2012年12月アーカイブ

前に書いた属人思考の続きとして、「属人思考の心理学」岡本浩一、鎌田晶子著、新曜社を読んでいるのだが、なぜか急に、勝負における属人主義というテーマで書いてみたくなった。

勝負における属人主義とは例えば、プロ棋士たちが棋譜を検討しているとする。そして、ある棋士がいう。「なんなんだ、この手は、将棋にない手だぞ。」別の棋士が応えていうには、「だって先手は、羽生さんだぞ、」。「ええっ、羽生さんなら仕方ないな、きっとすごくいい手なんだろうな。」「それにしてもだよな。」

こういうやりとりは結構普通で、これはまさに、羽生ブランドという意味で、勝負における属人主義の典型である。冷徹な勝負の世界だから、属人主義なんてとんでもないと思うだろうか。私はそうは思わない。なぜなら、勝負というけれども、結局、どこかしら人間対人間の戦いだからである。

人間対人間の戦いだから、意外な相性や苦手意識、優越意識などが勝負に反映する。ここで急に数学の話を持ち出すと、集合の任意の2つの要素の間で、どちらが上かを決定する手続きは定義できる。例えば、将棋なら任意の二人の棋士が、13番とか戦って(番数は任意だが)勝ち越した方が強いと定義すればよい。すると、棋士Aが棋士Bより強いというとき、B<Aと書くことにする。こういう性質が任意のメンバーで定義できるので、将棋の強さの順序を入れた棋士の集合は考慮可能である。

そこで、普通に考えると、棋士Aと棋士BでB<A、棋士Bと棋士CでC<Bなら、棋士Aと棋士Cとでは、C<Aになりそうなものだが、なかなかそうはならないのが勝負の世界である。C<B∧B<A⇒C<Aが常に成り立つなら、順序集合と呼ばれるが、三すくみというのは勝負の世界でざらで、ここらあたりに、勝負における属人性が見え隠れする。

ただ、人間だからそうで、コンピュータ将棋同士なら強さは全順序集合になるとかというそんなことはなく、全順序にならないのは、勝負の相性の本質であろう。すると、順序性を阻害するのは、属人性というよりも単なる相性ということになる。

別の観点でいうと、先日米長名誉棋聖が亡くなったが、それに対して一流棋士たちは意味のあるコメントを残したが、ただ、中原十六世名人だけは、米長が亡くなったことに随分冷淡だったという。しかしそれは当然なのであって、林葉を仕掛けて中原を堕落させたのは米長の陰謀だという説がある。それで生活が乱れた中原は、米長に名人位をストレートで取られてしまった。そんな分かりやすいハメ手に引っかかる中原が馬鹿なのだが、ともかく中原のスキャンダルは、中原の将棋連盟における属人的位格を低落させ、すると、エイズウイルスで免疫作用が下がって普段は押さえ込まれている細菌まで繁殖するように、中原は格下棋士からも属人的配慮をしてもらえなくなり、あまり勝てなくてついには引退に追い込まれた。いや、正確にいうと、引退間際の中原は、森内や佐藤康光にも勝ったりしていたので、復活しつつあったのだが、林葉スキャンダルも原因の1つのストレスで病気になり、現役を続けることができなくなった。

このように、属人的傾向はどんな組織にもあり、あるレベルなら、それは不健全とは思わない。むしろ、必要であろう。ただ、将棋などの勝負の世界では客観的に勝負がつくので、属人的歪みも平準化される。例えば、羽生が年取って、あまり勝てなくなると、羽生ブランドという属人性のフィルムはすぐにはがされてしまう。

そんな分かりやすい強さの指標があるので、勝負における属人主義はあまりひどくならない。そこが、企業などの組織との違いである。この観点からも、ある程度の実力主義の指標が組織にはどうしても必要であるということになる。あまりにも当たり前なのだが、意外に等閑視されてしまう。

読売新聞によると、生命が存在する可能性のある惑星が新たに見つかったという。以下、引用しつつコメントする。

英ハートフォードシャー大などの国際研究チームは19日、生命が存在する可能性のある惑星を新たに見つけたと発表した。

地球からの距離は12光年で、太陽までの距離の約76万倍。生命が存在しうる太陽系外の惑星は、20光年先でも見つかっていたが、今回はこれまでで最も地球から近いという。

国際チームは、くじら座の「タウ星」を6000回以上も観測。光の波長の変化を分析し、地球の2~6倍の重さの惑星5個を見つけた。

このうち、地球のように岩石でできている惑星1個が、恒星からほどよい距離で、液体の水があり、大気や生命が存在する可能性があると推定した。この惑星の重さは地球の約5倍。

国立天文台の田村元秀・准教授は「時間をかけて観測し、丁寧に分析した成果だと思う。この手法が他の星にも使えるかどうかは検証が必要だが、今後、もっと近い星で惑星が見つかる可能性もあるだろう」と話している。

私の関連ブログ記事をリストしてみる。

これらの既存の記事にかんがみると、確かに今回の地球からの12光年という距離は、ロケットで飛んでいけるほどではないにしても、出色の近さといえる。

ところで、「光の波長の変化を分析し、」というので、これは、生きるのに適した惑星でもリストした、間接観測法のうちのドップラー法なのだろうか。

それと、一旦このあたりと(文字通り)目星をつけたら、探索する方法は確立されつつあるとしても、宇宙全体のどのあたりに条件をみたす惑星がありそうか、どうやってクロールするのだろうか。そのあたりはノウハウなのか、あるいは研究者の勘か。そのあたりもそのうち知りたいものである。

発明力

user-pic
0

私は誰にもそう言われたことはないが、発想力はあるほうだと思っている。だから昔は、発明なんて自分で出すものだと突っ張っていたことがあったが、如何せん、研究開発の職種に就いたことがなく、そのため、技術的な基礎が身についていないので、特許出願に値する発明はしたことがない。そもそも、特許部門にいるので、魚屋の猫ではないが、発明というものはサーチしたり進歩性を評価したり特許明細書を書くものであって、自分が考え出すものではないと自分に言い聞かせて、割り切るようにしている。

ただ、そもそも発想するということが好きなので、特許法などの発明の法律的側面や、発明を特許出願してライセンスし稼ぐというビジネス的側面よりもむしろ、どのような過程をへて人々が発明を思いつくかという側面に一層興味がある。

そうやって発明を出してくる技術者や研究者を観察していると、よく発明を出してくる人とそうでない人は、格段に提出件数や提出内容に差がある。必ずしも有名大学を出ているとか、博士の学位があるとかいうことが本質的でもないようである。そこで私なりに、発明のパフォーマンスが高い人の属性について記述してみる。

先ず、第一の属性は、発明の前提となる、解決する課題に想等する能力である。これは、発明においてつい軽く見られがちであって、課題を思いついただけでは発明したことにならない、そのを解決した人が真の発明者である、というように言われるが、プロブレム・ソルバにも書いたように、場合により、問題を提案すること自体も意味は大きいといえる。

次に、第二の属性は、発明を具体化するためのベースとなる技術的知識である。これは教科書的なものであったもよい。例えば、ソフトウェアの発明なら、オペレーティング・システムの動作原理、コンパイラの構文解析の技術、ソートなどの基本的アルゴリズムなどである。囲碁や将棋なら、基本的手筋である。いやしくも発明を出そうするなら、その技術分野の基本的手筋は知っておくべきだろう。

第三の属性は、基本手筋としての技術的基礎知識を、実際の課題に適用して問題を解くようにインプリメントする技術である。これは、手筋を熟知すれば囲碁や将棋に勝てるということはなく、大局観に基づき、適時に適用しなくてはならないことと似ている。

そうやって発明をインプリメントしたとき、第四の属性として、発明を特許担当者に分かりやすく説明する能力も必要である。あるいは、どの範囲で権利を取るかきちんと議論できる前提を与えなくてはならない。発明を着想する能力が高い人が、高い表現力を有するとは限らない。例えば、ランダウのように、物理理論を構想するのは天才でも、それを論文や著書に書き下すのは苦手で、リフシッツという弟子の助けを借りる必要があった、という例もある。

第五の属性は、構想を暖める力である。すなわち、アイデアが一見駄目そうだからといって直ぐに放棄していては、実るものも実らない。囲碁や将棋でいえば、不利な局面でも、なにかないかと粘って考える力である。

第六の属性は、第五の属性と矛盾するようであるが、見込みのないアイデアに拘らず、直ぐに捨てることである。私は何度か将棋のプロに指導将棋を指してもらったことがあるが、局後の検討で、こうすればよかったですかと聞いても、全く相手にされないことが結構ある。プロ的にみて、ありえないのだそうで、考えたらいけない手なのだそうである。すると、第五の属性は第六の属性と深く関係していて、一見して筋としてありえない構想を排除して、少しでも可能性のある技術に拘るべし、ということになる。言うは易く、実行は実に難しい。

このように、よい発明を出すためにはいろいろな要素が必要で、複数人発明者がいるとき、各々が第一から第六までの属性を皆もっているのが理想であるが、それは現実には難しいので、複数人あわせて第一から第六までの属性が揃うということでも仕方ないのではないか。すると、例えば、第一や第六の属性しかもたない人は発明者ではないではないかということになる。理想的にはそうであるが、私のような特許担当者からみてそこは見えないし、そこまで追求することは流石にない。阿吽の呼吸だろうか。

ダイエット

user-pic
0

日本語でダイエットといえば体重を減らすことで、リストラが本来の意味を離れて要するにクビすることになってしまっているように、その意味は日本語で確立している。

さて私は、ここ2年くらいでなぜかダイエットを始め、一時は86キロあった体重をなんとか72キロ付近まで落とすことができた。ただ、ちょっと気を許すと、歳とって基礎代謝が低下したせいか、すぐに体重が2キロくらい増える。

食事のダイエットということで、粗くみて次の4段階がある。

  1. 無食:例えば、前にも紹介した無食の行者がいるのは確かである。一方で、アフリカなどで十分に食べることができなくて餓死する人たちもいる。その二つは分けるべきであるが、ここではそのままにしておく。
  2. 粗食:これはいわゆる体重を減らすためのダイエットを含む。ただ戦時中のように食べ物の絶対量が足らなくて、仕方なく粗食に甘んじるのもあるので、その二つは分けるべきであるが、ここではそのままにしておく。
  3. 常食:これは、普通に食べて体重をほぼ一定に保つような普通のモードである。
  4. 過食:これは、標準体重以上であるにもかかわらず、食べ過ぎてしまうモードである。どうも、重すぎる体重自身が食欲を刺激してしまう性質があるようである。また、力士が体重をより増加させるためにたくさん食べるのもここに含まれ、その二つは分けるべきであるが、ここではそのままにしておく。

食欲のモードを四段階に分けてみたのは、このモデルを欲望に一般化できるのではないかと思ったからである。そして、若者はともかく、私のような定年間際の人は、食欲だけでなく他の欲望もダイエットすべきと思うようになった。それを列挙してみる。

  • 地位
  • 異性関係を含む人間関係
  • 収入や金銭的財産
  • 知識欲

先ず地位であるが、あまり欲望でぎらぎらしていないつもりの私も、若い頃はある程度昇進したかった。そうしないと世間で認めてもらえないと思った。ただ、この歳になってきて、最早地位や権力でもあるまいと私は思うのだが、特に政治家など、老いても地位や権力の欲望が強い人がいて、私にはその気持ちが理解できない。最早権力など煩わしいだけではないかと思うのだが、世間では私の方がマイナーであろう。

異性関係を含む人間関係というとなんとなく生臭いが、私の場合、女性であっても単に仕事の付き合いで会社で話すだけである。同性の飲み友達も、減ることはあっても増えることはなさそうである。私はそれがゼロにならなければよいと思うだけである。

収入や金銭的財産については、定年になると確実に収入が減るので、無駄遣いを減らして、節約することに慣れるように今から心がけている。

要するに、食事の粗食モードを欲望全般に広げるのが私の理想なのだが、そこで問題は知識欲である。それは物質的には自分の身の回りにひたすら本が増えてくることに象徴されるが、本だけではなく、どうしても知識をダイエットする気にはなれない。しかし粗食原理に例外はないのだよと別の私がささやき続けている。さあてこれとどう折り合いをつけるか、私の人生後半の課題なのであった。そういう展開は決して私の望みではないが、病気などで健康状態が悪化したら、この課題も自然に解決されることになるだろう。

私は子供の時代から、コンプレックスのかたまりだった。なにしろ、決定的に運動が苦手で、要領が悪く、田中角栄ではないが、子供のとき吃って、うまくしゃべれなかった。それで、生きるのが結構つらく、少なくとも生きいてくことに積極的意味を見出すのが難しかった。

そうやってコンプレックスが強く、自分の内面を省みる機会が多かったので、必然的に心理学に興味をもつようになった。だから、大学に入学して時間的余裕ができると、フロイトなどの心理学の本を読み漁り始めた。当然に 岩波新書で、「コンプレックス」河合隼雄 (著)も読んだ。なにしろもう30年以上も前に読んだきりなのでどんな内容か忘れてしまったが、結構しっくりきたようで、今に至るまで河合隼雄氏の著書をみると、ポジティブな印象をもつ。

すなわち、心理学的にはコンプレックスの概念はある程度確立されているようであるが、なぜか急にコンプレックスに対して、公理論ともいえる極度に簡易化した定義を与えてみたくなった。すなわち、個人に付随する、ある主観的に重要なスキルまたは特性があって、自分がそうありたいと願うレベルと、実際の自分のレベルが大きく乖離しているとき、それをコンプレックスと呼ぶ。主観的に重要なスキルというのが意味があって、例えば、私は車の運転がおそろしく下手であるが、別に私のプライドはそこにないので、車の運転に関して平気で自虐ネタを言える。車の運転なんてどうでもいいと思っているからである。これはコンプレックスではない。一方試験下手の方は実はかなり気にしていて、あまり平気で自虐ネタはいえない。私はどうしても知的スキルにフォーカスをおく人間であって、試験に合格できる能力が知的能力とは無関係とまでは割れ切りないからである。

大なり小なりそういうコンプレックスは誰でもあると思うが、問題はコンプレックスにどう対処するかである。何か苦手な特性があるとき、努力でそれを補償するというのが一つのやりかたであるが、一般的にコンプレックスをもつということはそれが苦手ということであって、努力で埋められる場合は少ない。すると、別の得意なことにフォーカスして、コンプレックスはとりあえずうっちゃっておくのが一つの手で、案外これが最善の対処法なのかもしれない。

しかし、コンプレックスをうっちゃっておくとどうしても、対人的にときどき心の疼痛となる。だからこそコンプレックスである。そこで、別の方法は、コンプレックスなどないように装うことである。もし装いで自分がコンプレックスをもつスキルについて他人から優れているとみなしてもらえれば、とりあえず心の疼痛はおさまる。これは一種麻薬のようなものかもしれない。なぜなら、いくら装っても、というよりも装えば装うほど、コンプレックスの原因の貧しさが浮かび上がろうとするからである。よって、この場合、下手したら麻薬を投入し続けなくてはならなくなる。

それでも、本当の麻薬ではないので、程度がひどくなければ心がぼろぼろになるまではいかない。単に少し気障になる程度である。

そうやってコンプレックスが個人にとどまるならまだ許容範囲なのだが、組織の責任者がコンプレックスを前面に出してくると、問題が大きくなる。それによる現象を列挙してみる。

  1. まず、組織の責任者がコンプレックスを前面に出すと、自分が苦手な分野のスキルが得意な人を冷遇し始める。すなわち、自分が苦手な分野のスキルが組織内で広まると、いたたまれなくなるからである。
  2. また、自分と似たコンプレックスの持ち主を周囲に集め、重用する。これはまさに同病相憐れむということである。
  3. さらに、自分とは異なるコンプレックスの持ち主で、決して自分のコンプレックスに触ろうとしない、いわゆるイエスマンを重用する。

問題は、組織の責任者がコンプレックスを前面に出すことは、組織のルールに全く背かず達成できることである。こうして、社内規則に全く違反せず、巨大な、コンプレックスベースの属人組織が出来上がる。

そのせいか、観察していると、バランスを欠く、人間的にどうかと思われる人がむしろ出世したりする。すなわち、一旦コンプレックス人間が上に立つと、後は高いポストのコンプレックス人間の拡大再生産となる。

コンプレックスベースの組織支配を避ける方法はある意味簡単である。能力主義、実績主義を徹底させるのである。例えば、プロ野球チームがそうで、勝たなくてはならないので、あるレベル以上には属人主義を押し進められない。

といいつつ、猫に鈴をつけるのはなんと難しいのだろう。組織では個人は、踏めば潰される一介のネズミにすぎないのである。

勉強と出世

user-pic
0

何かのブログで、「なぜ、勉強しても出世できないのか?」佐藤留美著、ソフトバンク新書が好意的に紹介されていたので、買って読んでみた。以下、私なりの内容に関するコメントである。

先ず勉強と出世ということでは、出世したいなら、勉強したほうがいいに決まっている。しかもどんな勉強かというと、それは、国家資格の勉強だと、昔は決まっていた。

例えば、私が以前在籍していたある日本の会社の特許部では、部長が重役の地位にあったが、その理由を人事の人は、弁理士資格があるからだと説明していた。当時国立大学出身の人はその会社にあまり多くなく試験が得意だと勘違いされていた私は、君も弁理士に合格すれば重役間違いなしだよと、人事の人に励まされた。私は、今より自分のことがよく分かっていなかったので、確かにそうだと、少しだけ弁理士試験の答練の学校に通ったこともあったが、どうもしっくりこなくてすぐに止めてしまった。

弁理士資格の希少性は、今勤務している外資系の特許部門に移ってからも続き、弁理士資格があるととんとん拍子で出世できるのだった。そこでも優秀と勘違いされた私は、上司から弁理士試験を強く勧められたが、このときはなぜか、自分のことが分かっていたようで、結局ほとんど受験を試みなかった。弁理士資格がないと他部門に回されるとか、クビになるとか、何度も噂されたが、結局、今にいたるまで部門に居座っている。その後結婚して妻子をもつようになったが、その状態で弁理士じゃない人は辞めろといわれて、妻子を路頭に迷わせていたら、試験勉強しただろうか。ううん、やつぱりしてないと思う。そうなったら私の人生はどうなっていたんだろう。

それくらい、場合により勉強は仕事にクリティカルであることがあるが、時代は移り行き、「なぜ、勉強しても出世できないのか?」によると、今割りにあわない勉強のベスト5は次だという。

  1. 各種キャリアアップセミナー
  2. 「朝会」「人脈交流会」などの各種イベント
  3. 国際ビジネス資格
  4. 経営コンサルタント資格
  5. 供給過多の国家資格

確かに各種キャリアアップセミナーは、気休めにしかならないと思う。また、「朝会」「人脈交流会」などの各種イベントは、飲み友達や、転職先をみつけるにはいいかもしれないが、どれくらい意味があるか、疑問はある。

国際ビジネス資格は、場合によると思う。ここでは米国会計士の資格が無意味になったとあるが、米国弁護士などだとまだ有意義であろう。ただ、米国弁護士資格を取得する手間は、USのロースクールを出る必要があるので大変である。また、日本で外資系を除くと、米国弁護士はあまり重用されていない。

経営コンサルタント資格は、例えば中小企業診断士などであるが、弁護士や弁理士などの国家資格と違って、中小企業診断士の資格がなくコンサルタントすると違法ということもないので、確かにあまり意味はないかもしれない。私の大学の先輩は、経営コンサルタントの仕事をして今ではかなり重鎮になっているらしいが、そのうちといっていた中小企業診断士の資格は取っていない。まさか私のような試験嫌いなのだろうか。あの先輩に限ってそうとは思えないのだが。そういえば、一時流行った米国大学や日本の大学のMBAやMOTもここに含まれる。

次に、国家資格である。確かに弁護士や弁理士、公認会計士、税理士などは供給過多になっているが、その資格がないと国家に営業を認めてもらえないこともあるので、資格のない私からみて、やはり今でもその意味は小さくないと思っている。ただ、確かに希少性は格段に減った。また、昔より易しくなったといわれているが、骨の髄まで試験の苦手な私には、今も昔も変わらないというのが印象である。なにしろちょっと条文をみただけで嫌になる。

ここまでは、肩書き的勉強である。すなわち、何か仕事をやってみせなくても、また時代が経過しても、資格というのは便利で、○○士です、というだけで、一応の知的レベルと実務スキルを推定してもらえる。

そういう資格があったらどんなに幸せになれるかと悔し涙を流しながら、私が向かった方向は、インコヒーレントな勉強である。また、「なぜ、勉強しても出世できないのか?」のお勧めにもあるように、泉谷しげるの歌にある♪なんでもやります、贅沢は言いません♪で仕事を選ばすやってきた。それこそ、管理職であるにもかかわらず深夜まで残って部内全員のPCのOSの導入までこなしたことがある。

そうそれと、意外に私はひとなつっこいのであって、最近でも、早朝トイレで会う掃除のおばさんと顔なじみになり、雑談を交わすまでになった。そのおばさんが、美人すぎる掃除のおばさんなのかどうかは想像にお任せするが、そのひとなつっこさと面倒見のよさで、私はワールトワイドに広汎な人脈ネットワークを築いた。今やメンテしてないので、その人脈ネットワークは枯れてしまったが、当時は仕事を進める上で、とても役に立った。

すなわち、私のような試験苦手で、ある見方では駄目人間でも、インコヒーレントな勉強と、仕事の選ばなさと、人脈を広げていく、の三点で、なんとか人生は開けるのである。

ただ、国家資格をとるための努力よりも、インコヒーレントな勉強と、仕事の選ばなさと、人脈を広げていく、の三点の努力のほうが、努力の総量としては多分大変で、しかも確実性が少ない。それで結局、私のようなやり方で人生を進もうとする人はあまり多くないようである。確かに私は、このようなやり方を他人に勧めたことはない。

ということで、きっと、効率よい資格勉強して、合格後、インコヒーレントな勉強を取り混ぜつつ、実務力をつけていくのが鬼に金棒なのだろう。

あ、忘れていた、勉強と出世という文脈で、効率的な勉強は、ゴマスリ力なのであった。ただ、これは、人により習わなくても備わっている能力なのかもしれない。とはいえ、結婚予備校のようなモードで、ゴマスリ力を洗練させることは可能であると思う。

実は私は、資格試験は苦手であるが、ゴマスリ力なら、捨てたものではない。系統的に学んだものではないのだが、人脈形成力で活用してきたように思う。ただ、嫌いな人に対して発揮できないのがまだ、ゴマスリ力のアマチュアなのであった。

今まで、藤原道長藤原氏の血脈で、藤原氏について自分なりにメモしてみたが、最近知り合いから、「藤原氏の正体」関裕二著、新潮文庫を紹介された。

私の歴史センスのなさでは、いまいちよく分からない点もあったが、この本を読んで私がポイントだと思った点をメモしてみる。

先ず、藤原氏の始祖とされる中臣鎌足の出自である。物部氏や蘇我氏と違い、中臣鎌足はどうも、日本古来の伝統的な血筋ではないのかもしれない。そもそも、文献にも記載がない。それを関裕二氏は、百済から帰化した人に帰着させようとする。当然にそれは学会で承認されていることではないが、面白い仮説だと思う。

そして、中臣鎌足の出自の次は、大化の改新の意味である。大化の改新は、定説では、中大兄皇子(後の天智天皇)らが蘇我入鹿を暗殺し蘇我氏本宗家を滅ぼした歴史的出来事であって、蘇我入鹿の暴挙を諌めたことになっているが、もしかして、中臣鎌足が中大兄皇子と謀ったクーデターではないか。まあ、それはあまりにも人口に膾炙された命題ではある。

しかし、中臣鎌足の子孫の藤原不平等が壬申の乱で雌伏し、もう駄目かと思ったのだが、不平等の手腕は優れていて、復活した。以って、不平等を中興の祖とする。

藤原不平等は、日本書紀を編み、律令制度を整備し、藤原氏の覇権を磐石なものにした。藤原の息子は、藤原南家 - 藤原武智麻呂、藤原北家 - 藤原房前、藤原式家 - 藤原宇合、及び藤原京家 - 藤原麻呂の四家と呼ばれたが、相次いで病死した。

しかし、天皇との濃密な姻戚関係をテコに日本を実質的に支配し続けた。ところがやり口があまりに悪どいので、人々の恨みを買い、重大な祟りに遭う。その最大のものは、菅原道真であろう。

よって藤沢氏にとって、祟りの鎮魂は重要なテーマとなる。その文脈で、空海や安倍晴明の存在も一層意味がある。

Windows 7の壁

user-pic
0

子プロセスで書いたように、私が業務用に作成したツールをWindows 7で動かせるようにいろいろ苦労したが、Windows 7にまつわる苦労はこれだけではない。思いつくままに書いてみる。

先ず、私が使っているフリーウェアのバックアップツールである、BUNBACKUPがうまく働かない。BUNBACKUPは5年くらい前に社内の知り合いのSEから教わったものだが、ソースのフォルダと、ターゲットのフォルダを指定しておくだけで、サブブテレクトリ付きで、更新したものだけうまくコピーしてくれる。もともとWindows XPで使用して何も問題なかったのだが、もちろんWindows 7対応でもあるので、そのまま使えると信じて疑わなかった。しかし、そうは問屋がおろしてくれなかった。すなわち、実行可能ファイルであるexeの拡張子をもつプログラムがコピーされないのである。確かにexeの拡張子をもつファイルは、実行可能ファイルであり、素性が知れないものをハードディスクにコピーすると、どんな悪さをするか知れないので、Windows 7でプログラムをハードディスクに導入または、コピーしようとすると、確認を求める画面が出る。BUNBACKUPではいちいちそんな画面を出していられないのだろうけど、それにしても通知なくコピーしないというのはひどくないか。

それだけではない。Windows 7のファイルシステムは、Windows XPのファイルシステムに対して拡張属性をもっているようで、BUNBACKUPの上書きコピーのための比較がこの拡張属性のせいで狂ってしまうことがあるようである。このせいで、exeでないのに上書きバックアップしないことがある。なお、新規ファイルバックアップなら問題ないようである。

そして問題は、Borland C++ Builder 6に戻る。すなわち、Windows 7は、もともと互換でないBorland C++ Builder 6を温情で導入させてはくれたものの、立ち上げ時に意味不明のエラーメッセージが出るのは前にも書いたとおりである。それはまあ我慢するとして、とりあえずBorland C++ Builder 3で作成した既存のプロジェクト・ファイルを編集し、コンパイルする分にはなんとかなっていた。ところが、Windows 7上でBorland C++ Builder 6でちょっとしたツールを新規作成しようとしたところ、エラーになって前に進めない。要するにアプリを新規作成できないのである。あいたた、と仕方ないので、やりたくないが、既存の自作アプリのうち比較的簡単なもののフォルダをコピーしてプロジェクトを作り直した。しかし、余計なファイルや関数が沢山入っているので、コンパイルエラーを消すのが大変だった。そもそも、消したはずのオブジェクトのソースに対する指定が残っていたりする。

さらにBorland C++ Builder 6には別の問題がある。GUIではなく、コマンドラインで動くCUIのプログラムをbcc32.exeでコンパイルすると、一応コンパイルできるのだが、走らせようとすると、問題があると、OSに起動を止められてしまう。それではと、正式なプロジェクトファイルを作成してCUIのプログラムを作成すると、OSに起動を止めらるのではなく、サスペンドされてしまう。いよいよ意味不明で、ますますWindows 7が嫌いになるのであった。

こういう理由で、自宅でWindows XPマシンを無理やり再導入したのであるが、最近のWindows 7対応のコンパイラは、最早Windows 7、Windows 8のみ対応らしくて、いよいよWindows XPの出番はないのであった。

才能と経験

user-pic
0

自明だと思うのだが、何をするにしても、才能と経験の両方が必要である。ただ、もし才能と経験を並べて語られることが少ないとしたらそれは、技芸によって、才能の比重が大きすぎるものから、経験の比重が大きいものまで多様だからである。

才能の比重が大きい技芸というので私にとって身近なのは、将棋と数学である。いうまでもないがそこで身近というのは、私に才能があるという意味ではない。単に下手の横好きで長年親しんでいるというだけである。

将棋では、とても才能がある小学生だと、ルールを覚えて1年くらい努力すると、今の私の棋力を超えたりする。多分、それほどの子供はプロになるポテンシャルがあるのかもしれない。ただ一方で、どんな才能がある小学生でも、将棋のために身に着ける知識は知れているので、将棋というのは大した知識なく指せると思われたりする。しかしそれは多分違う。才能のある子供は、たった1年で膨大な将棋の知識を得る。それができるのは、将棋の知識が芋づる式だからである。力いっぱい芋づるを引くと、ずずっと多くの芋がついてくる。

私が一気に芋抜づるを引き抜けないのは、力がないからである。その力こそ才能であって、だから将棋は才能があれば一気に強くなれる。数学も、多分似ているかもしれない。

一方、私が担当している特許実務をみてみよう。私は付き合いの範囲が狭いので、目もくらむ才能をもつ特許実務者というのに会ったことはない。ただ、世間にそういう人がいるだろうと推定されるのは、特許サーチしていてときどき、見事な品質の特許明細書に出会うからである。

さて私には、特許実務が将棋よりとっつきくいとは思えない。逆に言うと、特許実務というのは、もちろん向き不向きはあるが、経験を積むと、なんとかなるものだと思っている。しかしこの経験というやつがミソである。

戻って、天才的な小学生はたった1年で私の将棋のレベルを超えると書いたが、それでは天才的な小学生がたった1年で私の特許実務のレベルを超えることができるかというと、それは無理だと断言できる。というのは、特許実務の世界では、知識があまり芋づる式になっていない。すなわち、芋があったとしても、単発で畑に埋まっているので、1つずつ広大な畑を歩いて籠に入れていかなくてはならない。どんな天才であっても、あるレベルに達するには何年かかかるのである。すなわち、特許実務というのは才能が不要なわけではないが、経験に依存する度合いが大きいスキルである。

弁護士や会計士などの仕事も、才能よりも経験の度合いが大きいと思われる。さて、才能の度合いが大きい技芸というのは、見た目にも結構華やかで目立ちやすい。一方、経験の度合いが大きい技芸というのは、素人目にスキルの差が分かりくい。だから才能の度合いが大きい技芸である科学技術の研究者は、法律や経理などの専門家を内心馬鹿にする。あんなもの、誰でもできると言って憚らない。

しかし、実は、経験の技芸というのはなかなかしたたかなのである。すなわち、年取っても衰えないし、あまり他人が担当しない分野のスキルを身につけると、食いはぐれない。意外にも、目から鼻に抜けるような科学技術の天才より、生活に困らなかったりする。

そして世間をみていると、ほとんどの仕事や技芸が才能より経験に依存する度合いが大きいものばかりである。特に官庁や会社組織などそうである。すると、採用担当者が東大を始めとする高学歴の卒業生を集めようとする理由がわからなくなってくる。なぜなら、議論はあるにしても東大生が高度な知性の持ち主であるとして、組織のほとんどの仕事は平凡な知性の持ち主でもできてしまうことばかりだからである。むしろ、そこで活きるのが才能より経験であってみれば、石の上に三年的なメンタリティの持ち主こそ必要なのではあるまいか。

このように経験を重視するようなことを言うのは、自分の才能のなさを知らないうちに弁護しているのだろうか。私はきらめくような天才が好きなはずなのに。あれは建前なのだろうか。

最近、ミステリー小説への興味が復活して、東野圭吾だの、スティーヴン・キングだの、アマゾンで注文して読んでいたら、この傾向をアマゾンが見逃すはずもなく、他のミステリー小説のお勧めのメールが来るようになった。

それが薬丸岳の「天使のナイフ」講談社文庫である。ただ、仕事が忙しかったせいもあって、とりあえずお勧めのメールを無視していたら、なぜかまた「天使のナイフ」のお勧めがアマゾンからきた。それでちょっとやけになって、うっせぇな、買えばいいんだろ、と注文して薬丸岳の「天使のナイフ」を読み始めたら、これがまあ、出色の面白さで、通勤電車と自宅に帰ったあとで、一気に読んでしまった。

それは、少年法の下での犯罪の刑罰と、加害者感情、被害者感情の入り混じりで、ある意味ベタなテーマとはいえるが、あまりにも重いテーマを書き切っていると思った。

そういえば、「天使のナイフ」の末尾の解説は、高野和明氏だったが、高野和明氏の13階段も、犯罪者の更生と贖罪という重いテーマを扱っていた。

さらには最近読んだ、東野圭吾の「手紙」は、犯罪者の親族が社会から受ける不当の扱いをこれでもかと暗く描き、うりざりするほどだったが、確かに犯罪の周辺にはあまりにも多くの哀愁と悲惨とドラマが埋まっているということを改めて考えさせられる。

昔よく読んだ松本清張は、社会派ミステリーということで、世間で高い地位の人が犯罪に手を染めて没落していくものが多かったが、なぜか最近のこれらの一連の犯罪ミステリーの方が身近に感じられる。

ともかく、気晴らしのようなつもりで読むミステリーもなかなか考えさせるものが多い。できれば、アマゾンが紹介する有名どころだけでなく、自分の目でマイナーな作品を見出してみることにする。

朱交効果

user-pic
0

朱に交われば」の続きで、朱交効果のいくつかの側面をみていくことにしよう。今までみたところで、次のことがいえる。

  1. 他人と付き合うとどうしても何ほどか影響を受ける。
  2. 影響を受けるというが、熱力学の第2法則のように、バカな側面ほど容易に影響をうけるが、賢明さはなかなか影響を受けない。

さて、誰かと付き合うということは、何かの便益があるのでそうするのだろう。私が大学のクラスの知り合いから勧められたにも拘らず、大学の将棋部の仲間との付き合いを絶たなかったのは、寂しかったからである。すなわち、付き合いを絶つと他にほとんど友人がおらず、鬱屈しそうだった。

孤独を癒す交友というのは、交友の本質的要素の一つであるが、実は利害としては比較的弱いといえる。より強い誘引をもって迫る朱交効果は、恋愛と権力関係である。

恋愛において、異性に惹かれると、なんとしても異性に好かれたいと思う。それで趣味や趣向が似てくるのはまだよいとして、異性が倫理的なハザードを抱えていると、下手をすると犯罪行為に手を染めてしまう。よく女子銀行員が、銀行端末の違法な操作により、巨額の資金を男性に貢ぐなど、これの典型である。もちろん、チリ女性に貢いだ青森県住宅供給公社に勤めていた男性という逆のケースもある。ただなぜか、女性が男性に貢ぐ例の方が目に付くような気がする。

男女の朱交効果の最たる例は、クレオパトラとアントニウスだろう。何しろ、アントニウスは、クレオパトラにそそのかされて、ついにローマを裏切り、プトレマイオス朝に寝返った。

このような男女の朱交効果で、アントニウスを擁護する声はあまりないだろう。なにしろ、あまりにもあからさまな裏切りである。ところが、権力に関連する朱交効果は、途端にわかりにくくなる。なぜなら、例えば会社において、邪な上司の命に従うことは、組織内で妥当性を帯びているからである。この妥当性において、恋愛による朱交効果とは決定的に異なってくる。すなわち、アントニウスは流石に、うしろめたさがあったが、最早引くに引けなくなり、いわばクレオパトラと心中したのだろう。

ところが組織のヒエラルキーの中で、権力ある上司に気に入られて朱交効果に染まることは、ほとんど後ろめたくなく、没入できることであったりする。恋でいえば、クレオパトラとアントニウスの恋は禁断の恋であったが、この場合は公認された恋でありえる。

そのような公認された恋のような朱交効果を味わうと、組織内で昇進するし、わが世の春となる。オリンパスで菊川剛会長に連なる人々がそうだったであろう。

このように、恋愛においても、組織内においても、朱交効果は破壊的な災厄をもたらしえる。それを防ぐには、若いうちにサークルや友人などとワクチンとしての比較的軽い朱交効果を経験して、羽目を外すとか、哲学書や思想書に親しみ、自分の座標をある程度確立しておくしかないように思われる。

ゲーテは何度も恋愛し、その都度、恋愛から逃れようとした。朱交効果を怖れたのであろうか。

少し前の日経の記事によると、システム開発中断で特許庁54億円支出無駄と、検査院が指摘したのだという。以下引用しつつ、コメントする。

特許庁が出願情報などを一元管理するシステム開発を計画不備で中断したことを受け、会計検査院が開発費用約54億5100万円を無駄な支出だったと指摘する方針を固めたことが分かった。開発が遅れた経緯についても、特許庁の進行管理が不十分だったためと指摘、改善を求める方針。

検査院は完成困難と判断、そこまでにかかった費用すべてを会計法令などに違反する「不当事項」とした。

これは特許庁の次期システム開発中断の続きであるが、なんと54億5100万円も無駄になるとは。

経済産業省の検証委員会などによると、特許庁は2006年に出願情報などを管理するシステム開発の入札を実施。東芝ソリューションなど3社が参加し、技術点で最下位だったが予定価格の6割以下を提示した東芝ソリューションが落札した。同庁はコンサルティング会社のアクセンチュアとコンサルタント契約も結んだ。

11年1月の稼働を目指して開発作業は06年に始まったが、07年には遅れが出始めた。東芝ソリューションは遅延解消のため一時約1300人を動員。しかし十分な成果が得られず、今年1月に中断が決まった。

そうそう、経緯はそういうことであった。

これまでに支払われた開発費は、東芝ソリューションに09年度までの4年間に約24億8700万円、アクセンチュアには11年度までに約29億6400万円。検査院はこれらの費用すべてが無駄な支出だったとした。

おそらくであるが、この失敗の原因は次のとおりである。

  1. 特許庁手続系システムを甘く見た。すなわち、特許庁手続系システムは、出願を受け付けて願番や審判番号などを自動的に付与するところ以外はリアルタイム性は要求されないので、銀行などの勘定系システムより複雑でなく、厳密性を要求されないような気がする。しかしそれは素人考えであって、特許庁手続ほど様式の種類が多く複雑な申請手続きはちょっと類がない。すなわち、特許出願してそれを審査官が審査して拒絶するか許可するか判断して終わりではない。途中で審査請求があり、拒絶理由通知があり、それに対する出願人まはた弁理士からの応答があり、また特許庁内で審査官・審判官が眺める画面の遷移図を考慮に入れるとおそらく、その全貌は誰もしらない。しかし、特許業務の藪を知らない人はどうしても甘くみてしまうのである。片手間とはいえ長年、電子出願仕様作成に関与し、特許業務用のアプリを書いてきた私には、少しだけその藪の中身がみえる。
  2. あと、特許庁の職員があまりにもシステムに疎いのではないか。というのはシステム担当の部署も実は、審査官が異動して対応している。専門の職員は少ないし、要するに外部の会社に手配しているだけである。
  3. 前にも述べたが、そして、特許出願数減少による特許庁の収入減少によるIT関係予算の削減の影響である。しかし、いまや特許庁にとって、システムが業務の根幹であってみれば、ちょっとシステムにおくプライオリティが低すぎたのではないか。

特許庁は検証委員会が「開発規模やスケジュール管理が確定しておらず、稼働時期が不透明」と指摘したのを受け、意見募集(パブリックコメント)をするなど、計画見直しを進めている。

意見募集よりも、各界の精鋭を集めて案を練るよりないだろう。なんにしても、金融や国防などと違い、ある意味ニッチな分野なので、この分野が分かっている人材が少ないのが悩みであろう。

将棋電王戦

user-pic
0

SPAによると、来年の将棋電王戦の組み合わせが発表された。以下、引用しつつコメントする。

対局は来年2013年3月23日より、毎週土曜日に1局ずつおこなわれる(以下▲先手/△後手)。コンピュータ側は、今年5月に行われた『第22回 コンピュータ将棋選手権』で好成績を挙げた上位5ソフトが参加。人間側であるプロ棋士たちは、年齢・実績ともにバラエティに富んだ人選となっている。

そういえば図らずも、本日たまたま、米長将棋連盟会長が、前立腺癌のため逝去された。将棋電王戦はある意味、米長会長の遺産でもある。故人だから持ち上げるわけではないが、毀誉褒貶あっても、米長は単なる女たらしではなかったということである。以って、冥福を祈る次第である。

ところで、電王戦の組み合わせと日程は以下のとおりだという。

【第1局 3/23】▲阿部光瑠(こうる)四段-△習甦(しゅうそ)
【第2局 3/30】▲ponanza(ぽなんざ)-△佐藤慎一四段
【第3局 4/6】▲船江恒平五段-△ツツカナ
【第4局 4/13】▲Puella α(ぷえら・あるふぁ)-△塚田泰明九段
【第5局 4/20】▲三浦弘行八段-△GPS将棋

佐藤慎一と塚田泰明はなんだかだが、阿部光瑠と船江恒平はピチピチである。期待できる。そして、Aクラスでも上位の三浦八段まで投入するとは。

いやあ、プロの0-5でしょう、などと予想する人もいる。だとすると、下手したら羽生や渡辺でも容易でないということになる。ともかく、故米長会長は、まあ君たち頑張れよ、と見守っていることだろう。

「朱に交われば赤くなる」というのは昔からある諺で、それは要するに、人は周りの環境によって、よくもなれば悪くもなるということらしいが、人生を長年生きてきて、それは確かに一片の真実であると思う。

「朱に交われば赤くなる」をわざと卑近な言い方をすると、「バカはうつる」ということと、「利口の影響を受ける」という両面がある。しかし、そこで素行についても熱力学第二法則と似た原理が働いて、「バカはうつる」はとても簡単に生じるが、「利口の影響を受ける」の方は極めて稀にしか生じないようである。

私個人の経験では、真面目に学究生活をしようと志して大学生活に入ったのだが、学究に倦んだというか、地元から離れ、同じ高校から全く進学しない孤立した進学だったため孤独に圧しつぶされそうになったということで、将棋部に駆け込んだことで、朱に交わった。それを朱交効果と呼ぼう。上に書いたことの朱交効果の熱力学第二法則を繰りかえすと、将棋部のほとんどのメンバーは知的ポテンシャルで私よりも高い人たちばかりだったのに、授業に真面目にでない、単位を落とすことをなんとも思わないという、いわゆる駄目な面ばかり私は学んでしまった。これを「バカがうつった」と言ったら、当時の先輩たちは、お前に言われたなくないと、いまでも立腹するだろう。

しかし、いくら私がバカだからといって、それは所詮自己責任だということくらいは理解できるのである。というのは、私が大学院に言って学者になりたいという夢をもっていると知った何人かの友人は、将棋部からの関係を絶つために、遠隔の下宿に移ってしまうことを私に勧めた。しかし、それをあえてしなかったのは、そんなの面倒だということと、将棋部のメンバーとの親和性、すなわち相性のよさと、それと最後に自分の学問的能力に自信がなかったということである。すなわち、いくらでも朱交効果を中和するチャンスがあったのに、私はみずからそれを選ばなかったのである。

そして今まで生きてきて、当時の朱交効果をあえて緩和しなかったのも、人生の味として悪くなかったと今になって思っている。果たして懸命の正当化なのだろうか。そうではないつもりなのだが。

ところが、大学を卒業して企業に入ると、私が考えていた朱交効果なんて生易しいと思い知ることになる。すなわち、会社に入ると、企業が、上司が、強烈なエンカルチュレーションを仕掛けてくるのである。それを普通は受けいれるところから社会生活がはじまるのだが、今にして思えば私は、大学時代の朱交効果がワクチンとなったようで、企業文化に染まることに一歩距離を置くようになった。そして常に、一匹狼の自負をもって生きていくようになるのだが、それでも、どこにいっても似た体臭の同志を見出してしまうのは、世間も多様ということか、あるいは、私は自分が思ったほどに特異な人間ではないということか。

といいつつ、企業に入って私が強い朱交効果の影響を受けるようになったのは、退職された元特許部長の方と知遇を得てからである。その方は個人特許事務所を経営されていて、私が電子出願システムの知識があるので、サポートしてほしいといわれたのがきっかけである。すると、電子出願システムはともかくとして、私はとても強い親和性を感じた。その方は曲がったことが嫌いで融通の利かない性格で、ある意味疎まれすぎて早期退職に追い込まれたのだが、現役時代がかぶっていない私は、祖父と孫のような関係で、しがらみなくお付き合いさせていただくことができた。ここでも、バカはうつるで、その方の酒好きなところ、偏屈なところを私は速やかに学んだ。マネージメントの心構えも随分学んだはずだが、この点は不肖の弟子だった。やはり熱力学第二法則か。そして、ここからが重要なのだが、大学時代の朱交効果のワクチンと、この大先輩からのワクチンとで私は、最早あまり追加の朱交効果を受け付けなくなった。

だから私はその後、外資系にあって、相手がはるかに地位が高い上司でも、あまり朱に交わろうとしなくなった。その結果多くの便益を失ったような気もするが、今にいたるまでリストラされていないのは、単なる幸いというしかない。

そういう観点でみると、私の周囲の人たちは、あまりにも朱に交わることに無警戒すぎるように思われる。その結果、わずかばかりの便益と引き換えに、イエスマンになり、多くの大事なものを失っていないか。するとどうも、若いときの苦労は買ってでもしろというのは、若いときに一度はバカをうつされて苦労しろ、ということでもあるようである。はしかがそうであるように、ある年齢以上でワクチンなくバカをうつされると、手に負えないのである。

以前に東野圭吾の白夜行を読んだとき、その末尾の解説が、馳星周だった。その解説が、「白夜行」をノワール小説の名作と絶賛するのだが、そもそもノワール小説とは何なのか、馳星周とは誰なのか、最近めっきり小説に疎い私は、わからないのだった。

それで馳星周をウェブで調べてみたところ、「不夜城」の作者とある。ああ、金城武、と名前が浮かんだ。私が管理職になって間もない頃、女性の部下が何人もいてそれは苦労したものだったが、そのうちの一人が、「不夜城」の映画を観たのか、金城武、かっこいいわ、とうっとりしていたので、まあそういうものか、と思った記憶がある。そんな記憶がよみがえったが、「白夜行」の後別の本を読み始めたので、意識は「不夜城」から一旦遠ざかった。

そして先日家人から、土曜日にある遠くのスーパーに、特売を買いにいくように依頼された。散歩も買い物も嫌いでないので、散歩がてら歩いていたら、もう1年くらい訪れていない古本屋の前に差し掛かった。いつもの癖で1冊100円のワゴンを眺めていたら、装丁がかなり汚れた「不夜城」角川文庫をみつけた。いつもなら見過ごすのだが、上記の記憶があったので、とりあえず、他の数冊の本ととともに買っておいた。

さらに数日たって、休みの日に自宅で特許明細書を書いていたら、うまく書けないのでうんざりしてきて、ふと、「不夜城」を手にしてページをめくった。すると、何かカチッと音がして、「不夜城」の新宿歌舞伎町の世界に引き込まれていった。

それは、台湾マフィア、北京マフィア、上海マフィア、その他有象無象のアウトローたちの世界だった。主人公の劉健一は、日本人と台湾人のハーフで、独特の人脈と冷酷さで、日々しのぎを削る。このストーリーは有名だと思うので書かないが、なにしろ、ストーリーの展開に手に汗握り、最後まで全く退屈することなく読み終えた。まさに、エンタメの名作である。

これを読み終えて思い出したのは、私は実はハードボイルド小説のファンだった、ということである。一時凝ったのは、飯干晃一で、「仁義なき戦い」は、舞台が広島でもあるので、一層血沸き肉踊って読んだものだった。「仁義なき戦い」以外にも何冊か、飯干晃一のヤクザ小説を読んだ。

それ以外に結構読んだのは、西村寿行である。独特のドライな筆致が気に入って、やはり何冊も読んだ。ただ、何を読んだか覚えていないのはいかにも情けない。

その他、ううんこれは面白いとうなったのは、楡周平の「Cの福音」と「猛禽の宴」である。

他には、と書こうとして、これ以上思い出さないので、あれっ、なんだ、自分のハードボイルド小説のポートフォリオは薄いではないかと苦笑した。そもそも私は、喧嘩して勝ったことがなく、取っ組み合いの喧嘩そのものをほとんどしたことがない。すなわち極めておとなしい、血の気の少ない情けない男なのだが、なぜか微妙なヤクザ親和性があり、ときどきハードボイルド小説を読んで、薄い血を滾らせたくなることもある。それはもしかしたら、平家の末裔が壇ノ浦に逃げる途中で私の出身の島に住み着きその子孫であるせいかもしれず、あるいは、逆賊、赤松満祐の手下の末裔であるせいかもしれず、あるいは村上水軍の下っ端の子孫かもしれないのであった。何にしてもご先祖様に、あまり顔向けできる立場ではなく、地道に生きていくしかないのであった。

SPAによると最近、ブラック士業なるものがあるという。以下、引用しつつコメントする。

異常な長時間労働やサービス残業やパワハラなどで、働く人を"使い捨て"にするブラック企業――。2012年は「これまで就活生や一部の正社員の問題だったブラック企業が、広く社会問題化した1年でした」と言うのは、若者の労働問題に取り組むNPO法人・POSSEの川村遼平事務局長である。

週刊SPA!12/4発売号では川村氏に「2012年・ブラック企業ニュースBEST10」を選んでもらった。順位は本誌をご覧いただきたいが、取材時に川村氏から"ブラック士業"という聞き馴れない言葉が出た。「巧妙な手法を企業に入れ知恵する弁護士や社会保険労務士、"ブラック士業"が暗躍している」と言うのだ。辞めようとしたら弁護士から違法な損害賠償の書類が送られてきたり、団体交渉に行くと会社側の弁護士や社会保険労務士がでたらめな主張を繰り返して、紛争を長期化させることが少なくないという。

よく、揉め事があったとき、弁護士を通して話し合いをする、というような言い方がある。こういうことから、弁護士は公平性や清廉性の象徴のように思われたりするが、それは単なるイメージであって、弁護士は単に法律に詳しいだけで、決して高い倫理観を備えているわけではない。そもそも、司法試験に倫理の科目かないし、あったとしても、本当に倫理観に富むかどうかテストできるはずもない。もし一見倫理観が十分あるように見えるならそれは、弁護士会の倫理規定に縛られているにすぎない。それでも昔から、悪徳弁護士は絶えなかった。例えば、弁護士トラブルなどで述べたようにである。

ところが、日弁連で述べたように、弁護士があまり、仕事にあぶれてくると、生活のため、違法ぎりぎりのことに手を染める弁護士が増えてきた。もともと、もっている法律知識を逆に使えば、悪知恵となる。一方、リストラや倒産など、騒々しい世間になると、悪知恵を一層活かせる乱世である。

例えば、リストラする側に回り、退職強要にならない方法を伝授するなどである。もちろん、退職を迫られる側の社員に就く弁護士もいるだろうが、どうしても寄らば大樹で、企業側に就くほうが安定しているといえる。

そういう、専門知識を悪用する側につく国家資格者は、弁護士だけでなく、公認会計士、税理士、社会保険労働士などがありえる。そういう人たちは最近では、"ブラック士業"と呼ばれるようである。

この"ブラック士業"の劣悪度が最近増しているという。

POSSE代表の今野晴貴氏の著書『ブラック企業』(文春新書、2012年)によると、「明らかに違法な行為に若い弁護士が加担するケースが後を絶たない」。その背景には弁護士の激増(2000年・1万7126人→2011年・3万485人)がある。同じく増加している社会保険労務士は、一部の労使紛争で代理人を努められる「特定社会保険労務士」という制度も整えられた。資格を取ったはいいが、食べられない一部の人たちが、労使紛争ビジネスに参入している、と今野氏は指摘する。

「そうした中で、自覚的に『ブラック』な稼業に手を染める社労士も現れてきている。ある社労士のホームページには、次のように書かれている。『会社はすべての法律を守りますと約束する必要なんてありません!』『健康を維持するのは労働者の責任です!』でたらめもはなはだしいといわざるを得ない」(同書212ページ)

ちょっと考えたらわかるように、国家資格の士業は、ある程度そういう資格者の性善説で成り立っている。例えば、弁護士法には、非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止規定はあっても、弁護士そのものの行為を規制する規定は、ほとんどないはずである。難しい司法試験に合格した段階で、立派な人ばかり、と想定しているのだろうか。

しかし、一旦書かれた法律や規定の裏をかくことは、そんなに高度な知性は要さない。何かの欲に後押しされれば、人間は知識を活用して、悪知恵を発展させることに巧みである。

こうして、生活の必要に迫られ、あるいは、欲に溺れ、さらには法律を出し抜くことに生きがいを見出し、"ブラック士業"は跋扈するのであった。

"ブラック士業"という意味では、弁理士は出番が少ないだろうか。確かに弁護士ほどではないだろうが、弁理士も、特許や商標の侵害警告の乱発などで、ブラック性を発揮できないこともない。ただ、そこのところは、弁護士がその役を果たすことが普通かもしれない。そういう意味で私は、弁理士は比較的黒くなりにくい士業だと思う。いや、私の想像力が乏しいだけかもしれないが。

消えた反物質」の続きであるが、小林誠氏の「消えた反物質」ブルーバックスを読み進めてみると、中性K中間子の崩壊でCP対称性の破れが証明されたということはいえ、Bファクトリの実験も、CP対称性の破れを補強するのだけれども、それだけで世界にほとんど反物質がないことを説明できるのかというと、実はかなり怪しそうである。

これに関して、世界がメインに物質でできているための条件として、サハロフは次の3つを挙げた。

  1. バリオン数非保存
  2. C非対称且つCP非対称
  3. 非平衡

バリオン数とは、陽子や中性子などのバリオンの数である。すなわち、中性子がニュートリノと電子を放出するベータ崩壊で陽子になるなら、バリオン数は保存されるけれども、大統一理論では、陽子が陽電子とπ中間子に崩壊するという、バリオン数非保存の反応が予想される。しかし、少なくともカミオカンデでの観測では、陽子の崩壊は発見されなかった。

次のC非対称且つCP非対称であるが、CP非対称というのは確かに中性K中間子の崩壊で実証されたが、C非対称というのも、例えば、ニュートリノのヘリシティに関して、既に示されている。

非平衡というのは、バリオン数非保存で、例えば、(想像もつかないような)長い時間ののち、バリオンが崩壊して全てレプトンになってしまう世界である。すると電子とニュートリノとタウ粒子などしか存在しない、光の世界になるのだが、こんな世界にも生物は存在し得るのだろうか。

ともかく、SU(5)の大統一理論によると、ビッグバンの直後は、あるXという粒子が、正粒子と反粒子に崩壊する確率がほぼ等しく、一方、反X粒子が、正粒子と反粒子に崩壊する確率がほぼ等しいとする。この時点ではX粒子と反X粒子の数は等しいとしても、CP対称性の破れにより次第にX粒子が反X粒子に対して優勢になっていき、ついには、反X粒子はほとんどなくなったというストーリーを描きたいところであるが、なかなかそうもいかないという。

「消えた反物質」の本によると、SU(5)の大統一理論によると、宇宙をモノポールが飛び交っているはずなのに、今までモノポールが観測されたことはない。そこで大統一理論は降参しない。インフレーション理論を持ち出して、モノポールは薄めるが、バリオン数は薄めないという実に都合のよい現象をインフレーション理論に期待する。

一方、ワインバーグ・サラム理論で、ゲージ場がある配位にあると、量子異常によって、バリオン数が維持されないことがある。このような配位は、スファレロンと呼ばれる。

このとき、大統一理論というのは、標準理論を超えた枠組みであるが、スファレロンというのはワインバーグ・サラム理論、すなわち標準理論内の枠組みである。さらに、弱い相互作用でK中間子に関するCP対称性の破れが説明されるので、少しの修正で、大統一理論によらず、標準理論だけで、今の物質優位の世界を説明できるかもしれない。ただ、現時点では、標準理論のCP対称性の破れだけでは、今の物質優位の世界は説明できないとされる。ここあたり、巷間の通俗書では、弱い相互作用のCP対称性の破れだけで説明がつくことになっていたりするので、誤解を招くこと甚だしい。過度に雄弁な超弦理論も、物質/反物質の不均衡については、あまり言及していないと思われるのだが、どうなんだろうか。

人生の課題

user-pic
0

世間でよく、老婆が、あの馬鹿息子が心配で、死んでも死に切れないという言い方をする。実際、放蕩息子をもった母親が、息子のことが気になって結局長寿であるというのは、意外によくある話である。

すると、放蕩息子は実は親孝行であるという命題が成り立つが、これは長寿であればあるほどよい人生だという命題が必ずしも真でないので、成立するとは限らない。

ただ、人生というのは、自分で線路に飛び込むのでなくても、気持ちとしてもう生きなくていいと自分で見切ることができる。例えば、私の父方の祖母は、90歳過ぎて転んで寝込み、しばらく患ったが、最後は自分で、もうこれでいいとつぶやいて亡くなった。人生には終わりがあるが、精神的な意味でも終わらせることができる。

こうしてみると、老後少しでも充実した生活を送るためには、課題をもっているということが必要条件になる。課題があっても、それを解くことができる能力があるかどうか保証の限りではない。しかしともかく、前提として課題が必要だとすると、若いときから、老後の課題になるようなことを仕込んでおく必要がある。

こう考えてみると、会社の仕事がそのような課題になることは稀である。なぜなら会社の仕事は、会社の組織と人脈を前提としており、会社を離れると課題は壊死してしまうと考えるべきである。なぜ会社では駄目かというと、会社は、定年という意味であまりに有限である。また、課題を追求するために、会社組織という大きな舞台装置を要する。すると、例えば古本屋の経営でもいいのだが、舞台装置が大きくなく、自分だけの決断で終わらせらるような稼業であるなら、それを課題にすることもできる。

そういう意味では、自営業の人が私は羨ましい。趣味に課題を見出すとしても、私にとって将棋は頭打ちで、仕方なく、数楽者に課題のアイデンティティを見出そうとするのは、ある意味苦肉の策である。そうやって、さてどうするかと悩むことが、当面の私の課題のようである。

死の軽快

user-pic
0

道を歩いていて、「死の軽快」という言葉を思いついた。これは聞きようによってはとても不謹慎である。なぜなら、人生など意味がないので、安易に死んでも構わないというようにもとれるからである。

しかしもちろん、それとはニュアンスは異なるのであって、例えば、鑑真を読んでいたときのこと、弟子の忍基が唐招提寺の梁が折れる夢をみて、それを鑑真の亡くなる不吉な前兆と感じた、というくだりである。

そのとき私は、不躾にも、彼らは宗教者なのだろうかと思ってしまった。というのは、死に対する考え方があまりにも通俗的で、一方で、宗教というのは死を超克する儀式ではなかったのかという疑問である。そして、死に対する理解が通俗的だとすると、その仏法なるものも所詮、講学的な範囲にとどまるのか、と。

一方で私は、次のような夢、あるいは妄想にふけることがある。それは自分自身の葬式である。私の遺志かあるいはその他の事情か、私の葬式はつつましやかである。それでも、しきたりに則って僧がお経を上げている。私があまり存在感のない人間であるせいか、泣く人もほとんどいないが、それでも葬式特有の暗い雰囲気には包まれている。しかし、少し高いところから自分の葬式を見下ろす自分自身は、この世を離れたことが楽しくてたまらない。高笑いしたいほどであり、もし私の笑い声が響いたら、葬式の手前とても不謹慎に響いたかもしれないが、幸い聞こえるおそれはない。おそらく私の魂は、それでも自分の葬式を眺めている退屈に耐えられないで、途中でどこかに飛んでいくだろう。

そのような夢想は、私に、心霊に関する自費出版本を寄贈してくれた知り合いの話に基づいている。ある意味シルバーバーチをフィーチャしたその本の著書であるご本人は、60歳過ぎで突然死されたが、シルバーバーチの徒であるだけに、死に全く重い価値をおかれていなかった。そして、遺族には生前から、自分が死んでも泣いてはいけない、泣く必要がないといい含めてあって、果たして、涙のない平穏な葬式であったという。

私はこれを自分の造語で、死の軽快と呼ぶ。それは無責任に死んでよいという意味ではないが、天と呼んでも神と呼んでもいいが、召されればそれは幸いと、軽やかに死んでいけばいいではないか、という思いがいつもあるのである。

痛みと死で述べたパラドックスも、このことと関係あるに違いないと思っている次第である。

ピカソの絵

user-pic
0

私は、濃淡はかなりあるにしても、数学、科学、哲学、文学、法律、歴史、ドキュメンタリー、経済と、なるべく広い分野の本を読むようにしている。しかし、どうしても苦手なのが美術の分野の本で、たとえ画家の伝記であっても、まず読まないといっていい。

しかし、「ピカソは本当に偉いのか?」西岡文彦著、新潮新書はどうも気になった。そのタイトルにある疑問はまさに、私が普段抱いている疑問の一つだからである。そこで、この本の記述に基づき、私なりに適当にまとめつつ、コメントを述べてみる。

ピカソが典型的にそうであるように、現代では、有名画家が描いた絵は、信じられないような高価で売れることになっている。例えば、ピカソが描いた「ヌード、観葉植物と胸像」はオークションで100億円の値段がついた。それが妥当な値段なのかという疑問をもたないとしたら、どこかの感覚が麻痺しているのだと思う。

もともと、歴史的に、美術家というのは、稼げる仕事ではなかった。知名度ではピカソに劣らないレオナルド・ダ・ヴィンチも、ミケランジェロも、決して裕福ではなかった。ダ・ヴィンチは、ミラノ公にあてて、給金が2年も支払われていないのでなんとかしてほしいと訴えている。ミケランジェロは、ローマ教皇から、仕事を一方的にキャンセルされ、大理石の材料費も踏み倒されそうになった。ミケランジェロが得た報酬のレートは、今でいえば、映画館の看板描き職人が得る額と同等程度であった。結局、レオナルド・ダ・ヴィンチも、ミケランジェロも、当時は所詮職人でしかなかった。

ところが、16世紀の宗教改革は、絵画彫刻の大スポンサーであった教会の権威を失わせ、結果的に美術家たちが、宗教画などの仕事を失うことになった。こうして美術家たちは、静物や風景などを描き、市民を顧客とすべく生き残りに賭けたのだった。

すると特にオランダで、絵画市場が発達し、17世紀になると、画商という職業が生まれた。

その後のフランス革命では、王侯貴族の没落により、やはり画家が顧客を失った。それに目をつけた画商たちは、モネ、ルノワールなどフランス画家の作品に目をつけて二束三文の値段で買い、新興国であるアメリカに高く売りつけた。これにより20世紀絵画バブルの礎が築かれた。

モネやルノワールは、長寿だったので、自らの絵画の高騰の恩恵をうけることができた。しかし、セザンヌ、ロートレック、ゴッホ、ゴーギャンらは、短命だったのでそんな恩恵を受けることもなく、不遇のまま死んでいった。

さて、このように絵画の投機的市場が開拓された状態で登場したのがピカソである。ピカソは、美術教師だった父親の英才教育と、持ち前の天才的才能で、確かに優れた絵を描くことができたのは確かであった。しかし、それだけではない。彼は、パトロンを惹きつける独特の人望と、機をみて逃さない商才と、また、運の強さがあった。

最初のピカソの幸運は、有力な画商であったスタイン兄妹と出会ったことである。スタイン兄妹の貢献で、ピカソは20台半ばで、画家としての評判を確立した。

初期のピカソの作品は、基本に忠実な写実的なもので、それでも持ち前の才能が見え隠れする作品だった。しかし、一定の評判を確立したときピカソはいよいよ、前衛に手を染め始める。実験作「アヴィニョンの娘たち」である。実験作を描くということは、売れるかどうか神経質になる必要がないということである。その革新的な絵画が却って、新しい顧客を開拓することにもつながり、ピカソはついに、絵画界の王のような地位に上り詰めるに至った。

そのような名声と財力をもとに、ピカソは奔放な女性遍歴を重ねた。そして女性と会い別れるという歓喜と苦悩を絵画に投入した。

その後、ピカソは、絵画の上で世界を破壊することを試みた。前衛化を極めた。それでも描く作品がことごとく高く売れる。そんな安易な芸術があっていいのだろうか。しかし、どんな極端にみえるピカソの作品にもきちんと、ピカソの受けた英才教育と才能が息づいていた。その点でピカソは真の天才であった。

それで、「ピカソは本当に偉いのか?」という問いに対する答えは一応、YESということになる。ただそれは、あれほどの値段を正当化することにはならない。なぜならそれは巨大な絵画という投機ビジネスに組み入れられたバブルの結果だからである。

才能の希少さ、その高みに達するための努力などの様々な要因において私は、画家が、数学者、棋士、スポーツ選手などと比較して格別に高みにあるとは思わない。ただ、有体物として作品が残るということが、投機性を高めるのだろうと理解している。

結果的に絵が売れて豊かになるならそれでいいが、絵画の投機性に惹かれて画家を志望する人がいたとしたら私は軽蔑する。それは理想的にすぎるだろうか。

抵抗勢力

user-pic
0

社内で、どうみても優秀な人がリストラされた。そして、もともと優秀なので、そこそこの他社に採用されたのだという。なぜなのかと関係者に聞いてみると、私が勤務する会社の古きよき時代を知っていて、何かとそれと比べて正論や反対意見を言うから、周囲がやりにくくてしょうがないからだという。

この話を聞いて私は苦笑するよりなかった。なぜなら、組織の劣化で述べたように、私もまたレガシーを重んじ、会社の古きよき時代の規律を持ち出し、正論で周囲を困らせているからである。

また、社内で別の優秀でシニアな人が、リストラでなく自ら会社を去ったが、その人は去った理由を、「僕なんかが抵抗勢力になってしまっているからね。」と述べたという。なるほどそういう気持ちは痛いほど分かる。そして、確かに抵抗勢力になってしまっているのに、まだ会社にしがみついている自分が恥ずかしくなった。

しかし、抵抗勢力というのは定義的には私もそうなのかもしれないが、どうも言い方がよくない。というのは、抵抗勢力というと、イラクのサダム・フセインの取り巻きや、シリアの政府軍や、ルーマニアのチャウシェスクの一族を彷彿させるからである。彼らも実は、善意で国家のレガシーを維持しようとしたのだろうか。どうしてもそうは思えないのは、欧米のマスコミの操作なのだろうか。

一方で、言い訳ではないが、ソニーの事例を挙げたくなる。池田信夫氏の2010/12/17付けのブログから引用すると次のとおりである。

私は20年以上ソニーの株主として見てきたが、ソニーがイノベーターだったのはプレステ2ぐらいまでで、その後ヒットは出ていない。技術を知らない出井氏は、「ソニーの製品はすべてIPv6対応にする」とか「マイクロソフトと提携する」とかナンセンスな方針を出して、社内で浮いてしまった。
他方で「抵抗勢力」のアナログ部門の発言力が強いため、出井氏はそれに対抗するため、役員がactive investorとしてEVAなどの投資収益を見て組織を再編する手法をとった。ところがボトムラインだけでみると、キャッシュフローの潤沢なアナログ部門の収益がかえって高くなり、特に独占的なシェアをもっていた放送部門が強い発言力をもってインターネット関連の部門をつぶした。これに対して出井氏が毎年のようにカンパニーの再編を繰り返しているうちに、会社がバラバラになってしまった。

ここにも、「抵抗勢力」という言葉が出てきた。ソニーでは、当時の出井社長が、「抵抗勢力」のアナログ部門を抑えるために画策したことが裏目に出て、今の低迷の原因を作ったようである。すなわち、なんでも「抵抗勢力」が正しいなんてことはないが、それなりのレガシーの正当性を帯びているがゆえに、駆逐するには相当の理由をもってしないと崩壊してしまう。

戻って、抵抗勢力の側から言わせてもらうと、結局、組織として成果が出ていないではないか、モラールが上がっていないではないかと、つい指摘したくなる。仮にであるが、ヒットラーのように、裏に真っ黒な意図があったとしても、表面的にでも成功しているなら抵抗勢力は沈黙するよりない。そうでなく、変な面子だけで抵抗勢力が追い込まれるようなら、組織の未来はないのではないか。そう曇天を眺めながら思う次第である。

勝負

user-pic
0

私は勝負が好きではない、といっても、普通信じてもらえない。なぜなら、一番の趣味は将棋だなどといっているからである。将棋を知らない人は、たかが木のチップのようなものを動かすだけのゲームではないかと思うかもしれないが、実際にやってみると、なかなかきついし、しんどい。負かされて、熱くなったり、不愉快にならない人はまずいない。そもそも、負けても平気な人は将棋なんか指さない。

そういう意味では私も、負けるのが嫌いで、相手を負かしたいので将棋を指しているのだが、私の問題はあまりにも負けるのが嫌いであることである。負けると、目の前が真っ暗になるほど悔しいことがある。そして心が折れやすいので、もう二度と将棋なんて指すまいと思ったりする。

普通の将棋指しは、一時的に落ち込んでも、立ち直りが、私より早い。一晩寝て起きたら、平気になる人もいる。私からみて実に羨ましい。

そもそも、負けてもすぐ回復する人は、だいたいにおいて、勝負全般が好きである。囲碁、将棋、麻雀、競輪、競馬、競艇などたしなむし、そういう話題で盛り上がる。囲碁や将棋のプロ棋士も、勝負全般が好きな人は少なくないようである。渡辺明竜王の競馬好きも有名である。また、広瀬七段の師匠の勝浦修九段は、麻雀がプロ並みといわれ、麻雀に凝りすぎて、奨励会で遅れたほどである。

そこいくと私は、将棋以外の勝負事にほとんど興味がない。強いていえば囲碁はそこそこ好きであるが、それでも初段に達していないし、有段まで努力する気にもなれない。ギャンブルなんて、もってのほかである。

将棋のプロ棋士で、将棋以外の勝負事にはほとんど興味がないという人は、かなりマイナーで、例えば青野九段などそうかもしれない。で、言えることは、勝負事に対する興味のスパンが狭い棋士というのは、大抵において二流以下である。大山にしても升田にしても、将棋だけでなく趣味の囲碁もアマ高段だった。また、将棋とチェスで述べたように、羽生も森内も、日本チャンピオン・クラスのチェス・プレイヤーである。

そう考えてくると、勝負ごと全般に興味がない私が、全然どうってことないレベルではあるとはいえ、アマチュア四段クラスまで達することができた理由がどうもしっくりこない。

その1つのヒントは、内藤国雄にあるかもしれない。なぜなら、内藤国雄も、自分は勝負事は嫌いだと公言しているからである。そんな内藤を将棋に結びつけたのは、詰将棋であった。だから、内藤国雄は、自らの詰将棋作品集である「図式百番」を出したとき、自分はこれを出すために棋士になったと書いた。普通の棋士なら、自分の実戦集あたりでそう書くだろう。指し将棋より詰将棋なのである。伊藤果もそのようなことを言っていたような気がする。

私はというと、詰将棋は作らないこともないのだが、言うまでもなく、内藤国雄や伊藤果と比べるのはおこがましく、全くお話にもならないレベルである。そもそも、詰将棋に対する思い入れはほとんどない。

それなら何が私を将棋に結び付けているかというと、もしかして数学的なロジックなのかもしれない。げんに、数学者で将棋が好きな人は多い。大学の将棋部の同僚でも、理学部数学科が多かった。

ただ、私の知能というのはいかにも純度が低いのであって、数学というよりも、知的収集癖みたいな満足を将棋から得ようとしているところがある。というのは、国際特許分類を真似して、将棋戦法分類表の体系を試みたことがあるからである。

ともかく、そんな勝負から距離おおいたような人が強豪であるということはまずなく、私は、そんな性格だから弱いのか、弱いから勝負から距離を置いているのかというと、多分両方なのだろう。

マヤ予言

user-pic
0

J-CASTニュースによると、人類が滅亡するともささやかれる2012年12月21日の「マヤ歴の終末の日」に向けて、南仏の小さな村に、救いを求める人々が大挙して押し寄せているという。以下、引用しつつコメントする。

地層が逆転した不思議な山を持つこの村の一帯は、古くから「ミステリーゾーン」として人々の想像力をかき立ててきた。

ジュール・ヴェルヌの冒険小説にも登場し、人気映画「ダ・ヴィンチ・コード」の舞台の一つにもなっていた。異星人の乗った宇宙船が現れ、付近にいる人間を滅亡から救う?

2012年12月21日迫ったマヤ文明の「終末の日」に向けて、フランスのラングドック=ルシヨン地方・オード県のビュガラッシュ村に救いを求める人々が大挙して押し寄せているそうだ。あまりの多さに、当局が村の出入り口を封鎖したと、フィガロ紙などが報じた。

なるほど、これがあるので、いかにも怪しい宇宙船の来訪の記事が、いつまでもはびこるのか。

期待が寄せられているのは村にあるビュガラッシュ山だ。なんでも、終末の日に山頂が開き、異星人の乗った宇宙船が現れて、付近にいる人間を滅亡から救うのだという。村ではUFOの目撃情報が多数あり、アメリカではツアーも組まれている。最近ではフランス人カップルが異星人とのコンタクトに成功し、テレパシーによって2010年のチリ地震を予知したそうだ。

なるほど、ありがちのストーリーである。しかし、終わった事件を引き合いに出して、予知したといわれても、である。

このビュガラッシュ山、地層の年代を計ると上のほうが古く、下に行くほど新しくなるということで、「さかさまの山」との異名がついている。「地下世界への入口」ではないかとも長くささやかれてきた。

上の方が古いなんて、ありえるのだろうか。信じられない。

20世紀前半、ダニエル・ベテックスという人物が周辺の発掘調査を試み、不審死を遂げた。彼は、旧約聖書におけるモーゼの「十戒」の石版が入った「契約の箱」を発見したと言われる。こうしたことから、村は「スピリチュアルな場所」として現代のオカルト好きの間に広まったらしい。

実は、ビュガラッシュだけでなく、この一帯は「ミステリースポット」の集まる場所で、さまざまな創作の舞台となっていた。19世紀には「地底旅行」「海底2万マイル」などで知られる冒険小説家ジュール・ヴェルヌが、「クロヴィス・ダルダントール」(Clovis Dardentor)の中で、キリスト教の異端信仰・カタリ派や、テンプル騎士団の秘宝、聖杯伝説などにまつわるミステリアスな場所として描いた。

あれれ、マヤ暦だったはずが、知らないうちに旧約聖書になった。

この小説に登場するレンヌ・ル・シャトーという小さな村は、ビュルガッシュから12kmほど離れた場所に位置する。マグダラのマリアに捧げられた村の教会に、テンプル騎士団の残党による秘密結社・シオン修道会か、あるいはカタリ派の莫大な財宝が隠されていた、という「西洋史最大」の伝説があるそうだ。ダン・ブラウンの小説で映画にもなった「ダ・ヴィンチ・コード」の舞台の一つともなり、作中で教会は、聖杯、すなわちイエス・キリストの血を受け継いだ子孫を守るシオン修道会の隠れ蓑とされた。

そして、テンプル騎士団といえば、フリーメイソンではないか。すると、メイソン=石工と、南米の巨石=マヤがここで結びつくのだろうか。

ともかく、カタリ派、ラングドック地方、そしてシオン修道会について調べてみることにする。それにしても、終末論の思想がない仏教は、なんとなく安心である。末法で、せいぜい世の中が悪化するだけなのだから。

集団的狂気

user-pic
0

社会心理学的にカビがはえている、集団的狂気という概念について改めて考えてみた。典型的には、ナチスのドイツだったり、第二次大戦の日本だったりするかもしれないが、歴史的に、他にその具体例を挙げるのに苦労することはまずないだろう。

そこで問題になるのは、ある集団の内部にいて、その集団が集団的狂気に染まっているかどうか判定するよい基準がないことである。なぜなら、狂気とはほとんど常に、ある基準からの偏差なので、その基準を与えるのが集団そのものなら、その基準の局所座標で、集団は常に正しいということになってしまう。

さて、集団的狂気に対置されるのは個別的狂気である。ここにきてようやく、統合失調症、鬱病などの通常の精神病的ラベリングが使える。個別的狂気というのも要するに、個人が属する集団における個人の偏差に基づく。すなわち、そこでの精神的特性が、属する集団である閾値を超えて偏移しているとき、精神病とラベリングされることになる。

このように、精神病認定は相対的な概念なので、なだいなだの「くるいきちがい考」 (ちくま文庫) では、精神病認定の一種不可知論が唱えられる。

そうは言っても、精神病認定のパリティは非保存で、不可知論を破る現象があるのではないかと考えてみると、集団において、精神的な原因で周囲に危害を加えることを以って個別的狂気と認定するのはどうかというアイデアはある。確かに、理由なく、物理的にバットや刃物、あるいは銃で周囲に危害を加えるのでは、精神病を認定して隔離するよりない。しかし、それが精神的なものだと途端に判断は曖昧になる。例えば、藤原氏の天下の時代に、優秀かつ直情的な菅原道真は、箴言して結局、大宰府に幽閉された。一種、精神病的アイコンと認定されたに等しい。今の価値感では、濃密な天皇との姻戚関係を網目のように張り巡らし、権力を恣にした藤原氏の方が集団的狂気に冒されていたと思われるのだが、当時の状況を今の価値感で安易に判断してもいけないかもしれない。

ともかく、周囲に対する危害をもって狂気を認定するなら、第2次大戦のヨーロッパにおけるドイツはまさに、集団的狂気そのものだった。少なくとも、ポーランドとオーストリアにとってそうだろう。

ならば、ドイツに迫害されたユダヤ民族は、集団的狂気から自由だったのだろうか。少なくとも迫害されていた間、ドイツとの相対ではそうであるように思われる。

すると、集団的狂気にある集団が、その狂気から覚めるのは、迫害される側に回ったときなのだろうか。それとも、ジャンヌダルクのような英雄が現れて、集団的狂気を解き放つのだろうか。あるいは、集団的狂気にある集団が、活動に疲れて自然に普通の集団に落ち着くのだろうか。

しかしそもそもが、狂気の基準が曖昧であることに鑑みると、普通の集団に落ち着くなどと安易にはいえない。すると、主観的であることの謗りは免れなくても、経済的指標、効率などのメトリックを集団に入れることで、方程式的に狂気を判断するよりないのだろうか。

東京の記事に関して、関東地方は、私の出身地の尾道と比べても、文化の粗野性が目に付くと書いた。そのようなメッセージを好意的にみる関東の人はあまりいないと思うが、それは必ずしも、尾道が文化的に関東地方に対して優位という意味ではない。

それはどういうことかというと、尾道が関東地方に対して文化が洗練されているのは、古来のしきたりが、尾道においては関東地方よりも色濃く残っている、ということである。

例えば、冠婚葬祭の儀礼で、よくわからないで振舞っていると、非礼であると謗られる可能性が、関東よりも尾道のほうが高い。よく京都では、玄関で上がりやすと一応声をかけられるのだが、普通はそれに応じることは非礼とされる。尾道でもそういうしきたりがたくさんあって、言葉を字義どおりに解釈して振舞ってなぜいけないのだろうと、子供心によく感じた。

それは確かに古来よりの礼節なのだけれども、若者や、よその地方から来た人たちにはうっとおしく感じられる。私もそういうのをうっとおしく感じた者の一人である。それで、なんとか生まれた田舎から遠ざかりたくて関東に住んでいるのだが、それでいて、関東を文化的に粗野だ、などいうのは、まさに矛盾したコンプレックスの発露なのだろう。

ただ、文化洗練性は、それ自体すばらしいのだけれども、文明の発展を阻害することがありえる。典型的には、儒教的に高度に洗練された朝鮮社会であった。その文化洗練性のために、却って明治維新をへた日本に対して、西欧化で遅れをとり、周囲の強国から狙われる原因となった。

これは単純化していうと、朝鮮に対する、日本の文化粗野性の勝利なのだった。そういう観点でみると、世界で一番文化の粗野な国は、米国である。そもそもがレガシーがほとんどない。そして、臆面もなくグローバル・スタンダードなどと、自国の言語と文化を他国に押し付けて止まない。関東出身の人たちよりも私がグローバル・スタンダードに一層嫌悪感を感じるのはおそらく、子供のときに文化洗練性にさらされていたからだろう。

そうはいっても、文化洗練性が文化粗野性の前に破れてしまうというのは、普遍的な法則である。コンピュータの世界でも、粗野なコンピュータ言語であるCやC++は、洗練されたPascalを駆逐してしまったし、粗野なWindowsは、洗練されたマッキントッシュに打ち勝って世界制覇した。

こうみていくと、文化にも、エントロピー的な熱的死というものがありえるようで、世界は粗野に向かってまっしくらであるように思われる。いまさらのように生物多様性、文化多様性が叫ばれても、その声はあまりにもか細いのであった。

あの世、すなわち、死後の世界があるか誰も知らない、なぜならあの世に行って帰ってきた人はいないから、といういい方がされることがある。あまり真面目な論理ではないので突っ込むのもどうかと思うが、あの世と同等以上に、アンドロメダ大星雲に行って帰ってきた人というのも知らないので、アンドロメダ大星雲の存在は死後の世界と同程度に疑わしいという論理なら、私は納得する。

一方、既存の宗教では、あの世、あるいは死後の世界を、極めて単純化された、スタティックなものとして描いてきた。例えば、神の審判で、天国に行くか地獄に行くかが決まり、その後天国に行った人達は永遠の至福に包まれるなどの話である。

仏教でも、あの世は単に浄土などと極めて簡単に記述される。それこそ、行って帰った人がいないのだから、記述しようもないということである。

さて、あの世があるかどうか、それは、論理的には2値である。一方、あの世があると信じるかどうか、これは微妙な意見があると思われるので、あると信じるというのと、ないと信じるというのは、きちんと2値には分けられないだろう。そこをあえて単純化して、無理やり2値にすると、次の4つの場合がありえる。

  1. あの世は実際は存在しなくて、しかも、あの世の存在を信じていない。
  2. あの世は実際は存在しなくて、しかし、あの世の存在を信じている。
  3. あの世は実際は存在していて、しかも、あの世の存在を信じている。
  4. あの世は実際は存在していて、しかし、あの世の存在を信じていない。

あの世は実際は存在しなくて、しかも、あの世の存在を信じていない、というのは、何も問題がない。死んだら何もない闇なのだから、それですべて終わりである。この場合、では、現世では好き放題しようではないかという輩も出てこようが、それは仕方がない。大抵の人は、もしあの世は実際は存在しなくても、それなりに礼節を保って生きていくだろう。

あの世は実際は存在しなくて、しかし、あの世の存在を信じている、というのは、期待を裏切られたので悲しいのだが、死んだあともう悲しむ実体はないので、悲しいと思うはずもない。だから、リスクはないはずである。

あの世は実際は存在していて、しかも、あの世の存在を信じている、というのは、試験のヤマが当たる以上に嬉しい。ただ、だからあの世に行って当惑しないということはない。それでも、全く信じていない人よりは準備ができていると思うのだが、どうだろう。

問題は、あの世は実際は存在していて、しかし、あの世の存在を信じていない、という場合である。この場合、最高に当惑するかまたは、死んでも、何か目の前に実体があるので、死んだとは信じられないだろう。このように準備しないで死んでいくとしたら、かなりまずいのではないか。

それで私はとりあえず、何も証拠はないが、あの世は実際は存在していると信じている。

すると、一体あの世とはどんなところなのか、ということになるが、例えば、霊界通信 ベールの彼方の生活〈全4巻〉G.V. オーエン著、近藤千雄訳、潮文社にかなり精緻に描かれている。

すなわち、あの世は、現世にかなり近い場所と、次第に霊的に高度になり、普通の言語ではとても記述しきれない階層化された場所からなり、その全貌は、誰もしらない。

すなわち、あの世とは高度に構造化されたところらしい。もしかしたら、その幾何構造は、この宇宙と同相かまたは、宇宙が幾何学的にはめ込まれたより高次元の存在なのかもしれない。現時点では宇宙物理学者もお手上げの、ダークマターやダークエネルギーも、その高次元の宇宙となにか関係あるのかもしれない。

こういう高度に構造化されたあの世を想定すると、現代の宗教は、様変わりせざるをえない。科学はというと、物質の学問であることに甘んじるのか、それとも、未知の精神的存在に向けて拡張するのか、後者は、全くパラダイムが異なるので難しいだろう。

という茫漠とした話を、ただ思いついただけなのであった。

試練度

user-pic
0

私は、料亭を経営している弟が、かなりのレベルの料理人だと信じている。しかし客観的にみて、私は料理の素養がないし、食べ歩きのグルメの趣味もない。だから私の料理に関する評価なんて全く根拠がない。しかも身内に対する身びいきとあってはいよいよ根拠がない。

ただ、兄弟というのは身内でもあるが、特に同性の兄弟、あるいは姉妹というのはライバルでもあるので、弟が料理において達した高みと、私が仕事あるいは趣味において達した高みとどちらが上なのかと比べてみることもある。すると、私にもいささかのプライドがあるので、自分だって弟に負けていないと思いたい。しかし弟は、誰かと比較されることを嫌う。それは自信がないのでなく、そもそも独自の世界なので、安易に比較してほしくないということである。すると、全く質の違う技芸をたしなんでいる私と弟を比較することはいよいよ意味をなさなくなる。

ところが突然、試練度という指標を思いついた。すなわち、生き延びるために、どれほど試練にさらされているかという指標である。そういう意味で試練度を持ち出すと、弟は私に圧勝である。なぜなら、大企業でのんびりやっていてもクビにならない私に比べて、弟は日々が勝負である。毎日仕入れにいって、献立を考え、その日のメニューを書き下す。お客さんが期待したよりも少ない日もある。気に入ってもらえてほっとすることもある。しかし、体調がいまいちで気乗りしないが予約が入っているのに頑張らなくてはならないこともある。私の日々よりもはるかに刺激にみちている。そういう試練度の違いを長く経験していると、弟のスキルは確実に私のスキルより磨かれる。

そういう意味では、私のブログにコメントを戴く南木さんもそうである。あまり詳しく存じ上げていないが、どうも私と似たような業種にいらっしゃるようである。すると、私だって特許実務者のはしくれ、特許明細書作成スキルなどで対抗してみたい気持ちになってくるが、ここでも試練度を持ち出すと、どうみても南木さんは、クライアント、あるいは部下などから、私よりもはるかに大きい試練にさらされているようである。すると、試練度で私は、南木さんの足許にも及ばないということになって、私よりもスキルがはるかに高いことが推定されてしまうのである。

だからこそ、若いときの苦労は買ってでもしろ、というのだろう。南木さんによれば、若いときの苦労は売ってしまえというのだが、そんな苦労が売れた話は聞いたことがない。寧ろ、苦労は、ボケ防止のために、私のような老人にこそ必要なのだろう。だからときどき、市場に苦労を買いに行こうと思ったりするのだが、どうしてもためらってしまうのは、苦労の市場はあまりに買い手市場であることである。なにしろ、うろついていると、只でももっていけと抱えてやってくる人があとを絶たない。

そうはいっても嫌がおうでも、苦労を買いに市場に出向かなくてはならない日が近づいている。いまいち気が重いのであった。

ノーベル物理学賞を受賞された、小林誠氏の「消えた反物質」ブルーバックスを、ノーベル物理学賞を受賞された直後に買ったのだが、かなりとっくきにくい内容なので、私の悪い癖で、放置していた。

ところが、どういうきっかけか、突然部屋でこの本と目が合い、読まねば、という気持ちになった。それで通勤カバンにそっと忍ばせた次第である。あとは、読書ルーチンが自然に走る。

さて、以下は私なりの粗い要約である。まず前提として、世界がなぜ物質で満ちているのかという問いかけがある。物質だって?そんなの当たり前ではないかということになるが、ここでは、物質と対消滅してしまう反物質を想定している。

そういう問いに対して私はナイーブに、もしビッグバンがあったなら、単に最初から、ほとんど物質だけが生成されたのだはないかと考えてしまうのだが、すると、物理学者は、チッ、これだから素人は困ると呆れるのだろう。実際、今でも、真空から、物質と反物質が対生成されるという現象があるのだから、もともと物質と反物質は世界に等量であったと考えるのが合理的なのだろう。

もしそうだとすると、反物質を駆逐して、物質だけを残す物理現象がなくてはならない。ここで唐突に、CPT対称性の概念を天下らせる。Cとは電荷共役、Pとはパリティ、Tとは時間である。自然法則を眺めていると、宇宙の等方性が目に付く。すると、CについてもPについてもTについても、物理法則は、対称性を保存していると考えるのが普通である。

ところが、ヤンとリーにより、1956年に弱い相互作用におけるパリティの破れが予想され、それは、翌年、ウーによって実験的に確認された。こうしてPは破れたのだが、CとPを順次変換するCP対称性については、依然として保存されたままだった。

しかし、1964年に、ジェイムズ・クローニンとヴァル・フィッチは、中性K中間子の崩壊の観測において、CP対称性の破れを発見した。これが実は、物質に対する反物質の優位の証拠となる。すなわち、中性K中間子は、長寿命のKLと、短寿命のKSの重ね合わせからなるが、KLは、K0と、反K0の混合からなる。K0は反sクォークとdクォークからなり、反K0はsクォークと反dクォークからなる。

K0と反K0は、どちらもπ中間子2個に崩壊するのだが、もし、CP対称性が保存されるなら、KLは、π中間子に崩壊することはない。なぜなら、K0のπ中間子への崩壊と、反K0のπ中間子への崩壊が互いに打ち消しあうからである。ところが、中性K中間子の崩壊が観測されたということは、CP対称性の破れ、すなわち、物質/反物質の均衡が破れるということである。

ところで、このようなCP対称性の破れを考慮に入れるためには、クォークの結合定数行列が3×3でなくてはならない、言い換えると、クォークが3世代でなくてはならない、ということである。具体的には、

  • 第1世代:uクォーク、dクォーク
  • 第2世代:cクォーク、sクォーク
  • 第3世代:tクォーク、bクォーク

このような考察により、益川敏英氏と小林誠氏が、ノーベル物理学賞を受賞された次第である。ともかく、中性K中間子の崩壊でCP対称性の破れが証明された訳だが、これだけで世界が物質でできており、反物質がほとんどないことが説明できるのかどうか、それはまた別稿でみていくとする。

普通、老人ボケというのは、記憶力、理解力などの低下として認識される。だから、ボケないためには、なるべく頭を使いましょうということになるのだが、それは間違いではないにしても、少しポイントが違うのではないかと最近感じたので、ちょっとそのことを記述してみる。

すなわち、歳をとったら、思考の瞬発力(典型的には、将棋の秒読みにたえられなくなる)、あるいは、記憶力(名前の度忘れなど)は、一種生理的な現象といってもよく、なかなか避けがたい。

それで、最近思うのは、思考の瞬発力や記憶力の低下をもって直ちにボケと呼ぶのは適当ではないのではないかということである。私がむしろ感じるのは、ボケの結果として一番現れるのは、気働きの低下である。すなわち、相手が何を考えているのか推察できない。

明確に書かれていないと、あるいははっきり表明されないと分かるわけないではないかというのは、典型的には裁判手続きである。しかし、日常生活では、随分と気働きが潤滑油の働きをしていて、そういうものを想定しないと、人間関係はギスギスして味気なくて仕方ない。

気働きの能力が低下すると、組織における自分の立ち位置、責任感などを確実に見失ってしまう。その心の空隙を充たすのは、自己中心性、あるいは自己保存の本能である。だから、歳を取ってボケると、確実に自己中に、わがままに、頑固になって、手に負えなくなる。

すると、ボケをさける最善の方法というのも、おのずと明らかになる。すなわち、自己中心性を減らすために、他人をサポートする作業を増やすのである。よく行われている、ボランティアの仕事はそれに妥当であるし、世の中には、経済的に引き合わないので誰もやろうとしないが、必要な仕事というのは、それなりにあるはずである。すると、普段から自分にあった非営利公益業務は何かと考えておくことは有意義である。それが分かると、自然に、養っておかなくてはならないスキルも明らかになる。

例えば、誰もそういってくれないが、私は他人の悩みを聴くのが比較的得意である。だから、公民館などで、他人も辛いことを聴く仕事をすると、それは明らかに非自己中の、公益業務になるだろう。そのためには、もうちょっと忍耐力を鍛えておく必要はあるかもしれない。

他に考えられるのは、パソコンのサポートである。いま勤務している会社で、管理職として長年、初心者向けのパソコンのサポートをしてきた。だから、町内で、無料か実費でパソコンのサポートをすれば喜ばれるかもしれないが、問題は私のスキルである。なにしろ、昔からカードの取り付けなど、ハードウェアが苦手であるし、シスタンから実質的に引退して久しいので、Windows 7など、新しいソフトウェアはほとんど知らない。一ユーザとして接しているだけであり、他人をサポートするなど、おこがましいレベルで、相当な猛勉強が必要である。

他には、初心者への将棋の指導であろうか。これも、地元の中学や公民館で申し訳程度にやっているものの、指導ノウハウなど皆無であり、その場しのぎをやっているにすぎない。可能なら、地元の中学に将棋部を作って、大会に出るまで指導したいが、そんな組織力が自分にあるだろうか。いつも、自信なげな自分に出会って、がっかりである。

ともかく、間違っても定年後避けたいのは、収入オリエンテッドな仕事であり、どんどん稼ぐという方針は避けたいが、そんな仕事もまあこの不景気であるはずもなく、仕方なくなにかボランティアに向かうという方向になり、うまくいくとボケに陥るのを延期できるのでは、と甘い観測なのであった。

勉強

user-pic
0

言うまでもないが、運動能力に比べて、知的能力を測定することは難しい。目に見えないからである。それでも、なんとか可視化する方法が懸命に模索されてきた。大学入試や資格試験のようなやり方は、いろいろ批判はあるにしても、知能可視化の手法としては、長年の検討と経験に基づくので、一応ベストなのだろうと信じている。

その文脈で、大学受験や資格試験の結果を能力の判定基準にするやり方も、一応の妥当性はあると信じている。

一方で、誰もが分かっていることは、大学受験や資格試験によって見逃されてしまう知的能力も少なくないという事実である。ただ、そちらの方面に思考を巡らすこと自体、大学受験や資格試験に対してルサンチマンをもつ証拠と見なされてしまうせいか、あまりおおっぴらな議論にならない。

大学受験や資格試験でこぼれ落ちてしまう典型的な能力は、感性の能力である。それは自明なのであるが、もう少し自明でない、見過ごされてしまう能力があるのであって、それは、勉強能力である。

なんということをいうのだろうと言われるかもしれない。なぜなら、大学受験や資格試験で成果を出すためには勉強能力は必須だからである。しかし、私がここで言及したいのは、コヒーレントでない、ある意味雑音だらけの勉強のことである。

受験勉強を勝ち抜くには、無駄を省いて目標一直線の、コヒーレントな勉強が必要である。科学研究でも、集中して目標に向かわないと成果は出ない。

そこいくと、インコヒーレントな勉強というのは、何か興味をもったことがあると、本は買ってみるのだが、最初の10ページだけ読んで、どうも理解できないので、その分野は諦めて別の分野の本を買ってみたりと、傍でみていても、何をしているのか分からない。次第に机に本が蓄積され、専門書も、啓蒙書も、漫画もある。

そんなインコヒーレントなやり方ではなにをやっても成果は出ないので、本当に実力のある人は、いざとなるとすごい努力のコヒーレンシを発揮できるはずである。そういう前提で、やはり、学歴や資格が採用などの基準に考慮される。

私はまさに、コヒーレントな勉強が苦手で、どうしてもインコヒーレントな勉強に流れてしまうくちであるが、ただ、勉強量はかなりのものと自負している。但し、適当に本を斜め読みすることも勉強と呼べるなら、であるが。

しかし、そんなインコヒーレントな勉強スタイルが、実は、担当している特許業務には馴染む。すなわち、特許の明細書を書こうとすると、聞いたこともないような分野の発明も処理しなくてはならない。それをウェブ検索で済ませようとすると、基礎としては不十分で、どうしても入門書を買うしかない。しかし、買ってみたはいいが、さっぱり理解できなかったり、肝心のことが書いてなかったりすることがザラで、しかし私はめげないというか、意に介さず、また別の本を買おうとする。

私がいいたいのは、そういうインコヒーレントで断続的な勉強する能力も、専門の学者ならともかく、サラリーマンならなかなか貴重な能力ではないか、ということである。そうやって雑的なコンテンツに満ちた特許明細書というのは、拒絶に強い。なんとか補正して切り抜けられることが多い。実際、私がそのスキルを尊敬するある弁理士は、新しく明細書を書くたびに少なくとも一冊、本を買うのだそうである。私もそれを目指していたが、最近流石にそちらは減速してきた。歳か。

しかし、面接でインコヒーレントな勉強の努力を申し立てても、まず相手にされないだろう。ふざけていると思われるのがオチである。場合によりこんなに有効な勉強のスキルの持ち主が軽視されることになるのは、いかにも残念である。なんか妙な自賛とひがみの入り混じった言い方になってきたので、この辺で止めておく。

以前、初心者の上達法として、次の3つが重要だと箇条書きした。

  1. 毎日少しずつでも努力すること。
  2. 解ける問題に取り組むこと。
  3. 明確な目標をもつこと。

これはこれでよいとして、それでは、非初心者、あるいはもっというと、将棋でいえば高段者の上達法はどうなのだろう。元初心者として、初心者の気持ちは微かに分かるような気がするが、高段者にはなったことがないので、私の実体験として書くことはできない。すると、想像で書くよりないが、その手の話を耳にしたことはあるので、そのようなあやふやな知識も織り交ぜて、とりあえず、初心者の上達法と対照して記述してみる。

まず、初心者の上達法における毎日少しずつでも努力することであるが、これは、高段者の上達法では、毎日可能なかぎり時間を割くこと、となる。具体的にはどれくらいか。起きている間ずっとというべきかもしれないが、典型的には、1日8時間とか、10時間くらいだったりするようである。これくらい時間をかけると、プロの間で感心されないまでも、勉強不足と謗られることはまずない。

次に、解ける問題に取り組むことであるが、単に解ける問題に取り組んでいるだけでは、決して進歩しない。現状維持もあやしい。高段者ともなると、常に困難な、新たなテーマに取り込まなくてはならない。プロでも課題になっている最新局面、あるいは誰も研究していないような独自のテーマに取り組みまなくてはならない。

明確な目標をもつこと、という点では、初心者も高段者も同じであろう。ただ、その目標が高いか低いかの違いである。高段者の場合は、アマ名人になる、プロに平手で勝つ、など、もしかして初心者よりも目標は明確かもしれない。

ただ、少し考えてみると、高段者の上達法を初心者用のそれと比較するのは野暮で、決して初心者の上達法の延長線の上にはない。

それは本質的に質が違うのであり、一言でいうと、高段者の上達法は、いかに人生の一番重要なところを、もしかしたら雑事かもしれない所詮技芸に、投げ入れられるかということである。そうやって人生の重心を技芸に移しておいて、泥沼をmuddle throughしようともがき、いろいろな上達法を自分で工夫してみる。

そうやったら何か光が見えてくるか、などと考えてはいけない。そもそも、この段階に至るまで私は一言も才能という言葉を挙げていない。ここに至るまでに必要なのは、プレ才能と呼んでもよい、根気だけである。

そうして、才能があるとしたら、それはたまたまである。さらには運という香辛料が必要である。こんな手の込んだ料理がおいしいのかどうか、誰も知らない。それでもいいのだという気の遠くなるような過程を楽しむこと、それがどうも、高段者の上達法のようである。

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。