2012年11月アーカイブ

道具

user-pic
0

当たり前であるが、普通、道具といういい方は、物に使って人間には使わない。もし使うとしたら、彼は部下を道具のようにこき使っている、というようにひどい奴であることをあらわすための表現として使われる。

最近は言わないが、アッシー君というのも、単に車で送ってくれる便利な彼氏という意味で、トランスポーテーションの道具にされているので、決していい意味ではない。

ところが、スピリチュアルの世界では、突然、道具という言葉が、神聖な響きをもつ。すなわち、神の道具として、困った人達を救うよう努力します、といういい方をする。神はCPUをもっていても、この世に手足がないので、神の指示によるマニピュレータとして作用する、という意味だと理解している。そして我侭や勝手なことをしないで、神の意向を反映しますということである。

それでは、神の意向なんてどうやってわかるのだろうか。道具たる人間に、独特のセンサがついているのだろうか。どうもそんなセンサなどなくて、誰かを助けたいという善意の動機があればよいのだという。動機が善意だとしても、認識や知識が正しくなくて、ヘルプした結果が悲惨だった場合はどうなるのだろう。それは刑法総論のテーマでもあるのだが、なかなかきちんとした説明は与えられない。せいぜい、正しい認識、正しい知識を身につけましょうというだけである。

戻って、重ねていうが、道具になることは恥ずかしいことではない。むしろ、道具として使われるべき、他人の役に立つスキルを身につけ、活用されるのを待つべしということになる。

そういえば私は、あれは何かのお見合いだったのかもしれないが、いろいろな経緯で、断られる一方の私から断る羽目になったことがあった。そのとき、向こうから、皮肉一杯に、「大企業の歯車となって、せいぜい、ご活躍下さい。」言われたことがあったが、「大企業の歯車」上等ではないか。私は歯車として、ここまでなんとか企業のお役に立ってきた。そもそも、歯車にもなれないで、道具にもなれないでどうする、と今更のように思う。

それなら、オリンパス事件はどうなのか。ああいう状況で、ウッドフォード氏は、結局、歯車に、道具になりきれなかったのではないか。しかし、どうみてもこの場合、盲目的に使われる道具でよかったとは思えない。

すると、パスカル流にいうなら、人間は一片の神の道具にすぎない、しかしそれは、考える道具なのである、ということになるのだろうか。

しかし、私が考える道具だとすると、神の意図を図りかね、神よ、私はそのようなことはできませぬ、と拒否する局面もでてきそうである。そんな素直でない道具があるのか。こうして、一体どんな道具が望ましいのか、いよいよ分からなくなってくるのである。

大学のとき、大型コンピュータのプログラミングの演習があり、そこでFORTRANの初歩をかじったが、全く興味を感じず、最低限単位をとるだけの勉強しかしなかった。だから、大学のクラスの同級生にはコンピュータ・メーカを志望する者もいたが、全くそういう方向に進もうとは思わなかった。単なる偏見かもしれないが、コンピュータ・メーカのSEは激務で、何日も徹夜続きで過労死する、みたいな都市伝説?もあった。

そんな、コンピュータとは疎遠な生活をしていた私が、忽然とコンピュータに対する興味に目覚めたのは、A型肝炎の病み上がりからである。どうも、病み上がりというのは、よくも悪くも人生を変えるものらしい。

すなわち、病院から退院して、一週間程度実家で静養して職場に復帰すると、何を思ったか、土曜日に突然、秋葉原に向かった。そして、どうしてもほしかったシャープのMZ2000をみると、その場でオーダーした。着払いだというので、私の当時の月給より高かったが、清水の舞台から飛び降りるつもりで、なけなしの現金を銀行から下ろして、アパートの入り口で払った。そこから私の隠微な、ある意味壮絶な?コンピュータ・ライフが始まった。

なにしろ、病み上がりなのに、定時で会社から帰宅すると、会社の制服(当時は、工場勤務だったので作業服だった)を来て、コンビニで買ったパンをかじりつつ、BASICのプログラムに励んだ。寝るのはいつも深夜の3時だった。それで朝7時に起きて会社に行くのだから、病み上がりでよく倒れなかったと思う。相当に乱暴な暮らしだった。

そういう努力はいま勤務している外資系に転職する際に全く役に立たなかったが、転職してから流石、有名コンピュータ会社だと思ったのは、Mさんに出会ったときである。特許部門なのにやたらコンピュータに詳しい。なにしろ、BASICで、到底私が書けないような複雑なプログラムを書いているかと思ったら、C言語に移り、さらには、PROLOGのプログラムも書いている。当時、Borlandという会社が、Turbo Cだの、Turbo PROLOGだの、安くて性能のいい処理系を販売していたのである。私は当時から今に至るまで、Borlandのユーザを続けている。

Mさんから一周も二週も遅れて、プログラミングのトラックを走っているとき、PEというスクリーン・エディタに出会った。それまでは、MS-DOSについてくる、EDLINというライン・エディタしか知らなかったので、カーソルが左右だけでなく上下にも動かせるPEは画期的で、PEはキーアサインをカスタマイズできたので、Mさんとは、暇さえあればPE談義をした。もちろんプログラミングも、特許文書の作成も、すべてPEを使った。当時部内では、特許文書は、手書きしたものを外注してワープロ打ちしてもらうのが普通で、PEなんかで仕事していると、遊んでいると、上司から白い目で見られた。しかし、当時から生意気な社員だった私は、意に介さなかった。

しかし、とてもショックなことが起きた。私のプログラミングの師匠であるMさんが、白血病で夭折してしまったのである。まだ、30台半ばである。天は、私ような生意気な輩より、Mさんのような純粋な天才肌の人を好むようである。

相談する人を失って呆然自失の日々だったが、のんびりともしていられなくなった。というのは、特許出願が電子出願になったのである。そこで私のなけなしのプログラミングの才能の需要が生まれた。なぜか会社が買ってくれないので、Turbo C++を自分で買い、電子出願用にプログラミングに精を出した。PEでは使いにくいので、当時のde factoのスクリーン・エディタであるMIFESを買ってもらった。すると、これこそが私が出会った最初の本格的テキスト・エディタなのであって、暇さえあればMIFESを開いて、プログラミングや文書作成した。部内で、コンピュータに詳しい別の友人は、VZエディタというのを使っていた。こちらでもよかったが、単なる慣れというか、とうとうVZエディタは熟練しなかった。

このとき、コンピュータというものは、テキスト・エディタで何か書き、必要に応じてそれを何かのプログラムで処理するものだという刷り込みがなされてしまった。だから、特注の電子出願ツールが手に入ったときも、それがはきだす文書を解析して、添え字、下線、イメージはめ込みのタグを自分なりに解析し、C++で必死にツールを作った。そのツールの文書がWORDのようなバイナリでないことが幸いし、私のテキスト・エディタ信仰がさらに深まった。

また当時、MS-DOSの主要な設定ファイルは、単なるテキスト・ファイルである、autoexec.batと、config.sysだった。autoexec.batには最初に起動するプログラム群が書かれ、config.sysには、仮名漢字変換などの組み込まれるドライバや管理ツールが記述される。ここを最適に編集することで、微妙にパフォーマンスが向上するので、MS-DOSのガイドをみてautoexec.batと、config.sysをチューンすることに夢中になった。

Windows 95になっても、設定ファイルであるwin.iniは、単なるテキスト・ファイルであった。[system]のようなセクションタグの下に、設定値が書かれる。私が愛用しているBorland C++では、vcl\inifiles.hppをインクルードして、下記のようにして、win.iniライクな設定ファイルを利用できる。

TIniFile *ATIniFile;
ATIniFile = new TIniFile("setting.ini");
X = ATIniFile->ReadInteger("SIZE","X",Form1->Width);

ところが、Windows NTやその後継のWindows 2000, Windows XPになると、設定ファイルが、レジストリというバイナリファイルになり、regeditという専用エディタを使用して編集するとかなくなった。I just don't like this one.である。

その後、インターネットが流行ると、HTMLという形式が主流になったが、これはまさに、タグ付テキストファイルなのであって、どうだ俺の目の付け所は先進的だと鼻高々だったが、誰も私のようなオタクは相手にしなかった。

しかし、テキスト・エディタとテキスト・ファイルに入れ込みすぎたので、WORDやEXCELなどの世間一般のツールに全く熟練しないという弊害が起きた。なにしろ、テキスト・エディタで書いて最後にWORDに貼り付けて最小限の修飾をほどこすという癖がついてしまったのである。EXCELだって、その豊富な関数やマクロは全く使わず、たまたま使うようになったPerlですべて計算し、EXCELは、最後に貼り付けるだけのビークルのままである。その際使用する構造化テキストファイルは、CSVとHTMLのどちらかである。DTDの設定がよくわからないので、究極のテキスト・ファイルかもしれないXMLは使っていない。

そうはいっても、定年が迫って、再就職を考える日が近づいてきた。再就職の面接で、あなたは、WORDやEXCELが使いこなせますかと聞かれて、あ、いや、計算やタグ付けはすべてPerlで行い、最後にWORDやEXCELに貼り付けているだけです、なんて答えたら、確実に面接で落とされそうである。だからといって、どうしても、巷に溢れるMSオフィスのガイド本が頭に入らない。これはどうも、テキスト・エディタとテキスト・ファイルとともに心中である、まあそれもよしである。Mさんは、天から見守っていてくれるだろう。

計量化世界

user-pic
0

「ゾウの時間 ネズミの時間」で一世を風靡した本川達雄氏の「生物学的文明論」新潮新書を読んでいて、次のような意味のステートメントがあった。すなわち、文責私で纏めると、要するに、公害などこの世の荒廃をもたらしたのは、数値化できることだけに着目し、その他は抽象してしまった、数理科学、物理科学の責任だというのである。そして、このままだと人類は滅びるので、生物学的共生の概念を施策に取り入れなくてはならない、というもので、私は総論賛成である。

実際、神の言葉は数学で書かれていると言ったのは誰だったか、ガリレオだったか、デカルトだったか、誰か忘れたが、そのフレーズをみたとき、当時真面目な?物理の学生であった私は、ううんそうだと、物理学を専攻したことを誇りに思った。

しかし、その後の人生の紆余曲折を経てみると、神の言葉が数学で書かれているというのは、かなり偏っているというか、限定的にしか適用されないのではないかと思うようになってきた。そこには、物理学徒として挫折したことのルサンチマンがなかったというと嘘になる。

ともかく、あらゆることを数値化、計量化して方程式に載せることで記述できる世界を、計量化世界と呼ぶことにする。すると、計量化世界とは、物理学、工学、経済学によって記述される世界で、これがいかに世間に猖獗を極めているかは、会社で、私がいろいろな問題点を指摘しても、そんな数値に基づかない主観的な意見は聞くことができないとあっさり拒絶されることが多いことからも窺うことができる。

ただ、数値化することで、微分積分、線形代数など、さまざまな数学的ツールが社会の構築に利用できるようになり、この社会の発展に寄与してきたことは誰も否定できない。

それでも、計量化世界で明らかにこぼれ落ちているのは、非数式的に文章で記述された世界である。聖書などをみても分かるように、世界記述言語としては、自然言語の文字による記述は、数式よりもはるかに先んじている。おそらくであるが、成文法としての法律、契約は、聖書などに由来する。書かれているものは聖なる言葉として、人々の行動を律した。明らかにこれは、法律や契約の期限であるが、それ以外でも、語られたこと、感じたことよりも書かれたことを重んじる傾向は一般にある。

さて、当然に、計量化されたこと、書かれたことで記述尽くせないことがあり、それは、五感で感じる感性である。見ること、聴くこと、触ること、味わうことが芸術につながる。芸術に数式が入る余地はほとんどないし、文章の達人なら芸術を記述し尽くせると考えるのは、楽観的すぎる。

それでも、五感で感じているようで、感じられていないのは、人間の感情であり、愛だの苦悩だの悲しみなどがそれに当たる。芸術作品に愛が籠められているかもしれないが、それは普通、暗喩的ではあるまいか。すなわち、相当の感性を要するということである。世界が愛で満ちているという命題を述べる人が、神の言葉は数式で書かれているともいうとき、その二つの命題をどう結びつけるのか。そうそう、きれいな愛だけでなく、おどろおどろしい欲望も、この範疇に入る。

これで尽きているようだが、ここから広げるのは2つの方向がある。一つは、超自然というか、スピリチュアルなものである。案外に、パスカルがパンセで見通していたのがこれかもしれない。もう1つの方向は、宇宙の存在で述べたような、認識の階梯である。これらを同一に扱うか、別個に扱うか、あるいはそんなものは実人生に関係ないと無視するか、大いに人生観によるだろう。しかし、なんにしても、世界の記述は難しい。もしかして世界は、記述しないでくれ、そっとしておいてくれ、と叫んでいるのかもしれない。

迷惑メール

user-pic
0

いつからかはっきり思い出さないが、ここ数ヶ月で急に携帯に迷惑メールが来るようになった。それは、どうも何かのオンラインサイトで、何かを申し込むとき携帯の番号を入力してからだと思うのだが、思い出さない。

具体的に迷惑メールを迷惑と感じる最初のきっかけは音である。すなわち、メールが来たら、"I've got an e-mail."としゃべる設定にしていたら、その音が頻繁にするので、うるさくてたまらなくなり、マナーモードに切り替えた。すると、メールが来たら携帯が振動するのだが、それでもブルブルと微妙に音がする。それはそれで耳障りなので結局、受信しても音も振動もしない設定にした。

次に具体的な迷惑は、携帯の受信メールリストが、品の悪いメールで埋め尽くされることである。一日に50通以上来るので、せっかくまともなメールがきても、埋没してしまう。それで必死で消すのだが、消しても消しても、ゴキブリのように迷惑メールは途絶えない。

消す手間だけではない。おそらくであるが、携帯においては、メールを受信する毎に料金がかかるはずである。迷惑なものを貰ってその都度料金を払うなんてたまったものではないので、携帯会社のサービスセンターに相談にいった。

すると、サービスセンターの係員がいうには、やはり迷惑メールでも1つ一円はかかるという。なんと、下手したら月2000円程度、迷惑メールのために料金を払う羽目になってしまう。ただ、迷惑メールのメアドは1つだけではない。アドレスを乱数化しているものもあるので、具体的な拒否メアドをすべて登録することは不可能である。迷っていると、係員は、携帯以外のドメインからのメールを一括して拒否する設定があるという。ああそれはいいと思ったが、ちょっと気になるのは、会社からの災害時の安否通知のメアドがこの携帯になっている。そこは受信したいのだがと言ったら、係員は、一旦非携帯のドメインをすべて拒否しておいて、特定の受信可能なドメインは登録できるというので、会社のメールのドメインは登録して、自分のパソコンから試しに自分の携帯にメールを送ると、これはなんとか受け取れた。自分のパソコン用メアドもここに設定した。ドメインと具体的メアドのどちらでも設定できるのがいい。

こうして様子をみると、一応迷惑メールはこなくなったようである。どうも迷惑メールは非携帯のドメインのものばかりのようである。一方、私のパソコン用の個人メアドには、いまでも毎日山ほど迷惑メールが来る。こちらも以前は受信拒否設定をしていたのだが、受信拒否メアドの数が許容範囲を超えたので、もう野放しにした。そもそもこちらは、メール受信の追加料金がかかるわけではない。

実は私の携帯のメアドは比較的シンプルなアドレスなのでそれが原因だから、それを複雑なアドレスに変えなくてはならないのかな、嫌だなと思っていたので、受信拒否設定だけで実質的に抑止できたのは幸いだった。迷惑メールのために払った合計何千円かの料金は授業料ということにしておこう。

職団戦

user-pic
0

また、職団戦の季節がやってきた。気が重くなるのは、最近めっきり将棋の内容がよくないからである。それも当たり前で、テレビで囲碁将棋チャンネルを観る以外、実戦を指すことはないし、ほとんど努力しない。

それでも、普段全く指さないのに、いままで少なくとも5分の勝率はキープしてきたので、自分はアマチュアとして結構才能があるとうぬぼれたこともあったが、11月25日に綾瀬の東京武道館で行われた職団戦で、そうでないということを改めて認識させられた。

前回の4月の職団戦では、Bクラスで、私はあまり勝てなかったが、他のメンバーの頑張りでBクラスでベスト8に入り、今期はAクラスである。以前はAクラスでも、リコー(2)チームに個人的に勝ったことがあるし、まあAクラスでもそこそこまだやれると思ったいたら、甘かった。

一回戦では、後手番なので、もし可能なら、本格矢倉の46銀戦法の後手番をもって攻めてつぶされてみようかと、前の日、ざっとおさらいしてみたが、一手目が26歩だったので、最早矢倉にはならず、愕然とした。もちろん、田中寅彦流の無理やり矢倉にする手もなくはないが、そもそも春の職団戦で、無理やり後手番で矢倉に誘導したら、10年に1回あるかというようなひどい内容で惨敗したのだった。そこで比較的指しなれている、ごき中にした。ごき中でも、一番安定度が高いというか、膠着状態になりやすい46銀、44銀の対抗形にした。そうして相穴熊にするかたちが、村山五段の新刊の「村山レポート」に掲載されており、果たしてそのかたちになった。ところが、先手が26角形をつくったので、このかたちでそれはないだろうと、私の序盤センスで奇異におもっていたら、果たして私の作戦勝ちになった。ただ、私の言い分があまりにも通るので、相手を甘くみていたら、そうでないことを思い知らされるのである。すなわち、どんどん攻めたのだが、深い穴熊に届かない。桂馬を攻めに打ったのが大悪手で、そこから形勢は奈落に落ち、詰めろ馬取りで馬を抜かれる落ちもつき、惨敗した。どうみても中終盤のちからで相手が上だった。チームも0-5で敗れた。

二回戦も後手番になり、またしても、相手に相懸模様に進められたので、ここで秘策を出すことにした。腰掛銀模様の右玉である。この戦型で私は、職団戦で、早稲田出身の元学生名人の強豪に完勝したことがある。私の裏芸なのである。実は、大学の将棋部に右玉の得意な後輩がいて、練習将棋で何連敗したか数しれない。そこで今日は、秘策中の秘策を出すことにした。33銀から44銀と出たとき当然に先手は45歩と突くのだが、今まではそこで53銀と引いていた。これで悪いということはなく、持久戦になるのだが、55銀とぶつけてみた。すると、これは取る一手なのである。銀を引くと、65歩と突かれて、先手がよくならない。銀交換して、69に割り打ちができて、あ、勝ったねと思った。右玉の得意な後輩は異様に割り打ちが好きだった。そこで、先手の飛車が48にいるので、角を打てば馬ができるのだが、ここは39角の一手だと思った。すると、58飛、47金と飛車を追い、57角成とすると、あとは温泉気分で勝てる。ところが、59角と打ってしまった。59角だと47飛車と浮かれて困ると分かっていたのに、である。それでも少し優勢だったのだが、48金と打ち、46飛と逃がして、38金と寄るなどというおそろしい筋悪で次第に紛れてきた。そして、最後はあえなく端から攻めつぶされてしまった。チームは2-3で敗れた。私が勝っていれば、チームは勝ちだったのに。弱い。弱すぎると、つぶやいていた。

時間があったので、応援にきてくれた棋友と指してみたが、やはりいいところなく負かされた。どうもいままで五分の星を維持できたのは、単に相手が弱かっただけなのだと、改めて認識した。

それで時間は早かったが、棋友と北千住の街に飲みに出かけた。将棋では潰されたので、せめて酒には潰されまいと、ここは酔い過ぎないように慎重に飲んだら、なんとか階段で転ぶこともなく、次の日二日酔いになることもなく、楽しく過ごせた。今までの失敗したことの学習効果なのだろうか。いやそんなことはなく、たまたまにすぎない。そんなに学習する能力があるなら、ちょっと優勢になったくらいで温泉気分になるわけがないのである。そんな負け方は今まで数百局にもなるだろう。学習する能力の欠如は、おそるべしなのであった。

来春も職団戦に出る予定であるが、相手が十分格下なら勝つだろうし、少しでも骨のある相手なら中盤よくなっても負かされるだろう。まぐれで遠藤正樹に勝った過去など、見るかげもないのであった。

つい今年の2月にコンピュータ囲碁の現在で、コンピュータ囲碁がプロに6子で連勝したという記事に触れたが、日本棋院のホームページに、以下のような記事があった。

2012年3月にコンピュータプログラム「Zen」と武宮正樹九段が5子と4子の置碁で対戦し「Zen」が2連勝を果たし大きな話題となりました。
11月25日にコンピュータプログラム「Zen」と蘇耀国八段、大橋拓文五段、一力遼二段の3名が九路盤(互先)で対戦します。
3月には「Zen」と大橋五段が九路盤で対戦し、互先で1勝1敗の成績でした。
進化を続けるコンピュータプログラムがどこまでプロに迫れるのか注目のイベントです。

武宮正樹九段を5子と4子の置碁で連勝するというのは、棋力でいくと、囲碁の甘い段位では、アマ四段はゆうにあるのではないだろうか。ついにコンピュータ囲碁もここまできたか、と感慨もひとしおである。

特に九路盤ではどうも、最早プロ並みらしい。コンピュータ将棋では、退役棋士とはいえ、米長九段を破るほどに成長したが、コンピュータ実装が困難と思われていたコンピュータ囲碁にブレークスルーをもらしたのは、モンテカルロ木探索法である。

素朴なモンテカルロ木探索法は大した効果をもたらさなかったが、最初に提案されてから6年もたつと、さまざまな工夫が累積したに違いなく、それが今の成果につながっているのだろう。会社の研究所の知り合いに聞くと、モンテカルロ木探索法は、情報科学のホットなテーマでもある、マルコフ決定過程にも関係するらしい。私はその知り合いの特許明細書を書くために、マルコフ決定過程についても勉強してみたが、まだ理解は漠としたままである。

ともかく、モンテカルロ木探索法がコンピュータ囲碁の最後のブレークスルーであるわけがなく、今後も新しいアルゴリズムの工夫はなされるであろうから(例えば、ボナンザが採用した棋譜からの機械学習)、コンピュータ囲碁は、井山のようなトッププロはともかく、普通の囲碁プロ棋士に匹敵するレベルに到達するのではないだろうか。

これに悲観的な人は、有限情報問題におけるコンピュータの威力というか、ブルート・フォースを知らない。あと、無限ともいえる計算リソースと、プログラムのモジュール化の技法で、既存の手法を括弧いれし、それを呼び出すことでアルゴリズムを利用できる情報科学のすごさを知らないのだろう。一方で問題によっては、おそろしく無力であることも。

「人間らしさ」の構造にも書いたが、私は渡部昇一氏のファンであり、若い頃から゛知的生活の方法」など愛読して、生き方を模索してきた。

そんな渡部氏が、「知的余生の方法」新潮新書を出したとなにかでみたので、買ってみた。そんなに目新しいことが書いてあるわけではないが、なるほどと改めて感心したことはいくつかあった。

まず第一章は、「年齢を重ねて学ぶことについて」であり、要するに一生を通して勉強したほうがいいというのは、私も常々思っていることであるが、渡部氏が指摘することでなるほどと思ったのは、仕事をしていると自然に勉強した気になってしまい、定年になってどうしていいのかわからなくなる人が多いというくだりである。私の場合、特許明細書を書くために必然的にかなり勉強を強いられるのだが、もしその勉強が勉強の全てだと、定年になって特許明細書を書かなくなると、それで勉強はゲームセットである。そこで最近は、仕事とは全く関係なく、電車で整数論というか代数学の入門書を丁寧に読むようにしている。この緻密さは何十年も忘れていたモードで、この思考の粒度が取り戻せれば、数学を老後の楽しみにできると思ったからである。

第二章は、「健康と知恵について」であり、これはまさに私が還暦に近づいて留意していることが網羅されている。すなわち、歩くなどして健康を維持することが知的余生に有意義であるというもので、脳も肉体の一部であり、また、手足と脳はつながっているのであれば、ある程度の運動は必要である。ここに、老人は転んではいけないとあるが、まさにそうで、うちの父もうっかり転んで骨折してからはどうも調子がいまいちである。酔って階段で躓く癖のある私は特に注意である。

第三章は、「余生を過ごす場所について」であって、ここでは老後も都会暮らしが推奨されているが、同感である。私は最早田舎には住めない。一貫して田舎で暮らしてきたなら、それもありだったかもしれないが、田舎は医療設備もどうしても都会に劣る。

第四章の「時間と財産について」は、とりあえずスキップする。第五章の「読書法と英語力について」では、読書が長寿にいいと書いてあるが、読書人の我田引水のような気もするが、これは一面の真理だろう。そういう意味で、囲碁・将棋もそうであろう。読書や囲碁・将棋以外に私は、踊りでも、スポーツでも、無理しないで続けられるものならなんでもいいと思う。

第六章の「恋愛と人間関係について」では、老いらくの恋を推奨するのかと思ったら、そういう浮ついた話ではないようである。なんか慈悲の心とかそういう話のようで、ちょっと抹香くさいというのは言い過ぎか。

ともかく、頭と体の機能を保って、死ぬまで生き生きと生活できればと思う。具体的な享年は神が決めるのだろうから、思い煩う必要はないのである。

私の数少ない特技?の1つに、荒唐無稽な情報を子供のように信じてしまうことがある。例えば、今年の2月に書いた宇宙船の来訪の内容を今でも記憶していて、あれはそろそろだったかと、その記事のWeekly World Newsのリンクをみたら、なんと"ALIEN SPACESHIPS TO ATTACK EARTH IN NOVEMBER 2012!"とあって、今年の11月とあるが、宇宙船がやってきたとか、観測されたというニュースは聞かない。

まさか、来週ぎりぎりに到着予定なのだろうか。一方、こちらののプラウダのサイトでは、宇宙船がやってくるのは、今年の12月とあるので、まだ一応有効である。

それと、今年はまさに2012なのだが、アセンションはどうした? 去年は少なくとも3.11の大地震があったが、今年はそれに匹敵する事件は特に起きていないように思われる。

アセンションがマテリアルなものではなくて、スピリチュアルなものだとしても、少なくとも私には、そういう潮流はみえない。私が鈍いだけなのだろうか。少なくとも私はスピリチュアリストの端くれだったはずなのに、どうしてしまったのだろう。

ともかく私は、今からでも遅くないので、年内に巨大宇宙船が来訪してほしいと思っている。別にまだこの世を去る予定はないが、いろいろと飽き飽きしていて、何かパラダイムが大きく変わる出来事が起きてほしいと思ったりするのであった。

基底読書

user-pic
0

テレビの将棋番組を観ていたら、ある棋士が、将棋とは、呼吸するようなものだと言っていた。私にとって将棋は、確かに精神の一部に棲みついているが、呼吸までは行っていない。私にとって、呼吸に匹敵するのは読書である。

なぜこんなに読書が体にしみ込んだのか、自分でもよく分からないが、おそらく、子供のときいじめられっ子だった私は、ひとりでぼんやりと空想というか妄想にふけることが多く、そういう気分が読書となじんだのだと思われる。

ただ、呼吸は自然になされるが、読書となると、何ほどかの肉体的及び精神的なエネルギーを要する。言い換えると、肉体的または精神的なエネルギーを欠くと、読書ができなくなる。

読書ができなくなるほどエネルギーが低下すると、ひたすら休むか睡眠するよりないが、ぎりぎり読書ができる基底エネルギー・レベルというものがある。相当ショックなことがあって、著しく精神的なエネルギーが低下したとき、私は、中学生でも楽に読めそうなエンターテイメント小説が全く読めないことが分かった。活字をみても、それが意味あるイメージとして広がらないのである。

ところが、そんな基底エネルギー・レベルにあって、なぜか将棋の本だけは眺めただけで頭に染み込んでくるのであった。通常の精神エネルギー・レベルで、将棋の本はそんなに優先順位が高くなく、もっと面白い、もっとワクワクする、もっと為になる本は他にもいくらでもあるという認識なので、旅行などで携行する本を数冊選ぶ場合にも、将棋の本はスタメンから外されることが多い。だから、基底エネルギー・レベルで将棋の本だけが私を救ってくれようとしているのを発見したとき、私はいままで将棋に対して重大な裏切りを果たしてきたのかと、悔恨の情に染まった。しかし、元気になるとそんな思いはどこかに吹き飛んでいる。酒飲みと二日酔いの関係である。

また、精神の基底レベルとは少し違うのだが、極度の下痢に苦しんでいるのに、精神エネルギー・レベルは意外に下がっていないと感じるときがあった。そのようなとき、普段は決して頭に入らないカントの「純粋理性批判」を読んでみると、なぜか心に染み入るものがあった。理解したとはいわない、単に心に染み入るだけである。それで、なるほど、哲学をやるには、何かの悲嘆や苦痛が必要条件かと改めて感じた。もちろん十分条件ではない。

ともかく、このようにして、読書に励まされて生きている次第であった。

不眠症

user-pic
0

キングの長編に書いたように、先日、スティーブン・キングの「不眠症」を読んだが、そのとき思ったのは、そういえば私の周囲に、眠れないという人は結構多いということである。

そういう人の話を聞くと、眠れない理由はなんなんだろうと思う。心配事、コーヒーの飲みすぎ、あるいはなんらかの睡眠障害なのだろうか。本当に不眠症である人が、そんな言い草を聞いたら、なんという他人行儀と、不愉快になるかもしれない。

なぜ他人行儀になってしまうかというと、私はほとんど眠れなくて困った経験がないからである。そういうと、能天気な奴はいいよね、と相手にされなくなるだろうけど、自覚する範囲で、私は能天気から遠い人間である。

例えば、ちょっとしたこともクヨクヨする。何か着手しようとすると、全てお膳立てされていないと気がすまない。家に鍵をかけて出たはずなのに、あれっ、ちゃんと鍵を掛けたっけ何度も確認しに家に戻ったりする。学校時代も中間試験や期末試験があると、とても不安になり、ストレスで毎回、下痢をしたりひどい口内炎になったりした。そんな私をみて親は、私のことをとても神経が弱い男だとみなした。杜撰な面が沢山あるので、あえて繊細という言い方はしないが、要するにちょっとした失敗で挫折して寝込んでしまうので、そんなことで厳しい世間を乗り切れるのかと思っていたようである。

親からあからさまにそういう懸念を表明されても、我が強いはずの私は、一度もその点については反論したことがない。否定できないで、ただ黙っていた。自分でもそうだと思わざるを得なかったからである。そもそも、中学のときは、ストレスが嵩じて、十二指腸潰瘍になり通院したほどである。

しかしとても不思議なのは、そんなか細い神経なのに、私は不眠症だけはほとんど経験したことがないことである。大抵の場合、どんな辛いことがあっても、コーヒーを10杯飲んでも、自然に眠れてしまう。

スティーブン・キングの「不眠症」では、主人公のラルフが、医師に睡眠薬を処方してもらったり、ウイスキーで眠れる方法を伝授してもらったりしてありとあらゆる手を尽くして、それでもじりっじりっと睡眠時間が減っていき、次第に幻覚をみるようになってくる有様が描かれているが、私も不眠症ではないが、深夜突然目覚めて、それからなかなか眠れなくなった経験は何度もある。

そういうときは、いかにも荒唐無稽な発想や妄想が押し寄せてきて、潰されそうになることがある。私がもし作家なら、そこから小説のネタを引き出すことができるかもしれないが、大抵はじゃじゃ馬のように手に負えないものばかりである。

ただ、湯川秀樹だったか、寝るときにいつも枕元に紙とペンを置いて、起きたときなにかいいアイデアがあったら、すかさずメモすると書いていたので、私も真似したことがある。

そのとき私は、何かのテーマを頭にポンと入れて、それを頭のオートマトンが解いてくれることを期待して寝るように努力したこともあるのだが、私の経験では、意識して課題を与えるほど、皮肉にも頭は天の邪魔になにも回答しないで、朝まで安眠してしまう。

それを私はとても残念に思ったことがあるが、もしかしてこれこそが私がほとんど不眠症になったことがない理由かもしれないと思い当たった。すなわち、私は読書狂で閑さえあれば本を読んでいるが、いくら流し読みだからといって、少しは疑問に思うことがある。そういう疑問は解決されないで何個もマルチスレッドで意識の中をめぐっているのだが、そういうスレッドたちが頭に適度な疲労を与えるので、安眠できるのかもしれない。

これは適度に難解な本を眠くなるために使うという古来の教えにも適合する。ただ、精神がなにかの変調をきたすと、マルチスレッドたちの間でなにかのリソース競合が起こり、精神が混乱するのかもしれない。このあたり、不眠症で悩んだことのない私には窺い知れないのであった。

微差

user-pic
0

先日、囲碁将棋チャンネルの銀河戦で、中座七段と、アマ最強の一人、今泉健司氏が対戦し、中座七段が終盤少し間違えて、今泉アマが勝利を収めたが、観ていて思ったのは、とても当たり前のことで、私が中座七段と対戦したら、全然あんなぎりぎりにならず、中盤あたりでぽっきり折れていただろうということである。

そこまでならどうということはないのだが、さらに思ったのは、今のプロ棋界で、羽生三冠と、中座七段では、一方がA級一位で、他方がC級2組で苦戦しているということで、プロとしての格はかなり違うが、もしこの二人と、ネット対局などで相手が誰か分からず指すと、結果は負けるに決まっているだけでなく、私はもしかして、どちらが格上か判定できないのかもしれないということである。

そんな馬鹿なと思われるかもしれない。しかし、私レベルからみて、羽生三冠と中座七段の棋力の差は微差なのであって、私の将棋の分解能では、もしかしてその差は見極められない。その差が見極められると錯覚しているのは、対戦の実績が、将棋ジャーナリズムによって可視だからである。言い換えると、実績の可視性が、棋力の顕微鏡の役割を果たしている。

そんな実績の可視性という、マクロな顕微鏡によらず、電子顕微鏡でウイルスでも眺めるつもりで、微妙な棋力の差を見極めようと、プロの棋譜を並べてみたことは何度もあるが、何度並べても、棋力の差であるウイルスは、私の感覚のフィルタの濾過にひっかからず、すり抜けてしまう。私にはどうしても、格下のプロが中盤優勢だったのに、勝手に転んで逆転されたとしか思えないのである。

そして思うのは、プロには到底及ばないにしても、何十年も親しんできた将棋で、この程度の分解能しか達成しえていないという現実である。そこで、将棋よりももっと馴染みの薄い分野では、立花隆批判で述べたように、評判の専門性をprima facieに正しいと信じるよりない。ただ、これは、プロの将棋の対戦成績のような客観性をもちえない。だから、マクロな顕微鏡としても、精度が低すぎる。

ましてや、私が将棋で棋譜を並べるような、電子顕微鏡レベルのインスペクションは、そこでは到底持ち込みえない。もし私が、世間の平均的なレベルであるなら、世間の人たちは、とても杜撰な解像度というか、鑑識眼で生きていることになる。だから、マスコミの簡単な操作で制御されてしまう。

私が陰謀論に与するのは、そのようなマスコミ操作を中和する意図なのだが、却って変な方にドライブされているのかもしれず、真実を見極めるのは難しいのであった。

今年のノーベル物理学賞で、勝手にヒッグス粒子に関してヒッグス博士がノーベル物理学賞をもらえるものと期待してあてが外れたわけだが、読売新聞の科学欄をみると、ヒッグス粒子のノーベル物理学賞は、依然として時期尚早なのかと思えてきた。

というのは、そこでの記事によると、CERNのロルフ・ホイヤー所長は、次のように述べている。

見つけた新粒子が、ヒッグス粒子かどうか見極めるのは非常に難しい。たとえると霧の中で隣の家の猫を探しているようなもので、現在は猫らしきものに近づき、それが探している猫だと確信しつつある段階だ。しかし、犬の鳴き声も聞こえており、近づいているのが実は犬かもしれない。つまり、ヒッグス粒子らしいと思ったが、新粒子をよく調べた結果、これまで考えられていたヒッグス粒子と違う可能性もある。

これは、私が以前に調べたヒッグス粒子の最終検証の下記の一節とあまりにもニュアンスが異なる。

ATLASは、ペアの元となった粒子がヒッグス粒子である確率を、99.99998%であると計算した。一方、CMSは、ペアの元となった粒子がヒッグス粒子である確率を、99.99995%であると計算した。これならもう最終確認済みでいいではないかと思えるのだが、素粒子物理学の慣用では、「発見した」とされる基準は99.99997%となっている。確率を高めるにはより多数の実験をして検証することになる。それで総合的に99.99997%以上になれば、「発見した」ことになる。

この確率の情報から、ホイヤー所長のメッセージは後退していないだろうか。ところで余談であるが、多分ホイヤー所長は猫好きなので、猫を探す例に譬えているようなのだが、私はこんな経験がある。すなわち、隙をみたら脱出するうちの飼い猫のトラが、確かに自宅のリビングにいるのを確認してちょっとスーパーまで買い物に出かけた。そのとき、慎重にトラが逃げないように確認しつつドアを閉めた。ところが、自宅から50メートルくらい離れたところに、まるでワープしてきたかのようにトラがいるのである。トラと呼んでも反応がなく、向こうに行ってしまったので、もしかして勘違いかとそのまま買い物に出かけた。そして、買い物から帰ってくると、トラはリビングのソファで安眠していた。するとやはりあれはトラではない。それから数日して、近所の家から、お宅の猫がきてたよ、ずいぶん人懐っこいねと声をかけられた。えっ、ほんとですかと歩いていると、確かに先日出会ったトラもどきの猫がいた。よくみると、トラは尻尾が長いがこちらは短い。しかしそれがなかったら、飼い主でさえも見間違えるほど似ている。

戻って、ホイヤー所長によると、新粒子をヒッグス粒子と結論づけるためには、スピンがゼロの粒子(スカラー粒子)であることと、物理学の標準理論に適合する性質をもつことが必要なのだという。すると、上記の基準は、質量の大きさに偏りすぎていたのだろうか。

このため、CERNは、12月17日までLHCで実験を続け、来年2月にその結果を発表するという。そこでスカラー粒子かどうか分かる、とホイヤー所長は言う。

LHCだけでなく、今後は日本も関与している国際リニアコライダー(ILC)でもヒッグス粒子かどうかを確認するための性質を多面的に検証していくという。そんな話を聞くと、ヒッグス粒子のノーベル賞受賞がどんどん遠ざかって、発散してしまうのだはないだろうかとつい心配になってくるのだった。

旧PCの再導入

user-pic
0

VAIOのセットアップで苦労して、もうPCのセットアップなんか懲り懲りだと思っていたのに、部屋の隅においている、廃棄予定のThinkPad R61e(Windows XP Professional, RAM 512KB, HDD 40GB, Pentium 4, USB 1.1)が目に付いて、なぜか気になった。このThinkPad R61eは、壊れているというわけではない。ただ、バッテリが完全に死んでしまっているし、無線ルータは見えているのに、IPが取得できなくて、結局、インターネットに接続できない。また、異様に立ち上がりが遅い。

それでほとんど死に体なので、だめかなと思いつつ、なぜか久々に立ち上げて、まずデフラグをやってみた。すると、おそろしいほどファイルが断片化されていた。1時間以上かかってデフラグを終えると、みかけはかなり、ファイルのフラグメンテーションが解消されたように思われた。それで立ち上げなおすと、こころもち、立ち上がりは早くなったように思われた。

そこで今度は、チェックディスクをかけて、ディスクのファイルの論理的な不具合を解消することにした。これも1時間くらいかかった。そして、期待して立ち上げなおしたのだが、依然として無線ルータは見えているのに、IPが取得できない。それで、これは無線LANカードが壊れているのかと思ったが、何しろ、そのドライバソフトもダウンロードできないので、どうしようもない。困って、PCの詳しい友人に相談したら、工場出荷時の設定に初期化するよりないという。その方法は、友人によると、ThinkPadの場合は、起動時にPF11を押す、というものであった。

そうやって初期化すると、かなり時間がかかって、最初に導入されていたWindows XP home editionが復元された。そこで、前に買っていた、Windows XP Professional upgradeを当てることにした。その設定をしている間、ウイルスセキュリティゼロと、無線LANカードを、近くのコジマ電気に買いにいった。ウイルスセキュリティゼロは、もともとThinkPad R61eに導入していたのだが、導入CDを失くしたので、仕方ない。

無線LANカードは、多くの種類がおいてあったわけではないが、バッファロのWLI-UC-GNMが、たった980円と安く、また、極小のUSB接続タイプなので気に入った。セットアップも簡単で、背面のUSBポートに挿すと、キーボード側からはこれが見えないので、まるで無線LAN内臓型に見える。ただ、ThinkPad R61eはUSB 1.1なので、いかにも通信速度が遅いように感じる。

また、とてもおかしいのは、Windows Updateが全く利かないことである。Windows XP Professional SP2のままの状態なので、山ほどセキュリティ・パッチがくるとおもっていたら、Active Xだかのエラーで止まってしまう。それだけではない、Acrobat Reader 10も、Acrobat Reader Xも、導入しようとすると、原因不明で導入エラーになってしまう。ちょっと嫌気がさしてきたが、一応最低限、ウイルスセキュリティゼロにセキュリティは任せたということで、会社の制約で縛られていない、自由なパソコンとして使ってみようとおもっている次第である。典型的には、なにかの計算プログラムを何日も走らせるのが主要な用途である。そのため、実質的に、アプリケーションは、コンパイラと、テキストエディタ、それとPerlしか入れていない。秀丸の作者、斉藤秀夫さんが、古いマシンでも秀丸が動くように、古いPCで秀丸をコンパイルしていると聞いたことがあるので、その世界に一歩近づいたと思うことにする。なんとも苦しい言い訳である。

と、ここでセットアップを諦めようと思ったのだが、もしやと、Microsoftのサイトを探して、Windows XP SP3の導入パッケージを探した。懸命に探していると、Microsoftの英語サイトで、Windows XP SP3の導入パッケージらしきものを発見した。サイズは、320MB程度である。これを1時間ちかくかけてダウンロードし、そのexeをダブルクリックしてみると、このOSでは実行可能ではないという。あれっ?と怪訝になって、仕方なく、折角導入したファイルを削除し、再びWindows XP SP3の導入パッケージ探索の旅に出た。そしてようやく、Microsoftの日本語サイトでWindows XP SP3の導入パッケージを発見した。これもサイズは、320MB程度である。再び1時間近くかけてダウンロードし、ダブルクリックすると、昔見慣れた、Windows XP SP3の導入画面があらわれた。

これも1時間近くかかったが、ともかく、Windows XP SP3の導入を終え、立ち上げなおし、Windows Updateをやらせてみると、よくわからないけど、何か設定している。どうも、Windows Updateの機能を更新したらしい。そこで、Windows Updateを走らせてみると、2つくらいセキュリティパッチが見つかり、これを導入すると、立ち上げなおせというので、また立ち上げ直した。なんだ、この程度でWindows XP SP3はもう最新状態かと安心していたら甘かった。

立ち上げなおすと、Windows Updateの自動更新機能が働き、右下のステータスバーで、見慣れた黄色いアイコンをクリックして驚いた。なんと、117個もUpdateが来ているではないか。ともかく、どうぞ導入して下さいとクリックすると、延々と、2時間ちかくかかって、ようやく、Updateを完了した。立ち上げ直して、流石にもうUpdateはないよね、と再々度Windows Updateを走らせると、もう1個だけ、セキュリティ・パッチがあり、また立ち上げなおすと、ようやくOSは、Windows XPとして最新状態になったようである。この状態でAcrobat Reader XIを導入したら、スンナリ行った。どうも、Windows XPがSP2のままであったのが元凶で、いまのいろいろな環境は、Windows XPはSP3にないと一人前でないということが、今更のように分かった。

ともかく、会社の環境に縛られない自由な設定のPCを再設定したということで、いまさらどういうこともない作業なのかもしれないが、私としては妙な達成感に包まれたのであった。

乃木希典

user-pic
0

乃木大将、すなわち乃木希典には、子供時代に、あまり厳格でない父が、最低限の躾で私を鍛えるとき、父が言及した。乃木大将の軍隊式だと、厳しいぞ、みたいな言い方である。父は戦争に行かなかったが、呉の海軍工廠で働いていた。だから乃木大将は、私にとって軍事的修練の象徴だった。

その後乃木大将に言及する本を読んだのは、司馬遼太郎の『坂の上の雲』と『殉死』である。そこでは乃木は、軍事的無能の象徴として言及され、日露戦争で旅順要塞を攻略したのは、乃木から指揮権を得た児玉源太郎の功績である、と述べられている。

この分野の知識に疎い私は、司馬遼太郎の説を額面どおり受け取った。それでそのままの認識でここまできたが、本当にそれでよいのかと疑問をもち、たまたま本屋で目にした、「乃木希典」福田和也著、文春文庫を読んでみることにした。以下、この本をベースに、乃木希典について、自分用のメモを書いてみる。

乃木希典は、1849年12月25日に、長府藩の藩士である乃木希次の三男として生まれた。乃木家はもともと、長府藩の侍医であったが、希次は医者になるのが嫌で、武士になることを切望して、武道に励んだ。だから、息子の希典に対する躾も峻厳を極めた。

ところが、乃木は、病弱で気が弱く、全く父親の期待に応えられなかった。武道も運動神経も駄目で、青年になるまで一貫して孤立していた。

それでも乃木は、学者になろうと、親の反対を押し切って、乃木家の分家である、玉木家に居候した。玉木家の玉木文乃進は、吉田松陰の師でもあり、苛烈な教育の方針であった。初日から文乃進から一喝された乃木は、どうとようもなく自宅への帰路に就いたが、玉木夫人が声をかけてくれて、引き止めてくれた。

こうして乃木は、玉木家にあって、昼は農作業をし、夜は学問をした。また、山鹿流軍学を修めた。折から、幕末の動乱期になり、幕府が第二次長州征伐を企てると、報国隊に加わり、山県狂介とともに九州を転戦した。

ただ、この九州遠征が勝利に終わったが、なぜかその後の戊辰戦争には参加しなかった。怪我のせいとも、学問に志したともいわれている。しかし、戊辰戦争に参加しなかったことで、乃木は、仲間との絆を決定的に失ってしまった。その後、乃木は、報国隊の漢学教授に任命されるが、そこでも戊辰戦争に参加しなかったことを揶揄され、とても辛い日々だった。

その後の報国隊隊長、御堀の叱責により、乃木は軍人の道を歩むことになった。結局御堀は、乃木を、京都伏見の御親兵兵営に送り込んだが、結局乃木は、御親兵士官に採用されなかった。

それで帰省すると、乃木は、陸軍の黒田清隆に呼ばれ、辞令をうけた。いきなり、23歳で陸軍少佐である。なぜこんな抜擢が行われたのかはわからないが、長州閥のネポティズムだろうか。

ところが、抜擢に気が緩んだか、そこから乃木のタガが外れて、遊興に興じはじめる。ところが、楽しい日々は続かない。九州で不満分子が決起しそうな気風であることを受けて、乃木は、熊本鎮台の連隊長心得に任じられた。

ところが、反乱軍には長州出身の者も多く、乃木は、深い憂愁に沈んでいった。結局、乃木を含む政府軍は、反乱軍を征伐できたのだが、乃木の弟は反乱軍に投じ、玉木文乃進は、弟子たちが反乱軍に投じた責任をとって、割腹自殺した。乃木は討伐は成功したものの、地元からは一層疎んじられた。乃木を非難する声が高まった。

西南戦争が起こると、名誉挽回と、乃木は頑張ったが、精強な鹿児島の兵士たちに追い詰められ、足を怪我するとともに、軍旗を失うという大失態を演じた。乃木は半狂乱になった。

しかし、軍は乃木に対して寛容であった。明治天皇は、乃木を愛した。だが、乃木の内心はがたがたであった。乃木は酒色に羽目を外した。心配した乃木の母は、なんとか所帯をもたらて安定させようとした。しかし、乃木にとって結婚などとんでもないことだった。それで、「薩摩の娘なら貰いましょう」と仇敵の薩摩を挙げることで、拒否したつもりだった。

ところが母は、それを逆手にとって、薩摩の娘である、薩摩藩藩医の四女シチを探してきた。結局結婚するのだが、ここでも乃木は、軍内の長州人から非難された。そのせいではないかもしれないが、結婚式は異常だった。定刻になっても、花婿がなかなか現れないのである。その遅れはなんと6時間、しかも酔っての登場であった。

結婚の後も乃木の放蕩は止むことがなかった。しかしその後、乃木はドイツ留学して帰国すると、一転、極度の禁欲生活に切り替えた。例えば、決して料亭に足を踏み入れず、服装も地味なままである。そして、徳義の塊となった。聖人になろうとした。それでいて、一貫して、部下への暖かい思い入れを示した。

しかし、日露戦争の旅順戦では、各方面から乃木への非難が集まった。この点で、司馬遼太郎は嘘を書いていないと思われる。膨大な兵士を失い、乃木自身も死んでしまいたかった。しかし、この時点で、それは許されなかった。乃木はある意味、死よりも大変な任務を生きて果たした。

そして、凡将だったかもしれないが、その圧倒的徳義で、乃木は国民からの人望を勝ち得た。

なんとか懸命に生きてきた乃木は、大正天皇が崩御すると、ここが頃合とみたのだろう。夫婦共々自害して果てた。軍旗を失ったことの責任と、旅順戦と、そして二人の息子を戦死させたことの無常とが、併せきたのだろう。

乃木夫婦の自害は、当然に世論の話題となり、賛美両論巻き起こした。夏目漱石は、自分にはとてもできないと、シャッポを脱いだ。見事な最後だったというべきだろう。

病み上がり

user-pic
0

そんなに強くではないが、結婚しないことを誓っていた私が、結婚することになったのは、A型肝炎の病み上がりで弱っているところを、母親に衝かれたからであった。普段は両親の言うことなんか聞かない私も、そのときは対抗できなかった。尤も、結婚しないでずっと独身でいたほうがよかったのかどうか、それは分からない。

病み上がりと似た概念で、振られたて、ということがある。すなわち、中島みゆきの「うらみます」という歌に、♪振られたての女くらい、騙しやすいものはないんだってね♪という歌詞がある。そこで独身時代に、どうしてももてないので、振られたての女ならなんとかなるかと思って探したことがあったが、どうしても見つからなかった。そもそも、振られたてと顔に書いてあるわけではない。

一方、振られてばっかりだった私は、当然騙されやすい状態にいつもあった。しかも性格がナイーブなので、振られたてでなくてもとても騙しやいタイプの人間なはずなのに、異性であれ同性であれ、私を騙して陥れようとする人は出てこなかった。幸いというべきである。

病み上がりとか振られたての概念を拡張すると、状態変化の変曲点で、被制御性が増す、ということになる。例えば、3.11の東日本大震災のあとで復興しかかっているとき、日本は病み上がりの状態であった。そんなとき、被制御性の高まりを利用して稼いだ輩がいたに違いない。例えば、建物、復興物資、除染などである。第2次大戦が終わったときは、やはり被制御性の窓が限られた人達に開き、膨大な軍需物資の横流しが生じた。その全貌は誰もしらないが、田中角栄や小佐野賢治は、その恩恵を受けた人達である。

もちろん、病み上がりとか振られたて状態は、人工的に作りだすこともできる。典型的には9.11テロであり、その後のアフガニスタン侵攻及びイラク戦争などである。ところが、私の観察では、人工的に作りだされた病み上がり状態は、自然にもたらされた病み上がり状態よりも、被制御性が乏しいようである。ここらあたりは陰謀論とも関係するが、するとおそらく、上質の陰謀策は、偶然に、あるいは自然に生じた災害による病み上がり状態を利用するのだろう。ロスチャイルド家のネイサンが、ワーテルローの戦いの勝敗をうまく利用したのがこれである。

さて、国力の衰えてきた日本には今後も何度も、病み上がりとか振られたて状態が現出するであろう。すると、そこで開く被制御性の窓は、限られた人達に対して、大いなる恩恵をもたらすであろう。そこからビジネスチャンスが出てくるなら、日本もなんとかやれるのではないだろうか。

勉強と自信にもちらっと引用したが、私は、笹みどりの「下町育ち」という歌謡曲の、「三味と踊りは、習いもするが、習わなくても女は泣ける」という歌詞が好きで、よく引用する(なぜか、実際のカラオケでは歌わない)。

なぜこの歌詞を引用するかというと、精神分析学や仏教(例えば、心は病気でも指摘されているように、人間は本能が壊れており、学習なしでできることは、泣くとか怒る程度だからである。

一方、動物はというと、本能によって精緻な行動を採る。その例は、枚挙にいとまがないが、例えば、最近読んだ本では、「生物学的文明論」本川達雄著、新潮新書の「サンゴ礁と共生」に記述されていることがある。すなわち、サンゴガニは、食事も住まいもサンゴに提供してもらい、いわば一宿一飯の恩義があるが、サンゴの天敵であるオニヒトデが襲ってくると、サンゴガニは、ハサミでオニヒトデを追い返す。立派に用心棒の役割を果たす。その他にも、サンゴ礁の周辺では、ハゼとエビの共生などさまざまなドラマが展開され、興味深い。すべて、習わなくてもできる本能的行動である。

一方、人間は情けないと思ってきたが、人生経験を少し積むと、人間は、習わなくてもできるのは、泣くことと怒ることだけではないと分かってきた。それをリストしてみる。

  1. 人間は、習わなくても、見て見ぬふりできる。
  2. 人間は、習わなくても、嘘がつける。
  3. 人間は、習わなくても、お金を愛することができる。
  4. 人間は、習わなくても、他人を支配したいと思う。
  5. 人間は、習わなくても、イエスマンになれる。
  6. 人間は、習わなくても、他人を陥れることができる。
  7. 人間は、習わなくても、異性を独占したいと思う。
  8. 人間は、習わなくても、物事に飽きる。

きりがないので、この辺にしておくが、こう書いてみると、なあんだ、人間の本能は別に壊れていないではないか、野に放りだされても、あるいは、田舎からいきなり、都会のコンクリートジャングルにつれてこられても、立派に生きていけるではないか、と思ってしまった。少なくとも人間は、サンゴガニに対して、生得の能力について恥じることはない。

言い換えると、本能が壊れていており、幻想に生きているという発想それ自体が幻想なのであり、これは、空もまた空であるという龍樹の指摘につながるのだろうか。しかし、空の空が、見て見ぬふりなどというボールドな心理的実体に結実するとは、ヒッグス粒子も顔負けである。ここらあたりに現世のやるせなさが潜んでいるようであるが、まだわからないでいる。

中和

user-pic
0

世の中に専門家の集団というのはいろいろある。科学技術の研究所、裁判所、検察庁、法律事務所、特許事務所、シンクタンクなどである。私は以前、そういう専門家の集団というは、要するに、優れた専門家を集めさえすれば、高いパフォーマンスを発揮できると思ってきた。もしパフォーマンスを発揮できないなら、専門家が揃っていないだけだと。

しかし、そうではないのではないかと明示的に考えるようになったのは、数年前父が入院した病院に見舞いに行ったときである。そこでは、看護師さんが実に生き生きと、しかも明確な責任感で仕事していて感心した。それでちらっと病院のスタッフのリストをみたら、なんと院長は医師だが、副院長は看護師なのだった。

確かに昔から、病院では、看護師のトップは婦長と呼ばれて、隠然たる権限をもっていた。婦長のコネがあると、手術の予定を早めてもらえたりした。しかし、看護師が副院長に任命されるパターンというのは、今までみたことがなかった。確かに、医療行為では、医師と看護師は対等であるなどと建前ではいわれる。しかし、誰もそんなことを額面どおりとらない。

その結果、どの病院でも、医師が別格で威張るというのが普通だったが、特に医療が高度な機器や、綿密なチームプレーで行われるようになると、医師だけが威張っている時代ではなくなった。看護師の副院長というのは、そういう時代の流れを汲んでいると思う。すると、検査技師の副院長があってもよい。

より狭い組織の法律事務所などが弁護士を別格に扱う気風がそれ以上偏っていたりすることがあるようである。なにしろ、法律事務所は病院ほど技術革新にさらされていない。判例データベースが利用可能になっても、てきぱき使いこなすというのはまだ一般的ではない。

実はそれをつい感じたのは、ある企業の研究所である。聞くところによると、その研究所では、研究員が神様で、秘書や、予算管理や、IT部隊など、まるで雑用係にしか認識されていない。

それを聞いて私はつい、中和が必要だとつぶやいた。すなわち、電解液に2つの電極を入れると、その間で電気が流れるが、すぐに電流は止まってしまう。マイナス電極の周りに水素の気泡が溜まってしまうからである。これを分極と呼ぶ。分極が起こるのを防止するために減極剤が追加される。

電池では減極剤の存在が必然であることが自明だが、専門家集団ではどうしても自明でない。そもそも、減極剤の存在を余分なコストとしてみなし、そこに費用をかけようとしない。こうして組織が硬直化していく。

だから私は、専門家組織の健全性を、非専門家たる減極剤の人材にどれだけ配慮しているかで判断しつつある。

例えば、企業の特許部は、建前で弁理士を重用するが、特許法の専門家である弁理士が、最早企業の特許部において、その一部しか担えないことが明らかである。ここでも、全体のバランスのために、その狭い専門を中和する人材が求められる。

しかし、放置しておくと、電池の分極のように、自然に専門組織は機能しなくなっていくので、常に減極剤の供給が必要である。このことをいくら組織内で説いてもいまいち説得力がないのは、私が組織にあって所詮、電解液でもなく、電極でもなく、減極剤にすぎないからだろう。

プレジデントの記事に以下のような一節があった。

人間が幸福について考えるときに、そこには「フォーカシング・イリュージョン」と呼ばれる偏向があることが知られている。

例えば、学歴がないと、幸せになれないとか、結婚しないと幸せになれないとか、あるいは正規雇用に就けば幸せになるとか、そのような特定のポイントに、自分が幸福になれるかどうかの分岐点があると信じてしまう。これが、「フォーカシング・イリュージョン」である。

学歴にせよ、結婚にせよ、就職にせよ、特定のポイントが満たされなければ幸せになれないと信じ込んでしまうと、幸せに至る多様な道筋が見えなくなる。実際には、人が幸せと感じる理由もそれを支える人生の基盤も様々である。その豊かさに目を開く手助けをすることこそが、これからのビジネスの本道であろう。

フォーカシング・イリュージョンが難しいのは、ある目標に向かって突き進むには、フォーカシング・イリュージョンが有効に作用することがあることである。例えば、受験勉強などで、いろいろな問題集を解くよりも、ある定評のある問題集を繰り返し何度も解く方が有効とされる。そこでは、その問題集を完全にマスターすると合格できるという、フォーカシング・イリュージョン形成されているといえる。だから、よほど余裕の実力がないかぎり、フォーカシング・イリュージョンをもつことは必須といえる。

ただ、人生の現実において、いくら努力しても目標をクリアできるとは限らない。努力により超えられない壁はないなどと青春ドラマ風のスローガン掲げるのは勝手だが、この世はリソース制約に満ちている。夢を掲げるのはたいがいにしておくべきである。

そして、目標をクリアできなかったとき、フォーカシング・イリュージョンが試練に晒される。ここで世間一般では、簡単に諦めないことが推奨される。すなわち、一度や二度の失敗でくじけてはいけない、というものである。簡単に諦める者は敗残者のレッテルを貼られる。

これはまさに、ギャンブルですったときの判断と同じである。すなわち、ここで降りて、損失をいまの時点で留めるか、あるいは、さらに勝負して、一気に損を取り戻すかである。ギャンブルでは熱くなって勝負するのは愚かといわれるのに、仕事や受験ではどうしてなかなか降りないことがもてはやされるのだろうか。

ともかく、なかなか降りないことがもてはやされる世間の雰囲気が、フォーカシング・イリュージョンを煽る。そして、目標が達成されない場合の苦しさを増幅する。

しかし、冷静になってみると、目の前の目標が達成されないとしても、いくらでも代替の道はあることが分かる。受験に落ちても、無試験で専門学校に行く方法もある。偏差値が高くない大学に行っても、感性の仕事で世間で活躍する方法は少なくない。

フォーカシング・イリュージョンは目標が達成された場合にも、弊害がある。すなわち、有名大学に合格したら前途洋洋だとフォーカシング・イリュージョンをもち、目標を達成した段階で、さあ苦労したんだからあとは遊んでいても楽勝だぜ、と気が緩む。聞いた話では、東大に合格した段階で、人生の最終目標が達成されたと思い込み、ずっとそれを引きずる人がいるという。それで有能なサラリーマンになることはまず無理だろう。

また、強いフォーカシング・イリュージョンをもち、目標が達成されると、そのことをもって自分の有能性が生涯に亘って保証されたと誤解する、少なくない人たちがいる。ノーベル賞など、達成として大きすぎるので、その後のフォーカシング・イリュージョンにより廃人にならないように気をつけなくてはならない。幸い、山中伸弥教授は、そんなレベルの低い人ではないようであるが、傲慢と自信過剰は、ちょっとした油断から生じるので、気をつけなくてはならない。

このように、ある程度フォーカシング・イリュージョンは人生に必要だが、その副作用も大きいので、次のように緩和するのがよいのかもしれない。

  • 目標でなく過程を楽しむこと。
  • 複数の目標をもち、特定の目標に、あまりフォーカスしないこと。
  • 自分をステートレスに考えること。すなわち、日々自分をつくりあげること。
  • いい加減でもいいと思うこと。

そうは言ったものの、私自身、なかなかフォーカシング・イリュージョンの呪縛から逃れられない。この仕事さえ凌げばと、いつも視野が狭くなっている。難しい。

亜美人

user-pic
0

勉強が好きであるが、試験勉強が得意でない私はつい、入試が簡単か、あるいは無試験で入れて、しかも知名度が低くて、それでいて、入学したらいい先生が揃っていて、丁寧に教えてくれる大学というのがあったらいいなと時々思う。多分それに近い大学は日本にあると思うが、まだ知らない。

ところで、絶対美人などという馬鹿な記事を書く私は、先日も、演歌歌手の伍代夏子のCDをみて、ううん、なんという美人か、とうなってしまった。もっとも、これは若い頃の写真なのだろうけど、いつまでたっても、美人に感動する癖が抜けない。自分の煩悩にも困ったものである。

ただ、美人に感動するということは私の場合、それはまるで火星人をみるような別世界の人だみたいな認識もある。まともに相手にされるという期待が全くないからである。そこで少し次元をかえて、自分の身の丈のあった美人ということで、亜美人という概念も考えたりする。

それはまさに、入試が簡単か、あるいは無試験で入れて、しかも知名度が低くて、それでいて、入学したらいい先生が揃っていて、という大学のアナロジである。理想的には世界のどの男性も注目していなくて、私だけに魅力的にみえる女性という存在があればいいが、実際は、あまりにも難しい。

そういう人を私は亜美人と呼ぼうとしていて、上記の定義からほど遠いけれども、私的に最近地味ながら気に入ったのは、囲碁の下坂美織二段である。そうやって密かに注目していたらなんと、NHKの囲碁トーナメントの聞き手に採用されてしまった。

なんだ、自分の感覚はまともだったのかと、感覚の普遍性にいたく失望してしまった。これはどうも、私だけに美人だと思える美人なんていないというしかないようである。

一方で、世間から注目されない亜美人で、私だけを特異的に好きになってくれる人はいないのかと夢想してみるのだが、そもそも亜美人の存在が上記で否定されてしまっているので、この命題の前提が成立しない。しかも、魁偉でもなく、勿論あまりにもイケメンからは遠く、凡庸な容姿の私は、女性一般から無視されることはあっても、間違っても特異的に好かれることなんてありえないのだった。

ということで、世間はほとんど至るところで一様な多様体なのであった。深谷賢治先生あたりに、世間の幾何学的構造について研究してほしいものである。

ABC予想の関連定理でみたように、ABC予想において、m(a,b,c)/N(a,b,c)は、(a,b,c)をうまく選ぶことによってどんな大きな値でもとれるのだが、実は、m(a,b,c)/N(a,b,c) > 1となるのでさえ、場合は極めて稀である。

そこで、それを、コンピュータを使って確かめてみた。それを確認するプログラムは、次の要素からなる。C++で書いたプログラムの例は、こちらである。
  1. 1 <= a < 10000, 1 <= b < 10000且つa < bで、(a,b,c)を生成する。c = -a - bで決まる。
  2. 最大公約数をユークリッドの互除法で計算する関数gcd(x,y)を用意する。gcd(x,y)は、xとyが互いに素のとき1を返し、そうでないとき、1より大きい最大公約数を返す。
  3. 生成した(a,b,c)のうち、gcd(a,b) == 1 && gcd(b,c) == 1 && gcd(c,a) == 1の場合に、(a,b,c)は、ABC予想における三つ組であると判定して、次に進む。
  4. M = max(|a|,|b|,|c|}によって、分子Mを求める。
  5. 所定の大きさの範囲の素数PRIME[i]: i = 1,2,...,p_maxまでを計算しておく。
  6. N = 1と置き、abcを、PRIME[i]で、i = 1から、abc ≦ PRIME[i]で順次割って行き、割り切れたら、N = N*PRIME[i]とする。
  7. M / Nを計算する。
こうして計算した結果は、以下のとおりである。下記のリストは、次の意味がある。
  • 最初の()は、三つ組をあわらし、次は、M / Nの計算値である。最後の()は、場合の数の順番、三つ組の順番、M / N > 1.0の場合の三つ組の順番である。
  • これから、任意の3つの数は、だいたい3/5という高い頻度で三つ組になることが分かる。
  • しかし、三つ組がM / N > 1.0を満たす割合は、極めて小さい。下記の例では、29510684個の三つ組のうち、M / N > 1.0を満たすのはわずか206個だけで、その確率は、十万分の一のオーダーである。
  • 最大は、この範囲では、(2003,9193,-11196) : 11196 / 46 = 243.391304 | (18020186/10960022/126)であると思われる。
  • ほとんどの場合は、下記のように、分母の圧勝である。
    (3,7805,-7808) : 7808 / 2856630 = 0.002733
    (3,7807,-7810) : 7810 / 182918010 = 0.000043
    (3,7808,-7811) : 7811 / 2858826 = 0.002732
    (3,7810,-7813) : 7813 / 183058590 = 0.000043
    (3,7811,-7814) : 7814 / 183105462 = 0.000043
    (3,7813,-7816) : 7816 / 45799806 = 0.000171
    (3,7814,-7817) : 7817 / 183246114 = 0.000043
    (3,7816,-7819) : 7819 / 45834978 = 0.000171
    (3,7817,-7820) : 7820 / 91693410 = 0.000085
    (3,7819,-7822) : 7822 / 183480654 = 0.000043
    (3,7820,-7823) : 7823 / 91763790 = 0.000085

(1,8,-9) : 9 / 6 = 1.500000 | (8/7/2)
(1,48,-49) : 49 / 42 = 1.166667 | (48/47/3)
(1,63,-64) : 64 / 42 = 1.523810 | (63/62/4)
(1,80,-81) : 81 / 30 = 2.700000 | (80/79/5)
(1,224,-225) : 225 / 210 = 1.071429 | (224/223/6)
(1,242,-243) : 243 / 66 = 3.681818 | (242/241/7)
(1,288,-289) : 289 / 102 = 2.833333 | (288/287/8)
(1,512,-513) : 513 / 114 = 4.500000 | (512/511/9)
(1,624,-625) : 625 / 390 = 1.602564 | (624/623/10)
(1,675,-676) : 676 / 390 = 1.733333 | (675/674/11)
(1,728,-729) : 729 / 546 = 1.335165 | (728/727/12)
(1,960,-961) : 961 / 930 = 1.033333 | (960/959/13)
(1,1024,-1025) : 1025 / 410 = 2.500000 | (1024/1023/14)
(1,1215,-1216) : 1216 / 570 = 2.133333 | (1215/1214/15)
(1,2303,-2304) : 2304 / 1974 = 1.167173 | (2303/2302/16)
(1,2400,-2401) : 2401 / 210 = 11.433333 | (2400/2399/17)
(1,3024,-3025) : 3025 / 2310 = 1.309524 | (3024/3023/18)
(1,3887,-3888) : 3888 / 1794 = 2.167224 | (3887/3886/19)
(1,3968,-3969) : 3969 / 1302 = 3.048387 | (3968/3967/20)
(1,4095,-4096) : 4096 / 2730 = 1.500366 | (4095/4094/21)
(1,4374,-4375) : 4375 / 210 = 20.833333 | (4374/4373/22)
(1,5831,-5832) : 5832 / 714 = 8.168067 | (5831/5830/23)
(1,6399,-6400) : 6400 / 2370 = 2.700422 | (6399/6398/24)
(1,6560,-6561) : 6561 / 1230 = 5.334146 | (6560/6559/25)
(1,6655,-6656) : 6656 / 1430 = 4.654545 | (6655/6654/26)
(1,6859,-6860) : 6860 / 1330 = 5.157895 | (6859/6858/27)
(1,8575,-8576) : 8576 / 4690 = 1.828571 | (8575/8574/28)
(1,9375,-9376) : 9376 / 8790 = 1.066667 | (9375/9374/29)
(1,9408,-9409) : 9409 / 4074 = 2.309524 | (9408/9407/30)
(1,9800,-9801) : 9801 / 2310 = 4.242857 | (9800/9799/31)
(2,243,-245) : 245 / 210 = 1.166667 | (10240/10119/32)
(3,125,-128) : 128 / 30 = 4.266667 | (20118/15079/33)
(4,121,-125) : 125 / 110 = 1.136364 | (30109/21720/34)
(5,27,-32) : 32 / 30 = 1.066667 | (40009/26677/35)
(5,507,-512) : 512 / 390 = 1.312821 | (40489/27061/36)
(5,1024,-1029) : 1029 / 210 = 4.900000 | (41006/27475/37)
(7,243,-250) : 250 / 210 = 1.190476 | (60210/38189/38)
(7,3993,-4000) : 4000 / 2310 = 1.731602 | (63960/41403/39)
(7,5625,-5632) : 5632 / 2310 = 2.438095 | (65592/42802/40)
(8,1323,-1331) : 1331 / 462 = 2.880952 | (71281/47209/41)
(9,2048,-2057) : 2057 / 1122 = 1.833333 | (81996/52907/42)
(9,6241,-6250) : 6250 / 2370 = 2.637131 | (86189/55702/43)
(9,8183,-8192) : 8192 / 7014 = 1.167950 | (88131/56997/44)
(10,2187,-2197) : 2197 / 390 = 5.633333 | (92124/59078/45)
(11,2176,-2187) : 2187 / 1122 = 1.949198 | (102101/64172/46)
(11,3125,-3136) : 3136 / 770 = 4.072727 | (103050/65034/47)
(11,4096,-4107) : 4107 / 2442 = 1.681818 | (104021/65917/48)
(11,8181,-8192) : 8192 / 6666 = 1.228923 | (108106/69631/49)
(13,243,-256) : 256 / 78 = 3.282051 | (120141/74825/50)
(16,6859,-6875) : 6875 / 2090 = 3.289474 | (156709/96857/51)
(16,9245,-9261) : 9261 / 9030 = 1.025581 | (159095/98050/52)
(17,5103,-5120) : 5120 / 3570 = 1.434174 | (164935/103214/53)
(19,6125,-6144) : 6144 / 3990 = 1.539850 | (185918/116934/54)
(19,8000,-8019) : 8019 / 6270 = 1.278947 | (187793/118710/55)
(23,2025,-2048) : 2048 / 690 = 2.968116 | (221728/136748/56)
(25,704,-729) : 729 / 330 = 2.209091 | (240356/148245/57)
(25,2023,-2048) : 2048 / 1190 = 1.721008 | (241675/149300/58)
(25,2376,-2401) : 2401 / 2310 = 1.039394 | (242028/149582/59)
(25,3456,-3481) : 3481 / 1770 = 1.966667 | (243108/150446/60)
(25,9801,-9826) : 9826 / 5610 = 1.751515 | (249453/155522/61)
(27,512,-539) : 539 / 462 = 1.166667 | (260109/160608/62)
(32,49,-81) : 81 / 42 = 1.928571 | (309491/193147/63)
(32,343,-375) : 375 / 210 = 1.785714 | (309785/193294/64)
(35,4096,-4131) : 4131 / 3570 = 1.157143 | (343433/211637/65)
(49,576,-625) : 625 / 210 = 2.976190 | (479304/293922/66)
(49,4864,-4913) : 4913 / 4522 = 1.086466 | (483592/297598/67)
(53,3072,-3125) : 3125 / 1590 = 1.965409 | (521590/319775/68)
(53,6859,-6912) : 6912 / 6042 = 1.143992 | (525377/323490/69)
(64,6561,-6625) : 6625 / 1590 = 4.166667 | (634419/388393/70)
(64,6591,-6655) : 6655 / 4290 = 1.551282 | (634449/388408/71)
(73,7634,-7707) : 7707 / 5078 = 1.517724 | (724862/445209/72)
(81,175,-256) : 256 / 210 = 1.219048 | (796775/486974/73)
(81,544,-625) : 625 / 510 = 1.225490 | (797144/487220/74)
(81,1250,-1331) : 1331 / 330 = 4.033333 | (797850/487691/75)
(81,1600,-1681) : 1681 / 1230 = 1.366667 | (798200/487924/76)
(81,2116,-2197) : 2197 / 1794 = 1.224638 | (798716/488268/77)
(99,2401,-2500) : 2500 / 2310 = 1.082251 | (977354/596688/78)
(100,243,-343) : 343 / 210 = 1.633333 | (985095/601351/79)
(104,625,-729) : 729 / 390 = 1.869231 | (1025063/628199/80)
(125,2187,-2312) : 2312 / 510 = 4.533333 | (1234189/752538/81)
(125,3971,-4096) : 4096 / 2090 = 1.959809 | (1235973/753965/82)
(128,2997,-3125) : 3125 / 1110 = 2.815315 | (1264615/772839/83)
(128,3645,-3773) : 3773 / 2310 = 1.633333 | (1265263/773163/84)
(128,4913,-5041) : 5041 / 2414 = 2.088235 | (1266531/773797/85)
(139,2048,-2187) : 2187 / 834 = 2.622302 | (1372181/836799/86)
(161,6400,-6561) : 6561 / 4830 = 1.358385 | (1593200/971464/87)
(169,343,-512) : 512 / 182 = 2.813187 | (1665811/1014639/88)
(192,2209,-2401) : 2401 / 1974 = 1.216312 | (1893491/1154608/89)
(200,529,-729) : 729 / 690 = 1.056522 | (1970231/1203446/90)
(231,4198,-4429) : 4429 / 2306 = 1.920642 | (2277173/1387290/91)
(243,1088,-1331) : 1331 / 1122 = 1.186275 | (2391201/1457596/92)
(243,1805,-2048) : 2048 / 570 = 3.592982 | (2391918/1458074/93)
(256,1331,-1587) : 1587 / 1518 = 1.045455 | (2518181/1532998/94)
(256,3969,-4225) : 4225 / 2730 = 1.547619 | (2520819/1534317/95)
(262,6883,-7145) : 7145 / 5282 = 1.352707 | (2582170/1571482/96)
(289,6272,-6561) : 6561 / 714 = 9.189076 | (2844080/1732585/97)
(320,6241,-6561) : 6561 / 2370 = 2.768354 | (3144563/1915865/98)
(343,625,-968) : 968 / 770 = 1.257143 | (3361288/2044863/99)
(343,8405,-8748) : 8748 / 8610 = 1.016028 | (3369068/2051532/100)
(375,3721,-4096) : 4096 / 1830 = 2.238251 | (3672848/2235910/101)
(459,3125,-3584) : 3584 / 3570 = 1.003922 | (4477098/2724979/102)
(512,1675,-2187) : 2187 / 2010 = 1.088060 | (4979837/3031749/103)
(512,3481,-3993) : 3993 / 3894 = 1.025424 | (4981643/3032652/104)
(625,2048,-2673) : 2673 / 330 = 8.100000 | (6045800/3677981/105)
(640,729,-1369) : 1369 / 1110 = 1.233333 | (6184971/3762832/106)
(648,3125,-3773) : 3773 / 2310 = 1.633333 | (6262203/3811359/107)
(749,3790,-4539) : 4539 / 2802 = 1.619914 | (7202168/4380994/108)
(784,6075,-6859) : 6859 / 3990 = 1.719048 | (7527573/4578721/109)
(875,2197,-3072) : 3072 / 2730 = 1.125275 | (8358074/5083658/110)
(961,5600,-6561) : 6561 / 6510 = 1.007834 | (9142400/5560808/111)
(1024,1377,-2401) : 2401 / 714 = 3.362745 | (9705555/5903889/112)
(1024,2187,-3211) : 3211 / 1482 = 2.166667 | (9706365/5904294/113)
(1024,5537,-6561) : 6561 / 4746 = 1.382427 | (9709715/5905969/114)
(1118,9257,-10375) : 10375 / 2994 = 3.465264 | (10552620/6419057/115)
(1119,7297,-8416) : 8416 / 3122 = 2.695708 | (10559540/6423500/116)
(1125,8192,-9317) : 9317 / 2310 = 4.033333 | (10613694/6456202/117)
(1183,6561,-7744) : 7744 / 6006 = 1.289377 | (11125044/6766691/118)
(1183,8192,-9375) : 9375 / 2730 = 3.434066 | (11126675/6767981/119)
(1307,8961,-10268) : 10268 / 4474 = 2.295038 | (12212878/7430515/120)
(1331,4096,-5427) : 5427 / 4422 = 1.227273 | (12416321/7551631/121)
(1331,9604,-10935) : 10935 / 2310 = 4.733766 | (12421829/7556638/122)
(1412,8215,-9627) : 9627 / 3482 = 2.764790 | (13119227/7979272/123)
(1623,1628,-3251) : 3251 / 326 = 9.972393 | (14902131/9063966/124)
(1754,8809,-10563) : 10563 / 7870 = 1.342186 | (15997922/9730113/125)
(2003,9193,-11196) : 11196 / 46 = 243.391304 | (18020186/10960022/126)
(2007,6233,-8240) : 8240 / 6014 = 1.370136 | (18049200/10976361/127)
(2048,2187,-4235) : 4235 / 2310 = 1.833333 | (18371965/11173531/128)
(2187,3125,-5312) : 5312 / 2490 = 2.133333 | (19468362/11838614/129)
(2197,7803,-10000) : 10000 / 6630 = 1.508296 | (19551105/11889407/130)
(2209,4352,-6561) : 6561 / 4794 = 1.368586 | (19641200/11944005/131)
(2210,3849,-6059) : 6059 / 3558 = 1.702923 | (19648486/11950103/132)
(2343,5564,-7907) : 7907 / 5430 = 1.456169 | (20677227/12574582/133)
(2401,3375,-5776) : 5776 / 3990 = 1.447619 | (21117375/12841145/134)
(2401,4160,-6561) : 6561 / 2730 = 2.403297 | (21118160/12841818/135)
(2401,9375,-11776) : 11776 / 4830 = 2.438095 | (21123375/12846288/136)
(2473,7690,-10163) : 10163 / 2990 = 3.398997 | (21666118/13175943/137)
(2543,2618,-5161) : 5161 / 1046 = 4.934034 | (22185381/13489373/138)
(2546,3027,-5573) : 5573 / 206 = 27.053398 | (22208152/13505366/139)
(2828,9969,-12797) : 12797 / 9870 = 1.296555 | (24276937/14762191/140)
(3002,7089,-10091) : 10091 / 2398 = 4.208090 | (25506586/15511389/141)
(3008,8173,-11181) : 11181 / 2830 = 3.950883 | (25549631/15536727/142)
(3080,3961,-7041) : 7041 / 2290 = 3.074672 | (26046143/15839507/143)
(3087,4913,-8000) : 8000 / 3570 = 2.240896 | (26095500/15868082/144)
(3125,6859,-9984) : 9984 / 7410 = 1.347368 | (26359361/16028919/145)
(3153,5506,-8659) : 8659 / 4102 = 2.110922 | (26550074/16144833/146)
(3323,8579,-11902) : 11902 / 1950 = 6.103590 | (27702432/16846336/147)
(3341,9096,-12437) : 12437 / 6146 = 2.023593 | (27822946/16918812/148)
(3497,4062,-7559) : 7559 / 6626 = 1.140809 | (28844314/17538170/149)
(3623,8034,-11657) : 11657 / 4190 = 2.782100 | (29659537/18035651/150)
(3650,7109,-10759) : 10759 / 8782 = 1.225120 | (29830386/18139658/151)
(3809,7898,-11707) : 11707 / 5502 = 2.127772 | (30827946/18745733/152)
(3907,4291,-8198) : 8198 / 54 = 151.814815 | (31426108/19107541/153)
(4001,7480,-11481) : 11481 / 3550 = 3.234085 | (31997480/19456274/154)
(4039,9594,-13633) : 13633 / 11890 = 1.146594 | (32226777/19596707/155)
(4046,7689,-11735) : 11735 / 2290 = 5.124454 | (32266564/19619911/156)
(4047,8872,-12919) : 12919 / 5082 = 2.542109 | (32273699/19623848/157)
(4057,5383,-9440) : 9440 / 8402 = 1.123542 | (32329675/19657847/158)
(4096,6889,-10985) : 10985 / 10790 = 1.018072 | (32562139/19798817/159)
(4246,4507,-8753) : 8753 / 3122 = 2.803652 | (33433882/20329862/160)
(4248,5159,-9407) : 9407 / 3218 = 2.923244 | (33446037/20338171/161)
(4495,5279,-9774) : 9774 / 4254 = 2.297602 | (34836026/21182154/162)
(4613,6522,-11135) : 11135 / 5022 = 2.217244 | (35479720/21573571/163)
(4645,4798,-9443) : 9443 / 5026 = 1.878830 | (35649820/21676376/164)
(4733,8502,-13235) : 13235 / 5306 = 2.494346 | (36120760/21963872/165)
(4745,5132,-9877) : 9877 / 8302 = 1.189713 | (36180504/21999265/166)
(4913,9728,-14641) : 14641 / 7106 = 2.060372 | (37053576/22531526/167)
(4984,8923,-13907) : 13907 / 9950 = 1.397688 | (37411321/22747411/168)
(4984,9073,-14057) : 14057 / 4654 = 3.020413 | (37411471/22747474/169)
(5057,5586,-10643) : 10643 / 4538 = 2.345306 | (37771378/22966192/170)
(5070,8261,-13331) : 13331 / 9530 = 1.398846 | (37838208/23007447/171)
(5120,6859,-11979) : 11979 / 6270 = 1.910526 | (38081981/23156429/172)
(5128,9845,-14973) : 14973 / 14146 = 1.058462 | (38123963/23180882/173)
(5172,7231,-12403) : 12403 / 2514 = 4.933572 | (38334683/23309695/174)
(5247,7138,-12385) : 12385 / 714 = 17.345938 | (38693765/23527482/175)
(5489,9816,-15305) : 15305 / 11622 = 1.316899 | (39817024/24211372/176)
(5523,6563,-12086) : 12086 / 4422 = 2.733152 | (39966516/24302006/177)
(5825,7302,-13127) : 13127 / 7714 = 1.701711 | (41273254/25095878/178)
(6019,9765,-15784) : 15784 / 9042 = 1.745631 | (42066558/25578994/179)
(6020,7359,-13379) : 13379 / 186 = 71.930108 | (42068131/25579658/180)
(6071,9008,-15079) : 15079 / 14630 = 1.030690 | (42271383/25702864/181)
(6079,6361,-12440) : 12440 / 9802 = 1.269129 | (42300124/25719929/182)
(6086,7817,-13903) : 13903 / 1002 = 13.875250 | (42328992/25737778/183)
(6322,7091,-13413) : 13413 / 6286 = 2.133789 | (43223768/26281855/184)
(6596,9681,-16277) : 16277 / 4010 = 4.059102 | (44196181/26872999/185)
(6629,9984,-16613) : 16613 / 16414 = 1.012124 | (44308222/26941903/186)
(6645,7406,-14051) : 14051 / 13118 = 1.071124 | (44359428/26972290/187)
(6699,7556,-14255) : 14255 / 4746 = 3.003582 | (44539209/27081771/188)
(6747,9289,-16036) : 16036 / 2262 = 7.089302 | (44698166/27178298/189)
(6877,8748,-15625) : 15625 / 8970 = 1.741918 | (45111870/27429942/190)
(7093,9631,-16724) : 16724 / 4878 = 3.428454 | (45763669/27826624/191)
(7148,9655,-16803) : 16803 / 10650 = 1.577746 | (45921983/27922566/192)
(7253,9751,-17004) : 17004 / 7438 = 2.286098 | (46215869/28101943/193)
(7285,9422,-16707) : 16707 / 15858 = 1.053538 | (46302884/28154320/194)
(7421,8409,-15830) : 15830 / 3790 = 4.176781 | (46661659/28372230/195)
(7537,9370,-16907) : 16907 / 4542 = 3.722369 | (46954882/28550714/196)
(7671,7739,-15410) : 15410 / 7242 = 2.127865 | (47274114/28744564/197)
(7701,8434,-16135) : 16135 / 5366 = 3.006895 | (47344184/28787246/198)
(7862,8877,-16739) : 16739 / 9274 = 1.804939 | (47701564/29004799/199)
(7892,9139,-17031) : 17031 / 11986 = 1.420908 | (47765471/29043491/200)
(8002,8811,-16813) : 16813 / 16330 = 1.029577 | (47990808/29180278/201)
(8017,9368,-17385) : 17385 / 11894 = 1.461661 | (48021200/29199158/202)
(8019,8788,-16807) : 16807 / 6006 = 2.798368 | (48024581/29201190/203)
(8188,9723,-17911) : 17911 / 14246 = 1.257265 | (48345771/29396118/204)
(8192,8575,-16767) : 16767 / 4830 = 3.471429 | (48351857/29400341/205)
(8295,9791,-18086) : 18086 / 438 = 41.292237 | (48533838/29510684/206)

東京

user-pic
0

18歳まで瀬戸内海の離島にいた私は、一人前の向学心と出世欲に燃え、とりあえず進学を希望していたのはなぜか、金沢大学だった。というのは、高校の修学旅行はオプション制で、関東コース、関西コース、北陸コースの3つに別れ、マイナー志向の私は、好きでもないのに一番人気のなかった北陸コースを選んだ。

もともと、一番人気がないから選んだだけなのに、残り物に福の原理なのか、北陸の修学旅行は実に旅情に溢れて楽しかった。東尋坊、兼六園、そして城跡にある金沢大学。ここは豪雪地帯らしい。すると、冬の日に下宿に篭って本を読んでいても、何もいわれないだろうと、乏しい人生経験で、思った。

ところが、高校のクラスで、がり勉の生徒がいた。福山出身なのになぜわわざわざ尾道の高校に通っている。とても癖のある性格なので誰も相手にしないが、なぜか私はそいつと気があった。仮にAと呼ぶことにする。高3で受験勉強が大変だったので、Aと雑談しながら下校するのが気晴らしだった。

それで受験勉強の時期なので、当然に志望校の話になる。私は上記の経緯で、金沢大学に行きたいんだといったら、Aは言下に否定した。旧帝大じゃないと意味ない、と。それで旧帝大たって、俺の成績で届くわけないじゃないかと答えた。模試の成績からいって、もしかして届くかもしれないのは、北大がぎりぎりかもしれないが、それでも自信はない。

そのあと旧帝大として志望校が九大になったのは、その後成績が上がったからではない。中学のとき修学旅行にいった九州が結構楽しかったからである。関門海峡をバスで渡って帰るとき、なぜか、またくるよ、と心で誓っている自分がいた。

浪人覚悟で受けた九大に受かったのは100%ラッキーだったが、結果的に福岡はパラダイスだった。いまでも福岡は、サラリーマンが転勤したい街ナンバーワンなのだという。人情に厚いし、適当に都会で、適当に田舎で、それでいて先進的な雰囲気があるのは、長い間大陸と接する情報フロンティアだったからだろう。

それで、例えば地元の女性と仲良くなって福岡に骨を埋めるつもりだったが、地元の女性と仲良くなる縁はなく、オイルショックで就職難だったことで、適当な就職先が地元になく(そもそも、人生を半分投げていて、真面目に探さなかった)、仕方なく東へ向かう列車に乗ったのだった(武田鉄矢の歌である)。

なぜ福岡にいたかったかというと、九大生として福岡にいることがとても心地よいという、つまらないローカリテイだったりしたが、ただ、スモールワールドの方が楽しいのだというのは、それで一片の真理なのだと今でも思う。

だから、そんな甘い人生感で、意に反して大阪に就職して酷い目にあったのは、傲慢な生き方にも書いたとおりである。

そこでもローカリテイ願望、スモールワールド志向は変わっていなかったはずなのに、逃げるように東京に出てきたのは、そこに若干の知り合い、すなわち大学の先輩たちがいたからだった。それまでも東京というのは、私にとって訪れるところではなく、遠くにあって対抗するところだった。げんに私は、人生ではじめて東京にでてきたのはなんと24歳のときである。こういうのを東京処女というのだろうか。

ところが東京にでてきて1年もしないうちに、東京のコスポモリタン性と、日本中心性に魅せられてしまった。コスポモリタン性というのは、どんな変な人間でも受け入れるという茫漠さである(あえて、懐が広いとはいわない)。

日本中心性というは、東京以外の日本の都市を、なんだ地方ではないかと馬鹿にする倣岸さである。瀬戸内海の離島で、日本でも僻地偏差値が70はあろうかという地方出身の私が短期間で寝返るというのは自分でも笑ってしまう。

さらにまた自分で笑ってしまうのは、東京が日本中心だといいながら、私にとって神奈川の相模原も、横浜のみなとみらいも、千葉の幕張も、東京で一括りにして平気なことである。こういう粗括りは、その地方から遠くに住んでいたり、その地方にあまり愛着がない場合に生じる。例えば、東京出身の私のある知り合いは、広島と山口と島根の位置をきちんと地図で指摘できない。中国地方で粗括りして平気で、実際それで困ることはなにもない。

でも私は神奈川の相模原に住み、毎日江東区まで通勤している。そうやって東京にべったり張り付いて暮らしているのに、粗括りもないではないかと自問するのだが、どうも私の魂の一部は分散システムの一部として瀬戸内海の離島にあって、粗括りした意味の東京は仮宿のつもりのようである。

といいつつ私は、自分の骨を最早瀬戸内海の離島に埋めるつもりはない。多分それは東京のどこかの墓地に埋められるのだろうが、意図に反してお節介な係累が私の骨を瀬戸内海の離島に連れ戻そうと、あるいは瀬戸内海に散骨しようとそれは私の関知するところではない。

それはどうも、自由空間としての東京を私がエンジョイしているということなのだろう。だから、ときどき尾道や福山に帰省して、東京で働いていたのに地元に帰ったという人の話を聞くと、なんとなく勿体ないと、ただそれだけを思うのであった。

VAIO

user-pic
0

会社で使っているPCがWindows 7になったので、自宅で業務用で使っているPCもWindows 7にしようと、10月のある日、ヨドバシカメラに行ってみた。すると私の意図した、今まで使っていたのと同じメーカのPCの在庫がないばかりではなく、取り寄せても10万くらいなど、結構高い機種のものしかない。

そもそも、世間はもうWindows 8だというのに、私はようやく、Windows 7になるという出足の悪さである。さて困った、自宅に帰ってWebで別の会社のものを注文しようかと思っていたら、ヨドバシカメラの係員がなぜか私をソニーのコーナーに誘導した。ええっ自分はソニーのPCなんて興味がないのにと思いつつ、渋々後をついていくと、ソニーのVAIOが思ったより安く、また、ソニーらしくデザインが秀逸なので、つい惹かれた。

そしてあれよと思う間もなく、ヨドバシカメラのソニー出張員のデスクに連れていかれ、次第に契約する雰囲気になってしまった。私はすっかりPCのハードウェアに疎くなっているので、SSD(solid state disk)を積んだモデルときいて、ええっ、そんなの使えるですか、と言ってしまった。なんでもSSD + HDD、SSDのみ、HDDのみのモデルがあるという。社内使用にはディスク暗号化が必要なので、SSD + HDDやSSDだと不安である。そこで、HDDのみのモデルを選んだ。結局、VAIO SVS1311AJ Windows 7 professional、Intel core i3、RAM 4GB、HDD 320GBのどういうこともない機種で、ヨドバシのポイントを使うと、60000円程度の値段になった。

ところがなんと、契約してから現物が届くまでに1ヶ月もかかるという。ええっと思ったが、面倒なので、そのまま待つことにした。

そしてようやくPCが届いた。箱から出すと、流石VAIO、デザインが格好いいと、改めて思った。そして、会社用に使うためのセットアップの開始である。この日のために、会社のイントラネットに入るためのVPNのソフトをDVDでもってかえっていた。また、さらにこのために、一日休暇をとった。なぜなら、会社用にセットアップするには、合計何ギガにもなるプログラムをダウンロードして導入しなくてはならないのである。それを、VPNを通し、かつ自宅の細い、11Mbpsの無線LANを経由して導入するのである。気がとおくなる。

実際に、これと同様の導入作業は、9月の末に会社でもした。会社配布のPCの置き換えがあったのである。そのときやはり、テンポラリファイルが2GBにも達する巨大アプリを導入したが、会社でも2時間ちかくかかった。これを自宅でやるとどうなるのかと案じたが、やはりその倍ちかく時間がかかった。しかも夜遅くまでかかって、導入オプションを間違えてしまい、その4時間近くの作業をやりなおすことになったので、それがわかったときは、脱力で、倒れそうになった。しかし、本当の試練は後にくるのだった。

リストしたら数十項目になるかもしれないソフトの導入を完了して、最後はやっとディスク暗号化ソフトを走らせることである。これは、ソフト自体は重くない。ディスク全体を暗号化する作業が時間がかかるだけである。ところが、セットアップの画面はうまくいくのに、暗号化に進めることができない。該当の専用管理サーバのpingもうまく通っている。会社のヘルプデスクに聞いたら、私が使っているVAIOは、サポート対象外なのでサポートできないという。

困り果てていると、会社のヘルプデスクは、そこのところだけ例外申請したらどうかという。それで、よくわからないので社内のITコーディネータに事情を説明するメールを出したが、さてどんな返事がくるだろうか。期待しないで待つことにしよう。

ディスク暗号化ができないので、せめてパワーオン・パスワードをつけようと、BIOS設定の画面にすべく、オンラインガイドに従い、電源を入れてF2を押すのだが、マルチブートの画面しか出てこない。困り果てて、ソニーのサポートディスクに電話すると、購入前、あるいは購入後1年たったあとはサポートが有料だの、その料金の支払い方はいくらだの延々と自動音声の女性の声でいうので、いらいらしてきた。なんとか係員につながったのだが、ユーザー登録が確認できないので、有料サポートになるという。そんな馬鹿な、さっきオンラインでユーザー登録したぞとちょっと怒気を含んだ声でいうと、あ、すいません、それなら無料でいいです、というのだが、結局有効なアドバイスは得られなかった。

で結局、F2を押しながら電源を入れるという方法でBIOSの画面にたどりついたのだが、なんともややこしいインターフェースで、うんざりして、VAIOを買ったのは吉とはでなかったな、と落胆した。VAIO自体がわるいのでなく、めぐり合わせの問題なのだが。

将棋新聞の記事によると、羽生三冠は、9月17日に神戸で行われたチェスプロブレムのイベントで、フランスチャンピオンで世界ランキング25位のマキシム・ラグラーフ氏と将棋とチェスの2面指しし、飛車落ちの将棋の方は羽生が勝ったが、チェスの方は敗れたという。

チェスは平手なのに将棋は飛車落ちというのはなんとなくバランスを欠くが、チェスでは将棋ほどうまくハンディをつけられないのだろう。これは、将棋より手数が多い囲碁で、将棋よりも細かくハンディがつけやすいことのアナロジである。

それにしても、マキシム・ラグラーフ氏は、羽生に飛車落ちで挑むとは強い。将棋も欧州チャンピオン・レベルではないか。

9月22日には、ラグラーフ氏に、羽生と森内の二人が、チェスの2面指しで挑み、二人とも敗れた。

また、9月30日には羽生は、フランスのチェスの女子チャンピオンであるアルミラ・フクリプチェンコさんと対戦し、引き分けた。羽生からのドローの申し出にアルミラさんが喜んだとあるので、アルミラさんが少し苦戦だったのかもしれない。

ともかく、羽生がチェスで日本チャンピオン・クラスだと知っていたが、森内も似たようなレベルに達しているとは知らなかった。そして私が今更のように驚くのは、将棋のトップクラスの棋士が、チェスでも日本トップクラスになることである。

そのように言うともしかして、将棋の才能をもってすれば、チェスでもあっという間に上達して日本チャンピオン・クラスになるのはたやすいことではないかといわれそうである。

しかし、そう考えるのは素人で、確かに将棋が強いと、チェスの中流レベルには直ぐに到達できるかもしれないが、そこからの戦術や大局観など、あまにりも違いすぎる。例えば、もし将棋の歩が1つ下がれるなら、将棋というゲームの色合いは全く異なってしまう。チェスだと取った駒は使えないのである。そこから導かれる差異は、将棋のアマチュアに過ぎない私にさえ、想像を絶する。

さら、私が気にするのは、スキルの衝突の概念である。すなわち、私の理解では、上記のことと矛盾するかもしれないが、将棋とチェスは、将棋と囲碁の間よりもはるかに近接していて、よって、チェスをやりすぎると、普通の常識では将棋の感覚を狂わせてしまい、将棋が弱くなるはずなのである。

だいたい、中国将棋が日本で一番強い所司和晴七段だって、将棋の棋士の中で囲碁が一番強い河口七段だって、一流棋士からは遠い。

しかし、羽生はチェスをやることで将棋が全くおかしくなっている様子がない。むしろ羽生は、アルミラさんとチェスの対戦をした3日後に、渡辺から王座を奪取した。

このようにチェスをやっても将棋の感覚が狂わないというのは、コンピュータでいえば、スレッド間の隔離性が高い。すなわち、スレッド間の衝突が起きにくい。

例えば、コンピュータでいえば、スレッド間の衝突というのは、1つのスレッドが共有メモリに書き込んでいる間に、別のスレッドも同じ箇所に書き込もうとする。すると処理の一貫性が保てなくなる。

そこで、スレッド・ローカルなメモリを用意してそこに書き込む限りは、衝突は生じない。このアナロジでいくと、羽生も森内も、頭に、チェス・ローカルな領域を確保できているので、将棋のローカル領域に悪影響を与えないようである。言い換えると、リソースが豊富なのである。

このようにリソースが豊富な棋士は、将棋の範囲でも使える戦法が多様である。実際、羽生も森内もどんな戦法でも指しこなして、そこそこの成績をあげられる。このあたりは渡辺とはかなり趣が異なる。

そしてこれはまた、私が以前議論した、才能のスペクトルの議論にもつながる。ここのスペクトルは、いろいろなレベルの強さのスペクトルであったが、戦法のスペクトル、異なる種類のゲームのスペクトル、とみたとき、改めて羽生や森内の幅の広さが確認され、それは、渡辺明、久保利明など、相対的に狭い範囲で戦っている人たちと対比される。

ただ、いかに豊富なリソースをもっていても、個別の勝負となると、目下の目的にいかにフォーカスするかなので、リソースの豊富さが勝負の結果には直結しない。リソースの豊富さはおそらく何十年にも亘る勝負の結果でようやく見えるのだろう。そして、大山が、羽生が、森内が、そういう人たちであるようである。渡辺明にとってはロングレンジは1つの試練なのではないか。

結局、将棋とチェスというテーマから、議論が離れてしまった。

読書の体力

user-pic
0

読書というのは要するに、紙(または電子媒体)の上に印刷され、あるいは表示された文字を読んで、内容を理解したり、何かを感じたり、考えたりすることに過ぎなくて、たかが読書ともいえるが、私にとってはされど読書である。

若い頃からずっと読書してきて、還暦近くなって、ああ年取ったな、若い頃はもっと本読めてたなといいたいところだが、実は若い頃から体力も気力も十分でなかったので、難しい本を頑張って読んだという記憶もほとんどない。むしろ、読んだは読んだが、何も残っていないというのが実情である。

それでもやはり、年齢を気にするようになってくると、読書の体力ということを考えたりするのだが、では一体読書の体力とは何だろうか。

まず最初に読書の体力として言えることは、長い本が読めることである。哲学書に限らず、冒険小説だったとしても、とりあえず長い本を飽きないで読めるという、それ自体がすばらしいことである。だから、キングの長編で述べたように、スティーヴン・キングの「IT」と「不眠症」を読了できたのは、私としては、結構達成感のあることなのであった。

次に読書の体力として言えることは、典型的には哲学書や数学書なのかもしれないが、精密に読めることである。例えば私は今年の5月から通勤電車で、「類体論へ至る道」足立恒雄著、日本評論社を、ほぼ毎日読んでいるが、約5ヶ月かけて、やっと67ページまで読み進んだにすぎない。一日に1ページも読めないことが多い。それはまさに、なるべくきちんと理解しようとする努力でまさに、精読である。なんとも亀の歩みだが、こういう精読は数学をきちんと理解するための必要条件であると信じる(当然に、十分条件ではない)。

次に読書の体力として言えることは、本を読んできちんと疑うことである。例えば、「類体論へ至る道」足立恒雄著、日本評論社で私は、自明でない間違いを何箇所か見つけた。そういう疑問をもつ精神を発揮しないと理解は深まらない。数学書でなくても、歴史書でもビジネス書でも疑うことは必須である。ただ、あまりにも懐疑が深いと、一歩も進まなくなるので、程度問題ではあるが。

次に読書の体力として言えることは、一つまたは複数の本を読んで理解したとして、それらを、かっこよくいうと、世界理解のための概念として組み立てることである。これをしないと、ただ理解したと思っても、知らない間に消えていく。ただ、いうは易く、行うのは実に難しい。

次に読書の体力として言えることは、興味のない本をなんとか読むことである。自分の興味だけに依存していては世界観は深まらない。ただ、苦い漢方薬のような本はどうしても手に負えないことがある。そのような場合、触媒となる本をまず探す。例えば私は、タキトゥスの「年代記」を読もうとして、何度も挫折した。ところが最近、塩野七生のローマに関する本を何冊か読み、ローマのことがとても興味深く書かれていて、これはローマに関する読みにくい本に進むためのよい触媒になると感じた。

次に読書の体力として言えることは、1つの本から別の本へと、まるでマルチスレッドのように移ることである。別のスレッドに移ったからといって、元のスレッドはクローズする必要はなく、同時並行して走らせていてもよい。このようなスレッドの本数や、マルチスレッド化しても頭が混乱しないようにすることは、読書の体力である。

次に読書の体力として言えることは、上記した世界理解のための概念として組み立てることに関係あるが、読んで理解したことを、キャッシュでなく、頭のハードティスクに永続的に記録しておくことである。このような頭のハードティスクの容量と、シーク速度がまさに、読書の体力である。

次に読書の体力として言えることは、読書を単にイマジネーションの踏み台にすることである。すなわち、本を読んで、全く関係ないことへとイマジネーションを広げていく。想像力が本に縛られるだけなんて、つまらなすぎる。それなら、本なしでイマジネーションを広げろ、ということになるのだが、そこは凡人の哀しさ、なにか知的きっかけが必要である。

最後に読書の体力として言えることは、もっと読みたいと思うとき、敢えてその気持ちをシャットアウトして、眠ったり、散歩に行ったりと、気持ちを切り替えられる余裕を確保することである。

ライオンは、獲物を追うが、獲物を捕食して腹が一杯になると、備蓄のため余分な獲物も獲っておこうなどと考えない。よって乱獲はしない。

そこいくと人間は、狩りをしたら乱獲を繰り返し、そうして容赦なく特定の動物の種を絶滅に追い込む。だから人間を特徴づけるのが飽くなき欲望であることを否定する人は多くないだろう。

なぜ人間が飽くなき欲望をもつかというと、その一つの答えは、フロイト流精神分析学者、岸田秀によると、人間の本能が壊れているから、ということになる。それはある意味、心は病気という小乗仏教的説にも似るのだが、ここでは措くとして、留意すべきなのは、いかに人間を特徴づけるのが飽くなき欲望であるとしても、一人の人間が360度あらゆることに飽くなき欲望を発揮することはないということである。

一番典型的な飽くなき欲望の対象は、金銭であろう。この資本主義の世の中で、金銭ゼロで生きていくことはできないので、必然的に金銭に対する欲望は誰にも生じてくる。ところが、金銭というものは、貯めれば貯めるほど、一層欲望が昂じる。これは欲望の一般法則なのだろうか。

次に、主として男性だが、異性に対する欲望。これは、意外にも金銭に対する欲望ほど普遍的ではない。

次に物欲。これは異性に対する欲望よりも一般的かもしれない。何しろ、得るのが容易である。

次に、権力欲。これも大抵の人がもっているようでいて、異性に対する欲望ほど普遍的ではない。

次に、名誉欲。これは権力欲ほど普遍的ではない。

こうして挙げていくときりがないのでこの辺にしておくが、私が言いたいことは、なぜ飽くなき欲望が生じるかということである。それには人間の本質的業などさまざまな要因が考えられるが、やはりフロイトではないが、1つには幼児体験がある。

典型的には、肉親の愛情に不足する。死別がその典型だが、本質的に情愛を注ぐのが苦手な人たちがいる。そういう肉親に育てられると、仮に物質的に恵まれていても、愛情の飢餓状態のまま成長する。そして長じる過程で、愛情を求めて異性との交遊や同性との友情を求めてさまようのだが、いくら付き合っても愛情の飢餓状態は収まらない。なぜなら、今の自分に愛情を充当しても、愛情の飢餓状態の原因である過去の自分には愛情は届かない。こうして満たされぬ愛を求めて一生さすらうのである。

このモデルは実は他の場合にも当てはまる。例えば、子供の頃極貧だった人は、長じて、満たされなかった金銭欲を満たそうと、必死で稼ぐ。しかし、いくら稼いでも、極貧だった子供の頃の自分は満足しない。こうして金銭欲の無限ループが回り続ける。

この欲望モデルは非常に一般的ということもない。なぜなら、子供の頃貧乏だったのに私は、あまり金銭欲を高ぶらせていない。寧ろ私が高ぶらせているのは、読書欲、知識欲である。子供の頃僻地で、一軒の本屋もなかった田舎に育った私は、本屋でしこたま本を買う夢をみた。そして大人になって、なぜか本を買いそれを読むことに一番高い優先順位を置いてしまっている。なのに当然ながら、私の深層心理の子供の頃の私は満足を知らない。

お釈迦様は、幼児体験にドライブされた飽くなき欲望(relentless desire)も餓鬼だと規定するだろう。しかし、そんなことにお構いもなく今日も世間では、餓鬼的飽くなき欲望は健在で、資本主義をドライブし続けるのである。

溺愛

user-pic
0

こちらの続きであるが、津本陽の「異形の将軍 ―田中角栄の生涯」 幻冬舎文庫を読んでいて、田中角栄が幼少時、祖母に溺愛されたことを知って、親近感をもった。なぜなら、私も子供のとき、祖母に溺愛されたと信じるからである。

すなわち、田中角栄の祖母は、もともと料理が得意であるが、一番おいしい料理を角栄に食べさせた。角栄の母は、おばあさんの料理のほうがいいと息子に言われて、当惑したことがある。

一方、私が溺愛されたといっても、祖母は、お前が一番大切だとか、そんなことを一度も言ったことはない。祖母は2004年に亡くなったが、昔かたぎの祖母は、もし今生きていてもそんなこというわけないと否定するだろう。

それは、欲しい物はなんでも買ってもらえたとか、猫なで声で可愛がられたとかいうものではない。一言でいうと、押し付けがましくないやり方で、私に一番高い優先順位を置いてくれたのである。

例えば、小学校のとき、同級生がみんな弁当をもってきているのに、私だけ弁当がなかった。それは、母親が作りたくなかったのではない。小学校のそばに祖母の家があり、昼休みにいつも祖母の家にいって、インスタント・ラーメンを昼食にご馳走になるのが習慣だったからである。

祖母はどちらかというと料理上手で、インスタント・ラーメンしか作れないなんてことはなかったが、孫がそれが一番好きだと知っているので、いつもインスタント・ラーメンを買い置いていた。また、畑仕事があっても、昼頃になると孫が来ると必ず、一旦自宅に戻った。

また、私が大学入試を受けにいったときは、稲荷さんで祈祷してくれた。その甲斐あって合格したと、私の母でさえ疑わない。もちろん私もである。

では、同居していた父方の祖母が私を邪険にしたかというとそんなことは全くない。最初に生まれた男の子ということで、それは大事にしてくれた。ただ、溺愛の定義から少し外れるのは、父方の祖母の娘の子供が遊びにきたとき、私とその娘の子供が争うと、きまって父方の祖母は、娘の子供の肩をもつのであった。それは一番高い優先順位という意味の、私の溺愛の定義を満たさない。ただ、世間からみて父方の祖母が私を扱ったやり方も、十分に大事にしたほうに属する。私は貧乏したが、肉親の愛情については随分贅沢をした。

それで、子供の時代に溺愛されるとどうなるかというと、人生に対してどこかポジティブになる。別の言葉でいうと、お人よしになる。人情家になる。お人よしだと世間に出て騙されて酷い目にあうこともあるので、いいことばかりではないが、少なくとも人当たりはいいということになる。私はともかく、田中角栄は、あれだけ権謀術策の政治界にあって、法律すれすれの金権施策をとりながら、どこか憎めなさを維持したのは、幼児の時代の祖母による溺愛のせいだろう。まさに、三つ子の魂百までである。

ところで、こうやって少年時に溺愛に浴することができた私は、何かの機会があったら、溺愛を与えようとするが、それはまさに祖母のしたとおり、単に相手に高い優先順位を与えるだけである。甘言や高価なプレゼントを駆使することもない。それが溺愛というのは、やはり日本語として妥当でないようである。

田中角栄

user-pic
0

もともと、田中角栄にさほど興味があったわけではないが、私のノーベル医学生理学賞の記事に対して、南木さんから戴いたこちらのコメントに関して田中角栄に興味をもつようになり、本屋でたまたま「異形の将軍-田中角栄の生涯」津本陽著、幻冬舎文庫 上下二巻をみつけたので、買って読むことにした。以下、自分用のメモである。

田中角栄は、大正7年(1918年)5月4日、新潟県刈羽郡ニ田村で生まれた。角栄は、戸籍の上では長男だが、角一という事実上の長男は生まれてすぐに亡くなっている。

ニ田村はもともと、農業がベースだったが、近くに日本石油西山鉱業所があり、そこに働きに行く人が多く、そのため不景気知らずで村には活気があった。

祖母のコメは角栄を溺愛し、角栄はおばあさん子だった。しかし、角栄はまだ幼児の頃、屋根から落ちてきた雪に埋もれて死にそうになったことがあった。そもそも、雪かきしても角栄がみつからない。シャベルで傷つけたらいけないのでどうしても慎重に掘るのだが、このままでは死んでしまうと、多少のリスクを覚悟で鍬を下ろしたら、その先が角栄の頭に当たり出血した。それで埋もれている場所がわかり、角栄は救出された。

しかし、角栄の父の角次は農業に地道に従事するのが嫌いで、競馬などのギャンブルをして稼ごうとした。そんなことで定収入になるはずもなく、角栄の母のフメは、大変苦労した。家事と賃金収入のため必死で働いた。

角栄は4歳のときジフテリアになり、そのあと、ひどい吃音になった。これは、角栄の青年時代までずっと悩みの種だった。

小学校に上がっても角栄は、まともに話せないので、大変苦労した。また、病弱だった。しかし、短気で、怒ったら何をするか分からないところがあった。それでときどき切れると周囲は次第に恐れ、次第に角栄を苛める人がいなくなった。

角栄は、克服しようと、浪曲を覚えて自分でやってみることにした。すると、一度聞いただけで完全に記憶してしまうという異能を発揮した。このおそるべき記憶力は、政治家になったあとも威力を発揮した。この記憶力からも分かるように、角栄は、学校の成績が優秀だった。だから当時の中学に進み、さらに上の学校に進学することも考えられたが、苦労しているフメを慮って、小学校の高等科に進んだ。だから角栄の学歴の低さは家庭環境と両親に対する思いやりのせいであって、能力のせいではない。

小学校の高等科を卒業すると、県の柏崎の土木派出所で働きはじめた。後の土建屋の道は、ここから始まる。そこで角栄が幸運であったのは、理化学研究所の大河内所長に目を留められたことである。理化学研究所が、柏崎に進出しようとした経緯からである。

その縁で東京に出てこれることになった。とはいえ、いきなり大河内所長に会う目論見は外れ、角栄はあちこちで安い給料でアルバイトのような土建や設計の仕事に従事する羽目になった。ただ、それが角栄のスキルを養うにとても役立った。ある会社では、社長がとてもいい人で、私立の中央工学校に働きながら通うことができた。そこでも、英語以外の科目は得意で、優秀だった。

そうこうしているうちに、角栄は、海軍兵学校の試験を受けようと思い立った。角栄の能力なら、合格できたかもしれない。しかし、母が病気だとの知らせがあり、試験は断念した。しかし、そのうち、いよいよ理化学研究所の大河内所長から設計の仕事をもらうことができるようになり、次第に経済的にも豊かになってきた。

しかし、昭和13年の戦雲急をつげそうな頃、いよいよい角栄は軍隊に招集された。角栄の配属された部隊は、満州に出征した。そこで例によって古参兵による制裁に憤りながら軍隊生活を送っていると、胸膜炎を患い、病院に移送されたかと思ったら、内地に移された。生還を期待していなかった角栄は、感激した。しかし、帰国後、妹トシエが結核で亡くなってしまった。

ところが角栄も、原因不明の高熱で、危篤状態に陥った。結核だったようである。なんとか回復すると、結核のせいか除隊になった。そこで設計事務所を開設し、軍需景気に乗じて、荒稼ぎを始めた。知り合いの紹介で、はなという女性と結婚し、田中土建工業株式会社を設立した。

事業は順調に伸び、終戦になると、田中土建は、朝鮮の銀行などからもうまく資産を引き上げることができた。海軍の艦で護送されたというのだから、軍需物資の取引を通じて、相当軍部に食い込んでいたのかもしれない。

終戦に当たって、膨大な軍需物質が放出され、それによって成金が生じた。田中もそのうちの一人だった。

田中土建工業株式会社が顧問に、翼賛政治会の大麻唯男らを抱えていた関係で、角栄は衆議院に立候補することを薦められた。新潟三区から衆議院に立候補した角栄は、一度は落ちたものの二回目で当選を果たし、持ち前の資金力と人情と馬力で、民主自由党の中核に食い込んでいった。なにしろ一年生議員で、吉田内閣で、法務政務次官に任じられた。

しかし、角栄は、炭管疑惑事件で収賄の疑いで逮捕された。この事件ではなんとか追訴を逃れたものの、金権体質の角栄はこの後一貫して、適法と不法のぎりぎりの境を進んでいく。その間、新潟の地元の開発を進めることで地元では絶大な人気を得、選挙ではいつもトップ当選だった。

この後端折るが、党内の地位を高め、ライバルの福田赳夫に競り勝って見事角栄が内閣総理大臣に就いたのは、昭和47年(1972年)のことだった。しかし、政治家としてのピークは過ぎていたようで、内閣総理大臣になった後、角栄は、精神的にも肉体的にも次第に下り坂になっていく。懸案の日中国交回復は果たしたものの、景気も悪化し、田中内閣の支持率は、62%から27%に急落した。

そして昭和49年(1974年)11月26日、角栄は総理大臣の地位を降りた。まだ頑張れたはずだが、一つには国税局との訴訟に疲れ、もう一つは、複数の女性関係が家族にばれ、家庭がある意味地獄だったことにも疲れたせいだという。しかも、豪胆なようでいて繊細な神経の持ち主で、総理の激務に耐え切れられなくなったのだろう。

最後にロッキード事件である。昭和51年(1976年)から事態は切迫してきて、丸紅の大久保専務、伊藤専務、檜山会長が逮捕されるに及んで、角栄も疑惑に晒された。

しかし、ロッキード事件自体不自然である。そもそも米国多国籍企業小委員会に偶然、ロッキード社の機密資料が届いたことから事件の究明が始まったからである。これが作為でなくてなんだろうか。

米国政府は、日中外交、中東石油の直接取引き問題、その他米国の意向を逆撫ですることで国威の発揚を図った田中角栄を許すことができず、総理退任後も隠然たる力をもつ角栄に止めを刺したかったのではないか。

実際、角栄は、晩年を検察と裁判手続きに明け暮れ、失意のうちに、平成5年12月16日に亡くなった。享年、75歳だった。

暴力団

user-pic
0

反社会的勢力のアップデートとして、溝口敦の新刊である「続・暴力団」新潮新書を買ってみた。

まず、山口組組長の司忍の談話から始まる。それは、反社会的勢力でも言及した、暴力団排除条例に対する批判である。すなわち、暴力団排除条例によって、暴力団の周囲にいる、何ら犯罪に関与しない人達までが処罰の対象とされることはおかしいというものである。

そんな暴力団排除条例に対する対抗として、なぜか福岡で、堅気の人を巻き込む、暴力団による事件が頻発しているという。このような事件に対して警察は、特定の団体の仕業と決めつけ、捜査する。一方で福岡県警は、暴力団との付き合いがあると疑われる会社を公表して憚らない。こうして、暴力団とその周囲の人々がどんどん追い込まれて、追い詰められている。

このため暴力団は、宗教法人、半グレ集団などに衣替えしていく。なんとなく、癌の手術によって一層癌が転移しているような気がするのだが、どうなんだろう。

法律による保護という意味では、特定指定暴力団という制度ができた。これに指定されると、中止命令なく、いきなり逮捕できる。一方、暴力団排除条例に基づく不当な逮捕に対抗するのは難しい。別の切り口では、暴力団排除条例は暴力団組員の基本的人権を奪うので憲法違反である、というのもあるが、相当に迂遠である。

さて、この本には、暴力団に出会ったらどうすればいいか、というアドバイスの章があるが、果たして暴力追放運動推進センターに通報すればよいのだろうか。うまくいく場合もあるだろうが、暴力団排除条例のせいで暴力団はめっきり余裕がなくなっているので、傷つけられたり、最悪の場合殺されることもある。

それで、できることは、警察、マスコミ、弁護士など可能な限り手を尽くすことである。なんにしても状況判断は難しい。身の安全のためやむなく屈することもあるのではないだろうか。

ただ、警察といっても、暴力団にちょっと脅かされたくらいでは警察は動いてくれない。具体的に暴力を振るわれてそれからやっと動いてくれるとしたら手遅れの場合もある。

ところで、紳助の問題で芸能界と暴力団の癒着がクローズアップされたが、これはどうしても完全に互いに縁を切ることは難しいだろう。loosely coupledの状態で、隠然と付き合うのではないだろうか。

最後に、立法と施策を尽くせば、暴力団は根絶されるのだろうか。私は、会社の中でルールを破る者が根絶できないのに、実社会で暴力団を根絶なんて到底無理で、寧ろ、必要悪としてある程度許容されるべきと思われる。溝口氏は、組織犯罪集団が合法的に認められているのは日本だけだという。イタリアでは国家権力である警察と検察が、命を賭けてマフィアを根絶したという。それでも、イタリアは日本より治安がいいだろうか。このまま暴力団排除条例を強めていくと、暴力団がマフィア化しないか。

自宅近くの本屋に言って、ちょっと気になっていた、副島隆彦の「陰謀論とは何か」幻冬舎新書を買った。副島隆彦は毀誉褒貶があるが、私は比較的ポジティブにみている方で、彼の著書がいつもベストセラーになっていることに鑑みると、私は多分マイナーではないだろう。

ともかく私は、陰謀論者と喧伝されている副島隆彦の、陰謀論に関する意見を知りたくて、この本を買った次第である。すると副島氏はまず、陰謀論は、権力者共同謀議と呼ばれるべきという。なるほど、納得なのであって、確かに世界の限られた権力者たちが、自分たちだけが知っている情報や権限を用いて、世界を操ることは日々行われているのであって、そういう意味では世界は、権力者共同謀議に満ち満ちている。

さて、巷間に膾炙されている陰謀論にはどんなものがあるだろうか。副島氏は、ウイキペディアに基づき、次のものを挙げる。

  1. ユダヤ陰謀論:副島氏は、これは当然あると認める。ただ、ここでいうユダヤ人の定義が難しい。
  2. 新世界秩序陰謀論:これが、フリーメイソン、イルミナティであるなら、副島氏は認めていないようである。
  3. 財閥陰謀論、王室陰謀論:ロスチャイルド、ロックフェラーは、権力者共同謀議の中心であり、副島氏も肯定する。
  4. アポロ計画陰謀論:これはまさに副島氏が中心となって主張するもので、私も与するが、賛同者は多くない。
  5. 地震兵器:リチャード・コシミズが主張しており、地下核実験などに鑑みると、私は技術的にも可能だと思うが、副島氏は否定する。
  6. 中央銀行陰謀説:これは、徳間書店5次元文庫の安部芳裕氏の著書などで読み、なるほどと思った。副島氏もこれに同意する。
  7. ノーベル賞陰謀論:これは副島氏は全く関与しない。私には、ノーベル賞選定委員会が、受賞を政治的に利用する意図があるのは明らかであり、陰謀論と呼ぶにも値しないと思っている。
  8. 冷戦やらせ説:これは例えば、スターリン・ブレジネフがロックフェラー財団に操られてきたというものだが、副島氏は十分ありえるという。
  9. 日露戦争陰謀説:副島氏は、これに肯定的である。そもそも、日露戦争を行うための資金は、私なり記憶によれば、リーマン・ブラザーズより融資された。副島氏によればこれは、クーン=レーブ商会なのだという。実際、1977年に、クーン=レーブ商会は、リーマン・ブラザーズに統合された。
  10. ホロコースト捏造陰謀説:ナチスによる収容所でユダヤ人が亡くなったのは歴史的事実であるが、それは決して600万人ではないという。副島氏も、そしてリチャード・コシミズも、これを認める。
  11. 真珠湾攻撃についての陰謀説:副島氏はこれを認める。私も同感である。陰謀史観 (新潮新書) 秦 郁彦著は、これを史料に基づき明確に否定したそうだが、マッカーサーで言及した西鋭夫氏の著書にも、ルーズベルト大統領が開戦のため、真珠湾攻撃を敢えて利用した、とある。そもそも、日本海軍には、米軍の内通者もいたようである。
  12. イラク戦争陰謀説:これは、9.11自作自演説にもつながる。副島氏も同意のようである。
  13. ケネディ大統領暗殺についての陰謀説:これは陰謀でなく米国政府の報告どおりだと額面どおりに信じている人は少数派ではないか。
  14. ダイアナ元英国皇太子妃暗殺疑惑:副島氏はこれを肯定する。ケネディ大統領暗殺ほどは明確でないような気もする。
  15. エイズウイルス陰謀説:これが生物兵器であるという説は昔からあり、副島氏も肯定する。私はこれについてはあまり知識がないので、判断を保留する。
  16. SARS、鳥インフルエンザ陰謀説:副島氏によると、これも生物兵器なのだという。私はこれについてもあまり知識がないので、判断を保留するが、インフルエンザ・ウイルスの合成に書いたことによれば、理論的には可能であると思う。そして、可能なところに陰謀ははびこる"Conspiracy prevails where possible."という私が勝手に作った格言によれば、実際そうなのかもしれない。

副島氏はさらに、優れたコンスピラシー・セオリストとして、アントニー・サットン、エズラ・パウンド、キャロル・キグレー、ユースタス・マリンズ、クレオン・スクーセン、アレックス・ジョーンズを挙げる。とりあえず、副島氏の著書に紹介されていた、クレオン・スクーセンの「世界の歴史をカネで動かす男たち」太田 龍 (翻訳)を買おうとアマゾンでみたら、なんと、取り扱いできません、となっていた。なにかの作為なんだろうか。

加齢臭

user-pic
0

今から約3年前、体臭列車という記事を書いた。そこに書いた本音は、自分はいい歳をしてきっと加齢臭が強いのだろう。何しろ家人が指摘するので。でも自分はそんなことは無頓着である、とそういうことだったと思う。

しかし、電車で長距離通勤するようになって、そうも言っていられなくなった。というのは、蓄膿症なのか嗅覚が鈍いはずの私がときどき、電車の中で居たたまれなくなる経験をするようになったからである。

すなわち、電車で私の隣の席が空いているとき、誰かが座った途端、強い異臭を感じることがある。それは多分口臭なのだと思う。ではニンニクかというと、確かに典型的に嫌われる口臭はニンニクによるものだろう。ただ私は個人的に韓国の友人が何人かいて、彼らは確かにニンニクを常食していて、匂うといえば匂うのだが、自分もニンニクが好きなせいか、それはあまり気にならない。

で、きっとあれは歯槽膿漏の臭いなのだろうと思う。その臭いが我慢できなくなって、席を立ち、乗り換えるふりをしてその電車を途中で降りたことが何回かある。

そういう経験をすると、改めて自分の体臭が他人に与える影響を考える。そうやって意識すると、電車の中で私の隣しか空いていないのに誰も座ってこないことがある。あるいは、私の隣に座っている人が、必然性もなく別の空いた席に移ってしまうことがある。するとううん、やっぱり自分の加齢臭は結構なものかな?と怪訝になってしまう。

そうやって冷静になって自分の脱いだシャツや下着の臭いをかいでみると、いかにも臭い。これはかなりのものだと、改めて感じた。これなら電車で隣の人が別の席に移っても不思議ではない。

ただ、これもまた不思議なのだが、電車の中で、他の席が空いているのに、わざわざ私の隣に座ってくる女性がいたりする。だいたいは、40台か50台だが、ときどき20台の女性も座ってくることがある。あれ?加齢臭平気なの?と聞きそうになるが、私の気分はまんざらではない。

ただ、言うまでもないが、私は男性エストロゲンむんむんのタイプではないので、女性を吸引する力はかぎりなくゼロである。すると、私の解釈は次のとおりである。

すなわち、私がまだ40台前半の頃、結婚して辞めた、職場の後輩の女性が、生まれてまだ1歳にもならない赤ちゃんを職場に連れてきたことがあった。それでつい、ちょっと赤ちゃんをだっこさせてもらったことがあったのだが、不思議なことに、むずかるかと思ったら、私の肩に頭をつけて、まったりと和んでいるのであった。それで周囲は意外な顔で私を見ていた。

それで私の解釈だが、どうも私のそばに近づくことで安心するというか和むタイプの一群の人たち(少数派だとおもうが)がいるようである。それはエストロゲンではなくて、人間フットンチッドとでもいうべきか。

あと、私は、愚痴をいうことはとても人間らしいことだと思っていて、愚痴を聞くのは歓迎なのだが、すると、私に安心して愚痴を言ってくれる人たちがいる。なんか頼られているようで光栄なのだが、それもまたフットンチッドなのだろうか。

そういう親和性があると、私の加齢臭も多少は緩和されるのだろうか。それでもやはり、嗅覚が鋭いと、親和性を、臭いに対する嫌悪感が上回って、私の隣の席には来ないのだろう。

ともかく自分で自覚するくらいなのだから、私の加齢臭は結構なもののようで、それで、男性用オーデコロンでもつけたほうがいいんだろうかと複数の女性に聞いてみたが、皆一様に止めたほうがいいという。理由は、加齢臭とオーデコロンが入り混じって複雑な臭いになるとか、そもそもそんな柄ではないとかいろいろ理由をつけるが、まあ加齢臭も私のパーソナリティの一部なので、甘受しなさい、どうせもともと女性に好かれる云々というのは関係ないのだから、と理解することにした。

病気

user-pic
0

人間は生まれてきて、有限の時間のうちに死ぬので、病気にならない人というのはまずいない。そして、病気になると、それを治療する専門家は医者である。すなわち、医者は、なんの病気か診断により判断し、その病気に応じた治療をするプロであるが、その一方で、なぜその病気になったかと聞かれて、答えられないことのほうが多いだろう。

将棋のプロなら、敗因はなんでしょうかとか、なぜ不利になったんでしょうかと聞かれて、序盤のあの手が悪くて作戦負けでしたとか、角の移動合いをうっかりしましたとか、一応言えることが多い。医者がそう言えないことが多いとしたら、それはおそらく、医者の方が棋士より能力が低いのではなく、人体の方が将棋よりもはるかに自由度が高くて、因果関係が複雑すぎるからであろう。

それでも典型的な場合に、病気の原因らしきものは挙げることができる。以下のとおりである。

  1. 運動不足:すなわち、運動しないでずっと部屋にこもっていたら、確実に足腰が萎える。それを治癒するには、リハビリが必要である。
  2. 過度の体力消耗:逆に一度に体力を消耗すると、過労で亡くなることがある。
  3. 栄養不足:たんぱく質や炭水化物の過度の不足は、確実に餓死をもたらす。たんぱく質や炭水化物が足りても、ビタミンが不足すると、やはり死亡することがある。ビタミンCの不足による壊血病、ビタミンB1の不足による脚気も、死にいたる病である。
  4. 暴飲暴食:食べすぎ、飲みすぎは確実に体によくない。タバコもそうである。
  5. 過度の精神的ストレス:これは、鬱病や精神病の原因になる。
  6. 先天的な遺伝子疾患:例えば、小人症、ダウン症候群などである。
  7. 化学物質による刺激:例えば、石綿による癌など。

しかし、上記のどれにも該当しそうもないケースが沢山ある。例えば、私はスティーブ・ジョブズと同年であるが、私が現時点では特に医者に懸かっていないにも拘らず、スティーブ・ジョブズは10年くらいまえから癌を患い、数年前に亡くなってしまった。この原因は、上記のどれにも該当しないように思われるのだが、いかがだろうか。

それを、ジョブズの家系が遺伝的に癌にかかりやすいということはできるかもしれないが、統計的有意な結論は出せないだろう。

さらに私は、次のようなケースがあると思う。例えば、夏目漱石は若くして東大教授になったが、当時は大学に行く者さえ希少で、そこで東大教授になるというのは、今では考えられないくらいエリートだった。するとさぞかしご本人もご満悦かと思いきや、漱石はその地位に居たたまれず、野に下って、作家などという当時ではとても野暮な商売に身をやつした。もし漱石が東大教授に留まっていたら、確実に精神病になっただろうという人がいる。もしそうならそれは、どの原因で病気になったのだろうか。過度の精神的ストレスに該当するのだろうか。

また、金色夜叉ではないが、地位や金に目がくらみ、恋人を裏切り、妻を裏切り、夫を裏切り、同僚を裏切り、権力を手に入れて満足なら、ストレスなんてあろうはずがない。人生のわが世の春である。ところがそうした状況でなぜか病気になる人が意外にいる。なぜなんだろう。

上記のように、一般的に病気はなぜ罹るかという因果関係が難しいので、そんなのたまたまだとか、関係ないとか言ってしまっても間違いでないが、私は、裏切ったり、不正なことをすると、微妙な罪悪感が心に突き刺さり、それが次第に増大して心身を冒していくこともあると思う。

例えば、あることで地位保全のために嘘をいうと、次に辻褄をあわせるためにさらに嘘をつき、嘘の連鎖になることがある。すると、ばれはしないかとビクビクになり、罪悪感の刺が何本も心に刺さることになる。そして次第に心身は萎えていく。

一方でヒットラーのように、罪悪感を感じるセンサが壊れてしまった人は、罪悪感の刺がささることはない。こうして、壊れた道徳が健康につながるという一種異様な矛盾となる。

このように、病気は不可知と理不尽の宝庫なのであった。

分からなさ

user-pic
0

単純な二分法だと、世の中のことは、分かることと、分からないことに分けられる。しかし、どうもそんな単純なものではないようである。

例えば、私がくよくよ悩んでいると、「お前の気持ちも分かるけど、そんなにくよくよしても仕方がない。ともかく前向きに元気だそうぜ。」と励ましてくれる知り合いがいる。それは大変ありがたい激励なのだが、そもそもが「お前の気持ちも分かるけど、」というのが安易すぎる、と私は考えてしまう。

それで虫の居所が悪かった私は、「元気だせというけど、今はとてもそんな気分になれない。頼むからそっとしておいてくれ。」と言ったら、「そんなネガティブ思考だからお前は駄目なんだ。」というので、「お前なんぞにこの気持ちがわかってたまるか、少なくとも、お前にはこの状況が理解できないということをまず理解しろ。」と言って、喧嘩になったことがあった。

実際、難しいことを理解することは大変であるが、もしかしてそれ以上に、分からないということを理解することの方が難しいことがある。例えば、その程度で悩むのか、俺なんか生きる死ぬの経験したんだぞ、と言われても、悩むことは対象毎に互換性がとても低い。苦労の程度で順序付けして、上位の苦労で下位の苦労を克服できるかというと、そういう場合もあるが、そうでないことの方が多いようである。

そこで私は、他人の苦労に対して、自分が経験したことだと、そうだよね、この点が大変だよねと話して共感し、そうでなさそさうなら、苦労の互換性のなさに配慮して、黙って話を聞くように努力している。それでも人間ができていないので、安易に苦労を順序づけしようとしてしまうのだが。

分からなさという意味では、例えば、囲碁のある局面で、プロ棋士が悩んでいるとき、私は何を悩んでいるのかさっぱり理解できない。そもそも、それが難しい局面なのかさえわからない。初心者というのは冴えないものだとこういうとき感じる。

それでは、囲碁よりは多少熟練度が高い将棋なら、プロ棋士と難解な局面を共有できるのかというと、それは囲碁よりは少し、と程度にしか応えることができない。

別の観点で、フェルマの大定理を予備知識なく見せられたら、もしかして、えっそんなのなんとか証明できそうではないかと、真面目に取り組むこともありえる。一見難しそうにみえないのである。リーマン予想などと比較しても、安易にみえてしまう。ただ、難易度ではもう勝負がついていて、リーマン予想がフェルマの大定理に圧勝であるが、ヒルベルトなどは、2√2が超越数であることの証明の方が、リーマン予想よりも難しいと思ったそうなので、大数学者のヒルベルトにしてそうなのかと、意外の感にたえない。

単に難しさという観点とは少し違って、ある問題を真剣に悩むに値するとみなすかどうかということに関して、人間の価値観が出てくる。例えば、フェルマの大定理の証明に、志村-谷山予想が本質的に貢献したが、志村-谷山予想の志村五郎自身は、数論の問題としてのフェルマの大定理を証明する価値をあまり評価していないような記事をどこかで読んだことがある。これは、志村五郎自身が、代数学者であっても、数論にあまり肩入れしていないからだろうか。当然に、エルデシュだと、まったく別の価値観だろう。ただ、知る限りエルデシュは、あまりフェルマの大定理を証明しようとした形跡がない。エルデシュは論文の生産性を重んじたので、このような大問題にロックインされるのを恐れたのだろろうか。

数学の問題なら、趣味にあわなければ敬して遠ざければよいのだが、病気や借金などの苦労だと、それは趣味にあわないと逃げるわけにはいはない。私は他人の病気の苦労なら多少共感できるが、借金苦はあまり理解できない。経験がないからである。しかし、たとえ共感できるとしても、他人の借金苦に共感すると、それでは少し貸してくれないかということになり話がややこしくなるので、何にしても、他人の苦労の分からなさをきちんと分かり、距離を置く方針は貫くつもりである。

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。