2012年3月アーカイブ

家事労働

user-pic
0

最近、家人が所用で家を空ける機会が多く、その間、私が家事にいそしんでいる。家事は典型的には、炊事、掃除、洗濯からなるが、このうち一番楽なのは洗濯であって、なにしろ全自動の洗濯機に放り込んでおくだけで、乾燥までしてくれる。これは家事労働とは呼べない。

掃除は私は好きではないし、明らかに苦手である。よって少々埃が溜まっても私は放置している。ただ、風呂はきちんと洗わないと浴槽が臭くなるので、きちんと洗う。

さて問題は炊事である。炊事は献立を考えること、材料をスーパーに買いにいくこと、調理すること、盛り付けること、食べること、食器を洗うこと、と多くのステップからなり、明らかに家事の王様である。このように一番大変なので、家人は出かけるとき、別に外食すればいいではないかと私にアドバイスする。しかしなぜか意地で炊事をする。下手な割には料理は嫌いではないからである。むしろ、何を作ろうか構想する時間が楽しい。大したメニューももちあわせないので、ほとんど噴飯ものであるが。

さて、雪道に書いたように、大雪が降った日に私は、会社を休んで雪かきをした。スコップで掬って道路の端に捨てる作業をするのだが、掻いても掻いてもきりがない。それで雪が小降りになった夕方2時間くらい作業したら、慣れないせいか、あとでどっと疲れた。

これはあとで筋肉痛になるぞと覚悟していたら、次の日意外に疲労も筋肉痛もなかった。それで思い起こすと、どうみても炊事、掃除、洗濯の家事フルコースをこなした後の方が疲れている。それで家事というのが意外な重労働であることを今更認識した次第である。

今の50台後半程度の年齢でも、これだけ疲れるのである。そこでシミュレーションしてみると、70台になってもし何かの理由で一人暮らしになったとき、私はできれば自分ですべての家事をやりたいし、料理も作りたいが、果たして体力が許すだろうかと自問したところ、それはかなり健康状態に依存する、という結論になった。

老人としてはかなりぎりぎりの線で家事労働に耐えているとしたら、少し健康のバランスを崩すと、少なくとも炊事ができなくなってしまう。すると、どこかから有料で弁当を配ってもらうサービスを受けなくてはならないのかもしれない。それでも、なんとか歩けるなら、洗濯と掃除ができて、一人暮らしは維持できるが、洗濯と掃除さえ厳しくなってくるといよいよ養老院を考える必要が出てくる。しかし、この老人大国、養老院に入ることはもしかして、下手な大学に入るより難しくなっているかもしれない。

すると一人暮らししていて、寝ているうちにころっと亡くなるのが一番だと思えてきた。ただ、そのまま白骨死体になると刑事事件めいてくるので、どこかの設備と、倒れたり息を引き取ったことを検出するセンサを設置してもらうサービスを契約する必要がありそうである。

ともかく、家事で体を使うことで体力を維持して、読書とパソコンで一人暮らしの無聊を凌ぐ、そんな日が来ることに備えて、日々精進するとしよう。今日もせっせと家事である。

素数の日

user-pic
0

今月の3月14日はホワイト・デーであったが、急に数楽者としての自分を意識すると、これはπの日ではないか、と問うてみた。そして、Webで検索したところ、3月14日は確かにπの日として認識されていた。

それではそれ以外に数学の著名な定数にちなんだ日があるだろうか、と思い起こしてみた。例えば、e = 2.71828...であるが、2月7日はeの日かというと、そうではないかと書いてあるブログをみつけはしたものの、到底オフィシャルなものではないようである。

すると他に数学定数の日はありえないと諦めつつあるとき、素数の日というのを思いついた。すなわち、例えば11月3日なら、1103とみなして、これが素数かどうか判定する。こうして1年を通じて素数の日をみてみたら、なんと下記のとおり59日もあった。これでは珍しくもなんともない。3月11日と9月11日の両方が含まれているのは、単なる偶然なのだろう。

面白いのは、双子素数の日が結構あることである。1月1日と1月3日、1月7日と1月9日、2月27日と2月29日、3月11日と3月13日、4月19日と4月21日、5月21日と5月23日、6月17日と6月19日、8月21日と8月23日、8月27日と8月29日、12月29日と12月31日。双子素数の日がないのは7月、9月、10月、11月、2組もあるのは1月と8月。それがどうしたというレベルは、フェルマーの考察で述べた、4で割って1余る素数と同等レベルかもしれない。でも、ピタゴラス先生なら、数霊的意味を与えてくれるに違いないのである。いくらなんでも、双子素数の日の誕生日同士はカップルになるなどと言う俗なことはおっしゃるはずもないが。

  1. 1月1日
  2. 1月3日
  3. 1月7日
  4. 1月9日
  5. 1月13日
  6. 1月27日
  7. 1月31日
  8. 2月11日
  9. 2月23日
  10. 2月27日
  11. 2月29日
  12. 3月7日
  13. 3月11日
  14. 3月13日
  15. 3月17日
  16. 3月31日
  17. 4月1日
  18. 4月9日
  19. 4月19日
  20. 4月21日
  21. 5月3日
  22. 5月9日
  23. 5月21日
  24. 5月23日
  25. 6月1日
  26. 6月7日
  27. 6月13日
  28. 6月17日
  29. 6月19日
  30. 7月1日
  31. 7月9日
  32. 7月19日
  33. 7月27日
  34. 8月9日
  35. 8月11日
  36. 8月21日
  37. 8月23日
  38. 8月27日
  39. 8月29日
  40. 9月7日
  41. 9月11日
  42. 9月19日
  43. 9月29日
  44. 10月9日
  45. 10月13日
  46. 10月19日
  47. 10月21日
  48. 10月31日
  49. 11月3日
  50. 11月9日
  51. 11月17日
  52. 11月23日
  53. 11月29日
  54. 12月1日
  55. 12月13日
  56. 12月17日
  57. 12月23日
  58. 12月29日
  59. 12月31日

変死

user-pic
0

読売新聞によると、まるで山口美江のように、まだ40歳代の女性が変死したという。以下、引用:

14日午後2時頃、東京都北区田端のメゾネット型住宅に住む40歳代の男性から、「妻が倒れている」との119番があった。

警視庁滝野川署によると、倒れていたのは40歳代の妻で、搬送先の病院で死亡が確認された。同署は、男性から詳しい状況について事情を聞くとともに、15日に司法解剖して死因を調べる。

同署幹部によると、男性は「外出先から帰宅したら、妻が居間の布団で冷たくなっていた」と説明。外部から侵入の形跡はなかったという。男性宅は、妻と小学生の長男の3人暮らしだった。

この記事をみて意外と思われるかもしれないが、実は人というものは案外頻繁に変死する。発心に書いた、藤原義清こと西行の友人の佐藤左衛門尉憲康の突然死もそうである。実話なら、であるが。

なぜ突然死が意外でないかというと、私にはこれだけ一斉に人が生きている方が不思議でならないからである。例えば、パソコンが一万台あるとすると、そのうちの確実に800台くらいは不調でちゃんと使えない。

なのに、人間が一万人いたとしても、そのうちぽっくり突然死したり変死する人は、そのうちの一人か二人である。コンピュータよりも何万倍も精密機械である人間がそうやって一斉に生きているというのは、神その他の存在のご加護であるに違いない。すなわち、神は、世界の70億人の人間を日々生かしメンテするために大変な苦労をしている。なぜなら、ご加護が滞ると人間は容易に死んでしまうからである。

だから、突然死したり変死したりする人は、たまたま神のご加護の谷間に陥ったのである。携帯でいえば電波の届かないところにたまたま行ってしまったのかもしれない。

すなわち、神のご加護は何かしら波動なので、複数のご加護がぶつかると干渉縞ができる。その谷間に入ると、いともたやすく人間は亡くなる。

ただ、そうはいっても、神のご加護を受ける側の人間にも事情がある。それを列挙してみる。

  1. 何かしら病気をもって生まれてきて、本来的に長く生きられない場合。これを宿命の寿命と呼ぶ。
  2. 一時的な気の迷い、生活の乱れ、さまざまな偶然が重なって亡くなる。これを運命の寿命と呼ぶ。
  3. 長い不誠実な生活の後に、心身のバランスを崩し、亡くなる。これを因果の死と呼ぶ。

それでも、スターリン、毛沢東あるいはポルポトがそうであるように、最後まで逃げおおせる人達がいる。どうして神は、多くの災いをなす人達に格別のご加護を与えるのだろうか。

その一つの解釈は、そのような独裁者によって虐殺される人達のカルマの解消に、独裁者たちは一役買っているというものである。そうして巨大なカルマの負債を抱え、独裁者は国民的葬儀の下で葬られる。なんという巨大な矛盾だろうか。それならば、ささやかな変死や突然死くらい、どうってことはない、ということになる。

また一方で、神からみたら、ご加護の終焉という意味で、なんで死んでも死には死になのであった。そしてご加護の終焉もまた、現世的な意味でしかない。その後にはめくるめき世界があるのかもしれないが、私には窺いしれないのであった。

グーグルといえば、昨今の就職難で、もっとも憧れられている会社の一つとして知られているが、ゆかしメディアによると、次第に社風が変貌しつつあるという。以下、引用しつつコメントする。

マイクロソフトからグーグルへ転じ、このたび古巣マイクロソフトへ舞い戻ってきたジェームズ・ウィテカー氏(James Whittaker)がこのたび、自身のブログで「私がグーグルを去った理由」と題して書き込み、「最後の3カ月は絶望の嵐だった」と心情を吐露した。
エンジニアにとって自由な社風に惹かれて、2009年にグーグルに移籍したウィテカー氏。「みなさんが知りたがっているので、ここで言いましょう。ただ事前に断っておくけど、ドロドロとした人間関係のドラマはありませんよ」と切り出したが、環境の変化や首脳陣批判にまで発展した。
「グーグルに残るのは簡単な決断ではなかったし、最後の3カ月間は、絶望の嵐でした。わたしが知っているグーグルは、情熱的で、従業員に革新する権限が与えられる技術の会社でした。しかし、わたしが去ったグーグルは、一つのことが義務付けられた広告会社になっていました。グーグルが広告会社だと仮定しても、過去 3年間は、それが唯一の価値だとは感じませんでした」

以前に、1つの理想的な職場形態として、グーグルの職場を挙げた。そこでグーグルを、self-starter + co-workの人材を備えた、要するに自主性と協調性が重んじられる会社だと記述した。それがどう変貌したのだろうか。

次々と技術開発やM&Aを進めて行き、インターネット界の巨人の地位を築き上げたグーグル。それが、ある会社の台頭によって、変わるのだという。
ある会社とは世界最大のSNSフェースブックで、「グーグルの革新的なマシンが息詰まってきてから、ラリー・ペイジは間違った命令を下しました。すべてソーシャルでなければならない、と企業の使命を位置付けてしまったことです。それがグーグル+。検索エンジン、アンドロイド、ユーチューブもソーシャルでなければならないと」と、ソーシャル化を迫られてしまったのだ。

なるほど、強敵、フェースブックの登場で、俄然余裕を失ってしまったようである。周知のように、グーグルの主要な収入源はAdsense、Adwordsなどのブラウザ連動型広告技法であるが、今まではその領域で、無人の荒野を進むがごとく独占に近かった。そこをフェースブックに攻め込まれて焦り始めたのだろうか。すなわち、すべてをフェースブックを負かすように武装する、ということである。

しかしそれでは、グーグルの売りである、社員の自主性が閉塞してしまわないか。

そして最後に「昔のグーグルは働くには最的な場所でした」と結んだウィテカー氏。もはや「しょうもない職場だ」と決め、自らの居場所を移すのが最善だと判断したようだ。

グーグルがグーグルとして強みを発揮していたのは、あまり多くないいくつかの特徴を維持していたからのように思われる。もともと伝統に基づかないグーグルには、そういう要素がキーだった。しかし、ソーシャル化で、社員の自主性を阻害してしまっては、多少官僚主義に染まったとはいえ、依然としてテクノロジー・カンパニーであるマイクロソフトの方が相応しいということになる。

ただ、グーグルを仇敵とみなすマイクロソフトにとって、元マイクロソフトのグーグル社員に声をかけて引き抜き返すことで、アンチ・グーグルな評判を流す意図があった、と深読み(それほどでもないが)することもできよう。

例えば、誰かがある地位にあって、定年、異動などでその地位を降りるとする。するとその後任を選ぶ必要が出てくるが、大抵の場合に後任の人選に悩む。帯に短し、襷に流し、みたいな格言が浮かぶ。それで、この人しかいないと仕方なく候補を絞ったとき、当然に、彼(または彼女)にできるだろうか、という懸念は生じるが、そこで大抵次の一言が決め手になる。すなわち、大丈夫だよ、地位は人をつくるというではないか、やっているうちに段々なれてきてちゃんとやれるようになるさ、といわれて周囲は納得する。

ところが、私の観察では、きわめて多くの場合に、地位は人をつくらないのである。なぜそうなのか、詰め込み教育で延べたことを再掲すると、次のとおりである。

子供が算数を学ぶ場合に、下記の3つの場合のどれかがあてはまる。

  1. あまり努力しなくても、楽にマスターできる。
  2. 最初は得意でないが、かなり努力するとマスターできるようになる。
  3. いくら努力しても、所定のレベルには達することができない。

次に、子供が算数に熟達するのと、会社で社員が新しい地位に馴染んで熟練するのとどちらが難しいか考えてみよう。すると、よほどルーチンだけからなるような単純業務からなる地位ならともかく、特に管理職のような複雑な責任がからむ地位だと、子供が算数に熟達することによもはるかに困難ということになる。

こうして、管理職などの新しい地位に就いたとき、以下のことが自然に言える。

  1. あまり努力しなくても、管理職業が楽にできる人は、滅多にない。
  2. 最初は得意でないが、かなり努力するとマスターできるようになる人は、少しはいる。
  3. いくら努力しても、結局管理職が向かない人は相当多い。

以上から、特に管理職について、きわめて論理的に、「ほとんどの場合、地位は人をつくらない」、という命題が証明される。

それでは、どうして訳知り顔で「地位は人をつくる」という命題が唱えられ、且つ尤もらしく信じられてきたのだろうか。するとそれはどうも、右肩上がりの高度成長期、あるいはバブルの頃にできた格言ではないかと推察される。

すなわち、右肩上がりの高度成長期、あるいはバブルの頃だと、放っておいても組織が拡大し、新しい地位につけなくてはならないので、いちいち人物やスキルを選んでいられない。

そんなインフレの地位だって、例えば課長は課長であって、部下ももつ。すると、今まで上司に奢ってもらっていたので、自分もときどき部下に奢らなくては、ということになる。すると、奢ってもらった部下は一宿一飯の仁義ではないが、それなりに嬉しくなり、彼は課長になって立派になったね、やはり地位は人をつくるだね、と噂する。

そう、地位のつくられ方が単に、部下に奢ったり、尤もらしく稟議書にハンコを押したりすることであるなら、「地位は人をつくる」と言ってよいであろう。しかし、構造的な不景気になって、地位に相応しい決断力や構想力、責任感が要求されるようになると、つくられているはずの地位相応感が途端に馬脚をあらわすのである。

上記の小学生の算数の例でいくと、たまたまその小学生が算数が苦手だったとしても、その本人と家族が残念がれば済む話である。ところが、地位だと、権限がともなうので、権限の誤用という問題が出てくる。例えば、切符を買うのに順番待ちするが、ずるい人というのは前から待っていたが、ちょっとその場を離れたようなふりをして、平気で順番に割り込む。こういうことに対する公平性に乏しい人物が権限がともなう地位に就くと、まるで病原菌のように組織を駄目にしてしまうことがある。それはまるで、耐性菌の戦略に書いたこととのアナロジを感じてしまうほどである。

こうして、「地位は人をつくる」場合よりも、「地位は人を堕落させる」場合のほうがはるかに多い、ということなる。あるいは、「人が地位をつくる。」ともいえる。組織は、このような堕落作用を解消するための免疫機能をもつことが必要であり、そうでないと、人体と同様に、一気に死滅してしまうのである。まさに、組織のエイズとでもいうべき状態になるのである。

1万時間

user-pic
0

以前新卒年収という私の記事に対して、剣道の目録、免許皆伝、奥義云々というコメントを戴いたが、プロとしてやっていくには何とか免許皆伝に達することが望ましいが、その際キーワードになるのは「1万時間」である、というのが私の意見である。

すなわち、どんな技芸であれ、少なくとも1万時間はかけないと、絶対に免許皆伝のレベルには達しないということである。

それでは1万時間とはどんな時間なのだろうか。いくつか具体例をあげてみる。

  1. 飛行機の操縦で、1フライトが8時間だとすると、1200回以上離発着すると、通算時間が1万時間を超える。それでようやく、飛行機の操縦が免許皆伝に達する。
  2. 将棋を覚えて、毎日8時間指すとする。すると、3年半で通算時間が1万時間を超える。例えば、現代で最も才能のある棋士の一人である渡辺明は、15歳でプロ四段になったが、もしかして、将棋を覚えてプロになるまでの通算時間は1万時間程度だったかもしれない。いや、プロ四段は免許皆伝以上なので(このあたり、意見は分かれるが)、かけた時間も1万時間を超えているか。
  3. 特許で一番基本的な仕事として、特許明細書を書く仕事があるが、初心者の頃は1件書き上げるのに1週間かかったりする。時間にして40時間である。こういう時間を積み上げて1万時間となると、250件の特許明細書を書いていることになる。それくらい書くと、特許明細書が免許皆伝に達しているといえるかもしれない。

さて問題は、1万時間かければ誰でも免許皆伝に達するわけではないことである。当然のことだが、才能がない者が何万時間努力しようと、達することができるレベルは知れている。能力検査で延べた、スイスの航空会社のパイロットなど、そうである。いくら経験を積んでも、初歩的なミスを繰り返していた。

それでは免許皆伝から奥義に進むにはどうするか。おそらくであるが、さらに1万時間を要する。しかも、免許皆伝よりもさらに選りすぐった才能を要する。こうして、どの分野でも、エリートになるには、時間をかけた努力は当然として、ものを言うのは才能である、という極めて当たり前の結論に落ち着くのであった。

すると才能の見切りが肝要になってくる。ここでも1万時間は重要な指標である。すなわち、1万時間努力しても免許皆伝に達することができなければ、その分野で卓越することは無理だと思いなさいということである。大器晩成ということはありえるが、可能性は低い。理系でいうと、大学院の博士課程を修了した段階でろくな論文が書けていない人が、40歳になって突然凄い研究をするなんてことはない。

ただ、歴史学のような文系学問はどうだろう、会社の昇進はどうだろうと考えると、1万時間での足切りはちょっと乱暴かもしれない。

大学生の数学レベルで議論になった詰め込み教育であるが、最近では私は、詰め込み教育は必要である、という意見に変わってきた。そこでその理由を述べる。

まず、ある小学生の子供と、ある分野(例えば算数)を選ぶとする。すると、粗く言って、下記の3つの場合のどれかがあてはまる。

  1. あまり努力しなくても、楽にマスターできる。
  2. 最初は得意でないが、かなり努力するとマスターできるようになる。
  3. いくら努力しても、所定のレベルには達することができない。

1のレベルの子供は、教師がわざと嫌がらせして、敢えて間違えたことを教えたり、自尊心を傷つけたりするような余計なことをしない限り、どうやっても勉強がてきる。詰め込み教育の是非論にはならない。

3のレベルの子供は、生憎その分野の適性がない。他の分野で努力して、世の中に役に立てるようなスキルを身につけるべきであろう。

そして、一番詰め込み教育が功を奏するのは、2のレベルの子供に対してである。こういう子供にゆとり教育を適用すると、おそらくスキルは伸びない。下手したら、3のレベルの子供と同等レベルに留まる。しかし、詰め込み教育を施すことで、2のレベルの子供はマスターするレベルにまで達しえる。

私の例を話すと、勉強でなく運動だが、私は小児結核だったこともあって、小学校のときほとんど大した運動もしないで過ごし、半分先天的、半分後天的でまるっきりの運動音痴だった。ところが中学になって、近所の友達がみんな卓球部に入るので、ほとんど付き合いで卓球部に入った。

ところが、卓球部に入ってみると、うさぎ跳びや、神社の石段を駆け上がったりと、私にしてみれば、地獄の特訓であった。もっとも地獄の特訓と思ったのは私の主観にすぎず、野球部やバレー部に入った同級生によれば、卓球部のしごきなんて、話にもならないレベルだということだった。

そんな100%運動音痴の私なので、どうせいくら練習しても卓球も一番下手だろうと諦めて、それでも与えられる練習メニューをこなしていると、あら不思議で、7人くらいいる同級生の中で、私は5番目くらいの強さになった。中学三年生のとき、公式戦に出れるのは5人だけなので、リーグ戦をして選手を決めたところ、私はぎりぎりで選手枠に入れたのだが、私に負けて枠から外れた同僚は、私に負けるなんてとふてくされてしまった。気持ちは分かる。だって、その同僚はスポーツ万能で、常識で考えると100%運動音痴の私が勝つなんてありえないからである。

この経験から自信をもち、高校でも卓球を続け、まぐれも手伝って、ダブルスで県大会ベスト16に入れたのはラッキーだった。

このような経験から、運動であれ勉強であれ、ある程度鍛えることがスキルを延ばすことがありえるということが分かるが、書いてみるとあまりにも当たり前なのだった。

しかし、詰め込み教育の要諦は、3のレベルの子供に対する対応である。すなわち、教育の結果をテストで測定して、その点数を絶対視し、所定の点数が取れないと落ちこぼれだと扱うからいけないのであって、別にいいじゃん、他に得意なことはあるでしょ、とどうして余裕をもって接することができないのだろうか。

私がそこで想起するのは、感性の仕事で述べたようなことである。すなわち、純粋に学問的なことで突出しなくても、寧ろ、勉強が苦手でも、世の中にはいくらでも活躍できることがある。

寧ろ、頭でっかちの秀才的発想では行き詰ってきている時代だと、頭でっかちの非秀才である私は思うのである。

診療看護師

user-pic
0

読売新聞によると、米国には診療看護師(nurse practioner = NP)という資格があるそうである。米国で診療看護師になるためには、婦人科、成人科、小児科、急性期科などの11の専門分野に分かれた大学院の養成課程を修め、認定試験に合格すると免許が得られる。

米国で、診療看護師の人数は医師数の約2割に当たる15万人が、病院、診療所、介護施設で働いている。診療看護師は、医師と同様に、専用の診察室で患者を診て、内診もする。医師から独立して薬の処方箋も出せる。

日本だと、看護師でなくちゃんとした医者に診てほしいという人が出てきそうだが、米国では、診療看護師は確立された地位なのか、そんなことを言う人はほとんどいないそうである。また、医師よりも専門が養成課程の段階から細分化されているため、医療の質が場合によって医師よりも高いことがあるという。

また、診療看護師の方が一人の患者にかける時間も長いという。診療看護師は、医師を補うために、患者を人間全体としてみる傾向があるという。

こういう資格をみると、米国の資格は次のような傾向を感じる。

  1. 日本の資格よりも細分化されている。例えば、法律事務所で弁護士をサポートするパラリーガルという資格があるが、これも国家資格なのだという。米国に行ったとき、自分はcertifiedのパラリーガルなのだとある女性が自慢していた。
  2. 米国では大抵の資格が、日本より易しい。米国では弁護士は溢れているし、米国公認会計士も比較的簡単に取れるようである。
  3. そうやって資格がとりやすいせいか、資格が、ある職業につくことの前提である程度が、日本よりも甚だしい。例えば、研究者は、PhDをもっていないと、米国では相手にされない。日本はそこまでではない。
  4. 資格がとりやすいということは、米国では、資格があるだけでは駄目で、とても競争が激しいということになる。
  5. そういう競争の激しさは、ある資格のグループにおいて、とても優秀な人達と、どうしようもない人達の2極化を招く。

米国式だと、一流の人達のサービスが受けれたら幸いであるが、資格だけに依存して仕事を依頼することはリスクが大きすぎる。日本だと、昔よりは平均スキルが低下しているとはいえ、まだ資格に対する信頼感はある。

また、米国だと、資格があっても、生き残るのは大変である。まさに生き馬の目を抜くというやつである。いろいろ資格の硬直性が指摘されてもまだ日本の方がまし、と私はつい感じてしまうのであった。

最適化問題を解くとき、常にローカル・ミニマムやローカル・マキシマムが問題になる。例えば、ある目的関数の解をループを回してみていくとき、1次導関数に相当する値がゼロで、2次導関数に相当する値が負のとき、一応、極大値を取っているという様相を呈する。

しかし、そこで満足して止まってはいけないかもしれない。なぜなら、その山を越えて、別の山にもっといい極大値の箇所があるかもしれない。すると手近に逢着した極大値をとりあえずローカル・マキシマムとみなして、そこでシステム的には例えば、擾乱を与えて状態をローカル・マキシマムから揺り出し、別のマキシマムに向かって状態を徘徊させる。

システム的にはローカル・マキシマムで止まってしまっては全く意味がないのだが、現実の生活ではどうか。ここで私は、システムとは全く異なる知足の概念を持ち出す。

例えば私が生まれた島のような人口数千人の閉鎖社会でも、というよりもむしろ、そういう閉鎖社会だからこそ、ローカル・マキシマムの概念が頻用される。島一番の美人、島一番の秀才、みたいな言い方がそうである。

自分が子供の時代、ローカル=世界全体だったから、島一番の美人=ミスユニバースに匹敵するのだった。

それから、中学、高校と多少知恵がついてくると、突然ローカル・マキシマムを蔑視し始める。こんな狭い島など冗談じゃない、東京や大阪、あるいはニューヨークに行けば、もっと凄い美人、凄い天才・秀才は一杯いるぜ、という具合である。そのステートメントは、論理的にあまりにも正しい。正しすぎるほどである。

しかし、田舎のださい少年だった私が、そのだささから全く垢抜けしないで東京圏に最早30年以上もいると、ローカル・マキシマムを再認識して、次のような法則がほとんど至るところで成立することに気がついた。

  1. ローカル・マキシマムは、ほとんど至るところで、グローバルにもそこそこ妥当である。
  2. それゆえに、ローカル・マキシマムは世界のどこにいってもあまり卑下する必要はない。むしろ、ある程度自信をもっていい。というのは、どんな閉鎖空間であれ、極大値をとれることはそれなりの才能である。
  3. とはいえ、ローカル・マキシマムなりの限界があるのはもちろんである。
  4. よって、ローカル・マキシマムは、自信と限界のバランスを弁える必要があるが、どちらかというと、すこし自信過剰でいい。

このようなローカル・マキシマムの性質により、島嶼の利点に記述したような現象がおきる。すなわち、意外にも、小さい島、寒村から一気に偉人がまとめて輩出することがあるのである。多分であるが、そのローカル性が個性の軋轢を防いで、すくすく伸ばすことがあるのだろう。

最後に、ローカル・マキシマムに関する重要な定理を述べておく。

  1. あるローカルな地域で傑出することをローカル・マキシマムと呼ぶとすると、意外にもローカル・マキシマムは、グローバルでもそこそこ通用する。田舎で初恋のあの女(ひと)は、東京に出てきても、そこそこ多くの男に振り向いてもらえたはずなのである。
  2. 同時に実は、ローカル・マキシマムは、グローバルにみて、ほとんど至るところで通用しない。すると、グローバルでもそこそこ通用するローカル・マキシマムは砂漠の砂金なのだろうか。
  3. 実は、グローバル・マキシマム自体が砂漠の砂金なのであって、従って、ローカル・マキシマムをグローバル・マキシマムと同一視してよいという、バナッハ・タルスキの逆理のような話が成立するのであった。本当かな?

投資顧問会社AIJがどのようにして業務を拡大していったかの簡単な記事が読売新聞にあったので、記述してみる。

AIJが注目を浴びるようになったのは、2008年に専門誌「年金情報」が、年金基金について運用会社の評判を聞いたアンケートで、全体評価が一位に躍り出たことによる。なんと、住友信託銀行やゴールドマン・サックスなどの有力企業を抑えた結果であった。

それは異常に高い運用実績に対する反応だったが、専門誌「年金情報」の編集部にその運用実績を訝る声が上がり始めた。なぜなら、取材には一切応じず、運用の実態は分からなかったからである。

「年金情報」は、2009年2月に、「新興ヘッジファンドが急激な下落相場の中で、不自然なほど安定したリターンを出し続けている。」と、AIJの社名は出すことなく間接的に問題を指摘した。金融庁にも情報提供した。証券取引監視委員会は、AIJの販売業務に関わる「アイティーエム証券」を検査したが、不審点は見つけられなかった。どのような手法で隠蔽したのか、この記事には書かれていない。

こうして、「年金情報」のアンケートでは、AIJは、2009~2011に亘って、高い評価のままであった。AIJの営業マンは、「年金情報」を片手に、厚生年金基金などに営業を仕掛けたという。「年金情報」は利用されたのである。怪訝に思う「年金情報」も根拠なくAIJに不利な記事を書くわけにはいかなかった。

2009年2月の時点で、投資分析会社「MPIジャパン」はAIJに疑問をもち、日経225オプション取引に投資して、AIJと同じ利回りを得ることは不可能という解析結果を得た。この結果は一部のAIJの顧客にも渡り、そのためか、AIJの契約資産は、2010年にかけて約80億円減った。しかし、2011年には逆に約400億円も増えた。雑誌の評判を利用して、新規の顧客を獲得したのだろうか。

AIJの手法は、これ以外にも、有名な経済学者を顧問に招聘したり、国内の有名な法律事務所を、同社が実質的に経営するケイマン諸島のファンドの法律顧問と記し、信用を装った。まさに顧客は、見て見ぬふりに陥ったのである。要するに顧客は、自ら判断しようともせず表面的な評判と見せかけだけの権威に頼ったのである。また、有名な学者の名前を借りる手法は、ノーベル経済学賞受賞者を擁して巨大な負債を抱え倒産した、LTCMにも通じる。

ともかく、ここにも過去の教訓が全く省みられない分野があった次第である。

グロタンディークペレリマンの知的活動の後を眺めていて、知性の半減期という言葉が閃いた。

例によって後追いでその意味付けをしてみると、次のようである。

  1. 人間は、知性を発揮するための材料をいくつか持って生まれてくる。それは生まれた段階で所与で、後天的に追加することはできない。その材料を仮に、知性の核燃料と呼ぶ。
  2. 知性は、核燃料を燃やすことで発揮される。しかし、人間は生まれた段階で、核燃料はもっていても、それを燃やすための原子炉は備えていない。ただ、人間は生まれてくるとき、運がよければ、核燃料とともに、原子炉をつくるための材料も与えられる。
  3. 一般的に人間は、原子炉材料はあっても、ある程度導かれないと、原子炉は作れない。よって、原子炉の作り方を学ぶ、あるいは原子炉を作ってもらうことが教育である。
  4. 原子炉がある程度完成すると、そこで核燃料を燃やすことで知性を発揮することができる。核燃料を燃やして得たエネルギーは、さらなる原子炉の完成に使うこともできる。
  5. もって生まれた核燃料には、半減期が相対的に長いものと、半減期が相対的に短いものとがある。与えられる核燃料の量も種類も、人それぞれである。原子炉をつくるための材料も同様である。
  6. 複数の種類の核燃料のうち、どれが原子炉に投入されるかは、人生における出会い、偶然などの要因による。
  7. 半減期が相対的に短い核燃料は、高い熱を出し、短い期間で燃え尽きてしまう。
  8. 核燃料の燃焼による発熱が大きすぎると、原子炉がメルトダウンしてしまう。そして、最悪の場合、二度と原子炉を使えなくなってしまう。原子炉のメルトダウンは、原子炉のつくりが脆弱な場合と、ともかくも発熱量が大きすぎる場合とがある。

以上のような前提において、知的に達する高みは、ある瞬間の、核燃料による発熱量に比例する。例えば、ペレリマンがポアンカレ予想を解いたとき、半減期が相対的に短い多くの核燃料が費やされた。ペレリマンの知的原子炉は、メルトダウンを引き起こす寸前でなんとかもちこたえ、ともかく問題の解決に至った。しかし、問題が解決した時点で、ペレリマンの知的原子炉は高温で損傷し、作動が困難になった。また、手持ちの核燃料も相当に蕩尽した。こうして、当面ペレリマンは高い知的活動ができなくなってしまったのである。ペレリマンの知的原子炉が首尾よく修復されるのか、修復されても、燃やせる核燃料がまだ残っているのか、誰も知らない。

同様に、グロタンディークは、代数幾何のスキームの理論を構築するための知的活動の余り、数学的な核燃料を使い尽くしてしまった。幸い知的原子炉はまだ使えたが、半減期が相対的に長い、発熱量が比較的小さい核燃料しか残っていないので、政治的なこと、環境問題とかしか考えられなくなってしまった。そしてあるとき、長年の使用で痛んだ原子炉が崩壊し、グロタンディークはピレネー山中に隠遁してしまった。

ペレリマンやグロタンディークのような知的活動を、普通の人はすることができない。なぜなら、質、量ともに十分な核燃料を与えられないからである。教育によって知的原子炉をある程度仮設することはできる。しかし燃やすべき十分な核燃料がないと、どうしようもない。

が、質、量ともに十分な核燃料と、立派な原子炉と、核燃料を燃やして解決すべき課題があることは幸いなようで、実は不幸のたねでもある。なぜなら、常にメルトダウンの危険性と隣り合わせだからである。

一方、オイラーをみてみよう。オイラーは、ある意味幸いにも、発熱量が高い、半減期の短い核燃料よりもむしろ、相対的に半減期の長い核燃料を豊富に、そう誰よりも豊富にもっていたようで、そのような核燃料を燃やすことで、メルトダウンを引き起こさず多くの仕事を達成することができた。ただ、半減期の短い核燃料の量が十分ではないので、もしかしてproblem solverとしては、第一級ではなかったのかもしれない。

さらに、第一級のproblem solverであるエルデシュは、アタックする問題を、フェルマーの大定理のような大型問題を避けて比較的小ぶりのもの(あくまでも、フェルマーの大定理との比較であるが)に限定することによって、生涯に亘って知的原子炉を稼動させたのであった。

ここで蛇足ながら、私のような極めて限られた知性の核燃料しかもたない凡人はどうすればいいかというと、細く長く燃やし続けるのがいいようである。微弱な放射線のホルミシス効果に期待しつつ。

室田伊緒

user-pic
0

井山の婚約で言及した室田伊緒であるが、古い週刊将棋を捨てようと思って整理していたら、今年の2月8日号に、婚約発表前の室田伊緒のインタビューがあったので、簡単にメモしてみる。

室田伊緒は、愛知県春日井市の出身で、1989年5月24日年生まれでまだ22歳、もうすぐ大学卒業である。杉本昌隆七段門下で、以前室田が、囲碁将棋ウィークリーの司会を担当していたとき、師匠のことをとても優しくて頼りになると言っていた。事実そうだろう、杉本七段は面倒見のよさで、理想の師匠の一人だとおもわれる。

将棋の棋風は振飛車党で、以前は四間飛車ばかり指していたようであるが、最近では流行に従い、中飛車や三間飛車を指しているようである。

見るからに純朴で、勝負強くなさそうで、囲碁将棋ウィークリーに出ていた頃も急所で負け続けていたので、大丈夫かな、と思っていたら、なんと最近女流名人戦のA級に昇級したという。それも、女流名人戦のB級で毎回、降級しそうになりながらぎりぎりの残留で今期上がったというのだから、意外にしぶといのだろう。

大学は、文化創造学部で、卒論では大学3年と4年で作った詩をまとめたという。一つだけ将棋のタイトル戦のことをテーマにした詩が含まれているという。文化創造学部ではマンガや小説を書くゼミもあるという。特に知的に尖っているわけでなくて、なんかほのぼのとして楽しそうである。

卒業後の予定はと聞かれて、「大阪に出ようと思ってますけど、少なくとも5月までは愛知にいます。」とあるので、今までは親元から通っていたのだろう。また、卒業後挑戦したいことはと聞かれて、「料理教室に通いたい。あとはペン習字。」とあるのは、婚約が発表された今となっては頷けるが、これだけみても近々婚約発表とは推測できない。

また、「大学生の間は学業を優先してテレビの仕事はほとんどお断りしたので、どんどんやっていきたいですね。」というが、確かに、井山二冠の奥さんということで話題性も増し、そのチャンスも増える。ただ、鈴木真理などと比較しても、キャラが弱いというか、その分癒し系みたいな雰囲気もあって、家庭的というか結婚相手としていいのではないかと、改めて思ったりする。この、どうってことない普通さがいいのである。例えば、清水市代は立派な女性だと思うが、結婚相手として、大抵の男性は、立派過ぎて引くのではないだろうか。

逃げ切り

user-pic
0

池田信夫氏のブログをみていたら、次のような記述があった。

TPPに反対したり原発の再稼働に反対して「脱成長」とか言っている人々は、暗黙のうちに後者を選ぼうとしているのだろう。しかしそれは日本が貧しい小国になる道であり、私は(逃げ切れる世代なので)個人的には悪いとは思わないが、今の30代以下には(財政負担も含めて)相当ひどい生活が待っていることを覚悟したほうがいい。

池田氏は私とほぼ同年代なので、私にも同様の逃げ切りが該当する。もっと具体的に言うと、私の定年までの日数に鑑みると、私が今書いている特許明細書を出願した後の拒絶理由通知は、私が担当しない可能性が高い。拒絶理由通知が来る頃はとっくに退職している公算が大だからである。

私は普段特許明細書を書くとき、将来記載不備の拒絶理由通知を受けることを極端に懼れる。だから、過剰なまでに発明者に質問し、文献に当たり、ネットで検索して記載を充実させる。その甲斐あって、今までに自分が書いた特許明細書で拒絶理由通知を受けても放棄までになったものは一件もなく(単に日が浅いという理由もあるが)、ほとんどはあまり苦労しないで特許査定になっている。

ただ、私の特許明細書作成のアプローチは、かなり手間と時間を要するので、老体には辛いことも確かである。だから最近は、どうせ拒絶理由通知は自分が対応しないのだからと、おざなりの特許明細書を書いて、逃げ切ってしまいたい衝動に駆られる。しかし、それをやっちゃあおしめぇよ、と気力と体力を鼓吹して、なんとか特許明細書を仕上げるのであった。

一方で、私が作った社内ツールは、長い期間に亘るので、大したものではないが、数としてはかなり多い。これは私がいなくなると、明らかにプログラムをメンテできる人がいない(そもそも、ソフトウェアのスキルがあったとしても、誰が私の書いたコードなんかいじりたいと思うだろうか)ので、別のものを作成するために、後任を指名するように管理職に何度も言うのだが、対応してもらえず、依然として私の作成したツールをひっぱるつもりのようである。すると、いくら私が責任感から逃げ切りは嫌だといっても、結果的に逃げ切りになってしまう。それで事情を知らないでひどい奴だと私のことを思う人が出てくるかもしれないが、そこまでは私の責任範囲ではないのである。隠密剣士ではないが、許せ世のため、人のためである。引用する文脈がおかしいが、それも許せ、である。

そういえば、私が管理職になったとき、なる前には想像もつかなかったくらい大変だった理由は、前任者たちがドライに逃げ切りを決め込んでいたからであった。そういう前任者たちの中には辞めている人も残っている人もいたが、残っている人に聞いてもほとんどヘルプは得られなかった。それをひどいとも思わず、そういうもんだと思った。だから、必死の努力で私は一から構築したのだった。

そこいくと、後任を決めてくれれば、しかるべきスキルトランスファーもしますよ、という私は立派なものだと自負するのだが、これはどうも老人の独りよがりのようである。いよいよ老兵は立ち去るのみなのであった。

不足

user-pic
0

テレビを観ていたら、マウスの老化の実験の番組を放映していた。すなわち、各々がほほ同時に生まれた、十分な栄養を与えられたマウスと、少しだけ足らない栄養を与えられたマウスを比較したとき、十分な栄養を与えられたマウスが見るからに老いているのに、少しだけ足らない栄養を与えられたマウスは若々しい。

その理由が、次のように説明されていた。すなわち、少しだけ栄養が足らないと、眠っている体の生存本能が呼び覚まされて活性化されるのだという。

多分であるが、たいていの動物はぎりぎりの飢えをしのいでここまで生きてきたので、確立された飢餓処理ルーチンをもっているのだろう。そして、飢餓処理ルーチンをときどき刺激する方が健康によいと私は解釈した。

すると人間だって、ちょっと足らないくらいに食べるのがいいのだろう。腹八分目に医者要らずという格言もある。将棋でも、升田幸三は、少し足らないときどう手を作るかが強さであるといっていた。

このことは一般化できそうな気がするので、列挙してみる。

  1. 仕事は、少しだけ能力を超えることを割り当てられるのがよい。
  2. 収入は、生活できるのにぎりぎりがよい。多すぎるとなにかと災いを生じる。
  3. 女性に好かれるのは、ぎりぎり一人の女性と結婚できる程度でよい。
  4. 大学は、ぎりぎりついていける程度の大学に入るのがよい。ラッキーでレベルに合わない難しい大学に受かると大変なことになる。
  5. エネルギーは、ぎりぎりやりくりできる程度でよい。原発を廃止するとそうなるのかもしれないが、今ならぎりぎりやっていけるのかもしれない。ただ、将来的に化石燃料が不足すると、ぎりぎりの限界を超えてしまうかもしれない。
  6. 経済は、国民が少し節制しながら生活できる程度でよい。

これは、知恵を発揮するために、中庸でなく、中庸マイナスに就くことを提唱するものであるが、次のような批判はあろう。すなわち、ちょっと足らないくらいに食べて満足できるのは、食べようと思えば食べられる食物資源を前提として、ということである。

もし食糧不足になると、いつ食べられるか分からなければ、冬眠前の熊のように食べ溜めするだろう。

ただ、食糧自給率に書いたような事情により、とりあえず少なくとも先進国では、冬眠前の熊のようにがっつく必要はないだろう。

それでも、人間が欲望を鼓吹し美食にがっつくのは、欲望機械としての資本主義の故なのであるに違いない。このあたりの議論が、ドゥルーズとガタリのミル・プラトーにあるような気がするのだが、何しろこの本は読んでいない(果たして私に読めるか?)ので、なんともいえない。

ともかく、言い換えると、君は欲望を寸止めできるか、据え膳を敢えて食べないことができるかと、わざと俗っぽく言うこともできるのであって、私は密かにそのための修行をしつつ日々敗れているような気がするのであった。

会社の、私が所属する部門の主要な仕事は、特許業務、契約業務、及び管理業務の三つに分類される。

特許業務というのは、発明の発掘、発明の評価、特許出願、中間処理、そして特許ライセンスの仕事もここに入れてもよいかもしれない。意匠や商標の仕事も、ひろい意味では知的財産として、こちらに入れる。

契約業務というのは、契約における、特に特許、商標、著作権、ノウハウなどの条項をレビューする仕事である。

管理業務というのは、人事管理、予算管理、特許期限管理、セキュリティ管理、ITシステムサポートなどである。

私は、商標と特許ライセンスを除き、特許業務の仕事はだいだい経験し、今もそれが所要な仕事である。

管理業務は、12年くらい管理職を担当している間に、知識と経験と才能の不足に悩まされながらも、深く広範に関与した。12年もやっていたので、多少のノウハウはある。

こうしてみると、私に欠けているのは契約業務の仕事の経験である。もちろん管理職時代には、契約書にサインする責任者であったことは少なくないので、必死で契約書を読み理解しようとした。また、特許管理の関係上、特許ライセンス契約や特許譲渡契約にも関与した。しかし、あくまでもサポート的立場だったので、契約についてなかなか本質的に理解するまでに至らなかった。

そうやって契約の仕事に一種劣等コンプレックスをもっていたところ、「ビジネスパーソンのための契約の教科書」福井健策著、文春新書をみつけたので、この本で改めて契約の初歩から勉強してみようと思い立った。

読んでみると、著者の福井氏は、メディアや著作権関係の弁護士で、ニューヨーク法の資格ももち外国業務も担当している。だから、最初の方にでてくる欧米の会社の契約書の長さ、読みにくさ、裁判籍、適用法、権利の帰属などの話は、とてもしっくりくる。一応長年英文契約書は眺めてきたので、私もズブの素人ではなく、門前の小僧程度ではあるらしいと確認して安心した。

ただ、きちんと学んでない者の悲しさ、とても簡単なことでさえ理解していないことが分かったので、自分のメモとして、記述してみる。

まず、「契約書」、「協定書」、「覚書」はどう違うのか、という問いがある。これに対して私は、ええと、よく分からないけど、法的には微妙に違うんじゃない?と思うのだが、答えは、どれも同じである。どうも状況による慣習や雰囲気で表題がつけられているようである。

また、仮契約とは何か、という問いがある。確かに家などを買うとき、手付金などを払って、仮契約しましょう、そしてあとで契約解除したら手付金は戻りません、のような契約を仮契約と呼ぶのかと思ったら、契約に仮契約も本契約もない、すべて契約である、ということのようである。

ところで先日、エルピーダメモリが倒産したが、すると、倒産した会社との契約というのは反古になるのかというと、そうだと思っていたところ、そうでもないらしい。例えば破産なら、破産管財人が選任されて法的地位を引き継ぐ。それなら契約書に予め、一方が破産・解散したら契約は解除されるという条項を入れておけばよいと思われるが、おそらく破産法などの強行規定との関係で、こういう条項が有効かどうか、議論の余地があるという。契約に関連する法律の奥深さを垣間見させる。

最後に筆者が指摘する契約に関する三つの黄金則を挙げておく。

  1. 契約書は読むためにある。
  2. 「明確」で「網羅的」か。
  3. 契約書はコスト。コストパフォーマンスの意識をもつ。

契約書は読むためにある、というのは言われてみると当然であるが、私生活では、保険の分厚い約款などまず読む気がしない。しかし本来読むべきなのだろう。インターネット系で、ソフトウェアをダウンロードするときの条件となると、いよいよ読まないでめくらクリックである。この本に、YouTubeに投稿するときの契約の内容紹介があったが、投稿したコンテンツの使用権、改変する権利、すべてグーグルに与えるという規定なので、本当にその内容を投稿者が理解したら立ち止まるだろう。ましてや会社間の契約では当然に熟読することが必要である。

「明確」で「網羅的」か、については、欧米の会社の契約書を見ていて思うのだが、確かに「網羅的」であろうけれども、果たして「明確」を意図しているのだろうか。とてもそうとは思えないのである。例えば、一番肝心なことが、付記の隅に書かれていたりする。だから、目を皿のようにして契約書をよまなくてはならない。訓練にはいいのかもしれない。

契約書はコスト。コストパフォーマンスの意識をもつ、ついては、コストパフォーマンスの意識をもちすぎではないかと思うシーンを見かける。すなわち、ともかく標準の契約書をごり押しして手間を減らそうとする意図が見えるが、それが却って契約交渉をこじらせ、膨大な交渉の手間になったりする。いろいろな意味で、よきコストパフォーマンスの意識をもっているようには、少なくとも傍目には思えない。

ということで、私は契約書に関する仕事は、もしかしてあまり嫌ではないのかもしれないが、その仕事に従事することはなさそうで、すると門前の小僧から脱却できそうもないのであった。

以前にニュートリノの光速超えという記事を書いたが、その後2月に同記事に対するコメントとして、はれほれさんから、「光の速さを測定する接続がゆるんでいたために光が60ナノ秒遅れていたみたい。」とメッセージを戴いた。共同通信によると、それをconfirmするかたちで、やはりニュートリノは光速を超えないとの記事があった。以下、引用:

素粒子ニュートリノが光より速く飛んだとする名古屋大などの実験結果を検証していた欧州合同原子核研究所(CERN)は16日、検証実験の一つでニュートリノは光速を超えなかったと発表した。昨年9月に発表された実験結果は、光より速いものはないとするアインシュタインの相対性理論の前提を覆すとして大きく注目された。各地で検証実験が計画されたが、先月には装置をつなぐケーブルに緩みがあった可能性が浮上。

折角物理法則が書き換えられると期待したのに、残念である。すると今のところ、既存の物理法則に対するブレークスルーは、不確定性原理、破れるで記述した、ハイゼンベルクの不確定原理の書き換えくらいだろうか。

光速の限界は、ハイゼンベルクの不確定原理よりも頑健だった、ということになる。光速の限界よりも頑健そうな法則として、熱力学第二法則(エントロピー増大の法則)と、熱力学第一法則(エネルギー保存の法則)がある。これらは流石に難攻不落であろう。

光速の限界よりもさらに柔らかそうな法則として、宇宙の加速膨張があり、まだ評価が定まっていない。そもそも、加速膨張の原因かもしれないダークエネルギーからして、それが何なのか雲を掴むような話なのである。

そもそもが、万物の理論たる超弦理論からして、超弦理論小史で延べたように、一面では、倒産寸前の会社の様相を呈している。いやそんなことはない健全経営だと言い張る人達もいて、なかなか一筋縄ではいかない。

そんな状況で、熱力学第一法則や熱力学第二法則はさておいて、光速の限界の法則がなせ安泰なのだと問うのは、単なる言いがかりか。

ともかく、揺れよ物理学、もっと面白くなれ、と私は外野から叫ぶのであった。

共同通信によると、大阪の2幼児放置死事件で、検察側は無期懲役を求刑したという。以下引用。

大阪の2幼児放置死事件で、殺人の罪に問われた母親で元風俗店店員下村早苗被告(24)の裁判員裁判の論告求刑公判が12日、大阪地裁(西田真基裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。これまでの公判で検察側は、最後に部屋を出た際、(1)冷蔵庫に食事がなかった(2)子ども2人の衰弱を目の当たりにしていた―などの点を、下村被告に殺意があった証拠として示した。

この事件から、バルンガ病で触れた、2歳児を部屋に残してスノボに出かけ、火事で2歳児が亡くなってしまった事件を思い出した。要するにキーワードは、「面倒くさい」である。自分がやりたいことがあると、我が子のことさえ、放置したらどうなるか、予見できなくなってしまう。

自分の子供ではなく、ペットを放置する人もいる。例えば、先日、飼い犬を自分の部屋に放置して餓死させてしまった女性がいた。人間でなく犬だからいいだろうというものではない、原因は同根である。これもまた、自己中心性と想像力のおそろしいまでの欠如と、面倒くささである。

私の知り合いに犬を飼っているせいで、もう何年も帰省してないという人がいる。どこかに預けて帰省すればいいと思うのだが、その気になれないそうである。ご両親のどちらかが危篤になったらどうするんですか、と意地悪な質問をしたみたが、そんなことは考えてみたこともないという。

そういう気持ちが私も実によく理解できる理由は、私も猫を飼っているからである。猫は私にあまりなついていなくて、餌がほしいときしか擦りよってこないが、それでも、放置して餓死させるわけにはいかない。餌の在庫が少しでも減ってくると、すぐに買いに行く。

そういえば管理職をやっているときも、まるで猫に対するように、部下に配慮していた。こういうと馬鹿にするなと叱られそうであるが、私は相手が人間であれ、動物であれ、あまり態度を変えない。流石に昆虫は、以前はいまいましいと踏み潰したりしていたが、最近ではそっと捕まえて、ちゃんとやっていけよと声をかけて外に逃がすようにしている。その様子を誰かに見られたら、狂人と思うかもしれない。

そうやって過剰なまでに配慮して管理職をやっていた私から見ると、ときどきみかけるバルンガ病のような管理職には怒りを覚える。なにしろ、部下に配慮しないどころか、社内ルールも都合よく解釈してやりたい放題である。こういう人は、もし一人暮らしで犬や猫を飼ったら餓死させるのではないか。しかし、そうならないとしたら、周囲がサポートするからであろう。

そういう意味では、下村被告も、夫がしっかりしているとか、両親と同居しているとかすると、子供は無事で、今でも普通にわがまま放題に振舞っていたのだろうか。そうだとすると、世間には、子供やペット放置の予備軍が多数いることになる。困ったものである。

2つの平方数の和からなる素数の続きとして、フェルマーも考察した、以下のようなより一般的な式を考えてみる。

すなわち、pを素数、x,y,aを自然数として、

p = x2 + ay2をみたす自然数x,yの存在を考える。a = 1のときは、pが4で割って1余る素数のとき、自然数x,yが存在するのだった。

それでは、a > 1の自然数のときはどうなるのだろうか。

先ず、a = 2の場合は、
3 = 12 + 2*12
11 = 32 + 2*12
17 = 32 + 2*22
19 = 12 + 2*32
41 = 32 + 2*42
43 = 52 + 2*32
59 = 32 + 2*52
....
これを4で割った余りでみると、3,3,1,3,1,3・・・となって、4で割ることは何ら特徴にはならない。こうして法をとる数を順次増やしていくと、8で割った余りも3,3,1,3,1,3・・・となって、これは素数を特徴づけている。よって、8で割って1または3余る素数は、x2 + 2y2をみたす自然数x,yが存在する、という考察がなされる。

同様にして、a = 3の場合は、3で割って1余る素数は、x2 + 3y2をみたす自然数x,yが存在する、と考察される。

ところが、a = 5だと様子が違ってくる。なんと、4で割った余りと、5で割った余りの両方が関与してくるのである。その様子をみてみる。
29 = 32 + 5*22 // mod 5 = 4,mod 4 = 1
41 = 62 + 5*12 // mod 5 = 1,mod 4 = 1
61 = 42 + 5*32 // mod 5 = 1,mod 4 = 1
89 = 32 + 5*42 // mod 5 = 4,mod 4 = 1
101 = 92 + 5*22 // mod 5 = 1,mod 4 = 1
109 = 82 + 5*32 // mod 5 = 4,mod 4 = 1
149 = 122 + 5*12 // mod 5 = 4,mod 4 = 1
181 = 12 + 5*62 // mod 5 = 1,mod 4 = 1
229 = 72 + 5*62 // mod 5 = 4,mod 4 = 1
241 = 142 + 5*32 // mod 5 = 1,mod 4 = 1
269 = 122 + 5*52 // mod 5 = 4,mod 4 = 1
281 = 62 + 5*72 // mod 5 = 1,mod 4 = 1
349 = 132 + 5*62 // mod 5 = 4,mod 4 = 1
389 = 122 + 5*72 // mod 5 = 4,mod 4 = 1
・・・
これから、a = 5の場合、4で割って1余り且つ、5で割って1または4余る素数は、x2 + 5y2をみたす自然数x,yが存在する、と考察される。

同様にa = 7の場合、6で割った余りと、7で割った余りの両方が関与してくる。以下のとおりである。

11 = 22 + 7*12 // mod 6 = 5,mod 7 = 4
23 = 42 + 7*12 // mod 6 = 5,mod 7 = 2
29 = 12 + 7*22 // mod 6 = 5,mod 7 = 1
37 = 32 + 7*22 // mod 6 = 1,mod 7 = 2
43 = 62 + 7*12 // mod 6 = 1,mod 7 = 1
53 = 52 + 7*22 // mod 6 = 5,mod 7 = 4
67 = 22 + 7*32 // mod 6 = 1,mod 7 = 4
71 = 82 + 7*12 // mod 6 = 5,mod 7 = 1
79 = 42 + 7*32 // mod 6 = 1,mod 7 = 2
107 = 102 + 7*12 // mod 6 = 5,mod 7 = 2
109 = 92 + 7*22 // mod 6 = 1,mod 7 = 4
113 = 12 + 7*42 // mod 6 = 5,mod 7 = 1
127 = 82 + 7*32 // mod 6 = 1,mod 7 = 1
137 = 52 + 7*42 // mod 6 = 5,mod 7 = 4
149 = 112 + 7*22 // mod 6 = 5,mod 7 = 2
151 = 122 + 7*12 // mod 6 = 1,mod 7 = 4
163 = 102 + 7*32 // mod 6 = 1,mod 7 = 2
179 = 22 + 7*52 // mod 6 = 5,mod 7 = 4
191 = 42 + 7*52 // mod 6 = 5,mod 7 = 2
193 = 92 + 7*42 // mod 6 = 1,mod 7 = 4
197 = 132 + 7*22 // mod 6 = 5,mod 7 = 1
211 = 62 + 7*52 // mod 6 = 1,mod 7 = 1
233 = 112 + 7*42 // mod 6 = 5,mod 7 = 2
239 = 82 + 7*52 // mod 6 = 5,mod 7 = 1
263 = 162 + 7*12 // mod 6 = 5,mod 7 = 4
277 = 52 + 7*62 // mod 6 = 1,mod 7 = 4
281 = 132 + 7*42 // mod 6 = 5,mod 7 = 1
・・・
これから、a = 7の場合、6で割って1または5余り且つ、7で割って1、2または4余る素数は、x2 + 7y2をみたす自然数x,yが存在する、と考察される。

同様に、a = 11の場合、10で割って1、3、7または9余り且つ、11で割って1、3、4、5または9余る素数は、x2 + 11y2をみたす自然数x,yが存在する、と考察される。

もっと大きい例として、a = 197の場合、196で割って余りが1,5,9,13,17,25,29,33,37,41,45,53,57,61,65,69,73,81,85,89,93,97,101,109,113,117,121, 125,129,137,141,145,149,153,157,165,169,173,177,181,185,193且つ、197で割って余りが1,4,6,7,9,10,16,19,22,23,24,25,26,28,29,33,34,36,37,39,40,41,42,43,47,49,51,53,54,55, 59,60,61,62,63,64,65,70,76,81,83,85,88,90,92,93,96,97,100,101,104,105,107,109,112,114, 116,121,127,132,133,134,135,136,137,138,142,143,144,146,148,150,154,155,156,157,158, 160,161,163,164,168,169,171,172,173,174,175,178,181,182,187,188,190,191,193,196、ここまで計算してみるとほとんど、お後がよろしいようで、になってしまう。

このような計算を続けても次第に錯綜してきて、法則はみえない。ただ、次のことは言えそうな気がする。

  1. p = x2 + ay2をみたす自然数x,yの存在を考えるとき、該当する素数を特徴づけるのは、nで割ってr余る、というようなnとrの値である。
  2. nとして考察してみるのは、p、次にp-1である。
  3. a = 1,2のとき、例外的にnとして、2のべき乗数である、4や8が現れる。
  4. n = p-1の場合よりも、n = pの場合の方が、rの種類が多い。

このような錯綜した数的現象に、類体論が説明を与えてくれるなら、幸いである。

検診

user-pic
0

会社に勤務していると毎年一度、必ず健康診断を受けさせられる。通り一遍のもので、病気を発見する意味はあまりないと思われるが、労働安全衛生法で定められているようなので、仕方ない。

そこで私が、こんな健康診断なんて意味ないとつぶやくと、会社の同僚は、だってこれでも何か病気が見つかるかもしれないと、健康診断を擁護する。そして、できたら人間ドックなど、きちんとした検診を受けたいなどという。それを聞いてなぜか私は、暗澹たる気持ちになる。

もう20年以上前、私がC言語などのコンピュータの師匠と尊敬していたMさんは、多分健康診断推進派で、年に一度まめに人間ドックを受けていた。ところがそんなMさんが突然会社を長期で休んだので、聞いてみるとどうも、白血病らしい。そんな、毎年人間ドックに行っていたのに、と私は怪訝な気持ちになった。

一度だけMさんをお見舞いに行ったが、それからほどなくしてMさんは突然亡くなってしまった。なんでも、薬の副作用が強すぎたようだったが、誰も医療ミスかもしれないと疑う人はいなかった。

そんな様子をみていて私も生まれて初めて、人間ドックなるものを受けてみた。病気でもないのに患者用の服装をさせられ、いろいろな検査を受けた。そんなに不愉快な体験でもなかったが、どうもしっくりこない気持ちだった。

それ以降二度と人間ドックを受診しなかったのは、第一の理由として、何かまずい病気が見つかったら嫌だという子供みたいな理由だった。実はもう一つ理由があって、それは、なんとなく人間ドックが人体に過剰な負荷をかけていないか、というものであった。

葬式で言及した友人もまた、まめに病院で検診を受けるのが趣味のような人で、本人は、医者に診てもらっているので大丈夫と言っていたが、50歳前に突然亡くなってしまったのだった。統計的有意性は何もないにしても、このこともまた、私の検診嫌いを助長した。

そうやって今に至るまで大した病気もしないで生きてきたとき、「検診で寿命は延びない」岡田正彦著、PHP新書を見つけて、読んでみた。

この本によると、20年くらい前のチェコスロバキアでの研究で、検診で寿命は延びない、という結論の論文が書かれたという。そんな、と誰もが思う。なぜなら、検診で癌などを早い段階で発見すると、早期発見早期治療で根治させることができるからである。

確かに早期発見早期治療には一理あると思われる。しかし、検診の問題は、検診のためにはどうしてもX線、内視鏡など人体に有害な影響を及ぼす処置をせざるをえない、ということにある。そして、何か病気がみつかると、手術、抗がん剤の投与、放射線療法などなど、やはり人体に強い影響を及ぼす治療が行われる。

そのような治療が妥当である場合はもちろん少なくない。ただ、癌にしても、下手に手術することで癌細胞が血管を経由して他の部位に転移したり、却って悪化することもある。当然に抗がん剤は強い毒性をもつ。

こうして、検診そのものが与えるネガティブな影響と、その後の過度な治療による寿命の短縮などに鑑みると、検診で下手に治療しないで放置しておいても生きられる時間にあまり影響がない、あるいは却って長生きする場合もあるのではないか、という主張がこの本でなされる。

また、検査数値志向の治療にも問題がある。例えば、血圧が高いと、降圧剤を処方して血圧を下げる。しかし、血圧が下がったとしても、結果的に寿命を延ばすことになっていないことが多い。どうも血圧の高さそのものではなく、血圧の高さをもたらしているなにか本質的な原因に着目しなくてはならないのかもしれない。例えば、頭がいい人は試験の点数がいいのかもしれないが、だからといって、詰め込みやテクニックで試験の点数を上げても、頭がよくなる訳ではない。コレステロールの数値も同様である。

私は検診でいつもコレステロールの数値でひっかかり、そして医師は必ず、コレステロールを下げる薬を飲むことを提案してくる。昔はそれで真面目にコレステロールを下げる薬を飲んでみたことがあるが、あまりにも意欲が低下するので、あるときすっぱり止めた。私の家系は遺伝的にコレステロールが高く、且つ相対的に長生きなので問題ないと開き直った。何かあっても自己責任ですといった。すると医師はただ苦笑いするばかりであった。

そして大過なく、スティーブ・ジョブズの享年を超えるくらいまで生きたので、反薬志向、反検診志向でやってきたのはそれほど無茶な方針でなかったと自負することにした。

こうして私はいよいよ、会社の健康診断など義務として課せられる検診を除き、一切検診を受けない方針を貫くことにした。もちろん癌などに罹って手遅れになるリスクは甘受する。

しかし私のように開き直る人は、みていると少数派である。人間ドックや過剰な投薬、治療は何よりも病院や製薬会社の経営のために存在するとまで私は思ったりもするのだが、しかし、投薬や手術などの治療が確実に必要である状況も実際にあるのであり、なかなか検診は無駄だと開き直るのも難しいのであった。

黄泉の発想

user-pic
0

テスラと、エルデシュには共通点がある。どちらも理系で天才ではないか、というと確かにそうなのだが、もっと踏み込んだ共通点は、どちらも幼くして兄弟を亡くしていることである。

テスラの兄、ダーネは、もしかしてニコラを凌ぐ才能と、また霊能力を具備していたが、不幸にも12歳で亡くなってしまう。頭を打ったことによる脳血栓であった。当然かもしれないが、兄を亡くしたことは、テスラの生涯に渡って大きい影を落としている。

エルデシュは、生まれた直後に、3歳と5歳だった姉が二人とも敗血症で亡くなってしまった。エルデシュの母にしてみればこれは大変悲しいことであるが、物心つくことに話で聞くだけの姉達のことはかなり間接的な印象しかないかもしれない。

そして、テスラも、エルデシュも、生涯に亘って超絶的な知的能力と創造力を発揮し続けた。このことを、類体論で偉業を達成したとはいえ、40台にしてできあがってしまった高木貞治と対比してみるといい。テスラやエルデシュの、生涯に亘る倦まさが燦然と輝く。

このような倦まさを私は、早世した兄弟、姉妹からの、黄泉の通信である、と敢えて私は呼びたい。すなわち、黄泉の国はイメージの宝庫であるので、なんらかの通信によりそのイメージをこの世に伝えると、この世での画期的なアイデアになり得る。

兄弟でなくても、次のような例がある。すなわち私は、いまの外資系の会社に入って、そこそこ能力に自負があり、また、一部の人には評価されていたのだが、昇進は不遇であった。これは、私の謙虚でない性格、途中入社であること、資格をもたないこと、その他様々な原因があって、今にして思えば分からないではないが、父方の祖母が亡くなってから、私の様相が一変した。突然昇進を果たし、あれほどやりたいと志願してやらせてもらえなかった研究所の発明処理を担当できることになり、それから程なくして、これは予定外だったが、管理職にまで昇進してしまった。これが会社にとっても予定外であるのは、私の元上司が以前、君は部門の幹部になるわけがないので、英会話なんてやる必要がないと冷然と言っていたことからも例証される。

このことが祖母の死とあまりにも同期していたので私は、祖母が霊界から応援してくれているのだと信じて疑わなかった。ただ、管理職にまでなって前よりも一層苦労が増えたので、祖母に心の中で、やりすぎでは、と軽く諌めたりもした。

ただ、こういう具体的な亡くなった近親ではなく、もっと抽象的な例もあって、それはラマヌジャンである。霊感とインスピレーションにも書いたが、ラマヌジャンほど、なぜそのような超絶的な公式を思いついたかの合理的な説明を拒否している例はない。ラマヌジャンは敬虔なヒンズー教徒で、シバ神を信奉しており、シバ神に祈ると、アイデアが湧いてくるのだという。

こうして私はつい、この世のあらゆるアイデアは、霊界からやってくるのだという、スピリチュアリズムの命題に再び想到するのである。

そういえば、「谷山がかわいそうでたまらなかった。」と涙する志村五郎氏も、何ほどか谷山豊から黄泉の通信を受けているのだろう。そして、そのせいという訳ではなくても、私は、志村五郎氏が生涯現役の数学者であることを疑わないのである。エルデシュのように。

期待的属性

user-pic
0

期待的属性(expected attribute)というのは私の造語だが、その意味するところは、あまりにも明確だろう。例えば、野球選手ならまず間違いなくボールを遠くに投げれるだろうし、プロレスラーなら喧嘩が強いだろう。こういう遠投や喧嘩の強さを、自然に付随する属性として、期待的属性と呼ぶことにする。

なぜ世の中に期待的属性があるかというと、それはひたすら、判断の経済のためである。例えば、目の前にプロレスラーがいたとして、本当に喧嘩が強いのかどうか、いちいち戦ってボコボコにされないと分からないというのでは、能率が悪い。そこで、とりあえずプロレスラーは喧嘩が強いという期待的属性を付与して、いちいち確認しなくてもいいようにしておく。

ところが、ちょっと考えたら分かるように、この世は期待的属性で溢れている。思いつくままに列挙してみよう。

  1. 秀才は、品行方正である。
  2. 秀才は、アイデア力に富む。
  3. 福祉課に勤務する人は、ボランティア精神に富む。
  4. 国会議員は、自分の私利私欲はさておいて、国家の繁栄のために尽くす。
  5. 結婚生活ほど幸福に満ち溢れたものはない。
  6. 検事はみな、正義感に富んでおり、公平である。
  7. 裁判官は、国民生活を熟知し、そのうえで、いかに裁判を通じて社会的正義を実現するかに腐心している。
  8. 警察官は、正義感のため、犯人逮捕に燃えている。
  9. 死刑囚はみな、罪を深く反省している。
  10. 大学教授はみな、万能の知性の持ち主である。
  11. 天才はみな、社会的に破綻している。
  12. 弁護士は、その法律の知識を通じて、社会正義の実現に燃えている。
  13. 医師は、患者を救うためなら、手を尽くす。
  14. 会社の役員は、すぐれた業績をあげた者から選別されているので、みんな優秀である。

果たしてこれがどれだけ正しいだろうか。かなり正しいものと、全くそうでないものがあるかもしれない。ともかく、人が期待的属性を帯びて生きていることが、見て見ぬふりの温床となる。

それでは、ヒューム的懐疑論で期待的属性を検討しながら生きていけばいのかというと、それこそ、判断の経済的には判断のリソースの浪費となる。

そこで提案したいのは、何かの機関が、社会的調査をして確度インデックスを公表することである。例えば、秀才は、品行方正である(確度0.3)、検事はみな、正義感に富んでおり、公平である(確度0.1)などである。

どうやって確度を決めるかというと、世の中の事象を例えばネット上で検索して、該当する事象、該当しない事象を拾う。そして、該当する事象の件数/(該当する事象の件数+該当しない事象)をもって確度とする。

確度は、一定期間毎に更新するものとする。そして、例えば報道関係者は、適宜報道にこの確度を取り混ぜて報道する。例えば、公平度0.1の検事が、今日も不祥事をしでかしました、公平度は更に下がる予定です、のような感じである。

ヤクザが正直である確度が、検事が公平である確度を上回ると面白かったりする。さて、確度インデックスを調査して公表する機関の確度はいかに、という命題にも遭遇することになるのだが。

横暴

user-pic
0

知り合いと話していて、横暴な夫の話題になった。それで自分は少なくとも横暴な夫ではないよね、と自問してみた。なにしろ自己採点なので甘い点数では、一応自分は横暴な夫ではない、ということにした。

しかし、と続く。自分はどうも、横柄で横着な人間といえるかもしれないと付け加えてみた。

ここで改めて、国語辞典をあたってみた。三省堂の「新明解国語辞典第三版」である。

まず「横暴」であるが、「人の困るのも構わず、不合理な事やわがままをする様子。」とある。物理的な暴力を伴うことは必須要件ではないようである。

次に「横柄」は、「えらそうな態度をし、無礼な様子」とある。うん、これなら確かに私に該当する。

次に「横着」は、「仕事は積極的にしないで、分け前だけは一人前に主張する様子」とある。ううん、どうみても一般的な「横着」の概念を尽くしていないような気がするが、もしこれが定義だとすると、私には微妙に該当しないような気がする。

他にも「横」で始まる単語を拾ってみると、「横紙破り」というのは、「なんでもかんでも[ときには不合理な事や、慣行に反してまで]自分の考えどおりにしようとすること」とあって、「横暴」よりも強いかも。

また、あまり日常は使わないが「横道」という言い方がある。これは「本筋から外れた話題」であって、やはりあまりいい意味ではない。そういえば、私の出身地の広島方言に「おうどくさい」という言い方がある。要するに、生意気+横着みたいな意味で、標準語のニュアンスで言い尽くすのは難しいのだが、これはもしかして、漢字を充てるなら「横道臭い」のようになるのだろうか。

さらに、「横恋慕」という言い方があって、確か、中島みゆきで同名の曲があったと思うのだが、「既婚者や、婚約者のある人に他の人が横から恋をすること」、とあって、当然にいい意味ではない。

「横槍」というのもあって、「他人の話や仕事に横から口を出して、文句をつけること」である。

もっというと、私の出身地である百島の隣に、横島という島がある。百島は今、狸と猪の天国らしいのだが、百島と横島の間の海峡は1キロ程度と狭く、彼らはこの海峡を泳いで渡ったというのが専らの説である。

島というのは閉鎖的で、他の島に対する排外意識というか対抗意識があって、われわれは、横島の住民のことを、ガラが悪くてずるくて、油断がならない、とよく言っていたものである。当然に横島の住民も、われわれ百島の住民のことをよく思っていなかっただろう。

しかし、語感には横島と百島では、勝負にならない。なぜなら、百島は、「桃太郎」を彷彿とさせて頼もしいが、横島は、「邪ま」とも書けるので、どうしても印象は損である。

こうして、「横」がつく単語は、ほとんど至るところでネガティブ印象を与えてしまうのであった。

ちなみに「角川最新漢和辞典」鈴木修次、竹部良明、水上静夫編によると、「横」という漢字には、かって気ままな、とかふつうでない、正しくない、という意味があり、上で収録してない単語として、「横禍」、「横逆」、「横行」、「横死」、「横奪」、「横領」、「横車」とネガティブ・ワードのオンパレードなのだった。それを、必死で支えているのは、「横綱」という単語である。流石、白鵬。

内部告発の続きとして、具体例を確認するため、「ルポ内部告発」奥山俊宏、村山治、横山蔵利著、朝日新書を読んでみた。

この本では、以下の事例がカバーされている。

  1. 三菱自動車の欠陥隠し
  2. ミートホープ
  3. 石屋製菓の「白い恋人」
  4. 船場吉兆
  5. ニチアス
  6. 栗田鉄工所の型装疑惑
  7. トヨタの販売実績水増し
  8. 警察裏金
  9. 検事裏金
  10. 金沢大学病院のアカハラ
  11. 千代田生命の乱脈経営疑惑
  12. トナミ運輸におけるパワハラ

三菱自動車の欠陥隠しは、内部告発というよりも、欠陥事故を機会に隠蔽体質を国土交通省に監査され、隠蔽しきれなかったというものである。

ミートホープは、元常務だった社員が道義心に駆られ、秘密をどうしても告白する必要を感じた。そうしないと、食中毒など社会的に損害が生じることを恐れたのである。そこで農林水産省の出先機関に告発したが相手にされなかった。それで朝日新聞に話を持ち込んだが、朝日新聞の記者も最初は半信半疑だった。元常務の執拗な申し出に朝日新聞の記者はミートホープの製品を食品検査所に持ち込んで、偽装の検査結果を得た。そこでいよいよ新聞発表となり、結局ミートホープは廃業してしまうのだが、社員は仕事を失い、元常務は恨みを買って気持ちは複雑であった。このように、内部告発は、どちらに転んでも味がよくないことがある。困ったものである。

石屋製菓の「白い恋人」は、保健所に、内部関係者と思われる人物から匿名の告発があり、大腸菌汚染と賞味期限偽装が申し立てられた。これを受けて保健所が迅速にアクションをとり、疑義の露見となった。

船場吉兆も同様で、賞味期限偽装がやはり、内部関係者と思われる人物が所轄の保健所に匿名で電話したことから始まった。体質が古かったのか、船場吉兆は、保健所からの通告にきちんと対処せず、結局廃業に追い込まれた。

ニチアスは、匿名の手紙により耐火用建材の認定試験の不正が指摘され、会社がこれを真摯に受け止めるかたちで改善につなげた。

栗田鉄工所の型装疑惑もまた、匿名の葉書から露見したものである。

トヨタの販売実績水増しは、企業倫理のヘルプラインに告発した電話を受けた担当弁護士がうっかり告発者の氏名を経営者側に漏洩したことから問題となった。

警察裏金と検事裏金は、別途触れたので、ここでは省略する。

金沢大学病院のアカハラとは、金沢大学病院の医師が無断臨床試験を告発して、医局で完全に村八分になったという事件である。

千代田生命の乱脈経営疑惑とは、ワンマン社長の乱脈経営を週刊誌に漏洩した常務が、会社から損害賠償するように訴えられた事件である。その損害賠償は、ディスカウントした金額で和解したが、結局ワンマン社長が乱脈経営を告訴され、損害賠償を命じられる羽目になった。

トナミ運輸におけるパワハラとは、トナミ運輸で運賃の不正談合などを指摘したため一貫して仕事を干され続けた社員の根性の物語である。

このように、私憤・公憤を含め、匿名電話、匿名手紙などさまざまな方法で以前から告発はなされているのだが、受け手が真面目に対応することがなく、なかなか功を奏さなかった。2003年に公益通報者保護法ができて、各社でも告発制度を整備しつつあるが、問題を挙げられることを嫌う官僚的体質の人はまだ多く、道は遠いのであった。

読売新聞の記事に、「大学生 数学危機」とあって、なんだろうと思ったら、国公立大学48校と私立大合わせて48校6000人に数学のテストを実施したところ、24%が「平均」が分からない、とあった。

ここで「平均」とは、どういう問題か私なりに要約すると、100人の生徒の平均が163.5cmであったとき、次の正誤はどうか、と問うものである。

  1. 163.5cm以上の人が50人、163.5cm以下の人が50人いる。
  2. 100人の生徒の身長を加えると、163.5cm×100である。
  3. 身長を10cm区画でわけてみると、160cm以上170cmのところが一番人数が多い。

平均の定義に則れば、2しか言えないことが定義から明らかであるが、24%の大学生が誤答だというのは、そんなに驚くことでもないかもしれない。というのは、大学入試で数学の試験を取らないのであれば、高校で数学を勉強する必要は全くなく、すると、定義に則り答えを考えるという習慣が全くなくても意外ではない。実際、1または3みたいな発想を日常的にしたとしても、あまり支障はないであろう。数学が必須ではない中堅私大で半数以上が誤答というが、それも頷ける。

ただ、偶数と奇数を足したらどうなるかという問いに、

  1. いつも必ず奇数になる。
  2. いつも必ず偶数になる。
  3. 偶数になることも奇数になることもある。

これの正答率が19%しかないというのは、上記平均の問題よりもさらに意外である。というのは私のような数論ファンには一瞬でわかる常識だからである。ただ逆の意味で、数論の非日常性の例証であるともいえる。フェルマーの考察に書いた、加藤和也氏が4で割って1余る素数の話をして女性に振られたのも、あまりにも当然ということになる。

で、私の「大学生 数学危機」に対するコメントはというと、別にいいんじゃない?というものである。というのは、数学でなく車の運転を例にとってみると、車の免許をもっていて、縦列駐車や車線変更が苦手、というのは、大学生で「平均」がわかってないより平気でいられない。なぜなら私がそうで、いつも運転に苦労している。私程度に運転が下手な人というのは、下位10%くらいではないだろうか。そこで日本自動車連盟(JAF)の理事長が、そういう下位10%のドライバの存在を嘆くとしたら、日本数学会の会長(あの宮岡の不等式で有名な宮岡洋一氏なのであった)が大学生の数学レベルを嘆くよりも妥当であろう。

だから、前に曽野綾子が二次方程式なんてなくても困らないと発言したのもわからないではない。ただ、逆に言いたいのは、作家をやる分には二次方程式なんて普通いらないのであるが、二次方程式も使わないレベルでは、いかなる科学的成果も達成できない。飛行機、コンピュータ、家電の設計などありえない。よって数学なんて苦手なのは勝手だが、それを世間に吹聴しないでいただきたいものである。

さらに別の観点で、「新修解析学」梶原壌二著、現代数学社に次のような記述がある。昭和54年だから随分昔の話だが、マルセイユのプロバンス第一大学教授、固体物理学者のロベール・ゲルムール氏が次のように言ったという。すなわち、フランスにおいてはエリートを選ぶ基準はひたすら数学の能力であって、語学でも思考力でも想像力でもない。なにしろ小学一年生から公理と定義の運用が開始され、イラストのように具体的なものは軽蔑され、練習問題も定理の応用としてしか考慮されない。こういう無味乾燥な抽象数学で秀でた者が、中国の科挙で古典の知識に優れる者がエリートとなったように、フランスのエリート階級になるようである。

こういうフランスの風土だからブルバキの数学原論が書かれ、ドリーニュやコンヌのような凄い数学者が輩出するのだろう。ただ、世の中のインフラがそれほど多数の純粋数学者あるいは数学的スキルを必要としているのか、私でさえも甚だ疑問である。

こうして私は、数学よ、たいがいにしとけよ、と唸るのである。果たして私は数楽者なのだろうか。

共産主義の失敗などといっても、何を今更といわれるだけである。共産主義が失敗した思想であり方策であることは、ほとんどの人に自明である。ただ、どう自明か自分にはよくわからないので、「戦後思想講義」鷲田小彌太著、三一書房に啓発されて、私なりにまとめてみる。

マルクスは、19世紀に、資本家に虐げられた労働者たちを眺めて、労働者たちを開放し、労働者を主役に祀り上げるシステムとしての共産主義を構想した。物欲と、その結果としての富の所有が諸悪の根源とされた。

それでは、物欲はどうして生じるのか。仏教には精緻な欲望論が展開されるが、共産主義者たちは仏教になど一顧だにしない。むしろ人間の物欲を、社会の下部構造からの帰結とみる。すなわち物質的基盤が人間の心をも規定するという唯物論である。実は物理学にはどうしても唯物論の香りがある。例えば、超弦理論物理学者は、本当は人間の物欲も嫉妬も、超弦理論で計算可能であるといいたいのである。しかし、流石にそこまでは言う勇気がない。そもそも、ランドスケープ問題だって収拾がついていない。

なのに、共産主義者たちは、下部構造が上部構造を規定するなどという、検証されていない唯物論的科学主義を導入した。数学的にいえばまさに、公理として導入したのである。

それによれば、暴力を使ってでも下部構造を破壊し改変すれば、上部構造が変わり、人間の物欲が解放され、競争のない平和な社会が訪れる、というものだが、もし破壊活動を、カタストロフ的社会工学であるとしても、そこに自ずと、正解に至る適切な破壊方法というものがあり、そうではないと、一層社会は悪化してしまうのではあるまいか。

しかし、共産主義者の指導者たちは、自らに、唯物論の神が宿ったと錯覚したのであった。そして、恣意的に他人の我欲、物欲、私的所有を攻撃して、「開放」していった。

それでは自分達の我欲、物欲、私的所有はどうなのだ。自分達は既にプロレタリアートになりきっており、従って、われわれに我欲、物欲、私的所有は存在しないのである、と宣言さえする。これは新興宗教の悟りと同じである。共産主義教の最終解脱に達成したわれわれは、縦に振舞っても、決して我欲、物欲、私的所有が生じることはない。われわれが同士に振舞う仕打ちは、実は仕打ちではなく、善意の開放なのである、という次第である。

言い換えると、共産主義は、エゴイズムをない物とみなす体制であって、そのようなエゴイズムの無風地帯ほど怖いものはない。なぜなら、少数のエゴイズムが、我が物顔に、交通整理されていない道路を突っ走るからである。

このような制度の下では、権力ある者は一層我侭に振る舞い、そうでないものは一層自由を奪われるという、マタイ効果が発揮された。

また、恣意的な計画が科学的と称され、現状に合わなくて一層の窮乏化につながっても、何の反省もなされなかった。共産主義は、反省あるいはフィードバックの回路をもたないのである。なぜなら、恣意的であれ科学の装いを帯びると、それは絶対に過つはずがないのである。こうして根拠なく無謬性が想定される。

こうして物質的に破綻するまで、共産主義は却てられることがなかった。それでも共産主義の意義は、悪性のインフルエンザ・ウィルスであったかもしれないが、資本主義に免疫をもたらし、体力を強化させたことである。

しかし、鷲田によると、孤高の哲学者、廣松渉は、徹底的にマルクスに与し、マルクスの思想に可能性を見出そうとしたという。すると、私が共産主義とみなすものは、スターリン的毛沢東的、あるいはチャウシェスク的誤解にすぎないのだろうか。

そのような問題意識をもって、「今こそマルクスを読み返す」廣松渉著、講談社現代新書を読むと多少は頭に入るのかもしれない。

私はとても人情味溢れるような行動をとることがあるし、他人の愚痴を延々と聞くのは嫌ではないし、とてもウェットな人間に思われることがある。そういう人間を目指しているのだが、どこか本質的に超ドライなところがあって、自分でも驚くことがある。そういう面を見破られて指摘されても、私はただ苦笑いするよりない。

そこで、この点を自己分析してみると、どうもこういうことらしい。すなわち、私は基本的に多くのルールの下で行動するのが嫌いである。なぜなら一貫性のある行動ができないからである。世の中の賢人達はそうではなく、沢山のルールや先例をうまく駆使して生きていくことができるようである。

彼らと同じことをやっていては私は絶対に日の目をみない。そこで私が採った作戦は、既存の多くのルールの中から、優先順位が高いと私が判断するいくつかのものだけを取り出して、後は敢えて無視するのである。

例えば、普段の発明処理の仕事だと、処理期限よりかなり早く用意する、特許庁の審査をパスできる内容で特許出願する、の2つのルールに特化する。これを数学でいえば公理と見立てて、それ以外のルールはこのルールから演繹して出てくるルールだけに絞るのである。

処理を早くする、というところからは、ある程度ハードワークしなさいというルールが出てくる。そうしないと厳しい期限や内容のものに対応できないことがある。

また、特許庁の審査をパスできる内容で特許出願することを満たすためには、発明の背景知識も蓄えなくてはならない、ということになってどうしてもそのための勉強時間を割く。

こういう、公理から演繹されたルールに基づく私の行動を眺めていると、合理性を無視した行動だと勘違いして、私がスーパードライ人間であると気づかないかもしれない。

だから私が馬脚をあらわすのは、沢山のルールに従い行動することを強制される場合である。そういう場合私は勝手にルールに優先順位をつけて、重要でないと判断したルールは平気でやり過ごすので、決められたルールはきちんと守るべしという主義の人にはときどき私は耐え難い存在に映るようである。

例えば私は、管理職時代、特許管理データベースのデータの正確性について責任を負っていたが、そこで、以下のような限定されたルールを「公理」として勝手に選んだ。

  1. 特許の権利の支障がないように特許管理データベースのデータの正確性を維持すること。
  2. それを部下の無理のないワークロードの範囲で行うこと。

特許管理データベースのデータについては、私が選んだ公理はこれだけだった。特許の権利の支障がないように、というのは、例えば、審査請求のデータの管理ミスは権利の喪失につながるので、最重要課題であった。そのために出願日、出願番号、請求項の数の項目にフォーカスし、それ以外に対する配慮の優先順位を下げた。同様に年金管理のための特許番号、特許日のデータも重視した。なぜなら、部下のワークロードがそれで手一杯だったからである。

2番目の項目も非常に重要であって、私は管理職として、部下を過労死させることはできないし、過労で肉体的・精神的に病気にさせるわけにもいかないと思っていた。だから、非本質的なデータ項目の正確性も達成せよとの上司の指示は、部下のワークロードの許容範囲でだけ対応した。そんな態度は当然に上司としては面白くなく、私は管理職としての適性を疑問視された。

それはある意味、公理系と公理系のぶつかりだったが、当然に上司の方が上位の公理系であり、一方私は公理系を変更することを極端に嫌う、とても頑固な性格なのだった。言い訳すると、公理から、頑固であってはいけないという定理が導き出されたら素直にそれに従う。しかし、依然として公理系の変更は頑として肯んじない。

ただ私は、自分自身のワークロードの適性化は、公理に入れなかった。それを公理にすると、部下のあぶれた仕事に対応するワークロードに対応できないからである。もちろん私は倒れるわけにはいかないので、遅くまで残業しつつも、そんな仕事は無駄だと上司に反抗したり、そういうなら部下を増員してくれと交渉した。そうしてどんどん私は立場を悪化させていった。

ここまて書いてきて、自分で勝手に公理を選んで、公理と公理から導き出される定理だけでやっていこうとする態度が本当にスーパードライなのか、自分でもわからなくなってきた。

私は弱い人間なので、スーパードライに徹しきれていないが、保身をほとんど唯一の公理としてやっている人をみると、ツェルメロ・フランケルの公理系ではないが、あちらの方がよかったのかな、とふと迷いが生じるのであった。

新卒年収

user-pic
0

ダイヤモンドオンラインによると、SNSの会社、グリーは、新卒年収「最大1500万円」を打ち出したという。以下、引用:

グリーは、ご存じのように2004年創業、会員数約2900万ユーザー(2011年12月末時点)を誇る日本最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス「GREE」を運営する会社です。日本では史上初、2年連続NO.1の成長率を記録し、今では、世界を舞台に挑戦を続けています。米国サンフランシスコを皮切りに、ロンドン・北京・ソウル・シンガポール・アムステルダムなど海外拠点の設立や、海外有力企業の買収、アライアンス戦略を積極的に進めていますね。

連結従業員数の公表数字を見ても、2011年6月末時点で592人、2011年9月末時点で758人、2011年12月末時点で934人と半年で60%近くアップしているという、まさに急成長真っ只中です。

さて、2013年卒の新卒採用の募集要項ですが、採用予定数は150名、職種はエンジニア職.・ディレクター職・総合職・クリエイティブ職の4つで、それぞれの初任給は以下のようになっています。

<エンジニア職> 高専・学部卒:420万円~1500万円
院卒   :450万円~1500万円
※上記範囲で、実績と能力に応じて個別に対応いたします

<ディレクター職・総合職共通>
学部卒:420万円~1500万円
院卒 :450万円~1500万円
※上記範囲で、実績と能力に応じて個別に対応いたします

ええっ、まじで!と言いたくなる。というのは、私が勤務する外資系の会社では、1500万円というのは非役員が到達できる最高の年収であり、別に悔しくもないが、私は1500万円という年収に全く届かないでサラリーマンのキャリアを終えそうだからである。それが、どうやってポテンシャルを見極めるのか知らないが、新卒でいきなり1500万円までの年収が提示されるとは、俄かに信じがたい。

ところで、私が大学を卒業してある会社に就職したとき、上司や周囲の人と折り合いが悪くて、たった2年半で辞めてしまった。辞める前になぜか、担当重役と私の上司が、半分渋々のように送別会をしてくれたが、その席で担当重役の人に言われたのは、君はうちの会社にまだ全く貢献していない、今までは学習期間であって、今から稼いでもらおうとしたとき辞められたら、うちの会社は持ち出しだよ、ということである。

生意気盛りだった当時の私は(まあ、今でもそうであるが)、そんなもん知るかとまともに耳を傾けなかったが、今にして思えば、それは正しくて、例えば、私が管理職になってから、いろいろな人を採用したが、経験者であってもこちらの会社のやり方に慣れるまではどうも2年はかかるので、新入社員が最初の数年間はただ会社に迷惑かけるだけだったとしても、なにもおかしくないということになる。

そういう一般論からして、グリーが新入社員にいきなり1500万円までの年収を提示する根拠というか理由は何なんだろう。今は就職氷河期で、小細工しなくても優秀な学生が応募してくるはずなのである。おもいつく理由を書いてみる。

  1. 宝くじで3億円が当たると書いてあっても、本当に当たる人はきわめて少ない。それと同じで、いきなり1500万円の年収を提示される新入社員は、それこそノーベル賞級で、何百万人に一人しかいない。だから、1500万円というのは「見せ年収」である。
  2. グリーでは、経験のない新入社員でも、いきなり1年に三千万に相当する仕事ができる。だから、いきなり1500万円までの年収を払っても、ひきあう。
  3. 最初はたまたま1500万円までの年収をもらえても、その後の査定で能力が疑問視されると、その能力に見合った給料まで下げられる。新入社員にいきなり1500万円までの年収を提示するのは、優秀な新入社員の勧誘目的である。
  4. グリーは業績がよくて財力に余裕があるので、新入社員にいきなり1500万円までの年収を提示しても、財務的に問題はない。
  5. グリーは急成長しているので、ポストがいくらでもある。新入社員にいきなり先付けで1500万円の年収を提示しても、地位がすぐにそれに追いつく。

ただ、普通に考えるとどうしても無理があるように思えてならない。会社の成長神話に限界があるのは当然だし、新入社員の能力の見込み違いなんて、しょっちゅうであろう。よって、どうしても正しく評価し、正しくフェイルさせる仕組みは必須であろう。私だったら、新入社員にいきなり1500万円までの年収が提示される会社は却って引く。やはり最初は安い給料でも、丁稚奉公から修行させてくれる会社がいい、というのは古いだろうか。

自己弁

user-pic
0

ここでいう自己弁とは、自己弁護のことではなく、ましてやお抱えの弁護士のことでもない。なんのことはない、単なる自分で作る弁当のことである。

大学時代、私は全く女性に縁がなかったが、どうみても私よりも更に女性にもてないと思う友人が、彼女とデートしてハイキングに行ったとき、彼女が弁当を作ってきてくれたと自慢していた。そいつがデートしたことも弁当を作ってもらったことも信じられなかったが、ともかくも弁当を作ってもらうことのポジティブさは印象に残った。

結婚して、最初は弁当はなかった。会社のカフェテリアでランチをとればいいのだから、それは当然であろう。

弁当をもたされるようになったのは、子供が幼稚園になったときである。すなわち、そこの幼稚園は給食はないので弁当が必要で、そのついでに私の弁当も用意された、という次第である。

最初の頃は、どうも弁当は違和感があった。というのは、カフェテリアだと温かい献立もあるのに、弁当は基本的に冷めている。それでも、同僚がカフェテリアに行くのを尻目に自席で弁当を食べていると、私本来の孤独癖が蘇って、弁当を食べながら妄想に耽ることになった。それが意外に至福のときだった。

その後家内の都合で弁当がなくなると、またカフェテリアに復帰したが、再び弁当が復活したのは経済的な理由もあるかもしれない。というのは、当然であるがホカ弁あれ、カフェテリアであれ、自宅で弁当をつくるよりもコストがかかる。それと、自宅の弁当だと冷蔵庫の余り物を有効活用できる。賞味期限ぎりぎりでも構わない。

そうやって弁当を会社にもっていくのが習慣になると、家内の機嫌や都合で弁当がない日ができると、自分で作ってみようかという気になった。まず必要なものは弁当箱であるが、専用の弁当箱だと洗うのが面倒なので、使い切りのプラスチックのケースを使う。スーパーで買ったときの包装用のプラスチックのケースを再利用したり、あるいは百均で買う。

定番のアイテムというのがあると迷わない。それは私には鮭の切り身である。塩がある程度利いたものを買う。それをフライパンまたはグリルで焼いて、ついでにウインナーも焼く。それを、プラスチックのケースに詰めた白ご飯の上に置くだけである。あとは好みで野菜や薬味を入れる。

そういう稚拙な自己弁が何が楽しいかというと、ホカ弁を買うより、カフェテリアに行くより知的なのである。典型的には、一応最低限知恵を働かせて、なんとか自分が食べれるものにしなくてはならない。料理初心者にはそれが意外にチャレンジで、よって知性を働かせる余地がある。

といいつつ、自分が食べれるものを作るというのは、決して美食家ではない私にとって極めて容易なのも事実である。もし自分が作った旨くもなんともない食事を食べ続けたとしても、私は、寿命が来る日まで普通に生き永らえるであろう。そういう意味で、生きるということはなんと安易なのかと、逆の意味で嘆息する。自分はこんな安易な生をなぜそんなに難しく考えているのか、と。その哲学性がまた知的なのである。

それでも、多少の見栄があるので、家族をうならせる料理もそのうち作ろうではないかと考えたりする。そしてそのうち、料理本に目を通そうかと思う。その見栄をあほらしいと傍目で眺めるのもまた知的である。

こうして私は自己弁を前に自分だけの妄想に浸る。自己弁は結局、自己弁護に還俗するのであった。

ミスラ教

user-pic
0

田園都市線に水天宮前という駅がある。水天宮とはお産の神様であるが、「仏教語源散策」中村元編、東書選書によると、水天宮の水天とはアーリア人がインドに侵入する前の時代に遡るインドの古い神であった。

水天は、リグ・ヴェーダでは、ヴァルナという名前の神としてあらわれる。この神はメソポタミアでも信仰の対象だったといわれ、なにしろミタンニの王とヒッタイトの王の間の盟約文にもその名前が現れるという。

ヴァルナは宇宙秩序の天則を司り、自然と人為的なものすべてを貫く。ヴァルナには多くの手下がおり、手下はスパイとして人間を見張り、天則を破った人間を腹水病としてしまう。羊水が腹に溜まった水であるので、ヴァルナこと水天は、水の神であり、出産の神なのである。

そのヴァルナと対をなす神に、ミトラがいる。ミトラは、太陽神、契約の神、夜空の神、律法神などと呼ばれた。リグ・ヴェーダで、ヴァルナは夜でありミトラは昼である、ヴァルナは沈みゆく太陽でありミトラは昇りつつある太陽である、のように言われる。まるで、「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す」という聖徳太子の言説を彷彿とさせる。

ところが、ヴァルナは仏教に取り入れられて日本に水天として伝えられたが、昇りつつある太陽であるはずのミトラはなぜか実質的に忘却された。そもそもリグ・ヴェーダでも、ミトラに言及する賛歌が1つしかないという。

しかし、イランでは全く様相が異なった。そこでは光の神として崇められ、ミスラ教の主神となった。そして中近東に遠征したローマの兵士達がミスラ教に入信し、ヨーロッパで信者が増えた。一時はローマの国教になったほどである。しかしキリスト教に駆逐され、ミスラ教は廃れていった。

「ゾロアスター教」青木健著、講談社選書メチエによると、ミスラ神は、友情・契約などを司どる太陽神で、古代アーリア人の間で人気が高かった。特に宇宙の秩序を維持する機能は、神官の役割を投影したものと考えられた。ところが、イランでは、ゾロアスター教の開祖、ザラスシュトラ・スピターマの二元論的世界観の中に座を与えられず、やはりインド国内と同様に目立たない位置に追いやられた。

それでも、ゾロアスター教の影響をあまり受けないイラン高原周辺部の古代アーリア人の間ではかなり後世まで生き残り、中央アジアにおける弥勒菩薩信仰に継承されたという。

ここにきてミスラ神が、弥勒菩薩としてひっそりと日本に入り込んでいることが分かる。

それにしても、ミスラ神の影の薄さはなんなのだろう。ミスラ神の化身かもしれない弥勒菩薩は、上記「仏教語源散策」中村元編、東書選書でも見事に項目から外されているのである。

東洋経済オンラインで、女性部長数ランキングの記事があったので、以下引用する。

今回は女性部長数ランキングをご紹介する。部長職は企業のミドルマネジメントの中心的存在で将来の役員候補である。この役職に女性が多い企業は女性活用を積極的に進めていると考えられる。
ランキング1位は271人の日本IBMだった。男性を含めた部長職全体に占める比率は9.5%。『CSR企業総覧』掲載1117社の中で唯一100人を超え、2位以下を大きく引き離している。
同社は小社主催の第4回ダイバーシティ経営大賞(2011年)の大賞企業。過去に女性管理職登用部門賞(第2回)、従業員多様性部門賞(第3回)も受賞するなどダイバーシティが進んだ企業として知られている。
女性活用も「2020年までにリーダーポジションに就く女性割合を30%とする」という目標を掲げ、女性登用を積極的に進めている。
2位は富士通の77人(比率2.4%、以下同様)。「ダイバーシティの推進は経営戦略」とする同社は、女性活用でも「20年度末には新任幹部社員に占める女性比率を20%にする」という目標を掲げている。

このような記事から、会社で女性管理職の数が多いほどよいという傾向が見て取れるが、それは適切なのだろうか。

長い間サラリーマンをしてきて、確かに私は、女性であるがゆえに、不当に低い地位に置かれている人達を多くみてきた。普通の男性よりも優秀でハードワークしているのに、女性であるという理由だけで難しい仕事が与えられない、昇進路線から外されている、結婚までの腰掛とまともに相手にされない、などである。

そういうのをみて感じたのは、女性に対する意味がない差別を撤廃して、純粋に実力で評価すればいいのでは、ということである。すると、実力のある女性なら間違いなく男性を押しのけることができるだろう。

ところが、最近は逆の傾向を感じる。例えば、男性Aと女性Bがいて、どちらかを昇進させたいとする。そこで冷静にみると男性Aの方が少し優秀だとしても、女性Bの方が管理職に登用される。それは、ダイバーシティを推進している先進的な会社という印象を社会に与えることができるからである。

そうやってダイバーシティの一環として管理職に登用されても、女性は純粋に実力で登用されたと勘違いすることがある。そして管理職を続けるうちに、周囲の不満などから、その職位にあまり適性がないとわかることもある。

男性の管理職であるなら、その時点で上位管理職が観察して、その地位から降ろすなどの対応をとるが、女性の管理職の場合、ダイバーシティの風潮から、その地位から降ろすどころか、それならもっと高い地位なら活躍できるかもと、さらに昇進してしまうこともある。そして昇進した女性が不適切な判断の指示で、部門を誤った方向に導く、ということがありえる。

だから私の言いたいことは昔と常に同じである。純粋に実力主義、能力主義で評価しましょう、とただそれだけである。もちろん、出産などに対する休職などの優遇措置は必要である。そういう勤務措置的な優遇ならありだと思う。

ただ、業務のパフォーマンスにかかわることは、純粋に実力主義を適用してほしい。お飾りのような管理職を抱える余裕は、こんな経済状況で、もうないはずである。

この内容をみて私のことを女性蔑視のなんとひどい奴だと思われるだろうか。そうだといわれても特に弁護するつもりはないが、ただ一つだけ言っておきたいのは、私が今までの生涯で出会って、実務スキル、管理スキル、責任感、人間性、どれをとっても最高だと思う管理職がいてそれはたまたま、男性でなく女性である。だから私が純粋に実力主義で管理職を評価していることが理解してもらえると思う。

拝金主義

user-pic
0

フェルマーの考察に書いたように、4で割って1余る素数に興味をもつようでは、女性に相手にされないのは、数楽者として実に残念であるが、しかし、世の中がそうしたものであることくらいは私だって分かっている。そういう観点で、もっと分かりやすいのは、優秀なら沢山稼げるはずだ、沢山稼いでいるなら有能で重要な人物である、という拝金主義である。

さて、私は拝金主義からかなり遠いつもりであるが、それでも、驚くほど俗っぽいところがある。そういう私の俗っぽい感性を駆使して、この穢土というか世間で、なるべく多く稼ぐにはどうすればいいか考察してみる。なにしろ実際に稼いでいないので、ほとんど無意味なステートメントであることは請け負う。

まず、拝金主義に徹するためになるべく避けなくてはならないことは、実務者になることである。実務者とは、実際に物を作る、裁判の訴状や特許明細書などの書類を作成する、囲碁や将棋の棋士のように対戦して対局料で稼ぐ、小説家として文筆で稼ぐ、プロ野球選手になるなどである。なぜかというと、実務者は実力や人気に依存するので、健康、対戦相手、競合する者、人気など影響を受けるファクタが多すぎる。いかなる達人でも、そのような多くのファクタには継続的に対処できない。

それでもどうしても実務者として稼ぎたいなら、自分の嗜好でなく、人気をベースに職業を選ぶ必要がある。例えば、将棋と野球の両方が好きだとすると、拝金主義の立場では、文句なく野球を選ぶべきである。多分であるが、将棋のプロと野球のプロのなりにくさはほとんど同程度かまたは、将棋のほうが少し大変かもしれない。しかし、一旦プロになると、野球のプロは将棋のプロよりも数倍稼げる。例えば、将棋で年収がトップの羽生二冠といえども、年収は1億にみたない。中堅クラスのプロ野球選手にも負けてしまう。

それでも可能なら実務者になるのは避けるべきであって、それでは何が望ましいかというと、ブローカー、フィクサー、コンサルタントの類である。組織なら、部下を沢山抱えるマネジャである。要するに、実務者を手足のように使う役割である。電子回路でいうと、実務者としていくら頑張ってもそれは、ベースに流れる微弱な電流にすぎない。しかし、ブローカー、フィクサー、コンサルタントなどになると、ベースに流れる微弱な電流を増幅した結果のゲインを利得として得ることができる。

ブローカー、フィクサー、コンサルタントになるといっても、例えば、音楽関係のプローカーでは収入は知れている。すると、お金がダイナミックに動く、より一般の営利企業に関与するブローカー、フィクサー、コンサルタントであるのが望ましい。人材派遣、経営コンサルタント、あるいは「飛ばし」のコンサルタントなどで、ちょっと犯罪一歩手前、あるいは微妙に踏み越えていたりする。

しかしなんといっても、自然に導き出される命題であるのだが、拝金主義の主戦場は金融業界である。デリバティブ、リスク予測、債券化など、ありとあらゆるテクニックが乱舞し、わずかの工夫が数百億円の利益をもたらす。拝金主義者には応えられないだろう。もしかして、地獄に一番近いのは、そういう生き馬の目を抜く金融業界なのかもしれない。

以上みてきたように、優秀なら沢山稼げるはずだ、沢山稼いでいるなら有能で重要な人物であると想定するためには、砂糖のありかを嗅ぎ当てる蟻のように稼ぎどころを見つけ出す能力を、人生の一番重要な能力と規定しなくてはならない。

ここは穢土なので、そうだ、それで何が悪いという人を見出すことに苦労しないのである。

発心

user-pic
0

「西行物語」桑原博史全訳注、講談社学術文庫に、藤原義清こと西行の出世に至る事情が記述されている。

藤原義清は、弓矢の道にすぐれた家系に育ち、弓の名人に師事し、軍学者張良の兵法書の奥義を会得し、漢詩文になじみ、音楽にも造詣が深い。このように文武に優れる義清であったが、ある日の朝、離宮に連れ立って参上せんと、友人の佐藤左衛門尉憲康の家を訪ねたところ、どうも様子がおかしい。門のそばに人が集まって騒いでいる。

行ってみると、19になる妻や70あまりの母が、殿、すなわち憲康が寝たまま亡くなってしまったと嘆き悲しんでいる。今でいう突然死であるが、まだ27歳であった。

これに遭った藤原義清は、世の無常を深く感じ、道心が深まり、ついに出家を思い立った。しかし、鳥羽殿のお許しは出ない。そこで鳥羽殿の忠恩を振り払い、帰宅してすがる愛娘を縁側から突き落とし、妻を振り切って、ついに出家して西行を名乗った。

一方、横井清の「中世を生きた人びと」福武文庫に、下河辺行秀の物語がある。すなわち、源頼朝が下野国の那須野で巻狩をしたとき、飛び出した一匹の大鹿があった。鹿は、周囲が取り囲む輪に入り、あとは射さえすればよい。そこで、頼朝は、名だたる射手揃いの幕下より、下河辺六郎行秀を指名して、あれを射よと命じた。なんたる光栄。しかし、行秀が放った矢は当たらなかった。それだけでなく、鹿は必死に取り巻きの輪を逃れ、走り去っていく。そこで別の武者が騎乗にて追い、ついに鹿を仕留めた。

その有様をみた瞬間、下河辺行秀は「発心」した。すなわち弓矢を捨てて馬を降り、大地に腰を据えて小刀を抜き、髷を切った。そして合掌、念仏を唱え、現場を一目散に去っていった。

行秀はその後、僧の智定房となり、釘で密閉された屋形船に閉じ込めてもらい、荒波に船出した。屋形船には三十日分の食料と灯明油があり、そこで智定房は法華経を唱えた。そうして補陀落山へと向かった。補陀落山とは観世音菩薩常在の山であり、その位置は南インドともいわれる。当然に遭難必死の自殺行であったが、どうも助けられたらしい。

このような例をみて、当時はなんと仏道の時代だったのかと私は途方に暮れてしまった。すなわち、出家するといえば、主君も家族も後を追わない。敵前逃亡さえも見逃してしまうのではないか。

敢えて誤解を恐れずいうと、今の時代はあまりにも発心が足らなくないか。すなわち、災難に遭っても、不運だが不幸ではないなどと強がりを言って、気丈に生きることが賞賛される。

神よ、我をして崩壊せしめよ、我をして堕落せしめよ、我をして発心せしめよ、そうそっとつぶやきたいときがあるような気がするのであった。

最近、ビッグデータがちょっとしたブームである。それが何なのか、日経コンピュータの2月2日号に基づき、記述してみる。

ビッグデータとは何かというと定義は簡単で、膨大なデータをコンピュータ上にかき集め、それにデータマイニング、テキストマイニングなどの技法を適用して、ビジネスに意味がある情報を引き出すことである。

そう書いてみると、そんなことは昔からやっていることで、新鮮味はない。ただ、ムーアの法則でコンピュータのハードウェアが劇的に安くなったり、通信インフラが整備され、クラウド環境が利用できるようになると、自ずと、量が質に転化し始めた、ということである。

日経コンピュータの記事には、ビッグデータについて、次の3つのヒントが述べられている。

  1. データを自ら生み出す
  2. データに語らせる
  3. データを深堀する

ビッグデータの一番の特徴は、データを自ら生み出すということかもしれない。というのは、携帯やスマホであれ、パスモであれ、ブログであれ、ツイッターであれ、日々膨大なデータを生み出し、そのデータはサーバ・コンピュータのストレージに蓄積されているからである。

例えば、ウェザーニュースは、約30万人の有料会員「ウェザーりポーター」が持ち歩く携帯端末を利用する。その携帯端末にはGPSとカメラが搭載されており、この2つの機能を利用することで、簡易版の気象レーダーとして使える。送られてくるデータ量は平均一日5000件、台風などのときは一日2万件もの気象観測データが送られてくる。単なるセンサでなく、各々の端末を人間が操作するので、人間の目や肌感覚も利用できる。

それ以外の典型的なビッグデータのソースとして、車に搭載されたプローブカーからのデータがある。この情報は、VICS(道路交通情報通信システム)で利用される。最近では、このようなプローブカーデータをいかに効率的に解析するかの統計処理技術も発達しつつある。複数台の車からデータを集めると、延べ走行距離は13億キロにもなって、データは30テラバイトにも達する。ただ、昨今、1テラバイトのポータブルHDDが1万円程度で買えたりするので、30テラバイトという量自身は驚くべきものではない。

それ以外にも、ゴミ処理場のクレーンの操作の制御情報をデータソースとして、部品の腐食のような故障を予見したりする。

最近の別の動向として、ツイッター上のツイートの情報を分析して風評や風邪の流行などを検出する技術が提案されつつある。

データに語らせるというのは、例えば、POSデータを収集して、「オムツを買う人は、ビールも買います。」のような共起性を見出すものである。その他顧客のCRMデータも使える。

単に購入アイテムを記録するだけではなく、顧客のweb閲覧履歴や、検索履歴まで収集して分析することまで行われる。

一方で、アクセス速度を向上するために、HDDでなく、フラッシュ・メモリを備えたサーバを用いることも行われる。

データを深堀する、についてはデータマイニング、テキストマイニング、機械学習手法、統計手法、ビジュアライゼーション、クラスタリングなどの手法があるが、技術的にはかなり確立された分野である。ただ、ナイーブに計算すると計算時間が爆発するので、データの簡約化、インデックスの作り方の工夫、並列計算、などが駆使される。

大規模計算のための仕組みも様々提案されているが、そのための典型として、Googleが提案し、各所で使用されているMapReduceがある。これは、大規模な計算を分割してMapで並列計算し、その結果をReduceとして集約する仕組みである。

MapReduceを実装するオープンソース・システムとして、最近ではHadoopが有名である。

MapReduceは計算処理を強制された簡単な処理に帰着させるもので、多数の簡略化された並列計算の集まりで、力技で計算してしまおうとするものである。

以上、ビッグデータというのは単に、既存の手法がムーアの法則に乗っかっただけというのが私の認識であるが、それでも、量が質に転換する、その潮目が見所なのである。

井山の婚約

user-pic
0

最近おおっと思ったのは、囲碁界のプリンス、井山裕太天元・十段が、将棋の室田伊緒女流初段と婚約したというニュースである。

居そうでいないのは、囲碁の男性プロと、将棋の女流プロという組み合わせで、これが本邦初、流石井山、お目が高い、いや筋がよいと感心する。なぜなら室田伊緒は、将棋の強さはともかくとして、将棋の女流プロの中の淑女中の淑女で、内藤国雄のおゆきではないが、少し後れて歩く癖、みたいな理想の女性に見える。美人かといえば、あくまでも私の基準であるが、間違いなくそうだろう。自分を前面に出さないので、目立たないが。

将棋の男性プロと、囲碁の女流プロという組み合わせは、結構ある。以下のとおりである。

  1. 中川大輔八段と、宮崎志摩子五段。
  2. 先崎学八段と、穂坂繭三段。
  3. 伊奈祐介六段と、佃亜紀子五段。
  4. 脇謙二八段と、荒木真子三段。

棋士というのは、個性が強いというか、協調性がなさそうなのだが、果たして棋士同士でうまくいくのだろうか。

ところで、井山裕太と室田伊緒は、1989年5月24日という、全く同じ日に生まれたという。誕生日が同じというパターンもあまりないのに、ここまでのカップルというのも珍しい。一つだけ気になるのは、将棋の中原十六世名人が、若くして結婚して世間ずれしなかったので、後年、篭絡されてしまったことである。井山裕太は見るからにしっかりしていて、そんなことはなさそうであるが、中原誠だって若いときは、将棋界の若き太陽と呼ばれて、完全無欠の人格者に見えたのだった。よきアドバイザに恵まれることを期待するものである。

Record Chinaによると、北京の野良猫が500万匹を超えているそうである。流石中国。スケールが大きい? 以下、引用:

2012年2月29日、米誌アトランティックはこのほど、北京の野良猫が500万匹を超えるとの推計を報じた。網易が伝えた。
今や北京の野良猫の数は急増を続けている。夜中うるさく泣き続けて眠れないと訴える人も少なくない。一部の生態学者は捕獲して安楽死させるべきと提案している。実は2008年の北京五輪前にも野良猫捕獲キャンペーンが繰り広げられ、数千匹が駆除されている。
問題は中国人がペットの不妊手術を望まないことにあると北京新天地国際動物医院創始者の一人、メアリー・パンさんは指摘する。それが捨てられた野良猫が子どもを産み、急増する原因だとして、安楽死ではなく捕獲しての不妊手術で対応するべきだと提案している。一部地域での捕獲と安楽死は別の地域の野良猫の流入を招くだけで根本的な解決策にはならないという。
すでにボランティアを募り、この計画は試行を始めているが、500万匹の野良猫がいる北京では目に見える効果を上げるには至っていない。パンさんはより多くの人々に協力してほしいと願っているが、不妊手術への反発もあり人々の同意を得るのは難しいと話している。(翻訳・編集/KT)

北京の人口は約2000万人なので、なんと野良猫の数が人口の1/4にも達しようとしているということである。東京の人口は約1300万人なので、その比例でいくと、東京に300万匹もの野良猫がいると考えると、結構凄まじい。

さて、東京に300万匹もの野良猫がさまよっていて、生きていくための餌があるだろうか。多分足らないのではないだろうか。だから、加藤一二三が猫たちを不憫に思い、野良猫に餌を与えて近所の顰蹙を買い、裁判まで起こされるに至った次第である。

北京に500万匹の野良猫が生息しているなら、それが加藤一二三のような篤志家?によって支えられているとは到底思えない。おそらくであるが、北京では路地に残飯が放置され、それが猫達の餌になっているのだろう。

愛猫家の私としては、野良犬が500万匹も屯していたら怖くて路地を歩けないが、野良猫ならまあいいではないか、とつい考えてしまう。そもそも、野良犬に噛み殺された人の事件は聞いたことがあるが、野良猫に引っかかれて死んだ人の話は知らない。ただ、猫が集合すると、その鳴き声がうるさくて困るというのは理解できる。

しかし、猫の不妊手術なんて、中国では面倒で誰もやらないだろう。このまま放置すれば、残飯の限界まで野良猫は増えるだろう。流石にそうやって放置するわけにはいかないが、かといって猫たちが捕殺されるのも忍びない。困ったものである。

比較優位

user-pic
0

昔、小室直樹の著書を読んでいるとき、米国の有名な経済学者である、ポール・サミュエルソンが唱えた、貿易における比較優位のという説があるのを知った。

すなわち、例えば、あるメーカか様々な部品からなる自動車を製造するとして、部品の材料の中には、シャーシ用の鋼板のように比較的手間がかからないものと、ECUのような高度なものがある。すると、比較的手間がかからないものは、それの製造がより安いコストできてスキルのある開発途上国に任せて、互いの強みを活かしたほうが全体としても合理的なのだ、という意見で、いわれてみると尤もである。

これの一つの例として、アインシュタインとその秘書の話が例に挙げられる。すなわち、アインシュタインが論文を書こうとしたとき、それをアインシュタインが自分でタイプすると、時間がかかってしょうがない。それよりも手書きで論文を書いて、タイプが得意な秘書に任せたほうがいい、という話である。

こういう話を聞いて、納得しすぎる人達がいたりする。例えば、われわれの仕事で、特許明細書を書く仕事があるのだが、そもそも自分でワープロでパソコンに打ち込むのは手間なので、秘書を雇って口述筆記にする。従来技術のサーチは特許専門家の仕事ではないので外注する。その結果、文献のハードコピーも添付してほしい。特許専門家は特許の方式なんて知らないので、事務担当者の方でチェックして指示してほしい。

一方で、管理する側は、特許図面は外部図面業者に任せて安く作成してもらえるので、それがベストだと思う人がいる。ここでも比較優位である。

このような方針ですばらしい特許明細書ができるのだろうか。不可能でないとしても、少なくとも次のような条件を満たす必要がある。

  1. サポートしてもらえる人のリソースが潤沢である。
  2. 外注に十分なスキルがあり、妥当な値段である。
  3. 意思疎通がスムーズである。
  4. それだけのリソースをかけてサポートするに足りるスキルの持ち主であること。

これについて解説する。すなわち、サポートしてもらえる人のリソースが潤沢であるというのは最も重要であって、貿易の比較優位が成立するためには、発展途上国で安いコストで労働力を提供してくれる豊富な人的リソースがあるという前提が必要である。そうでないと、依頼したはいいが、数量は不足する、納期には間に合わない、など却って混乱する。

外注に十分なスキルがあり、妥当な値段である、というのも重要で、本当に原材料だけならともかく貨物船などで輸入するだけでいいが、多少なりとも選別して送るなどのスキルが必要なら、誰でもいいというわけにはいかない。特に今の時代、原材料屋であっても、管理スキルを含め、素人でもできるということはありえない。

意思疎通がスムーズである、というのも見落とされがちである。すなわち、所望のものを納品してもらえるためには、きちんと要望を伝え、それが相手に通じなくてはならない。すると、相手はとても経験がある人かスキルがある人でなくては役に立たない。例えば、私は特許明細書を書くとき、とても図面の品質に拘る。だから、私にとって、特許図面の専門家が身近にいて、作成をお願いするのがベストである。長年お願いしていると、自然と要望も分かる。それを安いからといって、訳のわからない外注に依頼するのは、私には耐えられない。そうすると、変なものが上がってきて突き返したりして、手間がかかって仕方がない。私としては、特許図面の作成は、身近に依頼できる専門家がいないなら、むしろ、Visioなどを習い覚えて自分で作成したい。それは特許図面の専門家が作成したものに及ばないが、外注よりはましになるのではと思う。

それだけのリソースをかけてサポートするに足りるスキルの持ち主であること、というのは当たり前で、相撲の世界でも、あるレベルまでこないと、付き人をつけてもらえないのである。

このように私は、特許関連の仕事については、まずできるものは自分でやることを旨とする。それを他の人に依頼するのは、私がやるより依頼した方が、品質と手間の両面で十分に優れるときだけである。

そんな私の仕事ぶりをみて、比較優位の観点から、なんとダサイことをしているのだと私に指摘する人は一応いない。内心思っても、私が年配なので言えないのだろうか。ただ、私は、部内では仕事の効率ではまあまあの線をいっていると自負しているのであるが、単にボケ老人の傲慢だろうか。

まとめとして、比較優位はマクロ的な観点で、スキルやリソースの潤沢性を仮定しないと成立しない。それが証拠に、仕事が少ない個人営業弁理士は、事務員を雇う余裕もなくすべて自分でやるのである。ここで比較優位が成立するなら、売り上げの一部を払って事務員を雇うことの方に常に廻るはずであろう。

報道のタブーにおける「桜」のタブーあるいはスキャンダルを、「本当にワルイのは警察」寺澤有著、宝島新書に基づき、具体的に記述してみる。

すると、警察のスキャンダルは、下記に大別される。

  1. 裏金問題
  2. 暴力団との癒着
  3. 内部犯罪隠蔽
  4. 個人情報流出
  5. 天下り
  6. 記者クラブ問題
  7. 公安警察

裏金問題とは、ある検事の告発で述べた検察の裏金問題とほぼ同じである。すなわち、警察の場合、例えば医師に死体を検分してもらうと謝礼を払う規則になっている。ところが実際には払わず、払ったことにして裏金にする。カラ出張もする。このために、表に出されない専用の裏帳簿もある。裏金は、例えば警察幹部が異動する際の餞別として使用される。

暴力団との癒着というのは例えば、暴力団のもつ拳銃の押収である。拳銃の押収丁数にノルマが課され、これを達成するために警察は暴力団に拳銃を差し出すように依頼する。見返りにさまざまな情報を流したりする。

内部犯罪隠蔽というのは、警察官による犯罪を隠蔽するものである。すなわち、警察官といえども、品行方正な人ばかりではなく、中には職務質問と称して女性に近づき乱暴する不埒な者もいる。こういう不祥事が発覚すると警察幹部の責任になるので、懸命にもみ消す。被害者に対する口止め料として上記裏金が使われたりする。

個人情報流出というのは、警察は、犯罪記録、指紋など独自の個人情報を保管しているが、警察を退職して調査会社を作った人たちがこういう個人情報を持ち出すことがある。すると確かに精度の高い調査ができるのであるが、当然に問題である。

天下りというのは、警察から企業に警察職員が天下ることで、その企業に対して警察が便宜を与えることである。例えば、警察から東京電力に32人も警察から天下っているという実績がある。その他、交通安全協会などの公益法人への天下りもある。パチンコ業界なども格好の天下り先であって、そういうところは当然に警察のお目こぼしに預かれる。そもそも警察には、人材情報センターという天下りを扱う部署もある。

記者クラブ問題とは、テレビ局とネット企業でも述べたことであって、要するに記者クラブによって、コントロールされたマスコミだけが、警察からお仕着せの情報を受け取れる仕組みがあって、それ以外の者は取材もままならない、ということである。

公安警察というのは、かつてオームの捜査でも問題になった。過激な集団の捜査だからと、法律を無視してなんでもありになってしまうのである。かつて米国では、9.11のあと、テロ防止と銘打って、どんな強引な捜査でもできることになってしまった。

こういう様をみて警察はけしからんと感じるのは当然だが、私は、警察であれ検事であれ、一方的に取り締まることに慣れた組織はどうしても腐敗しやすいと思う。すなわち、取り締まることに注意を向けすぎると、取り締まられることに慣れず、身内に甘くなってしまうのである。すると、取り締まる役割の組織は、第三者にチェックしてもらう仕組みを組み込んでおかなくては必然的に駄目になる、ということである。

このことは、特許庁の審査官などの仕事にもいえるし、社内でも、法務部門、知的財産部門、業務審査部門など、審査して他部門に対して承認を与える部門にもいえると思う。

エルデシュ

user-pic
0

私は数楽者として、グロタンディークガロアもファンであるが、一番気になっているのはエルデシュかもしれない。

そこで、「放浪の天才数学者エルデシュ」ポール・ホフマン著、平石律子訳、草思社に基づき、エルデシュにつきコメントしてみたい。

風変わりといえば、ポール・エルデシュほど風変わりな数学者、いや人間はほとんどいない。エルデシュは1913年にハンガリーに生まれ、そのとき姉が二人いたが、エルデシュが生まれたとき、3歳と5歳だった姉は二人とも敗血症で亡くなってしまった。3歳にして神童で、3桁の数字同士の掛け算ができた。天才にありがちであるが、エルデシュも、グロタンディークと同様にユダヤ系だった。そういえば、フォン・ノイマンもハンガリー生まれだった。

エルデシュはハンガリーで大学1年のとき、n >= 2のとき、nと2nの間に必ず素数が存在するという定理の証明でハンガリーの数学界を席巻した。この証明は19世紀にロシアのチェビシェフが与えていたのだが、エルデシュの証明の方がずっとエレガントだった。エルデシュは素数が大好きで、数論が大好きだった。

突然現れ、周囲を無視して数学を考え続けるエルデシュは、友人からみたら迷惑千番であったが、それでも友人はエルデシュを歓迎した。まさに人徳である。

エルデシュは財産をもつことを嫌い、何かの賞金をもらってもほとんど寄付してしまうのだった。

エルデシュは、若い数学者と共同で論文を書くのを好んだ。485人の共著者がいる。このような共著者は、エルデシュ数1を与えられる。エルデシュ数1を与えらた人の共著者はエルデシュ数2である。一般的に、エルデシュ数Nを与えらた人の共著者はエルデシュ数N+1である。エルデシュ数Nをもつことは、数学の世界でとても名誉なこととされる。

米国滞在中にエルデシュは、プリンストン高級研究所でゲーデルやアインシュタインとも会って会話した。

エルデシュは、ヒットラーのハンガリー侵攻を逃れて、英国や米国の大学に身を寄せた。第2次大戦が終わって1948年に一旦ハンガリーに戻ってきたが、当時ハンガリーはソ連の支配下にあり、やはり滞在しにくくかったので、早々に米国の大学に逃げた。しかし、独特の妥協しない性格で当局の質問に刺激的な回答をするので、しばらく米国に入国を許可されない時期があった。

エルデシュは数学のためだけに生きたといえる。だから、妻も子供も職務も趣味も家ももたなかった。「所有は悪である-マルクス、所有は煩わしい-エルデシュ」、という有名な格言がある。粗末なスーツケース一つで世界中を旅して、数学の論文を書いた。1996年、83歳で没したとき、1475本の論文を書き、どれも第一級の数学的業績だった。

母親思いで、母親とよく旅したが、母親を亡くした晩年の25年は、ベンゼドリンや、強いエスプレッソやカフェインの錠剤を助けを借りて、一日19時間、問題を解き続けた。友人がちょっとは休息したらと忠告したら、墓の中でいくらでも休息できると答えた。

エルデシュは、1996年になると流石に体が弱り、3月に講義の途中で突然昏睡した。それでも意識を取り戻すと、まだ説明しなくてはならない問題があると伝えた。6月になると、エルデシュは、ミシガン州で開かれた会議で、数学者ゲアハート・リングルが行った講演を聞いていた。講演が終わって聴衆が帰りはじめたとき、静かに質問を始めた。質問の途中で突然、エルデシュは心臓病で逝ってしまった。

エルデシュの公開葬儀は、1996年10月にハンガリーで執り行われた。500人以上が出席する国家元首並みのものだった。

さて、エルデシュの業績のいくつかを紹介してみる。

まず、1950年に、エルデシュは、セルバーグと共同で、素数定理、すなわち素数の分布の関する定理に初等的な証明を与えた。しかしセルバーグは、単独の名義で論文を書き、フィールズ賞を受賞した。エルデシュは、そういう名誉に恬淡としていた。そして、中程度に難しい問題を作り、それにふさわしい人物にその問題を送り届けるのだった。そうやってエルデシュは、何人もの数学者を育ててきた。

素数定理の別証明がそうであるように、エルデシュは、複雑怪奇な先行証明を快刀乱麻のごとく別の方法で簡明に解いてみせるのが得意技だった。例えば、ハーディとラマヌジャンの共著論文に、自然数nを正の自然数の和としてあらわす方法、いわゆる分割数の理論がある。1918年にハーディとラマヌジャンは、40ページもの論文で分割数の理論の漸近公式を導いたが、エルデシュはこれを驚くほど初等的に解いてみせた。

エルデシュは、ワイルズが秘密裡にフェルマーの定理の証明を達成したことを非難した。エルデシュは、数学の研究は成果を公開してみんなで進めるものだと思っていたからである。しかし、ワイルズがコンピュータを使わず研究を進めたことは褒めた。

最後に、独特のエルデシュ用語を列挙してみる。

  • SF:天上にいる悪魔のような存在
  • エプシロン:子供
  • ボス:女性
  • 奴隷:男性
  • 捕獲された:結婚した
  • 開放された:離婚した
  • 再捕獲された:再婚した
  • 雑音:音楽
  • 毒:アルコール
  • 説教する:数学の講義をする
  • サム:米国
  • ジョー:ソ連
  • 死ぬ:数学を止める
  • 去る:死ぬ

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。