2011年9月アーカイブ

しきい値なしモデルというのは、典型的には放射線の人体に対する影響で用いられるモデルであって、すなわち、どんなに微弱な放射線でも人体に害があるというモデルである。このモデルに従えば、あらゆるレベルの放射線は人体に害があるので、放射線を低くするためのあらゆる努力は意味があるということになる。放射線の害に対するしきい値なしモデルは、細胞のDNA損傷回復メカニズムを考慮に入れていない。すなわち、放射線の害に対するしきい値なしモデルは、人体の回復能力を信用していないということになる。

しかし、しきい値なしモデルが現れてくるのは、放射線の人体に対する影響だけではない。例えば大学には、受験予備校などが勝手につけた偏差値がある。そして受験生はそこに、偏差値が高い大学に行くほど将来幸せになれるという、偏差値に関するしきい値なしモデルを信じて努力する。それを努力目標にするだけならまだしも、その大学に入り、あるいは卒業した後も偏差値に関するしきい値なしモデルを捨てないで、あれっ、俺はあの高偏差値の大学を出たのにどうしてうだつがあがらないのだと悩むことがありえる。

別の例としては特許出願がある。特許出願の基となる発明には明らかに、非常の価値が高いと想定されるものと、そうではないものがある。特許出願のための労力には、出願前に調査したり、発明者に事前に質問したり、社内で時間をかけて明細書を作ったり、あるいは費用を払って外部特許事務所に依頼することがある。そこで、「賢明な」人はそこにしきい値なしモデルを適用する。すなわち価値が高い発明から価値が低い発明へと線を引き、そして価値が低い発明に払う社内コストはゼロでよいとする。社内コストはゼロといっても、外部特許事務所にはある程度費用を払わなくてはならない。よって、この外部特許事務所への費用以外は全くコストをかけないのが合理的という発想が蔓延したりする。

この傾向がエスカレートすると、価値が低い発明の特許出願にコストをかけている担当者がいたら、なんという無駄なことをしているのだと叱られるということが起こり得る。さらに処理しなくてはならない発明案件が増えると、1件あたりに費せる労力が減ることで、かける労力のしきい値なしモデルは、下方エスカレートして、次第にゼロに収束する。そして、価値が高い発明は単に、外部特許事務所に対してより高い費用が払われるだけだったりする。

このようにしきい値なしモデルは、極端へと導いてしまうという欠点がある。そこで私は敢えて、ほとんど至るところでしきい値なしモデルは成立しないという仮説を唱えてみる。

例えば、しきい値ありモデルを想定すると、特許出願の場合、意味がある内容にするために社内で費やすべき労力にはしきい値があるということになって、どんな低価値の発明と認定されても、特許出願するというからには、ある妥当な努力を社内の担当者が費やさなくてはならない。その努力さえ払わないと、特許査定になる可能性がほとんどなくなるし、社外の人にチェックされたときも嗤われてしまう。

なぜそこでしきい値ありモデルが嫌われるかというと、しきい値ありモデルによると件数合理性が阻害されてしまうからである。

特許出願にしきい値ありモデルを適用するのはおかしいと言う人がいるかもしれないが、それでは勝負の世界ではどうだろうか。例えば、将棋でも野球でも、キーの試合と消化試合のように分かれる。そこでしきい値なしモデルを適用して、キーの試合にはベストメンバーで臨み、消化試合は完全に捨ててかかったらどうだろうか。おそらく消化試合は非難を浴び、その覇気のなさはキーの試合にも悪影響を及ぼす。

大学のランクだって、ある大まかなレベルを満たしていれば、世間でそんなに関係ない。あるしきい値だけが効いてくる。私くらいの年齢になってまだ、大学受験生のような粗野なことを言っていると、相当まずい。

もっと言うと、しきい値なしモデルは、ほとんどあらゆる場合に子供の論理なのである。ヒステリシスと、非線形性と非可逆、それを加味したしきい値ありモデルがほとんどあらゆる場合に成立して、世界を分かりにくくしている。神は意図的にそうしているのではない。しきい値ありモデルでないと世界が成立しないのである。

若さゆえ

user-pic
0

私の好きな曲の1つに、ザ、ジャガーズの「君に会いたい」がある。♪若さゆえ~苦しみ~ 若さゆえ~悩み~♪で始まる曲であるが、今にして思えば、若さというか青春はそんなに苦しきことのみ多かりきなのだろうか。

そう思ったのは、一昨日の将棋の王座戦、第3局をネットで観戦していてである。羽生王座に挑戦する渡辺竜王は、戦う前から既にどこかしら余裕を漂わせていた。

そして王座戦、渡辺は、私から見てまさに余裕をもって羽生を押し切った。決して奇襲を仕掛けるのではない、独自の研究に誘い込むではない、相手に指させて、一見際どい局面になりながらも、きっちり余した。

大学将棋部の後輩にA君という人がいる。前にもブログで書いたが、A君は大学に入ったとき、せいぜい中堅クラスの指し手だった私に勝てなかった。しかし、私が稽古をつけたというのでもなく、1年後には私を抜き去っていた。その後もめきめきと力をつけたA君は、大学を卒業すると、故郷の大分に帰って、高校の数学教師になった。

しかしA君に最大の不運が圧し掛かった。大分に、早咲誠和という超ど級のアマ強豪がいたのである。早咲氏は、アマ名人3回、アマ竜王3回という名実ともにトップのアマ強豪である。その早咲氏に対して流石のA君も、攻めれば切らされる、受ければ攻め潰される、まるで相手にされないと嘆いていた。ただA君の名誉のため言うと、A君は一度だけ早咲氏を破って県代表になった。それは千載一遇のチャンスだった。それで私は浜松町のアマ名人戦の会場まで応援に行ったことがある。その結果がどうだったか、言わぬが華である。

今回の羽生対渡辺をみていると、A君が羽生で早咲が渡辺なのかと、まことに不謹慎なアナロジを思いついた。特に第2局など、羽生は焦って決めにいった。検討陣はこれで寄りと、無責任に結論を出した。しかし、渡辺の懐は深く、いつも羽生はぎりぎりのところで届かない。

そこで頭の中に流れてくるのは、♪若さゆえ~余裕~ 若さゆえ~充実~♪という替え歌である。もちろん渡辺のために流れている。実際思い起こしてほしい。羽生は、今の渡辺の年齢のとき、空前絶後かもしれない七冠を達成したのである。それは若さなくては達成できないものであった。何年か前に羽生は、今の方が七冠のときより強くなっていると言っていたが、今回の王座戦の結果をみて私はもうその発言を信じない。

IBMのディーププルーと対戦したチェスの元世界チャンピオン、ガリー・カスパロフが引退したのは、今の羽生より一歳多いだけの41歳だった。やはりチェスも将棋も、頭の筋力を要する格闘技なのである。そのピークは20台中ごろから、30台中ごろにかけてであると私は信じる。

そして今の羽生に必要なのは、大山がそうしたところの、パラダイム・シフトである。現代将棋にひたすらキャッチアップする今までの手法では、渡辺や、今後力をつけてくる豊島などに次第に勝てなくなる。すると大山のような茫漠とした、受身勝ちの将棋に改変する必要があるのだろう。そこで大山にあって羽生に欠けるのは、勝負に対する貪欲さであり、体力である。番外戦術も駆使し、どこかに2号さんがいるくらいでないと苦しいのではないか。

その大山も、後進の中原にはあまり勝てなかった。中原の速い動きと、鉄壁の終盤を抜けなかった。なんとなく羽生が渡辺に負かされるのに似ている。若さとパラダイムの違いで負けているような気がする。

しかし、羽生の学習に書いたように、元奨励会の人達やかなりのプロ棋士は、いやいやまだ羽生さんは学習期間であるというだろう。私もできればそれを信じたい。そして、渡辺将棋は見切ったと言ってほしいものである。

昔、ラッツ&スターに、ランナウェイという曲があった。♪ランナウェイ、とても好きさ♪で始まる曲である。なぜそれを思い出したかというと、つい人生はどこまで逃げおおせる(ランナウェイ)ものなのかと考えたからである。

例えば、スーパーで出来心で万引きするとおそらく、すぐ捕まる。そして尋問されてなにほどかの社会的信用を失う。

また、何かに失敗して自暴自棄になった若者がふと、家庭生活に疲れきった主婦と街角で出会い、なぜか意気投合して駆け落ちする。しかし、同宿した宿で次の朝、二人は深い悔恨に包まれる。そして別れて、逃げおおせない人生の重さを噛みしめる。

このように人生は一般的に、行為から生じる責任から逃れることはとても難しく、大抵人生の重さに捕まって、結局朽ち果ててしまうものである。

しかし世の中には、ランナウェイの天才がいる。思いつくままにリストしてみよう。

  • 先ず、インパール作戦の牟田口廉也。牟田口は、補給の困難も顧みず、無理な作戦を敢行し、徒に多くの兵士を死に至らしめた。しかし、責任をなんら取ることなく陸軍予科士官学校校長に就任し、終戦を迎え、戦犯にも問われず、戦後余生をまっとうした。戦後は、自己弁護に終始した。
  • 次は、辻政信。辻政信は、作戦の神様と呼ばれたが、実は無茶な作戦で、死ななくてもいい兵士を多数死に追い込んだ。ノモンハン、ガダルカナルなどとである。戦後、戦犯で裁かれるのを怖れて潜伏し、ほとぼりがさめた頃姿をあらわし、なんと衆議院議員に立候補して当選している。ただ辻は、衆議院議員から参議院議員に鞍替えしたあと東南アジアの視察に行き、そのまま失踪しているので、ランナウェイの定義としては悩むところである。
  • 次は、岡村寧次。詳細はリンクされている記事を参照戴きたい。
  • 次は毛沢東。大躍進や文化大革命で、中華人民共和国のインフラを破壊した。多くの有意な人材を含む、数千万人が死んだとされる。しかしなぜか政敵に処刑されることなく、実質的なトップとしてキャリアをまっとうした。今でも毛主席が好きな料理の店というのが北京にあり、中国人の知り合いに聞く範囲では、なぜか庶民に人気である。不思議というよりない。
  • 次はスターリン。レーニンの死後、トロツキーを追放して、実権を握った。しかしレーニンは、存命中に、スターリンの少数民族に対する政策に疑問を呈していた。しかし、政権につくや、無茶な政策で数百万人の餓死者を出したり、千万単位の粛清を行い、恐怖政治を敷いた。プロパガンダにより共産主義の希望の星として君臨し、結局、フルシチョフ達とのディナーのあと、普通にベッドで平穏に病死した。渦巻く怨嗟のなかで、よくぞ暗殺されなかったものである。
  • 次は、ポルポト。1925年に生まれ、パリ留学を経験しているのだから、裕福な家庭に育ったといえる。パリでフランス共産党に入党し、共産主義の洗礼を受けた。政変による混乱、そして内戦を勝ち取ったポルポト、そしてクメールルージュは、1975年に政権を取ると、旧体制の分子を一掃するのだと信じられないような粛清を繰り返した。結局150~200万人を殺害したといわれる。カンボジアの人口からして、おそるべき割合である。ベトナムとの戦争、そして内戦が再び激しくなると、ポルポトらは森に潜入した。次第に劣勢になっても政府の投降の呼びかけに応じず、細々と抵抗した。そしてポルポトは1998年4月15日に突然亡くなった。病死なのか他殺なのか自殺なのか不明で、究明されることもないだろう。ともかく、ポルポト派の残党たちは、すべての責任をポルポトになすりつけて、幕を引くことができた。

トルストイの言う意味で不幸な人生が多様であるように、ランナウェイな人達も多様であるが、ランナウェイを完遂するための資質として次のようなものがあげられる。

  1. 不思議な悪運。暗殺、逮捕、刑死などをなぜか逃れる。それはまさに、悪運が強いとしかいえない。ヒットラーが度重なる暗殺計画にsurviveしたように、ある種の超能力を仮定したいほどである。
  2. 極端な冷酷さ。同僚でも友人でも平気で裏切る。全く情にほだされない。
  3. 不思議な人間的魅力。すなわち毛沢東はいまでも人気があるし、辻政信は衆議院議員に当選した。ポルポトが開催するセミナーはいつも、参加する人を、ポルポトに対する感謝と信頼の気持ちで一杯にし、ポルポトのために命を投げ出してもいいという気持ちにさせた。
  4. 無責任というよりも非責任。すなわち、自分の非を知らないうちに他人に転嫁する絶妙の才能がある。
  5. 逃げおおすことに最大の優先順位をおく。その点に武士道、騎士道、人間としてのプライドなどは微塵もないといえる。

そういえば、私は流石に信じないのだが、ヒットラーがベルリンの陥落が間近に迫った時自殺したというのは嘘で南米に逃亡して生きながらえたという説がある。ヒットラーがランナウェイな人であるというのは、とても考えやすいのだが。

調理師の弟と話していて、当然かもしれないがさもありなんと思ったのは、料理の世界のリーダーシップである。すなわち、料理の腕ほど分かりやすいものは世間にほとんどなく、年齢、経歴、職歴など全く関係なく、スキルを一瞬で見破られてしまう。そしてスキルがないと見破られた人がなにかの間違いで料理長にでも就こうものなら、誰も相手にしない。指示しても無視するなどである。こうしてスキルのない料理長は続かない。

ヤクザの世界でも、当然だが喧嘩が弱い親分は軽く見られて、部下がついてこない。もちろん、ヤクザの親分といえども、歳をとると物理的喧嘩という意味では弱くなる。しかし、過去の武闘の経験や、切った張ったの判断の履歴が貫禄を与えて、有無をいわせぬリーダーシップとなる。

しかし、サラリーマンとなると、全く違う。あらまほしきは実力のあるリーダーなのだが、実際に仕事の実力がある人が高い地位に就くことがいかに稀か。そういう現状をみてきている私は、地位が高いと先ず、ああこの人はたいしたことがないなと仮定してかかり、実は本当にスキルがあると分かったときは、おお、本当に出来るリーダーもいるんだと感心してしまう。それは私がワープした(歪んだ)社歴を歩んだゆえであろうか。

サラリーマンで地位と実力が比例しにくいかどうか意見がわかれるが、仮に反比例とまではいかなくてもどうみても比例しないのは、仕事の実力以外に、昇進の場合は、昇進するための要素や技術というのが別にあるからである。逆にいうと、サラリーマンというのは、やくざや料理の世界と違って、成果があまりにもわかりにくいので、大奥的要素が幅を利かす、ということである。

今まで私は仕事の実力のない管理職というかリーダーを駄目だという趣旨で書いてきた。将棋が趣味の私は、その実力主義に関して譲れないが、しかし、もし実力が乏しい管理職というのがいても、なんとか合格点のリーダーになれる方法があるのではないかとも考える。そこで、そういうリーダーはどういうリーダーなのか、私の限られた会社生活に基づき記述してみる。

  1. 面倒見のいいリーダー。能力は乏しくても、部下が困ったことがあったら、雑用でもなんでもサポートする。個人的に困ったことも相談にのる。飲みにいって励まし、奢ったりする。そういうことがあると、多少指示があやしくても部下はついていく。
  2. ともかく一生懸命働くリーダー。やっていることは大したことがないのだが、ともかく一番早く会社に来て、一番遅くまで会社にいる。そういうリーダーをみていると、ううん、俺も、私も、もうちょっと頑張るか、ということになる。
  3. 突っ込みどころ満載で、あまり言い訳しないリーダー。なにかとへまが多くて、個人生活でもトラブル続き、いつも蒼い顔をしている。仕事がうまくいかないと、その人のせいでもないのに、あいつのせいだとみんなから言われて、言い訳もしないで、黙って窓から外を見つめている。要するに、みんなの憂さの捨て所なのである。
  4. やたら褒めるリーダー。普通、褒めすぎると言葉に重みがなくなるのだが、不思議に言葉が用尽しない。仕事はできないし、褒める根拠もわからないのだが、不思議なムードメーカになっている。
  5. とても美人で、いるだけでマドンナ感を漂わせているリーダー。ううん、これはちょっと違うか。

この文章を弟が読んだら、会社というところはなんと生ぬるいと笑うかもしれない。しかし、上記のような意味でさえ、いいリーダーをみつけるのは難しい。なぜそんな不完全なリーダー、管理職でも会社が回せているのかというと、何らかの含み資産(知的財産的なものも含む)があり、それを取り崩せていたのだろう。だから、なんの付加価値もないリーダーの存続が可能であった。しかし今後もそうなのか、と考えている人は少なくない。

いつまでもあると思うな地位と余裕

私は実生活では極めて慎重で、ほとんどリスクをとらない。ギャンブルも、投資も、浮気もしない。だから面白くもなんともない奴だといわれるリスクは甘受している。

しかし仕事となると話は少し違う。特に管理職時代は、既存のルールや手続きに従っていては、時間や手間が間に合わないときは仕方なくルールや手続きに違背した。そうしないとビジネスができない局面が多々ある。あるいは、そうしないと部下を護れない。だから場合によってはクビ覚悟でリスクをとったこともある。

一方最近では仕事のリスクをとらない人が増えた。そのせいで仕事が止まっても平気である。すると下手したらリスクをとったよりも総合的なリスクが増えることもありえる。ああ、なんと嘆かわしいと思っていたら、友人から動物のリスクについて述べたメールをもらった。

すなわち、動物というのは基本的にとてもリスクを嫌うものらしい。例えば、ある種のオオトカゲであるコモドドラゴンは牛を狙うのだが、いきなり牛を襲うのではなく、まず、近づいてちょっと牛の足を咬む。すると、そこから毒が回って時間がたって牛が次第に弱ってくる。それをじっと眺めて空腹になっても様子をみている。そして1週間たって牛が倒れたらようやく牛を食べにいくという。なんという慎重さ。

また、熊が民家に侵入したとき、止せばいいのにその家の飼い猫が、熊に襲い掛かったのだという。熊対猫では勝負にならない。しかし熊はなぜか猫との戦闘を回避して食糧を掴むと逃げてしまった。どうも熊といえども、勝算にかかわらず、不要な戦闘はしないものらしい。これもある意味リスク回避である。

このように、なるほど動物全般でリスクを回避する傾向があるなら、人間が会社で過度にリスク回避になるのも仕方ないと思っていたら、急にラーテルの例を思い出した。すなわち、ラーテルとは、ネコ目イタチ科の哺乳類で、主として砂漠地帯に住む。西洋ではラーテルを最も恐れを知らない哺乳類と呼ぶ。すなわち、毒蛇だろうと容赦なく果敢に挑み、大抵勝ってしまい、蛇を首から、うまそうに齧る。もし毒蛇に咬まれても、うまれつき血清があるので、2時間くらい気を失うだけで回復する。だとしても、気を失っている間に他の動物に襲われる危険性はあるので、結構なリスクではある。とはいえ、砂漠で毒蛇と対決するリスクを回避していては、全員が飢え死にしてしまう。これなどまさに、あるリスクを回避することが巨大なリスクにつながる例である。そういう環境にあると動物は必然的に逞しくなる。艱難汝を玉にする、とはこのことである。

だから会社で過度にリスクを恐れる向きは、リスクを回避していては生き残れない過酷な環境に投げ込むよりない。厳しいノルマの営業などである。するときっと逞しい企業戦士に成長するであろう。私は死んでもそんなのは嫌だけど。

だから私は、放り出されたときになんとか荒海で泳げるようにという意味での最低限の実務力を鍛錬しているのである。どこまでも用心深い、つまらない人間なのであった。

今の最適化

user-pic
0

今将棋の渡辺竜王は、王座戦で羽生に挑戦しているが、第1局も第2局も研究勝ちといっていい見事な勝利で、充実ぶりがうかがえた。確か今期、15勝3敗で絶好調である。

友人から新聞の記事として教えてもらったのだが、渡辺は、現在でも、毎日8時間は将棋の勉強をし、「詰将棋」「棋譜並べ」を基本に、パソコンを駆使して研究し、あらゆる戦型に現時点での最善と思われる自分なりの結論を出すようにしているそうである。

なるほどこれは、大学将棋部の尊敬するA先輩が述べていた方法で、その先輩がいうには、俺は将棋に強くなる方法は分かっている、将棋年鑑を全て並べて、それぞれの戦形で、自分なりの結論を出しておくんだ。ただ、時間がないので今はやらないといっていた。時間がないというけど、先輩、留年していて超暇じゃんと指摘しようと思ったが、叱られるので止めておいた。ともかく、その先輩の方法論を渡辺が実施しているというのは、A先輩の優秀さを裏付けるものである。

実際、先日のNHK杯戦でも渡辺の解説はクリアーカットで、ちらっと局面を眺めただけで、ここはこうとか決め付けるのだが、それがいつも妥当なので、感心した。

そういう渡辺の方法論は、張栩イ・セドルとも一脈通じる、現代的訓練方法で、もしかして勝ち続けるにはベストの方法論なのであろう。

しかし、天邪鬼の私はつい、それは今の最適化に過ぎるのではないかと思ってしまう。実際、イ・セドル自身、二日制の長い戦いで日本の棋士な勝てる自信はないとか、日本の棋士はなぜ年取っても力が衰えないとかとか、本音を吐露している。

こういうイ・セドルの正直な感想を聞くと、渡辺式の方法論は、努力の結果を比較的短い間に使い尽くす方式なのではないかと穿った見方をしてみなくなった。とはいえ、努力の結果を比較的短い間に使い尽くす方式とはいうが毎日8時間勉強すれば、消費するより蓄積が多いだろうから、努力の結果は蕩尽しないともいえる。

ただ、10年、20年というスパンで見た場合どうだろうか。渡辺式の方法論だと蓄積するものが少ないのではないだろうか。しかしここで蓄積するとはどういうことか。例えば、山田道美、加藤一二三のように、わかりきった局面でもっといい手がないかと延々と長考する。止せばいいのに、谷川や内藤のように難解な詰将棋創作に取り組む。升田のように新手を見出すことに生きがいを感じる。要するに、何ほどか芸術的香りを漂わせるのである。

これは、2種類の知性で述べたことでいくと、渡辺式の方法論はインテリジェントがメインであり、山田道美、加藤一二三、谷川、内藤、升田はインテレクチュアルがメインであると言ってよいのではないか。

そして、人間の生理としてインテリジェント能力は年齢とともに減衰するが、インテレクチュアルは適度に鍛えていると、あまり低下せず、寧ろ発酵して成熟してきたりする。

それではインテレクチュアルな将棋の修行方法とはどのようなものなのだろうか。思いつくままに列挙してみる。

  1. 新手や新戦法を考える。升田幸三がそうであった。升田の引退は将棋が弱ったというよりも健康上の理由であった。山田道美だってまだ生きていればきっと、ごぎげん中飛車破りの戦法を考えていたはずなのである。
  2. ある構想をもって詰将棋を創作する。本格的な詰将棋作家兼棋士は、谷川、内藤である。
  3. 分かりきった局面でもなにないかと、延々と長考する。これは勝負としては損かもしれないが、無駄に読んだ蓄積はきっと将来の資産になる。これは加藤一二三である。
  4. 馬鹿にされてもいいので、飽きずに同じ戦法にこだわってみる。これも勝負としては狙い撃ちされるので決して得策ではないが、何かひとつの戦法を通して闇の中にサーチライトが照らされる場合があるに違いない。これも加藤一二三である。

要するに目先の勝負にあまり拘らず、また既存の情報に踊らされず、自分の頭で構想し考えることがインテレクチュアルにつながる。もちろんプロ棋士なら勝負に勝つため、渡辺的修行は必須である。羽生だって似たようなことをやっているだろう。第一人者を保つのは、到底私には窺い知れないが、すさまじい努力が必要なはずである。

超光速

user-pic
0

以前、超光速粒子であるタキオンについて触れたが、産経新聞Webによると、ニュートリノが光よりも速いという実験結果が発表されたという。以下、引用:

名古屋大などの国際研究グループが23日発表した、ニュートリノが光よりも速いという実験結果。光よりも速い物体が存在することになれば、アインシュタインの相対性理論で実現不可能とされた"タイムマシン"も可能になるかもしれない。これまでの物理学の常識を超えた結果に、専門家からは驚きとともに、徹底した検証を求める声があがっている。

概念変わる?

「現代の理論物理がよって立つアインシュタインの理論を覆す大変な結果だ。本当ならタイムマシンも可能になる」と東大の村山斉・数物連携宇宙研究機構長は驚きを隠さない。

光速が一定であるというアインシュタインの理論とは、特殊相対性理論であるが、確かに場の標準理論は特殊相対性理論に依拠している。しかし、数多あるスーパーストリング理論とその変種もそうなのだろうか。

アインシュタインの特殊相対性理論によると、質量のある物体の速度が光の速度に近づくと、その物体の時間の進み方は遅くなり、光速に達すると時間は止まってしまう。

光速で動く物体が時間が止まった状態だとすると、それよりも速いニュートリノは時間をさかのぼっているのかもしれない。すると、過去へのタイムトラベルも現実味を帯び、時間の概念すら変更を余儀なくされる可能性もある。

それだけに、村山氏は「結果が正しいかどうか、別の検証実験が不可欠だ。実験は遠く離れた2地点の間でニュートリノを飛ばし、所要時間を計るというシンプルなアイデア。正確さを確保するには双方の時計をきちんと合わせる必要があるが、これはそれほど簡単ではない」と語る。

確かにニュートリノの速度を厳密に測定することは容易ではない。別途の読売新聞の記事によると、ニュートリノは光より1億分の6秒早く到達していることが分かった、ということでかなり微細である。

新たな一歩に

スーパーカミオカンデ実験を率いる東大の鈴木洋一郎教授も「別の機関による検証実験で、結果の正しさを確かめることが大事だ」と慎重な姿勢だ。

鈴木氏は、昭和62年に小柴昌俊氏がニュートリノを検出した実験で、超新星爆発で出た光とニュートリノがほぼ同時に観測されたことを指摘。「両者の速度に今回のような違いがあるとすると、ニュートリノは光よりも1年は早く地球に到達していなければおかしいことになる」と語る。

実験に参加した名古屋大の小松雅宏准教授は「実験に間違いがないかと検証を繰り返したが、否定できない結果になった。公表することで他の研究者による検証や追試が進み、物理学の新たな一歩につながれば」と話している。

物理学のアマチュアである私は、どうしてそんなに専門家が、アインシュタインの特殊相対性理論に拘るのだろうと怪訝になる。というのはアインシュタインは、特殊相対性理論も一般相対性理論も、何ら実験から示唆を得たのではなく、まるで哲学的示唆のような思弁で思いついたことたからである。

その哲学的思弁が、量子電磁力学に成功を収め、そのまま場の量子論の標準理論に拡張された。しかし場の量子論の標準理論はどれほど成功したのだろうか。少なくともいえることは、巨大な行き詰まりに遭遇し、ここ何十年も本質的挫折に遭遇しているということである。そもそも標準理論は、ニートリノの質量の存在も説明し得ていない。

それならば、ニートリノの超光速性が証明されれば、ニートリノの質量とあわせて、何か標準理論のブレークスルーにならないのだろうか、と言うは易く、なのであった。

棋士の勝率

user-pic
0

私は管理職時代、特に年末になると、部下の実績をどう評価するかいつも悩んでいた。そして何か客観的な指標がないかと模索したが、いくら考えてもそんなものはないことが分かった。しかし、万能ではないが、より客観性の高い指標というのはあるような気がした。それはあまりにもありきたりであるが、数字に基づくものである。とはいえ、私の主要な部下だった事務担当の人達にはそのままでは数字は使えない。それでも私が評価指標について模索していたのは、私は管理職時代、他の特許専門職の管理職に対して、特許専門職の実績を数値で示す役割も果たしていたからである。

もちろん仕事の結果の数値は一応の目安にすぎない。しかし、単なる目安だと数字を軽視すると、主観に流されてより偏った評価になる可能性がある。そこで実績の数値と事務担当に対する態度で、私なりに評価して他の管理職にアドバイスするのが私の役割だった。私のアドバイスは、それなりに配慮してもらっていたと信じる。

前置きが長くなったが、そういう数値的な評価で棋士の強さを測ってみたくなった。幸い、将棋連盟のホームページに棋士の通算勝率の数値があるので、使わせて戴くことにした。そして主要な棋士のデータを下記のとおり表にしてみた。コメントは以下のとおりである。

  1. このデータは、2011年9月23日に将棋連盟のホームページに掲載されていたデータを使わせていただいたものである。
  2. 棋士については、データの統計性に配慮して、400局以上対局した棋士のみとした。そのため、若くて有望な豊島将之六段、村山慈明五段、糸谷哲郎五段、広瀬章人七段、佐藤天彦六段等は含まれていない。この対局数での足切りは議論のあるところである。
  3. 勝率7割以上の棋士は、羽生しかいない。当然かもしれないが、やはり別格である。
  4. 勝率6割5分以上で現在A級にいない深浦 康市、木村 一基、山崎 隆之、松尾 歩、阿久津 主税は統計的には早晩A級に昇級、あるいは復帰すべきなのだろう。しかし、統計的という言い方は確率的ともいえるので、必ずしも現実にそうなることを保証しない。当たり前のことをディスクレームしてどうする。
  5. 400局以上対局して勝率6割以上は一流棋士と呼んでいいのではないだろうか。勝率6割以上だとA級に在籍し、あるいはA級にいたことがあるとは必ずしもいえないが、現在A級に在籍している棋士は皆、勝率6割以上である、と言えるかと思ったら、高橋 道雄は5割8分だった。ほとんど勝率6割に近いので誤差の範囲か。
  6. 400局以上対局して勝率5割5分以上の棋士を一流棋士と呼んでも、そんなに妥当性を欠くとは思えない。
  7. 上記の400局での足切りは、もともと500局での足切りだった。しかしそれだと私が個人的にファンの橋本 崇載と深夜A時(飯島 栄治、佐藤 紳哉)が落ちてしまうので、400局にした。なんという恣意的な基準。
  8. 通算勝率が結構いいのに順位戦的にはいまいち苦戦している人達がいる。挙げると、田村 康介、小林 裕士、真田 圭一、飯塚 祐紀、中座 真、佐藤 紳哉など。特に中座七段など、C級2組で現在4連敗である。最近不調なのだろうか。なお、順位戦で上位に行くには通算勝率も然ることながら、一時的に連勝を重ねる力が必要である。当然だが。

以下、参考までに勝率表を示す。

棋士名勝数負数勝率
勝率7割超え
羽生 善治11564460.72
勝率6割5分以上
森内 俊之8064400.65
渡辺 明3781780.68
丸山 忠久7123720.66
深浦 康市6783470.66
木村 一基4642310.67
山崎 隆之4302060.68
松尾 歩3231770.65
阿久津 主税3371720.66
勝率6割以上
久保 利明5693260.64
谷川 浩司12057070.63
佐藤 康光8694900.64
森下 卓8165200.61
屋敷 伸之6493740.63
郷田 真隆6933880.64
阿部 隆6704340.61
中田 宏樹6564010.62
中川 大輔5913660.62
先崎 学5843680.61
三浦 弘行4563040.6
行方 尚史4622790.62
飯島 栄治2681540.64
橋本 崇載2671510.64
田村 康介3482330.6
小林 裕士3302150.61
勝率5割5分以上
加藤 一二三129610710.55
内藤 國雄11179300.55
田中 寅彦7255920.55
高橋 道雄7625550.58
中村 修6705390.55
島 朗7465600.57
南 芳一7415430.58
塚田 泰明6375080.56
井上 慶太6414680.58
藤井 猛5033520.59
日浦 市郎5874260.58
鈴木 大介3872680.59
神崎 健二5154010.56
小倉 久史4553740.55
畠山 鎮4573300.58
畠山 成幸4413470.56
佐藤 秀司4273080.58
杉本 昌隆4573320.58
豊川 孝弘3812920.57
真田 圭一3872950.57
飯塚 祐紀4102930.58
北浜 健介3712760.57
堀口 一史座3372450.58
中座 真2972370.56
野月 浩貴3172270.58
平藤 真吾3663030.55
矢倉 規広3142550.55
北島 忠雄3192450.57
近藤 正和2772260.55
佐藤 紳哉2922070.59

台風一過

user-pic
0

9月21日は関東を台風が直撃するとのことで警報が発せられていたが、能天気な私は何も深く考えず出社した。午前中発明の会議があったからである。

会議が終わってみると、社内がなんとなく落ち着かない。台風で交通機関の乱れが予想されるので、早退が呼びかけられるらしかったが、まだ社内放送もないし、依然として私は能天気に仕事に打ち込んだ。

午後になると風雨がひどくなってきて、いよいよ社内放送があり、本当に帰宅する人達が増えてきた。しかし私は、これくらいで電車は止まらないだろうと高をくくって、会社に居残っていた。それでも、帰宅すべきだとしつこく言われるので、午後3時頃、流石に帰宅することにした。

会社から駅までの道のりは、風で傘の骨が折れ曲がり、風雨は容赦なく私の体を濡らした。それで駅に着いたときはすっかり濡れネズミで、ゲゲゲの鬼太郎に出てくるネズミ男もかくや、という有様だった。

ところが駅に着くと、電車は全面運休で、駅からタクシーを拾おうにも、タクシー待ちは長蛇の列だった。それで駅から歩いて帰宅することを考えた。実際、3月の大震災で電車が運休になったときは、1時間かけて歩いたことがあり、今回も歩いて歩けないこともないだろうと楽観視し、止せばいいのにほとんど傘の役割を果たさない折れ傘を握り締めて歩き始めた。

しかし雨と風は、私に30メートル以上も歩くことを許さなかった。そこで私は、ちょっとずるいことを考えた。というのは、普通に駅でタクシーを待つと長蛇の列だが、少し駅から離れて待つと、お客さんを送り届けて駅に戻ってくるタクシーを待ち伏せすることができる。そういうのはアンアェアかと前にあるタクシーの運転手に確認したことがある。すると、駅からある程度の距離があればいいのではないかと言われたことがある。そこで、もう少し駅から離れる距離まで歩いて、タクシーを待った。

すると意表をついて、駅に向かうタクシーではなく、駅からやってくるタクシーに空車があった。意外に思いつつ手をあげるとなんとかタクシーに乗れた。聞くと、当該の駅をフランチャイズとするタクシーではなかった。フランチャイズでないので、駅でお客さんを乗せてはいけないという仁義がある。しかし、これも「駅からある程度の距離」という法則が利いて、ここならお客さんを乗せてもいいのではないかと、そのタクシーの運転手はいう。

タクシーの運転手は、私好みの会話が好きなタイプで話が弾んだ。すなわち、こんな風雨の日は運転したくない。なぜなら風でいろいろなものが飛んできて車体を傷つけるからだという。しかし稼ぎどきなのでタクシー会社は休ませてくれないという。なるほど、当たり前である。ともかく私が千載一遇のチャンスを拾った証拠に一台もタクシーが走っているのを見かけなかった。

帰宅してみると、都内に出かけた家人が経堂駅で足止めを食らっているという。台風でそこまでしか電車が運行してないのである。そこで、ちょっと休憩して、車で迎えにいくことにした。こんな風雨に一般道を通ると渋滞必至なので、東名で行くことにした。

ところが東名の横浜町田インターの乗り口までの道のりの長いこと、途中で、木が倒れてる箇所があって、作業のため一車線が使えなかったところもある。ようやく東名に乗ると、こんな台風に都内方面に行く人は多くないのか、あまり渋滞していなかった。ところがちょっとトイレに行きたくなったので、最寄の港北サービス・エリアに入った。そこでトラブルがあった。駐車してドアを開けたらそこに突風がきて、隣の車のドアに当たって傷つけてしまった。幸い、その車の運転手は紳士的な若い男性だったが、警察を呼んで調書をとっていると1時間もロスしてしまった。不注意による自業自得である。駆けつけた警官は、今日はこの手の事故が多いんです、と感慨なげに言った。そうして調書を作成すると、相手の男性に、あとで保険会社から連絡させることを約束して、その場を逃げるようにまた高速に乗った。

そういえば相手の男性は、あなたは悪くないです、台風のせいですといってくれた。考えられる最も紳士的な対応であろう。しかし事故は事故で不愉快になるのは避けられない。引き摺らないように気持ちを切り替え、あとは安全運転して経堂駅に行って無事自宅に帰った。ナビを使ったので道に迷うこともない。しかし、運転がもともと得意でない私には、一度も言ったことがない都内に、ナビとはいえ行って帰るのは結構なチャレンジで、無事帰ってきたときはどっと疲れた。

次の日に、保険会社に連絡をとって手を打った。自分で交渉しなくていいというのは助かる。こうしてまあ、結構な台風で濃密な一日だった、と思い起こしている次第である。本来、台風の日に私の運転技術で遠方まで出かけるのは実は危険であった。車は横風を受けて軋むし、いろいろ物が飛んでくる。そもそもが東名は、強風で下り方面が不通になっていたほどである。

実は、自動車保険の更新のタイミングで、運悪く事故を起こしたことで、保険料が直前で数千円も嵩上げされてしまった。なんという間の悪さだろう。

しかし、ものは考えようで、「ブラック・スワン」のナシーム・タレブによれば、小さい事故の発生は致命的な事故の発生確率を減らすのだという。それはどうやって証明するのか分からないが、ともかく無事だったことに感謝するとしよう。

過小評価

user-pic
0

人間は、未知のことを過大評価するものだろうか、それとも過小評価するものだろうか。それは相当に場合による。例えば、知らない国を訪ねて、怪しい格好をした男に出会ったら、もしかしてそれがその国では規律正しい格好だったとしても、必要以上に不安にかられる。すなわち、自分の身の安全にかかわることは、その恐怖が過大評価される。放射性物質などもそうだろう。ホルミシス効果だなどといわれても、大抵の人は冗談ではないと相手にしない。

それでは、自分の身の安全に関わらないなら、人は過小評価するのだろうか。例えば、C言語でプログラムを書くというのは、きちんと勉強すれば誰でもそこそこできると思うが、一般的には難しいと敬遠されている。これなど一般的に難しさが過大評価されているのではないだろうか。

そういえば私にとって、簿記、民法などの法律一般、経済学など、もしかして自分で難しさを過大評価してしまっているのではないかと思われるものは少なくない。数学、物理学は妥当な難易度の評価をしていると自分では思っている。

ところが最近、これは明らかに不当に過小評価してしまっていると思われる分野に出会った。それはチェスであって、「はじめてのチェス」酒井美代子著、成美堂出版を丁寧に読み進んでいくと、終盤の手筋を示すページがあったのだが、ええっ、こんな駒が次第に減っていく局面でどんな妙手があるのだと当惑してしまった。そこで実際問題を考えてみると、将棋のスキルを駆使しても決して容易ではない。しかし、こんなものは将棋の終盤に較べると目じゃないぜ、という呟きが聞こえる。

そんなはずは決してない。なにしろ、何世紀にも亘って、西欧のチェスマスターたちはすさまじい努力をこのゲームに費やし、それでいて常勝を誇る者は誰一人いない。将棋の羽生にしてからが、その将棋のスキルも駆使して取り組み、日本チャンピオンに近いレベルには達したものの、本人は自嘲的に、自分のチェスの棋力はせいぜい、アマチュア高段者レベルだという。もしチェスのほうが将棋よりも容易なら、羽生はその才能を駆使して一足飛びにチェス世界チャンピオン・レベルに達しているはずなのにそうなっていない。

だから私は、頭ではチェスが決して将棋よりも容易なゲームではないことを知り抜いているつもりである。なのに、初歩のチェス・プロブレムを眺めて、単純なのではと勘違いしてしまうのは、将棋を通じてチェスに親近感があり、それでいて、チェスのスキルが極めて低いことによるようである。

すなわち、ある技芸のスキルが低いと、その技芸を単純とみなしてしまう傾向を人間はもつが、なじみがないと妙な違和感や不安感から、とてつもなく難解と感じてしまう。ところが、自分の既存のスキルとの類似性から、違和感や不安感が払拭されると、単純とみなしてしまう傾向だけが残ってしまう。

例はいくつかあるが例えば、解析学を研究している数学者が理論物理を少し勉強すると、そこに書いてある道具立ては自分に馴染みがあるものばかりで、周囲の物理学者は自分ほどその数学的側面を理解していないように思われる。そこで急に、理論物理なんてちょろいのでは、と決して口外しなくてもどこかで感じてしまうことになる。しかし、数式の物理的意味に想到することは決してないのである。

別の例として、弁護士が特許法を勉強したとする。すると、なんだこれは民法と行政法と民事訴訟法の知識を適当に組み合わせれば、簡単に理解できると高をくくってしまう。ところが、そんな理解ではいつまでたっても特許実務に取り組むことはではない。

そうやって過小評価したければ本人の勝手だが、過小評価している間、本人の理解は過小評価しているのと同程度にその技芸のスキルは矮小なものになってしまう。だから意味のない過小評価は百害あって一利なしなのである。チェスでいえば私は、少なくともチェスの難しさ、深遠さを垣間見るまではチェスについて語るべきできあるまい。

ところで、特許実務で、特許庁から拒絶理由がきたとき、意見書でいろいろ反論すると禁反言になるのでなるべく意見書は書かないほうがいいなどと平気でいう人がいる。これなどまさに実務を過小評価しているのであるが、それは、そういう本人の実務能力が初心者レベルに留まっていることの例証である。なにしろ厳しい拒絶理由は、沢山の拒絶項目を含み、その一々にきちんと応答しないと特許査定はおぼつかない。

こうして、分かりにもしないのに、あああれね、と自分は何でも知っているように威張る人は実はもうほとんどスキルとしては終わっているということになる。私もつい空自慢する傾向があるので気をつけなくては。

会社でも大学などの研究機関でも、プレゼンテーションが要求される場面は少なくない。それではプレゼンテーションとはどういうものだろうか、知っている人には当たり前であるが、敢えて説明してみる。

  1. 典型的にはマイクロソフトのパワーポイントで作成される。稀にアドビ・イラストレータなども使用される。
  2. プレゼンテーションの相手は、主として承認権限者である上長であるが、同僚、部下、一般聴衆向けにも行われる。
  3. プレゼンテーションの相手は、その主題の専門家でないのがほとんど前提である。従って、詳しくない人にも直感的に理解しやすいように、図、イメージ、グラフなどを駆使して、目を引くように作成される。
  4. プレゼンテーションの目的は、網羅的ではないが、次のようなものがある。
    • 予算獲得のため、予算割当権限者に、プロジェクトの重要性を訴えるプレゼンテーション。プロジェクトの意義、実施したとき予想される効果、実施されない場合のデメリット、その他技術的説明なとが網羅される。特に、意義や効果が重要である。
    • ある方針を承認してもらうためのプレゼンテーション。最終的に承認権限をもつ上位管理職に対して行われるのが普通である。その方針にすることの理由を合理的且つ分かりやすく説明することが重要である。
    • あるコンセプトを周囲や世間に広めるためのプレゼンテーション。そのコンセプトの由来、意義、概要、将来の展望などをひたすら分かりやすく記述する。
    • 同じ分野の専門家向けのプレゼンテーション。前提などは思い切って端折って、コアとなるアイデアにフォーカスして、いかに画期的なアイデアであるか納得してもらうようにする。

すなわち、当然にプレゼンテーション・スキルというのはあるのであって、折角いい提案なのに、プレゼンテーションがまずいばかりに承認が得られない、予算がつかないということがありえる。従って、場合によっては、プレゼンテーション・スキルが死活問題になる、ということがありえる。

それでは、プレゼンテーション・スキルをひたすら磨けばいいかというと、もちろんプレゼンテーション・スキルだけでは不十分で、その基になる提案、プロジェクト、コンセプトが優れたものでなくてはならないのは言うまでもないであろう。

しかし、承認権限をもつ上級管理職は忙しいので、プレゼンテーションをレビューするために十分な時間をとれないことが多い。すると、ぱっと見でファンシーで注意を引くプレゼンテーション・チャートが蔓延ることになる。

そこで注意を要するのは、ファンシー性を高めたプレゼンテーション・チャートは、往々にしてデフォルメであり、ついお化粧のような過剰表現、虚偽表現を含むことになる。それでも上級官吏職は短時間のレビューでそれを見破れるわけもなく、逆に素晴らしいチャートであったと賞賛してレビューを追える。すると、プレゼンターはそれに味をしめ、また周囲の者もファンシーなチャートこそが出世への誘いだと認識する。

昔、ある名門で知られる会社がまさかの苦境に陥ったことがあった。長年の文化でプレゼンテーション・チャートは、美麗の粋を尽くしていた。その技能を身につけないと出世きおぼつかないと信じられていた。しかし、その官僚的な体質により、その会社は時代の波に乗り遅れ、一気にすわ倒産かという危機に直面した。

そこで、この危機を打開するため、異例の措置として、外部の異業種のCEOが雇い入れられた。このCEOに対して当然のごとく、幹部社員たちは、ファンシーなチャートをもって、この危機をどう乗り切るかプレゼンテーションした。すばらしいと感心されるかと思った幹部社員たちはむしろ、怒号で迎えられ、当惑した。すなわちCEOは、私が見たいのはそんなチャートではない、と怒鳴ったのである。

呆然とする幹部社員を尻目に、CEOは全世界の事業所に出かけていき、庶務の担当者からも生の意見を聞いた。そうやって時間をかけて問題点をかき集め、側近社員たちと検討して、官僚体質を打破する施策を打ち出していった。

一方、次のような別の例を聞いたことがある。すなわち、ある真面目な担当者が、上級管理職に承認を得るためにプレゼンテーションする必要に迫られた。しかし、実務が忙しいのでプレゼンテーション・チャートの作成にあまり時間をかけられない。そこで限られた時間でプレゼンテーション・チャートを作成してレビューに臨んだ。これは優れたプロジェクトなので、口頭で説明すれば分かってもらえると信じて疑わなかった。しかし、上級管理職は、その、あまり注意深く作成されたとはいえないプレゼンテーション・チャートにいたく失望して、今後、自分にもってくるプレゼンテーション・チャートは、その担当者の直接の監理職が時間をかけて慎重に検討すること、というお達しを出した。その結果、上級管理職に覚えめでたくなるために、担当者とその監理職はこぞって、一字一句検討し、万が一にも遺漏のない資料を作成するようになった。そのために事前レビュー・ミーティングが多くもたれるようになった。確かに、そうやって時間をかけて作成されたプレゼンテーション・チャートは、相対的に上級管理職の承認がえられやすかった。そのうちに、プレゼンテーション・チャートの品質そのものが仕事の成果だと多くの社員が信じ始めた。そこでみんな仕事そっちのけで、プレゼンテーション・チャートの改善に励んだ。

これらから、たかがプレゼンテーション、されどプレゼンテーションという教訓を引き出すのは容易であろう。私はあえてコメントしないでおく。

読売新聞によると、ガンマ線バーストが新しく生まれたブラックホール周辺から放出されたガスの塊から発生することが解明されたという。以下、引用:

宇宙最大の爆発現象と呼ばれる「ガンマ線バースト」は、新しく生まれたブラックホール周辺から放出されたガスの塊から発生することが、金沢大学の米徳(よねとく)大輔助教(宇宙物理学)らの研究でわかった。

謎の多い爆発現象の実態に迫る成果で、19日から鹿児島市で始まる日本天文学会で発表する。

ガンマ線バーストは、放射線の一種であるガンマ線が数十秒の短時間だけ大量に放射される現象で、宇宙初期の姿を解明するカギとされる。約4億3500万年前に起こった生物大量絶滅の原因という説もある。太陽の30倍以上の重い星が爆発してブラックホールができる際に生じると考えられているが、詳しい仕組みはわかっていなかった。

研究チームは、太陽光のわずかな圧力を帆に受けて加速する日本の宇宙ヨット「イカロス」に載せた装置で、昨年8月26日に発生したガンマ線バーストを観測し、データを分析した。

ガンマ線バーストという用語を聞いたのは初耳ではないと思うが、あまり注目したことはなかった。だから、ガンマ線バーストが、新しく生まれたブラックホール周辺から放出されたガスの塊から発生すると聞いても、今の私の極めて乏しい宇宙物理に関する知識では驚くことさえできない。

ただ、そんなことがあるえるのかと驚くのは、ガンマ線バーストが、約4億3500万年前に起こった生物大量絶滅の原因というくだりである。これは実は恐竜絶滅ではない。なぜなら、恐竜絶滅は6500万年前とされているからである。

調べてみると、約4億3500万年前は、オルドビス紀末の絶滅であり、そのとき、三葉虫を含む、当時生息していた生物種の85%が絶滅したとされる。そのとき6000光年以内という天文的には比較的近くで起きたガンマ線バーストが原因という説があるらしいのだが、果たしてどのような仕組みなのだろうか。

強い放射線が雲を生じさせるというのは、気候変動とエネルギー問題でみた説であるが、ガンマ線バーストがたった数十秒しか続かないというのだから、それで三葉虫たちを殺傷できるとなると、単なる気候変動でなく、相当に強い放射線ということになる。するともしかして数シーベルトのレベルなのだろうか。しかし、6000光年もの彼方からやってきたガンマ線がそれほど強烈である、というのはどうしても考えにくい。

これは、宇宙の未解明問題 (ブルーバックス) リチャード・ハモンド著、大貫 昌子訳に書かれている、上限を超えた強度の宇宙線の謎とは別の問題である。

そしてブラックホールといえば、ブラックホールの衝突で議論したような、本当にブラックホールは実在するのか、という問題にも再び逢着する。よって、折角ガンマ線バーストの発見も、私には単に謎を深めるだけのように思われるのである。

NWR指数

user-pic
0

若いときは考えてもみなかったが、最近つい、NWR指数なるものを考える。そんなの知らないといわれるだろうが、当たり前で、私の造語である。しかし説明すると自明なのであって、それは、ノンワーキング・リッチ指数の略である。

NWR指数は、次のように定義される。
(ある期間に組織から支払われている給与)/(その期間に実際に働いて組織に寄与した貢献を金銭に換算した値)

私の考察によると、NWR指数は、次のような性質をもつ。

  1. NWR指数は、おそらく個人営業だと意味がない。なぜなら、個人営業では、その値は常に1になるはずなのである。よって、定義に「組織」を入れた。
  2. 定義の「期間」はおそらく、1年程度でみる必要がある。1ヶ月では、変動要因が大きすぎる。
  3. 期間が年だとして、NWR指数を計算するとき、分子に年収の額をそのまま入れるのは望ましくない。なぜなら、組織は給与以外に、福利厚生などの費用を払っており、この額は決して小さくないからである。例えば、年収に1.5を掛けた値とする。
  4. NWR指数は、当然に少ない方が望ましい。ただ、まさか0.1というのはありえないというか少なすぎて、0.5くらいが妥当であろう。
  5. 問題は分母の計算である。営業だと普通に売り上げを入れるが、人事や総務だと計算が困難である。管理職も、部下の仕事を管理する業務の効果を金額計算するのが難しい。その場合は、ある妥当な時給に働いた時間をかけることにする。ちなみに私は、特許明細書作成、意見書作成なのど件数に、それを外部特許事務所に依頼したときの相当料金を掛けて計算しているが、妥当性はわからない。

ともかく私がいいたいのは、折に触れてNWR指数を意識して仕事しなさいということで、極めて当たり前である。

NWR指数の計算はこのようにすっきりとはいかないのだが、流石にみるからに、NWR指数が3より大きいだろうと推察できるケースがある。これを世間では、ノンワーキング・リッチと呼ぶ。もしかして、NWR指数が10より大きいと思われるケースもあるかもしれない。

さてノンワーキング・リッチに甘んじてそれを長らく放置しているとどうなるのだろうか。すると、目には見えないが、所属する組織に対して、ある種の負債がどんどん蓄積している。普通の人間だと、このことは、居心地の悪さにつながる。それは、精神的な重圧になるはずである。そして私が観察する範囲では、NWR指数を高める方向に活動性を下げてしまう。すべてに受身になっていく。

それでも、業績を問われない環境では、高いNWR指数で楽しく生きていきけるのだろうか。楽して稼げるのだから何が問題なのか、ということになるのだが、その帰趨はわからない。どこかで負債の返済を迫られるのだろうか。これは、人生の目的関数で述べた虚数の負債の問題なのであり、私の思索は未完成のままである。

上司の盾

user-pic
0

知り合いから、Tmedia エンタープライズの面白い記事を紹介されたので、部分的に引用しつつ、コメントする。

企業人としての本来の業務、あるいは創造的な業務を、上司や社内関連部門、あるいは会社のOB、社外などからディスターブされることに困惑したり、腹立たしく思ったりする経験は誰にでもあろう。その時、上司(経営者、幹部、管理者すべて)は部下をディスターブから守っているか、いや、上司自身が部下をディスターブしていないか。上司は本来、ディスターブから部下を守る「盾」になるべきではないのか。

「優れたボスは"人間の盾"となることに誇りを感じ、社内外からのプレッシャーをみずから吸収するか、はねのける。そしておもしろみのない瑣事をみずから引き受けて、部下を働きにくくするような愚か者や余計な口出しと闘うのである。」と、ロバートI.サットン スタンフォード大学教授は主張する(「Diamond Harvard Business Review」2011.2.)。

これを読んで私は、そうだ!と叫びそうになる。まさに私が管理職としてやっていたことだからである。すると、元私の部下だった人達は、もしかして同意してくれないかもしれない。君はいちいちうるさい上司だったではないかというかもしれない。しかし私は、もてる時間を駆使して、部下に対する楯となるようにやってきたつもりである。そこで、自己讃美になるかもしれないが、なるべく客観的に当時心がけていたことを書いてみる。

  1. 韓国の対応部門から、あることを調べて返事するというルーチン・ワークが来ることが頻繁にあった。これを部下に依頼するというのが常道であるが私は敢えて、これをすべて一手に引き受けて自分で処理した。理由は、ただでさえ部下の人達は忙しそうだったから、ということと、この仕事はあまりにもルーチンで、いくらやってもスキルの向上にはならないということと、夜突然依頼が来て急ぎだったりする、というもろもろの条件から私が処理した。ところが周囲や部下の人達からさえも、なんでそんなルーチンを管理職がやるのだ、抱え込みすぎではないか。時給の高い人はもっと付加価値の高い仕事をやれ、とか散々批判された。しかし私は黙って、方針は変えなかった。というのは、そんなルーチンは自分に廻してくださいと言っている本人が、育児や家事があったりして、そんなに残業できないのである。頼めるわけないではないか、と内心思っていた。
  2. 特許データベースの中身に詳しい外国人上司が日本に来たとき、その上司は自分でデータベースを操作できるので操作してみて、この項目にデータが入ってない、この項目は間違えたデータがある、としつこく私の訂正を迫った。もちろん間違えた内容は直ちに修正したが、この項目にデータが入ってないというけれども、日本では使わないフィールドなので入れなくていいと私が判断して放置していたのである。そもそも、そのフィールドを入れると大変手間がかかる。部下の貴重なワークロードをそんなことに使えるわけないと、上司の指示を私の責任でやりすごした。そのやりすごしの期間が長かったので、怒りっぽいその上司はあるとき激怒して、私を問い詰めた。その上司のことを困ったやっちゃと思っていた私は、文句あるなら俺を管理職から降ろしてみろといいたくなったが、ぐっと抑えた。そこで私が反発することは、部下にとっても私自身にとっても得策でないと判断したのである。そこで、部下を集めて、その上司からの指示を切々と話した。苦汁の時間だったが、そういうなら仕方ないと、部下たちは自主的にうまいやり方を考えてくれた。みんなベテランで、こういうとき知恵を出すと実に頼もしいのである。そのスキルをとても誇りに思った。私はただやる気を削がないようにするだけである。
  3. あと、昔「ショムニ」というテレビ番組が人気を博したことがある。これは、とある商事会社にある、落ちこぼれ社員が集められた「庶務二課」(略称「ショムニ」、これがタイトルの由来)に勤めるOL達の話であるが、誤解なきようにいうと、私が課長であったグループはいかなる意味でも落ちこぼれ社員の集まりではなかったが、他の特許や契約を担当する課からは、何かと雑用的に使いまわされてきたので、私はその都度注意して、部下を護ってきた。しかし、当時の部下だった人は、護られた記憶なんてないというだろう。実際、何度私は部門の偏見の前に挫折したことか。何度無力を感じたことか。

ということで、私は、盾となってきたという意識はあるのだが、部下の人達は認めてくれないだろう。それは仕方ない。

それでは、この記事で、盾の反対の役割を果たしてしまう上司とはどのように描かれているか、私なりにまとめてみる。

  • 部下に「干渉」することがマネジメントだ、あるいは任務の1つだと誤解している上司。単にレビューのためのレビューを延々と繰り返す上司がいたりする。あげくの果てに、これでは駄目だと、具体的な指摘をしないで突き返したりする。
  • 上司の「好み」とも言える代物に、つき合わさせる上司。ほとんど趣味のような仕事に、部下の貴重な時間をあてさせる。それを唯々諾々とやることで評価を高くしたりする。
  • 上からの指示を、単に下へ流す「伝達役」になり下がる上司。単なるメールなら、直接上からメールが送られるようにすれば済む話である。付加価値のない「問屋」は、いらない。
  • 効率の悪い「会議」が、多過ぎる上司。自信がないのか、単に大名行列が好きなのか、一人出ればいい会議に、何人も連れて行く上司がいる。時間の観念がないこと、甚だしい。
  • 「管理部門の都合」に盲従してしまう上司。管理部門の言われることに盲従して、おかしいことでも一切疑問を挟まない。そうして、管理部門から要求された資料作成などの仕事はそのまま部下に丸投げする。
  • 部下の盾になるでなく、部下を盾として使う上司。重要な交渉なのに、自分の意図だけ伝えて、部下に交渉に行かせる上司がいる。そして、交渉うまくいかないと、やり方が悪いと詰る。そして勝手なアドバイスして、もう一度いってこい、今度はしくじるなよ、と送り出す。部下は、そのまま遁走した気持ちに駆られる。また、何か失敗があると、担当の部下のせいだと相手先に伝え、このようなことがないようきつく言いますというのだが、管理職として一切指導もしないし責任も感じない。なにかあったら、その部下を外せばいいと涼しい顔である。

このように、管理職は、盾なんて知るか、というのが一般的なのであった。

光る猫

user-pic
0

ロイターによれば、米国の研究チームが遺伝子操作により、光る猫を作り出したという。以下、引用:

米国の研究チームがこのほど、遺伝子操作により、猫のエイズを引き起こす猫免疫不全ウイルス(FIV)に耐性のある細胞を持った「緑色に光る」猫を生み出した。猫エイズの感染防止のほか、人間の後天性免疫不全症候群(エイズ)研究にも役立てたいとしている。

科学誌「ネイチャー・メソッズ」に11日掲載された今回の研究では、FIVを抑える働きを持つサルの遺伝子を猫の卵母細胞に注入し、その後受精させた。加えて、遺伝子操作を行った部分を容易に判別できるよう、クラゲの遺伝子も組み入れた。これにより遺伝子操作された細胞は緑色を発色する。

その結果、遺伝子操作された卵母細胞から生まれた猫の細胞を採取したところ、FIVへの耐性を示したという。また、これらの「耐性」を持つたんぱく質は、猫の体内で自力で作られていた。

また、遺伝子操作した猫同士を交配させたところ、生まれた8匹の子猫にも操作された遺伝子が引き継がれていた。

研究を率いたメイヨー・クリニック(米ミネソタ州ロチェスター)のエリック・ポエシュラ博士は、今後は遺伝子操作した猫を実際にFIVに接触させ、ウイルスへの耐性があるかを確かめたいとしている。

最初にこの記事を新聞でみたとき、光る猫を作り出して見世物にるす気かと憤ったのだが、光らせるのは、ノーベル化学賞を受賞した下村脩博士が発見したGFPを組み込んで遺伝子操作された細胞をトレースするためだと分かって、安心した。猫好きとしては、猫を光らせて、親の因果が子に報い・・と、見世物にされるのは耐えられない。しかし実際にFIVへの耐性の遺伝子操作は、親の因果が子に報いるらしい。

別の記事で韓国のソウル大が光る犬を作り出したというのがあったので、この操作は哺乳類一般に有効であり、すると、当然に人間にも適用できるのだろう。

今回の研究を適用すると、光る人間はともかく、HIVに耐性をもつ人間というのをつくりだすことが可能であるが、私の素朴な疑問は、遺伝的にHIV耐性なんぞを人間に付与してよいものか、というものである。

すなわち、人間の免疫機構はもともと、HIVに対する脆弱性というか、セキュリティ・ホールをもつ。だから、遺伝子操作でパッチをあてて、そのセキュリティ・ホールを塞げばいいというのは情報工学的な発想であるが、果たしてそれをそのまま人間に適用していいのだろうか。すなわち、HIV脆弱性も、別の局面では有意義な生理作用をもち、下手に塞いでは重大な副作用が生じるのではないか、というものである。

だから私は、遺伝子治療なるものは、人間が普通にもっている機能が遺伝子の欠陥で健康障害をもたらしている場合にのみ行うべきではないかと考える。

ともかく、光る猫を作り出すための遺伝子操作には薄気味悪さを感じてしまう。これが光る猫でなく、光る乳酸菌なら少しニュアンスは違うが、暗闇で緑に光るヨーグルトというのもやはり戴けない。

遊び

user-pic
0

最近遊びを忘れているなあ、とふと自分をふりかえることがある。これが歳をとるということかと。

ここでいう遊びとは、私にとってギャンブルでもなければ酒を飲むことでもない。ましてやナンパではない。

ここでいう遊びとは、私にとって、主としてコンピュータのアプリケーション周りのいじり倒しである。例えばまだ独身の20代後半、シャープのMZ-2000を買った時は、コンビニで買ったパンを齧りながら、毎日夜3時までプログラミングに励んだ。πの計算、天体力学の初歩、人工知能の初歩などを適当にプログラミングし、コンピュータ上で自分だけの仮想世界を楽しんだ。

いまから20年も前にTurbo C++を自分で買ったときは、それを会社のパソコンにも導入して、以前シャープのMZ-2000でやったのと似たことをTurbo C++でも書いてみたが、ムーアの法則でコンピュータのハードウェアの性能が飛躍的に向上していたので、プログラムの動作が圧倒的に速いのに感動した。

しかし、遊びが昂じて、仕事中にTurbo C++いじりをやったりしていたので、当然に上司はいい顔しなかった。が、仕事はそこそここなしていたので、とりあえず表立って怒られてはしなかった。

ところがである、この遊びの経験が仕事で活きることになった。前にも書いたが、電子出願用のツールを作成するのにTurbo C++で遊び倒していた経験が活き、懸命の努力でなんとか、仕事に使えるツールが作れた。このとき、今までプログラミングで遊んでいてよかったと、かなり苦しいが自己正当化した。

とはいえ、大学で情報工学を学んだわけでもなく、SEやプログラマの職種に就いたこともない者が、なんとか使えるプログラムが書けるようになるには、なにかの処理系やツールで、ある期間遊び倒すしかないのである。

その後、不幸にも40台で管理職になってしまったことから、管理業務が増えて、流石にプログラミングに没頭しているわけにもいかなくなった。それでも、時間をみつけては、業務用のツールを書くのだと言い訳して、意味のないプログラムを書いていたことがあった。それが仕事の一番のストレス解消であった。すなわち40台はまだ遊ぶ余力があったのである。

ところが今の50台後半になってみて、どうも遊べない自分に気付き、愕然とした。すなわち、コンピュータのソフトウェアは仕事に使う以外の目的でいじることはなく、本を読むときも、これはこんど書く特許明細書の発明理解のためだとか、いちいち目的指向から逃れられていない。すなわち、子供がただ楽しみで遊ぶ境地から遠ざかっているのであって、これが歳をとるということなのか、と愕然とした。

そういえば、うちの飼い猫も、もう8歳になってすっかり遊ばなくなった。いつも寝てばっかりである。

一方で、現代の都会の子供をみると、子供のときから塾だの、入試準備だのと追われ、ある意味今の私以上に目的指向で生活している。そういうのが平気な子供もいるのだろうが、かなりの確率で、そのような生活からは確実に、子供はイマジネーションを奪われるだろう。すると下手したら、難しいといわれる大学にはなんとか入っても、全くイマジネーションのない人間になってしまう。それでも、いやそれだからこそ優秀な官僚になれるからいいのか。

それがいいという価値観は私には全く理解できない。おっと、他人はともかく、自分のイマジネーションの枯渇をなんとかしなくてはならない。どうやって遊ぶか、思案しているようではおかしいのだが。

読売新聞によると、女性ストーカーが逮捕されたという。以下、引用:

絵画教室を経営する京都市左京区の男性(59)につきまとい、好意を伝える手紙を無理やり渡すなどしたとして、下鴨署は13日、元生徒で大阪府高槻市山手町の無職西川久美子容疑者(48)をストーカー規制法違反容疑で逮捕した。

西川容疑者は15年前から男性にストーカー行為を繰り返していたといい、「気持ちを伝えたかった」と容疑を認めている。

発表では、西川容疑者は今年1~3月、男性の自宅に数回押しかけ、その度に「会いたい」「電話が欲しい」などと書いた手紙やメモを渡した疑い。

同署によると、西川容疑者は約20年前に男性の絵画教室に通い始め、約15年前から待ち伏せするなどして手紙を渡すようになった。男性は絵画教室への参加を拒むなどしたが、西川容疑者が教室に押しかけるなどつきまといが収まらず、今年5月、同署に告訴した。

ストーカー行為というのは普通、男性が女性にするものであって、珍しくないので、よほど悪質でないとニュースとして取りあげられないだろう。一方、女性が男性にストーカー行為をするのは結構珍しいので、この程度の内容でもニュースとして取り上げられるのだろう。

独身時代の私は、いつも片思いで女性に相手にされなかった。それでも思いつめて無理やり会いにいこうと思ったことがなくはないが、どうせ無理だろうと自分を押し留めた。過度に抑圧的なところはある。

一方、ありえない仮定であるが、何かの間違いで私が女性に付きまとわれないかと変な願望をもったことがある。おそらく、安珍・清姫伝説が頭にあったのだろう。私だったら、清姫のような女性に追いかけられたら、そこまで言うならと受け入れたであろう。しかし安珍は僧なので、戒律により受け入れられなかったのだろうか。

そういえば私が知っている女性は、既婚なのだが、九州出身の彼氏を飛行機で福岡まで飛んで追いかけたのだという。ストーカーまがいだと自分でいっていたが、その女性なら私も追いかけられみたかった。果たして、そうやって追いかけて見事彼氏をゲットしたのだという。

しかし、と私も思い出した。大阪にいた頃、付き合うてくれへん?と蚊のなくような声で告白されたことがあった。しかしあいにく私の好みのタイプではなかったので、気のないそぶりをしたら二度とそんなこと言わなかった。女性に全く縁がなく、決して女性に高い水準を期待しない私も流石に誰でもいいわけではないのである。

その女性は毛嫌いするほどでもなく、本当にストーカー的に迫られたら、根負けしたかもしれない。それでも、私だって、いやあ絶対あかん(なぜか関西弁)というタイプの女性もいる。そういう女性から迫られたら、安珍状態になったかもしれない。それでも蛇に化けるというなら、ま、まってくれ蛇にだけはならんといて、と渋々デートに応じたかもしれない。何の話だ一体。

しかし怖い話もあるもので、遠藤周作のエッセイを読んでいたら、遠藤周作の小説を読んだある女性から、先生は私のことが好きに違いないと、気味が悪い女性から迫られた経験談が書かれていた。なんでも、外出先から帰ってくると、物陰に隠れていたその女性が、先生、おかえりなさいといつも現れるのだという。真っ赤な口紅を引いた顔にぞっとしたという。こうなってくるとこれは第一級の怪談である。

そういえば、誰かに、女ストーカーの映画があると教えてもらったことがある。もしかして、「恐怖のメロディ」だったかもしれない。たまたま知り合った女に家庭をめちゃくちゃにされる、というもので、つくづく女性は怖いと私に話してくれた人も実は女性だった。

それから私は、間違っても、女ストーカーに追いかけられてみたかった、などと冗談でもいわないようになった。僕は絶対浮気はしないのです、と聞かれもしないのに女性に対してつぶやいて、は?と呆れられるようになったのもその頃からである。

読売新聞によると、ロシアの相次ぐロケット打ち上げ失敗で、かつては米国と覇を競ったロシアの宇宙技術に対する信頼が揺らいでいる。つい最近ロシア宇宙庁が8月24日に国際宇宙ステーションへの無人補給船プログレスを載せたソユーズUの打ち上げに失敗し、この失敗は四度目で損失の合計は420億円に相当する。

今までソユーズUの打ち上げは、過去769回で97%以上という高い成功率を誇った。ビダリー・ダビドフ ロシア宇宙庁副長官は、記者会見で、一連の事故は設計や製造のミスではない、と強気の抗弁をした。

それなら原因は何なのか。それは、人材不足であるとされる。すなわち、ロシアの宇宙技術は、かつての旧ソ連の遺産を引き継いできた技術者によって支えられてきたが、それらの熟練エンジニアが高齢でほとんど引退し、それを引き継ぐ優秀な人が育っていないという。

その原因はおそらく、旧ソ連の崩壊にある。旧ソ連の崩壊にともなう体制の混乱で、宇宙技術のための予算も大幅に削減され、職を失ったエンジニアは米国やヨーロッパ周辺国などに仕事をみつけられれば出ていったが、余程能力と機会に恵まれないとそれも難しく、結局多くの宇宙関連技術者は、転職するしかなかったろうと思われる。

そうして人材が窮乏したところで数年後、ロシアに僥倖があり、膨大な石油収入が入った。そのお蔭でロシアは宇宙技術にも巨額の予算を投入することができたが、投資効果がすぐにあらわれない技術開発や人材育成への取り組みを軽視した。

技術に詳しくない政治家は、巨額の予算を投入しさえすけば設備投資により、なんとかなるとつい考え勝ちである。そこで技術開発や人材育成が疎かになるのは、技術開発や人材育成が歩留まりが悪く、時間のかかるとても非効率な営為であるからである。

私の会社生活に言及すると、私が幸いだったのは、入社以来、地味な英文和訳を何年も担当し、また対特許庁手続きの応答案を上司に厳しくレビューされ、じっくりスキルを養成する機会を得たことである。このとき得た基礎スキルは、今でも役に立っている。

こういう基礎スキルを身につけていると、若い人がどんなに華麗な経歴だろうと、実際の仕事を眺めると、そのスキルレベルがある程度分かってしまうことである。少なくとも基礎が出来ているかどうかはわかる。

そんな私は、管理職時代に、スキルのある弁理士たちが大量に辞めていったあと、残る若い人たちのスキル・レベルを憂え、なんとかスキル指導や教育に力を入れるべきと主張した。しかし同僚の管理職たちは、私のようなスキル・マインドを持ち合わせず、そんな冗長なことをやっている余裕は部門にないと一蹴した。

そういう理由は、必要なら熟練したスキルの専門家は世間にいくらでもいるので雇える、というものだった。

しかしこの不景気にあって、正社員を雇うというのは、会社組織がとても忌避することである。ただでさえ人減らしを考える時代なのである。結局頑張って人を採用したが、思ったほど活躍できていない。それはその本人の才能もさることながら、時間をかけて指導するという体制がないからであった。人材は、どんな優秀でも、買ってきてお湯を注げば3分で食べられるカップラーメンのようなものではない。

こうして絶対的なスキル不足に直面しながらも、私のような熟練社員の岩田鉄五郎モードで、ニョホホ~となんとか日々凌いでいるのだが、いかんせん毎年1つずつ上昇する平均年齢には勝てず、熟練社員が年齢的にも会社を去らざるを得ない、ということになるのは見えている。

もしコアの一部でも熟練社員の頑張りで支えているなら、熟練社員社員が去って行った時点でスキルの均衡は崩れ、部門はまさに東海村の事故における放射線障害の末期のような悲惨な様子を呈する可能性もある。

ロシアの宇宙技術の現状を是非、他山の石にしてほしいと思う次第である。

福島第一原発の事故があってから私は、放射線の影響などの記事で、過度に放射線を怖れる必要はないと書いた。

しかし当然に、世間の風評は私の思惑に沿うはずもなく、放射線恐怖症はとどまることを知らない。例えば、放射線を含む干草を食べた牛の肉の出荷が自粛になったのをみて、私は唖然とした。干草自体の放射線が大した量でないのに、それを食べた牛の肉にどれほどの放射線量が反映するというのだろう。非合理にもほどがあるが、マスコミは煽る一方である。

また、この関東地方の微量な放射線量に怖れをなして移住を考えている人もいるらしい。ご苦労様、お好きなようにといいたい。

しかし、「人は放射線になぜ弱いか」第3版、近藤宗平著、講談社ブルーバックスと似た趣旨で、是非とも読んで戴きたいのが、「放射能と理性」、ウェード・アリソン、峯村利哉訳、徳間書店である。この本を私は、池田信夫氏のブログで知った。この本は、原発を推進するために二酸化炭素地球温暖化説を持ち上げるのが気に食わないが、その他の点は、「人は放射線になぜ弱いか」と論旨はほぼ同じである。私なりに要約すると次のとおりである。

  1. LNT(しきい値なし直線)モデルは、細胞の自己修復機能を考慮に入れていないので妥当ではない。細胞を橋だとし、放射線を橋に対する衝撃だとすると、日々補修される橋は衝撃を累積しない。
  2. 放射線医学の統計によると、瞬時で100ミリシーベルト、1ヶ月の累積で100ミリシーベルトまでで人体に実質的な影響はない。
  3. 累積線量が10グレイ以下では障害はみられない。
  4. ウランは世界に遍在する有利な資源である。

そうはいっても、核兵器に対する世界的にネガティブな感情が原子炉と放射線の評判に悪影響を及ぼしている。しかし、原子力なしのシナリオは、地球温暖化のせいではなく、エネルギー資源の活用の欠如として、ありがたいシナリオではないと信じる。

批判的でもよいので、「放射能と理性」、ウェード・アリソン、峯村利哉訳、徳間書店が広く読まれることを期待する。

点と線

user-pic
0

私は意外に料理を作るのが好きで、家人に食事の用意を依頼されると、嬉々として作業にとりかかる。私の料理の教則本は、オレンジページの「基本の和食」、「基本の洋食」、「基本の中華」、「基本のイタリアン」である。これらは基本中の基本なのだが、あまりにも読み込みが浅い。

例えば、私がメニューを考えて作り、なかなか美味しくできたではないかと自画自賛していると家人は、まあまあだけど、これ、前も作ったよね、他にレパートリーはないの?と突っ込んできて、私は固まってしまう。そう、私の料理のテクニックとレパートリーは、夜空にぽつんと光る点としての星にすぎない。ちょっとバリエーションを与えようとしても、その努力は闇空に吸収されてしまう。

料理と同じくらい点在しているに過ぎないのは、歴史に関する知識である。すなわち、日本史であれ、西洋史であれ、読んだ本の数がせいぜい数十冊なので、読んだことがある特定のテーマ(例えば太平洋戦争の戦史)くらいしか議論できない。だから例えば、楠木正成は、というと、もう何も論じられない。

このように、私の料理、歴史の知識は、点にすぎず、あまりにも不完全である。経済学、民法、囲碁などもおそらくそうであろう。雑学の好きな私は、このような点のスキルに過ぎない分野をいくつかもっているが、時間つぶし以上の意味はないかもしれない。

ところが将棋となるとどうだろう。正解かはともかく、どんな局面でも、それなりに手を考えることがてきる。将棋に関して読んだ本も、少なく見積もっても数百冊を超える。雑誌もカウントするなら優に千を超える。こうして将棋の知識というかスキルは、線だといえる。

では、将棋において、プロ棋士はどうなのかというと、どうも線ではなく面のようである。私のような線の知識をいくら重ねても面にはならない。質が違うのである。面の知識を駆使することで、とても深く考えることができる。

その類推でいくと、羽生のような一流棋士になると、知識に厚みが出てくる。すなわち3次元なのである。別の言い方をすると、次元を1つ足すことで、二次元である面の離れた2つの点の間に連結がはかられる。

天才の知識が3次元で足りているのかどうか分からない。生命体の仮説に依拠すると、天才とは、より高次元から示唆を受けている存在ということになる。

こういう次元を考えると、ポアンカレの定理ではないが、知識の幾何学というものを考えることができるのかもしれない。同様に知識のホモロジー代数というのもありえるのかもしれないが、あまりにも粗い議論なので、時間をかけて暖めてみることにする。

生い立ち

user-pic
0

先日、会社の研究所の人達と軽く飲んだとき、研究員の中の何人かが、数学者など、有名な学者の子息であると聞いた。さもありなんという感じで意外感は特にない。父親が理系の学者であれば、子供を教育して似たような道に進んでほしいと願うというのは自然である。

そういえば大学の同級生に、父親が、通っている大学の応用力学の教授という人がいて、本人はそれとなくそのことを自慢しており、無学な私の両親と較べて、なんという学問をやりやすい環境なんだろうと羨ましく思った記憶がある。実際私も一時学者を目指しており、大学院に進学したいという希望が強くあったが、スチューデント・アパシーというノイローゼに陥って留年したこともあって、親から大学院なんてとんでもないと、けんもほろろに拒絶された。そんなことで一時親に反発した時期もあったが、今では無学な両親でよかったとむしろ感謝している次第である。なぜなら私は、親を乗り越えるというポテンシャルが限りなくゼロに近かったからである。

そこで、今まで書いたこととの重複を怖れず、自分の生い立ちについて記述してみる。

私は1954年の10月に、広島県尾道市百島町という離島に生まれた。大層難産だっようで、母はかなり生死をさまようような状態だったらしい。また、生まれた後も私は、癇が強くて激しく泣き続ける、とても手間がかかる子供だったらしい。

父親の仕事の関係で、私が2歳のときに山口県下関市に移ったが、父親は友達を自宅に招待して飲むのが好きで、その友達の中にあいにく、結核に罹った人がいた。すなわちそこで咳込むものだから、幼くて免疫が弱い私が結核に感染してしまった。

そこで故郷に戻り、まだ3歳で、今の東広島市の西条というところにある国立の結核療養所に入れられてしまった。そこで親から離れるので入れられた晩は大層泣きじゃくったのを覚えている。そうでなくても泣き虫なのである。

それでも子供は柔軟性があるので、同様に結核で入院していた子供たちとすぐ仲良くなった。しかし病状は改善せず、手術するかということになった。当時は結核は肺を切除するのが一般的な治療法であった。しかし、幼い子が手術を受けるのは忍びないと親が逡巡しているとき、たまたま運良く、ストレプトマイシンという特効薬が発売され、これを適用してみるということで手術は逃れた。

入院生活は厳しい規律で、きまった時間は絶対安静を強いられ、先生や看護婦さんに逆らって、懲罰として何度も真っ暗な倉庫に閉じ込められたりした。ただ、ストレプトマイシンのお蔭でなんとか小学校に上がる前に退院できた。ところが退院してみると、小学校が私には結構地獄だった。というのは、入院していたせいで全く友達がいないし、遊びのプロトコルも全く理解できない。もともと運動は得意でないが絶対安静していたので、決定的に運動が苦手になっていた。今に至るまで運動嫌いは解消されていない。

唯一の救いは、病院で暇にしているとき、入院していた中学の先生に文字と算数を教わったことで小学校1年程度の課程を終了していたことである。そこで勉強ではとりあえずアドバンテージがあった。

一方家庭はというと、父親の給料が安く、とても貧しかった。それでも母は、私がせがむと、無理して本を買うお金を捻出してくれた。母は実は勉強なんて適当でいいといっていて、つい理屈で反論する私をうっとおしがるところがあった。だから母は勉強しろなんて一度も言ったことがないと思う。

その母の教えは明快で、次のようなものである。

  1. 人間は口数が少ないほどよい。余計なことをいう奴にろくなのはいない。
  2. 先手(せんしゅ)をついてはいけない。先手をつく、というのは多分私の田舎の方言で、先回りして指摘するという意味らしい。すなわち、母がいうには、なにか折角やろうと思っているとき、他人からそれをやれといわれたらやる気がなくなる、というものだった。それは場合により必要だとおもうのだが、おそらく祖母からの教えなのだろう。
  3. 男は甲斐性が大事。これは、言うまでもないだろう。

ただ、子供というものは、口頭で教えられたことよりもむしろ、親の行状をみて学ぶもののようで、母が、訪ねてきた近所の人に、分け隔てなく料理や酒を振舞うのをみて、なるほど他人にはそうやって接するものかと学んだ。細かい損得にとらわれてはいけないという意味である。もともと父親が飲み仲間を自宅に連れてくることが多いので、自然にそういう傾向になったと思うが、ともかくそれでひっきりなしに人が訪ねてきて、我が家は一種のサロンのようになっていた。それを一種の人気と呼んでも間違いではないだろう。

それと我が家はなぜか、恵まれない人、知恵遅れの人の面倒をみる傾向があった。不憫ではないかという理由である。例えば、島にいたYさんという男性は知恵遅れで、いつも寝小便を垂れたりするので自宅は臭くて仕方がなかった。風呂にもほとんど入らないので垢だらけである。ほとんど誰にも相手にされない。そんなYさんを自宅に呼んで料理を振る舞い、また、みんなが入った後お風呂に入れていた。Yさんが入った後は真っ黒な垢が湯船に浮かんでいると、流石に母も苦笑していた。Yさんは力が強かったので、そのお礼にと、物を運んだり、魚釣りの餌を掘ってくれるなどの応援してくれた。それをみて、我が家がYさんを利用していると陰口いう人がいたのは、まあ田舎だから仕方がない。ともかく、そういう面倒見のいい母から見たら私は、自分のことしか考えていない自己中なのだという、否定できない。

そんな母だが、あまり冗談やおべっか言うのが得意でなく、服装は無頓着で、器用でないので、父方の親戚の人達からなにかと馬鹿にされていた。父がそれに対して母を庇わないのが息子ながら悔しくて仕方がなく、自分は結婚したら絶対に、自分の女房に対して自分の親戚が余計なことを言うことはブロックしないといけないと誓った。これは自己診断だが、いまでも結構守れていると思う。

ちなみに父は、私が中学になった頃からは経済的に困らない稼ぎをするようになった。また、浮気や暴力もなかったと思う。ただ、ちょっと小言は多かったかもしれない。そこで私は、家族を経済的に困窮させない、浮気しない、暴力を振るわない、あまりうるさく責めないなどということを旨としようと漠然と考えた。それをなるべく結婚してからも実践しているつもりなのだが、なにしろ、歌の文句ではないがNAINAIづくしでは地味すぎて、どうもその価値が伝わりにくいようである。母の遺伝か、こんな自己宣伝の苦手な私が外資系でよく働いているとつくづく思う。

それと気質の類似にも触れておく。というのは、今年の6月に帰省したときに久々に母と3時間くらいじっくり話した。そのとき、これほど自他の境を感じない会話もあるのだろうかと怪訝になったほどである。母との間で信じられないような気質の同一性を感じとったのである。例えば母は、とても不用意なことを言って相手を当惑させたり怒らせたりして、そのことをひどく後悔することがある。まさに私もそうで、母をみて私も自己嫌悪に陥るほどである。ただ、解説すると、心は誠だが口はすべったと言い訳するかもしれないが、私は気質の相似性として説明すると必ずしもそうでもなくて、本当につい失礼なことを考えてしまうこともあるのである。だから、私も母も、とても善人ということもない。まあ普通である。

また、私と母が共有する最大の欠点は、過去に誰かがもたらした災厄や災難を決して許せないというか、水に流せないのである。だからといって、ネチネチ相手を責めるわけではなく、その残念な思いが心の中を堂々巡りする。そして自分を苦しめるのである。私の場合、読書というガベージ・コレクションのスキルを身につけたので、母よりはなんとか憂さを捨てられる。もっとも、捨てても捨てても憂さは湧き出る。そんな母と先日話していて、そんなくよくよする性格も別にそのままでいいんだ、自分だってそうだと静かに是認した。気質のコピーである私がいうのだから間違いないと。それを聞いて母は安堵したようだった。つかの間だが、ほとんど親孝行したことのない私のささやかな親孝行であった。

私は父との仲も別に険悪ではない。むしろ、大学までやってくれて、私が大学に合格したとき誰よりも喜んでくれた父に感謝してやまないのだが、しかし、どうしても気質の距離としては母の方が近すぎる。

以上、とりとめもなく書いてきて言いたいことは、私の両親は、親の影響にある意味での邪悪ではなかった、というただそれだけかもしれない。

しかし邪悪でないというただそのことが重要で、そのせいで、私も弟も、分野は全く異なるとはいえ、可能な限り伸び伸びと能力を発揮できている。その程度かと揶揄されることは当然にあるのだが、ああ所詮この程度の才能なんだと開き直れる。なぜなら、家庭で下手に才能を抑えつけられた経験がほとんどないからである。父親が大学教授で、私を厳しく指導していたらどうなっていたか、そんな仮想シミュレーションなんて、考えてみるのも御免である。

負けないよ

user-pic
0

読んだことはないのだが、「やめないよ」 (新潮新書)三浦知良著という本があるらしい。すなわち、かつてキング・カズと呼ばれて、日本のサッカー界の星であった三浦知良が、全盛期を過ぎても頑張るという決意を書いた本だと理解している。これはまさに、工藤公康のサッカー版である。

ところが会社にいて、三浦知良よりも軽い乗りで、「負けないよ」という呟きが聞こえるような錯覚に捉われることがある。すなわち、仕事で発明を評価していて、特許サーチしてみると、かなり近いものが沢山みつかり、もう駄目でしょうと私が引導を渡そうとするのだが、発明者がどうしても納得しない。周囲の同僚はとっくに見切っているのに。

どうしてそんなことになるんでしょうかね、と別の知り合いの研究員に聞いたところ、答えていうには、「彼は、神なんだよ。」ということであった。神?と私は驚いた。新興宗教の教祖でもあるまいに、というと、こういうことらしい。

彼はおそらく、子供の頃から大秀才で、受けるテストはほとんど全て100点満点、順調にT大に入り、そこでも快進撃は止まらず、理Iでも難しいといわれる理学部情報科学科に進学し、そこでも優秀な成績を収めた。その段階で、俺は神ではないかと錯覚してもおかしくないだろう、ということである。

なるほどと、自分の高校時代を思い出した。高3のとき、全国模試を受けたら、数学で決定的な失敗をしてしまい、三科目の偏差値がかろうじて50あるかどうかだった。比較的得意な英語があってもこの体たらくであった。その成績で国立大学にいきたいと担当の先生に言ったら、先生は黙って何もいわず、やけにばつが悪かった。その模試の全国優秀者リストをみたら、満点から2点引いただけの奴がトップで、私は気が遠くなりそうだった。きっと、あの発明者もこういう類の秀才であったに違いないと改めて感じた。

このように挫折続きの私は、とりあえず負け慣れているはずなのである。というのは、趣味の将棋でも、勝負強さが足りないで、どれだけ負かされてきたことか。だから、私の辞書には決して「負けないよ」という文字はない。それでも生来、負けず嫌いの私は、ひそかに努力するかまたは、勝負そのものを避けて、とりあえず負けを減らす状態をつくった。

ところが、自分の能力に神のような自信をもつ秀才は、百戦百勝を信じて疑わないので、どんな戦いにも果敢に挑むのであった。しかしである、世の中はそんなに甘くないはずである。すなわち、ペーパーテストで神のような成績を収めても実戦では成功続きというはずもない。

するとどうするかというと、自分で勝てるフレームワークを作り、そこで勝負し続けるのである。例えば、研究員であるなら、成果の出やすいテーマばかりを選んで、論文を量産する。どうだ、すごい件数だろう、という訳である。

ただ、自分で勝てるフレームワークを作り、というけどそうやって周囲に認められる業績を積み重ねるのは半端な知的能力では無理である。だから、その点の秀才性は疑いえない。

そうはいっても、人生にはいろいろな擾乱はあるので、とびっきりの秀才といえども、フレームワークから出て活動しなくてはならないこともある。ところがそこで、秀才の負けたくなさが遺憾なく発揮される。

すなわち、どんな不利になっても、私が間違えていましたとか、おっしゃるとおりです、とか絶対言わない。死んでも言わない。ある将棋のプロが言うには、投了が最後の敗着なのだという。すなわち、負けました、といわなければまだ負けていない。

そんな、頭金が乗っても投げないのかと思うのだが、もしかして頭金が乗っても例えば1時間、ずっと長考するのだろうか。

しかし現実の生活では、将棋ほど負けが分かりやすくない。だから、心の中で「負けないよ」とつぶやきつつ、愚にもつかない論理を展開し続ければいい。すると相手が辟易して折れるかもしれない。それは勝ちではないかもしれないが、少なくとも負けていない、とみなすことができる。

こうやって生涯不敗を唱える人がいるのだろうか、空手の大山倍達のように。もしいたとしたら、私は高校の全国模試の優秀者リストをみたときの驚愕を再現するであろう。

ボソン

user-pic
0

前にも書いたが、統計物理学の分野で、ボソンとフェルミオンという重要な概念がある。ボソンとはスピン角運動量が整数の量子力学的粒子であり、フェルミオンとは半整数スピンを持つ粒子である。

ボソンは、1つの準位で、同一の量子状態をいくつもの粒子がとることができるが、フェルミ粒子は、1つの準位内で2個の粒子がある同じ量子状態になることが許されない。

ここでボソンに言及したのは、別に物理学の復習のためではない。ふと、親の影響で述べた邪悪な人は、ボソンではないかとひらめいたからである。

例えば、邪悪性テストというのを考えてみた。すなわち、「あなたは、邪悪性な人に出会って底知れずぞっとしたり不愉快になったことがありますか。」という質問を投げるのである。すると、大抵の人は、はいもちろんです、のように答えるはずである。ところが、真に邪悪な人は、もし私が邪悪であると考える人と出会っても底知れずぞっとしたり不愉快になったりしないかもしれない。

そういう根拠は、一見健全で実は底知れぬ邪悪な人同士が実は、仲睦まじい夫婦であったりするからである。そうやって、複数の粒子が同一の状態をとりえることで、邪悪な人はボソンであるというアナロジに想到した。

もし邪悪な人が沢山集まると、ボソンなのでボーズ凝縮が起こる。そういう組織や会社があると相当おぞましい。もし非邪悪人がそこに迷い込むと、まるで一気に5シーベルトを浴びた人のように急性放射能障害に陥る。体ではなく心の細胞が機能不全になる。無事には帰れない。

しかし、ボソンの性質をもつのは邪悪な人だけではない、他にも例えば、アスペルガーな人もそうである。アスペルガー・テストは、「あなたは、アスペルガーな人に出会って、うんざりしたり不愉快になったことがありますか。」である。

実は私は、アスペルガーな人に出合うとむしろほっとしたりする。それはまさに私がアスペルガーな人であることを実証している。そうして、邪悪な人が邪悪縮退を起こすように、アスペルガーな人もアスペルガー縮退を起こす。あちこちの研究所でアスペルガー縮退がみられるだろう。

アスペルガーな人と似ているが、オタクといわれる人もボソンである。すると、大抵の性質はボソンなのかというと、当然にフェルミオンな性質もある。

例えば昔ホッブズは、「人間は人間に対して狼である。」と言った。すると、ここでいう狼性は、フェルミオンの性質、ということになる。ある箱にカマキリを二匹入れておくと共食いするといわれる。この共食い性なども、フェルミオンである。

もし有限なリソースを巡る争いも当然に、フェルミオンとしての振る舞いを引き起こすであろう。

すなわち人間は、ボソンでもあり且つフェルミオンでもあるということで、量子統計力学の方程式では記述できない複雑な行動をとるのである。

特許の足し

user-pic
0

特許の足し、などと書くと、この業界の人から、おい特許を愚弄しているのかとお叱りを受けるかもしれない。しかし、私は仮にも特許の実務で給料をもらっているので、特許を愚弄したら天に唾するようなものである。そんな、滅相もないである。

だから、特許の足し、というのは私なりの精一杯へりくだった言い方なのであるが、ついそう言いたくなるのは、次のような事情による。

すなわち、薬品メーカや化学メーカならいざ知らず、私が所属しているIT技術の分野では、1件の特許が日の目をみることはほとんどない。ここで日の目をみるとは、ライセンス交渉に使われるとか、特許侵害だとその特許で他社を訴えるなどである。

正確な統計は知らないが、IT技術の分野では、特許がそういう意味で日の目をみる確率はおそらく、千分の一もないのではないか。

すると次のように言われるかもしれない。君はどうせまず日の目をみることはないと高をくくって、特許明細書を適当に書きなぐっているのか、と。

すると当然に私は否という。私は、ベストエフォートで、馴染みがない分野だときちんと書籍などの文献に当たり、理解を高めて特許明細書を書くようにしている。ここに例示できないのが残念だが、もし見ていただければ、私のスキルはともかくとしてその努力の跡は認めてもらえるという自負はある。

そして戻るのは、1件の特許が日の目をみることの確率の低さである。それを想定してモチベーションを下げそうになることがないといったら嘘になる。

そこで次のようにして私は、特許明細書を書くモチベーションを維持するようにしている。

  1. なるべく早めに書く。すると、発明者には早期に発明報償が払われるので、発明者のインセンティブになる。
  2. なるべく発明者からみて変でない内容で書く。当たり前のようであるが、記載の技術的な正しさを維持することは、私にとって異様なチャレンジのこともある。そのための勉強ではある。
  3. あとは、なるべく発明者と円満な人間関係を保つ。特許出願そのものが人間関係に寄与できればいいと考えている。

実は当然ながら一番大事なのは、1の期限で、よくあるパターンは、発明者が急ぎで外部のお客様にある機能について説明したいので、その機能をカバーする特許をその日までに出願してほしい、というものである。

それが期限まで1週間しかなかったりすると、お客様に話す日を延期してくれませんか、とか、秘密保持契約結んでから話して戴けませんかといいたくなるが、私はぐっと抑えて、分かりました、では期限までに特許出願しましょう、となるべく、啖呵を切ることにしている。

そこはそれ、アマチュアとはいえ、一介の将棋指しの意地である。すなわち、将棋指しとしては、持ち時間があるに越したことはないが、たとえ一手30秒以内でも、逃げずにそれなりに恥ずかしくない手を指さなくてはならない。だから、流石に一日では無理かもしれないが、三日あればなんとか形にしてみせようぞ、という自負はある(もちろんそんなはったりが効かない難解な発明も当然にある)。

先日も、ある発明者から、あと1週間しか期限がないけどなんとかなるか、とある発明の特許出願を打診された。なんでも海外のお客様に出向いて発明の内容を話したいというのである。私の趣旨としては、ノータイムでイエスと応じる。

発明の難解さの程度は中程度であったが、幸い発明者が用意してくれた資料の出来がよくて、なんとか4日で特許出願完了までこぎつけた。そのことをメールで通知したら、そのとき海外にいた発明者は安心したようで、次の日、向こうのエンジニアに発明の内容をプレゼンして好評だった、結局商談も成功だったとあとで話してくれて、私も幸いであった。尤も、特許出願が本当に商談に寄与したのかどうか、自信はない。

その発明者とは、ちょっとした行き違いから、険悪とまではいなくてもなんとなく疎遠になっていたのだが、これを機会に仲直りし、また、飲みに行ったりするようになった。

この程度が望みえる最大の「特許の足し」なのであり、一特許担当者としては、それ以上望むべきではない。

それにしても、万が一私が書いた特許明細書がライセンスや特許侵害に使われたら、恥や欠陥を晒すことはないだろうか。そういう機会に遭遇したらまるで自分の子供が責任ある仕事を遂行するのを見るように私はハラハラするだろう。そこでなるべくハラハラすることがない特許明細書をどう書くか、私はまるで自信がない。結局、私が書いた特許明細書は、「足し」止まりなんだろうか。そんなことはないはずだ、と根拠もなく自分に言い聞かせる日々なのであった。

羽生の学習

user-pic
0

先日たまたま、元奨励会の人達と飲み会をともにするという幸運に恵まれた。そういう人達は当然に、一アマチュアにすぎない私よりもずっと将棋が強いだけでなく、将棋界の事情にも通じている。それで、いくつか質問をしてみた。

まず、羽生は今、渡辺や広瀬という若手有望株に追撃されて苦戦しているが、このまま抜き去られてしまうのか、という質問である。

すると回答は、いえ、今羽生さんは、学習中なので、そのうち渡辺や広瀬に勝つようになりますよ、というものであった。

すなわち羽生は、勝負も然ることながら、相手の手を見極めるために指すところもあるので、その間は負けが混んだりする、というのである。例えば、羽生がまだ高段でない頃、日浦や田中寅彦が羽生キラーと呼ばれて、勝ち越していた。ところがいつの間にかそんな呼称はなくなった。勝ち越しが解消されたというよりもむしろ、日浦や田中寅彦が勝ち上がらないので対戦しなくなったということかもしれない。

日浦や田中寅彦の後、羽生は、谷川浩司になかなか勝てなかったことがある。谷川浩司はなにしろ永世名人になるほどだから、羽生に勝ち続けてもおかしくないのだが、それは羽生の学習期間でもあったようで、次第に羽生が挽回し、今では相当羽生が勝ち越しているはずである。そんな谷川は内心、羽生をとても尊敬しているようで、まだ羽生が永世名人の資格を得ていないとき、羽生さんが永世名人の列にいないのはおかしいと、当時名人であった森内が聞くと失礼になるようなことを言っていたことがあった。

その森内であるが、低段の頃はたしか羽生にあまり勝てなかったが、ある時点から羽生にどんどん勝つようになった。もしかして森内も学習能力に優れるのだろうか。しかし、ようやく羽生が学習し返して、名人を奪取したのは2008年のことだった。羽生が奪回するとなかなか再起できないと信じていた私は、もう森内の名人復位はないと思っていたが、今年の森内は流石で、気合も半端ではなかった。やはり只者ではない。また学習能力も羽生に匹敵するのかもしれない。

なお、羽生の学習能力の一番の被害者は藤井である。竜王のタイトルを保持し、一時無敵を誇った藤井は、羽生の挑戦を跳ね返した。圧倒的な指し回しだった。当時は藤井システムも冴え渡っていた。しかしそれはまさに羽生の学習期間であって、藤井は羽生の教師付き機械学習マシンにせっせとサンプルデータを提供していたのである。その進化した羽生に、今世紀になって藤井はほとんど勝てていない。それだけではない。藤井システムが枯渇した藤井九段は、いまや迷走状態である。

次の対象は深浦である。深浦は、羽生に大きく勝ち越したことはなく、ほぼ五分の星だったが、王位を奪回し、また次に防衛したことで羽生に自信をもった。しかしそれも羽生の機械学習マシンが作動していたのであって、ここ2年くらい深浦は羽生に勝てなくなってきている。

このように羽生は相手から貪欲に吸収する将棋マシンなのであって、羽生の対局の記録係を努めたことがある元奨励会の人から聞いたところだと、羽生は感想戦で相手棋士に探りを入れて試すようなことを言うのだという。それを羽生がずるいというのは当たっていない。指し手に対するその貪欲さが羽生の本能なのだろう。

独断と偏見の私の観察では、羽生には次のようなモードがある。

  1. 機械学習モード。自分にないユニークな個性がある相手と対戦すると、決して勝負を度外視するわけではないが、試して相手から学ぼうとする。今期の王位戦第5局など、広瀬から穴熊を学ぼうとしていたように思われる。なお、面白いのは、羽生に学習され尽くした人は、なぜか羽生以外にも負けが混み勝てなくなったりすることである。これをハブの呪いという。
  2. 本気勝負モード。相手から学ぶというよりも、もてるスキルを駆使して全力で勝ちにいくモード。例えば、今期の名人戦第5~7局はそうであったと思われる。この場合、混沌モードも駆使する。しかし、羽生だからといって、本気を出してすべて勝てるわけではない。森内の充実がすばらしかった。
  3. 強引負かしモード。自分が格上、あるいは学習済みとみなした相手の場合、強引とも言える指し方で相手を負かしにいく。この場合、将棋は混沌にならない。このモードは、過去に屈辱を与えられた相手に使う。許せんといわんばかりである。羽生大明神の祟りともいう。
  4. 順当勝ちモード。相手が格下で、普通にやって勝てる相手にはあまり冒険しない。しかし、勉強になる手があれば微妙に相手を試してみる。ここでほとんど取りこぼさないのが、羽生が生涯勝率7割超の理由である。

戻って、本当に羽生が、渡辺や広瀬から学んで負けなくなるのかどうか分からない。元奨励会の方は一種羽生の信者なので、神格化、絶対視したいのだろう。きっと将棋のプロを真面目に目指した人には、羽生はやはり、それこそ神様なのだろう。一アマチュアには窺い知れない世界である。

私の定年が次第に近づいてきた。私に阿る意図なのかどうか知らないが、私がいないと困ると言ってくれる人がいて、お世辞だとしてもなんとなくうれしい。

ところが、そのような発言を遮るように、君がいなくなるくらいでは組織はびくともしない。ここは大企業だ、代わりの人材はいくらでもいる、みたいに言って私の気分を損なう人もいるが、冷静に考えてみるとそれはそうで、私が部門を支えている部分はそんなに大きくなく、誰かが私の役割を、もしかしたら私以上にうまくやれるだろうというのも真実である。そもそも私は天才仕事師ではないし、ある意味凡庸な働き手に過ぎない。

ただ、私の個性という意味では、愚にもつかない多くのツールを作って部門のみんなに使ってもらったり、他部門の人と議論してコラボレートしたり、米国出張ではディナーで妙な踊りを踊って顰蹙を買ったりと、ともかく私なりに工夫して努力し、個性を発揮した。

もし努力と工夫ができるなら、私がやってきたことは、平均の能力があれば、私よりもうまくできるだろう。しかし、努力と工夫をすることの大変さを知っている人は、「ここは大企業だ、代わりの人材はいくらでもいる」という言い方はしないはずなのである。誰か代わりの人材を割り当てたとして、どういうやり方になるか、その人の個性でがらっと変わってくるはずなのである。

一方で、私のやり方のスキルトランスファーを受けたいので、マニュアルを作ってほしい、ソースコードを説明してほしいなどという人もいる。しかし私は、「スキルトランスファーは基本的にできない、それよりも、君自身が、こういう目的があったときどうやって達成するか考えてやってみてほしい、そうするうちに、出来合いのツールを使うか、自分で作るか、いろいろ選択肢が出てくる。私の汚いソースコードを使いまわすという発想はやめてほしい。そもそも、それはとても古いバージョンのC++なのだ、自分で最新のツールをマスターしてスクラッチで作ったらどうか。」と私は提案する。

そういう人に限って、C++なんて無理だというので、私はでは、VBでもJavaでもいいという。そういうプログラムなんて無理だというと、ではなぜ私からスキルトランファー受けるなんていうのか、私はプログラミングそのものを教えることはできない、と言ったことがある。ちょっと意地悪い言い方かもしれないが、ともかくも汗を流して工夫してほしいのである。

ちなみに、「君がいなくなるくらいでは組織はびくともしない。ここは大企業だ、代わりの人材はいくらでもいる」と私に言った人が定年で会社を辞めた後、何一つその人に聞きたかったという質問は、周囲からも出てこなかった。その人は単に既存の手続きに乗っかって利用していただけなのである。在職中、なにもプロセスを作らなかったといっていい。

また、まるで派遣社員をモノのようにいいなす人がいる。派遣社員を依頼するのはモノを購入するのと同様の購買手続きだからというのもあるが、実際派遣社員の人に働いてもらうと、当然であるが随分個性もスキルも違う。当たりの派遣社員と外れの派遣社員では下手したら5倍くらい能率が違うし、周囲に与える影響も違う。一個の人格をモノのように扱う人に限って、人材の互換性を安易に考えるのである。私は派遣社員にも基本的に、「君がいなくなるくらいでは組織はびくともしない。」という言い方はしない。そういいたくなる幹部社員はいなくもないが。

異なる個性の集合体から独特の個性が生じる、というのが組織なので、どうやって強い多様性のある組織にするのかはチャレンジなのである。派遣社員といえども、人材はいかなる意味でも互換ではないし、互換になることを目指すべきでもないのである。

行方不明

user-pic
0

読売新聞ニュースによると、私の出身の百島の旗手正守さんが台風により行方不明になった。以下、引用:

尾道市の百島周辺の海域では台風の接近する中、第6管区海上保安本部が巡視艇など3隻やヘリコプターを出して、行方不明となった旗手正守さん(90)の捜索にあたった。

尾道海上保安部によると、旗手さんは2日午後10時頃、「台風を避けるために(対岸の)浦崎へ船を移動させる」と家人に告げて百島を自家用船「旗正丸」(11・9メートル)で出発。3日午前1時頃、妻ミチ子さん(84)に「浦崎港に着いた。風が収まったら戻る」と電話で告げ、その後、連絡がつかなくなった。

3日朝、エンジンを掛けたままの旗正丸が百島北岸に漂着しているのを家人が見付けたが、旗手さんの姿はなく、午前7時55分頃、ミチ子さんが6管本部に「夫が戻らない」と通報した。

旗手さんは、医師のいなかった百島で1972年から2008年まで、尾道市の委託を受けて急病患者を自家用船で本土側に搬送する役割を担った。引退後も、島民の依頼に応じて本土への渡し役を引き受け、40年近く愛用する旗正丸の手入れを欠かさなかったという。

ミチ子さんは「船のことが本当に好きな人。みんなが捜しとる」と無事を祈っていた。

私のブログでは、エチカの鏡で旗手さんのことに言及した。そこで私は、以下のように書いた。

言い方の脈絡が変かもしれないが、こういう自分を犠牲にして他人に尽くす仕事というのは、とても神の摂理に適っている。キリスト教の洗礼などの儀式よりもはるかに神々しいというのが、私の意見である。では神はどんな恩寵を賜るかというと、それはまず、金銭的報酬ではない。ただ、他人に尽くすという目的での健康である。そんなで旗手さんは、なんと87歳までこの激務をこなしてきた。

上記の記事によると、旗手さんは90歳の今に至るまでまだ部分的とはいえ現役を続けているという。すると、台風に事寄せて、何か神の意志が働いたのだろうか。そもそも台風が来ているとき、わざわざ本土の浦崎側に船を移動するのは危険すぎる。百島側で台風を凌げないはずはないのである。あまりにも不自然な行動なのである。

ともかく、無事で見つかることを祈るのみである。

生物であれ、人間の組織であれ、健全に維持するためには、免疫力は必須である。ここで免疫力とは、自己と非自己を認識して、非自己を排除する機能である。

実は、自己と非自己の認識はとても難しい問題なのだが、ここでは、非自己をもっと広い意味で、組織に有害な構成員とみなしても依然として難しい。例えば、非自己を、会社のアイデンティティにそぐわない人材と定義すると、そういう人材を排除すると、緊密なアイデンティティのトヨタのようなうっとおしい組織になる。しかし、トヨタが依然として強い会社であるなら、そういううっとおしい免疫作用もある程度必要なのではないか、とも思われる。

ある程度健全な組織というのは、私の経験した範囲でいうと、構成員間の情報の連携がよい。例えば、平社員が婚約したとすると、知らない間にその情報が上級管理職に伝えられて、おめでとうのメールが届いたりする。

また、ある程度健全な組織というのは、創業者の意図を大事にする。出血の覚悟をしても創業者の意向を保とうとする。どうしてもやむを得ない事情でそれが保てないとき、社長は泣いて社員に謝る。そして、創業者の意図に改めて立ち返ろうとする。自己と非自己の認識を新たにするのである。

さらに、ある程度健全な組織では、ある個人の独断で人事が断行されることはない。キーの人事であるほど、多くの人に意見が聞かれる。私の知っている例で、課長職が三人いる組織があり、部長職が事情があって辞めることになった。課長職三人のうち二人は、普段からとても野心が強く、能力にも自負があった。周囲は当然にこのうちの二人のどちらからか部長が選ばれると思っていた。しかし、部長になったのは、全くマークされていなかった三人目の課長だった。自負の強い二人の課長の落胆やいかばかりであろう。

その新部長は、類稀な公平性と透明性を発揮し、組織を発展に導いた。新米の平社員であった私とも気軽に将棋を指し、麻雀を打ち、そのへんのおっさんのように私にも軽口をいうのが小気味良かった。

部下となってしまった二人の課長は同意しないだろうが、これは、人事の成功であり、組織の健全性の例証である。組織の免疫力が働いているとはこういうのをいうのである。

その後、時代は流れ、タナボタのように比較的若い部員が部長に登用された。私はまさか部長になるとは思っていなかったが、私とは比較的相性がよかったので、フランクに意見を具申した。まさかで私が管理職に登用されたのも、その部長の意向がある程度あったであろう。しかし、その部長は、次第に独断性を強め、誰の言うことも聞かなくなった。それでも私は、側近として耳が痛いことも具申したが罵倒されるだけだった。

当時まだ組織が健全だと思われるのは、本社の上級管理職たちが、そういう独断の傾向をきちんと把握して憂慮していたことである。すなわち、何度もいうが、組織の免疫力にとって、情報の健全な流れは本質的である。体の一部にがん細胞が発生したら、T細胞はただちにそれを認識し、攻撃しなくはならない。

結局、苦労の挙句、常軌を逸してしまった部長は、職を追われた。側近であった私はただ静観していた。

しかし組織というものは次第に、エントロピーの増大の法則のように、免疫力を失っていくものらしい。例えば、自己と非自己の区別が曖昧になって、組織のアイデンティティに危機をもたらすような人材を却って重用し、跋扈を許してしまう。それはまさにエイズウイルスなのであって、T細胞たる情報の風通しのよさを寸断し、免疫不全状態をつくりだしてしまう。

それはまさに歪んだ組織なのであって、カポジ肉腫のような日和見感染をもたらす。免疫不全組織では、次のような症状となる。

  1. 創業者以来の伝統が、いともたやすく棄却され、そのことになにも言い訳もなされない。しかし、それはまさに、組織の自己と非自己を認識する基準を見失うことなのである。
  2. 恣意的な人事が横行する。すると、恣意的な人事のバスに乗ろうと、追従やイエスマンが蔓延る。
  3. すべて形式主義で乗り切ろうとする。免疫不全では、形式的だけをつくろうような問題児を認識できず、放置してしまう。
  4. 病原体は、形式主義に則るだけで版図を拡大する。不全の免疫機能は、病原体の拡大にむしろ手を貸してしまう。東條英機などまさに、免疫不全で跋扈した病原体ではなかったか。
  5. 昂じると、まだ残っているT細胞が逆に、不穏分子として追求され、排除されてしまう。

こういうのを、キルケゴールではないが、組織の死に至る病というのかもしれない。人間の免疫不全症であるAIDSには、逆転写酵素阻止剤、プロテアーゼ阻止剤、インテグラーゼ阻止剤、ケモカインレセプター阻害剤、ダルナビルエタノール付加物などの治療薬が見つかっているが、組織の死に至る病はどうすればいいのだろうか。免疫不全状態に陥った旧日本軍には、少なくとも敗戦という荒療治が必要であった。

池田信夫氏のブログをみていたら、「ソフトウェアが世界を食う」という題で、マーク・アンドリューセンのコメントを抄訳した内容として、次のように述べていた。

すぐれたソフトウェアの開発に特化した企業だけが生き残り、そしてハードウェア企業を飲み込むのだ。

(中略)

ウォルマートもフェデックスも、ソフトウェアで生産性を上げている。最大の広告会社も、今やグーグルだ。金融は昔からソフトウェア産業だが、投資銀行が規制で動きにくくなる一方、SquareやPayPalのようなウェブベースのサービスが成長している。伝統的な企業がソフトウェアで生産性を上げる一方、ソフトウェアだけで動く新しいタイプの企業がそれに挑戦している。

要するに、ムーアの法則などを援用して、ソフトウェアによるイノベーションを絶賛している。ハードウェアなど、コモディティに成り下がったといわんばかりである。HPがPC事業からの撤退を表明したり、グーグルがモトローラを買収したりと、ハードウェアはもう駄目だ、ソフトウェアがハードウェアを併呑するんだ、といいたいのだろう。

しかし、いかに立派に書かれたコードがあっても、ハードウェアがなければただの記号である。別の言葉でいえば、ソフトウェアは、おいらは天下無敵だと叫んでいる孫悟空にすぎない。いくら宇宙の端から端まで飛び回っても、そこは所詮お釈迦様の掌の上だったということになりかねない。そして、お釈迦様の掌がハードウェアなのである。

だから、本来であれば、ソフトウェアとハードウェアが闘っても勝負は見えている。母なる大地のハードウェアが勝つに決まっているのである。それなのに、ソフトウェアに威張らせているのは、世界が論理的な仮想空間の上に構築されているからである。ウィトゲンシュタインなら、この世界をどう記述しただろう。

そのようなワイアードな世界では、確かにソフトウェアのコードが世界を席巻できてしまう。ほらみろ、やはりソフトウェアの時代ではないかという声が聞こえるが、私が直感として感じるのは、次のようなことである。

すなわち、日常業務として、ソフトウェア関係に特許を取り扱っていて感じるのは、従来のソフトウェア技術に対して少しの機能改変で、別の特許として成立してしまう、ということである。別のいい方をすると、そういう特許を取ったとして、少し機能を改変されて実装されるともう権利範囲が及ばなくなってしまう。こういう世界では、どうしても特許権があまり威力を発揮できない。簡単に迂回されてしまうのである。それでもソフトウェア会社が特許出願するのは防衛的な意味である。

こういう状況だと何が起きるかというと、折角ソフトウェア・メーカとして、優れたアルゴリズムで先行しても、簡単に他の会社に追従されてしまい、特許があっても後発会社に権利行使しにくいということになる。

それでも、フェイスブックなどが頑張っているのは、ソフトウェアの威力でなくビジネス・モデルなのである。ソフトウェアの雄であるグーグルにしてから、その裏を支える精緻なハードウェア群がある。例えば、「グーグルを支える技術」、西田圭介著、技術評論社などを参考にされたい。

すなわち、ムーアの法則によってハードウェアの値段が下がることからハードウェアの価値も下がったと考えるのは、経済学的には正しいのかもしれないが、技術的な観点からはかならずしも妥当とはいえない。

一特許担当者として、ハードウェア離れに従って、特許で保護されるソフトウェア技術の価値が窮乏化しているような気がしてならないことから、ふと書いてみた次第である。

知り合いからIT Proの芦屋広太の記事を紹介された。これは、評価を高める仕事術の一説なのだが、興味深いのでその一部を引用する。

一般に、具体的に話せるようになるには、大量の知識や経験が必要になる。ある仕事について説明する場合を考えてみよう。その仕事に関する大量の知識、仕事を成功させるために必要な理論、大量の事例、成功要因や失敗要因の分析結果、課題や対策などを身に付けていないと、具体的に話をすることができない。つまり、その人に具体性があるかどうかは、その仕事に関する知識や経験を持っているか(知っているか)に大きく依存することになる。

もし、その人が仕事に関する知識や経験を持たない(知らない)状態であれば、必要な知識や経験をできるだけ早く、かつ大量に収集、習得しない限り、具体的に説明するのは不可能だ。これは、「すでに知っている」場合と比べ、大きな負担を強いることになる。

具体的に知っているとは、実際の経験を通じて得た暗黙知、ノウハウ、問題解決のため本を読む、他の人と話を聞く、誰にも相談できないで懊悩する、そういう体系の総体である。

表面的に考えると、何かを説明するために、そのことだけを勉強しておけばよいように思われる。一夜漬けでも勉強しておくと、とりあえず聞かれたことは答えられる。具体的に話せというなら、具体例もいくつか記憶しておけばよい。それで乗り切れるのではないだろうか。

多分であるが、素人相手にただ話すだけならそれでもよいかもしれない。質問の時間をとらないか、決まった質問にしか答えないというなら、それもありだろう。ところが、自由な質問を許したり、対話的に進める方法だと、単に勉強しただけだと途端に馬脚をあらわす。全くアドリブで答えられないし、具体的な苦労談も話せないからである。

私の知っている例で、いろいろ講演に駆り出されている人がいて、いつも決まったパワーポイントのパッケージを使って話している人がいた。私も一度その講演を聞いてみたことがあるが、何度も講演しているせいか、流石に立て板に水で、流れるような見事な講演であった。そこで私はちょっと質問してみた。すると、直ぐに答えが返ってくるのだが、答えはいつも、ある決まった知識のプールの中からだけ選び出されているのであった。その前提となっている知識は私も知っているので、講演に興味を失ってしまった。明らかに経験に基づく豊富な知識による講演でないことが分かったからである。そうであるならむしろ、本でも読んだほうがいい。

逆にいうと、大量の知識や経験に基づき説明したり、講演したりするということは、聞き手に応じて多様なパスや変化手順に対処できることである。聞き手の興味やレベルに応じて、どうとでも対応できるのがまさに、具体的に話せるということである。

実際の仕事でも同様で、大量の知識や経験があると、様々な仕事の対処方法がとれる。そのことで意外なショートカットが見出せるので、経験によって能率を上げるとはこういうことなのだと思う。

一方で、なるべく経験を蓄積するように仕事を進めることも重要であろう。すなわち、なるべく他人に依頼しないで可能な限り自分でやる、時間もかける、いろいろ悩む、本を周辺知識に関するものも含めていろいろ読む、その道のエキスパートの意見を聞く、などである。

この、普段冗長なことをしつつ経験値を高め、事に当たっては能率よく進めるというのは矛盾であって、私はまだこの矛盾を解消する域に達していない。

ともかく私は、将棋と日々の仕事の実務なら、いくらでも具体的に語れる自信がある。それだけしか語れないともいえる。ということはブログで書いている他のテーマは、余興の域にも達していないということなのであって、語りえないことに対して無理やり文字を連ねているにすぎないのであった。

山から下りたツァラトゥストラが村を歩いていると、青年が空を眺めていた。「青年よ何をしている。」、ツァラトゥストラは問うた。

青年は答えた、「幸福を探しているのです。」。「なんと、幸福とな。」と、ツァラトゥストラも一緒に空を眺めた。「そうです、幸福を求めることこそが人生ではないですか。」

「青年よ、幸福は人生の目的ではない。」、ツァラトゥストラは説いた。

「なんとおっしゃる、楽しい人生を送るために人は努力するのではありませんか、豪邸と美しい妻と、」、「違う。」とツァラトゥストラは遮った。「断じて幸福は人生の目的ではない。」。

「それなら何のためには生きていくのですか。」と青年は、軽く憤りつつ聞いた。

「それは認識の旅なのだ、幸福なんぞにかまけている暇はない。」とツァラトゥストラが畳み掛けると、青年は失望して去ろうとした。

「待て、青年よ。幸福を味わいたければ味わえばいい。」とツァラトゥストラが呼びかけると、青年は振り向いた。「額に汗して働き、困った人に優しい言葉をかけ、救いの手を差し伸べていると、かすかな幸福の香りがするだろう。その香りを嗅ぐがよい。しかし、その香りに酔ってはいけない。一瞬の移り香にすぎない。凡百の者たちにとって、幸福の移り香は一瞬の生きる希望になるだろう。」

「やはり、幸福を求めていいのではないですか。」、青年は気を取り直して言った。

「違う、人生の振幅はそんな移り香を物ともしないほどに大きく、君もまた運命に翻弄されるであろう。そのときなぜ自分は不幸なのかと嘆いても仕方がない。そんな不幸にあって君は貝のように心を閉ざして暗闇の日々を送るのだ。そのとき君は微かな光を感じるだろう。それがバックグラウンドの幸福なのだ。」、ツァラトゥストラは、語りかけた。

「それは、神のご加護なのですか。」と青年は問うた。「神のご加護と呼ぼうと、仏の御慈悲と呼ぼうと、アフラ・マズダーのご神託と呼ぼうと君の勝手だ。しかし、それは絶望の闇の中でしか見えない。」、ツァラトゥストラが説くと、「それでは絶望をこそ求めよと仰るのですか。」、青年が聞いた。

「青年よ、君は若すぎる。しばらく村を彷徨うがいい。あるいは、山に籠もりたまえ。私がそうしていたように。」

ツァラトゥストラならぬ、あやたろうは、かく語りき。

ダイヤモンド・オンラインによると、チームとして共通目標へ向けて、組織の結束力を高めようとするとき、メンバー・ポートフォリオを考慮すべきという。すなわち、チームは、共通目標に対する共感度と、仕事のパフォーマンス度という2つの軸で、4つのゾーンに分けられるという。すなわち、仕事のパフォーマンス度も共通目標に対する共感度も高いゾーンIの「プロフェッショナル」、共通目標に対する共感度は高いが仕事のパフォーマンス度は低いゾーンIIの「お友だち」、共通目標に対する共感度は低いが仕事のパフォーマンス度は高いゾーンIIIの「くせ者」、共通目標に対する共感度も仕事のパフォーマンス度もどちらも低いゾーンIVの「アマチュア」である。

以下、各々の解説を引用する。

ゾーンIの「プロフェッショナル」は、チームが目指している共通の目標に対する共感が高く、仕事のできるメンバーです。バラバラなチームでは、こうしたメンバーは少ないのが現状ではないでしょうか。一人でも多く欲しい人材ですが、どの職場でも必要な人材ですから、簡単には手に入りません。

ゾーンIIの「お友だち」は、共通の目標に対する共感は高いので、一緒にやっていくことに関しては積極的です。結束力を高める点では貴重ですが、「プロフェッショナル」に比べると、仕事の能力やパフォーマンス度が低く、戦力としては頼りない存在です。

ゾーンIIIの「くせ者」は、共通の目標に対する共感が低いのですが、仕事のできるメンバーです。この「くせ者」は、「プロフェッショナル」と並ぶほどの能力があります。ただし、結束力を乱す行動をしがちで、要注意の存在です。この「くせ者」への対応は、リーダーとしてとても重要な仕事になります。

ゾーンIVの「アマチュア」は、共通の目標に対する共感が低く、仕事の能力、パフォーマンス度も低い人たち。バラバラな職場にはこのゾーンの人数が多いかもしれません。この人たちは、「くせ者」に引きずられやすい傾向があります。共通の目標に向かうよりも、「くせ者」に協力したほうが、ラクができて、成果が手軽に得られるからです。この人たちへの対応もリーダーは注意しなければなりません。

組織に新入社員が入ってくると、その人達は基本的には、ゾーンIVの「アマチュア」であろう。「アマチュア」をいきなり「プロフェッショナル」に引き上げることはできないので、共通の目標に対する共感をもたせるように仲間意識を植え付けて、一旦ゾーンIIの「お友だち」にしなくてはならない。これに成功しないと、新入社員は根付かず、次世代の人材を得ることは無理である。そのためには先ず、先輩社員や管理職によるメンタリングが必要である。

「アマチュア」を「お友だち」に引き上げた後は、先輩社員や管理職による、耐えざるOJTやメンタリングで時間をかけて「プロフェッショナル」に引き上げる必要があるがこれは大変に難事で、「お友だち」社員と先輩社員の両方に忍耐力が必要である。

別の問題は、メンタリングにゾーンIIIの「くせ者」がいた場合である。「くせ者」は本来は「プロフェッショナル」になっているはずなのであるが、何ゆえに「くせ者」になってしまったのだろうか。いろいろな理由があるが、思いつく理由を列挙すると次のようである。

  1. 若い頃は優秀で出世街道を歩いていたが、よくわからない理由で年齢とともにスキルが鈍化してしまった。努力不足であろうか。もしそうなら、「くせ者」でさえないことになってしまう。
  2. スキルは確かにあるのだが、もてるスキルが時代のトレンドから外れてしまった。それもある意味勉強不足なのだが、運も悪いといえる。
  3. 本来は「プロフェッショナル」のはずなのだが、その本人の方針が部門の方針とは、ずれてしまった。自分が正しいと信じているので、「プロフェッショナル」に合流するつもりはない。
  4. もともとスキルはないのだが、なにかの勘違いで、ベテランと祭り上げられてしまった。

こういう「くせ者」がメンタリングの役割を果たすと、当然ながら、「お友だち」社員は、「くせ者」の方に引きずられる。そういう「くせ者」の存在があまりにも有害であるなら、部門から出ていってもらうしかない。しかし、その「くせ者」がキーの役割を果たしているなら、なんとか代役を果たせる「プロフェッショナル」を養成するしかない。しかし、それができないならどうするか。ダイヤモンド・オンラインの記事は、下記のように説く。

この「くせ者」が活躍しはじめると、共通の目標を無視して、違う目標に向かうこともあります。それでも仕事はできる人なので、なにかしらの成果が出ることも多いのです。たとえば、共通の目標に向かってあくせくしてなかなか結果が出ていないときに、こうした成果を目にすると、「くせ者」を支持する人たちも現れてきます。その結果、リーダーの目指す共通の目標とは違う方向へ進もうとする人たちが出て、チームはバラバラになってしまいます。

この「くせ者」を、いち早く、ゾーンⅠの「プロフェッショナル」にすることが結束力を高めるコツですが、「くせ者」を無理に「プロフェッショナル」にしようとしても、うまくいかないことが多いのです。説得しても動いてくれません。

むしろ「くせ者」の持つ不満、過去の痛みをよく知ることです。なぜ「くせ者」が、実力はあるのに共通の目標に理解を示そうとしないのか。それをリーダーが理解してくれるまでは、「くせ者」は動かないのです。

リーダーが「くせ者」の言葉に共感しながら耳を傾けることができれば、やがて「くせ者」は自ら「プロフェッショナル」へ向かっていきます。それまで、じっくり待つことです。

これをみて分かるように、結局、「くせ者」をまとめるのもリーダーの資質なのである。そもそも、本来「プロフェッショナル」であったはずなのに「くせ者」に成り下がったのは、リーダーの資質に失望してなのかもしれないのである。

多分であるが、組織は一枚岩でない方がいい。一枚岩だと変化に対応てきない。多様な人材が揃っていないからである。すなわち、「プロフェッショナル」だけでなく、「くせ者」も、「お友だち」も、「アマチュア」もいていいし、寧ろ「アマチュア」ならではの素朴な意見が貴重になることもあろう。それらを緩く統合してまとめるリーダーの資質に要求されるものはあまりにも多い。そういうリーダーは三顧の礼を尽くしても探すべきだろう。

社団戦

user-pic
0

会社の将棋部に所属しているので、職団戦というのはもう20年以上も出場し続けている。ところが、将棋の有段者というのはいそうでいないもので、結構大きい会社でも、将棋の有段者が五人揃わず、職団戦に出れないということが結構ある。だからそうやってコンスタントに職団戦に出るチームが作れるのは羨ましいと、棋友から言われることがある。

一方で、社団戦というのがあることも私は知っている。関東で開催されている将棋の団体戦である、という意味で、職団戦と社団戦は同じだが、参加資格などかなり違う。しかし、なにしろ社団戦というのは行ってみたこともないし、もちろん出場したこともない。どんな大会なのだろうという漠然たる興味はあったが、出不精の私のこと、わざわざ見学に行ってみる気まではおきなかった。

ところが、棋友から、社団戦に出場するので応援にきてほしいと依頼された。なんでも最近不調なので、私が応援にいくと、私の手前恥ずかしい将棋はさせないと気が引き締まるので、という趣旨らしい。応援という点で、どれほどの意味があるかわからないが、社団戦の見学という趣旨で行ってみることにした。

社団戦は、東京アマチュア将棋連盟主催で、場所は、東京都立産業貿易センター浜松町館である。浜松町の駅を降りて、海岸の方に10分くらい歩く。すると、立派なビルが右手に見えてくる。

行ってみると、こういうのに慣れているはずの私も、将棋指しの熱気に圧倒された。なにしろ、広いフロア一面で対局が行われている。対局者はというと、まさに老若男女がひしめている。いかにも学生将棋あがりや、奨励会くずれ、将棋道場の猛者、天才少年、いかにも場違いな可憐な少女、などなどである。

このような多様性が可能なのは、職団戦と違って、出場単位の縛りがないからである。同じ大学のOB、同じ会社組織、将棋道場の仲間、近所のサークル、などなんでもありである。強さに応じて、1部から5部まである。団体戦を戦い、上位チームが昇級し、下位チームが降級するという点では職団戦と同じである。職団戦と違うのは、1チームが5人でなく7人であること、チーム固有のゼッケンをつけること、時間が30分切れ負けでなく、30分切れた後は一手30秒以内であること、などである。30分切れ負けでないのは指す方としては楽だが、私のように早指しが苦手でない者は、時間攻めできなくて、却ってちょっと不利かもしれない。

棋友のチームは、3部で出るので、職団戦でいうとB級程度かと思って観戦しているとなかなかどうして、相当な強豪も混じっている。一方で、私でも勝てそうな人もある程度みかけた。ただ、観戦のバイアスの法則があって、観戦していて自分と五分だと判断したら、多分相手の方が香一本強い。まあ勝てそうだと判断したら、それでようやく五分なのである。だから、観戦していて、おおっ、このおっさん強いと判断したら、どんだけ~であって、まず勝てないとしたものである。

最近不調でチームの仲間から信用を失っていたという棋友は、私が応援にいったせいでもないだろうが、あまり危なげなく三連勝した。下手な手を指したらあとで馬鹿にしようとおもっていたら、なかなかどうして、私の棋力では悪手と分かる手がほとんどなかった。ということで一応、応援は無意味でなかったと思うことにする。

ずっと同じ将棋を眺めているのも飽きるので、散策すると、日本女子プロ将棋協会(LPSA)の棋士が棋書などを販売していた。奥さんが元LPSAということで、片上六段も駆けつけてきていた。あと、蛸島さんなどもみかけた。やはり女流棋士は華やかでいい。

あと、一部リーグの戦いを眺めてみると、これはまさに職団戦Sクラスと同じ世界で、私のような弱小アマチュアを寄せ付けないものがある。相手の手を殺しあう戦いは、見ていて気が重くなる。

観戦に戻って、棋友のチームの同僚が、女子高校生のような、茶髪で可憐な少女と対戦していた。私はこういう少女が負けるのは見るに忍びないので、棋友のチームの同僚に、間違えろオーラを送ったが、全く通じず、少女はどんどん自陣を取り崩されて、あえなく投了となった。その隣では、小学生が指していて、やはり敗勢になっていた。

しかしそれを不憫と思ってはいけないのである。ましてや手抜きなどもってのほかである。棋友がいうには、ここは、年齢、性別、学歴、地位、収入、容姿その他全く関係ない、すがすがしい場所なのである。もしかして、棋力さえ非常に本質的というわけでもないのかもしれない。勝ち負けはあるが、それはそれとして、将棋をいかに堪能するか、なのである。

実際私も、一観戦者として久しぶりに将棋を堪能した。なんとか会場の雰囲気を周囲の人と共有できて幸せであった。

閉会後、チームの知り合いの、元奨励会のメンバーからなるチームとの飲み会に同席していろいろ興味深い話を聞くことができた。充実した一日であった。

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。