2013年2月アーカイブ

数学や物理学に比較して、私の日本史や世界史の知識はあまりにも乏しいので、少しでも知識のコップに水を注ごうと、最近は意識して歴史関係の本を読んでいる。

といっても、専門的なものは歯が立たないので、入門的なものだけなのだが、最近読んだ、井沢元彦の「『誤解』の日本史」PHP文庫は、私の蒙をいささか啓いてくれた。

先ず、おおっと思ったのが、織田信長である。織田信長が天才武将であることは誰も疑わないだろうが、「鳴かぬなら殺してしまえ、ほととぎす」の俗歌にあるように、短気で残虐な面もあるというのが、私の印象であった。ところが、「『誤解』の日本史」によれば、織田信長は、楽市楽座により、今まで寺社によって独占されてきた、醤油や油などの日用品のライセンス料を撤廃し、経済活性化をもたらした功労者なのであった。今の時代なら、ミルトン・フリードマンが泣いて喜ぶところである。

しかし、ライセンス収入を絶たれた寺社としては、心穏やかでないどころではない。織田信長を、殺しても飽き足らないと憎んだ。そもそも、古来より寺社は、宗教団体であるだけでなく、強力な軍隊を抱え、戦闘集団でもあった。確かにそういう武力がないと、ライセンス料徴収もままならない。

そういう戦闘集団同士なので、例えば天文法華の乱のように、比叡山が法華宗の寺院を焼き討ちにするというような不毛な宗教戦争もあった。

織田信長は、楽市楽座を進めること、他の武将が寺社と組んで対抗してくることを防ぐこと、そして上記のような宗教戦争を根絶するために、実力をもって寺社の武装解除の策を採った。

しかし、武力に恃むところのある比叡山は、再三の信長ならの武装解除の通告にも応じなかったので、結局、焼き討ちを食う羽目になった。特に宗教戦争や宗教テロを根絶したことを、塩野七生氏は最大限に評価しているという。なので、信長が残虐でないということの証明にはならないが、信長なりに一貫した方針で、前向きに宗教施策取り組んだと評価できるのではないだろうか。

次は徳川綱吉である。徳川綱吉といえば、巷間の歴史では、生類哀れみの令で悪政を敷き、世間を困らせた駄目将軍ということになっている。しかし、生類哀れみの令は、切り捨て御免の命を粗末にする武士の体質を改善するための劇薬だったのだという。それで、犬を殺したりして死刑になった人もいるが、その後平和な徳川時代をもたらしたのだという。これはちょっと素直に信じがたい。ともあれ、側用人という優れた制度も導入し、なかなか英明な将軍だったというのだから、別の本も当たってみることにしよう。

専門技能

user-pic
0

日本海賊を書きながら、ふと思ったのは、典型的には海賊や水軍が得意とする航海技術というのは、長い間船を操舵しないと身につかない特殊技能で、特に日本のような島国では、水上運搬、海戦などとても重要な技術であるにも関わらず、河野水軍も、村上水軍も、九鬼水軍も、塩飽の衆も、結局便利に使いまわされただけで、決して高い位や広い領地を、時の政府から授与されることがなかった。

これは普段の私の仕事でもいえることで、特許実務というのは、今の時代そこそこ重要な仕事だと思うのだが、同じ法律関係部門であっても、どうしても風下に置かれがちである。

これから、専門技能の持ち主は冷遇される、と断言してよいであろうか。もしそうなら、その理由は何だろうか。

まず第一にいえることは、専門技能の持ち主は全体からみて人数がマイナーなので、団結したとしても、どうしても存在を主張しにくい、ということがある。すなわち、いくら日本が島国だからといって、中世の日本で、実際に船で航行していた人達は全体からみて圧倒的にマイナーであった。なので、どうしても、そのスキルを使いまわされるに終わってしまいがちであった。

特許部門だってそうで、その資格保持者である弁理士は、どうしても、法律の典型的資格である弁護士より、数が少ない。ましてや、私なんぞ弁理士でもなく、元シスタンだったりする。

あと、適用範囲の問題がある。すなわち、法務部門は、一般法務というくらいで、法律がからむあらゆる問題を扱うが、特許部門が扱うのは、原則として知的財産権が絡むときだけで、どうしても版図は狭くなる。その版図の狭さも、相対的な地位の低さに関与する。

私は研究部門のそばにいるので、研究部門の研究者についても同様のことを感じることがある。すなわち、そういう研究者は、日本の最高レベルの大学院を卒業し、PhDの学位ももっていたりする。ちょっと話しても、私からみて気が遠くなるような秀才であると感じることがある。ところが、である。その人を頭脳をもってすれば、東大法学部を卒業して高級官僚にもなれたし、その後天下って楽勝の人生を送れたはずなのに、そういうすごい秀才が、私より地位が低かったりするのである。私はこれを決して自分のラッキーだと思わないで、これって、おかしくね?と最近の言い方で疑問に思うのである。

それもまた、専門技能の闇のせいであろう。そういえば、ギリシャの哲人、クセノフォンの本を買ったら、その訳者は、大学院でギリシャ哲学を専攻し、いまではフリーで哲学者をしているという。なのに、エピローグのところに、妻に感謝するとあって、ええっ、奥さんいるんだ、フリーの哲学者でどうやって奥さんを養うのだろうと、ますます疑問に思ってしまった。これがギリシャ哲学でなく、英文学とかフランス文学とかの専攻なら、大学講師としての就職に、そんなに困ることもあるまい。これもまた専門技能の狭さのせいだと思う。

では、私はどうかというと、生活に困らないレベルの収入は得ている。言い換えると、専門技能があまりなくて、一般性を発揮している。もともと私は、狭く深い専門家になるつもりだった。ところがいろいろな意味で知的能力が足りなくて、妥協の連続で、今のようにそんなに不自由しなくて食べていけているというのは、いかがなものか、矛盾ではないかと、とふと疑問に思うのである。

では、深い専門技能をあげるから、代わりに飢えるほど窮乏してみるかね、という逆ファウスト的問いかけを自分にしてみるのだが、長年の安逸な生活に慣れて、到底そんな問いかけに、是となんて答える気にはなれない。お前は太った豚かと自問するのだが、豚に違いないが、ダイエットしたので、少なくとも肥満の豚ではないぞと、非本質的な言い訳に明け暮れる次第なのであった。

以前に、ファンケルから来る「元気生活」という雑誌に基づき、脳の栄養という記事を書いたが、最新号の「元気生活」に「ブレインフード」という特集があったので、以下、以前の記事の補足のようなことを書いてみる。

まず、脳に重要なのはDHAであるが、それは脳の栄養にも書いたので、ここでは省略する。

そこで、ここで初出となるのは、いちょう葉である。いちょう葉は、テルペクラクトンという独特の香気成分、ケルセチンやプロアントシアジニンなど、多くのフラボノイドを豊富に含む。いちょう葉は、血管内皮細胞が分泌する一酸化窒素という血管拡張物質の産生を促進し、血管を広げ、血の巡りをよくする。フラボノイドがもつ抗酸化作用で、スーパーオキシノイドを消去する。また、血管が傷つくと放出される血小板活性化因子が過剰に働くのを抑制する。いちょう葉にはさらに、神経伝達物質であるアセチルコリンを増やし、神経細胞への取り込みを促す作用もある。よって、いちょう葉には、アルツハイマー患者の認知機能改善の効果もある。

次は、ホスファチジルセリンである。これは、大豆やマグロの赤身などに含まれるリン物質であり、血管壁や細胞膜を柔らかくして血流を改善する。これにより糖の取り込みを促進する。ホスファチジルセリンも、いちょう葉と同様に、アセチルコリンの分泌を促進し、神経細胞の樹状突起が加齢とともに減少するのを抑制する。こうして、ホスファチジルセリンは、ストレス緩和、集中力アップを促す。レシチンというのは、ホスファチジルセリンをも含む、リン脂質の総称である。アセチルコリンの原料となり、記憶力や学習意欲を高める作用がある。

次は、脳の栄養にも書いたGABAである。抑制性の神経伝達物質として、脳の働きを正常に保つ。発芽玄米に含まれる。脳の血流を活発にして酸素の供給を増やし、脳細胞の代謝を高める。加齢とともに減少するので、補う必要がある。また、ストレスを緩和する作用もある。

次は、緑茶に含まれる旨み成分で、アミノ酸の一種であるテアニンである。腸管から吸収され、血液脳関門を通過し、脳内に取り込まれ、脳をリラックスさせる。

次は、ビタミンB群である。ビタミンB1は、脳を働かせるエネルギー源であるブドウ糖の利用に不可欠である。ビタミンB6は、GABAをグルタミン酸から生成する酵素の補酵素になる。ビタミンB12は、神経細胞に含まれるたんぱく質や脂質の合成を助け、神経機能を維持する。そういえば、顔面神経性麻痺のとき処方された薬に、ビタミンB12が含まれていた。あと、葉酸は、認知症にかかわるホモシステインの増加を抑える働きがある。

隕石落下

user-pic
0

隕石の落下の解説記事が読売新聞の科学欄にあったので、私なりにまとめてみる。

まず、隕石の大きさと被害の一般的なことを表にまとめてみると、以下のとおりである。

直径 地球への落下頻度 衝突エネルギー 被害
1m 10日に一度 約100トン 大気圏で燃え尽きる
10m 10年に一度 約10万トン 大気圏でほぼ燃え尽きる
100m 1万年に一度 約1億トン 1~2キロのクレーター
1km 100万年に一度 約1000億トン クレーター、気候変動
10km 1億年に一度 約100兆トン クレーター、気候変動、大量絶滅

NASAの発表によると、今回のロシアに落ちた隕石は、火星軌道の外側を通り、地球軌道と交差する楕円軌道を回っていた。火星軌道の外側には、小惑星と呼ばれる岩などの塊が多数存在し、今回の隕石はそのうちの一つのようである。

ロシアに落ちた隕石は、推定で直径15~17m、重さ7000~1万トン、上記の表では10mレベルの大きさなのに、表よりも軽いのは、金属質でなく、多孔質のものなのだろうか。音速の約50倍の速度で落下し、超音速で落下する物体の前には空気が圧縮されて高圧の層ができ、その層が高温になる性質がある。圧力は大気中で一気に2500万倍になり、温度は数万度に達したとみられている。そしてその高温により隕石が割れ、上空20キロで熱による光を発しながら、バラバラになった。

ちなみに、ツングースカ大爆発は直径50m相当の隕石落下が原因とみられている。また、6550万年前にユカタン半島に落下し、恐竜の絶滅をもたらした隕石は、直径10km相当だったとみられている。

このように小惑星あるいは隕石の衝突は、壊滅的な被害につながりえるので、地球への衝突の回避策が検討されている。宇宙研究開発機構の吉川真准教授によれば、直径100m以下の小惑星なら、はやぶさのような重さ100kgある探査機をぶつけることにより、軌道を修正可能だという。実際、欧州宇宙機関は、2基の探査機を直径500mの小惑星にぶつけることにより、軌道を変える、ドン・キホーテ計画を実施するという。とはいえ、この方法だと、変更できる軌道はごくわずかで、しかも、小惑星接近でみたように、イトカワ並み、すなわち、直径160メートル程度の小惑星でさえ、1年前にようやく見つかった程度である。

これ以外にも、より重い探査機を小惑星付近に通過させ、引力で小惑星の軌道を変更する方法が研究されているが、ミサイルで迎撃する方法は、破片の数が増えて被害が広がる可能性があるので、現実的でないということである。そうはいっても、本当に大きい小惑星が間近に迫っていることが分かったら、仕方ないのでミサイルでもぶっぱなすくらいしか方法はないのではないだろうか。軌道の微妙な修正は間に合わないはずである。

ところで、朝日新聞Webに下記のような記事があり驚いた。

【モスクワ=副島英樹】ロシア・ウラル上空に飛来し爆発した隕石(いんせき)をとらえたとされる動画に、未確認飛行物体(UFO)のようなものが映っており、注目を浴びている。
動画はインターネットで広がり、白く光って落下する隕石に何かが衝突して爆発したように見える。
ロシア国営テレビは、専門家らが映像を拡大したり、スローモーションにしたりして念入りに分析していると伝えるとともに、米国では「ロシアの秘密兵器だ」「UFOが隕石を突き破った」などと話題を呼んでいると報じた。

おおっ、と私は思った。これは隕石の落下で述べた、宇宙人による地球に対する救助活動なのだろうか。だとしたら、随分ナイーブな援助方法である。宇宙人なら、重力操作で隕石を操ったり、あるいはレーザーで溶かしたり破裂させたり、という方法をとりそうなものである。

怨霊信仰

user-pic
0

井沢元彦の「『誤解』の日本史」PHP文庫を読んでいて、なるほどと思わせる記述があった。それは、奈良から平安京への遷都の理由である。

まず、奈良の大仏であるが、これを大変な労力をかけて建立した理由は、国土安寧とか国家鎮護などであった。しかし井沢氏は、それは建前で、本当の理由は、怨霊信仰に基づき、怨霊を鎮めるためのものだったのだという。

具体的には、長屋王の変である。皇位継承を巡る争いで、長屋王は、藤原氏の陰謀により、自殺に追い込まれた。729年のことである。藤原四兄弟は妹で聖武天皇の夫人であった光明子を皇后に立て、藤原四子政権を樹立したが、天然痘により737年に4人とも死没してしまった。藤原氏の正体にも書いたとおりである。

当時の怨霊信仰では、これは当然に長屋王の祟りであった。なので、藤原氏の意向を汲む聖武天皇の発願で745年に、東大寺盧舎那仏像、すなわち奈良の大仏の建立が開始された。完成したのは752年だった。

仏教宗派で述べたように、奈良には、南都六宗として三論宗、法相宗、華厳宗、倶舎宗、成美宗、律宗があり、東大寺がその中心であった。

こうして怨霊を鎮めるため東大寺盧舎那仏像を建立したのだが、結局、その霊験はどうもあまり効き目がなかったというのが、桓武天皇の784年の平安京への遷都の理由である、というのが井沢氏の意見である。

そもそも、最澄や空海が中国に留学したのは、仏教の中でも霊験が大きいと言われている密教を学ぶためであった、と理解すると納得がいく。最澄は、南都六宗にいたく失望していたのだが、それも霊験という意味もあるのではないだろうか。

そして今昔物語を読むと、空海が絶大なる法力を発揮する説話がある。すなわち、日本で期待されたのは、もともとの仏陀が説く悟りではなく、呪術あるいは、怨霊鎮魂のような超能力なのであった。それならば、仏教よりも、道教あたりの仙術のほうが相応しいような気がするが、もし密教がその期待に応えうるものだとするといよいよ、密教は仏教なのか、という基本的な問いかけに逢着する。

人間の壊れ方に関連して、少し思いついたことがあるので、思いついたことを少し書いてみたい。それは、力学なのか、トポロジなのか、あるいはカタストロフ理論なのか分からないが、思いつくまま述べてみたい。

私の観察によると、人間が壊れるとき、次の3つの必要条件がある。

  1. 価値の絶対化。すなわち、他人の意見を絶対聞き入れなくなる。聞き入れるとしても、偏ったある特定の人の意見だけだったりする。意見の相対化を拒否する。
  2. 正の特異点の存在。すなわち、何があっても絶対否定しない事柄がある。
  3. 負の特異点の存在。すなわち、何があっても絶対肯定しない、あるいは無視する事柄がある。

これとは多分独立でない命題として、損得独立性がある。すなわち、功利とは完全に乖離してしまうのである。

これを、第2次大戦末期の日本軍に譬えると、わかりやすい。そのとき、日本軍の幹部たちは、いかなる停戦の提案にも応じようとしなかった。原爆の被害さえ、無視しようとする者がいた。また、皇国日本が負けるわけないと信じ、戦力の消耗と彼我のリソースの差を一切正視しようとしなかった。結果的に、国体の保持という功利性も怪しくなった。

このように定式化すると、人間崩壊の方程式が見えてくる。先ず、おそらくどんな人間も、正の特異点と、負の特異点をもっている。なので、どんな人間も崩壊の可能性がある。

それでも普通は、崩壊への動力学は発動しない。人間が崩壊への階梯をくだり始めるのは、ある目標をもってそちらに移動を始めるときである。移動によりリソースが消費されはじめる。通常、定職をもち、休息をとることで、リソースが供給されるので、移動に支障はない。

ところが、正の特異点と負の特異点の存在が、移動のトラジェクトリを規定する。特異点も含めて行動力学の方程式を解くと、無限ループが生じることがある。無限ループに陥ってもリソースがある限り、なにも問題はない。むしろ、小さな世界で述べたように、それは異様に幸福な時間なのかもしれない。

そしてリソースの有限性により、幸福は続かない。リソースが枯渇したとき、カオスが現出する。なぜカオスになるのかというと、周囲の境界条件が複雑だからである。

すると、崩壊を避けるための方策が改めて提示される。すなわちまず、心の特異点の緩和である。おそらく仏教の説く悟りとは、そのことなのだろう。仏教では拘ってはならないといわれる。現実的には、さまざまな耳が痛いアドバイスを容れるよりない。

そして次は、言わずとしれたリソースである。リソースは健康やお金などであるが、才能も含まれる。すると自明であるが、才能がある程度ある分野を選び、十分なリソースを見込んで活動するよりないということになる。書いてみると、あまりにも自明で呆れるほどである。

ドクサ

user-pic
0

先日、想起の技術に書いたように、プラトンの「メノン」を読んでから、またプラトンの対話編を読み直してみたくなった。そう思って、ある古書店の100円均一コーナーを眺めていると、「ソクラテスの弁明」が載っている小さな岩波文庫があったので、迷わず買った。

プラトンは、中公の世界の名著を始めとして、いろいろもっているので、当然にその中に「ソクラテスの弁明」も含まれている。しかし、通勤電車で読むには、岩波文庫が好適である。そもそも私は、例えば量子力学の入門書があったとして、全くちゃんと量子力学なんて理解できていないのに、ああ、そんなの知っていると、本を買わないで避ける傾向がある。その本には必ず自分の知らないことが沢山書いてあるだろうと思ってもである。

このように、分かっていないことを分かっていると勘違いしてしまうことを、ギリシャ語でドクサ(δοξα)=臆見と呼び、ソクラテスが最も忌み嫌ったものの一つだった。ただ勿論、私が「ソクラテスの弁明」岩波文庫を改めて買ったのは、それとは全く意味が違うが、類する本をもっているから買わないということを避けるという意味では似たようなものである。

さて、「ソクラテスの弁明」の内容であるが、改めて読み返してみて感じたのだが、ソクラテスがデルフォイの神託で、「ソクラテス以上の知者はいない、なぜならソクラテスは知らないということを知っているからである。」と言われ、それを自ら喧伝するのはまあよい、そのことを以っていろいろな識者を渡り歩き、専門家面しているが、みんな本当は分かってないということを喝破して歩くというのは、何とも凄まじい、喧嘩を売る行いではないだろうか。そうやって、買わなくてもいい怒りを買ったお蔭で、ソクラテスは刑死してしまったのだが、逃げようと思えばいくらでも逃げられたのに、堂々と死刑を甘受したという点で、ソクラテスは後世に恥じない偉人として、プラトンやクセノフォンなどの弟子の記憶に残ったのであった。

ところで、昔、謎の位階という記事で、各々が不可知かもしれない謎を、なんとか順序づけできないかと無茶な構想を立てたことがあった。そのように考えるのはある意味自明で、例えば量子力学一つをとってみても、シュレーデインガーの方程式を導きだすオペレータにしても、実は極めて恣意的にえらばれた一つにすぎず、それが分かると、量子力学の謎性はただ高まる。

そうだとすると、明らかに、超弦理論が量子力学よりも高い謎性をもつといえるはずなのであり、このような基礎物理での謎性が伝播していくと、森羅万象の謎性を想定しなくてはならなくなる。

そうだよね、ソクラテスと聞いても、まあそうだが、わしは、もっと道徳のことを考えていたというのかもしれない。確かソクラテスは、自然哲学のことも考究していたが、人生の後半で封印したのではなかったか。なぜなら、ちょっと考えただけでも、上記のように議論が容易に発散してしまうのである。

なので、というのも変だが、無知の知をよく知っているつもり私は実は賢者ではない。もちろんこれだけではないが、ソクラテスにあって私に欠けているものは、剛毅さと勇気と弁論術なのだろう。そもそもが、無知の知をよく知っているなどということ自体、妙な循環論法に入り込んでしまうのである。

筋と形

user-pic
0

典型的には冠婚葬祭がそうであるが、世間のしきたりというものは難しい。特に、文化の粗野性で述べたように、下手に伝統的な、文化的に洗練された社会で育つと、しきたりの文法というかプロトコルがうっとおしくて仕方ない。それでつい手続きを省略すると、指摘や非難の嵐となる。

ただ、文化の粗野性だの洗練性だのといっても、人間社会であれば、どうしてもあるきまりに従い生きていくよりない。また、最低限生きていくのではなく、ある程度うまく生きていこうとするとどうしても、囲碁や将棋におけるような、筋と形を学ぶよりない。

先日葬式を喪主として経験して、葬式にはいままで知らなかった実に多くの作法があると改めて知ったが、これなども形であろう。そこでは基本的に、形、あるいはそれをとり行う筋から逸脱することは許されない。

では、そういう儀式から一歩外れて、日常や会社生活はどうなのかというと、厳密性はともかく、手筋や形の種類の多さは、冠婚葬祭の比ではない。なので、語学のように、それを学び続けるのが、人生の一つの課題である。

とはいえ、ただ筋と形だけに従って生きていくのでは、人生は寂しいし、意義を見出しにくい。やはりせめて、独自の思索に委ねるモードも必要である。そこでデカルトは確か、生活を、世間に迎合する常識モードと、一人で哲学するモードに二分した。常に哲学していようとすると、世間との軋轢が大きすぎる。そうはいっても、ウィトゲンシュタインは、世間に迎合する常識モードを最小限にしようとしたのかもしれない。

一方、哲学するためでなく、自分の欲望を極大化するために、世間に迎合する常識モードを減らすというインセンティブも人間にはある。現代のポビュリズムに満ちた世間にあっては、そういうモードもそれなりにうまくいったりする。それが案外と伝統へのよきチャレンジである場合もなくはない。

しかし私は省みて、なるべくデカルト的な世間知の方法で生きていこうと心がけている。すなわち世間のことはなるべく、迎合して仰るとおりと、人畜無害な人間として生きる。そうやって余った時間を、哲学とまでは言わないが、自分を孤独において、いろいろな思索に費やす。

ただ、迎合した世間知は増殖して、容易に哲学的生活を侵食する。デカルトが早死にしたのも、義理に流され、世間に迎合しすぎたせいだった。

一方で私はというと、世間知のプロトコルに未熟すぎて、いろいろと反撃をくらっている。とはいっても、世間知のプロトコルに習熟して、充実した思索生活ができても、そんなに深い思索に浸れるわけでもない。なにんしても生活はシンプルに、思索は高邁にがモットーである。渡辺淳一のように放埓に生きていては、私だったら流れて終わる。まあ真似できないんだけれども。

恋愛禁止

user-pic
0

J-CASTニュースに、「AKB「恋愛禁止」に弁護士から異論 公序良俗に反し、民法上無効?」と題する記事があったので、引用しつつコメントする。

AKB48のメンバーに対してあるとされる「恋愛禁止」について、丸刈り騒動をきっかけに弁護士などから異論が相次いでいる。民法に当てはまる行為とされれば、無効になる可能性があるようだ。

「人として生きるな!って言われてるのと一緒だよね」

女優の仲里依紗さん(23)は2013年2月3日、AKBの恋愛禁止についてツイッター上でこう発言した。

契約で、公序良俗に違反する条項があれば、その契約は無効である、というのが確かに民法の一般原則である。ただ、それをAKBに適用していいかどうか、かなり疑問である。

なぜなら、AKBは、相当に選ばれた集団であり、特定の男性と交際していることがばれるとアイドル性を毀損してしまうため、恋愛禁止を契約条件に謳うのは違法でないと思われる。すなわち、自由に恋愛したければ、AKBを抜ければいいのである。それこそ、職業選択の自由で、自分の意思で抜けられる。

私が会社で管理職をしているとき、管理職研修で、部下と恋愛関係に陥ってはならないと教育された。ここで恋愛関係というのは、単に好ましく思うというだけでなく、具体的にあからさまにいちゃいちゃするとか、デートに行くことがばれてしまう、などであろう。私の知っている例で、管理職が休暇をとるとき、特定の女性の部下の休暇がいつもそれに同期する、ということがあった。それで周囲は怪しいと踏んでいたが、プライバシーなので踏み込まなかった。恋は盲目というが、本人たちは意外にも、ばれていることに気づかなかった。

管理職研修で、部下と恋愛関係に陥ってはならないと講師役の人事の社員が言ったのに対して、出席していたある管理職が、「そうはいっても、妻がいて、特定の女性の部下と深い関係になったらどうするのか。」とかなりあからさまな質問をした人がいた。その直球の質問に私を含め周囲は度肝を抜かれたが、人事の講師の回答がまたなんともだった。すなわち、「奥さんと離婚して、その部下と結婚するならいい。」というものであった。ええっ本当か、とみんな思ったが、そうやって、新しい妻である部下が、別の部門に異動になればオッケーなのだろうと、私を含め、割り切れないながらも納得した。

戻って、一企業の管理職でも原則部下との恋愛禁止なのだから、それよりもはるかに選別性の厳しいAKBで、恋愛禁止なんて当然なのである。証明終わり、なのであった。

遠距離通勤で読書量が増え、すると、森博嗣東野圭吾スティーブン・キングなど、気分転換に娯楽的なミステリーなどの本も読むようになってきた。

そこで最近特に面白かったものをリストしてみる。

東野圭吾は、「白夜行」のあと「手紙」、「流星の絆」を読んだが、手馴れているというか、流石に読ませる。どおりで、出る作品すべてベストセラーになるはずである。ただ、松本清張でさえもそうだったように、沢山読むとちょっとマンネリになってくるのは確かである。また、より最近の作品である「流星の絆」は、「白夜行」よりも、とりあえず仕上げました、感がどうしても漂う。まあ総合的には大した作家である。

次に読んだのは、曽根圭介の「本ボシ」である。冤罪ものなのだが、江戸川乱歩賞作家にしてはちょっとストーリーが中だるみかな、と思った。まあ、読めないということもなかった。

次に読んだのは、薬丸岳の「虚夢」である。前作の「天使のナイフ」がとても面白かったので続けて読んだのだが、これも期待を裏切らなかった。ただ、「天使のナイフ」より少しだけ中だるみしたか。

次に読んだのは、雫井脩介の「火の粉」である。その帯によると、なんでも40万部のベストセラーなのだそうだが、不愉快になるほどの絶妙の心理描写で飽きさせない。裁判制度についても、改めて考えさせられた。

次に読んだのは、貴志祐介の「黒い家」である。保険金詐欺のテーマのホラー小説なのだが、なんと私はこれを、父の葬儀に向かう新幹線の中で読んだ。その沈んだ雰囲気が異様にマッチして、まさにノワールな読書タイムであった。

次に読んだのは、有栖川有栖の「マジックミラー」である。こてこての鉄道ミステリーでアリバイ崩しものであった。私は本来、こういうテクニカルな推理小説はあまり好きできないのだが、これは案外と面白く読んだ。

次に読んだのは、横山秀夫の「第三の時効」である。これは長編小説かと思っていたら、短編集なのでちょっとがっかりしたが、読んでみたら、私が今まで読んだ中の最高の完成度の警察小説なのであった。これが面白かったので、同じ作家の「半落ち」も読んでみたが、確かに面白いのだが、前評判が高すぎるせいか、最後の落ちは私はいまいち気に入らなかった。

次に読んだのは、熊谷達也の「漂泊の牙」である。ミステリーというよりも動物小説なのかと、あまり期待しないで読み始めたら、これは実は、動物ミステリーともいうべき、秀逸な作品であった。

私はどちらかというと一人の作家を気に入ったらその作家の作品を続けて複数読むタイプだが、日本の懐石料理というか韓国の宮廷料理というか、少しずついろいろな作家のものを読んでみるのも悪くないと思ってきた次第である。

正確な時計

user-pic
0

昔は、正確な時計とは水晶発信機によるものだった。腕時計などでも、クォーツなどと呼ばれた。そこで、読売新聞の科学欄に基づき、正確な時計の記事についてまとめてみる。

1956年以前は、正確な1秒は、地球の自転周期の86000分の1の周期で決めていた。これだと、100日に1秒の誤差の精度である。

1956年以降は、正確な1秒は、地球の公転周期の31556925.97471の周期で決めていた。これだと、160年に1秒の誤差の精度である。

1967年になって、セシウム原子に吸収される特定の電磁波を基に1秒が決められるようになった。すなわち、原子核を回る電子は、特定の電磁波を吸収して状態が変わる。そこで、セシウム原子の原子核の状態を変化させるマイクロ波の周期を、9192631770回数える時間で1秒が決められた。これは現在の電波時計の基地で計算されている方法である。

上記の方法は要するに、特定の元素の原子核を、特定の波長の電磁波で状態変化させるという技法であり、すると、別の原子と別の電磁波の組み合わせがありえる。そこで最近のブレークスルーは、東大の香取秀俊教授が2005年に開発した光格子時計である。レーザー光を使って空間に原子を捕捉する格子を作り、そこにストロンチウム原子を閉じ込める。そこに、ストロンチウム原子の原子核の状態を変化させる特定の波長の光の周期の42922809873.4回数える時間で1秒を決めるようにした。この技法だと、300億年で1秒しか誤差がない。これ以外にも、産業技術総合研究所の洪峰雷研究科長らが開発した、イッテルビウムを使うものもある。

国際度量衡委員会には、上記のストロンチウムをもちいた時計と、上記のイッテルビウムをもちいた時計と、それ以外に6つの候補があり、そのうち1つが標準に選ばれる。

300億年で1秒しか誤差がないなどなんの意味があるのかと思われるが、どうも一般相対論による時間の遅れを測定する目的などに使われるようである。すなわち、重力が強いほど時間が遅れるという現象である。

隕石の落下

user-pic
0

産経新聞Webによると、ロシアに隕石が落下し、多数の負傷者が出たという。以下、引用:

ロシアのウラル地方チェリャビンスク州で15日起きた隕石の落下で、ロシア非常事態省などによると約150人が負傷し、病院で手当てを受けた。重傷者はおらず、死者の情報はない。

隕石の落下は15日午前9時20分(日本時間午後0時20分)ごろ。非常事態省などによると、学校のガラスが割れるなどした。地元住民によると、同州の上空で閃光が光った後に5、6回の爆発音が聞こえた。

非常事態省は地元住民に対し、パニックに陥らないように呼び掛けた。(共同)

後の読売新聞の記事によると、負傷者は1000人まで増えたようである。依然として、死者はいないようである。被害は、隕石が高速で上空を通過した際の衝撃波によるものである。隕石は直径数メートル、重さ数トンと推定される。

記録による、隕石による被害は多くない。読売新聞の記事によると、以下のとおりである。

  • 1908年のツングースカ大爆発。
  • 1927年に、茨城県稲敷市で、大きさ7ミリほどの隕石が少女に当たり、怪我をした。
  • 1986年、高松市で、歩行者の目の前に隕石が落下した。
  • 1992年、ウガンダで、多数の隕石が落下し、少年が負傷した。
  • 1996年、茨城県つくば市で、広範囲に雨のように降る隕石と爆発音が確認された。大きな被害はなかった。
  • 2003年、広島市で、隕石が倉庫の鉄板屋根を突き破る被害があった。

こういう一連の隕石落下事件をみて思うのは、小惑星接近に自分で書いたことである。すなわち、高度な科学力をもつ宇宙人が地球を見張っていて、危険な小惑星が接近してきたら、経路を変更させている、という荒唐無稽な説である。一連の隕石落下事件、そして今回の事件もそうであるが、隕石の衝撃波は相当なのに、死者はいない。

そうだった、卵の爆発で書いたが、ツングースカ大爆発では、一人だけ死者が確認されている。

こういう文脈だと、巨大隕石による恐竜絶滅も、宇宙人の意図なのだろうか。あるいはもっと深読みすると、死者がでない程度の隕石被害で人類に警告を与え、それでも聞かないようなら、でかい隕石を衝突させるというのが、地球監視軍の宇宙人の意図なのだろうか。段々正気が疑われそうになってきたので、このへんにしておく。

体罰

user-pic
0

日本柔道連盟で、暴力行為で園田前全日本女子監督が辞任した事件が話題になっているが、下記のように、国際柔道連盟もこの事件を批判している。

【パリ=大野展誠】柔道の女子選手15人が全日本女子前監督の暴力行為を告発した問題で、国際柔道連盟(IJF)のマリアス・ビゼール会長は8日、パリで記者会見を開き、「IJFと全日本柔道連盟(全柔連)が合同で、この問題を調査する。結果を分析して結論を出す」と述べ、「柔道の道徳・倫理に関する規定にそぐわない」と、改めて批判した。

重大な問題や過失があった場合、IJFは規律委員会を開いて、各国連盟や選手、監督らに資格停止や除名などの処分を下すことが出来ると定めている。

ビゼール会長は記者会見の前に、全柔連の上村春樹会長から謝罪を受けたことを明らかにした。その場では暴力問題への対処方法を協議したというが、上村会長の謝罪をもって問題の決着とはしなかった。

合理的思考ではまさに、国際柔道連盟の言うとおりなのであるが、基本的に喧嘩や暴力から最も遠いところにいるつもりの私が、なぜか割り切れないものを感じている。

その理由はおそらく、私の少年時代の経験にあると思う。小児結核で小学校時代、激しい運動が禁じられていた私であるが、中学になると近所の付き合いの手前、卓球部に入った。私の通った中学は田舎の中学であるが、野球部、バレーボール部、テニス部、卓球部、体操部があった。

野球部には鬼監督で有名な人がいて、選手がミスすると、ケツバットといって、バットで尻を殴るのが当たり前だった。また、バレーボール部は、地区では強豪で知られており、きつい練習で鳴らしていた。いつも遅くまで猛しごきで、それに耐えて練習することが、部員の誇りだった。

一方、テニス部、卓球部、体操部では、大した猛練習でもなかった。とはいえ、体力も運動神経も人並み以下の私には、卓球部の練習といえどもついていくのがやっとというか、ほとんど落伍しかかっていた。それでも、当時流行っていた巨人の星などのスポコンドラマの影響で、スポーツの猛練習に耐えることがカッコいいというメンタリティがあった。なので、卓球部自体が、野球部やバレーボール部に対して引け目を感じており、向こうは当然のごとく優越感でわれわれ卓球部に接した。

では、そういうスポーツの部活に体罰があったかというと、野球のケツバット以外に、体罰のための体罰のような行為は思い出さない。とはいうものの、バレーボール部の守備の練習で、ボールを拾えないとコーチは、選手の顔にボールを投げつけたりした。それはある意味体罰といえなくないし、下手に殴るよりもインパクトは大きいかもしれない。

そして、スポーツにおいてあまり合理的な練習方法というものを経験したことのない私は、レベルが高度になればなるほど、しごきも厳しくなり、体で覚えるという意味で、多少は体罰も伴うのも仕方ないという認識に知らず知らずのうちに染まっていたようである。

もしかしたら、園田前全日本女子監督も、その程度の認識だったのかもしれない。しかし、最近の、学校でも体罰を極端に避ける教育で育った若い選手たちにとっては、園田氏の、体罰というか暴力に対する認識の甘さが耐え切れなかったのだろう。

スポーツでなくても、私の時代は、音楽の時間にちょっと騒いでいて、先生に呼ばれてタクトで頭を殴られる程度は普通だった。流石にそれを私は感謝することはないが、殴られても仕方ないくらいの認識はあった。

ただ、国際柔道連盟(IJF)のマリアス・ビゼール会長の発言を聞くと、私の体罰に対する認識はすっかり時代遅れなのだなと、感じるに至った。

そうやって体罰に対する認識を改めたとき、どうしても指摘したいのは、ブラック企業で指摘したような、直接的な暴力行為によらないハラスメントである。それによる心身の毀損は、直接殴られるのに勝るとも劣らない場合がある。決して体罰を擁護するものではないが、このあたりはどうなのかとつい考える次第である。

規律

user-pic
0

子供のころから大人しい、ある意味平凡なタイプであったが、校則のようなものは大嫌いだった。それでも小中学生の頃きちんと勉強して学校の規律から外れることがなかったのは、単に小心だったからにすぎない。

ところが、高校になって少しずつ規律を外れるようになってきた。これは、私なりのささやかな反抗期というか、レジスタンスだった。例えば、体育の授業をわざとサボって、単位ぎりぎりしか出席しない、などである。その間、トイレで煙草を吸っていたわけではもちろんなくて、図書館で適当に本を読んでいた。要するに根は真面目なのである。

大学になると、みんなあまりにも適当にやっているので、私程度の規律外れでは、規律外れと呼ぶに値しなかった。ただ、卒業できるのにわざと単位をとらないで1年留年したのは、一応ささやかなレジスタンスか。親からみたら、ささやかどころか、なんとけしからんということになるが。

会社に入って、段々本領発揮というか、上司の言うことがあまりにおかしいと無視して、仕事を乾されたりするようになった。もはや真面目な会社員とはいえなくなった。どうでもいい会社の規律が嫌になり、上司ともうまくいかなくなって、東京に出てきた。

それで東京に出てきて、何しろ会社がない日は、独身で当然に恋人もいないので、適当にうろつきながら、なぜか「自由空間のために」とつぶやいていた。今思っても意味不明である。ともかく、規律に縛られないで自由にやりたいというような趣旨であった。

ところが、もしかして歳をとったせいなのだろうか、この歳になって規律を重んじるようになった。いやむしろ、創造性や生産性は、規律なしではありえないとまで思うようになってきた。

例えば、典型的には物理学をみても、自ら先端性を喧伝する超弦理論でさえ、極めて多くのレガシーを旧来の標準理論から引き継ぐ。標準理論の規律内で羽目をはずしたとさえいえる。

そんな大層なことをいわなくても、きちんとした時間に会社にきて、きまりきったやり方で、きまりきった仕事するということが意外にクリエイティブというかプロダクティブであることを改めて発見した。

すなわち、勤務時間が遠くなってから、朝5時に起きて、少なくとも8時、好ましくは7時40分くらいに会社に着くようにしたら、気持ちが引き締まって、例えば、特許の中間処理の仕事の能率が倍近くになった。すると不思議なもので、今まで適用に流していた規律も今までより守るようになった。

ただ世間では、勤務時間を自由にして、何時に出勤して何時に帰ってもいい、どこか外で仕事してもいいというスタイルの方がリラックスできて仕事の能率があがる、という意見がある。

確かに例えば、エルデシュのような数学者ならそうであろう。道を歩きながらでも数学はできるし(日本の道路事情だといまいち危険であるが)、公園で日向ぼっこしながら考えてもいい。でてきたアイデアがすべてである。

また、テレビ局のプロデューサも、視聴率の結果勝負だとすると、深夜まで勤務して、それこそ昼過ぎに出勤するパターンでも許される。ただ、実働は私なんかよりはるかに長く激務なはずである。

このようなモードを、私が担当しているような、定型を多く含むような仕事に適用すると、確実に能率が落ちる、というのが私が最近改めて感じていることである。そして自由勤務が向く仕事というのはおそらく、次のようなものに限られる。

  1. アイデア勝負の仕事。
  2. 数値などにより、結果がきちんと判定できる。
  3. チーム仕事でない。
  4. 頭以外のリソースをあまり使わない。言い換えると、身一つでできる仕事。

この中で、一番重要なのは、数値などにより、結果がきちんと判定できる、ということである。もしきちんとした評価が難しい仕事を自由勤務にすると、人間固有の意志の弱さから、統計的に有意なレベルでパフォーマンスが下がる。

会社だとおそらく、営業などを除き、自由勤務はパフォーマンス向上につながりにくい。それで、在宅勤務だと、なるべく数値などにより、結果がきちんと判定できる仕事にフォーカスするのがよいだろう。

それにしてもこんなこと書くと、若い頃、「自由空間のために」とつぶやきながら、汚い格好をしてうろついていたことが嘘のようである。もし定年になったらまた変わるのだろうか。実は、仕事のパフォーマンスを誇ってハードワークするのはもう懲り懲りなのである。もしかして原点はやはり、自由空間なのかもしれない。

荘則棟

user-pic
0

日経新聞Webによると、元卓球世界チャンピオンの荘則棟氏が亡くなったという。以下、引用:

荘 則棟氏(そう・そくとう=中国の元卓球選手、国家体育総局元局長)中国メディアによると10日、がんのため北京市の病院で死去、72歳。敵対関係にあった米国と中国の関係正常化につながった「ピンポン外交」のきっかけをつくったことで知られる。

1961年に国家卓球チームに参加。冷戦下で米中の対立が続いていた71年、名古屋で開かれた世界選手権に出場。米選手との偶然の接触をきっかけに、中国が米国選手団を招待する話がまとまった。72年にはニクソン大統領の訪中が実現した。80年代に日本人の佐々木敦子さんと結婚した。(北京=共同)

荘則棟は、卓球の変遷でも言及したように、昭和40年代に卓球に親しんだ私にとって、ヒーローであったが、当時まだ政治意識も乏しい高校生であったので、「ピンポン外交」云々はあまりピンとこなかった。なお、今まで私は、荘則東であると勘違いしていたが、実は荘則棟が正しいのだった。もちろん中国では超有名人なので、知り合いの中国人も、荘則東と書いてみせても、直ぐに誰かわかった次第である。

ところで、荘則棟の時代は、卓球で中国式というと、独特の楕円形のペンホルダーのラケットで、使いこなしにくいので日本人であまり採用する人はいなかったが、私は、普通の日本用のペンホルダーのラケットでなく、あえて中国式を採用し、しかも、薄いラバーを張ってみた。これは単に、卓球が下手なので、まともにやっては勝てないので、奇を衒ってみただけだが、その独特のラケットは、知らない人には違和感があるのか、意外に勝てた。それに気をよくして、卓球雑誌の荘則棟の真似をして素振りしてみたものであった。

一方、高校の卓球部に、中学で県大会で優勝したというM君が入部してくれた。私と同級生である。何しろ人材不足の卓球部だったので、M君はやる気をなくしたようであるが、なぜか高校3年まで部活に付き合ってくれた。高校2年のときの県大会で、M君はダブルスで県大会予選に出場することになったが、どうしてもM君にふさわしい相手がいない。それで、極めて渋々M君は私をペアに選んだ。嫌がっているのが露骨だった。なぜなら、私はM君に一度も勝ったことがない、弱い部員だったからである。

ところが、県大会予選で、私の薄いラバーの中国式が意外に威力を発揮することになった。なにしろ滅多にいないスタイルなので、相手が当惑するのである。そのスキをM君の技巧で、スマッシュする。それでなんと、県大会予選を突破してしまった。意表である。

この凸凹コンビで、県大会も不思議に勝ち進んだ。ベスト16に進出すると、なんと相手は優勝候補の一角である。まさか歯が立つまいと、M君と顔を見合わせたが、ともかく全力を出そうと誓って戦うと、あれよなんと、私の変則卓球が活きて、なんと第一セットを取ってしまった。おお、とM君と快哉を叫んだ。これはいけるぞと、第2セットに入ろうとしたら、なにやら相手は相談している。今にして何を相談しているか分かるのだが、要するに、私の変則卓球が所詮こけおどしであることを見抜いたようなのである。そして相手は、ウィークターゲットと見定めた私を露骨に狙ってきた。こうなると、本当の意味の実力はない私はひとたまりもない。第二、第三と連続でセットを奪われて、あえなく負けてしまった。

M君は不機嫌になるかと思ったら、私のようなヘボと組んで県大会ベスト16までこれたのは望外だったようで、意外に上機嫌だった。運動神経絶音痴の私が、何かの間違いでも県大会ベスト16まで進められたのは、M君と荘則棟のお陰と、荘則棟の訃報をみて思い出した次第である。

お金

user-pic
0

俗に、お金はいくらあっても困らないといわれるが、本当にそうだろうか。

私のある知り合いは、詳しい年収は知らないが、粗くいっておそらく、1000万と1400万の間なのだろう。すなわち、日本人として平均よりいい年収だが、飛びぬけて多いということもない。

そんな知り合いに、たまたま資産が10億円くらいあったらどうする?と聞いたら、ああ一生遊んで暮らすよと答えるかと思ったら、冗談じゃない、そんなお金があったら自分は確実に堕落して人間が駄目になってしまうという。

私も全く同感なのだが、では、私に全く知らない富豪の親戚がいて、その親戚が亡くなって本当に私に遺産として10億円が回ってきたらどうするだろう。私の目の色が変わり、受け取りを辞退することなんてこれっぽっちも考えないようになるだろう。なので私は、間違えて当たるのが嫌なので、決して宝くじを買わない。

私は今の精神状態では、10億円が急に入って頭がおかしくなるくらいなら、窮乏して餓死するほうがまし、と思っているが、本当に窮乏して電気も止められる状態になったら、従容として餓死を受け入れるだろうか。到底そうとは思えない。貧すれば鈍するで、ジャン・バルバャンのように泥棒しないといえるだろうか。実は私は下手なアルゴリズムや詰将棋など、パズルを考えるのが好きである。それこそ、貧すれば下手な詐欺の手口でも考えないだろうか。そうならない自信はない。

なので私の目標は、精神の均衡を失わない程度の財産を維持するというものであるが、精神の均衡を失わない程度の財産に対して日々、「お金はいくらあっても困らない」というステートメントがチャレンジをかけてくる。たまたま莫大なお金は入らないという事実がそれを自動的に阻止している。なんとありがたいのだろう。

お金とはまた別だが、私は最近、亡き父の遺伝なのかもしれないが、意外に女好きであることを知った。女性が近づくとすぐに胸がときめく。といっても、ナンパすることもないし、精力絶倫なんかでは全くなく、ほとんど涸れかかっている。でも、ただ精神的に女性の魅力が素直に嬉しいのである。

お金とのアナロジでいくと、こうやってただ女性好きで、全くもてないというのはなんという幸せなのだろう。これは絶対負け惜しみではないが、言えば言うほど、嘘つけ、といわれそうである。

言い訳でなく、もし精力絶倫なら、その処理に困るだろう。下手に女性に手を出して、泥沼になるかもしれない。また、下手に男性的魅力に溢れていたら、いく先々で女性から秋波を送られ、うっとおしくて仕方ない。

なので私は、全然女性にもてず、ただ憧れている自分にとても満足しているのだが、こういう文章全体が壮大な冗談にしか響かないとしたら、現世というものは結局、哀しい場所なのである。

朝日新聞によると、世界最大の素数が発見されたという。以下、引用しつつコメントする。

【ワシントン=行方史郎】1742万5170桁という、現時点で最大の素数を米セントラルミズーリ大学の研究者が見つけた。世界各地のボランティアのコンピューターをつないで素数探しをするプロジェクト、GIMPSが発表した。

素数は、1とその数自身でしか割り切れない2以上の自然数のことで、2、3、5、7、11、13、17......と続く。無限に存在することは証明されているが、どのように出現するのかは数学上の大きな謎だ。プロジェクトは「2を何乗かして1を引いた数」である整数(メルセンヌ数)から素数を見つける方法で、1996年から「最大の素数」探しを続けている。

今回見つかったのは「2を5788万5161乗し、1を引いた数」で、08年に発見された「2を4311万2609乗し、1を引いた数(1297万8189桁)」を更新した。

手元にある、素数大百科、共立出版、2004年2月29日刊によれば、この本に載っている最大素数は、2001年にCameron、Woltzman及びKurowskiによって発見された、「2を1346万6917乗し、1を引いた数」であり、これは、4053946桁なので、今回発見された素数より1/4以下の桁数である。

また、こちらに、発見された素数が大きい順にリストされていて、当然にトップにあるのは、今回発見された素数である。

ところで、どうしても大きい素数というのはメルセンヌ数と、相場が決まっているらしい。数論学者は、メルセンヌ素数は無限にあると予想しているようであるが、その証明はとてつもなく難しく、今は難攻不落らしい。

メルセンヌ数の素数判定は、1930年に発見された、Lucas-Lehmer判定法による。これは、素数大百科によれば、以下のとおりである。M(n)をn番目のメルセンヌ数、すなわち、2n-1とする。ここで、Sを、S(0) = 4、S(k+1) = S(k)2-1で決まる数列とすると、M(n)が素数であるのは、S(n-2)≡0 (mod M(n))であるときに限る、というものである。この判定法は、コンピュータにとても馴染みやすい。果たして、上記の記事の件も、この判定法を使ったのだろうか。

なお、GIMPSというのは、Great Internet Mersenne Prime Searchの略で、こちらのサイトである。メルセンヌ数に焦点を絞っているのが面白い。

また、素数大百科によれば、なぜ大きい素数を探すのか、という問いには、以下のような6つの理由があるという。

  1. 伝統だから
  2. 探求の副産物
  3. 珍しく美しいものが好き
  4. 栄光のため
  5. ハードウェアのテストのため
  6. 分布を知るため

一言でいうと、「栄光のため」であろうか。また、素数大百科によれば、最大素数の発見は、2006年には10億桁に達しているだろうとあるが、現時点でまだ2000万桁に達していない。かなりの見込み違いといえるし、メルセンヌ数は文字通り桁数が指数関数的に増えるので、ムーアの法則をもってしても苦しくなったのかもしれない。

日本海賊

user-pic
0

私の出身の百島には村上水軍の城跡があり、先祖が海賊かもしれないということもあって、「謎の日本海賊」奈良本辰也、高野澄著、ノン・ブックスを読んでみた。以下、私なりのまとめである。

古来より、瀬戸内海は交通の要路であり、島々に住む人は、耕作地が狭いので、どうしても航行する船から食料を略奪するより生活手段がない。これが瀬戸内海賊の起源である。

一方で、日本書紀にも出てくる、岡山県から広島県東部に広がった、吉備地方は、古来より高い文化と権勢を誇った。大和王朝にも対抗したほどてある。そういう意味で、吉備の版図に近い海女の珠取り伝説が興味深い。この話は、藤原不比等が父、鎌足の供養をしようと思い立った。ところが、不比等の妹は、唐の高宗に嫁いでいるので、出席できず、代わりに国宝の宝珠を三個、日本に送ってほしいと依頼した。それを日本に送る途中、海中から竜があらわれ、一番大事な真珠珠を奪ってしまった。その後、不比等は、漁師のみなりで、志度の地にやってきた。そして妻を娶い、一子をもった。あるとき妻に、真珠珠を探していると訴えた。すると妻は、海に潜り、見事真珠珠をみつけだしたが、海から浮かび上がったときは息絶えていた。同様の話が、福山の鞆、淡路島にもあるという。このような伝説は、陸の人間が、海人を利用するというもので、海賊の視点に立ったものである。

次は、藤原純友の乱である。藤原純友は、伊予の日振島から蜂起し、その付近に海賊を集結させた。日振島は、河野水軍の基地である。本来、藤原純友を監視する役割だった河野氏が、藤原純友とともに蜂起した次第である。なんと二千か三千艘の船が集まったという。

次は平氏である。平氏は塩飽島海賊衆や家島群島の海賊衆を味方につけており、なので、源氏に追われたとき、瀬戸内海に逃げたのである。ところが平氏に困った事態が生じた。伊予の河野水軍と、紀伊国熊野の田辺が態度を示さないのであった。結局、河野水軍が平氏に背いたことが平氏の敗因の1つになった。

河野水軍は、元寇でも活躍した。すなわち、河野通有は勇躍船で敵の船団に乗り込み、敵将の首級をを挙げるという武勲をあげた。結果的に神風が日本軍を救うのだが、それでも河野水軍は存在感を示した。しかし、普通の戦争と違い、元寇は、勝手も武士たちに分け与える所領はない。このことは結局、南北朝の抗争にもつながっていく。

その南北朝であるが、それは瀬戸内海の水軍である、忽那氏や、それより大きい河野氏及び村上氏をも苦境に落としいれていく。すなわち、南北朝のどちらかに就き、争っているうちに疲弊していったのである。忽那氏の忽那重清は、新田義貞に加担して、陸戦に参加した。しかし忽那重清は、南朝の負け戦と悟ると、北朝の足利尊氏に寝返った。一方、忽那重清の弟の義範は依然として南朝に就いていた。村上水軍にあっても、ほとんどが北朝に就くなか、村上義弘は南朝に就き、悲劇の最後だった。村上義弘亡き後、うろたえる村上水軍は、北畠顕成率いる熊野水軍に征伐されてしまった。

明の時代、中国は倭寇に苦しめられるが、その主体は、九州北部に位置する松浦党だった。明が倭寇に苦しんでいるをみて、足利尊氏は、倭寇20人を捕らえて、明に差し出した。当然に明側では全員を処刑する。そうやって明の機嫌をとった尊氏は、明との貿易で成功した。

戻って南北朝の抗争で一旦没落した村上水軍であるが、毛利元就の厳島合戦で村上水軍が瀬戸内海の覇権を握るようになる。すなわち、陶晴賢の軍勢を毛利に加担して、水軍の戦いで破ったのだった。しかし、栄華の時期は短い。関が原の合戦で毛利輝元が敗れると、それとともに村上水軍も没落していった。

ここで瀬戸内海出身でない九鬼水軍の登場である。九鬼水軍は紀伊半島の出身で、古くから有名な海賊であったが、織田信長に見出されて、戦ううちに勢力を増大した。そして、織田信長の進出に対してついに、九鬼水軍と、瀬戸内海水軍連合軍が戦うことになる。すなわち、瀬戸内海水軍は、河野通吉を総指揮とし、来島の村上通康、忽那通基、能島の村上景広、因島の村上亮康、乃美島の浦宗勝が加わった。なぜか塩飽の衆はこれには加わらなかった。

一度は勝利した、毛利配下の瀬戸内海連合軍であったが、九鬼の大砲を装備した装甲船団に破れてしまった。しかし、どんなに勝利しようと、九鬼一族に広大な領地が与えられることはなかった。海をベースとする水軍は所詮、利用されるだけの存在だったのだろうか。

瀬戸内海水軍連合軍に加わらなかった塩飽の衆であるが、江戸末期に、勝海舟が咸臨丸で米国に渡航したとき、なんと乗り組み員の1/3以上が塩飽の出身であった。航海のスキルを買われたのである。塩飽の衆は、河野氏や村上水軍とは違って、海戦よりも交易を重んじた。それでも織田信長に協力し、本願寺に協力する安芸国の一向宗の船に対して略奪行為を働き、信長に貢献した。この見返りに信長は、瀬戸内海における塩飽の船の航行に特権を与えた。

江戸時代になっても塩飽の衆は、幕府の輸送御用を一手に引き受けた。それだけでなく、出羽米の輸送にともなう中継貿易で稼ぎ、繁栄した。そうやって繁栄した島民は、人名として名家を誇ったが、結局、それ以外の漁民などから妬まれ、暴動が頻発して次第に没落していった。

以上みていって、海賊というか日本水軍に対する適切なまとめを与えることは難しいが、彼らは一貫して歴史の脇役であったが、その航海技術に独特のプライドをもち、権力のバランスで生き延びたということであろうか。

体内常在菌

user-pic
0

読売新聞に体内常在菌の話があったので、私なにり簡単にまとめてみる。昔から、胃、腸、口などに細菌が棲んでいることはよく知られているが、当然に、皮膚、鼻、生殖器などにも細菌はいる。その数あわせて数百兆から千兆というので、結構すさまじい数である。

こういう細菌を、マイクロバイオームと呼ぶ。マイクロバイオームの研究は、培養に頼るものが多かったので、培養の難しい菌については解明が遅れていた。そこでブレークスルーがあらわれた。遺伝子情報を読み取るシーケンサーである。

シーケンサーを用いる方法として、すべての細菌が共通してもつ「16SリボソームRNA遺伝子」を調べて菌の種類を特定する方法と、全ての遺伝子を片っ端から調べる「メタゲノム」法の2つがある。

これらの方法で解析すると、マイクロバイオームとして体内で確認されたのは約20種類で、4種類で95%を占めるという。個人によって細菌の種類は異なるが、全体としての遺伝子の働きできあまり差がないそうである。

例えば腸内に棲んている細菌は、人間が分解できない糖類を分解できるなど、give and takeの関係を築くことができるものが多い。そのような選別はどうなっているのだろう。また、特に免疫が存在を許可する仕組みも知りたい。

実際、腸内細菌は、体内の異物を排除する仕組みにも関与する。また特定の細菌が免疫細胞の形成にも関与している。例えば、無菌状態のマウスは、Th17という免疫細胞を作れない。腸内の細菌の存在下で初めて、Th17が形成できる。

このように、細菌の存在は健康にも本質的な影響を与えそうであるが、マイクロバイオームと健康の関係はまだ端緒についたばかりのようである。

小惑星接近

user-pic
0

共同通信によると、小惑星が16日に地球大接近するという。以下、引用してコメントする。

直径45メートルの小惑星が秒速8キロで地球に接近し、日本時間16日未明、気象衛星ひまわりなどの静止衛星よりも地球に近いところを通過する。これほどの大きさの天体としては観測史上、最接近となるが、米航空宇宙局(NASA)は「地球にぶつかる恐れは全くない」と静観する構えだ。小惑星は昨年2月、スペインの天文台の観測で発見され、重さは推定13万トン。16日午前4時24分、インド洋上空で地球最接近の見込み。

このような記事をみていつも思うのは、なぜNASAは、ぎりぎりになってこのような記事を発表するのだろう、ということである。あるいは、小惑星接近でみたように、過ぎてしまってから、結構近いところを通過したのだと報告する。

その理由は明らかで、次の2つである。

  1. 先ず第一に、小惑星衝突でみたように、小惑星の接近は、せいぜい2ヶ月前くらいしか分からない、ということがある。
  2. 第二に、本当に壊滅的な大きさの小惑星が地球との衝突が避けられないとNASAが分かったとき、NASAは混乱を避けるために絶対にそれを発表しないだろうということである。その場合、宇宙ロケットミサイルをふつけて、軌道修正を試みるのだろうか。しかしそもそも、そのレベルの技術を人類はもっているのだろうか。

2011年11月と、2013年2月という短い期間に、小惑星のニアミスが相次ぐのだから、何百万年という人類の歴史で、人類が滅びるほどの小惑星衝突があってもいいはずだが、せいぜい?ツングースカ大爆発程度の隕石衝突しか知られていない。これはなんたる僥倖かと思うのだが、その理由を、高度な科学力をもつ宇宙人が地球を見張っていて、危険な小惑星が接近してきたら、経路を変更させていると、誠しやかに説明している人もいる。私の好きな説だが、確かにそれだと、ニアミスしかないはずである。そんな馬鹿なと誰もが思うたろうが、私は心の平穏のため、とりあえずこちらを信じることにしている。

早指し

user-pic
0

囲碁でも将棋でも、早指しの棋士と長考派の棋士がいる。早指しの棋士で天才的に手が見える人もいるので、早指しの方が才能があるかのように思われるかもしれないが、実は少し違っていて、本当に強い人は、難しい局面で長考できる人である。すなわち、プロ棋士の公式対局だと、一人の持ち時間が5時間だったりすることがあるが、私に5時間の時間をくれても、そんなに考えるネタなんか私はもっていないので、間違いなく、下手な考え休むに似たるになる。

だから、強い棋士は確実に、所定の局面ではきちんと長考できる人なのだけれども、一方で、テレビ対局のような持ち時間の短い対局でも勝つのはやっぱり、強い棋士なのである。だから、強い棋士は短時間で正解に近い手が見えるのだけれども、さらには時間をかけて見つけた手の妥当性を検討する思考の材料と粘り強さをもっているということになる。

さて、日常的な仕事となると、私は仕事が早いと昔から言われている。それは必ずしも褒められているのではなくて、適当に流すから早いんだろうという揶揄も含まれているようであり、それはある意味妥当で、私はあまり反論できない。

ただ、もちろん私にも言い訳はある。すなわち、周囲をみていると、時間がないから受けられないと安易に断ったりする。私からみて、プロなら、なぜ受けないのか、受けて限られた時間内で処理しないのかと思うし、そう言いもするのだが、君のような安易な仕事はしないのだと反論されると、私も困ってしまう。確かに時間がないと安易に流すことになるからである。

ただ、私がいうのは、better than nothingである。すなわち、やらないよりましではないかと、短時間での処理を正当化する。

もっと正当化すると、私は単に安易に流すことで短い時間での処理を進めるわけではない。例えば、短時間で特許明細書を書かなくてはならないとすると、ともかく、発明資料を眺めて、ありとあらゆる疑問をノートに書き付ける。荒唐無稽なものがあっても意に介さない。そして、高速スクリーニングにより妥当な質問をピックアップして、ともかくも発明者に投げる。そうしながら、明細書の構成を考える。ここでもいろいろなアイデアを思考のルツボに入れて、高速スクリーニングである。

発明者から回答がくると、ともかくも粗くでも、明細書の形に並べてみる。そして、逡巡を短くして明細書を仕上げる。こうして書いた明細書にとても満足することはあまりない。それでも、数年前に書いた特許明細書で審査請求したものはほとんどが特許査定になっている。それで記載要件という意味ではなんとか合格なのではないかと自己満足している。

迅速に仕事ができない人は、上記した高速スクリーニングができないようである。これはもしかした私が将棋の秒読みで身につけたスキルなのかもしれない。そしてこのスキルで私は、そこそこ頼りにされてきた。

そこまではいいのだが、問題は、プロ棋士の難しい局面で長考する能力に対応する私の仕事のスキルである。ここは長年努力してきたが、残念ながら満足できるレベルに達していない。

そこで私がこの限られた能力の範囲で質を上げるためにやったことは、次のとおりである。

  1. なるべく沢山材料を集める。質に拘らない。ガセネタがあってもいい。
  2. 間違ってもいいので、なるべく多く判断する。判断してどんどん決めていく。間違えた判断することを恐れない。
  3. 判断力の源となる、資料の購入にはあまり費用を惜しまない。そのため、あまり読まない本が沢山溜まるが、仕事のプロなんだから、と言い訳して自分をごまかす。

そのようなやり方で、私なりの流儀をとりあえず完成したのだが、そうでない長考モードもあるのだとさらに言い訳しておく。それは、4年以上前作成した特許年金管理システムである。おぼろげながら構想が浮かんで、数ヶ月は暖めていた。そして、具体的仕様の検討に丸々3ヶ月かかった。コーディングに2週間。特許実務の仕事をやりながら、だからである。ブログラミング言語は例によって、C++ビルダである。沢山の工夫が盛り込まれているが、インターフェースが極めて簡易なこのシステムは、いまのところバグはないようである。ただ、こういう長考モードはその後実施していないので、やはりあまり得意ではないのかもしれない。

成仏

user-pic
0

もう20年以上前、私の父と一番の仲良しだった、島の郵便局長さんが亡くなったとき、父は悲痛に暮れた。親や親戚の死に目でも、こんなに悲しいことはないと盛んに言っていた。

その郵便局長さんは、大の酒好きで、しかも住まいが私の家の隣なので、郵便局の帰りにたいてい、一旦我が家に立ち寄るのであった。父がいようと居まいと構わない。あるとき、郵便局長さんがいらしたとき、たまたま母も出払っていて、私しかいなかった。それで、郵便局長さんは私の顔をみると、「おい、水をくれ。」というので、はい、とコップに水を入れてもっていったら、「馬鹿やろう」と叱られた。

小学生だった私が、「え?」と当惑していると、「わしが水といったら、酒だろうが」というので、「ああ」と、台所に行って、一升瓶から酒をコップについでもっていくと、なんとか合格となった。

その経験から、次に郵便局長さんがきて、「おい、水をくれ。」というので、おっ、きたなと、手元にあった四合瓶から酒のつもりでコップについでもっていったところ、「馬鹿たれっ」とまた、叱られた。あれっ、とみると、「これは酢だろうが。」というので、大急ぎで、日本酒を確認してもっていた。小学生には酢と酒は一瞬ではみわけつかないですよ、と言い訳しようとしたが、いえなくて言葉を飲み込んだ。

といっても私は、郵便局長さんが嫌いではなく、むしろ酔うといろいろな雑談をしていくれるので、それが面白くて、聞き入って社会勉強していた次第である。

そんな郵便局長さんは、酒の飲みすぎと、煙草の吸いすぎもあって、定年を前にして、肺癌で逝ってしまった。亡くなったとき私は既に東京にでてきていたが、朝方夢に、郵便局長さんが出てきて、「お世話になったな」とにこっと笑ってすぐに消えた。私はとてもさわやかな気持ちになった。きっと、何年も私とは会っていなかったので、浅からぬ縁の友人の息子である私にも挨拶にこられたようである。

一方、先日亡くなった実の父はというと、夢にまだ一度も登場していない。これは私の解釈では、別に私に関心がないのではなく、特に去年の年末、何度も私が見舞いにいって十分会話したからであろう。そこで父はもう自分の死期が近いことを熟知していたし、互いに、心残りはもうあまりないことを確認したのだった。

別の例では、なんどもブログに書いた、私のコンピュータの師匠で若くして白血病でなくなったMさんのことがある。Mさんとはいろいろ会話してきたのだが、突然の病気で会社に来なくなったので、私は唖然とした。骨髄移植云々というので、事態は重いのだとわかった。それでも入院している病院にお見舞いにいってみると、Mさんは、抗癌剤のせいかスキンヘッドで、また、折角コンピュータサイエンスの難しい本を枕元に積み上げていたのに、こんなの読む気しないのですよ、と淋しそうにつぶやいていたのを今でも思い出す。場違いな冗談を言って顰蹙をかう傾向のある私も流石に下手なことを言う気にならず、気まずくなって早々に病室から離れた。そしてエレベータに乗ろうとしたら、若干面識のある、Mさんの奥さんと会ってしまった。何か言おうとしてどうしても言葉がみつからず、無言のまま病院を後にした。私は、なんという失礼なのだろう。

Mさんはおそらく、抗癌剤の副作用で、医師が想定していた時期よりも早く逝ってしまった。まだ話したいこと沢山あったのにな、ととても残念がっていたら、数ヶ月たって、Mさんは私の夢に出てきた。夢のなかで私は久々にMさんと会ったのがうれしくて、コンピュータサイエンスのことなど長時間話した。で、ふと、気になることがあった。それをつい私は口にした。「そういえば、Mさんって、亡くなったんだよね。」それを聞くとMさんは淋しそうな顔をして、消えてしまった。その後二度とMさんが夢に出てくることはない。

このように、私と少しでもコンタクトの心残りのある人達は、夢を介して私に会いにきてくれる。そして時間がたつと夢に出てくる頻度が減るのは、成仏してしまったせいだろうか、それとも、霊界のクエリたる、その人に対する記憶というか想起が弱まってしまうためだろうか、などとときどき考える次第なのであった。

キックオフ

user-pic
0

キックオフとは、サッカーやラグビーなどのフットボール系のスポーツで試合開始を意味する言葉であるが、特定の外資系企業では、部門の年頭のミーティングのような意味で使われる。

一年を元気よくスタートするために、キックオフでどのようなメッセージを発するかは重要であり、私は管理職であった時代は、下手なりに、何を話すかいろいろ工夫したものだった。

ただ、私自身が組織の劣化や、抵抗勢力で述べたようなモードになってくると、キックオフのメッセージがとても空疎に響いてくるようになってきた。

キックオフのメッセージとは典型的には次のようなものである。

  • お客様第一指向
  • 最高の品質のサービスを提供する
  • 絶えざる前進
  • 革新的な技術の提供
  • 迅速な組織変革
  • サービス指向
  • 地球は一つ
  • コスト効率の向上
  • われわれは最高のスキルの集団である
  • 努力によって克服できない困難はない
  • 一丸となるようなチームワーク
  • 絶えざる研鑽
  • あらゆる企業との協業
  • 新たなメガコンペティションの時代
  • パラダイムの革新
  • フラットな組織階層

際限がないので、ここらあたりで止めておくが、要するに、このようなポジティブなメッセージを並べて、すばらしい組織なんだ、会社なんだと少し興奮して終えることができれば、キックオフは成功である。

しかし、本当にそれで終わっていいのだろうか。こうやって「しかし」を多用するので、私は、前向きでないと批判される。そんなのだから性格が暗く、何をやってもうまくいかないのだと揶揄される。

おいおい、ちょっと待ってほしい。何をやってもうまくいかないは、ないではないかと反論してしまう。なぜなら、私は決してトップタレントではないが、仕事はそこそこ平均よりすこしましなレベルをキープしている。結構、工夫もするほうである。相対的に前向きといってよい。

そもそも、どんな組織でも問題は山積みのはずである。それを隠して、単に美辞麗句だけ並べるミーティングがなぜポジティブなのか、もっというと意味があるのか、私は理解できない。

健康診断でも、肝機能は正常ですね、でもコレステロールと血圧が高いですね、そこは気をつけましょう、となって、pros & consをきちんとわきまえるのが真のポジティブである。もっというと、血圧が高いので、塩分を控えましょうなどときちんと対処も盛り込むべきである。

そのアナロジでいくと、キックオフもまた、この分野のスキルは最近充実してきました、お客様も喜んでいます、しかし、こちらの分野はまだまだです、ビューロクラシーも目につきます、属人性も気になります、今年は、属人な挙動をみかけたらきちんと注意します、私も注意します、そうやって部門の風通しをよくしていきたいと思います、とこのように言わないと、おかしいのではないか。

もしかして、危機にある組織ほど、一騎当千、神風が吹くなど、美辞麗句に終始する。すると、ポジティブメッセージだけというのは相当危ない状態なのかもしれない。考えすぎだろうか。

思い上がり

user-pic
0

先日、NHKの将棋番組をみていたら、屋敷九段が出演していた。屋敷九段といえば、子供の頃から将棋の神童と喧伝され、実際、プロ養成のための奨励会を3年足らずで卒業すること、18歳6か月で初タイトルを獲得という、誰にもまだ破られていない記録をもつなど、神童の呼び声に違わぬ活躍を果たした。

そんな屋敷九段は、順位戦でも、C級2組からC級1組に一期で抜けるなど、順調であった。ところがC級1組からB級2組に昇級するのになんと、14年間もかかってしまった。その理由を聞かれて、苦笑しつつ屋敷九段は、「思い上がったんでしょうね。」と答える。

実際、屋敷は一時、ギャンブルに凝り、一日に一秒しか勉強しないと噂されていた。それでも持ち前の才能でそこそこ勝っていたが、流石に才能集団の将棋連盟なので、思い上がって努力しないと簡単には勝てない。

B級2組からB級1組までは4年、B級1組からA級までは3年と、苦労しながら、なんとか上りつめた。本人は、結婚してギャンブルを封印し、さらには断酒して、将棋の勉強をした結果だという。すなわち、人間はどうしても思い上がって、努力の必要性を忘れてしまうようなのである。

それは言い換えると、目標が目の前の勝利に置かれていたので、目の前の対局で勝ち続けると、それでよしとなって努力する必要性を忘れるということになる。車でいえば、アクセルさえ踏み続けれいればどんどん車は前に進むので、努力してガソリンを貯める必要性を全く感じなくなるということである。するとそのうち、ガス欠になる。

一方、囲碁の井山裕太をみてみると、神童である点で同様であるが、実績の継続度で、屋敷とは段違いを呈している。すなわち、19歳で名人位を奪取しても全く手綱が緩まず、弱冠23歳で五冠を保持し、明白な第一人者である。さらには棋聖位も奪取せんとする勢いであり、将棋の七冠を達成した羽生に匹敵するのは今や井山である。

その違いはというと、屋敷に目前の勝利以外の明白な目標が当面なかったのに、井山は小学校のとき全国チャンピオンになり、中国に遠征して向こうの小学生と戦う機会を得た。すると、日本の小学生では囲碁で敵なしだったのに、中国では全体のリーグの真ん中につけるのがやっとで、早くも世界の壁の高さを知った。そしてそれから、世界に伍する碁打ちになるのが目標となった。

そういう努力を井山が続けると、仮に井山が囲碁で大七冠を達成したとしても、中国や韓国に囲碁の難敵はいくらでもいるので、全然枕を高くしていられないということになる。すると、高い目標を維持できるかどうかというのが、一流の屋敷と、超一流の井山の違いということになる。

そういう意味では、羽生の方針で述べたように、羽生は特定の目標がなく、強いていえば将棋の神様がその目標である。羽生にとって大七冠なんて通過点にすぎない。どうやって神に近づくか、それが目標なので、拮抗している渡辺竜王のこともそれほど眼中にないだろう。

その渡辺竜王であるが、観察していると、別に羽生が目標とも思えない。やはり将棋の神様が目標であるように思われるが、才能のスペクトルで述べたように、渡辺はどうも、将棋の神様のスペクトルを、羽生よりも狭く捉えているようである。それが短期的には勝ちやすいという傾向につながっているが、ロングレンジではどうなのだろう、と訝しく思いたい面もなくはない。なぜなら、木村義雄にしても、大山康晴にしても、谷川浩司にしても、森内にしても、みんな広いスペクトルを誇るからである。すると、渡辺が少し年齢を重ねて、終盤の切れ味に陰りが生じたときが一つの転機になるかもしれない。

戻って、思い上がりそのものが能力を毀損してしまうと結論付けようと思ったらそうではなく、思い上がりによって目標がぶれなければ、いくら思い上がってもよいということになりそうである。別の言葉でいうと、あまり根拠なく高い目標を掲げることができ、いくら思い上がっても目標がぶれないのが天才ということになろうか。ううん、これは天才と気違いは紙一重の定義になってしまいそうである。

恐怖政治

user-pic
0

恐怖政治というと、典型的には、スターリンやヒットラーのそれであろう。そして現代にあっては、世界の独裁者で述べた人たちが、恐怖政治の主催者たちなのだろう。

しかし、世界の独裁者の舞台は後進国や発展途上国であって、米国や日本のような民主的な先進国ではそれはありえないかというと、そんなことは全くない。

例えば、9.11を契機とする、ブッシュ大統領の行動はまさに、恐怖政治である。なにしろ、アルカイーダやタリバンに敵対しないことをもって直ちに、アメリカの敵と決め付けようとした。おそるべきダイコトミーである。

今まで述べてきた恐怖政治は、政治的な本格的なものであるが、実は、小規模な恐怖政治はあちこちにある。家庭内で繰り広げられるDVなども、ある意味恐怖政治であろう。なにしろ、何気ない諍いが、夫の妻に対する暴力によって増幅される。

言い訳ではなく、私は多分DV夫ではない。それで別に話をそらすわけではないが、ここでは特に企業組織内の恐怖政治について述べてみたい。

例えば、ある部門で、とても人あたりのよい部門長がいたりする。話す言葉にもいちいち含蓄がある。さぞかし名管理職であろうといろいろ聞いてみると、必ずしもそうではない。まず、極端な属人思考で、部門の将来を担う次世代リーダーを恣意的に選んでしまっている。言葉は柔らかいが、一切部下の意見は容れない。そして直属の上級管理職の意見には盲従する。

部門内は一見、闊達にいろいろな意見が飛び交う。部門長の耳の痛い意見も、きちんと聞き入れられる。そして施策に反映されたかのような錯覚を与える。ところが、ある期の切り替わりの人事施策で、反対意見を述べた人々に対して、突然の懲罰的人事が下される。部門長はいかにもにこやかに、その人事を正当化し、別方面での活躍を期待する、と述べる。しかし、目は笑っていない。

言い渡された本人は、凍りつきそうな心を必死で支えながら、新しい仕事をチャレンジングと感謝しつつ、しかし、数ヶ月後にこっそりと会社を去る。それを眺めていた周囲の人たちは最早、表立って部門長に反対意見を述べる者はいなくなる。

そこで跳梁するのは秀才たちである。すなわち、課題を与えてみよ、私はそれの最高得点の回答を与えるだろう、と受験勉強のエートスをそのまま引きずって、部門を取り仕切る。それはヒットラーユーゲントのアナロジなのであろうか。

そのようなやり方でも、たまたま部門長の敷いたレールが正しい方向に向いているなら、一時的にでも部門は栄える。しかし、カオチックな世界で、昨日の正解はたちまち、今日の不正解となり、潜在的な不満分子が増えてくると、恐怖政治のポテンシャルはいやがおうでも強まる。ふしぎなのは、見て見ぬふりの傾向が強まり、部門の安定性が高まったような様相を呈することである。このようなとき、ごく限られた人々だけが、人間の根源的な奴隷制を憂慮するが、それも奴隷であることの安楽さに流され、異様な子守唄の中に埋没してしまうのである。これもまた、現代のメルヘンなのであった。

引退

user-pic
0

読売新聞によると、角界のロボコップと呼ばれた高見盛が引退するのだという。以下、引用:

大相撲の元小結で東十両12枚目の高見盛(36)(本名加藤精彦(せいけん)、東関部屋)が27日、現役引退を表明し、年寄「振分(ふりわけ)」襲名が承認された。

千秋楽は若荒雄を下して5勝10敗で場所を終えたが、来場所の幕下転落が確実となり、決断した。今後は東関部屋付きの親方として第二の人生を歩む。都内のホテルで記者会見した高見盛は「体全体がボロボロで、これ以上取っても体を傷つけるだけ」と語り、現役最後の一番を白星で終え、満員の館内を沸かせたことを「覚悟を決めていたから、力を発揮できた」と笑顔で振り返った。

このような記事をみていつも思うのは、相撲を含め、スポーツ選手というのは、なんと選手寿命が短いのだろうということである。なにしろ、高見盛の引退の36歳というのは、サラリーマンなら今から次第に脂が乗ってくる時期である。この年齢だと、課長はまだで係長程度というのが普通だろう。

頭脳スポーツとして最も激しい部類に属する将棋でも、36歳というのは、生涯の最強の頃だといってよい。そして、40歳を超えると、少しずつ棋力の衰えを呈してくる。

それでも相撲はいい。引退後親方になるなど、人生半ばで、管理職になる道が開けている。高見盛は、幕下転落のような成績まで落ちたが、それでも東関部屋付きの親方の地位をエンジョイできる。ただ、一度も幕内力士になれないと、そういう特典もないのだろう。すると、チャンコ屋くらいしか経歴を活かせる仕事はないのだろうか。

そういえば先日、大リーグで活躍した松井がついに引退した。産経Webから引用してみる。

【ニューヨーク=黒沢潤】プロ野球巨人や、米大リーグのヤンキースなどで主軸としてプレーした松井秀喜外野手(38)が現役引退を決意、27日夕(日本時間28日午前)、ニューヨーク市内のホテルで記者会見を開いた。
「本日をもちまして、プロ野球人生に区切りを付けたいと思います。20年間、応援してくださったファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたくて記者会見をしました」と、引退を正式に表明。日米20年の現役生活を「最高に幸せな日々だった」と振り返った。
松井は引退の理由を、「今季は結果がふるわなかった。命がけのプレーも終わりを迎えた」と語った。今季、所属先が決まらないまま開幕を迎え、レイズとマイナー契約したのは4月30日。メジャー昇格は5月29日のレッドソックス戦で、いきなり2ランを放った。
だが、期待された打撃は振るわず、34試合に出場して打率1割4分7厘、2本塁打、7打点にとどまり、7月25日に戦力外通告を受けた。オファーを出す球団はなくシーズンを終えた。今オフも新たな所属先を求めたが、有力とされたアストロズからも声は掛からず、日本球界復帰も含めて、その去就が注目されていた。

松井も38歳で引退、とまだ若い。レベルの高い大リーグであり、また抜群の実績を誇った松井であれば、期待に応えられないレベルになったから引退というのは、仕方ないのだろう。その点、47歳まで引っ張った工藤公康は例外中の例外であり、しかも最晩年はプロとしての基準を充たしていたかどうかあやしい。

ところで、松井ほど年俸であれば、当然に一生遊んで暮らせるだろう。しかし、資産が何十億円あろうと、ただ遊んで暮らすのはあまりに退屈なのが人生である。まさに人はパンのみにて生きるにあらずである。資産がいくらあろうと、山には山の憂いあり、海には海の悲しみぞ、で、人生を充実させることは難しい。ましてや、オリンピックの金メダリストくらいで有頂天になり、人生の景色が変わったと喜ぶのは、あまりに軽薄なのではあるまいか。

こうしてスポーツ選手に対して厳し目の視点でみてしまうのは、私のスポーツコンプレックスのなせる業なのだろうか。

「儒教とは何か」加地伸行著、中公新書を読んでいて、次のような記述があった。

(老子について)その儒教批判はなかなか鋭いが、それでは儒教の人工的世界重視を否定して何が残り、どういう具体的世界ができるのかというと、はなはだ心もとない。スケッチとして表されているのは、人々が争わず自給自足の静かな田園生活を送るという空想だけである。家族理論はもとより政治理論もない。そういう老子からは、具体的な政策や社会規範がないのは当然であり、結局は、中国の実生活や政治において思想として主流となることはなかった。儒教が、個人以外、常に社会を問題にするのに対して、老子は、個人の問題にとどまるものであった。同じことは仏教についてもいえる。

老荘や仏教のファンである私も、これにはなるほど、と思わざるをえなかった。確かに隠遁や出家を説く老荘や仏教では、具体的な政策や社会規範を提供したりするなどの、社会工学的側面は皆無である。では、法律にはどうかとうと、その倫理的基礎に老荘や仏教は影響を与え得るかもしれないが、では刑事的立法をどうするか、ということはなんら規定しえない。

といいつつ、老荘や仏教は、しっかり中国でも政治に関与している。例えば、鑑真で私は次のように書いた。

26歳で故郷に帰った鑑真は、「四分律疏」を講義を行ったりした。その後も研鑽を続けた鑑真は、並ぶことのない名僧との評価を受けるようになった。ただ、則天武后が705年に亡くなりその子の中宗が皇帝に帰り咲くと、道教派が息を吹き返し、少しずつ仏教徒は肩身の狭い思いをするようになった。

これは決して加地氏が正しくないのではなく、おそらくは、儒家や法家などによって政治的基盤が与えられた前提で、個人的救済として、老荘や仏教が希求される。それはまさに、でんぷんやたんぱく質などの通常の代謝を助けるコエンザイム(助酵素)のようなものかもしれない、と今更考えた次第である。

政治的でないという意味では、キリスト教だってそうである。神の国に行くための救済を説くが、政治的なアドバイスには一切関与しない。なぜか、原理的に政治にも容喙するのはイスラム教である。

なお現世的に圧倒的な存在感を示すのはキリスト教である。典型的には神聖ローマ帝国であり、十字軍である。すると、その教義がいかに非政治的であろうとも、人間は宗教を政治に利用するのである。こうして、所詮コエンザイムに過ぎない宗教により、場合により死命を制するような臨界点がつくりだされるのであった。その典型は、ヨーロッパにおける三十年戦争であるが、事例は多すぎて、人間的な、あまりに人間的な、ということばで終わるよりなさそうである。

メンター

user-pic
0

よく、ドラマの親子喧嘩のシーンで、父親が息子に、「誰のおかげでここまで大きくなれたんだ。てめえ一人でやってこれたんだと思うんじゃねぇぞ。」というセリフがあるが、私は実は、自分ひとりでここまでやってこれたんだとつい思うような不遜な面がある。

例えば、世間で、立派な学者になっている人が、実は中学時代の恩師のXXさんのお蔭でここまでなれた、という風にいうことがある。間違っても、私は独学でここまでこれた、誰にも教わっていないなんて、口が裂けても言わない。

なのに私は、学校で、思い当たる恩師がいない。もちろん、この程度のスキルとはいえ、いろいろな先生に教わり、なんとか達したというのが正しいのだが、どうしても特定の先生に感謝する気がおきない。なんという不遜な人間なのだろう。

会社に入ってからも、いろいろな先輩や管理職に、実務を教わった。そのときも、馬鹿にされたり、面倒なことを言われたので、むかついたことは何度もあるが、感謝は依然としてしていない。

そして不遜な私が、やっと感謝する師匠に出会ったのは、なんと30代半ばになってからである。それは、前にも書いたが、私が所属する部門の元部門長の方で、私が入社したときは既に退職されていて、私とはかぶっていない。大層厳しい人だったそうなので、私の性格だと確実に、現役が重なっていたら喧嘩し、平穏に付き合うということはなかっただろう。

私がたまたま管理職になってからは、その方から、管理職としての心得を教わった。今にして思えは、その方は随分と変わり者で、やはり変わり者である私と波長がたまたま合ったのだろう。言い換えると、一風変わった性格の私に適合する先生というのに、今まで出会えなかっただけで、別に私が不遜な性格ではないといい訳したいが、誰も納得しないだろう。

そうやって一方的に教わるだけであったが、管理職になってから、部下や後輩に指導する立場になった。すると、自分としては指導に意外に適性を見出した。すなわち、私は仕事をしながら常に、最適な方法論は何かと考える癖があって、すると長年実務を続けると、頭の中にパターンができている。それを後輩や部下に説明すると、なるほどと分かってもらえたりした。何しろ私がオリジナルに考えたことなのである。それと私は、意外に後輩の面倒見がいい。そういう性格も、指導に向いている。

そういう指導者をメンターと呼んだり、指導することをメンタリングと呼ぶことを知った。それで、以下、メンタリングと呼ぶことにする。

そのメンタリングに関して感じたことを箇条書きにしてみる。

  1. 私なりに丁寧に手間をかけて指導したつもりだが、どうしてもなかなか伝わらない。やはり、プラトンのメノンではないが、教えるというのは正しくなくて、刺激を与えて、本人の素質を引き出すことしかできないのである。だから、素質のない人に教えることはできないということになる。
  2. また、なんとかあるレベルまでスキルを引き上げることができたとしても、私がメンタリングしたせいとは思ってもらえない。そもそも因果関係は証明できない。私の指導とは別のところで努力したかもしれないからである。まあ、感謝されなくても仕方ないという覚悟はもともとできている。なぜなら、自分が、メンタリングしてくれた人に感謝したことがほとんどないからである。
  3. それと、メンタリングは大変に手間と時間がかかることなのであるのに、部門方針として、ほとんど業績として評価されない。これは、直接の部門のアウトプットにならないからであるが、そんな方針では将来部門は大変なことになりますよ、と何度も上司に訴えたのに、相手にされなかった。上司は、スキルのある人を採れば済む話だ、ととりあわない。このあたりは、即戦力でも書いたように、どんな人を採用しても、メンタリングは必須なのである。

あ、重要なことを言い忘れていた。私は大学時代に、将棋の師匠がいて、そして、その関係で、ときどきこのブログにコメントを戴く、大師匠もいたのだった。そういう人達のお蔭で私はなんとかアマチュア四段程度の指し手になれました、ありがとうございます、と今更いっても、とってつけたように言うなと一喝されるだろう。どこまでも私は不遜な人間なのであった。

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。