2012年1月アーカイブ

何かの書評で、「中国の大盗賊・完全版」高島俊男著、講談社現代新書が紹介されていたので、早速買って読んでみたが、実に面白い。そこで私になりコメントしてみる。

まず盗賊は、世界のどこにでもいた。当然に日本にもいた。しかし、中国の盗賊は、国土の広さのせいもあるのだろうが、日本の盗賊とはかなり性質が異なる。すなわち、日本で盗賊というと、コソ泥のような趣があるが、中国の盗賊は一般的に規模が大きく、また、白昼堂々と行動したりする。

中国の盗賊の要件は、次のとおりである。

  1. 官でない
  2. 武装している
  3. 実力で要求を通そうとする
  4. 集団

では、どうして中国で盗賊が発生するかというと、飢饉や治世が乱れるなどの原因で仕事や食べ物が不足すると、腹が減ったり、あぶれたりする者が増える。すると、共通の利害の者たちが意気投合して集団をなすのであるが、あまり暴力が得意でない者たちは乞食集団を形成し、血の気が多い者たちは武闘集団を形成する。その武闘集団が盗賊となる。すなわち、乞食集団は物乞いをしながら旅をし、盗賊は略奪しつつ、旅をする。

どうして中国で盗賊が発生しやすいかというと、広大な国土の割には、作地面積が狭い。すると、人口は多くても、農作業の需要が少ないので、多くの人があぶれてしまう。だいたい、小人閑居するとろくなことをしないので、集団をつくって、不善をなすというのが盗賊の源となる。

他の理由として、中国では国土が広すぎて、北京などにヘッドクォータをおいた政権も、地方までリソースを割けない。だから、地方で集まった盗賊集団を征伐しようにも、軍備が不足している。また、地方となると、権力が及ばないので地方の独自の勢力がいて、盗賊がそういうところと結託すると手が出せなくなる。

さて、盗賊は、簒奪により食料が足りると、次に女がほしくなる。そこで、美人をみつけたらさらって、盗賊は幹部はこれを妻にする。妻をもつと次には、権力というか、政権がほしくなる。そして勢力を続けて、一介の盗賊が本当に中国を統一するに至った例が少なくないというのだから、驚きである。日本の源平など、とりあえず天皇の血筋なのであって、中国の雑血性というのは結構すさまじい。

盗賊集団が成長する要因には、内的要因と外的要因がある。外的要因というのは、飢饉、天災、戦争、政権の財政や組織の腐敗などであり、要するに乱世である。それは下克上であって、乱世こそ、一介の盗賊にも天下を獲るチャンスを与えうるのである。

内的要因というは、集団を纏めるためのスローガンである。例えば、仏教の一派である弥勒教や白連教に基づく紅巾賊、道教の一派である大平道に基づく黄巾賊、太平天国のキリスト教などである。こうなってくると、宗教の平和思想や平等思想、不殺の教えなど建前でさえなくなる。

しかし盗賊集団が成長する要因に意外にもさらに必要なのは、不平知識人である。典型的には科挙に落ちた知識人である。不平知識人は、子供の頃から儒教の教えを受けているので正義感が強い。それで、乱世になると、許せんという思いもひとしおなのである。そうやって盗賊集団に加わった知識人は、戦略策定、スローガンづくり、交渉、文書作成などとても重宝される。いかに盗賊が跳梁してもどこか中国は文治に憧れる伝統がある。もし盗賊集団が天下をとると知識人は、高級官僚に納まることができる。

さらに、盗賊集団が成長するためには、情報網を築かなくてはならない。人夫や商人から情報をえて、次の活動に活かさなくてはならない。

すると、中国では、乱世になったとき、資質と運と人材と情報に恵まれると、一介の盗賊であっても天下をとることができる。典型的には秦を倒して漢をうちたてた劉邦、乞食坊主から明の皇帝に成り上がった朱元璋がそうである。

その明を倒したのもまた、盗賊から身を興した李自成であった。その武勇伝は、いまでも中国国内で人気絶大らしいが、北京を占領したものの部下に裏切られたりして、40日で清に政権を譲り渡してしまった。

また、キリスト教をベースに貧民から身を興した、太平天国の洪秀全もそうである。私はどうしても洪秀全のイメージが、麻原彰晃に重なる。

しかし実は、中国において極めつけの盗賊は、毛沢東なのであった。まさに日本と中国国民軍の戦乱に乗じ、マルクス・レーニン主義をスローガンに、蒋介石の軍隊や日本軍に苦戦ながらも、次第に勢力を伸ばしていった。尤も、毛沢東がマルクス・レーニン主義をどれくらい理解していたか、実に怪しい。

ただ、毛沢東は過去の盗賊とは異なり、一通りの教養があった。なにしろ優雅な古典的表現の詩を作る才能もあった。この教養はしかし後に仇になった。むしろ、知識人を大弾圧してしまうのである。文化大革命である。毛沢東が中国にもたらした惨状はここでは言及しないが、この本が「中国の大盗賊・完全版」である理由は毛沢東の記述のゆえである。すなわち初版は単に「中国の大盗賊」となっていて、1989年のことだった。当時はまだソ連崩壊の前で、社会主義中国を否定的に書くと反発される傾向があった。それで、初版では毛沢東の章がまるまる省かれて、今回追加されたので、「中国の大盗賊・完全版」なのであった。

日経のWebによると、特許庁は次期システム開発中断を決定したという。以下、引用:

特許庁が24日、東芝ソリューション(東京・港)に委託して進めてきた次期基幹システムの開発中断を決めたことは、知財保護の国際対応などの政策に影響を与える可能性がある。再発防止のための入札制度の見直しなども検討課題に上りそうだ。

同庁が開発中断を決めたのは、特許などの出願を受け付け、審査などを実施するための基幹システム。2006年に開発に着手し、当初は11年1月の稼働を目指してきたが、作業が遅れ、稼働予定を14年1月に延期していた。

同庁は昨年9月に有識者による検証委員会を設置して実態を調べていたが、委員会が「中断が妥当」と結論づけたことを踏まえて中断を決めた。同委員会の報告書は「東芝ソリューションの管理能力・開発能力が十分ではなかった」と指摘。同庁は業者を再選定して開発をやり直す方針だ。

開発中断で影響が懸念されるのは中国からの特許出願増加への対応だ。特許庁は中国の特許文献を日本語で検索できる機能を次期基幹システムに盛り込み、特許審査に役立てる方針だった。次期システムの稼働が遅れれば、中国の特許への対応も遅れることになる。

企業のロゴマークなどを保護する商標権、製品デザインを保護する意匠権にも影響が出そうだ。同庁は意匠の国際登録制度を定めた「ヘーグ協定」にも加盟を検討中。13年にも国会に法案を提出する予定だが、システム面の対応が遅れれば、施行時期などに影響が出る可能性がある。

システムの開発委託先の決定は一般競争入札を実施し、東芝ソリューションのほかNTTデータと日立製作所が応札。入札予定価格の6割以下という最も安い価格を示した東芝ソリューションが落札したが、同社に対する技術力の評価は低かったという。同庁は「技術的評価の配分が高ければ今回の事態は防げた」とみており、再発防止策の導入も課題になりそうだ。

この記事を知人から紹介されて、とても残念だった。というのは、私は、エキスパートなどに書いたように、1990年代に電子出願システムの導入に深く関与し、それとの関連で、知的財産協会の、電子出願を担当する委員会に参加することを許され、そこで、電子出願に対する興味から、誰よりも熱心に特許庁に意見を具申していた時期もあるからである。

私が電子出願システムに入れ込んだ一つの理由は、当時の日本の特許庁の電子出願システムが世界で唯一のもので、すると当然に世界に冠たるものだったからである。ただ、特定の既存のOSやプロトコルに与してはいけないと、UNIXのワークステーションベースの複雑怪奇なシステムになった。採用される媒体フォーマットも、JISフォーマットという、他のシステムと全くコンパチビリティのないものだった。そのような特殊なOSやプロトコルを使うと、1台で500万もするシステムとなり、普及を阻んだ。

1995年に、マイクロソフトがWindows95を発表すると、特定のOSに与しないと言っていた特許庁も次第に、Windows95ベースで電子出願システムを構築することを検討し始めた。インターネットが流行し始める時期で、TCP/IPを標準で備えるWindows95はこの点でも便利だった。しかし、保守的な特許庁が、いくらデファクトとはいえ、特定の企業のシステムに依存するとはどうしても私は信じなかったので、いよいよそれが決定されたときは、本当に驚いた。ただ、通信は依然としてISDNでのダイヤルアップであった。

だから、特許庁が、Windows95上の電子出願システムのα版を作成したのでテストしてくないかと知的財産協会に依頼があったとき、私が、真っ先に手をあげてテストした。多分日本初である。使ってみて、とても使いやすいことに感激した。なんでも富士通に委託して開発させているのだという。これが提供するインターフェースは、いまのインターネット出願と、ほとんど本質的に同一であった。ただ、細かいバグや仕様上の意味のない制限が沢山目に付き、私が指摘した項目は数十に及んだ。結構特許庁に聞き入れてもらったように思う。

特許庁、ホスト担当の日立、通信の仕組みのNTTデータ、クライアント・システム担当の富士通と、相互の協力で、パソコン電子出願と呼ばれるWindows向けの電子出願システムは、確か1998年に順調にリリースされた。2000年には、審判、意匠、商標にも対応した。

日本における電子出願システムは依然として世界に冠たる地位にあると思ったが、実はISDNによるダイヤルアップを使用する点で時代遅れであった。そして、後の者が先になるという聖書の喩えのとおり、韓国がいきなり、インターネットベースの電子出願を実現した。確か2000年頃である。それから米国、欧州とやはりインターネットベースの電子出願を採用し、日本は完全に置いていかれた。官僚的な体質が災いしたか、あるいは1990年から続く古いシステムのレガシーに足を取られたか。

日本がインターネットベースの電子出願を実現したのは、ようやく2005年になってである。2011年になってダイヤルアップを廃止して、インターネットベースに一本化し、その間特許庁は次世代システムを模索したが、次なる構想に苦慮していた。そんなとき、次世代システム受注に関する汚職事件が起きた。そこで関与したNTTデータが外されたので、大手ITベンダーは、特許庁から受注できると色めきたった。それまではNTTデータがほとんど独占だった。

ところがここにきての次世代システムの頓挫である。それが東芝ソリューションのせいになっているが、受注する側の特許庁の見込みの甘さもあったのではないか。ともかくこれによって中断するシステムは次のとおりである。

  1. 中国の特許文献を日本語で検索できる機能
  2. 意匠の国際登録制度を定めた「ヘーグ協定」に対応するシステム

これ以外にも、米国特許庁、欧州特許庁との三極との審査データの交換、審査包袋開放など、特許庁システムの課題は多いが、とりあえず緊急性はあまりない。中国の特許文献の検索も、特許情報ベンダんが着々と実現しつつあるので、そちらに依存することもできる。

ともかく、特許料収入で経済産業省の外郭の中では一番の潤沢な予算を誇る特許庁も、硬直化した官僚制度の桎梏から逃れられないようである。

リストラ

user-pic
0

読売新聞によると、NECが業績悪化を理由に、国内外で約1万人を削減するという。以下引用:

NECは26日、業績悪化を理由に、国内外で約1万人を削減すると発表した。

今年4~9月に実施する。1万人のうち正社員は約5000人で、11万人いるグループ正社員の4・5%にあたる。1万人のうち国内で7000人、海外3000人を減らす計画。削減に伴う費用として400億円の特別損失を2012年3月期連結決算で計上する。

NECは同日、12年3月期連結決算の業績予想を下方修正し、税引き後利益を、11年10月時点に予想した150億円の黒字から、1000億円の赤字に引き下げた。年間配当は見送る。

欧州危機の影響から、海外市場で通信機器の売上高が予想を超えて落ち込んだ。また、タイの洪水で電子部品工場が被災した上、パソコンなどに搭載するハードディスクドライブ(HDD)が不足して製品を出荷できなくなった。

NECといえば、ほぼ一年前にレノボとの提携があったばかりだが、欧州危機と、タイの洪水によるHDDの品不足が業績をヒットした。こうして1000億円の赤字となっては、もともと経営体力が低下しているなら、リストラもやむなしか。

シャープのリストラ回避のような考え方もあるが、流石に昨今、このようなやり方は無理なのかもしれない。

ただ、当然であるが、リストラはいろいろな意味で人的リソースを毀損する。NECとは無関係ながら、リストラのマイナス面について感じたことを列挙してみる。

  1. 例えば、上記NECの例では、11万人いる社員のうち1万人を選ばなくてはならないが、そもそも誰をどういう基準で選ぶのか全く不透明である。すると、本来残すべき人がリストラされ、どうみても役に立たない人が残るなどということがザラである。なぜなら、リストラすべき候補を多くの人が相談して、より妥当に選ぶということはまずなく、少数の管理職が話し合って、かなり恣意的に選ぶからである。そのようなことがあると、決定的に管理職に対する不信感が募る。
  2. そのような候補選定の不透明さ、恣意性があると、とりあえずイエスマンを決め込む人が増える。すると、一見平和な、しかし問題があっても見てみぬふりされる、暗くて生産性の低い職場ができあがる。
  3. イエスマンが跋扈するリストラフォビアが横行する職場では、きちんと正論を主張することすら、問題児、あるいはトラブルメーカーの所業とみなされる。
  4. さらに、恣意的なリストラ候補者選びは、スキルのバランスを壊す。例えば、マイナーであるが本質的な役割を果たしていた人が、その地味さから、無能、あるいはいなくても誰も困らないとみなされ、リストラの俎上に載せられる。果たしてその担当者が去ったあと、部門は静かな、しかし、大きな混乱に見舞われる。
  5. リストラ候補を決めるのが管理職であるなら、管理職はリストラの対象外である。たまたま管理職であるというだけの理由でそういう免責は不公平ではないのか。また、リストラは多くの場合、だぶつく役員や上級管理職を温存して、末端の現場社員に向けられる。
  6. また、リストラをする会社との評判は、その会社に入社しようとする応募者の質と量にヒットする。実際、新聞にリストラをする会社と書き立てられ、いまや人材の払底に苦しんでいる会社があると聞く。すると一層業績が悪化し、更なるリストラとなる。リストラがリストラを呼ぶのである。
  7. しかも結局、リストラがあって勇んで辞めていくのは、どの会社でも通用する優秀な社員である。世間に通用しない無能社員は決して辞めない。そんなことが可能なのかといわれるかもしれないが、日本の労働法の判例では、不祥事でもない限り、仕事の無能では、よほど継続的に問題がないと、社員をクビにできない。すると冷遇されてもしがみつくことができる。

業績が悪化し、あるいは業種がシフトすることで、どうしてもリストラが必然だとすると、リストラから生じる、上に列挙した強烈な副作用にどう対処するのか。私はうまい処方箋を思いつかないし、聞いたこともない。

宗教について考えることは、私のメインテーマの一つなので、友人から、「ふしぎなキリスト教」橋爪大三郎、大澤真幸著、講談社現代新書を紹介されたとき、迷わず買った。実はこの本は以前から知っていたのでが、アマゾンでの評価が芳しくないので、買うのを見合わせていた。

その読後感はというと、そんなに悪くないが、却って疑問が増えたようなところもある。ただ、一層疑問が増えるというのは、ある意味良書だともいえる。ともかく、必ずしもこの本の記述に沿ってないかもしれないが、私なりのコメントを記してみる。

まず、キリスト教の前提としてのユダヤ教であるが、「聖書の起源」山形孝夫著、ちくま学術文庫などを読んでも、どうもメソポタミア起源のようであるが、するとギルガメッシュ云々ということになるのだろうか。少なくとも洪水伝説は、シュメールやメソポタミア起源のようである。

それがユダヤ民族において、ユダヤ教となるのだけれども、それ以前のギリシャがゼウス他の多神教だったので、別にユダヤ民族も、ある種の階層付の多神教を奉じてもよかったはずである。しかしなぜか、一神教のエホバの神を奉じるようになった。このあたり、どのように説明されても、なんらかの偶然であったとしか思えない。

しかし、一神教というものは酷いもので、神は、他民族をしてユダヤ民族を虐待させたりして、どうもわかりやすい恩恵を授けない。それなら見限って他の神に乗り換えればよさそうなものだが、ユダヤ民族は異様に我慢強い。むしろ神が試練を与えて下さっているのだと耐えた。ただ、正直言って、神がこんな意地悪なものとは私にはどうしても思えない。そもそも人格神を私は信じない。怒って人々を焼き殺したりするのはむしろ、宇宙人に違いない。CATVのヒストリーチャンネルを観ていると、エホバ宇宙人説を信じる人は世界に結構いる。

そのうち預言者があらわれ、預言者、律法学者、そして聖書という構造ができあがった。出来上がると、預言者よりも寧ろ律法学者が重んじられ、預言者は阻害された。制度の硬直化のためユダヤ教でさまざまの問題が生じてきたとき、たまたま現れたのが、ナザレのイエス、後のイエス・キリストであった。私のイエス・キリストに関する理解は、キリストとキリスト教キリストに罪はないに書いた内容に基づく、とても異端なものである。

なぜ異端を信じるかというと、三位一体があまりに意味不明だからである。「ふしぎなキリスト教」の橋爪氏の説明を読んでも、いささかも納得性は増さなかった。ともあれ、イエス・キリストの死とその復活は尾宗教的には大きな事件であるが、キリスト教に矛盾を導入することになった。そして、矛盾を含む理論でどんな理論も許されるように、キリスト教は暴走していく。私には寧ろ本流と思われるグリノーシス派を異端として排除したこともそうである。

私の理解では、そういう矛盾を含むキリスト教に教会制度を導入したがカソリックであった。それは巨大な人間集団ではあれ、精霊や宗教とは関係ないものになっていく。

そういうカソリック教会に対する反発として、プロテスタントが現れた。プロテスタントは、教会を介することなく聖書をもとに直接神と向き合う。こういうプロテスタントが科学や資本主義のエトスになっていると橋爪氏は説明するが、どうも私は理解できない。というのは、中世においては、ヨーロッパよりも中国やイスラムの方が高い科学技術水準にあったのであり、しかし中国もイスラムも、プロテスタント・タイプの宗教を奉じていたわけではない。

すると、西欧に別の要因で科学技術が発達し、プロテスタントがそれを助長するように変容したとみれないだろうか。重ねていうが、三位一体などで矛盾を内包するようになったキリスト教は、最早なんでもありになったのである。

一方、イスラム教社会では、イエス・キリストのようなトリッキーな存在を想定しない分、矛盾を内包せず、よってきっちりとした律法の仕組みをもち、それが近代化に移行することを邪魔した。

ただ、果たしてイスラム教は、キリスト教にとって不倶戴天の敵なのだろうか。十字軍を想定するとそうなるが、寧ろキリスト教の側からちょっかいを出したのではないだろうか。

戻って、この本がアマゾンでの評価が芳しくない、というのはある意味仕方がない。なぜなら、宗教的な事項は各人こだわりがあり、なかなか単一の説明で済ませることはできないところ、橋爪氏は、意図的にクリアーカットの説明を与え、すると信者やキリスト教学者にとっては、おいおい、ということになろう。

それでも、私のようなキリスト教の素人が、この本を手がかりに、いろいろ疑問に思うことは意義があると信じる次第である。そういう意味で、これはとてもよい本である。

レビュー

user-pic
0

長年管理職をしたり、特許実務の専門職をしたりして、自分の仕事をレビューされたり、部下などの仕事をレビューしたりしてきた。そこでまず、なんのためレビューするのか、その目的を列挙してみる。

  1. 内容の妥当性を評価するため。
  2. 内容の正確性を評価するため。
  3. ケチをつけるため。
  4. 自分の知識を誇示するため。
  5. 指導のため。
  6. 仕事の惰性。
  7. バリュー・アッドするため。
  8. 暇つぶしのため。
  9. 自分の地位を確認するため。
  10. 持ち上げるため。

これで尽きているわけでないが、上記の各々の項目について簡単にコメントする。まず、内容の妥当性を評価するためというのは、承認権限者が、権限をもって申請書をレビューする。例えば、会社でプロジェクトを承認してもらうとか、特許庁の審査官による審査がこれに該当する。この場合、被レビュアーは、レビュー結果に不満があっても直接反論ができず、どうしても泣き寝入りしたくなかったら、所定の手続きで再度レビューを依頼しなくてはならない。レビューする側が怠慢だったとしても、恣意的なレビューをしてもなかなか咎められない。

内容の正確性を評価するためというのは、承認のために内容の妥当性を評価することに付随するはずなのであるが、必ずしもそうはならない。というのは、承認権限者が本来レビューするスキルがあるとは限らないからである。それでも指名により承認権限者に就くと、内容の正確性が必ずしも期待されないレビューが行われるので、そこをなんとかしようと、被レビュアーは、資料を理解しやすくしたり、場合によってはデフォルメしたりと、委細を尽くす。よって、内容の正確性がかなり担保されるのは、ピアレビューと呼ばれる、同じ業界に属する人によるレビューであって、典型的には学術雑誌の査読である。

ケチをつけるためというのは、内容の正確性を評価するレビューに付随して行われたりする。すなわち、自分と異なる、あるいは対抗する被レビュアーの申請内容のアラを見つけて酷評する。たいていにおいて、アラをみつけるのは容易なのであるが、特にアラを見つけるのに長じた人もいる。そして大抵の技法は、細かいアラをみつけて、この程度の正確さも達成されてないのだから、他の箇所は審査するに値しない、というものとなる。

自分の知識を誇示するためというのは、例えばたまたま承認権限者が学識経験豊かな人で、レビューする際の内容に事寄せて、自分の薀蓄を披露する。それに感心することで、承認権限者の歓心を得る。ただ、その薀蓄が貴重な情報源になることもあるので、あなどれない。

指導のためのレビューは、私もしたことがあるが、これはある意味一番難しい。というのは、ともかく直すべき点をみつけるのだが、ケチをつけるのでなく、どう直すか、それだけでなく、どう模範解答を書くのかまで用意しなくてはならず、すると、かなりぶ厚い実務経験が必要である。少なくとも私は、どう書くのか自分で考えなさいと突き放すタイプではない。熱心にやってみせなくては意味がないと考えるタイプである。

仕事の惰性というのは、立場上承認しなくてはならないので、めくらレビューというか、どんどん機械的にレビューするものであって、世の中には意外にこういうパターンもある。

バリュー・アッドするためというのは、指導のためのレビューと同じくらい意義があって、しかも難しい。当然に実務能力は要するし、それプラスアルファの何かも必要である。

暇つぶしのためというのは、承認権限者が、本当は簡単にOKしてもいいのだが、暇なので時間をかけていちゃもんをつけて差し戻し、バリュー・アッドしたとふんぞり返るものである。こういうのは実に困る。

自分の地位を確認するためというのは、見かけ上、暇つぶしのためと似ている。すなわち、簡単に承認しては沽券にかかわるので、差し戻させて、承認に勿体をつける。

持ち上げるため、というのは学会などで行われるらしい。すなわち、教授やその一番弟子などが、同じ一門の新鋭の論文を褒めて、デビューさせる。

このように、レビューというのは、仕事に本質的であり重要なのだが、人間の嫌なところがとても出やすいので、何かの歯止めが必要で、それでいて驚くほど何のチェック機構も組み入れられておらず、私は日々嘆息している次第である。

植物の戦略

user-pic
0

「ハチはなぜ大量死したのか」ローワン・ジェイコブソン、中里京子訳、文春文庫を読んでいて、この本のメインの趣旨ではないのだけれども、植物が進化してきたやりかたが興味深く記述されていたので、簡単にメモしてみる。

陸生植物は、3億年前に既に存在していた。そのころの植物は、シダ類、針葉樹、ソテツ類などで、風媒によって繁殖するため、風を受けるために高くそびえるものもあった。この頃の植物は、花をもたない。そして、風によって受粉しやすくするために単一種で群生する傾向があった。

その石炭紀の頃は植物には競争がほとんどなく、よって森林が一面、地上を覆っていた。植物の種類もたった500種類ほどしかない。

そういう陸生植物とともに、昆虫と両生類が共生していた。また、鳥類は2億8000万年前に出現した。

1億4400万年前も、地上にはまだ、3000種類ほどの植物しかなく、針葉樹が幅をきかせていた。昆虫にとって、針葉樹の花粉や胚珠は格好の栄養源であったが、針葉樹からすると痴漢やストーカー並みに迷惑千万で、しかし、食虫植物でもないので、黙って座視するよりなかった。

ところが、被子植物は、厭わしきバグ(昆虫)を、福音に転換するパラダイム・シフトに想到した。すなわち、匂い、形、匂い、擬態などを駆使した花をもつことを発明した。「昆虫さん、寄ってらいしゃいよ」戦略である。まさに革命であった。

すなわち、飛び回る昆虫たちを受粉に利用するのは、風を頼りにするよりもはるかに効率がいい。そのためには、貪欲な昆虫たちを惹きつける、魅力的な栄養付きの花をもつことを競った。

蜜を出す花をそなえて匂い、形、匂いで昆虫たちを勧誘すると、昆虫たちが花に宿り蜜を吸ううちに、昆虫の体に花粉がつく。満腹になると昆虫は別の花へと飛び、そこでやはり蜜を吸うと自動的に受粉の完了である。

このスキームは大成功を収め、被子植物は白亜紀、すなわち1億年前くらいまでになんと2万2000種ほどにもなった。今でいえば林立するITベンチャー企業、いや、あるいはキャバクラか。

初期の花はかなり素朴な形状で、いまからみると魅力に乏しかった。しかし、近隣の花が新しいサービスを始めると、負けじとサービスに委細を尽くし、どんどん凝った花があらわれた。まさに、花のミス・ユニバース・コンテストである。

さて、ミツバチの先祖であるカリバチは、もともと肉食だった。ただ、厳密な肉食ではなく多少は植物性栄養も摂った。ところが、被子植物の、文字通り百花繚乱に遭遇して、栄養戦略を根底から変えた。花粉専属にしたのである。

すると、カリバチはミツバチに進化し、ミツビシ、もといミツバチ・コーポレーションは大発展を遂げた。なにしろ、花粉源の花は有り余っている。あちこちから、ミーさん、こんど寄ってらっしゃいよと勧誘が喧しい。それでミツバチは、花粉をいれる籠のような部位をつくり、また、花を見つける複眼も発達させた。

ところが、花の方は競争が激化して、商売が苦しくなるものもでてきた。なにしろ、他の植物と似たような蜜や花を提供していては顧客(昆虫)が振り向いてくれない。そこで、オカマ・バーではないが、花は特化し、専門化した。例えば、ミツバチ様歓迎という看板を出す。どうやって出すかというと、花を、ミツバチが一番見つけやすい色にする、などである。

こうして、被子植物は、どんどん種類を増やしていった。ただ、擬人的に書いたが、このような種の爆発をともなう進化のやり方をダーウィンは、「忌まわしき謎」と呼んだ。あまりにも適者生存のスキームにあてはまりにくいように思われたからである。ここらあたりの現在の研究がどうなっているのか、機会があったら調べてみることにする。

理念の作品

user-pic
0

テレビを観ていたら、建築家の伊東豊雄が、東北大震災の復興について語っていた。知り合いに聞くと、伊東豊雄は日本の建築界で、安藤忠雄などとともに、トップクラスの一人だという。しかし、全く大家然としておらず、もう70歳だというのに、50台といってもよい若々しさである。そして、家をなくした東北大震災の被災者が集える集会所を設計したのだと、その構造を語る。数々の大作品を設計してきた伊東豊雄にとって、その民家のような集会所は、ほんの気まぐれかと思ったら、やはり彼なりに工夫というか思い入れがあるようである。

そこで急になんの脈絡もなく、「理念の作品」という言葉が浮かんだ。自分でも何を意図して浮かんだ言葉か分からず、理解に苦しむのだが、どうもこういうことらしい。

すなわち、物理学では数多の天才、秀才が集って、戦後、中間子理論、量子電磁力学、ゲージ理論、量子色力学と、成功を収めてきた。それはまさに建築でいえば、壮大な伽藍であり、壮大さにもかかわらず、細部にも神が宿る作品であった。

ところが、量子力学、場の量子論と重力理論を融合して統一理論を打ち立てようとしたとき、暗礁にぶつかった。超弦理論は救いの神になるかと思ったら、超弦理論小史に書いたように、紆余曲折をへて隘路に入りこみつつある。

こうして、少なくとも宇宙論や素粒子論や重力理論の理論家たちは、もう30年も全くブレークスルーがない、と嘆く。

建築界で、とてもチャレンジングな設計があって、世界の俊英が挑戦するのだが、30年間ことごとく失敗してきた、というものは、おそらくないであろう。それはなぜかというと、建築は、ある程度の規格強度をみたせば、あとはアメニティや人間の審美をみたすかどうかだからである。そこに完成はないにしても、人間の感性独特のアナログ性はあり、適当な落としどころを見出すことができる。

一方、統一理論にはそういう適当な落としどころはない。すなわち、ある極小の場面では場の量子論と整合し、別の大域的な場面では一般相対性理論と整合し、それが単一の理論の別の面でなくてはならない。それが難しすぎて、誰も成功しないのであった。

ただ、一方で、誰も成功しないという気安さはあるのであって、それでさまざまな思いつきを試してみることができる。失敗してももともとである。そうやって失敗がつづくと、人間の傾向としては、超弦理論のように、数学的技巧に走る。そして、数学的美には自然が対応するのだという悪しきプラトニズムがはびこる。

一方建築にあっては、ともかくも人間が快適に住めなくてはならないという実用性から、悪しきプラトニズムが入り込む余地は少ない。

ただそれでも、建築家になるのは、歩留まりとしては、物理学者になるよりは相対的に容易なのだろう。なぜなら、大学の建築学科を出ると大抵の人は建築の仕事に携われるが、大学の物理学科を出ても、物理学者になれるのは学年で一人か二人である。

だから、建築のような感性の作品に対して、物理理論のような理念の作品は、人類にあって超絶的に難しいのだといいたいのだが、牽強付会だろうか。

実はこのことは、コンピュータでいえば、ハードウェアの発展と、アルゴリズムの発展の対比とのアナロジである。ハードウェアの発展にはムーアの法則が適用できる場合があるのに、アルゴリズムの発展にはとても見通しのつけにくいものがある。なぜなのか、納得できる答えはわからない。

テレビ局とネット企業に述べたように、メディアには様々な事情があって、どうしてもニュースの公平性は歪むのであるが、別の観点として、「平成日本タブー大全」溝口敦、山村明義、一之宮美成、寺澤有、鈴木智彦他著により別の観点から、報道の歪みについてみてみる。

同書によると、報道の三大タブーは、「菊」、「鶴」、「菱」であるという。「菊」というのは皇室のことであり、「鶴」というのは創価学会、「菱」というのは山口組のことである。

これ以外にも、同和関係や、警察を意味する「桜」のタブーもある。

これらのタブーは、「菊」、「鶴」、「菱」自身が作っているというよりも、テレビ局とネット企業で言及した記者クラブが自主規制している面が強い。

それでは各論に入っていく。まず「菊」のタブーであるが、皇室は日本の象徴なので、戦前の不敬罪はもはやないにしても、軽々しい報道を規制するというのは理解できる。しかし、折角天皇ご自身が国民に伝いたいメッセージがあったとしても、マスコミでフィルターして、遮断、あるいは歪めてしまう。

次に「鶴」であるが、この本を読んで、創価学会の隠然たる力を改めて知った。その国際組織はSGIといい、世界に信者をもち、外務省並みの情報収集力を誇る。いや、外務省並みというよりも、創価学会は、外務省やその他の国家組織に人材を送り込み、影響力を及ぼしている。そうして、創価学会の多少の不祥事は規制するよう圧力をかける。私は週刊誌はあまり好きではないが、報道規制に風穴をあける努力は意味があると思う。

次に「菱」であるが、その報道に腰が引けるのは理解できる。ただ、例えば吉本興業と山口組のつながりはほとんど公然であり、そういう意味で、島田紳助と暴力団の関係も何も意外ではない。私は芸能界とヤクザの世界はどうしてもある程度、興行などで切ってもきれない関係だと思う。そういう意味で、ゆるくつながった関係を社会的に許容する方がかえって社会制御性として望ましいのではなかろうか。

タブーは芸能界とテレビ局、その他のマスコミの間にも存在する。例えば、ある有名芸能プロダクションの社長が、若手男性タレントに対して、ホモセクハラしたという事件があり、それは裁判まで持ち込まれたが、マスコミはほとんど報道しなかった。理由は、テレビ局にとって芸能プロダクションは、人気タレントの供給源だからである。吉本興業も然りである。

また、ディズニーランドと右翼が関係したという事件もあったが、これもほとんど報道されない。なぜなら、ディズニーランドもまた、テレビ局の貴重なリソースなのである。

「桜」のタブーとしては、パチンコ業界の放任がある。パチンコ業界は、競輪や競馬のような賭博の例外として制度化されていない。よって、刑法を厳密に適用すればパチンコ業界は違法になる可能性がある。それを放置しているというのは、警察にとって、パチンコ業界は天下り先などの権益源なのであろうと思われる。

また、赤線地帯が依然として公然と営業している箇所が全国にあるが、これなども警察はいちいち取り締まらない。これは警察にとっての利権というより、国民のある種の捌け口として維持されているのだろうか。

この他、在日外国人、同和関係などさまざまなタブーがあるが、この本を離れて、私が他に感じるのは、原発関係である。原発事故の情報自体が東電や情報を隠蔽しているということと、一方で、マスコミは、放射能と理性で述べたような趣旨に全く言及しない。いろいろな意味でバランスを欠いている。

いや、マスコミで更なる問題は、国際テロの扱いである。9・11疑惑や、9.11の計画などに書いたように、9・11テロはあまりに突っ込みどころが満載であり、それはある意味、突っ込みどころを爆発的に増やして局面を複雑化するという、羽生二冠が得意なやり方のようにもみえるが、しかし、どう考えても、火事が起きてない近隣のビルまで便乗して倒壊するなどありえない。いや、そのビルをみても何も思わない世間の方がもっとおかしい。

それと、ヒストリー・チャンネルで、9.11のドキュメンタリー番組を観ていたところ、ワールドトレード・センターに一機目の飛行機が突入した段階で、原因もなにも究明していないのに、ブッシュ大統領は、「これはテロリストの仕業だ。絶対に犯人は捕まえる。」と叫んでいた。これがいかに失言かちょっと考えたら分かる。ブッシュは予めシナリオを知っていたのである。ブッシュは少なくとも名優ではなかった。

際限がないのであと1つだけ挙げると、ウサマ・ビンラディンの死去である。なんでビンラディンがわざわざ、イスラマバードの軍事基地のそばに住んでいるのか。なぜ他国なのに平気で米軍がオペレーションするのか。

このように、国際報道は流石にスケールが大きく、タブーも大きい。Curiocity kills the cat.というが、おとなしくしておけ、ということか。

知的消耗

user-pic
0

友人が定年退職して、その後来るメールに、余裕というかじっくり考えて書いたものである、という厚みが感じられるようになった。それは当然だろう。なぜなら、会社で実務に就くということは知的な刺激を受ける面もあるが、その分、知的なリソースを消耗する。複雑なことをじっくり考えられなくなる。定年は時間的余裕をもたらす。

私が大学を卒業して就職したとき、最初は初めての社会人でいろいろ覚えることも多く、ついていくのに精一杯だったが、少し慣れてくると、与えられる仕事は書類整理に毛が生えた程度で、おそろしく退屈になった。別の言い方をすると、頭の知的リソースが余って仕方がない。

そこで、また物理学の教科書を買いなおして土日に勉強してみると、異様に楽しい。なんで大学時代に勉強をさぼったのか、後悔したが、今更遅い。当時大阪にいたので、有力な大学はいくらでもあった。だから猛勉強して大学院に行きたかったが、給料をもらう身分であっても薄給で生活はぎりぎりだった。しかも試験は得意ではないし、物理学の才能は大したことはないと思う証拠は山ほどあったし、一番の問題点は、会社を辞めると、生活が成り立たないことだった。

そこで結局、頭の余った知的リソースを消費するためだけに、猛勉強した。数楽者の限界で言及した友人の影響で、勉強は物理から数学にシフトした。そういえば、当時、正棋会で強豪の胸を借りて将棋に打ち込んだのも、知的リソースのはけ口だったのかもしれない。

結局大阪の会社を辞めて東京の別の会社に転職し、さらに今勤務している外資系の会社に転職できたのは、ともかく猛勉強して地頭を鍛えたせいもあると思っている。

ところが、前にも書いたが、外資系の会社は流石にレベルが高く、結構知的リソースを使い果たしたが、それはそれで幸いなことだった。しかし仕事になれてくると、また退屈を感じ始めた。ただ、ひたすら英文和訳の特許翻訳だけをやっていれば退屈を感じるのも道理である。

そしてひょんなことから結婚したが、今にして思えば、結婚というのはとても知的リソースを消費することなのだった。妻を娶らば才長けてというのは、少なくとも私に関しては全く当たらない。それが生活というものである。

しかし最大の知的消耗は、管理職に登用されたことである。これは結婚以上に私の人生の予定にないことであるのだが、人事に従わないということは会社に居れなくなることだと信じて疑わないので、渋々受け入れた。

管理職が私にとって最悪だったのは、頭でなく気を使うことだった。気遣いが苦手な私にとって、上司や部下、他部門の人達など全方位で付き合うことはほとんど限界で、ちょっとした知的なことも全く考えられなくなった。例えば、私は当時から数学セミナーを定期購読しているが、管理職だった頃は、毎月ほとんど1ページたりとも読まないで放置されていた。偏見かもしれないが、理系的なことは文系的なことよりも一層、静謐と沈思を要するようである。

当時は管理職の仕事で知的リソースが消費され尽くしていたので、知的な渇きもほとんど覚えなかった。変な喩えだが、ナンパが好きな男がいても、窮乏して空腹続きだと、ナンパどころではないというようなものである。

管理職を降りてから、特許実務を担当するようになると、発明を理解するために専門書を読むのだが、すると、15年ぶりに知的渇きという感覚が戻ってきたような気がした。特にアルゴリズム系の発明の理解に楽しさを感じた。ただ、発明は本来、私がオリジナルに思いついたものではない。もともと、情報処理系のアルゴリズムは、あまり興味の対象でもない。だから、これも変な喩えなのだが、ある女性が、男性と付き合うのが好きでキャバクラのホステスの仕事をしていて、それはそれで楽しいのだけれども、心から恋したことはない、だから本当の恋がしたい、という気持ちになってきたようなものである。

もっと分かりやすく言うと、管理職を降りてから、多少なりとも知的リソースが開放されて、また、発明を理解するために専門書を読むうちに、自分本来の知的興味が湧き上がってきたのである。すると、数学セミナーも毎月、少なくともざっとは目を通すようになってきた。

そうして、定年が見えてきて、昇進や昇給などどうでもよくなってくると、ますます自分が本来やりたい勉強に没頭したいという欲求がもたげてきたが、ちょっと待て、逸るなと自分を制している。私は伊能忠敬のように楽隠居するだけの資産はない。何よりも、まともな勉強ができる根気も才能もないのだが、この極めて限られた知的リソースで、どう残りの人生を楽しく生きるか、それはそれでチャレンジなのであった。

海軍乙事件

user-pic
0

海軍甲事件との双対というわけでもないが、やはり「戦史の証言者たち」吉村昭著、文春文庫に基づき、海軍乙事件について、記述してみる。

昭和19年(1944年)2月、連合艦隊の停泊地、トラック島は、米国艦載機の攻撃により大損害を受け、基地として機能しなくなった。その空襲を事前に予知していた連合艦隊は、トラック島から後方約2000キロのパラオ島に予め退いていた。

しかし、1944年3月下旬、米国機動部隊がパラオ島に接近し、ここにも米国艦載機の攻撃が必至になったので、もろもろの艦艇はパラオ島を離れ、旗艦「武蔵」におかれた司令部もパラオ島に移動した。

それでも、1944年3月30日朝からパラオ島の基地は、のべ456機の米国艦載機の爆撃に晒され、その後の米軍の上陸作戦も予想された。そうなっては、連合艦隊司令部は機能しなくなる。そこで司令部は、パラオ島を発って、フィリピン、ミンダナオ島のダバオ基地に急遽後退することに決定した。

このために選ばれたのは、4000キロもの航続距離をもつ二式大艇、二機であった。一番機には、連合艦隊司令長官古賀大将、上野大佐、柳沢大佐、内藤中佐、大槻中佐、山口中佐、柿原少佐、神宮大尉、その他操縦士等が搭乗した。

二番機には福留中将、大久保大佐、宮本大佐、山本中佐、奥本大佐、小池中佐、小牧中佐、島村中佐、山形中尉、岡村中尉、今西一飛曹、吉津一飛曹、奥泉一飛曹、杉浦一飛曹、岡田整曹、杉浦整曹、田口二飛曹が乗った。

二式大艇、二機は、1944年3月31日午後9時35分、パラオを離れ、ミンダナオ島のダバオ基地に向かった。しかし、二機とも悪天候に遭遇し、一番機は消息を絶った。おそらく全員遭難死したものと想定された。なんと、 海軍甲事件に続き、連合艦隊司令長官を喪った。海軍乙事件と呼ばれる所以である。

二番機も、悪天候で完全に位置を見失い、彷徨っているうちに、フィリピン、セブ島とおぼしき付近の海上に不時着した。かなり激しく海に突っ込んだため、燃料に引火し爆発する惧れがあるので、生き残った全員は、セブ島に向かって泳ぎ始めた。その時点で助かった人は、福留中将、山本中佐、山形中尉、岡村中尉、今西一飛曹、吉津一飛曹、奥泉一飛曹、杉浦整曹、岡田整曹、田口二飛曹だったが、田口二飛曹は不時着時に片足切断の大怪我をしており、結局、泳ぎながら力尽きた。

セブ島への泳行は数時間にも亘る難行だった。島に近づくと、現地人がボートで救出にきた。実は、現地人といいつつ、米軍のジェームス・クッシング中佐率いる匪軍(ゲリラ部隊)だった。全員、疲労困憊し武器もないので、なすすべもなく拘束され、ゲリラ部隊の捕虜となった。

一方、セブ島には、大西中佐率いる日本軍が駐屯しており、クッシング中佐のゲリラ部隊とは一進一退の攻防を繰り広げていた。地元民からなるゲリラは地の利もあって手強く、100人ほどの日本兵が殺されたという。

しかし、内偵を使い、ついにゲリラの本拠地を突き止め、完全にこれを包囲した。あとは攻撃すれば一網打尽である。そこには、クッシング中佐の妻子も住んでいるという。

大西中佐がいつ攻撃を仕掛けようかと機を見計らっているとき、なんと日章旗を振ってこちらに向かってくる者がいる。日本人のようにも、フィリピン人のようにも見える。捕らえて話してみると、どうやら日本人、しかも海軍の兵士らしい。その日本人は岡村中尉と名乗った。岡村中尉がいうには、ある事情でゲリラ部隊に捕虜になり、その人数は福留美中将以下、9人であるという。なお、福留美中将は福留中将の偽名である。そして、ゲリラの首領は総攻撃を中止するなら、捕虜は解放するという伝令文を携えていた。

これに驚き、ともかくも旅団長に指示を仰ぐので、夜にまたやってきてほしいと岡村中尉をゲリラの許に帰した。そうして旅団長の河野毅少将に打電して指示を仰ぐのだが、なかなか返事がこない。イライラしていると、ようやく夜になって旅団長から命令がきて、敵を殲滅しつつ全員人質を救出せよ、という無茶苦茶なものであった。

そこで大西中佐は悩んだが、結局人質救出のため攻撃は中止することに決定した。これは明らかに旅団長の指示に背くわけだから、後で責められて、いざとなったら腹を切って死ぬことにした。

待っていると、岡村中尉が来たので、攻撃中止と、人質解放の旨を伝えた。するとさらにゲリラの許から戻ってきた岡村中尉は、ゲリラ側の条件を示した。なんと、これこれの場所に丸腰で引き取りにくれば、無事人質は解放する、というものだった。そこで大西中佐は、部下の松浦中尉を人質救出隊長に任命した。

指定された時間と場所に松浦中尉と随行の兵士が丸腰で出向いた。殺されても仕方ないという覚悟だった。するとゲリラ側は、確かに人質を連れてきてはいるのだが、なんと武器を帯びている。不公平だとおもったが、松浦中尉は今更どうしようもない。

ところが、人質の身柄を受け取りに近づくと、ゲリラ側は意外に友好的だった。なんと互いに歌を歌ったり、握手までした。そうして、人質を連れてゲリラ達から離れていくのだが、松浦中尉は、どうしても後ろから撃たれそうな気がしてならなかった。

結局、無事海軍の9名を救出したことを大西中佐は旅団長に報告に行った。命令違反と責められたら死をもって贖うつもりだった。ところが、旅団長は意外にもにこやかで、「ご苦労」といって、ウィスキーまで呉れた。

これが海軍乙事件の顛末なのだが、実は一番肝心な部分にまだ触れていない。すなわち、福留中将らの一行は、作戦計画が記述されている超重要機密書類をゲリラ側に奪われた。この超重要機密書類はアメリカ陸軍情報部に渡され、米軍はこの作戦計画を知るに至ったが、面妖なのは、日本軍は、超重要機密書類が敵に渡った可能性を知りつつ、作戦を変更しなかった。

そもそも、遭難したときは、敵の手に渡る前に機密書類は破棄すべきであるが、それを指示しなかった福留中将には重大な過失がある。それを指示する余裕がなかったともいえるが、福留中将は責任を問われず第二航空艦隊司令長官という要職に任命された。不思議な人事である。

福留中将は、戦後まで生き延びた。ゲリラ攻撃中止を決定した大西中佐は命の恩人といえる。また、軍使を務めた岡村中尉も立派だった。

鋭い無関心

user-pic
0

私は、特許部門に在籍しているとはいえ、その心情は相当な理系であり、よって理系的スキルを重要視している。

一方で、長年将棋に親しむことで、自分が重要視するスキルで自分より優れる人を尊敬する訓練はできているつもりである。そもそもが将棋で自分より強い人の棋力に嫉妬しても仕方ない。そういうメンタリティの人は多分、将棋なんて指さないだろう。

私はそういうタイプなので、会社の研究所の研究員の人達と、割合うまく付き合えていると自負している。というのは、どう客観的にみても研究所の研究員の人達は、私より理系的センスとスキルで圧倒的に優っており、すると私は自ずと敬意を表しながら付き合うからである。特許部門の同僚でときどき、研究員の人達は初歩の特許実務も知らないと嘆く人がいるが、研究員の人達と付き合うとき、特許をメインに考えても仕方がない。素直に相手の専門分野に耳を傾ければよいのである。といっても、専門の奥底は、私には理解すべくもないが。

そのように、研究員を尊敬することで人後に落ちない私であるが、ときどき逆の意味で驚くことがある。例えば、こうなって事態は完全に相転移を起こしました、と私が発言したら、え?相転移ってなに?と尊敬する研究員に聞かれたので驚いたことがある。その人の専門はいわやる情報処理や信号処理で、確かに物性物理の概念である相転移は、研究分野とは全く関係ないので、知らなくても何も問題はないのだが、理系には常識と思ったゆえ、やはり怪訝であった。

他にも、やはり尊敬する研究員の方で、行列というのは一般的に掛算に関して入れ替えても値は同じだったっけ、というのを聞いてやはり驚いた。その方は言語処理系が専門なので、行列の掛算というのが研究に出てこないのだった。

さらに別の例で、計算幾何学が専門で、とても優秀で、今では米国有名大学の教授になっている研究員の方に、雑談でフェルマの定理(当時は予想だった)のことを話したら、知らなくて拍子抜けしたことがあった。

なぜそういうことが理系の研究者で起きるかというと、キーワードは鋭い無関心である。すなわち、理系の研究者として業績を上げるには、広く浅くでは全く意味がない。ある分野を深く掘り下げていかなくてはならない。すると、興味のスペクトルを絞るので、ある先鋭な興味領域以外では、鋭い無関心を発揮することが必要となる。

私が上に述べたような研究員は、日本を代表するような大学の出身者なので、当然にもともと広い知識を有していた。そうでないと、難しい入試は突破できない。しかし、専門分野に専心するうちに、他の知識は次第に消滅していったのだった。

学者や研究員がすべてそうかというと、少し違うのかもしれない。そこで、創造型と、観察型という私の造語の概念を提示する。

理系だと、なにはともあれ、何か新しい概念や成果を創造しなくてはならない。すると、多くの場合、そこで必要とされるのは狭く深い知識である。典型的には一般相対論における微分幾何学の計算のようなものである。それが創造型である。

文系、特に歴史学だと、ある時代の考証をするにしても、理系に較べてどうしても広く文献を読んでおく必要がある。すると、あまり狭い範囲に興味を限定することもできず、いろいろ観察するモードなので、それを観察型と呼ぼう。

そうやって自分を顧みると私は、かなりがちがちの理系なのに、観察型を実行している。すると、専門の研究者からみたら何の意味もないような理系的雑学を蓄積している。

ただ、所詮は理系なので、文系の該博に知識をもつ人達に、知識の広さで到底対抗できない。こうして、誰からも尊敬されず、ただ便利な特許屋として、研究者の人達から使いまわされるのであった。それは実は嫌ではないのだが。

リー・スモーリンの「迷走する物理学」松浦俊輔訳、ランダムハウス講談社は、超弦理論に対する批判に満ちているが、しかし、スモーリン自身、超弦理論に対して十分な専門性をもっていると思われる。そこで、このスモーリンの著作に従い、超弦理論小史について記述してみる。

超弦理論の嚆矢はおそらく、1968年、イタリアの物理学者、ガブリエレ・ヴェネツィアーノが、粒子衝突のデータに興味深いパターンを発見したことにある。ヴェネツィアーノはそれを散乱の式として書き下した。

この式は米国やヨーロッパで関心を集めたが、その意味は分かりにくかった。1970年になると、ヴェネツィアーノの式は、シカゴ大学の南部陽一郎、ニールス・ボーア研究所のホルガー・ニールセン、スタンフォード大学のレナード・サスキンドによって独立に、強い相互作用を媒介する粒子が実は、延び縮みする一次元のひもである、と解釈された。

サスキンドは、この考察を「フィジカル・レビュー・レターズ」に投稿して却下された。それを随分落胆したようだが、時代がまだ超弦理論を受け入れる状況になかったのである。

この、強い相互作用を媒介する粒子が一次元のひもで結ばれているという考察は、標準理論の量子色力学(QCD)における、クォークをつなぐグルーオンに反映されている。ところが、漸近的自由性により、このひもの考察は、クォークがある程度離れているときにのみ成り立つ。初期の超弦理論の考察は、このことに対する配慮を欠き、それでいて、もっと奥にあるものの近似でなく、根本的な理論(Theory of everything)にしようとした。

数年の研究のあと、超弦理論が相対性理論とも量子論とも矛盾しないでいられるためには、次の条件が必要であることが分かった。

  1. 世界は25次元でなくてはならない。
  2. タキオンがなくてはならない。
  3. 静止させることができない粒子がなくてはならない。

世界が25次元であることと、タキオンの要請は、理論物理学者を、超弦理論から引かせた。そもそもタキオンなど観測されたことがないし、25次元をどう解釈するのかという問題もある。さらに別の欠陥があり、それは、超弦理論にフェルミオンが全く含まれていないのである。これでは、超弦理論ではクォークが記述できない。

ブレークスルーを与えたのは、ピエール・ラモンだった。超弦理論に超対称性を導入して、ボソンとフェルミオンがともに存在できるようにした。さらに、これによってタキオンが除去され、次元も9次元となった。時間を加えると、10次元である。

アンドレイ・ネヴーとジョン・シュウォーツも、ラモンとも独立に、超弦理論にフェルミオンを記述する方法を考案した。この方式でも空間は9次元であった。

残る課題は、質量のない粒子があるのに、どうして強い相互作用の理論になるのか、ということである。質量のない粒子とは光子であるが、発見されていない粒子である重力子もそうである。

その後、ジョエル・シェルク、ジョン・シュウォーツ、及び米谷民明は、理論が予測する質量のない粒子に、重力子が含まれることを発見した。このことをもって、シェルクとシュウォーツは、超弦理論の根源性を主張した。この理論によれば、ひも、すなわちストリングには、開いたストリングと閉じたストリングがあり、必然的に重力が含まれることにより、理論の万物性を示唆する。超弦理論の別の特徴は、根本的な定数を「ストリングの張力」と「ストリングの結合定数」だけにする。ストリングの結合定数は、環境に依存する定数である。この時点での超弦理論の課題というか難問は、次のとおりである。

  1. 超弦理論は自動的にすべての素粒子を統一し、力も統一する。すべては一種類の基本的なものの振動に由来する。
  2. 超弦理論は自動的にゲージ場をもたらす。それは開いたストリングの振動から自然に生じる。
  3. 超弦理論は自動的に重力子をもたらす。それは閉じたストリングの振動から自然に生じる。
  4. 超対称超弦理論はボソンとフェルミオンを統一する。どちらもストリングの振動である。
  5. 標準理論のすべての定数が、重力定数と、ストリングの定数に帰着できる。
しかしこの段階では、シュウォーツ自身の興奮をよそに、超弦理論は注目を集めなかった。

転機は1984年にきた。ジョン・シュウォーツとマイケル・グリーンが、超弦理論では、いままでの統一理論では解消できなかったアノーマリーが解消できることを示したのである。そこから雪崩のように、超弦理論が理論物理学の主流になった。

このブームにあって、実験データとの検証よりも寧ろ、数学的整合性こそが超弦理論の正しさを検証するものだ、という気運が生じた。ところが計算してみると、超弦理論には無矛盾なものが5つあった。

それとは別に、超弦理論の10次元空間から、標準モデルの超対称版によって記述される素粒子物理が、われわれの三次元にあるようにすることができるようにする理論が、1985年、フィリップ・カンデラス、ゲアリー・ホロヴィッツ、アンドリュー・ストロミンジャー、そしてエドワード・ウイッテンによって提示された。これは、6次元のカラビ・ヤウ空間の理論を利用するものであった。これは明らかに画期的な成果だったが、問題はカラビ・ヤウ空間は10万以上の種類があり、そのそれぞれが異なる素粒子物理に対応するのであった。

ストロミンジャーは、1986年に、さらに膨大な超対称超弦理論を構築する方法を考え出した。するとどうしても、その膨大なバリエーションのうち、どれが適切に自然を記述するのかを決定する原理が切望される。

この時点で多くの物理学者が、超弦理論を見放した。そのうちに、リチャード・ファインマンや、シェルドン・グラショウがいた。こうして、1990年の初めになると超弦理論家は落胆していた。

ところが1995年に、超弦理論にさらなるブレークスルーがあらわれた。それは、無矛盾な5つの理論を統一するものであった。すなわち、異なる理論を双対性で結びつけるものであった。そしてウイッテンは、次元を1つ追加し、11次元空間でスーパー膜理論に着目した。

さらにウイッテンは、統一された超弦理論としてのM理論を提唱した。

また、1995年の秋に、ジョセフ・ポルチンスキーは、開いたストリングの端が置ける場所としてのDブレーンを提唱した。ブレーンの存在は、超弦理論を豊かにする。例えば、超弦理論とゲージ理論の間の関係の理解を進める。ブレーンには様々な次元のものがあり、3次元のブレーンを重ねると、どんな対称性も出てくる3次元世界が得られる。

ブレーンのご利益は他にもあって、1996年、アンドリュー・ストロミンジャーと、カムラン・ヴァファは、ブレーンによって、特殊なブラックホールを、超弦理論で記述した。

ファン・マルダーゼは、ブラックホールのエントロピーや温度をブレーンによって説明することを示唆した。

こうして超弦理論は核心に迫るのだが、なかなか届かない。1986年の段階でも、1995年の段階でも、観測データの出番はほとんどなく、数学的な技巧であった。

2003年になって、スタンフォード大学のレナータ・キャロッシュ、アンドレイ・リンデ、シャミット・カクルー、サンディプ・トリヴェティが、超弦理論の余剰次元を安定化させる問題と、超弦理論をダークエネルギーの観測結果と矛盾する問題を一挙に解決した。しかし、結局、ストロミンジャーと同様に、多数の理論のバリエーションをもたらした。

一方で、2003年に、ゲアリー・ホロヴィッツ、トマス・ヘルトーク、前田健吾は、6次元のカラビ・ヤウ空間を含むすべての解に不安定性がとりつくことを示した。これが正しいとすると、超弦理論を現実の世界つなぐ研究は放棄されなくてはならない。今のところ多くの超弦理論家は、これを無視している。

こうして、超弦理論家は、ランドスケープと人間原理に行き着いた。そのことはまた別稿で、レオナルド・サスキンド、「宇宙のランドスケープ」、林田陽子訳、日経BP社によってみてみることにする。

不運と不幸

user-pic
0

私は辛抱が足らないというか不平家というか、直ぐに愚痴をこぼしたり、めげたりする。それは単に人間ができていないからなのだが、そんな私はああ不幸だとか、なんという不運とか、不運と不幸をあまり区別しないで使う。

ところが最近ある人から、不運と不幸は違うのだと聞いた。どういうことなのだと聞いてみると、次の例を話してくれた。すなわち、去年の東北の津波で家族や家を失った人は不運であるが、必ずしも不幸ではないという。

そんな馬鹿なと思った。津波で家族や家を失って、不幸ではないなんてありえない、と。私は仕事でちょっと行き詰っただけでとてつもなく不幸になってしまうのである。もし津波で家族や家を失ったら、不幸も不幸、立ち上がれないだろう。

ところが、そういう東北の被災者で、私は確かに不運だが、今ではなんとか普通に寝るところもあって食事もできて不幸ではないと言っている人がいるという。そんな、あの津波の災害がフラックシュバックしないのか、PTSDにならないのかと思うだが、まだ一年も経たないのに表面的には立ち直って不幸ではないと、強がりなのかもしれないが、言える人がいる、というのは驚きである。

このとき、不運とは、自分自身のせいではない原因で災厄を受けた状態と定義される。仏教の因果や縁起をもちだして、前世からの因果などとわけのわからないことは、ここでは言わないこととする。

一方、不幸とは、一番簡単な定義では、自分が自分のことを幸せでない、今の状態を楽しくないと思う、ということである。例えば、津波で家族や家を失って、それでも私は不幸ではありませんと言うことができるし、ビルゲイツに匹敵する資産があって、何一つ不自由なくて、それでも私は不幸ですということができる。言ってしまえば不幸とは甚だ個人的なことであって、だから、本当に幸せな国で定義されている「国民総幸福量」という指標はあやしい。

ところでおそらくであるが、災厄が起きた瞬間は、不運=不幸なのである。その瞬間に不幸ではないと開き直っていると、流石に狂気を疑ってしまう。

そこからどういう操作で不幸を非不幸にもっていくのか。おそらくであるが、まず、一層悲惨な人達と自分を比較し、自分がまだましだと慰めるのだろうか。そういう相対的な段階を経て、願望の基底を低くし、自分が病気でないこと、とりあえず寝食が足りていることに満足を見出し、非不幸に自分をもっていく。その間、場合により神仏に帰依する。

こう書くと簡単なようだが、私にはとても出来そうにない。そこでは、フランクルの「夜と霧」に出てくるような議論もあり、実は深い。これは本質的な処世術であり、哲学的に論じても意味がないような気がする。考えてみることにする。

日刊SPA!に、下記のような情報があった。

<結婚できない男ランキング>
1:年収が低い
2:コミュニケーション能力が"異常"に低い
3:ファッションや見た目があまりにもひどい

<結婚できない女ランキング>
1:年齢が高い
2:相手に求める条件が高すぎる、細かすぎる
3:過去にスペックの高い男性と付き合ってしまった

そこで、これについて勝手なコメントをしてみる。まず結婚できない男ランキングを、独身時代の私は全部満たしていた。いまでこそなんとか平均はキープする年収になったが、当時は別の機械メーカにいて、年収は地底レベルであった。その会社では、給料が安すぎるので結婚できないという言い方をみんなしていた。

コミュニケーション能力も私は最低で、そもそも女性が興味をもつようなことに全く興味も知識もないので、女性と会っても何を話していいのか全く分からなかった。大阪にいたころ、見初めた女性に一度デートを申し込んで、渋々応じてもらったことがあるが、会話が噛み合わず、二度と会ってもらえなかった。

ファッションに至っては論外であろう。何しろ一年中同じ服を着ていた。夏は暑くても気にせず、寒いとオーバーを羽織った。単一の服が臭くなると、コインランドリーで洗った。もちろん服は他にもあったが、組み合わせを考えるのが面倒だった。

こんなだから見合いを何度も失敗したのも当然であるが、それでも結婚できたのは縁なのだろう。ただ、私のようなタイプの人間は、結婚できなかったほうがいろいろな意味で平和だったかもしれず、しかし人間的成長には結婚も意味があった。

結婚後、いささか会社で昇進し、年収はなんとか世間並みになった。管理職になり、女性の部下をもって、コミュニケーション能力は完璧から遠いが、かなり改善された。ファッションも、完全に家人に依存しているとはいえ、まあ普通になった。こうして、今なら、まだ結婚相手として若い頃よりましになっているといいたいところだが、定年前の涸れたおっさんが今更なにを寝言をいうのかと、自分でも思う。

さて、モードを変えて女性のパートにいく。そこで最初に年齢がくるのは、年齢がある閾値を超えた女性には厳しい現実である。ここで閾値に既定の実数値を代入しなかったのは、飽くまでも年齢の相対性原理だからである。例えば、今の私なら、相手の女性が50歳でも嬉しい。ただ、ここはそういう議論ではなく、適齢期の人達の話なのであった。

相手に求める条件が高すぎる、細かすぎるというのは、独身女性として話していて、つい感じる。おいおいそんな男、いるわけないじゃんと思うのだが、その場ではもちろん言わない。いえるわけがない。いるわけないじゃんと一層思うのは、あまり意味がない比較だが、私自身と較べてスペックが高すぎるのである。ただ、相手に求める条件が高すぎて結局結婚できなくても別にいいじゃんと、最近思う。だって、ヒッグス粒子だって質量が大きすぎて粒子加速器でもなかなか見つからなかったのだから。と、そういう余計な話題にするから、女性が一層私を相手にしない。

ただ、なんなんだろう、男性でも相手に求める条件が高すぎる人がいないわけではないが、どうして女性の方に多いのだろう。多分であるが、男性より女性の方が結婚で失敗したときのリスクが大きい。だから一層慎重になるのだろう。

過去にスペックの高い男性と付き合ってしまった、というのは、世間にはそういう女性は結構いるのだろうが、私とは住む世界が違うのか、私はまだ出会ったことがない。いや、相当な美人で独身でなぜか近寄り難い女性がときどきいるが、そういう人がそうなのかもしれない。

ということで、何一つ一般的なことがいえず、雑談で終わることにする。

読売新聞によれば、ハイゼンベルクの不確定性原理を破る実験が行われたという。以下、引用:

電子など小さな粒子の位置や速度を同時に正しく測定することは不可能とする「ハイゼンベルクの不確定性原理」が、常には成り立たないとする実験結果を、ウィーン工科大と名古屋大の研究チームがまとめた。

80年以上前に提唱された量子物理学の基本原理を崩す成果で、ナノ科学での新たな測定技術開発の手がかりになるという。15日付の科学誌ネイチャー・フィジックス電子版に掲載される。

(中略)

同工科大の長谷川祐司准教授らは、原子核を構成する中性子について、「スピン」という量を測定した。2種類のスピンを測ると、位置と速度の測定に相当する。その結果、二つのスピンを極めて正確に測定でき、不確定性原理を表す数式で示される誤差を下回った。

同原理の不成立を別の数式を使って主張してきた共同研究者の小澤正直・名古屋大教授は「小さい粒子でも、位置も速度も正確に測れることが実験でも実証できた。新しい測定技術や解読不可能な量子暗号の開発などへの道が開けるのではないか」と話している。

この記事を読んで思ったのは、ついに量子力学にも根本的な懐疑の波が及んだか、ということである。量子力学にも、というのは、ニュートリノの光速超えによって、特殊相対性理論の、光速を超えることはできないという原理が疑われたことに続くからである。

ただ、小澤正直という名前をみて、そうだ、と蔵書を手にとった。それは、「ハイゼンベルグの顕微鏡」石井茂著、日経BP社である。この本には、小澤が2001年5月に、ハイゼンベルグの不確定性原理を書き換える小澤の不等式を与えた、とある。そもそも小澤は、1988年に、重力波測定においてそれまでの不確定性原理から導かれる標準量子限界を超えた測定が可能であることを示した。小澤の不等式を与える論文は、紆余曲折を経て、フィジカル・レビュー・レターズに2002年10月9日に受理され、2003年4月11日に掲載された。

そこで、ハイゼンベルグの不確定性原理を書き換える小澤の不等式を以下に示す。まず記号の定義を行う。εを位置の測定に伴う誤差、ηを運動量の測定に伴う誤差、σを位置または運動量の測定に伴う標準偏差とする。また、Qを位置、Pを運動量とする。hはプランク定数である。

すると、ハイゼンベルグの不確定性原理は、次のように与えられる。
ε(Q)η(P) ≧ h/(4π)

同様に、ケナードの不等式は、次のように与えられる。
σ(Q)σ(P) ≧ h/(4π)

そして、小澤の不等式は、以下で与えられる。
ε(Q)η(P) + ε(Q)σ(P) + σ(Q)η(P) ≧ h/(4π)

この小澤の不等式によって、理論的にハイゼンベルグの不確定原理は書き換えられたのだが、今回の実験は、原子核を構成する中性子の2種類のスピンの測定において、ハイゼンベルグの不確定性原理を表す数式で示される誤差を下回る誤差を達成したのであった。これはまさに小澤の不等式の実験的実証であり、ノーベル物理学賞に匹敵する業績と思われるのだが、いかがなものだろうか。

仮想世界

user-pic
0

一応自分で考えたことなのだが、どうみてもオリジナリティ・ゼロのことを敢えて書いてみる。

まず、生物はすべて、心象世界としての仮想世界をもっている。仮想世界は脳にあるというのが通説だが、いくら脳を解剖しても、仮想世界は見えてこない。それは心臓にあるのかもしれないし、腸にあるのかもしれないし、3次元世界ではないところにあるのかもしれない。なにしろ、ある理論によれば、3次元のこの世界は実は、10次元空間が縮退したものなので、仮想世界の置き場としての多次元世界があったとしても何もおかしくない。

さて、生物が仮想世界を抱えている(あるいは、仮想世界にバインドされている)として、現実世界で生きていくためには、典型的には五感である、様々なセンサを張り巡らせて、そのセンサ入力を仮想世界に反映させていく必要がある。ともすれば自律的にイメージを産生しようとする仮想世界にフィードバックをかける仕組みが多分脳にある。その仮想世界の概念演算の結果を手足などのマニュピュレータにアクチュエートさせる仕組みも当然ある。そこで仮想世界の自律性が多少損なわれるが、目隠しするとぶつかってしまうので、仕方ない。

そうはいっても、仮想世界は、このような五感センサからのフィードバック・ループが嫌で仕方がない。そもそも、本来は多次元の住人である仮想世界は、3次元世界が嫌いである。そこで、3次元世界に疲れると、睡眠という形で仮想世界は多次元世界に退避する。ちなみに、3次元世界のおぞましさは、ペレリマンが証明したポアンカレの定理からも窺がわれる。

しかし、仮想世界は我侭で、睡眠だけでは物足りない。なんとか、多次元世界から3次元世界への写像を、センサからのフィードバックを敢えて遮断した状態で作り出そうとする。

その1つのやり方は、仮想世界の中だけで抽象的概念をつくり、玩ぶことである。仮想世界は、そのような抽象的概念にいささかの実績がある。数学、理論物理、哲学などである。いや、いかなる知的活動にも、仮想世界による抽象的概念の創発をみるであろう。このような仮想世界の性質により、例えば、仏陀の教えや、マホメットの教えなど、極めて具体的な生活の知恵だったものがどんどん抽象化され、複雑怪奇になり、ごく一部の物好きしか理解しえないものになる。そうして、生活の知恵としては何の意味もないものに成り下がってしまう。例えば、ナーガルジュナの空の教えは、偉大だとしても、どれくらい人類の恩恵になるのだろうか。

別のやり方は、仮想世界が、多次元世界から3次元世界への写像を、どっしりと3次元世界に根を下ろすものである。やり方は、3次元世界でのしきたりや権威、その他の、いわゆる煩悩と呼ばれるものを駆使する。すると、仮想世界が、3次元世界上に、「仮想的に」現出するのである。一番分かりやすい例は、独裁者の所業である。すなわち、独裁者は、その権威によって3次元世界内に自らの仮想世界からの写像を現出させ、それを、恥ずかしげもなく「地上の楽園」と呼ぶ。そこでは、想念は直ちに実現することになっており、殺人でさえも、他人には意味不明の論理で、被殺人者に対する福音となされる。但し、そのような所業は、多次元世界から3次元世界への写像というコストの浪費となる。そのツケはどこかで払わされるはずであるが、いつなのか、どこの次元なのか誰も知らない。

さらに別のやり方は、「狂」である。特に人間は狂うことで、五感センサから仮想世界へのフィードバックを断ち切ってしまう。ただ、独裁によって狂になるし、狂によって独裁にもなる。このあたりの因果関係は結構文脈自由である。しかし、こそが人間の本質であってみれば、狂はまた仮想世界を支えるエネルギを供給し、仮想世界は狂を保持する。このような仮想世界と狂の関係は、場の量子論における真空偏極のアナロジであり、安定な仮想世界を記述するには、無限大の発散を解消するための繰り込み操作が同様に必要となる。ただ、場の量子論を心的仮想世界に持ち込むことはとても野暮とされる。

今までも知的職人職人気質などに書いたように、私は職人を尊敬し、自分をも職人と規定しようとしているが、スキルや気質が十分でなくて、規定しきれないでいる。

しかし、よく考えたら、世の中に出て行くためのprima facie性を身に着けないと、デビューできない。

典型的には、ボトムアップに書いたような基礎訓練である。それは受験勉強にも通じる。だから、受験勉強で成功して一流大学に受かった人は、よき職人になれる可能性がある。

年末だったか、東大医学部の天才と、京大医学部の鬼才の知能対決などという俗丸出しの番組があったが、とても凝った問題に瞬時に答えていく様は、確かに受験勉強の最強の勝者であろう。そういう能力は世の中で絶対役に立つと私は思う。しかし、結局は天才でもなければ鬼才でもない、ハイスペックの職人に過ぎない。また、ハイスペックというけど、高校野球で鳴らしても、ダルビッシュのように本当に大成する人と、斎藤佑樹のように伸び悩む人がいる。ただ、斎藤佑樹の伸び悩みは、私のような素人にもある程度予測できたが。

ともかくハイスペックの職人は、現世では、とても生き易い。急に理論物理の話に移行すると、ハイスペックの職人というのはなかなか稀である。東大や京大の理学部物理学科でさえも、きちんと理論物理で意味のある仕事が出来る人は学年でせいぜい数人らしい。ここで理論物理で意味のある仕事が出来る前提として、特殊相対性理論、量子電磁力学、標準理論である場の量子論などをきちんとマスターしているということがある。それはハイスペックの職人にとっても数学力や忍耐力を要してかなり難事で、しかしきちんとマスターすると次へのステップが開ける。

彼らは実は、問題を解く職人なので、指導教授が与えた問題を解いて学位を得ることにあまり困難を感じない。すると次のステップは、ポスドクを経て、業績を積み重ねてどこかの大学や研究機関でポストを得ることに腐心することである。そのためには、どんどん問題を解いて論文を増やす必要があるが、すると、時流に乗った、しかも解きやすい問題が沢山ある分野に進まなくてはならない。

「迷走する物理学」リー・スモーリン著、松浦俊輔訳、ランダムハウス講談社によると、理論物理で、それに好適な分野が超弦理論で、ハイスペックの職人である秀才たちがこぞって集まったのだという。

なぜなら、超弦理論こそが、場の量子論と一般相対性理論を融合して万物の理論たりえる唯一の理論であると、あまり深く考えもしないで喧伝され、最初は人々は怪訝であったが、次第に砂糖に群がる蟻状態になった。

超弦理論のベースになるのは、カルツァ・クライン理論という余剰次元の古い理論であるが、時の最高レベルのハイスペック職人が群がることで、いくつか画期的な成果が出た。そして、職人たちは成果ら応じてポストをえたり、テニュアを得たりした。目出度しである。

ただ問題はあった。ハイスペック職人たちは、知的健脚で、それこそ100メートル10秒台で駆け抜けることができるのだが、どちらに向いて走ったらいいかどうも勘がつかめない。そこで、ウィッテンのような超弦理論の導師が旗振りした。その手旗に従って、ハイスペック職人たちは猛然と走る。砂埃が舞い上がるほどである。

ところが行けども行けども目的地は見えてこない。歌の文句で、終わりなどないさ、終わらせることはできるけど、とあるが、そもそもハイスペック職人たちは、終わらせる気などさらさらない。なにしろ、走り抜けて記録を出せば、超弦理論のコミュニティで地位が保てる。ただ、超弦の道を突き進むと、パラメータで発散してしまうような景観(ランドスケープ)に行き着く。こんなの物理じゃない、と言いたくなるが、そっと口を押さえて、ランドスケープを見渡そうとする。広すぎるが。

こんな有様を冷たい目で眺める少数の予言者たちがいる。予言者とはいえ、物理学者のはしくれなら、最初は職人修行に耐えた。寿司職人なら、寿司の一つは握れる。しかし、予言者たちは、教授の教えに疑問を呈し、独自に考え始める。どうもそれは、物理学の勉強を始めて以来の素朴な疑問を引き摺っているらしい。例えば、なぜ相対性なのだ、絶対性はありえないとかとか、量子力学のエンタクグルは正しいのか、とかである。そんな疑問は一旦封印して職人修行するのだが、内発的な疑問に耐えかね、教授の指導を拒否し、予言者は野に下る。ファラトゥストラか、と突っ込んでもいい。アルバイトで糊口を凌ぎながら、10年かかって画期的な時空の物理学を構築する猛者の予言者もいる。しかし、そんな予言者を採用する物好きな大学はない。すると、渡世の義理と、世間並みの定食コースの職人芸を見につけ、合間に予言者の儀式に耽溺する者もいる。

こんな物理の予言者と職人という、どこでもあるような、よく分からない話なのであった。

棋友から指摘されて思い出したのだが、本日は、米長対ボンクラーズの対戦の日だった。そこで結果がどうなったのか、Webのニュースを検索してみると、下記の時事ドットコムの記事が見つかった。

日本将棋連盟会長の米長邦雄永世棋聖(68)とコンピューターの将棋ソフト「ボンクラーズ」が本格的に対局する電王戦が14日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われ、米長さんが敗北した。

米長さんは現役を引退しているが、タイトル獲得19期を誇った元トッププロ。昨年も前哨戦の早指しで負けており、ボンクラーズの強さを見せつけるものとなった。

ボンクラーズは毎秒最大1800万手を読み、次の一手を決定。昨年5月の世界コンピュータ将棋選手権で優勝した最強ソフトで、同12月には持ち時間各15分で米長さんと早指し対局し、85手で勝っている。ただ公の場の本格対局で、現役棋士に勝ったことはまだない。

過去のコンピュータ対プロ棋士の公開対局は、次のとおりである。

  1. 2007/3/21:ボナンザ対渡辺竜王:渡辺勝ち
  2. 2010/10/11:清水女流王将(当時)対阿伽羅:阿伽羅勝ち

清水対阿伽羅で引用した記事では、「今後、あからは早ければ半年後にも日本将棋連盟が指名する男性棋士に挑み」とあって、それが米長邦雄永世棋聖なのであった。また、阿伽羅でなく、今回はボンクラーズだったが、このあたりはコンピュータ側は、トップクラスは拮抗しているので、似たようなものだろう。

私はもう数年前から、アマチュアトップの清水上が、コンピュータ将棋に惨敗している現実を知っている。すると、どう考えても今のコンピュータ将棋は、少なくとも奨励会三段、あるいはC級2組中堅の力はあるのではないかと思われる。すると、現役を退いた米長にはちょっと荷が重い。そもそも、コンピュータ将棋に勝つには瞬発力も必要なので、老人に不利である。

ところで、清水対阿伽羅で引用した記事には、「さらに勝てば最高峰の羽生善治名人(王座・棋聖)か渡辺明竜王と対局する見通し」とあるけど、この記事は今でも有効なんだろうか。もしそうなら次は、いきなり羽生か渡辺がコンピュータと対戦するのだが・・・。

暇つぶし

user-pic
0

私は将棋が趣味なのに、特に勝負事が好きではない。おそらく、負けず嫌いすぎるのだろう。それでも学生時代には付き合いで麻雀を覚えた。付き合いでやっていただけなので、どうせ麻雀なんて面白くもなんともないだろう、と当然のように思った。

ところが、麻雀が妙に楽しくなった。私は将棋も大したことないが、麻雀の才能のなさは哀しいレベルである。それで負けてばっかりなのだが、学生の安いレートなので、負けても知れている。だから楽しさは勝ち負けでなく、そのゲームの退嬰性である。

作家でありながら麻雀の強豪の打ち手である畑正憲がなにかの雑誌で、一生麻雀を打ち続ける生活は至福であると書いていて、今それを読んだら何を馬鹿なことをと一笑に付すにちがいないが、デカダンスの心理状態にあった私には、妙に心に染み入った。

しかし、0.1秒でも考えば分かるように、プロ雀士でもあるまいに、麻雀ばかり打っていて生活が成り立つわけでない。そこで考えたのは麻雀の暇つぶし性である。多分であるが、ゲームの場合の数という意味では、囲碁や将棋の方が麻雀よりはるかに多い。しかし、ゲーム性というか射幸性という点で、囲碁や将棋よりも麻雀の方が暇つぶしとして優れているようである。すなわち、囲碁や将棋ほどの努力を傾注しなくても、さまざまな役の組み合わせや以外な捨てパイなど、麻雀から多くの、もしかして汲めども尽きない楽しみを引き出すことができる。

上述のように勝負事が好きではない私が麻雀を覚えたのは、大学で留年して、無限の空き時間に目が眩んだからである。毎朝(といっても、午前3時に就寝して午後2時に起きる日々だったが)起きると、ああ今日は何をするのかといつも溜息だった。目の前には物理学の教科書が揃っているのに見向きもしない。完全に学者への夢は捨てていた。だから、麻雀の誘いは渡りに船だった。

そういう自堕落な生活を通じて、暇つぶしの意義を改めて体感した。すなわち、人間はまず、住むところと食べるところが必要であるが、それが揃うと、性欲だの、物質所有欲が出てきて、それだけには留まらず、名誉欲だの支配欲だの留まるところを知らない。

それなら、立派な住まいを建て、美人の奥さんがいて、会社では取締役になり、それで満足かというとそうはならないのが人間の業である。退屈という恐るべき業が忍び寄ってくる。

退屈の始末に終えないところは、どんなものを得ても、常にそこからの変化を要求することである。欲望の法則により、得れば得るほど、もっと欲しくなったりする。欲望のコントロールに書いたように、そういう量的な欲望のバブルは必ず弾けるので、どこかで退屈を解消するための質的バリエーションに向かわざるをえない。

それでは、暇つぶしにはどんなバリエーションがあるのだろうか。ロジェ・カイヨワが似たような議論をしていたような気がするが、それには配慮せず、オリジナルな説のふりをして書いてみる。

  1. エロス
  2. タナトス
  3. 射幸性
  4. 競争
  5. 眩暈
  6. 興味のカオス
  7. 製作
  8. ハレとケ

エロスというのは言うまでもなくセックスや恋愛を含む異性との付き合いである。私はエロスが人類最大の暇つぶしとは思わない。冷静に考えると、そんなに楽しいことではないからである。あ、少なくとも私にとってであるが。

エロスの対としてのタナトスから、どうしても人類は脱却できない。もしかして本能かもしれないが、殺されるのは嫌だが殺すのは楽しいみたいな本能がビルトインされていて、ときどきであるが狂った殺人鬼が横行したりする。殺人鬼のレジティメートな版としての戦争もどうしても根絶しない。絶対権力を握った独裁者は、必ずといっていいほど殺戮を繰り返す。多くの宗教はこのことになんとか対処しようとして成功したものはない。却って火に油を注ぐだけだったりする。

ギャンブルなどの射幸性も人類に必須のようである。だから、国家は競馬や競輪などを公認する。カジノを公認する国家もある。国民に、何かの捌け口を与えているのだろう。なんたる思いやり?

競争というのは、受験勉強でも何でも、勝負のつくもので他人と競う。なにしろ、現存する人類は進化の生き残りなので、生存競争のプロなのである(かなり苦しい論理)。だから、勝負でも、学術研究でも、競うことが格好の暇つぶしなのである。

眩暈というのは、典型的にはアトラクションの絶叫マシーンである。もしかして登山もそうなのだろうか。

興味のカオスというのは私の造語なので説明を要する。例えば、囲碁・将棋は、少しの変化が大きな結果の相違をもたらし、習熟してくると、興味の解像度が増し、微妙な千変万化で飽きることがない。特にお金もかからず、暇つぶしの精華である。ここらあたり、将棋ファンの私の偏見が横溢している。さまざまな学問研究も、興味のカオスに該当するだろう。おそらく教養というのは、興味のカオスに比例する。すなわち、教養人とは、わずかに与えられたリソースで退屈しない人達なのである。

しかし、製作も、暇つぶしとして外せない。手軽な料理も暇つぶしとして最高だし、さらにそこに実無限の深みとバリエーションがある。その他、建築、造形、絵画、作曲など、興味のカオスが暇つぶしの精華なら、製作は暇つぶしの王道である。おそらく、製作としての暇つぶしが、偉大なるローマをも建造した。戦艦大和もそうである。なんと、タナトスへとつながる製作もあった。

ハレとケは、お祭りわっしょいと、日常である。

こうして書いてみるとおそらく、文明とは暇つぶしのためのハードウェアであり、文化とは暇つぶしのためのソフトウェアなのであった。

しかし神の本来の指示は、文明と文化を、人類の徳目の向上に使いなさい、というものであった。それがそっくり暇つぶしにすりかえられているのは、人類の堕落の証左である。もともと暇つぶしとは、水泳における息継ぎにすぎないものだったはずである。

老人の出番

user-pic
0

老人の仕事や、高齢会社、そして老人の活躍などの記事で自分なりの老人論はほぼ書きつくしたような気になっていたが、最近の新聞記事の会社の定年を65歳に引き上げるという趣旨の記事を見て、複雑な気持ちになった。

というのは、会社に長年勤務して、景気の減退から仕事が減ってきて、若い人でさえリストラに遭うという現実をみてきたからである。そうやって仕事が減ってきて、泣く思いで人を切っているような会社に、どうして定年を65歳に引き上げる体力があろう。

一方で私は、死ぬ間際まで働くのを理想としている。すなわち、翻訳かなにかの仕事をしていて、あれっ、今日はどうも思考がまとまらない、ちょっと寒気もするし熱もあるし、風邪かなと寝たら、肺炎でそのまま逝くというのがいいなぁ、と。

この二つは明らかに矛盾しており、だから私は複雑な気持ちなのである。

さて、仕事のあるなしは一旦措いておいて、今の自分を、例えば30年前の自分と比較してみよう。30年前といえば私はまだ独身で、夜寝るのも惜しんで、シャープMZ2000でプログラミングに没頭していた。あの頃の私に較べて今の自分のアドバンテージは何かというと、仕事の実務経験と、いろいろな(どちらかというとかなり辛い)人生経験である。

その経験のせいで私は、30年前の自分は、読書を通じて知識が増え、特許実務が出来るようになり、また、多少であるが人生の機微と裏表が分かるようになり、そして0.1ミリグラム程度であるが、女心が分かるようになった(最後のは、怪しい)。

ただ、経験というけど、才能がある若者は、私の30年の経験を、1年程度で凌駕することが珍しくないことを私は知っている。だから、そういう若者が揃っているとき、再就職を目指す私に出番はない。

よって、そういう若者がおらず、30年前の自分程度の人材しかいない場合にのみ、私の出番がありえる、ということになる。ただ、30年前の自分は、とても書きにくいシャープMZ2000用のBASICで、がしがしと力強くコードを書いていた。こういうがむしゃらさと力強さは今の私に最早ない。よって私の30年の経験は、若者と相対させたとき、かなり割り引いて考慮する必要がある。

ともかく、スキル的に私を採用することが正当化される場合もありえると無理やり理由づけたが、それでも私が職を得ることが若者の仕事を奪うのではないかという懸念は消えない。

そう思っていて、「戦史の証言者たち」吉村昭著、文春文庫を読んでいてハタと思ったことがある。それは、三菱重工長崎造船所で戦艦武蔵の建造に従事していた大宮丈七氏の話である。戦艦武蔵は、呉海軍工廠で建造された戦艦大和と同型であるが、呉海軍工廠はドックで建造されたのに対して、長崎造船所では船台からの滑走による進水であるため、はるかに困難であった。そもそも、武蔵のような巨大な船を、船台からの滑走による進水させた例は空前絶後であって、大宮氏の工夫と苦労は並大抵ではなかった。それを成功させたことで、大宮氏は進水の神様と呼ばれた。そうして大宮氏は、三菱重工長崎造船所を定年退職した後も、ときどき小さな造船所から、進水を手伝ってくれと依頼が来たそうである。

これだ、と私は思った。もちろん大宮氏のような神様と呼ばれるスキルが私にあるわけではない。しかし、私がコツコツとやっててきことで、若い人が見向きもしないスキルがあるのではないか、それなら若い人を押しのけないで私の出番がありそうである。しかし、ちょっと考えてもそういうスキルはどうしても思いつかない。普段は悲観的な私もこういうときだけ、まあ何かあるだろうと変に楽観して思考停止してしまうのだった。

山本五十六連合艦隊司令長官の戦死は、海軍甲事件と呼ばれ、水難事故でも触れたが、「戦史の証言者たち」吉村昭著、文春文庫に基づき、記述してみる。

昭和18年(1943年)4月7日に、ソロモン、ニューギニア方面における「い」号作戦が実施され、所望の成果が得られた。この間、山本長官は、トラック島に停泊していた戦艦武蔵を離れ、「い」号作戦を直接指揮するために、ラバウル基地に来ていた。

そこで、山本長官は、ブーゲンビル島、ショートランド島の航空基地の将兵の労をねぎらうため、ラバウルから、ブーゲンビル島のブイン基地を経て、ショートランド島の近くにあるパラレ島基地を訪問する計画を立てた。

なぜわざわざという気もするが、ともかく、長官の決定とあってはと、その計画は艦隊本部から関係各方面に打電された。その打電はなぜか平文で、これを傍受した米軍は何かの囮かととても怪訝になったと別の本で読んだことがある。あるいは暗号だったのだが、既にそれを解読していた米軍が、解読している事実を悟られたくないので、ためらったという説もある。ともかく検討ののち、この打電を米軍は無視せず、追撃作戦を練った。

一方、日本軍としては、ラバウルからブーゲンビル島や、ショートランド島に向かう区域は日本軍の制空権下にあり、まさか敵が襲ってこないだろうと高を括っていたふしがある。

4月18日午前6時、一式陸上攻撃機2機と護衛機6機で、ラバウルを発った。一式陸攻の一番機には、山本長官以下幕僚、一式陸攻の二番機には、宇垣纏中将以下幕僚が搭乗した。零戦の護衛機6機はそれぞれ、森崎武中尉を指揮官とする、柳谷謙治飛行兵長、杉田庄一飛行兵長、日高義巳上飛曹、辻野上豊光一飛曹、岡崎靖二飛曹が飛行士であった。

連合艦隊司令長官の護衛とあっては重責であるが、護衛機のパイロットたちは、何しろ日本軍の制空権の区域なので、護衛といっても形だけのものだと認識していた。

ところが、この飛行隊がブイン基地に着陸しようと高度2500メートルに達したとき、突然、P38ライトニング16機が高度1500メートルくらいから急上昇して一式陸攻2機に攻撃を加えてきた。ジャングルの緑が保護色になって、飛行隊はP38ライトニングの待機に気付かなかった。護衛機担当の一人、柳谷飛行兵長は数十機のP38ライトニングがやってきたと感じたという。護衛機はP38ライトニングのうちの一機を撃墜したのだが、なにしろ多勢に無勢、一式陸攻2機に対する攻撃を防ぐことがどうしてもできない。すなわち、一機のP38ライトニングに気をとられていると、別のP38ライトニングが一式陸攻を攻撃する。

こうして護衛機6機はよく戦ったが、一式陸攻2機はどちらも撃墜された。山本長官が乗る一番機は黒い煙を出してブーゲンビル島のジャングルに墜落し、宇垣中将が乗る二番機は白い煙を出して海上に不時着した。柳谷飛行兵長は、ジャングルに落ちた機からは煙が出ているのを確認した。もちろんそれが一番機なのか二番機なのか、分かろうはずもない。

柳谷飛行兵長は、ジャングルに落ちた機も激突というよりも不時着なので、希望的であるが、乗員は助かったのではないかと思ったという。

しかし、ジャングルに落ちたのは一番機で、山本長官以下全員死亡、二番機では宇垣中将、北村艦隊主計長、そして操縦士の林浩二飛曹が救助された。

後で山本長官戦死を知らされた護衛機のパイロット達は暗澹たる気持ちになったが、この事実は絶対口外しないように言われた。そして、口封じというわけでもないだろうが、護衛機のパイロット達は何度も出撃を命じられ、山本長官を護衛できなかった後悔から寧ろ戦死を望んだ。

こうして、森崎中尉、杉田飛行兵長、日高上飛曹、辻野上一飛曹、岡崎靖二飛曹は、争うように空に散った。柳谷飛行兵長も何度も出撃したが、ガダルカナル方面のルッセン島へ行った際にグラマンに襲われ、右手を銃弾に直撃された。そこから自らの血の海に沈みそうになりながら驚異的な精神力で飛行機を操縦してムンダ基地まで戻った。戻ったものの、柳谷飛行兵長は化膿防止のため、右手を麻酔なしで切断されるという激痛を経験し、その後意識を失ったりした。ともかく、日本に後送され、義手をつけて教官をしているうちに終戦を迎えた。吉村昭氏の記述も、柳谷氏とのインタビューに基づくものである。

そして私は当然に山本長官は、ジャングルに墜落した飛行機の衝撃あるいは火傷で死亡したものと思ったいたら、先日友人から、ジャングルに墜落した時点で山本長官は生きており、死亡したのは自害である、という説を聞いた。これは実は、柳谷飛行兵長の観察と必ずしも矛盾しない。すると、山本長官はどちらにせよ死ぬつもりで飛び立ったのだろうか。あるいは、刑法でいうところの未必の故意なのだろうか。ちょっと理解しかねるところである。

つたやにDVDを返却に行って、「仕事をしたつもり」 (星海社新書) 海老原 嗣生著という本が目に付いた。面白そうだったが、大体内容は推察がつくので、立ち斜め読みで書棚に戻した。

そこで、私独自の観点で、仕事をしたつもりとは何か記述してみる。先ず、仕事に関連する時間は次の5つの要素からなる。

  1. 仕事をしているとは計上できない時間。例えば、通勤時間がそうである。
  2. 何もしていないことが明らかであるが、仕事に関連する拘束時間なので、仕事の時間として計上できる時間。例えば、出張のための移動時間がそうである。もっと具体的にいうと、都内で午後1時からある打ち合わせのため、会社を午前10時に出るとして、そこから電車に乗って移動している時間がそうである。
  3. 何もしていないことを自覚しているのだが、上司に対しては仕事しているふりをしている時間。例えば、飲み会の打ち合わせのため、仕事時間にメールやチャットでやりとりしている時間がそうである。本人は流石に仕事しているつもりはないが、上司からみると、仕事している体裁をとっている。
  4. 本人は大真面目に仕事しているつもりなのだが、実はほとんど会社の業務に貢献していない時間である。
  5. 本当に内容のある仕事をしている時間。

この本でいう「仕事をしたつもり」とは、明らかに上記の4の場合である。この本では、「仕事をしたつもり」を下記の5つの場合に分ける。

  • 量の神話
  • ハコモノ志向
  • 本末転倒
  • 横並び意識
  • 過剰サービス

その具体例はこの本を実際に読んで戴くとして、私なりの「仕事をしたつもり」を挙げてみる。これは仮想事例ではなく、私なりに見聞きしたことに基づく。

  1. 資料の過剰作成。最低限趣旨を伝えればいいのに、使いもしないデータやグラフを織り込み、長大でファンシーなパワーポイント資料を何日もかけて作成する。しかし、たった10分上司がレビューすめためだったりする。レビューがうまくいくと、何日もかけて資料を作成したことで自己満足する。間違っても、もっと簡単な資料でよかったなどと考えない。
  2. 資料の過剰作成と双対で、部下が作成した資料を膨大な時間をかけてレビューする中間管理職がいる。どうみても本質でないポイントを衝いて、部下に修正させる。しかし、修正しているうちに、全体のバランスが悪くなって、却って何がいいたいか分からなくなる。そこで、なんだここまでいってもお前は俺の言いたいことがわからないのか、最初から書き直せと、ちゃぶだい返しのようなことを上司が言ったりする。そうやって時間をかけた結果上級管理職のレビューをパスすると、中間管理職は、膨大な時間をかけてレビューしたことを正当化し、毎回どうみても無駄な重箱の隅のレビューを繰り返す。時間をかければかけるほど内容がよくなると信じ込んでいるのだから、効率もなにもあったものではない。
  3. 呼ばれるままに意味のない会議に出て、ぼうっと聞いていると、自分では意味がある仕事をしているような錯覚に陥る。会議に呼びつける上司は、部下と情報を有効に共有できた、有意義な時間だったと正当化する。しかし、誰も何も決めない。ただ井戸端会議のように延々と議論するだけである。会議の質は、議論に要した時間だと錯覚しているに違いない。
  4. また、何であれ、部下の提案に横槍を入れるのが自分の使命だと誤解している管理職がいる。そして、何もしなくてもうまくいったはずの部下の仕事を挫折させて悦に入る。自分が止めなけばまずいことになったと正当化するのだが、そうやって仕事を挫折させたことにより他部門に与えた影響や部下の破壊されたモラールなど考えもしない。これは、「仕事をしたつもり」なんてものではない。まさに負の仕事である。

してみると、「仕事をしたつもり」で、結局何もしないのはまだましなのであった。「仕事をしたつもり」で周囲の足を引っ張りまくり、というのが一番困る。そういうのに限って会社で憎まれっ子世にはばかるのだから、かなり救いがたい。やはりこの世は穢土なのであった。

「発明」誌の富岡康充氏の「日本企業が直面する知財戦略構築」という記事を読んでいて、はっと気付くことがあった。それは、「筆者は学者でも弁理士でもありませんが、」というくだりを見てである。

それは普通の謙遜の表現であり、学者でも弁理士でもない分際で知財戦略を語らせて戴きます、という趣旨なのであるが、私は寧ろ、それが故に有意義な知財戦略を語れるのだと思った次第である。

それは、やはり学者でも弁理士でもなく、誰からも認められることなく自分なりに特許の価値や知財戦略を考えている私が自分を投影しているのに過ぎないともいえるが、富岡氏の記述する知財戦略が、現場志向、技術内容志向、ビジネス志向でとても目線が低く、これは自分を学者や弁理士と意識していてはなかなか採り得ない立場なのではないかと考えたからである。

すなわち、学者や弁理士でも富岡氏のような知財戦略構築コンサル・スキルに達することは可能なのだけれども、知財戦略はもともと現場に密着した内容であるとともに、学者や弁理士の本来のカバレッジでないがゆえに、学者や弁理士だと遠回りになるのではないかと考えるからである。

一方、富岡氏が知財戦略構築コンサルをする際に当然に逢着する困難は、クライアントから、なんだ学者でも弁理士でもないのか、とprima facieに軽く見られてしまう。よって、それを克服するために必死で努力して実績を積み上げる必要がある。

私はこのような富岡氏の知財分野の役割を、レアアースと定義したい。そして私がレアアース性と言う特質は次のとおりである。

  1. 知財分野において、知財戦略構築コンサルという仕事は決してメジャーにはなりえない。知財の分野で正統の仕事は弁理士によって代表される特許実務であったり、典型的には東大中山教授によって代表されるような、知的財産法学の学者である。
  2. 磁石においていかにレアアースが磁性の特性改善に有意義であっても、レアアースだけでは磁石は作れない。飽くまでも補助的なのである。
  3. そういうレアアース的人材は稀である。なぜなら、どうしても需要は少なく、正統でないので軽く見られがちで、やたらプライドが高い人達から過度に蔑視されて悔しい思いをすることがある。
  4. 実は、レアアース的人材をいかに尊重するかで、その分野の成熟度が分かる。例えば、鉄や銅は古来から武器などの製造のため重視されたが、そのとき果たしてレアアースを尊重しただろうか。ちなみにレアアースとは、ネオジム(Nd)、サマリウム(Sm)、テルビウム(Tb)、ジスプロシウム(Dy) 、イットリウム(Y)、セリウム(Ce)、ユウロピオム(Eu)、テルビウム(Tb)、ホルミウム(Ho)、イッテルビウム(Yb)、エルビウム(Er)、ツリウム(Tm) 、ランタン(La)、ネオジム(Nd)などであり、これらを産業にを活用するようになったのはようやく20世紀になってではないだろうか。

私が言いたいのは、結局、知的財産の分野は、もし富岡康充氏のようなレアアース人材が軽視されているとしたら、科学技術の分野などと較べてまだまだ後進的なのではないか、ということである。

しかし、よく考えたら、法律であれ、数学や物理のような先端科学の分野であれ、レアアース人材が重用されているということはやはりない。

だから、よほど確立された信用を得ないと、レアアース人材で生きていくことは、どんな分野であれ難しそうである。

里見初段

user-pic
0

毎日新聞のWebによると、将棋の女流三冠、里見香奈が、奨励会でも、女性初でプロ初段に達したという。以下、引用:

将棋の女流三冠、里見香奈さん(19)=出雲市=が棋士養成機関「奨励会」の初段昇段を決めた7日、県内の関係者の間では、喜びの声とともに「このままの勢いで初の女性棋士へ」と次のステップへの期待が広がった。【曽根田和久】

里見さんは昨年5月に奨励会の編入試験で1級入会を決めて初の女性棋士への一歩を踏み出した。7日までの例会で12勝4敗となり、昇段を決めた。

女流で奨励会員といえば、奨励会1級で書いた加藤桃子1級がいる。

加藤桃子1級は、6級から入った叩き上げであって、私はどうも叩き上げを過大評価する傾向がある。それで、リコー杯第1期女流王座戦五番勝負で、加藤が清水市代女流六段と対戦したとき、私は、あまり苦労なく3-0か、3-1で勝つのではないかと予想した。ところが案外の接戦で、3-2でなんとか加藤が勝った。棋譜をみて、清水も強いと改めて感じた。

そして飛び付けで里見が奨励会1級になったとき、やはり叩き上げ信仰から、里見は加藤にはまだちょっと及ばないのではないかと思った。すると、女流王座戦が終わったあとたまたま、ある女流棋戦で里見対加藤という対戦があり、これは里見が勝った。それで改めて里見が女性棋士の第一人者なのだと感じた。

一方で、女流棋士に書いたように、女流棋士のトップ・レベルは、アマチュア・トップレベルであることが実証された。

だから、里見がプロ初段になったというのは最早驚くことでもなく、時間の問題だったのかもしれない。すると、里見はプロ四段になれるか、という当然の期待が生じるが、奨励会1級に書いたコメントだと、畠山鎮七段によると、奨励会初段程度だと、プロ四段と指して10回に3回は勝たなくはならない。

果たして、今の里見がそんなに勝てるだろうか。今までプロ棋士と対戦した棋譜をみるかぎり、そこそこ勝ってはいるのだけれども、どうも勝負どころで、アマチュア的なセンスのない手を指したりしている。だから、質として、このまま駆け上りそうにまだ思えないのである。例えば、今泉健司アマ名人は、奨励会再チャレンジでやはり三段リーグを通過できなかったのだが、それでも見ていて実に力強い。里見はどちらかというと受け将棋なので、鋭い攻め将棋の今泉アマ名人とは棋風が違うともいえるが、それでもまだ、今泉アマ名人の域には達していないように思う。

私は実は、才気溢れるのに地味でいい意味の素朴さを失わない里見のファンである。中国地方出身というのも親近感を感じる。だから、なんとか奨励会で揉まれて、プロ感覚を身に着けてほしいものである。

ところで去年、囲碁の鈴木歩六段が、女流ながら、河野臨九段に最後は破れたものの、棋聖戦リーグに入る一歩手間まで行ったという快挙を達成した。そういう例をみると、里見だって男性棋士に伍してやれる日がきてもおかしくないのである。

体重の非線形性?で、体重についていささかの考察を試みたが、最近気付いたつまらないことを少し書いてみる。

すなわち、正月はどうしてもおせちや普段よりもご馳走になって、食を控えようとする私もつい食が進む。また、昼間から日本酒を飲んでいい気分になったりする。それで、これはいかんと、1月3日に体重を計ってみたところ、ほとんど体重が増えておらず、安心した。

そこで、1月4日からはまた、普段の軽めの食事に戻した。ところがあれっと思ったのは、1月5日に体重を測定したら、1月3日の時点よりも1キロ増えているのである。たかが1キロなのだが、どうして正月中に即体重が増えないのかどうしても理解できない。

そこで、次のような仮説をたててみた。すなわち、食事はもちろん、新陳代謝や体の成分のための栄養をとることなのであり、パンタ・レイに書いたような、シェーンハイマーが発見した法則があるが、一方で、食事は、体の代謝戦略に影響を与える、ということである。

シェーンハイマーが発見した法則では三日で体の成分がほとんど入れ替わるというのだから、体の代謝戦略の変更に要する時間も三日程度なのかもしれない。

そして代謝戦略は、成分の吸収と、燃焼あるいは放出を含むので、燃焼あるいは放出を抑えて吸収が増えるようにすれば、同じ量を食べても、以前より肥るということになる。

それでは、代謝戦略の司令塔はどこにあるかというと、それが脳にあるのは自明であろう。すると、食事中の成分が、脳にある代謝戦略の司令塔に作用して代謝戦略を変更させる、ということになる。実際、肥満防止薬にあるような記述は、それをサポートする。

そして、食事中の成分の中でもキーとなる成分は糖分なのである。だから、たかだか数十グラムしかないケーキを食べても、代謝戦略に変更が加えられ、数キロも肥ってしまう、ということがありえる。

それでは数キロ肥るというとき、数キロ分の食事を余分に食べたかというと、多分違う。代謝戦略が、単に水分の吸収効率を変化させるだけで体を占める水分が増えて体重が増加する。いわゆる水肥りである。だから、厳密な体重コントロールが必要なボクサーは、水を飲む量も厳しく制限する。

さらに言うと、メタボはなぜよくないかに書いたように、肥満することがまた、代謝戦略の変更を迫る。この代謝戦略の変更が体重に対するネガティブ・フィードバックであればいいのだが、むしろその逆だったりすることがあるので、肥満になりたくない人は、体重を監視して、欲望のコントロールに書いた文脈で、少なくとも大域的に体重の非増加列をつくらなくてはならない。

重責と寿命

user-pic
0

SankeiBizによると、米大統領の重責は、寿命を縮めることになっていないという研究結果が出されたそうである。以下、引用しつつコメントする。

米国の大統領を務めることによるストレスは必ずしも寿命を縮めることにはならないとする研究結果がこのほど、世界で最も広範に読まれている医学雑誌、米国医師会雑誌(JAMA)に掲載された。

天寿を全うしたとされる34人の米大統領のうち23人は、意外に長寿だった。ただ、就任時と在任中の写真を比べると、白髪としわが増えていくことが分かる。

重責が人間の老化を速めていると一部で考えられているが、今回の研究成果は、優れた医療と教育、富が寿命を延ばすのに役立つことを示したと論文筆者のS・ジェイ・オルシャンスキー氏が述べている。

昔から、過度の重責は寿命を縮めると信じられているが、これは多分事実であろう。私が直ぐに思いつく例は、日露戦争の児玉源太郎である。司馬遼太郎の受け売りでは、旅順侵攻で無策であった乃木希典に介入し、そこで有効な戦術に切り替えて見事日本軍を勝利に導くほか、日露戦争勝利に心血を注ぎ、その結果、現役の参謀総長のまま55歳で脳溢血で亡くなった。まさに重責と激務の結果の過労死であろう。

軍人以外に思いつく例として、古代エジプト学者のシャンポリオンがある。シャンポリオンは、子供の頃から語学の天才で、わずか19歳でグルノーブル大学の歴史学助教授に就いたあと、ロゼッタ・ストーン上に書かれたヒエログリフに興味をもち、全知全霊を尽くして解読した結果、力尽きて41歳で早世した。

このように、過度の知的活動は、健康に有害であって、確実に寿命を縮める。では、大統領はどうか。公的には世界最大の権限と、それに付随する責任を担う米国大統領の仕事が重責でないはずがない。ただそこで、米国大統領の責任範囲の広さが救いとなる。すなわち、責任範囲の広さにより、個別の案件に深く首を突っ込む必要がなくなる。そこは個別の責任者に任せてしまえるのである。例えば、ベトナム戦争に際して、当時の大統領は、国防総省長官であったマクナマラに多くを権限委譲し、戦局の泥沼化で実際に一番の塗炭の苦しみを味わったのはマクナマラであった。マクナマラは強靭な肉体的・精神的力でそれを乗り切ったが、もう少し弱い人なら、過労死していてもおかしくなかった。

すると、米国大統領が意外に長寿である理由は明らかであって、次のとおりである。

  1. 米国大統領になろうという野心を持つ人は、平均よりも健康である。
  2. 米国大統領の仕事は重責であるのは間違いないが、個別の面倒な案件は、国務長官や国防総省長官などの特定の担当者に任せてしまえるので、それを遂行する責任者である特定の担当者ほどは重責ではない。
  3. ある程度の重責・重労働は却って健康にいい、という重労働ホルミシス仮説が成立する。

重労働ホルミシス仮説は、私の管理職経験に基づく。すなわち、私は管理職時代に、いまよりはるかに重責で重労働を課せられていた。ほとんど毎日会社で夜11時過ぎまで働いていた。しかも休暇もほとんどとらない。私がオフィスにいないと困る場合が少なくなかった。細かい経費案件も私が決済していたからである。すると、そんな働いていたら病気になるとよく言われた。しかし、管理職であった12年間に、風邪らしい風邪も引いたことがなかった。もちろん病気で休んだことも皆無だった。重責で、気合が入っていたのである。

ところが、管理職を降りて6年になるが、その間にもう四度くらい病気で寝込んだ。尿道炎、顔面麻痺、ひどい風邪による下痢、などである。もちろんそれは歳をとったせいもあるのだが、ちょっときつめの責任や仕事は、健康維持に必須かと考えた次第である。

だから、60歳まで普通に仕事していた人が、定年になっとパタリと仕事を辞めると危ない。私の尊敬する先輩は、58歳で早期退職して顔面帯状疱疹になり、顔が腫れて、半年以上も人前に出ることができなかった。

こうして、定年になっても隠居モードにならず、ある程度きつい仕事に従事した方が健康にいいという重労働ホルミシス仮説を改めて再考すべきである。私は仕事がなくなったら、数学や物理を勉強しなおして、頭を苛めてやろうと思っている。ここらあたり私の頭は、何ほどかマゾヒストのようである。

腸内細菌

user-pic
0

プロバイオティスクというか、腸内細菌が健康に本質的であることは最早常識であるが、ファンケルの情報誌である、「元気生活」2012年1月号に腸内細菌の簡単な解説があったので、私なりにメモしてみる。

すなわち、腸内に乳酸菌を増やすことが一つのキーであるが、そのためには、乳酸菌だけでなく、乳酸菌と共生関係にある納豆菌と酪酸菌を併せて摂ることが重要である。

納豆菌と酪酸菌は、胃酸や胆汁に接すると、芽胞という殻を作って自分を保護するので、生きたまま腸に達することができる。そして腸に達した納豆菌は、アミラーゼという酵素を産生し、それが、乳酸菌の餌となるでんぷんの分解を助ける。

一方、乳酸菌は、酪酸菌の増殖を促す成長因子を産生する。乳酸菌と酪酸菌の組み合わせは、毒素を産生する大腸菌の成長を抑える作用が、乳酸菌だけと場合の倍である。その他、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌、赤痢菌などに対しても、乳酸菌と酪酸菌の組み合わせは効率的に作用する。

その他、リンゴに含まれるペクチンや、海藻に含まれるアルギン酸、コンニャクに含まれるマンナンなどは排便を促す。また、ご飯に含まれる、難消化性でんぷんが、善玉菌の餌になることが知られている。

ただ、当たり前であるが、腸内細菌が勧善懲悪で割り切れるはずがない。新聞の記事によると、乳酸菌と、毒素を産生する大腸菌の間にも緩い共生関係が存在するという。だから私はあまりヤクザをしゃかりきになって排除しない方がいいと思うのだが、この文脈でそういうことを言うのもおかしいかもしれない。

という簡単なメモであった。簡単にいうと、ヨーグルトと納豆を食べましょうということか。

博士の学位

user-pic
0

会社の研究所の知り合いから、博士の学位についての苦情を聞いた。すなわち、会社というか部門の方針で、研究員が博士の学位を取得することが励行されているけれども、それが実際には会社のためになっていない、というものである。

確かに、研究所では高度な研究をする、という建前なのだから、その専門性の1つの指標として、博士の学位の取得が推奨されるというのは、あまり変な話ではない。実際、例の青色発光ダイオードの研究で有名な中村修二氏が、まだ博士の学位をもたない段階で米国留学したとき、スレーブナカムラと馬鹿にされた話は有名である。すなわち、博士の学位、あるいはPhDをもっていることが、高度が研究ができるという能力の前提である、という次第である。

すると、研究所では、ともかく博士の学位をもつ研究員を集めれば、それだけで自然に高度な研究成果が得られるのか、という当然の疑問がわく。

すなわち、博士の学位をもっている人は、工学博士だの理学博士だのを名乗ることができるが、工学博士は工学全般に凄い知識をもっていて、理学博士は数学から物理、化学までなんでもござれかというと、そんなことは全くなく、もしかして、その専門はごく狭いかもしれない。

例えば、「蝶における体内細菌の、地域ごとの分布について」という研究で理学博士を取得した人が、数学のリーマン予想について、意味があることが言えるだろうか。おそらくであるが、普通の数学科の2年生の学生よりも、意味があることはいえないかもしれない。しかしそれでも、世間からみたら理学博士であり、素人に対して、森羅万象に通じていると誤魔化すことが可能かもしれない。田舎の農夫のような、よほどの素人ではあるが。

これと似たことが研究所でも起こる。すなわち、大学時代原子核物理学の実験を専攻して理学博士を取得し、たまたまIT企業に入社して研究所に配属されたとする。そこでなぜか、Web検索エンジンの研究を命じられると、これもおそらくであるが、最初は右も左も分からないところから出発しなくてはならない。そこで意味があるのは、原子核物理学の知識でもなく、理学博士の学位でもなく、原子核物理学の研究を通じて涵養した理系的地頭であり、センスである。そこで理学博士の学位を重用するとしたら、軽い漫画であるが、しかし世間ではそういう慣用はよくあることである。

それでも博士の学位を弁護するとしたら、私が鍛えでしたような議論である。すなわち、博士の学位取得の努力のうちに知能に鍛えが入り、知的な体力がついた、というものである。反超弦理論者の物理学者、リー・スモーリンは、超弦理論を研究することは、とてもよい知的鍛錬の機会である、と認める。高度な数学をマスターして、膨大な計算をこなさなくはならないからである。

もし博士の学位がそういう間接的なものであるとすると、研究所にあって過度に博士の学位を勧めることはどうかいう議論は当然に生じるべきである。それは次のようなマイナス要因をもつ。

  1. 博士の学位をもたない者が入社して、大学院に通いつつ学位を取得しようとすると、仕事時間中、あるいはオフの時間中に膨大な時間を費やす必要が出てくる。それは、とりあえずは会社にといって安くない投資である。
  2. そのとき、研究テーマが会社の方針にあってないものだと、結局業務に活きないことになる。すると、単に博士を一人増やしたことに会社は自己満足するのだろうか。
  3. そうやってともかく博士の学位を取得すると、もう研究者とし一人前になったと誤解する者がでてくる。そうやって、プライドだけ高くなって努力しない。それははっきり堕落である。そもそもがその後の努力を怠っても、学位は剥奪されるわけではない。
  4. 博士の学位を取得すると、自分の専門はこれだと、そこに固着する者も出てくる。自分は○○の専門家であって、他のことはやらない、と。
  5. 博士の学位を利用して、他企業や大学などに転職しやすくなる。

このようなネガティブ要因を考えたらきりがなにしても、研究所では、そういう要因をきちんと考慮に入れて、学位の取得を推進しているものなのだろうか。

私は学位にあまり拘らず、研究に、もっと闊達さと自由さと創意工夫を導入すべきと思う。一体どうやって、というのは実に難しいのだが。

永井路子の「美貌の女帝」文春文庫を読んでいたらふと、「霊格の高い美人」という言葉が思い浮かんだ。霊格の高さについては、霊格の高い人について冗談のような、実は真面目な内容を書いた。そこで、その続編として、霊格の高い美人について、徒然なるままに書き連ねてみよう。

今から10年以上前、私が単独で米国出張に行ったときのことである。なにかのコンファレンスだったと思う。場所はニューヨークの郊外のホテル。チェックインして、ちょっと外に散歩に行こうとしてエレベータに乗ったら、いきなり背後から女性に声をかけられた。しかも私の名前を呼ぶのである。個人的に私を知る人がいるはずもなく、もしやCIAのエージェントか、と怪訝に思い振り向いて、また驚いた。ハリウッドの映画スター並みの美人なのである。

彼女の名前を仮にジョアンとしよう。ジョアンは、私が勤務する米国系外資系企業の本社社員で、出席者名簿をみて唯一の日本人である私の名前を予め調べて、エレベータで日本人がいたので、私に違いないと迷わず声をかけたのだという。なんと乱暴な。

しかしジョアンはとても親切だった。英語も、とても分かりやすくしゃべってくれる。それでジョアンはなんといい人なんだろうと思った。

その後も日本に戻って何度も仕事でメールのやり取りをしたが、その都度丁寧な対応だった。また、その後も米国出張で何度もジョアンに会って多少は立ち入った話をした。ハドソン川を船でクルーズする企画があったときはジョアンが、どうこんな船、乗ったことがある?と聞くので、僕は実は小さい島の出身で、毎日ハイスクールに船で通っていたのさ、と答えたら、へぇと感心していた。そういえば、別の同僚が、あれは自由の女神、あれはワールド・トレード・センターと、夜景で指し示してくれた。その2年後にそのビルがテロで倒壊しようなんて、知る由もない。

ところがおかしいのである。私はとてもシャイで、ちょっとした美人でも直ぐに照れてまともに話せなくなる。ましてや英語だし、見ようによってはハリウッドの映画スター並みの美人なのである。なのに、ジョアンには、なぜかあまり照れない。

その後、米国から新規に外国人の上司が赴任してきた。なんでも以前にジョアンの上司だったという。そこで上司に聞いてみた。ジョアンてとても美人だよね、と。すると不思議なのは上司は、ええと、ああそうだよね、ととても気のない返事をするだけである。ジョアンの仕事振りは手放しで褒めているのに、である。

そんなジョアンは当然かもしれないが既婚で、ある秋に、夫と観光に出かけた。とても普通のことである。そして夫とホテルの部屋で、ソファに座ってテレビを一緒に見ていた。そろそろディナーに行こうと夫に声をかけたが反応がない。あれっと思って肩を叩いてみた。やはり反応がない。ホテルに連絡して医者に来てもらったところ、なんと、テレビを見ながら夫は突然死してしまったことが確認された。

それでも数日してジョアンは呆然としつつ仕事に戻った。なにかのついでにジョアンにメールすることがあったので、そっと、どう?と聞いてみた。すると、当然ながら突然の夫の死があまりにもショックだという。そして車で通勤していると、涙で前が見えなくなり、仕方なく路肩に車を止めてやりすごすのだという。

それから数年たち、ジョアンはなんとか元気になったようであるが、私はふと、これが霊格の高い美人の典型なのだと理解した。その特徴は次のとおりである。

  1. 美人なのに、ほとんどといっていいほど、その美貌を活かそうと思わない。
  2. そのせいなのか、美貌が際立たない。印象にもあまり残らない。
  3. 利他的で、誰に対しても親切である。恨みを買うことはまずない。
  4. 仕事ができて優秀なのになぜかほとんど出世欲がない。引き立てて昇進させようとする上司もほとんどいない。本人は地位に不満をもつことがほとんどない。
  5. 突然の不幸に見舞われることがある。しかしそれで自暴自棄にならず、健気に乗り越える。

こういう人はきっと、探せば世間に意外にいるのだろう。でも実に目立たない。美人すぎる掃除のおばさんなど、もしいれば、そうかもしれない。ジョアンは既婚だったが、もしかして、なんとなく独身で終わることも多いのではないだろうか。そして、美人で独身で終わると、神様は、よく独身で我慢したと、大目にみてくれるのだろうか。ううん、それも変である。ともかく言えることは、芸能界にいる美人はほとんどが霊格が高くないだろう。そもそも霊格が高い人は芸能界を目指さないし、たまたま入ってもついていけないで辞めてしまうだろう。しかし、湯原昌幸の妻の荒木由美子など、霊格が高い美人といっていいのかもしれない。

クーデター

user-pic
0

産経ニュースによると、中国の投稿サイトで、北朝鮮で軍事クーデターが起きたとの書き込みが広がった。以下引用:

中国の短文投稿サイト「微博」などで4日、北朝鮮で軍事クーデターが起きたとの書き込みが広がり、中国当局が規制に乗り出したもようだ。北朝鮮のホテルは共同通信の電話取材に「何も起きていない」と否定している。

中国のインターネット上では「数時間前にクーデターが起きた」「金正恩(氏)と国営テレビが何者かの統制下に置かれた」などの書き込みが広がった。ネット情報は相次いで削除されており、中国当局が、規制を強化しているとみられる。(共同)

金正日の死亡を書いたとき、戴いたコメントでは、若い金正恩ではカリスマ性がなくて、きちんと北朝鮮を統治できないのではないかという意見が比較的多かったと記憶する。

それを打ち消すかのように、北朝鮮は、金正恩を必死で最高指導者として認知させようと懸命の報道を繰り返した。

しかし、そうすればするほど、本当にそうなのかという疑念が湧く。それが、北朝鮮の最大の保護国である中国で起こったのは、中国国民も、北朝鮮のことを疎ましく思っている人が少なくないことを示唆する。

しかし中国当局の公式的に立場としては、北朝鮮が崩壊したら経済的にも軍事的にも困るので、ひたすら支援するしかないのである。

中国としては、北朝鮮が言うことを聞いてくれて、国内が安定しているなら、別に金正恩でなくてもいいのだろう。しかし、短い将来、金正恩以上の正統性を主張できる人物が北朝鮮に現れるとは思われない。

それでも私は、上記ニュースを眺めて、本当にクーデターが起きているのではないか、と疑ってみた。すなわち、革命政権が住民に対外的に何も起きてないと言え、と指示したのかというものである。しかし、考えてみると、革命政権なら真っ先に、政権奪取を世界に表明するのではないか。よって、やはりクーデターは、単なるデマとしか思えないということになる。

と、ここで終えようと思ったが、どうしても中国が北朝鮮を支援する理由がしっくりこない。そこで、「北朝鮮入門」、磯崎敦仁、澤田克己著に拠ってその理由をみてみた。するとそれは朝鮮戦争に遡る。すなわち、劣勢だった北朝鮮軍を、中国軍が出兵して加勢したのだから、まさに血の友誼なのである。

そうは言っても、1966年に文化大革命が起きると、紅衛兵も表立って金日成を批判した。こうして中朝関係は最悪になる。それでも、文化大革命の活動が静まると、中朝関係は改善した。

しかし、1980年に金正日が政治局常務委員に選出されると、中国当局は世襲に反対を表明した。そして1992年に中国が韓国との国交を樹立すると、再び中朝関係は悪化した。

それでも1999年になると、中朝関係は改善された。結局、中朝関係は憎みきれない夫婦のような関係なのであるが、それはなぜか。

  1. 中国にいる朝鮮族200万人を下手に刺激したくない。そのためにも、中国が面倒をみる北朝鮮という構図は望ましい。
  2. ロシアに対する警戒心で連帯。やはり国境を接するロシアは、中国にとっても北朝鮮にとっても油断のならない国である。
  3. 最強国、米国に対する対抗意識で連帯。中国軍が朝鮮戦争に介入したのも、米国に対する強烈な対抗意識であった。この連帯はニクソンの中国外交で一旦は弱まるものの、もし北朝鮮が崩壊すると、朝鮮半島で、中国が米国に対して剥き出しになってしまう。だからガードとしても、北朝鮮の存在は必要である。

実は中国は、1980年に金正日の世襲に不快感を覚えたように、金正恩への世襲にも苦々しく思っているようである。しかし、当面、それ以外のオプションはないなら、ともかく北朝鮮の安定を第一に考慮し、世襲は不問に付すということのようである。だから、クーデターも懸命に阻止するはずなのである。もしかして、水面下で、中国と米国CIAの暗闘があるのかもしれない。

テレビを観ていたら、禁煙達成率の高いという禁煙用パイプのコマーシャルがあった。すなわち、以前に一世を風靡した禁煙パイポよりもう少し凝っていて、30本ものパイプの一式からなる。そのパイプは同一でなく、それに煙草を装着して喫煙したときのニコチン通過量が、最初のパイプから後になるほど、次第に減少する。

すなわち、毎日ニコチン通過量が次第に減少するパイプに取り替えることで、30日経つと、ほとんどニコチンのない喫煙になり、そこで禁煙が達成されるのだという。

確か70%だかの高い禁煙達成率だというが、喫煙癖のない私は、喫煙の楽しさも禁煙の苦しさもピンとこない。

さて、その禁煙パイプから、欲望コントロールの法則が見出される。すなわち、欲望コントロールとは、単調減少の数列を作り出すことである、ということができる。上記の例では、ニコチンの量が単調減少の数列である。

単調減少なんてまだるっこしい。一気にニコチンをゼロにしようぜと短気な人は考えるのだが、人間の習慣というか感覚は、急な数列の差分にとまどい、却って暴走する。だからどうも、よほど意志が強くないと成功しない。

私は多分この方法でダイエットに成功した。すなわち、食べる量を基本的に次第に減らす。全く減らない日もあってもよい。少なくとも、equal or lessである。そして、ニコチンと違って食事の場合は、基礎代謝のためにある非ゼロの規定値の栄養を摂らなくてはならないので、単調減少の数列はその基礎代謝+αの値に収束させる。+αは、所望の体重の関数である。

ただ、欲望のコントロールにおいて、より本質的な現象は、欲望の増加である。例えば、「すべての経済はバブルに通じる」小幡績著、光文社新書によると、どうも資本主義というのは、単調増加する欲望の数列に依存するらしい。しかも、私の観察では、欲望の増加量は、現在の欲望値に比例する。すると、簡単に分かるように、欲望の微分方程式の解は指数関数になる。資本主義がこのような増加する欲望の列に依存するがゆえに、経済指標の目安として、成長率が選ばれる。

すなわち、資本主義は、指数関数で増大する欲望によってドライブされ、これはバブルと呼ばれるのだけれども、欲望の対象となるリソースは明らかに有限である。もし貨幣がリソースであるなら、貨幣なんて無限に刷り続ければいいといえそうなものであるが、経済学の十大原理の第9原理によれば、政府が紙幣を印刷しすぎると、物価が上がるのであって、どうしても貨幣にも限度がある。すると、指数関数で増大する欲望はどうしても有限なリソースとの折り合いをつけることができない。だから、ある有限な時間でどうしてもバブルは弾ける。

バブルが弾けるというのは、砂場で作り上げた山を崩すということである。それであ~あ、と山を作り直すのだけれども、バブルというのは資本主義の本質なので、何度山が壊されても、また山が作られる。

欲望の単調減少の数列というのは、そういうバブルに対するささやかな抵抗である。そして上述のように、個人に対して成功することはあるのだが、資本主義がビルトインされた社会においては、なかなか成功しない。

いやむしろ、社会のバブル性が個人に影響を与え、欲望の単調減少の数列をとても後ろめたいものにしてしまっているがゆえに、たかが禁煙、たかがダイエットも難しいのであった。

ある棋友から、将棋の世界で名著で通っているいくつかの棋書が、実はゴースト・ライターの書いたものだと聞き、驚いた。それを聞いた経緯も、どの棋書なのかも、ここでは開示できないが、言われてみるとさもありなん、と思い当たるふしはある。

というのは、凡そ一冊の本として纏める作業は実に大変で、棋士にいかに将棋の知識があるとしても、そういう整理作業をやるための余裕や編集スキルがあるのかとずっと怪訝に思っていたからである。

ゴースト・ライティングにもさまざまなレベルがある。

  • レベル1:内容はすべて周到に原著者が用意し、ゴースト・ライターとしての編集者が、内容をコピペして入れ替えたり、てにをはを直したり、索引をつけたり、見出しを考えたりして、一冊の本に纏める。これは普通ゴースト・ライティングと呼ばれないだろう。通常の編集作業の範囲である。
  • レベル2:内容は粗く原著者が用意し、ゴースト・ライターとしての作者が、原著者にインタビューしたり、独自に調べたりして補足し、一冊の本に纏める。おそらくであるが、原著者が用意した内容よりも、ゴースト・ライターが書き足した内容の方が分量が多く、より本質的だったりする。
  • レベル3:原著者は何も用意せず、ゴースト・ライターとしての作者が、原著者にインタビューしたり、独自に調べたりして、一冊の本に纏める。芸能人が書いたことになっている本でこれに該当するものは少なくないだろう。
  • レベル4:原著者は全く関与せず、単に名前だけ貸す。例えば、将棋の入門書でこれに該当するものがあると思われる。例えば、駒の進み方や簡単なルールの将棋の本なら私でも書けるが、私の名前を著者にしたらおそらくほとんど売れない。そこで、タイトル保持者に著者として名前を借りることになる。これは著作権的に問題がないのだろうか。例としてとても不適切であるが、男女の関係のようなもので、双方合意ならそれでよしなのだろう。しかしこれも男女の関係と同様に、こじれると権利関係がややこしくなることがある。後で、あれはセクハラ云々ということになりかねない。

さて上述の、意外にもゴースト・ライティングだと噂される棋書はどの程度なのだろう。プロも感心するような内容の本なので、レベル4ということはありえず、また、レベル1はそもそもゴースト・ライティングではない。

レベル2だとしても、オリジナルの骨子をプロ棋士が書いたのなら、やはりゴースト・ライティングではなかろう。するとレベル3か。

そこで、私がレベル3のゴースト・ライティングを任されたとすると、次のようなステップをとる。

  1. 与えられたテーマが、ごき中超速46銀戦法だとする。すると、将棋年鑑や既存の棋書を当たって、書く筋道を考える。
  2. そこで、粗くでも通して書いてみる。疑問の箇所、分からない箇所は空欄にする。この段階では、私のアマチュア臭が芬々で、プロの鑑賞に堪えない。
  3. そうしていよいよ、著者となる棋士に面談する。もしかして数日密着取材ということになる。
  4. 面談では、考えたストーリーでいいか。収録する変化はこれでいいか、どちらが優勢と思うか、ここからどう勝勢にもっていくかなど、質問を詰める。自分でオリジナルに書くより、用意されているものにコメントする方がはるかに容易である、という法則により、どんどん煮詰まっていく。
  5. こうして出来上がったものを著者となる棋士に通して読んでもらい、間違いなどを訂正する。すると、次第にプロの鑑賞にも堪える内容に仕上がっていく。

ここまで書いてきて、これって果たしてゴースト・ライティングなのか、と疑問が出てきた。結局、この作業をしても私はゴースト・ライターではなく、普通に編集者なのではないかと。

そう言う根拠は、私のメインの仕事が、特許の明細書書きだからである。特許の明細書を書くためには発明者から資料を提出してもらうことになるが、自分オリジナルで文章を工夫しても、私のゴースト・ライター性は滅却されることはなく、むしろよきゴースト・ライター、よき編集者こそが求められるものだからである。すると、棋士と打ち合わせて棋書を作成し、決して名前が出ることがない、という立場の職業がある、というただけそれだけのことになる。

典型的には光市母子殺害事件がそうであるが、一見どんな情状酌量の余地がないような犯人も、刑事訴訟法第30条によれば、弁護士による弁護を請求することができる。免田事件のような冤罪もありえるので、法律を熟知した弁護士がサポートして、不当な扱いを受けないようにすることは重要である。

それは被疑者の立場からみた場合であるが、代理人としての弁護士からみた場合、どうなのだろう。光市母子殺害事件は何の恨みもない母子を殺害し、母親に対しては欲情が昂じた強姦殺人である。また、子の方は無条件の幼児殺しである。素人目には、どうみても救いがない。すると、これの弁護を依頼された弁護士が出来ることはとても限られているように思われる。あるはもっというと、このような犯人を弁護することに、とてつもない嫌悪感をもたないのであろうか。

そのように言うと、だからお前は法律の素人なのだと馬鹿にされるのかもしれない。代理人というのは依頼されたらプロなのだから、依頼人を救い、あるいは罪状を軽減するべく全力を尽くすのだと。

しかしそれは代理人にとって本当に純粋に職業倫理、あるいは正義感の発露なのだろうか。代理人に次のような意図は当然にあるはずである。

  1. 有名な事件を手がけて、マスコミや世間に有名になりたい。
  2. 被疑者が資産家の場合、巨額の依頼手数料に目がくらむ。
  3. 奇抜な論理を展開して、弁護士スキルを誇る。
  4. どうする舞おうと結局悪いのは被疑者である。すべの悪評は被疑者に転嫁すればない。

そういうことがあるのは生業なのだからある意味当然であるが、これは救いがないと見切った段階で、弁護士は意気消沈してしまわないのか。すなわち、絶対的倫理観に照らすということがないのか。

これが弁護士でないならまだ理解できる。オリンパスの「飛ばし」に関与した証券OBなどである。普通、そこまでの倫理は問われない。結局責任を問われるのはオリンパスの幹部なのである。

このような代理人意識というのは実は、弁護士-被疑者に留まらず結構普遍的である。例えば会社においても、上司から指示を受けて仕事を進める部下は、代理人意識をもつことがある。上司からデリゲートされて他の者の指示することもある。ただ、場合によって泥を被る必要もあり、そのことがよくやったと評価されたりする。

私も管理職になってしばらくては、忠実な代理人意識で仕事をしていた。無理難題を言われても、仕事だからと忠実に遂行した。指示は絶対に正しいと自らの倫理意識を封印していた。すると会社からの覚えもそこそこ目出度かった。

ところが管理職としての経験が10年近くになったとき、上層部からの指示に倫理感に痛みを感じるようになった。それは私が人間的に成長したのだろうか。それとも、上層部からの指示の妥当性が減じたのだろうか。

どちらなのか分からないが、私の違和感は増大していった。そして私は、半ば自発的に管理職を降りたが、私に置き換わった管理職は、私よりも倫理意識を封印することに巧みであるような人達であるように思えてならない。

それを親しい人にこぼしたら、時代が変わったのだという。すなわち、中央集権が強まったので、ローカルな判断の余地が極めて減っているという。なにしろ現在は管理職の一角にさえ関与していないので、そのあたりの事情は分からない。ともかく、今の自分では到底管理職の役割は最早果たせなくなっているのは確かで、それは結局私が職業意識としての代理人的意識が足らないのか、と自ら問うて一文を書いてみた次第である。

新聞の書籍広告をみていたら、「死ぬときに後悔すること25」大津秀一著、致知出版社が目に付いた。著者は緩和医療医として1000人の死を見届けてきたそうである。そして、以下のように述べる。

人は死ぬ間際にこんなことを後悔しています。
  1. 健康を大切にしなかったこと。
  2. たばこを止めなかったこと。
  3. 生前の意思を示さなかったこと。
  4. 治療の意味を見失ってしまったこと。
  5. 自分のやりたいことをやらなかったこと。
  6. 夢をかなえられなかったこと。
  7. 悪事に手を染めたこと。
  8. 感情に振り回された一生を過ごしたこと。
  9. 他人に優しくしなかったこと。
  10. 自分が一番と信じて疑わなかったこと。
  11. 遺産をどうするか決めなかったこと。
  12. 故郷に帰らなかったこと。
  13. 美味しいものを食べておかなかったこと。
  14. 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと。
  15. 行きたい場所は旅行しなかったこと。
  16. 会いたい人に会っておかなかったこと。
  17. 記憶に残る恋愛をしなかったこと。
  18. 結婚しなかったこと。
  19. 子供を育てなかったこと。
  20. 子供を結婚させなかったこと。
  21. 自分の生きた証を残さなかったこと。
  22. 生と死の問題を乗り越えられなかったこと。
  23. 神仏の教えを知らなかったこと。

一生過ごしたあと、死ぬときどう考えるのかというのは、古くて新しい問題である。記憶が曖昧なのだが、ヘロドトスが、ペルシャ戦争の原因をつくったクロイソスについて、その生前、やりたい放題を尽くして幸せだったようだが、死ぬときに敵に捕らえられて悲惨な目に遭って刑死したのを例としてあげて、人生というのは最後までみないと幸福かどうかわからないと述べていたような気がする。

そのとき、私が感じたのは、人生の評価は、その最終値で決まるものだろうか、というものである。そこで、死ぬときの清算の方法をパターン化してみる。

  1. 人生どう生きたかに拘らず、死ぬ瞬間の状態で人生の価値を決める。
  2. どう楽しく生きたか、すなわち楽しさの積分値でもって人生の価値を決める。
  3. どうやりたいことをしたか、どう才能を発揮したか、すなわち生き甲斐の積分値でもって人生の価値を決める。
  4. どう苦労したか、すなわち努力の積分値でもって人生の価値を決める。
  5. どう他人を救ったか、すなわち利他の積分値でもって人生の価値を決める。
  6. どう恋愛したか、恋愛の密度でもって人生の価値を決める。
  7. どう世間を認識したか、すなわち人生での認識の積分値でもって人生の価値を決める。
  8. どう他人に対する迷惑が少ないか、すなわち迷惑の積分値の少なさでもって人生の価値を決める。
  9. いくら財産を築いたか、すなわち蓄財の値でもって人生の価値を決める。

私はというと、どう他人に対する迷惑が少ないか、あたりに価値を置きたいが、すると隠遁を促進するので、どうしたものかと少し悩む。ボトムラインとして、未練少なくこの世を去れればいいとしたものである。地縛霊や憑依霊にならず、成仏できれば贅沢はいわない。

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。