2011年8月アーカイブ

intimidate

user-pic
0

最初に管理職になったとき、上司はインド人だった。なんとなくラマヌジャンを思われる風貌で、好ましく思っていたのだが、先ず困ったのは、彼が喋る英語がインド訛りでおそろしく聞き取りにくいことだった。特に管理職になったばかりのころは、英会話力が今よりもはるかに低くて、1/10程度しか聞き取れなかったといってよい。それでは仕事にならないので、あとで確認のためメールで聞いたりした。

しかし、英会話よりはるかに困ることがあった。それは、私が管理職になる直前に、アジア特許の事務担当の女性が二人とも辞めてしまったことだった。それで私が管理職になってから急遽、他部門から事務担当の女性を二人採用したが、恐るべきことに、管理職の私も、私の部下のアジア特許の事務担当の二人の女性もみな、その業務にど素人なのであり、あのときほど途方にくれたことはその後、私はほとんどない。そのキャッチアップには何年もかかった。

ところがその途方に暮れている私に追い撃ちをかけたのが上記のインド人の上司なのであった。すなわち、当時、インドの特許事務所からの応答がとても遅いという問題があって、上司はインド人だけにそのことを問題視し、数週間後にインドに行ってその特許事務所に行って話をつけたいので、応答期間の統計データを作れと、私に命じた。はい、と答えたらその後の指示にびっくりした。なんと、午後一番に話しかけているのに今日中にそのデータを作れというのである。当時百件近くの案件があり、データはコンピュータ化されていないので、紙の書類ホルダをいちいちめくって特許事務所からの応答とこちらからの指示の日を案件ごとにメモしていかなくてはならない。どう贔屓目にみても10時間はかかる作業なので、担当の二人の部下と書庫にいって、早速作業を始めた。

すると案の定、延々と時間がかかり、夜11時を過ぎた。そんな遅くまで女性の部下二人を拘束するわけにはいかないので、途中で帰ってもらい、私があとは単独で作業し、データを表計算ソフトに打ち込んで上司に送り、会社を出ると夜12時を回っていた。

当時自転車通勤だったのだが、なんでわざわざこんな作業を急ぎでやらせるのだ、とペダルを漕ぎながら、情けなくて涙が出て仕方がなかった。ところが次の日もインド人の上司は、このデータで足らないといいだして、結局、夜11時をすぎる作業は三日かかった。部下たちは、なんという部門に来たのかと内心後悔していたに違いない。

そうやってデータを完成すると、インド人の上司は、thank youの一言もなく、データをもって2週間後にインドに出張した。その後、特許事務所にいってどういう話をしたのかなにもフィードバックはなかった。また、特に改善もなかった。

その後も降って沸いたように突然重い仕事を振られてあたふたしながら2年間が過ぎた。思うに、彼はインドで最高のカーストだったので、われわれを低位カーストの雑役夫くらいに思っていたふしがある。それで、気ままにわれわれをこき使ったようなのである。

そんなインド人の上司が初めてさわやかな笑顔をみせたのは、送別会の日だった。そのとき彼は奥さんも連れてきていたのだが、奥さんはサリーを着て、こてこてのインド人だった。まるで仏像のような容姿だったが、きっと美人なのだろう。

インド人の上司が米国に帰任して、たまたま日本に私と仲良しの台湾の特許部門のマネジャがやってきた。そこで私が、おい、今までに最悪のマネジャは誰かと聞いたら、彼はにやっと笑って、聞くまでもないだろう、という。そう、インド人の上司ことを意図していたのであった。その強引なやり口には、やり手で知られる台湾の特許部門のマネジャも辟易していたのである。

それから5年くらいたって、米国出張にいったとき、ディナーで米国の業務担当の女性と隣り合わせになった。メールでは何度もやりとりしているが、会うのは初めてである。そこで彼女は私に、例のインド人の元上司の名前を上げて、前彼は日本にいただろう、覚えているかというので、私は、sureと答えた。で、何か?と聞くと、今彼は私の上司なのだと、複雑な苦笑いを浮かべる。えっ、そうなのご愁傷様と英語で言おうとおもったが、こういうのはI'm sorryでいいんだよね、と考えあぐねていると、彼って部下をintimidateするんだよね、とその女性がいう。えっ、intimidate?と思ったが、その単語、どういう意味?と聞くのも恥ずかしくて、ああ、そうだよね、と受け流した。そして、ホテルに帰って辞書を引いてみた。すると、怯えさせる、おどかすみたいな意味らしい。うん確かにピッタリだと、intimidateという単語を頭に刻んだ。

その翌年、インド人の元上司は日本にやってきた。そして、何年ぶりかで私に会うと、いやあ日本に居た頃が懐かしいと、笑顔を送ってきた。私は内心、intimidate野郎が何をいうかと思いつつ、そうなんですか、米国はどうですか、というと、どうもあまり米国で面白くないらしい。理由はどうも彼のintimidatingなマネージング・スタイルで、部下に評判が悪くて昇進できなかったようなのである。しかし彼はそのことに気づいていない様子だった。流石にそれを指摘する人もいなかったようである。

ほどなくして彼はひっそりと会社を去った。一応60歳になったので、retireなのであろう。その後、会社の英会話が得意な人に、intimidateという単語を知っていますかと聞いたら、意外にも知らないという。あれ、そんなに稀な単語なんだろうか、とインド人の元上司の顔を思い出しつつ思案した次第である。

時事通信によると、オーストラリア西部の約34億年前の地層から、世界最古級の微生物化石が見つかったという。以下、引用:

オーストラリア西部の約34億年前の地層から、硫黄を養分とする原始的な微生物の化石を発見したと、ウエスタン・オーストラリア大と英オックスフォード大の研究チームが22日、英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に発表した。発見場所のピルバラ地域は原始的な生物化石が見つかることで知られ、世界最古級という。

この化石は直径が5~25マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の丸い細胞のような物が数珠つなぎになっていたり、同7~20マイクロメートルのチューブ状だったりして、硫黄を養分にして生じたと考えられる黄鉄鉱の微粒子が一緒に見つかった。

「細胞」の3次元構造分析では、壁の厚さが平均0.66マイクロメートルと薄く、ほぼ一定であるほか、細胞が死んでちぎれたり破れたりしたとみられる物もあったことから、生物の化石と結論付けられた。

研究チームによると、地球が約46億年前に形成されてから12億年後の当時は火山活動が活発で、空は厚い雲で覆われ、海水温が40~50度と高く、大気中の酸素がまだ少なかった。太陽光と二酸化炭素を利用する光合成ではなく、硫黄などの化学合成でエネルギーを得る細菌類は、現在も深海底の熱水が噴出している場所などに生息している。

自分の古細菌という記事によると、古細菌は メタン生成細菌、高度好塩菌、イオウ依存高度好熱菌に大きく分類され、今回見つかったものは、イオウ依存高度好熱菌に分類される。

しかし、古細菌としては、メタン生成細菌が進化の始原により近いといわれており、イオウ依存高度好熱菌がその後だとすると、最初の細菌は、34億年よりずっと前ということになって、コモノートに帰着する。

一方で、コモノートからはまず、スルフォロバス、ピロディクティウムなどの古細菌が進化したという説があり、スルフォロバスとはイオウ依存高度好熱菌の先祖なので、実際のところはどうなんだろうと考える次第である。

ともかく、細菌のような微細なものが化石として残るというのは極めて稀なので、後は宇宙生物学なども考慮して理論的に推測せざるを得ない面が大きいと思われる。

管理職時代、処理件数などの数値を眺めて、どうみても部門のパフォーマンスが、以前より低下していると感じることがあった。それは観察してみると原因は明らかで、要するに労働時間が減っているのである。

というのは、そのつい数年前まで、夜10時になっても働いている人は、管理職であった私を除いても少なくとも数人は必ずいたが、その当時、夜8時になって居残っている人はほとんどいなかった。

特許の実務というのは、それなりの経験と技量は必要であるものの、どうみてもアウトプットは時間の単調増加関数である。すなわち、時間をかければかけるほど、アウトプットは増加する。だから私は、パフォーマンスの低下を憂えて、管理職会議で、もう少し働くように部員に指示したらどうかと提案したら、ある管理職から反対された。そんな提案は野蛮だというのである。

どういうことなんですかとその管理職に聞いてみたら、その趣旨は次のようなことらしい。すなわち、部員は各々が経験あるプロフェッショナルなのだから、各々が様々な仕事をやり方のノウハウをもっている。早く帰宅するようでも、道を歩きながら仕事の案文を考える人もいるし、帰宅して家族と夕食をとってリラックスして、それから仕事をする人もいる。そういう各人のワーキングスタイルを考慮せずに、ただ長時間労働を強いるのは非人間的である、そもそもが仕事は時間ではないのである、というような趣旨であった。

ワーク・ライフ・バランスを考慮に入れたそのようなステートメントは確かに美しいが、またどういうスタイルで働こうが勝手であるが、結局パフォーマンスが上がっていないではないか、という私の問いかけは見事に無視された。

ところで、確かに馬鹿みたいに長時間労働しさえすればいい、という発想が貧困であるのは私も同意である。しかし、パフォーマンスが上がっていないとき、長時間労働しないでパフォーマンスを上げるには、もっと効率を上げるか、もっと外部リソースを使うか、仕事を見直して不要な仕事を削減するかしかない。

とはいえ、工業生産でもない特許実務の仕事の効率をもっと上げるとはどういうことなのだろう。文章をより速く読み、より速く書くのだろうか。品質を犠牲にしないでそんなことがどれほど可能なのだろうか。

それとももしかして、研究開発やコピーライターのような仕事のことを言おうとしているのだろうか。すなわち、研究開発は、おそろしく頭が切れる人たちが短時間で閃光のようにアイデアを思いついて具現化し、コピーライターは、あふれるアイデアで短時間ですばらしいアイデアを出して、あとは遊んでいるのだろうか。しかし、電通などの広告宣伝会社は、おそろしく忙しいらしい。また、私が勤務する会社の研究員たちは昼夜働き、深夜メールを出しても直ちに返事が返ってくる。短時間だけ働いて天才的にパフォーマンスを上げ、あとは人生を楽しむような御仁は少なくとも私の周囲にはいない。

ましてや、と私は思うのである、天才というよりも地道な努力家に向く特許実務の仕事で、仕事は時間でないと平気で言える人はどれだけいるのだろう。

かくいう私は、自分でいうのもなんだが、件数という意味でのパフォーマンスで、部門で卓越していた。そのスキルはともかく効率と要領のよさを否定する者はいなかった。そんな私でも、仕事は時間でないと思ったことは一度もない。もう少し時間をかけてあと一件やらねば、というのが絶えざる思いであった。

だからあらためて、きっぱり言っておく、仕事とはほとんどあらゆる場合、時間の単調増加関数である。

入門書

user-pic
0

中学・高校と私は一応科学少年で、広い意味で今やっていることと一貫性はかろうじて保たれているが、その当時愛読した科学書は、今も刊行されている講談社のブルーバックスであった。

私にとって当時から、ブルーバックスはそれほど読みやすい本てはなかった。例えば、相対性理論の概念を、光速近くの速度で宇宙に行って帰ってくると宇宙飛行士は歳をとっていなくて浦島効果が生じると書かれても、高校生だった私はどうしてもそのことが理解できなかった。あれ、今でも果たしてそれを理解しているのか実に怪しい。

それでも、当時のブルーバックスは、高校生の私がなんとか分かったように錯覚できるものだったが、現在刊行されているブルーバックスの難解さは一体なんなんだろう。

それを感じさせる典型は、前にも述べた、ブルーバックスの南部陽一郎の「クォーク」と、小林誠の「消えた反物質」である。これらの本を例えば、東京大学教養学部の理系1、2年と理学部物理学科4年のために行った素粒子論の講義をベースにしたという「素粒子の物理」相原博昭著、東大出版会と較べても、決して前者が分かりやすいわけではない。前者はなるべく数式を使わないことを旨としているというが、なにしろ、説明している概念が抽象的で高度なのである。少なくとも物理学にズブの素人ではないはずの私が全く手に負えなかったりする。

このレベルの高さは、当然にブルーバックスの他の本にも適用されていて、他にも手近のブルーバックスを手にとってみると、「分子レベルで見た薬の働き」平山令明著は、DNAに踏み込んだ分子レベルの生化学作用が説明されていて、化学苦手人間の私にはいよいよ手に負えない。一応大学入試の理科の選択は物理と化学だったのだが。

どうもブルーバックスは、進歩が著しい科学の様々な側面を、本質を外さないで説明しようと専門家が執筆しているようなのだが、すると、本質にアプローチするためにどうしても難解さは避けられないようなのである。「1時間でわかる場の量子論」などという本がありえるはずがない。

これは、目まぐるしく進歩している分野に関する理系の本だからなのか、というと、少なくとも私にとってそうとはいえない。例えば、金融危機を少しでも理解しようと最近読んでいる「現代の金融入門」池尾和人著、ちくま新書は、銀行の概念から懇切丁寧に説いてくれるのだが、なにしろ理解が遅々として進まない。例えば「市場の失敗」とか「外部不経済」という言い方が出てくると、それはどういうことなのかと、固まってしまう。

こういう学術的な本に難渋するのはまあ自分としても理解できるのだが、「はじめてのチェス」酒井美代子著、成美堂出版にも躓いてしまうのには当惑が隠せない。すなわち、これは単にチェスのルールと基本手筋を紹介するだけの本で読了しても将棋でいえばアマ10級に達するのがせいぜいである。そもそもが豊富な?将棋の背景知識が活きるのではないのか。といいつつ、チェスの棋譜の記法からして戸惑っているのだから話にならない。

以上から言えることは実は、入門書は決して易しくないということである。だいたいが入門書を読むということは、その分野に馴染みがないということであり、すると入門書はどうしても真面目に読もうとすると、外山滋比古のベータ読みにならざるを得ず、そこに読解の本質的困難がある。

だから私は、なんだそんな入門書を読んでいるのかと馬鹿にする人を相手にしない。知らない分野の入門書は、仮に小学生向けに易しく書かれたものであろうと、ビタミンのように読書のポートフォリオに必須なのである。

生命体

user-pic
0

とても粗いが、生命体に関してある試論を思いついたので、とりあえず書き留めておく。荒唐無稽ではないかという批判は甘んじて受ける。

まず、地球にどうやって生命が誕生したか、ということに関しては、コモノートなどに書いたので、その記述に依存することにする。

すなわち、地球上の化学進化によって、生命体になりえる物質である蛋白質やRNAなどができあがって、それらを利用して生命体が誕生した、という次第である。

そこでの疑問は、なんら自律的には活動できないはずの化学物質が、知らないうちに自発的に活動しえる生命体になったということである。それはある意味、驚天動地の相転移であり、一体どういうことかと思案するのだが、そのあたりに突っ込んだ文献は、あまりない。強いていえば、考察すべきなのはハンス・ドリーシュの生気論あたりである。

そこで私の荒唐無稽の仮説を書く。

  1. 化学進化によって生成される化学物質は、3次元世界の存在である。
  2. 3次元世界の存在には、より高次元の存在からのマッピングが常に降り注いでいる。マッピングという言い方が分かりにくければ、高次元から3次元への像といってもよい。
  3. 一般的に、高次元から3次元への像は、非常に短い時間で消滅してしまう。
  4. 高次元から3次元への像が短時間で消滅しないで残像する場合がある。それは、3次元にある分子構造がある形質(formology)をとる場合である。それは例えば、ある核酸などの分子構造が該当する。おそらく、ピラミッドも、formologyに基づき、古代人に建造されたものである。
  5. そのような特定の幾何学的性質をもつ3次元の物質には、より高次元からの像が結実して、それは活動の意志を形成する。そのとき、当該3次元の物質の上に生命体が生じたという。
  6. 高次元からの像は、確かに別の次元の実体の像なのだが、3次元の物質としては見えないので、素朴な観察では見えない。
  7. 3次元にマッピングを与えている高次元の世界であるが、そこに究極の意志が存在しているわけではない。その高次元の世界もまた、より高次元の世界からの投影である。
  8. すると、次元の系列が存在するが、それは無限なのかという問いかけは生じる。当然に無限のような気もするが、案外有限だったりすることもありえるようである。

この命題はむしろ、系の方が重要である。

  • 本質は生命を構成する化学物質のformologyにあるので、formologyの法則の範囲でさまざまな生物の存在がありえる。この法則に従う限り、宇宙には想像を絶する生物が存在しえる。銀河星間生物というのも、formologyに従う限り、ありえる。
  • 生命のformologyを理解すれば、人工生命体をつくりだすことも可能である。
  • どんな物質も、何ほどか生命性を帯びている。石ころでさえもそうである。ただ、石ころは、formologyに乏しいので、生命性の発言が、観察にかからないくらいわずかである。

という荒唐無稽の試論であった。

シーズ指向

user-pic
0

例えば大学でこれを研究したので、企業に入ってもその線で研究したいとか、自分はこういうスキルがあるのでこういう仕事をやりたいとか思うのは自然で、そういう趣旨で大学の専攻なども決めるものだろうと思われる。

また企業でも、わが社はこういう分野が得意なので、これを活かして業績を伸ばしたいとなどという発想をとる。

このように、自分や自社のスキルをシーズ(種)とみなして、シーズを活用することを第一義に行動する方針をシーズ指向と呼ぶ。

一方で、世間にはこういう要望(ニーズ)がある。だからそういうニーズに対応する仕事をするのだ、と方針を決める。クラウド・コンピューティングの時代なので、なにはともあれ、クラウド・サービスをやろうぜ、のような考え方である。これをニーズ指向と呼ぶ。

シーズ指向とニーズ指向のどちらが正しいかは場合による。要はバランスなのだが、なかなかバランスをとることは難しい。

シーズ指向に偏るのは、客観的にはどうあれ、もてるスキルに自負をもつというか、もちすぎる場合である。例えば、あるIT企業が3月の東北大震災の災害の程度をみて、自社ももてるITスキルを駆使して、なにか世間のお役に立てる技術を考えるというのは誠に結構なことである。そこでIT企業は、自社のもつ技術というかスキル・セットを考慮してリストし、このような技術が災害予知や災害対策に使える、などと企画をつくる。ところが、往々して軽視されるが、災害予知や災害対策に必要なスキルとしての土木工学、放射線医学などの周辺スキルである。周辺というが、災害予知や災害対策の場合、メインが土木工学や、放射線医学、原子核工学などであって、ITスキルはむしろ付けたりであったりする。そういつ周辺スキルが素人である状況でなかなか、シーズ指向で有意義なソリューションは提供しにくいと考えるのが妥当である。

逆にニーズ指向に偏るのは、軽佻浮薄で時流に流されやすい人や会社である。すなわち、自らのスキルも顧みず、時代の流れに乗り遅れるなと、インターネットだのバイオだの手を出して、スキルがある人材がいないので急遽人材を集めたりするのだが、結局うまくいかない。

どちらがましかというと、ともかくもスキルをもっているシーズ指向の方かもしれないが、傲慢さを感じさせるのもシーズ指向の方である。

それで、私がオリジナルに考えたわけではないのだがベストのやり方は、ニーズ指向で出発して、もてるスキルで、そのニーズが適用できるセットを見出し、そこで足りないところを努力で補う、という方法である。仕事でいえば、どんな仕事でも要求されもことをやり、その中でもてるスキルを発揮し、必要に応じて勉強して補う、ということで書いてみると当たり前なのであった。

こう書いてみると当たり前なのだが、私の仕事の関係では、例えば、パテント・マイニングのように発明を発掘手法となると、ついついシーズ指向ですばらしい発明が生まれるだろうと勘違いしてしまう。シーズ指向では駄目だっちゅうに、ニーズ指向でシーズを活かすしかないっちゅうに、と私は微かに叫ぶのだが、私のような弱小特許部員の話を聞いてくれる奇特は人はいないのである。

羽生の逆説

user-pic
0

王位戦第5局は、ついに広瀬が伝家の宝刀を抜いた。四間飛車穴熊の登場である。そこで羽生は、広瀬が広瀬の穴熊で紹介した四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21) で最も有力な四間飛車穴熊対策とされている左美濃を採用するかとおもいきや、平凡な相穴熊であった。

そして淡々と、51角成を得る手順を選んで、素人目には先手の羽生がやれそうであったが、そこは広瀬の庭、5筋からと金をつくり、角を打ち込んで金と交換すると、全く粘る余地も与えず、羽生の玉を一気に寄せてしまった。相穴熊は、終盤、絶対詰まない形になりやすいので、差がつくとどうしようもなくなりやすい。

この内容をみて私を失望させたのは、羽生側にほとんど工夫がみられなかったことである。これならまだしも、去年の王位戦の深浦の方が相穴熊で工夫した。例えば、金を69においたままで3筋から速攻し、後で機を見て69金を79金と寄せる、というように手順を尽くした。

このままでいくと、羽生は、羽生城のララバイで予測したような、長い軌跡の没落を辿ることになりそうである。

ところで、羽生城のララバイに書いたことに対するわずかな付加でしかないのだが、羽生が渡辺や広瀬に押されているのは、まさに羽生の勝率7割超にあるのだ、という「羽生の逆説」に想到した。

生涯勝率7割超なのに、生涯勝率6割半ばの渡辺や広瀬に負けているのではない。生涯勝率7割超であるがゆえになのである。

すなわち、生涯勝率7割超であるためには、癖のある老練にも、勢いのある若手にも、一様に勝てるオールラウンダーでなくてはならない。そこは羽生は天性のオールラウンダーであって、どんな局面にも対応できる万能の大局観と、羽生マジックと呼ばれる独特の終盤感覚を発揮してきた。

こういうオールラウンドネスを、渡辺も広瀬ももたない。だから、明らかに格下の相手に取りこぼし、生涯勝率で羽生の域に達しない。しかし、オールラウンドネスをもたないということは、尖った得意分野をもつということである。広瀬にとってそれは穴熊であり、渡辺は横歩取り、角換、矢倉と、得意戦法のスペクトルをある程度絞って、その得意戦法の網に入り込んだ夏の虫は逃さず退治してきた。

オールラウンドネスを犠牲にして尖った分野をもつ相手に対して、永世名人の風格とばかりに、羽生は相手の土俵に飛び込んでいく。それで苦戦しているのだから、訳のわからない手将棋に引き込んで経験勝負にもちこめばいいと思うのだが、なぜ羽生はそうしないのだろうか。

それはやはり年齢からくる衰えなのだろう。羽生は七冠時代の自分と較べて、今は決して弱くなっていないと弁護するが、それはオールラウンドネスという観点の総合力を言っている。今羽生が取り戻さなくてはならないのは、相手の庭で撹乱する馬力であろう。そういう撹乱のピークはやはり20代後半までなのであった。

こういう年齢の馬力はやはり大きく、渡辺や広瀬が今の羽生の年齢になったとき、今の羽生の強さには及ばないだろう。歳をとってもやれるかどうかでオールラウンドネスは利いてくるが、如何せん、若さと得意分野で武装した若者は今の羽生には手強い。そういえば大山は、尖ったところでは勝ちにくくなったと悟ったときから、まったりした振飛車にして、しかも、インフルンザ・ウィルスのように変幻自在で、自分の庭に相手を誘いこんで、オールラウンドネスをを発揮した。羽生もそれができるはずなのである。できないとしたら、羽生は、棋才ではなく、なにかの精神的エネルギーというか執念で、大山に及ばないということなのだろう。

親の影響

user-pic
0

私が管理職だったとき、人格障害の様相を呈している女性の部下がいて、私としては対応に筆舌に尽くしがたい苦労をした。それでも私としては精一杯誠意をもって対応したつもりだったが、今思い返してみると、私は保身を考えて、また対応にエネルギを要するのでどうしても距離を置いていて、必ずしも誠意ある対応だったとはいえない。ただ、あの程度が私の限界だったのかもしれない。

私なりにベスト・エフォートだったと言えるひとつの傍証として、彼女が私に対して父親に対するように信頼して頼ってくれた、ということがある。しかし特に親切でも人格的魅力もない私になぜそうやって接してくれたのかというと、彼女がいうには、自分は両親から全く愛情を受けたことがない、あなたは、父親のように親身になって対応してくれる、といわれてなんとなく私は当惑を隠せなかった。しかし安心したのはそれは父親に対する態度であって、恋人に対する態度でなかったことである。このときほど私は自分の男性的魅力が乏しいことに感謝したことはない。

しかし、と私は彼女に言った、親から愛してもらえなかったというが、ちゃんと国立大学まで卒業させてもらっているではないか、と。いえ、そういうんじゃないんです、というがどうしても私は無事国立大学まで卒業させてもらって親の愛情がなかったという言い方の意味が分からなかった。

最近それが少し分かったかもと思ったのは、前にも言及した、「平気でうそをつく人たち」M・スコット・ペック、森英明訳、草思社を読んだときである。そこには、一見ちゃんとした健全な市民で、実は子供に対する態度があまりにも配慮を欠くという親が出てくる。例えば、男兄弟が二人いて、何かの事情で兄がピストル自殺した。ところが両親は、次の弟の誕生日に、兄が自殺に使ったピストルをプレゼントするのである。この異様さは言いようもないが、男の子はピストルが好きなものだ、たまたま家にあったピストルをプレゼントするのが何が悪いのかとしゃあしゃあと開き直るのである。

要するに、子供の希望や意見、都合など全く考えないで、親の都合ですべてを進めてしまう。それは、世間の常識からも随分ずれているかもしれないが、少なくとも非合法的ではなく、いわゆる児童虐待にもあたらない。

しかし心理的には場合により壮絶な虐待であり、こういうことを幼児から青年になるまで親から続けられたら、人格障害になるのも無理もないと思われる。

そして問題は、そういう両親に育てられた人が結婚したり会社に入ると、やはり周囲に対して問題を引き起こす。そういう人格障害をもつ人は、代表的には次の二つに分岐する。

  1. 表面的に周囲に合わせることができる。そして能力があれば、そこそこ昇進する。普通に結婚もする。
  2. 周囲と問題を起こし、場合によっては組織から追い出される。身近な例では知らないが、犯罪に手を染める場合もある。

私の部下は後者だった。私は擬似父親として一時の平安は与えることができたかもしれないが、それはあまりにも儚いオアシスだった。それでも私は自分の携帯番号を教えて、自宅にいても愚痴を聞いた。話し終えるといつも、どっと疲れたが、これも管理職の仕事だと思った。

しかし最近分かったのは、より問題なのは前者なのである。すなわち、一見平穏だが自己愛性人格障害を帯びる人達は、表面的には問題ないし、却って普通の人より要領がよかったりするので昇進もするが、決定的に他人に対する共感を欠く。また場の空気が読めなかったりする。そしてそのことで辻褄が合わなくなると、平気で嘘をつき取り繕う。

こうして前者も後者も、周囲に迷惑をかけるという意味では同じで、ある意味放射性物質なのだが、後者は自ら崩壊し、半減期が短い。しかし前者はプルトニウムのようにとても長い半減期で息長く、深く静かに周囲を汚染し続ける。

このような人格障害の親による子供への影響の例は世間に数多あるだろうが、事件にならない限り世間に知られることはない。しかしおそらく、犯罪に手を染める人など問題児を生み出す温床になっているのかもしれない。そういう親が世間でいう立派な学歴や地位だったすると、世間はなぜなのかと訝る。その理由は、当の子供自身にはあまりにも自明なのであるが。

こういう問題の人々を、M・スコット・ペックは邪悪と呼んではばからない。しかし私は身びいきもあるかもしれないが、上記の部下は邪悪ではなかったと思う。あまりにも代償を払いすぎたからである。そして私は何も助けられなかった。それが不憫でならない。

将棋の効用

user-pic
0

長年将棋を趣味としてきたので、次のようなことも考える。すなわち、将棋の事象の集合と、世の中の事象の集合を考えたとき、どちらも有限だとしても、世の中の事象の集合の方がはるかに大きい。比較を絶するほどである。それにも拘わらず、集合論的着想により、将棋の事象の集合から世の中の事象の集合への写像と、世の中の事象の集合から将棋の事象の集合への写像の両方を考えることができる。

そのとき、大きい方から小さい方への写像の方が考えやすそうなものであるが、私がいつも考えるのはなぜか、将棋の事象の集合から世の中の事象の集合の方である。もっと具体的にいうと私は、将棋的発想を現実的世界に適用しようとしてきた。そのお蔭かどうか分からないが、私の会社での仕事は、卓越していないにしても、そこそこの実績は上げ続けてきたと自負するものである。

それではどのような将棋的発想を活かしてきたか、いくつか例をあげて説明してみる。

先ず、これは将棋に限らず勝負事全般なのだが、私は仕事そのものを勝負とみなした。もちろん仕事には明確な勝ち負けがあるとは限らない。それで例えば、将棋というよりも囲碁なのかもしれないが、少しでも多くの件数をとか、少しでも早くを目指した。

その結果、件数はかなり圧倒的だったこともあるが、当然にプロのサラリーマン(アマチュアのサラリーマンっているのか?)としては、きちんと品質は維持したつもりである。そもそも将棋で、早指しだからといってそれ自体を非難することはあたらない。きちんと勝っていればいいのである。ただ、私の仕事は件数や早さはいいが質は?と疑問の余地を与えてしまったことは私の不徳の致すところである。

その後、管理職になってからは、いよいよ私の将棋性が発揮されることになった。まず心がけたことは、遊び駒をつくらないということである。すなわち、部下をみていて、仕事がなさそうな人がいたらすかさず仕事を与えるようにした。そんなの管理職として当たり前だと思われるかもしれないが、ジョブ・ディスクリプションに厳密だと、当座仕事がないということがありえる。私は、ジョブ・ディスクリプションを広めにとっていろいろ依頼した。その結果もちろん物議をかもしたことはなくはないが、遊び駒をつくらないということが私の方針であることは一貫していた。

次は持ち駒の多様性である。例えば、金が三枚あるより、金銀桂という持ち駒の方が手がつくりやすいことが多い。それで私は、部下のスキルの多様性を高めるようにした。いくら会社が英語のスキルが重要だといっても、英語が得意でなく他のスキルで活躍できる人にはこっそりであるが、英語なんてやらなくていいよと伝えた。そうやって多様性と各人の長所を活かすことで、結構強力なチームがつくれたと私は自負する。

さらには「読み」である。例えば、コンファレンスの事務局をやるときは、事前にあらやる場合を読んで手を打っておいた。ほとんどの対策はhappenしないので無駄になるのだが、指さないからと手を読まないなら将棋なんて勝てない。そうやって広く想定して準備しておくことで、ファンシーではないにしても、随分と安心感のあるコンファレンスは実現できたと自負する。勝負は手堅く勝てばいいのである。久保王将のように華麗に捌くコンファレンスは私には無理である。

あと、自分が管理職で将棋的に考えるというとき、不遜だが自分は王将だと思っていた。しかし、それは誤解なきよう言うと、自分さえ詰まなければいいという発想ではない。王将は八方に動けるので、ある意味とても有効な守り駒なのである。だから私はフットワーク軽く、どこでも出かけていった。穴熊のように篭っているつもりは全くなかった。

別の観点で将棋を活かしたのは潔さである。私はアマチュアとして中途半端な才能しかなく、弱い人に勝ちまくって喜ぶ趣味はないので、どうしても私と同等程度以上の人と指してきたが、すると当然ながらあまり勝てない。必勝だったのにうっかりとか、終盤逆転されて涙を呑んだ経験は数しれない。そのとき仕方ないのだが、最後は負けましたと投了するよりない。負けましたというのが嫌で途中で逃げたりしたら、二度と将棋は指せない。

だから仕事でも部下の方が正しいと分かったらあっさり譲った。内心は穏やかでないこともあったが。例えば、私が手塩にかけて長年作り上げてきたDbaseのアプリを部下が、ロータス・ノーツで置き換えたいと提案してきた。私は一瞬たじろいたが、どうみてもロータス・ノーツの方がGUIでも優れていて、ビューも見やすいので同意して、Dbaseからのマイグレーション・プログラムまで自分で作った。私が心の中で泣いていたのを気づいた部下はいない。

しかしサラリーマンとして将棋が最大のネックになったのは、将棋的感性を前面に出して能力主義に拘ったことである。すると上司で、ちょっとどうかと思う提案があると、よかれと思って穏やかに指摘したりしてきた。将棋の世界では、いい手があったら、強弱にかかわらず指摘していい。それが本当にいい手なら褒められる。しかし、そのせいで、特にプライドが高い米国人弁護士の上司など、癇に障ったかもしれない。例えば、あるコンピュータが詳しいと自負する米国人弁護士の上司に対して、あれ、その程度のコードしか書けないのですか、と私としては精一杯礼儀をもって言ったつもりだったが、そのとき以降ずっと、私はあいつは許せんとマークされているようである。そのせいで冷遇もされたが私は全く反省しない。なぜなら、将棋的感性により、地位がある奴が偉いのでなく、勝つ奴が偉いのだと信じて疑わないならである。そんな感性でよくここまで無事にサラリーマン生活を送ってこれたものである。これも将棋の神のご加護か。だったらもうちょっと将棋の才能くれればよかったのに、とごねるのは贅沢であった。

池田信夫氏のブログに紹介があった、「気候変動とエネルギー問題」深井有著、中公新書を読んでみた。私なりに要約して、蛇足のようなコメントを述べてみる。

最初にカバーされているのはクライメートゲート事件である。これは、2009年11月17日に英国イーストアングリア大学気候研究所のメールサーバがハックされ、1000通以上のメールのやりとりが漏洩し、それによってIPCCによるデータ捏造がばれてしまったというIPCCにとって最大のスキャンダルである。この詳細は既にウェブサイトや出版物でまとめられてるし、私の能力では簡単にまとめることは無理なので、詳細には述べないが、ともかく、この事件を機に、二酸化炭素地球温暖化論者は世界的に面目を次第に失った。

このようにデータを捏造してまでも二酸化炭素地球温暖化論を推進しようとした意図は、あまり自明ではないがおそらく原発推進派が二酸化炭素排出が少ないエネルギー源としての原発建造を世界的に進めようとしたこと、そして後進国に足かせをはかせようとしたという、国連と英国などの意図だったのだろうと考えるのが相当である。

しかし、おかしいのは日本での状況で、クライメートゲート事件に正しく応答せず、あの事件があっても依然としてデータは捏造でなかったことが証明されたなどと訳のわからない風説がまかりとおって、二酸化炭素地球温暖化論者が跋扈している。福島第一原発の事故があり反原発の気運が盛り上がると、当然に二酸化炭素地球温暖化など没却されるべきなのに、二酸化炭素の排出量削減などとあいも変わらず叫ばれている。意図的に日本を駄目にしようとする勢力の存在を感じる。

そこで深井有氏が指摘する気温変動の主要な要因は、宇宙線である。すなわち、地球に降り注ぐ宇宙線の量は時間とともに変化する。なぜなら、地球が属する太陽系といえども銀河系の一団に過ぎないが、銀河の回転に従って、太陽系は銀河内を移動する。そして、超新星など様々な星から放出される宇宙線は場所によって異なるので、宇宙線の量も時間とともに変化する。実はこれだけの量の宇宙線がどうして地球に降り注ぐのかは自明ではない。例えば、ブルーバックスの「宇宙の未解決問題」リチャード・ハモンド著、大貫昌子訳によると、超高エネルギー宇宙線が50メガパーセク以上離れたところからやってくると、60Eev以上のエネルギーはもちえない。しかし、これだけ超高エネルギー宇宙線が降り注ぐとなると、近いところに高エネルギーの粒子源があるはずなのに、そういうものはみあたらない。

戻って、地球に降り注ぐ宇宙線の量が増加すると地上により多くの雲が発生するので、気温を下げてしまう。太陽光の照射を遮るからである。また、宇宙線に影響を与えるものとして、太陽の活動もある。ともかく、地球の温度を二酸化炭素の濃度よりも宇宙線のような宇宙規模で考えるほうが妥当である。

さてエネルギー問題に移って、深井有氏が指摘する興味深い対象は、水生藻類である。水生藻類は生長が速く、水と太陽光と、若干のミネラルで簡単に成長し、蛋白源、エネルギー源として有望である。特に、渡邉信筑波大教授らが研究している緑藻類ポトリョコックスは、重油に相当する炭水化物を産生する。これは現存する石油をつくりだした生物らしい。緑藻類ポトリョコックスを使うとまさに、オンサイトで石油がつくりだせる。

次は未来のエネルギー生成装置としての核融合炉である。トカマク炉などの磁気核融合炉は、何十年も前から有望視されてきたが、多数の技術革新を経てもまだ実用化からは遠い。克服すべき技術的困難が大きすぎるようである。そしてここにきて有望視されつつあるのは、レーザービームを使った慣性核融合である。実際、研究者もうなぎのぼりで、完全に核融合の主導権は、磁気核融合から慣性核融合に移った感がある。まだ分からないが、慣性核融合なら核融合発電もいずれ実用化できるのではないかと期待させるものがある。

以上、地球は二酸化炭素によって別に温暖化しないし、水生藻類と慣性核融合でなんとか人類は接続可能ではないかという、私にしては楽観的なストーリーを描いてみた次第である。

ある種の悪

user-pic
0

訓練された無能という自分の記事で、どうして人は唯々諾々と無能になる訓練を受けるのだろう、という素朴な疑問をもった。そういう問題意識があるとき、「平気でうそをつく人たち」M・スコット・ペック、森英明訳、草思社のなかに、エーリッヒ・フロムからの引用として、以下のような記述を見出した。

フロムは「屍姦症」の定義を拡大して、他人を支配したいというある種の人間の欲望-他人を支配可能なものにし、その人間の他者依存性を助長し、自分で考える能力を弱め、その人間の独自性および独創性を減じ、その人間を制御可能な状態に抑え込んでおきたい、という欲望をもこれに含めている。(中略)この種の性格の人間が求めていることは、他人を従順な自動機械に変えることによって人生の不都合を回避し、他人から人間性を奪うことである。

まさにこのタイプの人間は、家庭であれ、会社組織であれ、町内会であれ、官僚であれ、あらゆるところに見出される。すなわち、周囲の人も含め、自分の周囲を自分が生活しやすい環境に改変するのである。

こうすることが直ちに問題とはいえない。なぜなら、文化受容性で述べたように、人間が生きていくためには文化を受容することは必然であり、そうするうちに周囲をある程度作り変えることも相互作用として妥当だからである。

しかし、世の中には、他人支配性が極端に強い人達がいる。すなわち、強引に周囲の人達を自分に都合がよいように操作して支配し、仮想空間というか自分の王国をそこで築いてしまうのである。

そういう人達は、ある種の権力を握るまではとてもつつましやかに生きていたりする。他人に従順で、みるからに善人を装う。しかし、ひとたび権力の座につくと、静かにであるが組織を侵食し始める。すなわち、人事権や報償をもって周囲の人達を篭絡し、ロボットにしてしまう。

その目的はいかなる意味でも組織のオペレーションの合理化ではなく、ひたすら自分が安楽に生きることができる場の確立である。そして篭絡した取り巻きを周囲に配置し、すべてが自分の意のままに操れるようにする。まさに、属人思考である。

こういう組織は、当該他人支配リーダーの指示に疑いをもたず従順であるなら、とても心地よい。昇進も望むままである。そうしてかつてはポテンシャルを備えていた取り巻きの人達は、従順な自動機械となって思考力・判断力を失う。こうなってしまうと思考力・判断力を取り戻すことは至難の技である。なぜなら、思考力・判断力を積極的に失うことで組織あるいはリーダーに適応しているので、自ら能力を抑圧していることになる。単に老齢や訓練不足で自然的に能力を失うのではないのである。

しかしそれをひとり、他人支配リーダーのせいにしてはいけない。なぜなら、それはある意味、人間の被支配属性の発露でもあるからである。おそらくであるが、大部分の人は自らオリジナルの思考をすることを好まない。リスクを伴うからである。すると、何かしらリーダーが出てきて、指示を与えられることをいつも希求している。さらには、そのリーダーがなんらかの経済的恩恵を与えてくれるとなると、人々は驚喜するだろう。それはまさに、ドイツがヒットラーに率いられた途であった。

人体のアナロジでいうと、インフルエンザやエボラ出血熱などのウィルス性の疾患にかかるということは、とっかかりとしてはウィルスが原因なのであるが、実は、ウィルスに差し出す生理作用をもつ人体にも原因がある。すなわち、Windowsのパソコンに感染するコンピュータ・ウィルスは、WindowsのAPIを知り抜いた悪意のプログラマによって書かれる。すると、病原性ウィルスも、人体生理作用のAPIを知りぬいた何者かによって書かれているのだろうか。よし何者かによって書かれていないにしても、今もひそかに、渡り鳥や豚などの体内で、新種のウィルスが交配してデビューを待っている。

戻って、だから他人支配可能リーダーも所詮、組織や国家にとってのウィルスなのである。ただ残念ながら、多くの場合、組織や国家の免疫機構はおそろしく拙劣である。これはおそらく、人体と違って、組織や国家は、進化により免疫機構をエラボレートしていく仕組みがないのであろう。

さて、一個人として他人支配リーダーに対抗するにはどうすればいいのか。哲学を学ぶのか。しかし、本来は世界観構築と世界認識のツールである哲学がなぜそれに有効なのか自明ではない。そもそも、ハイデガーはなぜヒットラーに阿ねたのか。あるいは経済的独立性か。そもそもが、なぜ従順な自動機械になってはいけないのか、シルバーバーチでさえも自分は神の道具であると言っているではないか、と思索は巡るのであった。

仮想空間

user-pic
0

前にガベージ・コレクションという記事で、ストレスに対するガベージ・コレクタとしての読書について論じた。

それは、別の観点からいうと、仮想空間の産生能力でもあった。こういう観点からガベージ・コレクタを記述すると、心的なガベージ・コレクタを、心的仮想空間生成機能であるといいなすことができて、それはあまりにも自明な命題なのであるが、少し具体例で示してみる。

まず、ストレスに対するガベージ・コレクタは、仮想空間作用で尽きているのだろうか。尽きているとは思わないが、とりあえず他に思いつかないので、ストレスに対するガベージ・コレクタ=仮想空間作用とみなして、議論を進めてみる。

すると、仮想空間生成作用があるものとして、下記のような手段が挙げられる。

  1. 個人的なもの
    • 読書。これは既に述べた。
    • 薬物による作用。典型的には合法的な飲酒であるが、非合法な麻薬も含まれる。
    • 個人的な趣味。例えば、骨董収拾など。
  2. 集団的なもの(共同幻想と呼ぶのが分かりやすいかも)
    • 宗教集団。教義を信じること、あるいは教祖に対する帰依。
    • 家族。
    • 会社、スポーツ・チームなどの利害共有グループ。
    • 弁護士などの資格によるギルド。
    • 趣味のサークルによるギルド。
    • 大東亜共栄圏などの仮想的グループ。
    • 国家。単一の言語あるいは単一の文化、あるいは単一の歴史を仮想的に共有するグループ。

ここまでは、あまりにもありきたりの命題であるが、もう少し私なりの定義を与えてみる。

  1. 仮想空間は、現実世界から心的世界への非全射な写像である。あるいは、現実世界から心的世界へ写像空間である。
  2. それは、別の表現では、現実世界が提供する仮想関数の継承(inheritance)または実装(implementation)である。
  3. 仮想関数内では、さまざまなルールが恣意的に決められる。それは現実世界が提供する仮想関数の恣意的なoverloadでもある。
  4. 仮想空間では、論理一貫性は問われない。矛盾は単に放置される。
  5. 仮想空間内の恣意的なルールが幸福の源泉である。
  6. しかし、仮想空間内の恣意的なルールは同様にまた、不幸の源泉である。
  7. なぜなら、いくら拒んでも、現実世界から仮想空間へのマッピングは止まることがない。
  8. 換言すると、現実世界から仮想空間へのマッピングAPIは、唯一ではないにしても、overloadできない仮想関数の1つである。
  9. 仮想空間内の不幸は、恣意的なルールを恣意的に変更することで解消可能である。それは、代数幾何学における特異点解消のアナロジである。しかし、代数幾何学がそうであるように、特異点解消は常に可能であるわけではない。
  10. 人は仮想空間内の恣意的なルールに疲れて、現実世界そのものを認識したいと願う。しかし、現実世界そのものはおろか、何者かによって記述された、現実世界とおぼしきものを動作させるオペレーティング・システムのコードにすら、何人もアクセスが許されない。
  11. 現実世界とおぼしきものを動作させるオペレーティング・システムのコードを書いたのは誰かと問うてもよい。それは神ではない。では神の代理人なのかとさらに問うても答えはない。神には代理人はいないのだ、とどこかから声が聞こえる。

こうして、例によって自分でも何を言っているのか分からなくなった。決して、語りえぬものを語っているわけではないと思うのだが。

読売新聞によると、政府は、経済産業省原子力安全・保安院と、内閣府原子力安全委員会などを統合して、来年4月に環境省外局として、原子力安全庁(仮称)を設置することを決定したという。規模は500人程度なので、かなり大きい組織である。ただ、高木文部科学大臣が反対しているなど、閣内での足並みは揃っていない。

更なる案によると、原子力安全庁の下に、原子力安全審議会を新設し、文部科学省の環境モニタリング部門や国土交通省の船舶用原子炉の規制部門も移管し、原子力安全に関する業務を一元化するのだという。

このようにする理由は、原子力安全政策に対する経済産業省の影響を排除するためだという。確かに、「日本中枢の崩壊」古賀茂明著、講談社によると、福島第一原発の原因となった対策のミスは、経済産業省と原子力安全・保安院が識者の警告に耳を貸さなかったこと、経済産業省と東京電力が深く癒着していたこと、その他省益に偏りすぎた官僚体制にあると指摘される。

また、海江田万里経済産業相が経済産業省の松永和夫事務次官、寺坂信昭原子力安全・保安院長、細野哲弘資源エネルギー庁長官を事実上更迭したことからも分かるように、原発事故について、ひたすら経済産業省をスケープコードにしてしまおうとする気運もある。

しかし古賀茂明氏は、原子力安全・保安院には原子力の専門家はほとんどいないと指摘していた。この専門家不足の問題は、環境省の外局として原子力安全庁を設置することでいささかも解消されるわけではない。また環境省には原子力の専門家はほとんどいない。ほとんどの人材は、内閣府原子力安全委員会からの異動だという。すると、単に組織をいじっただけにすぎないのではないか。しかも内閣府原子力安全委員会にも本当に原子力技術がわかる専門家がどれだけいるのだろうか。そういえば大学の後輩で、内閣府原子力安全委員会に入ったのがいたような。彼は原子力ではなく機械学科だった。

ところで外局とはなにかというと、国の行政機関のうち、内閣府や省の下部機関として位置づけられる組織なのだという。庁と委員会に分けられ、一定の独立性が必要な場合や事務量が膨大な場合に設けられる。内閣府の下の国家公安委員会、国家公安委員会の下の警察庁、総務省の下の消防庁、国土交通省の下の海上保安庁、経済産業省の下の特許庁などがある。特許庁など、特許手続きの手数料収入による300億円以上独立採算収入があり、よって本省の経済産業省よりも予算が潤沢で、古賀茂明氏など、設備が立派だからと、わざわざ特許庁の会議室で会議したほどである。

ともかく、環境省外局としての原子力安全庁に、どうしても積極的な意味を見出すことは難しい。そもそも原子力は環境であるよりも前に、エネルギーだからである。

友人に誘われて東京国立博物館の空海展を見に行って一番感じたことは密教の深さ・素晴らしさもさることにがら、なぜか、知性と根気という言葉である。より具体的には、知性のない根気はあっても、根気のない知性はない、というものである。

それを直截的に感じさせたのは、細かい文字で延々と書かれた直筆の巻物であり、指導して彫らせた幾多の仏像なのであるが、さらに驚愕させるのは、その背景にある超絶的な空海の努力である。すなわち、10代の後半から山に篭っての行状不明の2年間に亘る修行、中国への留学、中国入国にあたっての見事までの書状、中国での密教の猛勉強、指定された期間よりもはるかに早期での無断の帰国、その後の日本での密教の布教など、その背景にある強い意志と努力に、軟弱な私は気が遠くなりそうになった。

そして次に考えたのは、空海が現代に生きていたらどうかということである。空海の学習能力をもってすれば、今の日本の代表的知性の一人になるのも難しくないだろう。しかし、もしかしたらアントルプレヌールの実業家で、パソコンとスマホとインターネットを駆使して仕事している空海は、依然として日本の輝く星なのかもしれないが、結局既存のパラダイムからなかなか脱却できないかもしれない。というのは、現代の世界があまりにツールや知識が揃いすぎていて、超絶的な工夫と努力する気を起こさせないのである。そもそもが、膨大な情報を一発でコピーできる環境で、空海のあの膨大な経典の書写もありえない。

すなわち、現代に生まれてきたら確実に、空海は天才の発現を削がれたはずなのである。ネット・バカで書いたことの敷衍である。

しかし現代のパラダイムは少し違う。例えば、会社の勤務でも、長時間労働は非人間的で非生産的であるとよくいわれる。仕事は短時間で集中して、よいアイデアを出し、効率的に処理して、定時に帰宅し、スポーツなどで余暇をリフレッシュして過ごす。探偵でいえば、現場を歩かず、安楽椅子で葉巻をくゆらせながら、推理にいそしむ。

本当にそれでいいのかという私の疑問を、空海先生が一掃してくれたような気がする。すなわち、知性は根気を駆使して努力することでしか涵養されない。もしそういう努力の生活が非人間的であるなら、知性とは本質的に非人間的である。そうですよねとという問いかけに、当然に空海先生は何も答えてくれない。そういえば私は1年以上も前に知性と根気という同名の記事を書いていた。読み返してみると、趣旨はほとんど同じで、今回の記事に対する付加価値はあまりないが、まあ仕方ないか。

ものすごく簡略化して言うと、全学連や全共闘などの学生運動の目的は、帝国主義、覇権主義などで堕落した世界を変革しようとしたものだったと信じる。典型的にはベトナム戦争、安保条約などが堕落性の根拠だった。

全学連や全共闘が採った方策は、マルクス・レーニン主義、あるいはそれを発展させた?毛沢東思想に依拠するものであった。その無批判の信奉は、マルクス・レーニン主義が否定する宗教以外の何物でもないのだが、当時はそんなことを真正面から指摘する人は多くなかったはずである。

マルクス・レーニン主義であれ、なんであれ、世界を有意義に変革するためには、少なくとも民衆の支持を得なくてはならないはずだが、果たして人々の支持が得られているのか、賛同している人は増えているのかという反省やチェックがなされた様子はない。むしろチェックされたのは、経典解釈者としてのリーダーがマルクス・レーニン主義と解釈するものと、実際に行われていることとを比較して、実際に行われていることを、自分の勝手な解釈に合わせるように指示するという、きわめてナイーブなものであった。その際、マルクス・レーニン主義の世界変革方針としての妥当性、自分の解釈の妥当性、現実認識の妥当性のどれもきちんと検討された様子はなく、これが企業なら一発で倒産である。

そして、とても理解し難いのは、武装して破壊すれば、民衆がその破壊活動を支持し、次第に支援が増加するという楽観論である。その範は、フランス革命に採ったのだろうか。しかしフランス革命では、貴族に対する半端ない不満がたまっていた。だから、バスチーユ牢獄が破壊されたとき、溜まっていたすさまじいポテンシャルが開放されたのだが、それにも拘わらず、その後の展開は、とても酸鼻なもので、素晴らしいと絶賛されるものに遠い。

そういうフランス革命の先例にだけ依拠して、破壊の後理想的な社会がおのずと立ち上がると想定するのはあまりにもナイーブすぎる。少なくとも、革命家は、社会建造の社会工学についてなにほどが馴染まなくてはならないはずだが、それはマルクス・レーニン主義の学習よりもはるかに困難なはずである。

こうして私は、なんの興奮もなく、ポパーの漸進的社会工学に言及する。ただ、社会工学といいつつ、ポパーは(おそらく)具体的な手法に言及していない。ポパーの意図というよりも、一般に社会工学とは何なのだろうか。

それが既存の社会体制と解析接続を意図するものであるなら、やはり議会制民主主義の枠組みでの政治活動であるのか、官僚として国家政策に関与するのか。あるいは、市民活動家として、政府に影響を及ぼすのか。

心情理系の私はしかし、典型的にはビル・ゲイツやスチーブ・ジョブズ(そして松下幸之助)が成し遂げたような、テクノロジーによる社会変革に注目する。あるいは、インターネットの導師としてのティム・バーナーズ=リーを挙げてもよい。

一方で、私のような民衆というか庶民には、世界変革とはなんなる難事なのだろうか。そもそも、飲み会の席でさえ、世界変革などと言い出そうものなら、どん引きされる。

俗にいわれるのは、社会や組織を変えることはできない、変えられるのは自分だけだ、というステートメントである。そう訳知り顔で言われても困る。そもそも、自分さえそうそう変えられるものではない。しかも、私にとって、あなたが変わろうと、社会が、組織がそのままなら、周囲にとって何の意味があるのか。

やはり私ができる世界変革とは、自分を中心とした局所座標系でのささやかな努力である。困っている人の悩みを聞き、ちょっと引かれながらもうっとおしくお節介気味にサポートし、ほとんど冗談のような自明なコンピュータ・ツールを作って、微塵ほど業務効率を上げるだけである。

戻って、本格的な世界変革は、今西錦司のいうように、変わるべくして変わるしかないのかもしれない。そうやって変化を神秘化してどうする、と自分でも思うのだが。

学生時代の私は社会に出たら、社会はとても厳しいところで、スキルを厳しく問われる、だから学生のうちに勉強しておかなくてはと思った(思うだけであまり勉強しなかった)。

さて、定年間際まで生きてきて、当たり前であるが、社会が楽なところではないことは実感した。しかし、日常的に虐められていた小学校の頃より厳しい日々だったのかというと、そこは分からない。なぜなら、社会には随分緩い一面もあるからである。

社会の緩さの一面には、スキルの評価の曖昧性がある。すなわち、学生時代には想像だにしなかったが、信じられないような無能な人が平気で高い地位を維持していたりする。これを人間動物園だと思えば腹も立たないが、まだそこまで達観できない。

それではなぜ社会においてスキルの評価の曖昧性が生じるのかというと、以下のとおりである。

  1. スキルの多様性:学校時代なら、妥当かどうかはともかく、テストの点数でスキルを順序づけることができた。しかし、社会で使われるスキルの種類は、ほとんど加算無限といっていいくらい多く、分かりやすい尺度で順序づけることが難しい。
  2. スキルの距離:スキルが多様であるといっても、ある限られた仕事では、使われるスキル・セットは結構有限であったりする。しかし、多くのスキルは、その能力は、その分野に近い人にしか分からない。例えば、私が馴染んでいる特許実務だと、特許実務にかなり熟練した人でないと、他人の特許実務のレベルを正しく判定できない。すなわち、自分がかなり尖ったところでしか他人のスキルは評価できない。私の場合、どう贔屓目にみても、特許実務と将棋くらいしか他人のスキルを自信をもって評価できない。
  3. スキルの実績の曖昧性:結局、理知的な、あるいは感覚的な評価を要するものは、どうしても曖昧になる。典型的には小説、哲学書、などである。特許実務で、私が、ある特許明細書が優れていると感じたとき、そのよさを、おそらく特許実務家以外の人にうまく説明できない。
  4. スキル見極めの時間性:大抵のスキルは、ある程度時間をおかないと見極めらない。例えば、ある大器晩成の部下がいたが、私はその部下を初期の段階であやうく切り捨てるところであった。その部下がひとかどのスキルであることを見抜くまでになんと4年を要したのである。
  5. 多様な擾乱要因:あと、社会には、スキルを見えにくくへする煙幕のような多様な要因がある。例えば、学歴、学位、資格、評判、人種、国籍、趣味、出身地、容姿、相性、性別など枚挙に暇がない。こういう擾乱要因の雲を掻き分けて、自分の専門知識のベクトルと相手のそれの内積をとるような面倒な作業は、普通なかなかしない。だから、仮想や幻影にすぎない擾乱要因を、prima facieでスキルのレベルだと信じることになる。
  6. スキルの可視性偏重:擾乱要因と似ているが、可視性の高いスキルにひっばられて、ハロー効果で、別のスキルにおいても優秀だと勘違いしてしまう。典型的には英会話ができると、それだけで他の仕事も優秀だと信じてしまう。

それでは、曖昧性の生じにくいスキルにはどんな要因があるかというと、次のように列挙される。

  • 人間の感性に直接訴えるスキル。例えば、料理はその典型である。調理師をやっている弟に聞くと、料理人というは、一流の料亭で何年修行したと豪語しようと一切関係ない、何か料理をつくらせてみたら一瞬で見破れるという。食べる側も、美味い不味いは自明である。建築もそうらしい。というのは、建築を学んでいる大学生の設計コンクールというものの上位入賞者をみると、意外なほど大学の世間的な格は関係ない。この他、インダストリアル・デザイン、服飾、歌唱、音楽などもそうであろう。感性の仕事に書いたとおりである。人間の感性に直接訴えるスキルは、素人の感性で素朴に評価して、あまり外れないという意味もある。つくるスキルと、感じるスキルが違う。
  • 実績が数値などで否応なく見えてしまうスキル。例えば、典型的には野球である。打率、防御率、ホームランの数など、どうしもようもなく誤魔化せない。囲碁や将棋の強さもそうである。
  • 評判が流通しやすいスキル。例えば、名医の評判というのは、ときどきインチキもあるが、結構妥当なのであるまいか。

ということで、スキルをなるべく客観的に評価するには、(1) 信頼できる専門家に評価を依頼する、(2) 絶対視はしないが、可能な限り実績を数値化する、(3) ある程度長いスパンでみる、(4) 多くの人の評判を考慮に入れる、などの当たり前のことを積み重ねるよりない。

ショーペンハウアーは、「世間ではまず優れた人が真に評価されることはほとんどない。むしろ真に優れた人は妬まれて疎外される傾向にある。だから、優れた人は隠遁する傾向にある。」と指摘するが、これは半面しか正しくない。というのは、石原莞爾などまさに該当するが、私のように別に優れていなくて、単に世をすねているだけの人も、世間から理解されないと泣き言をいって隠遁する傾向にあるからである。ただ、隠遁している人について、真に優秀であるためか、単に拗ねているだけなのか、そこまで判別する必要もないだろうが。

信心の力

user-pic
0

甲子園で横浜高校が、信じられない逆転負けを喫した。典型的には松阪を擁して優勝したときの試合ぶりから窺われるように、私の記憶では、横浜高校には逆転勝ちはあっても、逆転負けはない。以下、日刊スポーツから引用してみる。

横浜(神奈川)が逆転負けで涙をのんだ。

8回を終わって4-1。ベスト8進出まで残りアウト3つだった。ところが9回表、7安打で8点を奪われ逆転負け。「甲子園には魔物が棲む」と言われているが、名門・横浜がまさかの敗北を喫した。(智弁学園9-4横浜)

横浜高校の最近のぼろ負けは、私の知る限り、2004年に、当時彗星のごとくあらわれて優勝をさらった駒大苫小牧と対戦したとき以来である。あのときは駒大苫小牧はダークホースで、名門横浜とは勝負にならないと思われていた。しかしそれも、逆転負けというのでもない。単なる力負けだったが。

「継投策」は横浜の勝ちパターンだが、もし柳投手に完投能力があったら...。たら、ればは禁句だが、4-1でそのまま逃げ切っていだろう。

横浜が9回に8点を奪われて逆転されたのも、1イニングに8点取られたのも春夏27回の甲子園でもちろん初めて。92年センバツの新野戦で8回に6点を失い3-7で逆転負け、96年夏の福井商戦で9回に6点を奪われ4-8で逆転負けという苦い経験もあるが、それ以上の悔しい敗戦となった。

今大会、帝京(東東京)も2回戦の八幡商戦で3点リードを9回に満塁弾でひっくり返され敗れた。今年も甲子園に「魔物」は棲んでいた。

私がそこでふと思い出すのは、1980年代前半に圧倒的強さを誇ったPL学園である。すなわち圧倒的強さとはいえ野球はみずもの、PL学園といえども9回の裏2アウトランナーなしで、3点負けているというシーンは珍しくなかった。ところが最後になるはずのバッターがなぜか、胸に手をあてて祈るのである。それは宗教的祈りにも似ているが、PLすなわちperfect libertyとは確かに、一種の宗教なのであった。そして胸に手をあてて祈ったバッターは、詰まりながらも渋いヒットを打つ。それで終わりかと思ったら、次のバッターも胸に手をあてて祈る。そうやってヒットをつなげてなんと同点においつき、延長でいつも勝ってしまうのだった。

そういう意味で、智弁学園もまた、辯天宗を戴く宗教ベースの学校なのであった。それでは辯天宗とは何か。Wikiによると下記のとおりである。

辯天宗は、1934年(昭和9年)に奈良県宇智郡野原村(現五條市)の十輪寺住職である大森智祥の妻であった大森智辯(大森清子、旧姓吉井清子)が大辯才天女尊より天啓を受け、それにより信者や訪問者への相談や、行(ぎょう)を行ったことに始まる。その後1948年(昭和23年)には夫の大森智祥が第一世管長となって辯天講を結成し、1952年(昭和27年)に辯天宗となる。

これを見ると神道ベースの宗教のようであるが、実は高野山真言宗の流れを汲む仏教系新宗教なのだという。すると、即身成仏を唱える密教の教えが野球に活かされているのかもしれず、道理で手ごわいはずである。信心の力か。

しかしあれほど常勝を誇ったPL学園が甲子園に出てこなくなってから久しい。PL教の霊験も衰退したのだろうか。私の知る範囲では、常勝時の中村監督が去ってからPL野球は確かに衰えた。それだけ中村監督が名監督だったということになる。ちなみに中村監督は、福岡県中間市出身で、学と色で言及した、私に哲学の入門を教えてくれた大学の先輩と同郷で個人的に知っているとも聞いた。なんとも狭い世間である。

おっと、そういえば、智弁和歌山と日大三高の試合があったところだった。確認すると、最初は日大三高が5-1とリードしていたところ、智弁和歌山が5-4と猛追。これも辯天様の法力かと思いきや、日大三高が6-4で振り切った。旧日本軍風にいうと、貴様ら、たるんどる、信心の力が足らん、グラウンド100周、というところだろうか。

全共闘世代

user-pic
0

連合赤軍の続きとして、「総括せよ!さらば革命的世代よ」産経新聞取材班を読んでみた。

この本は、重信房子、秋田明大、塩見孝也、三田誠弘、西部邁、立花隆、山本義隆、加藤登紀子など、私よりも数歳年上で、何らかの意味で当時の学生運動に深く関与した人達による当時の回想をインタビューで構成したものである。

私が大学に入学した1973年の時点では、学生運動は下り坂になりつつあるとはいえまだ活発で、入学式のときも帝国主義打倒という看板をたてて、ヘルメットを被った学生たちが屯し、機動隊が見張りにきていた。それで、なるほどこれが大学なのか、と感慨を新たにしたものである。しかし私は徹底的にノンポリを通した。ひたすら真面目に勉強して、名もしらない私立大学の講師にでもなれればいいと思っていた。

そういう意味で、私の学生運動に対する印象は甚だ第三者的なものに留まるが、「総括せよ!さらば革命的世代よ」には様々な感慨をもつ人達が登場する。本格的に学生運動に関わった人達のその後の岐路は、多分以下のように分類される。

  1. 学生運動に関わった過去を捨てて、大企業に入り、幹部になる。
  2. 学生運動に関わった過去を引き摺りつつ、あえて中小企業に入るか、または自営業を営む。
  3. 学生運動の間に犯した刑事罰によりしばらく獄中にあり、出所して細々と生きる。
  4. 海外に逃亡するなどして活動を続ける。しかし、刀折れ矢尽きて帰国し、逮捕される。
  5. 海外に逃亡する、組織を維持するなどして、今でも現役で活動を続ける。

1のパターンの人は沢山いるだろう。それを変節したとか、卑怯だとか私は思わない。学生運動の組織力は、おそらく企業戦士としても有効で、もしかして偉くなれるかもしれない。

2のパターンは、秋田明大、山本義隆などである。秋田明大は学生運動の当時、日大全共闘の委員長で、高校生だった私も知っているビッグネームだった。国士舘などとともに、極めて保守的な日大で、よくも学生運動を立ち上げたものである。当時の秋田明大の写真をみると、やたら格好いい。人をひきつける不思議なオーラに満ちていたと思われる。当時、1万人もの学生を動員したという。大学当局に対して一定の成果を得たが、公務執行妨害などで逮捕され拘留され釈放された後は、次第に学生運動から遠ざかっていった。大学卒業後は、故郷の瀬戸内海の島に帰って自動車修理で糊口を凌いだ。過去のことはほとんど語らないで隠遁生活だが、最初の妻と離婚し、比較的最近中国人の妻と再婚したという。まだ幼い子供も抱える。私とはあまりにもタイプが違うが、瀬戸内海の島出身というのが親近感を覚える。

山本義隆は学生運動で活躍していた当時のことは知らないが、東大物理の優秀な大学院生であったのに学生運動にのめり込み、正統の学者としてのキャリアは捨ててしまった。その後は予備校の名物講師をしながら著述活動をしている。大学の先輩から紹介された山本義隆訳になるカッシーラの「実体概念と関数概念」を眺めて、その名訳に感心した。普通のキャリアの上で、まちがいなくひとかどの学者になれたであろう。今でも科学史的な著書は多くあり、どれも結構な名著である。

3のパターンは典型的には塩見孝也である。塩見孝也は京大時代に日本のレーニンと呼ばれ、赤軍派を創設した。学生時代はどんどんオルグしたというので、結構人望というか不思議な魅力があったのだろう。しかし長い獄中生活の後出所してからは、カンパや講演で生活し、まともに働いていなかったという。まともに働いたこともない人がプロレタリアート革命を叫ぶのはなんたる矛盾なのだろう。今は細々と市営駐車場で働いている。塩見孝也は私は若干縁があって、どうも高校の先輩らしい。というのは塩見は出身が尾道だし、高校の政経の授業で先生が、塩見の奴、なにやっているのかと憤慨していたからである。秋田明大が瀬戸内海の島出身というのと並んで、ある意味どうでもいい私との関連性かもしれない。

4のパターンは重信房子である。女闘士で、当時結構美人だったし、それでいて女だてらにパレスチナ民族戦線と協働するなど、かっこいいと思っていたのだが、限界を感じたのか、逮捕されると分かっていて帰国した。当時はいい気になっていたと反省する。実際、当時から民衆から支持されていなかったが、そんなことは感じることもできなかったのだろう。ともかく人生の軌跡を振り返る時期にさしかかったということである。

5のパターンは、連合赤軍の生き残り、坂東国男である。その生き方は是認できないが、今も闘士として生き続ける根性には頭が下がる。そういえば、中核派でも革マル派でも学生時代から一貫して現役の闘士がいるという。飽きっぽい私の理解を超えている。

ともかく私には全共闘世代に対して意味があるコメントを付すことはできない。ただこうしてメモするだけである。

不戦の誓い

user-pic
0

共同通信によると、菅直人首相が全国戦没者追悼式で、不戦の誓いをしたという。以下、引用:

終戦66年を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が、東京都千代田区の日本武道館で開かれた。首相として2回目の参列となった菅直人首相は、式辞で今年もアジア諸国への加害責任に言及した上で「不戦の誓いを新たにし、世界の恒久平和の確立に全力を尽くす」と述べた。東日本大震災にも触れ「わが国は戦後の廃虚から立ち上がり、今日まで幾多の困難を乗り越えてきた。被災地を、日本を必ず力強く再生させる」と誓った。

今更、アジア諸国への加害責任に言及するのは、サンフランシスコ条約に鑑みどうかと思われるが、まあなんとか許容範囲であるが、不戦の誓いとはいかがなものか。すなわち、つい2年前には、中国との尖閣諸島沖での事件があったし、北朝鮮の拉致問題もあった。

それを解決するのが外交なら、外交の中には武力行使も織り込まれている、というのがクラウゼヴィッツの指摘である。だから我が国は、世界でも有数の武力をもつ自衛隊を抱えている。

いかに平和主義でも、降りくる火の粉は払わにゃならぬ、のである。だから間違っても「不戦の誓い」などと言ってはいけない。例えば、私は相当に腕力が弱く、喧嘩で勝った記憶がない。それでも、暴力で襲われたら、持っている限られた力を振り絞って戦うよりない。おそらくは、あえなく倒されてしまうのだろうが、少なくとも殴られるままというわけにはいかないのである。

だから、「不戦の誓いを新たにし、世界の恒久平和の確立に全力を尽くす」は、こういうべきである。すなわち、「我が国は、世界でも稀な平和憲法の下で戦後一貫して平和を維持してきた。我が国が平和主義を維持することを認め、そのことに敬意を表してくれた諸外国に大変感謝するものである。我が国は今後も、平和的対応には、きちんと平和的に応じていくことを誓うものである。」

「わが国は戦後の廃虚から立ち上がり、今日まで幾多の困難を乗り越えてきた。被災地を、日本を必ず力強く再生させる」にも、最低支持率でもうすぐ降番する首相がなにいうてはりまんの、といいたいところだが、これはまあいいか。

カラオケの怪というのは、カラオケの会の仮名漢字変換間違いではない。最近あったことを書いてみると、納得?していただけるかもしれない。

7月の末、常連の仲間とカラオケしたとき、選曲するためのリモコンを取ろうとして、腕をテーブルの端に少しぶつけた。ところが丁度、腕時計の金属ベルトの部分がぶつかって、腕時計のベルトが外れてしまった。仕方なく腕時計はポケットに入れてカラオケを歌ったが、ちょっとしたことでもくよくよする私の性格により、カラオケは自分としてはいまいち盛り上がらなかった。

ベルトが外れたまま腕時計を放置するわけにはいかないので、次の日、住まいからの最寄の駅のそばのなじみの時計屋にいってみた。そしたら、老齢なので廃業したのかもしれないが、閉まっていた。そうなると、いわやる時計屋というのが、私の住まいの近所にほとんどない。仕方なく、あてもなく隣町まで一駅歩いた。そして商店街を端から端まで歩くのだが、やはり時計屋はみあたらない。どうしようと落胆していると、宝石・貴金属・時計という看板がある小さな店がみつかった。喜んで入ると、犬と一緒に座っていた結構年配のおじさんがいた。この時計のベルト、直りますかと見せたら、黙って工具を出して修理し始めた。なんとなく頼もしい。腕は確かのようである。ものの3分もしないうちに修理が終わり、いくらですかと聞くと、たった300円だった。ちょっと安物の時計だね、と苦笑しながら修理された腕時計を渡されたが、直って嬉しかったので、気にしなかった。

そして8月に入って友人から、空海展に行こうと誘われた。なんでも、上野の東京国立博物館であるのだという。酔っ払いで誘ってくれた友人である。空海にはひとかたならぬ興味があるので、喜んで行くことにした。空海の直筆の書や、数多の仏像に圧倒された。空海展については機会があったらまたこのブログの別稿で触れる。そして、おきまりのようにその後上野の駅前で飲んでカラオケに行った。その友人とのカラオケで普通に歌うのは久しぶりである。なんとなく名誉挽回したような気がした。そんなに飲んだわけではないが、前回の例があるので、帰路、大丈夫かと友人が声をかけてくれた。大丈夫、前回の酔っ払い事件は一生に一度の見落としの落手であって、二度とあるわけがないと強がり言ったが、全く信用されていないようだった。

帰りの電車で、家内に携帯でメールしようとした。というのは、上野から無事帰れるのかと全く信用してないようなことを言っていたからである。冗談じゃない、帰れるに決まっているからとメールしようとしたらなんと、メールが送れない。電話もできない。ああ、中継局が落雷で壊れているのか後で試そうと、何度試してもやはり電話もメールもできない。私はドコモを使っているのだが、そういえば、FOMAカードがどうのというメッセージが出たような気がした。それで私は、ああFOMAカードが、お亡くなりになってしまったと落胆した。パソコンでも通信カードが突然壊れることはよくあったからである。しかし、携帯の通信機能が壊れた経験はない。壊れるとしても大抵バッテリ回りである。

で、次の日、また落胆しながら、自宅の近所のドコモ・ショップに、壊れた携帯を持ち込んだ。するとサービス員は、ああ、と頷きつつ、中をあけて、ずれていたFOMAカードを挿しなおしてくれた。それであっさり直った。もちろん一円もかからなかった。なんという軽微な故障だろう。実はこの携帯の故障は、空海展を見に行ったので、空海先生または不動明王の法力なのかと一瞬訝ったが、そもそも空海先生または不動明王がこんな子供だましみたいなことをするわけがないのである。

あっさり直った携帯を眺めながら帰宅していると、ふと、突然楽しくなった。そうかこれは、自然霊の悪戯なのかもしれないと。遊んでもらう猫の気持ちが少し分かったような気がした。すなわち、このような軽い悪戯があると、なぜか不思議に悪酔いもない、付き合った仲間と険悪になることもない。そういう意味では酔っ払い事件さえも、自然霊の悪戯なのかもしれない。というのは、酔っ払い事件では家内はなぜか、私の悪態をみて楽しそうだったのである。

そうやって一連の悪戯があると、次にカラオケがあるときどんな出来事があるか楽しみである。すると急に、自然霊の囁きが聞こえたような気がした。「そういう意味じゃないって、単にいい歳になんだからちょっと気をつけろという意味で悪戯しただけだよ。」と。

メンドーサ

user-pic
0

昔、一世を風靡した漫画に、「あしたのジョー」があった。そのジョーが最後に対戦する相手が、ホセ・メンドーサなのであった。

それとは全く関係なく、世の中には、悪い人ではないのだろうが、面倒な人がいるものである。その例をいくつか挙げてみる。

  1. 余計な用件を依頼してくる人。私が米国出張に行くとき、日本では買えないからと、米国の風邪薬を買ってきてほしいと依頼してくる人がいた。なんでも、米国の風邪薬は、日本で手に入る風邪薬では使用が許されていないような強い催眠成分が含まれていて、飲んで一気に寝ると風邪が治りやすいのだという。たかが風邪薬かと安請け合いしたが、泊まったホテルにはそんな風邪薬は売っていない。帰りに空港で探す手もあるが、そこで見つからなかったらどうしようもない。そこで、ホテルのフロントに聞いて、タクシーを呼んでもらい、薬局のある商店街に出かけることにした。ところが、商店街に着いたものの、薬局の場所が分からないので、ドラッグ・ストアはどこかと、道行く人に聞いてみた。すると、私の発音が悪いせいか、「ドラッグ」という私の言葉にちょっと驚いていた。それで大急ぎで風邪薬を探しているんだというと、ちょっと安心して、あっちだよと薬局のある場所を指差してくれた。ところが大雑把な指示なのでよくわからず、変な路地に迷い込むと、柄の悪そうな黒人や髭をたくわえた中東系の人達が屯していて、怖くなって引き返した。そして、あ~あ、たかが風邪薬も買えないのかとふてくされて歩いていると、たまたまスーパーみたいな総合ストアの一角に、薬局のコーナーがあったので勇躍行って見ると、親切そうな初老の店員がいて、聞くと親切に、ああその風邪薬はこれだね、と選んでくれて、私はミッションを果たしたのであった。しかし、ミッション・メンドーサとはこのことである。
  2. それと、余計な用件を依頼してくるだけでなくて、やたら厳密な条件をつける人がいる。上記の風邪薬の例では、○○成分が入っていないといけないと厳密な条件をつけ、それがなかったので仕方なく別のを買ってきたら、一旦はありがとうというものの、それでは意味がないだの、なんでちゃんと言うことを聞かずに買うのかだの、散々悪態をつく人がいたりする。するとこちらも二度と応じるものかと思うのだが、そういう人に限って臆面もなくまた依頼してきて、断れない私の性格をすっかり見抜いている。
  3. 別の例で、特許の実務では、例えば拒絶理由通知に対する応答として意見書・手続補正書を作成して特許庁に電子的に提出するのであるが、一般的に意見書・手続補正書を作成するのは弁理士・特許技術者で、提出するのは事務担当の女性だったりする。ところが、ある弁理士で、次のような人がいた。すなわち、意見書・手続補正書に渡しておきながら、期限の前の日まで提出するな、と命令するのである。そうすると、事務担当の女性は、ずっとその期限をウォッチし続けなくてはならず精神的負担が大きい。私がその弁理士に、なんでそんな余計な負担を事務担当に与えるのだといったら、早めに特許庁に提出すると、持分の案件が減って次の仕事を入れられるので、それを避けるためだ、というので、そんな馬鹿なことは、事務担当の負担はふやすし、期限をミスする可能性も増加するので止めろと、私は一喝した。それで、そういう習慣はその後なくなったが、困った人がいるものだという思いは収まらなかった。
  4. さらに別の例で、もっと悪い例といっていいが、事務担当の女性を奴隷のように使いまわす人がいる。すなわち、急ぎにファックスを送りたいものがあったとき事務担当の女性に依頼しにいって、たまたま席にいなかったことを不満に思って当時事務担当のマネジャをしていた私に文句をいってきた人がいる。すなわち、自分は一分一秒が惜しいのだ、どうしていつでも直ぐに応じられるようにしないのだというのだが、トイレにも行くし、書類を取りにいくこともあるでしょうと説明するのだが、納得しない。私は、急ぐんなら自分でファックスすればいいじゃない、管理職の自分でもそうすると言ったら、自分のジョブ・ディスクリプションにファックスを送ることはないとまだ納得しない。全く、ペルソナ・ノングラータでなくて、ペルソナ・メンドーサである。
  5. その人物はいろいろ問題で、ともかく自分では面倒なことが嫌いで、問題を起こすのであった。例えば、何か資料を作ることを私だったら基本的に自分でやる。資料に入れるデータなども、私はデータベースを操るのが得意なので、粛々とデータを得る。ところがその人物はそもそも、データベースを操るなんてとんでもないというタイプなので、資料をつくるために事務担当の女性をサポートにつけてほしいと依頼してきた。またまた、とうんざりして、そんなの私だったら自分でやると突き返したら、しつこくからんでくる。それで仕方なくサポートの女性をアサインしたら、なにやら時間をかけて資料をつくっていた。ところがなかなか資料はできあがらない。そもそも、事務担当に指示して自分の意向どおりやってもらうのは大変なのである。で、見ていると、私が一人で作るよりも倍くらいの時間をかけて、しかも質がよくない。結局二人がかりで時間が倍なのだから、私の4倍の手間ではないかと、そのペルソナ・メンドーサ氏のスキルには大いに落胆した。

このように私の周囲には、ミッション・メンドーサと、ペルソナ・メンドーサが溢れているのだが、この人生の粘度は一体なんだ、ナビエ・ストークスの方程式かとうんざりすること頻りである。

しかしそういう私も、管理職の時代に、女性の部下から、うざいと言われた。すなわち、余計な雑用は押し付けないのだが、あれどうなっているかとか、この仕事やるにはこの本を勉強しなくてはいけないとか、やたらチェックや指導が多いのだそうで、私はペルソナ・メンドーサであるよりもむしろ、ペルソナ・ウザーラなのであった。

ポテンシャル症候群とは私の造語だが、意味は明らかである。すなわち、ある地位に就くとか、ある状況に遭遇する人が、その地位をまっとうするとか、その状況を乗り切るポテンシャルがない場合に、ポテンシャルが足りないことを補償するために、手段を尽くして乗り切ることである。

いい例はなかなか浮かばないが、例えば、本当は数学が苦手なのに、ポストが空いていたとか、学部長の引きがあったなどの理由で、数学科の教授になった人がいるとする。すると、この教授のとる行動はかなり読める。以下のとおりである。

  1. 論文は書かない。論文を書くと一発で無能がばれる。書かない理由はいくらでもつく。
  2. 教養レベルの線形代数など、高校に毛が生えた程度の授業を熱心に担当する。話すことは毎年決まっているので、結構立て板に水である。知らない人は素晴らしい講義だと褒めたりする。しかし、質問すると簡単なことも答えられなかったりする。まあたまたまだろうと、聞くほうも気にしない。
  3. 側近をイエスマンと、無能な人達で固める。そして、固定のサロンにして、優秀な人を仲間に入れない。大学院生がくると、指導は、側近の中の比較的優秀な人に担当させる。決しては自分では担当せず、それでいて、側近たちに、あの人は神様のように数学ができるのだという神話をつくらせる。リーマン予想を解くまであと一歩とかである。どうせ誰も解けないので、ばれるおそれはない。
  4. 学内政治にいそしみ、その労力を惜しまないので、学内での政治的地位は高かったりする。また、学会での地位を築くことに時間を費やす。
  5. その政治力を使って側近に、他大学などのポストを与える。よって、学内で人気があったりする。
  6. 発言から、ある程度優秀な学生には、能力に疑問をもたれるが、学生もまさか無能な教授がいるとは思わないので、追求しない。
  7. 奇特な大学院生などが能力を見破ると、まず地位で懐柔しようとする。それに乗らないと、もてる政治力を駆使して学会から追い出す。二度と大学での教職にはありつけないので、予備校の数学の講師になるしかない。
  8. 数学の本を書くことを依頼されても自分では絶対書かず、弟子に書かせてそれを校閲するという立場をとる。校閲した結果の方が正しくない場合もあるが、腹心の弟子は心得たもので、抗わない。
  9. 自分の(業績でなく)地位に鑑みて、教授室の窓から外を眺めながら、ああ成功した人生だと感慨に耽る。
  10. 家庭では、妻や子供に、尊敬することを求める。よくしたもので、そういう単純な権威主義の妻と結婚する。子供に数学の問題を聞かれても、自分の立場では教えられないと言い訳して逃げる。そして家庭教師を雇う。

ポテンシャル症候群に似ているが少し違うものに、リソース症候群がある。ポテンシャル症候群とリソース症候群は、併発することがある。リソース症候群の一番の問題は、リソースが足らないのに、あたかもリソースが潤沢のようにふるまう、ということがありえる。いくつか例を挙げる。

  1. 収入が少なく、窮乏しているのに、借金してまで他人をもてなす。すると、あの人はできた人だと勘違いする人もいるが、家族は火の車である。
  2. これもよくあるが、窮乏しているので、ギャンブルで一発当てて挽回しようとして失敗し、一層苦境に陥る。
  3. 過去の信頼や、強持てしていることを利用して、借金を重ねる。いずれはデフォールトに陥りそうなものであるが、不思議に廻っている。廻り続けるはずはないのだが。そういう大国もあるらしい、よく知らないが。
  4. 逆に、リソースが足らないことを理由に一切将来に向けて投資をせず、ジリ貧に陥る。

社会はとても緩やかに結合されているので、ポテンシャル症候群もリソース症候群も、身近の分かる人にしか見極められない。だから、ポテンシャル不足やリソース不足で窮乏を呈する人たちが少なくないのだが、そのような人たちに対する十分な配慮を社会は欠いている。別の言い方をすると、ポテンシャル不足やリソース不足の人たちが跳梁するのを許している。社会よ、彼らをして正しくフェイルせしめよ、である。それは市場原理と呼んでいいのだろう。そしてセーフティネットであるが、今の社会にそんな余裕はあるのだろうか。

読売新聞によると、京都大のグループが、iPS細胞から精子を作ることに成功したという。

様々な細胞に変化できるマウスのiPS細胞(新型万能細胞)から精子を作り、健常なマウスを誕生させることに、京都大の斎藤通紀(みちのり)教授らの研究グループが成功した。

iPS細胞から受精可能な生殖細胞ができるのは初めて。もう一つの万能細胞であるES細胞(胚性幹細胞)でも成功しており、不妊症の原因解明や治療法開発への応用が期待される。5日の米科学誌セル電子版で発表する。

斎藤教授らは、雄のマウスのiPS細胞を特殊な条件で培養し、将来は全身に育つ「胚体外胚葉」という細胞を作製。体内で精子が作られる時に働くたんぱく質を加えたところ、精子や卵子の元になる「始原生殖細胞」が大量にできた。

この細胞の塊を、精子を作れないマウスの精巣に移植すると、8~10週間で成熟した精子ができた。通常の卵子と体外受精させ、代理母のマウスに移植したところ、3~4割で子供が生まれた。ES細胞の精子から生まれたマウスでは、成長後に通常のマウスと交配させると、孫にあたるマウスも生まれた。iPS細胞でも同様の結果が得られるとみている。

この記事に対する素朴な疑問を記述してみる。

  1. まず、がん化の危険性が少ないiPS細胞に述べたように、普通の細胞をiPS細胞に変化させる方法は最早様々ある。どの方法でiPS細胞に変化させたのだろうか。
  2. 作製された「始原生殖細胞」は、精巣に入れたから精子になったが、卵巣に入れると卵子になるのか。
  3. その際、雄のマウスから出発したことは本質的か。それとも、iPS細胞に変化させた時点で性はリセットされるので、雌雄どちらのマウスから出発しても同じか。
  4. iPS細胞には常に癌化がついてまわるが、iPS細胞から作られた精子で受精させた個体に、癌になりやすいなどの障害はないのか。
  5. 人間の不妊治療にも使えるか。男性由来の不妊だけでなく女性由来の不妊にも使えるか。
  6. その際、もしかして、オリジナルの男性以外の別の男性の精巣を使う必要があることもあるのか。
  7. その際、倫理的問題はないのか。

以上、素朴な疑問を書き連ねたので、追々調べてみることにする。

普段、囲碁や将棋に親しんでいて感じるのは、超一流棋士というのは本当に得がたいということである。すなわち、将棋でいえば羽生や渡辺明、囲碁でいえば張栩や井山などである。

ところが国際的比較ということでみると、どうしても将棋でなく囲碁なのだが、囲碁において張栩や井山といえども、中国や韓国の一流棋士になかなか勝てない。総合的にみて、中国や韓国の一流棋士の方が少し上だというのが相場であろう。

ただ、ふと思ったのはどうして中国や韓国は、囲碁では日本に容易にキャッチアップし、さらには追い抜いたのに、科学技術分野ではそうではないのだろうという疑問である。

それは囲碁が、科学技術ほどの才能を要さないのだろうと思われるかもしれないが、天才囲碁棋士というのは天才物理学者と比較しても、決して見出すのが容易とはいえない。また物理学の勉強が囲碁のそれよりも難しいとは必ずしも思えない。

するともしかして、私の造語だが、培土の理論ということになるのかもしれない。すなわち、囲碁や将棋や科学技術の天才を草木の種と考えてみる。すると、天才に値するような種の稀少さで、囲碁や将棋は科学技術に劣るわけではないが、その種を培土に植えたときの生育という意味では、どうも囲碁や将棋の種は、科学技術の種よりも少ない栄養の土地でも育つようである。すなわち、若干の優れた指導者がいればいい。例えば韓国は、イチャンホの師匠の曺薫鉉が今の韓国囲碁界の立役者であるといってよい。

ところが自然科学となると、より社会インフラに依存するらしい。すなわち、天才科学者の素質がある人材がいるだけでは駄目で、伝統と、できれば自由にものごとを考えられる気風が望ましい。旧ソ連は決して自由にものごとを考えられる場所ではなかったかもしれないが、帝政ロシア時代からの文化の伝統があった。それでランダウなど多数の優れた科学者を輩出した。日本が優れた数学者を多数輩出しているのは、おそらく和算の伝統が効いているだろう。培土の理論でいくと、培土にさまざなな栄養分が必要なのである。

そういう自然科学よりもさらに育成が難しいのは、工業生産である。すなわち、囲碁、将棋、自然科学などはもしかしたら質点の力学かもしれないが、自動車などの生産、巨大ダムの建造となると、最早多体問題で、インフラの整備がさらに困難である。

工業生産よりさらに困難なのは、オペレーティング・リサーチ的な管理で、ものつくり敗戦で述べたように、日本は未だシステム的思考が苦手である。例えば、資源の最適配置などのである。よって折角優れた科学技術製品があっても、十分に活用できない。

ところがシステム的思考よりさらに困難なのが戦略的思考である。すなわち、謀略を巡らして世界の覇権を奪取するその巧みさ、力強さで、日本は欧米諸国に到底及ばない。

ただ、この書き方は誤解を招くのであって、決してこれらは階層的ではない。すなわち、戦略的思考ができれば、システム的思考、工業生産以下すべてOKという訳では決してないのであって、例えば戦略的思考に優れる米国は、工業生産のノウハウで日本に及ばないであろう。だから言いたいのは単に、そのスキルを身につけることの困難性である。囲碁・将棋・チェスなら、その分野の天才を見出して育成すればなんとかなる。しかし、科学技術、工業生産、システム的思考、戦略的思考はその順に難しくて一朝一夕に育成はなりませぬぞ、という命題なのであった。

機械翻訳

user-pic
0

J-CASTニュースによると、出版された本の翻訳の質があまりにも悪く、機械翻訳を使ったのではと噂されているという。以下、引用:

2011年6月に発売された、物理学者、アインシュタインの伝記本の翻訳が「あまりにもひどい」と指摘され、回収までされる騒ぎになった。文章が理解不能な部分もあり、ネットの機械翻訳を使ったのではないかという疑惑も出て、ネット上で大きな話題となっている。

「アインシュタイン その生涯と宇宙」(ウォルター・アイザックソン著)という本で、出版社は翻訳本を数多く出している武田ランダムハウスジャパン。

例えば、下記のような文章がある。

レビュー4つ中3つが最低の5点中1点。「翻訳が凄ことになっている」といい、「数数千が、訪問代表団と会合するためにユニオン列車車庫に群がった、そして、パレードは200台の酔っぱらっていて旗の包茎の車を含んでいた」という文章まであるのだという。日本語として理解不能だ。

しかし、「包茎」とは・・・。

また、下記のような例もある。

下巻には、「ボルンの妻ヘートヴィヒに最大限にしてください」という文があるが、これは物理学者Max Born(マックス・ボルン)の「Max」を動詞として誤って訳していると指摘。「プランクはいすにいた」という文についても、「原文を読むと、プランクは議長を務めたということだと思います。これらは明らかに、人間の訳したものではなく、機械翻訳です」としている。

これは、大学の教養のドイツ語の授業で、いきなり翻訳させられた学生ならこういうのもあるかもしれないが、普通は人間が訳したものとは到底思えず、機械翻訳と考えるよりない。

しかし、仮にもプロの翻訳者が機械翻訳を下訳に使うだろうか。私が管理職の時代に、勤務する部門でこんなことがあった。すなわち、ある翻訳業者が、外国人の上司に対して、機械翻訳を駆使して安く翻訳できると売り込みをかけた。するとその上司は、日英または英日の翻訳も、独英や英独のような欧米語の翻訳と同様だと思ったのだろう、当時、外部翻訳事務所の管理担当だった私に前向きに検討するように指示した。たしかに、欧米語間の機械翻訳はかなりのレベルに達しているようである。しかし、日英または英日の翻訳については私は、その分野の専門家に話を聞いたり文献を読んだりして、ある程度知識はある。そこでその前提に基づき、機械翻訳をベースとする業者は使えないと上司に回答した。

すると、上司はその応答が気に入らなかったようで私に無断でイエスマンの別の担当者に検討させて、外部翻訳事務所の管理担当の私をバイパスしてトライアルが始まったので、憤慨した。

で、実際に翻訳が上がってみると、あれっ、と思った。意外に自然な翻訳なのである。そこで担当者が来たとき、なんとこんな自然な文章の機械翻訳はみたことがないです、どんなシステムなのですか、と聞いたらちょっと困惑しつつ、いえ、大枠を機械翻訳にしてあとは人間が編集するのです、というので、そのときは納得した。

さてトライアルで合格して本契約する段になると、流石に、外部翻訳事務所の管理責任者である私はスキップできない。そこで契約の場で私は、こう切り出した。機械翻訳で大層手間が省けているなら、他の事務所より安い値段でやってくれませんか、そうしたら、この品質ならもっと出していいですよ、言ったら、困ったように安い値段で渋々受けてくれた。

ところが受けてくれる件数が依然としてとても少ない。そこであるとき、担当者に、なぜもっと受けてくれないのかと尋ねたら、担当者は思い余ったのか、困ったようにこう切り出した。実は機械翻訳を使っているというのは正しくないのです。仕事をもらいたいのでそう言ったのです。本当は人間が翻訳しています。使っているのは機械翻訳ではなく、単語引きのような翻訳支援システムです。でも、今の値段では本当は苦しい。だから多く受けれないのです。

それを聞いて私はあまり意外な気持ちがしなかった。むしろ、さもありなんと納得した。そんなとっかかりなので、その後も仕事は少し出したが、結局、その会社と翻訳の付き合いは途絶えてしまった。まるで日本昔話であるが、下手に嘘をいって仕事をもらってもうまくいかないのである。

また私は、この件で、機械翻訳に対する不信感を一層強くした。あれから10年以上経つが、「数数千が、訪問代表団と会合するためにユニオン列車車庫に群がった、そして、パレードは200台の酔っぱらっていて旗の包茎の車を含んでいた」という翻訳をしているようでは、機械翻訳の技術的進歩はほとんどないに違いない。

絶倫男

user-pic
0

結婚して安アパートに住んでいたとき、たまたま知り合いになった夫婦がいて、ご主人が一風変わった人だと思って話を聞くと、ヨガの先生なのだという。その縁でちょっとヨガを教わったことがある。そのとき言われたのは、あなたはチャクラが眉間に偏っているので、丹田に下ろした方がいいというアドバイスである。すなわち、チャクラのバランスが悪いので、どうしても頭を使うことに偏って現実生活ではパワーがでないということである。

それで、チャクラを丹田に下ろす体操や呼吸法などやってみたこともあるのだが、面倒になって止めてしまった。結局、おそらく私のチャクラは眉間に偏ったままである。

最近友人から、ある絶倫男のことを聞いて、おそらく絶倫男というのは、チャクラが丹田や下腹部に偏っているのだろうと、昔のことを思い出した次第である。すなわち、推測だが、チャクラが下腹部に偏っていると、そこから発する気で女性が悩殺されるらしい。その絶倫男のそぼを通りかかるだけで女性は変な気持ちになって、ちょっと声をかけられたらすぐに落ちるらしい。その絶倫男は千人斬りと自慢しているらしいが、あながち誇張でもないようである。

昔から英雄色を好むとあるので、英雄はほぼ間違いなく、下腹部に多量のチャクラを溜め込んで強烈な気を発しているのだろう。

さて私に戻って、私は自分の眉間にチャクラの存在を感じることができる。例えば、真っ暗な夜でも、眼を閉じると、眉間の辺りに光るものを感じて、これがチャクラかと実感することがある。それほどのチャクラなら、よほどの知的成果を出しているはずなのであるが、私を知る人なら分かるように、ほとんどまともな知的実績はない。それはどういうことかというと明らかで、チャクラの絶対量が少ないのである。それを実感したのは大学で物理を勉強していたときである。物理を勉強することの重要な修行に、方程式を延々と解いていくことがある。それは知的作業であると同時に、ほとんど力技でうんざりするが、そこをなんとか克服してようやく、物理学の研究者のスタートラインに立てる。

ところが私は複雑な方程式の式変形を行う忍耐力が欠けていることを実感してしまった。眉間にいくらチャクラを集めてもその量は知れているようなのである。すると、体内のチャクラは、その分布だけでなく、絶対量にも個人差があり、チャクラの絶対量が十分あれば、知的にも体力的にも性的にも頑張れるということになる。それはまるで国家予算であって、予算配分よりも先ず予算額の絶対量がないと自分を繁栄させることができない。

ところで絶倫男に戻って、その女性版はなんと呼ぶのだろうか。絶倫女という言い方しはないが淫乱女というのはニュアンスが違う。ともかくクレオパトラのように男性を魅了して止まない女性というのは確かにいるのであり、女性に対する感度が実に弱い私でさえ、街を歩いていてつい引き込まれそうになったことがある。あの女性が妙な新興宗教の勧誘員やインチキ商品の販売員だったら私はアウトだった。

そういう女性が男性を引き寄せる仕組みもやはり下腹部のチャクラなのだろうか。しかし女性の場合、胸部にも臀部にもそれを感じることがある。しかも、男性のチャクラと引き合うということは、素粒子の電荷のように吸引力をもたらす正反対の性質をもつのだろうか。それとも核力のように、中間子のような未知の粒子または気が媒介するのだろうか。

そして私は前にも書いたように美人好きであるが、そうやって女性のチャクラに吸引されるとき、意外にも容姿はあまり関係ない。というか、相手のチャクラの場に入った瞬間、容姿を判定するルーチンが完全に利かなくなっている。言い換えると、イケメンだの美人だのというのは所詮、電磁力のような遠達力であり、グルーオンとしてチャクラの近接場ではあまり意味がないようなのである。だから、クレオパトラがあまり美人でなかったとしても意外ではない。

あと、チャクラの絶対量はどうやってきまるのか、修行により増やせるのか、などいろいろ考察したいことはあるのだが、知識が足らないので、勉強してみることにする。あ、別に絶倫男になりたいという意図ではないので、誤解なきよう。

負の仕事

user-pic
0

自分でもなんとナイーブかと思うのだが、比較的最近まで仕事というのは非負の変数からなっていると思っていた。すなわち、一番駄目な人は何もしないので貢献ゼロで少しずつましになっていくに従って、変数の値が次第に増えていくというものである。よって、成果主義の下でリストラの対象になるとしたら、貢献が限りなくゼロに近い人たちである、というものである。

しかし定年間際になってようやく、負の仕事というものがあるのを知った。なんという晩生なんだろう。そのことをもって私の能力を疑ってもらっても構わない。しかし、ちょっと歴史をひもとけば、無数の負の仕事を見出すことができる。例えば第二次大戦のインバール作戦である。それがなぜ負の仕事なのか説明の要もないだろう。すなわち膨大な兵力が却って、なにもしない方がずっとましの大変な負の結果というか損害をもたらした。毛沢東の大躍進もそうである。それは大躍進どころか大破壊であった。

すなわち負の仕事は、組織を駄目にするために実質的な労力が費やされる仕事である。あんなことをするならまだしても寝ていてくれよな、といいたい雰囲気といえようか。それでは負の仕事にはどのようなものがあるのだろうか。枚挙できないにしても、いくつか例示してみる。

  1. 同僚の成功を否定するために無理やりその欠陥を探し、あるいは理由付けを考える。さらには上位マネジメントに告げ口する。これは、告げ口する人が、上位マネジメントにある程度信頼されているとき有効である。
  2. 上司に評価され、あるいは社内で評判を得るためだけに努力する。これは女性でいえばお化粧である。すなわち、女性が身だしなみとして化粧に時間を費やすことが必要であるように、上司の評価や社内にある程度配慮することは必要であろう。しかし、一日中化粧をしていたら異常であるが、それと同じことをしている人がいる。が、これは、負の程度はあまり大きくない。
  3. 管理職が、駄目な部下を、労力をかけてわざわざ庇う。そのための労力ほど無駄というか、負の程度が大きいことは他になかなかない。
  4. 管理職が、自分で本来やるべきことを部下に任せて、さらにその成果に文句つけるようなことをする。余程能力に自信がなく、且つ責任をとりたくないのだろうが、この負の程度も小さくない。部下の時間とモラールを削減してしまうのも問題である。
  5. 管理職が、ほとんど自分の趣味のような意味のない仕事に部下の労力を費やす。これもまた、部下の時間とモラールを削減してしまう。しかもその結果は、会社になんの益ももたらさない。
  6. 管理職が、一人でやればいい仕事をわざわざ複数人に分担してやらせる。どういう意図なのか分からないが、その方が早く合理的に仕事が完了すると思っているのだろうか。しかし、やり方を統一しなくてきならないし、通信コストも生じる。それでも全体の効率は上がると見極める必要がある。
  7. わざわざリソースをかけて、貴重なリソースや資産を削減する。それはまさに、インバールであり、ガダルカナルである。

負の仕事は、なぜか将棋よりも囲碁の例がしっくりくる。すなわち、死んでいる石なのにわざわざ無駄に手を入れて相手に呆れされる、手勝ちなのに自分でダメを詰めてわざわざ手負けになる、タネ石でもないのに何手もかけて取りに行く。本来は地を囲うところなのにわざわざ手数をかけて相手を呼び込んて地がガラガラになる。全く読みも入れず、プロの真似をしてカッコいい手筋を使ったつもりで潰れる、など、あまりにヘボ碁に似ているのである。囲碁でいうとせいぜいアマ5級ではないだろうか。

どんな将棋チームでも囲碁チームでも、アマ5級では到底レギュラーになれない。しかし会社や軍隊ではその程度の管理スキルでもまかりまちがえて、管理職や司令官に登用されたり、キーの仕事をアサインされたりする。一旦なんなんだろうか。

普及性

user-pic
0

何の新しい知見でもないことを、自分のメモとして書いておく。例えば、米国出張にいったとき、私が日本人として英語を話すのはとても大変なんだというと、英米人は、一瞬意外な顔をした。自分たちが母語として普通に話している英語を外国語として使うことに異常な努力を要するという発想がないようなのである。

そういう反応をみてこちらも意外だったが、ある英国人がこうカバーしてくれた。そういえば、自分はフランス語を勉強しているがとても聞き取りが難しい、と。そこで意外の連続というか、イギリスとフランスは狭い海峡を隔てて隣接した国であり、どちらも現代印欧語で語彙もかなりかぶっているではないか、簡単に聞き取れたりしないのか、とまたしても意外だった。しかし考えてみれば、言語構造や語彙がかなり似ている日本語と韓国語でそんなにコンパチビリティがあるかと自問してみると、韓国語をしばらく齧った私としては、韓国語が英語に較べても簡単とは到底いえないのである。だから外国語というのは誰にとってもなかなか難物なのだと改めて感じた。

そうやって英語を必死で勉強してきて、また独仏露韓と、いくつかの外国語を齧ってきた私としては、英米人を観察していると、全般的に実に外国語に疎いことに気がついた。すなわち、聞いてみると、フランス語やスペイン語を勉強したという人は多少いるが、大学で単位をとった程度で、私の英語にすら全く及ばない程度だったりする。ときどきスペイン語も普通に話せるよ、という人がいて、聞いてみるとメキシコからの移民だったりする。確かに南米系の濃い顔である。

日本では大学入試で英語が必修であることもあって、そこそこの教養がある人は少なくとも英語が読めて、会話もできる人が少なくない。ところが米国では、エグゼクティグでも英語以外に読めたり書けたりする、という人は稀である。日本にしばらくいたので漢字が読めるという変わり者もときどきいるが。

こうしてかなり断言できるのは、英米人ほど外国語が苦手な人達はいないということである。理由は簡単で、外国語を敢えて覚えなくてもどの国に行っても向こうから英語でしゃべってくれる。例えば日本人で、英語を含め一切外国語ができない人がいたとしたらどんな深い学殖があってもまず尊敬されない。しかし、英米では、英語以外の外国語は知らない教養人というのが存在しえる。実に意外であり、それは情けなくないのかという思いは断ち切れない。子供の頃から英語や欧米文化を押し付けられてきたことのルサンチマンなのだろうか。

ただこれも、普及性という概念によるのである。そこでその命題を纏めてみよう。

  1. 英語のように、ある分野で一番多くの人に使われているものを、普及性が高いという。
  2. 普及性が高いものは、ありきたりなので価値が低そうなのであるが、意外にも序列が高かったりする。例えば、東京外国語大学で一番偏差値が高いのは、英語学科だという。私の感覚では、折角東京外国語大学に行くなら、アラビア語やスワヒリ語のように、なかなか普段学びにくい言語を学ぶべきで、今更英語をメインにやってどうする、屋上屋ではないか、と思うのだが、やはり英語学科が一番就職がいいのだろうか。
  3. 普及性が高いものに就くと、見下すわけではないが、どうしても、より普及性が低いものを学ぶインセンティブが減る。典型的には英米人がほとんど外国語を勉強しない、などである。それは私からみて文化的に貧困なのではと思うのだが、世間は必ずしもそうみない。別の例で、将棋のプロ棋士の囲碁と、囲碁のプロ棋士の将棋がある。どちらが強いかというと文句なく将棋のプロ棋士の囲碁が、囲碁のプロ棋士の将棋の方よりも圧倒的に強い。これはいかなる意味でも将棋のプロ棋士の方が囲碁のプロ棋士よりも頭がいいのではない。単に囲碁の普及性の方が将棋より高いので、囲碁のプロ棋士が将棋を学ぶインセンティブが低いだけの話である。
  4. 普及性が高いものに就く方が人生成功しやすい。活躍する場を見出しやすいからである。グローバル・スタンダードが肯定される根拠もこれである。
  5. しかし、普及性が高いものに就く流れに掉ささないと、文化的な窮乏が生じる。グローバル・スタンダードに就くと英米文化一色になってしまう。英語以外のローカル言語、ローカル文化が疎かになってしまう。

だから文化の熱的死を避けるために、多様性を重んじ、ローカル言語を重視し、多様な人々と付き合わなくてはならないのである。

たまたま入った古書店で、「アンノンマン(超人類)」、ヤトリ著、青木日出夫訳、KKベストセラーズという本が目に付いた。この手の本はよく目にするし、1989年刊となんと、20年以上前の本である。普通はまず買わないのだが、なぜかどうしても気になったので買ってざっと目を通した。

そこで、この本に従い、アンノンマンの特徴を記述してみる。まず、この本によると、新しい人類の変化は、腺、脳髄、脳天、心臓に起きるという。新しい腺は胸腺と膵臓の近くに発達し、大気中の毒性物質を濾過する役割を果たすという。

またアンノンマンは、背が高くほっそりしていて、肌や目の色が茶色または褐色で、紫外線やその他の放射線に強いのだという。

その他のアンノンマンの特徴を列挙してみる。

  1. グループとして分断されておらず、主義主張で対立することはない。
  2. 右脳と左脳のバランスがとれている。
  3. 意識的で精神主義的である。
  4. 神秘主義で全体論的な理解で科学を捉える。
  5. 国家をもたない。
  6. 宗教も聖職者ももたず、直接神と対話する。
  7. 家族的というよりも共同社会的である。
  8. 個人的規範で行動する。
  9. 平等だが個性を重視する。
  10. エゴがないので戦争もない。
  11. 言語は流動的な動詞が中心。
  12. 千里眼、予知、予感、念力、テレポーテーションなどの超能力をもつ。

少なくとも私の周囲には、アンノンマンらしき人物はいない。進化形の超人類がこのような性質をもつというのは理想というか願望であるが、逆に思い起こすのは進化の遅れた魚であるシーラカンスである。すなわち、シーラカンスは深海でひっそり生きているが非常に死亡率が低く、寿命が100年以上、経年変化がほとんどない。すなわち、外見上ほとんど歳をとらない。これはこれで生物の理想系なのではないだろうか。また、古細菌の性質にも鑑みると、生物は進化によって一層我侭に且つ脆弱になりつつあるように思われる。

もしアンノンマンが上述のような性質をもつなら、アンノンマンは、シーラカンスから今の人類に至る進化とは別の態様の進化に従い生まれてくることになる。もし普通の人間の夫婦の子供として生まれてくるなら、微妙な違和感をもって迎えられるだろう。

ところで、「アンノンマン(超人類)」の本の末尾には次のような記述がある。

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスが出会ったとき、いったいなにが起こったのか知るべくもないが、ただ明らかなのは、それから三万年後には古いほうが消滅していたことである。
その三万年のあいだに、この二つの人類が交流し、混血していたと考えられるような証拠はいっさいなく、ネアンデルタール人はほとんど謎のまま消滅した。

現人類は、アンノンマンでないにしても、未知の超人類に、未知の仕組みで置き換えられてしまうのだろうか。しかし、このままでいくと、置き換えられる前に自ら自滅するのではあるまいか。

東京に出てサラリーマンをするようになったとき、司法試験受験準備のため東京に出てきた大学の後輩とときどき会って話したことに次のことがあった。すなわち、新聞を見ていてどこかの社長が法学部出身だったので、私が、技術系の会社なのにどうして社長が法学部なんだろうね、とつぶやくと、それは仕方ない、と後輩は当然のような顔をして言う。それで別に当然ではない、技術系出身の社長の方がふさわしい場合もあると私が反論してもどうしても後輩は同意しなかった。その理由をあえて後輩は説明しなかったが、言いたいことは、法学部は組織のルールを策定したり解釈したりすることが得意なので、全体を判断する社長に相応しいのだ、ということなのかもしれない。それは明治時代から続く、官僚=法学部の発想を継承している。

しかし、次のような日経ビジネスの記事はどうか。

費用がかかるのを嫌って設備の刷新を怠る。東日本大震災の影響で老朽化が進んだ設備にトラブルが発生する。非常事態への準備が足りず緊急対応が後手に回る。経営陣が大胆な決断を下せず、そのためにトラブルの影響がどんどん広がる。経営トップが責任を取り辞任する。一連の対応が元で、顧客や世間からの信頼を失う――。

福島第1原子力発電所の事故における東京電力の対応をまとめると、このように表現できるだろう。実は東日本大震災の直後、これとよく似たことが起こった。みずほ銀行のシステム障害である。被害の程度は原発事故ほどではないものの、みずほ銀行のシステム障害には福島原発事故との共通点が多い。

みずほ銀行は、費用がかかるのを嫌い20年以上にわたって「勘定系システム」の刷新を怠った。勘定系システムとは、預金、融資、為替といった業務を処理する、大型コンピューターを使った中核システムのことである。

東日本大震災の3日後、義援金の振り込みが集中したことをきっかけに、老朽化した勘定系システムの「弱点」が表面化、振り込み処理の遅延やATM(現金自動預け払い機)の全面停止を招いた。経営陣は「店舗の休業」や「ATMサービスの休止」など、障害の復旧に必要な措置を決断することができず、ゆえにシステム障害の影響が拡大。10日間にわたって混乱が続いた。

みずほ銀行のトラブルは、東日本大震災の義援金用に開設された口座に振り込みが殺到し、振込件数が、勘定系システムに設定されていた上限値をオーバーしたせいなのであった。しかし、次のような根本的な問題点がみずほ銀行にあった。

午後10時7分、この一括処理が異常終了した。振込件数が、勘定系システムに設定されていた上限値をオーバーしたのである。本来であれば、一括処理を実行する前に、振り込み件数が上限値を超えていないか、チェックする仕組みを設けるべきである。ところが、みずほ銀行は、この仕組みを設けていなかった。

この勘定系システムは極めて古いもので、振込みの上限値を知る者さえほとんどいなくなっていた。

15日午前5時、萩原常務は午前9時の店舗開店までにオンライン処理を始めるよう、システム担当者に指示した。この指示は「一括処理よりもオンライン処理を優先せよ」という意味である。「一括処理の復旧にとらわれるあまり、システム障害の影響が広がってしまうことだけは避けなければならない」。萩原常務は、こう考えたのであろう。これは正しい判断である。ところが、皮肉にもその判断がシステム障害の影響範囲を広げることになった。

このように、判断を下す責任者が技術やシステムに詳しくないので、なかなか妥当な判断ができないのである。

さらにトラブルは続く。

ATM障害は33分で収まったが、これはその後の大規模障害の予兆でもあった。というのも、通常であれば準備処理を失念することはあり得ない。準備処理は、「自動運行システム」が、毎日自動的に実行しているからだ。自動運行システムは、毎日の運用ルールに沿って、決まった時刻に決まった処理の実行命令 ――朝8時にオンライン処理を始める、午後6時から夜間の一括処理を始める--を情報システムに自動的に投入する役割を担う。

この自動運行システムが15日の朝から使えなくなっていた。一括処理の異常終了によって、通常時とは異なる緊急の手順でシステムを運用する必要が生じたからだ。システム担当者が実行命令を手作業で入力することになった。手作業で行う以上、システム担当者が細心の注意を払ったとしても、一定の確率でミスは起こる。

つまり、情報システムはたいへん危険な状態にさらされていたわけだ。ここでミスが重なると大規模なシステム障害を招いてしまう。みずほ銀行がこのリスクを認識していれば、自動運行システムが使えなくなった時点で、大規模なシステム障害を避けるための手を打てたはずだ。

引用はこのあたりで止めておくが、問題を要約すると、次のとおりである。

  1. 経営陣がシステムに関心がない。知識も理解もない。単に現場に任せているだけである。
  2. システム担当者が経営陣にきちんと報告するルートがない。そもそも経営陣が、そんな技術の瑣末なこと(本当はそうではないのだが)に関心をもたない。
  3. 経営陣は、システムがとりあえず動いているなら余計な投資やシステム刷新なんて考えない。
  4. ポテンシャルなリスクが報告されても、経営陣は、そんないつ起きるかもしれないものに余計なリソースをかける気にならない。
  5. 経営陣は、システム障害が起きても陣頭指揮をとらない。単に現場担当者の奮起を期待するだけである。典型的には、硫黄島の栗林中将に対する大本営の対応のようなものか。頑張れと打電するだけで、一機の飛行機も増援しない。

この構図は、福島第一原発にも継承されているといえる。すなわち、東電首脳部も、経済産業省も、原子力保安員も、前例主義でリスクを軽視してきた。しかも文系的発想で、組織内の根回しや予算のことしか関心がない。原子力保安員だから原子力に詳しいかと思ったら間違いで、大学こそ理系かもしれないが、原子力に詳しい者は少ないという。例えば、機械工学あたりの出身で、原子力工学は座学だとしたら、素人に毛が生えた程度、ということになる。

真に技術に詳しい担当者に権限を与える仕組みは難しいが、なんとしてもスキルクラシーのようなことにしないと、ハイテク社会を乗り切るのは難しいだろう。

王位戦第3局で、羽生がやっと広瀬に勝ち、これで王位戦は、羽生からみて1勝2敗となった。羽生ファンとしては一息である。実は羽生は、名人位を森内に奪回された後は怒りの鉄拳で棋聖戦で深浦を3タテで破ったものの、竜王戦トーナメントの1回戦で一見必勝と思われた橋本崇載との相振、終盤の緩みで一気に追い抜かれてしまった。これで今期の竜王戦挑戦はなしである。

それでがっかりきたか、広瀬との王位戦第1局で、これも相振であったが、広瀬の見事な指し回しの前に、羽生は完敗であった。広瀬は穴熊を温存できたのが大きかった。王位戦第2局はなんと、角換相居飛車、広瀬はまたも穴熊を温存である。これは甲子園の高校野球でいえば、エースでなく二番手ピッチャーだけで2回とも完投したということで、広瀬は余裕である。

ううん三連敗とは流石に羽生も落胆は大きいと思っていたら、次の羽生の対局は、7月30日のA級順位戦の三浦であった。三浦は去年の名人戦で破った相手だったが、羽生にとってラッキーなのは、三浦は圧倒的に分がいい相手なのであった。私の経験でもスランプのとき相性のいい相手と当たると調子を戻したことがよくあった。A級順位戦の三浦戦は、三浦後手で横歩取り、三浦に意表の27歩という奇手が出たが、これが案外によくなかったようで、羽生が難解な終盤戦を制した。

そこで王位戦第3局である。後手番の広瀬は、穴熊の裏芸ともいえるごきげん中飛車。対して羽生は、流行の超早46銀であるが、なんと週間将棋で豊島が解説している超最新の46銀、44銀の対抗形となった。豊島によると、このかたちは、後手が穴熊にするのは若干無理で、美濃囲いが妥当なのだという。というのは、穴熊にすると先手86角があるので、左金の動きが制約されてしまう。一方先手は、そういう制約がないので、思う存分固められる。しかし流石穴熊王子、その定説に挑んで敢えて薄い穴熊にした。

その構想がやはりよくなく、形勢は一貫して少しずつ羽生がよかったようである。優勢の羽生は、あえてきわどくなる手順に踏み込んで、きっちり一手勝ちにした。当然とはいえ、流石であった。ここから羽生の巻き返しが期待できる。

しかし、ヒタヒタと迫ってくる足音が聞こえる。王座挑戦の渡辺である。挑戦する渡辺のコメントには、こころなしか余裕が感じられる。

さてここで、改めて年齢をみてみよう。

  • 羽生・・・40歳
  • 広瀬・・・24歳
  • 渡辺・・・27歳

何が言いたいかというと、羽生が七冠制覇したのが26歳の頃。今の広瀬と渡辺の間の年齢である。そしてもう一つ。谷川浩司がタイトルを失い、その後二度とタイトルを取れなくなって今に至った開始点の年齢が42歳。そのタイトルの終着駅の年齢に、羽生がじりっじりっと近づきつつある。

こうして、結局広瀬がこのまま王位を防衛して、渡辺が王座を奪回しても何も意外ではない、ということになる。

それでも羽生は40歳の今に至っても、生涯勝率7割3分を誇る。渡辺も広瀬も、羽生よりずっと短い棋歴なのに勝率は6割5分程度である。すると、総合力で渡辺も広瀬も、羽生には及ばない、ということになる。自明か。それでも、渡辺も広瀬もタイトルホルダーとして光っているのは、羽生よりも少し乏しいかもしれない棋才に、選択と集中を働かせた。羽生が東芝や日立のような、原発までカバーする総合メーカだとすると、渡辺や広瀬は、キヤノンやシャープのような異彩ある得意分野で光っている専業メーカである。。その得意分野を中心として網を張って闘うと、いくら総合力では勝る羽生といえども、部分の戦いでリソース負けしてしまう。羽生が最近久保に負けているのもそのせいである。

全方位戦略は、羽生が若い頃はそれでよかった。ところが年齢とともにバックグラウンド・レベルが下がってくると、得意分野がない羽生は、戦法に苦慮する。今期の名人戦も、羽生は後手番の戦法に苦心惨憺していた。後手番の急所で毎回横歩取りを駆使していたのは、必ずしも本位ではなかろう。しかし、例えば、一手損角換という有力戦法の調整が、対森内に間に合わなかった。

さて、バックグラウンド・レベルが下がっていく羽生は、谷川のような42歳でないにしても、XX歳のタイトルの終着駅に向かって、ときどき上昇しつつも降下していくのだろうか。もしそうなら、そろそろ「羽生城のララバイ」を歌い始めてもいいことになる。

♪ララバイ、いまいち勝てないときは、ララバイ、あたしを訪ねておいで。♪
♪ララバイ、何にも考えちゃいけない、ララバイ、妙手はもう浮かばないから。♪
♪春は名人戦、秋には竜王戦、そうして私はいつも無冠の解説者。♪

棋友が、羽生が引退するのは、A級を陥落するときだろうと示唆する。それはありえる。しかしそれはいつなんだろう。今谷川がまだA級に残留しているので、羽生は少なくとも50台中ごろまで引退しないだろう。

♪ララバイ、何にも考えちゃいけない♪

文化受容性

user-pic
0

文化受容とは、英語で言うとenculturizationであって、要するに、ある地域や組織におかれたとき、そこでの文化を受容することである。

人間は生まれたとき、その場所の文化を受容する以外のオプションはない。すなわち、その地域の言語を覚え、その地域の習俗に染まる。例えば、日本の広島県に生まれれば、広島方言を話すよりない。

それから成長して学校に入れば学校の規則という文化を受容しなくてはならないし、会社に入れば社是を唱え、社風に馴染み、うちの会社は、云々と酒を飲みながら、会社生活を送る。それも人生であり、いや寧ろ何ほどかの文化受容を続けないと生きていけない。

このように文化受容性は人生で必須であり、それなくしてはいかなる成功もありえないが、文化を受容するがままに任せていいのかどうかに関しては、世間で意見が分かれる。

文化を受容するがままに任せるとは分かりやすくいうと、戦争が始まって軍部が鬼畜米英と唱えると、鬼畜米英と復唱して、自宅にある英語の本も全て捨ててしまう。そしても米英に対して憎悪を燃やし、町内会では模範国民として尊敬される。

また、会社に入ると、完全に会社人間になる。ほとんど会社の人としか付き合わない。それが自動車会社なら、自社の車にしか乗らない。自社のスキャンダルには目をつぶって、一切議論しない。

そういう生き方がなぜまずいか自明でないし、もしかしてまずくないのかもしれない。しかし、文化受容性を高めていくとまずいのは、事態が順調でなくなったときである。すなわち、軍部に踊らされて鬼畜米英を叫んでいたところ突然敗戦になる。さあどうしていいかわからなくなる。

しばらく呆然とした日々の後、文化受容性の高い人は、欧米中心主義、あるいはもう一つの潮流である共産主義のどちらかを選ぶことになる。ギリシャ哲学者の出隆は、戦時中は軍事教練にも積極的に協力していたが、戦後、日本共産党に入党した。君子豹変なのか、単に文化受容性が高いのか分からないが、そのことで毀誉褒貶が多少あるのは確かである。

しかし私は敢えて、社会人になって文化受容性よりも寧ろ自律性にフォーカスを当てる生き方を採ってきた。理由は簡単で、私の個性があまりにその会社に受容されなかったからである。そこで、力学的にいうと、会社の文化を受け入れるポテンシャルよりも、自分の個性を発揮するポテンシャルの方が小さかったので、後者を選んだからである。

ただ一般にいうと、文化を受容するのに要するエネルギよりも、これに抗うのに要するエネルギの方か大きい。典型的には、会社の上位マネジメントの指示に疑問をもっても従うことは、これにきちんと反論してやらない理由を述べていくことよりもはるかに大変である。下手したら会社を追い出される危険性がある。この不況においそれと再就職先はない。

しかし一度自律性を重視する生き方を選ぶと、もうなかなか文化受容性重視の生活には戻れない。なぜなら、外部から来るルールよりもむしろ、内部で生成するルールの方を重視することになるならである。

こうして、さまざまなリスクはあるが、自律性を重視する生き方は、渡部昇一氏が指摘するところによると、次のような傾向をもたらす。

  1. より、民主的になる。すなわち、外部的に提供された肩書きや地位でなく人物本位で付き合う傾向が高まる。
  2. より、創造性が高まる。自分の内部でルールを作っていくので、創造することに一層馴染む。
  3. より、孤独を好む。自律性を重視すると、他人よりもまず自分自身との対話の時間が必要である。人生の決断も、基本的には自分自身との対話で行う。
  4. より、感性が高まる。学を好むは、色を好むなり、もそうなんだろうか。

自律性を重視する生き方はなかなか実利につながらないし、独裁政権や恐怖政治の下ではターゲットになりやすい。しかし、生まれつき軟弱で意志の弱い私は、改めて自律性を重視する生き方を志向するよう自分に言い聞かせるのである。そうしないと、老後、次第に組織からの縛りが減ってくると、迷走するおそれがあるからである。

コンピュータ・プログラムは動作するためにメモリ領域を獲得するが、動作を完了すると、メモリ領域は開放される。ところが獲得と開放を繰り返すと、メモリに使用されない断片化した領域が生じる。そこでメモリの使用済みの領域の解放が行われるが、それはガベージ・コレクションと呼ばれる。

人間の心でもガベージ・コレクションが必要であり、また行われていると実感するのは、私の小学校時代を思い起こしてである。当時、小学校に上がるまで結核病棟にいたことから、馴染みの友達があまりおらず、他の子供と自然に遊べない、また、病気だったせいとは限らないが、どこかぼうっとしたところがある私は、他の子供たちからみて、格好の虐めの対象であった。虐められても先生が注意してくれるわけではなく、仕方なく私は、図書室に逃げて本を眺めるのが日課だった。図書室で本を眺めていると、なぜか私を惹きつける一群の本があった。それは、岩石、鉱物、植物、海岸動物などの図鑑であった。

そういう図鑑を眺めていると時間を忘れて、虐められた惨めな気持ちがおさまるのだが、問題は、自宅に帰って図鑑を眺めることができないことである。学校の図鑑は、禁帯出となっていて借りられない。そこで、母に図鑑を買ってくれるようせがんだら、顔が曇った。当時は、そうやって曇った顔をされるのが嫌だったが、今にして思えば、我が家はとても貧乏で、数百円の図鑑を買うのも容易ではなかったのである。しかし、数ヶ月たって生活費を捻出して小学館の昆虫図鑑を買ってもらったときは、天にも昇る気持ちだった。

昆虫図鑑を買ってもらってからは、学校帰りや休みの日に少しでも友達に虐められると、さっさと帰宅し、親にも挨拶せず、昆虫図鑑を取り出して眺めるのである。眺めていると、心の憂さが少しずつ解消していった。まさに、心のガベージ・コレクションである。その昆虫図鑑は、何回読んだか分からない。今でもボロボロになった昆虫図鑑は実家にある。昆虫の名前はすべて記憶し、解説も諳んじた。なぜか一番記憶に残っているのは、マルウンカである。漢字にはすべて振り仮名がふってあったので、これは読書の入門にもなった。

図鑑は、昆虫だけでなく、岩石・鉱物、魚類、植物とレパートリーを増やしていった。当時は将来、昆虫学者か鉱物学者になれればいいと思っていた。そういう博物の興味が主だったので、世界文学全集の類には全く興味がなかった。尤も、読もうにも自宅には本はほとんどなかったが。そういえば算数というか数学にも興味がなかった。将来まともな数学者になるような人は、小学校の段階で、数に対してかなり興味があるのだろう。だから私の数学というか数楽が低いレベルに留まっているのもわかる。

その後、中学になると、流石にいつまでも図鑑でもなく、推理小説など読書のレパートリーを増やしていったが、一人で読書をすることが心のガベージ・コレクションであることは全く変わっていない。

だから、心がとても折れやすい、神経質な私がここまで生き延びたのは、ガベージ・コレクションとしての読書のお陰である。

ただ、周囲の人達をみていると、何が心のガベージ・コレクションになっているかというと、飲酒だったり、スポーツだったり、恋愛だったり、ギャンブルだったりするようである。そういうガベージ・コレクションというのは分からないでもないが、私からみると、アクティブすぎて、却って心のメモリ領域を消費してしまうことがあるように思えてならない。

典型的には飲酒である。酒は涙かため息か、心の憂さの捨て所、という歌の文句もあるように、飲酒は一般的な心のガベージ・コレクションなのであるが、これも歌の文句で、酔っている夜は痛まぬが、醒めてなお増す胸の傷、なのである。

読書がガベージ・コレクションになる仕組みというのは真面目に考えたことはないが、強いて説明してみると、おそらく読書によって空想というか妄想の世界が広がる。そこに自分をおいて、現実の世界とは異なるルールで思考を巡らしていると、気持ちが晴れていくようなのであるが、実際のところはわからない。ある種のカタルシスで説明がつく場合もあるかもしれないが。

ガベージ・コレクションとしての読書が好都合なのは、場所を選ばないし、お金もほとんどかからないというとがある。古本屋で、100円でも素晴らしい本が買える。

1つ問題なのは、ガベージ・コレクションとしての読書ということが、本当に分かる人にしか分かってもらえないことである。すなわち、スポーツで汗流してすっきりしましたというと、誰もが納得する。しかし、例えば、代数学入門とかいう本を眺めて気持ち晴れました、と告白したら、は?と無視されるか引かれてしまうだろう。

ま、他人は他人なのだが、家族にさえも理解してもらえなくて、その憂さを晴らすために一層読書に没頭してしまうという悪循環があるにはあるのであった。

どんな方法であれガベージ・コレクションが重要なのは、現代がとてもストレスに満ちた時代だからである。放置すると心のヒープ領域の空きがどんどん減っていって心がクラッシュする。その結果どうなるのか、説明の要もないだろう。すると、個人に適応したガベージ・コレクションの方法を確立し、しかもある頻度でそれを実行することがいかに重要か、いくら強調してもしすぎることはない。

以前に、穴熊仮説に対するコメントへの返答で、私が「なでしこジャパン」に言及しない理由について述べた。それはすなわち、「なでしこジャパン」の既存のニュースに対して私が付加価値があることが言えない、というものであったが、実はもう少し本質的な理由もあるので、そのことも述べておく。

時代はほとんど30年前に遡る。当時20代の後半だった私は独身主義を決め込んで、それなりに惨めに且つ気楽に暮らしていたのだが、不衛生からかA型肝炎に罹り、3ヶ月も入院する羽目になった。

そうしてすっかり弱気になってしまったところを両親に追求され、渋々見合いせざるをえなくなった。気が弱くなり断ることができなくなったのである。しかし、見合いしたはいいが、そもそも異性と付き合ったこともないので、女性とどういう会話をしていいかわからない。なんか随分相手を当惑させるようなことも言ったような気がする。

それでも相手の女性とは数回会った。最初に変な印象を与えたのであっさり断られるかと思ったら意外に直ちに断られなかったのは、私の形式的な条件がよさそうだったからだろう。一応、地方とはいえ国立大学を卒業しているし、比較的名前が知れた外資系企業に勤務している。

押し付けられた見合いなので私も最初は渋々だったが、次第に気持ちが乗ってきたのは、よくみたら相手が結構美人だったからである。そのときは知らなかったが、後から聞くと、ミス○○だということだった。○○のところが市とか町ではなく、何かの名詞だったので、なんだろうと怪訝になるようなものであったが、容姿に微妙に私の心が動いたのは確かてある。

そうやって何回か会ううちに、向こうの女性は、半分渋々だが、受け入れてもいいかと思ったらしい。私もまあ、そろそろ年貢の納めどころなのかと覚悟した。そうして互いに大して知り合いにならないうちに結納の日程があれよあれよと決まったのであるが、私はなにか胸騒ぎを感じた。会社帰りに友達と飲みに行って、お前もいよいよ結婚かなどと話して次の日に会社に行こうとしてアパートの玄関をみると、名刺が落ちていた。見合いのとき、相手の父親から貰ったものだったが、なぜか踏まれて泥で汚れていた。いつ落ちたのか全く記憶にない。ともかく名刺を落として汚したことを申し訳ないと思い、拾って泥を手で払った。

すると数日後、私の母から電話があって、見合いは中止だ、向こうが断ってきたという。ええっと流石に驚いた。経緯を聞くと、相手の女性は結婚することになったと、祖母に報告にいったのだという。すると、祖母は、可愛い孫娘が東京なんぞにお嫁にいってはいけないと反対した。両親はいい話だと喜んでいたのに本人の気持ちが祖母の一言で変わったのは、いまいち結婚に納得していなかったからであった。すなわち、東京が遠いということだけでなくて、私が気が利かず、全くイケメンでもなく、スポーツが嫌いで、自動車の運転免許ももたない非行動派であることがどうしても納得できないのだった。それでこんな人と結婚したら趣味があわなくて後悔すると、断ることを決心したらしい。本人は根っからのスポーツ好きで、自動車の運転も好きで遠出するほどであった。

スポーツを理由にされると、根っからの運動嫌いの私は抗弁できない。で、その後も仲裁の試みはあったが、結局破談となった。そんな経験が楽しいわけなくて、しばらく気持ちが沈滞していた。そして、スポーツウーマンに対するトラウマが深く静かに残ったのだった。

その後、あまりスポーツ好きでないような女性がいないかと思ったのだが、冷静に観察すると、世間は男女に限らずスポーツなんて好きでないという人はあまり多くない。少なくともスポーツ好きは、本好きよりずっと多い。しかも私の極めて限られた交友関係でそんな女性を見出すことは不可能であることが分かった。

その後の何回かの見合いで結婚に至った経緯の言及は避けるが、ともかくそんなトラウマがあるので、ちょっと、がちがちのスポーツウーマンである「なでしこ」に言及する気がおきないのである。

今までのブログで書いたように私は結構美人好きであるが、スポーツウーマンだと引く。このため、ある絶世の美人がいたとしても、その女性がスポーツウーマンであると分かった段階で気持ちが逃げてしまう。もともとそういう人が私を相手にするわけがないので何も実害はないのであるが、しかし、何か自ら気持ちを狭めているなと苦笑する次第である。

安心空間

user-pic
0

私の知り合いで、次のように言う人がいる。すなわち、「自分の母親は、もし目の前で自分が人を刺しても、息子はやってません、と証言する」という。それを聞いて、うんそうだと私も思う。なせなら私も、両親もさることながら、母方の祖母が、私の絶対の味方になってくれたからである。

祖母の住まいが自宅から1分の距離にあったで、学校から帰ると一目散に祖母の家に行って入り浸った。祖母は何を言うでもなく、ほとんど黙ってテレビを観ているだけだったが、そこはまさに安心空間で、私は個性を育むことができた。昔、丸井はBe meという名前だったが、まさに安心空間で、私は私になれたのである。

おそらく上記の私も知り合いも、子供時代を安心空間で過ごしたのだろう、だから私とは結構相性がいい。そこで、子供時代を安心空間で過ごした人の特徴とおぼしきものを、自分を引き合いに出して記述してみる。

  1. まず、他人に対する態度が原則ポジティブなのである。だから、必ずしも友達沢山というわけではなくても、友達ができなくて困るということはない。
  2. 次に、私は私なので、今の自分を、こんなもんだとある程度肯定できる。例えば、勉強するたびに自分の理解力のなさにがっかりするが、それは、私の才能が足らないからであり、環境に恵まれなかったせいだとは思わない。私の学力では東大に合格できなかったが、もしなにかの間違いで東大に入っていたとしても、今の私はほとんど変わらないだろうと断言できる。今より少しだけプライドが高く、(優秀な同級生との競争で)少しだけ余計に挫折を味わっていただけだろう。
  3. もてる本来の創造性を発揮できている。その程度の創造性かと馬鹿にされるかもしれないが、所詮私の才能はそんなもんだと開き直れる。
  4. 過度に人付き合いを求めない。なぜなら、子供時代に安心空間にいたことで、もう愛情としてはある程度満ち足りているのである。だから、そんなに他人の愛情には切迫していない。
  5. そして、過度に家族主義にならない。ここは意外かもしれないが、家族主義自体、子供の頃に満ち足りているのである。逆に、安心空間人間は、あまりよき家庭人ではないのかもしれない。まあ最悪ではないね、と開き直る程度である。
  6. これも意外かもしれないが、正義感、公平感が結構強い。安心空間は妥当性に満ちていたからである。だから、公平でない人に対して異常に不満を感じたりする。

安心空間で育つと、このようにいいことづくめのようであるが、もちろん欠点もある。すなわち、他人にポジティブなので、騙されやすい。また、ハングリーでないところがあるので、頑張って企業を興すようなことになりにくい。で、小市民に甘んじることになる可能性が高い。

それはそれでいいのだが、私が観察していると、安心空間欠乏症と言える人たちがいるようである。そこで、その様子を記述してみる。

  1. 基本的に不信をベースとするので、友達がなかなかできない。利害関係の付き合いはあるかもしれないが、何の気もおけない友人というのはなかなかできないようである。
  2. 不信をベースとすると、トマス・ホッブズの「万人は万人に対して狼」のように権謀術策に巧みになる。あるいは、トマス・ホッブズ自身も安心空間欠乏症だったか。
  3. 過度の家族主義になる。要するに家族や身内しか信じられないのである。ある子沢山の知り合いは、わざわざ、「家族が一番大事だ。」というパンフレットを作っていた。しかし、その知り合いは、部下に対してとても権威的態度で接するので有名だった。決して部下からの評判はよくなかった。
  4. 権謀術策が過ぎて、正義や公平の観念が弱い。ある書かれたルールを表面的に守りさえすればよいと考える傾向がある。すると自発的な道徳観念が発達しないので、自分の有利になるようにするために、不公平なことも平気でする。

おそらく、ヒットラーも、安心空間欠乏症なのだろう。権力欲、名誉欲の強い政治家も安心空間欠乏症だとすると、世の中は安心空間欠乏症の人達によって支配されていることになる。道理で私のような者が肩身が狭いわけである。

それでも私は、安心空間に就く。決して過度に権力欲、名誉欲を鼓吹しようとは思わない。そのような安心空間人間は、単なる小市民として、社会の良識を担保していると、私は信じたい。それは安心空間を持ち上げすぎなのだが、一方で、戦争や災害が起きると、真っ先にターゲットになるのも安心空間人間なのであった。

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。