2012年8月アーカイブ

ステートレス(stateless)という単語は、辞書でみると、国籍がないとか、コンピュータ用語で、処理状態を把握しないのような意味をもつが、日常会話や文章でまず使われることがない。

多分一番使われるのは、Webサーバの分野で、ステートレスなサーバという言い方である。すなわち、一つ一つの通信において以前の状態を保持しないサーバで、スケーラビリティの点からは有利とされる。

ステートレスの反対は、ステートフルで、一つ一つの通信において以前の状態を保持している。そこでいま、ステートフルな飲み屋に行って注文する場面の例を示す。

  • 店員:いらっしゃいませ。何にしますか。
  • 客:まず、ビールをもらおうか。
  • 店員:どの銘柄にしますか。
  • 客:そうだな、モルツ。あと、刺身をもらおうか。
  • 店員:三点盛りと五点盛りがありますが。
  • 客:三点盛りでいい。
  • 店員:以上でよろしいですか。
  • 客:はい。

別にどうってことない会話だが、これがステートレスな飲み屋だと、次のようになる。

  • 店員:いらっしゃいませ。何にしますか。
  • 客:まず、ビールをもらおうか。
  • 店員:どの銘柄にしますか。
  • 客:そうだな、ビールは、モルツ。あと、刺身をもらおうか。
  • 店員:三点盛りと五点盛りがありますが。
  • 客:刺身は、三点盛りでいい。
  • 店員:以上でよろしいですか。
  • 客:ビールは、モルツ、刺身は、三点盛り。
  • 店員:了解しました。

この程度の会話だと、ステートレスな会話でも異常にストレスがたまるということはない。しかし、もう少し錯綜して嫌になるような事例はいくらでも考え付く。例えば、刺身で、タコを入れますか、ワサビを増やしますか、ウニも追加しますか、など付帯条件が増える場合などである。

要するに、ステートレスでは、前に言ったことの情報がサーバ(店員)に保持されないので、その都度冗長でも全てを言わなくてはならない。逆にいうと、店員は、いちいちメモしておかなくていいので、楽である。

さて世間で、学歴主義や肩書主義の弊害、ということがよく言われる。これは、過去のヒストリに依存するステートフルな社会であるからである。では、ステートレスな社会が平等かというと、平等かもしれないが、ちょっと耐え難い。例えば、大卒の学歴で入社したとしても、毎日、大卒というステータスがリセットされ、その都度卒業証明書を提出させられる。折角仕事で熟練していると認定されても、毎朝実務レベルテストを受けて、ある基準を満たしていることを示さないと、仕事を開始できない。

このように完全にステートレスな社会では、身動きできなくなるが、日々人が移動して素性が知れない人々が行き来するようなところでは、ステートレスな体制をとらざるをえない。

しかし絶対にステートレスであってはならないのは、例えば、刑法の分野である。すなわち、今日殺人を犯しても、今日一日逃げおおせれば、明日になると追求されないというのでは、刑法は成立しない。すなわち、社会の安定のためには、あるレベルのステートフルネスはどうしても必要である。

さて問題は、この世の範囲で、ステートが完結しているかどうかという問いである。すなわち、もしこの世の次に来世というのがあるとしても、この世と来世の間でステートレスネスが成立しているなら、実質的に来世はないとみなしてよいのではあるまいか。すなわち、この世で千人を殺害しても、来世はクリアされて、ステートが残らないなら、この世で何をしてもよいということになる。

そこで来世があるのかどうか、また、この世と来世の間でステートレスネスかどうか、それは神がこの世の事象を処理するために構築したサーバのデザインに依存するのだが、そのデザインも、利用可能なリソースの量に依存する。だから、この世と来世の間でステートレスネスかどうかは神が利用可能なシステム・リソースがどうかということなのだが、スーパーストリングのランドスケープ理論のようなとてつもない数の多次元宇宙がもし存在するなら、神が単一の宇宙のために利用可能なシステム・リソースは結構少ないのではあるまいか。そして、結局、来世があったとしても、ステートレスになってしまうのである。その方がスケーラビリティに優れるので、いいのだと神もちょっと自信なげに仰っていたような気がする。

一番性

user-pic
0

私とは無縁なのだが、どうも一番性という概念があるようである。どういう意味かというと、ある限られた範囲のグループで、自分の関心があることで自分が一番でなくてはならない、という概念である。

例えば、そこそこの規模の都市に生まれ育ち、その都市で一番権威がある、あるいはもっと分かりやすくいうと偏差値が高い学校に進学して、そこで毎回、学年の模試で一位だとすると、一位というポジションを当然と思うだけでなく、一位でなくては意味がないとさえ思うようになる。

それは、模試の総合点でなくてもいい。例えば、白川浩氏のように、国語や英語は苦手でも、数学は圧倒的に強くて、東大に何人も入る高校においても、数学だけはダントツというのでもよい。

そういうレベルの高いところで、ある分野で一位を続けると、一位以外眼中になくなるとしても無理はない。もちろん頭では、広い世間では上には上がいるということは分かっているのだが、感情ではどうしても一位以外認められない。もしかして、常に数学オリンピックで金メダルだったペレリマンもそうだったに違いない。これを私の造語で一番性と呼ぶことにする。

しかし、高い確率で、一番性は敗れる。上には上があるという事実に当然のごとくぶつかるのである。例えば、生まれてから、数学で誰にも負けたことのない少年が、東大理学部数学科に入学する。すると、数学における、計算能力または抽象化能力、あるいはアイデアの豊富さで太刀打ちできない別の少年をみて、愕然とする。自分はクラスで2位になってしまうのである。その場合、どうするか。

  1. ある人は、数学的センスに絶対的自信をもってある一流大学の理学部数学科に入学したら、自分が概念として捉えることのできない数学的対象を、実感として感じることができる別の学生を発見した。いくら努力しても超えられないとおもった。そのある人は、折角教授から、数学者になったら相当のところまでいけると折り紙つけてもらっていたのに、数学科を卒業すると、数学から降りてしまい、勝負のつきにくい英文学に転科し、もともと優秀な人なので、そこで教授になった。
  2. 子供時代から大の優等生だったビル・ゲイツは、ハーバード大の数学科に進学したが、いくら努力しても、ひとりだけすごい奴がいて、どうしても2番だった。そのせいかどうかわからないが、ビル・ゲイツはハーバード大をドロップアウトし、マイクロソフトを創設した。

このように、一番を維持できないと分かったときにとる一番典型的な行動は、別の分野への転出である。あるいは、囲碁や将棋のような趣味で、より一番性を発揮しやすいとするとそちらに移動するのもありだが、プロや天才ひしめく囲碁や将棋で一番性を希求するのはあまりにも非現実である。それならむしろまだ、詰将棋や詰碁のようなマイナーな分野にフォーカスするだろう。

ただ、私のような数楽者からみて、どうしても理解できないのは、別に一番でなくたって、そのもてる数学センスを駆使すれば、私よりもはるかに数学から愉悦を引き出すことが可能なのではないかということである。すると、数学センスがあるのに、私よりも数学が好きではないのだろうか。

ただ、世間には、今野浩氏のように、すごい秀才にぶつかってめげそうになりながらも、逃げないで努力してある分野の権威になる人もいる。世間のほとんどの学者はこうしたタイプで、それ以外の一番性を帯びた天才たちは、ペレリマンやゲーデルのようなごく一部の超天才以外は、他部門に散逸してしまうのだろうか。

もしそうなら、一番性にはなんの実際的功利はないということになる。それは偏執者のような、軽い人格障害なのだろうか。いや、生涯で真の天才や秀才とぶつかることなく底辺を生きてきた私のような凡才に、一番性に悩む人達の苦悩を語る資格はないのかもしれない。よって私はまた、今日も数学の庭いじりをするだけのであった。

山県有朋の晩年に、いくつかスキャンダルがあったことが知られていて、山城屋和助事件がその一つであるが、「山県有朋」伊藤之雄著、文春新書をみても、あまり詳しく伸べられていない。ところが、たまたま古書店で入手した「陸海軍騒動史」松下芳男著、くろしお出版に、その顛末が述べられていていたので、私なりにまとめてみる。

山城屋和助はもともと、野村三千三という名前で、周防国玖珂郡山城郷の漢方医の子に生まれた。父は息子を僧侶にしようとしたが、三千三は寧ろ武芸を好み、高杉晋作の奇兵隊に加わり、戊辰戦争に従軍した。

この奇兵隊の軍監であったのが、山県狂介(有朋)で、これが野村三千三の、山県有朋との関係の始まりである。

野村三千三は、戊辰戦争でも、馬関の対外戦争でも、勇敢に働いたので、山県有朋に評価されるところとなった。そして、戦乱が収まり、明治新政府となると、維新の功労者、特に薩長土肥の功労者は仕官の便宜を得ることで優先された。まさに長州出身である野村三千三も、望めば新政府の文武官の地位を得ることができたであろうに、志を翻して、商人になる決心をした。山県有朋は、内心、三千三が商人になることにあまり賛成ではなかったのだが、決意が固いので、そういうなら商人として便宜を図ろうという黙約を与えた。

もともと卑賤の身である野村三千三にとって、文武官の地位ですら十分に魅力的であるはずなのに、何故に商人を志したかというと、どうも戊辰戦争の際の三井商人の暗躍に心を動かされたらしい。そもそもが明治政府、すなわち官軍は、三井からの融資がなくては、幕府軍と戦う資金など全く工面できなかった。これから三千三は、金の威力をみてとったのだろう。

さて、三千三は、山県有朋の許諾を受けると、木戸孝充のもとに赴いた。木戸は商人となる門出の餞別として、500両を三千三に与えた。三千三はこの資金で横浜に行き、洋銀相場に投資したところ、一挙に1万両の稼ぎを得た。そこで横浜仲道三丁目に店舗を開き、山城屋和助と改名して、貿易商を始めたところ、トントン拍子に発展して、480人の使用人を抱えるまでになった。

このような商売繁盛はもちろん、山城屋和助の才覚もあったろうが、より重要なのは、山県有朋とのコネである。すなわち陸軍の権力者である山県有朋が、兵部省の武器弾薬などの御用達を山城屋に斡旋したのだから、濡れ手に粟の稼ぎになったことは想像に難くない。

一方で、政府は、軍事品の輸入の増大により、正貨が国外に流出するのを憂えて、国産の生糸とお茶の輸出を奨励した。山城屋はこれに乗じるべく、軍需品買い入れの資金として軍から前渡しされた資金を、生糸の輸出に流用した。これは本来軍に対する違約なのだが、陸軍省会計監督の木梨誠一郎も長州出身であったので、和助は便宜を得て黙認された。

しかし、好事魔多しなのであって、生糸相場が乱高下し、和助は一気に負債を抱えた。一旦落ち目になると、弱り目に祟り目で、日頃不満をもっていた人々、山県有朋とのコネを快く思っていなかった人たちが騒ぎ出し、明治4年12月27日、和助は、陸軍省から14万9000円を借りて、パリに逐電した。この期に及んでも、よくそんな借金ができたものである。

パリに着いた和助は、一流ホテルに宿泊し、劇場に遊んで、女優と交遊したり、競馬に入れ込み、さらには金髪美人と婚約したとの噂も流れた。まさに自暴自棄の豪遊である。

この有様は当然に本国に報告されることになり、司法卿江藤新平、陸軍少将桐野利秋など、非長州系の政府要人の知るところとなり、特に血の気の多い桐野は激怒した。江藤は、西郷隆盛に使者を送って桐野を宥めるとともに、陸軍省に赴き、事の真相の究明を始めた。流石に山県有朋は、この騒動を握りつぶすことはできず、山城屋和助に帰国を命じた。

陸軍省は当然に和助に借金の返済を命じたが、この時点で和助の借金額は64万8000円にも達し、それを返済する資金などあろうはずもない。そこで進退窮まった和助は自害の決意をするが、その前に、陸軍省との関係で問題になるような手紙をすべて焼き捨てた。そして明治5年11月29日、陸軍省の詰所の一室で、所持の短剣で腹を切って伏した。辞世の句は、「世の中にその名も高き山城屋 開けし御代の土とこそなれ」というのもので未だ若干37歳だった。

この事件は、薩長対立のご時世の中、薩摩をして山県を追求せしめるに十分なスキャンダルであった。山県はこれを受けて、近衛都督の地位を降りて西郷隆盛に譲るとともに、明治6年には陸軍大輔も辞任した。しかし、なぜか西郷は山県を陸軍卿に推挙した。また、西郷が征韓論の破綻で去ると、山県は、近衛都督に復活した。

しかし、山県は脇が甘く、三谷三九郎事件も引き起こしてしまう。三谷三九郎はもともと江戸の出身であるが、幕末に、長州藩に渡すべき資金を幕府に奪われるという失態を演じ、明治維新になってなんとかこの罪を許してもらうとともに、長州藩とのつながりを深めた。そして、山城屋和助と同様、兵部省の御用達を任され、巨額の前渡金を得る立場となった。

ところが、三谷三九郎の手代が相場の失敗により、陸軍からの前渡金20万円を使い込んでしまうというスキャンダルが起こった。陸軍省はこれをうやむやにしようとし、司法卿江藤新平が追求したが、追求しきれなかった。

ただ、世間の評判は三谷三九郎に冷たく、次第に三谷は落ちぶれ、長屋で1円31銭の家賃の支払いにも苦しむほどになった。三谷三九郎を陥れたのは、三井財閥の陰謀という噂もあったが、真相は不明である。

こういう山県、あるいは長州がらみのスキャンダルは、薩長間の亀裂を深めさせ、後の西南戦争の一因にもなった。

x,y,zを整数として、Nを3以上の整数としたとき、xN + yN = zNが解をもたないというのは、フェルマの大定理で、その証明は、数論の専門家しか理解できないが、結論は多くの人が知っている。

さて、N = 1のときは、x + y = zの不定方程式の解は自明であり、論じるに値しない。では、N = 2のときのx2 + y2 = z2のx,y,zの整数解はというと、一番有名な解は、x = 3, y = 4, z = 5であるが、実はその整数解の組み合わせは無限にあることが4000年も前から知られている。

すなわち、a,bを整数として、x = a2 - b2, y = 2ab, z = a2 + b2とあらわされる。これをみたす(a,b)の組み合わせが無限個あることは分かりやすい。また、これが成立することは、実際に元の式に代入してみれば、簡単に確かめられる。

それでは、mを正の整数として、x2 + my2 = z2だとどうかというと、これも無限の解をもつ。すなわち、x = a2 - mb2, y = 2ab, z = a2 + mb2であって、実際、x2 + my2 = z2に代入してみると、a4 -2ma2b2 + m2b4 + 4ma2b2 = (a2 + mb2)2となって、確かに成立している。

それでは、x2 + y2 = 2z2はどうだろうか。多分、普通の人なら、なあんだというだろう。なぜならこれは、x = y = z = a(任意の整数)という自明な解をもつからである。では、この自明な解以外に、この2次不定方程式は解をもつのだろうか。もしかしてその自明な解以外に解はないのではないかと、パソコンに解かしてみたところ、なんとどうも無数に解はあるようである。例えば、次とおりである。

72 + 12 = 2*52
142 + 22 = 2*102
172 + 72 = 2*132
212 + 32 = 2*152
232 + 72 = 2*172
282 + 42 = 2*202
312 + 172 = 2*252
... ...
9872 + 5732 = 2*8072
9892 + 3012 = 2*7312
9912 + 2632 = 2*7252
9922 + 5442 = 2*8002
... ...

これは、一般的にどう解をあらわすことができるのだろうか。考えあぐねて、x2 + y2 = 3z2に対象を移した。これはどうも解はないのではないかと思い、やはりパソコンに解かせてみると、1 ≦ x ≦ 10000, 1 ≦ y ≦ 10000の範囲で、解はみつからなかった。

そこで、思いついた、私が自分で解けそうもない3つの問題を列挙しておく。

  1. x2 + y2 = 2z2のx = y = z = a(任意の整数)でない非自明な解をすべてもとめる式を与えること。
  2. x2 + y2 = 3z2は、整数解をもたないか。もしそうなら、その証明を与えること。そうでないなら、反例を与えること。
  3. より一般的に、ax2 + by2 = cz2は、正の整数a,b,cがどのような条件をもつとき、整数解をもつのかを示すこと。

私のような数楽者には、フェルマの定理なんて超高嶺の花だが、それよりぐっと扱いやすい2次不定方程式といえども、難問がひしめいているのだった。そもそもプロブレム・ソルバではないのだから、仕方ないのだが。

以前に、プロのメンテを書いて、誰かに感心してもらったような気がするが、錯覚かもしれない。

そこで、プロのメンテよりは緩やかであるが、人生にとってより本質的な、老人のメンテについて考えてみる。

さて、例えばサラリーマンをやっていると、仕事があり、付き合いがあり、いろいろな試練や刺激にさらされるので、特段の修練をしなくても、能力が衰えることは、あまりない。もちろん、ときどき若くして若年性認知症のような人に出会うこともあるが、一応例外と考えることにする。

さて問題は定年後である。仕事がなくなって自宅に引きこもると、急に老いが進んだりする。あるいは、顧問のような形で定年後も勤務するとしても、最早現役のときのような刺激は得られない。

そこで、どうしても老人のメンテということを考えることになる。そこで次の例を考えてみる。私が管理職の時代に、私より年配の部下が二人いた。それをAさんとBさんとする。Aさんはベテランで、Bさんは途中から他部門から私がいる部門に異動してきたので、どうしてもAさんの方が仕事ができる。それでBさんは、なんとかキャッチアップしようしていたが、なかなか追いつかなかった。

そのうち二人とも定年になった。二人とも契約社員として来てもらったが、その時点でもAさんがBさんにまだアドバンテージを有していた。しかし次第にAさんの冴えがなくなり、相対的にBさんの方が評判がよくなった。なぜだろうと考えてみると、Bさんは稀に見る読書家なのであった。会社の制度では、長く勤務すると1ヶ月の休暇がもらえるが、Bさんはその休暇の間に、ギボンの「ローマ帝国滅亡史」やトルストイの「戦争と平和」を読んだというので本格的である。

現役時代は比較的地味であったBさんであるが、定年になって、その読書の厚みが次第に活きてきた。一方、Aさんは体調を崩したこともあって、Bさんより先に引退に追い込まれてしまった。そんなBさんは、まだ働けるのに、私の懇願を振り切って、自ら身を引いた。その時点でも矍鑠としており、余裕の引退であった。

そこで、読書がきわめて有効な老人のメンテの手段であることを知った。私自身本の虫なので、相当な偏見は入っているが、読書は、想像力を刺激するので、頭の能力という意味での老人のメンテの手段に好適のようである。

では読書だけが老人のメンテの手段かというと、そんなことはなくて、例えば家人の趣味の一つに水泳があるが、プールに行くと80歳の老人も普通に泳いでいるという。また、ある日突然プールに来なくなった人がいて、その理由を聞くと、なんでもかなり重い癌の手術らしいという。もう流石にプールに来ることはあるまいと思っていると、数ヶ月たって、再びプールに現れ、大手術をしたとも思えないくらい元気で泳いでいる。どうも人間、水の中だと却って陸上より楽だったりするようである。そこで、水泳というのも、老人のメンテとしてよいのではないかと思った。

さらに、笑点という番組をみていると、定番の大喜利で、司会の桂歌丸は76歳であるが、余裕の芸で一切ボケの様子はない。これから、鍛え上げた芸事も、老人のメンテにとてもよい、ということが分かる。

芸事という意味では、囲碁・将棋などの棋道は、かなりのボケ阻止率を誇る。統計をとったわけではないし、私自身将棋に対する思い入れが深いので、これも当然にバイアスされた意見ではある。

その他、実質的に定年制度がない医師は、日野原重明氏を典型とするように、結構ボケにくいのではないか。ただ一方で医者の不養生というのもなくはない。

ここらあたりで強引にまとめると、老人のメンテとして有効なのは以下のようなものである。

  1. 読書は、一番手軽でそれでいて有効な老人のメンテである。
  2. スポーツも老人のメンテとしてよい。ただ、若い頃から続けていて、あまり無理なくできることがよい。
  3. 囲碁・将棋・落語・ダンス・舞踊などの習い事も老人のメンテとしてよい。それにまつわる多少の人間関係の煩わしさも、刺激になる。
  4. 弁理士、弁護士、医師などの定年がない仕事も老人のメンテとして好適である。ただ、漫然とやっていてはボケるかもしれない。別途、上記の老人のメンテの技法を併用すると有効だろう。

老人のメンテの阻害になるのは、努力しなくても磨耗しない既存の権威、コネなどの寄りかかり、そこで自分の価値を主張することである。なんであれ、努力し続けないと頭はボケる。これは定理であり法則なのである。

数学女子

user-pic
0

数学セミナーを定期購読しているのだが、正直いって、独学でしか大学レベルの数学を勉強していない私には、手に負えない記事が多い。それでも買ったからには勿体無いので、一応パラバラとめくってみるのだが、今月号(2012年9月号)の数学セミナーには、ん?という記事があった。「【対談】『数学女子』の素顔」という記事で、なんだろうと思ってみたら、漫画家の安田まさえ氏と、有名な数学者である飯高茂氏との対談だった。

安田まさえ氏は、漫画家なんだけど、実は鹿児島大学理学部数理情報科学科を卒業しており、そのとき80人の数理情報科学科の定員に対して、女子は四人しかいなかったという。そのときの実体験に基づき、面白おかしく描いてみたのが、竹書房刊の『数学女子』という漫画らしい。

そういえば、と思い出した。私が理学部物理学科に通っているとき、定員60人に対して、女子は一人しかいなかった。その女子はさぞかしやりにくかったと思うのだが、当時はそんなことを思いやることもなかった。ご本人は、割合地味なキャラだったような気もしたし。

実は、教養部では、物理学科と数学科は共通の授業を受けることが多くて、数学科に、数人の女子がいることを発見した。そしてその女子の一人に、淡い恋心を抱いて、人生N回目(Nは、1以上かもしれない適当な自然数)の初恋をしたのも、今ではいい思い出である。

何にしても、普通の大学で物理学科や数学科で女子は圧倒的にマイナーで、改めて『数学女子』を買って読んでみると、数学女子なりの苦労と、若干の楽しさが分かって興味深かった。

『数学女子』の中で、女子の容姿は粒ぞろいなのに、男子はレベル低い、みたいな記述があったが、まずこれにコメントさせて戴くと、実際に鹿児島大学理学部数理情報科学科でそうであったと信じるが、あと、なにしろ、圧倒的女子マイナーだと、いわゆる逆ハーレム状態になって、女子の美貌が増幅されてしまう、ということがある。その増幅度Mを計算するアルゴリズムは、多分、フーリエ変換とルベーグ測度を駆使しなくてはならないので、ちょっと私の手に余る。

それと、『数学女子』の書評をみると、総じてポジティブな感想であったが、少しネガティブだったのは、同じようなネタを使いまわしている、というものであり、それは狭い数学科の世界だからある程度仕方ないのである。それでも私のような数楽者にとっては、楽屋落ちのような数学用語もちりばめられていて、なんとも楽しい。例えば、「おれたち将棋ん族」という、将棋界のネタをちりばめた4コマ漫画があるが、あれなども、将棋ファンではない人にはいまいちピンとこないだろう。

ただ、数学がテーマであることと、女子が主人公なので、『数学女子』は、「おれたち将棋ん族」よりは明らかに読者を獲得しているようである。それでも、私の楽しみ方はある意味、「おれたち将棋ん族」と同型である。

そういえば、数学セミナーで対談した飯高茂氏が、アマゾンの書評でとても好意的なコメントをしているのが興味深い。飯高茂氏はもう70歳くらいになるはずなのに、文章がいい意味でとても若い。流石有名な代数幾何学者である。その業績にはひれ伏すしかないが、せめてその精神的な若さにきあやかりたいものである。

ところで、80人の定員に対して女子が4人という状態では、女子は料理でいえば香辛料的役割になるが、そこでふと思ったのは、お茶ノ水女子大や奈良女子大のような国立大学の理学部で数学女子あるいは物理女子だった人はどうなんだろうと、たまたまそういうところの出身の知り合いがいるので聞いてみると、逆ハーレム状態をむしろ嫌って、女子大に進学したという。すると、増幅度Mを享受しなかったということで勿体無いような気もするが、只で増幅度Mを享受することはできず、それにまつわるコストも少なくないということが、『数学女子』からも窺うことができるので、数学女子あるいは物理女子にとって女子大というのも1つの最適化かも、と思った次第である。まあ、最適化の何を目的関数にするかが問題なのだが、まさかいい彼氏を見つけるために数学科に進学する数学女子もいないわけで、このあたり、平凡な中年数楽者には、いよいよ理解困難なのだった。

多様性

user-pic
0

部益で述べたように、私は上司と対立することになったが、最初からそうだったわけではない。

その上司が日本にきたとき、私は感激した。スピーチがとても歯切れよく、いまいち英語の聞き取りに難がある私にも、とてもクリアにメッセージが伝わった。また、その上司はコンピュータが得意で、プログラミングが好きな私とはウマがあった。私が、自分で作ったツールをいくつか見せると、感激してくれた。

私のプログラミング・スキルは、かなり限定されていて、部門に、私とは別の分野のプログラミング・スキルをもつ部下がいた。それで多様なスキルの人材を活用して成果をあげるのだと伝えたら、確かにそうだと感心してくれた。

そこで、米国本社からたまたま、特許部門のITプロジェクト・リーダーの女性がきたときは、私が日本料理のレストランをセットして、上司とITプロジェクト・リーダーと私で、ディナーをもった。

上司とITプロジェクト・リーダーが話すときは、会話の速さというよりも、いかにもスラングのような語彙についていけなかったりしたが、ともかく将来の部門のIT像を語り合い、とても有意義な時間をもった。

しかし、なかなか事は容易に進まなかった。上司が、トップのマネジメントと話したとき、いまいち会話が噛みあわなかったようである。

それでも、上司は、なかなか気骨のある人なので、ある機会で本社に出張した際に、トップにある提案をした。しかし、それはトップの方針とは全く相容れないもので、どうも強く叱責されたらしい。

その後、少しずつ上司は変化し、私とも会話がスムーズでなくなった。それだけでなく、私が構想を抱いていた業務IT化のプランを全否定し、それでも拘る私を疎外するようになった。また強引なプランを押し付けてくる。折角の私が構想していた部門の多様性も風前の灯になった。私は、言い過ぎかもしれないが、魂売ったな、と心の中でつぶやいた。

で、部益に書いたことにつながるのであるが、特に昨今硬直化した方針に墨守する以外の手がなくなって、私は疲れてきた。部内スキル多様性の夢は捨てたわけではないが、ほとんど枯死状態である。

私が社内英語化にあまり賛成でないのも、スキルの多様性を阻害しえるからである。英語が得意でなくても経理が得意だったり、ITに詳しかったり、その他いろいろな役者がいないと組織は盛り上がらない。英語に限らず、単一のスキルレベルを組織のqualificationの前提にしてはならないのである。

解説的仕事

user-pic
0

解説の続きのようなそうでないような話であるが、会社などで、明らかに解説的仕事とでも呼ぶべき仕事がある。

すなわち、年功や経歴により、あるレベルの権威をまとった人に、他の人が何かを相談するのだが、あまり実質的でない回答をしているのだが、なぜか権威のせいで、それで有難がられて済んでしまう、というケースである。

私が、ネガティブな意味で解説的仕事と呼ぶのは、次のような回答をする仕事である。

  1. 単に、それはいいとか、よくないとか、根拠を示さず回答する。実は根拠は単に、自分の嗜好だったりする。
  2. 不勉強なので、相談を受けたことをあまり知らなかったりするが、適当に生半可な知識で回答する。質問する人が素人ならそれでも済むが、ある程度事情を知った人が尋ねていると、二度と相談しない。
  3. 知らない話題で相談されたので、無理やり自分の知っているテーマに話題を変え、そこで滔々と自説を展開する。相談者が迷惑がっているのも意に介さない。
  4. 質問内容の末葉を捉えて、いちゃもんをつけ、相手を憤慨させるだけでなく、なかなか本題に入らない。
  5. 質問内容を、すばらしいと意味もなく絶賛し、しかし何も実質的アドバイスをしない。

こういう杜撰な回答でもなかなかお払い箱にならないのは、何かにより権威を授けられているからである。すると、こんな杜撰な解説者を責めるよりも、敵は本能寺で、権威を授けている方の機構を責めるべきであろう。

その権威付与機構とは、評判、人気、誰かの紹介、学歴、資格、学位、ある特定の専門、など世間にあまたあり、オリンピックのメダルもそうである。

すると、権威付与機構を脱色するには、ひたすら実質主義にごたわるよりない。すなわち、解説が予想を伴うものだと、その予想に当落の確率をきちんとみる。あるいは、きちんとした識者に解説を評価させる。

私がよい解説者の典型として挙げるのは、野村の監督論に書いた、野村克也である。なにしろ野球の解説で、次のピッチャーの投球まで予想してみせた。同時に解説者をしていた牧野の顔色をなからしめた。それは野村が野球が好きで、ひたすら思考をめぐらしているからである。

野村克也の例にならうと、有意義な解説者であるためには、常に担当のトピックを勉強し、サーベイし、思索を深めていることが必要条件であろう。ただもちろん十分条件ではない。

このように、真に意味がある解説というのは会社でも極めて困難なはずなのであり、大抵の相談役というのは、無駄に禄を食むに違いない。だから私は、もし打診されても解説者にはならない。生涯一実務屋に徹する。おっと私には、解説者たる権威とは無縁なのだった。だから私が解説者を打診されることはありえない。しかも生涯一実務屋と自称しても、仕事がなかったらどうする、ということになるが、それはまた別の問題なのだった。

戦艦武蔵

user-pic
0

戦艦大和については、どう建造され、どう海戦に参加し、どうその悲劇の末路を辿ったか、汗牛充棟で多くの著書がひしめく。しかし、大和の兄弟艦たる武蔵は、なぜか極端に語られることが少ない。そこで、たまたま本屋でみつけた「戦艦武蔵の最後」塚田義明著、光人社NF文庫に従い、私なりにまとめてみる。

塚田義明氏は実際に戦艦武蔵の乗組員であった方で、沈没する艦から、なんとか生還することができた。また、海軍特別少年兵というほとんど知られることのない経歴の方でもある。ここで海軍特別少年兵の制度は、14歳から16歳未満までの少年を対象とした海軍練習兵制度で、1941年7月5日に創設された。帝国大学よりもむしろ、陸軍士官学校や海軍兵学校の方がエリートコースであった当時、今でいう中高一貫でエリートを養成する海軍特別少年兵もまた、出世コースとみなされ、3200人の定員のところ、全国から3万人の精鋭の応募があった。合格すると、横須賀、舞鶴、呉、佐世保のどこかの海兵団に所属し、鍛錬を受ける。

さて、戦艦武蔵の建造は、戦艦大和の建造開始に後れること約4ヶ月、1938年3月29日に長崎の三菱造船所で開始された。徹底した秘密の下に建造されたが、それとなく噂は広がった。大和と武蔵は、乗組員でさえ見分けがつかない全くの同型艦だった。排水量6万4千トン、全長263メートル、最大幅38.9メートル、最大速度27.5ノット、その他主砲3門、副砲12門、高角砲12門を装備していた。これだけの大戦艦なので、完成までに約4年を要した。

大和、そしてそれに相次いで建造された武蔵は、完成すると当然ながら、二艦で連合艦隊の主力の第一戦隊となり、これにより戦艦長門、陸奥が、第二戦隊へと退いた。

しかし、1943年の半ばになると、ガダルカナル島、アッツ島と、主要な要塞を失い、日本軍の戦局の悪化は誰の目にも明らかになった。これを立て直すべく、武蔵の長官室では、山本長官を含む海軍首脳陣が作戦会議を重ねた。

戦艦武蔵に乗った山本長官は、1943年の4月に、トラック島の基地を発進し、ソロモン、ニューギニア方面に向かった。将兵を激励するためである。実際、激励された将兵たちは、敵巡洋艦や駆逐艦などを撃沈するという成果を挙げた。いわゆる、「い」号作戦である。ところがここで日本海軍を悲劇が襲う。それは海軍甲事件であって、なんと山本長官とその側近が乗った飛行機が護衛も空しく迎撃され、ブーゲンビル島のジャングルに墜落し、搭乗員全員が戦死した。戦艦武蔵は、山本長官の遺骨を東京に移送する役割を担った。

そこで海軍は、亡くなった山本長官に代わって、古賀長官の下に体制を立て直すことになった。また、ここで武蔵の艦長も、初代の有村馨大佐から、古村啓蔵大佐に交代した。さて、木更津沖に停泊していた武蔵の上で、不思議が儀式が1943年6月24日に執り行われた。なんと、天皇陛下が武蔵艦上に行幸されたのである。ただ、この行幸は極秘事項で、戦後の1955年8月になるまで公開されることがなかった。

天皇行幸の後、武蔵は、横須賀から呉に向かい、ドックでカキを落としたり、塗装などをほどこされて、1943年7月31日、トラック島に向かった。ここから数ヶ月、トラック島に帰投した武蔵と連合艦隊は、戦争とは思えない例外的な平穏な日々を送った。ここまで武蔵は、戦闘らしい戦闘を一度もしていない。自慢の巨砲が敵に向かって火を吹いたことがなかった。

吉村艦長は1943年11月1日付けで少将に任じられたが、1943年12月6日には、朝倉豊次大佐が、第三代艦長として着任した。

1944年2月、米軍機がトラック島沖に停泊している武蔵以下、空母、巡洋艦、駆逐艦からなる艦隊を発見して本隊に打電した。トラック島は最早、連合艦隊にとって安住の地ではなくなった。そもそも、敵機を迎撃する航空機を日本軍は決定的に欠いていた。我がもの顔で頻繁にやってくる敵機を眺めて、このままトラック島にいては、確実に全滅になるのは時間の問題であると思われた。そこで連合艦隊は、パラオ、シンガポール、あるいは本国へと離れ離れに出航した。武蔵は、護衛の駆逐艦とともに横須賀に向かった。

横須賀で武器弾薬を満載した武蔵は、1944年2月24日、パラオ諸島に向かった。パラオには1944年2月29日に着いた。そこでつかの間の平穏であったが、1944年3月29日、連合艦隊指令本部は、敵の大第機動部隊がニューギニア北部を西進中との情報を掴んだ。すると、パラオが大空襲にあうことも時間の問題となった。そこで古賀長官、福留参謀長ら司令部の要人は、コロール島の陸上司令部に移動した。ここで武蔵は、司令部がおかれた旗艦としての地位を失った。海軍司令部が陸上に置かれることなど日本の海軍史上にないことだった。

パラオ諸島を出航した武蔵は、敵潜水艦の魚雷を受けた。武蔵が初めてうけた攻撃だった。これにより水面下6メートルの防御の薄い箇所が破壊され、戦死7名、負傷9名と、武蔵で初めて犠牲者が出た。しかし、武蔵は、注水装置が働き、すぐに復元した。そこで補修のため、武蔵は呉に向かった。呉に着いたのは1944年4月3日だが、そこで驚くべきニュースを聞いた。パラオ大空襲を逃れてダバオに向かった古賀長官の一行が、暴風雨で遭難したという。いわゆる、海軍乙事件である。

横須賀に入港中の連合艦隊は、豊田副武大将が指令長官に任命され、軽巡「大淀」を旗艦とした。柱島に停泊中の武蔵に出撃命令が下った。1944年5月11日、あ号作戦に参加するために、ボルネオ島の北東セレベス海のタウイタウイ島泊地に向けて出航した。5月16日にタウイタウイ島に着くと、そこには、兄弟艦、大和の姿もあった。大和も、敵潜水艦の魚雷を受け、呉で修理のあと、出撃してきたのだった。

そしていよいよ決戦の時はきた。1944年6月10日、ビアク島奪回作戦が発令されたのである。そこで大和、武蔵、妙高、羽黒などがビアク島に向かっていると、ビアク島奪回作戦を中止して、あ号作戦の決戦を用意せよという命令がきた。ビアク島上陸は、敵の陽動作戦だったのである。

1944年6月13日、大和、武蔵以下の艦隊は、踵を返してマリアナに向かった。そこで、小沢治三郎中将が指揮する第一航空戦隊を含む三つの航空戦隊からなる機動部隊、大和、武蔵を擁する第一戦隊を含む六つの戦隊からなる大部隊が構成された。

そして1944年6月19日、果たして決戦の幕が切って落とされた。ところが、蓋を開けてみると、敵のレーダーに捉えられて、機動部隊のうち、戦闘機、爆撃機、電撃機、偵察機など、艦載機の約400機のうち、なんと280機を失い、機動部隊としては再起不能ともいうべき打撃を受けた。その一方で、水上艦隊は、皮肉にも敵艦隊との接触がなく無傷であった。ただ、今後艦隊は、空を護る傘をもたない無防備のまま戦わざるをえなくなった。

大和、武蔵、長門など主力艦は、1944年6月24日、柱島に停泊した。そして呉に向かい、そこでようやく量産されるようになったレーダーが武蔵など主力艦に装備された。

そうしていると、司令部から、インドシナ半島リンガ島に向かうように出撃命令が下った。柱島を出航したのは、1944年7月9日のことである。リンガ島に着いて、8月15日には、朝倉艦長の代わりに、猪口敏平大佐が艦長に着任した。

こうして来る決戦に備えて猛訓練が行われる間、艦内塗装の剥ぎ取り作業も行われた。戦闘時の火災を防ぐというのが目的だった。

そして1944年10月18日、捷一号作戦、すなわちレイテ作戦発動とともに、大和、武蔵を擁する栗田艦隊はリンガ泊地を出発した。艦隊は一旦ブルネイに集結して給油し、1944年10月22日、出撃した。艦隊は、敵の潜水艦の攻撃をかわすため、Z状に蛇行しながら進んだ。

艦隊の予定の行動は、パラワン島西沿いの南シナ海を一路北上し、ミンドロ海峡からタブラス海峡、シブヤン海からサンベルナルジィノ海峡を抜けて、フィリピン海に入り、サマール島東沿いにレイテ突入することであった。

ところが鬼門は、パラワン島西のパラワン水道で、幅が狭く水深が深いので、潜水艦の待ち伏せに最適の場所だった。果たせるかな、1944年10月23日午前6時半頃、先頭を切っていた旗艦愛宕が、魚雷四本を受け、撃沈してしまった。また、三番艦の摩耶も、やはり魚雷四本を受け、沈没した。

愛宕に乗船していた栗田艦長らは、収容され大和に移った。体制を立て直した艦隊は、1944年10月23日午後11時20分頃、シブヤン海に向かった。

さて、1944年10月24日の未明、武蔵は、大和の右後方を航行していた。そして同日朝8時10分、対空戦闘準備のラッパが武蔵で鳴り響いた。

同日午前10時、武蔵のレーダーは敵機を捉えた。そして午前10時26分、約30機の敵機が来襲した。グラマンF6Fヘルキャット艦上戦闘機、TBFアベンジャー電撃機、カーチスSB2Cヘルダイバー急降下爆撃機である。空襲により多数の死者が出て、また魚雷が上甲板を突き上げて炸裂した。

そこで敵の攻撃は一旦止んだが、同日12時7分、第一波と同じ30機で、第二波の空襲があった。武蔵は、外舷を塗装し直していたので、ひときわ目立った。武蔵は、まるで艦隊における囮であった。電撃機の繰り出す魚雷が三本、左舷に立て続けに命中し、艦体が大きく揺れた。これにより流入した海水により、武蔵は5度傾いた。

機敏な注水作業で武蔵は体制を建て直し、速度23ノットでシブヤン海を航行した。そして、同日13時30分、第三波が80機という大群で来襲してきた。爆撃機から発射される直撃弾で、艦上で多くの戦死者が出た。この攻撃は20分で終わったが、左艦首に魚雷を一発受け、艦首が水面近くまで沈んだ。速度は16ノットに落ち、艦隊行動は不可能になった。

14時25分に、戦闘機・電撃機・爆撃機あわせて25機で、第四波の攻撃がきた。浸水が激しく、速度は12ノットに落ちた。そしてついに舵が利かなくなった。艦として決定的な損傷である。はるか先を航行する大和に打電したところ、駆逐艦を護衛としてコロン湾に回航によと指示がきた。そこで動ける乗組員が総出で、回航の準備にとりかかった。

しかし、回航の準備は許されなかった。15時15分、なんと百機余りで雲霞のごとく、第5波の空襲が来たのである。雷撃機から魚雷が投下されたが、武蔵は最早それをかわすための動きも全くできない。たちまち11発の魚雷を受け、また無数の爆弾を受けた。海水は最早怒涛のように流入している。

第5波の空襲は15分で停止したが、機関に海水が入り、完全に機関が停止した。ここでいよいよ猪口艦長は、総員上甲板へ、の指示を出した。

武蔵は25度、左舷に傾き、最早沈没は時間の問題となった。そして19時15分、退艦用意の命令が下った。1944年10月24日19時35分、武蔵は、轟音とともに左舷に横転して、海中に吸い込まれていった。

海に投げ出されて漂流するうちに力尽きて亡くなる者もいた。沈没から3~4時間経過して、駆逐艦浜風と清霜が救助にきた。

結局、戦艦武蔵の乗組員2959人のうち、戦死者は1039名、海に投げ出されて力尽き、あるいは駆逐艦が探しきれずそのまま行方不明となった者300余名程度を加え、結局、亡くなった者は千三百余名とされた。

武蔵沈没はしかし、海軍内にあってすら絶対の秘密であって、救助された乗組員は、コレヒドール島に隔離された。その後の生存者千六百余名のうち、千人は他の部隊への配属、六百余人は内地送還と決定された。

内地送還組のうちの420人は、輸送船さんとす丸で11月23日に帰国の途に就いたが、バシー海峡で敵潜水艦の攻撃をうけて沈没、420人のうち300人が死亡した。

残った内地帰還組はいつ帰れるかやきもきしていた。そもそも、コレヒドール島は米軍が奪回にくることが見えていたからである。そうして12月6日、マニラから改装空母、隼鷲で塚田義明氏ら帰還組はようやく帰国できることになった。隼鷲は敵の魚雷を一発受けたが、なんとか注水作業でもちなおして、12月10日、佐世保に入港した。

塚田義明氏は帰国後、再び母校の横須賀海軍砲術学校に入校した。そして硫黄島守備隊要員に指名された。訓練に明け暮れたが、硫黄島は1945年3月26日に玉砕し、塚田氏は硫黄島行きを免れた。しかし、武蔵乗組員生存者の千六百余名のうち、輸送船さんとす丸の沈没や、フィリピン戦線への配置などで、結局最後まで生き残ったのは、塚田義明氏を含む百五十余名だけだった。

野球観戦

user-pic
0

約3年前、知り合いからチケットを工面してもらって、升席で相撲観戦できるという幸運に恵まれたが、今回も、個人的に、それと同等以上の幸運に恵まれた。すなわち、東京ドームの巨人対広島のチケットを、別の知り合いから工面してもらったのである。

そういうと、相撲の升席の方が、東京ドームの巨人対広島のチケットよりレア度が高いのではないかといわれるかもしれないが、私は実は子供のとき、熱狂的なプロ野球ファンだった。テレビの野球中継にかじりついて食事をすっぽかし、何度親に叱られたかわからないほどである。

私が小学校の時代は、大鵬・巨人・卵焼きといわれた。相撲はいまいち興味がなかったので、大鵬もそこそこにしか応援しなかったが、なぜか巨人となると、思い入れが特別だった。そう、私は、子供のとき、広島県にいたのに、熱烈な巨人ファンだったのである。

私は、小児結核を患って激しい運動ができなかったことと、遺伝的な運動音痴で、野球に加わると悲惨だった。バットを振っても当たらないし、守ってはいつもエラーである。だからいつも控えに回されていた。ただ、野球そのものはすごく好きだった。当時、まともなスポーツといえば野球くらいしかなかったせいもある。

そこで、鬱屈して、観る野球に一層傾倒していった。野球を観ることに熱心になり、我流でスコアをつけたりした。だからいっぱしの野球理論家気取りで、ここはエンドランしかないぞ、と勝手に叫んだりしていた。その妥当性は全く根拠がなかったが。

だから、本物の野球を球場で観ることは憧れだったが、住んでいる孤島や周囲の町にプロが来るような球場は皆無だった。最近はときどき、福山市民球場でプロ野球の試合が行なわれるようであるが。

福岡にいた頃は、今のダイエーが太平洋クラブという名前の球団で、フランチャイズでプロ野球が観れたはずだが、貧乏学生だっだせいか、球場に足を運んだことはなかった。そういえば、大学に進学して、福岡に下宿して突然、巨人ファンから広島ファンに寝返った。理由は、故郷を離れて、郷土意識が高まったことと、巨人が長嶋監督の下で最下位になり失望したからである。

そして、大阪に就職したからは、カープの黄金期と重なったせいで、阪神広島戦を甲子園まで観に行ったり、日本シリーズの広島対近鉄を、当時の日生球場に観に行ったりした。当時広島では江夏が鉄壁のストッパーで、日本シリーズでその勇姿をみたときは感動した。

ただ、私の野球熱はなぜか次第に冷め、東京に出てきてからは、横浜球場に一度、神宮球場に一度、足を運んだだけだった。当時の後楽園球場であれ、今のドーム球場であれ、巨人戦を生で観るなんて、私にはなぜか現実離れしたことのように感じられていた。

だから、よりもよって巨人対広島の東京ドームでの観戦が巡ってきたのは、千載一遇のチャンスだった。そして8月19日、チケットを工面してくれた知り合いと水道橋の駅で待ち合わせて、欣喜雀躍、東京ドームに向かった。

球場の入り口では、セキュリティチェックが厳しいのに驚いた。お茶のペットボトルをもっていたのだが、わざわざ紙コップに移し変えて、ペットボトルは没収された。

さて、プレイボール、どうみても格下の広島は、首尾よく2点の先取点を挙げた。当然であるが、これで勝った気になんてなれなかった。果たして巨人はじわっじわっと追い上げてくる。傍らをみると、佐々木希風の美女がビールを売りにきたので、迷わずオーダーした。800円もする。高い。

緊迫する試合展開だが、ビールのせいか、どうしてもトイレに行きたくなって、いってみると、なんと長い列である。男子トイレでこんな長い待ち列を初めてみた。ただ、男子トイレは回転が速いので、待ち時間は思ったほどでもなかった。

さて戻ってみると、広島はランナーを塁に溜めるのだが、どうしても決定打が出ない。一方、広島のピッチャーも継投で粘投し、巨人に追加点を許さない。そしてついに9回の裏まできた。3対3の同点。巨人の先頭バッターは阿部慎之助。なんか一瞬悪い予感がした。そうおもっていると、阿部のバットが快音を放ち、ボールは右中間のスタンドに吸い込まれた。ああ、さよなら負け。巨人ファン一色の球場はオレンジの布が揺れた。広島ファンの私はいたたまれなくなって、知り合いと逃げるように球場を後にした。

でも、緊迫した、とっても楽しい試合だった、とブログには書いておこう。

理系度

user-pic
0

私は車の運転が苦手で且つ好きでないので、自宅から10キロ以上離れたところにドライブすることは滅多にない。しかし先日、所用で、自宅から30キロ以上離れた小平市まで運転することがあった。

立川市や国分寺市や小平市は、閑静な住宅街であるとともに、いろいろな大学も位置している。それで、車である大通りに差し掛かって、サークル勧誘の立て看板があるので、ああ大学だねと、正門をよく見ると、「一橋大学」とあった。

それで、おお、これがあの有名な一橋大学なのかとちょっと感動したが、次に心に浮かんだ自分の感想には、我ながら苦笑してしまった。それは、「俺は理系だから、一橋大学なんて用がないもんね。」というものだった。なぜ苦笑するかというと、私が一橋大学に用がないと思う百倍か千倍くらい、一橋大学は私に用がないからである。

ともかく、何かの文系コンプレックスなのかもしれないが、私は一橋大学のそばを車で通りつつ、自分の理系としてのアイデンティティを確認したのである。

理系的思考というのは、いろいろなパターンがあるが、ある人と話してなるほどと思ったのは、コンピュータ将棋に関するものである。すなわち、世間一般では、計算機の腕力でぶん回すコンピュータ将棋が普通の人間の棋力を凌駕しつつあることを認めざるをえなくなってきている。ただそこで普通は、どんなにコンピュータが頑張っても、結局、人間の思考パターンとは違う、とコンピュータを離隔してしまう。ところが理系的思考は、コンピュータ将棋は、将棋における手筋や定跡、そして人間の思考そのものに改変を迫ると考えるというものだが、確かに私はそういう考え方に違和感はない。もっというと、数学的自然観に対する手放しの賛同というか。ただ、数学的自然観を踏み絵にすると、私はあまりよい理系教の信者でないということになるかもしれない。

あと、上記一橋大学の話題にも関連があるが、私は次のような思考実験をよくする。例えば、現実には絶対ありえないが、東大法学部と、XX大学理学部数学科のどちらかに無試験で入れてやるといわれたとする。XX大学というのは、ええっそんなところに理学部があったっけ、というほどの無名私立大学であると思っていただきたい。これは普通、百人に聞いたらまず100%、東大法学部を選ぶのではないか。しかし今の私は、せいぜい2分くらい迷って、東大法学部よりもXX大学理学部数学科を選ぶ。そんな馬鹿な、冗談だろというかもしれないが、私が電車の中で、ただ自分の楽しみのためだけに、小説を読むように整数論の本を読んでいるのをみたら、理解していただけるかもしれない。

そんな理系の私であるが、会社の研究員の人達の中に入ると、急に自分の中の文系性に気づくのである。特に哲学や歴史などの分野である。研究員の方は情報科学の専門家で数学だって、アマチュア数楽家にすぎない私よりもはるかに能力がある。それでも、哲学的なことはあまり興味がないのかなと感じることがある。私は20代のころ、冗談で理学部哲学科出身だと揶揄されていた。いやそれは最高の褒め言葉なのだが、それほどの哲学の知識が私にあるはずもなく、からかわれていたにすぎない。すると、上記の究極の選択で、東大法学部でなく、東大文学部哲学科だと、迷いは無限に増大しそうである。

ここまで書いてきてやっと分かったのは、自分が理系といいつつ、ある意味、自分のアイデンティティ探しをしていただけだということである。実は私はそんなに法律学は嫌いではない。それでも忌避するのは、私が今いる環境で、弁護士を含め法律に詳しい人が少なくないので、そちらでは自分のアイデンティティをみつけにくい、ということのようである。

だから、私の理系への傾倒もちょっと便法かもしれない。理系研究員の中ではすごく日和ってしまうからである。それでもまあ、数学は先天的に好きなんだ、とこれは言えると思う。一応大学で学んだ物理でもなく、化学でもなく、数学なんだから。

過日、いじめを受けていた大津市立中学2年の男子生徒が自殺した事件が問題になったが、元いじめられっ子だった私は、ただただ悲痛感を覚える。そして、どんなにいじめ事件がマスコミに取り上げられても、いじめ事件は根絶されることがない。その理由は明らかで、人間の根源的な本性に根ざしているからである。

集団にあって人間は、マジョリティに属することで自分を保つ。現代の子供社会にあって、マジョリティとは、家庭がそこそこ裕福で、勉強がそこそこでき、スポーツもまあまあであることである。ただ、本当に自分がマジョリティに属しているかどうか日々不安に苛まれる。

一番安易な不安の解消方法は、集団におけるマイノリティを見出して、マジョリティに属する仲間と連れ立ってマイノリティを同定し、疎外し攻撃することで、自らのマジョリティ性を確認することである。

私が子供時代にいじめられた理由は明らかで、それは、周囲の子供との高い異質性をもったまま小学校に放り込まれたからである。というのは、三歳にして小児結核に罹り、必然的に地域のコミュニティーや家族とも隔離され、遠隔の病院に収容された。そこで独自のコミュニティーに支えられ、閉鎖的であるが安定した生活を送っていたが、永遠に病院にいるということはありえないので、病状からして多少無理だったが、学校が後れてはいけないとの理由で半ば無理やり退院した。

そこで全く知らない子供たちの中に放り込まれたときの不安を私は多分今でも忘れていない。病院にいる間、患者であった中学の先生から簡単な算数と文字を教わっていた私は、勉強に困ることはなかったが、周囲の子供たちと遊ぶための共通の言語や文化を全く共有していなかったので、当惑の日々だった。なにしろ、メンコもベーゴマも全くできない。無器用な性格のせいで、メンコやベーゴマはとうとうキャッチアップできなかった。かくれんぼでさえ、キャッチアップに数年を要し、なんとか遊べるようになったのは小学校の高学年だった。

そんな私は、周囲から浮いており、日常茶飯事のようにいじめられた。具体的には靴を隠されたり、意味もなく殴られたり、のけ者にされる、などである。それで、校庭でみんなが遊ぶのに加わらないで、座って見つめていたり、図書館にこもったりするのが日課になった。私は今でも付き合いが苦手で、例えば、ブログを書くためと称して、昼食をいつも一人で食べる。明らかに当時の名残である。

そんないじめの日々だったが、私が潰れなかったのは、決して私の精神力が強かったせいではない。単に、当時はいじめが、特に私の出身地のような田舎では、辛辣でなかっただけである。すなわち、私が物理的に距離をおくと、その距離を乗り越えてまでも私をいじめの場に引き出すような悪質な子供たちはいなかった。少なくとも、私の孤独というか孤立は確保されたのである。

私は次第にそんないじめの環境に適応していった。変に顔色を窺うことに巧みになったのである。だから、中学に進んで、血気盛んな悪童どもが決闘だのリンチなどしている間に、私は番長に取り入り、肩をもんだりして、暴力から逃れられていた。認めたくないが、その能力は、結婚後に活きている。

さて、なぜ当時、変人と呼ばれて疎外されていた、心身とも脆弱な私がサバイバルできる程度のいじめだったかというと、その理由は明らかで、当時はとてもスタティックな時代だった。マジョリティであることを確認しさえすれば、脱落することはまずないので、頻繁に弱い者いじめを行なう必要がなかった。

一方、隆盛を誇ったリーマンブラザースも一夜にして崩壊するような現代にあって、マジョリティであることを確認しても、明日もマジョリティである保証はない。すると、日々、アイデンティティに危機を抱く子供たちは、マイノリティをいじめて、自らのマジョリティ性を確認するよりない。すると、私がそうだったように避難あるいは退避しているいじめられっ子を、無理やりいじめの場に連れ出すことになる。そしてエスカレートする。

そんな元いじめられっ子で、いじめられる側の論理もそれなりに知っているはずの私でさえ、ときどきであるが、周囲に迎合して、誰かをいじめたい誘惑にかられる。どうも、物欲や名誉欲と同程度に、いじめ欲というのがあるらしい。集団における、異分子攻撃の免疫作用なのだろうか。

そういえば、脳科学者・澤口俊之さんが、犬を飼うことで、いじめをなくす効果が期待できると述べている。

それは、犬を飼うこと。人間は、犬と触れ合うことで"親和性ホルモン"といわれるオキシトシンの量が増えることがわかっています。

これは逆にいうと、いじめで参ってしまう子供は、家族とも親和性を保てていないということになる。要するに、家族が支えにならないのである。

そこで私なりにいじめについて要約してみる。いうまでもなく、私見にすぎない。

  1. いじめは、性欲や物欲、名誉欲のような人間の本能の一部である。
  2. いじめは、組織における帰属確認行動なので、帰属の安定性が失われやすいほど、いじめはエスカレートする。
  3. いじめは、組織における異分子に対してなされる。
  4. いじめを緩和するのは、家族、ペット、友人などのと間のつながり、親和性である。
  5. いじめは、帰属の社会の不安定性に起因するので、どんな手を打っても、昨今のご時世ではいじめを減らすことは難しい。監視を厳しくしても、いじめは潜行し隠伏するだけである。

微分方程式

user-pic
0

微分方程式と言っても数学の話ではない。例えば日常生活で、どうも変だということはよくある。まあ現世だから当たり前なのだが、そんなとき、自分の感覚に自信がないと、友人や周囲の人に、どうも変だと思うんだけど、と話してみる。

ところが、大抵の場合、友人や周囲の人は、状況や文脈が分からないので、ええっ、そんなに問題かな?となかなか同意や共感してくれない。

なぜ共感が得られないかというと、その1つの理由は、私はいまある状況という微分方程式を、ある期間に亘った積分解として理解している。すると、積み重なった不具合の集積として認識しているのだが、友人や周囲の人は、微分方程式を今の⊿tの間でしかみてくれないから、認識が共有できるわけでないのである。

私が認識しているのは積分解だけではない。長年状況を認識していると、微係数の少しの変化に敏感になる。そして、微妙な微係数の変化に反応して手を打とうとする。例えば、ある機械を長年使っていると、経験がない人にはわからないような微妙なモータの音の変化やギヤの軋みに気づく。それは杞憂のこともあるが、かなりの確率で、故障の予兆だったりする。

そこで私が何がいいたいかというと、ある問題を訴えている人が意外なことを言っているからといって、無下に無視したり却下したりしてはいけない、ということである。すなわち、現状の微分方程式の微係数の変化というのは、よほどの経験者以外はまず認識困難だからである。

微係数はともかく、もし積分解が得られているなら、それは示せるのでは、というかもしれない。しかし、積分解というけど、単純な利益率や負債額のようなスカラー値であるとは限らない。むしろ、積分というけど、ある非ユークリッド的な曲線に沿った線積分なのであって、測地線と呼んでもいいものなので、到底単なるスカラー値をみただけで、第三者は状況を判断できない。最低でも、測地線に沿った線積分を追体験してみる必要はあろう。

だのに、この世知辛い世の中では、マネジメントは、非線形かもしれない微分方程式の解を、片手に収まる程度のスカラーで報告せよ、そうでなければ問題だと認識できないと、信じられないことをいう。

もちろん、微係数の微妙な変化に気づいてほしいとはいわない。しかしせめて、測地線に沿った線積分のゴンドラを少しでも私と共体験してほしい。そして揺られて、共にうっかり川に落ちてずぶ濡れになってくれないか。そこまでは無理か。

それならせめて、私の微係数の微妙な変化に対する感受性を信じてほしい。例えば、こんな実話がある。戦艦武蔵が大した飛行機の護衛なく航行していたら、近づいてくる戦闘機のエンジン音か聞こえる。すわ、敵機来襲かと機銃を発射しようとしたら、まってくれと叫ぶ古参兵士が一人いた。この道20年、見張り一筋のAである。その兵士が、あれは友軍機であると断言する。もし間違えていると確実に大損害を受ける。報告をうけた艦長は、Aを信じよと、決断を下す。果たして飛来してきたのは見事に友軍機で、無駄な発砲と友軍機の誤射を防いだのだった。

かように微妙な微係数の変化に気づくことの意義は大きい。少なくとも艦長は、信頼できる状況微分方程式の使い手が誰なのか熟知しておくべきである。

1200勝

user-pic
0

将棋連盟のホームページを見ていたら、8月17日に将棋連盟で行われたテレビ棋戦で、羽生が1200勝達成とあった。NHK杯はNHKで収録されるし、銀河戦も囲碁将棋チャンネルの特設スタジオで収録されるはずなので、このテレビ棋戦が何なのか謎だが、ともかく四段昇段後26年8カ月、41歳10カ月、勝率0.723というのは最高記録での1200勝なので、改めて羽生はすごいということを確認する次第である。

ところで、1200勝に到達するまでの期間は、棋戦の数や対局数など過去と違うので、比較するのに必ずしも妥当ではないが、1200勝に達したときの負け数の少なさ、すなわち勝率は棋戦の数や対局数に依存しないので、よい目安だろう。

その規準でいくと、羽生善治(0.723) > 大山康晴(0.679) > 中原誠(0.654) > 谷川浩司(0.632) > 加藤一二三(0.575)で、改めて大山は偉大であり、また、戦後の三大棋士として、羽生、大山、中原を挙げることは妥当だろうと言える。

また、通算勝数の記録でも、大山康晴(1433) > 中原誠(1308) = 加藤一二三(1308) > 谷川浩司(1212) > 羽生善治(1200)で、羽生はだいたい1年間で少なくとも50勝は上げるので、今から5年以内に羽生が大山の記録を抜くことは確実である。

ところで、この記録を眺めるついでに、2012年度対局数・勝数・勝率・連勝ベスト20というところも見たのだが、意外にも渡辺竜王がどこにも見当たらない。それでつい、あれっと思ってしまった。

あれっと思う理由は他にもあって、渡辺竜王は藤井九段に、王位戦挑戦者決定戦で破れた。それはまあたまたまだろうと思っていたら、銀河戦の本戦トーナメントに出場するための決定戦でまたしても渡辺竜王は藤井九段に破れ、これはいわゆる往復ビンタである。剰え、渡辺竜王は、A級の2回戦で深浦に敗れた。これはまあ一時的な不調なんだと解釈するのが妥当であるが、今の最適化に書いた渡辺の将棋に対する取り組みと、羽生の方針に書いた羽生の将棋に対する取り組みの差を改めて考えてしまった。

すなわち、短期利回りで稼ぐ渡辺に対して、羽生は、少々株価が下がっても安易に売ったりしない。そもそもが、株価そのものにあまり関心がないようにも思われる。そういう方針の差が長期の業績の差に出るのかもと言おうとしたら、そうではなく寧ろ、1200勝を最速でもたらす羽生の才能の資産の量が圧倒的で、羽生はじたばたしないのだった。渡辺はおそらく、羽生ほどの才能の資産に恵まれないことをよく知っており、よって短期利回りに最適化された勉強方法を選んでいるに違いない。

だから、プロ棋士で、羽生の時代は終わった、もう渡辺に勝てないという人たちはいるようであるが、やはり少数派で、大多数の棋士は、ある時間を経てみると、確実に渡辺は羽生を超えられないと認識しているようである。

8月の末に、羽生は王座戦で渡辺に挑戦する。リターンマッチであるが、多分羽生はその個々の結果にあまり拘泥しないだろう。渡辺の思いはどうなんだろうか。

寿命

user-pic
0

検証するのが極めて困難であるが、人間の寿命は予め決まっているという命題がある。そういうと、そんなの当たり前ではないかと言われそうである。なぜなら、旧約聖書の神話的記述でもなければ、1000歳まで生きたという人は聞いたことがない。するとまあ、人間の寿命はだいたい120歳あたりが限界らしい、ということができる。

私が言いたいのはそういうことではなくて、個々人の寿命である。すなわち、3歳で亡くなる運命の人もいるし、100歳過ぎても矍鑠と生きることができる運命の人もいる。だから、C++言語におけるnew演算子のようなものがあって、神様は、ある人が生まれるとき、寿命の属性に値をセットして、人生のインスタンスを生成する。すると、生まれた瞬間から、寿命のタイマがカウントダウンされ始めて、どんなに頑張っても、寿命のタイマが尽きたら、この世を去るよりないということである。

それでは、生まれてくるときの寿命のタイマにセットする値は誰が決めるのだろうか。神様が乱数でセットするのだろうか。それが妥当のようにも思われるが、あるスピリチュアルの説では、ある霊がこの世に生まれてこなくてはならなくなったとき、なにかの大霊と相談して、寿命の値を決めるらしい。

もしそうなら、なるべく長い寿命をセットするよね、と思うのは素人である。霊はなるべくこの世に生まれてきたくないので、できれば生まれてもさっさとこの世を去りたいのである。だから、ええと5年にしてくれませんか、と大霊に申し出るのだが、そんな短い時間で君のカルマが解消できるはずがないと、あっさり80年にセットされてしまい、嘆きとともにこの世に生まれてくることになる。

ただ、例えば80年にセットされたからといって、人生を満期卒業になるとは限らない。というのは、ポルノグラフィティの「アゲハ蝶」の歌詞をもじっていうと、「人生は寿命か尽きるまでは終わりなどないのだが、終らせることができる」のである。

終らせ方は、厭世的になって自分で幕を引く方法はあるのだが、大抵は、欲張って、より稼ごう、より多くの異性と付き合おう、より楽をしようなどとカルマの解消という意味で安易な方法をとって、悪い人達に騙され、あるいは健康を害して却って寿命を縮めてしまうことがある。

他の、カルマ解消という意味ではもう少し意味がある終らせ方は、例えば、誰かが海で溺れているのを助けようと海に飛び込んだけれども、潮に流されて一緒に遭難したというものもある。こういう場合、知らない顔して岸にいたら、寿命の本来のカウントダウンを享受できたのかもしれない。

すなわち、原則として命は粗末にしてはならず、寿命の本来のカウントダウンで人は亡くなるべきなのだけれども、場合により、より意義深い死を突きつけられることがあるようである。戦争は忌まわしいが、どうしても戦争はそういう試練を多く投げつけてくる。

寿命モデルは、詰将棋に喩えることもできる。すなわち、三手詰として生まれてくる人もいれば、107手詰として生まれてくる人もいる。大霊が詰め方をもって指す。大霊は棋力が高いので、皆無ではないにしろ、滅多に間違えることはない。間違えるのはこちらである。すなわち、本当は107手詰なのに、ヘボなので玉を逃げ間違えて、31手で詰んでしまうかもしれない。

ここでも、大霊は、107手詰まで正しく玉を逃げるならそれもよし、でも、手数は短くても、妙手が含まれていたり、詰め上がりが美形なら、そちらを選ぶのもありだよ、と言っているような気がする。どちらが正解なんですかと大霊に聞いても、もちろん答えない。自分で考えろとさえ言わない。黙って虚空を見つめているだけである。

昔なかった言い方に、草食系男子だの肉食系女子だのという言い方がある。この厳密な定義を私は知らないので、草食系男子とは野望がなく異性を積極的に求めたりしないタイプの男性であり、肉食系女子というのは上昇志向満々で、好きな男性がいたら自分からアタックしていくことも辞さないタイプの女性である、というのが私の理解である。

さて、草食系云々というとき、食べ物の量や種類で性格が決まるという思想がある。そこで、私なりに食べ物と生活について、いままでこのブログに書いたこととの重複を懼れず、記述してみる。

動物が自らの肉体を活動させるためには、食物を摂る必要がある。これは公理といってもよい。一方でブレサリアンと称する、不食を旨とする人々もいるが、ここではとりあえず考慮しないこととする。

そこで、動物が食物を摂って行動するとき、どうも、省エネ・モードと、通常モードがあるらしい。省エネ・モードとは、少ししか食べないでも長時間活動できたりする。通常モードとは、栄養学的に決められたカロリーで、肉、魚、野菜、乳製品、果物などを摂る。

通常モードでは、かなり容易に空腹を覚える。それが通常モードでの健康の証である。通常モードはあまり燃費がよくない。すなわち通常モードは、かなりの量の食事を定期時に摂ることによる、臨戦モードらしい。だから、短気集中的活動を採る人々、典型的には力士、短距離走のアスリート、格闘家、ヤクザなどは必然的に通常モードの食生活を採用する。

省エネ・モードでは、食べなくてもあまり空腹を覚えない。燃費がいいカロリー消耗モードで、こつこつと少ない欲望で生きているに適するモードである。仏教などの修行僧はおそらく、省エネ・モードで生きている。だから少ししか食べなくても、それなりに活動できる。また、アスリートでも、持久的な側面が強いアスリートは、どちらかという省エネ・モード的食生活を採る。

通常モードで、あまり運動をしない生活をすると、いわゆる成人病になりやすい。余剰なカロリーが身体に蓄積され、血圧、血流、その他の生理的要因に悪影響を及ぼす。ただ、通常モードである程度激しい肉体的活動を続けるなら、余剰なカロリーが蓄積されないので、成人病にはなりにくい。

すなわち、おそらく栄養学的には、省エネ・モードでおとなしく生きていくのと、通常モードで盛んにスポーツをしながら生きていくのとは等価で、宿命的病気はさておいて、どちらも健康的に問題はないようである。

ただ、通常モードで盛んにスポーツをしながら生きていくと、スポーツの種類によっては、どうしても一部の肉体的に偏った負担を強いるので、省エネ・モードよりも、健康を維持するためには工夫を要する。

そうはいっても、ひたすら長生きを願うだけのような生活が意義深いとも考えにくいので、通常モードの食生活に対して、省エネ・モードを絶賛するというのも、多分違う。QOLという意味では、通常モードの方が維持が容易である。そこに、美食とそれに伴う交友の楽しみが組み込まれるからである。そこは人生観の選択となる。

さて、どんな動物でも人間でも、省エネ・モードと通常モードの2つの食生活モードをもち、原理的に、この2つのモードの一方から他方に移ることはできる。ただ、そうはいっても、省エネ・モードから通常モードへ移行する方が多分易しい。なぜなら、現代は、アフリカなどの一部の貧困地域を除き、物余りの時代だからである。また、現代の資本主義では、野望や昇進、資本家などへの欲望の鼓吹がもてはやされ、するとエントロピーの増大としての通常モードの食生活モードの猖獗ということになる。

一方、通常モードからへの移行は、典型的には貧困状態によりやむをえないものとしてもたらされる。ただ、医師の南雲吉則氏などが説く、若返りダイエットなどの方法論により、美容のためと称して、通常モードから省エネ・モードへの移行のインセンティブがもたらされる。

ただ、苦笑いしてしまうのは、著書を売ったり、有名になりたいからかもしれないが、ここでは若返りダイエットが、社会的成功などの物質的利益の手段になってしまっていることである。もっともそうしないと資本主義の論理に適合せず、速やかに忘れ去られてしまうだろう、ということがある。

それでも、意図せず南雲吉則氏に歩みよってしまうようなことをつい考えるのは、省エネ・モードは、ある種の活動においてパフォーマンスを高めるからである。例えば、私が日常的に担当している特許実務はあるいみ淡々と文章を書く仕事で、アグレッシブにマーケティングしたり、暑い最中に顧客を訪ねて売り込みをかけたり、というものとは少し違う。そういう仕事の場合、どうも、省エネ・モードの方がパフォーマンスが上がるようである。例えば、私は85キロから71キロまで体重を落とし、食生活もなんとか省エネ・モードに移行させた経験をもつが、すると、件数ベースで省エネ・モードの方が以前よりも1.2倍程度になったようである。ただ、若返ったのかどうか、自分ではわからない。というのは私はもともと童顔であって、若く見えるタイプだからである。そうはいっても、私は、同年代郷ひろみ的な若さとは真逆で、異性関係で活躍するという意図も、活力もない。

私が省エネ・モードに移行してよかったと思うのは、息切れなどがあまりなくなった。体力はついたとはおもわない。健康診断の数値はあまり気にしないほうだが、少なくとも、コレステロールの数値は、なにも薬を飲まなくても改善された。

ともかく、一番分かりやすい省エネ・モードのメリットは、生活の燃費である。明らかに食費は安くなる。それは来るべき日本のジリ貧社会に適合した生き方であると思う。

人事でサプライズ人事というものがある。要するに、思わぬ人がある地位に就けられたということだが、具体的にはどのようなものだろうか。

  1. 何段階特進みたいな、抜擢人事
  2. 非主流派の派閥から選ばれるバランシング人事
  3. 全く未経験の地位に就くような、意外人事
  4. 一気に地位が下がってしまう懲罰人事
  5. 能力的に、務まるわけがない無理人事
  6. 特にミスがないのに、辺境の地位に飛ばされてしまう左遷人事
  7. 病み上がりなどでどうみても無理そうなのに、指名される意表人事
  8. 単に地位の高い人と親しいというだけの情実人事
  9. 単に若い人に地位を与えたいという形式的若返り人事
  10. 外部から有名人を引き抜いてくる三顧人事

まず、人事はサプライズになりがちであるが、その理由は人事はその時期が来るまで関係者以外に秘密にしておかれる、ということがある。

それ以外の要因として、人事権をもつ人は結局、現場を把握できないので、誰がどんなスキルで、人望があるとかないとか分からず、側近から聞く範囲の偏った情報しかもたないのである。

一方で、サプライズ人事は次のような衝撃を与える。

  • 全く未経験の人が管理職に就くことで、経験者がその経験やスキルを否定されたような気になって、モラルが下がる。
  • 長年勤め上げることの価値を否定された気になる。まあ、時代がそうでなくなっているのは仕方ない。
  • 生え抜きでない人がいきなり地位に就くことで、生え抜きの人たちがやる気をなくす。これもまあ時代か。

それにも拘わらず、サプライズ人事は、任命された本人に責任感があると、意外にうまくいく。すなわち、驚き、あるいは当惑している周囲に認めさせたい、理解してほしい、自分の居場所をつくりたいなどの気持ちが湧き上がり、それに周囲が呼応すると、次第に組織が盛り上がることがある。

一方で、サプライズ人事を当然と受け止め、指名された人が特に努力しないと、非サブライズ(順当)人事よりもはるかに悲惨なことになる。

実はサプライズ人事/順当人事なんて区別はどうでもよく、本質的なのは、指名されたパフォーマンスをきちんと評価し、不適切であるなら別の人と交代させる仕組みである。それがあれば、もしかして乱数で管理職を指名してもよいかもしれない。

それが極論なのはもちろん私も分かっている。しかしついそういう意見を述べてしまうのは、世間にあまりにもサプライズ人事が多く(おっと、するとサプライズではないではないか)、それはまあいいとして、不適切であってもそのまま何年も留任することが許されてしまうことがあまりにも多いからなのであった。

そういえば私自身もサプライズ人事で管理職に登用された。そのくせ10年以上も留任していた。なんだ他人のことはいえないではないかと、今更思う。

愛国心

user-pic
0

オリンピックが熱狂のうちに終了したが、森博嗣のS&Mシリーズ(サド・マゾではない、念のため)を読んでいると、犀川助教授が、テレビなんか全く観ないし、オリンピックも興味がない、と発言するくだりがある。

すっかりS&Mシリーズのファンになってしまった私は、ロンドン・オリンピックに関する記事をみても、努めて無関心を装ってきた。流石に、周囲の熱狂に水を差すので、オリンピックなんて興味ねぇよ、なんて発言するのは避けたが。

ところが、オリンピックの比較的序盤で、女子重量挙げで三宅宏実が銀メダルを取ったあたりから、オリンピックに引き込まれていった。特に美人というわけではないのかもしれないが、三宅はとても可愛くみえた。

ただ、個人的に一番感動したのは、卓球女子の団体銀メダルである。私が唯一たしなんだスポーツで思い入れがある。そもそも1988年のソウルオリンピックで卓球がオリンピックに取り入りられてから、一度も日本は卓球でメダルを取ったことがない。1960年代は日本は卓球王国といわれていたのに、である。

一方、先日テレビを観ていたら、高校生時代に広島で直接爆心地で原爆に遭ったのに、なんとか80歳の今に至るまで生き延びたという女性がインタービューを受けていた。その方は結婚し、ご主人も被爆者だというのに、普通に子供が産まれ、そのお子さんはいまでは立派な青年(最早、中年か)に育っている。ご主人はつい最近亡くなったというのだから、ほぼ80歳までくらい生きたことになり、少なくとも短命ではない。そこで改めて、放射線障害とは一体何なのかと考えさせられた。

というのは、東海村臨界事故で述べたように、8シーベルト程度の放射線は確実に致死であるが、直接爆心地で原爆に遭うというのも、かなりそれに匹敵する惨事である。なのに健康に出産できる状態になったというのは、先天的に放射線に強い体質というのがあるのか、とどうしても考えてしまう。

そして、さらにテレビを観ていたら、その被曝された女性が小学校に行って、原爆の有様を子供たちに話すシーンがあった。まさに、原爆の手記に描いたような光景で、地獄絵であり、聴衆の子供たちも圧倒されていた。

そして自然の流れで、その女性は、「戦争はこんなに悲惨なものです。みなさん、戦争は決して起こしてはいけません。」と結んだが、そのあまりにも当然に発言に私はなぜか軽い違和感を覚える。というのは、日米了解案にも述べたように、基本的に戦争になれば殺し合いで多数の人が亡くなるのはみんな知っており、それで懸命に戦争を回避しようとするのだが、一種独特の悪循環に巻き込まれ、次第に戦争への道を突き進んでいく、というのが歴史でよくある事例である。だから戦争回避というのは、戦争は悲惨であるということを頭や感情に叩き込むだけでは十分ではない。いや、素朴に戦争は嫌だ、死ぬのは嫌だと感情論に訴えることが一層事態を悪化させることもあるかもしれない。高度に軍事的・政治的・経済的・外交的・歴史的・科学的総合作用なのである。

もっと言うと、戦争への狂乱と、オリンピックへの熱狂の距離はあまり遠くない、というのが、決して私独自の観察ではない、社会心理としてあると思う。メダルにこだわる精神は領土や国家的面子にこだわる精神とそんなに違うのだろうか。戦争は殺し合いなので悲惨だが、オリンピックはスポーツの祭典なので、崇高である、と平然と言えるのだろうか。

私は、戦争は原子爆弾で、オリンピックは原発だと思う。もし放射能そのものが有害で悪だといいなすなら、下手に国家のエゴをむき出しにさせるオリンピックは、擬似戦争であり、漸次縮小化すべきである、と言わなくてはならないと思う。尤も私は、原発撤廃論者ではないので、この比喩は妥当ではないのだが。

死期

user-pic
0

人間の死期というものは、よくわからない。昨日まで元気だった人が突然、脳溢血で倒れてそのまま逝ったりする。一方で、難病で医師があと数年しか生きないと予測しても、ホーキングのように、それから50年も生きながらえている例もある。

ただ、結構正確に医師が死期を言い当てる例もある。例えば、私は幼児の頃、父親の仕事の都合で一時期、下関に住んでいたことがあるが、そのとき、近所の方に、一家で大変お世話になった。そこのご主人は、キャッチャーボートと呼ばれる捕鯨船の乗組員で、当時は今のように捕鯨を制限する条約もなく、捕鯨会社は花形で、乗組員はかなりの高給を享受していた。

一方我が家は貧乏で、それでなにかと、その近所の方にお世話になったようである。その方は子供がいなかったので、私を養子にほしいという話もあったそうである。養子になるのが幸せだったかどうか、誰にも分からない。

それで17年くらいのブランクの後、私が福岡の大学に通うことになったとき、途中でその下関の方に会いにいったことがある。すると、ご主人がいないので、どこかに出かけているのですか、それとも再就職されたのですか、と聞いたら、それが、とポツポツ話すのは、捕鯨会社も定年が近づいた頃は昔のように羽振りはよくなかったが、ともかく定年になったら第二の人生を楽しむとご主人は楽しみにしていたところ、定年後人間ドックにいったら、肺癌が見つかったのだそうである。当時は今のように本人告知しない時代なので、ひそかに奥さんが医者に呼ばれて、医者がいうには、あと半年だと言うので流石にショックだったという。

もちろん、奥さんはご主人にも何も話さなかった。そしたら本当に半年後、ころっと亡くなってしまったのよ、とちょっと涙ぐみながら話してくれた。

その話を思い出したのは、最近、ある知り合いの知り合いのことを聞いたからである。すなわち、そのご主人は、私とほぼ同年齢であるが、私よりもエリート社員で頑張っている。ただ私との違いは、ヘビースモーカーで、やはり最近、肺癌が見つかってあと半年と医師に宣告されてしまったそうである。本人告知の時代なので、本人の内心はわからないが、淡々と通帳名義の書きかえなど、死後周りが困らないように事務手続きを進める日々だそうである。

また、スキルス性の胃癌で、やはり医師に半年と告知され、生きている間にきちんと後始末して死んだ人を私は知っている。

すると、肺癌やスキルス性の胃癌など、医師が確実に死期を読みやすい病気があるようである。将棋で言えば、手数は長いが、ある程度の棋力があれば、確実に即詰みが読めるような局面か。

ただ、私が思うには、医師から死期を宣告されて、変に本人が納得しすぎているので、宣告どおり死亡してしまう面もあるのではないか。すなわち、私は生にあまり執着するのはどうかと思うが、やはり、即詰みだとしても、ややこしい変化の方に玉を逃げて、死神が間違えることを期待してみたい。

具体的にどうするかというと、私はお笑いが好きなので、浅草の演芸の漫才や落語を日々見に行って、大いに笑ってみたい。それで癌などの病気が快癒した例もなくはない。あと、ホーキング流に、もう少し数学なり科学を勉強してみたい探求してみたいと、いろいろ本を読んで、方程式をいじってみたりする。そして、食生活を野菜中心にし、ビタミンのサプリも摂ってみる。それだけ試して、やはり全く快方に向かわないようなら、いよいよ諦めて死を受け入れたい。

ただ、人一倍心配性で肝っ玉の小さい私だから、そんな格好良く粘る手段をとることができず、醜く取り乱してしまう、というストーリーの方がありえそうである。まあ、少しでも、哲学者の死に様に倣ってみたいものだが。

否定の否定

user-pic
0

数学というか算数というか、とても不思議な概念に、負数同士の掛け算がある。すなわち、-1 × -1 = 1がなぜ成立するのか、あまり自明ではない。

1つの説明は、(5 - 1)×(4 - 1)のような計算をしてみることである。
すなわち、(5 - 1)×(4 - 1) = 4×3 = 12
一方、(5 - 1)×(4 - 1) = 5×4 - 4 - 5 + (-1)×(-1) = 11 + (-1)×(-1)
すなわち、12 = 11 + (-1)×(-1)なのだから、(-1)×(-1) = 1でなくてはならない。もし(-1)×(-1) = -1だと、今の算術の体系は瓦解する。以前に宇宙の存在で、論理的に存在不可能な宇宙というものを論じたが、(-1)×(-1) = -1という算術をもつ宇宙というのがそれかもしれない。それでも天才、テグマークは、いや、そんな宇宙も考えられる、と強弁するのだろうか。

一方、「類体論へ至る道―初等数論からの代数入門」、足立 恒雄、日本評論社を読んでいたら、論理に関する定理として、次のようなことが列挙されていた。すなわち、命題A,B,Cについて、

  1. ¬(A∨B) ≡ ¬A∧¬B
  2. A∨(B∧C) ≡ (A∨B)∧(A∨C)
  3. ¬(¬A) ≡ A

ここで1は確か、ド・モルガンの法則の呼ばれているのだった。さて問題は¬(¬A) ≡ Aである。Aを、「あなたは美しい。」という命題だとする。これを付き合っている彼女に言うと、額面どおり受け取ってくれるなら、喜んでもらえるかもしれない。そこで、¬Aは、「あなたは美しくない。」で、これを付き合っている彼女に言うと、98%以上の確率で彼女は気分を害するだろう。それならと、¬(¬A)は、「あなたは美しくなくない。」であるが、こう言われると彼女は、何が言いたいのか少し理解に苦しむだろう。しかしここは、論理学の定理だと、「あなたは美しくなくない。」でなく、「あなたは美しい。」でなくてはならない。なぜそうなのかというと、足立氏はこれは論理学の定理でなく、むしろ公理なのだという。だから彼女には、「論理学の公理に従い、『あなたは美しい。』という命題が成立する。」といわなくてはならない。ここまでくると、こんな会話に堪えられる女性は多くないだろう。

公理といえば、ブルバキの数学原論の集合論の巻に「無限集合が存在する。」という公理が記述されていた。私はこのページを10分くらい呆然と眺めていた記憶がある。なぜ「無限集合が存在する。」が公理なのか、別の集合を構成する公理を立て、そこから、無限集合を構成する、というようにすれば、無限集合が存在する、などという公理は不要になるのではないか、とそんなことを考えていたような気がする。

私は実は、負の数×負の数の算術も、否定の否定も、無限集合が存在するという公理も、あまり納得していない。していないけれども、生きていく便法として、あまり突き詰めて考えないようにしているだけである。

将棋の棋力を少しでも維持しようと、合間をみて、「高柳詰将棋選集」日本将棋連盟を解いてみるのだが、簡単に解けるものもあるのだが、大抵はなかなか解けない。下手したら何時間もかかったりするものがある。それで、私程度の棋力の持ち主で、こんなに詰将棋が苦手な人はほとんどいないのではないかと、今更にように自己嫌悪に陥った。

そこで自分の少年時代を振り返った。田舎の小学校でさえ私は、いわゆる優秀な生徒ではなく、運動は全く駄目で、虐められるのが日常的だった。今マスコミで問題になっているようなレベルの虐めに遭っていたら、私は多分今、生きていないだろう。そういう意味で、さほど辛らつ、あるいは陰惨な虐めでなかったことに感謝すべきなのかもしれない。

中学になって、なぜか毎日予習復習をするようになった。そういうもんだと誰かから示唆されて、勘違いしたからだが、そのような勉強をすべきだというのは大いに建前であって、少なくともその田舎の中学で、私と同じことをする人はいなかったようである。だから、自然に成績は上位になった。

ただ、そのとき予習復習していた頃から自分で感じていたことがある。それは、問題を解くのが得意でないのである。典型的には数学のあまり難しくない演習問題が解けない。また、丸暗記が嫌だった。どうしても覚えなくてはならないものとして英語の単語があるが、大抵の同級生は、ノートに何回も単語を書いて記憶していた。私はなぜかそんな様子をみて馬鹿にしていた。私の単語の記憶方法は、記憶したい単語を駆使して、下手でも英作文するという方法である。それがいいよと、尊敬する英語の先生が言ってくれたからだが、私はまた、額面どうりそうとって、それ以外の方法で単語を覚えなかった。

そのように問題を解くのが苦手で、丸暗記を嫌う私でも成績上位を保てたのは、単にレベルの高くない田舎の中学だったからに過ぎない。だから、尾道市内の進学校に入ってみるといきなり、私が太刀打ちできない秀才に何人も出会った。

高校に入ると、部活があり船で通うので、中学のときよりも勉強する時間がなくなった。だから、中学のときのような律儀な予習・復習をすることができなくなった。それでどうしても成績は並より少し上をやっとついていける程度だった。なにしろ、問題がとけない、丸暗記が嫌いという私の特性はいささかも改善されたわけではないからである。

高校の部活で忙しかったので、受験勉強を始めるのはやっと高3の夏だった。そんな有様で、ほとんど準備もなく、国立大学を目指すというのだから、破れかぶれで、先生もまともに相手にしてくれなかった。だから問題を解くのが本質的に苦手な私が、どうして地方とはいえ、国立大学に現役で合格できたのか、未だに理解できない。私の懸命の解釈は、子供頃から結核など病気がちで、貧乏で、虐めにもあいツキを溜めていたので、そのツキをここで一気に使い果たしたというものである。

ともかくも運良く大学に合格してから、もう二度と本格的な受験しないと心に誓った。自分がプロブレム・ソルバではないことを、少なくとも無意識レベルで熟知していたのである。しかし、本質的にプロブレム・ソルバでない人に理系が、特に物理学の学生が務まるのだろうか。答えは明白に否で、私の学者への途は早々と挫折することが約束されていたのである。

そんな私だから、社会人になっても、資格試験の類を極端なまでに忌避してきたのはある意味当然である。それでも、社会人として挫折しないでやってこれたのは自己弁護すると、私は貧困なプロブレム・ソルバではあるが、プロブレム・プロバイダあるいはプロブレム・ファインダとしては、そこそこであるからのようである。すなわち、本を読んだり、社会現象を眺めると、様々な問題に気づき、あるいは、問題同士を組みあわせて、少なくともあまり聞いたことがないような問題設定に想到する。そうやって頭の中に問題を沢山、兵馬俑のように並べておくのだが、なにしろプアなプロブレム・ソルバなので、ほとんど自分では解けない。それでも中には初等的に解ける問題があるので、それを解くことで何とかわずかな成果につなげて、ここまで生き延びてきたというのが現状のようである。

私は特許明細書を書くのがあまり苦手ではないが、それにも私の特性が活きている。すなわち、発明者による発明の記述を眺めていると、いろいろ疑問が浮かぶ。プロブレム・プロバイダの面目躍如である。そしてそれを発明者に投げると、見事に答えてもらえる。自分のプロブレム・ソルバに出番を与える必要がない。そして、発明者の回答をそれらしく纏めると、特許明細書の出来上がりである。

こうしてプロブレム・プロバイダである自分に気づくと、自然と豊かなプロブレム・プロバイダ性をもつ他人の存在を感知することになる。一種の共鳴である。もちろん世間には、フォン・ノイマンのように、優れたプロブレム・プロバイダ兼プロブレム・ソルバであるような人もいるが、大抵のプロブレム・プロバイダは、プロブレム・ソルビングが苦手である。そしてプロブレム・ソルビングが登竜門になることの多い現代にあって、そういう人はどうしても割りをくう。だから、私からみても惚れ惚れするようなプロブレム・プロバイダの才能がある人が低い地位に甘んじていたりする。

すると私は、もっとプロブレム・プロバイダに日をあてろ、注目しろ、評価しろといっているのだろうか。そういいたい気持ちはあるが、プロブレム・プロバイダは下済みに甘んじさせておけばいいのかもしれない。それでこそ地の塩なのである。多分であるが、感性の仕事なら、プロブレム・プロバイダも世間で注目を集めることができるのだろう。しかし、芸術的、造形的、あるいは芸能的感性のどれも欠く私には、想像の範囲を超えられない世界である。

ロンドン・オリンピックがたけなわだが、まずオリンピック競技になりそうにない種目に、ウルトラ・マラソンがある。それはなんと、100マイル(180キロメートル)以上を走るという超過酷な長距離走である。

TIMEに、有名なウルトラ・マラソン・ランナーである、スコット・ジュレックとのインタビューがあったので、私なりにまとめてみる。

まず、ウルトラ・マラソンを始めるきっかけとなったのは、たまたま知り合った仲間が50マイル・ランナーで、そいつがやってみろと無理やり勧めたからだ。最初は清水の舞台だったけど、やってみると面白かった次第。

ウルトラ・マラソンをやっていると、吐き気はするし眩暈もする。でも自分は、ミネソタ北部に育ち、岩を集め、木を積み重ね、庭の雑草を取り、雑用ばっかりだった。親父は、他にやることありゃしないと言った。だから、退屈なことからも、しんどいことからも、楽しみをみつけなくてはならないんだ。

実際、ウルトラ・マラソンの疲れときたら、バットで脚を殴られるみたいだ。カリフォルニアのデス・バレーでの、バッドウォータ・ウルトラ・マラソンでは、ガラガラヘビが咬んでくれればいいと思ったよ。

ただ、ウルトラ・マラソンは多くの修練を要する。それは、頭脳ゲームなんだ。適応能力さ。学んで身に着けるスキルなんだ。ただ、走っていると一番やりたいことは、倒れて横になることだ。

僕は、肉も、乳製品も、卵も食べない。じゃ、何を食べるかというと、豆類、大豆食品、果物、野菜と健康油だ。ステーキを食べたいなんて思わない。たんぱく質がほしいと思ったら、テンペ(インドネシアのジャワ島発祥の、大豆などをテンペ菌で発酵させた醗酵食品)なんか最高だ。僕は子供の頃、走るのも野菜も嫌いだった。でも、ウルトラ・マラソンをやるようになってすっかり、菜食主義者さ。

実際、ウルトラ・マラソンをやると体は悲鳴をあげている、嫌だ嫌だと。でも人生ってやつは、ウルトラ・マラソンみたいなもんだ。なぜやるんだろうね。大変だし。ただ、やると強くなる。

僕は165.7マイルを24時間で走ったことがあるけど、普通のマラソンを走る人は、それはそれでいいんじゃない? 誰かが普通のマラソンを6時間か7時間かけて完走するのもいい。マラソンはマラソンで立派だと思う。

以上、私の趣味で意訳し、まとめてみた。ニュアンスや意味が変っていなければいいのだが。

森博嗣

user-pic
0

私は知り合いに本を紹介されたら、一応は買って読んでみることにしている。それで、森博嗣の本を読んでみないかともちかけられたときも、特にどの作品というのではなく、作家としてのお勧めだったので、面白いのかな?と適当にアマゾンで「女王の百年密室」を注文してみたのだが、安物のSFのように、なんだこれは?とただ戸惑うような作品で、それで紹介してくれた知り合いに、やっぱり森博嗣は私には肌にあわないと正直に伝えた。

そしたら、これは?と紹介されたのが「すべてがFになる」であった。「女王の百年密室」で軽い拒否反応に陥った私は、おそるおそる、「すべてがFになる」を買ってページをめくってみた。すると、期待に反して?これが面白いのである。

おそらく森博嗣の投影であると思われる、犀川というN大学工学部建築学科の助教授と、西之園萌絵という美人女子学生のコンビが絶妙で、変に理系的ペダンチックであったり、動機が不明であったり、意味不明な冗談が混じっていたりで戸惑いながら、「すべてがFになる」を読み終えると、すっかり森博嗣のファンになっていた。

何が魅力的かというといろいろあるが、なにしろ西之園萌絵の記述が可愛くて、その愛人?ということになっている犀川助教授のとぼけた味がいい。理系的薀蓄は、一応理系の端くれの私を喜ばせるし、ニヒル且つ哲学的ともいえる犀川の台詞はカッコいい。

それで「女王の百年密室」での不協和音をすっかり忘れて、犀川&萌絵、すなわちS&Mシリーズを、「冷たい密室と博士たち」、「笑わない数学者」、「幻惑の死と使途」と読破していった。あまり同一作家の作品を複数読まない傾向にある私がそのジンクスを変えた理由は簡単で、どの作品も微妙に難を感じつつも、期待を裏切らない面白さだったからである。

もともと推理小説に松本清張で入門した私は、松本清張流の自然なプロットのミステリーを至上とし、エラリー・クイーンのような人工的なプロットの作品は避けてきた。そういう意味では、森博嗣のプロットは、相当に技巧的で、私が本来好むところではない。しかし、その私が作品に食いついたのはどうも、理系的香辛料のせいである。すなわち、ここまで理系的な小説というのもあまりなく、流石工学部である。理系でも、精神科医の書く小説は、下手な文学者以上に文系的匂いに満ちていたりする。

そうやって私がすっかりファンになってしまった森博嗣だが、自宅の近所の新刊本屋に行っても、見事に著書が置かれていない。その点、沢山の作品が並ぶ東野圭吾などとは大違いである。市場的には森博嗣はもう過去の人なのだろうか。そうなら、マイナー好きな私には寧ろ好都合である。

恐山

user-pic
0

恐山というと、霊場であり、死者を呼び寄せるイタコが集う場所ということになっている。その恐山について本を書くとしたら普通は、霊能者かジャーナリストではないだろうか。

ところが、「恐山-死者のいる場所」新潮新書はなんと、曹洞宗の禅僧である、南直哉氏が書いたものである。

南直哉氏は、永平寺で20年も修行した、いわば鍛えの入った禅僧である。それがふとした縁から、恐山菩提寺の副住職になった。それは突飛といえばそうであるが、実は、恐山を管轄しているのがなんと曹洞宗なのだという。

しかし恐山が昔から曹洞宗によって管轄されていたわけではなく、修験道との関係でもともと天台宗の管轄にあり、その後15世紀に地元の争いに巻き込まれて寺が廃却され放置されていたのを、下総にいた曹洞宗の僧侶が、恐山を再興して菩提寺を建てたのだという。

ともかく恐山はもともとは、神仏の加護や祈祷の場所だった。その後、温泉に集う人々の信仰から次第に死者のスポットということなったらしい。それで、イタコも自然と集まってくるのであるが、南直哉氏は恐山は別にパワースポットでないという。寧ろ、パワーレススポットなのだという。

別の言葉でいうと、恐山は器に過ぎないのだという。器といっても、死者を弔う気持ちを入れる特別な器である。しかし、何かが降ってくるわけではなく、人々が気持ちを吐き出して亡くなった人と向きあいに来る場所だから、器なのである。

そういう南直哉氏なので、霊やあの世を肯定も否定もしない。また、自分は僧侶なので、イタコとは何も関係ないという。いかにも曹洞宗の禅僧らしい言い方である。

しかし、私が知る僧には、霊験があるとほのめかす人もいる。もし南直哉氏がそうであるなら、恐山という場所と相俟って、霊障を取り除いてほしい人々など、列をなしてやってくるだろう。

が、南直哉氏には心霊体験はなく、山っ気もない。寧ろドライに急進的で、葬式仏教は時代とともに廃れてしまうのではないかと言ってはばからない。葬式仏教を確立したのが曹洞宗であってみれば、これは何かと永平寺に背くものではないのだろうか。

ともかく恐山が単なる器にすぎないとしても、死者とのつながりを求めてやってくる人々やイタコたちにより、そこで独特の雰囲気が醸成されているのは確かのようである。そして仏教徒も、単に曹洞宗の教えを展開するのではなく、恐山と微妙な折り合いをつけてやっていくバランスを求められているようである。

火星年代記

user-pic
0

もう一ヶ月以上前、レイ・ブラッドベリの訃報を聞いた。レイ・ブラッドベリというとSF作家に属すると思うが、私はSFは子供の頃から結構好きで、小学生のとき、ジュール・ヴェルヌの「彗星飛行」を読み、とても感動した記憶がある。

ただ、私が生まれ育った島には本屋はなく、学校の図書館も充実していなかったので、「彗星飛行」以外のSFを読むことは当時できなかった。

大学に入ってからは時間ができて、まとまった量の本を読むようになったが、たまたま友人から紹介された松本清張にはまってしまい、ここでもSFは読まなかった。ようやくSFを読むようになったのは、結婚して家内が所用で実家に帰り、暇だったときである。そのとき、フレドリック・ブラウンの「発狂した宇宙」と「火星人ゴーホーム」、マイケル・クライトンの「アンドロメダ病原体」、スタニスラフ・レムの「『砂漠の惑星」、「ソラリス」など読み漁った。

ところがその後、公私ともに多忙になって、なぜかSFから再び遠ざかってしまった。あのままSFを読み続けていたら当然にレイ・ブラッドベリの「火星年代記」にも到達していたはずなのに、と思いつつ、随分遠回りして、「火星年代記」と邂逅した。

さて、オーソン・ウェルズが朗読する「火星人襲来」に象徴されるように、火星人とはもともと、地球を侵略してくる宇宙人の典型であった。なにしろ、月を除けば、最も近い惑星である。ところが「火星年代記」では、きわめて素朴な形で、地球人が火星に出かけていく。そして、不思議な、きわめて精神的な火星人に当惑する。

しかし、より当惑したのは火星人のほうだったのかもしれない。ともかく火星人たちは、度重なる地球人の訪問により、次第に非物質的存在に追いやられる。このあたり、アセンションや、金星人オムネク・オエクを彷彿とさせる。

あと、面白いのは、火星人は、地球は酸素が濃すぎるので生物が生きるのに適していないから、生物はいないと思っているという記述である。確かに酸素は生物には毒なので、そういう発想もありえなくない。

さて、火星の精神性が際立つにつれて、地球の宿業が沸騰し、火星も地球も全く別の意味で滅亡の危機に瀕する。

26の小編からなるこの小説は、次第に哀しさとペシミズムを募らせる。下手に科学技術に対する記述を含まないがゆえに、「火星年代記」は古びることがない。むしろ、不条理に目を向けるのが純文学であるなら、「火星年代記」も超純文学である。

そういえば、日経の記事によると、大型無人探査機「キュリオシティ」が火星に打ち上げられるという。

【ワシントン=共同】火星の生命の痕跡を探る米航空宇宙局(NASA)の大型無人探査機「キュリオシティ」が6日午前(日本時間同日午後)、赤道付近のクレーターへの着陸に挑む。
過去最大の探査機を無事に下ろすため採用されたのは、母船からつり下げるSF映画のような新手法。「NASA史上、最高難度の冒険的な仕事」とされる着陸が成功するのか、注目される。
キュリオシティは全長約3メートルの軽乗用車ほどの六輪車で、ロボットアームやドリル、レーザーなどを備える。土壌や大気などの成分を自動で分析する約10種類の装置を搭載して「火星科学研究所」とも呼ばれ、重さは約900キロある。

CNNニュースによるとその後、キュリオシティは無事火星に着陸した。

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」は米東部時間6日午前1時30分ごろ(日本時間午後2時30分ごろ)、火星の地表に無事着陸2 件した。キュリオシティ2 件を見守っていた管制室の関係者らは、着陸が成功すると歓声を上げて成功を祝った。

さて、火星人たちは、どうこの探査機を眺めるのだろうか。少なくとも、歓迎はしないだろう。

ナショナルジオグラフィックによると、飼っているチーターが、100メートル走で5秒95のタイムの「世界記録」を樹立したという。以下、引用しつつコメントする。

チーターの「サラ」が、立った状態からスタートする100メートル走で5秒95のタイムをマークし、"世界記録"を更新した。これに比べると、オリンピック選手ウサイン・ボルト(Usain Bolt)の持つ100メートルの世界記録9秒58がずいぶん遅く感じられる。

オハイオ州のシンシナティ動物園が8月2日に発表したところによると、11歳のサラは同動物園が設置した全米陸上競技連盟(USATF)の認定コースを走り、レーダー計測で最高時速98キロをマークしたという。このニュースを報じた米ナショナル ジオグラフィック誌は、同誌プロジェクトのためにサラを含むシンシナティ動物園の複数のチーターを撮影しており、チーターの動きをとらえた、これまでにない高速撮影写真などを11月号に掲載する予定だ。

サラが6月20日に出した100メートル走のタイムは、これまで地球上の生物が出した最速記録だという。しかし、シンシナティ動物園キャット・アンバサダー・プログラム(Cat Ambassador Program)の創始者で、サラを子どものころから育ててきたキャスリン・ヒルカー(Cathryn Hilker)氏にとっては驚きではない。

100メートル走で5秒95というのは確かに、人間ではありえないくらい速いが、本当にこれが地上の動物の最速なのだろうか。

あるページで調べたら、以下のような100メートル走のデータがあった。

  • チーター 3.2秒
  • ガゼル(チーターのエサ) 4.0秒
  • サラブレッド(人間が乗った状態で) 5.0秒
  • グレイハウンド(ドッグレース用の犬) 5.1秒
  • ダチョウ 5.2秒
  • カンガルー 5.5秒
  • ウサギ 5.6秒
  • ライオン 6.2秒
  • クマ 6.4秒 
  • オオカミ 6.5秒
  • キリン 7.1秒
  • バッファロー 7.2秒
  • ハイエナ 7.2秒(この速度で2時間以上走れるらしい)
  • ネコ 7.5秒
  • サイ 7.8秒
  • イノシシ 8.0秒
  • ラクダ 9.0秒
  • ゾウ 9.2秒

これを見ると、大抵の動物は人間よりも速い。それは四足だもの、ということになるのだろうか。

あと、ちょっと怪訝なのは、上記の記事では、チーターが100メートル走で5秒95のタイムとあるのに、引用したデータでは、「チーター 3.2秒」とあることである。これはおそらく、速度0からスタートしてチーターに100メートル走をさせた場合の記録で、「チーター 3.2秒」というのは、瞬間最大速度なのだろう。

チーターに100メートル走させた仕組みは、次のようなものだという。

写真撮影の際、5頭のチーターはそれぞれ1日数回のスプリント(短距離走)を行った。彼らにとってそれはゲームのようなものだった。動物園のバンの後部から飛び出し、ひもにつながれ高速で引っ張られる犬のぬいぐるみを追って草原を駆けた。

また、チーターといえども、個体差もあり気まぐれもある。

スプリントは全部で30回以上行われたが、動物園の5頭のチーターが記録した100メートルのタイムは、サラの5秒95という猛烈に速いものから、若いオスのチーターが気もそぞろにゆっくり走って出した9秒97という平凡なタイムまでさまざまだった。

こういうのを見ていると、当たり前であるが、オリンピックというのは所詮人間同士の競技で、動物に比べると低いレベルで争っていたりする。最近は将棋で、人間対コンピュータの競技があるように、オリンピックでも、人間対動物の余興があってもいいように思われるがいかがだろうか。動物が圧勝しすぎて幻滅するので、やらないほうがいいか。

今までiPS細胞不完全にまとめたように、iPS細胞関連の記事を律儀に追ってきたが、iPS細胞でドーパミンを最後として、その後フォローするのを止めてしまった。言い訳であるが、iPS細胞がフロンティア科学から通常科学になったのではないかと判断したからである。

さて、iPS細胞の実用化に向けて、読売新聞に興味深い記事があったので、簡単にまとめてみる。

すなわち、京都大学iPS細胞研究所の2階に、細胞の培養や保管のための設備がある。これは、iPS細胞をストックするためのものである。

iPS細胞をストックするといってももともと、iPS細胞は、本人の皮膚などの細胞をiPS化して臓器にし、それを移植すると本人の細胞なので免疫的に問題ない、よって、その都度培養すればよいのかもと思っていたら、そうやって個人ごとにiPS細胞を培養するのは数ヶ月かかり、費用もかさむのだという。

そこでiPS細胞研究所の山中所長は、予め保存しておいたiPS細胞を必要に応じて提供することを計画しているのだそうである。あれ、免疫の拒絶反応は問題ないのかと思ったら、細胞のHLAという型を合わせれば、免疫の拒絶反応は大幅に抑えられるのだという。そして、日本人は単一民族のためかHLAの多様性が乏しいので、75種類のHLA型があれば、日本人の8割はカバーできるという。

そうは言っても、75種類のHLA型を揃えるには、6万4000人の強力が必要になるという。これは大変な数である。山中所長は、保管されているさい帯血をiPS細胞作成に転用する目途がたったが、それでもまだ3100人分だという。

HLA型を揃えるだけではない、iPS細胞の培養技術もまだこれから底上げが必要である。米国では1998年にウィスコンシン大学が人間のES細胞を作製して以来、細胞の培養技術に長年のノウハウがあるが、日本はES細胞を扱った経験が少ないので、ノウハウの蓄積が少ないという。

ということで、課題は山積みであるが、iPS細胞ストックで、医療への実用化に向けて一歩を歩みだしたことになる。

シオニズム

user-pic
0

以前にヘブライ語の復活で、エリエゼルによる古代ヘブライ語の復活のストーリーをみたとき、流石にユダヤ教に対する深い信仰心だと感心した。並みの決心ではこれほどの偉業は達成できない、と。そして、今でもエリエゼルとベン・イェフダ家は、イスラエルの人々に尊敬されていると信じて疑わなかった。

しかし、「イエラエルとは何か」ヤコブ・M・ラブキン、菅野賢治訳、平凡社新書を読むと、どうもその認識は違っているらしいと感じた。

そもそも主としてヨーロッパに住んでいたユダヤ人の共通言語はイディッシュ語で、それは言語学的には、ドイツ語の一方言として位置づけられる。イディッシュ語は今でも、世界中で400万人のアシュケナージ系・ユダヤ人によって使用されている。

それなら、ユダヤ人の統一国家を建てるなら、そこでの共通言語は、イディッシュ語でよかったはずである。なのになぜ、大変な困難を乗り越えて、イエラエルはヘブライ語を採用したのか。

そこには、ジャボチンスキーなどによって盛り上げられたシオニスト運動家たちの思惑があった。イギリス政府のシオニズム支持表明であるバルフォア宣言で、シオニストたちは勇気づけられた。そしてパレスチナにユダヤ人が移住し始めた。

ドイツのナチズム台頭は、パレスチナへのユダヤ人の移住を加速した。そして第2次大戦後の1948年、イギリス軍がパレスチナから撤退したとき、ベン=グリオンは、イスラエル国の建国を宣言した。

しかし、このような活動はそもそも、ユダヤ教の教えに沿ったものではなく、寧ろそれに反するものだった。そもそも、ユダヤ教によれば、神に導かれるかたちの建国でないと認めない。このような極めて政治的なユダヤ人国家の建国は、ユダヤ教の教義に悖るものであった。

しかも神の言語であるヘブライ語を日常語にすることは、冒涜であるとみなす敬虔なる人々がいた。

しかし、イエラエルの建国後、トーラーへの篤い忠誠心とユダヤ教の豊かな知識を有する人々はむしろ、脱宗教的な再教育を施されることになった。

これで私が納得いったのは、ずっと抱いてきたイスラエルの近隣アラブ諸国に対する、粗野ともいってよい非宗教的態度である。イスラエルは脱宗教の近代国家なのであり、軍事大国なのでもあった。

確かに、ユダヤ教の教義を墨守していては、近代国家としては立ち行かないだろう。しかし、このドライさは、あまりにも宗教的な場所であるエルサレムを包含する国家にはどうもそぐわないように思えてならない。

実際、シオニズムが産み落とす暴力に対して、ユダヤ教のラビたちから、多くの批判がなされているようである。今後、ポスト・シオニズムがどちらの方向に向かうのか、混迷するのか、注目を要するところである。

傀儡症候群

user-pic
0

一般的に傀儡政権というと何を思い起こすだろうか。汪兆銘政権だろうか、ドイツ占領下のフランスのヴィシー政権だろうか、それとも南ベトナムのゴ・ディン・ジエム政権だろうか。

傀儡は、例えば、相対的に強国であるA国と、相対的に弱国であるB国の間で起こりえる。A国がB国に進出し、B国をコントロールしようとするとき、B国を武力で侵略することは、無骨すぎて国際世論の反発を招く。

すると、A国は、B国において、あるレベルの権限をもつシンパの人達を見出し、優遇を与える。そして、その人達を傀儡化し、意のままに操ることにより、A国のB国における影響力を次第に増す。

これは平和的に支配するよい方法に見えるが、まず問題なのは、容易に傀儡化される人達は、資質的に高くない場合が多いということがある。そういう人達に管理を任せると、一見うまくいっているようで、実はガタガタになることがある。ゴ・ディン・ジエム政権などその典型である。逆にいうと、有為の人物は一家言あり、簡単な傀儡の誘いに乗らない。

さて、駄目人材にローカルな管理を任せてガタガタになってもA国は気づかない。というのは、もともとB国をきちんと管理する気などないのである。要するに意のままに動いてくれればいい。すると、一番重要なことは、A国の母国語をきちんと理解し、その言葉できちんと報告してくれる人であることである。

さらにはA国の文化や背景をきちんと理解してくれるB国人が望ましい。それには、A国の大学や大学院を卒業していればベストである。こうして、イエスマンで、A国語に熟練し、さらに望ましくはA国の大学を卒業したような人材がどんどん登用され、傀儡集団をなす。

また、A国が圧倒的な強国である場合、B国内におけるA国の傀儡集団は、ステータスも高く、俸給もよく、B国民の憧れの的となる。

そして、傀儡集団の傀儡化が進めば進むほど、業務知識でなく、語学のスキルだけで人材が登用されることになる。下手をすると、研究開発や経理などの専門家集団でも、まず要求されるスキルが語学力で、それ以外のスキルが二の次とみなされるようになる。

また、A国人の管理職は、B国での責任者を任命する際に、単に自分の母校の出身というだけで信用して採用してしまうことがある。もしその人物がスキルや人格で大変問題があっても、意に介さない。単に語学と自分に対する忠誠心だけで評価するからである。

すると、次第に傀儡集団のパフォーマンスは低下してくる。当たり前である。業務知識よりもA国語(仮に英語としよう)力で任命された責任者が跋扈しているのである。英会話学校でもない限り、それでうまく回ったら奇跡である。なのにA国人の管理職は、これは語学力が足らないのでこちらの意図が伝わらなくてパフォーマンスが低下しているとみてしまう。そして、ただひたすら、語学の強い人を採用し、一層パフォーマンスが低下してしまうという負のスパイラルに陥る。これが傀儡症候群なのであった。

ただ、傀儡症候群に陥ったとき、より病んでいるのは傀儡にされてしまう方だろうか、傀儡を強いる側だろうか、私には傀儡を強いる側に思えてならないのである。それは、流行病の患者が、他人に病原菌を巻き散らかすのにも似ている。感染を防ぐには、ともかくも心身を鍛えておくにしくはないのである。

学生時代は、松本清張、森村誠一など推理小説をよく小説を読んだ。また、1990年代に都内に長距離通勤していたときも、司馬遼太郎など、通勤電車でよく小説を読んだ。

ところが、幸便にも自宅から数キロしか離れていない研究所に転勤になったときから、暇をみて読書はするものの、ほとんど小説を読まなくなった。それは電車通勤の時間がごく短くなってじっくり本を読む時間が減ったのと、いや、それ以上に、管理職になってしまったのが大きいのかもしれない。

管理職になって物理的にも精神的にも余裕がなくなり、矛盾しているかもしれないが、単なる気分転換のような本を読む気がしなくなった。また、立花隆の読書論の影響もある。立花隆氏は猛烈な読書家・勉強家で、例えば脳科学を勉強したいと思い立ったら、入門書から専門書まで箱一杯本を買い込んで読み漁る。そうして、玄人裸足の知識を身につける。実際に脳科学の研究はしないので定義としてはディレッタントということになるが、それにしてもやはり知識は半端ではない。しかも脳科学だけでない、宇宙科学とか、そういう知識の井戸が何本もある。

そんな立花氏は小説は大学のとき以来読んだことはないという。また、もしかしたら、いわゆるプラトンなどの古典も読まないと書いていたかもしれない。すなわち、現代の時事問題や先端科学を追おうとすると、要するにお話である小説を読む意義は感じないということらしい。

私は古典を読む意義も小説を読む意義もあるは思ったが、知らないうちに立花氏の影響を受け、小説から遠ざかってしまった。そんな慣性があるので、管理職を降りて、心身ともに余裕ができても、なかなか小説に戻らなかった。空白になっていた科学技術の知識にキャッチアップするのに大童だったということもある。

ところが、空っぽだった私の科学技術の池にようやく少し水が溜まってくると、他の人のブログでの紹介や、会社の知り合いからの紹介などで、少しずつ小説も読み始めてきた。東野圭吾がそうで、また、自分としてマイブームなのは、やはり紹介された森博嗣がある。森博嗣についてはそのうちコメントを書くことにする。

ところが、ただ紹介された小説を読むだけではちょっと受動的すぎないかと、自分でも本屋で、いままで読んだことのない小説を漁ってみることにした。すると、私のアンテナにひっかかる作品がたまたまみつかった。「この世の全部を敵に回して」白石一文著、小学館文庫である。

実はこれは小説ではない、この世の不条理を、えんえんとぼやいてるだけである。ただ、人生幸朗・生恵幸子の漫才が、ただぼやいているようでいて、実はなかなか計算された芸であるように、この小説(と呼べるならであるが)も、至芸に達している。

白石氏は決して立場を明示していないが、明白に、少なくとも私と同程度のスピリチュアリストである。スピリチュアリストであるということは、霊魂の存在を信じ、生物が肉体と魂の合体であることを信じ、霊魂の永遠性を信じ、且つこの世が魂の修行の場であることを信じる、ということになる。

しかし私でさえ大いにそこに割り切れないものを感じるのに、私よりも鋭い感性の白石氏が、疑問を感じないはずがない。この本で述べられていた疑問を、私になりの表現で列挙してみる。

  1. 魂の修行の場としての現世の矛盾の多さ。あるいは、建て付けを悪さ。なんでこんな、場末の荒れた学校のような現世を、魂の修行の場としているか。責任者でてこいと、人生幸朗ならぼやく。
  2. 例えば、現世で殺人を犯す人は後を絶たない。その双対で人が殺される。殺される人は、それはそれでカルマの解消なのか。だとしたら、殺人を犯す人はカルマを追加で背負うことになる。修行の場のはずではなかったのか。
  3. 動物愛護団体は、犬や猫などのペットが虐待されると問題視するが、なら、食肉のために屠殺される牛や豚は愛護しなくていいのか。どんな論理一貫性がそこにあるのか。
  4. 刑法における責任阻却事由はなぜおかれているのか。わが子が心神喪失者に虐殺されたとき、裁判で無罪になったとして、親の救いは何なのか。
  5. なぜわれわれは死を見つめないのか。
  6. 戦争、テロ、狂信、犯罪、飢餓、貧困、人種差別、拷問、幼児虐待、人身売買、売買春、兵器製造、兵器売買、動物虐待、環境破壊。私たち人間は歴史の中でこれらのうちでたった一つでも克服できただろうか。答えは否だ。

そういう古典的ともいえる問題が言及される。この本の解説の川上弘美氏は、「・・・この本を真に求める人たちが、どうか無事、この本にめぐりあうことができますように-。」と述べる。私は無事、巡り会えた。この歳になって、本の探訪はまだ始まったばかりである。

写像

user-pic
0

現代数学を学んでみると直ちに分かるのは、そこで写像が極めて重要な役割を果たしている、ということである。すなわち、2つの数学的対象の間の写像を考えたとき、全射だの単射だの、同型写像だの、準同型写像だの、さらにはホモロジー、コホモロジー、層、圏、トポスとどんどん話は広がる。

なぜ写像が数学で重要なのかというと、われわれの心理の中でも写像が本質的だからである。われわれが日常生活を営むと、心の中になにかのオブジェクトが形成される。それは読書であってもよいし、スポーツや囲碁・将棋であってもよい。

そして心の中にオブジェクトが形成されると次に人間は、本能的にそれを未知の対象に写像してみる。それが、幼児の限られた経験から次第に版図を広げていく方法である。

しかし、既知のオブジェクトから、未知のオブジェクトへの写像には常に無理がある。その無理の度合いを指標づけられないのかとふと思ったのは、棋友から聞いた、サッカーと将棋の対比である。すなわち、ほとんど自明にも、サッカーでは、複数の選手がいて、それに指示を出す監督がいる、さらに審判もいる。一方将棋では、たった二人が対戦するだけで、審判もいない。将棋大会の審判というのがいるが、実質ほとんど対局に関与しない。だから、サッカーの選手が人生を語るのはまだよいとして、棋士が人生を語るのはおこがましい、とそういう趣旨である。

すなわち、φ:サッカー → 人生という写像と、ψ:将棋→ 人生という写像のそれぞれを考慮したとき、φはψよりもおこがましくない、といえる。このおこがましくなさが、写像の指標となりえる。

写像の指標には他のプロパティも当然考えられるが、今は一応措くとして、次に、写像のおこがまさしさを減らす方法を考える。例えばそれは、次のようなものである。

  1. 値域を限定する。すなわち、ψ:将棋→ 人生はかなりおこがましいとしても、会社の仕事 ⊂ 人生として、ψ':将棋→ 会社の仕事となると、おこがましさはかなり減る。実際、将棋の効用で述べたように、私は将棋を仕事に応用してそれなりに成果をあげてきた。
  2. 逆関数を考える。すなわち、ψ:将棋 → 人生はおこがましいので、ψ-1:人生 → 将棋という逆関数を考えると、おこがましさはかなり減るが逆に、m(人生) ≫ m(将棋)なので、何を表現しているのかあまりに茫漠としてくる。すると写像の別の性質として、おこがましさ以外に茫漠性があることがわかる。その茫漠性にどう対処するかかなりの努力と創造性を要するし、おそらくであるが、人生の込め方は、将棋の質にも影響するのだろう。
  3. 合成写像を考える。ψ:将棋 → 人生があるとき、ξ:人生 → 宇宙のような写像を与え、ψ・ξ:将棋 → 宇宙のような合成写像を考えると急に景色が変わってくる。

ここまで書いてきて分かったのは、頭の中の写像が茫漠だろうとおこがましかろうと、勝手にイメージを膨らませればそれでよいという、それだけのことである。

部益

user-pic
0

私は、たまたま管理職に登用されたとき、会社に少しでも貢献しようと青臭く誓った。そこで会社というのはもちろん、自分の所属する部門だけでなく、それを含む会社全体である。

それで私がとった方針は、部内の人に対する以上に、部門外の人にサービスすることだった。具体的には、米国の上司から来るリクエスト同等以上に、部門外の人からくるメールに応答する。

ここでいう部門外というのは、特許部門外の人事部門、研究開発部門、SE部門などということと、海外の特許部門という2つの括りがあり、どちらも私は重視した。

ここで重視とはどういうことかというと、部門外からのリクエストに、部門内からのそれに対して同等以上の時間及び優先順位を与える、ということである。ただもちろん、部内からの依頼もきちんと対応していたつもりである。だから換言すると、部門外を部門内と同一視していたといってもよい。

この結果どうなったかというと、社内の他部門に対して、私が顔のような存在になり、私しか見えないとまで言ってくれる人もいた。

そうやって部門外にいい評判をとれたので、これこそが全体最適的な好ましいやり方だと信じてしまった。そして、米国人の上司の指示も、全体最適というフィルタを通して、私なりのやり方に微妙に翻案して実施した。

しかしそのやり方が破綻する日がきた。新しく赴任してきた米国人の上司がとても独裁的だったのである。すなわち、その上司は自分が決めたやり方以外、一切認めない人だった。だから私のやり方がいちいち癇に障ったようで、ある日部屋に呼ばれて、いい加減にしろと怒鳴られた。なんで俺の言うとおりにやらないのか、と。

私は顔面蒼白になった。これはいよいよクビかと思った。それでも、今後は気をつけますと渋々誓ったら、なんとか放免され、とりあえずクビは免れた。しかし、私はこの上司に決定的に信頼を失ったようで、事ある毎に不信感でみられ、それが原因で人事的な仕打ちを受けたりした。

しかし、局所最適化のような部益に留まってはならないという私の信念は不変であった。結局、私が希望して管理職から降りることで、部門における私の影響力が減ったので、上司の私に対する追及も自然に減衰した。

ただ、私が管理職から外れることで、いよいよ部門は局所最適化の部益に突き進んでいった。私には、自部門さえ栄えればいいという方針は耐えられない。例えば、特許権というのは特許のための特許であってはならない。これは、丸島儀一氏も指摘していることである。

ただ、思い入れが強すぎるところがある私は、管理職から外れて、斜に構えてしまった面があることは否定できない。

それでも、管理職ではないので非公式に他部門とのインターフェースを努めていると、以前よりもサポートしてもらえなくなった、みたいな愚痴を聞く頻度が増えてきた。人間は本能的には、自己中心、自部門中心に思考を採るので、これを全体最適化の方に多少シフトさせなくてはならないのだが、一体どうすればいいのかアイデアもないまま、私の定年が近づくのであった。

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。