2011年10月アーカイブ

ナショナル・ジオグラティックの番組を観ていたら、アラン・ヒルズ隕石のことが報告されていた。アラン・ヒルズ隕石とは、Wikiによると、1984年12月27日に南極大陸のアラン・ヒルズで採取された火星起源の隕石の破片である。どうやって火星から隕石が飛んできたかというと、1300万年前から1600万年前に小惑星が火星に衝突した際に、破片として宇宙空間に飛散したものらしい。しかし、なぜ火星由来と分かったのだろうか。

また、WIREDのアーカイブに、下記のような記事があるので、引用してみる。

アラン・ヒルズ隕石は1996年に、微生物の痕跡があるという研究成果が発表され、議論を呼んだことでも有名だ。しかし現在ではこの説は否定されつつある。「生命の痕跡」とされたいくつかの事柄が、生物学的でない説明も可能であることが判明してきたからだ。
NASAのDavid McKay博士は1996年、『Science』誌で、アラン・ヒルズ隕石には微小な生命の証拠が含まれている可能性があると報告した。電子顕微鏡による観察の結果、20ナノメートルから100ナノメートルの鎖状構造が発見され(下の画像)、極小細菌の一種であると推定された。2001年には、火星隕石中に発見された磁鉄鉱が、地球上でバクテリアによって形成される結晶に似ているとする論文も発表されていた。

生命を示唆するのは、炭素質コンドライトの存在である。それは有機物を含むもので、隕石によっては、92種ものアミノ酸を含むものもあったという。

それ以外にも地球に降り来る隕石から次々にコンドライトに含まれる有機物の残骸が見つかっている。だから地球以外にも炭素系生物が存在するのだと驚くとしたら寧ろ意外で、暗黒星雲に書いたことにより私は、宇宙の汎炭素生物性を信じている。すると、火星のような近隣から炭素質コンドライトを含む隕石が飛来しても当然ということになって、ちゃぶだい返しである。

しかし、David McKay博士の研究でさえ疑問視する趨勢がある。地球はいかに奇跡か、稀な星かという地球中心主義である。

もちろん地道な隕石中の生物探しは意味がある。非地球型のバクテリアの発見である。また、太陽系での生物マップの作成である。極寒の海王星や冥王星の地下深くには、惑星のもつ熱に頼る微生物が存在することはありえる。ただ、地上に降り来る偶然の隕石に依存するのはかなり細い攻めならぬ、細い研究ではある。そもそもどこの由来の隕石であるか、同定するのは容易ではない。研究とは本来そうしたものなのだが。

女性性

user-pic
0

私は断じてフェミニストではない。なぜなら、管理職への女性の進出を必ずしも好ましいと思っていないし、科学技術、囲碁、将棋など、個人としてはともかく総合的にみて女性が男性に勝てない分野がいろいろとあると信じるからである。

そういう、ある種の人達からみたら女性の敵といわれるかもしれない私であるが、それでも女性性ということを考える。女性性というのは、女らしさというのとも少し違う。日本語で書くと性がだぶって変だが、femininityと英語で書くとまだしもすっきりする。

なぜ私がそれでも女性性に言及するかというと、自分の精神に実質的な女性性を見出すからである。そのようにいうと、ああ君は女性よりも男性を愛するタイプなのかと誤解を受けるかもしれない。しかし、多分だが私は同性愛的傾向は、皆無ではないが、ほとんどない。私見では、同性愛であれ異性愛であれ、性愛は肉体の属性である。私の女性性はあくまでも精神的なものである。

私が意図する女性性というのは説明が難しいが、母性に近い。例を挙げると例えば、友人から電話がかかってくるとする。すると、なるべく電話を自分から切らない。相手の会話を遮らない。そういう自分の傾向を女性性とみなすのである。先日も深夜パソコンを立ち上げていたら、酔った友人がチャットで話しかけてきた。なにか普段の仕事でストレスが溜まっていて私に愚痴を言いたかったらしい。確か深夜の1:30だったが、普通に応対していた。途切れたので、もう寝ようと思ってパソコンを放置していたら、また続きのチャットが入っていた。こうして間歇的に来るメッセージに応対して横になりながら見張っていて、2:00になると流石に寝たのだろうと思い、パソコンを閉じた。要するに、相手の我侭を許すのである。普段我侭な私も、なぜかこういうとき、女性性を発揮する。

前にパーティ主催で、地味ながら一定の成功を収めたと書いたが、それもまた私の女性性の発露である。強いリーダーシップでリードして成功したものではない。

私が一般的に女性にもてないのはおそらく、男性性が前面に出てないからであろう。自分では結構論理的で正義感もまあまあなので、世間一般からみて男性的でないということもないと思うのだが、世の女性はそうみてくれない。なにか中性的でインパクトのない男だと、私に注意を払ってくれない。

そして私が気が合う女性というのは次の2タイプだけである。

  1. 女性なのに男性性が優ったタイプ。これは必ずしも男勝りみたいな外観の女性ではない。とても女性的な容姿なのに、心情的に男性みたいなタイプの女性がいたりする。その男性性が私の女性性と呼応すると、その女性は私に惹かれるというよりもむしろ、私に頼りたくなる。安心感を得たくなる。ただ、それはおそらく恋愛ではない。なぜなら、余程困ったときしか私のことを思い出さないからである。
  2. 女性で、その女性性が私の女性性と波長が合うタイプ。女性はほとんど十分な女性性を備えているが、私の女性性と共鳴する女性性をもつ女性はそんなに多くない。ただ、一旦共鳴すると、これもまた、恋愛というよりも、友人関係みたいになる。

そういうタイプの女性が極めて稀であるだけでなく、たまたま見つかっても恋愛関係に発展しないのだから、私の女性関係が成層圏の大気より薄いとしても仕方がないのである。

最後に、おそらく私が最も嫌いな言葉は、「女の腐ったような奴」という表現である。これは普通、だらしない、あるいは卑怯な男性に使うのだが、私はこれを女性に対する蔑視だとみなす。あるいは私の女性性に対する挑戦だとも考える。世の中を真に悪化させているのは、「女の腐ったような奴」でなく、「男の腐ったような奴」なのである。

妄想力

user-pic
0

知り合いの人と、妄想力について会話した。人生において妄想力がいかに重要か、ということについてである。妄想力の定義について、必ずしも共通の合意に達しているとは思えないが、自分なりの定義を記述してみる。

定義よりも前に例示から入る。例えば私が街を歩くとする。すると美人にときめいたりするが、典型的美人だと却って、相手にしてもらえそうもないと、妄想は発展しない。で、地味だけれども私好みみたいな女性がいると、既婚かもしれなくても、妄想が膨らむ。例えば、なぜか声かけて意気投合して、一緒に旅行に出かける。妄想なので、なぜそうなるか説明の必要はない。また、妄想なので、ホテルで泊まる一歩前で打ち切ってもいい。

次に妄想は突然、大学時代に遡る。将棋部の友達を振り切って、大学院の勉強に打ち込み、とりあえず物理学の修士課程に在籍する。専攻は素粒子論かなにかである。それで画期的な発見をしたと思いたいところだが、根本的に物理学に自信がないので、とりあえず修士課程は終えたけど、みたいなところから妄想が再開する。で、予備校の数学講師の職しかみつからなくて、そっちでも才能がなくて、段々落ちぶれる自分を妄想する。なんだ、今の特許実務屋の方がましじゃないかと、さらに妄想する。

こうして、記憶や概念や煩悩や回想などをくっつけては千切り、千切ってはつなぎ、頭の中で自楽の境地に陥るのが、妄想の一つの定義である。そして、妄想だけでいかに楽しめるかが妄想力である。そのとき読書は手軽な妄想への石炭である。読書という石炭を燃やして、妄想を焚き付ける。これも人生の妙味の一つである。

妄想力というと、ストーカーかと思われるが、実は違う。ストーカーだと、欲望の充足のために、物理的に特定の異性が必要となる。妄想力の達人は違う。妄想だけで完結するので、物理的な相手は必要ない。むしろ、相手がいると、妄想が自由に描けないので、却って不自由したりする。

妄想はこのように自己完結なので、妄想の仮想空間では何でもありである。法律も道徳も義理も人情も関係ない、アモルファスな世界である。おっとアナーキーの間違いだった。だから、書き下すと自分でも顔を赤らめたり、顰めたりする内容でもいい。むしろ、妄想の中でありとあらゆることを考え尽くして、そこで煩悩を消費してしまうのもありである。こういう煩悩の消費方法はおそらくであるが、アリストテレスの「詩学」の趣旨にもつながると思うのだが、なにしろ「詩学」はほとんど読めていないので、なんともいえない。

ともかく妄想力は、膨大な煩悩を抱えても健全な小市民で生きていくための技術なのである。江戸川乱歩のあのおどろおどろしい小説は、妄想力の発露なのだろう。その結果、江戸川乱歩は実生活では、極めて健全な市井人だった。

こうして妄想力が、小説家、芸術家の必要条件であることがわかる。もちろん十分条件ではなくて、小説が書けなくても構わない。妄想力は自楽の技術なので、自分が楽しくすごせればそれでいいのであった。

背面飛行

user-pic
0

9月6日夜、沖縄から東京に向かったANA機が、浜松付近で数秒間、背面飛行になったという事件があった。大事に至らなかったのだが、なぜそうなったのか、読売新聞の記事に解説があったので、メモしてみる。

すなわち、機長がトイレに行って戻ったのだが、操縦室は防犯のため、外からは開けらないようになっている。そこで副操縦士が操縦席の横にあるダイヤル式スイッチでロックを解除しようとした。ところが薄暗かったので、間違えて、そばの方向舵を調節するスイッチを大きく左に廻してしまった。このスイッチはもともと、故障したエンジンの働きを補うためにある。この操作で機体は大きく左にカーブした。スイッチを廻しすぎたので、機体が左に傾き、130度の傾き、すなわち、ほとんど裏返しに近い状態になりながら飛行機は急降下していった。

この異変に気付いた副操縦士が方向舵を元に戻し、なんとか機体を立て直した。マッチポンブだが、よく立て直したともいえる。このトラブルで、怪我をした人は117人の乗客のうち数人だけだった。トイレから戻っていた機長でさえこの異変に気付かなかった。理由は遠心力なのだった。機体が急カーブしながら急降下したので、乗っている人は遠心力で床に押し付けられる方向の力を受けたのだった。

これはまさに、アインシュタインがいうところの加速度と重力の等価原理なのであって、全く不幸中の幸いで、もし遠心力が働かず、乗客が天井に叩きつけられていたら、死者も出かねないところである。

これは大事に至らなかったのだけれども、たまたまナショナル・ジオグラフィックの番組を観ていたら、相当意味合いが違う飛行機事故の紹介があった。それは、1994年3月22日にロシアのアエロフロートのエアバスA310-308がシベリアに墜落した航空事故である。

すなわち、パイロットがその日は家族を無料で飛行機に招待できる日だった。そこで、パイロットは妻を残して、息子と娘を自分が操縦するエアバスA310-308に乗せた。

それは、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港から香港の啓徳空港行きだった。パイロットのヤロスラーヴ・クドリンスキー機長は、離陸後、水平飛行に入ると、息子と娘を操縦室に案内した。パパの職場を見せようという親心であろう。本当は、パイロット以外を操縦室に入れるのは当時でも違反だったのだが、ハイジャック対策にそれほど神経質でなかった当時は、あまりうるさく言われなかった。

操縦室に息子と娘を案内した機長は、止せばいいのに、息子と娘に操縦席に座ってみるように言った。そして娘は座って直ぐに席を離れたが、息子が操縦席に座ったとき機長は、、操縦してご覧、と自動操縦のスイッチを切った。そして息子が操舵すると確かに機体が傾いた。息子は歓声をあげて、操縦桿を握ったままだった。ところがそこから機長が自動操縦に戻そうとしたとき、トラブルが起こった。すなわち、これはおそらく当時のエアバスA310-308のコントロール・システムのバグだと思われるのだが、パイロットが操縦桿を握ったままだと、自動操縦に戻しても一部の機能が手動のままにとどまってしまう。

そして機体はどんどん平衡を失っていった。息子をどかせて機長が席に就こうとするのだが、強烈なGで体が動かない。副操縦士が懸命の操作で機体を起こしたが、今度は起こしすぎて垂直上昇状態になった。航空機のエンジンは、ロケットではないので、垂直上昇状態を維持できるようになっていない。

ついにエアバスA310-308は失速してシベリア山中に墜落、全員が死亡した。もちろん事故直後では以上のような経緯は分からない。最初はテロによる爆破かもと疑いがもたれたが、ボイスレコーダの解析で、上記の経緯が分かった次第である。また、操縦席で子供が見つかったのも、最初は爆発で吹き飛ばされたと解釈されていた。

エアバスA310-308の事故は広い意味で操縦ミスであろう。当時フェイルセーフ性が十分でなかったことが明らかであるが、つい最近になっても、たった一つの操作ミスで背面飛行になり、一歩間違えると大変な事故になっていたおそれがあるとなると、依然として飛行機の操縦はフェイルセーフになっていないようである。

マイコミジャーナルに次の記事があった。

米IBMは10月25日(米国時間)、新CEOにVirginia M. Rometty氏を任命したことを発表した。Rometty氏は2012年1月1日よりCEO兼社長として、巨人IBMを引っ張ることになる。現CEOの Samuel J. Palmisano氏はCEO職を引退し、会長にとどまる。

なるほど、IBMで女性がCEOに就くのは画期的であるが、それほど意外でもないのは、HPのカーリー・フィオリーナの例があるからである。はて、フィオリーナは成功例だったのか。

ここで敢えて私が言いたいのは、CEOであれ、その他の地位であれ、人事が必ずしも客観的な基準でなされるとは限らないということである。むしろ管理職における女性比率を高めようという目標をもっている会社もあるらしく、すると今回のIBMの人事もそういう側面もあるのかもしれない。

人事が必ずしも客観的な基準でなされるとは限らない、というのはちょっともって廻った言い方で、はっきり言えば人事はとても恣意的に決まる。例えば、次のようなロイターの記事がその例証である。

過去のM&A(合併・買収)をめぐる混乱の渦中にあるオリンパス(7733.T: 株価, ニュース, レポート)は26日、同日付で、菊川剛氏(70)が社長兼会長職を退き、新社長に高山修一・専務執行役員(61)が就任したと発表した。
記者会見した高山新社長は、不透明さが指摘されているM&A資金の支払いなどについて早期に第3者委員会を立ち上げ、結論を出す方針を示した。

この人事が恣意的であるのは、高山新社長が結局、菊川剛氏の派閥に属するという話があるからである。すると下手したら、お手盛りの調査になりかねない。

私が人事を恣意的と言ってはばからないのは、どうしても将棋の名人が決まるプロセスと比較してしまうからである。人事考課は、将棋などの勝負事のような客観的な指標に基づくことは少ない。するとどうしても人間関係の要素が入ってくる。私が周囲の、そして私自身の意表を衝いて管理職に登用されたのは、当時の部門長と私の相性のようなものがあったことを私は否定しない。

だから本当は、誰が何の地位に就くということの話題性は最小限に留めるべきなのである。所詮は恣意的人事の結果なのである。それよりもむしろ、その地位に就いた人がどのようなパフォーマンスを発揮したのかに最大限の注目をすべきである。そして、コンパイラが本来のコード生成ルーチンよりも寧ろ、エラーチェックルーチンの方を多くもつように、人事も失敗をきちんと監視し、不適切であるなら別の人と速やかに入れ替える体制を築くことにエネルギーを注ぐべきである。

私自身はというと、管理職に登用されたことは極めて不本意であったが、あるレベルの責任感から、ベストは尽くした。その結果は必ずしも満足のいくものではなかった。だいたいが本来、専門職気質なのである。だからときどき部下で、管理職は向きませんねと言ってくれる人がいて、私はそういうコメントを歓迎した。私に強大な人事権があれば、私が降りて、その人を管理職にしたかったほどである。

最初に戻って、Virginia M. Rometty氏は、1年後、あるいは数年後、活力ある、成長力ある組織をつくれているかどうかで評価すればいいのである。ルウ・ガースナー氏も就任したときは海のものとも山のものともつかず、成功を確信している者は、ガースナー氏自身を含め、誰もいなかったはずなのであるから。

率先垂範

user-pic
0

山本五十六の有名な言葉に、「やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。」というのがある。管理職時代の私は、ごく一部の人達からだけだが、流石率先垂範と褒められたので、「やってみせて、」のところだけは何とか合格なのだろう。しかし、「言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば」のところは甚だ不十分で、その結果、十分に人が動かせたとはいえない。

ところが、「やってみず、言っても聞かせず、やらせてみて、ほめもしないで人が動くか。」が該当する人がいる。ともかく、自分でなにもしないで、ただ人にやらせる。その結果に文句をつけたり、成果を只取りしたりと、部下にとって甚だモラールが下がる。

そういう人でも率先垂範していることがある。それは、休暇の取得と、残業をあまりしないことである。すなわち、管理職として率先して休暇を取得しているので、部下としても取りやすいだろう、どうだという趣旨らしいが、どうもしっくりこない。

私の知っているある人は、管理職の地位のまま1年間、米国に長期出張した。それで戻ってきて、どんな米国流のマネジメントをするかと期待したら、毎週金曜日の午後、管理職なのに休暇をとる、というスタイルを実行し始めた。米国ではそうしてリフレッシュしているというのである。しかし、と私は思った。同列の管理職として、あなたがいない間、全て私が、外部からの問い合わせやあなたからの部下ならの問い合わせを処理しているのてある。それはどうしてくれる、と何度も文句を言ったが無視された。

別の例は、知事の育休である。すなわち、県知事ともあろう者が、公務よりも育児や私事を優先させて、これが現代流の働き方だというのは、どうも私はしっくりこない。福島第一原発の事故収拾に、決死の思いで消火した消防隊員や、ヘリコプタから散水した自衛隊員の立場はどうなるのだろう。私は育児休暇を優先させるメンタリティであるなら、間違っても県知事のような要職は目指すべきではないと思う。

このように、楽することだけ率先垂範することを、負の率先垂範と呼びたい。楽することならば、「やってみせれば、言って聞かせずとも、自然に人は靡く。」である。

もちろん管理職なので、負の率先垂範もあってもいいのだが、少なくとも、正の率先垂範が常に、負の率先垂範よりも十分に大きくなるように心がける必要がある。

どうしてこんな基本的なことが等閑に付されているのか、私は理解できない。古い奴だとお思いでしょうが、と口上を述べたくなる日々なのであった。

悪魔祓い

user-pic
0

学生時代に、夏休みで暇だったので、「エクソシスト」という映画を観て、随分怖かったという記憶がある。その後今に至るまで実人生を歩んできて、やはり実人生の方がおぞましいぞと考えたりするのだが、最近テレビを見ていたら、「エクソシスト」というは実は実話に基づくものであり、1949年にメリーランド州ロックヴィルで起きた14歳の少年に対する悪魔憑きの事件をに基づくものなのだという。

そのテレビ番組が問題視していたのは、悪魔祓いの専門家の養成機関の話である。すなわち、悪魔祓いの専門家であるエクソシストは、キリスト教会の権威の下、神の名により悪魔を追い祓うべく修行をするのであるが、心理学の専門家は、単に精神的ショック療法や催眠術による暗示効果を利用するだけで、悪魔祓いの効果はないという。

そういえば、先日、下記のような事件があった。時事通信のホームページから引用する。

熊本県長洲町の宗教団体「中山身語正宗」の教会で、女子中学生の顔に除霊や滝行と称して水を浴びせ死亡させたとして、僧侶木下和昭容疑者(56)らが傷害致死容疑で逮捕された事件で、同団体の大本山・瀧高徳寺(佐賀県基山町宮浦)は4日、記者会見で「教義では水を顔で受けることはない」とし、同容疑者の行為は教義を逸脱していたとの見方を示した。
 内海憲志郎同寺顧問は、事件について「ご迷惑をかけ、申し訳ない」と陳謝。その上で、同団体の教義に除霊という考え方はなく、滝行は背中で水を受ける行為と説明した。木下容疑者について「問題があったとは聞いていない」とした。

この記事にもあるように、病気、不登校、家庭内暴力などを霊の憑依のせいにする、ということは昔からある。その際、僧や神主などが祈祷したり、被験者を肉体的・精神的に苦しめて除霊しようとする試みが行われているが、なかなか功を奏さない。実話として、「古武士霊は語る」近藤千雄編著、潮文社には、無念の思いで割腹自殺した武士の霊に取り憑かれて死にそうになった人の話が出てくる。その話によると、霊が取り憑くのは無念の思いを伝えて、なんらかの行動をとってほしいと訴えるためであり、取り憑いて死に至らしめるのは本意ではない。すると、そこに必要なのは、真に霊の意図を汲むことができる霊能者である。そしておそらくであるが、霊能者は研鑽によって養成することはできない。

実際に除霊による治療を試みた精神科医であるC.A.ウィックランドの「迷える霊との対話」では、ウィックランドは常に、霊能者に支援を依頼して、憑依した霊に話しかけ、成仏するように話しかける。それがうまくいくこともあれば、いかないこともあるが、ともかく、そういう形で説得して霊に出て行ってもらうよりない。

そういう憑依をおぞましいと思ってはいけない。というのは、私の考えでは、肉体に魂が受胎する仕組みがまさに憑依であり、すると、あらゆる肉体は憑依されうる性質をもつことになる。そして憑依には排他律が成立しないので、単一の肉体に複数の霊が憑依することがありえる。

仏教が四諦・八正道・中道を説くのは、浮遊する霊との共振を防ぐためであろう。実際、欲望を追求しすぎると、それに共振する霊が集まる。そのことは、巨大な物資的富をもたらすかもしれないが、人生の意義は小さい。

戻って、ただ痛めつけるような除霊は無意味である。巨額の金銭を要求する除霊もインチキである。世俗的なキリスト教や仏教の権威は、そのことに何ほども貢献できないはずである。

テレビ番組を観ていたら、スティーヴン・ホーキングのことが特集されていた。そして、ホーキングが1963年、21歳で筋萎縮性側索硬化症を発病し、医師からあとせいぜい5年しかもたないといわれつつ、それから50年近くも生きているという奇跡が言及されていた。

その理由を、医師やホーキングを含め、誰も説明できないが、ホーキングには一貫して強い信念があった。すなわち、宇宙は、一握りの方程式で記述でき、自分はその方程式を見つけるのだ、というものである。

サイコソマチックな視点からは、強い信念や楽観的な思考が健康にポジティブあるいはネガティブな影響を与えることは広く知られており、ホーキングを難病から延命させているのが、その宗教的とも言える宇宙方程式への信念、あるいは執念であることはほとんど自明である。

しかし、と私は問う、科学史を引き合いに出すまでもなく、あらゆる物理法則が所詮は近似法則であることは自明であるはずなのに、ホーキングは血迷っているのか、と。

ところが、ホーキングは難病のせいで血迷っているわけでもないようである。例えば、湯川秀樹は、物理学というものは果たして無限に発達するのだろうか、ある時点で全てわかってしまって、研究することがなくなってしまうのではないか、と述べていた。

スーパーストリング理論で有名なブライアン・グリーンは、スーパーストリング理論は人間の心も含む全てを説明し尽くすと臆面もなく、その著書の序言に書いていた。これを読んで私は、この本を床に落としそうになった。

そしてアインシュタインは、一般相対論と電磁気学を組み合わせることで森羅万象を説明できる理論が構築できると信じて疑わなかった。

こうして次第に分かるのは、科学者、特に物理学者にあっては、研究対象の森羅万象性、最終法則性に心酔することが、研究への強いもティベーションになる、ということである。ちょっと考えれば、物理法則の近似性は自明であるのに、意図的にそのような常識を忘れて没入してしまえることが、もしかして優れた物理学者の資質なのかもしれない。

では、どのような物理学者も森羅万象性、最終法則性に心酔できるのかというと、多分違うだろう。「現代物理学の世界」講談社基礎物理シリーズ 二宮正夫編によると、最終法則性を喧伝しそうな素粒子物理以外に、統計物理、レーザー物理、非平衡開放系の物理、不規則系物理、核融合、経済物理など、到底最終法則性を言い立てられそうもない分野が目白押しで、すると、ある種の宇宙論や素粒子論は、物理学中の物理学ということになる。

すると、森羅万象性、最終法則性の雄叫びを上げる人たちは次の条件を満たすことになる。

  1. 物理学中の物理学を専攻している。
  2. 特別に自尊心が強い。自分が間違っているとはつゆも思わない。
  3. 挫折体験がない。挫折しても挫折とは看做さない。
  4. 周囲がおだてる。

要するに、物理学中の物理学を専攻する思い上がった天才または秀才中の秀才が、森羅万象性、最終法則性に染まるのであるが、そこで物理法則の近似性を持ち出して、焼け石に水をかける役割を果たすのが、凡才であってもいいのではないだろうか。

凡才でなくても、ノーベル賞を受賞した小林誠、益川敏英の師匠である坂田昌一は、Wikiによると、クォークすらも階層の一つに過ぎず、さらにその下部構造が無限に存在するという物質の「無限階層論」を提唱していたというが、流石に粒子性に無限階層があるというのは考えにくい。物理法則の近似性の裏側にある物理法則の無限性は、物理現象のジェネレータとしての自然モデルの無明性に拠るのではあるまいか。

リソースとルールというのは、ごく当たり前の問題であって、例えば、法律で一人に10万円給付すべしとあっても、リソースとしての財源が足らないなら、一人に1万円しか払えないかもしれない。

そこをルールに拘って、残りの9万円を払えと裁判を起こすのは勝手だが、おそらく政府はない袖は振れないのである。

それでも平時でリソースが豊富であればルールを優先していい。むしろ教科書的には、ルールがまず大事だと教わる。だから、初心者であるほど、ともかくこれがルールなんだと進めたがる。

初心者ではないが、終戦後に、闇米を拒否して食糧管理法に沿った配給食糧のみを食べ続け、栄養失調で死亡した山口良忠という裁判官の例がある。これなど、リソースよりもひたすら、ルールを遵守した例であり、そういう死に方も個人的には悪くないと思うが、もともと法律はそこまで要求しないはずである。リソースのある臨界的な状況で、悪法は適用除外になるべきである。いわゆる緊急避難である。

ただ、普段の仕事だと、リソースを軽視してもなかなか、餓死まではいかないので、ちょっとしたルールを遵守するために、徹夜が敢行されたりする。その結果健康が害されて、場合により過労死にいたる者もでてくるかもしれないが、裁判で争っても因果関係が明確でないと敗訴する可能性もある。

私は、もともと細かいルール遵守が得意でないこともあって、リソース指向でやってきた。管理職時代は予算管理も担当していて、そこでは、リソース=ルールだったから、なんの齟齬もなかった。

ところが特許管理業務となると、そのあたりの兼ね合いが難しくなる。例えば、あるあまり使わないフィールドなのに、特許管理データベースに全て入力しろという指示が上司から来たりしたが、そこでも私は、部下の労働力というリソースを重視して、あまり本質的でないと見切ったルールをやり過ごした。その結果、融通の利かない上司には大目玉をくらったが、そこでひるむようなら、管理職など就かないほうがいい。私は部下と相談して折り合いを見出した。

なぜリソース指向に傾くかというと、ルールなら適用除外があるが、リソースは絶対だからである。例えば、どんな仕事のどんな期限がこようと、1週間ぶっつづけで一日24時間働くことは誰もできない。

また、ルールなるものは、所詮人間が恣意的に作ったものであり、より一層恣意的なものは組織の階層であり、人事である。そのような恣意的なものをどれだけ絶対視するかどうかで人間のタイプが分かれるが、私は、自然の摂理に基づくリソース主義にこだわる。

そういう意味で、最近の放射能汚染の除染の、金額というリソースを無視した計画は、リソース主義の私には全く目に余る。すなわち、放射線量が放射線医学的に妥当な範囲にあるのに、無理やり、厳しすぎる基準値を適用して除染しようとする計画は、風評に流された暴挙としか思えない。そもそも放射線の基準値も、リソースに応じて変更すべきなのである。

という、いかにも当たり前の話であった。

読売新聞によると、悪名高きリビアの独裁者、カダフィが殺されたという。以下引用:

【トリポリ=田尾茂樹】リビアの反カダフィ派組織「国民評議会」のジブリル暫定首相は20日、トリポリで記者会見し、最高指導者だったカダフィ氏の死亡時の状況について、中部シルテでの拘束後、カダフィ派と反カダフィ派の銃撃戦の最中に頭を撃たれて死亡したと明らかにした。

しかし、反カダフィ派兵士が射殺したとの情報もあり、真相は依然、謎に包まれている。

ジブリル氏によると、カダフィ氏は20日朝の北大西洋条約機構(NATO)軍による空爆などを受け、車列を組んでの逃走を放棄し、シルテの排水管に逃げ込んだところを発見された。反カダフィ派兵によって排水管から引きずり出された際、抵抗するそぶりは見せなかったという。

カダフィ氏は連行の際、右腕を撃たれ、そのままトラックに乗せられた。その後、カダフィ氏を乗せた車両は、移動中にカダフィ派との銃撃戦に巻き込まれ、カダフィ氏は頭部に銃撃を受けたという。銃弾がどちらの部隊のものかは判別できないとしている。カダフィ氏が死亡したのは病院に到着する数分前だった。

この記事に直接コメントする前に、最近読んだ「世界の独裁者」六辻彰二著、幻冬舎新書について触れてみる。この本には下記の20人の世界の独裁者が言及されている。当然カダフィも入っている。

  1. ロバート・ムガベ(ジンバブエ)
    ムガベは、ワシントン・ポストによると、世界最悪の独裁者なのだという。なぜそのように言われるかというと、選挙に露骨に介入して、不正に当選することを繰り返すからである。その介入も半端ではなく、対抗の候補を殺害することまで辞さない。また国家権力を駆使して蓄財し、鉱物資源を確保するだけの目的で隣国に軍隊を侵入させることまでする。ただ、意外に周囲の国から評判がいいのは、反白人主義の旗頭だからである。
  2. オマル・アル・バシール(スーダン)
    オマル・アル・バシールは、悪名高きスーダン紛争の首謀者である。なにしろ国内の敵対するキリスト教勢力を駆逐するために、国内のイスラム勢力に武器を与えてキリスト教勢力を襲撃された。それにより激化した内戦で、5年間で最大40万人が死亡したといわれる。それでも力を維持するのは、国内に豊富な石油資源を抱え、それを財産として中国などの新興大国と交易するからである。
  3. 金正日(北朝鮮)
    金正日について語るべきことは多いが、金正恩などで既にいろいろ論じたので、ここでは割愛する。
  4. タン・シュエ(ミャンマー)
    タン・シュエは、まさにアウン・サン・スーチーを軟禁してきた独裁者であるが、あまり表に出ない。しかし軍を使って一貫して少数民族を虐待してきた。独裁者の例に漏れず、国民の窮乏をよそに、天然ガス、宝石、麻薬などの資源を独占して一族は豊かである。
  5. アブドッラー・ビン・アブドルアジーズ(サウジアラビア)
    アブドッラー・ビン・アブドルアジーズは膨大な石油資源により世界有数の富豪であると同時に、行政、司法、立法のすべてを独占する独裁者である。国際のイスラム勢力と、石油を買ってくれる欧米や日本などの国との微妙なバランスをとっている。そのため、欧米の国から非難されることが少ない。
  6. 胡錦濤(中国)
    胡錦濤は、世界で最も影響力をもつ人なのだという。年々増しつつある中国の存在感を象徴するが、胡錦濤は、毛沢東などとは違って独裁者というイメージは少ない。しかし確実にチベットを迫害し、国内の民主化を阻止しているのは確かである。
  7. アリー・ハメネイ(イラン)
    イランの大統領はアフマディーネジャードであるが、政教一致の濃いイスラム教社会であるイランにあって、イスラム教最高指導者としてのハメネイの影響力は強い。ただ、複雑化する国際情勢を反映して、現実的な路線もとりつつあるようである。
  8. イサイアス・アフォルキ(エリトリア)
    エリトリアとは、エチオピアから独立した小国であるが、アフォルキは、圧倒的な報道規制と反対派の処刑で独裁制を維持してきた。エチオピアとの抗争を繰り返してきたが、内外に敵だらけで、スーダンのバシールと関係を改善しつつある。
  9. グルバングルィ・ベルディムハメドフ(トルクメニスタン)
    トルクメニスタンのベルディムハメドフは、中央アジアの金正日と呼ばれた前任者のニヤゾフを継承して独裁性を敷いた。もともと歯科医で、ニヤゾフの専属歯科医である地位を利用して権力を上りつめた。
  10. ムアンマル・アル・カダフィ(リビア)
    いよいよ真打の独裁者、登場である。しかし40年もの長期の独裁体制の後NATOに襲撃されて、カダフィは、上述のように反カダフィ派兵に殺害された、独裁者は数多あっても、このように敵対する軍隊に殺される独裁者は少ない。なぜこうなったのか、というのは研究の余地がある、
  11. イスラム・カリモフ(ウズベキスタン)
    ウズベキスタンは、法治国家を捨て、憲法を改正(改悪)して、法的に自らの地位を安泰にした。そしてロシアと欧米の微妙なバランスの間で地位を保つ。カリモフは、アフガニスタンでの戦争の支援のため米軍に基地を提供し、これによって欧米からの批判をかわした。
  12. バッシャール・アル・アサド(シリア)
    テロ支援国家として欧米から目をつけられているシリアのアサドは、派手なパフォーマンスのない静かな独裁者であり、ロシアや北朝鮮との関係を強化する。
  13. テオドロ・オビン・ンゲマ(赤道ギニア)
    赤道ギニアのンゲマをして、ジンバブエのムガベ以上の最悪の独裁者と評する人もいる。なにしろ自らを神と同列におき、食人しているという噂もある。しかし、アフリカ第三位の石油産出国であることから米国が目をつけ、米国との間に友好関係をうちたてた。するといよいよ、カダフィとの違いが際立つ。
  14. アレクサンドル・ルカシェンコ(ベラルーシ)
    ベラルーシのルカシェンコは、欧州圏にあって、選挙介入などの露骨なことをするという点でユニークである。しかし最初は、保守政権の汚職を鋭く指摘する反対派としての出発だった。こうして国民の一定の支持をえつつ独裁性を敷いたが、最近では反対派のデモに対して弾圧を加えた。
  15. メレス・ゼナウィ(エチオピア)
    エチオピアはもともと古くからの王国であったが、革命政権のリーダーとしてゼナウィは頭角をあらわした。しかし通信教育とはいえ、イギリスの大学からMBAを取得し、欧米から知性を喧伝されている。
  16. イドリス・デビー(チャド)
    チャドのデビーは、クーデターと内戦に膨大なエネルギーを費やした、筋金入りの独裁者である。もともとカダフィは戦った敵であったが、内戦が激化したらカダフィと協力関係を結んだ。
  17. ムスワティ三世(スワジランド)
    スワジランドのムスワティ三世は、完璧な立憲君主制を敷き、形式的に議会はあるものの、完全に権限を掌握している。国家予算も完全に私物化している。
  18. ポール・ビヤ(カメルーン)
    ポール・ビヤは、フランス留学の経験もあり、1年の数ヶ月は海外で優雅に過ごすが、徹底的な国内情報網を張り巡らし、独裁制を敷く。しかし、原油の生産高の高さから、欧米から明確な批判はない。
  19. ウゴ・チャベス(ベネズエラ)
    ベネズエラのウゴ・チャベスは反米のアイコンであり、そのメッセージが小気味よく響くことがなくはない。また、国内の貧しい人達に注目する政策をとり、人気はあるが、徹底したマスコミ操作は怠らない。その徹底した反米路線から、中国、ロシア、リビア、北朝鮮とも国交を重ねる。
  20. ウラジミール・プーチン(ロシア)
    元KBG、チェチェン弾圧、国内テロやらせ疑惑など、叩けば埃が出そうなプーチンであるが、こうして世界の独裁者と並べてリストすると、独裁度は少し翳る。しかしそれはプーチンが善良であるというのではなく、ロシアという国が強い独裁制を敷衍するには広大すぎるというだけの話だろう。実際、アンナ・ポリトコフスカヤのような正義感の強い人にはとても耐えられない独裁性なのである。

もちろん世界の独裁者はこれで尽きている訳ではない。また六辻彰二氏は、あまり勧善懲悪で独裁者をみないでほしいという意味のことを書いている。確かに極めて不安定な政情の国では、ある程度独裁でないと国家が維持できないであろう。例えばシンガポールの繁栄は、リー・クアン・ユーの独裁に多くを負っている。韓国も朴正煕に負うところがあるだろう。

ここで最後に蛇足として、独裁者の性質を列挙してみる。これを全て網羅していないと独裁者ではないというわけではない。単なる例示である。

  • 富や利権の独占。それがないと、味方につける人達をひきつけられない。また、石油や鉱物資源などが豊富であり、それを欧米に開放すると、非難をかわせる。
  • 三権分立の無力化、無効化。憲法改正などを通じて、あるいは通じないで、地位の永続化をはかる。
  • 軍部や警察権力の掌握。
  • 国内の宗教対立を利用する。
  • 徹底した情報統制。官製のマスコミしか許さない。
  • 権力バランスに敏感で、必要とあらば、旧敵とも手を結ぶ。
  • 自分の係累に権力を継承することに腐心する。

しかし、カダフィは、サダム・フセインと似たような経緯で殺されたのだろうか。このあたりの分析はあまりニュースではなされていないようである。

私の限られた経営的知識ではどうしてもその必然性が分からないのだが、組織というものは、幹部と非幹部から構成されるらしい。粗くいうと、幹部というのはその専門知識に基づき立案し指示を出す。非幹部は、その指示を実行する。その結果の責任は最終的には幹部に属する。

私の限られた経営的知識でさらに理解できないことに、組織というものは一般に、幹部候補を予め決めてしまっていることがある。幹部候補は普通、学歴、経歴、性別、学閥、閨閥などによって決まる。

幹部候補を予め決めてしまうことが是認されると思われるのは、プロ野球の例を眺めてである。すなわち、プロ野球には、スカウトという確立した専門職があり、その目利きで才能を見抜き、実力と人気の両方を兼ね備えた選手と契約する。どんな組織でもそうなのだが、プロ野球も人材で保っているので、スカウトの使命は大きい。

そんな採用の専門職が採用しても、鳴り物入りの選手、すなわち幹部候補が大活躍するとは限らない。どんな優れたスカウトでも、確率的にしか素質を見極められない。逆に野村のように、入団テストを受けて入団して、一流選手にのし上がる人もいる。

そんなプロ野球のよさ、そしてその裏側の悲惨さは、徹底した実力主義にある。すなわち、たまたま鳴り物入りで入団し、人気があり、監督の後押しがあっても、実績が上がらなければ結局は二軍落ちし、退団に追い込まれる。仕方がない。

そういうプロ野球の状況に鑑みると、会社組織でも予め幹部候補を決めておくことの意義はわかる。すなわち、もし100人新入社員がいて、全く平等に扱い、その業績をみて判断するということにすると、全員営業ならともかく、総務も人事も品質管理も開発もいて、誰が優れているか見極めるのも大変である。

制御システムでは、まず全員をピアとして扱う方法は、評価ベクトルの初期値成分にみんな0を入れてループを廻す方法に対応する。しかし目標は、評価ベクトルの成分に幹部/非幹部の偏りをもたせることなので、それなら最初から最終形を想定して評価ベクトルの初期値成分に偏りをもたせるというのも分からないではない。

ともかくそうやって評価ベクトルに初期値をセットして、評価ルーチンをまわすのだが、評価ベクトルの次元が大きくなると、評価ルーチンを回す頻度を下げようとするインセンティブが組織に働く。コストがかかるからである。すると、一旦決めた評価ベクトルの初期値が更新されるチャンスが減る。こうして、最初に決めた幹部候補がそのままパフォーマンスに拘らず変化しないということがありえる。その最たるものが官僚である。旧海軍のハンモックナンバーもそうであった。

昔のように定常的な時代はそれでもよかった。ところが時代の移り変わりが速くなると、評価ルーチンの更新もそれに合わせて速く回さないと、実情と評価がいよいよ乖離してしまう。

ところが更なる問題がある。時代の移り変わりが速くなると、組織は、組織そのものが時代にキャッチアップするコストが大きくて、とても評価ルーチンの更新などにコストをかけていられなくなる。こうして、評価ベクトルは、変化させる必要があればあるほど逆に固着してしまう。矛盾である。野球で言えば、ドラフト一位で入った選手が打率一割まで低迷しても、また、大物ルーキーで入った投手が防御率が6点台になっても、二軍落ちしないでいつまでもスタメンに入ったりする。そんな組織がどうなるか、想像の余地もないだろう。

最近ではコンプライアンス遵守が喧しくて、いよいよ評価コストが等閑に付される。

そして、コストをかけられなくなった組織は、社員からの問題提起に耳を傾けるコストさえも払わなくなる。

評価が硬直化し、社員からの問題提起に耳を閉ざした組織の末路は哀れである。そうならないために組織は、一定のコストを評価と社員からの問題提起を拾い上げるためのコストを税金のように内部留保しなくてはならないのである。

外国人社長

user-pic
0

読売新聞によると、オリンパスが外国人社長を解職したという。以下、引用:

オリンパスは14日午前、臨時取締役会を開き、今年4月1日に就任したばかりのマイケル・ウッドフォード社長(51)を14日付で解職することを全会一致で決議した。

ウッドフォード氏は業務執行権のない取締役となる。後任の社長は、前社長の菊川剛会長(70)が兼任する。

東京証券取引所で記者会見した菊川氏は、ウッドフォード氏の解職理由について、「組織の意思決定を無視した独断的な経営判断で、決断には猶予がないと判断した」と説明した。ウッドフォード氏は事業部門のトップを越えて直接指示を下すなどしたという。さらに、社長就任時には8対2の割合で日本に滞在して社長の業務を行うはずだったが、実際に日本には4割程度の日数しかいなかった。このため、社長としての業務執行に障害が生じていたという。菊川氏は「じくじたる思い。欧米人と日本人との違いを見抜けなかった」と述べた。

このニュースをみても何も意外ではないのだが、そもそも外資系でもないオリンパスがなぜ外国人社長を任命したのだろうか。

Webで検索すると、今年の2月10日付けで、次のようなBCNオンラインの記事があった。

オリンパス(菊川剛社長)は、2月10日に開催した取締役会で社長の交代を決定した。4月1日付けで、現在オリンパス執行役員/独オリンパス・ヨーロッパ ホールディング社長のマイケル・シー・ウッドフォード氏が社長に就任する。現在の菊川社長は会長に就任する。両氏は「二人三脚」というキーワードを強調し、協力して経営に傾注していく方針を示した。
今回の社長交代は、10年5月にオリンパスが策定した2010年経営基本計画に基づき、「グローバル競争力のある企業体質への転化」と「新興国市場への事業展開の強化」の取り組みに注力することが目的。

なるほど、グローバル競争力のある企業体質=外国人社長か、なんとも安易な施策を採ったものである。

外資系の企業に勤務し、外国人上司に仕えたこともある私の経験で言えることは、外国人上司は次の点で難しい。

  1. 言語:当然だが、英語その他の外国語で会話されると、日本人社員には細かいニュアンスが伝わりにくい。外国人上司が急遽日本語を勉強しても、焼け石に水である。
  2. 習慣:日常の贈答や余暇の過ごし方など、生活習慣が全く異なり、いちいち不協和音が生じる。
  3. 西欧中心主義で、欧米人はどうしても上目線になってしまう。
  4. 欧米流の経営方法は、トップの指示は絶対という軍隊式である。日本人の経営方法は根回しを基本としており、欧米人の社長は日本に馴染みにくい。

だから私が勤務する外資系企業でも、案は何度もあったが、欧米人が社長になったことは一度もなく、歴代日本人社長のままで今に至っている。それでもオリンパスなどの日本企業が外国人社長に夢を抱くのは、日産のカルロス・ゴーンの成功に幻想を抱いているのだろうか。しかし、ソニーのハワード・ストリンガーも、必ずしも成功だったかどうか不明である。日本板硝子など、買収したビルキントン社から社長を迎え入れて、一度は失敗しながら、再び外国人社長を迎え入れた。どうして懲りないのだろうか。日本人のメンタリティを重視しない外国人社長が成功する可能性はまずなく、日本人でいけない理由を見出すのも難しいと思う。

と、ブログを終えようと思っていたら、話は意外な展開になった。J-CASTニュースに以下の記事があった。

ウッドフォード前社長の解任理由について、オリンパスの菊川会長は「独断専横的な経営で、他の経営陣と経営の方向性・手法に大きな乖離が生じた」と説明。同日開かれた臨時取締役会では全員一致でウッドフォード氏の解任を決めた、としている。

一方、ウッドフォード氏は朝日新聞(10月19日付朝刊)の取材に、「過去の企業合併・買収(M&A)などで不明朗な支出があり、菊川剛会長らの辞任を求めたところ解任された」と述べ、食い違いをみせる。

月刊誌「FACTA」にオリンパスの経営やM&Aをめぐる記事が掲載されたことをきっかけに、9月半ばから複数回、菊川会長と森久志副社長に手紙で事実関係を照会したという。さらに海外の会計事務所(プライスウォーターハウスクーパー、PwC)に調査を依頼し、「(M&Aについて)不適切な行為の可能性を排除できない」との中間報告を受けた、と経緯を語った。さらに、PwCの調査報告書を英捜査当局に提出。日本当局にも説明するという。

オリンパスは19日、ウッドフォード氏が菊川会長らに辞任を求めたことを認めたうえで、「辞任要求が直接の理由ではない」と反論。同氏に対して、「現在も取締役という立場にありながら、経営の混乱を招き、企業価値を損ねたことは遺憾であり、必要に応じて法的措置を検討したい」とのコメントを発表した。

ということで、事態は混迷を深めてきたようである。

最近、米国特許法の改正が議会を通過した。最早先発明主義でなくなるのが一番の改正であって、その他にもいくつかメジャーな改正がある。そこで、服部健一氏の「発明」誌、10月号の記事に従い、自分なりにまとめてみる。自分の勉強用に過ぎないので、それ以外の意味はない。

まず改正100条では、審査の基準として、有効出願日(effective filing date)という概念が導入される。有効出願日とは、優先権主張出願、国内移行出願、国際出願、継続出願、分割出願のどれかのうちの一番早い出願日である。

上記のどれにも該当しないとき、実際の米国特許庁への出願日が有効出願日となる。

あと、クレーム発明という概念が改正100条で定義される。これは、特許または特許出願のクレームによって定義される主題のことである。

こうして改正102条で、次のことが述べられる。すなわち、有効出願日よりも前1年以内に発明者によって直接乃至間接的に公表された場合、そのことは特許出願の先行技術とならない。

このことから、新規性について、次の例のようなことが言える。

  1. 有効出願日以前に、発明者が1年以内に開示したのでない、クレーム発明をカバーする先行技術があれば、特許出願は拒絶される。
  2. 特許出願に対して、たとえ特許出願日が後だとしても、クレーム発明をカバーする有効出願日が前の外国からの優先権主張出願があると拒絶される。
  3. 発明者が発明を開示しても、それから1年以内に出願すれば、先行技術にならない。ここで面白いのは、ここでいう出願とは、有効出願日を発生させる出願なので、日本出願であってもいい。すると、発明者が発明を開示し、それから1年以内に日本出願して有効出願日を確保し、その日本出願の優先権主張で米国に出願しても、特許は得られるということになる。このとき、日本出願は、手当てしないと、発明者の開示により、無効になる。
  4. 発明者が発明を開示しても、それから1年以内に出願すれば、先行技術にならない、というのは絶対グレース期間であって、発明者の開示のあと出願までに第三者が発明を開示しても、それは先行技術にならない。
  5. また米国特許法でも、日本の特許法第29条の2のような規定があって、先願、後願とも同一出願人の場合は、先願の開示内容は後願に対して先行技術とならない。日本の特許法第29条の2では、先願が公開された後に出願された後願には適用されないが、米国特許法はそういう制限がない。

改正103条の非自明性の規定では、先の発明とあったのが、先の有効出願日となるだけで後は同じである。

ここで注意を要するのは、「クレーム発明の開示」の概念である。改正された米国特許法にもそのことの定義はないが、判例によれば、「完全に作動する発明のアイデアを特定的に永久的に形成する」ものである。すなわち、クレーム発明の各エレメントを開示する必要があると想定される。

また、以前の米国特許法では、発明者が出願人で、会社は一旦出願された権利を譲り受けていたが、改正特許法では、会社も出願人になれることとなった。宣誓書は依然として発明者のサインを要するが、宣誓書には、発明者がある会社に出願を承認している旨を記述でき、それによって会社が出願人になる。

第三者が先行技術の情報を提供できる情報提供という制度は、日本と同様に米国特許法にもあるが、その提出可能期間が、特許許可通知の前、あるいは最初の拒絶の日までと規定された。

改正321~329条で、日本の無効審判のような、登録後レビューの制度ができた。これの申請者は利害関係人でなくてはならない。

257条の補助審査:これは、特許権者がもとの審査における情報開示やクレームの問題点を是正できる制度である。訂正審判のようなものか。

273条の先使用権:前はビジネスモデル特許だけだったが、全般に拡大された。

282条:ベストモードでないことは、権利行使を阻害しない。実際、特許実務屋の観点から言って、何がベストモードなのか、判別が場合により非常に難しい。

287(a)条:ビジュアルマーキング:これは特許表示をURLですることを許す。これは、マーキングトロール対策でもある。すなわち、製品に刻印した特許表示の変更は容易でないが、URLの中身なら変更は簡単である。そうはいっても依然として、292(b)条で、虚偽マーキングを理由に訴えることができる。

289条:弁護士の鑑定がないことを故意侵害の立証に用いない。

ということだが、当然に日本の特許法に近づいている。日本の特許法もまた米国特許法に近づきつつあるので、こういうのをまさに、ハーモナイゼーションと呼ぶのであろう。

神託

user-pic
0

プラトンの著作を読んでいたら、デルフォイの神託というのが出てきた。実際、重要な判断を要することがあると、アポロン神殿に行って神託を得る。そしてその神託に基づき政を執り行う。

そのとき疑問に思ったのは、どのような仕組みで神託が下されるのかということと、どの程度の確率で当たるのかということと、当たらなかったときの結果責任はどうなのか、ということである。

そこで仕組みを問うのは野暮かもしれない。すなわち、アポロン神が神託を下すのである、で終わりである。

当たる確率は当然に統計データはないが、プラトンやヘロドトスの著作によると、当たった例しか書かれていない。すなわち、一見外れたように思われてもドンデン返がしあって、神託のとおりになったりする。だから、当たらなかったときの結果責任という話にはならない。

会社でも神託はある。すなわち困ったことがあると相談を受けて、回答をひねり出すカリスマの人がいたりする。それは専門知識に基づくので、外れたとしても、結構有用だったりする。

しかし、同じく会社に、似て非なる神託がある。すなわち、ある高い地位にある人が下す神託であり、次のような特徴がある。

  1. 専門知識に基づかない。
  2. 同じことを聞かれても日によって言うことがころころ変わる。
  3. 回答はディスクレーマーに満ちている。そうかもしれないし、そうでもないかもしれないという調子である。だからどんな結果になっても当たりといえる。
  4. それでも上手の手から水が漏れて、ディスクレーマーもついうっかり断定的なステートメントをしてしまうことがある。すると、結果が予想したとおりでないということが起き得る。
  5. そのとき神託者はどうするかというと、以下のとおりである。
    • 前に出した神託の用語の意味を再定義する。こういう意味も含むんだよという。
    • 状況が変わったんだと言い訳する。しかし、どう変わったのか決して説明されることがない。
    • そんなことを言った覚えはないと、単に忘れたふりをする。

このような神託に何の意味があるのかと思われるだろう。意味はおおありなのであって、神託者がしかるべき権限をもつ人だと、神託を求めることで機嫌をとるのである。それで神託者のプライドがくすぐられ、且つ神託者の退屈が解消される。下手したら聞きたくもない講釈をされてうんざりすることもあるが、そこは黙って聞き、あるいはうまく頷くのが処世術である。

デルフォイの神託も、会社の神託も、その意味や妥当性を問うてはならない。神罰が下る。しかし、真面目な青年は、どうしてこんな大事なことを学校で教えてくれなかったのかと、いろいろな意味で悩むのである。

今まで、邪悪性についてなどの記事で邪悪性について論じてきたが、「平気でうそをつく人たち」M・スコット・ペック、森英明訳、草思社などの著書に基づき、とりあえずまとめておきたい。

  1. 罪の意識に耐えようとしない。言い換えると、他人に対して道徳的にまずいことでも全く反省しない。
  2. 他人に責任転嫁する。
  3. 精神的な成長を回避するために、政治的な力を行使する。
  4. 自分自身に対する不快感の欠如。自己嫌悪という単語は辞書にない。
  5. 完全性という自己像を守ることに熱心。
  6. 他人を欺くより前に自分を欺く。まさに、敵よりもまず、味方をまず欺け、の原則に則っている。
  7. しかし、道徳心がゼロの人はいないので、自分の邪悪な性格に名状し難い意識をもっている。
  8. 邪悪な人の悪行は、隠し事する過程の一部として間接的に行われる。
  9. 罪の意識から逃れようとする。
  10. ある種のナルシシズムが優先する。すなわち、健全な人達にあっては、程度の差こそあれ、自分自身の良心の要求に従う。しかし、邪悪な人達にあっては、良心でなく意志が常に勝つ。

では、邪悪の原因は何かというと、次のとおりであるとされる。

  • 冷酷で愛情のない親の下で育つ。
  • なんらかのかたちで精神的外傷を受けた場合。

しかし私は、次のような場合もあると考える。

  • 生まれつき道徳心が弱い。もしかして、なんとらかの脳の障害に帰することができることもあろう。例えば私は造形的センスが恐ろしく低い。それの道徳版というのもありえる。
  • 状況が能力的に無理で、それでいて、プライドにより無理だと言えない場合。

ともかく結論としては、邪悪な人は御し難い。敬遠して遠ざけるよりないのである。自分勝手なルールで闘い、恣意的にルールを変更するのだから、まともに取っ組み合っては勝てるわけがないのである。

真剣師

user-pic
0

棋友から、夢枕漠の「風果つる街」という小説が面白かったと紹介された。あれっ、夢枕漠ってSF、バイオレンスの作家ではないかと怪訝に思った。普通だったら将棋小説は読まない。というのは、設定が、将棋界の内情にある程度通じた私には耐えられないくらい杜撰だったりするからである。しかし他でもない、私と同等以上に将棋に詳しい棋友が面白かったというのだから、少なくとも落胆するようなものではあるまい、そう思って読んでみることにした。それと、知性と根気で書いた空海展に関連するNHKの特集番組で、夢枕漠が出演して、もう何十年にも亘って空海を研究していると言っていたのも、夢枕漠に対する興味を高めたというのもある。

さて、「風果つる街」に出てくる人達は、将棋の真剣師たちである。将棋の真剣師というのは、賭け将棋でお金を稼ぐことを生活の手段とする人達なので、一般的に、名前や顔を知られることを嫌う。というのは、将棋の真剣師の基本的なテクニックに、最初は手加減して負けて相手に自分は弱いと思わせ、相手が自信をもってきたとき賭け金額をつりあげて一気に巻き上げるというのがある。下手に有名になるとそんなテクニックが使えない。

しかし将棋の真剣師でも、将棋を金儲けの手段に留めることでは気がすまない人達がいる、すなわち、棋力に矜持をもち、本当は自分はプロに匹敵するのではないかと自負を高めていく人達である。そのためにはまず、アマチュアの大会で上位に入らなくてはならない。実際、真剣師として通用するような人達は、普通のアマチュアの棋力を突き抜けプロに匹敵する力をもつと思われる人達がいる。

名前を挙げると、太田学、加賀敬治、小池重明、三崎巌などである。これらの人たちは、将棋の真剣師に留まることを潔しとせず、アマチュアの大会に出場して上位に入った。

「風果つる街」が書かれたのは、そういう人達が活躍していた時代の少し後の昭和60年代である。だから、「風果つる街」に出てくる真剣師たちは、太田学、加賀敬治、小池重明をかなりモデルにしている。主人公の加倉文吉は、60歳過ぎの初老であり、どうも太田学をモデルにしている。ただ、太田学は酒を飲まないし女気もほとんどなかったはずである。しかし、加倉文吉は、妻帯したことがあるのか息子がいるし、酒と焼き鳥が好きで、女好きでもある。真剣でお金が入ると金で女性に相手してもらえるところに行く。

そして行く先々で、真剣師とそれを支える女に出会う。そしてヤクザの暴力をかわしながら旅するのだが、決定的に印象的な若者に出会う。大仁田敬介である。大仁田というと、元プロレスラーの大仁田厚から名前を取ったのだろうか。また、敬介は加賀敬治の敬治に似ている。しかし、大仁田敬介は天才アマ棋士であった。大学に入ってから将棋を覚えたのにたった2年でアマチュアのタイトルを総なめし、記念対局てプロにも勝って、いよいよ自分はプロになりたいとの野望を抱く。そしてあるプロ棋士から、プロになれる道をつくってもよいともちかけられる。ここらあたりまさに、小池重明がモデルである。

しかし今でこそ、年齢に関係なくアマチュア大会上位入賞者にはプロに挑戦する道があるが、当時は25歳を過ぎると、プロへの道は完全に閉ざされており、そのことに対する鬱屈で大仁田敬介は身を持ち崩していく。

そうなのである、将棋に打ち込めば打ち込むほど、アマチュアであっても、プロの棋力が比較的身近に感じられるようになる。そして、究極の努力に書いたような壮絶な努力をする。

しかし、究極の努力に書いたような大学の後輩K君のような例は最近では極稀になっている。

最近の若者は、将棋において、昔よりも随分スマートになっている。例えば、定跡などの情報が溢れてているので、いまでは才能があれば、小学生の低学年でもアマチュア有段者になるのは可能である。今の私程度の力である。そして小学生の高学年になると、県代表やアマトップクラスのレベルになれる者も結構いる。そのまま奨励会に進むか、何かの理由で奨励会には入らず、アマチュア棋士として努力するのであるが、現代のアマチュア・トップクラスの棋士はほとんど、普通に大学に進学し、留年もせず、しかし将棋は高いレベルを維持してあらゆる大会で優勝候補である。例えば、清水上徹、加藤幸男、武田俊平などである。清水上氏は明治であるが、現代にあって立命館大学将棋部が最高の将棋の名門となった。卒業生はみんな一流企業に就職し、それでいて将棋の研鑽も怠らない。しかもきちんと彼女がいたりする。清水上氏は女流の美人プロ棋士と婚約した聞いた。

昔のくふずりの人達のように社会的不適応性を発揮することなく、しかし将棋の強さも昔のくふずりの人達に優るとも劣らない、まさにアンファン・テリブルと呼ぶべきなのかもしれない。

生活の距離空間という意味では、平凡なサラリーマンで生きている私は、アンファン・テリブルのアマチュア棋士たちからよりも、くすぶりの真剣師たちからのほうがはるかに遠いところにいる。しかし、心情的にはふと、くすぶりの真剣師の方を近く感じてしまうことがあるのは錯覚か、ノスタルジーか。

ともかく「風果つる街」の刊行から20年以上経過して、もし現代版「風果つる街」を書こうとすると、小説として成立しないものになるのかもしれない。

死蔵特許

user-pic
0

アマゾンからの本の紹介だったか、「死蔵特許」榊原憲著、一灯舎という本の存在を知った。普段から特許実務を担当していて、特許というのはほとんどあらゆるところで死蔵していまうものだと認識にしているので、そういう死蔵を少しでも防ぐ方策なのかと思って買って読み始めたのだが、実はとても特殊なケースの紹介だったので、ちょっと落胆した。

特殊というのは、ビデオテレコムというテレビ会議システムの米国の会社の紹介から始まる。なぜビデオテレコムなのかというと、著者の榊原氏とビデオテレコムのCEOが知り合いだかららしい。

さて、テレビ会議システムで一時かなりのシェアを誇ったビデオテレコムであるが、インターネット時代に対応できなくて、1990年後半に苦境に陥った。そこで乾坤一擲の勝負に出た。競合会社であるCLI(Compression Lab)の買収である。

しかし依然として業績は改善せず、元のCEOは責任をとって退陣した。新しいCEOは、社名をフォージェントと改め、事業縮小してジリ貧に陥ったが、窮鼠猫を噛むではないが、「屋根裏のレンブラント」という特許管理の本を読んだことで、CLIから引き継いだ特許を精査し、ついにJPEG特許の呼ばれる、極めて基本的な特許を自らの知的財産に見出したのである。

そして外部の特許法律事務所に相談し、ソニーを始めてとする関係各社にライセンスのレターを出し、逃れようもない権利範囲だったので、締めて100億円ものライセンス収入を得た。但し古い特許だったのでまもなく権利切れを迎えた。

さて、普通JPEGのような技術標準に関しては所定のグループにより特許は精査され、事前にパテントプールに組み入れる交渉をするなどの作業がなされる。実際、ある委員はこのフォージェントが権利行使した特許の存在に気付いていたのだが、他の委員がその重大性を見落としてしまった。これも一種のタイタニック症候群なのだろうか。

この例から普通は、自社がもっている特許を改めて精査せよ、重要な特許が埋もれているかもしれないという教訓を引き出すだろう。それは正論で全く異論はない。ただ、フォージェントのような僥倖を願うのは、宝くじをあてにするのに等しいことになる。

将棋の大山は、守りの駒は美しいと言った。それとのアナロジで私は、守りの特許は美しいといいたい。これは、丸島儀一氏が、知財のための知財であってはならない、と言ったことと趣旨を近うする。

すなわち、特許、あるいは知財は、会社のビジネス、あるいは技術の推進に貢献すべきであって、単に利益の向上志向であってはならない。別の言葉でいうと、知財が自律的な金儲けの手段になると、いい意味での増殖炉にならないのである。さらに言うと、オペレーションを廻していると窮乏化してしまう。上記の例では、フォージェントは、ライセンス収入を極大化することで、人望ならぬ社望を失い、没落してしまった。

すると逆説的であるが、死蔵特許を掘り起こすために大した労力を払う必要はない、そのための労力は、ビジネスの障害となる知財の障壁を取り除くことに主要な努力がなされるべき、ということにもなる。

といいつつ、「屋根裏のレンブラント」という特許管理の本は興味があるので、読んでみることにする。これは日本では、意外にも「ビジネス方法特許戦略」という題名で翻訳されている。その本の翻訳がなされたころ、日本ではビジネスモデル特許が隆盛を極めていた。それに便乗したかったのだろう。

マグネター

user-pic
0

ケーブルテレビのヒストリー・チャンネルを観ていたら、宇宙で、強烈な磁力をもち、極めて強いガンマ線やX線を爆発的に放出するマグネターという天体があるということだった。そこで、日経サイエンスの記事を引用してみる。

極めて強いガンマ線やX線を爆発的に放出する天体が少数ながら見つかった。数秒周期のパルスとして放出を繰り返すのが特徴で,1回限りの爆発現象である「ガンマ線バースト」とは明らかに異なる。正体不明のまま「ソフト・ガンマ・リピーター」と名づけられた。発生源として考えられるのは,ブラックホールに次ぐ奇妙な天体,中性子星だ。

理論研究によって,発生源の中性子星は猛烈に強い磁場を持つと推定され,マグネター(超強磁場星)と名づけられた。

太陽の8倍以上の質量を持つ恒星が超新星爆発を起こすと,星の内核が内側に圧縮されて小さな中性子星になる。生まれたての中性子星は1秒間に数十回ものスピードで自転しているが,この自転が十分に速いと強烈な磁場が生じる。この磁場が地震に似た不安定性を示し,爆発的なエネルギー放出につながることがわかった。「スタークエーク(星震)」と呼ぶ現象だ。一方,生まれた中性子星の自転がそれほど速くない場合は極端に強い磁場はできず,電波を放射するパルサーという天体になる。

これまでに特定されたマグネターは12個。観測では日本のX線衛星「あすか」も活躍した。中性子星のうち,かなりの部分はマグネターだと考えられる。しかし,マグネターが活発に活動する期間はたったの1万年にすぎない。天の川銀河の中には活動を終えた多くのマグネターが観測されないままさまよっているのだろう。

ヒストリー・チャンネルでは、太陽の8倍以上ではなく、太陽の40倍だと言っていた。ガンマ線バーストの原因かと思ったら、それはブラックホールであって、マグネターとはまた別物らしい。

ともかく、宇宙とは、クエーサーであれ、超新星爆発であれ、ブラックホールであれ、マグネターであれ、とても騒々しい危険なものらしい。特に銀河の中心には、太陽の400万倍もの質量の超巨大ブラックホールがあるらしい。ただ、銀河の中心は疎らなので、物質の取り込みは今ほとんど行っておらず、活動的ではないらしい。しかし、宇宙最大の儀式がありえる。それは、銀河同士の衝突である。そのとき、各々の銀河の中心にあるブラックホールが重力で引き合い、高速で接近している。われわれの銀河は今、アンドロメダ大銀河と接近しつつある。アンドロメダ大銀河の中心は、われわれの銀河と違って、太陽の3000万倍もの質量の超巨大ブラックホールなのだという。その銀河衝突で太陽系は無事なのか。太陽系が重力の潮汐の尾にいれば、その可能性はあるという。しかし、やはり人類の生き残りは極めて低い確率である。

プロ魂

user-pic
0
テレビを見ていたら、『天国からのエール』という映画のキャンペーンで主演の阿部寛が、役作りのために一日で7キロ体重を減らしたと言っていた。私は下痢をして1時間で体重を1キロ減らしたことがあるが、流石に一日で7キロは無理である。それ以外にも阿部寛は映画のためにすさまじい努力をしていることが窺われて、そのプロ魂に頭が下がった。

しかし、そういう努力は俳優として当然のようで、映画『はやぶさ/HAYABUSA』では、はやぶさプロジェクトマネージャーの川口淳一郎役の佐野史郎が、ずっと川口淳一郎がしゃべるビデオを眺めて、服装から仕草まで完全コピーするのだという。

こういう話を聞くと、自分のプロ魂はまだまだだと忸怩たる思いに駆られる。

私のプロ魂はというと、例えばUMLがメインテーマになっている技術の特許出願を担当しようとすると、UMLの本を硬軟とりまぜて、少なくとも2冊買ったりする。ではちゃんと読むのかというと、それがUMLの本は無味乾燥で、眺めて用語を憶えるだけだったりする。壮大なる無駄である。

しかしおそらくであるが、その「壮大なる無駄」というところにプロ魂の秘密がある。そして私が阿部寛にも佐野史郎にも全く及ばないのは、無駄の壮大さにおいてである。

すると自分でこう言い訳したくなる。自分の年収から割り出した時間給で較べても、阿部寛や佐野史郎には全く及ばない。だからなぜそんな安さで匹敵する努力をする必要があるのか、と。

そういう言い訳をする時点でプロ魂は失格で、ともかく言い訳しないで、もてる時間と予算で最善を尽くさなくてはならないのである。誰も私が阿部寛や佐野史郎に匹敵するなんて思わない、もちろん私自身だって。

別の観点として、将棋の内藤国雄は、将棋界ではぴか一に歌がうまいと言われていたが、たまたま「おゆき」という曲をレコーディングしたら、望外に人気を博してしまった。そのため、キャンペーンに駆り出されて将棋が疎かになった。そして何年かたって落ち着いて将棋を指したところ、内藤は、なんや、まだ通用するやないか、と思ったそうである。すなわち一旦鍛えると、しばらくブランクがあっても目に見える衰えはない。

この陥穽に陥ったのが、奨励会最短通過記録をもつ屋敷である。抜群の才能を誇る屋敷は、競馬などのギャンブルも好きなせいもあって一時、一日一分しか勉強しないと豪語していた。それでも内藤効果で、力は目に見えては落ちない。それでそこそこ勝てていたのだが、次第に勝ち味にブレーキがかかってきた。順位戦でなかなか上がれなくなったのである。今更の努力でなんとかB1まで上ったものの、ほとんど降級しそうになり、そこで努力を重ねて、なんとかついにA級に上がった。天才屋敷にしては遅すぎるA級である。屋敷は若い頃努力を怠ったことをひどく後悔しているという。

そして結論はというと、プロ魂としての努力はほとんど空を切る。短いスパンでみると、全く無駄な努力ともいえる。それでも、プロのはしくれであるなら、いやアマチュアであっても進歩したいなら、歯を食いしばって努力しなくてはならない。努力してもなんの成果も得られず、寧ろ後退してるのではと錯覚することもある。そこで努力の意味を疑うことなく、努力し続けなくてはならないのである。ただ、筋の悪い間違った努力というのはあるのであり、そこは、その道の識者にアドバイスを仰ぐよりない。

という書かずもがなの当たり前の結論なのであった。

認識の徒

user-pic
0

こちらの記事の続きであるが、渡辺対羽生の対戦をみていて感じるのは、才能の絶対量という概念である。

どういうことかというと、棋士の勝率でみたように、羽生は40歳を過ぎても、7割超の勝率をキープし、一方渡辺は、もしかして生涯ピークの強さである現時点で通算勝率は6割8分である。すなわち、渡辺が今の羽生の年齢まで達したときに7割超の勝率に達しているとは極めて考えにくい。

こうして、もし才能の絶対量が可測であると仮定すると、将棋の才能の総量で羽生が渡辺を凌駕していると言ってもそれほど妥当性を欠かないであろう。

賢明な渡辺がそんことに気づいていないとは考えにくい。そこで渡辺が採った方策は、今の最適化に書いたような、「毎日8時間は将棋の勉強をし、『詰将棋』『棋譜並べ』を基本に、パソコンを駆使して研究し、あらゆる戦型に現時点での最善と思われる自分なりの結論を出す」という方策である。

このような方策は、とても努力に対するコスト・パフォーマンスに優れている。受験勉強でいえば、最小の努力で偏差値を上げることができる。

羽生がこういう渡辺的努力をしていないかというと、当然にしているだろう。そうしないと現代将棋についていけるはずがない。しかし、私の推測であるが、羽生は、必ずしも今の勝ちを考えていない。将棋を極めるという意図がそこに窺がわれる。すると、受験勉強でいうと、試験に合格するためには、国語も数学も英語も物理も世界史もと、満遍なく勉強しなくてはならないのに、つい、数学の難問に凝って時間を費やし、他の科目が等閑になって全体の成績が下がってしまうということがおきえる。

羽生とて生身の人間なので、負ければ当然に悔しい。だから王座戦で渡辺に三タテくらって落胆したに違いないのだが、だからといって羽生は渡辺に対するインスタントな対策は打たないだろう。それは、永世名人資格保持者のプライドというのではないと思う。おそらく、将棋の認識の徒であることの意識である。

だから羽生は今後も、有り余る才能を、将棋を認識するために費やすはずなのである。ただ、若い頃の羽生は、将棋を認識しつつ、有り余る才能のしぶきで凡百のプロ棋士をけちらすことができた。そして今、年齢から来る知的筋力の低下に驚き、戸惑っているはずなのである。

その戸惑いを私は、羽生の焦りにみてとった。焦って攻めていかなくてもいい局面で、羽生は渡辺の玉を寄せにいった。その読みには小さい穴があり、渡辺はその穴から首尾よくこぼれ出た。

こうして羽生には、次の課題が課されたのである。すなわち君は、衰える知的筋力を以って、ツァトゥストラのように将棋の認識の旅を続けるのか、と。

もちろん羽生は、大山流の転向術を知っている。独自の不定形を編み出して、インフルエンザ・ウィルスのように変幻自在に振舞えば、的がしぼれないで周囲の棋士は困る。すると、有り余る才能がものを言って、羽生は高い勝率を維持できる。

しかし羽生にとって勝率はあくまでも結果であって目標ではない。大山のように将棋を指すことは、将棋の勝負の旅であって、将棋の認識の旅では決してない。

私は、少しだけためらいながら、羽生は次第に勝率を落としつつ将棋の認識の旅を続けると信じるのだが、果たしてどうだろうか。

自分でも理由はよく分からないが、昔からロシアには一定の興味を保っていて、学生時代はロシア語を齧ったし、このブログでも、プーチンの人気チェチェンゲリラ従軍記モスクワのテロモスクワ連続アパート爆破事件ロシアの科学者、などいくつか記事を書いてきた。

そんなとき、「ロシア 苦悩する大国、多極化する世界」廣瀬陽子著、アスキー新書という新刊書を見つけたので、早速読んでみた。そこで最初に感じたのは、1991年のソ連の崩壊で、本当にロシアと米国の間の冷戦は終わったのか、という疑問である。

少なくとも米国は、ロシアが共産主義国家でなくなったことに過剰反応した。そして軍産複合体を抱えて、軍事予算の縮小の可能性を憂えた一群の集団は、9.11の計画は、イスラム過激派を新しい仮想敵に仕立てようとしたが、果たしてそんな必要があったのだろうか。

というのは、共産主義国家のラベルがあるかどうかに拘らず、ロシアの本質は何も変わっていなかっからである。

共産主義国家でなくなったロシアの脅威が減ったように見えた理由はおそらく、ウクライナ、グルジア、ベラルーシ、カザフスタン、エストニア、ラトヴィア、リトアニアなどが独立し、国土が減少したのみならず、チェチェンなどと抗争し、そちらに国力が消費されたこともあるのだろう。

しかし特に、チェチェン問題は西側諸国を硬化させた。そして米ロ関係は、1999年頃最悪になった。そこでロシア関係を改善させたのは皮肉にも、9.11テロだった。これを機会にロシアはチェチェンを、イスラム過激派の文脈で語るようになり、アフガニスタン、イラク、そしてアルカイーダの追撃に夢中の米国は最早、チェチェン問題に配慮しなくなった。

ロシアのプーチン大統領は、テロ追撃のリーダーとさえ目され、NATOとロシアが接近する状況にまでなった。

ところがやはり、ロシアにとって、米国が膝元のアフガニスタンやイラクに侵攻してくることは実に好ましくない。結局、米ロ関係は次第に悪化していった。

そもそもが、2003年のグルジアでのバラ革命での親米サーカシビリ政権の成立、2004年のウクライナのオレンジ革命による親米のユシチェンコ政権の成立と、あきらかにCIAなどの関与が窺える動きがあり、ロシアは神経を逆撫でされたのであった。

そして決定的な冷戦の状況を迎えたのは、2008年の北京オリンピックの期間に起こったグルジア紛争である。グルジアが南オセチアに侵攻して、南オセチアの居住民を保護するという名目でロシア軍が派遣されたが、どちらが仕掛けたのか実は不明である。そこで米ロは一発触発の危機を迎えた。

そのような米ロ関係を緩和したのは、2009年に当選したオバマ大統領のリセット宣言であった。リセット宣言で、いままで米国に支援されてきたグルジアは、梯子を外されたかたちになったが、米ロは接近し、新戦略兵器削減条約を締結するまでになった。

しかし米国は矛盾する政策をとる。ヒラリー・クリントン米国務長官が反ロのポーランド、ウクライナ、アゼルバイシャン、アルメニア、グルジアを訪問した。これはリセットによって外された梯子をかけなおす作業だったが、やはりロシアを刺激した。

一方のロシアは嘗ての宿敵、中国との連携を深めていく。上海協力機構などその一環である。

またロシアは、イスラエルとの軍事協力関係を結んだ。もともとロシアは、アラブ諸国やイランに軍事支援してきた経緯があるので、イスラエルとの軍事協力関係は大きなパラダイム・チェンジである。これによって一番大きな影響を受けるのは、原子力技術などでロシアの支援を受けてきたイランである。このように、特に国際社会にあって、敵の敵が味方というわかりやすい図式が成立しない。

ロシア国内に転じると、主な問題の一つに、国内のコーカサス民族と極右派の対立があり、テロの温床になっている。プーチン首相は極右派の活動に見てみぬふりをしている。新聞報道によるとプーチン首相は、メドベージェフの代わりに大統領に復帰すると宣言した。そういう宣言をすること自体、プーチンが一貫して実質ナンバーワンであることを示唆する。

ともかく、動きは極めて見えにくいが、ロシアもまた注目に値する国際政治の主役の一人なのである。

素人受け

user-pic
0

素人受けというのは、専門家でない人に評価されることである。その逆で、玄人受けというのは、その道の専門家しか理解できないような玄妙な点で評価されることである。

そこで、以下のような四分法がありえる。

  1. 素人受けし、且つ玄人受けする。これは例えばアインシュタインがそうであろう。すなわち、物理学をほとんど知らない人でもアインシュタインのことは知っていて、相対性理論を創始した天才であると賞賛する。一方、ニュアンスは違うにしても、アインシュタインの天才性、その業績の重要性を否定する物理学者はほとんどいない。これをカテゴリ1と呼ぼう。
  2. 素人受けするが、玄人受けしない。これは、例を挙げるのが難しいほど沢山例があるが、テレビに出ていて訳知りのように話しているタレント学者でそういう人は多い。これをカテゴリ2と呼ぼう。
  3. 素人受けせず、玄人受けする。これは、その専門分野の人しか知らない権威であり、例えば、ノーベル賞を貰う前の南部陽一郎志村五郎などである。これをカテゴリ3と呼ぼう。私は世の中の加算無限の分野で素人なので、私が知らないその道の、無数の専門家が評価する達人がいるに違いない。
  4. 素人受けも、玄人受けもしない。なんのことはない、これは世の中でいう愚人、凡人の類で、当然に私もこれに含まれる。これをカテゴリ4と呼ぼう。カテゴリ4に埋もれた天才が存在することは否定できないが、可能性は低いであろう。

さて私が問題にするのは、カテゴリ2である。すなわち、カテゴリ2というのは分かりやすく他人にアピールすることにフォーカスする。それにはどんな技法があるのだろうか。

  • 学歴を取得する。東大をはじめとする有名大学に合格することは、少なくとも、私を含む一般の人にとって決して容易ではないので、そこにある程度の知能の高さを認めることは妥当である。しかし、折角の著名大学に合格しても、それなりに勉強しないとカテゴリ2止まりである。もし単なる受験秀才だったりすると、カテゴリ2の大気圏から脱出することも難しいかもしれない。
  • 資格を取得する。例えば、弁護士、弁理士、公認会計士などの資格を取得すると、世間は一目置く。そういう資格は確かに取得するのが難しいので、そういう資格を保有しているということにある程度の知能の高さを想定するのは妥当であろう。しかし、その分野で経験を積み実務をこなさないと、その道の玄人には絶対評価されず、結局カテゴリ2止まりである。
  • 学位を取得する。例えば博士号を取得すると、誰もが一応、その分野の専門家であるとみなす。しかし、博士号というのは、ある狭い分野である研究をして所定の成果を出したというのに過ぎない。だから専門家であるという一応の仮定ができるだけである。
  • 国家公務員になる、一流企業に就職する。そういう組織に所属していることは、世間から一流の人材であるとの想定を得ることになる。しかし、典型的には福島第一原発の事故などから漏れ聞く噂で、そういう想定があまりにも多くの例外を含むことを知るのである。
  • 整形美人になる。
  • 玉の輿になる、あるいは逆玉になる。

世間で、一旦カテゴリ2に就くことは重要である。まず注目してもらわないと、就職、結婚、その他にエントリすることさえままならない。ところが、軽佻浮薄な、インスタントな世間にあって、そのもてる知的リソースを、カテゴリ2性を強化することに傾注している人がいる。例えば、大学を卒業して大学院に進むという。それで、ああ勉強が空きなのだなと感心していると、必ずしもそうはなく、修士の学位を以って周囲と差別化したいのだという。

なぜカテゴリ3に就かないかというと、カテゴリ3のための努力というのは果てしなく、終わりが見えないからだろう。そこいくと、カテゴリ2だと、学位をとる、資格を取得する、ということで当面の目標が分かりやすい。

カテゴリ2指向の人は、折角1つの目標にたどり着いても、目標の分かりやすさの罠から逃れられず、今度は次の目標、すなわち別の資格、学位などに向かう。そして気付いたら、クーデターで地位を勝ち取ったどこかの新興国の将軍の金ピカの勲章群のように自己満足で地位を誇り、実務が等閑になるという喜劇が繰り広げられる。

それでも才能があれば、そのまま人生の終点までランナウェイできるだろう。それで人生楽しいという人生観もあるえるだろう。

にしおかすみこのように、「それで満足かい、ブタ野郎!」といいたくなるが、「ブタ野郎」は流石に言いすぎか。

アップルの創始者、スティーブ・ジョブズが癌で亡くなってから数日が経つ。彼の偉大さを讃えるメッセージは世間に溢れており、私がそれに対して意味がある付加ができようはずもない。

ジョブズは1955年2月24日、その前の年の10月に生まれた私とは、学年でいえば同学年である。それで大変俗な感想であるが、才能も個性も財産もすべて圧倒的に負けている私が、生き延びるという点でのみ優ったというのは、人生の本質的平等性を仄かに示唆する。

そんな俗な感想はともかく、少しだけ不思議なことが私の周囲で起こった。すなわち、ジョブズの死に同期して、私の周囲の身近な人二人で、パソコンが立ち上がらなくなる、というトラブルが相次いで起こった。ジョブズのせいだ、私は呆然と呟いた。

心と電子に書いたように、パソコンを含む電子機器は、とても霊の影響を受けやすい。時代のアイコンであるジョブズの死は、多くのパソコンのトラブルをもたらしたに違いないのである。

それにしても、同年の私になぜジョブズは影響を及ぼさないのだと思いつつ、家人が撮影したデジカメをパソコンに接続したところ、急にパソコンがハングした。ついに自分にも来たか、とパソコンを立ち上げ直した。ついに自分の自宅のパソコンも立ち上がらなくなったかと見守ると、パソコンは何とか立ち上がった。しかし、デジカメを何度パソコンに接続しても認識されない。

困り果てて、一旦デジカメの充電器を取り外して入れなおすと、デジカメが復活して、パソコンにも接続できるようになった。そういえば、と自分に降りかかった電子機器のトラブルを列挙してみた。

  1. 今年の7月、カラオケで腕時計の金属バンドをテーブルにぶつけて破損した。
  2. 今年の8月、空海展に行って上野で友人と飲んだ帰りに、携帯が全くつかえなくなった。理由は、SIMカードが外れていたのだった。
  3. 今年の10月、友人と新宿で飲んだ帰り、やはり携帯がつかえなくなった。飲んで転んだ際、携帯を一旦落としてその衝撃で電池がずれたらしい。

こう書いてみると、私の場合は、ジョブズというよりも自然霊の仕業かもしれない。もしジョブズのせいで世界で電子機器のトラブルが多発すると、日本的な発想だと、菅原道真を祀って神社を建立したように、ジョブズ神殿でも作るところである。

ともかくジョブズよ、安らかに眠り給え、過ちは繰り返しませんから。おっと何の過ちだったっけ。

NEWSポストセブンによると、意外ではなく、暴力団と芸能人の付き合いは普通のことだという。以下、引用:

暴力団にとって、芸能人と付き合っていることを周囲に見せつけることは一種のステイタスになっている。そして、暴力団はパーティや宴席に芸能人を呼ぶこともあるが、関西ではお笑い芸人たちが呼ばれるのが定番となっている。

「暴力団幹部のなかには、売れない芸人を見つくろって宴席に呼ぶことを趣味にしている人もいる。カネに困った若手や売れなくなったベテランにとっては、悪い話ではない」(関西の芸能界事情に詳しい人物)

売れない芸能人は特に、喉から手が出るほど仕事がほしい。すると、誰に呼ばれようと、そこでネタを披露してギャラをもらえるなら、御の字であろう。

また、次のような事例もあるという。

数年前、関西で行なわれた盆踊り大会で、テレビで有名な物まね芸人は、ともに壇上に上がった町内会会長からこう紹介された。

「今年も○○親分のおかげで、人気の芸能人の方が顔を見せてくれました!」

会場にいた住民は、老若男女の別なく、割れるような拍手で芸能人を迎えたという。これが昭和ではなく、最近の話だというから驚きだ。

これなど寧ろ、微笑ましいのではないだろうか。

こう書くと、昨今の風潮で、お前はおかしいのではないかといわれるだろう。しかし私は暴力団との付き合いにも、しきい値ありモデルが成立すると考える。

すなわち、ある範囲の暴力団との付き合いは問題ないとするモデルである。なぜそういうモデルが必要かというと、世の中のはみ出し者の受け皿としての暴力団の存在は、必要というものである。

例えば、ヤクザの権化のような山口組は、基本的に麻薬を扱うと破門であり、弱いもの虐めはしない。はみ出し者がヤクザ組織に入ると、厳しい規律で統制され、勝手な行動をとらなくなる。それでも、組長の指示で暴力や犯罪に手を染めることもあるではないかというかもしれないが、組織に所属するはみ出し者は、どの組織にも所属せず、一方、一般の人達の中に紛れて統制されないで却って陰伏した犯罪に手を染めることになる。麻薬や覚せい剤にも手を出すかもしれない。

すると、放射線でホルミシス効果がありえるように、ヤクザにもホルミシス効果が期待できるのではないだろうか。

読売新聞に下記のような記事があった。

スナック経営者からみかじめ料を受け取ったとして、熊本県警は(9月)30日、県暴力団排除条例違反容疑で、指定暴力団道仁会系の組員中島和生被告(45)(熊本市島町5)(恐喝未遂罪で起訴)を再逮捕し、同宮田一行容疑者(41)(同市横手3)を逮捕した。

暴力団排除条例による逮捕は全国で初めて。

発表によると、2人は5月7日、同市花畑町にあるスナックの女性経営者から、造花のリース代名目で5000円のみかじめ料の供与を受けた疑い。2008年から毎月5000円を受け取っていたという。

このようなみかじめ料がけしからんというのは分かるが、それほど高い金額ではなく、もしそのみかじめ料で一種治安が維持されるなら、保険料と思えないだろうか。

1つ言えることは、暴力団排除条例による厳罰化を進めると、暴力団が地下組織化して却って手がつけられなくなるかもしれないということである。すなわち、みかじめ料が得られないなら、それこそ麻薬や不法な密輸などにも手を染めるかもしれない。

放射能の完全な除染が無理且つ経済的負担が有害であるように、暴力団排除条例による厳罰化で暴力団を解散に追い込み続けるとはみ出し者の受け皿をなくして、却って有害ではないのだろうか。

すなわち、どうしても世の中にはアスペルガーな人(あたしだよ!)もいれば、邪悪な人もいて、はみ出し者もいる。みんな人類の構成員なのである。なんとか共存しようではないか。

老化現象

user-pic
0

昔何かの本を読んだとき、ある高僧が、次のように言っていた。すなわち、若いときは性欲を抑えるのに苦労したが、ある程度歳をとってくると次第に性欲は涸れてきて、抑えるのに苦労しなくなった。物欲もまた、次第に減少してきた。しかし、いつまでたっても別の僧のよい評判を聞くと、嫉妬の気持ちを抑えがたい、煩悩には困ったものである、というような趣旨であった。

私はというと、学と色に書いたように、自分では美人にときめく気持ちは衰えていないという自負がある。それは仏教修業的には望ましいことではないかもしれないが、学問というほどではなくても、知的好奇心を喚起するためには必要なことである、というのが私の認識であった。

ところが最近、私から眺める世界の色が少し変わったことに気付いた。異性に対する関心が激減しているのである。私は呆然とまるで妄想のようにいろいろなことを考えるのであるが、その妄想は多少なりとも異性で彩られることはあったはずである。しかし、信じられないように私の妄想は脱色されてしまった。これが歳をとるということか。学と色のパラダイムを信じる私は、もしや知的好奇心も枯渇してしまったかと自分の興味をふり返ってみた。

すると、読書量も本の購入量もまだ減っていないようである。少し安心した。まだ人生を達観するには早すぎる。

考えてみると、ダイエットを始めてはや1年近くが経過するが、最初の頃は空腹を随分我慢したものだった。しかし最近では我慢しなくても腹6分目くらいで食事を終えるようになった。すると多少体調はよいようであるが、やはりここというとき元気はでない。それと年齢からくる自然の老化が相俟って、煩悩が減ってしまったらしい。

一方で私は、いつまでたっても気持ちだけは若く保ちたいと願っている。知的好奇心だけは旺盛で、肉体は枯れてもいつも何か考え続け、枯れ木が風に吹き飛ばされるようにこの世から去れるなら最高である。

しかしこのままでは、知的好奇心どころか単なる枯葉に成り下がってしまうのか、やはり健全な、あるいは不健全な妄想は必要なのか、そして不健全な妄想のためには多少栄養があるものを食べなくてはならないのか、などと訳のわからない考えにとらわれ、ああこれが老人、と昔流行った吉田拓郎の歌の歌詞を思い出して誤魔化すのであるが、このまま恬淡路線を続けるべきかどうか、再考を迫られるところではある。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版の記事によると、今年のノーベル物理学賞は、宇宙の加速膨張を発見した人達に送られるのだという。以下引用しつつコメントする。

2011年のノーベル物理学賞は米国生まれの米豪3人の科学者に授与されることになった。3人は宇宙の膨張が加速していることを発見した。この発見はそれまで支配的だった減速理論を覆し、宇宙に対する新たな疑問を数多く提起した。

スウェーデン王立科学アカデミー4日の発表によると、賞金1000万クローナ(約1億1000万円)のうち半分を米カリフォルニア大学のソール・パールマッター教授(52)に、4分の1ずつを米国とオーストラリアの国籍を持つオーストラリア国立大学のブライアン・シュミット特別教授(44)と米ジョンズ・ホプキンス大学のアダム・リース教授(41)に授与する。

宇宙の膨張加速に関する発見は、1998年に競い合う2つの研究チームから発表された。その一つを指揮していたのがパールマッター氏、もう一方のチームを指揮していたのがシュミット氏で、リース氏もシュミット氏のチームに属していた。両チームとも、超新星と呼ばれる、遠い場所で爆発した星から地球に到達する光を観測して、膨張加速の結論を導き出した。

この記事をみて私は取り急ぎ、愛読書である「宇宙の未解明問題」ブルーバックス、リチャード・ハモンド著、大貫昌子訳を眺めてみると、確かに「加速する宇宙」というトピックがあった。この内容を読んだ記憶が私になく、すると何が愛読書か、と自嘲することになる。

ともかく、「加速する宇宙」の章によると、この発見まで宇宙の減速理論が支配的であったのは、重力の影響があるので宇宙は減速しているに違いないという物理学者の常識であった。

それでは「宇宙の未解明問題」に書かれている、宇宙の加速膨張の理由を、私なりに要約しつつ書いてみる。

  1. 加速しているというのは正しくなくて、観測の誤りである。観測が誤り得るのは、遠方の超新星とわれわれの間にいろいろな物質があるので、それが誤差をもたらしえる、ということである。ただ、今のところ宇宙の加速膨張を否定する観測結果は見つかっていない。それで、まあいいのではないかと、ノーベル賞選考委員会は、授与を決定したのだろう。
  2. 宇宙定数のせいである。アインシュタインが一般相対性理論に想到して、続いてそれに基づき方程式を書き下したとき、斥力項である宇宙定数を誤りとみなして切り捨てた。実は宇宙定数は正しかったのだ。
  3. 暗黒エネルギーのせいである。うん、これはまさにホットな話題で、なにしろ分からないことを暗黒エネルギーのせいにしておけば、とりあえず場が収まる。なんてことはないか。
  4. 一般相対性理論は間違いだった。これは、超光速で書いたように特殊相対性理論が破綻しようとしていることとも類似する。アインシュタインの建築物は決して安普請ではなかったが、100年もたてば、そろそろ綻びが見えてきても不思議はないのである。
  5. 光がくたびれる。すなわち、光が一定速度で走り続けるのでなくて、途中でニュートリノやその他の電磁エネルギーとも相互作用するので、くたびれてもおかしくない。
  6. 赤色遷移の原因は他にある。これは上記「光の疲労」とも関連する。
  7. 実は上記のどれでもない。

リチャード・ハモンドは、上記のどれもありえるし、また上記の説明は必ずしも独立ではないという。すなわち、宇宙が本当に加速膨張しているのかという事実は多少怪しいし、その理由は未解明であるが、このレベルならまあいいのではないかと、ノーベル賞選考委員会は、決断したのだろう。

知的余力

user-pic
0

世の中にはいろいろな人がいて、ちょっと運動不足になるといらいらしたり、山登りが趣味で、仕事が忙しくて山登りから遠ざかるとストレスが溜まったり、という人がいるらしい。

私はというと、先ずある程度読書の時間がとれないと不機嫌になるが、もっというと、ある程度負担がかかる知的作業に従事していないと、気持ちが落ち着かない。例えば、以前勤めていた会社でもやはり特許の仕事を担当していたのだが、仕事内容があまりにもルーチンで退屈だったので、適当に定時で帰って、数学の問題を解いたり、シャープのMZパソコンで面倒なプログラミングをしたりした。そうやって頭の稼働率を90%程度にしておく癖がある。ただ独身時代は歯止めがなく、ずっと孤独で延々と頭を使っていたので、神経衰弱になったことも何度もあった。

ところが今の会社に入ってからは、仕事の内容が難しくなって、仕事向けの勉強に知的能力をかなり占有された。従って、頭の稼働率を高める余暇の作業があまり必要でなくなった代わりに、頭を使うのがほとんど仕事向けになってしまい、これはいかんと自分でも憂慮した。

そうはいっても、特許業務というのは一応適性があるのか、ある程度慣れてくると、余暇に仕事以外の知的作業をしないと頭の稼働率が下がってしまうようになった。そうやって知的余暇を楽しんでいた時期もつかの間で、何かの間違いで管理職に登用されると、頭の稼働率が一気にフルになってしまい、ほとんど知的なことが考えられなくなった。実は管理職になって、頭でなく気を使って、知的余裕が一気に消耗されてしまったのである。気を使うことは私にとって頭を使うよりはるかに厳しいことだった。

そうして、長い管理職時代から開放されて専門職に戻って是非ともやりたいことがあった。それは特許明細書を書くことである。私はなぜか特許明細書を書くことが好きで、特に技術的に難しいものにチャレンジしたいとずっと願っていて、研究所から出てくる発明を扱えるという幸運に恵まれた。それはまさに、頭の稼働率を上げたいという意図である。

ところが実際に特許明細書を書いてみると、データマイニング、統計数学、制御理論、設計のモデリング、シミュレーション、コンパイラと、分野が様々で、その都度専門書を購入して眺めてみるものの理解が大変で、ある意味管理職時代と同様に、頭の稼働率が100%に近くなって、苦しくなった。ただ、部下をもつ身でなくなって気をほとんど使わないのでロスが少なく、ぎりぎりなんとかやれているのかな、と自己診断している。ただ、もう少し頭の稼働率を下げて、数学の勉強などに廻したいのだが余裕がなくて、もうちょっと簡単な発明が来てほしいと我侭いいたくなることがないでもない。

そうやって私程度がやれているので、普通の能力ならできる仕事だと思うのだが、過去に、もしかして頭の稼働率が振り切れた担当者が何人かいたような気がする。私だって、最高に難しい発明がきたり、プロジェクトを任されるようなことになって、頭の稼働率が120%という状態が続くと、きっと過放電した充電池のようになって、ブレークダウンしてしまうのだろう。そうなってないのは幸いというよりない。

さて知的能力でブレークダウンするとどうなるかというと、大抵の人は、知的能力が原因と分からないようにカムフラージュしてブレークダウンする傾向がある。例えば、ある例では、管理職や先輩が全く仕事のガイダンスを与えてくれないとこぼしつつ、次第に勤務態度が壊れていった。確かにいまの職場では、あまり他人に丁寧に指導しないのは確かである。だから、仕事のガイダンスを与えてくれないという不満は理由がなくはない。しかしだったら、聞けばいいじゃんと私は思った。

別の人は、明細書が翻訳調でひどすぎるとこぼして、次第にブレークダウンしていった。確かに、米国優先権の案件で翻訳がひどかったり記載不備のものは沢山ある。しかし、そこをなんとかするのがわれわれプロの手腕であって、東洋の魔女ではないが(古いか)、私もぎりぎりの案件を救って特許査定にもっていった経験は沢山ある。それこそがスキルなのである。

ただ、そういうのは、ブレークダウンの仕方がまだ分かりやすい。能力のなさが隠せていない。一般にはブレークダウンの様相はもう少し錯綜する。私の推測では、東電OL殺人事件は実は知的余力の欠如が一つの原因である。すなわち、被害者の女性は大学時代から優秀で、父親の引きもあって東京電力に就職できたが、もしかして、会社から要求される能力と、本人のもっている能力がミスマッチで、知的能力の不足を来たしたのではないか。そういう状態が長く続くと、人間はカオスのような意味不明な行動をとる。長らく売春していたのが事実だとすると、性欲はほとんど全ての人がもつ欲望なので、カオスのアトラクタとして、性的放埓に行き着くとしても意外ではない。別の人だと、将棋の芹沢のように過度の飲酒となる。

すなわち、プライドが高ければ高いほど、能力不足を呈したとき、正しくブレークダウンできない。よって飛び火のように、もともと精神的、肉体的に弱かったところに影響が及んで、意味不明の行動をとるのである。

さらに別の例では、能力不足を呈したとき、嘘と虚飾で塗り固めた仮想世界に入り込んで、一歩もでない人がいる。仮想世界にいる限り、自分で作った王国で皇帝なのだから、定義的にブレークダウンはありえない。こうして、いくら負債が増えても倒産しない会社のようになる。エンロンやワールドコム並みに負債が増大してもそのまま破産しないとしたら、こんなおそろしいことはない。だから、仮想世界から出て正しくブレークダウンしなさい、フェイルしなさい、北斗の拳のように、お前は既に死んでいると叫んであげるのがせいいっぱいの思いやりなのである。

高校のとき一番嫌だった科目に武道の柔道があった。いつも投げられてばかりで、あるときなど受身に失敗して背中からもろに畳に叩きつけられ、呼吸が止まって死ぬかと思ったことがある。それで、投げられるのはともかく受身だけはちゃんとしなくてはと思った。それとの類推で、人生、駄目なときは正しくフェイルしましょう、ブレークダウンしましょう、人生の受身はしっかりやりましょうと、今後老齢で次第に能力が低下していくに違いない自分に言い聞かせるのであった。

同窓会

user-pic
0

久々に高校の同窓会から案内が来た。申し訳ないけど、今回もパスすることになるだろう。思い起こすと私の母校である尾道北高校は、他の同窓生はどう思っているか知らないが、とても無味乾燥だった。卓球部に入っていたのだが、卓球も勉強も、あまり燃えた記憶がない。無味乾燥は在校生の共通の認識で、うちの高校は受験実績はたいしたことないのに、面白くもなんともないね。まだがちがちの進学校で無味乾燥ならわかるが、とクラスメートと話し合ったものだった。

それでも卓球部に若干の友達がいて、その友達は下関の大学に行ったので、大学時代、ときどき会いに行ったりしていたが、次第に疎遠になった。

こういう事情だから、高校の同窓会というのは、大学時代に一度行ったきりである。もちろん親しい先生というのもいない。だいたいが高3のとき体育の授業をさぼって、卒業資格がぎりぎりで審査になったとき、謙虚に先生に卒業させて下さいと懇願すればいいのに、落とすものなら落としてみろ上等だとふてくされていた生徒だったので、同窓会でその担任の先生と会ってもろくに口もきかなかった。なんという生意気な生徒だったのだろう。そして今もこの生意気さは健在で、今の外資系の会社に入った後もニューヨーク出張で役員クラスの上長に直接談判したという部内唯一の実績をもつ。その生意気さが功を奏したことなど一度もない。

しかし同窓会を避けている理由は、多分生意気さではない。私は友人をつくるという意味でとても特異的で、例えば50人くらい同窓生がいるとすると、その中で気が合うのは一人か二人である。友達に書いたように、ほとんど必ず一人か二人、変わり者を見出して友達を作るのであるが、しかし、時間と空間を超えて同窓会という形で再会を懐かしむ気持ちにはなれない。今の自分にしっくりくるのはほとんど、時間と空間の近傍にある友人だけである。それだから大学の将棋部の先輩で、今でも付き合ってもらっている人がいるのは私にとっては極めて稀なことである。何かの縁なのだろう。

私はそのような同窓会嫌いなのだが、私の周囲に、やたら同窓会に入れ込んでいる人がいる。なんでも高校の同窓会の幹事になるとか聞くのだが、もしかして友達がいないのではないかとつい邪推してしまう。友達がいれば、そんな面倒なことを引き受けるインセンティブは生じない。

あと、なんだかなあと思う同窓会は、話に聞くだけだが、名門高校出身で、お互いの出世を確認しあいエリート意識に浸る同窓会である。名刺を出し合って、おお、お前は○○会社の取締役か、そんなお前こそと互いに相好を崩すのは、名門高校同窓会の楽しみであろう。私には縁がない世界である。ついやっかみたくなる。

ただ、もともと少ない友人で満足できる私が孤独を感じないでいられるのは、とりあえず会社に行っているからである。定年になり、雪崩のように日常的に付き合う人が減ると、いかに少ない友人で満足できる私でも孤独を感じ始めるかもしれない。すると、唐突に同窓会に復帰するのだろうか。しかし今まで出ていなくて突然出ても、今更感が否めない。

こうして今住んでいるところの地元のコミュニティーが頼れるほとんど唯一の付き合いとなる可能性がある。そこで私の生意気さが出なければいいが、と我ながら心配である。

ITメディアに、上司の盾の続きの記事があったので、適宜引用しつつコメントする。

企業人としての本来の業務、あるいは創造的な業務をディスターブされた時、上司はその「盾」になり、ディスターブから部下を断固として守るべきではないか。

ロバートI.サットン スタンフォード大学教授は、「優れたボスは"人間の盾"となることに誇りを感じ」、「部下を働きにくくするような愚か者や余計な口出しと闘うのである。」と主張する(「Diamond Harvard Business Review」2011.2.)。

しかし、企業内外の幹部研修会では、テーマとして企業戦略の立て方やB/S、P/Lの読み方などを取り上げるが、部下の「盾」について取り上げるケースをついぞ見たことはない。OJTでも、同様に見かけない。しかし、企業にはディスターブされて本来業務に支障をきたす例が多く、それらの事例からそのインベーダーのほとんどが社内にいることが分かる。前回は以上を検討した。今回は、上司が「盾」となる心構えや方法論を取り上げる。

R.I.サットン教授が挙げる「ボスとして部下を守るための方法」は、方法と目的が混同表現されている箇所があるように思われて必ずしもすべてが妥当と解釈できないが、一部を参考にしながら上司が部下の「盾」になる心構えと、それを実行する方法について検討する。

そして、R.I.サットン教授が挙げる「ボスとして部下を守るための方法」は、以下の項目を含む。

心構え
上司(経営者、幹部、管理者)が部下の「盾」になるべき心構えは、以下のとおりだという。

  1. 権限を振り回すな
  2. 努めて経営能力を高めろ
  3. ディスターブを気づかせる役を買って出よ
  4. 叱責や批判の矢面に立て
  5. どの部署も自己責任を全うする研さんと努力を怠らないように指導せよ

権限を振り回すな、というのはなかなか難しい。というのは、上司には本来的に権限があり、仕事の指示をするということは、権限を用いることだからである。ということは、権限を伝家の宝刀にして、結局ほとんど使わない、あるいは部下を助けるときだけ使うというように心がけることだろう。下記のような例が引かれる。

中堅の某産業機器メーカーの製造拠点長は、部下に宿題(しかも不採算機種のOEM調達や製造工程自動化など大きなテーマ)を与えるが、細かな口出しは一切せず、部下が行き詰っている様子の時だけ声をかけた。製造拠点全体のモラールは極めて高い。

努めて経営能力を高めろ、というのは、学びえるスキルとしてのマネジメントの方法論をきちんと学ぶことである。ドラッガーや世間に膾炙する経営学書は目を通して、少しでも日常に応用してみる努力は必要である。私が管理職時代にその手の書物から学んだことは、報告は部下にさせるものではなく、自分が部下に聞きに行くというものである。そういう観点からは間違っても、プレゼンテーションスキルに力点が置かれることはない。自分でマネジメントの方法論を勉強していると、実際の上司の指示がその方法論と矛盾することはよくある。上司の指示なので無視はできないがイエスマンで従うのもまずい。その矛盾に苦しむのも管理職の重要な仕事で、場合によりやり過ごししなくてはならないこともある。硬直した組織なら、それで降格人事を被ることもある。しかし、そういうリスクは管理職として仕方ないのである。

ディスターブを気づかせる役を買って出よ、というのは次のような意味である。

部下をディスターブするインベーダーは種類も数も多く、難敵もいる。上司は臆せず、敢然と彼らに立ち向かい、部下をディスターブしていることをズバリ指摘し、納得させ、そして重要なことは、結果を強力にフォローアップしなければならない。

私はこれをやってきたつもりだが、それでも部下から信頼されるのは難しい。ある意味、あたりまえのことをしているに過ぎないからである。

上からの理不尽な指示に抵抗せよ、というのは実際はそれを敢行する管理職に出会うのはなかなか難しい。最近特に目に付くのは、ただでさえ難しい上からの指示に、一層尾ひれをつけて投げてくる管理職である。それによって、きちんと指示しましたよと点数を稼ぎたいのだろうが、部下のモラールはがたがたである。少なくとも管理職の付加価値はゼロである。

会議主催者に、会議の効率を考えるよう申し出よ、というのは実際あまりにも会議のための会議が多いということだろう。意味のない会議のために、意味のない手間ばかりかかる資料の作成が要求されることがある。そしてプレゼンテーションのためのプレゼンテーションが横行する。しかし、官僚化した組織では、プレゼンテーションは、大名行列のように制度化され、それを疑う意見に耳が貸されることはない。

管理部門に、自分の都合を押し付けていることに気づかせよ、というのは会社の都合を押し付けてくる管理部門に、管理職は敢然と闘う必要があることもある、ということである。会社の制度や状況を盾に指示してくる管理部門と対決するのは難しい。ただ、ときどき、自分の個人的我侭を通すために管理部門と闘う管理職もいて、これは論外である。

叱責や批判の矢面に立て、というのは、管理職は上からも下からも批判されることを恐れてはならないということである。その調整にこそ、管理職の存在意義がある。部下がいいにくいことを上長に対して代弁する、などである。あるいは、どうしても会社都合で部下をリストラしなくてはならないとき、その直接の上司に代わって、上長がクビキラーの役割を果たして悪者になる、ということである。こういう上長がいたら、頭が下がる。

どの部署も自己責任を全うする研さんと努力を怠らないように指導せよ、というのは当たり前で、沖縄にいる米国海兵隊も日々訓練を欠かさない。訓練が十分でないと実戦で直ちに命に関わる。われわれの仕事でも、そこまでではないにしても、訓練のための気概は必要である。

マンネリ

user-pic
0

人間の脳というのは本質的にマンネリを嫌うものらしい。だから健全な脳は、同じことをすると飽きてしまう。今まで使っていたのと別の脳細胞を使いたいという脳の叫び、あるいは欠伸なかもしれない。

それだけではない、人間は単に新しいことを求めるだけではなく、豊饒性、不安、変化を求めて止まない。将棋でいえば、プロが▲26歩、△34歩、▲25歩と指して形を決めるのを極端に嫌がるそいうのもそれである。おそらくであるが、ダイナミズムを欠く形にもっていくと、プロとしての感性が鈍磨してしまうのを懼れるのであろう。

ただ、感性を鈍磨させない方法論は将棋のプロといえども一様ではない。例えば、将棋の戦法は大別すると、居飛車と振飛車があるが、振飛車党であると、かなり局面を限定できる。例えば、先手の石田流、後手でのごき中、あと相振飛車をカバーして緻密に研究すると、ある程度の棋才があれば、なんとかなる。そうやって振飛車に研究に集中して実績を上げている棋士として、久保二冠、菅井五段、永瀬四段などがいる。NHKの解説で渡辺竜王は、石田流を採用した菅井五段側について、ほとんどこればっかり指していられるので経験値がすごいと、ちょっと羨ましそうだった。

ところが渡辺竜王もそうである居飛車党であると、当然に研究は必要であるが、居飛車は相手の出方によって局面ががらっと変わるので、予め研究しておいてもなかなかその局面にならず、研究が空を切りやすい。逆にいうと、どんな形でもある程度研究済みということにしようとすると膨大な局面の研究をしておかなければならない。その苦労は、振飛車党の比ではない。

それでは経験値を積み上げやすい振飛車党の方が有利かというと必ずしもそうではない、というところが面白い。分からないが、居飛車党の棋士と、振飛車党の棋士の戦績をくらべてみたらほとんど五分なのではあるまいか。実際もし、振飛車の方が居飛車よりも勝ちやすいということになると、利に聡い現代棋士のこと、こぞって振飛車に流れるであろう。

それでも居飛車党の棋士が絶えることがないのは、居飛車にスティックする性格的傾向があるとしかいえない。しかも居飛車を指して相手に追随する指し方をしていると、対ごきげん中飛車、対石田流、対四間飛車穴熊、矢倉、角換、一手損角換、横歩取り、手将棋の相懸などと目まぐるしく、マンネリに陥るべくもないので、プロ的な感覚の鈍磨に陥ることはない。

そうはいっても居飛車で新戦法をフォローし続けるのはあまりにも大変で、これを避けるため、振飛車に対してきまった形の相振飛車に持ち込む棋士もいる。飯島七段、佐藤天彦六段、村山五段などがそうである。

ともかく、マンネリに陥らないということはプロにとって重要な課題であり、そのために様々な戦形で研究を重ねていくのであるが、比較的稀に、一流棋士なのにあえてマンネリに自らを閉じ込める棋士もいる。

将棋でいえば加藤一二三。対振飛車の棒銀と矢倉の加藤流をこれでもかと指しつづけ、相手の棋士をうんざりさせた。普通はそうやってマンネリに陥ると勝てないとしたものだが、そこはそれ天才であって、そこそこの実績を上げ続けるのである。

囲碁で言えば、武宮九段。ここ何十年も、星、しかも二連星、あるいは三連星の布石しか打ったことがない。そして棋風は一貫して大模様の宇宙流。それでいて依然として第一線でまだ頑張っている。

加藤一二三や武宮の様子をみていると、マンネリのように見える狭い領域に、全体と同じ濃度の深さを見出す特殊な能力があるのだろう。数学の基本的な定理によれば、(-∞,+∞)の間にある有理数も、(0,1)の間にある有理数も、どちらも加算無限で同じ数だけあるが、(0,1)の中に宇宙全体を見出すのはそれはそれで天才としかいえない。

ただどうしても、一流の才能があってもマンネリの方針を採用すると、1.2流くらいに留まってしまう。本人はその覚悟というよりも寧ろ、天衣無縫に振舞っているだけだろう。

保守思想

user-pic
0

私はなぜか若い頃、西部邁のファンで、オルテガの「大衆の反逆」とともに、西部の「大衆への反逆」を愛読したものたった。思想家にありがちで、西部邁も例に漏れず、毀誉褒貶が激しい。池田信夫氏などかなり酷評されている。しかし私は、その著書に拠るだけであるが、西部氏には一貫して親近感を覚えている。

といいつつ、もう何年の西部氏の著書から遠ざかっていたが最近たまたま古書店で、「思想史の相貌」世界文化社という1991年刊の著書をみつけて、懐かしく読んだ。この著書は、福沢諭吉、夏目漱石、吉野作造、河合栄治郎、和辻哲郎、伊藤博文、吉田茂、阪口安吾、竹内好、吉本隆明、小林秀雄、福田恆存という一連の思想家を西部流の保守思想の観点から論じたものであり、典型的には吉本隆明がリストされていることからもわかるように、必ずしも保守思想の系列の人々を並べたものではない。

そこで、この書物に拠りつつ、私なりの理解で保守思想とはいかなるものであるか、記述してみる。

そこで最初の問いかけは、1945年の終戦以前に、日本に保守思想は根付いていたのか、というものである。これはある観点からは自明であって、日本は戦前、旧弊なる保守思想に染まっており、それが日本を戦争へとドライブし、破滅へと導いていった、というものである。

しかし、明治維新の後世論を牽引した福沢諭吉の著書にもみるように、明治維新の後日本をドライブした思想は、ある意味過度の西洋思想、西洋技術を取り入れることを目指したがゆえに、保守思想と呼ぶのは相応しくない。実際、吉野作造が大正デモクラシーで目指したのも、ともかく浮かれた民本主義であった。

民本主義は速やかに神道思想を纏った軍国主義にとって変わられたがしかし、複数の選択肢で微妙なバランスをとるという保守主義の精髄はそこでも全く考慮されることなく、この空気の一体性は、日本を破滅に導くことに貢献した。

そして戦後、空気の一体性という構造はそのままに、アメリカ主義に染められてしまった。それとともに、戦時中に色濃く残されていた自己犠牲の精神と、死への馴化が一掃されてしまった。

こうして反保守主義とでもいうべきものが戦後日本で跋扈した。自明ながらそれを列挙してみる。

  1. 日本国憲法で裏打ちされる平和と自由と民主主義。平和と自由と民主主義が重要であることは、何主義にかからわず当然である。しかし、平和と自由と民主主義はあるバランスの下で成立するのであり、手放しの礼讃は成立しないはずである。
  2. そうして人々は、平和が、それ自体で成立しえると錯覚したのである。ホッブスのいう狼のような国家の私欲が渦巻く国際社会で、日本は、アメリカの傘の下で、軍備を重視することなく、平和を享受した。ただ、「こんなに強い自衛隊」井上和彦著、双葉新書ような著書もある。
  3. 平和の礼讃とともに、死はありえないこととして隠蔽された。そして、一人の命は地球より重いなどという、論理的にも理解できない命題が誇らしげに唱えられた。冗談ではない、人命は場合により、公共の福祉や利益のために磨耗されるべきであり、そこにこそ生命の尊厳もある。例えば、福島第一原発の事故で、決死の思いで放水した自衛隊のヘリコプターの隊員に少しでも思いを馳せてみるがいい。
  4. 自由の屋上屋が讃えられる。過度の自由は退屈と堕落をもたらす。そこは自由自体の欠陥であるのに、その欠陥を他に求め、もっとパンとサーカスをとローマ帝国の滅亡の様子を呈する。
  5. 人類の無限の進歩が讃えられる。IT技術を駆使したばら色の未来が語られ、それに疑問を呈そうものなら、時代に追従できない無能者として蔑まれる。
  6. 人生が満ち足りないのは、欲望が充足されていないからだと、よりよい仕事、財産、住宅、異性、趣味と余暇に余念がない。
  7. すなわち思想的に根幹がないので、原発、地球温暖化、公害など、風評に踊らされるままである。
  8. 神を畏れるという意味での宗教が忘れられる。宗教は現世利益を主張する、似非宗教にとって代わられる。物質主義が蔓延り、真の意味の精神主義は忘却される。
  9. 歴史に対する配慮を欠く。歴史は単に受験勉強合格のための年代などの表層的知識としてのみ価値を有する。そして、現在のわれわれの文化がいかに多くの過去のレガシーに依存するかを無視し、全ては自分たちで新しく画期的に案出できると嘯く。その典型的なアノミーを、クメールルージュや文化大革命にみてとることができる。
  10. 前後もう60年以上が経過するのに、西欧中心主義から脱却できない。戦後米国が日本に施した教育は"good job"であったといえるのだろう。それは、能面ビー玉に何ほどか貢献している。

だからといって保守思想に与するとしても、何もご利益はない。なぜなら保守思想は、堕落と克己、自己主張と自己犠牲、狂信と謙虚の微妙なバランスの間でかろうして成立するからである。それは耐えざる努力と研鑽を要求し、留まることを許さない。それが人生だと規定するのが、保守思想なのである。

米国の元国務省の職員だったケビン・メアという人が書いた「決断できない日本」文春文庫が目に付き、買ってみた。何しろ決断できない人々が多くて、私もうんざりしているので、溜飲を下げる程度の意味で買ってみた次第である。

すると買ってみて分かったのだが、ケビン・メアは、「沖縄はゆすりの名人」という失言で米国国務省日本部長の職を追われた人なのであった。

ケビン・メアが失言として報道された経緯は、次のとおりである。すなわち、ケビン・メアが昨年末に、ワシントンのアメリカン大学で、日本に留学する学生向けに沖縄問題などを含め、日本の状況を説明した。その説明の中で、その話を聞いた学生から「沖縄はゆすりの名人」という発言が確かにあったと日本の共同通信の記者が報道して、それが米国政府の耳に入り、結局メア氏は辞職せざるをえないような状況に追い込まれたという次第である。

実はケビン・メアは学生たちに、普天間から辺野古への基地移転問題について説明したのだった。すなわち、普天間は空港のすぐそばに民家が密集していて危険なので辺野古に移転するのか望ましいのだが、移転により補助金が得られなくなるので逆に反対する人もいる、というような趣旨であった。

ところがケビン・メアからワシントンで説明を受けた学生たちは、日本にいって共同通信の記者の家に泊まったりしている。明らかに記事として公平を欠く。するとどうも、黒幕はわからないけど、ケビン・メアを陥れようとする動きがあったに違いない。

そうしてケビン・メアが辞職を申し出ているとき例の3.11の東北大震災が起こった。これに対応して、奥さんが日本人で知日派のメア氏は、トモダチ作戦の指揮を取ることを申し出た。いわば最後のご奉公である。

しかし、そこで日本政府と東京電力の対応の遅さにいらつくのである。それでも在日米軍は迅速に救出作戦を展開して、救助の実績をあげた。

実はケビン・メア氏が失言したのは、単に嵌められただけではなく、長く日本や沖縄の対応に憤慨してきたという経緯もあることに、この本を読み進めると気付くのである。

すなわち、湾岸戦争のときの日本からの資金の受領で超官僚的対応に苦心したり、沖縄で兵器を運ぼうとするとデモ隊に阻止されたり、スターバックスで反戦運動家にコーヒーをかけられたりと、散々な目に遭ってきた。

それは多少ケビン・メア氏にも原因があり、すなわち、歯に衣を着せないというか、反対されても信念に基づき決断する、という性格による。それは、米国国務省にあって、アイビーリーグなどのエリート大学出身でないことによる突っ張りのようなものもあるかもしれない。

ケビン・メア氏の信念とは、沖縄の駐留米軍は、中国や北朝鮮に対する効果的な抑止力である、というものである。また沖縄の海兵隊が十分訓練できる環境も重要である。安保体制は、十分軍備に力を入れることなく極東の安全保障体制をつくるために日本が憲法の下で維持可能な体制である、という趣旨のことを書かれている。

こういう内容を読むと、安保反対などと安易にいえない。考えると容易に分かるように、安保条約を止めて米軍が撤退するとその空白を埋めるために日本が軍備を増強しないといけないが、中国や韓国との関係だけに考慮してもそれは著しく困難である。

一方で、最大のライバルとなってきた中国、また依然として不気味なロシアを抑えるために、日本の地勢的位置がきわめて重要であり、よって日米同盟も重要なのだという命題は当面、否定し難いものがある。

日米同盟が永遠ではないとしても、それではどうなるという問いかけは、日本の憲法改正と同様に、難しい問題である。

以前にガロアの生涯についてまとめてみたが、数学セミナーの10月号が「ガロア生誕200年」ということで、ガロアの理論の紹介があったので、とりあえずメモしてみる。

すると、先ず、「ガロア」中公新書の著者である加藤文元氏の記事があり、そこで「解析学の解析学」と説明していたことが更に詳しく説明されている。すなわち、ガロアの構想では、代数方程式のガロア理論の次に、代数関数の積分であらわされる超越関数が論じられようとする。

一見異なるこれらの理論は、数の複雑さで結び付けられる。すなわち、代数方程式のガロア理論では、代数方程式の根としてあらわれる数の無理数性が、方程式のガロア理論として統制される。

一方、代数関数の積分であらわされる超越関数では、関数の多値性が問われ、それを統制するのは関数や微分方程式のモノドロミー群というガロア群であり、それをリーマン面によって可視化したのが基本群というもう一つのガロア群である。

しかしガロアはさらに先を考えていたようで、それは超越的解析の曖昧の理論と呼ばれる。この曖昧さとは例えば、関数の多値性であったり、対称性であったりする。

さて、代数方程式におけるガロアの定理は次のように記述される。
代数方程式f(x) = 0に対して、解の置換の群Gfであって、次の性質をみたすものが存在する。

  1. 根の有理式gがGfに含まれる全ての置換で不変なら、gは既知の数をあらわす。
  2. 逆に既知の数をあらわす根の有理式gは、Gfに含まれる全ての置換で不変である。

根の有理式で置換で不変なものの例として、三次方程式の根をα,β,γとして、α+β+γ, αβ+βγ+γα, αβγがある。

さらなるガロアの定理がある。
素数次代数方程式がべき乗根で解ける条件は、方程式の2つの根の有理式によって、他の全ての根があらわされることである。

5次方程式の場合、一般的にこの条件が満たされないので、5次方程式は一般にべき乗根で解けないということになる。

これは言い換えると、ガロア理論が、代数方程式の代数可解性と、群との間の仲立ちをしているということになる。

数論幾何では、代数方程式に対応するのが、グロタンディークによって導入されたスキームである。そしてさらに、Z上有限型スキームに対しては、ハッセ-ヴェイユ・ゼータ関数が定義される。ラングランスは、Z上有限型スキームでのハッセ-ヴェイユ・ゼータ関数において、局所コンパクト位相群が存在して、それから絶対ガロア群への全射準同型写像が存在すると予想した。ラングランスはまた、モチヴィック・ガロア群と呼ばれるモチーフを統制する群が存在すると予想する。

モチヴィック・ガロア群は、代数幾何学のコホモロジー理論におけるモチーフの圏の表現としてもあらわれる。

次に位相幾何学に基本群と呼ばれる概念が存在するが、さらにその被覆と呼ばれる概念において、自己同型写像が常に存在するときそれは、ガロア被覆と呼ばれる。

さらに、代数方程式のガロア理論を、線形常微分方程式に適用した理論がピカールなどによって構築された。線形常微分方程式のガロア理論では、微分作用素から微分環、微分体などが定義され、そこに微分ガロア群というものを考えることができる。

以上、訳もわからず将来のなにかの足しにと思ってメモしてみたが、これは果たしてガロアが短い生涯のうちで懸命に構想しようとした超越的解析の曖昧の理論の延長戦上にあるのだろうか。

産経新聞のWebによると、ウサマ・ビンラディンに続き、アラビア半島のアルカーイダの幹部、アンワル・アウラキ容疑者が米軍によって殺害されたという。以下、引用:

【ワシントン=犬塚陽介】オバマ米大統領は30日、イエメンを拠点とするイスラム武装勢力「アラビア半島のアルカーイダ」(AQAP)幹部、アンワル・アウラキ容疑者(40)が同国で殺害されたと発表した。米国籍を持ち、流暢(りゅうちょう)な英語とインターネットを駆使して、アラビア語圏外のテロリスト予備軍に影響を与えてきたアウラキ容疑者の死亡は、テロとの戦いを続けるオバマ政権にとって「米国産テロリスト」の芽を摘み取る意味でも大きな前進となる。

オバマ大統領は同日の演説で、アウラキ容疑者の死はテロ組織への「大きな打撃であり、画期的な出来事だ」と成果を強調する一方、「(AQAPの)脅威は残る」と語った。

AP通信は米当局者の話として、中央情報局(CIA)と米軍特殊部隊が共同作戦を展開し、3週間にわたりアウラキ容疑者を監視。首都サヌアから140キロ離れたカシェフ郊外で、軍用機と無人機が容疑者らの車列を空爆したと報じた。

ビンラディンの場合もそうなのだが、どのような容疑であれ、外国に軍隊を送り暗殺を容疑者を暗殺するというのは法治国家としていかがなものなのだろうか。当該の国の警察権力に委ねることはできないのだろうか。

アウラキ容疑者は米ニューメキシコ州生まれで米大学卒業後、イスラム導師に。2004年に父親の母国イエメンに渡り、米国との「ジハード(聖戦)」を呼びかける過激思想をインターネットで流布。09年のテキサス州の陸軍基地での銃乱射事件や、デルタ航空機爆破未遂事件の実行犯とも連絡を取るなど、組織に属さない単独テロ実行犯の「精神的支柱」(テロ専門家)だったとされる。

国際情勢に疎い私は、アンワル・アウラキの名前を知らなかったが、なんでも、私が前に引用した、虚妄の?航空機テロの犯人に関与しているにらしい。ところがそこに書いたように、その事件はそもそもわざと失敗するような事件なのであって、もしアウラキがそれを指示していたら、一体どうよ、ということになる。

あと、アンワル・アウラキと、イエメンのアルカイダを率いるナシール・ワシヒ指導者との関係はどうなのだろうか。不思議なことに、アンワル・アウラキに関するWikiの記事にワシヒはあらわれてこない。

オバマ政権は昨年4月、アウラキ容疑者を米国人として初めてCIAの「暗殺リスト」に載せることを許可し、行方を追っていた。

米下院国土安全保障委員会のピーター・キング委員長は「この数年、アウラキは(国際テロ組織アルカーイダの指導者で5月にパキスタンで殺害された)ビンラーディン以上に危険な存在だった」と語った。

その「ビンラーディン以上に危険な存在だった」というステートメントは、あまりにも具体性を欠く。09年のテキサス州の陸軍基地での銃乱射事件や、デルタ航空機爆破未遂事件の実行犯と連絡をとっていたという証拠があるだけである。国際世界では、罪刑法定主義は適用されないのだろうか。そもそも国際刑法なるものがあるとも聞いたことがない。何にしてもアンワル・アウラキを殺害するにはあまりにも根拠が脆弱なのではないだろうか。

あと、今回殺害した人物はビンラディン以上に危険な奴だぞ、しかしまだまだアルカイダの脅威はあるぞ、という言い方は、少年向け連載劇画の常套ストーリーであり、いかにもベタすぎないか。橋田壽賀子あたりにストーリーを書いてもらえば、もう少し尤もらしいのにと思えてならない。

アシスト力

user-pic
0

世間で能力というと、法律、経済、工学、理学などの知識やスキルが典型的に挙げられる。また、組織にあってはリーダーシップ、先見力など様々な能力も言及される。しかしなぜか、私が最も重要な能力の一つとみなすアシスト力が言及されることは少ない。それは定義的にあまりにも地味だからなのだが、1年前に書いた記事に続き、ここで改めてアシスト力の意義を記述してみる。

改めてアシスト力の定義を与えておく。それは要するに、他人が成功するために自分能力を使い、しかもその見返りを原則的に求めないという能力である。

優れたアシスト力を発揮する人を、アシスターと呼ぶことにする。通常使用されるアシスタントと区別してこう呼ぶ。その性質は次のとおりである。

  1. 他人の成功をわがことのように喜ぶことができる。
  2. アシスト力を駆使して他人の成功に貢献しても、一切余分な報酬を求めないし、自分の貢献だと自慢することがない。
  3. 目立たなくても気にしないし、腐らない。
  4. 常にアシスト力が錆びないように鍛錬を欠かさない。
  5. アシストすべき人に対してベストなアシストを提供できるように、状況の把握を続ける。
  6. アシストの結果が実らなくても腐らない。それは反省しないととは違う。腐ってアシストを放棄することがないという意味である。
  7. 目立つことが推奨される現代にあって、アシスターは、その価値にも拘わらず軽視され疎外されることがある。少なくともアシストが栄華への途でないと悟り、それでいて疎外されても甘受する。
  8. アシスト力することがキーである場合は少なくない。それでいて一切そのことを武器にしようとしない。

現世にあって、アシスターは地の塩のように随所にいて、世の中を本質的に支えている。しかし滅多に目立つことはない。旗手正守さんが注目されるに至ったのは、偶然にすぎない。

もし独身の男性であれ女性であれ、配偶者を求めるなら、アシスターが最善である。容姿、学歴、財産その他はつけたりにすぎない。知る範囲でマーシャル・フェルプスの奥さんは、その理想のタイプの一つだろう。強持ての小沢一郎氏もアシスト力溢れる奥さんの内助の功に多くを負っている。

マーシャル・フェルプスの奥さんは元エグゼクティブの秘書であるが、ルウ・ガースナーの秘書は、ガースナーにとってあまりにも本質的であった。そういうアシスト力を軽視するエグゼクティブがいたら、それは間違いなく二流のエグゼクティブであると私は断言できる。

私ごとで恐縮であるが、ある心理テストを受けたとき、私は相対的にアシスト力の多いタイプだった。ただ、私の場合問題なのは、アシストすることでの効果がどうだとかつい過干渉になってしまうのである。これは一重に私の霊格の低さに依存している。

しかし、面接でも筆記試験でも、アシスト力はなかなか見通せない。短時間ではアシスト力は演技できてしまうのである。こうして世間ではごく一部の人だけが本物のアシスト力を見抜く力があるのである。

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。