2012年4月アーカイブ

「Hadoop徹底入門」、太田一樹、下垣徹、山下真一、猿田浩輔、藤井達朗著、濱野賢一朗監修、翔泳社を読んでいて、なぜか急にアスペの手法という言葉が浮かんだ。

アスペというのは、言うまでもなくアスペルガーのことであり、Hadoopというのは、Googleが開発したMapReduceの手法を、Doug Cuttingらが中心となってオープンソース化し、いまも発展しているプロジェクトである。ちなみにHadoopとは、Doug Cuttingのお子さんがもっていたぬいぐるみの名前だそうで、なにかのアクロニムかと期待していたら拍子抜けだった。

さて、MapReduceというのは、ある処理があったとして、それを複数に分割してMapperで処理させ、結果をReducerに集積して処理するというスキームである。MapperとなるコンピュータもReducerとなるコンピュータも、典型的には複数台あるので、並列処理で高速化できるという訳である。

その「複数に分割してMapperで処理させ」というあたりからして、MapReduceは万能の技法ではないことが見て取れる。すなわち、MapReduceあるいはHadoopは、巨大データをまとめて扱うために特化したミドルウェアなのであって、任意の処理に適用可能ではない。例えば、パソコンでプログラミングすれば大抵の処理は可能であるが、場合によって処理は著しく遅い。MapReduceあるいはHadoopは、それとは反対に、限られた処理しかできないが、ツボにはまると著しく高速である、ということである。

この「ツボにはまると」というあたりで、もしかしてアスペルガーかもしれない私は、Hadoopとアスペルガーの類比をみてとったのである。

例えば私の普段の仕事ぶりをみると、処理件数だけなら、限られたグループ内の話であるが、トップである。ともかく処理が速い。質がどうかと揶揄する人がいて、その指摘は妥当だなと思うこともあるが、少なくとも特許庁審査ベースでは、特許率も十分高い。だから、特許実務はそこそこ私に向いているのだと思う。

では特許実務以外に何か処理が速いことがあるかというと、突然私は考え込む。どう考えても難なくできることが他にほとんどないのである。だからどうも、わがアスペルガーHadoopは所詮、特許実務に特化したちんけなマシンにすぎないということになる。

その乗りでいうと、世間には受験秀才という人がいる。私の観察によると、そういう人のある割合は確実に受験Hadoopマシンである。そういう人にとっては、周りの鈍才が受験テクニックだの余計な努力をしているのが馬鹿らしいに違いない。なにしろ受験問題をMapperにかけるとたちどころに回答が出てくるのだから、下手なテクニックは不要である。実は周りの鈍才の一人だった私には推測する以外できないのだが。

さて、自らのアスペルガーHadoopに戻ると、どうもいろいろなApplication Program Interface、すなわちAPIに鑑みると、どうもかなり簡略化されたAPIらしい。例えば非アスペの人は、対人関係のための豊富なAPI関数をもっているが、私はそれがかなり限られているらしい。それで最近失敗したことがある。すなわち、私は自宅の猫をとても可愛がっているのだが、猫の側はいまいちなついてくれない。ところがどうも私は、猫に接しているのとほとんど同じAPIで人間に接しているようなのである。もちろん対人と対猫では引数が違うが、結局、相手のことを考えてどうやったら困らないようにサポートしようかという点でAPIの処理は同じなのである。

そこで自分はいかにもアスペらしいなと苦笑せざるをえないのだが、あるときある女性に、うちの飼い猫に対するのと同様に接していると話したところ、ええっ、猫と一緒にするの?とドン引きされてしまった。それは決して変な意味ではないのだが、文脈としては後で考えるとおかしい。

そのAPIのことでさらにいうと、私は数少ない対人APIを駆使しているので、人によってAPIを使い分ける程度が少ない。そのことは一種の平等性につながる。民主的といってもよい。例えば、オバマ大統領だろうが、野田首相だろうが、会社の上司だろうが、派遣社員だろうが、掃除のおばさんだろうが、道ですれ違った野良猫だろうが、私の反応はあまり違わない(多分)。それこそオバマ大統領に対して、私は猫と同じくらいあなたのことを大事に思っているといえたら痛快だろうが、まずそういうチャンスはないだろう。

ただ、わがアスペルガーHadoopは、受験勉強が苦手だし、将棋もあまり強くないし、数学だってちょっと難しい問題は解けない、コンピュータのプログラミングも簡単なものしか書けないと、とても用法が限られている。全然スキルが尖っていないのである。

それでいて天才といわれる尖ったアスペルガーHadoopと同様の非社会性に富んでいたりする。あるとき友人に、「きっと僕は才能をすべてそぎ落としたアインシュタインなんだろうね。」と話しかけたら、同意してもらえた。哀しいがそれは事実なのだとおもう。

日本酒

user-pic
0

4月28日は、東京体育館で職団戦だった。私のチームはBクラスで出場した。一回戦では自然に矢倉に組んだら、ド作戦勝ちになった。私の悪い癖でどうやっても勝ちと思って緩手を続けていたら、はっと気づくと微妙に負けになっていた。ともかく根性で粘っていたら、相手が間違えてくれて、なんとか勝った。いかん、これは今日もあまり勝てそうもないと覚悟した。

チームが4-1で勝ったので、二回戦に進んだ。二回戦では相手が石田流とみせかけて飛車先の歩を延ばす、生まれて初めての手をくらって動転し、一瞬つぶされたとか思ったが、なんとか受かり、後は端から相手の飛車を狙って角を打つ巧手で、なんとか勝ちきった。

チームは4-1でまた勝った。こうして昼休憩を挟んで残るのは何年ぶりだろうか。三回戦では私の相手は、ごきげん中飛車をしてきた。用意の超速を採用してみたが、どうも軽快な捌きに翻弄され、玉がうわずる勝負手を放つたが、届かなかった。これもチームは4-1でまた勝った。なんと私が唯一の敗北という残念なことになった。

ここでベスト8に残ったので、Aクラスへの昇級の条件をみたした。さて、今までわれわれのチームは、Bクラス優勝の経験が二度もある、どちらも私は全勝であった。ただ、今回は明らかに私は疲労の状態であった。私の相手は若くていかにも強そうな人である。私が後手で得意の矢倉に誘導したら、相手も素直に追随してきて、そこで私は、学生時代に得意だった脇流を採用した。ところが相手は、早囲いに組んで、斜め棒銀で一気に攻めてきた。はっと気づくとド作戦負けになっていた。それでもじっと辛抱すればいいのに、慌てて応接して傷を深めた。そして、矢倉で生涯最悪の惨敗となった。チームは2-3で負け、ここで終わりとなった。実に本質的な貢献ができず、しかし、一番悔しかったのは、矢倉での惨敗であった。終わって、もしかしたら県代表の方ですか、と不躾なことを聞くと、また代表になったことはありますという。なるほど道理で強いはずである。ただ私が大阪にいるときは、大阪府代表レベルの人と平気で対戦してそんなに負けも混まなかった。だから県代表だからと臆することはなにもないのだが、大阪にいたのは何しろ30年前なので、やはりパワーが違う。

試合が終わったので、応援にきてもらっている棋友と、恒例で飲みに行った。そこで最初はビールを飲んでいたのだが、「立山」という日本酒が旨そうなので、それを棋友と飲み始めた。それでカラオケにも行ったようなのだが、段々記憶があやしい。いや、どうやって帰ったのかも全く記憶にないのである。どこかの駅で駅員に、大丈夫ですかと声をかけられ、ええ、と答えて、懸命に立ち上がったのを覚えている。こうしてなんとか自宅の最寄り駅に行き着いたようなのだが、そこからはタクシーに乗ったらしい。しかし、酔ってきちんと行き先を指示しなかったのか、自宅から5分くらいも歩く別の場所で降ろされてしまった。

そして次の日の朝、起きると気分が悪い。かなりの二日酔いである。また、右の後頭部にたんこぶができていて、どこかで頭を打ったらしい。

その濁った意識の中で考えたのだが、プチ不幸の飲み会がらみの件はすべて、日本酒が関与している。一番の典型は、酔っ払い事件で、花見にもっていった日本酒が効きすぎたようである。

そこで苦肉の決断をすべきかと思い始めた。それは、飲み会で日本酒を封印すべきではないかということである。というのは、4月の中旬に誘われて横浜でカラオケをしたが、そのときはビールだけにしたので、ちょっと電車で寝込んだが無事に帰宅し、二日酔いもなかった。しかし日本酒好きな人と飲むのに、私はビールだけなんで、というのもちょっと辛い。

そこでまたああっと思い出した。昨日のあの矢倉の惨敗の様はなんだと。その悔しさが余計悪酔いになったではないかと、日本酒に八つ当たりしたような次第であった。

多分、日本酒封印は、実施しないだろう。それでも意識なく帰宅するというのはやはりまずい。こうしてまた迷うのであった。

ところで不思議なことが1つあった。すなわち、28日の夜11時頃に一緒に飲んだ棋友から無事帰り着いたか、と確認のメールをもらった。かなり酔って帰った私は、その時点ではそのメールに気づかず、帰宅して布団に倒れこむように寝入っていたのだが、なぜか29日の朝4時40分頃に目が覚め、携帯を確認して棋友からのメールを確認して、「はい、なんとか。特に駒損もありません。」と返信し、また寝た。ところが、今朝の朝刊をみると、29日の朝4時40分というのは、関越道でバスの運転手の居眠により、バスが防音壁に衝突し、乗客7人が死亡するという大事故が起こった瞬間なのだった。私のメールの「特に駒損もありません」というのは、財布も定期もメガネも具体的に遺失したわけでないという意味で書いたのだが、なにか胸騒ぎがしたのかもしれない。あるいは、日本酒というのは霊感を高める作用があり、それで日本酒で泥酔するというのは、魑魅魍魎の浮遊霊に委ねることなのだろうか、と更に私の思考は錯綜するのであった。

意外な弱点

user-pic
0

例えば、あるスパイ小説を読んでいると、ベタで、次のようなストーリーがある。すなわち、ある暗号解読プロジェクトで、どうしても解けないで困っているとき、美人の天才女性数学者に声がかけられる。彼女はたった一晩で数千行にも及ぶプログラムを書き、マルチプロセッサの並列処理で一気に暗号を解いてしまう。

こんなストーリーに引っかかる読者はあまりいなくて、さらりと読み流す箇所だろう。しかし、天才数学者が同時にコンピュータのプログラミングにも優れているということは実はほとんどない。極めてレアで、少なくとも暗号解読プロジェクトに駆り出される役割として適切かどうか大いに疑問である。

なぜなら、数学とコンピュータは全く別のスキルだからである。私のみるところ、数学者はむしろコンピュータが得意ではない。例えば、京大教授で詰将棋作家の若島正氏は、数学科出身であるが、そもそもコンピュータに興味がないようで、詰将棋の検討にコンピュータを活用するという発想はない。

エルデシュは、ワイルズが秘密裡にフェルマーの定理の証明を達成したことを非難したが、ワイルズがコンピュータを使わず研究を進めたことは褒めた。そんな妙な機械に頼ることを潔しとしない数学者は今も少なくないに違いない。

このように世間の常識に反して、意外な弱点というものは世間にざらにあるようである。もっと卑近な例だと、ある知り合いで、運動神経抜群、ゴルフをしてもテニスをしてもプロ級、商売をしたら独自の工夫をして大成功した。要するに何をやってもそつがないのである。そんな知り合いがたまたま奥さんが病気で入院したら、日々の食事の用意に困って、出前をとったり、コンビニ弁当で凌いだりしているそうである。そこで最近、家内が所用で留守がちで自炊の頻度が高い私が、自分で食べる食事くらい簡単でしょうといったら、君は自分で作れるのかと感心されてしまった。自炊なんて生きていくだけなら、それこそフライバンに油を敷いて野菜と肉を入れて炒め、塩でも振り掛けておけば楽勝である。なんでそんなことさえできないのか、私には理解できない。これもまた、意外な弱点である。

また、ある有名な原子力工学者の自伝を読んだら、東大に合格して、女性にはもてる、山登りが得意で難しい山にも挑戦して踏破する、プルトニウム増殖炉もある程度成功間際までいく、というすばらしい頭脳と体力と運動神経の持ち主なのに、なぜか自動車の運転が苦手で、フランスに留学したとき交通事故で歯を折ってしまった、それ以外にもしょっちゅう自動車事故しているという。どうみうも山登りや原子炉設計の方が難しいと思うのに、意外である。

別の例で、語学の天才といわれたシュリーマンは、ギリシャ語もアラビア語もぺらぺらだったのに、なぜか英語は苦手だったそうである。こういう例をみると、野球選手は、得意に球筋からボール半分ずれたところに苦手なコースがあるという事例を想起させる。意外な欠点は常にあるものなのである。

ちなみに私には意外な欠点というものはない。それはもちろん、私が完璧だからではない。見るからに何をやっても駄目そうなので、例えば私が車の運転が苦手で、無器用で、女性にもてないとしても、さもありなんで終わってしまうからなのであった。

前線

user-pic
0

戦記を読んでいて、とても歯がゆいのは、前線と後方部隊、あるいはもっというと指令本部、あるいは大本営で、受ける苦労があまりに違うことである。具体的には死の危険性、糧食、寝具、その他の娯楽について、あまりにも前線は割りを食いすぎている。

なのに、その「割り」を解消する手立てはなかなか採られない。戦争に負けて、大本営で勝手なことを言っていた幹部たちが、戦犯などで死刑になるということもほとんどない。そうして戦争が終わって生き残ると、あまり割りを食わなかった人たちも、割りをくいすぎた人たちのふりをして、苦労を共有したようにいいなす。

そういうことを私は、この不景気にあってなぜか感じる。私は企業にあって前線に配置されているのだろうか。断じて否である。後方にあって、どれほど活用されるか分からない特許明細書を書き、特許庁からの通知に応答して権利化している。

それはときとして頭を絞らなくてはならない仕事であるが、生活のバランスを崩すほどではない。一方、仄聞すると、営業の前線にいる人たちは本当に大変のようである。なにしろなかなか製品が売れない。それなのに業績を回復しようと設定される売上目標は厳しく、到底達成されない。すると成果主義の下、冷酷な給料カットに遭遇する。さらにはリストラの危機もある。

さらに現場のSEも、システムトラブルに見舞われると泊り込みで徹夜も覚悟しなくてはならない。顧客からは厳しい目で叱責される。

そういう人達に、君達は安逸でいいよねとやんわりと言われたとき、いえこっちだって大変なんです、とは私は到底言う気にならない。どう考えてもそんな達成困難な目標は私には設定されていない。

営業やSEほどではなくても、研究開発部門も結構大変である。なにしろ、オープンイノベーションの時代で、よほど画期的な研究や製品でないと、ブレークスルーにはならない。意味のある研究や開発の敷居が高くなっている。また、営業やSEの現場に出てスキルを活かすことも期待される。だから、発明で付き合う研究開発部門からのメールは、深夜2時だったりすることも珍しくない。

その反面、人事、法務、経理、そしてわれわれのような特許部門、管理部門など間接部門は、後方にあって、明らかに前線より楽なのではないかという思いは日に日に強くなる。

そういえば思い出した。あれはバブルの頃、営業やSEは、われわれ間接部門よりも圧倒的に昇進が早く、40台で役員という人もいた。ちらっと聞く給与レベルも、同じ会社とは思えないくらい向こうが高かった。間接部門は肩身が狭かった。

ところが長い間不景気が続いて製品が売れなくなり、相対的にもしかしてわれわれ間接部門が勝ち組になったのだろうか。もしそうなら極めて味の悪い勝ちである。

私はそんな不景気だから全社一丸となって頑張らなくてはならないと思うのに、厳しいノルマがないせいか、間接部門でわが世の春をいまさらのように謳歌している人たちもいる。

間接部門で、そんなわが世の春を謳歌している人には檄を飛ばすべきなのだが、戦争で前線の状況が苦しくなると、一層後方に注意が及ばなくて、後方で勝手なことをする人が増えるという、アバランシェが生じてしまう。なんともならないだろうか、と私はせめて、自分の持分では頑張るのだが、どうも空しい。

知識の効用

user-pic
0

なんというベタなテーマかと自分でも苦笑するのだが、知識の効用という主題で書いてみたくなった。既存の説をなぞるだけかもしれないが、まとめのつもりで書いてみる。

そこで先ず、知識の効用について列挙してみると、次のとおりである。

  1. 利益を得る。
  2. 問題を解決する。
  3. 職業に就く。
  4. 生きながらえる。
  5. 意思決定に役立つ。
  6. プライドを保つ。
  7. 暇つぶしになる。

これについて蛇足のような補足を与えると、まず利益を得るというのは典型的には、陰謀論についてで述べた、ロスチャイルド一族のネイサンは、イギリス軍対ナポレオン軍の戦いの結果をいち早く知り、その結果を最善に利用して、巨万の富を築いた例である。その際、イギリス軍対ナポレオン軍の戦いの結果という知識が活用された。

問題を解決するというのは、これも典型的には、原発事故で事態を収拾する場合である。その収拾には、チェルノブイリなどの事故などから得られた膨大な知識が活用される。

職業に就く、というのは説明の要もないだろう。知識労働にあって、知識は文字通り必須である。

生きながらえる、というのは、例えばテロリストが襲撃するという知識があれば事前に逃れられるので、生きながらえるための知識が役にたつ。あるいは名医を知ってそこで診てもらうことにより難病が治療されて、生きながらえることができる。

意思決定に役立つ、というのも説明の要もないだろう。知識があることで、さまざまな要因を比較考量できる。

プライドを保つというのは、質問されてきちんと答えることにより、面子が保てる、ということである。

暇つぶしになるというのは、必ずしも自明ではないが、知識を活用して楽しむもの、例えば書籍などを探し出して楽しむ、ということである。あるいは、知識を想起して妄想を楽しむというのもある。不遇を凌ぐときの足しになる。

ただ、物事にはすべて、副作用がある。そこで知識の副作用についても述べておく。
  1. 固定観念になる。
  2. 傲慢になる。
  3. 知ってしまったことにより恨まれる。
  4. 生活感覚から遊離する。
  5. 信念体系が生活を危うくする。

固定観念になる、というのは、知識にとらわれ、それで十分と思い努力しなくなる、検証を怠って誤った知識に引きずられてしまう、などである。

傲慢になる、というのも似ていて、一部しか知らないのに、すべてを知っているような錯覚を自分で楽しむ。

知ってしまったことにより恨まれる、というのは、個人や組織などのスキャンダルを知ってしまったがゆえに、降格され、リストラされ、あるいは国家機密などだと、処刑され、あるいは暗殺されるということもある。

生活感覚から遊離する、というのは、知識に耽溺して、現実の生活を忘れ、離婚、リストラなどの目にあうことである。

信念体系が生活を危うくする、というのは例えば、理系的意志に書いたデビッド・ボームの行動がある。デビッド・ボームは、オッペンハイマーに不利な証言をするように迫られたが、拒否し、そのせいで、プリンストン大学の教職を追われた。その後、ブラジル、ロンドンと移住したが、二度と米国で教壇に立つことはなかった。そこまでしなくてもと思うのだが、知識体系が宗教的ともいうべき信念体系に昇華することがあり、すると、意思決定に際して、殉教的ともいうべき受難を感受することがあるのである。世間で利益をえること、生き延びることが望ましいなら、まさに知識が自己免疫的に反逆している例ではなかろうか。

毎日性

user-pic
0

昔、渡部昇一の「知的生活の方法」という本を読んでいるとき、ディケンズの話があって、ディケンズが報道記者かなにかしながら毎朝少しずつ小説を書き、その蓄積が偉大な成果となった、という箇所に注意を引かれた。

しかし当時、日記を書いても三日坊主で、最初の3ページで終わってしまうような有様だったから、ディケンズのような真似は到底できないと、完全に諦めていた。

ところが、約5年前にブログを始めてから、ほとんど絶やすことなく、毎日何か書いている。ちょっと無理をしているなと思うときもなくはないし、ネタが絶えそうになることもあるが、質を問わなければ不思議に何か書けている。

そう思っていたら、情報考学の橋本大也氏が、「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意」という本の書評で、次のように書いていた。

極意の筆頭が毎日書くこと。記事数が増えると検索にひっかかりやすくなるということもあるが、「間を空けて記事を書くと、余計な力が入ります。すると、往々にして余計な力の入った書き方は見透かされてしまうようで、期待するほど反響が得られないものです。一方で、まったく力を入れずに10分ほどで書いた記事が大反響となることもあります。」という。これは私も深く共感。肩の力は抜かないと続かない。

そうなのである、よく考えたら冷蔵庫は毎日休まず動いている。人間だって、心臓もその他の内臓も、休むことはない。そして、心臓が動くこと、あるいはもっというと生きていくというそのものに比べて、単に文章を書くことはなんと容易なんだろうと、改めて思うのである。そこでこれを毎日性(dailiness)と呼ぶことにする。

ただ、そうは言っても、毎日ブログを書くようになって、明らかに頭が活性化し、仕事の能率も少し上がったように思う。本を読んでも、読みっぱなしでなく、ブログにコメントを書くことで記憶に深く位置づけられることになった。

そうやって書きっぱなしの文章は、あまり推敲されていないので、完成度は高くないかもしれない。なにしろ思いついたまま書き連ねていくだけだからである。それでも毎日書くことで、確実に書くことに対する閾値を下げ、文章を書くためのエンジンをウォームアップする必要が全くなくなった。それと、文章力だけでなく、ネタを拾い上げる力、異なるテーマを結びつける力もついた。

もちろん失うものもあってそれは、毎日書くために思考の波長が短くなり、熟慮できていないところがある。例えば、哲学書のようなものだと絶対に、ブログのように毎日書けない。よって、ブログ書きに偏すると、哲学的思考(もともとあまりないのだが)を次第に失っていく、ということもありえる。

分からないけど毎日性の手法は、歴史小説、エッセイ集のように、あまり論理が均一に結びついていない作品の断片を構成するにはありえるのかもしれない。

理想は、思考のスペクトルを広くとって、短波長のところで着想だけブログに書き、オフブログで長波長で何か構想してみるというようにしたいのだが、仕事もあり、そしてこれが一番ネックなのだが、能力の限界が低いので、ほとんど短波長でその日暮らしになってしまっている、というのが現状なのであった。

遺伝子工学には強くないものの漠然とした興味があるので、なにかの雑誌でエピジェネティックスという用語をみかけたとき、ん?と注意を引かれ、衝動的にアマゾンで、「エピジェネティックス入門」佐々木裕之著、岩波科学ライブラリーを注文した。

エピという接頭辞からして、あまり本質的な仕組みではないのかなと期待しないで読み始めたら、なかなかどうして、一般に知られてない割には、生命現象に本質的であるように思われる。そこで自分の勉強も兼ねて、私なりに内容をまとめてみることにした。

先ず、エピジェネティックスとは、次のように定義される:
DNAの配列に変化を起こさず、且つ細胞分裂を経て伝達される遺伝子機能の変化やその仕組み

私はエピジェネティックスを、コンピュータにおけるアプリケーション・プログラムのオプション設定に喩えてみた。すなわち、ワープロなどのソフトでは、オプション設定により機能をディスエーブルしたり、イネーブルしたりできる。ただ、別のコンピュータに同一のアプリケーション・プログラムを導入すると、オプションは初期設定になる。それを、別のコンピュータに導入した際に一旦入力したオプション設定も引き継げるようにした仕組みらしい。

エピジェネティックスの代表的な仕組みは、DNAのメチル化である。すなわち、S-アデノシルメトオニンからDNA中のシトシンにメチル基を転移させ、5-メチルシトシンに変化させる。ここでメチル化されるシトシン(C)は、すぐ後ろにグアニン(G)があるものに限られる。

こういうメチル化構造は、DNA複製を経て伝達される。DNAは2本鎖が対で存在するが、一方の鎖だけがメチル化されているとき、ヘミメチル化状態という。このとき、一方の非メチル化状態の鎖を速やかにメチル化する酵素が存在する。

メチル化された5-メチルシトシンは、転写を阻止する働きがある。これがエピジェネティックスが働く仕組みということになる。

ヒトやマウスのゲノムでは、CG配列の70%がメチル化されている。すると、エピジェネティックスはDNAにあって、極めてメジャーということになる。

エピジェネティックスの仕組みはメチル化だけでなく、DNAが巻きついているヒストン8量体もエピジェネティックスに貢献する。すなわち、転写が行われる箇所ではヒストンがアセチル化され、転写が抑制される箇所ではヒストンが脱アセチル化されている。

エピジェネティックスは有性生殖にあって本質的である。すなわち、卵子は女性的にエピジェネティックス修飾され、精子は男性的にエピジェネティックス修飾され、そのよう修飾されたもの同士が受精することで始めて成長が始まる。逆にいうとこのことが、有性生殖生物において単為生殖させることの困難になっている。

また、エピジェネティックス修飾はある程度確率論的に起きるので、同一の両親から生まれた一卵性双生児でも、エピジェネティックス修飾が同一ということにはまずならない。例えば、一卵性の三毛猫の姉妹がいるとして、DNAは同一でも、エピジェネティックス修飾により、その模様は決して同一にならない。

さらに、エピジェネティックスは当然に、遺伝子の由来する病気(例えば癌)にも関与する。例えば、癌細胞では、DNAが低メチル化状態にあることが知られている。ただ、癌細胞では癌抑制遺伝子がメチル化により機能が抑えられているというのだから、話はややこしい。

その他、動脈硬化、喘息、糖尿病、統合失調症、アルツハイマーなどにおいてエピジェネティックスの関与が疑われている。

また、ややこしいのは、メチル化されたシトシンである5-メチルシトシンの不安定性である。すなわち、メチル化されていない、オリジナルのシトシンはときどき脱メチル化してウラシルになるが、DNAにはこのようなウラシルをシトシンに戻す修復機能をもっている。なぜならウラシルはもともとRNAの構成要素で、DNAの要素ではないからである。ところが5-メチルシトシンで脱メチル化が起きてチミンになると、これはもともとのDNAの構成要素なので、修復すべきものとしてなかなか認識されない。

当然にエピジェネティックスを制御することによる治療というのは考えられていて、最近、特定の遺伝子の働きをメチル化で抑制する方法が考案された。

生物自身にとって、エピジェネティックスは、DNAそのものを変更することなく機能のスイッチをオンオフできるというので手軽で便利な仕組みである。場合によって諸刃の剣なのであるが。

ともかく、エピジェネティックスというのが、なにかのおまけではなく、結構本質的であることを改めて認識した次第である。

推敲

user-pic
0

前にも言及した、「名文を書かない文章講座」村田喜代子著、朝日文庫には、「これからが腕まくり」という章があって、要するに推敲のことが述べられている。

さて、一生懸命に書いていちおう作品ができあがったとしよう。これから、推敲、つまり読み直しの作業である。
文章は推敲しだいだ。

なるほど、当然ながら、文学作品において、推敲は本質的である。Wikiによると、推敲とはもともと、中国の唐で、長安に科挙を受けるためにやってきた賈島が、僧は推す月下の門」という一句を口ずさんでから、「推す」のほかに「敲く」という語を思いついて、どちらが迷ってしまったというものであるが、私だったらそのとき、別にどっちでも気分で選べばいいではないか、と言ってしまいそうである。

そこに私の、推敲に対する態度がありありとみえてしまう。私だったら、上記で引用した村田喜代子さんの文章を次のように言うであろう。

さて、一生懸命に書いていちおう作品ができあがったとしよう。これから、推敲、つまり読み直しの作業はした方がいい。なぜなら、誤字・脱字、不適切な表現があるかもしれないからである。
しかし、文章は内容しだいだ。

推敲を重視するということは、文章をカオスとみる、ということである。すなわち、微妙な語句の順序や選択が、結果の作品の質に大きな影響を及ぼすという思想により、推敲を重視することになる。

それは間違いなく正しい。なぜなら、文学の趣味が乏しい私でさえ、小説を読んでいて、ある不適切な単語の箇所でいたく失望して、それで読むのを止めてしまうことがあるからである。

なのになぜに私は、自分が文章を書くときに推敲を重視しないのか。それは私は文章は結局、私の知識や思想の発露であるところに本質があると思っているからである。そういう思想があっての表現なので、どうしても表現は、沢山のバリエーションから恣意的に選ばれたものにすぎない、みたいな思いが拭えない。

もちろん私は、そういう方針が文学に馴染まないことを知っているつもりである。だから、小説を書こうとはしないし、文学趣味に耽溺しようともしない。できないというべきかもしれない。

私が苦手なのは文学だけではない。法律もそうである。すなわち、法律の条文や契約書もカオス性をもち、一字一句をないがしろにすると、裁判で負けたり、妥当なはずの権利を行使できなかったりする。だから、弁護士や法律家達は、契約書のドラフトの条項をどのように書くか、喧々諤々、かまびすしい。

それをうっとおしく感じる時点で、私は、法律部門の一部門である知的財産部門にあって、どんなに努力しても高々二流に留まることが必然であり、それでもよいと覚悟している。

それでは文章なんか嫌いかというと、その逆なのであって、私にとって文章は川の流れのようなものなので、余計な掉さししたくないのである。

小説家がすべて推敲が好きかというと、そうでもないらしい。具体的な名前は忘れたが、書いたらほとんど読み直さないという小説家もいた。そしてそういう小説家は、結構読みやすく、しかも多作である。推敲好きな文学愛好家からは、芸術性が低い、まるでマニュアルの文章だと揶揄されても、あまり気にしない。

だから私も、あまり推敲しないでどんどん書く。こういうブログなら、本当に適当で構わないが、仕事で書いている特許明細書だとそうはいかない。一日に1ページのも書けないことがある。しかしそれは推敲しているのではなくて、発明の本質や技術が理解できないから悩んでいるだけである。

そうはいっても、私の特許明細書に関して、会社の後輩から、致命的ではないにしてもちょっとタイポが多いですね、と指摘されたことがあって、そのときは赤面した。いくら推敲が嫌いでもタイポは放置してはいけない。それから、何度も読み返して、少なくともタイポや不適切な表現は直すことにした。当たり前である。

結局私の推敲は、プログラミングのコンパイル・エラーの訂正程度に過ぎないのであった。

ヒラベル

user-pic
0

シャルル・アズナブールのイザベルという歌で、たしか、イザベル モナムール(Isabelle... mon amour)という一節があった。そして突然ひらめいたのは、ヒラベル、ヒラベル モナムールである。

一体私は何が言いたいのだろうか。それは消費者マインドで若者のブランド志向に言及したことに基づく。

ブランドとは要するに、表層でありラベルなのである。よってブランド志向は、ラベル志向。ラベル志向があるなら、そのアンチ・テーゼとして、非ラベル志向がある。こうしてヒラベル モナムールとは何なのか、ようやく説明できる。

渡辺弥生という女流棋士を知る人は、相当の将棋通である。やよいでなく、みおと読む。東大経済学部を卒業したのに数学の研究者になりたくて理Iに入学しなおす。ところが、数学に限界を感じたのか、東大将棋部に入り、腕を磨く。そしてついに女流棋士になる。しかしそこは東大のラベルが全く通用しない世界。いろいろな意味で地味な渡辺弥生は、将棋界に沈静して幸せなのだろうか、ヒラベル モナムール。

同じく将棋界。片上大輔は子供の頃から将棋ばっかり指していた。その合間に勉強して、あっさりと東大法学部に合格。きちんと卒業するものの、面白いほど学歴を省みず、普通の棋士に。しかし、秀才の片鱗は隠せない。棋士としては中堅か、ヒラベル モナムール。

そして、私が仕事で付き合う研究員たち。ほとんどが高い学歴を誇るのだが、研究は実はアイデア勝負。博士の学位があっても哀しいほどに発明の才能がない場合もあって、学歴が通用しない、ヒラベル モナムール。

お願いだから、学歴風を吹かせておくれ、水戸黄門の印籠のように、ヒラベル モナムール。

でも僕の周囲はスタティックな世界、そこでは、フィラベル モナムール。ラベル大好き フィラベル モナムール。

先日言及した、「名文を書かない文章講座」村田喜代子著、朝日文庫は、基本的に文章の書き方の本であるが、書くネタの見つけ方も書いてあったので、興味深かった。

すなわち、下記の項目がある。

  1. 生活の周辺をみる。
    • 出会った人間の顔。
    • 戸外の風景。
    • 聞いた話。
    • 新聞や本のメモ。
  2. 人の話に耳を。
  3. 日常の文章化。
  4. 蒐集のすすめ。

なぜこれが興味深いかというと、自分で趣味としてブログを書いていて、ネタを拾うという点では、あまり本質的な違いがないからである。

そういえばかなり前のことであるが正月番組で、テレビを見ていたら、お笑いのドリームマッチという番組があった。すなわち、人気漫才コンビを一旦単独にして、互いの志願で即席のコンビをつくる。その新鮮さが売りなのであるが、そうして作った新コンビで、ネタは自分たちでつくる必要がある。ところが、そこで知ったのだが、漫才コンビの両方がネタ作りが上手ということはなく、一般的にいうと、ボケ側の人がネタを作る。目立つ突っ込み側は、パフォーマーとしては秀逸であるが、ネタ作りはほとんど、あるいは全くできないという場合もある。

こういうのを見ていると、ネタ作りにも才能があるのだと改めて思った次第である。

それではネタ作り人間とはどういう行動をとるかというと、当たり前であるが、24時間、寝ていてもネタを探している。だから、枕元には紙とペンが常時置いてあり、道を歩くときも、メモ帳とペンは常時携行する。恋愛した人は経験があると思うが、そのときは常時特定の異性のことを考えているはずである。ネタ作り人間は、ネタに恋しているのである。ただ、恋愛との違いは、特定のネタではなく、よく分からない降ってくるネタなのであるが。

実はネタは常時周辺に存在し、あるいは突然降ってくる。そこに心霊的なものを想定する必要はないが、もちろん場合により想定してもよい。

例えば、ラジオの電波を考えてみよう。われわれの周囲には常時、テレビやラジオの電波が飛び交っているが、一部の精神病者を除き?われわれは受信機を使わないと電波を感知できない。どうもネタも、そういった電波のようなものらしい。しかし、ネタは、程度の差はあれ、訓練次第で誰でも感知できるようになる。

ただ、電波を受信するためにチューニングが必要なように、われわれもネタを感知するために、分野をある程度絞るためのチューニングを要する。そうやって感知しようと努力しているうちに、日常的にネタが入ってくるようになる。

私は今までずっとネタというのはそうやってチューニングするのかと思っていたが、最近、そうでもないのかもと思えてきた。それが題目のネタのES細胞である。すなわち、チューニングに関係なく本当は万人にネタは、原ネタのES細胞として入り込んでいるのだが、多くの人は面倒をみないのでネタのES細胞は死滅してしまう。

だからもしかしたら、ネタのES細胞を育成するところに、ネタ作りの要諦があるのかもしれない、というアイデアに想到した次第である。そして改めて、なぜネタのES細胞かというと、それは受け手の側で分化していくのである。肝細胞になるのか脳細胞になるのか血管になるのか、その分化のためにいささかの、あるいは半端でない知識やスキルを要する。それでも、お笑いだろうと、インフレーション宇宙論だろうと、その原ネタの段階では同じなのかもしれない。

インフレーション宇宙論の本を読んだときも、よくもまあこんな奇想天外なアイデアを考えつくものだ、まるでお笑い芸人ではないかと、私としては最大の賞賛と感嘆を惜しみなく捧げたのであった。

以上のネタのES細胞の議論は明らかに粗すぎるので、可能ならそのうち精密化してみたい。

文章講座

user-pic
0

情報考学は、成毛眞氏の書評とともに、私には本選びのための貴重な羅針盤であるが、最近、「名文を書かない文章講座」村田喜代子著、朝日文庫の紹介が興味深かったので、つい買ってみた。

村田喜代子氏は、芥川賞作家で、この本は、カルチャーセンターでの文章講座をまとめたものであるが、次の一節が気に入った。すなわち、
良い文章とは、

  1. 自分しか書けないことを
  2. だれが読んでもわかるように書く
という2つの条件を満たしたものだ、というところである。

私は日々ブログを書いていて、論理的に考えて私しか書けないものなんてあるはずがないが、それでも自分なりのオリジナリティが少しでも出ればという心構えはある。

しかし、だれが読んでもわかるように書く、という条件については苦笑するよりない。なぜなら、普通に平易に書けばいいところを、わざわざ数学の論理記号や物理学の用語を使って、晦渋に書いたりしているからである。これは、悪しきぺダンティズム以外の何物でもないが、どうしてもその悪癖は直らない。

一方、村田氏によれば、よくない文章とは、

  1. だれでも書けることを
  2. 自分だけにしかわからないように書く
という2つの条件を満たしたものだ、ということだそうである。ただ本当にそうだろうかとひねくれた私は考える。なぜなら、音楽でいえば、だれでも書けることの主題による変奏曲として、自分専用の意趣やコード化を施しているうちに、複雑怪奇で面白いものにならないだろうか。多分であるが、そういう可能性もあるが、少なくともカルチャーセンターの趣旨にはなじまないということだろう。

それでは、次はどうか。

  1. だれでも書けることを
  2. だれが読んでもわかるように書く
これって案外大変である。もしかして、練達の新聞記者はこれではないのだろうか。それとも、新聞記者に、だれでも書けることを書いているといったら、叱られるだろうか。少なくともいえることは、真っ直ぐの道路を直進でアクセルをふかしながら車で走ることは、初心者並みに下手なドライバーの私にも容易であるが、文章は案外大変なのでは、ということである。

そして最後に、

  1. 自分しか書けないことを
  2. 自分だけにしかわからないように書く
これをみて、おう、と手を打って私が自分の書棚から手にした本は、「論理哲学論考」ウィトゲンシュタイン著、野矢茂樹訳、岩波文庫である。ウィトゲンシュタインは多分であるが、この本を、自分しか書けないものとして書いたのではなかったか。ただ、自分だけにしかわからないように書いたものではあるまい。それでも結果的に、少なくとも、普通の読者である私が一読して諒解できるものではない。例えば、「三.二五 命題の完全な分析が一つ、そしてただ一つ存在する。」とあるが、その単一性は一体常に想定しえるのかと数学の定理を眺めるようにいくら考えても、私にはわからない。

ともかく、自分しか書けないことを、それなりに筋道立てて書いたところ、結果的に、注意深く読む人にはわかるが、多くの人からみて、自分だけにしかわからないように書いた様相を呈している、というのは、私には理想的な文章であるように思われる。

あと、「名文を書かない文章講座」で参考になったのは、推敲のくだりである。すなわち、村田氏によれば、推敲とはひたすら余計なものを削るのだそうである。まず書き下して時間をおいて他人の目として客観的に読み直し、余計なものを削ることでインパクトを出す。ううん、作家として売れる文章を書くことの苦労の一端を垣間見た気がした。

一方、サラリーマン特許文章作成屋の私としては、推敲とはほとんどあらゆる場合に加筆なのである。すなわち、特許の記載要件を充足するためには、文献を読み、ウェブで調べてひたすら記載要件を充足させていく。その結果、ページ数が増えると、静かな自己満足を覚える。ちり紙交換でもあるまいに。

そうは言っても、半分お世辞だと思うのだが、私の特許の文章は、読みやすいと褒めてもらえることがときどきある。もしそれがお世辞ではなく本当だとしたら、学生時代に何十冊も読んだ、松本清張の作品の影響があるのかもしれない。実際、私が今まで読んだ文学作品で、松本清張の小説ほど読みやすいものは出会ったことがない。文体の奇抜性でなく、内容で読ませるというのは一つの理想なんだと思う。

そう考えると、ちょっと文学臭がね、とときどきうんざりする「名文を書かない文章講座」も、再読して参考にさせて戴く本になりそうである。

テレビ局とネット企業報道のタブー警察のスキャンダルなど一連の記事でマスコミが偏向していることをみてきたが、それで嘆息しても意味がない。なぜなら、現在・過去・未来、マスコミというのはそうしたものだからである。

どのようにマスコミが偏向しているか、自明ながらまとめてみる。

  1. 情報の欠如。これには、知識不足のため見落としている場合と、意図的に情報を落とす場合があり、後者の方が問題である。例えば、私は読売新聞を購読しているが、当然に読売新聞は、読売巨人軍のスキャンダルは報道しない。
  2. 情報の歪曲。これもよくあるが、事実を枉げて報道する。それによって意図的に誤解への導く。

マスコミが、オリジナルの情報源からニュースを作る操作を、ある関数とすると、報道されているニュースからオリジナルの情報源を復元する関数を、ニュースの逆関数と呼ぶ。しかし明らかに、素直なニュースの逆関数はほとんどの場合存在しない。

なぜなら、もともとどのような情報があり、ニュースがどのような情報が意図的に落とされたか、そのニュースを眺めるだけでは自立的には分からないからである。

もしかしてさらに困難なのは、意図的に歪曲された情報から正しい情報を導き出すことである。それもまた、そのニュースを眺めるだけではどうしようもない。

そこで最低限必要になるのは、傾向の異なる複数のニュースの情報を比較することである。すると次の場合がありえる。

  • Aのニュースにあって、Bのニュースにない情報を見つけて、継ぎ合わせる。ただ、それで矛盾のない一貫したストーリーが描けるか保証の限りではないが。
  • Aのニュースにある情報と、Bのニュースにある情報が矛盾する場合、正しいとおもわれる情報の方を選ぶ。
  • どれも信用できないので、自分の知識に基づき推論する。

上記のような判断は、きちんとした背景知識なしでは行うことができない。それではどうすればいいかというと、次のとおりである。

  1. ニュースの背景となっている社会的な前提を理解する。例えば、中国を論じるとき、国民性を理解しておくことである。
  2. ニュースの背景となっている科学的な前提を理解する。例えば、原発を論じるときの、放射線の人体への影響をきちんと理解しておくことである。
  3. ニュースの背景となっている宗教的な前提を理解する。例えば、イスラム急進派を論じるときの、イスラム教の教義の概要である。
  4. 陰謀論や迷信として退けられている理論な説も考慮する。これは、ロスチャイルドやロックフェラー、ユダヤなどに関する議論を、陰謀論の名の下に封印してしまわないことである。

ここまで書いてきて、ニュースの逆関数を構成することが極めて困難であることが理解される。なぜなら、暗号化がそうであるように、ニュースのコード化は容易でも、一旦コード化されたニュースの背景を振りほどくのは、膨大な時間を要し、裏の意味を解読しているうちに次のニュースが来てしまうからである。よって一般的には、事前学習により自分の得意な分野を作っておき、その範囲でニュースの裏を読むしかないということになる。

もっと言うと、ニュースの逆関数という概念自体が適切でないようである。むしろ、既存のニュースと自分の知識で基底関数群を構成し、それを一次結合して事実関数を導き出すのがよい。その際、一次結合定数群を求めるための目的関数を何にするか、そこのところが課題なのである。

「インド思想史」中村元著、岩波文庫を眺めていると、最初に、インドの原住民、と題して、アーリア人が侵入してくる前の他民族によるインダス文明への言及がある。それは「紀元前3000年よりも以前に始まり、紀元前3000年-紀元前2000年頃にこの地方に一民族が生存し、整然たる一定の都市計画のもとに宏壮な都市を建設した。そこでは高度の銅器時代文明を成立しせめ、メソポタミア文明との興味ある類似を示している。」とある。

なるほど、日本人のルーツに書いたように、どうしてもインダス文明がシュメール文明の末裔だと考えたくなる。

しかし、インド思想史にあって、インダス文明はあまりにもつけたりに過ぎず、通常のインド思想史は、アーリア人の文明から始まるようである。

そこで、インダス文明についてもう少し詳細に知りたくて、「中国・インダス文明の謎」講談社アルファ文庫、樋口隆康編、クォーク編集部編を読んでみた。以下、その記述から私なりに要約してみる。

先ず、モヘンジョダロ、ハラッパに栄えたインダス文明は、なんと4500年前に遡るという。ちなみに4500年前というと、シュメール文明はウバイド文化期であった。

さて、モヘンジョダロ、ハラッパは整備された排水システムと、規格化された煉瓦で作られた都市によって特徴付けられるが、なんと、そこには、権力の象徴となる王宮に相当するものが発見されていない。類似していると言われているシュメール文明も、画然たる王朝と巨大な王の墓をもつ。

それでも、海上を利用した交易が盛んだった様子はみてとれる。活発な文明だったのである。ただ、インダス文字は、シュメール文明の楔形文字と似ておらず、解読されていない。

海上交易のため、インダス文明はアラビア半島からタジキスタンにまで及ぶ。そして交易に印章や分銅を使用していた。

ハーバード大学のリチャード・メロウ博士によれば、実はハラッパの遺跡は、モヘンジョダロよりも800年も古いのだという。ただ、ハラッパは、モヘンジョダロほどは整然としておらず、自然発生的で、するとハラッパの人達が計画的にモヘンジョダロを建設した可能性もあるという。

また、メロウ博士によれば、モヘンジョダロ、ハラッパは、どこからか移り住んだ人達によって建設されたのではなく、もともとそこに住んでいた人達によって建設されたのだという。それがもし正しいなら、シュメール文明ともし似ているにしても、シュメール人が移住してきたわけではなさそうである。

また、インダス文明で使われた言語は、現在インドで使われているドラヴィダ語の系統だといわれている。しかし、ドラヴィダ人は、紀元前3500年頃に、イラン高原からインドに移り住んだという説がある。すると、モヘンジョダロ、ハラッパを建設した人達とドラヴィダ人の関係はどうなのか、イコールではないのかと疑問がわく。

さらに、習った歴史では、モヘンジョダロ、ハラッパを建設したインダス文明の担い手たちは、後から侵入したアーリア人たちに徹底的に殲滅されたことになっている。しかし、「中国・インダス文明の謎」講談社アルファ文庫によると、インダス文明衰退の原因を、インダス川の流路が変わったことだという。確かに、モヘンジョダロにおいて、整然たる水路は特徴的であった。あるいは、水路でなく、文明におけるエントロピー増大というべき、本質的な堕落による衰退であったのかもしれない。

以上からどうも、インダス文明は、シュメール文明から影響を受けた可能性はあるものの、独自に発展を遂げ、独自に滅びた文明らしい。そして特に王をもたなた民主的な民族だったというのが、古代において、あまりにも特異的なのであった。

才能と努力

user-pic
0

当該ブログで散々議論しているテーマであるが、一度きちんと私の意見をまとめておきたくて、以下書き留めてみる。

私が考える「才能と努力」についてのサマリーは、次のとおりである。

  1. 才能は所与であり、努力や環境で増やすことはできない。
  2. 努力や環境は、才能を発掘する。
  3. 才能の一部は、両親の遺伝子に依存するが、明らかに両親の遺伝子に依存しない部分がある。それがどうやって天賦されるか、明確な説明は、多分現代科学のパラダイムでは無理である。
  4. 運動や物を作製する技能など、肉体的な部分が大きいほど、両親の遺伝子に依存しやすい。
  5. 2種類の知性で記述したように、知性はインテリジェントと、インテレクチュアルの2種類の知性に分けられるが、もしかして、インテリジェントは比較的身体的才能に近いので遺伝しやすく、インテレクチュアルはより精神的であり遺伝しにくいと思われる。大学入試はインテレクチュアルよりも寧ろインテリジェントに依存するので、両親・兄弟で皆東大、という一家もありえる。しかし、インテレクチュアルに基づく哲学の才能だとなかなかそうはいかない。一家総出で哲学者というのは、聞いたことがない。
  6. 努力や環境が揃わないと才能は発現しないが、実は、自然に努力できてしまうことそれ自体が才能である。倦まなく延々と努力できる時点で、かなりの才能に恵まれているといってよい。
  7. 自分が多少なりとも才能がある事物に出会うと、故郷に帰ったような気持ちになる。すると、熟達するかどうかはどうでもよくなる。そういうところから出発しないと上達しない。
  8. 才能を涵養することと、才能を発揮することは多分異なる。前者はハードトレーニングも含むので、才能がある者にも苦しいことが多い。後者は、ガソリンが燃えるような発熱反応であり、寧ろ楽しい行為である。機能快(Funktionslust)とも呼ばれる。
  9. 才能において所与であることに、実は、知識セットも含まれる。なんと、囲碁の才能がある子供は、生まれたときに既に膨大な囲碁の手筋の知識をもって生まれてきているのである。すると、彼または彼女がすることは、機会に触れて思い出すことだけである。思い出すといってもそれは、コンピュータでいえば、ファイルの隠し属性を変更するに過ぎないので、たった1ビットを変更するにすぎない一瞬の操作で可能である。
  10. 才能の発現に貢献するのは、辛い経験である。虐められ、失恋し、投獄され、肉親に死別し、などありとあらゆる人生の苦悩が才能の発現に貢献する。人生が苦悩の連続だとしたら、それは、人生が所与の才能を天賦され、それを輝かすための学校であるからである。才能は黒ずんだダイヤモンドの原石であり、そのままでは路傍の石ころと変わらない。苦難という砂で懸命に磨く必要がある。
  11. 才能が純粋に努力に依存すると考えるのはナイーブな思考である。しかし、才能ある他の人々のパフォーマンスに接して諦めてしまうこと自体が才能の限界である。象に挑む蟻のような努力をものともしないこと自体が、才能が秘められていることを示唆する。
  12. 才能はどうも本来、他人に貢献するために天賦されたようである。よって、自分の利益のためにだけ才能を駆使すると、早めに枯渇することがある。才能を長く発揮するコツは、利他的なものに才能を活用することである。すると、エネルギーが賦活されることに気づくだろう。このエネルギーの賦活機構と、天賦の知識セットの機構は、おそらく同じものである。どうしても非日常的な、あるいみ非科学的なものを想定せざるをえない。
  13. 知性の半減期で述べたように、才能は、燃やしすぎると早々に枯渇してしまう。それでは緩慢に燃やすと生涯に亘って才能を発揮し続けることができるのかどうかは分からない。もしかして、燃やすこと以外に、才能には本質的な半減期があるのかもしれない。
  14. だから、生涯に亘って才能を発揮し続けたかったら、複数の才能のポートフォリオを構成して、順次刺激し続けていくよりないのかもしれない。

以上、まとめといいつつ、長々書いてしまった。果たして一貫性のある議論になっているのかどうか、自分でも不明である。

留学促進

user-pic
0

読売新聞によると、文部科学省は、学生の海外留学に積極的に取り組む大学への支援制度を創設するという。すなわち、日本人の海外留学者数が、2004年の82,945人をピークに減り続け、2009年は59,923人まで低下したという。

一方、米国の大学で学ぶ学生の数は、韓国が72,153人、中国が127,628人、インドが100,897人と、かなり日本と差をつけている。この数字だけをみて、海外留学者数で日本は、韓国・中国・インドに負けたらいけないと文部科学省は焦っているのだろう。

そこで、文部科学省は、日本の大学40校程度を対象に、年間1~2億円を助成し、海外留学を促進する。具体的な取り組みとしては、次のようである。

  1. 留学先で専門的な授業を履修できる語学力を養成する授業を用意する。
  2. 海外留学についてアドバイスする窓口の設置。
  3. 外国人教員の受け入れを強化。

ただ、私としては次のような問題点があると思う。まず、自国語での思考で述べたことである。すなわち、日本語がネイティブの人にとって、どんな複雑なことも、できれば日本語で思考するのが一番深く思考できる。このことに異論がある人はいるだろうか。そして日本には、明治以来の翻訳文化で、ほとんどの学術用語が日本語化され、特に外国語のテキストを使わなくても授業ができる。

実は、韓国、中国、インドではそのようになっておらず、高度な科学技術の内容はよい自国のテキストがないので、英語で授業せざるをえない。そのとき、国際化社会なんだから、英語くらいできないとおかしいし、ある程度勉強すれば英語の壁なんてものの数ではないはずだ、と訳知りに言う人は少なくない。

そういう発言を聞くと、私の顔は憐憫の情を示す。可哀相にこの人は、ビジネスレター程度の英語しか書いたことがないのだな、と。というのは、私の知る、研究所にいるトップクラスの秀才でも、やはり英語だと分かりにくいという。もちろん論文は英語で書くのだが、思考言語は依然として日本語らしい。すなわち、本当に深く考える人は、英語だろうと構わないなんて決して安易に言わないのである。

この英語の壁というのはやはりアジア人には大きく、韓国や中国のトップクラスの大学でも、英語でエネルギーを浪費するが故に、なかなかノーベル賞クラスの人材が輩出しにくい。

こういう状況に鑑みると、殊更に留学を促進する必要などないと思われる。以前ならともかく、今は単に箔をつけに留学するような時代ではない。しかも、折からの不景気で、父兄の経済的安定性が下がっているので、余計な出費が必要となる留学は敬遠される傾向がある。大学院進学ですら敬遠されているという。だから、文部科学省の現時点での留学促進は、いかにも間が抜けているといわざるを得ない。

しかも、考えてみて戴きたいのは、例えば欧米の大学が、海外への留学を重視しているだろうか。むしろ、留学といえば、海外から受け入れる方ではないだろうか。

すなわち、英語のハンディがあっても東大が世界でベスト30にリストされるのであるから、日本の大学のレベルは世界でもトップレベルである。だから文部科学省は、出る留学よりむしろ、入る留学を促進すべきなのである。

もちろん、国際関係論や、語学、経済学などの分野で、それが専門の海外の大学に留学したほうが深く学べる場合は少なくない。だから年間5万人も留学しているわけであるが、そういう自然な留学だけで十分なはずである。文部科学省は、明治以来の西欧コンプレックスから脱していないばかりか、最近の下手なグローバリズムの宣伝に毒されていると思われる。グローバリズムというが結局、英米中心主義にすぎないのに。

All Aboutによると、合コンで引かれる女性は以下のようだという。

  • 酒豪っぷりを発揮してしまうこと
  • ホステスのごとくサービスすること
  • あからさまにイヤな顔をすること
  • スペックばかり尋問すること
  • ジャニーズや韓流スターの話に熱くなること
  • 店や料理にケチをつけること

私なりにコメントすると、自分がよく飲むくせに、酒豪の女性をみると、つい考えてしまうのは、この人は妊娠しても飲むのだろうか。すると胎児に影響はないのだろうか、ということである。自分の妻でもないのに余計なお世話だろう。もちろん私は死んでもそんなことは口にしない。ただ、私は煙草は吸わないので、煙草を吸う女性には、酒以上に完全な拒否反応をもってしまう。

ホステスのごとくサービスすることというのは、それ自体はうれしいのだが、私がつい考えてしまうのは、こういう修行をどこでしたのだろうということである。そして元水商売?とまで考えてしまう。

あからさまにイヤな顔をすること、というのは、本当に嫌なら別に素直でいいじゃんと私は思うのだが、違うだろうか。私に嫌悪感があるならそれも仕方ない。それよりも寧ろ私は、楽しくもないのに作り笑いを続ける人の方が不気味である。

スペックばかり尋問すること、というのは、学歴、地位、年収などを尋問することであるが、ハイスペックでない私にとって、面白いはずがない。しかも、つい、あなたがハイスペックに相応しいのかとまで思ったりするが、それを言ってはおしまいである。

ジャニーズや韓流スターの話に熱くなることというのは分かるんだけど、ときと場合を選んでほしいと思うだけである。

店や料理にケチをつけること、というのは、どこで飲食しようと要するに相手次第ではないかと思う私には不愉快である。別のファクタとして、私の弟が料理屋を営んでいるので、そこの店で飲食する女性がケチをつけたら、私としても辛い。

一方、引かれる男性は以下のようだという。

  • 飲み方、食べ方が下品なこと
  • 特定の女性ばかりヒイキすること
  • お笑い芸人のマネをしてスベる
  • セクハラまがいのシモネタ連発
  • ケータイをいじり続けること
  • 1円単位までワリカンする

男性の部は、私に該当が多い。まず、飲み方、食べ方が下品なことというのはまさに私であって、あちこちにこぼすし、クチャクチャいわせるし、最悪の部類だろう。しかし私の場合に百年の恋も醒めるという言い方が該当しないのは、そもそも百年の恋などありえないからである。

特定の女性ばかりヒイキすること、というのは、女性選択性が結構強い私は、特定の女性に注目すると他の女性がみえなくなることがある。しかし、その女性に全く相手にされないのであって、野球でいえば、難しい球にヤマを張って、結局三振しているようなものである。

お笑い芸人のマネをしてスベる、というのは私には哀しい。というのは、根っからお笑いが好きで、特に酔うと、相手構わず受けないギャグを飛ばすからである。酔っていると、それがすべっていることにも気づかないのがまた哀しい。

セクハラまがいのシモネタ連発というのは、なるべく避けているのだが、根っから下品なので、意識しないうちに言っているのだろう。ただ、あるもてる男性は、女性の前で信じられないようなシモネタ連発して、雰囲気で許されている。こういうのも人徳というのだろうか。

ケータイをいじり続けること、というのは私はしないが、もっとまずいのは女性が興味がないと明らかに分かっているのに、物理学や数学の話題で一人で盛り上がることである。これ、恋人と別れる50の方法の一つに入っているのではないだろうか。

1円単位までワリカンする、というのは、しないつもりである。むしろ、わざと平気な顔をして、僕が払うよ、という。でも、財布の中身の結果残高がニアミスだったことが何度もあった。足らなかったらどうしていたのか、まったくアイデアはない。

何にしても、合コンなんて私には、そんなの関係ない、オッパッピ、であった。このように今日もまた賞味期限が切れたギャグをいって無視される。

今のように就職難になると難しいのかもしれないが、それでも、いつの時代にも、短い期間で職場を変わる、ジョブ・ホッパーと呼ばれる人たちがいる。

私の観察によると、ジョブ・ホッパーは、これも一種のABCパラダイムなのかもしれないが、以下で示す3つのタイプのどれかに収まる。

  1. タイプA:将来起業するなどの目的をもち、必要な経験を積むためジョブ・ホッピングする。
  2. タイプB:プレゼン能力、売り込み能力があるので採用されやすいが、スキルはあまりないので、しばらく一定のところにいるとスキルを見破られて、そこに居づらくなる。よってまたプレゼン能力を駆使して新しい職場を首尾よくみつける。
  3. タイプC:飽きやすく、しばらく同じ仕事をしていると嫌になって辞め、他の仕事を探す。

タイプAは、一般論として、スキルも目的意識もはっきりしていて、優秀であることが多い。よって採用された会社で上司から注目され、是非将来の幹部候補にと声をかけられたりするが、将来の目的は明確なので、そこで黙るなどして、安易に期待させない。そしてある程度仕事をマスターした段階で急に辞表を出すので、管理職としては当惑する。なぜなら、しばらく修行のつもりで入社しますと正直に言っていたら、まず採用していないからである。しかし、憲法の保障する職業選択の自由があるので、渋々送り出す。

タイプBは、採用面接でとてもスマートに見えるので、入社したらいきなり重要な仕事に就けられたりする。そして絶妙のプレゼン能力で周囲を魅了するのだが、次第に周囲の人たちは、何ヶ月たっても期待するアウトプットが出てこないことに気づく。それを本人は上司や先輩がきちんと教えてくれないせいだと言い訳したりする。確かに上司や先輩も、実際問題として忙しくて、新入社員を丁寧に指導している時間がないので、反論できなかったりする。そうして、期待されつつ3年くらい経過して、数少ないアウトプットを確認した先輩社員が、その質の低すぎることに驚愕する。それが上司に報告され、タイプBの社員は次第に居づらくなる。しかし、タイプBの社員は、学歴・学位・資格・容姿などの点でも申し分なかったりするので、次の職場が容易にみつかる。こうして新たな喜劇(悲劇)の再現となる。

タイプCは、学歴が高い場合も低い場合もあるが、いずれにしても飽きやすいので、所望のレベルのスキルに達することがない。しかも、タイプBのように自分を売り込むスキルもあまりない。こうして、いったんリストラされるなどして会社を追われると、次に就職できなかったりする。ニュースでときどき、働き盛りなのに無職とある人がいるが、そのうちのある割合はタイプCなのだろう。

こう書くと、スキルでタイプA>タイプB>タイプCなので、タイプAが一番ましで、次はタイプB、そして一番困るのはタイプCであるように思われるのだが、実は必ずしもそうではない。

もっと言うと、一番害を及ぼすのはタイプBなのである。すなわち、タイプBはその仮装能力により優秀と見誤られてやすいが、それでも適切にアウトプットを評価されているうちはいい。ところが、優秀と見誤られる期間が続くと、うっかり管理職に登用されることがある。そして、管理職になることで、評価することの頻度が多い立場になると、なぜか自然に評価される機会が減る。すると、その仮装能力が、検証されることなく組織内を跋扈することがある。こうなると、タイプBのジョブ・ホッパーは最早、ジョブ・ホッピングしない。なぜなら、それ以上のポストはないことを感知するからである。

そのように停留したタイプBのジョブ・ホッパーは、自分と似たタイプの仮装能力をもつ社員を優遇し、周囲に集める。それはイエスマン空間と呼ばれる。イエスマンの電子雲により、そうでない性質の人たちは近づけない。これはまさに、ウイルスが細胞にとりついて、細胞の機能を利用して自らを再生産することに似ている。

これが人体なら、やおら免疫細胞が攻撃してくるのだが、最近の大抵の組織は体力が低下しており、免疫細胞という名前の監査部門も元気がない。元気がないどころか、監査部門そのものがウイルスに侵されていたりする。

この害毒に比べたら、タイプCの社員が日和見的に居座るのは、特に問題ではない。仕事を与えられないので周囲にうるさく話しかけたりする程度で、大した被害ではない。

ともかく、タイプBの人は、その見栄えのよさからどんどん押しかけてくるので、組織には人体と同様に免疫機能が必須である。なのに、コストがかかるからと、免疫機能を強化する方策がとられないので、日々弱りつつある組織が各所にあるようである。

@niftyビジネスによると、スマホの通話を盗聴するウイルスが出回っているそうである。以下、引用しつつコメントする。

Androidスマートフォンを狙ったウイルスが猛威を振るうなか、今度は通話を盗聴する種類が現れた。セキュリティソフト開発の中国NQモバイルの安全対策リサーチセンターが、米国ノースカロライナ州大学のXuxian Jiang博士のチームと協力して発見し、「TigerBot(タイガーボット)」と呼んでいる。

AppleのiPhoneなどに比べ、アプリケーションを自由に入れられるAndroid端末は、それだけウイルスの危険に遭いやすいが、最近では電話番号を盗むもの(関連記事)やシャッター音を鳴らして顔写真を撮影したと錯覚させるもの(関連記事)も現れ、手口が多様化している。

Androidは、Javaの技術を使うので、OracleがSunから買収した特許群の特許侵害の危機に晒されているが、それだけではなく、ウイルスの危機にも晒されているようである。これは、AndroidがiPhoneよりもオープンな戦略を採っており、Googleの目の届かないアプリケーションが出回る余地があるからであろう。

このTigerBotもアプリとして端末に入り込み、犯罪者が遠隔操作できるようにする。従来のウイルスとの大きな違いは、遠隔操作の方法としてインターネットではなく、電話番号をメールアドレス代わりにするショートメッセージング・サービス(SMS)を使う点だ。

TigerBotはSMSによる命令に応じて、通話内容を録音したり、ネットワーク設定を変更したりする。これに加えてGPSによる位置情報や画面キャプチャーの外部投稿、特定の宛先へのSMS送信、端末の再起動、ほかの機能の強制終了も行う。

なるほど、スマホといっても、ガラケーと同様にショートメッセージング・サービスをもっているとは知らなかった。なら、ショートメッセージング・サービスの機能をディスエーブルしてしまえばよさそうなものだが、ことはそう簡単ではないのだろうか。

NQ モバイルでは対策として、一般的なスマートフォンのセキュリティ対策を守るよう勧めている。信頼できるアプリ配信サービスから評価の高いアプリだけをダウンロードし、事前に必ず開発者の情報を確認すること、アプリからの未知の要請を許可しないこと、信頼のおけるセキュリティアプリを導入しておくことなどが必要だとしている。

あれ?Androidスマホには、アンチウィルス・ソフトのようなものは存在しないのだろうか。そう思って調べてみると、老舗のカスペルスキーなど、何種類かスマホ用のアンチウィルス・ソフトはあるようである。この記事でなぜ、Android用アンチウィルス・ソフトに言及されないのか、理解に苦しむ。

ともかく、ウイルスという観点でとりあえずガラケーの方が安全のようである。これは、ガラケーの方がウイルスに強いというわけではなく、Windows 95用に今更ウイルスを開発する人がいないように、仕様として注目されていないというだけのことであるが。

私は、ブログの記事の傾向からも分かるように、ちょっと怪訝になりながらも、ある程度陰謀論を信じている。なぜなら、次のような背理法の証明をみて戴きたい。

世の中に陰謀論など存在しないと仮定する。すると、あらゆる政治家は、隠された意図なく、声明どおりの意図で政策を実行していることになるが、それが多くの場合正しくないことは、経験的事実として明らかである。よって、陰謀論は存在し得る。

こうして陰謀論の存在が証明されても、どこから展開したらいいのか手がかりがつかめない。そう思っていたところ、「マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている」THINKER著、5次元文庫、徳間書店を発見した。この本は、私が既に知っていることもかなり含んでいるが、実によくまとまっているので、この本に添って私なりに趣旨をまとめてみる。

すると、陰謀論の嚆矢は、ユダヤ系で金貸しを営んでいたロスチャイルドに遡る。ロスチャイルド一族は、フランス革命より少し前のドイツで興った。ロスチャイルドの祖先である、マイヤー・アムシェルは、当時のヨーロッパ随一の金持ちである、ヴィルヘルム候に取り入り、そこの御用商人となった。さして、ロスチャイルド商会を興した。

マイヤー・アムシェルは子沢山で、五人の息子と五人の娘に恵まれた。五人の兄弟はそれぞれ、ドイツ、オーストリア、イギリス、イタリア、フランスでビジネスをした。五人の兄弟のうち、一番傑出していたのは、イギリスに行った三男、ネイサンであった。ネイサンは、イギリス軍対ナポレオン軍の戦いの結果をいち早く知り、その結果を最善に利用して、巨万の富を築いた。

その後もロスチャイルドは富を増やし、銀行、保険、エネルギー関連、マスコミ関連、軍需関連、IT関連など、聞くと誰もが知っているような大企業を傘下に収めている。

次のトピックは、紙幣発行権をもつ中央銀行である。世界最初の中央銀行は、イングランド銀行である。当初はロスチャイルドと係わりがなかったイングランド銀行も、後にロスチャイルドのネイサンと深い係わりをもつようになった。

中央銀行を支配すると、紙幣は必要に応じていくらでも刷り、貸すことができる。そして貸したお金からは利子をとることができるので、中央銀行は最強のコントロール手段なのであった。

よって、ロスチャイルド一族やロックフェラー一族は、米国にも中央銀行を設立しようとしたが、最初は強い反対に遭って成就しなかった。ところがあるとき、ウィルソン大統領がだまされて、うっかり法案成立に署名してしまう。

しかし、歴代の米国大統領は、これに抗してなんとか中央銀行を廃止し、政府紙幣を発行しようとした。それを強行しようとしたリンカーン、ガーティールド、ケネディの大統領たちは何れも暗殺されてしまった。

実は日本の中央銀行である日本銀行にも、ロスチャイルドの息がかかっている。

こうして金融による世界支配が進むと、実はさまざまな歴史的出来事が金融資本に操られていた結果だと気づくことになる。例えば明治維新、日露戦争、日中戦争、太平洋戦争などである。特に日中戦争、太平洋戦争など、なぜ日本が好き好んで体力の限界を大いに超えて自ら傷口を広げるような愚行に突進したのか理解できなかったが、金融資本にドライブされていたのなら、多少はわかる。

原爆投下は、国際金融資本家にとって、強力な新製品の格好のプレゼンテーションだった。

戦後も国際金融資本家たちは、国連をつくり、リーマンショックなどの恐慌を引き起こし、世界支配の手を緩めていない。あと、各論を取り急ぎまとめておく。

  1. 人類削減計画。例えば、インフルエンザの流行化、ワクチンの流布、虫歯防止の理由によるフッソの流布、など。
  2. 地球温暖化論を流行らせ、無駄な投資を各国に強いる。おかしいのは、いくら地球温暖化論が科学的に虚妄だとまともな学者達が叫んでも、マスコミがほとんど取り上げないことである。いつまでたっても、二酸化炭素削減は有効だとテレビは放送する。
  3. そして拝金主義を煽る。セレブを賞賛し、貧乏であることがひどく恥ずかしいことのようなムードをつくる。

実はマスコミこそが、国際金融資本家にとっての格好のツールなのだった。日々、偏向したニュースを流すことで世論を操作し、上述の反地球温暖化論の封じ込めなど、実にgood jobである。

マスコミなどを通じた、グローバリズムの宣伝も、一見尤もらしいが、実はビジネスを危うくすることが少なくない。例えば、日本の顧客向けの独特の要望の製品があったとき、グローバリズムの観点からは、米国向けに展開されているこの製品を一部カスタマイズして使えばいいということになる。しかし、当然ながらそのような製品は、独特の要望の製品よりもはるかに使い勝手が悪く、ビジネスで勝てないことが多い。

以上のように、ローカルな人達が誰一人喜ばない施策が、不満をよそに何の反省もなく粛々と遂行されているとしたら、その陰に国際金融資本家の意図があるに違いないのである。最後は私がドライブしてしまったが、私が陰謀論をどれくらい信じているかというと、50%くらいだろうか。というのは、陰謀計画者たちは、懸命に金融・マスコミなどを駆使して世界をコントロールしようとしているだろうが、世界の非線形性により、なかなか世界は思うように動いてくれない。だから9.11のような無茶もするのだが、それでも場合により驚くほどうまく世界が操作できることもある。金融の世界がまさにそうで、金融のグローバル化を実行すると世界の制御性が高まる。それゆえに、世界制御論みたいな話になるのだが、まだ思考がまとまっていないので、別稿とする。

最近将棋について感じたことがいくつかある。将棋の諸相と題して、徒然なるままに書き連ねてみる。

最初は、週刊将棋に片上六段が書いていた「力戦の定跡化」である。どういうことかというと、門倉四段と対戦したとき、今までみたこともない角交換振飛車の局面になって、経験がないのでどうするか考えていると、後で分かったのだがそれは、門倉四段にとって研究済みであって驚いたというのである。研究というものは未知の局面に道筋をつけるものだから、何もいまさら驚くことでもないはずなのであるが、インテリの片上六段がいうと、何か耳新しい。今後、「力戦の定跡化」は現代将棋の一つのキーワードになるだろうというのだが、別の言い方でいうと、これは将棋における経済物理学なのであって、カオスをフラクタルの手法で解析しようというのだろう。もちろん、阿伽羅(あから)の変化をもつ将棋のこと、解析し尽くせるわけがないので、こぼれてもこぼれても汲み続ける賽の河原が、現代将棋のダイナミズムである、ということなのだろう。

次も週刊将棋の記事なのだが、丸山九段、長岡五段、村山五段、阿部健治郎五段が「指さない研究会」というのをやっているという。どういうものかというと、ある気になる局面を指定して、ああだこうだと言い合う。ガチンコの真剣勝負の研究会だと、実戦の鍛錬にはなるが、意図する局面にはなかなかならない。実は、気鋭の若手、阿部健治郎五段いつもマニアックな研究テーマを提示してくるので、刺激的だという。なるほど、プロというのは、いかにスキルを鍛錬するか、いつも工夫しているのだと感心した。そういえば囲碁のほうでも、三村智保九段が、ヨセ研とかツメ研とかいって、同志で集まって、ヨセだけ、あるいは詰め碁だけ集中して研究していると聞いた。

そうやってみんながいろいろな研究会で切磋琢磨しているのに、橋本崇載八段は、お酒と将棋をコラボした「SHOGI BAR」を経営して忙しくしている。将棋の方は、最近研究会もせず、自宅で一人盤に向かっているという。Wikiによると、「流行の戦形を研究することは無く、自らの指さない戦形についての知識はほとんど持っていないと言う。」ほんまかいな。最近橋本八段は、隠れた羽生キラーとして知られる。先日も竜王戦で羽生二冠と対戦して相矢倉でがっぷり四つに組み、終盤不利になるも、羽生の緩手をついて抜き去った。これで羽生二冠には、前期に続き二連勝。羽生は心穏やかではあるまい。ともかく才能は研究に優るということだろう。

さて名人戦。なんと森内名人は、前期名人はとったものの勝率3割台であった。引退間際の棋士の成績で、加藤一二三でもこれより勝っている。しかも名人戦直近までの森内の成績は1勝9敗。だれもが森内不調と思ったら、なんと名人戦第1局で、羽生の終盤の乱れに乗じて勝ってしまった。私が仮説として述べたフォーカス力はどうも実在するようである。このように棋力を冷凍保存しハイバネートさせる特殊能力を森内はもっている。羽生にはそんな力はないし、もとうとも思わないだろう。そんな力を駆使して名人に留まるのはどうも潔くないと思うのだが、負債にあえぐ名門企業の選択と集中として、ありえるということだろうか。

人材の枯渇

user-pic
0

特に東電などの大企業や政治家などで、リードできる人材がいないとよく言われる。しかし、おかしいではないかと私は素朴に思う。なぜなら、わが国は、学校であれ、企業であれ、官庁であれ、膨大な教育リソースを使って人材を育成しているはずではないか。

その理由は簡単で、要するに、使える人材になるように教育していない、ということである。しかし人材が枯渇しているという言い方は、少なくとも高度成長期やバブルの頃はいわれることがなかった。むしろ、世界に冠たる人材だの、ジャパン・アズ・ナンバーワンなどと喧伝されていた。

しかし、いまや人材枯渇と言われる理由は、以前に能面ビー玉に書いたことから説明できる。すなわち、過度にテストの点数に依存して評価を決め、そのテストなるものは、正解が決まっていて、いかに迅速にそれを選ぶか、回答に行き着くかというところにフォーカスし、その他を等閑視したことで、緊急時に対応可能な人材が育たなかったのである。

すなわち、危機に際して、能面ビー玉の人材はどうするかというと、過去の事例からは正解が分からないので、ただ呆然と立ちすくむだけである。

それでも、高度成長期なら能面ビー玉の人材も有効に能力を発揮できたので、要するに、必要な人材の仕様が変わったというだけのことなのだろうか。

今の状況にあわせて人材育成のモードを変更するなら、オリジナリティ、問題解決能力、利他性、責任感、根気強さなどへ教育のフォーカスを移さなくてはならないが、まず困難なのは、教える側がそのようなモードで教育を受けていないということがある。

また、利他性、責任感、根気強さは、教えられるものではなく、教える側が日常的な態度で示さなくてはならない。

するととりえる手段はまず、見つけるのが困難ながら、利他性、責任感、根気強さの資質に優れる指導者を教育者に就けることである。

そうした上でやはり以下の要素が重要である。

  1. 日本人のアイデンティティとしての愛国心
  2. 個性に基づく多様性重視
  3. 他者に対する思いやり
  4. 知力あるいはスキルに応じた責任

愛国心は、アイデンティティの基礎として重要である。なぜなら愛国心がないと、他国の愛国心も理解できず、結局コスモポリタンにもなれない。ただ、どうしても日本の国でなく別の外国に愛国心を感じるならそれもありである。その国に移住するのがベストだろう。

個性に基づく多様性重視は、マイナーに意見に就くことの尊重であり、特定のスキルが駄目でも咎めないことの寛容である。何かで存在感を示せばいいのであり、ゲームであっても、喧嘩であってもよい。いや、存在感を示さない内向性もありである。世間には多様な人が必要である。

間違っても拝金主義に誘導する必要はない。なぜなら世間は、拝金主義に対する誘惑に満ちており、ことさら小学生のときから投資のやり方を教える必要は全くない。

そして、重要であるのは、知能であれ、大工の技能であれ、それらをスキルという言葉で括ると、要するにスキルを重視しなくてはならないとともに、スキルをもつことには責任が生じるということである。責任には、そのスキルで他者を助ける責任、他者にスキルを伝授する責任、そして自らのスキルを研鑽する責任である。

しかし、どう転んでもこんな教育方針にならないのは、そのように一本芯が通って責任感のある人材は、国家にとって、組織にとって、素直でなく統治しにくいので、必ずしも望ましくないからである。そもそもが能面ビー玉の人材は、戦後の日本を骨抜きにしたい米国の戦略で育成されたのではなかったか。戦後がいまだに戦後であるとすると、能面ビー玉の人材の再生産はまだまだ続くことになる。

日本がどこまで危機に陥れば、人々はモードを切り替えるのだろうか。

鬼嫁度

user-pic
0

R25によると、下記の項目をチェックすることで、鬼嫁度が分かるのだという。

  • 一日何回も、何していると聞いてくる
  • 店員や商品によくクレームをつける
  • ケンカで手を出してくる
  • 洋服・化粧品に必要以上に金をつかう
  • 「ありがとう」といわれたことがない
  • 彼の誕生日や記念日を覚えていない
  • 台所を使っている形跡が全くない
  • 時々、「お前」などと汚い言葉で呼ぶ
  • 外食や買い物の会計で財布を出さない
  • 彼の両親にあまり会いたがらない

これに対して、該当0なら問題なし。該当数1~3なら、鬼嫁の素質あり。該当数4~6なら鬼嫁近し。該当数7~10なら立派な鬼嫁。なのだという。

この質問項目がどれだけ妥当か私には分からないというか、あえてコメントは控えさせていただくが、少なくとも結婚する前に、この程度のチェックはしておくことであろう。法律用語で、due diligenceである。

ところで、吉田拓郎に「花嫁になる君に」という曲があるが、これをもじって、「鬼嫁になる君に」という替え歌をつくったので、披露させていただく。

指が触れたら
ぶんなぐられてしまった
僕を痴漢と
勘違いしたんだね
君はいつものように
僕を電話に呼び出し
僕を罵倒したあとで
その宣言をしたのだった
お料理を習うのは
馬鹿馬鹿しいから止めたんだね
そちらから電話を切ったから
君はもう言いたいことは
いっちまったんだろうね

朝日新聞にあった、内田樹の「消費者マインドの弊害」という記事を友人に送ってもらった。その内容を私なりに要約すると、現代の若者は、消費者マインドで動いているというものである。

消費者マインドとはどういうことかというと、最小の貨幣で、価値ある商品を購入することが賢い消費者である、という発想である。

例えば、私がブランドのバッグ(グッチとしよう)を7万円で購入して満悦していたとすると、知り合いが同じバッグを、どこかのサイトで5万円で購入すると悔しい。そこで私は、賢くない消費者である、ということになって、若者が嫌うパターンということになる。

もちろんそういう経験は愉快ではないが、安い商品を探す手間をかけなかったのだから仕方ないと、私は諦める。

内田が指摘する、消費者マインドの行動とは次のようなものである。

  • 単位がとれるぎりぎりの出席日数しか授業に、出席しない。合格点の60点がとれればいい勉強しかしない。
  • 部活で、文句をいわれない最低限のことしかしない。そのためわざわざ、「とりあえずなにしとけばいいですか。」と聞いたりする。
  • 医学部の授業でわざわざ、これって国家試験に出ますかと聞く。
  • 大学で何も勉強しませんでしたよ、と自慢する。いいたいのは、最小限しか勉強しなくてもちゃんと単位とって卒業しましたよ、ということである。

以下、私独自のコメントを付すと、消費者マインドがさらに要求するのは、ブランドの絶対視である。すなわち、私は最小限の価格でグッチのバッグを買った。グッチじゃない、あるいはブランドでないどんなバッグを見られても、いくらデザインがよくてもそんなの目じゃない、と開き直る。

勉強においては、学歴=ブランドである。だから、「最高学府はバカだらけ」石渡嶺司著、光文社新書によると、東大に合格した途端、東工大や一橋なんて目じゃないぜ、この超えられない絶対の壁がわかるか、などと威張る東大生がいるらしい。そういう学生は東大でもごく一部だと思うが、ほぼ間違いなく言えることは、単位をとる以上には勉強しないだろうということである。

さらに消費者マインドに富む人は、基本的にグッチのバッグをきれいに磨くことで他人と差をつけようとするのではなく、別の、例えばエルメスのバッグを買うことで差をつけようとする。それは現実的には、資格であったり、一流企業であったり、海外有名大学の大学院だったりする。

そういう人にとって足りないものは常に、努力や経験、人脈やスキルよりむしろ、ブランドなのである。

時代が、実務力やスキルをより一層求めているはずなのに、若者が消費者マインドを強めているとしたら、その理由は何なのだろうか。

AIJの手法の続報として、読売新聞に以下の記事があった。

「AIJ投資顧問」(東京都中央区)の年金消失問題で、同社の浅川和彦社長(59)が証券取引等監視委員会の調べに対し、年金資産の大半の運用を自ら指示していたことを認め、「いつか『当たる』と思ってやっていた。もう100億円あれば、なんとか巻き返せたのに」などと話していることが、分かった。

監視委は、浅川社長がリスクの高い運用で膨らんだ損失を取り返すため、顧客にウソをついて勧誘していたとみて、金融商品取引法違反(契約に関する偽計)容疑での刑事告発を目指す。

監視委によると、同社は2002年、英領ケイマン諸島に設立したファンドを通じて金融派生商品などへの投資を始めたが、04年3月期以降は毎年損失を出し続け、11年3月期までの9年間に、厚生年金基金などの顧客から預かった年金資産1458億円のうち、1092億円を消失させた。

追加の記事によると、AIJは、英領ケイマン諸島に設立した「AIMグローバルファンド」を設立し、顧客となる厚生年金基金などへの勧誘は、傘下のアイティーエム証券に委託した。

AIJはまず、AIMファンドの資産を管理する香港の欧州系の銀行に年金資金を集め、シンガポールの金融ブローカーを通じて、「日経225オプション」や「日本国債先物取引」などの4種類の金融派生商品に投資していた。

ここでよくわからないのは、浅川社長がほぼすべて指示していた、という点である。というのは、浅川社長は野村證券の熊本支店長を務めたことがあるが、どうもファンド投資は素人のようなのである。

なお、AIMファンドに対しては、英国の大手監査法人が監査を行い、定期的にアイティーエム証券に監査報告書を提出していた。そこには投資の失敗でファンドの価値が下がっていたことが記載されていたらしい。

しかし浅川社長は、アイティーエム証券に対して、監査報告書が届いたら開封しないでAIJに渡すように指示していた。そして、AIJは、顧客の厚生年金基金から監査報告書を開示するように求められても一切応じなかった。それで厚生年金基金が引き下がったのはどうも理解できない。

さらに、AIMファンドの資産評価は香港の欧州系の銀行が行っていたが、評価の通知は、AIJの子会社の英領バージン諸島の管理会社に届けられていた。浅川社長は管理会社の社長も兼任していたので、好調な利回りが続いていると偽装することができた。

その改竄は2004年3月期に始まり、2011年3月期には、251億円しか残っていないのに、2009億円が残っていると嘘をついていた。

浅川社長は、ファンド投資の知識も年金の知識もほどんどなかったが、偽装の仕組みを作り上げることには巧みだったといえる。しかし、もう100億円あっても、結局雲散霧消したに違いない。この分野の基本的資質を欠いているようである。

このことから、世間というものは意外に、塹壕というかシェルターに満ちたものであるようである。すなわち、不手際があっても、世間の評判の銃撃は、塹壕に潜れば届かない。様子をみて匍匐して別の塹壕に移る。こうして首尾よく目的地に移動できる。私にはできない真似なので、いささかのテクニックは必要なんだろうけど。

SPAの3月31日の記事によると、浜名湖でUMAが発見されたという。

3月19日、静岡新聞が「浜名湖で謎の巨大生物を発見」と報じ、地元民だけでなくネット上でも話題となった。黒っぽい体を湖面に出し泳ぐ姿を複数の通行人が目撃していものの、まだ完全に姿を見せていないためか、専門家の間では、アザラシ、イルカ、スナメリ、ゴンドウクジラなど、様々な説があがっている。

そんな噂の巨大生物が、29日午後、浜名湖の今切口付近に再び姿を現した。実際、釣りの最中に目撃したという、男性の話を聞くことができた。

「5 メートルくらい先で不自然に水が揺れたと思ったら、急に2メートルくらいの黒い背中が湖面に現れました。背びれはなく、黒い体と盛り上がった背骨がはっきりと見えましたね。その後、さっきまで釣れていた魚が、全くかからくなった。おそらく巨大生物がボラの群れなどを追って、他の魚も散らしてしまったのでしょう」

「2メートルくらいの黒い背中」だと、普通の水棲生物でもありえるのではないか。しかし、この男性は1年ほど前にも巨大生物を目撃しているという。

「1年ほど前にもっと大きいものを見ています。そのときは、50メートルほど離れていたでしょうか。同じように一瞬だけ背中を見せて潜ったんですが、大きさが全然違いました。体長6~8メートル、横幅は1.5~2メートルで、ちょうど乗っていた小型船と同じくらい。あのときは恐怖を感じました...。大きさから考えると、一年前に見た生物と、今回話題になっている生物は親子かもしれませんね」

ただ、依然としてクジラ、イルカ説も有力である。実は水棲UMAというのは、ネッシーがそうであるようにかなり多い。UMAのしらべによると、下記のとおりである。

  1. インカニヤンバ:南アフリカの古都ホーウィックにあるホーウィック滝周辺に生息しているといわれている海獣
  2. ミゴー:パプアニューギニア・ニューブリテン島のダカタウア湖に棲息すると言われている怪物
  3. ニューネッシー:ニュージーランド沖で日本の遠洋トロール船「瑞洋丸」が操業中に引き上げられた10mほどの正体不明の腐乱死骸
  4. シーサーペント:蛇に似た巨大な海棲怪獣。1848年、東インド諸島に向けて航海中のイギリス軍艦、ディーダラス号がシーサーペントに遭遇。
  5. クチバシのある海獣。体長約22~25m、幅約6m、体重約24トン、体に黒と白の縞模様があり、皮膚は硬く、体毛は羊毛のよう。「クジラの突然変異」と結論づけられた。
  6. アルカリ・レイク・モンスター:アメリカのネブラスカ州・アルカリ湖で目撃されたワニのような巨大な生物。
  7. ニンゲン:南極周辺海域での「調査捕鯨」で数年前から目撃されていると噂された未確認生物。全長は約20~30m、全身真っ白で大きな人の形をしている。
  8. アイダハル:カザフスタン共和国のコッコーリ湖で目撃されている水棲の未確認生物。
  9. モケーレ・ムベンベ:アフリカのコンゴ奥地のテレ湖に生息し、地元原住民から古くから語り継がれてきたUMA。
  10. クッシー:北海道の屈斜路湖で目撃された海獣。体長約10~20m、首が長く、背中に黒いコブがある。
  11. イッシー:鹿児島県にある池田湖で目的されたUMA。
  12. ホラディラ:アマゾン川に生息していると言われている水棲のUMA。
  13. シーモンスター:スウェーデンにあるスタースジョー湖に棲息している。

きりがないのでこの辺にしておくが、浜名湖のUMAもこのうちのどれかと同一だと思われる。なぜならあまりにも、似たパターンの水棲UMAが世界に遍在しているからである。とりあずハッシーと命名しておけばよいのではないだろうか、将棋ファンとしては、今年からAクラスに昇級した橋本崇載八段にかぶるのであるが。

読売新聞の一面に、「安部公房 ノーベル賞寸前だった」とあったので、メモしておく。

その記事は、ノーベル文学賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーのノーベル賞委員会のペール・ベストベリー委員長(78)に、読売新聞が取材したことに基づく。

ベストベリー氏によると、安部公房は、1993年に急死しなければノーベル文学賞を受けていたでしょう、非常に、非常に近かった、とまで言う。それ以外にも井上靖が真剣に検討されており、ノーベル賞を噂されていた三島由紀夫は実は、あまり高い位置にいなかったという。

さて、日本のノーベル文学賞受賞者といえば、1968年の川端康成、1994年の大江健三郎がいるが、これに、ノーベル賞委員会から高く評価されていた安部公房と井上靖を並べたとき、どのような傾向がみてとれるだろうか。

そこで私が独断と偏見でノーベル賞委員会から注目されるポイントを挙げてみる。

  1. ある程度注目を浴び、作品が読まれていること。
  2. 与えるイメージの目新しさ。
  3. 英語などの欧米語に翻訳しやすいこと。

ある程度注目を浴び、作品が読まれていること、というのは当然の必要条件であって、ノーベル賞委員会は場末の出版社の編集部ではないので、無名の作家を発掘するというのはありえない。

与えるイメージの目新しさというのは重要で、おそらくであるが、読んで心象イメージを形成しやすい文体なのだろう。典型的には、川端康成の「雪国」の冒頭である。

安部公房は私は、学生時代にかなり耽読したので、ある程度感想を述べることができるが、独特のシュールな、ある意味SF的な雰囲気で、これもまた、イメージの目新しさがあるといえる。

大江健三郎はほとんど読んだことがないが、かなりの作品を読んでいる友人の話だと、まるで翻訳調なのだという。すると、英語などの欧米語に翻訳しやすいこと、という条件に適合するのかもしれない。

井上靖は、「敦煌」などいくつかの作品を読んで面白かったが、どう考えてもノーベル賞委員会から注目される理由が思い当たらない。強いていえば、日本的なものに耽溺しない、汎アジア性だろうか。

そういう意味で、日本的な感性溢れる三島由紀夫は、あまり高い位置にいなかったのだろう。ここには名前は出てこないが、あまりに日本的な谷崎潤一郎なども内外の高い評価にも拘わらず、三島と似た理由で、ノーベル賞委員会からはリストされただろうが、あまり上位に位置づけられなかったに違いない。

ベストベリー氏は、作家がどこの国の出身かは見ない。その文学を見るのです、というが、オリジナルが欧米語でないとやはり評価は難しいだろう。もしサイデンステッカーのような奇特な翻訳者がいるとしても、相当選択的にしか作品がチョイスされないし、また、文体など、あまりにも翻訳者に依存してしまう。

さらにベストベリー氏は、アカデミーの会員内で読めない言語で書かれている場合、専門家に翻訳を依頼したり、助言を受けたりする試みを続けているというが、日本語のような欧米語から遠い言語の場合、そのような専門家は限られており、またその専門家にバイアスされることになる。

またベストベリー氏は、村上春樹に関してコメントを避けるが、おそらく村上春樹もリストの上位にあると推察された。英米語に翻訳された作品が既に沢山あることが有利に働いていると思われる。

教育投資

user-pic
0

最近不景気のせいか、大学院に進学する人が減っていると聞く。それはそうで、大学までで相当な学資がかかっているのに、父兄は、あまり将来の糧にならないかもしれない大学院に追加で学資を払う気にはなかなかなれないかもしれない。

なのに、大学進学熱は不景気になるほど過熱する一方である。少しでも名門と言われる大学、俗にいう偏差値の高い大学を出ておくほど就職に有利という前提から、子供が勉強が得意かどうかに関わらず、父兄は、偏差値の高い大学に合格実績のある中高一貫の名門校に子供を合格させることに腐心する。

中高一貫の名門校に子供を合格させるためには、よほど子供が優秀でないと、小学校の時代から名門塾で受験指導を受けなくてはならない。そのための費用も馬鹿にならない。リストラになりそうなお父さんの収入にヒットする。

で、偏差値の高い大学を卒業することが就職に有利という命題は、やはりなかなか否定し難いものがあって、よって、成績のよい子供に、お金をかけて中高一貫の名門校から有名大学というパスを用意することは一般的に是認される。

しかし、その命題は論理的に、偏差値の高い大学を卒業することが就職の有利な唯一のパスである、とまでは述べるものではない。なのに、世間の父兄は、あたかも偏差値の高い大学を卒業することが就職の有利な唯一のパスと信じているかのように日々子息を受験へと駆り立てる。想像力の欠如であろうか、それとも、それ以外の道はリスクに満ちているとでも思っているのだろうか。

少し冷静になって考えてみたら分かるように、偏差値の高い大学に受かる受験秀才以外のパスは結構いろいろある。自明ながら列挙してみると、以下のとおりである。

  1. まず、建築、美術などの感性の仕事がある。ただ、建築において、日本で第一人者といわれている伊東豊雄は東大建築科出身だし、それを追う隈研吾もやはり、東大建築科出身である。なんだやっぱり学歴主義ではないかと思われるのだが、実は一歩蓋をあけると、内情はかなり違う。例えば、物理学者や数学者だとその学歴はほとんどが東大・京大だが、建築家だと、大卒だとしても、そんな学校に建築科があったっけというとこから、専門学校卒の人でも一流の人がごろころいる。要するに感性やセンスが重要なのである。
  2. 次にアイデアの仕事。例えば、お笑いのネタづくりや、台本作家をみると、学歴は全く関係ない。むしろ、しょうもない冗談をいう能力が問われる。あるいは、一級詐欺師とか、非合法な人たちであれ、ぎりぎりのアイデアが問われる。
  3. 次に対人の仕事。これには人当たり、交渉能力、場の空気を読む力などあって、営業マン、タレント、キャバクラ嬢にも問われるが、やはり学歴に全く関係がない。
  4. 次にスキルの仕事。囲碁、将棋、野球、その他のスポーツなど、学歴の延長線上にない、食べていけるスキルはゴマンとある。美容師や理容師もこれに含まれる。
  5. 次に平凡性。これは、急にカテゴリが変わるが、上記のような特異なスキルがないとき問われるのが、常識や誠実性を備えているという意味の平凡性である。こういういい意味の平凡性を備えていると付き合って安心される、結婚相手として歓迎される。ちなみに私は、ろくなスキルも知能もないのに、この平凡性を欠いており、しばしば孤立する。困ったものである。

また、下流大学に書いたように、偏差値が必ずしも高くなくても、学生の面倒見がよく就職もよい大学は結構あったりする。

このように、世間には偏差値の高い大学を目指さなくても、ちゃんとやっていける道はいろいろあるのに、必要以上に高い偏差値の高い大学を目指すようにドライブする風潮の理由は、以下のとおりだと思われる。

  1. 世間で重要な地位にある人で、偏差値が高いといわれる大学を卒業している人が多い。よって、自分のステータスを保つためにも、偏差値が高い大学を卒業することが重要というメッセージを出し続けたい。
  2. 科挙の伝統。日本には科挙の制度はなかったが、特に中国から、それなりに影響は受けた。
  3. 受験産業による利益の構造。無理してでも偏差値が高い大学を目指すことが価値が高いということにすると、予備校に通う人が増え、受験産業が潤う。有名進学校も、受験生が押し寄せるのはメリットである。
  4. 就職の問題。不景気になると、偏差値が高い大学を卒業しないとなかなか就職できないという懸念をみんな抱く。また、偏差値が高い大学を卒業すると、難しい国家試験にも受かりやすいと思うようになる。
  5. 試験の点数という意味で、ゲームのように目標になりやすい。

要するに、安全志向と、学歴のステータスの慣性により、父兄の教育投資は続くのであった。

ガラケー

user-pic
0

4月に入って、携帯が突然壊れた。プチ不幸で何度も登場した携帯であり、その都度駄目かと思ったので、よくここまでもったといえる。

ただ、おかしいのはその壊れ方であって、電話は受けることができて会話もできるのだが、なにしろ画面が全く見えなくなったのだった。

携帯が壊れると何かと不便なので、早速ドコモショップに行った。もしかして修理可能かと、待って修理用の待ち札をとったところ、30分も待たされてしまった。それで席に着くと、担当者は若い女性の方だった。一般的に若い女性は歓迎なのだが、修理となるといまいちこころもとない。

それでも割合器用に電池を入れ替えてみたり、FOMAカードを差し替えたり、いろいろ試みてくれたが、どうしても液晶画面が真っ暗のままで直らなかったので、諦めて新しい携帯を購入することにした。

もってきてもらったパンフレットを眺めもせず、一番安いのをお願いします、スマホでなくていいから、と冷たく言った。すると係員は微妙に苦笑した。一番安いのといっても今は、一円携帯はない。それで、19000円くらいで、パナソニックの携帯を買った。

2010年モデルなので、特に旧式というわけでもないのだが、友人に言わせると、こういう携帯はガラケーというのだそうである。ガラパゴス携帯の略で、もともとも日本独自の機能をてんこ盛りにした携帯がガラケーと呼ばれたそうである。しかし次第に、どうもスマホ以外の携帯がガラケーと呼ばれるようになった(というのが私の解釈である)。

さらに担当者は、ルーチンに従って、携帯道案内のアプリなど、いろいろなオプションを紹介してくる。しかしそれは要らないとすべて断った。なんともそっけない顧客である。ただ唯一、携帯喪失時に5000円払えば、新規の携帯を購入できるという、毎月325円のオプションは残した。

こうして今日も、新しいガラケーを満足して使い続けているのだが(といっても、メールと電話だけ)、言い訳すると私は別に生活全般にコンサバであるわけではない。最近は、Hadoopの入門書を2冊も買ったし、押さえるべきところは押さえているつもりである。そのための新規性を追うリソースを留保するために、携帯やギャンブルや女性関係などを超コンサバに保っているという一貫した方針で生きているのであった。いよいよ言い訳がましい。

共同通信によると、「サトウの切り餅」が特許侵害で製造中止になるという。以下、引用:

切り餅を形崩れしないように焼き上げる切り込みの特許権を侵害されたとして、業界2位の越後製菓(新潟県長岡市)が、業界1位の佐藤食品工業(新潟市)に「サトウの切り餅 パリッとスリット」など5商品の製造差し止めや59億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、知財高裁の飯村敏明裁判長は22日、製造禁止と約8億円の賠償を命じた。判決確定前でも強制執行が可能になる仮執行も認め、製造装置の廃棄も命じた。

そこで、特許実務屋の血が騒ぎ(というほどのものではないが)、越後製菓が権利行使に使った特許権はどれか検索してみた。するとどうも下記の2件らしい。

  1. 特許第4111382号(平成20年4月18日登録)
  2. 特許第4636616号(平成22年12月3日登録)

特許第4636616号は実は、特許第4111382号の分割出願であって、特許第4636616号の請求項1は、特許第4111382号の請求項1を一部限定したような記述となっている。おそらくであるが、特許第4111382号だけでは権利が弱いとみて、特許侵害訴訟を見越して、追って出願したのだろうか。

特許第4111382号の請求項1は、下記のとおりである。

【請求項1】
焼き網に載置して焼き上げて食する輪郭形状が方形の小片餅体である切餅の載置底面又は平坦上面ではなくこの小片餅体の上側表面部の立直側面である側周表面に、この立直側面に沿う方向を周方向としてこの周方向に長さを有する一若しくは複数の切り込み部又は溝部を設け、この切り込み部又は溝部は、この立直側面に沿う方向を周方向としてこの周方向に一周連続させて角環状とした若しくは前記立直側面である側周表面の対向二側面に形成した切り込み部又は溝部として、焼き上げるに際して前記切り込み部又は溝部の上側が下側に対して持ち上がり、最中やサンドウイッチのように上下の焼板状部の間に膨化した中身がサンドされている状態に膨化変形することで膨化による外部への噴き出しを抑制するように構成したことを特徴とする餅。

要するに、焼いたときに外部への噴き出しを抑制するようにした餅の構造というわけであるが、製菓業界に素人の一特許実務屋としては、いろいろ限定が入っていていくらでも迂回できそうな特許請求の範囲に思われる。

ところが、佐藤食品工業としては、この特許を簡単に迂回できるとは解釈せず、2009年5月22日に判定請求し、続いて、2009年7月31日に当該特許を無効にしようと、無効審判を請求した。しかし、これは功を奏さず、特許は維持された。

そうして確定した特許権を以って、越後製菓は佐藤食品工業を特許侵害で訴え、少なくとも知財高裁は、越後製菓に軍配が上がったという次第である。

餅の特許がここまで幅を利かせるとは、全くもって予想外である。

さて、佐藤食品工業のホームページには2012年3月26日付けで、次のようにある。

弊社は、平成24年3月22日に知的財産高等裁判所より、切り餅の製造・販売の差し止め等の判決を受けましたが、現在、弊社が製造・出荷しております切り餅は、この訴訟の結果により影響を受けるものではなく、また、お客様が店頭で販売されている餅製品をご購入されることには、全く問題ございませんので、どうぞご安心してお買い求めください。

また、この訴訟で問題とされているのは、「切り餅の側面に切り込みを入れること」ですが、弊社はすでに「側面に切り込みの入った切り餅」を製造・出荷しておりませんので、今後も弊社の切り餅を問題なくご購入いただけます。

なお、一部報道機関において、切り餅の上下面のみに切り込みを入れた切り餅についても、特許権を侵害しているかのような報道もなされておりますが、この報道は誤りです。この訴訟で問題とされているのは、「側面に切り込みを入れた切り餅」であり、弊社が現在製造している上下面だけに切り込みを入れた餅製品は、何ら特許を侵害するものでなく、弊社の製造・販売も禁じられておりません。

なるほど、佐藤食品工業は、請求項1の、「小片餅体の上側表面部の立直側面である側周表面に、この立直側面に沿う方向を周方向としてこの周方向に長さを有する一若しくは複数の切り込み部又は溝部を設け、」という限定をなんとか迂回したようである。

ふと、人材を薬に喩えてみる比喩を思いついた。すなわち、どんな薬にも作用と副作用があるように、どんな人材でも欠点はあるので、やはり作用と副作用がある。すると優秀な人材とは、作用が副作用を大きく上回っている人材、ということになる。

さて、遺伝子工学や薬理学やコンピュータ創薬技法を駆使した、高度な薬というのは世の中に多数存在する。なぜなら、薬品会社は、有効な新薬を求めて日々鋭意研究開発しているからである。このあたりの事情は、医薬品の問題にも書いた。

しかし、折角巨額の費用をかけて新薬を開発しても、ほとんどのものは没になってしまう。それは、薬が効かないというよりも寧ろ、薬が効き過ぎる、あるいは重大な副作用があるなどの理由による。実際、臨床試験を無事通過しても、イレッサなど副作用で社会問題になるケースが後を絶たない。

この比喩からいくと、使えない人材というのは次の3つのパターンに分けられる。

  1. 作用はそこそこ大きいが、作用を上回る副作用がある人材。
  2. 作用も副作用もほとんどない人材。
  3. 作用がほとんどなく、結構副作用がある人材。

例外はあるにしろ、有名大学をあるレベル以上の成績で卒業した人材は、ある確率でそこそこ大きい作用、すなわち、有能性を発揮しえると考えられる。しかし、理解してほしいのは、有名大学といえども、卒業する人材の臨床試験は行わないことである。よってどんな副作用があるか全く関知しない。そもそも、副作用は現場で実際の仕事に晒されないとわからないので、大学では人材の臨床試験はできないともいえる。

さて会社は、期待的有能性に着目して、主として有名大学から社員を採用する。確率的にはそれほど間違った選択でもないのだろう。しかし、そういう、一見有望な若者を部下として与えられた管理職は、時々重大な失望に遭遇する。確かにある面では優秀なのだろうが、使えないのである。すなわち、確かに効果はあるが、それよりも副作用がはるかに大きい薬を飲んだ患者の様相を呈してしまう。

そこで管理職は悩む。あの有名大学を優秀な成績で卒業したのだ、たまたまこの仕事が向かないだけではないのか。そして、別の仕事を与えてみるが、やはりうまくいかない。そのうち、同じプロジェクトのメンバーから、彼とは一緒に仕事をしたくないという苦情も出てくる。

実際、その人材が入ったプロジェクトはことごとく挫折してしまう。それでついに管理職は手段に窮して、その人材を、他人に影響を及ぼさない閑職に就ける。

それでも、事情を知らない人は、あんな優秀な人に仕事を与えないなんて、人材の浪費だと批判する。まさに作用だけみて、副作用に気づいていないのである。

そうやってプロジェクトから外された、優秀なはずの人材は、当然に管理職を恨み、世間を恨む。しかし、自分の副作用には微塵も気づかない。

さて、その副作用とは一体何なのか。私の見聞きした範囲で例示してみる。

  1. 自分が学んできたことに固執し、それ以外のことを学ぼうとしない。
  2. 自己中的すぎて、周りのペースにあわせない。
  3. 学歴や資格、学位などを振り回し、周囲を馬鹿にする。
  4. ルーチン業務を、自分のスキルにはふさわしくないと軽蔑し、まともに処理しない。
  5. 失敗してもすべて周囲のせいにする。
  6. 新しい発想や着想が全くない。教科書的な知識だけを重んじる。

ただ、近代細菌学の開祖と呼ばれたルイ・パスツールも、大学時代に化学を専攻したときは、指導教授から、凡庸で見るべきところはないと言われた。よって、能力があるのに、作用よりも副作用の方が目立つ職場にいるなら、それは単に適性のミスマッチなのかもしれない。というのは、一応平均より少しましのスキルのサラリーマンを自負する私も、最初に入った会社では、作用はある程度評価してもらったものの、副作用で散々こき下ろされたからである。ひどい人は、私に、精神病院に入った方がいいとまでいう人もいたくらいである。

なお、作用がほとんどなく、結構副作用がある人材というのは論外だが、作用も副作用もほとんどない人材というのは実は結構貴重である可能性がある。ムードメーカー、あるいは癒し系である可能性がある。しかし、リストラの風が吹くと、なぜかターゲットにされるのは、作用よりも副作用の大きい人材ではなく、作用も副作用もほとんどない人材だったりする。こうして職場環境はどんどん荒廃していくのだった。全く初歩の経営学も弁えない人々が多くて困る。

知り合いから紹介された情報なのだが、CNNによると、バルト海で、海底に沈んだ謎の物体が発見されたという。

(CNN) 北欧のバルト海で海底に沈んだ難破船を捜索していたスウェーデンの海底探査会社が、深さ80メートルの海底で巨大な物体を発見した。その形状から未確認飛行物体(UFO)ではないかとする説まで飛び交ったが、正体は分かっていない。

この物体は海底探査を専門とするオーシャン・エクスプローラー社が、スウェーデンとフィンランドの間の海底で発見した。それまで9日間にわたって付近一帯を探索したが何も見つからなかったため、引き上げようとして最後の音波探知をかけたところ、直径60メートルの円盤形の本体に、長さ400メートルの尾のようなものが付いた物体の画像をとらえた。さらに約200メートルほど離れた場所に、円盤形の物体がもう1つ見つかったという。

最初はUFOを見つけたと思ったというチームリーダーのピーター・リンドバーグ氏は、「20年近くこの仕事をやっているが、こんなものは見たことがない」と話す。

トンデモ好きな私としては、UFOと思いたいところだが、多分違う。なぜなら、「長さ400メートルの尾のようなもの」をもつUFOなど聞いたことがないからである。

物体の正体をめぐって現地では、映画「スター・ウォーズ」に登場する宇宙船「ミレニアム・ファルコン」説や、地球の中心に通じる入口説まで飛び交った。一方、スウェーデンの海洋博物館の専門家は、音波探知機が1方向からとらえた画像だけでは、地形なのか何らかの物体なのかを判別するのは難しいと慎重な見方を示している。

そういえば、随分昔から、地球空洞説というのも提案されている。ただ、もしかて巨大な宇宙船かもしれない月の内部が空洞であるというのはなんとなくしっくりくるのだが、地球は違うのではないかという思いは拭えない。

それと、さらに気になるのは、宇宙船の来訪で引用した記事との関連である。すなわち、趣旨は違うものの、どちらもむりやり宇宙船だのUFOだのに話を牽強付会で結びつけようとしている。そこに作為を感じるのは私だけだろうか。

よく世界大学ランキングが話題になって、英米の大学に偏りすぎているとか、それにも拘わらず東大は健闘している、のような議論になるが、少なくとも入試制度については全く統一されていないので、合格の難易度を比較することは難しい。

これに対処するためか、読売新聞によると、文部科学省は、世界の一流大学が採用する共通の大学入学資格取得に必要な「国際バカロレア(IB)」の国内認定校の拡大を目指すことを決めた。今後5年間でIB国内認定校を500校にする予定だという。

IBは、スイスのIB機構が実施校を認定する。実施校では、ディプロマ・プログラム(DP)を修了し、共通試験で、45満点の24点以上をとると、成績などに応じて、指定の大学が行う入学審査の対象となる。

認定試験に合格すると、世界の約2000の大学の選考を受けられる。但しもちろん、それは直ちに合格を意味するわけではない。

IB認定校は世界約140カ国に3300校あり、2010年度だと、約4万2000人が共通試験に合格した。アジアでは特に中国が認定校を増やしている。日本では2010年度の合格者はわずか211人であった。

IBのためのDPは、グローバル化する世界で必要な知識や人格形成、生きるための社会的スキルなどを育成することを目的とする。対象は高校2~3年で、カリキュラムは「知識の理論」「課題論文」「奉仕活動」の3分野からなる。

ただ、授業は英語で行われるため、専門分野を英語で説明できる教員を抱える必要がある。国内では現在、認定校は玉川学園やインターナショナル・スクールなど15校がある。

父兄の観点からみると、IB認定校に通いつつも、国内の普通の入試も見据えて二股かけたいと思うところであるが、通常の高校の授業と、IBのDPは内容が全く異なるので、余分な負担となって、二兎のどちらも捕まえられない惧れがある。

あと、日本人が海外の大学に行きたがらないことを少しでも改善しようと思って文部科学省はこのような制度を導入するのだろうが、海外の大学に行きたがらない理由は、必ずしも海外大学受験への道がわかりにくいからではない。むしろ、海外の大学に通うためには、一般的に日本の大学に通う倍以上の費用がかかったり、折角海外の大学を卒業しても、日本では権威ある学歴として認められにくいなどの問題の方が大きい。特に費用は、昨今の不景気で、父親がリストラに脅かされているのに、海外大学どころではない、という問題もある。

ただ受験者減少に苦しむ日本の大学は必ず、IB取得者を優先的に合格するような措置をとるだろう。するとIBも多少国内でも顔が立つが、国内の一流大学が安易にIBに飛びつくはずもなく、IBはやはりあまり国内では流行らないのではないだろうか。

挫折学

user-pic
0

負けないよに書いたことの続きなのだが、世の中にはどうも、どんな些細なことでも絶対に負けたくない、妥協したくない人がいるらしい。

そのような人は多分、次の2つのどちらか、または両方に該当すると思う。

  1. 超秀才なので、いい歳になるまでほとんど順調で、挫折らしきものを体験したことがない。よって負けるとはどういうことか、そもそも分かっていないので、負けることを極端に避けようとする。
  2. 自己中心性が強すぎるので、客観的に負けの状況でも、絶対に負けたとは認めない。負けだろうと客観的事実を突きつけられると、まずその事実そのものを切り崩しにかかり、それが成功しないと、負けの定義そのものをローカルに捻じ曲げてしまう。

どちらの場合であれ、主観的にはともかく、そういう方針で客観的に社会で成功するはずはない。そこで提唱するのは挫折学である。すなわち、挫折学を学校で教えることにより、世の中の幅は随分広がる。

その最初の一歩は、挫折の肯定である。すなわち、皆さん、挫折より成功の方が重要だと思っていませんか。そんなことはないのです、成功より挫折から、多くのものを人は学ぶことができるのです、と最初に教師が説く。

その第二教程は、挫折してみましょう、である。生徒に、わざと苦手なこと、わざとレベルが高すぎることにチャレンジさせる。ある程度の落胆が身につくまで、いろいろな失敗をさせる。優等で失敗したことがないという生徒ほど、この教程が必要である。世の中には、難解なこと、分かっていないことは無尽蔵にあるので、どんな優秀な生徒にも出す課題に不足することはない。

その第三教程は、挫折からの回復である。別の言い方で、正しい挫折の仕方である。次のような方法からなる。

  1. フレームの変更。すなわち、フレーミングにより、挫折の座標系を変更して、失敗でなくなる視点を選択する。
  2. 忘却。それがうまくいかないと、ともかく問題を忘れる。
  3. 責任転嫁。あるいは、あえて他人のせいにしてみる。環境のせいにしてみる。程度問題であるが、問題を抱えないためにこのような方法も受け入れるべきである。
  4. 時限的怠惰の導入。いいんだよ、しばらくぼやっとしても、と自分を癒す。

その第四教程は、挫折を通じた、他人に対する寛容度の育成である。

その第五教程は、日本や世界の歴史における、さまざまな失敗や挫折の事例を学ぶ。なにしろ事例に事欠かない。

このような教育を通じて、挑戦すること、失敗すること、他人からの非難を受け入れること、反省すること、休むこと、人生を諦めないこと、挫折した人に対する思いやりを育むというのが狙いである。

おそらくであるが、こういう挫折学の試みは功を奏さないだろう。でもいいんだと、教師が生徒に微笑みかける、それが最大の教育なのであった。

勿体つけてABCパラダイムと呼んでみたが、要するに、何度もこのブログで展開した以下の議論のことを、そう命名してみただけである。どういうことかというと、大抵の技芸の能力は、次の3つのカテゴリに分けられるという議論である。

  • レベルA:大した努力をしなくても卓越している。努力すれば、超一流になる。
  • レベルB:努力しないと落伍する。努力して鍛えると、なんとか水準に達することができる。
  • レベルC:いくら努力しても、水準に達することができない。

このABCパラダイムに従うと、次の結論が出る。

  1. レベルCだと見切ったら、無駄な努力はしない。おそらく、何をやってもレベルCということはないので、なんとか少なくともレベルBの技芸を見出すべきでである。
  2. レベルBの技芸を見出したら、そこにあるレベルの努力を投入して、水準のレベルにもっていくべきである。その努力を怠ると、レベルCに留まり続ける。自分でどう努力していいか分からない場合は、先輩や、熟練したチューターに教えを請うべきである。それに費用がかかったとしても、水準に達するまで惜しんではならない。
  3. レベルAの技芸を見出したら、ある程度他の技芸を犠牲にしても、リソースを投入して一流にもっていくのが望ましい。もしリソースが足らないなら、そのままスキルを活用すれば、大した努力なく、水準の仕事ができる。そこに甘んじるかどうかは、リソースと人生観次第である。

ABCパラダイムにおいて、下記のようなパラメータがある。 #(A)、#(B)、#(C):それぞれ、レベル毎の期待される件数である。
R(A)、R(B)、R(C):それぞれ、レベル毎の期待される割合で、すなわち、R(A)+R(B)+R(C)=1である。
W(A,L)、W(B,L)、W(C,L):それぞれのレベルにおいて、レベルLまで引き上げるために必要なコストまたは労力。Lにかからわず、W(A,L)<W(B,L)<W(C,L)である。Lを普通の水準としたとき、W(C,L)=∞である。逆に言うと、Lを決めることで、すべてのパラメータが決まるので、スキルSとレベルLをとったとき、(S,L)をABCパラダイム・セットと呼ぶ。

ABCパラダイムを、私が担当している特許管理に適用してみる。すなわち、特許管理で、ある研究開発部門があるとき、何件の発明を処理するか、何件の特許出願をするか、目標を登録件数にするか何にするかによって、#(A)、#(B)、#(C)と、R(A)、R(B)、R(C)が決まる。このとき、レベルCは、いかなる努力を傾けても登録にならないので、それに傾ける努力は最小にすべきである。レベルAは、妥当な努力で登録になる。すると問題はレベルBにどう対処するかである。もし使えるリソースがかなり限定されているとすると、#(B)が大きすぎると、レベルBの各々に対して、W(B,L)が確保できないことがある。すると、レベルAしか登録にならないということになり、これは資源配分のミスとなる。

ここで特許管理でよくある勘違いは、ともかく#(A)+#(B)+#(C)の数を増やせば、結果の登録件数が増大する、ということである。しかし、少し考えたら分かるように、#(A)+#(B)+#(C)の数を増やせば、1件あたりにかけられるリソースがどんどん減って、全体としての質も下がってしまうということである。

すなわち、もし一件の特許の質をQとし、全体の件数をNとしたとき、NについてQを足した和、∑i=1..N Q_iは、ある臨界のNを超えるとむしろ下がってしまう。それは、件数が増えすぎると、レベルBを救えなくなるからである。このことは、特許管理において、闇雲な件数主義が有害であることを示唆する。

すなわち、あるリソースとある0でないレベルLがあるとき、それに対する適正なNがあり、それを超えると質×Nの絶対量まで低下する、というのがABCパラダイムの基本定理なのである。

仏教語

user-pic
0

ミスラ教で言及した、「仏教語源散策」中村元編、東書選書には、我々が日常的に使っていて、まさか仏教語源とは知らなかったものも掲載されている。そこで、リストしつつコメントしてみる。

  1. 人間:仏典で人間というときは、人の世界を意味する。
  2. 無常:本来、空しいという意味はなく、単に一時的な、非永遠な、という意味である。
  3. 縁起:他に依存して生じるという意味である。縁起がよい、と運がいいように使うが、本来は違う。
  4. 我慢:もともとは辛抱するという意味ではなく、我あり、我の所有である、と主張することである。
  5. 断末魔:末魔を断つことといっても意味は分からない。末魔とは、死穴、すなわちそこを傷つけたら死ぬ体の箇所のことである。
  6. 刹那:本来は時間の単位ことで、1/75秒という短い時間をさす。
  7. 観念:諦めることを観念するというが、観念とは単に、心に思い浮かべることである。
  8. 馬鹿:実はこれの語源は分からないが、サンスクリットのモーハの音訳であるという説がある。モーハは、錯乱、迷妄という意味である。
  9. 般若:おそろしい鬼女の面ではなくて、直感的な智慧の意味である。おそろしい鬼女の面を般若と呼ぶのは、奈良の般若坊が鬼女の面を打ち始めたからだという。
  10. 上品・下品:意味はそのままだが、これらも仏教語由来だという。
  11. 醍醐味:インドで乳脂で作られていた発酵食品がサルピル・マンダと呼ばれ、これが醍醐と漢訳された。
  12. 有頂天:あらゆる存在者にとって最高の境地をいう。
  13. 金輪際:仏教の宇宙論によれば、風輪と呼ばれる円筒状の層があり、風輪の上に水輪があり、水輪の上に金輪がある。そして金輪が、世界の大地や山を支えている。金輪際とは、水輪と金輪の境のことである。
  14. 奈落:意味はほぼそのままだが、これも仏教語由来である。
  15. 億劫:千百万億劫、すなわち極めて長い時間のことである。
  16. 相好:かおかたち、の意味である。
  17. 四天王:本来の仏教では、須弥山にいる持国、増長、広目、毘沙門である。
  18. 阿吽:阿は出す息、吽は入る息である、という説がある。
  19. 甘露:不老不死になる神々の飲み物のことである。
  20. 出世:本来は、衆生救済のために世にあらわれることである。
  21. 旦那:旦那とは本来、布施の意味である。それが転じて、物をくれる人を旦那と呼ぶようになった。
  22. 坊主:本来は、大きな寺院の主の意味である。
  23. 大衆:小乗仏教で、戒律を厳守すべきという人達に反対してつくられた僧たちのグループを大衆部と呼んだ。これが大乗仏教と関係あるかどうかは不明である。
  24. 引導:本来は、人々を教え導いて仏の道に引き入れることである。

以上のとおり、仏教語が、いかにわれわれの日常に浸透しているか、また本来とは違う意味で用いられているか、ざっと概観した次第である。

日経ビジネスオンラインによれば、欧州危機といいつつ、ドイツは絶好調なのだという。以下、引用しつつコメントする。

「ドイツの輸出産業は、2012年も好調なスタートを切った。わが国の企業は、世界経済が直面する困難な状況に対し、果敢に立ち向かっている」。ドイツ連邦経済技術省のフィリップ・レスラー大臣は、3月9日にベルリンでこう語った。彼がコメントしたきっかけは、連邦統計庁が発表した名目輸出額である。 2012年1月の輸出額は、前年の1月に比べて9.3%増加した。興味深いことに、輸出だけではなく内需も好調で、2012年1月の輸入額は同6.3%増えている。

日本では昨年以来、ユーロ危機に関するニュースが頻繁に報じられている。多くの日本人が「ヨーロッパは大変な状況になっている」と認識している。だがその陰で、ドイツ経済が絶好調であることは意外と知られていない。

ドイツは2009年、リーマンショック後の世界同時不況に直撃され、マイナス5.1%という戦後最悪の景気後退を体験した。しかし2010年にはGDPを3.7%増やして、不況の後遺症から急速に立ち直った。

2011年の成長率は前年にやや劣るものの、EU主要国の中では最高の水準である。そのテンポは、ユーロ危機もどこ吹く風と言わんばかりである。

なんと、欧州危機といわれているので、欧州の国は全滅かと思っていた。ドイツが好調だとは知らなかった。

欧州統計局によると、2011年のドイツの国内総生産(GDP)は2010年に比べて3%増加し、ユーロ圏の平均成長率(1.5%)を大幅に上回った。フランス、英国、スペイン、イタリアなど他の西欧諸国は、ドイツに大きく水を開けられている。

2011年の第4四半期だけを見ても、ユーロ圏全体のGDP成長率が前年同期比で0.7%であるのに対して、ドイツは2%で群を抜いている。

ここからは、私なりに記事を要約してみると、ドイツの経済成長の原動力は輸出だという。なんと、2011年のドイツの輸出額は前年比で11.4%増えて、過去最高の1兆601億ユーロ(116兆4000億円)に達したというのだから、驚異である。

その強さは、ドイツのお家芸である機械産業に支えられている。

例えば、ドイツ最大の自動車メーカー・フォルクスワーゲン(VW)社は2011年、当期利益を前年の2倍に増やして158億ユーロ(1兆7000億円)を計上した。

また、この記事では言及されていないが、私は、世界の自動車部品メーカーの雄であるボッシュにも注目したくなる。その頑固なまでの自社技術への拘りにより、次世代自動車ソフトウェア規格AUTOSARを牛耳り、車載ネットワーク・システムなど、車の根幹技術を保持する。ある意味、フォルクスワーゲンでさえ頭が上がらないはずである。

ドイツの好調を私は、このような自国の技術やノウハウの拘りにみる。すなわち、下手に海外生産したり、開発の拠点を移したりしない。ソフトウェアに偏重せず、メカトロニクス全体のシステムのスキルを重視する。

ドイツが好調になった理由は、このような高度なメカトロスキルを、米国も、そして日本の次第に失いつつあるのではないか。すると、どうしてもドイツのメーカーから輸入せざるを得なくなる。

垂直統合型なんて古い、車だって部品をモジュール化して水平分業しないと生き残れないと一頃よく言われたが、多分であるが、ドイツは安易に垂直統合を捨てていないはずである。なぜなら、スキルの神は、垂直統合に宿るからである。

好景気は2011年の雇用状況を大幅に改善した。ドイツ連邦統計局によると、2011年のドイツの勤労者数は4100万人を突破し、史上最高の水準に達した。ウルズラ・フォン・ライエン労働大臣によると、2011年に約70万人分の新しい雇用が創出されている。2011年の平均失業者数は298万人。失業率は7.9%で、過去20年間で最低の水準を記録した。

うむ、日本が不景気なのは、世界の影響よりむしろ、有為の人材やスキルが活用されていないのだと思われてきた。さあ、ドイツに続こうではないか。

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。