2012年2月アーカイブ

雪道

user-pic
0

自他共に認める運転の下手な私であるが、今日のように雪が降ると、その下手さが如何なく発揮される。

すなわち、4キロほど離れたところに、家人を車で送っていったのであるが、またしてもヒヤヒヤだったので、その様子を記述してみる。

まず、登りの坂道で停止しても、オートマチックなので普段なら平気なのだが、道路に雪が積もっているとなると意識して、発進時に余計にアクセルを踏んでしまう。すると、動いていない車体でアクセルを強く踏み込むと空ぶかしとなって、却って全く前に進まない。それで一層強くアクセルを踏むという悪循環に陥る。こんなことは普通のドライバでは常識なのだろうが、何年運転しても初心者の私は、雪道では、下手にアクセルを踏まず、自発的なクリープで発進させるほうがいいのだと悟るまでに随分時間を要してしまった。

途中で踏み切り待ちに差し掛かったので、サイドブレーキを引いて、シフトレバーをニュートラルに入れ、電車が通り過ぎるのを待った、そして、電車が通り過ぎたのでさて発進しようとしたのだが、雪にタイヤを取られて、どうしても前に進まない。後続の車は、普段だったら警笛を鳴らすのだろうが、雪道ということで大目に見て、所在なげに待っている。また悪癖で空ぶかしになったので、クリープさせようとアクセルをもどしたが、それでも車は前に進まない。そこでハンドルを少し左に切ったら、タイヤが雪の轍から外れたか、ようやく前に進み、ノロノロと車は踏み切りを横切った。踏み切りの中で立ち往生したらどうしようかとヒヤヒヤだった。

踏み切りをなんとか渡ると、またしても前に進めなくなった。そうしてよく見ると、サイドブレーキが引きっぱなしなのだった。あ~あ、あほらしいと自分の馬鹿さに嫌になってサイドブレーキを戻すと、なんとか車は発進した。

さて、サイドブレーキを戻したのでもう安心と思ったら、そうでもないのである。やはり一旦停止したら、再発進に苦労する。すなわち、私は普通のペースで発進させようとアクセルを踏むのだが、それでは雪道には適合しないようなのである。どうも、まったくアクセルを踏まない状態でカタツムリのように車を発進させなくてはならない。普通の状況でそんなことをしていると、確実に後ろから警笛を鳴らされる。しかし、全体にゆっくり走っている雪道では、オートマチックのクリープ程度が巡航なのであった。

こうしてやっと無事自宅に帰ってきたのだが、そこからが一筋縄ではない。なぜなら、自宅の駐車場は後ろ向き駐車なのだが、そこに随分と雪が積もってしまっているので、一旦これをどかしてからでないと車を入れにくい。そこで、一旦車を駐車場のそばに停めて、足で雪を蹴ってどかしてから車を入れることにした。そうやって十分どかしたつもりなのだが、やはり車がバックしてくれない。またしてもあせって、アクセルを空ぶかししてしまったのだった。

気をとりなおして、アクセルを戻すと、なんとか車が無事駐車場に収まって事なきをえた。なんでこの程度のことで苦労するのかと自己嫌悪に陥った。

そういえば、15年ほど前の大雪で、たまたま今日通ったのと同じ道を運転したことがあったが、そのときは、片道で4キロ程度なのに、なんと3時間もかかってしまった。途中一歩も動かないことが何度もあった。しかし今日は往復なのに、1時間半程度で戻ってこれた。雪が降っていなくても、普通往復で40分はかかったりする。比較的混む道なのだった。今みていると、気温が上がったせいか、雪はみぞれ模様となって、前に降った雪を溶かしている。こんな手ごわくない雪に苦しんだ自分がいよいよ馬鹿らしく思えてきた次第である。

最近、特許出願件数が減っていると実感することがある。すなわち、電子出願端末で出願してみて、この時期なのにまだこんな若い出願番号なのかと驚いたりしている。

そこで、特許データベースで、年毎の特許出願件数を調べてみた。実際上調べるのは、出願から約18ヶ月遅れの特許公開ベースである。国際出願の場合、国内移項までもっと時間がかかったりする。そのあたりの区分けは面倒なので、ともかく国内出願、パリ優先権出願、国際出願の国内移行分の混ざった特許公開ベースで調べてみた。

この数字を眺めると、次のことが分かる。

  1. 日本経済のバブルは、1992年頃終息を迎えつつあったが、1990年代は、特許件数で競う傾向が特に日本企業にあった。例えば、NECは、1990年頃はなんと、2万件以上も特許出願していた。最近ではせいぜい年間3000件程度である。
  2. 日本で出願のピークは2000年頃である。まさに、ビジネスモデル特許ブームであった。そのことは、2002年の公開件数のピークとなってあらわれた。なんと42万件である。
  3. ところがその後、いわゆるITバブルが弾け、ビジネスモデル特許ブームに見直しがなされた。そのせいか、2004年以降、じりっじりっと公開件数が漸減してきた。
  4. それに追い撃ちをかけたのは、2008年のリーマンショックである。そのことは、2010年の、前年度よりも2万件の公開件数減となった。
  5. しかし、件数減は止まらない。おそらく円高により景気悪化や、海外出願人の日本離れなどで、2011年はさらに、前年度よりも4万件の公開件数減となった。これは特許事務所にとって相当なインパクトであるに違いない。なにしろ、ピークのときよりも12万件も出願件数が少ないのである。12万件あると、何人の弁理士とその所員が養えるのだろうか。
  6. 特許庁の手数料収入の減少も大きい。例えば、審査請求料も含めて、1件から得られる手数料を低く見積もって10万円としても、12万件の出願件数は120億円に対応する。この収入減が特許庁の次期システム開発中断に直接・間接に影響を与えているに違いない。
  7. 各論でみると、この表にはないが、2009年の公開件数トップはトヨタで10030件、2位はパナソニックで10028件であった。2010年でもその状況はほぼ同じで、トヨタで9423件、2位はパナソニックで9221件であった。ところが、2011年になると、パナソニックがトップで7920件と漸減であるが、トヨタは一気に5652件と激減である。これでは、トヨタをクライアントとする特許事務所は、さぞかしやり繰りが大変であろう。
  8. ちなみに、米国の2011年の特許公開件数は321181で、日本は完全に件数でも米国に凌駕されてしまった。中国は既に年間出願件数が50万を超えているときく。日本は最早特許大国ではないのである。
  9. ところで、2012年公開分はどうなのだろうか。2月16日公開分までの件数を年で一次近似してみると、2012年は321751で、もしかして2011より多い。しかし、これとても、主として2010年出願分なので、今年の本当のところはどうなのだろうと思ってしまうのであった。

公開年公開件数
1992379791
1993357361
1994363241
1995346994
1996353802
1997345532
1998356475
1999372864
2000377222
2001388181
2002423231
2003389550
2004408450
2005399848
2006390400
2007379560
2008374019
2009363337
2010343233
2011300957

占い症候群

user-pic
0

NEWSポストセブンの記事などによると、自宅マンションの家賃滞納問題で、管理会社から訴訟を起こされてしまったオセロ・中島知子がこうなった理由は、心酔する霊能者の指示に従って行動しているからだという。

自宅マンションの家賃滞納問題で、管理会社から訴訟を起こされてしまったオセロ・中島知子(40)。こんな事態に発展した大きな原因は、中島が心酔する霊能者のA子さんにあるという。

中島は2009年ごろからA子さんと親しくなり、同年4月には自宅マンションでA子さんとの同居をスタートさせる。さらにその翌月には、自宅マンションの向かいにある中島の事務所マンションに、A子さんの母親と叔母ら親族が引っ越してきたのだ。

人間は困ると、何かにすがりたくなる。何かの権威だったり、友人関係であったり、コネであったり、神仏であったり、占いだったりする。

そこで被暗示性の強い人は、神仏や占いに帰依することになり勝ちだが、占いに嵌る人が多いとしたら、それは、具体的な人間が未来を予測したり、具体的アドバイスをしてくれるからである。

私も若干占い師に相談したことがあるが、四柱推命など古来から確立された方法は、特に誕生日から性格を当てるなどの技法において、かなり精度が高い。また、未来予測も、性格ほどではないが、ある程度当たる。

そういう言い当てられる経験が積み重なると、つい占い師を万能と思ってしまう人がいる。そして、すべて占い師の指示のとおり行動するようになり、段々社会的常識とずれてくることがある。オセロ・中島知子はまさにその例である。

すると、就職、恋愛、結婚なども社会的合理性や慣習を無視して、占い師の言いなりになり、次第に社会から疎外され、信用も失ってくることがある。それでもなかなか占い依存から逃れられない。

見て見ぬふりに述べたように、人間は無批判に服従したり、現実から目をそらしたり、頑固に信念を変更しない、などということがありえる。それは、「思考の経済」、あるいは「判断の経済」のためにある程度は日常で必要な場合があるが、「思考の経済」及び「判断の経済」を過度に押し進めて、自分で考えない、自分で判断しない状態になるのが占い症候群であるといえる。それはある面、合理性の追求なのである。

これと似たことは、カーナビで運転している最中にも起きる。すなわち、知らないところで運転するには、特に私のような方向音痴は、カーナビに頼りっきりになる。それが昂じると、目の前に目的地が見えているのに、カーナビが遠回りの道を指し示すと、やはりカーナビに追従したりして、同乗者に笑われてしまう。

それでは、どうやって占い症候群から脱出するのだろうか。なにしろ、占い師の指示を盲信して活動するのは、麻薬のように依存性がある。そもそもが判断力が停止してしまっているので、放置されるとなすすべもないのである。

それではどうすればいいのか。おそらくであるが、入れ込んでいる占い師または霊能者から物理的に隔離するよりないのであろう。しかし、何らかの明確な刑法的犯罪に及んでいない限り、隔離のため物理的に強制的に連れ去れるのは、逆に刑法的犯罪に問われる。

すると、経済的に占い師または霊能者に入れ込み続けることが不可能な状況になり、且つ本人が覚醒するよりないのであろう。そういう意味で、どうやって中島知子が更生するか、ニュースで観察することにする。誠に個人的なことながら、中島知子は、私が昔好きだった女性に微妙に似ており、つい気になるのである。

読売新聞によれば、ビフィズス菌を使って抗がん剤の副作用を大幅に抑える新薬が開発されたという。以下、引用:

官民共同投資ファンドの産業革新機構が出資し、信州大医学部教授らが設立したバイオ新興企業「アネロファーマ・サイエンス」(東京・中央区)が、ビフィズス菌を使って抗がん剤の副作用を大幅に抑える新薬を開発した。

動物実験で効果を確認済みで、3月にも米国で臨床試験を始める。3年半程度をかけて新薬をがん患者60人に投与し、人体への有効性や安全性を確認する。

この新薬は、薬効を患部に効果的に届けるドラッグデリバリーシステム(DDS)という技術を活用する。ビフィズス菌が低酸素状態を好む点と、がんの患部が低酸素状態になっている点に着目した。

治療の対象は胃がんなどの固形がんで、〈1〉がん患者に新薬を静脈注射する〈2〉ビフィズス菌の作用で新薬ががん患部に集積する〈3〉新薬と組み合わせて初めて抗がん作用を発揮する抗がん剤を口から飲む(経口摂取)〈4〉がん患部のみで抗がん作用を発揮する――ことになる。

ドラッグデリバリーシステム自体は10年以上前から知られている。特許検索してみると、特表2000-516841号公報は、熱活性化される感熱性リボソームを用いたドラッグデリバリーシステムを開示する。

特開2006-280380号公報は、薬物を担持するリボソームを用いたドラッグデリバリーシステムを開示する。

特開2007-297290公報は、磁気力を使ったドラッグデリバリーシステムを開示する。例えば、抗がん剤だと、患部に磁石をあてておいて、そこに磁気力により薬を導く。

以上のような従来技術に鑑みると、ビフィズス菌を利用したドラッグデリバリーシステムというのは、かなり画期的である。しかもビフィズス菌が低酸素状態を好む点をうまく利用するという点でもユニークである。

ただ、今回の新薬で分からないのは次の点である。

  1. ビフィズス菌と抗がん剤をどう関連付けるのか。
  2. 果たして十分な量の抗がん剤を患部に集められるのか。

ともかく、イメージだけかもしれないが、善玉菌として知られるビフィズス菌を使ったのは好印象なのであった。

混迷の戦略

user-pic
0

将棋の格言に、「不利なときは戦線を拡大せよ」というのがあるが、この格言は、どういう場合に、あるいはどれほど有効なのだろう。というのは、将棋で不利とき、戦線を拡大するのでなくじっと耐えて相手のミスを誘うという指し方の方が有効なときもあるからである。戦線を拡大するのがいいか、臥薪嘗胆でじっと耐えて相手のミスを待つのがいいか、少なくとも私程度の将棋の大局観では、到底見極めがつかない。

そこで、リソースが豊富かどうか、形勢が有利かどうかの四分法で考察してみる。

  1. リソースが豊富で形勢が有利。この場合は多分、金持ち喧嘩せずで、じっと構えていれば相手が息切れする。切羽詰って奇襲をしかけてきたら、そこを叩けばいい。あるいは、情勢によっては物量作戦で圧倒するというのもありだろう。
  2. リソースが足らないが形勢が有利。これは太平洋戦争では、日本軍からみて序盤の頃だろうか。ここで手を拱いていると、リソースがどんどん減ってきて、作戦行動に支障をきたす。すると、クリティカル・ポイントを見抜いてそこにリソースを集中投入し、相手を降参させて講和に持ち込む、というのしかないかもしれない。リスキーだが、リソースが足らなくてリスクをとらない戦いなんてありえるのだろうか。
  3. リソースが足らなくて形勢も不利。これは太平洋戦争では、日本軍からみて終盤のころに対応する。これをジリ貧でなくすには、こちらの有利な、限られた状況に相手を呼び込んで叩くしかない。しかし、相手がよほど慢心してでもいないとこういう状況で好転させることは難しいだろう。ただ、北朝鮮の瀬戸際外交というのもこれに該当するかもしれないが、あれは外交だから成立するのであって、戦争だと、瀬戸際戦争というのはありえないと思うのだが、どうだろうか。そうそう、真珠湾攻撃というのもこれに該当する。乾坤一擲の奇襲であったが、果たして一時的には形勢を好転された。しかし、却って眠れる虎を起こしてしまったのかもしれず、大悪手という歴史評価も成立しえる。
  4. リソースが豊富で形勢が不利。この場合に初めて、混迷の戦略が顔を出すと思うのだがどうだろうか。例えば、9.11で米国政府は、いくらでも巧妙に隠せるのに、わざと馬脚を見せる仕掛けを随所に作った。例えば、浮気性の男が妻から浮気を咎められたとき、わざわざ妻を呼び出して浮気相手を見せたら却って妻は混乱するだろう。あるいはさらに別の浮気相手をつくるとか。そういう混迷の戦略は、多分であるが、大衆の多くが、見て見ぬふりをする人達であることで成立する。すなわち、馬脚を見せる仕掛けを増やすと、却って見えなくなってしまうという社会心理学的な効果があると思われる。ただ、これでもかと次々に手を繰り出すためには豊富なリソースが必要である。例えば、アフガニスタン侵攻を責められたら、その世論をよそにイラクにも侵攻するという具合である。貧乏国には到底できない芸当である。

こういう混迷の戦略が幅を利かすとき、天網恢恢疎にして漏らさず、という諺が相当に虚しく響く。それはまた、人生のエルゴート性についての議論でもあるのだが、また別稿とする。

先日の記事で、4で割って1余る素数は、二つの平方数の和であらわされるが、4で割って3余る素数の場合は、二つの平方数の和であわらすことはできない、というフェルマーの知見を紹介し、実験結果も示した。

それをみていくうちに、次のようなフェルマー・ライクな予想を思いついた。
すなわち、3以上の素数pがあり、Nを3以上の奇数とするとき、p = xN + yNを満たす整数x,yは存在しない。pをなぜ3以上の素数とするかというと、2だと、任意の整数Nで、2 = 1N + 1Nが成立してしまうからである。また、なぜNを奇数とするかというと、偶数だと、x2N = (xN)2で、N = 2の場合に帰着されてしまうことがあるからである。そういう意味ではより厳密には、Nも3以上の素数とすべきなのだろう。

ここで、zを整数として、pをzNにおきかえると、フェルマーの大定理となる。しかし、zNは素数ではないので、これはフェルマーの大定理とは全く別の命題である。

私はこの予想を一応独自に思いついたが、到底オリジナルとは思わない。ほぼ間違いなく誰かが思いついているに違いない。また、反例はないのだろうかと考えると、それもありそうな気がする。なぜなら、もしこの予想が正しいなら、Nを3以上の奇数として、x,yを任意の整数としたとき、xN + yNが常に非素数、すなわち合成数だと言おうとしているのであって、それも無理があるような気がする。

ちなみに、下記のC++のプログラムにより、3から100000000までの間の素数について、N = 3の場合を調べたら該当が見つからなかった。素数定理によれば、3から100000000までの間の素数はなんと543万個くらいある。このプログラムはそのすべてに対して約30分くらいで立法数の和の存在を確認し、見つからなかったという次第である。果たして、この予想は正しいのだろうか。厳密な証明は、フェルマーの大定理ほどではないにしても、かなり難しそうである。


 
#include <stdio.h>
int DoubleCube(int n); int IsCube(int n); #define MAX 100000000 #define SQRT_MAX 10000 int main() { int i,s,j; char *p = new char[MAX]; if ( p != NULL ) { printf("Memory allocated.\n"); } else { printf("Memory allocation failed.\n"); return -1; } //initialize for ( i = 0; i < MAX; i++ ) { p[i] = 0; } // marking non-prime number using Eratosthenes' sieve for (s = 2; s < SQRT_MAX; s++ ) { i = 2; while ((j = i*s) < MAX ) { p[j] = 1; i++; } } for ( i = 3; i < MAX; i++ ) { if ( p[i] == 0 ) DoubleCube(i); } return 0; } int DoubleCube(int n) { int i = 1; int a; int b; int c; while ( (a = i*i*i) <= n ) { b = n - a; if ( (c = IsCube(b)) >= 1 ) { printf("%d = %d^3 + %d^3\n",n,i,c); return 1; } i++; } return 0; } int IsCube(int n) { int i = 1; int a; while ((a = i*i*i) <= n ) { if ( a == n ) return i; i++; } return -1; }

読売新聞によると、高エネルギー加速研究機構が、クォークが4個以上結びついた、いわゆるエキゾチック粒子を発見したという。

ここで私はクォークが4個以上?と驚く。というのは、例えば、南部陽一郎著「クォーク第2版」講談社ブルーバックスなどをみても、ハドロンにはクォークが2個集まってできたメソン(中間子)と、陽子のようにクォークが3個集まってできたバリオンとがあり、そのどちらかしか素粒子論の本には出てこないからである。

さて、高エネルギー加速研究機構は、大型加速器を使って電子と陽電子を衝突させる実験で、エキゾチック粒子の存在を確認した。すなわち、生成した中間子が崩壊する過程を解析したところ、質量が陽子の11倍になる新種の中間子が役100個発生しており、それの電荷や質量の分析から最低でも4個のクォークからできていることがわかったという。

エキゾチック粒子の発見は今回が最初ではなく、同実験グループは2003年以来14種類を既に発見していた。ただ、既存のものはチャームと呼ばれる軽いクォークを含むものだったが、今回発見されたエキゾチック粒子は、ボトムと呼ばれる重いクォークを含むものであり、素粒子物理に新しい視点を追加するものである。

同グループ共同代表の堺井義秀教授は、「クォークが1個では存在できない理由や物質に質量が生まれる仕組みなど、素粒子の世界には不明な点が多い。今回の発見は、その全体像に迫る新たな第一歩だ。」と述べる。

確かに、質量の起源の説明は、自発的対称性の破れとヒッグス機構を持ち出して、それで足れりというものではない。また、クォークが1個では存在できない理由も、この地球上で観測できる環境ではそうにすぎないのかもしれず、さらに、大型加速器を使って電子と陽電子を衝突させる実験でエキゾチック粒子が生じるということは、宇宙の極限的な環境では、どのようなエキゾチック粒子が乱舞しているかも想像を超えているに違いない。中性子星ならぬ、エキゾチック星である。なんともロマンチックできないか。

変な例であるが、実数全体である(-∞,+∞)をどこかに持って行きたいとする。しかし、実数全体をカバンに詰め込むのは大変である。どうするかというと、(0,1)だけ持っていけばよい。実無限だけれども、コンパクトに収まっている。それならカバンに入るだろう。そして目的地について、所望の関数で展開すればいいのである。例えば、f(x) = 1/(1-x)のような関数を使えばいい。

実数は詰め込みやすいけど、では、(-∞,+∞)の範囲にある有理数全体を持って行きたいとしても、話は同じで、(0,1)の範囲にある有理数だけをカバンに詰め込む。加算無限である。そしてやはり、f(x) = 1/(1-x)で、(0,1)から全有理数を取り出す。

では、(-∞,+∞)にある整数全体をもっていくにはどうするか。{0,1}だけカバンに詰めても、そこから何かの関数で、一気に整数全体を取り出すことはできない。帰納的に整数を生成する関数をもっていけばいいし、ランダムな数をもっていくとなると、ランダムネスでしたような議論が必要となるが、ここでは本旨ではないので、そちらは言及しないことにする。

私が言いたいのは、一部だけもっていって、そこからある操作で全体を取り出せる場合と、そうでない場合がある、ということになる。

さて急に話が変わり、私がアフリカのスーダンのハルツーム大学を訪れるとする。そんな治安の悪いところは嫌で行きたくないので、あくまでも仮定である。ハルツーム大学でいろいろ聴講しているうちに、日本文学科がないことに気づく。そこで大学当局に掛け合って日本文学科を作ってくれと依頼する。何人かの教授が興味を示すのだが、誰が日本語と日本文学を教えるのだという話になって、私しかいないことに気づく。そう、私が(0,1)の範囲にある有理数なのである。すると、アフリカ言語学の教授が、私にいろいろ質問する。まさにf(x) = 1/(1-x)のような関数で、私から日本という実体を引き出し、投影するのである。言葉は一応英語を使う。私の英語力は限られていてとてももどかしい。また、気候と食べ物があわなくて、ときどき寝込む。それでも、アフリカ言語学の教授(仮にムガヴェ教授と呼ぶ)が、日本を未開の荒野とみたてて興味をもち、どんどん日本語や日本文化を私から引き出す。

すると私は日本人として決して知識豊富でも、文学の造詣が深いわけでもないのに、アフリカ言語学のムガヴェ教授の導きで、どんどん私から日本についての知識が引き出されていく。こうして数年後に、日本文化の講座が、私というよりも、ムガヴェ教授らの手腕で、充実していくのである。

このように、たった一粒の日本人から、日本全体が、多少歪むとしても引き出され投影されていくことを、ホログラム性と呼ぶ。

実はホログラム性は人間の一つの本質なのであって、例えば、子供が生まれて、ほとんど教養のない親に育てられても、その偏頗な知識から、言語全体を子供は構築するのである。

すると多分であるが、本質的なのは、(0,1)の範囲にある有理数よりもむしろ、f(x) = 1/(1-x)という関数なのである。(0,1)が契機として与えられないと(-∞,+∞)という像は生起しないのだとしても、なぜか本質は、ホログラムのフィルムよりも、レーザー投影装置なのである。

私が深い思慮もなく、スーダンのハルツーム大学を例にとったのは偶然でもないのかもしれない。なぜなら、人類学によれば、アフリカで人類の始祖が発生し、そこから世界に拡散していった。そして世界各地に住み着くのだが、そこでもホログラム性により、わずかな住民が人類全体をそこに投影していったのである。

そのような妄想を私は、一軒の古書店に佇んで、本を見定めながら抱いた。ここでもホログラム性が働き、この一軒の古書店から、私は書物全体をかすかに見渡すのである。そこで本質的なのは本の冊数ではなく、想像力であり妄想力なのである。

人間もそうだが、動物は普通、栄養を体内合成できず、食物として摂取しなくてはならない。植物からみて、なんと独立性が乏しいと、嗤うべき存在であるのかもしれない。

それでは、植物はどうやって体内合成するかというと、典型的なのは二酸化炭素と水から、光のエネルギーで糖分を合成するものである。これは光合成とも呼ばれる。

読売新聞の特集記事によると、微生物にはもっと微妙なのがいる。例えば、土中に棲むある微生物は、アンモニアが酸化して亜硝酸に変わるときのエネルギーを使う。硫黄分を含む温泉や、海底で熱水が噴き出る穴の付近で生きる微生物は、硫化水素の化学反応のエネルギーを使う。

このように、植物や微生物が利用するエネルギーは、光か化学反応のどちらかと考えられてきたが、東大の中村龍平・助教によると、電気を利用する微生物もいる。しかし電気を利用するからといって、それほど怪訝になる必要はない。光や化学反応といっても、結局物理化学的には電子を利用しているからである。

実際、鉄酸化菌は、深海底にある煙突状のチムニーの表面の余剰電子による0.8ボルト程度の電圧をエネルギー源として利用する能力をもつ。しかもチムニー付近から採取した岩は導電性であることも発見された。どうも電気生物にお誂え向きの環境が自然に構築されているようである。

海洋研究開発機構の中村正浩研究員は、チムニーの表面付近に広範囲に生物が棲んでいる理由は、電気の伝導性で説明がつくという。さらには、中村研究員は、生物の電気合成の実態を明らかにすることで、原初の地球で生物が生まれた仕組みにもヒントが与えられるかもしれないと述べる。

それでは、電気からさらに一歩進んで、放射線のエネルギーを利用する生物はいないのだろうか。光が一種の電磁波であってみれば、広い意味で光合成も放射線の利用といえなくはないが、可視光よりもはるかに波長の短いガンマ線となると、生物のDNAやRNAに対して損傷を与えるので、なかなかそのエネルギーを利用しにくいと想定される。

それでも私は、生物が、なにか未知のエネルギーを利用して生きていると想定したいと、想像を逞しくしてみるのである。

昨今また、インフルエンザが猖獗をきわめているが、「闘う!ウイルス・バスターズ」河岡義裕、渡辺登喜子著、朝日新書に、リバース・ジェネティクス法として、インフルエンザ・ウイルスの合成方法が記述されているので、紹介してみる。

インフルエンザ・ウイルスは、丸いもの、長細いものといろいろあるが、共通しているのは、表面にヘマグルチニン(HA)と、ノイラミニターゼ(NA)と呼ばれる糖たんぱく質がスパイクのように突き出していることである。

インフルエンザ・ウイルスのゲノムは、8本の分節に分かれた、1本のRNAで構成され、各々の分節から、1~2個のたんぱく質が合成される。

さて、RNAは一般的に、プラス鎖RNAと、マイナス鎖RNAがある。プラス鎖RNAは、センスRNAとも呼ばれ、メッセンジャーRNAのように、たんぱく質合成の鋳型となりえる。

マイナス鎖RNAは、プラス鎖RNAとは相補的なアンチセンスRNAであり、そのままではたんぱく質合成の鋳型とはなりえず、宿主細胞の中でプラス鎖RNAに転写されてから、たんぱく質合成のステップに進む。

プラス鎖RNAをゲノムとしてもつウイルスなら、理論的には、ウイルスゲノムを宿主細胞の中に入れるだけで、ウイルスゲノムの複製とたんぱく質の合成が起こり、感染性をもったウイルスが生じる。

ところが、インフルエンザ・ウイルスはマイナス鎖RNAをゲノムにもつので、そのまま宿主細胞に入れるだけではうまくいかない。また、ゲノムRNAが8本の分節に分かれていることは一層インフルエンザ・ウイルスの合成を難しくする。よって、1998年まで、インフルエンザ・ウイルスの合成に成功した人はいなかった。

河岡義裕氏のウィスコンシン大学の研究室でポスドクをしていたガブリエル・ノイマン(通称、ギャビ)は、プラスミドを用いて、培養細胞内で、インフルエンザ・ウイルスのRNAをつくる方法を開発した。

ギャビは、インフルエンザ・ウイルスのRNAを、逆転写酵素を使ってDNAに変換し、それからプラスミドに入れた。こうすると、培養細胞にプラスミドを入れたとき、細胞内のRNAポリメラーゼⅡが、プラスミドに入れたプロモータの呼ばれる領域を認識する。

ただ、これだけではうまくいかない。すなわち、細胞内のRNAポリメラーゼⅡによって使用されるプロモータを使うと、合成されるRNAがメッセンジャーRNAになる。それがなにが問題かというと、インフルエンザ・ウイルスのRNAは、両端にキャップやポリAと呼ばれる修飾をもつような普通のRNAではないのである。すなわち、インフルエンザ・ウイルスのRNAは両端にそのような修飾をもたらないので、そのままではメッセンジャーRNAとしては機能し得ず、よってたんぱく質は合成されない。

ところで、真核細胞の核内には、3種類のRNAポリメラーゼ、すなわち、RNAポリメラーゼⅠ、RNAポリメラーゼⅡ及びRNAポリメラーゼⅢが存在する。RNAポリメラーゼⅡがメッセンジャーRNAを合成する機能をもつのに対して、RNAポリメラーゼⅠは、細胞内のリボゾームにあるRNAを合成する酵素である。細胞内のリボゾームにあるRNAは、キャップやポリAなどの修飾をもたない。よって、インフルエンザ・ウイルスのRNAとの互換性をもつ。

ギャビは大学院生時代に、RNAポリメラーゼⅠのシステムを利用するプラスミド(ポルワン・プラスミドと呼ばれる)の研究をしていたが、トランスフェクション(核酸の動物細胞内への導入)の効率があまりよくなく、それによって生成されるたんぱく質は多くなかった。ところが、河岡研にきてトランスフェクションの効率を上げる試薬を見出したことで、これをインフルエンザ・ウイルスの合成に使えるのではないかと期待が高まった。

そこで、以下の処理が行われた。

  • インフルエンザ・ウイルスの8本の分節各々に対応する、ポルワン・プラスミドを作成して、細胞に導入する。
  • それだけでなく、インフルエンザ・ウイルスの複製と転写に必要なRNA合成酵素をつくるためのRNA合成酵素用と、RNA合成の足場となる核たんぱく質を作るため各々の、RNAポリメラーゼⅡのシステムを利用するプラスミド(ポルツー・プラスミドと呼ばれる)を作成して、細胞に導入する。

これにより、8つのポルワン・プラスミドの導入により、インフルエンザ・ウイルスのRNAが合成され、ポルツー・プラスミドの導入により合成されたたんぱく質が、合成されたインフルエンザ・ウイルスのRNAを複製する。

実は、このような大量のプラスミドを導入することは、細胞に大きな負担なので、うまくいくかどうか危ぶまれた。なにしろ、上述以外のプラスミドも含む都合17個のプラスミドの導入が行われるのである。

しかし、この方法は成功を収め、インフルエンザ・ウイルス合成のリバース・ジェネティクス法が確立した。これにより、研究者の描く設計書どうりのインフルエンザ・ウイルスが合成できるようになった。例えば、高病原性鳥インフルエンザ・ウイルスは、致死性が強すぎて、宿細胞を殺してしまうので、HA遺伝子を弱毒性に変更してインフルエンザ・ウイルスを合成したりする。

その後、リバース・ジェネティクス法は、米陸軍病理研究所に保存されているスペイン風邪の犠牲者の肺から取り出したウイルスの塩基配列を解析して、スペイン風邪ウイルスを合成することにも成功した。

もちろん、リバース・ジェネティクス法には、バイオ・テロの危険性もある。このことは、インフルエンザ疑惑に書いたことにもつながる。

ある意味、核兵器並みの威力を秘めるリバース・ジェネティクス法を人類がどうコントロールするか、見ものである。

すると、これに関して、以下のような毎日新聞のニュースがあった。

【ジュネーブ伊藤智永】日欧の科学者による強毒性鳥インフルエンザ「H5N1」研究論文に対し、米政府・科学諮問委員会が生物テロへの悪用防止を理由に一部削除を求めた問題で、世界保健機関(WHO)は17日、ジュネーブで開いた専門家会合で、論文を全文公開すべきだとの勧告を全会一致で決めた。

「米国が求める一部非公開の基準はあいまいで、ワクチン開発などにより世界的流行の予防に役立てる方が公益性が高い」と指摘。ただし、ウイルスが研究機関の外に流出しないよう安全管理に一層配慮することや、論文公表前に専門家同士が十分に吟味する必要があるため、公表や研究の自粛は当面延長すべきだとした。WHOはウイルスの管理強化などを話し合うため、加盟国代表も含めた国際会議を6月にも開く。

この問題を巡っては、東京大医科学研究所の河岡義裕教授らとオランダの研究チームが、H5N1ウイルスの遺伝子を改変し、哺乳類同士で空気感染しやすくなることを動物実験で突き止め、米英の科学誌に論文を投稿した。これに対して、米科学諮問委員会が、生物テロに悪用されかねないとして、ウイルスの作り方を削除することなどを科学誌に勧告し、掲載は見送られた。世界の研究者は、1月からウイルス研究を自粛している。

確かにバイオ・テロの懸念は理解できるが、米政府・科学諮問委員会が反対するのは、米国だけがインフルエンザ合成のノウハウを独占したいためではないか。このように背景論文が世界に既に公開されている段階では、インフルエンザ合成の技術をどう人類の福祉に貢献するように利用するかのステージに差し掛かっていると思われる。

フェルマーの考察で述べたように、4で割って1余る素数pについて、p = x2 + y2を満たす自然数x,yが存在するが、4で割って3余る素数pについては、そのような自然数は存在しない。

これを確認するため、以下の要領で簡単な「実験」をしてみた。

  1. 100000000から、100050000までの素数を、エラトステネスの篩の方法で求める。
  2. 各々の素数について、4で割った余りを求める。
  3. その素数が和となる、2つの平方数を求める。
  4. 4で割った余りが1のときは必ず2つの平方数が求まり、4で割った余りが3のときは2つの平方数は存在しなければ成功である。

2つの平方数を求めるアルゴリズムは結構素朴でよい。下記にC言語の関数を示す。DoubleSqr(int n)は、引数nを2つの平方数に分解する。i = 1から、i*iで平方数を計算して、n - i*iが平方数であるかどうか判断するだけである。このため、引数nが平方数であるかどうかを調べる関数IsSqr(int n)も用意した。

結果は、こちらを参照戴きたい。こういうのを眺めて喜ぶのは、あまり高級な数楽者ではないかもしれない。

int DoubleSqr(int n) {
 int i = 1;
 int a;
 int b;
 int c;
 printf("%d : %d =",n%4,n);
 while ( (a = i*i) <= n )  {
 b = n - a;
 if ( (c = IsSqr(b)) >= 1 )  {
  printf(" %d^2 + %d^2\n",i,c);
  return 1;
 }
 i++;
 }
 printf(" Not available\n");
 return 0;
}

int IsSqr(int n) {
 int i = 1;
 int a;
 while ((a = i*i) <= n )  {
   if ( a == n )
     return i;
  i++;
 }
 return -1;
}

私は、米国系の外資系に勤務しているのに、いやそれだからこそかもしれないが、米国流の楽観主義がどうも肌にあわない。だから、青色発光ダイオードの中村博士が、日本の体質を貶め、米国流の拝金主義に与するのにも苦々しく思っている。ましてや中村博士が糟糠の妻を捨てて、若い女性と再婚したとなっては、とまでくると最早単なるやっかみである。

それでも、カーネギー・メロン大学の金出武雄教授は、羽生二冠と対談したりして将棋にも興味があるようなので、どんな人なのだろうと興味をもっていたところ、アマゾンで本を探索してる間にたまたま、「素人のように考え、玄人として実行する」、PHP文庫という本を見つけ、評価も高かったので、買って読むことにした。

有名な方なので紹介の要もないかもしれないが、簡単に金出氏の略歴を記す。1945年に兵庫県に生まれ、子供の頃は貧乏だったそうだが、勉強はよくできたようで、京大工学部電子工学科、同大学院博士課程ととんとん拍子に進んだ。その間、有名な坂井利之教授の指導を受けた。京大助手を経て、助教授になり、そのまま日本にいても教授になったに違いないが、1980年に、カーネギー・メロン大学にロボット工学研究所が発足したのを機会に招聘され、最初は5年で戻るつもりだったらしいが、そのままカーネギー・メロン大学に残り、ロボット工学研究所の所長にまでなった。

その間、自動運転ロボット、仮想現実システム、スーパーボウルで使われたアイビジョンシステムなど画期的な業績を挙げ、米国のアカデミー特別会員に最年少で選ばれたり、NASAの委員になったりした。まさに八面六臂の活躍である。

さて、金出氏の「素人のように考え、玄人として実行する」を、私なりにまとめてみよう。素人のように考え、というのはある意味、遊び心であり、幼稚であったり、素朴であったりする発想を厭わないということである。すると、なまじの専門家だと、そんなことできるわけがないと自己抑制してしまいがちであるが、金出氏はそれを避けるべく、なんとか実現できないか、と沈思する。

そのために、専門家としての成功体験も一旦捨てる勇気をもつ。さらに簡単化、省略を敢えてする。

ただもちろん金出氏は、素人発想に留まってはいない。物事を成功させるためにシナリオを作る。そもそもが米国では、研究資金は、計画書を作って、どこかの組織からぶん取ってこなくてはならない。すると、魅力的な企画を考えるアイデアも問われるのである。そのために金出氏は、メッセージのある研究をしろ、と指示する。何をやっているか、何のためにやっているか、何をいつまでに達成するのか。言えなくてはならないのである。

一方、当然に素人発想だけでは駄目で、玄人として実行することが必要になるが、実行を玄人レベルにするには、繰り返しの努力と、練習問題を解いたりする訓練が必要である。この点、金出氏は、詰め込み教育と記憶力を重視する。そして、私のような者にとても耳が痛いことをいう。すなわち、「創造的な人は学校の成績がよい。」と。なぜなら、創造といってもまず真似から入るので、膨大な知識を記憶しておかなくてはならない、というのである。残念ながらそれは事実であって、しかも、真の秀才は、大学入試なんてものともしない。いよいよ私は小さくなるよりない。

ただこれはある意味、金出氏が一貫して学校秀才もあったからである。青色発光ダイオードの中村氏は学校秀才でなかったせいか、大学入試制度に対して深い怨嗟を表明していた。ただ、学校秀才の方が創造性を発揮しやすいのは確かのようである。

といいつつ、金出氏は暗記魔を賞賛しているわけではない。すなわち、課題解決型の学習を推奨するからである。例えば、数学でも公式を暗記するのではなく、その背景を説明し、沢山例題を解きながら自然に公式が浮かび上がってくるような方式を勧める。その点、米国の方式は優れているようである。

あと、面白いのは、玄人のように考え、素人として実行するのが最悪だというくだりである。そういうタイプの人は確かに結構目に付く。偉そうなんだけど、何も成果を挙げないのである。それならまだしも、素人のように考え、素人として実行するほうがましであろう。周囲が相手にしないので、問題も引き起こしにくい。玄人のように考え、玄人として実行するのは、法律や経理などの世界ではありだろう。むしろそういう世界では、素人のように考え、玄人として実行すると収拾がつかなくなることもあろう。

ということで、米国礼讃的であり、工学的・実用的なところにフォーカスを置くので、私にはちょっと引くところもあるが、金出氏の成功への方法論と楽観主義は、ともすれば悲観主義に染まる私にはいい薬であった。

死刑確定

user-pic
0

広島高裁で死刑の判決が下され、最高裁に上告されていた光市母子殺害事件であるが、共同通信によると、以下のとおり死刑が確定したという。

1999年の山口県光市母子殺害事件で殺人や強姦致死などの罪に問われ、2008年に広島高裁の差し戻し控訴審判決で死刑とされた犯行当時18歳1カ月の元少年大月孝行(旧姓福田)被告(30)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は20日、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。【おことわり】光市母子殺害事件で死刑が確定する元少年を実名で報じます。更生、社会復帰への配慮が必要なくなるためです。

流石にこの判決確定に異論を唱える人は多くないだろう。しかし、ここまで最高裁で4年近くもかかるとは。やはり死刑判決は、最高裁の裁判官といえども、気後れするのか。

一方、NEWSポストセブンに、下記のような記事が数週間前にあった。

弁護団関係者がいう。
「彼は拘置所の中では、筋トレに熱中していて、ひたすら体を鍛えている。体格は見違えるほどがっちりした。あと時間があれば聖書を読んでいるよ。彼は元々クリスチャンですからね」
(中略)
裁判では、少年法で死刑適用がなされる満18歳の約1か月後に犯行に及んだ元少年に死刑判決が下るかどうかに注目が集まる。
(中略)
長きにわたる裁判で弁護団の面々も憔悴しているようだ。2007年5月には橋下徹大阪市長(当時弁護士)が、弁護団に対して懲戒請求を行なうようテレビで呼びかけ、2500件の懲戒請求が寄せられたこともある。別の弁護団関係者がいった。

なんと、大月死刑囚は、クリスチャンだったのか。教誨師の神父が訪ねて、キリスト教に入信したか。それは、助命のための改心のポーズか、それとも死刑確定を覚悟しての、あの世での待遇のためか。

また、「弥生さんについては、騒がれたため口をふさいだら誤って首を押さえ続け窒息死させた。夕夏ちゃんついては泣き止まないので首にひもをまいて、喋々結びにしたら死んでしまった。」とか、ドラエモンや不幸な被告の生い立ちを駆使して弁護した弁護団には、ご苦労様といいたい。私は代理人的発想に書いたような意見の持ち主であるが、代理人たる者、どんな論理を使っても依頼人を助けるべく全力を尽くさなくてはならないという主義の人もいるだろう。ここらあたりは意見が分かれる。ただ、プロなら駄目な依頼は見切って対応しないという意見にどうしても私は与する。私は橋下徹大阪市長はどうもエキセントリックで好きではないが、あの懲戒請求にはあまり違和感はなかった。

ともかく、私の頭の中に流れてきたのは、♪そして一つが終わり♪という、クールファイブの「そして神戸」のメロディーだった。

以前ぐるなびで、そのまま食べれる鰹節、というのをネット販売で買ったところ、頻繁に商品の広告がメールで送られてくるようになった。大抵は無視しているのだが、最近あれ?と思ったのは、北海道産「インカのめざめ」という商品である。

なぜ意外に思ったかというと、南米のインカと、北海道というのが、どうしてもイメージとして結びつかなかったからである。もっと言うと、「インカのめざめ」って何よ?という素朴な疑問である。何かの海産物なのか、動物性なのか、植物性なのか?

そこでグルナビのメールをよく読むと、どうやら、ポテトらしい。どうしても「インカのめざめ」とポテトが結びつかないので、知り合いに、「インカのめざめ」を知っているかどうか聞いてみると、テレビで見たことがあり、知っているという。そうなのか、と私は自分の不明を恥じた。ただ知り合いは、実際食べたことがある人は多くないだろうとフォローしてくれた。

日本いも類研究会のページには、「インカのめざめ」について、下記のような紹介がある。

独特の食味と風味を有する2倍体小粒種を長日条件の日本でも栽培可能とすることを目標に、昭和63年(1988)に北海道農業試験場において、「W822229-5」を母、「P10173-5」を父として交配し、翌年より実生を養成し選抜を開始した中から育成された品種です。母親の「W822229-5」は、南米アンデス地域の2倍体在来種で独特の食味を有する Solanum phureja とアメリカ品種「Katahdin」の半数体を交配して育成された2倍体系統です。父親の「P10173-5」は、国際ポテトセンターから導入した交配種子「P10173」より選抜した濃黄肉の2倍体系統です。

(中略)

4倍体の普通栽培種(S.tuberosum)とは異なる2倍体品種です。原産地のアンデス地域で独特の食味と風味を有することから高値で取り引きされている小粒種を、日本のような長日条件でも栽培できるように改良してきた品種です。

なるほど、母親種が南米アンデス地域だから「インカのめざめ」と呼ぶのかと納得した。どうも、ポテトというのは母系社会らしい。普通の感覚だと、父親種がアメリカだから、「アイダホの昼下がり」という名前にしてもよさそうなものでもあるが。

なぜ私が「インカのめざめ」に注目したか、本当の理由を話そう。実はインカの名産はマカであり、それは男性用強壮剤の主要な成分だったりするので、「インカのめざめ」も、「男性の元気に・・」と謳われるサプリメントかと思ったのだった。

もっというと、インカといえば、つボイノリオの「インカ帝国の成立」という名曲がある。この歌を知り合いがカラオケで歌うのを聞いたときは、感動のあまり、涙が流れて仕方なかった。

だから、「インカのめざめ」が単なるポテトだと知ったときの落胆は、ひとしおなのであった。

コンピュータ囲碁については、モンテカルロ木探索法囲碁ソフトとの対戦と、細々とフォローしてきたが、その限られた情報から、コンピュータ囲碁の棋力はプロに6子でぎりぎり届かないかいい勝負、すなわち、アマ三段か四段程度かと思っていた。

ところが最近、アマゾンの紹介メールで、天頂の囲碁3、毎日コミュニケーションズが紹介されてきて、その商品紹介から抜粋してみると、次のとおりである。

対プロの公開対局では、従来厳しいとされていた6子の手合で連戦連勝。特に周俊勲九段を6子で破った一局は多くの囲碁ファンを驚かせました。さらに2011年8月には、対プロで初めて5子の手合で勝利を収めました。

なるほど、してみると天頂の囲碁3は、囲碁ソフトとの対戦で藤沢里菜と対戦したEricaを超えているようである。

アマゾンなので天頂の囲碁3にも、カスタマーレビューがある。これを眺めてみると、幽玄六~七段という人が互先で2-2とある。なんと、アマトップまではいかないにしても、かなりのレベルではないか。その方の評価だと、序盤は定石を知らないので初段、中盤は手厚く打って五段程度、終盤は七段程度だという。流石計算得意のコンピュータ囲碁、ヨセは確かのようである。何かの情報で、ヨセはプロも敵わないとあるのを読んだような気がする。

別の方のコメントでは、手厚い、捨石が得意、厚みを背景に攻めが強烈、とある。なんと、コンピュータらしい地に辛い碁かと思ったらそうではないのである。

ただ、「全然強くない。20回対戦したが勝負にならない、うそ手ばかりなので後半ぼろぼろになる」と豪語する人もいて、この人はプロまたはプロ並みなのだろうか。

この天頂の囲碁3のライバルが、世界最強銀星囲碁12、四段で打たせて頂いてます、と公言する。なかなか頼もしい。ただ、カスタマーレビューによると、平均棋力は二段前後で、つぼにはまると六段とある。

偏見かもしれないが、囲碁のアマ段位は、将棋のアマ段位よりもぶれが大きく、あてにならない。ところで、仕様や感想をみる限り、現在の囲碁ソフトは、下記の点でまだ十分でないようである。

  1. 定石の利用
  2. 手筋の利用
  3. プロの実戦譜をもちいた機械学習

これらをうまく実装すると、少なくとも三目は強くなるのではないか。すると、アマトップレベルである。ただ、囲碁の場合、将棋のボナンザのような機械学習による評価関数の鍛錬がどれほど使えるのは、さっぱり分からない。

ともかく、私が教わるのは十分すぎる棋力なので、そのうちお手合わせ願うとしよう。

国家の存続

user-pic
0

以前に、文明の興亡で栗本慎一郎氏の説を紹介した。栗本氏の説は一度落ち目になった文明は二度と隆盛しないというものだが、本当にそうなのかというコメントを戴き、私は分かりやすい反論を思いつかなかった。

このように、国家や文明の興亡について依然として関心をもち続けていたところ、たまたま古書店で、「なぜ国家は衰亡するのか」中西輝政著、PHP新書を発見したので、読んでみることにした。11年前に発行された本であるが、その程度の期間で陳腐化するような議論ではない。

さて、国家の滅亡というとき、一番象徴的な出来事はローマの滅亡であって、ギボンだけでなく、ヴォルテールなど複数の人達がその滅亡の原因を論じている。しかし、改めて注目されるべきなのは、いまここでローマの滅亡といわれるのは西ローマ帝国の滅亡なのであって、片割れの東ローマ帝国、すなわち神聖ローマ帝国は、西ローマ帝国が476年に滅びた後、オスマントルコに1453年に滅ぼされるまで、なんと1000年も続いたという事実である。

徳川幕府の300年の安泰は偉業であるが、しかし、1000年となると文字通り桁が違う。その国家存続の秘訣はなんなのだろうか。

そこでまず、中西氏が挙げる、西ローマ帝国の滅亡の原因について言及する。中西氏は、西ローマ帝国の主要な滅亡の原因を、過度のギリシャ文明への傾倒にみる。すなわち、西ローマ帝国は、ギリシャ文明に入れ込む余り、国家の根幹の精神までも、ギリシャのそれで敢えて置き換えようとした。カトーは、ギリシャは10人のハンニバルよりも危険と警告した。それにも拘らず、ギリシャかぶれは一層昂じて精神的退廃を来し、パンとサーカスを要求する民衆のポピュリズムになすすべもなく、国家が堕落してしまい、結局、傭兵による蹂躙を許した。

東ローマ帝国は、西ローマ帝国の滅亡を教訓として、キリスト教を国家の根底に置き、そこからぶれないようにしつつ、ローマの伝統を維持した。そういう強固なベースの下で、新しい要素を大胆に取り入れて国力を維持した。

さらに、ローマの伝統の保持には滑稽なまでの努力をした。例えば、デモスに推挙される皇帝という建前を維持するために、皇帝が即位するときただ賞賛の声を上げる疑似デモスとしての役割を果たすだけの役人に禄を提供し続けた。それはある意味壮大な無駄であるが、国体の維持こそが東ローマ帝国の国是であった。

ここからが私の意見であるが、我が国を顧みるに、戦後進駐軍が天皇制を維持することを決定したことは、我が国にとって福音であった。なぜなら、日本にとって天皇制は、東ローマ帝国におけるローマの伝統に相当するからである。そうやって国体を維持しつつ、様々な新しいことを取り込めばいいのであって、実際日本は戦後、新規な技術を取り込み、成功してきた。

ところが進駐軍は、天皇制は残すものの、アメリカ的文化を日本に強烈に注入して、骨抜きにしようとした。それは、吉田首相の功績もあって、過度に成功したといってよい。私自身もどれだけアメリカ的文化にかぶれ、それに酔ったことか。まさに、ギリシャ文明を前にしたローマの累卵の危機と相似なのであった。

一方で、我が国には、日本辺境論で述べたような強かさといい加減さもあるのであって、アメリカの文化侵略は概ね功を奏したように見えても、どっこい日本文化は古層で息づいているという次第である。

はてさて、それでは日本がどうやって国家を存続させるか、何を国体とみなして、何を新規部分として取り込むのか、到底自明ではないのだが、じっくり考えるべき課題なのである。

ナショナルジオグラフィックによると、地球以外の天体では生命存在の可能性が最も有望視されている惑星が見つかったという。以下、適宜引用しつつコメントする。

地球から22光年離れた赤色矮星を周回する岩石惑星が発見された。中心星のハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にあり、地球以外の天体では生命存在の可能性が最も有望視されているという。

新たなスーパーアース(巨大地球型惑星)は、さそり座の赤色矮星を公転しており、「GJ 667Cc」と名付けられた。質量は地球の約4.5倍で、公転周期はおよそ28日。同じ恒星系内にはK型主系列星(KV、橙色矮星)の連星も存在する。

赤色矮星は比較的暗い恒星で、GJ 667Ccが受ける光は地球に届く太陽光と比較しても若干弱い。しかし、大部分が赤外線なので、エネルギーの吸収効率は地球よりも高いと考えられる。

研究チームの一員で発見当時アメリカ、ワシントンD.C.のカーネギー研究所に在籍していたギリェム・アングラーダ・エスクデ(Guillem Anglada-Escude)氏は、「GJ 667Ccが大気を持ち、地表面が岩石で覆われている場合、液体の水、さらに生命が存在する可能性は十分にある」と話す。

今までこのブログで、生命存在の可能性を示唆する惑星については、以下の記事がある。

  1. 地球に似た星:これは地球から約20光年離れた赤色わい星惑星グリーゼ581gに関する記事である。グリーゼ581gは、地球とほぼ同じ大きさで、質量は3~4倍。大気圏を形成する重力があり、生命に欠かせない水が存在する可能性が高いという。
  2. ゴルディロックス惑星:これは、TIMEの記事からの抜粋である。
  3. これは、地球から600光年離れた「ケプラー22b」と呼ばれる惑星で、直径は地球の2・4倍。太陽とよく似た恒星の周りを290日で公転しており、気温は22度前後と推定される。

今回の惑星は、地球から22光年離れた赤色矮星を周回する岩石惑星であり、距離的には、グリーゼ581gに近い。質量も同等である。

さて、ケプラー22bは、NASAのケプラー宇宙望遠鏡で発見されたものであるが、今回は、以下のように、ヨーロッパ南天天文台(ESO)の公表データに基づく。

アングラーダ・エスクデ氏の研究チームがGJ 667Ccを発見したきっかけは、ヨーロッパ南天天文台(ESO)の公表データだった。ESOには、惑星の引力によって生じた恒星軌道の揺れを観測できる望遠鏡が設置されている。

発見はある意味で予想外の出来事だったという。いくつかの惑星形成モデルを基にすると、GJ 667Ccの中心星(GJ 667C)のように金属量が少ない恒星の周りでは、地球型惑星は期待できないからだ。天文学での「金属」は、水素とヘリウムより重い元素を指す。炭素や酸素、窒素などの重い元素は岩石惑星の構成要素となる。

ただ、NASAとしては、対抗上?、下記のように手放しでは賞賛しない。

一方、NASAゴダード宇宙飛行センターのアキ・ロベルジュ(Aki Roberge)氏は、必ずしも驚くべき発見とは言えないと指摘する。「巨大ガス惑星は金属量の多い恒星の周りに形成される可能性が高い。しかし、質量のより小さな惑星や岩石惑星についても同様かは、観測例が十分でないため分からない」。

小惑星や彗星などの小型天体は、金属が乏しい恒星の周囲で発見されている。地球型惑星の形成に関しては、「恒星の組成による明確な差はなさそうだ」とロベルジュ氏は語る。

ただし金属量の少ない恒星の周囲では、「大質量の巨大惑星よりも、小型天体の方が形成されやすい傾向があるのではないか」と述べる。

私はせっかちなので、生命が存在する可能性がある惑星を観測するのではなくて、本当に生命が存在する可能性がある惑星上の住人と交信を試みてほしいと思うのだが、最も近い惑星が20光年程度の距離だとすると、とりあえず強力な電波にメッセージを乗せて送っておいてはどうだろうか。返事が40年後に帰ってくる可能性は極めて小さいにしても。まあ、宇宙人がやってくるなら、話は早いが。

結婚予備校

user-pic
0

テレビを観ていたら、都内の某結婚予備校の紹介をしていた。へぇ、こんな予備校があるんだと驚いたが、そのとき放映されていたのは、女性が、合コンというか男性とお見合いしたとき、どう振舞えばいいか、というものであった。

例えば、男性はプライドが高いので、相手の話にあわせて、「ええっ!」とか、「すっごい~」とかいちいち相槌うつのだそうである。それ以外にも、「やだ~」といいながら、相手にボディータッチしたり、そうやって親近感を高めて、肩などに触れてもらえれば成功なのだそうである。

こういうのを観ていて世の独身女性は、なるほど!とか頷くのだろうか。少なくとも私は観ていて暗澹たる気持ちになる。

なぜなら、長い結婚生活の間で、そういう作られた第一印象なんてほとんど意味がなく、結婚生活を続けるためにもっと重要なことは山ほどあるからである。

そこで私が独断と偏見で、女性からみて結婚相手に望ましい男性とはどのようなものか、記述してみる。

  1. まず最初は、手に安定したスキルがあることである。もちろん、財産はあるに越したことはないが、財産はギャンブルなどで急速に失い得る。手に安定したスキルがあると、不遇になってもブラブラしないで仕事を探しやい。これは大きい。
  2. ギャンブルが好きでないこと。これも、手に安定したスキルがあるのと同じくらい大きい。また、ギャンブルが好きかどうか、ちょっとした調査で簡単に分かる。
  3. 浮気性でないこと。これも実に大きい。夫に浮気をされて嬉しい妻というのは聞いたことがない。男はみんな浮気性だ、と思うかもしれないが、多分既婚男性の7割は浮気の経験がないはずである。よって、浮気しない男性を選ぶのは困難ではない。
  4. 暴力をふるわない。これも、浮気しないことと同等に重要である。多分であるが、既婚男性の8割は女性に暴力を振るわない。よって、浮気性でなく暴力をふるわない男性を選ぶのは難しくない。
  5. イケメンでない。もちろんイケメンで真面目な人、というのはいるだろうが、イケメン=浮気性である確率は高い。しかし、仕方がないか。というのは、私は美人のそばにいると胸がときめくが、女性だってイケメンのそばにいると楽しいので、やはり夫はイケメンがいいわ、というのなら勝手にどうぞ、である。
  6. 読書癖や学問志向が強くないほうがいい。せいぜい推理小説を読む程度の男性を選ぶべきである。というのは、読書癖や学問志向が強い男性というのは、妻といるとそれなりに楽しいのだが、孤独で学問の世界に耽溺してもっと楽しいということがありえる。
  7. 最後に、そこそこ健康であることは必要だろう。折角結婚したのに、病気で早世されてはかなわない。
  8. 家事が得意であることは望ましい。ただ、ここらあたりまで条件つけると、もうなかなか相手はいないかも。

こういう相手と結婚すると、まあ平凡で面白くもなんともない結婚生活になるかもしれないが、結婚生活で重要なのは、自分で楽しさをみつける能力である。だから、女性は、格好の暇つぶしを見つけなくてはならない。夫の存在を楽しみの必須要件にしてはならない。

そういう意味で、結婚予備校は、真の意味のよい伴侶の見分け方と、一人であっても時間を有効に潰せる習い事と、そして料理を含む家事の修業をすべきであって、そうやって落ち着けば、ある程度結婚する気されあれば、自ずと相手は見つかるであろう。

要は、男性のわがままを許してあげて、そうした上で自分のわがままをそっと滑り込ませることではないだろうか。少なくともボティタッチすべしみたいなガイドラインはあまりにも皮相的である。尤も予備校と称して受験テクニック化した段階で、どうしても皮相的になる運命にあるが。

書いてみて、あまりにもオールドファッションの、自分なりの結婚観なのであった。

日産の会議

user-pic
0

普段、あまりこういう本は読まないのだが、「日産 驚異の会議」漆原次郎著、東洋経済を買ってみた。私の周りであまりに非能率な会議が多いので、何かヒントにならないかと思ったのである。

ただ、この本の表紙の文句はどうも戴けない。列挙してみると、次のとおりである。

改革の10年が産み落としたノウハウ
その会議は誰だって1秒だって眠くならない!!
意思決定者が出席しない
議事録も作らない
カルロス・ゴーン公認
これこそが企業が生き延びるために求められる資質

この本はネットだから買ったようなものである。書店でこの表紙をみたら、私の性格だと、間違いなく引く。

しかし、あながちこの本を、単なるよいしょ本だと言いなすことはできない。というのは、管理職の役割で述べたように、日産は東日本大震災後、いわき工場を、予想をはるかにうわまわるペースで復旧した。剰え、日産は、2011年の5月に、トヨタやホンダが前年の同じ月の国内生産台数を50%以上も下回っているときに、0.8%上回ったのである。しかもそれは、独特の会議方式で会社を活性化したせいだとなってくると、日産の会議はどのようなものか、嫌でも関心が高まる。

さて、日産の会議は、次のような7つのグラウンドルールをもつ。

  1. 予定外の話題を持ち出さない
  2. ポジションパワーを使わない
  3. 積極的に「聴く」「話す」「書く」「行動する」
  4. 時間厳守
  5. 「いかに~するか」など建設的な表現活用
  6. 携帯電話はマナーモードに
  7. 安全なシェルター

これの各論のような内容を記述してみると、まず、一日集中会議、がある。その日に始まりその日に終わる。そのために、結論を出すための方法論のを駆使する。どんどんGO/NGをつけていく。しかし、闇雲にそうするのではない。周到な準備を以って会議に臨む。さらには、親和図やペイオフ・マトリックスなども駆使する。議事録はとらず、デジカメを駆使する。

次に、日産の会議では意思決定者は会議に参加しない。というのは、部門の長だったりする意思決定者は、会議の闊達な議論を妨げてしまうのである。

また、会議の全員に役割が与えられるので、「遊び駒」が生じない。役割とは具体的には、リーダー、パイロット、ファシリテータ、及びクルーである。

さらに会議は、同じ部門で閉じない。かならず、クロス・ファンクションにする。

安全なシェルターというのは、みんなで意見をポストイットに書いていくのだが、名前を書かない。すると、誰だこんなことを書いた奴は、みたいな追及もなされない、よって安心して意見が言える。

さらに会議で結論が出たら、すぐに実行に移す。これは素晴らしいことであって、普通の会議では、延々と議論して結構な結論が出ても、いつから誰がそれを実行するか決まらなくて、結局うやむやになってしまう。

このような会議を駆使して日産は、EVのリーフの開発を進めたり、オーナーチームである横浜Fマリノスの観客動員数を前年から16%も増やした。

ただ、会議は社内構造改革の原因ではなく結果であるともいえるが、ともかく、普段なにげなくやっている会議の意味や奥深さを改めて考えさせられた次第である。

そして最近の毎日新聞のニュースは、下記のように日産の好調を報告する。

大手自動車メーカー7社の11年4~12月期連結決算が8日、出そろった。東日本大震災やタイ洪水、円高などが響き、三菱自動車を除く6社が営業減益となった。生産はほぼ全社が回復し、エコカー補助金の復活で国内販売も好調だが、欧州債務危機や円高への懸念もあり、各社とも薄氷を踏みながらの業績回復となりそうだ。

苦戦したのが国内生産比率の高いトヨタ自動車とマツダ。トヨタは4~12月期の営業利益が前年同期比約7割減。通期予想でも前期比42.3%の減益となった。マツダは12年3月期の純損益の赤字が従来予想の190億円から1000億円に拡大する見通しで、震災とタイ洪水で発生した約260億円の損失も追い打ちをかけた。

一方、日産自動車は国内を除く世界各地で販売が増加。売上高では7社の中で唯一、前年同期を上回り、営業利益でも売上高トップのトヨタに2倍超の差を付けた。増販に備えて部品在庫を手厚くしていたことが早期の回復につながった。営業減益は円高と原材料費の高騰が響いたためで、震災影響はほぼ打ち消した。

読売新聞には次のような記事もあった。

トヨタの小沢哲副社長は8日の記者会見で「日産自動車から学びたい」と異例の発言をし、徹底して在庫を持たない「トヨタ生産方式」を一部見直す考えを示した。

これらからどうも、「日産の会議」は本物らしい、と推察される。

偏食

user-pic
0

NEWSポストセブンによると、トップ・アスリートにも結構偏食の人がいるという。以下、引用しつつコメントする。

まず、内村航平:

「食は命の源」といわれるが、トップアスリートの食生活を見ると、実は「偏食」がかなり多い。
体操選手で世界選手権3連覇中の内村航平(23)は、北京五輪で銀メダルを2個獲得した時に、その食生活が話題を呼んだ。
「朝食は食べてもバナナかチョコプリン、夜はビッグマック、おやつは『ブラックサンダー』」
とコメント。『ブラックサンダー』とは1個30円のチョコ菓子だ。北京五輪前、中国製のチョコを試したが口に合わなかったため、『ブラックサンダー』を"勝負食"として日本から40個持ち込んだ逸話まである。
内村はもともと野菜が大嫌いで、野菜を連想させる緑色も嫌いというほど。高校で実家を出て、友人とアパート暮らしを始めたため、幼少の頃の好き嫌いがますます激しくなったという。

野菜が大嫌いで、健康に必要なビタミンやミネラルをどこから摂るのか、不思議である。それでいて、あんな素晴らしい体操演技ができるとは、ちょっと理解できない。

次は、中田英寿:

日本サッカー界の至宝だった中田英寿も野菜嫌いで、食べられるのはすり潰したジャガイモとトマトソースだけ。そのうえ、「主食はスナック菓子」というほどの菓子好きだ。

それもまた、内村航平と同様の感想をもってしまう。

次は、タイガー・ウッズ:

ゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズ(36)は大のハンバーガー好きで有名だ。
4大メジャー大会のひとつ、マスターズでは、大会前に開かれる夕食会「チャンピオンディナー」のメニューを前年優勝者が選べる。ウッズが初優勝した翌年の 1998年に選んだのが、チーズバーガーとチキンバーガー、フレンチフライにストロベリーシェイクとバニラシェイクという驚くほどジャンクなメニュー。
当時22歳だったウッズは「ボクはこれで育った」と平然と言い放ち、これには歴代の優勝者も複雑な表情だったとか。

ううん、ビル・ゲイツも、あんなにリッチなのにジャンク・フードが好きらしいが、やはりなんともいえない気持ちである。だいたい、ジャンク・フードばかり食べていると、高カロリーで太るらしい。タイガー・ウッズがそうでないとしたら、激しいトレーニングで脂肪を燃焼させているのだろうか。

次は、横峯さくら:

女性アスリートでは、ゴルファーの横峯さくら(26)は菜食主義で肉や魚を口にしない。タンパク質は筋肉を作るのに必要な栄養素で、アスリートには必須なはず。それを食べない横峯のドライバーショットがあんなによく飛ぶのはどうしてなのか?

多分であるが、米や大豆にもたんぱく質が含まれているので、菜食主義でもアスリートは成立するのだろう。ただ、米や大豆から筋肉を構築するのは効率があまりよくないので、格闘技やプロレス、重量上げなどの筋肉系のスポーツだと、菜食主義は無理であろう。

本当は、トップ・アスリートだと、専属の管理栄養士を雇って、厳密な栄養コントロールの下でトレーニングしないと、なかなか第一線は維持できないのではないか。特に、バレリーナ、新体操、フィギュア・スケートなどの「美貌系」アスリートと、上述の筋肉系がそうであろう。

ただ、私は管理栄養士による管理された食事にもネガティブな側面があると思う。というのは、私はトップ・アスリートとは真逆の人間であり、当然に美貌系でもありえないが、趣味のようにコントロールされた食事を自分に課している。例えば、納豆は決して美味しくないが毎日食べるのだとか、ステーキは美味しいが基本的に口にしないとか、要するに、ほとんどあらゆるところで美食への願望を消し去って、それなりに健康志向の生活をしていると、人生に対する前向きさをなくしてしまうのである。

それなら、明日への活力につなげるため、野菜なんて大嫌いだぜ、『ブラックサンダー』が最高だぜ、チーズバーガーとチキンバーガー、フレンチフライがあれば満足だぜ、と好きなものだけ食べる方がテンションが上がるのだろう。将棋の大山名人だって、節食したら負けたので十分食べるようにしたというし、加藤一二三など、好きなだけチョコレートを食べているようである。

以前に数学セミナーで、多分日本を代表する数論学者の一人であると思われる、加藤和也氏が、東大の学生だった頃の思い出を書いていた。すなわち、好きだった彼女がいて、文学部の友人との間でちょっとした三角関係になって、結局彼女はその友人の方に行ってしまったのだそうである。

その理由というのが、文学部の友人が彼女に、歴史の面白いエピソードを話したのに、加藤氏は、当時興味をもっていた、4で割って1余る素数と、4で割って3余る素数の話をしてしまったのだそうである。そんな話題では、彼女ならずとも、普通の理系の学生でも、それがどうした、ということになるだろう。

「数論I」加藤和也、黒川信重、斉藤毅著、岩波書店を読み始めたとき、そんなエピソードをつい思いだした。なぜなら、「数論I」の第0章に、フェルマーが数論についてメモしたことの紹介があり、まさに、4で割って1余る素数と、4で割って3余る素数の話もそこに含まれていたからである。ちなみに、フェルマーは、ディオファントスの「数論」の余白に、メモしていった。

実際、フェルマーは、次の事実を発見した:
4で割って1余る素数pについて、p = x2 + y2を満たす自然数x,yが存在する。しかし、4で割って3余る素数pについては、そのような自然数は存在しない。フェルマーが発見したこの定理は、類体論への序曲なのであった。

しかし、フェルマーの考察は続く。例えば、8で割って1または3余る素数pについて、p = x2 + 2y2を満たす自然数x,yが存在する。さらに、3で割って1余る素数pについて、p = x2 + 3y2を満たす自然数x,yが存在する。これもまた、類体論へと続く道の風景である。

次なるフェルマーの考察は、ペル方程式である。すなわち、Nを平方数でない自然数とするとき、x2 - Ny2 = 1は無限個の自然数解をもつ、というものである。これもまた、代数的整数論に連なる道の途中にある。

次なるフェルマーの考察は、N角数である。N角数とは、正N角形を描いていくとき頂点の個数としてあらわれるものである。例えば、3角数とは、n(n+1)/2であらわされる。そしてフェルマーは次のように述べる:n≧3の自然数は、n個以下のN角数の和であらわされる。

これの特殊な場合として、フェルマーは、次の定理に気づいた。
nを自然数とすると、n = a2 + b2 + c2 + d2となる整数a,b,c,dが存在する。この定理は、オイラーをも大いに感動させたが、結局オイラー自身もそれを証明できず、後にラグランジュが証明した。

さて改めて平方数とは整数を二乗した数、立法数とは整数を三乗した数であるが、フェルマーは、次のような一連の定理を述べている。
1以外の3角数は立法数ではない。
平方数に2を加えて立法数になるのは、52 + 2 = 33の場合のみである。
平方数に4を加えて立法数になるのは、22 + 4 = 23と、112 + 4 = 53の場合のみである。

一般に、代数式に整数、あるいは有理数の解が限定され、あるいは存在しないという証明は極めて困難であり、その権化が、aN + bN = cNに、N≧3で整数解がないという、フェルマーの大定理である。

ちなみに、立法数と平方数のせめぎあいは、楕円曲線にその姿が窺える。

更なるフェルマーの考察として、次のものがある。
3辺の長さが有理数の直角三角形が与えられたとき、それと同じ面積で、3辺の長さが有理数の直角三角形を無限個つくることができる。
3辺の長さが整数の直角三角形の面積は、平方数とはならない。
3辺の長さが整数の直角三角形の面積は、平方数の2倍とはならない。

フェルマーの考察は、これにて尽きるわけではないが、いままで示した例でも、現代の類体論、保型形式、楕円曲線論、岩澤理論など、多くの豊穣な数学の淵源になっていることは見て取れるはずである。

内部告発

user-pic
0

オリンパスの事件をみても、大王製紙の事件をみても、どうして憂慮する社員が早い段階で内部告発するに至らなかったのかという素朴な思いはある。さらば銀行の光のような、企業の実話スキャンダルに基づく小説を読むと、一層その思いが募る。

しかし、内部告発はなかなか起きない。それは、日本人特有でもないかもしれないが、内部告発というのは巨大なる告げ口であり、告げ口は卑怯である、という価値観による。

ただ、どの組織にあっても、パワハラ、セクハラ、その他の経済犯罪まがいの事件は頻発する。人間の組織とはそうしたものである。特に社員が増えれば増えるほど、必然的に不埒な社員は混じる。その際、事件を引き起こしたのが末端の担当者であった場合、発覚次第、間違いなく懲戒免職になり、よくても謹慎あるいは減棒である。かりに会社に残れても、出世の途は基本的に絶たれているとしたものである。

しかし、典型的にはオリンパスの事件や、さらば銀行の光に描かれているような組織ぐるみの犯罪、そこまでいかなくても、権限をもつ管理職がからむ事件となると、末端の担当者がしでかした事件とは様相が異なることが多い。

なぜなら、組織というものは、軍隊でないにしても、指揮系統を重視するので、上位管理職には高い権限が与えられ、prima facieの無謬性、倫理性も仮定される。その典型は、福留中将が何も責任を取らされなかった海軍乙事件に見て取れる。

そうはいっても、姉歯建築士の耐震偽装事件あたりをきっかけとして、企業の不祥事が問題視されるようになってきた。そうして、そういう不祥事の予防あるいは解決のために、内部告発の意味が認識されたきた。

こうして、世間的に、社内の規則に、内部告発を盛り込む会社が増えてきた。それは典型的には次のようなものである。

  1. パワハラ、セクハラ、不正な取引、その他経済犯罪に相当する事件を聞き知った社員は、きちんと上司、または関連部門に報告する義務がある。
  2. その際、確たる証拠を掴んでいる必要はない。なぜなら、内部告発の申請要件を厳密にすると、ただでさえ引き気味の告発者を一層ためらわせてしまう。
  3. なぜ内部告発の申請要件を緩やかにしてもいいかというと、社内の審査部門がその調査を行うからである。
  4. 社内の審査部門とは、人事、法務、業務審査部門などがこれに当たる。
  5. 内部告発の経路は、典型的には社内Webなどを用いる。

こうやって社内ルールとして内部告発を制度化しても、依然として内部告発には次のような困難がある。その理由は、次のとおりである。

  1. 内部告発処理は、会社にとって何の利益にもつながらない補助的な仕事なので、どうしても力が入らない。
  2. 内部告発を受理する人事、法務、業務審査部門などの担当者が高い倫理性や責任感を備えているという保証は全くない。むしろ、面倒な案件ほど、手間がかかるので放置されたりする。
  3. 物理学で作用・反作用の法則があるが、内部告発が会社に対してある作用を及ぼそうとする意図であるとすると、それに対する反作用はどうしても避けられない。匿名的に申請して、あとは会社当局がよきにはからってくれる、という状況にはまずならず、次第に告発者に退職へのブレッシャがかかったりする。特にリストラの嵐が吹き荒れる昨今にあって、どんなに正義感に富む内部告発者も単なる不満分子とみなされ、リストラの候補に入れられてしまう。
  4. また、社内のクレーマーが内部告発制度を乱用して、社内の処理担当者をうんざりさせることがある。これが狼少年効果となって、真の意義ある内部告発の趣旨を希釈してしまうのである。

それでも、人は問題に対して声を上げることを止めてはならないと最近思ったのは、下記のような朝日新聞の記事である。

ロシアのプーチン首相が返り咲きを目指す3月の大統領選まで1カ月。メディアを通じた公式な選挙戦が始まった4日、首都モスクワで3度目となる「反プーチン」の大規模集会が開かれた。政権支持派は「親プーチン」を掲げる集会をぶつけて対抗。零下20度の極寒にもかかわらず、参加者はあわせて15万人を超えた(警察発表)。「プーチン復帰」をめぐる攻防が熱を帯びている。(モスクワ=副島英樹)

元ロシア連邦保安庁の長官であったプーチンは、今でもロシア諜報機関に実権をもち、チェチェン戦争に反対するアンナ・ポリトコフスカヤを暗殺したのも、プーチンの指示だと噂される。そのプーチンの大領領復帰に反対して反プーチンの集会を開催することはかなり勇気を要することのように思われる。しかし、これがやらせでないなら、ロシアの健全化の兆候であると信じたい。

典型的には受験勉強での話なのかもしれないが、基本書信仰というものがある。例えば、英語は、赤尾の試験に出る英単語、通称「出る単」を押さえておけばいいとか、数学はチャート式を解けばいい、等等である。

どうも試験が苦手で、それでも本を買い揃えるのが好きな私は、友達から受験の基本書について聞くと、親にねだってお金を出してもらい、必ず買い揃えた。貧乏だったが、本を買うといったら、ほぼ必ずお金をくれた。塾や予備校に行っていなかったので、せめてもの教育費と思ったのだろう。

それで一応机の上には受験の基本書が並ぶのだが、そこからがいけない。買ったことに満足して読みもしないのである。ではどうやって勉強するのかというと、また書店に出かけていってあまり人が見向きもしないような、自分が気に入ったマイナーな参考書を買って、その問題を解いたりした。それでも気に入らなければまた別のを買ってきた。

こういうやり方で成績が伸びた人は多分あまりいない。私も例外に漏れず、いつも模試の成績は悲惨であった。なにしろ一冊の参考書さえ読み通せないのである。知らないままの箇所が多数放置されている。

こういう散漫な読書傾向はいまでも続いており、基本書をじっくり読んでマスターできる人が羨ましくて仕方がない。例えば、将棋の芹沢九段は子供時代、名著と言われた木村義雄の将棋大観をすべて暗記したという。それで将棋の基本をマスターしたというので、ミーハーな私は、将棋大観を買って読み始めたのだが、確か数ページで挫折した。

そんな私がついに基本書に本格的に取り組む日がきた。大学を卒業して就職してからだから、遅すぎる。数楽者の友人が、ブルバキの数学原論こそが数学の基本書だというのである。確かに、数学書で「原論」などと銘打ってあるのは、他にユークリッド原論くらいであるが、これは現代数学はカバーしていない。ともかくブルバキの数学原論をセットで買ってきて、第1巻から読み始めることにした。全部で20冊くらいあったが、これを全部読破したら数学者の末席は汚すことができるのではないかと楽観した。

そして、ブルバキの数学原論第1巻の「集合論」を、それこそ練習問題も全て解いて読破した。半年はゆうにかかった。読みながらメモしたノートは、数冊にもなった。おおっ、俺もやれるじゃん、と自信をもち、第2巻の「代数1」を半分くらい読んだとき、段々息切れしてきた。どうも根を詰めすぎたようであった。というか、その程度で根を上げるというのが私の知的リソースの限界なのであった。ともかく再起を誓って、一旦数学原論から離れた。

その後、転職したり結婚したりして、いよいよ数学原論どころではなくなった。また興味が数学からプログラミング言語に移っていたので、当時流行のC言語を勉強することにした。例によって本屋に行き、易しいもの、ちょっと詳しいもの、何冊か買ってみたが、さっぱり理解できなかった。それでも会社の休憩時間に、「はじめてのC」だったか、場合によっては誤解されるようなタイトルの本を読んでいたら、職場でプログラミングのグルと呼ばれるMさんから、なんでそんな本を読むんですか、カーニハン・リッチを読まないと、と叱咤された。カーニハン?と聞き直したら、ちゃんと共立出版の本をみせてくれた。

そこで本屋に行ってみると、コンピュータ書のコーナーになんと、カーニハン・リッチが平積みされていた。なんで気づかなかったのだろう。そして、自宅に帰ってカーニハン・リッチのC言語の本を読んだら、その格調の高さに圧倒された。圧倒されすぎて、結局なにも身につかなかった。強いていえば、身についたのは、カーニハン・リッチ流のソースコードのインデントの仕方だけだった。

あと、C++が次のブームになると、これまた基本書の誉れ高い、ビヤーネ・ストラウストラップという舌を噛みそうな名前の著者の「プログラミング言語C++」トッパン刊を買ったが、こちらは見事にまえがきしか読まなかった。

このように、基本書なるものにいつもすべっている私だが、書評などで、この本こそが斯界の名著である、時代を画した本である、と基本書ライクに紹介されていると分野を問わず、興味がなくてもとりあえず買っておく悪癖がどうしても治らないで、今に至っている次第である。

知り合いから、今年の末、巨大宇宙船がやってくるという情報を聞いた。真偽のほどは確かではないが、もし本当なら驚天動地である。そこで、そのオリジナルのソースである、ロシアのプラウダのサイトに当たってみた。なお、USのWeekly World Newsのサイトにも同様の情報がある。そこで、私なりに、これらのサイトにある情報を要約して、コメントしてみる。

SETI(Search for Extraterrestrial Intelligence)によると、3つの巨大な宇宙船が地球に向かっている。最も大きいものは、幅240キロメートルもある。なんと関東地方全体に匹敵する。去年の12月22日の時点で、冥王星あたりを飛んでいる。これは、HAARP探索システムによって発見された。火星の軌道まで近づくと、天体望遠鏡で観測可能になる。

予想では、それらの宇宙船が地球に到達するのは、今年の12月である。その日が、地球外生命体とのコンタクトの日になるとすると、それはマヤ暦の終了に対応する2012年12月21日に対応する。これは偶然だろうか。

別の話題として、1988年に、中国の宇宙計画の担当官が月の表面の人の足跡の写真を公開した。それは信頼できる筋から入手したものであって、1969年8月3日付けのものである。アームストロングとアルドリンが月に足を踏み入れたのが1969年7月20日だから、その2週間後のものである。

2009年3月15日に、ニューヨークタイムズがセンセーションを引き起こした。すなわち、上述の中国の宇宙計画の担当官-名前をMao Kanという-は、1000枚以上のNASAの秘密の写真を入手しており、それには、月面上で、人の足跡だけでなく、人の死体も写っているのだという。その死体は骨がいくつか抜き取られており、地球外生命体が調査のため細胞組織を採取して月面上に遺棄したものと思われる。

写真は、月面探索機により撮影されたものである。月には空気がないので、鮮明に撮れる。NASA月面受信研究所のデータ写真管理部の元責任者であったケン・ジョンソン博士によれば、米国の宇宙飛行士達は月面で古代建造物の遺跡を発見したという。これについては、以前にISSEIさんが紹介してくれたこちらのサイトに多数の実例がある。

さて、要約にしては詳しく述べすぎたかもしれないが、巨大宇宙船についてコメントすると、次のとおりである。

  1. なぜそれが宇宙船だと分かるのか。単なる彗星または小惑星と見間違えたのではないか。
  2. なぜそれが地球にやってくるとわかるのか。宇宙船なら、軌道にのってそのまま進むとは限らない。
  3. なぜそれが今年の12月に地球に来るといえるのか。宇宙船なら、加速したり減速したりするので、早まったり、遅くなったりすることがありえる。
  4. どうも宇宙船の航行方式が、あまりにも地球的・慣用的にすぎる。知られているUFOの航行方式は、重力制御するもっと高度なものである。あるいは、宇宙人ユミットやクラリオン星人などの本を読むと、彼らの宇宙船は、亜空間を通って何10光年を一気にやってくる。

ということで、結局私には壮大なガセネタとしか思えない。そこでなんでこんな手の込んだ仕掛けをするのかとさらに考えてみると、どうも西欧文明には、アセンションが本質的であって、そのための何かのメッセージを発しておきたいのだと理解した次第である。仮想としてのイエス・キリストの復活のアナロジといったところか。

私は、大学受験勉強のとき、たまたま自宅にあった軍歌のテープを聴いて気分転換した。だから今でも軍歌は好きなのだが、カラオケなどで歌うと誤解を招くので、なるべく人前では歌わないようにしている。

そのテープにあった曲で、厳密には軍歌のジャンルに属するのかどうか分からないのだが、ダンチョネ節というのがあった。その一節に、♪飛行機乗りには娘はやれぬ、やれぬ娘が行きたがる、ダンチョネ♪というのがあって、この歌詞について折に触れて思うことがある。

それは、私が長年勤めた管理職の地位である。私は管理職を務めた10数年間は本当にいい勉強になったと思うし、多少なりとも人間が成長した面もなくはないと自負するが、しかしそれでも、やらなくて済むなら、やりたくなかったという思いが強い。向かないことをやって無理しているという思いが日々あったからである。

それを例示するのは、前にも書いたが、私が上司から管理職に指名されたときのことである。それがとてもショックで、自分にできるだろうかと呆然と帰宅した記憶がある。当時自転車通勤だったのだが、次の日の朝、どうやって管理職の仕事をやればいいのか考えながら自転車のペダルを漕いでいると、信号機のところで左折するバイクを見落として、横からぶつけられてしまった。それで顔面の右側をもろに地面にぶつけ、歯が一本折れ、しかも顔が腫れてお岩さん状態になった。

なんとも受難の出だしだったが、実際に管理職になった後の苦労に比べるとその程度はものの数ではなかった。例えば、予算管理の責任者として、見込み違いで予算が足りなくなり何度もクビを覚悟した。

それでも、なんとかぎりぎりの線で踏みとどまって私が管理職の責任をまっとうできたのは、逆説のようであるが、私がやりたくなくて渋々やっていたからである。というのは、やりたくなくて渋々というのは、精神的には辞表を常に胸に入れて仕事することなので、場合によっては上級管理職にもいうべきことはいう。部下はできるだけ守る(守りきれなかったことも多々あった。残念)。

ところが、自分が管理職を降りてみると、ダンチョネ節でいくと、♪××には管理職はやれぬ、やれぬ××がやりたがる、ダンチョネ♪という例が少なくない。××のところには周囲の適当な人の名前を入れてみて戴きたい。

やれぬ××がやりたがるどころか、自分は管理職しかできないという様相を呈したり、剰え、それを公言する人もいて、私は呆れるよりない。

ともかく、やりたがる管理職というのは、地位の保全のためには、人事権をもつ上司が絶対の存在なので、相撲の世界ではないが、白を黒といわれたら、はい黒ですとまでイエスマンに徹する。部下としてみていて心苦しいが、人事権がないのでどうしようもなかったりする。

だから私は、次の条件で管理職を登用することを提案する。

  1. 実務ができること。
  2. 人望があること。
  3. 責任感があること。
  4. 倫理観が強いこと。
  5. 管理職になりたくないこと。

私は、1から4までの条件は怪しいが、5については確実にそうであった。そういえば、私は結婚式の後、確か六甲のホテルに泊まって、そこから新婚旅行のためタクシーで大阪空港に向かった。そこでタクシーの運転手が聞いてきた。「どちらにお住まいですか。」それで私と家内は、「ええと、川崎です。」と答えた。そう、当時は、川崎市麻生区に住んでいた。すると、タクシーの運転手は突然、「そうでっか。川崎やら東京やら、住むとこちゃいまっせ。」と言うのであった。まあ、よくいうよね、と今でも思うのだが、その言葉でいくと、「管理職やら、やるもんちゃいまっせ。」ということになる。飽くまでも私見なのであった。

去年の12月にPeter WoitのNot Even Wrongに、超弦理論批判に対する反批判として、M. J. Duffの"String and M-theory: answering the critics" 12/4/2011という論文が紹介されていた。Peter Woit自身が、反超弦理論論者であるので、おいおい、こんな記事もあるよ、というニュアンスでの紹介だったが、面白そうなので、私なりに読んで理解した内容を紹介してみる。この論文は、Peter Woitよりもむしろ、Lee Smolinをターゲットとしている。

Duffが理解するSmolinの超弦理論批判は、私のみるところ、「超弦理論は、反証可能な予測を与えていない。」である。これに対してDuffは、次のように反論する。

  1. 物理の実験は、必ずしも物理学の発展に対するよきガイドにならない。例えば、アインシュタインの一般相対性理論は、いかなる実験にも基づかず、アインシュタインの思弁により構築されたが、宇宙の主要な指導原理になっている。また、Smolinは、大抵の先行する理論は、数年、あるいは10年以内に大抵検証され、あるいは反証されるというが、アインシュタインの一般相対性理論の先駆理論をカント・ラプラスの星雲説と考えると、何百年も検証に時間がかかることもある。
  2. 超弦理論家のEdward Wittenが、数学のノーベル賞に相当するフィールズ賞を受賞したことからもわかるように、超弦理論は数学にも本質的貢献をした。
  3. 超弦理論は具体的な物理学の分野に応用をもつ。例えば、コスミック・ストリング、クォーク・グルーオン・プラズマ理論、流体力学、常温超伝導、量子情報理論などである。このような応用を考えるだけでも、超弦理論が意味がある理論であることが分かる。
  4. 超弦理論は、以下の疑問に答え得る唯一の理論である。
    1. 世界の4次元性
    2. ランドスケープ問題
    3. 力が4種類であること
    4. クォークとレプトンの世代が3つであること

Smolinは、科学哲学の嗜好があり、Karl Popperのファンでもある。その路線で反証可能性を持ち出すのだが、どうもPopperは科学者一般に評判がよくない。その意味で、Duffがが、反証可能性の文脈で超弦理論を批判されることに抵抗することは理解できる。Duffは、Stephen Hawkingの、「哲学は死んだ。なぜなら、哲学者は科学を理解しないからだ。」という命題を引いて、Popperの反証可能性も水に流してしまおうとする。ただ私は、物理法則の近似性に述べたような趣旨で、Hawkingに依拠しすぎることに疑問を呈する。そもそも、物理学にいくら熟達しても、その物理学の枠内で世界をみることにしかならないからである。ただ、科学哲学は、多分何か意味がある現象は予測しない。ある世界観を与え、既存の世界観に疑問を突きつけるだけかもしれないが、それで十分であろう。

但し私は、下記のDuffのステートメントには賛成である。すなわち、理論物理家の役割を下記の2つであるとする。

  • 物理実験または観測の結果が何を発見したかを説明すること。
  • まだ観測されていない現象を説明し、あるいは予測すること。

超弦理論がこれに該当するかどうかというところで、DuffとSmolinは意見が分かれるのだろう。実際、超弦理論は結構雄弁にいろいろなことを予想しているようにも見える。ただ、Smolinは、それは反証可能か、と問う。

Duffはまた、超弦理論の、有用な側面に言及する。例えば、ADS/CFT(時空上の重力の弱結合領域と共形場理論 (Conformal Field Theory) の強結合領域との双対性)が様々な側面で注目されているという。実際、マイケル・アティヤなどの第一級の数学者が注目することで、物理学と数学の交流を促した。

2006年になると、超弦理論に現れるある種のブラックホールのベッケンシュタイン・ホーキング・エントロピーが、量子情報理論における3つのキュービットのエンタングルメントを記述するのと全く同一の数式で与えられることが分かった。こうして、超弦理論と量子情報理論は関連を深めていく。このことは、超弦理論の「最終法則性」あるいは「万物の理論性」に寄与しないにしても、超弦理論の有用性はサポートする。

多分、超弦理論家は、超弦理論小史で述べたゲアリー・ホロヴィッツ、トマス・ヘルトーク、前田健吾による、6次元のカラビ・ヤウ空間を含むすべての解における不安定性をきちんと解決してみせなくてはならないのだろうが、どうしてもそういう話にはならないようである。

いずれにしろ、ループ量子理論だって、超弦理論よりも「万物の理論」により近づいているわけではあるまい。そもそも人間が「最終法則」だの「万物の理論」だの口にすることさえ不遜なのではないかと神に問うても、向こうをむいて答えないだろう。

プチ不幸

user-pic
0

去年から、どうってことがないといえばそうなのだが、一瞬がっかりするようなプチ不幸(petit misere)が続いている。最近も、飲み会に行ったら酔って帰路に眼鏡を失くしてしまい、慌てた。

そこで、去年からの私のプチ不幸のクロノロジーを記述してみる。

まず、去年は3.11東北大震災があったが、これは日本にとってメガ不幸で、それなのにプチ不幸なんて記述するのは、改めて大変気が引けるが、ともかく私のプチ不幸の始まりは、酔っ払い事件であった。まあ、歯を折った程度で済んだのだから、不幸中の幸いである。こういう言い方の節々に、全然懲りてないという気持ちが見え隠れする。

次のプチ不幸は、7月にカラオケに行ったときである。腕時計のベルトを机にぶつけ、ベルトが外れてしまった。しかし次の日、300円で修理できたので、プチプチ不幸程度であった。

次のプチ不幸は、8月に空海展を見に行った帰りに、突然、携帯が使えなくなったことである。これはSIMカードがなぜかずれていたせいなのであるが、携帯をぶつけたわけではなく、なぜこのタイミングで起きるのか、空海の祟りとしか思えない。

次のプチ不幸は、9月の台風の日に、電車が止まったので、東名高速に乗って家人を迎えにいく最中のパーキングエリアで、強風でドアが隣の車にぶつかるという事故を起こしたことである。それは、自動車保険の更新の直前で、このせいで、なんと保険料が5000円も値上がりしてしまった。

次のプチ不幸は、10月に飲み会に行ったとき、携帯を道に落として、携帯が使えなくなったことである。これは単にバッテリが緩んだだけで、自宅ですぐに直った。

次のプチ不幸は、11月に自宅のノートパソコンのファンが壊れて、起動不可になったことである。結局、修理代を惜しんで、このノートパソコンは見限った。

そして、次のプチ不幸は、年が明けて1月、飲み会の帰りに眼鏡を失くしてしまったことである。これがまた不思議で、もう40年近く眼鏡をかけ、また酒も飲んでいるが、今までどんなに酔っ払っても、眼鏡を失くしたことはない。だいいち、酔っ払い事件で歯が折れるほど顔面を強打したのに眼鏡は落ちなかった。しかし、今回は、転んだわけでもないのに、なぜ知らないうちに眼鏡を失くしたのか全く経緯が不明である。

このようなシリアル・プチ不幸で、なんとついていないと落胆するというのは多分人生に対する洞察が足りない。すなわち、私が学ぶところによれば、プチ不幸というのは、メガ不幸を防ぐための保険料なのであった。それが証拠に私は去年、一度も病気らしい病気をしなかった。

だから、プチ不幸がばたりと途絶えたり、なにか望外のいいことがあると、メガ不幸に気をつけるべし、ということなのであった。

因みに、私がまとめとして考えたことわざは、次のとおりである。

  • 小さな不幸は、保険料。
  • 大きな不幸は、繰上げ返済。

自分でも、何が言いたいのかさっぱり分からないのであった。

リストラに書いたことの続報として、ダイヤモンド・オンラインに下記の記事があった。

日本電気(NEC)が2011年度第3四半期の決算とともに、1万人規模の人員削減を含む、事業の構造改革と、業績予想の大幅な下方修正を発表した。

改革費用や業績悪化に伴う繰延税金資産の取り崩しなどによって11年度の当期純損益予想は、150億円の黒字から1000億円の赤字に転落した。

加えて、10年に発表した中期経営計画で、12年度までに売上高4兆円、営業利益率5%という目標を掲げていたが、「今の実力では不可能」(遠藤信博社長)と、これを撤回。まずは現状の3.1兆円の規模で、営業利益率5%を目指す方針に転換を図る。

ここまでは、前回の記事にもあった情報である。しかし、地震にも予兆があるように、リストラも突然には始まらない。

NECでは人員削減案が発表される少し前に、経費削減の一環として突如、社員に残業と出張の禁止令が出されていた。すぐに有名無実化するも、なかには不穏な空気を感じる社員もいた。そこに今回の1万人削減案が報道で流れてきたものだから、社内は一時騒然となったという。

まさに、私の経験でも、リストラに先立って極端な経費削減プログラムが走る。

NECによれば、「労働組合との交渉はまだ」で、社員は「いまだに何の説明もない」という疑心暗鬼の状態だ。

経営者側を弁護するわけではないが、会社としても、いくら積み増しするとか、明確なプランがないと話せないのである。どれくらいの人が早期退職に応じてくれるか、どういう基準で社員に声をかけるか、ぎりぎりまで経営者側は悩む。

事業の切り離しを行ってきたとはいえ、売上高はピークの5.4兆円から4割以上も減っている。3.1兆円の規模でも営業利益率5%を達成できなければ、遠藤社長の言うように「実力がないと突きつけられたも同然」となってしまう。

リストラとは、当座の経費削減策にすぎない。人的リソースの損失、積み増し金としての資金リソースの損失など、手当てしないとジリ貧になってしまう。

09年にも2万人規模の人員削減を伴う経営改革案を発表してきたし、業績予想の下方修正も繰り返している。現状で踏みとどまって反転攻勢に出ることが本当にできるのか、真価が問われている。

下手をすると、リストラがリストラを呼ぶという、リストラ・スパイラルに陥る。多分、リストラ後に会社を建て直すには、トップが強いリーダーシップを発揮するよりない。すなわち、次のような施策である。

  1. トップ自ら、現場の社員一人一人と話すつもりで社内を回る。そして、社員の本音を聞く。気の短い社員が罵倒しても、黙って耐える。
  2. トップ自ら、社員の一体感とチームワークを高めるように話しかける。もうリストラは当分しないと宣言する。「当分」のところはかなり曖昧であるが、突っ込まれても言葉を濁しておく。
  3. そうした上で、現場に権限を委譲し、自発性をもって取り組んでもらう。トップは、言いにくいことでも何でも言ってよいのだ、と宣言する。
  4. 有形資産、無体資産など、余剰に見えるものは容赦なく売り払う。
  5. そうして得た資金で、未来を語れる技術・分野に投資する。
  6. 社内で埋もれている優秀な人材を発掘して、権限と地位を与え、働いてもらう。
  7. 社是の原点に立ち返って、組織のアイデンティティを考え直す。
  8. 社内の情報共有を進める。

こう書きつつ、実に難しい作業であると感じざるをえない。

常識

user-pic
0

世間で生きていくためには、どうしてもある程度の常識は必要で、それをどのレベルに設定するかで意見は分かれるが、私は学生生活、会社生活、結婚生活などを通じて、意図的に必要な常識のレベルを低く見積もってきた。そして、常識を身につける場や経験を避けてきた。

そうする理由は、意識しているかどうかはともかく、自分の知的、あるいは体力のリソースにはかなり限界があって、かなり常識を等閑視して、選択と集中により特定の分野にリソースを集中しないとこの厳しい世の中では生きていけないと感じていたからなのだろう。

その戦略はある程度効を奏して、少なくとも東京で尻尾を巻いて故郷に帰らなくて済んだ。だから非常識な奴だといわれてもこの路線で一生生きていこうと思っていたのだが、本当に想定外であったのは、管理職に登用されたことである。そもそもが管理職になりたくないばっかりに意図的に常識を等閑視していた面もあるほどとである。

だから世間ではめでたい昇進とされる管理職に就くことが私に与えた衝撃は人生ではかなり大きいものであった。

ただ、そうやって等閑視した常識であるが、幸か不幸か責任感の常識は、一応世間並みにあった。そこでその責任感を梃子にして、他の不足している常識を管理職として必要なレベルになんとかもっている戦略をたてた。それは次のような方策である。

  1. OBの元部門長と幸い知遇を得たので、飲み会と称して、いろいろ教えを請うた。悩むたびに相談に乗ってもらった。私は敢えて管理職における師匠と呼ぶ。この師匠のアドバイスがなければ、私は管理職を全うできなかった。
  2. 私が管理職になった時点で、ベテランの方々も少なくなかったので、いちいち前例について聞いた。そして、まず前例をなぞり、そこからの改良というかたちで自分のやり方を導入していった。
  3. 単なるわがままのような意見も含め、部下の意見には傾聴した。私なりに聞いたことはマネジメントに活かしたつもりであるが、部下の不満は絶えなかった。私の不徳の致すところである。
  4. 社内ルールを熟知しようとした。しかしどうもあまりマスターできなかった。基本的に細かいルールを理解したり活用したりすることが得意でない。それは管理職としての適性としてどうか、と今でも自分でも思う。
  5. ルール従うこととの双対であるが、人情や浪花節は重視した。外資系のマネジメントとしてどうかと自分でも思ったが、田舎育ちの私は浪花節はそんなに苦手ではない。私のことをアスペルガーだと揶揄する人がいて、それは否定しないが、アスペルガーと浪花節は共存しえるのだといいたい。
  6. マネジメントとして世間並みのレベルになるため、いわゆるビジネス書はよく読んだ。ただ、どれほど身についたかおぼつかない。

ともかく、私の管理職の期間は、このようにして、本来極めて常識を欠く私が、とても常識があるふりをするした日々であった。なぜか、梅沢富美男の夢芝居という歌を思い浮かんだりする。自分のカラオケのレパートリーでもないのに。

ともかく、管理職であるということは、小型セスナかもしれないが、部下という乗客を乗せた飛行機のパイロットなので、本来がどんな奇矯な性格だったとしても、管制塔と連絡をとり、航空法や気象情報に耳を傾けて、最大限常識を身につけた(ふりをする)パイロットでなくてはならない、ということなのだが、実は自発的常識の破れを起こす必要があることもある。その例を示す。

ある事案で、どうしても腹心の部下を出向させなくてはならないことになった。予算管理のため必須のノウハウをもっている部下だったのだが、上位管理職の指示なので、否応なかった。それは一応有限の期限付きだったのだが、半片道切符で、戻れるという保証はなかった。

出向期間があと1ヶ月というとき、相手方の管理職と面談した。代わりの人材がいたら、出向から戻さないでもない、そうでないとこのまま引き取る、というニュアンスだった。そこで部下に確認したところ戻りたいという意向だった。そのときたまたま、取引先の特許事務所で女性事務職員が辞めるという話を聞き、私は暴挙に出た。すなわち、取引先の特許事務所に電話して、貴所を辞める事務職員にアプローチしていいかと電話したのである。

すると、私と懇意している所長も流石に憮然とした対応だった。私はその対応を気にするでもなく、その女性事務職員のメールアドレスに、仕事のことで会いたいとアポイントをとった。ほとんどストーカーである。もともと仕事で付き合いはあるので、私とは知遇がゼロではない。

そして約束した喫茶店で会うと、部下の出向先の会社に応募しないかと、その会社のWebページを印刷して提案したら、あまりの強引さに唖然としていたが、次の仕事が決まっているわけではないので応募してもよいと回答を得た。

私の見立てでは、その事務員の方はしっかりした人なので、出向先の会社に採用されるという自信はあった。もちろん、私は、出向先の会社の担当管理職とも親しくして信用を得ていた。こうして、その事務員の方はめでたく出向先の会社に採用されて、私は部下を取り戻すことができたのであった。

このような行動は、なんにかの法律に触れるものではないだろうが、相当ビジネスマナーに反し、常識から逸脱すること甚だしい。ただ、濫用しない、自分の個人的な利害ではなく部門の利害に拘る、なにかあったら全責任は負うという条件で、自発的常識の破れも必要かと思った次第である。

そもそもがもし自然が常識を守っていたら、ビッグバンは起こっていないし、ビッグバンの後も自然がゲージ対称性を守っていたら、質量は生じていなかったのである。

情報考学のサイトの紹介によると、「見て見ぬふりをする社会」、マーガレット ヘファーナン 著, 仁木 めぐみ訳、河出書房新社という本があるという。

そこで実際に買って読んでみたが、なかなか読み応えがあった。この本は以下ような章からなる。

  1. 似た者同士の危険
  2. 愛はすべてを隠す
  3. 頑固な信念
  4. 過労と脳の限界
  5. 現実を直視しない
  6. 無批判な服従のメカニズム
  7. カルト化と裸の王様
  8. 傍観者効果
  9. 現場との距離
  10. 倫理観の崩壊
  11. 告発者

私の考えも含めながら、順次述べていく。まず「似た者同士の危険」であるが、似た者同士で一緒にいる、というのは実に心地よい。例えば、私は大学に入学して将棋部に入部したとき、実に楽しかった。なぜなら、そこで初めて、自分と似たような者ばかりいる空間に滞在したからである。逆にいうと私は、それまでずっと異邦人の中にいたのであった。すると、将棋部では将棋に集中していればいい。ずっと一緒にいると、互いに妙に隠語もシェアして、仲間意識が増す。ただ、それはそれでいいのだが、メンバーに共有されていない、例えば芸術的のような価値観が完全に抜け落ちてしまう。将棋を中心としたこと以外が完全に見えなくなってしまう。これはとても相性がいい、仲良しの夫婦の間にも成立する。均質なメンバーからなる組織やグループにいると、本当にそのグループの価値観で染まってしまう。

次に、「愛はすべてを隠す」もわかりやすい。愛してしまうと、見事にその人の欠点が見えなくなる。まさに恋は盲目である。組織でも、上司と部下は恋愛関係に陥ってはいけないと言われる。なぜなら、そうなると客観的な評価が全くできなくなる。ただ、これは生物学的に場合によって必要である。例えば、親は子供を盲目的に愛する。そうでないと育てられない。ただ、社会に出ると、盲目的愛は明らかに障碍となる。

「頑固な信念」というのは梃子でも動かない頑固者のことである。この本の例では、ある医学会が、妊婦に対するⅩ線撮検査が、生まれてくる子供の白血病の増加になるという事実を決して認めようとなかった、というものである。実際、医師のような権威ある人々にとって、既知でない命題を受け入れるのは極めて困難であることがある。

「過労と脳の限界」というのは、過労で視野が狭まり、注意力が減退して、見えるべきものが見えなくなることである。疲労して固定観念に囚われるというのもある。

「現実を直視しない」というのは、例えば、日焼けすることが健康にいいと一旦信じてしまうと、過度の日焼けが皮膚癌を増加させるという科学的事実を突きつけられても、日焼けが健康にいいと信じる人たちは、全く事実を直視しない。人間はいくらでも現実から目を背けることができるのである、たとえ自分にどんな危害が及ぼうとも、である。

「無批判な服従のメカニズム」とは、例えば、組織における、権力者に対するイエスマンの態度である、すなわち、イエスマンを続けていると、最初は単なる便法だったはずなのに、それが次第に本性になってきて、権力者が気に入らないものは、もともと存在しないと思えてくるようになる。

「カルト化と裸の王様」とは、典型的にはオウム真理教を想定すればいい。オウム真理教にあっては、どうみてもみすぼらしい麻原彰晃に、東大やその他の有名大学を出た秀才が多数帰依した。おそらく人間は、判断力を停止して誰かに傅きたいという願望がある。次々に自己判断で乗り切るのは人生、結構大変である。

「傍観者効果」とは例えば、道を歩いていて誰かが倒れていたとしよう。すると、それなら救急車を呼ぼう、あるいは介抱しようと普通は思いそうなものだが、案外に気づかないふりをして人々は通り過ぎていく。というのは、その人は何かの伝染病かもしれない、暴力団かもしれない、物乞いかもしれない、介抱したことをきっかけに罠を仕掛けてくるのかもしれない、と考えてしまうからである。傍観者であることは楽で責任が生じない。そういう心地よい境地を捨てて、傍観者を捨てる勇気を人はなかなかもてない。

「現場との距離」とは、典型的には、ベトナム戦争を指揮する国防長官マクナマラの例がある。すなわち、ベトナムから遠く離れたホワイトハウスで大統領やマクナマラらが戦争遂行について協議するのだが、現場から遠すぎて、正しい判断ができない。例えば、共産主義化のドミノ理論は非現実的であるのに、どうしてもそこから脱却できない。

「倫理観の崩壊」とは例えば、金銭や地位、昇進などの物質的欲望により健全な判断が麻痺してしまうことである。これほど人間の弱さ、浅はかさを浮き彫りにするものもなかなかない。イラク戦争もの石油利権だったかもしれないのである。

「告発者」とは、組織内、あるいは利害関係者で、やむにやまれぬ正義感から、当局への告発に至る人のことである。しかし大抵、見て見ぬぬりをする周囲の人達の冷酷な視線に遭ってたじろくことになる。あるいは、あからさまに妨害してくる人もいる。

上述の「見て見ぬふり」に至る道は、必ずしも互いに独立でもなければ、これにて尽きているわけではない。ただ、いえることは人類にあって、いかにさまざまな要因で、見えるべきことが見えなくなるか、ということである。

しかしそれは本来、人類にとっての欠陥であるよりむしろ、進化的な要請なのかもしれない。例えば、当代の第一級の霊能者に、木村藤子がいる。そこに書いたように、木村藤子は霊が見えてしまうことがあまりにも苦痛で、何度も自殺を図ったほどである。実際、いちいち死霊が見えたら、ノイローゼになりそうである。

また人類は、嗅覚や聴覚で、犬よりもはるかに劣るが、それも考えようで、もし人類が犬並みの嗅覚があったら、シャネルの香水でさえも耐え難いものになってしまう。

こうしてわれわれは、極めて限定された感覚で生活世界(Lebenswelt)を構築しているのであるがゆえに、いかに「見て見ぬふり」して快適に生きるかが、ある面では人生の要諦だったりする。

ただ、それは不埒な隣人がいない、という前提の下でである。例えば、妙な宇宙人がやってきて特殊な波長でしか見えない体で、人類を攻撃してきたら、最早見て見ぬふりはできない。懸命にセンサを開発して宇宙人を発見し、なんとか殲滅しようとするだろう。

ところが、その不埒性が、宇宙人のように分かりやすい?ものではなく、組織や慣習の腐敗だと、とたんに緊急性がなくなり、人類は容赦なく見て見ぬふりを発揮する。なにしろ、見て見ぬふりしないことは、とてもコストがかかる。それはポテンシャル・バリアなのであって、正義感と緊急性の合計がそのポテンシャル・バリアを超えたときのみ、人は「見て見ぬふり」を取っ払う。

その典型を私は、アンナ・ポリトコフスカヤにみる。ポリトコフスカヤに、チェチェン戦争に強く反対すべき利害関係があったとは思えない。ただ、彼女の正義感に強く響き、ポテンシャル・バリアを超えたことが行動を促した。すなわち、ポリトコフスカヤの正義感は、木村藤子における霊的能力に匹敵する。

強すぎる霊的能力も、強すぎる正義感も、確実に大衆からの迫害につながる。しかし、そのような能力こそが人類の退廃を防ぐ一片の防腐剤なのである。

だから、見て見ぬふりのカーテンは、折に触れて切り裂かれなくてはならないのである。

毎日新聞のWebによると、先月の記事であるが、京都大iPS細胞研究所が、iPS細胞から作った神経細胞で、脳内にドーパミンを分泌させることに成功したという。以下、引用:

京都大iPS細胞研究所の高橋淳准教授(神経再生学)らのグループは24日、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った神経細胞をパーキンソン病のサルの脳に移植したところ、細胞は半年後も生き残り、神経が機能したと発表した。病気の原因となる神経細胞の減少を食い止められる可能性がある。ラットで同様の実験例はあるが、霊長類では初めて。人間への臨床試験に向けた重要なステップになる。オランダのパーキンソン病専門誌に掲載された。

パーキンソン病は、脳の神経細胞が減って神経伝達物質のドーパミンが不足し、手足が震えるなどの症状が起きる進行性の難病。国内に約14万人の患者がいる。薬で症状は改善するが、神経細胞の減少を食い止めることはできない。

研究グループはヒトiPS細胞から神経細胞になる前段階の細胞を培養し、パーキンソン病を発病させたカニクイザル(3歳、オス)の脳に移植。MRI(磁気共鳴画像化装置)などを使って観察したところ、半年後も移植細胞は生き残り、ドーパミンを分泌していた。

また、サルの行動をビデオ撮影して解析すると、運動量が約1割増加していた。ただ、移植したサルは1頭だけのため、症状の改善効果の有無を科学的に議論できる段階ではないという。

高橋准教授は「今後、実験の頭数を増やし、効果や安全性について調べたい」と話している。【榊原雅晴】

私はiPS細胞に関する記事を隈なく網羅しているわけではないが、少なくとも自分のブログでは、去年の8月にiPS細胞から精子をカバーして以来である。

とりあえず自分の復習用にiPS細胞の過去のリストを列挙しておく。

さて、上記記事だが、一番素朴な疑問は、ヒトiPS細胞から培養した細胞をカニクイザルの脳に移植して、どうして免疫反応がおきないのか、ということである。

また、いつも感じる素朴な疑問は、何にでもなりえるiPS細胞を、どうやって神経細胞になる前段階の細胞に誘導するか、ということである。ここらあたり、専門的すぎて説明できないというよりも、完全なノウハウなので開示できないということなのだろう。簡単な説明はできるはずだからである。と思って、「増補iPS細胞」八代嘉美著、平凡社新書によると、東大の浅村誠教授が1989年に発見したアクチビンAという物質のたんぱく質の濃度で。ES細胞の分化を制御できるという。すると、iPS細胞にもやはりアクチビンAが使えるのだろうか。

ところで、全く専門外のことに啓蒙書だけだなく専門書まで踏み込んで読むことを立花隆氏が唱えているが、iPS細胞については、まだそこまで踏み込めないでいる。たんぱく質についても、知識を深めようとセミ専門家向けみたいな用語集を買ってみたが、ジャーゴンの嵐に撃沈してしまった。私に足らないのは理解力なのか、忍耐力なのか、よく分からないがそういうのをまとめて、知力と呼ぶようである。

選好性

user-pic
0

最近改めて、選好性ということを考える。それはどういうことかというと、ある特定の好みがあって、それしか駄目という気持ちの程度である。例えば、コアラはユーカリの葉っぱしか食べないとか、パンダが笹の葉しか食べないというが、そういうのを選好性が強いと呼ぶ。

簡単な適者生存の法則を考えても、選好性が強いということはどうみても進化には不利であり、だから、雑食の犬猫は、コアラよりも地上ではるかに繁栄している。

では人間世界でも、選好性が強いと不利になりそうなものである。ところが意外にも人間世界では少し様相が異なる。例えば、とても選好性が強くて、そのことがある特定の専門の仕事では、能力を発揮することにつながることがある。

すると、それがたまたまある上級管理職の目に留まり、次世代のリーダーとして候補に挙げられることがある。

こうして、選好性が強いリーダーの誕生となる。なにしろ、今まで実績を挙げてきたので、みんな期待する。ところがそれは悲劇の序章なのである。

まず、自分がいままで強い選好性を示してきた分野を異様に重視し、それ以外は軽視する。そうする理由は、尤もらしくいろいろつけることは常に可能である。すると利にさとい人達は、この分野の仕事に就きたがり、次第にそれ以外の仕事の担当者やスキルが疎かになる。

分野の選好性が強いリーダーは、人物の選好性も激しい。そして、気に入った者だけを重用し、昇進させる。すると、自分の言うことを聞く部下が管理職になるので、実に仕事がしやすくなる。まさに、属人思考である。

このような状況を憂える有為の部下もいるかもしれない。それで、良かれと思って選好性が強いリーダーに諫言する。ところが、ものの見事に諫言は粉砕されてしまう。分野の選好性が強いリーダーが一番苦手なことは、自分の意に沿わない意見を聞き入れることである。

そうやって意見を粉砕された有為の部下が採る道は2つである。1つは、失望して分野の選好性が強いリーダーから距離を置き、あるいは組織を去ることである。もう1つは、翻意して選好性が強いリーダーに靡くことである。靡くと、運がよければリーダーから評価され、望外の昇進が約束される。それは、嘗ては諫言した有為の士にとって、とても甘美であり、家族にも祝福されるだろう。いささかのプライドさえ犠牲にすれはよい。

ただ、簡単に考えると分かるように、こういう選好性が強いリーダーの跳梁を許すと、組織は活性を失い、イエスマンが跋扈し、次第に衰退する。それでも、人事や総務、法務などの成果の分かりにくい部門であると、明白な問題を起こさない限り、部門は存続する。逆に、プロ野球の監督のように実績が問われる組織だと、選好性が強いリーダーは存続できないだろう。だからある実績主義が組織の最後の砦である。

それではなぜ、選好性が強い人間が生じるのかというと、おそらくそれは、生い立ちによる。すなわち、人種差別、両親の離婚、貧乏、コンプレックスなどの要因で迫害されたり、愛情に不足したりすると、頼れるものは自分の嗜好や気に入った仲間、あるいは親族だけだったりする。

このような経緯から、特定の嗜好、特定の人だけを偏重する人材が出願し、特定の分野で成果を挙げることで抜擢され、組織を傾かせる。

多分であるが、芸術分野でなら、選好性が強い人材も活躍できる。というよりも、選好性の強さこそが芸術家としての条件なのかもしれないが、それでも、リーダーになるなら、好きでない人材も活用する度量の広さはどうしても必要なのであろう。

秀行の妻

user-pic
0

読売新聞に、藤沢秀行の奥さんの、藤沢モトさんのインタビュー記事があったので、秀行的生き方の続編として記してみる。

モトさんが秀行さんと結婚したのは、モトさんが二十歳、秀行さんが二十四歳のときだった。随分若年のようだが、当時はそうしたものだったのかもしれない。

当時から秀行さんは、独創的と才能を喧伝される有望な囲碁棋士であった。その評判のとおり王座、名人などのタイトルを次々に獲得した。

そうやって公的には華々しい秀行さんであるが、結婚後おとなしくしていたのは1年だけだった。その後は酒を飲んで暴れて自宅の窓ガラスを割ったり、競輪にのめり込んで借金をつくったりと、何しろ借金で一度は家を失うほどだった。

ここまでくると普通は離婚であろう。しかしモトさんは、負けず嫌いな性格で、一度決めた結婚なのだから愚痴はこぼすまい、と腹をくくったという。これは私からみると、負けず嫌いというよりも異様に辛抱強いというべきなのではないだろか。ともかく裁縫などの内職をしながら三人の子供を育てた。

別の女性のところに入り浸って3年も帰ってこないときは、流石に自活しようと覚悟を決め、生け花の指導者としての技量を高めるため京都の学校に通ったりした。しかし、生け花の先生で十分な収入が得られるとも思えない。苦労の連続だったに違いない。

さて普通は、一旦出て行った夫そのまま戻ってこない。ところが秀行さんは、3年の時を経てふらりと戻ってくる。フーテンの寅さんも顔負けである。また、妻のほうも普通は、どの面下げて帰ってくるんだよ、と怒鳴って追い出すところが、モトさんは受け入れる。ところが戻ってきたはいいが、秀行さんは、殊勝にしているのでなくてアルコール中毒がひどくなり、対局の前にも酒が我慢できなくなってきた。禁断症状で暴れる夫に取りすがって酒を我慢させたというのだから、ほとんど命がけである。ただ、秀行さんも棋聖戦で勝ち続けるために必死だった。

ところが秀行さんが58際で胃癌が見つかった。胃のほとんどを摘出した。しかし、よく考えたら、あれだけアル中になるほど飲むと、大抵肝臓をやられて、普通この歳まで生き延びられない。将棋の芹沢九段や小池重明がその例である。だから秀行さんはよほど頑健な体のようである。

しかし癌は再発した。4年後に上あごに悪性リンパ腫がみつかり放射線治療し、さらには2003年になって前立腺癌と診断されたが投薬治療で乗り切った。おそるべき秀行さんの生命力である。

2005年に秀行さんは自宅前で転倒して頭を強打した。それを助け起こそうとしたモトさんも骨折した。それでどうしようもなくってホームヘルパーを雇った。

それでも囲碁の研究に余念のない秀行さんは、若い人を集めて研究会をし、好きな競輪にも出かけていたが、2008年6月に競輪場で転んで骨折して入院し、退院したものの11月に自宅でも右足を骨折して再度入院、確実に弱っていった。そして免疫力も低下したのか、口内の細菌が気管に入って起こる誤嚥性肺炎になり、食べることもままならなくなったので、医師は胃ろうを勧めたが、秀行さんは、「死ぬまでは生きる。死んだように生きたくない。」と一切の延命治療を拒否した。囲碁でいえば、意味のないダメ詰めのように思ったのかもしれない。

それでも、2009年2月には自宅に戻った。当時入院していたモトさんも夫を最後まで看取るために退院した。自宅に戻って少し元気になると、モトさんの手料理を所望した。ただ、治療のため10日ほどで病院に戻り、2009年5月8日に亡くなった。穏やかな死に顔だったという。亡くなる前日、秀行さんは、長男を枕元に呼んで、「かあちゃん、愛してる、感謝してる」と言った。テレやなのか、直接奥さんに言えないのである。

モトさんは、こんな破天荒な夫だったのに、そんな夫に添い遂げて幸せだったという。私にはほとんど仏の境地としか思えない。

秀行さんには、窮屈な墓なんぞに入りたくない、瀬戸内海あたりに散骨してほしいという遺志があり、2009年の10月に、弟子の高尾紳路九段を含む一行で、山口県の周防灘に散骨したという。

世の中にはペットが嫌いな人もいるのだろうけど、大抵はペットを飼うとか、あるいは、ボランティアでもいいが、世話をする対象を見出している。あ、もともと夫婦がそういうものなのかもしれない。そういうのを見ていると、どうも人間関係であれ、人対動物、人対植物の関係でも、世話をするとか面倒をみることが本質的であるように思われる。

もちろん、世話をすることの双対として、世話をされることがあるのだが、実はそこに対称性は成立しない。典型的には親子の関係である。親は子供を養育する義務があり、そして世話しながら愛情を注いで育てる。では、それだけ手間をかけたのだから親が子供に世話してもらえるか、面倒みてもらえるかというと、なかなかそうはならない。

それを世も末だと、儒教的価値観に基づき言うのは理解できるが、世話をすることと世話されることの非対称性は、行為の性質として、もしかしたら、嘘をついてはいけないとか、人を殺してはいけないというのと同程度に本質的なことかもしれないのである。

それを理解していないと、大変な誤解が生じる。例えば、あのときあれだけ世話してあげたのだから、今度は自分が面倒みてもらう番だ、みたいな発想になりがちであるが、そのためには仁義や義理などの特殊な仕組みというかメトリックを外挿する必要がある。

というのは、典型的にはペットがそうであるが、人間は世話すること自体に喜びを感じるはずなのである。だから、世話して意味があることをした、と感じる段階で、既に恩恵を得ている。これはもちろん私のオリジナルでなく、昔からある考え方である。

さて、ではどうして世話と被世話の間にこのような非対称性があるのだろうか、という疑問は当然に生じる。それは、この宇宙を造った神の意図に基づく。すなわち、神は宇宙を造った最初の段階で、孤独であり退屈でたまらなかった。そこで、自分が面倒をみるためのペットしての生物を創ることにした。

神なんだから、精巧な完璧な生物をつくることもできる。でも、それを敢えてしなかった。理由は簡単で、完璧な生物をつくると手がかからず、面倒見甲斐がないのである。そこでわざと不完全に創り、ヘマをしたときは手を差し延べて助けるようにした。

こうして神は見事退屈から逃れたのである。神はヘマをする生物にもヘマをしない生物にも、一様に愛を注ぐのだが、意外にも(ではなく、意図どおり)ヘマをする生物の方が一層愛らしいことを発見した(確認した)。なぜなら、愛は手間をかけることで増すからである。まさに、出来の悪い子供ほど可愛い。

このように、手間をかけることが愛なのだから、世話と被世話の間に非対称性があるのは、必然の自然法則なのである。

ところが、神はヘマをする生物を創りすぎて、面倒をみきれなくなる場合が出てきた。神なんだからそれくらいと思うかもしれないが、意外に怠惰なところがある。ところで、神は完璧なのだからと、なんでも都合のよい属性を押し付けるのはやめてくれと、どこかで神の声を聞いたことがあるような気がする。そこで神は、ヘマをする生物同士で、面倒をみさせることにした。それは簡単で、ある生物に神の属性を一滴落とせばいい。すると、その生物は、神の代理人となって、他の生物の面倒を見始める。このことは、女性の稼ぎに頼って働かない男(ヒモというらしいが)の存在を説明する。女性は神の代理人を務めているのである。

ところが、面倒みている神の代理人は実は、神の怠惰性をも引き継いでいる。そこで面倒をみつつ、ちょっとうんざりする気持ちになってきた。そして、これだけ面倒をみているのだから、少しは面倒をみてよ、といい始めた。

神は慌てた。自分は一方的に面倒をみるのだが、面倒をみられるという概念がそもそも理解できない。で、どうしていいか困っているうちに、生物たちは、神の意図に反して、面倒みてもらったら感謝しろだの、自分たちは神の恩寵で生まれただの、どんどん意図しない方向に生物たちが進んでいくのであった。恩寵じゃないっちゅうに、気まぐれだっちゅうにと叫ぶのだが、この声は波長が高すぎて届かない。また、宗教などと訳のわからないことを言い出すグループもあわられる。

神は、神なんだから、宇宙にビッグクランチを生じさせてすべてをリセットすることもできる。ただ、リセットするとまた退屈になることは見えているし、前回のデザインで生物たちをつくると元の木阿弥である。それで、よいアイデアもないので、このまま生物たちを放置して、気まぐれで援助してるのだそうである。

非専門

user-pic
0

人間は、生きていくため、あるいは自分の興味に任せていろいろなことを習得するのだが、すると、場合によりある分野で専門家と呼ばれるようになる。しかし当然ながら、知識やスキルの分野はあまりにも膨大なので、一生かけて勉強しても、砂漠の砂粒ほどの分野しかマスターできない。

すると、人間は、広大な非専門分野の存在に驚き、慄かなくてはならないはずである。しかも、知識の性質で、学べば学ぶほど、知らないこと、分かってないことが存在することに気づく。

ところが世間では、なかなかそうはならない。すなわち、博士の学位や、博士の学位に述べたように、特定の専門を修めたことを以って、その特定の専門を含む不当に広い範囲の分野の専門家であるふりをする傾向がある。

擬似専門で述べたこともそうである。すなわち、専門家とみなされる分野が広ければ広いほど、専門家のプライドが満足できるので、あえて専門を超えた範囲で意見を述べかちである。

そのような傾向は当然に私にもあり、ほとんど素人同然の分野で分かったようなことを常々言っているに違いない。違いない、というのは、必ずしも喋りながら、その内容に対する専門性を自分で吟味しているわけではないからである。

ただ、人間とは勝手なもので、自分が喋る分には気づかないのに、他人が喋る分には、その人の専門を超えた発言にはすぐ気づく。

例えば、管理職時代に、特許管理の仕事で、米国人の上司から指示を受けた。日本国内の特許管理をするためのシステムに関する指示である。しかし、日本国内の特許管理のための知識は、あまり日本に専門家がいない分野なので、知的財産協会の委員として勉強したり、他社の人の意見を聞くことで、セミプロの域にあると自負していた時期があった。だから当然に、私の専門知識に基づき反論したのだが、頑固な上司で全く聞き入れようとしない。素人が何をいうかと、私は憮然となった。それでも無理やりの上司がいうやり方でやっていたら混乱して、結局結果的に上司の側が譲歩することになったが、無駄な迂回であった。

しかし何度そんな目に遭っても、私も、ある分野で、知りもしないことをわかったように、その分野の専門家に発言してしまう愚から脱せられない。まさに、ギリシャの箴言の「汝を知れ。」である。そのために戦ったソクラテスは、結局独裁者たちに殺されてしまった。真に汝を知ることも、汝を知れと他人に迫ることも、あまりにも難しいというべきである。

最古の細菌

user-pic
0

日本経済新聞のWebによると、鹿児島県の鉱山で、最古の細菌が見つかったという。以下、引用:

海洋研究開発機構の高見英人上席研究員らは、これまで知られているなかで最古の細菌を見つけたと発表した。35億~40億年前に登場したと考えられる。鹿児島県の鉱山の地下坑道内で、約70度の熱水中に存在していた。地球生命の誕生と進化の謎を解き明かす手がかりになる。米オンライン科学誌プロス・ワンに 18日掲載された。

研究チームは菱刈鉱山(鹿児島県伊佐市)の地下300メートルの坑道内で、約70度の熱水中から微生物の塊を採取。コンピューターや専用分析装置を組み合わせた最新のゲノム(全遺伝情報)解析手法を使い、16種類の細菌を見つけた。遺伝子の特徴から、このうちの1種がこれまで知られているなかでもっとも原始的な特徴を持つことを突き止めた。

地球の生命は約40億年前に誕生し、約35億年前までに「真正細菌」と「古細菌」の2つに分かれたとされる。見つけた細菌は真正細菌で、水素と二酸化炭素からエネルギーをつくれ、酸素がなかった原始の地球でも生きられたことを示す。正確な出現時期はわからないが、2つに枝分かれしたころのものとみられる。

原始の細菌を見つける研究は従来、一つ一つの種類を分離し増やして調べていたが、培養が難しい場合も多く限界に来ていた。今回は何種類もの細菌の塊をまとめてゲノム解析する先端手法を駆使した。世界的にもこうした解析法が広がりつつあり、今後、新たな発見が相次ぐ可能性もある。

最古の細菌というとき、普通は古細菌を想定する。すると、見つかったのは、一番原始的な形態の古細菌なのかと思ったら、どうも古細菌ではなく、真正細菌らしい。

すると、記事が言いたいことは、「真正細菌」と「古細菌」の2つに分かれた直後くらいの真正細菌がみつかり、水素と二酸化炭素からエネルギーをつくれるものである、ということである。そして、水素と二酸化炭素からエネルギーをつくるというのは、光合成の反応に似ている。光合成だと光のエネルギーを利用するが、この細菌は約70度の熱水中に棲んでいるので、その熱を利用するだろうか。

ところで、最古の微生物化石の記事は、本当に34億年前に生息していた古細菌の化石であるが、今回見つかったのは、「真正細菌」と「古細菌」の2つに分かれた直後のまま進化が停止した、ライブな真正細菌なのだ、ということらしい。

ううん、これがどれくらいインパクトがあるのか、いよいよわからないのであった。

ニコニコニュースによると、「金正日、万歳」他の曲を歌う韓国のバンドがいるという。以下、引用:

韓国で「金正日萌え」とツイートしたパク・ジョングン氏が同国の国家保安法違反で逮捕された事件が2012年1月11日に起きた。国家保安法とは、反国家的な活動を禁止する法律で、具体的には北朝鮮の賛美や工作員活動を取り締まるためにつくられた。近年ではほとんど使われることがなかったが、イ・ミョンバク政権になってから、パク氏の事件のように、この法律を使った逮捕事件が増えてきている。だが、そんな風潮をものともせず活動を続ける、反国家的(?)なバンドが存在するのをご存知だろうか。

そのバンドの名は『バムサム海賊団』。メンバーはベース&ボーカルのソンゴンとドラム&コーラスのヨンマンの2人。彼らの音楽はグラインドコアというジャンルに属し、パンクのなかでも最も過激なものとされる。2010年に発売された、金正日のジャケットが印象的なファーストアルバム『ソウル火の海』は全42曲もあり大ボリュームの内容。曲のタイトルは『北朝鮮の指令』『金正日、万歳!』『イ・ミョンバクの悪口言ったら僕もなんと左派』など、パク氏が逮捕されるならとっくに捕まっているだろうという内容ばかり。

この記事を読んでつい、自分のブログの放送禁止歌を思い出した。そこで言及したグループで最も過激なのは、タイマーズの「サリン」、「北朝鮮の歌」、忌野清志郎の「覚醒剤音頭」などであろうか。

しかし、『バムサム海賊団』の過激さはそれを更に上回る。なぜなら、『ソウル火の海』というのは、北朝鮮が韓国に対して挑戦的な文言を投げ掛けるうちで最も過激、あるいは象徴的な言葉だからである。

しかも韓国には、国家保安法という法律があり、「金正日萌え」とツイートしただけでパク・ジョングが同法で逮捕されたほどである。日本では、その程度では、ツイッターが炎上するのが関の山であろう。どうして韓国当局は、『バムサム海賊団』を逮捕しないのだろうか。逮捕すると却って話題性を煽り、思うツボだからだろうか。

ただ、もし日本で『ソウル火の海』に相当する曲を出すならそのタイトルは、『東京、テボドン来襲』といったところだろうが、そんな曲はまず日本では発売が許されるわけがない。それは日本では、自主規制が強いからである。すると、不埒な曲を抑えるために、なにも国家保安法のようなものを発動させる必要がない、ということである。

それにしても、流石激辛の韓国、過激なグループがいるものである。

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。