2011年6月アーカイブ

女性問題

user-pic
0

日刊スポーツに、西山審議官の不倫騒動の報道があった。以下、引用:

原子力安全・保安院の西山英彦審議官(54)が29日、福島第1原発事故に関する説明役を交代した。事実上の更迭とみられる。震災後、保安院の広報担当者は5人目。週刊誌で経産省職員の女性との親密な交際を報じられ、海江田万里経産相から口頭で厳重注意を受けて以来、不倫疑惑に関する問い合わせが殺到。報道対応業務に支障が生じる可能性があり、広報担当は森山善範原子力災害対策監(54)に交代した。経産省の審議官は続けるが、不倫疑惑の代償は高くついたようだ。

この日午前に行われた福島第1原発に関する会見場に、西山氏の姿はなかった。広報担当を交代した森山氏は、交代の理由について「各種報道を受けまして、西山審議官7 件本人にも(報道について)問い合わせがあり、報道対応業務に支障が生じるのではないかとの懸念がある」と話した。午後の会見でも改めて説明。「業務に支障を与えないことが第一という考え方から、海江田大臣の判断により、交代に至りました」と付け加えた。

「週刊新潮」の記事によると、相手は経産省職員の20代独身女性。原発事故の新工程表を発表した17日の会見後、2人は都内ホテルのバーで会い、その後、深夜の路上で数度キスしたなどとされている。西山氏は23日の会見で、不倫の事実関係について「個人的なことなのでコメントしません」としたが、否定はせず、「記事が掲載されたこと自体、私のいたらなさを示しており、深く反省しています」と謝罪した。

この記事を読んでふと思ったのは、これは、ハニートラップではないかということである。なにしろ、西山審議官は、将来の次官候補といわれるくらいのエリートである。当然に敵も多いだろう。おそらく女性関係にはナイーブなはずなので、美貌の独身女性が、質問があるんです、と相談をもちかけると、お?と前向きの反応するに違いないのである。

もしハニートラップでないとしたら、立場に基づく交際のように、西山審議官がその地位を利用して、便宜を図ろうとしたとか、女性の側でエリート官僚から目をかけてもらうことになにかのメリットを見出そうとしたなどということがあるのかもしれない。

ところで、次のような新潮の記事もある。

2人を知る経産省関係者が打ち明ける。

「実は、彼女は経産省に勤める職員です。以前から西山さんお寵愛を受け手おり、1年前から特別な関係にあります。平たくいえば愛人ですね」
「(愛人と2人で)大手カラオケチェーン店に行くことが多かったそうです。決まって使っていたのは、8階のVIPルーム。驚くべきことに、2人はカラオケ屋に行っているのに、1曲も歌ったことがないそうです。で、何しに行っていたかといえば、なんとカラオケルームがラブホテルがわりだったというのです」
シティホテルではなくカラオケ店で済まされるのでは、彼女もずいぶん安くみられたものである。

これは最早修羅の世界だが、どうしてこんなことになったのだろうか。

西山英彦氏は、当然ながら、出身校 東京大学法学部卒業、ハーバード大学法科大学院修了というエリート官僚で、偏見であるが、外見はあまり女性にもてそうもない。それでも、こういう女性問題を引き起こしたということは、何が原因なんだろうか。以下、列挙してみる。

  1. エリート官僚としての驕り。そういうのは確かにあるだろう。エリートなので襟を正すというよりもむしろ、恣意的に行動するインセンティブを感じてしまう。エリートであることで、倫理観が弱まっている。
  2. リビドーが強い。これは本能的なものだろうか。それとも、エリート官僚として地位欲、名誉欲を強化しているうちに、リビドーも併せて強まったのだろうか。おそらくリビドーの方が先なのだろう。
  3. あるいは、真面目だったのに、魔が差したか。
ともかく、こうなってしまっては、うらやましいというよりもお気の毒にという言葉が先に出てしまう。

そういえば、前に友人と話したときに、どうしてわれわれには不倫騒動が関与しないのだろうかと議論したことがある。すると、結論めいたものとして、そもそも、女性の方から誘いがかからないからだという自明な結論に達した。また、確信をもって互いに確認したのは、もし女性の方から誘惑されたら絶対、われわれは落ちるよね、ということである。そんな、当たらない宝くじのような話をしても仕方ないのであるが。要するに、私も友人も、頼られるような社会的地位もなく、女性をひきつけるような男性フェロモンというかリビドーもないのであった。その方が人生幸いだということを理解するのは、少しだけ自明ではない。

読売新聞によると、ほとんどのがんに共通して存在し、がんの進行を後押しする働きがあるとみられるたんぱく質を、九州大のグループが発見したという。以下、引用:

九州大病院先端分子・細胞治療科の高橋淳講師(血液腫瘍内科学)や同大生体防御医学研究所の谷憲三朗所長らの研究グループは14日、ほとんどのがんに共通して存在し、がんの進行を後押しする働きがあるとみられる「腫瘍促進たんぱく」を発見したと発表した。

一部のがんではこうしたたんぱくが見つかっているが、今回は10種類以上で共通して確認されており、がんの早期発見や治療・予防につながる可能性があるという。

英国の科学電子雑誌「サイエンティフィック・リポーツ」に14日掲載された。

高橋講師によると、肺がんや大腸がん、前立腺がんなど7種類のがんの患者約170人について検査したところ、通常、精巣以外の正常な組織ではほとんど検出されない特定のたんぱくが、がん細胞で異常に増加していることが分かった。

これに関して、私のブログにおける関連記事は、次の2つである。

  1. がんを助けるたんぱく質
  2. がん細胞を修復するたんぱく質

がんを助けるたんぱく質の方は、p62という名前で、がん細胞を傷つける酸化ストレスを軽減させ、薬剤への耐性を高めるなど、がん細胞の生存を助けるたんぱく質である。

がん細胞を修復するたんぱく質の方は、KUたんぱく質と呼ばれるもので、放射線療法によってもたらされたDNAの二重鎖切断を修復する。

すなわち、がんを自動車に見立てると、p62は、がんの通り道を舗装したり、邪魔物をどけたりし、KUたんぱく質は、がんという自動車の修理工場である。すると、今回発見されたたんぱく質は、がんという自動車のガソリンに当たるものである。

すると、がんのエンジンは何か、イグニッションは、バッテリは、ブレーキはと、余計な疑問が涌き出てしまうのは、自動車モデルはあまり適切ではないのかもしれない。

ともかく、隠微かつ本質的なたんぱく質の世界なのであった。

組織の劣化

user-pic
0

今更何の新鮮味もないテーマであるが、長年見聞きした限りでは、組織というものは自然に劣化していくものらしい。要するにエントロピーの増大で、ついには熱的死に至るという次第である。そこで、この古臭いテーマに関して、言い古されたフレーズを使って、徒然なるままに綴ってみよう。

私は組織論や経営学の専門家ではないので、組織の劣化の兆候がどこから一番現れるか、正しく言い当てることはできない。ただ、おそらくであるが、組織の劣化の兆候は、現場の軽視から始まる。すると何が起きるか。とりとめもなく列挙してみよう。

  1. 逆ピラミッド型の組織
  2. 船頭の方が櫓を漕ぐ人より多い
  3. 現場スキルの軽視
  4. 形式資格の重視
  5. 暗黙知の軽視
  6. 現場関連費用の削減
  7. 社内伝統の軽視

逆ピラミッド型の組織というのは、現場の担当者がリストラなどで減らされているのに、なぜか役員の人数が増えていたりすることである。また、不景気で、現場の担当者の賃金がカットされても、役員は知らないうちにベースアップしたりする。しかし、それはいちいち発表されないので、下々の者は分からない。そうなる理由は明らかで、逆ピラミッド型の組織の上にいる人々が意思決定の権限をもつからである。すなわち、自分たちに不利になる決定はしない。予算削減に伴う痛みは、下々の者が担う。

船頭の方が櫓を漕ぐ人より多いというのは、同じ意味でもある。すなわち、組織を強化しろという指示に対して、現場の担当者を増やすのではなく、むしろ、現場のことが分かりもしない管理職が増員されて、現場のやる気をなくす管理的発言をするだけだったりする。

現場スキルの軽視というのは、長年の経験や勘所のようなものに全く敬意が払われず、現場のキーバーソンが平気でリストラされたりする。暗黙知の軽視というのも同様である。

形式資格の重視というのは、大学院卒、博士の学位、MBA、TOEICの点数、その他の資格が異常に重視されるということである。それらの資格が何ほどかの能力の裏打ちであることは一般的に言えるが、一方で、資格だけで能力がない輩も目に付く。しかし、資格だけででかい面をして、なにも貢献しないということが、劣化した組織では許される。実務スキルをチェックされないのである。高給だけもらっている。

現場関連費用の削減というのは例えば、現場で、データ入力用のパソコンが壊れても、固定資産凍結とやらで、新規購入され許されない。高々数万円なのにである。一方で、役員の物見遊山のような海外出張が承認されたりする。ざっと数十万円の経費である。一体それがどれほど業績に貢献するのだろう。

社内伝統の軽視というのは、折角創業者が作った、現場こそ命とか、社員こそ宝などという社是、社訓を、後継のトップがあっさり没却して、リストラや人間不信、現場形式が横行する組織にしてなんの反省もないことである。

さらにまずいのは、社員の不満に耳を傾け、経営に活かす方針を覆すことである。すなわち、社員からいろいろな問題点を聞くサーベイというのは、経営者にとって貴重な情報源であったはずなのに、リストラや経費削減が頻繁だと、サーベイが炎上してしまうと、サーベイそのものが中止されたりする。これでは経営に対してネガティブ・フィードバックがかからないので、ついには組織がチェルノブイリ化してしまう危険性が大である。

それでも地球は回っているとガリレオは言ったが、それでも会社は廻っていると、社長も言うのだろうか。

読売新聞によると、京都大の山中伸弥教授のグループが、がん化の危険性が少なく、iPS細胞になり損ねた危険な細胞も排除されるというiPS細胞の作製方法を開発したという。以下、引用:

様々な組織の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)の作製効率と安全性を大幅に向上させることに、京都大の山中伸弥教授と前川桃子助教らのグループが成功した。

作製にがん遺伝子を使わない方法で、がん化の危険性が少なく、iPS細胞になり損ねた危険な細胞も排除されるという。9日付の英科学誌ネイチャーで発表する。

iPS細胞は、皮膚などの細胞に3、4種類の遺伝子を組み込んで作る。がん遺伝子を含む4種類の遺伝子を使えば効率よく作れるが、がん化の恐れが高まる。一方、がん遺伝子を除くと、安全性は改善するものの、作製効率が100分の1以下になるため、作製効率と安全性の両立が課題となっていた。

グループは、がん遺伝子の代わりに、別の遺伝子を組み合わせることで効率を上げられないか検討。1437種類の候補遺伝子を一つずつマウスの細胞に導入。卵子でよく働く「Glis(グリス)1」という遺伝子を組み合わせると、効率が最大で約100倍まで向上することが分かった。グリス1がないと80%がiPS細胞になり損ねた不完全な細胞になったが、グリス1を加えるとすべてが正常なiPS細胞になった。

この記事をみると、どうしても一連の自分のブログのiPS細胞関連の記事を顧みる。まず見てみるのは、山中教授の基本特許である。すなわち、後発の技術により基本特許が次第に蚕食されていっている様子は書いたが、今回の研究で、基本特許における4種の遺伝子4種:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2は、がん化の危険性が高いと拒否されることになったのだろうか。それとも、Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2のうちのどれかががん化の恐れあるからと、別の遺伝子と置き換えられたのだろうか。そのあたり、専門的すぎるのか、あるいは、ノウハウなので詳しく書かないのか、記述はあいまいである。

そのあたりは、がんになりにくいiPS細胞をみると少し事情が分かる。すなわち、そこには、

c-Mycよりもアミノ酸配列が短く、肺がん患者によく見られる遺伝子「L-Myc」に注目。代わりに加えると、がんはほとんどできなかった。
とあるので、どうもc-Mycが、がん化の犯人らしい。

ともかく、がん化は、iPS細胞の宿敵であって、まだがん化との闘いは、序盤にすぎないと思われる。

現場主義

user-pic
0

週刊ポスト2011年6月17日号によると、はとバスの社長宮端清次氏は、不況にあえいでいたはとバスを、徹底した現場主義で立て直したそうである。以下引用しつつコメントする。

今、日本は未曽有の苦しい状況に立たされているが、重要なのは、強いリーダーシップ。弱い集団を強くしたリーダーの人心掌握術を見てみよう。ここでは、はとバスの宮端清次氏(76)のケースだ。

同氏がはとバス代表取締役に就任したのは1998年。東京都の交通局長などを歴任し、東京都地下鉄建設の代表取締役専務を務めた後の、いわば"天下り"だった。

社長就任時、はとバスは4年連続の赤字で、120億円程度の売り上げに対し70億円の借金を抱える危機的な経営状況だった。社員の間には大株主である東京都や旧営団地下鉄などの後ろ盾に寄りかかる"甘えの構造"があった。

いかにも伝統企業にありそうな構図である。それで社長はどうしたのか。

「なにせ自主性がなく覇気がない。全社員が『このままでは会社が潰れる』と危機感を持つ必要があった。経営者は800人の社員の後ろにいる2000人の家族を守る責任があるんです」

社長3割、役員2割、社員1割の給料カットを提案し、初年度に黒字化できなかったら辞任すると宣言した。しかし、合理化策だけでは社員の士気は高まらない。そこで経営理念に掲げた「お客様第一主義」を社員に浸透させるために、ある約束をした。

その約束とは?

「月に3回はとバスに乗ると宣言し、役員にも休日に自腹を切って乗ってほしいと訴えました。社長在任中の4年間、約束を守り続けましたよ」

これは、社員には強制できないが、役員が現場を知る上でもとても効果的である。しかも、次の施策もいい。

矢継ぎ早に宮端氏は6つの行動を起こした。

  • 【1】社長室の開放、
  • 【2】社長専用車の廃止、
  • 【3】お帰り箱(目安箱)の設置、
  • 【4】社長表彰、
  • 【5】組織図の逆ピラミッド化、
  • 【6】社長自ら現場に出る――。
  • 【5】は組織図の一番下に社長、一番上にお客様を位置づけるものだ。

「会議で『計画を"末端"まで周知します』と話した役員を怒鳴ったことがあります。お客様と接する現場の社員は末端ではなく先端なのです」

最初は反発していた現場社員にも"宮端イズム"は受け容れられ、宮端氏は約束通り初年度に黒字化を達成した。

これくらいやらないと効果がない組織というのは、結構あると思う。問題は、社長が現場に出て、泥をかぶる勇気である。トップの使命は大きいのだが・・・

心の原子炉

user-pic
0

「心に狂いが生じるとき」岩波明著、新潮文庫を読んでいるとき、ふと浮かんだ問いは、この本の趣旨とは全くずれたもので、それは、「動物の心は狂うか」である。少なくとも昆虫が精神病になることは考えられない。ただ、レミングが海に飛び込んで集団自殺するという説があるが、Wikiによるとそれは事実ではないという。

「動物の心は狂うか」というとき、人間に比較的近い動物である、猿、犬、猫などはある種のストレスが昂じると、ノイローゼや鬱病のような症状を呈することがあるかもしれない。しかし、鬱病で自殺する犬というのは流石に聞いたことがない。

そこで私に想到したのは、心を維持する仕組みで、人間のそれが丁度原子炉のようであって、動物のそれは、せいぜいが火力発電、水力発電、自然エネルギー程度ではないかというアイデアである。

とはいえ、心を維持するエネルギー源である生理的な仕組みは、人間と犬とでは多分、そんなに大差はない。すると、私が言いたいことはもっと純粋な心的な仕組みで、それが人間の場合、核分裂によってエネルギーを得ている原子炉とのアナロジが成立している、ということである。

それでは、人間の心の原子炉で、ウラン235やプルトニウム239に相当するものは何かというと、何かの心的イメージらしい。心の中に心的イメージが湧き上がってそれが変質していくとき、丁度核分裂のような反応が起き、心的な中性子の流れが起きる。それが心のエネルギーになる。そういう心のエネルギーを糧に日々の精神的活動を行っているのが人間なのである。

しかし、原子炉とのアナロジは、ここからが本番である。心的イメージの変質によってもたらされる心のエネルギーは、新しいイメージの創出や既存の心的イメージそのものの変質ももたらし、すると自己増殖的に心的イメージが増大するので、そのまま放置していては、心的イメージが横溢することで心はメルトダウンし、あるいは爆発してしまう。

そこで、心のエネルギーの流れをコントロールための制御棒の挿入が必要になる。それが、世間体であったり、家族との関係であったり、常識であったり、会社などの社会生活だったりする。

しかし、心の原子炉は、本物の原子炉と比べても、必ずしも制御しやすいわけではない。寧ろ、チェルノブイリ原子炉よりも制御可能性が悪くて、黒鉛の制御棒を挿入してエネルギーを減速しようとしても却って加速されてしまうようなことがしょっちゅうある。

よって、どんなに健全に生きているように見える人も常に、その心は、水素爆発やメルトダウンの危機に晒されている。だから、小乗仏教の高僧、アルボムッレ・スマナサーラ師が指摘するように心は病気なのである。

もちろん、心の原子炉は強力である。そのイメージ生成創出能力はあらゆる文化や知的生産性の源泉である。心が火力発電ではなく原子力発電であることが人類の原動力である。だから、福島第一や浜岡を止めても、心の原子炉は止めることができない。心の原子炉を止めることは、人間を止めることである。

しかし、日本だけでも1億もの心の原子炉がひしめいているので、あちこちで心の暴走が起きる。そのほんの一部が「心に狂いが生じるとき」岩波明著に記述されているだけだが、暴走に至った真の理由は実は誰にも分からない。かなり確立された原子核反応を用いる物理的な原子炉でさえが、あれだけ危険だと批判にさらされている。その動作の仕組みがはるかに不透明な心の原子炉の仕組みが誰にも分かるはすがないのである。その解明に一生をささげた精神医学者や心理学者でさえも、結局分からないと、薬物などで対処療法をほどこしながら、諦めるよりない場面が多い。

蛇足だが、心の原子炉は、物理的な原子炉とのアナロジがさらにある。それは、放射能遮蔽と、物理的な原子炉における使用済み核燃料の処理のような問題である。すなわち、心の原子炉における心のエネルギーの流れも、物理的な原子炉の中性子の流れと同様に、そのまま開放してはとても危険である。だから人は心のうちのほんの一部しか開示しないし、その欲望も一部しか満たさないことで社会を維持している。だから心の原子炉も、ある意味堅牢な格納容器に納められている。

それでも放射線の漏洩は避けられないし、使用済み核燃料とのアナロジのような澱のような残留物が溜まる。それを処理するのが、飲酒であり、歓楽街なのだろうか。それとも宗教的救いなのだろうか。どんなに処理しても、憎悪、欲望、嫉妬、嫌悪、希望など、心の原子炉の使用済み核燃料は世間に放置され、周囲に有害な放射線を出し続けている。

止められない心の原子炉が一体どうなるのか、その後始末はどうなるのか、誰にも分からない。私は、本物の原子炉以上に、結局人類の滅亡に貢献するのではないか、と密かに考えている次第である。

私は弁理士試験を受けたことがないので分からないのだが、弁理士試験で苦労した人達が選択科目はなんだったとか、どのゼミに属していたかとか、どの条文の問題が出たとか盛り上がるのを聞いて、当然に会話に入り込めなくても、なんとなくしっくりくるものはある。それは私が、ある程度極めた趣味なり技芸なりを仲間と話す愉悦というものを知っているからである。

そういう意味で私の反省としては、将棋友達が結婚したとき、その新婚家庭に招待されたという状況におけるものである。当時まだ独身で、結婚のなんたるか分かっていない私も、最低限、ケーキくらいは手土産でもっていくくらいの配慮はあった。それで、新婚の奥さんから、ああらありがとうございます、と応答されて、少しは会話は弾むのだが、その後がいけない。友達と将棋の話題になって、新婚の奥さんがそばにいても、将棋がいかに深遠なゲームで、それに打ち込む人達が真摯であるかという話題が続くので、流石に奥さんも、家事をするふりをして別室に逃げてしまう。しかも、将棋の話をするだけでなく、将棋盤を持ち出してきて指し始めると、完全に二人だけの世界で、いよいよ奥さんは疎外感を感じてしまう。ときどき様子をみるようにお茶などもってくるのだが、まるで相手にしない。

それでも、将棋の好きな奥さんならいいのではないかと思われるが、湯川恵子さんという有名なアマチュア棋士である女性に次のようなエッセイがあった。すなわち、湯川恵子さんはご主人が有名な将棋ライターなので、いろいろなプロやアマチュアの将棋指しが自宅にやってくる。いくら将棋の話で盛り上がっても、自身がアマチュア棋士であるので、湯川恵子さんはなんの違和感もなく会話に入り込めるのだが、困った人種が少しだけいた。それは、詰将棋創作を趣味とする人達なのであった。詰将棋創作というのは、将棋よりもさらに隠微な世界で、銀を13において強制的に角を中合いさせるんだよねというような詰将棋作家同士の会話になるとまったくついていけず、且つ、その二人があまりにも楽しそうなので、湯川さんは、きっとこの人たち、詰将棋を媒介して空中でセックスしているんだわ、妬けるわ、みたいに書いてあったのをみて、おお、セックスというのはそういう文脈でも使うのかと興味深く思った次第であった。

まさに、なにかに打ち込んで同好の友人との、その分野の隠微な会話を楽しむことは確かに無上の楽しみの1つであるが、それが果たしてセックスと呼べるほど隠微なのかどうかは、私には分からない。それは私が、あることに深く打ち込むことよりも寧ろ、つい広さというか多様性の方に関心をもつタイプだからなのかもしれない。

ただ将棋を通じて、エキスパートの愉悦というものは、どんな分野でも多分あるんだろうと推察することはできる。本当は私は、もしできるなら、場の量子論とかスーパートスリングのような理論物理の分野で、専門家どうしで、それこそ当人同士しか分からない狭くて隠微な会話をしてみたかったが、こればっかりは、そもそも物理学自体から振られてしまっているので、お話にならないのであった。

いにしえの偉人というと、どういう名前が浮かぶだろうか。普通は聖徳太子であったり、空海であったり、菅原道真であったり、あるいは急に西郷隆盛だったりするかもしれないが、ともかく、大した教養のない私でもいくらでも思いついてきりがない。

面白いのは、聖徳太子や、空海や、菅原道真が偉大で、現世にいてもやはり偉人だろうということを疑う人はほとんどいないが、これが囲碁や将棋だと、急に評価が分かれるのである。

将棋のいにしえの偉人というと、いろいろ意見は分かれるだろうが、天野宗歩、大橋柳雪、大橋宗英あたりがトップレベルであることは疑いがないところであろう。

ところが、こういう将棋のいにしえの偉人の場合、なぜか、聖徳太子や、空海や、菅原道真達のように手放しで賞賛されない。すなわち、どうしても、現代の棋士と指して勝てるのか、という議論が出てくるのである。

それで、面白いと思うのは、あまり将棋のことがよく分かっていない人ほど、天野宗歩、大橋柳雪、大橋宗英などが現代に甦っても、今の羽生や渡辺明あたりに全く歯が立たないだろう、という発想になることである。

その理由は多分こうである。すなわち、将棋の戦法には時代の変遷をへて蓄積があり、天野宗歩、大橋柳雪、大橋宗英が活躍した江戸時代当時の戦法は稚拙で、今では全く通用しないだろう、だから、羽生や渡辺明あたりと指しても、序盤から大差をつけられて、勝負にならないだろう、というものである。

それはいかにも一見妥当にみえる。しかし、大抵のプロ棋士はそうは見ない。例えば、内藤国雄など、奨励会時代に天野宗歩の棋譜を並べて、あまり強いと思わなかったという。しかし、自分がA級八段になったころ天野宗歩の棋譜を再度眺めると、その強さが実感でき、自分より一体、どれくらい強いか底知れない気持になったという。

升田幸三も、天野宗歩に対して同様の感想を述べている。実力十四段とか形容している。だから、天野宗歩をとってみても、現代のトップ棋士の鏡となりえる底知れぬ強さを秘めているということになる。

囲碁だって事情は同じで、道策、道知、知得、秀策などの古来の名人を讃える声がプロ棋士にあるが、面白いのは趙治勲で、あまり古来の囲碁名人・本因坊を手放しで賞賛していない。むしろ、現代に古来の囲碁名人・本因坊が甦っても、そんなに勝てないのではないか、なぜなら、囲碁の戦術は、当時より長足の進歩を遂げているからである、みたいに書いているのをどこかで読んだことがある。

そこで評価が分かれるのは、最新の戦法、戦術、定跡(定石)の進歩性と学習性である。多くのプロ棋士が唱え、私も同意するのは、囲碁や将棋の最新の戦法、戦術、定跡(定石)の体系は膨大であるが、しかし、数年の猛勉強で学びえるものである、ということである。それはおそらく、将棋では渡辺明、豊島将之、囲碁では井山裕太、村川大介あたりの若手一流棋士の存在が実証してるのではあるまいか。

むしろ、学びえる体系としての戦法、戦術、定跡(定石)以外に重要になってくるのは、センス、思考力の力強さであって、それは、とても少ない前提から自分で思考を練り上げなくてはならなかった過去の偉人の方がはるかに有利である。現在では、思考の経済という名の学びうる体系のカプセルがあちこちに転がっていて、とても安易に摂取できてしまう。それはなんという思考力に対する毒だろうか。

だから、むしろ我々が憂慮すべきなのは、本来は独創の天才でありえべき才能のある人たちが、既存の知識のシャワーでスポイルされて、現世のご利益をかみしめつつ、凡庸な秀才にとどまってしまうことである。それが続くと、知的エントロピーの死である。

よって、過度に現代の文明を讃えてはいけないのである。過去の偉人を眺め、その独創の力強さを学び、パラダイムをスクラップ・ビルトしなくてはならない。だから温故知新、常に古典から汲み続けなくてはならないのである。

ナショナルジオグラフィックによると、極小のブラックホールが、日々地球を高速で通り抜けている可能性があるという。以下、引用しつつコメントする。

極小のブラックホールが、"宇宙の幽霊"のように日々地球を高速で通り抜けている可能性が明らかになった。なお、人体に影響はないという。

なんと、物理学の啓蒙書はある程度読んでいるが、極小のブラックホールなんて聞いたことがない。しかも、それが人体に影響はないとは、どういうことだろう。

この新理論によると、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)のような強力な原子核破壊装置によって極小ブラックホールが生成されたとしても、地球をのみ込むような最悪のシナリオの心配はないようだ。極小ブラックホールの振る舞いは、深宇宙に存在する恒星程度の大質量ブラックホールとは極めて異なるという。

およそ乗用車1000台分の質量がある極小ブラックホールだが、サイズは原子よりも小さい。大量の物質をのみ込むことはない代わりに、多くの極小ブラックホールでは、原子やより大きな分子が捕らえられ、周囲を回っている可能性がある。原子核の陽子が電子を捕獲し結合するのとほぼ同じ現象である。

この現象にちなみ、周回する物質を持つこの極小ブラックホールは「Gravitational Equivalents of an Atom(GEA)」(原子の重力等価物質)と命名された。

すると当然に疑問が生じる。その極小ブラックホールをどうやって検出するかである。

アメリカ、カリフォルニア州レッドウッドシティのバイオテクノロジー研究所に勤務し、この研究を父親と共同で行ったアーロン・バンデベンダー(Aaron VanDevender)氏は、「GEAはまったく無害なので心配はいらない。GEAと結合していた原子が離れて、人体に衝突したとしても気づかないだろう。エネルギー量はごくわずかだ」と説明する。

結局、ニュートリノと同様に、観測の問題であって、観測にかかならければ空想上の粒子の疑いをもたれつづける。しかも、ヒッグス粒子のように、その存在がある大きい理論の基礎となっている、というものでもないだろう。

恒星質量ブラックホールは、死を迎えた大質量の恒星が超新星爆発した後に形成されると考えられている。非常に高密度なため、光でさえもそ の重力から逃れることはできない。

一方、新理論では、宇宙誕生直後に極めて高密度な物質が宇宙空間へ拡散し冷却するにつれ、極小ブラックホールが大量に形成されたと提唱している。

「原始物質は初期宇宙全体へ不均等に分散したため、高密度と低密度の領域ができた。密度の違いによって、宇宙初期の一部の高密度領域でブラックホールが偶然形成された」とバンデベンダー氏は話す。

なるほど、極小ブラックホールはビッグバンの名残なのだろうか。それにしても今まで聞いたことのない理論ではある。

物理学者スティーブン・ホーキング氏は、ホーキング放射理論で、小さなブラックホールは放射により質量を失い、最終的に蒸発すると提唱している。

ブラックホールの蒸発については、「ブラックホール戦争」レオナルド・サスキンド著、林田陽子訳、日経BP社がある。これによると、ブラックホールの蒸発は、情報の遺失をもたらすという点で、熱力学的に矛盾を引き起こすのだという。これについては、まだ読み込み不足なので、稿を改めて要約する。

今回の研究によると、大小のブラックホールでは「事象の地平線」における振る舞いが大きく違うという。事象の地平線とは、物質がブラックホールから脱出不可能になる地点である。サイズと質量が大きなブラックホールほど事象の地平線が大きくなり、巨大ブラックホールは周囲にあるものをすべてのみ込んでしまう。

一方、極小ブラックホールは、事象の地平線が原子の直径よりも小さい。惑星を高速で通過できても、事象の地平線を越えるほど原子と近づき、吸い寄せる可能性は極めて低いという。

論文では、極小ブラックホールが粒子を引き寄せた場合、粒子は事象の地平線より離れた軌道上でブラックホールを周回し、吸収されない可能性が最も高いと述べられている。

ごく稀に原子や分子が極小ブラックホールに接近し、吸い込まれるかもしれない。しかし、バンデベンダー氏らの計算によると、極小ブラックホールが地球のすべての原子をのみ込むには、宇宙の年齢よりもはるかに長い時間がかかるという。

なるほど、極小ブラックホールは、あまりにも控えめで、目だなすぎるということである。いよいよ実在の検証は難しい。

メリーランド大学の天文学者マッシモ・リコッティ(Massimo Ricotti)氏は、「極小ブラックホールは非常に小さいため、重力で原子をのみ込む可能性は極めて低いだろう」と同意する。しかし、捕らえられた原子が軌道上を安定して周回し、GEAが形成される点については懐疑的なようだ。

「GEAが存在するとすれば、たしかに興味深い。だが、GEAの安定性と原子が取り込まれるメカニズムには検証の余地が残っている」。

結局、極小ブラックホールについての歯切れは、よくない。所詮、理論物理学者の玩具ではないのかとつい思ってしまうのだが、どうなんだろうか。

6月21日・22日に行われた名人戦第7局は、文字通り大一番であった。なにしろ、名人戦史上初で、挑戦者森内九段が三連勝のあと、羽生名人が三連勝した。そもそも、将棋の世界で三連敗後三連勝は、羽生自身の竜王戦と、深浦対木村の王位戦だけで、いずれも、三連敗後三連勝した渡辺と深浦がそれぞれ、第7局を勝っている。そのジンクスでいくと羽生が勝つはずで、実際、名人戦第7局の前評判では、羽生が有利というものが多かった。

さて第7局の注目は、振り駒である。特にこの二人では、どちらが先手になるかが大きい。ところが運命は森内の先手。この時点で、羽生が有利の下馬評は一気に両者五分になった。森内の側に少し秤が動いたといってよい。

すると、今の羽生は、後手番を託せる戦法というと、横歩取りしかない。ごき中は多分論外だし、矢倉も一方的に攻められるのはきつい。また羽生はなぜか一手損角換を以前は指していたのに最近指さなくなった。佐藤康光なら迷わず一手損角換だろうし、渡辺明なら後手番でも迷わず矢倉だろう。ここらあたり、羽生の選択肢が少し狭まっているのが気になる。

さて戦形は、羽生側が41玉型の横歩取り85飛の陣形。もはや古典的といっていい構えである。一方の森内は新山崎流、すなわち、居玉で48銀、37桂、36歩、26飛と構えるシンプルな陣形である。この新山崎流は実はかなり優秀で、この分野に詳しい高橋九段によると、新山崎流の出現で、41玉型の横歩取り85飛は激減したのだという。横歩取りにはもっと新型の陣形が沢山あるのに、あえて少し古い、後手が不利といわれる形を選んだのは、羽生に期するものがあったのだろう。

羽生は、この戦形の常道ともいえる、34飛に移行した。先手は65桂と跳ねた。そこで羽生が64歩と催促したとき、82歩と羽生の左側の桂香をとりに行く方針で森内は十分と思われたが、この日の森内は一貫して強気の方針で、53桂左成と、敢えて桂馬と銀の二枚換をした。しかも53角が26飛に当たるので、普通は避けるところだろう。森内は飛車に角が当たっているのを放置して、45銀と打つ手に期待したのである。▲45銀のあと、△35飛、▲54銀、△71角となったとき、ようやく森内は▲82歩と、証文の出し遅れのような手を指した。35飛が動くと角が26飛に当たるのでとても指しにくい手なのだが、敢えて羽生に下駄を預けたのである。

それに対して羽生は85飛と廻った。それは87の金取りなのだが、無視して36飛と角道からかわした。44桂の飛車取りには46飛。そこで羽生は金を取らず、82飛。息詰る攻防である。森内は、検討陣からもったいないと言われた歩の連打で金取を逃れ、羽生の飛車が35にきたとき、待望の43銀成を実現した。すると羽生は当然、45歩と飛車を押さえる。このとき、誰もが飛車を一旦66あたりに逃げるのだと思った。それでも十分との判断である。ただ、88角が残っていて、96歩をついてないので、95桂と打たれると、87金が負担になる。77金には87歩で角が死ぬ。しかし、森内に意表の名手が出た。単に桂馬を44角と食いちぎるのである。すると羽生は当然に同角だが、そこで単に飛車を56に逃げる。44桂を食いちぎったので、飛車の動きに自由度が得られた。

結局、この、一瞬プロでさえも意味が分からなかった名手で飛車が活躍し、26歩から後手の飛車を捕獲し、その飛車を後手陣に打ち下ろすことではっきり先手が有利になった。羽生も然る者、27銀から38銀成とからんでいった。阿久津など錚々たるプロ陣もこれは全く優劣不明になったとつぶやいていたら、森内は38銀成に対して、39銀と、銀捨てで手を稼ぐ、プロなら当然の手が応じた。これではっきり羽生の手負けが確定した。以下は指しただけといってよい。123手目の33金で羽生は投げた。終盤は、私のようなアマチュアにも綾のないことが分かった。羽生ファンの友人と、携帯メールで互いに落胆するメッセージを交換した。

こうして七番勝負が羽生の負けで終わってみると、羽生の敗因は、第2局の矢倉の先番で、短兵急な攻めで拙速に負けてしまったことにあるといえるかもしれない。後手番の勝率がいまいちの森内には、先手番はきっちりブレークしておかなくてはならなかった。

一方、森内は、最後は流れの不利を喧伝されながら、よく耐えて名手を出して勝った。その強さは語り継がれるであろう。しかし、森内が面白いのは、順位戦と名人戦に賭けて、他の棋戦では然したる戦績を挙げていないことである。まるで往年の升田のようであるが、ある意味、自分の将棋の帯域が、全く羽生に及ばないことを知り抜いて、選択と集中を実行したのだろう。

さてこの後の予想。羽生は気を取り直して棋聖は防衛し、王位を広瀬から奪取し、もしかして渡辺の竜王に挑戦するかもしれない。そして三度目の正直で竜王を奪取するかもしれない。

しかし、A級順位戦は、渡辺が優勝するだろう。そして、分のいい森内から、難なく名人位を奪取するだろう。その渡辺から名人を奪えるかどうか、それが羽生の人生の後半の課題になるだろう。信頼できる後手番戦法が横歩取りしかないという、羽生の帯域の翳りが気になるところである。

呼称

user-pic
0

例えば、仮称だが、田中宏という友人がいるとして、その友人を、田中君と呼ぶのか、田中さんと呼ぶのか、宏と呼ぶのか、宏くんと呼ぶのか、ひろちゃんと呼ぶのか、決して非本質的ではない。日本語の複雑な語法において、その呼び方によって、友人関係のニュアンスが全く違ってくるといってもいい。

これが会社となると、さらに厳密になる。私が最初に入った会社では、例えば、木村哲司(仮称)という上司がいるとして、必ず、木村次長とか、木村課長とか役職を下につけて呼ぶものであって、社内慣習として、これを破ることはかなりのご法度であった。一方、目上の者は、目下の者を、女性であれ男性であれ、上田君のように、君付けで呼ぶ。これはきっと普通の日本の会社の一般であろう。

ところが、東京の会社に転職してきて、そこは随分昔からある伝統的な日本企業だったのに、目上、目下関係なく、全て呼称は「さん」付けでいいのであった。少し驚くとともに、そういうリベラルな雰囲気は嫌いでないので、すぐに馴染んだ。ただ、「さん」付けでいいとはいっても強制ではなく、私は一番下っ端だったから、大抵は、君付けで呼ばれていた。

それから、いまも勤務している外資系に転職して、全て呼称が「さん」付けであると聞いても、前の会社の例があるので違和感はなかったが、ここでは、「さん」付けで呼ぶことがほぼ強制であり、それ以外の呼称は避けることを強く勧められる。例外は営業部門で、他社のお客様との関係で、田中部長のように社内でも呼んでいいことになっている。こういう慣習だと、社長も「さん」付けで呼べばいいので、平等意識がてでくる。ただ、そういう平等意識は、所詮呼び方にすぎないと分かるのに時間はあまりかからなかった。

その後、勤務している外資系で、意外にも昇進して外国人、特に米国人と付き合うことになると、カルチャ・ショックを覚えることになった。すなわち、付き合う相手の米国人の名前が、William Howardだったとする。すると、米国人同士ではこの人は、目上・目下関係なく、Billと呼ばれるのであるが、どうしても私からその人をBillと、名前で呼び捨てにするのがためらわれて、Mr. Howardとか、あるいは、少し日本的に、Howard-sanと恐る恐る呼んだ。すると、確かに答えてくれるのだが、どうもぎこちない。特に、Mr. Howardの方は公的な響きがあって、まだしもHoward-sanの方が受けがよかった。

しかし、これが米国人女性だともっとためらう。例えは、私は女性の部下を沢山抱える管理職だったことがあるが、窪田真理子(仮称)という部下がいて、公的であれ私的であれ、真理子、真理子さん、あるいは真理子ちゃんと呼べるだろうか。私的なら、ある程度親しければそれもありかもしれないが、公的に真理子なんて呼べるものではない。その感覚が強いので、仕事で付き合った米国人女性、Jennifer Roth(仮称)に対しても、恐る恐るMs. Rothと呼んでみた。ところが、それがえらいことになってしまった。とても気難しい人だったらしくて、次の日、口をきいてくれなくなったのである。

そこからである、米国人に対して、なるべくファースト・ネームで呼び捨てにするようになったのは。すなわち、Jennifer Rothだと普通、Jenniferあるいは、短くJenと呼ぶ。最初は抵抗があったが、日本人の部下を真理子と呼ぶのとは全く意味が違うのだと割り切って呼ぶようになって、かなり米国人との付き合いが楽になった。

ただ、ファースト・ネームで呼び捨てにする以前から知っている人で、Howard-sanのよう呼び名が確定している関係もあって、向こうも私のことを、姓+sanで呼んでくれる。互いにそれでいいのだから、決めの問題だろう。

それである日、日本で私主催でセミナーをすることになった。そこには米国人、韓国人が参加する。講師が米国人である。そこで、講師の米国人を空港に出迎えにいって、道すがら私が説明したことは、日本における呼び名である。すなわち、君たちは、社長であってもJohnと呼び捨てて平気だが、日本だと下手したらそれやったら、クビになるぞ説明したら、おお?ととても怪訝な反応であった。さらに、君たちは女性を平気でファースト・ネームで呼び捨てにするが、日本だと、部下の女性をそう呼ぶと下手したら、セクシャル・ハラスメントになるぞ、と説明したら、さらに怪訝な顔をしていた。ただ、部下の女性をファースト・ネームで呼んだだけでセクハラで訴えられたという事例なんてしらないので、多分に誇張ではあるが。

その米国人達はとても真面目な性格なので、日本では、私が説明したことをきちんと実行しなくてはならないと誓ったようであった。ただ、直ぐに困った顔をして私のところに相談にきた。すなわち、ネームプレートをみて、どれがファースト・ネームで、どれがファミリー・ネームか分からないというのである。確かに、ローマ字であってもファースト・ネーム+ファミリー・ネームの順になっているとは限らず、その逆もありえる。その見分け方をいちいち説明するのも大変なので、もう女性であっても好きなように呼んでいいと突き放したら、安心したようであった。ただ、あまり米国を離れたことがない人達なので、違和感が強かったようで、米国の友人に電話するのをちらっと盗み聞きしたら、カルチャ・ショックで参っているとこぼしていた。

そして、ディナーでそういう呼称の話をしたら、同席していた韓国人が次のようにいう。すなわち、その韓国人は弁理士なのだが、仮称で金泳一(キム・ヨンイル)という名前だとすると、部下には必ず、金弁理士先生様(キム・ピョンリサ・ソンセンニム)と呼ばせているのだという。すると、前に私の呼称の説明で怪訝がった米国人は、さらにその冗長さにぶったまげたようだった。

あと面白いのは、その米国人をからかうと、わざと怒ったふりをして、私を、ファースト・ネーム+ファミリー・ネームのフルで呼ぶのである。で、そうやってフルで呼ぶというのはどういう文脈なのかと聞いたら、米国では、フルで呼ばれるのは、裁判手続きの本人確認や宣誓、あるいはよほど怒ったときだだけだというので、なるほど面白いと思った。

ところがそれから数年後、複数の中国人と親しくなって、彼ら同士の中国語のやりとりを聞いていると、フル・ネームで呼び合っているのである。例えば、張良だとすると、チェン・リァンとフル・ネームで呼ぶ。呼称にひとかたならぬ興味をもつ私は、なぜフル・ネームで呼ぶのかと聞いたら、張という姓はあまりにも普通なので、識別性がないからだという。ただ、どうも中国語だと、名前がフル・ネームで呼んでも短いからだろう。せいぜい漢字三文字だと、呼称の長さは知れているのである。

全く事情が違うのがインドで、例えば、ナラハンヤラマン・チャクラバーティーなどという名前の人が普通にいる。知り合いのインド人同士の会話を聞いていると、だいたいヒンディー語だったりするので、全く理解できないが、少なくともフル・ネームでは呼んでいなくて、ナラハンヤラマン・チャクラバーティーを、ナラハンと略して呼んだりしている。ちなみに、インド人同士の普通の呼称の慣習はよく分からない。私は、米国の慣習に基づき、ファースト・ネームで呼んでいいかと聞くと、インド人は、ああそれでいいよという。本当はそうでないのだけども外国人のあなただったらそれでいいよ、みたいなニュアンスは感じるが、インド人の慣習の実態はさっぱりわからない。

ということで、呼称1つをとってみても、文化というか慣習は、かくも多様なのであった。

マリア信仰

user-pic
0

柄にもなく、「マリア」吉山登著、清水書院というキリスト教関係の本を眺めていたら、次のような一説があった。

マリアに対しては、他の諸聖人に対する尊敬や愛着以上のものをカソリック信者は抱き、それを信心と呼ぶ理由は、マリアが神からの恵みを御子を通じて、他の諸聖人にはできない有効な取次ぎができるということである。

それらの理由は神学的に論証されるが、その根拠は聖書になければならない。

これをみて、なるほど、神学的議論というのは、ある神学的命題を立てて、それを確立された経典、この場合聖書に従い論証することなのかと理解した。

キリストに罪はないに書いたことに基づく私の理解では、マリアは、高い霊格と霊能力をもち、精霊と交信していたイエスの母にすぎず、普通の人だったというものであるが、すると、そういう普通のお母さんを、カソリック教徒は、どうして持ち上げるのか、という素朴な疑問が生じる。

そこで次に、「マリア」吉山登著、清水書院の次のような記述に注目する。

キリスト教でいう神とは、父と子と精霊という三位一体の神であって、イエスは、その子なる神が、マリアを通して、人間としてこの世に来たのだから、イエスを神の子という場合、父なる神に対していわれていると考えるべきである。父と子と精霊なる神だといっても、三つの神のようにも考えない。
(中略)
しかし、人間であるにもかかわらず、精霊によって神の子を宿したマリアは、人間的には考えられない神の恵みの中にあるから、マリアがどんな聖人とも比較できない崇敬を受けるのは当然である。

なるほど、マリア信仰というよりも寧ろ、マリア崇敬は、キリスト教の三位一体論に基づくようである。すると、マリア崇敬は、批判に晒されがちな、三位一体論を擁護するために、打ち建てられたものだろうか。すると、私の意図を見透かすように、次のような記載がある。

キリスト教が、なぜ、神を三位一体と認めるかは、哲学的解明によって証明することはできない。それは、マリアの子、イエス自身の言葉と啓示として受け止めているのみである。したがって、キリスト教において、イエス=キリストの現実こそ、三位一体なる神の自己啓示と理解するのである。

要するに、三位一体は理屈ではなく、啓示なのであるなら、哲学的議論に晒されたくないということだろう。しかし、啓示であるといいなすことによって、合理的な議論を回避するということは、ニケーア公会議で、なにか別の力関係で議論が進められたということだろう。

この、力で啓示を振り回すのが、その後のキリスト教の堕落の原因なのではないかと、きわめて素朴な感想を抱いた次第である。なんにしても、平凡な女性であるマリアには甚だ迷惑なことなのではないだろうか。

広瀬の穴熊

user-pic
0

私は、なんとか独自の見解をもとうと日々努力しているのだが、それは裏を返せば、ちょっと気を緩めると、あっという間に凡庸に流れてしまうということを意味する。例えば、趣味の将棋をみると、好きな戦法は相矢倉及び対振飛車では居飛車穴熊のような玉を固めて指すものである。自分で振飛車を振ると、四間飛車穴熊だったりする。最近では、ごき中を使ったりしているが、まだしっくりこないものを感じている。こう書いてみると、アマチュア将棋指しで石を投げれば必ず当たるような、きわめてベタなタイプということになる。

そんな私だから、居飛車穴熊、振飛車穴熊、相穴熊と、若い頃から穴熊を多用し、若いうちは勢いもあって、そこそこの戦績を上げてきた。

それなので、去年の王位戦で、広瀬が深浦に挑戦し、穴熊を採用して深浦からタイトルを奪ったときは、注目した。そして、広瀬穴熊の真髄を垣間見たいと願った。

そしてついに、広瀬著の次の2冊が最近あい継いで出版されたので、迷わず買った。

  1. 四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)
  2. 広瀬流四間飛車穴熊勝局集

四間飛車穴熊の急所の方は通読し、広瀬流四間飛車穴熊勝局集の方は数局みただけだが、長年穴熊に馴染んできて、ある程度は分かっているつもりの私の穴熊常識が相当時代遅れというか、杜撰であることを思い知らされた。以下、その訳を書いてみる。

  • 振飛車穴熊に対して、相穴熊のように固め合うだけでなく、私は、船囲いの手間を最小限にして超急戦を仕掛けるのも得意であって、こちらも相手の意表をついて、そこそこ高い勝率を上げてきた。しかし、四間飛車穴熊の急所によると、四間飛車穴熊側が32銀のままで待機し、チャンスをみて45歩で反撃する方法で、基本的に四間飛車穴熊が悪くならない。居飛車側が五分あるいは少し模様が良くなる変化はあるが、穴熊玉が遠く実戦的には居飛車側が勝ちきれない。なんのことはない、私の超急戦が成功してきたのは、相手がヘボすぎただけなのであった。
  • 私は四間飛車穴熊を採用すると、何はともあれ一目散に右側に穴熊に囲い、それからさあどう暴れようかと相手陣を見つめる。そんなナイーブな指し方でも以前は、特に不利にならなかった。多少駒損しても、自陣の固さを頼りに絡んでいくと大抵手になって、一手勝ちになったものである。ところがいつからだろうか、そんなナイーブ穴熊だと、挽回できないくらい不利になることが多くなった。それを私は、単に自分が弱くなったせいだと思っていたが、広瀬の本を読んでやっと分かったのは、一目散穴熊では絶対に良くならないということである。では、現代四間飛車穴熊はどうするかというと、相手が左美濃の場合、先手番だとして早めに46歩、36歩を突き、47金と上がって、38飛をみせる。こうしないと絶対によくならないのだという。
  • ところが、左美濃側も然る者、44歩突かないで角道を通したままで待機する。すると、四間飛車穴熊は、65歩と角道をあけて66銀の好形に組めないので、手をつくりにくい。だからこその46歩、36歩、47金の構えなのである。そうやって38飛と回り、四間飛車穴熊は、なんとか44歩を突かせようとする。居飛車側は、44歩を突かないで、72飛と回って、75歩で一歩をもとうとする。この居飛車側の作戦は巧妙で、四間飛車穴熊が悪くなる変化が多い。広瀬も、左美濃が一番嫌で勝率も一番よくないという。プロがそんなことを告白していいのか。それとも、広瀬なりの秘策があるのか。きっと後者なのだろう。
  • ところで穴熊というと私は、アマチュア界の穴熊の雄、美馬和夫氏に憧れてきた。クマれば勝ちの標語は、一時、アマチュア将棋界を風靡した。そんな美馬和夫氏の作戦は、ペタペタと自陣に金駒を埋めて、穴熊玉を見えなくする。そしても相手に戦意喪失させる。
  • ところが、広瀬の実戦譜を並べてみると、質の違いに愕然とする。序盤から一手一手があまりに微細なのである。まるで、相懸の手将棋のような細かい配慮で、わずかな優勢を拡大していく。相手もプロなので、終盤の一口でも形勢は微差である。そんなとき、自陣に金駒を入れて様子をみると、アマチュアだったら、よっ、鍛えが入った手だね、と賞賛される。しかし広瀬は、そんな無駄な手は指さず、あくまでもぎりぎりの一手勝ちを目指す。そのためには微妙な即詰みも読みきらなくてはならないが、実は広瀬は、宮田と並んで、プロ棋士の中でも、詰将棋回答能力がトップクラスなのであった。細かい詰みが読めないから、ゼットの形の穴熊にしておくという、根性のない棋士とは一線を画する。

こうして広瀬の本を読んで、穴熊で戦うコツが分かったかというと、真逆である。寧ろ、大まかなはずの穴熊が、なんと微細な手順と読みの力を要するのだろうと、穴熊を指す自信がなくなってしまった。

とはいえ私には、代わりに自信をもって指せる戦法は多くない。よって相手も所詮アマチュアだと高を括って開き直って穴熊を指すとしよう。ただ最近の若手は、この広瀬の本であれなんであれ、よく勉強しているんだよな、これが。

おっとそういえば、その広瀬王位に、あの羽生が挑戦するのだった。羽生としては、広瀬の「庭」の相穴熊で、広瀬を負かしたいところだろう。そういう気持ちの余裕が、今の羽生にはあるような気がする。

音楽家は、あるレベル以上になると絶対音感があるのだという。すなわち、ある音程のラの音というのが頭にあるので、それを基準に音をあわせられる。例えば、ギターだとフレットというものがあるので、そこを指で押さえて爪弾けば、設定した音が出る。よって正しく音程をあわせてあれば、絶対音感はなくてもなんとか弾ける。しかし、バイオリンだと、フレットに相当するものはなくて、奏者の絶対音感が頼りである。そうはいっても、ギターの音あわせにも基準が必要である。よって、ギター初心者の私は、ラの音に相当するうなりを上げる音叉を使って弦を調整していた。具体的には、第5弦がラの音に対応するので、音叉を何かで叩いて振動させ、弦に当てる。もし正しく調律されていると、共鳴現象で、音叉の唸り音が増幅される、という次第である。

おっと話は、絶対音感でなくて、カロリーの絶対感覚のことである。今でこそ体重70キロ前後を維持しているが、一年前はなんと体重は85キロもあった。そのあたりの経緯は、ダイエットに書いたが、一年前はなんと、毎朝のように、会社で、ドーナツを貪るように食べていた。朝食を摂っているのに、である。すなわち、食べたいと思ったら当時、我慢できなかった。

ところが、土日にヨーグルトと野菜ジュースだけですごして体重を減らしていくと、次第に、動物本来備わっているであろう、カロリーの絶対感覚が甦ってきた。どういうことかというと、ある程度カロリーを摂ると、もういいと体が自動的に拒否するのである。だから最近では、パンを食べはじめて、半分残すこともある。カロリーが基準量を越えたと、体が指示している。本当はカロリーではなく血中の糖分濃度かもしれないが、詳しいことはわからない。

なぜカロリーの絶対感覚が動物本来備わっている能力だと思うかというと、飼っている猫を見ていての観察である。すなわち、飼い猫のトラは、飼い始めてから、決して肥満になったことがなく、必要なだけしか食べない。だからそれが本来の動物の姿だと思った次第である。

ところが、特に野良猫で、異様に肥満した猫を見かける。すると、特定の状況では、動物も、カロリーの絶対感覚が狂ってしまうようである。ストレスなのか、それとも、次に餌にいつありつけるか分からないが故の食い溜めなのか、分からないが。

だから人間も、おそらくストレス、あるいは資本主義の欲望鼓吹機構により、過食に陥っているようである。美食に耽溺し、それでいて太りそうになるとダイエットするなんてマッチポンプもいいところだが、マッチポンプで消費を煽るのもまた資本主義の性なのであった。

そうやって食べ物でカロリーの絶対感覚を折角確立したのに、制御が利かないのが飲酒である。頻度は高くないが、飲み始めると、飲酒量の絶対感覚を忘れて、正体不明になるまで飲みたいという誘惑に駆られる。だから、一緒に酒を飲んでいて、ああ今日は十分飲んだ、もうここらあたりで切り上げようといわれると、酔った私は、いやもう一本とつい言うのだが、そこできちんと収束させられる人の自制心には本当に感心する。飲酒も絶対感覚を身につけて楽しく飲みたいものだと思うのだが、それは全然達成されていない。

あと、絶対感覚が壊れている分野として、本を買うことがある。そこでの壊れ方は二次元なのであって、すなわち、一方で、既に読みきれない量の本をもっていながら、これでもかと追加で本を買い貯めてしまう。それが第一の次元である。第二の次元は、一生かかっても絶対理解できないような抽象数学や理論物理、あるいは変わった語学の本を平然と買ってしまうことである。

ただ、もしかして、岸田秀流にいうなら、人間は本能が壊れているので、どこかで過剰を抱えておくことが必須なのかもしれない。それが私の場合典型的に本を買い集めることで、それで私の他の過剰が噴出しないで宥められているなら、本の値段も安いものか、と思うことにする。

仏教でいう悟りを開くとはおそらく、物欲、性欲などすべての煩悩において、限度の絶対感覚を身につけることなのだろう。そう解釈すると、物欲や性欲などの煩悩も完全に絶つのではなくて、妥当な範囲ならいいという、中庸の精神が悟りということになるが、悟りというものはそんな緩い基準なのだろうか。なんとなく道元先生に叱られそうな気がする。

ともかく、飲酒の絶対感覚、これが目下の喫緊なのであった。

昔、学生運動が盛んだったころ、有名なやりとりがある。すなわち、教授を学生が吊し上げて、「お前は専門馬鹿だ。」となじったところ、それに応えた教授が、「俺は専門馬鹿だが、お前らはただの馬鹿だ。」とやり返した。

すると、馬鹿というのは、専門馬鹿と、ただの馬鹿で尽きるのだろうか。すると、何を馬鹿なことを言う、と言われるだろう。そこで、乏しい想像力を駆使して、馬鹿の分類論を展開してみる。どうせ、こんなことは既に誰かが考えているに違いないので、車輪を発明することになるのだが、それもよしである。

さて、ソクラテス風に議論を進めるとこんな感じか。

- ユーダモス、君は今、人間はみんな馬鹿だといったね。

- はい、ソクラテス、確かにそう言いました。

- でも、馬鹿というとき、それは、何について馬鹿なんだろうね。

- それはですね、先ず知識、そして判断力です。

- おお、それは卓見だね。ゼウスだってそう答えそうなものだ、ユーダモス。

ソクラテスというか、プラトンのふりをするのはとても疲れるので、元に戻す。そこで、ユーダモスの言うように、馬鹿かどうかの基準を、知識と判断力におくと、次のような判断基準になる。

  • 知識が広いか
  • 知識が深いか
  • 判断が適切か

これらがすべて完璧であるなら、決して馬鹿と呼ばれることはないと、ソクラテスは言うであろう。しかし、そう呼ばれ得るのは神だけであるとも付け加えるだろう。

そこで、自己認識という要素を導入する。すなわち、知識が広いかと問うとき、自分はどの範囲までは知っているかの自己認識があり、知識が深いかと問うとき、自分はどの深さでは知っているかの自己認識があり、判断が適切か深いかと問うとき、自分は判断まで適切にできるかの自己認識があるはずである。

その自己認識の範囲で、知識を適切に発揮し判断でき、その自己認識から外れたとき、適切にエポケー(判断停止)できるとき、人間としては馬鹿でない、と言っていいのではないだろうか。いや、それが人間として達しえる最高の知性である。

それより劣るのは、知識の広さと深さの自己認識が正しくて、判断を誤る場合である。これは、専門馬鹿に該当するといえる。しかしそれは、知識そのものも怪しいのではないかとソクラテスは問うだろう。

最も劣るのは、知識の広さと深さの自己認識が間違えていて、判断も誤る場合である。これは、ただの馬鹿に該当するといえる。しかし、大抵の人類がここに該当するのではないだろうか。

こうして、専門馬鹿は、ただの馬鹿よりましであることが分かった。あまりにも自明か。

そういえば、馬鹿については既に、こちらに粗いながら分類を与えていて、本稿は、屋上屋であった。

秀才の分類

user-pic
0

試験秀才で、秀才の分類論を試みたが、あまりにも粗い内容なので、補足の必要性を感じた。そこで、蛇足かもしれないが、さらに秀才の分類論を押し進めてみる。

先ず、クリアーカットのダイコトミーから入る。すなわち、世間の人は、秀才と非秀才に分けられる。なんと無茶苦茶な分け方だ、乱暴な、と自分でさえも書きながらそう思っている。ただ、そうやってダイコトミーを是認しないと話が始まらない。

すると、秀才であるための条件は何かというと、頭を使うことに苦手意識がないということである。それはしかし、必要条件に過ぎず、十分条件まで挙げようとすると、知的体力、知的忍耐力、退屈力などが必要になる。すなわち、知的体力、知的忍耐力、退屈力がないと、どんな素晴らしいことを考えても、それは打ち上げ花火に終わる。やはり、秀才と呼ばれるためには最低限、打ち上げ花火でなく、成果という人工衛星を軌道に乗せなくてはならない。例えば、天下の難関試験に受かる、論文を書いて博士号をとる、などである。

知的体力、知的忍耐力、退屈力は、修練によって鍛えることができるが、やはりある程度天性である。すると、頭を使うことは好きなのだが、いまいちそれが目にみえる成果にならない人達がいる。私の愛読書の一つであるハマトンの「知的生活」では、市井でひっそりと生きている人で、物事をいきいきと考えられる人がいて、そういう人はそれなりに意味があるのだ、と書かれている。線が太い秀才になれなかった私は、そういうハマトンの言葉に安らぎと諦めを見出した。それで、数楽者に甘んじている次第である。

すなわち、私は非秀才に属すると思っているし、秀才と呼ぶからには、エレガントでなくてもいいので、何か頭の力強さを感じたいのである。

こういう前提とはいえない前提の下に、

試験秀才で論じた、超秀才、秀才、反秀才を再定義することにする。

ここで持ち出すのは、おそらくトマス・クーンが正しく定義するところのパラダイムである。そのパラダイムを使うなら、超秀才とは、パラダイムの発展者、あるいは修正者である。同様に、秀才はパラダイムのユーザーであり、反秀才は、パラダイムの破壊者あるいは生産者である。

以上の前提の下に、いくつかの命題を述べてみる。

  1. 非秀才は、パラダイムのユーザーに達していない。ただ、パラダイムを愛するだけの愛知者であっても構わない。それでも、世間で地の塩たりえるだろう。
  2. 超秀才も、反秀才も、官僚には向かない。枠からはみ出てしまうのである。だから、超秀才である野口悠紀雄も高橋洋一も、よき官僚としてキャリアをまっとうしなかった。反秀才はそもそも、官僚なんか目指さない。
  3. 単なる秀才こそが、よき官僚の温床である。単なる秀才のうちの受験秀才が依然としてよき官僚たりえるかどうか、諸説あって定説はない。能面ビー玉は、その一つの試論である。ともかく、私の基準では、単なる秀才をエリートと呼びたくないのだが、それはやっかみ以外の何物でもなくて、相手にされないだろう。
  4. 天才は、超秀才の部分集合と、反秀才の部分集合の合弁である。
  5. すなわち、超秀才である天才は、既存のパラダイムを改良していって、何かを突き抜ける。物理学者のウィッテンがそうであろう。ディラックもそうかもしれない。超秀才である天才は、人並みの世間知も備えているので、無事に世渡りする。結婚でケチがついたが、将棋の羽生もとりあえず、そうであろう。
  6. 反秀才の天才はおそらく、例えば、アインシュタインとニコラ・テスラを含む。提出する概念が新しすぎて、社会になかなか受け入れられない。反秀才の天才は、庇護者がいないとドロップアウトして、悲惨な人生を送る可能性もある。なにしろ社会適応能力が低い。囲碁の藤沢秀行など、そうであろうか。
  7. 見かけ上あまり波乱のない人生であることからして、南部陽一郎はきっと、表面的には、超秀才である天才に分類されるのであろう。しかしなぜか猛然と、南部陽一郎は是非とも反秀才の天才に分類したくなる。

命題の妥当性はともかくとして、これで秀才論に少し厚みが与えられたと思うのだが、どうだろうか。

先日ある機会で、久々に旧知の弁理士に出会った。私はその弁理士をパワフルな仕事ぶりで昔から尊敬しているのであるが、次のステートメントには流石に驚天動地した。すなわち、特許の意見書を月60件処理する、というのである。

そこで私は、別の人が処理した意見書の内容をチェックするような立場なのかと聞いてみたら、そうではなくて、本当に自分で処理するのだという。それでいよいよ感心してしまった。

前にも書いたが私は、特許の仕事の処理件数に関しては、まあまあのレベルだと自負している。若い頃は上司に、君は件数はいいから、もっと一件一件をきちんとやりなさいと注意されていた。その上司は、そのことがよほど頭に残っているらしく、いまだに、ときどき会うと、ちっとはまともな仕事をやっているのか、どうせろくなもんではないだろうとからかわれて、反論できないでいる。

ともかく、若い頃は、馬力にまかせて、年120件は意見書を処理していた。外資系なのでほとんどは外内の優先権出願で、上司の受けはよくなかったかもしれないが、きちんと米国対応出願の補正クレーム程度に請求項を維持して、7~8割の特許率は維持していたのだから、まあまあの仕事なんだろうと自負していた。年120件でも、同僚からは件数で驚かれていたので、月60件と聞くと、世間には上には上がいる、と改めて恐れ入るのである。

意見書の仕事で印象に残っているものを挙げると、やはり外内で、審判段階から私が引き継いだ件があった。もともとの英文明細書が記述が短すぎて記載が明らかに不足しているだけなく、英語の翻訳も悪い。ほとんど二重苦のような内容だが、一応重要発明ということで、審判で頑張っていた。ところが、もともと最初に意見書を処理した人の対応もよくなくて、なんと審判段階で、もともとの明細書本文よりも長い25ページもの拒絶理由通知を受けた。進歩性というよりも、記載不備なのであるが、たしか30箇所くらいいちいち記載不備が指摘されていて、今更明細書の補正が許されるわけもないから、ともかく意見書で、この内容でいいのだという理由付けを必死でする。また、特許請求の範囲は、なんとか妥当な記載に減縮する。そんな対応をしていたら、意見書1件でなんと三週間もかかってしまった。拒絶審決覚悟の意見書だったが、幸いにも再度拒絶理由通知をもらえ、それにも1週間かけて応答すると、ほとんど奇跡的に認容審決がもらえたのは嬉しくてたまらなかった。こういう難儀なのもあるので、意見書で件数を稼ぐ道も険しいのである。

特許関連で、意見書以外の代表的な仕事として、明細書書きがある。これについては別の件数神話を、関西在住の、これまた私がスキルを尊敬する弁理士から聞いたことがある。すなわち、その弁理士の書く特許明細書が練達なので、つい私は、どうやって修行されたのですかと聞いた。すると、その方が答えていうには、弁理士試験に合格後ある特許事務所に見習いで入ったとき、非常に厳しい特許事務所でなんと年間100件の特許明細書を書かされたという。年間100件というと、特許実務に詳しくない人はどうってことないと思うかもしれないが、1年を50週として、週2件、これは相当きつい。私の経験では、確かに3日で書けるものもなくはない。しかし、まるまる1ヶ月かかる難解ものもある。私がそのスキルを尊敬する別の弁理士は、徹夜を織り交ぜて月10件特許明細書を書いたが、本人いわく、似たような技術分野のものばかりなのでなんとかなったがそれでも到底続けられるペースではなかった。緊急事態だった、と告白する。だから、月10件弱のペースを一年間コンスタントに続けて、年間100件の特許明細書を書くことがいかに大変か、分かる。

その年間100件の特許明細書を書かされた弁理士がどうなったかというと、案の定、ストレスで病気になったという。なんでも、背中に腫れ物のようなものができて、ノイローゼ状態になり、結局、その特許事務所は辞めてしまったという。ただ、今の不況では、年間100件特許明細書を書こうにも、なかなか仕事がそこまでないかもしれないという別の悩みがあるかもしれない。極端なことをいうと、特許事務所業界は、餓死か、しからずんば過労死かという熾烈な戦場なのだろうか。まさか原発の現場労働でもあるまいに。

そういう私はというと、昨年、25件の特許明細書を書き、それが私個人では年間最大件数記録であるが、流石にこの程度だと、特許事務所の弁理士先生からは一顧だにされないだろう。研究所由来の発明なので、個人的には発明の内容理解や特許明細書の構成に随分苦労したものばかりなのであるが、月60件の意見書処理という猛者を知ってしまうと、私の実績なんてほとんど語るに値しないものとなってしまった。

ともかくも、世間にいかに猛者がいようとも、私としては平凡な努力を重ねて、できることをやっていくだけである。

インターネットで検索しているときたまたま、リチャード・コシミズという名前に出会った。ベンジャミン・フルフォードのような外国人または日系二世かと思ったら、どうも普通の日本人のようである。3.11の東日本大震災を陰謀だと書いているので、どういう趣旨なのだろうと興味をもった。そこで、「3.11同時多発人工地震テロ」という彼の自費出版の本をアマゾンで買って、読んでみた。以下、私なりに要約してみる。

まず、3.11の地震は、地震兵器によって引き起こされたものである、という趣旨から始まる。それ自体、私も地震兵器に書いたので、真偽はともかく、違和感はない。

どうやって起されたものかというと、小型水爆を用いる。すなわち、海底の断層付近に潜水艦あるいは、海底穿孔船で小型水爆を設置して爆発させる。すると、地震が誘発される、というものである。軍事の世界では、実験レベルでは地震兵器は確立された技術であるという。ちなみに、HAARPは、地震兵器にはなりえないというが、ニコラ・テスラの伝記には、実際に低周波電磁波でニューヨークで地震を引き起こした記述がある。だから、HAARPの線も完全に捨て去れないとは思う。

一体誰が仕組んだのかというと、ロックフェラーと、ユダヤ系の組織だという。ここらあたり、ベンジャミン・フルフォードとかなり同期するが、二人の間にどれほどの関係があるか不明である。ただ、あまりにユダヤ系が言及されすぎるので、却って引く面はある。

それでは、このようなテロの意図はなんなのかというと、ベンジャミン・フルフォードも指摘する、人口削減計画であり、米国の相対的優位の回復である。日本を痛めつけて、利用するという意図もある。

3.11が人工地震であるということの傍証は、その現象の異様性にある。すなわち、あまりにも広範囲で同時多発なのである。しかも、余震の頻度が高すぎる。だから、地震学の限界に書いたように、地震学者も説明に困っている。分からないけど、密かに人工地震に興味を示している地震学者もいるのではないか。

さて、小型水爆といっても、原爆を補助につかう、いわゆるダーティな水爆と、レーザービームだけを使うクリーンな水爆とがある。威力の点で、クリーンな水爆は十分ではないので、海底に配置された小型水爆は、ダーティな水爆だったろうという。ところが、ダーティな水爆は、放射性物質が多量に残留するという問題あり、海水の成分を検査したら、怪訝に思われてしまう。そこで、一味が仕組んだのは、原発事故である。すなわち、リチャード・コシズミ氏が指摘するところによると、地震の後、福島第一原発の被害は大したことはなかった。しかし、予め仕掛けたクリーンな水爆で事故を偽装し、汚染した海水を垂れ流すことで、日本の国際的評判をおとしめるとともに、もっと重要なことに、海水中の放射性物質の濃度を高め、人工地震を引き起こした小型水爆による放射能汚染をカムフラージーュしたというのだが、ここまでシナリオを聞くと、ちょっと出来すぎのような気もする。

ただ、福島第一原発の付近の放射能レベルについては、それが事故当初から大したレベルではないというのは、副島隆彦氏が、ブログで述べていた。すなわち、副島氏とスタッフは、事故の後しばらくは立ち入り禁止でなかったので、線量計をもって、福島第一原発付近の放射線レベルを測定したところ、許容量とあまり変わらなく、その後20キロ圏を立ち入り禁止にしたのは別の理由があるのではないかと推察している。例えば、20キロ圏を使用済み核燃料の埋設場所にするなどである。ともかく、そこにも政府の不透明な策略が窺われる。

戻って、リチャード・コシミズ氏は、計画停電の不自然さにも言及する。確かに、今にして思えば、どうしてあのような形で計画停電しなくてはならなかったのか理解に苦しむ。あまりにも準備がなく唐突だったからである。それをリチャード・コシミズ氏は、クリーンな水爆のためだという。なんということだと、当然に質問したくなるのだが、初期の地震に引き続いて、混乱を拡大するために、陰謀グループは、あちこちでクリーンな水爆を地下に埋めて、直下型地震や火山の爆発を引き起こそうとしたのだという。ところが、クリーンな水爆は、大容量のレーザービームを使うので、莫大な電力を要する。よって、それをまかなうために地域限定で計画停電したという次第である。すると確かに、リチャード・コシミズ氏が指摘するように、余震はきまって、計画停電した地域で起こっていたような気もする。

このような各所でのクリーンな水爆の使用は、福島第一原発から遠く離れた場所での放射性物質の存在をも説明する。どう考えても、神奈川県や静岡県のお茶の放射線汚染被害が、福島第一原発由来とは思えないのである。何度もいうが、広島の原爆は、たった30キロしか離れていない呉市に対してもほとんど影響を与えなかった。福島第一原発の事故は、思い切り爆発した原爆よりもすごいのだろうか。それなら少なくとも福島第一原発の従業員全員が即死程度でなくてはならないだろう。

リチャード・コシミズ氏の論説を陰謀論として切り捨てるのはたやすい。しかし、その論説に対して、よい合理的な代替の説明がないのも確かなのである。そういう場合私は仮に信じて、自分なりに思索してみるのである。なにしろ、3.11は、9.11とはまた違った意味で、突っ込みどころ満載なのであった。

ところで、最初の内容で、恥ずかしながら、リチャード・コシミズがリチャード・コシズミとなっていたので、今更訂正した。これは決してクレヨンしんちゃんの、ハイレグをハイグレとわざと言い間違えるギャグではなくて、うっかりであった。

ダイヤモンド・オンラインによると、メールの返信は、対応が早いだけで2割増しの評価を得られると考えていい、とある。それを見て得たり、と思った。私がいままで心がけてやってきたことだからである。

そこで、私が今までやってきたメール返信に関する方策を書いてみる。

  1. 先ず一番重要なのは、メール返信の早さもともかくとして、見落とさないことである。そのため、特に管理職時代、to doノートというのを作成した。なぜなら、当時は、一日に30~50通もメールが来るので、頭のキャッシュ・メモリだけでは到底対応できない。そこで、メールを開いて、対応すべきことを、期限付きでto doノートに書き込んでいった。使うのは単に黒ボールペンだけで、妙な技巧は凝らさない。殴り書きでいいのだが、あまり汚いと自分でも読めなくなるので、最低限丁寧に書く。完了すると、黒ボールペンで、塗りつぶすように取り消し線を入れる。
  2. メールを見るのは、原則的に着順である。とても地位が高い人から来ようと、派遣社員の人から来ようと、あまり区別しない。例外は、とても地位が高い人からの、"VERY URGENT"のような緊急フラグのあるメールである。
  3. メールを開くと、基本的に、即答できれば、その場で返事する。即答できない場合でも、例えば明日中に返事するとか書いて、その旨、要件と期限をto doに書く。
  4. 難しい案件の場合は、自分でできそうかどうか判断して、そうならば、いつまでに処理したらいいのか、メールで聞く。自分で回答できそうもない場合は、誰それに聞いてくれと返事するのではなく、自分で、適切な人に質問を転送して、送信者はCCに入れる。
  5. さらに私として重要なのは、頻繁にメールボックスを見張ることである。例えば、10分に一回メールボックスをみて、新着メールがあると、直ぐに開く。そうやって即答すると、素晴らしく返事が早いと感動してもらえることがある。感動されなくても、少なくとも悪くは思われない。
  6. またさらに、私にとって本質的なのは、会社だけでなく、自宅いても、土日や休日であっても、暇さえあれば、メールボックスを見張ることである。

その結果、私は何を得ただろうか。高い地位と評価? とんでもない。得たものは、外国の担当者を含む、いろいろな担当者からのいささかの信頼と、知名度である。今は最早違うが、当時は、私が、海外の担当部門に対して、圧倒的に知名度が高かったはずである。

ただ、それが何だったんだろうか。逆に、メールの早い返事に徹したことで失ったものもある。例えば、帰宅後も土日も常時メールを見ているということになると、家族サービスもなにもあったものではない。だから当然にメール監視の手も緩めるよりないのであるが、それでも、仕事しすぎだと、家族の評判は散々であった。

また、メールに対するクイックな返事を心がけると、副作用として、思考の波長が短くなって、ものごとを深くじっくり考えられなくなる。ネット・バカに書いたような症状である。これは明らかに、本の読めなさにも本質的に寄与している。

さらなる弊害として、メールに対するクイックな返事は、次なる仕事を呼び込む。あいつに聞けば直ぐやってくれるという評判が立って、磁石が鉄粉を吸い寄せるように仕事がやってくる。それで、仕事の早いことを自負する私も、仕事が押し寄せて、ほとんど崩壊しそうになったことがあった。

こう書くと、早いメール返信ってどうよ、収支で損ではないか、ということになる。そうなのかもしれないが、私はとしては、トータルでみて、遅いメール返信の方策よりも会社に貢献したと信じている。今でも私を頼ってくれる若干の人々がその根拠である。それが地位や給与などの実利に全く貢献してないように見えても、それは何ほどかの厚みになっているというのが、囲碁から得た教訓である。確定地ではなく厚みはあてにならないというのも囲碁から得た教訓であるが、それでいいのだ、天才バカボンなのであった。

前回、ヤマブシダケをゲテモノ扱いしてしまったが、本来は中華料理の由緒正しい食材なので、あれではヤマブシダケに申し訳ないと思った。そこで、まだ袋には乾しヤマブシダケが残っているので、再挑戦することにした。

どうヤマブシダケに活躍してもらおうかと思案したところ、やはり中華風にするのがよいのではと思った。しかし、私の中華のメニューは、片手どころか指二本でも足りるくらいである。そこで数少ないメニューから、青椒肉絲風することにした。

そこで、ピーマンと、豚肉のバラと、ニンニクと、筍を買ってきた。筍は細切りするのが面倒なので、予め切ってある水煮のものを買った。

さて問題はヤマブシダケに対してどう折り合いをつけるかであるが、ともかくも乾しヤマブシダケなので、水でもどさなくてはならない。すると当然のように茶色の汁が出るので、これはありがたく飲んだ。今回の工夫は、前回よりも長時間水に浸したことである。これによって、ヤマブシダケを切りやすくした。ただ、その反面、臭みが下がって独特の個性が減ったような気もした。

前回より柔らかくなったヤマブシダケを、今回は、なるべく小さく切った。しかし、流石ヤマブシダケである。小さく刻まれても自己主張は強い。

そして、ピーマンと、豚肉のバラを細切りにした。ニンニクは、4片くらい、みじん切りにした。フライパンにサラダ油をひいて、豚肉と筍を先ず炒めた。十分炒めたら、ピーマンとニンニクとヤマブシダケである。そこで青椒肉絲風の味付けはなんと、焼肉のタレ。これは先日テレビで見ているとき、ある料理研究家が、中華の味付けは意外に焼肉のタレがいいと言っていたのを思い出したからである。

こうして、炒めながら焼肉のタレをからませると、ヤマブシダケ入り青椒肉絲の完成である。あえて格好つけると、青椒猴頭肉絲とでもいうのだろうか。

食べてみると、そこそこいける。ヤマブシダケの違和感はあまりないが、逆に言うと、ヤマブシダケの個性をニンニクと焼肉のタレで押さえつけてしまったのかもしれない。ただ、ヤマブシダケを噛んだときの触感は、たしかに、らしさが出ている。

もう少しだけ乾しヤマブシダケが残っているので、次は、煮付けか、中華風スープに入れることを考えてみる。しかし、これは所詮アマチュアというか料理初心者の思いつきなのだが、プロはヤマブシダケをどう使うのだろうかと、将棋の癖で、プロの感覚なるものを期待してみるのであった。

寡黙な嗜好

user-pic
0

寡黙な嗜好とは一体何のことを言おうとしているのか、説明を要する。具体例を挙げると明らかである。

先日、囲碁将棋チャンネルを見ていたら、随分古い番組の再放送だと思うのだが、佐藤紳哉四段(当時)とのトークで、佐藤紳哉が、なぜ将棋のプロになったのかというお決まりの質問に対して、「囲碁も教えられたんですけど、なんか曖昧でどう打っていいか分からなくて、それで将棋の方を選びました。目標があってわかりやすいですから。」と回答していた。

これ自体、ありきたりの回答であるが、ふと面白いと思ったのは、囲碁将棋チャンネルであるから当然に囲碁棋士のトークもあって、同様の質問がなされるのだが、今まで一度も、将棋との比較で、結局囲碁を選んだ、という説明を聞いたことがないことである。

それは以前聞いた物理学者の湯川秀樹の話にもつながる。すなわち、湯川秀樹はその自伝で、最初何を専攻しようか迷って、数学の方も考えてみたが、数学は規則として記憶することが多くて、なんとなく人工的なので、物理の方を選んだというような意味のコメントがあったような気がする。

一方で数学者で、理論物理と数学で迷って、理論物理のこういう点がしっくりこないので、数学にした、みたいなコメントを聞いたことがない。

そこで寡黙な嗜好に戻る。囲碁と将棋、理論物理と数学のように、キャリアとして、ある素質の人が二者択一しそうな場面で、一方に進むことは、他方に進むよりもより、理由付けについて寡黙である、という状況は沢山あると思う。すなわち、囲碁と将棋では囲碁の方が寡黙な嗜好であり、理論物理と数学では数学の方が寡黙な嗜好である。

これを考えてみると、実はその理由は自明であって、囲碁と将棋では、囲碁の方がはるかにつぶしがききやすい。そのあたりの事情は、囲碁界に書いた。理論物理と数学だって、もし一流になれないとしたら、数学の教師の方が物理の教師よりもはるかになりやすい。募集人員の数が違いすぎる。

そんな社会的な圧力が、キャリアの選択にあたって、学生や子供に、いろいろと言い訳を言わせているのだろうか。いやもっと普通に、囲碁より将棋の方がこの点で面白いと純粋に感想を述べているだけではないか、それにしても、嗜好コメントの饒舌度の違いはなんだろうと、かなりどうでもいい命題に悩んでしまうのであった。まさかその寡黙度が、いわゆる職業の位階につながるのだろうか。やはりそうなんだろうなあ、当たり前か。

私はもう、なんのかんのといいながら、ここ4年で2000件以上ブログを書いていることから分かるように文章を書くことが好きである。そういうと、じゃ、本でも出したらと言ってくれる人もいるが、このプログがどうみても一般受けするものではないことから分かるように、到底売れるとは思えない。しかも本を作ると結構な費用がかかるので赤字必至である。それで、ブログで、世間の人に読んで戴くことで満足している。

一方私は、大学受験勉強していたとき、英語が唯一の得意科目だった。といいつつ、その英語でも、全国模試で偏差値がせいぜい60レベルだったのだから、有名進学校の人からみたら、嗤われる程度のものである。

ただ、文章を書くのが好きということと英語を組み合わせると、必然的に翻訳に行き着く。それで、サラリーマンになってから、通信教育や本を読んだりして、こつこつと翻訳のスキルを磨いた。

今勤務している外資系の採用に応募したのも、そういう翻訳好きの面が大きい。すなわち、採用面接で、「うちに入ってもらったら、当分は地味な翻訳をやってもらいますよ、それでもいいですか。」と聞かれたとき、「はい、望むところです。もし、他の仕事ができないで、ずっと翻訳で終わっても構いません。」と、生意気な私にしては随分謙虚な応答をしたのだが、その応答がよかったのか、何とか採用された。

それで入社してみて、結構難解な翻訳に苦労した。なにしろ、結構複雑な技術の英語特許明細書をこつこつと翻訳するのであるが、最初は慣れないので、月せいぜい70ページ程度しか翻訳できなかった。

しかし、好きこそものの上手なれで、ある程度適性があったのか、月120ページはコンスタントに翻訳できるようになった。最初は硬いねと言われていた日本語も、結構読みやすいねとときどき誉めてもらえるようになった。

結局、通算で、5000ページくらい翻訳しただろうか。それくらい翻訳してやっとわかったことは。翻訳というのは、写像である、ということである。すなわち、初心者の頃は、単語を一字一句対応する英和辞典の用語にあわせて置き換えていく。しかし、それではぎこちない日本語にしかならない。そこで私がとった方法は、頭の中に、日本語の表現や文体の豊富なプールを用意しておく。そして、英語の文章を読んで意味が理解できたら、適合する文体や表現を、日本語のプールに探しにいって、見つかったら、細かいニュアンスの差異に目をつむりつつ、置き換える。そうすると、かなり自然な日本語になる。ただ、どうしても英語の意味が不明な場合とか、適当な日本語がみつからない場合は、ぎこちない日本語になる。それは仕方ない。

そうやって、いっぱしの翻訳のプロ(といっても、特許の英和だけで、文芸なんて無理だが)になったつもりで、ある哲学を勉強している人にその翻訳写像理論を話したら、哲学書などの学術書では、翻訳写像理論はまずいという。そんなことをしたら、原文の微妙なニュアンスを損なって、台無しだという。なるほど、と哲学書など翻訳したことがないので、妙に納得した。

そう思ってヘーゲルの翻訳書を読むと、確かに、普通でない言い回しで溢れている。例えば、「世界を企投して」などという表現が出てくるが、これだけでは意味不明であるが、きっとヘーゲル研究者の間では共有されているに違いない。

ただ、その意味不明なヘーゲルの翻訳書であるが、長谷川 宏氏の新訳を眺めてみたところ、妙に読みやすい(だから、意味が理解しやすいというのは違うけれども)。

すると、と私は思った。哲学書の翻訳であっても、もしかして、翻訳写像理論がかなり使えるのではないのか、と。実際、ドイツ語のヘーゲルの原書は、もしかして普通のドイツ語の単語だけで書かれているのかもしれない。例えば、ヘーゲルの用語で、止揚とか揚棄とかいう特殊な用語があるが、これはドイツ語ではaufhebenで普通の単語である。

だから、長谷川 宏氏の新訳のように、かなり自然な日本語のヘーゲルというのは、案外実態に即しているということもありえる。

一方で、明治の先達がしたように、ドイツ語なりフランス語の原文があったとき、訳語がないものだから、必死で既存の漢語を駆使し、あるいは新漢語を合成して意味をあてつつ、翻訳文をつくっていく、という試みもあったわけで、そういう試みが今も全く不要かというと、特にコンピュータ関係のカナ表記の横溢をみると、ちっとは気の利いた訳語を考えろよなと思わないでもない。ただ、オブジェクト指向言語のメソッドを、目的指向言語の方法では意味わからないわけで、やはり翻訳は難しいのであった。

こうして書いてみると、結局、私の翻訳論なるものは、極めて稚拙なレベルに留まっていることが分かった。書くことは恥ずかしいことだと改めて思った次第。

モラハラ男

user-pic
0

Menjoy!の記事にモラハラ男についての記述があったので、引用しつつコメントしてみる。

モラルハラスメント(以下略モラハラ)という言葉は知っているでしょうか。モラハラは、パワハラやDVのように直接的な攻撃はなくても、間接的な攻撃や精神的暴力や嫌がらせを指します。

なるほど、それがモラハラの1つの定義なのか。それでは、モラハラの原因はなにかというと、次のとおりである。

最初は優しかった男性が次第に精神的な攻撃をしてくるモラハラ男は案外多いです。モラハラ男は自己愛性人格障害が原因です。そこで、自己愛性人格障害とモラハラ男に共通する特徴的なものを挙げ、優しい男性が本当に優しいのかそれともモラハラ男なのかを見分けるポイントを教えます。

モラハラ=自己愛性人格障害と決め付けていいのかどうか分からないが、一つの見解ではある。その特徴は、次のとおりである。

  1. うぬぼれが強い
  2. 賞賛を求める
  3. 特別視してほしい
  4. 都合のいい友人がいる
  5. 嫉妬深い
  6. 非現実な妄想がある
  7. 批判に過敏

以下、順次みていく。まず、「うぬぼれが強い」であるが、確かに根拠なく、自分はすごいといいなす人がいるのは確かである。会話の9/10が自慢話だったりする。その自慢話に割り込むことさえためらわれる。

次に「賞賛を求める」。うぬぼれが強くて自慢話をするだけならともかく、具体的に賞賛を求める人がいて、これが結構疲れる。抽象的だと駄目で、なるべく具体的に褒めなくてはならないとすると、ネタが多くない。するとどうしても、その人は避けたくなる。

次の「特別視してほしい」というのも、「賞賛を求める」と同じで、一緒にいると疲れることこの上ない。

「都合のいい友人がいる」というのは、案外私は、都合のいい友人になったりするが、しかし、単に利用されるだけの関係が友人かどうか分からない。長続きする友人関係はきちんと、give & takeになっているようである。

「嫉妬深い」であるが、私は、男女関係で深刻な嫉妬に巻き込まれたことがない。そもそもが、ほとんど男女関係と呼べるものがないからだろう。しかし、仕事関係では嫉妬深い人に虐められたことは何度もある。私が嫉妬を煽るように余計なことを言うからだが、私程度のスキルに嫉妬するというのも、情けなさ過ぎるのではないか。しかし、上司が嫉妬深いと、それは最高のモラハラである。

「非現実な妄想がある」であるが、これはモラハラというよりも、人格障害なのではないだろうか。すなわち私は、元部下の非現実な妄想に手を焼いたことが何度もある。非現実な妄想に従い上位管理職に訴え、そのため、私が、上位管理職に叱責されたことがある。ただ、顧みると、非現実な妄想を抱いているのが部下であるなら、まだなんとかなる。というのは結局、会社の制度として、日常的な主導権は私が握っているからである。ところが、上司、あるいはキーパーソンが非現実な妄想を抱いていると、その被害は計り知れない。昔の武士の時代なら、「殿、御乱心」と忠臣でさえ、諌めるのではないだろうか。その結果、忠臣は、切腹に追い込まれたりする。すなわち、権限がある者が非現実な妄想をもつと、それは、なんとかに刃物である。手がつけられない。

同じ文脈で、モラハラ人間は、「批判に過敏」なのである。すなわち、「非現実な妄想がある」ので、思い余って軽く諌めると、倍返し、三倍返しで報復される。それで、モラハラ人間には距離を置き、なるべく係わり合いになりたくないと思うのが人情だろう。すると、モラハラ人間は一層付け上がって、不死身のゴジラのように、街を破壊しつくすことになる。地球防衛軍もお手上げである。

モラハラ人間にはいろいろ痛い目にあっているので、もう少し述べると、私には、モラハラ人間というのは、他人の混乱や困窮を餌に生きている特殊生物としか思えないことがある。ここまで書くと、私が被害妄想だと疑われかねないが、実際、何の特にもならないのに、余計な手間がかかるのに、ただ私を困らせる以外に意味がないことをせっせとやるような馬鹿がいて、それはどうもなにかの報復らしいのだが、しかもそれがある程度の地位の人だったりして、どうすりゃいいのさ思案橋♪と口ずさむよりないのである。

名人戦第5局に続き、第6局も会社を休んで自宅で観戦した。実は流石に第6局は休むつもりはなかったのだが、家人からちょっとした用件を頼まれ、それはせいぜい遅刻気味に会社に行けば済む程度だったのだが、これ幸いと一日休暇をとり、例によってパソコンを眺めて観戦を始めた。

戦形は、典型的な矢倉37銀戦法。もし将棋で1つだけ定番の戦法というのを推すなら、間違いなくこの戦法である。矢倉は学生時代から私の得意戦法で、結構勝率が良かった。当時あまり多くなかった矢倉の戦形はたいていカバーしていて、序盤から不利になることはあまりなかった。そんな蓄えがあったので、社会人になっても、少なくとも矢倉の序盤で作戦勝ちになることが多かった。そこから負けるとしたら、相手の方が中終盤が強いということなのであった。

ところが、学生時代の矢倉の貯金を次第に使い果たし、ここ10年くらい矢倉をやつても序盤からいきなり不利になってしまうことが増えてきた。要するに、現代矢倉の勉強を怠ったのである。そんなとき見つけたのが、「矢倉の急所、4六銀・3七桂型」森内俊之著、浅川書房であった。すなわち、矢倉37銀戦法の基本解説書である。一読して、自分でも恥ずかしくなった。これはプロの棋譜に何度も出てきたのに、私は漫然とそれを眺めるだけで、何も分かっていなかったからである。

この本を精読することで、矢倉37銀戦法のコツが少し分かってきた。コツの1つに宮田新手の先手65歩がある。ともかくこの本を読むことで、少しだけ現代矢倉に入門できて、将棋大会でも、矢倉37銀戦法でなんとか勝てるようになった。だから、森内は私の密かな恩人なのである。そんな森内が堂々と矢倉37銀戦法の後手側をもって、羽生に対して受けて立つ。羽生ファンの私には感慨深いものがある。

ただ、「矢倉の急所、4六銀・3七桂型」を読んでいたことで、名人戦第6局は、仕掛けのところまであまり興奮しないものになっていた。玄人好みとはいうものの、解説のプロの本音を聞くと、プロだってそうらしいので安心した。

そして二日目の開始時点では、どうも少し羽生が少し模様がよかったらしい。なにしろ、15角を拠点に上から押さえていけばいいのである。ところが森内は82手目で、それでは一層後手が悪くなるといわれている1三歩を選んだ。しかしその後森内は、意味不明の84手目の2四歩から次第に局面を混沌化していく。

一方の羽生は、95手目5六金から65金と驚愕の手順で決めにいった。そして、96手目の9五桂で、指しよさを感じていたかもしれない羽生も、すっかり局面が複雑化されているのを悟った。

あんなに模様がよかったはずなのに、局面はすっかり混沌の極みである。しかしそれも実は羽生の意図するところなのであった。すなわち、9六歩などで受けに廻って局面を単純化できたはずのに、羽生もまた、攻め合いで敢えて混沌を志向したのだった。

羽生の混沌の仕上げは105手目の6八銀打。これで森内はどう決めてよいのか分からなくなった。結局、混沌の王者である羽生は、8三香という潜在的悪手を誘い、森内を抜き去ったのであった。

実はこんなに長く将棋を指しているのに、この将棋を観戦していて、プロの将棋が、特に超一流プロの戦いが、混沌への志向であることを初めて悟ったのであった。しかし、混沌への志向とは一体何なのか。私なりに定義してみる。

  1. 一見無意味な中合いの歩を打ったりして、何かあるのかと相手を惑わす。
  2. そんな手でいいのかと、注文どおり指しているようでいて、五分の分かれに帰着させる。
  3. 一手入れて受ければいいところを強く攻めあって攻防の綾をつくる。
  4. 安全な手があるのにわざと複雑な受けをして、攻める側の選択肢を増やす。

こう書いてみて、あまりにも私の記述がぎこちないのは、私の将棋が全く混沌化できず、ひたすら直線的な局面を目指す、底の浅い将棋だからなのであった。

実は、局面の混沌化はプロとしては必修のテクニックなのであって、まだ福岡にいる35年もまえ、王位戦の解説を見に行って、芹沢八段(当時)が、56にいる後手の成銀に対して57歩と突くような一見狙いのない手を解説していて、プロはその一手なのだという。その意味は局面を複雑化させる、ただそれだけである。そういうものなのか、私には意味が全く理解できなかった。その局面混沌化の頂点に立つのが羽生であり、森内なのであった。ただ、混沌といっても、混沌を生成する能力と、混沌を解決する能力は別である。熱力学第二法則から分かるように、混沌を解決することは、混沌を生成することよりも数段困難である。

羽生はおそらく、混沌を生成する能力が棋界随一で、混沌の世界の住人なので、混沌の見えない世界での挙動も並外れて得意である。混沌の世界で、その煙幕のまま目利きできる。混沌屋敷の住人といってよい。そうやって、第一人者として君臨してきた。しかし、混沌の世界に不思議なサーチライトを照らす者があらわれれた。それが渡辺明である。すなわち、折角羽生が混沌を作り出しても、特殊なブルーレーザーで羽生のありかを捉えてしまう。

もし渡辺明以降の若手で、混沌に独自の光を当てる特殊能力を備える者が出てくると、羽生や森内もあやうくなるのだろうか。そして当然に、ブルートフォースで混沌を舗装しようとするコンピュータ将棋の足音も迫っている。ここらあたりの考察は粗すぎるので、また別途稿を新たにしてみたい。

憚りながら

user-pic
0

自分でいうのもなんだが、私ほど真面目一本、面白くもなんともなく生きているものはちょっといない。ギャンブルはやらない、酒もほどほどにしか飲まない(そうでもないか?)、女遊びはしない(できない)、当然に窃盗も暴力行為も麻薬もしない。

そんな私だが、妙にヤクザ親和性がある。すなわち、脅されたり騙されたりという意味でなく、つい親しげにヤクザから話しかけられることがある。

前にも書いたが、大阪にいた頃、奈良にいる会社の先輩の家に招待され、結構酔っ払って近鉄奈良線で八尾に帰る途中で、明らかにヤクザの幹部と思われる人から声を掛けられた。たまたま、席が向かいになっただけなのであるが。すなわち、「どちらの出身でいらっしゃいますか。」と丁寧な言葉づかいで私に話しかけるのである。酔っている私は違和感もなく、「ああ、尾道です。」と応えると、「尾道というと、侠道会ですね。」というので、「ご存知ですか」ということで、しばし談笑した記憶がある。

その後東京に出てきてしばらく、狛江の安アパートにいた。すると、隣に酒乱の親父とその家族が住んでいた。そこは安アパートだけあって、会話が筒抜けであった。会話だけならいいが、その親父は、深夜酒を飲んで、家族を大声で怒鳴り散らすのである。夜中の三時でも構わず叫ぶので、流石に我慢できなくなって、「いい加減にしろ。」と怒鳴ったら、そこで一旦は静かになった。

ところが、次の日の夜、窓の外に人影があった。アパートは一階だったのである。そしてその人影は、窓を叩きながら、この野郎、出て来い、ぶっ殺してやる、と叫ぶので、流石に驚愕した。隣の酒乱の親父だった。怖くて歯の根も合わなかった経験は、あれが最初だった。

酒乱の親父は威嚇だけで部屋に引っ込んだが、流石にその夜は眠れなかった。しかし、近所から苦情が出て、その家族が出て行ってほっとしたのもつかのま、ドアをノックする者がある。ペンキ職人の柄の悪そうなおっさんである。なんでも前から私に目をつけていて、隣のうるさい親父が出ていったら、酒でものむべと思っていたそうである。そこで仕方ないので、同じアパートの別室である、そのおっさんの部屋で酒を飲むことにした。私に目をつけるなど、もしかしてオカマではないかとびびったが、どうも酒を飲んでみるとそうではなくて、私の男らしい性格が気に入ったのだそうである。任侠の雰囲気があるのだという。そんな馬鹿な、喧嘩もギャンブルもまっるきり駄目なのに、と内心思うのだが、その後もペンキ職人とは一緒にスナックに飲みに行ったり、プロレスを見に行ったりした。しかし、私が実は、単なる真面目な青年だと分かって次第に疎遠になっていった。

そんな、もう30年前の話をつい思い出したのは、山口組系元後藤組組長、後藤忠政氏の「憚りながら」宝島社を読んだせいである。どこか妙なヤクザ親和性により、私は実は、ヤクザ関連の本はかなり読んでいる。飯干晃一の「仁義なき戦い」など、かつては愛読書だった。たから、後藤組と聞くと、ああ、あの武闘派の、とピンときた。

そういう隠れヤクザ親和性のある私には、この本は久々に血沸き肉躍るものだった。後藤忠政氏は、富士宮に生まれ、もともと親族がヤクザで、子供の頃から愚連隊であった。日本刀をもって討ち入るようなことも何度もやっており、どうしてそれで今まで生き延びているのか不思議なほどである。

そうやって子供の頃から闘ってきたので、何度も刑務所に入り、何本も指を失い、次第に頭角をあらわし、何人も部下を抱える、地元では有名なヤクザになった。そして山口組系の組からスカウトされた。まさに、松坂がレッドソックスからスカウトされたようなものである。とはいえ、山口組風をちらつかせるよりもむしろ、独立の実力で凌ぐタイプだった。それで暴れまくりすぎて、山口組系内でも破門騒ぎになるほどだった。

山口組が四代目の竹中組長になると、後藤組は直参になった。それだからこそ、山一戦争で竹中組長が殺されたときは、必死で一和会に報復して、山口組内での地歩を固めていった。

しかし、後藤忠政氏は反骨で突っ張る。例えば、巨大なる権威である創価学会や池田大作と対抗することを辞さない。間違いなく一本筋が通った武闘派なのである。

1990年頃からは、武闘派から次第に経済ヤクザに傾倒してきた。そして、政治家とのつながりも生じてきた。しかし、結構手堅い方針で、もちろんバブルで稼ぎはしたが、浮かれることはなく、バブルがはじけても堅実に収めた。そして、バブルがはじけて巨額の損失を被った同業者を尻目にみてきた。

こうして、暴力団対策法が強化されても後藤組は生き残ってきたが、後藤忠政氏は、経緯があってとうとう、山口組を除籍になり、引退を決意した。

それで後藤氏の主張があってそれは、政府が暴力団対策法の強化や、使用者責任追求による組長の追及などで、暴力団が過度に締め付けられていることである。これは折からのコンプライアンス強化の社会風潮、相撲協会に対する賭博、八百長の追及とも符合する。このような不寛容な社会は、全体主義に繋がるもので、私も今の風潮はやりすぎであると思っている。すなわち、最近になってルール過剰、それでいて筋が通らないということで憤慨することが多い私は、ここにきてやっと、自らのヤクザ親和性をポジティブに捉えている次第である。

保身主義

user-pic
0

もう30年近く外資系に勤務しているので、仕事がなくなってレイオフされるということは、概念的には昔から理解しているつもりだったが、ここ10年くらいで、いわゆる典型的日本的経営の会社でも、リストラすなわち、レイオフするということが珍しくなくなってきた。私自身も管理職としてリストラに関与した経験はいくつかあり、それには断腸の思いが詰まっているが、どうみてもここは、それを詳しく述べる場所ではない。

さて、リストラが普通になってくると、ある日突然上司に呼ばれて、退職したらどうかと提案されたとしても、意外ではないということになる。確かに意外ではないのだが、それは困惑しない、当惑しないという意味では全くない。なにしろ、まだ子供の教育費用がかかる、家のローンだってある、などで、ここでリストラされては生活設計の予定が完全に狂ってしまう。

それはまさに生活に押し寄せてくる経済的な津波なのであり、津波は自然災害なので、海岸から遠い地区に住む以外に防ぐすべはないとしても、経済的な津波なら、なんとか防げるのではないかと思考を深めるのが、生存本能に満ちた人間というものだろう。

そこで会社に残留することを第一義に考えることを保身主義と呼んで、どういう方策があるか考えてみる。

すると先ず考えなくてはならないのは、リストラの候補がどうやって決まるか、ということである、それは基本的には、管理職が選ぶのである。直属の上司であったり、さらに上級管理職なのかもしれないが、ともかく、会社の方針や能力で選ぶというのはかなり建前で、要するに、管理職という人間が、リストラの候補を選ぶ。すると、保身主義は、管理職に嫌われないことを第一義にしなくてはならない。このためにどのように振舞えばよいかの手本は、ヤクザや相撲の世界にある。すなわち、親分や親方が白を黒といえば、はい、黒でございます、と応えるのである。最初はちょっとプライドが痛むが、生活のため止むをえないとやっているうちに次第に、それが第二の本性になる。こうやってyes-manを続けることは、大抵の場合うまくいく。上司からみて、こんな心地よい部下はいないからである。

さらに駄目押しするのは、管理職の趣味や人間関係を把握することである。そして、自分も同じ趣味に馴染むとか、その人間関係に関与すれば、管理職との関係はさらに強化される。

次に重要であるのは、管理職以外の人間関係を軽視することである。なぜかというと、管理職以外の人間関係をも重視すると、どうしても管理職の意見と齟齬をきたす指示やアドバイスを受ける可能性がでてきて、すると、上述した、白黒の絶対的忠誠からずれてくるからである。

同様の意味で、管理職の指示でない、あるいは重視しない仕事に手を染めてはならない。必要に迫られて処理するとしても、形式的に対応するに留める。なぜなら、仕事にかけられるリソースは限られているので、管理職が重視しない仕事に時間をかけすぎると、本業がおろそかになってまずい。

さらに同様の意味で、独自の工夫やアイデアを提案しないというのも重要である。なぜなら、独自の工夫やアイデアも、管理職の意向から外れるリスクが大だからである。

こうしておきつつ、ここもまた肝要なのであるが、労働法の判例をきちんと勉強しておく。すると、仕事のミスを継続的に冒して、それが周囲に記録されないなら、なかなか労働法上のリストラが裁判で正当化されないことを理解するであろう。すなわち、リストラを指名されても、結構頑張りとおせるということである。

そして最後の拠り所は、プライドである。もっというと、プライドなんてどうでもいいというブライトである。これは、ラッセルの提唱するタイプ理論における高次のプライドといっていい。ただ、高次なのか低次なのか、意見は分かれる。

さて、人生というのものは、そうやって「高次の」プライドを発揮してまで生きていくに値するのだろろうか。多分、値するのだろう。そんなことを考えるとき、中島みゆきの「エレーン」の曲は、ふさわしすぎる。

チェルノブイリ原発事故については、チェルノブイリ原発事故チェルノブイリ事故処理班で述べてきたが、具体的にどのような原因で起きた事故なのか、そこには書かれていない。

ところが、「組織行動の「まずい!!」学」、樋口晴彦著、祥伝社新書に、ある程度具体的な記述があったので、その記述に基づき、私なりに纏めてみる。

まず、チェルノブイリ原発は、黒鉛減速、軽水冷却、沸騰水型の旧式だった。原発の先進国といえば米国だが、当時のソ連は、米国とは冷戦状態であって、原発技術を米国から供与してもらえなかったので、独自に作られたものであった。

当時のソ連の技術では、通常に原子炉に用いられる大型の圧力容器を作る技術がなかったが、黒鉛減速、軽水冷却、沸騰水型だと、大型の圧力容器は不要で、運転性能も優れていた。ただ根本的な欠陥があって、それは、低出力では、反応に対して正のフィードバックがかかることと、制御棒の構造にも欠陥があり、すなわち、制御棒の挿入に時間がかかるとともに、制御棒の挿入の初期の状態では寧ろ、反応を促進してしまうのである。

当局は、当然にそういう欠陥を知っているので、高出力で稼動し、黒鉛の制御棒も常にある程度、挿入しておく、という状態で原子炉を運用していた。それを続けていれば、大事には至らなかったかもしれない。

ところが、止せばいいのに、この原子炉で、次のような実験が行われた。すなわち、原子炉が緊急停止した際に、発電用タービンが、慣性で回転するエネルギーを非常用電源として利用できるかどうかの実験であった。そこで、黒鉛の制御棒を全て引き抜き、非常用冷却装置がオフにされていた。

それでも、高出力で運転されているなら、問題は起きにくい。ところが、オペレータが操作を誤って、出力を低下させてしまった。そこでオペレータは直ちに実験を中止すべきだったが、そうしなかった。理由は、このような実験は、保守点検のときでないとできないので、今のチャンスを逃すと、次の実験は1年半後になってしまう。その遅延はオペレータの責任になる。それを怖れたオペレータは、実験を強行したのだが、すると、低出力による正のフィードバックで、原子炉が暴走を始めた。これを抑えようと、黒鉛の制御棒を一気に挿入したが、初動では寧ろ原子炉を活動化してしまうという欠陥のため、原子炉の暴走が促進され、一気に出力が上昇して、熱で燃料棒が溶けた。この高熱の燃料棒が水に触れて水蒸気爆発が起き、原子炉は破壊された。さらに、発生した水素と外気の酸素が反応して大爆発し、これによって、原子炉内の放射性物質が飛散した。

チェルノブイリ事故と比較して安堵するのはどうかと思うが、福島第一原発では少なくとも、原子炉の暴走は発生していない。少なくとも制御棒は機能したからである。ただ、冷却器に送られる電源が途絶えて、冷却が行われなくなり、それによって温度が上昇して、水蒸気爆発が起き、また、熱で燃料棒が溶けたという点では、チェルノブイリ事故と類似する。

現在の世論というか風評の問題は、原発は全てチェルノブイリ並みの拙劣な機能とオペレーションに晒される、ということを前提にしていることである。すなわち、チェルノブイリの事故は、旧式の欠陥のある原子炉において、テストのためのとして、人工的に危機的状況をつくりだして起きた、真の意味の人災である。だから、原発事故全体に一般化できないはずなのに、反原発派は、原発について個々の事情はあるだろうが、万が一のときの被害が甚大なので、チェルノブイリ並みの最悪の状況を考慮して原発については対処しなくてはならない、すると、こんなものは、できるなら全廃すべきという。

本当にそれでいいのだろうか。最新の技術を駆使した原発なら、起こりえる最悪の事態として、チェルノブイリ事故よりもはるかにましな状況を科学的に、工学的に想定できるのではあるまいか。そういう想定をふまえて、エネルギー政策を考慮すべきではないか、という穏当な提言に行き着く次第である。

プロ的とは

user-pic
0

先日は、梅田望夫氏の「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語」をタイトルだけから内容を誤解して、読書を趣味とする者の末席を汚すものとしてとても恥ずかしい。そこで、お詫びではないが、この本を買ってきちんと読むことにした。

ところで、一アマチュア将棋指しとしてプロをみると、当然に、羽生さんだけが強いわけではなくて、みんな強い。お世辞抜きでである。大学将棋部後輩の力自慢のK君などは、プロの誰それよりは俺の方が絶対強いと力説していたが、私はK君に全く勝てないので、コメントしようもなかった。私の棋力ではとてもそんなことはいえない。

そこで私から見て、将棋のプロはどう強いかという質について述べ、もし可能ならば、プロ一般に話を広げてみたい。

将棋のプロが私より強い、というとき、次のような要素がある。

  1. 感覚
  2. 知識の広さ
  3. 読みの深さ
  4. 読みの速さ
  5. 一定のフォーム
  6. 柔軟性
  7. 正解の継続
  8. 多様性への志向

プロをみて、これらのどれについても感心するのだが、なんといっても一番感心するのは、意外にも感覚である。具体的には、局面の優劣評価の大局観、駒の効率の評価、絶対にありえないという筋に対する嫌悪感、終盤の距離感、そして戦法に対する嗜好である。すなわち、具体的な手筋に関する知識という意味では、プロもわれわれもあまり違わないかもしれないので、一番プロとアマチュアを分かつものは、鑑識眼であり、価値観なのである。美意識といってもよい。囲碁では、大竹美学という。

たとえば、捌きあってすっきりした局面では、プロもアマチュアもあまり大局観に違いはないかもしれない。しかし、複雑な局面、つかみどころがない局面での大局観は、アマチュアはプロには全く敵わない。ただ、もちろんプロ間でも意見は分かれるのであって、それを棋風という。

知識の広さというのは当然かもしないが、やはりプロはすごい。例えば、矢倉戦法の1つの典型的な局面だけでも、プロは類似局数千局の大体の変化を記憶していて、そうでないと自信をもって指せないという。これは実は将棋のプロだけではなく、法律家でもそうであって、例えば、交通事故裁判の専門の弁護士なら、相当な数の判例が頭に叩き込まれているはずなのである。

読みの深さ、読みの速さについては、説明の要もあるまい。脳の機能が、訓練と才能で高度に特化しているのである。

一定のフォームというとき、プロで、ここはこう指すところでしょうという常識的な手があって、それはアマチュアの私にはとても意外なのだが、驚くことに、とても広い局面で、その手の妥当性が、プロ間で広く共有されていたりする。これはまさにプロとしてのtheoretical minimumなのではと思う次第である。

一定のフォームといいつつ、それに矛盾しない形で、柔軟性がある。すなわち、プロは規定の常識でよしとしない。必ず工夫して独自性を出そうとする。ここでは、ごく一部の末席のプロは考察から外す。

正解の継続というのは、一定のフォームというのとも少し関連する。すなわち、将棋で勝つことというのは、例えば、一連のテストで100点はとらないにしても、90点を続けるということである。アマチュアの私も、まぐれで、ある局面で、100点の手を指すことがある。しかし、次の局面で急に20点をとって瓦解する。プロは、100点はとらなくても、ずっと90点を続けることができる。実は、敢えて100点の手がわかっていても選ばないことがある。その後90点の手を選びにくい可能性があるからである。

多様性への志向というのはちょっと分かりにくい。例えば、将棋の序盤で、▲26歩、△34歩に、いきなり▲25歩と指して、△33角を強要する指し方がある。私もそう指したことが何度もあるが、プロは、まずそうは指さないという。なぜなら、そう指すことで、早石田、ごきげん中飛車を回避して、局面を単純化してしまっている。そうやって単純化を指向することで、おそらくであるが、ロングレンジで思考が衰退することを、プロは肌で知っているのだろう。このあたり、豊饒性で述べたこととも関連する。

以上、目が見えない人が象を触って記述するようなプロ論であった。結局、私の器量のなさで、将棋以外に広げられなかった。ただ、囲碁と将棋は、細部では相当に感覚が違うが、上述の議論はおそらく、囲碁でも成立するのだろう。そして、学問などの技芸一般では、最早通用しない議論であるに違いない。

戦争の原因

user-pic
0

先日書いた兵器についてに関して、友人からコメントをもらった。すなわち、そこに書いた気象兵器というのは、敵を殲滅するという目的には間接的すぎるのではないか、というものである。私は、気象兵器として、大型台風の進路を変えて、敵国に上陸させるというようなことを想定していた。すると、風雨や洪水で亡くなる人もでてこよう。ただ、大型台風なんてしょっちゅう発生するわけではないし、そういう兵器があまりにも間接的なのは確かである。

その友人が示唆するのは、相場を操る手段としての気象兵器である。すなわち、小豆などの先物相場があることはよく知られているが、天候を操作することで、農作物の生産高をコントロールすることができ、それによって確実に利益をあげることができる。すなわち、戦争なるものは本質的に経済戦争なのであり、大義・正義・人道・宗教は、それのつけたりにすぎない、というものである。

実際、米国がアルカイーダなる仮想敵をつくりあげて軍産コンプレックスを養い、且つ、中東の石油資源を確保するためなのだから、戦争がなによりも先ず経済戦争である、という命題に私は改めて同意する。

そして同意しつつさらにその他のマイナーな原因も考えてみた。すると、次のようなものがありそうである。

  1. 退屈
  2. 嫉妬
  3. 蔑視
  4. 文化的嫌悪感
  5. 知的好奇心

まず、退屈であるが、少しでも豊かになった人類にとって、退屈は最大の敵だった。典型的には、ローマの末期で言われた、パンとサーカスの、サーカスである。ローマ市民は、サーカスには飽き足らなくて、ライオンと人を闘わせるような野蛮なことまで考案した。野蛮であればあるほど、血が滾る人達がいるのだから、始末に悪い。今の時代でも、レジャーがいかに重要であるか。私は若い頃、文明とは、いかに効率的に時間を潰すかの体系であると思っていた。違うだろうか。

次に嫉妬。個人間での嫉妬はおぞましいが、国家間のそれが、問題でないはずがない。典型的には、ローマとカルタゴの争いである。そこに、通商で栄えているカルタゴに対する、ローマの嫉妬がなかったといえるだろうか。日本だって、戦後の繁栄から、近隣の中国や韓国から随分妬まれた。今回の被災で、多少なりとも近隣諸国の日本に対する嫉妬のレベルは下がったようである。それは確実に平和に寄与するのである。

次に蔑視。人種差別ともいう。これもまた、人類の汚点である。典型的には、インカ帝国に対するスペインの暴虐であり、インディアンに対する米国移民の戦争であり、あるいは、中国大陸での日本軍の残虐である。おっと、米国による、わが国への原爆投下もあった。

次に、文化的嫌悪感。これは典型的には、十字軍のような、イスラム教国に対する、キリスト教国の争いである。中国のチベットに対する仕打ちもそうかもしれない。

次に、知的好奇心。これには同意しない人もいるだろう。なぜなら、知的好奇心こそが、動物から人間を分かつものであって、それが故に、かくまでも絢爛たる文明が築かれたのである。しかしである、知的好奇心という素晴らしい友人ができたと喜んでいたら、その友人は実は暴力団である可能性が高い。上品そうにふるまっていて、「おっと、ハジキを忘れてきたぜ。」みたいな、ちらっと荒くれの言葉づかいが混じるのである。そういえば、知的好奇心は結局、希望よりも災いをもたらすというのが、古典的命題であったような。核兵器もまた、知的好奇心の嫡子である。しかし、知的好奇心を止めたら人類ではなくなる。よって、知的好奇心とともに、数万年後に尊厳ある死を遂げるのが人類の運命なのである。

今期の名人戦は、羽生が三連敗した時点で興味を失いそうになった。特に第3局など、羽生が後手番でごき中だったのだが、先手の森内の差し回しが絶妙で、これ以上は考えられないような絵に描いたような一手勝ちだった。

しかし、第4局の羽生の先手番、矢倉穴熊でなんとか森内を攻め切ると、少しだけ羽生に希望が出てきた。そして第5局、これこそが大一番である。なぜなら、森内の先手番であり、森内は先手番の勝率が7割超、後手番の勝率が5割を少し超えるという圧倒的な先手番巧者なのである。そういうならトータルの勝率が7割を超える羽生はどうなのかとうと、うん、やはり羽生は怪物である。「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?」という問いかけが一種の反語だとしても、「どうして羽生さんだけが、あれだけ指して、それでも勝率7割超なんですか?」という問いかけは、依然としてバリッドである。

しかし、羽生は困った。なぜなら、得意の後手番での横歩取りを第1局で負かされ、ごき中も完璧な差し回しで封じられたとなると、手段に困る。矢倉の後手番は多分、相当に森内に厚い。ともあれ、第5局が天王山であることは間違いない。そこで私も、具体的に観戦に気合を入れた。次のとおりである。

  1. インターネットの名人戦棋譜速報に、月500円で契約した。すなわち、竜王戦でも王位戦でも、大抵のタイトル戦はリアルタイムでフリー棋譜中継するのだが、なぜか名人戦だけが勿体つけて有料なのである。月500円というのは大した費用ではないが、それでもなんとなく惜しくて、いままで見送ってきた。が、ここで突然「気合」を入れた。
  2. 名人戦観戦のためだけに、二日目、わざわざ休暇をとった。普通の会社と違って、私が勤務する職場は基本的に休暇をとることは普通に許される。前に勤務していた会社は、病気や忌引き以外の理由で休暇をとることを渋られたことがあるが、そんなことはいまの会社ではない。しかし、名人戦観戦のためだけに休暇というのは、なんとなく気恥ずかしいのも事実である。

そして第5局が始まった。果たして羽生の後手番は、横歩取りだった。この形はどうしても後手が薄くなる。そして46手目、△3五銀に森内が▲3六歩と打ったとき、羽生は平気で△2六銀と出てきた。あれ、こんなところに銀が出るものか、1六歩で銀鋏ではないかと思っていたら、森内は鉄板のように▲2七歩。これには当然、△1五銀の一手である。しかしなんと羽生は、△3七銀成と桂馬を食いちぎる。ええっ、そんな手将棋にありませんよ、と芹沢のように言いたくなった。この後どんな構想があるというのだろう。銀を欠いた後手はさらに薄い。

その後、先手は当然に37同銀だが、後手は53銀、そして▲55角、△33桂。そこで当然のように飛車の横利きを遮る▲74歩だが、ここで羽生に驚愕の一手がでる。それが、手裏剣のような△56歩である。普通、プロは相手の指す手にいちいち呼応していてはいけないといわれる。会話だと突然話題を変えると失礼だが、将棋は違う。しかし、▲74歩は△56歩はあまりに「話題」を変える手で、谷川九段を含む並みいるプロの間でも意表だった。具体的には57をこじ開けたいというものだが、なにしろ歩切れになる。やりにくいことこの上ない。

そして局面が進んで72手目、△6三桂と打てば少なくとも飛角交換にはなるのだが、羽生はじっと5二金。一瞬意味不明で、プロでさえも悩んだ。しかし、こう指されると森内に意外に有効手がない。羽生は、単に△6三桂で飛車を取りに行くと、▲7二角が嫌だったという。それは私も思ったが、しかし、そのためにわざわざ5二金なんて指さない。

78手目、△6五歩から△7五角と捌いてみると、素人目にも羽生の優勢が明らかになった。森内は、81手目、8八角という名手で応じる。こんないい手を指せば普通は逆転である。しかし形勢は離れすぎていた。

羽生は82手目、△2九飛と降ろして網を絞る。とはいえ、まだまだ決め手はみつからない、なにしろ、先手は鉄板、森内なのである。しかし、86手目の△5七歩、▲4七玉に△4九飛成で▲4八金にどうするんだろうと思っていたら、なんと超速の△5八歩成、飛車を取らせるといきなり王手がかかるが、詰めろがかからないと羽生は読みきったのである。

以下、△5八歩成、▲4九金、△5七角成、▲3八玉、△4九と、▲7一飛、△4二玉、▲3四桂、△5三玉と進んで、羽生にはどうしても詰めろがかからない。一方、森内は受けても一手一手で、ほどなく森内の投了となった。

大一番の天王山だからといって名局とは限らない。期待を裏切られた経験は何度もあるが、しかし、この将棋は間違いなく名局であった。特に羽生の56歩と52金が緩急自在を示している。まだまだ名人戦の帰趨は分からないというか、森内が数字の上で有利であるが、これは、羽生も3連敗4連勝も次第に考慮に入れていいと思うようになったきた。次も、休んで観戦するか、というと微妙であるが。

仕事柄、読んで分かりやすい文章を書くように心がけているが、実際それがどれほど達成されているか、甚だこころもとない。

新刊JPニュースの記事は、『学校で教えてくれない「分かりやすい説明」のルール』(木暮太一/著、光文社/刊)という本を引いて、「分かりにくい表現」を次のように特徴付ける。

  • 寄り道が多い
  • 主語と述語が遠い
  • 二重否定

先ず、寄り道が多い、であるが、これは使いようである。すなわち、下手な説明に限って、必要最小限しか話さず、つまらなくて、飽き飽きして、聞く方は嫌になってしまう。とはいえ、聞く方が全く興味をもっていない、どうでもいい細部を延々と話すのはもっと悪い。ただ、うまく余談を入れれば、説明を盛り上げることができる。学校の授業でも、寄り道がうまい先生というのは確かにいて、もしかしたら勉強そのものは進まなかったかもしれないが、それなりに有用であった。すなわち、「寄り道に本筋を挿入しておく。」ことができれば、それはプロの技であり、寄り道もまたよしではないだろうか。

主語と述語が遠い、であるが、これは間違いなく混乱の元である。例えばこんな感じだろうか。「この装置は、台座に固定されていて、台座はコンクリートなのですが、台座には冷却装置も備えつけられていて、ええと、予備電源は、万が一の場合、地下に据え付けられた充電設備から電源を供給されるのですけれども、ともかくタービンを廻すの使われるのです。」という文章で、「装置」が「タービンを廻す」に係るとは誰も理解できない。

二重否定であるが、例えば、「土壌中の残留放射能物質は、有害でないということはないのでありまして、しかしそうでないという近藤宗平氏の論文もある。ただ、それを否定するチェルノブイリてのレポートもありまして、そのチェルノブイリでの報告は、しかし、IAEAからは承認されていないのであります。ただ、IAEAの権威そのものを疑問視する声もある。」こうなってくると、何か言いたいのかさっぱりわからない。

それ以外の分かりにくさを助長する要素として、デイスクレーマの多用があると思う。

すなわち、きちんとわかりやすくするということは、内容に責任をもつということであり、責任を負いたくない人達は、ともかく報告したからいいだろう、とばかりに、わざとわかりにくくしたような資料を作ったりする。

あと、特許の明細書でも、昔は、わかりにくければわかりにくいほど、よいとされた。私はどちらかというと、クリアな表現を好むのであるが、随分昔に、上司に、その表現では分かりやすすぎると直されて、おお、何度読んでもさっぱりわからないではないかと感心する内容に仕上がって、これがプロの技かと感動したものである。その後、さっぱりわからない表現が裁判になって有利に解釈されることはないのだと思い直して、やはり、なるべくクリアな表現を使うことにした次第である。

神世界

user-pic
0

読売新聞によると、有限会社「神世界」の霊感商法事件で、同社幹部らが逮捕されたという。以下、引用:

有限会社「神世界」(山梨県甲斐市)グループによる霊感商法事件は、同社幹部ら男女4人が、新たに詐欺容疑で県警に逮捕された。系列会社元社長の杉本明枝被告(48)(詐欺罪で起訴)の逮捕から2か月半。捜査は神世界上層部に及んだ。

「杉本被告だけで終わればトカゲの尻尾切りだったが、神世界幹部の立件に至ったことは率直に評価したい」。4人の逮捕を受け、被害対策弁護団の荻上守生弁護士はそう語った。

今回逮捕されたのは、神世界グループで「会主」と呼ばれ、実質的な「ナンバー2」とされる佐野孝容疑者(42)や、神世界で「統括室長」を務める妻のりら容疑者(27)、系列会社「えんとらんすアカサカ」社長、浅原史利容疑者(48)ら。

発表などによると、「えんとらんすアカサカ」は佐野容疑者が2001年に創業し、浅原容疑者に経営を引き継いだ。同社と、分社した2社の計3社は、01~08年に約39億円の収益を上げており、佐野容疑者は現在も、3社を統括する立場にあった。県警には、杉本被告が関わっていた系列会社だけでなく、神世界幹部の佐野容疑者らが関わっていた系列会社の詐欺行為を立件することで、神世界グループの指示系統を明確にする狙いがあるとみられる。

今回の逮捕について、約400万円をだまし取られたとして、東京地裁で係争中の山梨県に住む30歳代の男性は、「民事裁判での励みにもなる。お金が返ってくることが一番だが、時間がかかっても、真相究明と責任追及をしてほしい」と語る。100万円近くをだまし取られたという東京都内の男性(54)は、「一歩前進だが、一つの通過点に過ぎないという思いもある。今後の捜査をしっかりと見守りたい」と冷静に受け止めた。

この記事をみて思うのは、この手の詐欺は決してなくならないだろうということである。すなわち、仏教を引き合いに出すまでもなく、この世は苦界なので、生きている限り、苦労は絶えない。すると、結果には原因があるということになり、どうしても原因に思い当たらないとき、人は、何か超自然的なものを想定しがちである。

そこで、占いや新興宗教の類の出番となる。すなわち、占い師や新興宗教の関係者は、一種特殊能力で、その見えない原因を言い当てることができると喧伝する。私は、超能力はあると思っているので、何か不思議なことを暗合のように言い当てられるとしても、それはありえると思う。

しかしそこで、何かしら資本主義の論理で、結構な費用を払えば、みえない原因の因果を解消するとか、あるいはもっと進んで、その費用を払わないと崇りがある、ということになると先ず間違いなく眉唾である。

なぜなら、イエス・キリストであれ、木村藤子であれ、本物の超能力者は、資本主義の論理では動かないはず、という私の確信があるからである。基本的に無料か、何かの実費で運用されるはずなのである。

別の観点からいうと、幸福だの不幸だのといっても、一つ高い次元からみたとき、何が幸福で何が不幸であるのか、必ずしも自明ではない。しかし、大金を出さないと崇りがあると申し立てる新興宗教は、一つ高い次元どころか寧ろ、一つ低い、物欲的な次元からものを言っているような気がするのである。だから、とても味が悪いのである。

新興宗教というけれども、本当に宗教に帰依するのなら、結社する必要はないし、教祖を立てる必要もない。もし一番苦労して損をしている、利他的な人が頑張っていて、その人の人望で人が集まってきて、なにかのグループができるなら、それを一つの新興宗教として認めてもいいが、しかし、結社した瞬間から腐敗は始まるであろう。それにしても、ローマ法王のあの法服はなんなんだろう。巷で普段着で、人々に、教えを説けばいいのではないか。

岡村寧次

user-pic
0

行きつけの古書店を覗いたら、「戦後戦死者五万人のなぞをとく」大庭忠男著、本の泉社という、一風変わったタイトルの本があった。すなわち、終戦の自決に書いたように、天皇陛下が降伏を宣言したのに、部下を引き連れて特攻した宇垣纏中将のような問題行動をとった人がいたことを知っている。よって、戦後戦死者とはそういう人のことをいうのかと一瞬思ったが、それにしては五万人は多すぎる。

そこで「戦後戦死者五万人のなぞをとく」を読み進めてみると、そこに出てくるキーワードは、陸軍大将、岡村寧次である。私はおそらく同年代では、大したレベルではないにしても、第二次大戦の軍記ものを比較的読んでいる方であろうと思っている。しかし、インパールの牟田口中将や、辻政信大佐は知っていても、岡本大将の名前は聞いたことがなかった。それは私の軍記に関する読書の偏りにもよる。すなわち、中国戦線の本は何冊か買っているのだが、ほとんどまともに目を通さないできた。南方のガダルカナルなどに比べて、どうも地味であるという先入観があった。また、祖父がフィリピンで戦死しているので、どうしても関心は、南方に向かうのである。

さて、岡村寧次は、1884年に東京の四谷で生まれた。陸軍幼年学校に入学し、永田鉄山、小畑敏四郎とともに、陸士三羽烏と呼ばれた。要するに、俊英だったわけである。しかし、主流派である統制派だった永田鉄山とは袂を分かち、皇道派に近づいたが、2.26事件のあと、完全に主流から外された。そのせいかどうか、中国戦線一筋の軍歴だった。

それでも中国である程度実績を挙げ、大将に登りつめた。ところが、1945年4月の四川侵攻作戦で失敗してしまう。すなわち、その時点で日本軍は、ガダルカナル、インパールと敗色濃厚で、最後の沖縄決戦に賭けるために、大本営は、中国戦線では無理な作戦は立ててほしくなかった。蒋介石の国民軍を刺激したくなかったのである。ところが、数十万の兵を擁する中国戦線で、岡村は、そのまま情勢を見守るに忍びなく、無理やり大本営に追認させて四川侵攻作戦を強行した。ところが、米軍が提供した最新の兵器で武装した八路軍は手ごわく、作戦に参加した3万人の半数が死傷するという大損害を受けた。ほとんどインパールに匹敵する大失策であった。

そういう岡村だから、日本がポツダム宣言を受諾して降伏しても、終戦をよしとしなかった。そこで日本から皇族が説得に行き、とりあえず終戦に納得したが、問題は、八路軍と国民軍が抗争を続けているという中国の特殊事情があった。

すなわち、蒋介石は、残留している日本軍の大部隊を、八路軍との戦闘に使うという案を抱き、岡村以下、中国にいる日本軍の幹部と宥和を図った。すなわち、本来ならば、幾多の残虐行為で戦犯必至のところを、国民軍に協力するという条件で、戦犯に問わないという暗黙の約束ができあがった。それでも、日本からは帰国命令がくるので、岡村は、結核の仮病を使って、誰とも会わないようにした。

この約束で、本来は武装解除されて日本に引き上げるべき兵隊たちが、八路軍との戦闘に駆り出され、その死者5万人にものぼるという悲惨な事態となった。

岡村は、インパールの牟田口などと違って、一見合理的に見えるが、しかし、結局、蒋介石に魂を売ったのであった。一方、岡村の部下の田中久一中将などは、蒋介石への協力を拒んで、戦犯として、見せしめのような酷い死刑に処せられた。

東京裁判が終わると、もう大丈夫だろうと、仮病を解除して日本に帰った岡村は、特に米軍からも日本政府からも咎められることなく、1966年に82歳で寿命をまっとうした。岡村は、最初の妻と子供を病気で亡くすという意味で、家庭的には不運であった。その点は、井上成美と似ている。しかし、井上成美と決定的に違うのは、責任をとるという意味で、あまりにも不十分であった。むしろ、部下を戦犯にして責任を逃れたのである。自分を犠牲にして部下を助けようとした、今村均大将とも全くことなる。

この話は当然に、魂を売り抜けて長生きするのがベストだという話ではない。しかし、この世には、証券取引所ならぬ魂取引所がどうしてこんなに多いのだろう、とこの歳になって首を傾げている次第である。

運動嫌い

user-pic
0

自分の運動嫌いには困ったものだと思うことがときどきある。とりあえず、運動嫌いは、幼児体験に帰着させることにしている。すなわち、私はものごごろがつく三歳のことは、結核で、病棟に隔離されており、当然に激しい運動は禁止である。それで、ほとんどベッドに安静にさせられており、遊びといったら、絵本を読むとか、ママゴトをするようなことしかなかった。

そういう時期が三年もあったので、小学校に入っても、体育の授業は見学ということがよくあった。一応結核は治っていたのだが、体力に問題があるので、倒れたらいけないという配慮だろう。だから、同年代の子供と走り回って遊ぶこともほとんどなかった。

こうして、もともと家族的に運動神経がよくない家系であるのに、子供時代に伸び伸びと運動しなかったので、決定的に運動嫌いになってしまった。小学校も流石に三年くらいになると、体育の授業が解禁になったのだが、それが私にはありがた迷惑で、走れば最下位、鉄棒や跳び箱、マット運動などからっきり駄目で、体育の授業と聞くだけで、逃げ出したくなるほどだった。みんなが普通にできることができなくて、情けなくて泣き崩れたことも一度ではない。

それでいて、勉強ができたかというと、田舎の小学校でもせいぜい平均レベルで、口の悪い友達は、お前は体育が最低だが、勉強も大したことない。なんの取り得もない、と見も蓋もないようなことをよく言われた。また、よく虐められもした。惨めの極致だった。最近、小学校などで虐められて自殺する子供の話をときどき聞く。そういうのを聞いて、その辛かったであろうことは、少し共感できる。

ともかく運動ができないことは私に巨大なコンプレックスをもたらしたのであり、その後ある程度勉強が好きになって、プライドをもてるようになった後でも、運動に対する苦手意識は強烈なままである。

そんな私にとって、理想的な暮らしは、本を読んだり、テレビをみたり、将棋の棋譜を並べたり、料理を作ったりと、一日中インドアで過ごすことである。普通、そういうのは耐えられないという人が多いだろう。すなわちゴルフ、水泳、野球、登山、自転車、ジョギングなど、大抵の人はなにか運動をしている。会社の研究所にいる、どうみても私より頭がいい人達だってそうで、するとまた、子供の頃言われた「お前は体育が最低だが、勉強も大したことない。なんの取り得もない」という言葉が甦って、気が重くなる。

だからといって、私の運動嫌いは根性が入っていて、それでも何も運動しようとしにない。私の言い訳は、運動をやりすぎて死んだ人はいるかもしれないが、運動不足で死んだ人はいないというものだが、その命題がどれだけ正しいのか、かなり怪しい。

ただ、最近まずいと思ったのは、先日の酔っ払いで、酔いが直接脚にきて、足腰が立たなくなったことである。あれほど脚にきたのは初めてで、これはいよいよ老化現象かと不安になってきた。すなわち、老人になって脚が弱り、そのまま寝たきりになるほど惨めなことはない。しかし、このまま運動嫌いを続けていると、本当にそうなりかねない。ちなみに一緒に飲んだ友人は、山登りが趣味で、どうみても健脚なのである。

そこで最近、再開しようとおもっているのは、散歩である。なんの目的もなくただ歩く。いまから2年くらいまえ、登記手続きで法務局に行った後、電車に乗らないで、そこから自宅まで歩いたことがあった。距離にして13キロくらい。三時間半くらいかけて、街を眺めながら、ゆっくり散歩して帰ったら、特に疲れも感じないで、爽快だった。しかも歩くと、考えが整理されて、よいアイデアが浮かぶことがある。そういえば、ペレリマンも、運動が苦手で散歩が唯一の趣味だった。流石にペレリマンにはあやかれそうもないが、外山滋比古の教えに従って、歩きながら思考をリフレッシュすることにしよう。なんとしても、寝たきり老人になるのは避けなくてはならないのである。

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。