2012年6月アーカイブ

気づき

user-pic
0

今まで酔っ払いで述べた事件など、数えられないほど酒の失敗を繰り返してきたのだが、あるとき忽然と悟ったことがあった。

それは、私が一緒に飲んで酒で失敗した友人と私は、私より将棋で言えば私より大駒一枚酒が強いのに、私は平手のつもりで一緒に飲んでいたという事実である(ふと、平手造酒という人名が浮かんだが、なんの意味もない)。

しかもその友人がいうには、君はいつも、僕より早いピッチで飲んでいたよ、ということである。大駒一枚弱いのに、平手で指し、しかも先に無理攻めしては、絶対に勝てない。

私が驚いたのは、そんな基本的な事実に、今更のようにやっと気づいたことである。その友人とは大学以来の付き合いだから、もう35年以上である。俗な表現で、家内よりずっと長いというものである。

そこから自明に演繹されるのは、私にとって自明でありながら全く気づいていない事実や法則が無数にあるだろうということである。

そういえば先日テレビを観ていると、逮捕された元オウム真理教の高橋容疑者の足取りを追うニュース報道があった。高橋容疑者は未だに麻原教祖の著書やテープを携行していたという。果たして高橋容疑者は、逮捕の機会にオウム真理教を脱構築できたのだろうか。それともまだ、麻原への思いを引きずっているのだろうか。

気づきがどんなきっかけで訪れるのか、私は全く分からないでいる。すると、道元禅師がそれは、只管打坐であるぞよと囁く声が聞こえたような気がしたが、私はやはりわからない。

きっとわれわれは、気づいて解消すべき事柄の長大なリストをもっている。ボブ・ディランの歌でいくと、How many times must we live a life before becoming a buddha ? なのであった。

飽きの仮説

user-pic
0

道を歩いていてふと、飽きと脳の働きについて閃いた。大脳生理学的に正しくないかもしれないが、飽くまでも仮説である。

すなわち、人間は何かに興味をもって考え始めると、ある一群の脳細胞がその思考に割り当てられる。それは、プログラムを実行しようとするとき、オペレーティング・システムがメモリを割り当ててそこにプログラムをロードして実行させることに対応するが、脳の場合何がオペレーティング・システムなのかは分からない。

さて、コンピュータのメモリの場合は、コンピュータを実行させ続けたときメモリが疲弊するということはまず問題にならないが、人間の脳の場合は、興味をもったとしても、同一の刺激が続くと、刺激そのものよりも刺激の差分に反応する性質がある脳は、次第に刺激を認識しなくなる。これが飽きで、そのままだと最早、脳の働きは活発でなくなる。

それでも、一旦興味によって動機付けられた脳細胞は、とりあえずその興味を巡って活動することができる。これが学習の成果である。しかし、コンピュータのメモリと違って、脳細胞は次第に死滅する。それは何を意味するかというと、特定の脳細胞に興味がピン留めされた状態を続けると、経時的に脳細胞が死滅により減少し、ついにはその興味にまつわる脳の活動は不可能になる。

若い頃画期的な業績を挙げて、ある地位まで上り詰めて、そこでバタッと知的活動が低下する人がいる。それはおそらく、若い頃の業績に貢献した細胞が死滅してしまったのである。

そうなるタイプは、次のような傾向がある。

  1. 若い時点で、一流大学に合格する、何か有名な賞を受賞するなどして、そこで、双六のように上がってしまう。双六は上がったら終わりだが、人生はそこで終われない。すると、過去の栄光にすがって生きる生き方を採る人がでてくる。過去の栄光そのものは無くなりはしないので、永遠にすがり続けられるからである。
  2. すると、過去の栄光に脳細胞がピン留めされた状態となる。それでも脳細胞はしばらくは活動を続ける。
  3. 同一の研究分野を続けると、脳細胞のピン留め関係は強化され、その分野の生産性は一時的に向上したりする。
  4. ただ、脳細胞の自然死に伴い、次第に知的能力を失い、ある閾値以下で突然、知的能力は用をなさなくなる。

これを防ぐにはどうすればいいかというと、要するに興味を揺らすのである。すなわち、過去の栄光にピン留めされた脳細胞以外に、種類の違う興味で脳を刺激する。すると、別の脳細胞が別の興味でピン留めされる。

そこからがトリッキーなのだが、別の興味を媒介にして、死に行く脳細胞から、まだ使われていない脳細胞に興味を脱出させる。すなわち、同じことを時間とともに、別の脳細胞で考えるのである。

藤井猛の例でいくと、藤井システムを駆使していた脳細胞に翳りがみえてきたので、別の脳細胞で新しく、角交換型振飛車や天野矢倉を試すことで、興味を疎開させていた。そして最近ようやく疎開を終え、新たな脳細胞で藤井システムを復活させた。これを、バレーボールの一人時間差にちなんで、一人温故知新と呼ぼう。

こうしてボケ防止の方法も示唆される。すなわち、過去の栄光にすがることなく、興味分野にカオスを導入するのである。ただどうやってそれを実現するのだろう。私は実はよく知らない。

地位感受性

user-pic
0

私は子供の頃から軍事的なことのファンで、旧日本軍の兵隊の階級である、二等兵、一等兵、上等兵、兵長、伍長、軍曹、准尉、少尉、中尉、大尉、少佐、中佐、大佐、少将、中将、大将、元帥を眺めて、これらの階級の昇進というのは、実績や人格など総合的に判断されて適切になされるので、階級の高さがすなわち、兵隊としての能力を正確にあらわしていると素朴に信じていた。

また、テレビ番組をみていると、「上官の命令は天皇陛下の命令に等しい」とあり、すると兵長が一見理不尽な命令をしても、それは上官の命令なので、一等兵や上等兵は口答えせず直ぐに実行しなくてはならないと思っていた。

高校になると、そのような階級の絶対視を今度は大学の偏差値による格付けに投影し、東大に入れれば人生の成功は間違いないと盲信していた。

さて今まで人生を生きてきて少しずつ分かったのは、大学の学歴というのは、大数の法則というか統計的には概ね妥当かもしれないが、個々人のスキルや能力というミクロ的な指標としては誤差が大きすぎるということである。

それでも学歴というのはボトムラインで入試という試験の実力の指標を通過している。ところがより一般的に地位となると、それは組織内の人事に依存するのであるが、ちょっと目を覆いたくなるほど恣意的な例を見すぎたせいで、地位が高いほど駄目なのではないかと一旦考えるまでになった。そして、地位が高くて本当に立派な人に出会うと、いい意味で裏切られたような気になって、快哉を叫んだりする。

そうやって非地位志向に私がなったのは深い理由はなくて要するに、すっぱい葡萄である。すなわち普通の努力で世間の注目を集めるような地位につけないとなると、地位なんて意味ないぜと斜めら構える方が楽で、ではどうするかというと、とりあえず手近なスキルを研鑽することにした。そうすると、少なくともその限られた範囲では、他人のスキルをある程度正確に判定できるので、それを人物判断の基準に出来る。

ところが世の中には、酸いも甘いも噛み分けているはずなのに、未だに地位志向で生きている少なくない人たちがいるようである。そういう人達は下手したら私の子供時代の素朴な地位信仰を維持している。そしてあの人は部長だから立派に違いないなどという。

ただ、地位志向の生き方の人達は、権力の水脈にとても敏感で、どの状況で誰の味方をし、誰に就けば昇進できるかという感覚が異常に発達している、その分実務スキルを磨く志向はほとんどない。

そういう人達は往々にして昇進できるのだが、昇進すると、どんなスキルの、どんな人格の人かなどほとんど興味がなく、所詮事務職員だの、所詮派遣社員だのそういう表面的なことでしか人物を判断しない。

それでもスキルがあればいいのだが、地位の高い人の補佐や秘書などで、スキルがあまりないのに地位の高い人の虎の衣を借りて、自分の地位志向を発揮しまくるなどという人も少なくない。するともしかしてスキルや人物的に派遣社員の方が立派でも、いや、それだからこそ、そういう人が派遣社員をアゴで使いまくるということがありえる。

これに付ける薬があったら、是非ほしいものである。あるわけないのが、穢土のあさましさなのであった。

社内ボランティアというと、例えば定時の後、一斉に駅から会社までの道の周囲の清掃を行なうということがある。しかしここではもっと本質的な社内ボランティアについて論じる。

次のような例を挙げると分かりやすいかもしれない。今のIT社会では、大抵の企業でも一人一台PCが貸与されている。PCが配布された段階で、ログオンユーザーIDのセットや部門固有アプリの導入など、どうしてもセットアップ作業は必要である。

ある程度パソコンを使い慣れた人なら、そんなの配布されたガイドに従い誰でもできるのでサポート不要だと思うだろう。それは一面正しい。プログラマやSEレベルのプロフェッショナル・スキルを要するということはない。

しかし年配の社員や、女性でPC音痴のような人だと、いきなりPCを配布されると途方にくれる。このままでは仕事ができない、困った、ということになる。

ここでホワイトナイトとしての社内ボランティアの登場である。若くても中年でもどちらでもよいが、比較的PCに熟練していて面倒見がいい社員というのがどこの職場にもいて、セットアップやってあげようかと声をかけてくれる。途方にくれていた社員にとって、涙が出るほどうれしい。

その瞬間は神様のように見えた社内ボランティアであるが、セットアップされたPCを日常的に使用していると、感謝の念は自然になくなる。人間の感情は微分的にできている。

社内ボランティアとしては、一台二台ならいいのだが、例えば10人一度にPCが配布されて、そのうち7人がPC初心者で一遍に頼られると流石にパニックになる。

社内ボランティアの上司としては、部下が社内ボランティアとして、他の人のPCをセットアップしていることを苦々しく思っている。それはもともとの職務分掌になく、しかも他の人のPCのセットアップを手伝っているうちに本来の仕事が遅れてしまう。PCというものはなかなか素直でない機会で、10台に一台くらいは原因不明の初期不良を起こしたりする。すると、普通なら1時間で済むところが、下手したら丸一日かかっても終らないことがある。

こうしていよいよ上司の堪忍袋の緒が切れる。PCのセットアップなんて手伝っている場合かと怒鳴る。しかし、社内ボランティアは明らかに不良のPCにパッチを充てている最中なのである。ここで止めたらいままでの努力が水の泡で、Aさんも仕事ができません、と訴える。すると上司は、そんなもの君の仕事じゃないだろう、そのためにITサポートが会社にあるんだ、という。

しかしITサポートというが、不調のPCを梱包して、遠隔の事業所に送り、修理が終って受け取るまでに下手したら1週間かかったりする。サポートを受けている側もそれでは困ると上司に訴えるが、自分でやればいい、できるはずだと突っぱねる。そういう上司に限って、ほとんどITスキルがなかったりする。

卑近な例でPCサポートを上げたが、会社や、あるいはどんな組織でも、誰の職務分掌にも記述されていなくて、しかも絶対に必要な、エンジンオイルのような仕事は沢山ある。おそらくであるが、いい組織というのは、職務分掌になくても、自発的に他人を助けることが行なわれ、且つ賞賛される組織なのである。

ところで先日、社内でたまたま人事部の知り合いと出会って、どうすればいいのかと相談を受けた。それは発明褒賞のことである。私が管理職であった頃、発明褒賞の記録その他の相談をよく受けて、私もいろいろサポートしてもらった。もともと人事部が発明褒賞の責任部門だったからである。

ところが、私が管理職を下りて知らない間に制度が変り、発明褒賞が人事でなく各開発部門の責任になった。しかし、発明褒賞の運用は、私もまだある程度細部を知っているが、何年も担当しないと到底スムーズに運用できない。それでその人は各部門から相談を受けるのだが、そもそも本来の職務分掌にないので、それこそ手弁当でボランティアとしてサポートするしかない。しかし、システムにバグがあったりするといろいろな質問が押し寄せてパニックになるのだという。

その言っている内容も意味も十分すぎるほど理解できる私は、自分の立場として、またリソース的にもサポートを与えられないことを悔やんだ。よほど上位管理職の理解がないと一旦部門から離れた、しかも会社の業績に影響を与えないような間接業務にスポットが与えられることはまずない。

かといって放置するわけにはいかない。間接業務とはいえ、発明褒賞は、社員のモラールにも、特許法第35条的にも重要だからである。

繰り返しいうが、見捨てられる社内ボランティア・ワークの量はまさに、組織の劣化度合いと比例するのであった。

私のような朴念仁でも、恋をしたことはあるような気がする。その間、その人のことしか考えられなくて、切ない。ただ、どうなんだろう、そういう恋愛感情というのは人生の華なんだろうか、精髄なんだろうか、私は恋をしている間も、これは自分の感情ではない、何かの病気だと、心のどこかで叫んでいた。

もしかしてゲーテだったら、もっと自分の恋愛感情に前向きなのだろう。そして、1つの恋から次の恋へと渡り歩く。

そういえば、滅多に映画を観ない私だが、先日、映画好きな友人に誘われて、ゲーテのファウストという映画を観にいった。断わるまでもなく、私のことだから、その友人がひそかに女性である、ということがあるわけがない。

さて、ファウストは、大学の教養の西洋文学の授業で採り上げられていたのをきっかけとして、読んだことがある。そもそもが、ファウストか、ボッカチオのデカメロンのどちらかを読んで感想文を書くのが課題だった。

それで、当時から幻想的な文学が好きだった私は、ファウストを、スピリチュアルな文学として、それなりに楽しく読んだ記憶がある。だから、映画のファウストも、さぞかし幻想的な設定だと期待した。

ところがである、ピカレスクロマンのように雑駁な設定で、雑踏でファウストが酒を飲んだり、うっかり殺人を犯したりと、ストーリーとしては概ね原作をなぞっているとはしても、全然幻想的でない。

それでもこれは高度な芸術作品に違いないと、私なりに寝ないで一生懸命スクリーンを眺めていた。ちょうど、絵画の素人が美術館で抽象画を眺めて興味なさそうにしていると馬鹿にされるのでさも分かったように感心しているふりをしているのに似ている。

観ていると、ファウストが少女に恋をしたり、少女に会いたいがために悪魔に魂を売って冥界を彷徨うシーンがあったりと、断片的に面白くなったが、終ってみて、総体的には、なんだこりゃ、というのが私の素直な感想だった。それでも映画通の友人に、いやあ、あのシーンは芸術的だったね、流石だと話かけれたら、そ、そうですね、と話を合わせようと思っていたところ、意外にも友人も、こやあこの映画はちょっとどうも、とかなり失望したようなことを言う。それで、構えていた私も肩の力を抜いてほっとした。

戻って、私以上の朴念仁であるファウストは、恋愛ずれしてないせいか、結局少女に恋をした挙句に、魂を売ってしまうのだから、やはり恋愛というのは病気なのである。そして唐突だが曽根崎心中あたりまでくると、恋愛の病気度は高いはずなのに、そのスパイシー度の高さに世間は賛美する。

私の記憶では、プラトンの「饗宴」でも、恋愛は、欠けているものを補うことだから、不完全な人間が陥るものだとあったような気がする。そういう説を読むと、恋愛してこれは自分の感情ではないと心の中で叫んでいた自分はそれなりに妥当だったのだと安心したりした。

しかし、そういうギリシャ哲学に馴染んだ後も、朴念仁のはずの私は、恋愛という病に何度も罹った。どうすれば感染を防げるのか、ワクチンはないのかとまで思った。

だから恋愛なんて病気だとはっきり世間でいうべきなのに、商業主義は恋愛を商品化する。ほとんどの歌謡曲は恋愛がらみだし、大抵のテレビ・ドラマもそうである。「世界の中心で、愛を叫ぶ」というドラマなんて、私からすると、ふざけんなと叫びたくなる。

ここまで書いてきて、自分に対して、何がいいたいのかと自問してみた。もしかして、今更老いらくの恋がしたいのか、と自問してみたら、いいや違うという叫びはかなり言い訳がましかった。

読売新聞によると、これまでに観測されたことのない高エネルギーのニュートリノが観測されたという。以下、引用:

千葉大などの国際研究チーム「IceCubeプロジェクト」が、これまで観測されたことのない高エネルギーのニュートリノを2個、南極で観測した。

京都市で開かれているニュートリノ・宇宙物理国際会議で8日、発表した。未知の天体から地球に飛来したと見られ、高エネルギーを放つ天体の理解につながるという。

チームは、南極点付近の氷河に、1立方キロ・メートルの範囲にわたって検出装置を埋め、昨年5月に本格的な観測を開始。同8月と今年1月に計2個、大気中などで発生する高エネルギーのニュートリノより10倍以上高いエネルギーのニュートリノを検出した。可視光に比べると1000兆倍高いエネルギーだという。

このニュートリノの放出源は、宇宙最大の爆発現象とされる「ガンマ線バースト」や、銀河中心にある巨大ブラックホールなどが考えられるが、よく分かっていない。発表した千葉大の石原安野(あや)研究員は「より多くの高エネルギーニュートリノを観測し、天体の謎を解明していきたい」と話している。

例えば、こちらのサイトでの星におけるニュートリノ発生機構は次のとおりである。

太陽は、水素原子核(=陽子)4つから ヘリウム原子核1つと電子ニュートリノ2つ及びエネルギーを生成する 核融合反応により輝いていると考えられている。 この時に生じる電子ニュートリノは「太陽ニュートリノ」と呼ばれる。 またこのプロセスは一連の核反応の組合わせにより進行する。 太陽ニュートリノは複数の反応過程で生じ、それぞれ反応に関わる粒子を 用いて、pp、pep、hep、7Be、8B、CNOニュートリノと呼ぶ。

このように星の核融合反応でニュートリノが発生することが分かったが、もう少しきちんと調べてみるために、「ニュートリノと宇宙創生の謎」佐藤勝彦監修、じっぴコンパクト新書を読んでみた。実は、この本を買う前に手許の蔵書である素粒子論の入門書や、「宇宙論I」日本評論社などを眺めてみたのだが、ニュートリノについての記述は申し訳程度しかない。それで、ニュートリノが主役であるこの本を買ってみた次第である。

さて、この本によると、ニュートリノには次の性質がある。

  1. ニュートリノの質量は極めて小さいけれども、ゼロではない。
  2. ニュートリノは、走っているうちに別のニュートリノに変わるという「ニュートリノ振動」を起こす。

ニュートリノには、電子型・ミュー型・タウ型の三種類がある。ニュートリノ振動とは、これらの異なる種類の間の変化のことである。より厳密に言うと、電子型・ミュー型・タウ型のニュートリノのそれぞれに、右巻きと左巻きがある。さらに厳密に言うなら、右巻き反ニュートリノと、左巻きニュートリノである。

岐阜県のカムランドでは、電子型-ミュー型の遷移確率は得られたが、電子型-タウ型の遷移確率は確認できなかった。ニュートリノの遷移確率は、小林・益川理論のCP対称性の破れとも関係している。

さて歴史的には、ニュートリノは、β崩壊、すなわち、中性子が電子を放出して陽子に変わる反応で、エネルギー保存則を維持するためにパウリによって仮定され、1954年にライナスによって発見された。このニュートリノは、電子ニュートリノと呼ばれる。厳密には、中性子が電子を放出して陽子に変わる反応はベータマイナス崩壊と呼ばれ、このとき発生するニュートリノは、反電子ニュートリノである。ベータプラス崩壊もあり、そこでは、陽子が陽電子と電子ニュートリノを発生して、中性子になる。

その後、1962年に、レーダーマン、シュワルツ、シュタインバーガーにより、μ粒子とともに発生されるニュートリノが、電子ニュートリノとは別のニュートリノであることが確定された。

さらに、1975年になって、タウ粒子とともに発生されるニュートリノが、スタンフォード線形加速センターで、マーチン・バールなどによって発見された。

そして、1986年についに、雑音を減らしてカミオカンデで、太陽ニュートリノを観測できるようになり、さらに、1987年に宇宙の遠方からくる超新星ニュートリノが観測された。ニュートリノは、超新星が中性子星になったことを示唆していた。中性子星からさらにブラックホールになるときもニュートリノが発生する。そして、重力崩壊のさいにほとんどエネルギーはニュートリノが持ち去る。

ただ、ニュートリノにもわずかに質量があるので、超新星の高密度のコアの中で、10秒程度ニュートリノがトラップされる。そしてトラップされたニュートリノの圧力によって超新星が爆発する。それはニュートリノのトラッピング理論と呼ばれ、1987年にカミオカンデで、13秒間だけ11個のニュートリノが観測されたことで検証された。

戻って、最初に引用した記事の「大気中などで発生する高エネルギーのニュートリノより10倍以上高いエネルギーのニュートリノ」というのは、してみると、巨大なブラックホールから到来したものだろうか。

「ニュートリノと宇宙創生の謎」佐藤勝彦監修、じっぴコンパクト新書には、ニュートリノに関する他の興味深い話題もあるが、長くなるのでまた別記事とする。

性格の異常

user-pic
0

アスペの手法に書いたように私は多分、アスペルガーの傾向があって、家人からもそう指摘されるし、理系人間である私はそれはそれである程度は構わないと思っている。

しかし私の性格を、アスペルガーというキーワードだけで記述するのは多分適当でない。なぜなら私は、管理職時代、人情味がありすぎる、浪花節的だと半分褒められ、半分非難された。そのような傾向は少なくとも、アスペルガー的なものを緩和するであろう。

個人的には分裂病的傾向があり(今は分裂病と呼ばないで統合失調症と呼ぶようである)、すなわち、独特の感覚で、過敏なまでに未来を予測したりする(往々にして正しくないが)。

また、強迫神経症的なところがあって、家の鍵を閉めたっけとか、ガスをきちんと消したっけとか延々と気になる。

このような複数の性格異常が入り混じると、あるものは強め合い、あるものは弱めあうので、私のアスペルガーは、あまりはっきりとした傾向を示していないのではないかと自分で勝手に思う。

さらに、人間の性格は幼児の体験、両親との関係などに大いに依存する。田舎にあって比較的平和で、且つ自由放任に育てられた私は、環境的には人格障害的欠点が出にくい状況にあったと自認する。それでも性格にいやらしさとか自己顕示欲が残っているのは人間の業というか、かなり本質的なものなのだろう。

多分であるが、自分の弱められたアスペルガー性は、私の理系的才能の障壁になっているかもしれない。だから私は一時猛勉強していたが、これは無意識のうちにアスペルガー性を強めようとする努力だったのかもしれない。

しかしアスペルガー性は先天的なものであって、努力でどうなるものではない。すなわち、努力してアスペルガー性を強めることはできない相談なのである。よって、私の猛勉強の努力は、徒にアパシーに導いただけだった。要するに砂漠のような無力感に私を誘ったのである。

結論としては、様々な自分の精神的病質を知りつつ、その範囲で自分らしく生きていくしかない。多分であるが、水晶の曇りが雑成分から生じてそれが何ほどか価値を高めるとしたら、知性なるものも結局は何ほどか精神的病質に依存し、よって、知識人の端くれであろうとするなら、自分の精神的病質を愛おしく思わないと仕方ないのである。

そのような知識人たちが文化大革命で弾圧されたのも、そういう理由なら分からないでもないが、しかし、人類の精神的病質なものを全て洗い流そうとすると、そこには大いなる災厄が待っているということのようである。

私は、ボスニア紛争で、一方的ではないにしても、セルビアのスロボダン・ミロシェビッツが悪玉だと信じていた。すなわち、ミロシェビッツが、現代のヒットラーよろしく、民族浄化(ethnic cleansing)を指示していたというストーリーである。

ただその一面的なイメージは、「戦争広告代理店-情報操作とボスニア紛争」高木徹著、講談社文庫を読むことで、明らかな修正を迫られた。

1992年4月9日に、ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国の外務大臣、ハリス・シライジッチがジョン・F・ケネディ空港に降り立った。シライジッチの意図は、セルビアとの紛争を内戦として処理するのではなく、国際化、すなわち世界を巻き込み、その注目を集めることにあった。そのため、世界の最大国、米国に到来したのである。

そうはいっても、シライジッチに、米国内に然したる伝手はなかった。そこでとりあえず、人権運動家のデビッド・フィリップスに電話した。フィリップスはバルカン問題に関心をもち、それでサラエボに行き、シライジッチとも会ったことがあった。フィリップスとのコネでシライジッチは、ベーカー国務長官と会談することができた。

そこでベーカー国務長官はシライジッチに、有意義な提案をした。それは西側のメディアを使って欧米の世論を味方につけることであった。その後、ベーカー国務長官の手配で、シライジッチは、アメリカの主要なメディアの前で記者会見を行った。もともと大学の歴史学の教師だったシライジッチにとって、メディアと関わるなんて夢にも思っていなかった。

ただもちろん、ベーカー国務長官とその側近は、シライジッチに手取り足取りメディア指南するような余裕があるはずがない。そこでフィリップスは、シライジッチにはプロのPR(Public Relations)の専門家が必要であると判断し、名うてのPR、ジム・ハーフを紹介した。

PR会社とは、さまざまな手段を通じて世間に訴え、顧客に有利な世論を作り上げることを役割とする。ジム・ハーフが所属するルーダー・フィン社は、そのようなPR会社の中でも大手で一流との評判があった。特にジム・ハーフは、以前にクロアチアの契約を結び、セルビアに対するPR戦略を担当したことがあり、いわば土地鑑があった。

そこで早速ハーフは、ワシントンのナショナルプレスクラブで、シライジッチの記者会見を企画した。シライジッチは米国の大学に留学した経験があり、英語は堪能だった。ただ、シライジッチがPRに慣れていないこともあって、ハーフによる最初の記者会見の企画は失敗だった。

しかしハーフは、ジム・マザレラ、ジム・バンコフという優秀なスタッフを駆使して仕掛ける。ハーフ自身がジムなので、三人のジムという訳である。ジム・マザレラは政界工作を主に担当した。ジム・バンコフはメディア対策を主に担当した。

彼らは、それまでに培ったすべてのテクニックを駆使してボスニア・ヘルツェゴビナに対する関心を喚起していった。その1つに、メディアと政界向けの「ボスニアファックス通信」がある。すなわち、ボスニア・ヘルツェゴビナの大統領府と衛星電話を結び、リアルタイムでサラエボの状況を知り、書面にしてファックス通信する。当時はまだインターネットによるメールがあまり普及していなかった。

一方で、ABC、CNN、ワシントンポスト、ニューヨーク・タイムズ、ニューズウィークなど、メジャーなメディアの主要な記者と、コネを駆使してシライジッチとの単独インタビューを行ってもらう。

さらに、米国大統領府、連邦議会、メディアという三角の力関係を巧妙に利用し、次第にボスニア・ヘルツェゴビナを、そしてアンチ・セルビアを、米国大統領府、連邦議会、メディアに売り込んでいった。

さらに、ジム・ハーフたちは、シライジッチを、よき役者になるように「改造」していった。すなわち、言いたいことでなく、いかに聴く者に訴えるようにメッセージを発するかに重点を置くのである。

それでもなかなか決定打が出ないでいらいらしているとき、格好のキャッチコピーが見つかった。それは、民族浄化(ethnic cleansing)である。ボスニア紛争の当時、あまり情勢に興味がない私にも、この言葉は強烈に響いた。それは、まるで他民族を根絶やしにしようとするような、ヒットラーの対ユダヤ人計画のようなおぞましい響きだった。ジム・ハーフたちは、セルビア人が他民族に民族浄化を行っていると訴えることで、決定的に世界世論をボスニア・ヘルツェゴビナに有利に導いた。ついにボブ・ドール上院議員をして、「ミロシェビッツはもう一人のサダム・フセインである。」と言わしめるまでになった。

このようなボスニア・ヘルツェゴビナのPR戦略に対して、セルビア側も手を拱いていたわけではない。ベオグラード生まれで若くしてアメリカに亡命してICNという薬品会社を立ち上げたミラン・パニッチを、セルビアのミロシェビィッツは首相に起用した。ビジネスを通じて知り合った米国の有望な人脈を駆使することを期待されたのである。なにしろ、ICNに豊富な資金がある。

しかし、ジム・ハーフも黙っていない。民族浄化に続くさらに有効なキャッチワード、強制収容所(concentration camp)に想到した。これはジム・ハーフが仕掛けたというよりも、ニューヨークのタブロイド誌が報道したものであった。ジム・ハーフはこれに目をつけ最大限に利用し、ボスニア・ヘルツェゴビナの立場を有利した。本当に強制収容所がセルビアにあったかどうか、今となっては疑問視されている。しかし、PR戦略としては、その程度の不確かさは許容範囲である。

ICNの資金を駆使したセルビアのパニッチもベストを尽くしたが、後れを挽回できなかった。その一番の理由は、有力なPR会社と契約できなかったことにある。資金的な問題ではなく、セルビアと米国の関係で、米国の会社は、セルビアの組織と契約できなかったのである。

それでもパニッチはベストを尽くした。主要国によるロンドン会議を企画し、米国受けする自分がセルビア大統領になれば、米国との関係も改善できると、ミロシェビィッツの追い落としまでたくらんだ。しかし、一旦反セルビアに傾いた国際世論は動かしがたく、セルビアは国連からの追放の憂き目にあった。

これは、ジム・ハーフの側の決定的勝利である。ただ、ジム・ハーフたちは、成功したのに、ボスニア・ヘルツェゴビナから、期待する額の支払いを得られなかった。なにしろボスニア・ヘルツェゴビナには十分な資金がなかったのである。それで、あれほど密に行動してきたのに、ルーダー・フィン社とボスニア・ヘルツェゴビナの関係はあっさり途絶した。

しかし、ルーダー・フィン社は不足する支払い以上のものを得た。ボスニア・ヘルツェゴビナに対して世論を有利に導いたという評判である。それでその後もクライアントから多くの依頼を得ることが゛てきた。

一方、スロボダン・ミロシェビッツは極悪人ではなかったのかもしれない。ジム・ハーフたちによるPR戦略を仕掛けられているときも、普通にやっていれば、真実は自ずと世間は分かると極めてナイーブであった。その後、ユーゴスラビア連邦共和国第3代大統領に就任したが、コソボ紛争でのアルバニア人住民に対するジェノサイドの責任者として人道に対する罪で起訴され、国際戦犯法廷で裁かれた。2006年3月11日に、65歳という若さで、収監中の独房で心臓発作で死亡しているのが発見された。相当な失意もあったのだろう。

数学セミナーの2012年7月号は、アラン・チューリングの生誕100年記念号であった。そこで、星野力氏の記事に従い、チューリングの生涯を辿ってみる。

アラン・チューリングは、1912年6月23日にロンドンで生まれた。父親は、インドに赴任していた行政官であった。シャーボン・パブリック・スクールに入学すると、理科系の学問には非凡な成績を示したが、学校の教育には適応できない問題児だとみなされた。

ここで面白いと思うのは、理系の天才がすべて学校で不適応を示すとは限らないということである。例えば、ガウスは学校でも優等生で模範生徒だったし、高木貞治もそうである。一方で、ガロアやアインシュタインは、チューリングと同様か全く分からないが、やはり問題児であった。問題児でないと革命的業績を挙げられないように思われたりするが、それは意外にもあまり関係ない。

さて、学校では、親友モルコムとサイエンス全般について語り合い、大きな影響を受けた。しかしモルコムは、トリニティ・カレッジ入学直前に急死し、チューリングに大きなショックを与えた。

1931年にケンブリッジ大学キングス・カレッジに入学し、そこでチューリングは大きく才能を開花させた。ケンブリッジ大学でチューリングは、集合論には多くの矛盾が存在し、ある意味、数学が危機にあることを知った。ヒルベルト23の問題の第2問題にも「算術の公理と無矛盾性」があるが、まさに20世紀初頭は、数学基礎論の根底を問うのがブームで、ヒルベルト、ゲーデル、フォン・ノイマン、ホワイトヘッド、ラッセルなど錚々たるメンバーがその問題に取り組んだ。

この問題に対してチューリングは、述語論理式が充足可能かどうかを決定する一般的な計算手順の存在証明に興味をもった。それは現代ではチューリング・マシンと呼ばれる。それを用いてチューリングは、充足可能問題の一般的手順は存在しないという結論に達し、論文を発表した。それと同様の結論は複数の数学者によって提示されたが、チューリングによるそれが、最も完成度の高いものであった。

その後チューリングは、1936年に、プリンストン大学のアロン・ド・チャーチ教授の下に留学し、1938年に「順序数に基づく論理体系」という論文を書いた。アロン・ド・チャーチは当時の論理学の泰斗で、ラムダ計算の創始者である。チャーチは、ラムダ計算を用いて、一階述語論理の決定可能性問題を否定的に解いた。ただなぜか、この後チューリングは、数学基礎論的、あるいは論理学的テーマから離れてしまう。

イギリスに戻ったチューリングは、ドイツのエニグマ暗号解読に駆りだされ、ついに解読に成功した。このことは、連合軍の勝利に大きく寄与した。これ以外にも、秘話装置や、リーマン・ゼータ関数の計算機械など実際の装置を作製することにも興味をもった。

第2次世界大戦が終わると、チューリングは、イギリス国立物理学研究所に招かれ、ACEコンピュータの開発プロジェクトに加わった。その当時、フォン・ノイマンがEDVACの開発を指揮していたが、ACEもEDVACも、チューリング・マシンであるという意味ではアーキテクチャは同じであった。なお、フォン・ノイマンに「自己増殖オートマトンの理論」があり、古本でこの訳書が買えるが、私はこれがコンピュータの本だとずっと気づかなかった。

結局ACEは主流にならなかったが、チューリングはACEに関して、アドレスマッピング、マイクロコード、DMA、エラー検出、非数値処理、述語論理など、現代にもつながる驚くべき独創性を発揮している。

マンチェスター大学に移ったチューリングは、人工知能と生物の研究に方向転換した。生物の生態形成でも、チューリング・パターンと呼ばれる先駆的業績がある。

人工知能では、遺伝と学習により知能を獲得する方法について考察した。また、「チューリング・テスト」と呼ばれる、人工知能が実現されているかどうかを判定する方法を提唱した。

しかし1954年6月8日、まだ41歳の若さで、自宅で死亡しているのが発見され、警察は、青酸カリによる自殺と断定した。チューリングは同性愛者であり、それを咎められたせいとも言われているが、本当に自殺なのかどうか、また自殺だとしてその原因は何なのか不明である。

共同通信によると、老化の原因となるタンパク質が特定されたという。以下、引用:

老化の原因となるタンパク質を大阪大や北海道大、千葉大などのチームがマウスで特定し、8日付の米科学誌セル電子版に発表した。高齢マウスの血液中や臓器で幼小マウスよりも増加しており、このタンパク質を作れなくすると動脈硬化などが起きにくくなった。

このタンパク質はヒトにもあり、働きを抑える老化防止薬ができれば、これらの病気の予防や治療につながる可能性があるが、新薬開発には課題も多い。

実は寿命を延ばすかもしれないとされた物質は、今までいろいろと知られている。「老化はなぜ進むのか」近藤祥司著、講談社ブルーバックスによると、人間は40台を過ぎると、成長ホルモン、デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)などのホルモンが低下する。すると、単純な考えでは、このようなホルモンを補ってやれば寿命が延びることになるが、本当にそうか。

しかし、成長ホルモンは筋肉増強と脂肪減少効果があるものの、副作用が大きく、全くアンチエイジング効果は全くないことが分かった。

次に考えられたのは女性ホルモンである。女性ホルモンは高コレステロールには効果があるものの、心筋梗塞や脳卒中の副作用があることが分かった。ではDHEAはというと、目だった副作用はないもののアンチエイジング効果も観測されなかった。

他には、やはり更年期に減少するホルモンとして、IGF-1が注目された。ところが動物実験ではなんと、IGF-1が減るほうが長生きするのだった。それで、IGF-1を投与するアンチエイジング法は見送られた。

また、豆類に含まれるイソフラビンが有効という意見もあったが、骨粗しょう症以外には目立った効果が確認できなかった。

女性ホルモンを改変したSERMという薬は、少なくとも乳ガンや子宮ガンを減らす効果が確認できている。

さらには、メタボはなぜよくないかで述べたように、脂肪組織そのものが老化を促す面があるかもしれない。

また、赤ワインに含まれるポリフェノールの一種で、リスベラトロールは、高カロリーを続けても寿命を縮めない効果があることが分かった。

高血圧の薬であるARBは、心筋梗塞は心不全の罹患率を下げる効果もあることが知られている。高これストロールの薬、スタチンも、血管の老化防止効果があるという。

それではサプリとして売られているコエンザイムQ10はどうかというと、とりすぎると酸化ストレスを増やすかもしれないという。

また、抗酸化酵素であるSODはどうかというと、SODノックアウトマウスは早死にするので、何ほどか意味があると考えられる。

このように列挙して上記記事に戻ると、既存のアンチエイジング剤と比べても、そんなに画期的なことでもないと思われるのであった。

秦の始皇帝の時代から不老長寿の薬は人類の夢だが、簡易な薬品や栄養補助剤によるアンチエイジングというのは、なかなかありえないと思われる。私は個人的には、下手に長生きすると辛いし、恥も増えると思う次第である。

読書空間

user-pic
0

長距離通勤の愉悦の続きであるが、かなり長距離通勤に慣れ、電車での読書も板についてきたので、そのことについて語ってみる。

まず、結論から言うと、予想以上に本が読めている。それは質・量ともにそうである。

まず質の方であるが、一応買ったものの相当読む気がしない本として、トロツキーの永続革命論 (光文社古典新訳文庫)をカバンに忍ばせてみた。共産主義嫌いの私は、トロツキーなんて御免蒙りたいが、ロシアに対する興味から一応は買っておいたのである。普通なら10ページももたないのに、なんと半分までちゃんと読めて、トロツキーの意図する永続革命論なるものがどういうものなのか、ある程度分かった。また、スターリンが仇敵であることを再認識した。なにしろ、スターリンが放った刺客によって殺されたのだから。

別の意味の読書と質として、数学の本もきちんと読めている。前にも述べた「類体論へ至る道―初等数論からの代数入門」、足立 恒雄、日本評論社を、ノートに計算しながら読むと、いい意味の遅読ができていて、先日など、わずか2行を眺めて計算するのに、電車の片道1時間半の行程を費やした。数学書の読み方としては、あらまほしきものと思う。

また、量としても、通勤の一日の往復で約4時間を費やすので、だいたい400~500ページの文庫本の小説がそれで読了できる。自慢できるほどの速読ではないが、まあまあである。

なぜこのように質・量ともに読書ができるかというと、電車内という閉塞空間だからである。幸い私は閉所恐怖はない。また周囲は知らない人だけなので、話しかけられることもない。そして、そういう割り込まれない時間が1時間以上とれるというのは、なかなかなく、とても集中できる。下手に歩き回れないのがいい。歩き回れると私は嫌でも、他のことをしてしまう。

こんな貴重な通勤の読書タイムを確保するために私がしている努力は次のとおりである。

  1. 朝、5時に起きて、遅くとも6時には家を出て、駅まで歩く。駅までは約20分の行程である。
  2. 私の住まいは新宿からかなり奥の小田原寄りである。だから、まばらだが、始発各停というのがある。それが朝6時半なので、これだと並ばないでも必ず座れる。
  3. もちろんそれより早く駅に着けば、座れる場合にのみ、その電車に乗る。座れないなら、座れる電車に出会うまでやり過ごす。
  4. 行きは始発なので座れるとしても、帰りはまず座れない。そこで、乗り換えの代々木上原で、目の前に急行がきても無視し、各駅停車を待つ。各駅停車でも、代々木上原からはまず座れない。しかし、途中で乗る人よりも降りる人の方が多いので、うまくいくと経堂、遅くても成城学園前あたりで座れる。そこで席に陣取って本を読み始める。
  5. 各駅停車は、本厚木行きでなくても、向が丘遊園止まりでも気にしない。途中の待ち合わせがあって余計に時間がかかっても、その分本が読めるとむしろ喜ぶ。

通常の勤務パターンだと、こうすると帰宅するのはだいたい、夜9時から10時の間になる。それから食事をし、風呂に入るとエネルギはもう尽きている。なんのかんのといっても、電車の往復で、かなり気合を入れて一日3時間本を読んでいるのだから、仕事の疲れと併せて、もう気力は残っていない。それでかなり早々に寝る。なにしろ次の日の朝も5時起きなのだから。

本屋でふと、「政治家の殺し方」中田宏著、幻冬舎が目に付いて買ってみた。中田宏というと、前の横浜市長で、なにか女性にハレンチなことをして辞めさせられたくらいの認識しかなかった。いわば、横山ノック程度ということである。

でも、本当にそうなのかなとちらっと思慮が過ぎり、ともかくもこの本を読んでみてから判断すればいいではないかと考えた。

まず、ハレンチ・スキャンダルは一旦括弧入れしておく。中田宏氏は、松下政経塾の塾生だった1990年、横浜市長選に立候補する高秀秀信氏の選挙運動にボランティアとして関わった。

その後中田氏は、衆議院議員になって、高秀氏が横浜市長の4選に出馬すると聞いたとき、それに反対を表明した。自治体の首長の多選はよくないという意見を前からもっていたからである。そこで高秀氏に対抗して、横浜市長選に出馬することにした。無党派で組織票も全くないので勝算はなかった。

しかし、蓋を開けてみると、中田氏は選挙戦に勝利した。高秀氏の施策が横浜市の財政を逼迫させ、それをなんとかしなくてはという訴えが受け入れられたのであろう。こうして37歳という若い横浜市長が誕生した。

その公約を果たすべく、中田氏は、市長に就くと、既存の利権構造にメスを入れ、可能な限り経費削減を図った。

建設では、既存の談合や馴れ合いを廃止し、一般競争入札にした。また、公務員では市の職員の合理化を図った。すなわち、不要な人員を削減し、市民に対するサービスも向上するように、一層働くようにした。さらに、暴力団の資金源となっていた売春がらみの風俗店を多く、閉鎖に追い込んだ。

これは若く、しがらみがなく、真面目な性格だから遂行できたのであるが、ある意味妥協のない強引なやり方だったので、市の職員、建設業界、暴力団組員など、多くの人たちの怨嗟の対象になった。

そこで、中田氏を恨む人たちは、スキャンダルを捏造した。それは、以下のようなものだった。

  • 看護学校の女子学生との合コンで、破廉恥な行為に及んだ、というもの。
  • 海外視察をドタキャンして、芸能人と遊び呆けていた。
  • 2008年12月25日、中田の愛人と称する女性が全国ニュースに登場。
  • 元ホステスに3000万円の慰謝料を請求された。

普通ここまでスキャンダルを流されると、家庭は崩壊するものであるが、中田氏の家族が立派だと思うのは、飽くまでも中田氏の無実との説明を信じ、結束を維持したことである。

就任後確実に横浜市の財政を立て直した中田氏は、2009年7月28日、辞任を表明した。多分であるが、必ずしもスキャンダルで嫌気が差したわけではない。きりのいいタイミングで次期市長に引き継ぐためである。

中田氏は現在、青山学院大学大学院、岡山理科大、倉敷芸術科学大学、千葉科学大学の客員教授をされている。実は私は、上記スキャンダルがマスコミを賑わしたとき、中田氏に失望し、市長を辞めたのも、そのスキャンダルのせいだろうと漠然と考えた。

私は「政治家の殺し方」を読んで、少し迷ったが、やはりスキャンダルはなかったと信じることにした。何よりも今の生活が清廉であるように思われるからである。しかし、会社の中にあってさえ、筋を通そうとして私は何度もひどい目にあった。たいした利権もないのにである。政治の世界の利権は半端なく、それに立ち向かった中田氏があいつぐスキャンダルのでっちあげに、精神がおかしくなるほど苦しんで耐えたことに、いささかの同情を禁じえないのである。

頭の脚力

user-pic
0

私はもう還暦近くなってきて、足腰が弱っているので、なるべくバスなどに乗らないで、自分の足で歩くようにしている。

一方でどうも頭の脚力というのがあって、そちらもかなり弱っているらしいと感じることがあった。すなわち、「類体論へ至る道」足立恒雄著、日本評論社という、入門書レベルの本を読んで、簡単な計算問題を解いてみようと思った。それは次のような問題である。

x2 + y2 = 1と、(-1,0)を通り傾きtの直線との交点を求め、その座標をtであらわせ。

これは、

x2 + y2 = 1に、y = t(x+1)を代入して、xについての2次方程式として解けばよい。そうやって求まったxの値を、y = t(x+1)に代入してyを求める。ただそれだけのことである。

ところがなんと、この程度の計算が満足にできない。まず安易に因数分解しようとしたが、うまくいかない。悔しいので、2次方程式の根の公式に立ち返って、代入してみたが、計算間違いして、解答のとおりにならない。そこでカタツムリのように一歩ずつ計算してみたら、なんとか答えが合った。

そして思ったのは、この程度の計算につまずくようでは、相当リハビリを要する、ということである。

そうやって顧みると、自分の頭の脚力の低下は、計算能力だけではない。以下、列挙してみる。

  1. 英語の文章を読む力の低下。前はTIMEなどの雑誌を、多少分からない単語があってもどんどん読み進めていたものである。最近は根気がさっぱりなくなり、0.5ページくらい読んだ段階で、もう別の日本語の本を読みたくなる。
  2. 私は以前は英語を書くこともあまり嫌ではなかった。仕事で、ある10ページほどの特許公報を、1週間かけて英訳したこともある。ところが、読むは書くなりであって、英語を読めないのだから、書けるはずがないのである。
  3. 徒然草、平家物語などの古文も、以前はなんとか根気強く読んでいた。ところが、私にとっては古文の方が英語よりもさらに重く、もっと早々に根気が続かなくなる。孫子などの漢文だともっとどうしようもない。
  4. 知らない語学、例えば「ハンガリー語入門」とかいう本が古本屋にあると、人気がないので100円で買えたりする。そして以前なら眺めて、ふむふむ、ハンガリー語の文法はそうなのかと感心したりしていたのだが、最近では、全く本を開く気もしない。

このように、知的脚力の低下は甚だしく、一気には無理なので、まず数学の計算問題で手を煩わせることから始めようと思った次第である。

あそうだ、この際、苦手な詰将棋も鍛えることにしよう。これもまた、知的脚力のリハビリに最適である。可能なら、また創作を再開しよう。

実は、知的脚力を鍛えて踏破したい山が特にあるわけではない。ただ、死ぬまで、可能な範囲で物事を活き活きと考えたいだけである。

JASRACに公正取引委員会の無罪審決が出たと聞いて驚いた。Webニュースの中でも比較的充実している中国新聞社の記事から引用してみる。

テレビやラジオで使われる音楽の著作権管理事業をめぐり新規参入を不当に妨害したとして、独禁法違反(私的独占)に問われ排除措置命令を受けた日本音楽著作権協会(JASRAC)の審判で、公正取引委員会は14日までに、「違反したとする証拠はない」として、命令を取り消す「無罪」の審決を出した。 12日付。

公取委が一度出した命令を全面的に覆すのは極めて異例で、1994年のエレベーターの保守点検をめぐる価格カルテル以来。審判では、供述に頼った公取委の調査のずさんさが明らかになった。審決は裁判の判決に相当する。

審判では、一定額を払えば、JASRACの管理曲が使い放題になる「包括徴収」方式の契約を結んだことによって、放送局側が、2006年に新規参入したイーライセンス(東京)の管理曲の使用を控えるようになったかが争点だった。

審決は、06年10~12月に、イー社が管理する人気歌手大塚愛さんの曲「恋愛写真」が全国で計729回使われていたと指摘。「イー社の管理曲の使用を避けたと明確に認められる放送局は15社中1社に過ぎない」として、JASRACの包括徴収方式がイー社の事業を困難にした証拠はないと認定した。

公取委側は、放送局関係者の「曲の使用を控えた」などとする供述が証拠の中心で、裏付けのデータを把握していないなど、ずさんさが明らかになった。一方で審決は、JASRACのシェアが95%以上と高い状態が続いており、「包括徴収は新規参入を困難にする効果があると疑わせる」とも指摘した。

公取委は09年、違反を認定し、包括徴収をやめるよう排除措置命令。JASRACが不服として審判で争っていた。裁判官に当たる審判官は公取委の職員が務めており、全面的に覆るのは珍しいとされる。

これは、JASRACJASRACへの排除命令JASRACへの排除命令(続)JASRAC執行免除のその後という一連の事件の続きであるが、公取委は次第にトーンダウンしてきて、ここにきて、なんと特定の曲である大塚愛の「恋愛写真」の、イーライセンスの管理による使用頻度をもって「違反したとする証拠はない」というのは、あまりにも杜撰な論理であきれてしまう。

「違反したとする証拠はない」というためには、イーライセンスが管理する曲のうちで、大塚愛以外の複数のメジャーな歌手の曲についても同様の証拠集めをする必要があるだろう。

会社の合弁や談合などで辣腕のはずの公取委が、著作権がらみだと途端に弱腰になるというのは、ある意味快哉なのかもしれない。

読売新聞によると、文部科学省は、国立大学の学部の再編を進める方針だという。以下、引用:

文部科学省は、都道府県を超えて国立大学の学部の再編を進める方針を固めた。

一つの国立大学法人の下で複数の大学の学部を集約し、例えばA大は医学部と理工学部、B大は法学部と経済学部、C大は文学部に特化することなどを想定している。予算や設備、人員を学部ごとに集中させて教育の質を高め、優秀な人材を育成する狙いがある。

文科省は、政府が4日に開く国家戦略会議(議長・野田首相)で方針を報告する。年度内に基本方針を策定したうえで2013年夏をめどに具体案をまとめ、14年の通常国会に国立大学法人法の改正案を提出する方向だ。

現在、同法は一つの国立大学法人が一つの大学のみを運営できると定めており、都道府県ごとに様々な学部をそろえた総合大学が設立されている。新制度は、一つの国立大学法人が複数の国立大を運営できるようにする。その上で、各大学にある同様の教育内容の学部を再編する。

これは一体どういう意味なんだろうと考えてみた。するとどうも、要するに、国立大学の定員を減らしたいんだと理解した。

国立大学の授業料は、私が大学に通った時代は月3000円で、それでも前年度の月1000円から値上がって、学生運動盛んな頃とて、学費値上げ反対のデモがあったりした。

しかし、受ける授業の内容からして、月3000円では十分安い(当時は一切そんなこと考えなかった)。ということは、相当税金から負担してもらっているということである。すると、国家に役立つ人材になるため必死で勉強しなくてはならないはずだが、やはり、当時は一切そんなこと考えなかった。

最近はというと、国立大学の授業料はかなり値上がって、どうも年間50万円ほどらしい。それでも私立大学の半額以下なので、負債に苦しむ日本政府としては、国立大学の定員をなんとしてでも減らしたいのかもしれない。若者の数だって、われわれが学生の頃より随分減っている。その分、大学進学率は上がっているので、どうしても当時より質が低い学生も多いだろう。

しかし、「一つの国立大学法人の下で複数の大学の学部を集約し」というのは具体的に何をするのだろう。例えば、九州だと、一応、九州大学が幹事的な大学になるが、それを九州大学法人ということにして、例えば、宮崎大学農学部を、九州大学法人宮崎大学農学部ということにするのだろうか。そんなことしたら、宮崎大学の面子がないではないか。

ただ、政府がやりたいことはこうだろう。

  1. 国立大学の定員を減らして、補助金を節約する。
  2. 国立大学の定員を減らして、選考を厳しくすることにより、学生の質を上げる。すなわち、指導教授に対する学生の数を減らして丁寧に指導する。
  3. 海外の有名大学と対抗できるように、国立大学の質を高める。
  4. すると当然に、国立大学に入れなくなる学生や、あぶれた教官が増えるが、そこは私立大学に可能な範囲で吸収してもらう。

なんとなくあまりハッピーな響きがしないが、時代の流れで仕方ないのだろうか。

名人戦

user-pic
0

森内名人対羽生二冠の将棋の名人戦は、第1局から第5局からまで、いずれも先手番をキープするかたちで、森内名人の3勝2敗で第6局を迎えた。

羽生ファンである私は、当然に先手番の羽生が第6局をキープして、大一番の第7局を迎えるものと期待しつつ第6局を見守った。戦形は、羽生の圧勝に終った第2局とほぼ似た、角換腰掛銀。はて先手有利のばすだがと思っていたら、一日目の終わりで森内が玉頭に厚い形をつくり、優劣云々することはできないにしても、負けにくい形をつくっていた。

そして二日目、11の香を取らないでひねって51龍とした手と、58銀を69銀と逃げた手がどうだったか。75歩と銀頭に叩かれて最早、羽生に勝機はなかった。投了するとき流石に羽生はうなだれていたという。少なくとも第7局までは行けると思っていたのではないか。

こうして意外に早く、森内の勝ちで名人戦が終ってみると、フォーカス力や、将棋の諸相で言及したような森内の戦略が浮き彫りにされた。私の勝手な解釈で述べてみよう。

  1. 羽生は割合流行形を好み、独自の手将棋にはしない。よって羽生と指したらこの手を使おうと、いくつかの局面を限定して深く研究しておくことができる。
  2. 羽生以外の棋士と指すとき、それは対羽生の手の実験の場合が少なくないと思われる。実験で練れていないので、あるいは研究した本質的な手は指さないので、格下の相手にも負けてしまうことが多い。
  3. フォーカス力に書いたように、それは決して手抜きしているのではない。意識して手抜きすると本質的なものを失う。言い換えると森内は、自分の将棋を壊さないで手抜きする技をもっている。
  4. 森内は明らかに、孫子に学んでいる。羽生よりも明らかに限られたリソースでどう羽生に勝つかをいつも考えている。そこで「勝つ」というのは「名人戦7番勝負で勝つ」ということであって、それ以外ではない。

一方、全対局、全戦法に全力を尽くすという意味での全方位外交方策である羽生は、そういう森内のやり方が嫌で仕方がない。それで、特に今回の名人戦の第4局の矢倉で、羽生らしくもない、曖昧さの低い手を連発した。私には怒っているとしか思えなかった。もしかして、森内君、それでも名人かと心の中で叫んでいたように思われた。

しかし、どんなメンタリティであれ、どんな方策であれ、勝った者が偉いのが勝負の世界である。羽生は意地でも今の全方位の方針を変えないだろう。懸命のプライドである。羽生がもし、森内のような一点集中型の方策を採れば、名人を奪取し、竜王で渡辺を破ることもできるかもしれない。ただ、そうすると明らかに他棋戦の勝率は下がる。羽生は、勝率が下がることではなく、真剣に指さない将棋が増えることに耐えられないだろう。

羽生といえども年齢が高まるにつれ、精神エネルギーが低下していくので、森内流を取り入れるか、それとも全方位のプライドの下に緩慢なる没落を選ぶか。羽生の動向は注目必至である。

サイバー戦

user-pic
0

サイバー攻撃でみたように、米国とイスラエルが、イランの核施設を標的としたサイバー攻撃を仕掛けるという時代であるので、当然に報道されないサイバー攻撃は沢山あるのだろう。

そこで、サイバー戦について概括的な知識を得るため、「『第5の戦場』サイバー戦の脅威」伊東寛著、祥伝社新書を読んでみた。以下、私なりのまとめである。

サイバー戦の一番の先進国は、なんといっても米国である。なにしろ、世界に先駆けて、1997年6月に、エリジブル・レシーバと呼ばれたサイバー攻撃対処演習を実施した。そのようにサイバー攻撃を重大に捉える米国は2011年7月に、他国からサイバー攻撃を受けた場合は、攻撃の度合いと被害の深刻さに応じて、ミサイルで敵の拠点を攻撃することも辞さないと宣言した。

さて、サイバー戦は具体的にどのような手段を用いるのだろうか。列挙してみる。

  1. スパイウェア:2000年頃から登場し、人知れずシステムに侵入し、個人情報や入力した情報などを特定の場所に送る機能をもつ。例えば、ネットショッピングで、IDやパスワードを盗み、それを使って勝手に買い物するなどである。
  2. スパムメール:不特定多数のメールアドレスに、機械的に大量に送信されるメール。これは、スパイウェアに感染させるためのURLや添付ファイルを含むこともある。
  3. ボット:他人のコンピュータを乗っ取り、遠隔操作するためのマルウェア。ボットに感染したコンピュータ群をボットネットと呼ぶ。最近で恐ろしいのは、アンドロイドなどのスマホに感染するボットである。すなわち、多数のスマホを操り、勝手に音声を録音したり、撮影したり、要するにビッグデータの収集源になりえる。ゆえに、スマホのウイルス対策は、喫緊である。
  4. DoS攻撃:インターネット上のサーバに対して大量のアクセスを集中させてダウンさせたり、システムの脆弱性を攻撃する。
  5. フィッシング:金融機関などの正規のサイトを装い、入力した情報を盗む。
  6. ゼロディ攻撃:ソフトウェアに脆弱性が発見されたとき、メーカーなどから修正パッチが提供される前にその脆弱性を利用して被害をもたらす。
  7. バックドア:管理者に気づかれないで不正侵入するためにこっそり設けられた侵入経路のこと。
  8. サイバー心理攻撃:信頼済みアカウントを乗っ取り、そこから嘘の情報を流して混乱させる。
  9. ロジック・ボム(論理爆弾):特定の時刻や条件などが満たされると動作を開始して破壊発動を行うプログラムや論理チップなど。例えば、A国がB国に軍事兵器を輸出する場合、そのような兵器のチップにロジック・ボムを組み込み、ある状況で兵器が働かないようにできる。
  10. サイバーバリケード:例えば、ある国へのインターネットのゲートウェイを攻撃して、国外からインターネットを遮断する。

上述の米国以外に、サイバー攻撃や防御に力を入れている国として、中国、ロシア、北朝鮮、韓国、台湾、英国、イスラエルなどがある。残念ながら日本は、サイバー攻撃/ 防御の分野では後進国である。

まず中国であるが、実は1998年の段階で既に、「超限戦」として、サイバー戦を含む手段を選ばない戦いが謳われた研究書が出された。私が2000年に北京に出張に行った際も、王府井の大型書店を訪ねてみて、そのコンピュータ関連の本の充実ぶりに圧倒された。中国は実はサイバー大国なのであって、コードレッドなどいくつかの日本でのサイバー攻撃が事件になったことがあるが、それは明らかに中国によるものらしい。もともと中国は、海外からの機密情報の取得、あるいはグーグル撤退で示されたように、国内のネット監視技術で膨大な蓄積がある。また、ソフトウェアのコピー天国である中国は、好事家が、単にデッドコピーだけでなく、Windowsなどのソフトウェアを根本からカスタマイズする能力がある。

中国に優るとも劣らないのがロシアである。もともとロシアの科学者に書いたように、数学・物理学関係のロシアの人材の厚みは圧倒的であり、数学のスキルとコンピュータのスキルの相関に思いを馳せれば、ロシアのサイバー攻撃能力が半端ではないことは容易に推察がつく。元KBGのカスペルスキーのウィルス駆除ソフトが高い信頼を得ているのはその一つの例証である。あと、ロシアが2008年にグルジアにサイバー攻撃を仕掛けて、サイバーバリケードを行ったという有名な事件がある。

北朝鮮のソフトウェアの開発能力も相当らしい。その一旦を、囲碁ソフトの銀星や、将棋ソフトのKCC将棋は、その分野でトップクラスの品質である。物理的兵器ではいろいろほころびを見せている北朝鮮であるが、貧者の兵器である、サイバー兵器ではかなり頑張っているようである。中国発といわれるサイバー攻撃も実は、中国のコンピュータを踏み台にした北朝鮮のサイバー攻撃ではないかとも喧伝される。

韓国・台湾・英国を措いて、イスラエルをみると、まさにイランの核施設を標的としたサイバー攻撃の当事者であり、米国やロシアと同様、世界最高峰レベルのサイバー攻撃能力をもつと推定される。米国とイスラエルが、イランの核施設を標的としたstuxnetは、Microsoft Windowsの脆弱性を突くものであった。stuxnetは、ジーメンス社が開発した産業用機械システムの「ステップ7」を攻めるものである。イランの核施設のシステムは、ネットワークに接続されていないクローズドのシステムであったはずなのに、なぜ感染したかというとどうも、stuxnetに感染したUSBメモリを誰かがうっかり、あるては意図的に持ち込んだものらしい。

さて、実際の戦争とサイバー戦争の違いであるが、サイバー戦争は、個人あるいは少人数で別の国に対して開始できるという特徴がある。しかも、非対称性により、なかなか攻撃側の身元がわからない。要するに、名もしれぬ民間人が個人の発意で他国に対してサイバー攻撃を仕掛けられるのであるから、正式な参戦や、憲法第9条も曖昧になってしまうのである。

国際法は、あるいは日本での自衛隊法はいずれ、きちんとサイバー戦争について規定することを迫られるであろう。

感性の限界

user-pic
0

理性の限界知性の限界に続き、高橋昌一郎氏の「限界シリーズ」の3冊目として、「感性の限界」講談社現代新書を書店で見かけたので、迷わず買った。

ただ、いきなり突っ込みであるが、理性の限界や知性の限界は分かるけど、感性の限界という言い方は妥当なのだろうか。というのは、理性や知性は容易に増長して、世界全体が数少ない法則で説明し尽くせるはずだと、言いなす。例えば、物理法則の近似性で述べた、ホーキングの言説である。

そうやって上段に構えられると、こちらとしても突っ込み甲斐がある。そしてその限界をいろいろ指摘できる。ところが、感性となると、典型的には絵画や建築デザインを想定するのだが、もともと創作者は完全性なんて言い立てるつもりはないのだから、感性の限界と指摘しても、は?と怪訝がられて、終わりである。

そうはいっても、折角「感性の限界」を読んだので、その本の章立てに従い、あまり意味のないコメントを述べることにする。

まず、第一章は、「行為の限界」である。そして以下のような節を含む。

  1. 愛とは何か
  2. カーネマンの行動経済学
  3. 二重課程理論と不合理性
  4. 人間行為の限界と可能性

まず、愛について、それがドーパミンやセトロニンなどの脳内ホルモンの働きに帰着される。しかも、恋愛というのが一種の精神的な病気で、最高でも12ヶ月から18ヶ月しか続かないものだと説かれる。だから愛というものは儚い。恋愛に陥るとつい、永遠の愛ということを想定してしまうが、そんなことはない、愛は本質的に有限なのだというとき、極めて分かりやすい感性の限界が言い立てられる。ただ、この本には書かれていないが、なぜこの人を好きになるのか、なぜ別の人でないのか、なぜ嫌われるのかなどということは多分説明がつかない。仏教の縁起のような説を持ち出すしかないのかもしれない。

行動経済学は、私の理解では、各個人が利益を極大化するように合理的に行動するという前提でうち立てられた近代経済学に対するアンチテーゼとして提唱された。分かりやすい例では、この薬で助かる可能性は7割というのと、死亡率が3割というのは、もしかして同じことを言っているのかもしれないが、前者の方が肯定的に捉えられる。このような見かけの不合理さに縛られて人間が行動するという意味で、それが感性の限界である。

二重課程理論というのは、人間は直観的なヒューリスティックスである自律的システムと、論理的な処理系統である分析システムの両方をもつ、というもので、分析システムに従い数学的確率により有利に見えるのに、つい自律的システムに従い、そうではない方を選ぶということである。その文脈で、人間行為の限界も論じられる。

第二章は、「意志の限界」であり、以下のような節を含む。

  1. 自由とは何か
  2. ドーキンスの生存機械論
  3. 進化と不自由性
  4. 人間意志の限界と可能性

意志というのは不思議なもので、私は資格試験のための勉強がどうしても苦手である。記憶力は世間の普通だと思うけど、どうも条文の類が記憶できない。それで頭悪いと思ってもらっても全く構わない。一方で、コンピュータ・プログラミングなら結構、延々とできる。だから、意志=適性なのかもしれないが、どうも意志が何なのか私には分からない。

さて自由となると、自由に振舞っているようでも人間は、強く環境に束縛される。日本で生まれると、普通は日本語以外をしゃべるようになるのは大変である。また、両親から引き継ぐ遺伝子や、遺伝子だけにはよらないかもしれない才能など、所与のものが違うので、人間は到底自由ではない。

ドーキンスの説は、人間は遺伝子の乗り物にすぎないという、有名な説である。

また、これも有名な話であるが、ミルグラムによるアイヒマン実験が言及される。すなわち、善良な人間といえども、命令されると服従して、残酷なことに手を染める、ということである。これなども、人間の意志の不自由性の例である。

また、合理的に行動しようとするほど、却って非合理の罠に嵌るというのも分かる。多分であるが、ある種の精神病は、非合理なのでなく、過度に合理的なのである。

第三章は、「存在の限界」であり、以下のような節を含む。

  1. 死とは何か
  2. カミュの形而上学的反抗
  3. 意識と不条理性
  4. 人間存在の限界と可能性

ここでの死の問題は、ある意味論じ尽くされており、今更のような気もする。一方、カミュの説く形而上学的反抗や不条理性というのは人生の本質であり、ただ、人生を不条理であるとして括弧入れすると、話は進まない。

ここで言及されている国際テロリストの話題は、いかにもナイーブであるが、それも措いておくとする。

ただ、面白いと思ったのはリベットの実験で、例えば車を運転していて前に急に人が飛び出すと急ブレーキを踏むことになるが、それは意識してブレーキを踏むよりも500ミリ秒も前に無意識が命令してブレーキを踏むのだという。すると日常生活でも、われわれが意識してやっていると思うことを無意識が本当は先回りして命令しているのかもしれない。ここらあたり私はつい、憑依を想定したくなる。すなわち、無意識という名の霊に従ってわれわれは生きている。

さて、結論として、「感性の限界」は、高橋昌一郎氏にしては、理性の限界知性の限界ほどは出来がよくない。その理由は、感性の限界は、理性の限界や知性の限界ほど自明ではない、というただそれだけのことである。すなわち、理性という都市や知性という農耕地に比べ、感性はジャングルなのであり、そこで国境を云々することはあまり意味がないのであった。

ソ連史

user-pic
0

ロシアに漠とした興味を抱いている私はつい、「ソ連史」松戸清裕著、ちくま新書を読んでみた。この本では、ソ連史は、次のような章立てからなる。

  1. ロシア革命からスターリン体制へ
  2. 「大祖国戦争」の勝利と戦後のソ連
  3. 「非スターリン化」から「共産主義建設」へ
  4. 安定と停滞の時代
  5. 「雪どけ」以後のソ連のいくつかの特徴
  6. ペレストロイカ・東側陣営の崩壊・連邦の解体

まず、ロシア革命からスターリン体制へ、であるが、第一次世界大戦の激化により、ヨーロッパが荒廃し、これによりロシアにも物資が入ってこなくなった。都市における食糧事情が悪化すると、パンを求めてストとデモをする人が増え、皇帝ニコライ二世は、弾圧をもってこれに応じた。デモ隊に死者が出ると、鎮圧部隊に離反する者も現れ始めた。

そのとき既にロシアには、オクチャブリスト、カデット、エスエル、メンシェビキ、ボリシェビキなどの政党が組織されており、事態の混乱を収拾したカデットが、1917年に臨時政府を樹立した。革命の風潮が高まり、ニコライ二世はとうとう、退位に追い込まれた。

一方で、ソヴィエト(会議)が労働者、兵士、農民により組織され、臨時政府とソヴィエトの二重体制になったが、ソヴィエトは条件付で臨時政府を承認した。

しかし臨時政府は、労働者や農民の不満に対応しきれず、ソヴィエト権力樹立を訴えていたボリシェビキのレーニンが、労働者や農民の支持を受け、臨時政府を打倒し、政権を掌握した。

しかし、ソヴィエト権力は内外に多くの敵をもち極めて不安定であった。内の敵はカデット、エスエルなどであり、外の敵の最大のものはドイツであった。国内の厭戦気分をみとてったレーニンはドイツの講和し、国内の平和を図ったことで支持を増した。

しかし、結局、国内外の反革命勢力は強力で、ソヴィエト権力は、食糧危機に陥ったことから、農民に対する搾取を強化し、農民からの反発を招いた。

ともかくも紆余曲折を経て、ソヴィエト政権は、近隣の国々と連邦を形成した。レーニンの死後、トロツキーを蹴落として政権を掌握したスターリンは、その後も大規模な粛清で政敵を葬り、権力を強化した。

ドイツでヒットラー政権が誕生すると、スターリンは、ドイツの不可侵条約を締結した。これは満州に迫る日本軍への配慮であった。しかし結局、ドイツとの戦争は避けられなかった。

ここでドイツは周到な準備の下、電撃戦を展開した。「大祖国戦争」の始まりである。多くの人々が疎開する中、スターリンはモスクワに残り、陣頭指揮した。ソ連は、2000万人以上という膨大な戦死者を出しながら反撃に転じ、結局、ドイツを押し返した。また、日本にも宣戦布告した。こうして第二次大戦後、ソ連は国際的な地位を高めた。

「大祖国戦争」の勝利は、国民に大いなる開放感を与えたが、戦争による大いなる疲弊は拭えず、農民は搾取されたままで、都市部の食糧も不足した。

また、戦後、アメリカ合衆国に対する一方の大国として、冷戦状態に陥ったが、実態はソ連は到底アメリカ合衆国に対抗できる状態ではなかった。

1952年になると、スターリンの衰えが目立ち、ついに亡くなると、粛清の限りを尽くしたはずのスターリンは意外にも多くの国民に哀悼の意をもって迎えられた。

スターリンの後政権を掌握したフルシチョフは、政治犯などに対する扱いを緩和する措置をとった。これは「雪どけ」と呼ばれる。フルシチョフは明示的にスターリンを批判し、脱スターリン化を図った。

「雪どけ」は対外的な面にも及び、中国と国交を改善するとともに、日本とも国交を回復した。フルシチョフはさらに、20ヵ年計画など、共産主義体制を強化する策を採った。

1964年になると、フルシチョフは、独断的政策を理由として党の幹部会員たちから辞任を求められ、ついにそれを受け入れた。こうして第一書記にブレジネフ、首相にコスイギンが就いた。ここで「雪どけ」からまた、締め付けへと政策が転換し、中ソの対立が再燃した。

1979年には、アフガニスタンに軍事介入した。1982年にブレジネフが死去すると、アンドロポフが書記長に就くが、わずか2年で亡くなり、その後のチェルネンコも一年で亡くなり、ついにゴネバチョフが政権を取った。

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故は、却ってペレストロイカを促進した。

1989年にはアフガニスタンから撤退し、1991年にはソ連が消滅した。

以上、大急ぎでソ連史を概観してみたが、結構分かりにくいのが、ソビエト政権の成立のところと、ソ連の消滅のところである。世界初の共産主義国家の成立は画期的であるし、ソ連の消滅は、その後のチェチェン戦争やプーチン政権の成立や存続とも大いに関係あるので、別途詳しく調べてみるとする。

飽き

user-pic
0

将棋の世界で藤井システムといえば、20世紀の末、一世を風靡した。四間飛車で、まるで相懸のように薄い玉で、相手の居飛車穴熊を攻め潰す。そのパワーで、藤井猛は当時の竜王であった谷川浩司を4タテで下し、いきなり注目された。

藤井システムは、居飛車穴熊に苦しんできた振飛車党にとって福音となった。そうして、猫も杓子も振飛車党が藤井システムを使うので、居飛車党は一時、居飛車穴熊を封印したほどとである。

しかしそこはプロ棋士、藤井システムなにするものぞと、佐藤康光など反骨精神溢れる棋士が研究して、藤井システムに対して五分以上の変化をつくりあげた。もちろん、藤井猛や久保利明などの振飛車の名手は対抗策を案出し、結論は出ないままだったが、藤井システムに一番の打撃だったのは、居飛車穴熊側の有力な対策であるよりもむしろ、角交換型振飛車の登場だった。それはおそらく2004年頃である。すなわち、角交換型振飛車は、ネット将棋のような時間がない戦いで採用され始めた。当初はそれは奇襲戦法として位置づけられており、棋理に明るい者ほど、こんな戦法がプロに通用するわけがないと公言してはばからなかった。

ところが、角交換型振飛車は、一流プロにとってさえ、意外なる豊穣の泉で、未だに汲みつくされておらず、将棋の戦法のメインストリームに陣取ってしまった。

折りから流行していたごきげん中飛車と、新装なった石田流とあいまって、コンテンポラリーな振飛車戦法から、藤井システムなど角道を止める振飛車戦法が完全に村八分にされてしまった。

ご本家の藤井猛も、このトレンドには抗えず、角交換型四間飛車などの戦法を細々と連採したが、いまいち勝てず、ついにB1からも降級してB2にまで落ちぶれてしまった。

さて、この危機に藤井はどうするのか、と私は様子をみていた。私には藤井は最早、独自の矢倉戦法に活路を見出すしかないと思った。ところがである、藤井は、納屋で埃を被っていた藤井システムを再び持ち出してきた。私は藤井システムは、佐藤康光や渡辺明の研究の前に尻尾を巻いて逃げたと思っていたので、ここで藤井システムを再び採用するのは無謀かと思った。

しかし、藤井システムは錆びていなかった。藤井猛は、藤井システムを含む、角道止め型の旧来四間飛車をひっさげ、王位リーグに入ったばかりか、挑戦者決定戦まで進み、なんと、おそらく現棋界最強を謳われる渡辺明を撃破して、羽生王位への挑戦権を獲得した。渡辺明が挑戦したら、羽生の王位は危なかった。風前の灯だったかもしれない。しかし、そこで羽生を救ったのは藤井システムなのであった。

羽生は、藤井システムの最盛期、藤井猛に苦しんでいた。そしてもがき、ようやく藤井対策を見出したのか、ある時期から全く藤井に負けなくなった。ただ羽生は油断ならない。なぜなら、コンテンポラリーな藤井システムは、角交換しないものの、角交換型振飛車のノウハウを塗り込み、装いを変えているからである。いわば遺伝子をミングルした鳥インフルエンザ・ウイルスであって、なかなか手強いに違いない。

さて、このような戦法の推移史を眺めていると、言うまでもないのだが、一番のキーワードは「飽き」である。「消えた戦法の謎」という勝又清和の名著があるが、いろいろ消えた理由はつけられるが、要するに飽きなのである。だから時代が経てば、あまり装いも変えることなく、ほんのわずかな味付けの違いだけで、消えた戦法は図々しく復活する。

これは将棋の戦法という狭い世界のみに成立することなのだろうか。いや、温故知新は普遍的である。なぜなら、飽きと忘却、そのことがまた人類、あるいは生物全般に普遍的だからである。そしてこれはおそらく宇宙そのものにも該当するのだろう。銀河は自らに飽き、他の銀河と衝突して、過去のしがらみを忘却し、装いも新たに、100億年前と同じ姿で現れるのてある。

老人の出番の続きだが、新聞をみているとどうも、定年を65歳に引き上げて、希望すれば誰でも65歳まで働けるようにする法案が提出されるらしい。

それは、私のように近々定年を迎える人には福音のはずだが、前にも書いたように私はそれを手放しで喜ぶ気にはなれない。

それはなんというか、将棋の駒的発想である。すなわち、自分自身が一つの駒だとすると、将棋において、自分という駒が安全であったり、たくさん駒を取るということを最適化していてはまず勝負に勝てない。

企業にあっても、ただひたすら私が楽して働ける環境の存続を願うなんてありえない。右肩上がりの高度成長期なら、そういう安逸なサラリーマン生活を願うというのはぎりぎりありかもしれないが、今のように若い人でさえいつ肩たたきにあうかもしれない、いつ倒産や会社合弁の憂き目にあうかもしれない時代にあって、ひたすら自分の安逸を願うなんて時代錯誤も甚だしい。

それでも、もし労働法(会社法か?)が改正になって、定年が65歳に引き上られるなら、60歳を超えたロートル社員は、次のような条件を満たすときのみ存続を許されるべきである。

  1. 若い人の職を奪わないこと。すなわち、ロートル社員が居座っていることで若い人を採用しないというのは、絶対に避けるべきストーリーである。
  2. それを前提として、以下の条件のうちの1つを満たすこと。
    • 若い人に伝授すべきスキルがあること。しかも教え方の十分なスキルがあること。あるいは、面倒見がいいこと。
    • 余人をもって代えがたい、有意義なスキルをもっていること。
    • 若い人の雑用を軽減してあげて、雑用係、汚れ仕事係に徹することができること。
    • 自分で自分の仕事のレベルをアセスする能力があること。そして、自分の仕事のレベルが、自分の要求するスキルを満たさない場合、身を引く覚悟があること。
    • 戦力外通知されたら、一切言い訳しないでにこやかに去る決意があること。
  3. 常に自己研鑽を怠らないこと。
  4. 自分の若い頃の立場や地位を、若い人に自慢しないこと。
  5. ときどきは若い人に奢るくらいの余裕があること。

上記のような条件を満たすロートル社員は多くないかもしれない。それなら年金生活に入るか、採用してくれる別のルーチン・ワークの仕事に就くべきである。

老醜は晒すべきではない。しかし私もそうならないためにどうしていいのか、全くよいアイデアはない。とりあえず自己研鑽は続けるとする。

仏教伝来

user-pic
0

仏教宗派の記事で、日本の仏教の全体を概観してみたが、それではどうやって日本に仏教が伝来したのだろうという問いかけはまた別なのであった。

そう思って、「観音・地蔵・不動」速水侑著、講談社現代新書を眺めていると、その最初の方に、日本書紀に基づく仏教伝来のストーリーが述べられていたので、自分なりにまとめてみる。

すなわち、日本書紀によると、欽明天皇十三年壬申の歳(552年)に、百済の聖明王が使者を遣わし、国書とともに釈迦像、経論などを献じたとある。これを欽明天皇戊牛の歳(538年)とする説もあるが、いずれにせよ、日本に仏教が外交ルートで正式に入ってきたのは、6世紀中ごろらしい。

聖明王の国書には、「この教えは、もろもろの法の中でもっともすぐれたものであり、天竺から三韓(韓国)までの国々はみなこの教えに従っているので、貴国に伝えるのである。」とあった。当時の大国であった中国もまた奉じているグローバル・スタンダードであったといいたかったのだろう。

さて、聖明王の使者に会った欽明天皇は、「私は未だかつて、このような妙法を聞いたことがない。」そして家臣の者達を眺めて、「仏像はきらびやかで顔貌は端正である。このようなご神体は知らない。さて、敬うべきかどうか。」と聞いた。

当時日本には、イスラム教のそれのような、偶像崇拝禁止の規定があったわけではない。しかしそもそも、古来よりカミを人間に形であらわすことなどなかった。欽明天皇の驚きは、そういう驚きである。

欽明天皇の問いかけに対して、蘇我稲目は、「グローバル・スタンダードなのだから、日本だけがどうしてこの教えに背けよう。」という趣旨のことを述べた。あるいみ、現代の日本人の感覚である。

一方、物部尾輿と中臣鎌足は、「百八十神を祭ることをわざとしている天皇が、こんな他国の神など拝んだら、国神の怒りを招くであろう。」とさながら、TPP反対論者の乗りで反対した。

迷った欽明天皇は、仏像を蘇我稲目に授けて、試みに礼拝されたところ、疫病が流行し死者が出た。そこで物部尾輿の進言に従い、仏像を難波の堀江に捨てさせたところ、今度は天皇の大殿が焼失した。

これはとても卑近な例では、正室を抱えた男性がいて、身分の高いところから側室を薦められ抱えようとしたところ、正室のすさまじい嫉妬に遭い、それならと側室を邪険にしようとしたら、更なる激しい嫉妬に遭うという、一種デッドロックに陥ったことを意味する。

果たしてこの三角関係がどのように融和されて、神道の下で仏教が日本に浸透したのか、甚だ興味深い。しかもこれは、明治時代の廃仏毀釈の伏線でもある。機会をみて調べてみることにする。

宇宙学

user-pic
0

記憶が曖昧なのだが、確かホワイトヘッドに、すべての学問はコスモロジー(宇宙論)である、という言葉があったような気がする。そこで、その言葉をあえて卑近に捉えて、宇宙に関する学問にどんなものがあるか考えてみる。

するとまず、一番しっくりくるのは、宇宙物理学である。これは、ビッグバンの理論、インフレーション理論を含む壮大な体系である。

次に思いつくのは、宇宙工学。ロケットや宇宙ステーションの設計に関与する。ロケット・エンジンなどの推進システムも範囲である。

そして宇宙生物学。これは地球での生物発生論や、地球外でどのような形態の生物がありえるかなど、様々な分野を含む。

さらには、宇宙化学。これは例えば、星間物質の組成を研究したりする。

次は、宇宙考古学。これは意外にありえるのであって、太古の昔に、宇宙人が地球を訪れ、人類や地球の文化に影響を与えたことを研究する。これはかなり非正統的な匂いがあるが、人工衛星などからの情報技術を考古学の領域に応用し、現在の地球環境をモニタリングしながらかつて文明があった地域の遺跡や古環境を推考するための研究という正統的な定義もある。

さて、ここまでは普通に思いつくのだが、次がなかなかない。例えば、宇宙哲学はどうか。これはいかにも怪しげで、妙な新興宗教の教祖が書きそうなテーマである。ただ、ホワイトヘッド大先生が言及するとき、宇宙哲学は燦然と映える。

次は、宇宙心理学。これは結構実用的で、例えば、宇宙船で航行する飛行士の心理状態を研究したり、宇宙から地球に戻ったときの心理状態の変化を研究するものかもしれない。

次は、宇宙法学。これは、人工衛星が衝突したときの賠償や、惑星の領有権などを扱う。

次は、宇宙経済学。これは、宇宙の資源の配分に関するものである。

次は、宇宙歴史学。これは実は宇宙物理学の一分野で、宇宙の過去からの発展を研究する分野なのかもしれない。

次は、宇宙数学。これはかなり意味不明であるが、経済数学といって、経済学に使われる線形代数などを記述した本があるが、その乗りでいくと、宇宙数学とは、一般相対論で使われる微分幾何学や、宇宙の構造を記述するトポロジーなどのことになるのかもしれない。

次は、宇宙教育学。いよいよ意味不明であるが、宇宙飛行士の育成方法か。

次は、宇宙文学。これは単にSF小説論か。

次は、宇宙文献学。宇宙で文献を発見するというのはちょっとありえないので、宇宙から飛来する電波に、何か異星人からのメッセージを読み取るということである。

以上で私の乏しい想像力は尽きてしまった。

留学

user-pic
0

大学、あるいは大学院に進学しようと志したとき、進学先は、国内の大学か国外の大学かに大別される。国外の大学に進学することは留学とも呼ばれる。

そこで例えば、東大などの一流大学に、日本人とアジアからの留学生がいたとしよう。すると世間はどちらも東大生なので同様に優秀だとみなすだろう。しかし本当にそうなんだろうかと最近疑問に思った。

というのは、ある研究所に勤務する知り合いに聞いたところ、その同僚に、アジアから日本の某一流国立大学に留学して学位を取得した人がいるが、どうも能力があやしいのだという。

そしてよく聞くと、普通の日本人なら難しい入試を受けて厳正な選考にかけられて入学を許可されるところ、留学生という理由で、たった10分間のテストで合否が判定され、入学できたという。

その10分間のテストなるものの内容はわからないが、どう考えても、問題を解かせたり、ある課題を与えてそのことについて記述させるようなものではないだろう。もしかして、簡単な面接程度なのかもしれない。

そういう形式で入学してももちろん、本質的に優秀な留学生というのはありえるだろう。ただ、どうしても、かなり能力のあやしい学生の存在をも許してしまう。そして、日本の学歴社会で、一流大学、あるいは一流大学院卒のラベルで登用されていくということは十分にありえる。

一方、官庁などで、ある程度エリート候補だと、ハーバードやプリンストンなどの一流大学に留学するというコースがある。そこでも一応試験はあるらしいのだが、日本の官庁から受験する人は落とさないという不文律があるらしい。

このように、学歴社会にあっても、留学はその大きな例外になっている。例えば、日本の中堅大学に合格できなかったのに、ソウル大学に留学できたという例を聞いたことがある。これなど、日本以上のがちがちの学歴社会である韓国で、その日本人はソウル大学生ということで、韓国社会で尊敬されるのだろうか。それとも、留学生枠があることは知られているので、表面的には敬意をもって迎えられるが内心では相手にされないのだろうか。

多分であるが、まともに合格するのは難しい大学も留学ならなんとか入れるという事実はあまり知られていない。だから、ずる賢い人はそこを巧妙に利用するに違いない。それが所詮メッキであることは早晩ばれるが、それまでに実力をつけるか、それとも転職などを繰り返してメッキを利用し続けるか、まあ人生いろいろ、ということになるのであった。

底辺大学

user-pic
0

友人と冗談で、あいつは入試で名前を書けば受かるような大学の出身だ、と言ったりすることがときどきあるが、SPA!によると、本当にそういう大学もあるらしい。

九九が言えない、アルファベットが書けないなど驚くべき低学力に、奇行の数々。小誌で既報した「ド底辺高校」の悲劇は、高校だけに止まらない。彼らの一部は卒業後、大学に進学。試験の点数が0点に近くとも、入学できてしまうと言われる「ボーダーフリー大学=Fランク大学」がド底辺学生を誕生させてしまっている。
(中略)
底辺大学ともなれば、「小数・分数の計算」「ローマ字で自分の名前が書けない」という学力で入学してくる学生も珍しくないという。

もしかしてこれって、高校からエレベータ式に進学できる大学なのだろうか、そうでないと、なんらかの形で筆記試験があるなら、「ローマ字で自分の名前が書けない」レベルで合格できる大学があるはずがない。

SPA!によると、底辺大学では次のようなことが行われているという。

  • "勉強を好きになってもらうことを目的~"とシラバス(学習計画)に書かれた必修科目がある。
  • 英語はアルファベットの読み書き、英和辞書の使い方から教える。
  • 教材は小学生用の算数ドリルを使用する。それでも、"問題文の漢字が読めません"という学生がいる。
  • 経済学部で、「マルクス主義」について書けというレポートに、フィリピンの昔の大統領マルコスを挙げたり、サッカー元日本代表の田中"マルクス"闘莉王について書いてくる。冗談でやっているなら大したユーモアであるが。

明らかに大学に進学すべきでない人が進学しているにすぎないだけだと思われる。昨今、就職に大卒の学歴が必要なのだろう。

ただ、もしスパルタのような体育中心の国家があると、私はまさに駄目学生になってしまう。すなわち、そういう国家では体育大学を卒業しないとなかなか就職できないので、私になるべく体育実技が入試にない体育大学を選んでなんとか合格する。ところが、そこで、跳び箱もできない、鉄棒の逆上がりもできない、どうしようもない学生がいると、私ずっと教官から馬鹿にされ続けなくてはならない。そこで俺だって好きでこんなところに来ていないよと、一人になると涙目で窓から外を眺めるのである。

そう空想してみて、そうだ底辺大学を馬鹿にしてはいけないと思うのである。そういう学生は、私より愛想がいいとか女性にもてるとか、車の運転がうまいとか、お菓子作りが得意とか、いくらでも長所があるに違いないのである。そうやって長所を活かして是非とも社会に貢献して戴きたいものである。ただでさえ少子化で人手が足らなくなるのだから。

ふと、人生の高利貸しという言葉が浮かんだ。これはサラ金などの消費者金融のことではない。

例えばある役職に就くとする。そこで管理職特有の面倒な管理仕事がいろいろあるとき、あ~面倒だな、とため息をついていると、「別にやらなくていいよ」と声が聞こえたような錯覚にとらわれる。

えっ、と周囲をみるのだが、誰もいない。で、やらなくていいというけどじゃどうするの、とささやいてみると、それは他人に押し付ければいいと、また気のせいか声がする。

そんなことができるのかとまたささやくと、普通は難しいけど、とまた声がする。えっ?というと、でもね、君は特別なんだ、だから運を融資するよ、とだんだん訳のわからないことをいうので、どうも疲れているらしいとその日は帰宅する。

次の日会社に行って、面倒な管理仕事を同僚の管理職にやってくれるように頼んでみたところ、そんなの自分の仕事だろと言われると思ったら意外にも、ちょっと嫌な顔しながら引き受けてくれた。

別の機会に、仕事でひどいミスをしたのだが、しらないふりをしたらなぜか、部下がやったということになって、自分は責任を免れた。どうも納得いかないで、席でぼうっとしていると、声が聞こえた。貸した運をとりあえず使ったね、また融資しようか、と。

えっ、あれは運を借りたせいだったのか。で、また融資というけど、何も返してないよ、というと、いいんだ気にしなくて、とりあえず返すのはいいんだよ、じゃまた融資しとくから、と声は聞こえなくなった。

その後、部下がいい仕事をしたせいで自分は課長から部長に昇進した。なぜかその部下は、昇進枠がないので平社員のままだった。その部下は明らかに不満そうだったが、そのまま時は流れた。

その後一度だけ、あ、運はオートチャージにしておくね、という声が聞こえたような気がするが、昇進した後のヨーロッパ視察旅行中で、執行役員と歓談中だったのであまり聞き取れなかった。

こうして大過なく定年を迎えるのとき、ああここまで頑張ってなんとかやってきた努力の賜物だと独り言を言ったら、いや、運をオートチャージし続けたおかげだぞ、と微かに声が聞こえた。

オートチャージ?、じゃどんどん運の借金が増えているのかと聞くと、ああそうだという。そこで、運の返済はいつどうやって行うのかと聞くと、いまから難病になって辛酸の苦労をするか、あるいは、死後あの世で一括して返済する手もあるね、というので、えっ死後でいいのか、どうせあの世なんてあるかどうかわからないので、生きている間はどんどん運を借金するよ、そう応えた。

こうして90歳まで大過なく生き、ある日突然ぽっくりと肺炎でなくなった。すさまじい運の借金を抱えて。あの世でどんな峻烈な運の借金取立てが行なわれたのか誰も知らない。依然として、あの世なんてないかもしれないからである。

無人地帯

user-pic
0

先々月の記事であるが、読売新聞によると、平野復興相が、福島第一周辺の一部地域について無人地帯にしたらどうかと提案したそうである。以下、引用:

平野復興相は3日、東京都内の復興庁で、東京電力福島第一原子力発電所事故の対応を巡り、福島県の佐藤雄平知事と会談した。
平野氏は、同原発周辺の一部地域について、国が直轄管理する緩衝地域とし、人が住まない事実上の「無人地帯」にしてはどうかと提案したとみられる。佐藤知事らは回答を留保した模様だ。

この記事をみて思い出したのは、先日読んだ、副島隆彦の「放射能のタブー」KKベストセラーズである。

この本によると、副島氏とその仲間は、原発事故から1週間程度後の2011年3月19日に、ガイガーカウンターをもって、福島第一原発から8キロの地点で放射線を測定したところ、わずか15マイクロシーベルト/時だったという。その後の2011年3月28日に、一行は福島第一原発正門前にたどり着き放射線を測定したところ、860マイクロシーベルト/時だった。しかし、一行が2011年4月12日に、福島第一原発正門前で放射線を測定したところ、127マイクロシーベルト/時に下がっていた。これから、確実に収束状態にあったことがみてとれる。

さて、無人地帯の話であるが、副島隆彦の「放射能のタブー」の67ページに下記のような記述がある。

どうも、日本政府は、福島原発(第二原発を含む)の周囲の土地の地下に核廃棄物の処分場を作ろうとしている。この問題(疑惑?)についての情報は10月の今もほとんど出ていない。私はすでに4月に、「政府は原発敷地の地下に巨大な空間を作って、青森の六ヶ所村と同じような最終処分場を建設するだろう」と予測していた。それがまず5月26日に「福島第一原発の敷地及びその周辺に、核廃棄物の処理施設をつくる」という、諸葛宗男という、日本原子力会のフェローで東京大学公共政策大学院特任教授だけれども、元々は東芝職員で原子炉設計の技師である男がいて、彼がはっきり発言している。

このことは上記新聞記事と符合するけれども、佐藤知事らが回答を保留したにも拘わらず、副島氏は、福島での作業員の動きからして、原発周辺の核廃棄物の処理施設は、着々と建設が進んでいるとみている。

なんにしても、極めて間歇的にしか「無人地帯」の報道がないので、私は却って、原発周辺の核廃棄物の処理施設の存在を信じたくなるのである。

東野圭吾

user-pic
0

ミステリー好きな知り合いから、東野圭吾の「容疑者Xの献身」を紹介された。特に興味津々というわけでもなかったのだが、勤務する事業所が変わって、かなり長距離通勤になるので、通勤の無聊を凌ぐのにいいかと、アマゾンで買ってみた。

すると主人公が実は大学で天才を謳われた元数学者で、家庭の事情で今はしがない高校の数学教師をやっているという設定が気に入った。その高校の数学教師が独身で、とても恋愛に晩生で、アパートの隣の部屋に住む母子家庭の母親に恋をするというあたりからして、次第に私自身とトポロジカルな同型を感じて、小説に引き込まれていった。

高校の数学教師である石神は、今でも数学への夢が捨てきれず、自分でこつこつ勉強している。もしかしてリーマン予想に匹敵するような大問題に取り組んでいるようでもある。その件を読んでいて、思わず微笑んでしまったのは、数学の難問としてリーマン予想に言及するだけでなく、さらに素数分布まで盛り込まれているのである。それで喜ぶのは私のような数楽者くらいのものではないか。

と思って、Wikiで東野圭吾の経歴をみたら、大阪府立大学工学部電気工学科出身とある。ここでもさらに唸ってしまった。というのは、私が数楽者の限界で言及した、私を数学ならぬ数楽の道に導いた友人も、大阪府立大学工学部の出身なのであった。なんというシンクロニシティなのだろう。

そういえば私は、大阪にいるとき、シリアル失恋して、刀折れ矢尽きて逃げるようにして東国に落ちたのだった。そういう解の非存在定理を突きつけられて、私の恋愛はガタガタに傷ついた。そんな痛さを私は、この本の石神と共有した。

ところで、この小説には、サブキャラクタとして、東都大学物理学科の湯川学という物理学者が登場するのだが、あれっと今更思いついたのだが、これはテレビドラマ『ガリレオ』として放映されたものだった。どうもテレビをほとんど観ない私は、時代に後れていていけない。

多分というか勝手に決め付けるのだが、どうも東野圭吾氏自身が、数楽者なのかもしれない。本当は数学者、あるいは物理学者を目指して、事情によりそちらの方向には進めず、エンジニアをしつつ、鬱勃たる思いで小説家に転進したのかもしれない。しかも、多分であるが、純情派で恋愛下手なのではあるまいか。忍ぶ愛的な表現が、とても空想によるものとは思えないからである。私とトポロジカルな同型を云々する次第である。

おっと、私とトポロジカル同型なんて僭越だった。東野氏は単なる科学オタクではなく、家族心理、恋愛心理描写の名手のようなのである。是非とも他の作品を読んでみようと思った。長距離通勤に感謝である。

DVの心理

user-pic
0

NEWSポストセブンに、早乙女太一がその恋人、西山茉希にDVを働いたことの心理分析があった。以下、引用しつつ、コメントする。

壮絶喧嘩が明らかになった早乙女太一(20才)とその恋人・西山茉希(26才)。ともにブログでその"修羅場"を報告したのち、早乙女は会見を開き、西山への暴力を認めた上で、結婚を視野に同居していることも明かした。

このあたりからして私は理解できない。例えば、会社で暴力を振るうとほぼ間違いなくクビだし、カップルの間でも、一方が他方に(大抵は、男性が女性にだろうが)暴力を振るったら、まず別れるのではないだろうか。

DV加害者プログラムを実施する法人『notice』代表の竹内由紀子さんによると、DVの要因は、次のようなものだという。

DVの要因には、"自分の力を乱用してでも相手を思い通りに動かしていい"と考えている側面と、暴力を甘く見ている側面、そして男らしさ、女らしさの偏見というジェンダー・バイアスが強く関係しているんです。人はこれを身につけて生まれてくるのではなく、後天的に学びます。家庭、学校、友人関係など、私たちの社会にあふれている要因の中で学んでいくのです。

すなわち、DVは支配欲の現われ、というのだが、さもありなんである。例えば、携帯でメールしたのにすぐに返事がない、彼女が別の男友達と話している、その程度で激昂する。相手にとって自分が常に一番でなくてはならないのである。そして、相手に対する束縛を強化する。

自分が正しいと信じている価値観とパートナーの言動がずれた場合、怒りを感じます。その怒りをパートナーにはそのままぶつけてもいいと考えているんです。叱責し、暴力を使ってでも自分の考え・価値観を押しつけてもいいと思うんですね。

これは相手に対する支配欲と、自分の相手に対する優位性の入り混じった感情である。

どういう男性がDVに走るかというと、一般論であるが、子供時代から暴力を以って支配されてくると、それを自分より相対的に弱いとみなせる支配関係にある者に対して行使するようである。恋人関係というとき、相手は自分を愛してくれている、だから自分は相手を暴力を以って支配するのだ、という心理になるようである。

DVとはもともと、物理的暴力の意味であるが、パートナーの欠点をいちいち詰り、あるいは怒鳴り散らすという形の精神的DVもありえる。私の知っているケースで、男性が日常的に女性を怒鳴りまくって離婚に至った例もある。

よほど例外的なカップルを除いて、一般的に、物理的には男性の方が強いので、女性から男性への物理的DVというのはそれほど多くないが、精神的DVとなると、性差はなくなる。よって、男性がおとなしく、甘くみられやすい場合、女性から男性へのDVという例は意外にあるだろう。

男性を詰る傾向にある女性は多くの場合、我侭でヒステリックな親に育てられているケースが多いのだと思われる。人間はどうしても、育てられたように身近な者に接することがある。プライバシーが密な関係になるほど、心理的箍が緩むようである。

おそらくであるが、物理的DVであれ精神的DVであれ、それは依存というか一種の愛情表現なのである。だから、相手は受け入れ、許してくれるものと期待している。それはまさに甘えなのだが、実は相手は一個の独立した人格なのだから、いかにパートナーといえども無限に許すはずがなく、際限なくDVが続くと、どこかで逆切れる。それはほとんど関係の終焉である。

戻って、早乙女太一と西山茉希は本当にこのまま結婚していいのだろうか。愛があればDVなんて、なのだろうか。違うと思うのだが。

食欲

user-pic
0

私が体重を約12キロも減らして、ダイエットに成功してから約2年が立つ。そのあたりの経緯は、意志の問題に書いたとおりであるが、意志薄弱が私がなんの努力もなくダイエットできたのは単に、食欲が低下したのだった。

普通、食欲が低下するというのは、鬱病などの精神的な悩み、あるいは胃腸・肝臓などの内臓疾患により、それ以外に健康なままで食欲が低下するというのは聞いたことがない。それで、自分は自覚症状はないが、もしかしたら死にいたる病なのかもしれない、それならそれで仕方ないと開き直っていたら、今に至るまで頭痛や腹痛、ふらつきなどの自覚症状はないので、とりあえず健康なのだと思うことにした。

それにしてもおかしいのは体が必要とするカロリーである。例えば、会社の事業所移転に際して荷物をパッキングし、新事業所で、荷物を出して配置した。それは、普段肉体労働しない私には結構な労働のはずなのであるが、不思議にあまり食べなくて済んだ。

例えば、新事業所でそういう労働をした初日、朝は例によってパン一個と納豆、それに牛乳だけあった。昼はコンビニで買った小さいサイズのバックの、つけうどんだけ。女性でも普通は足らないだろう。ところが、少しだけあった空腹感は、そのつけうどんを平らげると、あっさり収まった。その状態で午後多少荷物を運んだりと作業したが、それでも一切空腹を感じない。このメカニズムはなんなんだろう。

そういえば先日、新聞の書籍広告をみていたら、南雲吉則という医師の方が、一日一食だけで十分だし、それで健康になれる、と書いていた。これはどうみても栄養学の常識に反すると思うのだが、一応医学博士の肩書きの方が書いているし、としばらく考えてしまった。

その原理はもしかして、メタボはなぜよくないかに書いた原理によるのかもしれない。で、おそらくであるが、食べる量を減らすと、サーチュインが活性化されて、ミトコンドリアの機能を増大する。

喩えでいうと、ハイブリッドカーがあったとして、ガソリンを燃やして直接エンジンを駆動して走るモードと、ガソリンを燃やして発電機のロータを回し、それで発電した電力を一旦充電して、それでモータを回して走るモードがあったとすると、明らかに後者の方が効率が悪い。しかし、ガソリンが潤沢にあれば、それでも構わないし、電気も副産物として得られる。

これとの類推で、人体も、食べる量がある閾値より減ると、どうもカロリーを燃やしてエネルギーを得るモードが効率的な方式に切り替わるようである。それは、プレ飢餓モードと呼んでもよいかもしれない。慢性的に食料の不足に悩まされつつ生きてきた人類は、本来プレ飢餓モードだったのではあるまいか。

しかし、幸いにも食料が潤沢になってくると、プレ飢餓モードから、浪費モードに移行した。浪費モードでは、かなり効率悪く脂肪を燃やすのだが、それでも燃やしきれなくて内臓脂肪となって蓄積する。

浪費モードは、これから食料危機が続くという場合に有利である。すなわち、体内脂肪の蓄積により、食料が欠乏してもある程度体を保つことができる。

ただ、浪費モードは、多分であるが、効率悪く脂肪を燃やすときに発生する老廃物が体によくないのだろう。

一方、プレ飢餓モードが健康によいとはいっても、食料危機が続くと、あっさり真の飢餓モードに入って、あまり長く体がもたない。

だから、プレ飢餓モードというのは、食料が十分あって食べようと思えば食べられる状態であえて、少なくしか食べないということを意志の力で維持しているということになる。

ただ、プレ飢餓モードに慣れると、少し食べただけで満腹になり、プレ飢餓モードの維持に最早、あまり意志の力を要さなくなる。

おそらくであるが、世間の多くの人たちが、プレ飢餓モードを巡航モードにすることができないのは、世間と闘っているファイティング・モードだからである。将棋の大山名人がいうように、小食ではまず勝負に勝てない。加藤一二三がチョコレートを何枚も齧って対局するようなものである。プレ飢餓モードでは、相手がプロだとまず勝てない。もともとぎりぎりの勝負なのである。

それで分かったのは、私は普段、ぎりぎりの勝負で生きていない。平凡なサラリーマンなのだから当然か。それでも、私が食べ物が潤沢にある環境で、プレ飢餓モードに切り替わった理由はわからないのであった。

社内ニート

user-pic
0

SPA!によると、「社内ニート」はどんな会社でも発生している、という。以下引用しつつコメントする。

企業に雇用されながらも職務に従事していないサラリーマン、「社内ニート」。何と全雇用者の8.5%が該当すると言われる。しかし、そんなのは「人材に余裕がある大企業だけの話では?」という指摘に対し、真っ向から否定するのは、『社内失業』の著者、増田不三雄氏だ。

「中小企業も、経済動向の影響を受けやすい分『採用したものの職がない』というケースでの社内ニートが多いです。さらに、意外かもしれませんが、即戦力の重要性をことさら謳って採用活動をしているベンチャー企業でも社内失業は起こっています。ワンマン社長の企業だとさらに危険で、ただ単に『気に食わない』という理由だけで、仕事から完全に干されてしまうこともあります」

私の観察によれば、組織において「社内ニート」が発生するのはある意味必然であって、例えば、属人思考に書いたような状況だと、それは能力でも適性でもない、単にその仕事が部門にあって注目を浴びる仕事であり、且つ、管理職がその仕事はこの人に、と決められてしまっているだけのことである。そのしわ寄せで、「社内ニート」が発生するといえる。

その仕事に適性がある別の人が是非その仕事を担当したいと申し出ても、君はその経験が足りない、適性がない、あるいは単に無視など、決して仕事を担当させてもらえない。

そうやってお気に入りの担当者のキャパシティが溢れたら、別のお気に入りの部下が補助に割り当てられるだけで、決して疎外されている人に割り当てられることはない。

しかも、属人主義の組織では、他の人が何をしているか巧妙に隠蔽される。その建前は、秘密保持のため、知る必要がある人に情報を限定するという趣旨である。

こうして、管理職に気に入られた担当者が何をしているのか、どれだけ大変なのか、担当者本人にしか分からない、ということになる。言い換えると、遊んでいても誰にもわからない。そもそも、成果が問われることもない。

不景気で仕事自体が減ってくると、管理職に気に入られていない人は、こうして回ってくる仕事自体が減る。ある閾値よりも仕事が減ると、「社内ニート」が発生する。

別の要因として、上司から仕事を割り当てられたとき、部下がたまたま、別の仕事で手一杯などの理由で断わることがある。ところが、その部下のことを好ましく思っていない上司は、こいつやる気がないと判断して、その後、仕事を干すということをする。またしても「社内ニート」の発生である。

さらに別の要因として、上司が異様にリスクをとらないタイプである、ということがある。少しのリスクでもみえたら絶対にその仕事は部下に割り当てない。いくら部下が「社内ニート」しつつある兆候があっても、である。

「社内ニート」は、普通のニートと違って、会社に来ているのできちんと給与を支払われる。そうやってあまり仕事しないで楽して給料もらえるのだからいいではないかと知らない人はいうかもしれないが、新入社員早々で上司と喧嘩して、おおよそ一年にも亘って干されまくった私は、仕事を干されたことで精神的におかしくなり、殺意に近い感情が芽生えたことがある。

しかも縦割り組織では、上記のように、私が干されているという事実さえ誰も知らないし、もし私がその事実を同僚に訴えたとしても、単に私が人格的におかしいから、能力がないからと思われてしまう。ライバルである同僚は、私とよほど親しくないと、寧ろ私が落伍するのを喜ぶであろう。

社内ニートの話題になると、「あくまで個人の能力・やる気の問題だ」と片付けられてしまうことも多いそうだが、実際は本人の力ではどうにもできない構造的な事情によるケースも少なくないのだ。

そうなのである、社内ニート化した責任の大半が管理職にあることが明らかであっても、その因果関係の証明は難しく、パワハラだと訴えても、相手にされないかもしれない。少なくない場合に退職するしか手がないだろうが、この不景気に拾ってくれそうなのは、ブラック企業くらいしかなく、下手したら奈落の階段を下りていくことになるかもしれないのである。

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。