2012年5月アーカイブ

私は、数学基礎論にあるような論理一貫性とか無矛盾性が好きなので、議論が昂じると、徹底的に細かい論理にも気を配る。ところが大抵の人はそんな細かい論理なんてどうでもよく、寧ろ交渉術的にああでもないこうでもないと、私からみて屁理屈言ってくるので、直球しかない私は全く太刀打ちできない。それで、議論でほとんど勝った記憶がない。

そんな経験もあって、普段からあまり理論や理屈を前面に押し出さないように気をつけているのだが、意外なところで理論や建前を持ち出し、それを振り回す人がいるので困る。

例えば、次のような次第である。

  1. ノーベル賞受賞者の何某が本に書いていた理論だから絶対に正しい。
  2. 有名大学の教授がテレビで言っていたことなので正しい。
  3. コンピュータ・シミュレーションで計算した結果だから正しい。
  4. 論理一貫していて隙もない論理なので正しい。
  5. 市場原理に基づくのだから正しい。
  6. 政府の高官が立てたプランだから正しい。

そこで私は、対立する学説もあるし、コンピュータ・シミュレーションというけど、前提の数学モデルや観測データが正しいとは限らないし、論理一貫していて変な論理というのはいくらでも作れるし、市場原理はそのままで成立しないし、政府の高官に至っては言語道断である、と主張するのだが、一顧だにされない。

それでも、相手が単なる友人で、対等であったりすれば、適当に聞き流してよい。ところが、上司であったり、独裁者であったり、配偶者であったりした人に、自分よりも強い権力をもたれると、一見正しい理論がそれ以上検証されることなく横行する。これを合理の非合理といい、実に恐ろしい。

多分であるが、一番恐ろしいのは、絶対権力者が「合理性」を追求することである。例えば、旧ソ連で、スターリンは、マルクス・レーニン主義という「科学的合理性」を標榜し、それを恣意的に追及した。その典型は、5ヵ年計画にみることができる。実際、旧ソ連の計画経済は少なくとも当初、目覚しい成功を収めたように見えた。まさに科学と合理の勝利であった。しかし、その後の凋落は周知である。

おそらく、最初に何らかの根拠に基づき、合理性を想定することは正しい。それは学説でもいいし、識者の意見でもいい。そしてそれを権力者が自分の責任で押し進めてみるのはいいとしても、問題はその後である。

どんなやり方をとろうと、どうしても綻びは出てくる。現実は多様すぎ、予測を許さない面はどうしてもあるからである。そのとき、愚昧な権力者は、次のような施策を進める。

  1. うまくいかないのは、採用した科学性・合理性が足らないからである。より科学性・合理性に富む方策に切り替えるべきである。
  2. うまくいかないのは、採用した方策が徹底されないからである。一層徹底するように中央集権の管理体制を強化し、上意下達を徹底する。
  3. うまくいかないのは、合理性に欠く不満分子がいるからである。不満分子は粛清し、あるいは左遷する。
  4. うまくいかないのは、現場が正しい報告をしないからである。正しい報告をしない輩は、粛清し、あるいは左遷する。といいつつ、問題があると、正しい報告をすると、やはり粛清され、あるいは左遷される。

とはいえ、愚昧な権力者ならずとも、バランスをたもった施策を続けることは難事である。例えば、ハイエクに「隷属への道」という著書があるが、権力にも、合理性にも隷属しない生き方を模索してみるとする。

宇宙の存在

user-pic
0

前に言及した、「宇宙に外側はあるか」松原隆彦著、光文社新書に、あなたはどの段階まで「存在する」と言えると思いますか、という問いかけがあって、下記のリストが提示される。

  1. 自分の目で実際に見ることの出来る宇宙の範囲
  2. 人類がこれまでに観測したことがある宇宙の範囲
  3. まだ人類が観測したことはないが、原理的には観測することができる宇宙の範囲
  4. いくら技術が進んでも原理的に観測できない宇宙の範囲
  5. 原理的には観測できないが、論理的に存在可能な別の宇宙
  6. 論理的に存在可能かどうかを原理的に証明できない別の宇宙
  7. 論理的に存在不可能な宇宙

いろいろな哲学的議論は措くとしても、普通は1と2は存在すると思うであろう。

3は、現在は、電波が弱すぎる、遠方にありすぎるなどの理由で、観測装置の性能の問題で観測できないが、今後の妥当な技術の進歩を考慮すると、そのうち観測できるたろうと想定するのが妥当な宇宙の範囲なので、これもまあ、存在すると思うだろう。

しかし、4あたりから次第に怪しくなる。すなわち、4とは、宇宙の加速膨張による、地平線の外のことである。観測することが存在を信じることであるという1つの妥当な基準を持ち出すと、理論的には存在を信じられても、原理的に観測不可能なので、存在すると言っていいかは立場が分かれる。私は、理論の妥当な外延として、存在を信じてもいいと思うが。

5は、量子力学の観測問題から生じる多世界解釈超弦理論から出てくるランドスケープなど、理論的に生じるマルチバースをどう扱うかという問題である。理論の拡張として、論理的に一貫性を保っているマルチバースは、いくらでも考えることができる。普通の立場では、その存在を信じるとまではなかなかいかないが、マサチューセッツ工科大学のマックス・テグマークは、内部に矛盾のない数学のモデルはすべて存在するという、極端な「数学的宇宙仮説」を提唱する。反証不可能であること甚だしいが、どこか否定しされない響きがあるのは、この世の通奏低音たるプラトニズムの背景雑音たろうか。

6に至っては、何がいいたいのかよく分からないが、おそらく、5というのは、宇宙の存在というのを数学的な解とすると、ある理論の方程式に解が存在するという定理がある場合であろう。その際、解を求めるための構成的手続きがあるかどうかはとりあえず関係ないとする。しかし6になると、おそらく、宇宙を記述する方程式に解があるかどうか、数学的に証明できない場合なのだろう。それでも小さい声で、存在するかもしれないとささやくことはできそうである。

7は流石に存在しないと言ってしまうのが妥当なのだろう。すなわち、宇宙を記述する方程式に解がないと証明されてしまっているという次第である。しかし、不思議の国のアリスのような宇宙が存在してもいいではないかとやはりささやくことはできて、周囲はまあそうだね、と適当に流すだろう。ささやく本人は、でも特殊な前提を入れれば、と続けるのだが、周囲の人たちはもう、向こうに行ってしまっている。

なお、付記すると、テグマークは、マルチバースを次の4段階に分類しているという。

  1. 宇宙の地平線の外のように、空間的にはつながっているけれども、観測できない宇宙。
  2. 永久インフレーション理論が示唆する、空間的には連続的につながっていない独立した宇宙の場所。
  3. 多世界解釈やランドスケープのような気も遠くなるような多世界。
  4. 考え得る限りの数学的構造をもった宇宙。
急進的なテグマークは、当然に、考え得る限りの数学的構造をもった宇宙も存在し得ると考えている。

この宇宙の存在の問題は哲学的で、私にはまだ十分、議論する準備ができていない。しばらく勉強してからまた戻ってくるとする。

転勤

user-pic
0

長距離通勤の愉悦に記述した転勤をついに果たしてしまった。

今まではなにしろ自宅から4キロしか離れていない郊外の研究所だったので、以下のメリットがあった。

  1. 簡単に車で通勤できる。
  2. 忘れ物しても簡単に取りに帰れる。以前、家人がいないとき、鍋を火にかけたままつい出社したことがあった。そのとき、午前中にふと思い出してタクシーで急遽帰宅したことがあった。
  3. 手製弁当をもっていける。これも短時間通勤だからである。特に夏の暑い日、手製弁当は腐りやすい。そうでなくても、手製弁当は通勤の荷物になる。それでも近距離だと、アイスノンを置いて、意地で弁当を持参した。さらに、家人が多忙なときは見よう見真似で自分で弁当を作った。これが本当の手弁当?
  4. 地震や台風などで交通機関が止まっても、1時間もあれば歩いて帰宅できる。

ところが今度は:

  1. 車通勤はまず現実的ではない。
  2. 忘れ物はまず許されない。
  3. 地震で電車が止まるとまず帰宅できない。歩いて帰れる距離ではないし、ホテルに泊まろうにもそういう場合は一杯になるだろう。
  4. 手製弁当の代わりにコンビニ弁当で済ませることにした。すると、どうしても手製弁当より割高になる。また、なにしろ都心のコンビニは特に昼時、混む。東京に出てきて30年にもなるので、こういう混むという間隔は身についているはずなのだが、田舎の研究所勤務の間にすっかり忘れてしまったらしい。
  5. 渋谷の事件もそうであるが、都会はすっかり物騒になった。だから、都心で飲む際にはホテルに泊まることを考えることにする。さてどこか安いホテルはないものか。といいつつ、先日故郷の福山で、ホテルの火事で七人も亡くなる事故があった。ああいうのがあると、安いホテルもどうかと思う。
  6. 通勤電車だけで片道1時間半もかかってしまう。さてどうしたものか。今考えているのは、帰路絶対に座れる、各停帰宅である。時間を惜しまなければ、これはなかなか快適である。寝てもいいし、読書もし放題である。

ということで、まだまだサラリーマン生活を投了することはできないのであった。

感謝

user-pic
0

私はぶっきらぼうな性格なので、何かしてもらってもありがたいとも思わなかったり、ありがたいと思っても、感謝の気持ちを言葉にしなかったりで、ときどき非難を浴びる。

そうやって言われるのは確かに私が悪いので仕方ないが、いくら叱られてもなかなか、感謝の気持ちを言葉にしない。日本男児なので、恥ずかしくて、ありがとうなんて言えるかと格好つけたりするのだが、そういいつつ、何かしてあげて、ありがとうと言われないと、なんと身勝手な奴と、憤慨したりするのだから、始末が悪い。例えば、車を運転していて、他の車が割り込もうとしているとき入れてあげると普通は、ハザードランプを短時間点滅させて感謝の気持ちをあらわすのだが、全くそんなそぶりもなく行ってしまうと、あれっと落胆したりする。

ただ、私の本音を言うと、ありがとうと言うことは、感謝ではないのではないか、と思っている。なんと非常識なことを言うと思われるかもしれないが、ありがとうと言うのは、気持ちに感謝の表紙をつけるだけである。その中身が感謝である根拠はない、というのが私の意見である。

例えばこんな経験がある。私がある人に面倒なことを頼まれて、仕方なく頑張って完遂した。そしてその成果を報告したところ、にこやかに「ありがとう」と言ってもらえて、私の気分は和んだ。ああ、やってあげてよかった、と。ところがその後耳を疑うことになった。というのは、「ありがとう」と言った舌の根も乾かないうちに、私の成果にケチをつけ始めたのである。とまどって、ちょっと、ちょっと、と制したのだが、私の成果がよほど気に入らなかったらしくて、どんどん文句をつける。

で、あの「ありがとう」は何なのよ、と言ったら、本当に感謝しているよ、ご苦労な内容で、でもそれはそれ、内容は内容だというので、とても割り切れない気持ちになった。

それ以来というより、もともと私は感謝とは気持ちの実質だと思っている。そんな、心で感謝するだけで言わないと意味ないではないか、いうかもしれないが、気持ちの実質の感謝というのは、次のようなものである。

  1. 多少相手がまずいことを言ったり、失敗しても、とりあえず許す。
  2. 何か困ったことがあったら、黙ってヘルプする。
  3. こちらが何かしてあげて、特に感謝の気持ちを示されなくても憤慨しない。
  4. 普段から様子をみていて、有用な情報を提供してあげる。
  5. 愚痴を言ってきたら、聞いてあげる。

すなわち、私の感謝とは、何かの際に実質的に助けてあげるという意味の感謝なのである。私は気持ちの実質が形成されても、あえて衒いにより、「ありがとう」と言わないことがある。なんとなく、「ありがとう」と口に出すと、実質の感謝が希釈されるような思い込みがある。

ただ、私が無理してでも感謝の言葉を表明することがある。それは次のような場合である。

  1. 旅先などで、もう二度と会わないかもしれないような場合に、助けてもらったとき。
  2. 電子メールのやりとり。

特に私は、電子メールでくどいほど感謝の意を書きあらわす。なぜなら、電子メールでも背後の雰囲気はあるものの、結局、実際に会わないので、表に出ている書面が占める割合が大きいのである。

特に、外資系企業にあって、海外とのやりとりはほとんど電子メールなので、いかにもらさず感謝するかに腐心した。

多分であるが、私が身近な人につい感謝の言葉を口にするのを怠るのは、別の状況で感謝のリソースを使いすぎているからなのである。そしてその論理は絶対に身近な人に通用しない。なんたる奴と思われ続けている。

それで以前こんなことがあった。家人が弁当を作ってくれて、会社でそれを食べていたら、米国から出張で日本に来ている知り合いの女性が、立派な弁当だね、奥さんが作ったの、と聞くので、うんそうだというと、じゃ、毎日感謝の言葉を言っているかというので、いや、と言ったら、急に怖い顔になった。けしからんというのである。で、今日帰ったら絶対に奥さんに「ありがとう」というのだぞ、と軍隊式に命令する。

私は適当なやりすごした。実は次の日はたまたま出張だった。ところが例の米国人の女性は、次の日に私の席に来て、いないことを知ってひどく落胆したという。なんでも、後から聞くと、私に、家に帰って奥さんに、ちゃんと感謝したか、と念を押しにきたのだいう。ああ、いなくてよかったと、このときほど思ったことはない。

感謝って行為だろ、内心だろと今でも私の心には響いている。ハーイ、ハニー、ダーリンと毎日夫婦で言い合って、愛?を確かめ合っている米国人には絶対わからないだろうな、あ、日本人だってそんなのわからないか、やっぱり。

数学書

user-pic
0

数学セミナー2012年6月号に、筑波大学の竹山美宏氏による、「数学書の読み方」という記事があった。アマチュアの一好事家数学ファンに過ぎない私は、まともに数学書の読み方を語る資格はないが、それでも徒然なるままに、あまり意味のないコメントを述べてみる。

竹山氏は、数学書を読むことが、小説やビジネス書を読むこととどう違うか、以下のように要素を挙げている。

  1. 時間がかかる。
  2. 前の部分を何度も読み返すことになる。
  3. 批判的に読まなければ意味がない。
  4. 理解するためには手を動かす必要がある。

まず、時間がかかる、であるが、私がブルバキの数学原論第一巻集合論を半年かけて精読したときは、だいたい、一日で1ページ弱読んでいた。個人的に読書の最遅読記録である。ただ、一日といっても、当時既にサラリーマンだったので、一日に数学原論に費やす時間はせいぜい2時間。それでも必死だったが、竹山氏によると、プロの数学者は、一日かかって三行しか読めなかったという経験があるものだそうである。ううん、精読度でも流石にレベルが違う。私はどうしても、ガロアがルジャンドルの幾何学原論をたった二日で読了したことに思いを馳せてしまうのであるが、それはえりすぐりの天才が、入門書レベルの数学書を読んだ、というごく例外であることをよく理解すべきなのである。私のような素人が真似しても意味がないどころか、危険であろう。

前の部分を何度も読み返すことになる、というのはまさにそうで、例えば、「ガロア理論講義」足立恒雄著、日本評論社の52ページの、「イデアルA(≠R)が素イデアルであるためには、R/Aが整域となることが必要十分である。」という定理をみて、あれっ、イデアルの定義はどうだったっけ、素イデアルとは?、整域とは?、と完全に知らない外国語の文章読解状態になるのだが、馬鹿な私は、もう読み終えた箇所にあったので理解していることにしようと、読み進めたりする。愚の骨頂で、何の意味もない数学書の読み方をしていたのであった。自分に見栄を張ってどうする、と今更思う。何度でも前のページに戻って確認しなおすべきである。

批判的に読まなければ意味がないというのは、到底なしえることではないのだが、竹山氏は、数学書で展開されている論理の、ひとつひとつのステップについて、「ここに書かれていることは本当に正しいのだろうか」と問い続けるべきという。ううん、これは私にはあまりにハードルが高すぎる。しかしそうやって思考力を鍛えるのだという。

理解するためには手を動かす必要がある、というのも、数学書には必然なのであるが、つい字面をなぞるだけに終わり勝ちなのは、どうしても小説を読むことと同様に流れてしまうからである。例えば普通、小説を読むためにノートを用意して、必要に応じて書き写したり、メモとったりしない。しかし、数学書の場合は、書き写したり、演習問題を解いたりすることが理解のための必要条件のようである。

では、どのようにノートに書くか。竹山氏のお勧めは次のとおりである。

  1. 本に出てくる定義・命題・補題・定理・系をそのままノートに書き写す。
  2. 登場している単語(用語)の定義を言えるかどうか、ひとつひとつ自分でチェックする。
  3. 本文中に書かれている命題の仮定と結論をそれぞれまとめておく。
  4. 一文ごとに「なぜそうなのか?」を確認する。
  5. きちんと理解できたら、分からなかった一文に、自分なりの解説をつける。

本に出てくる定義・命題・補題・定理・系をそのままノートに書き写す、というのは、本を見れば載っていることなので一見馬鹿馬鹿しいようであるが、書き写す作業を経ないと、頭に定着しないようである。私は単に書き写すだけで何冊もノートを埋めたことがあるが、それはそれで無意味でなかったと思う。

登場している単語(用語)の定義を言えるかどうか、ひとつひとつ自分でチェックする、というのは、これも語学の初歩を勉強しているみたいで気恥ずかしいが、数学は意外に語学に似たり、という面もある。なにしろ用語の嵐なので、きちんと理解しておかないと定理の理解は覚束ない。

本文中に書かれている命題の仮定と結論をそれぞれまとめておく、というのはなるほどである。こうしておくと、その数学書の全体を概観でき、まさに自己用の貴重な要約になる。ただ、手間は相当かかりそうである。

一文ごとに「なぜそうなのか?」を確認する、というのも理解を深めるためには必要であるが、これもなかなかしんどい。これをやると、それこそ一文に三日かかってもおかしくない。

きちんと理解できたら、分からなかった一文に、自分なりの解説をつける、というけど、私の場合、ブルバキの数学原論を読んだとき、きちんと理解できなかったので、分からなかった一文が多々あって、そこで仕方がないので、分からなかった一文に単なる感想のようなことを書き連ねたことがある。それは実は単なる書き写しの間に挟まって、後で読んだら何を書いているかさっぱりわからなかった。ちらっと記憶にあるのは、写像を押しつぶしだのひっぱりだの呼んでいた。それはそれで取っておけば面白かったかもしれないが、知らない間に紙ゴミとして捨てたのか、最早手元にない。特に惜しいとは思わない。

あと、竹山氏は、次のように言う。

数学書を読破するのに必要なのは数学的才能ではない。定義を反復する手間、命題を復習する手間、証明を考えるのに時間をかける手間、自分が理解した証明を分かりやすく書き下す手間、それらを惜しまないことだ。

数学書を読破するのに必要なのは数学的才能ではないなんてとんでもない。もしかして、数学書は、法律書よりも、哲学書よりも、物理学書よりも読破が困難なのではあるまいか。まあ哲学書の場合、相当場合によるが。

ところで、最早古典的ともいうべき有名な数学書の一つに、多様体入門 (数学選書 (5)) 松島 与三著、裳華房があるが、この本の格調の高さにおののいていたところ、多様体の基礎 (基礎数学) 松本 幸夫著で著者は、松島 与三のこの本に言及して、これがきちんと読めたらそれだけで専門家レベルだと述べていた。だから、竹山氏のいうレベルも、プロの数学者をもってやっと読める方法だと思う。では、初心者がそこまで達するにはどうするかというと、単に学問に王道はない、である。いささかの数学の才能とすさまじい努力を積み重ねて、ようやく達成しえるのだろう。私には覗い知れない世界である。

自分度

user-pic
0

日曜日はきまって、教育テレビで将棋番組を観て次に囲碁番組を観る。それで普通は終わりなのだが、そのままチャンネルを変えないで漫然と見続けていると、「課外授業 ようこそ先輩」という番組になり、ある程度の有名人がその母校(小学校だったり、中学校だったりする)を訪ねて、自分の専門分野をわかりやすく生徒達に説明し、実技も行ったりする。

先日は、都内の九段小学校のOBとして、康本雅子さんという女性の方が出てきた。やたらスタイルがいいので、どういう人だろうと思ったら、なんでもコンテンポラリーダンサーなのだという。最初にその実演があったのだが、その肉感的動きになぜかとても魅せられてしまった。セクシーというのと少し違うが、やはりセクシーか。

Wikiでみると、康本雅子さんの経歴は次のとおりである。

東京造形大学を2年で中退後、一人でタイ・ネパール・インドなどアジア諸国、オーストラリア、アフリカ等を旅した際に出会ったダンスに影響を受ける。その後の活動において、日本のコンテンポラリー・ダンス界で異彩を放ち、現在も注目を集めている。
Mr.Children、一青窈をはじめとする著名ミュージシャンのプロモーションビデオや、松尾スズキの舞台で振付を担当するなど、多方面で活動を展開中である。

そこにあるように、アフリカ等を放浪するうちに、現地の踊りに魅せられ、独自のボディを使ったダンスを編み出した。いろいろ得た経験に基づく生き方は、きわめて自分度が高いと感じた。

自分度というのは、私の造語で、次のような意味合いをもつ。

  1. 伝統的なやり方を無視というわけではなくても、自分でオリジナル生き方を設計している。すなわち、行動において自分の発案であることが占める度合いが自分度αである。
  2. 人間は課題をもって生まれてくるというが、もちろんその課題が何なのか、他人にも自分にもわからない。しかし、傍からみていて、単なる直感であるが、いかにももって生まれた課題に忠実に沿って生きているという感じをうける。そういう忠実度が自分度βである。
  3. 伝統的なやり方に沿っていないので、結構リスクが高い。下手をしたら野たれ死ぬかもしれないが、それでも構わないという凛とした決意がある。そういう決意の程度が自分度γである。

自分度の総合点は、そういう自分度αと、自分度βと、自分度γとで複合的に計算される。

私の単なる感想だが、康本雅子さんは、私のみるところ、自分度が今まで知っている範囲で最大の人で、それがとても彼女を輝かせている。私はダンスはよく分からないし、あまり興味はないかもしれない。でも自分度の高さがこんなにも人間を魅力的にするのかとメモするために、この記事を書いてみた。

とても魅力的に見えるのだが、もし私と会話したら、ほとんど興味が重ならないので10秒も会話は続かないと思われる。なのにとても気になるというのはなんとも意外なのであった。

私は今の外資系企業に転職してから、郊外の住まいから都心に通うという日々だった。それでも独身時代は狛江や柿生程度で、片道1時間ちょっとの通勤であった。満員電車にうんさりする以外は格別長距離ということもない。

結婚してしばらくして、いまの相武台に中古マンションを購入して引っ越してくると、通勤は電車に乗っているだけでも1時間半くらいかかるものになった。そこで一念発起して、朝5時に起き、朝5時50分の各駅停車に乗ることを日課にした。そうすると何がいいかというと、行きは確実に座れる。なにしろその時間帯で都心から遠い場所だと、がらがらなのである。

そうやって早く行く理由は単に座りたいとか眠りたいとかではない。読書と勉強に当てるためである。実際、当時ほど集中して読書ができた時間は他になかった。比較的軽い文庫や新書だと、一日の通勤の往復で読めてしまう。それで、少なくとも週三冊は、文庫や新書が読めていた。学者ならともかく単なるサラリーマンとしては、まあまあ読んでいたほうだと自負する。

また、仕事としてプログラマを一度もやったことがなく大学でも一切情報科学を勉強したことがないのに、とりあえず簡単なプログラムがCやC++で書けるようになったのも当時の通勤事情のお陰である。というのは、通勤で座るということほど読書に集中できるものはない。疲れて横になるわけにはいかない。寝るか、読書以外のことができないので、いい意味で自分の行動を限定している。通勤でCやC++の入門書やアルゴリズムの本を何冊も読んだがそれは実に効果的であった。実際、昔から集中できる場所として枕上、鞍上、厠上の三上があるといわれている。私は実は厠上も読書の場所として好きである。しかし、トイレに数時間も入っているわけにはいかない。そこで鞍上ならぬ車中を最大限に利用した次第である。

さて郊外から遠距離通勤していた私に朗報が舞い込んだ。通勤場所が、自宅から4キロ程度の近隣にある研究所に変わったのである。ああこれで通勤ラッシュから逃れられる思って安堵した。いくら本が読めるといっても、朝5時に起きて通勤すると、週末はどっと疲れる。

ところが近隣の勤務先になって申し訳程度にしか電車に乗らなくなると、がたっと本が読めなくなった。今まで通勤にあてていた時間早く帰宅できるのでその一部を読書に充てればよさそうなものであるが、テレビを観たり晩酌したりで、なぜか時間が浪費されていく。そうやって、ちょっと大げさにいうと自分の知性の危機かと思った時期もあった。確実に読書量は激減していた。まあ読書量は仕事にとっても本質的なので、少しずつ回復していった。

こうしてともかくあと定年まで2年半だという時期になって忽然とまた勤務地が都心に変わることになった。なんと場所は江東区で以前都心に勤務していた港区よりさらに遠い。この歳でまた遠距離通勤なのかよ、と暗澹たる気持ちになった。

そこで自分を慰めるために懸命に理由付けしたのは、以前の遠距離通勤の読書環境である。あれがまた復活できるとしたら、それも悪くないかと思い直した。しかもである、通勤定期を使えば、神田の古本屋街に行くのも便利である。そう思うと少し楽しくなった。

ただ以前の遠距離通勤の頃とは読書の意味が少し違ってくるかもしれない。というのは以前の遠距離通勤の頃はまだ30代で、なんとか会社で落伍しないように、幹部として登用されるように頑張らなくてはという気負いもあった。しかし最早人生の峠を越え、例えばいま突然死したとしてもそんなに後悔もない歳になった。すると、もちろん娯楽的な本も読むが、自分の人生の意味を問い直す読書になるかもしれないと思い始めている。そうはいってもできれば死ぬまで仕事したいと思っている私はいろいろブラシュアップしたいスキルもある。

ともかく遠距離通勤に期待に胸弾ませている面もある。そんなことを口に出すと、なんでそんな遠くに通わなくてはならないのかとうんざりしている会社の同僚達に非難されそうなので、流石に言えないのだが、ここに書いてしまってはおしまいである。

家事労働

user-pic
0

読売新聞によると、家事労働は普通の会社の事務職よりも重労働なのだという。以下、引用:

同研究所の田中茂穂室長らは、上下左右などの細かな動きから、活動強度や活動量を評価する活動量計をメーカーと共同開発。専業主婦20人(平均年齢37歳)、事務職の男女31人(同42歳)に1週間装着してもらい、平均的な活動量を測定した。
1日の平均歩数は、主婦が8424歩、事務職が8288歩でほぼ同じだったが、座って安静にしている時の活動強度を1とした場合、その3倍以上の強度の活動をしている時間が、歩行時を除くと主婦は59・5分。事務職の21・9分の3倍近かった。
また、安静時の2~3倍の活動をしている時間も、歩行時を除き主婦は243・4分で事務職より99・5分多かった。
イスに座った作業や会議の活動強度は安静時の1・1~1・8倍なのに対して、掃除機かけは3倍、皿洗い1・8倍、洗濯物干しは2・3倍。主婦は比較的強度の高い活動を長い時間行うため、体を動かす1日の活動量は基礎代謝の0・7日分に相当し、事務職の0・57日分より23%多かった。

これは私が前に家事労働で延べたことと符合する。

それでもジョン・レノンのように専業主夫?ならまだいいのであるが、所用で家人が帰省しているとき普通に会社で仕事して、その後帰宅して食事をつくって食べ、食器洗いし、風呂洗いし、洗濯し、というフルコースの家事をしていると、帰宅時間によるが、すべて家事が終わると夜11時になってあとは何もする気がしなくて寝るだけになったりする。

それが疲れるのは、上記のデータによると、一日の仕事をした後、さらに一日分強の事務作業をしたのと等価なので当然なのである。

しかし私のやっていることはどうみても、独身男性サラリーマンがやっていることとは違う。すなわち、独身男性サラリーマンは少なくとも平日、自炊なんかしないで外食する。すると材料の買出しも調理も皿洗いもしない。洗濯や掃除は週末である。

それでも意地でも家事を自分でするのは、ひたすら修行のためである。将来、どんな弾みで一人暮らし老人にならないとも限らない。そうなる理由は様々考えられるが列挙するまでもなく自明だろう。

サラリーマンとして会社の仕事はそれなりに重いが、家事も重い、人生も重いのである。世間の既婚男性に告ぐ、折をみて自宅で、きちんと家事の修行をしておこうではないか。家人を助けるためではない、自分のためである。

宇宙の開闢

user-pic
0

宇宙の始まりの理論として、インフレーション宇宙論が有名であり、一般にはこれしか知られていないともいえるが、「宇宙に外側はあるか」松原隆彦著、光文社新書によると、インフレーション宇宙論はまだ確立した理論ではなく、他にもいろいろな候補があるという。

そもそも、標準ビッグバン理論には、宇宙マイクロ波背景輻射や宇宙の初期元素合成など数々の決定的証拠があるが、インフレーション宇宙論にはまだそのような決定的な証拠がないという。

ここであれ?と思うのは、標準ビッグバン理論=インフレーション宇宙論ではなかったのか、ということである。どうもそうでないようで、混乱してきた。

実は、標準ビッグバン理論には決定的証拠があるといいつつ、次のような疑問点もある。すなわち、われわれが住めるような宇宙ができるためには、宇宙が始まって1秒後に、1000兆分の1の精度で膨張速度を調整しておく必要があり、より初期だと必要とされる精度は更に高い。標準ビッグバン理論ではそのような精度の保証を説明できない。また、標準ビッグバン理論は宇宙の等方性も説明できない。

それらを説明できる理論として現れたのがインフレーション宇宙論なのだが、それは決定的な証拠がないとなると、これは一種のデッドロックではないのか。

また、インフレーション宇宙論は一枚岩ではない。インフレーションが起きる原因としてスカラー場を想定することが試みられているが、少なくとも素粒子の標準理論からは、インフレーション宇宙論に馴染むスカラー場は導き出せない。そこで素粒子の標準理論を離れてさまざまなスカラー場が考えられているのだが、するとスカラー場の種類に応じて様々なインフレーション理論がありえることになる。

こうして、インフレーションが起きなかった可能性も考えられている。さらに、素粒子の標準理論を離れて、というところで、一時M理論にも期待が寄せられたが、超弦理論小史に述べたような事情もあって、超弦理論やM理論は、行き詰っているといえる。

そこでインフレーション宇宙論の対抗馬として、2001年に、ネイル・チュロックやポール・スタインハートによって提案されたのが、エピクロティック宇宙論である。これは超弦理論やM理論に着想を得て、発展させたものである。これはまた、1999年に、美人すぎる物理学者であるリサ・ランドールとラマン・サンドラムによって提案された「膜宇宙論」の発展でもある。

エピクロティック宇宙論ではわれわれの宇宙は、高次元空間に浮かぶ三次元の膜であり、そういう膜が複数ある。異なる膜の間には、膜の法線の方向に引力が働く。この引力によりいつかは2枚の膜は衝突しその衝撃で膜は高密度高温状態となって膨張を始める。これがビッグバンだというのである。なお、量子効果により膜は平坦ではない。これがゆらぎをもたらし、結果の銀河団などの宇宙の構造を生成するのだという。エピクロティック宇宙論によると、膜同士の衝突は何度でも起こる。よって、宇宙は繰り返し生まれては消えることになるので、サイクリック宇宙論とも呼ばれる。

日本では、川合光、二宮正夫、福間将文の三人が、超弦理論に基づく、別のサイクリック宇宙論を提案した。なお、「はじめての〈超ひも理論〉」講談社現代新書、川合光著に、 このサイクリック宇宙論の紹介があるので、機会をみてあたってみる。

また、超弦理論をベースに、ストリング気体宇宙論、プレビッグバン理論など、さまざまな宇宙論が提案されつつある。

これらはどれも「ありえる」理論なのだが、最終的にどれが残るか勝負がまだつかないのは、決定的な観測結果がないからである。もし宇宙背景重力波などが観測されると、バトルロイヤルの宇宙創生理論にもある程度決着がつくかもしれない。

マヤ暦

user-pic
0

共同通信によると、マヤ文明遺跡の壁画に、2012年の終末論をサポートしない結果が示されているのが発見されたという。以下、引用:

中米グアテマラにある9世紀初期のマヤ文明遺跡の壁画に、月や惑星の周期を計算したマヤ最古のカレンダーがあるのを米ボストン大などのチームが発見した。欧米などではマヤの暦に基づき、ことし世界が滅びるとする終末論があるが、終末を示すような計算結果は見当たらなかった。チームは「逆に、世界には7千年間は先があると考えていたようだ」としている。

同様の記事が読売新聞にもあって、引用すると、次のとおりである。

壁画は住居の一室に描かれ、2010年にシュトウンの都市遺跡を調査中の学生が見つけた。室内は盗掘で荒らされていたものの、人物画や数字が壁画に残っていた。歴史を記録する書記係の仕事場だったらしい。
マヤ人は、宗教儀式を日食や月食に合わせて行う目的で、天体観測を続けていた。数字は、月や火星、金星の運行周期などを示しているものとみられる。
マヤの暦としてはこれまで、樹皮に書かれた11~12世紀の絵文書が知られていた。
この壁画は9世紀のもので、より早い時期からマヤ人が天体現象に精通していたことがわかる。

共同通信の記事にはわざわざ、マヤ暦に基づく2012年の終末論を否定するコメントがあるが、読売新聞の記事はより客観的で、淡々と事実と思しきものを述べているだけである。

マヤ暦に基づく2012年の終末論であるが、自分のブログ記事のアセンションを読み返しても、キリスト教的終末論を無理やりマヤ暦に結びつける牽強付会であるとしか思えない。

ところで、南米には、マヤ、アステカ、インカの三大文明があったが、このうち西欧人の侵入によらないで、いわば自壊したのはマヤ文明だけである。「マヤ文明の謎」青木晴夫著、講談社現代新書によると、その滅亡の原因として、以下のような説があるという。

  1. 地力消耗説
  2. 土壌流失説
  3. 草原転化説
  4. 地震説
  5. ハリケーン説
  6. 適応性欠如説、これは要するに、他所から移住してきたマヤ民族は、熱帯性ジャングルに適応できなかったとする説である。
  7. 疫病説
  8. 男女不均衡説
  9. 百姓一揆説
  10. 外敵侵入説

このそれぞれに一理あるが決定的なものとなっていない。そこで、百姓一揆、外敵侵入、道徳崩壊の多要素説を採る者もいる。

また、上記のようにマヤは厳密な暦をもっていたが、マヤは暦で計算した厳密な周期での歴史的反復を信じていた。それは256年を周期とするもので、しかも256年毎に何かの節目、または災厄がやってくるというものであった。すると、マヤの崩壊は、ある計算された節目の到来で、もう破滅だと、マヤ民族自身が文明を放棄したことによる、という一因もありえるかもしれない。

すると、「ことし世界が滅びるとする終末論」というのも、マヤ的な、あまりにマヤ的な感覚ということになる。そのような呪縛を1000年の時を超えて現代人に押し付けてくるとしたら、マヤ人はなかなか凄いということにもなるし、あるいは、キリスト教的アセンションの概念にたまたま符合し、あるいは利用されただけだとも考えられる。

いずれにしてもわれわれ人類は、無闇に終末論をセットする必要はあるまい。いずれ滅亡するにしても、それまで永遠の存続を信じて努力し続ければいいのである。

ハンモックナンバーとは、Wikiによると、大日本帝国海軍における 『海軍兵学校の卒業席次』、または 『兵学校同期生間の先任順位』 のことである。それが問題視されたのは、所詮、海軍兵学校の卒業席次にすぎないものが、後々まで昇進の決定要因になったということである。

このハンモックナンバー的な考え方が今でも一番残っているのは、国家公務員だろう。聞くところによるとそこでも、公務員試験の点数が後々まで昇進に大きな影響を与えているらしい。

ハンモックナンバーに基づき昇進を決めるというのは、仕事のパフォーマンスをw、試験の点数をsとしたとき、wとsが高い相関にあるという仮説に基づく。それは全く的外れではないだろうといえる程度であって、もちろん例外は多数ある。もっと問題なのは、wとsと書くとき、時間tとしてw(t)とs(t)の関係をみているのではないことである。すなわち、試験は一度きりだとすると、試験の時点をtsとすると、t > tsのようなtについてw(t)をみているのだから、いよいよ相関はあやしい。

ところで新聞をみていたら、企業の採用担当者で、応募してくる学生にいちいち、あなたは大学入試でAO入試でしたか、と確認する人がいるという。その理由は、AO入試で大学に入った人で仕事ができない人が多いから、というのだが本当だろうか。

もし仮に、AO入試で合格することが、一般入試で合格するより楽で、そのためAO入試で合格した人が一般入試で合格した人よりも学力が低いとしても、そこでいう学力って何よ、という素朴な疑問があるし、また、どんな形で大学に合格しようと、大学で何をどう勉強したかに大きく依存するので、AO入試かどうかなんて関係なくないか。

おそらく、その採用担当者は、たまたま出来のよくない社員がいて調べたら大学入試がAO入試だったのだろう。そしてハンモックナンバー的判断基準にスイッチが入ったという次第である。

なぜなら人は、自然にハンモックナンバー的判断基準に流れていく傾向がある。その方が楽だからである。一度判断するともうその判断を何度も使える。Javaの乗りを真似すると、judge once, use any timeである。

しかし、しんどいかもしれないが、判断コストを惜しんではいけない。原発事故も要するに、判断コストを惜しんで、点検を怠ったせいではないか。

とはいえ、一番怠りがちなのは、自己点検ではないか。例えば私は、将棋アマ四段で矢倉が得意と自己認定していたが、先日の職団戦でアマ四段であることに黄色信号が点り、矢倉が得意には赤信号が点った。そこで、古書店で森下九段の矢倉定跡の本を買い込んで泥縄式に勉強を始めた。三日坊主に終ることは見えているが、強制的な自己点検と、それに対応した対策という意味で、嫌な体験こそ意味があるのだろう。

将棋の場合は実戦を戦うたび毎に自己点検に晒されるが、judge once, use any time的な学歴や過去の試験結果に依存することは、常にスキル腐敗の危機に晒されている。Are you ready to prepare for such a problem ?

世の中にはいろいろな仕事があって、特にオリジナルなアイデアを要する仕事は多くないかもしれない。例えば、私が担当している特許実務で、オリジナリティが要求されることはほとんどない。そこで要求されるのは正確に発明や引例を理解すること、きちんと審査基準を理解すること、そして特許の関連条文や判例、過去の事例を覚えておくことの記憶力などである。

そういう特許実務に対するような態度は世間にも応用が利く。すなわち、特許実務をやるように堅実に生きていれば、大過なく人生を送れる。

ところが、教育投資で述べたように、勉強努力的な仕事から少し外れると、感性やアイデアを要求される。しかしアイデアなるものは、天から降ってきたり、地の底から湧いてくるような意外なものであるから、この地上の三次元にバインドされていると、なかなかアイデアは湧かない。湧いたとしても、三次元的な凡庸なアイデアにとどまる。そこで意味のあるアイデアを喚起するために必要とされるのは、

  • 高次元化
  • 虚数の導入
である。

高次元化というのは例えば、超弦理論を思い起こして戴きたい。

虚数の導入というのは、古典力学のハミルトニアンに虚数を導入することにより、シュレーディンガーの方程式になる、というのが典型的な例である。

高次元化と虚数の導入により、そこに魑魅魍魎が現出する。すぐれたアイデアは魑魅魍魎の密林に棲むのである。密林に美女が腰巻一つで佇んでいたとしたらなんと妖艶且つ奇怪であることか。

そんな意味不明の話をしていても仕方ないので、高次元化と虚数の導入の具体例を示す。

  1. 心霊に対する共感
  2. 陰謀論に対する洞察
  3. 変な思い込み
  4. シンクロニシティに関する感度
  5. 宇宙に対する憧憬
  6. 超越的なものに対する畏怖
  7. 欲望に対する執着と離反のせめぎあい
  8. 興味の飛び火と発散
  9. 静寂への沈静

心霊はおそらく虚数に対応する。宇宙的なものは多次元である。いや、宇宙の緒源には虚数時間があったというホーキングの説もある。だから、虚数はあちこちに顔を出す。

変な思い込みは、三次元空間をトポロジー的に変形する。そこにはペレリマン的非自明さが蠢き、人々を戦慄させる。

現実に、高次元化と虚数の導入と非ユークリッド計量とコホモロジーを導入することにより、意識はプラズマとなる。すなわち、一体になっている理性と感性が乖離し、トーラスの周りを高速で周回し始める。

そこではっとあなたは我に帰る。ここはどこ、私は誰? そこで不思議の世界の出来事を、三次元世界に持ち帰らなくてはならない。数学的には、複素高次元空間から、実三次元空間への写像を与えることである。ここで力量を問われる。なぜなら、その写像はあまりにも恣意性が大きいからである。

また、複素高次元空間から、実三次元空間への写像は当然に、複素高次元空間におけるさまざまな情報を縮退させ、歪めてしまうので、冷静に考えるとどうしても満足のいかないものになる。それに気づいて落胆するのもありである。

ここまで書いてみて、これは結局、プラトニズムのイデア論の亜流にすぎないことに気づく。ともあれ、言いたいことは、アイデア生成のためには、なるべく荒唐無稽に意識のプラズマを現出させましょうぞという、それだけのことなのであった。哲学も科学も文学も、結局そこを淵源とするはずである。

料理酒

user-pic
0

私は安物買いなので、720ミリリットル、300円ちょっと、などという最安赤ワインを買ってきたりする。それはそれなりにおいしいかというと、グルメから遠い私といえども、そうだと言う気にはなかなかなれない。

そこで飲まれないで余っている最安赤ワインに、家人が干しプラムを漬してみた。そして一晩置いて味見してみると、絶妙のフランス料理のデサートの様相を呈していた。

これは安いワインにも拘わらず、プラムとの組み合わせでいい味を出せているのだろうか。いや違うと私は思った。それは次のような理由による。

日本料理の専門家である弟が料理をしているとき、隠し味として、一升瓶の日本酒を少し、入れていた。そこで、その酒は高い酒かと聞くと、いや、高い日本酒は使わないという。そこで、それは勿体ないからかというと、そういう問題ではなく、高い酒を料理酒として使うと、料理が酒に負けてしまうのだという。

そこで料理に使う酒にも、アシスト力が必要であることを知った。すなわち、なまじ高級な日本酒だと、アシスト力の点で却って適任でなくなるのである。プラムだって、安いワインに引き立てられた次第である。

これは私のような特許明細書書きにも言える。自分でいうのも何だが、私は数式やフローチャートをふんだんに含む、高度に数学的な特許明細書を書くのが嫌でない。実は、難解なコンピュータ・サイエンスや統計処理の論文を渡されて、それを特許明細書の形に落とすのは、場合により病気になるくらい大変である。それでも、あまり膨大な時間をかけないで特許明細書を用意するのは、私が、科学技術の分野で、せいぜい安物の酒だからである。

説明も不要だと思うが、私は大学で情報科学を専攻していないし、大学院も出ていない。いわば半端なデイレッタントに過ぎない。そういうアマチュアに毛が生えた程度の私は、それでも、数楽者であったり、科学好きだったりして、どんな科学技術の論文にも憧憬をもって接することができる。

そうやって距離を置いて眺めると、発明としての科学技術の論文に対して、素朴な疑問がいくつも湧く。それを発明者に聞き、特許明細書に盛り込むと、手前味噌だが、その技術に詳しくない人が読んでも、それなりに分かったような気になるものが書けていると自負する。

もしそれが少しでも正しいなら、私が、ある分野のプロフェッショナルであるという点で、最低限の酒なのだが、スーパーでとても安く買える料理酒レベルだからということである。安いけど素材の旨みを引き出せる料理酒。だから私にあまり、高い給料は払う必要はない。

言いたいのは、高級なブランデーのような特許法の権威の弁理士先生や、ドクターの学位をもつ研究者あがりのブルゴーニュ・ワインが、特許明細書という料理にとって最適な料理酒とは限らないこともある、ということである。

多分こういう議論って、スーパーの片隅で売られている料理酒のように、一顧だにされないのだろうと思う。それでいいのだ、料理酒。

人間通

user-pic
0

古書店の100円ワゴンセールで、谷沢永一氏の「人間通」新潮選書をみつけて、あまり迷わず買った。

谷沢氏は、この本を66歳で書いたのだが、この本を書くに至った経緯を次のように述べる。

私はたとえば四十代あるいは五十代に至って人生に関する若干の知見を得ました。そしてそのたびごとに、このような思い至りがもう十年早く脳裡に浮かんでいたら、もっと賢明に生きることが出来たであろうに、とつくづく悔やむのが常でした。この本に書いた事項はすべて私の遅すぎた納得事項ばかりです。それを早い目に読者へ伝えたいというのが本書執筆の動機でした。

私は到底谷沢氏のような知見には達していないが、しかし、「四十代あるいは五十代に至って人生に関する若干の知見」というのは私にも若干ある。そしてそれは、谷沢氏が書かれていることとほとんど矛盾しない。

さてこの本は、下記のような章立てをもつ。

  • 人と人
  • 組織と人
  • 言葉と人
  • 本と人
  • 国家と人

人と人の章で面白かったのは、まず最初の三つ「人間通」、「吝嗇」、「臆病」である。

「人間通」では、キーパースンは、特技の人でなくてよく、誠意と熱意があればそれで十分である、と説く。そして必要条件はただ一つ、他人の心がわかることである、とも説く。得たりである。そこさえ抑えておけば、特技は後追いで勉強してもいいし、有能の部下にデリゲートしてもよい。これに比べると、吝嗇と臆病は、キーパースンが排除すべき属性としてやや付属的であるが、やはり本質的なのであって、なぜなら、吝嗇と臆病は一生を通じて改善されず、寧ろ悪化する属性だからである。

吝嗇がなぜいけないかというと、助け合いの根本精神がないからである。部下を助けるのが本質のキーパースンにとって致命的になりえる。臆病は、キーパースンをして責任の所在を晦ますように働かせしめる。しかし、責任をなるべく回避しようとするキーパースンは、球を投げないピッチャー、バッターボックスに立たないバッター以下であり、意味がない。

また、面白いと思ったのは、「個人差」に書かれている以下のようなステートメントである。

現実の問題として人間の容貌も体力も智力も食慾も幾段階も相違する。それだのに性慾の甚だしい個人差だけは決して素直に認めようとしない。この思えば不思議な拘りが人間関係に無限の紛擾を巻き起こしている。しかし誰も否定できない事実として、第一に、人並み外れて性行為の回数を重ねなければ身体がもたない絶倫型がある。第二に、数多くの異性を相手に性行為の遍歴を重ねなければ気が済まない好色型がある。

これも得たりであって、最近マスコミで、塩谷瞬という俳優が複数の女性に二股かけたと非難を浴びているが、彼の場合生来の好色型なのだろう。しかもその卓越したルックスで道で行き交う女性を魅了してやまない。

私はこういうのをみていて、少しだけ羨ましいが、しかし、可哀相だとも思う。これでは生きることが、足に鉄鎖の重りを付けているようなものだからである。塩谷瞬を非難する人は、格好の機会と嫉妬の炎を燃やしているのだろう。そう、「嫉妬」というのもまたこの本のトピックなのであって、パンではないが、嫉妬は、全く燃やさないとは不可能なので、こんがり狐色に焼けばいいのだという。間違っても黒こげになるまで燃やしてはいけない。

いうまでもないが、私が性的に放埓でないのは、絶倫型でも好色型でもない、ただそれだけのことである。私にとって性は、押さえ込めない猛獣ではなく日向ぼっこしている猫程度にすぎない、ただそれだけのことである。

「国家と人」の箇所では、試験による登用の弊害が説かれる。ここらあたりの屈折した感情というのは、私もよく理解できる。また、学歴が昔でいう身分になってしまっている。

ということで、「人間通」は、いちいち同感なのであった。

不作為犯

user-pic
0

刑法の入門書によると、不作為犯には、真正不作為犯と不真正不作為犯とがある。真正不作為犯とは、刑罰法規が不作為を予定している犯罪であって、例えば、下記のような条文がある。

第百三十条  正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
このように、「退去しない」のような、何かをしないことを構成要件とするのが、真正不作為犯である。

一方、不真正不作為犯とは、構成要件上作為を予定している犯罪を、不作為で実現する場合であって、例えば、人を誤って車で轢いてしまったとき、死んでも構わないと思って路上に放置し、実際に出血多量などで亡くなったときは、殺人罪(199条)の不真正不作為犯が成立し得る。

このような刑法の考え方を、内部告発、あるいは内部告発の事例などと併せて考えてみた。

すると、社内にあって、やるべきことをやらないことが社内規則の違反となる、ということはなかなか考えにくい。例えば、ある決済をある管理職がしないために、損失が生じたとしても、それが何か明確に書かれた社内規則あるいは行政法規などに違反しない限り、内部告発の対象とはならず、寧ろ、上位管理職あるいは監督部署の監視に委ねられる。よって、何かの理由で上位管理職あるいは監督部署の監視が働かないと、不作為は放任される。

もしこのような不作為が結果的に懲罰に値する結果をもたらすとしても、それは不真正不作為であろう。なぜなら、普通はこれこれまでに決済すべしのような明確な規定がおかれていることは少ないからである。

一方、社内で真正不作為に該当することがあるだろうか。例えば、他の社員のXXを知ったときは、遅滞なく社内監査部門に報告すべしという社内規約があるとき、知りつつ、何かの理由で秘匿し、あるいは放置しておくことは、真正不作為に該当することがありえる。

しかし、それを知り得る状況にあって放置したとしても、直ちにその人を非難することは難しい。それは次のような理由がある。

  1. 報告義務があることを知らなかった。
  2. それが報告に値することだとは知らなかった。
  3. 報告しても社内監査部門がきちんと動くとは信じない。
  4. 報告すると、問題児とみなされて、社内での報復が恐ろしい。
  5. 日常業務が忙しいので、そんな報告を書いている暇はない。
  6. 日常業務は必ずしも忙しくないが、報告すると、インタビューなどに巻き込まれて忙しくなるのがうっとおしい。
  7. 報告の対象が仲のよい人なので、とても懲罰されるのは耐えられない。

こうして組織内では、折角内部告発の規定があっても、真正不作為は沈殿し、希釈され、次第に消えうせてしまう。一体組織内正義を達成するためのどんな方策があるのだろうか、もちろん行き過ぎた正義による社内の自己免疫化の防止も含めてである。

ともかく、組織内では日々、数多の不真正不作為と、若干の真正不作為が蠢いているに違いないのである。

共同通信によると、TPP年内妥結、事実上断念なのだという。以下、引用:

【ダラス共同】環太平洋連携協定(TPP)拡大交渉を進めている米国、オーストラリアなど9カ国は、目標としていた年内の交渉妥結を事実上断念する見通しとなった。米通商代表部(USTR)のワイゼル首席交渉官が妥結時期について16日、今後の交渉の方針を決める6月のTPP閣僚会合では「明確な期限を設けない」と言明した。交渉の難航が背景にある。日本は、協定作りに関与できる余地がなお残された形となった。

TPP亡国論を読んでからすっかりアンチTPPに染まった私であるが、日本全体としては、TPPは推進派の方が優勢なのだと思っていた。そもそも政府与党がその方針なのだし、Webをみても、アンチTPPの旗色が悪い。

しかも、TPP亡国論の著者、中野剛志氏は、ほとんど孤軍奮闘から出発したものの、テレビ出演しても非常識発言を詰られたり、なにかと旗色が悪い。

一方で、知り合いからは、あまり報道されていないが、TPPは、医療や保険の分野も蝕むのだと知らされ、いよいよ私は、アンチTPPを募らせていった。

少し調べてみると、JBpressの2011.11.01の記事に次のような記述がある。

医療に関して言うと、良質の最新医療を受けるならば、多くの家庭では借金しないと支払えないくらいの大金が必要になります。それが、市場原理が支配するグローバルスタンダードに合わせるということです。
日本の健康保険制度のもとでは、報酬が点数によってあらかじめ決まっているため、医療機関はたいした利益が上がらないような仕組みになっています。この制度が功を奏して、日本はこれまで「国民皆保険制度」で、世界一安くて質の高い医療をすべての人に平等に行ってきました。

要するに、虫垂炎でも100万円かかるような米国のような医療保険制度になるわけで、これによってもしかして医療機関は儲かるのかもしれないが、大抵の中流階級の人々には、医療を受けることが高嶺の花になってしまう。すると治る自明な病気で命を落とすこともありえる。

あと、混合医療の問題がある。毎日新聞の2007/12/03の下記の記事がある。

公的な医療保険がきく保険診療と、きかない保険外診療(自由診療)を同時に行う「混合診療」は、原則として禁止されている。この国の政策を「法的根拠がない」とした11月の東京地裁判決が波紋を広げている。国は判決を不服として控訴したが、混合診療はどうあるべきなのか。【山崎友記子】
保険診療では、病院でかかった医療費のうち、実際に患者が負担するのは多くの場合3割。残りは健康保険で賄われる。しかし、保険がきかない未承認の新薬を使うと、混合診療が認められていないため、それまで保険給付の対象だった検査費や入院代なども含め、医療費すべてが全額自己負担となる。
厚生労働省が混合診療を禁止しているのは、安全性や有効性が必ずしも確認できていない保険適用外の治療や薬が広がれば患者にとって不利益になる▽保険外診療の費用は医療機関や製薬会社などが自由に決められ、その費用を負担できるかどうかによって受けられる医療に差がつく--などの理由からだ。

これがTPPとどう関係があるかというと、TPPにより外国医療保険会社が自由診療枠の医療保険を狙う。これにより、自由診療枠の治療項目が増え、国民はここをカバーする高額の医療保険に加入しないとまともな治療が受けられなくなる。やはり医療の米国化である。ここでもグローバル・スタンダードはおぞましいということである。

しかし、今回のTPP年内妥結断念は、そんな懸念の日本の思惑が必ずしも通じたのではないようである。まだ今後の予断を許さない。

仏教宗派

user-pic
0

友人から、「浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか」島田浩巳著、幻冬舎を貰った。この本はちらっと知っていたのだが、特に買うまでに至らなかった。しかし、手にして眺めてみると、仏教ファンの私としては、なかなか興味深いので、自分なりにまとめてみる。

まず、日本で1940年に宗教団体法が成立した時点で、13宗56派が存在していた。13宗とは、法相宗、華厳宗、律宗、天台宗、真言宗、融通念仏宗、浄土宗、臨済宗、浄土真宗、曹洞宗、日蓮宗、時宗、黄檗宗である。このうち私が聞いたこともないのは、融通念仏宗と黄檗宗である。

融通念仏宗とは、天治年間、良忍が開いた浄土教の一派である。

黄檗宗とは、おうばくしゅうと読み、大辞泉によると、下記のとおりである。

日本の三禅宗の一。承応3年(1654)来日した明僧(みんそう)隠元が開祖で、京都府宇治市の黄檗山万福寺を本山とし、明治9年(1876)臨済宗から独立して一宗となる。教禅一如を提唱、念仏禅に特色がある。

またこのうち、天台宗、真言宗、浄土宗、臨済宗、浄土真宗、日蓮宗には、下位の派がある。例えば、臨済宗南禅寺派などという具合である。

仏教の宗派には、法華信仰、密教、浄土教信仰、禅という四つの流れがある。法華信仰とは法華経に対する信仰をベースとしており、最澄が天台の教えとして、法華信仰を日本に導入したのが最初である。密教はインドで仏教が土着のヒンズー教と合体して成立した。浄土教信仰は、来世信仰の一種であり、中国から導入された。禅は瞑想の一種で、インド出身の僧、達磨に遡る。

別の観点から、南都六宗という括りがあり、これは、三論宗、法相宗、華厳宗、倶舎宗、成美宗、律宗からなる。三論宗、法相宗、華厳宗は大乗仏教であるが、倶舎宗、成美宗、律宗はなんと、小乗仏教である。私はてっきり、小乗仏教はタイやスリランカなどに留まり、日本には入っていないものと勘違いしていた。南都六宗は、国家の費用で維持される官寺であって、そのため檀家を持たす、葬式も行わない。

さて、天台宗の比叡山は、法然、親鸞、道元、栄西、日蓮など名だたる僧が学んだところであるので、近世仏教の礎ともいえるが、天台宗自身は地味である。これは、「浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか」の著書によると、天台宗には法華信仰、密教、浄土教信仰が総合的に兼ね備えられており、そのことが却って特徴を曖昧にしている。天台宗の祖、最澄は、中国からの帰国後、南都六宗と対立した。当時、南都六宗は権威そのものであったから、天台宗独自の僧を認定するための大乗戒壇を国家から認めてもらうことが最澄の悲願となった。天台宗についてはあと、円仁の「入唐求法巡礼行記」と、「天台本覚論」を記しておく。

真言宗について、この本に指摘されているのは、空海が、四国出身の叩き上げではなく、京都の富裕な家庭出身ではないか、という説である。そしてきちんと三論宗で修行して得度したのではないか、という指摘である。よって、もともと最澄よりもエリートだったすれば、最澄が空海にへりくだって教えを請う手紙を書くのも分かる。真言宗は、始祖の空海が偉大すぎて、却って発展しなかった。

浄土宗の祖、法然は、今の岡山県に生まれ、早くに父を亡くしたので、延暦寺で修行して、天台宗の僧になった。天台宗で法然は、叡空の弟子になり、浄土信仰を教えられた。その後、源信の「往生要集」を学んだ法然は、50代半ばで、念仏さえ唱えれば極楽浄土に行けるという、浄土宗を開いた。しかし、浄土宗の教えは天台宗などの既存の宗派の教えとは異なるので弾圧され、高知に流罪となり、そこで78歳で亡くなった。

浄土宗は念仏仏教とはいえ、その教義が曖昧なので、法然の死後、西山派や鎮西派など多くの分派を生んだ。教祖の親鸞が法然の弟子である、浄土真宗もそうである。親鸞といえば、歎異抄が有名であるが、これは決して、親鸞の主著ではない。そもそも、弟子の唯円が著したものらしい。寧ろ主著は、「教行信証」である。親鸞は妻帯したり、流罪になったりと波乱に富む人生とされるが、その実態は謎が多い。ともかく、浄土真宗が日本最大の宗派となったのは、中興の祖である蓮如の貢献が大きい。蓮如の居所の石山本願寺は、織田信長と対抗するほどの力をもった。本願寺は、神仏習合をあまり行わなかったので、明治の廃仏毀釈からかなり逃れた。

栄西は、臨済宗を中国から取り入れた。先行する南都六宗、天台宗、真言宗が貴族と結びつきが深かったので、鎌倉の武士は寧ろ、臨済宗の禅に共感した。ただ臨済宗は兼学として、禅の他に密教の修業もした。後に曹洞宗を興す道元は、臨済宗で修行するものの、純粋禅を目指した。禅宗の中心は、京都五山と鎌倉五山である。京都五山とは、天龍寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺、鎌倉五山とは、建長寺、円覚寺、福寿寺、浄智寺、浄妙寺である。

さて、道元の曹洞宗に移ると、曹洞宗は永平寺を本拠地として、厳しい禅の修行を特徴とする。道元は宋に留学して帰国後、京都五山の一つ、建仁寺に身を寄せ、宇治に興聖宝林寺を興した。その道元の元には、達磨宗から、懐奘など有力な人たちが移ってきた。道元は、主著「正法眼蔵」を著した。その後道元は、永平寺に移るが、道元の死後、弟子たちは加賀大乗寺に移り、永平寺は廃寺同然となった。そこで浄土真宗における蓮如のように、曹洞宗の中興の祖となったのが瑩山紹瑾である。瑩山紹瑾は、懐奘の下で得度し、純粋禅から兼修禅へと現実路線を採ることで、曹洞宗は全国に広がっていった。さらに曹洞宗は、死後に出家するという仕組みを発明して、葬式仏教を確立した。

日蓮に移ると、浄土宗を敵視したり、蒙古大襲来の予言と、なにかと戦闘的なイメージがあるが、彼の書いたものを丹念に読むと、そのイメージとは異なり、かなり穏健な知識人のようである。ともかく弾圧のため、一度は伊豆に、二度目は佐渡に流罪となった。日蓮は、天台宗の法華経の路線に忠実であった。日蓮が亡くなると、弟子達は、身延山久遠寺を建立した。日蓮宗は、京都に進出すると、「南無妙法蓮華経」という題目を唱えるだけで現世利益が得られるという教えで庶民に広がっていった。

融通念仏宗は、法然より前に比叡山で修行した良忍によって興された。念仏の信仰を中心とするという点では浄土宗と似ているが、専修念仏ではないので、教えが明快でなく、浄土宗ほどは広まっていない。

時宗というのは、やはり浄土系である。その宗祖、一遍はいまの愛媛県に生まれ、九州に赴いて、西山派に学んだ。家庭の事情で一旦還俗したものの、再度出家し、特定の寺を建てることなく、念仏を唱えながら踊る踊り念仏で、一遍ブームをつくった。

日蓮正宗は、日蓮の弟子、日興の富士門流の流れを汲む。もともとは創価学会は、日蓮宗とは関わりはなかったが、創価学会の始祖の牧口常三郎が個人的に日蓮正宗の信仰をもったことから、縁ができた。そして、創価学会の会員は自動的に日蓮正宗の宗徒であるということになったので、日蓮正宗の宗徒は一気に増えた。しかし、折り合いがつかなくなり、日蓮正宗を創価学会を破門するという事態になった。

ところで、「浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか」の答えは、浄土真宗の教えがシンプルで、念仏を唱えれば成仏できるという分かりやすさのせいである。浄土真宗では、出家と在家をあまり区別しないし、歎異抄によって親鸞ブームが興ったことも大きい。もちろん、中興の祖の蓮如の貢献も本質的である。ただ、個人的には努力主義の私には、物足りないものを感じる。

コンピュータのプログラミング言語を勉強していて、ジェネレータとコンシューマという概念があることを知った。まだよく理解していないので、その説明は省くが、ジェネレータという言葉で思い起こすことがある。それは、詰将棋である。

私は詰将棋があまり嫌いでなく、将棋を指す合間に子供の頃から雑誌の詰将棋を眺めていたが、哀しいほどに解けなかった。それは単に棋力が低いせいかとおもっていたが、一応アマチュア四段の端くれの強さになった今も、私とほぼ同等の強さの棋友に比べても詰将棋が苦手である。棋友は結構詰将棋が得意で、どうだこの詰将棋解けるかとときどき私に提示したのだが、私があまりにも解けなかったり、解こうともしなかったりて、可哀相とおもったか意味ないと思ったか、次第に私に詰将棋を提示しなくなった。

ところが、そんな詰将棋が苦手な私であるが、大学の頃、あまりにも暇なので、適当に盤に駒を並べて詰むかなと考え、駒を配置し直しているうちに、詰将棋らしきものが出来てしまった。それを将棋部の同僚に見せたら、難なく解くのだが、なかなか筋がいいねと、多分お世辞だと思うけど褒めてくれた。それで急に詰将棋創作に目覚めて時間をそれに費やすようになり、ぼつぼつと詰将棋ノートに作品を記入していった。

緻密でない性格の私のこと、余詰、不詰も頻出で満身創痍であったが、ともかくも、社会人になっても創作を細々と続け、合計で百題くらい創作した。これはという自信作を近代将棋誌に投稿してみたが、レベルが高い近代将棋誌のこと、あっさり没になった。

そうやって詰将棋を創作しつつ思ったのだが、将棋を指す人のうちで、詰将棋の創作を試みる人というのは意外に多くない。例えば、私が大学将棋部に在籍した間にのべ百人くらいの部員と出会ったが、詰将棋創作に興味をもつ人というのはせいぜい二、三人だったように思う。もちろん詰将棋を解くことは修練としてほとんどの部員がやっていた。

すると、詰将棋創作者をジェネレータ、詰将棋を解く者をコンシューマと呼ぶことにすると、人数からいって、コンシューマ>>ジェネレータという図式が成立する。これは、詰将棋創作に限らず、詩作、小説など他の多くの創作分野でも成立するのではないかと思われる。

なぜジェネレータが圧倒的に少数なのかは自明ではないが、ある将棋のプロ棋士が次のようなことを言っていた。すなわち、体調がよくないとき意外に新戦法を思いつく、と。体調がいいときはじっくり普通の戦法で構えるので勝率がいい。しかし体調がよくないとき、体力を補うためかいろいろ戦形を工夫して新戦法になる。ただ、まだ経験のない形のせいか、あるいは精神的に粘りが利かないせいか、なかなか勝ちにはつながらない。

実は、新戦法というのは、一流棋士からなかなか出てこない。例えば、今大流行の対ごきげん中飛車超速46銀を思いついたのは奨励会三段の星野良生であり、一時猖獗し、今も廃れない横歩取り85飛戦法を考えついた中座真七段は今、C級2組で降級点1である。

このような言説から、どうも、ジェネレータとは、何らかの不健康さの表れといえそうである。これは当然ながら私のオリジナルではなく、昔から言われている説である。さて、どのような不健康さなのだろうか。例えば、ゴムの木があるとき、黙っていてもゴムの汁は滲み出てこない。ところがゴムの木にナイフで傷を付けると、そこからゴムの汁が滲み出てくる。するとどうも、ジェネレータの生産物とは心が病み、あるいは傷ついた箇所から流れ出る心の血のようなものらしいということになる。

すなわち、いろいろな不幸なことがあると、心は苦しみ、病み、心の鬱血状態となる。そこで心に軽くナイフを入れ瀉血させる。そこから心の血を流れ出させることで、次第に心が楽になる。これは知られた用語では、カタルシスとも呼ばれる。

そういえば、私が詰将棋を創り始めたのは、学者になることが才能や実家の事情で無理そうだと思い始めた頃である。別の言い方では、詰将棋の創作とは、現実社会から、狭い詰将棋空間に写像を与えることである。それは人生の可解性で述べたような可解な像を生成する作業でもあるのだが、可解な像は不安定で、よってジェネレータは一時の安堵または法悦を挟んだ絶え間ない焦燥や不安に苛まれる。

そういう病んだ人たちがメジャーであるわけがないので、コンシューマ>>ジェネレータなのである。

先日、知り合いの人と飲んで、憑依についての意見を聞き、なるほどと思ったので、私なりのコメントも交えてまとめてみる。

さて、例えば会社などで、いままでまともだったのに急におかしくなる人がいる。それは担当する仕事が変わったことがきっかけだったりする。それを、精神的な悩みと呼んでもよい。ただ、別の解釈も成立する場合がある。それが憑依である。

多分であるが、憑依は、生物一般にとても普遍的なものである。例えば、受胎した細胞が成長し始めるのも、実は憑依なのかもしれない。

これは次のような例に喩えられる。すなわち、われわれは病原菌を嫌って、外から帰ったり、食事をする前などに手を洗う。しかし、病原菌を含め、細菌というのは体内に普通に存在し、ある種の腸内細菌はむしろ、生命活動に必須である。

ここで細菌のアナロジーを広げると、空中に様々な細菌が浮遊していて、呼吸などを通じて体内に入ってくるものもあるが、それが病気につながらないのは、免疫機能が働いているからである。

すると、この世に普通にさまざまな霊が浮遊していて、常に憑依を試みようとしている、という可能性もありえる。それでも簡単に憑依されないのは、なんらかの、霊的免疫作用が働いているのだろう。あるいは、乳酸菌や納豆菌のような善玉菌は積極的に体内に取り込んで悪玉菌の繁殖を抑えているように、われわれはもしかして善玉霊に憑依してもらって、悪玉霊の憑依を防いでいる、ということもありえる。

すると、身体や精神の状態で霊的振動数が変化し、その霊的振動数に共鳴する霊が憑依するというモデルを考えることができる。

憑依で問題になるのは、霊的振動数が低下し、悪玉霊が憑依することであるが、それは一体どのような場合なのか、列挙してみる。

  1. 性的なこと、金銭、資産、地位などの強い欲望に支配されると、さらに貪欲に欲望を追求する低級霊が憑依する。
  2. 自信や実力がないのに、地位や名声を強く願う場合もそうである。特に芸能界はこのような人たちの巣窟であり、低級霊の跋扈する場所である。新興宗教の教祖にもこのタイプがありえる。
  3. 主体性を放棄し、他人に追従して生きていく方針だと、憑依されやすい。霊に依存したがっている心理状態なので、低級霊の格好のターゲットとなる。
  4. 酒に酔う、薬物中毒などの状態も、低級霊が憑依しやすい状態である。

それでは低級霊に憑依されると、どのようなことが起こるか。

ある場合には、社会的に成功し、物質的に恵まれる。とんとん拍子ですべてうまくいく。それは神がかりとも呼ばれるが、実は低級霊に憑依されている。例えば、ヒットラーは、強力な低級霊に憑依されていたと思われる。

そうやって低級霊に憑依されると、妙なオーラに包まれる。対面すると相手の人は不思議な魅力を感じたり、言うことを聞かざるを得ないような気分になる。ちんけな小男だったヒットラーに、ハイル・ヒットラーとかしずく。ポルポトを知る人は、とても魅力的な人格だったという。

低級霊に憑依されると、別の超能力も発揮される。例えばヒットラーは、その超人的な危機回避能力で、あらゆる精緻な暗殺計画から生き延びた。

死神的な低級霊もいる。例えば、人身事故の名所のような駅がある。そこで普段なにも悩んでいないような人が突然、列車に飛び込むことがある。これはそこで亡くなった霊の憑依を想定すべきと思われる。

犯罪にも、どうしても憑依を想定せざるをえないものがある。

それではどうやって憑依を防ぐかというと、それは上述のように、高級霊に憑依してもらって、低級霊の憑依を防ぐ、ということになるのかもしれない。

ともあれ、低級霊の憑依を防ぐには、次のような配慮が必要である。

  • 欲望を減らす。
  • つつましやかに生きる。
  • 主体性をもって生きる。
  • 自己中心的にならないで、他人を助ける。
  • 能力や適性的に無理のない仕事に就く。

これは典型的には、仏教が説く修行の生き方である。すなわち、仏陀は低級霊に憑依されてはいけないと説いたのかもしれない。

それでは一旦低級霊に憑依されてしまったらどうするか。それは、悪魔祓いで述べた、C.A.ウィックランドの「迷える霊との対話」ハート出版、に書いてあるようにするしかない。とても地道な作業である。

ところで、下記のような共同通信のニュースが目に付いた。

12日午後8時15分ごろ、東京都葛飾区のJR新小岩駅で、男性がホームから飛び込み、大船・池袋発成田空港行きの成田エクスプレス53号(12両編成)にはねられ死亡した。乗客らにけがはなかった。死亡したのは若い男性とみられ、警視庁葛飾署が自殺とみて身元を調べている。身分証や遺書は見つかっていない。葛飾署によると、新小岩駅では飛び込み死亡事故が相次いでおり、昨年7月以降11件目。

都内で鉄道の人身事故は日常茶飯事であまり珍しくはないが、JR新小岩駅で昨年7月以降11件目というのは流石に多すぎではないだろうか。ここで日常的に憑依をもちだすと相手にされないが、しかし、放射能の除染ならぬ除霊が必要なのではと思うのは私だけだろうか。

最近ある友人と話していて、定年後再就職して、会社にいたとき習得したスキルが随分役に立っていると聞いて、ピンとくるものがあった。

それは、スキルの習得には、あるレベル以上の工夫の発揮や、苦労、あるいは懊悩が必須である、というものである。これは放射線の人体に対する影響とのアナロジである。すなわち、放射線の人体に対する影響の閾値あり説では、毎時100マイクロシーベルト以下の被曝は人体に実質的影響を及ぼさないとされる。

放射線の人体に対する影響は、ホルミシス仮説はあるものの、だいたいにおいて有害である。スキルの習得というのは、放射線の人体に対する影響とは逆にポジティブなものであって、そこにも閾値あり説を適用しようとするものである。

そこでいくつか応用例を考えてみる。大学の経済学部に入ると、ミクロ経済だの、マクロ経済だの金融論だのいろいろな講義がある。講義に出席してメモをとり、試験前にそのメモを眺めると、だいたいにおいて経済学部では単位を取るのが容易であって、期末試験に合格して卒業できる。

ところが、そうやって経済学士になっても、会社に入ってほとんど講義で学んだことがスキルとして役に立たない。理由は、講義を聞いて期末試験に臨む程度では、スキルとして身につけるほどの苦労の閾値に達していないのである。

それでも、例えば証券会社に入って経済アナリストを担当する部署に配属されたとしよう。そこで大変苦労することになるが、そこにきて、ああ大学の講義であれをやったね、と記憶がよみがえる。すなわち、大学で学んで、閾値には達しないものの、ある程度地盤が出来ていたとしたら、それはその後の努力の積み重ねに正の影響を与える。これが大学で学ぶ意味であり、そういう意味でも、大学でちゃんと勉強しなさいよ、という理由づけにもなる。

また、世間には、2時間でわかる日本経済、などという安直本がある。確かにこういうのをざっと斜め読みするのは、読まないよりましであるが、そこで得た知識はあっというまに揮発していることに気づくであろう。

すなわち、何度も言うが、スキルの習得にあって、知識そのものよりも、知識を得るための苦労が本質的なのである。この文脈で、無駄ともいえる受験勉強が正当化される。

私は今から20年以上前、前の会社にいるとき、特許明細書の書き方をある先輩から教わった。その先輩は、あまりスキルがあるように思われなかったが、とても頑固で、また国立大学を卒業した私に対して一種敵意をもっており、理不尽なレビューを受け、何度も悩んだ。この特許請求の範囲でいいのではと思って持っていくと、意味不明な理由で直しが入り、とても苦しんだ。それは3年半に及び、とうとう大した特許明細書が書けるようにならなかったが、実はこの3年半で特許明細書の書き方について生涯で一番たくさん学んだ。先輩の訂正指示に対して、アンチテーゼで自分で必死で妥当な書き方を自分で考えたのである。

すると、飛躍するが、将棋において、くすぶりは、将棋における懊悩と等価なので、それはそれで意味がある。私が関西にいた頃、将棋に変な驕りがあり、元くすぶりみたいなおっさんにあっさり勝ったとき、なんやねんその程度かと思ったことがあるが、今の私ならしかるべき尊敬を払ったに違いないのである。尤も、「真剣」をやられると、私は勝てなかったのかもしれないが。

ともかく私は、残り少ない会社生活で、安易に妥協せず、難しい仕事から逃げず、努力していきたい。そうやって身に着けたスキルは、運がよければ、どこかで生きるだろう。運がよければ、にすぎないが。

知り合いから、「TPP亡国論」中野剛志著、集英社新書を紹介された。実はTPPについて私は全く理解しておらず、且つ、私が日々親しんでいる池田信夫氏のブログでこの本がありえないくらい酷評されていたり、また、TPPは自由貿易拡大なので、農業が多少合理化する必要がある以外は全体としてハッピーなのだなどという言説を私は、無条件に信じていた。

しかし、知見に信頼をおく知り合いなので、「TPP亡国論」では暴論を展開しているのではあるまい、またこの際、TPPについてきちんと理解しておくのも意味があるだろうと、この本を読み始めた。以下、この本に基づく自分用のメモである。なにしろ疎い分野なので、誤解があるかもしれない。

まずTPPは、2006年5月に、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドという小国だけで発足した自由貿易協定である。それは原則として全品目に関する関税を即時または段階的に撤廃しようという過激なものである。

2010年3月に、TPPに、アメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナムが加わった。また、2010年10月にマレーシアが加わった。

TPPについてみていく前提として、WTO、FTA、EPAについて述べておく。

WTOとは、世界貿易機構であり、加盟国に実効力をもって自由貿易を推進していこうとするものである。

FTAとは、自由貿易協定であり、二国間、あるいは複数国間で関税を撤廃するものである。

EPAとは、経済連携協定であり、関税撤廃だけでなく、規制や制度の改正も含めた協定である。

日本はWTOに加盟しており、また、12カ国とFTA/EPAを締結している。今後FTA/EPAを他の国と次第に広げていく予定であるが、ここで一気にTPPに飛びつくのはハードルが高すぎる、というのがこの本の著者の意見である。そもそも既存のWTOとFTA/EPAで、日本は十分、貿易開国ではないかということである。

そもそも米国がTPPに加盟して、日本にも加盟を促すのは、日本の農産物その他の物品などの関税を引き下げさせて、米国から日本に対する輸出を増やしたいという切なる願いがあるからである。なぜなら、米国はいまや、危機的な財政赤字で、このままでは国内の雇用も減少したままである。日本に対する輸出がその救済策である。

その際使われるレトリックは、グローバリズムは善であり自由貿易は善であるというスローガンである。しかし本当にそうか。21世紀に入ってからの金融自由化により、日本のような貿易収支債権国から、巨大な資金が米国に流れ込み、サブプライム・ローンを含むバブルの原因となった。日本は金融流動化による米国の景気に乗っかり、21世紀はそれなりに好景気を享受した。

にもかかわらず、好景気というマスコミの報道にも拘わらず、身近に好景気感はなかった。なぜなら雇用は拡大せず、給料も増加しなかった。ただ、デフレにより物価が下がったので、生活しやすさはあった。

しかし、デフレは景気が不活発ということなので、日銀のインフレ誘導を待望する声もあった。しかし結局、そのような政策は採られず、デフレが深化し、景気は低迷していった。

TPP推進論者は、自由貿易促進によって、景気が刺激され、活性化される、と唱える。一方、TPP反対論者は、自由貿易促進によって寧ろ、デフレが促進され、雇用が減り、農家が窮乏する、と説く。

確かに自由貿易促進によって安い商品が沢山入ってくると、これらと競合する製品を作っていた会社は明らかに仕事が減る。社員をリストラする必要が出てくる。池田信夫氏などは、日本に足りないのはビジネスの効率化とイノベーションなので、そうやって窮乏すると知恵を発揮するだろうし、そうしないと日本の未来はないというが、なぜあえてメガコンペティションに国民全体を晒す必要があるのだろうか。

また、食糧自給率に書いたような事情により、世界に食糧は余っており、むしろ必要なのは農産物の自給力よりも政治的なソフトパワーではないかという議論も一理あるが、ただ、気候変動で食糧が一気に足らなくなると、自由貿易の環境下ではたちまち日本は飢える。

私の粗い理解では、このあたりまでしか書けない。ただ、実体験として、企業人としてグローパリズムの推進というやつを長年経験してみたが、これは一体誰が嬉しいのだろうかと、日々疑問に思っている。例えば、人事関係やITなどのサポートを以前は国内のベテラン担当者が親切にサポートしてくれたが、いまでは日本語の怪しい外国人が、外国のサイトから電話でサポートする。ちょっと込み入った質問は理解してもらえない。そもそも日本語だけでなく業務知識もあやしかったりする。

もしTPPがこのように、自分のその周囲の人たちを窮乏させ、自分たちに見えない一群の人たちが密かに甘い汁を吸うものだとすると、どうしてもTPPなるものに賛成する気にならないのである。

COBS ONLINEにストレスの解消法が記述されていたので、引用しつつコメントする。

■ストレスは2種類存在することを理解する
  1. 生き残るために必要なストレス。起きた事象から逃げるため、もしくは戦うために必要な反応。
  2. 不快な経験をしてイライラする反応。

なるほど、センサの測定信号としてのストレスもあるということのようである。また、ストレスは抱え込みすぎてもいけないし、足りなくてもいけないということのようである。

ストレスが生まれる原因としては、下記があるという。

  1. 光や音、痛みやにおいなどの『物理的要因』
  2. タバコや薬物、酸欠などの『化学的要因』
  3. 虫歯や睡眠不足、けがなどの『生物学的要因』
  4. 不満、不安、不快や緊張などの『精神的要因』

次に、ストレスの精神的要因には、次のような対処法があるという。

  1. やりたいことを考える
  2. 軽い運動、ストレッチを行う
  3. 読書する
  4. 子どものころの夢を思い出す
  5. 口に出せないなら文字におこす
  6. 誰かに話す
  7. ネットで他人とコミュニケーションをとる
  8. 職場で知人を増やす
  9. どうしても無理なら病院へいく

やりたいことを考える、というけど、ストレスが溜まっているとき、そんなことを考える余裕があるだろうか。

軽い運動、ストレッチを行うというのは、確かにある程度有効である。私はひたすら、散歩する。

読書する、というのは私の常套手段である。私には読書があるので、あまりひどく落ち込むことがなかったといえる。ただ、お見合いをして屈辱的なことを言われたとき、アパートに帰ってなぜか手にした本が、「近代中国の歴史」だった。毛沢東の話を読んでどうする、と今更思う。

子どものころの夢を思い出す、というのはどんな意味があるというのか。子供のときの夢から遠い世界にいるので、意味がない、少なくとも私には。

口に出せないなら文字におこす、というのは、まさにこのブログに書くようなことである。それは確実にストレス解消になっている。ただ、短文を書いただけでひどく疲れることがある。ストレス解消とは、体力を要する作業なのだろうか。

誰かに話す、というのは確かに有効である。口でしゃべるよりむしろチャットが多いが、社内で話し相手に事欠いたことはあまりない。

ネットで他人とコミュニケーションをとる、というのは、誰かに話す、というのと私には等価である。

職場で知人を増やす、というのも同様である。

どうしても無理なら病院へいく、というが、私は今まで精神的なことで病院に行ったことは一度もない。もちろん、身体の病気なら、病院に行ったことは山ほどある。私はすぐに心が折れるタイプで、なぜ精神的なことで病院に掛かったことがないのか、自分でも不可解である。もちろん精神安定剤の類も一切飲んだことがない。

ということで、読書とブログがストレス解消にいいんだと手前味噌に解釈して、すこしストレスが解消された。能天気なのも、ある程度自己中なのも、ストレス解消にいいんだろう。

最近、ある棋友と話していて、次のような話を聞いた。すなわち、自閉的に将棋道場に行ったりしない私と違って、その棋友は自宅のそばの将棋道場に結構足を運び、道場に来ているプロ棋士やアマ強豪の知り合いが少なくない。

その際、ある有名アマ強豪を交えて飲んでいるときふと、長く親しく付き合ってきたはずのその有名アマ強豪から、何とはない敵視を感じたというのである。それは単なる思い込みかもしれないというので、私は、いや違うでしょう、実際にそうなんだと思うと、変に強調してしまった。

私が大阪にいた頃、会社で上司や同僚から虐められるので鬱屈して、正棋会に行ったりして、将棋に没頭していた。その頃の私は才能というものがよくわかっていなくて、努力すればいつでも強くなれると信じていたから、正棋会のトップの人たちになかなか勝てないのは、単に努力が足りないだけだと素朴に思っていた。

そうやって将棋に打ち込んでいるとき、上記の棋友に会うと、会社の仕事は結構順調で、なんでも彼女がいて、近々結婚する予定であるとさえいう。当時、彼女のゲットに何度チャレンジしても毎回振られて一層鬱屈している私からしたら、忌々しくて仕方なかった。すなわちある意味、その棋友よりも当時は明らかに、人生を一層将棋に懸けていたといえる。

それなのに、当時でも、たまに会って指すと、棋才の違いなのか、私の方が負け越したりするのだった。だからというのはちょっと文脈が変だけど、有名アマ強豪の軽い敵視というのも、私にはよく理解できる。

その有名アマ強豪と私は、直接指したことないし、多分会話もしたことはないが、将棋ジャーナル誌を購読していた頃から、私にとってその有名アマ強豪はひそかな憧れだった。ただ、小池重明のように人生に落伍せず、きちんと大学を卒業して、まともな会社に就職し、それでいてアマチュアトップクラスの棋力を維持しているのは感心する。

しかし単純に感心するのは適切でなくて、その有名アマ強豪は、棋友を通じて聞いただけだが、どうみても私の100倍は将棋に努力している。言い換えると、生活から家庭と仕事を除くと、あとはすべて将棋なのである。それでも、それだけ努力しても、経済学の収穫逓減の法則のとおり、私よりも、おそらくであるが銀一枚程度強いだけではないか。

いや、そもそも銀一枚程度、という言い方が不謹慎なのである。私も窺い知れないアマ強豪の世界では、あと香一本強くなるために、魂を売る人は少なくないだろう。

そして、究極の努力に書いた遠藤正樹氏ほど将棋に努力を傾けることは、それが決して反社会的行為ではないのに、私には、なんとなく魂を売る行為に思えてしまう。

そんな私は、遠藤正樹氏にとって、やはり到底同列の将棋ファンと言ってほしくない人だろうし、もし私が少しでも将棋についてわかったようなことを言っていると、密かに敵視されるだろう。

一時棋友を敵視するほどに将棋に打ち込んでいた私は、自分自身とも折り合いをつけないで、ある意味自分をごまかして、将棋に対する色合いを薄めていった。才能がなかったといえば、まさにそうである。ただ、将棋以外にもいろいろ学んでみたい興味があることがあったのだ、と自分を納得させている。

すると、もし有名アマ強豪と付き合うことがあるなら、プロ棋士と付き合うように少し距離をおいて決して同じ土俵にいないことを明示して付き合うしかないのだろう。

ところで、個人によって、こういう努力の対象のポートフォリオの偏りがなぜ生じるのか、私には永遠の謎である。あることに対する才能には、スキルを伸ばす才能と、汲めども尽きぬ興味を感じてしまう才能があって、それは大体比例するけれども微妙に違うので、もしかして、プロ棋士以上に将棋に尽きぬ興味と努力を続けているアマ強豪がいるのかもしれない。小池重明論に通じる。

才能の共存

user-pic
0

囲碁将棋チャンネルで竜星戦をみていて、解説の棋士の発言にちょっとむっときた。それは次のような内容である。すなわち、囲碁が強い人は頭がいいんでしょうかねと聞き手の女性が解説の棋士に聞いて、解説の棋士は、坂井八段は灘高から京大医学部ですし、大学の囲碁部だって偏差値の高いところの方が強いですしね、という。ここまではまあいい。

それから、依田九段なんか勉強が全く駄目だったらしいですけど、囲碁があれだけできるんですから、ちょっと本気でやれば本当は勉強だってできたに違いないですよ、という。これはちょっと聞き捨てならない。というのは、囲碁の才能があれば勉強なんてちょろいといいたいのだろうが、それは断じて違う。全く異なる才能なのである。たまたま囲碁や将棋が強くて勉強もできるという人は沢山いるが、でも勉強で抜きん出るのも容易ではない。囲碁の才能で努力すれば誰でもトップレベルになれるほど勉強も甘くないのである。

ただ、囲碁や将棋でアマチュア有段者に達することができる才能と、一流といわれる大学に合格できる勉強の才能は結構共存できる。別の言葉では、それらの才能は、同一人にあってあまり互いに干渉しないで存在しえるようである。

ところが、アマチュア有段者の一線を超えた才能は、もしかして他の才能を侵食してしまう。前にも述べたが、高校時代、部活で囲碁や将棋に打ち込むことは集中力を養って、ある程度受験勉強にもよい効果がある。ところが、アマチュア有段者を超えて奨励会レベルまで将棋に打ち込むと、多くの場合、明らかに勉強に差し支える。

ここで人間というのは多様だなあと思うのは、プロ棋士で、勉強はまるっきり駄目で、それで囲碁や将棋のプロになれるというタイプと、勉強はやればできるけど、あまりそっちの努力はしないで囲碁や将棋のプロになるというタイプがあって、一途に打ち込む前者の方が才能あふれるとは限らないことである。

将棋で前者は久保九段だろうか。多分あまり勉強は得意でないが、トッププロの一人である。囲碁だと依田九段、結城九段である。後者は、将棋だと片上六段、糸谷五段、羽生二冠、中村太地六段あたり、囲碁だと石倉九段、坂井八段あたりだろうか。

上にも書いたように、どう転んでも依田九段、結城九段が勉強ができるようになる目はなかった。彼らの知能は、いい意味で器用でないのである。それが下手な器用貧乏になるのを防いでいる。

片上六段、糸谷五段は本当に国立大学に合格しているので、相当に勉強もできたのだろう。それでも、もうちょっと勉強をセーブしていたら将棋がもう少し強かったかもしれない。糸谷五段に至っては、阪大文学部の大学院の哲学専攻でハイデガーを専攻しているというのだが、そんな勉強をして将棋の足しになるとはどうしても思えない。羽生二冠はあまり勉強していないかもしれないが、本当は勉強の才能があったのではないかと推察させる。いろいろな意味で知的なのである。ただ、そっちで猛勉強していたら、確実に今の羽生はない。中村太地六段は早稲田の学生のとき勉強もきちんとこなして、なんと政経学部で優秀論文賞をもらったという。大学に残って教授も狙えたのかもしれないがもともとそんな気はなく、大学を卒業した途端に爆勝し始めた。端正な容姿にも拘わらず、怪物のような才能の青年である。

以上、とりとめもなく、囲碁・将棋と、学校の勉強の関係について書いてきたが、私なりのまとめは次のとおりである。

  1. 囲碁・将棋の棋士で、学校の勉強が本質的に得意でないタイプと、やれば学校の勉強もできるタイプがいるが、前者の方が囲碁・将棋の才能で優るとは限らない。
  2. 後者のタイプなら、普通の大学に合格できる程度の勉強だと、とりあえず囲碁・将棋の才能を発揮することの邪魔にならない。
  3. そうはいっても、後者のタイプでも、大学の本格的な勉強となると、次第に囲碁・将棋の邪魔になる。
  4. 逆の見方では、普通の囲碁・将棋の才能の持ち主なら、アマチュア三段~四段程度の棋力を維持するのは、あまり勉強の邪魔にならない。
  5. しかし、アマチュア三段~四段程度を超えて、県代表に近づくレベルになると、学業に差し支えてくることがある。
  6. そうはいってもときどき特異体質の人がいる。すなわち、坂井八段は京大医学部で医師になっても、囲碁の才能があまり磨耗しなかった。これは、磨耗なかったのではなく、あまりにも才能が豊かすぎたので、少々磨耗しても実用を損なわなかったのであろう。

ともかく、囲碁・将棋と、学校の勉強という二種類の才能だって、このように共存性は錯綜している。数多ある任意の才能の間の関係は、順列組み合わせで喩えようもなく複雑である。

東大話法

user-pic
0

会社の同僚から紹介されて、「東大話法と原発危機」安富歩著、明石書店を買ってみた。著者にとってはまず、福島第一の原発事故で大変驚き、原発問題には多くの東大出身者が関与し、その原発問題を巡る様々な言説を検討するうちに、「東大話法」という概念に気づき、「東大話法」こそが原発というシステムを出現させ、暴走させ、爆発させたというのである。

著者は東大話法の規則として下記のものを列挙する。

  1. 自分の信念でなく、自分の立場に合わせた思考を採用する。
  2. 自分の立場に都合のよいように相手の話を解釈する。
  3. 都合の悪いことは無視し、都合のよいことだけ返事する。
  4. 都合のよいことがない場合には、関係ない話をしてお茶を濁す。
  5. どんないい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す。
  6. 自分の問題を隠すために、同種の問題をもつ人を、力いっぱい批判する。
  7. その場で立派な人と思われることを言う。
  8. 自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル貼りし、実体化して属性を勝手に設定し、解説する。
  9. 「誤解を恐れずに言えば」と言って、嘘をつく。
  10. スケープゴートを侮辱することで、読者・聞き手を恫喝し、迎合的態度を取らせる。
  11. 相手の知識が自分より低いと見たら、なりふり構わず、自信満々で難しそうな概念を持ち出す。
  12. 自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する。
  13. 自分の立場に沿って、都合のよい話を集める。
  14. 羊頭狗肉。
  15. わけのわからないみせかけの自己批判によって、誠実さを演出する。
  16. わけのわからない理屈をつかって相手をケムに巻き、自分の主張を正当化する。
  17. ああでもない、こうでもない、と自分がいろいろ知っていることを並べて、賢いところを見せる。
  18. ああでもない、こうでもない、と引っ張っておいて、自分のいいたいところに突然落とす。
  19. 全体のバランスを考えて発言せよ。
  20. 「もし、○○○であるとしたら、お詫びします」といって、謝罪したフリで逃げる。

なんとなく整理されていない雑然たる印象を受けるのだが、私が普段好意的に読んでいる池田信夫氏の論法が東大話法である、というのは言われてみると、なるほどそういう見方もあるのかと感心した。

ただ、私が日常的に付き合う会社の東大出身の研究者たちと話していると、どうみても東大話法にはなっていない。その理由は多分次のとおりである。

  1. きちんとした専門分野をもち、その分野でひとかどのレベルである。
  2. 私が議論するのは主として彼らの発明の内容なので、彼らの専門分野の範囲である。
  3. 彼らは、特に意図した方向に議論を導こうとはあまり思っていない。事実関係から、妥当な結論になればいいと思っている。

だから東大話法は、次のような状況で発生するといえる。

  1. 笠に着ることのできる地位・名声などがある。東大出身であるとか、東大に属するというのは、「笠」として有効であるということだろう。
  2. 専門分野でない、あるいはその分野にあまり詳しくない。というのは、その分野に詳しければ、なにも東大話法による必要はない。詳しくない場合に、東大的スキルとして、既存の学説を手際よく纏める作業をして、その資料を使って相手を煙に巻く。あるいは、「笠」を駆使する。
  3. 必ずしも事実によらないで、方向付けたい流れがある。それは原発推進だったり、原発反対だったりする。

そう見ると、安富氏自身が東大話法の使い手なのではあるまいか。なぜなら、安富氏は、京大出身とはいえ東大教授であるし、この本で議論しているのも、専門外の原発のことである。その専門知識を補うために異常に小出裕章氏に依存しているのも痛々しい。そうして、原発や放射能を絶対悪と決め付けて、貶める。たしかにあのような事故があった後なのでわからないでもないが、例えば、「核燃料はあと30年くらいしかありません。石油は何十倍もあります。」と平気で言って臆さない。核燃料はともかくとして、石油は本当にあと300年も600年ももつのだろうか。

また、原発よりも火力発電で死んだ人の方がはるかに多いという事実に対しても、それはそうだが、放射能というのは絶対の悪なので、何人死んだかという問題ではない、などと突然論理無視の情緒発言となる。少なくとも、放射能の人体に対する影響を論じるなら、近藤宗平氏の「生物はなぜ放射線に弱いのか」講談社ブルーバックスや、放射能と理性などの著書にもきちんと言及しておくべきだろう。

後半で安富氏は、東大出身の学徒出陣の兵士の、父母に当てた手紙を引用して、そこでも「立場にこだわる東大話法」の例にしようとするのだが、そんなのあまりに不謹慎ではないだろうか。

ということで、私は後半の途中で読むのを止めてしまった。それでも、東大話法なるものをきちんと定式化してくれたことは評価に値すると思う。

酒戒

user-pic
0

仏教語で挙げた「仏教語源散策」中村元編、東書選書は折に触れて何度も読むのだが、なぜか「酒」という項目もある。そこに、夏目漱石の「草枕」に関して、「不許葷酒入山門」という文句が引かれる。

葷とは、ねぎ、ニラ、ラッキョウ、ニンニクなどの植物のことであり、生姜の一種であるハジカミとともに五辛と呼ばれ、臭気が強いことと精力がつくので、出家者が食べるのが禁じられていた。

また、不飲酒戒という戒律が仏教にあって、インド仏教では、出家者のみならず在家者にも飲酒が禁止されていた。さらにインド仏教では、自分が飲んではいけないだけでなく他人に飲ませてもいけないし、他人が飲むことを許してもいけないというのだから、飲酒についてとても厳しい。

仏典では、酒の総称としてマディヤという用語がでてくる。特に、米などの穀物からつくった酒をスラー、果実からつくった酒をマイレーヤと呼んだ。こうやって言及されているのだから、古代インドでも飲酒は盛んだったのだろう。

仏典では次のような飲酒の欠点が挙げられる。

  1. 財産を失う。
  2. 病気のもととなる。
  3. あらそいごとを起こす。
  4. 評判が悪くなる。
  5. 怒ったり乱暴したりする。
  6. 智慧が段々失われていく。

すなわち、仏教は基本的にはアンチ酒なのであって、南方の仏教徒は今でも厳格に酒戒をまもっているのだが、日本に入ってきて仏教は、酒戒をあっさり捨ててしまった。こういう節操のなさを私はあまり嫌いではない。

さて日本で酒戒があっさり捨てられた理由であるが、どうも気候があるらしい。すなわち、修行僧が山にこもって修行しているととても寒い。酒でも飲まないとやっていけない。そこで酒を般若湯あるいは智水と呼びかえて、酒と呼ばないことでうやむやにした。

実際、寒さと酒は関連が深いのであって、ロシアでは日本よりはるかに強い酒が飲まれ、またアル中も多いと聞く。インドより寒い日本で酒が絶てなかったのも仕方ないとしよう。

さらに日本では、仏教が入ってくる前から、神事や普段の付き合いで酒を飲むことがあまりにも一般的であったので、厳密に酒戒を適用しては、仏教を受け入れる人はほとんどいなかったという事情もあったのかもしれない。

そんな日本では酒での失敗はある程度大目にみられる。私の酔っ払い事件も笑い話で済まされる。むしろ日本で酒くらい飲めないでどうするといわれて、体質的に飲めない人の肩身が狭かったりする。

ただ、酒は飲めないならそれはそれでいいのであって、別に強制するものではなく、また、ある程度セーブしたほうがいいのも間違いない。よって、仏教のシンパとして、酒戒の戒律を一滴くらい酒に落として飲むのも乙なものかな、と思ったりする。

恒例のコンピュータ将棋選手権が今年も開催され、読売新聞によると、以下のとおり、GPS将棋が優勝したという。

将棋ソフトの強さを競う第22回世界コンピュータ将棋選手権(コンピュータ将棋協会主催)が3日から5日まで東京都調布市の電気通信大で行われ、東京大学の金子知適(ともゆき)准教授らが開発した「GPS将棋」が2度目の優勝を飾った。

コンピュータ将棋協会のページから引用させて戴く。

先ず、決勝リーグは次のとおりである。あれ?、1月に米長に勝ったボンクラーズがいない。それにしても、Puella αという新顔がいきなり2位だし、相当強いはずの激指が6位だし、トップの6チームはほとんど差がないと思われる。いや違った、Puella αとはどうも、ボンクラーズのことらしい。

ともかく、今回は取り急ぎ、結果だけフォローすることにする。

◎決勝 (総当たり7回戦、25分切れ負け)

プログラム名

1

2

3

4

5

6

7

SB

MD

順位

1

GPS将棋

5○

6○

7○

8○

3○

2○

6

1

0

17.0

12.0

1

2

ponanza

8○

7○

4○

5○

4

3

0

11.0

5.0

4

3

ツツカナ

7○

5○

6○

2○

4

3

0

11.0

6.0

3

4

Puella α

6○

8○

7○

1○

3○

5

2

0

16.0

9.0

2

5

激指

4○

7○

8○

3

4

0

8.0

2.0

6

6

習甦

2○

8○

5○

3

4

0

9.0

3.0

5

7

Blunder

6○

1

6

0

3.0

0.0

8

8

YSS

3○

7○

2

5

0

5.0

0.0

7


また、二次予選は、下記のとおりである。


◎二次予選

変形スイス式トーナメント9回戦、25分切れ負け、上位8チームが決勝へ

プログラム名

1

2

3

4

5

6

7

8

9

SOLC

SB

MD

順位

1

Puella α

24○

12×

11○

18○

13○

7○

4○

3○

7

2

0

46.0

32.0

25.0

4

2

Bonanza

23○

11○

12×

16○

18○

9○

5

4

0

44.0

19.0

11.0

9

3

習甦

22○

10○

9○

5○

8○

13○

6

3

0

47.5

27.5

18.0

6

4

激指

21○

9○

10○

12○

3○

2○

6

3

0

50.0

29.0

20.0

5

5

ponanza

20○

8○

7○

2○

12○

4○

14○

7

2

0

49.0

36.0

26.0

2

6

GPS将棋

19○

7○

17○

1○

4○

3○

5○

12×

7

2

0

51.5

39.5

29.0

1

7

Blunder

18○

11○

15○

22○

10○

8○

6

3

0

46.5

25.5

18.0

7

8

YSS

17○

6○

14○

13○

2○

12×

5

4

0

50.0

24.0

13.0

8

9

芝浦将棋

16○

23×

19○

20○

15○

10×

4

5

0

38.5

13.5

6.5

13

10

竜の卵

15○

24○

14×

16○

19○

9○

5

4

0

37.5

15.5

10.5

11

11

大槻将棋

14○

22×

21×

20○

16○

13○

4

5

0

36.5

14.0

7.0

16

12

ツツカナ

13○

1○

2○

16○

14○

8○

6○

7

2

0

48.0

35.0

25.0

3

13

棋理

12×

24○

23○

15○

18○

11×

4

5

0

42.0

13.0

7.0

12

14

Sunfish

11×

23○

24×

10○

17○

12×

21○

4

5

0

38.0

14.0

7.0

14

15

奈良将棋

10×

22○

21○

13×

23○

17○

18×

4

5

0

35.5

11.5

5.5

17

16

柿木将棋

21○

22○

12×

10×

23×

11×

24○

3

6

0

33.5

5.5

2.0

20

17

Selene

20○

19○

18×

14×

22○

15×

23○

4

5

0

37.0

12.0

6.0

15

18

なのは

19○

20○

17○

13×

23○

15○

5

4

0

39.5

17.5

10.5

10

19

技巧

18×

17×

20○

24○

10×

22△

21○

3

5

1

33.5

6.0

2.0

18

20

GA!!!!!

17×

18×

19×

21○

11×

24○

22○

3

6

0

33.0

5.5

2.0

21

21

AWAKE

16×

15×

22×

20×

11○

24○

14×

19×

2

7

0

31.0

5.0

0.0

23

22

Apery

15×

16×

21○

11○

17×

19△

20×

2

6

1

35.5

6.0

0.0

22

23

クマ将棋

14×

13×

9○

24○

15×

16○

18×

17×

3

6

0

34.0

8.0

3.0

19

24

きのあ将棋

13×

14○

10×

23×

19×

21×

20×

16×

1

8

0

34.5

4.0

0.0

24

池田信夫氏のブログの紹介から、池尾和人氏のマルチタスク問題を解説する記事に行き着いた。その記事の一部を引用させて戴くと次のとおりである。

その達成度が、対前年比の消費者物価上昇率といった単一の指標で計測可能なものであるならば、話は簡単である。しかし、国民経済が健全に発展しているかどうかは、明らかに様々な角度から、即ち複数の次元で、評価されるべきものである。このように複数(マルチ)の次元で成果が評価されるべき仕事(タスク)において、計測が比較的容易な次元にのみ力点をおいて評価を行うと、かえって望ましくない結果を招来しがちだというのが、マルチタスク問題である。

例えば、一般的な製品の製造においても、その製品の生産量と品質の両面が重要である。すなわち、量と質という2つの次元で評価されるべきものである。けれども、量は測定しやすいが、質の測定は難しい。そこで、量にだけ着目してノルマを課すようなことをすると、悲惨な結果になる。要するに、質を度外視した(質の面で手を抜いた、それゆえ劣悪な品質の)製品が大量に作られる結果になる。これは架空の話ではなく、旧社会主義国において一般的に観察された現象である。

なぜマルチタスク問題に言及したかというと、一つには自戒の意味である。すなわち、私は最近、比較的会社の仕事で余裕があるので、特許明細書だの意見書だの、件数がみやすい分野のフォーカスして、とりあえず件数では抜きん出た。抜きん出るのは私の勝手なのだが、そこからがいけない。すなわち、件数が伸びていない人達が他にどんな仕事をしているかを顧みないで、君達一体なにやっているんだね、と内心憤っていたからである。

決して受験秀才ではなかったのに、私はこのような件数稼ぎの性質があって、またそれが結構得意なので、得したこともあるが、質に疑問をもたれたりすることもある。

ただ一方で、業務管理のマネジャとして、何度もマルチタスク問題には泣かされた。どういうことかとうと、部門の人員増強というとき、サポート側の業務管理のリソースやスキルなど一切顧みられない。無色透明で空気のような存在として扱われ、ないと困るのだが、あっても全く評価されない。しかし、業務管理のサポートのスキルは明らかに専門職のパフォーマンスに影響するのに、である。

また、逆マルチタスク問題というのもありえる。すなわち、透明性のために私がある限られた数値に基づく評価基準を導入しようとすると、いろいろな仕事を持ち出して、このように様々な仕事があるのだからそんな限定された仕事で評価するのは不当だといいたがる人が出てくる。しかし、そのようにいっている本人はどうみても労働時間は少ないし、楽をしているようにしか見えないのだが、それを指摘すると、全貌がみえていない君にそういうことをいう資格はないなどと煙に巻かれる。

そしてマルチタスク問題に戻ると、私が担当している特許業務ではどうしても分かりやい件数の指標にフォーカスされて質が吟味されることがなくなる。これが長期に亘ると特許ポートフォリオが弱って問題だが、質を確認するコストが大きいので、リソースが足らなくほるほど、件数の逆二乗則で質が低下したりする。

このようにマルチタスク問題と逆マルチタスク問題の間でどちらに揺れても前門の虎、後門の狼現象がおき、どんどん没落していくのはまさに、貧すれば鈍す、なのであった。

あれはまだ独身の頃だったかもしれないが、「失敗の本質」戸部 良一、 寺本 義也、鎌田 伸一、杉之尾 孝生、村井 友秀、野中 郁次郎著 という、日本軍の作戦を題材にした本を書店で見つけて、面白そうなので買っておいた。ところが悪い癖で積読になって、知らない間に紛れてしまった。

その後、池田信夫氏のブログなどをみると、これはベストのビジネス書だというので、なんとか読もうとおもっていたところ、たまたま古書店で中公文庫版を発見したので迷わず買って読み始めた。

これ全体の書評は別途書くとして、読んでいくとキーワードとして、「高度な平凡性」が目に付き、これはどういう意味かと探っても、その本には明確な説明がない。平凡性で書いたこととはニュアンスが全く異なる。そこで自分なりに意味を考えてみるとどうも、「高度な平凡性」とは熟練してない人でもそこそこのパフォーマンスを出せるようにする仕組みらしいと思った。

すなわち日本軍は、なにしろ資源がないので、猛訓練して、例えば射撃ならば命中精度を高めた。そして、一発必中にすると、10発1中の十分の一の大砲で対抗できるなどという詭弁を弄した。

このようなやり方だとほとんど必然的に、個々の兵隊の練度は、米軍よりも高くなる。そこでほぼ等しい人数のガチンコ勝負だと、おそらく日本軍が勝利する。ところが戦争というものはどうしても少なくない人数の人が死ぬのであって、折角鍛え上げた兵隊といえども消耗することは免れない。そこでまた猛訓練で鍛えるのだが、なにしろ一朝一夕では精鋭は育たない。こうして日本軍の兵士の練度が下がったとき、リソースの差がそのまま効いて、日本軍はジリ貧に陥った。

要するに「失敗の本質」が言いたいことは、日本軍に欠けていたものは、精鋭でなくてもそこそこ戦える高度な平凡性である、ということである。

高度な平凡性というのは、将棋でいえば、駒得する手、遊び駒を活用する手、玉を固める手であり、要するに悪手にならない手を続けるモードである。

そんな手を続けて勝てるとしたらそれは、形勢が五分以上ということで、最初からリソース不足を痛感していた日本軍には思いつかないことであった。

それでも戦う以上は日本軍は、猛訓練と並行して、なんとか高度な平凡性をインプリメントすべきであったのだが、ある意味日本軍にリソース以上に欠けていたのは、ものつくり敗戦で述べたような、システム思考であった。

さらに日本軍は、外交戦略、また諜報などの情報戦略も軽視した。その理由を日清・日露に成功体験に拘ったとしいうことに帰着させるのは容易だが、もっというと要するにも島国国家で戦いなれていなかったというただそれだけのことかもしれない。戦争に使う物質的・知能的リソースはすべて、西欧オリジンである。このような借り物を手法を日本は消化するのに大童で、使いこなすのに苦労するので仕方なく、既知の数少ない手法で鍛えて名人芸を発揮することに活路を見出した。まさに高度な平凡性の反対で、低度なスキル熟練性と呼んでもよい。

ただ、日本民族はなかなか優秀であることを悟った米国は、どこかで日本とぶつかりこれを承伏させることになると想定して、オレンジ計画を作った。その頃からお得意の高度な平凡性の布石を打ったのである。

そんなとき日本は、リソースがないのだから、棋力が上でもないのにまるで置碁の上手をもつような羽目になってしまった。そんな状況でどうして日本が、普通の定石である高度な平凡性で戦えよう。自然に地合い負けになるだけである。

だから日本は特殊なハメ手を駆使した。最初はそれがえらく成功した。しかしハメ手は所詮ハメ手であって、いつまでも成功するわけがなく、また、ハメ手は咎められると、普通に打つよりもさらに形勢が悪化する。

そんな状況で、日本軍も高度な平凡性を発揮すべきであったというのはなかなか無理があるような気がする。高度な平凡性なしで戦うのは更に無理なのであるから、八方塞がりなのである。

実は、大東亜戦争の勝ち目に書いたように、少なくとも海軍に関しては、普通の戦略でやれたのである。そうしてまさに置碁の上手のように、部分の優位を次第に拡大していく、それしかなかったのである。

無理やり結論付けると、高度な平凡性が発揮できるまでの過程は決して平凡ではないのであった。

最近歳のせいか?ベタなことばかり書いているが、今日もまた、ベタ中のベタ、すなわち評価について書いてみる。

ここで評価というのは、優れているのか、駄目なのかという評価で、典型的には採用試験や会社の人事考課などを想定しているが、それに限らない。

そこで次のような評価の法則があると私は思う。

  1. 駄目であるという評価は、例外はあるが比較的短時間ですることができる。
  2. 駄目でないという評価は、駄目であるという評価よりも時間がかかる。
  3. 優秀であるという評価は、駄目でないという評価よりも更に時間がかかる。

なぜそういう法則が成立するのか、考えてみると理由は簡単である。まず駄目であるという評価は、いくつかのキーポイントを絞って、そこが満たされるかさえ見ればよい。そこが満たされないと、他の項目はどうあれ、駄目であると棄却してよい。

ところが、駄目でないという評価をするためには、チェックすべきキーポイントが増えるだけでなく、ある程度時間をかけて評価しないとわからない。

そうやって時間をかけてみていくと、ある程度成功しているプロジェクトを確認できると、やっと駄目でないとわかる。しかし、何度か成功したくらいで優秀であるという評価を下すわけにはいかない。

将棋の大山名人は、タイトルを取るくらいでは大したことはない。タイトルを維持してこそ真の強者であるという意味のことを言った。これは、名人に香を引いたとしつこくいう兄弟子の升田九段に対するあてつけもあっただろうが、大山名人レベルで優秀というのは長くタイトルを維持することなのだから、今の将棋界でももしかして羽生と渡辺しか該当しないくらい厳しいものである。

だから、会社でもプロ野球でも、鳴り物入りのルーキーというのがいても、いきなり重要なポストに置いてはいけない。必ず長い期間でそのスキルと才能を見抜く必要がある。新卒年収に書いたように、新卒にいきなり高い年収を提示するグリーは、ここらあたりをどう調整しているのだろうか。

ところで大山と全く逆の例が将棋界にある。昔米長は、福岡にきて、林葉直子の両親に、この子はA級八段までいける才能があると、プロ入りを説得した。天下の米長がそういうのだからと、両親は林葉直子を将棋界に送り出した。そして女流タイトルはいくつかとったものの、結局清水市代をも凌駕できず、鬱屈しているときに例のスキャンダルがあって引退を余儀なくされた。どんなプロだろうと、A級八段までいける才能があるなどといえるものではない。

とはいえ、学生将棋で活躍し、早稲田の大学院で学んでいた木村義徳が、なぜがプロ入りを決心したとき、木村義徳の父、大山以前の大名人である木村義雄は、なぜかA級八段までなんとかいけるだろうと息子にいった。それは単なる親ばかのようにも思えたが、意外にも学生将棋出身にもかかわらず、ぎりぎりで木村義徳は、A級八段に上って親父の面子を保った。ただ、どうやってA級八段になったかの経緯を書いた「弱いのが強いのに勝つ方法」という本を読むと、まるで真珠湾攻撃のような奇襲でA級八段にあがり、その後、ミッドウェーのあとジリ貧になった日本軍のようにつるべ落としに降級していった。いかに大名人といえども木村義雄は、その真珠湾攻撃まで見越していたとは到底思えないのだが、どうなんだろう。

ともあれ評価というものがいかに難しいか、うん彼(彼女)は優秀だと安易に言ってしまう傾向のある私は、改めて自戒としたい。

以前にシンクロニシティについて粗く論じたが、具体例となると、シンクロニシティかどうかの判断はなかなか難しい。

例えば、先日、日本酒で述べた、二日酔いなのに早朝起きてメールし、また寝たタイミングと、関越道でバスの運転手の居眠による事故との時間的一致であるが、なにしろ数分以内の誤差なのですごいことだと知り合いに話したら、そんなのたまたまですよ、と一笑に付されてしまった。

そこで先週帰省したときの体験を話した。すなわち、父が怪我で入院したので見舞いにいったら、部屋が411号室だった。そして帰りの新幹線の指摘席を予約したら、のぞみの4号車11列Dだった。これはすごいと思って家人に話したら、そんなの単なる偶然でなんの意味もないという。そこで、このことも上記知り合いに話したら、関越道でバスの運転手の居眠による事故との時間的一致よりも、こちらの方がシンクロニシティとしてはまだましである、という。ううんそうかな、数学的には関越道の事故の方が稀少だと思うのだが、と思ったが、結局主観なので、それ以上なにも言わなかった。

私はどうも、一見関係ないようでも、なるべくシンクロニシティだといいなそうとする。それを他人は、単に迷信好きだと思うかもしれないが、私なりに下記のような理由付けがある。

  1. 仏教の縁起の説
  2. デビッド・ボームの隠れた次元

これらの説を基に、私は世界は見かけよりもずっと共起し、協調し合って動いていると信じている。それは量子力学のエンタングルメントの一種であるし、量子力学そのものが、デビッド・ボームの隠れた次元の一つの表現だと考えるものである。

そもそもが、われわれ凡人が気づくシンクロニシティは、時刻や番号の一致のような数字のシンクロニシティ、名前や地名の一致などのシンポルのシンクロニシティ程度である。

そうでないシンクロニシティとは何なのか、それは今後考えてみる課題としよう。ただ、今ふと思うのだが、シンクロニシティだと見做しやすい感度のようなものがあって、それが高いとアイデアを拾う確率も高いと言えないだろうか。これも課題とする。

男性ホルモンであるエストロゲンが、女性にもてる大きいファクタであることは周知である。一般に強い男性に女性は憧れるのであって、男性の、資産も地位も容姿も副次的な意味しかもたないことがある。

さて、負のエントロピーをネゲントロピーと呼ぶように、負のエストロゲンとして、ネストロゲンという物質を想定したい局面に私は何度も出遭った。

典型的な思い出は高校のときに遡る。私は高校時代卓球部に入っていたのだが、同じ卓球部にM君という同級生がいた。M君は地区の個人戦で優勝するくらい卓球が強かったのだが、意外に女性にももてた。いわゆるイケメン(当時はそんな言葉はなかったが)ではないし、筋骨隆々というわけでもないので、なんでもてるのか私には理解できなかったが、事実がそうだったのだから仕方ない。

そんな私はあるとき校内を歩いていて、女子高生二人の会話を耳にしてしまった。すなわち、一人が、卓球部にかっこいい人いるよね、というのである。すると他方がまさか、XXじゃないわよね、と私の名前を挙げたのでちょっとびっくりした。私は一応卓球部の部長で新学期には壇に上がって部員勧誘のスピーチをしていたので、顔と名前は校内で知られていた。すると一方が、馬鹿にしないでよ、XXなんかじゃないわよ、M君に決まっているでしょというので、私は軽く頭をガーンと殴られた気持ちになって、聞こえないふりをしてそこを立ち去った。

ただ、自分でいうのもなんだが、私は大した進学校ではないにしろ、そこでは一応模試は校内では上位だったし、少なくとも魁偉な容貌ではない。むしろ優男だといわれてもいた。女性にも親切だった。しかし、今もそうだが、信じられないくらい女性から注目を浴びなかった。

それはどうも、今にして思えば、ネストロゲンという物質が豊富であると理解するのが妥当のようである。エストロゲンとは逆に、女性を遠ざけてしまう、仮想的なホルモンである。

ネストロゲンの存在は、進化人類学的にも肯定される。というのは、初期の人類ではどうも、一夫多妻だったようなのである。なぜかというと、肉体的に強健な、すなわちエストロゲンが豊富な男性が、複数の妻をもって子孫をつくると、種が繁栄する。

ところが、簡単に分かるように、一夫多妻だと、妻をもてない男性が多くあらわれる。ネストロゲンは、そのように妻をもてない男性を識別するためのホルモンの役割を果たす。

ネストロゲンで特徴づけられた男性は、狩が苦手だし、いろいろな意味で原始時代には使えない男たちだった。だからきっと冷遇されて子孫も残せず空しく死んでいったに違いないのである。

ところが、人類が進化して文明の萌芽が生じると、ネストロゲン男たちにも出番がきた。すなわち、ネストロゲン男たちのある者は、狩は苦手だが、概念を操るのが巧みで抽象的思考に富む者も含まれていた。すると、依然として妻は得られないのだが、エストロゲン男の子息に文明を教育するのに適任ということになって、次第に立場を強くしていった。

そして、文明の発達により農耕技術が広まると、狩の必要性が下がり、また食料も豊富になったことで、ネストロゲン男の地位がされに向上し、ネストロゲン男とつい結婚してしまう女性もあわられるようになったきた。すると、子育ての効率から次第に一夫一婦制が普及してきた。

しかし、エストロゲン男は、昔の習慣を引きずり、一夫多妻を維持し、ネストロゲン男を悔しがらせた。なぜなら、一旦はネストロゲン男に就いたのに、エストロゲン男に靡く女性もいたからである。

もう私のいいたいことは自明だろう。要するに私が単に、ネストロゲン男の直系だったというだけの話なのであった。高校時代のトラウマもあって、結婚なんかするものかと思って生きていた20歳前半の私はまさに、ネストロゲン男を地で行っていたのであるが、それでもなぜか結婚してしまったのは、自発的対称性の破れともいうべき量子効果であった。

ただ、女性が男性を勧誘するのがフェロモンだとすると、その反対の概念のネロモンというホルモンもあるらしい。すなわち、ある知り合いの叔母はスチュワーデス華やかななりし頃、なんとミス日本航空だったという。ミスユニバース級の美人であったと推察される。なのに、艶聞はあったのかもしれないが、今に至るまで独身だそうである。これなど、ネロモンで特徴付けられた女性なのかもしれない。

もしかして、太古にあってもネロモン女性はなぜか、男性に敬遠されたのかもしれない。あるいは、ネストロゲン男は言い寄ってきたのかもしれないが、プライドにかけて振ったのだろう。

こうして、今でも、なんであの歳になるまで独身なのだろうと男を悩ませる、元絶世の美人は少なくないのである。これに比べて、なんであの歳になるまで独身なのだろうと女に首をかしげさせるネストロゲン男というのは多分いない。やはり人類のある時期に、自発的対称性の破れは起こったのであり、それがいつなのか突き止めるのが、人類学の最新課題なのであった。

平凡性

user-pic
0

私は小児結核で隔離されていて近所の子供と遊べなかったせいで、ちょっと大げさにいうと、退院した時点で近所の子供と世界を共有できていなかった。だから当然のようにカルチャになじめず、子供世界のことで虐められた。私の当時のあだ名は「変人」だったが、どこまでが生来なのか、どこまでが世界共有の機会損失によるのか、いまだに分からないし、そんなことはどうでもいいだろう、私が変人だったのは事実だからである。

そういう変人がとりえる道は、大まかに言って2つある。1つは努力して周囲と世界を共有し溶け込もうとすること、もう1つは周囲の世界など構わず、自分の世界をせっせと構築することである。

私はあまり迷わず後者の努力をした。学校から帰ると、友達とも遊ばず、自宅の部屋の隅で、昆虫図鑑をずっと眺めていた。

ただ、これは父からの遺伝なのかもしれないが、私は生まれつきの人懐っこさがあって、数は多くないがいつも数人の友達はいた。だからあまり孤独を感じたことはない。このパターンは面白いことに今に至るまで続いている。

ただ一方で、もっと個性を、と独自の世界を構築する傾向も今でもある。そんな私の様子を見ていて、極めて常識的な人間である母は危ぶんだ。そして、いつも「普通でいい」と短く言うのだった。子供の頃から学者になりたいというと、母は嫌な顔をした。そんな奴は理屈ばかりで、ろくなことはない、というのだった。全く素直でない息子である私は、一切母の言うことを意に介さなかった。

そんな母の昔の言葉が急に蘇ったのは、CATVで将棋の銀河戦を観ていたときである。確か聞き手は、女流棋士の室谷由紀だった。初めてみたが、ハッと思ったのは地味ながら相当な美人なのである。そこで、ウェブ上で調べてみると、グラビア・アイドル並みとある。しかも将棋の才能も、今売り出し中である。

そこで名前の連想で思い出すのは、囲碁の井山二冠と婚約した室田伊緒である。私は個人的には室田伊緒も美人だと思うのだが、ウェブ上での評判は、室谷由紀ほど手放しの賞賛ではない。

そこで改めて室谷由紀と室田伊緒を比較してみると、どちらの方にも直接会ったことはないので単なる想像にすぎないが、室谷由紀の方が派手で才気煥発である。俗な言い方をするとアイドル的である。もっと言うと一緒にいたら楽しいかもしれないが何かと疲れるのかな、と感じた。

一方、室田伊緒はというと、室谷由紀よりも存在感が希薄で、その分、一緒にいても空気のように雰囲気に溶け込める。俗にいうと癒し系なのである。あえて用語を引用すると平凡性である。

平凡性というのはおそらく、戦略論などの分野でネガティブ・ワードとして引用される。しかし、ここでは日常の中でポジティブ・ワードとして以下のとおり再定義してみたい。

  1. 存在主張の少なさ
  2. 才気を表に出さない
  3. 一緒にいる人の欠点を指摘することが少ない
  4. 孤独に放置されても自楽の趣味がある
  5. 同僚をサポートすることに楽しみを見出すことができる

ここまで書いてみると、平凡性といいつつ、実はなかなか稀な資質かもしれないと思えてきた。もちろん室田伊緒がどこまでこれに該当するかは知らない。だから、井山裕太と室田伊緒がどんな家庭を築くか想像もできないが、しかし、羽生二冠の家庭より、平凡性の富む、くつろげる家庭になるような気がする。

ちなみに自己分析すると、私は、上記3~5で、結構まったりした平凡性を発揮することができる。しかし、謙虚でない性格のため自己主張は強いし、わずかしかない才気を前面に出そうとするところがあっていかにも見苦しい。母はこのあたりを指摘しようとしたのかもしれない。

さて企業の中をみると、外資系だからというより世間一般の風潮なのだろうが、show-upして、自己主張に邁進する人々がもてはやされる。だからこそ、平凡性に富む目立たない人が砂漠の中のオアシスのように組織の中で黒光りしたりする。

企業は、人材採用にあたって、平凡性枠を設けてはどうか。すなわち、そこでは学歴や職歴は一切不問で、平凡性と人間的常識だけで採用する。学歴不問というより、有名大学に逆のバイアスをかけてもよいと思う。そうやって採用した人は結構使えるのではないか、ぎくしゃくした組織に確実に潤いをもたらすのではないかというのが私の意見だが、同意をえることは多分難しそうである。

中谷彰宏

user-pic
0

SPAによると、中谷彰宏氏は、信じられないほど多数の本を出版しているそうである。以下、引用しつつコメントする。まず韓国での様子なのだが:

日本のビジネス本の翻訳も多く、なかでも意外だったのが、韓国で中谷彰宏氏がかなり人気だという事実。えっ、今ごろ? 中谷彰宏氏といえば、ベストセラー『面接の達人』(1991年)以来、月4~5冊の著書を出し、一時はビジネス書棚を席巻したものである。だが「いくらなんでも」な刊行ラッシュに、ここ数年はベストセラー上位では見かけず、トレンドクリエーターという肩書きも(笑)付きで語られる存在になっていた(最近はこの肩書きを使ってないようだ)。

ところが、韓国では『20代でしなければならない50のこと』などがベストセラーとなり、数多くが韓国語訳されて、いまも人気だという。中谷氏の公式サイトの韓国語版もあり、キメキメの写真も多数アップされている。笑顔が韓流スターっぽいのも人気の秘密だろうか。

中谷氏の本は、たまたま古本屋で見つけて安かったので買ってちらっと読んだことがあるが、軽すぎてなにも印象に残らなかった。それでも、韓国で売れるというのは、それなりに魅力があるのだろうか。私には理解できない。

 そこで、中谷彰宏先生はいかがお過ごしかと久しぶりにチェックしてみたところ......ぜんぜん勢いが衰えていなかったのである! 今も月4~5冊の刊行ペースは続いていて『仕事はこんなに面白い』(PHP研究所、2012年4月17日発売)が 899冊目。ついに前人未到の900冊台へと突入する(HPの新刊リストには何冊目かが書いてある)。

しかし、月4~5冊なんて、よく書くネタがあるねと思うのと、それを出版する出版社があるよね、ということである。慈善事業でないので、それなりに売れているのだろう。

前人未到の900冊台というが、アマゾンでも999件がリストされている。ジャンルは:

  • ビジネス書
  • 恋愛指南
  • 勉強方法
  • 気持ちの切り替え
  • お金儲け
で尽きているような気がする。
 さらに、「ANグッズ」として、サイン入り生写真(5枚3000円)から、直筆で【守るよ】【私の天使】などと書いてハンコにしたもの(各1万円)など、さまざまなものをサイトで売っている。また、講演も連日で、1日に4件なんて日もある。その合間をぬって、2012年になってから4月10日までの約 100日間で、映画166本を観て、本301冊を読んだという。これらはリスト化され、数が書いてある。

異常な読書量と映画の本数であるが、なるほど、中谷氏の秘訣が少し分かったような気がする。要するに本を読み、あるいは映画を観て、そこに少し変形を加えて自分の本を書くのであろう。すると、売れる本になるように変形するところがノウハウなのだろう。

実は書く量で、中谷氏には遠く及ばないが、私も読んだ本の内容を明示的にあるいは暗示的に変形してブログを書くことが多い。すると、出来不出来はともかくとして、本を読み続けている限りは、ネタ切れになることはない。

結局、読まないと書けないというのがひとつの真理なのだろう。例えば私は、特許明細書に行き詰ったら、あまり近くないかもしれないが関連の技術分野の本を読む。すると、その本の内容が特許明細書に反映されるわけではなくても、なぜか特許明細書が書き進められてしまう。

ちなみに、中谷彰宏氏以外に、多作な人として思いつくのは、茂木健一郎氏、勝間和代氏、池上彰氏あたりだろうか。それぞれ、アマゾンでの冊数は、

  • 茂木健一郎 = 511
  • 池上彰 = 388
  • 勝間和代 = 315
で、やはり中谷彰宏氏はダントツなのであった。果たして量が質に転化しているだろうか。

このアーカイブについて

このページには、2012年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。