2012年7月アーカイブ

将棋界で、藤森保・藤森奈津子夫妻というと、アマ強豪と女流プロの組み合わせというありそうでなかなかない組み合わせである。かと思っていたら最近、朝日アマ名人の清水上徹と、女流棋士、中村桃子という夫婦が誕生した。

さて、藤森夫妻には、哲也という息子がいるのだが、その哲也君がなんと去年、奨励会三段リーグを勝ち抜いて、晴れてプロ四段になった。これは快挙だと思った。実に確率的に低い。清水上夫妻も、子供が生まれたらプロ棋士にしようと思うかもしれないが、まずそうは問屋が卸してくれないはずである。

その藤森哲也四段であるが、将棋の強い両親から生まれて晴れてプロ棋士になれたので、名門だ、サラブレッドだとマスコミに書かれるのだが、ちょっと違うと思う。なぜそう思うのか以下、理由を書いてみる。

まず、藤森哲也四段のプロ初戦は、竜王戦6組でアマ若手強豪の中川慧梧氏だったが、これにいきなり敗れてしまった。そこで私は、藤森哲也大丈夫か、とちょっと怪訝になった。

しかし、朝日オープンでは、アマ強豪の遠藤正樹氏に、相穴熊の難解な終盤を勝ちきった。藤森、やるじゃんと思った。だが、C級2組の順位戦は長岡五段と、阪口五段に連敗。長岡五段と阪口五段はC級2組にあっていまいち地味な存在なので、暗雲とまではいかないが、ちょっと曇天を感じた。

だからどうも私にはサラブレッドという表現がふさわしいとは思えない。いまのところ、圧倒的な才能が垣間見えないのである。ここでいう圧倒的な才能というのは羽生や渡辺までいかなくていい、菅井五段や阿部健治郎五段レベルを期待するものである。そのレベルなら私は、サラブレッドと呼ばれても違和感はないだろう。

さらに、最強の親子に書いたように、私は知能は基本的に遺伝しないと思っている。囲碁の羽根親子、将棋の木村親子などは極々例外である。しかも、木村義徳はやはりサラブレッドと呼べるほど才能が輝いていない。囲碁の四天王と呼ばれる羽根直樹をしてようやく、サラブレッドと呼ぶに相応しい。

もっというと、サラブレッドというのは結局馬のことではないか。人間に喩えるなよ、という思いも私はある。ただ、すばらしい馬は確かに賞賛に値する。だから、人間でも、オリンピック選手の親から生まれて、二世でオリンピック選手になれるというアスリートなら、真にサラブレッドと呼ばれるに相応しい。

私の観察によると、運動能力、絵画的能力、そして音楽の才能はかなり遺伝する。すると、演歌歌手 藤圭子の娘の宇多田ヒカルはサラブレッドか。I have no objectionである。

ああ私はなんと、めんどくせぇ奴なんだろう。歳のせいではない。

漸近的自由

user-pic
0

漸近的自由とは、めくるめき現代物理学の概念ですなわち、クォークなど粒子間に生じる力が、近距離になるにつれ弱くなる性質をいう。これは原子内でのみ起こりえる現象かとおもっていたらさにあらず、なんと日常のマクロな世界でもそのまま成立する。

典型的には夫婦関係であって、近づけば近づくほど喧騒が増加し、そのまま放置すると破局に至る。これはまさに斥力なのである。よって、ある程度距離を離して、互いの引力を増加させる。すると、多くの例外を含みつつ、関係が修復されることもある、といえる。これはまさに漸近的自由である。

自分が大事にしている物にもこれが成立する。例えば、大事にしている記念品や物であるほど遺失しやすい。これは大事にする気持に比例した距離まで物が遠ざかろうとする。だから大事に思えば思うほど、特に酔ったときなど、漸近的自由の相互作用で、どこかに失せてしまう。

友達もそうである。一生の友などと言っていると、あっという間に関係が悪化し、二度と会いたくなくなる。これも漸近的自由である。だから古の賢人は、友とも水の如く淡く付き合いなさいと説いた。

漸近的自由と似て非なる概念に、位相物理学がある。幾何学で述べたように、働く力が粒子の間の距離によらないという位相的超弦理論の分配関数は、シンプレクティック幾何学のグロモフ-ウイッテン不変量になる。そこでは、粒子の間の相互作用は、距離によらない。すなわち、愛し合った恋人同士は、一方が日本で他方がシベリアの荒野にいても、隣の部屋にいるのと同じくらい気持が通じる。まさに歌謡曲の「さらばシベリア鉄道」の世界である。あれは別れの歌か。それなら一方が地球で他方がアンドロメダ大星雲のかなたにいても同じか。是というよりない。もし気持が光速でしか伝わらないなら、さすがに恋愛は成立しない。

それでは、本来の位相物理学に、なぜ漸近的自由が起きるのか。それは自発的対称性の破れによるということだが、位相物理学におけるヒッグス粒子に相当する粒子は、重すぎてではなく、軽すぎて発見されていないのであった。

SPA!に、読み間違えやすい頻出漢字がリストされていたので、メモしてみる。

  • 他人事:○ひとごと、×たにんごと。おっと、私はずっと間違いの方で読んでいた。
  • 約定:○やくじょう、×やくてい。これも知らなかった。
  • 御用達○ごようたし、×ごようたつ。これも今、いままで間違えて読んでいたことを知った。
  • 凡例:○はんれい、×ぼんれい。これは流石に知ってた。
  • 逆鱗:○げきりん、×ぎゃくりん。これも流石に知ってた。
  • 遊説:○ゆうぜい、×ゆうぜつ。これも流石に知ってた。
  • 言質:○げんち、×げんしつ。おっと、これは知らなかった。
  • 乱高下:○らんこうげ、×らんこうか。これもまた知らなかった。
  • 脆弱:○ぜいじゃく、×きじゃく。これは確か、20代の半ば頃までずっと誤読していたような気がする。

あと私は、更迭を、こうてつでなく、こうそうと読んだり、他にもいろいろあるのだが、思い出すと恥ずかしいので、列挙はこれくらいにしておく。

北朝鮮再訪

user-pic
0

北朝鮮の金正日総書記の専属料理人を10年以上務め、日本人では数少ない、北朝鮮のロイヤルファミリとの知遇を有する藤本健二氏が、北朝鮮を再訪するというので、驚いた。以下、産経新聞Webの記事の引用である。

北朝鮮の金正日総書記の専属料理人を10年以上務めた藤本健二さん=仮名=が20日、北朝鮮を再訪するため、成田空港から北京に向け出発した。
藤本さんは成田空港で、出発前の取材に「金正恩大将に招待されたので、断るわけにはいかない。(現地にいる)家族に会いたい」と話した。訪問の目的については明確にしなかった。 テレビ番組などで北朝鮮情勢について、積極的に発言していることには「(北朝鮮を)悪く言ったことはなく、不利にはならない」とも述べた。21日に平壌に入り、帰国は8月上旬の予定。 藤本さんは平成元年(1989年)から13年(2001年)まで、金総書記の料理人を務めた後に帰国。北朝鮮への再訪は初めてという。

なぜ驚いたかというと、金正恩で引用した「北の後継者 キム・ジョンウン」藤本健二著、中公新書ラクレによると、金正日総書記の料理人を担当しているうちに、金正日の側近が次々に粛清される様をみて、自分にも粛清が及ぶかと心配になって、必死の思いで「脱北」し、日本に逃げ帰ってきたからである。

日本に帰国後は、「金正日の料理人」など、北朝鮮の内情を暴露する本を出版した。そのことは決定的に北朝鮮上層部の人たちの神経を逆撫でしたはずであって、藤本氏の北朝鮮再訪など絶対にありえないと私はみていた。

ただ、「北の後継者 キム・ジョンウン」を注意深く読むと分かるのは、藤本氏は、金正恩を幼少の頃から知り、遊び相手になったり面倒をみていたので情が移っているせいか、北朝鮮の内情暴露本にあって、金正恩に対して異様にポジティブな記述に終始している。

今回の北朝鮮再訪が、そんな金正恩に対する思いと、自分は少なくとも金正恩を悪く書いていないという楽観がもたらしたのだとすると、甘すぎるのではないか。なぜなら、金正恩は最早、藤本氏が知る昔の金正恩ではなく、国家元首だからである。子供の頃から知る藤本氏に対して、叔父のような親しみはあるにしても、北朝鮮や中国などさまざまな利害のしがらみで動かざるをえない金正恩は、藤本氏に対して不如意な対応をとらざるをえないこともあろう。

ただ、その不如意な対応が、藤本氏の監禁というかたちになるとも考えにくい。それは冷え切った日朝関係をさらに悪化させるだけだろうからである。それよりもむしろ、金正恩は、藤本氏を最大限歓待し、友好的なメッセージを浴びせて、日本に帰ってから、北朝鮮の広告塔の役割を果たすように仕向けるのだろう。

問題は、日本のマスコミは藤本氏の発する北朝鮮の印象にほとんど配慮しないだろうことである。そういえば、田中宇氏も、北朝鮮を訪問して、開放が進んでいる様子を自らのウェブサイトで述べていた。そのことがほとんど注目された様子はないが、ともかくも、金正恩は、利用できるものはすべて利用して、自らの肯定的なイメージをつくりだすのに懸命のようである。

日米了解案

user-pic
0

第二次世界大戦の五つの戦争の続きとして、「誰が太平洋戦争を始めたのか」別宮暖朗著、ちくま文庫にあった、「日米了解案」なるものを初めて知ったので、自分用のメモとして書き留めておく。

日本を戦争に巻き込んだ原因の一つである、日独伊の三国同盟はもともと、必ずしも陸軍首脳部の支持をうけていた訳ではなく、第二次近衛内閣に陸軍大臣として入閣した東條英機も、三国同盟推進派とは不仲であった。東條はむしろ、三国同盟によって、ヒトラーの戦争に日本が巻き込まれることを恐れた。武藤軍務局長も同意見であった。

近衛もこのような方針に与し、米国政府との知己を頼って、密かに米国との和平交渉を進めた。そして武藤軍務局長が1941年3月20日、部下の岩畔豪雄軍務課長を渡米させた。ワシントンDCでは、岩畔は、近衛のブレーン、井川忠雄と落ち合い、ハルと交渉した。

岩畔は極めて優秀であり、第二次大戦に簡単に勝利する方法は、日英米連合をつくることであると認識した。こうして、ハルとの話し合いで出来た了解案の要約は、次のとおりであった。

  1. 日米は太平洋における二大国と認め、八紘一宇の精神を継承する。
  2. 日本は三国同盟の目的が、第三国の欧州戦争への介入防止と承認する。米国は、欧州戦争に、防御を目的とする以外、不参加を原則とする。
  3. 米国は蒋介石政権に和平勧告する。条件は、非併合、非賠償、日本軍隊の撤兵、門戸解放、汪蒋政権合流、日本移民の自制、満州国承認である。
  4. 太平洋に配備する艦隊の相互自制。
  5. 通商および金融提携。
  6. 南西太平洋方面の資源開発、配分。
  7. 太平洋からのヨーロッパ勢力の領土追加など承認しない。フィリピン独立の相互保障。
  8. 近衛・ルーズベルト会談をハワイで設定。

近衛、東條、及川古志郎がこの日本語訳を得たのは1941年4月18日であり、これで妥協できると喜んだ。ところが4月22日に、松岡外務大臣が帰国して、事態は暗転する。

日米了解案を知って明らかに不満の様子を示した松岡は、御殿場の山荘に病気と称して篭ってしまった。日本の官僚制度では、外務大臣の承認がないと、海外の大使に通信できない。

この間米国は、野村大使経由で、独ソ戦勃発が確実であるので、ともかくもシンガポールを攻撃するな、三国同盟を骨抜きにせよ、と通知してきた。

そこでなんと松岡外相は独断で、日米了解案をドイツに通知するという暴挙に出た。その後独ソ戦勃発を知り、呆然自失となった政府首脳部は、流石に松岡を更迭した。

ところが、1941年7月14日、ドイツ傀儡のヴィシー政権から承認されて日本軍が南部仏印に進駐すると、これに対して米国のルーズベルト大統領は、在米日本財産の凍結、石油禁輸の対抗措置をとった。このことは、日本の対米感情を決定的に悪化させた。

ついに海軍も開戦論に引き込まれ、1941年8月22日、海軍が陸軍に、ハワイ作戦を開示した。9月6日の御前会議も、いろいろ反対論は飛び交うものの、次第に戦争準備に傾く流れを示していた。

ただ近衛は依然として、近衛・ルーズベルト会談に期待していた。しかし、独ソ開戦など状況は刻々変化しており、最早米国首脳との会談など望むべくもない状況になった。打つ手のなくなった近衛は退陣し、後の総理大臣を東條英機が継いだ。こちらに書いたとおりである。

1941年11月28日に「ハル・ノート」が届いた。ドイツ軍の停滞を知り、譲歩姿勢をとる必要を感じない強い調子のものだった。これを受けて翌日、天皇が重臣会議を招聘した。しかし、会議で開戦に賛成したのは阿部信行と林銑十郎だけという絶対的少数であった。それでも戦争へと進んだのは、既に戦争に向け準備が着々と進んでおり、引き返せなかったからである。

努力

user-pic
0

河合隼雄の「こころの処方箋」で、いちばんしっくりきたのは、「ものごとは努力によって解決しない」というステートメントである。

なぜそれがしっくりくるかというと、私の頭の片隅にあったのは、Jimmy Carterの"Did you do your best ?"というメッセージだったからである。そのメッセージの権威を借りて、ずっと私は似非努力主義者できた。

私が似非努力主義者である証拠を1つ挙げよう。私は前にも書いたように、会社の研究所から出てくる、比較的難解の発明の特許明細書を書かなくてはならないとき、さっぱり発明が理解できないと、先ず大型の本屋に行く、あるいは、アマゾンで関連の本を探す。そうして、特許明細書作成に取り掛かる前に、買った本に目を通し、少しでもわかったつもりになるようにしている。それはある意味わかりやすい努力だが、正直言って実質的に何の意味もなさないこともある。それなのにそのような努力を絶やさないのは、とりあえず本を買い、それに目を通すというのは、努力したつもりになるのにうってつけなのである。

すると、Jimmy Carterの"Did you do your best ?"も実は、Did your effort convince you that you did your best ?"ということになる。

これを論理実証主義(logical positivism)をもじって、努力実証主義(effort positivism)と呼ぶことにすると、なんだ、努力実証主義というのは要するに自己満足の儀式なのか、ということになる。

ともかく努力すること、全力を尽くすことは無条件によいことであるというのを強い努力実証主義と呼ぶと、努力すること、全力を尽くすことは、全く効果がないこともあるが、少なくとも害はないという立場を弱い努力実証主義と呼ぶことにする。

多くの日本人は、勤勉であって、少なくとも弱い努力実証主義は支持するのではないだろうか。

しかし、世の中には下手な努力を全く受け付けないように思われること、努力が却って仇になりそうなことなど少なくない。

努力が仇になる場合というのは、どちらの方向に進んだらよいのかさっぱり分からない場合である。典型的には山で道に迷ったときである。どちらに行ったらいいかわからないけどともかく頑張って歩け、というのがうまくいかないことが多いことは自明である。努力しないでそこに留まって助けを請うほうがましという状況はありえる。これをタイプⅠと呼ぶ。

一方、努力が仇になりにくい場合というのは、目的がはっきりしていて、その目的に対する積み重ねになる行為をする場合である。例えば将棋において、一題でも多く詰将棋を解くとか、大学入試で一つでも多く英単語を記憶するなどの行為である。これをタイプⅡと呼ぶ。

人生経験が浅いほど、世の中は基本的にタイプⅡだと思ってしまう。しかし、人生経験を重ねるほど、ほとんど至るところに、地雷のようにタイプⅠが埋まっていると分かる。

タイプⅠの例として、上記山登りで道に迷った場合以外に、夫婦関係、恋人関係、会社の昇進などいろいろある。例えば、夫婦関係が冷え切ったとき、改善する自明な策はなかなかないのが普通である。関係を修復しようとするあらゆる努力が、一層事態を悪化させる。

すると、親鸞の歎異抄も、要するに世の中はタイプⅠが基本だから、タイプⅠで翻弄されればされるほど極楽浄土に行けるとのたまわっているのだろうか。

それでも、理系的青臭さの抜けない私は、タイプⅠの中に法則を見出して、タイプⅡに転換できると楽観してやまない。結局、安易な努力主義に就いてしまうのである。私のようなメンタリティの人達は、特に日本人で珍しくないようである。

ある本を読んでいて、男女というのは結局理解しあえないものだ、というごく当たり前のステートメントがあったので、苦笑してしまった。尤も、私の苦笑は結構複雑であって、その内容を述べてみる。

  1. 先ず、今更そんな数千年前から言われている、当たり前の命題を繰り返してどうする、というのがある。
  2. それから、男女が分かり合えないというけど、では同性なら隅々まで分かり合えるのか、と問うとそれも違うはずである。
  3. 私は気の合わない男性よりも、相対的に気の合う女性の方がまだしも分かりあえるような気がする。
  4. そういう私は実は、分かり合えるということを案外気楽に考えているところがあるようで、例えば、米国出張に言ったら、意気投合したアメリカ人がいた、下手な日本人よりよっぽど気が合うと思ったと平気で言ったり思ったりするが、しかし私はそのとき、深い文化的差異をどれほど認識しているのだろうか。
  5. そういう意味では、男女間でも安易に気が合うと思い込んでしまうことがある。それが結局、女性関係で相対的に疎遠になっている原因なのではあるまいか。

ざっとこういうことを考えたのであった。それでは分かり合えるなんてすべて虚妄なのか、と不可知論に陥りがちなので、無理やり次のような三元モデルをでっちあげてみた。

すなわち、人間を、魂+肉体+文化であらわす。すると、魂、肉体、文化の各々で、相性を感じるということがありえる。例えば、オリンピックで日本人が金メダルを獲得すると、日本人であるレベルで同胞と共感する。また、肉体というのは、典型的には男同士で意気に感じるようなものか。

さて問題は、魂の相性である。私の錯覚かもしれないが、私は世界の多くない人と、国籍、文化、性別の違いに関係なく、魂の相性を感じることがあるような気がする。なんとなく故郷に帰ってきたような気がするのである。

ただ、魂の相性は、一番深いところで感応しているものかもしれないが、あまり長くない時間の後、この世が物質の世界であることを思い出してしまう。すると、折角の魂の相性も、物質の波長で掻き消されてしまう。

それを魂の相性は維持されていて乱されただけだと考えるか、魂の相性は物質世界で根本的に歪められてしまったと考えるか、そういう区別など意味がない、擾乱は擾乱なのだと考えるか、何にしても、男女とは言わずどんな間柄であれ、結局理解しあえないものだ、という不可知論にやはり帰着される。

経済の動向

user-pic
0

たまたま、「超マクロ展望 世界経済の真実」水野和夫・萱野稔人著を読んで、なるほどと思ったので、特に最近の経済の動向のところを私なりにまとめてみる。これは対談であってやや論旨が粗いところもあるが、私のような素人には丁度よいかもしれない。

まず、最初に出てくる指標が、交易条件、すなわちどれだけ効率よく貿易ができているかという指標である。効率よく貿易できているということの典型は、安く輸入して高く輸出することである。新興国や途上国では、東インド会社の時代から1960年代まで、交易条件は下がり続けた。例えば、いかに石油産出国であっても、安く原油を売って、高く加工製品を先進国から買わなくてはならないとすると、経済状態は貧しいままである。

ところが、石油産出国で急速に交易条件が向上したのが、1973年の第一次オイルショックであった。こうして石油産出国で交易条件が向上するということは、その対称で、先進国で交易条件が下がるということを意味する。

例えば、2002年から2007年までの間、日本は長期の景気拡大を経験したが、マスコミが好景気と報道する割には、国民の所得は増加しなかった。それは、交易条件が悪化したことで、原料費が高くつくので、売り上げが伸びても、人件費にまわせなかったせいである。企業はその頃から、人件費抑制のために、派遣社員やパートの比率を増加していった。

先進国、特に米国は、交易条件の悪化に鑑みて、交易条件の制約を受ける実物経済から、金融経済への方向転換を図った。というのは、資産の売買回転率や、株式投資のキャピタルゲインは、交易条件の影響を受けないからである。米国が実物経済から金融経済へと梶を切ったのは、1974年のことだった。そうして2001年には、米国において、金融機関の利益が、全米企業の49%を占めるまでになった。

すなわち、堅実な実物経済が、平面の二次元空間だとすると、米国は、金融というZ軸をそれに加え、三次元空間=金融空間を作り上げた。さらに1995年に国際資本が国境を自由に越えるにようになると、米国は、日本やアジア、欧州、あるいは中東の国などの余った資金を投資として流入させることができるようになった。それが金融空間を肥大化させた。

1995年から、リーマンショックの2008年までの間に、世界の金融空間で生み出された資産は、100兆ドル、すなわち約1京円にも達する。この金融空間には当然に日本や欧州の金融機関も貢献しているのだが、欧州の金融機関のほうが日本の金融機関よりもレバレッジが大きかったので、リーマンショックの痛手も大きかった。

交易条件の悪化に対して米国が採った別の策は、資源そのものを金融商品化することである。典型的には石油の金融商品化である。典型的には、米国が1983年に設立したWTI(ウェスト・テキサス・インターメディエイト)原油先物市場である。こういうやりかたで、石油の具体的な取り扱い量ではなく取引量で石油価格が支配されるようになった。

このような仕組みにチャレンジしたのが、イラクのサダム・フセインだった。2000年11月にサダム・フセインは、今後石油の売り上げ代金をドルではなく、ユーロで受け取ると宣言して国連で承認された。これは石油の国際取引がドルであるという原則に真っ向から反するものであり、まさに米国の神経を逆撫でした。なぜなら放置すると欧州や、リビアなどの反米の国がこぞってイラクに倣うからである。そして米国は、ユーロの基軸通貨化を阻止するために、あまりにも無理難題のいいがかりでイラク戦争を始めてしまった。

このような背景に鑑みるとき、9.11自作自演説を簡単に嗤うこは難しい。それはイラク戦争を正当化する意図をもつがゆえに、あまりにも時宜にかないすぎているのである。

羽生の方針

user-pic
0

棋友から、新聞に掲載されてた羽生の談話に関する感想のメールをもらった。なるほどと思ったので、文責私で要約させていただくと、次のとおりである。

  1. 羽生には棋士の目標なんて特にない。
  2. 森内や渡辺は、羽生が目標なのでターゲットとして研究すると、直接の羽生の対戦ではかなり勝ち越したりする。
  3. 羽生の頭にあるのは、実は将棋の神様である。
  4. よって、羽生は半端なく将棋のスケールが大きいということになるが、勝敗の行方はスケールの大きさとはまた別のところにある。

そういえば羽生は先日の棋聖戦で挑戦者の中村太地六段を下し、将棋タイトル獲得81期の新記録をうちたてた。棋士の目標なんて特にないのに、ただひたすら将棋を指していたら、はっと気づくと大山の記録を破っていたというのだとしたら、すごすぎる。日本経済新聞のWebには以下のような記事がある。

羽生二冠は終局後の記者会見で「一つの大変な記録を達成できたという充実感がある。ただ、大山先生に追いついたという実感はない。偉大な大先輩であることに変わりはない。少しでも近づけるように向上できたらいいなと思う」と感想を述べた。

実際、一将棋ファンとしても、羽生が大山を超えたという気はしない。なぜなら、あまりにも勝負に対する態度が違いすぎるからである。というのは、大山は勝負の鬼であった。勝つためには、道義的な範囲ぎりぎりで番外戦術も辞さない。戦う前に相手のやる気を挫くのである。中原が大山に強かったのは、中原が異様に鈍感な性格で、大山の番外戦術に反応しなかったからだ、という有名な説がある。

さて、大山が勝負の鬼だとすると、将棋の鬼は升田だった。新手一生のスローガンを掲げ、升田式石田流など多くの画期的な戦法を打ち出した。

羽生はというと、相手が誰か関知せず将棋だけにフォーカスするという意味で、やはり勝負の鬼というよりもむしろ、将棋の鬼なのだろう。しかしその表現はあまりにも升田とは異なる。

例えば、羽生新手というのは多分探せばあるだろう。しかし、藤井システムに比較されるような羽生システムなど聞いたことがない。この点、升田と全く質が異なる。むしろ羽生は痛々しいほど最新形を追っている。そして若手と張り合い、最新局面で切磋琢磨している。ある元奨励会員によると、羽生は、記録係をしたその元奨励会員に、感想戦で試すように変化を聞いてきたそうである。升田には到底ありえない。貪欲に将棋を探求する点で羽生はなりふり構わないのである。

戻って、勝負の鬼の大山は、振飛車を多用するも、意図的に毎回戦形を変え、相手に的を絞らせなかった。そして、手将棋に手将棋にもっていった。茫漠とした局面での強さはもしかして羽生も、大山にひけをとらないかもしれない。そしてあえて研究を外す手将棋を多用すると、羽生は森内や渡辺にもっと勝てるかもしれない。しかし、それでは最新の流行形で火花を散らすことにはならず、将棋を極めることではないと羽生は思っているのかもしれない。ますます私のような凡人には理解できないのであった。

そういえば、王座戦で、羽生は渡辺に挑むことになった。自然体で今回の羽生は渡辺に対して結構やれそうな気がする。渡辺が羽生に対して変に自信をもちすぎているように見えるからである。

サイバー戦の続きだが、読売新聞によると、昨年の夏、参院両院のコンピュータがサイバー攻撃を受けた事件で、そのサイバー攻撃によって盗まれた情報の送信先の一つに、中国・南京大学の元大学院生のメールアドレスが指定されていたという。

その元大学院生は、中国人民軍の幹部で、軍の推薦で南京大学に入学し、サイバー攻撃を研究していたという。

昨年の夏、参院両院のコンピュータがサイバー攻撃を受けた事件とは、コンピュータにコンピュータ・ウィルスを送りつけて感染させ、情報を外に送りつけるものだった。計63台のサーバやパソコンが感染し、議員らに付与された約2000件分のIDやパスワードが流出した可能性がでているという。

情報セキュリティ会社が解析したところ、感染端末から盗み取った情報を、通常のメール送信を装って外部に送るタイプであり、そこにあった3つの送信先の1つが、南京大学の科学技術専攻の元大学院生のメールアドレスだったというのであるが、もしそうだったとするなら、あまりにも杜撰なマルウェアではあるまいか。少なくとも、どこか別の国の、ダミーのメールアドレスを設定するはずで、これは中国がやりました、と見せ付ける意図のような気がしてならない。すなわち、真犯人は別の第三国である、と私は推察する。

ただ、中国がサイバー攻撃に力を入れているのは確かで、強軍計画として軍の推薦などで選ばれた技術系幹部を大学院などに送り込んで教育する方針をとっている。上記元大学院生は、中国の国家戦略「プロジェクト863」の補助金を受け、サイバー攻撃について研究していたという。

強軍計画は大学院終了後原隊に復帰するのが原則だが、上記元大学院生は今は山東省済南市の民間企業で働いているという。そこで読売新聞の記者が電話取材し、例のメールアドレスを指摘したところあわてて電話を切ったというので、もしかして、マルウェアに陽に自分のメールアドレスを組み込んでしまったのは、元大学院生がまだナイーブだったから、という可能性もある。

そもそも、人民解放軍でサイバー攻撃を担当するのは総参謀部第3部で、そのうち日本を担当する第4局はまさに済南市にある。そこの済南南軍は、670人の技術者を抱えるという。

ところが残念ながら日本は、サイバー攻撃に対する危機感が弱い。そうやって中国からサイバー攻撃があったことがわかっても、日本政府は抗議さえしない。

一方、2009~2010年からグーグルなど30社がサイバー攻撃された「オーロラ作戦」では、米国のクリントン国務長官ははっきりと中国に抗議し、グーグルは一時中国からの撤退を表明した。そもそも米国は、他国からサイバー攻撃を受けた場合は、攻撃の度合いと被害の深刻さに応じて、ミサイルで敵の拠点を攻撃することも辞さないと宣言しているくらいなので、サイバー攻撃センシティビティは極めて高い。ここは、ある程度米国に倣う必要があると思われる。

半方言

user-pic
0

広島県に生まれ育って、広島弁(正確には、広島県東部の備後弁)の話者だった私が、大学に進学して福岡に住むようになると、そこの博多弁というか福岡弁に圧倒された。関西弁は漫才などで子供の頃からテレビで聞いているので違和感はないが、博多弁を直接聞いたのはそれがはじめてだった。東京からみると、福岡も広島も近隣であるので、方言に有意な差があるとはおもわれないかもしれない。しかし、文化や歴史の違いは決定的で、相当に方言は違う。全く理解できない局面はあまりないが、日々戸惑いだった。神経性の下痢になり、体重が10キロも減ってしまった原因の1つに方言があったかもしれない。

ただ、語学好きな私は、方言にも興味をもち、聞いた言葉を自分で使ったみたりするうちに、少し博多弁がしゃべれるようになった。福岡に来て1年くらいたつと、少し博多弁を交えて話すようになっていた。一番よく使ったのは、「できない」という意味の「しきらん」である。博多弁で、「そぎゃんこつ、しきらんたい」というと、普通に解釈すると「そんなこと、やりきれない」という意味になりそうであるが、単に「できない」という意味にすぎない。

そうやって少し博多弁がしゃべれるようになると、つい、故郷の高校の同窓会でも、酔ってくると博多弁が混じり、へえ、お前、結構九州弁が板についているではないかと、からかわれた。

ところが福岡で、大学将棋部の何かの飲み会で私が博多弁を使っていると、仲のいい同僚が、ちょっと聞き苦しいので、あまり博多弁を使わないでほしいと、注意した。当然だが、18歳から聞き覚えた博多弁は、やはりネイティブ博多弁スピーカーには多少耳障りだったようである。

そういう時代のことを思い出して、半方言という概念を思いついた。定義は以下のとおりである。

  1. 非ネイティブ・スピーカーには、なんとかネイティブぽく聞こえる。
  2. しかし、ネイティブ・スピーカーには、通じるものの細かいニュアンスで違和感がある。場合によって不愉快感を与える。

私の博多弁は、まさにその半方言なのであった。これは私のスキルといっていいのかしれないが、私は一度覚えた方言あるいは半方言は決して忘れないで、何年たっても全盛期と同じくらいしゃべれる。例えば、私が福山や尾道に帰省して地元の人は話すときは広島弁であるが、ほとんど人は私がずっと地元に住んでいると信じる。結構コテコテの広島弁だからである。博多弁も、今でも学生のときと同じ半方言レベルで今でもしゃべれる。全く話す機会がないのに、である。

ただ、忘れない一番大きな理由は、若いうちにその方言に接したからである。だから子供のときに接した広島弁はネイティブになり、18歳で接した博多弁は半方言になった。

ところが、23歳で接した関西弁は、漫才や吉本新喜劇で子供のころからテレビで見たはずなのに、半方言に達していない。私はしゃべれといわれれば関西弁もしゃべれないこともないが、明らかに博多弁よりもさらに不自然である。それでも関西にいたとき、たどたどしい関西弁でも、ええかげんにしいな、と咎められなかったのは、関西弁が博多弁よりも全国区だからである。するとピジン関西弁もそれなりに許容される。

そして25歳から東京に出てきたが、私の東京弁は全く半方言になっていない。未だに、「だってさぁ」という言い方さえできない。私がしゃべるのは東京弁ではなくて、テレビ番組などで聞き覚えた擬似標準語にすぎない。それでも一見東京弁ぽく聞こえるとしたら、広島弁と東京弁は意外にアクセントが似ているのである。ただ、それだけのことなのであった。

以上から一般的に言えることは、半方言をしゃべれるという意味の半ネイティブの領域になんとか達せるのは、18歳から20歳くらいまでが限度である、ということである。昔、「大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件」というのがあり、その主犯であった井口俊英氏は、高校を出ると米国の大学に進学した。そしてまさに半ネイティブの領域に達して、現地で語学を駆使した。それはおそらく、ネイティブ米国人には少し訛りがあり語法も違和感を与えたかもしれないが、普通の日本人にはネイティブ並みに聞こえたのだろうと思われる。

そして何十ヶ国語もマスターしてしゃべれるという語学の達人はきっと、数少ないネイティブ並み言語と、いくつかの半ネイティブ言語と、半ネイティブ言語にさえも達していないいくつかの言語のセットをもっているのだろう。すると主要なブラッシュアップは、半ネイティブ言語に達していない言語に注げばよい、ということになる。半ネイティブ言語に達すると最早錆びにくいからである。

河合隼雄の「こころの処方箋」を読んでいると、結構啓発的であるが、面白いと思った1つに「文句を言っているうちが華」という内容があった。それはある真面目な社員の話で、ある部署に異動になって一念発起して一生懸命働いていたところ、どうもそこの課長が駄目な人で、その駄目なやり方を部下に押し付けようとする。それで困っている部員もいるので、思い切って会社の上層部に訴えた。すると、会社の上層部は思慮の挙句、その課長を左遷した。それでその人は万々歳なはずなのだが、なぜかひどい抑鬱性のノイローゼになり、入院を要するまでになった。

こういう例はなかなか示唆的であって、人間はある不満があって、それを解消しようとするとき、エネルギーを発揮する。また、会社の上層部に訴えようとすると、それもまたエネルギーを要する。また他人のことをどうこう言おうとすると、少なくとも自分のスキルやモラールをあるレベルに維持しておく必要がある。ということで、不満を感じて、これを解消しようとすることはそんなに悪いことではない。そのために友人や周囲に対して愚痴をもらすのも、まあ人間だから程度問題だが、許されるであろう。

ところが、不満の対象がなくなると、突然目標喪失感にとらわれる。まるで大学入試がすべてで努力してきた学生が合格しても目標がみえず、五月病になるようなものである。

そう考えると、不満を感じるということは、ある程度前向きな精神の発露であり、また、案外にその不満の存在も、流行らない言葉でいうと、人生に意味を与える実存的必須要件のようなものかもしれない。

ただ、不満の対象をありがたく思え、そして、まず小乗的に自分を高めるためだけに努力せよ、というのも少し違う。それが行き過ぎると、見て見ぬふりで述べたような組織のデフレスパイラルを招く。

アンチ見て見ぬふりを促進して、内部告発を強化しすぎるのも、ぎすぎすした組織になってしまう。それこそ、組織のコンプライアンス不況になってしまう。

このあたりのバランスは実に難しくて、河合隼雄氏に問うても、自分で考えなさいというだけであろう。

結局私はまた小乗的価値観に戻る。すなわち、フィトケミカルを産生する野菜や果物のように、自分を守るために仕事のフィトケミカルを作り続けて、それが組織に役にたてばそれでよし、そんな香辛料の効いた辛い社員は要らないと疎外されるもよし、私は組織をrattleさせる、基本真面目社員でいようと思う。それが私の天命である。宮武外骨には到底及ばないにしても、である。

余裕

user-pic
0

よく、余裕をもってことに対処しなければいけないというが、それはおおいに建前であって、寧ろ会社などでは、忙しいんだから、そんなことやっている余裕があるわけないだろ、と突っ張る方が現代的である。

すなわち、余裕がある=仕事をフルに与えられていない=それは有能でないから=なにかのときにリストラの候補になる、と極端にいうと、こういう類推が働く。だからみんな、自分がいかに忙しいか力説するし、そのように振舞う。

一方で、家庭の事情などで時短勤務、育児休暇など、以前よりも認められるようになった。それは、能力があるのに出産や育児で勤務を諦めなくてはならなかったような人たちに勤務の機会を与えられるという意味で、社会的進歩である。

しかし一方で余裕という意味ではどうか。家庭の事情で時短勤務するということは、時間を切り詰めて仕事と家庭に振り分けるのだから、明らかに余裕は減る。

ここまで書いてきたら、君は何がいいたいのかと言われそうである。私がいいたいことは、余裕なく働くのが美徳で、しかも時間を切り詰めて家庭と仕事を両立させようとして、失うものはないのか、ということである。

例えば今私は、特許明細書を書いている。なかなか構想がまとまらなくてイライラしているのだが、実はそうやってイライラして何時間も浪費することは、明細書の質を上げるためにほとんど必須になっている、というのが私の長年の経験から得た実感である。将棋でいえば、いい手がみつからないのに延々と長考しているようなものである。しかし下手な考えの間に次第に構想が成熟してくる。いわゆる「寝かせ」である。

余裕がなかったり時短勤務にして早く帰宅しなくてはならないような状況では、「寝かせ」なんてやっている余裕はない。漬物でいえば、浅漬けのキュウリをかじるようなものだが、それでもそれなりにおいしいし、生きていくのに困らない。

しかし、みんながそんなことをやっていては、組織に麹菌や乳酸菌のような醗酵要素がなくなってしまう。そうすると、他の人が忙しくしているのを尻目に、ぼうっとじっくり考える人が組織には必要となってくる。下手な有用性に流されない人である。

ところが予算が足りなくなり、社会習慣で時短勤務や育児休職、介護休職などが認められるようになってくると、職場はどんどん余裕がなくなってくる。みんな明日のパンのために働くようになってくる。

研究開発だって、浅漬けの漬物のようなのしか、手を染めなくなる。そう考えたとき、教養とは要するに余裕だと今更のような気づいた。決してすぐに、あるいは永遠に役に立たないような、歴史や、文学や、科学、哲学もろもろの知識が、忙しいなかにも余裕を生み出す。荘子のいう無用の用である。

では私は、時短勤務、育児休職、介護休職などに反対なのだろうか。もしそうだとすると、恐るべき反動分子である。しかし反対はできない。なぜなら、私もそのような制度の恩恵を得たことがあるからである。また管理職としても積極的にそういう制度を推進した。で、私が管理職としてやったことは、ある程度自分の時間を犠牲にして、組織の麹菌や乳酸菌になることである。これもまた社内ボランティアだよねと自問するのだが、もちろん回答はない。

「誰が太平洋戦争を始めたのか」別宮暖朗著、ちくま文庫によると、第二次世界大戦は五つの戦争の集合体として解釈されるという。それは以下のとおりである。

  1. 支那事変
  2. ポーランド戦
  3. フランス戦
  4. 独ソ戦
  5. 日米戦

支那事変とは、蒋介石が、ドイツ軍事顧問団長ファルケンハウゼンの策案になる作戦計画を発動させたことにより、1937年8月に勃発したものである。国府中央軍を動員して南京に集結させ、上海租界にあった日本海軍特別陸戦隊を奇襲し、決戦を挑むものであった。これは、陸軍参謀本部にとって寝耳に水であって、石原莞爾は、非拡大を主張した。蒋介石の行為は実質的な宣戦布告であったが、日本軍はそうは認識せず、泥沼化の一因となった。

ポーランド戦とは、ドイツがポーランドに攻め込んだ戦争である。1939年9月、ヒットラーはドイツ参謀本部の用意した戦争計画である「白色の件(Fall Weiss)」を発動し、ポーランドの準備が整う前にワルシャワを集束点とする包囲網を完成させ、ポーランド軍を殲滅した。それに呼応してソ連軍がポーランドに侵略すると、ポーランドは降伏した。なぜ呼応してソ連軍が侵略したかというと、1939年8月のモロトフ=リッペントロップ協定で、ポーランドをドイツとソ連で分割するという密約ができていたからである。

フランス戦とは、ドイツがフランスに攻め込んだ戦争である。ヒットラーは、自身の案になる戦争計画である「黄色の件(Fall Gelb)」を発動し、1940年5月、機甲師団を先頭にフランスのセダンを突破し、オランダとベルギーにも侵攻した。これに英仏軍が戦闘に当たったが、英仏軍がドイツ軍に兵力で劣ることは明白であった。機甲師団を駆使した戦闘はまさにドイツの発明なのであって、これは電撃戦(Britz Krieg)と呼ばれた。1940年6月18日にフランスは全面降伏し、イギリスは風前の灯火となった。しかしなぜかヒットラーは、イギリスに侵攻して軍事的に制圧する道を採らなかった。

独ソ戦とは、1941年6月22日、ヒットラーのバルバロッサ作戦(Unternehmen Barbarossa)によりドイツ軍が三線をもってソ連に侵攻したものである。完全な奇襲であったために、国境付近のソ連軍は壊滅した。ドイツ軍は順調に南ウクライナにも進軍し、1941年11月にはクレムリンを遠望できる地点まで達した。ところがヒットラーはこの時点でバルバロッサ作戦の失敗を悟った。クレムリンには1941年9月までに到達するのが当初の計画だったからである。なお、スターリンがなぜドイツの奇襲を看過したかは謎であるが、単なる油断であるという説が有力である。ともかく、このような戦争に、イギリスのチャーチルは狂喜した。あまりにも思惑通りだからである。しかし一方でヒットラーの思惑は、ソ連など簡単に降伏することができ、するとイギリスは自ずと和平を請ってくると甘読みするものであった。

日米戦とは、1941年12月に、帝国海軍がハワイ真珠湾を艦載機により空爆したことで勃発した太平洋戦争である。日本政府は開戦詔書で、大東亜共栄圏を標榜し、自存・自衛を唱えた。要するに、ハル・ノートに述べられているような経済制裁に反応したものであった。日本軍の意図は、手を拱いていては、資源が豊富で国力もある米国がどんどん軍備を増強するので、いよいよ歯が立たなくなる。そこで奇襲攻撃で先制し、少なくともハワイに駐在の米国海軍を叩いておき、戦局を有利にしておいて、米国と講和できるのではないか、というこれも勝手読みである。

その前に日本が独伊と三国同盟を結んだのも、飛ぶ鳥を落とす勢いのドイツとの同盟が米国の戦意を喪失させるのではないかという楽観であった。ところが、1941年12月の時点で日本が実質的に戦争していたのは中国のみであったのに、真珠湾攻撃によって新たに米英を敵に回すことになったのだから、真珠湾攻撃は大悪手であった。

そして、独ソ戦がチャーチルを喜ばせた以上に、真珠湾攻撃はスターリンを欣喜躍雀させた。なぜなら、懸案であった日本のソ連侵攻が緩和されたからである。ドイツに喉元まで迫られていたソ連に結果的に塩を送ることにもなった。

なお、この本にある「第二次世界大戦の五つの戦争」という列挙は、第二次世界大戦がこの五つの戦争の要素で尽きているとは決して言っていないと思われる。例えば、連合軍のノルマンディー上陸作戦がこの5つのうちのどれかの戦争を継承しているとは直ちにはいえない。

ただ、この5つの戦争が第二次世界大戦の基底をなす戦争群であるとはいえると思われる。そして、ローカルからグローバルへの転換とその後のカタストロフをもたらしたという点で、日米戦が最大のインパクトであった、とはいえるだろう。もちろん、バルバロッサ作戦の欧州戦に対する影響も本質的であったが。

昔の諺に、「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」というのがあって、要するに「朝に人としての大切な道を聞いて悟ることができれば、その晩に死んでも心残りはない」という意味らしいが、最近とみに思うのは、これをもじった、「朝に満足がいく仕事ができれば、夕べにリストラされるも可なり」である。

その意味するところはほとんど自明であるが、蛇足のような解説をしてみる。

まず、「朝に満足がいく仕事ができれば、」のところであるが、会社の業績が傾いてきて、リストラが横行するようになると、組織があたふたして、地に足がつかなくなる。すると、極めて皮相的な業績や評価を社員が求めるようになる。

皮相的な業績とは、内容の伴わない数だけしか貢献しないような仕事であったり、単に上司に追従して高い評価を得るようなことである。なぜ業績が悪化すると皮相的な業績に走るかというと、業績が悪化するとじっくり構えて育成したり、今期よく面倒な仕事にとりくむ余裕がなくなる。そして、最小の効率で最大の実績や評価を得ることが横行する。

上位管理職までがそういう傾向に染まると、上位管理職から出される指示も皮相的なものになり、思慮の浅い社員は考えもなくその指示に従うが、長年地道に努力してきた社員は、今までとあまりにも違う指示にとまどう。そして場合により上位管理職に意見して、そこは組織の力学で押さえ込まれる。

そうやって上位管理職に冷遇され始めると、クールビズでなくても、ちょっと首のあたりが寒くなる。ところが家に帰ると、息子や娘は私立中学や高校に通い、今から更に教育費がかかることが火を見るより明らかである。しかも買ったばかりの戸建のローンはあと20年以上ある。

健気でなんの経済的不安もなく生きている家族をみて決意する。そうだ、今までの古い質実な考えは変えよう、時代の変遷なのだ。そして会社に行くと、上位管理職に面談して、やはりあなたの方針が正しいと理解しました、協力させていただきます、と言いにくいが言ってみると、最初は怪訝であった上位管理職もまんざらでもない様子である。

そうやって数ヶ月、いわれるままに真面目に仕事していると、上位管理職は密かにこの社員をリストラのリストから外した。うん、もともと彼はそこそこ出来るやつだとおもっていた、と別の管理職に話しかける。しかしそうしているうちにも、会社の業績はつるべ落としなのだった。

このような方針は明らかに、「朝に満足がいく仕事ができれば、夕べにリストラされるも可なり」に反する。ここで「朝に満足がいく仕事ができれば、」というのは、おそらく職人的な自己満足にすぎないのかもしれない。しかし、音楽に絶対音感があるなら、仕事にも絶対質感があるはずなのである。絶対職業倫理観と呼んでもよい。

絶対職業倫理観は、尊敬できる上司や先輩、あるいは同僚たちと長年切磋琢磨して働くことで養われる。するとおそらく、少なくとも中堅社員でないと絶対職業倫理観は備わっていないかもしれない。

それでは、絶対職業倫理観があれば、「夕べにリストラされるも可なり」となるかというと否であって、どんな絶対職業倫理観が備わっていても、いや備わっているからこそ、自分は荒地を彷徨うとも、家族を路頭に迷わせるわけにはいかない、というメンタリティに傾く。そして、「夕べにリストラされるは不可なり」となるべく石橋を叩こうとする。こうして絶対職業倫理観から微妙にスキューしてくる。

それでも私が長い旅路の後に「朝に満足がいく仕事ができれば、夕べにリストラされるも可なり」の境地にようやく少し近づいてきたのは、単に定年が近づき、家のローンも終わってしまったからにすぎない。なんか達観した境地になってきたと思い上がっている自分自身にきちんと言い聞かせるために一文書いてみた次第である。

最近、何かの申し込みをすると、「暴力団または反社会的勢力とは関係ありません。」みたいな項目にチェックするようになっている。そこで、「反社会的勢力」夏原武著、洋泉社新書でそのあたりの事情をみてみることにした。

さて、ここでいう反社会的勢力とは、暴力団のことである。で、素朴な疑問であるが、医師や弁護士なら、国家試験に合格することで認定されるが、暴力団の場合、いちいち反社会的勢力認定試験なるものがあるわけではない。また、警察に反社会的勢力認定リストのようなものはあるに違いないのだが、日本にいるすべての暴力団や、その構成員を網羅しているはずがない。すると、町で「○○組」の看板を掲げ、それっぽい言動の人達を抱えた組織は直ちに暴力団ということになってしまうのだろうか。このあたり実に曖昧である。だのに、警察は、反社会的勢力を次のように定義する。

  1. 暴力団
  2. 暴力団員
  3. 暴力団準構成員
  4. 暴力団関係企業
  5. 総会屋等
  6. 社会運動等標榜ゴロ
  7. 特殊知能暴力集団等

ここで若干の定義を補足すると、暴力団準構成員とは、暴力団員以外で暴力団に関係する者であって、暴力団の威力を背景に暴力等不当行為を行なう者である。

暴力団関係企業とは、暴力団員、暴力団準構成員または元暴力団員が実質的に経営する企業であって、資金提供など暴力団の組織の維持に貢献している企業のことである。

社会運動等標榜ゴロとは、社会運動もしくは政治活動を標榜して活動し、不当な利益を求めて暴力的不正行為にうったえる者である。

特殊知能暴力集団等とは、暴力団との関係を背景に、構造的な不正の中核となっている集団である。面白いことにこの定義に「知能」はあらわれてこない。

このような定義を背景として、一般的な暴排条例の趣旨は次のとおりである。

  • 暴力団と交際しない
  • 暴力団を恐れない
  • 暴力団に資金を提供しない
  • 暴力団を利用しない

ここでいう暴力団とは、上記の反社会的勢力のことである。しかし、反社会的勢力の定義が曖昧であるだけでなく、暴排条例に該当するかどうかも曖昧である。これでは刑法でいう罪刑法定主義はどうなるのだろうか。

例えば、暴力団が神社に参拝することも禁止されるし、次のような行為も禁止だという。

  1. 内装業者が事情を知って、暴力団組事務所の内装工事をすること。
  2. ホテルが事情を知って、暴力団の組長襲名パーティーを引き受けると。
  3. 警備会社が事情を知って、暴力団組事務所の警備を引き受けること。

また、暴力団組事務所の近くにあるスーパーが、暴排条例の違反がないかと警察にマークされたことがあるという。

ここまでくると、憲法違反、人権侵害ではないか。そもそも暴排条例というけれども、反社会的勢力と定義される人たち(曖昧であるが)が、社会における反社会的勢力と定義される人たちの補集合の人たち、分かりやすくいうと堅気の人たち(当然にここも曖昧である)に威力妨害のようなことをしなければいいのではないだろうか。その程度だと、報復を恐れて堅気の人たちの泣き寝入りになると警察はいうのだろうか。

おそらく分かりやすい社会的法則として、国家権力は、暴力団なり反社会的勢力をダシにして、罪刑法定主義を骨抜きにして、無際限に国家統制力を拡張したいに違いない。その極限の1つがヒットラーが打ち建てたような全体主義国家である。

そうなるくらいなら、今までのように緩く統制された上体で反社会的勢力と共存するほうがましである。

例えば自分の心を顧みるがいい。食欲、性欲、物欲、名誉欲などをぎりぎりで統制して、そんなものは根絶しないと立派な人間になれないと努力したら、出家はともかくとして、少なくとも普通の世間で生きるのは難しい。国家も心も中庸なのである。

知り合いの人から、あるエグゼクティブが、毎日深夜2時まで働いて、それでいて朝5時に起きて会社に行く、ナポレオン並みのワークホリックだと聞いた。

私は、朝5時に起きること以外全く対抗できない。ただ、それを働きすぎではないか、おかしいのではないかと揶揄することは簡単であるが、あるレベル以上の地位になると、決済あるいは判断しなくてはならないことは山ほどある。ほとんどめくら判のような形式的なケースだとしても、そのメールを開き、"I approved."と返信するだけでも、事案が多いと大変である。

また、ビジネスなのでめくら判で済むケースばかりということはありえない。実際に会議で何時間も議論しなくてはならないこともあるし、電車や飛行機で出かけて、現地の従業員や顧客と会う必要もある。

それでも形式的、あるいは実質的な電子メールは山ほどくるので、駅でも空港でも、パソコンを常に携行し、例えば無線LANが繋がる部屋に電車や飛行機に間に合うぎりぎりの時間まで滞在し、どんどん返信したりする。

こういうワーキング・スタイルを続けていると、ランナーズ・ハイならぬ、ワーキング・ハイになって、常時仕事をしていないと落ち着かなくなる。そして、どんどんメールに返信していくことに快感を覚える。自分がビジネスを動かしているんだという、自己完璧感である。

ただ、そうやってワーキング・ハイになってドーパミンが脳内にほとばしる生活をするのはいいが、あまりそれを続けると、確実に思考の射程が短くなる。判断があやしくなり、哲学的思考が一切できなくなる。

それでもワーキング・ハイを続けていると、心の奥底で、思考の井戸が何本か涸れてしまう。しかし、浅い思考でもビジネスは出来てしまうので、ビジネス環境が大きく変わり、本質的なパラダイムシフトが要求されるまで、そのやり方でエグゼクティブが務まってしまう。そして、リーマンショックのようなパラダイムシフトに応答して、エグゼクティブはバーンアウトしてしまう。

それを防ぐのは、強制的にエグゼクティブを休ませることである。例えばビル・ゲイツは、CEOとして多忙を極めていた間も、ときどき1週間ほど休暇をとり、自家用クルーザーに乗り、本を沢山積んで、日がな読み漁ったという。もちろん、マクナマラのように、ときどき山に登るのもありである。

実は私も管理職時代、なにほどかワーキング・ハイにおちいり、仕事以外考えられない日々が何年もあった。休暇はとれたはずなのに、休暇なんてなくていいと見栄を張った。実際、親族の葬式に出席している間も携帯に部下から、予算金額承認依頼のメールがきて、お坊さんの読経が終って急いで返信したこともある。

そういうアンバランスな日々を何年も送ったせいで、時短勤務とか、育児中心の勤務体系とかいまいちシンパシーを感じられないでいる。そして管理職でなくなった今も、管理職時代のイナーシャのまま、つい頑張って実務をやるので、結果のパフォーマンスは結構高かったりする。

だからどうしてもワーク・ライフ・バランスという言い方にもなじめない。なぜなら、私の理解では、組織にはどうしてもワークホリックで組織を引っ張らなくてはならない一群の人達が必要であり、そうやって身も心もぼろぼろになりながら、挺身して働き、組織の犠牲になる人達でやっと、他の人達のワーク・ライフ・バランスが成立すると信じて疑わない。なぜなら組織には、責任を投げつけるあて先が必要で、そのあて先にいる人は、矢継ぎ早に判断するためどうしてもワークホリックになってしまうのである。

幾何学

user-pic
0

アマゾンの古本で注文した「これからの幾何学」深谷賢治、日本評論社を読んで、なるほどと思ったので、私なりに雑談風にまとめてみる。

まず、聞きなれない言葉として、シンプレクティック幾何学に言及する。これは何かというと、物理学で習う解析力学のハミルトン形式の力学系に関する幾何学である。シンプレクティック幾何学とは、微分形式を変えない変換で方程式が不変になるような幾何学であって、粗くいうと、2次元の図形に対して面積が決まるような幾何学である。

このことは、次のリーマン幾何学の定義をみると少し意味がわかる。すなわち、リーマン幾何学とは、1次元の図形に対して長さが決まるような幾何学である。

さて、シンプレクティック幾何学の創始者をハミルトンだとすると、ハミルトンは1805年に生まれて1865年に亡くなったので、シンプレクティック幾何学はそんなに新しくない。リーマン幾何学の創始者リーマンは、1826年に生まれて1866年に亡くなったので、シンプレクティック幾何学とリーマン幾何学はほぼ同時代に出来たといえる。

しかし、一般相対性理論に応用されたこともあって、シンプレクティック幾何学よりもリーマン幾何学の方が圧倒的に知名度が高い。

他の幾何学としては、代数幾何学と複素幾何学がある。代数幾何学の創始者はデカルトであるとされるので、それが出来たのは17世紀であるといえる。

複素幾何学となると、コーシーの積分定理やガウスの貢献があったのが19世紀前半なので、やはりシンプレクティック幾何学やリーマン幾何学と同時代なのだろうか。

より新しい幾何学として、位相幾何学がある。それはおそらく19世紀末に、ポアンカレによって創設された。ところが位相幾何学の一分野のような名前の微分位相幾何学という分野がある。すなわち、位相幾何学における連続性だけを想定する写像に、微分可能性の条件を追加するのである。それで?ということになりそうであるが、次のようなミルナーの定理がある。

7次元球面には普通と違った微分可能構造が存在する。
このように微分位相幾何学はいままでの位相幾何学と区別されるようになり、いままでの位相幾何学は代数的位相幾何学と呼ばれるようになった。なぜ「代数的」かというと、トポロジーの入門書を眺めたら分かるように、ホモロジー群だの、ホモトピー群だの、位相幾何学で扱う対象の間の写像に群構造があるからである。

ところで力学系の専門家でもあるアーノルドは、研究を通じて大域的シンプレクティック幾何学の重要性に気づいた。しかし、リーマン幾何学や複素幾何学と異なり、シンプレクティック幾何学での問題は手も足も出ないものであった。というのは、リーマン幾何学や複素幾何学でも、その上で定義される多様体をそれ自身に移す有限次元リー群が存在する。しかし、コンパクトなシンプレクティック多様体をそれ自身に移す正準変換全体は無限次元である。よって素直に扱えない。

そこで、ペレリマンの庇護者として紹介したグロモフの出番である。グロモフは次のことを見出した。

シンプレクティック幾何学に、複素幾何学の方法のうち、層の理論、すなわち正則関数の理論を移植することは困難であるが、リーマン面からの正則写像の方はかなりの程度適用できる。

さて、働く力が粒子の間の距離によらないという位相的超弦理論の分配関数は、シンプレクティック幾何学のグロモフ-ウイッテン不変量になる。このことから、シンプレクティック幾何学と超弦理論の関連性が示唆される。

上記した幾何学以外に、深谷氏は、ディジタル幾何学の存在を示唆する。これは計算幾何学のようなものではなく、本質的に曲線が点を結ぶ折れ線のような幾何学である。なんだそれだけかということになるがディジタル幾何学となると、点と点を線でつなぐやりかたがいろいろあってどれが妥当かわからない。それ以外にも、空間の曲がり具合をディジタルでどう表現するのかという疑問もある。結局、どんな数学者も、難しすぎてディジタル幾何学の構築に成功していない。グロタンディークのスキームの理論もある意味、ディジタル幾何学を目指しているという。

ところで、深谷氏はこの本では言及していないが、コンヌによる非可換幾何とはどのようなものなのだろうか。不勉強で全く想像もつかないが、ともかく深谷氏の紹介で、幾何学の多様性と、構築の難しさを垣間見た次第である。ユークリッド以来、幾何学は思えば遠くに来たものである。

リアルライブによると、空から生物が降ってくることを、ファフロッキーズ現象と呼ぶようである。以下、引用しつつコメントする。

2009年頃に話題になった「オタマジャクシが空から振る」現象、これを「ファフロッキーズ現象」と呼ぶ。

既に懐かしいニュースのひとつではあるが割と最近、2012年6月29日には北海道旭川市旭岡の住宅敷地内で、ドジョウのような小魚約80匹が散らばっているのが見つかり、住民は「空から降ってきたに違いない」と語っており「ファフロッキーズ現象」は現在も時々発生しているのだ。

このような事象は、古来より世界中で報告されている。日本においても和漢三才図会に怪雨(あやしのあめ)の記述がある。ファフロッキーズとは、空からの落下物を意味するfalls from the skiesを略した造語である。

魚類が最も多く、1861年2月のシンガポールでは地を埋め尽くす量のナマズが、また、1918年8月のイギリスでは10分間にわたってミイラ化したウナギが降り注いだ。他にも1989年オーストラリアで1000匹のイワシが降り、インドの小村では4.5kgもの大魚が村人を直撃している。魚以外にも野鼠、その地方では見られない鳥、氷漬けの海ガメ、1968年ブラジルでは1kmの広範囲に血と生肉が5分間降り続いた。

空から降ってくる生物は、一番多いのが小魚であるが、4.5kgもの大魚、野鼠、海ガメなどである。それ以外にも、カエル、子供のワニ、虫、鳥、血・肉・髪、植物、金属、お金、氷塊などが報告されている。鳥と氷塊はあまり違和感はない。それを説明する一番有力な説は、竜巻らしい。すなわち、強大な力で周辺の様々な物を巻き上げ、上昇気流に乗れば遠くまで運ばれていく。魚が降ってくることが多いのは、障害物のない海で発生した竜巻は、大型化するからであろう。ただ、2~3日続くファフロッキーズもあり、すると、空のどこに「貯蔵」されるのか、ということにもなる。

しかし、下記の現象は、竜巻説では説明できない。

15世紀イスラエルでは、降ってきたバターのような物を神の恵みと珍重し、祈り求めていた。旧約聖書によると、モーゼに率いられたイスラエル人はこの恵みを「マナ」と呼び、食糧問題を解決している。

ラピュタのような天空の城があったり、宇宙人の仕業であるというのが私の好きなストーリーなのだが、真相は分からない。ただ、天空の城や宇宙人の仕業なら、人間あるいは宇宙人が降ってくることもありそうなもので、それが報告されていないのはなぜだろう。

竜巻説以外に知られているのは、鳥の食べこぼし説と、大量発生説である。鳥の食べこぼしというのは、鳥が口に魚などをくわえて飛んでいるうちに、地上に落とすというものである。大量発生説というのは、落下したところが目撃されていないとして、カエルなど、異様に多数の生物が地上にいたら、空かに落下したと勘違いされる。

ともかくすべてを合理的に説明できる説はないようである。

ヒッグス粒子の存在の続きであるが、読売新聞にヒッグス粒子の存在を検証する方法が記述されていたので、メモしておく。

ヒッグス粒子を生成させるためには、陽子同士を高速で衝突させる。ヒッグス粒子は重いので、十分なエネルギーで衝突させないと観測可能なヒッグス粒子は発生しない。

しかし、素粒子論の標準理論によれば、折角ヒッグス粒子が発生しても、それは、10-21秒で、ボトムクォークやWボソンを含む別の粒子に崩壊する。だから、ヒッグス粒子の存在を検証することは、ヒッグス粒子の崩壊後の粒子の種類とそのエネルギーを検証することである。

観測に適したヒッグス粒子の崩壊後の粒子のペアは5種類あり、標準理論によれば、その各々につき何%で粒子が生じるかが予測される。

ATLASが今回の検証で使ったのは、このうちの2種類であり、その各々が標準理論の予測と一致した、という次第である。

ATLASは、ペアの元となった粒子がヒッグス粒子である確率を、99.99998%であると計算した。一方、CMSは、ペアの元となった粒子がヒッグス粒子である確率を、99.99995%であると計算した。これならもう最終確認済みでいいではないかと思えるのだが、素粒子物理学の慣用では、「発見した」とされる基準は99.99997%となっている。確率を高めるにはより多数の実験をして検証することになる。それで総合的に99.99997%以上になれば、「発見した」ことになる。

懸念があるとすれば次のとおりである。

  1. 観測に適したヒッグス粒子の崩壊後の粒子のペアは5種類あるが、今のところこのうち2種類しか検証されていない。残りの3種類で果たして、標準理論に従う割合の実験データになるのだろうか。
  2. 標準理論そのものはどれほど正しいのだろうか。確かに標準理論は、多くの局面で驚異的ともいうべき成功を収めている。しかし、質量の起源で述べたように、標準理論はニュートリノの質量が、電子よりも6桁以上も小さいことは説明できない。それは標準理論の瑕疵なのだが、どれほどの瑕疵なのか。ヒッグス粒子存在の根拠まで脅かすほどではない、というのが専門家の間のコンセンサスなのだろう。
  3. ヒッグス粒子で述べたように、ヒッグス粒子の質量が150GeV以下であれば、標準理論を拡張して超対称性という大きな対称性をもつようにしたほうが自然であるのだが、果たしてヒッグス粒子の質量はどうも、125GeVあたりらしいと分かった。するといよいよ超対称性の出番である。ただ、超対称性の枠組みの中で、ヒッグス粒子と超対称なフェルミオンである、ヒッグシーノはどうなるのか、そもそもヒッグシーノなど質量が大きすぎるので観測不可能か。
  4. きっとここに述べた議論では、ヒッグス粒子が存在するなどという根拠は弱い、と科学哲学者たちは言うのではないか。でも、超弦理論批判に対する反批判で述べたように、物理学者は科学哲学者が何を言っても、素人がなにをいう、と取り合わないのだろう。

鑑真

user-pic
0

日本史に疎い私としては、鑑真といえば、日本に仏教を布教するために、何度も難破しながら懸命を努力で日本にたどり着いた中国の僧程度の認識しかない。ところが、何かのブログで、「鑑真」東野治之著、岩波新書の紹介をみかけ、そこで鑑真が日本仏教史で本質的な役割を果たしているとあったので、この著書を読んでみることにした。以下、私なりのまとめである。

鑑真は西暦688年の唐の時代に、揚州に生まれた。漢の時代から続く名家だった。唐では道教を推進する派と仏教を推進する派が対立したきたが、当時は仏教派の則天武后が実権を握っていたので、仏教徒にとってはよい時代であった。

鑑真の父は仏教信仰に篤く、揚州の大雲寺の智満禅師から、出世しなくとも授かることのできる菩薩戒を授かった。この影響もあって鑑真は、父に連れられて大雲寺を訪れたとき、仏像をみて大変感動し、出家を決意する。ときに鑑真14歳であった。とりあえず鑑真は、父の師でもある智満禅師に付いて修行した。その後鑑真は、越州の龍興寺に移った。

龍興寺で鑑真は、18歳になったとき、道岸律師から菩薩戒を授かった。鑑真が主として学んだのは、「四分律」をはじめとする、仏教の戒律であった。

それから2年後、鑑真は長安に向かい、そこで弘景という僧から正式な僧としての資格である具足戒を授かった。実は正式な僧になるための具足戒を授けるということは、厳重な儀式であって、最低10人の高僧の立会いを要した。

当然であるが、具足戒を授かることは、正式な僧としての完成ではなく始まりにすぎない。鑑真は特に次の3つの分野について修行した。

  1. 律の分野で、道宣の流れを汲む南山宗。
  2. 法礪の相部宗。特に「四分律疏」など。
  3. 「法華経」信仰に基づく天台宗。

26歳で故郷に帰った鑑真は、「四分律疏」を講義を行ったりした。その後も研鑽を続けた鑑真は、並ぶことのない名僧との評価を受けるようになった。ただ、則天武后が705年に亡くなりその子の中宗が皇帝に帰り咲くと、道教派が息を吹き返し、少しずつ仏教徒は肩身の狭い思いをするようになった。

それは742年のことであった。揚州の大明寺で律を講じていた鑑真のもとに、二人の日本人留学僧、栄叡と普照が訪ねてきた。二人は日本に律師を招くという大命を帯びていたのである。その理由といえば、仏教伝来以来、国策として仏教を振興し、寺院や僧は確実に日本で増加していたものの、なんといっても正式な修行をし、戒を施しえる僧が決定的に不足していたのである。

栄叡と普照の招聘に、鑑真の弟子、祥彦が反対した。日本に渡航するのは極めて危険で、命が助かることは稀である、と。しかし55歳になっていた鑑真は、独自の使命感から、日本への渡航を決意した。

しかしそもそも、鑑真の日本への渡航は、唐政府の正式な許可を得られなかった。よって日本への渡航は必然的に密航となってしまう。処罰の対象である。一方で、栄叡と普照は、日本政府から提供された船を用意している。必要な資金であるが、有名な僧である鑑真に寄進する人はあとを絶たない。それでなんとかなりそうである。

ところが渡航の試みは、相次ぐ失敗に遭う。また、途中で高弟の祥彦を失う。そのような悲劇も、鑑真を変心させなかった。そして、日本から来ていた大伴古麻呂が独断で鑑真を自分の船に乗せ出航した。こうして紆余曲折をへてついに、鑑真は日本にたどり着くことができた。

日本に渡来した鑑真は、朝廷の熱烈な歓迎を受けた。もともと朝廷の意図で招聘したのだから当然であろう。

日本に着いた鑑真は、わざわざ既知の経典を借り出して調べるということもやっている。どうも日本の仏教のレベルを確認する意図だったらしい。

鑑真が日本に来ると、聖武太上天皇、孝謙天皇ら、有力者がこぞって鑑真から受戒を授かった。それに対して日本にもともといた僧たちは面白くない。鑑真が正式の僧で、今までの日本にいた僧は偽者あるいは不完全な僧という扱いのように思われたからである。

しかし鑑真に相対した僧たちは、鑑真の学殖や知見が本物であることを見抜き、次第に鑑真の支持者に変わっていった。

こうして756年、69歳のとき鑑真は、日本の僧の実質的トップの大僧都に任命された。もちろん中国からきた鑑真に反発する人たちは後を絶たなかったが、鑑真は、聖武太上天皇、光明皇后、藤原仲麻呂などの有力者の支持をうけ、地位を保った。

東大寺が完成し、鑑真の一番弟子の法進が東大寺戒壇院の和上に就くと、鑑真は引退の時期を悟った。そこで鑑真の老後の住処として平安城京内に建てられたのが唐招提寺であった。唐招提寺は、鑑真の居所であるだけでなく、後進の僧たちが戒律を学ぶ寺としても位置づけられた。

鑑真没後、折角の鑑真の教えも忘れ去られ、日本の仏教界は次第に退廃することになった。それは、若き最澄の失望にもつながった。中国に留学した最澄は、帰国後天台宗を日本で興すことになるが、日本に天台宗を持ち込んだ鑑真に対する尊敬の念をあらわしている。しかし結局日本で、鑑真が唱えたような正式な具足戒が実施されることはなかった。

宿題

user-pic
0

大学の理学部物理学科に入学したとき、いきなり物理が勉強できるのではなくて、語学だの人文科学だの社会科学だの、さまざまなうっとおしい教科を選択しなくてはならないことを知った。

ただ運良く受験勉強に膨大なリソースを払わないで済んだ私は、大学入学時点で知的好奇心がほとんど疲弊していなかったので、恋をしないという幸福に書いたように、一見つまらないような一般教養科目もそれなにり一生懸命勉強した。必修のドイツ語では、なうての厳しい教授で、沢山落とされると聞いていたので、それこそ受験勉強並みに勉強し、A評価で無事切り抜けた。

さて退屈な教養課程を修了して念願の専門課程に進むと、とても拍子抜けした。というのは、授業が疎らなのである。基本的に授業は午前中だけで午後は空いている。それで仕方ないので午後は図書館で自習したりしていたのだが、どうもペースがつかめないでいた。

そんな緩い授業の構成になぜしているのだろうと疑問におもっていたら、ある教授が説明するところによると、本物理学科は以前は、力学や電磁気学の演習も含め、とても密なカリキュラム(今では、シラバスと呼ぶのかもしれない)を組んでいた。ところがそうやって密な授業で縛ると自主性や自由な発想がなくなる。それで、学生の自主性を重んじる、いまの疎らなカリキュラムにしたのだそうである。

今だって青臭いが、当時は青梅以上に食えたものでなかった私は、「学問の本質はその自由にある」ようなことを想定し、なるほど、では自主的にいろいろ勉強せよということなのだなと、妙に納得した。

その後、何度もこのブログに書いたように、結局は能力不足で学問からドロップアウトしてしまったのだが、今頃になって、もし私が学んだ大学の学科が演習など密な授業を構成して必須科目を増やしていたら、私の人生も少し変わっていたのかもとおもい始めている。

その理由は、今勤務している会社での部門のムードに鑑みてである。会社の一般的な傾向かどうか知らないが、私が勤務する部門は勤務の自由度が非常に高く、ほとんどが自主性に任されている。上司が部下の仕事の進捗をみることもほとんどない。それでも、各人が十分な経験とスキルと責任感に満ち溢れているならなにも問題がない。ただそれは理想論であって、本当にそれで回っているのか。

当該部門も、私が入社した頃は、上司やベテランの社員からみっちり鍛えられた。特許明細書の翻訳や、意見書などを一件仕上げたら、厳しい上司からいろいろ文句をつけられた。中には理不尽なコメントもあって、喧嘩になったこともあった。そしてこんなレビューなんてもうご免だと何度も思った。

ところが、今実務をこなしていて、自己満足ではあれ、まだ若い者には負けないと自負できるのは、入社したあと先輩たちからみっちり鍛えられた仕事だけである。さらに分かったのは、自主性を重んじるといいつつ、結局、管理する側が楽をしているだけなのである。

それは私が入学した大学の学科にも言える。学生の自主性を重んじるといいつつ、教授たちは楽をしたかっただけではないか。

自由な体制というのは、ごく優秀な人達だけの恩恵となる。今の私はごく優秀ではないにしても、最ベテランの一人なので、自由にやらせてもらうのが一番効率がいい。

しかし、優秀な人達の少し下のレベルの人たちにとって、自由な体制は戸惑いと放埓の源となる。大学にあって、せいぜい中堅レベルであった私は、自由な体制で放置されて、結局発散し散逸してしまったのだった。結局なるようにしかならないという一方の理論によれば、大学時代にがちがちの演習で鍛えられても結局今程度だったに違いないというものだが、しかし今の会社の若手の人たちを眺めてみると、ポテンシャルでは私に優るとも劣らないと思われるので、やはりある程度の鍛えは必要であると考える。

このような経験から、やはり鍛えとか、もっと卑近に言うと、宿題や演習はやはり必要であると今更思うようになった。遅い、遅すぎる。

読売新聞の記事に、ヒッグス粒子に関連して素粒子の発見のクロノロジーが記載されていたので、私なりに補足しつつ、まとめてみる。

  • 1897年:J. J. トムソンによる電子と同位体の発見。ところで、J. J. トムソンの時代は、ニュートン力学を駆使すれば森羅万象が解明できると信じられていた最後の時代だった。
  • 1911年:ラザフォードによる原子核の発見。より具体的にはα線とβ線の発見、ラザフォード散乱による原子核の発見がある。
  • 1932年:チャドウイックが中性子を発見した。チャドウイックはラザフォードの弟子だった。
  • 1932年:アンダーソンによる、陽電子の発見。
  • 1935年:湯川 秀樹が、中間子の存在を予言した。
  • 1959年:フレデリック・ライネスとクライド・カワンによるニュートリノの発見。
  • 1960年:南部陽一郎が自発的対称性の破れを提唱した。
  • 1964年:ゲルマンとツヴァイクがクォーク・モデルを提唱した。
  • 1964年:ヒッグスが、ヒッグス粒子の存在を予言した。
  • 1968年:ワインバーグ、サラム、グラショウが、弱い相互作用と電磁相互作用を統一する電弱統一理論を提唱した。
  • 1973年:益川:小林モデル:クォークの世代数の予見。
  • 1983年:カルロ・ルビア、シモン・ファンデルメールによるWボソン、Zボソンの発見。
  • 1995年:トップ・クォークの発見。
  • 2000年:タウ・ニュートリノの発見。
  • 2012年:ヒッグス粒子の発見?

このように、新しい素粒子の発見は結構稀である。

鳥と人間

user-pic
0

人間に一番近い動物といえば、チンパンジーやオランウータンと相場は決まっているが、進化の位階で述べたように、猿よりも犬や猫の方が知能が高いという説もある。

すると、人間に一番近い動物は、猿か、はたまた犬か猫か、ということになりそうであるが、実は人間に一番近い動物は鳥ではないか、というファクタがある。

あれっ、人間は空を飛べたっけと思われるかもしれないが、そういうファクタではない。「教養としての言語学」鈴木孝夫著、岩波新書によると、動物は、「自種に固有な音(声)以外のなにかの音を学習しそれを再現する能力をもつもの」とそうでないものに分類することができ、鳥と人間が前者で、それ以外の動物が後者になるようである。

実は猿、犬、猫、馬などの比較的知能が高い動物は、人間の言葉をある程度理解し、発生に従い行動することができる。犬の躾の「お手」などである。猫もある程度そうである。しかし、どんなに訓練しても、猿、犬、猫、馬が人間の発音を真似て発声することはできない。

その点、鳥、特にインコ、オウム、九官鳥の類は、人間がしゃべっているのかと聞き間違えるほど、人間の発声の物まねがうまい。その他の鳥として、カラス、ムクドリ、ツグミ、カケス、モズ、ヨシキリなど、かなりの種類の鳥が、後天的に音声を学習して発声する能力がある。

実は鳥は、本能で決められた鳴き方をするのではなく、親鳥の声を真似ることで、鳴き方を学習するのだという。

この原理を利用して小鳥屋は、まだ雛のうちに巣から小鳥を連れ出して、師匠格の美声の鳥のそばで、鳴き声を聞かせられる。その際、一日何時間聞かせるかというノウハウもあったようである。この技術とノウハウを駆使して、徳川時代から今に至るまで、鳥を美しく鳴かせる訓練をする家元のような人達がいて、流派まであるという。

このような後天的音声の学習能力が人間と鳥だけ、というのは改めて驚きである。なぜなら、猿だって訓練次第で簡単な歌が歌えてもおかしくないはずである。発音器官の融通性の違いなのだろうか。それは猿の唇や喉が、人間のように発達しなかったからだという。

とはいえ、鳥類が、人間に類似する喉の構造をもっているわけではない。独自の器官により、鳥は鳥なりに、発声を再現するのである。

ただ、人間の母語学習能力と似ていて、鳥が親鳥の鳴き声を真似できるのは、生後の比較的短い期間だけだという。しかし、インコ、オウム、九官鳥の類は、物真似ができなくなる期間が比較的長く、ある程度成長しても、発声を学習できる。このあたりの仕組みはどうなっているのだろうか。あるいは、インコ、オウム、九官鳥の類は、鳥のネオテニーなのだろうか。

少し話題は違うが関連することとして、うちの飼い猫は鳥を見ると、鳥の鳴き声のような擬声を発する。おそらくであるが、猫一般に、そうやって鳥をおびき寄せて狩をしていた時代があるのだろう。この擬声は本能的なものであり学習ではないにしても、もしかして鳥や人間以外の動物でも、発声を学習することがあるのではないかと考えてみさせることなのであった。

読売新聞で囲碁の棋聖戦の観戦記を読んでいて、ん?という記述があった。以下に引用してみる。

三村智保九段のブログで、こんな話が紹介されていた。溝上が三村九段に「知らない詰碁が存在するのでしょうか?」とつぶやいたというのだ。
つまり「世の中の詰碁はすべて知っているつもり」との意味で、これは並の自信では発することのできないセリフである。三村九段も驚きを込めて「すごみがあった」とつづっていた。

ここで「溝上」とは、溝上知親八段のことである。

囲碁であれ将棋であれ、プロ棋士で勉強家と言われる人たちは少なくない。なぜならば、プロ棋士は勝つことで生計が成り立っており、微差で拮抗する実力の中で勝ちぬこうとしたら、定跡(定石)の研究、実戦、そして詰将棋(詰碁)などの努力を地道に重ねるしかない。

そういう勉強していると言われている棋士は、毎日どれくらい勉強しているのですか、とか、すごいですね、と聞かれると大抵、いやあ僕なんかとか、たいしたことないですよ、と適当にはぐらかす。これは実際、一日に8時間勉強しているとしても、当然のことをしていると思っているにすぎない。だから、「ええ、ありえないくらい勉強してますよ。」などという棋士は、冗談でいうのでなければ、ありえない。

その文脈で、上記溝上八段の発言はいよいよ違和感一杯なのだが、それでもその発言の意味を探るとまず、三村九段自身が「ツメ研」なるものを立ち上げて同士を集め、詰碁の研鑽に怠りがない人であるということである。そして、溝上八段と三村九段はごく親しい関係であるに違いないのだろう。だから普段から詰碁に対してひとかたならぬ思い入れと努力を重ねている溝上八段は、その気持ちを理解してくれる三村九段に本音を吐露したのであろう。

それにしても、改めて、「知らない詰碁は存在しない」という命題の意味を考えると、その解釈は次のとおりである。

  1. 古今東西のあらゆる詰碁に目を通し、解いたことがある:これは、日々誰かが新しい詰碁を創作していることに鑑みると、不可能である。
  2. 詰碁に出てくる趣向、手筋のすべてに通暁している:これならありである。沢山詰碁を解いてきたので、どんな詰碁をみても、あああのパターンかとすぐに分かる。ただ、だとしても、組み合わせの妙で、おっ、そんな連携手筋があったのか、と驚くことは誰にもあるのではないだろうか。
  3. さらにである、おそらく詰碁の創作はしないのではないか。なぜなら、「知らない詰碁は存在しない」という言い方は少なくとも、なんとかいままでにない趣向の詰碁を創ってやろという姿勢とは逆である。

こうして、上記溝上八段の発言は、仲良しの三村九段に対して述べた、冗談だと解釈するのが適当であろう。要するに、ありったけの詰碁に対する思いを込めた冗談である。おそらくはこの発言には然るべき文脈があって、その文脈の中では違和感はないのだろう。そして詰碁に情熱を燃やす三村九段は、溝上八段の発言をわざと大げさに捉える、あるいは自分のブログに書くことで、自分を発奮させたのだろう。

無知の知

user-pic
0

昔、ソクラテスの弟子がアポロンの神託で、「ソクラテス以上の賢者はあるか」と問い、「ソクラテス以上の賢者は一人もない」という回答を得た。その理由は要するに、ソクラテスは無知の知、すなわち自分が知らないということを知っている、というものだった。

そんな話を最近知り合いとしていると、知り合いは自分は「無知の無知」、すなわち知らないということも知らないのだという。なるほどとそこで自明に下記のような四分法を思いついた。

  1. 無知の知
  2. 知の無知
  3. 知の知
  4. 無知の無知

無知の知というのは、ソクラテスに関連していろいろ議論されているので、蛇足は避ける。すると、無知の知の対極にあるのがどうも、知の無知らしい。例えば、ちょっと医学を学んで医師の資格があるということで生命の本質が分かっているような気になる。物理学を勉強して、物理の法則で割り切れないものはないといいなす。これはある意味、オルテガがいう大衆の反応でもある。

知の知というのは、自分で書いてみたものの、どういう意味か理解しかねている。これを無知の知と等価で、使用上の注意を知った知だけに限定して生きている、という理解もありえるかもしれない。あるいは、逆に、知の知というのを学の学、すなわち哲学と考えると、いよいよ意味は錯綜する。ヘーゲルのように萬学を束ねようとするのか、それともヴィトゲンシュタインのように言語分析にこだわって、形而上学を骨抜きするのか、全く行方は知れない。

無知の無知はすると、単なる無明なのかというと、ほとんどの健全なる庶民は一応、知らないと知っているか、意識しないで知らないので、無知の無知というのはあまり悪くない状態であるように思われる。少なくとも、無知の無知を無知の知に転化していくうちに人間は次第に賢明になっていくのではないだろうか。

ともかく無知論というのはなかなか豊穣な議論にならない。これは単に私の哲学的素養が貧困なせいだろうか。

仕事の勉強

user-pic
0

私の担当している特許業務というのは、直接お客さんに対するわけではないし、具体的にシステムを構築するわけでもないので、一般論として、営業や研究開発の仕事より楽といっても語弊はないであろう。

それでも、技術や法律の交差点のような仕事なので、勉強すべきことはいくらでもある。特に私が担当している、研究部門から出てきた発明について特許明細書を作成することは、ほとんどの場合新規な分野の発明なので、まず内容を理解することに苦しむ。

理解できない理由が基礎知識の不足であると感じると、アマゾンで適当なキーワードを入れて本を探し、闇雲に注文したり、大型書店を散策して適当な本を見つけたりする。ところが買った入門書が大学学部高学年や大学院レベルだと、それを理解するための入門書をさらに探したりする。

こうして手元に入門書から比較的高度な本まで、たった一つの発明に対して揃うのであるが、いかに積読の好きな私といえども、目の前に理解すべき発明があるのに、ただ本たちを積み上げておくわけにはいかず、大した興味もないのに渋々読み始める。ところが背景知識もないので、どうしても読み進められない。

そこで、読書空間で述べた、読書のゴールデン・タイムを、仕事関係の読書に充てることにした。

すると、私は決して多重人格ではないはずなのだが、「ちょっとまてい!」と別の自分から待ったがかかった。別の自分は、「おい、仕事の本など、自宅での合間か、会社の仕事時間中に読めばいいではないか。このゴールデン・タイムは、お前の教養を高めるためにあるんだぞ。」と主張する。

それに対して自分の管理職的な人格は、「それはわかるが、目の前の発明の理解はどうする。そんな乏しい理解で特許明細書を書こうというのか、いい加減にしろ、発明をなめるんじゃない。」と言い返し、結局別の自分は反論できず、渋々引き下がった。

そこで私の通勤カバンから、趣味の数学や将棋の本が抜き取られ、代わりに、画像処理アルゴリズムとかいう、あまり読む気にならない本が装填された。家人の配慮で、通勤カバンは小ぶりのものに取り替えられたのである。そうしないと、移動図書館のように沢山の本をカバンに詰め込んで、私が出勤する。それが私の体力の過重な負担になってきたというのが家人の主張である。そのため、数冊しかカバンには入らない。

ただ、別の自分は妥協案を出してきた。すなわち、「画像処理アルゴリズムなんて面白くないけど、何か数学使うよね、それから自分の趣味の方に発展されないかね。」そんなの安易にはいかないのだが、まあ言うことがわからないでもないので、そうだね、と答えた。

ただ、フロイト心理学でいうところの、エスとでもいうべき自分の管理職的な人格は、仕事中心を叫ぶあまり、自分の趣味的な興味をここ数年押さえつけすぎてきた。だから、別の自分の叫びは、魂の叫びなのであった。別の自分は、ここ数年仕事中心の勉強で侵略されてきて、長距離通勤でやっと光明を見出したのに、年貢のようにその時間も仕事の勉強に差し出せというのかと反論しているのであった。

老化の原因物質の関連することであるが、ファンケルから送られてくる「元気生活」7月号に、フィトケミカルについての記事があったので、私なりにまとめてみる。

フィトケミカルとは、聞きなれないが、野菜や果物に含まれる体によいと言われる成分のことである。例えば、お茶に含まれるカテキン、トマトに含まれるリコピンなどである。

フィトケミカルとはもともと、植物が紫外線や外敵から自分を守るためにつくりだした成分であるが、これが食品として、それを食べる動物にも健康に貢献するという次第である。

俗に五大栄養素として、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが挙げられる。これだけでも人間は生命を維持できるが、さらに第6の栄養素として食物繊維、また第7の栄養素としてフィトケミカルが挙げられる。

フィトケミカルの主要な機能は、抗酸化作用である。フィトケミカルによる抗酸化成分を含む野菜として、多い順に、ケール、にんにく、ほうれん草、芽キャベツ、アルファルファ、ブロッコリ、ビーツ、赤ピーマン、とうもろこし、たまねぎがある。

フィトケミカルは、ポリフェノール、カロテノイド、硫黄酸化物に類別される。

ポリフェノールは、植物が紫外線による酸化障害や外敵から身を守るためにつくりだす成分であり、以下の種類がある。

  • カテキン:これは、茶葉に含まれる成分であり、抗酸化力が強い。コレステロール低下作用もある。
  • ケルセチン:たまねぎ、赤ワインなどに含まれ、抗酸化、抗炎症、抗菌作用がある。免疫調整作用による抗アレルギー機能もある。
  • リグナン:ゴマに含まれており、高コレステロール血症による動脈硬化を改善する作用がある。
  • レスベラトロール:赤ワインなどに含まれ、老化の原因物質でも述べたように、アンチエイジング作用がある。
  • クルクミン:ウコンに含まれ、肝臓の解毒作用を促す。
  • 大豆イソフラボン:エストロゲンに似た作用をもつ。更年期障害を緩和する。また、骨粗しょう症も防ぐ。

カロテノイドは、暖色系の色素で植物の光合成に必須の成分である。強い抗酸化力があり、以下の種類がある。

  • ルティン:ケールに豊富に含まれている。人体では水晶体や網膜に高濃度で存在する。加齢黄斑変性や白内障に対する予防効果がある。
  • ゼアキサンチン:ルティンの異性体で、ケール、ブロッコリ、グリーンピース、キウイなどに含まれる。
  • リコピン:トマトやスイカ、ピンクグレープフルーツに含まれる赤色色素である。活性酸素を除去する力が強い。
  • β-クリプトキサンチン:温州みかんに豊富に含まれる。がんや糖尿病の発病リスクを低下させる。
  • β-カロテン:にんじんに含まれる。免疫システムのアンバランスを調整する。

硫黄酸化物は、にんらく、ねぎ、ニラや、ブロッコリ、キャベツ、わさびなどが外敵から身を守るために作り出す刺激性の成分であり、以下のものがある。

  • アイリン:たまねぎ、にんらく、ねぎ、ニラ、らっきょうなどに含まれ、これらを傷つけると酵素により、抗血栓作用や抗がん効果をもつアリシンに変わる。疲労回復効果がある。
  • グルコシノレート:ブロッコリ、キャベツ、わさび、カラシナなどのアブラナ科野菜に含まれる。すりおろしたり、噛んだりすると、酵素により、イソチオシアネートに変化する。
  • イソチオシアネート:アブラナ科野菜に含まれる辛味成分の総称。胃のピロリ菌を減少させる効果もある。がん細胞をアポトーシスさせる効果もある。

フィトケミカル補給のため、野菜は一日300g、果物は一日200g摂ることが望ましいとされる。

宮武外骨

user-pic
0

何かの本で、天下の奇人、宮武外骨という人物がいることを知った。名前からして意表をつくが、具体的にはどんな人なのか全く分からず忘れかけていたところ、古書店でたまたま、「宮武外骨」、吉野孝雄著、河出文庫をみつけて読んでみることにした。外骨は生涯で四回結婚したが、吉野孝雄氏は、外骨の最後の妻の姉の息子ということで、外骨の甥に当たる。以下この本に従い、私なりに、宮武外骨の生涯を記述してみる。

宮武外骨は、慶応3年旧暦正月18日に、讃岐国阿野郡羽床村大字小野に、庄屋の宮武吉太郎の四男として生まれた。亀四郎と命名された。外骨は自ら後に改名したものである。

子供のときから勉強が好きだった。それで明治11年の12歳のとき、高松に出て、高松藩の三儒者の一人といわれた三野弥平の経営する高松栄義塾に入り、四書五経を学んだ。

15歳のとき上京、本郷元町にあった進文学舎橘香塾に通い、漢学を学んだ。こうして身につけた漢学の知識と、生来の文才を駆使して、既に漢詩を雑誌に投稿したりした。

17歳で高松に戻った。もともと女好きな性格で、18歳のとき、旧高松藩士族の娘、17歳の西村房子と同棲した。このとき亀四郎を外骨と改名した。結婚しようとしたが妹に反対され、駆け落ちするように二人で上京した。

上京して21歳のとき、頓智協会雑誌を創刊し、生涯に亘る異端ジャーナリストの幕を開けた。

さて23歳のとき事件を引き起こす。明治23年に大日本帝国憲法が発令されると、そのパロディである「頓智研法」を頓智協会雑誌上で発表した。これは例えば、大日本帝国憲法の第一条が「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」とあるのが、頓智研法の第一条では、「大頓智協会ハ讃岐平民ノ外骨之ヲ統治ス」という具合で、要するに大日本帝国憲法を茶化しているのだから、当局がこれを看過するわけがない。治安妨害として頓智協会雑誌は発禁処分を受け、重禁錮三年罰金100円の刑を受けた。

外骨の刑が確定し、石川島へ入獄すると、流石に内縁の妻、西村房子は愛想をつかして故郷の高松に帰り、結婚した。やむをえないだろう。

26歳で出獄すると、緒方八節と知り合い、青山に寓居を構えた。女好きで精力が強い外骨は、女性にもてたようである。

28歳のとき、八節の間に男の子が産まれ、天民と命名された。待望の息子だが、わずか1歳で亡くなってしまう。失意を慰め、また日清戦争後の不景気を凌ぐため、骨董屋を営み始めた。

32歳にしてようやく、緒方八節を入籍した。また、骨董協会雑誌を創刊した。しかし、この雑誌は失敗でほとんど売れず、4000円以上の負債を生じ、返済できないで八節を伴って台湾に逃げた。

台湾では養鶏を営むが、経験も適性もなく失敗した。34歳で日本に戻ると大阪に住み、大阪新報社で新聞広告取りなどの仕事をして再起を図った。

大阪では「滑稽新聞」創刊した。そして公務員のスキャンダルを暴く記事を掲載したり、「詩壇の淫風」と題する風俗記事を載せたりした。そこで検事から風俗壊乱罪で告訴され、罰金刑に処せられたりした。

外骨38歳のとき、日露戦争が起こった。その間、滑稽新聞が売れ、懐が潤ったが、諸人のスキャンダルを暴く記事を書き続けたので、暴力団から脅しを受けたりした。しかしそのような脅しは元より覚悟、外骨は屈しなかった。

外骨39歳のとき、弁護士、日野国明の末娘、三千代を養女にした。

滑稽新聞は何度も秩序壊乱罪、風俗壊乱罪で訴えられ、ついに42歳で廃刊となった。

しかし休むことを知らない外骨は、44歳で浮世絵研究雑誌を創刊した。しかし、春画を含む浮世絵研究雑誌は、当局から風俗壊乱罪で訴えられるところとなった。

明治から大正に変わり、46歳で外骨は、雅俗文庫から、田中祐吉著「男女の性欲研究」を出版した。大正2年に日刊新聞「不二」を創刊した。しかしこれは失敗で、大正3年に放棄した。

大正4年、49歳で東京に移住するも、妻八節のバセドウ氏病が悪化し、妻は45歳で亡くなった。しかし、気を紛らすために「俚諺研究」「猥褻と法律」など次々に出版しとどまるところがない。

大正8年、53歳のとき、吉野作造と知り合いになり、その付き合いは吉野が亡くなるまで続く。外骨は、目だった学歴はないが、その教養と博覧強記は本物で、吉野作造以外にも、南方熊楠などの一流の学者にも尊敬された。

大正11年、養女三千代は、大阪の住吉総本店に勤める石川清と結婚した。それはどうみても幸せな結婚だったはずだが、大正13年、三千代は流産のため死亡してしまう。外骨はあまりにも家族の縁に薄い。

外骨57歳のとき、関東大震災が起こったが、外骨が集めた新聞などの膨大な資料はなんとか焼失を免れた。しかし、これらの貴重な資料は、自分が死んだ後はこのままだと放置されることになるので、いつかどこかに移さないとまずいと思い始めた。

その間、独身で精力のやり場に困っていた外骨は、水商売の女だった小清水マチと暮らし始める。ところが外骨が出かけている間、外骨のところで書生をしていた若者とマチが浮気していることが発覚した。それを外骨が咎めたところ、マチは服毒自殺してしまった。外骨は言い過ぎたと、大層後悔した。外骨62歳のときである。ほどなくして外骨は、39歳の水野和子と結婚した。

外骨は自分の貴重な資料を、知り合いの博報堂の社長に保管してほしいと依頼したが、紆余曲折あって、吉野作造の口利きもあって、東大法学部内に保管されることになった。これは後に、明治新聞雑誌文庫となった。

昭和9年、68歳のとき外骨は、脳溢血で倒れるもなんとか復活した。帝国大学新聞に、「筆禍冤罪期」を投稿した。

その後も活発な執筆活動を続けたが、昭和15年、外骨74歳のとき、妻、和子が、51歳で脳溢血で亡くなった。なんと、一人の妻は内縁だったが生別、三人の妻は死別、実の息子を幼くして亡くし、養女を嫁ぎ先で亡くすというなんとも寂しすぎる人生である。しかしその歳にすぐ、稲田政吉の娘、35歳の能子と結婚した。

昭和19年、戦局悪化により、外骨は南多摩郡和田村に疎開した。果たして、外骨の都内の高円寺の寓居は、東京大空襲により焼失したが、米軍の方針により、東京帝国大学は空襲を受けず、外骨が苦心して集め整理した明治新聞雑誌文庫は見事残った。

戦後は、住むところがないので、とりあえず東大内の明治新聞雑誌文庫に夫婦で寝泊りした。昭和23年には東大法学部調査員の職を任命され、なにほどかの俸給を得た。

昭和24年には、博報堂の瀬木社長が、外骨夫婦のために文京区に家を建てた。昭和26年頃から外骨は足腰が不自由になり、昭和30年、ついに永眠した。89歳だった。

それにしても外骨は、明治、大正、昭和の軍国期と、治安維持の厳しい時代に、言いたいことを言い、書きたいことを書いて、投獄もされながら、よくも89歳の寿命をまっとうしたものである。

また、奇人で、大学を卒業していないとしても、漢学を中心としてその学殖の深さは専門家も賞賛するほどであり、ジャーナリストとしても、筋を通して一流であった。単なる奇人と認識していては大変な誤解に終わることになる。

こうして伝記を読んだので、次は是非とも、入手可能な外骨の著書を読んでみることにする。

ヒッグス粒子の最終確認で予告されていたCERNによる7月4日付けの正式発表だが、限りなく発見に近いがまだあと一歩のようである。時事通信の記事は以下のとおりである。

【ジュネーブ時事】欧州合同原子核研究所(CERN)は4日、二つの国際グループが大型加速器を使って実験した結果、物質の質量の起源となる「ヒッグス粒子」とみられる新粒子を発見したと発表した。新粒子の確率は99.9999%以上で、素粒子物理学の世界で「発見」と呼べる水準にほぼ達した。10月まで実験データを積み重ね、年内にも最終的にヒッグス粒子と断定する見通し。

なんと、「10月まで実験データを積み重ね、年内にも最終的にヒッグス粒子と断定する見通し。」だと、年内のノーベル賞受賞はないではないか。とはいえ、最終的にヒッグス粒子と断定されたなら、一体誰がノーベル賞を受賞するのか。ピーター・ヒッグス英エディンバラ大名誉教授(83)は外せないとして、実験した2つのグループ「アトラス」「CMS」は、構成員、各々約3000人なので、流石に受賞者を絞りきれないだろう。渋々、ピーター・ヒッグス単独受賞なのだろうか。

一方、ナショナル・ジオグラフィックの6月17日付けの記事によると、ヒッグス粒子が5種類あるという説があるという。以下、引用:

今回、アメリカのイリノイ州バタビアにあるフェルミ国立加速器研究所の研究者たちは、複数のヒッグス粒子が存在する新たな証拠をつかんだと主張している。

フェルミ研究所の陽子・反陽子衝突型加速器テバトロンによる「Dゼロ」と呼ぶ実験で最近、陽子と反陽子を衝突させた場合、反物質より物質の粒子ペアが生じる確率の方が高いと判明した。

確率の差は1%未満で、ごくわずかだ。それでも、今回の研究に参加した同研究所の理論物理学者アダム・マーティン氏によると、ヒッグス粒子の種類を1つとする標準模型では説明できないという。「本当にわずかな違いだが、標準模型のルールにとっては非常に大きな差だ。1種類しか認めない標準模型は、Dゼロ実験の結果を説明するには不足だ」とマーティン氏は話す。

一方、ヒッグス粒子が5種類あると仮定すれば、実験結果の説明が成り立つ。この考え方は標準模型の拡張版で、2ヒッグス二重項模型と呼ぶ。「標準模型を拡張する際、新たな粒子や相互作用を導入した。その相互作用は、物質や反物質に異なる形で作用する可能性があり、より有意義な実験結果が得られるかもしれない」とマーティン氏は話す。

この説は、上述のヒッグス粒子発見の報に対して、冷水を浴びせるものではないのだろうか。ざっと見る限りはそうとは思えないが、ノーベル賞委員会はともかくもピーター・ヒッグスに物理学賞をさっさと授与して、決着つけたいと思っているに違いない。なにしろこれは、賞を与える者が受賞者から栄誉を受けるような数少ないチャンスなのだから。

無鑑査

user-pic
0

興味の解像度ジェネレータに書いたように、私はわずかに詰将棋創作のテイストを有していたことがある。ただ、何度か将棋雑誌に投稿したが、壁は厚く、一度も掲載されたことはない。

そういう詰将棋の一番マニアックな雑誌は、詰将棋パラダイスで、よほどの好事家しか読まないが、もう少し一般的で、それなりに登竜門だったのは、近代将棋の詰将棋欄だった。そこに掲載されることは一流詰キストの仲間入りといってよい。

そんな詰キストの中で燦然と輝くのは、近代将棋の詰将棋で、無鑑査とラベルされた人たちである。すなわち、ベテランで実績があるので、余詰の検討を深くしないで、盲信して掲載する。作家の名前はほとんど憶えていないが、例えば、植田尚宏氏とかいた。金田秀信氏もたしかそうだった。

しかしである、無鑑査なんて認めていいのかと、還暦近くなって今更のように私は思う。なぜなら、どんな実績を積もうと、人間のスキルなんて病気などで一瞬に瓦解するからである。

詰将棋以外で、実質無鑑査扱いになるのは次のようなパターンがある。

  1. ノーベル賞、芥川賞、文化勲章など有名な賞をもらう。
  2. 賞の審査する側に回る。
  3. 一流大学で教職を得る。
  4. 会社で、管理職になるなどして、実務ではなくチェックする側に回る。
  5. 長年実務を経験して、ベテランとみなされる。
  6. 一流の人から、褒められる。
  7. 画期的な業績を挙げる。

で、なぜ無鑑査がまずいのか、自明であるが、改めて理由を列挙してみる。

  • 上にも書いたが、人間というのはどうしても病気にもなる、老人ボケにもなる。
  • 画期的な業績を挙げたとしても、有名な賞をもらったとしても、一発芸かもしれない。それはよくある。
  • 一流大学で教職を得たとしても、大学での採用プロセスは結構不透明だったりする。
  • チェックする側だと、実務能力問われないと高をくくって実務力が、どんどん低下していく。
  • 長年実務を経験して、ベテランだとしても、石ころのような業績しかないかもしれない。あるいは、ほとんどがフリーライドだったかもしれない。
  • 一流の人から、褒められたというけど、単なるリップサービスだったかもしれない。
  • だいたいが、一時本物の達人だったとしても、スキルは錆びるし、錆びなくても飽きるし、地位にあぐらをかくと、時代の流れは速いので、あっという間に置いていかれてしまう。

考えてみたら、近代将棋で無鑑査制度があったのは、古きよきスタティックな時代だった。今では時代遅れなのであって、すると、制度そのものに監査が必要になるのであった。そういえば、日本国憲法、不磨の大典でいいのか。

無鑑査の対極にある一つの例が、米国大リーグである。あれほど隆盛を誇った松井も、松阪も、故障や加齢からくる力の衰えにより、クビ一歩手前にあるように思われる。私は何の実力もないのに、それでいいのだ、と思ってしまう。虚勢だろうか。

ヒッグス粒子の確証の続編であるが、朝日新聞によると、いよいよヒッグス粒子探しが最終段階らしい。以下、引用:

万物の質量の起源になったとされる「ヒッグス粒子」探しが大詰めを迎えている。欧州合同原子核研究機関(CERN)は4日、最新の解析結果を発表する。「存在の兆候」をつかんだ昨年12月以降、新たなデータを加え、今回は「発見」に至る可能性がある。

宇宙誕生のビッグバン直後、素粒子は質量を持たず、光速で自由に飛び回っていたとされる。ヒッグス粒子は素粒子に水あめのように作用してブレーキをかけ、質量を「獲得」させたと考えられている。標準理論で予想されながら未発見の最後の粒子で、その発見はノーベル賞級の成果となる。

Not Even Wrongによると、CMSもATLASも、まだ5シグマの精度でヒッグス粒子を同定できていないのでは、という。

5シグマの精度というのは厳しすぎるようだが、Zボソンであれ、その精度で存在証明がなされるのが慣用のようである。

とはいえ、ビッグバンの証拠と言われる3K輻射も、宇宙の加速膨張も、専門家の間でも正しい測定データなのか依然として疑問が残っているようである。そういう意味で、5シグマの精度というのが一つの儀式の条件であるとはいっても、ヒッグス粒子なんかありえないという物理学者の存在を否定するまでには至らないだろう。ここらあたり私には科学というよりも、科学者民主主義のように思えてならない。絶対多数の絶対正義である。

大乗と小乗

user-pic
0

私はなぜか地元の公民館や学校から、将棋関係のボランティアを頼まれる。というのはそういう行事の要望があるとき、私程度の棋力の人も意外に近隣にいないからである。

ただ、自分でもそういうイベントを行なうのはどうも苦手意識があって、あまり盛り上げた記憶がない。だから先日、恒例で地元の中学から依頼があったとき、本当に私のような者でいいんですか、もっと他の適当な人がいれば私なんて外していただいて構いません、と謙虚でなく本音でいった。そう言われても向こうは他にいないので、とりあえず私に依頼することになる。

先日の公民館での打ち合わせのときも、私はその中学からの依頼に言及した。本当に私は駄目なんですよ、とまた謙虚でなく言った。実際公民館の行事でも、私のパートは毎年、少しずつ参加人数が減っている。

しかし、私以外の担当者は全くモードが違う。私以外の担当者は、地域だけでなく市の範囲でも頑張っておられる。実際、主催したり教えたりするノウハウがあり、そういうスキルのない私にはとても羨ましい。

ただ、そうやって一方的に落胆しているわけにもいかないので、自分なりに考えたのは、仏教における大乗と小乗という論理である。

すなわち、仏教における通説では、自分だけを救う小乗は、衆生をも救おうとする大乗よりも劣った教えとされる。私はそれを仏教の解説書で読むたびに違和感を覚える。なぜ自分を救うという難事がそれほど価値が低いのか、と。

それでも私はどうしても、自己研鑽により、自分を高めることに高い優先順位を置きたいと考えてしまう。自己研鑽の結果高められた自分の個性が周囲に与える影響という意味で、周囲に影響を与えられるなら、そういうかたちが望ましいと思う。これはまさに小乗である。

一方、ボランティアに関するミーティングに来ておられる方々は、既に練達のスキルをお持ちで、どうやったら興味をもってもらえるか、どうやったら地域の人たちを巻き込めるかに腐心しておられ、高いプレゼンテーションの能力もおもちである。これは大乗である。

それは単に内向的性格=小乗で、外向的性格=大乗なのだろうか。しかし大抵の仏教書は、上述のように、大乗の小乗に対する優位性を説く。小乗の自己中心性を非難する。これでは勝負ありである。それでも私は、自分の小乗を大乗に転換するすべがわからないで、仕方なく細々と自己研鑽を続ける次第である。そういえば、アルボムッレ・スマナサーラ師は、小乗仏教の高僧なのであった。ここらあたりで手前勝手に救いを見出すとしよう。

核変換

user-pic
0

よく、原発の廃棄物の放射線は、熱を加えるなどの物理的処理や、酸化や、化学薬品の処理ではどうしようもないと言われる。しかし、やり方はあるのであって、それは核変換と呼ばれる。読売新聞の記事に従い纏めてみる。

例えば、放射性セシウムに高エネルギーの陽子をあてると、放射線を出さない安定した原子核に変換することができる。

また、原発の使用済み核燃料のうち95~98%は、再処理により再利用可能なウランやプルトニウムだが、残りの3~5%は、利用できない高レベル放射性廃棄物となる。

高レベル放射性廃棄物には、ウランが分裂して生じたセシウムやヨウ素、ウランが中性子を吸収してできるマイナーアクチノイドという放射性元素が含まれる。マイナーアクチノイドには、半減期が214万年もかかるネプツニウムも含まれる。

マイナーアクチノイドはそのままでは、放射性物質として問題がないレベルになるのに1万年かかる。そこで、原子力機構は、実験炉「常陽」の炉内で、マイナーアクチノイドに中性子をあて、数百年で毒性として問題がないレベルになるようにできることがわかった。

このような核変換は有用なので、原子力機構は、100億円の予算で、大強度陽子加速器(J-PARC)に実験装置に作る計画をたてている。すなわち、鉛とビスマスの合金に陽子を当て、発生した中性子をマイナーアクチノイドに当てる。

青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場では年間800トンの使用済み核燃料を処理して、それから数十トンの高レベル放射性廃棄物が出るので、それが核変換処理の対象となる。

ただ、この核変換処理は、福島第一原発で汚染された土地の除染には使えない。なぜなら、分散した微量のセシウムを集める技術がないのである。また、セシウムの核変換には、マイナーアクチノイドの10倍の密度の中性子が必要である。

核変換はいわゆる錬金術にも使える。水銀のある同位体に中性子を吸収させると金になるが、そのような水銀の同位体は、水銀の0.15%しかない。また、レアメタルを原子炉でつくりだしたりすることも可能だそうだが、何にしてもコストがかかりすぎるという問題はある。

節約

user-pic
0

転勤に書いたように、遠距離通勤するようになって、なぜか以前より節約に留意するようになった。理由は以下のとおりである。

  1. 以前の職住接近のときは、文字通り手弁当をもっていっていた。それは、冷蔵庫の余り物を合理的に昼食に反映させるという思想だったからである。しかし、勤務が遠くなると、その分朝早く家を出るので、弁当をつくる時間的余裕がなくなった。
  2. すると、弁当は、会社に行く途中のコンビニなどで買うことになる。するとどうしても、400円~500円の費用はかかる。これは、おそらく原価200円以内の手弁当に対して実質的な負担である。
  3. お茶とコーヒーは、自宅で用意して、水筒に入れてもってくる。これで約、300円程度を浮かせることができる。
  4. ここまで書くと、アホかと思われるかもしれない。というのは、多分であるが、私は日本のサラリーマンの平均給与より(微妙に)高い収入に恵まれている。そうやって爪に火をともさなくてもいいはずだからである。
  5. それでも節約する1つの理由は、書籍代である。私の知的能力(と呼べるならであるが)にとって、読書は本質的意味がある。前にも言ったかもしれないが、女性のいない国と本がない国のどちらかに行かなくてはならないとしたら、私は3分だけ迷って、女性のいない国に行く。また、知らないことだらけなので、生きている限り、本は買い続けるよりないのである。
  6. 別の理由は、友人と飲み会である。頻度は高くないが、気の合う友人から誘われたら、仕事と健康と親戚の不幸などの理由を除き、なるべく応じたい。そして飲み会となると私は、なるべくその日は都内に泊ることにしている。帰路が酔うと遠すぎるのである。すでに門前仲町あたりに定宿とするビジネスホテルをみつけた。そのホテル代は大したことはないが、一応配慮したい。
  7. さらに別の理由は、定年が迫っていて、すると確実に一定収入を失うかまたは運がよくても、今の半分の年収も無理となる。人間一旦贅沢したら戻れないので、いまから節約の訓練という意味もある。

こんなことを書くと、そうやってまで生きてなにが楽しいと思う人もいるかもしれない。しかし、多分であるが、欲望は小出しにするのが真のエピキュリアンなのである。そして私はヘドニストではない。世の中には加算無限ともいうべき魅力的な女性がいて、そういう人がたまたま私の近傍にいて、少しでも会話できるなら、それは私にとって極上の楽しみである。しかし、それはnice to haveの贅沢なのであって、そういう機会がなくて少し寂しくても、そのような寂しさこそが人生の背景雑音であると平然と構えておけるくらいには人生がわかっているつもりである。一階述語論理によれば、このことは上記の私の命題と矛盾していないはずである。

このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。