2012年9月アーカイブ

知り合いから「國破れてマッカーサー」西鋭夫著、中公文庫を紹介されて、パラパラとめくり、うん、これは読むべき本と即断した。そこで私なりにきちんと読んでみたが、期待を裏切らない良書であった。以下、私なりに内容を要約してみる。

西鋭夫氏は、関西学院大学を卒業後、ワシントン大学に留学し、日米外交史を専攻するうちに、1974年に、1945年の米国政府の機密文書が近々公開されるいとう記事を雑誌でみかけた。そして、ワシントンDCのアメリカ国立公文書館を訪れ、30年の時効ののち公開されたそれらの機密文書を読む機会をもった。西鋭夫氏がそこで知りえた事実を駆使して書いた内容で、実に説得力に満ちている。また、いい意味で憂国の情に溢れている。近代日本史の理解に必読の本なのではあるまいか。

さて、日本が苦渋の決断でポツダム宣言を受諾した後の1945年8月30日、マッカーサーが専用機で、厚木基地に降り立った。そのときマッカーサーは65歳。

トルーマン大統領は、マッカーサーに史上空前の全権を与えた。無条件降伏に基づくがゆえに、その与えられる権力は最高なのだった。日本の占領政策は、一人の男に完全に委ねられた。

ポツダム宣言によれば、日本の占領政策は、米国、ソ連、英国など連合国の合議で決めるべきであった。しかし、それは大いなる建前なのであって、マッカーサーは、ソ連や英国の介入をものともせず、無視し続けた。特に反共主義者であるマッカーサーの、ソ連に対する態度は辛辣だった。

マッカーサーが占領政策を独占する理由は、それなりに一理あった。すなわち日本と太平洋戦争で戦ったのはほとんど米国であり、日本占領の人的・物的負担を負っているのもほとんど米国である、というものである。

マッカーサーが先ず導入した言葉が「民主主義」である。すなわち、日本は封建的な陋習の状態にあったので、あのような無茶な戦争をした、是非とも必要なものは民主化である、というものである。これはイラクやアフガニスタンに米国が導入しようとしたことと同じである。

マッカーサーの施策のアイテムは、次のとおりである。

  • 軍事力の破壊。
  • 戦争犯罪人の処罰。
  • 憲法の近代化。
  • 自由選挙。
  • 女性の選挙権。
  • 政治犯の釈放。
  • 農民の解放。
  • 自由な労働運動の確立。
  • 自由経済の奨励。
  • 警察による弾圧の禁止。
  • 自由で責任ある報道。
  • 教育の自由化。
  • 政治権力の地方行政化。
  • 宗教の国家からの分離。

マッカーサーはまた、キリスト教を日本に導入しようとした。民主主義とキリスト教のセットで、日本を教化できると考えていた。そういう西欧文明中心的な価値観に座標を置くことで、日本人を12歳の子供だと言ってはばからなかった。私というよりも平均的な日本人の価値観では到底受けいれられないが、彼の偏狭な価値観ではそうなるのだろう。

だからマッカーサーは、愛国心や日本的なものを徹底して破壊しようとした。破壊した後に米国的な民主主義を根付かせようとした。そんな倣岸なマッカーサーはGHQのオフィスから離れることはなく、日本人に会いにいくこともなかった。天皇さえ呼びつけるほどである。

マッカーサーは、旧軍部を悪と決め付けるために、国際軍事裁判を開始することを重視した。東京裁判である。その際、ソ連などから、天皇を戦犯として裁けと圧力をかけられたが、天皇を裁くと政治的な混乱が大きすぎると、主張を通した。これはおそらく正解だったろう。また、旧軍事色をなくすために、多くの旧軍関係者を政府職員からパージした。さらに、神道を悪の偶像化した。

このような、恣意的ともいえる基準に反する記事がないかと、GHQは新聞、雑誌その他の出版物を徹底的に検閲した。報道の自由は皆無だった。

しかし、マッカーサーがした最大のことは、もしかして憲法の起草と公布だった。マッカーサーは日本の法学者たちに憲法の草案を提出するよう命じた。しかし、どれも、明治憲法の焼き直しで、マッカーサーが掲げる民主主義の理想に適うものではなかった。そこでマッカーサーとその側近たちが憲法を草案し、それを日本政府に押し付けるかたちとなった。マッカーサーは、それがやりすぎだったと思ったのか、後の回顧録では、憲法の押し付けなどしなかった、と言い訳している。しかしそれは明白な嘘である。

このマッカーサー憲法の特徴は次の2つである。

  1. 人権・市民権の保障。
  2. 戦争放棄。

特に戦争放棄の第9条が、日本国憲法の礎石である。マッカーサーの頭には、フィリピンのコレヒドールを日本軍に追われて命からがら逃げた原記憶があるのかもしれなかった。あの恐るべき戦闘能力の軍備を絶対に復活させてはならないと。しかし、マッカーサーは、「自らの安全を自らの力によって守る意志をもたない場合、いかなる国家といえども、独立と平和を期待することはできない。」というマキアベリの言葉を知らなかったのだろうか。果たして、朝鮮戦争の勃発とともに、憲法第9条は早々に破綻した。

マッカーサーの次なるターゲットは、国民の根幹である教育だった。教育勅語を攻撃し、明治以来の日本精神を批判し、学校教育から駆逐した。そして、米国から教育使節団を招聘し、日本国憲法の教育版である、教育基本法を制定した。

さらには日本語そのものを敵視し、漢字を排除して、カナあるいはローマ字に一本化しようとした。ある意味、昨今のグローバルスタンダード論者も似たようにことを仰っている。世の中から愚かな人々がいなくなる日は来ない。またさらに書道まで廃止しようとした。ともかくも漢字と書道は、なんとか残すことができた。ただ、日本の子供達は、私もそうだったように、米国に憧れ、他人を助けることよりも自分の欲望を追求し、安逸な平和に流れるようになった。

マッカーサーが下手に政治犯を解放し、労働運動を奨励したので、共産主義者たちが跋扈するようになった。当然にソ連の援助もあったであろう。そこで、共産主義嫌いのマッカーサーは、レッドパージを敢行した。しかし、諸大学はすっかり共産主義に染まっていた。ずっと後になっても、経済学部では、あの教授はマル経だといわれていた。マル経の巣窟である有名大学経済学部もあった。

そして平和条約である。一部野党は、日本と、連合国当事者である米国、ソ連、中国も含む平和条約の締結を主張したが、そんなことを主張していては永遠に条約締結の日は来ないと、与党と米国は単独講和した。まあ妥当だろう。平和条約では、日本の再軍備を認めるかどうかが問題となった。常識的には、過度に平和に染まった第9条は外すべきだろう。さもないと独立国とはいえない。しかし、どういうロジックか、日本は自衛隊はもつが、主要な軍備は、駐留米軍に依存することになった。これもまたマッカーサーの方針なのだろうか。私はよく読みこめていない。

マッカーサーの極めつけは朝鮮戦争である。そこでマッカーサーは、指揮官として再び軍隊を指揮する機会を与えられた。実際、マッカーサーはそこでも武勲を得たといえる。しかし、反共のあまり、加勢した中国をも殲滅するといって聞かなかった。原爆の使用も辞さないといった。それを押しとどめて、強引にマッカーサーを解任したトルーマンは正解だっただろう。

解任され米国に帰還したマッカーサーは、それでも歓迎をもって迎えられた。依然として英雄だった。毀誉褒貶はあるが、日本が、ドイツのように割譲されるのを防いでくれたことには感謝したい。強権も使いようである。

それにしても日本はいつ、マッカーサーの呪縛から醒めるのだろうか。いや、この半端な隷属状態がぬるま湯で心地よいので、永遠に続くことを願っているのだろうか。

学歴の浪費

user-pic
0

先日、NHKの将棋番組をみていたら、観戦記者の小暮克洋氏が出演していた。知る人ぞ知るであるが、小暮克洋氏の父君は法学者で北大名誉教授の小暮得雄氏。小暮得雄氏は東大将棋部で伝説のアマ強豪であり、その影響で息子の克洋氏も東大法学部に入り、しかもアマ強豪となった。父親の辿った道をそのまま辿れるのがすごい。そして小暮克洋氏は、1986年に学生名人にもなり、東大将棋部の黄金時代を築いた。

当時将棋ジャーナルの熱心な読者であった私は、小暮克洋氏の名前を紙上でよく見かけ、また雁木戦法の棋譜もよく並べてみたものである。そして東大将棋部の典型的なアマ強豪がそうであるように、小暮克洋氏も銀行や三菱重工などの財閥系などの一流企業に就職して、アマ強豪を続けるのかとおもっていたら、なんと将棋の観戦記者になっていたので、少し驚いたことがある。元アマ強豪で大学教授の父君も流石に、これには苦笑したのではないだろうか。

一方、囲碁では、毎日新聞の観戦記者に、金沢盛栄氏がいる。金沢盛栄氏といえば、京都大学の学生時代に無敵を誇り、世界アマ囲碁大会で活躍している。弟の東栄氏も同様にアマ強豪である。私の記憶が正しければ、金沢盛栄氏は一旦立命館大学に合格し、後で京大に入りなおしている。学歴を更新したかったのだろうか。

それで、いかにも勿体ないとおもってしまうのは、小暮克洋氏も、金沢盛栄氏も、折角一流大学卒業なのに、学歴の全く通用しない囲碁や将棋の観戦記者になってしまっていることである。囲碁や将棋の観戦記者というのは、世間からみてよく分からない不安定な職業であり、棋士との人間関係でなんとかつないでいく仕事であるが、下手すると中途半端で、その道で成功するのは、なかなか難しいのではあるまいか。

尤も、希望しても囲碁や将棋の観戦記者にはなかなかなれるものではない。若い頃、日常的なサラリーマン仕事に倦み、なんとか将棋の観戦記者になれないかと思ったこともあるが、そもそもコネもないし、非社交的な私の性格では到底無理と早々に諦めた。諦めた理由は他にもあって、観戦記者であることのアイデンティティというのはなかなか見出しにくいというのもある。

戻って、菊川怜という女優がいて、私は結構ファンだったりするのだが、菊川怜は周知のように、桜蔭、東京大学工学部建築学科卒という学歴で、それを売りにして数学の本も書いたりしている。確かに芸能界にあって、東大卒というのは売りになる。

ところが、小暮克洋氏も金沢盛栄氏も、学歴のことなんておくびも出さない。いまの日本で、東大だの京大だのの出身であることは有利に働くはずなのに一切そのことを利用しないのは、それなりに苦労して獲得した学歴の浪費だと思った次第である。

ただ、知名度の世界ではなく、あくまでも実力の世界である囲碁界・将棋界では、学歴が関係ないので、どうしても学歴の浪費になりやすい。東大卒の片上六段、阪大卒の糸谷五段、東大卒の渡辺弥生女流1級、囲碁では東大卒の石倉九段、京大医学部卒の坂井八段、などであるが、芸能界のようには話題にならない。学歴を自ら示唆するのでさえ、いかにも不躾である。

ところで、学歴の浪費は囲碁に喩えると分かりやすい。すなわち、立派な学歴は、囲碁でいえば鉄壁の厚みである。立派な厚みを築くと普通、棋士は、相手の石を打ち込ませてこれを厚みを利して攻める。もし相手が入ってこないと、厚みを使って、広い模様に構える。

ところが、学歴の浪費とは、厚みを攻めにも模様にも一切活用しない。すると下手すると、立派な壁だった厚みが攻められて、死にそうになったりする。ただ、学歴という厚みは死ぬことはなく、最低でも目二つで活きることはできるようである。

囲碁と人生の違いはここからである。すなわち、囲碁では、目二つでやっと活きた元厚みなんてなんの意味もないが、人生では少し違う。例えば、将棋の観戦記者と飲んでいて、はて、そういえばあなたは東大卒でしたね、と聞く。観戦記者は、少し沈黙して、そんな昔の話はしないで下さい、と不機嫌そうに酒を口に含んで、話題を変える。こういう学歴の活用法はなかなか粋ではないだろうか。

時事通信によると、理化学研究所が、113番目の元素の合成に成功したという。以下、引用:

理化学研究所は26日、加速器実験で113番目の元素の合成に3回成功し、新元素の発見が確定したと発表した。113番元素はロシアと米国の共同研究チームも発見したと主張し、国際学会がどちらに命名権を認めるか審議している。日本に認められればアジア初で、「ジャポニウム」が有力候補。論文は日本物理学会の英文誌電子版に掲載された。

113番元素は、周期表ではホウ素やアルミニウムなどと同じ13族に位置付けられる。理研の森田浩介准主任研究員(55)らは2003年9月、亜鉛(原子番号30)の粒子を光速の1割まで加速し、ビスマス(同83)の標的に衝突させ、両元素の原子核が完全に融合した113番元素を合成する実験を始めた。

04年7月と05年4月に1個ずつ、合成に成功。しかし、両方ともヘリウム原子核を放出するアルファ崩壊を4回繰り返してドブニウム(同105)になった後、二つの原子核に自発核分裂するパターンだったことなどから、国際純正・応用化学連合と国際純粋・応用物理連合の合同作業部会は発見と認めなかった。

今年8月12日に合成した3個目は、ドブニウムまで崩壊後、さらにローレンシウム(同103)、メンデレビウム(同101)まで2回崩壊する別パターンだったため、発見は科学的に揺るぎないものとなった。

この記事をみて思い出すのは、私が前に書いた超ウラン元素の内容である。その内容によると、2006年10月9日、米ローレンスリバモア研究所と露ドゥブナ合同原子核研究所(JINR)の研究チームが118番目のウンウンオクチウム294を発見したとあるので、どうも、低いところから順番に発見されるのではないようである。このあたり、原子核物理学の何かの現象に依存しているのだろうか。

ちなみに、112番元素の仮名ウンウンビウムは、ドイツGSIの研究グループが1996年2月9日に発見したもので、ようやく2009年になって、コペルニクスにちなんで、コペルニシウムと命名された。

ともかく、今回の発見で、仮名ウンウントリウムである113番元素が、ジャポニウムと正式に認められると、特に愛国心の強くない私もうれしい。とはいえ、コペルニシウム命名に経緯に鑑みると、ジャポニウムの正式命名は、数年先になりそうである。

ところで、他に地名に由来するのは、63番のユウロピウム(ヨーロッパに由来)、95番のアメリシウム(アメリカ大陸に由来)、98番のカリホルニウム(カリフォルニアに由来)である。

また、人名に由来するのは、96番のキュリウム(キュリー夫人に由来)、103番のローレンシウム(アーネスト・ローレンスに由来)、104番のラザホーニウム(ラザフォードに由来)、111番のレントゲニウム(レントゲンに由来)である。

物理学でとても不思議なことがある。それは、粒子の挙動である。ニュートン力学の古典的世界で考えたとき、1粒子の運動は、ポテンシャルが決まると完全に解ける。2粒子でも同様である。ところが、3粒子だと一般的には厳密に解けないということをポアンカレが証明した。

3粒子が厳密に解けないのだから、1024のような現実世界の数の分子と挙動なんて手も足も出ないと思っていたら、なんと統計力学によると、古典的な範囲では、その挙動をかなりの精度で計算できる。例えば、温度や圧力、密度などの計測値としてである。

これは喩えていうと、大人の女性の行動よりも、3万人の社員を擁する会社の行動の方が予測しやすいということになる。ここらあたり、普通で述べたことに通じるものがある。

例えば、子供にお菓子を与えると喜ぶということが予測しやすいということは、子供がそれだけ幼稚であるといってもよいだろう。そして、大人の女性よりも会社の方が行動が予測しやすいということは、会社の方が妻よりも幼稚な面をもつということでもある。

なぜ会社が幼稚さを呈するかというと、少ないパラメータで記述されてしまうからである。典型的には財務指標である。少なくとも大人の女性が、そのスリーサイズだけで評価されるということはありえない。

いや、と反論されるかもしれない。会社には、公認会計士もいれば弁護士もいる。PhDをもつ研究員もいる。幼稚だなんてとんでもないというだろうか。それならなぜ、立派といわれる組織が、よりもよって愚にもつかないCEOを選び、そのCEOの指示に右へ倣えするのだろうか(特定の会社をイメージして言っているのではない。あくまでも一般論である)。

そこでまた、統計力学を持ち出す。すなわち、個々には優秀な人材を抱える大企業も、集団として統計力学の法則に従い、優秀な、あるいは優秀でないCEOの指示により、自発的対称性の破れを引き起こしてしまう。まさに、ヒッグス粒子により質量がもたらされた仕組みである。あるいは、強磁性の理論を持ち出してもよい。何かのきっかけで、大組織が右へならえしてしまい、そうして、CEOが更迭され、あるいは退職した後も、その対称性の破れは固定されたままである。奇特な社員が対称性の破れをリセットしようとして、それに要するエネルギーの巨大さに慄き、絶望してしまう。

なら、クラウドソーシングはどうなのか。これも巨大な構成員からなる組織なのに、うまくいっていると喧伝されているではないか。もしクラウドソーシングがうまくいっているとしたら、それは、極めて緩く結合された関係にあるからである。そこでも統計力学の法則が働き、自発的対称性の破れが起きるが、好ましくもそれは伝播せず、局所化される。

ただ、時間的な法則によれば、極めて緩く結合された関係にあるクラウドソーシングといえども、特定の固定された形態をとるようになる。まるで会社組織の様相を呈する。すると、組織は、統計力学の効果をリセットするために、ときどきかき乱されなくてはならないということになる。しかしそれはどうするのか、戦争なのか、技術革新なのか、疫病なのか、おそらくそれらの混合なのだろう。するとおそらく、世の末は、世の始まりなのである。それは相転移なのだろうか。

柄にもなく、「朱子学と陽明学」島田虔次著、岩波新書を読んでいて突然、「儒教的サラリーマン」という言葉が浮かんだ。そして自分でもとても当惑した。なぜならここ数年、シニアな立場を嵩にきて、私ほど上司に云いたいことを言ってきたサラリーマンもなかなかおらず、それは、儒教的態度とはおおおよそ相容れないのではないかと思ったからである。

一方で、「儒教とは何か」加地伸行著、中公新書によれば、儒教とは礼教性と宗教性の二面をもつ。確かにこの礼教性は、ある面で会社組織に馴染むだろう。私は管理職であった時代に、本社の意向にはなるべく従わなくてはならないと思った。それはある意味、儒教の礼教的態度であったかもしれない。

しかし、「朱子学と陽明学」で私の琴線に触れたのは次のような箇所である。

儒教には古くから、「父子天合」に対して「君臣義合」というテーゼがある。『礼記』曲礼篇に、もし父がまちがった行いをした場合、子たる者は「三タビ諌メテ、聴カレザレバ、スナワチ号泣シテ之ニ随ウ」、ところが君に対して臣は、「三タビ諌メテ、聴カレザレバ、スナワチ之ヲ逃ル」、という記載がある。儒教的世界(天下)は、いわば国家と家族(個人)との二つの中心を有する楕円である。修身・斉家・治国・平天下の理想というのは、要するにこの楕円を楕円たらしめようとする理想主義なのであって、それをいずれか一方の中心へ収斂させて円にしようとするのではない。この点、嘗ての日本の「忠孝一致」のプリンシプルから安易に類推することのできないものがあることを知らなくてはならない。

なるほど、儒教の教えに随えば私は、上司を三度諌めて聴き入れられない段階で、会社を去るべきだったのか。しかしまだ踏ん切りがつかないでいる。もちろん夕べのリストラで述べたように、何かの拍子でリストラされることは最早一向に意に介さない。ただ、定年間近になって、自暴自棄というほどではなくても、ちょっと礼節を欠くようになっている面もなくはなかったかと反省した。

こうして儒教に目を向けてみると、君に対して諌めるにしても、その諌める基準は、仏教でもなく道教でもなく、ましてやキリスト教でもなく、儒教なのではないかと「論語」、「儒教とは何か」、「古典の叡智」諸橋轍次著など眺めてみたが、どうもその実体は安易に理解できるものではないようで、これを日常の指導原理として自分に落とし込むのは大層な難事におもわれてきたのだった。

教養

user-pic
0

何かの言い訳で冗談で、いやあ教養が邪魔しちゃって、みたいに言うことがあるが、これはあまり冗談ではないのだと、この歳まで生きてきて感じることが多い。

すなわち、教養というとき、それは多くの場合、論理的一貫性の判別能力を含む。そういう論理的一貫性の判別能力をもつ人が、会社の上司などから、明らかに論理的に矛盾がある指示を受けると、直ちにその矛盾を見破ってしまうがゆえに、内心動揺する。

そして、社会経験がナイーブな人だと、つい上司にその矛盾を指摘してしまい、器量の狭い上司は激怒して、降格、左遷、退職するかもしれない。これが教養が邪魔するどころか、教養が反逆するという例である。

論理一貫性だけでなく、知識の正しさも同様である。すなわち、教養とは、より正しい知識を求める精神でもあるので、教養があると、どうしても上司や周りの人の誤りを指摘せざるをえない気持になる。これもまた周囲との軋轢につながる。

また、特に誤りを指摘しなくても、教養を示唆するような言動、あるいは、教養を示唆するような学歴または資格それ自体が、周囲の嫉妬を買うこともある。

それならどうすればいいのかというと、ともかくも謙虚を装うことが必要である。ただ、下手な謙虚は却って嫌味に映ったりする。ではどうするかというと、権限がある人が、白を黒と言ったら、はい黒でございますというイエスマンになることである。少しだけプライドを抑えれば、教養がある人にとって、イエスマンになることはそれほど困難ではない。しかも、何かを失うわけではなく、逆に昇進という物質的利益を得ることができるかもしれない。

ところが、一度イエスマンになると、教養に一点の虚偽が入り込む。多少の虚偽なら、教養におけるヘルパーT細胞が駆逐してくれる。しかし、入り込む虚偽が一定の量を超えると、もはや教養の免疫力でカバーしきれなくなって、教養が汚染され始める。エイズウイルスにとり付かれたようになる。

とても優秀だった人が、みるも無残な教養状態になっていることをときどき見かける。これはまさに、教養が免疫不全になったのである。ただ、安心したまえ。身体の免疫不全は死につながるが、教養が免疫不全はむしろ、一層の物質的豊かさを保証したりする。これはよく知られた世間の矛盾である。

だから、教養の健全性、一貫性を求めるということは現代にあって、相当な覚悟を要する。その結果得られるものは一片のプライドに過ぎなかったりする。それを私は自己満足と呼んで、満ち足りたいと思う次第である。

衒い

user-pic
0

囲碁将棋チャンネルをみていると、棋士による様々な囲碁講座・将棋講座が企画され、放送されているが、なに?と思ったのは、小倉久史七段の「重厚三間飛車講座」である。これは、全26回で、三間飛車の78のポイントを伝授するというものだが、「三間飛車一筋26年、私が習得した三間飛車のノウハウをすべて伝授します。一回10分、26回の講座を観るだけで、誰でも私と同じレベルの将棋が指せるようになります。アマ名人も夢ではありません。」という口上がつく。

この口上を額面どおり信じる人はいないだろうが、こういう衒った非現実的な宣伝文句は、昔からよく使われる。別の例を、「現代数学概説I」彌永昌吉、小平邦彦著、岩波書店の「はじめに」から抜粋してみよう。

本書の予備知識としては、高校数学程度のもののほか数学の特別の分科の知識はなんら仮定しないが、読者はある程度抽象的にものを考える能力をもっておられることを予期しなければならない。しかし、本文の説明はずいぶんていねいにしたから、大学教養程度の数学を修められた方が、あまりいそがずに読まれるなら、十分に理解していただけることと思う。

純朴な大学一年生だった私は、もしかして高校数学もあやしいのに、この言葉に釣られて「現代数学概説I」を読み始めた。そして、第1章「集合」の選出公理あたりであっさり挫折した。自分に足らないものは、いささかの抽象的にものを考える能力だけなのだ、でもそれはどうやって養成するのだ、とあくまでもナイーブに悩んでいた。これでは駄目である。

でも、どんな読者がいるか分からないので、できれば正味の前提知識で案内してほしいものである。そこいくと、「整数論」斉藤秀司著、共立講座21世紀の数学は、10章からなるのに、数学センスがあれば高校生でも読めるというAコースと、体論及びガロア理論を前提とするBコースに分けているので、なかなか親切である。そこで私は、Aコースに沿って読み始めたが、読み始めてすぐに、「現代数学概説I」の「はじめに」の「高校数学程度のもの」と比べても決してレベルは低くないことに気づいた。数学書の「高校生」は決してあなどれない。ところで、ここでいうAコースの到達点がなんと、2次不定方程式で分からない問題として挙げた「ax2 + by2 = cz2は、正の整数a,b,cがどのような条件をもつとき、整数解をもつのかを示すこと。」なのであった。これはハッセ・ミンコフスキーの定理という、業界の人には有名な定理に帰着されるようである。なるほど、である。

ところで、簡単に読めるかのような衒い、すぐにマスターできるかのような衒い、わざとらしい謙遜の衒い、というのはよく見るが、一方ニーチェの「この人を見よ」のように、「なぜわたしはこんなに賢明なのか」、「なぜわたしはこんなに利発なのか」、「なぜわたしはこんなによい本を書くか」と自慢の方の衒いを連発するのは却って小気味よい。

このように、人間なので、衒いに満ちているのは仕方ないが、少なくとも理系の本については、そのまえがきで、その本を読む前提をきちんと正直に述べてほしいものである。そうすると下手したら、よほどの専門家しかその本を買わなくなるのを懼れているのだろうか。

ところで、9月24日の夜まで出かけて、その間コメントにレスできませんので、ご了解下さい。

気分

user-pic
0

当たり前といえば、これほど当たり前のこともないのだが、気分とは不思議なものだと改めて思う。例えば、私は20代の後半、A型肝炎になったことがあるが、あれは本当に苦しかった。道を歩いていて、焼肉屋の看板をみても吐きそうになる。いや不思議なのが、若い魅力的な女性をみてもやはり吐きそうになるのである。なぜか枯れた老女のそばに座ると、少し気分が落ち着いた。

ともかく、A型肝炎による不快感は、肉体の生理(病理)作用によるものであって、薬で抑えることができるとしても、いかにも実体的である。しかるに、実は世間を支配するのは、非実体的な気分なのである。

例えば、ロンドンオリンピックで、日本が勝とうと中国が勝とうと、また誰が金メダルだろうと、私の給料が上がったり下がったりするわけではないし、ある意味私にはまったく関係がない異国の地の出来事である。なのに、気分というものがあって、競技をみて一喜一憂する。その気分の振幅は、A型肝炎によるそれよりもはるかに大きい。

将棋では、羽生のファンである私は、羽生が森内から名人位を奪取できないと、暗澹たる気持ちになった。渡辺にストレートで王座を奪われると、どうしようもない気持ちになった。そして、うん、これは羽生にとって学習期間なのだ、この試練を克服することで羽生はまた、一回り強くなるのだ、などとよくわからない言い訳を考えたりした。しかし一度も会ったことさえない羽生になぜ私は、そんなに肩入れするのだろう。

そういえば、ゴルフの石川遼がデビューしたとき、その経済効果は100億円とか喧伝された。何?若者のゴルフで100億円が鼓舞される? 私は呆れた。

言うまでもなく明らかなのは、気分は高度にボラタイルなのであり、世間というものがこういう、たかが気分のボラティリティに絶大に作用されてしまっていることである。

ただ、いかに世間が気分のボラティリティに左右されており、また世間でいう評判や地位などというものも気分のボラティリティの産物だとしても、評判や地位は、気分よりはボラティリティが低いはずの金銭的報酬に帰着されるがゆえにより実体的といえるのだろうか。

そういえば恋愛はどうなのか。実際に付き合ったり振られたりすることが気分に大きく影響を与えるというのはまだ分かるが、単に通勤途上でいつも見かける可愛い女子を今日はたまたま見かけない、とその程度で不機嫌になってしまう、この気分のボラティリティは一体何なのか。

以上から、次のような考察がなされる。

  1. 世間の対象につき、緩くであるが、その実体性で順序づけることができそうである。例えば、オリンピックで特定の競技の誰かを応援することより、会社の地位のほうがより実体的であり、会社の地位よりも、癌の手術を受けなくてはいけないというような身体的なことの方が実体的である。おそらくその実体の極限に死があるのだろうが、死が実体そのものなのか、分からない。
  2. そうやって丁寧に世間の対象を実体性で順序づけたとしても、気分はそんな実体性を軽やかに無視して、ボラタイルに挙動する。だから、サッカーのサポーターは、贔屓チームの勝ち負けで、場合により相手チームのサポーターに暴力を働いて死に至らしめる。
  3. 折角つけた実体性の順序がいともたやすく無視されてしまうことが、仏教でいう空の一側面なのだろう。色即是空がそれであり、では、空即是色は何なのか、単に気分のボラティリティが世間を動かすその様なのだろうか。

組織運営

user-pic
0

組織運営はビジネスで、家庭生活はプライベートなので、質的に全く違うと、普通の人は思うだろう。確かに、組織と家庭を混同しては、ものごとはうまくいかない。

しかし、組織運営はビジネスである、という意味を誤解している人がいる。すなわち、ビジネス=商談、交渉あるいは法的折衝なのでと、ディベート技法や交渉テクニック、裁判技術を普段の組織運営に持ち込む人がいる。

例えば、組織で何か問題があって、たまたまそのときは他の件で忙しくて上司にアドバイスを求められなくて、後でアドバイスを求めたとき、なぜ今頃言ってくるのだ、本当に問題なら、その場で優先順位を上げて報告できていたはずたという。いわゆる、ディベートの論理である。それで部下は何も言えなくなってしまう。

また、状況が複雑な事例を上司に説明しようとして、背景を含めて長く話していると、本当に重要なことなら、きちんと要約できるはずだ、そうでないなら重要でないのだ、必要なら後できちんと整理して説明にこい、と突き放す。

さらに、過去の背景も話していると、今の動きが速い時代に、そんな3年前のことが関係あるわけないだろ。いい加減にしろと遮る。

さて、今の論理を家庭に持ち込むとどうなるか。例えば、妻が亭主に、息子が2年前から虐められていて、最近になって学校に行きたくないのよといったとき、亭主が、なんで今頃いうんだ、2年間も放置できたのは大した問題じゃないんだろ、とピシャリというと、どうなるか。

また、近所と諍いがあって、妻がその背景を延々と説明していたら、亭主が、俺は仕事で疲れていて忙しいんだ、5分で言え、本当に問題なら要約できるはずだと、突き放したとする。

こういうことを繰り返していると、かなりの頻度で離婚に近づく。しかし、表面的には浮気はしていないし、きちんと仕事にいって稼いでいる。贅沢いうなということになってしまう。

そこで次のような原則を考えてみた。

  1. 家庭で行なっていることを組織あるいは職場に持ち込むのは多くの場合適当ではない。
  2. では、逆に、組織で行なっていることを家庭に持ち込んでみよう。すると、大いなる軋轢を生じるとしたら、そのことを職場で続けることはかなり問題がある場合がある。少なくとも要検討である。もちろん職場なので、家庭と違ってビジネスライクに切り捨てなくてはならないことがある。それでも配慮は必要である。
  3. もっというと、次のような階層が考えられる。家庭<職場<会社の他部門との交渉<他社との交渉<裁判所での手続き。こうやって階層を考慮すると、下位のルールを上位の階層に持ち込むことは基本的に避けるとしても、上位のルールを下位の階層に持ち込むことにも極めて慎重にならなくてはならないのである。
  4. そして、上位のルールを下位の階層に持ち込んだとき軋轢が大きいようなら、当該の階層でそのルールを濫用することも避けられるべきである。

要するに単なるルールのドメイン論なのだが、意外におろそかにされがちなので、書いてみた次第である。

黄金虫

user-pic
0

エドガー・アラン・ポーに「黄金虫」というタイトルの小説があるが、まだ読んだことはない。そんな小説とはまったく関係なく、最近、黄金虫にまつわる出来事があったので、少しだけ述べてみる。

私は前にも述べたように、5月から遠距離通勤になったので、せめてその時間を読書にあてようと、意図的に各駅停車に乗って座れる可能性を高めている。行きはある程度早い時間に駅に行って各駅停車に乗れば、100%の確率で座れる。なにしろ発車した後も空席があるほどだからである。ところが帰りとなるとそうはいはない。帰りは、千代田線の代々木上原で小田急線に乗り換えるのだが、最初の頃は、代々木上原で急行をやり過ごして、各駅停車に乗るようにしていた。するとだいたい経堂あたりから空席が出始めるので、座ることになる。

ただ、代々木上原からいきなり各駅停車に乗るとかなり時間がかかる。それで、少し早く帰りたいときは、まず代々木上原で急行にのり、満員電車を我慢して成城学園前または向ヶ丘遊園あたりで各駅停車に乗りかえ、そして座って本を読み始める。

9月のある日も、その第2のパターンで、通勤の帰路、向ヶ丘遊園で各駅停車に乗り換えると、電車は意外にもかなり閑散としていた。そこで私は何かの小説を読み始めた。そして活字に集中しようとしたいたら、対面のシートの右方から、キャーという声が聞こえた。えっ、痴漢?と思ってみると、若いカップルと、その隣に別の若い女性である。おかしい、痴漢の起きるような状況ではないのである。まあいいやとまた本を読み始めると、またキャーという声がする。別に義侠心はない私だが、読書の安寧を妨げられるのもいやなので、なんだろうと立ち上がって様子をみると、電車のドア付近に、黄金虫が佇んでいた。

ははあ、私は状況を察知した。黄金虫が電車内を飛び回り、それを見て女性とカップルが叫び声をあげたようである。昆虫好きな私は、ゴキブリならともかく、黄金虫くらいで叫ぶかと思った。私だったら、百匹の黄金虫が乱舞する部屋で、平然と本を読むだろう。顔に黄金虫が当たっても、うん、くるしゅうないぞ、とつぶやきながら。ただ、都会の人たちは黄金虫といえども違和感があるようなので、仕方なく、黄金虫を掴み、電車が駅に着いたとき、許せ世のため、と心でつぶやいて、そっとホームに投げた。

気圧されたか、カップルもその隣の女性も何もいわない。すいませんでしたの一言くらい私にあるかなとおもったが、それもなかった。まあいいやとまた、本の世界に戻ったら、また叫び声が聞こえた。みると、もう一匹の黄金虫が飛び回っている。さっき何も声をかけてもらえなかったのがちょっと不満だったので、もう放置して本を読み続けた。

しかしである、昆虫は私の田舎では、あちこちにいて、ほとんど自然の一部だった。いちいち気にしていては生活できないし、私は特に昆虫少年で、図鑑を片手に野を畠を歩き回っていたのだから、昆虫の中でも一番無難な黄金虫程度で叫ぶという気持ちが理解できないのであった。

NGフレーズ

user-pic
0

Menjoy!に東大卒男性に言ってはいけないNGフレーズ8個というのが紹介されていたので、示しつつ私がコメントしてみる。これは、中本千晶氏の著書に基づくものらしい。

  1. 「さっすが頭がいいから、言うことが違うね」
    これは、まず、からかう目的以外に使わない言い方である。もし本当に感心するなら、なるほど、確かに仰るとおりです、というように言うはず。
  2. 「先生にもヒイキされてきたでしょ」
    東大生=優秀=先生に贔屓されるというのは、あまりにも単純化された図式である。そもそもが、東大に何十人も入るような進学校だったらどうする。そんなところで先生がいちいち贔屓するわけがないのである。
  3. 「落ちこぼれの気持ちなんかわからないでしょ」
    東大生はおそらく、勉強では落ちこぼれたことはないだろうというのは多分違うのであって、上には上がいることを痛感して悔しい思いをするのもまた、東大生なのである。また、勉強以外でスポーツなどで落ちこぼれたかもしれない。
  4. 「会社でも出世コースでいいよね」
    これは公務員でもないかぎり、最早いえなくなっている。不思議なのは、私がいる会社でも、私がみて本当に惚れ惚れとするような東大卒の秀才が、研究所で、とても地味ないい研究に打ち込んで、それになり評価されているけど、その割りには、昇進していないことである。私はむしろ、出世したいなら、ゴマをすれ、イエスマンになれ、といいたい。
  5. 「意外と世の中の裏の部分は知らないよね」
    そういうことを言う人が、世の中の裏表をよく知っていることなんてまずありえない。例えば、裏社会に詳しいヤクザの親分なら、ただ黙ってみているはずである。そもそも私は東大卒ではないが、世の中の裏表をよく知らない。関係ないか。
  6. 「恋愛とか興味ないでしょ?」
    人間は万人が恋をするのである。もし恋をしない人がいたとしても、その原因は学歴とは全く関係ない。
  7. 「東大卒だから、これくらいできるでしょ」
    確かに東大は、だいたい全科目できないと合格が難しいので、知らないことでもなんとかこなす能力は高いというのが私の印象であるが、それでも分野によることも確かである。
  8. 「○○さんって、東大卒なんですよー」
    私立大学と違って、東大同士は、あまりつるまないらしい。だから、そんなこといっても、東大卒の人は見向きもしないだろう。例外はあるだろうけど。

以上のコメントの部分は、私の若干の東大卒の知り合いとの会話に基づく想定なので、間違っているかもしれないが、文責は私にある。

私がきちんと言っておきたいことは、確かに東大卒でもどうしようもない人はいる、しかし、私の出身大学卒だってどうしようもない奴は決して少なくないのであって、相対的にみて私の出身大学卒よりも東大卒の方が優秀な人が多い、ただそれだけのことである。

今のアマチュア将棋の最強者が清水上朝日アマ名人だといっても、そんなに異論はないのではないだろうか。先日のアマ竜王戦でも、決勝で、今泉アマ名人に完勝した。

そんな清水上氏は、プロを目指したことはなくひたすらアマ棋界一途かと思ったら、なぜかプロ試験を何度も受けて落ちているのだという。今泉アマ名人など、元奨励会三段だし唯一再チャレンジで三段リーグに参加できたアマチュアでもあり、最もプロに近いアマとも呼ばれている。なのに今泉アマ名人が清水上朝日アマ名人より強いということにならないところが面白い。

こんな様子をみていて、才能のスペクトルという概念が思い浮かんだ。すなわち、X軸の0を将棋の駒の動かし方を覚えたばかりとし、X軸の限界値を羽生の棋力とおく。Y軸は、ある棋力での強さである。すると、当然に自分の真の棋力あたりにピークが来るのだが、他の棋力のところにもある強さのスペクトルがあらわれる。

おそらくであるが、今泉アマ名人はプロ側の方にスペクトルがシフトしていて、清水上朝日アマ名人が最高の棋力を示すところでは、必ずしも高い棋力をもたないのではないか。

なら、今泉アマ名人の方が清水上朝日アマ名人よりもプロ筋なのかというと、そうなのかもしれないが、私の棋力ではそんなことは判定できない。一つだけいえることは、二人が指したら結構いい勝負で、もしかしたら清水上朝日アマ名人の方が勝ち越すのかもしれない。

以上の議論が正しいとすると、アマチュアとして圧倒的な強さを誇ることが必ずしもプロとして大成する条件ではないということになる。むしろ、プロ側に偏ったスペクトルは、アマチュア相手に取りこぼす可能性が少なくないのかもしれない。それの1つの例証が、ハッシーこと、橋本崇載八段である。ハッシーは万人が認めるプロ筋の棋士であるが、ハッシーはアマチュアとの対抗戦で結構負けていた。おそらくであるが、アマチュアのスペクトルがあまり高くないので、アマチュアに対応するのがあまり得意でないのだろう。

最近引退した櫛田陽一六段は、清水上朝日アマ名人より少しだけスペクトルがプロ筋に偏移しているようである。だからアマチュアとして無敵を誇りつつ、なんとかプロにもなれた。ただ、Cクラスより高い方のスペクトルがあまりなく、結局、プロとして大成しなかった。自分でも、フリークラスに自ら降りた。

深夜A時と呼ばれる、飯島栄治七段と佐藤紳哉六段のコンビは、実績としては飯島栄治七段の方が上だが、二人が対戦するとなぜか佐藤紳哉六段の方がかなり勝ち越している。すると、異なるスペクトルをもつ者同士が対戦したとき、戦いの周波数をどのあたりにチューンするかが勝負となる。この周波数チューニングのところに、対戦する者同士の人間関係でてくるのだろう。

だから、本当はとてもプロ筋に高いスペクトルをもつ中原十六世名人が、スキャンダルの後、格下に負けたのは、人間関係から、苦手な低いスペクトルの方に引き寄せられてしまったのだろう。

戻って、羽生が高い勝率を誇るのは、最高レベルだけでなく、プロ四段レベルまで一様に高いスペクトルをもち、どんなプロと戦ってもこなせるからである。一方、渡辺竜王は、最高レベル付近に高いスペクトルをもつが、少し下の方は羽生ほどスペクトルが厚くない。だから、全体の勝率では羽生に及ばないが、最高レベル付近で戦うことで羽生を凌駕している。ということは、別のスペクトルに引き込めば、羽生の方がむしろ勝てるかもしれないが、将棋道に邁進する羽生は、プライドにかけて最高レベル付近にチューニングし、敢えて渡辺に苦戦している。これは決してマゾではない。

また、アマチュアに対する指導が巧みなプロというのは、アマチュアの棋力の側にも比較的高いスペクトルをもつ。だから、アマチュアの痒いところに手が届く指導ができる。さらには、才能がある子供を見出して育てることもできる。この部分のスペクトルが低い羽生には逆立ちしても真似できない。ただどうしても、その分プロ筋のスペクトルが低いので、本人は一流棋士になれないということになる。

仕事には大抵、コア・スキルというものがある。営業部門なら、販売する製品の専門知識、マーケティングの知識、などである。経理部門なら勘定科目などの知識であり、研究開発部門なら、担当分野技術的専門知識や発想能力などである。

私が所属する組織で、かりにも特許実務担当を名乗るなら、意見書作成スキル、特許明細書作成スキル、担当分野の技術的知識などがコア・スキルである。

仕事のプロフェッショナル集団でまずコア・スキルを重視しないと勝てる組織にならないのは、軍隊の例を挙げるまでもない。だから、人事考課などでも、コア・スキルの度合いで評価するのが当然であるのだが、組織の箍が緩んでくると、専門のコア・スキルではなく、全部門共通のスキルのようなものでまず、人事考課がなされるようになる。

そういう共通のスキルの最近の典型は、英語力である。グローバル化が叫ばれる時代になって、世界共通語としての英語が重要になってきているのは私も理解している。そして確かに、ある能力のポテンシャルが、英語を習得する能力で測れるということはある。

しかし、今の時代は英語力にあまりにも偏重であって、例えば、研究開発の担当業務なのに、TOEIC850点をもつことを前提としたりする。製品の仕様など、海外とのうちあわせで英語を駆使する必要があるのは理解するが、まずきちんとした研究開発能力があることが前提なのではないかという一部の識者の同然の指摘が、なぜか顧みられることがない。その結果、英語以外のスキルがかなり寂しい人が跋扈したりする。残念である。

特許部門でも、実際に実務のスキルをみるのでなく、簡単な英語でのやりとりがスキルの指標になったりする。ちらっとネイティブ並みの会話で特許の議論をしていただけで、すばらしいスキルの実務者だと認定されてしまう。

また、ある会社では、社長が書いた社訓のようなものが配布され、それを丸暗記することがノルマになり、それを暗記して復唱する能力が人事考課の重要なファクタとなっているという。これなども、コア・スキルとはほど遠い。

なぜこのような傾向が蔓延るか、考えてみると容易である。ある権力者が組織にいて、その権力者の関心事が、組織の業績ではなく、自分の伝えたことがきちんと伝わるかどうか、自分に対してイエスマンと振舞うかどうかが重要だからである。

権力者が英米人なので、英語で話してきちんと伝わることを重視するのである。また、つまらない社訓を喜んで暗記することは、自分に対する何よりの忠誠心の証である。

そんなことをして業績が上がるはずはなく、その馬鹿馬鹿しさは、おそらく4000年も前から人類は気づいていて、腹心でそれを諫言して処刑された人も数え切れないだろう。

もっとおかしいのは、業績が比較的いいときは、コア・スキル重視の機能的組織なのに、業績が悪化すればするほど、非本質的な共通スキル重視となって、組織の非能率さがましていくことである。なぜ組織というのはこのような負のスパイラルを転げ落ちる性質をもつのだろう。日本軍の失敗の本質から、誰も何も学んでいないのではないか。

以前に、第二次世界大戦の五つの戦争について、「誰が太平洋戦争を始めたのか」別宮暖朗著、ちくま文庫に基づき記述していったとき、どうしても解せないことがいくつかあった。例えば、独ソ戦で、周囲の状況から、ドイツが今にも攻めてきそうなのが明らかであり、側近でそのような進言をする者も少なくなかったのに、スターリンは敢えて備えを懈怠した。わざと隙を見せて、ドイツ軍を呼び込みたかったのだろうか。それにしてはドイツ軍侵攻による被害が多すぎた。

一方のヒットラーもおかしい。そもそも主な敵は英国ではなかったか。ヒットラーが本気で英国に攻め入ったら、簡単に落ちたのではないか。それを、ソ連に攻め込めばソ連など簡単に打ち負かすことができ、すると英国は自ずと軍門に下るだろうという信じられない甘い観測である。当然にソ連侵攻は、チャーチルを安堵させた。

人間の行為に矛盾は付き物とはいえ、あまりにもおかしいと思って、リチャード・コシミズの「新しい歴史教科書」を読んでみると、ちょっと極端とはいえ、なるほどという説明があった。以前にリチャード・コシミズの本で、3.11東日本大震災が人工地震であるという記事を読み、あるかもしれないとふと思った。そもそも、米国の公文書に、1944年の東南海地震が、人工地震であることを示す記述があるという。実際、活断層の付近で核爆弾を爆発させれば、地震が起きることはなんら意外ではない。ベネズエラのチャベス大統領など、2010年1月13日のハイチの地震を、これはアメリカの地震兵器による人工地震であると言いなした。

さて、リチャード・コシミズの「新しい歴史教科書」に言及すると、アドルフ・ヒットラーの父、アロイス・ヒットラーは、ソロモン・マイヤー・フォン・ロスチャイルド男爵の家政婦であったアンナ・マリア・シックグルーバーの私生児だった。どうも、ソロモンは、家政婦のアンナ・マリアに手を出してしまったらしい。すなわち、アドルフ・ヒットラーは、内縁とはいえ、ロスチャイルドの血を引く。

出来の悪い生徒だったアドルフは、希望の学校の入試に失敗したりして悶々とした少年時代であったが、第1次大戦に志願して従軍してからは、武勲を上げ、ワイマール共和国の情報部に採用された。そこから、ロスチャイルドの血を引くヒットラーに対して、ロスチャイルド家の支援が始まった。そして、ロスチャイルド家の要人は、次のような計画をヒットラーに打ち明けた。

  1. 支援するのでドイツの絶対的支配者に就くこと。
  2. 周辺国を平定し、その後、ソ連と英国の戦争を引き起こすこと。
  3. ユダヤ人排斥を進めること。
  4. ソ連とは必死で戦うふりをして、最後は決して勝たないこと。
  5. スターリンもまたロスチャイルド家の隠し子であり、チャーチルも、米国のルースベルトも、ロスチャイルドのユダヤ人の人脈の仲間であるので、話はついていること。
  6. 目標は、イスラエル建国であること。
  7. 計画成功のあかつきには、ヒットラーは別天地で余生を送ることができること。

実際、紆余曲折はあったものの、ヒットラーは、目標を達成し、Uボートで首尾よく南米に逃れることができたのだそうである。

ただ、ユダヤ謀略一元論みたいな世界観は流石にちょっと私はこのまま受け入れられない。もしヒットラー、スターリン、チャーチル、ルースベルトが第2次大戦というあまりにも壮大な「芝居」の配役で、ロスチャイルド家その他の黒幕のシナリオに従いキャストを演じていたとしても、不定要素があまりにも多く、危険すぎる芝居だからである。

しかも、ユダヤ・ベースのロスチャイルド家が、ヒットラーに、典型的にはアウシュビィッツでの大量殺人などを含むユダヤ人弾圧をどうしてさせたのかという疑問も残る。ただ、シオニズムで述べたように、ドイツのナチズム台頭が、パレスチナへのユダヤ人の移住を加速したのは事実であろう。

リチャード・コシミズ氏の言説を鵜呑みにしないとしても、ロスチャイルド家の歴史、シオニズム、第2次大戦史、ロシア史など、自分で調べて考えてみるべきことはあまりに多いのであった。

20代にベルクソンを読んだものだった。「創造的進化」、「宗教と道徳の二源泉」などである。ところが、きちんと読めてなかったせいもあって、どんな内容だったかほとんど記憶にない。最近も、「時間と自由」を買ってみたものの、積読のままである。

ともかく、ベルクソンの提唱した概念に、エランビタールがあり、それは生物を飛躍的に進化せしめる単純不可分な内的衝動ということらしいが、私は最近、もっと卑近なエランビタールについて想到した。それは、女癖にも述べた、さまざまな欲望の流れとしてのエランビタールである。いや、欲望なのだから、エランデジールなのかもしれない。

生命が生きているということは、ベルクソンが指摘するように、エランビタールによって突き動かされているのかもしれないが、どう考えても、エランビタールより根源的なのは、エランデジールである。それは果たして、ショーペンハウアーのいう物自体のことなのだろうか。

ともかく、例えば、生まれてきたばかりの赤ん坊を眺めていると、エランデジール、すなわち、欲望の躍動に満ち満ちている。生まれてきたばかりの頃食欲と睡眠欲、被保護欲だったエランデジールは、長じるに従って、性欲、名誉欲、知識欲などに分岐していく。すなわち、女癖でも述べた、原欲の分岐である。しかし、他人との関係もあり、欲望はほしいままに躍動させることはできない。そして、躾や教育によって、エランデジールの流れは、堰き止められ、方向を変えられてしまう。

そうした躾やしきたり、教育の中で隘路に入ったエランデジールは、それでも、生命の根源的な力、特に食欲、性欲などにより突き動かされて、体内を流れていく。それはチャクラと同源なのだろうか。ともかく、エランデジールこそが生命活動であり、知的活動なのである。

ところが、エランデジールの量は人によってまちまちである。それは生命力の強さ、あるいはバイタリティそのものである。

多すぎるエランデジールは、例えば性欲の場合、欲望の処理に困ってしまう。まさに絶倫男の悩みとなる。

ところが、逆にエランデジールが少ないと、心の隘路で止まってしまい、エランデジールが枯渇してしまう。それはおそらく、ある種の精神病や意欲減退に相当する。精神科医で処方される薬物は、エランデジールを促進するものなのだろうか。

ただ、エランデジールが少なくても、なんとかやっていく方法がある場合もある。それは、心の隘路にバイパスをつけてエランデジールを流すことである。具体的には、好きなことをみつけて、それに打ち込むことである。すると、心の導管にエランデジールが流れやすくなって、少ないエランデジールでも枯渇しないでやっていける。

具体的にいうと、みるからに弱弱しそうな私は、実際エランデジールが豊富ではない。だから、わずかのエランデジールを流すためのプロモータあるいは触媒としてのエランアンテレ、すなわち、将棋や読書などの趣味に余念がない。さらに、学と色で述べたように、魅力的な女性にときめく気持ちを大事にする。芸能人や女優でなくても、いくらでも身近に魅力的な異性はいるものである。魅力的な女性に会うと、エランデジールの脈動が高まる。面白い本を読んだときもである。

それゆえに私は、若い頃から、自分の興味に対する感性を一番大切な財産として大事にしてきた。具体的にいうと、いくら周囲に魅力的な女性がいるとしても、もしかして本当に重要なのは、女性そのものでなく、女性に対する感受性なのである。お金や地位などの資産よりも寧ろ、私は本当の私の財産は、そういう感性というか感受性なのだという方針でやってきた。だから、エランアンテレ、すなわちエランデジール促進剤としての感性を損なうものは、なるべく避けてきた。相性のあわない人たちと出会うことほど、嫌なことに時間を費やすほど、エランアンテレを損なうものはない。そういう意味で、私の管理職時代は、まさにエランアンテレ氷河期だった。

そうやって感性だけをよりどころとしてやってきた私は、幸いこの歳になるまで、常飲する薬のお世話にならないできている。すなわち、通院することなく常飲する薬もなく、とりあえず健康で、乏しいエランデジールを巡らせて生きていけているのは、感性と神のご加護だと感謝している。

ただ、肉体に属する実体であるエランデジールは、今後迫り来る老化とともに確実に枯渇へと向かって進む。もともと、私にはもてあますほどのエランデジールはない。それでせめて、エランアンテレだけは充実させておきたいと生きている次第である。

理不尽な死

user-pic
0

人間には、というか生物全般に死は避けられないことであり、どのように死のうと死は死であるというドライな言い方もありえると思うが、一方で、まあ仕方がないねと納得いく死もあれば、いくらなんでもそれはと唖然とする理不尽な死があるのではないか。

一番納得がいくのは、寿命を全うする死であり、典型的には老衰である。そういう意味では、避けられない病気で亡くなるのもある意味納得がいくが、歳がまだ若いと、多少理不尽性が漂う。

また、火山の爆発、津波、巨大隕石の落下などで死亡するのは、納得がいかないにしても、自然の猛威なので、ただひれ伏すよりない。

理不尽性が次第に出てくるのは、事故死である。すなわち、道を歩いていたら、ブレーキとアクセルを踏み間違えた車で突っ込んできて、轢かれて亡くなったというのは、ちょっと運転手が気をつければ避けられたので、理不尽である。

もっと理不尽なのは、恨みを買い、あるいは保険金殺人、強姦殺人など、欲望目当てに殺されてしまうことである。

より理不尽なのは、何の恨みもないのに、社会が嫌になった自暴自棄の輩に、殺人の意図をもって殺されてしまうことである。典型的には、秋葉原無差別殺人事件である。

ところが意外にもさらに理不尽性が増すのは、殺人犯が少年だったり、精神病だったりして、責任阻却事由に該当してしまうケースである。この場合犯人は、死刑などの極刑を受けることがまずない。遺族は地団駄を踏んで悔しがるが、どうしようもない。

ここまで来ると、相当理不尽であるが、より理不尽なことがあって、それは、間違った軍事的な作戦の犠牲になることである。例えば、インパール作戦で犬死するとか、岡村寧次で述べた、戦後死である。特定の個人の利益にために、命を紙くずのように扱われてはかなわない。

宗教原理主義者によるテロと喧伝されていたものが、実は他国に攻め入るための自作自演だったらどうだろうか。国家は、犠牲者を追悼するが、それを企画したのが国家内部の要人だとすると傍からみていて、理不尽の針が振り切れそうになる。

ただやはり、死は所詮死なのだろう。死に至らしめる者たちにカルマと責任を残すのかもしれないが、死に行く者たちよ、安らかなれ、ということなのであろう。この非対称性に今更唖然とするだけである。

浮気と陰謀

user-pic
0

現役金融大臣が自殺したとニュースで知り、驚いた。日経の記事の一部を引用してみる。

国民新党副代表の松下忠洋(まつした・ただひろ)金融相(73)が10日午後4時45分ごろ、東京都江東区東雲の自宅マンションで首をつった状態で見つかった。病院に運ばれたが、午後7時33分、死亡が確認された。国民新党幹部によると、室内から首相、妻、閣僚あての計3通の遺書が見つかり、「密葬を希望する」などと書かれていたという。

警視庁は事件性はなく、自殺を図ったとみている。現職閣僚の自殺は2007年5月の故松岡利勝農相以来。

自殺の原因は、女性関係のもつれで、「週刊新潮」がその記事を掲載するらしいが、嘗ての宇野元総理大臣のように、女性スキャンダルの責任をとるなら、せいぜいが辞職すればいいのであって、何も自殺する必要はない。

それで、金融大臣だけに何かの陰謀が関与しているのではないかと推測したが(実際、中川昭一元財務大臣が亡くなったときは、陰謀が喧伝された)、今のところ、単なる自殺で結論付けられているようである。

ところで、松岡利勝農林大臣の自殺の場合は、汚職がらみの追求を逃れるためで、分からなくもないが、松下金融大臣の場合の女性関係での自殺というのは改めて怪訝である。いわゆる「金で解決」で済まないのだろうか。

別の観点でいうと、痴漢や盗撮などは刑法的な罪に該当するが、女性関係であっても合意をえると、最早刑法の適用除外となる。姦通罪なんてないのである。もちろん、民法的な不法行為にはなりえるが。

実は、陰謀というのもそうでありえる。すなわち、刑法において、内乱予備罪・内乱陰謀罪・内乱幇助罪などが規定されているが、あくまでも仮定であるが、9.11テロを国家中枢部が企画し実行したら、これは内乱罪になるのだろうか。「国の統治機構を破壊し、又はその領土において国権を排除して権力を行使し、その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として暴動をする犯罪である」という定義によれば、「国権を排除して権力を行使する」のでなく、「国権に従い権力を行使する」のだとどうなのだろう。これを追訴しようするのも同じ国家権力であってみれば、結局追求されないとみなすのが妥当だろう。

ましてや、経済の動向で述べたように、9.11テロが結果的に石油の国際取引がユーロに流れるのを阻止したとあれば、内乱罪どころか国家(特定の国家であるが)を救ったのであり、皮肉な味方によっては賞賛されることになる。

こうして、浮気であれ国家的陰謀であれ、追求されないドメインに属するとなれば、Clandestine affair and national conspiracy prevail wherever possible.という命題が成立することになる。

この命題は、浮気と同じ頻度で国家的陰謀が渦巻いていることを言い立てるわけではないけれども、おそらく、国家的陰謀は、通常の人が考えるよりもずっと高い頻度で企画されていると考えておいたほうがいいのだと思われる。

戻って、松下金融大臣の死は、本当に自殺なんだろうか。彼の死で、滞っていた法案がいくつか通過するのではないかと聞く。魂を売るか、命を売るかの決断を迫られたのでなければいいのだが。

グラバー

user-pic
0

福岡に住んでいたとき、二度ほど長崎市を訪れたことがある。風光明媚で、歴史情緒あふれ、とても素晴らしいところであった。またいつか訪れようと思って、今に至るまで再訪していない。自分の旅行嫌いにも困ったものである。

長崎を訪れている間、グラバー邸なる場所があるのを知った。大して興味が湧かなかったが、最近「石の扉」加治将一著、新潮文庫を読んで、どうもグラバーが明治維新に本質的役割を果たしたらしいと、今更のように知った。そこで、私なりにそれがどういうことか、この本に基づき、記述してみる。

「石の扉」は、フリーメーソンに関する本である。以前にもフリーメイソンについて、「フリーメイソン」荒俣宏著、角川oneテーマ21に基づいて述べてみたが、「石の扉」はもう少し実態のフリーメーソンに迫っている。なお、フリーメーソンとフリーメイソンの両方の表記があるが、ここでは便宜上、フリーメーソンで統一する。

さて、1864年、勝海舟が坂本竜馬を連れて、長崎を訪れた。幕府側の担当者としてである。外国連合艦隊が長州を攻撃しようとしているという情報が入ったので、その調停のために訪れた。勝海舟は、旧知の小曾根英四郎を訪れて、竜馬を紹介した。

そして1985年5月、竜馬は小曾根英四郎の支援を受けて、長崎に亀山社中を設立した。そして亀山社中からたった三ヶ月後、竜馬は外国から7800挺の銃を仕入れた。普通はそのような仕入れが容易にできるはずがない。その黒幕が、フリーメーソンである、イギリスからきた、トーマス・グラバーであるという。

グラバーは、スコットランドに生まれ、1859年、若干21歳で長崎にやってきた。そんな若造に何ができるかということになるが、そのとき既に、ジャーディン・マセソン商会の代理人となっていた。ジャーディン・マセソン商会とは、アヘン戦争の陰の仕掛け人と言われている。そのような絶大なるコネは、フリーメーソンとしての関係から得たのだという。

グラバーは、1863年の5月に、長州藩の伊藤俊輔(博文)、井上聞多(馨)など5名を密かにヨーロッパに送り出した。さらには1865年1月、薩摩藩の五代友厚、寺島宗則、森有礼、など17名をヨーロッパに送り出した。吉田松陰が密航を企てたのは1854年のことであり、獄死したのは1859年である。よって海外渡航は死罪に値する重大犯罪なのだが、そこをあえてグラバーは送り出したのだった。これ以外にも佐賀藩の若者の洋行にも手を貸している。そこには強い倒幕への意志があり、そのための人材教育の意図であった。果たして、ヨーロッパを見てきた伊藤俊輔や井上聞多らは、攘夷派から開国派に変貌した。

グラバーと小曾根英四郎は昵懇の仲であり、そこで小曾根英四郎が間接的に竜馬に接触したのだった。グラバーと知遇を得た竜馬は、上海まで渡航したという噂がある。ともかく、グラバーの援助によって洋行した長州藩と薩摩藩の有為の人材と、竜馬の出会いは、1866年の薩長同盟の設立となった。ここでもグラバーの存在がキーだった。

そして竜馬がグラバーの援助で仕入れた7800挺の銃は、文字通り倒幕の武器となった。

明治新政府が興ると、当然にグラバーは優遇され、横浜にグラバー商会の支店を開設した。さて、山城屋和助事件に関連して述べたように、明治新政府は三井財閥に大いに依存したが、そこには当然、まだ三菱財閥はない。岩崎弥太郎の活躍はその後だからである。ところがどうも、岩崎弥太郎は、三菱財閥設立に当たって、グラバーの支援を受けたらしい。三菱系のビール会社、麒麟麦酒を設立したのもグラバーだという。

そのように陰で明治維新をグラバーが操ったのは、日本にフリーメーソンの影響力を及ぼすためなのか、それでいて、日本ではロッジも少なく、結局フリーメーソンは根付いていないではないか、と様々なことを考えてみる次第である。

グラバーについては別の書物でもう少し、当たってみる必要がありそうである。

同値関係

user-pic
0

数学の基本的な概念の1つに同値関係というのがあって、関係~は、次の3つの条件をみたす。

  1. (反射律)a~a
  2. (対称律)a~b ⇒ b~a
  3. (推移律)a~b ∧ b~c ⇒ a~c

さて、現実世界で、どのような場合に同値関係が成立するかみてみよう。まず、関係~を友人関係と考える。すると、a~bで、aがbのことを友人だと思っているとき、bも、うんaは友人だと思っていることは結構あって、よってまあ、対称律は成立する。でも、推移律となるとどうか。aがbのことを友人だと思い、bがcのことを友人だと思っているとき、aがcのことを友人だと思えるだろうか。思える場合もあるだろうが、普通は友達の友達は友達ではないことが多い。また、反射律となると、自分は自分の友達なのだろうか。そんなことは普通いわないだろう。それでも、友人関係が同値関係であるような、tightly coupled societyというのは存在しえるかもしれない。そこでは、友達の友達は皆友達で、自分自身も自分の友達である。それはユートピアなのだろうか。分からないけど、もしそういう同値をなす友人関係が世界に導入できるなら、世界をWとして、W/~という商集合を定義でき、W/~の構成要素が国家で、1つの国家の中では全ての人が互いに友達である、という世界となる。そこで面白いのは、C ∈ W/~の国Cに属する人が、C ≠ D ∈ W/~の国Dに属する人と友達になると、CとDが合体して、C∪D ∈ W/~となる。これは世界が単一の国家になっていくということを意味する。まさに、John Lennonの、Imagine, there's no country.である。私にはそれが理想郷であるとはどうしても思えないのだが。

次に、友人関係でなく、恋愛関係をとってみよう。すると、a~bで、aがbを好きだとしても、b~aが成立するとは限らない。多くの恋は片思いなのである(相当、私の偏見が入っている)。そこでいきなり同値関係が破綻したが、それでも推移律をみてみよう。すると、a~b ∧ b~c ⇒ a~cが成立するためには、aがbを好きで、bがcを好きなとき、aがcを好きでなくてはならない。aを男性、bを女性、cを男性ととると、この命題のありえなさが浮き彫りにされる。それでも、a~aは人間、ナルシストでなくても、自分自身のことはある程度好きなので、成立しているとみてよい。ともかく、恋愛関係は友人関係より成立しにくいという結論になるが、これは実情とも合っている。

それでは、会社の上司・部下の関係はどうか。まず推移律をみると、a~b ∧ b~c ⇒ a~cで、a~bをbがaの上司であると読むと、bがaの上司で、cがbの上司なら、大抵の場合cはaの上司だから、推移律は成立している。ところが、a~b ⇒ b~aはまず無理である。これを書き下すと、「あんたは私の上司やろ、わしかてあんたの上司や」ということになる。どんだけフラットな組織なのだろうか。そして、a~aとなると、「人間はすべて自分の上司である」、という命題となって、突然、ストア哲学的色彩を帯びる。

ともかく、日常的にはなかなか同値関係が成立しないことが分かった。それでは、日常的に一番自明な同値関係はというと、a~bを、aとbは同一の国籍をもつ、という関係と読むことである。これが、反射律、対称律、推移律の全てを満たすことを確認することは易しい。

このように、数学は、日常生活には、少なくとも表面的には、あまり関与できない。だから、2次方程式なんてなくったって生活には全く困らないわ、という女流作家の発言にもつながるのだった。

読売新聞をみていたら、理化学研究所の理事長で、ノーベル化学賞受賞者の野依良治氏が、「国益導く研究 総力戦で」と題して記事を書いていた。その趣旨を文責私で要約すると、次のとおりである。

世界的に経済が低迷する中で、世界で成長戦略として科学技術イノベーションを加速している。日本でも、科学技術の推進とイノベーションの推進と東日本大震災からの復興再生が謳われている。一人当たりの名目GDPが世界16位と低迷するなかで、V字回復を果たすには、科学技術の強化と有効活用が選択肢である。世界中で600万人の研究者が1.25兆ドルの研究開発投資を得てうみだされる科学知識や技術は、社会に還元されて総額63兆ドルに上るGDPに多大の影響を及ぼす。世界の経済成長の50~70%はイノベーションによるという。オバマ政権は、情報、医療、バイオ技術、及びクリーン・エネルギーに力を入れている。全米工学アカデミーは、「国として指導力を発揮するのに必要なのは、強力な軍事産業や天然資源の保有、あるいは最先端技術ではなく、多くの人が価値を創造できるよう、自由と資金を与えることである。」という。欧州連合も、新成長戦略「ホライゾン2020計画」に802億ユーロを計上している。基礎科学が現代社会資本の大きい要素であるところ、日本の科学論文の被引用数トップ10%のシェアは、1998~2000年の世界4位から、2008~2010年の7位に低落した。逆に中国は、13位から4位に躍進した。中国の特許件数は世界一になった。

だいたい、このような趣旨であるが、もちろん科学技術が国力にとって重要でないとは言わないが、単に基礎科学や自由な創造性を振興し、論文件数や特許件数の指標をみるだけで、国力に貢献する度合いを見ているといえるのだろうか。

まず、「国として指導力を発揮するのに必要なのは、強力な軍事産業や天然資源の保有、あるいは最先端技術ではなく、」というのは、あまりにも建前である。実際に戦争はしないとしても、国力の基礎にあるのは軍事力であり、その軍事力が極めて多様な科学の研究に支えられているのは誰の目にも明らかである。だからそれを一旦是認しないと話が始まらない。

そして、科学技術の牽引車としての軍事技術を認めた上で、そこからの派生として民生技術に広げていけばいい。すると、民生技術として独立に研究されたものから、軍事技術に吸い上げられるものもでてくる。

こういう科学技術のリアリティを認めた上で、私見では次の四本柱に力を入れる必要がある。

  1. 紛争解決のための社会科学の研究。特に、国際関係論、経済政策、立法論などである。
  2. 過去に学ぶための歴史学の研究。名著「失敗の本質」のような技法を広げていく。
  3. 国家に貢献する必要のない、人類の名誉のための理学研究。純粋数学や理論物理、生物学などが含まれる。
  4. 国家に貢献する必要のない、人類の名誉のための人文科学研究。哲学、人類学なども含まれる。

すなわち、ともすれば横暴に振舞いがちな軍事技術などの実用科学に倫理的、あるいは社会科学的裏づけを与え、もしかしたら贅沢かもしれない、人類の名誉のための理学・人文学をなにほどか、サラダのドレッシングのように、あるいは、麹菌のように育む。いや、科学技術という仏像に、理念という魂を入れるのだと言ってもよい。

ところで、今年の前半、ヒッグス粒子発見のニュースで沸いたが、これなども私に言わせれば、「国家に貢献する必要のない、人類の名誉のための理学研究」に該当する。そんな、ヒッグス粒子発見に本質的な貢献をしたATLASには東京大学や高エネルギー加速器研究機構など日本の15機関も参加しているではないか、これは国家の名誉ではないかという意見もあろうが、ヒッグス粒子なんてずっと、物理学者じゃなければ好事家しか知らなかった。そんなメディア受けで理学研究を評価してはならない。そんな基準は、うつろいやすすぎるのである。

そうだ、何かしら道徳の基礎を与える必要があろう。それは、広い意味での信仰である。特定の神を奉るというのではなく、何かしら永遠のものの存在を認めるのである。なんにしても、科学技術で国を興すのは、なかなか迂遠なのである。

escala cafeに、誤解を招く方言の話題があったので、引用しつつコメントしてみる。

標準語だと思っていた単語が通じなかった、という経験は、上京した地方出身者にとってたくさんあるもの。大阪出身の筆者は、東京の友人と鬼ごっこをした際、「でんした」(タッチした)がまったく通じず、疎外感を受けた覚えがあります。上京経験のあるみなさんに、方言だと思ってなかった方言について聞きました。
■「めばちこ」(28歳・男性/大阪府出身)
「『ものもらい』のことを『めばちこ』。『めばちこ』以外の呼び方を知らなかったので、『ものもらい』なんて上品な言葉があることに逆にびっくりした」

私の故郷の広島県東部方言では、『ものもらい』は、大阪方言と同源かもしれないが、「めぼ」という。これ以外の言い方を知らなかったので、眼科で「めぼ」と言ってどうしても通じなかった経験がある。

■「たまな」(26歳・男性/青森県出身)
「『キャベツ』のことを『たまな』。東京の友だちと鍋をした際、『たまな入れて』と言ったら、おたまを渡された。ちがうよ!」
■「ぺったらこい」(26歳・男性/福島県出身)
「『平たい』を『ぺったらこい』。東北弁は通じないことが多いので気をつけてしゃべっていたけど、まさかこれまで方言だとは思ってなかった」

ううん、東北地方の方言は、私には想像もつかない。私は、広島出身にもかからわず日常的には東北地方の出身者と相性を感じることがよくあるが、方言は別である。

■「なおす」(26歳・男性/福岡県出身)
「ものを収納する際に使う『なおす』という言葉。大阪の人も使っていたので、全国共通語だと思っていた」

『なおす』を収納するという意味で使うのは、広島県でも同様である。ただ、地元では、『なおす』を標準語の「修理する」という意味でも使うことがあるので、ときどき混乱する。そのためか、『なおす』以外にも、収納するのと同じ意味で、『とらげる』も使う。これは絶対関東では通じない。

広島県地方出身の人は、都会に出てきてあまり方言をそのまま使うことはないので、比較的混乱させないと思うが、広島県出身の人が、東京出身の人と結婚して、広島の実家から電話があり、東京出身の配偶者と会話すると、混乱することがある。田舎の母がそのまま方言を使ったりするからである。例えば、広島の実家から電話で、「○○さん、お米、みてた?」ということがある。実家からお米を送っているのである。それを聞く東京出身の配偶者は、「みてた? ああ、お米見ましたけど、何か?」ということになる。「みてる」というのは、「消費して、なくなる」という意味の広島方言なのであった。私の妻は、私とほとんど出身地が同じところなので、そういう誤解は起こらない。却ってつまらないとは思う。

そこいくと、広島県出身の私が東京に出てきて、関東方言で混乱したことはほとんどないが、強いてあげると以下のものがある。

  1. 「かたす」
    これは、片付けるという意味らしいが、聞いてどうしても意味がわからず、生返事したことがある。勝負ではないので、「勝たす」なわけないよね、と思いつつ。
  2. 「しかと」
    これが無視するという意味なのがわかるのに時間がかかった。広島県だって無視は無視で、特別な方言はつかわないのに、と思った。
  3. 「まぜる」
    これが、遊びなどに参加するという意味だと知ったときは、とても意外だった。横浜出身の友人が、「まぜてほしいじゃん。」というのを何度も面白く聞いた。

ところで、半方言に書いたように、福岡方言は、広島方言との距離がほどほどで、独特の古い歴史もあり、楽しめた。関西方言もある程度そうである。そこいくと、関東というか東京は方言的にはほとんど意味がない。それでも私は、おそらく、故郷を捨てておそらく、此処の地に骨を埋めることになりそうである。なんとなく、広島方言に申し訳ない気持ちになる。

心の火事

user-pic
0

もし住まいが、コンクリート剥き出しで、鉄製のベットに新聞紙を敷いて寝るだけなら、あまり火事の心配はない。安全である。しかしそれではあまりに味気ないし寒々としているので、コンクリートで住まいを作るにしても塗料を塗り、木製の家具を置く。ソファやその他装飾品も置く。コンクリートでなく木造の家にすると、一層心地よい。こうして住まいはどんどん、安全ではなくなっていく。安全性と快適性が必ずしもトレードオフの関係にあるわけではない。しかし、その折り合いをつけるのは簡単ではない。

そこで、心の中をみつめると、やはり快適性を追求するために、いや、先ず寒々とした心を暖めるため、随分と引火性の強い家具を置いていないか。

典型的には恋愛装置。IKEAに売っていそうなピンク色の意匠の家具が部屋においてある。そして止せばいいのにそのそばにはストーブ。大丈夫だよ、自動消火装置がついている、と君はつぶやく。そして寒いからと、恋愛装置のそばでストーブをがんがん焚く。

みると、恋愛装置の一部が焦げている。大丈夫かと指摘したら、いいんだ、もともと恋愛装置は、焦げていい香りを出すように設計されているんだと君は説明する。確かに、お香のようないい香りがする。でも火が燃え移ってきたぞ。いいんだ、いいんだ。

コンロではシチューを煮ている。いい香りだね、というと、そうさ、僕の自慢の料理なんだ、最高の山形牛の肉を使っているしね、と君はいう。えっ、何するんだよ、君はシチューに油をどんどん注ぐ。うん、こうした方がおいしんだ。

あれ、君は洋服に着替えはじめた。どうしたの。うん、彼女とデートなんだ。じゃ、ストーブとコンロの火を消さなくては。

いいんだ、いいんだ、すぐに帰ってくるし、ストーブはつけっぱなしのほうが帰っても暖かい。外は意外に寒いんだ。また、恋愛装置は丁度よく燻って、いい香りを出している。シチューも僕が帰ってくる頃には丁度いい加減に煮えているだろう。

彼女とのデートが楽しくて、予定よりもすっかり遅くなって帰ってみると、君は自宅が全焼していることを発見して呆然となる。

知らなかったのかい、心はとても燃えやすいんだ。そんな私の声が耳に入るはずもなく、君はただ佇む。

僕はというと、あまり燃えやすい物は置かないで、ストーブもあまり使わないようにしている。心の部屋はあまりにも引火性なのだから。どんなに気をつけても、細かい火の粉が飛ぶことがある。すると、見る見る燃え広がっていく。こまめに消火するよりない。

君は、なぜこんなに心が燃えやすいのかと嘆いているのか。これでは、生きるに値しないというのか。仕方がないのだ、ただひたすら火を遠ざけるよりない。人々は古来よりひたすら、燃え盛ってそれでいて安全な心の住まいを求めてきた。いい加減、そんな空しい努力は止めようという声はいつもかき消されてしまうのだ。

普通

user-pic
0

私がまだ20代前半で、ほとんど人生が分かっていない今よりもさらに人生のことなんて何にも知らなかった頃、ブルバキの数学原論だったか、頭を悩ませながら読んでいると会社の先輩が、「おっ、なんか難しそうな本読んでるな。」と話かけてきた。で、「いえ。」と私が迷惑そうにしていると、「そんな難しい本読んでいる人はこの会社にはあまりいないよ。」と続けてきた。当時勤務していたのは確かに中小企業だったので、こんな本読む人はあまりいない。

そして先輩は、「確かにそんな本読んで理解しようとしている奴はこの会社にはあまりいないけど、でもみんながやっていることだから簡単とは限らないぞ。」という。

で、「は?どういう意味ですか。」とちょっといらつきながら聞くと、「例えばな、結婚って大抵の人がするが、あんなに沢山の人が結婚するのに、あんな難しいものもなかなかない。」というので、私は、「僕は結婚なんてする気はないですから、関係ないです。」と答えてしまった。「そうか、アハハ」と先輩は行ってしまったが、妙に不愉快な気持が残った。

で、意図に反してひょんなことから結婚してしまい、確かに難しさは痛感したが、私にとって、数学より結婚の方が難しいのかどうか、未だ分からない。ところが、Webを調べているとき、宇宙の存在で言及した、天才理論天文学者のテグマークのことが書かれていて、なんでも、結婚したもののうまくいかなくて、離婚したのだそうである。

そこで今更のように悟ったのは、天才テグマークにとって、結婚は、宇宙の神秘よりも扱いが困難だったという事実である。だからな、普通のことが簡単とは限らないんだぞ、という先輩の言葉が蘇った。まだあの先輩は存命だろうか。

普通のことという意味では、私が日々いそしんでいる特許実務は、質の高い仕事は難しいかもしれないが、平均的なレベルでこなすには、ある程度時間はかかるかもしれないが、平均の知能があれば誰でもできると思う。

ところが、短期間で大した苦労もなく弁理士試験に合格し、特許法の条文が頭にほとんど入っており、弁理士試験の指導で神様のように後輩たちから尊敬されている人が、ごく平均レベルの特許実務に挫折しているシーンを一度でなく見たことがある。とても優秀な人という触れ込みで、だってあの難しい弁理士試験に難なく受かったんだものということなのだが、私程度の者が難なくこなせる実務がどうしてできないのかと、未だに理解できないでいる。

それで少しずつ分かってきたのは、短期間で大した苦労もなく弁理士試験に合格できるということは、抜群の暗記力と法令適用能力をもっているということなのだが、その鋭敏すぎる能力が却って特許実務遂行に支障をきたすことがあるようである。だからそういう人は、弁理士試験予備校の講師になるのがふさわしい。実際、弁理士試験に合格できるということと、それを指導できるということは別の能力のようである。試験指導というのは極めて稀少な能力のようである。

一方、私のように、少なくとも特許実務にはあまり抵抗はないが、細かい条文をみていると頭が痛くなる種類の者もいて、普通の努力で弁理士に合格できた人が私をみると、よほど努力が苦手なんだなとか、あるいは、本質的に何かの能力が足らないのかと馬鹿にすることもあるかもしれないのだが、そう思われても仕方ない。

私はせめて、あなたが世間並みにできて、私が駄目な技芸と、私が世間並みにできて、あなたが駄目な技芸の両方があるのですよと内心思うのだが、言っても負け惜しみになるだけである。

で、私の結婚能力はどうなんだろうか。配偶者を幸せにする能力という意味では平均以下であるが、ともかくも関係を続けるという能力では偏差値55かな、と思っている。下手したら、数学の才能より上かもしれない。

羽生の苦手

user-pic
0

9月5日は、渡辺対羽生の王座戦第2局だった。前期の王座戦で羽生が3タテを喰らい、今期も優勢な第1局を負けたとあっては、羽生の渡辺に対する苦手意識はかなり確実だろう。羽生は最近では、比較的苦手にしていた深浦にも負けなくなったので、渡辺がほとんど唯一の苦手だろう。ただ、苦手というけど何しろ現竜王なので、もはや渡辺が羽生を超えてしまったという見方もいよいよ有力になってくる。そういえば、週刊将棋の四コマ漫画、「俺たち将棋ん族」も、羽生の渡辺に対する苦手意識をフィーチャしたものだった。

さて戦型はとみると、なんと羽生の角交換型の四間飛車だった。もともと藤井が得意にし、最近では久保も採用している。ゴキゲン中飛車がちょっと飽きられたので、名だたる振飛車党がこちらにシフトしている傾向がある。

オールラウンドプレイヤーである羽生がどんな戦型を採用しても意外ではないが、なるほどと思ったのは、大山ホルミシス効果に書いたことに基づく。すなわち、去年のA級順位戦で羽生は、対渡辺戦でゴキゲン中飛車を採用し、大山を思わせる渋い指し回しで完勝した。谷川もまた、渡辺に対してA級順位戦で、やはり大山ライクな振飛車で勝った。

すると、渡辺は、渋い振飛車を苦手にしていることになる。げんに最近、藤井は渡辺に対して、王位挑戦者決定戦、銀河戦と、2タテをくらわせた。ここにきて渡辺の対振飛車苦手説が否定できなくなってきた。その柳の下のドジョウを狙って、羽生が飛車を振ったものと思われる。

しかし、流石作戦巧者の渡辺、プロが10人みたら10人とも渡辺側をもつような局面をつくりあげてしまった。これは鉄壁の勝利かと思ったら、羽生が意味不明の手損というか手待ちを繰り返して幻惑する。

そして局面が複雑化され、ついに羽生が勝ってしまった。これはいくらなんでも羽生勝てないだろうと思っていたので、とても意外だった。

ここからが羽生の巻き返しだが、大山ホルミシス効果は副作用が大きいので連採できない。次は羽生の先番で、おそらくがっぷりの矢倉ではないか。

もちろんこの程度で羽生は苦手意識を解消したわけではないだろうが、少しは気分が楽になっただろう。そういえばかつて無敵を誇った大山は、後輩の中原にたまたま負けてタイトルを取られたとき、まだまだ自分の方が上で、本気を出せば挽回できると楽観したふしがある。しかし、相対的に若い人に負けると、向こうは伸び盛りなのにこちらは次第に落ち目なのであり、下手すると永遠に挽回する機会は廻ってこないかもしれない。果たして、大山もそうだった。羽生がそうなるのかそうでないのか、今その節目にある。

人非人

user-pic
0

人非人というのは普通、人倫に悖るひどい人達のことであって、犬畜生にも劣る酷い奴だみたいな意味もある。しかし、人間より酷い犬なんていない。ともかく、山椒魚さんから紹介された伊坂幸太郎の「死神の精度」を読んでいて浮かんだ言葉が、「人非人」であって、それは、辞書に載っている「人非人」のもう一つの意味である、「インドの俗神、緊那羅の通称。その姿が人に似て人ではないのでいう。」に近い。

さて、伊坂幸太郎が描く死神の属性を記してみる。

  1. なにかある組織に属していて、担当の人間を指名して調査を命じられる。
  2. 調査とは、担当の人間に会って話して、死に至らしめることが「可」か「不可」かを決める。
  3. 調査というけど、結構適当でよく、あまり調査しないで「可」でも構わない。
  4. 死神のオリジナルな容貌がどんなのかわからないが、ともかく、怪しまれないために、人間の格好で調査にいく。年齢や性別、風貌は選べる。
  5. 死といっても、基本的に犯罪か事故死に関与する。病死と自殺は範囲外である。伊坂幸太郎は一切触れないが、私は、病死と自殺の各々の担当に死神がいるに違いないと信じる。要するに、「死神部」としては同じ組織に属するのだが、担当の課が違うのである。
  6. 死神は食べたり寝たりする必要がない。ただ、付き合い上、仕方なく、何かを食べるふりはする。疲れもしらない。
  7. 人間の常識にナイーブである。例えば、マニュアルだけで人間界を知り、やってきたという感じである。だから微妙なニュアンスなんてわからない。細かい感情の襞もない。
  8. 「可」の判定を下すと、その死を見届ける義務がある。
  9. 死神に素手で触られると気絶し、1年間寿命が縮む。
  10. ある種の人間には、人間でないと感づかれる。犬や猫はもっと気づく。
  11. 音楽がひたすら好きで、その余興のために人間界にきているところがある。

ここまでの属性までは思い至らなかったが、私は、人間界には、死神も含む「人非人」が密かに跳梁跋扈して、世界に影響を与えているという変な思い込みが昔からあったので、伊坂幸太郎が描く死神もその文脈で捉えなおしてみた次第である。実際、キリスト教でも、悪魔が人間界に入り込んでいるという思想はあったし、仏教に至っては、菩薩や地蔵が、人間を救うという意味で、この世に派遣されているという思想がある。

そこで、この世にいるかもしれない人非人を、私なりにリストしてみる。

  • キリスト教のいう悪魔
  • 神の子としてのキリスト
  • 神の使徒としての精霊または天使
  • 伊坂幸太郎のいう意味の、ターミネータとしての死神
  • 菩薩や地蔵。地獄での責め苦を代わりに受けたりする役割まで果たす。
  • 密教でいう、大日如来の化身としての薬師如来、阿弥陀如来、釈迦如来などの諸仏。でも果たして人非人としてこの世に降臨しているのだろうか。
  • エリア51にもいるといわれている宇宙人。
  • 超弦理論が存在を予測するような高次元の存在。一体私は、何がいいたいのか。

人非人論を拡大して、この世の人間以外の生物である、諸動物や植物を、人間を操る存在とみなす立場もあろう。ここまでくると、一切の生きとし生けるもの、山、川、草木、吹く風、立つ波・・・、自然界のありとあらゆるものが南無阿弥陀仏と唱える対象であるという浄土宗の世界にも近づく。

ともかく私は、何かの人非人が、何かの必然性に基づき、あるいは単なる偶然で、人間の運命を操るというアイデアを好むものである。量子力学における隠れた変数を想定するようなものであるが。

新聞の書籍広告を眺めていたら、数学書房という出版社の広告があった。ミーハー的な数学ファンである私は当然に全ての、数学書を刊行する出版社は知っているはずだと自負していたが、数学書房というのは不明にも、初めて知った。

どんな本が広告されているかというと、今をときめく理論物理学者である、大栗博司氏の「素粒子論のランドスケープ」、桂利行、栗原将人、堤誉志雄、深谷賢治という錚々たるメンバーによる「背理法」など、私のようなマニアには垂涎の本ばかりである。

ここで改めて、日本で数学書を刊行している出版社を私なりに挙げてみる。すると、どうしても外せないのが、岩波書店である。大学時代、「現代数学概説」という岩波書店刊の名著を買い込み、これは今に至るまで積読である。そういえば、高木貞治の「解析概論」も岩波書店だった。その後も岩波書店は、岩浪講座基礎数学というシリーズを刊行しており、依然として主要な数学書出版社の地位を保っている。

次に外せないのは、数学セミナーの出版社である、日本評論社である。数学、法律、経済という3つの柱をもち、もちろん数学書のレベルとバラエティも半端でない。

さらに印象深いのは、裳華房である。古いところでは、松島与三の多様体入門を始めてとして、数学の名著、好著がひしめく。

また、共立出版もなかなかである。21世紀の数学というシリーズがあり、「微分積分」のような入門的な内容から、「リーマンゼータ函数と保型波動」のような現代的な内容まで網羅する。

といいつつ、私にとって最も始原的な数学書の出版社は、培風館なのだった。高校生のとき、培風館の岩切 晴二の微分積分学精説を一生懸命理解しようとした。解ける問題はほとんどなかったが、私が数学を眺めるための最初の窓になった。

当然かもしれないが、東大出版会には、数学の良書が多い。大学の教養の線形代数の講義で使った本が、齋藤 正彦の線型代数入門だった。その後も多様体入門や偏微分方程式など、東大出版会の数学書はかなり買い揃えた。そういえば、東大出版会から多数の数学書が出ているので、京大出版会からも名大出版会からも何か数学書が出版されていそうなものだが、聞いたことがない。

そうそう、東京図書は数学書の老舗である。ブルバキ数学原論など、売れそうもない良書をこつこつと出版する。数学ではないが、一世を風靡した、ランダウ=リフシッツの物理学教程シリーズも東京図書である。

そしてちょっとニッチを狙うのが、現代数学社である。おっ、ピーターウォイトの「ストリング理論は科学か―現代物理学と数学」という有名な超弦理論批判の本は、なんと現代数学社刊だった。

結構手堅いのが、朝倉書店。大学に入って生協で数学書眺めたとき、なぜかいの一番目に入ったのが、白地に緑の模様の朝倉書店の基礎数学シリーズだった。そういえば、とっつきやすいようでなかなかハードな「すうがくぶっくす」シリーズも朝倉書店だった。このシリーズの堀田良之氏の「加群十話」など、結構な名著であろう。

数理マニアに垂涎の本を刊行し続けているのが、サイエンス社である。数理科学という雑誌を発行し、その別冊は、結構独特のテーマをカバーする。最近出たものに「弦理論の代数的基礎」がある。さっぱり理解できないけど、とりあえず買っておいておこうと思わせるものがある。

そして、超大物なのが、シュプリンガー・フェアラーク。すごいレベルの数学書のオンパレードである。内容が高度且つ比較的高価なのであまりもっていないが、「パターン認識と機械学習」の上下は、仕事関連で仕方なく買った。私にはあまりにも本格的すぎるという感じである。

そういえば、シュプリンガー・フェアラークとは対照的に、地味な出版社として、槇書店がある。フェルマ予想入門、平松 豊一、宇津木 博著など、何冊かもっているが、あまり有名でない数学者の方が丁寧に書いておられて、比較的安いので、嬉しい。

そうそう、必ずしも理系の本は多くないかもしれないが、講談社の現代物理学シリーズは、なかなか良書である。ただ、「理工学者が書いた数学の本」のように、数学に関してはちょっと斜めに構えているように思われるものが多い。

みすず書房は、フォン・ノイマンの「量子力学の数学的基礎」のような本格的な数学の古典があるが、数学書という意味では、多くない。

そして奇特な数学書の出版社である、横浜図書がある。これ、東京図書のもじりかもしれない。今はもうない、新宿のジュンク堂に行ってみたとき、数学書のコーナーの一隅を占めていた。結構厚手なのに比較的安い。「バナッハ空間とラドン・ニコディム性」松田 稔著というのをそのとき見つけて、買っておこうと思ったのだが、なぜか諦めた。買っておけばよかった。アマゾンでは、新刊としては横浜図書の本は出てこない。古書としてはいくつかある。

とても意外なのは、ちくま学芸文庫である。なんと、コルモゴロフの「確率論の基礎概念」なんかまでカバーしている。アルティンの「ガロア理論入門」なんかも。最強の文庫版数学書である。

そういえば、大学時代に吉岡書店の本をよくみつけた。場の量子論関係である。ただ、数学の本はないようである。

よく分からないのが、遊星社である。あまり知られていないが、結構豊富な数学書のリストをもっている。例えば、「1次元代数的特異点とディンキン図形」卜部東介著なんかもある。

すべてを網羅している自信はないが、改めてこんなに沢山数学書の出版社があることを確認して驚いた。これが日本の数学の「厚み」である。

堕落論に書いたことの続きであるが、私は少なくとも大学の3年頃からその後の約10年くらい、鬱屈しており、また、まともに目標に向かって努力しなかったり、会社の上司と喧嘩して、人生なんてどうでもいいと自暴自棄になったことがあったりと、犯罪には手を染めないものの、かなり自堕落な日々を送っていた。

ところが一応結婚して、家族を養うためという名目で、私なりに真面目に仕事に精を出し、想定外のことはあるが、管理職にも登用された。そんな日々が20年くらい続くと自分は、堕落とは縁の遠い、根っから真面目な人間なんだと、知らない間に思い上がっていることに最近気づいた。

さらに最近気づいたのは、堕落は本質的に肉体の属性なので、肉体をもつ限り誰でも堕落し得る、ということである。だから、どんな人でも、暗殺者の由来で述べたように、ハーレムに送り込まれて、麻薬と美女で、暗殺者に仕立て上げられる。これもまた一種の堕落化であろう。

このように堕落が肉体の属性であるがゆえに、最も効率的に人間を堕落させる試薬である麻薬が、多くの現代社会で禁止されている次第である。すなわち、広い意味の堕落の定義は堕落論で述べてみたが、より典型的な堕落の形態として、麻薬によってもらされるものが例示される。

さて、麻薬による堕落は論外に駄目であるが、堕落論に定義した堕落にはわれわれは日々さらされている。ところが私のように、自分が根っから真面目で堕落の惧れなどないと変に思い上がってしまうと、逆に格好の堕落の候補となってしまう。

このような堕落は、強い意味の正議論やイデオロギーでは捉えることができない。そこで、宗教の意義が問われる。ここでいう宗教は、ともすれば自己中心的に世界観を書き換え、享楽主義に陥りがちな肉体の傾向を抑止するものである必要がある。すなわち、生の有限性の認識と、利他性の重視と、何か永遠の存在に対する敬意、これが必須である。

ここまで書いてきて、心身二元論の立場で、堕落をすべて肉体のせいにしていいのかと考える。すなわち、精神は無垢なのか、と。精神はいうだろう、私に刻印されたシミはすべて輪廻転生のうちに肉体から刻印されたものであると。本当にそうなのか、精神そのものに堕落の原因は胚胎していないのか。そして堕落は、肉体と精神のアンサンブルではないのか。オーケトレーションではないのか。

こうして議論は、本来の堕落論から逸脱してゆくのであった。

PID制御

user-pic
0

制御理論に、PID制御というものがある。すなわち、制御量のP(比例項)と、I(積分項)と、D(微分項)の3つを加味して制御する方式であり、最適制御とは少し違うが、現場でパラメータ調整可能な、ある意味実用的な制御方法である。

ここでそういう制御理論の話をするつもりはなくて、しかもそんな知識は私にはない。言いたいのは、日常生活の中で、いろいろな面でPIDの要因があって、しかも誤用されているのではないかといいたいのである。

例えば、給与は、毎月何ほどかの額が入ってきているので、P(比例項)なのに、われわれはつい、いくら昇給したという、D(微分項)にこだわりすぎている。

あの人は過去の業績がすごいというけど、それはI(積分項)のことである。しかし、今この場で業績を上げるのは、P(比例項)とD(微分項)なのであって、I(積分項)が咄嗟に役に立つわけではない。なのに、I(積分項)の人を集めてもどうしようもない、ということが分からない人が多すぎる。

また、世の中の状態が悪化することは、P(比例項)にあらわれる。しかし、茹でカエルの法則で、人間の感覚は、D(微分項)に感受性を有する。すると、どうもおかしい組織の風土だと思っていても、次第にP(比例項)が視野から外れ、昨日との差分であるD(微分項)しか注意しないと、少しずつ悪化する状況を感知できない。こうなると、P(比例項)だけではない。累積した組織の負の遺産が、I(積分項)として耐え難い重みになっている。

このような状況なので、現実の問題にPID制御で対処しようとしても、現実はある決まった制御量が確定されていないので、どの状況変数をPIDのどれに割り当てるか、全く自明ではない。

そこで私が留意しているのはせめて、状況変数を、人間の感覚に忠実なD(微分項)よりむしろ、P(比例項)でみることである。例えば、マキアベリの本を読むと、一国の軍隊を他国に委ねることは必然的に亡国につながるのだが、米軍に国防の多くを依存する日本はそういう意味でまさに、累卵の危機にある。しかし、D(微分項)に依存しすぎると、今まで戦後ずっとこれで平和が維持してこれたのだから、何が問題なのだ、ということになる。見事にD(微分項)だけの発想である。

そうではなく、今の時点の状況を、敢えてP(比例項)、あるいはその他定数項で眺めてみないか。その際、D(微分項)やI(積分項)のような時間推移に依存しないのだから、P(比例項)自体を眺めるために、哲学その他の価値判断が必要になる。これが、読書やその他の経験により、哲学や倫理その他の社会的絶対感覚を身に着けておかなくてはならないという理由なのであった。

新種の酵素

user-pic
0

読売新聞によると、ヨコエビ類から、セルロースを分解して、アルコールなどの原料となるブドウ糖に直接変化させる新種の酵素が発見されたという。以下、引用:

マリアナ海溝の深さ約1万メートルの世界最深部に生息する甲殻類(エビ、カニの仲間)が、木材などの繊維質を効率よくブドウ糖に変える酵素を持っていることを、海洋研究開発機構の小林英城(ひでき)主任研究員らのグループが発見した。

木くずや紙くずからバイオ燃料を生産するなどの応用が期待できるという。米オンライン科学誌プロスワンに16日発表した。

小林主任研究員らは深海採集装置を使い、ヨコエビ類の一種「カイコウオオソコエビ」(体長約4センチ)=写真、海洋研究開発機構提供=を同海溝最深部のチャレンジャー海淵(かいえん)付近で採取。体内から、植物の体や繊維の主成分であるセルロースを分解して、アルコールなどの原料となるブドウ糖に直接変化させる新種の酵素を見つけた。セルロースはブドウ糖が多数結合してできているが、従来の工程では、3種類の酵素を使わないとブドウ糖に分解できなかった。

なぜこのような、一見どうってことない記事を引用したかというと、「キノコの教え」小川眞著、岩波新書を読んだからである。この本によると、キノコは森の最強のスカベンジャなのであった。例えば、ナミダダケなどの腐朽菌は、セルロースを分解することができる。しかし、リグニンは分解できない。リグニンが残ると褐色になるので、ナミダダケなどの腐朽菌による作用は、褐色腐朽と呼ばれる。

ところが、腐りにくいリグニンまで分解できる白色腐朽菌もあり、シイタケ、ヒラタケ、エノキタケ、マイタケなど食用としてもすっかり馴染みのキノコたちである。キノコ好きな私には涎が出そうである。

糖類からセルロース、リグニンまで完全に分解できる、分解のスペシャリストたちは、担子菌のハラタケ目や腹菌類である。

ところが、アロウカリア、セコイア、ヒノキ、スギなど、リグニンとともに抗菌作用のあるフェノール化合物を沢山含み、菌たちの攻撃に耐えやすい樹木もある。このような木が倒れて湿地に堆積し、地殻変動によって埋もれ、高温で変性したのが石炭である。

さて、「キノコの教え」によると、菌類はかつては藻類から進化したといわれ、すると植物が先祖だが、最近の分子遺伝学的な解析によるとどうも、植物とは別の系統を経て進化したらしい。なかには動物に近いという意見もあって、すると、ヨコエビ類と菌類が意外な親戚で、だからどちらもセルロースを分解する能力をもつのか、などと単に空想してみるのであった。

女癖

user-pic
0

最近、立派な人だと尊敬していたのに、女癖が悪いと知ってがっかりした、ということを聞くケースがあった。そういう言い方は分からないでもないが、人間通で述べたように、それは個人差で仕方ないのである。以下に、人間通からの一節を再掲しておく。

現実の問題として人間の容貌も体力も智力も食慾も幾段階も相違する。それだのに性慾の甚だしい個人差だけは決して素直に認めようとしない。この思えば不思議な拘りが人間関係に無限の紛擾を巻き起こしている。しかし誰も否定できない事実として、第一に、人並み外れて性行為の回数を重ねなければ身体がもたない絶倫型がある。第二に、数多くの異性を相手に性行為の遍歴を重ねなければ気が済まない好色型がある。

実際、尊敬していた人が、ラーメン10人分を平らげるような大食漢だと分かったからといって、尊敬の念が薄れるだろうか(ううん、やっぱり少し薄れるか)。性欲もそれと同じで、例えば、単一の配偶者だけではどうにも我慢できない、配偶者の方だって、絶倫の夫にそうそう相手していられないとなると、絶倫の夫は他所に矛先を向けざるを得ないではないか。そのことが尊敬に影響を与えるとしても、強すぎる欲望の故と大目に見れないか。

それを世の識者が咎めるとすれば、その識者なる人は、私がそうであるように、単にそちら方面が恬淡としているだけの話なのではないか。

そもそも、欲望として食欲、物欲、名誉欲、性欲と並べたててみて、性欲だけを卑しいもののように言いなそうとするが、物理学の重力、電磁力、強い力、弱い力が超高エネルギー状態で1つの力で、それが分岐したものであるように、食欲、物欲、名誉欲、性欲などの欲望も、そのルーツは1つの原欲で、そこから分岐したのかもしれぬ。

欲望という意味では、チャクラが下腹部よりも眉間に集まっている私は、読書欲が強い。そしてある決まった分野の本だけでは飽き足らず、どうしてもいろいろな分野の本を漁りたくなる。本が女性なら、まるで色情魔ではないか。実際、中世のヨーロッパでは、読んだらキリスト教的に取り締まられるような本が沢山あっただろうから、私はキリスト教倫理的にも罪を犯していただろう。

そうは言っても女癖は、相手が人間なので、どうしても面倒なことを引き起こしやすい。いっそ、性欲減退剤を処方してはどうか。ともかく、一時代前なら八面六臂の活躍ができたろうに、今のご時世で、女癖の輩はさぞかし生きにくかろうと同情申し上げる次第である。

先日、南木さんからスティーヴン・キングの「不眠症」を紹介戴き、自分のそのうち買う本のリストにメモしたが、まだ買っていない。一方で、別の知り合いからも独立にスティーヴン・キングを紹介されており、それでとりあえず買っておいたのが、「ゴールデンボーイ 恐怖の四季 春秋編」朝倉久志訳である。

そこで、スティーヴン・キングへの入門として、「ゴールデンボーイ 恐怖の四季 春秋編」を電車の中で読み始めた。「ゴールデンボーイ 恐怖の四季 春秋編」は、中篇の「刑務所のリタ・ヘイワース」と、それより二倍くらいの長さの「ゴールデンボーイ」とからなる。

まだ読んでいない人のネタ割れになってはいけないので、概要と感想だけにとどめるが、「刑務所のリタ・ヘイワース」は、米国の刑務所の詳細な実態の記述を含む。それは、日本の犯罪小説で知る、日本の刑務所の実態と似ているようでもあるし、流石アメリカ的な適当さ、と感心するところもある。そういう刑務所内レポートのような記述は、ともすれば退屈に流れるが、流石スティーヴン・キングと思うのは、一見どうってことない、それでいて興味深い話題を随所に挟んで、読者を飽きさせない。囚人や看守や、刑務所長の心理分析も、深層に渡っており、うんそうだよね、と考えさせる。最後のオチは、オチとしては月並みなものであり、それがこの小説の白眉だったら、とても凡庸に終わっただろう。しかし、この小説では、オチではなく、そこに至るまでの延々たる心理描写と登場人物の運命こそがキモなのであった。また、朝倉久志氏の翻訳がいい。明らかに下品なスラングが沢山出てきて。これは英語で読んだら理解苦しむよねと推察させる記述を、あえて自然な日本語とは呼ばないが、かなりしっくりする形の日本語に調合しているそのスキルに感心した。こうして、スティーヴン・キングへの入門の旅は、成功裏に船出したのであった。

次の「ゴールデンボーイ」。これには度肝を抜かれた。ナチの戦犯で、米国に身元を偽って入国した老人と、前途有望な少年との強引ともいえる組み合わせ。この一見、煮ても焼いても食えそうにない設定から、息もつかせぬ心理戦が展開される。それはなんともいえぬ「相互作用」なのだが、ギリシャ流で教育とはもっている素質を引き出すことであるなら、これはまさに、老人による少年に対する教育であった。しかし、前途有望でなく、この上なく未来を座礁させる教育。決して急角度の勾配を降りる絶叫マシンではない。それは緩やかに坂を下る、いわば観覧車なのかもしれないが、降りていくに従って、風景は曇る。なんとも絶望的な読後感なのだが、これがスティーヴン・キングなのか。恐るべしである。しかも朝倉久志氏の解説によると、スティーヴン・キングは「ゴールデンボーイ」を、「シャイニング」脱稿の勢いで、たった三週間で書き上げたという。天才か。ただその後三ヶ月は何も書かなかったらしいが。

こうして私はすっかりスティーヴン・キングのファンになってしまったのだが、流石にこんなホラー小説を続けて読んでいると、宮崎勤のような精神状態になりそうなので、健全に森博嗣あたりで中和するとしよう。

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。