2013年4月アーカイブ

羽生の不調

user-pic
0

電王戦に気を取られて名人戦に対する注意が疎かになっていたところ、はっと気付くと、羽生が森内に二連敗していた。

棋譜を並べてみたところ、どちらも▲26歩△84歩と飛車先を延ばして、先手が銀を36に据える戦形であって、2008年に羽生が森内から名人位を奪回して永世名人になった羽生にとってゲンのいい戦形であった。

ところが第1局は先手番の羽生が後手番の森内に余され、第2局は後手番の羽生が先手番の森内に攻め潰され、どちらも羽生の完敗だった。こういうのも往復ビンタというのだろう。

ずっと好調というか、羽生にしてみれば当然成績をここ数年維持してきたように思われたが、実は羽生の不調で書いたように、2年前の名人戦でも、羽生がいきなり森内に三連敗した。あのときは羽生が名人で、防衛戦だった。三連敗のあと、羽生は驚異的な頑張りで三連勝したが結局最後に力尽きた。この敗戦は堪えたようで、2012年も羽生は名人戦に挑戦したが、前年ほどは盛り上がらずあっさり森内の軍門に下った。

私の臆見では、羽生はこの名人戦の流れを依然として引きずっており、結局防衛されてしまうのではないだろうか。

そして森内にてこずっているうちに、後門の虎として、渡辺竜王が棋聖戦挑戦者決定戦で郷田九段を下し、挑戦者に名乗りを上げた。この流れだと羽生が防衛するのは難しい。すると渡辺が四冠、羽生が二冠となって名実ともに渡辺が羽生を凌駕する。

羽生のあの、帯域幅の広い戦い方は、常人には窺い知れない疲れの蓄積をもたらし、それが余人とは違う疲れというか不調を羽生にもたらすと私はみている。

しかし、今回の羽生の不調がいままでとちょっと違うと私が勝手に思うのは、電王戦の三浦の負けに羽生が影響されているのではないか、ということである。なにしろ羽生は10年以上も前、コンピュータ将棋がまだアマチュア二段程度だったときに、ただ一人コンピュータがプロ棋士を超える日を2015年と予想した。他のプロ棋士はそのことを真面目に取り上げなかった。羽生は、それが思ったより加速されているのではないかとつい考えてしまい、モチベーションが下がっているのではないだろうか。

ともかく、羽生ファンとしては、気を取り直して、名人戦を盛り上げてほしいと思う次第である。

帚木蓬生という作家は比較的最近、誰かかから紹介されてその作品を読んだ。最初に読んだのが、「閉鎖病棟」だった。精神病を病んだ人たちの織り成す物語である。随分ディテールに詳しいと思ったら、帚木蓬生は精神科医なのだった。

「閉鎖病棟」は評判ほど私にとって面白かったわけではないが、最後に少し感動したので、ともかく、帚木蓬生はなかなかの作家だと認識した。そこで、デビュー作の「白い夏の墓標」を読んでみたところ、緊迫の医学ミステリーで、私には「閉鎖病棟」よりも面白く読めた。

そして、医学ミステリーという意味で「白い夏の墓標」の同一の路線上にあると思われる、「カシスの舞い」をたまたま行きずりの古本屋でみつけたので、読み始めた。

「カシスの舞い」の主人公は、日本人医師の水野トシオ、舞台はフランスのマルセイユ。そこの大学病院に勤務する。水野は、完璧なフランス語がしゃべれる。そして医師としてのスキルも卓越している。それだけではなく、シモーヌというフランス人薬学研究者のフィアンセがいる。

おいおい、藤原伊織ばりの完璧なキャラクタではないかと思った。そういえば、帚木蓬生は東大文学部を卒業した後、九大医学部を卒業して精神科医になったのだった。東大文学部というところで、なんとなく藤原伊織に通じるのだろうか。

さて、水野トシオは帚木蓬生と同様の精神科医であって、勤務する大学病院では、ヘロインやアンフェタミンなどの薬物中毒患者や、通常の精神病者が多数入院しており、それらの患者の記述や、医学専門用語の羅列で、前半ちょっとうんざりしてきた。

一方で、水野トシオは剣道の達人であって、フランスの警察に剣道を教えていくついでに、警察の人たちと人脈ができあがった。

そうして次なる舞台は、マルセイユの隣にある町、カシス。風光明媚で、フランスの松島なのだろうか。ここに来た理由は、カシスはフィアンセのシモーヌの出身地で、里帰りと観光に一緒にやってきたのだった。

ところが、カシスと、勤務する病院の脳研究所の間に黒いネットワークがあり、それを追求する水野の身に危険が迫った。以下は急展開のミステリーとなる。

読み終えてみて、多くの情報を詰め込んだような記述のせいか、ちょっと戸惑う記述も何箇所かあったが、ミステリーとしてスケール大きく仕上がっているといえる。

ただ、いつもながらもう少し主人公を、人間くさく描いてほしかった。そんなの本質的ではないだろうか。

一遍

user-pic
0

出家で言及した、講談社現代新書の「日本の奇僧・快僧」今井雅晴著には、道鏡、西行、文覚、親鸞、日蓮、一遍、尊雲、一休、快川、天海という僧についての生涯が記述されているが、私がなぜか一番気になったのは、一遍である。そこで、この本に従い、一遍の生涯を簡単にまとめてみる。

一遍が生まれたのは1239年、伊予国道後、今の愛媛県松山市である。一遍の先祖は、日本海賊で述べた河野氏である。当時、河野氏は、承久の変で朝廷側に与し、結局朝廷側が破れたので、幕府方によって、河野一族の多くは殺され、領地を削られた。河野通信は、奥州に流された。その通信の子の一人が一遍であった。

このように困窮する河野氏にあって、少ない領地や財産を巡って、醜い争いが勃発した。一遍は、このような争いの中で、四人の親戚に襲われて殺されかかった。そして、一命を取り留めると、物欲の恐ろしさが身にしみた。そこで10歳にして出家した。

ところがなぜか25歳のとき一旦還俗すると、再び家督争いと財産争いに巻き込まれた。さらに、還俗したとき一遍には、二人の寵愛する妾がいた。その妾間の嫉妬の火花をみて愈々俗生活に耐えられなくなり、再出家して遊行に赴いた。しかしその遊行にはなぜか妻と娘を伴った。どうも一遍は、親鸞がそうであるように、性欲の強いタイプだったようである。なので妻と離れるのが忍びなかったであろう。また肉親の情も深かった。

再出家した一遍は、善光寺で悟りの境地に達した。それは、「南無阿弥陀仏」と唱えれば、阿弥陀仏が救って極楽浄土に連れて行ってくれるという思想だった。これはたまたま、法然や親鸞の説くところと表面的には一致するが、法然のように念仏を懸命に唱えることで阿弥陀仏に救ってもらおうとするのではなく、親鸞のように阿弥陀仏の救済の力は広大無辺なので、お任せしようというのでもない。「南無阿弥陀仏」という名号に絶対力を認めるというものである。ただ、こう書きつつ私はこの違いがよくわからない。

一遍は次のように説いた。すなわち、念仏を唱える者は次の三種類に分けられる。最も優れた者(上根)は、妻子を伴っていても、それに執着せずして往生することができる。中間の者(中根)は、妻子は捨てなければならないが、家をもっていても往生することができる。最も能力のない者(下根)は、すべてを捨てることでようやく往生できる。

一遍は、自分を下根とみなし、結局、妻子も全ても捨てた。そして一人で遊行した。そういう非物質的生活が快適であるはずがない。苦行である。しかし、そういう苦行のなかに、ランナーズハイのような快楽を見出した。そういう一遍に魅力を感じる人たちがあらわれ始めた。渋々であるが一遍は、そういう人たちからの弟子入りを認め始め、そういう弟子を時衆と呼んだ。

そんな一遍と時衆はあるとき、信濃の国で念仏を唱えていた。すると体が踊るような喜びがこみ上げて、念仏を唱えながら動き回った。それが踊り念仏として有名になった。

そうして一遍たちは、九州、中国、近畿、中部、奥州、関東とあらゆるところを精力的に遊行した。鎌倉に赴いたときは、北条時宗に町に入ることを止めらたが、死をも恐れぬ毅然とした態度は、鎌倉の町の人々を感動させた。

時衆たちの中には煩悩の強い者たちもいた。それで一遍はかなり悩んだようであるが、もともと随意で入ってきた者たちなので、仕方ない。

一代聖教みなつきて、南無阿弥陀仏になりはてぬ、と唱えた一遍は、自分の遺品さえすべて捨てて、51歳で亡くなった。快哉である。

企業の崩壊

user-pic
0

今まで、組織の劣化というテーマで、こちらと、こちらに書いた。平家物語のように、私なりに現場にいて、組織の栄枯盛衰はみてきているつもりである。

その文脈で、「7つの危険な兆候-企業はこうして壊れていく」ポール・キャロル、チュンカ・ムイ、谷川漣訳、海と月社を読んでみた。すると、これは私が考えていたよりもむしろ経営者的視点で書かれたものであり、企業の役員にすらなったことのない私にはちょっと取っ付きにくい内容だった。

ともかく、私なりにこの本の内容を要約してみる。そこでまず、7つの危険な兆候というのは何かということになる。列挙してみる。

  1. シナジー効果を狙う
  2. 金融工学を駆使する
  3. ロールアップをはかる
  4. 従来路線に固執する
  5. 隣接市場に参入する
  6. 新たなテクノロジーを追求する
  7. 統合に走る

まず、ここでいうシナジー効果とはどのようなものかというと、例えば、団体損害保険会社が個人損害保険会社を買収して、あらゆるタイプの損害保険を扱えます、と謳うものである。これは一見素晴らしいストーリーであるようにみえる。買収を決めた人たちは、業務の微妙な違いに配慮していなかった。似たような業種なので、統合により組織が合理化されると漠然と思っていただけなのだった。団体損害保険は総合的で、個人損害保険は個別的なので、総合は個別を簡単に包摂できると甘く見込んだのである。しかし、現場ノウハウは全く違う。営業マンたちも反目する。そもそもが、シナジーというがそれは企業側にたった見方で、顧客にはなんのメリットもない。こうして顧客は離れ、内部的な非効率性が目立ち、企業は次第に崩壊に向かうのである。

金融工学を駆使することの危険性は、リーマンショックを思い出せば十分だろう。改めて自分の記事リーマン破綻の真相をみてみた。

ロールアップをはかるということだが、ロールアップとは、企業が中小の業者などを統合して、まとめあげることになる。買収された中小の業者は、支店あるいは専属の代理店のようなかたちになる。ところが、買収側の企業はマクロな経験しかなく、ミクロな中小の経営や管理など、おぼつかない。結局、コスト減ならないし、分権化と集中のジレンマに陥る。

従来路線に固執するというのは、わかりやすくいうと、世の中の変化を無視するということである。今のやりかたでなんとか回っているので、なぜ変える必要があるのか、ということである。例として、ネガを手放さなかったコダック、などがある。また、未来を現在の延長線上に単純に構想する。

隣接市場に参入する、というのもいかにもありえる。例えば、航空機のエンジンと交換部品を扱う会社が、航空機の航行に必要なサービスの販売にも参入するなどである。ところが、一見似ている隣接分野で、業務ノウハウは著しく異なるということがある。著しくは異ならなくても、似ているのでなんとかなるという楽観が失敗につながる。

新たなテクノロジーを追求する、というのはそれ自体は悪くない。むしろ、ある種の企業では、研究開発して新しいテクノロジーを追及し続けないと、明日はないのかもしれない。問題は、たまたま開発した新たなテクノロジーが金科玉条になってしまうことである。その一つの典型例として、モトローラのイリジウムが挙げられる。

統合に走るとは、規模の経済にこだわり続ける、大きいことはいいことだと統合すると、身動きとれなくなる。例えば、統合によって、相手の人的、知識的リソースだけでなく、問題も買い入れる。また、統合によって顧客に対する肌理の細かい視点を失う。

ここには書かれていないが、私は企業分割の問題も挙げたい。確かに、採算の取れない部門を他社売却して身軽になりたいという要望は理解する。しかしそこで、経費削減、人員削減が前面に出て、スキルの払底、ノウハウの遺失ということが全く理解されない。空しい呪文のようなスローガンが飛び交い、表面的な繁栄とは裏腹に組織の劣化が刻々と進む。

数学セミナー別冊、「宇宙はどこまで分かったか?」岡村定矩編によると、98億光年先にあるクエーサーからの光が、銀河団を経て地球に届く際に、重力レンズの影響で、その光は4つの点として観測される。その際、銀河団の質量は銀河を明るさから推定できるが、それだけでは観測された重力レンズの作用を与えることができない。これを補う質量として存在が想定されるのがダークマターである。

読売新聞科学欄にダークマター観測計画の記事があったので、私なりにまとめてみる。その計画とは、国際宇宙ステーション(ISS)に設置した観測装置を使うAMS計画である。

ここでダークマターについて改めて要約すると、ダークマターは、宇宙誕生の当初の頃から、その質量による重力の働きにより、ちりやガスを引き寄せ、星や銀河を形成する働きを果たしてきた。ダークマターは、質量は大きいが電磁波を出さないので、観測できない。

それではどうやって観測するのか。実はダークマターといえども、宇宙空間で互いに衝突して消滅したり崩壊したりする。その際、電子と陽電子が対創生する。このうち陽電子は極めて存在時間が短い。なので、陽電子が多数観測されれば、それは付近のダークマターから生まれたと解釈される。

消滅する前の陽電子をISSで観測するというのが、AMS計画の構想である。AMSでは、2011年から1年半かけて宇宙空間の粒子約250億個を観測した。そのうち電子は640万個、陽電子は40万個。陽電子のエネルギは、5億から3500億eVと幅広く分布しており、陽電子の電子に対する比率は、ダークマター同士の衝突により生じたとされる陽電子の比率の予測値と近かった。

エネルギーが高く、全方位で到来する陽電子が観測されると、ダークマター由来である可能性が高い。

一方、神岡鉱山地下1000メートルに建設された、東大宇宙研究所の大型検出装置「XMASS」も、ダークマター観測を意図している。それは、マイナス100度の液体キセノンを満たした球形の検出器において、キセノンの原子核にダークマターが衝突すると、微小な光が発生し、それを光電子増倍管が捕らえるというものである。

ダークマターの正体は不明であるが、こちらにも書いたように、超対称性モデルでの、ニュートラリーノではないか、と予測されている。あるいは、グラビティーノも候補である。これらの粒子は、現在確認されている最も重い素粒子であるトップ・クォーク(1720億eV)の数倍から数十倍の重さであると想定されている。ちなみにヒッグス粒子は、1260億eVである。

それの数十倍の重さであると想定される超対称性粒子を、LHCは実験で確認しようとしている。直接ダークマターを検出するのではなくても、二次的に生成する粒子を検出する意図なのだろう。可能なのだろうか。

妖奇切断譜

user-pic
0

貫井徳郎の「鬼流殺生祭」を読んで、明治初期という独特の舞台設定に感心したものの、トリックがどうもいまいちで、これは横溝正史の亜流ではないかと、多少の失望とともに別の本に興味を移した。

しかし、第一印象は第一印象であって、全局を支配するわけではない。なので、貫井徳郎の慟哭も読もうと思い立ち、実際読んでみると、それはある意味横山秀夫ばりの警察小説で、感心した。

こうして、九条と朱芳というコンビになる、「鬼流殺生祭」の続編、「妖奇切断譜」を読み始めると、いきなり、死体の山の記述なのだった。そこから始めるのか、とちょっと息を呑んだ。その死体は彰義隊なのだという。すなわち、明治維新にあたって、江戸の警備を自称していた彰義隊は、官軍に惨殺されてしまったのであった。

この血の臭いが、妖奇切断譜の全体を貫く。しかし次なる犠牲者は、荒くれ猛者ではなく、突然、東京でも指折りの絶世の美女なのだった。エロスとタナトスが蠢く。

美女は肢体を切断され、稲荷神社に放置された。これが連続殺人となるに及んで猟奇性が沸騰してきた。これはまさに、私が鬱屈していた大学時代、読みふけった江戸川乱歩の世界なのだった。

殺される美女は皆、ある絵師が描いた、今様美女三十六歌仙に描かれた美女たちなのであった。そこで当然に絵師の関与が疑われるが、ここから先はネタばれになるので、やめておく。

ともかく、ストーリーは究極の愛にドライブされたものであった。きわめて広い概念では、東野圭吾にもつながるが、言うまでもなく、インプリメンテーションは全く異なる。

江戸川乱歩ライクとはいえ、「鬼流殺生祭」と「妖奇切断譜」が、貫井徳郎の"like no other"の世界であることは疑いない。それを面白いと思うかどうか、相当に人による。

先日の三浦八段対GPS将棋に関して、渡辺明ブログに下記のような一節があった。

66手目△74歩▲同歩△64歩って、そんなんで手になるの?って感じですが、えらく細い攻めを繋ぐんですね。驚きました。

これを見て思わず笑ってしまった。というのは、三浦八段のGPS将棋に対する負け方が、三浦八段の渡辺竜王に対する負け方にそっくりだと私は感じていたからである。すなわち、一見三浦八段の方が優勢なのだが、まさに細い攻めをつないで渡辺竜王が知らないうちに勝ちになっている。

そこで何故コンピュータが細い攻めを繋げられるかというと、考えてみたら自明で、直感など頼らず、全ての可能な手を評価関数にかけて、得点の高い上位数手について、さらに評価関数を再帰的に適用し、得点の高い上位数手について評価関数を再帰的に適用し、ということを繰り返すからである。

このような思考は、決して人間ではできない。普通なら、細い細い糸のようなぎりぎりの手順は、人間なら無理と捨ててしまう。そんなストリングを拾えるのはコンピュータだけである。

それでも、結果的に選ばれた手順が人間にもそれなりに納得いくのは、そこで使われる評価関数が、多量のプロの棋譜から機械学習することにより調整されたものだからである。よって結果的に手の選択は、プロの感覚に近くなる。

そうは言っても、コンピュータは、局面毎のコンテキストというか大局観を人間ほどには発揮しえないので、人間が直感で98点出せるところが、92点しか出せないかもしれない。しかし、人間は98点出したと思ったら、次は急に80点になり、またその次に96点になったりする。一方コンピュータは、92点の次、90点くらいしか落ちない。すなわち、ずっと90点以上を維持できたりする。そして、典型的には大山名人がそうであるように、悪くない手をずっと維持できる棋士は最強である。

こうして、コンピュータはいくらでも機械学習、その他のテクニックにより強さを積み上げていけるので、コンピュータ将棋は有限の時間で人間の名人・竜王を凌駕できるのである。

そういえば、GPS将棋の開発者の一人、東大准教授の金子知適氏には、以下のような論文もある。

将棋の棋譜を利用した大規模な評価関数の学習. 金子知適, 山口和紀. 情報処理学会論文誌 Vol. 51, No. 12, pp. 2141--2148 PDF

もちろん、その法則が成り立つのは、将棋が完全情報ゲームだからである。天候や株価や地磁気、太陽黒点などに全く左右されない。当たり前であるが。なので、将棋の全ての手をコンピュータで読みつくすことは不可能だとしても、アルゴリズムにより、摂動論的に強さを漸進強化できる。

ところで、プロ棋戦で穴熊や玉が堅い戦法が流行しているのは自然なことなのであって、玉を堅くしておくことによって、一手一手に要求される手の品質があまり高くなくても済む。逆に薄い玉形だと、好手を連発して優勢を維持していても、一手の凡手で形勢が逆転する。そういう意味では、コンピュータ将棋は薄い王様でも、あるレベルの手を維持できるので、玉を堅くする必要がないかもしれない。

すると、今の将棋定跡は、人間の誤謬率に鑑みた手順により、玉を囲ったり、玉と飛車はなるべく接近させないようにしているけども、コンピュータの指し手の正確度に依存すると、全く画期的な戦法が現出する可能性がある。そして、それにより新しい戦法があらわれ、プロ棋界を席巻する可能性もある。この新しい棋譜群を機械学習させることにより評価関数はどのように変化するのだろうか。その人非人ぶりは見ものである。

桐野夏生という作家が好きかと聞かれたら、さあ、と答えるよりない。最初に読んだ作品は、古本屋でたまたまみつけた、「天使に見捨てられた夜」である。主人公は、村野ミロ。元広告代理店に勤務し、一旦結婚したが、夫と死別して今は独身。調査屋だった父の影響か、探偵事務所を経営する。

ところが、探偵事務所というけど、すごい尾行スキルや調査能力があるわけではない。いかにも素人くさいのだが、歌舞伎町あたりに人脈は豊富のようで、隣人のオカマのイケメンなど、いろいろな人に助けてもらって、なんとか依頼された案件を解決する。

村野ミロは、性的放埓さを必死で抑えて、ストイックに生きている面がある。なので、敵対するような相手でも、男性的魅力が溢れていると、性的放埓さがこぼれ出てきて、つい体を許してしまうようなところがある。そんなことをしていては探偵は成立しないと思うのだが、なぜか最後はなんとかなってしまうのは、人徳なのか、運のよさか。

なんなんだこれは、と思いつつ、「天使に見捨てられた夜」を読み終えてしばらくして、「天使に見捨てられた夜」の前作である「顔に降りかかる雨」を古本屋でみつけたので、買ってみた。もし「天使に見捨てられた夜」に大変失望していたら、その前作なんて読むわけがない。しかし、江戸川乱歩賞受賞作とあるのでつい、こちらも読み始めた。

すると、当然であるが、「顔に降りかかる雨」を前もって読んでおけば、「天使に見捨てられた夜」ももう少し面白かったな、と改めて思った。ただ、逆順に読んだのだけれども、「顔に降りかかる雨」では、村野ミロの性的放埓さが隠し味程度で、ストーリーが引き締まった、ミステリーとしては緻密な、よりよい出来だった。

なので、村野ミロに関する短編集である「ローズガーデン」講談社文庫を見つけたときも、迷わず買ったのだが、その劈頭の「ローズガーデン」には仰天した。村野ミロの性的放埓さが余すことなく記述されている。実は「ローズガーデン」の主人公は、村野ミロというよりも寧ろ、夫になる人である博夫だったりする。同様に性的に放埓な高校生であった博夫は、ミロと出会って、ミロに強烈に惹かれていく。そして、ミロとの付き合いにはまり込み、ミロを独占しようと結婚するものの、そういう強い情熱だけでドライブされた結婚がうまくいくはずもなく、博夫はインドネシア転勤というかたちでミロから逃れる。あまりにスパイシーなミロとの生活についていけなくなったのである。そのインドネシアでの生活の有様を「ローズガーデン」は描くが、ここでは博夫がインドネシアで客死することになった原因がほのかに示唆されているだけである。

これらの作品を読んで、私は、村野ミロの矛盾にみちた放埓さに惹かれているのだと、改めて分かった。ミロシリーズの完結編は「ダーク」らしい。これも読もうかどうか、迷っている次第である。

コーヒールンバとは、私が子供の頃、西田佐知子が歌って流行した曲であるが、ここでは別に音楽の話をするつもりはない。単にコーヒーに関して面倒なことになったので、枕詞としてコーヒールンバを引用しただけである。

さて、通勤に際して私は、お茶とコーヒーをそれぞれ水筒に入れてオフィスに持参する。理由は、せこいのだが、単に日々飲み物をペットボトルで買うお金を節約することと、自宅で淹れたコーヒーの方が冷めていても微妙においしいというか、馴染んでいるということである。

そして朝一番でパソコンを立ち上げ、水筒からコーヒーをプラスチックの使い捨てカップに注ごうとしたところ、手がすべって水筒が倒れた。そして運悪くそのとき、すぐ横にパソコンがあり、パソコンのディスプレイとキーボードにもろにコーヒーがかかってしまった。

慌ててティッシュと雑巾でコーヒーを吸い取るのだが、コーヒーは無常にもキーボードの隙間に浸透していく。そして私は経験はないが、コーヒーをこぼしてパソコンを駄目にしてしまった複数人の同僚の話を思い出した。しかしと私は気を取り直した。あれは昔の仕様のパソコンであった。今のパソコンは当時より、液体プルーフ性が高まっているいるはず、と私にしては楽観的に自分を励ました。

果たして、あらかたコーヒーを拭き取って、キーボートの隙間にコーヒーの液体が残っている状態で、キーボートは使えているし、無線LANも動作して、通信できている。なんだ問題ないではないか、と思った。

そのときである、熱したフライパンに水滴を落としたときのような、シュワという音が軽くした。なんだろうと考えていると突然、無線LANがつながらなくなった。また、トラックポイントでドラッグできなくなった。

通信は有線LANのケーブルを接続してなんとか凌いだ。トラックポイントの不具合は、マウスを知り合いに一旦借りてなんとかした。そして、ともかく一旦パソコンを立ち上げなおした。すると、何か構成をアップデートしているという画面がでる。アップテート?きっと何かソフトが知らない間に導入されたに違いないと思った。

そして改めてパソコンを立ち上げて分かったのは、無線LAN機能が完全にOSからみえなくなっているのだった。使えない機能なので除外したのだろう。しばらくすると見かけは完全にコーヒーは乾いた。そしてトラックポイントの機能は完全復活したので、マウスは返した。

しかし、無線LAN機能は返ってこないままである。コーヒーがもろに降りかかったということは、戦艦大和なら、右舷に魚雷を一発食らって浸水し、ハッチで止めたくらいの被害である。無線LAN機能以外がそれでもなんとか使えているなら、大本営ならずとも、我が方の被害極めて軽微なりと開き直るべきだろうか。

そう安心していたら、別の知り合いが、そうやってコーヒーを被ると、今は元気なようでも、あとでじりっじりっと機能がおかしくなり、パソコンが突然死することがあるぞ、と脅す。北斗の拳のケンシロウの、「お前は既に死んでいる」かと思い、妙に不安になった。

そしてさきほど、買ってきたバァッファロのUSB接続タイプ無線LANを取り付けて、1時間ほど苦闘して、なんとか無線LAN接続を再現することができた。コーヒーを被ったという病歴はちょっと心配だが、一応使えているので、とりあえずこのまま使い続けることとする。

電王戦最終局、三浦八段対GPS将棋は4月20日、その日私は午前中はちょっと用件があったので、観戦は午後からになった。

午後一番でニコ生にログインしてみると、戦形はがっぷり四つの矢倉であるが、後手のGPS将棋が自然体の矢倉囲いであるのに、三浦八段は、押さえ込みを意識した、妙に上ずった形だった。そもそもが、78金をわざと67金の上がるのはあまり実戦ではありえない。

それでも、プロ間では、期待値もこめて、三浦八段が微妙に優勢というのが大勢だった。人間対人間だと、かなりの確率で押さえ込みが成立する。

ところがGPS将棋は、予想されていたことかもしれないが、異様に冷静だった。すなわち、84金と打ち、あくまでも相手についていく方針を貫く。

それから駒の交換になった数手を経た局面で、業を煮やした三浦八段の83金がどうみても性急だった。ここは84歩もあった。ただ、もちろん、84歩の方がよかったという意味ではない。単に84歩の方が手が広くてプロ的だったというだけである。

しかし、依然として、83金から三浦八段が82歩と打った局面も依然として多くのプロは三浦乗りだったが、ボンクラーズの形勢判断は既に、GPS将棋に圧倒的に有利だった。

私の素人判断もボンクラーズに与するものだったが、プロはなかなかGPS将棋に加勢しなかった。プロの意地なのか。あるいはプロの感覚か。

そして、終盤のある局面で、ブロ側を応援する解説の屋敷九段でさえもコンピュータ側に与せざるを得なくなった。解説の屋敷九段も、何か三浦八段側にいい手があるに違いないと躊躇いがちにいう。

これをみて思ったのは、三浦八段は、前局のPuellaα対塚田九段に影響されすぎたのではないか。すなわち、入玉模様に指せば、劣勢でもなんとかなるのではないか、ということである。

しかし、GPS将棋の指し手はあくまでも冷静で的確だった。きちんと、A級第二位の三浦八段の玉に必至をかけ、投了に追い込んだ。

日本将棋連盟は、羽生にも匹敵する指し手を負かされてどうするのかというと意外に冷静である。そしてこういう流れを作った米長は、生前の毀誉褒貶にもかかわらず、なかなか立派だったということになる。

それにしても三浦八段の指し手は変調だった。プレッシャが強すぎたのか。ともかく、この片真剣みたいな勝負をきちんと受けたのは立派だった。さすがプロである。

こうしてコンピュータ将棋の強さを骨の髄まで実感したのに、将棋連盟側は次の電王戦を開催することも前向きに考えているという。一介のアマチュア棋士にすぎないのにプロの面子というものを知っているつもりの私には最早意外である。

今の将棋界は、チェスでカスパロフがディープブルーに破れた頃の時期に匹敵するのだろうか。すると、プロ棋士が、コンピュータ将棋の強さの方が先に行ってしまったと納得した時点で、プロ棋士対コンピュータ将棋の公式対戦は自然消滅してしまうことになる。

そうなる前の段階として、次の電王戦の出場メンバーは誰だろうか。私が決めていいなら、糸谷、佐藤天彦、豊島、中村太地、深浦あたりである。もう既にコンピュータ将棋の強さが知れ渡っているので、負けてはいけないというプレッシャはない。しかし結局プロはやはり勝ち越せないだろう。

そして次はいよいよ、羽生や渡辺を含むチームが登場する。これをもってプロ棋士対コンピュータ将棋の公式対戦は発展的解消となるはずである。そこの「発展」の意味は私にも不明であるが。

抽象化

user-pic
0

数学というのは、いろいろな側面がある。典型的な側面は数値的な計算であり、私は数値計算をがんがん試そうとコンピュータを勉強したくらいなので、計算も好きなのだが、実は、このブログを書くことにさえ、使う数学というのは、その抽象化の過程である。

抽象化の例として、群の概念がある。例えば、整数と整数を足しても整数なので、整数は足し算に関して閉じており、符号が逆同士の整数を足すと0になるので、0を単位元、符号が逆の整数を逆元とすることで、群(この場合、加群)が定義される。

そこから群の定義を抽象すると、整数でなく、より一般の対象における群を考えることで、部分群、準同型定理など、群の概念を豊饒化できる。

すると、世間一般でも、問題を直接解くのではなく、その構成要素を一般化して、概念というかモデルだけを抽象して、そこから問題の見通しを立てることができるかもしれない。

このようなことを、森博嗣著「人間はいろいろな問題についてどう考えていけばいいのか」新潮新書を眺めていて考えた次第である。

そこで示唆されていることの1つに、具体的事象から、法則を抽出しようとする試みがある。森博嗣が挙げる例は、原発事故から、「どんなことでも、事前にある程度心配したほうがいい」という法則を導くことである。あるいは、活断層の上にあることで注意するという特性を、新幹線などの別の対象にも適用することである。

こういうのは私にもしっくりくる。私もいろいろな努力を通じて、才能の先天性などの法則を導いている。そういう法則を、自分になりに工夫してブログのかたちで書き下してみることは、私にとってよいカタルシスである。

森博嗣はさらに先にいく。人間関係をも抽象化して、具体的な好き嫌いを一旦離れる。

それはまた、私の仕事の知識では、上位概念化ということにもなる。具体的でなく、広い概念を包摂する特許請求の範囲を書く。

他にもいろいろあるが、抽象化への過程を抽象的に語ってくれる森博嗣の存在は貴重である。この本を読んで全く違和感がないのは、私の普段目指しているものに近いというよりも寧ろ、森博嗣のS&Mシリーズで、犀川がぼそっと述べていることだからなのであった。

堂場瞬一

user-pic
0

最近はなぜか新聞をほとんど見ないのだが、自宅でたまたま朝刊をめくっていると、堂場瞬一という作家の作品の広告が目に付いた。どうも刑事小説の書き手らしい。

例によってアマゾンで確認してみると、そこそこ人気で、沢山の作品があるが、主なシリーズが2つあって、一方は、刑事・鳴沢了シリーズ、もう一方は、警視庁失踪課・高城賢吾シリーズである。どれから読もうかと迷ったが、警視庁失踪課・高城賢吾シリーズの最初の巻である「蝕罪」中公文庫から読むことにした。

さて、警視庁失踪課は架空の組織であって、そんな部署は警視庁にない。だいたい、失踪者の届出に関して、行方不明相談室というのは実際あるようである。この小説では、警視庁失踪課は、キャリアデザイン室のように、落ちこぼれの刑事が行き着く部署ということになっている。刑事として使えなかったり、生活が破綻している刑事たちが所属し、主として行方不明者捜索の受付という事務業務をするだけだったりする。よほど事件性がないかぎり、警察は、必死で失踪者を捜索するということはない。

そして主人公は、刑事・高城賢吾。元は捜査一課の辣腕刑事だったのだが、ある理由から結婚生活がうまくいかず離婚して酒びたりで生活が破綻したため、リハビリのために失踪課に送られた。

高城の上司がなぜか女性の、阿比留真弓。お荷物のような失踪課で業績を示して、なんとかまた出世階段に戻りたいと願っている。しかし、堅物ではなく、人情もある。

高城と同僚というかペアを組む相手は、これまた女性の明神愛美。まだ若手で、一応美人らしいが、ものすごく頑固で素直でなく、高城を先輩扱いしないで平気でやり込める。当然であるが、落ちこぼれ部署の失踪課なんてとんでもない、実績を示してこんな部署から栄転してやるといつも思っている。

こんな失踪課にある女性から、フィアンセが行方不明になったと捜索依頼がきて、高城は、刑事の勘で、この失踪に事件性をみてとり、捜査を開始するとい次第なのだった。

この手の小説だと、明神が年上の中年男性、高城に憧れ、それが次第に恋に発展するのだと期待したら(なんだ、お前の淡い願望かと言われそうである)、そんな色気は終始、皆無なのだった。

また、別に藤原伊織を批判するつもりはないのだが、この小説では、どの登場人物も卓越しておらず、つまらないミスはするし、人間くさいし、あまり都合よく事実が解明されることもない。実に地道に捜査が続けられていく。

それでいて退屈するわけでもない。そういうストーリーなので、あっと驚く奇抜な展開があるわけだもないのだが、読み終えたら静かな満足感が漂った。堂場瞬一は、巧まざるストーリーテラーであることが分かった。高城と明神のコンビに会いに、また、このシリーズの別の本も読むことになろう。ふと、森博嗣の、犀川&萌絵というコンビを思い出した。キャラクタはあまりにも違うが、また作中で会いたいと思わせる程度において同じなのであった。

ゲノム創薬

user-pic
0

以前に、創薬の方法という記事で、創薬の概要をまとめてみたが、そこで、ゲノム創薬は期待外れに終わったと述べた。ところが、ゲノム創薬について、最近進展があったらしいので、読売新聞の科学欄の記事に従い、まとめてみる。

先ず、ヒトのゲノム解読が終盤にさしかかっていた2000年6月ころ、ゲノム解読によって、アルツハイマー、糖尿病などの遺伝的な原因の病気を治療できるようになると期待されていた。

それの象徴的な会社の一つに、デコード・ジェネティクス社がある。本社がアイスランドにあり、14万人分の遺伝情報からなるデータベースをもつ。糖尿病や骨粗鬆症などに関連する遺伝子をみつけ、多数の関連論文を発表している。ところが折角遺伝子を発見しても、一つ一つの遺伝子は、発病リスクをわずかに上げるだけで、創薬に活かしにくかった。すなわち、特定の病気に関連する遺伝子を多数見つけても、病気になる遺伝的な原因の一部しか説明できなかった。

例えば、糖尿病関連の遺伝子は60個以上見つかっているのに、それでも遺伝要因の10%程度しか説明できなかった。その残りの90%は、失われた遺伝要因と呼ばれる。

糖尿病以外で、コレステロール関連で見つかっている遺伝子は約20個、遺伝要因で説明できるのは約20%、骨粗鬆症関連で見つかっている遺伝子は約20個、遺伝要因で説明できるのは約6~8%、乳がんで見つかっている遺伝子は約70個、遺伝要因で説明できるのは約14%、肥満関連で見つかっている遺伝子は約60個、遺伝要因で説明できるのは約2~5%である。

その難題と、折からの不況で、デコード・ジェネティクス社は、2009年に破産した。同社は投資会社の援助で事業を継続し、効率を高めたゲノム解読法で再び脚光を浴びるようになった。2001年の頃はヒトゲノム全体の解読費用は120億円で13年もかかっていたが、今ではたった56万円で、2週間程度で完了するほどに効率化された。

この高速なゲノム解読技術は、デコード・ジェネティクス社に、アルツハイマー病の遺伝子などをみつけることを可能とした。そして、このようにパワーアップしたデコード・ジェネティクス社は、米国の製薬会社であるアムジェンに、350億円で買収され、いよいよゲノム創薬が現実味を帯びてきた。

最近すっかり藤原伊織のファンになり、どの藤原伊織の作品にも違和感なく入っていける自信がついたが、山椒魚さんからのお勧めもあったので、「ひまわりの祝祭」講談社文庫を読んでみた。すると、やはり期待を裏切らない力作だった。

「ひまわりの祝祭」の主人公は、秋山秋二。秋が二度も出てくる名前なんてみたことがないが、その分、一度みたら忘れられない。この主人公はやはり呑んだくれかと思ったら、意外にもそうではなく、牛乳が好きで甘党で、酒は下戸なのだった。しかも、その専門分野は、広告宣伝でなく、美大出身で、グラフィックアート。いろいろな意味で、高校時代は美術部にいたという藤原伊織の裏キャラクタである。

主人公は元辣腕デザイナーなのに、妻を亡くした失意なのか、無為の日々を送る。私の独身時代の生活を彷彿とさせるので、思わず笑ってしまった。男一人の生活は、ほとんど例外なく侘しい。

そしてこの小説のモチーフは、美術、すなわち、ゴッホの「ひまわり」なのだった。有名画家のエビソードに作者独自の創作がほどこされ、美術音痴の私もつい、ゴッホの世界に引き込まれてしまった。ダナエと同様である。そういえば私は、 ダナエに影響されて、ギリシア神話、フェリックス ギラン著、中島 健訳、青土社を買ってしまった。日本書紀の神々の固有名詞にうんざりして早々に退散してしまった私に、同様にうっとおしいギリシアの神々が馴染めるだろうか。

戻って、主人公をスーパースターに描く藤原伊織にしては、主人公はちょっと弱いかなと思っていたら、やはりスーパースターが出てきた。謎の団体の構成員、原田である。華麗なる容姿で武道の達人、すごく気も利く。この原田の活躍をキーにしてストーリーは進む。

おっとヒロインを忘れていた。それは、加納麻里。秋山の亡くなった妻に酷似する超美人なのに、なぜかフーゾクに勤める。それでいてフランス語が読めたりする。やはりスーパーヒロインか。

ストーリーの展開は、ゴッホの「ひまわり」を巡って息もつけない。前半はあまりに大人しかった秋山秋二も、後半ではその武闘派ぶりを発揮する。

哀しいエンディングは、藤原伊織らしいとも、らしくないともいえる。これがテロリストのパラソルをしのぐハードボイルド・ミステリーかというと、それは否定しない。ただ、テロリストのパラソルを読んでしまっていると、驚きというより、安心感が漂う。絶対読んで退屈しないという安心感である。

まだ読んでいないが、「てのひらの闇」の続編の「名残り火」の存在に鑑みると、もし藤原伊織がまだ存命なら、秋山秋二をフィーチャーして「ひまわりの祝祭」の続編も間違いなく書かれただろう。そう確信する。

腐敗の効用

user-pic
0

ほとんど30年も前の著作であるが、渡部昇一氏の「腐敗の時代」というエッセイ集をたまたま古本屋でみつけて、買ってみた。これは別に、現代が贈収賄が横行してひどい時代だと訴えるものではない。

その最初のエッセイである「腐敗の効用」は、18世紀前半、イギリスの最初の実質的首相になった、ロバート・ウォールポールに言及する。

ロバート・ウォールポールは、ノーフォーク州の富裕な地主の家に、19人の兄弟姉妹のうちの三男として生まれ、ケンブリッジに進んだが、二人の兄が死亡したため、家業に就き、財産管理をしているうちに、経済に通じた。そちらの才能があったのだろう、父の後を継いでホイッグ党の下院議員になったとき、南海泡沫事件で、皇太子妃キャロラインの相談をうけてこれを見事解決し、皇太子妃の絶対的信任を得た。しかもウォールポールは美丈夫で、男性的魅力でも皇太子妃を惹きつけた。

その後、英国が経済危機に陥ると、ウォールポールは、首相兼財務大臣のような地位に就き、なんと22年に亘ってその地位を保った。その長期政権の秘訣は、独特の議会操縦法、すなわち、「買収」であった。札束で黙らせるウォールポールは、"All those men have their price."とさえ言った。

たとえ買収を駆使したにせよ、ウォールポールは長きに亘って英国を経済的に繁栄させ、平和に保った。あまりにも平和が続いたので、ウォールポールが何もしていないように見えたかもしれないが、実はウォールポールは、テキパキと事務的にことを処理していたのである。

そんなウォールポールは、その有能さのため却ってなにも歴史に残っていない。戦争も政争も目立ったものはない。正義をふりかざさなかったし、そうする必要もなかった。有能さの逆説である。

そんな善政を続けてきたウォールポールは結局失脚した。人々が平和に飽きたのである。ウォールポールが去ると、英国に騒乱と戦争の危機が訪れた。

そこで「買収」を使うことの意味である。いかにある程度の贈収賄は是認されるべしといってはみても、山城屋和助事件のようなのは流石にやりすぎであり、山県有朋は厳しく追求されるべきだったろう。しかし、なんら根本的な反省はなされず、田中角栄は軍関係の取引業者として、敗戦のどさくさにまぎれて巨万の富を得たのだった。

その後も政治には賄賂が付き物と言われてきたが、姉歯事件などの一連の不祥事から、贈収賄にも過敏になってきた。尤も企業内の話である。政治は私には不透明である。

このような贈収賄に対する異常ともいえる潔癖感は、思考停止でも言及したような、コンブライアンス不況にもつながった。

組織にいて社内規則もその方向で強化されているのだが、前にも言ったが、過度に贈収賄に潔癖すぎるルールであるため、そこの運用に多少柔軟性のある競合会社がいたら、まずビジネスに勝てない。そのため、営業担当者は、一層、ルールを少し逸脱することのプレッシャを感じるという次第である。

社内規則強化で、パフォーマンスが二の次になる機運が高まると、書かれているルールだけ守ればいいのだろうという輩が陸続とでてくる。社内規則にこれこれすべしとあっても、守らないときの罰則が書かれていないと、履行しなかったりする。そして、結局、ウォールポールとは真逆で、効率も業績もなにも関係ないような形式的な仕事にうつつをぬかし、それでもいいのだと開き直る者も出てくる。なに一つ社内規則に違反していないのである。

施策は、ルールよりもまず能力、ルールよりもまず業績、とするよりない。ルールはその後追いである。社内規則強化はそれ自体、組織の属人主義に対する処方箋とならない。むしろ、恣意的な運用で属人主義を強化するだけである。ウォールポール出でよといいたが、それはたまたまの僥倖に任せるよりないのだろうか。

夢の映像化

user-pic
0

科学雑誌Newtonの記事によると、夢の内容を映像化できる技術が開発されたという。以下、引用しつつコメントする。

「今みていた夢には,女性が登場しましたね?」 このように夢の内容を解読できる技術がATR脳情報研究所の神谷之康室長らによって開発された。睡眠中の脳の活動パターンを解析することで,夢にあらわれた物体の情報を高い精度で言い当てられるという。夢の内容を客観的に知る技術ははじめて。成果は科学誌『Science』オンライン版(アメリカ東部時間2013年4月4日発行)に掲載される。

■ 脳活動を測定し,夢に登場したものを言い当てる
多くの夢は視覚的な経験をともなう。ATR脳情報研究所神経情報学研究室(京都府)の神谷之康室長らは,夢をみているときの脳活動を記録し,実際に画像を見ているときの脳活動パターンと照らし合わせることで,夢の内容を解読できると考えて研究を行った。

研究では,脳の血流の変化などをもとに活動量を計測できるfMRI(機能的磁気共鳴画像)装置内で,脳の活動を記録しながら被験者に眠ってもらった。頭部に装着した脳波計で眠っているかどうかをモニターして,夢と関連の強い脳波が出た時点で被験者に声をかけて起こし,直前にみていた夢の内容を30秒ほどで口頭で報告してもらう。この一連の過程を,3人の男性被験者それぞれに対してのべ200回ほど行った。

次に,報告された夢の内容に含まれる「男性」や「本」,「道路」といった約20のカテゴリーの名詞に対応する画像を被験者に見せ,そのときの脳活動のパターンもfMRIで記録した。こうして,それぞれの名詞に対応する脳活動のパターンのデータベースを被験者ごとにつくりあげた。それをもとに夢をみていた際の脳活動を分析したところ,男性や本,道路といった特定の物体が夢に登場したかどうかを,おおむね70%以上の精度で当てられたのである。

なんだ、と思ってしまった。要するに、眠っている被験者の脳波を測定し、脳波が出たとき起して、その夢を特徴づけるキーワードを聞き出すということを繰り返して、脳波とキーワードを対照するデータベースを作るということのようである。そういうデータベースを作っておけば、脳波に対するパターンマッチングでどういうキーワードを含む夢か推定できる、という次第である。

しかしである、夢というものは大抵荒唐無稽であり、わずかなキーワードで記述できるだろうか。スピリチュアリストでもある私の理解では、夢とは現実の世界で経験したことと、霊界を魂が彷徨って知ったことの非線形な混合であり、なのでどうしても荒唐無稽にならざるをえない。

今回の研究は、夢にどんなオブジェクトが登場しているか推測する技法であるが、私にとってより興味深いのは、なぜその夢を見るかという理由である。

以前こんなことがあった。すなわち、私の夢にある女性が3日続けてでてきた。そんなこと書くと誤解されそうである。その女性に対して特別な感情を抱いているのかと。しかし、言い訳めくが単なる知り合いというだけでそういう感情はない。

私は、止せばいいのに、その女性に、すいません、何か私に聞きたいことがあるのですか、何度も私の夢に出てきて、言いたいことがあるようなのですが、と言ってしまった。すると、その女性は、は?と怪訝な顔になって、なんとアホなことをいうかと思ったようである。当然である。その後、その女性が二度と夢に出てこなくなった。私がその後、まともに相手にされなくなったのは言うまでもない。

別の例では、男性の知り合いから夢であなたが出てきた、あなたは商店街を歩いていて、何か調味料の瓶かなにかを探していたようだといわれた。そして商店街の入り口には魚屋があった、というのである。私がおおっと思ったのは、その知り合いが私が出てくる夢を見たというその日、私は尾道に帰省して、確かに商店街を歩いていた。そして、レモン七味だったか、瀬戸内海名物の七味の瓶を探していたのである。それだけでなく、確かに商店街の入り口には魚屋があるのだが、店を構えているのではなく、尾道特有の露店の魚屋なのだった。それで理解できないのは、私が商店街を歩いていたのはその日の昼間なのだが、夢は当然に夜なのであった。このタイムシフトはなんなのだとまたしても怪訝になった。

昔、ヨガを少し習っていたことがあって、講師の人がヨガを科学的に説明するにはあと500年かかると、根拠はよく分からないが言っていた。それからいくと、夢を、なぜその夢をみたのかも含め、きちんと科学的に説明するにはあと1000年かかるのではないだろうか。

ポナンザ対佐藤慎一四段船江五段対ツツカナに続き、電王戦第四局、Puellaα対塚田九段をニコ生で観戦した。

前評判では、今回の電王戦の対戦で、プロ棋士側に最も期待されていないのが、Puellaα対塚田九段だった。そこで、この前評判を跳ね返すべく、塚田九段は意欲的な指し回しをみせた。

ただ、その意欲という言い方にはコメントがつく。すなわち、矢倉から露骨に入玉狙いだったのである。入玉狙いなので、塚田九段は、上部開拓を主眼とし、他の箇所では妥協し、これによって作戦負けに甘んじた。こういう作戦勝ちをコンピュータ君はきちんと優勢にできるかね、入玉狙いをきちんと処理できるかね、という問いかけである。

ところがPuellaαは、予想よりもずっと矢倉の序盤作戦に巧みであった。そこで塚田九段は、次なる狙いである、入玉作戦に移行した。しかし、Puellaαは対入玉も巧みであって、飛車を奪ったり、駒の点数を稼ぎ、はっと気付くと、塚田九段はどうあがいても24点にははるかに足らない形勢となってしまった。プロ的には、ここで塚田九段が投了しても文句は出ないかもしれない。

ここでPuellaαの欠点が出る。対入玉は巧みだが、自分の玉が入玉しにいくのが苦手なのである。入玉しにいくと、いつもの中終盤の鬼のような強さが嘘のようである。そこだけは私より下手なのではないかとさえ思ってしまう。

こうしてPuellaαが入玉の間に駒損を重ね、塚田九段は必死で24点まで集め、ぎりぎりで持将棋まで持ち込んだ。お世辞にも名局だったといいがたい。塚田九段のあきらめの悪さと、Puellaαの入玉模様での下手さが際立った次第である。プロの棋譜の機械学習で評価関数を最適化するコンピュータ将棋は、入玉模様の棋譜の希少さから、どうしても入玉模様の扱いに難があるようであるが、ここのところは本質的というよりも単に経験が浅いだけのような気がする。

さて次のみうみうこと、三浦八段、勝っても電王戦はやっと対戦成績がプロ棋士側が互角である。ちょっとやりにくいか。

野沢尚

user-pic
0

行きずりの古本屋に入ってみるのが好きである。実際、私には行きずりでないと呼べる古本屋が数軒あり、行きつけと呼べる古本屋が一軒ある。

ともかく、行きずりの古本屋で、野沢尚という人の「破線のマリス」講談社文庫という本が目に付いた。105円の値段がついているので、ワゴンセール品なのだろう。野沢尚という著者は知らないが、どうも名前からしてピンとこない。ただ、江戸川乱歩賞受賞作という文字が目についた。今までの経験だと、江戸川乱歩賞というのは、かなりの確率でまあまあ面白い。なので、とりあえず買ってみることにした。105円だし。私はアマゾンのコメントにもつい過剰に反応してしまう。独自の個性だと自称しつつ、私は随分ミーハーなのだった。

しかし、いい意味で期待を裏切り、私にとって「破線のマリス」は、天使のナイフと同程度にインパクトのある作品のように思われた。

「破線のマリス」は、テレビ業界、特に放送される画像を編集する作業にフォーカスされた作品である。そして主人公は、辣腕画像編集作業者の遠藤瑶子。仕事にのめりこみすぎ、息子とも離れ離れで、鬼のように仕事に打ち込む。

言われるまでもなく明らかだと思っていたが、テレビの画像というのは、テレビ局、あるいは画像編集者の意図に極端にバイアスされるものだ改めて感じる。公平性などどこふぐ風である。その編集バイアスによって一人の男が、家庭を破壊され、生活も崩壊していく。そもそもがそのソースのビデオの入手先も根拠が不確かである。遠藤瑶子は、その男によって追い詰められ、ストーリーは錯綜していく。

まさに息もつかせぬストーリー展開なのだが、その臨場感は、作者の野沢尚が、テレビ局の内情によく通じた人であるがゆえにだった。すなわち、マスコミ界の名門、日大芸術学部の映画学科を卒業後、テレビドラマの脚本家として活躍し、満を持して小説デビューした。なので、イメージに富んだ文章が流れるのも頷ける。業界の知識をうまく駆使するという点では、藤原伊織の広告業界の知識の活用に通じるところがある。

調べてみると、野沢尚も結構多作であり、かなり評判もよい。テレビ業界にあってリソースを吸収し、糧にしているからであろう。他の作品も要チェックだと思った。ただ、「破線のマリス」はかなり癖のある作品であって、毀誉褒貶が分かれそうである。

トポロジ

user-pic
0

かなり昔に、欲望のトポロジという数学とは全く関係ない記事を書いたが、今回も数学とは全く関係ない文脈で、トポロジについて述べてみたい。

典型的な初等トポロジでは、オイラーの公式というのがあって、多面体の頂点の数をv、辺の個数をe、面の個数をfとすると、v - e + f = 2というものであった。

これは言うまでもなく、多面体を頂点の数、辺の個数、面の個数だけで特徴づけるものであって、多面体の辺の長さなど全く関係ない。

トポロジではこのように、長さ、重さ、色合いなどのような量的、あるいは質的要素とは関係ない特徴量で図形を論じる。そして二つの図形の間に連続写像及び連続逆写像が存在すると、二つの図形は同相であると呼ばれる。この概念だと、カレーパンとメロンパンは同相だが、真ん中に穴があいたドーナツは同相でないということになる。

そんな抽象化は数学としては意味があるかもしれないが、現実世界では関係ないのではないかと言う向きもあるかもしれない。流石に同相写像の概念までは出てこないかもしれないが、意図的に非量的特徴量で論じる、ということが現実世界にもある。

例えば、日常的に何か助けてもらうことがあると、言葉あるいは物質的にお礼をするというのが世間の一般的な習慣であり、場合によるが、それを怠ると非礼と謗られることがある。

このとき、お礼をしたという状態と、お礼をしていないという状態は、明らかにトポロジ的には同相ではない。なので、とりあえずトポロジ的な同相性を達成しようと何かお礼することになるが、気持ちだけでいいといって言葉だけにしたり、あるいは何か粗品を渡して足りるということもありえる。

その妥当な額というのは社会的慣習で決まるものであり、そういうメトリックな空間は、最早、トポロジカルな空間に留まらない。なのに、不思議なことに、依然としてトポロジ的な同相性だけで押し通そうとする人達がいる。

例えば、お礼というが気持ちこそが重要である、私は心のこもったお礼をしたので、それで十分なのだ、と言いなすなどである。確かにそれでもお礼はしたので、同相なのである。

別の例では、会社の同じ部門の後輩が結婚して新婚旅行に行くというので、特許法関連の本を一冊贈呈したことがあった。古本ではあったが、まだ新本に近いので、古本屋で買うと3000円くらいはするだろうと思った。そもそもその本が読みたいと前に聞いていたのである。それで別にお土産を期待したわけではないが、少なくとも慣習としては、数百円のチョコくらいは買ってきてくれるだろうと期待していたら、なんと帰ってきたら、お土産は、飴玉一個だけだった。せいぜい2円くらいかもしれない。絶句したが、必死で気を取り直して、仕事に戻った。飴玉は、ゴミ箱に捨てた。

これは極端な例だが、それに近いトポロジカルな経験は今でもよくある。それに対する俗な私の反応は、おいおい、桁が違うではないか、というものだが、それが相手に通じない。いつまでたっても、トポロジカル・ワールドに留まり、日常的な計量空間に下りてきてくれないのである。

なお、誤解なきようにいうと、幾何学者である深谷賢治先生を深い谷のように尊敬する私は当然にトポロジも好きである。ただそれを安易に現実に適用したくないだけである。

灰の男

user-pic
0

私がいうと全く重みがないが、本というのもある面、恋愛に似ていると思う。すなわち、本屋に行って本を眺めるということは、こちらからどの女性が魅力的か見定めることのアナロジであったりする。これが対人の世界では、極めて低い確率で、向こうからこちらを見初めるという可能性がある。しかし、本は生き物ではないので、そんなことがあるはずがない。

ところが、行きつけの古本屋にいって、例によって面白そうな本を物色していたら、不思議に私に流し目を送る本がある。それが、小杉健治の「灰の男」講談社文庫であった。なぜなのかよくわからないが、裏表紙の粗筋をみたら、東京大空襲をテーマにしたものであった。そんな大きい舞台装置でどうミステリーをつくるのだ。

そこで読み始めると、時代と場所は、関東大震災の後の東京の下町なのだった。下町?そうか私が日々通勤で通っている先も江東区の東京の下町なのだった。

この小説は、複線からなっているので、主人公も複数いるが、その一人が高森信吉、落語家の見習いである。当時とて、信吉は遊郭に通うのだが、そこでういういしい女性を見初め、通い詰める。よくある話である。この女性とは深い仲に陥るのだが、時代が、女性の家庭環境がそれを許さず、別離になる。

別の主人公は、伊吹耕二。東京帝国大学の学生だが、父親不明の複雑な家庭に育つ。そして突然、新聞社に勤務する兄が現れる。この兄は、アメリカ人や共産党員を連れてきたり、やたら戦局に詳しかったりと、いかにも曰くがありそうである。この兄に伊吹は翻弄される。

やがて戦局が激化し、東京の下町でも庶民の生活は困窮してくる。そしてついに、サイバンが落ち、東京を含め、日本の主要な都市に対する空襲が始まる。

事情通の伊吹の兄は、東京の下町に大規模な空襲があるので、耕二に東北に疎開しろと強く勧める。仕方なく疎開した先で耕二は、ある女性と恋に陥り、そこで高森信吉との接点が生じる。

信吉は、同僚にそそのかされて、どさくさにまぎれての軍需工場襲撃を試みるがそのときついに、東京大空襲が始まった。ここからはネタばれになるので説明できないが、東京大空襲に関連してさまざまな謀略が渦巻き、ついには殺人事件も起こる。

東京大空襲によって多くの人の命が失われ、それは巨大な爪あとを残す。その爪あとは、平成の時代になっても、一部の人を縛り、それがこの小説の最後のプロットとなる。

この小説の価値は、東京大空襲という難しいテーマを題材にして、個人と国家の運命を描くという困難な仕事に水準以上の成功を収めていることである。

そういう意味でとても稀な、スケールの大きい小説だと思うのだが、アマゾンのコメントは実に寂しい。アマゾンのコメントは、湊かなえ、東野圭吾あたりで極大なのであるが、そのあたりの庶民性、大衆性というのに鑑みると、アマゾンのコメントに依存しすぎるのもどうかと改めて考える次第である。

違和感

user-pic
0

違和感というのは、自分の趣味、感覚、信条、人生観などからみて、どうもしっくりこないと感じることだが、日常生活やビジネスで、誰でも多少は違和感は感じるだろう。何しろ、知らない他人や環境に晒されるからである。

知らない環境でいきなり、そこに馴染むということはまずなくて、誰でも違和感をもつのだが、それは仕方ないので、しばらくは我慢して努力してみることになる。問題はある一定期間おいたあとの違和感の行方である。

違和感が薄れて、そこに馴染めばそれでよしである。少なくとも最低限の適性はそこにある、ということになる。例えば私は、流行だということでC言語を勉強し始めたとき、違和感一杯だった、そもそもが使う関数によって、所定のヘッダファイルをインクルードしないといけないなんて、意味分からないと思った。その他、ポインタの扱いなど、違和感一杯だったが、入門書を5冊読み、次にカーニハン・リッチを読んだあたりで、違和感が薄れて次第に馴染んできた。

ところが、今いる会社で、約10年くらい前から次第に違和感が、まるで癌細胞のように、少しずつ成長してきた。根っからのサラリーマンである私は、抗癌剤ともいうべき組織の論理で、違和感を消し去ろうとしたが、違和感はゆっくりと増殖しこそすれ、縮小しようとしない。それでもういいやと、違和感を是認することにした。

そう開き直ったのは、昔、渡部昇一氏の「人間らしさの構造」講談社学術文庫を読んだせいかもしれない。というのは、渡部昇一氏は大学時代、寮生活に苦しんだ。部屋でラジオを聴く者、バイオリンを弾く者がいて、喧騒でノイローゼになりそうだった。それは渡部氏にとって大層な違和感だったが、それに妥協することなく寮から抜け出して勉強していたら、社会性欠如とみなされて留学の候補から外された。そして後になんとかドイツ留学を勝ち取った。渡部氏は、違和感は成長しようとする心の疼きであると説く。

要するに、目先の利益に目がくらんで、違和感に安易に妥協してはいけないのである。それで私も、敢えて、正しいと信じたことにこだわり、違和感を維持し続けた。それで上司にも反発した。米国に行って上級管理職に問題点を訴えたのだから、私もなかなか筋金入りである。

ただ、違和感に屈さないことで、いらぬ冷遇を受けたが、少しだけうれしいことは、スキルが鈍磨しなかったのである。寧ろ、50台なのに、スキルが洗練された。すなわち、違和感は、繰り返すが自己実現のための疼きなのである。

自己実現のための疼きである違和感は、拘り続けると経済的、その他不利益につながるかもしれない違和感である。単なる趣味ではない。老後も、隠居意識を出すことなく、違和感を大事にすることにより、なんとか死ぬまで有意義に生きたいと願う次第である。

出家

user-pic
0

古本屋で買った講談社現代新書の「日本の奇僧・快僧」今井雅晴著を読んでいて、出家とはなるほどそういうことか思ったので、自分用にメモとして書いてみる。

そもそもが出家というのは、釈迦仏教においては、俗世間を離れて戒律を守って修行し、悟りを開くことを目的とするものであったが、日本の仏教というものは出発からして国家主導で鎮護国家というか、怨霊を鎮めるために導入されたのだから、出家の意味も随分異なる。

すると、古来の日本にあって、僧侶は一種の公務員なのだから、誰でも気軽に出家して僧侶になることはできず、許可制であった。

許可制であるがゆえに、一旦僧侶になると、税金を払わなくてもよいという恩恵があった。そうはいっても、普通の栄達を見限って出家したがる人は少数派かと思ったら、特に平安時代中期以降、天皇や貴族の子女で出家するものが陸続と出てきた。そうする理由は、「口べらし」である。すなわち、子女としていつまでも居座ると、跡目争いなどが起きると、抗争の原因になる。なので、お家を相続すると決められた者以外はどんどん出家させられたのである。

ただ、出家させられた天皇や貴族の子女たちは、もともと身分の高い人達で、身の回りのことを自分で見るのが得意でない。それで、そういう身分の高い僧侶たちの面倒をみるためにお寺にやられた下級の僧侶もいた。こういう下級の僧侶は、要するに身の回りの面倒をみるためだけにいるのであるから、僧侶として修行する義務はなく、そもそもがお経を学んだりするような修行をすることが許されていなかった。こういう下級の僧侶は、後に僧兵を構成することになった。

中世になると、戦争に負けて寺に逃げ込んで僧になる者もいた。要するに俗世間のしがらみを捨てるので、命だけは助けてくれということで、これもまた一種の駆け込み寺である。

さて、出家すると、建前は、厳しい行が課せられる。一番厳しいのは比叡山延暦寺の千日回峰行である。こういう厳しい行を、出家する全ての人が行ったかどうか知らない。ともかく、行によって超能力に近いものを身に着けた者もいた。

鎌倉時代に、比叡山延暦寺の住職に就いた慈円は、実は関白九条兼実の弟だった。ところが、平安時代から、一族の誰かが出家すると、その一族も極楽浄土に成仏できると信じられるようになり、関白九条兼実の弟に白羽の矢が立ったとい次第だった。

そうやって比叡山で修行に励んだ慈円であったが、二十歳を過ぎたころ、修行が嫌になって還俗しようとした。しかし、そうされると一族は予定が狂うので、慈円は比叡山に押し戻された。それで覚悟を決めたか、慈円は立派に修行して高僧になった。

後醍醐天皇の皇子の護良親王は、天皇になるコースを外されることと、仏教界に対する天皇家の影響力を増大するという二つの目的のため出家させられた。ところが、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒そうという計画を立てたときは、護良親王はこれに大変な関心を示し、自ら征夷大将軍となろうと意図した。しかし結局、後醍醐天皇に疎まれ、寂しく獄死した。出家したくらいで、俗気は消えないのである。

このように、俗世間と、出家後の僧侶の世界の間には確かに厳然たるバリアはあって、そこを乗り越えるポテンシャルは小さくないが、しかし、依然としてトンネル効果は稀でない。

ともかくも、僧侶として厳しい修行に耐え、学問を修めると、その超能力や学識に一目置かれる。それは確かにアウトサイダーなのだが、凄まじいエネルギーであやうく天皇になる一歩手前まで迫った道鏡のような怪僧もいる。

また、横恋慕した人妻を殺害しながら、出家して後白河法皇など時の権力に反抗して、反逆者として強い個性で生きた文覚のような僧侶もいる。

このように、出家のポテンシャルバリアが、思わぬ一群のユニークな人達を生み出すことにもつながっている。

聖俗のせめぎあいということではきっと、キリスト教圏でも、同様のダイナミズムがみられるのだろう。機会があれば勉強してみることにする。

属人思考の心理学で、組織の病巣の原因としての属人主義についてみたが、少し考えてみたら分かるように、属人主義は、人格の歪んだ人だけが採用する傾向ではなく、人類に普遍的なものである。

例えば、赤ん坊は、生きていくために、母親を属人的に認識する。母親も我が子を属人的に面倒をみる。さらには、人間でなくペットでも、少なくとも犬猫であれば、飼い主を属人的に認識する。人間を一咬みで殺傷しえる獰猛な犬でも、飼い主と認識すれば、咬みつかない(はずである)。

恋愛がまた、属人的であって、激しく相手を選択している。もちろんそれは、選択のユニーク性は問わないので、二股かけたとしても、属人性は損なわれていない。

勝負における属人主義で述べたように、将棋のプロ棋士のような高度に業績主義的な団体でも、属人主義はありえる。こちらをもっているのが渡辺竜王だもんな、という発言に、そんなの関係ないと反論できる人は多くない。

このように、属人思考は、判断の経済であり、判断のカッコ入れなので、これなしでは社会が動かないほどである。そのように属人思考が極めて本能に近いところにあるのに、属人思考はコミュニケーションや調和に帰するものであるため、物欲、性欲、名誉欲ほどはどうしてもそれほど悪いものとは考えられていない。なので、組織に、賄賂、支払い不正、セクハラ、パワハラなどを防ぐ規定はあっても、属人思考を禁止する規定はない。なぜなら、属人思考を完全に禁止したら組織そのものが成立しなくなるからである。

なので、通常の組織では、属人思考を抑えるには、成熟した大人の常識が用いられることになる。すると社会では、属人思考の害に対する準備ができていないことになる。なので、常識を欠いた管理職のちょっとした属人思考の集積が修正されることもなく、時間がたつととりかえしのつかない問題につながることがある。

そして私はいつも、そのように自然な人間の感情の延長線上にある属人思考をどう防ぐかということに逢着するのだが、わすがな観察では、属人思考しているかどうか見分けがつかない。また、多くの場合、単なる属人思考は、何も問題をもたらさないのみならず、却って好ましいかもしれないので、始末が悪い。

そこで、属人思考を防止する一番の方策は、権限をもつ人の任期を決め、比較的短い期間で交代させることである。なので、韓国でも米国でも大統領の任期は決まっている。

ところが、会社の管理職では、そういう任期の概念はないので、問題ある管理職が長期に居座って、組織を駄目にすることがある。交代してもらおうにも、権力を駆使して残留しようとする。

ただ、もし優れた管理職なら、長年その地位にいてもらった方が会社にとっても望ましいということはある。しかし、不適切な管理職の属人思考によって引き起こされる問題は、優れた管理職の貢献よりもはるかに大きいかもしれない。

そして実力主義の導入だが、多様な仕事の実力をどう図るかということと、一旦あるレベルに達しても経年変化することに鑑みると、実力主義の導入が属人思考に対するブレークスルーになることは少ない。

組織人はこういう問題を考え続けなくてはならないである。

ポナンザ対佐藤慎一に続き、船江五段対ツツカナの将棋を、例によってニコニコ動画で観戦した。前回は何度も定員オーバーで追い出されて入りなおしたのに、今回は一度追い出されてもう一度入りなおしたら終局までずっと観戦できた。

さて、第1局の阿部光瑠四段は、習甦のソフトを事前に借りることができ、それで何十局も指して練習したという。それが、かなりの程度第1局の勝利に貢献したことは間違いないと思われる。

ところが、第2局の佐藤慎一四段は、ponanzaを事前に借りることができなかった。それは、作者の山本氏が許可しなかったからである。狭量なのではないかとも思われるが、一切事前貸し出ししないほうがフェアという考え方もある。そのせいというわけでははないが、結果的に佐藤慎一四段は、史上初、現役プロ棋士で、公式の対戦でコンピュータに破れるという栄誉?に浴してしまった。

そして第3局の船江恒平五段対ツツカナである。船江五段は、作者の一丸氏から、事前にツツカナを借りることができ、事前の研究も十分であるという。すると、阿部光瑠四段がコンピュータに完勝したという事実に鑑みると、クラスがC級1組と一つ上であり、参加1年でC級2組を全勝で一期抜けした船江のほうが、阿部光瑠よりも明らかに相対的に格上なので、船江の勝利は大いに期待できるというのが、私を含め大方の予想だったのではないだろうか。

さて対戦である。ツツカナは、後手で2手目、いきなり74歩という奇策を採った。プロでもときどきありえる指し方であるが、相居飛車になって、船江に的確に指され、あきらかな作戦負けになってしまった。そして、単に銀挟みを防ぐためだけに、相手の金の頭の角を打ち、同金、同銀のかたちになって、いよいよ序盤から不利が確定してしまった。尤も、コンピュータ将棋は、角と金の価値はあまりかわらないようにプログラムされているという。

解説の鈴木八段の説明により、形勢が船江にはっきりと傾いたと思われたとき、加藤一二三九段がゲストの解説にきた。そして、鈴木八段の解説とは異なり、まだ結構難解な形勢だという。果たしてツツカナ側が鍛えの入った金を自陣に打ち、素人目にも形勢が混沌としてきた。これでは加藤一二三九段は流石に偉く、鈴木八段の面子がないということになる。

その後も船江が緩手を重ね、終盤の入り口あたりでついに形勢はツツカナが圧勝と思われた。常識的に考えて、この段階でコンピュータが優勢ならプロ棋士だろろうと、まず人間は勝てないとしたものである。

そこからが船江の自力である。ツツカナの一瞬の微かな緩手を衝いて、じりっじりっと追いつき、完全に勝勢を築いてしまった。コンピュータがこんな終盤で形勢を押す戻されるのかと、観戦の人たちも唖然とし、コンピュータの勝ちを期待していた人たちに失望に色があらわれているのが隠せなかった。

しかし、ツツカナはしぶとい。決して自暴自棄にならないで、淡々と後をついていく指し方を続ける。それに焦れたか、再びツツカナが逆転した。と言っても形勢は大差ではなかったようであるが、船江の方の持ち時間がなくなり、結局ツツカナに押し切られてしまった。

この将棋を注意深く観戦することで、終盤の詰みだけでなく、中盤の難所で地道で無難な手を選び続けられるコンピュータ将棋の特質を改めて感じた。そして、優勢でも緩手を指して形勢を損ねてしまう人間らしさもである。ただ、ツツカナは特に、人間らしい自然な指し方を特徴とするというが、それにしても、まさに人間対人間のような、手に汗握る熱戦であった。そうそう、ツツカナには中盤の難所でプロも驚く絶妙の好手が2つもあった。気鋭の若手、船江に、一進一退であのような勝ち方ができるのは、プロでも少なくもB級1組以上の指し手ではないだろうかと思ったが、買い被りすぎだろうか。

ともかくこれでは、残りの塚田九段、三浦八段の両方がコンピュータの勝ちに終わっても一切意外ではない、といってよいと思われる。

電聖戦

user-pic
0

朝日新聞デジタルによると、囲碁の方でも、コンピュータ対プロ棋士の対戦が行われているようである。以下、引用:

【伊藤衆生】囲碁のコンピューターがプロ棋士と対決する第1回電聖戦が開かれ、あらかじめ黒石を4個置いて始めるハンディ戦「四子局」で石田芳夫九段(64)=二十四世本因坊秀芳=に1勝1敗だった。いまやアマ高段の域に達した電脳が実力を存分に発揮したが、人間から見たら信じられないような弱点もある。

電聖戦は電気通信大(東京都調布市)の「エンターテイメントと認知科学研究ステーション」主催。日本棋院などが後援し、5年間の「公式定期戦」として創設された。

3月20日、プロ代表の石田九段に挑んだのは、フランスの開発者による「Crazy Stone(クレージー・ストーン)」と日本の開発者による「Zen」。数日前に開かれたコンピューター大会の1位と2位だ。

四子の手合いというのは、将棋でいえばおそらく飛車落ち程度であって、その手合いでプロ棋士に1勝1敗というのは、アマチュア棋士としては、県代表に近いのではないだろうか。しかし、将棋では、電王戦で平手のガチンコ対決で、コンピューターとプロ棋士がいい勝負なのだから、切迫ぶりが違う。なので、どうしても囲碁はまだ、将棋ほど、コンピュータとプロ棋士の対戦が話題にならない。

去年の11月の記事では、「Zen」が武宮九段に、四子と五子で連勝というので、今回の結果と似たようなものだろう。ただ、先日の電王戦でゲストとして出場していた藤沢一就八段は、九路盤なら、プロとコンピュータは互角だといっていた。

よく俗に、将棋よりも囲碁の方が手が広いので、対戦プログラムとしては囲碁の方が将棋より難しいと言われるが、考えてみてほしいのは、将棋の方がコンピュータ・プログラミングの歴史が長いという点である。すなわち、1990年代のMS-DOSの時代から将棋ソフトはあったし、ディープブルー対カスパロフの対戦も、1997年のことである。

一方、囲碁プログラミングにブレークスルーをもたらした、モンテカルロ木探索法があらわれたのは2008年であって、まだ5年しか経っていない。当時は囲碁ソフトはおそらく級位者だったが、たった五年でいまや、アマ五段や六段にまで達しているので、囲碁ソフトも今からであろう。

探索空間の広さの問題はあっても、何しろ囲碁は数値化しやすいので、将棋よりも馴染む面がなくないか。なので、将棋ソフトと同様、囲碁ソフトの方にも注目し続けたい。そもそもが囲碁は、将棋よりも形や手筋をパターン化しやすい。

東洋経済オンラインに、以下のような記事があった。適宜抜粋しながらコメントする。

東京・品川のソニー旧本社ビル──。現在、「御殿山テクノロジーセンター NSビル」と改称された8階建てのビルの最上階に、問題とされる部署はある。

「東京キャリアデザイン室」。かつて大賀典雄名誉会長が執務室を構え、役員室が置かれていた由緒正しきフロアは今、社内で「戦力外」とされた中高年の社員を集めてスキルアップや求職活動を行わせることを目的とした部署に衣替えしている。

Aさん(50代前半)も東京キャリアデザイン室への異動を命じられた一人だ。午前9時前に出勤すると、自身に割り当てられた席に着き、パソコンを起動させる。ここまでは普通の職場と変わりない。

違っているのが"仕事"の中身だ。会社から与えられた仕事はなく、やることを自分で決めなければならない。「スキルアップにつながるものであれば、何をやってもいい」(Aさん)とされているものの、多くの社員が取り組んでいるのは、市販のCD-ROMの教材を用いての英会話学習やパソコンソフトの習熟、ビジネス書を読むことだ。

なるほど、これはどうも、高級なタコ部屋のようである。すなわち、仕事といいつつ、何も意味のある仕事を与えないで、好きなことをやっていいとしておいて、嫌気がさすようにもっていく。それでも、自己啓発の勉強していいというので、よくある、窓のない部屋に閉じ込めてなにもさせないとか、草むしりさせる、などより人間的なのではないだろうか。

会社で仕事忙殺されているときは、ああ、なんというバックログと負荷なのだろう、仕事がいっそなければ、などとつい想像するのだが、実は多分、全く仕事を与えられないで、ただ会社でぶらぶらしていなさい、というのは相当きつい。

私が最初に入った会社では、上司と喧嘩して、2年近く仕事らしい仕事を与えられないで、気が狂いそうだった。ほんど犯罪に近いことをして復讐したいほど精神的に追い詰められたので、これはいかんと思って会社を辞めた。上司からしてみれば、嫌な部下が自発的に辞めたので、得たりとほくそえんだのではないだろうか。

しかし私は実は、技術担当役員からみたら期待の新人だったようで、ときどき社内でその役員に前向きに励まされた。なので、私が辞めるといったら、上司は、何かの手土産をもってわざわざ私のアパートまで慰留にきた。技術担当役員の差し金だろう。当然に私は慰留には応じなかったから、いろいろと暴言吐かれた。せめて最後くらいあっさり去らせろよ、とポルノグラフィティの歌の歌詞のようなこと思った。

ところで、管理職だった私は、問題がある部下をもった経験が複数回あるが、もし社内にキャリアデザイン室のようなものがあったらどんなに楽だったろうと、今にして思う。すなわち、そういう受け入れ部署が社内になかったので、管理職自らが問題ある部下の面倒をみなくてはならない。人事からの指示に従い、部門の基本的な仕事をやってもらい、指導して改善具合をみるのである。

そういうとき熱心に指導する私の性格だと、指導しているうちに情が移る。そして指導の成果で少しで質がみられると、つい人事に肯定的な回答をしてしまう。

ところが人事からしたら、もう結論は決まっているのである。少々の改善がみられようとどうだろうと、評価は最低にし、嫌になって本人が辞めるように仕向ける。そういうのが嫌でたまらない私は本当に管理職は向かないと思ったが、ゲシュタポでもない限り、そういうことに喜びを見出す人も多くないだろう。

一方で、巷の本屋で、辞めさせられる側の人間の対応の本も買って読んだ。すなわちそれによると、会社というのはどんなことがあっても辞めてはいけない、嫌がらせされ頑張って居残って、ついにまた普通の仕事をアサインされるようになったという事例を紹介したりしていた。

そうだよな、頑張れよな、と部下を応援している自分と、もういい加減に辞めてくれよな、おれの精神力は限界だ、と音を上げている両方の自分がいることを発見した。それは別に矛盾した感情ではない。

ソニーは2012年3月期まで4期連続の最終赤字となっており、業績回復が急務だ。12年度にグループで1万人の人員を削減する計画で、昨年5月、9月、そして今年2月末を期限として「勤続10年以上かつ満40歳以上」の社員を対象に3度にわたり早期退職者の募集が行われた。

実際、そうなってくると、天下のソニーといえども、ある一定数の早期退職者を集めなくてはならない。一方で、今の日本では、仮に優秀であったとしても、そんなに簡単に他社に転職はできない。ましてや50台以上であったり、低評価を受けた人達など、一層転職は困難である。

片や、家族に、私学など学費のかかる子供を抱えていたり、医療費の嵩む病人を抱えていたりすると、どんなしうちを受けようと、石にかじりついても会社に残りたいという気持ちも分かる。ビジネスライクに、そんなの関係ないと、冷たく言い放てるだろうか。

プライド

user-pic
0

あまりにも当たり前のことを書く。それは、プライドには少なくも二種類ある、ということである。そもそも、二種類で尽きるのかどうか知らないし、いろいろな要素があってよくわからなくなるので、とりあえず努力という観点で、プライドを粗く二種類に分ける。

するとプライドは、維持するために努力を要しないプライドと、維持するために努力が必要なプライドとに分けられる。

この二つは、あまりにもその概念が違うので、本当は別の言葉で呼ばれるべきと思うのだが、世間の何かの陰謀で、どちらもプライドと呼ばれている。

維持するために努力を要しないプライドを第一種のプライドと呼ぶと、それは、出自であったり、インドにおけるカーストであったり、国籍であったり、学歴であったり、資格であたり、勤務する会社であったりする。

そういうと、早速異議がかかるかもしれない。すなわち、出自であったり身分であったりだと確かにブライドの維持に努力は要さないかもしれないが、少なくとも学歴だと、そこに至るまでに場合により必死の努力が必要である。司法試験などの資格も然りであって、それを取得するまでに半端ない努力を強いられたりする。

勤務する会社もそうで、この就職氷河期に、一流でなくても内定をとるだけでも半端ない努力を要求される。そして一旦入社しても、あまりにも業績が悪いと、昨今では容易にリストラのリストに入れられる。

なので、そこに至るまでの努力は半端でなかったり、一旦その地位を獲得しても、維持する努力はゼロというわけではないにしても、少なくとも維持に日常的な奮闘努力は要さないのが、第一種のプライドである。

そういうと、第二種のプライドがどんなものか、自明だろう。典型的には音楽家である。例えば、あるバイオリニストは、毎日欠かさず10時間練習するのだという。そうしないと音楽家としてのプライドが維持できないとしたらご苦労様だが、それが音楽家としての業ともいえる。

そんな大層な音楽家でなくても、私にも第二種のプライドはある。それは、仕事としてやっている特許実務の質を、少なくとも世間平均レベルに維持するための努力を要する。その世間平均レベルというのは、異様に高度なものではないかもしれない。しかし、少なくとも私にとって、日々の修練を欠かしたり、健康を失うと、あっという間に達成できなくなるレベルである。正直いって、私程度のポテンシャルで、特許実務で世間平均レベルを維持するのはかなりの意志の強さを要する。なので、ダイエットのために食欲を抑えるという努力も私は苦手ではないのである。

更に言うと、私の第二種のプライドは、会社で自分がした仕事の量を、世間相場で金額換算してみて、それが自分の俸給より上回るようにすることである。ここで気をつけなくてはならないのは、私が会社から受けるベネフィットは、俸給に含まれていない、ということである。すると、会社で自分がした仕事の量は、自分の俸給よりかなり上回らなくてはならず、すると超えているかどうか全く自信がなくなる。それで土日も暇をみて仕事に時間を費やしている。言い訳ではないが、私は仕事中毒でやっているのではないのである。

以上、第一種のプライドと第二種のプライドについて簡単に述べたが、言うまでもなくこれらは互いに相反するものではなく、理想的には、ある地位を獲得したことで第一種のプライドをもち、その上で、第二種のプライドを維持するように努力すればいいのだが、世間でよくみられるのは、ともかく第一種のプライドが満足できる状態になったら、あとは最低限の努力しかしないというものである。確かに、人生の満足度を、最小の努力で達成するという目的関数で最適化したときの、それが一つの解なのかもしれない。私はそれに同意できないが、常識的にそれはありだろう。なので、学習塾は今日も隆盛である。

もっと言うと、いろいろな条件が重なって、必ずしも第一種のプライドを満足できないとき、せめて第二種のプライドだけでも維持するのはありではないか。すなわち、常識的にみて全く尊敬されるレベルではなくても、ともかく自分はこのレベルは維持したいと努力する。こういうと下手な努力主義なのだが、ダメモトで目の前の仕事に努力するのもまた人生ではないか。すなわち、与えられた範囲で工夫して努力するということである。それで成功するかどうかわからない。そもそも人生の成功の定義とはなにか、と問うてみてもいい。

私はというと、所詮地方国立大学出身なのに、それでも自分で無理やり第一種のプライドの根拠にしてきた。いまの会社に入って、私程度の学歴では吹けば飛ぶよな将棋の駒だと分かって、今更第二種のプライドに目覚めた次第である。

そういえば、ここまで書いてきて、第三種のプライドというのもあることが分かった。それは、自分がいかに分かってないか、自分は分かっているという、一種ソクラテス流のプライドである。しかし、これは自己撞着に陥りやすく、素人が真似したら危ない。やはりソクラテス先生の専売特許なのだろう。

黒川博行

user-pic
0

小説を読んで、私は末尾の解説も真面目に読むタイプである。藤原伊織の「雪が降る」の解説が黒川博行だったことは既に書いたが、その書きぶりがふざけていたので、黒川博行に対してあまりよい印象をもたなかった。

ともかく、アマゾンで「悪果」を買ってみたのだが、たまたま歯医者に行ったついでにいきつけの古書店で、黒川博行の「蒼煌」があったので、これも買って、こちらから読み始めてみた。

「蒼煌」は、コテコテの美術界をテーマにした小説である。実は私は、結構いろいろな分野の本を読むほうだと思うが、美術関係の本と詩はまず読まない。そういう意味で、「蒼煌」も私にとって、気の進まない小説なのかもしれないが、藤原伊織のダナエが美術をテーマにした佳品だったので、それが触媒となって、美術関係の小説が私にとって受け入れやすくなった。

もともと黒川博行は、京都都市立芸術大学を卒業して高校で美術を教えていたというので、美術の素人ではない。そういえば藤原伊織も、高校のとき美術部に所属していたというので、そういう経緯で、ダナエに絵に関する深い造詣が織り込まれていたのだった。

しかし、「蒼煌」はもっとドップリと美術界の内情を暴く。より具体的には、芸術院会員選挙の金権体質に言及する。すなわち、芸術院会員は終身で、定員が決まっているので、誰かが亡くなると、日本芸術院会員の補充選挙が行われる。その選挙権は現役の日本芸術院会員にあるので、補充選挙を勝ち抜くために、現金攻勢がとられる。そのためには文化庁関係の議員や政治家も利用される。

なぜ美術関係の日本芸術院会員の補充選挙が金権めくのかというと、それは、ピカソの絵で述べた事情によるのだろう。すなわち、何しろ、絵画というのは高く売れるのである。絵画につく高い値段のゆえに、絵画は政治献金のダミーとしても使われる。

また、ピカソがそうであるように、画家は異性関係も盛んであったりする。それとお金がからむと、美術関係の人たちは随分煩悩の強い人たちである、ということになる。そうして、日本芸術院会員の補充選挙に向けて画家、画商、政治家などの織り成す複雑なドラマが「蒼煌」なのであった。

「蒼煌」を読み終えた印象は、黒川博行はストーリーテラーとして極めて熟練度が高い、ということである。ただ、ときに緻密すぎる文章は、やや読みやすさを損なっている。単に私の読解力がないだけかもしれないが。ともかく私が今後黒川博行の複数の作品を読むことは必然である。

原始根

user-pic
0

整数の集合をZとし、pをある素数とし、Z/pZという商集合を考え、そこに整数の足し算と掛け算を導入すると、Z/pZは環となる。これは、pを法とする既約剰余類環と呼ばれる。例えば、Z/3Z = {0,1,2}である。

しかし、0という元は乗法について逆元をもたないので、Z/pZは体にはならない。そこで(Z/pZ)× = Z/pZ - {0}と定義することにより、(Z/pZ)×は、乗法に関して群となる。これを既約剰余類群と呼ぶ。例えば、(Z/5Z)×において、単位元は1であり、2×3 ≡ 1 (mod 5)で、2と3は互いに逆元の関係にある。すると4はどうかというと、4×4 ≡ 1 (mod 5)で、なんと4の逆元は4自身である。Zの世界では、自身と逆元が等しいのは単位元だけだが、既約剰余類群では少し話が違う。

さて、一般に群Gで、ある元g∈Gで、{gn|n∈N} 但し、Nは自然数の集合、としたとき、 {gn|n∈N}を、元gから生成される巡回群と呼ぶ。

そこで、あるa mod pが、pを法とする既約剰余類群の生成元になるとき、aを、pを法とする既約剰余類群の原始根と呼ぶ。

具体的には、p = 5のとき、a = 2とすると、2n mod 5をn = 1,2,3,4で計算してみると、2,4,3,1となって、1から4までの間を一回ずつ経るので、2は原始根である。同様に、a = 3とすると、3,4,2,1となって、1から4までの間を一回ずつ経るので、3は原始根である。しかし、a = 4とすると、4,1,4,1となって、2と3にはならないので、4は原始根ではない。

p = 5のときでさえ、2個も原始根があるので、原始根というのはきわめてありふれている。例えば、p = 101ととると、原始根は、2 3 7 8 11 12 15 18 26 27 28 29 34 35 38 40 42 46 48 50 51 53 55 59 61 63 66 67 72 73 74 75 83 86 89 90 93 94 98 99と、40個もある。

さらには、p = 10103のときは、いちいち示さないが、原始根は、5050個もある。なんと、2つに1つは原始根である。このあたりどうも、原始根という名前にそぐわない。

なお、p = 5でも、p = 101でも、a = 2は原始根であるが、a = 2が原始根になるpが無数にあるかどうかは未解決の問題である。例えば、p = 7の原始根は、3 5だけである。

この計算には、下記のようなperlのプログラムを用いた。


# primitive_root

$p = 101; # give a prime number as $p

printf "primitive root for %d: ",$p;
$p_r = 0;
for ( $n = 2; $n <= $p - 1; $n++ )  {
  undef @CC;
  
  $x = $n;
  $CC[$x]  = 1;
  $i = 2;
  $is_root = 1;
  while ( $i <= $p - 1 )    {
   $x = (($x*$n) % $p);
   if ( $CC[$x] == 1 ) {
    $is_root = 0;
    last;
   } else              {
      $CC[$x] = 1;
   }
   $i++;
  }
  
   if ( $is_root == 1 )  {
     printf "%d ",$n;
     $p_r++;
   }

}

printf "\n";
printf "%d primitive roots for %d\n",$p_r,$p;

朝日新聞ディジタルによると、将棋電王戦の第2局は、コンピューターソフトのポナンザが佐藤慎一四段を破った。以下、引用:

【村瀬信也】将棋のプロ棋士とコンピューターソフト(プログラム)の対局が30日、東京・千駄ケ谷の将棋会館であり、ソフトが勝った。現役プロがコンピューターに公式の場で敗れるのは史上初めて。

対戦したのは、佐藤慎一四段(30)と、会社員、山本一成さん(27)が開発したソフト「ポナンザ」。序盤から定跡を外れた進行で一進一退の大熱戦だったが、最後はポナンザが佐藤四段の玉を正確に寄せ切った。

現役プロがコンピューターに公式の場で敗れるのは史上初めて、というが、GPS将棋への挑戦でみたような、アマチュアトップ棋士に対する、ぶっちぎりの勝ちっぷりをみると、今まで現役プロがコンピューターに公式の場で敗れたことがないのは単に、そういう機会が少なかったにすぎないと断言できる。

一方、将棋電王戦の第1局の棋譜を改めてみたが、阿部光瑠が巧みだったというよりも、習甦が無理攻めだった。ただ、それをきっちりとがめたのはプロの芸だった。

ただ、将棋電王戦の第1局をみて、持ち時間各4時間というプロの公式戦に近い条件だと、持ち時間10分であと30秒以内のような超早指しとは本質的に将棋の質が違うので、プロ側に大きく有利に働くのではないかと思った。

その思いを抱きつつ、自分では初めて、一般会員として、将棋電王戦の第2局を観戦してみた。すると、序盤からポナンザが、雁木模様の出だしから、一方的に飛車先の各交換を許すという展開になった。これは私のような力のない定跡党にとって、ポナンザ側のかなりの作戦負けにみえてしまうのだが、実際は全くそうではないらしい。そして、ポナンザ側は左美濃、佐藤側は矢倉というがっぷり四つの展開となった。

佐藤側の飛車のコビンを狙って、ポナンザが46角と打ち据えたのが当然ながら好手で、ポナンザ側が少しだけ作戦勝ちになったように思われた。しかし、佐藤慎一も流石現役のプ棋士、決め手を与えないで複雑な局面に導いた。こうなると最早、プロ棋士側の有利かと思っていたら、観客が増えてきて、一般会員にすぎない私は、追い出されてしまった。一瞬、プレミアム会員になろうと思ったが、電王戦以外にニコ生を観るつもりはないので、そこまではしないことにした。

ともかく、私がみた最後の局面は、十分に複雑化された力のねじりあいのような局面だったので、勝手な先入観で、これはプロの勝ちだねと思い込んで、その後フォローしなかった。しかし、深夜のWebニュースをみて、ポナンザが勝利を収めたことを知り、そうかと唸った。すなわち、コンピュータは、終盤の詰みの読み切りで強いだけではない。中盤の難所の手どころでも、いい意味で無難な手を続けて離れないのである。

電王戦もいよいよ佳境に入ったといえる。

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。