2013年1月アーカイブ

管理職のとき、外部で人事関係やヒューマン・リレーションなどの研修をよく受けた。真面目に聞いていなかったので、どんな研修だったか全く記憶にないのは情けない。また、研修のあと、必ずコース・レビュー・シートというのがあって、有用だったかとか、次はどんな研修を受けたいかなどと質問が書かれていたが、そもそも真面目に聞いていなかったので、意味のあるコメントをしようもなく、とてもよかったとか、適当に書いて会場を後にするのが常だった。

また、ハンバーガーなどのファーストフードでも、なにか意見を書くシートが置いてあったりするが、書いたからといって無料コーヒー券をくれたりするわけではないと、誰も見ようとさえしない。

そのように、コメント・シートなど、誰も真面目に相手しないものだというのが世間の通り相場なのだが、私が勤務する会社では、より本質的な意味をもつサーベイがあった。すなわち、2年に一回、直属の上司及び上長に対して、部下が率直に評点する機会が与えられた。また、フリーコメントを書く欄もあった。フリーコメントは手書きだったが、別途タイプしなおされ、筆跡がばれないように匿名化された。

そんなサーベイ、お手盛りだと普通は思うのだが、実はそうでなく、評点がある基準値を下回ると、上司は管理職からおろされてしまう。また、あまりに評点が悪いと、低モラール部門として人事からマークされてしまう。なので、サーベイの前は、管理職は神経がピリピリしていた。普段は横柄な管理職も、こういうときだけはなぜか親切になったりした。

私は上司に不満があっても、典型的な日本人なので、なるべくいい評点をサーベイでつけてあげるようにし、あまり辛辣なコメントも書かないようにした。そうやって呑気に過ごしていたら、なんと、なにかの間違いで私が管理職に登用されてしまい、大いに慌てた。そんな予定ではなかったからである。

幸い、私に対する部下からのサーベイの結果は、最初頃はよかった。何しろ民主的で、叱らない私のスタイルは、部下にとって怖くない。また、面倒見はいいので、必然的に部下からはいい評価を受ける。すると同僚の管理職からは、やっかみ半分で正しい指摘を受けた。それでは管理職として半分しか正しくない、と。きちんと叱るべきときは叱るべきなのだった。

ただ、私が予算管理をメインに担当するようになり、部門の経費節約の責任をもつようになると、どうしても部下からの申請を、予算の理由で断らなくはならない機会が増え、次第に私のサーベイの評点が下がってきた。同僚の管理職は、予算的な問題は私のせいにしておけばいいので、ついには私が一番低い評点をとるようになってしまった。そうすると、私の、きちんと部下を指導できないという欠点が一層浮き彫りにされてしまった。

それでも、なんとか私の評点が下げ止まったのは、部下の意見を何でも聴くという態度だった。もちろん喜んでではないが、どんな耳が痛い部下からの意見もきちんと聴いた。そして、胃が痛くなる思いでなんとか対応した。それで、なんとか最悪の管理職になるのを免れたと、自分では思っている。

ところが、管理職を降りて、ショックだったのは、会社が、おそらく費用と手間の観点から、サーベイ制度を廃止してしまったことである。このサーベイの意味は、ファーストフードのコメントシートとはわけが違う。組織の健全性の根幹に関わるのである。ただ、どうしてもサーベイなんて、と考え勝ちなのも人間の性質のようである。

さて、組織の人間関係ならば、サーベイやフィードバックの意義を見落としたとしても、分からないではない。しかし、少しでも自動制御理論を学んでみれば、いかにフィードバックが重要かたちまち理解できる。そういうフィードバックを加味して、ナイキストの条件などの安定性の判定があるのであり、そこを以って組織の人間関係に立ち返るなら、人間の組織でも、フィードバックが必須であること、実は自明なのである。

だから、活気あるファーストフードの社長は、顧客からのコメントシートのメッセージをきちんと読み、そこから意味がある改善点やアイデアを引き出す。フィードバックの重要性は、いくら強調しても、しすぎということはないのである。

共同通信によると、京都大が、iPS細胞から、腎臓の組織の一部を作ることに成功したという。以下、引用:

さまざまな組織や臓器の細胞になる能力があるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、腎臓の組織の一部を作ることに京都大の長船健二准教授らのチームが世界で初めて成功し、22日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。腎臓はいったん損傷すると修復が難しく人工透析を受ける人も多いが、今回の成果は腎不全や、糖尿病による腎症の患者らに、腎臓の細胞や各組織を移植する再生医療につながると期待される。

こういう記事を読んでの素朴な疑問は次のとおりである。

  1. 万能細胞であるiPS細胞を、どうやって特定の臓器の細胞(この場合、腎臓の細胞)に誘導するのだろうか。
  2. そうやって特定の臓器の細胞ができたとして、どうやって形ある臓器まで成長させることができるのか。
  3. 臓器そのものが得られたとして、どうやって人体内に移植するのか。
  4. iPS細胞の宿命である癌化はどうやって防ぐのか。癌化の傾向は、ターゲットとなる特定の臓器で異なるのではないか。

これらの疑問のうち1つでもヒントが与えられるかと、「iPS細胞」八代嘉美著、平凡社新書を読んでみたが、入門書のためか、これらの前提となる知識の紹介しか書かれていないように思われた。まだまだ、私が知りたいことは、ノウハウとして秘匿されている時期なのかもしれない。

小さな世界

user-pic
0

もう何年もディズニーランドに行っていないが、昔何度も行ったとき、個人的に好きなアトラションは、It's a small world.だった。なぜなら大抵、あまり混まないで乗れて、しかも私の趣味にあうのである。

ところで普通、辺鄙な田舎で暮らしていると退屈で、だから若者が都会に出てくるといわれる。それは正しいようで正しくない。なぜなら、人間は狭い世界で楽しく生きていける本能がある。狭い世界だと予測可能で平穏なので、可解性が成立する。幸福は小さな世界でしか成立しないと喝破したのは確か、ショーペンハウアーだった。

そういう意味で、私の出身の百島も間違いなく小さな世界である。それでも、先日、父の葬儀に関して百島に帰省したとき、ううん、こんなところでよく18年間も暮らしていたものだ、と我ながら呆れた。

小さな世界で楽しく暮らすためには、愉悦の感覚を研ぎ澄まさなくてはならない。すなわち、ほんのわずかな出来事や、限られた人間関係の機微から変化を読取り、退屈を凌ぐ。

人間は小さな世界で生きるために何の修行もいらない。なぜなら、受胎して母親の子宮にいるとき小さな世界に沈殿しており、この世におぎゃあと生まれてきても、母親との濃密な小さな世界で暮らす。そのまま母親の庇護の世界のままいたいのだが、そうもいかなくて、次第に世界は広がり、不愉快に感じるチャンスも増大するのだが、百島程度の規模なら、大抵の人は可解なスモール・ワールドを構築できるものである。

ただ、進学や就職などで一歩スモール・ワールドを脱出するともう大抵、非可逆プロセスに陥る。すなわち、感覚が大きな世界に慣れてしまい、二度とスモール・ワールドに戻れない。

また、人の感性によって最適サイズのワールドがあるようで、私の高校の同級生など、大学は中央大学に進学したので、関東に就職するとおもいきや、卒業後Uターンして、地元の銀行の福山支店勤務になったのだから、意外であった。同窓会で会ったとき、もう都会はいいんだといっていたが、当時福岡にいた私は、そうか東京はそんな住みにくいのかと、住みやすい福岡でよかったとあらためて思った。

ところが、福岡から、そこよりも大きい都市であるはずの大阪に住んで驚いた。却って世界が福岡より狭まってしまった。これはどうも、大阪といっても、河内である八尾に住んだからに違いない。それが大層苦痛で、結局この東京の空気を吸うことで満喫している。もう二度とこれより小さい世界に戻るつもりはない。

ただ、東京を狭く感じて、ニューヨークなどの都会に出て行く人達もいる。このあたりのスケーリング感と幸福度の関係はどうなんだろう。もしかして結局、どんなところにいても人間は、心の中に縮小写像をもち、心の中の小さな世界に投影しているだけなのかもしれない。ただ、ある人の縮小写像の最適な値域は百島程度で、別の人の縮小写像の最適な値域がパリだとしても、そういうものだ、ということになる。

では人類の科学が発達して、銀河を股に掛けるようになったらどうだろう。それはすさまじくラージ・ワールドであるが、そんな状態で人類は、心の縮小写像を最適化できるものだろうか。多分無理だと思う。そもそも、そこに至る前に人類は滅びるだろう。

このブログで以前に、読売新聞の記事に言及してノーベル文学賞で、安部公房がノーベル賞寸前だったと述べた。最近また読売新聞に以下のような記事があった。

作家の谷崎潤一郎、詩人の西脇順三郎の2人が、少なくとも1958年から62年の間に4回にわたってノーベル文学賞の候補になっていたことが、同賞を選考するスウェーデン・アカデミーへの情報公開請求で分かった。

特に60年には谷崎は最終候補の5人に残っており、68年に川端康成が日本人初の同賞受賞を成し遂げる以前に、大きなチャンスがあったことが明らかになった。

選考資料は50年後に公開される決まりで、読売新聞が、1958~62年の資料を請求。62年分は今年に入って初めて開示された。

同賞は当時、各国のペンクラブや既受賞作家などの推薦で40~60人前後の候補を決め、その後、最終候補にまで絞り込んでいった。資料が開示された5年間のうち、谷崎と西脇は58年と60~62年の4回、川端も61、62年の2回、この候補に入った。日米の作家、研究者が推薦書を寄せていた。

そういえば、ノーベル文学賞のコメントで、ISSEIさんが、次のように述べられている。

谷崎が直接的なのに対して川端が少し格調高いだけで2人ともエロ爺に間違いない。その格調の差で川端ノーベルでしょう。

それに対して私が、谷崎は日本的すぎるので候補にならないと述べたが、上の趣旨をみると、日本的すぎることは必ずしもノーベル賞の障碍とならないようである。やはり山椒魚さんが述べられているように、谷崎の方が川端よりも小説も文章もうまい。するとやはり大師匠が指摘されているように、サイデンステッカーの英訳こそが功績なのか。

ところで、西脇順三郎とはどういう人なのだろう。文学に疎い私は、全く知らない。Wikiによると、次のとおりである。

西脇 順三郎(にしわき じゅんざぶろう、1894年(明治27年)1月20日 - 1982年(昭和57年)6月5日)は日本の詩人、英文学者(文学博士)。戦前のモダニズム・ダダイズム・シュルレアリスム運動の中心人物。水墨画をよくし、東山と号した。小千谷市名誉市民。

作家というよりも、学者ではないのか。いや、詩人でもある。代表作は、「Ambarvalia/旅人かへらず」などと考えているうちに、私は詩が苦手なんだと思い出した。そして、ノーベル文学賞もうええねん、といよいよ気持ちは離れていくのだった。

想起の技術

user-pic
0

久々にプラトンの対話編を読んだ。岩波文庫の「メノン」である。ほとんどのプラトンの対話編は読んだつもりだが、これは多分読んだことがない。そもそも、まるで推理小説のように、プラトンの対話編をざっと一度読んで、もう読了した気になっているところからして、私は駄目である。

「メノン」の中心テーマは、「徳は教えうるか。」というものである。もっと一般に、そもそも、教育というのは、知らないことを知識として教えることなのだが、そもそもそんなことが可能なのかという本質的問いかけを、「メノン」の中で、ソクラテスはする。

プラトンは実は、徳であれ何であれ、教育によって知らないことを教えられる、ということにとても懐疑的である。もし現代のほとんどの人が、そんなプラトニズムに見向きもしないとしたら、ジョン・ロックあたりの示唆による、人間は白紙で生まれてきて、一から知識を習得するのだというパラダイムに染まっているからであろう。

しかし若い頃からプラトンの対話編になじんできた私は、プラトンの唱えるイデア論とか、輪廻転生説に共感を覚えてきた。すなわち、教育というのは所詮、知っていることを思い出させるにすぎないという説になる。

もし私が子供の頃から有名進学校に送られていたら、私の性格からして確実にぐれたであろう。あるいは、もう生きていないということもありえる。いや、案外従順な面もあるので、受験テクニックを吸収して、いまより高い学歴を獲得していただろうか。とても考えにくい。

ともかく、進学校を経ていないことの正当化にすぎないのかもしれないが、私はもし有名進学校出身だったとしても、いまよりビタ一文知性的に進歩していないだろうと断言したい。なぜなら、たとえ高校までで多少不利な教育環境におかれていたにしても、その後の大学進学後、いくらでもそれを挽回するチャンスはあったのである。東大出身でなかったから、あるいは京大出身でなかったから、不利益を受けたことがあったろうか。公務員や学者ならいざしらず、サラリーマンとしてそういう経験はなかったように思う。

ということで、よくも悪くも私は、持っている素質をあまり惜しまず引き出していきており、それで私が凡庸に留まっているのは、もともと凡庸な素質しかないからである。もっと学歴があれば、もっと資格があれがもっとステップアップできていたのに、と若い頃は思ったことがなくはないが、今はもうほとんど思わない。単にすねているだけか。

ただ、そうはいっても、教育が所詮想起だとしても、想起の技術というものはあるのかもしれない。すなわち、眠っている資質を顕現させる刺激を与えることである。そう考えると、有名進学校というのは、確かに想起の技術において優れているのかもしれない。というのは、目から鼻に抜けるような秀才が多数いて、自分も彼らに追いつかなければという刺激を受けるからである。そして、圧倒的な秀才に打ち負かされ、挫折することもまた刺激である。挫折の中から這い上がることで、潜在能力が顕現するというのもまた、人生の法則である。

一方で、圧倒的な秀才に囲まれると、私だったら、どうやっても勝てないと逃げたくなる。そして、自分なりに勝負できるニッチな領域を探そうとする。そのために必要なのは、有名進学校のカリキュラムで鍛えられることよりも、孤独に沈静して、自分を深く省みるという方針が私は好みである。

こうして、以下のように想起の技術がまとめられる。

  1. ライバルや、より優れた人達との競争
  2. 刀折れ矢尽きるほどの挫折経験からの立ち直り
  3. 孤独になっての沈思黙考

1番や2番は確かに、一流の人達の中で経験できるのだろう。しかし、私にはそういう競争は辛すぎる。どうしても3の隠遁に流れてしまうのである。

ただ、観察していると、世間の多くの人達は、孤独で自分の向き合うことを嫌う傾向にあるようである。ショーペンハアー的な言い方だと、住まいが汚いワンルームマンションなので、いつも外に出かけたがる人のようなものである。

もともとの想起の技術というテーマから離れてしまったが、今の教育に、ジョン・ロック的でなく、プラトン的観点を導入してほしいものである。そもそもが、能力の尺度として、猫も杓子も勉学を重んじすぎていないか。もし、もっている資質を顕現させることことが重要であるなら、もう少し多様な人材が現れてくるはずである。

代数的整数

user-pic
0

高木貞治の有名な著書の一つに「代数的整数論」岩波書店があり、一応これは私の蔵書に含まれてはいるのだが、相当とっつきにくい本なので、まだ目次さえも眺めていない。

ところが、「類体論へ至る道」足立恒雄著、日本評論社を読み進むうちに、わかりやすい解説に出会ったので、なるべく私自身の俗な言い方に置き換えて述べてみる。

まず、代数的数が、有理数を係数とする多項式の根あるいは別の言い方でいうと零点として定義される。

有理数を係数とする多項式は、多項式の係数である有理数を分数におきかえて、それらの分母の最小公倍数をもとめ、その最小公倍数を掛けることにより、整数係数の多項式となる。その際、最高次数の多項式の値が1のとき、多項式はモニックであるという。そして、モニックな多項式の零点である代数的数を特に、代数的整数と呼ぶ。

このような定義を与えると、√2や、√3も代数的整数であり、それだけでなく、nを2以上の整数として、cos(2π/n) + i*sin(2π/n)も代数的整数であることがわかる。

このような無理数や複素数が代数的整数なのに、整数でない有理数は、代数的整数から除外されてしまう。むしろ逆に、普通の整数は、代数的整数の文脈では、有理整数と呼ばれる。

しかし、と私は考えた、√2や√3も代数的整数というが、√2+√3は果たして代数的整数なのだろうか、と。というのは、ちょっと考えたのだが、√2+√3を零点とするモニックな多項式というのがどうも見えないのである。そこで、√2+√3を零点とするモニックな多項式は存在しないということを示そうと少し証明を試みたが、うまくいかない。

ところが、「類体論へ至る道」を読み進めるうち、デデキントが証明した、次のような定理があることを知った。「代数的数の全体は体をなし、代数的整数の全体は環をなす。」おお、なんという本質的な定理なのだろう、流石デデキントと感心した。この定理によると、√2+√3も当然に代数的整数となる。デデキントの証明は、代数的整数から、それを零点とするモニックな多項式の構成方法も含む。アルゴリズム的である。

そのようにして代数的数の定義が与えられると、実数における、代数的数の補集合として、超越数が定義される。πやe、2√2が超越数の例であるが、その超越性であること、すなわち代数的数でないことの証明は、一般的に極めて困難である。

おそらくであるが、代数的数の濃度は、可算濃度なのだろう。なぜなら、可算無限の次数のモニック多項式の零点はもはや、一般的に超越数になるのではないかと思うのだが、どうなのだろう。

眼鏡

user-pic
0

極度の近視で眼鏡なしでは生きていけないので、眼鏡は私の体の一部のような錯覚を起すことがあるが、少なくとも中学までは視力1.2はキープしており、むしろ目はいいというのが自慢だった。

ところが、高校になって、住まいがある離島から本土に船で通うようになってから、一気に近視になった。その理由は多分こうである。高校は一応、県立とはいえ進学校で授業はそれなりに厳しかった。特に英語の先生は、単語などを予習していかないとこっぴどく叱る人だったので、何はさておいても、英語の単語だけは調べていかなくてはならなかった。

しかし、卓球部の部活があり、それが終わって、終電車ならぬ最終船で帰宅すると、夜八時半で、食事して風呂に入るともう体力が尽きて寝るしかなかった。すると、予習する時間というは、通学の船の中しかない。そこで、ガラの悪い高校生たちが煙草を吸ったりして騒いでいるのを横目で見ながら、ひたすら英語の辞書を引いた。ただ。船の中はとても採光が悪い。しかも波で揺れる。それで、1年もたたないうちに一気に視力が0.3になり、そこで矯正すればよかったのかもしれないが、そんな設備は地元にはなく、ともかく眼鏡をつくったら、どんどん視力が低下し、大学受験の準備をするころには、視力はいまと同じ、0.1という底辺まで落ちた。

それでも眼鏡があればそんなに不自由しない。ずっと、50台前半まで、近視用眼鏡一本できたが、50台中ごろになって、妙にパソコンの画面が見づらくなった。サプリの好きな私はつい、目にやさしいというアントシアニン入りのブルーベリー・サプリを試してみて、ある程度効果があったような気がしたが、どうも気のせいだった。それで次第にパソコンの画面の文字を読み取るのに困難を覚えてきたが、面倒くさがりやの私は、そのまま放置していた。

転機が来たのは、ある人の送別会に出席したときである。飲み放題なので調子に乗って、日本酒をどんどん飲んだら、例によって帰路の電車でかなり酔っ払ってしまった。それでもなんとか自宅の最寄の駅まで無事に帰りついたのだが、唖然としたのは、眼鏡がないのである。電車で寝ている間にどこかに落としたようなのだが、私鉄の落し物センターなどに問い合わせても手かがりは得られなかった。そもそも、特徴のない眼鏡だし、眼鏡を落とす人など、関東圏にはゴマンといる。

それで眼鏡を新しくつくりに行くと、近視用だけでなく、老眼用の眼鏡もつくるように勧められた。そんなの、といいつつ、サンプルの老眼用の眼鏡をかけて、手持ちの本を眺めたら、活字がはっきりと見えるではないか。思わず、おお、と叫んだ。私は何年もの間、ぼやけた活字で本を読んでいたのである。眼鏡屋は、遠近両用もありますよといってくれたのだが、以前の友人との会話で、それはあまりよろしくないと聞いていたので、近視用と老眼用の一対の眼鏡を買うことになった。

そうやって書くと、あまりにも当たり前なのだが、言いたいのはいかに私が眼鏡晩生であるかということである。それでも外出時には必ず、遠近両方をきちんと持ち歩くようにしているのだが、最近うっかり、出勤時に、老眼用眼鏡を忘れてしまったことがあった。

それは自宅の最寄の駅のホームで気付いたので取りに帰れない距離ではなかったのだが、我慢してそのまま出勤することにした。近視用の眼鏡をかけたままである。するとまず、通勤電車内で全く本を読む気がしなかった。近視用だと字を読むのが辛すぎるのである。また、オフィスでも、メールを見るのが辛くて仕方ない。それでも、パソコンの画面を目から遠ざけることにより、なんとか仕事をこなした。二度と老眼用の眼鏡を忘れまいと誓った。

ただ、聞くと、私のように2つだけの眼鏡で運用するのはどちらかというとナイーブであって、ある人は、仕事用、将棋用、読書用、ゴルフ用などと、4つも5つも眼鏡をもっているそうである。ほとんど趣味の世界である。生活はシンプルに思想は複雑に(本当か?)の信念により、私は一対の眼鏡だけで一生凌ぐ予定である。

東電OL殺人事件をみていると、壊れてしまった人間が少なくとも二人出てくる。一人目は言わずとしれた、被害者の女性である。東大出身で東京電力の幹部というエリートの父をもち、本人も慶応大学から東京電力に入社し、注目される論文を書くなどエコノミストと活躍していたのに、なぜか夜な夜な売春するまで身を持ち崩した。いや、身を持ち崩すというにはあまりに律儀な売春であった。というのは、ウィークデーの毎日、四人の客をとることを日課にし、その記録を克明にとり、きちんと終電までには帰宅して、会社も休まなかった。しかし、いかに精神的に壊れてしまったとはいえ、物理的にまで壊す必要はないではないかと、真犯人には怒りを覚える。

もう一人は、東電OL殺人事件の控訴審を担当した、東京高裁 村木保裕判事の少女買春である。村木氏は、苦学して司法試験に合格し、東京高裁判事まで上りつめた、こちらもエリートであるが、判事として刑事の判決を下すことのプレッシャに耐えかね、少女買春に癒しを求めたというのだが、こちらもやはり、人間が壊れたとしかいえない。

本当はどんな人間も日々少しずつ壊れ、あるいは日々再生しているのかもしれないが、バネの屈曲の臨界点や放射線被爆の閾値のように、あるレベルを超えると、もう破壊レベルが修復不可能になる。

ここで、壊れ方について、私なりに以下のようなコメントがある。まず第一に、どんな要因で壊れるのかは、人それぞれで一様でない、ということがある。例えば私は、今担当している会社の特許実務の仕事は、苦しいと思うこともあるが、耐え切れないレベルではない。世間にはこれより大変でスキルの要する仕事はいくらでもあるだろうと思う。だがなぜか、このレベルの特許実務の仕事にフェイルしてしまった人を私は何人も知っている。それを情けないではないかと単純に言い捨てられないのは、そうやって特許実務の仕事にフェイルしてしまった人たちは弁理士資格をもっていたりして、すると、どうみても試験に努力する適性で私より上だったりするからである。

世間ではこのとき、下手な順序性が想定されている。例えば、一般的にみて特許実務の仕事に熟練するよりも弁理士試験合格のほうが大変である。だから、弁理士試験合格の努力ができるなら、特許実務なんてなんとかなるのではという想定である。それが、イエスでありノーである、すなわち、命題としてきわめい曖昧であることは当然なのに、世間はあえてそれを無視する。そして、例えば、東大だからなにをやってもすごいのだろうとか広げる。

東電OL殺人事件の被害者にとって、壊れた要因は何なのだろう。仕事が難しすぎたのだろうか。あるいは、プライドが高すぎ、周囲とうまくやっていく人間的スキルが欠けていたのか。私には、何か適職についていれば、こんな悲劇もなかったのではと思えてならない。父親に倣って東電に入ったのがいけなかったのではないか、対人関係の少ない、シンクタンクなどがよかったのではと思われるのだが、ファザコンの被害者にとって、東電以外は眼中になかったのかもしれない。

村木元判事については、特に刑事事件の判決のプレッシャが強すぎたということなのだが、ここらあたりは、最近読んだ、雫井 脩介の「火の粉」のサブテーマだったりして、普遍的であるが、なら判事など目指さなければよかったと思われるのだが、心的破壊に至る要因というのは、実際にやってみなければわからないという面も大きい。そして、一旦レールに乗ってしまうと、エリートから完全に降りることなく心的破壊に至る要因から逃れることはできない。

だからといって、売春や買春に走ることもなかろうと言うのは、部外者の意見なのであろう。というのは、プレッシャによって精神的に壊れると、どのような行動に至るか、本人にも周囲にも予測がつかない。カオス的行動にも書いたとおりである。

すなわち、ある人は万引きし、ある人は売春し、ある人は買春し、ある人は酒に溺れ、ある人は覚せい剤などの麻薬中毒になり、ある人はギャンブル狂いになり、ある人は自殺し、ある人は無理心中し、ある人は、内心が壊れているのに、周囲に毒を撒き散らしつつ、陰伏して生きていく。

なので、私は本能的に他人にプレッシャを掛けることを避ける。いや、何よりも自分の嫌いなことを自分に押し付けることを避ける。それでも運命は、ときどき、私をしてその限界を試そうとする。壊れないで私の心、と懸命に自分で抱きしめるのだが、ときどき呆然とするような事象の嵐に立ちすくむのであった。

小林昭七

user-pic
0

今月号の数学セミナーはなんと、去年の8月に亡くなった、世界的数学者、小林昭七の特集号であった。こちらに書いたように、私はその生の講演を2007年に聴くことができた。そこで、この数学セミナーの記事に基づき、私の文責で、まとめてみる。

小林昭七は、昭和7年(1932年)に、甲府で生まれた。5人兄弟の長男だった。それにしても、昭和7年に生まれたので、昭七とつけたというのは、あまりにも安易すぎないだろうか。生まれてすぐに、父の仕事の関係で、東京に出てきた。

子供のときから数学が好き且つ得意で、戦時中、空襲警報が鳴ると、数学の本とロウソクをもって避難するのだった。戦後、第一高等学校をへて、1949年に東大に入学、希望どおり理学部数学科に進学した。

東大では、矢野健太郎氏に師事し、最新の微分幾何学を学んだ。終生、微分幾何学が興味の中心だった。東大を卒業すると、パリのポアンカレ研究所とストラスブルグ大学に留学し、1954年からは、ワシントン大学でリサーチ・アシスタントになった。1956-1958は、プリンストン大学、1958-1959はMITで研究し、そこで、カリフォルニア大学バークレーにいるチャーンから招聘されたが、ビザの関係で一旦カナダのブリテッシュ・コロンビア大学に赴任し、2年半経って、目出度くバークレーにやってくることができた。そこで終生、バークレーを根城にし、チャーンとともに、カリフォルニア大学バークレーを微分幾何学の世界的な拠点に発展させた。

その後、バークレーにあって、世界的な業績の論文を何本も書いたり、後進を育成したりと八面六臂の活躍で、50年が過ぎたが、2012年8月に、慶応大学に滞在して、慶応病院で、持病の心臓の診断を受け、そのうち手術を受けるということにして、サンフランシスコに帰る飛行機の機内で、死去してしまった。

さて、小林昭七氏の業績は、粗く分類すると、以下のとおりとなる。

  1. 接続の幾何
  2. 幾何学的変換群
  3. 複素多様体と正則写像
  4. 複素ベクトル束の幾何

特に、複素幾何の分野で、小林擬距離、小林双対性、小林-ヒッチン対応などの概念を与えた。また、フランケル予想と、小林-落合の複素射影空間の特徴付けなどの業績は、フィールズ賞を受賞した、森重文のハーツホーン予想の解決にもつながるもので、微分幾何が専門の小林昭七氏と、代数幾何が専門の森重文氏が関係あるのが興味深い。

小林昭七氏は、偉い数学者にありがちの気難しさがなく、友人を大事にし、誰にも親切で、学生の指導にも熱心だった。また、沢山の数学の名著があるが、その代表は、野水克己氏と書いた、Foundation of Differential Geometry I, IIで、斯界の基本書となっている。

小林昭七氏の一家はエリート揃いであって、弟の小林久志氏も秀才であったのだが、数学では到底兄に敵わないと、東大では、工学部電気工学科で、通信理論を専攻した。その後、日本IBM基礎研究所では、待ち行列理論などを研究して、所長を歴任したが、スタンフォード大学工学部長に引き抜かれた。

ところで、私が持っている小林昭七氏の著書は、裳華房の「曲線と曲面の微分幾何」だけであるが、もともとの興味が代数にあるというよりも所詮、数楽者なので、比較的入門的なこの本さえ、ほとんど読めていない現状なのであった。Foundation of Differential Geometry I, IIや、「複素幾何」岩波書店は到底理解できそうもないので、せめて、「ユークリッド幾何から現代幾何へ」日本評論社あたりを眺めてみることにする。

軽損

user-pic
0

アマゾンで本を注文するとき、私はなるべく古本で買うようにしている。それは古本の方が安いという理由だけではない。新刊だといちいち宅急便にきちんと受領印を押さなくてはならないからである。不在だと不在通知を置いておかれて、再度連絡しなくてはならない。一方、古本だと原則、ポストインなので、そういう懸念はない。

そこで、仕事でネットワーク・セキリュティの本が必要になったときも、当然のごとく古本でオーダーした。値段は3300円程度だったが、専門書がその程度の値段である、というのは意外でもなく、オーダーに躊躇しなかった。

ところが本が届いてみて唖然とした。定価2100円の本だったのである。一時的に絶版だったのか、あるいは他の理由なのか、特別に高い値段が古本につけられていたのだが、内容はそんな値段を出して買うに値しない内容で、愕然とした。

これは考えようによっては、軽微な損ともいえるが、その差額があれば、ベストセラーの単行本がアマゾンの古本で数冊買えるので、悔しさが募ってきた。

私は本当にスケールの小さい人間で、ボールペン一本なくしても、しばらくクヨクヨしてしまう。だから、書籍に対する無駄な数千円の出費はかなり痛い。

しかし、いつまでもこれを引きずるのは馬鹿馬鹿しいので、これは軽損なんだと思うことにした。将棋でいえば、高々一歩損である。

高々一歩損と言って、嫌な記憶が蘇った。相手が県代表かアマ名人クラスだったか、序盤の一歩損をそのままずっと維持されて完敗した将棋が何局もある。だから一歩損だからといって致命傷でないとは限らないぞ、と自分の傷口に自分で塩をすり込んでいる。

ただ、と懸命なリカバーを試みた。それは、運命というのは一般的に、県代表やアマ名人クラスの緻密な指し手ではないということである。本当は緻密なのかもしれないが、少なくとも私程度の人智には、緻密であると察知できない。

むしろ、運命は、大技をかける前は、わざと緩めてくれるようである。望外に形勢がよくなって微笑んでいると、ガツンと技を掛けられる。先日父が亡くなったときも、今までの病状が嘘のように呼吸や熱が楽になり、あと数ヶ月生きてくれるかと期待させた矢先、あの世にもっていかれてしまった。

だから軽損をすると運命が油断してくれるのだろうか。とてもそうとも思えないのだが、上記のアマゾンの本のオーダー失敗のあと、雪を押して車で出かけたことがあった。そして、車が雪道にはまって、帰宅困難となった。ところが、前に詰まっていたトラックがなんとか動き、自宅前まで帰ったときも、手を尽くしてなんとか車庫に入れられた。果たして軽損の効果なのだろうか。その意味を問うには運命というのは深遠すぎるのであった。

CagA

user-pic
0

以前、ピロリ菌の記事をみたとき、そこでCagAというたんぱく質が言及されていた。このCagAの働きについて、読売新聞の科学欄に補足があったので、メモしてみる。

すなわちまず、前の記事の復習になるが、ピロリ菌は、とげの生えたような形をしており、とげは注射針のような管状構造となっており、このとげを通して、ピロリ菌が、胃の表面の上皮細胞にCagAを注入する。

このとき、北大から東大に移った畠山昌則教授が、CagAは、次のような3つの機能をもつことを解明した。

  1. 細胞の増殖を制御するたんぱく質と結合し、上皮細胞の異常な増殖を引き起こす。
  2. 細胞同士の結合にかかわるたんぱく質と結びついて、細胞をばらばらにしてしまう。すると、胃酸が粘膜の内側にしみ込みやすくなり、胃炎や胃潰瘍を起こしやすくなる。
  3. 胃の上皮細胞を、腸など他の臓器に成長する幹細胞に変えてしまう。この幹細胞が癌のもととなる。

特にCagAが上皮細胞を幹細胞に変える仕組みは、iPS細胞の生成と似た過程だと推察されている。当然なのかもしれないが、iPS細胞生成の仕組みを司る細菌もいる、ということである。CagAを離れて、iPSを作り出す細菌たち、というテーマで調べてみるのも面白いかもしれない。

産経新聞の記事によると、イスラム武装勢力による拘束事件は次のとおりである。

【カイロ=大内清】アルジェリア南東部イナメナスで日本人少なくとも3人を含む外国人約40人が国際テロ組織アルカーイダ系のイスラム武装勢力に拘束された事件で、ロイター通信は17日、アルジェリア当局筋の話として、同国軍による武装勢力の鎮圧作戦で日本人2人を含む人質30人が殺害されたと報じた。武装勢力側は少なくとも11人が死亡したという。国営アルジェリア通信は、同作戦が17日夜に終了したと報道、サイード情報相は犯行グループは「無力化された」と語った。

ロイターによると、死亡した人質には日本人2人、英国人2人、フランス人1人が含まれる。死亡者の身元などの詳細は分かっていない。

一方、殺害された犯行グループには、同グループのリーダーとみられるアルジェリア人、ターヘル・ベンシェネブ容疑者のほか、エジプト人3人、チュニジア人2人、リビア人2人、マリ人1人、フランス人1人が含まれているという。

ところで、アルジェリアとはどんな国なのか。日本人が知っておきたい「アフリカ53か国のすべて」レッカ社、PHP文庫でみてみると、アフリカではスーダンについて2番目に大きい国で、地中海に面し、国土の大半は砂漠である。なお、古代栄えたカルタゴとはアルジェリアのことかと思ったら、ニアミスで、その隣のチュニジアがそうらしい。

アルジェニアはもともとローマの属州で、その後ローマの勢力が弱体化すると、オスマントルコなどの影響によりイスラム教化した。地中海を挟んで互いに相対するので、フランスとは交易があったが、1830年に、小麦の輸出に対するフランスの不払いが原因で関係が悪化し、フランスが軍隊を投入して鎮圧することにより、アルジェリアを植民地化した。アルベール・カミュがそもそも、アルジェリアの出身である。しかしアルジェニアが、凄惨なアルジェリア戦争をへてフランスから独立するのは、カミュ没後の1962年である。フランス人が撤退すると、アルジェリア政府は国土全体を国有化した。それによって農業生産が極度に低下してしまった。よってほとんどの農産物は輸入に頼っている。

一方で、アルジェニア経済を支えるのは、石油、天然ガス、鉄鉱石、リン鉱石などの豊富な資源である。そして、今回の事件で犠牲になった日本人は、プラント大手の日揮の社員であった。

アルジェニアでは、1992年頃からイスラム原理主義の過激派によるテロが活発化しており、今回の事件もそのような傾向におけるものである。

ただ、別の報道によると、今回の過激派は、施設の内部の事情に通じた者を含むという。すると、搾取される現地労働者と過激派が呼応したとも考えられ、アルジェリア戦争でのフランスに対する長いレジスタンスの歴史をもつアルジェリアらしいともいえる。

急進主義

user-pic
0

なにかのブログでみた、「フランス革命の省察」エドマンド・バーク著、佐藤健志編が面白そうだったので、買ってみた。すると、フランス革命の前提となる、急進主義の前提が以下のように述べられていた。

  1. 人間は、社会のあり方を望ましくする方法論を適切に考察する理性、及びそれを確実に実現してゆく能力をもっている。
  2. 社会を望ましくする方法論が二つ以上存在する場合、人間は個人的な利害関係や感情にとらわれることなく、どちらがよいかを冷静に判断できる。
  3. 上記二つの前提は、社会全体で成立している。言い換えれば、みずからのあり方を望ましくしようとすることにかけて、社会は首尾一貫した単一の意志をもっているとみなして構わない。
  4. 社会のあり方を変えることに伴うコストや副作用は、変化のスピードを上げたからといって顕著に増大することはない。

エドマンド・バークの主張は、このような急進主義に基づくフランス革命が結局失敗して、王政が復活したことを指摘する。ところが、今まで習ってきた歴史では、フランス革命は、暴政の王政に対して民衆が立ち上がった自由の勝利のように喧伝される。

おそらく、その後マルクスが唱えたプロレタリア革命も、フランス革命の「成功」に鼓吹されたるのであろうと思われる。

いや、それだけではない、会社組織の中でも、景気が悪くなると、迅速の組織を変化して時代に適合させなくてはならないと、組織変革が説かれる。そしてあえて、経験のない若者たちが指名されて、無規律ともいえる恣意的なプランで全体を引っ張ろうとする。

そういうのを聞いていると、レガシーを放擲することこそが至上命題のようになっていたりする。そして、傍からみていると、単に混乱を巻き起こしているだけなのに、確たる判断基準もなく成功が喧伝され、知らないうちに組織変革のプロジェクトは立ち消えになる。

要するに、急進主義などというものに安易に思考をゆだねて停止されてしまう人類そのものの性質が、急進主義の楽観主義を否定してしまうという一種矛盾を呈しているのである。

プログラムもうええねんで言及した、"ソーシャルもうええねん (Nanaブックス)"村上福之著を読んでみた。以下、私なりの簡単な感想である。

まず、ツイッターのフォロアーの数がお金で買えるというのは、知らなかったが、全く意外ではない。いいね!もそうである。あんなものを信じていたら、騙されるに決まっている。

といいつつ、私は、本を買うとき、いつも相当にアマゾンの評価を気にしている。あれも、どれだけ確かか分からない。

Facebookもそうで、私の知る、ある友達が少ないことで悩んでいる人が、Facebookで友達をかき集めて、結構巨大な数を積み上げていると聞いた。しかし、電子的なつながりにどれだけ意味があるのだろうか。私は葬儀で帰ったとき、昔の知り合いと話して、あの広い東京に三人くらいしか飲み友達がいないと話したら、三人もいれば上等ではないかといわれた。私はからかわれているのかもしれないが、私は三人で不足に思ったことはない。

さて、村上福之氏は、初めてプログラミングを覚えるには写経しかないというが、多分至言だろう。私はそれがわからなくて、随分回り道した。何も考えないでひたすらコードをみて打ち込んでいくというのは、確かに有効である。ただ、ウェブプログラミングなんてスキルはいらないとか、お金を払うのでなく貰うことで急速にスキルが身につくというあたり、段々、衒いだと思う。そんなことは単純ではない。ましてや、様式をnull、すなわち空欄で申請したらお役所が丁寧に教えてくれるなんて、無理である。まさか真似する人、いないよね。

ただ、卓見だと思ったのは、「競争はコスト」というくだりである。実際、第一線で頑張るのは傍目でみていてもかっこいいし、憧れるが、実は生き残るの大変である。私はこれを本能的に知っていて、競争をさけてニッチを生きてきた。ニッチはニッチの日陰の苦労はあるが、結果的に私よりはるかに高い偏差値の大学を出た同年代の人たちと比べて、どうしようもなく私が水をあけられている人は、滅茶苦茶は多くないと勝手に思っている。競争のコストにあまりエネルギーを使わないで済んだからである。ただ私は、かっこいいラベルがないだけである。単なる自己弁護か。

あと、週に一度は顔をあわせるべしという、顔色の法則など、実際にプロジェクトを漕いだ人の実感がでていてよい。また、私が参ったと思ったのは、村上氏は、災害に際して、サイトを立ち上げて、きちんと義捐金を集めて寄付していることである。このあたり私は、どうしても頭が上がらない。結局、村上氏は立派な人なのである。だから、ソーシャルをきちんと批判することができる。

もうええねんといいつつも村上氏はソーシャルに関与し続けるだろう。そして、ソーシャルはコモディティ化されて、インフラの一部になるだろう。

以前に、属人思考で、組織における属人思考の問題点をみたが、その理解をさらに深めるために、「属人思考の心理学」岡本浩一、鎌田晶子著、新曜社を読んでみた。以下、私なりのメモである。

そこで改めて強調されるべきは、属人思考が組織病理の諸悪の根源ということである。組織を健全化するためによく、組織の風通しをよくしようとか、実力主義にしようとか、コスト意識を高めようとか言われる。しかし、組織の属人思考を改めないと、組織は決して健全化しないのみならず、悪化の一途をたどり、最悪の場合、崩壊に至る。

それでは、属人思考の属性としてどのようなものがあるだろうか。列挙してみる。

  1. 好き嫌いで評価
  2. 体面を重んじる
  3. 誰の責任かを優先
  4. 誰が提案者であるかによって、提案の扱いが異なる
  5. 誰に頼まれたかで決まる

組織において、このような属性が高まると、会社ぐるみの不正、効率のための違反、誠実さより組織への貢献の比重が高まって、組織的犯罪が助長されていくのである。このことは一見自明でないがゆえに、岡本浩一氏らの属人思考の考え方の知見が光る。

そこで留意すべきなのは、権限の明確化、マニュアルの整備、命令系統の整備などは、個人的違反を取りしまる効果はあるものの、属人思考の傾向を修正する効果はない、ということである。私が所属する会社でも、コンプライアンスの強化が叫ばれているが、属人思考の問題について気付いている人が多いとは思えない。

実際、属人度の高い組織では、法律違反の放置、不正の庇いあい、不祥事の隠蔽、不正のみてみぬふり、手続きの省略が増加する。

別の属人属性として、次のようなものがある。

  • 属人性の高い職場ほど、上司に目が向いている。
  • 属人風土には、上司に相談しにくい雰囲気がある。
  • 異論を唱えにくい。
  • トップダウン型
  • 職場に対する愛着より惰性

そして属人性を低減するリーダーの能力として、下記のものがある。

  1. 「何かをしない」という決断力
  2. 組織風土を見抜き是正する能力
  3. 現場を見抜く能力
  4. 人を見る能力
  5. 情報を聞き出して見抜く能力
  6. 自分の判断が不公正かもしれないと自問し続ける能力
  7. 率直にものを言ってくれる人材を大事にする

正直いって、属人風土を変えるのは難しい。それに馴染んだ人にとって、あまりに快すぎるからなのであった。

母国語

user-pic
0

田中克彦氏の「エスペラント」岩波新書を読んでいて、次のような気になる記述があった。

ことばって何てすばらしいんだろうか、そして日本語の優雅で融通無碍のしなやかさといったら、とほめたたえておくのが、今の時代の健全な日本国民が、世の中をぶじに通っていくための通行証のようになっている時代である。
(中略)
かれらはよく知っている。日本のことも日本語も、とにかく美しいといっておけば問題がないのだと。しかしこんな大学生からは決して学問が生まれることはないだろう。

田中克彦氏といえば、「ことばと国家」岩波新書などの著書を通じて私が尊敬している言語学者であり、それだけにこの記述には、目が点になった。日本語が美しいとは必ずしも私は思わないが、というよりも言語的美的感覚を私は欠くのだが、別に美しいと感じてもいいではないか。どんなルサンチマンが日本語にあるのか。

また、次のような記述もある。

エスペラントが発表されるより早く、それに14年も先だって-日本の将来を考えて日本の公用語に英語(ただし、いくぶん簡略化した)を採用したほうがいいのではないかと思いついた、森有礼のような先駆的な人がいた。日本が近代国家としてやって行くにはその方が便利だと考えたのは、当時の状況を考えればむしろ自然なことであった。

これまた、おいおいである。もし日本の公用語に英語にしていたら、奈良時代や平安時代から続く日本文化のレガシーはどうなるのか。正気で言っているのだろうか。

しかし、「エスペラント」岩波新書によれば、森有礼は、英語公用化についてホイットニーにお伺いをたて、ホイットニーは、できそこないの英語は正統英語に対して限りなく差別を受けるので、日本語は捨ててはならないと諭したのだという。

なるほど、ホイットニーは、レガシー継承性ではなく国際通用性の観点から、日本語を残すようにアドバイスしたわけだが、国際的に通用する正統英語は、非母国語の民族には敷居が高すぎるというのは頷ける。

結局、私の牽強付会の結論は、日本語が美しくなかろうと、非論理的だろうと先ず、母国語としての日本語の基礎を固めてから、世界に打って出たかったらそうすべし、ということである。それは、自国語での思考で述べた趣旨にもつながる。

ただ、田中氏が指摘するように、日本語を簡略化してベーシック日本語を策定し、外国人が学びやすくする配慮があってもいいようには思う。日本語がいかに外国人に学びにくい難解な言語であるかを述べたてて酔いしれている時代でもないのかもしれない。しかし、レガシーな古文としての日本語をないがしろにしてはならないのは、いうまでもないのであった。

貪欲

user-pic
0

古い歌なので、ご存知の方も少ないだろうが、井上陽水に、「限りない欲望」という曲があって、♪限りないもの それが欲望流れ行くもの それが欲望♪という歌詞で始まる。

そうであることは誰もが知っていて、その理由はおそらく、欲望を制限する実体が「空」だからである。妄想の世界で、欲望は、いくらでも羽を延ばす。それは、偉大なる心理学の体系でもある仏教では、心は病気にあるとおりである。

世間の人達の欲望の羽を延びるままにしておいたら、世間は収拾がつかない。そこで登場するのが法律である。他人がほしい物をもっていたら、殺してでも奪っていいなら、弱肉強食の阿修羅の世界になる。そうやって、ある種の予定調和で法律ができ、それよりも緩い慣習としての道徳ができたのだが、依然として難しいのは、欲望制御のさじ加減である。前にダイエットで述べた四段階モードを適用すると、欲望は次のようになる。

  1. 無欲
  2. 小欲
  3. 知足
  4. 貪欲

知足は、本当は適欲といいたいのだが、日本語としてこなれていない。それで、知足と言うことにした。

そして仏教の教えでは、欲望は高々知足で止めるべきということになっているのだが、世間ではあまりにも貪欲が横溢している。その理由は、回路の発振理論のアナロジである。すなわち、ラジオなどの増幅回路でキャパシタの容量を次第に増加すると、増幅率が高まり、ゲインがあがる。ところが、ある閾値を境に回路が発振し始め、ラジオ受信機としての機能を果たさなくなる。

貪欲はまさにそれである。知足の状態から少しずつ欲望のゲインを上げていっても、回路は発振しないばかりかゲインが増大し、それは現世にあって、資産を極大化する働きがある。だから例えばプロ野球で、グラウンドに銭が落ちているなどという、どうみてもはしたない言い方がもてはやされる。

しかし、利得ドリブンのやり方が現世で有効であることは誰も否定できない。だから、「ソーシャルもうええねん」の本でも、お金をもらいながら働くと急速にスキルが伸びるという言い方がされる。

そこで問題になるのは、知足から貪欲に至る行程である。欲望のつまみをひねっていくと、ある時点で利益が極大化される。回路でいうと発振する手前のところである。そこでどうするかが人間の知恵である。

ならいつも、発振一歩手前で欲望をとめて、その状態すれすれで生きていけばいいではないか、ということになるが、一歩だけ踏み出して人生が発振し、壊れてしまいがちなのが人間なのであった。限りないもの、それが欲望。

無葬儀

user-pic
0

時事通信に、下記のような記事があった。

佐藤 允氏(さとう・まこと=俳優)昨年12月6日午後6時、急性肺炎のため横浜市の病院で死去、78歳。佐賀県出身。葬儀は行わなかった。

劇団を経て東宝で映画デビュー。岡本喜八監督の「独立愚連隊」シリーズで主役を務める一方、黒澤明監督の「隠し砦(とりで)の三悪人」やテレビドラマなどにも出演し、幅広く活躍した。

この記事の「葬儀は行わなかった。」に目を瞠った。それは一体どういうことなのだろう。もしかして「直葬」のことだろうか。直葬とは、亡くなった人を直接、火葬場に搬送して棺に入れ、必要に応じて僧侶が読経をあげ、火葬に付し、骨を骨壷に入れて、親族あるいは関係者が、骨壷に収める方式である。それはしかし、葬儀を行わなかったことになるのだろうか。

しかし、日本では鳥葬や水葬はありえないので、直葬が合法的な葬儀のぎりぎりの線の葬儀であろう。なら、直葬も葬儀であって、葬儀を行わなかったとはいえないのではと思われるのだが、おそらく、葬祭会館のようなところで、葬儀会社が関与し、少なくとも親族が集まり、お通夜と告別式をとり行い、僧侶の読経はあったのだろう。

ともかく私は以前から、葬儀なるものはなるべく簡略化すべきと思っており、しかし親戚や社会慣習との妥協でああなっているようであり、形式ではなく霊を重視するスピリチュアリズムの観点からも、どうかと疑問に思っている。

そこで私は少なくとも、自分自身の葬儀については、葬儀を最小限度に留めるべきであり、また、死後の法事もできたら省略したいと思っている。そもそもが、世間で、死後の世界があるかどうか分からないといいつつ、一方で仏滅や友引を信じ、煩瑣な葬儀の儀式を省略しようとしないのは矛盾なのではあるまいか。

谷川会長

user-pic
0

週刊将棋によると、故米長会長の後を、谷川浩司九段が襲うということで、完全に予想どおりである。専務理事が田中寅彦九段ということで、これも予想通り、どちらかというとあまりアクが強くなくビジネスに詳しくない谷川には、不動産鑑定などにも詳しくビジネスセンスがある、田中寅彦のような補佐が必要なのだろう。あるいはもしかして、谷川は名誉会長的で、田中寅彦が実質的な施策を考えるのだろうか。

さて、棋士として、あるいは人間として、谷川浩司と、米長邦雄を比較してみると、谷川浩司の圧勝だろう。名人一期で、その一期さえもダーティな背景の匂いがする米長邦雄と比較して、谷川浩司は堂々の十七世永世名人の資格保持者である。

また、女癖の悪さが評判だった米長邦雄に比較して、谷川浩司はきっと、浮気など想像したこともないだろう(いや、想像くらいはあるか)。

しかしである、将棋連盟会長としてみたとき、米長邦雄 > 谷川浩司+田中寅彦だと思えてならない。してみると、組織の運営にはある種の馬力やカリスマが必要で、そのことにはほとんど必然的に性的なものを含む、強い煩悩が伴うのだろうか。

谷川が将棋連盟理事になったとき、米長邦雄は、2年後、遅くとも4年後にはバトンを渡すと、谷川に申し伝えていたという。おそらく当時から米長邦雄は、自らの前立腺癌のことを知り、後継者を探していたのだろう。そして、なるべく個性が強くなく自分色に染まりやすい、しかも永世名人としての品格をもつ谷川を、指名したのだろう。

本来なら、中原誠が適任だったはずである。しかし、林葉スキャンダルが、そして病気が、中原誠が将棋連盟会長になるのを阻んだ。

しかし、政治的センスの欠如から、谷川政権は長く続かないのではないか。将棋の実績はなくても経営手腕があるかもしれない、青野照市、勝又清和あるいは上野裕和あたりが実質的権限をもつと面白いと思うのだが、流石に無理だろうか。

証拠主義

user-pic
0

刑法というべきか刑事訴訟法というべきか、ともかく、法律では「疑わしきは被疑者の利益に」のように言われる。それは、東電OL殺人事件のゴビンダ元被告の一件をとってみても、あまりにも建前なのだが、一方、企業などの内部告発手続きでは、当然だが、法律の証拠主義とは全く様相が異なる。

そもそも、いかに組織の内部告発制度の整備が喧伝される時代とはいえ、組織には、正式な検察官や裁判官に匹敵する部署はなかなか設置されない。そんな利益に関与しない人たちを抱えておく余裕は、営利企業には普通ない。

しかも、仮にそういう部署があったとしても、組織内にあっては、社長や役員などの指揮系統の下にあるので、上位管理職の方針に背く独立した判断や決定を行うことはなかなかできない。

ましてや、いわゆる社内規則にも違反しない、いわゆるビジネスパフォーマンスや慣行に背くような行為に対しては、内部の組織の者から内部告発されても、監督部門でさえ軽々しく動かない。それは、単なる怨恨に基づくような、根拠のない告発を取り上げていていると、際限がないからであるが、しかし、告発の要件をあまり厳密に解釈していると、問題ある社員の行動を抑止する効果を著しく殺ぐ。

例えば、抵抗勢力に属するような社員が、思い余って、あまりにも不適切な上位管理職の決定に対して異議を申し立て、当然のごとく棄却されることに応じてその上位管理職にエスカレーションをかけたとき、そのエスカレーションに対する上位管理職の対応が、大げさに言うと、組織の健全度のバロメータとなる。

ここで上位管理職の、「普通の」対応は、告発者に、何が問題であるかを裏付ける証拠を提示させることである。そこで、告発者は縷々と、どのような場面でいかに問題があるか語り続ける。なぜか眠そうな上位管理職は、聞いているのかどうかわからないが、ハタと会話を制止する。「ちょっと待ってくれ。それは、君の意見であり、感想なのだろう?」

そう制止されて、告発者はたじろく。どう説明したものかとしばし思案して、「あのう、これは私が直接見聞きしたことで、すべて事実なんですけど。」と応えるが、上位管理職は、「そんな根拠を欠く君の一方的な申し立てに対応しているほど暇ではない、もし対応してほしかったら、きちんと数字的データを揃えて出直してほしい。それを聞くことは吝かでない。」と慇懃無礼に突き放す。

こうして組織内の不適切な判断や方針は、決して改められることなく深化し悪化していく。これは、「疑わしきは被疑者の利益に」という刑事裁判の原則に鑑み妥当のようであるが、少し考えたら分かるように、刑事裁判の原則は、人権が絡むがゆえに極めて特殊である。もし対象がビジネスの効率や利益に関与するなら、「疑わしきはさらなる検討を」と進めなくてはならない。そうはいっても、有象無象の告発のすべてに対応しているわけではいかないので、本質の告発をきちんと見落とさない感覚で、管理職のセンスが問われる。

昔、ある健全な組織の上位管理職は、組織内の社員に、ある程度ランダムに意見を聞き、そこで自分の判断の糧にしたという。より上位の社長クラスの役員は、いろいろな組織のいろいろな階層の人の意見を聞くため、世界の事業所を巡った。このような活動は、コストを要するが、組織健全化のためには必須だと思うのに、腐敗した組織では、告発の挙証責任さえ、末端社員に転嫁されてしまう。それがいかに組織を硬直化させるか少し考えたら分かりそうなものであるが、決して省みられることがないのであった。

Nice to have

user-pic
0

決してJapanese Englishではなく、ちゃんとした英語なのに、なぜかネイティブの人があまり使わず、日本人が多用する表現に、"nice to have"がある。説明するまでもないが蛇足で説明すると、なくても構わないが、あればうれしいね、という意味になる。

人間生まれてきて、最初は生命そのものが"nice to have"だったはずなのに、そこから段々、薄皮のように、"nice to have"が重なってきて硬化すると、知らない間に"need to have"になる。ただ、人生ここまで生きてきて、最初は生命そのものが"nice to have"なんてとんでもなくて、多分"sorry to have"なんだろうと思う。

更に言うと、"nice to have"と"sorry to have"を区別するなんて意識が低く、本当はそれは区別しないものらしい。すなわち、全て"event"で括るのである。私はそのことにあるとき気づいて、占いの類を見なくなった。すなわち、幸運だの不運だのは所詮相対的であり、どちらが優ってるのか分からないからである。少なくとも、宝くじで1億円が当たることは、"sorry to have"であろうとはいえる。

そういいつつも、肉体は"nice to have"と"sorry to have"を峻別して、"nice to have"だけをかき集めようとする。すると、"nice to have"と"sorry to have"を同一視しようとしているのはどうも、心身二元論における心の側らしい。このことは、悲しいのは体という、ほとんど人口に膾炙されることのない命題にもつながる。

さて、私くらいの年齢になると、同世代で普通に病死する人がてでくる。例えば、桑名正博、ビル・ゲイツじゃなかったスティーブ・ジョブズ、中村勘三郎などである。すると、今まで優勢であった(私の場合そうでもないか)肉体に対して、精神が次第に優越性を唱えはじめて、"nice to have"のリストを点検し始める。

そのような点検の結果、ダイエットで述べたように、地位、異性関係を含む人間関係、収入や金銭的財産、知識欲などが"nice to have"として槍玉に挙がる。

ただ、"nice to have"を槍玉に挙げすぎると、龍樹の指摘する人生の空性がクローズアップされて、何もなくなってしまう。肉体が必死で留めるのでそんなことにはまずならないとしても、一体どこまで"nice to have"の贅沢をしていいのか、あるいはどこまでで遠慮すべきなのか、戸惑う中年なのであった。

ブラック企業については、もう3年も前、こちらに書き、ブラック企業の属性にも書いた。

そこで最近、「ブラック企業」今野晴貴著、文春新書を読んだところ、次のようなブラック企業の属性が列挙されていた。

  1. 「月収を誇張する」裏ワザ
  2. 「正社員」という偽装
  3. 入社後も続く「選別」という名のシューカツ
  4. 「戦略的パワハラ」で自己都合退職へ
  5. 残業代を払わない
  6. 異常すぎる長時間労働
  7. 辞めさせてくれない
  8. 職場が崩壊している

これを、ブラック企業の属性に書いたことと較べてみると、本質的に変わっていないのかもしれないが、手口がより巧妙に且つえげつなくなってきていると思われる。こういうのに洗練などという形容詞を使うのだろうか。

3年前との違いは、もしかして以前はブラックでなかった会社がブラック化し、一方で、就職氷河期のせいか、以前はブラック化する以前のその会社に見向きもしなかったような高偏差値大学の学生も押し寄せるようになったことである。

比較的優秀な人材も多数押し寄せるようになったことに乗じて、ブラック化した企業は、無茶苦茶な労働条件とエンカルチュレーションで新入社員を選別にかかった。それで期待に応えられなかった新入社員に対して、馬鹿だの、反省が足りないだの、つまらない厚いマニュアルを丸暗記しろだの、パワハラ以外の何物でもない対応で追い込んでいく。

それで愛想をつかして辞めていく人も当然いるが、この就職氷河期、おいそれと他の就職先は見つからないので、ここでやり直そうと頑張る社員が、さらなるパワハラで健康や人格を壊し、自殺や再起不能になる人もでてくる。

そしてブラック企業は、ブラック士業の先生たちのリーガルサポートも受け、法的武装し、生き延びていく。

ブラック企業は、少子化でただでさえ貴重な若年労働者を浪費するという意味で大変な問題である。それでいて、メディアはブラック企業を痛烈に批判することはあまりない。いろいろと会社間の利害関係にあるのだろう。そもそも、最近のブラック企業には、世間的に名前が売れた、好業績の有名企業が結構ある。

ではひどい目にあう社員側にどのような対応があるのだろうか。著者の今野晴貴氏は、若者の労働相談を受けるNPO法人、POSSEを立ち上げた人である。よって、そういうNPO法人に相談に行ったり、弁護士に相談して会社を訴えたり、労働組合に相談に行くなどの方法を提案するが、どれも迂遠である。どうしても企業側が立場が強いのである。

ただ、私が管理職のとき、問題社員になんとか辞めてもらおうと努力したことがあったが、そうやって企業側に立ったときは、日本の労働法の保護の厚さを痛感した。今や労働法も、企業の側により有利になるように傾いてきているようである。

理想的には企業は、スキルと効率を重視し、社員からの合理的な意見は反映して道を外さないようにやっていくべきであり、それは今も昔も変わらないはずなのに、どうしてこのように企業側にモラルハザードが生じたのか、理解できないでいる。

最近、"ソーシャルもうええねん (Nanaブックス)"村上福之著という、SNSやツイッタの内幕みたいなことを書いた本が人気のようで、本屋でたまたま立ち読みしたら面白かったので、知り合いにも紹介しておいた。すると、知り合いはその本を買うそうで、なんとなくバツが悪くなって今更自分でもこの本をアマゾンで注文した。

それとは関係ないのだが、自分で「プログラムもうええねん」と思うことがあった。すなわち、私がコンピュータのプログラミングをたしなむようになったのは30年以上も前であるが、私の作るtoy programが会社の業務に使用されるようになったのは、1990年頃からであるので、その頃からみても、既に20年以上経過している。

そして、誰も言ってくれないので自分でいうのだが、私の作成したプログラムは、それなり業務に役立ってきたと自負する。なのにいままで一度も私の職務分掌に、プログラミングが記述されたことはない。

そもそもが初期の頃の特許電子出願には私のツールが必須だったはずなのに、そのツールを作成するためのTurbo C++ 2.0を買うための1万2000円程度の費用も会社は負担を拒み、自己負担だった。それでも、業務中におおっぴらにプログラミングできるので文句言わなかった。

ただ、Turbo C++ 2.0は2バイトコード対応でないため、メッセージなど文字化けが頻発する。それで、ものの本をみて、2バイトコード中に"\"が出てくると"\"をかぶせてエスケープ化するように前処理するプログラムを通すことで、文字化けを防いだ。

もちろん、MSCなどのもっと本格的なCコンパイラを使うとそんな対処も不要なのだが、MSCは少なくとも5万円くらいして、安月給社員には高嶺の花だった。あと、C++が使えるというのもTurbo C++ 2.0の魅力で、練習として無理やり、筋悪のC++のクラスを書いてみたりした。

本来の特許実務の仕事も少なくとも人並みにはやっていたので、それに追加でプログラミングというのはかなり激務だったが、当時はともかくまだ若くて体力があった。

そんな私のプログラミング作業というのは、決して正式には認知されず、あからさまにそんな馬鹿なことはやめろという管理職もいたが、囲碁でいうところの実利にはならなかったが多少の厚みにはなったのだろう、業務関係の管理職に登用されるきっかけにはなった。

業務関係の管理職になると、予算管理、人事管理で忙殺されて、プログラミングどころではなくなったのだが、それでも、私が作成したプログラムのメンテナンスは私がやるしかなく、昼間のルーチン業務が終わって夜10時くらいから12時くらいまで、プログラミングしたりした。これが恋人なら、やっと二人きりになれたね、というのかもしれないが、相手はコンピュータである。そんなこと言っていたら相当あぶない。

ともかく、細々とプログラミングやってきたのだが、管理職を降りて実務に集中する時間が増えたことと、それと何よりも歳取ったことで、プログラミングのための集中力が衰えてきた。

私の業務用のプログラミングというのは馬鹿みたいにシンプルなアルゴリズムしか使っていない。それでも一見複雑に見えるとしたら、それは、特許の複雑な方式に対処しているからである。あるとき、普通の特許の出願番号でなく、全く体系の違う国際特許出願番号も処理できるようにプログラムを書き換えた。そのとき、ある条件をみたすときだけその国際特許出願番号を処理するようにしなくてはならないのに、if ()の条件付けをうかりしてしまった。そのせいで、特許中間処理用に私のツールを使用している同僚から軽く苦情が来るようになった。なぜ軽くかというと、別に私のツールを使わなくても、そこのところは、WORDなどで別途それほど困難なく作成できるからである。ただ、私のツールだと、意見書と手続補正書を同時に生成できるなど、少しだけ便利である。

そして苦情とは、あるフォームを変換しようとすると、メモリ保護違反みたいなエラーが出て、OSにトラップされてしまうのである。どうも、寸足らずのバッファにうっかり長いストリングを書き込んでいるらしい。if ()の条件付けの不足である。

そうやって書くと簡単なのだが、この程度のバグをみつけるのに何日もかかってしまった。なにしろ初期のTurbo C++ 2.0の頃からのコードを引きずっていて、当時はリソースの制約があるので、switch() { case:ラベル break; case:ラベル break; ・・・ }とつなげていくcase:の数さえ、大幅な制約があった。それでわざわざif () {} else {}で分岐させて別のswitch文を書いていたほどである。

そんなこんなで、とても簡単な処理しかしないのに、コードはスパゲティ状態だった。なのでさっぱりバグの箇所がわからない。C++ Builderのシンボリックデバッガでもエラー箇所は同定できない。ここらあたり、一度もきちんとプログラミングの修行をしていないツケが回った。

そしてつい、スクリーンをみながら叫んだのが、「プログラムもうええねん!」である。この程度のバグも直せないなら、もう引退やろが、となぜか関西弁になった。で、涙目でソースコードを眺めていたら、神様が不憫と思ったか、ここ掘れワンワンと問題箇所が指し示されたような気がした。そのほんの数行を修正したら正常に動作するようになったが、プログラミング・スキルは、かなり惨めな状態にあると感じた。

でも本音は、「プログラムもうええねん!」ではない。若い頃是非やりたくて、当時のコンピュータのメモリ不足でできなかった偏微分方程式のシミュレーション・プログラムを定年後、書いてみるという夢がある。そのためにはそもそも、偏微分方程式論をきちんと勉強することと、差分解法や有限要素法などのような偏微分方程式の数値解法を勉強することである。書きながら自分で怖気づいてしまったが、少しずつ積み重ねていこうと思っている次第である。

葬儀

user-pic
0

私は基本的に、個人的なことはあまりブログに書かないのだが、毎日書くはずのブログが何日も空いてしまった理由を示すために、出席した葬儀のことを書いてみる。

私の父は2010年4月に80歳で癌の手術をしたのだが、その時点で医者にあと半年程度の命と告知された。それで私を含む親族は覚悟したのだが、放射線療法が功を奏したのか、病状は安定し、退院して特別養護老人ホームに入居できるまでに回復した。

ところが、2012年4月に老人ホームの自室で転んで足を骨折し、入院して手術してからは衰えが目立つようになった。すなわち、一旦退院したものの尿道炎を起こし、熱がでてきて、体力が急速に衰え、 嚥下機能が低下して、流動食しか食べれなくなった。

夏頃になるといよいよ、点滴だけで栄養を補給するようになった。すると意外にも少し元気になり、ウォークマンで音楽を聴いて楽しむようになったが、秋が過ぎると肺炎を併発し、熱が下がらなくなった。黄疸もでてきて、いわゆる多臓器不全の状態に陥ったが、私が見舞いに行った年末は、ステロイド剤の作用なのか熱が下がり、意識も戻って、意味がある会話ができるようになった。

そしてなんとか正月を越えたときは快哉を叫んだのだが、今年の1月2日の朝6時、容態が急変して突然亡くなった。ずっと病気のデパートのような状態だったので、よくここまで生きたといえる。

そして葬儀であるが、なかなか適当な葬儀場が見つからず、しかも、1月3日が友引ということで、葬儀を避けるべき日だというのもあったのだが、1月2日お通夜、1月3日告別式と、葬儀を敢行した。友引だと、ロウで作った観音様ような友引人形をお棺の中に入れることで、災いを避けるのだそうである。初めて聞いたが、この歳になるまで数えるほどしか葬儀に出席したことがないので仕方がない。

ともかく喪主として、訳も分からず葬儀屋さんの指示どおり進行してもらって、なんとか無事終えることができた。詳しい人から見たら、いろいろまずいところもあったらしいが、何しろあまりにも経験不足なので、何をやっても要領の悪い私だとあんなものだろう。

葬儀から戻ってきて、やって人心地がついた。あれほど緊張しストレスの溜まることもなかなかない。こうしてブログにしたためることも、私にとってはストレス解消なのてあった。

メタ大局観

user-pic
0

深夜の3時くらいに朦朧としながら目が覚めてふと、メタ大局観という言葉が浮かんだ。道を歩いていてふと、意味不明のフレーズが浮かぶというのはときどきあるが、目が覚めた瞬間に意味不明のフレーズが浮かぶということは今まで記憶にない。

そもそも例によって、意味の説明どころかヒントもないのだから、自分で意味を考えなくてはならない。そこで枕元のメモ用紙に、メタ大局観と書いて、また眠ることにした。そんな訳の分からないフレーズに付き合って早起きするのは流石にその気にならない。

さて、そもそも大局観というのはどういう意味かというと、広辞苑によると、大局についての見通しや判断、とあって、あまりよい解説になってない。ほとんどトートロジーではないか。

大局観という言葉で私が思いつくのは当然に将棋である。将棋で大局観とはどういう意味かというと、例えば中盤などで、部分の駒の損得や効率に拘らず、全局的に盤面をみて形勢判断することである。広辞苑の定義よりずっと記述的である。

すると、将棋の大局観に着目したとき、メタ大局観とは、将棋より広い対象における大局観のようである。といいつつ、将棋より広い対象とは一体何なのか。将棋が一対一の間のゲームであるので、より広い対象とはここでは、例えば、より多数の配役がある対象での大局観である。典型的には会社での活動や、戦争もこれに含まれる。

そして、このように大局観とメタ大局観を定義してみると、次のような命題が現れてくる。すなわち、大局観はメタ大局観に肯定的に作用し得るか、というものである。

これは一般的には、負の相関があるように思えてならない。すなわち、将棋の大局観を養うほど、社会的な常識という意味のメタ大局観を失うからである。その典型は、将棋に没入するほど実社会で破滅していった小池重明である。

それでは、と別の問いが出てくる。戦争の作戦を練る際、机上で演習をする。ここで培うのが狭い意味の大局観だとすると、実戦の戦争に必要なのは、メタ大局観であって、すると机上で演習など無意味ということになるのだろうか。

それは、然りであり且つ否だろう。すなわち、実戦の戦争と机上の演習の間には厚いバリアがあり、一見隔絶している。しかし、トンネル効果のように、そのバリアの間を仲立ちするのが、参謀と指揮官の間のインターフェースである。それは東郷平八郎と秋山真之の間の関係なのか、はたまた、山本五十六と黒島亀人の間の関係なのだろうか。

ここまで書いてきて、これがメタ大局観についての正しい議論なのだろうか、と怪訝になってきた。ただ、このお題をくれた私の無意識またはその先に連なるなにかはもちろん、これでいいとも駄目ともいわない。

もしかして、本来の意図は政治的判断のメタ大局観という意図だったのかもしれないが、さっぱり落としどころのないまま、終えることにする。

仲正昌樹氏というと、集中講義!アメリカ現代思想、NHKブックスほか、多方面の現代思想について手堅い著書のある学者であり、私が普段から注目している一人なのだが、たまたま古書店で、「知識だけあるバカになるな」大和書房をみつけたので、早速買ってみた。以下、この本の内容にそった、私なりのコメントである。

この本は、人文科学の思考法の入門を目指しているらしい。そして、高校を卒業して大学に入学したばかりの学生を対象としているように書かれており、語り口は平易であるが、なかなかその要求は厳しい。

先ず最初に、「正しく疑う」ことが説かれる。例として高校の次のような問いが引き合いに出される。すなわち、高校の社会科では、日本の主権者は誰かという問いがあって、正解は、国民なのだれども、それでは国民が主権者だとはどういうことかと問うと、大学に入っただけの学生はとまどう。そもそも、日本の主権者は国民である、という命題で納得して止まってはいけないのである。そこから問いを前に進めていくためには、いろいろなことを学び、且つ疑い続けていかなくてはならない。

最初は思索の素人だとしたら、思索の海でまだ泳げないようなものだから、先ず先人の思考方法を学んでみる。プラトンのいくつかの著作は、そのために適切かもしれない。ただ、ある哲学者の著書に従って考えるにしても、それはあくまでも先人の1つの思考パターンに過ぎないということは忘れてはならない。プラトンのイデア論が確立された1つの説だとしても、依然として仮説である。

そういう意味で、どこまで深く学ぶのかは、自問する必要がある。時間は限られているので、とりあえずの理解にしておく命題と、自分の専門に関わるので、ある程度深く追求する命題に分けて考えなくてはならない。そして、「理解した」ということがどういうことなのか、再吟味されなくてはならない。私の経験では、理解したということがいかにあやふやな基礎の上にあるのか、突き詰めるほどに慄然とする。

次に説かれるのが、「二項対立思考の愚」である。もっと言うと、ヘーゲル哲学の弁証法を安直に適用して、ともかく反対意見を吹っかけて争点をつくっていれば、自然に議論が発展すると楽観している輩がいる。これがさらに昂じると、共産主義の暴力革命というか、ともかく破壊し尽くせば、そのあと、忽然と理想の社会が現れるというおそろしいまでの素朴な楽観論である。それは社会工学でさえない。社会制度を設計し維持することは、少なくともオペレーティング・システムの設計よりも簡単であるはずがない。

世に知られた学者であるなら、このようなことは常識であるはずなのに、依然として素朴な単なる喧嘩のような議論が世間のブログなどに跳梁しているのは困ったものである。

そして、思考停止に陥らないための勉強としての教養が説かれる。例えば、法学部だから民法、刑法、商法などを勉強しさえすればよいかというと、司法試験合格のためにはそれでよいかもしれないが、一般常識として法律を適用するときに、どうしても歴史、哲学、あるいは他国の文献を読むための語学が必要になってくる。教養の実用的価値という意味では、私に次のような経験がある。すなわち、大学時代コンピュータの授業があったが、簡単なプログラミングさえ興味がなく、いろいろ工夫して面白いプログラムを演習で書いていた同僚たちに比較して、私は最低限単位がとれる程度のおざなりのプログラムを書いたに過ぎなかった。ところがその後何年か、数学を自習する年月を経て、知らないうちにアルゴリズム思考というか、プログラミングができるようになっていた。一見数学とプログラミングは関係ないが、無意味なような教養も、思考の力強さに資することは少なくないのではないかと、思ったりする。

ただ、仲正氏は、人文科学者らしく、教養を、「知的な討論をするための基礎的な能力」であると定義する。私はもう少し広く、「知的な思考を構築するためのベクトルの基底」と、理系的に定義したくなる。

ただ、仲正氏も指摘するように、教養は、人間らしさとも関連するものであってほしい。すなわち、マッドサイエンティストであるミサイル工学者の乾いた感性に、人間性の湿った霧を吹きかけるものであってほしい。すると、さいあく教養は、暴政の下で粛清される原因となってしまうかもしれないが、そこで表面上枉げて、小声で、それでも地球は回っているとささやいて生き延びるか、あるいは粛々と火あぶりの刑を受けるか、それは自由だということにしておこう。

最近、ある大企業に勤めていた将棋のアマ強豪の人が、会社を辞めて、より将棋に没頭するために、塾の講師になったと聞いた。確かに、企業に勤めていると、会議があり、プロジェクトを任され、利益を上げなくてはならないので、場合により残業続きとなる。それで、確かに場合によって将棋どころではなくなる。

そうはいっても、その大企業は、将棋に理解があることで有名で、その知名度から、学生将棋の強豪が沢山入社し、職団戦の前など、集中将棋合宿するようである。すると、将棋の仲間と付き合えるという意味で、その企業にいることは有利であり、またきちんと給料がもらえることで、安定した生活が維持できる。

その程度の将棋度でも、私には十分すぎるようであるが、そのアマ強豪は、生活の安定さを犠牲にして、将棋を人生の中心に据えたようである。なぜそうするのか、というのは多分次のような理由だろう。

  1. 将棋の才能が卓越しているので、才能が疼き、もっと将棋に集中せよと迫る。
  2. 過去の大会の優勝など、将棋での成功体験が沢山積みあがっている。
  3. 将棋の才能以外の才能、あるいは興味が手薄である。このことは、さまざまな雑知識や付き合いを要求される企業での生活には不利である。

大学の将棋部の後輩にも、大企業での安定した生活をなげうって、将棋中心の生活を送っている人が若干いる。上記のアマ強豪も、その後輩たちも、当然ながら私より圧倒的に将棋が強い。彼らと私の本質的な違いは、将棋の棋力の差だけなのだろうか。

そこで私が思いついた言い方は、分散力である。すなわち、私は多分彼らより、分散力がある。これはどういうことかというと、興味、あるいは努力する対象を広げていく力である。

例えば私は、日本史におそろしく疎いが、たまたま藤原氏に関する本を読んで興味をもつと、そこから古事記・日本書紀に知識を広げていこうとする。そして恥ずかしげもなく、中学生レベルの入門書も読む。

そういう分散力があると、退屈しない。考えるネタに苦労しない。ただ、分散力を発揮すると、才能の尖ったところが鈍磨してしまうことがある。将棋は確実に弱くなる。また、下手したらただ広くて浅い知識の集合体になるので、自分のアイデンティティを発揮しにくくなる。ディレッタントと蔑まれるかもしれない。それでもいいと開き直るのも、分散力である。

ただ、本音をいうと、私は狭く深く追求できる尖った才能が羨ましい。そういう才能があれば躊躇なく分散力を捨てるだろう。一方で言い訳すると、尖った才能がないとき、誰もが分散力に逃避できるわけではない。そもそも、分散力の結果としてのアイデンティティの曖昧さに耐えられないだろう。

私はひそかに、知を愛するという本来の意味の哲学とは、分散力のことだと思っている。しかし、そうだよね、と他人に確認してみるにはあまりに自信がない。

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。