将棋の効用

user-pic
0

長年将棋を趣味としてきたので、次のようなことも考える。すなわち、将棋の事象の集合と、世の中の事象の集合を考えたとき、どちらも有限だとしても、世の中の事象の集合の方がはるかに大きい。比較を絶するほどである。それにも拘わらず、集合論的着想により、将棋の事象の集合から世の中の事象の集合への写像と、世の中の事象の集合から将棋の事象の集合への写像の両方を考えることができる。

そのとき、大きい方から小さい方への写像の方が考えやすそうなものであるが、私がいつも考えるのはなぜか、将棋の事象の集合から世の中の事象の集合の方である。もっと具体的にいうと私は、将棋的発想を現実的世界に適用しようとしてきた。そのお蔭かどうか分からないが、私の会社での仕事は、卓越していないにしても、そこそこの実績は上げ続けてきたと自負するものである。

それではどのような将棋的発想を活かしてきたか、いくつか例をあげて説明してみる。

先ず、これは将棋に限らず勝負事全般なのだが、私は仕事そのものを勝負とみなした。もちろん仕事には明確な勝ち負けがあるとは限らない。それで例えば、将棋というよりも囲碁なのかもしれないが、少しでも多くの件数をとか、少しでも早くを目指した。

その結果、件数はかなり圧倒的だったこともあるが、当然にプロのサラリーマン(アマチュアのサラリーマンっているのか?)としては、きちんと品質は維持したつもりである。そもそも将棋で、早指しだからといってそれ自体を非難することはあたらない。きちんと勝っていればいいのである。ただ、私の仕事は件数や早さはいいが質は?と疑問の余地を与えてしまったことは私の不徳の致すところである。

その後、管理職になってからは、いよいよ私の将棋性が発揮されることになった。まず心がけたことは、遊び駒をつくらないということである。すなわち、部下をみていて、仕事がなさそうな人がいたらすかさず仕事を与えるようにした。そんなの管理職として当たり前だと思われるかもしれないが、ジョブ・ディスクリプションに厳密だと、当座仕事がないということがありえる。私は、ジョブ・ディスクリプションを広めにとっていろいろ依頼した。その結果もちろん物議をかもしたことはなくはないが、遊び駒をつくらないということが私の方針であることは一貫していた。

次は持ち駒の多様性である。例えば、金が三枚あるより、金銀桂という持ち駒の方が手がつくりやすいことが多い。それで私は、部下のスキルの多様性を高めるようにした。いくら会社が英語のスキルが重要だといっても、英語が得意でなく他のスキルで活躍できる人にはこっそりであるが、英語なんてやらなくていいよと伝えた。そうやって多様性と各人の長所を活かすことで、結構強力なチームがつくれたと私は自負する。

さらには「読み」である。例えば、コンファレンスの事務局をやるときは、事前にあらやる場合を読んで手を打っておいた。ほとんどの対策はhappenしないので無駄になるのだが、指さないからと手を読まないなら将棋なんて勝てない。そうやって広く想定して準備しておくことで、ファンシーではないにしても、随分と安心感のあるコンファレンスは実現できたと自負する。勝負は手堅く勝てばいいのである。久保王将のように華麗に捌くコンファレンスは私には無理である。

あと、自分が管理職で将棋的に考えるというとき、不遜だが自分は王将だと思っていた。しかし、それは誤解なきよう言うと、自分さえ詰まなければいいという発想ではない。王将は八方に動けるので、ある意味とても有効な守り駒なのである。だから私はフットワーク軽く、どこでも出かけていった。穴熊のように篭っているつもりは全くなかった。

別の観点で将棋を活かしたのは潔さである。私はアマチュアとして中途半端な才能しかなく、弱い人に勝ちまくって喜ぶ趣味はないので、どうしても私と同等程度以上の人と指してきたが、すると当然ながらあまり勝てない。必勝だったのにうっかりとか、終盤逆転されて涙を呑んだ経験は数しれない。そのとき仕方ないのだが、最後は負けましたと投了するよりない。負けましたというのが嫌で途中で逃げたりしたら、二度と将棋は指せない。

だから仕事でも部下の方が正しいと分かったらあっさり譲った。内心は穏やかでないこともあったが。例えば、私が手塩にかけて長年作り上げてきたDbaseのアプリを部下が、ロータス・ノーツで置き換えたいと提案してきた。私は一瞬たじろいたが、どうみてもロータス・ノーツの方がGUIでも優れていて、ビューも見やすいので同意して、Dbaseからのマイグレーション・プログラムまで自分で作った。私が心の中で泣いていたのを気づいた部下はいない。

しかしサラリーマンとして将棋が最大のネックになったのは、将棋的感性を前面に出して能力主義に拘ったことである。すると上司で、ちょっとどうかと思う提案があると、よかれと思って穏やかに指摘したりしてきた。将棋の世界では、いい手があったら、強弱にかかわらず指摘していい。それが本当にいい手なら褒められる。しかし、そのせいで、特にプライドが高い米国人弁護士の上司など、癇に障ったかもしれない。例えば、あるコンピュータが詳しいと自負する米国人弁護士の上司に対して、あれ、その程度のコードしか書けないのですか、と私としては精一杯礼儀をもって言ったつもりだったが、そのとき以降ずっと、私はあいつは許せんとマークされているようである。そのせいで冷遇もされたが私は全く反省しない。なぜなら、将棋的感性により、地位がある奴が偉いのでなく、勝つ奴が偉いのだと信じて疑わないならである。そんな感性でよくここまで無事にサラリーマン生活を送ってこれたものである。これも将棋の神のご加護か。だったらもうちょっと将棋の才能くれればよかったのに、とごねるのは贅沢であった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/2377

コメント(4)

| コメントする

あやたろうさん

>別の観点で将棋を活かしたのは潔さである

あー、私は潔くはないんですが、本音を隠して(笑)
「負け惜しみを言わない」様になりました。

二日酔いで体調ガタガタ、外出前に嫁さんと大喧嘩して
気分メロメロ、勝負できる状態じゃなくて負けたって
「いやあ、貴方は強い、私ごときの及ぶところではございません」と潔く投了します。

なんか、嘘つきマゾかもしれん。

user-pic

山椒魚さん

> 二日酔いで体調ガタガタ、外出前に嫁さんと大喧嘩して
> 気分メロメロ、勝負できる状態じゃなくて負けたって
> 「いやあ、貴方は強い、私ごときの及ぶところではございません」と潔く投了します。

私はそこまで潔くありません。二日酔いのときは、ちょっと席を外して、おえっ、と吐きそうになるふりをする、風邪をひいているときは、わざと?ちょっと咳込みながら指す、また、指しながら、いやあ仕事あけで徹夜なんだよね、と愚痴をこほす、そうやって相手を油断させて勝った経験は何度かあります。

その程度はマナーぎりぎりで許される範囲だと思っているのですが、でも相手にこれやられるとむかついて優勢な将棋を負けたりしてきたのは、私がまだ未熟ということです。

あやたろうさん

>その程度はマナーぎりぎりで許される範囲だと思っているの>ですが、でも相手にこれやられるとむかついて優勢な将棋を>負けたりしてきたのは、私がまだ未熟ということです

私もあやたろうさんの負けず劣らず未熟です。
マナー以前なんすが、あるときは相手の猛烈なワキガの臭いと
ニンニクらしき口臭のひどさに辟易して、
一刻も早くその場を去りたい一心で、
無謀な急戦を仕掛けて、見事に駒損して、惨敗したときの
腹立たしかったこと(笑)

user-pic

山椒魚さん

> 私もあやたろうさんの負けず劣らず未熟です。
> マナー以前なんすが、あるときは相手の猛烈なワキガの臭いと
> ニンニクらしき口臭のひどさに辟易して、

そんな手があるんですね。私は以前大阪にいて、通天閣の将棋センターに通っていたことがあるのですが、そのときもちょっと表現できないあやしいおっさんが屯してました。だから少々のことには平気なはずなんですが、未熟さは治りません。

そういえば、対局で、美人の彼女が応援にきていた人がいました。こういうのは絶対に負けられません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2011年8月25日 07:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気候変動とエネルギー問題」です。

次のブログ記事は「親の影響」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。