど、ここまでみただけでは、ソニーの普通の権利意識のようにおもわれるが。

ここで気をつけたいのは、「ハッカー」とひと口に言っても、さまざまなタイプの人間がいることである。

共通するのはコンピュータに関する深い知識だが、ただひらすら悪意を持って悪事を働く人もいれば、ネットの黎明期によく見られた義侠心の強い(不正侵入によって、わざとセキュリティホールの存在を知らせる)タイプもいる。あるいは「言論の自由」や「自分のデバイスなのだから、何をやってもいいはず」という信条を持つ人もいる。ホッツは、恐らく3番目のタイプだろう。企業が一般消費者の自由を束縛するのは許せないと考えるタイプである。

そう、ソニーは、自らの知的財産権の保護に熱心になるあまり、ハッカー・コミュニティの逆鱗に触れたのである。

iPhoneのジェイクブレイクはその後、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)の対象外となり、違法ではなくなったが、プレイステーションは手を加えて改造すると、今でもDMCAに抵触する。ソニーは、これを楯にホッツを訴えたのである。

ホッツは、自分の弁護士料を集めようとネットに向かって懇願した。ユーチューブにも動画を上げ、まだ20歳そこそこのあどけない顔で、寄付をしてほしいと懸命に訴えた。これに多くの人々が応え、10ドル単位の寄付をしたが、団結して立ち上がったのは、本連載でも過去に取り上げたあの「アノニマス(Anonymous)」だった。

すなわち、アノニマスのメンバーたちによってソニーは、サイバー攻撃を受けたという訳なのか。

彼らは今回もホッツ擁護に回り、ソニーにDDoS攻撃を仕掛けると脅し「オペレーション・ソニー」を宣言。また、一部の役員たちの名前や家族構成などをネット上に流したりして、攻撃を始めたのである。

そうこうするあいだに、ソニーとホッツは、ホッツがいかなるソニー機器へのジェイルブレイクも行わないことを条件に和解へ。アノニマスの怒り収まったはずだった。

あれ?アノニマスが犯人ではないのか。

この不正侵入が、ホッツやアノニマスのハッカー行動と異なるのは、サーバーに侵入して個人情報を盗み出していることである。これは、デバイスのジェイルブレイクやサイトへの攻撃とは本質的に目的が異なるものであり、極端に攻撃的な悪意が込められている。

ソニー側も、今回の不正侵入はアノニマスに結びつくものではないとしている。しかし、ハッカーたちのそうとうな怒りを買っていた可能性は高い。

なるほど、ソニーはどうも、ホッツのようなタイプのハッカーを訴えたことで、広汎なハッカーたちを敵に回してしまったようである。明らかに、時代の流れを読み誤っている。それは丁度、リナックスのようなオープンソースを使っているユーザに対して、リナックスの機能を権利範囲とする特許権を行使することに似ている。もちろん法律的に、そのような特許権の行使を禁止する条文はないし、現に、オラクルがサンを買収し、その特許権や著作権を行使してグーグルを訴えたという事件もあった。それがかろうじて許されるのは、グーグルが巨大企業であるからだろう。

ソニーがやるべきことは決まっていて、ハッカーやオープンソースのコミュニティに対して資金援助し、知的財産権の権利行使をしないことを宣言するのである。IBMが今世紀に入ってオープンソースに対して採った施策を調べてみるのもいいだろう。それには多少資金が必要であるが、大量の個人情報流出を収集するための費用に比べたら微々たるものであろう。

ところで、ベンジャミン・フルフォードの「勃発!第3次世界大戦 World War Ver.3.0」によると、アノニマスは、中東の民主化にも一役買っているのだという。すなわち、中東の民主化のうねりに対応して、独裁者は、インターネットのインフラを遮断しようとしたが、それのバックアップ・ルートを提供したのが、アノニマスとグーグルなのだという。すると、意外なところで、ソニーのハッキングと、中東の民主化はつながっているのだろうか。

典型的には酔っ払ったとき、全く何も記憶にないというブラックアウトが生じる。

それがなぜ起きるのかと考えたこともなかったが、ふとアイデアを思いついたので、書いてみる。それは、例によって、多重人格のせいである、というのが私のアイデアである。

ここまで書くと、ほとんどネタばれで、言いたいことが丸分かりであるが、臆さず進めると、要するに、人間の意識は、多重化された仮想マシン(VM)のように、個々の個性としてのVMをもつが、そのうちの基底VMが普段の意識である。すると、VMを生成するハイバイザーの役割を何がなどという疑問は、ここでは触れないでおく。

さて、それでは、基底VMが働いて普段の自分で意識があるとき、他のVMは何をしているのかというと、決して眠っているわけではなくて、作業に応じて、担当するVMが活性化されている。例えば、将棋を指しているときの私は、普通は基底VMが活動しているが、興が乗ってくると、無意識の感性が将棋を指している気分になることがある。これは、基底VMから、将棋用のVMが呼び出されて、一部制御を将棋用のVMに引き渡しているのである。

世の中を巧みに渡るというのは、いろいろな状況に応じた七つ道具を揃えておくに越したことはない。従って、修練により、様々なVMを鍛えておくに越したことはない。

眠っているときは当然に夢をみるが、そのうちの一部しか記憶にないのは、複数のVMが時分割で交代で夢をみているからである。すなわち、目覚めてから思い出せるのは、基底VMがみた夢だけである。

ただ、起きているときは基底VMが主導権を握るが、眠っているときは個々のVMが一様に活動する。そうやって個々のVMに活動の余地を与えるためにも、睡眠は必要である。そうしないと、基底VM以外のVMがひがんで、精神に変調をきたす。

それではなぜブラックアウトが生じるのかというと、基底VMがメインであるはずの覚醒時に、なんらかの障害で、基底VMが主導権を放棄し、別のVMが主導権を握るからである。それは例えば、飲酒により基底VMが不活性になるなどの原因である。別のVMの性質が基底VMと似ていれば、別のVMが主導権を握っても行動は激変しない。ただ、リセットして基底VMが主導権を取り戻したとき、別のVMが主導権を握っていた間のことは、基底VMは一切記憶にない。これがブラックアウトである。

さて、別のVMの性質が基底VMと似ているならいいが、不幸にも本質的に邪悪であることがある。すると、最悪の場合、ブラックアウトの間に、基底VMの預かりしらないうちに、別のVMが殺人を犯していることもありえる。こういうのも、魔が差すことの一種であろう。

また、次のような側面もある。すなわち、主張をもつという意味では、基底VMも、その他のVMも対等であり、そういう意味では、基底VM以外のVMは、基底VMに対して密かな嫉妬心を燃やしているのである。

俗に、どんな男もスケベであるのように言われて、そうとも限らないと私は思うのであるが、その主張を受け入れるとすると、どんな男性も少なくとも一つの性的に放埓なVMをもつ、ということになる。

すると、社会通念の象徴であるような基底VMは、折に触れて性的に放埓なVMからの反撃に曝されて狼狽する。他にもギャンブルの好きなVMもいるかもしれない。彼らに主導権を与えると、基底VMは社会通念から逸脱してしまうことを恐れる。そこで、基底VMの主導権を失わない範囲で、社会通念の範囲で、彼らの欲望を充足する手段をとらざるをえなくなることがある。それに失敗すると、フロイト学説にあるヒステリーなどの症状があらわれる。

学生時代の私は、ブログではないがやはり徒然なるままに日記のようなことを書いていたが、それは最早遺失してしまった。ただ、「心のファラオの命令で勉強せざるをえない。しかし、将棋を指したい気持ちにも餌を与えないと反逆する。困った。」ようなことを書いていた記憶がある。今にして思えば、心のファラオとは基底VMであり、将棋を指したい気持ちとは、別のVMである。ただ、なせ基底VMが、エジプトの神であるファラオの名前で呼ばれるのか、今に至るまで不明である。

そして、酔っ払いに戻ると、あれは、酒好きのVMの反逆だったのかもしれない。すなわち、普段ダイエットと称して、食欲のVMも、酒好きのVMも随分と抑圧されている。だから、基底VMが弱った隙に、一瞬であるが、酒好きのVMがクーデターを起こし、一日天下をとったのかもしれない。この分だと、ときどき酒を飲んで、酒好きのVMに「餌を与えないと」いけないのだろうか。

最後に多重人格とVMの関係が問題となる。すなわち、上記の考察だと、独立した人格と、VMの粒度が違いすぎる。すなわち、人格が1つのプロセスだとすると、私がいうVMというのは、せいぜいがそのプロセスに呼ばれるサブモジュールにすぎないのである。だから、多重人格というとき、その各々を、複数のサブモジュールの集合体と考えるのがよいのかな、と想定する。なにしろ、この多重人格とVMの考察は、考える時間が浅すぎて、漬物でいえばまだよく醗酵していない。ということで、引き続き考えてみる。

イスラム急進派の武装集団といえば、古くはファタハであり、最近では、ヒズボラ、ハマスなどであろうか。しかし、一番有名なのは、なんといっても、9.11テロで名を馳せた、アルカイーダであろう。

しかし、9.11の計画に書いたように、アルカイーダが9.11テロの実行犯であることが怪しくなってくると、アルカイーダそのものの存在根拠のようなものも曖昧になってくる。すなわち、アルカイーダは、ファタハ、ヒズボラ、ハマスのような本拠地がなく、仮想組織のように思えてくるのである。

その思いを一層強くするのは、先日のビンラディン殺害に対するアルカイーダの態度である。すなわち、読売新聞によると、アルカイーダは、ビンラディン殺害を受けて、指導者オサマ・ビンラディンの死亡を認めた上で、「聖なる戦士オサマ・ビンラディンの血は、あらゆるイスラム教徒にとってかけがえのないもので、無駄にはしない。」とか、「米国人とその手先を呪い続ける。やつらの喜びは悲嘆に変わるだろう。」と、米国とその同盟国に対して報復攻撃を仕掛けると宣言したという。

これを聞いて米国とその同盟国の人々は震え上がるのだろうか。私はむしろ、つい笑ってしまうのである。なぜならこれは、米軍がオサマ・ビンラディンを殺害したときアルカイーダから期待するベストの回答だからである。そのベストというのは他でもない、米軍にとってである。

もしアルカイーダが真に米国に敵対する組織であるなら、次のどれかのように発言するはずである。

  1. 殺害されたのはオサマ・ビンラディンではない。あれは別人である。
  2. オサマ・ビンラディンは殺害されていない。われわれが密かに救出し、手当てした。今では回復している。
  3. そもそもアルカイーダ及びオサマ・ビンラディンは、9.11テロに関与していない。そちらの自作自演ではないか。
  4. あるいは、単に無視して何もコメントしない。

こう答えられると米国ははたと困るはずであるが、現在のアルカイーダの応答は、米国にとって得たり、である。ほら、アルカイーダのテロが国内であるかもしれない。テロに対する戦いのために軍備を強化しなくてはならない。警備を強化して、怪しい人物に対する取締りを強化しなくてはならない。何? 自由に対する侵害だって? 今はオサマ・ビンラディン殺害の報復に備えるという非常時なんだぞ、ということになる。戦時中の日本なら、非国民!と一喝されるだろう。

ここまで書いてきたら私のいいたい趣旨は自明だろう。米軍のオサマ・ビンラディン殺害という行為に対して、アルカイーダの反応があまりにも米軍の期待するままというか、三文芝居なのである。これは丁度漫才でいえば、米国のボケに対するアルカイーダの突っ込みというわけで、その掛け合いがあまりにも意気投合しているので、どうしても、米国とアルカイーダは繋がっているのではないかと推察したくなる。

アルカイーダの由来からして、アフガニスタン侵攻のソ連軍に対抗する義援軍として、米国に支援されたグループを起源とするにしても、それが反米組織に転化するくだりはかなり不透明である。ただ、今の米国には仮想敵が必要で、アルカイーダが能く、仮想敵の役割を果たしている。それだけは言えると思う。

今まで、ヒッグス粒子ヒッグス粒子についてで、みてきたのだが、Not Even Wrongでの続報によれば、どうもヒッグス粒子の発見には至っていないというのが結論のようである。

そこに引用されている記事は次のとおりである。

Now physicists working on the LHC's other main detector, CMS, have come up empty in an initial search for a similar bump in their data, according to a document shown to New Scientist. So ATLAS's bump may not be due to Higgs particles, after all, but instead down to something mundane, such as an error in the analysis.

The internal CMS document has not been released to the public, so the result is still preliminary, as was the news of the original ATLAS bump, for that matter, which was leaked before it was reviewed or endorsed by the ATLAS collaboration.

一言でいうと、計測値のでっぱり(bump)は、ヒッグス粒子によるものではなく、ごく日常的なデータ解析誤差なのでは、ということである。

その後の続報は下記のとおりなのだが、これは一体どういうことなのだろう。

ATLAS this weekend has finally released their latest analysis of the gamma-gamma invariant mass spectrum, carried out in response to claims from within their collaboration that a 4 sigma Higgs signal had been observed in this channel. The result? Nada:
The dominant background components are measured and found to be in agreement with the Standard Model predictions, both in terms of overall yield and invariant mass distribution. No excess is observed.

ともかくも実験データは、標準理論と矛盾するものではないといいたいだけなのだろうか。いまいち、奥歯にものが挟まった言い方である。とりあえず、ヒッグス粒子ハンティングの話題は、unless something special occurs, ここらあたりで打ち切りとする。

試験秀才

user-pic
0

私は何度も書いたが、どうも試験が苦手で若干のルサンチマンがどうしてもある。よって今から書くことはかなり偏っているかもしれないが、ここでは特に大学入試について述べる。

大学入試の勉強をしたことがある人は同意すると思うが、大学入試の準備というのは特殊な勉強で、社会に出てからの勉強とはかなり毛色が違う。もしかして、資格試験の勉強とも少し違うのかもしれないが、そこらあたりは、私は避けてきたので、実態はわからない。

さて、大学の定員が決まっていて、その定員より応募者が多いならば、何らかの選別は必須である。今の大学入試の制度がベストとは思わないが、もっと緻密な制度にしようとすると手間がかかりすぎて、却って破綻する面もあろう。よって、今の大学入試制度はそこそこよく出来ていて、能力判別機構としてもそれなりに機能していると仮定する。

では、そこそこよく出来ている入試を合格した人がすべからく優秀かというと、そうともいえないことは大抵の人は認めるだろう。それは決して今の入試のやり方に欠陥があるのではなく、試験というものはどうしても確率的にしか能力を見極められないので、仕方がないのである。これは、日本の入試ではなくて、フランスのバカロレアなどであっても同様であろう。

入試の能力判定機構を分かりにくくする1つの要因として、受験テクニックを教える予備校の存在がある。すなわち、どのような入試問題が出るのかはある程度予想がつくので、その解法をバターン化して記憶することはうまくいくだろう。ある受験評論家の名言に、数学は暗記科目である、というのがあるが、それもあながち否定できない。

そこで、大学入試の象徴的存在としての東大を挙げてみると、たとえボーダーラインぎりぎりで東大に受かっても、世間の基準では秀才と呼んでも、差し支えないだろう。これは例なので、京大や阪大など別の大学でも構わない。以下の議論はそのまま成立するだろう。

すると、東大合格者は、網羅的ではないにしても、次のように類別される。

  • 超秀才
  • 秀才
  • 反秀才

どんな秀才であっても、全く入試の準備をしないで受かることは不可能である。ただ、超秀才というのは、記憶力、理解力などが卓越しているので、受験勉強に対して、特別な努力を払っているという意識がない。そして難なく難関大学に合格してしまう。超秀才の例は沢山あるが、秀才の収支に挙げた野口悠紀雄氏などその典型であろう。なんと、東大理Iに2番の成績で合格している。もちろん超秀才といえども人間なので、秀才の収支に書いたような失敗をする人はいるが、大抵は、超特急のように秀才ぶりが減衰しないで人生を駆け抜ける。

一方、反秀才というのは基本的に入試勉強が苦手である。なぜならオリジナリティが強すぎて、受験勉強に没頭できなかったりするからである。それでも地頭が強いので、何年も浪人して東大に受かる人がいる。例えば、哲学者、廣松渉がそうである。廣松渉の知性を疑う人はほとんどいないだろう。しかし、大学入試では浪人して随分苦労したらしい。アインシュタインも反秀才であるが、今の日本にいたらまず東大に合格はできないだろう。きっと、ほとんど無名の大学にしか合格できず埋没するかもしれない。

そして、東大合格者から、超秀才と反秀才を除いた補集合が、単なる秀才である。そして、単なる秀才うちのある割合が、受験秀才である。ここで、ちょっと待てといわれるかもしれない、東大に合格できるのだから、合格者はみんな受験秀才なのではないか、と。

そこで、受験秀才の定義を与える。上にも書いたように、大学入試勉強というのは特殊なので、大学合格後の勉強とは質がかなり異なる。そこで、健全な大学生活を送るためには、大学入試受験テクニックは一旦、アンラーニングしなくてはならないのである。

ところが、超秀才はアンラーニングする必要がない。もともと、受験勉強を特別なテクニックだと思っていないからである。受験に姑息な?テクニックなど駆使していないともいえる。合格前も後もマイペースである。

反秀才もまた、アンラーニングする必要がない。なぜなら、もともと方便として仕方なく受験勉強していたのである。嫌で嫌で仕方なかったはずである。だから、合格発表をみた瞬間に受験テクニックなど、その辺のゴミ箱に捨てたいところだろう。

だから、真にアンラーニングを要するのは、単なる秀才である。実際、かなりの単なる秀才は、最初はぎこちないながらも、なんとかアンラーニングして大学の講義に溶け込んでいく。

ところが、単なる秀才の中に、どうしても受験テクニックがアンラーニングできない一群の人達がいる。受験テクニックというよりも、受験的メンタリティと呼ぶべきかもしれない。それを私は、受験秀才と定義する。それでも、大学受験ライクに努力すれば、なんとか卒業できて、あとは大学名の学歴でなんとか乗り切っていけるのではないか、と世間は思う。

しかし、受験秀才が例えば民間企業に入って実力主義に曝されたとき、次のような欠点を呈する。

  1. 完全なマニュアル主義。なぜなら、試験は配られた問題用紙に書いてあることが全てである。解くべき課題はいつも所与であり、that' allである。
  2. 提案しない。独自性を発揮しない。なぜなら、試験において、通説にない独自の見解を書くとほほまちがいなく減点される。
  3. 余計な、一般教養めいた勉強をしない。そのような勉強は、試験に合格するためには邪魔になるだけである。
  4. よく分からない状況では、なにもしないで様子をみるだけにする。なぜなら、試験問題で、答えなければ配点が0に留まるが、間違えた回答をすると減点されるものがあるからである。このことは、異様なリスク回避のメンタリティにもつながる。
  5. 試験の結果得た地位を絶対視する。なにしろ、アンラーニングしていないのだから、受験生としての偏差値の価値観をそのまま抱き続けている。
  6. 社内の階層、公務員などの権威を異常に重視する。わずかの世間的階層の差を増幅して差別意識をもつ。

これはまさに、官僚体質そのものである。私は受験秀才が異常に問題だとは思わない。受験秀才が役に立つ局面も結構あるだろう。ただ、緊急対応を要する仕事、創造性を要する仕事、柔軟に対応しくてはならない仕事、リスクをとらなくてはならない仕事には就いてほしくないと思うだけである。

多重人格

user-pic
0

私はどんな人間でも多重人格をもっていると思っている。根拠は単純で、何回も輪廻転生を繰り返して多重継承になっているからである。ほとんど根拠になっていないので、突っ込まれると立ち往生するが。

ところが、そういう一般論を信じていても、人間というのは勝手なもので、自分の多重人格性にはほとんど思いを馳せたことがなかった。それを嫌でも考えたのは、先日電話でと話したときである。すなわち、弟に、酔っ払いでの失敗を話すと、なにも意外感はないようで、「ああ、兄は飲むと人格変わるからな。」と淡々と言う。あっと、それがとても驚きだった。

普通、飲んで人格が変わる、ハンドルを握ると人格が変わるなどよく言われることで、どうってことはなく、ましてや私は、人間が多重人格であることは当然と思っているので、何も意外ではないはずなのだが、自分はいかなる場合でもかなり斉一な人格を発揮していたと信じていたのだから、身勝手なことこの上ない。

そうやって冷静に記憶を辿ると、確かに自分は酔うと気持が変わるが、果たして人格が変わるとまでいえるかどうか分からない。ともかく、一切の客観性の保証なく、酔ったときの挙動を他人から聞いたことも考慮して、表の自分と裏の自分を記述してみる。

表の自分(素面):

  1. 非社交的。孤独癖。
  2. 議論はあまり好まない。
  3. 自信がないというか。謙虚を装っている。
  4. 女性に興味がなくはないが、とてもシャイで、興味がなさそうに振舞っている。
  5. 基本的に暴力に訴えることはしない。喧嘩が弱いからであるが、そうでなくても、自分より弱い者に暴力を振るうことはやってはいけないと思っている。

裏の自分(酔ったとき):

  1. 社交的。やたらしゃべりまくる。
  2. 議論も避けない。ただ、なぜかそんなに論争はしない。基本的に楽しく飲みたいと思っているのだろう。このあたり、父親からの遺伝である。
  3. 根拠なく、変に突っ張る。だから酔って将棋を指すと負けるはずがないと思うし、平気でそう口にする。ところが、酔うことで弱さが甚だしくなる。このあたり、酔った自分がどう自己正当化しているのか、表の自分には窺いしれない。
  4. 女性への興味の羞恥心の覆いがとれて、やたら女性に話しかける。おそらくセクハラぎりぎりか、イエローカードくらい言っているに違いないのだが、今に至るまで強く諌められたことはない。向こうが大人であるだけであろう。
  5. よく新聞などで、酔った勢いで女性に乱暴するみたいな記事があるが、私はいくら酔っても単に馬鹿陽気になるだけで、破廉恥な行為に及んだことはないはずである(本当か?)。これは、一応それが正しいと仮定すると、結局私の恋愛感というのは基本的に概念的というか、プラトニックなのであろう。なんのことはない、私は、アキバ系のおにいさんの亜流にすぎないのであった。

こうしてみると、表の自分も裏の自分もあまり変わらないと思うのだが、あまりに客観性に欠けるだろうか。

酔っ払いでなくて、車の運転でも、ハンドルを握ると人格が変わるという話を聞くが、私はハンドルを握っているときも、そうでないときも、驚くほど人格は不変で、どちらもおどおどしている。また、強迫神経症的に慎重である。呑むと確かに、強迫神経症的な慎重な面は薄れる。

ここまで書いてきて、自分の多重人格性を自分で記述すること自体が間違いであることがわかった。なんの客観性も担保できていない。もし私が魔がさして犯罪を犯し、心理学者に鑑定されたらもっと客観的な記述がなされるであろう。そういう機会がないことを願うのみである。

私の青春は地味で面白くもなんともない部類に属するが、それでも、青春を彩るアイドルは、いくつか思い出す。それは、典型的にはピンクレディーであったり、キャンディーズであるが、大学時代の友人とは、やっぱ、キャンディーズのランちゃんが最高だよね、ということで意見の一致をみていた。

そういう意味で私にとって、元キャンディーズの田中好子さんの印象はいまいち地味であるが、決して悪い印象をもっているわけではなくて、むしろ好ましいほうに属する。

そんな田中好子さんが最近、55歳で亡くなられたとニュースで聞き、まだ若いのにとちょっと驚いた。交通事故かとおもったら癌だという。たしかに55歳なら癌で亡くなるのもそんなに珍しいことではない。むしろ、少しだけ年上の私がたいした病気もなく生きているのがラッキーである。

その田中好子さんが、亡くなる少し前に言ったという言葉が新聞にあったので、目を引いた。すなわち、「私は病気に負けてしまうかもしれないけれど、もし病気に負けて天国に行ったら、東日本大震災で亡くなった人を助けたい。」というもので、あの震災がなければ決して言わなかったことだと思うが、つい私の琴線に響いた。

そして、次のように、まだ冥界にいて、天国には達していないかもしれない田中さんに私はつぶやいた。「田中さん、いい言葉だね。そう、天国に行ったら、いくらでも仕事はあるでしょう。で、お願いしたいのは、天国にいってしばらく修行したら、地上に降りてきてほしい。そして、まだ浮かばれない人たちを天国に導いてほしい。」

このようにいう根拠は、以前に、ブルース・モーエンの「死後探索」ハート出版という本を読んだことにある。すなわちモーエンは、モンロー研でのヘミシングの技術の習得を通じて、あの世と交信する技術を身につけた。そして、例のスマトラ沖大震災があったとき、意識をダイブさせて、スマトラ沖大震災で亡くなった人達を救う旅に出たのである。ここで救うとは、津波にさらわれて突然亡くなったことで、自分が死んだこともわからない人達をあの世に連れて行く、別の言葉でいうと成仏させる、ということである。そうしないと、地縛霊となって災いをなす。

で、私は、田中好子さんのあのような発言は、ブルース・モーエンの「死後探索」を読んだことがあるせいではないかと推察した。すなわち、30台半ばで癌を患い、ずっと死と隣り合わせだった田中好子さんがブルース・モーエンの本を読んでいたとしてもなにも意外ではない。まあ、穿ちすぎだろうけど。

また、天国に行ってなにか仕事があるという発想は、生きていく上の精神衛生にとてもよい。私もよくこういう言い方をするが、大抵、馬鹿なことを言うなとか、どうして死んだ後まで仕事しなくちゃならないんだ、死んだらのんびりしたいのに、いい加減にしてほしい、など散々な反応を受ける。

でも寓話としてでもいいので、天国にいった後の仕事について思いを馳せてほしい。すると、死の直前を平穏に過ごすことを可能にするかもしれない。大学での授業だって、社会に出てからそれをどう活かすかという観点があれば、勉強に身が入る。これと同じで、一つの方便と思ってもいいのではないたろうか。

大学時代に将棋部に属していたことは、よかったことも悪かったこともあって、その収支は不明であるが、少なくとも私にとってその後の人生の弊害になったのは、スキルの透明性に対するこだわりであった。

どういう意味かというと、本質的に個人競技である将棋というゲームは、任意の対戦者間でほぼ完全に順位付け可能である。年齢も性別も学歴も国籍も関係ない。対戦して勝つか負けるかという単純且つ厳しい世界である。すると、スキル・レベルは透明であるべきである、というスキルの透明性信仰が内面に醸成される。

こういう世界に染まりすぎると、弊害は、本質的にスキルの透明性が怪しい分野を軽蔑してしまうのである。例えば、絵画、お茶、華道、書道などの芸術を、スキルが不透明である、というだけの理由で切り捨ててしまう。切り捨てるといっても、絵画、お茶、華道、書道の側では知ったことではない。むしろ、切り捨てることで内面が貧困になっていくのは、切り捨てた本人なのだが、それに気づくのさえ、私は随分時間がかかった。

これはあくまでも私個人的な傾向かもしれず、当然に、将棋部にあって、将棋が強く且つ芸術的嗜好に富む人がいたことは否定するものではない。

そういうスキルの透明性信仰に染まった私が社会に出て、どんな目に遭ったか、理系的意志などにも書いたので繰り返さない。ただ、そのとき感じたのは、世の中には当然に私より優秀な人は沢山いるが、それ以上に、単なる年功序列で地位を得たような有象無象が跋扈していることに腹がたって仕方がなかった。その時点では、年功を経た人々の健全なる世間知のようなものの存在に気づかなかったし、もし気づいても認めようととなかっただろう。私が信奉るすのはひたすら、理学、工学などのスキルの透明性が見やすい分野だった。

さて、そういう稚拙な人生観をもっていたため幾多の試練にさらされ、渋々であるが多少なりとも丸くなった私であるが、半生を振り返ってみて、若いときとは少し違うニュアンスでスキルの透明性ということを考える。すなわち、囲碁や将棋のように優劣がシステマチックに判定できるスキルはほとんどない、ということである。

すると世間はどうするかというと、極めて安易で、学歴、資格、容姿、相性、経験年数などという甚だ間接的なものでスキルを規定しようとして、あまりうまくいっていない。本当はそこそこ廻っているのかもしれないのだが、スキルの透明性信仰に冒された私には、到底満足できるレベルではない。

それでもスキルを判定したという私の願望は本質的である。そこで、仕事を通じてある程度実務スキルを身につけて分かったことは、極めて自明かもしれないが、自分がスキルを身につけることで、少なくともその分野では、かなりのスキルの透明性を達成することができるということである。例えば、私は、決して一流の特許明細書書きではないが、それでも、他人の明細書の質について、ある程度意味がある評価ができる自信はある。

しかし結局、各々のスキル分野が蛸壺だとすると、意味がある評価ができる人が極めて限られているので、結局世間というものは、スキルの不透明性の坩堝なのである。

だからこそ、学歴、資格、人気、容姿などのラベリングが世間で重要になるのであるが、そのことは、ラベリングと中身のスキルの乖離した奇形を多く産み出す結果となって、世間のおぞましさに貢献している。なにしろ本当の実力を見極められる人は、その周囲にほんの一握りなのである。

私が愚かなのは、立派なラベリングなのに中身が乏しい人物を発見するたびに、深い失望を覚えてしまうことである。そんなものにいちいち腹を立てていたら身が持たないのに、である。

おそらく、妙なスキルの透明指向へのこだわりをもつと、世間は生きにくくて仕方がない。そこに拘ることは現代にあって職人に留まることであり、必然的に日陰の存在になるのだが、そこらあたりの覚悟がどうなんだ、と自問している最中である。いや、私の中ではもうそれでいいという諦めというか決意はあるのだが、到底若い人に勧められるようなものではない。老兵は立ち去るのみか。

いや、老兵は、自己満足のためだけでも、自らのスキルの透明性を満足させるために、ある範囲の自分のスキルを磨き続けるのである。

読売新聞Webによると、加古川市で、鶏の刺し身などを食べた人が食中毒になったという。以下、引用:

兵庫県加古川健康福祉事務所は5日、同県加古川市平岡町新在家の飲食店「但馬地鶏と塩もつ鍋 がらるっど」で4月26日夜に鶏の刺し身などを食べた同市や同県高砂市の20~59歳の男性6人が下痢や腹痛などの症状を訴え、うち4人から食中毒菌「カンピロバクター」が検出されたと発表した。

6人は軽症で快方に向かっている。同事務所は、同店を5日から3日間の営業停止処分とした。

富山県の「焼肉酒家えびす砺波店」で生肉のユッケを食べた人が大腸菌O111に感染して食中毒になり、死亡者も出た事件は、同店の福井と神奈川のチェーンにも広がり、結局全体で、4人が死亡し、重症化しているのが23人にも上るという重大な状態に陥っている。

はて、今までも生肉は食べられていたはずであるが、ここにきて、夏場でもないのに、急に食中毒が増えたのはどういう事情だろうか。

私なりに考えてみると、次のとおりである。

  1. 耐性菌の戦略に書いたように、細菌は日進月歩?で変化している。大腸菌O111も最近、毒性を強化したのだろうか。
  2. そのような細菌の変化は、多剤耐性菌で述べたように、抗生物質や抗菌剤に対する抵抗性を増すことで加速されている。
  3. さらに人類は、衛生的な環境に暮らすことで、明らかに免疫力を低下させている。

そこで対策であるが、次のような平凡な対策しか思いつかない。

  • 生肉は基本的に食べない。もともと私は、神経質なので、生肉は敬遠している。しいていえば、馬刺しをときどき食べるくらいである。それでも、殺菌のためと称して、ニンニクを沢山つけて食べる。ただ、生肉は基本的に食べないといっても、生魚は別である。魚の刺身は、頻繁には食べないとしても、ほとんど私の人生の一部であり、魚の刺身を食べないくらいなら、人生は放棄してもよいくらいである。いままで、魚の刺身で食中毒の話をほとんど聞かないのは、海水で育った魚は、生でも腐りにくいのだろうか。私の理解ではそれもあるにしても、魚の刺身は、伝統的な日本の文化なので、処理方法が確立しているというのが大きいと思う。もともと日本には、牛、豚などを生で食べる文化はない。馬刺しは例外だろうか。
  • キノコや海草を多く摂って、体内の免疫レベルを高めておく。
  • 納豆、ヨーグルトなど高醗酵食品を常食する。大腸菌O157のときも、納豆の有効性が喧伝された。納豆菌が、大腸菌と拮抗してくれるのである。
  • 分からないけど、酒を飲みながら生肉を食べると、殺菌効果があるのだろうか。私は、家族で牡蠣を食べたとき、私だけが酒を飲みながら食べていたので、唯一体調を壊さなかったということがあった。

なお、放射能が怖いといっても、普通のレベルでは、毒性は、食中毒性の細菌には敵わない。ん?放射能の影響で、大腸菌が毒性を強化するように変異した? ありえないと思うけど、どうなんだろう。どんな反原発主義者もそこまでは言っていない。

ともかく、肉は、必ず火を通して食べることにしよう。好物のローストビーフも控えるとするか。

ダイヤモンドオンラインに、東京電力の電力供給状況の記事があったので、引用しつつコメントする。

東京電力は、夏の電力供給力を5200万キロワット確保したと発表した。しかし、週刊ダイヤモンドの取材により、まだ少なくとも約500万キロワットの供給余地があることがわかった。そのカギは揚水式水力発電だ。企業が節電対策に追われるなか、なぜ東電は揚水発電の存在を公にしてこなかったのか。

なるほど、5200万キロワット確保したなら、去年のピークの5900万キロワットに700万キロワットまで肉薄しているので、政府が進めている15%の削減策を進めれば、特に計画停電しなくても夏を乗り切れることになる。

「より揚水式水力発電の活用を図っていきたい」──。
 本誌の再三の質問に対し、勝俣恒久・東京電力会長は4月17日の会見で揚水発電の活用を認めた。

なるほど、揚水式水力発電が1つのキーになるようである。

そもそも、ある電力関係者は東電が試算する供給力不足の主張に、当初から首をかしげていた。「なぜ揚水発電をもっと盛り込まないのだろうか。堅く見積もり過ぎてはいないか」と。

東電の最大認可出力は、他社の権利分まで含めると7810万キロワットある。それに対し、震災の影響で夏の供給力の見通しは、3月25日時点で4650万キロワットしかなかった。その差は約3000万キロワットまで開いた。

最大認可出力なる値があるとは知らなかった。それでも、福島第一原発や福島第ニ原発なしで5200万キロワットまで盛り返しているなら立派なものではないか。

だが本誌の取材では、東電のいう供給力には計15ヵ所1050万キロワットの揚水発電の供給力が盛り込まれていないことがわかった。

揚水発電とは、夜間の電力でダムの下の貯水池から水を汲み上げ、昼間に上の貯水池から水を流して電力を起こすもの。夜間の余剰電力を昼間の発電に利用することができるため、夏場の最大需要対策として最も適した発電方式だ。「本当にどうしようもないときの切り札中の切り札」(宮内洋宜・日本総合研究所研究員)とはいえ、夏の電力不足で各企業が節電対策に奔走するなか、"隠し玉"ともいえる存在になっていた。

4月15日になり、東電は「7月末時点で5200万キロワットの供給力を確保した」と発表したが、3月時点に比べ、新たに積み上がった550万キロワットのうち、400万キロワット分は揚水発電によるものである。

結局、頼みの綱が揚水発電であり、隠し玉もまた、揚水発電なのである。

では、なぜ東電はこれまで揚水発電を供給力に入れなかったのか。

そう、そこが問題である。

最大認可出力は前述のように計7810万キロワット。うち原子力は、福島第1原子力発電所の事故や震災の影響などにより1330万キロワット分が使えない。

火力も設備が古く再起動できなかったり、夏場は気温の影響で出力も伸びなかったりするため、710万キロワットが見込めない。

一般水力も渇水で水量が足りなければ、出力を保てない。東電は100万キロワット減ると見る。ここまでで全体の3割の供給力を失った格好だ。これに他電力からの融通分などを加え、揚水発電を除いた供給力は4800万キロワットになる。

ただし、本誌がつかんだ揚水発電の1050万キロワットがある。前述したように、すでに東電は400万キロワットを供給力として当て込んだ。震災の影響で160万キロワットは見込めないとするが、それでもまだ490万キロワットも残されている。そのうち300万キロワットを生かすだけで夏の最大需要5500万キロワットを賄うことができる。

なるほど、揚水発電を駆使すると、5500万キロワットまで達する。これは、去年の夏の最大ピークの5900万キロワットに400万キロワット足らないが、この程度なら政府による穏当な節電要請で乗り切ることができる。

東電が揚水発電を供給力に入れない理由は、主に二つだという。

  1. 第1に、揚水発電を行う夜間電力の確保の問題だ。東電の藤本孝副社長は、「(火力など)固定供給力によって揚水発電の利用が決まるため当初、見通しは立たなかった」と話す。
    だが、「発電までの電力ロスは30%」(東電)なので仮に490万キロワットの電力を起こすならば、夜間に700万キロワットの電力が要る。前ページ下図に示すように「発電量は夜間の需給差と時間軸の面積で決まる」(東電幹部)。
    である。運用次第で夜間の電力は十分に活用できるだろう。昨夏、揚水発電だけで850万キロワット分稼働した実績もある。火力等の復旧が進めばさらに余裕が生まれる。
  2. 第2の理由は、家庭や企業に節電を促したいということだ。東電は国を巻き込み、需要を抑え込もうとしている最中である。特に4月末に向けて電力総量規制の導入も含めた節電対策を練っている今、発電時間の限られる揚水発電という解決策を自ら提示するより、利用者に節電してもらうほうがよいのだろう。加えて、原発に代わり火力を夜間も使い続けるのは、燃料費負担も増え、故障のリスクも高まる。老朽設備を動かしているならなおさらだ。

この第2の理由が大きいと思う。何度も言うがリソースの提供者は、なんとかしてリソースの希少性を強調したい。すると、出し惜しみ戦略は必須である。そして本音は、今の段階では決して言えないが、原発の稼動なしでは電力の安定供給はありえないと国民に痛感させ、新たな原発の建造のプランに同意させることであろう。

今の段階でいえることは、東電は、古い火力発電や揚水発電を駆使すれば、あまり節電を呼びかけなくても、夏場を乗り切れる能力があるが、その事実を国民になるべく知らせたくないということである。こうして、リソースの出し惜しみと、情報の出し惜しみが続くことになる。

私のメモもビンラディン殺害に関する疑問を呈するものであるが、毎日新聞Webに、少し違った観点からの疑問があったので、その記事を適宜引用しつつ、自分なりにまとめてみる。

  • 水葬:

    米国防総省高官によると、水葬は2日未明(米東部時間)、北アラビア海に展開する原子力空母カール・ビンソンの甲板で執り行われた。体を清めて白い布で包むなど約1時間かけて準備した後、遺体を海中に下ろしたという。AP通信は当局者の話として、水葬の理由を「遺体の引き取り手がないため」と伝えた。

    京都大大学院の小杉泰教授(イスラム学)は「イスラム社会では通常、死亡した翌日までにモスク(イスラム礼拝所)で祈りをささげて埋葬するのが慣例」と解説する。イスラムでは、人間は土から創られたとされ、死後は再び土に返すため必ず土葬する。水葬は、船上で死亡して遺体を保存できないなどの場合にしか認められない。

    確かに、どんな理由であれ、地上での死亡において水葬というのは、あまりにも不自然である。死体隠匿の意図があったとしか思われない。

  • DNA鑑定:

    筑波大大学院の本田克也教授(法医学)は「一般的に確実に本人と断定するには最低限、親子関係でのDNA鑑定が必要だ」と説明する。さらに、鑑定対象がビンラディン容疑者のような重要人物であれば「血痕など本人の試料で『同定』しているはずだ」と言う。

    DNA鑑定の結果が判明するには少なくとも半日程度はかかる。米当局の発表では、急襲作戦でビンラディン容疑者を殺害し、その日中に早々と「本人」と断定した。本田教授は「1日で鑑定を終えること自体は不可能ではない」としながらも、「『同定』を確実にするには同じ鑑定者、鑑定機関で2、3回は確認すべきだ」と指摘。「本人と言えるほど十分な鑑定が行われたのだろうか」と話した。

    確かに、DNA鑑定の結果の発表を急ぐ理由は何もないはずである。容疑者は既に亡くなっており、死体は手許にあるのだから。ここで誤認することはあまりにも影響が大きいので、鑑定には慎重になるはずである。米軍は何を焦っているのだろうか。

これ以外にも、米軍とパキスタン軍とは事前に連絡していたかという疑問が書かれているが、それは当然に通じているであろう。もともと、ムシャラフの時代から、米軍とパキスタン軍は極めて密接な関係にある。

さらによく分からないのが、下記のサーチナの記事である。

パキスタン最大のTVネットワークGEOのイスラマバード支局は、ビンラディン容疑者の遺体として報じた写真について「フォトモンタージュ(偽造)された写真で、2009年にはすでにネット上に存在した」と発表した。
当支局のジャワド氏は「調査によって偽造写真であると確認されたため回収した」と述べた。パキスタンの多くのテレビ局では2日、当写真をビンラディン容疑者の遺体写真として報じていた。

ビンラディン襲撃計画は米軍の単独行動であってみれば、ビンラディン容疑者の遺体の写真を入手するならばそれは米軍からである、というのが妥当だろう。なのに、2009年にはすでにネット上に存在したものをパキスタンのテレビ局が間違えて使うなどということがありえるのだろうか。

さらに次のような記事が47NEWSにあった。

【ワシントン共同】カーニー米大統領報道官は3日の記者会見で、国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者は米海軍特殊部隊が隠れ家を襲撃した際に「抵抗した」が「武器は所持していなかった」と述べた。
オバマ政権は殺害の判断について、ビンラディン容疑者が銃撃戦で抵抗したためで「可能なら生け捕りにした」(ブレナン大統領補佐官)とし、殺害だけが目的ではなかったと強調。だがカーニー氏は会見で同容疑者の当時の抵抗ぶりについて詳しい説明をせず、今後疑問視する声が広がりそうだ。

こうして、ビンラディン殺害事件は、混迷を深めていく。いくらでもクリアカットに処理できるはずなのに、9・11疑惑であれ、月面着陸疑惑であれ、どうしてわざと叩けば埃がでまくる仕掛けを米国はつくるのだろう。これも一流の情報戦略なのだろうか。

福島第一原発事故があると、もう10年以上も前に東海村で起きたJCOでの臨界被曝事故のことは忘れそうになる。しかし、特に東海村臨界事故の被爆者の治療の有様を克明に描いた「朽ちていった命」新潮文庫は、最近放射線の人体への影響を勉強している私としては、必読と思い、早速読んでみた。以下、その要約である。

事件は、1999年9月30日に、JCO東海事業所で起きた。作業員の大内久氏は、ウラン燃料の加工作業で、ステンレスのバケツにウラン溶液を流し込んでいた。ところが、一定以上のウラン235が集まることで「臨界」に達し、そこから出た中性子線が、そこにいた大内氏他の作業員を体を貫いた。大内氏が受けた中性子線の線量は、8シーベルト。放射線の影響に書いたように、瞬間的に受ける放射線量が6.5シーベルトを超えると、致死率は100%であるので、大内氏はまず助からないということになる。実際、大内氏は、放射線モニタのサイレンを聞いて更衣室に逃げ込んだが、嘔吐して意識を失った。急性の放射線中毒である。

大内氏は、千葉県にある放射線医学総合研究所に運ばれた。医師は、大内氏の吐瀉物から、臨界被曝であると判断した。というのは、その中からナトリウム24が発見されたからである。ナトリウム24は、中性子により体内のナトリウムが同位体に変化することによって生成される。

放射線医学総合研究所で大内氏は、無菌室に入れられていたが、一見元気で、意識もしっかりしていた。顔面が少し赤くなって、目が少し充血しているだけだった。しかし、既に放射線の影響を一番受けやすい造血機能が障害を起こし、リンパ球が減少していた。また血中の酸素濃度も低下してきた。腸も少し張ってきた。放射線障害はまず、血液、粘膜などにあらわれる。

このままだと白血球などが減少して、感染症にかかりやすくなる。これを防ぐには、造血幹細胞移植を行わなくてはならないが、それができる施設とスタッフが放射線医学総合研究所にはいない。そこで、造血幹細胞移植の専門医がいる東大病院に転院することになった。

東大病院に転院した段階では大内氏は見かけは元気で、看護師も、あれっ、強い放射線を浴びたのに、と怪訝な気持ちだった。そして、治療可能であると思った。仮令それが錯覚であったとしても。

大内氏の骨髄細胞の染色体は、顕微鏡でみると、放射線で破壊し尽くされていた。その染色体が働いて血液を造ることは絶対にありえない。こうして、造血幹細胞移植は必然となったが、なかなか適合するタイプの人がみつからない。結局、大内氏の実の妹が適合する血液をもつことが分かり、造血幹細胞移植が行われることになった。被曝後7日目のことである。

しかし、放射線障害が怖いのは、最初は元気なようでも、全身の臓器がじわりじわりと確実に機能を低下させることである。それは非可逆的で戻れない。造血幹細胞移植は、それを実施しても血液を造れるようになるまで十日ほどかかる。その間、さまざな薬品で体を防護しなくてはならない。

元気そうだった大内氏も、被曝11日目あたりから疲れた様子を示すようになった。また、喉の渇きを覚えるようになった。また、皮膚の状態がみるみる悪化していった。なにしろ、皮膚で表面の細胞が欠落すると新しい細胞が生まれ出ることがない。いい例ではないが、死にそうな老人だけで新入社員が入ってこない会社のようなものである。また、放射線で肺の細胞もやられたか、呼吸が苦しくなってきた。

被曝18日目で、造血幹細胞移植の結果の造血作用が一部復活した。白血球の数は正常レベルまで戻った。ところが、造血幹細胞の遺伝子は破損していた。それは、バイスタンダー効果といって、中性子被曝した細胞が活性酸素を出し、それによって遺伝子が破壊される作用だった。

被曝27日目で、皮膚やあらやる粘膜が剥離していた。これも細胞分裂の機能が停止したせいである。大量の下痢も始まった。体全体が火傷したような状態となった。

それから輸血と点滴を繰り返すことでなんとか被曝59日目までもちこたえた。そこで脈が異常に遅くなり、一旦心停止となったが、心臓マッサージでなんとか復活した。

被曝63日目で、意識が完全になくなった。肝機能も低下し、被曝81日目でいよいよ、打つ手がなくなった。そして被曝83日目、1999年12月21日、大内氏はついに亡くなった。享年35歳だった。通常は、8シーベルトの中性子線を浴びて、ここまで生き延びることはできない。せいぜい10日だろう。大内氏は先端医療の粋を集めて、ここまで生かされた。医師団としてはベストエフォートであろう。

大内氏の同僚で同様に被曝した篠原氏は、被曝の放射線量がやや弱かったので、大内氏よりも長く、被曝から211日生きたが、結局、大内氏の症状を後追いした。ただ、やや弱い放射線量は、意識を死の直前まで保つことを許した。

こうした克明な記述をみると、致死性の放射線量による障害は実に怖ろしい。急性ではないのだが、確実に且つ不可逆的に細胞や内臓の機能を奪っていく。あるレベル以下の放射線は人体に影響がないときちんと開き直ることは重要であるが、致死性の放射線量による具体的な障害をきちんと知っておくことも意味があると思うので、記述した次第である。

橋本大也氏のサイトをみていてたら、「codeが書ける起業家の会」とあった。その趣旨は、以下のとおりである。

■概要
技術こそ創造性の源泉。テクノロジーとイノベーションを武器に起業するキーマンによるノウハウ提供と発想の場です。

■コンセプト
facebookのマーク・ザッカーバーグしかり、マーケットインやプロダクトアウトに偏ることなく、自分がイマジネーションするプロダクトを自分の手で開発するスタイルは、新たなるIT潮流の主役となることは間違いありません。

本会では、すでに実践している起業家やそれを支援する人、またはそうなりたい起業家予備軍を集い、知識を共有したり互いに士気を高める目的で企画されました。

私は、ビル・ゲイツがハーバードをドロップ・アウトした頃、BASICのコードを書いていたことを知っている。そのスキルを以って起業したので、確かにビル・ゲイツは、「codeが書ける起業家」だった。しかし、ビル・ゲイツがつくったマイクロソフトが発展するにつれて、経営者たるビル・ゲイツが、テクノロジ・アーキテクトにさえ留まることができなくなった。そして、ビル・ゲイツはやがて、技術も分かる経営者になっていく、というよりも、ビル・ゲイツは経営で、そのもてるスキルを発揮したと言った方がよいだろう。

そのような経緯があるので私は、「codeが書ける起業家」なんて死語だとおもっていた。すると、facebookのマーク・ザッカーバーグが、「codeが書ける起業家」なのだという。どういうことなのだろう。

まず、facebookがどんなプログラミング言語で書かれているのか調べてみた。すると、JavaScript, iOS, Android, PHPとある。iOSというのは、iPhone、iPod touch、iPadに搭載されているOSであるという。すると、facebookをつくったマーク・ザッカーバーグは、かなり半端でないプログラマである、ということになる。

もちろん、JavaScriptやPHPなどの動的スクリプト言語は、言語処理系がハードウェアを吸収してくれるので、デービット・カトラーのチームがWindows NTをスクラッチでC言語やアセンブラで書かなくてはならなかったという状況とは大違いである。デービット・カトラーがいかに経営手腕があったとしても、あのプロジェクトを担いでいて、会社経営はできない。そもそもOSを書くなんて、渾身の作業である。

だから、動的スクリプト言語で作れるということになってはじめて、codeが書ける起業家もありえるようになったと言ってよい。ここで、動的スクリプト言語の動的という意味は、変数をいちいち固定的に宣言しなくていいし、変数を消すこともできる、ということである。すなわち、より気軽に書けるが、その分処理系の負担が大きい。

それでも、本当にありえるのかと怪訝になるのは、秀丸エディタの斉藤秀夫さんの例をみても分かる。斉藤さんは、最初一人で秀丸エディタを書いていたはずである。それで間に合っていた。ところが、有限会社になって雑務が増えると、次第にコードを書くことを優秀なアシスタントに任せるようになった。プログラミングという作業はとても集中力を要するので、仕方ないのである。

だから、「codeが書ける起業家の会」は、codeが書ける起業家から出発して、codeが見てわかる起業家→codeなんか書いていられない起業家→codeが書けない起業家とどううまく切り替えていくかを話しあう会なのだろうか。そのベストな語り手は、ビル・ゲイツなんだけれども、来てくれるわけないか。

係累の死

user-pic
0

先日、CNNに次のようなニュースがあった。

(CNN) リビア政府の報道官は5月1日の記者会見で、最高指導者カダフィ大佐の息子、サイフ・アラブ・カダフィ氏が北大西洋条約機構(NATO)の空爆で死亡したと発表した。

発表によると、首都トリポリ市内の住宅地にある同氏の自宅が空爆の標的となった。カダフィ大佐の孫も数人死亡した。大佐本人と夫人も当時この家にいたが無事だったという。破壊された家の跡には大きな穴ができ、少なくとも1発の不発弾が残っている。

このニュースをみて思ったのは、なんでNATOは、カダフィ大佐の息子や孫まで巻き添えにするのか、ということである。もっと驚きなのは、NATOがやっていることは無茶苦茶ではないか、という非難が世論に起きないことである。

読売新聞によると、オサマ・ビンラディンの豪邸は、イスラマバードのパキスタン軍事訓練施設のそばにあり、銃撃戦では、オサマ・ビンラディン本人、息子、連絡役二人、そして楯になった女性が殺害された。ここでも、本人以外が巻き添えになっている。

米軍であれ、NATOであれ、義理でもいいので、「本人だけを殺害するつもりだった。周囲の関係ない人を巻き添えにして申し訳ない。」くらいコメントしてはどうか。

オサマ・ビンラディンについては、昨日の記事との重複をおそれず、疑問を連ねてみる。

  1. 殺害されたのは本当に、オサマ・ビンラディン本人なのか。とっくに病死しているのではないか。例えば、マイケル・ムーアの「おい、ブッシュ、世界を返せ!」アーティストハウス、黒原敏行訳によると、2000年の段階でオサマ・ビンラディンは、腎臓は衰弱し、肝臓はほぼ機能を停止しつつあったという。そんなオサマ・ビンラディンがそこから11年後に、米軍と銃撃戦ができるまで回復するのだろうか。
  2. やはりマイケル・ムーアの著書によると、9.11テロが起きたとき、オサマ・ビンラディンの一族は米国内に24人いた。サウジアラビア大使館は、危害が加えられるのをおそれて、オサマ・ビンラディンの一族全員を呼び集めた。そこでFBIは、その一族がボストンに自家用飛行機で飛び立つのを許可した。ボストンでは連邦航空局は、オサマ・ビンラディンの一族があっさりヨーロッパに渡航するのを許可した。連邦当局は、駐米サウジアラビア大使の、バンダル・ビル・スルタン王子の、オサマ・ビンラディンの一族はテロについて何も知らない、という証言をあっさり信じたのだという。それは、オサマ・ビンラディンが実は、9.11テロに全く関与していないならば、説明はつく。しかし、すると、今に至るまで、オサマ・ビンラディンが9.11テロの主犯として追跡され続け、ついに殺害されたことと矛盾する。
  3. やはりマイケル・ムーアの著書によると、ブッシュ家と、ビンラディン家とは、石油採掘会社の経営に関して、25年にも亘る長いビジネスの関係がある。
  4. 戻って、もしオサマ・ビンラディンがずっと米軍から付け狙われていたなら、どうしてイスラマバードのパキスタン軍事訓練施設のそばの豪邸などという分かりやすい場所に住んでいるのか。今でも、アフガニスタンの洞窟に潜んでいるべきではないか。そもそも、パキスタン軍事訓練施設のそばにいたら、なうてのパキスタン秘密警察が見逃すはずがない。むしろ、パキスタン秘密警察が匿っていたのではないか、そして、米軍と取引して、オサマ・ビンラディンを売ったか。
  5. 新聞によると、「オサマ・ビンラディンが殺害されても、テロとの戦いは終わらない」というけれども、ポルノグラフィティのアゲハチョウの歌詞をもじるなら、♪テロとの戦いに終わりなどないさ、終わらせることはできるけど♪ではないのか。終わらせてしまうと、なにかの利益が失われる、だから、終わらせようと思えばいつでも終わらせられるけど、終わらせないのではないか。オサマ・ビンラディンの殺害はむしろ、中東の憎悪を煽り、終わらせないための方策ではないのか。
  6. 米国では、オサマ・ビンラディンの殺害を知って、グラウンド・ゼロに何百人もが集まり、「安堵した」「歴史的な瞬間だ」と口々に喜びを表現したという。しかし、それはもしかして恐るべき的外れな反応なのではないか。少なくともナイーブすぎる。

こうして私は、これは一体何なのだと当惑しつつ、この稿を終えるよりないのである。

共同通信に、下記のような発表があった。

【ワシントン共同】1日の米CNNテレビによると、国際テロ組織アルカイダ指導者のウサマ・ビンラディン容疑者が死亡した。

これを見て私は、今更何を、と思う。というのは、ビンラディンは、もし生きていれば、私と同年齢の56歳であるが、もう10年前から腎臓病を患っていて、その頃から長くないと言われていた。入院していた病院に、CIAの職員がお見舞いにいって、軽口を叩いていたというのも有名な話である。

また、9.11のテロ以前から、ビンラディン家とブッシュ家は、親密な関係にあり、9.11の後、米国に滞在していたビンラディン家の人々がフリーパスで国外に脱出することを許されたというのも有名な話である。常識的には、もしウサマ・ビンラディンが9.11の主犯と目されるなら、その親戚には厳しい聞き込みがなされるはずで、あっさり国外に逃亡することを許すはずがない。なにしろ、空前のテロなのであるから。

私が以前オサマ・ビン・ラディンに書いたように、2007年に3年ぶりに、猿芝居のようにクサい設定で、オサマ・ビン・ラディンの談話が、3年ぶりに放映された。これから推察するに、オサマ・ビン・ラディンは、2004年には亡くなっていたと思われる。なぜなら、2001年に米軍がアフガニスタンの洞窟に潜んでいるといわれたオサマ・ビン・ラディンを探していたとき、既にオサマ・ビン・ラディンは、持病の腎臓病が悪化して重篤な状態といわれていた。普通に考えると、悪化した腎臓病を抱えて、長生きはできないはずである。

そして今になってウサマ・ビンラディンの死亡をCNNがアナウンスするというのは、最早、アルカイーダの首魁としてのウサマ・ビンラディンの価値がなくなったと米国当局が判断したことを意味する。しかし、2007年の時点でも相当色あせていたウサマ・ビンラディンの存在感は、今ではもうほとんどゼロであるといってよい。

だから私がもし米国当局なら、ウサマ・ビンラディンの死亡は一切発表せず、とっくに死んでいるはずだとか、あるいはまだどこかに生きているらしいとか、風説にまかせておくだろう。いや、最早風説にも載らないか。

勉強と自信

user-pic
0

勉強と自信とは、なんともベタなテーマだが、三浦八段の動転に書いたことから改めていろいろ考えた。

先ず、物事に当たって、どうしても自信がないという場面は人生、無数にある。しかし、その物事に対して、興味も利害もなければ、単になにもしなければいい。例えば、私は飛行機の操縦ができるようになる自信は全くないが、そうしたい興味も、そうしなければならない必然性も全くないので、何も起きない。

問題は、興味があってもなくても、自信がないことに取り組まなくてはならない場合である。典型的には会社で仕事を割当てられる場合である。その場合の選択肢はいろいろある。

  1. 言い訳して避ける。これはまあ、一番普通の対応だろう。避け方も、能力に不安がありますとか、自信がありませんでは、資質を問われてしまう。そこで、別の仕事で大変だと言い逃れるのが普通である。
  2. うまく監督的、あるいは評論家的立場に収まる。もし私がいま大学生だったら、自信がないのに、そんな立場に収まることができるのかと怪訝になって、問うであろう。しかしこれが意外に容易なのである。若者はたいてい、まずラベルとしての学歴をほしがるが、それは社会に出て、評論家的立場に就くために多大の貢献をもたらしえる。賢明な若者はそのことを肌で知っているようなのである。
  3. ともかく勉強する。これがまさに、三浦八段が採っている方法であり、一番正統派である。私も原則、このやり方をとってきた。自信がないとひたすら勉強する。それだけである。それがうまくいくかというと、そんなに人生は甘くない。普通、勉強しても、その効果が現れるのは三年後だったりする。しかも、全く効果がないということもかなりの確率であり、よって勉強するということも、その実効を考えるとなにほどか投機的なのである。

そういう空しい努力を積み重ねて、尚且つ倦まないのが世にいう努力家である。そうなってくると、努力は、単に自信を得るための儀式であったりする。よく高校野球の試合後のインタビューで選手が、「あれだけ猛練習してきました。ここまで練習したのだから、絶対負けないと思いました。」のように言うことがあるが、まさにそれである。こういう発言に対する共感は確かにあるが、しかし、なんか宗教的だよね、と醒めた見方もついしてしまう。念仏を100万回唱えたのだから、成仏するに違いないという信念に聞こえたりする。

私はというと、自信がないときは、努力するという一歩手前で、努力しているふりをしてきた。どういうことかというと、やたら関連の本を買い込む。すなわち、本当に勉強して内容を理解することに比べ、単に本を買うことはなんて易しいのだろう。それだぱらぱらとページをめくって努力したつもりになる。それであら不思議、なにも実力がついていないのに、空の自信だけはついている。これってどうよ、と今更自問せざるをえない。

その結果、やたら自分の周囲に本が増えるのだが、流石に沢山買えば、少しは読むので、それでなんとか今までもってきたともいえる。なんという効率の悪さだろう。

それにしても、自信がない仕事に直面したとき、できないと逃げるのでなく、勉強するでもなく、私のようにとりあえず関連書籍を買い揃えて自己満足するでなく、それなりに出来ている風を装って、そのままキャリアを続けられる人がいるのが私には理解できない。それにはどんなテクニックを使うのだろうか。私は通暁しているわけではないので、想像を交えて書く。

  1. アウトソーシングする。すなわち、本当は自分でできるのだが、自分はいま他に優先順位が高い仕事があるので、と偽って、アウトソーシングした結果をレビューする立場に回る。すると、人間というものは、レビュー側にたつと結構勝手なことがいえて、よほど詳しい人でないと、レビューしている本人が素人だとわからない。
  2. フリーライドする。すなわち、より詳しい部下、同僚にまかせて、その結果にただ乗りする。これが意外にばれない。
  3. こき下ろす。ある業績をこき下ろしているところを見ると、スパイシーが好きな多くの人達は、そのこき下ろしている人が、こき下ろされている人よりもはるかに上位にあって、的確な指摘をしていてるように勘違いする。

もっと様々なテクニックがあるに違いないが、私はその道のプロではないので、よく知らない。しかし、こういうスキル騙しみたいなテクニックをみていると、次のような歌謡曲の歌詞を思い出す。

三味と踊りは習いもするが、習わなくても女は泣ける♪

そう、習わなくてもスキル騙しが巧みな人は世の中にゴマンといる。地道に勉強しろよな、という私の声はあまりにも空しい。

以前にヒッグス粒子発見で、標準理論におけるヒッグス粒子の位置づけについてまとめてみたが、それでは果たして、ヒッグス粒子が発見されたという話はどれくらいの確度なのか、既存の情報に従い、メモしてみる。

まず、こちらのサイトの情報はある程度確からしいので、私なりに要約してみる。

  1. この情報は、スイスにあるLHC(Large Hadron Collider)にいる物理学者のノートから漏洩したものである。
  2. その情報は、スーパーストリング批判で有名なピーター・ウォイトのNot Even Wrongに匿名のコメンテータがポストすることで、議論されはじめた。
  3. これを聞いて、大抵の物理学者はでっち上げだといい、また、調査を続ければ消滅してしまうような統計的な擾乱(anomaly)に過ぎないと指摘する物理学者もいる。
  4. ともあれ、これが本当なら、偉大な物理学上のブレークスルーであり、その意義の一端は、ヒッグス粒子発見にも書いた。
  5. LHCのATLAS粒子検出実験からリークされたノートは、捕らえにくいヒッグス粒子の特徴を示しており、標準理論で期待されるヒッグス粒子の特徴とも一貫性を示している。私はつい、ヒッグス粒子発見のコメントで、「ヒッグス粒子が光子2個に分裂するという話は聞いたこともありません。」と書いたが、それは単に素人の無知を曝したにすぎなかったようである。
  6. ただ、生成されたというヒッグス粒子の特徴が標準理論と一貫性を示すとはいっても、その生成速度(production rate)が、標準理論で期待されるよりもずっと高いのが難点である。もし、本当に今回ヒッグス粒子が発見されたのであるなら。それは標準理論に大幅な修正を迫ることになる。
  7. なにしろ、リークされたノートは、非公式なものにすぎないので、あまりとやかく言うのは時期尚早ということのようである。
  8. それでも、やはり物理学者の疑念は大きい。なぜなら、フェルミ・ラボのテバトロンでの同様の実験で、同様の結果を全く観察できないからである。

それでは、主戦場になったピーター・ウォイトのNot Even Wrongのブログは、現在これについてどう述べているのか。しかし、ピーター・ウォイトも、ヒッグス粒子によるものとされる波形のでっぱり(bump)が、理論的に期待される値よりも30倍程度大きいとしか述べていない。疑念を抱きつつも、正しい判断を下すには時間がかかるだろうととりあえず判断を保留している状態のようである。ともあれ、フェルミ・ラボでも同様の結果が再現されることは必要条件であろう。何が十分条件なのか、とても難しいが。

ダイヤモンド・オンラインによると、アイロボット社から無償提供された多目的作業ロボットが、福島原発事故現場で活躍しているという。以下、引用:

いまだ危機的状況にある福島原発事故の収束を目指す日本に、世界各国の政府・企業からさまざまな支援の手が差し伸べられている。中でも、米国のボストンを本拠とするアイロボット社(iRobot)から無償提供された多目的作業ロボット「パックボット(Packbot)」は、原子炉建屋内を自走し放射線量などを遠隔操作で調査できるとあって、非常に貴重な存在だ。

アイロボット社は1990年に、マサチューセッツ工科大学(MIT)の人工知能研究者3人によって設立された。会社の歴史は約20年と短いが、その軍事用ロボットはすでにアフガニスタンやイラクで偵察や爆弾除去に活躍中だ。

2001年9月11日の同時多発テロ事件後は、ワールドトレードセンター跡地でのがれきの撤去作業にパックボットが投入された。また、昨年のメキシコ湾原油流出事故の際にも、別のアイロボット社製のロボットが海中の原油の流れを調査するなど、人間が果たせない役割を担っている。同社は2000年末以降、およそ3500台のパックボットを販売したという。

実際テレビのニュースで、アイロボット社のパックボットが、福島第一原発の3号炉内を撮影し、また、放射線量を測定している様子が報道されていた。長い手をもち、どうみてもカッコいいロボットではないが、それが却って頼もしく見えた。

アイロボット社の真価はこうした超高性能軍事用ロボットの開発力に求めることができるが、じつはそれだけではない。軍事向け技術を転用して一般消費者向けの製品も多く生み出している。勝手に掃除をしてくれる自動お掃除機「ルンバ」のことを知っている人も多いだろう。あれは、アイロボット社の看板商品である。その他にも、日本市場に投入されていないが、モップがけロボットやプール掃除ロボット、さらには樋の掃除をするロボットもある。かたちもさまざま、ロボット創造企業の名に恥じぬ充実ぶりである。

なるほど、だが、どうして日本にこういうロボットを製作するスキルがないのか、どうしても納得できない。自動車組み立て工場のロボットは、日本のお家芸だったはずなのに。

消費者向け製品は同社の売上4億100万ドル(2010年度)の約55%を占める。高齢者向けの介護ロボット市場への進出も狙っており、タブレットコンピュータから簡単に操作できるようなものを現在開発中だ。

実は、パーソナル・コンピュータならぬ、パーソナル・ロボットは、今後の市場が拡大するとみられている有力分野である。例えば、ホンダのアシモ、NECのPaPeRo、Willow Garageのロボット「PR2」、近藤科学のKHRシリーズなどである。

今回、アイロボット社が日本に寄付したロボットとスタッフの貢献は、金銭に換算すると50万~100万ドルに相当するという。ちなみに、東日本大地震が発生したとき、スタッフ(とロボット)はシンガポールの見本市にちょうどいたのだという。スタッフはそのまま日本へ。その後、パックボット2台と、さらに大型のウォーリアー2台を日本側に寄付した。パックボットは主に調査用に用いられているが、ウォーリアーの方は重いホースを持ち上げたりすることもできるので、注水への利用も可能だ。アイロボット側は、ロボットに関する知識や操作方法を惜しみなく伝授すると公言している。

それにしても、日本はロボット王国のはずではないのか。いったいどうしたのか。その答えは恐らく日本のロボット技術開発が製造現場で使われる産業用ロボットや、かわいい動物や精巧な人間の動きを模したヒューマノイド型に集中しているためだろう。

そうそう、私も全く同じことを考えた。明らかに日本では、ロボットが、ヒューマノイド型に偏っている。鉄腕アトムの影響だろうか。

むろん災害救済に使えるロボットもあるはずだが、すぐに使えるという機動性の点で問題があったのだろうか。ちなみに、原発事故が発生してからすぐ後に、アメリカからは大型の無人偵察機グローバルホークも飛んできて、上空からの撮影を行っている。結局、緊急時に頼りにされたのは、アメリカ生まれのロボットだったのだ。日本も今後は、ロボット開発の方針を見直していく必要があるだろう。

アイロボット社は先頃、アメリカ陸海軍両方から大きな契約を勝ち取り、その注目度と株価はますます上昇している。

アイロボット社にとって、今回の原発事故は格好の宣伝である。そういえば、発事故対策ロボットで書いた、フランスからのロボットの供与はどうなっているのだろうか。アイロボット社のようなマーケティングが絡まないと、純粋の支援では、インセンティブが働かないのだろうか。

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。