2011年11月アーカイブ

地震、原発事故、天候不順など不穏な時代にあって、人類はそんなに遠くないうちに滅亡するのではと考える人は少なくない。そこで、人類滅亡の原因になりうる要因について、列挙してみる。

  1. ずっと喧伝されてきたのは、核兵器戦争である。典型的には米国と旧ソ連の間の核兵器戦争であり、ケネディ大統領の時代のキューバ危機で、一発触発になったが、かろうじて回避してからは、とりあえず、報復の核兵器が怖くて、事態は進展していない。まだ世界には、人類を何度も滅亡させるに足る核兵器が保存されているが、流石に人類はそれを行使するほど愚かとは思わない。いや、思いたくない。
  2. 食糧危機。今のところ、農業技術の発展にともない生産性が向上したことから、少なくとも先進国では餓死はないものとみなされている。ただ、天候不順が生じると、農作物は一気に減る。また、植物の疫病や、バッタなどの昆虫の異常発生もありえる。食糧危機だけでは人類は滅亡に追い込まれないが、付随する資源を巡る戦争の方が怖い。
  3. エネルギー危機。あと数百年なのかもしれないが、石油や天然ガスは所詮有限の資源である。頼みの原発もウランが無尽蔵であるわけではない。それでは核融合はどうかというと、全く見通しがたない。ただ、水力や太陽光発電はとりあえず使える。すると、大幅に減少したエネルギーで野蛮化してすくない人数の人間が生きていくことになるのか。
  4. 疫病。文明化して衛生的な環境に住み、すっかり免疫力を低下させた人類は、エイズ、エボラなど、とても病原体に脆弱である。しかも、生物兵器研究と称して、日々新たな病原体が合成されている。壊滅的な毒性をもつものがあらわれても不思議ではない。
  5. ストレスの増加。例えば、世の中があわただしくなり、ストレスが高まると確実に免疫力が落ちる。すると、これ単独では人類は滅びないにしても、疫病の猖獗に力を貸すことになる。
  6. 人類のテロメア的滅亡。すなわち、定向進化の結果として、進化の行き詰まり。
  7. 別人類へのシフト。これも広義には、人類滅亡なのだろう。テロメア的滅亡を防ぐには、これは必然である。
  8. 小惑星の衝突。数千万年に一度ではあれ、恐竜を滅亡させる程度の小惑星の衝突はありえる。
  9. 宇宙線バースト。例えば、クエーサーなどからの強烈なガンマ線照射で、一瞬にして人類は滅亡するか。
  10. 太陽の肥大化。地球が肥大化した太陽に飲み込まれるのだが、これは今から50億年後らしいので、そこまで人類が延命できるはずがない。
  11. ブラックホールによる併呑。接近してくるブラックホールに飲み込まれると、当然に地球はばらばらになり、生命は存続できない。しかし、ふらりとブラックホールが立ち寄ることなんてあるのか。
  12. 銀河系衝突。これは太陽の肥大化よりもはるかに先であり、やはりそこまで人類が延命できるはずがない。しかしブラックホール同士の衝突を伴う銀河系衝突は、インパクトという意味で最大であり、何一つ生命体の生存を許さないであろう。いや、極限微生物なら胞子となって宇宙空間を漂えるので、生き延びるか。
  13. 陽子崩壊による宇宙の消滅。これはまあ、考えるだけ野暮であろう。あまりにも先であるし、そもそも陽子崩壊が真実なのかどうかも、分からない。

このように、突っ込みどころ満載の人類なのだが、果たしてどこまで生きれるか。私は、進化か退化しか知らないけど、燃費の少ない別人類に進化して、なんとか省エネで当面は生き延びるのではないかと期待している。

職人気質

user-pic
0

サラリーマンの一般的な生き方は、若い頃は特定の分野で職人のように深堀して働き、いくつかの分野でそこそこの実績を上げて、その成果で以って管理職に昇進し、その後は、専門職というよりもゼネラリストとして、交渉的・政治的・取りまとめ的・調整的に働いて、会社のキャリアを終えるというものではないだろうか。

もちろん、何歳になっても職人のように働くことに生き甲斐を見出す人もいるのであって、13年も管理職を経験したにもかかわらず、いや、管理職を経験したからこそ一層、私は職人への傾向を強めつつある。

それでは、職人とはどのような性質で特徴付けられるのだろうか。自明ながら、列挙してみる。

  1. 職人は、専門とする技芸に一番高い価値を置く。すなわち、かなりためらいながらも、地位、名誉、金銭、異性よりも技芸を一番大事にするのが職人なのである。従って職人は、その技芸に関して、どんな社会的地位があっても、スキルが劣る者を決して尊敬しない。心底指示に従おうとはしない。
  2. そして職人は、技芸を磨く時間を一番重視する。藤沢秀行は、どんなに酔っ払っても囲碁の勉強を怠らなかった。職人たる所以である。
  3. 職人は必然的に、当該技芸の鑑識眼をもつ。ときどき見誤るが、高い確度でスキルのある者、将来性のある者をきちんと見分ける。
  4. 職人は、技芸のための道具にこだわる。例えば、大工はノミやカンナにこだわり、料理人は包丁や食器にこだわる。職人学者は蔵書にこだわるであろう。計算機学者は、研究に使うコンピュータやプログラミング・ツールにこだわる。
  5. 職人は、同じ分野の職人と語り合うことに無上の喜びを見出す。そこに年齢、人種、言語、宗教の区別はしない。すなわち技芸を極めていくと、必然的にデモクラティックになる。
  6. 職人は独特の矜持をもつ。ただそれは、威張り散らすのであってはならない。傲慢になると、確実に技芸の芯は止まる。職人の矜持は、誰にも評価されなくても、何の得にもならなくても、納得のいく仕事を果たそうとする気概である。

ただ、組織において、仕事のグラフに書いた文脈において、職人はグラフの葉ノードに対応するがゆえに、昨今の気風では、企業内にあってすら、職人になりたがる者は少ない。下済みに終わる惧れがあるからである。

そして、近年の組織では、若者は通り一遍の職人修行をしたとおもったらいつの間にか、非葉ノードにに祭り上げられ、葉ノードの職人達を使いこなすことで、でかい仕事をしているつもりになる。しかし、特に料理の世界などでは、優れた職人でないと、職人達がついてこない。

それでも、職人的スキルがとぼしい人がリーダーの役割を果たしえるとしたらそれは、余程緊張感の乏しい環境におかれた組織なのだろう。例えば、はやぶさの軌跡に書いたようなことをなしとげようとしたら、ほぼ全員が一級の職人でなくてはならない。

さらに言うと、はやぶさプロジェクトのような組織にあっては、リーダーの役割を果たす者は、具体的にプログラミングしたり、システムを設計しないにしても、プロジェクト・マネジメントの職人でなくてはならない。

マネジメントの職人は、技芸そのものにこだわるよりむしろ、組織の風土、効率、予算、モラールにこだわる。そして、対象とする人員が多いほど、責任と労力が増し、通常激務になる。

すなわち私がいいたいことは、マネジメントといえども結局、管理スキルにこだわりをもつ職人でなくてはならない、ということである。マネジメントなら少なくともドラッガーくらい通暁しろよ、ということになるのであった。

PCの不調

user-pic
0

先日の土曜日に急に、私の携帯に友人から電話があった。なんでも、約1年前に買ったばかりのパソコンが立ち上げ時にエラーになるのでどうすればいいのかと聞いてきた。そこで私は、ともかくデータをバックアップすべきと指示した。そして、修理センターに持ち込むのである。友人によると、CD-RかCD-RWにバックアップするようにガイドされているというのだが、CD-RやCD-RWだと書き込み速度が遅いので、私はUSB-HDDを買って、それにバックアップするように推奨した。シスタンを離れてもう何年もたち、腕が鈍っているが、その程度のことなら言える。

私はなぜか深刻なPCのトラブルに見舞われたことがあまりない。それは単にラッキーなだけなのだが、PCと長年付き合っているので多少念力があるのだろうかと冗談のようなことを考えながら自宅でPCを使っていると、かすかな唸り声を聞いた。あれっ、季節外れで野良猫でも外に来ているのかとおもったが、気にしないでPCを使い続けた。

ところが夕方になって、唸り声は耳障りなほど大きくなってきた。ここで唸り声が、自分のPCから出ていることに気付いた。本当はもっと前から気付いていたのだが、なんとかPCの音ではないのだと懸命に考えようとしていたのかもしれない。

唸り声は嵐の遠吠えのような様相を呈し、PCのファンの異常であることが否定できなくなってきた。私自身は経験はないが、会社の自分の周囲で、ファンの故障で立ち上がらなくなったパソコンは多く見てきている。そこで、これはまずいと、データをUSB-HDDにバックアップすることした。実は私は、BUNBACKUPというフリーウェアとUSB-HDDの組み合わせをもう何年も使っており、会社のPCと自宅のPCでデータを二重化することにより、PCクラッシュに対処している。それでも、PCのファンの唸り声は激しさを増し、私の不安を掻きたてた。

臨界点を超えたのは次の日の朝である。PCを立ち上げ直そうとしたら、fan errorというメッセージが出て、BIOS設定の画面にさえ進めない。そこでいよいよ、チラシで見かけたPC DEPOTに持ち込むことにした。

PC DEPOTでは、ああfan errorですかと係員の気軽な反応だったので、簡単に直ると期待した。そして所定の時間に戻ってみると、一応立ち上がるようになったのですが、と係員がPCをもってきた。なんでも、埃が溜まっていたので、ざっとクリーニングしたのだという。私は余程埃っぽい環境でPCを使っているらしい。ところが私が、ではと立ち上げ直してみると、またfan errorがでた。あれっと私が驚くと、実はと、係員が切り出した。ファンが弱っているので、やはりきちんとメーカー修理しないと無理でしょう、という。そしてメーカに依頼すると最低1万5千円、もしマザーボード交換も伴うと3万円くらい修理費がかかるかもしれないというので、それではもう少し足すと、Windows7の新しいパソコンが買えてしまうと、修理を諦めた。

実は自宅には家人が使っていた全く同機種のPCがあり、家人はマックブックに乗り換えてそちらはほとんど使わなくなったのだが、たまにまだそちらの古いほうのPCも使うのだという。そこで理由を伝えて、古いほうのPCを私が専用使用にするように交渉し、とりあえずOKをもらった。あとは、こちらのPCのHDDを抜いて、家人が使っていたほうのPCに差し込むだけで、移行は簡単に終了した。

その結果、残骸化したPCが一台発生することになった。それも運命といえば運命なのだが、友人から電話があった日に、私としては初のファン・エラーが生じるとは、これも何かのシンクロニシティなのだろうか。そもそもその友人は大抵何でもメールであって、電話してくることはほとんどない。ということで、友人をして私に電話をさせしめたものは、なにかの神託なのか、と意味不明なことを考えてしまった次第である。

「英語ができて、仕事ができない人」というテーマで成毛眞氏が週刊現代に記事を書いたということだが、これを読みもしないで、私が勝手にコメントを書く。

先ず、外資系の企業では、「英語ができて、仕事ができない人」というのはゴマンといる。その理由は問うまでもない。英語の能力をメインで採用を決め、且つ昇進にも英語の能力が大きい比重を占めるからである。

そうすると、「英語ができて、仕事もできる人」は何の問題もないが、「英語も、仕事もできない人」は、「英語はできないが、仕事はできる人」になるよりも寧ろ、「英語ができるが、仕事がてきない人」になる方の努力に傾く。

なぜなら、外資系の企業では、ステークホルダーが外国人であることが多く、すると、何はさておいても英語がしゃべれたり書けたりしないと、なんだあいつは英語もできないのかと足切りをくうからである。

その際、「英語ができて、仕事ができない人」の言い方はだいたい決まっている。すなわち、普通、英語くらいできて当たり前でしょう、ましてや外資系だもの、その程度の努力ができない人ようでは会社でやっていけるわけがない、という言い方である。

しかし、と私が指摘したいのは、あれ、君がいる会社、外資系でもあるけど、IT企業でもあるよね、というものである。英語くらいできて当たり前でしょうといいつつ、簡単なコンピュータの知識もほとんどない、いちいち周囲に聞いているではないか。ならになぜ英語くらい、という言い方ができて、コンピュータくらい、という言い方ができないのか。こういう人材が、優れているということはまずありえない。

ところで新聞によると、成毛眞氏が「日本人の9割に英語はいらない」祥伝社という本を出したそうである。その内容の要約は、アマゾンによると、次のとおりである。

「英会話に時間とお金を投資するなんてムダ」
「頭の悪い人ほど英語を勉強する」
「楽天とユニクロに惑わされるな」
「ビジネス英会話なんて簡単」
「英語ができても仕事ができるわけではない」
「インターナショナルスクールを出て成功した人はいない」
「早期英語学習は無意味である」

これは実に真実であって、たとえ外資系であっても、日本にいて、日本人相手に仕事する分には、ほとんど英語は使わなくて済む。すると、普通の業務知識が重要になってくる、というのは理の当然で、そんな状況で業務知識よりも寧ろ、英語力をキーにして人材を選んでいたら、廻るものも廻らなくなる。

ただ、「日本人の9割に英語はいらない」は裏を返すと、日本人の1割は英語が必要かもしれない、ということになる。本当は1割もいないと思うが、真に英米人と交渉して成果を出したり、精妙な翻訳をしようしたりと、目的に応じて、すさまじい英語力を要することがあるのは事実である。

例えば、コンピュータ・プログラミングだって、一時はBASICだのC言語だのと、猫も杓子もプログラミングを齧ろうとして、それこそが出世のツールだと喧伝されたことがあったが、それは全くの嘘で、世の中の99%の人にはBASICだのC言語だのなんて関係ない。しかし、本当にその分野のすごいスキルを要するシステム・プログラマもいる、という当たり前のことと同じなのであった。

安全な原発

user-pic
0

普段感じる素朴な疑問は、原発の安全性を論じるとき、暗黙のうちに福島第一原発の設備を前提にしていることである。しかし、福島第一原発は旧式で安全性に乏しいきわめて古い型のものである。兄弟船ではないので、型は古いが地震に強い、なんていえない。

少し前の記事だが、9月23日の読売新聞によると、ジョージア州オーガスタで、サザン社のボーグル原発の建造が進んでいる。それは、東芝の子会社のウェスティングハウス社が開発した加圧水型軽水炉「AP-1000」である。2016~2017年の稼動を目指す。

AP-1000は、福島第一原発で起こったような「全電源喪失」に対応している。すなわち、事故から2分後に格納容器内のタンクの水が自動循環して炉の冷却を開始する。5時間後にタンクの水が沸騰すると、屋上に用意された大量の水が格納容器の上に落ち始める。そうして水は滴り続け、外部から取り込む空気とともに3日間に亘って格納容器を冷やし続ける。運転員による操作も、電源も必要ない。

フィンランドのオルキルオト原発は、ボスニア湾に突き出るオルキルオト島の先端部にある。稼動中の1号機、2号機に続いて建造中なのは、フランス・アレバ社の「第3世代プラス」と呼ばれる最新型原子炉である。壁のコンクリートの厚さは数メートルもあり、エアバスA380が激突しても耐えられるという。万が一炉心溶融が起きても、格納容器のそばの専用の巨大受け皿で冷却される。ただ、建造費は6000億円にも達する。しかし、福島第一原発事故の修理や補償、信用失墜などの損害に鑑みると、6000億円の投資は高すぎるとはいえない。

ということで、先端技術を駆使して費用を惜しまなければ、安全な原発というのは可能であると思われる。

超光速で述べたニュートリノの光速超えであるが、最近相次いで記事があったので、引用しつつコメントする。

先ず、超光速をサポートする実験が、11月19日の読売新聞の記事にあった:

素粒子のニュートリノが超光速で進むという、相対性理論に修正を迫る実験結果を9月に発表した国際研究グループ「OPERA」は18日、精度を高めた再実験でも同じ結果が得られたと発表した。

再実験では、スイス・ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関から約730キロ・メートル離れたイタリアの地下研究所へ飛ばすニュートリノのビームの長さを前回の3000分の1以下に短くし、より正確に速度を測定できるように工夫した。

その結果、今回もニュートリノは光より57・8ナノ秒(ナノは10億分の1)早く到達していた。これは9月に発表した結果(60・7ナノ秒早い)とほぼ同じ。ただ、今回も両地点の時刻合わせにGPS(全地球測位システム)を使っており、疑問が完全に解消したわけではないという。

確かに、GPSと57・8ナノ秒という極小な時間との組み合わせには違和感を感じないでもない。実験誤差は保証されるのだろうか。

ところが、超光速を否定する実験が、11月24日の読売新聞で報道された:

名古屋大などの国際研究チーム「OPERA」(オペラ)による「素粒子のニュートリノが光より速く進んだ」との実験結果に対し、新たな分析によって「超光速」を否定する論文が発表された。

分析を行ったのは、オペラにも参加しているイタリア・グランサッソー地下研究所の、別の研究チーム。スイス・ジュネーブ郊外の欧州合同原子核研究機関(CERN)から発射されたニュートリノの観測データを、オペラとは別の観点で分析した。米国のノーベル物理学賞受賞者らが「光速を超えれば、ニュートリノは光や電子などを放出し、エネルギーをほとんど失う」ことを理論的に示しているが、今回の実験ではエネルギーを失った形跡が見られず、「光速は超えていない」と結論した。

「超光速」を否定する論文は、前の実験の、GPSに基づくことの妥当性に疑問を呈するのではなく、「光速を超えれば、ニュートリノは光や電子などを放出し、エネルギーをほとんど失う」という理論に着目した。これは、タキオンに書いた、「もし電荷があって超光速なら、真空中でチェレンコフ光を出すはずである」という理論のことなのだろうか。しかし、ニュートリノは電荷をもたない。すると、この超光速ニュートリノの理論は、どのような原理に基づくのだろうか。わざわざ、「米国のノーベル物理学賞受賞者らが」と権威付けしようとしているのは却って、その理論の根拠のあやふやさを示唆する。

ともかく、アインシュタインの特殊相対論の検証を巡る実験はこうして、バトルロイヤル状態になり、訳がわからなくなってきた。

週刊将棋を眺めていると、森内名人の不調が目に付く。すなわち、10月の成績は4連敗だったし、11月に入っても、明らかに格下の田中寅彦に、王位戦の予選で負けてしまった。王将戦リーグはもしかして全敗で終わるのではないだろうか。こうして森内は、名人戦でぎりぎりでタイトル奪取したものの、今期はなんと勝率が5割を割ってしまった。なんともふがいない名人である。

そういえばここ何年も、森内が名人戦以外のタイトル戦に登場したのをみたことがない。羽生では絶対ありえない実績パターンである。前にも言ったが、羽生は格下の棋士にとりこぼすことがほとんどない。だからこそ、所定局数以上でみたとき、現役棋士中の通算最高勝率を維持しているわけである。

それでは森内はもう駄目かというと、そうはならないところが勝負の深遠さである。そこで、私の造語であるが、フォーカス力という概念を導入する。

これはどういう意味かというと、リソースが限られているとき、あるキーポイントの箇所にリソースを集中する能力である。なんだ選択と集中かというかもしれないが、それは実は自明な能力ではない。

というのは、勝負というものは意図的に手抜きすると、自分自身のモラールを破壊してしまう。だから棋士は、どんな棋戦でも真剣に指す。当然である。ところが、ここからが自明ではない。すなわち、フォーカス力の優れた棋士は、相対的に重要でないと無意識のうちにみなした棋戦では、リソースの蛇口を絞って、その上で真剣に指すのである。それは、誰がみても手抜きではない。本当に真剣に指しているからである。ただ、手持ちの気合、読みの深さなどのリソースが無意識のうちに低下しているだけである。

フォーカス力に優れると、無意識のうちに、自分が重要とみなす棋戦のためにリソースを蓄積できる。名人しか眼中にない森内にとって、他の棋戦を、意識することなく捨てられる。

そういえば升田幸三も、順位戦以外の棋戦は適当に流していた。そして順位戦だけにフォースすることによりそこでは高い勝率を維持していた。

すると、フォーカス力とは次のように定義できる。

  1. 十分な才能がある。
  2. 精神的・肉体的な理由により、体力的・精神力的限界があって、常時は全力を尽くすことはできない。
  3. しかし、普段から特定の時期・目的のために、体力・精神力を温存しておくことができる。普通の人なら、温存したリソースの賞味期限が短くて放置したら駄目になってしまうところ、独特の冷蔵庫をもっていて、リソースを長期保存して、ここぞというとき、一気に放出することができる。

体力・精神力などのリソースが横溢していると、リソースを長期保存する必要がない。すると逆に、フォーカス力が鍛えられない。すると、リソースが十分でないけれどもフォーカス力がある人が出てくると、乾坤一擲の攻撃で、リソースが横溢する人も敗れてしまうことがある。これが羽生が森内に負けてしまう理由なのであった。

ところが、今期の名人戦でリソースを一気に放出した森内はいまや、リソース飢饉になって、どんどん連敗している。それでもこれは森内にとって予定の行動なのであって、来期の名人戦に向けてせっせと貯金しているのである。来期の名人戦の挑戦は羽生か渡辺のどちらかであろうが、どちらにしても強敵なので、森内は、冬眠に入る前の熊がせっせと食い溜めするようにリソースを節約して、負けを重ねているのであった。

弥勒

user-pic
0

もう3年以上も前、ゴサインタン - 神の座を読んで、篠田節子は凄い作家だと感心した。それで古本屋の100円均一コーナーで、篠田節子の「弥勒」を見かけたので、とりあえず買ってしばらく積読しておいた。

もう永遠にお蔵入りになるかと自分でも思ったいたが、突然「弥勒」を取り上げて読む気になった、全く自分の気持ちというものも、依然として不可解である。

「弥勒」の主人公は、新聞社の美術担当の学芸員である。地方の美術館に勤務しているときたまたま知り合った美貌の女性を東京に連れて帰って結婚したはいいが、妻は一躍マスコミの寵児になり、それに反比例するように夫婦関係は冷えていった。

主人公は仏教美術に多大の興味をもち、その関係で、チベットの近隣のパスキムという国を訪れたことがある。パスキムはこの物語の仮想国であり、ブータンを模したものかもしれない。

パスキムを訪れたとき、主人公は、国王からもとても厚遇された。そこの仏教とヒンズー教の入り混じった宗教美術に魅せられた。

そんな主人公は東京に戻ったある日、なにかの会合で妻が、パスキム由来の独特の美術品を身につけていることを発見する。美術品の持ち出しが厳しく禁じられているパスキムでそれはとてもありえないことであった。

そうしているうちに、パスキムが、国王の側近の一人によってクーデターされ、「民主化」されているという報道を知った。すると政変で、あの素晴らしい美術品も毀損されるのかもしれないと心配になった主人公は、インド出張の折り、休暇をとってあえて、パスキムへの侵入を試みた。そして僧達の虐殺、寺院の破壊、美術品の撤去など、おそろしい光景をみたあと、革命軍に拘束されてしまう。

そこからはまさに、クメールルージュによるカンボジアの虐殺もかくやあるらん、という文化破壊と虐待、粛清が続いた。主人公は、あらゆる試練に苛まれながら、奇跡的に命ながらえるのであった。

クーデターの首魁は、あまりにも清廉で反文明、反宗教主義で、平等を旨とするのだが、極端で非寛容で、国家の窮乏化しかもたらさないのであった。知識人が粛清され、国家を建て直す技術もない。近代医療も否定されたので薬も医療機器もない。

これはまさに悪しき毛沢東主義であるが、不思議に共産主義革命のにおいがない。強いていえば、原始共産主義且つ素朴な唯物論なのであるが、民間信仰やアニミズムを奉じる現地の人達との軋轢は高まるばかりである。

クーデターは、国王の貴族主義、西欧崇拝、地方蔑視など多くの矛盾を糾弾するものであったが、仏教の説く中庸を完全に逸脱してしまったのであった。

政治的には、国王が早期にインドなど近隣の国に軍隊の派遣を依頼するのではないかなど、細かい疑問はあるが、文化的背景の記述、心理描写、独裁政権の横暴など、描写に暇がない。

ゴサインタン - 神の座を凌駕する、篠田節子のおそるべき大作である。

女流棋士

user-pic
0

将棋の女流棋士がどれくらい強いのか、ということは長く私の興味の1つであるが、女流棋士と男性プロ棋士との対戦はあっても、女流棋士とアマ強豪の対戦はほとんど聞いたことがない。

女流棋士がまだ男性プロ棋士にほとんど勝てないことから、女流棋士のトップの里見女流三冠でさえもまだまだ男性プロ棋士に及ばないことが分かるが、女流棋士とアマ強豪がないと、私からみて女流棋士の棋力を相対化できない。

ところが格好の機会がやってきた。職団戦に女流棋士のチームが参加するのである。2011年11月20日の職団戦の第100回大会で、将棋連盟の米長会長の方針でそれが実現した。出場メンバーは、以下のとおりである。

Aクラス、中村二段、里見女流名人、甲斐女王、斉田五段、矢内四段
Bクラス、山口初段、早水二段、山田三段、竹部三段、井道初段

これ以外にも、日本女子プロ将棋協会のチームがBクラスで出場した。

私が出場するチームは、Aクラスに昇級できずBクラスのままなので、私が矢内さんと対戦する夢は不可能になったが、それでも、Bクラスの女流チーム、あるいは、日本女子プロ将棋協会のチームと対戦するという別の希望が出てきた。幸い、私のチームは、2回勝てば女流チームと対戦することができるのだが私は、こっちが勝ちあがっても、向こうが果たして勝ちあがれるか、と余計な心配をした。

ところがBクラスの女流チームも、日本女子プロ将棋協会のチームも、ぶっちぎりで1回戦を突破した。Aクラスの女流チームも、日立製作所(2)を5-0で圧倒した。二軍とはいえ日立製作所(2)もBクラスで優勝して上がっているので強豪である。ここで私は、女流おそるべしと認識を新たにした。言い換えると、俺よりはっきり強い、という一種の敗北宣言である。

私のチームはBクラスで、なんとか1回戦を突破し、2回戦で私にちょっとしたヘマがあった。すなわち、私の隣で指していたのはBクラスの女流チームの山田三段だったが、女性が至近で隣にいて緊張したせいか、間違えて山田三段のチェスクロックを押してしまい、山田三段から、すいません、私のチェスクロック押しましたよ、まあ指そうと思っていたところでしたが、とやんわりと、しかし毅然と注意された。これは100%私が悪いので、大変失礼しましたと謝って指し続けた。流石にもう、山田三段のチェスクロックを押さないように留意した。女子プロと口が利けただけでも幸いと思うべきであろうか。

で、そのトラブルとは全く関係なく、二回戦でわれわれのチームは負けてしまい、女流チームと当たる夢は潰えた。

私は自分の対局もあって、また、ちょっと所用で自分の対局が終わった後会場を離れたので、女流チームの成績を後で確認すると、次のとおりであった。

  • Aクラスの女流チーム:NTTデータ(1)のチームに敗れて、3位だった。優勝できるかと思ったが、まあこんなもんか。ちなみにNTTデータ(1)は、優勝チームであった。
  • Bクラスの女流チーム:アルプス電気(1)のチームに敗れて、3位だった。こちらも、優勝できるかと思ったが。
  • しかし、日本女子プロ将棋協会がBクラスで優勝という快挙を遂げた。私は個人的に、所属するチームでBクラスで二度優勝したことがあるので、とても凄いとは思わないが、やはり勢いがないと優勝できない。しかも日本女子プロ将棋協会は、Cクラスに続いての連続優勝である。日本女子プロ将棋協会が将棋連盟のBクラスの女流チームより強いのは当たり前で、将棋連盟のBクラスの女流チームはいわば二軍なのに、日本女子プロ将棋協会は、別途の対局で不在だった中井を欠くとはいえ、精強の一軍だからである。

この女流の対戦成績は、当初の私の予想を上回るが、しかし女流といえどもプロなんだから、せめてAクラスでも優勝してほしかった。そもそも、Aクラスの優勝チームであるNTTデータ(1)は、私もAクラスで対戦したことがあるが、チームは負けたものの私自身は圧勝した記憶がある。少なくともNECやリコーのような、とりつく島のない強豪ではない。

棋友は、もうそろそろ女子で正式にプロ四段になれる棋士がでてきてもおかしくないという。そのフロントエンドにいるのは、里見であり、加藤桃子なのかもしれないが、奨励会1級での永瀬四段の発言に鑑みると、ちょっと先は遠そうである。

ただ、ちらっと女流の対局を眺めていて嬉しかったのは、みんな腕力が強くて、男性アマ棋士に力勝ちしていたことである。一時代前の女流プロのように、ポッキリ折れる、よくない意味での可憐さかない。きっと最近の風潮で男性プロにも教わっているのだろう、筋とか勝負術にもそれを感じる。

一方で、女流棋士も女性として魅力的であってほしいというおじさん的願望もある。周囲が将棋的地味男性に囲まれていたせいか、みんな女性的魅力は映えていたよね、と私は感じたのだった。なので、山田久美三段の隣で彼女のチェスクロックを間違えて押したことも、思い出の一こまにさせていただくとする。

大学時代、学者を目指していた私がノイローゼになって、実質学者への道を断念したとき、心に空洞ができた。その空洞を満たしてくれたのはなぜか、将棋でも読書でもなく、クラシック・ギターだった。

そして、ギター教室に通い、内輪の発表会の文字通り末席を汚したりした。まかりまちがって、クラシック・ギターで食べていけないかと、一日数時間、音階や練習曲を弾いた。聴く音楽はというと、テープに録音したセゴビアやジュリアン・ブルームなどのギター曲だけだった。

自分が別にギターの才能があると思ったことは一度もなく、ただ、当時他にやることがみつからなかったのだった。それで大阪の八尾の会社に就職したときも、地元のギター教室に通った。

ところが、そのギター教室の発表会で、フェルディナンド・ソルの「月光」を発表するように先生に言われて練習しているとき、ふと、ギターが負担に感じられるようになってきた。

当時、将棋でも、京橋にある正棋会に通って努力していたので、新入社員としての慣れない仕事と、将棋で私のキャパシティは一杯だったのかもしれない。

それでも、東京の会社に転職してからも、専門店に行って、有名なギター製作者の手になるギターを買った。たしか、10万円ちかくかかって、私としては大変な出費だったが、まだギターへの夢は捨てていなかった。そのギターの音色は重厚で私としては陶然とした。安アパートで昼間、タレガの「アランブラ宮殿の思い出」を弾いていると、おおっまるでプロですね、と大家さんが褒めてくれた。それは冗談であったが、当時、孤独を癒してくれるのはギターが一番だった。

私の父親は、勉強は苦手だったが、音楽だけは得意だったという。そしてかなりの高齢になっても、演歌なら、数回聴くだけで、その曲をカラオケで歌えるようになるほどだった。そんな親父の遺伝で私も、運動はからっきし駄目だが、音感や楽器はまあまあで、ハーモニカにせよ、縦笛にせよ、平均より巧かったので、ギターもそれほど苦労しないで初心者レベルは脱した。

このように、私にとっては、将棋に次ぐ努力を傾けた対象であるのに、今の外資系に入ったころから、完全にギターは捨ててしまった。こうして、私にとって生涯に亘る趣味になりそうなのは、読書、将棋、数学に限られそうである。あれほど没頭したコンピュータ・プログラミングも、最近では離れつつある。

そのように趣味やスキルについて他人について眺めると、若い頃あれほどバンドを組んだりして音楽に没頭したのに、今は聴くだけだったり、仕事でプログラミングに打ち込んでも、今は簡単なコードさえ書こうとしないという人が意外に少なくなくて、私がギターを止めてしまったのと似ている。

このように一人の人において、ある趣味は断絶し、ある趣味は続くとなると、その違いはなんなのだろうか。

断絶する趣味なりスキルのレベルが低いとは限らない。例えば、京大医学部を卒業して医師だった坂井秀至が医師を止めて囲碁棋士になったのは分からないでもないが、坂井は、医学のことに言及されることすら嫌う。結局医学は親のお仕着せにすぎなかったのか。

そういえば私においてすら、ギターを習っていたことすら本当は言及したくなくて、だから、このトピックでブログ記事をなぜ書こうとしたのかさえ、自分には不明である。

なぜ一時はギターに膨大な時間を費やしながら、今は全く言及しようともしないとか、ふと理由が分かった。音楽の若干の才能を私は父から引継ぎ、それは私の肉体に刻印されている。しかしどうも、結局は音楽は、私の精神の属性ではなかったようで、心が移動するにつれて、ギターに対する興味は薄れてしまった。一方、将棋や数学は、よくも悪くも私の精神に刻印された属性である、ということのようである。すなわち、精神に刻印されたスキルと、肉体に刻印されたスキルがあると、よほど肉体を鍛えるのが好きな人でないと、肉体に刻印されたスキルの方が先に離脱する。

それでも私の将棋や数学が二流にとどまっているのは所詮、それらが精神の刻印に過ぎず、肉体が付随していない。だから、才能を一流として開花されるための必要条件は、肉体と精神の両方に刻印がなされているということのようである。もちろんそれだけでは才能開花としては十分条件でなく、運、努力その他もろもろの要件を必要とするようである。

私が運転しているトヨタ・イストには一応テレビ機能をもったナビが付いているが、何しろ古い車でナビも古くて地デジ対応でないので、今年の7月からナビでテレビが見られなくなった。それで仕方なくFMラジオを聴いている次第なのだが、先日も聴くともなく聴いていると、21世紀授業ということで、福岡伸一が、シェーンハイマーの発見のことを話していた。パンタ・レイに書いた内容である。

すなわち、生物の体内では、すさまじい速さで、食物として食べた内容の成分の入れ替えが行われている、というものである。

そのことを改めて復習してみると、ふと思い至ったのは、読書が精神に与える影響ももしかしてそれと同じではないか、ということである。すなわち、今読んだ本は、すさまじい速さで、自分のもっているあらゆる分野の知識に影響を及ぼすということである。

例えば、将棋の本を読んだとしても、自分の仕事のスキル、数学の能力、その他あらゆることに、将棋の概念が入り込んでくる。一方、哲学に染まると、将棋も哲学的になる。すると、ハイデガーを大学院で専攻している糸谷五段は、必然的に将棋もハイデガーに関する知見で浸潤されているはずなのである。いまのところそれがマイナスに作用しているように見えないが、哲学に昂じると、遠からず間違いなく哲学に将棋が侵食されてしまうはずなのである。

また、読書におけるシェーンハイマーのアナロジは、絶えざる読書や思索をしていないと、知的細胞が容易に枯渇することも示唆する。何しろ今日思索したことが3日後の知的細胞の成分になる。

すると、器質性でない老人呆けも、読書におけるシェーンハイマーのアナロジで説明できる。すなわち、一時的にどんな知的レベルに到達しようとも、絶えざる知識や思索を注入しないと、どんどん能力は劣化していく。それはまさに、精神の飢餓状態なのである。

だから、一時は高い知性を誇ったかもしれない上級公務員も、地位と仕来りにあぐらをかくと、あっという間に知性は転落する。転落しても制度的に知性の高さを擬制すると、中身と地位がますます乖離する。能面ビー玉の面目躍如である。

なお、知性に活を入れ、栄養を与えるのはなにも読書でなくてもいい。未知の体験や仲間との知的な会話でもいい。あるいは、ある主の災難でもいい。ともかくマンネリでなく、自分で考えるきっかけを与えられるなら何でもいいのだが、手軽さで読書に優るものはちょっとない。なにしろ、缶コーヒーを買うだけのお金で、極めて内容に富む古本が買えて、数時間、あるいは下手したら1週間もの間、知的な興奮を覚えることができるのであるから。

以前に、日本語の起源という記事で金田一京助氏の説を紹介したが、新潮新書の「日本語教室」井上ひさし著に面白い説が示されていたので紹介してみたい。井上ひさし氏は専門の学者ではないが、大変な博学で「私家版日本語文法」新潮文庫などを読んでも、言語に対する大変深い造詣が窺われる。

さて「日本語教室」によると、原日本語は、原縄文語なのであって、原縄文語がどこから来たのか誰も知らない。日本語の起源に鑑みても、原縄文語がウラル・アルタイ語族であり、大陸から渡来したと考えるのが相当である。

ところが原縄文語はなぜか、前期九州縄文語になる。すると私のような素人はつい、縄文の思考に書いたことから、シュメール語⇒原縄文語⇒前期九州縄文語と考えたくなる。やはりシュメール語が日本語と同じ膠着語に属するのは意義深い。

さて前期九州縄文語を起点として一方の流れは、琉球縄文語⇒琉球方言の流れとなるのは地理的にも自然であるが、一方で、前期九州縄文語から裏日本縄文語⇒東北方言と、前期九州縄文語から表日本縄文語⇒山陽・東海方言に行く流れがある。

ここで山陽・東海方言と一緒くたにしているのは意味があって、実は中国地方の方言と名古屋方言は結構似ている。そのことを広島方言のネイティブ・スピーカーとして名古屋を訪れたとき感じた次第である。

戻って、東北方言と山陽・東海方言が合流して関東方言が出来るというのだから、本当かなあ、と怪訝にならざるを得ない。

さらに戻って、前期九州縄文語は後期九州縄文語を経て、今の九州方言に落ち着く。

そこではて関西方言は?とここに来て気付く。まだ言及されていない。実は関西方言はごった煮なのであって、人類の残虐性で述べたような経緯で比較的平和裡に弥生人が縄文人の中に入ってきた。その結果、後期九州縄文語、裏日本縄文語、表日本縄文語と原弥生語(シュメール語?)の闇鍋状態から弥生語が生じ、弥生語が発展して関西方言になったというのだから、日本の方言でも関西方言は別格ということになる。

そして、奈良や京都に都がある年月が長かったので、もしその当時標準語というものがあったら、確実に関西弁であったに違いない。その関西弁に中国渡来の漢語が混じり、ちょっと日本語がごわごわしてきた。ただ、一方で造語能力を増した。

そこにさらにポルトガル語、オランダ語などの語彙も入り込んできた。ところが明治維新になって、それまでは所詮田舎言葉であった関東方言が俄然威張ってきて、今の標準語のベースとなる官製日本語が出来上がった。

現代の日本語は英語からの絶えざる侵略を受け、しかし日本語は、日本辺境論に書いたような逞しさといい加減さを発揮して、アイデンティティを保っている。

ちなみに私は、古文よりはまだしも英語の方を身近に感じていた。それは大学入試の時古文・漢文が全く駄目だったことによるのだが、最近になって今更のように、古文を読み始めてみると、ああやっぱり日本語なのだなあ、と身近にいとおしく感じる次第である。例えば、平家物語の「かくて清盛公、仁安三年十一月十一日、歳五十一にて病にをかされ、存命の為にとて、即ち出家入道す。」という一文など、現代語との距離は極小ではないか。

もし古文を英語より遠く感じるとするなら、それは、英作文はなんとかできても、古作文なんてできない、ということにある。尤もそれは、英作文はほとんど生活手段の一部であるが、古作文なんて書いても誰が読むのか、何のために書くのかという当たり前の疑問がある。

ともかく言いたいのは、縄文語からの日本語の脈々たる流れがあるということである。

世間を眺めていると、世間にはどうも管理職というものを、地位を誇ったり、権力を振るい自分の利益を増やすために利用できるものだ考えている人が少なくないようである。そこで、と今まで書いたことの繰り返しになるが、私の管理職観を述べてみる。

そこで私が言いたいことは、管理職とは所詮、宴会の幹事にすぎないということである。特に成熟した組織にあっては、ほとんどのメンバーがベテランで、自律的に活動できる。そうはいっても、組織運営のためにはリソースが必要で、そのリソースの分配を各メンバーの恣意にまかせていては、収まりがつかない。宴会でいえば、予算の都合でビールの本数が限られているのに、勝手にビールを余計に呑もうとする人がいる。幹事は、ちょっとそれはまずいので、他の人に回してくれという権限があるし、あるべきである。

また、なんでこの程度の料理なのだと文句を言う人がいたとき、予算がこれだけしかないので、と説明できなくてはならない。それでも文句をいわれてそれに耐えなくてはならない。

さらに、限られた予算で宴会が盛り上がるように、幹事としての管理職はいつも配慮していなくてはならない。

他の宴会グループから文句がついたら、こちらのメンバーに対するにならなくてはらない。

このように管理職が宴会の幹事の役割をすることがメインであるなら、管理職などなりたい人はよほど奇特な人、ということになる。だから、宴会の幹事の役割を任じていた私は、管理職を続けることが嫌で仕方がなかった。

それだけでなく、管理職をやっていてとても不満だったのが、結局仕事の内容が雑用だけで、そんな雑用だけの奴には大して評価を与える必要もあるまいと、労働時間の割に冷遇されいていたことである。自分でいうのもなんであるが、幹事的調整機能として、私の役割は決して小さくなかったと自負する。だからせめて、ある程度十分な管理職手当てを給付してほしかった。

こうして私の提案は、特に成熟した組織にあっては、仕事の能力よりむしろ、ムードメーカー的、利他的側面で管理職を選ぶことである。そして、選ばれた人が嫌にならない程度の管理職手当てを給付する。そうしつつ、一見利他的な人も、権限を握ると独裁者に変貌することもあるので、上級管理職は常に、その管理職が組織のモラールを維持しているかどうか、フェイスツーフェイスで話を聞くのである。そして、あるレベルのモラールを維持できていないと、まるで横浜ベイスターズの監督のように、容赦なく挿げ替えられる。

すると、それでも管理職にないたいと思う人はほとんどいなくなるかもしれない。それなら、任期付きで指名して、手当てをはずめば、なんとかやってもいいという人は出てくるかもしれない。

ともかく、管理職になりたくて仕方がない人が出てくる組織は不健全だ、と私は断言しておく。そこにプラトンの哲人政治の理想を見て取っていただけるなら、うれしい。

prima facie

user-pic
0

知的財産部門に属していて、するとそれは一種の法律部門であるので、prima facieという用語をときどき聞く。さて、それは辞書によると、以下のような意味である。

a prima facie case 【法律, 法学】 (申し立てのとおり)一応の証拠のある事件.
prima facie evidence 【法律, 法学】 (反証がないかぎり十分とされる)一応の証拠.
【副詞】一見したところでは.[ラテン語 'at first face' の意]

私の半端な理解では、法律の分野では、prima facieは結構覆る。統計は知らないが、4割くらいは覆るか。

また、特許の分野でも、審査を経て権利になると、どうみてもこれは、と思われる広い特許請求の範囲をもつものも、一応(prima facie)、権利は有効とみなされる。いや、実体審査を経た特許なら、prima facieよりも確実度は高いはずであって、何か専門用語があるような気がするが、不勉強で知らない。

さて、実生活ではどうか。裁判手続のような厳密な吟味は経ないので、prima facieはprima facieに留まって、そこに居座っているうちに、確実なものとみなされてしまう。

実は実生活では、prima facieに至るまでが大変である。それでも天与のprima facieは、容姿、家柄、血筋、人種などの複合であろうか。これらによって人は、prima facieに優れているとみなされる。

容姿、家柄、血筋、人種がなくとも、特別な才能により、スポーツや囲碁・将棋などの技芸で優等の成績を収めると、prima facieに有為の人材とみなされる。

特別な才能がない場合、勉学で頑張って、有名大学に合格することで、かなり世間に通用するprima facieチケットを得ることが得られる。慣例によりprima facie性が減衰しにくいので、世間の父兄は、学歴の獲得にこだわる。

さて学校を卒業すると、裁判手続きのようにprima facie証拠が吟味に晒されるのかというと、それはものすごく場合による。結果の出やすいスポーツや囲碁・将棋などでは、prima facieが容易に、prima facieにすぎないと喝破されてしまう。

会社組織などではどうか。会社組織でも、3年も経てばprima facieのメッキははげてしまう。すると、prima facieのメッキの下の地金がどうか、あるいは、地金をどう磨くかという問題になってくる。裁判手続でも、prima facieの何割かが本物であるように、実社会のprima facieも結構本物だったりする。

本物に転化したprima facieはめでたしである。それでは、敗れ去ったprima facieはどうか。実は裁判手続と違って、いや敗れ去っていないと抗弁することができる。その方法は、大別して2つに分けられる。

  1. 転進法。別の分野に転進することで、ケチがついていない処女のprima facieとして再生することができる。しかしそこでもケチがついたらどうするか。
  2. そこはそれ、蛇の道はヘビなのであって、評価の極めて曖昧な分野というものが存在する。評価が極めて曖昧というと芸術系が思い浮かぶが、それは多分違う。芸術系は素人にも作品を評価されてしまう。そして駄目の烙印を押されると立ち上がれなくなる。そこで駄目なprima facieの生息地は、マイナーで評価の極めて曖昧な分野ということになる。例えばある種のマイナーな語学、マイナーな地域の地理学、私が関与している分野では、特許管理技法、特許戦略技法などである。

実は生息地を見つけることに巧みなprima facie人がいて、結構繁栄している。そういうモデルをみているものだから、prima facieこそが人生のすべてと勘違いする人が増えている。また世間には、本物に転化したprima facieが少なくなくて、敗残prima facieも本物prima facieにフリーライドすることが可能である。IT化された社会は、有象無象のprima facieの跳梁を許している。

IT業界にいる者として、横浜ベイスターズをDeNAが買収する件を興味深く見守ってきたが、楽天・三木谷浩史会長が、DeNAの参入に反対しているというニュースを見て、一体どんな理由によるのか、何かの競合会社なので、嫌がらせしているだけなのかと思っていたら、夕刊フジの記事をみて納得がいった。以下、引用しながら、コメントする。

この日、岡山の秋季キャンプを視察した三木谷会長は、DeNAの主要事業である交流サイト「Mobage(モバゲー)」を改めて問題視。

「野球を通じて子供たちに課金システムがある携帯ゲームのプロモーションをしていいのか。教育的観点からもそれは認められない。被害者も出ているしモバゲーがどういうものか、各球団で真剣な議論がなされていない」と語った。来月1日の12球団オーナー会議で4分の3以上の賛同を得れば新球団は承認されるが、参入を阻止するべく他球団の根回しに動く考えだ。

問題のモバゲーはおもに携帯電話向けだが、パソコン向けサービスは、実はヤフーと提携して展開中。「Yahoo! モバゲー」の会員は最近600万人を突破した。

ヤフーの筆頭株主は今もソフトバンク。三木谷会長にダメ出しされたDeNAの商売を、とても「他人事」といえない孫オーナーはどんな対応を見せるのか。

なるほど、DeNAが、教育的に有害な携帯ゲームのプロモーションを行っているというのが反対の理由なのか、と分かったが、携帯ゲームにはいろいろなのがあり、「野球を通じて子供たちに課金システムがある携帯ゲーム」というのを取り上げることで、尤もらしく反対意見を構築している。ちょっと、為にする論理のような気がしないでもない。

ちなみに私は、携帯ゲームのファンでもなんでもないし、おそらく一生やることはない。本当の理由は、老眼で見えにくいというものなのだけれど。同じ趣旨で、別にDeNAのファンでもなんでもないが、DeNAによる買収のニュースを聞いたとき、落ちぶれつつあるプロ野球、特に最弱かもしれない横浜ベイスターズに加担するとはなんと奇特なのだろうと私は感心した。別に強くならなくてもいいので、ゲーム感覚でベイスターズを面白くしてくれればいいのでないか。

しかも、そういう楽天だって、そんな他人のことを言えた義理なのだろうか。叩けば多少の埃も出るのではないだろうか。沈黙を守っているソフトバンクの孫オーナーが是非、何かDeNAにエールを送ってほしいものである。

特許明細書

user-pic
0

以前に事務担当の管理職をやっていた頃は、予算が足らなくて特許手続きに苦慮したり、部下から突き上げを食ったりして、散々な日々であった。そのときこんな仕事は降りたいと切に願い、では何がしたいかというと特許実務、特に特許明細書を書くことであった。

念願叶って特許実務屋に戻ったのが、2006年の10月だったが、そうはいっても、特許明細書には12年のブランクがあり、まともに書ける自信は全くなかった。しかし、実務ができないから管理職に復帰させて下さいなんてありえない。ここで挫折したら辞めるしかないと背水の陣で臨んだ。

いよいよ案件を貰って書き始めたのだが、あれっ、と思ったのは、思ったより苦労しないで書けるということである。発明はインターネットのマッシュアップに関するもので馴染みがないので随分本を買い込んで勉強することで、1週間程度で書き上げた。12年ぶりにしてはまあまあかな、と自己満足した。

管理職になる前の30台の後半のとき、研究所関係のかなり難解なものも含め40件くらい書いたことがあるので、多分初心者ではないという自負があった。あと、自分が書いた案件のステータスをトラッキングしてみたら確か8割5分以上の特許率だったので、記載要件の充足性もまあまあだったと思う。

その感覚がまだ体に残っていたようで、幸いであった。ところが愕然としたことがある。特許請求の範囲が全く書けないのである。なんとか見よう見真似で書いたものの請求項の体をなしていない。実際その案件は、最初の拒絶理由で、特許請求の範囲の記載不備で手厳しい拒絶をくらった。そこで大幅に特許請求の範囲を書き直して特許請求の範囲の不備を解消したところ、今度は事前サーチで上がらなかった、とても厳しい引用例を引かれて、ほとんど死に体になった。それで拒絶査定になり、そこで実施例の細かいフィーチャに限定して審判請求し、前置でも許可されなかったのだが、懸命のがんばりで泣きそうになりながら特許審決を得た。

ただ、こうやって苦労したので感覚が戻り、管理職から実務屋に戻って丸5年で、なんとか100件目の特許明細書を最近書き上げて出願した。年間20件なんて特許事務所の先生には馬鹿にされる程度の件数であるが、なにしろ難解な発明ばかりだし、企業にいると特許実務以外の雑用も沢山あるんだと言い訳しておこう。難解な特許明細書は命を削るようだと思ったのは、途中で何度も寝込んだからである。尿道炎だったり、顔面麻痺だったりした。

最近は日本が優先権である特許出願で早めに審査請求すると審査も早いという制度がある。この制度により、自分で書いた特許明細書に対して既に20件くらい拒絶理由通知が来た。今のところまだ1件も放棄しておらず、とりあえず特許査定が12連勝なので、少なくとも対特許庁の審査という意味ではそこそこの品質の明細書だと自負する。私はそもそも、詳しく明細書を書くことをモットーとしており、発明者を沢山の質問で煩わせたり、関連の書籍への投資を惜しまない。すると、明細書は豊富なコンテンツを含むので補正の根拠にしやすい。どんな特許実務家も知っているノウハウである。

ところが最近、自分が書いた案件で、流石にこれは特許にできないと諦めざるをえないものがきた。引用例に対して進歩性が厳しすぎる。それで、今まで大抵のものなら特許にしてみせるぜと傲慢になっていたのはなんのことはない、たまたま進歩性の高い発明を扱っていただけなのであった。進歩性がとても低い特許出願を特許査定にできるマジックなんてあるはずがない。

それにしても、実務屋に戻って100件書いたことで特許明細書のスキルが飽和したかというととんでもなくて、案件毎に少しずつ新しいテクニックを発見しつつあるところである。あと、飽和しない理由は、発明が毎回様変わりするからである。

こうして私は、誰からも認められることなく、おそらく発明者と、特許庁の審査官しか読まないような特許明細書を、私なりに、残り少ない?命を削りながら書いている日々なのであった。

人生のバグ

user-pic
0

コンピュータを使っていて、アプリケーションのバグに遭遇することはあまりにも日常的で、バグに出会わないで一日終えるなら、それはラッキーである。アプリケーションではなくOSにバグがあることもあり、あるいは、CPUの命令セットのマイクロコードにバグがあることがある。人間が作っているのだから仕方ないのである。

それではと、こういう設定を考えてみた。私が人生の問題に悩んで、気の置けない友人に相談に行く。そして、いろいろい悩みを打ち明けていると、突然友人がこういうのである。「仕方がないだろ、人生のバグだよ。俺は忙しいんだから、行くね。」と言われたら、私は呆然として、しばしそこに佇むだろう。

そこであんな奴もう友達なんかじゃないと悪態をつくのだが、ちょっと気持ちが落ち着くと、さて人生のバグとは何だろうと沈思し始める。

一番わかりやすいのは、人生のバグとは社会制度の欠陥であると考えることである。そのため、ルソー、サン・シモン、ロバート・オウエン、バクーニン、クロポトキン、マルクスなど、私の限られた知識ではあまり思いつかないのだけれども、多くの思想家が、社会制度の欠陥を人生のバグとみなした。

それでいいのかというと、当然に私は納得しないで、今度は仏教に至る。そこでは、人間の煩悩そのものが人生のバグであって、バグを少しでも減らすことが悟りへの道である、ということになる。

いやいや、とさらに思索は続く。物理法則の近似性によると、どんな法則も真実の法則の近似に過ぎないので、それがバグ(というよりも近似誤差)になる。

ただ、物理法則の近似性というとき、それは何か完全なもの、すなわち定義的な神を想定し、そのからの差分を考えている、ということになる。

しかしである、不完全さが宇宙の、神の本質だったらどうするか、と変な考えが浮かんだ。すなわち、バグそのものが法則に内在していると考えるのである。

それは、完全性の概念への挑戦であり、完全性と不完全さの対立を止揚することを意味するのだが、それは単なる不可知論と何が違うのかと、私の粗雑な頭ではこれ以上なにも考えられなくなってしまうのであった。

小惑星接近

user-pic
0

共同通信によると、直径約400メートルの小惑星が地球に接近したという。以下、引用:

【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は8日午後6時半(日本時間9日午前8時半)ごろ、直径約400メートルの小惑星「2005YU55」が、地球から月までの平均距離より短い約32万キロまで近づいて通り過ぎたと明らかにした。探査機「はやぶさ」が訪れた小惑星イトカワに近い大きさ。衝突すれば大きな被害が予想されたが、事前の観測でその恐れはなくなっていた。

この記事を読んで思い出すのは自分の小惑星衝突というブログ記事である。そこに書いたことに基づくと、何しろ私が書いたことなので根拠は希薄だが、それでもそれが無理やり正しいとすると、もし本当に危険な小惑星が見つかったとしても、たった2ヶ月程度の猶予しかない、ということがありえる。

2ヶ月あればどんな小惑星も迎撃できる、という話を聞いたことがない。そもそも、小惑星といえども、ピンキリで、あまりに大きい小惑星だと手に余るに決まっている。

今回の小惑星は、直径約400メートルというのだから、確かに衝突すれば被害は甚大である。ちなみに恐竜を滅亡に追い込んだといわれる小惑星は直径約170キロメートルであったと推測されている。すると、単純に考えると、直径約400メートルの小惑星は、7万分の1程度の威力で済むので、流石に人類滅亡はもたらさないが、衝突する場所によっては、近隣する都市に壊滅的打撃を与える。ツングースカの大爆発は、小惑星だった可能性が喧伝されている。

ともかくNASAは、小惑星のニアミスをある程度事前察知しているのだろうが、ほとんど事前アナウンスすることはしない。下手に世間に不安を煽るのを懼れるのだろう。そして、通過した後、もう通り過ぎたと報告する。それはかなりの頻度であり、私の適当な記憶では、2年に一度程度の頻度であるような気がする。

この頻度だと、分からないけど、1000年に一度程度、イトカワ並みの小惑星が地球に衝突し、天変地異を起こしているような気がする。さて、次はいつだ?

小学校のとき、低学年では担当は、ヒステリーでむら気の女の先生だった。突然髪を振り乱して怒るので、当然に私はその先生が嫌いだったが、なぜか学業では贔屓にされて、通信簿は結構点数がよかった。

ところが、小学校の高学年で、男の先生になり、今までと似たようなテストの点数だったのに突然、通信簿から5が消えた。それは前の女の先生のとき過度に贔屓されていたせいなのかもしれないが、しかし、テストで満点とることもあったので、5がないのはどうも怪訝だった。当時は成績なんてどうでもいいと思っていたので、特に悩みもしなかったが、先生がことある毎に私ではなく、私の友人の肩をもち、学芸会でも友人は主役を与えられていた。

そんな詰まらない小学校生活であるが、卒業のときその男の先生で忘れられない言葉が1つあり、それは、「馬鹿になれ」というものだった。今でこそその意味は分かるが、おそらく小学生には無理だろう。そもそもがその先生とは相性があわないので、「馬鹿になれ」という言葉とは逆に生きていこうと、それからは懸命に、小賢しく生きてきた。別に小賢しくなくても、大賢しくてもいいのだが、私の知的リソースでは大賢しく生きるのは無理だった。

どのように小賢しく生きたかというと、中学に進んだら、学校の成績を上げることにフォーカスして努力した。卓球の部活が終わると一目散に自宅に帰り、今日の復習と明日の予習を欠かさなかった。すると、所詮は孤島の少人数の中学なので、学年でトップになった。

次の小賢しさは、番長やその取り巻きに尻尾を振ることである。当時私が通っていた中学は結構荒れており、暴力事件も頻発していた。海岸で、2年生とグループと3年生のグループが対峙し、警察沙汰になるという、なかなか勇ましい事件もあった。そんな中でからかうためだけに殴られたりビンタをくらわされたり、という生徒が頻発していたが、私はなぜか番長やその取り巻きに気に入られていた。ただ殴られなかったのは、元小児結核患者だったということが周知になっており、ひ弱なのでと遠慮してもらったのだろう。

ともかく、強い者に尻尾を振り、その蔭で地道に勉強して、私の小賢しさ路線は大学に入るまでは成功だった。

ところが大学に入って勝手が違ったのは、尻尾を振る相手もいないし、勉強でも、いくらやっても太刀打ちできない人達がゴマンといた。こうして私は小賢しさ路線から降りた。別の言い方をすると、バスを一旦降りて、ただ、戻ることはなく自分なりに歩いた。

その後も小賢しさに戻ろうとしたが何度努力しても続かなかった。ここらあたりから小賢しさを抑制して、自我が強くなってきた。そのまま就職したものだから、上司と喧嘩ばかりで、なかなか浮かばれない日々だったが、1つだけ維持していたのは日々の地道な勉強だった。それは語学だったり数学や一般教養だったが、ともかくその蓄積で、今勤務している外資系に採用された。

ところが外資系企業に入ってみるとそこは、小賢しい人材の宝庫で、私程度の田舎で鍛えた程度の小賢しさでは全く太刀打ちできなかった。それでも出世するには小賢し路線を突き進まなくてはならない。

しばらくの葛藤の後私は、小賢し路線から転進することにした。田舎臭く自分のカラーを前面に出すことにしたのである。そして上司から勧められていた弁理士試験も受けないことにした。その決定は馬鹿というかリスキーだったが、私のスキルと傾向に鑑みると、弁理士試験を目指す方がリスキーだったかもしれないと今にして思う。

その後は私は、次第に馬鹿の領域に入ってきた。すなわち、周囲の非難を顧みず仕事中に遊びのプログラミングしたり、同僚に依頼されて延々とパソコンの導入を行ったりした。そんなことをしていると軽蔑されるだけだった。

ところがそんな地味な努力が他人の目に留まり、管理職に登用されてしまったのだから、私の馬鹿さに擾乱が与えられ、動揺した。

管理職になって猛烈に忙しくなり、もうやってられないと何度も思った。私がもう少し小賢しければ、管理職を降ろして下さいと、上長に依頼したであろう。しかし私は次第に賢明に立ち回るすべを忘れていた。そして、身近な雑用を部下に任せないで自分でやり、ますます忙しくなっていった。部下からはもう少し管理職本来の仕事をやるべきだと進言されたが、どうしても部下の負担を増やしたくなかった。今にして思えば、上司の盾を地で行こうとしていたようであるが、このあたりでははっきり馬鹿になりつつあった。果たして小学校のときの先生のいう意味で馬鹿だったのだろうか。

その後も馬鹿は続き、ニューヨーク出張で、上級管理職に直訴したり、軍隊式に厳しい外国人の指示を、確信犯でやり過ごしたりした。それで一層上司から責められていた。馬鹿の面目躍如である。

こうして書いていくと際限がないので、馬鹿についてそろそろ纏めてみる。すなわち、馬鹿は以下のように分類される。

  1. 自分が得をしようと図って失敗する馬鹿。
  2. 他人のために、余計な責任まで背負ってしまう馬鹿。
  3. 知識が足らない馬鹿。
  4. 自分が何がわかってないか分かってない馬鹿。
  5. 成功の見込みが全くないのに努力する馬鹿。
  6. ある程度頑張れば成功するかもしれないのに、やろうとしない馬鹿。

到底網羅しきれないが、多分馬鹿にも、何かを蓄積していく馬鹿と、何かを次第に失う馬鹿があるのかもしれない。私はかろうじて馬鹿なことしながら、蓄積する方が失うより多かったような気がする。その蓄積で今かろうじて特許実務をやっている。ただ、馬鹿に徹し切れなかったのは、我慢強さが足らなかった。なかなか馬鹿の道も難しいと、今更、好きでもなかった小学校のときの先生を思い出すのであった。

自分の馬鹿さについてまとめると、辛抱が足らず逆上してしまう、能力不足なのに直ぐに傲慢になる、素直でない、途中で飽きてしまう、など、これはやはり小学校のときの先生の指摘する馬鹿さとは別の馬鹿さであった。あと、自己診断では、そこそこずるいがあまり卓越したずるさではないので、なんとか許容範囲ではないかというものであるが、甘いだろうか。

読売新聞によると、脳細胞で遺伝子組み換えが高頻度に起きていることが発見されたということである。以下、引用:

人間の脳細胞では遺伝子組み換えが高頻度に起き、各細胞ごとにゲノム(全遺伝情報)が異なっていることを英エディンバラ大学や理化学研究所などによる国際チームが発見した。

人間の細胞で遺伝子が組み換わるのは免疫関連の細胞が知られているが、脳細胞でも組み換えが起きていることを実証したのは初めて。2万数千個しかない人間の遺伝子を使って脳細胞が記憶や思考といった複雑な活動をどうやってつかさどっているかを説明する成果で、英科学誌ネイチャーに31日発表する。

チームは、細胞内で動き回ることができる遺伝物質レトロトランスポゾンに着目。この物質の影響で組み換わった遺伝子を検出する方法を開発、脳に関係のない病気で亡くなった人の脳組織と血液を比較した。その結果、血液では組み換えはほとんど見つからなかったが、脳組織では少なくともその100倍以上の頻度で組み換えが起きていた。

これを読んで抱くいかにも素人臭い感想は、人体の生理機構は、未知に遭遇するとき、遺伝子組み換えを駆使するということであり、その典型が免疫機構であり、もう一つが脳細胞ということである。

更なる議論として、免疫機構及び脳細胞に対する情報的試練がある。すなわち、無菌の環境で育てられると免疫機構は試練を受けることがなくひ弱なままである。そのアナロジでいくと、どんな目から鼻に抜けるような秀才でも、霞ヶ関文学に染まり、30年も十年一日のごとく前例主義と責任逃れを旨とする官僚をやっていると、脳細胞に組み換えが起こらず、次第にニューロンが壊死していくのではないだろうか。

それでは脳細胞に刺激を与えて組み換えを起こさせるにはどうすればいいだろうか。もしかして、山に登って遭難しそうになるとか、借金を抱えてサラ金に負われ逃げ惑うなどの極限体験をするべきなのだろうか。

それはそれで脳に刺激が与えられるだろうが、あまり大きい環境の変化やストレスを与えると、脳がついていけなくなることがある。そこで私が想定する脳の簡単な刺激方法は、うんざりするような単純作業を延々とすることである。例えば、陰山英男の百ます計算でもいいけどれも、データを正確に入力するような仕事でもいい。多分であるが、麻薬がそうであるように、とても脳にとって楽しいことは、寧ろ脳に対して有害であり、程度問題であるが、うんざりするくらいが丁度いい。

あと、私がときどき意識してするように、全く馴染みのない分野の本を読んで違和感を感じたりするのも意味があると思う。まだ20代の頃、法学部出身の人から木村亀二の『刑法総論』有斐閣を借りて読んだことがあるが、違和感と、それを読み進めるうちの苦しさの中の楽しさを感じたのがまだ記憶にある。ああいう瞬間に脳細胞で組み換えが起こっているのだろうか。多分違うのだろうが、ともかく残りの人生を、使ってない脳細胞達に苦労してもらう方向で生きていくことする。

例えば難解な本を読むとする。すると、古の偉人は、ともかく細部は理解できなくてもよいので、さらっと全体を通して読んで、慣れてきたら次第に精読すればいいという。これは明らかにトップダウンの読書方法であり、学習方法である。

会社などの組織でも、何々事業部がありまして、その各々に何々部があり、さらにその中に何々課がありまして、というようにこれもトップダウンで見ていくことになる。

すると世間一般の方法がトップダウンなので、囲碁・将棋などの技芸を学ぶときも、全体の布石や大局的な感覚から養って、部分の死活や詰めなどはあと廻しでよい、ということになる。

ところが少なくとも、囲碁・将棋においては違うようである。例えば先日、囲碁の村川大介新人王がNHKの番組に出演していた。村川大介七段は、関西棋院の最年少プロ入り記録11歳10カ月を持ち、囲碁界全体でみても期待の星なのであるが、子供の頃から何か特別な勉強をしていたのですか、という問いに、いえ普通ですよ、強いていうなら詰碁をよく解いていました、と答えていた。とても平凡な応答であるが、実はこの、詰碁というところにキーポイントがある。

また、韓国で、幾多の強豪プロ棋士を育成したことで有名な囲碁塾では、ともかく難解な詰碁を宿題に出して、読みの力を鍛えていた。

将棋でも事情は同様で、米長名誉棋聖は、頭の中だけで「将棋無双」「将棋図巧」を解けばプロになれると説き、それを信奉する棋士が多かった。渡辺竜王のようにこの修行方法を採らなかった一流棋士もいるが、棋力向上/維持のため、詰将棋自体の有効性を疑う者はほとんどいない。

すると、少なくとも囲碁・将棋において、部分の読みの極致である詰碁・詰将棋から、ボトムアップで積み上げていく方法が有効であるということになる。すなわち、詰碁・詰将棋の修行で鍛えた網の目のような建造物の上に定跡や大局観を積み上げていく。プロとしてやっていくにはそれしかない。逆に言うと、トップダウンの技法は、所詮アマチュア好事家の慰みにすぎないと断言してよいかもしれない。

そして私の仮説は、世の中のあらゆる技芸は、ボトムアップが中心になるべき、というものである。そうはいっても、最初のとっかかりはどんなことでも馴染めない。そういう向きには先ずトップダウンで興味を養う。

しかし、トップダウンで、あるレベルに達したら、速やかにボトムアップのモードに切り替えるべきなのである。そういう観点で世間を眺めると、一流の数学者も一流の野球選手もみな、細部に命を懸けている。すなわち、一流の数学者は細かい証明論理の構築に腐心し、一流の野球選手はわずかの球筋も見極める。

そういえば、「暗黙知の次元」でマイケル・ポランニーは、細部にこだわることで全体が見えてくると述べていた。

ボトムアップの手法から出発するのはいいのだが、細部を積み上げて大局観のようなものを養う方法というのは自明ではない。もし大局観が暗黙知であるなら、大局観という暗黙知を構築するためのメタ暗黙知が存在し、それは容易にメタn暗黙知の系列を引き起こすのであるが、あまりにも粗い議論なので、今のところこの辺にしておく。

小型のポケット六法などを眺めても、極めて多くの法律が収録されており、どんな裁判官や弁護士といえども、すべての法律を理解している、ということはありえない。すなわち、六法と呼ばれる基本的な法律を除いては、ほとんどの法律は、辞書を引くように、必要に応じて参照すればいいのだと思われる。

さてこれだけ多数の法律があると、ある事案に対して複数の法律が矛盾した形で適用されることがありえる。例えば、クアルコムに述べたような、特許法と独占禁止法のどちらが優先するか迷うようなケースがある。

その際、さまざまな学説や判例もからむので、到底素人の俄か勉強では通用しない。すると、法律の専門家が素人をたぶらかすのは、赤子の手を捻るよりも容易ということになる。

法律というのはルールの典型というか、ルールの王者であるが、ルールはもちろん法律だけではなく、条例、施行規則、社内規則、野球協定、町内会の規則、校則など世間はルールに溢れている。

ところが世間には、ルールを恣意的に適用することに巧みな人達がいる。典型的には悪徳弁護士と言われる人達である。ルールを恣意的に適用することを私の造語で、ルール・ショッピングと呼ぶことにする。それではルール・ショッピングにはどんなテクニックがあるのだろうか。私は初心のルール・ショッパーなので、極めて不完全な記述しかできないが、思いつく範囲で書いてみる。

  1. ルールの空白を衝く。これは典型的には、読売巨人軍が江川卓と契約を結んだ空白の一日事件である。どんなルールでも、あらゆるケースを想定して作成することは不可能なので、抜け穴は存在する。ゲーデルの定理を持ち出すまでもなく極めて常識的な話である。その抜け穴的ケースを探し出して恣意的に運用することはよくありえる。道義的な批判は当然に出てくる。ルール・ショッパーは、ルール上問題ないと強弁してやりすごす。
  2. ルールの用語の曖昧さを衝く。当然であるが、十全な定義を与えることは難しいので、都合よく解釈される余地がありえる。
  3. 複数のルールが錯綜するとき、一番都合がよいルールの適用を主張する。これが狭義のルール・ショッピングである。例えば、特許権者が、いかなる場合も独占禁止法の第21条、「この法律の規定は、著作権法、特許法、実用新案法、意匠法又は商標法による権利の行使と認められる行為にはこれを適用しない。」が成立するのだと、権利行使するなどである。
  4. ルールの但し書きの箇所を不当に広く解釈して、ルールを骨抜きにしてしまう。例えば社内規則で、「XXしてはならない。但し、課長以上の管理職の承認がある場合はこの限りではない。」のようなものがあるとき、管理職と結託することにより、ルールは有名無実となってしまう。
  5. ルールを不当に厳しく適用して、一切認めないようにする。これは裏を返すと、ルールの適用を独占するテクニックである。

ルール・ショッパーが世間に跋扈するのは、世間のルールは暗黙のうちに少なくともコールバーグが説く第2段階の道徳にあることを想定するからである。もし第1段階の道徳をベースにルールを書くと、あまりにも煩瑣になってルールが成立しなくなるかもしれない。

するといつまでたってもルール・ショッパーを取り締まることができない。このあたりからも、この世の穢土性が窺われる。困ったものである。

諫言

user-pic
0

読売新聞の下記の記事を見るにつけ、今更のように諫言の重要性が痛感される。

大王製紙の井川意高(もとたか)前会長(47)の巨額借り入れ問題で、同社が28日に公表した特別調査委員会の報告書からは、約70年の歴史を持つ東証1部上場企業が今なお創業者一族に支配され、一族への監視機能が欠如していた実態が浮かび上がった。
一方、前会長は同日、代理人の弁護士を通じ、「消費者に迷惑をかけ、深く反省している」とコメントした。
報告書によると、前会長は子会社役員らに対し、金額を指定して「明日までに自分の口座に振り込むように」と一方的に指示。1度に最大で16億5000万円の振り込みを命じたこともあった。時には、子会社の役員に「口外しないように」と口止めもしていたという。

すなわち、同族会社内の地位を乱用し、いかなる諫言も許さず、権力と会社の資金を縦にした責任と罪はあまりにも大きいといわなくてはならない。

貞観政要の六邪を再掲すると、下記のとおりである。
  1. 官職に安住して高給をむさぼるだけで、世俗に無批判に順応し、ただ周囲の状況を窺っている。
  2. 主人に迎合して、その行いをただ誉めそやし、後害を考えない。
  3. 本心は陰険なのに、外見は小心で謹厳、口が上手で一見柔和。他人の欠点を誇張して、失脚させる。
  4. 自分の非を誤魔化すに十分な知恵をもつ。
  5. 権勢によって自分に都合がよいように基準を定め、自分中心の派閥を作って自分を富ませ、勝手に主人の命令を枉げて、自分の地位を高める。
  6. 邪心をもって主人にへつらい、主人を不義に陥れる。

このほとんどは、井川意高前会長に該当するのではあるまいか。すると、これは極端な例であって、普通はまともな管理職がほとんどなので、基本的に指示に従うべきである、と言われるかもしれない。

しかし考えてみてもほしい。将棋の羽生二冠だって、ここまでの生涯勝率は7割を少し超えているだけである。すると、羽生の指し手は10手のうち3手は正しくないともいえる。

これが普通の管理職だと、考え付く施策や判断は、5割が正しければいいとしたもので、二流管理職だった私は、判断の正解率はせいぜい4割程度だったかもしれない。そもそも正しいかどうかわからないケースも多いのだが。

そういう貧弱な判断力でなんとか部門を維持するにはどうするかというと、ともかく他人の意見を聞くことと、現場をみることと、いろいろな本を読むことしかない。

私は、管理職として行き詰ると、懇意にしている退役した元部門長の人に相談に行った。そしていろいろな意見を聞くのだが、当然ながら、私のやり方は批判された。頑固な私だが、少しずつ言われた施策を取り入れた。

また、可能な限り、部下からの意見を聞いた。私が聞かなくても、ちょっと言いすぎではないかと制止したくなるくらい部下は意見を言ってくれたが、何もいわれなくなるよりましと、ちょっと当惑しながら、意見を聞いた。

また、管理職風を吹かさないでなるべく自分で細かいことも処理し、他部門にも出かけていくことで、現場を把握しようとした。

さらに管理職本もいろいろ読んだ。面白かったのは「おごるな上司」という堀田力の本である。私が師と仰ぐ元部門長の教えが、ともかくも驕ってはいけないというものだったから、この本はしっくりきた。

戻って、管理職というものはどんなに頑張っても正解率は5割なのだから、耳が痛い諫言をも受け入れないと、かならず駄目になる。フィードバックのない制御系をつくると、それが安定している可能性は極端に低い。0に収束する可能性も小さい。ほとんどの場合に、振動するか発散する挙動となる。

諫言を聞き入れない管理職は、最初は普通のようで、人当たりがいいようでも、次第におかしくなる。学歴がいいだの、趣味が豊富だの、人間味があるだの、よき家庭人であるだの、全く関係ない。諫言を取り入れて、フィードバックの制御ありの安定した管理を行う必要があるのである。

幅優先探索

user-pic
0

独身時代に一人で安アパートに住んでいたとき、ときどき大学の先輩が訪ねてきた。当時その先輩は、一旦社会人になったあと再び大学院に通っていて、いろいろな分野で私よりも圧倒的に知識が多かったので、勉学に関して師事していたといっていい。

その先輩は、私の蔵書を眺めていろいろコメントするのだが、なんだこの本はと、大抵は馬鹿にされるのが常だった。ただ、1つだけ褒められたことがあって、それは、ううん、分野がないね、というものである。

それもまた馬鹿にしているのかと思って、どういう意味かと聞いてみると、特定の分野に偏らず、万遍なくいろいろな分野の本が揃っていて、それはよろしい、というものだった。確かに一応、数学、物理学、哲学、コンピュータ、歴史学、倫理学、文学、法律学、知的財産、経済学、将棋、囲碁くらいはカバーしていた。ただね、そこに沢山積み上げられているハウツー本は感心しないね、と付け加えた。

言い訳ではないが、当時、A型肝炎の病み上がりで根気がなく、「ノストラダムスの大予言」とか、寝転がって気楽に読める本も多数買っていた。しかしそういう先輩だって、疲れたらSFを読み漁っているではないかと言おうと思ったが、とりあえず黙っていた。

ただ、先輩の分野がないね、という指摘は的確で、それは私が自ら意図したことでもあった。すなわち、大学生活に挫折して単位だけとってやっと卒業はしたものの、生意気な性格からか上司と喧嘩して干されて、鬱屈のサラリーマン生活だったが、せめてもと、読書に生き甲斐を見出していたところ、ある本に出会った。それはもう題名も忘れたが、現代思想入門とかという、結構軽薄な本だったかもしれないが、その中の「頭の中に、世界大の地図を描く」というのと、「知識の広大さに慄く」というフレーズに魅せられた。それは大学時代に考えていた物理学を深く専攻して極める道とは全く別である。

そこで私が採った戦略はまず知識のアンカーをつくる。それがなぜかブルバキの数学言論の「集合I」の巻だったのである。その時代にあっても最早時代遅れの科学主義に染まって、知識の入れ物としての集合論理に着目したのである。

1年かけてアンカーをそれなりに作ると、その後は無節操にさまざまな本を読んでいった。ここでコンピュータ・サイエンスのグラフ理論の話題に触れる。

グラフとは、ノードのリンクからなる木構造であるが、リンクを辿って全てのノードを訪れる必要があることは多い。そこで全てのノードを訪れるために、代表的な2つのアルゴリズムがあってそれは、幅優先探索と深さ優先探索である。どちらで探索しても、有限な大きさのグラフであるなら、有限の時間で訪問し尽くされるので構わないのであるが、時間が限られて全てのノードを訪問し尽くせないとすると、幅優先探索でいくか、深さ優先探索でいくかは本質的な相違となる。

私が知識の探索で採用したのは明らかに、幅優先探索であった。それはある意味哀しい道で、何事の専門家でもないので、自分のアイデンティティを見出すことが著しく困難になる。だから何度、特定の専門に没入して専門家になろうとしたことか、しかしその都度、強迫神経症のように自分で自分を特定の専門分野から引き剥がして、別の分野に放り投げてしまう。だから幅優先探索を目指したというのは正しくなくて、仕方なく自らをそう追い込んだということになる。

ではこの歳になるまで幅優先探索を続けてきて何が起こったのかというと、世間の知識の表層に広く浅くなぞっただけであった。それでも何か特有の知見が得られるのかと期待したのだが、一切そういう兆候はない。

そこで幅優先探索で生きてきたことの数少ないメリットを懸命に並べてみる。

  1. あまり通説でない意見をもつことができる。正しいかどうかはともかく、9.11テロ、放射線問題など、世間一般よりは多少多角的に考えることができる。
  2. 退屈しない。考える材料はともかく多様で、次々に出てくる。
  3. 多分であるが、脳の広い領域を使うので、ボケにくい。ただ、何の根拠もない。
  4. 常に思考の相対化に晒されるので、権威主義になりにくい。

もともと功利で幅優先探索をやっているのではなくても、恩恵は実にささやかなものであった。

奨励会1級

user-pic
0

リコー杯第1期女流王座戦五番勝負で、清水市代女流六段と対戦するのが、いわゆる女流棋士ではなく、普通の奨励会に属する、加藤桃子1級であるという点で話題になっている。

これに関して奨励会1級はどれくらい強いのかという記事が、週刊将棋の10月19日号に掲載されていたので、これをベースに私なりにコメントしてみる。

加藤桃子さんは2006年、11歳で奨励会6級で入会した。男女の区別のない扱いなので、まずまずの才能であろう。そして奨励会で所定の成績を収め、今年9月に1級になった。16歳で奨励会1級というのは格別早くもないが、特に出遅れている感もない。すると、女性初のプロ四段かと、つい私は期待してしまう。

一方で里見香奈女流三冠も、編入試験を受けて奨励会1級となった。たたき上げである加藤桃子1級と比べてちょっと見劣りするような気もするが、里見女流三冠のポテンシャルに鑑みると、どちらが上なのか、今後の様子をみる必要がある。

さて、奨励会1級とはどれくらい強いのか。私の感触では、おそらくアマトップクラスだろうというものであるが、週刊将棋の記事によると、次のとおりである。

すなわち、真田七段によると、奨励会1級とは、個々の手の意味は理解しているが、それを最終目標に向けて構成する能力を身に着けているかどうかの分岐点にあるようである。すなわち、奨励会1級になったとき、然るべきプロが見ると、四段以上にいけるかどうかが分かる。

真田七段によると、平均的な奨励会1級は、プロ四段以上と指して4回に1回は勝てる。一方、畠山鎮七段によると、奨励会初段程度だと、プロ四段と指して10回に3回は勝たなくはならない。

ただ当然だが、奨励会1級といっても、伸びている途中の奨励会1級と、やっと奨励会1級までたどり着いた人とは雲泥の差がある。

では加藤桃子1級はどうなのかというと、指導している永瀬四段によると、30局指して1局も負けていないというので、いくらA級に匹敵するといわれている永瀬四段相手だとしても、加藤桃子1級は、プロ四段になるのは厳しそうである。

それでも、清水市代女流六段との対戦棋譜をみると、もしかして加藤桃子1級の方が強そうである。と思ったら清水は第2局、横歩取りでタイに戻した。清水にとってあまり慣れた戦法ではなかはずなのだが、流石である。ともかく、頑張れ、女流棋士。

人生の苦闘

user-pic
0

物理法則の近似性の続きのような続きでないような内容であるが、もし物理法則、あるいはより一般的に人生の法則が所詮近似的にしか認識できないとすると、それではどうやって人類は人生に対する認識を深めていくのか、という課題が出てくる。

そこで認識の深まりの向上を認識することの可能性、認識度の単調増加関数をモデリングすることの可能性という大きな問題はあるものの、次のことはおそらく言える。

すなわち人生というものは、それと格闘することでしか、しかも格闘する範囲でしか認識することができない、と。すると、今まで格闘していない新しいことに取り組むことで、認識度の向上を図る、というモデルをつくることができる。

すると、生まれ変わりを認めるかどうかという点で見解は分かれるが、格闘して認識を深めるために人生に、オギャーと泣きながら放り込まれるということが人生に産まれることだというのが、シルバーバーチなども説くスピリチュアリズム的な見解とも整合する。

そこで私は次第に当惑する。すなわち、私は極めてリスクを恐れる人間で、ギャンブルもしない、投資もしない、浮気もしないというのは、別に精錬潔癖な人格であるのではなく、単に怯懦な性格である故だったりする。そういう私が浮世離れてしていると揶揄されるのは理由がないことではなく、すなわち、怯懦な性格から人生と格闘することが鮮ないので、人生に対する認識が深まっていない、ということである。

そんな不甲斐ない私であるが、最近ふと、幸福とは何かということを考える。するとそれは、特異点に満ちた非多様体の現世にあって、なんとかなめらかな多様体の部分空間を見出すことだと分かる。それはまさに、人生の可解性で議論したことであるが、さらに言うなら多分幸福は人生の目標でも目的でもない、ということである。うまく言えないがおそらく、幸福とは、特異点だらけの人生行路のひと時の安息にすぎない。言い換えると幸福とは、その間人生の探求を停止しているブラックホールなのである。

それなら、幸せに背を向けて、歩いていくのだろうか。いや別に幸せに背を向けなくても地雷のように不幸は人生に埋まっているので、普通に歩いていけばいいのであった。

ともかく私が大きな違和感を感じるのは、有名な霊能者も、こうすれば幸福に生きられます、という安易な本を書くことである。どうして人生はどうやったって苦労の連続なのですよ、と書かないのだろうか。そう書いたら売れないというなら、完全に俗化しているのではないか、と思案は巡るのであった。

勉強時間

user-pic
0

先日、NHKの囲碁の番組をみていたら、河野臨と、坂井秀至という好取組だったが、解説の瀬戸大樹が河野も坂井も囲碁界屈指の勉強家だという話題になって、坂井は一日8時間は囲碁の勉強をする、というのは、坂井の意見では、世間ではみんな一日8時間は仕事しているので、最低でもそれくらい勉強しなくては、というのだという。

それで聞き手の万波奈穂二段が、瀬戸七段はどれくらい勉強しているんですか、と聞くと、瀬戸七段は照れていやあ僕はあまり勉強しないからというので、1~3時間くらいかと思ったら、なんと5時間だという。流石に一流プロは大変だと感心した。

もちろんその事情は将棋のプロでも同じで、三浦八段など一日10時間は勉強するらしいし、今の最適化に書いたように、渡辺明竜王の絶好調も、一日8時間の坂井秀至並みの勉強にあるようである。

そういえば、高校時代の2年先輩に、伝説的な秀才を謳われるMさんという人がいた。いつも余裕で、ほとんどガリ勉している風はなかった。そのせいで気が緩んだか、現役で大学を受けたときは志望校に落ちてしまったようだが、一浪しても一日3時間しか勉強しないで、たしか悠々と九大医学部に受かってしまった。

しかしそういうのは例外で、たいていの受験生というのは、大学受験であっても、司法試験などの資格試験であったも、大抵一日8時間は勉強するのではないだろうか。すると、坂井秀至モードも普通ではないか、ということになる。

だが、そこで見落とされているのは、ダイエット制御で述べたような、シーク・モードと、トラッキング・モードの違いである。すなわち、大学や資格に合格するため、大抵の人は猛勉強する。それがシーク・モードである。シーク・モードでは、フルスロットルで加速しなくてはならない。

ところが、大抵の人は、合格してトラッキング・モードになると、あまり努力しなくなる。少ない努力で今の地位を維持できるからである。それは、トラッキング・モードでは、当面の分かりやすい目標がみえにくいという事情もある。また、簡単には地位を滑り落ちにくいという面もある。例えば、司法試験に合格して弁護士になると、よほど倫理的な落ち度でもないと、なかなか資格は剥奪されない。

そこで一群の奇特な人達がいる。トラッキング・モードになっても、シーク・モードと同様の努力を続ける人達である。上記の河野臨、坂井秀至、瀬戸大樹、渡辺明など、みんなそうであろう。まさに勉強の鬼である。いやもっというと、囲碁でも将棋でも、一流棋士は須く勉強の鬼であるに違いない。そうでないと、毛ほどの微妙な差で争うプロ同士の戦いで勝利を収められるはずがない。

一方で、囲碁・将棋チャンネルを見ていると、銀河戦や竜星戦で、最初の頃は低段であったり、もう過去の人になってしまったようなベテラン棋士が登場するのだが、私程度の者がみても十分強くて、なぜ低迷しているのか分からないほどである。

しかし、たまたまベテラン棋士が渡辺竜王のような一流棋士と当たると、鎧袖一触、完膚なきまでに負かされてしまう。その差は結局、一日に数時間という勉強を継続できるかどうかなのではあるまいか。

言い方を変えると、天才は努力するのであって、自然に膨大な努力ができてしまうのが、才能ある人達であるといえる。そうやって弛まず努力する河野臨や坂井秀至がなかなか勝てないイ・セドルのような棋士を以ってして、真に天才を論じることができる。何れにしても、われわれには窺い知れない世界なのであった。

Menjoy!に「美人は意外にモテない」という理論?が展開されていた。経験的にそうであるとも、そうでないとも言え、よく分からない。またこれは、私が以前書いた、美人は損の趣旨とも少しニュアンスが違う。以下、まず、部分的に引用しつつ、私なりに要約してみる。

先ず、次のような法則が示される。

心理学で"2分の1の法則"というものがあります。2分の1の法則とは、『人は入手確率が2分の1のときに、最も大きな意欲が生まれる』という法則です。

(1)努力すれば手に入る確率20%、誰かに奪われる確率80%
(2)努力すれば手に入る確率50%、誰かに奪われる確率50%
(3)努力すれば手に入る確率80%、誰かに奪われる確率20%

どういうことかといういと、ちょっと自分の手に届きそうにない(1)だとチャレンジというかアタックする意欲が萎えてしまい、(3)だと物足りない。そこで、主観的に自分と同等とみなす(2)に目標が定められる、という次第のようである。だから飛びぬけた美人は敬遠され、却って売れ残るという意味である。

これはあまりにも例外を多く含む粗い法則のように思われるが、そういえば先日テレビを見ていると、憧れのイケメン俳優と結婚した女優の苦労話だった。どういうことかというと、手を尽くしてイケメン俳優と結婚した彼女は一旦は有頂天になるものの、あまり時間がたたないうちに悩みが噴出してくる。というのは、イケメンの亭主が浮気性で、隙あらば彼女をつくる。例えば、友人と泊り込みでゴルフに行くというので最初は信頼していたものの、たまたま仕事の打ち合わせの関係で、一緒にゴルフしているはずの亭主の友人に連絡してみた。すると、ゴルフの約束など知らないというので、一気に嘘がばれてしまった。帰宅した亭主に問い詰めるのだが懸命にシラを切る。それでも懲りずに亭主は次々と浮気を繰り返して、妻の悩みは絶えないというものである。

これを妻が可哀想だという意見もあるが、それは一方で、(1)のタイプの男性を選ぶことのリスクである。(1)のタイプの男性を選ぶというのは、単純にイケメンに憧れるとか、女性の友人にいいわね、と羨ましがられたいという見栄とか、そういうあまり深くない思慮で選んだのであろう。それに対応することは当然に男性にもあり、(1)のタイプの女性と結婚して友人に自慢したいという気持ちは当然にある。その場合、女性が浮気性というリスクもなくはないが、むしろ女性の場合は、美人であるがゆえにチヤホヤされてきてとても我侭であるという、沢尻エリカ的欠点が鼻につく可能性がある。

とはいえ、異性の相手を選ぶ基準として、上記の高嶺の花度に基づくのはやはり粗すぎる。だから上記の基準は、美人度を高めることが必ずしも異性から人気を得ることにはなりませんよ、という一般的な警告なのであるが、それでも特に女性は美人信仰を止めず、エステ詣でを欠かさないであろう。

ただ、高嶺の花度の議論は、美人性に限らない。例えばMBA、博士の学位やその他の資格を取ってステップアップしたいという要望は結構普遍的である。それは、資格によって自らの市場性を高めたいという一見当然の願望であるが、そこでも高嶺の花度の罠があって、就職しようにも、場合によっては、そんな人はうちには勿体ないと、体よく断られることになりかねない。それが極端になると、高学歴ワーキングプアに書いたようなことになりかねない。

美人でも、高学歴でも、売れ残らず、うまくやっていく方法は当然にあるはずであり、それは不美人であったり、高い学位や資格がなかったりするより容易なような気がするのだが、イケメンでもなく高学歴でもない私には見当もつかないのであった。

人格

user-pic
0

普段よく、あの人は人格が歪んでいるとい言い方がされる。子供の頃から変人とからかわれた私もそういう言い方をされる。人格の歪みと変人は違うぞと抗弁するのだが、そうやって抗弁すること自体が人格の歪みの証拠にされてしまう。

ただ、私の意見では、全き人格というのがあったとしたら、その人は神のような天才か、白痴のような魯鈍のどちらかであろう。しかし、神のような天才なんて100万人に一人で、東京でも10人しかいないので(何を根拠にそういう?)、普通、人は、多かれ少なかれ、人格が歪んでいる。

そして人格の歪みにも、やはり閾値ありモデルが成立する。すなわち、普通の人が普通に能力を発揮するためには、ある程度の人格の歪みが必要である。それは例えば、半導体デバイスのドーパントに喩えられる。純粋なシリコンというが全ったき人格に相当するが、そのままではあまり役にたたない。ドーパントを打ち込むことで、p型やn型の導電型を発揮して、半導体デバイスの役目を果たす。

それと同様に、普通の人が社会人として能力を発揮するために勉強したり、OJTしたりすることで、少しずつ人格が歪んできて、それによって活躍できる。例えばどんな仕事でもいい、ある専門職に就くということは、非専門をおろそかにすることで、必然的に人格の歪みにつながる。

こうして、どんな組織でも、スキルのある人たちを抱えるかぎり、その構成員の人格の歪みがつくりだす微妙な場が独特の雰囲気をつくりだす。例えば、ボソンに書いたようにである。

ところが、適切に人格が歪んだ人達が集まって、誰を抜擢するかということになっても、人格の歪みは五十歩百歩、みんな目立たない。そこで、閾値ありモデルに従い、一線を超えて人格が歪んだ人がいると、一際光彩を放つ。そして上位管理職の目に留まる。こうして、一線を超えて人格が歪んだ、エキセントリックな人材が抜擢されることがありえる。エキセントリックな人材が権限を行使する段になって周囲が慌てるのだがもう遅い。往々にして抜擢した責任者はとっくに会社を辞めていたりする。こうして猫に鈴をつける勇気のある人はおらず、被害は拡大する。

だからあちこちで、どうしてこの人がこの地位に推挙されたのだと疑問が湧くシーンが生じるが、それは閾値を超えた人格の歪みが却ってビジビリティを高めるという逆説による。

それを解消するのは、絶えざるスキルの見直しと、人材のリアサインである。組織はどうしてもあまりにも不完全たらざるをえない。デバッキングとバージョンアップが常に必要であること、ソフトウェア以上のはずである。

何1つ独自の知見はないのだが、整理のため、スティーブ・ジョブズの特殊性について記述してみる。

  1. コンピュータもビジネスもほとんど教育的バックグラウンドがないこと。天才であるスティーブ・ジョブズにとって、コンピュータもビジネスも、実際の経験から学べば十分であったのだろう。逆にいうと教育というのは須く、非天才が能力を発揮するためにかさ上げする仕組みである。
  2. クローズド・アーキテクチャーへのこだわり。経済学の教えによると、市場を無視した計画経済では、一時はうまくいっても必ず破綻してしまう。旧ソ連や、毛沢東の時代の中国がそれを如実に例証している。しかしジョブズは徹底的にクローズド・アーキテクチャーに拘った。その方が隅々まで配慮が行き届いたアーキテクチャの製品が作れるというのだが、多様なユーザーの要望をどうやって容れるのだという疑問が湧く。しかしジョブズは、ユーザーの要望を容れるのでなく、コンセプトを作り出してそれをユーザーに押し付ける方法を採った。よほど自らのコンセプトに自信があったのだろう。実にリスキーで、天才のみがなしえることである。
  3. 偉大なアマチュア。そういうと叱られるが、ジョブズは、コンピュータ技術はアマチュアのままだった。おそらくであるが、大したコードも書けないだろう。しかし、自らのアマチュア性を大事にして、Windowsマシンのような拡張性を嫌った。アマチュアはハードウェアの拡張なんてしないという決めつけである。だからアップルのコンピュータは。拡張スロットももたない。それでも優れた製品が作れるのは、言うまでもなく優秀なエンジニアを採用できるからである。初期には、スティーブ・ウォズニアックが技術面をサポートした。
  4. 明確なビジョンと自信。先見性とビジョンがジョブズの一番の売りである。そして、ある方向を目指したら梃子でも変えない。CEOとして、こういうコンピュータを作りたいというと、技術担当の部下から何十もの、「無理です。」という理由が寄せられた。それに対するジョブズの回答は、「できるよ、だって俺がCEOだぜ。」というものだった。
  5. 強烈な刻印。1985年にアップルを追い出されたジョブズは、アップルに強烈な刻印を残していたようである。すなわち、ジョブズなしでは立ち行かなくなる刻印をである。だから、15年近くなってアップルは、ジョブズを呼び戻さなくてはならなくなった。いつまでもアップルは、別の会社に改変できなかったのである。しかし、ジョブズ亡き今は、霊界から呼び戻すことはできはないのである。
  6. 日本とインドに対する傾倒。東洋的なものへの憧れがあり、日本の京都はお気に入りの場所だった。2010年にもお忍びで京都を訪問している。
  7. 卓越したフレーミング(framing)の才能。ジョブズは、新技術の開発にほとんど貢献していない。アップル社は、顕著な特許をあまり保有しない。すなわちジョブズは、既存の技術のフレーミングで、製品を世に流通せしめたのである。

ジョブズの最大の欠点は、その互換性のなさであろう。誰もジョブズの代わりはできない。まさにマッキントッシュのアーキテクチャのように、アップル社は拡張性を欠いているのである。

知識労働

user-pic
0

知識労働とは、私が思いつく1つの定義では、知的専門知識を駆使して達成した成果を提供して対価を得るような仕事である。一般的に、対価を得ることができる知的専門知識を駆使できるようになるレベルに達するには、典型的には大学や大学院などの専門教育機関で研鑽し、その後も一定の努力を続ける必要がある。なぜなら、専門知識は時代の変遷につれて陳腐化し、また、スキルは鍛えないと経時的に低下していくからである。

それでは、猛勉強して高度な専門知識を身につけたから多く稼げるかというと、それは分からない。お金を稼ぐとなると市場原理に晒されるからである。

一方、先日あるファミレスに行ってみると、とても少ない人数で運営されている。聞くところによると、調理も接客対応も極端にマニュアル化し、特別な能力がなくても普通の人ならなんとかできるように標準化されいる。こういう仕事だと、採用可能な人数が多いので、当然ながら給与は高くならない。

しかし、知識労働でも同様で、いくらあるレベルに到達するために膨大な努力を要するとしても、その分野の知識の需要が多くなく、それと相対的にある程度の人数の人材が揃っていると、どうしても高い俸給が期待できなくなる。

知識労働の例では、弁護士が需要とは相対的に多すぎることは、日弁連でみたとおりである。

こうしてみたとき、多くの知的労働の分野で、需給のバランスが崩れていることに気付く。すなわち、供給に対して需要が少なすぎるのである。その理由はというと、これも前にも書いたが、オープン・イノベーションに書いたように、多くの利用可能な知的資源が労せずして手に入るからである。

すると、知の司祭たるべき先端技術の研究者の需要は明らかに減る。最高の大学の最高の大学院を優等の成績で卒業しても、余程現存の知的資源に画期的な付加をなしえないと、路頭に迷う可能性がある。

このような時代にあって静かに跋扈するのは、知の司祭、あるいは知のフロンティアであるよりもむしろ、知の編集者である。それはどういう人達かというと:

  1. 文献の翻訳者
  2. 科学技術雑誌の編集者
  3. 科学技術者の人材紹介業
  4. 特許明細書作成者としての弁理士あるいは特許技術者
  5. サイエンスライター

このようにして、知識労働者は、稀な知のフロンティアの淵に立つという狭き門に入るか、あるいは、ある種の知的デカダンスを帯びた知の編集者として、やや広き門に迷い込むか、それで尽きているわけではないにしても、自らの希少性を高めるべく、オリジナルな特性を極め続けなくてはならないのである。

オリジナルな特性とは、知のフロンティアでは、世界初の分野を見出し画期的な成果を挙げること、知の編集者では、独自の編集手法を編み出す、あるいは、独自の得意分野を作る、ということになる。

何にしても、素人受けに書いたカテゴリ2の輩が跋扈する時代になると、知識労働者は一層、その存在を主張しにくくなるのである。

野暮

user-pic
0

野暮とは、辞書によると、「人情の機微に通じないこと。わからず屋で融通のきかないこと。」あるいは、「言動や趣味などが、洗練されていないこと。」という二つの意味があって、田舎者の私は、後者の意味の野暮から全く脱却できないで人生の終盤に差し掛かりつつあるが、いつも心がけているのはせめて、前者の意味の野暮の程度を減らすことである。

前者の野暮の例はいくらでも挙げられるが、例えば私が、「東大で○○という研究成果が発表ざれたらしい。やはり東大はすごいよね。」と言うと、別の人が、「東大っていうけど、結局世界的にみたらローカルではないか、MITにもハーバードにもまだ後れをとっている。しかもお前はその歳になってまだ学歴信仰を卒業していない。学歴がなくても活躍している人がいくらでもいるのを知らないのか。」と言ったとすると、そのステートメント自体間違いということはないが、少なくとも会話として流れが寸断されてしまい、雰囲気が気まずくなる。だからここは、「そうだね、自分もそう思う。」ととりあえず相手にあわせておくのが、最低限野暮でない会話だろう。

他の例として私が、「電車の中でサラリーマン同士が喧嘩していたよ。誰も止めに入らない。尤も僕も見ていただけだった。情けない。」と言ったとして、それに対して別の人が、「どうしてサラリーマンだといえるんだい。ヤクザだったかもしれないじゃないか。ヤクザ風なので怖そうなので、誰も止め入らなかったんだろ。自分の思い込みだけで勝手な話するんじゃないよ。」と言ったとすると、これも会話の一本背負いである。そもそもその人は、私の思い込みに対して、別の、同程度に怪しい思い込みで置き換えているだけである。

以前に管理職をしているときに私の部下でこういう、わざと喧嘩を売るような野暮な会話をする人がいた。その結果本人は周囲から浮き上がって孤立していたが、なぜ浮き上がっているか理解してないようだった。むしろ、周囲がみんな野暮で自分だけが洗練されていると勘違いしていた。

そこで、なぜ会話の野暮が生じるか、私なりにまとめてみる。

  1. 自己中心性が強くて、自分の論理を相手に押し付ける。あるいは、相互平等性がない。例えば、私が何かについてコメントすると、それは所詮君の個人的見解だろ、そんなのは思い込みで、こうかもしれないではないか、と言ってくる人がいるが、その意見もまたその人の個人的見解にすぎないことが見事に忘れられている。
  2. 過度に論理にこだわる。これは例えば、契約書のドラフタや法律家などにありえる。確かに法律というのは、文章の論理の技術なので、その基準を普通の会話にも適用したくなるのは分からないでもないが、一般の会話では厳密性として過剰になりがちである。これは別の私の偏見であるが、法律家は逆に、数学的厳密性や論理学に興味をもたない。単に専門外であるともいえるが、逆に数学的厳密性や論理学に馴染むと流石にその論理を日常まで持ち込む気がしなくなって、却って日常的にはサイレントあるいはアバウトになる。ただ、いよいよ日常会話では法律家に言い負かされる。
  3. 精神病、人格障害などで論理が錯乱して、状況が読めない。

そうはいっても、周囲の空気を読み、野暮でなく振舞うというのも至難の業である。空気の読みすぎもまた、主体性の喪失につながるので、誠に中庸を維持するのは大変なのであった。

嘘の増殖炉

user-pic
0

ときどき嘘をつくのは、人間だから仕方ない。少なくともカントの道徳哲学のようなことは、常人には無理である。しかし、嘘が嘘を呼ぶ構造にしてはいけない。典型的には、嘘を誤魔化すために別の嘘をつくことである。そうやって嘘が拡大再生産されると、下手すると嘘の方が誠より多くなって、嘘をつくためのバリアが下がる。それでも人生をまっとうできればいいのだが、嘘が拡大再生産されると、あちこちで嘘が晒され、どうしても周囲の人にばれてしまい、信頼失墜が避けられなくなる。

それでも、議員であれ、管理職であれ、何かの権威や権限に守られていれば、いくら嘘をついても当面安泰であろう。それが永遠に続くという幻想も、ある意味人間らしくていい。「うそをついたっていいんだ、人間だもの」と相田みつおの口調で言ってもよい。しかし、少なくとも多少なりとも秩序が保たれている社会では、平気で嘘をつく人が安泰であり続けるということは考えにくい。

ただ、時として、嘘が嘘を産み出す、嘘の増殖炉が現出することがある。それでは、どういう状況で嘘が嘘を生み出す嘘の増殖炉になるのだろうか。それは、現実と、設定した世界が乖離しており、設定した世界が、現実という地面に落ちるのを必死で支えておかなくてはならない場合である。

  1. 例えば、男が浮気の常習犯で、妻がそれに気付いていないとき、男は嘘をつき続けなくてはならない。
  2. ある地位にあって、その地位で要求されるスキルが全く備わっていない場合、スキルがあるように振舞うか、スキルが問われる場面を注意深く避けなくてはならない。

別の見方をすると、リアリティとあるべき状態の間のギャップを糊塗し、隠蔽し、あるいし歪曲するために、恒常的な嘘のフローが生じる。それは、プルトニウムの増殖炉にも似るが、別のアナロジでは、バンドギャップの間のフォトンの流れとしてのレーザーである。すなわち、リアリティとあるべき状態の間のギャップが大きいほど嘘は青く輝くことになる。すると真っ赤な嘘はまだましで、青い嘘こそが嘘も甚だしいということになる。

ところで私も当然にリアリティとあるべき状態の間のギャップを抱え、そのために帳尻を合わせるために嘘をつくことはある。ただ、私が心がけているのは、嘘の増殖炉の稼動を、有限の期間で停止させることである。また、嘘を時間的にも空間的にも遮蔽して閉じ込めることである。

観察していると、嘘の増殖炉が人生の成功につながることは少なくないようである。ただ、その要諦を把握してしまうと、嘘に中毒した人生になってしまう。それは不幸ではないかというのがギリシャの昔からの問いかけなのだが、まだ証明されていない。

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。