2011年12月アーカイブ

解説

user-pic
0

毎度将棋の話題で恐縮だが、いつも疑問に思うのは、どうして格下の棋士が、格上の棋士の将棋を解説するのだろう、あるいは解説できてしまうのだろうということである。例えば、名人戦の対局や棋譜を、四段になったばかりの新米棋士や、成績不振でフリークラスに転落した棋士が解説したりする。しかし、その答えを見出すことは易しい。以下のとおりである。

  1. 解説を聞く、想定されている聴衆(audience)がアマチュアであること。すなわち、成績不振でフリークラスに転落した棋士だと、もしかしてより強いアマチュアトップ棋士もいるかもしれないが、とりあえずそういう存在は統計的に無視してよく、解説者が想定されている聴衆のほとんどよりも圧倒的に将棋が強い、将棋の知識が詳しいとみなしてよい。例えば、AクラスとBクラスの棋士だけが聴衆である狭い部屋で棋譜の解説をしてみろと新米四段が指名されたら、フリーズしてしまうだろう。
  2. 解説内容にあまり責任が問われない。例えば、次の手の予測が当たらなくても、大抵は当たらないものだとみんな思っているので、あまり非難されない。多くの聴衆には、解説内容の専門性よりもむしろ、ちょっとしたエピソードや、話し方などの話術の方が意味があったりする。

そのように、解説の質があまり問われないにしても、解説者と被解説者の間に、任意の組み合わせが許されるわけではない。例えば、将棋において、男性プロ棋士の対局を、女流棋士が解説することは絶対ない。女流棋士はせいぜい聞き役になるのが関の山である。もちろん公的に、アマチュアが男性プロ棋士の対局を解説することはない。あ、ここで聞き役とは擬似的に聴衆の仮想代表なのであった。

すると、解説者について次のことが言える。

  • 解説者になるということは、ある粗いクラス分けの範囲で、被解説者に対してイコール・オア・ベターの関係にあることを意味する。この粗いクラス分けとは、男性プロ棋士、女性プロ棋士、アマチュア棋士程度のものである。被解説者が名人であり、解説者が新米四段であっても、どちらも男性プロ棋士に属するがゆえに、一応のイコール関係が成立する。
  • このような粗いクラス・ルールさえ保たれると、解説内容の品質が厳しく問われることはまずない。なにしろ、アマチュアの聴衆に、分かりやすく説明すればいいのである。
  • それでも誰でもいいかというと、やはり適・不適は同然にあるのであって、適任解説者とは次のような人である。
    1. 優れたprima facie性、例えば容姿、学歴、家柄(親の七光りなど)をもっている。人気も含まれる。囲碁では武宮九段、王メイワン九段など。
    2. 独特の鋭い洞察を与える。将棋でいえば藤井九段、囲碁で言えば結城九段など。
    3. アマチュアの視点で分かりやすい解説が得意。例えば、将棋の勝又六段など。

このような解説のスキームは囲碁や将棋に限らず世間に割合一般的である。例えば会社で、特許部の部員がエンジニアに特許法の入門的なことで解説することがある。そのとき、たとえ解説するのが特許部の新入社員であり、エンジニアがベテランで既知のことを説明されていたり、それはちょっと違うと思っても、とりあえずは黙って聞く。特許という文脈では、許部の部員とエンジニアでは異なるクラスに属し、当然に特許部の部員の方が上とみなされるからである。とりあえず、その部員の特許部内の序列は問われない。

このような解説者と被解説者の関係は、レヴィ・ストロースにおける構造主義的・人類学的考察の対象にならないのかとふと思ったのだが、多分それほどのものではなさそうである。

業績の値段

user-pic
0

週刊ポストによると、出来高払いに換算すると、阪神の城島健司は、ヒット1本1600万円だという。以下、引用:

映画『マネーボール』が話題だ。米メジャーリーグ・アスレチックスGMのビリー・ビーンが実践したマネーボール理論は、かつては重要視されなかった出塁率などのデータから費用対効果の高い選手を割り出し、獲得するというもの。これを日本のプロ野球界に当てはめ、ヒット1本あたりの年棒をはじき出してみると、巨人・阪神の"無駄遣い"が目立つ。

かつては腰痛で戦列を離れることが多かった高橋由伸だが、今年は95試合出場と、ある程度戦力として機能した。しかし働きにコストがあわない。ヒット1本の値段は実に555万円。巨人にはまだまだ戦犯がいる。統一球の影響からか不振にあえいだキャッチャーの阿部慎之助は1本350万円。小笠原道大に至っては1本632万円である。

12球団で最も平均年俸の高い阪神(5546万円)も同様だ。金本知憲が1本460万円、ケガでシーズン途中に戦列を離れた城島健司は、ヒット1本1600万円という天文学的な数字となった。パ・リーグ関係者がいう。

これは、私がNWR指数に書いたことと、ある意味同様の考察である。おそらく城島は、NWR指数が10くらいになっているのだろう。

私が管理職の時代に、官庁や他社に一人で出かけていくと、大勢の人数で対応されることがあり、なんとも余裕の人件費だね、と内心苦笑したものだった。これをNWR指数に換算すると、大勢で会議に出ると、成果としての分母はせいぜい一人分か二人分なのに、人件費としての分子が数倍になって、NWR指数が跳ね上がってしまう。

しかし昨今の経費に余裕のない時代になると、なんとか部門のNWR指数を1以下に抑える必要があり、そうしないと不要な部門であるとの烙印を押される可能性がでてくる。

それなのに単なる精神的安定のためだけに、複数人を会議に招聘したりすることが今でも行われている。しかし何度もいうが、複数人いても、意味がある構成員は大抵一人か二人である。

また、形式的な行事に時間を費やして、やはりNWR指数の分子を徒に増やす人がいる。上述の野球選手の例では、単にベンチを暖めているだけとか、二軍落ちとあまり変わらない。

そこで提案であるが、会社は人事部門は極秘で、戦犯リストを作ったらどうか。○○さんは、プロジェクトAを立ち上げただけで年収2千万円である、なんという高いプロジェクトなんだろうなどというものである。

こういう仕事の金銭化は一般的におぞましく、荒廃を招く。しかし、仕事の金銭化を全く度外視して、ノンワーキング・リッチが蔓延っては、会社の将来はない。カンフル剤として、プロジェクトの値段や戦犯リストを密かに作ることも、経費削減が厳しい時代にあっては必要なのではないだろうか。

私は少なくとも、そういう指摘に対応するように仕事をしているつもりである。本当かな?

Not Even Wrongをみていたら、日本人が超弦理論宣伝活動(superstring theory hype business)に参入したという。なんだろうと思ってWebを検索したら、下記の日経の記事が見つかった。

高エネルギー加速器研究機構などの研究グループは、究極の物理理論と期待される「超弦(超ひも)理論」で、3次元空間の宇宙が誕生する過程をスーパーコンピューターのシミュレーションで解明した。同理論は空間が9次元と予測しており、我々のいる宇宙がなぜ3次元なのかが40年近く大きな謎だった。

静岡大学、大阪大学との共同研究成果で、1月4日に米物理学会の専門誌フィジカル・レビュー・レターズ(電子版)に掲載される予定。

超弦理論は物質などの最小単位である素粒子を点ではなく1次元的な広がりを持つ「ひも」と考える仮説。自然界に存在する4つの力をまとめて説明できるため、現在の素粒子物理学の基礎になっている「標準理論」を超える究極の理論になると注目されている。

ただ、超弦理論では「空間9次元・時間1次元」と予測され、我々の宇宙が「空間3次元・時間1次元」になっている理由をどう説明するかが、重要な課題だった。

研究グループは従来より正確なシミュレーションの計算手法を確立。宇宙誕生時の様子を解析したところ、空間9次元のうち3次元の方向だけ膨張し始めることを世界で初めて突き止めた。懸案だった謎が解けたことで、同理論の研究が今後加速する見通し。

私の素朴なコメントは、以下のとおりである。

  1. 現在の宇宙誕生モデルであるビッグバン理論(インフレーション宇宙論)は、多分、一般相対性理論と場の量子論の標準理論の外挿である。なぜなら、ビッグバンの直後では重力、強い力、弱い力、電磁力が1つの力に縮退しており、その超高エネルギ状態では、既存の物理法則は適用できないはずである。
  2. ところが、そこに超弦理論が敢然と乗り込んでいく。我こそは万物の理論(theory of everything)、だから、重力、強い力、弱い力、電磁力が1つの力に縮退した超高エネルギー状態でもオッケーということか。でも、超弦理論というけど実はM理論、これが果たしてビッグバン理論にどう適用されるのか、全く自明ではない。
  3. それにである、空間が3次元というけど、それは人間様のとても限定された感覚においてではないか。例えば、ある種の細菌にとっては空間は2次元かもしれない。猫にとっては4次元かもしれないし。それはないか。ともかく、どこかに空間の裂け目があって、すると、ワームホールで、一瞬で100光年の彼方に行けたりするかもしれない。これなら、トポロジ的に空間は4次元以上である。

Not Even WrongでPeter Woitが引用している内容はもっと勇ましい。

Furthermore, the establishment of a new method to analyze superstring theory using computers opens up the possibility of applying this theory to various problems. For instance, it should now be possible to provide a theoretical understanding of the inflation that is believed to have taken place in the early universe, and also the accelerating expansion of the universe, whose discovery earned the Nobel Prize in Physics this year. It is expected that superstring theory will develop further and play an important role in solving such puzzles in particle physics as the existence of the dark matter that is suggested by cosmological observations, and the Higgs particle, which is expected to be discovered by LHC experiments.

そこに書かれているように、なんとこの技法は、超弦理論を、様々な問題に適用する可能性を拓くのである。例えば、インフレーション宇宙論や、宇宙の加速膨張の問題に、スーパーコンピュータを使って超弦理論が解決を与えるのである。すると、宇宙の加速膨張の原因かもしれないダークマターやダークエネルギーも解明されるのか、そして、物理法則の近似性で述べた、スティーヴン・ホーキングの信念がついに叶うのか。

そんなこともないと思うが、ともかく、ヒッグス粒子の確認といい、物理学が宇宙の観測データや、LHCや、スーパーコンピュータの力を借りて、賑やかになっているとすれば、単純にうれしい。定年後に勉強する甲斐も増すというものである。

日経ビジネスオンラインで、江上剛という作家が、企業において不当なことに忍従することの問題を指摘していた。そこで江上剛氏はどういう経歴の人かとみてみると、1954年生まれで私と同年である。早稲田の政経を卒業すると、第一勧銀に入行し、1997年には広報部次長として、第一勧銀総会屋事件の収拾に当たったという。そこで、これが主著なのかどうか知らないが、「さらば銀行の光」新潮社という比較的最近の江上剛氏の作品を読んでみることにした。

「さらば銀行の光」は、次のような章からなり、何れも、江上剛氏自身がモデルである、上杉健という主人公の周辺に起こったことが、おそらくかなり実体験を踏まえた物語として記述されていく。以下は、章立てである。

  1. 銀行員へ
  2. 窓口戦争
  3. 発覚の日
  4. バブルの足音
  5. 派閥の谷間
  6. 狎れあいの果て
  7. ある行員の死
  8. 決壊の朝
  9. 男たちの遺言

「銀行員へ」では、大学卒業時にオイルショックで就職が困難だった。ここらあたり、全く同世代の私の経験とも重なる。それでも、友人の口利きで、大洋栄和銀行にラッキーで入社できた。これは第一勧銀がモデルのはずなのだが、太陽神戸銀行を推測させる。とりあえずの韜晦か。ともかくここで、新米社会人、新米銀行員として右も左も分からない状態から出発する。

「窓口戦争」では、新米銀行員として窓口業務をこなす際の様々な苦労を描く。お局のような先輩女性行員にいじめられたり、窓口で無理なことをいうヤクザに勇気をもって対峙したり。ここらあたりから、主人公上杉健の正義感というか蛮勇の性格が顕れてくるが、それがどこまで地の江上剛氏を反映しているかはわからない。

「発覚の日」では、窓口の憧れの美人女性行員がお客さんの定期預金に対する不正な操作を行い、発覚して退職に追い込まれる経緯が描かれる。実際にあった事件がモデルなのだろうか。

「バブルの足音」は、イケイケのバブルの頃の銀行の内情を描いていて興味深い。すなわち、土地が際限なく高騰し続けるという幻影の下で、銀行は担保も確認しないで無理な融資をし続ける。それが専務の指示だったりして、追従者たちは盛り上がる。その危険性を勇気をもって説く社員もいて、上杉健も審査部の部員としてそれに共感を覚え、反対意見を上層部に述べるのであるが、逆に問題社員扱いされて疎外される。

「狎れあいの果て」は、大蔵省=MOFとして、いわゆるMOF担として上杉健が大蔵省の担当官と折衝する。金融自由化といいつつ大蔵省は、主要銀行に、互いに調整して一律の金利を採用するように圧力をかけてくる。それを独禁法違反であると指摘した上杉は、大蔵省に出入り禁止処分をくらう。

「ある行員の死」では、支店長に株にまつわる無理な指示を受けた社員が株の失敗で自殺に追い込まれる経緯を描く。それを、人事部担当として上杉健は調査に乗り出す。

「決壊の朝」「男たちの遺言」では江上氏の広報担当として、マスコミから取材を受けつつ第一勧銀総会屋事件に当たった泥沼の経験が描かれる。それはまさに、「バブルの足音」での無理な融資のツケであった。上杉は、社内の様々な上層管理職と喧嘩し罵倒しながら、落としどころを見出していく。それはまさに大洋栄和銀行=第一勧銀の存亡の危機であった。

ここで描かれるのは、失敗し激高し落胆する上杉の人間らしさと、上司や会社の方針に抗ってまでも発言すべきことはきちんと言うという、決死の正義感である。今の時代、ここまで本音を通すとリストラされるのではないか。当時のリストラのない銀行だから可能だったのかもしれない。そもそも、現実の江上氏がそこにどこまで反映されているのかわからないが、改めて会社における正義とは、コンプライアンスとはと考えさせられる。また、普段知ることの少ない銀行業務の内情を垣間見れたのも興味深かった。

友人から、「管理職の役割を問い直す」という記事を送ってもらった。早稲田大学ビジネススクール教授、株式会社ローランド・ベルガーの会長、遠藤功氏が著わしたものである。以下、この記事の内容を、私なにり要約してみる。

まず、日本企業の強さは何かというと、それは現場力である。東日本大震災でも、日産のいわき工場など、予想をはるかにうわまわるペースで工場が復旧した。それはまさに、現場に根付く自発的な問題解決能力である。

しかし、逆行した傾向を示す職場は少なくない。管理職が机にしがみつき、書類や会議に忙殺されるようになった。管理職は指示するだけ、部下は指示されたことを処理するだけ、こうして管理職と部下の対立構造が生じたのである。

そこで管理職の役割が再定義されなくてはならない。トップダウンとボトムアップとの間をつなく、ミドルアップ、ミドルダウンである。それは管理職を支援職として捉え直すことである。

天竜精機という会社では、支援職は毎朝全員で集まり、本気の朝礼をし、社員と真面目な雑談を交わす。

ダイキンでは、コアマンとサポータという役割がある。コアマンは、仕事を完遂しようとする誰よりも強い意志がある。サポータはコアマンに全面的に協力する。基幹職は自らコアマンであると同時に、コアマンである部下をサポートするサポータでもなくてはならない。

すなわち、繰り返すが管理職は、「管理」職ではないのである。管理職に求められることは、一人一人のやる気に火をつけ、組織の結束を高めるのである。

この記事を読み終えたあと、日経ストラテジー2012年1月号に、「残念な上司」はいらない! ミドルが輝く5つの力、という特集をみつけた。その5つの力とは、次のとおりである。

  1. 問題解決
  2. 困難突破
  3. 巻き込み
  4. 部下理解
  5. 危機管理

そして、残念な上司とは次のとおりである。

  • 掘り下げられない場当たりミドル。提案を上げても、そうだな、というだけで何もしない。
  • 困難に挑戦できないマンネリミドル。無駄な部門会議だけを続けている。とりあえず、と新しいことに全くチャレンジしない。
  • 周囲を巻き込めない空回りミドル。すべては他人事。部下よりもコンサルタントなどのいうことを聞く。他部門との面倒は交渉は、部下に行かせる。
  • 部下の個性を生かせない型はめミドル。一方的に指示するだけで、部下のいうことを聞かない。
  • 危機時に頼りにならない逃げ越しミドル。震災時に真っ先に逃げ出す。全く対策を思いつかない。

残念な上司が残念でなくなるのは多分難しい。もし代わりがいないなら、とりあえず、支援職としてやってもらうしかないのである。まあ、無理なんだけど。

新聞を整理していたら、9月の読売新聞に、次のような記事があった。

10年以上にわたり科学者を悩ませてきたたんぱく質の形を、オンラインゲームの参加者がわずか三週間で解き明かした。成果は専門誌の電子版に発表され、貢献したゲーム参加者2チームも論文に名前に載った。

このシステムのキーポイントは、人間の選考をいかに効率的に協働的に取り込むかのアルゴリズムにあると思われる。すなわち、ヒューリスティックのためのアルゴリズムである。

このオンラインゲームは「フォールドイット」と呼ばれ、米ワシントン大の研究者が2008年に開発した。複雑に折りたたまれたたんぱく質の立体構造をパズルのように探るソフトで、たんぱく質の素材となるアミノ酸をいじり回し、効率のいいたたみ方を競い合う。

さて、このようなヒューリスティック・インターフェース・アルゴリズムはどんな場合に有効なのだろうか。思いつくまま記述してみる。

  1. 評価関数を、明確なアルゴリズムによって記述するのが難しい。例えば、たんぱく質の折りたたみ具合である。審美的な要素が入るものもそうだろう。
  2. 複数の、あるいはアナログ的な操作の組み合わせを含む。このような操作の組み合わせはコンピュータ処理のループでは、場合の数が爆発して処理しにくい。

たんぱく質の折りたたみ最適化に似た、ヒューリスティック・インターフェース・アルゴリズムが適用可能な分野は他にあるだろうか。

先日テレビを観ていたら、スーパーコンピュータの計算により、ゴルフボールや、強度の大きい携帯電話の開発を行うとあった。要するに、人間が予め構造のデザインの候補を与えておいて、弾性体力学や流体力学の方程式をスーパーコンピュータで解いてシミュレーションする。弾性体力学や流体力学の方程式の計算がキーである点で、これはヒューリスティックではない。

そういえば、IBMのディープブルーと対戦した元チェス世界チャンピオン、ガリー・カスパロフは、コンピュータと人間が協働した対戦の可能性を示唆していた。すなわち、対戦の双方が棋士とコンピュータの組み合わせなのである。そうすると、もしかして世界最高レベルの対戦ができる可能性がある。

このように、コンピュータと人間の能力の組み合わせにはいろいろな可能性があることが示唆される。私の乏しい想像力では、なかなかよい例が思いつかないが。

鍛え

user-pic
0

今更のように記憶を反芻しているのだが、棋友の応援に社団戦に行ったとき、棋友のチームの半数は私よりも強いと思った。しかし、チームのメンバーの中の若干の人については、ううんやっぱり自分の方が強いかな、と感じた。不遜な言い方を敢えてすると、鍛えが違うということになる。

そこで私がいう鍛えとは何か。具体的には大学時代将棋部で将棋に長時間没頭し、幾多の苦杯を舐め、あるいは大阪の正棋会でアマ強豪に胸を借り、その強さに目を瞠り、勝てないと落胆したことなどである。

すなわち、鍛えとは字義どおり読むと、スキルを身につけるために膨大な努力をしたことであるが、ただ、私が考える鍛えの定義は、ひたすら努力したということとは少しニュアンスが違う。そこで私が考える鍛えの定義と、いくつかの記述を与える。

  1. 先ず第一に、長い時間をかけて努力することである。ちょっと習い事をしたくらいでは、鍛えではない。
  2. 次に、鍛えたスキルが、暗黙知の領域まで達していなければならない。いわゆる、体で覚えている、というものである。
  3. 次に、ここからが重要なのだが、何かしら主観的であれ、世間一般であれ、別の重要なものに対する犠牲を払った結果のスキルであることである。例えば、典型的には、将棋をやりすぎて単位がとれず、大学を放校になるとか、そこまでいかなくても、私のように、折角大学院にいって学者になることを目指していても、将棋に足をとられて転び、うつ伏せになったままなかなか起きられず、立ち上がったものの、到底学問を志す気力をなくしてしまったというのも、鍛えである。
  4. さらに、鍛えという状態は上記の挫折を伴うので、なにかしら心に闇を抱える。もちろん、心に全く闇のない人なんていないが、鍛えの入った人となると、人生が心の闇で特徴付けられている。
  5. そして、同等の才能の人同士が戦うと、ほぼ間違いなく鍛えの入った人が勝ってしまう。例えば、沖元二と小池重明はもしかして同等の棋才だったかもしれないが、将棋に人生の挫折が絡みつき、それこそ鍛えの権化のような小池重明に、沖元二は全く勝てなかった。これはきっと挫折に裏付けられた人生の闇からくる妙な自信なのだろう。私のような微々たる鍛えしか入っていない者には到底窺い知れない。
  6. ただ、鍛えは所詮、二流の才能の証明である。例えば将棋の羽生をみよ。当然にすさまじい努力はしているのだろうが、羽生ほど鍛えという言葉が似合わない人もいない。仮に心に闇を抱えていたとしても、それが水面下に留まり、努力の跡を窺わせない。それは有り余る才能があるからである。
  7. そして、鍛えは分野限定である。他のスキルにはほとんどコンパチビリティがない。例えば、司法試験に何度も挑んで落ち続け、ようやく受かると、何ほどか鍛えが入ることになる。しかし、その鍛えは、人生の他の分野、例えば他のスキルの習得などに全く応用できない。むしろ鍛えは、他の分野で活躍することを阻害する。真の鍛えは、ブラックホールのように他の分野にあらゆる努力を吸い込んでしまい、鍛えが入った分野のスキルに専念するように圧力をかける。究極の努力に記述したことはその一例である。それは異様に嫉妬深い女に喩えられる。私以外は愛しちゃだめよ、というわけである。

以上、鍛えに対するささやかな考察であった。真に鍛えの入った人はこんな考察は絶対にしないだろう。これは、私の鍛えが半端であることの証左である。

私はメディアの内情に疎いので、「ニュースに騙されるな」宝島社新書、椎名健次郎著を読んでみた。なんでも著者は、元テレビ局記者、元ネット企業ニュース担当だそうである。

最初になるほどと思ったのは、記者クラブの存在であり、総理などの政治家の取材を許される記者クラブには、テレビ局、新聞社など主だったマスコミが記者を派遣し、記者は会員と認定されるとIDを発行され、それがあると国会でも何でもフリーパスである。剰え、政治家の海外出張の報道に随行するときは、パスポートもビザもなく、まるで外交官特権のように外国でふるまえる。政府専用機にも乗れる。

その間、国の費用で酒肴が振舞われたりする。新米の記者でも総理と普通に会話できたりする。すると、自分も偉くなったように錯覚するのも容易であろう。

そうやって物理的に政府の要人に近いので、さぞかし極秘情報にもアクセスできるだろうと思っていたら大違いである。記者クラブに属する記者は、指定されたミーティングの、指定された情報にしかアクセスできない。だから、記者クラブに属する記者がニュースに使える情報は極めて共通で、独自性を出しにくい。だから実際、特に政府関連のニュースはどのテレビ局もほとんど差がない。すると単に他局に出遅れないようにすることだけに留意する。

こうなってくると、テレビ局は、政治家の会見にきちんと出席することに必死になる。その足許をみて、なんと女性記者限定でプールサイドで会見する政治家がいるという。そこでは政治家は水着姿なので、勢い女性記者も水着にならざるを得ず、中年男の周囲を若い水着の女性が取り囲むという、一種ハーレムのような状態が現出するが、会見内容は実はごく平凡だったりする。

一方記者クラブに属する記者は、自社の他の社員から、政治家の人脈をあてにされる。具体的には、何かの会合に総理に出席してもらえる依頼などである。そんなの実現するのかと思うが、依頼されてスケジュールが空いていれば、総理は意外に応じてくれる。そうして、記者クラブに属する記者の面子が立つ。

そういう記者生活をしていても、実は案外惰性の日々で、意図して勉強しない限り、政治に詳しくなるわけではない。ただ、民放はそうだが、流石にNHKは違っていて、記者のレベルは高い。

ただ、なにしろテレビ局は視聴率を取らなくてはならないので、ニュースの意義や社会的意味よりもむしろ、スパイシー度で人気のある番組をつくることが要望される。それはそれでスキルである。

ともかく、テレビ局の社員は、若いときから高給で、業績による差もつかず、貴族だと喧伝される。ただ、労働時間はやたら長かったりする。それでも基本的に離職する人は少ない。そして、年功序列で経験的スキルは蓄積する面もある。

一方、ネット企業、すなわち、ヤフー、DeNA、グリーなどは、テレビ局とは全く異なる。すなわち、テレビ局が日々利益を上げるのに汲々としているのに、ネット企業はなんと5割もの利益率を誇る。では社員一様に高給かというと、実は高給は上層部だけである。すなわち、偉くなるとストックオプションをもらったりして、何億の資産をなす者がいるが、そうでないと大した高給ではなく、テレビ局と違って、やたら離職率が高かったりする。なにしろ、平均在職年数が三年以下という会社もざらである。

このように、テレビ局は保守的の極みであって、一方ネット企業は時代の先端を行くようでも、果たしていつまで存続するのか怪しい。かくして、DeNAも大丈夫かと、怪訝になるのであった。

詰将棋について私は、習作とはいえ今までに100題くらい創作したことがあるので、まるっきりの初心者ではないと思うのだが、そんな私に到底理解できないのは、詰将棋に全世界を投影してしまうマニアたちである。

まだ指し将棋なら理解できる。すなわち、将棋に出現する全ての局面の数は、典型的には阿伽羅という数字である10224個あると言われており、すると、それはおそらく宇宙全体の分子の数よりもはるかに大きいので、そこに全世界を投影する試みは、多分であるが無謀ではない。

しかし、詰将棋となると、盤上に置かれた駒と持ち駒ですべて決まってしまうので、指し将棋よりもはるかに場合が少ない。いや、盤上に置かれた駒と持ち駒で常に詰将棋が成立する訳ではない。きちんと詰むという条件だけでもなかなか成立しないし、駒を余さず詰むという条件で一気に場合の数が減る。さらには、妙手を含むという審美的な観点を入れると、場合の数は激減する。それでも、おそらく、全世界の人口より実質的に多い数の詰将棋が成立するに違いない。なので、詰将棋に全世界を投影してしまうのも依然としてありである。

そこで私が詰将棋に世界を投影してしまえないのは、私が眺める詰将棋の世界の解像度が粗すぎるからである。それは、高度1000メートルから眺めているに過ぎないといってもよいし、極度の近視であるといってもよい。

このアナロジは、あらゆることに成立するので、一般的に興味の解像度について議論することができる。

興味の解像度が高いとはどういうことかというと、文字通り、微細なところまで見渡せるのである。ただ、見るといっても多くの場合視覚的ではない。認識、あるいは識別するのである。

こういう興味の解像度の解像度は、天賦のものであろうか、あるいは努力して獲得するものであろうか。才能主義の私にとっては答えは決まっていて、それはほとんど天賦である。

例えば、二人の人がテニスを始めて、一人はいきなり興味をもち、もう一人はあまり興味をもたないとすると、それは、別の世界を眺めているのであって、興味をもつ人は、テニスの中に様々なバリエーションを看て取っているのである。

なぜそのようなことを起きるのかを、プラトンのイデア論で説明してもよい。すなわち、テニスに興味をもつ人は、テニスの世界の微細な差異を見分ける高い解像度の認識能力をもっている。テニスのイデアに投影することができる。

もちろん解像度は努力によって高めることもできるのであって、そこはまさに機械学習と同じである。すなわち、これは駄目、これは優れているという例を沢山学習すると、脳はその分野の解像度を高める。解像度が高まると、例えば、将棋でいえばあと一歩あるかないか、端歩が突かれているかどうかなどが大きな差異をもたらすという認識になる。

さて一般的に、解像度が高まるのが望ましいのは、人間の飽きるという性質による。

すなわち、飽きを防ぐためには、時々刻々と異なる対象に興味を移さなくてはならないが、興味の解像度が高まると、ある特定の対象の中に森羅万象と投影をみて、そこを彷徨するだけで飽きることがない。まさに最初に述べた詰将棋の世界である。すなわち、時空の狭い点に留まっていても飽きにくい。コップの中だけで一日楽しく過ごせるのである。

ただ、興味の解像度を高めれば高めるほど、同様の感性の持ち主を見出すことが困難になって、他人と付き合うことが難しくなる。そうして孤独に沈殿して独楽の境地に陥るのであるが、そこはそれ生身の人間なので、半ば本能的に、別の人間との付き合いもほしくなる。

すると興味の解像度をデフォーカスする必要に迫られるのだが、どんな人間もそんなに器用ということはない。その不器用の最たる者は、グロタンディークで、とうとう興味の解像度をデフォーカスできないで、ピレネー山中に隠遁してしまった。

ともかく、隠遁が苦痛でないなら、興味の解像度を電子顕微鏡並みに高めればいい。誰にも理解できない隠微な世界に耽溺できるだろう。そうでないなら、せいぜい虫眼鏡程度にして広く浅く付き合うがいい。私は、どっちにもいけないで実に中途半端なのであった。

合成生物学

user-pic
0

新聞を眺めていたら、東工大の木賀大介准教授が、合成生物学という研究分野で実績を挙げたという。どういう研究かというと、コンピュータで計算して設計した人工遺伝子を単細胞生物に組み込んで人工生物をつくり、どのような現象が起きるのか調べるというものである。

最近、米国の科学アカデミーに投稿した論文では、細胞どうしが信号を伝え合いながら姿を変えていく現象を扱った。すなわち、信号伝達を担うAHLという分子を合成する人工遺伝子を大腸菌に組み込んだところ、大腸菌は実際にAHLを産生して細胞外に放出して、別の大腸菌との間でAHLをやりとりして次々と姿を変えていくことが確認された。

これは、受精卵やiPS細胞が分化する様子と似ているという。すなわち、AHLという分子を合成する人工遺伝子と似た本来の遺伝子が、細胞の分化に重要な役割を担っている可能性があると、木賀准教授は示唆する。

木賀准教授はさらに、合成生物学が、細胞分化の仕組みを解明する手段に使えると示唆する。そして、iPS細胞の分化を助ける人工細胞の作製も目指すという。

この記事を読んでふと思ったのは、人工細胞が、自分のブログのiPS細胞不完全にある、iPS細胞の不完全な分化機能を補うことができるのだろうかということと、そうやって意図的に分化させると、iPS細胞の癌化リスクが増大しないか、ということである。

それと、さらに思ったのは、合成生物学というけど、クレイグ・ベンターがやっていることと何が違うのだろうということである。すなわち、クレイグ・ベンターたちは、マイコプラズマ・マイコイデスのゲノムをまねて、ゲノムを構成するDNAの断片を化学合成した。これを大腸菌などの中で1本につなげて、人工ゲノムを作った。この人工ゲノムを、ゲノムを除いた別種の細菌の細胞膜を器にして、移植した。

ここまで書いて分かったのは、合成生物学では、オリジナルの遺伝子を模するだけでなく、コンピュータで計算して設計した人工遺伝子を細菌に組み込んで、実際には存在しない新規な細菌を作りだすのであった。これって、おぞましくないのか、とふと感じた。一方で、一体どんなアルゴリズムで人工遺伝子を研究するのだろう、機会があれば調べてみることにする。

ウィニー判決については、Winnyの顛末ウィニーの公判Winny開発者、逆転無罪Winnyの判決要旨と、金子被告に好意的な視点で書いてきたが、ついに最高裁でウィニー無罪が確定した。以下、毎日新聞Webの記事を引用しつつコメントする。

ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を開発・公開し、インターネット上で映画などの違法コピーを手助けしたとして、著作権法違反ほう助罪に問われた元東京大助手のプログラマー、金子勇被告(41)に対し、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は19日付で、検察の上告を棄却する決定を出した。裁判官5人のうち4人の多数意見。罰金150万円を言い渡した1審を破棄し、逆転無罪とした2審・大阪高裁判決(09年10月)が確定する。【石川淳一】

2審の判決理由とは、再掲すると以下のとおりである。

技術、機能をみると、著作権侵害に特化したものてはなく、多様な情報の交換を秘密を保持しつつ可能にする点で有用であり、著作権侵害にも用いることができるという点で、著作権的には中立的ソフトである。
(中略)
開発した(ファイル交換)ソフトをインターネット上で公開した提供者は、ダウンロードした者を把握できない。こういう価値中立のソフトを提供した行為について、幇助犯の成立を認めれば、(ファイル交換)ソフトが存在し、ソフトを用いて違法行為をする者が出てくる限り、提供者は刑事上の責任を無限に問われることになる。こういう刑事罰の認定は、罪刑法定主義の見地からも慎重でなくとはならない。ソフトの提供者が不特定多数の者のうちには違法行為をする者が出る可能性・蓋然性があると認識し、容認しているだけでは足りず、違法行為の用途のみに主要な目的として使用されるようにインターネット上で勧めて提供した場合に幇助犯が成立すると解するべきである。

最高裁は、2審の判決理由をそのまま是認するのではなく、次のように述べる。

小法廷は、ほう助の罪成立を限定的に解釈した2審判決について「法解釈を誤っている」と指摘。適法にも違法にも利用できるウィニーを中立価値のソフトだとした上で、「入手者のうち例外的といえない範囲の人が著作権侵害に使う可能性を認容して、提供した場合に限ってほう助に当たる」との初判断を示した。
その上で、金子被告については、ウィニーが著作権侵害に利用される可能性が増えてきたことを認識しつつも、利用者の4割程度にまで拡大するとは認識していなかったとして、ほう助の故意はなかったと結論付けた。違法なファイルのやり取りをしないよう注意書きを付記していた点なども考慮した。

ただ、次のような少数意見もある。

大谷剛彦裁判官(裁判官出身)は「ほう助犯が成立する」との反対意見を述べた。

今回の最高裁判決もかなりの曖昧さを含むのであって、「入手者のうち例外的といえない範囲の人が著作権侵害に使う可能性を認容して、提供した場合に限ってほう助に当たる」における、「例外的といえない範囲の人」とはどの程度かということになる。

ともかく、今後P2Pソフトを開発するに当たって、少なくとも、「このプログラムを使って送信しようとするファイルの著作権を確認して、それを送信することが著作権を侵害することになるような目的には使用しないでほしい」のような条項を使用条件として入れる必要はあるだろう。しかし、こういう言い方は多分、GPLのような典型的なオープンソースには馴染まない。リチャード・ストールマンはそもそも著作権嫌いなので、忌避するだろう。

それよりも問題なのは、池田信夫氏が指摘するように、初期のWinny判決で、P2Pソフトそのものがすっかり悪者視されるようになり、まともなソフトウェア技術者がP2Pソフトから手を引いたことである。今後のITインフラで、P2Pソフトの果たす役割は大きく、今更無罪判決が出ても、こういう先端技術分野で、5年間もP2Pソフトが白眼視され開発されなかった痛手はあまりにも大きい。キャッチアップ不可能である。

非物理

user-pic
0

唐突であるが、もし神の意思が森羅万象に遍く浸透しているのであるなら、月も、飛行機も、寒さに震える野良猫も、嫉妬に狂う女性も、全て神の意思の発露である法則の下にあり、その事象は、ある法則で一元的に説明できるはずである。

実際、月も、飛行機も、そしてニュートリノも、ある物理法則に従いその挙動が、ある程度であるが理解できるように思われる。少なくとも、数理的な方程式に乗せることができる。

化学の反応がすべて数理的な方程式に乗せることができるかどうか私は知らない。しかし、量子化学から発展させて、統計的に事象を記述するなら、ある程度は物理法則に乗せられそうである。

こうして、かなり牽強付会であるが、量的な挙動記述に基づく物理法則と化学法則をあわせて、20世紀の物理帝国主義の名残を引き摺りつつ、物理法則を拡大すると、世界の多くの事象は物理法則で記述可能となる(敢えて説明可能とはいわない)。

ところが、レーニンではないが、物理帝国主義をいくら拡張しても、ネゲントロピーの自律系としての生命現象に物理帝国主義は攻め入ることができない。それでも、少なくとも生命現象といえども所詮は物質的な実体の挙動なのだからいつかは物理帝国主義の版図に収められるだろうと楽観することはそれほど難しくない。実際、生物物理という分野もあって、生命の物質的側面に対して一定の貢献をしている。

また、マルクスは、物理帝国主義を歴史法則に適用して、そこに一定の法則を見出そうとした。まさにその名も物理帝国主義の権化である唯物論である。

しかし、物理帝国主義がまともに取り組もうとしないのは、あまりにも移ろいやすい人間の心である。例えば、恋愛、憎悪、嫉妬、陰謀、強欲、自己中、利他主義、イノベーションなど、物理帝国主義の版図から外れるものはいくらでもあるが、ブライアン・グリーンのような物理帝国主義は、スーパーストリング理論がきっとある日、心の世界をも版図に収めるに違いないと、ちょっと消え入りそうな声でつぶやく。いや、私が「消え入りそう」だと勝手に決めつけているだけである。

そこで思考の整理のため、私は次のような定義を思いついた。

  1. 物理学の法則が適用可能な分野で、人間が発揮できる能力を、物理的能力と呼ぶ。典型的には、物を運ぶ、殴る、走る、計算するなど物理的に測定可能な能力のことである。
  2. 人間の能力全体の集合を人的能力と呼ぶとき、人的能力における物理的能力の補集合を超能力と呼ぶ。

これは超能力の究極の外延的定義なのであるが、この定義によれば、テレパシーや予知能力のみならず、恋愛、憎悪、嫉妬、陰謀、強欲、自己中、利他主義、イノベーションなどすべてが超能力に基づくということになる。

例えば、突然恋に落ちたり、嫌われたり、嫉妬されたり、左遷されたりと、到底物理法則とのアナロジではとられきれず、これはきっとテレパシーや予知能力と同等以上に不可思議な超能力に基づくものに違いないと感じる機会があまりにも多いからである。

それ以外にも、因果律の崩れ、シンクロニシティなど、物理法則では取り扱えないことが多すぎる。

前にも書いたが、私が大学の教養課程の物理概論という授業のテストで、21世紀の物理学の展望について書きなさいという問題で、21世紀の物理学は心の領域に範囲を広げ、心霊工学の基礎を与えるだろうと書いて、見事Cをもらったことがある。その教授は授業に出る限り落とさない方針だったので、これは落第も同然であったが、今でもそう書いたことと考えはあまり変わっていない。

ただ、21世紀がとっくに過ぎても、物理が非物理と発展的に融合する気配はない。よって、自分の死後、あの世から、非物理の帰趨を見守ることにしよう。

共同通信によると、北朝鮮の金正日が亡くなったという。以下、引用:

【北京共同】朝鮮中央通信は19日、北朝鮮の最高指導者で国防委員会委員長の金正日総書記が17日、現地指導に向かう列車の中で死去したと報じた。急性心筋梗塞を起こしたとしている。建国からほぼ半世紀、同国を率いた父親の故金日成主席から権力を継承し、親子2代にわたり統治。北朝鮮は独自の社会主義体制の支柱を失い、後継者の三男、金正恩氏を中心とした統治体制確立などが焦点。東アジア情勢が重大な岐路に立たされる。
金正日については、もう3年以上前に死亡説があった。しかもその内容によれば、金正日は既に2003年に亡くなっていたというのだから、それからあまりにも時間が経過している。

ともかくこの記事に基づき私は、今の金正日が影武者の一人かもという疑いが払拭できないできたが、もし金正日が影武者であるとすると、後継者と目される金正恩が支配体制を確保してから金正日は、「死去」することになるだろう。だから、もし金正日が影武者であるとすると、何かの政乱があったことになる。

ただ、今のところであるが、クーデターなどの内乱があった様子は北朝鮮から窺われない。すると、2009年に金正日が、自らの健康不安から、三男への継承を急いだという説が有力になってくる。そしてその健康不安が今現実になったという次第である。

ともかく、金正日は享年70歳、日本の基準だと亡くなるには若い。健康に不安を覚えたのは美食により肥満したためか、それとも、権力の頂点にあって政敵からの攻撃や暗殺に対する絶えざる不安が寿命を縮めたか。

問題はそして、28歳と若すぎる後継者の、金正恩である。年長を尊敬する社会である北朝鮮にあって、多くの年長者に気遣って北朝鮮を治めるのは難事である。どうしても年配の後見人は必須である。十分な情報がないので、とりあえず今後の帰趨を眺めることにする。

ヘドニズム

user-pic
0

団鬼六といえば官能小説で有名だが、私は小池重明についての本や将棋ジャーナルなど、将棋関係でしか知らない。そもそも私は思春期の一時期を除き、官能小説を読んだことがない。一旦は面白いのだが、どうも後味がよくないからである。

最近、団鬼六の将棋関係でない本を初めて読んだ。「快楽なくして何が人生」幻冬舎新書である。これはある意味、団鬼六の自伝である。

団鬼六の父親は相場を張っては負けてばかりいる、いわば駄目親父であった。そんな父親に翻弄されて団鬼六は不真面目の方にドライブされたが、結局根は真面目であった。関西学院大学を卒業して東京に出てくると、文才があったのかひょんなことから作家になった。相場に関する小説がたまたま売れ、ちょっとした資金がたまると、商売の経験がないのに酒場のマスターになり、ホステスを何人も雇って、経営を始めた。このあたりから女好きがもたげてきて、複数のホステスと愛人関係になった。

しかし素人商売で破綻し、三浦半島に夜逃げした。そこでなぜか英語教師に採用され、剰え紹介で教師の女性と結婚してしまった。ところが田舎での平穏な生活に倦み、再度東京に出て、SM小説作家の生活を再開した。

作家時代には学費に事欠く女子大生と愛人契約を結んで、淫蕩の日々を送ったりしている。それはある意味男性にとって夢のような日々かもしれないが、結局幸せは長く続かず、浮き沈みがある。例えば、団鬼六は将棋が有段者で旦那芸なのだが、道楽で小池重明の面倒をみてお金をせびられたり、極めつけは売れない将棋雑誌「将棋ジャーナル」を引き取り、刀剣など大事な資産を手放して廃刊に追い込まれるなど、どうみても快楽主義者ではない。

それでも、いい歳になると多少仏心が出て、隠遁生活しそうなものであるが、快楽教団構想なるものをぶち上げる。すなわち、銀座の空きビルを快楽教団本部にし、屋上に男女混浴風呂をつくり、週に一度か二度、若いアダルト女優などと混浴デーをつくる。ときにはアダルトの男女ペアを招いて性戯の実演をする。教団員どうしのスワッピング、乱交パーティを企画する。などということを考える。結局、快楽教団は立ち消えになったが、団鬼六は決して悟りを開こうとしない。

その顔は私には苦悩に満ちているようで、それがヘドニズムのなれの果てかとちょっと呆れるのだが、どっこい鬼六はしぶとい。腎臓病がいよいよ病膏肓になっても透析を拒否し、快楽のない生を否定する。やはり団鬼六は、筋金入りのヘドニストのようである。

私は20台のころ、エピクロスの著書の「性交は決して人を利することはない。」というある意味無骨な文言を読み、エピクロスが説くところは決してヘドネでなく、エピキュリアン、すなわち寧ろアタラクシアであると知った。それでも悪友に誘われて、多少デカダンスの真似事をしてみたが、どうしても肌に合わなかった。それで、快楽を追求すると、倍返しで不幸になるという軽い強迫観念をもつようになった。

そうやって私は今に至るまで恐る恐る快楽とは距離を置きつついままで生きてきたのに、容赦ない快楽主義の看板を掲げ、それでいて、もしかして私よりも大きい浮沈を経験しつつ逞しく生きた団鬼六には感嘆を禁じえないのであった。

LAO

user-pic
0

最近仕事関係で、BAOという言い方を聞く。すなわち、business analytics and optimizationの略で、統計数学や機械学習の手法を用いて、仕事のやり方を最適化する、というものである。例えば、統計の悪魔に書いたような内容である。

BAOの古典的な例は、資源の最適配分に関する線形計画法である。その他、動的計画法などオペレーティング・リサーチとして確立された分野があり、最近の目覚しい(痛々しい?)応用例は、金融工学のリスク計算である。

一方で、私は一時人生に悩んで、占い師にいろいろ相談に言ったことがある。すると、四柱推命などの方法を用いて占うのであるが、結構当たるのである。とても偶然とは思えないほどである。ただ、結局は確率的であって、ある割合で外れる。

私は最近最早占いに頼らないが、その理由は、頼りすぎると占い依存症になってしまうからである。何をするにも占いに頼り、自分で判断しようとしない。もし外れても、何か別の要因のせいだとみなして、占いの確率的性質を忘れてしまう。

占いから遠ざかった別の理由は、占いの価値指向性にある。すなわち、占いは吉凶を出力するが、一方で、人生は糾える縄であって、何が吉であり何が凶であるか長い目でみないとわからない。いや、長い目でみるほど吉凶が輻輳して混迷を極める。ただ、何かの幸運が悪運のはじまりということは法則として言えそうである。

それでも私は、四柱推命なり占星術なりが、高い文化資産であることを疑わない。やはりその成果は何ほどか人生に恩恵をもたらしえると信じる。そうして、どういう経緯で占い手法が確立されたかと思い巡らすと、それはおそらく、BAOならぬLAO、すなわちlife analytics and optimizationの成果ではないかと思われる。

それでは、LAOの入力パラメータは何かというと、身長、体重などの身体パラメータではなく、もう少し抽象的な生年月日、氏名、生まれた場所の方角、先祖の由来、などである。人類は何千年にも亘り、こういうパラメータの下での事象を学習して累積して行ったにちがいない。その結果、パラメータ毎に運命の指標としての膨大な記述が出来上がった。

こういう学習が実に優れたものであることは、古代の医学書あるいは薬学書である、傷寒論などにも見て取れる。

しかし、現代の薬学は傷寒論の成果を否定するわけではなくても、現代合成化学、生理学などの成果を取り入れつつ、大いなる発展を遂げた。

すると、古来の占いの技術にBOAの統計数学の技法を導入することで、Life Optimization Alaysisにより、精緻に発展させることはできないのだろうか。

しかし問題になるのは、どのようなパラメータをLOAの入力にするかということである。一般的に考えられるのは、生年月日、氏名、誕生の正座、出身地、性別などである。また、機械学習によりLOAを機能させるためには、膨大な学習サンプルを用意する必要がある。そして問題は、特定の生年月日、氏名、誕生の正座、出身地、性別が幸運かどうかのラベル付けである。よほど不幸、あるいは宝くじでも当たったという幸運でもない限り、明確なラベル付けは難しい。さらにもっと問題なのは、幸運なり不幸に対する生年月日、氏名、誕生の正座、出身地、性別に対する因果関係である。こうしてあっさり頓挫してしまうのだが、それでも、古代の四柱推命などの精緻な体系はどうやって形成されたのだろう、という別の興味に回帰してしまうのであった。

ダイヤモンド・オンラインに次のような記事があった。

ブータン国王夫妻の来日で「ブータンブーム」が起きたことは、記憶に新しい。それをきっかけに、「国民の幸せ」という概念が注目されている。ブータンでは、ほぼ全ての国民が"幸せ"を感じて暮らしているというのだ。その一方、ブータンと比べれば経済的にはるかに豊かであるはずの日本では、若者から大人まで「将来に希望が持てない」と嘆いている。いったいこの「差」は何なのだろうか。経済的な豊かさが真の幸福につながらなくなってしまった今、「本当に幸せな国の条件」とはどんなものかを考えてみよう。

これを読んで、手放しで、本当だね、ブータンは素晴らしいね、と賞賛していいのだろうか。

ブータンとは、次のような国であるという。

17世紀にチベットの高僧によって拓かれた仏教国、ブータン。ヒマラヤ山脈の東端に位置し、日本で言えば九州と同程度の面積を持つ、総人口およそ70万人という小国である。豊かな自然に囲まれ、農業を主産業とする同国には、日本から年間約7000人のツアラーが渡航しているという。

日本のマスコミで、ブータンが賞賛されたのは、以下のような経緯による。

そんなブータンが「幸せな国」と呼ばれている理由は、ほぼ全ての国民が「自分の生活は幸せだ」と感じているからに他ならない。2005年の国勢調査によると、「幸せ」に関する意識調査で、ブータン国民の実に97%が「幸せ」と回答したという。

経済的には必ずしも恵まれていない小国にもかかわらず、ブータン国民はなぜそれほど「幸せ」を感じられるのだろうか。それは、ブータンが「国民総幸福量」を国の豊かさの基準としているからだ。

私は、内乱がほとんどない国があったとして、そこの元首が日本にやってきて、わが国はとても平和に国ですというなら、なるほどと納得する。国の平和さは比較的簡単に定義できる。しかし、「国民総幸福量」とは一体何なのか。意識調査をして、国民の97%が「幸せ」と回答したというのは、見方によってはおそるべき全体主義ではないかと、私はつい感じてしまう。

ブータンによると、国民の幸福度は、以下のように指標に基づくという。

  1. 公正で公平な社会経済の発達
  2. 文化的、精神的な遺産の保存、促進
  3. 環境保護
  4. しっかりとした統治

ここに物質的豊かさが入っていないことを私は評価するが、しかし、素朴な疑問は、なぜ多様な個性の尊重や、文化の発展がないのだろう、ということである。

今が安定しているなら、幸せならそれでいいではないか、と言われるだろうか。しかし、人間は本質的に飽きる動物である。いや、犬や猫をみていても、特に猫はそうかもしれないが、飽きを嫌う。少しずつパターンを変えようとする。脳の本質であるといってよい。そして、飽きてしまっては折角の幸福度も翳ってしまうのではないか、というのが私の問いかけである。幸福は必ずなにほどか時間微分項を含むはずなのである。

ちなみに、国民総幸福量は上位から、次のとおりであるという。

1位・デンマーク、2位・スイス、3位・オーストリア、4位・アイスランド、5位・バハマ、6位・フィンランド、7位・スウェーデン、8位・ブータン、9 位・ブルネイ・ダルサラーム、10位・カナダ、11位・アイルランド、12位・ルクセンブルク、13位・コスタリカ、14位・マルタ、15位・オランダ、 16位・アンティグアバーブーダ、17位・マレーシア、18位・ニュージーランド、19位・ノルウェー、20位・セイシェル

これをみると、国民総幸福量上位の国は、次のような特徴をもつ。

  • 地理的にも、経済的にも小国である。
  • 政治的に安定している。
  • 充実した社会福祉。

これは、裏を返すと、ある程度以上の経済規模をもつ国は、経済装置のコストが大きく、国民の格差も増大して、どうしても不幸な人々を抱えざるをえない、ということである。

そのような経済大国に住むわれわれは、ブータンに倣って自分の幸福を設計することは困難である。ただ、日本にあっても、自らの個性を保って、知足の精神で地道に生きていくことは可能であり、それはマスコミの記事に踊らされてブータンを賞賛することではないと思う。

このブログ記事は、独特の感性をもつ知り合いが、ブータンの国王に違和感というか嫌悪感を感じると述べていたことで、書いてみた。そもそも、「国民の幸せ」を売りにして日本にやってくるという目論見は、私の感性にも合わない。あまりにも個人の個性に依存する幸福を指標化してはいけないとどうしても感じてしまう。

現世度

user-pic
0

自宅でお茶を沸かしていると、ふと現世度という言葉が浮かんだ。これは霊格の高さと逆の概念のようであるが、微妙にニュアンスが違う。

例えば、唐突であるが、ロシア革命をリードしていたのはレーニンよりもトロツキーだったのかもしれないが、結局レーニンの死後、スターリンによってロシアを追われて客死することになったのはトロツキーであった。これはスターリンの方がトロツキーよりも現世度が高かったのだ、という言い方になる。なんだ結果論ではないかと思わないでほしい、これは寧ろ現世度の定義なのである。

それでは、現世度とは一体何なのか。思いつくまま列挙してみる。

  1. まず、現世度が高い人は、人生というものを、感覚的に楽しむためにあると思っている。すなわち、食欲、性欲、物質所有欲、支配欲、名誉欲などである。
  2. そして人生の目的関数が、そういう感覚的楽しさを最適化することにある。
  3. 但し目的関数なので、当然に制約条件を含む。制約条件には、自然環境、社会的制約、自分のリソース、他人のリソースが含まれる。
  4. ところが、いかに資本主義社会とはいえ、自分のリソースと他人のリソースの境界は必ずしも明確ではない。
  5. そこで、欲望を満たすことを最大にすることを目的関数とする人を、正の現世度をもつ人、と定義する。
  6. その目的関数の制約条件の少なさがすなわち、現世度の高さである。

また将棋の話であるが、櫛田陽一六段は、四間飛車専門とはいえ、その筋のよさはプロの間でも定評がある。いまだに、櫛田はA級八段までいけたはずではないかと酒飲み話につぶやく一流棋士もいる。コーヤンこと中田功七段も同様である。

そして、櫛田六段やコーヤンがうだつが上がらない理由もみんな周知である。勝負に対する執着が少なすぎる、すなわち、現世度が低すぎるのである。いくら筋がよくて優勢を築いても、中終盤の戦いは長く、泥臭く粘ったり絡んだりしないとまず勝てない。

そういう例は、将棋のような勝負ならずとも、会社にも、政治家にも、宗教家にも、世間のありとあらゆるところで遭遇することができる。

なお、欲望を満たすことを最大にすることを目的関数とする人を、正の現世度をもつ人、と定義する、と述べたが、おそらくであるが、基本的に現世度が負ということはありえない。ただ、目的関数の制約条件を増やせば増やすほど、現世度は次第にゼロに近づく。

すると、仏教などでいう悟りとは、戒律としての制約条件を増やして、現世度を下げていく操作とも定義できる。

さて、生まれてきた者はみな等しい現世度をもち、生後の努力により現世度が決まるのであろうか。世の中を観察していると、どうも違うようである。すなわち、生まれてくるなり力いっぱい泣き叫んで、親の注意を引く子供もいれば、存在感が薄いので、生まれてきたのに忘れ去られ勝ちの子供もいる。

そして、繰り返すように、この世は現世なので、現世度が高いと、他人を押しのけて生き延びやすい。憎まれっ子世に憚るで、罵詈雑言に負けず強く生きていく。あるいは、現世度が強いと、他の強い者に平気で追従して、現世度のボソン凝縮を引き起こす。

これも推測であるが、現世度は、個人をして長くこの世に留まって修行させるためのインデックスなのである。だから、現世度が乏しくて戦いに敗れ、この世を早々に去るとしても、それはそれで予定の行動なのであった。

そういえば、ワニは一度に50個くらい卵を産むという。ワニの母親は、産んだ卵が孵化するまでじっと見守り、産まれてきた体長数センチの子供達を、口にくわえたりして、川に入るように促す。面白いのは、ワニの子供達は、折角母親がくわえて川に連れていこうとしても、食べられるのかと本能的に心配して逃げ回る。ところがそうやって親の心知らずで川まで追い立てても、その後ワニの母親を追跡しない。そのまま放置して、ワニの子供達はいきなり自己責任で生きていかなくてはならない。しかし、体長数センチのワニの子供たちにとって、捕食することさえままならないのみならず、その小ささでは逆に魚の餌になってしまう。こうして、子供たちが無事大人になれる確率というのはわずか1%しかないというのだから驚く。その1%のところにも微妙に現世度が影響を与えているのだろう。

こうして現世度の普遍性に思いを馳せるのであった。

ヒッグス粒子がついに?の続きであるが、読売新聞によると、下記のように、CERNがかなり高い確証を発表したという。

世界的な素粒子物理の研究機関である欧州合同原子核研究機関(CERN)は13日、宇宙の物質を構成する素粒子に質量を与える「ヒッグス粒子」を99・98%の確率で見つけたと発表した。
そのクレジットは、下記のように、ATLASとCMSの両方に与えられる。
発表したのは、東京大学や高エネルギー加速器研究機構など日本の15機関も参加する「ATLAS」実験グループと、欧米を中心とする「CMS」実験グループ。

ただ、下記のように、完全な確証に至るにはあと一歩のようである。

ATLASグループによると、10月末までのデータを分析した結果、素粒子の質量を示すGeV(10億電子ボルト)で、126GeV(陽子約130個分)前後の質量を持つ、未知の粒子とみられるデータが含まれていることが判明した。今回は、物理的な重要性を考慮してあえて厳しく見積もることも試み、その結果は98・9%だった。ヒッグス粒子の存在が確認されたと断定するには、99・9999%の確率に達することが必要だという。CMSグループもヒッグス発見をうかがわせる結果を得たと発表した。

産経新聞の記事では、来年にはヒッグス粒子の存在を宣言できる見込みだそうである。ご本尊のピーター・ヒッグスは、エディンバラ大学の名誉教授で現在、82歳、かなりの高齢なので、見事ヒッグス粒子の存在が確定して、亡くなる前になんとかノーベル賞を受賞してほしいものである。

ちなみに、ヒッグス粒子の存在が確認されたらどんな恩恵があるのかというと、私の拙い理解では次のとおりである。

  1. 標準理論のゲージ理論の妥当性がいえる。
  2. ビッグバン後の質量生成を、ヒッグス機構に基づき、比較的簡易な仕組みで説明できる。なぜなら、クオークやレプトンやゲージ粒子は、ヒッグス粒子との結びつきを通じて質量を獲得するからである。

しかしである、ヒッグス粒子の存在が確認されても次のような課題が残る。

  1. 質量の起源に書いたように、ヒッグス粒子の存在は直ちに、クオークや、ニュートリノなどのレプトンの質量を解明するわけではない。
  2. ヒッグス粒子と、クオークやレプトンの結合定数は別途測定しなくてはならない。

先日、たまたま休暇だったので、自宅で渡辺対谷川のA級順位戦を観戦した。渡辺も谷川も4勝1敗で、6連勝の羽生を追う。ただ、数字上は互角だが、最早羽生を超えたと一部で喧伝される渡辺に、谷川は勝てないと思った。

本局は谷川の後手番なので、谷川の作戦が注目された。なにしろ渡辺の角換戦が鉄壁であることは、先日の竜王戦で実証されてしまった。谷川とて角換は得意な戦法の部類に属するが、流石に往年の切れ味を欠く谷川は最早渡辺には角換では勝てないだろうと思っていたら、谷川の作戦は2手目32飛戦法だった。一時代前なら2手目に32飛とすると、馬鹿にしているのかと怒られるだろう。しかし、今や2手目32飛戦法はプロにも認知された立派な戦法であり、統計的にも32飛側の勝率が高いという。

それでも2手目32飛戦法は順位戦としては意表だったが、その意外な出だしにも拘らず、局面はよくある角交換振飛車対居飛車の対抗形に落ち着いた。

渡辺が88玉と玉を固めて待機していると、谷川は△45歩、▲同歩、△42飛と、やや強引な捌きをみせた。渡辺は飽くまでも渋く▲67角と局面を静めようとするが、谷川はさらに強引な手順で桂損して飛車を成り込んだ。駒損であるし、先手玉も固いので流石に渡辺よしと思った。プロの検討も同様の結論だった。

しかしそこから谷川が決め手を与えない指し方に相転移するのである。17に馬を作って自陣に効かせ、51歩と底歩を打って長期戦に持ち込む。検討のプロからは思わず大山流だね、の呟きが漏れる。

その瞬間、私は今期の渡辺対羽生のA級順位戦を想い起こした。それは後手の羽生がごきげん中飛車で、定跡に従い馬を作った渡辺が、45の馬で後手の36歩を取り払おうとしたとき、羽生は、突き捨てられている24歩を利用して、△25角と打った。当面単に36歩を守る意味しかないが、プロなら誰もが知っている山田定跡の一変化で、大山が先手の攻めを受け止めるためだけに△25角と打った手とアナロガスである。

その将棋は、戦前からの予想を裏切って、渋い指し回しで羽生が渡辺に完勝した。一方、渡辺対谷川はどうか。谷川の渋い差し回しも、渡辺の終盤力の前に差を詰められていく。ところが最後、谷川の乾坤一擲の光速流で見事谷川が勝利を収めた。

こうして、渡辺に対しては次のことが言える。

  1. 弱点というわけではないが、矢倉や、角換、横歩取りなどの相居飛車系よりもまだしも振飛車の方が勝機がある。げんに、棋王戦で渡辺は、振飛車党の久保に挑戦したが、1-3で防衛されてしまった。
  2. そうは言っても、なにしろ今期勝率8割を誇る渡辺である。単に振飛車さえすればなんとかなる、というものではない。そこで効いてくるのが、ガマの油ならぬ、大山のエキスである。すなわち、振飛車から仕掛けておいて、急に大山流の渋い差し回しを取り入れると、渡辺が調子が狂って変調になる。ただ、そこから勝ち切るには、少なくとも羽生や谷川並みの終盤力を要する。
  3. 羽生は、順位戦で渡辺と当たったとき、王座戦でも渡辺と番勝負しており、たしか1敗だった。そこで、振飛車+大山流を王座戦でも投入するかとおもいきや、しなかった。なぜか。理由は大山流閾値仮説である。すなわち、大山流は大山以外の人にとって強烈な放射線であり、短時間なら大山ホルミシス効果により勝利をもたらすことがありえるが、連採すると次第に勝てなくなる。だから羽生は渋々、振飛車+大山流を封印したのである。

大山ホルミシス効果の恩恵を一番受けたのは、藤井九段である。すなわち、大山の棋譜を徹底的に研究することで竜王に上り詰めた。また、独自の工夫の藤井流は一世を風靡した。しかし、大山流の放射線を浴び続けた藤井は、今では青息吐息である。

結局大山流は、使用上の注意を守ってお使い下さい、副作用があらわれたら直ちに使用を中止してください、なのである。どうみてもアマチュア向けではない劇薬なのであって、羽生・谷川クラスも、滅多に使わない。

そういえば、リトル大山と喧伝された南九段はすっかり低迷しているし、大山ばりの受け将棋と褒められた永瀬四段も、大山流に見切りをつけて、まるでトベ流のようなゴキゲン中飛車と石田流使いに変貌して活躍している。賢明な選択なのだった。

能力検査

user-pic
0

CATVで、流石に囲碁・将棋チャンネルばかり観ていると飽きるので、ヒストリ・チャンネル、ナショナル・ジオグラフィック(ナショジオ)などのチャンネルに変えたりするのだが、ナショジオで興味深くみている番組の1つに、「メーデー!」という、過去の飛行機事故の原因究明のシリーズがある。

以前にもこのブログでは、背面飛行で、ナショジオのロシアのアエロフロートのエアバスA310-308の番組について触れたが、最近ナショジオのスイスの航空機の事故は、あまりにもありふれた問題を改めて考えさせるものだった。

それは、2001年11月24日午後10時6分頃、ベルリン発チューリッヒ行きクロスエア3597便アブロRJ-100が、チューリッヒ・クローテン空港に最終進入中に空港の東4~5Kmの森に墜落した、というものである。

この事故は当初、管制官の管制ミスが疑われたが、原因を究明するうちに、パイロットの滑走路目視確認ミスであることが分かった。実は、その飛行機のパイロットは、パイロットの試験を何度も落ち、適性を疑問視されていたのだが、懸命の努力でパイロット試験に合格して、クロスエア航空に入社した後、同社の急速の発展でパイロットの人材が不足してきて、そのため一気に昇進して機長に上り詰めた。

形式上、機長に昇進したとはいえ、適性のなさは覆い難く、スイスに着陸するところを間違えてイタリアに着陸しようとしたり、その他熟練パイロットにはありえないミスを多発しており、周囲にそれに気付いてそのことを報告する者もいたが、なぜか、経営陣は、そのパイロットを機長から降格させることはしなかった。

上記のような事象がなぜ起こるか、私なりにまとめてみる。

  1. 最初に問題になるのは、不適切な登用である。それがなぜ起こるかを考える前に、適性というものの性質を改めて考えてみると、適性あるいは才能は、すべての技芸の大前提であり、適性あるいは才能が十分でないと、どんな努力や経験を以ってしても職業的なレベルには到達しえない、という法則をまず受け取れる必要がある。そこで次の点に留意すべきである。
    • やる気、人格、容姿などいかにポジティブであっても、当該技芸の適性を欠くと思われる場合、決して採用してはならない。適性が不明確であるなら、一定期間試用してみて、見極める。
    • 他のスキルからの類推は決してしてはならない。例えば、オリンピックの金メダリストだと抜群の運動神経があるので、よきパイロットになれるなどという類推はしてはならない。当然に、英語ができるだけで採用したら、超あぶない。
    • 閨閥、学閥、友人関係で採用するともっと危ない。
  2. 次は、地位に囚われてしまうことである。例えば、上記の例のように、ポストの不足から適性が足らない人が機長に登用されてしまうと、知らない第三者はどうしても、prima facieに、機長としての必要なスキルを備えているとみなしてしまう。そして、裁判ではないので、そのprima facie性はなかなか吟味されることがない。
  3. さらに、地位の慣性の法則も働く。すなわち、適性が乏しくても、長くその地位に留まっていると、多少の不祥事があっても、ベテランだからと大目にみられる。しかし、何度でもいうが、経験は適性を改善しないのである。これは適性の黄金律である。
  4. さらに、より強力には、過去の実績の累積による慣性が働く。しかし、適性の別の法則があって、それは、適性や才能は時間劣化しやい。すなわち、賞味期限がある。逆にいうと、才能を維持するためには常に、スキルのリソースを産生し続けなくてはならない。ノーベル賞物理学者だからといって、最早その根幹の物理学のスキルさえ、賞味期限が過ぎていることがありえる。晩年のアインシュタインがそうであったことを示唆する証拠がいくつかある。

こうしてスキルは、もし本質的な成果をそれに依存するなら、少なくとも間欠的に、吟味に晒されなくてはならない。言い換えると、評価自体が定期的にあるいは間欠的にリフレッシュされなくてはならない。特にパイロットや医師などは、人命に直接関わるが、会社だって部下の命を預かっているのである、くらいの真剣度でマネジメントしてほしいものである。

わざと

user-pic
0

先日の女流棋士の記事で、Aクラスの女流チームもBクラスの女流チームもともに三位だと書いたら、山椒魚さんから、以下のコメントを戴いた。

うがった見方で気が引けますし、将棋の世界ではあるはずもないと
考えたいことでもあるのですが、
最後は手を抜いたとは考えられませんか、

実際、仮にも女流とはいえプロが、アマチュアの楽しみを奪ってはいけないだろうとか、策士の米長会長なら、それくらいの指示は出しかねないと私も思っていたのだが、週刊将棋の職団戦の記事の写真をみて考えが変わった。準決勝で負けた矢内の顔が、悔しさに満ちていたのである。もし、なんらかの指示で手を抜いたなら、もう少しあっけらかんとしていただろう。わざと悔しそうな顔をするわけもない。そんな演技力があるはずがないのである。

そもそも、わざと負けるという行為は、プライドや棋力に対する害が大きすぎる。下手したらプロとして立ち上がれなくなる。それでもプライドや棋力に対する悪影響なくわざと負けるのは次のような場合である。

  1. フォーカス力に書いたように、リソースを絞っておいて、その上である程度真剣に指す。これができる棋士は多くない。升田、森内あたりがそうである。普通の棋士は、本当に駄目になって、どうしようもなく負ける。ただそれだけである。
  2. 真剣師に書いたような、職業的擬態としてのわざと負け。こうして油断させておいて後で勝って回収するというテクニックは真剣師のスキルであり、女優が悲しくなくても泣ける演技力にも相当する。ただ真剣師は、そのレベルに至るまでに確実にプライドや魂を毀損しているのかもしれない。それをくすぶりと呼ぶ。

これ以外にもちろん、自分は勝っても負けても結果により影響されないが、相手は負けると降級のような場合があって、そこで情にほだされて力が入らないとい場合の、わざと巻けがありえる。しかし、そういうことをしたら確実にツキに見放されるというのが、米長の示唆で、勝負師として再起不能になりかねない。

ところで、わざと負けるというのと似た意味で、昔から私の父が言っていたことがあって、それは、カラオケの話である。すなわち、父の知り合いに異様にカラオケが下手な人がいて、父はどうやったらあんなに下手に歌えるのかと、苦笑しながら私に言うのであった。そして父は、下手な人がうまく歌うのと同じくらい、上手な人がわざと下手に歌うのは難しいという。

そんなことないよ、上手な人がわざと下手に歌うのなんて楽だよ、と子供心に思ったのだが、今にして思うとやはり父の言うとおりだと、次のような例を考えた。

  • アメリカ留学を経験してネイティブのように英語が巧い人が、わざと、メタメタのジャパニーズ・イングリッシュを喋れるか。
  • A級ライセンスのドライバが、わざと縁石に乗り上げたり、その辺で車体をこすりまくったり、車線変更でためらって危険な目にあう、下手運転がわざとできるか。
  • ノーベル賞物理学者が、フーテンの寅さんみたいな格好して下町に行き、その辺のおじさん、おばさんと雑談し、下品なこといって盛り上がれるか。まあ、これは比較的容易か。
  • 一流料亭の料理長が、ダシもきいていなくて、まずくて食べられない味噌汁をわざと作れるか。

ともかく、「わざと」というのは、嘘のようなもので、軽い「わざと」は誰もが避けれられない。善意の嘘がそうあるように、相手を救う善意の「わざと」は、ある程度は許容範囲であろう。

しかし、プロフェッショナルの領域や、自己の利益に資する領域となってくると、「わざと」の許容度は低くなってくる。その禁を冒すと、プライド、そしてスキルそのものも侵食される。

別の観点からいうと、短い技芸ほど「わざと」はやりやすい。相撲やレスリングである。囲碁・将棋のような長い勝負、サッカーや野球などの集団競技となると、「わざと」は困難を極める。「わざと」が容易なゲームは連勝しやすい。例えば、レスリングで、連勝記録に書いたようなことが起こる。もちろんそれは、わざとやっていると言いなすものではない。

最後は、蛇足のまとめであった。

一般論でいうと、学校に通っている間に成績に全く無頓着であることは難しいし、会社勤めしている間に業績評価に無関心であることも難しい。

実際、学校で成績優秀であれば、先生の覚えめでたいし、会社で高い評価を得ると昇進し、年収も増える。

すると、学校ではひたすらテストの得点を稼ぐことにフォーカスし、会社ではひたすら、評価責任者である管理職の高い評価を得る方針で仕事するのがベストであるのかというと、実際そういう方針で生きている人もいるだろう。

しかし、そういう点取り虫を続けていると、周囲から浮いてしまう。それで、なんとか周囲と折り合いをつけていくことになるのだが、結局その根底に評価指向性を抱えて生きるのが人間の業というものである。

評価指向性は、若ければ若いほど、染まりやすくなる。なぜなら、人生の未来の長い時間をバラ色に塗るか、褐色にくすませるかで、人生は大きく変わってくるからである。

だから私も、若い頃は、馬鹿についてに書いたように、小賢しく評価指向で生きてきた。人並みに稼いで結婚して幸せに暮らしたかった。

ところが、尊敬する人生の先輩から、評価はあとからついてくる、とアドバイスされた。すなわち、目先の評価に拘らないで、損な仕事でも頑張ってやりなさい、というものである。

小賢しい私は、損な仕事でも頑張ったら、いつかは必ず評価されるのですか、と愚問を発した。すると、尊敬する人生の先輩は私を黙ってみていただけであった。こいつ、とうしようもない奴だと思ったのかもしれない。

その後人生を生きてきて分かったのは次のことである。

  1. その場のステークホルダーだけの言うことを聞いて、評価指向を続けると、短期間で評価され、運がよければ高い地位に就ける。ただ、ステークホルダーが代わると、その評価が維持される保証はない。これは短距離力である。
  2. 評価に拘らないで、損な仕事でも一生懸命やっていると、ある種の、現金でない見えない貯金ができる。見えない貯金は、組織において微妙な人望や信頼につながる。しかし、その人望や信頼が却って仇になって、何もしない場合よりも冷遇されてしまうことがある。人生のヨブ効果といえようか。
  3. そうやって頑張ったが故に却って谷底に落とされることがあるが、谷底で自分を支えてくれるものは、見えない貯金である微妙な人望や信頼であったりする。このとき、地獄で仏という意味を噛み締めることになる。
  4. それでももし昇進が人生の重要事であると思うなら、見えない貯金がある程度溜まってからやおら、少しずつ評価指向に切り替えばよい。
  5. それでも、飛行機ではないが、評価指向の高度を上げすぎると、見えない貯金を食いつぶして失速する。

こういう人生の操縦の難しさを垣間見たので、私は今更のように職人を目指している。

本音をいうと、もう輪廻転生したくない。人生は生きにくすぎるからである。どう考えてもそうは問屋がおろしそうにないので、せめて地球でない別の星に生まれることを希望するとしよう。

女流棋士で、女性より男性の方が、囲碁・将棋に強いのは、なりふり構わなさで優っているからである、という議論をしたのであるが、いろいろな人と話してみると、それは相当に分野によるようである。

例えば、私が個人的に好きな「岸壁の母」という演歌があって、それは舞鶴の港で、終戦後引き上げ船に息子がいないかと、船が着くたびに迎えに行く女性の話であるが、これなどある意味、相当になりふり構わない話であって、思い込みが強すぎる女性ともいえるが、一方で、母の子供に対する思いは半端でないという例でもある。すなわち、「岸壁の母」はいても、「岸壁の父」というのはちょっと考えられず、こういう分野のなりふり構わなさは、異論はあるだろうが、私見では男性の0-9のコールド負けである。いや、2-9くらいか。

親子の感情でなく、恋愛にまつわるなりふり構わなさとなると、よくわからなくなるが、私が直ちに思いつく例は、クレオパトラに入れ込んだアントニウスであって、アントニウスは確かに、クレオパトラに対する恋愛感情ゆえに、ローマを売ろうとしたのであって、これほどなりふり構わない行為もちょっとない。

全然別の例では、青森住宅供給公社で、元経理担当主幹が、チリ女性に貢いだ事件がある。これも、なりふり構わなさのレベルは相当高い。

付き合いを断わられて拳銃で相手を殺して自分も死ぬという最悪のパターンの無理心中も、男性が女性に仕掛けることが多い。すると、恋愛にまつわるなりふり構わなさは、男性が女性より上なのだろうか。

恋愛にまつわる女性のなりふり構わなさとなると、思い出すのは、三和銀行巨額横領事件の伊藤素子である。なにしろすべては愛人の南敏之という愛人の指示に従ったというのだから、これも第一級のなりふり構わなさである。

どうしても、恋愛に関して男性のなりふり構わなさが目に付くのは、一般的に男性が権力・財産を女性よりもっていることが多いからであろう。アントニウスだって一介の平民なら、クレオパトラは、はなもひっかけないであろう。

そして私が想起するのは、女ストーカーで述べたような安珍・清姫伝説であって、感情の深さと、それに起因するなりふり構わなさでは、やはり女性が男性を圧倒するという仮説を私は提示する。男性は、暴虐にはなるが、蛇にまではならない。

女性のなりふり構わなさの影が薄くなるのは、対象が、概念や地位など、非物質的になってくるときである。数学の定理、囲碁・将棋の新手、宇宙の真理など、一部物好きな女性は男性に伍することができるが、全般的にこの分野は男性の方がなりふり構わない。

そして、岸田秀流でいうところの本能が壊れた、概念愛玩動物である人間にあって、抽象的な理念、概念、理論、イデオロギーは日々、粗大ゴミに出すほど産生されていることに鑑みると、この世はとりあえず、男性のなりふり構わない社会なのであった。すくなくない女性にとって、さぞかし生きにくいところであるに違いない。

ヒッグス粒子の発見については、ヒッグス粒子ヒッグス粒子についてヒッグス粒子ではなさそうと次第にトーンダウンして、もう当分ヒッグス粒子の記事はないだろうと高をくくっていたら、読売新聞によると、急にCERNがヒッグス粒子を見つけた可能性が高いという。以下、引用:

物質を構成する素粒子に質量を与えたとされる未知の粒子「ヒッグス粒子」を見つけた可能性が高まり、ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関(CERN)は13日、緊急の記者会見を開く。

「神の粒子」とも呼ばれるヒッグス粒子は、現代物理学の基礎である標準理論を説明する粒子の一つで、世界の物理学者が40年以上探索を続けてきた。存在が確認されれば世紀の大発見となる。

発表するのは、日本の研究者も数多く参加するCERNの「ATLAS」実験チームと、欧米中心の「CMS」実験チーム。いずれもCERNの「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」という実験装置を使って、陽子と陽子を高速で衝突させ、そこから出てくる粒子をそれぞれ分析した。

その結果、今年10月末までの両方の実験データの中に、ヒッグス粒子の存在を示すとみられるデータがあることが分かった。8月までのデータでは、存在する確率が95%以下しかなく、データのばらつきかどうか判断がつかなかった。

ところが、Not Even Wrong.に下記のようにある。

Update: This morning's rumors are a 3.5 sigma 126 GeV excess at ATLAS in the ATLAS-only combination, and 2.5 sigma at 124 GeV for CMS. Heuer's message to all CERN personnel says the December 13 announcements will be "significant progress in the search for the Higgs boson, but not enough to make any conclusive statement on the existence or non-existence of the Higgs." Presumably they're waiting for 5 sigma before claiming conclusive proof.

なるほど、CERNは、確実な結論はまだ宣言しないが、統計的優位性が高まった有意義な結果が得られて、大きな進歩といいたいらしい。すると、ヒッグス粒子発見は時間の問題ということになる。

また、この記述によると、ヒッグス粒子の質量は124 GeV - 126 GeVあたりらしいが、これは、ヒッグス粒子の質量が115GeV以上であるが、144GeV以上にはならないはずだという通説と整合する。ただ、ヒッグス粒子が見つかったとして、ああ標準理論の正しさが保証されたと安堵するだけなのか、それともそこから新たな知見が生まれてくるのか、そこが知りたいのだが。

知り合いからも紹介された記事なのだが、読売新聞によると、NASAがこれまでで最も生命の存在に適していると考えられる惑星を見つけたという。以下、引用:

ワシントン=山田哲朗】米航空宇宙局(NASA)は5日、これまでで最も生命の存在に適していると考えられる惑星を見つけたと発表した。

地球から600光年離れた「ケプラー22b」と呼ばれる惑星で、直径は地球の2・4倍。太陽とよく似た恒星の周りを290日で公転しており、気温は22度前後と推定される。

NASAはケプラー宇宙望遠鏡で一部の方角の観測を続けており、同日時点で2326個の惑星候補を発見。うち48個が、熱すぎず冷たすぎず、生命に適当な範囲の温度に収まっていると判定した。ケプラー22bは、この範囲の中でも真ん中で、生命にちょうどいい環境らしい。

生命の存在に適した惑星に関する私のブログ記事として、下記がある。

すると、ケプラー22bをこれまでで最も生命の存在に適していると考えられる惑星と呼ぶためには少なくとも、地球に似た星で言及されているグリーゼ581gと比較する必要があるが、そのあたりの比較はどうなのだろう。

そもそもケプラー22bが地球から600光年の距離であるのに対して、グリーゼ581gは20光年である。この距離の差は大きい。

ただ、20光年だからといって、今の地上の宇宙工学の技術で、有人航行することは不可能であろう。そもそも、20光年でも、普通の航法なら200年はかかり、その間人間の生命を保つためには冷凍保存するよりない。しかも、着いた先で生きていける保証は全くない。仮に生きられる環境だったとしても、向こうの住人が受け入れてくれる保証もない。

現実的な惑星間航法の示唆の一つは、「宇宙人ユミットからの手紙」ジャン・ピエール・プチ、徳間書店に記述されているものである。すなわち、ユミットによると宇宙は双子構造で、2つの宇宙からなる。われわれが存在する宇宙から、何かの操作で他方の宇宙に行き、そして戻ってくることで、実距離に関係なく短い時間で航行できることのようだが、詳細は分からない。このような宇宙の構造は、カルツァ=クライン理論に似ているし、スーパーストリング理論が提唱する高次元空間にも似ている。カルツァ=クライン理論は重力と電磁気力を統一するために作られたものであるが、とても示唆的なのは、ユミットの宇宙船は、電磁流体力学の原理に基づく。そして、電磁流体力学によって重力を操作できるらしいのだが、このあたりから地上の科学を超える。

戻って、「宇宙はどこまでわかったか?」岡村定矩編、数学セミナー別冊から、惑星の観測方法を纏めてみる。

  1. 直接観測法 - 惑星と恒星を見分けて観測する。
    • 高解像度観測により、惑星と恒星を見分けて撮像する。
    • 惑星からの熱放射を赤外線波長で検出・撮像する。
  2. 間接観測法 - 惑星からの光を直接撮像するわけではない。
    1. ドップラー法:惑星の公転周期による恒星の速度ふらつきを分光観測により検出。なんと最近では、人が歩く程度の速度のふらつきも検出できるという、一番成熟している惑星観測技法である。
    2. トランジット法:惑星が恒星の前面を通過する際の明るさの変化を検出。最近発展している技法であって、この方法による観測のため、NASAが2009年3月に衛星を打ち上げた。上記の記事も、この衛星により観測されたものであろう。この技法では、1万分の1の精度があれば、地球程度の惑星も見つかる。
    3. マイクロレンズ法:惑星を伴う恒星が、背景の恒星の近くを通過する際の重力レンズ効果による明るさの変化を検出。名古屋大学が、この方法で観測している。
    4. アストロメトリ法:惑星の公転運動による恒星の位置のふらつきを検出。
    5. ドップラー法とトランジット法を組み合わせた方法:すばる望遠鏡が採用。

惑星観測学は、1995年に実質的に惑星の存在を観測したことで発展し始めた若い学問である。今後期待するところ、大である。できれば惑星の住人と交信してほしいのだが、これはちょっと無理か。

島嶼の利点

user-pic
0

前にも書いたが、私は瀬戸内海の島の出身であって、そのことがずっと私のコンプレックスであり、実質的に不便でもあった。

コンプレックスというのは、本土の高校に進学したとき、島の出身であるということで馬鹿にされた。なぜ馬鹿にされるのかとも考えず、やはり離島だから仕方ないのだろうと諦めていた。

不便というは、船で行かなくてはならないことである。そして定期便は、夜7時くらいが最終で、ちょっとうっかりしていると帰れなくなってしまう。それで部活にしても常に、最終便の時間を気にして慌てているような具合であった。また、ちょっと霧がかかったり台風になったりすると船が欠航になって学校を休んだ。ただ、これだけは本土の人に羨ましがられた。

また、地元でお見合いをしたときも、離島の出身であることはネガティブにみられた。こうして私は、離島出身であることを恥ずかしいと思ったことはあっても、誇らしく思ったことは一度もないのであるが、歴史をみると、ある事実に気付く。それは、英国の繁栄である。

国家というものは普通、広げれば広いほどよい。なぜなら、古代より、領土拡大を狙って隣国に攻め入るというのが国家の覇道であり、常道であったからである。

すると、16世紀にあって繁栄するのは、広大な国土をもつ中国であったりロシアであるべきところ、世界を股に掛けたのは、意外にも英国であった。私は自分のコンプレックスを投影して、なんであんな島国が、と怪訝な思いに捉われた。

しかし、顧みると、日本が鎖国の下で独特の平和な日々を享受できたのは、日本が英国ばりの島国であったからであった。何よりも四方の海が自然の防塁となる。そして日本辺境論にあるような独自性を日本は発揮したのだった。

そういえば台湾は、蒋介石が本国の共産党勢力に押されて逃げたところであったが、今となっては台湾は、中国以上の安定と繁栄を享受している。

極めつけはアフリカの国々である。スーダンなどで例証されるように、中東やコーカサス地方などとともに、世界でもっとも不安定な地域かもしれないアフリカの国々にあって、意外に安定しているのはやはり島嶼国家である。すなわち、「アフリカ53国のすべて」PHP文庫のよると、アフリカ大陸から東に1700キロ離れているセーシェル共和国は、人口84000人で455平方キロメートルという小国であるが、常夏の楽園として観光の名所であり、共和制を敷き、経済水準の高さが社会水準を押し上げている。

あと、モーリシャス共和国は、人口128万人でセーシェルより大きいが、やはり民主的で積極的に海外企業を誘致して繁栄している。天国に一番近い島とも喧伝される。

ところが、アフリカの島国であっても、マダガスカルやコモロ連合はあまり政治的に安定しているとはいえない。これはもしかして、アフリカの島国といっても、セーシェルやモーリシャスよりも本土に近く、すると不安定な国々の影響を受けてしまうせいなのかもしれない。

こう考えると、島国だから直ちに繁栄するとはいえない。ただ、あまり大きい規模でない国家というのはまとまりやすく、また、他の国ある程度海を隔てていれば、なにかと独自性を発揮しやすい、とはいえる。

一方で、島国根性というのはあるのであって、島にいると、島で一番将棋が強いなどと、今考えたら笑止のような自慢が横行したりする。それでもいまだに鍵をかけないで済む、極めて治安のよいところであることには変わりがない。

ということで、完全ではないにしろ、島出身コンプレックスを多少緩和しつつある私なのであった。

イエスマン

user-pic
0

イエスマンというと、ネガティブな響きがあるが、必ずしもネガティブとは限らない。例えば、設定に相当無理があるが、私がある米国系多国籍企業のCEOだとする。そして、日本、中国、ヨーロッパなどに支社を作って展開したいとする。

そのとき私が、長年のビジネス経験から世界中のビジネス状況を知り抜いていて、世界的に明確なビジネス・プランがあるなら、私が各国の支社長としてほしい人材は、優秀なイエスマンである。すなわち、私の指示をたちどころに理解し、1を聞いて10を知り、直ちに実行するイエスマンである。

すこぶる優秀でなくて、1を聞いて10を知ることができなくても、その都度指示を仰いでもらっていい。

間違っても支社長として採用したくないのは、下手に自律的に思考し、こちらの指示をいちいち吟味して、本当にこれでいいのかと聞いてくる輩である。なにしろCEOとしての私の指示は絶対であって、私の長年の経験に基づき、ほとんどあらゆる場合にそれは妥当なのであるから、黙って指示を実行すればよいのである。

すると、支社長の指示の下で働く社員も、上司の指示だからと疑いをもたず粉骨砕身頑張る社員でなくてはならない。

例えば、日露戦争では、大本営の指示に疑いをもたず忠実に実行する性格であるということで、イエスマンとして、東郷平八郎が海軍大将に任じられた。実質は、秋山真之などの活躍により、日本海海戦に大勝利を収めた。

では、太平洋戦争ではどうだったか。やはり同様のスキームから、東條英機が、実質的な戦争責任者に任命された。東条英機は、そのイエスマン的性格から、天皇の指示や忠告に忠実であって、信頼が篤かった。よって後に、岡田啓介らが東條追い落としを画策したときも、天皇の信認がネックとなって、引き降ろすことに大変苦労した。結局、引き降ろすには戦局の重大な悪化を俟たなくてはならなかったことは、終戦工作に書いたとおりである。

以上から言えることは、"a yesman does work."なのであって、イエスマンを貫くことは成功への鍵である。

イエスマンとして成功する秘訣は、次のとおりである。

  1. prima facie属性をもつこと。イエスマンとして抜擢されるには、まずprima facieに目立たなくてはならない。なんの家柄も学歴も閨閥もないなら、木下藤吉郎のように、懸命に取り入る必要がある。
  2. オリジナルの思想をもってはならない。例えば、石原莞爾のように、自説を滔々の述べる戦略家は、結局相手にされない。軍の上層部からしたら、これほど使いにくい人材もいない。そういう意味で、哲学書の類は厳禁である。歴史書も通説と淡々と述べた教科書的なものだけを読むべきである。
  3. 実行能力は必要である。東條英機も、決められたことはきちんと実行する能吏だった。
  4. 酷薄性。イエスマンに徹すると、当然に部下との軋轢が生じる。その際、いささかの同情も見せてはならず、機械のように冷静に事を進めることが期待され、それ期待に応えることが次の昇進を約束する。
  5. 判断停止。オリジナルの思想をもたないということとも関連するが、指示を、ん?おかしいなと思っても、そこで判断停止できる、思考のブレーキを利かせることができなくてはならない。停止線の向こうには決していかない。流石に壁に貼らないにしても、上司の指示は絶対である、と自分に言い聞かせるのである。

これを全てマスターすれば君も立派なイエスマンであり、一生食いはぐれがないだろう。こんな重要なスキルをどうして、ビジネススクールで教えないのだろうか。あ、そうだった、習わなくても女は泣けるのであり、習わなくても素質があれば、明日から立派なイエスマンになれるのだった。

ルール・ショッピングで述べた内容とも関連するが、恣意的ルール、あるいはルールの恣意性とでも呼ぶべき事象が世間には存在する。書いてみると当たり前のことなのであるが、改めて記述する。

恣意的ルールとは、その目的とするところは一応尤もらしいが、歯止めを内包しないルールである。例えば、私のように家に篭り勝ちで、昼食も自席で一人で食べるのを旨とする者は、もうちょっと他人と付き合った方がいいと言われる。それはごもっともであって、そこで、なるべく他人との付き合いを優先しなさいというルールを作るとする。

ところが、ただでさえ付き合いが好きな人にこのルールを適用すると、毎日のように飲み歩いたり、ゴルフ三昧したりして、歯止めが利かなくなる。経費が嵩みすぎだと、その配偶者が文句いうと、何をいう、会社や友達づきあいで自分の地位は保たれている、付き合いを減らして自分の社会的生命が絶たれたらどうすると、極端な反論されて、おとなしい配偶者だったら、呆れて黙ってしまう。

私が所属する知的所有権の部門で、特許、著作権、商標などの判例が重要であることは論を俟たない。そこで、部門の方針として、判例を勉強し、判例を活かした仕事をしましょうというと、それも尤もらしいが、行き過ぎて、判例研究に傾倒してまるでロースクールのようになると、仕事どころではなくなる。

なお、歯止めを内包しないルールを恣意的ルールと呼んだが、よく考えると、ルールそのものに歯止めが内包されていることはあまりなく、ルールには暗黙的に歯止めが課されるのが普通である。それでは、その歯止めにはどんなものがあるだろうか。

  1. 社会常識や慣習、これが重要である。すなわち、社会常識に照らすと、付き合いが大事だといっても、自ずと家庭と付き合いのバランスが考慮される。
  2. リソースの制限。これもまた歯止めになる。すなわち、いくら付き合いを広げようにも、先立つものが十分でないとままならない。
  3. 上位管理職からの指示。これは有効であるが、上位管理職の社会常識にどれくらい期待できるのかは不明である。
  4. 宗教的タブー。イランのような政教一体の国家でないと難しいか。

歳をとってきたせいか、世間が成文のルールだけに配慮して、社会常識や慣習を古めかしいと軽視する傾向があるように思われる。すなわち、行間が読めない、あるいはわざと行間を読もうとしないなど、住みにくさをましてきているように思えてならない。

必ずしもボトムアップの双対の内容になっていないが、トップダウンについて友人と議論した。いや、議論したというより、教えを受けたというのに近いので、私のオリジナリティはないが、ともかく話したことを私なりに以下、記述してみる。

例えば、経営のやり方には大別してトップダウンとボトムアップがあって、どちらが優れているということはなく、場合による。

それでは典型的なトップダウンの組織とは何かというと、それは潜水艦である。すなわち、潜水艦においては、潜航、浮上、深度、魚雷の方向、魚雷の発射、すべて艦長が決定する。すると、艦長のちょっとした判断ミスは直ちに全員の死亡につながるので、艦長は、経験、スキル、部下からの信頼など、あらゆる資質を備えていなくては、戦場でしかるべく活躍することはできない。当然に潜水艦でボトムアップや民主的運営はありえない。浮上するかどうか議論諤々でおたおたしているうちに、敵の水雷の餌食になってしまう。

会社組織でも、特にヨーロッパの企業など、上位管理職が業務の細部まで通暁し、また、現場の問題点なども適時把握している。こういう企業から物品を購入して欠陥がみつかると、当然にその不具合を先方の企業に伝えて対策をとってもらうのであるが、いい意味でトップダウンの企業だと、副社長、社長のレベルの人がわざわざ日本にやってくる。日本の感覚だと、先方の社長がやってくるのは、儀礼的にトップとして不具合を詫びるという趣旨で、そこに必ず現場の製造部長などを伴っていて、実際の対応は製造部長の方であるが、トップダウンの企業だと、社長レベルの人が技術も詳しくて実際にこちらから内容を聞き、おそらく飛行機の中でも整理して、本社に帰って陣頭指揮し、製造部に直接指示する。こうして迅速に対応が行われる。

このように、組織において、トップダウンが成立するためには、以下の条件が揃っている必要がある。

  1. トップ自らが詳しい業務知識をもち、現場にでかけて、きちんと状況や問題点を把握している。
  2. トップがきちんと全体の責任をもつ。間違っても、お前らのせいだとふんぞり返って責任逃れすることはない。
  3. トップも運命共同体の一員である。すなわち、組織が危機に瀕したら、自ら真っ先にその危機を被る。これはまさに潜水艦の艦長モデルである。

このような素地が揃っていないのに、トップダウンの手法を採ると悲惨なことになる。その典型は、戦時中の大本営である。大本営は、東京の司令部に篭り、現場の状況を把握することなく、あるいは、茶坊主のように阿る、牟田口のような司令官の情報を鵜呑みにして、インパールのような無理な作戦を敢行するよう指示した。この作戦の無理さは、多くの熟練司令官に反対されたが、現場を把握しようともしない、悪い意味でのトップダウンの大本営は、ネガティブ情報に対して聞く耳をもたなかった。

会社組織でも、間違ったトップダウンの手法が導入されると、悲惨なことになる。例えば、外資系企業だとすると、一方に指示を出す本国本社の上級管理職がおり、他方に日本にその指示の実行部隊がいるのだが、その間をインターフェースするのは、日本におけるローカルな管理職たちである。

ところがともすれば、ローカルな管理職たちは、単なる伝言係に成り下がってしまう。すなわち、本国本社の指示を、いついつまでにやりなさいと実行部隊に伝えるだけの役割である。そこに、英語が読める以上のスキルはほとんど必要なかったりする。

もっと悪いことに、間に入るローカルな管理職が、本国本社の上級管理職の指示を厳しい方に上書きしてしまう。例えば、年末までにやりなさいという指示を、12月20日までにやりなさいと変更して、それで指示する。そうやって部下が大急ぎで処理して早めに達成すれば自分の指示が適切だったと評価される。もし過ぎてしまうと、何やってんだと叱責する。

こうやって、ローカルな管理職は、単に上からの指示を投げただけなのに成果は独り占めし、もしうまくいかないと、部下の不手際のせいにして、部下が直接責められる構図をつくる。これはとても甘美な仕事のやり方であって、単に指示を転送するだけの手間で、ほとんどリスクなく成果がえられる。

ローカルな管理職の別の仕事は、本国本社向けの報告書を書くことである。それが成果の反映なので、そこに委細を尽くす。こうして、部下への指示と報告書作成で仕事が完結する。

その場合、現場は見ない。すなわち、量子力学の観測の理論ではないが、現場を観察することで、何かしら責任が生じる。そこでいろいろ問題点や要望を聞いたとしても、ローカルな管理職は基本的に本社に報告することはない。なぜなら、問題点や要望を報告することで、自分に新たな仕事が生じるからである。また、ローカルな管理職としての忠実性を疑われる、とつい信じてしまう。

このようなトップダウンを続けていると、確実に組織は壊死状態になる。処方箋は、ボトムアップの要素を大幅に取り入れ、トップが現場をきちんと把握するようにするしかない。もちろん、トップが結果責任をとる。例えば、「巨象も踊る」、ルイス・V・ガースナー著、山岡 洋一他訳、日本経済新聞社などにその方策が書いてあるが、それを実行するのは気が遠くなるような長い道のりを要する。

動脈硬化に陥った人体を、速やかに健康体にする方法なんてないのである。

情報の公開

user-pic
0

国家でも企業でも、情報は極めて重要で、そのため情報を秘匿して秘術が尽くされる。個人間でもそうで、独自の知識やノウハウを公開してしまっては、優位が保てない。

しかし本当にそうか。例えば、将棋の村山慈明五段といえば、序盤は村山に聞けで、将棋の序盤知識の大家である。その村山五段は、序盤の変化について同僚の棋士に質問されると、何でも臆さず教えるだけでなく、聞かれていない変化にまで言及するのだという。

それに対する解釈として、村山五段は人がいいとか、とても知識が深いので多少教えても教えつくしていないと安心しているなど、いろいろありえる。

人がいいというのより寧ろ、とても知識が深いので多少教えても大丈夫、という方が妥当性がありそうだが、私の解釈は少し違っていて、他人に知識を披露することで、新たに知識を仕入れる弾みをつける、というものである。

そんなことがありえるのか、自分だけの知識として秘匿して活用した方がいいではないか、と常識的には考えられるが、どうもそうでもないようである。

ここで私の仮説を示す。それは、秘匿中の知識は、頭の中を澱ませる、というものである。例えば仮想的に言うと、頭の中では、脳細胞と同様に知識も互いに連接してネットワークを構成しており、互いにリンクを張って統合した知識をつくりだしているが、秘匿中の知識は、リンクの隘路となってしまう。よって、ときどき秘匿中の知識を開放しないと、知識体系が不活発になる。

例えば、江戸時代の家元は、各々が門外不出の秘伝をもっていた。もし秘伝を洩らすと破門、最悪の場合は命を取られてしまう。では、そんな家元が発展しただろうか。おそらくほとんどは、然したる発展もなく消滅してしまったはずである。それもまた、上記の秘伝の沈滞化の原理による。

すると、特許制度も、別の解釈ができる。すなわち、技術の公開の代償として、その技術に対する一定期間の独占権を与えるというのが建前であるが、特許実務を知る者なら分かるように、独占権を主張できる権利というのは特許明細書で公開した内容よりもずっと少なく、技術の公開の代償という意味では割りにあわないかもしれない。

すると私の解釈は、ともかくも特許出願として公開してしまうことにより、情報を機密にしておくことによる組織内の澱みを軽減する、というものである。ともかくも公開してしまうことにより、自由闊達に新しい内容に向かえる。さもないと、秘匿した情報によって、組織内が動脈硬化を起こしてしまう。

そうなら、特許出願でなくても、論文として公開してしまうのでもいいのかもしれない。ただ、論文は、学会誌などに掲載されるのであるが、特許ほど公開性が強くない。言い換えると、特許の公開力は強力で、IPDLなどを通じて、明治時代から現代までの特許公報が自由に閲覧できる。論文だと、会員でないと閲覧できない文献が少なくない。よって、特許出願というのは、最高度の開放性を享受することができる、という次第である。

ただ、今までの議論は情報処理分野での特許屋の乗りであって、化学や薬品の分野の特許は重みが全く異なる。そういう分野の特許をほとんど扱ったことがないので、どうしても感覚として理解できないのである。

達人戦

user-pic
0

将棋に、ちょっと変わった棋戦がある。それは、富士通杯達人戦であって、富士通の関連ホームページの記述は、次のとおりである。

富士通杯 達人戦 は、1993年に創設された、将棋界唯一のシニア戦です。現役ベテラン棋士から選抜された10名が一番勝負のトーナメント方式で「達人」を目指して競います。決勝戦は週刊朝日誌上で観戦者を募集し、有楽町朝日ホールにて大型スクリーンによる公開対局で行われます。

そして、その出場資格は、次のとおりである。

  1. 「40才以上の現役棋士」前回優勝者・準優勝者に優先出場権
  2. タイトル保持者
  3. 永世称号者
  4. 竜王戦1組通算5年以上在籍者および順位戦A級通算5年以上在籍者
  5. タイトル獲得経験者
  6. タイトル挑戦経験者
  7. 竜王戦1組ならびに順位戦A級在籍者

それで、おおっと思ったのは、今年の達人戦決勝戦前の、米長の発言である。すなわち、今理研と共同で、将棋連盟では棋士の脳の働きを調べるプロジェクトをしているが、被験者は、40歳以下でなくてはならないのだという。

果たして将棋は、40歳を過ぎると弱くなるのか、と自問しても、もともと弱い私の棋力を顧みても意味はない。ただ、それを実証するデータはある。今年の羽生の成績である。すなわち、名人を森内に奪われたのはともかくとして、その後広瀬とはデッドヒートを演じた。ほとんど防衛されそうだった。また、渡辺竜王には今期、A級順位戦で勝った以外は、王座戦で3タテをくらい、王将戦リーグでも負けた。あと羽生が負けた相手は、糸谷と豊島で、みんな20台である。

一方羽生は、深浦にも、佐藤にも、また当然のように達人戦で当たった面々にも負けていない。

こうして、お肌の曲がり角は25歳だと言われるが、将棋の棋力の曲がり角は40歳ということになる。

将棋よりやや緩やかなゲームである囲碁では、棋力の曲がり角はもう少し上だろう。例えば、囲碁の趙治勲は、41歳で11年ぶりに名人奪取(以後4連覇)し、大三冠を達成したが、その後は、ぽつぽつと十段位を取ったり取られたりと、少しずつ低下していった。すると、囲碁でも似たようなものか。

よく、数学や物理学のような典型的な理系学問では、若いときでないと業績を上げられないというが、アイデアの種を見つけるのは確かにそうかもしれない。しかし、見つけたアイデアを発展させるのは、40歳を過ぎても問題なく、おそらく60歳でも平気であろう。

私がそういう理由は、囲碁・将棋は結局、知的格闘技であり、短距離走なのである。瞬時にいろいろなことを考えぬかなくてはならず、すると年齢による衰退は大きい。それが棋力の曲がり角は40歳という理由である。

一方、数学や物理は、知的長距離走であり、知的登山である。しかもゆっくりマイペースで登坂すればよい。ただ、坂道を登るには、若さ以外の知的脚力とでも呼ぶべき才能が必要であり、だから私などのような者が極めて低い数学の山にしか登れない理由なのであるが、知的脚力があれば、年齢による減衰はあまりないようである。ただ、もし数学が、数学オリンピックのように、決まった時間に問題を解かなくてはならないような時限ゲームになると、突然、将棋的・囲碁的になるであろう。すなわち、40歳以上で急速な低下を示すようになる。

そのアナロジでいくと、囲碁・将棋だって、昔のお城将棋・お城碁のように、持ち時間を実質無制限にして、いくらでも考えてもよいようにしていると、囲碁・将棋が、数学・物理的になる。では、大山康晴はそうだったのだろうか。お城将棋的という意味では、大山ほど遠い者はなく、日々人を訪ねたり、対局中もしょっちゅう席を外した。多忙きわまれりだったが、なぜか圧倒的強さを維持していた。

すると、大山康晴は別格なのか、問うまでもないか。しかし、その大山康晴が中原に名人位を取られたとき、既に49歳だった。その後大山は、中原からタイトルを奪取することもあったが、名人だけは届かなかった。すると流石の大山といえども、歳には勝てなかったということになる。

すれすれ

user-pic
0

よく肉は腐る直前が一番おいしいと言われる。また、昔ラジオを作っていたとき、コンデンサを調整して発振してしまう直前が一番感度が高いという経験をした。

すると、多くの事象で、駄目になる直前が一番パフォーマンスを発揮する、ということになる。まさに、天才と狂気は紙一重、マッドサイエンティストではないが、狂気に一番近い天才が一番優れている、ということになる。

しかし私はどうも、あまりにもリスクを回避しようとする。例えば、断わられると分かっているような女性を絶対口説かないし、ギャンブルや、株式投資の類にも一切手を出さない。極端といっても過言ではない。

また、車を運転していて、ガソリンがまだあと満タンの半分もあるのに、すぐに給油しようとする。兄弟でもこの点、性格が違っていて、私の弟は、ぎりぎりまで給油はしないでも平気である。それで路上でエンストになったこともあるらしいが、なかなか懲りない。私はとてもそんなリスクを冒す気にはなれない。

なので、発明の評価をしていて、特許サーチをするのだが、比較的近い従来技術が見つかると、こんなのではとても狭い権利しか取れないので出願は諦めようと思ってしまう傾向がある。

しかし、それは特許実務家としてもしかして慎重すぎる態度であって、世間の趨勢は、進歩性ぎりぎりのところで特許出願して、審査で許されれば広い権利になるのでめっけもの、という少しギャンブルじみたやり方であろう。

確かにレメルソン特許もそうであるが、当たり前なのにどうも従来技術がなくて、侵害警告されたら渋々ライセンス料を払わざるを得ないような特許があるようである。

ただ、そういう、すれすれ特許は段々ノスタルジーになりつつあるのではないか。実際、数年前に物議をかもした、ジャストシステムを訴えた松下電器のヘルプ機能特許も、文献を検索されて撃沈された。次第にすれすれ特許が跳梁しにくくなっているのは確かだと感じる。

そう感じるというか感じたいのは、上述の私のリスクを回避する性格によるのだが、ただ、本当に私が徹底的にリスクを回避する性格なのか、それは分からない。

例えば、今までも書いてきたように、私のサラリーマン生活は、上司との喧嘩の連続であったし、今の外資系に勤務するようになっても、平気で上級管理職にニューヨークまで行って直訴したり、わざと指示をやりずこして外人上司にどやされたりと、本当にリスク回避傾向なのか、自分でも分からない。

それでは極端なリスク回避と、上級管理職への直訴が矛盾しているかというと、実は私なりにそれは一貫しているのであって、その理由を今から説明する。

どうしても例が将棋になるのだが、私は将棋においても、序盤はまったりした矢倉戦法というのを好む。すなわち、平凡な矢倉戦法では淡々と駒組が進み、いきなり駒がぶつかったりすることはない。私の日常と同じである。

しかし矢倉戦法は、自分の玉付近に相手の飛車や角が直射することになるので、攻め合うとそれは激しいことになる。まさに足を止めての殴り合いである。リスク回避もどこ吹く風である。

私の人生も、普段着々と地道に働いて積み上げておくのであるが、一旦駒組ができると、あるきっかけで、果敢に攻めていく傾向がある。そうなると、上司と喧嘩はするわ、会社を二度まで辞めるわ、と落ち着かない。

実は特許出願だって、最初は進歩性の余裕をみて出願するものの、一旦特許出願してからは、ぎりぎりの引例を突きつけられてもなかなか屈せず、狭い請求項でも無理やり頑張ろうとする。往生際の悪さ最高である。

ともかく、最初は処女のごとく、後は脱兎のごとくが私のスタイルなのだが、大抵は最初は処女のごとく、のままなので、なんと地味な奴なのだ、で終わっているようである。

私物化

user-pic
0

私は所有権という概念がどうもいまいちピンとこない。それは私が法律の初心者だからなのだろうか。というのは例えば、イギリスというのは日本と変わらない島国であるが、そのイギリスで、見渡せないくらいの広大な土地を所有する元貴族がいたりする。その所有の根拠は登記所の記録を見れば分かるのだろう。そうやって画定された土地に他人が無断で入ると、所有権(占有権)に基づき、不法侵入だと排除する権利を行使できる。

しかし、その土地の土壌を調べても、所有権を示す証拠は出てこない。すると、所有権なるものは、物権といいつつ実は、様々な人々の歴史や力関係や契約関係に基づく債権、もっというと虚像にすぎないということもできる。

なにをとち狂っているのかといわれそうだが、私が比較するのは、自然法則である。すなわち、自然法則が及ぶところが神の所有物であるといいなすなら、世界は神の所有物なのであり、それと比較したとき、所有権などの仮想性は覆い難い。

おっと、ここでそういう趣旨のことを述べようとしているのではなかった。私物化の話である。すなわち、私が自分の部屋にいて、乱雑に本が散らかっているが、ちょっと突き詰めれば上記のようにその根拠は希薄になるにしても、その本たちに対する私の所有権は常識的には明確で、疑いの余地はない。

それでは会社ではどうだろうか。今は経費削減でなくなったが、以前は、ボールペンだの、ノートだの、業務用に会社で貸与していて、それを持ち帰って私物化することは形式的には社内規則違反であるが、ある程度なら黙認されている。

しかし本当の問題は、ボールペンやノートの私物化ではない。もっと別の会社リソースの私物化こそが問題である。そこで以下例示してみる。

  • 帰省の交通費を浮かせるために、実家のそばの事業所への出張を無理やり作る。
  • 取引先の担当者とゴルフして、費用を会社経費で落とす。
  • 取引先の担当者と飲み食いして、費用を取引先に払わせる。
  • 社用車を、ゴルフなど私的な目的に使う。
  • 会社の資金を私的な目的に流用する。

ここまでは分かりやすいのだが、以下のような例になると、次第に錯綜してくる。

  • 自分の名前を売って、将来の転職などのために利用するために外部委員会に出席する。
  • 人事権をもつ者が、個人的な趣味の同好や交友関係に基づき、昇進や報償などを恣意的に与える。
  • 自分の地位を利用して講演、執筆などを行い稼ぐ。
  • 善意で諫言してきた者を、権限をもって冷遇し、遠ざける。

権限を有する管理職というのは、責任が重くて大変なので、その余得として、多少の恩恵としてのリソースや権限の私物化は許容範囲であろう。ここでも閾値ありモデルが成立する。

しかし問題は、特に権限の私物化であって、見る人が見ると明らかなのに、物証として挙げにくいので、なんらかのチェック機構が存在しないと暴走する可能性がある。今の制度は、管理職が高い倫理性を備えているとの前提で、性善説でルールが定められているが、管理職が仕事の能力も倫理性も高いという保証は全くないのである。

要約して言うと、私物化とは、利用可能な権限やリソースを、自分と自分の身内に便宜を与えるために優先して使用することである。そのとき、自分と自分の身内の人たちは、自分に尽くすためのリソースの一部に過ぎない。そしてどうしても規則は、タンジブルなりソースの私物化を抑える方向にシフトしているので、インタンジブルなりソースの私物化は、驚くほど無法地帯に放置されていたりするのである。

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。