2011年7月アーカイブ

ゴミ屋敷

user-pic
0

NEWポストセブンによると、岡本夏生は実は、ゴミ屋敷に住んでいるという。以下、引用:

岡本夏生(45)は"ハイレグの女王"として芸能界に登場し、バブルを謳歌しながらも、やがてメディアから"干され"、芸能界の表舞台から姿を消した。そして、昨年、再ブレイクを果たした。それまでの10年について彼女が語ってくれた。

「45年間生きてきて寂しいと思った日は一日もないの。私、片づけられない女なんだけど、ゴミ屋敷にひとりでいるのが最も好きっていうくらいだから。"結婚"と"ゴミ屋敷"だったら、迷わずゴミ屋敷をとるわよ」

いま日本では、離婚件数が婚姻件数の3分の1に達し、2分に1組の夫婦が離婚している計算になる。たしかに、結婚とはそれほど固執すべきものではないのかもしれない。

岡本夏生は、特にファンではないが、そのハイレグには確かに目を奪われたこともある。岡本夏生がゴミ屋敷が好きとは意外だが、ビアンセのあてぶりで一世を風靡した渡辺直美も、おそろしく乱雑な部屋に住んでいたのをテレビの番組で見たことがある。わからないけど、おそらくやらせではないだろう。また端正な顔立ちなのに、卓球の石川佳純もそうらしい。

このように芸能界の女性でゴミ屋敷の住人は結構いるので、一匹見つかれば十匹はいるというゴキブリの法則により、実数は相当な人数ということになる。

実は独身時代の私は、名にし負うゴミ屋敷の住人で、カップラーメンの食べ残しが1ヶ月以上放置されて異臭を放っていたり、その他本当にゴミが散乱するアパートに住んでいた。そんなだからネズミやゴキブリの天下で、なにしろ料理をしていたら、まな板の上をネズミやゴキブリを走り回ったり、何匹ものゴキブリが飛び回ったりと、不衛生極まりなかった。それでもときどき友達が訪ねてくれたが、よくきてくれたと私が淹れたコーヒーに決して口をつけようとしないので、どうしたのかと聞くと、コーヒーは嫌いなんだという。どうも後で聞くと、お前の部屋にある食器で飲むと黴菌がついていて病気になりそうだから心配だったそうである。

岡本夏生ではないが、確かにそんなゴミ屋敷は、異臭が漂っても、不思議と心が和むのであった。なんか、ここではどんな杜撰なことも許される、そんな雰囲気があった。

私のゴミ屋敷生活が破綻をきたした第一の理由が、A型肝炎であった。ネズミやゴキブリからうつったか、あるいは、血漿エイズ問題ではないが、たまたま飲んだサプリにウイルスが残っていたか、A型肝炎で三ヶ月入院すると、すっかり気が弱くなった。そこにつけこんで、両親が見合い話をもってきた。このままでは息子は不健康な生活で病死すると心配したのだろう。独身主義だった私も病気ですっかり意気消沈した。しかし、当然だが、ゴミ屋敷生活のメンタリティで見合いがうまくいくわけがない。そこであいかわらずネズミやゴキブリとの同居生活だったが、第二弾の問題が起きた。それはシロアリである。ある日畳の一部が少し盛り上がっていてなんだろうと見ていたら、茶色のシロアリがどんどん這い上がってくる。昆虫好きな私も流石にこれには手を焼いて、熱湯を沸かして畳にかけたら、流石にシロアリは一旦は死滅したようであるが、何日かするとまた這い上がってきた。なにしろ布団を敷く箇所の畳にお湯をかけるのだから、布団が湿っぽくなって流石に暮らしにくくなってきた。

そんな話を友達にしたら、おいそれはまずいぞという。えっ?と聞くと、そんなにシロアリが沢山いるならそのアパートはガタガタだ、地震がきたらひとたまりもなく倒壊するぞと脅すので、仕方なく小田急沿線の別のアパートを探して引っ越した。

そこに引っ越すと、どういう心境の変化か、最早ゴミ屋敷ではなくなった。それに同期するように、神通力がなくなって、見合いが成功してしまった。安堵するとともに、私はなにか取り返しのつかない事態になったような気がしたが、運命の渦に巻き込まれて今に至る。

実は今でもときどき、ゴミ屋敷時代の夢をみる。寂しさと安堵感の入り混じった不思議な感覚である。私が肝炎でブレークダウンせず、シロアリも出なければ、未だにあの古アパートで、岡本夏生のようにゴミ屋敷生活を続けていたのだろうか。いや、飲んだくれて小池重明のようにとっくに病死していたに違いない。小池重明と私の違いは、駆け落ちしてくれる女もなく、プロをもうならせる将棋の強さもないことである。するとやはり今の状態でよかったのか。

しかし、ゴミ屋敷にいる岡本夏生というのを見てみたいものである。さぞかし妖艶か。それとも妖怪人間ベラか。

社内英語化で述べたように、一時期、英語ができないと世界から置いてきぼりにされる、世界から孤立する、世界に通用しないと世間が喧しかったが、最近ではそういう話題は少なくともマスコミを賑わさない。すると、飽きっぽい日本人のこと、英語だのグローバル・スタンダードというのは沈静化したのかというと、どうもそうではなく、東北大震災、原発事故、電力不足、放射能汚染などの問題が陸続とあらわれて、英語だのグローバル・スタンダードだのニュースにしている場合ではなくなったからであった。

実は日本におけるグローバル・スタンダードの傾向は、深く静かに進行している。その現象を今まで書いたこととの重複をおそれず記述してみる。

  1. まず、依然として、英語が昇進の条件になっている会社が多い。英語力といっても具体的会話力が問われるのでなく、ひたすらTOEICの点数だったりする。
  2. 文書は英語化することが求められる。日本語の文章では意味がないとまで言われる。しかし、そういう人はまず、英語であれ日本語であれ、内容に興味がないというか、まともな文章が書けなかったりする。
  3. さらに問題なのは、グローバル・スタンダードの傾向は、ローカルなユーザーに、出来合いの海外バージョンの仕組みまたはアプリケーションを押し付けてしまう傾向があることである。ローカライズするといってもせいぜい、メニューを日本語化する程度で、ロジックまで手を入れることはできない。こうして、特に業務系のアプリだとローカルなユーザーが到底使えないものとなり、顧客を失うことになる。
  4. さらに、グローバル・スタンダードの傾向は、英米人に阿る茶坊主を多数生み出す。日本人の深層にある、欧米のものを有難がる傾向に付け込み威張る。それでも、英米の権利意識と義務の概念も併せて取り込むならいいが、そういう義務のところはちゃっかり外して楽をするように取り込む輩がいる。そうい人々を監視する機構がグローバル・スタンダードにないのである。よって、無責任なノンワーキッグ・リッチを猖獗させる可能性が大きい。換言すると、グローバル・スタンダードといいつつ、ローカルな茶坊主は、言語と文化、そして地理的遠隔を巧妙に利用して隠れるのである。そして、英米人に魂を売り、日本人の同僚から搾取する。
  5. だいいち、英米人の規格にすぎないグローバル・スタンダードが、どうして世界標準たりえようか。ちらっと眺めても最早、米国ですらも世界を牽引する力はとうに失くしている。それを未だに後生大事に重視し受容するというのは、21世紀初頭のモーメンタムか、あるいはドップラー効果の笛か。

それでも、日本辺境論によれば、日本という国は、グローバル・スタンダードを換骨奪胎して取り込み、自家薬籠中のものとしてしぶとく栄えるはずなのだが、いまのところ全くそうなっていない。これはやはり、日本文化が末期ですっかり弾力性を失ってしまったからだろうか。

文明の興亡

user-pic
0

かなり前に出版され、折に触れて私が読み返している本に「ニッポンの終焉」栗本慎一郎著、講談社文庫がある。すなわち、今後は中国の時代だと言われる度に私はこの本のことを思い出す。より具体的には次のような一節である。

悲しいが、もう文明としての中国は終わりを告げた。かの国の文明史における役割は、実は既に今世紀(注:1993年刊なので、20世紀のこと)に至る前に終わっている。文明の興亡には、厳然たる法則がある。それは、幾つもの法則の組み合わせだが、そのうち最も重要なものは、ひとたび世界文明史のひのき舞台を踏み、そこから降りた地域は再び繁栄することはない、という冷酷な法則である。

このステートメントをみて、ええっそうなのか?と怪訝に思うのは私だけではないだろう。なぜなら、中国の鼻息は、21世紀に入っていよいよ荒く、リーマンショクの後、金融的にも世界におけるプレゼンスを高めつつあるからである。確かに中国のインフラは、精密にみていくと、相当粗い。先日新幹線事故が起きたのも偶然ではあるまい。また、知的財産権を平気で剽窃する傾向は一向に収束しそうもない。

ただ、そういう日本はどうなのか。政治家のリーダーシップは地に堕ち、金融不況も構造的なものになりつつある。世界の覇者たる米国はというと、軍産コンプレックスの宿痾は膏肓に入り、膨れ上がった軍事費収拾のため、米国債はデフォールトの危機にある。そういう負のオフセットに鑑みると、依然として中国に優位があるように思われる。

しかし栗本氏は、中国は、唐の時代に既に退潮していたという。繁栄していたように見えるのは、周辺の蛮族との抗争で活況を呈したように見えるだけだと。確かに、唐の時代の末期、菅原道真が遣唐使を廃止する提案をしている。しかし私は、朱子に代表される、宋の時代の思弁的な中国文化に一種の哲学的高みを感じてしまうのだが、違うのだろうか。

戻って、もし世界文明史のひのき舞台を踏み、そこから降りた地域は再び繁栄することはないという法則が真理であるなら、その理由を私なりに考えてみると、文化のコピーミスであり、動脈硬化であろう。すなわち、文化は内在的に、積もっていく澱を自律的に解消していく仕組みをもたないのである。そして文化というアトラクタは、時間が経過するにつれて、カオスに陥り、エントロピーを増大させて、熱的死を迎える。文化にも、細胞のテロメアに相当するものを想定してもよいのかもしれない。

栗本氏は、滅亡に近づいている文明の兆候として、情報系統の乱れを指摘する。まさに情報の流れは神経のようなもので、健全な情報の流れが途絶することが文明の全身麻痺につながるのである。会社でも、不健全な組織では、情報が私物化され、不当にローカライズされる。

栗本氏は、熱的死を迎えようとする文化の唯一の例外に、マホメットに改革されたイスラム社会を挙げる。すなわち、マホメットは、政治、経済、宗教のすべてにおいてシステムを根本改革した。再構成した世界観を提示し得たのである。

すると、マホメットのような天才の出現を以ってすれば、死に行く文明に活を入れることができるのだうか。おそらくかなり場合によるのだろう。

一方、栗本氏は特に言及していないが、中国史に燦然と輝く天才に、チンギス・ハンがいる。チンギス・ハンの方法論と世界観は、マホメットのそれに劣らないように思われるが、如何せん、チンギス・ハンの手法は漢人国家の明に継承されていない。そこで途絶したとみるべきであろう。

戻って、中国が、日本が、米国が、そして駄目になってしまったどの国も、マホメット級の天才を俟つしかないのだろうか。

栗本氏は、天才指導者の出現に依存しない処方箋を書いているが、当然ながらとても歯切れが悪い。しかし、ジリ貧国家は天才指導者によらなけば絶対に回復しないというのが定理というか法則であるなら、結局日本の没落は必然ではないかという疑問は拭えない。

中国も、実は既に終わっているのだとしても、日本とは別の軌道を描くのだろう。米国はまたさらに別である。こうして単に思考は混迷していくのであった。

先日私の仕事のグラフという記事に山椒魚さんから、下記のコメントを戴き、改めて考えてしまった。

今なお活性化を保っている、日本の中堅以下の中小企業は
「面倒臭い仕事」を決して外注しない、「安く作れそうでも」
外国に製造拠点を移さない、「もともと定年制が無い」
「社長が全社員の名前と健康状態を把握している」
「わざわざ儲からない難易度の高い仕事を請け負う」
「威張ってる大会社の仕事は断る」などなど結構共通点が多い。

ちょっとニュアンスは違うが、私が管理職の時代、次のようなことがあった。すなわち、特許実務を担当する専門職のパフォーマンスが伸びないという問題があって、私はそれは、その数年前に、スキルのある弁理士たちが多数辞めていったせいだと思っていたのだが、同僚のある管理職はどうしてもそれに同意しない。すなわち、専門職のパフォーマンスが伸びないのは、業務の女性のサポートが十分でないからだといって聞かない。

辞めていった弁理士たちほどではないにしろ、それなりの実務屋であることを自負していた私は、サポートが十分でないから特許明細書が書けないなどという意見を一笑に付した。自分の実務経験から、特許明細書の作成にほとんど業務担当の人のサポートを受けるパートはないことを知っている。だからそんなサポートなど意味がないと反論したら、他のコピーだの、会議室予約だの、そういう雑用を特許の専門職が自分でやっているから本業が疎かになるのだときた。そんな5分や10分稼いてどうすると反論したら、5分や10分というけど塵も積もれば山となるで、そういう時間を集めると1件分の特許明細書を書く時間になるのだと聞かない。で、馬鹿馬鹿しくて議論にならないと思っていたら、そこで私が責められキャラであることが災いした。普段生意気なことばかり言っているので、他の管理職が私に加勢してくれないのである。で、多勢に無勢で私が孤立したので、業務の女性のサポート強化ということになった。業務の女性の上司であった私としてはそれが不愉快で仕方がなかったが、仕方なく従った。ところが部下のお局さまも、当該の同僚の管理職につくので、いよいよ私は孤立した。

私も開き直って、ではどれだけ特許実務を担当する専門職のパフォーマンスが伸びるのか見極めようと思った。私の実務経験ではそんなことをしても、効果があるわけないはずなのである。しばらくたって、業績を確認したところ、おそらく以前に較べてフラットかと思ったら、寧ろ下がっているのでちょっと意外だった。その理由を私なりに考えてみた。以下のとおりである。

  1. 今まで自分でやっていた雑用を業務担当の人に任せるということは、依頼の通信コスト、完了後のチェック・コストなど余分なコストがかかるので、必ずしも手間の削減にならない。これは、コンピュータのマルチプロセッサでの並列処理アルゴリズムを眺めてもわかる。
  2. だいたい業務担当の人に依頼するのは、評価されない面倒な仕事になるのが人情であろう。そうやって選択と集中して高度な仕事に力を注ぐというのが描いたシナリオであるが、面倒な仕事をアウトソースするとどうも、仕事に対する根気や忍耐力を下げてしまうらしい。だから、山椒魚さんご指摘のように、伸びる中小企業は、「面倒臭い仕事」を決して外注しないことで、仕事の士気とモラールを維持するのである。すなわち、「面倒臭い仕事」が意外にもスキルの防腐剤なのである。
  3. もちろん私は、アダム・スミスが説いた分業の意義を知っている。ただそれでも、依然として依頼の通信コストなど決して無視できない。うまく分業効果を出すには、依頼の粒度と専門性を慎重に考慮する必要がある。

スキルの防腐剤をもう少しちきんと説明すると、以下のとおりである。

  • 日の当たらない仕事であること。日が当たるなら、利に聡い人は自然に努力する。
  • 必ずしも知的作業とは限らない。例えば私は、PDFで作成してもらった特許図面を個別のGIFファイルにする作業をこつこつとこなす。図面が多いとうんざりするが、うんざりしないような仕事はろくな仕事でないともいえる。そんな地味な仕事も、きちんとしたサイズの特許出願に使うには微妙に知能を使う。
  • 自分の一文の評価につながらないのに、他人のためだけになるような仕事もスキルの防腐剤にはよい。誰も大して感謝してくれないし、自分に他の仕事がある場合特にうんざりだが、このうんざり感もスキルの防腐剤としてよい。
  • 監査、トラブルなど、部門に問題があったときに尽力するのし本当に疲れるし、やっててなかなか達成感がないし、まともにやって当たり前、そうでないと叱られるという、やってられない感もスキルの防腐剤としてよい。
  • 専門書で勉強したり外部の講演に聞きに行ったり、詳しい人から話を聞くのもスキルの防腐剤だが、そんなの当たり前だから特に強調しない。

ただ、スキルの防腐剤というか面倒な雑用を自分で処理した方が全体のパフォーマンスは上がるという命題は、なかなか非自明で、結局、本質を見極めることに熱心でない人達を説得することはできなかった。管理職としても、部下を甘やかしている方が楽なのは、私も分かってはいるのだが、仕事なのでそうもいかないだろうという私の声は結局届かないのであった。ともかく私は管理職を降りてからもスキルの防腐剤を注入し続けている。自分ではそこそこ意味があると思うのだが、実際のところ分からない。

小林覚

user-pic
0

もう10年以上前、囲碁の小林覚九段の謹慎処分事件があった。日本棋院のホームページから引用すると以下のとおりである。

中国主催の「第3回春蘭杯世界囲碁選手権」に出場中の小林覚九段が(2000年)12月26日深夜、中国泰州市のホテルにおいて柳時熏天元に傷を負わせた事件について、日本棋院は直ちに小林、柳両棋士及びその場に居合わせた棋士にも事情を聴取しました。

その結果、小林九段の一方的な行為であることが明らかになったので、日本棋院としては小林覚九段に対し、向こう1年間の謹慎を申し渡すこととしました。

(以下、略)

もともと、小林覚と柳時熏とは険悪な関係ではない。経緯は、小林覚も柳時熏もかなり酔っ払っていて、小林覚がふざけて柳時熏の顔を殴る真似をしたところ、手にワイングラスを握っているのをうっかりしていて、ワイングラスが割れてしまい、柳時熏が顔に怪我をしたというのが真相だったと思う。

だから悪意は全くないのだが、小林覚は責任を感じて、引退願いを日本棋院に出した。その経緯を知っている山下敬吾などの有力棋士が署名活動したりして、小林は引退を免れた。小林覚本人にとっても、日本棋院にとっても、囲碁ファンにとっても、幸いだったと思う。多分柳時熏にも遺恨はないと信じる。

そんな古い事件をいまさら引用するのは、つくづく小林覚九段が引退しないでよかったと最近痛感するからである。小林覚九段が抜群の棋才に恵まれた一流棋士であることは誰もが認める。しかし、私の囲碁の拙い棋力では、小林覚九段の才能などわかろうはずがない。

それでも私が絶賛してしまうのは、囲碁対局の解説の巧みさ、深さ、旨さである。例えば、あるありきたりに定石の局面で、これはどうってことない局面なんですが、私も含めて多くの棋士が根を詰めて何日も研究したのです、と言いながら当時の研究を思い出していくつかの手を示す。

別の場面では、ここらあたりまでアマチュアが打っても私が打っても変わらないです。むしろ、アマチュアの強い人の方が私より巧いし、詳しいかもしれない。でもね、中盤以降と、終盤の寄せ、これはアマチュアの人には無理ですね、絶対正しく打てない、プロには勝てないです、と断言する。その言葉の調子にいささかの傲慢さもない。

またあるときは、井山裕太の対局の解説で、ううん、天才ですね、筋がよすぎる、と絶句してしまう。彼が囲碁を覚えたときは私はもうプロ棋士だったんですよ、どういうことなんでしょうかね、と暗にもう井山に抜かれてしまったことを告白するその謙虚さもいい。

その他、いちいちメモしてないので忘れたが、定石談義、手筋談義が何度聞いても感心することしきりなのである。

将棋で、小林覚の解説の巧さに匹敵するのは、勝又だろうか。しかし、勝又はどうしてもよくも悪くも将棋学者であって、勝負師的という意味では断然小林覚が優る。

ただ一方で、羽生も井山も対局の解説がいまいちつまらないことに鑑みると、対局の解説の面白さというのも、結局は悲劇の才能かなと思ってしまう。こう書いてみると、悲劇の才能というのは、ヒーローに死別する薄倖のヒロインという感じで、悪くない、ということになる。

ところで、小林覚の奥さんは、元女優の村地弘美なのだという。村地弘美という女優を私は知らないが、きっと羽生よりはうまくいっているんだろうね、と余計なことを考えてしまう。小林覚も若い頃は俳優で通るような渋いイケメンだった。最近ちょっと歳が感じられる。

不動点定理

user-pic
0

独身時代に、同じ服を一年中着ているという時期があった。厳密に言うと、当時は工場勤務だったので、出勤時は貸与された作業服を着ていたのだが、土日に出かけるときは必ず同じ服装で、寒くなると上にコートを着るだけだった。それで、流石の私の友人たちも、毎回私が同じ服装なので、呆れ返っていた。だから、今でも家人がよく結婚できたというが、それは結構正鵠を得ている。

ただ、今にして思えば、それは不動点定理なのであった。数学において、ブラウアーの不動点定理とは、位相空間Xにおいて、任意の写像 f: X → Xを考えると、f(x) = x ∈ Xのようなxが必ず存在する、というものである。

私はこれをヒントに、活動の不動点定理というものを考えてみた。すなわち、活動において、現状を変更し改革するようなどんな努力も、変わらない活動点(不動点)を生み出してしまう、というもので、私の上記活動において不動点となったのは服装であった。

これだけではつまらないので、活動の不動点定理のいくつかの側面について記述してみる。

  1. どの活動点が不動点になるか、意識して自分で決めることはできない。それを決めるのは無意識の自分のキャラクタである。
  2. どうやっても活動点の不動点が生じることは避けられないのだけれども、動く活動の種類や性質に応じて、不動点の広さ(不動点の測度とも呼ぶ)が変わる。
  3. 不動点の測度は、幸福度に対する単調増加関数である。すなわち、人間は幸福であればあるほど、不動点を広げて活動度を下げる。幸福な日々は、豚の生活なのである。
  4. 不動点は、意図的に操作することができない。言い換えると、不動点の測度を下げることで活動度を上げることはできない。

活動の不動点定理には様々な応用があるが、例えば、進化の法則における不動点定理がある。すなわち、知能が進化するとき、道徳は不動点になる、というものである。

一方で、景気がどんどん悪化する一方で、生活水準が不動点になっている、というものがある。これなど、不動点としての生活水準は、どこかで崩壊することが見えているだけに、悲痛である。

他の典型的な例はカントであって、思索を重ねる生活だったが、見事に居所であるケーニヒスベルクの街が不動点であった。

リアルライブによると、UMAのチュパカブラがテキサス州でみつかったという。以下、引用:

凶暴な吸血UMA(未確認動物)である"チュパカブラ"が目撃され、その姿をとらえたとされる写真がアメリカはテキサス州の地元紙の一面に掲載され、人々の話題を呼んでいる。

(略)

"チュパカブラ"は別名を"ゴートサッカー"とも言い、家畜や人間を襲ってその血液を吸い取るとされる。チュパカブラの目撃例はプエルトリコで発生し、メキシコ、アメリカと次第に伝播していった。外見は異様で、大きな赤い目を持ち、非常に俊敏で飛び跳ねるように移動すると言う。

だが、州の野生動物保護局に勤務していたクラブツリー氏は、この生物をチュパカブラではないだろう、としている。今までに報告されているチュパカブラ目撃証言を調査してみると、そのほとんどが疥癬(かいせん)などの皮膚病で毛の抜けたコヨーテや野犬だったことが判明しているからだ。

地元紙に写真を送ったのは半分「ジョーク」だったという。しかし、思った以上に注目されてしまって驚いた、と取材していたCNNのテレビクルーに打ち明けていた。

彼はこの生物を捕まえるべく、罠をしかけたという。捕獲できれば野生生物保護施設で治療を受けさせてやりたい、とも語っている。

しかし、テキサス州では昨年の7月にもチュパカブラ目撃証言が相次ぎ、そのうち2匹が殺害後捕獲されるなどの事例もあった。

彼の仕掛けた罠に、『本物』がかかる可能性も無いとはいえない!?

私のUMAの記事ではちらっとしか触れていないが、チュパカブラは実は、世界有名7大UMAの一つで、「世界の未確認生物(UMA)ファイル」、山口敏太郎著、PHP文庫によると、1995年に突如としてプエルトリコにあらわれた。チュパカブラとは、「ヤギの血を吸う」というスペイン語に由来するという。

ヤギや羊の死体が血を抜かれた状態でみつかったというのだから、チュパカブラとは、バンパイアを巨大化したような生き物かと推察される。

バンパイアとの類比は、その飛行能力にもある。すなわち、プエルトリコでみつかった翌年、メキシコやチリ、アメリカでも見つかっているという。文字通り飛散したのである。実際2004年にチリで、チュパカブラが空から襲ってきたのを見かけた農夫もいる。

では、チュパカブラの正体は何か。一つの説は、DNA操作によってつくられたミュータント生物である、というものである。プエルトリコに米軍の遺伝子工学の研究所があって、そこでいろいろな生物がつくられている、という説である。キューバのグアンタモに米軍管轄のテロリスト向けの刑務所があるくらいだから、プエルトリコにそういう施設があってもおかしくない。実際、アフガニスタンのペシャクパラング、ソマリアのヘンティフィアなど、日本の江戸時代でいう忍犬の凶暴版であり、既存の犬を遺伝子改変したものかもしれない。

そういう疑惑に対する情報操作の一つの手は、情報提供しておきながらあれはジョークだったとサクラに言わせることである。こうすることで一気に情報の信頼度が下がる。情報撹乱の基本である。米軍の得意な撹乱戦術である。

あと、エイリアン説というのもあって、南米がUFOのメッカであることから、これも一理ある。チュパカブラが乱舞する星というのはかなりおぞましいが。

しかし、チュパカブラは単に狂犬病に罹った犬だという説もある。そうかもしれないが、いくら狂犬病に罹っても犬は空は飛ばないし、羊の血を吸うこともない。ここらあたりどう説明するのだろう。

ということで、チュパカブラの今後の帰趨が注目される。まさか日本にはあらわれないと思うが。

田舎者

user-pic
0

私にとって、瀬戸内海の孤島で暮らした18年間(厳密には、3歳から3年間、今の東広島市にある西条というところの結核療養所にいたのだが)は、強烈な経験であったというにはあまりにもほのぼのとした日々であったが、それでも、私の人生に本質的な影響を与え続けている。

決して親孝行でもないし、郷土愛も意識したことはない私だが、今でも、物事を考える基準は意外に故郷をベースとしている。分かりやすくいうと、田舎者である自分を忘れないということである。故郷を忘れて渋谷あたりでシティーボーイを決め込む元田舎者もいるようであるが、それは私の生き方ではない。

そこで、私の田舎者思考(志向)を記述してみる。

  1. 先ず田舎者は、東京に出てきても、旅行に行くときは定刻よりもずっと前に駅や空港で待つ。私は、以前よく単独で米国出張に行ったものであるが、だいたい、少なくとも飛行機が出発する3時間前、場合によっては4時間前に着くようにしていた。いくらなんでも早すぎるだろうという周囲の人のアドバイスを意に介さない。言い訳は、途中で空港バスが渋滞することもあるだろうというものだが、流石に限度がある。
  2. 次に田舎者は、実直さを忘れない。私の田舎では、力もないのに自慢する人が一番嫌われた。いや、力があっても自慢しては恥ずかしいとされた。故郷に帰って近所に人に受け取られる自分でありたいと思っている。しかし最近、かなりずるくなってきているのは確かである。
  3. 次に田舎者は方言を忘れない。私が一番面倒をみてもらった母方の祖母は、故郷の方言しか話せなかった。同居していた父方の祖母は、子供たちが関西方面に嫁いでいったり就職したので、大阪弁も少ししゃべれた。私は母方の祖母の方針を継承して、今でも実質的に地元の方言を忘れていない。田舎に帰って私が方言で話すとき、たいていの地元の人は、私が故郷を離れて40年近くも経過していることにまず気付かない。家人が同郷なのは、広島弁の訓練としてはよい。そんな私だから、地元に帰ったとき関西弁でしか話さないような同級生とは馴染めない。また、会社でも、関西出身なのに、全く関西色を打ち消そうとしている人とはまず相性がよくない。
  4. 次に田舎者は品がない。出勤途中、我慢しきれなくなって失禁しスーツを汚してしまった話など、滔々と自慢げに話す。
  5. 次に田舎者は我慢強い。少々の暑さ、寒さ、貧乏が平気というわけではないが、しょうがないなあと文句いいつつ我慢する。当然に少々の放射能なんて気にしない。汚染牛肉があるなら安く買いたいと思ったりする。
  6. 次に田舎者は服装を気にしない。一番恥ずかしいことは、中身がないのにお洒落だけすることだと思っている。中身が乏しいなら服装に無頓着にすることで、中身と外見のギャップを減らすことが美徳だと思っている。
  7. 次に田舎者は花鳥風月を愛す。花鳥風月といいつつ、その内実は、蛙やバッタやゴキブリだったりする。花も単なる雑草だったりする。愛さないまでも、ゴキブリが側方通過しても平然と見過ごす。
  8. 東京が、ニューヨークが、なんぼのもんじゃい、故郷の尾道の方が遥かに伝統があるぞと開き直る。これは単に蟷螂の斧か、それともコンプレックスの裏返しか。
  9. 次に田舎者は、故郷色を前面に出す。例えば、広島カープのファンであることを隠さないし、あからさまに応援もする。高校野球はまず中国地方、そして第2の故郷と目する九州地方の高校を応援する。また、故郷の名所を聞かれると、際限なく話す。だから私に郷土愛がないというのは、微妙な嘘かもしれない。まるっきり嘘でもないのは、あまり実家に帰りたがらないことである。おっと、広島より北陸地方の方がしっくりくるなどとときどきいうのは完全な裏切りなのであった。
  10. また、田舎者は、仲良くなると世話話を延々とつい話す。これは、孤島の住民が、暇なせいか、世話話を際限なく話す傾向に影響を受けている。先日も、特許情報会社の営業マンが来たときも、延々と世間話をしてしまった、さぞかし呆れていただろう。

結局、一般化しきれないで私の田舎性の傾向を書いてしまったが、東北や北陸地方出身の田舎者も似たようなものではないだろうか。一緒にするなと叱られそうである。

仕事のグラフという題で書くが、ここでいうグラフは、折れ線グラフや円グラフなどのグラフではなく、ノードとリンクからなるオブジェクト・モデルである、グラフ理論のグラフである。

会社などの組織において、組織の階層がグラフ構造で記述されることは自明であろう。すると、そこから、仕事自体もグラフ構造で記述されることがほとんど自明に導出される。

そうやって組織における仕事をグラフ構造であらわすと、次のことが言える。

  1. 大まかには、組織の階層グラフと仕事のグラフはほぼ相似である。
  2. 仕事のグラフには、末端ノードでその下に別のノードをもたない葉ノード(lead node)と、その下に別のノードをもつ非葉ノード(non-leaf node)がある。
  3. すると、これも大まかには、管理職は非葉ノードに対応し、実務担当者は葉ノードに対応する。

以上の前提の下に、いくつかの仮説を書いてみる。

  • その下にぶらさがる子ノードの数に応じて、その組織における地位と報酬が決まる。
  • 当然にその下にぶらさがる子ノードの数に応じて、責任の重さが決まる(べきである)。
  • 組織における実施的な仕事は葉ノードにおいて(のみ)なされる。
  • 昇進するということは、自身の子ノードの数を増やすことである。従って、葉ノードの数が減って実遂行力が下がるので、葉ノードの補充が必要である。
  • 見落とされがちなのは、多くの子ノードをもつ親ノードの下には葉ノードが必要であることてある。すなわち、子ノードを抱えると、管理的な実務が生じる。管理職の実務に書いたように、実は管理業務の葉ノードは忘れられがちであるが、本当は本質的である。それこそが巨大な仕事のグラフを支える管理コストたからである。
  • 管理業務の葉ノードが忘れられると、ノンワーキング・リッチのノードが発生する。ノンワーキング・リッチは楽して稼げるので、次第に伝播していく。
  • 末端の葉ノードも、ノンワーキング・リッチに影響を受け、次第に非葉ノードになるか、離脱する。

結局、うまく証明はできないが、非葉ノードの存在と、複雑怪奇な仕事のグラフ構造そのものに、退廃の原因があるのかもしれない。

男性に痴漢

user-pic
0

神奈川新聞によると、男性に痴漢して警察に捕まった男性がいるという。以下、引用:

横浜市は21日、市営地下鉄内で痴漢行為をしたとして県迷惑防止条例違反容疑で逮捕され、不起訴処分(起訴猶予)となった都市整備局都市交通部都市交通課の男性職員(34)を停職5カ月の懲戒処分にした。

市によると、職員は6月9日午前8時5分ごろ、市営地下鉄ブルーライン線の車内で乗客の男性の下半身を着衣の上から触るなどしたという。同26日に被害者と職員との間で示談が成立。同29日に不起訴処分となった。

職員は「魔が差した。被害者に迷惑をかけ、市の信用を失墜させ大変申し訳ない」と話しているという。

確かに私も、満員電車で座ったところ、目の前に男性の股間に相当する箇所がきてうんざりしたことがあったが、流石に私はそれを触ってみるという発想はない。この男性職員はもともと、そっち方面の傾向がある人なのか、それとも、そういう傾向の人ではないのにたまたまストレスで変な気持ちになったのか。魔が差したというので後者なのだろう。

しかしである、被害者の男性も警察沙汰にするだろうか。私だったら不愉快と思いつつ、場所を移動する程度で回避する。そして、ああ女性が触ってくれならよかったのにと思う(そんなわけないか)。警察沙汰にすると不愉快の程度が増すだけなので、とりあえず知らないふりをすると思う。個人的には暴力を受けたり、スリされるよりましである。

ところで、別の話であるが、新聞をみていたら、人生相談のコーナーで、ある男性の部長職の人が、部下の男性のことが好きになっていろいろ支援しているのだが、向こうは何も応えてくれなくて寂しい。どうしたらいいのか、という相談があった。それに対して相談を受けた人がなんと回答したか忘れたが、普通はそんなもん知るかというところだろう。

とはいえ、この「男性に痴漢」事件であれ、同性愛部長の件であれ、オフィスの原子炉における核力学はいよいよい複雑で、その挙動は人智の理解を超えるということのようである。

九州電力のやらせメールについて、日経ビジネスの小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 というコラムに、『「やらせメール」と人を無能にする組織』という記事があった。

趣旨を簡単に私なりに要約すると、エリートとして入社した九州電力の社員は、入社時とても優秀だったかもしれないが、原子力関係の部署に配属されて、事なかれ主義で、それこそなにもしないことこそが期待されるような時代が長く続くと、まさに、無能になるように訓練されたのではないか、というものである。その根拠は、あのやらせメールの様子があまりにも稚拙というものである。すなわち、企業なのだから、素朴な施策だけやっているわけにはいかなくて、多少の権謀術策も必要であろう。そういう意味では、あのようなメールを画策して世論を操作することがあってもおかしくないが、やるならもっと頭を使ってばれないように巧妙にやれ、ということである。すなわち、あまり事情のわかっていない関連会社の何百人もの人に定型の指示を出したら、どこかからばれるのはあまりにも明白だからである。

ここらあたりから私本来のコメントに移行する。例えばNASAが本当に月に人を送ったのかどうか知らない。いえることは、ラムズフェルド元長官のこのような発言もあったくらいだから、なんらかの謀略はあったと考えてよいだろう。しかし、NASAの現・元職員も含め、ポジティブであれ、ネガティブであれ、決定的な情報をリークした者はいない。較べるのも愚かだが、九州電力と較べてなんという見事な情報統制であろう。

するとやはり、九州電力の少なくとも原子力関係の部署において、訓練された無能があったものと推定するのが相当である。なぜ訓練された無能が必要であったかというと、下手な自律思考・哲学的思考が邪魔になるようなスタティックな部門だったからである。原子力発電所という枯れた技術の設備において、また、がちがちの政府のコントロールをうけ、原子炉の危険性、将来性、効率性、代替エネルギーなど問うてはならない。下手に問うとおそらく確実に降格され、あるいは別の部署に飛ばされる。

さてもう少し一般に訓練された無能について考察してみる。凡そ何かを学習するということは、その間別のことが学習できなくなるのだから、何かを学習して「訓練された有能」を獲得することは確実に、「訓練された無能」に少なくとも片足を突っ込むことを意味する。これは、経済学の十大原理の一つのトレードオフである。

しかし、何かを学ぶ結果としてある面が無能になるのは仕方ないとして、組織の要請あるいは上司の阿るかたちで訓練された無能に陥る場合がある。例えば、上司が一切決断しないし、提案もしない、責任もとらないタイプである場合、この上司の指示に忠実に従うことは、まさに無能を訓練することになる。

無能の訓練は、インフルエンザのようにあっという間に広がる。なぜなら、無能の訓練は、努力しなくていい、責任とらなくていい、アイデアは出す必要がない、普通にやっていれば君たちは優秀なのだ、などととても快いメッセージを送られ続けるからである。これは念仏さえ唱えれば成仏できるという宗教に似ているのだろうか。

さて、訓練された無能に対するワクチンはあるのかと問うと、決定的なものは特にない。自分の頭で考え、自分で責任を引き受けて悩むしかない。哲学の効用や、教養の価値に書いたようなことであるが、なんと迂遠なのだろうと嘆いても仕方ない。短期間で効用を得たいならば、無能の訓練が一番なのだから。

穴熊仮説

user-pic
0

穴熊仮説とは、多分私の造語であり、将棋の穴熊戦法は実はインチキであって、正しく指せば必ずこれを破る手順が見つかる、という仮説である。証拠を示せといわれると困るが、私が高校生だった1970年の前半頃は、プロの間でもなんとなくこれを信じる人達はいたと思うのだが、大内九段などの活躍で次第に穴熊戦法は洗練され、1980年代になって、田中寅彦による居飛車穴熊が猛威を振るうようになってからは、おそらくであるが、穴熊仮説を信じる者がいなくなった。

ところで、穴熊仮説に似た、他の分野での仮説を私なりに拾い上げてみる。穴熊仮説と違って、まるっきり素人だったりするので、不正確に引用するかもしれないが、そこはご了解戴きたい。

  • マルクス・エンゲルスによる唯物論仮説。すなわち、すべては物質に内在する法則によって決定されるという説で、社会が、経済的下部構造で規定されるというのが系である。
  • 物理・化学法則一元仮説。生命体は、一見、エントロピーの減少など、非物理的法則に従い挙動しているように見えるが、それは単に物理・化学法則の未熟性を示すものであって、物理学・化学が発達すれば、生命の挙動をきちんと説明できるようになる。
  • 霊魂不存在説。唯物論仮説や物理・化学法則一元仮説から自然に導き出される。
  • 遺伝子仮説。すなわち、生命が発生し成長するために必要な情報はすべて遺伝子に書き込まれているという説。
  • 究極の物理法則仮説。場の量子論と重力理論を矛盾なく統一する理論が構築されれば、森羅万象が説明可能となる。物理・化学法則一元仮説を更に押し進めて、物理法則一元仮説といってよいかもしれない。
  • 科学の無限進歩可能性仮説。ただ、ステントの「進歩の終焉」のような反論もあることはある。
  • ミルトン・フリードマンの自由主義仮説。

こうして列挙してみると、際限がない。現代社会が、いかに穴熊仮説のような、一見尤もらしくて検証の難しい複数の仮説に基づいているかということがわかる。

戻って、穴熊仮説が、ポパーの言う意味で反証可能なのかどうか分からない。ただ今のところ、年間何千局もプロ棋士によって将棋が指され、その中で、穴熊囲いに対する信頼感は絶大で、ほぼ100%の棋士は、穴熊仮説なんて信じていないことは高い確度でいえる。

それではコンピュータ将棋が発達してくると、穴熊仮説をより綿密に数理的に検証できるのだろうか。当面それが難しいと思われるのは、ボナンザやボンクラーズ、激指のような現代最高レベルのコンピュータ将棋のソフトが、既存のプロ棋士の大量の棋譜を機械学習して評価関数を決定していることである。すると、穴熊オリエンティドな現代将棋に基づく評価関数が、穴熊仮説に与することは原理的に難しいということになる。

もし穴熊仮説検証に向けて、コンピュータ将棋のソフトが一歩踏み出すことができるとすれば、それは、最初の出発点として、プロ棋士の大量の棋譜の機械学習に基づく評価関数から出発するとしても、コンピュータ同士対戦で自己修正的に評価関数を改良していくアルゴリズムが存在すれば、次第に、人間が考えた戦法から乖離した戦法が案出されることによるのかもしれない。しかし、最初の評価関数から自己修正的に評価関数を改良していくことが、並列コンピュータのブルート・フォースだとしても、その際に使用するのが既存の評価関数だとすると、そのような自律的アルゴリズムの困難は、P≠NPどころではない本質的なものであるような気がする。逆の意味で、天才的な数学基礎論学者というかロジシャンによって、比較的簡単に、不完全性定理が証明されてしまうのかもしれない。

菅直人がいまや、各方面から退陣を迫られて、それでも菅直人を擁護する声は少ない。そのように、なにかと責められやすい人というのはいると思うのだが、それをあえて現代風に責められキャラと呼ぼう。

そこで、会社の知り合いで、わが親愛なる責められキャラの人物を紹介してみる。以下では、便宜上Aさんと呼ぶ。

Aさんは、私なんかよりもずっと頭がよくて優秀であるが、そういう人は社内に沢山いるので、いまさらそういう言い方をしても仕方ない。ただ、真面目で仕事ができて、ベテランなので、部門内での信頼も篤く、誰からも一目置かれている。

そんなAさんは、仕事熱心なので、仕事が未熟な人はきちんとどこがよくないか指摘して指導しなくてはいけないと思っている。ときどき仕事の縁がある私も、折にふれて改善すべき点を指摘され、畏れ入ることが多い。

指摘する内容はいちいちご尤もなので、よほど機嫌が悪いとき以外は私はAさんのアドバイスを聞き入れる。だから、Aさんとの仲はまあまあで、ときどき飲みにいくこともあるほどである。

そんなAさんであるが、部内に意外に敵が多い。大して険悪でもないので、敵という言い方が相応しいかどうか分からないが、ともかく、折にふれて反目されてしまうことがある。私からみて理由は分かっていて、つい、能力やスキルが十分でない人を追求してしまうのである。それは、教育的効果としては意義があるが、世の中は私のように素直な人(嘘つけ!)ばかりではない。そのときは相手は引き下がっても、相手は静かな遺恨を蓄積するのである。

そういうヒストリがあると、Aさんはどうしても損をしてしまう。すなわち、誰かの提案を、AさんのそばにいたBさんが否定したことで、その提案が却下されても、なぜかAさんが否定したことにされてしまう。そしていつまでも根にもたれる。責められキャラの面目躍如である。

そうやって遺恨を蓄積した分子が増えると、Aさん自身の提案が出されると、まるでインフルエンザ・ウィルスが喉を攻撃するように、否定のための否定の波状攻撃を受け、提案が撃沈されることがある。その場に居合わせた私は、助け舟を出そうにも手を拱いている。実は、そんな状況で出撃すると一挙に撃墜されることを怖れているのである。なんとも役に立たない友軍であることよ。

バイタリティ溢れるAさんも、そういう社内の闘いに疲れて、私に愚痴をいうこともある。そんなとき、私のアドバイスが自分でも笑ってしまうものであるが、言っているときは大真面目で、すなわち、Aさん、神社に行ってお祓いしなよ、というものである。するとなぜか、がちがちの理系であるはずのAさんは私の言うことに素直に従ったりする。藁にもすがるというやつだろうか。その結果、肩に圧し掛かった他人の恨みが祓われたかどうか知らない。

私がAさんの愚痴を聞く資格があるとしたら、私もまた責められキャラだからである。ただ、私は少しタイプが違う。私は普段は適当で、いちいち咎めたりしない。ところが、上司や上級管理職の言う提案に平気に噛み付く。もう10年くらい前、予算削減のプランがでていたとき、予算管理の責任者だったのだが、たまたま米国から上級副社長が来日した。私は何かプレゼンせよと指示があったので、こんなに予算を削減されると特許のポートフォリオが痛んで仕方なくなる。けしからんと資料を作ってプレゼンしたら、実はその削減策の提案者が、上級副社長その人であることを後で知った。あとで米国人の上司から、お前なあちょっとは考えろとよ、さんざん注意された。それから私は、要注意人物にマークされたのか、折に触れて人事的な冷遇を受けたような気がする。それも業である。

そんな私なので、まあ、Aさんの愚痴を聞く資格くらいはあるのだろうと思う。なんとヘルプもできないが、これも人生ですよ、くらいしか言えないが。

ともかく責められキャラは少なくとも卑怯度は低いのだろうと思う。みんなの非難の銃弾が飛び交う中を匍匐するだけの勇気はあるのだから。

老人の活躍

user-pic
0

少し前であるが、84歳の平田博則さんが、世界アマチュア囲碁選手権の日本代表になった。毎日新聞の記事からの引用は、以下のとおりである。

「いやー、今一つでした」。悔しそうに振り返った。

5月末、松江市で開かれた「第32回世界アマチュア囲碁選手権 島根大会」。注目は何といっても史上最年長、84歳で日本代表になったこの人だった。

57カ国・地域の57人による、変則リーグ戦。8人と対戦し、3回戦と最終戦で敗れたが、6勝2敗で堂々5位に入賞。しかし、出てくるのは後悔の言葉ばかり。「3回戦はとんでもないミスで落とした。あの時点で優勝が厳しくなった。最終戦も、中盤以降がまずかった」

確かに悔しいかもしれないが、この年齢で日本代表になること自体、驚異的である。なぜなら、国内でさえ、囲碁のアマ強豪はひしめていているからである。

囲碁を覚えたのは10歳のころ。プロを目指し入段も決まっていた。だが、時は戦後の混乱期。「そんな時代だから、プロになろうとは思わなかった」。70歳まで大学で教壇に立ち、数学を教える傍ら、アマで打ち続けた。

驚異的な選手生命。その秘訣(ひけつ)は? 「感覚、大局観など、年を経たからこそ得られる部分があるからかな。碁には底の知れない面白さがある」

すると平田さんは、プロ並みの棋才があったということである。だからといって、80歳を過ぎてもアマトップの力を維持できるというのは、囲碁という技芸の性質によるのだろうか。すなわち、橋本宇太郎九段は、84歳まで現役を通し、詰碁の作成でも天下一品であった。呉清源九段は確か現在97歳くらいであるが、21世紀の碁と称して、今でも研究に余念がない。こんな高齢で研究を続ける例は少なくとも将棋にはない。闘魂の有吉道夫も、75歳で引退を余儀なくされた。そういう意味で最近画期的であったのは、第34回 朝日アマチュア将棋名人戦 全国大会に73歳で中国地方代表として出場した藤原雄三さんである。囲碁よりも激しいゲームである将棋は、60歳過ぎて地区代表になるのも大変である。多分囲碁よりも、将棋の方が頭の瞬発力を要するからで、それは肉体の衰えと比例する面があると思う。実は藤原雄三さんは、岡山で、半世紀以上も前から伝説のアマ強豪で、神様と称されたほどである。

私が思うに、老人になっても活躍できるためには、以下のような条件が必要と思われる。

  1. 若い頃から才能があること。
  2. 若いときから努力を絶やさないこと。
  3. 名利に淡々と生きること。あまり欲望に支配されると、力が入ってエネルギーを浪費する。
  4. 健康に留意すること。飲酒はある程度抑えて、散歩などの運動をした方がいいのだろう。
  5. 興味を絶やさないこと。別に若い異性でなくてもいいが、活き活きとした興味というか感性は必要である。
  6. 完成してしまわないこと。例えば、ノーベル賞受賞者であることに居座ると、進歩はそこで止まる。高木貞治は、類体論で、40代にして出来上がってしまったのかもしれない。一方、志村五郎も広中平祐も、まだまだ意欲は衰えていないようである。

蛇足で付け加えると、私は、世間に邪魔にならない老人になりたい。世間に全く邪魔にならないということは無理なので、邪魔になることを最小とするという目的関数で生きたい。そのためには、きちんと歩けると、きちんと考えることを維持したいと思う次第である。今までたいした人間でなかったのが老人になって突然たいした人間になるということは絶対にないからである。

先月、心の原子炉という記事を書いた。それに若干のコメントを頂いたので、二番煎じになることを懼れず、懲りないで、オフィスの原子炉という記事を書いてみる。

さて、オフィスの構成員が人間であってみれば(別に犬もいていいが)、それそれが心に原子炉を内蔵する構成員が寄り集まれば、原子炉のスマート・グリッドとして、オフィスの原子炉が構成されるだろうと考えるのかもしれないが、それは妥当ではない。

なぜなら、心の原子炉の中性子に相当するものは、各人の心的イメージであったが、心的イメージ自体は放射能防護壁に遮られて外に漏れ出てこないので、心的イメージがオフィスの原子炉の中性子にはならない。もちろん、心的イメージがそのまま漏れ出て飛び交うような組織も考えられないではないが、それは組織として濃密すぎる。ある種の宗教組織でしか成立し得ないであろう。

では、オフィスの原子炉で中性子に相当するものはというと、野望であったり、愛情であったり、憎悪であったりと、相当に生々しい。すなわち、心の原子炉の中性子が心的イメージであるなら、オフィスの原子炉の中性子は欲望である。すると、オフィスとは欲望という名前の中性子が飛び交うすさまじい場所なのかと問うと、答えはウィである。なぜフランス語なのかという問いはどうでもいい。

すると当然に、炉心溶融を防ぐために、オフィスにも制御棒が導入されなくはならない。それが社内規則であり、労働法であり、場合により民法・刑法・知的財産法も入ってくる。

そういう制御された炉にあっても、欲望の中性子の勢いはすさまじいので、予想を超えたどうしの衝突が生じ、そこからすさまじいエネルギーが発生する。実は、そのエネルギーことが組織の活力であり、活動源なのであった。

欲望の中性子が性的リビドーであるとき、中性子衝突はセクハラと呼ばれ、欲望の中性子が階層的権威や権力欲であるとき、中性子衝突はパワハラと呼ばれる。実は、欲望の種類は多様で、異なる欲望の間の衝突現象は複雑なので、欲望原子核理論はなかなか厳密に解けない。だから、セクハラやパワハラは、組織原子核工学の代表的な現象にすぎない。

そして組織原子核工学の立場からは、世間の常識と少し異なる結論が導き出される。すなわち、組織の活力のため、セクハラやパワハラは必須である、というものである。そこから組織の活力が生み出されるというか、セクハラやパワハラがないと、組織の自己増殖炉が作動しないということになる。

しかし、セクハラやパワハラを放置しては、オフィスの原子炉が加熱し、水素爆発や炉心溶融を起こして、崩壊してしまう。そのようにして崩壊して組織は数知れず、まさに死屍累々である。だから、管理職の役割は、ある程度のセクハラやパワハラを煽りつつ、それを適当なレベルに維持して組織を活性化することなのである(本当か?)。

ともかく、オフィスは原子炉なのだから、そこにいるだけで、すさまじい放射能を浴びる。したがって、法定では一日にオフィス滞在できる限度を8時間、あるいは、1ミリシーベルトと規定しているのだが、なかなか遵守されることはなく、放射能障害で倒れるサラリーマンが後をたたない。

しかし、オフィスの原子炉の最大の問題は、使用済み核燃料のような古参社員である(あたしだよ!)。会社は、処分に困って一箇所に閉じ込めておきたいのだが、狭いオフィスには格納場所もなく、有害放射線を巻き散らかしている。

さらにいうと、今のオフィスの原子炉は、1970年代のアメリカ製で、当時は最新の高性能と謳われたが、今ではすっかり老朽化し、冷却水漏れもはなはだしい。定期点検もままならず、このままでは致命的な事故になるのではないかという原子力安全委員の警告を無視して、今日も粛々と稼動している。

ここに述べたことはフィクションであり、実在するいかなる組織・団体とも関係ありません。

笑顔

user-pic
0

テレビ番組を観ていて、「笑顔で日本を元気に」というキャンペーンがある。なんでも、東北大震災で元気をなくした日本を笑顔で元気付けようというのだが、どうしてこういうキャンペーンに苦情が出ないのか、私は不思議でならない。

またなんということをと言われるかもしれないが、考えてみてほしい、東北大震災の津波で家族を亡くした人達や、原発事故で避難を余儀なくされた人達のことを考えてほしい。そんな人達に笑顔で接してどうするといいたい。もちろん義捐金は望ましい。是非とも必要とされているだろう。しかし、笑顔はそうか。

私は、かなり悲惨な状況にある人を励ましたことがある。パーソナルなことなので、その詳細には言及できないが、なにかの支援をしないとその人がめげそうだったので、思わず話しかけた。拒絶されるかとおもったら、意外にも受け知れられた。ただ、励ますといっても、頑張れといったわけではないし、もちろん笑顔でもない。ほとんどの状況で、向こうが話しかけることを聞いた。それに相槌し、ときどき私も感想を述べた。

その後、折に触れてメールをもらった。メールをもらうと、どんな状況でも、気がついたらすぐに応答した。そうやって数ヶ月たつと、少しずつ気持ちが落ちついたのか、あまりメールも来なくなった。いまでは、半年に1回、メールが来るかどうかだが、ときどき会うと、呑みに行って雑談したりする。なおいちいち言うのも変だが、異性ではない。ロマンスにはならない。

結局、私がどれほど気持ちを取り直すのに貢献できたか全く不明だし、おそらく、大した意味はなかったかもしれないが、それでも、次のことは言えるような気がする。

  1. 多くの場合、そっとしておくしかない。間違っても、元気を出せなんていえない。
  2. 基本的に笑顔は、状況に応じてだが、結構稀である。
  3. 多くの状況で、傾聴である。それがほとんどである。ときどきこちらからもしゃべるのは、きちんと関心が途絶えていないことを示すためである。基本的に、相手から話すのを遮らない。向こうが終わるといわなければ、いつまでも聴いている。

そんなことをするインセンティブはなにかと聞かれるかもしれないが、結局、相手を救おうとすることが、自分を救うことにもなるのである。神秘的という意味ではないが、それも宗教的といえなくはない。仏教に顔施という言い方があって、それはにこやかな表情で人に接するということであるので、笑顔も含まれるのかもしれない。しかし、少なくとも無条件の破笑ではあるまい。

まず相手の辛さに共感し、苦しさを共有するとき、やはり「笑顔で日本を元気に」ではないのではないか。それを能天気と敬遠するのは、私の人間性がひねくれているのだろうか。

囲碁の藤沢秀行については、人生の変分法で触れたが、「野垂れ死に」藤沢秀行著、新潮新書を読んだので、重複をおそれず、秀行的生き方についてまとめてみる。

まず、藤沢秀行を特徴づけるのは、運の強さと生命力である。戦時中、横浜に住んでいた頃、大空襲に遭い、逃げているうちに家族ともはぐれ、焼夷弾をもろに浴びてしまった。幸い、その破片が手をかすっただけで済んだが、まさに九死に一生を得たのだった。

その後、中年以降、三度も癌に罹り、かなり重篤で医者も見離す状態になったこともあったが、奇跡的に癌は快癒してしまった。おそるべき運の強さと生命力であろう。

しかし、藤沢秀行はその運の強さと生命力に便乗するように無茶苦茶なことをするのである。まず、酒を浴びるように飲む。よく酒は飲んでも飲まれるなと世間でいうが、飲まれなけば酒ではないと、対局がない日は朝からどんどん飲んで正体不明になる。そんなだから、アル中になって禁断症状や幻覚症状に苦しんだりした。

また、競輪などのギャンブルが好きで、相当入れ込んだ。さらに、止せばいいのに商売に手を染め、碁会所、椎茸の販売など、素人商法で莫大な負債を抱えたりした。

それだけではない。女癖の悪さも最高である。なにしろ、結婚後も他所に女をつくってそこに入り浸り、何年も自宅に帰らない。あまり帰らないので、自宅の場所を忘れたほどである。何年も他の女のところに入り浸っているのだから、子供もできる。そうやって奥さん以外に子供ができた女性は複数というのだから、半端ではない。しかし、なんであんな無茶苦茶なおっさんが女にもてるのだろう。本当に、あの世界はわからない。

そういう文字どおりの超ど級の飲む・打つ・買うなのだけれども、そこまで入れ込む理由は、囲碁の芸に打ち込むことの補償のようなのである。

実は秀行は、豪放繊細で、見かけに相違して神経が細かい。それで、囲碁に必死で打ち込むことのカウンターバランスとして飲む・打つ・買うをやっているようなのだが、いかに秀行の芸が凄いものでも、いくらなんでもバランスを失していないか。

それが許される秘訣は、秀行の人間関係にあった。すなわち、囲碁という政財界の著名人がよくたしなむ趣味であることもあって、秀行はとても政財界の有力な人に知遇がある。だから、莫大な借金を抱えても、いろいろと陰に陽に支援してもらえる。

しかし、秀行の人間関係の最大の財産は、なんといっても奥さんであろう。莫大な借金を抱えても、酒乱で暴力を振るわれても、他所に女を作って三年帰ってこなくても、離婚しないで耐えた。剰え、他所の女と秀行の間にできた子供まで面倒をみるというのであるから、菩薩のような人とは、こういう人をいうのであろう。この妻があって、あの秀行が成立したといえる。もちろん、秀行の並外れた悪運の強さ、囲碁の才能と人脈はあるにせよ、である。

ただ、囲碁に対する思い入れは半端ではなかった。どんなに酔っても囲碁の勉強は欠かさなかったし、中国や韓国の棋士にも分け隔てなく囲碁を指導した。まさに指導に関しては、来る者拒ますである。

ところで、秀行は、将棋の芹沢九段と親交があったようであるが、想うに、芹沢は秀行の真似をして酒びたりの生活を送ったのではあるまいか。しかし、どうして芹沢は、秀行の囲碁に対する思い入れに感化されなかったのだろう。晩年、あまり将棋の勉強をしていたようではない。ともかく、芹沢は秀行ほど悪運が強くなく、健康を害して早世してしまった。

ということで、藤沢秀行は、あまりにも規格外れで、誰も真似できないのであった。真似したくもないかもしれないが。

時事通信によると、太平洋の海底に大量のレアアースが存在する可能性が高いそうである。以下、引用:

ハイテク製品に不可欠なレアアース(希土類)が、太平洋の広い範囲の海底に大量に存在する可能性が高いことを、東京大学の加藤泰浩准教授らの研究チームが突き止めた。最大で陸の埋蔵量の800倍に上り、高品質という。英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に4日掲載された。

レアアースは世界の年間生産量約12万トンのうち約97%を中国が占め、価格が高騰している。発見を機に採掘が進めば、レアアースをめぐる資源問題が激変する可能性もありそうだ。

研究チームは、太平洋各地で東大大気海洋研究所がこれまで採取した試料や、日本や欧米が参加する国際深海掘削計画などで採取した約2000の試料について、化学組成を詳細に分析した。

その結果、仏タヒチ島周辺の南東太平洋(240万平方キロメートル)と米ハワイ島周辺の中央太平洋(880万平方キロメートル)の2海域で、高品質のレアアースを含む泥が大量に存在することが判明。水深3500~4000メートルの海底を中心に、南東太平洋では厚さ平均8.0メートル、中央太平洋は同23.6メートルの泥があり、面積は合わせて日本の約30倍という。

海底火山から噴出した熱水に含まれるゼオライトなどが、海水中のレアアース粒子を吸着し、沈殿したとみられる。2海域のレアアースの量は、陸上の800倍に上るとみられる。南東太平洋の海底から4平方キロメートルの泥を厚さ10メートル分採掘すると、日本の消費量の1~2年分が回収可能という。

これは画期的であり、中国も焦るのではないだろうか。丁度、天然ガスで覇権を主張しようとしていたロシアが、シェールガスの登場で、一気に優位を失ったのと似ている。

ただ、以下のような懸念はある。

  1. 資源の所有権はどうなるのか。国連海洋法条約によると、「深海底(国の管轄権の及ぶ区域の境界(いわゆる大陸棚)の外の海底及びその下)及びその資源は,「人類の共同財産」とされる。」とある。この場合、どう扱うのだろう。
  2. 採掘コストはどうなのか。深海だとコストがかかりそうである。

ともかく、有望そうな話である。折に触れて、どう進展しているか様子をみることにする。

悲劇の才能

user-pic
0

ニーチェに「悲劇の誕生」という著作があるが、これとは全く関係なく、悲劇の才能と呼べる才能があると思われる。しかし、書き下すとなんと自明なことを述べるのだと、下手したら一顧だにされないかもしれないが、それでも自分用のまとめとして記述しておく。

ここでいう「悲劇」というのは、悲惨な目に遭うという意味では必ずしもない。単に、その才能に見合う評価や評判が与えられないという程度の意味である。それは以下のようなものである。

  1. 百科全書の才能
  2. 評論の才能
  3. スペシャリストの才能
  4. 伯楽の才能
  5. オリジネータの才能

以下、順次説明する。まず、百科全書の才能というのは、今までの通史のようなことをまとめる才能である。例えば、物理学で、場の量子論の通史というか、どんな理論がいつあらわれて、それがどんな理論に置き換えられた、みたいな本があれば、私は是非読みたいものである。また、将棋でいえば、全戦法についてうまくまとめた本であり、例えば、深浦や勝又の著書でそういうのがある。これらは大変に労力がかかる著作であると思うのだけれども、少なくともその道のプロから凄いと絶賛されることはまずない。ああ、よくまとめましたね、ご苦労さんで終わりである。だから、効率的に評価されたい専門家は、間違っても百科全書の才能を磨こうとしない。将棋では、所司和晴など百科全書の才能と、後述する伯楽の才能を併せ持つ。尤も、所司の棋書は眠くなると揶揄する人もいる。

評論の才能というのは、典型的には文芸評論がそうであるが、私が無知なだけかもしれないが、有名な文芸評論家というのは、有名な作家よりも圧倒的に少ない。そもそも目立ちたいなら、小説を書いて芥川賞などを狙うべきである。優れた文芸評論家というと例えば、小林秀雄が挙げられるが、その圧倒的な知性にもかかわらず、いまいち地味なのは、やはり文芸評論家であるゆえだろう。

スペシャリストの才能というのは、ある狭い技芸で、余人の追随を許さないものである。例えば、特殊な観測装置を作って、誰も検出できない物理現象を観測するスペシャリストがいたとして、気をつけないと、その観測結果を利用して画期的理論を導き出した別の学者に業績をフリーライドされる。そうでなければ、せっかくの観測結果なのに、誰も追試できないで、インチキ呼ばわりされて、寂しく学会を去ることになりかねない。将棋でも、詰将棋の回答力ナンバーワンという宮田六段がいる。これなど明らかにスペシャリストであるが、実戦では意外に勝てない。なぜなんだろう。

伯楽の才能というのは、優れた弟子をたくさん育てたとして、結局注目されるのは弟子であって、育てた本人でないということである。例えば、村山聖、増田裕司、山崎隆之、安用寺孝功、片上大輔、糸谷哲郎、澤田真吾、大石直嗣と多くの優れた棋士を育てた森信雄は、本人の棋歴がいまいち地味なせいもあって、あまり注目されていない。

オリジネータの才能というのは、誰もやったことがない新機軸を打ち出すことができる才能で、文句なくすばらしいのであるが、往々にして割りをくう。例えば、将棋の藤井九段は、藤井システムで一世を風靡したが、結局、他人が藤井システムを活用して白星を稼ぐことに貢献し、研究され尽くして、藤井は得意戦法がなくなってしまった。また、山崎隆之は新手のデパートであって、将棋の定跡書を眺めると随所に山崎システムだの、山崎新手だの出てくる。しかし、山崎隆之が圧倒的に勝てているかというとそうでもなく、下手したらA級に上がれないかもしれないという懸念がある。物理学の世界はそうではないと思うかもしれないが、ノーベル賞をもらった小林・益川理論にも、カピボの先駆業績があった。小林・益川は、オリジネータのカピボの業績に本質的な改良を加えて理論を完成したのだが、結局、カピボの名前が巷間に広まることはないのである。ビジネスの分野では昔、パナソニック(旧松下電器)が、マネシタ電器と揶揄されて、高い業績を上げていたが、大抵の分野で先駆の様子をみて改良するのが、一番有利である。それが証拠に、将棋の名人経験者はみな、改良型である。木村、大山、中原、羽生、森内など。升田はかなりオリジネータ度が強いが、それがために、永世名人になれていない。

ただ、言い訳であるが、悲劇の才能の悲劇は、あくまでも他人の評価を基準とした言い方であって、自律的に独楽のように生きている人にとって、悲劇の才能は黒光りするすばらしい才能になりえたりする。私は何一つ才能と呼べるものはないが、目指すベクトルは、ここで書いた悲劇の才能の方向である。

しかし、企業などでは、本来悲劇の才能なのに、それを注目される才能に変える錬金術があるようである。例えば、悲劇の才能である百科全書の才能や評論の才能だけで、中心的な役割を果たす人が企業にはいるので、そのダイナミズムを私はどうしても理解しかねている。そういえば学会でも、単に西欧の業績を紹介するだけで生き延びている人がいるらしい。実態は知らないので、いよいよわからない。

読売新聞によると、名古屋大学の研究グループが、、アルツハイマー病やALSなどの進行を抑えるたんぱく質の生成に成功したという。以下、引用:

名古屋大学環境医学研究所の錫村(すずむら)明生教授らの研究グループが、アルツハイマー病や、悪化すると全身がまひする「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」などの進行を抑えるたんぱく質の生成に成功したと、6月21日付の米科学誌プロスワン電子版に発表した。

発表によると、生成に成功したのは、漢方薬の原料である「甘草(かんぞう)」の主成分から化学合成した新たなたんぱく質「INI0602」。研究グループは、甘草の主成分が、脳内で多くなるとアルツハイマー病などを引き起こす「グルタミン酸」の大量放出を抑える効果があることを発見した。

この成分が、末端の血管から脳内に行き渡りやすくするために化学合成し、マウスの実験でも、効果が裏付けられたという。錫村教授は「これまでの治療法と違い、症状を根本的に抑えられた。新薬の開発につながる成功で、今後は、薬になじみやすいよう改良したい」と話している。

グルタミン酸はアミノ酸の一種で、脳内に侵入したウイルスを免疫細胞が"退治"する際、副産物として放出される。量が多くなると、神経細胞を傷つけ、アルツハイマー病などの原因になることが知られている。

これをみて思うのは、あれれ、アルツハイマー病の原因は、アルツハイマー発生の仕組みによると、ベータアミロイドが脳に蓄積することではなかったっけ、というものである。

しかし、よく読むと記事はアルツハイマー病そのものを治すとは言っていなくて、おそらく、ベータアミロイドと並んで、アルツハイマー病発生の原因の1つであるグルタミン酸の大量放出を抑える、ということのようである。よって、ともかくもグルタミン酸の大量放出を抑えますということで、1つの対処療法ではあるものの、アルツハイマー病の根本治療には遠いと思われる。

ただ、老人社会になってくると、いかに老人に呆けないで活き活きと生活してもらうかというのは重要なので、今回の研究も一定の有意義はあると思われる。

もっと言うと、社会の一線を引いた老人が呆けるのはまだよいとして、40代で呆けるような若年性の認知症のほうがはるかにインパクトが大きい。家族も、組織の周囲にいる者にとってもである。手を拱いていると、意味不明な言動をとり大変なので、少なくとも最低限働けるレベルまで引き上げられるような薬があればと思うのだが、今回の研究であれ、アセチルコリン分解阻止剤であれ、ベータアミロイド阻止剤であれ、なかなか現実的な効果を期待するのは難しいと思われる。

すると、脳の可塑性に期待して、精神的鍛錬を地道に行うという方が現実的であるのかもしれない。

UMA

user-pic
0

少し前であるが、ゆかしメディアに下記のような記事があった。

幻の動物「つちのこ」を捕獲すれば賞金1億円がもらえる「つちのこ探検隊」が(6月)11、12の両日、新潟県糸魚川市で行われる。

今年で6回目となる催しだが、過去にはまだ一度も見つかっていない。もしも今年は捕まえても賞金1億円は東日本大震災復興の基金に寄付するという。

なるほど、ツチノコはまだ不滅なのだと、改めて確認した。そこで折角なので、「世界の未確認生物(UMA)ファイル」、山口敏太郎著、PHP文庫に従い、UMAについて簡単にまとめてみる。

UMAとは、Unidentified Mystery Animalで、まさにUFOの動物版である。UMAの1つの分類を私なりに与えると、以下のとおりである。
  1. 恐竜系
    • 水棲系
    • 鳥系
  2. 獣人系
    • 山間系
    • 都市系
  3. 奇獣系
    • 爬虫類系
    • 哺乳類系
    • 昆虫系・ワーム系
  4. 怪人系
    • 古来伝説系
    • その他
  5. その他

恐竜系の水棲系というのは、言わずと知れたネッシーが代表的である。その他にも、コンゴのモーケレ・ムベンベ、ニュージーランド沖のニュー・ネッシー、イギリスのモーゴウル、カナダのキャディ、アメリカのチャンプ、日本の鹿児島指宿のイッシー、アルゼンチンのナウエリート、ザンビアのニンキナンカ、トルコのジャノ、パフアニューギニアのミゴー、カナダのオコポコ、コンゴのエメラ・ントゥカ、日本の屈斜路湖のクッシー、イギリスのモラーグ、アイルランドのリーン・モンスターなど、世界各地で発見されている。このうちのどれかは、本当な恐竜の生き残りであってもおかしくない。

恐竜系の鳥系というのは少なくて、アメリカ、イギリスで発見されたビッグバードと、イギリスで発見されたローペンである。これは、プテラノドンに似ている。また、アメリカに、太古の翼竜とおもわれるアリゾナデビルがいる。カメルーンのコンガマトーも太古の翼竜に似ている。

獣人系の山間系というので最も有名なのは、ヒマラヤのイエティであるが、その他にもアメリカのビッグフット、オーストラリアのヨーウィ、ベネズエラのモノス、アメリカの刺激臭を発するスカンクエイプ、アメリカのミネソタアイスマン、中国のイエレン、インドネシアのオラン・ペンティク、モンゴルのアルマス、日本の広島のヒバゴン、アメリカのグラスマン、アメリカのフォウクモンスター、ロシアのロシアン・イエティ、マレーシアのオラン・ダラムと、これも多い。恐竜系と似た意味で、ネアンデルタール人の生き残りだったりするのかもしれない。

獣人系の都市系は、インドのモンキーマンである。ニューデリーの民家に出没し、住民に怪我を負わせたりした。動物園から逃げた猿かとも思われるが、赤と青に光ったりするというので、わけがわからない。

奇獣系の爬虫類系の代表は、最初に述べたツチノコであろう。また、オーストラリアには、水陸両棲のバンイップがいる。

奇獣系の哺乳類で特に猫系として、イギリスのエイリアン・ビッグ・キャット、翼猫、イギリスの黒豹的でテレポート能力ももつモギィ、イギリスの黒犬獣、アメリカのキャビットなどがいる。

奇獣系の哺乳類で特に犬系として、ケニアのハイエナ似のナンディベア、アフガニスタンのペシャクパラング、ソマリアのヘンティフィアなど。何れも凶暴で、人間をも襲う。

奇獣系の哺乳類で蝙蝠のようなチュパカブラは、プエルトリコなどに出現する吸血動物である。

昆虫系・ワーム系としては、メキシコのフライング・ワーム、モンゴルのモンゴリアン・デス・ワーム、ブラジルの巨大ミミズ、ミニョコン、などである。

怪人系の古来伝説系とは、日本の河童、天狗、鬼など、その他としてアメリカのモスマン、アメリカのフラットウッズ・モンスター、メキシコのメテペック・モンスター、アメリカのドーバーデーモン、メキシコのフライングヒューマノイド、イギリスのオウルマン、アメリカのハニー・スワンプ・モンスター、メキシコのマンバット、アメリカのバッツカッチなどである。

その他として、スカイフィッシュというのは、プラズマ生物なのではといわれる。流石にそのような原理の生物は知られておらず、理解を超える。同様にクリッターもプラズマ生物として知られている。

以上を眺めて蛇足のような感想を述べる。

  • やはり、恐竜の生き残り、あるいはネアンデルタール人の生き残りのようなパターンはありうるのではないか。
  • また、全生物がきちんと観察されたとは思えないので、未知の生物がいてもおかしくない。ミシング・リングのような、進化の狭間の生物だって十分にありえる。
  • ただ、人間が恐怖に駆られて見誤るケースは少なくないだろう。
  • また、名誉欲に駆られて、未知の生物を見つけたと嘘いたり、写真を偽造するケースもあろう。
  • それ以外に、遺伝工学を駆使してつくりだされた危険生物というものもありえる。例えば、アフガニスタンのペシャクパラングなど、米軍のアフガニスタン侵攻に同期してあらわれたので、生物兵器の可能性もある。ソマリアのヘンティフィアもペシャクパラングに類似しているそうなので、いよいよ、動物兵器の可能性がある。
  • また、宇宙からきたエイリアンの可能性もあろう。
  • プラズマ生物や、テレポートする生物がいるというのを聞くと、異次元生物なのではと思ったりもする。実在するならであるが。
  • ここでは触れられていないが、当然に、UMP(Unidentified Mystery Plant)、UMB(Unidentified Mystery Bacteria)、UMV(Unidentified Mystery Virus)というのもありえるだろう。
  • しかし、究極のUMAがいるとしたら、地球上の生物と異なるコドン体系のDNA/RNAの生物、あるいはもっと隔絶して、DNA/RNAでない遺伝子体系の生物ということになるが、こういうのは、視覚的に発見されないので、なかなかみつからない。

共同通信によると、人工衛星の赤外線探査で、エジプトの地下に埋もれた多数の未知のピラミッドが発見されたという。以下、引用:

【カイロ共同】英BBC放送によると、米アラバマ大学のサラ・パーキャック博士らのチームが5月26日までに、人工衛星の赤外線探査で、エジプトの地下に埋もれた未知のピラミッド17個を含む千以上の墓と3千の集落を「発見」した。地上からの試掘で、ピラミッドとみられる建造物二つも確認され、今後本格的な調査が行われるという。同博士のチームは、約700キロ上空の人工衛星から赤外線を使って撮影した画像を分析。

「ピラミッド・新たなる謎」吉村作治著、光文社文庫によると、下記の記述がある。

スフィンクスの課題
だから古代から何度も発掘されてきた。大スフィンクスはすぐに砂に埋まる。

確かに砂漠地帯では、砂嵐が吹き荒れると、あっという間にピラミッドも、スフィンクスも埋まるだろう。だから、今回初めて発見されたピラミッド17個というのも、そうやって砂に埋没していて、人工衛星の赤外線探査というハイテクでようやく見つかったのであろうか。

「ピラミッド・新たなる謎」には、次のような寓話が引用されている。

少年王子がギザに狩りに出かけていて昼寝をしていると、夢にスフィンクスが現れてきて、こんなふうに言う。「私は砂に閉じ込められていて苦しくて仕方がない。もしここから出してくれたら、お前をファラオにしてやろう。」と。少年はただちに人に命じてスフィンクスを掘り出し、そして無事にファラオになった。これが碑文の主のトトメス四世である。

すると、サラ・パーキャック博士にも、夢でお告げがあったのだろうか。それはさておいて、なぜエジプトにピラミッドがあるのか、不思議でならない。なぜなら、もしシュメールが人類の文明の始原だとすると、そこには、ピラミッドやスフィンクスに象徴される巨石文明はない。すると、シュメールから文明が伝播される前にエジプトに巨石文明が根付いていたと考えるのが常識的であろう。そういえば、スフィンクス自体、考古学的な検査によると、ピラミッドよりもずっと前の時代のものだという。これも訳がわからない。

実は巨石文明の別のメッカとして南米がある。アステカやマヤ文明の先祖である、オルメカ文明である。そういえば、オルメカ文明の象徴である巨石人頭像は、スフィンクスと似ていなくもない。しかし、南米の巨石文明の特徴は、現代の重機をもってしても移動不可能なほどの巨大な巨石建造物の存在である。南米に攻め込んだスペイン軍は、インカの人々に、そのそばにあった巨石建造物の由来を聞いたが、みな一様に、古来からあったことしか知らないと答えたという。

ピラミッドは実は、エジプト以外に、日本とインドネシアにもある。すると、南米と相俟って、ムー大陸のような環太平洋古代文明も想定したくなる。

ということで、今回のエジプトのピラミッドの発見が、巨石文明解明に対するなんらかの進展につながることを期待するものである。

教養の価値

user-pic
0

ブログの記事の累積件数が2300を超えた。これだけ書くと、どうしても前と似たような記事を書いてしまうことが避けられないが、しかし、時期が違うので多少は趣旨が違うだろうと楽観的に考えることにする。

今回のテーマの教養の価値というのも、既に何度もブログに書いたような気はするし、また、当然に古来より信じられないほどの数の人達が論じてきて、いまさら私がなにをと思わないでもないが、そこは個人のブログ、徒然なるままに書き進めてみよう。

なぜ教養の価値について今更考えるかというと、私の周囲や知っている人達の中に、有名大学を出て、難しい国家資格も取得したりして、世間からみて押しも押されぬ地位にあるのに、私が教養の要素と考える、哲学の入門的なこと、文学、古典、歴史などに関する知識が、それこそ高校や大学入試レベルに留まっている人が意外にいることである。

ただ、と自問するのは、そうであったとして、何が困るのだということである。実際、哲学、文学、歴史などの本を読まずとも、新聞を読み、テレビの番組を観て、時事報道に触れていれば、周囲との会話に困ることはない。時事報道は、原発に関する知識も与えてくれるので、あんな危険な原発は日本では全廃すべきだと思うよと、同僚と議論することもできる。趣味がゴルフだとしたら、その手の雑誌を読んで、同僚とゴルフ談義に花を咲かせる。

そうなのである、特にこの時勢にあって、いわゆる一般教養に無関心であって、何が困るのだという問いに答えることは難しい。寧ろ、下手に哲学書など読んでいようものなら、会社の素朴な方針につい疑問を抱き、密かに上司と対立する意見を抱くようになることがある。哲学書は自分で世界を考えてみることの練習問題を与えるところがあるからである。

こうして寧ろ跋扈するかもしれないのは、下手な教養邪魔説である。少なくとも、囲碁や将棋のような、精神の高度なコヒーレンスが必要な技芸には、下手な教養は邪魔である。コヒーレンスを乱すノイズにしかならない。例えば、木村義徳は、早稲田の大学院を卒業しながら、A級八段まで上った。それを例に挙げて、ほら教養と高い棋力は矛盾しないと指摘する人がいるが、違うだろう。木村義徳は、名人であった父親から引き継いだ才能があった。下手に教養を身につけないで、将棋の修行に邁進していれば、もう少し、A級八段の地位を維持できたであろう。

そこで次に教養を擁護する立場で書く。これが本来の私の意見である。すなわち、誰もが認めると思うが、人生というのはなかなか順調にいかない。数十年生きてみれは、大抵の人は、順境よりも逆境の方が多いことに同意するであろう。ところが逆境にあって、人は普通の新聞記事やテレビの娯楽番組に最早すがることができないことに気付く。すなわち、順調は喩えていえばユークリッド空間であって、三角形の内角の和が180度であるのに、逆境ではいつのまにか空間が歪み、非ユークリッド空間になつてしまっている。三角形の内角の和は最早180度より小さいし、平行線のはずがあっという間に交わってしまう。そんなとき、人生を斜めからみたような、典型的にはショーペンハウアーやニーチェのような哲学書(純粋には哲学書ではないのかもしれないが)が役に立つ。

ただ、不幸に遭っていきなり、すなわち非日常的な教養を学んでも遅い。普段から親しんでおかないと教養はしっくりこない。だから、保険をかけるように、人は非実利的な教養に親しんでおくべきということになる。これが教養の思いっきり功利的な価値である。

また、世間には、囲碁や将棋のような、精神の高度なコヒーレンスが必要な技芸とは逆に、多くの部下を抱え、カオスの流れを見極めるような総合的判断を要する仕事がある。典型的には会社経営であったり、あるいは、軍隊の指揮や作戦であったりする。こういう場合は多面的な思考が要求されるので、古典その他の教養が直接役に立つ。その典型的な例を私は、硫黄島の戦いを指揮した栗林中将にみる。すなわち、栗林中将は陸軍の純粋培養でなく、非軍事的な教養も多く身につけた人であるがゆえに、硫黄島の戦いに際して、既存のパラダイムにとらわれない斬新な作戦を思いつき展開することができた。そうして、圧倒的な勢力の米軍に対して、長期に亘ってよく闘った。教養は、その理想的な形態では、斬新なアイデアと勇気にもつながる。

それでも教養のアルファは、退屈な世の中をなんとか楽しく生きるためのツールである。教養があるということは、不遇でも、孤独でも、手許に数冊の本があれば、しんみりと生きていける感性をもつということである。私の教養は、栗林中将のそれとちがって、小石さえも微動だにさせることができないかもしれないが、しかし、なんとか死の少し手前まで私が退屈することを防いでくれる予定である。

邪悪というと普通、ヒットラーとかポルポトを思い起こすのだろうか。私は正確な邪悪の定義を知らないが、ヒットラーとかポルポトは、邪悪というよりも、残虐とか凶悪と呼ぶのがふさわしいような気がする。

邪悪というのは、私の感じでは、どうももっと隠微なものである。すなわち、力のない者、能力のない者がなんとか社会で注目されたり、出世しようとするとき使うテクニックの1つに邪悪があるという感じである。

その典型的な形式は、力の均衡に付け込むというものである。例えば、米国と中国という大国同士が争っているとする。すると、その間に立って、時と場合を選んで微妙な力を配分することにより、ある種の外交的効果を与えることができる。それは瀬戸際外交とも呼ばれる。会社内で派閥どうしの抗争がある場合も、同様なテクニックが使えるだろう。それはかなり高度なテクニックを要するが、邪悪といわれる人は、習わなくても女は泣けるではなくて、習わなくても瀬戸際の均衡のコツを知っているのである。

別の形式としては、虎の皮を被るというか、大きい組織や地位などに縋って目下に対して威張るというものである。これは、あまり地位の高くない公務員などに見られる。その組織の中では寧ろ地味な役割を果たしているが、組織外に対しては、官庁の権威を借りて威張る。警察官にもこういう人はいる。

さらに別の形式としては、他人の弱みに付け込むというものがある。すなわちたまたま知った知人のスキャンダルをわざと言いふらしたりして、知人を窮地に陥れる。そのためにやたら他人のプライバシーの詮索に熱心だったりする。そういう情報の力で優位に立つ。

さらに別の形式としては、懸命に地位が高い人に近づくというものである。女性であって、容姿が優れていたら、そういう人は必死で容姿を活用する。容姿が普通なら、愛嬌と気遣いを活用する。求めよ、さすれば与えられんである。典型的には地位が高い人の秘書を望むなどいうものがある。さらに一歩進むと、性的なことまで活用する人もいる。

要するに邪悪性とは、人間関係の電子回路である。ベースに微小な電流を流すだけで、それが増幅されて大きな効果を産む勘所を察知できるのが、邪悪性の条件である。すなわち利に聡いというか、ある意味聡すぎる。

邪悪でなくて済むパターンは、圧倒的な力をもっている場合である。だから、Googleの社是は、don't be evil.なのである。Googleほど強大であれば、邪悪である必要はない。だから、邪悪である必要がないくらい強い企業であろう、というメッセージなのである。

友達

user-pic
0

私は付き合いが苦手で、人を避けて本を読んでいたりすることがあるので、よく他人から、そうやっていて何が楽しいのかとか、友達いないんだろうとか揶揄されることがあるが、不思議に友達に不自由したことはない。

不自由しないというのは、気のあった友達が一人か二人いれば十分だと思っていて、賑やかに遊ぶ仲間は必ずしもいなくていいからなのだが、そういう説明をしても、本当か、そんな性格でよく友達ができるな、となかなか納得してくれない。

確かに私が一風変わった内向的な性格であるのは確かなのだが、それでも、どんな組織やグループでも、もしかしてその組織で除け者にされているような変わり者はいて、私はそこに友情を見出してしまうというささやかな才能があった。

そのように私でも、どこにいっても友達ができるので、世間に友達のいない人なんていないと思ったいたら、どうもそうではないらしい。非属の才能に書いたように、爆笑問題の太田光は、高校時代に一人も友人がいなかったという。ある種のお笑い芸人は、感覚が一般の人と隔絶して、友達が全くいないということが起こりえるようである。

ところが、お笑い芸人でなくても、友達がいない人というのがいるらしい。前に書いたことがある、私の元上司だったMIT出身の米国人がそうだった。その人は、MIT出身だからというのではないが、確かに仕事ができたし、それだけに私を含め、部下に厳しかった。それでも、本人がハードワーカーなので、尊敬していたが、あるとき、理不尽な指示を巡って対立してしまった。明らかに合理性を欠く指示なのに、imperativeというか、あまりに強引なのである。聞く耳をもたない。

それでも会社なので、渋々指示を聞いてやっていたが、あるとき別の人から、あの上司は友人がいないのだと聞いた。そのときはまだ、非属の才能の本は読んでいなかったので、友人がいないというのを両親がいないというのと同じくらい意外なことのように感じたものである。

でわかったのは、その上司は仕事であれ日常であれ、あまりにもマイペースで強引なため、友人になりそうになっても、相手の気持ちが離れていくようなのである。そしてみていると、その上司の背中になんともいえない寂しさが漂って、人のよい私はつい声をかけたくなった。実際そうやって私は友達をつくってきたのだった。声をかけると意外にも、その上司は、とても人懐っこそうな笑顔を返してきた。それでなにか救われたような気になったが、やはりこちらの思いやりをシャットアウトするようなバリアを感じる。あれはなんなのか未だに理解に苦しむ。しかし確実に、私だけでなくすべての人があのバリアで遮断されてきたのである。その原因は私は、うまくいえないが、心のエンジンオイルの不足と呼びたい。すなわち、人間関係がいちいち軋むのである。

さらに観察していると、その上司は、ある意味異様なほど自分の家族を大事にするのであった。また、米国に一人暮らししている老いた母親とも毎日のようにメールやチャットでメッセージをやりとりしているようである。老いた母に言及するとき、口調がとても穏やかになる。特に親孝行でない私には到底理解できないのであった。それは友達がいないことの補償なのだろうか。

それにしても友達ができないとはどういうことだろうか。以下、思いつく原因を列挙してみる。

  1. マザコンなどの原因で、関心が他人に向かわず、関心が家族内に留まる。
  2. 自分のやり方に拘りすぎる。相手にやり方に合わせることが苦手である。
  3. 個性が強すぎて、理解されない。

ともかく、少なくとも言えることは、友達ができないということは、他人との付き合い能力に問題があるので、非常に高い確率で管理職に向かないということである。少なくとも専門職で頑張ってくれよな、といまだに上級管理職やっている、その元上司に対して思うのであった。思うだけであるが。

読売新聞によると、九電が原発再開で、社員にやらせメールを出させたとして問題になっている。以下、引用:

九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の再稼働問題で、九電の真部利応社長は6日記者会見し、経済産業省が6月に県民向けの説明会を開いた際、同社が子会社4社と一部社員に対し、一般市民を装い、再稼働に賛成する意見を電子メールで説明会に送るよう指示していたと発表した。真部社長は「説明会の信頼を損ねる形になり、心からおわび申し上げる」と謝罪した。

説明会は6月26日、佐賀市で開かれ、国が選んだ県民の代表7人が出席。質疑は番組としてケーブルテレビとインターネットで生中継された。メールとファクスで意見や質問を募集し、一部は番組で紹介された。

九電によると、指示は同22日、九電本社原子力発電本部に在籍する課長級の男性社員のメールアドレスから、子会社4社と九電の3事業所(玄海原発、川内原発、川内原子力総合事務所)の社員各1人にメールで出された。「発電再開を容認する一国民の立場から、県民の共感を得るような意見や質問を発信」するよう求め、自宅からネットに接続することも指示した。4社の社員は計約2300人、3事業所の社員は計825人。メールが何人に転送されたかは今後調査する。

これを見て思ったのは、九州電力も下手を打ったものだ、ということである。以前に、九州電力の計画停電で、原発に対する依存性を強調した九州電力だったが、度重なる反原発の機運に、尋常な手段ではまかりならんと案出したのがやらせメールだったのかもしれないが、明らかに策に溺れたようである。

また、西日本新聞社のページによると、以下のように、折角一旦原発再開に同意した玄海町長が、同意を白紙撤回した。これに当然のようにやらせメールはネガティブなインパクトを与えているのであり、いよいよ九州電力の失態がクローズアップされる。

九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)2、3号機の運転再開問題で、同町の岸本英雄町長は7日午前会見し、九電に対する再稼働同意の撤回を表明した。同日中に九電に伝える。新たな安全検査(ストレステスト)実施を突然表明した国への不信感に加え、経済産業省主催の「佐賀県民説明番組」をめぐる「やらせメール」問題発覚で九電との信頼関係が崩れたことが理由。同県の古川康知事が今月中旬にも同意する姿勢を示していた原発再稼働は白紙に戻った。

しかしおかしくないか。池田信夫氏が指摘するように、福島第一原発の事故は、津波による予備電源の浸水という固有リスクであって、それの対策はすべての原発で済んでいるはずなので、最小リスクでもうほとんどの原発は再開できるはずなのである。政府による、いまさらのストレステストの提案など、夏場にかけてわざと電力不足を演出しようとしている悪意のようなものを感じる。そうやって日本をこれ以上苦しめようとしてるのはどこの国なのだろうか。

目的指向

user-pic
0

翻訳についてという記事で、「オブジェクト指向言語のメソッドを、目的指向言語の方法では意味わからない」と書いたが、確かに目的指向と呼びたい状況は存在する。

例えば、私は英語も含めて語学一般が比較的好きだが、では語学を勉強する意味はなにかと自問すると、次のとおりである。

  1. 日本語という、世界的に特殊な言語の特殊性を理解したい。すると、デファクトになっている、英語も含めた印欧語の文法や語法を理解して、それと比較する必要がある。
  2. 日本語に翻訳されている文献というのはほんの一部なので、英語あるいはその他の外国語で直接、そういう文献を読みたい。
  3. 言語の体系は文化と一体不可分なので、言語の学習を通じて、文化や歴史も学びたい。
  4. 通訳を介すると、その通訳の解釈でフィルタされてしまうので、自分で外国語を操って直接外国人と会話したい。

この意味というか目的がそれなりに妥当であると信じる。ところが、世の中には、語学の勉強を次のように位置づける人がいる。

  1. 英語の勉強は、大学入試に合格するためである(合格してしまったら、とりあえず英語なんて関係ない)。
  2. 英語の勉強は、TOEICで高い点数をとるためである。このグローバル・スタンダードの時代に、TOEICで900点以上取っていれば就職や昇進にとても有利である。
  3. 外国語の勉強は、外交官になって活躍するためである。外交官になると、特権がさまざまあって、おいしいらしい。
  4. 外国語の勉強、特に会話を勉強するのは、現地で女性をナンパするためである。特に、タイに行くと、すばらしい美人がひしめているらしい。だからタイ語を勉強する。

このようなわかりやすい目標に絞って努力することはとても効率がいい。余計な努力をしなくていいし、また、物欲、性欲、名誉欲などが後押ししてくれて、とても勉強がはかどる。こういう勉強の勘所を掴んだ人は、資格試験の勉強も能率がよい。合格するための知識を効率的にマスターして、短期間で合格できたりする。また、実績を持って、司法試験、公認会計士、通訳試験の資格三冠王だと自慢することができる。それが難関であることを否定する人はいない。

時代を眺めていると、世間は無駄な努力や知識は省いて、一目散に目標に向かって努力する目的指向の人が増えている。というのは、世間が慌しくなって、他人の評価にじっくり時間をかけていられないので、TOEICや、学歴や、資格などのラベルが一層、自己アピールに重要になってくるのである。

当然にそういう目的指向の人と私は、会話が噛み合わない。例えば、目的指向の人は、TOEICで満点とる人はすごい。まるでネイティブ並みの英語力なのだろうというので、私は、そんなことないよ、TOEICというけど結局、聞くだけ、読むだけじゃん、がちがちの日本人訛りの発音でTOEIC満点という人がいるし、実際知そういう人っているよ、また、そういう人よりも私の方が、ネイティブの米国人といくらでも会話が弾んだりするんだから、といっても、向こうは聞く耳をもたない。

するとどうも、目的指向の人は、TOEICの点数なんかとか、そういう別の意見を聞いても、聞かなかったことにしてシャットアウトできるらしい。

そこで改めて、目的指向の人の傾向を記述してみる。

  1. 目的指向を批判したり、否定したりする意見はあっさり、聞かなかったことに没却できる。ううんもそうなのかなぁと、決して悩まない。
  2. 興味を狭く絞って努力できる。それを私は、努力のコヒーレンスと呼ぶ。もしかして、興味を広げることができないのかもしれないが、本人はそうとは思ってない。ともかく、レーザーのようなコヒーレントな努力は、とても能率がいい。
  3. 目的指向の結果得られるラベルやスコア以外、考慮しない。すなわち、英語のスキルはTOEICの点数だけでいいと思うし、頭のよさは学歴だけでいいし、囲碁や将棋の強さは、将棋連盟や日本棋院で公認された段位がすべてと思うことができる。そういう人に仮に将棋で私が勝っても、君は正式にはアマ三段だろ、僕はアマ五段の免状をもっているんだぜ、となる。
  4. TOEIC満点などのとりあえずの目的を達成すると、では英語の周辺知識を深めようという発想には決してならず、では次は、簿記の資格とか、韓国語検定とか、その結果を履歴書に書くことができるものに向かう。なぜなら、そういう指標以外に能力を示すものはないと思っているからである。

目的指向の人は、すなわち、目的一目散で相手の気持ちなんて考慮しない傾向があるので、唖然とさせられたり、うんざりさせられたり、要するに、ちょっと付き合えないと思うこともあるが、しかし、それでも優秀で、人がよかったりすると、楽しいこともあるので、やはり断る理由はなく付き合うことになる。なぜなら、人間の目的指向性と邪悪性は独立だからである。がちがちの目的指向であっても、邪悪でなければ付き合える。

それでも、目的指向の人と付き合うと、目的指向になりきれない自分を振り返って、もっと無骨に目的指向でもよかったかな、でも目的指向を通せるというのも才能だしな、と屈折してしまうのであった。

共同通信によると、以下のような軽い事故があった。

6月20日午前7時25分ごろ、茨城県古河市上大野の市道で、集団登校していた同市立上大野小の児童5人の列に、前方から走行してきた乗用車が接触した。列の先頭にいた6年の男児(11)にサイドミラーが接触、外れたミラーが列の後方にいた3年の女児(9)に当たった。古河署によると、2人が腕などの打撲で軽傷。地元消防などによると、2人を含む2~6年の4人が搬送され、いずれも軽傷としている。

このニュースをみて思い出すのは、4月18日に栃木県鹿沼市でクレーン車が歩道に突っ込んで登校中の小学生6人が亡くなった事故である。5月12日にも、大阪市浪速区の国道1号線でタンクローリーが歩道に乗り上げ、男性が二人亡くなるという事故が起きた。

このように、車が走っている道路のそばの歩道を、普通に歩くということは実は結構なリスクなのである。

これは自分が運転する立場でも感じることで、狭い道路で他の車と行き交うときヒヤヒヤする。例えば、対向車が少しでもセンターライン(ないこともあるが)をはみ出したら、もし仮に私が運転の名手だったとしてもどうしようもない。しかも、私は名手から遠い。一方、私が突然クシャミしてハンドルをもつ手がぶれたらどうする。それだって危ない。

池田信夫氏は、リスクの理論を次のように指摘する。

  • 人々は劇的だが小さなリスクを過大評価し、ありふれた大きなリスクを過小評価する:テロや原発は前者、タバコや交通事故は後者だ。
  • コントロールできそうなリスクは過小評価される:飛行機事故はコントロールできないので恐いが、自動車事故は自分でコントロールできる(と思う)ので恐くない。
  • 人々はリスクの絶対量ではなく、新しいリスクに強く反応する:毎年、世界で300万人以上がエイズで死んでいるが、もう誰も話題にしない。

このように、自動車は運転者にとっても、そのそばを歩行する人にとっても、結構なリスクであるが、誰一人として、自動車の撲滅を叫ばないし、100%の安全性が保障できないと運転してはいけないなんていわない。また、排気ガスは結構な環境負荷である。

だから原発はどうよ、なんて私はいわない。いわないけど、本当に自動車は、原発より安全なんだろうか。

高木貞治

user-pic
0

大学に入学したとき、教養課程の数学の教授が、是非夏休みにでも読んでみなさいと薦めた本が、高木貞治の「解析概論」だった。寝っ転がって読める本ではありませんが、と教授は言っていたが、怠惰な私は結局、疲れてくると寝っ転がって読んだ。随分古い文体だったので、昔の本だとは思ったが、高木貞治がどういう人なのか、新入生にわかるはずもなかった。ただ、最初の、デデキントによる実数の切断あたりでもううんざりした。解析だから、微積分の計算だと思っていたのである。ともかくちゃんとは理解できなかったが、夏休みをかけて、ルベーグ積分の前あたりまで読んだ。数学科の友人から聞いて、高木貞治が明治の偉い数学者であると知ったのは随分後である。

それから15年くらいたって、もうサラリーマンになってからであるが、ある雑誌で、志村五郎氏が、高木貞治のことを、単発の業績しかなく、後半はだらしない、みたいな言い方をしていたので、少し驚いたと前にブログに書いた。

ところがその後、日本の数学者で、高木貞治のことを貶める人をみたことはなく、どうも志村五郎氏が、例外的に歯にころもを着せぬ人であると知った。それでも、尊敬する志村五郎氏が述べるステートメントなので、ずっと頭から離れなかった。なにしろ、フェルマの定理の証明に深く関わる、志村・谷山予想の志村なのである。

そして今年になって、岩波新書で、高瀬正仁著「高木貞治」が刊行されたので、買ってみた。高木貞治の生涯や業績をもう少し詳しく知るためである。そこで、この本に従い、私なりに、高木貞治ついてまとめてみる。

高木貞治は、1875年に、岐阜郡数屋村というところで生まれた。明治維新からあまり間もない頃で、それでも、今生きていれば、という言い方が意味がないほどの昔である。栴檀は双葉より芳しで、高木貞治は、子供の頃から、近隣で有名な秀才であった。まさに神童であった。

神童というと私が想起するのは、ガロアであって、すると高木貞治にも蹉跌があったのかとおもったらそんなことはなく、岐阜県中学から三高に順調に進学した。

三高では、主として河合十太郎に数学を教わった。河合十太郎は石川県加賀の出身で、和算家の関口開に数学を学んだ。といっても、関口から教わったのは、和算ではなくて、関口が独学して学んだ洋算であった。関口が和算から洋算に切り替えたのは明治維新の頃であって、関口に限らず、数学も同様に維新で相転移したようである。

三高で高木貞治が河合から受けた授業として、トドハンターの三角法と代数があった。河合は大変厳しい先生で生徒はいつも大変であったが、誠意溢れる授業で、生徒には人望があった。

高等学校の三年になると、河合は高木貞治に、デデキントの「連続性と無理数」という著作を読むように勧めた。まさに後年の「解析概論」の序盤でデデキントが出て来るのはこのせいであった。

三高を卒業すると高木貞治は、いよいよ東京大学に入った。東京大学は明治19年に帝国大学と改名された。当時の帝国大学理学部数学科の教師は、菊池大麗と、藤澤利喜太郎がメインであった。菊池大麗はほどなく偉くなって政府の要人になるので、実質的に高木貞治に数学上の影響を与えたのは、藤澤利喜太郎であった。

藤澤利喜太郎は、1861年に佐渡で生まれた。父は幕臣で、1878年に東大理学部数学物理及び星学科に入学した。星学とは天文学のことである。当時は、数学も物理も天文学も一緒くたで、全体でも数人しか学生がいなかった。大学を卒業するとき藤澤は物理を専攻しようとしていたが、数学を専攻したらドイツに留学させてやるという菊池大麗の勧めで、数学に専攻を変え、イギリスそしてドイツに留学した。数学という観点ではイギリスはやはり傍流で、中心はフランス及びドイツであったが、当時に日本の事情もあって、すこしだけイギリスに滞在した後はドイツのベルリン大学に留学した。そこには、ワイエルストラス及びクロネッカーという錚々たる数学者がいた。特にクロネッカーは後年、高木貞治とは学問上の深い関係を生じる。

日本の近代数学の始祖は菊池大麗であり、トドハンターなどイギリス流の数学を日本に輸入したが、菊池はそのことの不十分さを自分でも実感していたのだろう。だから才能ある若者と見込んだ藤澤利喜太郎を、ドイツに遣ったのである。果たして藤澤はその役割を果たし、東大に現代数学のフルセットをうまくドイツから持ち帰ったのである。

藤澤は、セミナリーと称して、学生に課題を出した。それに応えて学生は、いろいろな書物を読んで自分なりに纏めるのである。どちらかといえば解析が専門であった藤澤は、代数学の重要性に気付き、高木にはアーベル方程式に関するテーマを纏めるよう要求した。その高木のレポートは、藤澤の期待をはるかに超えるレベルで、藤澤は絶賛した。

藤澤からの要求に応えるために高木は、セレの「高等代数学教程」、ジョルダンの「置換論概論」、ネットーの「置換の理論」、そして「ウェーバーの代数学」を参照したが、特に「ウェーバーの代数学」を通じて、後年専門にする整数論になじむようになった。また、セレの著書からは、「整係数をもつどのようなアーベル方程式の根も、1のべき乗根の有理関数としてあらわされる」というクロネッカーの定理を学んだ。これの発展形として、「有理数の平方根を伴うアーベル方程式は、特異モジュールをもつ楕円関数の変換方程式で汲み尽くされる」というクロネッカーの青春の夢と呼ばれる命題があり、解くべき問題として高木の前に後年あらわれてくるのである。

大学を卒業した高木は、大学院に1年いて、3年間ドイツに留学することになった。1898年のことである。まずベルリン大学で、フックス、シュバルツ、フロベニウスに学び、1900年にゲッチンゲンに行き、そこで運命の人、ヒルベルトと出会った。そして、ゲッチンゲンこそが世界最高の数学の聖地であることを悟り、「数学の現状に後るること50年」と懐述した。藤澤利喜太郎の努力ののち、なお格段の差があると痛感したのだった。

ドイツには、ガウス→アーベル→クロネッカーという数論の太い伝統があり、また、数論から類体論を発展させたのがヒルベルトだったから、ゲッチンゲンに来たのは正解だったといえるのだが、生憎ヒルベルトの関心は、数論から変分法や積分方程式に移っていた。

とはいえ、ヒルベルトが1898年に想到した「楕円関数の虚数乗法により供給されるふる特別なアーベル数体を類体と呼ぶ」というアイデアに高木は依存する。

ただ、ヒルベルトの示唆は、分岐しない類体だった。最初はそれに拘ってうまくいかなかった高木は後に、分岐する類体に着目して、「ガウス数体上の相対アーベル数体は、レムニスケート関数の周期等分量により生成される」という、クロネッカーの青春の夢に証明を与えたのだった。もっともそれは1920年までかかる。

1902年に帰国した高木は、東大教授に就任した。そこから懇々と、類体論に思索を傾けた。そしてついに1920年に、「相対アーベル数体の理論」という類体論の第1論文を完成した。また、1922年には、「任意の代数的数体における相互法則」という類体論の第2論文を完成した。これは、数体におけるヒルベルトの夢も、クロネッカーの青春の夢も一挙に解決し、それらを大きく包摂するものであった。

これらの論文を読んで、高木の業績を発展させる者があらわれた。それが、ドイツの気鋭の数学者、アルティンである。アルティンは、1927年に、一般相互法則の証明を与えた。これは後に、高木-アルティンの類体論と呼ばれるようになる。

その後も高木は研究を続けたのだろうが、目に見える画期的な業績はない。1932年になると、解析概論の講義を始めた。後年出版され、私も大学の教官に勧められて読んだものである。

1936年に定年退官しても、類体論の業績により、その名声は世界にとどろいていた。だから、1936年には、カラテオドリ、エリー・カルタン、セヴェリ、バーコフなどとともに、フィールズ賞の選考委員に指名された。高木の業績自体も、1920当時フィールズ賞があれば候補に挙がったかもしれない。しかし、なんにしても当時40歳を超えていたので、フィールズ賞には該当しなかったのだが。

志村五郎氏の辛口の指摘が妥当かもしれないと思うのは、確かに、高木は、40台の類体論の業績以降さしたる業績はなかった。むしろ高木は、後半は数学教育者として活躍したといってよいであろう。実際、高木の講義は、簡潔で本質をついた講義であるとして有名だった。また、多くの優れた数学者を育てた。ある意味、間接的には志村も高木の弟子であるといえるだろう。

高木は定年退官後、「高数研究」という、今でいう数学セミナーみたいな啓蒙的雑誌によく寄稿した。また、一時期、慶応大学工学部の前身ともいえる、藤原工業大学の教授も務めた。また、その世界的名声を利用して、留学生に推薦文を書いた。

そうやって地味な晩年を送っていたら、次第に老衰してきて、1960年2月15日に病没した。満84歳だった。本人の遺志で、遺骨なんて残す意味がない、葬儀は無宗教でいいと言っていたのが、合理性を重んじる数学者らしくていい。が、おそらく遺族は、伝統に則り葬ったのであろう。

しかし、思い直すとやはり、志村氏は酷であろう。類体論の業績しかないといっても、整数論における類体論の価値は本質的だし、しかも、ゲッチンゲンに行って、ああ日本は数学の最先端から50年遅れていると嘆息した状態から、世界最高峰の業績まで上りつめたのである。なにしろ、谷山君が可哀相で仕方ないと、自死した谷山豊を突然思い出して涙する志村氏のこと、そのあたりは分かっているのだろう。

ともかく、類体論という理論は素人には本当に分かりにくく、私のような所詮数楽者には、輪郭を垣間見ることさえ、手に余るのであった。

仕事のため、分散処理システムの入門書を読んでいて、なんだこれは、と思わずつぶやいたのは、ビザンチン合意という用語である。なぜ純粋の工学書に、カノッサの屈辱とか、ワーテルローの戦いとか、バルフォア宣言とか、レパントの海戦などの世界史の出来事の中に取り混ぜても紛れてしまうような、ビザンチン合意という用語が出てくるのか。

ともかく、「はじめての分散処理システム」菅原研次著、森北出版によると、ビザンチン合意とは次のような意味である。

障害の復旧のために合意を行う状況では、正しく動作するプロセスの他に、間歇的に停止と動作を繰り返す不安定なプロセスがあるかもしれない。あるいは誤動作を起し間違えたメッセージを送信するプロセスが存在することも予想される。このような状況の分散処理システムの障害をビザンチン障害と呼ぶ。ビザンチン障害が発生しているときに、正しく動作するプロセスの間で合意が成立することをビザンチン合意と呼ぶ。

なるほど、ビザンチン合意とは、十字軍がイスラム軍と戦ったとき、十字軍の一部がイスラム軍に寝返った状況でも、味方を識別して正しく戦争を続けられる状態から来ているのかと勝手に思ったりするが、多分そうではないのだろう。しかし、なぜ上述のような分散処理システムの障害状況をビザンチン障害と呼ぶのか、その歴史的経緯の説明は一切ないので、少しストレスが溜まる。

理工学で、地名とか歴史的な出来事が絡む用語は他にいろいろありそうなものであるが、私に思いつくのはあと、カシミール演算子くらいしかない。カシミール演算子とは、あらゆる生成子と交換可能な演算子のことであるが、それがなぜカシミール演算子と呼ばれるのか、これまた驚くほど、説明を見出すのが困難である。

ビザンチン合意であれ、カシミール演算子であれ、どうしてそんな用語が歴史的に用いられるようになったか、是非知りたいものである。

名人戦は、羽生ファンの私には残念な内容に終わったが、その後も羽生対深浦の棋聖戦があっているので、ネットで観戦した。すると、案の定といっていいのかどうかわからないが、三タテで羽生の防衛となった。

棋聖戦第1局と第2局の間に名人戦第7局があって、羽生にとってとても悔しい敗戦になってしまったのだから、その落胆が当然に棋聖戦に反映するかと思ったら、全くそんなことはなく、むしろ羽生は、名人戦で負けた悔しさをぶつけるように、深浦の挑戦を一蹴してしまった。

勝負にあって、何かの理由で怒ってそれで相手を一蹴できるとしたら、それは相手が格下であることを意味する。

しかし、棋歴からして、深浦が一流棋士であることを疑う者はいないだろう。その深浦を格下扱いにできるということは、羽生は、今更何をと言われるかもしれないが、超一流なのである。そして、激闘の挙句羽生を名人戦で破った森内もまた、超一流である。

そして結果論のようにいうと、超一流であるがゆえに、森内も羽生も、永世名人にリストされたのであった。

すると、一流と超一流の違いは何か、ということになる。一流の深浦は、定跡に深い研究をもつ。おそらく、現在の将棋界でもトップクラスである。読みの確かさ、読みの深さ、読みの速さ、粘り腰、大局感、どれをとってみても超一流の森内にも羽生にもひけをとらない。すると、一流と超一流の違いは何か。独断と偏見で列挙してみる。

  1. 混沌の扱い。混沌への志向に書いたように、森内も羽生も混沌の住人であって、少し苦しくなると相手を混沌に引き込んで訳の分からない戦いに持ち込む。一方、やはり超一流の渡辺明は、混沌を打破することができる。すなわち、超一流の棋士は、混沌の扱いに巧みである。
  2. 発想の飛躍。前回の名人戦では、第5局の羽生の56歩、52金、第7局の森内の44角などの、プロも驚く妙手があった。超一流の棋士は、こういう手が高い頻度で指せる。ミスの少ない深浦といえども、意表の手は少ない。
  3. 見極め。一流も超一流も、少しでも可能性があれば徹底的に粘る。ただ、超一流は駄目と見切ったら諦める。手が見えるので、無駄なあがきをしない。一流は場合により、悔しいからと、意味のない粘りを続ける。今回の棋聖戦第3局がそうだった。私には、終盤は無意味な粘りだったとみえた。森内ならもっと早く投げていただろう。

要約すると、混沌、快刀乱麻、発想の飛躍、見極めが超一流の条件なのであった。書きながら、随分異論がありそうだと感じるのだが、一応の試論だと逃げておくことにする。

教官モード

user-pic
0

もう随分前、私がまだ三十台だったころ、家人に依頼されて自動車学校に通っていたことがある。なにしろ不器用で、行くたびに教官に怒鳴られていたので、嫌で嫌で仕方なかったが、ある程度慣れてきて観察していると、どうも、自動車学校の教官は、一般的に何となく鬱屈しているように見受けられた。

実際、いろいろな人の話を聞いても、自動車学校の教習で素晴らしい教官に出会ったという話を聞かない。というのは、自動車学校に行くのは、特殊なスキルを見につけるためではなく、教養を高めるためでもなく、自動車運転の免許を取るためであって、ある意味、そのために面倒な教習を我慢しているのである。だから、教官と付き合うのも渋々であろう。

こうして、必要だから仕方なく来ている教習生ばかりだし、尊敬もされず社会的地位が高いわけでもない自動車学校の教官が鬱屈しているように見えるとしても仕方ないだろう。

しかし実は、自動車学校の教官の役割は、交通事故を防止するために重要なのである。例えば、私が通った向ヶ丘自動車学校というところは、卒業生の事故が少ないことを自慢していたが、それは教官の教えの賜物なのだろう。

このように、本当は社会的に重要なスキルを教えるのに、さっぱり尊敬もされず、教える人がつい鬱屈してしまうモードを教官モードと呼ぼう。すると、教官モードを特徴づけるのはどんな要素なのだろうか。列挙してみる。

  1. 先ず、教える内容が、それを習得したとしても、社会の常識の範囲に留まる内容である。
  2. 必要に迫られて、厳しい態度をとらざるを得ないこともある。
  3. 社会的に有意義なスキルの教育なのに、教官はほとんど尊敬されることなく、却って疎んじられる。

教官モードになるのは、自動車学校の教官以外に、自衛隊の教官、小学校の先生、各種の受験予備校の講師などがそれに該当するのだろうか。

そういう職業としての教官でなくても、会社で後輩に実務を教える先輩という立場は、ある意味教官であって、私は会社に入って、特許明細書作成など厳しく実務を教えられたことがあるが、教官モードの例に漏れず、いろいろと一見理不尽のようなことを言われ、何度もむかつき、結局一度たりともありがたいとか感謝するとか、そういうことはほとんどなかった。多少なりともありがたかったと思うようになったのは、自分がある程度経験を積んで、教える立場になってからだから、勝手なものである。

私は、自分が教えられたときむかついてばかりだったので、自分が教える立場になってとき、特に感謝してほしいとも思わなかったが、ただ、教える立場に立って思ったのは、やはり厳しいながらも、教えられる立場に立った教え方はあるだろう、ということである。そして、厳しくても教えられる方も納得する状況とは、と考えてみた。すると、次のとおりである。

  • 教える者が、教える技芸に対する思い入れがある。
  • 教える者が、教える技芸の周辺の教養がある。
  • 教える者が、教えることの面倒さを厭わない。

実際、とても嫌だった自動車学校でも、とても薀蓄があり、親切な教官もいた。そういう教官は、指導しながら、面白い話をしてくれた。だから、粗野な教官というのは、ある意味投げやりになっているのであるが、一方で、投げやりになる気持ちも分かるのである。すなわち、現代にあっては、トレンディーな講座やスキルの教師がもてはやされるのに対して、実用的であればあるほど、講師や教官の価値が疎んじられてしまう。それで次世代へのスキルの伝承は大丈夫なのか。また、不機嫌な教官も、忍耐力の養成には意味があるのではないか。そもそも、尊敬されることなくこつこつと、実用スキルの伝授をやってくれるのだから、有難いのではないか。自分でも何がいいたいのか分からず、なぜか不機嫌になって、稿を終えるのであった。

学と色

user-pic
0

先日、知り合い数人と、飲み会に行く機会があった。私にとって初めて行く魚料理の店であったが、料理が運ばれてきたとき、思わず、おっ、と叫びそうになった。料理をもってきたウェイトレスが、超可愛かったからである。雰囲気としては、将棋のバンカナ風である。私の悪い癖は、思うだけでなく、つい口に出して言うことである。そうやって安易に、「なんか、超美人だよね。」と呟いてしまうことが、私の価値を何ほどか下げているかもしれないが、美人に過剰反応してしまう私の癖は直らない。

ただそのとき、私が言い訳のように思い出す諺は、「学を好むは、色を好むなり。」である。これは一体どういう意味なのだろうか。

多分私にとって一番都合のよい解釈は、「学問の修行をしていると、感覚が研ぎ澄まされて、美人にも過剰に反応してしまうのだ。」というものである。

他の解釈としては、「学問を好むということは、異性を好むのと変わらない。」というものであるが、私の限られた経験では、学問を好むというのは、異性を好むよりもずっと地味で、好み続けることに努力というか修行を要する。だから、「学問を好むということは、異性を好むのと変わらない。」を進めて、学問の修行を続けていると次第に学問が次第に好きになり、異性を好むのと同じように普通に学問を愛せるようになる、ということなのだろうか。

更なる別の解釈は、「学問の修行のためには、女性とも付き合うことが必要である。」というものであるが、これは流石に違うような気がする。しかし、大学の教師というのは一般的に、サラリーマンよりもセクハラの観念が弱くて、例えば、海外の学会の出張に、教え子の大学院生の女性に同伴するよう強制し、それを拒否した教え子に対して、その後の評価やキャリアに関する否定的な扱いをすることがあるような話をときどき聞く。そういう大学の教師は、「学を好むは、色を好むなり。」を地で行っているつもりなのだろうか。

正統的な解釈はともかく、私は「学を好むは、色を好むなり。」を、自分の感性や興味を重視することだと解釈している。すなわち、金銭や地位、その他の世間的な利益に拘ることが自分の感性や興味に対する重大な障害になりそうなときは、得べかりし世間的な利益は、なるべく敬遠してきた。そうやってなけなしの感性や興味を、心の宝石箱で培ってきた。

ここまで書いてきて、私にとって世間的な利益の中に、「色を好むこと」もあることが分かった。すなわち、恋愛事にフォーカスすることは自分の感性や興味を損なうことだと勝手に解釈して、それこそ、「色を好むは、色を好まざるなり。」みたいな表面的に矛盾する命題を思い描いたこともある。

戻って、料理をもってきた美人ウェイトレスは、隣の席の人達にも声を掛けられて、照れていた。その会話の内容は聞き取れなかったが、おそらく、美人ですね、芸能人みたいだとか言われていたのかもしれない。

それで私の感覚が隣の席の人達によって裏書されたような気がしてほっとした。学を好もうが、色を好もうが勝手であるが、やはり現世に生きている限り、何ほどか世間の中庸と繋がっていなければ意味がないからなのであった。

さらに、「学を好むは、色を好むなり。」は、漢文で書くと、好学是好色也なのだろうか。少なくともGoogleで確認する限り、論語などの由緒正しい出典ではないようである。そもそも、孔子先生がそんなことを仰るはずがない。もしかして、中国文学者が適当につぶやいた戯言にすぎないのだろうか。もしそうなら、この稿自体の論旨もあやしくなるが、それでも依然として、「学を好むは、色を好むなり。」は私の好きな諺であり続けるだろう。

乃木坂46

user-pic
0

日刊スポーツによると、AKB48を企画した秋元康氏が、今度はそのライバルグループとして、乃木坂46を企画しているという。以下、引用:

AKB48の公式ライバルとなる、新たな女子アイドルグループが誕生することが、分かった。グループ名は「乃木坂46(のぎざかフォーティーシックス)」。仕掛け人はAKB48の総合プロデューサー秋元康氏(55)で、名古屋のSKE48や大阪のNMB48ら、AKB48姉妹グループとも全く違う新機軸のグループになる。今日にも公式ホームページが開設され、1期生オーディションの応募が開始。8月下旬の最終選考会を経て、9月にグループが発足する。

なるほどNMB48は聞いたことがあるが、名古屋にもSKE48というのがあったのか、知らなかった。それならと私は思う、ある意味芸能人のメッカである福岡で、その繁華街である天神を根城に、TNJ48を、なしてつくらんとね、とつい思ってしまう。芸能人のメッカである福岡はまた、全国レベルの美人の街である。絶対AKB48に負けんとよ。

乃木坂46がどんなコンセプトなのか知らないが、少なくとも秋元康氏は、AKB48路線のマンネリ化を懸念しているようである。そのAKB48内部のマンネリ化打破の方策が例の、江口愛美事件である。すなわち、AKB総選挙一位の前田敦子を差し置いて、いきなりAKBセンターデビューを果たした江口愛美は、その可愛いすぎる容姿によってあっという間にマスコミの注目をさらったが、しかし、あまりにも唐突で、グリコのコマーシャルと同期し、誕生日などのいろいろな属性が江崎グリコと関連が深すぎ、また、美人について一家言もつ?私からみて、あまりにも顔の造作が人工的で、むしろ嫌悪感を感じてしまう。それが実際にCGで、秋元康氏の工作だとしたら、わざと下手を打つという、米軍が得意な高級戦術で、なかなかしたたかである。おまけにAKB48菊地あやかによる暴露騒動まである。次のような発言である。

「ついに噂の人が完成したんだねっ、私も撮影したんですが、果たして私の顔のパーツいつ使われるのでしょうか」

もちろん、江口愛美が本当は実在の少女だったというのもありであるが、どうしても人工美すきるのである。合成甘味料のサッカリンのように(古いか)。

そういえば、倉木麻衣だったか、わざとテレビに出演しないで、歌う姿がCGだという噂を流していたことがあった。そういう意味では、CG疑惑を作り出すというのも結構古典的な技法ということになる。

なんにしても、秋元康、やるじゃん、である。

福崎文吾

user-pic
0

なんとなく顔が似ているといわれたせいもあって、私は福崎文吾九段のファンである。低段の頃から独特の感覚を評価され、かつては、十段と王座のタイトルを取ったこともあり、A級に昇級するのも時間の問題といわれた。

ところが、十段と王座のタイトルはあっさり返上し、A級に昇級することなく成績は低迷して、いまではC級1組である。前期は2勝8敗で降級点なので、奮起しないと、このままではC級2組に落ちてしまう。

名人戦棋譜速報のサイトに契約したので、6月14日に行われた、真田七段との順位戦第1局をならべてみた。すると、福崎先手で、矢倉模様となった。それに対して、真田七段は64歩として、腰掛銀をほのめかした。

それに対する福崎は、じっくり構えないで、46銀と単騎で繰り出していった。結局この銀は、さしたる成果もなく25銀まで進んで、33桂に只で取られてしまった。また、78玉と囲った飛先のこびんが弱いのに、あえて手を入れて受けることなく、あっさり飛先の突破を許し、62手で福崎の投了となった。終局は、夕食前の17時47分なので、順位戦としては早すぎる。

この棋譜をみる限り、福崎は、折角の順位戦なのに、攻めが軽すぎて腰が入っていない、自陣に手を戻さないなど、プロとしてかなりモラールが下がっているようにみえた。同じC級1組でも、加藤一二三の方がもっと気合が入っているように思われる。

それにしても上記に福崎が十段と王座のタイトルを取ったことがあると書いたが、実はタイトルを奪取するというのはプロとして凄いことで、多分95%以上の棋士は、タイトルに挑戦することさえなく棋歴を終える。ましてや2つもタイトルを取っているとなると、それは福崎が瞬間最大風速で超一流棋士であったことを証明するが、するといよいよ今の無気力さの説明がつかない。

私の友人は、福崎が幸福な結婚をして、家庭生活に埋没したせいだというが、それはなくはないにしても、それだけで将棋が駄目になるというのは考えにくい。むしろ将棋を駄目にするのは、ギャンブルや酒漬けのすさんだ生活ではないだろうか。

福崎と並んで冴えなくなって棋士として称されるのに、南九段がいる。南九段もタイトルをとったことがあり、一時の評判は、福崎以上であった。なにしろ大山を継ぐ者と言われたこともある。そんな南も、結婚を境に落ち込んでいった。

南がそれでも福崎より勝てているのは、その受けの腰の重い棋風にある。すると、福崎は、溢れる才能を若さにまかせてぶん回し勝っていたが、若さのエネルギーがなくなると、失速したという次第か。まさに、順位戦第1局の負け方は、失速というのが相応しい。

しかし、なぜ福崎が勝てなくなったか、いやそれ以前に、将棋に対する執着が下がってしまったのか、本当のことはわからない。もしかして、福崎自身にもわからないのかもしれない。なぜなら、前に心のオーナーシップに書いたように、福崎の心のオーナーシップは、福崎自身にないからである。

飽きっぽい私にはむしろ、大山であれ、加藤一二三であれ、有吉道夫であれ、どうしてあのように一生を通じて倦むことなく将棋に興味と情熱を注ぎ続けることができるのか、その方が不思議でならないのである。すなわち、息長く執着できること、それこそが才能なのであった。

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。